研究者紹介システム

松本 拓也
マツモト タクヤ
大学院工学研究科 応用化学専攻
講師
応用化学関係
Last Updated :2022/01/10

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院工学研究科 応用化学専攻
  • 【配置】

    工学部 応用化学科

学位

  • 博士(工学), 京都大学
  • 高分子表面改質による接着性改善と界面評価

授業科目

研究活動

研究分野

  • ナノテク・材料 / 高分子材料

論文

  • Tatsuya Sato, Shunichi Mori, Melati Septiyanti, Hiroyuki Nakamura, Chizuru Hongo, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    Elsevier BV, 2020年07月, Carbohydrate Research, 493, 108020 - 108020, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Atsunori Mori, Keisuke Fujita, Chihiro Kubota, Toyoko Suzuki, Kentaro Okano, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino, Masaki Horie

    Differently substituted thiophene−thiophene alternating copolymer was formally synthesized employing a halobithiophene as a monomer. Nickel-catalyzed polymerization of bithiophene, which substituent at the 3-position involves alkyl, fluoroalkyl, or oligosiloxane containing alkyl group, afforded the corresponding copolymer in good to excellent yield. The solubility test to organic solvents was performed to reveal several copolymers show a superior solubility. X-ray diffraction analysis of the thin film of the alternating copolymer composed of methyl and branched oligosiloxane substituents was also performed and found that the film suggested formation of dual-layered structure.

    Beilstein Institut, 2019年12月30日, 英語

    [査読有り]

  • Akira Miyagaki, Yusuke Kamaya, Takuya Matsumoto, Koji Honda, Masafumi Shibahara, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    American Chemical Society (ACS), 2019年07月30日, Langmuir, 35 (30), 9761 - 9768, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Seira Morimune-Moriya, Takuya Goto, Takashi Nishino

    Informa UK Limited, 2019年07月03日, Nanocomposites, 5 (3), 84 - 93, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Russell J. Varley, Buu Dao, Tri Nguyen, Sunglin Lee, Takashi Nishino

    Wiley, 2019年06月, Polymers for Advanced Technologies, 30 (6), 1525 - 1537, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • OGURA TADAYUKI, KUBOTA CHIHIRO, SUZUKI TOYOKO, OKANO KENTARO, TANAKA NORIKAZU, MATSUMOTO TAKUYA, NISHINO TAKASHI, MORI ATSUNORI, OKITA TAKUMI, FUNAHASHI MASAHIRO

    日本化学会, 2019年06月, Chemistry Letters, 48 (6), 611 - 614, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Manami Hara, Shigeru Kitahata, Keisuke Nishimori, Koki Miyahara, Kenta Morita, Kaya Tokuda, Takashi Nishino, Tatsuo Maruyama

    Springer Science and Business Media LLC, 2019年05月, Polymer Journal, 51 (5), 489 - 499, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Jian Shen, Iori Sugimoto, Takuya Matsumoto, Shohei Horike, Yasuko Koshiba, Kenji Ishida, Atsunori Mori, Takashi Nishino

    © 2018, The Society of Polymer Science, Japan. In this study, semiconductive elastomers composed of homopolythiophene with disiloxane moieties were developed. The crosslinked molecular structure in the polythiophene elastomers was introduced by dicumyl peroxide, one of the typical peroxide crosslinking reagents. The elastomers were produced through a hot-pressing process above the melting point of the polythiophene. Stress–strain curves that included tensile tests and cycle loading–unloading tests defined the crosslinked polythiophenes as elastomers. Their electrical conductivities were evaluated by two-point measurements under nondeformation and uniaxial deformation states. The results indicated that the concentration of crosslinking reagents greatly influenced the mechanical and electrical properties of crosslinking polymers. With the addition of the crosslinking reagent in concentrations from 2.5 phr to 10.0 phr, elongation at break decreased largely from 95% to 51%, while excellent elastic recoveries were observed. In the electrical resistivity measurements, all the crosslinking polymers possessed high stability of electrical properties against elongation.

    2019年02月01日, Polymer Journal, 51 (2), 257 - 263, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Lai Nang Duy, Ryo Sekiya, Masatoshi Tosaka, Shigeru Yamago, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino, Takayuki Ichikawa, Takeharu Haino

    The Chemical Society of Japan, 2019年01月05日, Chemistry Letters, 48 (1), 43 - 46, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Kato, Takuya Matsumoto, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    2019年01月, Nanocomposites, 4, 127 - 136, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroaki Ito, Mibuki Sakata, Chizuru Hongo, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    2019年01月, Nanocomposites, 4, 167 - 177, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Chun-Yen Liu, Daisuke Goto, Chizuru Hongo, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    2018年10月, ACS Applied Bio Materials, 1, 1362 - 1368, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Megumi Komada, Yuta Nakanishi, Takuya Matsumoto, Masaru Kotera, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    Primer treatments to improve the adhesive properties of isotactic polypropylene (it.PP) have advantages in terms of their simple process and reasonable costs. However, a large contribution to the optimization of the treatment condition is required because of many parameters for achieving high adhesion strength. In addition, the mechanisms of primer effects have not been explained completely. We investigated the primer effects of dimethyloctadecylamine on the it.PP surface from the viewpoint of structural and surface properties. The it.PP main chains in the thin film state were aligned in parallel to the substrates. After amine primer treatment, the dimethyloctadecylamine assembled on the it.PP layer within 5 h. The primer alignments enhanced adhesive strength between it.PP and cyanoacrylate adhesives. The surface free energy of it.PP and cyanoacrylate adhesives was also increased by primer treatment. The time dependence of primer effects on the adhesion strength and surface properties was clarified.

    Elsevier Ltd, 2018年08月01日, International Journal of Adhesion and Adhesives, 84, 173 - 177, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naoki Miyagawa, Toyoko Suzuki, Kentaro Okano, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino, Atsunori Mori

    Polyamide composed of furan dimer, which is prepared from biomass-derived organic molecule 2-furfural, is synthesized. The reaction of 2,2′-furan dimer 5,5′-dicarbonyl chloride with several 1,ω-diamines was carried out with a solution or interfacial polycondensation leading to the corresponding polyamide. Measurement of the melting point was performed resulting to exhibit a higher temperature compared with the related polyamide bearing a single furan ring composed of furan-2,5-dicarboxylic acid (FDCA). Thermal analyses (TG–DTA) also indicated higher temperatures of decomposition than those of FDCA-derived polyamide. © 2018 Wiley Periodicals, Inc. J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem. 2018, 56, 1516–1519.

    John Wiley and Sons Inc., 2018年07月15日, Journal of Polymer Science, Part A: Polymer Chemistry, 56 (14), 1516 - 1519, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kota Mizutani, Chizuru Hongo, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    A high performance and functional properties in pressure-sensitive adhesives (PSAs) are attractive in fundamental and industrial fields. To control the performance of PSAs, nanofillers have been loaded into them. In this study, we focused on composites of acrylic PSAs and nanodiamonds (NDs). The loaded NDs reinforced the mechanical properties and increased the performance of the PSAs. NDs in a PSA formed a network structure. In this study, we revealed that the acidic–basic state was a key factor in the control of the dispersion of the NDs. When a PSA emulsions and ND aqueous dispersion was mixed under basic conditions, the composites demonstrated higher PSA properties (tack, holding, and peeling strength). We investigated the effect of the ND loading on the PSA properties from the viewpoints of the nanostructure and acid–base interactions. © 2018 Wiley Periodicals, Inc. J. Appl. Polym. Sci. 2018, 135, 46349.

    John Wiley and Sons Inc., 2018年06月15日, Journal of Applied Polymer Science, 135 (23), 173 - 177, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mirei Usuba, Chizuru Hongo, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    We prepared microwave-responsive “on-demand-peeling” adhesives simply by mixing second-generation acrylic adhesives with ionic liquids. A rapid response (< 30 s for adhesive failure) to microwave irradiation was achieved using a microwave oven. This “on-demand-peeling” was attributed to local heating of the ionic liquid in the adhesive by microwave irradiation. In addition, the adhesive strength was not influenced by the ionic liquid additives without microwave irradiation. We revealed that the local heating and the plasticizing effect of the ionic liquid were the cause of the “on-demand-peeling”. Our preparation method for these microwave-responsive adhesives is simple, conventional, and attractive for the fundamental and industrial fields.

    Nature Publishing Group, 2018年06月07日, Polymer Journal, 50, 1 - 6, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Suchismita Chatterjee, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino, Tooru Ooya

    Poly(2-(methacryloyloxy)ethyl phosphorylcholine) (PMPC) is known as a biocompatible polymers. Copolymerization of 2-(methacryloyloxy)ethyl phosphorylcholine (MPC) and hydrophobic monomers is a general approach that gives bioinert functions to solid materials via the surface coating. However, due to the amorphous nature and super hydrophilicity of the MPC-based copolymers, both the surface and the mechanical properties are not controlled for biomedical applications. Here, the modulated mechanical property and the surface wettability of the MPC-based copolymers are shown by using a polyhedral oligomeric silsesquioxane (POSS) methacrylate. MPC is copolymerized with POSS methacrylates bearing different vertex groups of ethyl (C2H5), hexayl (C6H13), and octayl (C8H17) via radical polymerization. It is found that only the C2H5-POSS induces the increased mechanical strength, low surface wettability, and cellular attachment, suggesting that the C2H5-POSS moiety restricts the motion of PMPC chain. The finding is anticipated to be tuned for both surface and bulk functions of PMPC for biomedical applications.

    Wiley-VCH Verlag, 2018年04月01日, Macromolecular Chemistry and Physics, 219 (8), 17052, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Yuta Nakanishi, Chizuru Hongo, Hideki Hakukawa, Shin Horiuchi, Takashi Nishino

    The modification of surface properties of isotactic polypropylene (it.PP) has attracted much attention in fundamental science and industrial applications. Primer treatment is a promising methods that is employed to overcome the poor adhesive property of it.PP. In this study, we examined the primer effect of the cobalt complexes, cobalt (II) acetylacetonate Co(acac)2 and cobalt (III) acetylacetonate Co(acac)3, from the perspectives of adhesive strength, curing process, surface structure, affinity between substrate and adhesive, morphology and interfacial thickness. The results obtained explain the increased adhesive strength between an isotactic polypropylene substrate and a cyanoacrylate adhesive. In particular, the interfacial regions were evaluated as “interphase” by nano-Raman scattering microscopy and transmission electron microscope-energy-dispersive X-ray spectroscopy. The region is expanded by applying Co(acac)2 primer as the adhesive strength increased. The Co(acac)2 primer caused the increased adhesive property with the enhancement of molecular interaction, chemical affinity, and mutual diffusion.

    Elsevier Ltd, 2018年02月14日, Polymer (United Kingdom), 137 (14), 63 - 71, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Shunichiro Ito, Kazuo Tanaka, Yoshiki Chujo

    Herein, borafluorene-conjugated polymers with a dibromoborafluorene monomer and various boronic acid ester comonomers are reported. By employing the Suzuki-Miyaura cross-coupling reaction, a series of copolymers was prepared with the boron atoms in tetracoordinated states. Based on comparison to the optical properties of gallafluorene copolymers, higher luminescence quantum yields were obtained from the synthesized borafluorene copolymers due to the weak spin-orbit interaction of boron compared to that of gallium. Additionally, the results from the electrochemical measurements indicated that the electron-withdrawing property of the boron atoms led to stabilization of the lowest unoccupied molecular orbitals (LUMOs) of the borafluorene copolymers. In the X-ray diffraction profiles, significant peaks originating from π-π stacking and assembly of the side chains were observed. The borafluorene copolymers were more crystalline than the gallafluorene polymers.

    Nature Publishing Group, 2018年02月01日, Polymer Journal, 50 (2), 197 - 202, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naoki Miyagawa, Tadayuki Ogura, Kentaro Okano, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino, Atsunori Mori

    Furan dimer diester was obtained by reductive or oxidative homocoupling of furan carboxylate derivatives in the presence of a nickel or palladium catalyst. Treatment of the obtained diester with 1,omega-diol in the presence of titanium alkoxide as a catalyst leads to the corresponding polyester in excellent yields. The obtained polymers show remarkably high melting points compared with the related polyesters composed of a single furan ring derived from furan-2,5-dicarboxylic acid (FDCA). Thermal properties of the furan dimer-derived polyesters are comparable with those of terephthalate polymers such as poly(ethylene terephthalate).

    CHEMICAL SOC JAPAN, 2017年10月, CHEMISTRY LETTERS, 46 (10), 1535 - 1538, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Jian Shen, Keisuke Fujita, Takuya Matsumoto, Chizuru Hongo, Masahiro Misaki, Kenji Ishida, Atsunori Mori, Takashi Nishino

    Poly(3-hexylthiophene) (P3HT) is widely shown to have considerable advantages in photovoltaic cells, including excellent electrical performance, but its fragility remains a challenge for material applications and processing of stretchable devices. Herein, high-molecular-weight and highly regioregular poly(3-substituted thiophene) with disiloxane moieties in the side chains (P3SiT) is synthesized. An investigation of the molecular structure and physical properties of self-supported cast films of P3SiT reveals excellent flexible mechanical properties derived from the disiloxane groups in the side chains. The larger fracture strain reaches over 200% compared with that of poly(3-hexylthiophene) (14%). In addition, its Young's modulus (43 MPa) and low glass transition temperature (-10 degrees C) result in a typical elastic mechanical property. For the electrical property, the sheet resistivity of the drawn thiophene polymer shows the value almost equal to that of poly(3-hexylthiophene). The anisotropy of electrical resistivity is observed due to orientation of the drawn polymer.

    WILEY-V C H VERLAG GMBH, 2017年10月, MACROMOLECULAR CHEMISTRY AND PHYSICS, 218 (19), 1700197, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Hirofumi Takamine, Kazuo Tanaka, Yoshiki Chujo

    2017年08月, Materials Chemistry Frontiers, 1, 2368 - 2375, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Keishirou Nishi, Shunsuke Tamba, Masaru Kotera, Chizuru Hongo, Atsunori Mori, Takashi Nishino

    Recently, the synthesis of P3HT with high head-to-tail regioregularity and the control of the molecular weight have been achieved. Herein, we evaluated the structure in thin films of various molecular weight P3HT (from M-w = 13 k to 828 k) prepared under diverse conditions through X-ray diffraction measurements. Higher molecular weight P3HT had the increase of "Face-on" structure in the thin films. From the structure of thin films prepared under other conditions, the main attribution was the speeds of sedimentation and inhabitation of the crystallization. Moreover, at the surface, the P3HT thin films with high molecular weight (M-w = 828 k) emerged "Edge-on"-rich structure. With the larger distance from thin film surface, the structure gradually changed from "Edge-on" to "Face-on". These fundamental results would lead the suggestion in fabrication and performance of organic electronic devices. (C) 2017 Published by Elsevier Ltd.

    ELSEVIER SCI LTD, 2017年06月, POLYMER, 119 (16), 76 - 82, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Keishirou Nishi, Shunsuke Tamba, Masaru Kotera, Chizuru Hongo, Atsunori Mori, Takashi Nishino

    Recently, the synthesis of P3HT with high head-to-tail regioregularity and the control of the molecular weight have been achieved. Herein, we evaluated the structure in thin films of various molecular weight P3HT (from M-w = 13 k to 828 k) prepared under diverse conditions through X-ray diffraction measurements. Higher molecular weight P3HT had the increase of "Face-on" structure in the thin films. From the structure of thin films prepared under other conditions, the main attribution was the speeds of sedimentation and inhabitation of the crystallization. Moreover, at the surface, the P3HT thin films with high molecular weight (M-w = 828 k) emerged "Edge-on"-rich structure. With the larger distance from thin film surface, the structure gradually changed from "Edge-on" to "Face-on". These fundamental results would lead the suggestion in fabrication and performance of organic electronic devices. (C) 2017 Published by Elsevier Ltd.

    ELSEVIER SCI LTD, 2017年06月, POLYMER, 119, 76 - 82, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Hirofumi Takamine, Kazuo Tanaka, Yoshiki Chujo

    Heterofluorenes containing group 13 atoms such as aluminum (alumafluorene) and gallium (gallafluorene) were synthesized and characterized. The synthesized heterofluorenes had five-coordinated states in their single crystals. From UV-vis absorption measurements, the heterofluorenes presented similarly shaped spectra. Interestingly, in the emission spectra at room temperature, gallafluorene presented the phosphorescence property. At 77K, gallafluorene showed larger phosphorescence than alumafluorene did. The heavy atom effect of gallium should be responsible for the phosphorescence property of gallafluorene.

    CHEMICAL SOC JAPAN, 2015年12月, CHEMISTRY LETTERS, 44 (12), 1658 - 1660, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Hirofiumi Takamine, Kazuo Tanaka, Yoshiki Chujo

    Air- and moisture-stable dibenzo[b,f]gallepins with planar seven-membered rings have been designed and synthesized. From X-ray single-crystal analyses, the effects of the coordination numbers were evaluated at the gallium atom on the planarity of the seven-membered rings with a series of the synthesized complexes. Accordingly, it was shown that the seven-membered ring of dibenzogallepin involving a three-coordinated gallium atom presented the highest planarity compared to other dibenzogallepins with four- or five-coordinated gallium atoms. In addition, from theoretical calculations, it was proposed that the electronic states of the gallium atom in the complexes contributed to the energy levels of LUMOs+1.

    AMER CHEMICAL SOC, 2015年03月, ORGANIC LETTERS, 17 (6), 1593 - 1596, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Kazuo Tanaka, Yoshiki Chujo

    We present synthesis and characteristics of the conjugated polymers involving organogallium complexes. A series of alternating copolymers composed of gallafluorene were prepared with diverse comonomers through various types of cross-coupling reactions such as SuzukiMiyaura, Sonogashira-Hagihara, and Stille reactions. It was confirmed that the synthesized polymers possess solubility in common organic solvents and stability toward air and moisture. Significantly, optical properties originating from the electronic interaction between gallafluorene and various comonomers were observed. For example, vivid color emissions were demonstrated in the blue, green, yellow, orange, and red regions depending on the chemical structures of the comonomer units. In addition, it was eventually found that the benzotriazole-containing polymer showed significant optical properties originating from aggregation in the film state. From the electrochemical measurements, it was indicated that the energy levels of their frontier orbitals were varied by the comonomer units. Indeed, it is supported that the gallafluorene polymers have higher energy levels of HOMOs (highest occupied molecular orbitals) than those of the fluorene-based conjugated polymers instead of gallafluorene. Finally, it is suggested that the gallafluorene unit could work as an electron-donating group in the polymer main chain.

    AMER CHEMICAL SOC, 2015年03月, MACROMOLECULES, 48 (5), 1343 - 1351, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Kazuo Tanaka, Kazuyoshi Tanaka, Yoshiki Chujo

    Herein, we report the syntheses of dibenzoheteroles, namely, heterofluorenes, containing four-coordinated group 13 elements (boron Bf; aluminum Alf; gallium Gaf; indium Inf) and the relationship between their structures and optical properties. The electronic states of the compounds were considered theoretically by the density functional theory (DFT) calculation. In particular, we focused on their emission behaviors and electronic structures in the excited states. Initially, we confirmed that Bf and Gaf showed high stability in water and air, while Alf and Inf were sensitive. The structures of heterofluorenes, involving the heavier elements in the 13(th) group, tend to form trigonal planar structures even in the presence of coordination by nitrogen. Next, in their emissions, larger contribution from the triplet excited states was observed in the heterofluorenes with heavier elements. The major emission of Inf at 77 K was attributed to phosphorescence. These phosphorescence properties can be explained by the heavy atom effect. In Gaf and Inf, their excited states were deactivated by vibrational relaxation in their triplet excited states at room temperature. In Bf, Alf and Gaf when adding B(C6F5)(3), the emissions oriented from the triplet exciplex were observed. Time-dependent DFT (TD-DFT) calculations revealed that the optimized structure of Bf in the excited S-1 state has a considerably different geometry from those of Alf and Gaf. Finally, we obtained the data that the B-N bond could be cleaved in the excited S-1 of Bf according to the B-N bond length and bond order. As a result, the lower intensity of the emission of Bf was comparable to that of Alf. This bond cleavage could be caused by an increase of the anti-bonding property in the B-N bond in the Franck-Condon (FC) S-1 state and by weak electrostatic interaction between boron and nitrogen atoms. In Alf and Gaf, although the anti-bonding character of the M-N bonds (M = Al or Ga) in the FC S-1 states also increases, the M-N bonds survive because of their stronger electrostatic interaction. The subsequent stronger emission in Alf and Gaf could be observed by suppressing the molecular motion in the excited states.

    ROYAL SOC CHEMISTRY, 2015年, DALTON TRANSACTIONS, 44 (18), 8697 - 8707, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Kazuo Tanaka, Yoshiki Chujo

    We synthesized dithieno[3,2-b:2',3'-d]galloles containing four-coordinated gallium atoms. It was found that dithienogalloles had high stability to air and moisture and showed narrower energy-band gaps than dithienosiloles which are commodity materials in organic opto and/or electronic devices. In addition, relatively-higher HOMO levels were observed from dithienogalloles than those of other dithienoheteroles from electrochemical measurements. We experimentally and theoretically demonstrated the electron-donating properties and resonance effects of galliumatoms of dithienogalloles.

    ROYAL SOC CHEMISTRY, 2015年, RSC ADVANCES, 5 (68), 55406 - 55410, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Yoshinobu Onishi, Kazuo Tanaka, Hiroyuki Fueno, Kazuyoshi Tanaka, Yoshiki Chujo

    The synthesis and analysis of the electronic states of the main-chain type-organogallium polymers are presented. We synthesized the polymers containing four-coordinate gallium atoms by organometal coupling reactions. The synthesized polymers showed good solubility in common organic solvents and enough stability for measuring a series of properties under ambient conditions. In the UV-vis absorption spectra, the electronic interaction through four-coordinate gallium atoms was suggested from the peak shifts of the polymer compared to the model compounds. Theoretical calculation of these molecules supports the extended electronic interaction through the polymer main-chain involving gallium atoms.

    ROYAL SOC CHEMISTRY, 2014年, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 50 (99), 15740 - 15743, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuo Tanaka, Takuya Matsumoto, Kazuaki Nakamura, Satomi Kawabe, Yoshiki Chujo

    We report the preparation of the self-supported films based on the tetrathiafulvalene (TTF)/polymer composites as all-organic flexible conductive materials. The polymer composite films containing TTF nanofibers were fabricated using various kinds of the lipophilic polymer matrices. From the evaluation of conductivity, transparency, and the film-formability of the composite, several tendencies were observed. The increase of the conductivity of the films corresponded to the decrease of the transparency. The decrease of the molecular weight of the polymer matrices contributed to the increase of the conductivity and the decrease of the film-formability. Finally, we accomplished to obtain the self-supported flexible films with the higher conductivity than those of the TTF crystal films. The condensation of the TTF nanofibers at the surfaces contributes to obtaining higher conductivity and maintaining good film-formability. (c) 2013 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE SA, 2013年09月, SYNTHETIC METALS, 180, 49 - 53, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Kazuo Tanaka, Yoshiki Chujo

    We designed and synthesized air- and moisture-stable gallafluorenes in which two benzene rings were bridged by the four-coordinate gallium atoms. The series of gallafluorenes were prepared by introducing electron-donating and -withdrawing groups through Suzuki-Miyaura coupling reactions. The gallafluorenes showed unique emissions via their triplet states in the presence of B(C6F5)(3). These emissions were obtained via the triplet exciplex of gallafluorene and B(C6F5)(3).

    AMER CHEMICAL SOC, 2013年03月, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 135 (11), 4211 - 4214, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuo Tanaka, Takuya Matsumoto, Yoshiki Chujo

    The conductive materials which have both of high transparency in the visible region and large light-absorbing ability in the near infrared (NIR) are promised to be feasible not only for improving the properties of current optoelectronic devices but also for developing advanced materials. To realize these optical and electric properties using the all-organic materials, we constructed the conductive materials based on the tetrathiafulvalene (TTF)-tethered polymers. We designed and synthesized the TTF-tethered polymers to gather all TTF molecules into the nanofibers and to control the dispersion of the TTF nanofibers in the films. We obtained the soluble polymers with various amounts of TTF units in conventional organic solvents. In addition, it was confirmed that the nanofibers containing the mixed-valence state of TTF were formed in the polymer matrices, leading to the strong light-absorption in the NIR region. Furthermore, the resulting thick films showed high transparency in the visible region and similar conductivity as a semiconductor. (C) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE SA, 2013年01月, SYNTHETIC METALS, 163, 13 - 18, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuo Tanaka, Takuya Matsumoto, Fumiyasu Ishiguro, Yoshiki Chujo

    We describe the influence on the conductivity of the mixed-valence tetrathiafulvalene (TTF)/poly (methyl methacrylate) (PMMA) composites by incorporating heterogeneous TTF derivatives. We prepared the uniformly dispersed PMMA composites from the mixtures containing TTF cation radical and the series of neutral heterogeneous TTF derivatives. From the observation with a scanning electron microscope, it was found that the wire structures were formed in the PMMA films in the presence of heterogeneous TTF derivatives. In addition, the mixed-valence states were observed from the absorption measurements. The significant relationship between the conductivities of the composite films and the differences in oxidation potentials between heterogeneous TTF pairs was observed. The conductivities were observed at 10(-2) S cm(-1) order from the PMMA composites containing TTF cation radical and heterogeneous TTF derivatives which have similar oxidation potentials. In contrast, the conductivities of the PMMA composites were found at 10(-4) S cm(-1) order with the gaps of the oxidation potentials between heterogeneous TTF pairs. These results suggest that the TTF derivatives which possess larger oxidation potentials than those of the other coexisting TTF derivatives could work as an energy barrier.

    ROYAL SOC CHEMISTRY, 2011年, JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY, 21 (26), 9603 - 9607, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

書籍等出版物

  • New Polymeric Materials Based on Element-Blocks "Alternative Aspects of Polythiophenes"

    Takashi Nishino, Takuya Matsumoto, Atsunori Mori

    その他, Springer, 2019年01月, 英語, ISBN: 9811328889

    学術書

講演・口頭発表等

  • Preparation of polyvinyl butyral under supercritical carbon dioxide as moisture resistant adhesives for glass substrates

    Takuya Matsumoto, Miyabi Yorifuji, Takashi Nishino

    日本化学会 第100春季年会, 2020年03月24日

    口頭発表(一般)

  • ナノワイヤを複合した超高分子量ポリエチレンの超延伸による物性および構造変化

    松本拓也, 野中大暉, 西野 孝

    第11回日本複合材料会議(JCCM-11), 2020年03月18日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 三次元的に視た高分子接着界面での被着体基板の結晶性の影響

    松本拓也

    2019年高分子学会北陸支部若手会, 2020年01月29日, 日本語, 石川県, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子側鎖のパーフルオロ基の高密度化による高撥水性表面の創出

    松本拓也, 河南英知, 西野 孝

    第42回フッ素化学討論会, 2019年11月22日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • テトラフルオロエチレン/ビニルアルコール共重合体の結晶領域における力学物性と骨格構造

    虫明仁夢, 松本拓也, 西野 孝

    第42回フッ素化学討論会, 2019年11月21日, 日本語

    ポスター発表

  • 超臨界二酸化炭素中での変性によるポリビニルブチラールフィルムの作製とガラス接着性

    依藤 雅, 松本拓也, 西野 孝

    接着界面科学シンポジウム, 2019年11月11日, 日本語, 日本接着学会, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリプロピレン/オレフィンエラストマー接着界面の熱処理過程での構造変化

    土井一輝, 松本拓也, 西野 孝

    接着界面科学シンポジウム, 2019年11月11日, 日本語, 日本接着学会, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高密度に種々の官能基側鎖を有するポリ置換メチレンの表面特性

    松本拓也, 河南英知, 西野 孝

    2019年度 繊維学会秋季研究発表会, 2019年11月09日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバー/ポリスチレン複合材料の構造と力学物性

    森 峻一, 松本拓也, 西野 孝

    2019年繊維学会秋季研究発表会, 2019年11月10日, 日本語, 繊維学会, 信州大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 延伸を誘因とする高分子/金属ナノワイヤ複合材料の配向・配列挙動

    野中大暉, 松本拓也, 西野 孝

    2019年繊維学会秋季研究発表会, 2019年11月09日, 日本語, 繊維学会, 信州大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 高強度接着のための結晶性高分子の界面領域制御

    松本拓也

    超分子研究会・精密ネットワークポリマー研究会 第3回合同講座, 2019年11月08日, 日本語, 東京, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 複合材料界面の接着・疲労と応力伝達

    西野 孝

    構造接着・精密接着シンポジウム, 2019年11月, 日本語, 日本接着学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 熱履歴を異にするポリアミド表面の構造と細胞接着性

    奥 京子, 松本拓也, 西野 孝

    第15回関西支部若手の会, 2019年10月21日, 日本語, 日本接着学会, 大阪府立大学, 国内会議

    ポスター発表

  • セルロースナノファイバーをマトリックスとするナノ複合材料における補強効果の発現機構

    西野 孝, 森 峻一, 松本拓也

    第67回レオロジー討論会, 2019年10月16日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 氷晶配向を利用したナノダイヤモンド充てん複合材料の高熱伝導化

    吉富大浩, 松本拓也, 西野 孝

    第9回CSJ化学フェスタ2019, 2019年10月17日, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • テトラフルオロエチレン/ビニルアルコール共重合体の骨格構造と結晶弾性率の関係性

    虫明仁夢, 松本拓也, 西野 孝

    第9回CSJ化学フェスタ2019, 2019年10月17日, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 充てん量を異にするセルロースナノファイバー含有ポリウレタンの創製

    八木奈那美, 松本拓也, 西野 孝

    第67回レオロジー討論会, 2019年10月16日, 日本語, 日本レオロジー学会, 滋賀県立大学, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリプロピレン/オレフィンエラストマー界面のIn situ Raman分光分析を用いた構造変化解析‐熱処理効果‐ .

    土井一輝, 松本拓也, 西野 孝

    第67回レオロジー討論会, 2019年10月16日, 日本語, 日本レオロジー学会, 滋賀県立大学, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てんによるポリエーテルエーテルケトンの高性能化

    釜矢雄介, 松本拓也, 西野 孝

    第67回レオロジー討論会, 2019年10月16日, 日本語, 日本レオロジー学会, 滋賀県立大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 医用材料としてのセルロース

    西野 孝

    ナノセルロース塾, 2019年10月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • フラン環を有するポリエステルの結晶弾性率

    西野 孝, 上田裕貴, 松本拓也

    第68回高分子討論会, 2019年09月25日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • X線CTを用いた接着の剥離過程における三次元in situ観察

    八木健人, 松本拓也, 西野 孝

    第68回高分子討論会, 2019年09月26日, 日本語, 高分子学会, 福井大学, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリチオフェンへのシロキサン基導入と架橋構造導入による力学物性制御

    松本拓也, 申 健, 橿本将輝, 久保田智大, 森 敦紀, 西野 孝

    第68回高分子討論会, 2019年09月26日, 日本語, 高分子学会, 福井大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリプロピレン/オレフィンエラストマー接着界面の熱処理過程に伴う構造変化解析

    土井一輝, 松本拓也, 西野 孝

    第68回高分子討論会, 2019年09月25日, 日本語, 高分子学会, 福井大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子/金属ナノワイヤ複合材料の延伸に誘起される配向挙動

    野中大暉, 松本拓也, 西野 孝

    第68回高分子討論会, 2019年09月25日, 日本語, 高分子学会, 福井大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 接着界面を捉えてみたい― 40年を顧みて ―

    西野 孝

    日本接着学会 中部支部40周年記念シンポジウム, 2019年09月, 日本語, 日本接着学会, 愛知工業大学, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • Nano-Analyses of Adhesion Interphase between Poly-α-olefins

    Takashi Nishino

    Korea-Japan Joint Symposium on Polymer Science, 2019年09月, 英語, Yonsei University, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Interphase Analysis of Polyamide66 Laminates with Protonated and Deuterated Polymers

    Takuya Matsumoto, Naoki Shimoura, Fumiya Nemoto, Norifumi L. Yamada, Takashi Nishino

    22nd INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPOSITE MATERIALS (ICCM22), 2019年08月12日, 英語

    ポスター発表

  • Analyses of Mechanical Reinforcement for Cellulose Nanofibers/Clay Nanocomposites Using X-ray Diffraction

    Shunichi MORI, Takuya OHASHI, Takuya MATSUMOTO, Takashi NISHINO

    22nd International Conference on Composite Materials 2019 (ICCM22), 2019年08月14日, 英語, Melboume, Australia, 国際会議

    ポスター発表

  • 超臨界二酸化炭素中での化学修飾を用いたブロック変性ポリビニルアルコールの作製とその構造解析

    依藤 雅, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • X線CTを用いたせん断剥離過程における接着部位の三次元in situ観察

    八木健人, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 氷晶配向を利用したエポキシ/ナノダイヤモンド複合材料の創製

    吉富大浩, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリオールとしてセルロースナノファイバーを利用したポリウレタンの創製

    八木奈那美, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • テトラフルオロエチレン/ビニルアルコール共重合体の結晶弾性率と骨格構造

    虫明仁夢, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエーテルエーテルケトン/ナノダイヤモンド複合材料の創製と物性

    釜矢雄介, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリアミド表面の細胞接着挙動

    奥 京子, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 3Dプリンタによるラバーの造形とランニングシューズへの展開

    西野 孝, 松本拓也, 鈴木 洋, 日出間るり, 石田謙司, 福島達也, 小柴康子, 鶴井孝文, 兼吉高宏, 長谷朝博, 福地雄介, 吉永尚生, 大西 淳, 塩山 務, 原野健一

    第152回ポバール会, 2019年07月06日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバーのバイオ・メディカル展開

    西野 孝

    CNF技術講演会, 2019年07月, 日本語, 富士市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • フッ化ビニリデン共重合体を接着剤に用いたマイクロ波応答解体性接着

    松本拓也, 後田真由, 西野 孝

    日本接着学会第57回年次大会, 2019年06月19日, 日本語

    ポスター発表

  • せん断剥離過程におけるX線CTを用いた接着部位の三次元観察

    八木健人, 松本拓也, 西野 孝

    日本接着学会第57回年次大会, 2019年06月20日, 日本語, 日本接着学会, 北九州市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アイソタクチックポリプロピレン/変性ポリプロピレンラミネートフィルムの接着性の評価および界面構造解析

    土井一輝, 松本拓也, 西野 孝

    日本接着学会第57回年次大会, 2019年06月20日, 日本語, 日本接着学会, 北九州市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリアルキレンフラノエートの結晶弾性率

    西野 孝, 上田裕貴, 松本拓也

    2019年度 繊維学会年次大会, 2019年06月05日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 高性能高分子

    西野 孝

    「高分子化学」化学技術基礎講座, 2019年06月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 表面・界面・接着

    西野 孝

    第53回高分子の基礎と応用講座, 2019年06月, 日本語, 高分子学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • ポリメタクリル酸エステルにおけるペンタフルオロスルファニル基の疎水効果

    松本拓也, 謝イチクン, 根本文也, 山田悟史, 西野 孝

    第68回高分子年次大会, 2019年05月30日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 分子量分画された高分子の迅速構造・物性解析

    西野 孝, 田中典和, 松本拓也

    第68回高分子年次大会, 2019年05月30日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバー/モンモリロナイト複合材料の力学的補強効果に関するX線的解析

    森 峻一, 大橋卓弥, 松本拓也, 西野 孝

    第68回高分子学会年次大会, 2019年05月30日, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 延伸によって誘起される金属ナノワイヤ複合材料の配向解析

    野中大暉, 松本拓也, 西野 孝

    第68回高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • 超臨界二酸化炭素中での化学修飾を利用したポリビニルアルコール系ブロック共重合体の作製

    依藤 雅, 松本拓也, 西野 孝

    第68回高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子界面の構造解析と接着

    松本拓也

    日本分析化学会高分子分析研究懇談会 第397回例会, 2019年05月10日, 日本語

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子複合材料の残留応力と応力伝達

    西野 孝

    第47回高分子同友会・総合講演, 2019年04月, 日本語, 高分子学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 分子量傾斜ポリエチレンオキシド薄膜の創製と物性

    田中 典和, 松本 拓也, 西野 孝

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 疎水基を側鎖に有するポリ置換メチレンの合成と表面物性

    河南 英知, 松本 拓也, 西野 孝

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリアクリル酸エステル/ナノダイヤモンド複合材料の粘着特性のpH依存性

    松本 拓也, 水谷 光太, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パーオキサイド架橋によるポリチオフェンのエラストマー化

    申 健, 松本 拓也, 森 敦紀, 西野 孝

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバークライオゲルの多孔性を利用した油吸収材料

    松本 拓也, 宮垣 晶, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Surface Properties and Adhesion Durability of Isotactic Polypropylene Irradiated by Electron Beam

    Yuka Okumura, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    12th European Adhesion Conference and 4th Luso-Brazillian conference on Adhesion and Adhesives (EURADH/CLBA 2018), 2018年09月, 英語, リスボン, 国際会議

    ポスター発表

  • Surface Modification through Friedel-Crafts Reaction and Epoxidation for Adhesion between Poly(ether ether ketone) and Epoxy Adhesives

    Takuya Matsumoto, Akira Miyagaki, Takashi Nishino

    12th European Adhesion Conference and 4th Luso-Brazillian conference on Adhesion and Adhesives (EURADH/CLBA 2018), 2018年09月, 英語, リスボン, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Structure and Properties of Cellulose Nanofibers/Cerium Dioxide Nanocomposites

    Hiroaki Takahashi, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    The 10th International Conference of Modification, Degradation, and Stabilization of Polymers, 2018年09月, 英語, 東京都, 国際会議

    ポスター発表

  • Interfacial Structure between Deuterated and Non-deuterated Polyamide 66

    Naoki Shimoura, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    12th European Adhesion Conference and 4th Luso-Brazillian conference on Adhesion and Adhesives (EURADH/CLBA 2018), 2018年09月, 英語, リスボン, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Elastic Modulus of the Crystalline Regions of Poly(alkylene furanoate)

    Yuki Ueda, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    The 10th International Conference of Modification, Degradation, and Stabilization of Polymers, 2018年09月, 英語, 東京都, 国際会議

    ポスター発表

  • 3Dプリンタによるラバーの造形, 3D Printing of Rubber

    西野 孝, 鶴井 孝文, 鈴木 洋, 日出間 るり, 石田 謙司, 福島 達也, 小柴 康子, 松本 拓也, 兼吉 高宏, 長谷 朝博, 福地 雄介, 吉永 尚生, 大西 淳, 塩山 務, 原野 健一

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 分子設計に基づくフッ素含有疎水表面の構築

    松本 拓也

    先端高分子化学研究室 講演会, 2018年07月, 日本語, 吹田市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 電子線処理を施したアイソタクチックポリプロピレンの耐久接着性

    奥村 優香, 松本 拓也, 西野 孝

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 超臨界二酸化炭素を反応媒体としたポリビニルアルコールのブチラール化

    依藤 雅, 松本 拓也, 西野 孝

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超延伸を施した超高分子量ポリエチレン/金ナノワイヤ複合材料の構造と物性

    野中 大暉, 松本 拓也, 西野 孝

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顕微ラマン分光法で視る高分子接着界面

    松本 拓也

    2018年度 第1回関西接着ワークショップ, 2018年07月, 日本語, 日本接着学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ナノセルロース/変性モンモリロナイト複合材料の応力伝達に関するX線的解析

    森 峻一, 大橋 卓弥, 松本 拓也, 西野 孝

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • せん断剥離過程のX線CTを用いた三次元非破壊観察と被着体のプラズマ処理

    八木 健人, 松本 拓也, 西野 孝

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アイソタクチックポリプロピレン/無水マレイン酸変性ポリプロピレンラミネートフィルムの接着性と界面構造

    土井 一輝, 松本 拓也, 西野 孝

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • X線回折法を用いた変性クレイ充てんナノセルロース複合材料の応力伝達解析

    森 峻一, 大橋 卓弥, 松本 拓也, 西野 孝

    セルロース学会第25回年次大会, 2018年07月, 日本語, セルロース学会, 宇治市, 国内会議

    ポスター発表

  • POSS- 2-(methacryloyloxy)ethyl phosphorylcholine (MPC)-based copolymers for controlling surface and bulk properties

    CHATTERJEE Suchismita, 松本拓也, 西野 孝, 大谷 亨

    第64回 高分子研究発表会 (神戸), 2018年07月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Friedel-Craftsアシル化反応およびエポキシ化によるポリ(エーテルエーテルケトン)の表面修飾と接着性

    松本 拓也, 宮垣 晶, 釜矢 雄介, 西野 孝

    第151回ポバール会, 2018年07月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 電子線を照射したアイソタクチックポリプロピレンにおける接着機構

    奥村 優香, 松本 拓也, 西野 孝

    第56回接着学会年次大会, 2018年06月, 日本語, 日本接着学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 酸化セリウム充てんセルロースナノファイバー複合材料の構造と物性

    髙橋 洋暁, 松本 拓也, 西野 孝

    平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 作製法を異にするセルロースナノファイバー充てんポリメタクリル酸メチル複合材料の創製と物性

    阪田 美吹, 松本 拓也, 西野 孝

    平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリアルキレンフラノエートの結晶弾性率

    上田 裕貴, 松本 拓也, 西野 孝

    第7回JACI/GSCシンポジウム, 2018年06月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノラマン分光法を用いたポリアミド66/重水素化ポリアミド66界面の構造解析

    下浦 直樹, 松本 拓也, 西野 孝

    第56回接着学会年次大会, 2018年06月, 日本語, 日本接着学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • せん断剥離過程のX線CTを用いた三次元観察と被着体の表面処理

    八木 健人, 松本 拓也, 西野 孝

    第56回接着学会年次大会, 2018年06月, 日本語, 日本接着学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • X線回折法を用いたナノセルロース/変性クレイ複合材料の応力伝達解析

    森 峻一, 大橋 卓弥, 松本 拓也, 西野 孝

    第7回JACI/GSCシンポジウム, 2018年06月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 平行な溝を有する足場上での高配向コラーゲンフィルムの作製および力学物性

    松原 佑樹, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第67回高分子学会年次大会, 2018年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 分子量傾斜ポリエチレンオキシド薄膜の作製と物性

    田中 典和, 松本 拓也, 西野 孝

    第67回高分子学会年次大会, 2018年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • 難接着性ポリ(エーテルエーテルケトン)の接着力向上のための表面修飾法の開発

    松本 拓也

    界面科学コロキウム, 2018年05月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 側鎖に親水・疎水基を有するポリ置換メチレンの合成と表面物性

    河南 英知, 松本 拓也, 西野 孝

    第67回高分子学会年次大会, 2018年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • 重水素ラベル法を用いた同種ポリアミド66界面の厚み評価

    下浦 直樹, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第67回高分子学会年次大会, 2018年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • ペンタフルオロスルファニル基を導入した疎水表面の創生

    謝 一珺, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第67回高分子学会年次大会, 2018年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • Multisystem analysis of adhesive interfacial thickness of polyolefin-based hot melt adhesives / polypropylene substrates

    Takuya Matsumoto, Yusuke Shimizu, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    日本化学会 第98春季年会, 2018年03月, 英語, 日本化学会, 船橋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の構造と熱伝導制御

    小牧 瑛典, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第6回元素ブロック合同修士論文発表会, 2018年02月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • Primer Effect on interface Structure and Adhesion of Cyanoacrylate / Isotactic Polypropylene

    Takashi Nishino, Yuta Nakanishi, Chizuru Hongo, Takuya Matsumoto, Shin Horiuchi

    The 2018 Annual Meeting & 6th World Congress on Adhesion and Related Phenomena Meeting, 2018年02月, 英語, サンディエゴ, 国際会議

    ポスター発表

  • Polysilane as an Adhesive for Poly-α-olefins

    Takashi Nishino, Yutaka Godai, Takuya Matsumoto

    The 2018 Annual Meeting & 6th World Congress on Adhesion and Related Phenomena Meeting, 2018年02月, 英語, サンディエゴ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Microwave-assisted Easy Debonding of Adhesives Containing Ionic Liquid

    Mirei Usuba, Takuya Matsumoto, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    The 2018 Annual Meeting & 6th World Congress on Adhesion and Related Phenomena Meeting, 2018年02月, 英語, サンディエゴ, 国際会議

    ポスター発表

  • Covalent Adhesion of Poly(ether ether ketone) through Surface Epoxidation

    Akira Miyagaki, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    The 2018 Annual Meeting & 6th World Congress on Adhesion and Related Phenomena Meeting, 2018年02月, 英語, サンディエゴ, 国際会議

    ポスター発表

  • Acrylic Pressure Sensitive Adhesive with Nanodiamond

    Kota Mizutani, Takuya Matsumoto, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    The 2018 Annual Meeting & 6th World Congress on Adhesion and Related Phenomena Meeting, 2018年02月, 英語, サンディエゴ, 国際会議

    ポスター発表

  • フラン環を有するポリエステルの結晶弾性率

    上田 裕貴, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    フロンティアソフトマター開発専用ビームライン産学連合体第7回研究発表会, 2018年01月, 日本語, 福岡市, 国内会議

    ポスター発表

  • 変性ポリプロピレンによるナノダイヤモンドの疎水化とアイソタクチックポリプロピレンとの複合化

    小松 大志, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第26回ポリマー材料フォーラム, 2017年11月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高撥水・高接着性表面一表面白由エネルギーのエントロピー成分の利用-

    松本 拓也

    接着のための表面制御と分析セミナーPart I, 2017年11月, 日本語, 東京都, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • リメチレン基を有する芳香族ポリエステルの結晶弾性率

    菊川 侑亮, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第26回ポリマー材料フォーラム, 2017年11月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリシランを塗布したポリオレフィンの接着とその界面評価

    松本 拓也, 五代 裕, 土井 一輝, 本郷 千鶴, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会 第25回秋季大会, 2017年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノラマン分光法を用いたポリアミド66界面の厚み評価

    下浦 直樹, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    日本接着学会関西支部 第13回若手の会, 2017年11月, 日本語, 日本接着学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • All-ポリプロピレンナノ複合材料の成形と物性

    西野 孝, 朝比奈 勇志, 本郷 千鶴, 松本 拓也

    プラスチック成形加工学会 第25回秋季大会, 2017年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 平行な溝を有する足場上でのコラーゲンフィルムの高配向化および高強度化

    松原 佑樹, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第7回CSJ化学フェスタ2017, 2017年10月, 日本語, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 作製法を異にするセルロースナノファイバー充てんポリメタクリル酸メチル複合材料の創製と物性

    阪田 美吹, 松本 拓也, 西野 孝

    第7回CSJ化学フェスタ2017, 2017年10月, 日本語, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 結晶性高分子の接着の界面層評価と接着強度改善に向けた表面処理

    松本 拓也

    日本液晶学会 化学・材料フォーラム講演会「接着技術」, 2017年10月, 日本語, 日本液晶学会, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • リグニン残量を制御したセルロースから得られた各種ナノファイバーの構造と物性

    村上 大祐, 松本 拓也, 大島 智子, 寺村 浩, 川口 秀夫, 荻野 千秋, 近藤 昭彦, 西野 孝

    第7回CSJ化学フェスタ2017, 2017年10月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 2,5-ポリトリメチレンフラノエートの結晶弾性率

    上田 裕貴, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第7回CSJ化学フェスタ2017, 2017年10月, 日本語, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 電子線処理を施したアイソタクチックポリプロピレンの接着界面における物性評価

    奥村 優香, 松本 拓也, 西野 孝

    第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017年09月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 植物由来のトリメチレン基を有する芳香族ポリエステルの結晶弾性率

    菊川 侑亮, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 界面フリー複合材料の創製と物性

    西野 孝, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 小寺 賢

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • モンモリロナイト充てんナノセルロースペーパーの応力伝達のX線解析

    松本 拓也, 大橋 卓弥, 森 峻一, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエーテルエーテルケトン表面のエポキシ化と接着性

    宮垣 晶, 松本 拓也, 西野 孝

    第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017年09月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の構造と熱伝導の異方性制御

    小牧 瑛典, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てんアクリル系エマルション粘着剤

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017年09月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • イオン液体のマイクロ波応答急速加熱を用いた易剥離性接着剤の創製

    薄刃 美玲, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アイソタクチックポリプロピレン/疎水化ナノダイヤモンド複合材料

    小松 大志, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    ポスター発表

  • アイソタクチックポリプロピレン/シアノアクリレート接着Interphase解析によるコバルト錯体のプライマー効果

    松本 拓也, 中西 祐太, 本郷 千鶴, 堀内 伸, 西野 孝

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Enhancement Mechanism of Cobalt Complex Primers on Adhesion Property of isotactic Polypropylene

    Takuya Matsumoto, Yuta Nakanishi, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    IUMRS-ICAM2017 The 15th International Conference on Advanced Materials, 2017年08月, 英語, 京都市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 平行な溝を有する足場上でのコラーゲンフィルムの高配向化

    松原 佑樹, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 分子量を異にするポリエチレンオキシド薄膜の構造と表面物性

    田中 典和, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 電子線を用いたアイソタクチックポリプロピレンの表面処理と接着性

    奥村 優香, 松本 拓也, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 側鎖にエステルを有するポリメチレンの合成と表面物性

    河南 英知, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重水素化ポリアミド66を用いた同種高分子界面の構造解析

    下浦 直樹, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 作製法を異にするセルロースナノファイバー充てんポリメタクリル酸メチル複合材料の創製

    阪田 美吹, 松本 拓也, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 化学構造を異にする含フッ素官能基を有するポリメタクリレート表面の撥水性

    謝 一珺, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リグニン量を制御したセルロースナノファイバーの構造と物性

    村上 大祐, 松本 拓也, 大島 智子, 寺村 浩, 川口 秀夫, 荻野 千秋, 近藤 昭彦, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリトリメチレンフラノエートの結晶弾性率

    上田 裕貴, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン液体添加による接着剤へのマイクロ波応答剥離性の付与

    薄刃 美玲, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • In situ培養を用いたバクテリアセルロース充てんアイソタクチッポリプロピレン複合材料の創製

    髙橋 洋暁, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リグニン含有量を異にするセルロースから得られた各種ナノファイバーの構造と物性

    村上 大祐, 松本 拓也, 大島 智子, 寺村 浩, 川口 秀夫, 荻野 千秋, 近藤 昭彦, 西野 孝

    平成29年度繊維学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • マイクロ波応答易剥離性接着剤の創製

    薄刃美玲, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第55回接着学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 日本接着学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フリーデル・クラフツ反応による表面修飾を施したポリエーテルエーテルケトンの接着性

    宮垣 晶, 松本 拓也, 西野 孝

    第55回接着学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 日本接着学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノダイヤモンド充てんアクリル系粘着剤の構造と物性

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第55回接着学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 日本接着学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノセルロースクライオゲルの 植物油吸収剤への応用

    佐藤 達哉, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    平成29年度繊維学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • X線CTを用いた接着剤の紙への浸み込みの三次元顕微観察

    松本 拓也, 古高 啓介, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第55回接着学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 日本接着学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • 層状ケイ酸塩を導入した環境調和型高分子ナノ複合材料の応力伝達に関するX線的解析

    西野 孝, 大橋 卓弥, 森棟-守谷 せいら

    日本材料学会 第66期学術講演会, 2017年05月, 日本語, 日本材料学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエーテルエーテルケトンのフリーデル・クラフツ反応による表面

    宮垣 晶, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の熱伝導異方性

    小牧 瑛典, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノダイヤモンド非極性溶媒分散液の作製とアイソタクチックポリプロピレンとの複合化

    小松 大志, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノダイヤモンド充てんによるポリアクリル酸エステル粘着剤の高性能化

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノセルロースクライオゲルの構造制御と油吸収能

    佐藤達哉, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    ポスター発表

  • 2,6-ポリトリメチレンナフタラートの結晶弾性率の温度依存性

    菊川侑亮, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 元素ブロック高分子を用いたポリ-α-オレフィンの接着と界面解析

    五代 裕, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    元素ブロック 第5回合同修士論文発表会, 2017年03月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • 芳香族求電子置換反応を用いたポリエーテルエーテルケトンの表面改質

    松本 拓也, 宮垣 晶, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第2回構造接着研究シンポジウム, 2017年01月, 日本語, つくば市, 国内会議

    ポスター発表

  • Synthesis and Mechanical Properties of Polythiophene with Disiloxane Side Chains

    松本 拓也, 申 健, 村上 航平, 本郷 千鶴, 森 敦紀, 西野 孝

    The 2nd International Symposium on Polymeric Materials Based on Element-Blocks, 2017年01月, 英語, 京都市, 国際会議

    ポスター発表

  • ケイ素含有元素ブロック高分子が織りなす力学物性と界面構造

    松本 拓也

    「元素ブロック高分子材料の創出」第4回若手シンポジウム, 2016年12月, 日本語, 大津市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Ultradrawn Polyethylene Composites with Nanodiamond

    岡本 翔太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2016), 2016年12月, 英語, 高分子学会, 福岡市, 国際会議

    ポスター発表

  • Strength and Structure of Adhesive Interface between Isotactic Polypropylene / Olefin-based Hot Melt Adhesives

    清水 陽介, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), 2016年12月, 英語, 高分子学会, 福岡市, 国際会議

    ポスター発表

  • Flexible and semi-conductive poly (3-substituted thiophene)

    申 健, 村上 航平, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 森 敦紀, 西野 孝

    The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), 2016年12月, 英語, 高分子学会, 福岡市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 極低温における2,6-ポリトリメチレンナフタラートの結晶弾性率

    菊川 侑亮, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第6回CSJ化学フェスタ2016, 2016年11月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の配向制御による熱伝導の異方性発現

    小牧 瑛典, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第6回CSJフェスタ2016, 2016年11月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド非極性溶媒分散液の作製とアイソタクチックポリプロピレンとの複合化

    小松 大志, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会関西支部平成28年度若手セミナー, 2016年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会関西支部, 豊中市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TEMPO酸化処理とグラインダー処理により作製したセルロースナノファイバーエアロゲルの構造と物性

    佐藤 達哉, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    平成28年度プラスチック成形加工学会関西支部若手セミナー, 2016年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会関西支部, 豊中市, 国内会議

    ポスター発表

  • Structure and Properties of Ultradrawn Ultra High Molecular Weight Polyethylene / Nanodiamond Composites

    岡本 翔太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    The 9th International Conference on Green Composites(ICGC-9), 2016年11月, 英語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • Stress Transfer Analyses of Chemically Modified Cellulose / Montmorillonite Nanocomposites

    大橋 卓弥, 森棟(守谷) せいら, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    9th International Conference on Green Composites (ICGC-9), 2016年11月, 英語, 神戸市, 国際会議

    ポスター発表

  • Mechanical and Functional Properties of Cellulose Nanofiber Sheets Involving Silver Nanoparticles

    松本 拓也, 伊藤 洋晃, 本郷 千鶴, 西野 孝

    9th International Conference on Green Composites (ICGC-9), 2016年11月, 英語, 神戸市, 国際会議

    ポスター発表

  • Bacterial Cellulose / Zirconium Oxide or Barium Titanate by in-situ Cultivation

    松本 拓也, 楢原 理沙, 本郷 千鶴, 西野 孝

    9th International Conference on Green Composites (ICGC-9), 2016年11月, 英語, 神戸市, 国際会議

    ポスター発表

  • Properties of Polythiophene based Thermoplastic Elastomer

    申 健, 村上 航平, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 森 敦紀, 西野 孝

    The International Rubber Conference 2016, 2016年10月, 英語, 北九州市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Mechanical Properties of Polyurethane-based Function-graded Rubbers

    藤尾 慎, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    The International Rubber Conference 2016, 2016年10月, 英語, 北九州市, 国際会議

    ポスター発表

  • 高配向した超高分子量ポリエチレン/ナノダイヤモンド複合材料の構造と物性

    岡本 翔太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子討論会, 2016年09月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • リアクティブ3Dプリンタによるテーラーメイド傾斜機能ラバーの創製

    藤尾 慎, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子討論会, 2016年09月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリチオフェン半導体のエラストマー化

    申 健, 村上 航平, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 森 敦紀, 西野 孝

    第65回高分子討論会, 2016年09月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリシランを用いたポリ-α-オレフィンの接着と界面解析

    五代 裕, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子討論会, 2016年09月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエーテルエーテルケトン表面の化学修飾と接着性

    宮垣 晶, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第12回日本接着学会関西支部若手の会, 2016年09月, 日本語, 日本接着学会関西支部, 吹田市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てんによる高性能アクリル系粘着剤の創製

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第12回日本接着学会関西支部若手の会, 2016年09月, 日本語, 接着学会, 吹田市, 国内会議

    ポスター発表

  • X線回折法を利用したセルロースナノファイバー/クレイ複合材料の応力伝達解析

    大橋 卓弥, 森棟(守谷) せいら, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子討論会, 2016年09月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Primer Effect on Interface Structure and Adhesion of Cyanoacrylate/Isotactic Polypropylene

    西野 孝, 中西 佑太, 本郷 千鶴, 松本 拓也

    Eleventh European Adhesion Conference and Thirteenth International Triennial Conference on the Science and Technology of Adhesion and Adhesives (EURADH2016 Adhesion’16), 2016年09月, 英語, 接着学会, グラスゴー・イギリス, 国際会議

    ポスター発表

  • 溶融混錬によって作製したナノダイヤモンド / アイソタクチックポリプロピレン複合材料

    小松 大志, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 化学的表面修飾を施したポリエーテルケトンの接着性

    宮垣 晶, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リアクティブ3Dプリンタへの応用を目指した傾斜機能ラバーの創製

    藤尾 慎, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリエーテルエーテルケトンの化学的表面修飾による表面改質と接着性

    宮垣 晶, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第34回関西界面科学セミナー, 2016年07月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の熱伝導性

    小牧 瑛典, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノダイヤモンド充てんアクリル系粘着剤の高性能化

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第34回関西界面科学セミナー, 2016年07月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド/ポリアクリル酸エステルの粘着特性

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノセルロースエアロゲルを用いた鉱物油吸収材

    佐藤 達哉, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン液体の添加による接着剤のマイクロ波応答剥離性

    薄刃 美玲, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2,6-ポリトリメチレンナフタラートの結晶弾性率

    菊川 侑亮, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリ-α-オレフィン / ポリシラン接着界面の構造と物性

    五代 裕, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第54回接着年次大会・ACA2016, 2016年06月, 英語, 日本接着学会, 東京都, 国際会議

    ポスター発表

  • ポリエーテルエーテルケトンの表面修飾と接着性

    宮垣 晶, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第54回接着年次大会・ACA2016, 2016年06月, 英語, 日本接着学会, 東京都, 国際会議

    ポスター発表

  • ブタノール/硫酸法によりリグニン含有量を調節したリグノセルロースナノファイバーシートの物性

    松本 拓也, 小林(岡久) 陽子, 寺村 浩, 大島 智子, 森田 健太, 本郷 千鶴, 川口 秀夫, 荻野 千秋, 近藤 昭彦, 西野 孝

    第5回 JACI/GSCシンポジウム, 2016年06月, 日本語, 公益社団法人 新化学技術推進協会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てん粘着剤の剥離特性

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第54回接着年次大会・ACA2016, 2016年06月, 英語, 日本接着学会, 東京都, 国際会議

    ポスター発表

  • ナノセルロースエアロゲルの構造と油吸収

    佐藤 達哉, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第5回 JACI/GSCシンポジウム, 2016年06月, 日本語, 公益社団法人 新化学技術推進協会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • セルロースナノファイバー/モンモリロナイト複合材料の構造と力学物性

    大橋 卓弥, 森棟(守谷) せいら, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    平成28年度繊維学会年次大会, 2016年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • イオン液体含有接着剤のマイクロ波応答剥離

    薄刃 美玲, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第54回接着年次大会・ACA2016, 2016年06月, 英語, 日本接着学会, 東京都, 国際会議

    ポスター発表

  • シロキサン基を結合した高分子量ポリチオフェンの力学および電気物性

    申 健, 村上 航平, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 森 敦紀, 西野 孝

    第65回高分子学会年次大会, 2016年05月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Stress Transfer Analyses of Cellulose Nanofibers Nanocomposites with Clay

    大橋 卓弥, 森棟(守谷) せいら, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子学会年次大会, 2016年05月, 英語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Spectroscopic analyses of poly-α-olefin / polysilane adhesive interface

    五代 裕, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子学会年次大会, 2016年05月, 英語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 3Dプリンタ用傾斜機能ラバーの創製

    藤尾 慎, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子学会年次大会, 2016年05月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • Effect of Molecular-Weight of Poly(3-hexylthiophene) on Thin Film Structure

    Takuya Matsumoto, Keishirou Nishi, Chizuru Hongo, Masaru Kotera, Syunsuke Tanba, Atsumori Mori, Takashi Nishino

    The 11th Internal Conference on Advanced Polymers vis Macromolecular Engineering (APME2015), 2015年10月, 英語, 横浜市, 国際会議

    口頭発表(一般)

共同研究・競争的資金等の研究課題