研究者紹介システム

杉本 幸司
スギモト コウジ
医学部附属病院 IVRセンター
教授
医学
Last Updated :2022/08/08

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    医学部附属病院 IVRセンター
  • 【配置】

    大学院医学研究科 医科学専攻

学位

  • 博士(医学), 神戸大学

授業科目

ジャンル

  • 医療・健康 / 臨床医学

コメントテーマ

  • 放射線医学
  • 画像診断
  • IVR
  • 画像下治療
  • 血管内治療学
  • ステントグラフト

研究活動

研究キーワード

  • 画像下治療

研究分野

  • ライフサイエンス / 放射線科学 / 画像下治療

委員歴

  • 2019年07月 - 現在, 日本フットケア・足病医学会, 代議員
  • 2019年07月 - 現在, 日本血管内治療学会, 理事
  • 2017年05月 - 現在, 日本IVR学会, 理事
  • 2017年03月 - 現在, 日本腹部救急学会, 代議員
  • 2014年07月 - 2019年06月, 日本下肢救済足病学会, 代議員
  • 2012年10月 - 現在, 日本脈管学会, 代議員
  • 2010年04月 - 現在, 日本医学放射線学会, 代議員

論文

  • Koji Sasaki, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Masashi Tajiri, Mostafa Ahmed, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: The purpose is to investigate the major and minor complications of the pancreas after transcatheter arterial embolization (TAE) using n-butyl-2-cyanoacrylate (NBCA) for bleeding from pancreatic arteries. MATERIALS AND METHODS: Thirty-three patients who underwent TAE using NBCA for acute bleeding from pancreatic arteries and their parent arteries followed by contrast-enhanced computed tomography (CE-CT) were evaluated retrospectively. Complications and risk factors were assessed using Mann-Whitney U test or Fisher's exact test for the univariate analysis. Patients' characteristic, embolized artery, procedure details, and clinical outcomes were examined as possible risk factors. RESULTS: TAE was performed successfully in all patients. Minor pancreatic complications occurred in 10 patients (30%), including acute mild pancreatitis (n = 4) and focal lack of pancreatic parenchymal enhancement on CE-CT without pancreatitis (n = 6). No cases of major pancreatic complications, such as moderate/severe pancreatitis, were reported. Embolized artery was the only significant risk factor. The rate of complications per embolized artery were 15% (three out of 20 patients) in the arteries of the pancreatic head and 54% (seven out of 13 patients) in the arteries of pancreatic body and tail (p = 0.025). CONCLUSION: TAE using NBCA for acute bleeding from pancreatic arteries is efficacious and safe. Mild pancreatic complications were observed more frequently in case of embolization of the pancreatic body and tail region than the pancreatic head.

    2021年10月06日, Japanese journal of radiology, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Sasaki, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Mostafa Ahmed, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Kenji Tanimura, Hideto Yamada, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To evaluate the efficacy of superselective transcatheter arterial embolization (TAE) for intractable postpartum hemorrhage (PPH) due to genital tract trauma (GTT) after vaginal delivery. METHODS: We evaluated 27 patients who underwent TAE for intractable PPH due to GTT after vaginal delivery at our institution between January 2008 and December 2020. Patients were divided into two groups according to TAE procedure; TAE performed as close as possible to the bleeding point, at least more peripherally than the second branch of the anterior division of the internal iliac artery, was defined as superselective TAE (S-TAE). TAE performed from the proximal segment of the internal iliac artery was defined as proximal TAE (P-TAE). Patient characteristics, pre-procedural contrast-enhanced computed tomography (CE-CT), procedure details, technical/clinical success, and complications were evaluated separately for the S-TAE and P-TAE groups. RESULTS: The combined technical/clinical success rate was 92%. No major procedure-related complications were seen (mean follow-up: 6.12 ± 3.93 days). The combined technical/clinical success rate of S-TAE was 100% and of P-TAE was 67% (p = 0.04). S-TAE was performed more frequently in patients with pre-procedural CE-CT (p = 0.01) and use of permanent embolic materials (p = 0.003). CONCLUSION: S-TAE is safe and effective for intractable PPH due to GTT. Pre-procedural CE-CT may be useful for detecting the culprit artery and be helpful in performing S-TAE.

    2021年07月24日, Emergency radiology, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Mostafa Hamada, Eisuke Ueshima, Takeaki Ishihara, Yutaka Koide, Takuya Okada, Hiroki Horinouchi, Jun Ishida, Hiroshi Mayahara, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Keitaro Sofue, Masato Yamaguchi, Ryohei Sasaki, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    Background: Technological developments have led to an increased usage of external-body radiotherapy (RT) for the treatment of hepatocellular carcinoma (HCC). Transcatheter arterial chemoembolization (TACE) may be required later in patients treated with RT because of the high recurrence rate and multinodular presentation of HCC. However, despite the risk of liver function impairment, the cumulative liver damage correlated with TACE following a hepatic RT has not been adequately assessed. Purpose: To evaluate the feasibility of TACE following RT for HCC. Materials and methods: Sixty-seven patients with HCC who underwent TACE after RT were retrospectively evaluated between 2012 and 2018. We assessed increases in Child-Turcotte-Pugh (CTP) by ≥2 points at 1 month, the incidence of major complications, survival duration, and short-term mortality within 6 months after TACE. Furthermore, we evaluated the predictive factors for liver function impairment and short-term mortality. Results: Eight patients experienced a CTP increase ≥2 points at 1 month. There were no cases of liver abscesses or bilomas. Nine patients died within 6 months following TACE. The mean liver dose (MLD) was a significant predictor of liver function impairment at 1 month (p = 0.042). Low liver functional reserve, distant metastasis (p = 0.037), MLD (p = 0.046), TACE type (p = 0.025), and TACE within 3 months following RT (p = 0.007) were significant predictors of short-term mortality. Conclusions: Despite the feasibility of TACE following RT, clinicians should pay attention to impaired pretreatment liver function, following high dose RT, and the short duration between RT and TACE.

    2021年07月, Acta radiologica open, 10 (7), 20584601211034965 - 20584601211034965, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • So Izumi, Chikashi Nakai, Tomonori Haraguchi, Soichiro Henmi, Takeki Mori, Megumi Kinoshita, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Shinichi Nakayama, Takuro Tsukube

    OBJECTIVE: This study sought to confirm if thoracic endovascular aortic repair (TEVAR) was an appropriate therapeutic strategy for blunt thoracic aortic injury (BTAI). METHODS: Between 3/2005 and 12/2020, 104 patients with BTAI were brought to our hospital. The severity of each trauma case was evaluated using the Injury Severity Score (ISS); aortic injuries were classified as type I to IV according to Society for Vascular Surgery guidelines. Initial treatment was categorized into four groups: nonoperative management (NOM), open aortic repair (OAR), TEVAR, or emergency room thoracotomy/cardiopulmonary resuscitation (ERT/CPR). RESULTS: The patients' mean age and ISS were 56.7 ± 20.9 years and 48.3 ± 20.4, respectively. Type III or IV aortic injury were diagnosed in 82 patients. The breakdown of initial treatments was as follows: NOM for 28 patients, OAR for four, TEVAR for 47, and ERT/CPR for 25. The overall early mortality rate was 32.7%. Logistic regression analysis confirmed ISS > 50 and shock on admission as risk factors for early mortality. The cumulative survival rate of all patients was 61.2% at 5 years after treatment. After initial treatment, eight patients receiving TEVAR required OAR. The cumulative rate of freedom from reintervention using TEVAR at 5 years was higher in approved devices than in custom-made devices (96.0 vs. 56.3%, p = 0.011). CONCLUSIONS: Using TEVAR as an initial treatment for patients with BTAI is a reasonable approach. Patients with severe multiple traumas and shock on admission had poor early outcomes, and those treated with custom-made devices required significant rates of reintervention.

    2021年06月16日, General thoracic and cardiovascular surgery, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 微小肺病変に対する胸腔鏡補助下肺部分切除術においてCTガイド下マーキングが有用であった1例

    中谷 太一, 大片 祐一, 尾藤 祐子, 會田 洋輔, 宮内 玄徳, 冨岡 雄一郎, 中井 優美子, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 杉本 幸司

    (公社)日本小児科学会, 2021年04月, 日本小児科学会雑誌, 125 (4), 674 - 674, 日本語

  • Koji Maruyama, Takuya Okada, Takeshi Ueha, Kayako Isohashi, Hayato Ikeda, Yasukazu Kanai, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Munenobu Nogami, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Yoshitada Sakai, Jun Hatazawa, Takamichi Murakami

    Carbon dioxide (CO2) treatment is reported to have an antitumor effect owing to the improvement in intratumoral hypoxia. Previous studies were based on histological analysis alone. In the present study, the improvement in intratumoral hypoxia by percutaneous CO2 treatment in vivo was determined using 18F-fluoromisonidazole positron emission tomography-computed tomography (18F-FMISO PET-CT) images. Twelve Japanese nude mice underwent implantation of LM8 tumor cells in the dorsal subcutaneous area 2 weeks before percutaneous CO2 treatment and 18F-FMISO PET-CT scans. Immediately after intravenous injection of 18F-FMISO, CO2 and room air were administered transcutaneously in the CO2-treated group (n=6) and a control group (n=6), respectively; each treatment was performed for 10 minutes. PET-CT was performed 2 h after administration of 18F-FMISO. 18F-FMISO tumor uptake was quantitatively evaluated using the maximum standardized uptake value (SUVmax), tumor-to-liver ratio (TLR), tumor-to-muscle ratio (TMR), metabolic tumor volume (MTV) and total lesion glycolysis (TLG). Mean ± standard error of the mean (SEM) of the tumor volume was not significantly different between the two groups (CO2-treated group, 1.178±0.450 cm3; control group, 1.368±0.295 cm3; P=0.485). Mean ± SEM of SUVmax, TLR, MTV (cm3) and TLG were significantly lower in the CO2-treated group compared with the control group (0.880±0.095 vs. 1.253±0.071, P=0.015; 1.063±0.147361 vs. 1.455±0.078, P=0.041; 0.353±0.139 vs. 1.569±0.438, P=0.015; 0.182±0.070 vs. 1.028±0.338, P=0.015), respectively. TMR was not significantly different between the two groups (4.520±0.503 vs. 5.504±0.310; P=0.240). In conclusion, 18F-FMISO PET revealed that percutaneous CO2 treatment improved intratumoral hypoxia in vivo. This technique enables assessment of the therapeutic effect in CO2 treatment by imaging, and may contribute to its clinical application.

    2021年03月, Oncology letters, 21 (3), 207 - 207, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Masashi Shimohira, Hiro Kiyosue, Keigo Osuga, Hideo Gobara, Hiroshi Kondo, Tetsuro Nakazawa, Yusuke Matsui, Kohei Hamamoto, Tomoya Ishiguro, Miyuki Maruno, Koji Sugimoto, Masamichi Koganemaru, Akira Kitagawa, Koichiro Yamakado

    OBJECTIVES: This study aimed to assess the diagnostic accuracy of computed tomography (CT) and time-resolved magnetic resonance angiography (TR-MRA) for patency after coil embolization of pulmonary arteriovenous malformations (PAVMs) and identify factors affecting patency. METHODS: Data from the records of 205 patients with 378 untreated PAVMs were retrospectively analyzed. Differences in proportional reduction of the sac or draining vein on CT between occluded and patent PAVMs were examined, and receiver operating characteristic analysis was performed to assess the accuracy of CT using digital subtraction angiography (DSA) as the definitive diagnostic modality. The accuracy of TR-MRA was also assessed in comparison to DSA. Potential factors affecting patency, including sex, age, number of PAVMs, location of PAVMs, type of PAVM, and location of embolization, were evaluated. RESULTS: The sensitivity, specificity, positive predictive value (PPV), negative predictive value (NPV), and accuracy of CT were 82%, 81%, 77%, 85%, and 82%, respectively, when the reduction rate threshold was set to 55%, which led to the highest diagnostic accuracy. The sensitivity, specificity, PPV, NPV, and accuracy of TR-MRA were 89%, 95%, 89%, 95%, and 93%, respectively. On both univariable and multivariable analyses, embolization of the distal position to the last normal branch of the pulmonary artery was a factor that significantly affected the prevention of patency. CONCLUSIONS: TR-MRA appears to be an appropriate method for follow-up examinations due to its high accuracy for the diagnosis of patency after coil embolization of PAVMs. The location of embolization is a factor affecting patency. KEY POINTS: • Diagnosis of patency after coil embolization for pulmonary arteriovenous malformations (PAVMs) is important because a patent PAVM can lead to neurologic complications. • The diagnostic accuracies of CT with a cutoff value of 55% and TR-MRA were 82% and 93%, respectively. • The positioning of the coils relative to the sac and the last normal branch of the artery was significant for preventing PAVM patency.

    2021年01月15日, European radiology, 31 (7), 5409 - 5420, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroki Horinouchi, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Shohei Komatsu, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Takumi Fukumoto, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    BACKGROUND: Postoperative biliary strictures are commonly related to accidental bile duct injuries or occur at the site of biliary anastomosis. The first-line treatment for benign biliary strictures is endoscopic therapy, which is less invasive and repeatable. However, recanalization for biliary complete obstruction is technically challenging to treat. The present report describes a successful case of treatment by extraluminal recanalization for postoperative biliary obstruction using a transseptal needle. CASE PRESENTATION: A 66-year-old woman had undergone caudal lobectomy for the treatment of hepatocellular carcinoma. The posterior segmental branch of the bile duct was injured and repaired intraoperatively. Three months after the surgery, the patient had developed biliary leakage from the right hepatic bile duct, resulting in complete biliary obstruction. Since intraluminal recanalization with conventional endoscopic and percutaneous approaches with a guidewire failed, extraluminal recanalization using a transseptal needle with an internal lumen via percutaneous approach was performed under fluoroscopic guidance. The left lateral inferior segmental duct was punctured, and an 8-F transseptal sheath was introduced into the ostium of right hepatic duct. A transseptal needle was advanced, and the right hepatic duct was punctured by targeting an inflated balloon that was placed at the end of the obstructed right hepatic bile duct. After confirming successful puncture using contrast agent injected through the internal lumen of the needle, a 0.014-in. guidewire was advanced into the right hepatic duct. Finally, an 8.5-F internal-external biliary drainage tube was successfully placed without complications. One month after the procedure, the drainage tube was replaced with a 10.2-F drainage tube to dilate the created tract. Subsequent endoscopic internalization was performed 5 months after the procedure. At the 1-year follow-up examination, there was no sign of biliary obstruction and recurrence of hepatocellular carcinoma. CONCLUSIONS: Recanalization using a transseptal needle can be an alternative technique for rigid biliary obstruction when conventional techniques fail.

    2020年12月03日, Surgical case reports, 6 (1), 304 - 304, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Maruyama, Ryota Kawasaki, Yutaka Koide, Hiroki Horinouchi, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto

    BACKGROUND: Preoperative prediction of thromboembolic complications using magnetic resonance imaging (MRI) in coronary arteries and carotid arteries has been established. However, the technique has not been applied in peripheral arteries. This study aimed to assess the relationship between thromboembolic complications during endovascular treatment (EVT) for iliac artery occlusion and signal intensity on MRI. METHODS: This single-institution study included 52 iliac artery occlusions in 51 patients (mean age, 70.4 years) who underwent successful EVT between January 2010 and March 2018. MRI using an inversion recovery-prepared, steady-state free precession technique was performed preoperatively. Thromboembolic complications were defined as distal embolization and in-stent protrusion greater than 25% of the stent cross-sectional area confirmed by angiography and intravascular ultrasonography, regardless of symptoms. The highest signal intensity of iliac artery occlusion divided by the signal intensity of adjacent iliopsoas muscle (target-to-muscle ratio, TMR) was measured on MR images. Multivariate analysis was performed to clarify the predictors of thromboembolic complications during EVT. RESULTS: Thromboembolic complications observed in 11 vessels (21.2%) from 11 patients comprised distal embolization (n = 4) and in-stent protrusion (n = 7). A TMR cutoff value > 2.57 had a sensitivity of 90.9%, specificity of 78.0%, positive predictive value of 52.6%, and negative predictive value of 97.0% for detecting thromboembolic complications during EVT. In the multivariate analysis, TMR >2.57 was the only independent factor associated with thromboembolic complications (odds ratio, 30.10; 95% confidence interval, 3.26-278.00; P = 0.003). CONCLUSIONS: The presence of higher signal intensity in iliac artery occlusion on MRI is useful for predicting thromboembolic complications during EVT.

    2020年11月28日, Annals of vascular surgery, 73, 211 - 221, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Kensuke Uotani, Erika Matsushiro, Akihiro Hamanaka, Yuko Yamasaki, Takeyuki Kushima, Koji Sugimoto

    2020年07月, Cardiovascular and interventional radiology, 43 (7), 1100 - 1102, 英語, 国際誌

  • Hiroki Horinouchi, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Koji Maruyama, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Ryota Kawasaki, Yoshikatsu Nomura, Atsushi Omura, Kenji Okada, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To evaluate the mid-term outcomes of transarterial embolization (TAE) for type II endoleak after endovascular abdominal aortic aneurysm repair (EVAR) and investigate the predictors of sac enlargement after embolization. MATERIALS AND METHODS: We conducted a retrospective analysis of 55 patients [48 men and 7 women, median age 79.0 (interquartile ranges 74-82) years] who underwent TAE for type II endoleak from 2010 to 2018. The aneurysmal sac enlargement, endoleaks, aneurysm-related adverse event rate, and reintervention rate were evaluated. Patients' characteristics and clinical factors were evaluated for their association with sac enlargement. RESULTS: Fifty-five patients underwent TAE with technical success and were subsequently followed for a median of 636 (interquartile ranges 446-1292) days. The freedom from sac enlargement rates at 1, 3, and 5 years was 73.2%, 32.0%, and 26.7%, respectively. After initial TAE, the recurrent type II, delayed type I, and occult type III endoleak were identified in 39 (71%), 5 (9%), and 3 (5%) patients, respectively. Although a patient had aorto-duodenal fistula, there was no aneurysm-related death. The freedom from reintervention rates was 84.6%, 35.7%, and 17.0%, respectively. In the multivariate analysis, sac diameter > 55 mm at initial TAE (hazard ratios, 3.23; 95% confidence intervals, 1.22-8.58; P < 0.05) was a significant predictor of sac enlargement. CONCLUSION: TAE for type II endoleak was not effective in preventing sac enlargement, and reinterventions were required among the mid-term follow-up. The sac diameter > 55 mm at initial TAE was a significant predictor of sac enlargement.

    2020年05月, Cardiovascular and interventional radiology, 43 (5), 696 - 705, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroki Horinouchi, Keitaro Sofue, Tatsuya Nishii, Koji Maruyama, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To assess the utility of whole-aorta CT angiography (CTA) with 15 mL contrast material (CM) on time-resolved imaging for endovascular abdominal aortic repair (EVAR). METHODS: Twenty-six patients with a high-risk of post-contrast acute kidney injury (PC-AKI) underwent CTA with 15 mL CM using temporal maximum intensity projection (tMIP-CTA) generated from time-resolved imaging. The aortoiliac CT values were measured. Two observers measured the arterial diameters in unenhanced CT and tMIP-CTA images, and image quality was evaluated on a 5-point scale. The presence of the accessory renal artery, inferior mesenteric artery (IMA) occlusion, and instructions for use (IFU) of EVAR were evaluated. RESULTS: CT examinations were successfully performed, and no patients developed PC-AKI. The mean CT values of the whole aorta were 267.5 ± 51.4 HU, which gradually decreased according to the distal levels of the aorta. Bland-Altman analysis revealed excellent agreement for the external arterial diameter measurements between unenhanced CT and tMIP-CTA. Excellent interobserver agreement was achieved for the measurements of the external (ICCs, 0.910-0.992) and internal arterial diameters (ICCs, 0.895-0.993). Excellent or good overall image quality was achieved in 24 (92 %) patients. The presence of the accessory renal artery, IMA occlusion and the assessment of IFU were in 100 % agreement. Multivariate analysis revealed aortic volume as the most significant independent factor associated with strong aortic enhancement (p = 0.004). CONCLUSIONS: Whole-aorta tMIP-CTA on time-resolved imaging is useful for maintaining contrast enhancement and image quality for EVAR planning, and can substantially reduce the amount of CM.

    2020年05月, European journal of radiology, 126, 108861 - 108861, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hamada MAS, Okada T, Yamaguchi M, Gotake Y, Okada K, Sugimoto K, Murakami T

    2020年02月, Interventional Radiology, 5 (1), 19 - 22, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Eisuke Ueshima, Hideyuki Nishiofuku, Haruyuki Takaki, Yutaka Hirata, Hiroshi Kodama, Toshihiro Tanaka, Kimihiko Kichikawa, Koichiro Yamakado, Takuya Okada, Keitaro Sofue, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    Introduction: The underlying mechanism involved in the recurrence of hepatoma after hepatic arterial embolization (HAE) is not adequately examined. An immunosuppressive cytokine, transforming growth factor β1 (TGF-β1), can lead to tumor progression and is affected by hypoxia in various cancers. The study aimed to assess the effect of HAE on the expression of TGF-β1 in a rat hepatoma model. Methods: Sprague-Dawley rats bearing N1S1 hepatoma cells underwent HAE (HAE group, n = 5) or sham treatment (sham group, n = 4). The animals were euthanized at 48 h, and liver tissues were harvested. Immunohistochemistry (IHC) and quantitative polymerase chain reaction (qPCR) were performed to compare the expression of TGF-β1 and hypoxia-inducible factor 1α (HIF-1α) between the HAE and sham groups. In vitro experiments with the N1S1 cell line were also performed under normoxic (21% O2) or hypoxic (1% O2) conditions for 48 h, and the expression of TGF-β1 and HIF-1α was assessed with western blotting and enzyme-linked immunosorbent assay. Statistical data comparisons were performed by Student t test. Results: IHC showed that both the TGF-β1-positive and HIF-1α-positive tumor peripheral areas were larger in the HAE group (6.59 ± 2.49 and 10.26 ± 4.14%; p < 0.001, respectively) than in the sham group (0.34 ± 0.41 and 0.40 ± 0.84% respectively). Similarly, qPCR showed that the mRNA expression levels of TGF-β1 and HIF-1α were higher (1.95 ± 0.38-fold and 1.62 ± 0.37-fold; p < 0.001 and p = 0.002, respectively) in the HAE group than those in the sham group. TGF-β1 expression was suppressed when HIF-1α inhibitors were added (p = 0.001), and HIF-1α expression was upregulated when exogenous TGF-β1 was added (p = 0.033) in N1S1 cells. Conclusion: HAE enhanced local TGF-β1 expression in a rat hepatoma model. In vitro experiments suggest that HAE-induced hypoxic stress may trigger the interdependent expression of TGF-β1 and HIF-1α.

    2020年01月, Liver cancer, 9 (1), 63 - 72, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Maruyama K, Sofue K, Horinouchi H, Okada T, Ueshima E, Gentsu T, Sasaki K, Yamaguchi M, Sugimoto K, Murakami T

    OBJECTIVE: The aim of this study was to assess the utility of 70-kilovoltage-peak (kVp) contrast-enhanced computed tomography (CECT) for visualization and identification of the right adrenal vein (RAV) in comparison with that of conventional 120-kVp CECT. METHODS: This retrospective study included patients who underwent adrenal venous sampling with concurrent biphasic 120-kVp (120-kVp group, n = 43) or 70-kVp (70-kVp group, n = 47) CECT. Signal-to-noise ratios, contrast-to-noise ratios, longitudinal lengths, conspicuity scores, RAV detection rates, and size-specific dose estimates were compared between the 2 groups. RESULTS: In comparison with the 120-kVp group, the 70-kVp group had significantly higher signal-to-noise and contrast-to-noise ratios (P < 0.001-P = 0.033), greater longitudinal lengths (P < 0.001-P = 0.002), superior conspicuity scores for the RAV (P < 0.001), higher RAV detection rates (P = 0.015-P = 0.033), and lower size-specific dose estimates (P < 0.001). CONCLUSIONS: Seventy-kilovoltage-peak CECT has advantages over conventional 120-kVp CECT and is potentially useful for noninvasive assessment of the precise anatomy of the RAV.

    2020年01月, J Comput Assist Tomogr, 44 (1), 153 - 159

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuki Ikeno, Koji Sasaki, Takashi Matsueda, Takeshi Inoue, Hiroshi Tanaka, Koji Sugimoto, Yutaka Okita

    OBJECTIVE: To evaluate the impact of white matter changes on neurologic outcomes after total arch replacement using antegrade cerebral perfusion. METHODS: White matter changes were assessed using a visual Fazekas scale on preoperative magnetic resonance images. From October 1999 to December 2016, 359 patients who had demonstrated changes on preoperative magnetic resonance imaging underwent elective total arch replacement using antegrade cerebral perfusion. Patients were classified into 3 severity groups: mild (100 patients), moderate (158 patients), and severe (101 patients). Mean follow-up time was 4.8 ± 3.6 years. Multivariate logistic regression methods were used to evaluate for an independent association between white matter changes and postoperative neurological outcomes. RESULTS: Hospital mortality was 2.8% (10/359), and no significant differences were found across the 3 groups (P = .604). Multivariate analysis demonstrated that the severity of white matter change was significantly associated with both postoperative permanent neurologic deficit (odds ratio, 5.77; 95% confidence interval, 1.58-38.4, P = .005) and transient neurologic deficit (odds ratio, 2.46; 95% confidence interval, 1.45-4.37, P < .001). CONCLUSIONS: White matter changes, defined using the visual Fazekas scale on preoperative magnetic resonance imaging, were significantly associated with significant postoperative adverse neurologic outcomes after total arch replacement using antegrade cerebral perfusion.

    2019年04月, The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 157 (4), 1350 - 1357, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ryuichiro Tani, Keitaro Sofue, Koji Sugimoto, Naoto Katayama, Mostafa A S Hamada, Koji Maruyama, Hiroki Horinouchi, Tomoyuki Gentsu, Koji Sasaki, Eisuke Ueshima, Yutaka Koide, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To assess the safety and efficacy of transarterial embolization (TAE) and to evaluate the utility of contrast-enhanced computed tomography (CE-CT) for life-threatening spontaneous retroperitoneal hemorrhage (SRH). METHODS: Nineteen patients underwent TAE following CE-CT for life-threatening SRH. CE-CT and angiographic findings, technical successes, and clinical successes were evaluated. The diagnostic performance of CE-CT for the detection of active bleeding arteries was also assessed by two independent readers. RESULTS: Active extravasation of contrast material was accurately observed in 78.9‒84.2% of the patients on CE-CT. Angiograms revealed active extravasation in 37 arteries of 15 patients (78.9%), and 4 patients showed no sign of active bleeding. Sensitivity, positive predictive value, and accuracy rate of CE-CT for the detection of active bleeding vessels was 59.5%, 62.9‒71.0% and 55.6‒60.0% respectively. The successful embolization of 48 intended arteries was achieved in all the patients, including empirical TAE in four patients. Hemodynamic stabilization was achieved in 17 patients (89.5%) with a significant decrease in transfusion (p < 0.001). CONCLUSION: TAE is a technically safe and clinically effective treatment method for life-threatening SRH. CE-CT has moderate capability for accurate identification of active bleeding arteries. TAE including arteries that potentially distribute anatomic territory of the hematoma is essential.

    2019年04月, Japanese journal of radiology, 37 (4), 328 - 335, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoyuki Gentsu, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Hiroki Horinouchi, Naoto Katayama, Eisuke Ueshima, Yutaka Koide, Keitaro Sofue, Yasuko Gotake, Yoshikatsu Nomura, Hiroshi Tanaka, Yutaka Okita, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To evaluate the incidence of type II endoleak (EL-II) and aneurysm enlargement after endovascular aneurysm repair (EVAR) using the Endurant stent graft in patients with abdominal aortic aneurysm (AAA) with occluded inferior mesenteric artery (IMA). MATERIALS AND METHODS: Between 2012 and 2017, 103 patients who underwent EVAR using the Endurant stent graft for AAA with occluded IMA (50 patients with prophylactic embolized IMA and 53 with spontaneous occluded IMA) were retrospectively reviewed. The incidence of EL-II and aneurysm enlargement was evaluated. Predictive factors for persistent EL-II were evaluated based on patient characteristics, preprocedural anatomical characteristics, intraprocedural details, and postprocedural complications. RESULTS: Incidence rates of early EL-II and persistent EL-II were 6.8% (7/103 patients) and 4.9% (5/103 patients), respectively. Aneurysm enlargement was found in 10 patients (9.7%), including all 5 patients with persistent EL-II, 3 with de novo EL-II, and 2 with no EL-II. The rates of freedom from aneurysm enlargement at 1, 2, and 3 years were 98.7%, 97.0%, and 93.1% for the group without persistent EL-II, and 80.0%, 60.0%, and 20.0% for the group with persistent EL-II (p < 0.001), respectively. The maximum aneurysm diameter (odds ratio (OR), 1.16; 95% confidence interval (CI), 1.01-1.34; p = 0.0362) and the number of patent lumbar arteries (OR, 2.72; 95% CI, 1.07-6.90; p = 0.0357) were predictive of persistent EL-II. CONCLUSIONS: The incidence of EL-II after EVAR using the Endurant stent graft for AAA with occluded IMA was low, but most early EL-II persisted and resulted in aneurysm enlargement. Level of Evidence Level 4, Case Series.

    2019年04月, Cardiovascular and interventional radiology, 42 (4), 505 - 512, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Maruyama, Keitaro Sofue, Takuya Okada, Yutaka Koide, Eisuke Ueshima, Genzo Iguchi, Ryuichiro Tani, Tomoyuki Gentsu, Hiroki Horinouchi, Koji Sasaki, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To evaluate the advantages of intraprocedural CT during adrenal venous sampling (AVS) to confirm accurate catheterization of the right adrenal vein (RAV). MATERIALS AND METHODS: This single-institution study included 106 patients (mean age 52.4 years; range 28-74 years) with primary aldosteronism who performed contrast-enhanced CT (CECT) before AVS following AVS between January 2011 and March 2018. After catheterization of the RAV under fluoroscopic guidance, unenhanced CT images were obtained to confirm catheter position on unified CT angiography system. Catheter repositioning was performed when the catheter was inaccurately positioned. Venography findings were classified into two groups: (1) presumably cannulated in the RAV (presumed RAV group) and (2) obscured visualization of the RAV because of collateral vessels (obscured RAV group). Success rates of AVS were compared using Fisher's exact test. RESULTS: The overall success of AVS was achieved in 104 patients (98.1%). Catheter was deviated into the IVC during intraprocedural CT in four patients. Fourteen patients (14.0%) required catheter repositioning by intraprocedural CT images, and accurate catheterization in the RAV was eventually accomplished. The success rate of AVS was significantly higher in the presumed RAV group (90.1% [73/81]) than that in the obscured RAV group (68.4% [13/19]) (p = 0.024). If intraprocedural CT was not acquired during AVS, the success rate of AVS would have been significantly lower (84.9% [90/106]) compared with that use of intraprocedural CT (98.1% [104/106]) (p < 0.001). CONCLUSIONS: Intraprocedural unenhanced CT by referring to the preprocedural CECT before AVS enables the confirmation of accurate catheterization of the RAV. LEVEL OF EVIDENCE: Level 4, case series.

    2019年04月, Cardiovascular and interventional radiology, 42 (4), 542 - 551, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuki Ikeno, Yutaka Koide, Takashi Matsueda, Katsuhiro Yamanaka, Takeshi Inoue, Satoshi Ishihara, Shinichi Nakayama, Hiroshi Tanaka, Koji Sugimoto, Yutaka Okita

    OBJECTIVES: The present study analyzed the prevalence of variations of the aortic arch branching in Japanese population, comparing patients with aortic arch disease with healthy controls. METHODS: Between from October 1999 and December 2015, 815 Japanese patients with aortic arch disease defined as aortic arch aneurysm (diameter ≥ 45 mm) and aortic dissection (group A) underwent aortic arch surgery in our institution. As a control group, 1506 traumatic screened patients were enrolled (group C). RESULTS: Aortic arch anomaly was diagnosed in 140 patients (17.2%) in the group A and in 222 patients (14.7%) in the group C (p = 0.125). Significant differences were found in the incidence of aberrant subclavian artery (A: 14 patients, 1.7%, vs. C: 8 patients, 0.5%, p = 0.006). Significantly more patients with aortic arch aneurysm in the group A had anomalies of the aortic arch compared with the group C (p = 0.009), including bovine aortic arch (p = 0.049) and aberrant subclavian artery (p < 0.001). In term of aneurysm location, bovine arch was detected in more patients with proximal arch aneurysm (15.7%, p = 0.043), whereas aberrant subclavian artery was in more patients with distal location (3.7%, p < 0.001). No difference was found in aortic arch anomaly in patients with acute or chronic dissection. CONCLUSION: Aberrant subclavian artery was a significant maker of aortic arch disease in Japanese populations. Bovine arch was a risk maker of proximal arch aneurysm, and aberrant subclavian artery was a risk factor of distal arch aneurysm.

    2019年02月, General thoracic and cardiovascular surgery, 67 (2), 219 - 226, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Eisuke Ueshima, Koji Sugimoto, Takuya Okada, Naoto Katayama, Yutaka Koide, Keitaro Sofue, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Masato Yamaguchi

    PURPOSE: To justify a classification system for angiographic images of uterine artery embolization (UAE) for postpartum hemorrhage (PPH) and identify new risk factors associated with failed embolization. MATERIALS AND METHODS: A retrospective analysis of 63 consecutive patients who underwent UAE for severe PPH was performed. Uterine artery angiography (UA) before embolization was classified into two types: type 1 was defined as complete staining and type 2 was defined as partial staining of the uterine arteries. The clinical outcome, UA classification, and other possible factors previously reported were evaluated. Univariate and multivariate analyses were performed to determine the factors related to clinical outcomes. RESULTS: Sixty-three patients were enrolled (type 1, 22; type 2, 41). The clinical success rates of the primary UAE session were 90.9% (20/22) for type 1 and 61.0% (25/41) for type 2 (p = 0.018). Univariate and multivariate analyses demonstrated that the only UA classification was significantly associated with primary UAE failure (p = 0.033). CONCLUSIONS: The UA classification is an independent predictive factor of the clinical success rate of the primary UAE session for PPH; thus, it is an intuitive and optimal predictor for interventional radiologists to decide whether additional therapy is necessary.

    2018年06月, Japanese journal of radiology, 36 (6), 394 - 400, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoshikatsu Nomura, Yasuko Gotake, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Yutaka Okita

    Introduction: Transcatheter arterial embolisation is often performed for the treatment of visceral artery aneurysms. Here, the case of a patient who developed the rare complication of coil migration into the intestinal tract is reported, and a review of the literature is presented. Case report: A 30 year old woman with a ruptured giant common hepatic artery aneurysm, who had been treated with transarterial coil embolisation 1 year previously, was admitted to hospital complaining of passing the coils on defecation. Abdominal Xray and gastroscopy showed the migration of the coils through a duodenal fistula. Open repair was performed with the coils successfully removed and the duodenal fistula closed with omentopexy. At the 3 year follow up, there were no signs or symptoms of complications. Conclusion: Based on observations from this case, although coil migration to the intestinal tract is exceedingly rare, aneurysm rupture with enteric fistula can lead to coil migration.

    2018年, EJVES short reports, 39, 33 - 36, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Sasaki, Ryota Kawasaki, Hiroki Horinouchi, Tomoyuki Gentsu, Megumi Kinoshita, Koji Sugimoto

    The Japanese Society of Interventional Radiology, 2018年, Interventional Radiology, 3 (3), 126 - 130

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoshihiko Tsuji, Tatsuya Shiraki, Osamu Iida, Yoriko Tsuji, Ikuro Kitano, Koji Sugimoto, Yutaka Okita

    BACKGROUND: We retrospectively reviewed the outcomes of distal bypass for critical limb ischemia and investigated the impact on outcomes of prior unsuccessful ipsilateral infrapopliteal endovascular treatment (EVT). METHODS: Between January 2005 and December 2014, we performed 142 infrainguinal bypasses for critical limb ischemia with ischemic gangrene (Rutherford classes V or VI), including 80 distal bypasses in 74 patients (male 54, female 20, median age 68.4 years, range 51-81 years). All distal bypasses used an autologous saphenous vein graft. Surgical outcomes were compared between 37 distal bypasses without prior infrapopliteal EVT (NEVT group) and 43 distal bypasses after unsuccessful infrapopliteal EVT (PEVT group). Infrapopliteal EVT was performed with balloon dilatation without stenting in all cases. RESULTS: There were no significant differences in preoperative conditions or risk factors between the NEVT and PEVT groups, except for the era of bypass surgery and dependence on hemodialysis. The 3-year primary and secondary patencies were 69% and 72% in the NEVT group and 78% and 80% in the PEVT group (P= 0.86, P= 0.79). The 3-year limb salvage rates were 81% in the NEVT group and 82% in the PEVT group (P= 0.52), and the 3-year amputation-free survival rates were 56% and 57% in the respective groups (P= 0.32). Standard errors of the mean for all Kaplan-Meier curves were < 10% within 3 years follow-up. CONCLUSIONS: The clinical outcomes of distal bypass without prior infrapopliteal EVT were not superior to those of distal bypass after unsuccessful ipsilateral infrapopliteal EVT. Therefore, unsuccessful infrapopliteal EVT does not have a negative impact on the outcome of subsequent ipsilateral distal bypass in patients with critical limb ischemia.

    EDIZIONI MINERVA MEDICA, 2017年12月, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR SURGERY, 58 (6), 828 - 834, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoshihiko Tsuji, Ikuro Kitano, Koji Sugimoto

    Objective: The aim of this study was to evaluate outcomes of combined popliteal-to-distal bypass and endovascular treatment (EVT) for femoropopliteal lesions in patients with critical limb ischemia (CLI). Patients and Methods: We reviewed data of 14 CLI patients who were treated by popliteal-to-distal bypass combined with femoropopliteal EVT. The femoropopliteal lesions included 3 TASC II-A, 8 TASC II-B, and 3TASC II-C but no TASC II-D, and balloon dilatation was performed in 9 cases and a stent was placed in 5 cases. The saphenous vein graft was used in all bypasses, and the target arteries were the dorsalis pedis artery in 12 cases and the posterior tibial artery in 2 cases. Results: At 12 and 24 months, primary patency rates were both 79%, primary assisted and secondary patency rates were both 93%, limb salvage rates were both 93%, and survival rates were 92% and 84%, respectively. Restenosis after femoropopliteal EVT occurred in 2 cases, and both were successfully revised by additional endovascular balloon dilatation. Conclusion: Combined popliteal-to-distal bypass and femoropopliteal EVT might be a useful therapeutic option for appropriately selected CLI patients. Intensive follow-up for endovascular treated lesions and vein graft is mandatory.

    2017年09月25日, Annals of vascular diseases, 10 (3), 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naoto Katayama, Koji Sugimoto, Takuya Okada, Takeshi Ueha, Yoshitada Sakai, Hideo Akiyoshi, Keiichiro Mie, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Yutaka Koide, Ryuichiro Tani, Tomoyuki Gentsu, Masato Yamaguchi

    The present study aimed to evaluate the efficacy of an intra-arterially infused carbon dioxide (CO2)-saturated solution in sensitizing the anticancer effect of cisplatin in a rabbit VX2 liver tumor model. Forty VX2 liver tumor-bearing Japanese white rabbits were randomly divided into four groups and infused via the proper hepatic artery with a saline solution (control group), CO2-saturated solution (CO2 group), cisplatin solution (cisplatin group), or CO2-saturated solution and cisplatin solution (combined group). The tumor volume (TV) and the relative tumor volume (RTV), RTV = (TV on day 3 or 7)/(TV on day 0) x 100, were calculated using contrast-enhanced computed tomography. Hypoxia-inducible factor-1α (HIF‑1α) and carbonic anhydrase IX (CA IX) staining were used to evaluate cellular hypoxia. Cleaved caspase-3 and cleaved caspase-9 were analyzed to assess tumor apoptosis. The mean RTV on days 3 and 7 were 202.6±23.7 and 429.2±94.8%, respectively, in the control group; 172.2±38.1 and 376.5±61.1% in the CO2 group; 156.1±15.1 and 269.6±45.2% in the cisplatin group; and 118.3±28.1 and 210.3±55.1% in the combined group. RTV was significantly lower in the CO2 group than in the control group (day 3; P<0.05), and in the combined group than in the cisplatin group (days 3 and 7; P<0.05). HIF-1α and CA IX suppression, and increased cleaved caspase-3 and cleaved caspase-9 expression, were detected in the CO2 and combined groups, compared with the other two groups. An intra-arterially infused CO2-saturated solution inhibits liver VX2 tumor growth and sensitizes the anticancer effect of cisplatin.

    2017年08月, International journal of oncology, 51 (2), 695 - 701, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • IkenoY, KoideY, AbeN, MatsuedaT, IzawaN, YamazatoT, MiyaharaS, NomuraY, SatoS, TakahashiH, InoueT, MatsumoriM, TanakaH, IshiharaS, NakayamaS, SugimotoK, OkitaY

    OBJECTIVES: The purpose of this study was to identify the cut-off value of sarcopenia based on the psoas muscle area index and evaluate early and late outcomes following elective total arch replacement in the elderly. METHODS: Sarcopenia was assessed by the psoas muscle area index [defined as the psoas muscle area at the L3 level on computed tomography (cm(2))/body surface area (m(2))]. The cut-off value for sarcopenia was defined as > 2 standard deviations below the mean psoas muscle area index value obtained from 464 normal control patients. Between October 1999 and July 2015, 266 patients who were >= 65 years and had undergone psoas muscle area index measurement underwent elective total arch replacement. These patients were classified into the sarcopenia (Group S, n = 81) and non-sarcopenia (Group N, n = 185) groups. RESULTS: The mean age was 76.2 +/- 5.6 years in Group S and 75.7 +/- 5.7 years in Group N (P = 0.553). Hospital mortality was 3.7% (3/81) in Group S and 2.2% (4/185) in Group N (P = 0.483). Mean follow-up was 48.3 +/- 38.7 months. Five-year survival was significantly worse in Group S (S: 63.2 +/- 6.6% vs N: 88.7 +/- 2.6%, P < 0.001). A multivariable Cox proportional hazard analysis showed that sarcopenia significantly predicted poor survival (hazard ratio 2.59; 95% confidence interval 1.27-5.29; P = 0.011). CONCLUSIONS: Sarcopenia did not predict hospital death following total arch replacement, but it was negatively associated with overall survival. Sarcopenia can be an additional risk factor to estimate the outcomes of thoracic aortic surgery.

    OXFORD UNIV PRESS INC, 2017年06月, Eur J Cardiothorac Surg, 51 (6), 1135 - 1141, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Noriaki Sakamoto, Takanori Taniguchi, Hirotaka Tomimatsu, Tomoya Kadoba, Satoshi Noma, Koji Sugimoto

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2017年05月, JOURNAL OF VASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 28 (5), 762 - 764, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Haruka Oki, Ryota Kawasaki, Koji Sugimoto

    A 79-year-old woman with a complaint of persistent upper abdominal pain was admitted to our hospital for the treatment of thrombosed acute type B aortic dissection. Computed tomography showed the complete static occlusion of the celiac artery. Because of progressive symptom with elevation of liver enzymes and metabolic acidosis 11 h after admission, endovascular revascularization was attempted on an emergent basis. After a failed catheterization of the celiac ostium in an antegrade fashion due to a hard occlusion, we succeeded in a retrograde recanalization through the pancreaticoduodenal arcade via the superior mesenteric artery with stent placement using a pull-through technique. This technique is useful and safe when an antegrade approach seems difficult.

    ACTA MEDICAL BELGICA, 2017年, ACTA CHIRURGICA BELGICA, 117 (1), 45 - 48, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoshiro Matsuo, Kenji Yoshida, Hideki Nishimura, Yasuo Ejima, Daisuke Miyawaki, Haruka Uezono, Takeaki Ishihara, Hiroshi Mayahara, Takumi Fukumoto, Yonson Ku, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Ryohei Sasaki

    This study aimed to evaluate the efficacy of stereotactic body radiotherapy (SBRT) compared with three-dimensional conformal radiotherapy (3DCRT). Forty-three patients with portal vein tumor thrombosis (PVTT)/inferior vena cava tumor thrombosis (IVCTT) treated with SBRT (27 with CyberKnife (CK) and 16 with TrueBeam (TB)) from April 2013 to December 2014, and 54 treated with 3DCRT from June 2008 to March 2013 were evaluated. Dosimetric parameters, response to radiotherapy (RT) and survival outcomes were compared in total SBRT vs. 3DCRT, CK vs. 3DCRT and TB vs. 3DCRT, respectively. The median biologically effective dose 10 (BED10) values in total SBRT, CK, TB and 3DCRT were 73.4 Gy10, 75.0 Gy10, 60.5 Gy10 and 58.5 Gy10, respectively (P < 0.001 in total SBRT vs. 3DCRT, P < 0.001 in CK vs. 3DCRT, P = 0.004 in TB vs. 3DCRT). The tumor response rates were 67%, 70%, 62% and 46%, respectively (P = 0.04, P = 0.04, P = 0.25). The 1-year overall survival rates were 49.3%, 56.7%, 38.1% and 29.3%, respectively (P = 0.02, P = 0.02, P = 0.30), and the 1-year local progression rates were 20.4%, 21.9%, 18.8% and 43.6%, respectively (P = 0.01, P = 0.04, P = 0.10). The use of SBRT made it possible to achieve a higher BED10 compared with the use of 3DCRT. Improvements in local control and survival were achieved in the CK group and the total SBRT group. Our results suggest that SBRT may have the potential to be the standard RT technique for the treatment of PVTT/IVCTT.

    2016年09月, Journal of radiation research, 57 (5), 512 - 523, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naokazu Miyamoto, Ryota Kawasaki, Megumi Kinoshita, Yojiro Koda, Soichiro Hemni, Masato Yoshida, Nobuhiko Mukohara, Koji Sugimoto

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2016年02月, JOURNAL OF VASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 27 (2), 286 - 289, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kensuke Uotani, Akihiro Hamanaka, Maki Arase, Tomoya Kadoba, Yuko Yamasaki, Takeyuki Kushima, Takaki Sugimoto, Koji Sugimoto

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2016年01月, JOURNAL OF VASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 27 (1), 150 - 152, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Y. Nomura, K. Sugimoto, Y. Gotake, K. Yamanaka, T. Sakamoto, A. Muradi, T. Okada, M. Yamaguchi, Y. Okita

    Objectives: The aim was to evaluate computed tomography angiography (CIA) volumetric and diametric analysis after endovascular repair of descending thoracic aortic aneurysms (DTAAs) and its correlation with and applicability for clinical follow up. Methods: Fifty-four consecutive endovascular repairs for DTAA were retrospectively evaluated from 2008 to 2014. All patients underwent pre-operative CIA and at least one post-operative CIA at 6 months. Fifty-four preoperative and 137 post-operative CTAs were evaluated (using the Ziosoft 2 software) to analyze the aneurysm and thrombus volume, the maximum aneurysm diameter, and their changes at the last follow up CIA (mean 30.5 months; range 6.5-66.4 months). A statistical analysis was performed to assess the correlation between diameter and volume changes, as well as association with endoleaks. The cut off point to predict endoleaks was determined using a receiver operating characteristic (ROC) curve. The predictive accuracy of volume change versus diameter change for Type I endoleak was analyzed. Results: The mean pre-operative aneurysm diameter, aneurysm volume, and thrombus volume were 56.7 +/- 11.7 mm, 145.8 +/- 120.0 mL, and 48.8 +/- 54.8 mL, respectively. Within the observational period, a mean decrease of -27.9 +/- 30.5% in the aortic volume and -15.9 +/- 15.4% in diameter was observed. Correlation between aneurysm diameter and volume changes was good (r = 0.854). Volume and diameter changes were significantly different between groups with and without endoleaks (volume change 16.9 +/- 38.8% vs. -35.6 +/- 23.1%, p < .001; diameter change 8.0 +/- 12.1% vs. -18.8 +/- 14.3%, p < .001). A pre-operative thrombus volume percentage of <11.3% and increase in aneurysm volume +11.6% were predictive factors for Type II and Type I endoleak, respectively. The accuracy of a >10% volume increase in predicting a Type I endoleak was higher (accuracy 96.3%, sensitivity 75%, and specificity 98%) than a >5 mm diameter increase (accuracy 92.6%, sensitivity 25%, and specificity 98%). Conclusions: CT volumetric analysis is a more reliable modality for predicting endoleaks after endovascular repair for DTAA than diameter analysis. (C) 2015 European Society for Vascular Surgery. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    W B SAUNDERS CO LTD, 2015年07月, EUROPEAN JOURNAL OF VASCULAR AND ENDOVASCULAR SURGERY, 50 (1), 53 - 59, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ryota Kawasaki, Naokazu Miyamoto, Haruka Oki, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Takashi Gomi, Takanori Higashino, Tetsuo Washio, Tsutomu Maruta, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    We report three cases of hepatic artery pseudoaneurysm, which were all treated successfully using a combination of coil embolization and a side-holed 5F indwelling catheter for maintaining minimal hepatic artery blood flow with exclusion of the pseudoaneurysm. The tip of an infusion catheter was placed in the right hepatic artery and a side hole was positioned at the celiac axis. Coil embolization was then performed from the proper to the common hepatic artery using detachable coils. Hemostasis was achieved in all patients, with a final angiogram showing the hepatic arteries through the indwelling catheter. One major hepatic infarction and one focal liver abscess caused by reflux cholangitis manifested on postoperative days (PODs) 11 and 87, respectively. All patients survived and the indwelling catheter was removed on POD 136-382 without complication.

    SPRINGER, 2015年06月, SURGERY TODAY, 45 (6), 772 - 776, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Satoshi Seno, Kazuhiro Kitajima, Go Inokuchi, Ken-ichi Nibu, Tomoo Itoh, Yasuo Ejima, Ryohei Sasaki, Koji Sugimoto, Kazuro Sugimura

    Introduction: Ameloblastoma is a benign odontogenic neoplasm of the jaw, rarely presenting as a malignant tumor. Although it is very important to discriminate ameloblastoma from ameloblastic carcinoma in order to decide the appropriate operative procedure, this is difficult using conventional CT and MRI. Case descriptions: We report a case of maxillar ameloblastoma in a 78-year-old man where FDG-PET/CT was useful for making this discrimination. CT demonstrated a 31 x 43 x 46-mm mass in the left posterior maxillary sinus with destruction of its posterior and lateral wall and alveolar bone. MRI demonstrated a hypo- to isointense heterogeneous pattern on T1WI, heterogeneous hyperintensity with a prominent high-signal spot on T2WI, high signal intensity on DWI reflecting restricted diffusion, and strong heterogeneous enhancement. Because FDG-PET/CT showed mild FDG uptake (SUVmax 2.40) by the mass, ameloblastoma, rather than ameloblastic carcinoma, was considered to be the correct diagnosis. Discussion and evaluation: It appears that ameloblastic carcinoma shows intense FDG uptake, whereas ameloblastoma shows mild or moderate FDG uptake, and only rarely intense FDG uptake. Our experience suggests that FDG-PET/CT may be effective for discriminating ameloblastoma from ameloblastic carcinoma. Especially, in cases showing mild FDG uptake, benign ameloblastoma would seem the most likely diagnosis. Conclusions: FDG-PET/CT may be useful as an adjunctive modality for diagnosis, treatment planning and surveillance of ameloblastoma and ameloblastic carcinoma.

    SPRINGER INTERNATIONAL PUBLISHING AG, 2015年06月, SPRINGERPLUS, 4, 250, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naokazu Miyamoto, Ryota Kawasaki, Tetsuya Fukuda, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    To compare the results of endovascular treatment for unilateral iliac occlusion in types B and D, and confirm its validity for type D. Between 2000 and 2011, 108 patients underwent endovascular treatment for unilateral iliac occlusion. 77 were categorized as type B for occlusion of common iliac artery (CIA) or external iliac artery (EIA) and 31 were categorized as type D for occlusion of both CIA and EIA. The initial success rates, procedure time, penetration time, amount of contrast media used, complication rates, and cumulative primary patency rates were determined and compared between these groups. Between type D and B groups, the initial success rates were 87.1 % (type D) and 89.6 % (type B) (p = 0.9316). The procedure time was 137.0 +/- A 55.5 and 97.2 +/- A 47.2 min (p < 0.05). The penetration time was 49.1 +/- A 40.6 and 31.6 +/- A 30.1 min (p < 0.05). The amount of contrast agent used was 193.9 +/- A 103.1 and 156.5 +/- A 85.0 ml (p = 0.0722). The complication rates were 6.5 and 3.9 % (p = 0.8491). The cumulative primary patency rates, at 1, 3, and 5 years were 91, 85, and 85 % and 100, 96, and 93 %. Endovascular treatment can be indicated for unilateral occlusion of both CIA and EIA categorized as type D.

    SPRINGER, 2015年02月, SURGERY TODAY, 45 (2), 162 - 167, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Okada, Olivier Pellerin, Sebastien Savard, Emmanuel Curis, Matthieu Monge, Michael Frank, Guillaume Bobrie, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Pierre-Francois Plouin, Michel Azizi, Marc Sapoval

    To classify the renal artery (RA) anatomy based on specific requirements for endovascular renal artery denervation (RDN) in patients with drug-resistant hypertension (RH). The RA anatomy of 122 consecutive RH patients was evaluated by computed tomography angiography and classified as two types: A (main RA a parts per thousand yen20 mm in length and a parts per thousand yen4.0 mm in diameter) or B (main RA < 20 mm in length or main RA < 4.0 mm in diameter). The A type included three subtypes: A1 (without accessory RAs), A2 (with accessory RAs < 3.0 mm in diameter), and A3 (with accessory RAs a parts per thousand yen3.0 mm in diameter]. A1 and A2 types were eligible for RDN with the Simplicity Flex catheter. Type B included twi subtypes based on the main RA length and diameter. Patients were accordingly classified into three eligibility categories: complete (CE; both RAs were eligible), partial (PE; one eligible RA), and noneligibility (NE; no eligible RA). Bilateral A1 type was the most prevalent and was observed in 48.4 % of the patients followed by the A1/A2 type (18 %). CE, PE, and NE were observed in 69.7, 22.9, and 7.4 % of patients, respectively. The prevalence of accessory RAs was 41 %. Of RH patients, 30.3 % were not eligible for bilateral RDN with the current Simplicity Flex catheter. This classification provides the basis for standardized reporting to allow for pooling of results of larger patient cohorts in the future.

    SPRINGER, 2015年02月, CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 38 (1), 79 - 87, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Keitaro Sofue, Yoshito Takeuchi, Kentaro Shibamoto, Koji Sugimoto, Kazuro Sugimura, Yasuaki Arai

    A 68-year-old man with cholangiocarcinoma underwent percutaneous transhepatic portal embolization to expand the indication for hepatic resection. Selective right posterior portography revealed an intrahepatic portosystemic venous shunt (IPSVS) connecting the segment VII branch to the right hepatic venous branch. An infusion of 50 % glucose solution was given to occlude the shunt. This is novel management for IPSVSs when they are numerous, small, or torturous, and makes the subsequent procedures simpler, shorter, and less expensive.

    SPRINGER, 2014年12月, SURGERY TODAY, 44 (12), 2366 - 2368, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Eisuke Ueshima, Masato Yamaguchi, Akhmadu Muradi, Takuya Okada, Koji Idoguchi, Keitaro Sofue, Yoshikatsu Nomura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    Endovascular treatment for arteriocaval fistula (ACF) has become the preferred alternative to open repair. However, endoleaks sometimes occur and maintain the ACF. A 64-year-old man presented with persistent fistula after placement of a bifurcated stent-graft for ACF complicating an aortoiliac aneurysm that was maintained by endoleaks from the inferior mesenteric and lumbar arteries. Transarterial embolization of the aneurysm sac and inferior mesenteric artery successfully resolved the problem without any complications observed over 16 months of follow-up. A literature review and discussion of the management options for this entity are presented. A combination of inflow and outflow control is important to obtain better long-term outcomes.

    2014年11月, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 25 (11), 1809 - 15, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Noriaki Sakamoto, Masato Yamaguchi, Keitaro Sofue, Akhmadu Muradi, Koji Idoguchi, Takuya Okada, Eisuke Ueshima, Koji Sugimoto

    Ectopic variceal hemorrhage caused by sinistral portal hypertension after splenic vein ligation during a pyloric-preserving pancreatoduodenectomy is a rare entity. We report the case of a 58-year-old man with symptoms of refractory melena. The varices could not be treated endoscopically and surgery was considered unsuitable due to severe adhesions and altered anatomy. Following clinical failure of partial splenic embolization, an alternative obliteration method by a retrograde trans-portal-venous approach was successfully performed and resolved the problem. It seems to be an effective method for ectopic variceal bleeding, especially when other interventions are unavailable or highly risky.

    2014年08月, Japanese journal of radiology, 32 (8), 487 - 90, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Takuya Okada, Yoshikatsu Nomura, Koji Idoguchi, Eisuke Ueshima, Noriaki Sakamoto, Ryota Kawasaki, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    PURPOSE: This study was designed to analyze the outcomes of endovascular treatment for internal iliac artery aneurysm (IIAA) at mid-term follow-up. METHODS: We retrospectively analyzed 33 patients (28 males, mean age 77.4 years) who underwent endovascular treatment of 35 IIAAs (mean diameter 39.8 mm) from 2002 to 2012. We attempted to completely and selectively embolize all distal branches with permanent embolic materials, followed by proximal controls either by stent-graft placement (type 1) or coil embolization (type 2). RESULTS: Procedural success rate was 97.1% (n = 34). Complete permanent distal branches embolization was achieved in 27 (79.4%), type 1 in 24 (70.6%), and type 2 in 10 (29.4%) cases. During mean follow-up period of 29.1 months (range, 1.2-92.8), no IIAA-related mortality and stent/stent-graft related complications occurred. Pelvic ischemia occurred and resolved in 8 (25%) patients. Among 32 cases followed by CT, the aneurysm diameter was stable in 18 (56.3%), shrank in 11 (34.4%), and enlarged in 3 (9.4%) cases. In 22 assessed by contrast-enhanced CT, secondary endoleak occurred in 3 (13.6%) cases and 2 required secondary interventions (2/32, 6.3%). Type 1 procedure tends to have better mid-term outcomes. Incomplete permanent distal branches embolization was associated with enlargement and secondary intervention (p = 0.007 and p = 0.042, respectively). The secondary intervention-free rate at 3 years in the complete and incomplete distal embolization group was 100 and 83.3%, respectively (p = 0.128). CONCLUSIONS: Endovascular treatment for IIAA is feasible and safe. Complete permanent distal branches embolization is important to achieve satisfactory mid-term outcomes.

    2014年04月, Cardiovascular and interventional radiology, 37 (2), 348 - 54, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ryota Kawasaki, Naokazu Miyamoto, Haruka Oki, Masato Yamaguchi, Takuya Okada, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    Seven patients with superior mesenteric artery embolism were treated by aspiration with the use of a 6-F angled guiding sheath and a 6-F guiding catheter through an 8-F short sheath by direct advancement using a telescopic and "biting-off" technique. Aspiration of the trunk took between 30 and 60 minutes (median, 44.0 min), and total procedure time ranged from 34 to 94 minutes (median, 60 min). Five of six trunk lesions and six of nine branch lesions were successfully aspirated. One dissection was observed. Six patients underwent bowel resection. Two patients died and the remaining five survived for a median of 868.2 days without complications.

    2014年04月, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 25 (4), 635 - 9, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Noriaki Sakamoto, Takuya Okada, Koji Idoguchi, Koji Sugimoto

    Hemomediastinum and hemothorax due to spontaneous internal mammary artery (IMA) rupture is extremely rare, and can be a life-threatening condition. We herein present, to the best of our knowledge, the first case of spontaneous IMA rupture complicating myelodysplastic syndrome, and the first case that was successfully treated by emergency trans-arterial embolization using n-butyl cyanoacrylate.

    2014年03月, Surgery today, 44 (3), 564 - 7, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Eisuke Ueshima, Masato Yamaguchi, Takeshi Ueha, Akhmadu Muradi, Takuya Okada, Koji Idoguchi, Keitaro Sofue, Toshihiro Akisue, Masahiko Miwa, Masahiko Fujii, Koji Sugimoto

    PURPOSE: To evaluate the efficacy of intraarterial infusion of CO2-saturated solution in rabbit VX2 thigh tumors. MATERIALS AND METHODS: Fourteen Japanese white rabbits had VX2 tumors implanted in the right femoral muscle 3 weeks before intraarterial infusion. Rabbits were divided into control and CO2 groups (n = 7 each). Fifty milliliters of solution (saline solution and CO2-saturated solution for the control and CO2 groups, respectively) was administered via a 24-gauge catheter in the ipsilateral iliac artery close to the feeding artery of the VX2 tumor. All rabbits were killed for tumor harvest on day 3 after the procedure. Tumor volume was evaluated with in vivo direct caliper measurement and contrast-enhanced computed tomography (CT). Tumor apoptotic changes were examined by DNA fragmentation assay and immunoblot analysis. The tumor growth ratio and apoptotic cell rate were analyzed. RESULTS: Body weight was equally increased in both groups, but the mean tumor growth ratio was significantly decreased in the CO2 group compared with the control group (-9.5% ± 7.9 vs 27.2% ± 6.6 and 4.1% ± 4.4 vs 35.7% ± 4.5 measured by calipers and contrast-enhanced CT, respectively; P < .01). Apoptotic activity in the CO2 group was higher than in the control group (number of apoptotic cells per area, 215.0 ± 58.7 vs 21.8 ± 5.4; adjusted relative density of cleaved caspase-3, 0.23 ± 0.07 vs 0.04 ± 0.01; P < .01). CONCLUSIONS: Intraarterial infusion of CO2-saturated solution inhibits rabbit VX2 thigh tumor growth by activation of apoptotic cell death through cleaved caspase-3 upregulation.

    2014年03月, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 25 (3), 469 - 76, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Koji Idoguchi, Takuya Okada, Yoshikatsu Nomura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    Stent graft placement for ureteroarterial fistula is the preferred treatment. However, some pitfalls may occur during the procedure. Chronic inflammation process will induce longer adhesion area between artery and ureter, which results in unusual fistula site and rigid iliac arteries. This further leads to difficulty in advancing the endograft delivery system, even when access route is large enough. Multiple attempts to pass the iliac artery may result in "incidental" mechanical provocative angiography with subsequent massive bleeding. These suggested us not only to be careful and prepared but also to consider that angiography after inserting the delivery system could give additional information on the exact fistula site.

    2014年02月, Vascular and endovascular surgery, 48 (2), 159 - 61, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Koji Idoguchi, Yoshikatsu Nomura, Takuya Okada, Noriaki Sakamoto, Eisuke Ueshima, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    Acute spontaneous and isolated dissection of the iliofemoral artery is an extremely rare entity. Conservative, surgical, and endovascular treatment have been used to treat such cases. To the best of our knowledge we report the first case of using hybrid management to successfully treat isolated external iliac artery dissection extending to the superficial femoral artery. This method could potentially overcome the limitations of endovascular techniques and minimize use of extensive open surgery.

    2014年02月, Annals of vascular surgery, 28 (2), 490.e13-6 - 6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Koji Idoguchi, Yoshikatsu Nomura, Takuya Okada, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    Thoracic endovascular aortic repair for blunt thoracic aortic injury in young adults with small aortic diameter often encounters high difficulty. We report, to our knowledge, the first case of successful treatment using combination of iliac leg and abdominal aortic cuff stent-graft.

    2014年, Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia, 20 Suppl (Suppl), 825 - 8, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 腹腔動脈起始部狭窄に伴う下膵十二指腸動脈瘤破裂に対するTAE後に十二指腸狭窄をきたした1例

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 岡田 卓也, 上嶋 英介, Muradi Akhmadu, 片山 直人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年10月, IVR: Interventional Radiology, 28 (4), 492 - 492, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Jo stent graftmaster留置および近位側の残存リークへのNBCA注入にて治療した固有肝動脈仮性動脈瘤の1例

    木下 めぐ美, 宮本 直和, 川崎 竜太, 幸田 陽次郎, 邉見 宗一郎, 吉田 正人, 向原 伸彦, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年10月, IVR: Interventional Radiology, 28 (4), 494 - 494, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 尿管動脈瘻に対するステントグラフト留置術の長期治療成績

    岡田 卓也, 山口 雅人, Muradi Akhmadu, 野村 佳克, 魚谷 健祐, 井戸口 孝二, 宮本 直和, 川崎 竜太, 谷口 尚範, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2013年09月, 脈管学, 53 (Suppl.), S148 - S148, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 肉眼的血尿を契機に発見された骨盤内動静脈奇形の1例

    鈴木 光太郎, 桃園 宏之, 近藤 有, 楠田 雄司, 山田 裕二, 濱見 學, 野瀬 隆一郎, 松井 隆, 守殿 貞夫, 三田 裕樹, 森 岳樹, 杉本 幸司

    2013年09月, 泌尿器科紀要, 59 (9号), 635, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 胸部大動脈損傷に対するTEVARの治療成績

    岡田 卓也, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 野村 佳克, 大北 裕, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2013年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 49回 (49回), S623 - S623, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Ryota Kawasaki, Koji Sugimoto, Masahiko Fujii, Naokazu Miyamoto, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura

    OBJECTIVE. The purpose of this study was to assess the therapeutic effect of lymphangiography for refractory postoperative chylothorax and chylous ascites and analyze the relation between the clinical outcomes and radiologic findings or response to the preceding medical treatment. MATERIALS AND METHODS. Between January 2004 and June 2012, 14 patients underwent lymphangiography. All patients had been unresponsive to at least two medical treatments for 3-62 days (median, 13.5 days) before lymphangiography. Leaks were classified as major, minor, and undetectable on the basis of radiologic findings including CT and conventional radiography after lymphangiography. The clinical outcomes were correlated with the radiologic findings or the changes of the daily chylous output after the preceding medical treatments. RESULTS. The leaks were healed in nine of 14 patients (64.3%) by 3-29 days (median, 8 days) after lymphangiography. Healing was achieved for two of seven major leaks, and all of the minor leaks (n = 4) and undetectable leaks (n = 3) after lymphangiography. The remaining five major leaks were not healed after a median follow-up of 15 days. The daily output decreased more than half after medical treatment in seven of the 14 patients, and the leak was healed in six of these patients (85.7%) by 5-18 days (median, 10 days). CONCLUSION. Lymphangiography might be useful for the treatment of refractory postoperative chylothorax and chylous ascites.

    AMER ROENTGEN RAY SOC, 2013年09月, AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY, 201 (3), 659 - 666, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 門脈圧亢進症の血行動態 十二指腸静脈瘤におけるMD-CTを用いた経カテーテル的治療術前の血行動態の把握とその有用性

    鶴崎 正勝, 中村 友則, 朝戸 信行, 任 誠雲, 柳生 行伸, 杉本 幸司, 村上 卓道

    2013年08月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 19 (3号), 78, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Akhmadu Muradi, Yoshikatsu Nomura, Kensuke Uotani, Koji Idoguchi, Naokazu Miyamoto, Ryota Kawasaki, Takanori Taniguchi, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    PURPOSE: To evaluate the safety, efficacy, and long-term results of endovascular stent graft placement for ureteroarterial fistula (UAF). METHODS: We retrospectively analyzed stent graft placement for UAF performed at our institution from 2004 to 2012. Fistula location was assessed by contrast-enhanced computed tomography (CT) and angiography, and freedom from hematuria recurrence and mortality rates were estimated. RESULTS: Stent graft placement for 11 UAFs was performed (4 men, mean age 72.8 ± 11.6 years). Some risk factors were present, including long-term ureteral stenting in 10 (91%), pelvic surgery in 8 (73%), and pelvic radiation in 5 (45%). Contrast-enhanced CT and/or angiography revealed fistula or encasement of the artery in 6 cases (55%). In the remaining 5 (45%), angiography revealed no abnormality, and the suspected fistula site was at the crossing area between urinary tract and artery. All procedures were successful. However, one patient died of urosepsis 37 days after the procedure. At a mean follow-up of 548 (range 35-1,386) days, 4 patients (36%) had recurrent hematuria, and two of them underwent additional treatment with secondary stent graft placement and surgical reconstruction. The hematuria recurrence-free rates at 1 and 2 years were 76.2 and 40.6%, respectively. The freedom from UAF-related and overall mortality rates at 2 years were 85.7 and 54.9%, respectively. CONCLUSION: Endovascular stent graft placement for UAF is a safe and effective method to manage acute events. However, the hematuria recurrence rate remains high. A further study of long-term results in larger number of patients is necessary.

    2013年08月, Cardiovascular and interventional radiology, 36 (4), 950 - 6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Importance of the six angiosomes concept through arterial-arterial connections in CLI

    S. Osawa, H. Terashi, Y. Tsuji, I. Kitano, K. Sugimoto

    Aim. We reviewed the importance of six angiosomes concept in the foot area through arterial-arterial connections. Methods. We retrospectively analyzed 145 limbs from 111 critical limb ischemia (CLI) patients to investigate whether the wound location corresponded with the occlusion of the feeding artery. We also analyzed 57 limbs that underwent endovascular therapy (EVT). Regardless of which target vessel underwent EVT in the calf area, it was considered "direct" if the feeding artery flow in the foot area was achieved and "indirect" if not achieved. The wound healing rate was compared between the direct group and the indirect group relative to the six angiosomes of the foot. Further, we analyzed the absolute difference of the skin perfusion pressure (SPP) values measured before and after EVT. Results. A concordance rate of 82.1% (119/145 limbs) was observed between the wound location and the site of vessel occlusion. The wound healing rate of the six angiosomes-direct group was significantly higher than that of the six angiosomes-indirect group (96.6% vs. 72.7% P=0.03). The SPP values were significantly higher in the six angiosomes-direct group than those in the six angiosomes-indirect group (20.3±18.1 mmHg vs. 5±14.5 mmHg P=0.039). Conclusion. In the case of the patency of the arterial-arterial connections, even if one undergoes EVT for any of the three vessels in the lower leg, wound healing is likely to be achieved, if we can achieve six angiosome-direct flow.

    2013年08月, International Angiology, 32 (4), 375 - 385, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Pelvic arteriovenous malformation: A case report

    Kotaro Suzuki, Yuji Kusuda, Yuji Yamada, Ryuichiro Nose, Takashi Matsui, Yuki Sanda, Takeki Mori, Koji Sugimoto

    A 70-year-old male presented with intermittent macroscopic hematuria. There was no history of previous trauma or pelvic operation. At first, we were unable to clarify the origin of the hematuria, but 3Dcomputed tomography revealed an arteriovenous malformation (AVM) consisting of multiple feeding vessels arising from the bilateral, especially right, internal iliac artery. Treatment with transcatheter arterial embolization (TAE) with a combination of lipiodol and N-butyl-2-cyanoacrylate twice was effective. He needs to be followed up carefully for recurrence of AVM.

    2013年07月, Acta Urologica Japonica, 59 (7), 439 - 442, 中国語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 骨盤内動静脈奇形の1例

    鈴木 光太郎, 楠田 雄司, 山田 裕二, 野瀬 隆一郎, 松井 隆, 三田 裕樹, 森 岳樹, 杉本 幸司

    2013年07月, 泌尿器科紀要, 59 (7号), 439 - 442, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 重症虚血肢に対するバイパス手術と血管内治療を用いたハイブリッド治療の有用性

    辻 義彦, 北野 育郎, 辻 依子, 飯田 修, 杉本 幸司, 澤田 勝寛

    2013年05月, 心臓, 45 (5号), 528 - 534, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • IVRによる外傷診療戦略 鈍的大動脈損傷に対する急性期IVR治療

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕, 川嶋 隆久, 松岡 哲也

    (一社)日本外傷学会, 2013年04月, 日本外傷学会雑誌, 27 (2), 154 - 154, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • EVAR後type 2 endoleakに対する治療

    野村 佳克, 後竹 康子, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 井上 武, 南 一司, 岡田 健次, 宮本 直和, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2013年04月, 日本血管外科学会雑誌, 22 (2), 455 - 455, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の適応拡大における問題点

    野村 佳克, 後竹 康子, 木下 史子, 小原 大見, 中井 秀和, 山中 勝弘, 白坂 知識, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 井上 武, 南 一司, 岡田 健次, 上嶋 英介, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 大北 裕

    (一社)日本外科学会, 2013年03月, 日本外科学会雑誌, 114 (臨増2), 737 - 737, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の適応拡大における問題点

    野村 佳克, 後竹 康子, 木下 史子, 小原 大見, 中井 秀和, 山中 勝弘, 白坂 知識, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 井上 武, 南 一司, 岡田 健次, 上嶋 英介, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 大北 裕

    (一社)日本外科学会, 2013年03月, 日本外科学会雑誌, 114 (臨増2), 737 - 737, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 重症虚血肢に対する集学的治療 更なる救肢への挑戦 救肢不成功例からみた重症虚血肢に対するバイパス手術の意義と限界

    辻 義彦, 北野 育郎, 辻 依子, 杉本 幸司

    2013年03月, 日本外科学会雑誌, 114 (臨増2), 131, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 閉塞性動脈硬化症の術前評価としてMRプラークイメージングが有用であった1例

    大木 晴香, 川崎 竜太, 宮本 直和, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年02月, IVR: Interventional Radiology, 28 (1), 109 - 109, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 透析シャント不全に対する超高耐圧ノンコンプライアントバルーン"YOROI"の初期治療経験

    三田 裕樹, 木下 めぐ美, 大森 美佳, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 森 岳樹, 杉本 幸司

    2013年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, (72回), S405, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 大腿動脈閉塞性病変に対するInterventional Radiology 技術ならびに治療成績と最新の話題

    杉本 幸司

    2013年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, (72回), S106, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 出血性輸入脚静脈瘤に対し経皮経肝的B-RTOで治療し得た1例

    坂本 憲昭, 山口 雅人, 祖父江 慶太郎, 上嶋 英介, 井戸口 孝二, 奥野 晃章, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年02月, IVR: Interventional Radiology, 28 (1), 108 - 108, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 若手腹部救急医育成のために今為すべきことは何か?外科医、救急医、内科医、放射線科医の立場から考える 若手腹部救急医育成のためのIVR研修 subspecialityへの道

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 松岡 哲也

    (一社)日本腹部救急医学会, 2013年02月, 日本腹部救急医学会雑誌, 33 (2), 310 - 310, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 骨転移のみで発症し集学的治療が奏効している肝細胞癌の1例

    三田 裕樹, 森 岳樹, 上嶋 英介, 木下 めぐ美, 杉本 幸司

    2013年02月, Japanese Journal of Radiology, 31 (Suppl.I), 55, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 下肢急性動脈閉塞に対して経皮的にPTAバルーンで血栓除去を行った1例

    宮本 直和, 川崎 竜太, 大木 晴香, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年02月, IVR: Interventional Radiology, 28 (1), 109 - 109, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • QOLを考慮した重症膝下病変に対する治療戦略 歩行機能維持を考慮した重症膝下動脈病変に対する治療戦略

    辻 義彦, 北野 育郎, 辻 依子, 杉本 幸司

    2013年02月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 42 (Suppl.), 139, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Atsushi Kitagawa, Yoshikatsu Nomura, Takuya Okada, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    Thoracic endovascular aortic repair for a descending thoracic aortic aneurysm is an excellent alternative to open surgery, especially in patients with a number of comorbidities. It may cause fatal complications, including aortoesophageal stula, but these are very rare. Here, we report the case of secondary aortoesophageal stula four months after the procedure for a huge descending thoracic aortic aneurysm, which presented with new-onset high-grade fever accompanied by elevated inammatory markers.

    2013年01月, Diagnostic and Interventional Radiology, 19 (1), 81 - 84, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 杉本幸司

    要 旨:潰瘍・壊死を合併した重症虚血肢の救済においては,血行再建術は治療の第1段階であり,その後に創傷ケアや適切な装具の作成・リハビリテーションなどの集学的治療が不可欠である。2003年以降にバイパス術が施行されたFontaine IV度の93例100肢を対象とし,バイパス術と術後の創傷ケア,とくに切断部位による歩行機能への影響について検討を加えた。血行再建術の末梢吻合部は,膝上28肢,膝下20肢,下腿3分岐以下52肢で,2年での一次/二次開存率は膝上85.2/93.7%,膝下73.8/73.8%,下腿71.8/78.3%であった。バイパス術後に小切断なしが39肢,趾の断端形成術を要したものは31肢,踵部部分切除1肢で,生存例では術後全例に歩行機能の低下は認められなかった。中足骨レベルでの切断は20肢で,術前歩行可能であった17例のうち15例が,退院時も自力歩行可能であった(歩行維持率88.2%)。一方ショパール離断1肢,下腿切断5肢,大腿切断3肢中,術後に歩行可能な症例はなかった。救肢率は1年/5年で90.3/85.0%と良好であったが,生存率は85.0/55.9%と低値であった。重症虚血肢の症例に関しては,救肢可能であってもその生命予後が不良な例も多く,血行再建術および創傷ケアによって歩行機能を維持することが重要と考えられた。

    Japanese College of Angiology, 2012年11月, 脈管学, 52 (November), 343 - 348, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • IVR医が求める呼吸器核医学画像

    杉本幸司

    2012年11月, 核医学, 49 (4号), 407 - 408, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 胆嚢炎に併存し診断に苦慮した肝炎症性偽腫瘍の1切除例

    杉本幸司

    2012年10月, 臨床外科, 67 (10号), 1312 - 1316, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Keitaro Sofue, Koji Sugimoto, Takeki Mori, Shinichi Nakayama, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura

    Isolated iliac vein injury caused by blunt pelvic trauma is a rare condition that is difficult to diagnose and often fatal. We report a case of a 52-year-old female who presented with life-threatening isolated iliac vein injury caused by blunt pelvic trauma that was successfully managed with endovascular uncovered stent placement. Although further studies are warranted to clarify the hemostatic mechanism, uncovered stent placement can be considered as an alternative treatment option to covered stent placement for life-threatening iliac vein injury when a covered stent is not rapidly available.

    SPRINGER, 2012年10月, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 30 (8), 680 - 683, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Idoguchi, Masato Yamaguchi, Takuya Okada, Yoshikatsu Nomura, Kazuro Sugimura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    Blunt traumatic abdominal aortic dissection is extremely rare and potentially deadly. We present the case of a 62-year-old man involved in a frontal car crash. After emergency undergoing laparotomy for bowel injuries, he was referred to our hospital due to acute ischemia of bilateral lower extremities on day 3 after the trauma. Computed tomography and aortography showed an aortobiiliac dissection with complete occlusion. This injury was successfully treated by endovascular treatment with "kissing"-technique stent placement, which appears to be a safe, effective, and minimally invasive treatment.

    2012年10月, Cardiovascular and interventional radiology, 35 (5), 1216 - 20, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大澤沙由理, 寺師浩人, 辻依子, 北野育郎, 杉本幸司

    重症下肢虚血では下腿3分枝のangiosomeが足部で変動し,arterial-arterial connectionを介して末梢が栄養されることが多く認められる.我々は創部と血管造影の所見を比較し,足部のangiosomeについてその相関関係を検討するとともに,血管内治療施行部位と潰瘍の治癒率についてもその相関関係を検討した.結果,潰瘍形成部位と足部の血管閉塞部位は82.1%と高率に一致していた.また,EVT後血管開存部位と潰瘍治癒率を検討した結果,下腿ではdirect群で91.7%,indirect群で81.5%と両群に有意差を認めなかったが,足部ではdirect群で96.6%,indirect群で72.7%とdirect群において有意に治癒率が高いとの結果であった.すなわち,足部において,潰瘍形成部位のangiosome支配血管は閉塞していることが多く,EVTによりその血管を開存させることができれば潰瘍の治癒および大切断の回避が望めることが示唆された.

    日本下肢救済・足病学会, 2012年09月, 日本下肢救済・足病学会誌, 4 (3号), 163 - 168, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 腹部大動脈瘤破裂に対する企業製ステントグラフトを用いた緊急EVARの検討

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2012年08月, IVR: Interventional Radiology, 27 (3), 344 - 345, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 単純CTにおける肺動脈血栓塞栓症の診断能に関する検討

    森岳樹, 杉本幸司

    2012年08月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, (48回), S512, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • SMA塞栓症に対するガイディングシースとガイディングカテーテルを用いた用手的血栓吸引療法5例の検討

    川崎 竜太, 宮本 直和, 杉本 幸司, 山口 雅人, 岡田 卓也, 伊崎 健太, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2012年08月, IVR: Interventional Radiology, 27 (3), 348 - 349, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • AAAに対するEVAR後のtype 2 endoleakに対して塞栓術を行った4例の検討

    宮本 直和, 川崎 竜太, 吉田 正人, 山口 雅人, 岡田 卓也, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2012年08月, IVR: Interventional Radiology, 27 (3), 345 - 345, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の治療成績 IFU内vs IFU外

    野村 佳克, 竹歳 秀人, 山口 雅人, 宮原 俊介, 山中 勝弘, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 田中 亜紀子, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 杉本 幸司, 岡田 健次, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2012年05月, 日本血管外科学会雑誌, 21 (3), 400 - 400, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 内臓動脈瘤に対する治療方針の検討

    坂本 敏仁, 白坂 知識, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 山中 勝弘, 大村 篤史, 野村 佳克, 田中 亜紀子, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 岡田 健次, 大北 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2012年05月, 日本血管外科学会雑誌, 21 (3), 424 - 424, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 透析・糖尿病を合併したASO重症虚血肢に対する治療戦略 重症虚血肢に対する血行再建における血液透析の影響

    杉本幸司

    2012年05月, 日本血管外科学会雑誌, 21 (3号), 306, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 総腸骨動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の治療成績

    野村 佳克, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 白坂 知識, 山中 勝弘, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 田中 亜紀子, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 健次, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2012年05月, 日本血管外科学会雑誌, 21 (3), 469 - 470, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 若年者に発症した胸部大動脈損傷に対し、緊急TEVARにて救命し得た1例

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 野村 佳克, 佐藤 雅信, 大北 裕, 中尾 彰太, 松岡 哲也

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2012年05月, IVR: Interventional Radiology, 27 (2), 213 - 213, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • TAE後にclostridium perfringensによる肝膿瘍を合併し急激な経過で死亡した肝細胞癌の1例

    坂本 憲昭, 山口 雅人, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 奥野 晃章, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2012年05月, IVR: Interventional Radiology, 27 (2), 215 - 215, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Teruaki Okuno, Masato Yamaguchi, Takuya Okada, Takuya Takahashi, Noriaki Sakamoto, Eisuke Ueshima, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    OBJECTIVE: Creating an experimental model of a type B aortic dissection with a minimally invasive endovascular procedure in swine to help future evaluation of therapies for aortic dissection. METHODS: Aortic dissection was created in 14 swine using endovascular procedures only. Under fluoroscopy, a modified 10F outer catheter with a 14 G stiffening inner metallic cannula was forced via the femoral artery into the aortic vessel wall to create an initial dissection. A .035-inch guidewire and a 4F straight catheter were advanced into the dissected space, and the dissection was extended in a retrograde direction using a technique including loop formation of the guidewire, which was placed carefully against the transmural penetration and extended as far as possible in the descending thoracic aorta up to the point where loop formation of the guidewire reached smoothly. An 8F introducer sheath was advanced with a Brockenbrough needle into the dissected space, and a proximal fenestration was created by puncturing the intima. If required, balloon dilatation was performed to enlarge the proximal and distal tears. Aortography and contrast-enhanced cone beam computed tomography (CBCT) were performed in addition to a detailed histologic evaluation of the dissected portion. RESULTS: Aortic dissection was successfully created in 11 of the 14 swine (78.6%). Among the 11 dissections, nine were located in the thoracoabdominal aorta and two in the abdominal aorta. The initial aortic diameter at the middle portion of the created dissection ranged from 7.4 to 16.8 mm (mean ± standard deviation, 10.9 ± 2.9), while after dissection, it ranged from 7.8 to 19.3 mm (12.9 ± 3.8 mm). The dissected length ranged from 4.4 to 17.7 cm (10.7 ± 4.6 cm). Aortography and CBCT revealed seven dissections (63.6%) with a smooth and patent false lumen. Histologic evaluation revealed that the outer one-third of the media was separated from the inner two-thirds. In the remaining four dissections (36.4%), imaging procedures revealed the formation of a rough and patent false lumen beside the true lumen, and histologic evaluation revealed greater separation of the outer media. Five animals were chronic dissection models. Three (60%) of these survived for more than 14 days without any symptoms. Moreover, completely patent true and false lumens without thrombus formation were observed in these three animals. The aortic diameter at the dissected portion tended to be dilated compared with the initial diameter. CONCLUSIONS: This new technique of creating an experimental aortic dissection model in swine is promising and should contribute to the development of future therapies for aortic dissection.

    2012年05月, Journal of vascular surgery, 55 (5), 1410 - 8, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • CLI治療のトレンド CLI治療のパラダイムシフト(血管内治療とバイパス術の比較・検討)

    杉本幸司, 寺師浩人

    2012年05月, 日本血管外科学会雑誌, 21 (3号), 410, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 外傷急性期のTAEにおけるNBCAの有用性について

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 川嶋 隆久

    (一社)日本外傷学会, 2012年04月, 日本外傷学会雑誌, 26 (2), 183 - 183, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Gianturco Z stent graftによるTEVARの遠隔期type III endoleakの治療経験

    野村 佳克, 竹歳 秀人, 小原 大見, 山中 勝弘, 白坂 知識, 宮原 俊介, 大村 篤史, 坂本 敏仁, 田中 亜紀子, 岡 隆紀, 南 一司, 岡田 健次, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2012年04月, 日本血管外科学会雑誌, 21 (2), 162 - 162, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 腹部大動脈瘤の治療成績 EVAR vs Open Surgery

    野村 佳克, 竹歳 秀人, 小原 大見, 白坂 知識, 宮原 俊介, 山中 勝弘, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 田中 亜紀子, 井上 武, 岡 隆紀, 岡田 健次, 大北 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2012年03月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 41 (Suppl.), 444 - 444, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 重症虚血肢に対する集学的治療 Bypass術と血管内治療を併用したFontaine IV度重症虚血肢への血流確保戦略

    杉本幸司, 寺師浩人

    2012年03月, 日本外科学会雑誌, 113 (臨増2), 218, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 下肢末梢血管病変に対するgold standardは? 血管内治療vsバイパス 血管内治療不成功例へのバイパス成績からみた下肢末梢血管病変治療のgold standard

    杉本幸司

    2012年03月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 41 (Suppl.), 202, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 腹部骨盤領域における大動脈緊急症に対するIVRの有用性

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本腹部救急医学会, 2012年02月, 日本腹部救急医学会雑誌, 32 (2), 410 - 410, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Atsushi Kitagawa, Ryota Kawasaki, Yoshikatsu Nomura, Yutaka Okita, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    PURPOSE: To evaluate the safety, efficacy, and mid-term outcomes of endovascular tubular stent-graft placement for repair of isolated iliac artery aneurysms (IAAs). MATERIALS AND METHODS: Between January 2002 and March 2010, 20 patients (7 women and 13 men; mean age 74 years) underwent endovascular repair of 22 isolated IAAs. Two patients underwent endovascular repair for bilateral aneurysms. Ten para-anastomotic aneurysms (45%) developed after open abdominal aortic aneurysm (AAA) repair with an aorto-iliac graft, and 12 were true aneurysms (55%). Eleven straight and 11 tapered stent-grafts were placed. Contrast-enhanced computed tomography (CT) was performed to detect complications and evaluate aneurysmal shrinkage at week 1, 3, 6, and 12 months and once every year thereafter. Non-contrast-enhanced CT was performed in seven patients with chronic kidney disease. RESULTS: All procedures were successful, without serious complications, during the mean (range) follow-up period of 746 days (47-2651). Type II endoleak not requiring treatment was noted in one patient. The mean (SD) diameters of the true and para-anastomotic aneurysms significantly (p < 0.05) decreased from 42.0 (9.3) to 36.9 (13.6) mm and from 40.1 (13.0) to 33.6 (15.8) mm, respectively; the mean (SD) shrinkage rates were 15.1% (20.2%) and 18.9% (22.4%), respectively. The primary patency rate was 100%, and no secondary interventions were required. Four patients (21%) developed transient buttock claudication, and one patient (5%) developed colorectal ischaemia, which was treated conservatively. CONCLUSION: Endovascular tubular stent-graft placement for the repair of isolated IAAs is safe and efficacious. Tapered stent-grafts of various sizes are required for accurate placement.

    2012年02月, Cardiovascular and interventional radiology, 35 (1), 59 - 64, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Takuya Takahashi, Kenta Izaki, Kensuke Uotani, Noriaki Sakamoto, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    PURPOSE: This study was designed to evaluate the safety of selective transcatheter arterial embolization (TAE) with N-butyl cyanoacrylate (NBCA) in a swine model in terms of histological changes in the pancreas. METHODS: Three groups of two female swine (58-64 kg) per group underwent TAE of the dorsal pancreatic artery, under anesthesia, with 1:1, 1:4, and 1:9 mixtures of NBCA and iodized oil. Blood parameters were evaluated at days 1, 4, and 10 after TAE, after which the animals were sacrificed and pancreatic tissues were examined under light microscopy. RESULTS: All of the animals were asymptomatic and survived for 10 days. Cone beam computed tomographic angiography revealed occlusion of the dorsal pancreatic artery and no enhancement in the embolized area. The white blood cell count and C-reactive protein level were elevated slightly on day 1 after TAE (mean ± SD: 252.7 ± 27.8 × 10(2)/μl and 0.15 ± 0.07 mg/l, respectively), but they normalized or remained near the upper normal limit thereafter. The serum amylase and lipase levels also were elevated on day 1 (8831.7 ± 2169.2 U/l and 130 ± 53.4 U/l, respectively) but normalized thereafter. Histologically, necrosis and fibrosis were noted only in the embolized segment, and necrosis and acute inflammatory reactions were absent in the nonembolized segment. The border between both segments was well defined. Lymphocytic infiltration and foreign body reaction were noted around the embolized vessels. CONCLUSIONS: Selective TAE with NBCA in the pancreas caused localized ischemic necrosis without clinically significant pancreatitis; therefore, this procedure is tolerable in swine.

    2012年02月, Cardiovascular and interventional radiology, 35 (1), 161 - 7, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 当院におけるAdamkiewicz動脈同定CTAの現状

    魚谷 健祐, 河野 淳, 山口 雅人, 藤井 正彦, 北川 敦士, 大北 裕, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    バイエル薬品(株), 2011年12月, 日独医報, 56 (2), 262 - 262, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 狭小大動脈に発症した外傷性断裂に対すTEVAR施行例

    佐藤 雅信, 白坂 知識, 宮原 俊介, 野村 佳克, 野村 拓生, 大村 篤史, 坂本 敏仁, 田中 亜紀子, 宗像 宏, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 北川 敦士, 岡田 健次, 大北 裕, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2011年12月, 日本血管外科学会雑誌, 20 (7), 1011 - 1011, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Yoshikatsu Nomura, Masato Yamaguchi, Atsushi Kitagawa, Takuya Okada, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    A 70-year-old woman, with history of asymptomatic isolated superior mesenteric artery (SMA) dissection was admitted for acute abdominal pain. Computed tomography showed ruptured isolated SMA dissection. Endovascular treatment was chosen over surgical repair because of prior abdominal surgeries. Because an angulated SMA trunk and compressed true lumen by the dilated false lumen prevented the insertion of a guidewire into the SMA via the transfemoral artery, transmesenteric approach under laparotomy was selected. After creating a pull-through condition from the SMA to the left brachial artery, a successful stent graft placement with adequate hemostasis was achieved. The aneurysm shrunk remarkably, with no complication at follow-up.

    2011年12月, Journal of vascular surgery, 54 (6), 1808 - 11, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 急性動脈閉塞に対する治療戦略 Fogarty thrulumen catheterによる選択的血栓除去術を主としたcombination therapy

    岡田 卓也, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 野村 佳克, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 大北 裕, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2011年09月, 脈管学, 51 (Suppl.), S109 - S110, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 下肢救済とフットケア Fontaine IV度の虚血肢に対するバイパス手術と術後フットケアについて

    杉本幸司, 寺師浩人

    2011年09月, 脈管学, 51 (Suppl.), S84, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 門脈圧亢進症に対する画像診断の最前線 非ウイルス性肝障害に伴う門脈圧亢進症に合併した肝過形成結節の画像所見

    鶴崎正勝, 伊崎健太, 杉本幸司, 林祥剛, 杉村和朗

    2011年08月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 17 (3号), 61, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 胃静脈瘤の分類と私の治療手技 十二指腸静脈瘤に対する経カテーテル的治療の経験

    鶴崎 正勝, 中村 友則, 山口 雅人, 杉本 幸司, 北垣 一, 杉村 和朗

    (一社)日本門脈圧亢進症学会, 2011年08月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 17 (3), 86 - 86, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Kenta Izaki, Masato Yamaguchi, Ippei Matsumoto, Makoto Shinzeki, Yonson Ku, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    A 57-year-old woman with a history of diabetes mellitus underwent simultaneous pancreas-kidney transplantation. The pancreaticoduodenal graft was implanted in the right iliac fossa. The donor's portal vein was anastomosed to the recipient's inferior vena cava (IVC). Seven days after the surgery, a thrombus was detected in the graft veins. Percutaneous thrombolysis was immediately performed; however, venous congestion was still present. We therefore attempted selective embolectomy using a Fogarty Thru-Lumen Catheter. Thrombi were directed from the graft veins toward the IVC and captured in the IVC filter with complete elimination of the thrombus without any major complications. We present our technique for the successful treatment of pancreas graft thrombosis within a short time period by percutaneous selective embolectomy using a Fogarty Thru-Lumen Catheter.

    2011年06月, Cardiovascular and interventional radiology, 34 (3), 650 - 3, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 腹部大動脈瘤に対するEVAR後の機種別治療成績

    野村 佳克, 宮原 俊介, 大村 篤史, 野村 拓生, 坂本 敏仁, 田中 亜紀子, 藤田 靖之, 宗像 宏, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 北川 敦士, 岡田 健次, 大北 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本外科学会, 2011年05月, 日本外科学会雑誌, 112 (臨増1-2), 833 - 833, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 腹部大動脈限局解離にステント留置が奏功した1例

    坂本 憲昭, 山口 雅人, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 野村 佳克, 藤田 靖之, 北川 敦士, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2011年05月, IVR: Interventional Radiology, 26 (2), 240 - 240, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 血栓吸引療法を行った上腸間膜動脈塞栓症の3例

    川崎 竜太, 宮本 直和, 大森 美佳, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2011年05月, IVR: Interventional Radiology, 26 (2), 237 - 237, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • カバードステント留置約二年後に再発を来した尿管腸骨動脈瘻の1例

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 坂本 憲昭, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 野村 佳克, 藤田 靖之, 北川 敦士, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2011年05月, IVR: Interventional Radiology, 26 (2), 241 - 241, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • TEVARにおける脊髄虚血症例の検討

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 南 一司, 岡 隆紀, 井上 武, 宗像 宏, 田中 亜希子, 藤田 靖史, 大村 篤史, 野村 佳克, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    (一社)日本外科学会, 2011年05月, 日本外科学会雑誌, 112 (臨増1-2), 832 - 832, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 当院における大動脈ステントグラフト内挿術の初期成績

    杉本幸司

    2011年04月, 日本血管外科学会雑誌, 20 (2号), 460, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 当院における浅大腿動脈病変に対する治療成績

    野村 佳克, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 野村 拓生, 藤田 康之, 田中 亜紀子, 宗像 宏, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 北川 敦士, 岡田 健次, 大北 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2011年04月, 日本血管外科学会雑誌, 20 (2), 350 - 350, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 大動脈気管支瘻、食道瘻、感染性胸部大動脈瘤に対するTEVAR

    北川 敦士, 野村 佳克, 藤田 靖久, 大村 篤史, 田中 亜希子, 宗像 宏, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 山口 雅人, 岡田 健次, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2011年04月, 日本血管外科学会雑誌, 20 (2), 304 - 304, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 腎動静脈奇形に対して塞栓術を施行し止血しえた1例

    杉本幸司

    2011年04月, 泌尿器科紀要, 57 (4号), 218, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対する外科治療戦略

    奥野晃章, 森岳樹, 杉本幸司

    2011年04月, 日本血管外科学会雑誌, 20 (2号), 433, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ステントグラフト治療術後に追加治療として外科治療を要した胸部大動脈疾患症例に関する検討

    奥野晃章, 森岳樹, 杉本幸司

    2011年04月, 日本血管外科学会雑誌, 20 (2号), 299, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Kenta Izaki, Masato Yamaguchi, Ryota Kawasaki, Takuya Okada, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    PURPOSE: To evaluate the clinical effectiveness and safety of transcatheter arterial embolization with n-butyl cyanoacrylate (NBCA) for pseudoaneurysms complicating pancreatitis or pancreatectomy. MATERIALS AND METHODS: Twelve procedures were performed in nine patients (seven men and two women; mean age, 60.6 years) for pseudoaneurysms that occurred secondary to pancreatitis or as a consequence of pancreatic juice leakage at the site of pancreatectomy. For embolization, NBCA was mixed with iodized oil at a ratio of 1:1-1:4; in one patient with failed selective catheterization of the target vessel, the mixture ratio was 1:9. Technical and clinical success rates, recurrent bleeding, procedural complications, serum amylase level, and clinical outcome were determined for each procedure. RESULTS: Embolization was technically successful in all procedures, with no recurrent bleeding documented from the initially treated territory. In three procedures, we encountered additional bleeding vessels at 11, 33, and 49 days after the procedures, which were successfully managed by a second embolization in each case. There were no major complications related to the procedures. As minor complications, in two procedures, the embolized material overflowed beyond the target vessels; however, no clinically significant ischemic events were observed in the embolized territories. Serum amylase did not increase compared with initial levels after any of the procedures. Seven patients were discharged after clinical improvement. Two patients died 2 and 3 weeks after the embolization as a result of multiple organ failure not associated with the procedure. CONCLUSIONS: In this limited series, NBCA embolization was found to be feasible and effective for pseudoaneurysms as a complication of pancreatitis or pancreatectomy.

    2011年03月, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 22 (3), 302 - 8, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 重症虚血肢に対する集学的治療 angisomeの有用性および断端形成術後の歩行機能の検討

    杉本幸司

    2011年01月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 40 (Suppl.), 212, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • TEVARの急性期、遠隔期イベント発生に及ぼす危険因子の検討

    北川 敦士, 山口 雅人, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大村 篤史, 田中 亜紀子, 宗像 宏, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 岡田 健次, 杉村 和朗, 大北 裕

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2011年01月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 40 (Suppl.), 261 - 261, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • EVAR後のtype I endoleakに対してコイル塞栓術を行った1例

    岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 魚谷 健祐, 伊崎 健太, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 北川 敦士, 田中 亜希子, 大北 裕

    (公社)日本医学放射線学会, 2011年01月, Japanese Journal of Radiology, 29 (Suppl.I), 52 - 52, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 1年目看護師による自発的勉強会を用いた薬剤インシデント減少への取り組み

    杉本幸司

    2010年11月, 日赤医学, 61 (2号), 335 - 337, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 足趾、肢切断後のQOL改善 血行再建術を施行したFontaine IV度症例の切断・治癒レベルにおける術後ADLについて

    杉本幸司

    2010年09月, 脈管学, 50 (Suppl.), S133, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • GORE TAGの初期・中期成績

    山口 雅人, 杉本 幸司, 北川 敦士, 岡田 卓也, 杉村 和朗, 大北 裕

    (一社)日本脈管学会, 2010年09月, 脈管学, 50 (Suppl.), S156 - S156, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 餅による食餌性イレウスの画像診断

    森岳樹, 奥野晃章, 杉本幸司

    2010年08月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, (46回), S538, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 当院におけるGORE TAGの初期使用成績

    山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 卓也, 魚谷 健祐, 伊崎 健太, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 北川 敦士, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2010年07月, IVR: Interventional Radiology, 25 (3), 384 - 384, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 臓器移植後の門脈・静脈血栓閉塞に対してフォガティースルールーメンカテーテルによる血栓除去が有用であった2例

    西濱 晴香, 伊崎 健太, 山口 雅人, 魚谷 健祐, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2010年07月, IVR: Interventional Radiology, 25 (3), 379 - 379, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 骨髄線維症に伴う門脈圧亢進症に対し経頸静脈的肝内門脈静脈短絡術(TIPS)を施行した1例

    岡田 卓也, 伊崎 健太, 中林 美日, 魚谷 健祐, 山口 雅人, 前田 哲雄, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 濱中 章洋

    (公社)日本医学放射線学会, 2010年07月, Japanese Journal of Radiology, 28 (Suppl.I), 54 - 54, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 閉塞性動脈硬化症重症虚血肢に対する治療戦略 膝窩動脈以下閉塞性病変に対する血管内治療の適応 重症虚血肢に対する血行再建術の治療成績 バイパス術と血管内治療の比較検討

    杉本幸司

    2010年06月, 脈管学, 50 (3号), 287 - 293, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 下腿3分枝以下の動脈再建 浅大腿動脈病変の血管内治療と膝窩動脈をinflowとするdistal bypass術を組み合わせたhybrid治療

    杉本幸司

    2010年04月, 日本血管外科学会雑誌, 19 (2号), 203, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 重症虚血肢の治療方針と治療成績 Fontaine IV度の重症虚血肢に対する血行再建成績 透析例と非透析例の比較

    杉本幸司, 寺師浩人

    2010年03月, 日本外科学会雑誌, 111 (臨増2), 137, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • TEVARの適応と限界 Shaggy aortaはcontraindicationか?

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 長谷川 智巳, 松森 正術, 南 一司, 宗像 宏, 田中 亜希子, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    (一社)日本外科学会, 2010年03月, 日本外科学会雑誌, 111 (臨増2), 532 - 532, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 鈍的肝損傷後の遅発性合併症に対するIVR症例の検討

    森岳樹, 奥野晃章, 杉本幸司, 松山重成

    2010年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, (69回), S188 - S189, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 動脈性出血に対するN-butyl-2-cyanoacrylate(NBCA)の使用経験

    魚谷 健祐, 山口 雅人, 伊崎 健太, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2010年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 69回 (69回), S190 - S190, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 透析シャントの急性閉塞に対するIVR 技術的成功率と開存率に関与する因子の統計学的検討

    奥野 晃章, 森 岳樹, 木下 めぐ美, 上嶋 英介, 杉本 幸司, 山口 雅人, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2010年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 69回 (69回), S172 - S172, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 当院における企業製EVARの早期中期成績

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 長谷川 智巳, 南 一司, 松森 正術, 宗像 宏, 岡 隆紀, 田中 亜希子, 野村 佳克, 大村 篤史, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2010年01月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 39 (Suppl.), 373 - 373, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 重症下肢虚血に対する膝窩動脈を流入動脈とした足部動脈バイパス術症例の検討

    杉本幸司

    2010年01月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 39 (Suppl.), 250, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対する外科治療戦略

    奥野晃章, 森岳樹, 杉本幸司

    2010年01月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 39 (Suppl.), 290, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • ステントグラフト治療術後に追加外科治療を要した胸部大動脈疾患症例に関する検討

    奥野晃章, 森岳樹, 杉本幸司

    2010年01月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 39 (Suppl.), 401, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 重症虚血肢に対する膝窩-下腿・足部動脈バイパス術の妥当性に関する検討

    寺師浩人, 杉本幸司

    2009年12月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (7号), 659 - 665, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masakatsu Tsurusaki, Ryota Kawasaki, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Takumi Fukumoto, Yonson Ku, Kazuro Sugimura

    We report a case of hemangioma with an atypical vascular enhancement pattern. The hemangioma showed peripheral rim enhancement at the arterial phase during dynamic magnetic resonance imaging, and the peripheral enhanced zone was still apparent during the delayed phase, as shown on double-phase computed tomography hepatic arteriography. The rim enhancement pattern of this case, mimicking that of hepatocellular carcinoma, may be due to the surrounding liver parenchymal fibrotic change caused by an active hepatitis C viral infection.

    SPRINGER, 2009年04月, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 27 (3), 156 - 160, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masakatsu Tsurusaki, Ryota Kawasaki, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Takumi Fukumoto, Yonson Ku, Kazuro Sugimura

    We report a case of hemangioma with an atypical vascular enhancement pattern. The hemangioma showed peripheral rim enhancement at the arterial phase during dynamic magnetic resonance imaging, and the peripheral enhanced zone was still apparent during the delayed phase, as shown on double-phase computed tomography hepatic arteriography. The rim enhancement pattern of this case, mimicking that of hepatocellular carcinoma, may be due to the surrounding liver parenchymal fibrotic change caused by an active hepatitis C viral infection.

    2009年04月, Japanese journal of radiology, 27 (3), 156 - 60, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 周産期出血に対する選択的動脈塞栓術の検討

    岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 魚谷 健祐, 伊崎 健太, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2009年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 68回 (68回), S214 - S214, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Akira Nii, Mitsuo Shimada, Toru Ikegami, Yukari Harino, Satoru Imura, Yuji Morine, Hirofumi Kanemura, Yusuke Arakawa, Koji Sugimoto

    Aim: The significance of dihydropyrimidine dehydrogenase (DPD) and thymidylate synthase (TS) gene expressions for the post-surgical prognosis of hepatocellular carcinoma (HCC) has not yet been determined. In the present study, we clarified the significance of DPD and TS gene expressions for the prognosis of HCC. Methods: Seventy-four patients, who underwent curative hepatic resection for primary HCC, were evaluated. The DPD and TS mRNA levels of the resected HCC specimens were evaluated using a microdissection technique and quantative real-time RT-PCR. The patients were categorized into high and low groups for each mRNA based on the median value. Various clinicopathological factors, including prognosis, and proliferation index using Ki-67 staining were evaluated in association with the DPD and TS mRNA expression levels. Results: The low DPD mRNA expression was related to younger age, advanced clinical stage, undifferentiated histology, and microscopic intrahepatic metastasis. The overall and recurrence-free survival were significantly lower in the low DPD group than in the high DPD group (P < 0.05). Furthermore, the proliferation index in the low DPD group was significantly higher than that in the high DPD group (P < 0.01). On the other hand, the high TS group showed a tendency of better prognosis than the low TS group, although it was not statistically significant. Conclusions: The low DPD mRNA expression is a significant poor prognostic factor. after curative resection of HCC. © 2009 The Japan Society of Hepatology.

    2009年, Hepatology Research, 39 (3), 274 - 281, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masakatsu Tsurusaki, Richard C. Semelka, Kensuke Uotani, Koji Sugimoto, Masahiko Fujii, Kazuro Sugimura

    The purpose of this study was to prospectively evaluate the efficacy of high-spatial-resolution dynamic MRI using sensitivity encoding (SENSE) in detection of hypervascular hepatocellular carcinoma (HCC). Thirty-five patients were included in this prospectively planned study, and 25 patients with 31 HCCs were assigned into three groups and underwent the following sequences: group A (n = 11): three-dimensional fast-gradient-echo (3D-FGE) high-spatial-resolution dynamic MRI (HR-MRI) with SENSE; group B (n = 10): 3D-FGE low-spatial-resolution dynamic MRI (LR-MRI) with SENSE; and group C (n = 14): 3D-FGE/LR-MRI without SENSE. For the quantitative analysis, the lesion-to-liver contrast-to-noise ratio (CNR) between the liver and HCCs was measured. For the qualitative analysis, overall image quality for each group was evaluated with a five-point scale analysis. The sensitivities for detection of HCCs were evaluated. The overall image quality in group A was significantly greater than both groups B and C (P < 0.01). The sensitivity of lesion detection on HAP was not significantly higher in group A (100%) than group C (69.2%; P > 0.05). In our pilot study on a small number of patients, image quality in HR-MRI with SENSE was superior to LR-MRI. A high detection rate was seen with HR-MRI with SENSE in the patients with hypervascular HCCs.

    SPRINGER, 2008年10月, EUROPEAN RADIOLOGY, 18 (10), 2206 - 2212, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ryota Kawasaki, Koji Sugimoto, Takanori Taniguchi, Masato Yamaguchi, Masahiko Fujii, Kazuro Sugimura, Yutaka Okita

    OBJECTIVE: The objective of our study was to retrospectively assess the safety and efficacy of endovascular treatment for branch stenosis or obstruction after branched graft replacement in patients with thoracoabdominal aortic aneurysm or aortic arch aneurysm. MATERIALS AND METHODS: Seven patients (all men; median age, 62 years; age range, 19-79 years) who had undergone aortic surgery using branched grafts between March 2004 and January 2007 were treated. Diagnosis was established on dynamic contrast-enhanced CT or angiography. A self- or balloon-expandable stent was placed after predilatation with a balloon catheter and, if necessary, thrombolysis was also performed. Stent patency was assessed on thin-slice axial images obtained during the arterial phase on dynamic contrast-enhanced CT. RESULTS: Seven lesions (one celiac artery, two left subclavian arteries, and four renal arteries) were treated. The time between the surgery and treatment was 0-3 days for patients with abdominal lesions and 20-41 days for those with thoracic lesions. Stent placement was successful in five of the seven patients. In one patient, insertion of the stent delivery system was unsuccessful; in the other patient, the stent was not completely expanded. The clinical symptoms and abnormal laboratory data improved in all patients with successful procedures. No restenosis was observed on imaging follow-up, with a median patency of 104 days (range, 5-1,218 days) during clinical follow-up (range, 37-1,218 days; median, 135 days). CONCLUSION: Endovascular repair can be an alternative treatment for visceral vessel complications of branched grafts, especially in obstructed but peripherally patent branches.

    2008年10月, AJR. American journal of roentgenology, 191 (4), 1175 - 81, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Takuro Tsukube, Takeki Mori, Toshihiro Kawahira, Taro Hayashi, Masahiko Nakamura, Ryota Kawasaki, Rajdeep S. Sandhu, Kazuro Sugimura, Syuichi Kozawa, Yutaka Okita

    Background. Blunt trauma-induced aortic injury traditionally has been treated with early open surgical repair. However, recently endovascular stent-graft technology is considered a less-invasive therapeutic alternative, and flexible stent-grafts, such as the Matsui-Kitamura stent-graft (MKSG), are being used widely. We report our experience with the curved MKSG in treating thoracic aortic injuries. Methods. Nine patients with traumatic thoracic aortic injury underwent endovascular surgery (8, emergency; 1, elective) with curved MKSG. The study variables were Injury Severity Score, endovascular surgery duration, aortic and stent-graft diameter, stay in the intensive care unit, follow-up period, and mortality. An MKSG was constructed using the Matsui-Kitamura stent and a polyester fabric graft. The stent-graft was placed using the transfemoral approach and the wire-tug technique. Results. The mean Injury Severity Score was 42.3; 5 patients required 6 emergency procedures before the endovascular procedure (pneumothorax or hemothorax drainage, 5; transarterial embolization, 1). In 8 patients (88.9%), we achieved complete pseudoaneurysm exclusion or hemostasis in the injured portion. There were no postoperative complications; blood loss was minimal, and the intensive care unit stay was 13.4 days. The overall hospital mortality was 22.2% (n = 2; causes of death were unrelated to MKSG placement). Neither intervention-related mortality during follow-up (mean, 237.7 days) nor late endovascular graft-related complications (endoleak or graft migration) were noted. Conclusions. Although this study is limited by a small sample size and short follow-up period, no collapse or stent-graft fractures were noted. Thus, MKSG placement for traumatic thoracic aortic injury appears a safe and effective therapy.

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2008年09月, ANNALS OF THORACIC SURGERY, 86 (3), 780 - 786, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K. Uotani, N. Yamada, A. K. Kono, T. Taniguchi, K. Sugimoto, M. Fujii, A. Kitagawa, Y. Okita, H. Naito, K. Sugimura

    BACKGROUND AND PURPOSE: CT and MR angiographies have been reported to visualize the artery of Adamkiewicz (AKA) noninvasively to prevent spinal cord ischemia in surgery of thoracic descending aortic aneurysms. The purpose of this work was to compare the usefulness of CT angiography (CTA) with intra-arterial contrast injection (ACTA) with that of conventional CTA with intravenous contrast injection (IVCTA). MATERIALS AND METHODS: We enrolled 32 consecutive patients with thoracic or thoracoabdominal aortic aneurysms who were scheduled for surgical repair or endovascular stent-graft treatment. All of the CTA images were obtained using a 16-detector row CT scanner and 100 mL of contrast material (370 mg/mL) injected at a rate of 5 mL/s. Contrast was injected via the antecubital veins of 15 patients and via a pig-tail catheter placed at the proximal portion of the descending aorta in 17 patients who underwent IVCTA and IACTA, respectively. Two datasets were reconstructed from 2 consecutive scans. The AKA was identified as a characteristic hairpin curved vessel in the anterior midsagittal surface of the spine and by the absence of further enhancement in the second rather than in the first phase. Continuity between the AKA and aorta was confirmed when the vessel could be traced continuously by paging the oblique coronal multiplanar reconstruction or original axial images. RESULTS: Intra-arterial contrast injection was significantly more sensitive in identifying the AKA than IVCTA: 16 (94.1 %) of 17 versus 9 (60.0%) of 15 (P =.033). Continuity between the AKA and aorta through intercostal or lumbar artery was confirmed in 14 (87.5%) of 16 and 5 (55.6%) of 9 of the IACTA and IVCTA groups, respectively. CONCLUSION: Intra-arterial contrast injection detected the AKA at a high rate and verified continuity from the aorta to the AKA.

    AMER SOC NEURORADIOLOGY, 2008年02月, AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY, 29 (2), 314 - 318, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Endovascular treatment for pulmonary thromboembolism and deep vein thrombosis

    Koji Sugimoto, M. Yamaguchi, T. Mori, T. Okuno, T. Ishihara, E. Ueshima, K. Sugimura, Y. Koide

    For these recent years, safety and effectiveness of endovascular treatment for pulmonary thromboembolism and deep vein thrombosis have been reported by several investigators. The treatment is based on a single or a combination of several interventional techniques, including catheter-directed thrombolysis, fragmentation, rheolytic thrombolysis, aspiration thrombectomy, and balloon angioplasty. Prompt effect and less invasiveness are recognized as the biggest advantages compared to the traditional treatment.

    2008年, Japanese Journal of Clinical Radiology, 53 (8), 977 - 986

    研究論文(学術雑誌)

  • M. Tsurusaki, K. Sugimoto, M. Fujii, T. Fukuda, S. Matsumoto, K. Sugimura

    AIM: To evaluate the diagnostic accuracy of the combination of computed tomography (CT) during arterial portography (CTAP) and doubte-phase CT hepatic arteriography (CTHA) with multidetector-row CT (MDCT) for the evaluation of hepatocellular carcinomas (HCCs) in patients with cirrhosis. MATERIALS AND METHODS: The combination of CTAP and doubte-phase CTHA was performed on 46 patients with 54 nodular HCCs. Three readers reviewed the images obtained with CTAP atone, first-phase CTHA atone, doubte-phase CTHA, and the combination of CTAP and double-phase CTHA. The review of the images was conducted on a segment-by-segment basis, with 368 hepatic segments, including 50 segments with 54 HCCs, reviewed for detection of HCCs with the aid of a five-point confidence scale. Diagnostic accuracy was evaluated by comparing the receiver-operating characteristic (ROC) analysis results. RESULTS: The sensitivity for detecting HCCs was significantly higher with either double-phase CTHA or the combination of CTAP and doubte-phase CTHA than with first-phase CTHA alone (90 and 93 versus 85%, respectively, p < 0.01). The specificity for detecting HCCs was significantly higher with the combination of CTAP and double-phase CTHA than with CTAP alone (97 and 94%, respectively, p < 0.01). The positive predictive values for detecting HCCs were significantly higher with doubte-phase CTHA than with first-phase CTHA alone (86 and 82%, respectively, p < 0.05). The area under the ROC curve (Az) values were significantly higher with the combination of CTAP and double-phase CTHA (0.983) than with first-phase CTHA alone (0.959; p < 0.05). CONCLUSION: The combination of CTAP and double-phase CTHA with MDCT significantly enhances the detection of HCC. (c) 2007 The Royal College of Radiologists. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    W B SAUNDERS CO LTD, 2007年12月, CLINICAL RADIOLOGY, 62 (12), 1189 - 1197, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Soo Ryang Kim, Hirotsugu Ikawa, Kenji Ando, Keiji Mita, Shuichi Fuki, Susumu Imoto, Kenji Shimizu, Yoshihiro Kanbara, Koji Sugimoto, Masahiko Fujii, Masatoshi Kudo, Toshiyuki Matsuoka, Yoshitake Hayashi

    The case of a 51-year-old man with hepatitis C virus (HCV)-related hepatocellular carcinoma metastasizing to the peritoneal cavity and mimicking a sarcomatous tumor is presented. A 12 x 12 cm mass, disclosed by computed tomography (CT), in the peritoneal cavity was predominantly isodense to muscle but had hypodense areas that suggested necrosis. T1-weighted magnetic resonance imaging (MRI) showed a large mass, slightly hyperintense to muscle, with local hyperintense areas of suspected hemorrhagic necrosis.T2-weighted MRI of the same region revealed a markedly non-homogeneous and hyperintense mass with inner high signals and peripheral brush-like linear striations. From such imaging studies, sarcomatous tumors, such as fibrosarcoma, leiomyosarcoma, and gastrointestinal stromal tumors, can be distinguished. Pathological findings at autopsy revealed necrotic tissue with a small portion of moderately differentiated HCC. Further studies may provide insights into the metastatic modes of HCC.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2007年10月, HEPATOLOGY RESEARCH, 37 (10), 885 - 889, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroaki Maeda, Shozo Hirota, Satoshi Yamamoto, Kaoru Kobayashi, Keisuke Arai, Yoshiya Miyamoto, Tetsuya Fukuda, Koji Sugimoto, Norio Nakao

    Purpose: To investigate variations in the features of gastrorenal shunts and collateral veins shown by balloon-occluded retrograde venography (B-RTV) and by superior mesenteric and celiac arteriography. Methods: A retrospective analysis was performed of the variation in these features on B-RTV and arteriography images obtained from 130 patients who have undergone these studies prior to balloon-occluded retrograde transvenous obliteration at our hospital since 1993. Results: At least one gastrorenal shunt was revealed in 97% (126/130) of cases. Types of gastrorenal shunts observed were as follows: only one main gastrorenal shunt, 94% (118/126) of cases; two main gastrorenal shunts with a ring-like appearance, 3% (4/126); and some gastrorenal shunts to the left renal vein, 3% (4/126). Collateral veins detected were as follows: left inferior phrenic vein, 75% (95/126) of cases; pericardiacophrenic vein, 40% (50/126); gonadal vein, 13% (16/126); retroperitoneal veins, 65% (82/126). Conclusion: It is very important to know the exact configuration of any gastrorenal shunts in order to guide advancement of the balloon catheter into the shunt and to avoid unexpected injection of the sclerosing agent.

    SPRINGER, 2007年06月, CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 30 (3), 410 - 414, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Michiko Boku, Koji Sugimoto, Tetsu Nakamura, Yasufumi Kita, Carlos A. Zamora, Kazuro Sugimura

    A 72-year-old man who had undergone a total gastrectomy with a Roux-en-Y esophagojejunostomy for gastric cancer 6 years earlier presented to our hospital with massive hematemesis and melena. Endoscopic examination indicated esophageal varices with cherry-red spots and hemorrhage arising from beyond the anastomosis. Abdominal contrast-enhanced computed tomography and angiography revealed a dilated vein in the elevated jejunal limb supplying the varices. Percutaneous trans-hepatic obliteration (PTO) of the varices through the jejunal vein was performed using microcoils, ethanolamine oleate, and gelatin sponge cubes. Ten days after the procedure, endoscopic examination revealed reduction and thrombosis of the varices. We consider PTO to be an effective alternative method for treating ruptured esophagojejunal varices after total gastrectomy.

    SPRINGER, 2006年12月, CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 29 (6), 1152 - 1155, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masakatsu Tsurusaki, Koji Sugimoto, Shinichi Matsumoto, Kenta Izaki, Tetsuya Fukuda, Yoshinobu Akasaka, Masahiko Fujii, Shozo Hirota, Kazuro Sugimura

    A 60-year-old woman with massive hemorrhage from duodenal varices was transferred to our hospital for the purpose of transcatheter intervention. Although digital subtraction arterial portography could not depict the entire pathway of collateral circulation, the efferent route of the duodenal varices was clearly demonstrated on subsequent CT during arterial portography. Balloon-occluded retrograde transvenous obliteration (B-RTO) of the varices was performed via the efferent vein and achieved complete thrombosis of the varices.

    SPRINGER, 2006年12月, CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 29 (6), 1148 - 1151, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masakatsu Tsurusaki, Koji Sugimoto, Shinichi Matsumoto, Kenta Izaki, Tetsuya Fukuda, Yoshinobu Akasaka, Masahiko Fujii, Shozo Hirota, Kazuro Sugimura

    A 60-year-old woman with massive hemorrhage from duodenal varices was transferred to our hospital for the purpose of transcatheter intervention. Although digital subtraction arterial portography could not depict the entire pathway of collateral circulation, the efferent route of the duodenal varices was clearly demonstrated on subsequent CT during arterial portography. Balloon-occluded retrograde transvenous obliteration (B-RTO) of the varices was performed via the efferent vein and achieved complete thrombosis of the varices.

    SPRINGER, 2006年12月, CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 29 (6), 1148 - 1151, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoshihiko Tsuji, Yutaka Okita, Koji Sugimoto, Teruo Yamashita, Yutaka Hino, Hiroshi Tanaka, Takanori Taniguchi, Masamichi Matsumori

    A 69-year-old hypertensive man who had 7 pseudoaneurysms caused by penetrating atherosclerotic ulcers underwent 2-staged endovascular grafting in the thoracic and thoracoabdominal aorta and a conventional graft replacement of the abdominal aorta. He had an uneventful postoperative course follow-up computed tomography demonstrated that all aneurysmal lesions treated by endovascular grafting completely disappeared. He has been free from any aortic events 20 months after the last surgery. © 2007 Sage Publications.

    2006年12月, Vascular and Endovascular Surgery, 40 (6), 495 - 498, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Soo Ryang Kim, Fumio Kanda, Hiroshi Kobessho, Koji Sugimoto, Toshiyuki Matsuoka, Masatoshi Kudo, Yoshitake Hayashi

    We describe a rare case of HCV-related recurrent multiple hepatocellular carcinoma (HCC) metastasizing to the skull base involving multiple cranial nerves in a 50-year-old woman. The patient presented with symptoms of ptosis, fixation of the right eyeball, and left abducens palsy indicating disturbances of the right oculomotor and trochlear nerves and bilateral abducens nerves. Brain contrast-enhanced computed tomography (CT) revealed an ill-defined mass with abnormal enhancement around the sella turcica. Brain magnetic resonance imaging (MRI) disclosed that the mass involved the clivus, cavernous sinus, and petrous apex. On contrast-enhanced MRI with gadolinium-chelated. contrast medium, the mass showed inhomogeneous intermediate enhancement. The diagnosis of metastatic HCC to the skull base was made on the basis of neurological findings and imaging studies including CT and MRI, without histological examinations. Further studies may provide insights into various methods for diagnosing HCC metastasizing to the craniospinal area. (C) 2006 The WJG Press. All rights reserved.

    W J G PRESS, 2006年11月, WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 12 (41), 6727 - 6729, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Yoshihiko Tsuji, Nobuchika Ozaki, Masakatsu Tsurusaki, Takanori Taniguchi, Carlos Armando Zamora, Yutaka Okita, Kazuro Sugimura

    We report a case of lower limb ischemia secondary to type B aortic dissection, which was successfully treated with endovascular aortic fenestration and stent placement. In this case, we were not able to restore adequate flow to the ischemic limb by means of aortic balloon fenestration alone, so additional stent placement was required to buttress the true lumen and fenestra. There was no recurrence of lower limb ischemia complications during the follow-up period. Aortic balloon fenestration with stent placement seems to be a safe and effective technique to salvage an ischemic lower limb complicated by acute aortic dissection.

    2006年04月, Radiation medicine, 24 (3), 233 - 7, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Y Iwama, K Sugimoto, C Zamora, M Yamaguchi, M Tsurusaki, T Taniguchi, T Mori, K Sugimura

    Splenic pseudoaneurysms following chronic pancreatitis can rarely become a source of life-threatening bleeding by rupturing into various regions or components, including pseudocysts, the abdominal cavity, the gastrointestinal tract, and the pancreatic duct. In such cases, prompt diagnosis and therapy are warranted. We report herein the case of a 52-year-old man in whom a splenic pseudoaneurysm ruptured into the colon via a fistula with an abscess cavity, causing massive bleeding, which was successfully managed by trans-catheter arterial embolization (TAE).

    SPRINGER, 2006年02月, CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 29 (1), 133 - 136, 英語

    [査読有り]

  • CA Zamora, K Sugimoto, M Tsurusaki, K Izaki, T Fukuda, S Matsumoto, Y Kuwata, R Kawasaki, T Taniguchi, S Hirota, K Sugimura

    The purpose of this paper is to describe our experience with endovascular obliteration of duodenal varices in patients with liver cirrhosis and portal hypertension. Balloon-occluded transvenous retrograde and percutaneous transhepatic anterograde embolizations were performed for duodenal varices in five patients with liver cirrhosis, portal hypertension, and decreased liver function. All patients had undergone previous endoscopic treatments that failed to stop bleeding and were poor surgical candidates. Temporary balloon occlusion catheters were used to achieve accumulation of an ethanolamine oleate-iopamidol mixture inside the varices. Elimination of the varices was successful in all patients. Retrograde transvenous obliteration via efferent veins to the inferior vena cava was enough to achieve adequate sclerosant accumulation in three patients. A combined anterograde-retrograde embolization was used in one patient with balloon occlusion of afferent and efferent veins. Transhepatic embolization through the afferent vein was performed in one patient under balloon occlusion of both efferent and afferent veins. There was complete variceal thrombosis and no bleeding was observed at follow-up. No major complications were recorded. Endovascular obliteration of duodenal varices is a feasible and safe alternative procedure for managing patients with portal hypertension and hemorrhage from this source.

    SPRINGER, 2006年01月, EUROPEAN RADIOLOGY, 16 (1), 73 - 79, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • M Yamaguchi, K Sugimoto, CA Zamora, T Takahashi, Y Hayashi, K Sugimura

    PURPOSE: To study the vascular histologic response after placement of oversized self-expanding stents in the porcine venous system. MATERIALS AND METHODS: Twenty-four oversized stents (range of oversizing, 119.5%-216.0%) were deployed in jugular and iliac veins of six miniature pigs divided into two groups with follow-up times of 1 and 3 months. Necropsy with histologic evaluation of each stent was performed, and the areas of neointimal proliferation were calculated with slices obtained during follow-up from each stent at 5 ram from the proximal and distal edges and at the midpoint. RESULTS: Neointimal proliferation was observed inside the stent lumen. All segments were patent in both groups. However, one jugular stent in the 1-month group and one jugular stent in the 3-month group had migrated at follow-up and were excluded from analysis. There were no significant differences in neointimal growth between the stent edges (proximal and distal) and middle segments of the stents at follow-up in the 1-month group (P = .970) or in the 3-month group (P =.694). Simple linear regression showed strong positive correlation between stent oversizing and neointimal proliferation in the 1-month model (r = 0.791; P <.001) and the 3-month model (r = 0.718; P <.001). There were no significant differences between 1-month and 3-month groups in the degree of neointimal proliferation (P=.072). Also, branched vessels showed no neointimal proliferation at their intersections with the stent-implanted segments. CONCLUSION: Stent oversizing showed a strong positive correlation with neointimal growth in each follow-up model in this study.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2006年01月, JOURNAL OF VASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 17 (1), 113 - 119, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Fukuda, S Hirota, K Sugimoto, S Matsumoto, CA Zamora, K Sugimura

    The efficacy of a "downgrading" method for treatment of gastric varices (GVs) was evaluated in 15 patients who had undergone balloon-occluded retrograde transvenous obliteration (B-RTO) of GVs with multiple collateral veins. Downgrading in this study was meant to transform high-grade GVs into GVs with a low-grade architecture more amenable to treatment. Success was defined as gastrorenal shunt occlusion at the proximal site with a 6-F balloon catheter advanced over a microcatheter and without opacification of large collateral vessels. Thirteen of 15 patients with grade 3/4 GVs had their GVs successfully downgraded. The procedure is thought to be safe and effective in the initial B-RTO procedure.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2005年10月, JOURNAL OF VASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 16 (10), 1379 - 1383, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • H Matsuda, Y Tsuji, K Sugimoto, Y Okita

    Four patients who underwent secondary elephant trunk fixation by endovascular stent grafting are presented and the advantage of this method to treat multiple/extensive thoracic aortic aneurysm is discussed. In two of them, the elephant trunk installation has been performed at another hospital for extensive aortic aneurysm. In two other patients, the aortic arch replacement and the elephant trunk installation were performed through median sternotomy, initially for multiple aortic lesions, including both arch and descending aorta. No neurological deficit, stroke nor spinal cord injury was encountered during the follow-up period (24-40 months). The diameter of the aneurysms decreased markedly in three patients. In one patient, the aneurysm expanded gradually and type II endoleak was treated by coil embolization. In one patient, who showed marked shrinkage of the aneurysm, the stent graft kinked mildly. Based on the tow mortality rate of well-established aortic arch surgery, concomitant elephant trunk installation which was followed by the secondary fixation with endovascular stent grafting might be useful to treat muttiple/extensive thoracic aneurysm from distal arch to descending aorta. (c) 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2005年08月, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY, 28 (2), 335 - 336, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Carlos Armando Zamora, Koji Sugimoto, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura

    PURPOSE: To present an in vivo evaluation of the effects of stent oversizing on in-stent stenosis and on actual lumen size in normal veins. METHODS: Twelve self-expanding stents were implanted in the common iliac veins of 6 minipigs, which were divided in 2 groups for follow-up at 1 and 3 months, respectively. Oversizing ranged from 119.5% to 216% of the original vessel diameter. Intravascular ultrasound (IVUS) was used to measure vessel areas at the stent edges and midpoint. In-stent stenosis and decrease in actual lumen size were evaluated with IVUS immediately after implantation and during follow-up. RESULTS: There was a very strong positive linear regression between stent oversizing and in-stent stenosis in the 1-month model (r=0.947, p=0.004), in the 3-month model (r=0.931, p=0.007), and in the sum of these 2 groups (r=0.83, p<0.001). Regarding the change in actual lumen size, we found a strong negative linear regression with stent oversizing in the 1-month (r=-0.754, p=0.083) and the 3-month (r=-0.562, p=0.246) groups, but these did not attain statistical significance. However, a strong correlation between stent oversizing and a decrease in lumen size in all samples proved to be statistically significant (r=0.619, p=0.032). CONCLUSIONS: Stent oversizing was strongly correlated with increased in-stent stenosis and decreased actual lumen size at follow-up in normal non-stenotic porcine veins.

    2005年08月, Journal of endovascular therapy : an official journal of the International Society of Endovascular Specialists, 12 (4), 495 - 502, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Use of the wallstent for symptomatic relief of malignant inferior vena cava obstructions.

    Carlos Armando Zamora, Koji Sugimoto, Takeki Mori, Takanori Taniguchi, Masakatsu Tsurusaki, Kenta Izaki, Yuki Iwama, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura

    PURPOSE: To report our experience with the Wallstent for the relief of congestive symptoms in patients with malignant inferior vena cava (IVC) obstructions. MATERIALS AND METHODS: We treated five patients with malignant obstructions of the IVC with a total of seven self-expandable stents. All obstructions were due to extrinsic compression; the procedures were indicated to relieve congestive symptoms in patients unresponsive to other therapies or in whom other treatments were contraindicated. Patients were evaluated for decrease in ascites and edema, weight loss, and patency, where available. RESULTS: All procedures were straightforward and obstructions could be successfully canalized. Inferior venacavograms obtained immediately after the procedure showed complete revascularization and disappearance of collateral circulation. Follow-up was carried out until death in four patients and until discharge in one. Of the five patients, four showed clinical improvement and one had no improvement. There was no recurrence of congestive symptoms. Except for one patient with partial migration of a stent, there were no important complications related to the procedure. CONCLUSION: Wallstents could be placed without complications in the IVC and were effective to ameliorate congestive symptoms in patients with malignant IVC obstructions.

    2005年08月, Radiation medicine, 23 (5), 380 - 5, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K Shinohara, M Yamashita, K Sugimoto, T Tsuji, K Omori

    MOSBY, INC, 2005年02月, OTOLARYNGOLOGY-HEAD AND NECK SURGERY, 132 (2), 345 - 346, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • CA Zamora, K Sugimoto, T Mori, T Taniguchi, M Tsurusaki, K Izaki, N Okada, M Nakamura, S Nakayama, N Ishii, K Sugimura

    Injury to lumbar arteries is a relatively uncommon finding. Nevertheless, once damaged, they can become a significant source of hemorrhage, especially because such injuries can be easily overlooked. Also, their exposure is difficult during surgery.(1) These lesions have been more often reported in association with blunt(1-5) and penetrating trauma (6.7) and as a complication of spinal surgery and other interventions. (8-14) There are no reports of lumbar arterial damage associated with self-inflicted penetrating trauma. The so-called hara-kiri was an ancient Japanese form of suicide. It is exceptionally rare nowadays, representing only an insignificant fraction of total suicides in Japan.(15,16) This unusual method involves disembowelment by slashing the abdomen from side to side. Because of the nature of the offensive mechanism, multiple abdominal organs can be severely wounded. In fact, most of them necessitate surgical repair.(17) We describe the management of a patient who failed to conclude hara-kiri. In this case, he was not able to shift the blade further, which allowed prompt emergency treatment without much damage. Surgical evaluation and repair were warranted, but uncontrollable intraoperative hemorrhage demanded an interventional radiologic approach.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2005年02月, JOURNAL OF TRAUMA-INJURY INFECTION AND CRITICAL CARE, 58 (2), 384 - 387, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takeshi Yoshikawa, Yoshiharu Ohno, Tomofumi Motohara, Donald G. Mitchell, Koji Sugimoto, Shinichi Matsumoto, Shozo Hirota, Kazuro Sugimura

    Purpose: The purpose of this study was to investigate the effect and usefulness of gadolinium-chelated contrast medium in phase-contrast magnetic resonance (MR) portography. Methods: Twenty-six patients (21 men, 5 women aged 34 to 79 years, mean 62 years) underwent respiratory-triggered 3-dimensional phase-contrast portography before and after administration of gadolinium in a 1.5T MR unit. Coronal maximum intensity projection (MIP) images of the portal vein were reconstructed and compared to conventional arterial portograms regarding visualization. Signal-to-noise ratio (SNR) and portal vein-to-liver contrast-to-noise ratios (CNR) of main, right, right anterior, right posterior, left portal veins, and umbilical portion were measured on both non-enhanced and gadolinium-enhanced images and compared. Results: Portal veins and branches were more clearly visualized on the gadolinium-enhanced than on the non-enhanced images. Compared to arterial portography, gadolinium-enhanced portography showed similar performances in visualization, except in the right posterior branch and left portal vein. No severe image degradation from respiration was experienced. SNR was significantly higher on the gadolinium-enhanced than on non-enhanced images except in the right anterior branch. CNR was significantly higher on the gadolinium-enhanced than on the non-enhanced images at all measured locations. Conclusions: Administration of gadolinium improves the SNR and CNR of phase-contrast portography and visualization of the portal vein. The phase-contrast technique with gadolinium enhancement can be used to evaluate the portal vein as a supplemental technique.

    2005年, Magnetic Resonance in Medical Sciences, 4 (4), 165 - 174, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • F Ganaha, K Ohashi, YS Do, J Lee, K Sugimoto, H Minamiguchi, CJ Elkins, D Sameni, S Modanlou, EY Kao, MA Kay, JM Waugh, MD Dake

    PURPOSE: It is proposed that local elastase inhibition could suppress the extracellular matrix (ECM) degradation and subsequent smooth muscle cell migration and limit subsequent in-stent restenosis. This study evaluated the effect of stent-based controlled elastase inhibition on restenosis after stent implantation in a rabbit model. MATERIALS AND METHODS: Biodegradable microspheres containing the potent elastase inhibitor a-l-antitrypsin (AAT) were prepared. Daily release of AAT from the microspheres was confirmed in vitro. The microspheres were loaded into stents with an abluminal polymer reservoir. Implantation of the stent with AAT microspheres and blank microspheres (control) was performed in the abdominal aortae of six rabbits in each group. After stent deployment, all stents were overdilated to 125% diameter. Stent-implanted arteries were harvested after 7 days (n = 3 each) or 28 days (n = 3 each). To assess the effect of local delivery of AAT, elastase activity and elastin content of the stent-implanted aortae were analyzed. As an endpoint, intima-to-media (I/M) ratio was determined in the 7-day and 28-day specimens. RESULTS: Significant inhibition of elastase was confirmed in treated vessels versus controls at 7 days after stent implantation (P < .05). This reduction in elastase activity was sufficient to afford early and late reduction of in-stent neointima. Plaque progression in the 28-day specimens decreased to 67% with elastase inhibition relative to controls (P < .05). CONCLUSION: Stent-based controlled release of elastase inhibitor may significantly reduce ECM degradation and might limit in-stent restenosis.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2004年11月, JOURNAL OF VASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 15 (11), 1287 - 1293, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoshihiko Tsuji, Yutaka Hino, Koji Sugimoto, Hitoshi Matsuda, Yutaka Okita

    A 44-year-old man with abdominal pain was diagnosed as having a spontaneous isolated dissection of the superior mesenteric artery. The patient was successfully treated with endoaneurysmorrhaphy 5 months after the onset and has been symptom free 15 months after surgery. In view of the excellent surgical outcome in the literatures, surgical intervention for this rare pathology should be considered.

    2004年09月, Vascular and Endovascular Surgery, 38 (5), 469 - 472, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • CA Zamora, K Sugimoto, M Tsurusaki, M Yamaguchi, K Izaki, T Taniguchi, Y Iwama, F Mimura, K Sugimura

    A patient with portosystemic encephalopathy, hyperammonemia, and a spontaneous splenorenal shunt was admitted to the authors' institution after a failed attempt at transvenous retrograde shunt obliteration. As an alternative approach, the authors separated splenic and portal flows by embolizing only the proximal splenic vein while leaving the shunt intact. Thus, the splenic flow could escape into the systemic circulation and an extreme increase in portal pressure was avoided. The procedure could provide rapid decreases in blood ammonia levels and a fast resolution of symptoms, but repeated interventions were required.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2004年08月, JOURNAL OF VASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 15 (8), 875 - 879, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • MR angiography with sensitivity encoding (SENSE) for suspected pulmonary embolism: Comparison with MDCT and ventilation-perfusion scintigraphy

    Y Ohno, T Higashino, D Takenaka, K Sugimoto, T Yoshikawa, H Kawai, M Fujii, H Hatabu, K Sugimura

    OBJECTIVE. The aim of our study was to determine the utility of time-resolved contrast-enhanced MR angiography combined with sensitivity encoding (SENSE) for patients with pulmonary embolism. SUBJECTS AND METHODS. Forty-eight consecutive patients (26 men and 22 women; age range, 27-73 years; mean age, 55 years) with suspected pulmonary embolism underwent chest radiography, contrast-enhanced MDCT, MR angiography with SENSE, ventilation-perfusion scintigraphy, and pulmonary angiography. MR angiography with SENSE was performed using IV administration of gadolinium contrast medium with a 3D turbo field-echo pulse sequence (TR/TE, 4.0/1.2; flip angle, 30degrees) on a 1.5-T scanner. Capabilities of diagnosing pulmonary embolism using MR angiography (data set A), contrast-enhanced MD (data set B), contrast-enhanced MDCT with MR angiography (data set C), ventilation-perfusion scintigraphy (data set D), and contrast-enhanced MDCT with ventilation-perfusion scintigraphy (data set E) were determined by receiver operating characteristic analysis, using the results of pulmonary angiography as the reference standard. The diagnostic capability of each data set was analyzed on a per-vascular zone and a per-patient basis with the McNemar test. RESULTS. Sensitivity and specificity of data set A were 83% and 97%, respectively, on a per-vascular zone basis and 92% and 94%, respectively, on a per-patient basis. Specificity and accuracy of data set A were significantly higher than those of data set D on a per-patient basis (p < 0.05). CONCLUSION. Time-resolved MR angiography with SENSE is effective for the diagnosis of pulmonary embolism.

    AMER ROENTGEN RAY SOC, 2004年07月, AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY, 183 (1), 91 - 98, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Mori, K Sugimoto, T Taniguchi, M Tsurusaki, K Izaki, J Konishi, CA Zamora, K Sugimura

    A 70-year-old woman presented to our outpatient clinic with a large idiopathic renal arteriovenous fistula (AVF). Transcatheter arterial embolization (TAE) using interlocking detachable coils (IDC) as an anchor was planned. However, because of markedly rapid blood flow and excessive coil flexibility, detaching an IDC carried a high risk of migration. Therefore, we first coiled multiple loops of a microcatheter and then loaded it with an IDC. In this way, the coil was well fitted to the arterial wall and could be detached by withdrawing the microcatheter during balloon occlusion ("pre-framing technique"). Complete occlusion of the afferent artery was achieved by additional coiling and absolute ethanol. This technique contributed to a safe embolization of a high-flow AVF, avoiding migration of the IDC.

    SPRINGER, 2004年07月, CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 27 (4), 374 - 376, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Multi-detector row helical CT of the liver: Quantitative assessment of iodine concentration of intravenous contrast material on multiphasic CT - A prospective randomized study

    Masakatsu Tsurusaki, Koji Sugimoto, Masahiko Fujii, Kazuro Sugimura

    Purpose: The purpose of this study was to assess the quantitative effects of contrast material concentration on hepatic parenchymal and vascular enhancement in multiphasic computed tomography (CT), using multi-detector row helical CT. Materials and Methods: We designed a prospective randomized study to test two different concentrations of contrast material on five phasic scans of the liver. One hundred patients were randomly assigned to two groups: an iodine concentration of 300 mg/mL in group A and 370 mg/mL in group B. All patients received a fixed volume of 100 mL at a 4 mL/sec injection rate. Enhancement values for the hepatic parenchyma and aorta at three levels (upper, middle, and lower level of the liver), and values for portal and hepatic veins were statistically compared between the two groups. Results: Hepatic parenchymal enhancement values at all levels of the liver in portal phase (PP) and equilibrium phase (EP) were significantly higher in group B than in group A (p< 0.01). Aortic enhancement values at two levels of the liver (middle and lower) in early hepatic arterial phase (EAP) were significantly higher in group B than in group A (p< 0.05), however, there was no significant difference between groups A and B in aortic enhancement during the delayed hepatic arterial phase (DAP). Portal and hepatic venous enhancement values in PP and EP were significantly higher in group B than in group A (p< 0.01). Conclusion: On multiphasic dynamic CT, the use of a higher iodine concentration of contrast material results in higher hepatic parenchymal enhancement and aortic enhancement, as well as higher portal and hepatic venous enhancement.

    2004年07月, Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 22 (4), 239 - 245, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Transcatheter arterial embolization for advanced tumor thrombus with marked arterioportal or arteriovenous shunt complicating hepatocellular carcinoma

    Kenta Izaki, Koji Sugimoto, Kazuro Sugimura, Shozo Hirota

    Purpose: To evaluate the efficacy and safety of transcatheter arterial embolization with gelatin sponge immersed in an anti-cancer agent (GIA-TAE) alone or combined with radiation therapy, in hepatocellular carcinoma with portal vein tumor thrombus (PVTT) or hepatic vein tumor thrombus (HVTT) complicated by marked arterioportal or arteriovenous shunts. Materials and Methods: GIA-TAE was performed in 15 patients with PVTT and arterioportal shunts to the main portal trunk or first-order branch, and five with HVTT and arteriovenous shunts, adding radiation therapy in suitable cases. Primary efficacy, hemodynamic changes, Child-Pugh score, and survival rates were evaluated. Results: GIA-TAE with or without radiation therapy was effective for tumor thrombus in 11 patients with PVTT and in four with HVTT. Treatment was effective for the main tumor in eight patients with PVTT and three with HVTT. Shunts disappeared in seven of 13 patients available for follow-up. Child-Pugh scores before and after the treatment were not significantly different. Median survival times of PVTT and HVTT groups were 8.7 and 12.2 months, respectively. One-year survival rates for both groups were about 15.6% and 50.0%, respectively. Conclusion: TAE with GIA alone or combined with radiation therapy is effective and safe for severe arteriovenous shunts with PVTT or HVTT, and also favors patient survival.

    2004年05月, Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 22 (3), 155 - 162, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 子宮筋腫を合併した慢性肺血栓塞栓症に対し子宮動脈塞栓術に引き続き肺動脈血栓内膜摘除術を施行した1例

    高谷具史, 井上信孝, 張鐘頴, 高橋明広, 川合宏哉, 川嶋成乃亮, 田中裕史, 松田均, 佐藤朝臣, 杉本幸司, 大北裕, 丸尾猛, 杉村和朗, 横山光宏

    2004年04月, 心臓, 36巻, 4, pp. 309-313, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 急速増大したFNHの1例

    岩間 祐基, 谷口 尚範, 杉本 幸司, 鶴崎 正勝, 伊崎 健太, 山口 雅人, Zamora Carlos A., 藤井 正彦, 杉村 和朗, 林 祥剛

    バイエル薬品(株), 2004年04月, 日独医報, 49 (1), 151 - 151, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術

    松田均, 田中陽介, 田中裕史, 日野裕, 谷口尚範, 杉本幸司, 吉田正人, 辻義彦, 大北裕

    2004年03月, The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, 52巻, Suppl., pp. 90-90, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 急性B型大動脈解離に合併した大動脈分枝灌流障害(malperfusion)に対する血管内治療

    溝口和博, 辻義彦, 岡田健次, 尾崎喜就, 花房雄治, 日野裕, 太田壮美, 山田章貴, 野村佳克, 杉本幸司, 大北裕

    2004年03月, 日本外科学会雑誌, 105巻, 臨増, pp. 572-572, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 大動脈ステントグラフトの遠隔成績 再手術例の検討を中心に

    辻義彦, 宗像宏, 田中陽介, 北川敦士, 日野裕, 花房雄治, 尾崎喜就, 谷口尚範, 杉本幸司, 岡田健次, 松田均, 大北裕

    2004年02月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 33巻, Suppl., pp. 376-376, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • YS Do, EY Kao, F Ganaha, H Minamiguchi, K Sugimoto, J Lee, CJ Elkins, PG Amabile, MD Kuo, DS Wang, JM Waugh, MD Dake

    PURPOSE: To evaluate effect of controlled stent-based release of an NO donor to limit in-stent restenosis in rabbits. MATERIALS AND METHODS: Bioerodable microspheres containing NO donor or biodegradable polymer (polylactide-co-glycolide-polyethylene glycol) were prepared and loaded in channeled stents. Daily concentrations of NO release from NO-containing microspheres were assayed in vitro. NO- and polymer-containing (control) microsphere-loaded stents were deployed in aortas of New Zealand white rabbits (n = 8). Aortas with stents were harvested at 7 (n = 5) and 28 days (n = 3) and evaluated for cyclic guanosine monophosphate (cGMP) levels (7 days), number of proliferating cell nuclear antigen-positive cells (7 days), and intima-to-media ratio (7 and 28 days), with statistical significance evaluated by using one-way analysis of variance. RESULTS: NO-containing microspheres released NO with an initial bolus in the 1 st week, followed by sustained release for the remaining 3 weeks. Significant increase in cGMP levels and decrease in proliferating cell nuclear antigen-positive cells were found at 7 days for the NO-treated relative to controls (P < .05). Intima-to-group media ratio in the NO-treated group was reduced by 46% and 32% relative to controls at 7 and 28 days; respectively (mean, 0.14 +/- 0:01 [standard error] vs 0,26 +/- 0.02 at 7 days P < .01; 1.34 +/- 0.05 vs 1.98 +/- 0.08 at 28 days P < .01). CONCLUSION: Stent-based controlled release of NO donor significantly reduces in-stent restenosis and is associated with increase in vascular cGMP and suppression of proliferation. ((C))RSNA, 2003.

    RADIOLOGICAL SOC NORTH AMERICA, 2004年02月, RADIOLOGY, 230 (2), 377 - 382, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Carlos Armando Zamora, Koji Sugimoto, Takeki Mori, Takanori Taniguchi, Masakatsu Tsurusaki, Kenta Izaki, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura

    PURPOSE: To report the use of the self-expanding Wallstent as an alternative to prophylactic inferior vena cava (IVC) filter placement before embolization of renal carcinomas with tumor thrombus. CASE REPORTS: Two patients, a 71-year-old man and an 88-year-old woman, were diagnosed with extensive tumor infiltration of the IVC secondary to renal cell carcinomas. Prophylactic placement of an IVC filter before transcatheter embolization was unsuccessful in both cases; a reduced space for deployment would have left part of the filter inside the right atrium. Instead, a Wallstent was used to constrain the tumor thrombus against the vessel wall and, at the same time, protect the patency of the contralateral kidney. Adequate patencies were confirmed 9 months after stenting in the first patient and after 19 days in the second patient. There were no clinical manifestations of pulmonary embolism. CONCLUSIONS: Wallstent implantation is an alternative prophylactic measure before transarterial embolization of renal carcinomas if IVC filters cannot be placed.

    2004年02月, Journal of endovascular therapy : an official journal of the International Society of Endovascular Specialists, 11 (1), 84 - 8, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Fukuda, S Hirota, S Matsumoto, K Sugimoto, M Fujii, M Tsurusaki, K Izaki, K Sugimura

    We report two cases of gastric varices complicated by massive ascites that disappeared after balloon-occluded retrograde transvenous obliteration (B-RTO). The first patient had progressive gastric varices that continued to enlarge even after three episodes of esophagogastric variceal bleeding, and the second patient was admitted to our hospital because of the bleeding from gastric varices. After B-RTO procedures in both patients, significant improvement of the ascites, hepatic function reserve, and hypoalbuminemia was observed. Although further experience is needed, our experience points to the likelihood of the amelioration of ascites after B-RTO.

    SPRINGER-VERLAG, 2004年01月, CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 27 (1), 64 - 67, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 胸部大動脈に対するステントグラフト治療の問題点とその対策

    辻義彦, 田中陽介, 田中裕史, 日野裕, 花房雄治, 尾崎喜就, 杉本幸司, 岡田健次, 松田均, 築部卓郎, 大北裕

    2003年10月, The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, 51巻, 増刊, pp. 420-420, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 肝細胞癌(HCC)に対するラジオ波焼灼療法(RFA)直後に観察される焼灼範囲に関する検討

    二宮俊明, 尹聖哲, 中治美有紀, 矢野嘉彦, 片山恵, 瀬尾靖, 濱野建一, 春日雅人, 鶴崎正勝, 杉本幸司

    2003年09月, 日本消化器病学会雑誌, 100巻, 臨増大会, pp. A731-A731, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • K Yamada, K Izaki, K Sugimoto, H Mayahara, Y Morita, E Yoden, S Matsumoto, T Soejima, K Sugimura

    Purpose: We conducted a prospective trial of combined transarterial chemoembolization (TACE) and three-dimensional conformal radiotherapy (3D-CRT) for portal vein tumor thrombus (PVTT) in unresectable hepatocellular carcinoma (HCC). The aim of the present study was to investigate the efficacy and toxicity of this trial regime. Methods and Materials: Patients with unresectable HCC complicated with tumor thrombus in the first branch of portal vein were selected as eligible for this study. TACE was performed using Lipiodol, epirubicin hydrochloride, and mitomycin, followed by gelatin sponge cubes. The 3D-CRT was performed targeting the clinical target volume (CTV) defined as PVTT only to a total dose of 60 Gy using 10-MV accelerator. Results: A total of 19 patients were enrolled in this study. Survival rates at 1 and 2 years were 40.6% and 10.2%, respectively. The median survival time was 7.0 months. An objective response was observed in 11 of 19 cases (57.9%). Recanalization of the first portal branches was not observed; however, the protrusion of PVTT into the main portal trunk decreased in all cases. Growth of intrahepatic metastasis outside the 3D-CRT field was observed in 12 cases (63%). Deterioration of the Child-Pugh Score was observed in 5 of 6 cases with the percent volume of the total liver receiving a dose exceeding 30 Gy (V-30) greater than or equal to40%, vs. 2 of 13 cases with a V-30 <40% (p < 0.01). Conclusion: This combined therapy was feasible. Our results indicate that V-30 was a predictive test for deterioration of liver function. Further investigation of treatment modalities is needed to prevent the growth of intrahepatic metastasis. (C) 2003 Elsevier Inc.

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2003年09月, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 57 (1), 113 - 119, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Y Tsuji, Y Tanaka, A Kitagawa, Y Hino, T Taniguchi, K Sugimoto, H Matsuda, Y Okita

    Purpose: Penetrating atherosclerotic ulcer (PAU) is an ulceration of an atherosclerotic plaque penetrating through the intima, which may lead to intramural hematoma, aneurysm formation, or rupture. This disease is predominantly found in the thoracic aorta and is uncommon in the infrarenal aorta. The effectiveness of endovascular repair of PAU in the infrarenal aorta was retrospectively investigated. Methods. From 1999 to 2002, PAU was diagnosed with computed tomography and magnetic resonance imaging in the abdominal aorta in four patients. All patients were men; their average age was 78 years. All four patients had hypertension, and two patients had concomitant coronary artery disease. Three patients had abdominal pain or lumbago. Results. All patients underwent endovascular grafting with a Gianturco, Z-stent covered with thin-wall woven Dacron graft. Indications for endovascular intervention were aneurysm formation with or without intramural hematoma in two patients and contained rupture with extraaortic hematoma in two patients. The postoperative course was uneventful in all cases, and no endoleak or aneurysm expansion was recognized during follow-up (4-32 months; average, 14 months). Conclusions: Infrarenal aortic lesions caused by PAU were generally localized, and endovascular grafting appears to be a feasible alternative to surgical repair.

    MOSBY, INC, 2003年08月, JOURNAL OF VASCULAR SURGERY, 38 (2), 383 - 388, 英語

    [査読有り]

  • K Sugimoto, T Higashino, Y Kuwata, K Imanaka, S Hirota, K Sugimura

    Our objective was to identify the factors adversely affecting long-term patency after percutaneous transluminal angioplasty (PTA) for hemodialysis Brescia-Cimino arteriovenous fistulas. Between November 1995 and March 2000, 91 PTA procedures were performed on 50 patients with 57 Brescia-Cimino fistulas. A retrospective study based on the chart review was performed. The initial technical success rate for all procedures and the primary and secondary patency rates for all fistulas were calculated. Regarding fistulas successfully maintained by the primary PTA, the primary and secondary patency rates were compared using the Kaplan-Meier method between two patient groups. They were classified on the basis of several factors, including age (older, over 70 years, and younger group), age of the fistulas (older, over 6 months, and younger group), with or without diabetes mellitus (DM), solitary or multiple lesions, long or short segment lesion, stenosis or occlusion, and with or without arterial and/or anastomotic lesions. Initial technical success rates for all procedures and fistulas were 91.2 and 89.5%, respectively. Cumulative primary and secondary patency rates at 1 year were 47.3 and 67.3%, respectively. In the comparative study, the secondary patency rate for the older group was lower than that of the younger group with statistical significance ( p =0.029). The higher age is the only factor that reduces the long-term patency rate after PTA.

    SPRINGER-VERLAG, 2003年07月, EUROPEAN RADIOLOGY, 13 (7), 1615 - 1619, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 複雑病変に対するendovascular surgeryの有用性

    松田均, 田中陽介, 田中裕史, 日野裕, 花房雄治, 尾崎喜就, 杉本幸司, 岡田健次, 築部卓郎, 辻義彦, 大北裕

    2003年06月, 日本血管外科学会雑誌, 12巻, 3号, pp. 408-408, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 臓器虚血を伴った急性大動脈解離の治療戦略

    田中裕史, 原口知則, 日野裕, 花房雄治, 尾崎喜就, 岡田健次, 松田均, 築部卓郎, 辻義彦, 杉本幸司, 大北裕

    2003年06月, 日本血管外科学会雑誌, 12巻, 4号, pp. 512-512, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ステントグラフト留置4年目にエンドリークをきたした腹部大動脈瘤の1治験例

    田中陽介, 藤田靖之, 田中裕史, 日野裕, 北川敦士, 谷口尚範, 杉本幸司, 松田均, 辻義彦, 大北裕

    2003年06月, 日本血管外科学会雑誌, 12巻, 4号, pp. 510-510, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 示唆に富む肝結節病変の画像と病理 多発性高分化肝細胞癌の1例

    片山恵, 瀬尾靖, 濱野建一, 中治美有紀, 矢野嘉彦, 田口高志, 二宮俊明, 尹聖哲, 春日雅人, 林祥剛, 杉本幸司

    2003年04月, 肝臓, 44巻, Suppl.1, pp. A29-A29, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • K Sugimoto, LV Hofmann, MK Razavi, ST Kee, DY Sze, MD Dake, CP Semba

    Purpose: The purpose of this study was to compare the efficacy, complications, and costs associated with low-dose (:52 mg/h) alteplase (tissue plasminogen activator [t-PA]) versus urokinase for the catheter-directed treatment of acute peripheral arterial occlusive disease (PAO) and deep vein thrombosis (DVT). Materials and methods. A retrospective review was performed during sequential time periods on two groups with involved extremities treated with either t-PA with subtherapeutic heparin (TPA group) or urokinase with full heparin (UK group) at a single center. Treatment group characteristics, success rates, complications, dosages, infusion time, and costs were compared. Results. Eighty-nine patients with 93 involved limbs underwent treatment (54 with DVT, 39 with PAO). The treatment groups were statistically identical (TPA: 45 limbs; 24 with DVT, 53.3%; 21 with PAO, 46.7%; UK: 48 limbs; 30 with DVT, 62.5%; 18 with PAO, 37.5%). The overall average hourly infused dose, total dose, infusion time, success rates, and cost of thrombolytic agent were as follows (+/- standard deviation): TPA, 0.86 +/- 0.50 mg/h, 21.2 +/- 15.1 mg, 24.6 +/- 11.2 hours, 89.4%, $466 +/- $331; and UK, 13.5 +/- 5.6 (10(4)) U/h, 4.485 +/- 2.394 million U, 33.3 +/- 13.3 hours, 85.7%, $6871 +/- $3667, respectively. Major and minor complication rates were: TPA, 2.2% and 8.9%; and UK, 2.1% and 10.4%, respectively. No statistical differences in success rates or complications were observed; however, t-PA was significantly (P < .05) less expensive and faster than urokinase. Conclusion: Low-dose t-PA combined with subtherapeutic heparin is equally efficacious and safe compared with urokinase. Infusions with t-PA were significantly shorter and less expensive than those with urokinase.

    MOSBY, INC, 2003年03月, JOURNAL OF VASCULAR SURGERY, 37 (3), 512 - 517, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • F Ganaha, C Miller, K Sugimoto, YS Do, H Minamiguchi, H Saito, RS Mitchell, MD Dake

    Background-Advances in imaging techniques have increased the recognition of aortic intramural hematomas (IMHs)and penetrating atherosclerotic ulcers (PAUs); however, distinction between IMH and PAU remains unclear. We intended to clarify differences between IMH coexisting with PAU and IMH not associated with PAU by comparisons of clinical features, imaging findings, and patient outcome to derive the optimal therapeutic approach. Methods and Results-We performed a retrospective analysis of 65 symptomatic patients with aortic IMH. There were 34 patients with IMH associated with PAU (group 1) and 31 patients with IMH unaccompanied by PAU (group 2). Involvement of the ascending aorta (type A) was more frequent in group 2 (8 of 31, 26%), whereas most of the patients in group 1 had exclusive involvement of the descending aorta (type B) (31 of 34, 91%). Patients were subdivided into 2 categories, those with clinical progression and those with stable disease. Forty-eight percent of patients in group 1 and 8% in group 2 were in the progressive category (P=0.002). Clinical and radiological findings were compared between those group 1 patients who had a progressive disease course (n=12) and those who were stable (n=13). Sustained or recurrent pain (P<0.0001), increasing pleural effusion (P=0.0003), and both the maximum diameter (P=0.004) and maximum depth (P=0.003) of the PAU were reliable predictors of disease progression. Conclusions-This study suggests a difference in disease behavior that argues for the prognostic importance of making a clear distinction between IMH caused by PAU and IMH not associated with PAU. IMH with PAU was significantly associated with a progressive disease course, whereas IMH without PAU typically had a stable course, especially when limited to the descending thoracic aorta.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2002年07月, CIRCULATION, 106 (3), 342 - 348, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Development of a platform to evaluate and limit in-stent restenosis

    CJ Elkins, JM Waugh, PG Amabile, H Minamiguchi, K Sugimoto, F Ganaha, MK Razavi, MD Dake

    The objective of this work was to develop a platform to evaluate and deliver putative therapeutic agents for in-stent restenosis. Arterial stenting is applied in more than 60% of balloon angioplasties for treating cardiovascular disease. However, stented arteries encounter accelerated rates of restenosis. No prior platform has allowed evaluation or local management of in-stent restenosis without perturbing the very system being examined. A stainless steel, balloon-expandable stent was modified to serve as an ablumenal drug delivery platform. Several combinations of bioerodible polymer microspheres and gels were evaluated for channel retention under in vitro flow and in vivo conditions. A stent-anchored hybrid system prevented material embolization under all conditions. Unlike prior platforms, these stents do not alter local inflammation or in-stent plaque formation relative to conventional Palmaz-Schatz stents after in vivo deployment. The system also proved sensitive enough to detect plaque reduction with an antirestenotic agent. We conclude that a platform to evaluate and deliver therapeutic agents for in-stent restenosis has been achieved.

    MARY ANN LIEBERT INC PUBL, 2002年06月, TISSUE ENGINEERING, 8 (3), 395 - 407, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Pilot study of local radiotherapy for portal vein tumor thrombus in patients with unresectable hepatocellular carcinoma

    K Yamada, T Soejima, K Sugimoto, H Mayahara, K Izaki, R Sasaki, T Maruta, S Matsumoto, S Hirota, K Sugimura

    Background: Patients suffering from hepatocellular carcinoma (HCC) with portal vein tumor thrombus (PVTT) generally have a poor prognosis. We therefore conducted a prospective pilot trial of combined transcatheter arterial chemoembolization (TACE) and local radiotherapy (RT) for PVTT in unresectable HCC. The aim of the study was to investigate the efficacy and toxicity of this preliminary trial regime and to explore RT guidelines for cirrhosis. Methods: Eight patients with unresectable HCC accompanied by first branch PVTT were entered into the study from February 1998 to December 1999. TACE was performed using Lipiodol, epirubicin hydrochloride and mytomycin followed by gelatin sponge cubes. RT was started 10-14 days following TACE. A total delivered dose of 60 Gy was given as daily 2 Gy fractions, with the clinical target volume defined as PVTT only. We observed a relationship between deterioration of liver function and the percent volume of the total liver receiving a dose exceeding 30 Gy (V-30). Results: An objective response was observed in three of the eight patients. However, on follow-up angiograms the protrusion of PVTT into the main portal trunk was decreased in all cases. Deterioration of liver function was observed in all patients with V-30 > 40%. Conclusion: It is possible that this combined therapy prevents PVTT from spreading to the main trunk and that indicates a further benefit of TACE. Our results indicate that V,, constitutes a predictive test for the development of liver failure. More detailed evaluations of liver function and determination of the safe irradiation volume are necessary.

    OXFORD UNIV PRESS, 2001年04月, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 31 (4), 147 - 152, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K. Sugimoto, S. Hirota, K. Imanaka, H. Ohnishi, H. Tomioka, K. Tada, M. Aoki, K. Sugimura

    The aim of this study was to assess the efficacy and safety of thin membranes of polychlorovinylidene (PCV) or polyurethane (PU) as covering materials for Gianturco stents in the treatment of severe tracheal stricture caused by intraluminal tumor. Manufactured Gianturco stents covered with PCV or PU membrane were used to treat six malignant and one benign tracheal stricture. The initial results, complications, clinical follow-up, bronchoscopic findings, and three autopsy microscopic examinations were reviewed. Informed consent was obtained after the nature of the treatment had been fully explained before every procedure. The stents successfully dilated the tracheal strictures, providing immediate relief of respiratory symptoms in all patients with no major complications. During the follow-up period, the covering materials prevented tumor ingrowth until death or intraluminal granuloma formation. Autopsies proved that no histological change occurs in the tracheal mucosa in response to the presence of PCV or PU however, ulcer formation occurred in one patient and penetration of the stent struts into the tracheal wall in two. Bloody sputum with ulcer formation, minimal granuloma formation at the distal end of the stent, and abnormal bacterial load in the sputum were long-term complications. The Gianturco stent covered with PCV or PU membrane is a useful option as a palliative treatment for malignant and an emergent salvage for benign tracheal stricture, because both materials are thinner and less voluminous than the others. However, the indications for its use are limited to patients with poor prognoses, because hemoptysis, granuloma formation, and bacterial propagation remain problematic.

    2001年, European Radiology, 11 (10), 1933 - 1938, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kousaku Matsubara, Koji Sugimoto, Masaki Osaki, Hiroyuki Nigami, Hidekazu Harigaya, Kunizo Baba

    2000年, Pediatrics International, 42 (6), 715 - 717, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Cystic hamartoma of the renal pelvis: Imaging features

    Shozo Hirota, Mamoru Hase, Shinichi Matsumoto, Tetsuya Fukuda, Masahiko Fujii, Koji Sugimoto, Kazuro Sugimura, Keisuke Hanioka

    We report a case of a 50-year-old woman with histologically proven cystic hamartoma of the renal pelvis, focusing on the imaging findings and pathologic features. A large multicystic tumor with solid components in the left kidney was enhanced on both contrast-enhanced CT and gadolinium-enhanced MR images. Angiographic images showed irregular tumor vessels with moderate tumor stain.

    2000年, Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 18 (2), 139 - 142, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Application of self-expanding metallic stents to malignant stricture following mechanically stapled esophagojejunostomy: Report of two cases

    Koji Sugimoto, Shozo Hirota, Kazufumi Imanaka, Tetsuya Kawabe, Shinichi Matsumoto, Kazuro Sugimura

    Several types of self-expanding metallic stents (SEMS) were placed in two patients suffering from severe malignant stricture at the site of a mechanically stapled esophagojejunostomy used for the treatment of recurrent gastric cancer. Following modified Gianturco stent placement with limited success in one of the patients, an additional Ultraflex stent (Boston Scientific Co., Boston, USA) failed to expand satisfactorily at the outlet of the second stent. In the other patient, since the proximal end of an additional covered Ultraflex stent (Boston Scientific Co.) inserted through the first one failed to expand satisfactorily at the level of severe stenosis because of the extreme rigidity caused by the mechanical staples, a spiral Z- stent was inserted to dilate it. The cases reported here raise some problems associated with the treatment of severely malignant stricture accompanied by extreme rigidity following mechanically stapled esophagojejunostomy with SEMS.

    2000年, Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 18 (2), 133 - 137, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The radiographic report of soft tissue tumor on the legs in a case of cutaneous polyarteritis nodosa

    H. Yabe, I. Sinzato, K. Sugimoto, J. Saegusa

    A 55-year-old male was admitted to our hospital because of arthralgia, rash, and painful tumor in the legs. On admission, skin lesions involving dark erythematous macules and a tender mass of 3 by 5 cm were present. Laboratory findings included hemoglobin of 11.2 g/dl, white blood cell count of 6200/μl, erythrocyte sedimentation rate (ESR) of 88 mm/hour, and normal results of renal function tests. Hepatitis B surface antigen, anti-nuculear antibody (ANA), and perinuclear pattern antineutrophil cytoplasmic autoantibody (ANCA) were negative. A T 1-weighted magnetic resonance image (MRI) showed iso-intensity areas that increased in intensity on T 2-weighted images of the M. gastrocnemius. The angiographic appearance of tumor staining with some degree of luminal irregularity in the posterior tibial artery suggested a diagnosis of soft tissue neoplasm. Biopsy specimens of the right leg lesion were consistent with necrotizing arteritis of both small and medium-sized vessels. Treatment with prednisolone and cyclophosphamide resulted in the disappearance of the skin lesions and the improvement of laboratory data. At first, classical polyarteritis nodosa was considered histologically. However, lesions were limited to skin, muscles, and joints, and there has been no evidence of systemic disease for 1.5 years consequently, cutaneous form of polyarteritis nodosa was diagnosed. Reports of soft tissue tumors on the legs of patients with polyarteritis nodosa are quite rare. The interesting radiographic findings of cutaneous polyarteritis nodosa were reported.

    2000年, Ryumachi, 40 (1), 16 - 20, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Sugimoto, Shozo Hirota, Kazufumi Imanaka, Tetsuya Kawabe, Yoshiharu Nakayama, Yasuhito Takeuchi

    Purpose: To evaluate the incidence and causes of complications associated with balloon-occluded arterial infusion chemotherapy (BOAI) for pelvic malignancies. Methods: In 34 courses of BOAI in 22 patients with pelvic malignancies, we analyzed the incidence of complications as well as the effect of the dose of the anticancer drugs, the infusion site, and the number of BOAI administrations on these complications. Complications were divided into two categories: cystitis-like symptoms and neurological complications such as pain, numbness, and paresthesia of the lower extremities and the hip. Results: Eleven patients (50%) suffered from complications, seven (31.8%) from neurological complications and four (18.2%) from cystitis-like symptoms. The complications appeared in 14 courses (42.4%) of BOAI, neurological complications in 10 (30.3%) and cystitis-like symptoms in four (12.1%). A high dose of anti-cancer drugs and infusion from the anterior division tended to induce neurological complications more frequently however, the cystiris-like symptoms were not related to any factors. Conclusion: Our results indicate that a smaller dose of anticancer drugs should be infused from the bilateral internal iliac arteries for safer pelvic BOAI.

    1999年11月, CardioVascular and Interventional Radiology, 22 (6), 481 - 485, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Reirradiation therapy for brain metastases from small cell lung cancer

    K. Imanaka, K. Sugimoto, Y. Obayashi, K. Tada, T. Sakurai, H. Iwasaki

    Three patients with recurrence of brain metastases from small cell lung cancer were treated with whole brain reirradiation therapy. A total dose of 20 Gy was administered to two patients with hyperfractionation (20 fractions) and to one with conventional fractionation (10 fractions). Two cases achieved PR and the other NC. Survival after reirradiation was four months for all patients. Two patients died of progressive brain metastases and one patient of liver metastases. No radiation injury was observed during follow-up. Whole brain reirradiation at a dose of 20 Gy in 10 or 20 fractions was therefore considered useful and safe for brain recurrence of small cell lung cancer.

    1998年, Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 16 (2), 153 - 156, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Toshihiko Kawasaki, Toshinao Itani, Hiroshi Nakase, Jun Mimura, Hideshi Komori, Koji Sugimoto

    We evaluated the usefulness of power Doppler imaging in the differential diagnosis between hepatocellular carcinoma and metastatic adenocarcinoma. Forty-seven patients with hepatocellular carcinoma and 18 patients with metastatic adenocarcinoma were evaluated using power Doppler imaging. The colour signals of hepatic turnouts were graded as follows: 1, colour signals only in the marginal area 2, small dot or dotted line colour signals within the tumours 3, continuous solid line colour signals within the tumours. The grade 3 colour signals were classified in the following three patterns winding line pattern, stretched line pattern and mixed pattern. The colour signals of hepatocellular carcinoma were grade 1 in seven patients, grade 2 in 11 and grade 3 in 29. The colour signals of metastatic adenocarcinoma were grade 1 in three patients and grade 3 in 15. Of the 29 hepatocellular carcinoma patients with a grade 3 signal, 26 patients had winding line patterns and three had mixed patterns. Of the 15 metastatic adenocarcinoma patients with a grade 3 signal, 12 patients had stretched line patterns and three had mixed patterns. In conclusion, power Doppler imaging is useful in the differential diagnosis between hepatocellular carcinoma and metastatic adenocarcinoma to evaluate the colour signal pattern within the tumour.

    Blackwell Publishing, 1998年, Journal of Gastroenterology and Hepatology (Australia), 13 (11), 1152 - 1160, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shozo Hirota, Koji Sugimoto, Shinichi Matsumoto, Michio Kono, Yasushi Harada

    Background: A study to determine the usefulness of magnetic resonance imaging (MRI) of the liver in patients with type Ia glycogen storage disease was performed. Methods: T1-weighted images and T2-weighted images were obtained with spin echo technique in 4 patients with type Ia glycogen storage disease. TheT2 values for the liver parenchyma of these 4 patients, and for the complicating liver tumors in 2 of these patients, were measured. One patient underwent hepatic angiography. For each patient with liver tumors, the number, size, and MRI findings of the tumors and their signal intensity were compared to that for the liver parenchyma on both T1-weighted and T2-weighted images. Results: There was a slight reduction of T2 relaxation time in the liver parenchyma. Complicating liver tumors were depicted as high-intensity areas on T2-weighted images. The mean T2 value for diseased liver parenchyma was 34.5 milliseconds, and for liver tumors, 41.5 milliseconds. The former was less than the value for normal liver parenchyma. Reduction of T2 relaxation time for diseased liver parenchyma was probably due to the regulation of proton movement by macromolecular glycogen granules. All complicating liver tumors were depicted as high-intensity areas, compared to the diseased liver parenchyma. Conclusion: These findings suggest that MRI can be useful for the observation of type Ia glycogen storage disease and complicatins liver tumors. © JSCO/CLJ 1997.

    Springer Japan, 1997年, International Journal of Clinical Oncology, 2 (1), 1 - 5, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • MRI finding of chronic hemorrhagic empyema: A case report

    K. Imanaka, K. Sugimoto, M. Aoki, N. Okumura, H. Onishi, K. Hashimoto

    We report a case of 64-year-old man with chronic hemorrhagic empyema. T1 and T2-weighted MR images showed variably hyperintense areas in the tumor that reflected the presence of fresh and old hematoma. Gd-DTPA-enhanced MRI revealed capillary bleeding in the periphery of the mass.

    1996年, Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 14 (4), 201 - 203, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Clinical evaluation of dynamic MRI in the re-diagnosis of therapeutic effect and recurrence after transcatheter arterial embolization for hepatocellular carcinoma

    Y. Kuwata, S. Hirota, K. Sugimoto, T. Koshino, Y. Nishida, M. Tomita, S. Matsumoto, M. Sako, M. Kono

    We evaluated re-diagnostic ability of dynamic MRI as compared with T2 weighted image in the diagnosis of primary therapeutic effect and tumor recurrence after transcatheter arterial embolization (TAE) for hepatocellular carcinoma. Thirty-four nodules in 30 patients with hepatocellular carcinoma were estimated based on operative and angiographic findings. According to the time when dynamic MRI was taken, nodules were classified as a short-term observation group consisting of 15 nodules obtained within a month after TAE, or as a long-term observation group consisting of 19 nodules obtained over a month after TAE. In the short-term observation group, sensitivity, specificity, accuracy was 89%, 100%, 93% on dynamic MRI and 78%, 67%, 73% on T2WI, respectively. In the long-term observation group, these were 94%, 100%, 95% on dynamic MRI and 100% 33%, 89% on T2WI and 94%, 67%, 89% on Lipiodol-CT respectively. In both groups, dynamic MRI was superior in accuracy. Conclusively, we consider that dynamic MRI is a most accurate diagnostic method that should be added to routine MRI after TAE. Especially in the case diagnosed positive on T2WI, the usefulness of dynamic MRI should be emphasized to determine the schedule of the therapy, because the cases that were false positive on T2WI were accurately diagnosed on dynamic MRI.

    1994年, Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy, 21 (8), 1235 - 1240, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Sugimoto, Shuji Adachi, Masahiko Kusumoto, Eiichiro Itouji, Michio Kono, Chiho Obayashi

    A case of mucoepidermoid carcinoma of the lung which showed a poor course was reported, and the literature was reviewed. The patient was a 66-year-old male. A mass shadow on the right lower lung field was seen on the chest X-ray. © 1993, The Japan Lung Cancer Society. All rights reserved.

    1993年, Japanese Journal of Lung Cancer, 33 (2), 247 - 253, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 【血管内治療における抗血栓療法】外傷性・医原性血管損傷に対するバイアバーン留置後の抗血栓療法

    岡田 卓也, 松代 啓吾, Hamada Mostafa, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本血管内治療学会, 2021年, 日本血管内治療学会誌, 22 (1), 50 - 53, 日本語

  • 当院におけるIliac Branch Endoprosthesisを用いたステントグラフト内挿術の成績

    濱口 真里, 中井 秀和, 殿城 秀斗, 孟 順, 井上 大志, 辻本 貴紀, 邊見 宗一郎, 山中 勝弘, 大村 篤史, 井上 武, 岡田 健次, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2020年, 日本血管外科学会雑誌, 29 (Suppl.), P8 - 4, 日本語

  • 奥村 典仁, 青木 稔, 杉本 幸司, 今中 一文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会, 1995年, 日本呼吸器外科学会雑誌, 9 (3), 386 - 386, 日本語

  • 当院における内臓動脈瘤に対する血管内治療の経験

    山口 雅人, 松永 直樹, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本脈管学会, 2021年10月, 脈管学, 61 (Suppl.), S149 - S149, 日本語

  • 逆チャンス型胸椎骨折による血胸の一例

    松永 直樹, 岡田 卓也, 大野 雄康, 松代 啓吾, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2021年08月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 57回, S464 - S464, 日本語

  • 大動脈疾患に対するIVR治療の現況と課題 EVARの遠隔期成績向上への取り組み

    元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, Hamada Mostafa, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 125 - 125, 日本語

  • 上腸間膜動脈ステントの長期開存性についての多施設共同後ろ向き研究

    魚谷 健祐, 坂本 憲昭, 川崎 竜太, 谷口 尚範, 富松 浩隆, 元津 倫幸, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 142 - 142, 日本語

  • Shaggy aorta症例における上腸間膜動脈バルーンプロテクション併用下TEVARの有用性の検討

    佐々木 康二, 岡田 卓也, 山口 雅人, 田尻 昌士, Hamada Mostafa, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 160 - 160, 日本語

  • ウサギVX2腫瘍モデルを用いた過酸化チタンナノ粒子動注の基礎的研究

    岡田 卓也, 元津 倫幸, 西村 勇哉, 森田 健太, 上嶋 英介, 山口 雅人, 杉本 幸司, 佐々木 良平, 荻野 千秋, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 191 - 191, 日本語

  • 上顎癌動注化学療法における腫瘍進展方向と栄養血管に関する検討(Tumor extension and feeding arteries in intraarterial chemotherapy for maxillary cancer)

    Hamada Mostafa, 岡田 卓也, 山口 雅人, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 201 - 201, 英語

  • 陰部腟静脈瘤に対し血管内治療を行った1例

    田尻 昌士, 岡田 卓也, Ahmed Mostafa, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 251 - 251, 日本語

  • 【血管内治療における抗血栓療法】外傷性・医原性血管損傷に対するバイアバーン留置後の抗血栓療法

    岡田 卓也, 松代 啓吾, Hamada Mostafa, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    外傷性・医原性血管損傷に対するバイアバーンステントグラフト留置後の抗血栓療法には定まった見解はなく、治療担当医の判断に委ねられている。浅大腿動脈の閉塞性疾患に対するバイアバーン留置後の抗血栓療法に準じた治療が行われることが多いが、治療血管の部位や再出血のリスクなどを鑑みて調整する必要がある。腹部分枝では、血管の蛇行や血管周囲の炎症や感染など、グラフト閉塞の原因となり得る因子がある一方で、必ずしも長期開存が求められない場合もある。腸骨動脈では、グラフト閉塞の可能性は基本的に低いと思われるため、場合によっては抗血栓療法を行わないのも一つの選択肢である。反対に、鎖骨下動脈では確実な開存性を担保したい場合が多く、抗血栓療法は必須と考える。外傷性・医原性出血に対するバイアバーンステントグラフトの長期成績はいまだ不明であり、さらなるエビデンスの構築が望まれる。(著者抄録)

    (一社)日本血管内治療学会, 2021年, 日本血管内治療学会誌, 22 (1), 50 - 53, 日本語

  • 奥村 典仁, 三野 暢哉, 青木 稔, 大西 尚, 杉本 幸司, 今中 一文, 橋本 公夫

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会, 1998年, 気管支学, 20 (3), 291 - 291, 日本語

  • 奥村 典仁, 青木 稔, 大西 尚, 坂本 廣子, 杉本 幸司, 今中 一文, 橋本 公夫

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会, 1997年, 気管支学, 19 (4), 359 - 359, 日本語

  • 三野 暢哉, 青木 稔, 奥村 典仁, 杉本 幸司

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会, 1997年, 気管支学, 19 (6), 502 - 503, 日本語

MISC

  • 微小肺病変に対する胸腔鏡補助下肺部分切除術においてCTガイド下マーキングが有用であった1例

    中谷 太一, 大片 祐一, 尾藤 祐子, 會田 洋輔, 宮内 玄徳, 冨岡 雄一郎, 中井 優美子, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 杉本 幸司

    (公社)日本小児科学会, 2021年04月, 日本小児科学会雑誌, 125 (4), 674 - 674, 日本語

  • 辻本 貴紀, 大村 篤史, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 健次

    膵十二指腸動脈瘤(PDAA)は瘤径に関係なく破裂する可能性が示唆されており,発見次第治療を考慮する必要がある.また,解剖学的に複雑な位置に存在するため,低侵襲治療である血管内治療による塞栓術(TAE)が選択される機会が増加している.しかしながら,主要血管を閉塞させる可能性があるなどの解剖学的な理由でTAEだけでは治療を完遂することが難しい症例がある.今回TAEと従来の外科手術を組み合わせたハイブリッド治療を行った2症例を経験したので報告する.1例目のPDAAに対しては,TAEと外科的瘤切除を2期的に分割して手術治療を行い,2例目のPDAAに対しては,TAEと外科的バイパス術を同時に施行し,2例共に良好な経過を辿った.ハイブリッド治療は膵十二指腸動脈瘤に対して非常に有用な選択肢であると思われた.しかしながら,本治療の長期成績についての報告は少なく,注意深いフォローアップが必要である.(著者抄録)

    (NPO)日本血管外科学会, 2021年02月, 日本血管外科学会雑誌, 30 (1), 7 - 12, 日本語

  • 急性上腸間膜動脈閉塞症のIVR 塞栓症と動脈解離

    小出 裕, 松代 啓吾, 丸山 晃司, 川崎 竜太, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2020年10月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 56回, S67 - S67, 日本語

  • 治療適応の基準を満たさない腎血管筋脂肪腫の破裂

    元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, Hamada M.A.S., 上嶋 英介, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2020年10月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 56回, S144 - S144, 日本語

  • 腹部人工血管置換術後遠隔期に被覆瘤外への出血に対し経動脈的塞栓術を行った2例

    松代 啓吾, 川崎 竜太, 小出 裕, 丸山 晃司, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2020年10月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 56回, S145 - S145, 日本語

  • 鈍的外傷による鎖骨下動脈損傷に対するステントグラフト内挿術の1例

    魚谷 健祐, 濱中 章洋, 岡崎 仁志, 馬渕 真依, 高橋 拓也, 松永 卓明, 山崎 愉子, 久島 健之, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2020年10月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 56回, S147 - S147, 日本語

  • 外傷性上腕動脈損傷に対しステント留置術を施行した1例

    伊崎 健太, 木下 知恵子, 酒井 英郎, 池田 覚, 佐野 秀, 当广 美樹, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2020年10月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 56回, S147 - S147, 日本語

  • 孤立性上腸間膜動脈解離に対しステント留置術を行った難渋例

    小出 裕, 松代 啓吾, 丸山 晃司, 川崎 竜太, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2020年10月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 56回, S147 - S147, 日本語

  • AAA破裂に対して当院で初めてEVARを施行した1例

    宮本 直和, 山田 章貴, 上月 瞭平, 難波 富美子, 大森 美佳, 足立 秀治, 顔 邦男, 冨田 優, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2020年10月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 56回, S148 - S148, 日本語

  • AAA破裂に対して当院で初めてEVARを施行した1例

    宮本 直和, 山田 章貴, 上月 瞭平, 難波 富美子, 大森 美佳, 足立 秀治, 顔 邦男, 冨田 優, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2020年10月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 56回, S148 - S148, 日本語

  • 液体塞栓物質(NBCA)を極める! エキスパートへの道 膵領域の急性出血に対するNBCAを用いた動脈塞栓術の検討

    佐々木 康二, 岡田 卓也, 山口 雅人, Hamada Mostafa, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 122 - 122, 日本語

  • 骨転移疼痛に対する集学的治療 -この痛みをどう治療するか- 骨転移に対する骨セメント治療 経皮的椎体形成術の適応を考える

    岡田 卓也, 佐々木 康二, Hamada M.A.S., 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 131 - 131, 日本語

  • 大動脈解離に対するIVR 大動脈解離に対するIVRの現況と課題

    山口 雅人, 岡田 卓也, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 133 - 133, 日本語

  • アンギオ室での急変対応におけるチーム医療 ハートフルチームビルディング

    小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 136 - 136, 日本語

  • 当院における下肢潰瘍に対する血管内治療(EVT)の成績

    宮本 直和, 山脇 康平, 津田 成康, 藤原 康弘, 梶原 彰文, 難波 富美子, 大森 美佳, 足立 秀治, 藤井 美樹, 山田 章貴, 山田 慎一郎, 冨田 優, 粟野 孝次郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 158 - 158, 日本語

  • 大腿膝窩動脈ステント内再狭窄をに対するELUVIAステントを用いた血管内治療 多施設・前向き研究(COMBAT-ISR study)

    高山 勝年, 市橋 成夫, 吉川 公彦, 佐藤 友保, 千葉 義郎, 足立 憲, 長谷部 光泉, 杉本 幸司, 田中 良一, 中井 資貴, 山本 浩詞, 川俣 博志, 田島 廣之, 川崎 竜太, 宮本 直和, 中村 友則, 花輪 真, 井上 政則

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 159 - 159, 英語

  • EVAR後の瘤径拡大例に対するトラネキサム酸投与の有用性

    松代 啓吾, 川崎 竜太, 丸山 晃司, 小出 裕, 野村 佳克, 山口 雅人, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 166 - 166, 日本語

  • 腎動脈瘤に対しバイアバーンを留置した1例

    伊崎 健太, 木下 知恵子, 池田 覚, 酒井 英郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 252 - 253, 日本語

  • ドセタキセル含浸薬剤溶出性ビーズの基礎的検討

    谷 龍一郎, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 篠原 正和, 元津 倫幸, 佐々木 康二, Hamada M.A.S, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 282 - 282, 日本語

  • 骨転移の痛みのマネージメント 脊椎転移に対する経皮的椎体形成術の適応について考える

    岡田 卓也, 佐々木 康二, 角谷 賢一朗, 宮脇 大輔, 酒井 良忠, 坂下 明大, 今村 善宣, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (NPO)日本緩和医療学会, 2020年08月, Palliative Care Research, 15 (Suppl.), S37 - S37, 日本語

  • 当院における脾動脈瘤に対する動脈塞栓術の治療成績

    岡田 卓也, 佐々木 康二, Hamada Mostafa, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本脈管学会, 2019年10月, 脈管学, 59 (Suppl.), S140 - S140, 日本語

  • Iliac Branch Endoprosthesisを用いたステントグラフト内挿術の初期成績

    元津 倫幸, 山口 雅人, Hamada Mostafa, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 大村 篤史, 岡田 健次, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本脈管学会, 2019年10月, 脈管学, 59 (Suppl.), S175 - S175, 日本語

  • 奇静脈弓経由でカテーテル塞栓術を施行し得た食道静脈瘤の1例

    岡崎 仁志, 伊崎 健太, 木下 知恵子, 酒井 英郎, 白川 裕, 尹 聖哲, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2019年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 55回, S515 - S515, 日本語

  • 広頸内臓動脈瘤に対する親動脈温存下コイル塞栓術の経験

    宮本 直和, 冨田 優, 藤原 康弘, 梶原 彰文, 難波 富美子, 大森 美佳, 足立 秀治, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2019年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 55回, S515 - S516, 日本語

  • 腎動脈瘤に対してステント補助下コイル塞栓術を行った1例

    宮本 直和, 冨田 優, 梶原 彰文, 難波 富美子, 足立 秀治, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年09月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (1), 78 - 78, 日本語

  • 特発性孤立性SMA解離に対するステント留置直後に遠位閉塞をきたした1例

    木下 めぐ美, 川崎 竜太, 丸山 晃司, 清家 翔平, 野村 佳克, 長谷川 翔大, 辻本 貴紀, 松森 正術, 村上 博久, 田中 裕史, 向原 伸彦, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年09月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (1), 81 - 81, 日本語

  • 最新のエビデンスに基づくステントグラフト治療の現況と課題 大動脈解離

    山口 雅人, 岡田 卓也, 元津 倫幸, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2019年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 55回, S408 - S408, 日本語

  • 山口 雅人, 元津 倫幸, 佐々木 康二, 岡田 卓也, 小出 裕, 杉本 幸司, 村上 卓道, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 岡田 健次, 林 太郎, 川崎 竜太, 森 岳樹, 魚谷 健祐, 谷口 尚範, 福田 哲也, 宮本 直和, 坂本 憲昭

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年09月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (1), 28 - 35, 日本語

  • 腎動脈瘤に対してステント補助下コイル塞栓術を行った1例

    宮本 直和, 冨田 優, 梶原 彰文, 難波 富美子, 足立 秀治, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年09月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (1), 78 - 78, 日本語

  • 直腸静脈瘤に対して上直腸静脈直接穿刺法で塞栓術を行った1例

    元津 倫幸, 岡田 卓也, 小出 裕, 佐々木 康二, Hamada M.A.S., 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年09月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (1), 79 - 79, 日本語

  • 特発性孤立性SMA解離に対するステント留置直後に遠位閉塞をきたした1例

    木下 めぐ美, 川崎 竜太, 丸山 晃司, 清家 翔平, 野村 佳克, 長谷川 翔大, 辻本 貴紀, 松森 正術, 村上 博久, 田中 裕史, 向原 伸彦, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年09月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (1), 81 - 81, 日本語

  • 肝細胞癌に対する放射線照射治療後の経動脈的化学塞栓療法の安全性の検討

    小出 裕, ムスタファ・ハマダ, 上嶋 英介, 堀之内 宏樹, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 石田 淳, 石原 武明, 佐々木 良平, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 226 - 226, 日本語

  • 肝細胞癌に対する放射線照射治療後の経動脈的化学塞栓療法の安全性の検討

    小出 裕, ムスタファ・ハマダ, 上嶋 英介, 堀之内 宏樹, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 石田 淳, 石原 武明, 佐々木 良平, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 226 - 226, 日本語

  • 当院における経腟分娩後の産道出血に対する動脈塞栓術の検討

    佐々木 康二, 岡田 卓也, HAMADA MOSTAFA, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 239 - 239, 日本語

  • Iliac Branch Endoprosthesisを用いたステントグラフト内挿術の初期成績

    元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 岡田 健次, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 255 - 255, 日本語

  • Chronic kidney disease(CKD)患者に対し炭酸ガス造影を用いたEVARの検討

    宮永 洋人, 魚谷 健祐, 濱中 章洋, 松尾 秀俊, 松永 卓明, 山崎 愉子, 久島 健之, 濱口 真里, 松枝 崇, 深瀬 圭吾, 杉本 貴樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 257 - 257, 日本語

  • 当院における大動脈解離に対するTEVARの治療成績

    岡田 卓也, 山口 雅人, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 岡田 健次, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 259 - 259, 日本語

  • 腸骨動脈慢性閉塞性病変の血管内治療における術前MRIを用いた血栓塞栓性合併症の予測

    丸山 晃司, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 清家 翔平, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 285 - 285, 日本語

  • CTで認識できない骨病変に対するCTガイド下骨生検の検討

    谷 龍一郎, 岡田 卓也, 佐々木 康二, HAMADA MOSTAFA, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 314 - 314, 日本語

  • 広頸内臓動脈瘤に対する親動脈温存下コイル塞栓術の経験

    宮本 直和, 冨田 優, 梶原 彰文, 難波 富美子, 足立 秀治, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 335 - 335, 日本語

  • 幼少時の肝外傷が原因と思われる著明なA-Pシャントに対し動脈塞栓術を施行した1例(Hepatic A-P fistula because of remote traumatic liver laceration: report of successful embolization)

    秋田 玄武, 伊崎 健太, 木下 知恵子, 酒井 英郎, 岡田 寛史, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 343 - 343, 英語

  • 祖父江 慶太郎, 上嶋 英介, 上野 嘉子, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 鶴崎 正勝, 村上 卓道

    <文献概要>Point 1.肝細胞癌の診断において画像診断はきわめて重要な位置を占め,ダイナミックCT・MRIによる血流評価はその基本である.2.肝細胞特異性造影剤(Gd-EOB-DTPA)の臨床導入は,肝細胞癌の診断体系を変化させるほどのインパクトを与えている.

    (株)学研メディカル秀潤社, 2019年04月, 画像診断, 39 (6), 623 - 631, 日本語

  • TEVARの長期予後と合併症について 非解離性胸部大動脈瘤に対するTEVARの遠隔予後の検討

    中井 秀和, 後竹 康子, 山中 勝弘, 山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 健司

    (NPO)日本血管外科学会, 2019年, 日本血管外科学会雑誌, 28 (Suppl.), SY1 - 7, 日本語

  • 広頸内臓動脈瘤に対する親動脈温存下コイル塞栓術の経験

    宮本 直和, 冨田 優, 梶原 彰文, 難波 富美子, 足立 秀治, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2019年, 日本血管外科学会雑誌, 28 (Suppl.), P31 - 5, 日本語

  • TEVARの長期予後と合併症について 非解離性胸部大動脈瘤に対するTEVARの遠隔予後の検討

    中井 秀和, 後竹 康子, 山中 勝弘, 山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 健司

    (NPO)日本血管外科学会, 2019年, 日本血管外科学会雑誌, 28 (Suppl.), SY1 - 7, 日本語

  • 広頸内臓動脈瘤に対する親動脈温存下コイル塞栓術の経験

    宮本 直和, 冨田 優, 梶原 彰文, 難波 富美子, 足立 秀治, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2019年, 日本血管外科学会雑誌, 28 (Suppl.), P31 - 5, 日本語

  • 当院における脾動脈瘤に対する動脈塞栓術の治療成績

    岡田卓也, 佐々木康二, HAMADA Mostafa, 堀之内宏樹, 元津倫幸, 上嶋英介, 祖父江慶太郎, 山口雅人, 杉本幸司, 村上卓道

    2019年, 脈管学(Web), 59 (supplement)

  • TypeII endoleakの制御を目的とした術前塞栓術

    山口雅人, 元津倫幸, 佐々木康二, 岡田卓也, 小出裕, 杉本幸司, 村上卓道, 後竹康子, 中井秀和, 山中勝弘, 岡田健次, 林太郎, 川崎竜太, 森岳樹, 魚谷健祐, 谷口尚範, 福田哲也, 宮本直和, 坂本憲昭

    2019年, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌(Web), 34 (1)

  • Iliac Branch Endoprosthesisを用いたステントグラフト内挿術の初期成績

    元津倫幸, 山口雅人, HAMADA Mostafa, 佐々木康二, 堀之内宏樹, 上嶋英介, 岡田卓也, 祖父江慶太郎, 後竹康子, 中井秀和, 山中勝弘, 大村篤史, 岡田健次, 杉本幸司, 村上卓道

    2019年, 脈管学(Web), 59 (supplement)

  • 直腸静脈瘤に対して上直腸静脈直接穿刺法で塞栓術を行った1例

    元津倫幸, 岡田卓也, 小出裕, 佐々木康二, HAMADA M.A.S., 堀之内宏樹, 谷龍一郎, 上嶋英介, 祖父江慶太郎, 山口雅人, 杉本幸司, 村上卓道

    2019年, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌(Web), 34 (1)

  • 大動脈解離

    山口雅人, 岡田卓也, 元津倫幸, 佐々木康二, 堀之内宏樹, 杉本幸司, 村上卓道

    2019年, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 55th

  • 物忘れ外来を受診した猪瀬型肝性脳症(Porto-systemic encephalopathy)の1例

    西田 勝也, 武中 優, 藤堂 紘行, 安藤 真理子, 安藤 竜起, 横田 一郎, 西本 啓介, 河本 邦彦, 山崎 浩, 三谷 真紀, 二村 直伸, 舟川 格, 岡田 卓也, 杉本 幸司

    (一社)日本神経学会, 2018年12月, 臨床神経学, 58 (12), 796 - 796, 日本語

  • 肝動脈塞栓術がTGF-β発現に与える影響 ラット肝癌モデルによる検討

    上嶋 英介, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道, 西尾福 英之, 田中 利洋, 吉川 公彦, 高木 治行, 児玉 大志, 山門 亨一郎

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年11月, IVR: Interventional Radiology, 33 (3), 317 - 317, 日本語

  • 破裂性十二指腸静脈瘤に対してバルーン閉塞下逆行性静脈瘤塞栓術を施行した1例

    小出 裕, 岡田 卓也, 佐々木 康二, 元津 倫幸, Hamada M.A.S., 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年11月, IVR: Interventional Radiology, 33 (3), 317 - 318, 日本語

  • プロテインS欠乏症による下肢血栓性閉塞に対して血行再建を行った1例

    宮本 直和, 山田 章貴, 顔 邦夫, 梶原 彰文, 難波 富美子, 麻田 達郎, 足立 秀治, 冨田 優, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年11月, IVR: Interventional Radiology, 33 (3), 319 - 319, 日本語

  • 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    金原出版(株), 2018年11月, 臨床放射線, 63 (12), 1582 - 1585, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 山口 雅人, 丸山 晃司, 杉本 幸司, 村上 卓道, 森 岳樹, 築部 卓郎

    金原出版(株), 2018年11月, 臨床放射線, 63 (12), 1392 - 1395, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 頭頸部癌による急性出血に対する動脈塞栓術の検討

    小出 裕, 岡田 卓也, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本救急医学会, 2018年10月, 日本救急医学会雑誌, 29 (10), 464 - 464, 日本語

  • 中長期成績からみた腹部大動脈瘤ステントグラフトの功罪 IMA閉塞例におけるEVAR後のType 2エンドリークの検討 予防的IMA塞栓術は有用か?

    岡田 卓也, 元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, Hamada Mostafa, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 田中 裕史

    (一社)日本脈管学会, 2018年09月, 脈管学, 58 (Suppl.), S107 - S107, 日本語

  • IVRの進歩がどのように門脈圧亢進症の治療を変えたのか? 肝細胞癌門脈腫瘍栓に対するEMS留置術

    鶴崎 正勝, 沼本 勲男, 小田 晃義, 門場 智也, 柳生 行伸, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本門脈圧亢進症学会, 2018年08月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 24 (3), 86 - 86, 日本語

  • 岡田 卓也, 曽宮 雄一郎, 香川 清澄, 前林 知樹, Hamada M.A.S., 佐々木 康二, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年08月, IVR: Interventional Radiology, 33 (2), 137 - 143, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 池野 友基, 佐々木 康二, 大山 詔子, 幸田 陽次郎, 陽川 孝樹, 後竹 康子, 邉見 宗一郎, 中井 秀和, 松枝 崇, 山中 勝弘, 田中 裕史, 杉本 幸司, 大北 裕

    1999年10月〜2016年12月に弓部全置換術を施行した350例を、術前MRIのFLAIR像を用いて大脳白質病変(WMC)をFazekasスケールにより3群(Mild 100例、Moderate 158例、Severe 101例)に分け、早期・長期成績に及ぼす影響について検討した。全体の30日死亡率と院内死亡率はそれぞれ1.4%、2.8%であり、Severe群は1年死亡の有意な危険因子であった。恒久的脳障害(PND)と一過性脳障害(TND)はそれぞれ2.2%、7.8%で生じ、いずれもWMC重症度と有意に相関した。多変量解析では、PND発生の有意な危険因子としてatherothrombotic aorta、Severe WMC、人工心肺時間が挙げられ、TND発生の有意な危険因子としてatherothrombotic aorta、Severe WMC、頸動脈狭窄があげられた。平均観察期間4.8年で97例の遠隔死亡を認め、5年生存率はWMCの重症度と相関して有意に減少し、心大血管・脳血管関連死亡回避率もWMCの重症度と相関して有意に低下した。

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2018年07月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 47 (4), vii - xii, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • EVAR・TEVAR後の原因不明の瘤径拡大例に対する非造影MRIを用いた評価の初期経験

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 木下 めぐ美, 元津 倫幸, 清家 翔平, 野村 佳克, 泉 聡, 松森 正術, 村上 博久, 内田 有里, 吉田 正人, 向原 伸彦

    (NPO)日本血管外科学会, 2018年06月, 日本血管外科学会雑誌, 27 (Suppl.), P38 - 3, 日本語

  • 肝門部胆管癌術後の固有肝動脈仮性動脈瘤に対する経カテーテル的塞栓術の経験

    宮本 直和, 冨田 優, 宮崎 秀一郎, 難波 富美子, 足立 秀治, 浦出 剛史, 沢 秀博, 黒田 大介, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2018年06月, 日本血管外科学会雑誌, 27 (Suppl.), P31 - 10, 日本語

  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の遠隔成績

    後竹 康子, 大山 詔子, 池野 友基, 幸田 陽次郎, 陽川 孝樹, 邊見 宗一郎, 中井 秀和, 松枝 崇, 井上 武, 山口 雅人, 田中 裕史, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2018年06月, 日本血管外科学会雑誌, 27 (Suppl.), P28 - 4, 日本語

  • 救急医を受け入れている施設から

    杉本 幸司

    (一社)日本外傷学会, 2018年06月, 日本外傷学会雑誌, 32 (2), 225 - 225, 日本語

  • 腎動脈人工血管再建術後の閉塞に対して血管内治療を行った1例

    宮本 直和, 山田 章貴, 顔 邦夫, 宮崎 秀一郎, 難波 富美子, 麻田 達郎, 足立 秀治, 冨田 優, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年05月, IVR: Interventional Radiology, 33 (1), 65 - 65, 日本語

  • 低酸素刺激がサイトカイン産生に与える影響 ラット肝細胞癌株による検討

    上嶋 英介, 高木 治行, 岡田 卓也, 山口 雅人, 山門 亨一郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年05月, IVR: Interventional Radiology, 33 (1), 66 - 66, 日本語

  • エンドリークの診断に非造影MRIが有用であったEVAR後瘤径拡大の1例

    清家 翔平, 川崎 竜太, 元津 倫幸, 木下 めぐ美, 野村 佳克, 泉 聡, 松森 正術, 内田 直里, 本田 祐, 村上 博久, 吉田 正人, 向原 伸彦, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年05月, IVR: Interventional Radiology, 33 (1), 68 - 68, 日本語

  • Chimney法を用いたTEVAR後のgutter endoleakに対し塞栓術を施行した弓部大動脈瘤の1例

    元津 倫幸, 川崎 竜太, 清家 翔平, 木下 めぐ美, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年05月, IVR: Interventional Radiology, 33 (1), 68 - 68, 日本語

  • 腹腔動脈のdebranching TEVAR後に虚血性急性膵炎を合併した1例

    山口 雅人, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 林 太郎, 岡本 一真, 戸部 智

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年05月, IVR: Interventional Radiology, 33 (1), 68 - 68, 日本語

  • 上腸間膜動脈原発肉腫の1例

    宮崎 秀一郎, 岡田 卓也, 片山 直人, 河野 淳, 山口 雅人, 高橋 哲, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 野村 佳克, 外山 博近

    (公社)日本医学放射線学会, 2018年02月, Japanese Journal of Radiology, 36 (Suppl.), 29 - 29, 日本語

  • Zinner症候群が疑われた無精子症の1例

    岩下 和真, 田中 宇多留, 末永 裕子, 高橋 哲, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 江夏 徳寿, 千葉 公嗣

    (公社)日本医学放射線学会, 2018年02月, Japanese Journal of Radiology, 36 (Suppl.), 30 - 30, 日本語

  • Kensuke Uotani, Akihiro Hamanaka, Keigo Matsushiro, Erika Idaka, Kiyo Ito, Yuko Yamasaki, Takeyuki Kushima, Takaki Sugimoto, Koji Sugimoto

    Acute occlusion of abdominal aortic aneurysm (AAA) is a rare complication and is usually treated with surgical reconstruction. We present a case of acute AAA occlusion that was successfully treated by endovascular aneurysm repair (EVAR) with Fogarty balloon thrombectomy. A 77-year-old man with a history of acute myocardial ischemia presented with limb weakness and coldness. Contrast-enhanced computed tomography showed a 42-mm-diameter infrarenal AAA that was completely thrombosed in the distal portion. The proximal neck of the aneurysm was patent, and its shape was suitable for EVAR. Therefore, we performed balloon thrombectomy of the aortoiliac thrombus that was followed by EVAR. EVAR can be a less invasive alternative than traditional treatment for acute occlusion of AAA.

    Springer New York LLC, 2018年01月, Cardiovascular and interventional radiology, 41 (1), 182 - 185, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • EVAR・TEVAR後の原因不明の瘤径拡大例に対する非造影MRIを用いた評価の初期経験

    川崎竜太, 杉本幸司, 木下めぐ美, 元津倫幸, 清家翔平, 野村佳克, 泉聡, 松森正術, 村上博久, 内田有里, 吉田正人, 向原伸彦

    2018年, 日本血管外科学会雑誌(Web), 27 (Supplement)

  • IMA閉塞例におけるEVAR後のType2エンドリークの検討:予防的IMA塞栓術は有用か?

    岡田卓也, 元津倫幸, 山口雅人, 佐々木康二, HAMADA Mostafa, 谷龍一郎, 上嶋英介, 小出裕, 祖父江慶太郎, 杉本幸司, 村上卓道, 後竹康子, 中井秀和, 山中勝弘, 田中裕史

    2018年, 脈管学(Web), 58 (supplement)

  • 内臓動脈瘤の血管内治療 内臓動脈瘤に対する血管内治療の経験

    杉本 幸司, 谷 龍一郎, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人

    (一社)日本脈管学会, 2017年10月, 脈管学, 57 (Suppl.), S109 - S109, 日本語

  • グラフト中枢の大動脈分枝が関与するEVAR後type II endoleakの経動脈的塞栓術 第三腰動脈との吻合形態と治療成績の関連

    川崎 竜太, 木下 めぐ美, 元津 倫幸, 清家 翔平, 野村 佳克, 松森 正術, 村上 博久, 内田 直里, 吉田 正人, 向原 伸彦, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2017年10月, 脈管学, 57 (Suppl.), S146 - S146, 日本語

  • 重症下肢虚血に対する外科的血行再建術後の血管内治療の有用性についての検討

    宮本 直和, 中川 雅之, 山田 章貴, 宮崎 秀一郎, 難波 富美子, 山田 慎一郎, 麻田 達郎, 足立 秀治, 顔 邦男, 冨田 優, 粟野 孝次郎, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2017年10月, 脈管学, 57 (Suppl.), S175 - S175, 日本語

  • 【見た瞬間に「おかしい…?」がわかるX線とエコー ケアに使える 看護師と研修医のための見る診るポイント】X線の見る診るポイント どこがおかしい?見る診るポイント確認クイズ X線編

    丸橋 孝昭, 原口 貴史, 桑名 梨里子, 舩越 拓, 小出 裕, 杉本 幸司, 中間 楽平, 妹尾 聡美

    (株)メディカ出版, 2017年09月, EMERGENCY CARE, 30 (9), 850 - 855, 日本語

  • 救急領域のIVRの現状に関する全国調査

    樫見 文枝, 中島 康雄, 田島 廣之, 西巻 博, 古川 顕, 織田 順, 小林 辰輔, 井上 政則, 米虫 敦, 杉本 幸司, 船曵 知弘, 日本IVR学会救急・外傷アドホック委員会

    (一社)日本救急医学会, 2017年09月, 日本救急医学会雑誌, 28 (9), 595 - 595, 日本語

  • 角谷 賢一朗, 酒井 良忠, 由留部 崇, 伊藤 雅明, 河本 旭哉, 原 仁美, 深瀬 直政, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 宮脇 大輔, 佐々木 良平, 清田 尚臣, 南 博信, 秋末 敏宏, 黒田 良祐, 西田 康太郎

    近年のがん診療の向上に伴い、骨転移を有する"がんサバイバー"が増加している。骨転移や脊椎転移は、骨関連事象と呼ばれる病的骨折や脊髄麻痺症状をきたし、がん患者のADLやQOLを大きく障害する。がん集学的治療の最終目標は、予後の延長とQOLの維持向上であり、骨関連事象の予防と制御は、がん集学的治療において大変重要である。このため、骨転移を専門に扱うCancer Board(以下、CB)を開設する施設が増えている。当院では、2013年より骨転移CBを設置し活動しているが、院内では骨転移診療が認知されるようになり、手術数の増加と緊急手術の減少など、一定の効果を上げている。しかしながら、院外からの紹介患者が緊急手術となるケースは増加しており、兵庫県内の基幹病院でも骨転移CBを設置している施設は限られていることから、我々は出張型の骨転移CBの活動を開始している。本稿では、当院での骨転移CBを紹介するとともに、出張型骨転移CBの活動についても触れたい。(著者抄録)

    (株)全日本病院出版会, 2017年09月, 整形外科最小侵襲手術ジャーナル, (84), 79 - 83, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 小出裕, 岡田卓也, 山口雅人, 杉本幸司

    (株)メディカ出版, 2017年09月, EMERGENCY CARE, 30 (9号), 841 - 842, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 空腸動脈瘤の塞栓術後に正中弓状靭帯の圧迫による副駆動脈起始部狭窄に対してステントを留置した1例

    元津倫幸, 岡田卓也, 谷龍一郎, 片山直人, 上嶋英介, 小出裕, 祖父江慶太郎, 山口雅人, 野村佳克, 大北裕, 杉本幸司

    2017年07月, Metallic Stentの現状と進歩XVII, 32, 20 - 21, 日本語

    [招待有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • バイパス手術選択例からみた腸骨動脈病変に対する血行再建戦略

    辻 義彦, 北野 育郎, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2017年06月, 日本血管外科学会雑誌, 26 (Suppl.), VS7 - 3, 日本語

  • 腹部ステントグラフト内挿術の遠隔期の問題点 大動脈瘤径拡大、追加治療について

    野村 佳克, 長谷川 翔大, 長命 俊也, 藤末 淳, 陽川 孝樹, 後竹 康子, 尾田 達哉, 阿部 陛之, 松枝 崇, 高橋 宏明, 井上 武, 山口 雅人, 杉本 幸司, 田中 裕史, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2017年06月, 日本血管外科学会雑誌, 26 (Suppl.), O13 - 6, 日本語

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    山口 雅人, 小出 裕, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2017年06月, 日本血管外科学会雑誌, 26 (Suppl.), P14 - 8, 日本語

  • 【動脈・静脈の疾患(上)-最新の診断・治療動向-】 動脈・静脈疾患の検査 動脈疾患の検査 動脈疾患のCT

    河野淳, 鶴崎正勝, 杉本幸司, 村上卓道

    (株)日本臨床社, 2017年05月, 日本臨床, 75 (増刊4 動脈・静脈の疾患(上)), 160 - 165, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • IVR技術のいろは 超音波ガイド下穿刺技術のいろは

    祖父江 慶太郎, 片山 直人, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 129 - 129, 日本語

  • 外傷・救急IVRの教育、研修、認定を検討するアドホック委員会報告

    西巻 博, 井上 政則, 船曵 知弘, 杉本 幸司, 樫見 文枝, 田島 廣之, 米虫 敦

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 160 - 160, 日本語

  • 腫瘍性脊椎圧骨折に対する経皮的椎体形成術の検討

    谷 龍一郎, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 臼井 亮介, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 164 - 164, 日本語

  • 肝門部胆管癌に対する呼吸同期粒子線治療に用いる照準マーカーの経動脈的留置法の安全性と有用性の評価

    元津 倫幸, 寺嶋 千貴, ノル・シャズリナ, 金 東村, 永野 史子, 出水 祐介, 徳丸 直郎, 沖本 智昭, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 174 - 174, 日本語

  • 動脈塞栓術を施行した腎部分切除術後の仮性動脈瘤の検討

    臼井 亮介, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 180 - 180, 日本語

  • 当院における重症下肢虚血に対する経皮的血管形成術(PTA)の治療成績

    宮本 直和, 中川 雅之, 山田 慎一郎, 大橋 佳隆, 宮崎 秀一郎, 難波 富美子, 冨田 優, 粟野 孝次郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 191 - 191, 日本語

  • 短区間の急性膝窩動脈閉塞症に対する深大腿動脈への血栓移動術

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 宮本 直和, 木下 めぐ美, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 佐々木 康二

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 193 - 193, 日本語

  • 十二指腸静脈瘤に対するB-RTOの有効性の検討

    丸山 晃司, 岡田 卓也, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 236 - 236, 日本語

  • 炎症性腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿入術(EVAR)の治療成績

    堀之内 宏樹, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 243 - 243, 日本語

  • EVAR後にopen conversionに至った症例の検討

    丸山 晃司, 山口 雅人, 岡田 卓也, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 244 - 244, 日本語

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出 裕, 山口 雅人, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 246 - 246, 日本語

  • 当院における臨床的にSAMと診断された腹部出血に対してIVRを施行した8症例の治療経験

    林 和宏, 森 岳樹, 大森 美佳, 上原 栄理子, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 273 - 273, 日本語

  • 治療に難渋した胸部大動脈術後のtype II endoleakの二例

    元津 倫幸, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 佐々木 康二, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 339 - 339, 日本語

  • 低濃度NBCAリピオドールによる塞栓で良好な経過が得られた巨大腎血管筋脂肪腫(AML)の1例

    伊崎 健太, 西岡 瑛子, 東田 歩, 酒井 英郎, 小川 恭弘, 梁 英敏, 遠藤 貴人, 田中 宏和, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 359 - 359, 日本語

  • 【放射線科診療における肝臓がんの最新の画像診断と治療】最新の肝癌画像診断

    祖父江 慶太郎, 村上 卓道, 鶴崎 正勝, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    金原出版(株), 2017年04月, 臨床放射線, 62 (4), 497 - 505, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【症候別 すぐ役に立つ 救急画像診断 いつ撮る?どう見る?】症状別 どのように画像検査を行うか,どう読むか? 右下腹部痛

    小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    <Point>右下腹部痛ではまず虫垂炎を鑑別する.そのためには画像検査で虫垂を正確に同定する必要がある.造影CTは,単純CTで虫垂の同定ができない時や診断に悩む時に施行するとよい.施設によっては単純CTを撮らずに,最初から造影CTを施行することもある.虫垂炎と回盲部憩室炎はともに回盲部に炎症を生じ,ときに鑑別に悩むが,画像診断で最も重要な点は,虫垂の同定にある.(著者抄録)

    (株)医学書院, 2017年04月, Medicina, 54 (5), 718 - 722, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 卵管癌との鑑別に苦慮した活動性卵管炎の1例

    末永 裕子, 前田 哲雄, 上野 嘉子, 高橋 哲, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 蝦名 康彦, 山田 秀人, 糸口 直江, 原 重雄

    (公社)日本医学放射線学会, 2017年02月, Japanese Journal of Radiology, 35 (Suppl.), 45 - 45, 日本語

  • PTEN過誤腫症候群を背景とした腎細胞癌の1例

    浦瀬 靖代, 上野 嘉子, 高橋 哲, 橋村 宏美, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 竹内 真衣, 酒井 康裕, 石村 武志, 三宅 秀明, 藤澤 正人

    (公社)日本医学放射線学会, 2017年02月, Japanese Journal of Radiology, 35 (Suppl.), 45 - 45, 日本語

  • 脾損傷後の非出血性血管損傷に対するTAEの適応

    小出 裕, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 石原 諭, 中山 伸一

    (一社)日本腹部救急医学会, 2017年02月, 日本腹部救急医学会雑誌, 37 (2), 276 - 276, 日本語

  • 【Multi-Organ Disease-臓器からアプローチする全身疾患-】肝胆膵 変性・代謝性疾患

    祖父江 慶太郎, 鶴崎 正勝, 村上 卓道, 丸山 晃司, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 栄介, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    金原出版(株), 2016年11月, 臨床放射線, 61 (11), 1439 - 1443, 日本語

  • EVAR後の遅発性type 1bエンドリークの危険因子に関する検討

    元津 倫幸, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 臼井 亮介, 片山 直人, 後竹 康子, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 野村 佳克, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S137 - S137, 日本語

  • 腸骨動脈閉塞のMRIプラークイメージング MRI所見と血管内治療中の血栓塞栓性合併症の対比

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 大木 晴香, 宮本 直和, 元津 倫幸, 堀之内 宏樹, 佐々木 康二

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S140 - S140, 日本語

  • MR plaque imagingが治療方針決定に有用であった下肢動脈閉塞症の4例

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 木下 めぐ美, 元津 倫幸, 佐々木 康二, 幸田 陽次郎, 石垣 隆弘, 立石 直毅, 邉見 宗一郎, 中井 秀和, 松田 均, 吉田 正人, 向原 伸彦

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S142 - S142, 日本語

  • 下肢急性動脈閉塞症に対する外科的血栓除去及び血管形成術併用治療の有用性についての検討

    宮本 直和, 山田 章貴, 宮崎 秀一郎, 難波 富美子, 辻本 貴紀, 小原 大見, 顔 邦男, 麻田 達郎, 冨田 優, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S142 - S142, 日本語

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出 裕, 山口 雅人, 谷 龍一郎, 丸山 晃司, 元津 倫幸, 堀之内 宏樹, 片山 直人, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S167 - S167, 日本語

  • Saddle embolismを伴った腹部大動脈瘤に対して血栓除去およびEVARを施行した2例

    魚谷 健祐, 濱中 章洋, 井高 恵利香, 尾花 貴代, 松代 啓吾, 山崎 愉子, 久島 健之, 杉本 貴樹, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S188 - S188, 日本語

  • 左総腸骨動脈閉塞を伴う腹部大動脈瘤に対するEVAR後にTypell endoleak塞栓を繰り返した1例

    堀之内 宏樹, 山口 雅人, 丸山 晃司, 臼井 亮介, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S188 - S189, 日本語

  • EVAR後の遅発性Type 1a endoleakに対し瘤内塞栓術およびAortic cuff留置術にて治療した1例

    丸山 晃司, 山口 雅人, 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 小出 裕, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S189 - S189, 日本語

  • 上腸間膜動脈急性閉塞に対しフォガティースルールーメンカテーテルを用いて血栓除去を行った一例

    谷 龍一郎, 山口 雅人, 臼井 亮介, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S207 - S207, 日本語

  • 特発性出血を来した副腎骨髄脂肪腫の1例

    東田 歩, 伊崎 健太, 西岡 瑛子, 多田 智恵子, 酒井 英郎, 小川 恭弘, 國重 千佳, 当麻 美樹, 清家 雅子, 飯田 啓二, 大場 健史, 田中 宏和, 藤本 昌代, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2016年08月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 52回, S497 - S497, 日本語

  • 複数回の門脈大循環短絡路塞栓により制御し得た猪瀬型肝性脳症の1例

    西岡 瑛子, 伊崎 健太, 東田 歩, 酒井 英郎, 小川 恭弘, 松浦 敬憲, 大竹 啓夫, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年08月, IVR: Interventional Radiology, 31 (3), 263 - 263, 日本語

  • 下肢急性動脈閉塞症に対するハイブリッド手術室での血栓除去及び血管形成術併用治療の有用性についての検討

    宮本 直和, 宮崎 秀一郎, 難波 富美子, 冨田 優, 山田 章貴, 辻本 貴紀, 小原 大見, 顔 邦男, 麻田 達郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年08月, IVR: Interventional Radiology, 31 (3), 265 - 265, 日本語

  • ハイブリッド手術システムを用いたIVR 非大血管疾患における臨床応用

    岡田 卓也, 山口 雅人, 臼井 亮介, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年08月, IVR: Interventional Radiology, 31 (3), 266 - 266, 日本語

  • 左総腸骨動脈閉塞を伴う腹部大動脈瘤に対するEVAR後にType II endoleak塞栓を繰り返した1例

    堀之内 宏樹, 山口 雅人, 丸山 晃司, 臼井 亮介, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年08月, IVR: Interventional Radiology, 31 (3), 267 - 267, 日本語

  • 腰動脈が関与したType II endoleakに対して0.008インチガイドワイヤーを用いたナックルワイヤーテクニックにて塞栓術を行った1例

    佐々木 康二, 川崎 竜太, 元津 倫幸, 木下 めぐ美, 堀之内 宏樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年08月, IVR: Interventional Radiology, 31 (3), 267 - 267, 日本語

  • 脊椎腫瘍 最近の話題 転移性脊椎腫瘍の診断と治療戦略 骨転移Cancer Boardの活用

    角谷 賢一朗, 酒井 良忠, 由留部 崇, 前野 耕一郎, 原 仁美, 河本 旭哉, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 江島 泰生, 佐々木 良平, 秋末 敏宏, 黒坂 昌弘, 西田 康太郎

    骨転移は,がん患者のがん集学的治療の最終目標であるQOLを大きく障害する.とりわけ脊椎転移は麻痺症状を来すため,脊椎転移の制御はQOLの維持には重要である.骨転移の早期発見,早期治療を目標とした集学的診療を実践するために,全国で骨転移に特化したcancer board(CB)が各施設で開設されている.当施設でも2013年から開設し,現在353名が登録されている.本稿では,当施設での骨転移CBを紹介するとともに,脊椎転移の診断,集学的治療の迅速化など骨転移CBが脊椎転移診療に与えた効果を中心に述べる.(著者抄録)

    (株)医学書院, 2016年07月, 臨床整形外科, 51 (7), 601 - 605, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 予防的IMA塞栓術を施行したENDURANT Stentgraft Systemを用いたEVARの治療成績

    片山 直人, 岡田 卓也, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年06月, IVR: Interventional Radiology, 31 (2), 178 - 178, 日本語

  • 腹部大動脈瘤Yグラフト術後脚閉塞に対して血栓除去及びステント留置を施行した1例

    魚谷 健祐, 濱中 章洋, 浦瀬 靖代, 山崎 愉子, 久島 健之, 杉本 貴樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年06月, IVR: Interventional Radiology, 31 (2), 178 - 178, 日本語

  • EVAR後の遅発性Type 1a endoleakに対し瘤内塞栓術およびAortic cuff留置術にて治療した1例

    小出 裕, 岡田 卓也, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年06月, IVR: Interventional Radiology, 31 (2), 178 - 178, 日本語

  • MRIプラークイメージングにて脂質プラークとプラーク内出血が疑われた右総腸骨動脈狭窄の1治療例

    佐々木 康二, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 堀之内 宏樹, 宮田 大嗣, 澤田 隆弘, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年06月, IVR: Interventional Radiology, 31 (2), 180 - 180, 日本語

  • TAEとデノスマブ投与の併用が奏功した仙骨巨細胞腫の1例

    谷 龍一郎, 岡田 卓也, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 河本 旭哉

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年06月, IVR: Interventional Radiology, 31 (2), 182 - 182, 日本語

  • 大動脈・末梢動脈疾患に対する救急IVR 神戸大学病院における取り組みとその応用

    山口 雅人, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年06月, IVR: Interventional Radiology, 31 (2), 189 - 189, 日本語

  • 野村 佳克, 後竹 康子, 山里 隆浩, 河野 敦則, 池野 友基, 藤本 将人, 阿部 陛之, 井澤 直人, 佐藤 俊輔, 高橋 宏明, 井上 武, 松森 正術, 山口 雅人, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2016年06月, 日本血管外科学会雑誌, 25 (Suppl.), 281 - 281, 日本語

  • 【ハイブリッド手術室システムの応用-外科手術とIVRのコラボレーション-】ハイブリッド手術室システムの臨床応用 神戸大学病院における大血管以外多領域での臨床応用の取り組み

    山口 雅人, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 小出 裕, 片山 直人, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年06月, IVR: Interventional Radiology, 31 (2), 129 - 135, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【これだけは知っておきたいCT/MRIの基本:研修医の必須知識】腫瘍性病変 肝・胆・膵

    祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 鶴崎 正勝, 村上 卓道

    (株)メジカルビュー社, 2016年04月, 臨床画像, 32 (4月増刊), 186 - 195, 日本語

  • ビーズ導入後のTACEの現状 多発肝細胞癌に対する非選択的DEB-TACEの有用性の検討

    岡田 卓也, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 113 - 113, 日本語

  • EVAR後のDistal sealing zoneの形態変化と遅発性type 1bエンドリークの危険因子に関する検討

    元津 倫幸, 岡田 卓也, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 131 - 131, 日本語

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出 裕, 山口 雅人, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 135 - 135, 日本語

  • Endurantステントグラフトを用いたEVARにおける予防的IMA塞栓群・非塞栓群の比較・検討

    片山 直人, 山口 雅人, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 136 - 136, 日本語

  • 腸骨動脈閉塞の術前MRIプラークイメージングの有用性

    川崎 竜太, 大木 晴香, 宮本 直和, 木下 めぐ美, 堀之内 宏樹, 佐々木 康二, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 139 - 139, 日本語

  • ブタ肝後面下大静脈損傷モデルを用いたステントグラフトによる止血効果の検討

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 片山 直人, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 井芹 俊恵, 林 聡恵, 三重 慧一郎, 水島 靖明, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 174 - 174, 日本語

  • 膝・下腿動脈閉塞に対するPTAにおける側副血行路を介した逆行性approachの有用性

    宮本 直和, 中川 雅之, 山田 慎一郎, 下山 真介, 難波 富美子, 冨田 優, 藤井 美樹, 粟野 孝次郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 199 - 199, 日本語

  • 腎血管筋脂肪腫に対しmicroballoon catheterを用い塞栓術を施行した3例

    西岡 瑛子, 伊崎 健太, 東田 歩, 酒井 英朗, 小川 恭弘, 酒井 豊, 田中 宏和, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 215 - 215, 日本語

  • MRプラークイメージングで不安定プラークが予想された総腸骨動脈狭窄の1治療例

    佐々木 康二, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 堀ノ内 宏樹, 宮田 大嗣, 澤田 隆弘, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 234 - 234, 日本語

  • EVARにおける3D MR Roadmapの使用経験

    堀之内 宏樹, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 佐々木 康二, 松田 均, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 235 - 235, 日本語

  • 両側下腹壁静脈を排血路とする空腸静脈瘤に対しDual BRTOを施行した1例

    東田 歩, 伊崎 健太, 西岡 瑛子, 酒井 英郎, 小川 恭弘, 曽山 弘敏, さか本 喜雄, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 241 - 241, 日本語

  • Sarcopenia評価を用いた高齢者に対する弓部全置換術の検討

    池野 友基, 河野 敦則, 藤本 将人, 後竹 康子, 阿部 陛之, 松枝 崇, 井澤 直人, 山里 隆浩, 宮原 俊介, 野村 佳克, 北村 アキ, 佐藤 俊輔, 高橋 宏明, 井上 武, 松森 正術, 大北 裕, 小出 裕, 杉本 幸司, 石原 諭, 川瀬 鉄典, 中山 伸一

    (一社)日本外科学会, 2016年04月, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回, PS - 157, 日本語

  • 精巣原発形質細胞腫の1例

    丸山 晃司, 北島 一宏, 高橋 哲, 末永 裕子, 上野 嘉子, 前田 隆樹, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 三宅 秀明, 藤澤 正人, 酒井 康裕, 伊藤 智雄

    (公社)日本医学放射線学会, 2016年02月, Japanese Journal of Radiology, 34 (Suppl.), 53 - 53, 日本語

  • 腎部分切除術後に腎動脈 腎杯瘻を来しTAEにて治療し得た1例

    片山 直人, 岡田 卓也, Akhmadu Muradi, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2016年02月, Japanese Journal of Radiology, 34 (Suppl.), 53 - 53, 日本語

  • EVAR後の遅発性Type1a endoleakに対し瘤内塞栓術およびAortic cuff留置術にて治療した1例

    丸山晃司, 山口雅人, 堀之内宏樹, 谷龍一郎, 元津倫幸, 片山直人, 小出裕, 上嶋英介, 岡田卓也, 杉本幸司, 野村佳克, 後竹康子, 大北裕

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S189(J‐STAGE), 日本語

  • 左総腸骨動脈閉塞を伴う腹部大動脈瘤に対するEVAR後にTypeII endoleak塞栓を繰り返した1例

    堀之内宏樹, 山口雅人, 丸山晃司, 臼井亮介, 元津倫幸, 谷龍一郎, 片山直人, 上嶋英介, 小出裕, 岡田卓也, 祖父江慶太郎, 後竹康子, 野村佳克, 大北裕, 杉本幸司

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S188‐S189(J‐STAGE), 日本語

  • MR plaque imagingが治療方針決定に有用であった下肢動脈閉塞症の4例

    川崎竜太, 杉本幸司, 木下めぐ美, 元津倫幸, 佐々木康二, 幸田陽次郎, 石垣隆弘, 立石直毅, 邉見宗一郎, 中井秀和, 松田均, 吉田正人, 向原伸彦

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S142(J‐STAGE), 日本語

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出裕, 山口雅人, 谷龍一郎, 丸山晃司, 元津倫幸, 堀之内宏樹, 片山直人, 上嶋英介, 岡田卓也, 杉本幸司, 野村佳克, 後竹康子, 大北裕

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S167(J‐STAGE), 日本語

  • EVAR後の遅発性type1bエンドリークの危険因子に関する検討

    元津倫幸, 岡田卓也, 丸山晃司, 堀之内宏樹, 臼井亮介, 片山直人, 後竹康子, 谷龍一郎, 上嶋英介, 小出裕, 野村佳克, 祖父江慶太郎, 山口雅人, 大北裕, 杉本幸司

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S137(J‐STAGE), 日本語

  • 上腸間膜動脈急性閉塞に対しフォガティースルールーメンカテーテルを用いて血栓除去を行った一例

    谷龍一郎, 山口雅人, 臼井亮介, 丸山晃司, 堀之内宏樹, 元津倫幸, 片山直人, 上嶋英介, 小出裕, 岡田卓也, 祖父江慶太郎, 杉本幸司, 野村佳克, 後竹康子, 大北裕

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S207(J‐STAGE), 日本語

  • 腸骨動脈閉塞のMRIプラークイメージング―MRI所見と血管内治療中の血栓塞栓性合併症の対比―

    川崎竜太, 杉本幸司, 大木晴香, 宮本直和, 元津倫幸, 堀之内宏樹, 佐々木康二

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S140(J‐STAGE), 日本語

  • 予防的IMA塞栓術を併施したENDURANT Stentgraft Systemを用いたEVARの治療成績

    片山 直人, 岡田 卓也, 後竹 康子, 上嶋 英介, 野村 佳克, 山口 雅人, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2015年10月, 脈管学, 55 (Suppl.), S131 - S131, 日本語

  • 当院における薬剤溶出性球状塞栓物質を用いたTACE(DEB-TACE)の初期治療成績

    片山 直人, 岡田 卓也, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 275 - 275, 日本語

  • 前下膵十二指腸動脈瘤破裂により十二指腸水平脚に高度狭窄を来たした1例

    小出 裕, 岡田 卓也, Muradi Akhmadu, 片山 直人, 上嶋 英介, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 277 - 277, 日本語

  • Type II endoleak塞栓後に大動脈感染が生じた1例

    堀之内 宏樹, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 立石 直毅, 逸見 宗一郎, 松田 均, 吉田 正人, 向原 伸彦, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 280 - 280, 日本語

  • 振動式末梢血管貫通用カテーテルシステムCrosserが有用であった高度石灰化を伴う下肢閉塞性動脈硬化症の1例

    木下 めぐ美, 川崎 竜太, 堀之内 宏樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 281 - 281, 日本語

  • 胸膜外血腫に対して塞栓治療を行った1例

    丸山 晃司, 大森 美佳, 上村 尚文, 森 岳樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 283 - 284, 日本語

  • 前置・癒着胎盤の帝王切開時におけるIVR ハイブリッド手術室を利用した新たな治療戦略

    元津 倫幸, 岡田 卓也, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 284 - 284, 日本語

  • NF-1による臀部仮性瘤に対し腹臥位で緊急塞栓した1例

    西岡 瑛子, 伊崎 健太, 東田 歩, 酒井 英郎, 小川 恭弘, 安藤 光宣, 当麻 美樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 285 - 285, 日本語

  • 異時性に発症した両側特発性腸骨動脈解離の1例

    谷 龍一郎, 上嶋 英介, 元津 倫幸, 片山 直人, 小出 裕, 岡田 卓也, 山口 雅人, 野村 佳克, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 286 - 286, 日本語

  • 腸骨動脈ステント内急性血栓症に対する高流量ウロキナーゼ持続動注療法

    川崎 竜太, 木下 めぐ美, 堀之内 宏樹, 佐々木 康二, 澤田 隆弘, 宮田 大輔, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 286 - 286, 日本語

  • BRTO施行時にEOIが胃内腔に流出しB-glue追加で治療を完逐し得た胃静脈瘤破裂の1例

    伊崎 健太, 東田 歩, 西岡 瑛子, 酒井 英郎, 小川 恭弘, 清家 雅子, 堀田 和亜, 尹 聖哲, 工藤 剛史, 猪股 典子, 池岡 清太郎, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2015年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 51回, S493 - S493, 日本語

  • 外傷を契機に発生した胸膜外血腫に対して経動脈的塞栓術を施行した1例

    丸山 晃司, 大森 美佳, 上村 尚文, 森 岳樹, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2015年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 51回, S496 - S497, 日本語

  • 脾損傷後に認める遅発性仮性動脈瘤の治療経験

    小出 裕, 岡田 卓也, 谷 龍一郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 石原 諭, 中山 伸一

    (一社)日本救急医学会, 2015年08月, 日本救急医学会雑誌, 26 (8), 391 - 391, 日本語

  • 門脈圧亢進症 PTO、TIOなど

    岡田 卓也, 山口 雅人, 片山 直人, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年06月, IVR: Interventional Radiology, 30 (2), 166 - 171, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 破裂性腹部大動脈瘤の手術成績Open vs EVAR

    野村 佳克, 後竹 康子, 坂本 敏仁, 池野 友基, 松枝 崇, 山里 隆浩, 井澤 直人, 山中 勝弘, 宮原 俊介, 森本 直人, 松森 正術, 山口 雅人, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2015年05月, 日本血管外科学会雑誌, 24 (3), 503 - 503, 日本語

  • 慢性解離による巨大肝動脈瘤に対してNBCA-lipiodolを用いて瘤内packingを行った1例

    堀之内 宏樹, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 石垣 隆弘, 幸田 陽次郎, 松田 均, 吉田 正人, 向原 伸彦, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年12月, IVR: Interventional Radiology, 29 (4), 434 - 434, 日本語

  • 内腸骨動脈空置瘤に対して経動脈的塞栓術を施行した2例

    小出 裕, 岡田 卓也, Muradi Akhamadu, 片山 直人, 上嶋 英介, 山口 雅人, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年12月, IVR: Interventional Radiology, 29 (4), 435 - 435, 日本語

  • 【腹部Interventional Radiologyの手技とコツ】腹部外傷に対するIVR

    杉本 幸司, 上嶋 英介, 片山 直人, 岡田 卓也, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 井戸口 孝二, 山口 雅人

    産業開発機構(株), 2014年08月, 映像情報Medical, 46 (8), 732 - 737, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【NBCA塞栓術の現状と病理組織学的影響】NBCA塞栓術の現状と病理組織学的影響 膵臓

    岡田 卓也, 山口 雅人, Muradi Akhmadu, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年08月, IVR: Interventional Radiology, 29 (3), 252 - 257, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 鈍的外傷に伴う下腸間膜動脈引き抜き損傷に対して大動脈ステントグラフトにて治療し得た1例

    門場 智也, 魚谷 健祐, 春藤 真紀, 木下 知恵子, 山崎 愉子, 濱中 章洋, 久島 健之, 江里口 光太郎, 杉本 貴樹, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年06月, IVR: Interventional Radiology, 29 (2), 217 - 217, 日本語

  • 巨細胞動脈炎の関与が疑われる両側上腕動脈病変に対しPTAを施行した2例

    上嶋 英介, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 片山 直人, Muradi Akhmadu, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年06月, IVR: Interventional Radiology, 29 (2), 219 - 219, 日本語

  • 当院における非外傷性特発性後腹膜出血に対する動脈塞栓術の検討

    片山 直人, 祖父江 慶太郎, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年06月, IVR: Interventional Radiology, 29 (2), 223 - 223, 日本語

  • 医源性腎被膜下出血に対して塞栓術を行った1例

    宮本 直和, 川崎 竜太, 木下 めぐみ, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年06月, IVR: Interventional Radiology, 29 (2), 223 - 223, 日本語

  • 足病治療における集学的治療体制の構築 重症虚血性潰瘍における血管外科医の役割

    北野 育郎, 辻 義彦, 辻 依子, 長谷川 泰子, 倉本 康世, 寺師 浩人, 杉本 幸司, 飯田 修, 白記 達也

    日本下肢救済・足病学会, 2014年06月, 日本下肢救済・足病学会誌, 6 (2), 67 - 67, 日本語

  • 外傷IVRの基本と応用 脾損傷

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 片山 直人, 小出 裕, Muradi Akhmadu, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年06月, IVR: Interventional Radiology, 29 (2), 188 - 194, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【非外傷性出血のIVR】非外傷性の特発性後腹膜出血

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 片山 直人, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年06月, IVR: Interventional Radiology, 29 (2), 140 - 146, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • エンドリーク エンドリークに対するIVRの現状と課題 MSG研究会の全国調査報告を含めて

    小川 普久, 西巻 博, 野田 浩, 小泉 淳, 萩原 真清, 眞田 順一郎, 大須賀 慶吾, 福田 哲也, 岩越 真一, 神納 敏夫, 杉本 幸司, 本郷 哲夫, 東浦 渉, 穴井 洋, 吉川 公彦

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 104 - 104, 日本語

  • 上腸間膜動脈塞栓症に対するガイディングシースとガイディングカテーテルを用いた血栓吸引療法

    川崎 竜太, 宮本 直和, 木下 めぐ美, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 151 - 151, 日本語

  • 周産期出血に対する子宮動脈塞栓術における子宮動脈造影所見の検討

    岡田 卓也, 山口 雅人, 上嶋 英介, Muradi Akhmadu, 片山 直人, 祖父江 慶太郎, 井戸口 孝二, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 153 - 153, 日本語

  • 鈍的胸部大動脈損傷に対する企業性ステントグラフトを用いたTEVARの現状

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 片山 直人, 小出 裕, Muradi Akhmadu, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕, 森 岳樹

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 176 - 176, 日本語

  • 急性下肢動脈閉塞に対するFogarty Thru-Lumen catheterを用いた選択的血栓除去術の治療成績の検討

    片山 直人, 山口 雅人, 岡田 卓也, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 野村 佳克, 祖父江 慶太郎, 井戸口 孝二, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 194 - 194, 日本語

  • EVAR後のtype II endoleakに対する経皮経管的塞栓術の初期経験

    宮本 直和, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 203 - 203, 日本語

  • EVAR後Type II Endoleak残存症例に対する追加治療の成績

    上嶋 英介, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 片山 直人, Muradi Akhmadu, 森 岳樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 204 - 204, 日本語

  • 遠位バルーン閉塞下でコイル塞栓した腹腔動脈仮性瘤の1例

    伊崎 健太, 佐野 秀, 阪田 麻意, 当麻 美樹, 工藤 剛史, 高田 良平, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 244 - 244, 日本語

  • 人工血管内シャント不全のPTA後残存血栓に対し低用量・高流量のウロキナーゼ持続動注が有効であった一例

    木下 めぐ美, 川崎 竜太, 宮本 直和, 立石 直毅, 邉見 宗一郎, 吉田 正人, 向原 伸彦, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 261 - 261, 日本語

  • EVAR後type II endoleakに対する治療成績

    野村 佳克, 山中 勝弘, 深瀬 圭吾, 後竹 康子, 小原 大見, 井澤 直人, 白坂 知識, 宮原 俊介, 坂本 敏仁, 井上 武, 松森 正術, 山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 健次, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2014年04月, 日本血管外科学会雑誌, 23 (2), 396 - 396, 日本語

  • 尿管動脈瘻に対するステントグラフト留置術の長期成績

    山口 雅人, 岡田 卓也, 野村 佳克, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2014年04月, 日本血管外科学会雑誌, 23 (2), 426 - 426, 日本語

  • 救急医療におけるハイブリッドシステム(手術室・初療室)の現状と問題点 外傷診療におけるハイブリッド治療の現状

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 水島 靖明, 松岡 哲也

    (一社)日本臨床救急医学会, 2014年04月, 日本臨床救急医学会雑誌, 17 (2), 200 - 200, 日本語

  • PS-095-6 腎動脈下大動脈の屈曲がEVAR後の長期成績に与える影響(PS-095 大血管 ステントグラフト1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    野村 佳克, 山中 勝弘, 深瀬 圭吾, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 優, 陽川 孝樹, 後竹 康子, 小原 大見, 井澤 直人, 宮原 俊介, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 井上 武, 松森 正術, 岡田 健次, 大北 裕

    一般社団法人日本外科学会, 2014年03月05日, 日本外科学会雑誌, 115 (2), 765 - 765, 日本語

  • 腎動脈下大動脈の屈曲がEVAR後の長期成績に与える影響

    野村 佳克, 山中 勝弘, 深瀬 圭吾, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 優, 陽川 孝樹, 後竹 康子, 小原 大見, 井澤 直人, 宮原 俊介, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 井上 武, 松森 正術, 岡田 健次, 大北 裕

    (一社)日本外科学会, 2014年03月, 日本外科学会雑誌, 115 (臨増2), 765 - 765, 日本語

  • 下肢救済を目的としたチーム医療 外科的立場から

    北野 育郎, 辻 義彦, 辻 依子, 長谷川 弘毅, 倉本 康世, 寺師 浩人, 杉本 幸司

    日本における下腿切断の原因は近年著しく変化し、糖尿病性足病変に起因した切断が増加している。糖尿病性足病変とは、糖尿病性神経障害、血管障害に感染が加わった複合性病変で、特に糖尿病を合併した重症下肢虚血は大切断の大きな原因となる。この糖尿病性足病変に対しては、神経障害による麻痺や足の変形、血管障害による虚血症状、骨髄炎による感染の拡大などさまざまな問題に対するアプローチが必要になってくる。病態も軽症から重症までさまざまで、単診療科だけではなく、多診療科・多職種にまたがった集学的治療が不可欠になってくる。さらに最適なチーム医療を構築する場合、重症度に応じてフットマネージメントを一次〜三次医療に分類する方が有用である。また、患者が単一の医療機関へのみ集中するのではなく、複数の施設間での円滑な地域連携により、迅速で最適な医療が施行されるべきである。本稿では、糖尿病足病変を中心とした救肢のためのチーム医療の現状を総括し、今後の問題点について展望する。(著者抄録)

    日本下肢救済・足病学会, 2014年03月, 日本下肢救済・足病学会誌, 6 (1), 3 - 8, 日本語

  • 透析シャント不全に対する超高耐圧ノンコンプライアントバルーン"YOROI"の初期治療経験

    三田 裕樹, 木下 めぐ美, 大森 美佳, 元津 倫幸, 森 岳樹, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2014年02月, Japanese Journal of Radiology, 32 (Suppl.), 47 - 47, 日本語

  • 【救急疾患に対するIVR】泌尿器科領域の救急疾患に対するIVR

    岡田 卓也, 山口 雅人, Muradi Akhmadu, 片山 直人, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 井戸口 孝二, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年02月, IVR: Interventional Radiology, 29 (1), 34 - 42, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 重症膝下病変に対する治療選択 バイパス手術と血管内治療 重症膝下動脈病変に対するEVT first戦略下でのdistal bypass手術成績

    辻 義彦, 北野 育郎, 辻 依子, 杉本 幸司

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2014年01月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 43 (Suppl.), 187 - 187, 日本語

  • エンドリークに対するIVR 腹部ステントグラフト内挿術後の2型エンドリークに対するIVRに関する全国調査結果

    小川 普久, 西巻 博, 野田 浩, 小泉 淳, 萩原 真清, 眞田 順一郎, 大須賀 慶悟, 福田 哲也, 岩越 真一, 神納 敏夫, 杉本 幸司, 本郷 哲夫, 東浦 渉, 穴井 洋, 吉川 公彦

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 97 - 97, 日本語

  • 内臓動脈瘤に対するIVR 孤立性内腸骨動脈瘤に対する血管内治療の長期成績

    山口 雅人, Muradi Akhmadu, 井戸口 孝二, 祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 野村 佳克, 川崎 竜太, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 103 - 103, 日本語

  • 出血に対するIVR 非外傷性特発性後腹膜出血に対する動脈塞栓術の検討

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, Muradi Akhmadu, 井戸口 孝二, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 105 - 105, 日本語

  • 出血に対するIVR 動脈破裂を来した血管型Ehlers-Danlos症候群に対するTAEの検討

    岡田 卓也, Frank Michael, Pellerin Olivier, Di Primio Massimiliano, Angelopoulos Giorgio, 山口 雅人, 杉本 幸司, Sapoval Marc

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 106 - 106, 日本語

  • 尿管動脈瘻に対する血管内管理(Endovascular Management for Ureteroarterial Fistula)

    杉本 幸司, 山口 雅人, 野村 佳克, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 110 - 110, 英語

  • 肝仮性動脈瘤に対する側孔付きアンスロンP-Uカテーテルを併用した塞栓術

    川崎 竜太, 宮本 直和, 大木 晴香, 東野 貴徳, 鷲尾 哲郎, 丸田 力, 五味 隆, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 158 - 158, 日本語

  • Ehlers-Danlos症候群患者2例における内臓動脈仮性瘤の治療経験

    大木 晴香, 川崎 竜太, 宮本 直和, 中桐 啓太郎, 吉田 正人, 向原 伸彦, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 167 - 167, 日本語

  • 当院における危機的産科出血に対する子宮動脈塞栓術の治療成績

    奥野 晃章, 山口 雅人, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 坂本 憲昭, 祖父江 慶太郎, 上嶋 英介, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 173 - 173, 日本語

  • 両側内腸骨動脈塞栓併用EVARについての検討

    宮本 直和, 川崎 竜大, 吉田 正人, 山口 雅人, 岡田 卓也, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 201 - 202, 日本語

  • 肝細胞癌再発に対するバルーン閉塞下肝動脈化学塞栓療法の初期経験

    伊崎 健太, 松本 真一, 神田 知紀, 橋本 知久, 安部 能崇, 竹中 大祐, 足立 秀治, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 214 - 215, 日本語

  • PS-157-2 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の適応拡大における問題点(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    野村 佳克, 後竹 康子, 木下 史子, 小原 大見, 中井 秀和, 山中 勝弘, 白坂 知識, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 井上 武, 南 一司, 岡田 健次, 上嶋 英介, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 大北 裕

    一般社団法人日本外科学会, 2013年03月05日, 日本外科学会雑誌, 114 (2), 737 - 737, 日本語

  • PD-17-1 IFU外症例に対するステントグラフト内挿術の治療成績(PD パネルディスカッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    杉本 幸司, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 野村 佳克, 大北 裕

    一般社団法人日本外科学会, 2013年03月05日, 日本外科学会雑誌, 114 (2), 274 - 274, 日本語

  • SY-8-7 救肢不成功例からみた重症虚血肢に対するバイパス手術の意義と限界(SY シンポジウム,第113回日本外科学会定期学術集会)

    辻 義彦, 北野 育郎, 辻 依子, 杉本 幸司

    一般社団法人日本外科学会, 2013年03月05日, 日本外科学会雑誌, 114 (2), 131 - 131, 日本語

  • 重症下肢虚血に対する血行再建術の選択 血管内治療とバイパス術の比較・検討

    北野 育郎, 辻 依子, 石田 泰久, 中山 真紀, 辻 義彦, 寺師 浩人, 杉本 幸司

    日本下肢救済・足病学会, 2012年07月, 日本下肢救済・足病学会誌, 4 (2), 56 - 56, 日本語

  • 下肢難治性潰瘍に対する集学的治療

    杉本幸司, 寺師浩人

    兵庫県外科医会, 2012年03月, 兵庫県全外科医会会誌, 46, 11 - 19, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【血管内治療の現況と今後の展望】ステントグラフト TEVAR企業製デバイスの現況

    岡田 卓也, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 野村 佳克, 佐藤 雅信, 大北 裕

    (株)メディカルレビュー社, 2011年08月, Pharma Medica, 29 (8), 19 - 22, 日本語

  • 【血管内治療の現況と今後の展望】ステントグラフト 緊急ステントグラフト

    山口 雅人, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 野村 佳克, 佐藤 雅信, 大北 裕

    (株)メディカルレビュー社, 2011年08月, Pharma Medica, 29 (8), 29 - 33, 日本語

  • 鈍的胸部大動脈損傷超急性期における企業製ステントグラフトの使用経験

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕, 川嶋 隆久, 石井 昇, 中尾 彰太, 松岡 哲也

    (一社)日本救急医学会, 2011年08月, 日本救急医学会雑誌, 22 (8), 568 - 568, 日本語

  • 透析バスキュラーアクセス 透析シャント機能不全に対するIVR その適応と限界 閉塞例を中心に

    杉本 幸司, 森 岳樹, 山口 雅人, 奥野 晃章, 木下 めぐ美, 上嶋 英介

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2011年05月, IVR: Interventional Radiology, 26 (2), 221 - 225, 日本語

  • IVR INTERVENTIONAL RADIOLOGY 動脈塞栓術にて止血しえた十二指腸傍乳頭憩室出血の1例

    西濱 晴香, 山口 雅人, 伊崎 健太, 魚谷 健祐, 岡田 卓也, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    60歳代男。飲酒後に気分不良と大量下血を来たし救急搬送された。上部消化管内視鏡で十二指腸傍乳頭憩室から活動性動脈性出血を認め、憩室内部には凝血塊が充満しており、腹部造影CTで同憩室内に造影剤の貯留を認め、後上膵十二指腸動脈(PSPDA)の関与が疑われた。血管造影を行うも出血点を同定できず、PSPDA右枝にマイクロカテーテルを挿入し超選択的CTAを行ったところ、十二指腸傍乳頭憩室内の血管外漏出を認め、同血管に対しN-butyl-2-cyanoacrylate(NBCA)を用いた経カテーテル的動脈塞栓術を行った。しかし、翌日に再出血を認め、血管造影でPSPDA左枝末梢領域に多数の微細な分枝が関与する血管外漏出像を認めた。広範囲に塞栓する必要があると考え、後下膵十二指腸動脈(PIPDA)側をコイル塞栓した後、NBCAでPSPDA側よりカテーテル的塞栓術を行う計画を立てた。術中、4mm径のマイクロコイルがPIPDA側よりPSPDA側にかけてelongationしたため、3mm径のマイクロコイルをPSPDA側に追加してisolationを行った。術後再出血は認めず、第13病日に退院した。治療後2ヵ月に急性膵炎を生じたが、保存的治療で軽快した。

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2011年02月, IVR: Interventional Radiology, 26 (1), 64 - 68, 日本語

  • 急性動脈性出血に対するN-butyl-2-cyanoacrylate(NBCA)の使用経験

    魚谷 健祐, 山口 雅人, 伊崎 健太, 岡田 卓也, 坂本 憲昭, 井戸口 孝二, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    急性動脈性出血に対してN-butyl-2-cyanoacrylate(NBCA)を用いた止血術を施行し、その有用性、安全性について検討した。急性動脈性出血に対するNBCAを用いた経カテーテル的塞栓術(TAE)を行った37例を対象とした。手技的成功率は100%であった。10例で金属コイルによる塞栓を併用した。再出血は2例で認めた。TAEに伴う合併症としての虚血性障害は初期に経験した下部消化管出血の1例で認めた。在院中の死亡は9例に認め、7例が多臓器不全であったが、TAEを施行した部位の出血はコントロールされており、原疾患の増悪が原因と考えられた。腹腔鏡下胆摘術後出血の1例ではTAEによる止血効果は良好であったが出血性ショックから回復できず、TAE当日に死亡した。もう1例はTAE後の再出血に対する消化管切除後合併症による死亡であった。

    金原出版(株), 2011年02月, 臨床放射線, 56 (2), 197 - 204, 日本語

  • 【ダイナミック局所解剖】大静脈とアクセスの解剖学的考察

    坂本 憲昭, 山口 雅人, 竹内 義人, 祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 伊崎 健太, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2010年10月, IVR: Interventional Radiology, 25 (4), 427 - 434, 日本語

  • 【急性大動脈解離の集学的アプローチ(その2)】下肢血流異常を合併した急性大動脈解離の治療戦略 血管内治療の応用を中心に

    山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 卓也, 杉村 和朗, 北川 敦士, 大北 裕

    (有)科学評論社, 2009年12月, 循環器科, 66 (6), 592 - 597, 日本語

  • 腹部大動脈瘤に対するEVAR 日本における適応と限界 Zenith AAAステントグラフト適応基準からの検討

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 長谷川 智巳, 南 一司, 松森 正術, 宗像 宏, 野村 佳克, 山口 雅人, 杉本 幸司

    【目的】日本人の腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術(EVAR)の適応と限界についてZenith AAAステントグラフトの適応基準に従い検討した。【方法】2006年1月から2007年12月の間、当科で評価した腹部大動脈瘤(AAA)125人のうち、CT評価可能であった106人(男性88人、平均年齢73歳)を対象とした。マルチスライスCTスキャンを用い、以下について計測、解析を行った。1)腹部大動脈瘤最大短径、2)Proximal neck外径、長、3)総腸骨動脈外径、長、4)Proximal neckの腎動脈上方大動脈に対する角度、大動脈瘤長軸に対する角度、5)外腸骨動脈径、6)低位腎動脈から大動脈分岐部までの腹部大動脈長。【結果】EVAR可能症例27例(25.5%)、除外症例79例(74.5%)であった。男女別EVAR適応率は男性29.5%(26/88例)、女性5.6%(1/18例)であり、女性でよりEVAR除外例が多かった(P=0.04)。おもな除外理由は、short proximal neck 32例(40.5%)、腸骨動脈狭小24例(30.4%)、腎動脈下proximal neck高度屈曲23例(29.1%)であった。【結論】文献上、欧米人のEVAR適応率は48〜66%と報告されているが、日本人においてZenith AAAステントグラフトの適応基準を順守すると、short proximal neck、腸骨動脈狭小、proximal neck高度屈曲等の問題から、とくに女性においてEVARの適応は限界があると言わざるを得ない。(著者抄録)

    (NPO)日本血管外科学会, 2009年10月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (6), 595 - 602, 日本語

  • 人工臓器としてのステントグラフト 素材とデザインの問題点 自作ステントグラフトによるTEVARの遠隔成績

    北川 敦士, 田中 亜希子, 宗像 宏, 松森 正術, 南 一司, 長谷川 智巳, 岡田 健次, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 大北 裕

    (一社)日本人工臓器学会, 2009年10月, 人工臓器, 38 (2), S - 37, 日本語

  • 機能的診断から見た血管外科治療 機能的診断としてSPPを用いた重症下肢虚血に対する血管外科治療について

    北野 育郎, 辻 義彦, 保島 正匡, 澤田 勝寛, 辻 依子, 岩谷 博篤, 櫻井 沙由理, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2009年04月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (2), 168 - 168, 日本語

  • 医療コストからみた血管外科治療 胸部下行大動脈瘤における医療コストの比較 Open surgery vs TEVAR

    野村 佳克, 北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 長谷川 智巳, 南 一司, 松森 正術, 宗像 宏, 高橋 宏明, 田中 亜紀子, 大村 篤史, 坂本 敏仁, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2009年04月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (2), 182 - 182, 日本語

  • TASC分類からみた下肢血行再建 腸骨・大腿膝窩動脈病変に対する血行再建方法の選択 TASC-II recommendationの検証

    辻 義彦, 北野 育郎, 辻 依子, 保島 匡和, 杉本 幸司, 司尾 和紀, 澤田 勝寛

    (NPO)日本血管外科学会, 2009年04月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (2), 192 - 192, 日本語

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対するMatsui-Kitamuraステントグラフト留置術の有用性

    山口 雅人, 杉本 幸司, 築部 卓郎, 松川 律, 原口 知則, 小澤 修一, 北川 敦士, 野村 佳克, 杉村 和朗, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2009年04月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (2), 239 - 239, 日本語

  • 当院に於ける腹部大動脈瘤に対するステントグラフトの早期成績と適応の限界

    野村 佳克, 北川 敦士, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 野村 拓生, 田中 亜希子, 高橋 宏明, 宗像 宏, 松森 正樹, 長谷川 智巳, 岡田 健次, 大北 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2009年04月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (2), 292 - 292, 日本語

  • Fogarty catheterによる血栓除去術後のIVRが奏功した急性下肢動脈閉塞の一例

    杉岡 勇典, 安部 能崇, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, 清水 健嗣, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 北川 敦士, 大北 裕, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2009年04月, Japanese Journal of Radiology, 27 (Suppl.), 51 - 51, 日本語

  • 緊急手術を要する胸部下行大動脈瘤の治療選択 胸部下行大動脈破裂 TEVARとopen surgeryの比較と問題点

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 長谷川 智己, 南 一司, 松森 正術, 宗像 宏, 野村 佳克, 田中 亜希子, 高橋 宏明, 泉 聡, 大村 篤史, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2009年03月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 38 (Suppl.), 134 - 134, 日本語

  • 胸部下行大動脈領域のacute aortic syndromeに対する治療戦略

    築部 卓郎, 原口 知則, 松川 律, 奥野 晃章, 森 岳樹, 杉本 幸司, 小澤 修一, 小川 恭一

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2009年03月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 38 (Suppl.), 227 - 227, 日本語

  • 大動脈瘤消化管瘻に対する外科治療症例の検討

    松川 律, 築部 卓郎, 原口 知則, 奥野 晃章, 森 岳樹, 杉本 幸司, 小澤 修一, 小川 恭一

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2009年03月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 38 (Suppl.), 381 - 381, 日本語

  • IVR 下肢静脈血栓症のIVR

    杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2009年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 68回, S88 - S88, 日本語

  • 慢性腎障害(CKD)症例における肝臓dynamic CTでの造影剤減量プロトコールの検討

    鶴崎 正勝, 祖父江 慶太郎, 三宅 基隆, 伊崎 健太, 山口 雅人, 川崎 竜太, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 荒井 保明, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2009年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 68回, S346 - S346, 日本語

  • 主経路慢性閉塞を伴う透析シャント不全に対するPTAの治療成績

    上嶋 英介, 森 岳樹, 山口 雅人, 石原 武明, 小出 裕, 奥野 晃彰, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2009年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 68回, S351 - S351, 日本語

  • 血管外科におけるカテーテル治療 胸部大動脈破裂に対する検討 TEVAR vs open surgery

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 長谷川 智己, 松森 正術, 宗像 宏, 野村 佳克, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本外科学会, 2009年02月, 日本外科学会雑誌, 110 (臨増2), 185 - 185, 日本語

  • 冠動脈用ステントグラフトにて止血しえた右腎動脈損傷の1例

    伊崎 健太, 川崎 竜太, 杉本 幸司, 岡田 卓也, 魚谷 健祐, 山口 雅人, 前田 哲雄, 北川 敦士, 大北 裕, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2009年01月, IVR: Interventional Radiology, 24 (Suppl.), 12 - 13, 日本語

  • 日本人におけるEVAR(Endovascular Aneurysm Repair)の解剖学的適合性

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 森本 喜久, 松森 正術, 宗像 宏, 川崎 竜太, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2009年01月, IVR: Interventional Radiology, 24 (Suppl.), 28 - 29, 日本語

  • 下横隔動脈が関与していた外傷性血胸の1例

    上嶋 英介, 森 岳樹, 奥野 晃彰, 石原 武明, 杉本 幸司, 小出 裕

    (公社)日本医学放射線学会, 2008年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 44回, S521 - S521, 日本語

  • 閉塞性動脈硬化症重症虚血肢に対する治療戦略 膝窩動脈以下閉塞性病変に対する血管内治療の適応 重症虚血肢に対する血行再建戦略 血管内治療とバイパス手術の適応と治療成績

    北野 育郎, 辻 義彦, 保島 匡和, 澤田 勝寛, 辻 依子, 岩谷 博篤, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2008年09月, 脈管学, 48 (Suppl.), S81 - S81, 日本語

  • 【肺血栓塞栓症のIVR治療に必要な画像診断とテクニック】肺血栓塞栓症と深部静脈血栓症のIVR治療

    杉本 幸司, 山口 雅人, 森 岳樹, 奥野 晃章, 石原 武明, 上嶋 英介, 小出 裕, 杉村 和朗

    金原出版(株), 2008年08月, 臨床放射線, 53 (8), 977 - 986, 日本語

  • 多目的フラットディテクタ搭載X線透視撮影装置Siemens LuminosdRFを使用したDSA(Digital subtraction angiography)によるPTA(Percutaneous transluminal angioplasty)の使用経験について

    原 章二, 吉矢 邦彦, 竹並 剛, 名村 収二, 峠田 均, 福田 和子, 篠崎 雅史, 岡 伸俊, 杉本 幸司, 森 岳樹

    (一社)日本透析医学会, 2008年05月, 日本透析医学会雑誌, 41 (Suppl.1), 402 - 402, 日本語

  • 冠動脈用ステントグラフトにて止血しえた右腎動脈損傷の1例

    伊崎 健太, 川崎 竜太, 杉本 幸司, 前田 哲雄, 北川 敦士, 大北 裕, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2008年04月, IVR: Interventional Radiology, 23 (2), 217 - 217, 日本語

  • ゼラチンスポンジによる塞栓を行った腎生検後の仮性動脈瘤の1例

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 野津 寛大, 前田 哲雄, 伊崎 健太, 山口 雅人, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2008年04月, IVR: Interventional Radiology, 23 (2), 217 - 217, 日本語

  • 出血性胃潰瘍の責任動脈と合併症に関する検討

    奥野 晃章, 森 岳樹, 石原 武明, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2008年04月, IVR: Interventional Radiology, 23 (2), 220 - 220, 日本語

  • IVH挿入に伴う胸肩峰動脈損傷に対してNBCAによる塞栓を施行した1例

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 前田 哲雄, 伊崎 健太, 山口 雅人, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2008年04月, IVR: Interventional Radiology, 23 (2), 221 - 221, 日本語

  • 腹腔動脈狭窄に合併した膵十二指腸動脈瘤の1例

    西尾 瑞穂, 魚谷 健祐, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2008年04月, Radiation Medicine, 26 (Suppl.I), 43 - 43, 日本語

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対するステントグラフト内挿術の治療経験

    石原 武明, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 林 太郎, 川平 敏博, 築部 卓郎, 中村 雅彦, 小澤 修一

    (公社)日本医学放射線学会, 2008年04月, Radiation Medicine, 26 (Suppl.I), 54 - 54, 日本語

  • 閉塞性動脈硬化症に対する血管内治療と外科治療 重症虚血肢に対する血行再建戦略 血管内治療とバイパス手術の適応と治療成績

    辻 義彦, 北野 育郎, 飯田 修, 杉本 幸司, 司尾 和紀, 澤田 勝寛

    (一社)日本外科学会, 2008年04月, 日本外科学会雑誌, 109 (臨増2), 148 - 148, 日本語

  • 重症虚血肢に対する血管内治療の役割 重症虚血肢に対する血管内治療の役割

    辻 義彦, 北野 育郎, 杉本 幸司, 司尾 和紀, 澤田 勝寛

    (NPO)日本血管外科学会, 2008年03月, 日本血管外科学会雑誌, 17 (2), 201 - 201, 日本語

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対する治療戦略 damage controlとしてのステントグラフトの有用性について

    松川 律, 築部 卓郎, 原口 知則, 木下 将人, 奥野 晃章, 森 岳樹, 杉本 幸司, 小澤 修一, 小川 恭一

    (NPO)日本血管外科学会, 2008年03月, 日本血管外科学会雑誌, 17 (2), 297 - 297, 日本語

  • EVAR for AAA 日本人における適応と限界

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 森本 喜久, 松森 正術, 浅野 満, 宗像 宏, 川崎 竜太, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2008年03月, 日本血管外科学会雑誌, 17 (2), 369 - 369, 日本語

  • 肝dynamic CTにおける注入時間一定法を用いたヨード造影剤減量プロトコールの検討

    鶴崎 正勝, 祖父江 慶太郎, 魚谷 健祐, 山口 雅人, 川崎 竜太, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 荒井 保明, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2008年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 67回, S145 - S146, 日本語

  • 大動脈疾患に対するMatsui-Kitamuraステント(MKステント)留置術 当院における25例の検討

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 山口 雅人, 北川 敦士, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 大北 裕

    (公社)日本医学放射線学会, 2008年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 67回, S156 - S156, 日本語

  • 出血性胃十二指腸潰瘍に対するIVR 責任動脈と合併症に関する検討

    奥野 晃章, 森 岳樹, 石原 武明, 杉本 幸司, 小出 裕, 黒川 剛史, 松山 重成

    (公社)日本医学放射線学会, 2008年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 67回, S159 - S159, 日本語

  • 成人肝鎌状間膜膿瘍の1例

    宮脇 久里子, 芝床 真由美, 平野 恵子, 岸本 悦子, 奥野 京子, 藤次 真知子, 岡本 貴大, 門脇 嘉彦, 田村 竜二, 森 隆, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 高橋 卓也

    (公社)日本超音波医学会, 2007年11月, 超音波医学, 34 (6), 615 - 615, 日本語

  • 分枝虚血障害を合併した大動脈解離に対する経カテーテル的開窓術の検討

    山口 雅人, 杉本 幸司, 森 岳樹, 築部 卓郎, 川平 敏博, 林 太郎, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2007年10月, IVR: Interventional Radiology, 22 (4), 498 - 498, 日本語

  • 閉塞性横断解除後の遷延性黄疸 硬変肝症例でのグルカゴン-インスリン療法の有用性

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 山口 雅人, 前田 哲雄, 安部 能崇, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2007年10月, IVR: Interventional Radiology, 22 (4), 498 - 498, 日本語

  • 左下横隔動脈が関与した胃出血をTAEにて止血しえた1例

    奥野 晃章, 森 岳樹, 石原 武明, 杉本 幸司, 小出 裕, 中村 雅彦

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2007年10月, IVR: Interventional Radiology, 22 (4), 500 - 500, 日本語

  • 肺血栓塞栓症のIVR治療に必要な画像診断とテクニック 深部静脈血栓症と肺血栓塞栓症のIVR治療

    杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2007年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 43回, S435 - S435, 日本語

  • 【ステント・ステントグラフト治療の現状と将来】腸骨下肢動脈領域のステント治療の現状と将来

    杉本 幸司, 川崎 竜太, 北川 敦士, 北野 育郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 谷口 尚範, 辻 義彦, 杉村 和朗, 大北 裕

    (NPO)日本医工学治療学会, 2007年09月, 医工学治療, 19 (3), 214 - 217, 日本語

  • 腎動脈灌流障害を合併したB型大動脈解離に対する血管内治療の1例

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 中桐 啓太郎, 田中 裕史, 川西 雄二郎, 松森 正術, 宗像 宏, 山中 勝弘, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 杉村 良朗, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2007年04月, 日本血管外科学会雑誌, 16 (3), 603 - 603, 日本語

  • 成人肝鎌状間膜膿瘍の一例

    宮脇 久里子, 芝床 真由美, 平野 恵子, 岸本 悦子, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 岡本 貴大, 森 隆, 高橋 卓也

    (公社)日本超音波医学会, 2007年04月, 超音波医学, 34 (Suppl.), S634 - S634, 日本語

  • 縊頸を機に発症したreversible posterior leukoencephalopathy syndromeの一例

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 山本 真士, 米田 行宏, 中山 伸一

    (公社)日本医学放射線学会, 2007年04月, Radiation Medicine, 25 (Suppl.I), 64 - 64, 日本語

  • 大動脈瘤に対するステントグラフト治療の遠隔成績と問題点 胸部下行大動脈疾患に対するステントグラフト手術の成績

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 中桐 啓太郎, 田中 裕史, 川西 雄二郎, 松森 正術, 宗像 宏, 高橋 英樹, 山中 勝宏, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 杉本 和朗, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2007年04月, 日本血管外科学会雑誌, 16 (2), 282 - 282, 日本語

  • 肺動静脈瘻の1例 塞栓後の瘻内血栓化過程についての考察

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 魚谷 健祐, 安部 能崇, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2007年04月, IVR: Interventional Radiology, 22 (2), 266 - 267, 日本語

  • 当院での深部静脈血栓症に対する膝窩静脈アプローチによるIVRの検討

    山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2007年04月, IVR: Interventional Radiology, 22 (2), 268 - 268, 日本語

  • III b型肝損傷に対する治療戦略

    中村 雅彦, 松山 重成, 黒川 剛史, 冨岡 正雄, 小野 真義, 小出 裕, 石井 大嗣, 中山 伸一, 小澤 修一, 杉本 幸司, 森 岳樹, 山口 雅人, 上田 明希

    (一社)日本外傷学会, 2007年04月, 日本外傷学会雑誌, 21 (2), 203 - 203, 日本語

  • 皮膚灌流圧(SPP)による創傷マネジメントのもとハイブリッド治療が奏効したDM+PAD(Peripheral Arterial Disease)による足部虚血性潰瘍の1例

    永田 育子, 寺師 浩人, 榊原 俊介, 辻 依子, 橋川 和信, 田原 真也, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本形成外科学会, 2007年03月, 日本形成外科学会会誌, 27 (3), 268 - 268, 日本語

  • 胸部下行大動脈緊急破裂例に対する血管内治療の成績

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 中桐 啓太郎, 田中 裕史, 川西 雄二郎, 松森 正術, 浅野 満, 宗像 宏, 森本 直人, 泉 聡, 高橋 英樹, 上村 亮介, 山中 勝弘, 杉本 幸司, 谷口 尚範

    (一社)日本外科学会, 2007年03月, 日本外科学会雑誌, 108 (臨増2), 322 - 322, 日本語

  • 腸骨動脈領域の動脈瘤に対するIVR治療戦略

    谷口 尚範, 杉本 幸司, 川崎 竜太, 安部 能崇, 鶴崎 正勝, 魚谷 健祐, 森 岳樹, 山口 雅人, 杉村 和朗, 大北 裕

    (公社)日本医学放射線学会, 2007年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 66回, S96 - S96, 日本語

  • 膵腫瘤性病変の画像診断 MR診断を中心に

    鶴崎 正勝, Semelka Richard C, 川崎 竜太, 安部 能崇, 谷口 尚範, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2007年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 66回, S112 - S112, 日本語

  • ステント・ステントグラフト治療の現状と将来 腸骨・下肢動脈領域におけるステント治療の現状と将来

    杉本 幸司

    (NPO)日本医工学治療学会, 2007年02月, 医工学治療, 19 (Suppl.), 60 - 60, 日本語

  • 皮膚灌流圧(SPP)による創傷マネジメントのもとハイブリッド治療が奏功した重症虚血肢10例の経験

    永田 育子, 寺師 浩人, 橋川 和信, 榊原 俊介, 辻 依子, 北野 育郎, 辻 義彦, 飯田 修, 杉本 幸司, 大平 吉夫, 田原 真也

    (一社)日本創傷治癒学会, 2006年12月, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, 36回, 47 - 47, 日本語

  • groove pancreatitisの1例

    宮脇 久里子, 芝床 真由美, 平野 恵子, 岸本 悦子, 奥野 京子, 藤次 真知子, 坂下 正典, 藤井 正俊, 森 岳樹, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (公社)日本超音波医学会, 2006年11月, 超音波医学, 33 (6), 708 - 708, 日本語

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対する治療戦略 Damage controlとしてのステントグラフト内挿術の有用性について

    川平 敏博, 林 太郎, 築部 卓郎, 小澤 修一, 小川 恭一, 杉本 幸司

    シュプリンガー・ジャパン(株), 2006年09月, The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, 54 (Suppl.), 440 - 440, 日本語

  • IVRにて治療し得た遺残坐骨動脈急性閉塞の一例

    魚谷 健祐, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 安部 能崇, 岩間 祐基, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2006年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 42回, S516 - S516, 日本語

  • 【肺血栓塞栓症に必要な画像診断およびIVR】肺血栓塞栓症と深部静脈血栓症のIVR治療

    杉本 幸司, 山口 雅人, 森 岳樹, 祖父江 慶太郎, 新家 俊郎, 川合 宏哉, Zamora Carlos A., 大野 良治, 杉村 和朗

    (株)メジカルビュー社, 2006年07月, 臨床画像, 22 (7), 791 - 799, 日本語

  • 十二指腸静脈瘤に対してModified B-RTOが奏功した1例

    魚谷 健祐, 谷口 尚範, 鶴崎 正勝, 川崎 竜太, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2006年04月, IVR: Interventional Radiology, 21 (2), 211 - 212, 日本語

  • 透析シャント不全に対するカッティングバルーンの初期使用経験

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2006年04月, IVR: Interventional Radiology, 21 (2), 213 - 214, 日本語

  • Wallstent留置にて治療した鈍的骨盤外傷による腸骨静脈損傷の1例

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 黒川 剛史, 中村 雅彦, 中山 伸一, 小澤 修一

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2006年04月, IVR: Interventional Radiology, 21 (2), 219 - 219, 日本語

  • 鈍的骨盤外傷に伴う腸骨静脈損傷症例の画像診断

    森 岳樹, 山口 雅人, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 中山 伸一, 小澤 修一

    (公社)日本医学放射線学会, 2006年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 65回, S255 - S255, 日本語

  • 透析シャント不全に対するカッティングバルーンの初期成績

    祖父江 慶太郎, 森 岳樹, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2006年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 65回, S331 - S331, 日本語

  • 十二指腸狭窄にて発症した背側膵動脈瘤破裂の1例

    井上 妙, 南 武志, 近藤 真也, 金山 周次, 安藝 敏彦, 森 岳樹, 杉原 良, 杉本 幸司

    51歳女.心窩部痛と嘔吐を主訴に受診した.心窩部に手拳大の腫瘤を触知し,入院となった.腹部超音波と造影CTで十二指腸狭窄を認めた.経過観察したところCT上腫瘤はやや縮小し,十二指腸狭窄も改善した.画像所見と臨床経過から血腫が疑われたが,診断確定のため腹腔鏡検査を行った.その結果,膵前面に後腹膜に覆われた手拳大の腫瘤が十二指腸を左に圧排するように存在し,ウインスロー孔とダグラス窩に凝血塊が認められた.後腹膜血腫と診断し,引き続き腹部血管造影を行ったところ上腸間膜動脈造影で後上膵十二指腸動脈の膵アーケードのすぐ頭側に近接して動脈瘤が認められ,選択的造影で背側膵動脈分岐の動脈瘤であることが確認された.これらの所見から同動脈瘤の破裂による後腹膜腔血腫と診断した.治療は動脈瘤のすぐ近位までカテーテルを挿入しコイル3本で経皮的動脈塞栓術を行った.3ヵ月後に腹部造影MRIを施行したところ動脈瘤への造影剤貯留はほとんど認められず,現在経過観察中である

    (株)永井書店, 2005年11月, 綜合臨床, 54 (11), 2985 - 2987, 日本語

  • 大腸憩室出血におけるair enema併用造影dynamic CTの有用性

    岩本 和也, 堀松 高博, 坂下 正典, 藤井 正俊, 岡林 克典, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸治

    (一財)日本消化器病学会, 2005年09月, 日本消化器病学会雑誌, 102 (臨増大会), A779 - A779, 日本語

  • 開院後1年6ヵ月の期間に経験した食道表在癌の検討

    堀松 高博, 坂下 正典, 藤井 正俊, 小幡 大輔, 岩本 和也, 岡林 克典, 田村 竜二, 岡本 貴大, 門脇 嘉彦, 森 隆, 坂田 龍彦, 江島 泰正, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 高橋 卓也

    (一財)日本消化器病学会, 2005年09月, 日本消化器病学会雑誌, 102 (臨増大会), A704 - A704, 日本語

  • 高齢者を対象とした音読・計算による学習療法の試み コミュニケーション要因の検討

    吉田 甫, 大川 一郎, 土田 宣明, 川島 隆太, 田島 信元, 泰羅 雅登, 杉本 幸司, 山崎 律子

    高齢者を対象とした音読・計算による学習療法の効果を,コミュニケーションの要因から検討することを目的に,最もコミュニケーションが少ない,サポーター1人に対し5名の対象者の割合で学習課題を遂行するだけのグループ10名(I群),対象者とサポーターが1対1の最もコミュニケーションの多い群15名(III群),およびコミュニケーションの量と質をI群とIII群の中間とした群16名(II群)の3群に分け,1回15分程の音読・計算課題を週3回,6ヵ月間にわたり実施し,FAB(Frontal Assessment Battery at bedside)による前頭葉機能の測定,MMSE(Mini-Mental State)による認知機能の測定,日常生活活動評定尺度による評価などを行い,対照群14名(平均年齢84.7歳)と比較,検討した.その結果,学習療法実施群は対照群と比較して,FAB,MMSEともに有意に高得点であった.また,コミュニケーションの形態の違いによる比較では,FAB,MMSEともに,サポーター1人に対し対象者2名の割合で実施し,限定したコミュニケーションをとったII群において,最も変化が大きく,効果があることが分かった

    日本老年行動科学会, 2005年09月, 高齢者のケアと行動科学, 10 (2), 53 - 56, 日本語

  • Stent-grafting of an infected aortoesophageal fistula following ingestion of a fish bone

    CA Zamora, K Sugimoto, Y Tsuji, M Matsumori, T Taniguchi, K Sugimura, Y Okita

    ALLIANCE COMMUNICATIONS GROUP DIVISION ALLEN PRESS, 2005年08月, JOURNAL OF ENDOVASCULAR THERAPY, 12 (4), 522 - 523, 英語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 虫垂粘液嚢胞腺腫の1症例

    宮脇 久里子, 芝床 真由美, 岸本 悦子, 高本 さおり, 藤次 真知子, 小畑 大輔, 坂下 正典, 藤井 正俊, 田村 竜二, 門脇 嘉彦, 坂田 龍彦, 森 岳樹, 杉本 幸司, 高橋 卓也

    (公社)日本超音波医学会, 2005年07月, 超音波医学, 32 (4), 431 - 432, 日本語

  • 十二指腸静脈瘤に対してModified B-RTOが奏功した1例

    魚谷 健祐, 谷口 尚範, 鶴 正勝, 川 竜太, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年07月, IVR: Interventional Radiology, 20 (3), 328 - 328, 日本語

  • 透析シャント不全に対するカッティングバルーンの初期使用経験

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年07月, IVR: Interventional Radiology, 20 (3), 330 - 330, 日本語

  • 胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の適応と問題点

    森本 直人, 松本 倫, 松森 正術, 太田 壮美, 川西 雄二郎, 圓尾 文子, 谷口 尚範, 森本 喜久, 山下 輝夫, 杉本 幸司, 岡田 健次, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2005年06月, 日本血管外科学会雑誌, 14 (3), 360 - 360, 日本語

  • 胸部・腹部大動脈瘤に対する血管内治療と観血的手術の適応 多発性大動脈瘤に対するHybrid治療戦略

    辻 義彦, 森本 直人, 松森 正術, 山田 章貴, 田中 裕史, 川西 雄二郎, 日野 裕, 谷口 尚範, 森本 喜久, 中桐 啓太郎, 山下 輝夫, 杉本 幸司, 岡田 健次, 松田 均, 大北 裕

    (一社)日本外科学会, 2005年04月, 日本外科学会雑誌, 106 (臨増), 81 - 81, 日本語

  • IVR-MDCTシステム活用法 門脈MIP像の有用性を中心に

    谷口 尚範, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 杉原 良, 魚谷 健祐, 橋村 宏美, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2005年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 64回, S102 - S102, 日本語

  • 腸骨動脈慢性完全性閉塞に対する血管内治療の初期成績 Zp的困難例の解析を含めて

    福田 哲也, 杉本 幸司, 河野 淳, 佐々木 弘喜, 宮本 直和, 石井 一成, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2005年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 64回, S142 - S143, 日本語

  • 当院における十二指腸出血に対する動脈塞栓術の検討

    橋村 宏美, 鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 岩間 祐基, 山口 雅人, 魚谷 健祐, 杉原 良, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2005年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 64回, S260 - S261, 日本語

  • 肝細胞癌門脈腫瘍栓に対する門脈ステント留置術の初期経験 肝動脈塞栓術先行放射線治療との併用

    鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 川崎 竜太, 谷口 尚範, 岩間 祐基, カルロス・サモラ, 岡本 欣晃, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2005年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 64回, S263 - S263, 日本語

  • 骨盤骨折に対するTAE 当院での治療成績

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 杉原 良, 魚谷 健祐, カルロス・サモラ, 橋村 宏美, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2005年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 64回, S320 - S320, 日本語

  • リザーバー動注の基本と実際 リザーバー動注の合併症とその対策

    杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年02月, IVR: Interventional Radiology, 20 (2), 202 - 206, 日本語

  • 経カテーテル的動脈塞栓術が奏功した腰動脈鋭的損傷の2例

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 門脇 嘉彦, 中山 伸一

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年02月, IVR: Interventional Radiology, 20 (2), 212 - 212, 日本語

  • 骨盤骨折に対するTAE-再出血を来たした2例の検討

    川崎 竜太, 谷口 尚範, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 杉原 良, 魚谷 健祐, カルロス・サモラ, 橋村 宏美, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年02月, IVR: Interventional Radiology, 20 (2), 212 - 212, 日本語

  • 食道バルーン併用下PTOを行った胃静脈瘤の2例

    魚谷 健祐, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 杉原 良, 橋村 宏美, カルロス・サモラ, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 市川 諭, 廣田 省三

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年02月, IVR: Interventional Radiology, 20 (2), 213 - 213, 日本語

  • 大動脈解離に対する血管ステントの応用

    山口 雅人, 杉本 幸司, 森 岳樹, 祖父江 慶太郎, 築部 卓郎, 林 太郎, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, カルロス・サモラ, 杉村 和朗, 辻 義彦, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年02月, IVR: Interventional Radiology, 20 (2), 215 - 216, 日本語

  • ステントグラフト留置が有用であった分枝虚血障害合併B型大動脈解離の1例

    山口 雅人, 祖父江 慶太郎, 森 岳樹, 杉本 幸司, 林 太郎, 築部 卓郎

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年02月, IVR: Interventional Radiology, 20 (2), 216 - 216, 日本語

  • 門脈系IVRの完遂にMDCTを用いたCTAPが有用であった2例

    谷口 尚範, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 杉原 良, 魚谷 健祐, 橋村 宏美, カルロス・サモラ, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年02月, IVR: Interventional Radiology, 20 (2), 217 - 217, 日本語

  • 当院における十二指腸出血に対する動脈塞栓術の検討

    橋村 宏美, 鶴崎 正勝, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 岩間 祐基, 山口 雅人, 魚谷 健祐, 杉原 良, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年02月, IVR: Interventional Radiology, 20 (2), 218 - 218, 日本語

  • 胸部・腹部大動脈病変に対するステントグラフト治療の功罪

    辻 義彦, 森本 直人, 山田 章貴, 田中 陽介, 日野 裕, 谷口 尚範, 森本 喜久, 中桐 啓太郎, 山下 輝夫, 岡田 健次, 杉本 幸司, 松田 均, 大北 裕

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2005年01月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 34 (Suppl.), 412 - 412, 日本語

  • 分枝虚血合併B型大動脈解離に対する血管内治療 特にステント留置,経皮的開窓術を用いて治療した自験例を中心に

    山口 雅人, 杉本 幸司, 森 岳樹, 祖父江 慶太郎, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, サモラ・カルロス, 杉村 和朗, 辻 義彦, 大北 裕

    金原出版(株), 2005年01月, 臨床放射線, 50 (1), 59 - 66, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【血管領域におけるステント治療の進歩】静脈ステント

    杉本 幸司

    金原出版(株), 2004年12月, 臨床放射線, 49 (13), 1813 - 1820, 日本語

  • 子宮動脈塞栓術後,子宮鏡下に切除可能であった胎盤ポリープの一例

    佐藤 朝臣, 立岩 尚, 森 岳樹, 杉本 幸司

    「産婦人科の進歩」編集室, 2004年11月, 産婦人科の進歩, 56 (4), 628 - 628, 日本語

  • 膵のAVMの一例

    橋村 宏美, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 吉川 武, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 山田 雅人, Zamora Calros, 杉村 和朗, 竹本 育世, 津田 政広, 山田 治幸

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年09月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (7), 423 - 423, 日本語

  • air enema併用造影dynamic CTによる大腸憩室出血の描出能 IVR術前評価における有用性について

    祖父江 慶太郎, 森 岳樹, 山口 雅人, 杉本 幸司, 藤井 正俊, 坂下 正典, 岩本 和也, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年09月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (6), S414 - S414, 日本語

  • IVRの完遂にMDCTを用いたAngio-CTが有用であった2例

    谷口 尚範, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 杉原 良, 魚谷 健祐, 橋村 宏美, サモラ・カルロス, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    断層映像研究会, 2004年09月, 断層映像研究会雑誌, 31 (3), 133 - 134, 日本語

  • 子宮動脈塞栓術後,子宮鏡下に切除可能であった"胎盤ポリープ"の一例

    佐藤 朝臣, 立岩 尚, 森 岳樹, 杉本 幸司

    (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 2004年07月, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 20 (1), 167 - 167, 日本語

  • Aortic fenestrationを施行した下肢血流障害合併B型大動脈解離の2例

    山口 雅人, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 鶴崎 正勝, 伊崎 健太, 岩間 祐基, サモラ・カルロス, 吉川 武, 杉村 和朗, 松田 均, 尾崎 喜就, 辻 義彦, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2004年07月, IVR: Interventional Radiology, 19 (3), 306 - 306, 日本語

  • Stent-assisted Coil Embolizationにて救命しえた解離性椎骨動脈瘤破裂の1例

    河野 淳, 福田 哲也, 佐々木 弘喜, 多喜 雅人, 小島 芳夫, 石井 一成, 柴田 裕次, 岩倉 昌岐, 小松 英樹, 川口 哲郎, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 廣田 省三

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2004年07月, IVR: Interventional Radiology, 19 (3), 307 - 307, 日本語

  • 著明な脾腎シャントに伴う高アンモニア血症に対し脾静脈分流術が奏功した1例

    鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 山口 雅人, 伊崎 健太, 岩間 祐基, サモラ・カルロス, 吉川 武, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2004年07月, IVR: Interventional Radiology, 19 (3), 309 - 310, 日本語

  • 長期成績からみたB-RTOの適応について 胃静脈瘤に対するB-RTOの治療成績と肝体積の変化

    小林 薫, 廣田 省三, 前田 弘彰, 山本 聡, 加古 泰一, 新井 桂介, 小竹 正昌, 中尾 宣夫, 福田 哲也, 杉本 幸司

    (一社)日本門脈圧亢進症学会, 2004年07月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 10 (1), 54 - 54, 日本語

  • 胸部・腹部大動脈に発生したpenetrating atherosclerotic ulcer(PAU)の診断と外科治療

    辻 義彦, 田中 陽介, 宗像 宏, 太田 壯美, 山田 章貴, 松森 正術, 溝口 和博, 日野 裕, 谷口 尚範, 花房 雄治, 尾崎 喜就, 山下 輝夫, 岡田 健次, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2004年04月, 日本血管外科学会雑誌, 13 (2), 156 - 156, 日本語

  • 当院における透析シャント不全に対する経皮的血管形成術の経験

    日野 裕, 花房 雄治, 尾崎 喜就, 山下 輝夫, 岡田 健次, 辻 義彦, 山口 雅人, 谷口 尚範, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2004年04月, 日本血管外科学会雑誌, 13 (2), 339 - 339, 日本語

  • 腹部大動脈瘤における血管造影検査の意義

    宗像 宏, 岡田 健次, 杉本 幸司, 国久 智成, 三村 剛史, 太田 壮美, 松森 正術, 山田 章貴, 原口 知則, 日野 裕, 花房 雄治, 山下 輝夫, 尾崎 喜就, 大北 裕

    (一社)日本外科学会, 2004年03月, 日本外科学会雑誌, 105 (臨増), 574 - 574, 日本語

  • 学習課題の遂行が老年期痴呆患者の認知機能に及ぼす効果

    吉田 甫, 川島 隆太, 杉本 幸司, 前山 克次郎, 沖田 克夫, 佐々木 丈夫, 山崎 律子, 田島 信元, 泰羅 雅登

    簡単な計算や音読といった課題を遂行することが前頭前野を活性化するということが示されている.そこで,痴呆性高齢者がこうした課題を継続的に遂行すれば,彼らの前頭前野が活性化され,その結果として認知機能の低下を防止することができるか検討した.Frontal Assessment Battery at the bedsideにおいては,学習群では介入前から1年後にかけて得点が有意に上昇したが,対照群では有意な差はみられなかった.下位項目ことに分析すると,概念化,行動プログラミング,反応選択の項目で有意な差があり,GO/NO-GOでは有意に上昇したが,対照群では,GO/NO-GOでのみ得点に有意な減少の傾向がみられた,Mini-Mental State Examinationについては,学習群では介入前から1年後にかけては有意な変化はなかったが,対照群では1年後にかけて有意な得点の減少がみられた

    (株)ワールドプランニング, 2004年03月, 老年精神医学雑誌, 15 (3), 319 - 325, 日本語

  • 分枝虚血障害合併B型大動脈解離に対するIVR 当院における初期治療経験

    山口 雅人, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 吉川 武, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, サモラ・カルロス, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (2), S111 - S111, 日本語

  • 総大腿動脈を含む外腸骨動脈狭窄・閉塞に対しての血管形成,ステント留置術

    福田 哲也, 杉本 幸司, 河野 淳, 佐々木 弘喜, 小島 芳夫, 石井 一成, 廣田 省三, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (2), S114 - S114, 日本語

  • MDCTを用いた骨盤下肢動脈CTAの描出能に関する検討 造影剤150ml投与の有用性を中心に

    谷口 尚範, 藤井 正彦, 杉本 幸司, 吉川 武, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 山口 雅人, カルロス・サモラ, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (2), S187 - S187, 日本語

  • MDCTを用いた全肝dynamic CTによる肝細胞癌診断における造影剤濃度の影響

    鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 吉川 武, 岩間 祐基, 山口 雅人, サモラ・カルロス, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (2), S222 - S222, 日本語

  • B-RTOの治療成績及び肝予備能の変化の検討

    小林 薫, 廣田 省三, 前田 弘彰, 山本 聡, 加古 泰一, 新井 桂介, 小竹 正昌, 中尾 宣夫, 福田 哲也, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (2), S233 - S233, 日本語

  • 全肝dynamic studyにおけるsingle detector-CTとmulti detector-CTの造影効果の比較

    鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 吉川 武, 岩間 祐基, 山口 雅人, サモラ・カルロス, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (2), S279 - S279, 日本語

  • 門脈腫瘍塞栓が自然消退した進行性肝細胞癌の一例

    河野 淳, 杉本 幸司, Carlos A Zamora, 山口 雅人, 岩間 祐基, 伊崎 健太, 鶴崎 正勝, 谷口 尚範, 杉村 和朗, 森 岳樹

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年01月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (1), 70 - 70, 日本語

  • 腸骨動脈ステントグラフト留置後のエンドリークに対しWallstentが有効であった一例

    山口 雅人, 杉本 幸司, Carlos A.Zamora, 岩間 祐基, 伊崎 健太, 鶴崎 正勝, 谷口 尚範, 森 岳樹, 杉村 和朗, 岡田 健次, 松田 均, 辻 義彦, 大北 裕

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年01月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (1), 71 - 71, 日本語

  • 食道空腸吻合部に生じた静脈瘤に対し経皮経肝塞栓術が有効であった一例

    朴 道子, 中村 徹, 喜多 泰文, 泉 融子, 伊舎堂 用大, 中山 雄介, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年01月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (1), 71 - 71, 日本語

  • Stent-based inhibition of angiotensin converting enzyme with perindopril limits neointima formation and inflammation

    DS Wang, K Sugimoto, F Ganaha, J Lee, H Minamaguchi, YS Do, CJ Elkins, EY Kao, JM Waugh, MD Dake

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2003年10月, CIRCULATION, 108 (17), 352 - 353, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 【消化器疾患に対するinterventional radiology(IVR)】 肝 Interventional radiologyを活用した進行肝細胞癌に対する経皮的肝灌流化学療法

    具英成, 富永正寛, 岩崎武, 福本巧, 楠信也, 尾形哲, 高橋応典, 武部敦志, 黒田嘉和, 吉川武, 杉本幸司, 藤井正彦

    percutaneous isolated hepatic pertusion(PIHP)の方法と高度進行多発肝細胞癌79例に対する治療成績を述べる.対象例の主腫瘍径は6.9±4.8cm,血管侵襲はVp3以上が18例,Vv2以上が10例であった.全例UICC Stage IV(IV-A 66例,IV-B 13例)で担癌腫瘍量の高度例が大半を占めた.奏効率は評価不能1例を除きCR 19例,PR 32例,SD 19例,PD 8例でPR以上は64.5%と高率に腫瘍の縮小が得られた.5年生存率は79例全例では17.1%,Stage別ではIV-Bは0%と不良であったが,IV-Aでは20.3%であり高度に進展した末期肝細胞癌でもPIHPによって良好な局所制御が得られれば中〜長期生存が可能になると考えられた

    (株)南江堂, 2003年10月, 外科, 65巻, 10号, pp. 1158-1167 (10), 1158 - 1167, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 血管領域におけるステント治療の進歩 静脈ステント

    杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2003年09月, 日本医学放射線学会雑誌, 63 (7), S331 - S331, 日本語

  • 【救急医療と画像診断 IVRによる治療も含めて】胸部 肺血栓塞栓症 IVR治療のポイント

    杉本 幸司, Zamora Carlos A., 山口 雅人, 鶴崎 正勝, 谷口 尚範, 杉村 和朗, 新家 俊郎

    (株)インナービジョン, 2003年09月, INNERVISION, 18 (10), 26 - 29, 日本語

  • 総大腿動脈を含む外腸骨動脈狭窄・閉塞に対しての血管形成,ステント留置術

    福田 哲也, 杉本 幸司, 吉田 正人, 向原 伸彦, 田中 亜紀子, 井上 武, 北原 淳一郎, 松久 弘典, 圓尾 文子, 中桐 啓太郎, 南 裕也, 大保 英文, 志田 力

    (一社)日本脈管学会, 2003年09月, 脈管学, 43 (9), 470 - 470, 日本語

  • 十二指腸静脈瘤に対する経カテーテル治療

    伊崎 健太, 鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 谷口 尚範, Zamora C.A., 山口 雅人, 岩間 祐基, 杉村 和朗, 森 岳樹, 桑田 陽一郎, 山路 滋, 廣田 省三

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2003年07月, IVR: Interventional Radiology, 18 (3), 297 - 297, 日本語

  • 術後膵液漏に伴う脾動脈 横行結腸瘻の1例

    岩間 祐基, 谷口 尚範, 杉本 幸司, 鶴崎 正勝, 伊崎 健太, 森 岳樹, 山口 雅人, Zamora C.A., 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2003年07月, IVR: Interventional Radiology, 18 (3), 297 - 298, 日本語

  • 腹部大動脈瘤手術に血管造影は必要か?

    岡田 健次, 杉本 幸司, 日野 裕, 田中 裕史, 北川 敦士, 岩崎 倫明, 吉田 和則, 原口 知則, 松森 正術, 田中 陽介, 花房 雄治, 尾崎 喜就, 松田 均, 築部 卓郎, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2003年06月, 日本血管外科学会雑誌, 12 (3), 247 - 247, 日本語

  • 胃静脈瘤に対するB-RTO:145例の成績

    小林 薫, 廣田 省三, 前田 弘彰, 宮本 義也, 新井 桂介, 山本 聡, 小竹 正昌, 中尾 宣夫, 杉本 幸司, 福田 哲也

    (公社)日本医学放射線学会, 2003年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 63 (2), S92 - S92, 日本語

  • 上部消化管静脈瘤に対するmodified PTOの有用性

    伊崎 健太, 杉本 幸司, 鶴崎 正勝, 谷口 尚範, 森 岳樹, 鈴木 靖史, 山路 滋, 松本 真一, 廣田 省三, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2003年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 63 (2), S93 - S93, 日本語

  • IVR-MDCTを用いた胃静脈瘤のGrade分類

    谷口 尚範, 杉本 幸司, 岩間 祐基, 伊崎 健太, 鶴崎 正勝, カルロス・サモラ, 杉村 和朗, 森 岳樹, 福田 哲也, 廣田 省三

    (公社)日本医学放射線学会, 2003年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 63 (2), S93 - S94, 日本語

  • MD-CTを用いたdynamic CT撮像における造影剤濃度の膵臓の造影効果への影響

    鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 伊崎 健太, 岩間 祐基, 谷口 尚範, 森 岳樹, アルマンド・サモラ, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2003年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 63 (2), S185 - S186, 日本語

  • 所見システムと連動したティーチングファイルシステムの有用性について

    藤井 正彦, 谷口 尚範, 北村 ゆり, 楫 靖, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 村山 貞之, 宜保 昌樹, 松田 明良, 赤田 一郎

    (公社)日本医学放射線学会, 2003年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 63 (2), S222 - S222, 日本語

  • 深部静脈血栓症に対するIVR 当院における初期治療経験

    杉本 幸司, 森 岳樹, 谷口 尚範, 鶴崎 正勝, 伊崎 健太, カルロス・サモラ, 杉村 和朗, 桑田 陽一郎, 今中 一文

    (公社)日本医学放射線学会, 2003年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 63 (2), S244 - S244, 日本語

  • 肝腫瘤MRI診断における呼吸停止下SPIO造影GRASE法T2強調像の検討

    吉川 武, 小田 一成, 吉儀 淳, 北垣 一, 廣田 省三, 松本 真一, 前田 隆樹, 大野 良治, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2003年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 63 (2), S278 - S278, 日本語

  • 急性期に治療し得たIII b型大動脈解離に合併した腎虚血の1例

    多喜 雅人, 福田 哲也, 奥野 晃章, 小島 芳夫, 石井 一成, 向原 伸彦, 廣田 省三, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2003年01月, IVR: Interventional Radiology, 18 (1), 67 - 67, 日本語

  • IVR-MDCT systemを用いた3D-CT arterial portography(3D-MIP像,3D-VR像)による門脈分枝描出能の検討

    鶴崎 正勝, 小西 淳也, 杉本 幸司, 岩間 祐基, 伊崎 健太, 谷口 尚範, 森 岳樹, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2003年01月, IVR: Interventional Radiology, 18 (1), 85 - 85, 日本語

  • A prospective trial of combined transcatheter arterial chemoembolization and 3-D conformal radiotherapy for portal vein tumor thrombus in patients with unresectable hepatocellular carcinoma

    K Yamada, K Izaki, K Sugimoto, H Mayahara, E Yoden, T Soejima

    RADIOLOGICAL SOC NORTH AMERICA, 2002年11月, RADIOLOGY, 225, 414 - 414, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 胆道出血合併腹腔内腫瘍破裂が発見契機となった肝細胞癌の1例

    奥野 晃章, 福田 哲也, 小島 芳夫, 小西 淳也, 杉本 幸司, 坂本 一夫, 廣田 省三, 杉村 和朗

    68歳男.慢性肝炎で加療していた.突然の激しい腹痛を自覚し,腹部CTにて肝S7の腫瘤及び周囲の腹水貯留を認め緊急入院となった.保存的治療より開始したが,6時間後に施行した腹部CTで総胆管内の貯留物の増加を認めたため止血を目的としたTAEを選択した.TAE後のCTではS7背側に一部集積の不良部位を認め下横隔動脈等の肝外枝の関与が疑われたが,腹水の増悪もなく症状も軽快傾向であった.総ビリルビン値の著明な上昇を認めたため,総胆管内に貯留した凝血塊による閉塞性黄疸を考え,減黄を目的として内視鏡的胆管ドレナージを施行した.徐々に総ビリルビン値の減少を認め,2ヵ月後に右下横隔動脈よりTAEを追加し,外来で観察となった.以後,肝内再発に対し追加TAEを施行し12ヵ月後に多発再発,骨転移等により死亡する迄,胆道出血,腹腔内破裂いずれも再燃は認めなかった

    金原出版(株), 2002年11月, 臨床放射線, 47 (12), 1745 - 1748, 日本語

  • B-RTO症例のGrade分類と術後諸変化の解析 B-RTO施行前後の肝楔状静脈圧(WHVP)の変化を中心に

    福田 哲也, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 廣田 省三

    (一社)日本門脈圧亢進症学会, 2002年11月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 8 (2), 152 - 152, 日本語

  • Down gradingを目的とした超選択的B-RTOの有用性の検討

    福田 哲也, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 廣田 省三

    (一社)日本門脈圧亢進症学会, 2002年11月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 8 (2), 158 - 158, 日本語

  • Coil塞栓術を施行した骨髄線維症に合併した脾動脈瘤の1例

    奥野 晃章, 福田 哲也, 多喜 雅人, 小島 芳夫, 石井 一成, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 廣田 省三

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年10月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (12), 720 - 720, 日本語

  • 【CT Angio vs MR Angio】骨盤・下肢

    谷口 尚範, 藤井 正彦, 伊崎 健太, 鶴崎 正勝, 森 岳樹, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    (株)メジカルビュー社, 2002年09月, 臨床画像, 18 (9), 1012 - 1022, 日本語

  • 肝損傷に対するIVR(動脈塞栓術)の成績とその妥当性

    中山 伸一, 杉本 幸司, 岡田 直己, 高橋 晃, 前田 裕仁, 大森 裕, 松山 重成, 中村 雅彦, 石井 昇

    (一社)日本救急医学会, 2002年09月, 日本救急医学会雑誌, 13 (9), 506 - 506, 日本語

  • 胸部・腹部大動脈瘤術後症例に対するステントグラフト内挿術の有用性

    辻 義彦, 田中 陽介, 日野 裕, 宗実 孝, 北川 敦士, 松川 律, 谷口 尚範, 杉本 幸司, 松田 均, 築部 卓郎, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2002年08月, 日本血管外科学会雑誌, 11 (5), 620 - 620, 日本語

  • 胃静脈瘤に対するBRTOの長期成績に関する研究

    廣田 省三, 小林 薫, 前田 弘彰, 吉本 敦史, 中尾 宣夫, 福田 哲也, 松本 真一, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    B-RTOを施行した胃静脈瘤145例について検討した.B-RTOは長期にも再発が少なく,胃静脈瘤に対する優れた治療効果を示した.また,副次的な結果として肝予備能の改善した例が多くみられ,術後の血流動態の変化が予備能向上に寄与していると考えられた

    (一社)神緑会, 2002年08月, 神緑会学術誌, 18, 106 - 108, 日本語

  • TAEを施行した腎のhigh flow AVFの1例

    森 岳樹, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 鶴崎 正勝, 伊崎 健太, 小西 淳也, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2002年07月, IVR: Interventional Radiology, 17 (3), 261 - 261, 日本語

  • 深部静脈血栓症に対するIVR 当院における初期治療経験

    杉本 幸司, 森 岳樹, 谷口 尚範, 鶴崎 正勝, 伊崎 健太, 小西 淳也, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 廣田 省三

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2002年07月, IVR: Interventional Radiology, 17 (3), 264 - 264, 日本語

  • B-RTO症例のGrade分類と術後諸変化の解析〜B-RTO施行前後の肝楔状静脈圧(WHVP)の変化を中心に

    福田 哲也, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 松本 真一, 廣田 省三

    (一社)日本門脈圧亢進症学会, 2002年07月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 8 (1), 62 - 62, 日本語

  • B-RTOの技術的進歩 治療効果向上のための工夫 Down-Gradingを目的とした超選択的B-RTOの有用性の検討

    福田 哲也, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 松本 真一, 廣田 省三

    (一社)日本門脈圧亢進症学会, 2002年07月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 8 (1), 65 - 65, 日本語

  • 【Parallel MR Imaging】前立腺・子宮病変におけるParallel Imagingの役割

    藤井 正彦, 楫 靖, 川光 秀昭, 真鍋 知子, 北村 ゆり, 森 岳樹, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    バイエル薬品(株), 2002年06月, 日独医報, 47 (1), 65 - 73, 日本語

  • 肝Inflammatory Pseudotumorの2例 CTHA所見を中心に

    鶴崎 正勝, 伊崎 健太, 福田 哲也, 赤坂 好宣, 杉本 幸司, 松本 真一, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 林 祥剛, 吉川 武

    バイエル薬品(株), 2002年05月, 日独医報, 46 (3〜4), 338 - 338, 日本語

  • 【画像診断 先端画像と治療への応用】Interventional Radiology(IVR)への応用 Vascular IVRの進歩 大動脈瘤の治療

    杉本 幸司, 松田 均, 辻 義彦, 谷口 尚範, 森 岳樹, 藤井 正彦, 廣田 省三, 大北 裕, 杉村 和朗

    大動脈疾患に対するステント・グラフト内挿術は,各種デバイスの進歩と共にvascular interventional radiologyの代表的治療法として確立しつつある.ここ数年,世界各国から良好な治療成績が報告されている.しかし,ステント・グラフト自体の生体内での長期的耐久性や長期成績の問題など,未知の部分も多数残されている.一方,multi detector CTをはじめとする先端画像の進歩により,大動脈をはじめとする血管系疾患の非侵襲的画像診断法の質も飛躍的に改善されつつある.ステント・グラフト内挿術の現況と先端画像の応用について述べた

    (株)最新医学社, 2002年03月, 最新医学, 57 (3), 442 - 448, 日本語

  • 肝細胞癌の診断におけるMRHA,MRAPの有用性の検討 CTHA,CTAPとの比較検討

    小沢 善, 多喜 雅人, 由利 秀久, 鶴崎 正勝, 森 岳樹, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S223 - S223, 日本語

  • 放射光単色X線を用いた肝微小血管造影 ラット摘出肝における微小門脈構築観察

    鶴崎 正勝, 福島 和人, 寺嶋 千貴, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 林 祥剛, 魚谷 健祐, 梅谷 啓二, 山崎 克人

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S298 - S298, 日本語

  • MDCTを用いた全肝dynamic CT撮像における造影剤濃度の造影効果への影響

    鶴崎 正勝, 伊崎 健太, 小西 淳也, 谷口 尚範, 森 岳樹, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 松本 真一, 廣田 省三

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S59 - S60, 日本語

  • 肝腫瘤性病変の検出における呼吸停止下Gradient and spin echo(GRASE)法T2強調像と呼吸停止下TSE法,呼吸同期下TSE法の比較(第2報)

    吉川 武, 前田 隆樹, 小田 一成, 元原 智文, 北垣 一, 廣田 省三, 大野 良治, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 松本 真一

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S295 - S295, 日本語

  • 門脈圧亢進症に伴う肝過形成結節の画像診断

    伊崎 健太, 杉本 幸司, 小西 淳也, 鶴崎 正勝, 谷口 尚範, 森 岳樹, 藤井 正彦, 松本 真一, 廣田 省三, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S295 - S295, 日本語

  • Down gradingを目的とした超選択的B-RTOの有用性の検討

    小西 淳也, 福田 哲也, 鶴崎 正勝, 谷口 尚範, 森 岳樹, 杉本 幸司, 松本 真一, 藤井 正彦, 廣田 省三, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S51 - S52, 日本語

  • B-RTO症例のGrade分類と術後諸変化の解析〜B-RTO施行前後の肝楔状静脈圧(WHVP)の変化を中心に〜

    福田 哲也, 廣田 省三, 松本 真一, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 佐古 正雄

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S52 - S52, 日本語

  • IVR-MDCTシステムを用いた胃静脈瘤の血行動態評価の有用性

    谷口 尚範, 杉本 幸司, 小西 淳也, 伊崎 健太, 鶴崎 正勝, 森 岳樹, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 廣田 省三, 福田 哲也

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S52 - S52, 日本語

  • 胃静脈瘤に伴う胃腎短絡路及び周囲側副流出路の解剖学的検討

    前田 弘彰, 廣田 省三, 新井 桂介, 小竹 正昌, 三浦 行矣, 中尾 宣夫, 井上 淳一, 楢崎 勝弘, 福田 哲也, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S274 - S274, 日本語

  • 胃静脈瘤に対するB-RTO前後の門脈血行動態と肝予備能の変化

    小林 薫, 廣田 省三, 山本 聡, 山本 泰子, 小竹 正昌, 石藏 礼一, 島田 達治, 中尾 宣夫, 福田 哲也, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S275 - S275, 日本語

  • 放射光単色X線を用いた微小血管造影法による腎微小血管構築の観察

    福島 和人, 魚谷 健祐, 寺嶋 千貴, 鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 林田 孝平, 梅谷 啓二, 山崎 克人, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S147 - S147, 日本語

  • 当院で経験したadenoma malignum6例のMRI所見の検討

    野上 宗伸, 桑田 陽一郎, 今中 一文, 東野 貴徳, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S206 - S206, 日本語

  • 多発肺動静脈奇形に対する塞栓術 適応と治療効果

    新井 桂介, 廣田 省三, 前田 弘彰, 中尾 宣夫, 井上 淳一, 島谷 響子, 末定 靖英, 山野 理子, 福田 哲也, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S89 - S89, 日本語

  • 脾動脈瘤に対する塞栓術の適応と成績

    山本 聡, 廣田 省三, 島谷 響子, 林 孝之, 福田 有子, 山野 理子, 三浦 行矣, 中尾 宣夫, 福田 哲也, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S89 - S90, 日本語

  • IVR-MDCTsystemを3D-CTarterial portography(3D像,3D-MIP像)による門脈分枝描出能の検討

    小西 淳也, 鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 伊崎 健太, 谷口 尚範, 森 岳樹, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (3), S219 - S220, 日本語

  • CT-Angioが有用であった小腸出血の1例

    谷口 尚範, 杉本 幸司, 小西 淳也, 伊崎 健太, 鶴崎 正勝, 森 岳樹, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2002年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 62 (2), 101 - 101, 日本語

  • Effect of concentration of intravenous contrast material on hepatic enhancement at multidetector-row helical CT

    M Tsurusaki, K Sugimoto, T Fukuda, S Matsumoto, M Fujii, K Sugimura

    RADIOLOGICAL SOC NORTH AMERICA, 2001年11月, RADIOLOGY, 221, 105 - 105, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • B-RTOの閉塞時間に関する検討 短時間閉塞と長時間閉塞の成功率の検討

    福田 哲也, 廣田 省三, 松本 真一, 伊崎 健太, 鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本門脈圧亢進症学会, 2001年11月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 7 (3), 179 - 179, 日本語

  • Efficient inhibition of in-stent restenosis by controlled hybrid stent-based local release of nitric oxide

    F Ganaha, YS Doo, CJ Elkins, K Sugimoto, H Minamiguchi, M Uy, DK Sameni, MK Razavi, JM Waugh, MD Dake

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2001年10月, CIRCULATION, 104 (17), 506 - 506, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Temporary Filter併用TAEが有用であった下大静脈腫瘍塞栓合併進行肝細胞癌の1例

    伊崎 健太, 松本 真一, 小西 淳也, 東野 貴徳, 鶴崎 正勝, 福田 哲也, 赤坂 好宣, 森 岳樹, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 吉川 武, 廣田 省三, 林 祥剛

    66歳男.右側腹部痛を主訴としC型肝炎,肝細胞癌(HCC),下大静脈腫瘍塞栓を指摘された.血液生化学所見では軽度肝機能障害を認め,腫瘍マーカーではAFP,PIVKA-IIの上昇を認めた.腹部CT所見では肝右葉から内側区域に巨大な塊状型HCCを認め,門脈右枝,右肝静脈から下大静脈に腫瘍塞栓を認めた.以上より,下大静脈腫瘍塞栓合併進行HCCと診断した.腫瘍塞栓による肺塞栓の予防目的に,右房合流部にtemporary IVC filter留置を行い,右肝動脈よりTAEを施行した.TAE1週間後のfilter交換時に腫瘍塞栓が遊離し,一部が抜去したfilterに捕捉されたが,組織はghost cellであった.1ヵ月後のCT所見では腫瘍の著明な縮小,下大静脈腫瘍塞栓の消失が得られた.13ヵ月経過した現在,肺塞栓・肺転移はみられず経過良好である

    (株)癌と化学療法社, 2001年10月, 癌と化学療法, 28 (11), 1708 - 1711, 日本語

  • 門脈圧亢進症に伴う肝過形成結節の4例 画像所見を中心に

    伊崎 健太, 松本 真一, 小西 淳也, 東野 貴徳, 鶴崎 正勝, 福田 哲也, 森 岳樹, 赤坂 好宣, 杉本 幸司, 藤井 正彦

    (公社)日本医学放射線学会, 2001年10月, 日本医学放射線学会雑誌, 61 (12), 709 - 709, 日本語

  • Dual microcatheter法を用いた塞栓術が奏効した巨大肺動静脈瘻の1例

    鶴崎 正勝, 伊崎 健太, 福田 哲也, 森 岳樹, 赤坂 好宣, 杉本 幸司, 松本 真一, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 廣田 省三

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2001年10月, IVR: Interventional Radiology, 16 (4), 384 - 384, 日本語

  • 【悪性リンパ腫update】部位別画像診断 泌尿器・生殖器

    杉本 幸司, 楫 靖, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    金原出版(株), 2001年09月, 臨床放射線, 46 (10), 1207 - 1212, 日本語

  • 血管腫・血管奇形の集学的治療経験

    福田 哲也, 松本 真一, 伊藤 健太, 鶴崎 正勝, 赤坂 好宣, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 佐古 正雄, 吉川 武

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2001年07月, IVR: Interventional Radiology, 16 (3), 279 - 279, 日本語

  • B-RTOのバルーン閉塞時間に関する検討-短時間と長時間閉塞の成功率の検討

    福田 哲也, 松本 真一, 伊藤 健太, 鶴崎 正勝, 赤坂 好宣, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 佐古 正雄, 廣田 省三, 吉川 武

    (一社)日本門脈圧亢進症学会, 2001年07月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 7 (1), 51 - 51, 日本語

  • B-RTOが奏効した難治性腹水を有する胃静脈瘤破裂の2例

    魚谷 健祐, 福田 哲也, 松本 真一, 伊崎 健太, 鶴崎 正勝, 赤坂 好宣, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 廣田 省三

    (公社)日本医学放射線学会, 2001年04月, 日本医学放射線学会雑誌, 61 (5), 252 - 253, 日本語

  • 側孔経由のマイクロカテーテルを用いた新しい選択的下横隔動脈挿入技術

    桑田 陽一郎, 東野 貴徳, 今中 一文, 杉本 幸司, 伊崎 健太, 北村 ゆり, 廣田 省三, 西田 義記

    方法はJ型の5Fr親カテーテルの先端より7〜13mmのカーブ外縁部に,約7mm長の細長い側孔を自作し,このカテーテルを腹腔動脈に挿入後側孔からマイクロカテーテルを出して選択的挿入をするというものである.平成8年7月〜平成11年9月に従来のcoaxial法で挿入困難であったHCCのTAE例など肝腫瘍6例,副腎腫瘍2例,計8例延べ23回に本法を行い成功した.本法は親カテーテルの先端部が腹腔動脈内に十分挿入された状態で行うのでその安定性に優れ,腹腔動脈付近からの殆どの分岐状態に対応できると考えられた

    (地独)神戸市民病院機構, 2001年03月, 神戸市立病院紀要, (39), 55 - 59, 日本語

  • IVR-MDCTsystemを用いた全肝double phase CTAP,CTHAによる肝細胞癌検出能の検討

    鶴崎 正勝, 伊崎 健太, 福田 哲也, 赤坂 好宣, 杉本 幸司, 松本 真一, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 吉川 武, 廣田 省三

    (公社)日本医学放射線学会, 2001年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 61 (2), S45 - S45, 日本語

  • B-RTOの閉塞時間に関する検討 短時間閉塞と長時間閉塞の成功率の検討

    福田 哲也, 松本 真一, 伊崎 健太, 鶴崎 正勝, 赤坂 好宣, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 佐古 正雄, 廣田 省三

    (公社)日本医学放射線学会, 2001年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 61 (2), S178 - S179, 日本語

  • 脈管腫瘍塞栓・A-P shuntを伴う肝細胞癌に対する治療法の検討

    伊崎 健太, 松本 真一, 福田 哲也, 鶴崎 正勝, 赤坂 好宣, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 廣田 省三, 吉川 武

    (公社)日本医学放射線学会, 2001年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 61 (2), S173 - S173, 日本語

  • 肝腫瘤性病変の検出における呼吸停止下Gradient and spin echo(GRASE)法T2強調像とTSE法の比較

    吉川 武, 廣田 省三, 大野 良治, 伊崎 健太, 福田 哲也, 杉本 幸司, 松本 真一, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 北垣 一

    (公社)日本医学放射線学会, 2001年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 61 (2), S231 - S232, 日本語

  • Basic and clinical study of topical contrast enhanced magnetic resonance dacryocystography

    T Yoshikawa, S Hirota, Y Ohno, K Sugimoto, S Matsumoto, K Sugimura

    RADIOLOGICAL SOC NORTH AMER, 2000年11月, RADIOLOGY, 217, 174 - 174, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 胃静脈瘤,肝性脳症に対するB-RTOの長期成績 肝予備能と食道静脈瘤に及ぼす影響

    福田 哲也, 廣田 省三, 松本 真一, 伊崎 健太, 吉川 武, 鶴崎 正勝, 赤坂 好宣, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 佐古 正雄

    (一社)日本門脈圧亢進症学会, 2000年11月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 6 (3), 192 - 192, 日本語

  • 胃静脈瘤,肝性脳症に対するB-RTOの長期成績-肝予備能と食道静脈瘤に及ぼす影響

    福田 哲也, 廣田 省三, 松本 真一, 伊崎 健太, 吉川 武, 赤坂 好宣, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 佐古 正雄

    (一社)日本門脈圧亢進症学会, 2000年08月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 6 (2), 131 - 131, 日本語

  • 血液透析用内シャント不全に対するPTA 開存期間に及ぼす各種因子の検討

    東野 貴徳, 桑田 陽一郎, 今中 一文, 大山 敦嗣, 杉本 幸司, 廣田 省三, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2000年07月, 日本医学放射線学会雑誌, 60 (8), 455 - 455, 日本語

  • TIPSが奏効したアルコール性肝硬変に伴う門脈血栓症の1例

    多喜 雅人, 廣田 省三, 福田 哲也, 伊崎 健太, 吉川 武, 赤坂 好宣, 杉本 幸司, 松本 真一, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2000年07月, 日本医学放射線学会雑誌, 60 (8), 455 - 455, 日本語

  • 癌治療における放射線治療とIVRのコンセンサス 門脈腫瘍栓を伴う肝癌に対するTAE・放射線療法併用例の検討

    松本 真一, 廣田 省三, 伊崎 健太, 福田 哲也, 吉川 武, 赤坂 好宣, 山田 和成, 杉本 幸司, 丸田 力, 副島 俊典

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2000年07月, IVR: Interventional Radiology, 15 (3), 373 - 373, 日本語

  • 脂肪成分の乏しい腎血管筋脂肪腫の1例

    伊崎 健太, 松本 真一, 廣田 省三, 福田 哲也, 吉川 武, 元原 智文, 杉本 幸司, 市川 諭, 杉村 和朗, 佐古 正雄

    バイエル薬品(株), 2000年07月, 日独医報, 45 (1), 206 - 207, 日本語

  • 門脈圧亢進症に対するB-RTO

    廣田 省三, 福田 哲也, 松本 真一, 杉本 幸司, 伊崎 健太, 吉川 武, 赤坂 好宣, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2000年06月, 日本医学放射線学会雑誌, 60 (7), 361 - 367, 日本語

  • Re: Stent placement for malignant pulmonary artery stricture

    S Hirota, S Matsumoto, T Yoshikawa, T Maruta, K Sugimoto, K Sugimura

    SPRINGER VERLAG, 2000年05月, CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 23 (3), 242 - 244, 英語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 急性骨髄性白血病治療中に発症したneutropenic enterocolitisの1例 画像所見を中心に

    伊崎 健太, 杉本 幸司, 福田 哲也, 吉川 武, 松本 真一, 廣田 省三, 杉村 和朗, 今中 一文

    50歳男,好中球減少性腸炎例.本症は致死率が高い重篤な疾患であり,臨床所見ならびに画像による早期の診断と手術適応の決定が重要である.特にCTは穿孔や膿瘍形成を的確に診断できる有用なmodalityと考えられる.又,保存的治療が選択された場合には,腹部超音波が腸管壁肥厚の経過観察において有用と考えられる

    金原出版(株), 2000年05月, 臨床放射線, 45 (5), 640 - 643, 日本語

  • 下腿の有痛性腫瘤で発症し,興味ある画像所見を呈した皮膚型結節性多発動脈炎(皮膚型PN)の1症例

    矢部 博樹, 新里 偉咲, 杉本 幸司, 三枝 淳

    55歳男.平成9年9月,発熱,関節痛及び下肢後面の皮疹と有痛性腫瘤に気付き10月受診.両下腿背部の皮膚に暗赤色皮疹あり.ESR88mm/h,WBC6,200/μl,PLT22万/μl,肝腎機能に異常なく,HBs抗原陰性,ANA陰性,P-ANCA陰性.下腿の腫瘤は径3×5cmでMRIではT2WIで高信号,T1WIで等信号の所見.下肢血管造影での血管のencasementや境界不明瞭なtumor stain像から腫瘍性病変が疑われ11月28日腫瘤摘出.病理的に間質の中型から小型の動脈壁にfibrinoid変性及び炎症性細胞浸潤を伴う壊死性血管炎の像を認め,結節性多発動脈炎(PN)と診断した.PSL,cyclophosphamideを投与し症状ならびに検査成績の改善を認めた.病変は皮膚,関節,筋肉に限局しており,PSL10mgまで減量し発症後約1年半経過観察中であるが,他臓器病変見られず皮膚型PNと診断した

    (一社)日本リウマチ学会, 2000年04月, リウマチ, 40 (1), 16 - 20, 日本語

  • 【遺伝子治療・臓器移植とIVR】肝癌に対する遺伝子治療の可能性とIVR

    元原 智文, 廣田 省三, 松本 真一, 杉本 幸司, 吉川 武, 福田 哲也, 伊崎 健太, 湯浅 貢司, 杉原 正樹, 内田 伸恵, 北垣 一, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2000年04月, IVR: Interventional Radiology, 15 (2), 199 - 202, 日本語

  • 血管栓塞術の評価と新しい展開 肺動静脈奇形に対するDetachable fibered coilの応用と術後評価

    福田 哲也, 廣田 省三, 松本 真一, 伊崎 健太, 吉川 武, 元原 智文, 杉本 幸司, 足立 秀治, 杉村 和朗, 佐古 正雄

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2000年04月, IVR: Interventional Radiology, 15 (2), 271 - 271, 日本語

  • 側孔経由のマイクロカテーテルを用いた選択的下横隔動脈挿入技術

    桑田 陽一郎, 東野 貴徳, 今中 一文, 伊崎 健太, 杉本 幸司, 廣田 省三, 杉村 和朗, 北村 ゆり

    (公社)日本医学放射線学会, 2000年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 60 (4), 230 - 230, 日本語

  • 急性骨髄性白血病治療中に発症したneutropenic enterocolitisの1例

    伊崎 健太, 杉本 幸司, 福田 哲也, 吉川 武, 元原 智文, 松本 真一, 廣田 省三, 杉村 和朗, 佐古 正雄, 東野 貴徳

    (公社)日本医学放射線学会, 2000年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 60 (4), 227 - 227, 日本語

  • 西神戸医療センターにおける放射線治療計画システムとその問題点

    今中 一文, 桑田 陽一郎, 東野 貴徳, 杉本 幸司, 河邊 哲也, 松崎 博貴, 岸井 康成, 青木 孝子, 久保 博

    1998年4月〜10月の治療計画は151例で,RT markerを用いたのが147例あり,このうちAxial法123例,Scout法24例であった.Isocenterの位置修正がAxial法で13例,Scout法で2例,平均6.1mmであった.照射野形の修正がAxial法で16例,Scout法5例であり,再計画が必要であったのが両方法とも各1例であった.臨床上特に問題となる誤差ではないが,本法の精度にはCT撮影時と治療時の体位再現性が大きな比重を占める.このため,固定具を有効に使用すること,再現性に問題が予測される症例に関しては,治療担当者がCT撮影の段階から関与することで精度上昇が得られると考える.また,患者動線,ハード面における再検討も必要と思われる

    (地独)神戸市民病院機構, 2000年03月, 神戸市立病院紀要, (38), 41 - 45, 英語

  • electroporationを用いた生体への遺伝子導入についての基礎検討

    元原 智文, 廣田 省三, 福田 哲也, 伊崎 健太, 吉川 武, 赤坂 好宣, 杉本 幸司, 松本 真一, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2000年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 60 (2), S286 - S286, 日本語

  • 血液透析用内シャント不全に対するPTA 開存期間に及ぼす各種因子の検討

    東野 貴徳, 杉本 幸司, 桑田 陽一郎, 今中 一文, 太田 陽介, 松本 真一, 廣田 省三, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2000年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 60 (2), S184 - S184, 日本語

  • 骨盤部一時的血管閉塞下動注療法における血管解剖ならびに血行動態の検討

    赤坂 好宣, 杉本 幸司, 伊崎 健太, 福田 哲也, 吉川 武, 元原 智文, 松本 真一, 廣田 省三, 杉村 和朗, 今中 一文

    (公社)日本医学放射線学会, 2000年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 60 (2), S243 - S243, 日本語

  • 胃静脈瘤,肝性脳症に対するB-RTOの長期成績 無再発生存率と予後因子の検討

    福田 哲也, 廣田 省三, 伊崎 健太, 吉川 武, 杉本 幸司, 松本 真一, 杉村 和朗, 佐古 正雄

    (公社)日本医学放射線学会, 2000年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 60 (2), S198 - S198, 日本語

  • 肺動静脈瘻に対するコイル塞栓術 長期成績からみた根治性とDetachable fibered coil及びguiding catheterの有用性

    伊崎 健太, 廣田 省三, 福田 哲也, 吉川 武, 元原 智文, 杉本 幸司, 松本 真一, 足立 秀治, 杉村 和朗, 佐古 正雄

    (公社)日本医学放射線学会, 2000年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 60 (2), S206 - S206, 日本語

  • Koji Sugimoto, Kazufumi Imanaka, Tetsuya Kawabe, Shozo Hirota

    2000年01月, CardioVascular and Interventional Radiology, 23 (1), 79 - 80, 英語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 甲状腺癌術後再発によるSVC症候群に対して食道用Wallstentが有用であった1例

    鶴崎 正勝, 三村 文利, 山本 隆久, 三浦 順郎, 杉本 幸司

    68歳男,甲状腺癌術後再発によるSVC症候群に対して食道用Wallstentを留置し,症状の改善に有効であった症例を経験した.SVC症候群に対する食道用Wallstent留置は手技も容易で低侵襲に施行でき,特に血栓形成を合併した狭窄に対してQOL改善に有効と思われた

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2000年01月, IVR: Interventional Radiology, 15 (1), 88 - 92, 日本語

  • 【肝・胆・膵疾患における画像診断の進歩とIVR】門脈圧亢進症のIVRの現況と将来 脳死肝移植との関わりをふまえ

    廣田 省三, 松本 真一, 杉本 幸司, 福田 哲也, 伊崎 健太, 吉川 武, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2000年01月, IVR: Interventional Radiology, 15 (1), 29 - 34, 日本語

  • 肝内胆管腺腫の1例 画像診断による血行動態解析

    増田 裕美子, 杉本 幸司, 今中 一文, 三村 純, 高峰 義和, 橋本 公夫

    67歳男,慢性C型肝炎の経過観察中,CTで肝内に腫瘤を発見され入院した.各種画像所見で乏血管性で門脈血流にも乏しく,delayed enhancementがみられ,間質成分に富む腫瘤性病変,特に肝内胆管癌,転移性肝癌,炎症性偽腫瘍等が疑われ,悪性腫瘍の可能性も否定できず手術した.組織学的に肝内胆管腺腫と診断,非腫瘍部は慢性C型肝炎による乙'型肝硬変と診断された

    (株)学研メディカル秀潤社, 1999年10月, 画像診断, 19 (11), 1309 - 1313, 日本語

  • 上唇に生じた動静脈奇形の1例

    岩城 太, 森岡 聡, 長野 紀也, 杉本 幸司

    (NPO)日本口腔科学会, 1999年09月, 日本口腔科学会雑誌, 48 (5), 424 - 424, 日本語

  • 点眼併用MR-Dacryocystography(MR涙道造影)についての検討

    吉川 武, 廣田 省三, 大野 良治, 伊崎 健太, 福田 哲也, 元原 智文, 杉本 幸司, 松本 真一, 杉村 和朗, 安積 淳

    断層映像研究会, 1999年09月, 断層映像研究会雑誌, 26 (2), 94 - 95, 日本語

  • 【Interventional Radiology & Angiography】Inter Ventional Radiologyの新潮流 血液透析用内シャント不全に対するPTA 手技と治療成績

    杉本 幸司, 今中 一文, 東野 貴徳, 桑田 陽一郎, 大山 敦嗣, 田中 美佐, 廣田 省三, 杉村 和朗

    産業開発機構(株), 1999年07月, 映像情報Medical, 31 (14), 766 - 770, 日本語

  • 【アンギオを中心とした膵疾患読影のポイント】Cystadenoma系 ダンベル型を呈した膵漿液性嚢胞腺腫の1例

    鈴木 靖史, 廣田 省三, 長谷川 義記, 杉本 幸司, 藤田 善弘, 藤井 正彦, 河野 通雄

    バイエル薬品(株), 1999年06月, 日独医報, 44 (1), 134 - 135, 日本語

  • 下肢骨転移に対する放射線治療施行症例の病的骨折

    河邊 哲也, 今中 一文, 杉本 幸司, 藤原 正利, 岩崎 博信

    (公社)日本医学放射線学会, 1999年06月, 日本医学放射線学会雑誌, 59 (7), 343 - 343, 日本語

  • 塞栓術により加療した耳介動静脈奇形の1例

    篠原 かおる, 大森 孝一, 辻 智子, 藤野 清大, 杉本 幸司

    (一社)日本耳鼻咽喉科学会, 1999年05月, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 102 (5増刊), 686 - 686, 日本語

  • 子宮頸癌に対する一時的動脈閉塞下抗癌剤動注療法の合併症 膀胱壊死をきたした1例

    杉本 幸司, 河邊 哲也, 今中 一文, 廣田 省三, 田中 あゆみ, 竹内 康人, 片山 和明, 中山 義晴

    子宮頸管癌からの腟出血により入院した70歳女で,術前BOAI(一時的動脈閉塞下抗癌剤動注療法)を2回行った.腫瘍は縮小したが,排尿時痛,頻尿,及び潜血を含む膀胱炎様愁訴が出現した.術中,縮小した頸管癌及び膀胱の壊死が認められ,根治的子宮摘出,膀胱部分切除,及び小腸による膀胱形成術を行った.膀胱壁に腫瘍侵襲がない出血性壊死を病理学的に認めた.術後32日に膀胱の進行性壊死による縫合不全の為,尿管皮膚瘻造設を行った.腫瘍再発なしに外来で追跡している

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 1999年04月, IVR: Interventional Radiology, 14 (2), 208 - 212, 日本語

  • 両下腿の有痛性腫瘤で発症し,興味ある画像所見を呈した結節性多発動脈炎(PN)の1例

    矢部 博樹, 新里 偉咲, 杉本 幸司, 三枝 淳

    (一社)日本リウマチ学会, 1999年04月, リウマチ, 39 (2), 481 - 481, 日本語

  • 甲状腺癌術後再発によるSVC症候群に対してWallstentを留置した1例

    鶴崎 正勝, 三村 文利, 山本 隆久, 三浦 順郎, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 1999年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 59 (4), 150 - 150, 日本語

  • 重複下大静脈合併深部静脈血栓症に対しIVC filterを留置した2例

    杉本 幸司, 今中 一文, 河辺 哲也, 廣田 省三, 佐古 正雄

    (公社)日本医学放射線学会, 1999年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 59 (4), 150 - 150, 日本語

  • 金属ステント留置術にて治療した悪性胃・十二指腸狭窄の1例

    杉本 幸司, 今中 一文, 河辺 哲也, 三村 純, 林 雅造

    (地独)神戸市民病院機構, 1999年03月, 神戸市立病院紀要, (37), 125 - 128, 日本語

  • 気管狭窄性病変に対する被覆金属ステント拡張術 ポリ塩化ビニリデン並びにポリウレタンのカバー素材としての有用性について

    杉本 幸司, 河辺 哲也, 今中 一文, 廣田 省三, 佐古 正雄

    (公社)日本医学放射線学会, 1999年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 59 (2), S88 - S88, 日本語

  • 血液透析用内シャント不全に対するPTA 治療成績の検討

    杉本 幸司, 河辺 哲也, 今中 一文, 廣田 省三, 佐古 正雄

    (公社)日本医学放射線学会, 1999年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 59 (2), S200 - S200, 日本語

  • ポリウレタン外張り両端フレアー型金属ステントを用いたStent-in-stentにより治療し得た気管形成術後肉芽腫性高度気管狭窄の1例

    杉本 幸司, 三野 暢哉, 奥村 典仁, 青木 稔, 今中 一文, 廣田 省三

    47歳男.気管原発腺様嚢胞癌に対する気管分岐部切除術・気管形成術後の吻合部狭窄にて来院し,金属ステント(Z-stent)による拡張術を施行した.その約1年6ヵ月後,異物性肉芽による金属ステント内腔の再狭窄をきたした.Nd-YAG laserを照射したが,無効であったため,ポリウレタンを部分的に外張りした両端フレアー型金属ステント(Z-stent)を作製・留置し,救命しえた

    (NPO)日本呼吸器内視鏡学会, 1999年01月, 気管支学, 21 (1), 66 - 71, 日本語

  • 子宮頸癌に対するBOAIの合併症 膀胱壊死をきたした1例

    河邊 哲也, 杉本 幸司, 今中 一文, 田中 あゆみ, 竹内 康人, 片山 和朗, 中山 義晴, 廣田 省三

    (公社)日本医学放射線学会, 1999年01月, 日本医学放射線学会雑誌, 59 (1), 39 - 39, 日本語

  • 透析シャントのPTA 当院における治療成績の検討

    杉本 幸司, 河辺 哲也, 今中 一文, 伊藤 登志子, 大山 敦嗣, 廣田 省三

    (公社)日本医学放射線学会, 1999年01月, 日本医学放射線学会雑誌, 59 (1), 40 - 40, 日本語

  • 腎ベリニ管癌の2例

    吉川 武, 福田 哲也, 冨田 優, 市川 諭, 河野 通雄, 松本 真一, 廣田 省三, 佐古 正雄, 杉本 幸司, 尾林 裕美子

    断層映像研究会, 1998年12月, 断層映像研究会雑誌, 24 (1〜2), 32 - 32, 日本語

  • ポリウレタン外張り両端フレアー型金属ステントを用いたstent-in-stentにより救命し得た肉芽腫性高度気管狭窄の1例

    杉本 幸司, 今中 一文, 増田 裕美子, 三野 暢哉, 奥村 典仁, 青木 稔, 廣田 省三, 佐古 正雄, 河野 通雄

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 1998年10月, IVR: Interventional Radiology, 13 (4), 459 - 459, 日本語

  • 胃癌全摘後悪性食道空腸吻合部狭窄に対し金属ステントによる拡張術を繰り返した1例 stent-in-stentに関する留意点について

    杉本 幸司, 今中 一文, 尾林 裕美子

    1)62歳男,胃癌全摘後局所再発による吻合部狭窄例に対し,ポリウレタンによる自作covered Ultraflex stentを挿入し有用であった. 2)拡張力に乏しいUltraflex stentは,stent-in-stentに際し正円形の良好な内腔を確保できない場合がある.これが食物残渣滞留による再閉窄の原因となるため,注意を要する. 3)この対策としてZ-stentによる拡張が有用であった

    (地独)神戸市民病院機構, 1998年03月, 神戸市立病院紀要, (36), 115 - 121, 日本語

  • Dumon tubeが奏効せず,covered Z-stent留置により救命できた癌性気管狭窄の1例

    杉本 幸司, 冨田 優, 廣田 省三

    86歳女.甲状腺癌の気管浸潤による高度気管狭窄に対し,Dumon tube留置が奏効せず,自作EMSにより気道確保し,QOLの向上を認めた.ポリ塩化ビニリデンは生体刺激性に乏しく,EMSに対する軽量のカバー素材として期待できる.YAG-laserや放射線治療併用により脆弱化した組織にEMSを留置する場合,広範な組織の剥脱や穿孔をきたす恐れがある

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 1998年01月, IVR: Interventional Radiology, 13 (1), 80 - 86, 日本語

  • 気管狭窄性病変に対する自作Expandable metallic stent留置術の経験

    杉本 幸司, 尾林 裕美子, 今中 一文

    悪性腫瘍を原因とする高度気管狭窄症例4例に対し,自作Expandable metallic stent(EMS)を留置し,劇的な症状の改善を得た.4例中2例には病理解剖が施行された.cover素材として用いたポリ塩化ビニリデンの安全性が確認された.合併症として気管穿孔や潰瘍形成を認めたが,直接死因とはならなかった

    (地独)神戸市民病院機構, 1997年03月, 神戸市立病院紀要, (35), 85 - 91, 日本語

  • 少量の放射線療法と両面被膜Covered stentで経口摂取を維持できた進行食道癌の1例

    今中 一文, 杉本 幸司, 尾林 裕美子

    (地独)神戸市民病院機構, 1997年03月, 神戸市立病院紀要, (35), 155 - 158, 英語

  • 甲状腺癌の高度気管浸潤に対しcovered Z-stentを留置した1例

    杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 1997年01月, IVR: Interventional Radiology, 12 (1), 106 - 107, 日本語

  • 興味ある画像所見を示した腎のベリニ管癌の1例

    杉本 幸司, 今中 一文, 白波瀬 敏明

    バイエル薬品(株), 1996年07月, 日独医報, 41 (2), 376 - 377, 日本語

  • コントラスト・メディアの新潮流 造影剤の血管透過性と拡散を応用する新しいCT診断法 新しいCT診断法の意義と造影検査のノウハウについて

    杉本 幸司, 佐古 正雄, 広田 省三

    1)分子サイズが異なる2種類の造影剤の組織濃染度をdynamic CTにより分析し,両造影剤の有用性と問題点を探り,併用による有用性の有無を検討した。2) IPは分子サイズが小さく透過性が高いため,微細な血洞や血液腔を含めた腫瘍血管の多寡を高い濃染度として表現し,富血管性腫瘍の拾い上げおよび質的診断に有用であった。3) IPは,腫瘍血管近傍の壊死巣にも拡散するため,ある時相の画像のみの評価では壊死範囲の的確な診断は困難で,腫瘍濃染各部位での時間-濃度曲線の詳細な分析が必要である。4) IESは,壊死巣では全く濃染を示さず,壊死範囲の診断に有用である。5)平均分子量60,000のIESでは,微細な脈管腔などを表現し得ず,今後至適分子量の検討が必要である。6)乏血管性部のviabilityの診断には,IPには限界があり,IESなどの血管内貯留型造影剤併用による血管透過性の把握が有用である

    産業開発機構(株), 1994年08月, 映像情報Medical, 26 (16), 919 - 925, 日本語

  • 肝癌動脈塞栓術後の治療効果判定ならびに再発診断におけるDynamic MRIの有用性の検討

    桑田 陽一郎, 広田 省三, 杉本 幸司

    対象は肝細胞癌30例34結節で,治療効果判定を目的とした短期観察例15結節と,再発診断を目的とした長期観察例19結節に分けて行った。短期観察例ではdynamic MRIのsensitivity, specificity, accuracyはそれぞれ89, 100, 93%で,T2強調画像は78, 67, 73%であった。長期観察例では,同様にdynamic MRIはそれぞれ94, 100, 95%,T2強調画像は100, 33, 89%,Lipiodol-CTは94, 67, 89%であり,両者とも正診率でdynamic MRIが優れていた。特にT2強調画像で偽陽性となった例はいずれもdynamic MRIで正診され,以後の治療方針を決定する意味でもdynamic MRIの有用性が強調された

    (株)癌と化学療法社, 1994年07月, 癌と化学療法, 21 (8), 1235 - 1240, 日本語

  • CTによる造影剤の血管外腔拡散の評価と新しい診断法への可能性 高分子および低分子造影剤を用いた実験的研究

    佐古 正雄, 杉本 幸司, 松本 真一

    (公社)日本医学放射線学会, 1994年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 54 (4), 289 - 291, 日本語

  • 造影剤の血管透過性と拡散を応用する新しいCT診断法の開発

    杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 1994年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 54 (3), 133 - 133, 日本語

  • 水溶性ヨード造影剤のdynamic CTにおる組織濃染度とその動態に関する実験的検討 非イオン性モノマー型と高分子型の分子サイズからみた比較検討

    杉本 幸司, 佐古 正雄, 広田 省三

    1) Iopamidol (IP)は分子サイズが小さく透過性が高いことから,微細な血洞や血液腔を含めた腫瘍血管の多寡を高い濃染度として表現し,富血管性腫瘍の拾い上げおよび質的診断に有用であった。2) IPは腫瘍血管近傍の壊死巣にも拡散し濃染がみられるため,ある時相の画像のみの評価では壊死範囲の的確な診断は困難で,腫瘍濃染各部位での時間-濃度曲線の詳細な分析が必要である。3) 6-ヨード化エチル澱粉(IES)は壊死巣では全く濃染を示さず,壊死範囲の的確な診断に有用である。4)平均分子量60,000のIESでは微細な脈管腔などを表現し得なかった。5)乏血管性部のviabilityの診断は,IPには限界があり,IESなどの血管内貯留型造影剤併用による血管透過性の把握が有用である

    神戸大学医学部, 1994年03月, 神戸大学医学部紀要, 54 (2〜4), 191 - 200, 日本語

  • 非イオン性ダイマー型造影剤(Iotrolan)の血管透過性および血流動態に関する実験的検討 dynamic CTおよび血管造影におけるモノマー型との比較

    佐古 正雄, 杉本 幸司, 広田 省三

    透析用ダイアライザーを応用した血管透過性実験ファントームを考察した。このファントームに物理化学的性状の異なるヨード造影剤IotrolanとIopamidolを用いてdynamic CTとDSAを行い,ファントームとしての可能性及び両造影剤における画像やT-D curveの差異につき検討した。1)透析用ダイアライザーは血管透過性ファントームとして応用できる。2)非イオン性ダイマー型造影剤Iotrolanを臨床的にdynamic CTに用いる場合,T-D curveは従来の非イオン性モノマー型と比べ,narrow peakとなるため留意すべきである。3) IotrolanをIA-DSAや血管造影に用いる場合,特に細いカテーテルを使用すると,その粘稠度のため流入遅延を生じる可能性があり,撮像タイミングに留意する必要がある。4) Iotrolanは毛細血管からの透過が遅れるため,特に拡大撮影による微細血管の描出に有利である

    (公社)日本医学放射線学会, 1994年01月, 日本医学放射線学会雑誌, 54 (1), 32 - 39, 日本語

  • リザーバー留置後の局所合併症 大腿動脈穿刺による仮性動脈瘤を合併した1例

    杉本 幸司, 広田 省三, 佐古 正雄

    (株)学研メディカル秀潤社, 1993年12月, 画像診断, 13 (12), 1400 - 1404, 日本語

  • 杉本 幸司, 足立 秀治, 楠本 昌彦

    66歳男,右下肺野に腫瘤影を認めたが,縦隔・肺門リンパ節転移がみられたため,手術不能と考えて放射線治療を行った。しかし,4ヵ月後に腫瘍死した。本邦における臨床的に悪性度の高い粘表皮癌の報告は自験例を含めて13例みられるが,胸部X線写真や気管支鏡所見では多彩な像を示す傾向がみられた

    (NPO)日本肺癌学会, 1993年04月, 肺癌, 33 (2), 247 - 253, 日本語

  • 非イオン性ダイマー型造影剤(Iotrolan)の血管透過性に関する実験的検討 非イオン性モノマー型(Iopamidol)との比較

    杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 1993年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 53 (臨増), 208 - 208, 日本語

  • ヨード化澱粉を用いた間接リンパ造影の実験的研究

    河野 通雄, 長谷川 義記, 村上 徹, 土師 守, 佐古 正雄, 廣田 省三, 藤田 善弘, 鈴木 靖史, 杉本 幸司, Hase Mamoru, Kono Michio, Murakami Tohru, Hasegawa Yoshiki, Sugimoto Kouji, Suzuki Yasushi, Fujita Yoshihiro, Hirota Shozo, Sako Masao, ムラカミ トオル, ハセ マモル, コウノ ミチオ, ハセガワ ヨシキ, スギモト コウジ, スズキ ヤスシ, フジタ ヨシヒロ, ヒロタ ショウゾウ, サコ マサオ

    日本医学放射線学会, 1992年12月25日, 日本医学放射線学会雑誌, 52 (12), 1689 - 1691, 日本語

  • 巨大な肺動静脈瘻に対する金属スパイダーを併用したコイル塞栓術-自作金属スパイダーと部分的モノレール法の応用を含め-

    鈴木 靖史, 杉本 幸司, 河野 通雄, 廣田 省三, 佐古 正雄, 藤田 善弘, 長谷川 義記, Fujita Yoshihiro, Hirota Shozo, Kono Michio, Suzuki Yasushi, Sugimoto Koji, Hasegawa Yoshiki, Sako Masao, ヒロタ ショウゾウ, コウノ ミチオ, スズキ ヤスシ, スギモト コウジ, ハセガワ ヨシキ, サコ マサオ, フジタ ヨシヒロ

    日本医学放射線学会, 1992年07月25日, 日本医学放射線学会雑誌, 52 (7), 942 - 948, 日本語

  • 経皮的門脈肝静脈シャント形成術の穿刺法に関する実験的研究

    鈴木 靖史, 長谷川 義記, 河野 通雄, 廣田 省三, 藤田 善弘, 佐古 正雄, 杉本 幸司, Sako Masao, Hirota Shozo, Kono Michio, Suzuki Yasushi, Hasegawa Yoshiki, Sugimoto Kouji, Fujita Yoshihiro, ヒロタ ショウゾウ, コウノ ミチオ, スズキ ヤスシ, ハセガワ ヨシキ, スギモト コウジ, フジタ ヨシヒロ, サコ マサオ

    日本医学放射線学会, 1992年05月25日, 日本医学放射線学会雑誌, 52 (5), 677 - 678, 日本語

  • 非イオン性ダイマー型造影剤(Iotrolan)のCTへの応用に関する実験的検討 血流動態及び画像に対するモノマー型との比較

    杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 1992年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 52 (臨増), S297 - S297, 日本語

  • MRIの読み方 関節

    藤井 正彦, 杉本 幸司, 河野 通雄

    (株)日本医事新報社, 1992年01月, 日本医事新報ジュニア版, (309), 18 - 21, 日本語

  • 反復動注が有効であった肝内胆管癌の2例

    杉本 幸司, 広田 省三, 鈴木 靖史

    金原出版(株), 1991年11月, 臨床放射線, 36 (12), 1621 - 1624, 日本語

  • 経皮的大腿動脈リザーバー留置による局所合併症 仮性動脈瘤を合併した一例

    杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 1991年05月, 日本血管造影・Interventional Radiology研究会雑誌, 6 (1), 59 - 59, 日本語

  • 糖尿病1型の肝MRI

    杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 1991年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 51 (臨増), S286 - S286, 日本語

  • MRIの読み方 脊髄・脊椎(2) 脊髄腫瘍,外傷,奇形,その他

    杉本 幸司, 藤井 正彦, 河野 通雄

    (株)日本医事新報社, 1991年01月, 日本医事新報ジュニア版, (299), 18 - 21, 日本語

  • 反復動注が有効であった肝内胆管癌の2例

    杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 1991年01月, 日本医学放射線学会雑誌, 51 (1), 107 - 107, 日本語

  • 粘表皮癌の2例

    杉本 幸司

    (NPO)日本肺癌学会, 1990年12月, 肺癌, 30 (7), 1077 - 1077, 日本語

  • MRIの読み方 脊髄・脊椎(1) 椎間板ヘルニア,脊椎腫瘍

    杉本 幸司, 藤井 正彦, 河野 通雄

    (株)日本医事新報社, 1990年12月, 日本医事新報ジュニア版, (298), 18,20 - 21, 日本語

  • 多側孔カテーテルの動注への応用-カテーテル先端の閉塞による薬剤分布の改善-

    藤井 正彦, 小笠原 正弘, 長江 利幸, 河野 通雄, 廣田 省三, 佐古 正雄, 土師 守, 杉本 幸司, 藤田 善弘, Kono Michio, Fujii Masahiko, Nagae Toshiyuki, Ogasawara Masahiro, Fujita Yoshihiro, Sugimoto Kouji, Hase Mamoru, Sako Masao, Hirota Shozo, ナガエ トシユキ, コウノ ミチオ, フジイ マサヒコ, オガサワラ マサヒロ, フジタ ヨシヒロ, スギモト コウジ, ハセ マモル, サコ マサオ, ヒロタ ショウゾウ

    日本医学放射線学会, 1990年11月25日, 日本医学放射線学会雑誌, 50 (11), 1448 - 1450, 日本語

  • 糖原病のMRI

    杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 1990年10月, 日本医学放射線学会雑誌, 50 (10), 1270 - 1271, 日本語

  • MRIの読み方 MRIの原理(2)

    杉本 幸司, 藤井 正彦, 河野 通雄

    (株)日本医事新報社, 1990年05月, 日本医事新報ジュニア版, (292), 18 - 21, 日本語

  • 腎被膜に発生したMalignant Fibrous Histiocytomaの1例

    杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 1990年04月, 日本医学放射線学会雑誌, 50 (4), 469 - 469, 日本語

  • 当院における内臓動脈瘤に対する血管内治療の経験

    山口雅人, 松永直樹, 佐々木康二, 元津倫幸, 岡田卓也, 杉本幸司, 村上卓道

    2021年, 脈管学(Web), 61 (supplement)

  • 17.肺癌と鑑別が困難であった溶接工肺に発症した結核腫の1例 : 第58回日本肺癌学会関西支部会 : 関西支部

    楠本 昌彦, 森 岳樹, 遠藤 正浩, 杉本 幸司, 酒井 英郎, 糸氏 英一郎, 足立 秀治, 河野 通雄, 大林 千穂, 石井 昇

    日本肺癌学会, 1993年06月20日, 肺癌, 33 (3), 444 - 444, 日本語

  • 当院における肺癌治療の現状 : 地域連携を目指す中での問題点

    坂本 廣子, 山口 理世, 大西 尚, 多田 公英, 桜井 稔泰, 冨岡 洋海, 岩崎 博信, 中井 準, 奥村 典仁, 青木 稔, 杉本 幸司, 今中 一文

    日本肺癌学会, 1996年09月30日, 肺癌, 36 (5), 689 - 689, 日本語

  • 第53回日本肺癌学会関西支部会 : 15,肺癌保存療法効果判定におけるGd-MRIの有用性の検討

    酒井 英郎, 楠本 昌彦, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 田中 浩司, 今中 一文, 足立 秀治, 河野 通雄

    日本肺癌学会, 1990年12月20日, 肺癌, 30 (7), 1078 - 1078, 日本語

  • 第53回日本肺癌学会関西支部会 : 14.肺癌T因子に関するGd-DTPA enhanced MRIの有用性

    楠本 昌彦, 酒井 英郎, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 田中 浩司, 足立 秀治, 河野 通雄

    日本肺癌学会, 1990年12月20日, 肺癌, 30 (7), 1078 - 1078, 日本語

  • P-73 肺癌保存療法効果判定におけるGd-MRIの有用性の検討

    酒井 英郎, 楠本 昌彦, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 田中 浩司, 今中 一文, 足立 秀治, 河野 道雄

    日本肺癌学会, 1990年10月01日, 肺癌, 30 (5), 745 - 745, 日本語

  • 画像上急速な増大を認めた気管支異型カルチノイドの1切除例

    奥村 典仁, 青木 稔, 冨岡 洋海, 杉本 幸司, 今中 一文, 橋本 公夫

    日本肺癌学会, 1996年09月30日, 肺癌, 36 (5), 645 - 645, 日本語

  • 進行肝細胞癌に対するリザーバー動注化学療法

    松本 真一, 廣田 省三, 桑田 陽一郎, 長谷川 義記, 冨田 優, 杉本 幸司, 藤田 善弘, 鈴木 靖史, 上田 英二, 奥田 謙一郎, 佐古 正雄, 河野 通雄

    日本癌治療学会, 1995年05月20日, 日本癌治療学会誌, 30 (5), 748 - 753, 日本語

  • 水溶性ヨード造影剤の dynamic CT における組織濃染度とその動態に関する実験的検討

    杉本 幸司, 佐古 正雄, 廣田 省三

    分子サイズの異なる2種類の造影剤の循環動態の差異に着目し,各々によるdynamic CT上の組織濃染度を分析して,これらの有用性と問題点を検討した。ヨード含有率を30mgI/mlに調整したIopamidol(分子量777.9,分子サイズ13A^^。,以下IP)および6-ヨード化エチル澱粉(平均分子量約60,000,分子サイズ200A,以下IES)を用い,家兎大腿部Vx2腫瘍のdynamic CTを施行した。得られた画像から,任意の関心領域での両造影剤UI手よる時間-濃度曲線並びに両造影剤による時間-濃度曲線の差にあたる時間-透過曲線を作製し,両曲線下面積を算定した。病理組織標本から,各関心領域に相当する部位の脈管腔面積と腫瘍面積を計測し,曲線下面積との相関性について検討した。この結果,脈管腔面積および腫瘍面積とIPによる曲線下面積との間に良好な相闘を認めたが(平均2乗誤差:0.763,0.685),これらとIESによる曲線下面積との問には明らかな相関を認めず,時間-透過曲線下面積との間に相関性を認めた(平均2乗誤差:0.814,0.546)。特に,腫瘍内の乏血管性領域では, IESで全く濃染を認めなかったのに対し,IPでは軽度の濃染を認め,時間-透過曲線下面積は,富血管性領域のそれと同等であった。以上から, IPは微細な血洞や血液腔を良好に反映し,富血管性部の診断に有用であるが,壊死部にも拡散して濃染像を示すため,質的診断には注意を要すると恩われた。一方,IESは微細な血洞や血液腔の診断には適さないが,壊死部の適確な診断に有用であり,特に乏血管性部の診断には, IESなどの高分子型造影剤の併用による腫瘍血管の透過性の把握が必要であると思われた。

    神戸大学, 1994年03月, 神戸大学医学部紀要, 54 (2), 99 - 108, 日本語

  • 血液透析用内シャント不全に対するPTA--手技と治療成績 (特集 InterVentional Radiology & Angiography) -- (IVRの新潮流)

    杉本 幸司, 今中 一文, 東野 貴徳

    産業開発機構, 1999年07月15日, 映像情報, 31 (14), 766 - 770, 日本語

  • EVAR : Is it Available for Most of Japanese AAA Patients?

    KITAGAWA Atsushi, OKADA Kenji, HASEGAWA Tomomi, MINAMI Kazushi, MATSUMORI Masamichi, MUNAKATA Hiroshi, NOMURA Yoshikatsu, YAMAGUCHI Masato, SUGIYAMA Kazuro, SUGIMOTO Koji

    2009年04月14日, 日本血管外科学会雑誌 = The Japanese journal of vascular surgery : official journal of the Japanese Society for Vascular Surgery, 18 (2), 145 - 145, 英語

  • 日常診療に生かす画像診断--チェックポイントとピットフォール(9)子宮癌・卵巣癌:重要な婦人科疾患における画像の位置づけ

    杉原 良, 森 岳樹, 杉本 幸司

    朝日新聞社, 2004年06月, メディカル朝日, 33 (6), 50 - 53, 日本語

  • 祖父江慶太郎, 山口雅人, 杉本幸司, 村上卓道

    2018年12月, 臨床放射線, 63 (12), 122 - 125

  • 山口雅人, 丸山晃司, 杉本幸司, 村上卓道, 森 岳樹, 築部卓郎

    2018年11月, 臨床放射線, 63 (12), 122 - 125, 日本語

書籍等出版物

  • Emergency and Trauma Radiology / 救急画像ティーチングファイル

    杉本幸司

    共訳, 医学書院, 2019年02月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 放射線医学 泌尿生殖器 画像診断・IVR / IVR

    山口雅人, 杉本幸司

    その他, 金芳堂, 2013年04月, 日本語

    学術書

  • 放射線医学 放射線医学総論 / IVR(interventional radiology)

    山口雅人, 杉本幸司

    その他, 金芳堂, 2011年12月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • IVR(Interventional Radiology) / IVR

    山口雅人, 杉本幸司

    その他, 金芳堂, 2011年04月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 画像診断ヒヤリハット / 画像診断ヒヤリハット

    杉本幸司

    その他, 南江堂, 2010年03月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 臨床医のための腹部血管造影・IVR / 2.腹部血管の正常解剖

    杉本 幸司

    共著, 新興医学出版社, 2003年02月, 日本語

    学術書

  • 臨床医のための腹部血管造影・IVR / 18.婦人科腫瘍の血管造影とIVR

    杉本 幸司

    共著, 新興医学出版社, 2003年02月, 日本語

    学術書

  • 臨床医のための腹部血管造影・IVR / 15.腎 B.腎腫瘍・AVMに対するIVR

    杉本 幸司

    共著, 新興医学出版社, 2003年02月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 肝細胞癌に対する放射線照射治療後の経動脈的化学塞栓療法の安全性の検討

    上嶋英介, 岡田卓也, 山口雅人, 杉本幸司, 村上卓道, 西尾福英之, 田中利洋, 吉川公彦, 高木治行, 児玉大志, 山門亨一郎

    第19回関西肝癌局所療法研究会, 2019年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における経腟分娩後の産道出血に対する動脈塞栓術の検討

    佐々木 康二, 岡田 卓也, Mostafa Hamada, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    兵庫県IVR懇話会, 2018年11月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Utility of Extracellular Volume Fraction Measured from Multiphasic Contrast-Enhanced Computed Tomography for the Estimation of Pancreatic Fibrosis

    Sofue K, Ueno Y, Tani R, Horinouchi H, Maruyama K, Ueshima E, Okada T, Yamaguchi M, Sugimoto K, Murakami T

    104th Radiological Society of North America, Scientific Assembly and Annual Meeting, 2018年11月, 英語, Chicago, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • SG EVAR

    Koji Sugimoto

    SIRAP 2018, 2018年10月, 英語, JSIR, 川崎, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • IMA閉塞例におけるEVAR後のType2エンドリークの検討 予防的IMA塞栓術は有用か?

    岡田 卓也, 元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, Mostafa Hamada, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 田中 裕史

    第59回日本脈管学会総会, 2018年10月, 日本語, 日本脈管学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EVAR術前のIMA/LA塞栓

    佐々木 康二, 山口 雅人, 元津 倫幸, Hamada Mostafa, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    兵庫Coil embolization conference, 2018年10月, 日本語, ボストン・サイエンティフィック・ジャパン株式会社, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Case Discussion-Aneurysm

    Koji Sugimoto

    SIRAP 2018, 2018年10月, 英語, JSIR, 川崎, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • AAA

    杉本 幸司

    CEPIR 2018, 2018年10月, 日本語, 日本IVR学会, 川崎, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Retinal Vasculopathy with Cerebral leukoencephalopathy (RVCL) の一例

    田中 千賀, 神田 知紀, 上野 嘉子, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 前田 隆樹, 野上 宗伸, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    第51回兵庫県磁気共鳴医学研究会, 2018年07月, 日本語, 兵庫県磁気共鳴医学研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EVARにおける予防的IMA塞栓術は本当に有用か? -当院におけるEndurant+IMA塞栓の成績-

    岡田 卓也, 元津 倫幸, 佐々木 康二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 田中 裕史

    EVAR EXPERT EXCHANGE 2018, 2018年07月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 破裂性十二指腸静脈瘤に対してバルーン閉塞下逆行性静脈瘤塞栓術を施行した一例

    小出 裕, 岡田 卓也, 佐々木 康二, 元津 倫幸, Hamada MAS, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    第65回関西IVR研究会, 2018年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 線維軟骨塞栓症が疑われた若年者脊髄梗塞の一例

    藤原 康弘, 神田 知紀, 上野 嘉子, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 前田 隆樹, 野上 宗伸, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道, 大塚 喜久

    第319回日本医学放射線学会関西地方会, 2018年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肝動脈塞栓術がTGF-β発現に与える影響:ラット肝癌モデルによる検討

    上嶋 英介, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道, 西尾福 英之, 田中 利洋, 吉川 公彦, 高木 治行, 児玉 大志, 山門 亨一郎

    第65回関西IVR研究会, 2018年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肝細胞癌に対する呼吸同期粒子線治療のための経動脈的マーカー留置術の安全性と有用性の評価

    元津 倫幸, 寺嶋 千貴, 松尾 圭朗, 永野 史子, 出水 祐介, 徳丸 直郎, 沖本 智昭, 杉本 幸司, 村上 卓道

    第54回日本肝癌研究会, 2018年06月, 日本語, 日本肝癌研究会, 久留米, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポスター放射線治療(1)肝細胞癌に対する呼吸同期粒子線治療のための経動脈的マーカー留置術の安全性と有用性の評価

    元津 倫幸, 寺嶋 千貴, 松尾 圭朗, 永野 史子, 出水 祐介, 徳丸 直郎, 沖本 智昭, 杉本 幸司, 村上 卓道

    第54回日本肝癌研究会, 2018年06月, 日本語, 久留米, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Trans-arterial embolization for type II endoleak after TEVAR-single insittuional experience

    Gentsu T, Kawasaki R, Seike S, Kinoshita M, Nomura Y, Izumi S, Matsumori M, Uchida N, Honda T, Murakami H, Yoshida M, Mukohara N, Sugimoto K

    The Joint Meeting of the 47th Meeting of the Japanese Society of Interventional Radiology The 13th Meeting of the International Symposium of Interventional Radiology, 2018年06月, 英語, Japan, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The feasibility of preoperative embolization for partial resection of hypervascular spinal tumor

    Tani R, Ueshima E, Hamada M, Sasaki K, Maruyama K, Horinouchi H, Gentsu T, Koide Y, Okada T, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K, Murakami T

    The Joint Meeting of the 47th Meeting of the Japanese Society of Interventional Radiology The 13th Meeting of the International Symposium of Interventional Radiology, 2018年06月, 英語, Japan, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TGF-β1 blockade does not enhance immunomodulatory benefit of partial IRE in murine bladder tumor

    Ueshima E, Srimathveeravall G, Fujimori M, Coleman J, Kim K, Vroomen L, Takaki H, Okada T, Yamaguchi M, Sugimoto K

    The Joint Meeting of the 47th Meeting of the Japanese Society of Interventional Radiology The 13th Meeting of the International Symposium of Interventional Radiology, 2018年06月, 英語, Japan, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IVRの基礎を放射線科で学ぶ必要性:本音を聞く 救急医を受け入れている施設から

    杉本 幸司

    第32回日本外傷学会, 2018年06月, 日本語, 京都, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Embolization with NBCA for acute bleeding from pancreatic and peripancreatic arteries

    Sasaki K, Okada T, Mostafa H, Maruyama K, Horinouchi H, Gentsu T, Tani R, Ueshima E, Koide Y, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K, Murakami T

    The Joint Meeting of the 47th Meeting of the Japanese Society of Interventional Radiology The 13th Meeting of the International Symposium of Interventional Radiology, 2018年06月, 英語, Japan, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Embolization for acute hemorrhage in patients with head and neck cancer

    Koide Y, Okada T, Mostafa H, Sasaki K, Maruyama K, Horinouchi H, Gentsu T, Tani R, Ueshima E, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K, Murakami T

    The Joint Meeting of the 47th Meeting of the Japanese Society of Interventional Radiology The 13th Meeting of the International Symposium of Interventional Radiology, 2018年06月, 英語, Japan, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の遠隔成績

    後竹 康子, 大山 詔子, 池野 友基, 幸田 陽次郎, 陽川 孝樹, 邉見 宗一郎, 中井 秀和, 松枝 崇, 井上 武, 山口 雅人, 田中 裕史, 杉本 幸司, 大北 裕

    第46回日本血管外科学会学術総会, 2018年05月, 日本語, 日本血管外科学会, 山形, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低酸素刺激がサイトカイン産生に与える影響 ラット肝細胞癌株による検討

    上嶋 英介, 高木 治行, 岡田 卓也, 山口 雅人, 山門 亨一郎, 杉本 幸司

    第47回日本IVR学会総会 (JSIR & ISIR2018), 2018年05月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中長期成績からみた腹部大動脈瘤ステントグラフトの功罪 IMA閉塞例におけるEVAR後のType 2エンドリークの検討 予防的IMA塞栓術は有用か?

    岡田 卓也, 元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, Hamada Mostafa, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 田中 裕史

    第47回日本IVR学会総会 (JSIR & ISIR2018), 2018年05月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • "Let's Start: Peripheral Vascular Intervention"

    杉本 幸司

    第47回日本IVR学会総会 (JSIR & ISIR2018), 2018年05月, 日本語, 東京, 国内会議

    その他

  • 低酸素刺激がサイトカイン産生に与える影響:ラット肝細胞癌株による検討

    上嶋英介, 高木治行, 岡田卓也, 山口雅人, 山門亨一郎, 杉本幸司

    第63回中部IVR・第64回関西IVR合同研究会, 2018年02月, 日本語, 中部IVR・関西IVR合同研究会, 愛知, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Clinical Significance of FDG PET in Combination with International Consensus Guidelines 2012 for the Management of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms of the Pancreas.

    Sofue K, Tani R, Ueno Y, Horinouchi H, Okada T, Yamaguchi M, Sugimoto K, Sugimura K, Takanashi S

    105th Radiological Society of North America, Scientific Assembly and Annual Meeting., 2017年12月, 英語, Radiological Society of North America, Chicago, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • 内臓動脈瘤の血管内治療 内臓動脈瘤に対する血管内治療の経験

    杉本 幸司, 谷 龍一郎, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人

    第58回日本脈管学会総会, 2017年10月, 日本語, 日本脈管学会, 名古屋, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 重症下肢虚血に対する外科的血行再建術後の血管内治療の有用性についての検討

    宮本 直和, 中川 雅之, 山田 章貴, 宮崎 秀一郎, 難波 富美子, 山田 慎一郎, 麻田 達郎, 足立 秀治, 顔 邦男, 冨田 優, 粟野 孝次郎, 杉本 幸司

    第60回日本脈管学会総会, 2017年10月, 日本語, 日本脈管学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 救急領域のIVRの現状に関する全国調査

    樫見 文枝, 中島 康雄, 田島 廣之, 西巻 博, 古川 顕, 織田 順, 小林 辰輔, 井上 政則, 米虫 敦, 杉本 幸司, 船曵 知弘

    第45回日本救急医学会総会, 2017年10月, 日本語, 日本救急医学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • グラフト中枢の大動脈分枝が関与するEVAR後type II endoleakの経動脈的塞栓術 第三腰動脈との吻合形態と治療成績の関連

    川崎 竜太, 木下 めぐ美, 元津 倫幸, 清家 翔平, 野村 佳克, 松森 正術, 村上 博久, 内田 直里, 吉田 正人, 向原 伸彦, 杉本 幸司

    第59回日本脈管学会総会, 2017年10月, 日本語, 日本脈管学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Balloon-occluded retrograde transvenous obliteration for duodenal varices.

    Okada T, Maruyama K, Horinouchi H, Gentsu T, Tani R, Usui R, Katayama N, Ueshima E, Koide Y, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K

    CIRSE (Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe) Annual Scientific Meeting, 2017年09月, 英語, CIRSE, Copenhagen, Denmark, 国際会議

    ポスター発表

  • 動脈塞栓術を施行した腎部分切除術後の仮性動脈瘤の検討

    臼井 亮介, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における臨床的にSAMと診断された腹部出血に対してIVRを施行した8症例の治療経験

    林 和宏, 森 岳樹, 大森 美佳, 上原 栄理子, 杉本 幸司

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • 当院における重症下肢虚血に対する経皮的血管形成術(PTA)の治療成績

    宮本 直和, 中川 雅之, 山田 慎一郎, 大橋 佳隆, 宮崎 秀一郎, 難波 富美子, 冨田 優, 粟野 孝次郎, 杉本 幸司

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低濃度NBCAリピオドールによる塞栓で良好な経過が得られた巨大腎血管筋脂肪腫(AML)の1例

    伊崎 健太, 西岡 瑛子, 東田 歩, 酒井 英郎, 小川 恭弘, 梁 英敏, 遠藤 貴人, 田中 宏和, 杉本 幸司

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • 短区間の急性膝窩動脈閉塞症に対する深大腿動脈への血栓移動術

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 宮本 直和, 木下 めぐ美, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 佐々木 康二

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 十二指腸静脈瘤に対するB-RTOの有効性の検討

    丸山 晃司, 岡田 卓也, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腫瘍性脊椎圧骨折に対する経皮的椎体形成術の検討

    谷 龍一郎, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 臼井 亮介, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 治療に難渋した胸部大動脈術後のtype II endoleakの二例

    元津 倫幸, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 佐々木 康二, 杉本 幸司

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • 肝門部胆管癌に対する呼吸同期粒子線治療に用いる照準マーカーの経動脈的留置法の安全性と有用性の評価

    元津 倫幸, 寺嶋 千貴, ノル・シャズリナ, 金 東村, 永野 史子, 出水 祐介, 徳丸 直郎, 沖本 智昭, 杉本 幸司

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外傷・救急IVRの教育、研修、認定を検討するアドホック委員会報告

    西巻 博, 井上 政則, 船曵 知弘, 杉本 幸司, 樫見 文枝, 田島 廣之, 米虫 敦

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 炎症性腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿入術(EVAR)の治療成績

    堀之内 宏樹, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IVR技術のいろは 超音波ガイド下穿刺技術のいろは

    祖父江 慶太郎, 片山 直人, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • EVAR後にopen conversionに至った症例の検討

    丸山 晃司, 山口 雅人, 岡田 卓也, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Endurant○RステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出裕, 山口雅人, 丸山晃司, 堀之内宏樹, 谷龍一郎, 元津倫幸, 片山直人, 上嶋英介, 岡田卓也, 杉本幸司, 野村佳克, 後竹康子, 大北裕

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 【目的】Endurant○Rステントグラフトを用いた腹部大動脈瘤(AAA)に対するステントグラフト内挿術(EVAR)の中長期成績を検討すること。【方法】対象は2012年から2016年に神戸大学病院および関連施設でAAAに対してEndurant○Rを用いたEVARが施行され、6か月以上の観察を行った134例。(男性118例、年齢は75.1±8.5歳、大動脈瘤最大短径は平均52.4±7.7mm、IFU内症例は89例(66%))後方視的に動脈瘤サイズ変化、エンドリーク(EL)、動脈瘤関連の再治療について検討した。【結果】全134例の平均観察期間は19±11月で、経過観察中の全死亡例は6例(4.5%)であったが、動脈瘤関連死はなかった。動脈瘤のサイズ変化は瘤縮小(5mm以上)50例(37%)、不変79例(59%)、拡大(5mm以上)5例(4%)であった。経過, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出 裕, 山口 雅人, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • 腹部ステントグラフト内挿術の遠隔期の問題点 大動脈瘤径拡大、追加治療について

    野村 佳克, 長谷川 翔大, 長命 俊也, 藤末 淳, 陽川 孝樹, 後竹 康子, 尾田 達哉, 阿部 陛之, 松枝 崇, 高橋 宏明, 井上 武, 山口 雅人, 杉本 幸司, 田中 裕史, 大北 裕

    第46回日本血管外科学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本血管外科学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • バイパス手術選択例からみた腸骨動脈病変に対する血行再建戦略

    辻 義彦, 北野 育郎, 杉本 幸司

    第45回日本血管外科学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本血管外科学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Estimation of Lobar Liver Function using Gadoxetic Acid-Enhanced MR Imaging: Comparison with 99mTc-GSA SPECT Imaging.

    Sofue K, Tsurusaki M, Murakami T, Kitajima K, Yamaguchi M, Sugimoto K, Tanaka U, Takahashi S, Sugimura K

    26th ISMRM Annual Meeting, 2017年04月, 英語, International Society of Magnetic Resonance Medicine, Honolulu, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    山口 雅人, 小出 裕, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    第47回日本血管外科学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本血管外科学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Embolization for spontaneous adrenal hemorrhage.

    Gentsu T, Okada T, Katayama N, Tani R, Ueshima E, Koide Y, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, 2016年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, Barcelona, Spain, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Double balloon-occluded retrograde transvenous obliteration (BRTO) using a pull-through technique for the treatment of duodenal varices with two draining veins.

    Koide Y, Okada T, Gentsu T, Tani R, Katayama N, Ueshima E, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, 2016年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, Barcelona, Spain, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Combination therapy using denosumab and transarterial embolization for symptomatic sacral giant cell tumor.

    Tani R, Okada T, Gentsu T, Katayama N, Ueshima E, Koide Y, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, 2016年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, Barcelona, Spain, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 膝・下腿動脈閉塞に対するPTAにおける側副血行路を介した逆行性approachの有用性

    宮本 直和, 中川 雅之, 山田 慎一郎, 下山 真介, 難波 富美子, 冨田 優, 藤井 美樹, 粟野 孝次郎, 杉本 幸司

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腸骨動脈閉塞の術前MRIプラークイメージングの有用性

    川崎 竜太, 大木 晴香, 宮本 直和, 木下 めぐ美, 堀之内 宏樹, 佐々木 康二, 杉本 幸司

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腎血管筋脂肪腫に対しmicroballoon catheterを用い塞栓術を施行した3例

    西岡 瑛子, 伊崎 健太, 東田 歩, 酒井 英朗, 小川 恭弘, 酒井 豊, 田中 宏和, 杉本 幸司

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ブタ肝後面下大静脈損傷モデルを用いたステントグラフトによる止血効果の検討

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 片山 直人, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 井芹 俊恵, 林 聡恵, 三重 慧一郎, 水島 靖明, 杉本 幸司

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ビーズ導入後のTACEの現状 多発肝細胞癌に対する非選択的DEB-TACEの有用性の検討

    岡田 卓也, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • MRプラークイメージングで不安定プラークが予想された総腸骨動脈狭窄の1治療例

    佐々木 康二, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 堀ノ内 宏樹, 宮田 大嗣, 澤田 隆弘, 杉本 幸司

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EVAR後のDistal sealing zoneの形態変化と遅発性type 1bエンドリークの危険因子に関する検討

    元津 倫幸, 岡田 卓也, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EVARにおける3D MR Roadmapの使用経験

    堀之内 宏樹, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 佐々木 康二, 松田 均, 杉本 幸司

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Endurantステントグラフトを用いたEVARにおける予防的IMA塞栓群・非塞栓群の比較・検討

    片山 直人, 山口 雅人, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出 裕, 山口 雅人, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Role of Endovascular Treatment for Complicated Aortic Dissection.

    Koji Sugimoto

    The 12th Asia-Pacific Congress of Cardiovascular and Interventional Radiology, 2016年04月, 英語, Asia-Pacific society of Cardiovascular and Interventional Radiology, Suzhou, CHINA, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Management of acute malperfusion syndrome in aortic dissection.

    Koji Sugimoto

    The 12th Asia-Pacific Congress of Cardiovascular and Interventional Radiology, 2016年04月, 英語, Asia-Pacific society of Cardiovascular and Interventional Radiology, Suzhou, CHINA, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • First Jejunal Artery Aneurysm Complicated with Median Arcuate Ligament Syndrome. (Case Based Discussion.)

    Koji Sugimoto

    The 12th Asia-Pacific Congress of Cardiovascular and Interventional Radiology, 2016年04月, 英語, Asia-Pacific society of Cardiovascular and Interventional Radiology, Suzhou, CHINA, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Angiographic classification of uterine artery may predict failure of UAE for postpartum hemorrhage

    Sugimoto K, Ueshima E, Yamaguchi M, Okada T, Muradi A, Katayama N, Koide Y, Sofue K

    The 12th Asia-Pacific Congress of Cardiovascular and Interventional Radiology, 2016年04月, 英語, Asia-Pacific society of Cardiovascular and Interventional Radiology, Suzhou, CHINA, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Single-Energy Metal Artifact Reduction Algorithm: Utility for Improvements of Image Quality on Dynamic Contrast-enhanced CT in Patients who Underwent Surgical or Endvascular Treatment for Hepatocellular Carcinoma

    Keitaro Sofue, Takeshi Yoshikawa, Yoshiharu Ohno, Noriyuki Negi, Hiroyasu Inokawa, Naoki Sugihara, Sumiaki Matsumoto, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Kazuro Sugimura

    101st Radiological Society of North America, 2015年11月, 英語, Radiological Society of North America, Chicago, United States, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Comparison between fetal and postnatal imaging in the detection of cerebral abnormalities of congenital cytomegalovirus infection.

    Sugioka Yusuke, Nishii Tatsuya, Sugimoto Koji, Sugimura Kazuro, Akasaka Yoshinobu, Tanimura Kenji, Tairaku Shinya, Yamada Hideto, Morioka Ichiro, Iijima Kazumoto

    15th Annual Meeting of Asian & Oceanic Society for Pediatric Radiology, 2015年06月, 英語, AOSPR, 東京, 国際会議

    ポスター発表

  • Endovascular Treatment for Acute Deep Vein Thrombosis

    杉本 幸司

    第74回日本医学放射線学会総会, 2015年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 慢性解離による巨大肝動脈瘤に対してNBCA-lipiodolを用いて瘤内packingを行った1例

    堀之内 宏樹, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 石垣 隆弘, 幸田 陽次郎, 松田 均, 吉田 正人, 向原 伸彦, 杉本 幸司

    第58回関西IVR研究会, 2015年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 内腸骨動脈空置瘤に対して経動脈的塞栓術を施行した2例

    小出 裕, 岡田 卓也, Muradi Akhamadu, 片山 直人, 上嶋 英介, 山口 雅人, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕

    第59回関西IVR研究会, 2015年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における薬剤溶出性球状塞栓物質を用いたTACE(DEB-TACE)の初期経験

    片山 直人, 岡田 卓也, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第60回関西IVR研究会, 2015年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 前下膵十二指腸動脈瘤破裂により十二指腸水平脚に高度狭窄を来した一例

    小出 裕, 岡田 卓也, Muradi Akhamadu, 片山 直人, 上嶋 英介, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第61回関西IVR研究会, 2015年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 振動式末梢血管貫通用カテーテルシステムCrosserが有用であった高度石灰化を伴う下肢閉塞性動脈硬化症の一例

    木下めぐ美, 川崎竜太, 堀之内宏樹, 杉本幸司

    第63回関西IVR研究会, 2015年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TypeII endoleak塞栓後に大動脈感染が生じた1例

    堀之内 宏樹, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 立石直毅, 逸見宗一郎, 松田 均, 吉田 正人, 向原 伸彦, 杉本 幸司

    第62回関西IVR研究会, 2015年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 臍転移により発見された卵巣成熟嚢胞性奇形腫悪性転化の1例

    北島一宏, 末永裕子, 上野嘉子, 前田哲雄, 蝦名康彦, 山田秀人, 川上史, 高橋哲, 杉本幸司, 杉村和朗

    第28回日本腹部放射線研究会, 2014年06月, 日本語, 日本腹部放射線研究会, 秋田, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【シンポジウム3.足病治療における集学的治療体制の構築】重症虚血性潰瘍における血管外科医の役割

    北野 育郎, 辻 義彦, 辻 依子, 長谷川 泰子, 倉本 康世, 寺師 浩人, 杉本 幸司, 飯田 修, 白記 達也

    第6回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 札幌, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 尿管動脈瘻に対するステントグラフト留置術の長期成績

    山口 雅人, 岡田 卓也, 野村 佳克, 杉本 幸司, 大北 裕

    第43回日本血管外科学会総会, 2014年, 日本語, 日本血管外科学会, 青森, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鈍的外傷に伴う下腸間膜動脈引き抜き損傷に対して大動脈ステントグラフトにて治療し得た1例

    門場 智也, 魚谷 健祐, 春藤 真紀, 木下 知恵子, 山崎 愉子, 濱中 章洋, 久島 健之, 江里口 光太郎, 杉本 貴樹, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第57回関西IVR研究会, 2014年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 透析シャント不全に対する超高耐圧ノンコンプライアントバルーン"YOROI"の初期治療経験

    三田 裕樹, 木下 めぐ美, 大森 美佳, 元津 倫幸, 森 岳樹, 杉本 幸司

    第73回日本医学放射線学会総会, 2014年, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における非外傷性特発性後腹膜出血に対する動脈塞栓術の検討

    片山 直人, 祖父江 慶太郎, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第59回関西IVR研究会, 2014年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腎動脈下大動脈の屈曲がEVAR後の長期成績に与える影響

    野村 佳克, 山中 勝弘, 深瀬 圭吾, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 優, 陽川 孝樹, 後竹 康子, 小原 大見, 井澤 直人, 宮原 俊介, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 井上 武, 松森 正術, 岡田 健次, 大北 裕

    第115回日本外科学会総会, 2014年, 日本語, 日本外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症膝下病変に対する治療選択 バイパス手術と血管内治療 重症膝下動脈病変に対するEVT first戦略下でのdistal bypass手術成績

    辻 義彦, 北野 育郎, 辻 依子, 杉本 幸司

    第44回日本心臓血管外科学会, 2014年, 日本語, 日本心臓血管外科学会, 熊本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 巨細胞動脈炎の関与が疑われる両側上腕動脈病変に対しPTAを施行した2例

    上嶋 英介, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 片山 直人, Muradi Akhmadu, 杉本 幸司

    第58回関西IVR研究会, 2014年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 救急医療におけるハイブリッドシステム(手術室・初療室)の現状と問題点 外傷診療におけるハイブリッド治療の現状

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 水島 靖明, 松岡 哲也

    第17回日本臨床救急医学会総会, 2014年, 日本語, 日本臨床救急医学会, 下野, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 医源性腎被膜下出血に対して塞栓術を行った1例

    宮本 直和, 川崎 竜太, 木下 めぐみ, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    第60回関西IVR研究会, 2014年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Management of type II endoleak after endovascular repair of arteriocaval fistula complicating aortoiliac aneurysm: case report and literature review

    Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Eisuke Ueshima, Takuya Okada, Koji Idoguchi, Yoshikatsu Nomura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    16th Congress Asian Society for Vascular Surgery (ASVS) and 9th Asian Venous Forum, 2014年, 英語, Asian Society for Vascular Surgery (ASVS), 香港, 中国, 国際会議

    ポスター発表

  • Lesson learned from stent-graft placement for ureteroarterial fistula

    Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Koji Idoguchi, Takuya Okada, Yoshikatsu Nomura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    15th Congress Asian Society for Vascular Surgery (ASVS) and 9th Asian Venous Forum, 2014年, 英語, Asian Society for Vascular Surgery (ASVS), 香港, 中国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • EVAR後type II endoleakに対する治療成績

    野村 佳克, 山中 勝弘, 深瀬 圭吾, 後竹 康子, 小原 大見, 井澤 直人, 白坂 知識, 宮原 俊介, 坂本 敏仁, 井上 武, 松森 正術, 山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 健次, 大北 裕

    第42回日本血管外科学会総会, 2014年, 日本語, 日本血管外科学会, 青森, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 尿管動脈瘻に対するステントグラフト留置術の長期治療成績

    岡田 卓也, 山口 雅人, 井戸口 孝二, Muradi Akhmadu, 野村 佳克, 大北 裕, 杉本 幸司

    第54回日本脈管学会総会, 2013年10月, 日本語, 日本脈管学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胸部大動脈損傷に対するTEVARの治療成績

    岡田 卓也, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 野村 佳克, 大北 裕, 杉本 幸司

    第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2013年10月, 日本語, 日本医学放射線学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Impact of Symptom Rescue by Fractionated Radiotherapy for Rare Angiogenetic Neoplasm of the Abdomen, Vertebra, and Head and Neck Regions

    Y Matsuo, K Yoshida, D Miyawaki, Y Ejima, NS Sulaiman, Y Kojima, M Yamaguchi, K Sugimoto, R Sasaki

    55th Annual meeting ASTRO, 2013年09月, 英語, ASTRO, Atlanta, GA, USA, Because of the rarity, a standard treatment for the adult vascular malformation occurred outsides the scalp has not been established. In our institution, the fractionated radiotherapy was successfully applied to the adult vascular malformation of the abdomen, vertebra, and head and neck regions. Here, we retrospectively evaluated our experience and propose a standard of care of, 国際会議

    ポスター発表

  • 腹腔動脈起始部狭窄に伴う下膵十二指腸動脈瘤破裂に対するTAE後に十二指腸狭窄をきたした1例

    祖父江慶太郎, 山口雅人, 井戸口孝二, 岡田卓也, 上嶋英介, Akhmadu Muradi, 片山直人, 杉本幸司

    関西IVR地方会, 2013年06月, 日本語, 関西IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鈍的大動脈損傷に対する急性期IVR治療の現状

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕, 川嶋 隆久, 松岡 哲也

    第27回日本外傷学会総会, 2013年05月, 日本語, 日本外傷学会, 久留米, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • QOLを考慮した重症膝下病変に対する治療戦略 歩行機能維持を考慮した重症膝下動脈病変に対する治療戦略

    辻 義彦, 北野 育郎, 辻 依子, 杉本 幸司

    第41回日本血管外科学会学術総会, 2013年05月, 日本語, 日本血管外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IVRによる外傷診療戦略 鈍的大動脈損傷に対する急性期IVR治療

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕, 川嶋 隆久, 松岡 哲也

    第27回日本外傷学会定期学術集会, 2013年05月, 日本語, 日本外傷学会, 久留米, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • EVAR後type 2 endoleakに対する治療

    野村 佳克, 後竹 康子, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 井上 武, 南 一司, 岡田 健次, 宮本 直和, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 杉本 幸司, 大北 裕

    第41回日本血管外科学会学術総会, 2013年05月, 日本語, 日本血管外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の適応拡大における問題点

    野村 佳克, 後竹 康子, 木下 史子, 小原 大見, 中井 秀和, 山中 勝弘, 白坂 知識, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 井上 武, 南 一司, 岡田 健次, 上嶋 英介, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 大北 裕

    第113回日本外科学会定期学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の適応拡大における問題点 IFU外症例に対するステントグラフト内挿術の治療成績

    杉本 幸司, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 野村 佳克, 大北 裕

    第113回日本外科学会定期学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本外科学会, 福岡, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 大腿動脈閉塞性病変に対するInterventional Radiology 技術ならびに治療成績と最新の話題

    杉本 幸司

    第72回日本医学放射線学会総会, 2013年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 重症虚血肢に対する集学的治療 更なる救肢への挑戦 救肢不成功例からみた重症虚血肢に対するバイパス手術の意義と限界

    辻 義彦, 北野 育郎, 辻 依子, 杉本 幸司

    第113回日本外科学会定期学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 若手腹部救急医育成のためのIVR研修 -subspecialityへの道-

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 松岡 哲也

    第49回日本腹部救急医学会総会, 2013年03月, 日本語, 日本腹部救急医学会, 福岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 腹部大動脈瘤の治療成績 EVAR vs Open Surgery

    野村 佳克, 竹歳 秀人, 小原 大見, 白坂 知識, 宮原 俊介, 山中 勝弘, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 田中 亜紀子, 井上 武, 岡 隆紀, 岡田 健次, 大北 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第43回心臓血管外科学会, 2013年02月, 日本語, 日本心臓血管外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鎖骨下静脈からの中心静脈カテーテル挿入に伴う胸肩峰動脈損傷に対して動脈塞栓術を施行した2例

    祖父江慶太郎, 山口雅人, 坂本憲昭, 奥野晃章, 井戸口孝二, 上嶋英介, 杉本幸司, 川崎竜太

    日本IVR学会第33回関西地方会, 2013年02月, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Study of the Foot Angiosome Seen from Viewpoint of Wound Healing in Critical Limb Ischemia

    Sayuri Osawa, Hiroto Terashi, Yoriko Tsuji, Ikuro Kitano, Sugimoto K

    The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 日本語, Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Selective embolization for recurrent high-flow renal arteriovenoous fistula with aneurysmal change caused by self-stabbing in a hara-kiri suicide attempt

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 堀 信一, 松岡 哲也

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe 2012, 2012年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, Portugal, 国際会議

    ポスター発表

  • Mid-term results of stent-graft treatment for Ureteroarterial Fistula

    Masato Yamaguchi, Takuya Okada, Noriaki Sakamoto, Teruaki Okuno, Koji Idoguchi, Akhmadu Muradi, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    14th Asia Oceanian Congress of Radiology, 2012年09月, 英語, Asia Oceanian Congress of Radiology, Sydney, Australia, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Midterm results of endovascular stent-graft placement for ureteroarterial fistulas (UAFs)

    Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Akhmadu Muradi, Yoshikatsu Nomura, Kensuke Uotani, Koji Idoguchi, Naokazu Miyamoto, Ryota Kawasaki, Takanori Taniguchi, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    CIRSE 2012, 2012年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, Lisbon, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血に対する血行再建術の選択(血管内治療とバイパス術の比較・検討)

    北野 育郎, 辻 依子, 石田 泰久, 中山 真紀, 辻 義彦, 寺師 浩人, 杉本 幸司

    第4回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 名古屋, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Endovascular Treatment for Traumatic Aortic Injury

    杉本 幸司, 森 岳樹, 山口 雅人

    10th Asia-Pacific Congress of Cardiovascular and Interventional Radiology, 2012年05月, 英語, Asia-Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology, Kobe, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • CLI治療のトレンド-CLI治療のパラダイムシフト(血管内治療とバイパス術の比較・検討)

    北野 育郎, 辻 義彦, 辻 依子, 石田 泰久, 中山 真紀, 杉本 幸司, 寺師 浩人

    第40回日本血管外科学会学術総会, 2012年05月, 日本語, 日本血管外科学会, 長野, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Endovascular Creation of Aortic Dissection in a Swine Model: Technical Development and Possible Uses

    山口雅人, 岡田卓也, 奥野晃章, 井戸口孝二, 坂本憲昭, 杉村和朗, 杉本幸司

    2012 SIR (Society of Inteventional Radiology) 37th Annual Scientific Meeting., 2012年03月, 英語, Society of Inteventional Radiology, サンフランシスコ, アメリカ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Fontaine IV度の虚血肢に対するバイパス手術と術後フットケアについて

    北野 育郎, 辻 義彦, 辻 依子, 石田 泰久, 中山 真紀, 杉本 幸司, 寺師 浩人

    (社)日本形成外科学会 九州支部学術集会 第87回例会, 2011年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 大分, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腹部大動脈瘤に対する企業製ステントグラフト内挿術(EVAR)の早期・中間期成績

    山口雅人, 岡田卓也, 坂本憲昭, 井戸口孝二, 杉村和朗, 杉本幸司, 野村佳克, 北川敦士, 大北裕

    第40回日本IVR学会総会, 2011年05月, 日本語, 日本IVR学会, 青森, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腹部大動脈限局解離にステント留置が奏功した一例

    坂本憲昭, 山口雅人, 岡田卓也, 井戸口孝二, 藤井正彦, 杉村和朗, 杉本幸司, 野村佳克, 藤田靖之, 北川敦士, 大北裕

    日本INTERVENTIONAL RADIOLOGY 学会、第29 回関西地方会、第50 回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 2011年02月, 日本語, 日本IVR学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腹部大動脈限局解離にステント留置が奏功した一例

    坂本憲昭, 山口雅人, 岡田卓也, 井戸口孝二, 藤井正彦, 杉村和朗, 杉本幸司, 野村佳克, 藤田靖之, 北川敦士, 大北裕

    第30回日本IVR学会関西地方会, 2011年02月, 日本語, 日本IVR学会関西IVR事務局, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 血栓吸引療法を行った上腸間膜動脈閉塞症の3例

    川崎竜太, 宮本直和, 大森美佳, 山口雅人, 杉本幸司

    第29回日本IVR学会関西地方会, 2011年02月, 日本語, 日本IVR学会関西IVR事務局, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • カバードステント留置約二年後に再発を来した尿管腸骨動脈婁の一例

    井戸口孝二, 山口雅人, 岡田卓也, 坂本憲昭, 藤井正彦, 杉村和朗, 杉本幸司, 野村佳克, 藤田靖之, 北川敦士, 大北裕

    第30回日本IVR学会関西地方会, 2011年02月, 日本語, 日本IVR学会関西IVR事務局, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TEVAR の急性期、遠隔期イベント発生に及ぼす危険因子の検討

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 岡 隆紀, 南一司, 井上武, 宗像宏, 田中亜希子, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第41回日本心臓血管外科学会, 2011年02月, 日本語, 日本心臓血管外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院におけるAdamkiewicz動脈同定の現状

    魚谷健祐, 河野 淳, 山口雅人, 藤井正彦, 北川敦士, 大北 裕, 杉本幸司, 杉村和朗

    第72回心臓血管放射線研究会, 2011年01月, 日本語, 日本心臓血管放射線研究会, 愛媛, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Anatomical applicability of EVAR in Japanese AAA patients---Which endograft is best?’

    Atsushi Kitagawa, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    37th annual VEITH symposium, 2010年11月, 英語, Internasional Society of Vascular Surgery, ニューヨーク, アメリカ, 国際会議

    ポスター発表

  • 日本人大動脈弁狭窄症患者におけるカテーテル大動脈弁置換術の適合性

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 岡 隆紀, 南一司, 井上武, 宗像宏, 田中亜希子, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第63回日本胸部外科学会, 2010年10月, 日本語, 日本胸部外科学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The role of lymphangiography for postoperative chylothorax and chylous ascites

    川崎竜太, 杉本幸司, 藤井正彦, 岡田卓也, 山口雅人, 伊崎健太, 魚谷健祐, 杉村和朗

    CIRSE 2010, 2010年10月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, バレンシア, スペイン, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Perctaneous embolectomy with Fogarty Thru-Lumen catheter for graft thrombosis after pancreas transplantation: report of a case

    伊崎健太, 山口雅人, 魚谷健祐, 岡田卓也, 杉本幸司, 杉村和朗

    CIRSE 2010, 2010年10月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, バレンシア, スペイン, 国際会議

    ポスター発表

  • Is embolization of pancreas safe? An experimental study on pancreas changes induced by selective transarterial embolization with n-butyl cyanoacrylate

    岡田卓也, 山口雅人, 伊崎健太, 魚谷健祐, 高橋卓也, 杉本幸司, 杉村和朗

    CIRSE 2010, 2010年10月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, バレンシア, スペイン, 国際会議

    ポスター発表

  • GORE TAGの初期・中期使用成績

    山口雅人, 杉本幸司, 岡田卓也, 杉村和朗, 北川敦士, 大北裕

    日本脈管学会総会, 2010年10月, 日本語, 日本脈管学会, 旭川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 豚モデルを用いたNBCA塞栓による膵の病理学的変化に関する検討

    岡田卓也, 山口雅人, 魚谷健祐, 伊崎健太, 杉本幸司, 杉村和朗

    第39回日本IVR学会総会, 2010年08月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 動脈塞栓術にて止血しえた十二指腸傍乳頭憩室出血の一例

    西濱晴香, 伊崎健太, 山口雅人, 魚谷健祐, 岡田卓也, 杉本幸司, 藤井正彦, 杉村和朗

    第39回日本IVR学会総会, 2010年08月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 大動脈・末梢動脈疾患に対する救急IVR

    山口雅人, 杉本幸司, 築部卓郎, 森岳樹, 北川敦士, 伊崎健太, 岡田卓也, 大北裕, 杉村和朗

    第39回日本IVR学会総会, 2010年08月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 脊椎炎症性疾患に対するCTガイド下生検

    伊崎健太, 岡田卓也, 魚谷健祐, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第39回日本IVR学会総会, 2010年08月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 胸部大動脈に対するステントグラフト治療の適応と限界

    杉本幸司, 山口雅人, 森岳樹, 築部卓郎, 北川敦士, 大北裕, 杉村和朗

    第39回日本IVR学会総会, 2010年08月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 肝胆膵術後の総~固有肝動脈出血に対するIVRの検討

    魚谷健祐, 伊崎健太, 山口雅人, 岡田卓也, 杉本幸司, 杉村和朗

    第39回日本IVR学会総会, 2010年08月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 足病外科におけるコラボレーション~足を救うためのBest Practice~ 血管外科医の立場から

    辻 義彦, 北野 育郎, 辻 依子, 森脇 綾, 梶田 智, 寺師 浩人, 杉本 幸司, 澤田 勝寛

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 足病におけるコラボレーション-血管外科医の立場から

    辻 義彦, 北野 育郎, 辻 依子, 森脇 綾, 梶田 智, 寺師 浩人, 杉本 幸司, 澤田 勝寛

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • A comparative analysis of open and endovascular repair for descending thoracic aorta pathologypathologyA comparative analysis of open and endovascular repair for descending thoracic aortapathology

    Atsushi Kitagawa, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    11th annual congress of Asian Society for Vascular Surgery, 2010年07月, 英語, Asian Society for Vascular Surgery, 京都, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 大動脈ステントグラフトの現状

    杉本幸司

    第28回日本IVR学会関西地方会, 2010年06月, 日本語, 日本IVR学会関西IVR事務局, 大阪, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 広範囲胸部大動脈瘤に対するハイブリッド手術の問題点

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 長谷川智巳, 松森正術, 南一司, 宗像宏, 田中亜希子, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第53回関西胸部外科学会, 2010年06月, 日本語, 関西胸部外科学会, 名古屋, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 外傷性腹部大動脈閉塞に対して血管内治療が奏功した一例

    岡田卓也, 山口雅人, 坂本憲昭, 伊崎健太, 井戸口孝二, 杉本幸司, 藤井正彦, 杉村和朗, 北川敦士, 田中亜希子, 大北裕

    第28回日本IVR学会関西地方会, 2010年06月, 日本語, 日本IVR学会関西IVR事務局, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 動脈性出血に対するN-butyl-2-cyanoacrylateの使用経験

    魚谷健祐, 山口雅人, 伊崎健太, 岡田卓也, 杉本幸司, 藤井正彦, 杉村和朗

    第69回日本医学放射線学会総会, 2010年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TEVARの適応と限界 Shaggy aortaはcontraindicationか?

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 長谷川智巳, 松森正術, 南一司, 宗像宏, 田中亜希子, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第110回日本外科学会, 2010年04月, 日本語, 日本外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自作ステントグラフトによるTEVARの遠隔成績

    北川敦士, 田中亜紀子, 宗像宏, 松森正術, 南一司, 長谷川智巳, 岡田健次, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗, 大北裕

    第47回日本人工臓器学会総会, 2009年11月, 日本語, 日本人工臓器学会, 新潟, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Shaggy aorta症例に対するTEVAR---SMA閉塞バルーンの有用性

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 長谷川智巳, 南一司, 松森正術, 宗像宏, 田中亜紀子, 野村佳克, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第62回日本胸部外科学会総会, 2009年10月, 日本語, 日本胸部外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Clinical outcome of transcatheter arterial embolization with N-butyl-2-cyanoacrylate for acute arterial hemorrhage

    Kensuke Uotani, Masato Yamaguchi, Kenta Izaki, Takuya Okada, Ryota Kawasaki, Koji Sugimoto, Kazuro Sugimura

    CIRSE 2009, 2009年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, リスボン, ポルトガル, 国際会議

    ポスター発表

  • 大腸憩室出血に対するN-butyl-2- cyanoacrylate (NBCA)の使用経験

    魚谷健祐, 伊崎健太, 山口雅人, 岡田卓也, 杉本幸司, 杉村和朗

    第38回日本IVR学会総会, 2009年08月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対するMatsui-Kitamuraステントグラフト留置術の有用性

    山口雅人, 杉本幸司, 森岳樹, 伊崎健太, 魚谷健祐, 奥野晃章, 岡田卓也, 上嶋英介, 藤井正彦, 杉村和朗, 築部卓郎, 松川律, 原口知則, 小澤修一, 北川敦士, 野村佳克, 大北裕

    第38回日本IVR学会総会, 2009年08月, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 追加治療を要したTEVAR症例の検討

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 長谷川智巳, 南一司, 松森正術, 宗像宏, 田中亜紀子, 野村佳克, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第52回関西胸部外科学会, 2009年06月, 日本語, 関西胸部外科学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肝胆膵術後の総~固有肝動脈領域出血に対するIVRの検討

    魚谷健祐, 伊崎健太, 山口雅人, 岡田卓也, 杉本幸司, 藤井正彦, 杉村和朗

    第47回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会, 2009年06月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Balloon protection of superior mesenteric artery to prevent mesenteric ischemia during TEVAR for shaggy aorta

    A Kitagawa, Y Okita, K Okada, T Hasegawa, K Minami, H Munakata, A Tanaka, Y Nomura, M Yamaguchi, K Sugimoto, K Sugimura

    The 10th Multidisciplinary European Endovascular Therapy, 2009年06月, 英語, Multidisciplinary European Endovascular Therapy, カンヌ, フランス, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 膵炎・膵術後に合併した仮性動脈瘤に対するNBCA を用いた動脈塞栓術

    伊崎健太, 岡田卓也, 魚谷健祐, 山口雅人, 杉本幸司, 藤井正彦, 杉村和朗

    第38回日本IVR学会総会, 2009年05月, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対するMatsui-Kitamuraステントグラフト留置術の有用性

    山口雅人, 杉本幸司, 森岳樹, 伊崎健太, 杉村和朗, 築部卓郎, 松川律, 原口知則, 川平敏博, 林太郎, 小澤修一, 北川敦士, 野村佳克, 大北裕

    第37回日本血管外科学会総会, 2009年05月, 日本語, 日本血管外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EVAR --- Is it available for most of Japanese AAA patients?

    A Kitagawa, Y Okita, K Okada, T Hasegawa, K Minami, M Matsumori, Y Nomura, M Yamaguchi, K Sugimoto, K Sugimura

    第36 回日本血管外科学会総会, 2009年05月, 英語, 日本血管外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胸部大動脈破裂に対する検討: TEVAR vs open surgery

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 長谷川智巳, 南一司, 松森正術, 宗像宏, 田中亜紀子, 野村佳克, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第61回日本外科学会総会, 2009年04月, 日本語, 日本外科学会, 福岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 胸部下行大動脈破裂:TEVAR とopen surgery の比較と問題点

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 長谷川智巳, 南一司, 松森正術, 宗像宏, 田中亜紀子, 野村佳克, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第39回日本心臓血管外科学会総会, 2009年04月, 日本語, 日本心臓血管外科学会, 富山, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 糖尿病性足潰瘍・壊疽(with/without PAD)治療における形成外科医の役割-歩行機能を温存する

    寺師浩人, 櫻井沙由理, 辻義彦, 杉本幸司

    第1回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2009年01月, 日本語, 日本創傷外科学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Comparative analysis of ruptured descending thoracic aortic aneurysms between TEVAR and open surgery

    Atsushi Kitagawa, Koji Sugimoto, Masato Yamaguchi, Kenji Okada, Yutaka Okita

    The 21th International Symposium on Endovascular Surgery, 2009年01月, 英語, International Society of Endovascular Surgery, ハリウッド, アメリカ, 国際会議

    ポスター発表

  • Endovascular treatment for lower limb ischemia complicating aortic dissection.

    Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Ryota Kawasaki, Tetsuo Maeda, Kenta Izaki, Masahiko Fujii, Kazuro Sugimura

    ISIR&JSIR2008, 2008年05月, 英語, 日本IVR学会, 軽井沢, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Endovascular treatment for acute branch stenosis or obstruction after branched graft replacement

    Ryota Kawasaki, Koji Sugimoto, Takanori Taniguchi, Masakatsu Tsurusaki, Masahiko Fujii, Kazuro Sugimura, Yutaka Okita

    CIRSE2007, 2007年09月, 英語, cardiovascular and interventional radiological society of europa, アテネ, ギリシャ, 国際会議

    ポスター発表

  • Curved nitinol stent graft (Matsui-Kitamura stent graft) placement for treatment of blunt injury to the thoracic aorta: early experience

    山口雅人, 杉本幸司, 築部卓郎, 中村雅彦, 谷口尚範, 川崎竜太, 杉村和朗, 大北裕

    2007CIRSE(CardiovascularandInterventionalRadiologicalSocietyofEurope)AnnualScientificMeeting., 2007年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, アテネ, ギリシャ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 透析シャントPTAにおける術者被曝

    川崎竜太, 杉本幸司, 谷口尚範, 鶴崎正勝, 藤井正彦, 杉村和朗

    第36回IVR学会総会, 2007年05月, 日本語, 日本Interventional Radiology学会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対するステントグラフト内挿術の治療経験

    山口雅人, 杉本幸司, 築部卓郎, 中村雅彦

    第36回日本IVR学会総会, 2007年05月, 日本語, 日本IVR学会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鎖骨下静脈穿刺- 透視上の穿刺点の目安について -

    川崎竜太, 杉本幸司, 谷口尚範, 鶴崎正勝, 藤井正彦, 杉村和朗

    第66回日本医学放射線学会総会, 2007年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    その他

  • パラレルイメージング法を用いた腹部ADC測定の精度と有用性.

    吉川 武, 川光 秀昭, 大野 良治, 久保 和広, 岩間 祐基, 鶴崎 正勝, 川崎 竜太, 谷口 尚範, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    第33回日本磁気共鳴医学会大会, 2005年09月, 日本語, 日本磁気共鳴医学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • Complications after Transcatheter Arterial Embolization for Pelvic Fractures.

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 杉原 良, 魚谷 健祐, サモラ カルロス, 橋村 宏美, 杉村 和朗

    ISIR & JSAIR 2005, 2005年05月, 日本語, 日本IVR学会, 兵庫, 国内会議

    ポスター発表

  • 肝細胞癌門脈腫瘍栓に対する門脈ステント留置術の初期経験:肝動脈塞栓術先行放射線治療との併用

    鶴崎 正勝, 川崎 竜太, 谷口 尚範, 岩間 祐基, サモラ カルロス, 岡本 欣晃, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 山口 雅人

    第64回日本医学放射線学会総会・学術集会, 2005年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • IVR-MDCTシステム活用法 門脈MIP像の有用性を中心に

    谷口 尚範, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 杉原 良, 魚谷 健祐, 橋村 宏美, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    第64回日本医学放射線学会学術集会, 2005年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 門脈系IVRの完遂にMDCTを用いたCTAPが有用であった2例

    谷口 尚範, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 杉原 良, 魚谷 健祐, 橋村 宏美, カルロス サモラ, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    第17回日本IVR学会関西地方会, 2005年02月, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Phase I/II clinical trial of Ad-OC-TK plus VAL for the patients with metastatic or local recurrent prostate cancer: Initial Experience in Japan

    Shirakawa T, Hinata N, Terao S, Shigemura K, Wada Y, Kamidono S, Taniguchi N, Fukushima K, Sugimoto K, Sugimura k, Matsuo M, Kao C, Gardner TA, Chung LWK, Gotoh A

    American Society of Gene Therapy Annual Meeting(7th), 2004年06月, 英語, American Society of Gene Therapy, ミネアポリス, 国際会議

    ポスター発表

  • 感染性大動脈瘤に対するステントグラフト留置術の可能性

    谷口 尚範, 杉本 幸司, 辻 義彦, 山口 雅人, 岩間 祐基, 鶴崎 正勝, 川崎 竜太, カルロス サモラ, 大北 裕, 杉村 和朗

    第33回日本IVR学会総会, 2004年05月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 全肝dynamic studyにおけるsingle detector-CTとmulti detector-CTの造影効果の比較

    鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 吉川 武, 岩間 祐基, 山口 雅人, サモラ カルロス, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    第63回日本医学放射線学会総会・学術集会, 2004年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 所見システムと連動したティーチングファイルシステムの有用性について

    藤井 正彦, 谷口 尚範, 北村 ゆり, 楫 靖, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 村山 貞之, 宜保 昌樹, 松田 明良, 赤田 一郎

    第63回日本医学放射線学会総会・学術発表会, 2004年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • MDCTを用いた全肝dynamic CTによる肝細胞癌診断における造影剤濃度の影響

    鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 吉川 武, 岩間 祐基, 山口 雅人, サモラ カルロス, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    第63回日本医学放射線学会総会・学術集会, 2004年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • MDCTを用いた骨盤下肢動脈CTAの描出能に関する検討 造影剤150ml投与の有用性を中心に

    谷口 尚範, 藤井 正彦, 杉本 幸司, 吉川 武, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 山口 雅人, カルロス サモラ, 杉村 和朗

    第63回日本医学放射線学会学術集会, 2004年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ステント留置が奏功した生体肝移植後の肝静脈ー下大静脈狭窄の一例ー

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 鶴崎 正勝, 山口 雅人, 岩間 祐基, Zamora Carlos, 吉川 武, 杉村 和朗

    第15回日本血管造影・Interventional Radiology学会, 2004年02月, 日本語, 日本血管造影・Interventional Radiology学会, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • Breath-hold T2-weighted Gradient- and Spin-echo (GRASE) Imaging in Detection and Characterization of Focal Liver Lesions.

    吉川 武, 廣田 省三, 大野 良治, 前田 隆樹, 吉儀 淳, 杉本 幸司, 小田 一成, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    第89回北米放射線学会大会, 2003年11月, 英語, 北米放射線学会, シカゴ, 国際会議

    ポスター発表

  • 肝腫瘤性病変診断における呼吸停止下SPIO造影GRASE法T2強調像の検討-呼吸停止下・同期下FSE法との比較-.

    吉川 武, 廣田 省三, 大野 良治, 前田 隆樹, 小田 一成, 吉儀 淳, 松本 真一, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    第31回日本磁気共鳴医学会大会, 2003年09月, 日本語, 日本磁気共鳴医学会, 富士吉田, 国内会議

    ポスター発表

  • 重篤な呼吸・循環不全を呈したモルヒネ中毒の一例

    前田 裕仁, 高橋 晃, 岡田 直己, 宮崎 大, 中村 雅彦, 大森 裕, 川嶋 隆久, 石井 昇, 木尾 祐子, 杉本 幸司

    第88回日本救急医学会近畿地方会, 2003年07月, 日本語, 日本救急医学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 透析シャント不全に対する外来での日帰り血管内治療の検討

    鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 山口 雅人, 岩間 祐基, 伊崎 健太, 森 岳樹

    第33回日本IVR学会総会, 2003年05月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 示唆に富む肝結節病変の画像と病理 多発性高分化肝細胞癌の1例

    片山 恵, 瀬尾 靖, 濱野 建一, 中治 美有紀, 矢野 嘉彦, 田口 高志, 二宮 俊明, 尹 聖哲, 春日 雅人, 林 祥剛, 杉本 幸司

    第39回日本肝臓学会総会, 2003年05月, 日本語, 日本肝臓学会, 福岡, 国内会議

    その他

  • 肝腫瘤MRI診断における呼吸停止下SPIO造影GRASE法 T2強調像の検討.

    吉川 武, 廣田 省三, 大野 良治, 前田 隆樹, 吉儀 淳, 小田 一成, 松本 真一, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 北垣 一

    第62回日本医学放射線学会総会, 2003年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • MDCTを用いたdynamic CT撮像における造影剤濃度の膵臓の造影効果への影響

    鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 伊崎 健太, 岩間 祐基, 谷口 尚範, アルマンド サモラ, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 森 岳樹

    第62回日本医学放射線学会総会・学術集会, 2003年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IVR-MDCTを用いた胃静脈瘤のGrade分類

    谷口 尚範, 杉本 幸司, 岩間 祐基, 伊崎 健太, 鶴崎 正勝, カルロス サモラ, 杉村 和朗, 森 岳樹, 福田 哲也, 廣田 省三

    第62回日本医学放射線学会学術集会, 2003年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

共同研究・競争的資金等の研究課題