研究者紹介システム

宮尾 学
ミヤオ マナブ
大学院経営学研究科 経営学専攻
准教授
商学・経済学関係
Last Updated :2021/10/12

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院経営学研究科 経営学専攻
  • 【配置】

    経営学部 経営学科

学位

  • 博士(経営学), 神戸大学

授業科目

ジャンル

  • 経営・産業 / 製造業
  • 経営・産業 / イノベーション

コメントテーマ

  • 工業経営
  • 技術管理
  • 新製品開発
  • イノベーション
  • 技術論
  • 伝統産業

研究活動

プロフィール情報

  • プロフィール

    1975年兵庫県生まれ。2000年京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻博士前期課程を修了後,サンスター株式会社にて研究開発や商品企画を担当。同社勤務の傍ら,2006年神戸大学大学院経営学研究科専門職学位課程,2010年同博士後期課程を修了し,博士(経営学)を取得。
    2011年滋賀県立大学人間文化学部生活デザイン学科助教。2014年より現職。主な研究テーマはテクノロジー・マネジメント,製品開発,イノベーションで,特にイノベーションに対する組織的な抵抗を克服する方法を模索している。著書に『製品開発と市場創造』『ベーシックプラス 技術経営』(共編著)。

研究キーワード

  • Technology Management
  • 製品開発論
  • 経営戦略論
  • マーケティング論
  • 技術管理論

研究分野

  • 人文・社会 / 経営学

委員歴

  • 2017年04月, 日本経営学会, 関西部会幹事
  • 2014年04月, Japan Academy of Business Administration, Review Board member: Journal of business management
  • 2014年04月, 日本経営学会, 編集委員『日本経営学会誌』

受賞

  • 2017年09月 日本経営学会, 日本経営学会賞(著書部門), 製品開発と市場創造:技術の社会的形成アプローチによる探求

    宮尾 学

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

論文

  • Manabu Miyao

    PurposeThis study aims to provide a comprehensive explanation of the linkage between premium segments and product innovation. While previous literature confirms that product innovation triggers premium segment emergence, and vice versa, there is no satisfactory explanation regarding the underlying mechanisms that drive the mutual shaping of premium segments and product innovation. This paper attempts to address this gap in literature. Design/methodology/approachThis study employs a cognitive model of technology trajectories and empirically examines the Japanese rice cooker market using a mixed-methods approach. The methods used consist of content analyses of newspaper articles and press releases and case analyses of manufacturers' new product development. FindingsContent analyses show the emergence of a premium segment within the Japanese rice cooker market as well as a simultaneous change in technology trajectories. Case analyses subsequently reveal the mechanisms that link the premium segment emergence and technology trajectory changes. The analyses also explore this linkage in detail; market actors' technological frames and interpretation processes mediate the mutual shaping of the premium segment and product innovations. Originality/valueThis study presents quantitative evidence indicating the emergence of a premium segment and changes in technology trajectories. It provides a qualitative explanation for the linkage between these two phenomena, which may serve as a viable foundation for future research in premium strategy.

    Emerald, 2021年08月09日, Asia Pacific Journal of Marketing and Logistics, 33 (8), 1709 - 1722

    研究論文(学術雑誌)

  • 宮尾学

    2020年10月, 国民経済雑誌, 222 (4), 1 - 13, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 中川功一, 服部泰宏, 佐々木将人, 宮尾学

    2020年06月, 組織科学, 53 (4), 38 - 50, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 宮尾 学

    2018年12月, 国民経済雑誌, 218 (6), 27 - 43, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 宮尾 学

    2016年07月, 国民経済雑誌, 214 (1), 79 - 91, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 宮尾 学

    2016年03月, 組織科学, 49 (3), 21 - 32, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Manabu Miyao

    The product concept is crucial in new product development (NPD) because it represents an NPD project's goal. In this context, most prior studies have regarded product concept development as a linear process but some recent studies have revealed that it also has nonlinear characteristics. The objective of this paper is to explore why this inconsistency has arisen and to develop a model and theory that illustrate both aspects of product concept development. To achieve this, we adopt the perspective of organisational interpretation systems (Daft and Weick (1984). Toward a model of organisations as interpretation systems. Academy of Management Review, 9(2), 289-295) and explore eight product development cases. Consequently, we develop a three-stage model and find that the linearity or nonlinearity of product concept development is determined by each NPD team's assumption about the environment. We also consider product innovativeness and function equivocality, and establish that these are related to the NPD teams' assumptions about the environment.

    World Scientific Publishing Co. Pte Ltd, 2016年02月01日, International Journal of Innovation Management, 20 (2), 1650027, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 宮尾学, 原拓志

    2014年06月, 日本経営学会誌, 33, 61 - 72, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 製品カテゴリを再定義する新製品開発--技術の社会的形成アプローチによる検討

    宮尾 学

    白桃書房, 2011年, 組織科学, 44 (3), 120 - 131, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 新製品開発と製品カテゴリのダイナミクス

    宮尾 学

    2010年01月, 神戸大学大学院経営学研究科博士論文, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 製品カテゴリの社会的形成

    宮尾学

    Pioneering of a new product category to enjoy the first-mover advantage is a critical issue for manufacturing firms. However, a firm cannot simply choose to be a pioneer. We investigated interactions among market actors and product development teams to discover the process of new category generation by using the social shaping of technology approach. In a case study, we examined the "healthy tea beverage" category, which was identified as a tea beverage approved as Food for Specified Health Uses, packaged in a 350-ml PET bottle and priced relatively higher than conventional tea beverages. T...

    Japan Society of Business Administration, 2009年10月, 日本経営学会誌, 24 (24), 3 - 15, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Collective efficacy in open innovation: A mediator between open innovation hub’s support and employees’ innovative behavior

    宮尾学, 尾崎弘之

    2020年12月, 神戸大学大学院経営学研究科ディスカッションペーパー, 英語

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • ビッグ・サイエンスから顧客価値へ:ミルボンによる『イミュライズ』の開発

    宮尾学

    2020年01月, 神戸大学大学院経営学研究科ディスカッション・ペーパー, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 三菱電機株式会社「本炭釜 NJ-WS10」の開発

    宮尾 学

    2013年03月, 神戸大学大学院経営学研究科 ディスカッション・ペーパー, 2013 - 15, 日本語

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

  • 三菱電機株式会社「蒸気レスIH NJ-XS10J」の開発

    宮尾 学

    2013年03月, 神戸大学大学院経営学研究科 ディスカッション・ペーパー, 2013 - 16, 日本語

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

  • シャープ株式会社「ヘルシオ炊飯器」の開発

    宮尾 学

    2013年03月, 神戸大学大学院経営学研究科 ディスカッション・ペーパー, 2013 - 17, 日本語

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

  • 交通系ICカードのイノベーション : Suica・ICOCA・PiTaPaの事例研究

    宮尾 学, 原 拓志

    交通系ICカードのSuica,ICOCA,PiTaPa,これら交通系ICカードに用いられているFeliCa,および電子マネーのEdyの開発について事例研究を行った。事例の記述にあたっては,技術の社会的形成アプローチを採用し,これら交通系ICカードのサービスに違いが生じた理由を考察した。事例からは,ICカード改札システムを開発したそれぞれの主体に関連する物的存在(例えば,駅務機器)や制度的・構造的要因(例えば,競争環境)が異なっていたこと,これらの影響によって主体によるICカード改札システムに対する意味づけが異なっていたこと,その結果それぞれのICカードのサービスに違いが生じたことが明らかとなった。

    神戸大学大学院経営学研究科, 2012年, 神戸大学経営学研究科 Discussion paper, 2012 (0), 2012 - 27, 日本語

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

  • 技術の社会的形成アプローチによる新製品開発研究

    宮尾学

    2008年, 神戸大学大学院 経営学研究科 博士後期課程 第二論文

  • 宮尾学

    2006年, 神戸大学大学院 経営学研究科 専門職学位論文

書籍等出版物

  • 経営学の開拓者たち―神戸大学経営学部の軌跡と挑戦

    上林 憲雄, 清水 泰洋, 平野 恭平

    分担執筆, 第12章, 2021年04月

  • プレMBAの知的武装

    神戸大学大学院経営学研究科

    分担執筆, 第7章 ロジカルライティング ; 第11章 技術経営を俯瞰する, 中央経済社,中央経済グループパブリッシング(発売), 2021年03月, 日本語, ISBN: 9784502376511

  • ベーシックプラス 技術経営

    原拓志, 宮尾 学

    共編者(共編著者), 中央経済社, 2017年09月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 製品開発と市場創造:技術の社会的形成アプローチによる探求

    宮尾 学

    単著, 白桃書房, 2016年06月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • イノベーション実現のための組織内ポリティクス

    宮尾学, 庭本佳子, Gina, O'Conner

    日本経営学会第94回全国大会, 2020年09月04日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • オープン・イノベーション推進における 社内ハブの役割

    宮尾学, 尾崎弘之

    組織学会研究発表大会, 2020年06月06日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • The Uncertainty-handling Function of Politics during Breakthrough Innovation: Nemawashi in Japanese Firms

    Miyao, M, Niwamoto, Y. O'Connor, G

    JPIM Research Forum, 2019年11月02日, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Handling Uncertainty during Breakthrough Innovation Project: Nemawashi in Japanese Firms

    宮尾 学

    ISPIM Connect Fukuoka 2018, 2018年12月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • A study on market emergence as social shaping of technology

    宮尾 学

    ISPIM Innovation Forum, 2018年03月, 英語, ISPIM, Boston, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Organizational Ambiguity Tolerance in an Innovation Project

    宮尾 学, Endo, Takahiro, Peters, Lois S

    PDMA Research Forum, 2017年11月, 英語, PDMA, Chicago, 国際会議

    ポスター発表

  • イノベーションの初期段階における曖昧さのマネジメント

    宮尾 学

    組織学会研究発表大会, 2017年06月, 日本語, 組織学会, 滋賀大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Organizational ambiguity tolerance in new product development

    宮尾 学

    ISPIM Innovation Forum, 2016年03月, 英語, International Society of Professional Innovation Management, Hilton Boston Back Bay, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 新たな市場を形成する製品開発:高級炊飯器の事例研究

    宮尾 学

    組織学会研究発表大会, 2015年06月, 日本語, 組織学会, 一橋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • New product development in an emerging market: Case studies in the premium rice cooker market

    宮尾 学

    IFSAM2014 World Congress in Tokyo, 2014年09月, 英語, Meiji University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • International supplier system of the Japanese Traditional Industry: The case study on outsourcing of Shibori (tie-dye) manufacturing from Arimatsu Japan to China

    宮尾 学, Yousuke Fujiki, Kaori Ueda

    IFSAM2014 World Congress in Tokyo, 2014年09月, 英語, Meiji University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 新市場の形成期における製品開発―高級炊飯器市場の事例研究

    宮尾 学

    日本マーケティング学会カンファレンス, 2013年11月, 日本語, 日本マーケティング学会, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 開発途中における製品コンセプト変更のマネジメント

    宮尾 学

    組織学会研究発表大会, 2013年06月, 日本語, 組織学会, 専修大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 技術の社会的形成[組織論レビュー]

    宮尾 学

    組織学会2013年度年次大会, 2012年10月, 日本語, -, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イノベーションの普及と技術の社会的形成 ―交通系ICカードの事例研究

    宮尾 学

    日本経営学会第86回大会, 2012年09月, 日本語, 日本大学商学部砧キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新製品開発における説得 ―事例研究による試論的検討

    宮尾 学

    日本MOT学会 2011年度年次研究発表会, 2012年03月, 日本語, 立命館大学びわこ・くさつキャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 交通系ICカードのイノベーション ―Suica・ICOCA・PiTaPaの比較

    宮尾 学

    日本経営学会関西部会第587回例会, 2012年01月, 日本語, 大阪市立大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 技術の社会的形成アプローチ ―消費財産業への応用―

    宮尾 学

    日本情報経営学会第62回全国大会, 2011年07月, 日本語, 神戸大学六甲台第1キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新製品開発研究における技術の社会的形成アプローチの有効性

    宮尾 学

    日本MOT学会2010年度年次研究発表会, 2011年03月, 日本語, エポック立命21(立命館大学びわこ・くさつ, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新たな製品カテゴリを形成する新製品開発

    宮尾 学

    組織学会2010年度研究発表大会, 2010年06月, 日本語, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新製品開発と市場の形成 ―ホワイトニング・ハミガキの事例

    宮尾 学

    企業家研究フォーラム2009年度年次大会, 2009年07月, 日本語, 大阪大学中之島センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 製品カテゴリの社会的形成 ―健康茶飲料の事例研究

    宮尾 学

    組織学会 2009年度研究発表大会, 2009年06月, 日本語, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 製品カテゴリの社会的形成 ―健康茶飲料の事例研究―

    組織学会2009年度研究発表大会, 2009年

  • 新製品開発と市場の形成 ―ホワイトニング・ハミガキの事例―

    企業家研究フォーラム2009年度年次大会, 2009年

  • 新製品開発と製品カテゴリのダイナミズム ―技術の社会的形成アプローチによる検討

    宮尾 学

    組織学会 2008年度研究発表大会, 2008年07月, 日本語, 関東学院大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新製品開発と製品カテゴリのダイナミズム ―技術の社会的形成アプローチによる検討

    宮尾 学

    日本経営学会関西部会第559回例会, 2008年07月, 日本語, キャンパスプラザ京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新製品開発と製品カテゴリのダイナミズム ―技術の社会的形成アプローチによる検討

    宮尾 学

    日本経営学会第83回大会, 2008年06月, 日本語, 九州産業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • International Society for Professional Innovation Management

  • Academy of Management

  • Product Development Management Association

  • 企業家研究フォーラム

  • 組織学会

  • 日本経営学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • イノベーションを継続的に成し遂げるための組織能力についての実証研究

    宮尾 学

    文部科学省, 科学研究費助成事業/基盤(C), 2018年04月 - 2023年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 日本企業のイノベーションに関する組織のミクロ基礎に注目した実態調査

    中川 功一, 佐々木 将人, 服部 泰宏, 宮尾 学, 延岡 健太郎

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 大阪大学, 2019年04月 - 2022年03月, 研究分担者

  • 顧客価値の創造における企業内研究との相互作用に関する定性研究

    長内 厚, 川上 智子, 椙山 泰生, 宮尾 学

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 早稲田大学, 2018年04月 - 2021年03月, 研究分担者

    本研究プロジェクトの2年目にあたる本年度は、昨年に引き続き、4つの研究領域を4人の研究者で分担し、各戸で定性研究のための調査、研究を進めてきた。 これまでの個々の研究者が分担して行ってきた製品開発と顧客価値に関する研究の成果 本年度当初は、2019年度末に研究代表者、分担研究者らの研究成果の中間報告を行うための研究会の実施を予定していたが、新型コロナウイルスによる各種イベントの自粛要請により、研究会の延期を決めた。 そのため、来年度中に改めて研究会の実施を計画するが、対面による研究会実施が難しい場合には、オンラインでの研究会実施も模索する。 宮尾・長内が本年度に実施した大企業におけるスタートアップ事業支援に関する事例の調査は、本研究において新たな顧客価値創造だけでなく、顧客が製品コンセプト開発に果たす役割について大きな示唆があり、Von Hippel教授に代表されるユーザーイノベーションの議論の拡張となるとともに、ユーザーイノベーションと顧客価値創造の統合的な議論が行えそうであるが、まだ十分な検討、議論を尽くしていない。本研究は探索的な研究プロジェクトであり、新たな理論構築のための非構造化インタビュー、半構造化インタビューを重ねてきたが、3カ年では、理論化しきれないが非常に興味深い事例も多数抽出できており、本年度もできる限り、引き続きこのテーマの研究を深めていきたいが、積み残した課題は次期科研費プロジェクトの研究テーマとして研究計画を構想することも企図する。

  • 桑田 耕太郎, 松嶋 登, 石川 哲也, 高田 昌樹, 原 拓志, 高尾 義明, 松尾 隆, 井上 福子, 高橋 勅徳, 西村 孝史, 水越 康介, 宮尾 学

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 首都大学東京, 2015年04月 - 2020年03月, 研究分担者

    本研究の目的は、所与の科学技術を産業利用する既存のイノベーション研究ではなく、科学技術の変化や産業構造の変化を伴った根源的なイノベーションのプロ セスを理解するための分析枠組みと理論を構築し、先端科学技術と産業の国際競争力の向上をダイナミックに結びつける理論と方法を確立することにある。 ビッ グサイエンスのリサーチサイトとして、理化学研究所の協力の下、大型放射光施設(SACLAやSPring-8)を取り上げ、多角的な分析を行った。

  • 宮尾 学

    学術研究助成基金助成金/若手研究(B), 2015年04月 - 2019年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 藤木 庸介, 真板 昭夫, 上田 香, 平尾 和洋, 宗本 晋作, 向坊 恭介, 宮尾 学, 村瀬 豊, 新道 弘之, 竹田 嘉兵衛, 竹田 耕三

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 滋賀県立大学, 2012年04月 - 2016年03月, 研究分担者

    本研究により、有松絞りの衰退原因は有松絞に対するニーズの減少のみならず、戦後より有松絞り製造の一部を下請けとして中国等の国外に移管したことにより、伝統的な職人社会の均衡が崩れ、生産システムが弱体化したことにも起因することが明らかとなった。こうしたことから、絞り産業の隆盛と共に、伝統的建造物によって形成された歴史的町並みも、絞り産業から離職するものが増加するにしたがい崩壊傾向に向かった。一方、絞り産業の再興を試みる新たな取組も現地において確認され、今後、こうした活動に期待を寄せるものである。

  • 宮尾 学

    文部科学省, 科学研究費補助金(研究活動スタート支援), 2011年 - 2012年, 研究代表者

    競争的資金