研究者紹介システム

竹林 英樹
タケバヤシ ヒデキ
大学院工学研究科 建築学専攻
准教授
土木・建築工学関係
Last Updated :2022/09/25

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院工学研究科 建築学専攻
  • 【配置】

    工学部 建築学科

学位

  • 博士(工学), 神戸大学
  • 外部空間の暑さ対策に関する研究
  • 人流・気流センサを用いた空調制御による省エネルギー効果

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 建築

コメントテーマ

  • 都市気候解析
  • 屋上緑化
  • 都市環境計画
  • ヒートアイランド対策

研究ニュース

研究活動

研究キーワード

  • 建築・都市環境工学

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築環境、建築設備

受賞

  • 2018年05月 日本建築学会, 日本建築学会賞(論文), ヒートアイランド対策技術の導入方針に関する一連の研究

    竹林 英樹

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2016年05月 空気調和・衛生工学会, 空気調和・衛生工学会賞 技術賞 建築設備部門, グランフロント大阪の環境配慮型まちづくりの計画と実施

    株式会社日建設計大阪, 株式会社三菱地所設計, 株式会社NTTファシリティーズ, 株式会社大林組, 株式会社竹中工務店, 山中 俊夫, 甲谷 寿史, 相良 和伸, 桃井 良尚, 近本 智行, 下田 吉之, 竹林 英樹

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2021年09月 日本ヒートアイランド学会, 日本ヒートアイランド学会奨励賞, 神戸市の異常高温対策に関する実証実験

    戸澤潮, 佐野俊幸, 竹林英樹

論文

  • Hideki Takebayashi, Hiroki Danno, Ushio Tozawa

    In order to promote the redevelopment of cities in consideration of measures against extreme heat, the effectiveness of various heat mitigation technologies introduced by Kobe City was evaluated. We introduced each technology for heat countermeasures to the central part of Kobe city, clarified their effects by measurement, and discussed issues and evaluations for the implementation. Watering on road, sunshade with mist spray, water surface, watering on pavement, and mist spray in a park were introduced, and their effects were evaluated using the thermal environment index SET* based on the measurement results. Since it is necessary to compare and evaluate multiple technologies, the thermal environment index of the human body was adopted as a common index. The reduction in surface temperature, MRT and SET* by watering on the roadway were about 10 degrees C, 1.9 degrees C and 0.8 degrees C, respectively, and the effects lasted for at least 30 min. SET* was greatly decreased when the upper fractal sunshade blocked solar radiation to the central measurement point under the sunshade. The reduction of MRT and SET* on the watered on the pavement were larger than that on the water surface because the watered area was larger than the water surface area. MRT reduction due to wetting of the globe ball sensor by the mist spray had a greater effect on SET* reduction than air temperature reduction due to evaporation of the mist. (c) 2021 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE SA, 2021年11月, ENERGY AND BUILDINGS, 250, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Nyuk Hien Wong, Chun Liang Tan, Dionysia Denia Kolokotsa, Hideki Takebayashi

    The absence of vegetation in urban areas contributes to the establishment of the urban heat island, markedly increasing thermal stress for residents, driving morbidity and mortality. Mitigation strategies are, therefore, needed to reduce urban heat, particularly against a background of urbanization, anthropogenic warming and increasing frequency and intensity of heatwaves. In this Review, we evaluate the potential of green infrastructure as a mitigation strategy, focusing on greenery on the ground (parks) and greenery on buildings (green roofs and green walls). Green infrastructure acts to cool the urban environment through shade provision and evapotranspiration. Typically, greenery on the ground reduces peak surface temperature by 2-9 degrees C, while green roofs and green walls reduce surface temperature by similar to 17 degrees C, also providing added thermal insulation for the building envelope. However, the cooling potential varies markedly, depending on the scale of interest (city or building level), greenery extent (park shape and size), plant selection and plant placement. Urban planners must, therefore, optimize design to maximize mitigation benefits, for example, by interspersing parks throughout a city, allocating more trees than lawn space and using multiple strategies in areas where most cooling is required. To do so, improved translation of scientific understanding to practical design guidelines is needed.

    SPRINGERNATURE, 2021年03月, NATURE REVIEWS EARTH & ENVIRONMENT, 2 (3), 166 - 181, 英語

    [査読有り]

  • Taizo Aoyama, Takeshi Sonoda, Hideki Takebayashi

    The heat island phenomenon in urban areas has become a problem in the recent years. One measure to overcome this, which has been attracting attention, is painting the cool roof with a paint that has high solar reflectance. However, the solar reflectance has been reported to decrease over time owing to staining from the paint. Our investigations reveal that a self-cleaning paint, based on an acrylic silicone polymer, is effective in maintaining a high solar reflectance and preventing dirt from adhering. These evaluations have been conducted on the cool roof of an actual building by conducting a pollution test under outdoor exposure conditions. In this study, we investigated an accelerated aging test and reported the results. ASTM D7897-15 (ASTM method) is an accelerated pollution test method for cool roofs, which has been established in the United States. In Japan, a similar accelerated pollution test method exists for antifouling civil engineering materials introduced by the Public Works Research Institute in Japan (PWRI method). The ASTM method and PWRI method were compared by conducting a stain acceleration test using a self-cleaning- and conventional-type cool-roof coating. The substitutability of the exposure test, correlation with the exposure test, performance evaluation of the paint, and the effect of the difference in the pretreatment conditions were verified. The results of these tests were reported.

    MDPI AG, 2020年06月08日, Atmosphere, 11 (6), 605 - 605, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideki Takebayashi, Mai Okubo, Hiroki Danno

    The thermal environment map in street canyon is derived by using GIS building data and more detailed calculation, and its effectiveness is considered for implementing extreme high temperature measures. The influence of mean radiant temperature (MRT) is more dominant than the wind velocity on the distribution of standard new effective temperature (SET*) on the typical summer day in street canyon in the urban area of Kobe city, and the solar radiation shading is more effective in suppressing the rise of SET* in the daytime than improving the land coverage. The following strategy of extreme high temperature measures is derived by considering the thermal environment map in street canyon. Pedestrians may find the shaded places on the north-south road until 10:00 a.m. and after 3:00 p.m., due to the eastern building’s shade in the morning and the western building’s shade in the afternoon.

    MDPI AG, 2020年05月, Atmosphere, 11 (6), 550 - 562, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideki Takebayashi

    Thermal environmental design in an outdoor space is discussed by focusing on the proper selection and arrangement of buildings, trees, and covering materials via the examination of redevelopment buildings in front of Central Osaka Station, where several heat island countermeasure technologies have been introduced. Surface temperatures on the ground and wall were calculated based on the surface heat budget equation in each 2 m size mesh of the ground and building wall surface. Incident solar radiation was calculated using ArcGIS and building shape data. Mean radiant temperature (MRT) of the human body was calculated using these results. Distribution of wind velocity was calculated by computational fluid dynamics (CFD) reproducing buildings, obstacles, trees, and the surroundings. The effect of MRT on SET* was greater than that of wind velocity at 13:00 and 17:00 on a typical summer day. SET* reduction was the highest by solar radiation shading, followed by surface material change and ventilation. The largest ratio of the area considered for the thermal environment was 83% on Green Garden, which consists of 44% of building shade, 21% of tree shade, 7% of water surface, and 11% of green cover. It is appropriate to consider the thermal environment design of outdoor space in the order of shade by buildings, shading by trees, and improvement of surface materials.

    MDPI AG, 2019年12月14日, Climate, 7 (12), 143 - 143, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Aoyama Taizo, Sonoda Takeshi, Takebayashi Hideki

    2019年10月, AIMS Materials Science, 6 (6), 997 - 1009, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideki Takebayashi, Takahiro Tanaka, Masakazu Moriyama, Hironori Watanabe, Hiroshi Miyazaki, Kosuke Kittaka

    The relationship between city size, coastal land use, and air temperature rise with distance from coast during summer day is analyzed using the meso-scale weather research and forecasting (WRF) model in five coastal cities in Japan with different sizes and coastal land use (Tokyo, Osaka, Nagoya, Hiroshima, and Sendai) and inland cities in Germany (Berlin, Essen, and Karlsruhe). Air temperature increased as distance from the coast increased, reached its maximum, and then decreased slightly. In Nagoya and Sendai, the amount of urban land use in coastal areas is less than the other three cities, where air temperature is a little lower. As a result, air temperature difference between coastal and inland urban area is small and the curve of air temperature rise is smaller than those in Tokyo and Osaka. In Sendai, air temperature in the inland urban area is the same as in the other cities, but air temperature in the coastal urban area is a little lower than the other cities, due to an approximate one degree lower sea surface temperature being influenced by the latitude. In three German cities, the urban boundary layer may not develop sufficiently because the fetch distance is not enough.

    MDPI AG, 2018年10月27日, Climate, 6 (4), 84 - 84, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mat Santamouris, George Ban-Weiss, Paul Osmond, Riccardo Paolini, Afroditi Synnefa, Constantinos Cartalis, Alberto Muscio, Michele Zinzi, Tobi Eniolu Morakinyo, Edward Ng, Zheng Tan, Hideki Takebayashi, David Sailor, P. Crank, Haider Taha, Anna Laura Pisello, Federico Rossi, Jiong Zhang, Denia Kolokotsa

    Urban greenery is a natural solution to cool cities and provide comfort, clean air and significant social, health and economic benefits. This paper aims to present the latest progress on the field of greenery urban mitigation techniques including aspects related to the theoretical and experimental assessment of the greenery cooling potential, the impact on urban vegetation on energy, health and comfort and the acquired knowledge on the best integration of the various types of greenery in the urban frame. Also to present the recent knowledge on the impact of climate change on the cooling performance of urban vegetation and investigate and analyse possible technological solutions to face the impact of high ambient temperatures.

    Vilnius Gediminas Technical University, 2018年12月21日, JOURNAL OF CIVIL ENGINEERING AND MANAGEMENT, 24 (8), 638 - 671, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on evaluation method of heat island adaptation measures

    TAKEBAYASHI Hideki

    2018年08月, Proc. 10th International Conference of Urban Climate, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hideki Takebayashi

    MDPI AG, 2018年06月16日, Environments, 5 (6), 70 - 70, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Characteristics of hotspots in street canyon in various urban blocks

    KITTAKA Kosuke, TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu, MIYAZAKI Hiroshi, WATANABE Hironori, TANAKA Takahiro

    2018年03月, Proc. International workshop on wind-related disasters and mitigation canyon in various urban blocks, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hideki Takebayashi, Sae Kyogoku

    The outdoor open space is used for various purposes, e.g., to walk, rest, talk, meet, study, exercise, play, perform, eat, and drink. Therefore, it is desirable to provide various thermal environments according to users' needs and their actual conditions. In this study, the radiation environment was evaluated, focusing on ground cover materials and solar radiation shading, through the examination on the redevelopment buildings in front of Central Osaka Station. The spatial distribution of solar radiation shading was calculated using ArcGIS and building shape data. Surface temperatures on the ground and wall are calculated based on the surface heat budget equation. MRT (Mean Radiant Temperature) of the human body is calculated assuming that the human body is a sphere. The most dominant factor for the radiant environment is solar radiation shielding and the next is the improvement of surface cover. It is difficult to make SET* (Standard new Effective Temperature) comfortable in the afternoon by both solar radiation shielding and improved surface cover because the air temperature is too high on a typical summer day (August). However, particularly in Rooftop Gardens and Green Garden, because the areas of shade grass and water are large, there are several places where people do not feel uncomfortable.

    MDPI AG, 2018年01月29日, Sustainability (Switzerland), 10 (2), 1 - 11, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Taizo Aoyama, Takeshi Sonoda, Yasushi Nakanishi, Junichiro Tanabe, Hideki Takebayashi

    The self-cleaning system consisting of waterborne two-component acrylic silicon polymers and alkyl silicate is used as a highly effective self-cleaning coating. This system is useful in the formation of a self-cleaning topcoat that effectively maintains the high solar reflectance of a cool roof after coating. This capability was confirmed by an outdoor exposure test that compared self-cleaning and non-self-cleaning coatings. The energy savings of the self-cleaning coating for cooling were estimated via a cooling load calculation. (C) 2017 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE SA, 2017年12月, ENERGY AND BUILDINGS, 157 (157), 92 - 100, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Possibility of Area Energy Networks in Existing Urban Area Part 3 Prediction of Future Energy Consumption

    SASAGAWA Takashi, TAKEBAYASHI Hideki, KITTAKA Kosuke, LIN Gengcheng

    2017年11月, Proc. Journal of Asian Urban Environment, 359 - 362, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Possibility of Area Energy Networks in Existing Urban Area Part 2 Energy-Saving Effect by cogeneration System among Several Buildings

    LIN Gengcheng, TAKEBAYASHI Hideki, KITTAKA Kosuke, SASAGAWA Takashi

    2017年11月, Proc. Journal of Asian Urban Environment, 355 - 358, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Possibility of Area Energy Networks in Existing Urban Area Part 1 Analysis of Current Energy Consumption

    KITTAKA Kosuke, TAKEBAYASHI Hideki, SASAGAWA Takashi, LIN Gengcheng

    2017年11月, Proc. Journal of Asian Urban Environment, 393 - 396, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Relationship between city size, coastal land use and summer daytime air temperature rise with distance from coast

    TAKEBAYASHI Hideki, TANAKA Takahiro, MORIYAMA Masakazu, WATANABE Hironori, MIYAZAKI Hiroshi, KITTAKA Kosuke

    2017年09月, Proc. International Conference on Urban Comfort and Environmental Quality, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hideki Takebayashi

    MDPI AG, 2017年08月07日, Climate, 5 (3), 60 - 60, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideki Takebayashi, Junichiro Tanabe, Taizo Aoyama, Takeshi Sonoda, Yasushi Nakanishi

    Continuous field measurements were used to evaluate the aging of solar reflectance on self-cleaning coatings for roofs in comparison with conventional coatings that have no self-cleaning function. Solar reflectance on self-cleaning coatings decreases by about 6 % per year with annual variations, due to the adhesion of dirt. On the other hand, solar reflectance on conventional coatings greatly decreases, by approximately 18 % within four months of the coating's application, due to the adhesion of dirt. Then, it gradually recovers at a rate of about 4 % per year, with annual variations, due to degradation of the coating. It is due to degradation of the conventional coating that the difference of solar reflectance between the self-cleaning coating and the conventional coating becomes almost zero in two years. Both the adhesion of dirt and coating degradation by chalking affect the temporal change of solar reflectance with annual variation.

    SPRINGER/PLENUM PUBLISHERS, 2017年08月, INTERNATIONAL JOURNAL OF THERMOPHYSICS, 38 (8), 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideki Takebayashi, Makiko Kasahara, Shingo Tanabe, Makoto Kouyama

    Work and leisure in outdoor spaces influences people's physiological and psychological, while it can also lead to a reduction of energy consumed via air conditioning and lighting. In this study, the effects of solar radiation shading by trees in the open space around buildings on microclimatic development and pedestrian radiation environment are evaluated through a case study on the redevelopment buildings in front of Central Osaka Station, based on both observation and calculation. In both open space and green garden, direct solar radiation is shielded mainly by the buildings located behind the trees rather than by the trees themselves. Solar radiation shielding by trees is necessary in the range of more than 10 m from the south side of the buildings and more than 6 m from the west or east sides of the buildings.

    MDPI AG, 2017年08月, SUSTAINABILITY, 9 (8), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of wind and radiant environment in street canyons for production of urban climate maps at district scale

    TAKEBAYASHI Hideki, KIYAMA Yuki, YAMAMOTO Naoki

    2017年07月, Journal of Heat Island Institute International, 12 (2), 78 - 83, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Urban Morphology Adaptation Measures and Climate in Miscellaneous Blocks of Tehran and Osaka Cities

    POURBAKHT Mojtaba, Hideki Takebayashi

    2017年03月, Proc. The 8th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 229, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis on wind and radiant environment in street canyon for preparation of urban climate map in district scale

    TAKEBAYASHI Hideki, KIYAMA Yuki, YAMAMOTO Naoki

    2017年03月, Proc. The 8th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 243 - 248, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on the effects of aging of solar reflectance of the self-cleaning high reflectance coating

    TAKEBAYASHI Hideki, TANABE Junichiro, AOYAMA Taizo, SONODA Takeshi, NAKANISHI Yasushi

    2016年10月, Proc. 11th Asian Thermophysical Properties Conference, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 竹林 英樹, 妹尾 将司

     In this study, the relationship between urban size and the heat island intensity is analysed by using meso scale Weather Research & Forecasting (WRF) model, in three cities with different sizes (Tokyo, Osaka and Nagoya area). Since the urban area is extended to inland where is potentially likely to be higher air temperature in Tokyo area, higher air temperature is recognized in inland area. When urban area is increased, higher air temperature area is increased in inland area, since the urban area is likely to extend to inland area. Therefore, indirect relationship is confirmed between the spatial average air temperature in urban area and the urban size.
     If the urban form such as building coverage ratio and building height is the same, air temperature rise in urban area is not confirmed when urban size is expanded. Therefore, it is considered that there is no relationship between urban size and the heat island intensity. However, the spatial average air temperature in urban area rises when urban size is expanded, since higher air temperature area increases in inland. In the case of calculating the heat island intensity using the spatial average temperature in urban area, the heat island intensity is related to urban size.
     When calculating the heat island intensity by a conventional manner, if selecting a representative temperature in urban area near the coast or inland, the heat island intensity varies significantly. Therefore, the heat island intensity should be calculated based on air temperature distribution which was gained by repeatedly movement measurements intended for several urban areas as performed Sakakibara et al. or by meso scale model as in the present study.

    日本建築学会, 2016年08月, 日本建築学会環境系論文集, 81 (726), 707 - 713, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideki Takebayashi

    The focus of this study is on the impact of solar radiation reflected from the building facade to a pedestrian. The possibility of using high-reflectance technology on building facades was evaluated by using a two-dimensional simple building facade model. The effectiveness of applying retroreflective materials to building facades was also evaluated in regards to avoiding adverse effects on pedestrians. The ratio of diffusely-reflected solar radiation to a pedestrian from a given floor is proportional to the ratio of the angle of the reflective arc reaching a pedestrian from that floor to the angle of the reflective arc from the entire building. Specular reflection of solar radiation from the building facade is calculated by ray-tracing method corresponding to solar angle theta. In Japanese cities that are located at mid-latitudes, applying high-reflectance technology to a building facade at the fourth floor and above produces reflection of solar radiation that does not have adverse effects on pedestrians. High-reflectance technology is applicable on building facades above the fourth floor at any latitude, if we ignore a negative effect, since incident direct solar radiation to the building facade around noon is small at low latitude. Retroreflective material was considered for use on building facades below the third floor in order to avoid impacts on pedestrians from the reflection of solar radiation.

    MDPI AG, 2016年08月, SUSTAINABILITY, 8 (8), 1 - 9, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on aging of solar reflectance of the self-cleaning high reflectance coating

    AOYAMA Taizo, SONODA Takeshi, NAKANISHI Yasushi, TANABE Junichiro, TAKEBAYASHI Hideki

    2016年06月, Proc. fourth International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • CFD Ventilation Environment for Heat Island Mitigation

    POURBAKHT Mojtaba, TAKEBAYASHI Hideki, YAMAMOTO Naoki

    2016年06月, Proc. fourth International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis of the relationship between urban size and heat island intensity using WRF model

    TAKEBAYASHI Hideki, SENOO Masashi

    2016年06月, Proc. fourth International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 街区の空間特性に基づく戸建住宅の通風可能性評価

    竹林 英樹, 竹本 優貴, 福岡 孝則, 足立 裕司, 板倉 浩二, 埴淵 晴男

    2016年, 日本ヒートアイランド学会論文集, (11), 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of the relationship between urban size and heat island intensity using WRF model

    Takebayashi Hideki, Senoo Masashi

    2015年11月, Proc. The 13th International Conference on Atmospheric Sciences and Applications to Air Quality, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on the Potential of Reducing CO2 Emissions in Underground Mall

    Tambara Itaru, Takebayashi Hideki

    2015年10月, Proc. 12th International Conference of Asia Institute of Urban Environment, 215 - 220, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on the effect of morphologic features and material properties on microclimatic development and pedestrian comfort

    Aoyama Kentaro, Kyogoku Sae, Nakayama Shintaro, Takebayashi Hideki, Ishii Etsuko, Kasahara Makiko, Tanabe Shingo, Kouyama Makoto

    2015年10月, Proc. 12th International Conference of Asia Institute of Urban Environment, 221 - 224, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Potential of Cross Ventilation in Detached House on Regional Climate Information

    Takemoto Yuki, Takebayashi Hideki

    2015年10月, Proc. 12th International Conference of Asia Institute of Urban Environment, 25 - 30, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hideki Takebayashi, Etsuko Ishii, Masakazu Moriyama, Ai Sakaki, Shunsuke Nakajima, Hirobumi Ueda

    The possibility of solar energy utilization is discussed based on the relationship between urban morphology and solar radiation gain on building rooftops and wall surfaces. It was found that solar radiation on the rooftops of all the buildings in Osaka is reduced to about 86.3% when shadows of surrounding buildings are considered. It is further reduced to about 78.6% when obstacles on the rooftop are added. Power generation is estimated to be 27.3 PJ/year if photovoltaic panels were introduced to all free space on the buildings in Osaka. This corresponds to 1.93 Mt-CO2/year, with the reduction ratio of primary energy and CO2 emission being about 12.4% and 8.5% respectively. Solar heat generation is estimated to be 109.1 PJ/year if solar heat collectors were introduced to all free space on the buildings in Osaka. This corresponds to 5.55 Mt-CO2/year, with the reduction ratio of primary energy and CO2 emissions being about 49.6% and 24.3% respectively. The relationship between street characteristics and solar radiation on roofs and walls was analyzed for a typical fine summer day. The ratio of solar radiation on wall, roof, and ground surfaces is 17.5%, 25.7%, and 56.8%, respectively, on an average. In residential and industrial areas, there are few buildings, which experience reduced solar radiation on their roofs due to lower building coverage ratio. However, in the city center and in the residential areas, several buildings experience reduced amount of solar radiation on their roofs due to the effect of shadows by surrounding buildings. In the wide north-south and east-west streets, solar radiation on the walls is not reduced, because the heights of the buildings along the main street are aligned. In the narrow north-south streets, solar radiation on the walls is reduced when the opposite building is higher than the building in question. In the narrow east-west streets, solar radiation on the south side walls is not reduced due to the high solar altitude. (C) 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2015年09月, SOLAR ENERGY, 119, 362 - 369, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市環境気候図作成のための街路空間の風環境評価に関する研究

    竹林 英樹

    2015年09月, 日本建築学会環境系論文集, (715), 795 - 801, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Guidelines and evaluation tools for heat island countermeasures for several cities in Japan and other East Asian countries

    Shinji YOSHIDA, Taiki SATO, Hideki TAKEBAYASHI, Takahiro TANAKA, Akashi MOCHIDA, Ryozo OOKA, Ryuichiro YOSHIE, Qiong LI

    July 20-24, 2015
    Toulouse, France

    2015年07月20日, Proceedings of the 9th International Conference on Urban Climate (ICUC9), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 都市内の小規模緑地が周辺市街地の気温に及ぼす影響

    竹林 英樹, 八木 里英子

    2015年, 日本ヒートアイランド学会論文集, (10), 59 - 63, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 実測調査に基づく冷却塔のヒートアイランド対策効果に関する研究

    竹林 英樹, 笠原 万起子, 田辺 慎吾, 髙山 眞

    2015年, 日本冷凍空調学会論文集, (32), 317 - 323, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高反射率塗料の日射反射率の経時変化に関する研究

    竹林 英樹, 三木 勝夫, 酒井 孝司, 村田 泰孝, 松本 崇史, 和田 進, 青山 泰三

    2015年, 熱物性, 29 (3), 122 - 128, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高反射率塗料による省エネルギー効果の実測に基づく評価方法に関する研究

    竹林 英樹, 山田 智博, 石井 悦子, 三木 勝夫

    2015年, 日本ヒートアイランド学会論文集, (10), 45 - 51, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideki Takebayashi, Chihiro Yamada

    Cooling energy savings in a building with the roof coated with high-reflectance paint are examined. It is difficult to recognize such savings using the data observed hourly. Among the factors assumed to affect cooling energy load are: (1) internal heat generation, (2) set temperature, and (3) weather conditions. By analyzing the relationship between indoor-outdoor air temperature difference (averaged) and electric power consumption (integrated) of the air conditioner in the building over a day, the reduction in electric power consumption due to the use of a high-reflectance paint coating is estimated at approximately 72 Wh·m-2·day-1.

    MDPI AG, 2015年, Buildings, 5 (2), 310 - 317, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Experimental examination of solar reflectance of high-reflectance paint in Japan with natural and accelerated aging

    Takebayashi Hideki, Miki Katsuo, Sakai Koji, Murata Yasutaka, Matsumoto Takafumi, Wada Susumu, Aoyama Taizo

    2015年, Energy and Buildings, (114), 173 - 179, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Countermeasure guidelines and evaluation tools against heat island phenomena for several cities in Japan and East Asia

    Yoshida Shinji, Sato Taiki, Takebayashi Hideki, Tanaka Takahiro, Mochida Akashi, Ooka Ryozo, Yoshie Ryuichiro, Li Qiong

    2015年, Proc. 9th International Conference of Urban Climate, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on thermal environmental mitigation effects by the alteration of urban form on a large scale area

    Moriyama Masakazu, Inui Yukiko, TAKEBAYASHI HIDEKI

    2014年10月, Proc. The 7th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on the evaluation method of wind environment in the street canyon for the preparation of urban climate map

    TAKEBAYASHI HIDEKI, Oku Keisuke

    2014年10月, Proc. The 7th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 9 (2), 55 - 60, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hideki Takebayashi, Yutaro Kimura, Sae Kyogoku

    In this study, we analyzed the effects of introducing urban heat island measure technologies in a typical street canyon model to aid the selection of a suitable technology. It is appropriate to use street trees for improving the thermal environment of a sidewalk and high reflectance paint or water-retentive pavement for the reduction of surface temperature on the roadway. Reduction of solar radiation gain to the sidewalk pavement surface depends on the location and area of the street tree shadows, which are likely to occur on the northern sidewalk of an east-west road rather than an eastern (or a western) sidewalk of a north-south road. Moreover, the area of the shadow is proportional to the square of the width of tree crown (the radius) and inversely proportional to the distance between trees. Thus, it is necessary to prioritize these considerations based on the road orientation and time when the pedestrian use of sidewalk is the highest. (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2014年10月, SUSTAINABLE CITIES AND SOCIETY, 13, 217 - 222, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on evaluation of cross ventilation probability based on simulation results for detached house

    Takemoto Yuki, TAKEBAYASHI HIDEKI, Fukuoka Takanori, Adachi Yuji, Itakura Koji

    2014年10月, Proc. The 7th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Solar Radiation- Diffusion Context in three Cities of Yazd, Tehran and Kobe- A Survey to Mitigate Urban Heat Island Effect in Modern Cities

    Pourbakht Mojtaba, Ito Atsushi, TAKEBAYASHI HIDEKI

    2014年10月, Proc. Third International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Heat Island Research History, Countermeasures, Adaptation, and Implementation in Japan

    TAKEBAYASHI HIDEKI

    2014年10月, Proc. Third International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands, 英語

    [招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Examination on Aging Experiment and Accelerated Aging Test Method of Solar Reflectance of the High Reflectance Paint in Japan

    TAKEBAYASHI HIDEKI, Miki Katsuo, Sakai Koji, Murata Yasutaka, Matsumoto Takafumi, Wada Susumu, Aoyama Taizo

    2014年10月, Proc. Third International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands, 630 - 641, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evaluation of outdoor thermal environment in the redevelopment buildings in front of Osaka Station based on the observation results

    Aoyama Kentaro, TAKEBAYASHI HIDEKI, Kyogoku Sae, Nakayama Shintaro, Yagi Rieko, Ishii Etsuko, Kasahara Makiko, Tanabe Shingo, Kouyama Makoto

    2014年10月, Proc. The 7th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Development of self-cleaning top-coat for cool roof

    Aoyama Taizo, Sonoda Takeshi, Hamamura Takahiro, Nakanishi Yasushi, Peeters Luc, TAKEBAYASHI HIDEKI

    2014年10月, Proc. Third International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hideki Takebayashi, Yutaro Kimura, Sae Kyogoku

    In this study, we analyzed the effects of introducing urban heat island measure technologies in a typical street canyon model to aid the selection of a suitable technology. It is appropriate to use street trees for improving the thermal environment of a sidewalk and high reflectance paint or water-retentive pavement for the reduction of surface temperature on the roadway. Reduction of solar radiation gain to the sidewalk pavement surface depends on the location and area of the street tree shadows, which are likely to occur on the northern sidewalk of an east-west road rather than an eastern (or a western) sidewalk of a north-south road. Moreover, the area of the shadow is proportional to the square of the width of tree crown (the radius) and inversely proportional to the distance between trees. Thus, it is necessary to prioritize these considerations based on the road orientation and time when the pedestrian use of sidewalk is the highest. © 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    Elsevier Ltd, 2014年, Sustainable Cities and Society, 13, 217 - 222, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on the Evaluation of Cross Ventilation Possibilities Based on the Simulation Results for Detached Houses

    Takemoto Yuki, TAKEBAYASHI HIDEKI, Fukuoka Takanori, Adachi Yuji, Itakura Koji

    2014年, Journal of Heat Island Institute International, 9 (2), 82 - 85, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Evaluation of the outdoor thermal environment in redevelopment buildings in front of Osaka Station based on observations

    Aoyama Kentaro, TAKEBAYASHI HIDEKI, Kyogoku Sae, Nakayama Shintaro, Yagi Rieko, Ishii Etsuko, Kasahara Makiko, Tanabe Shingo, Kouyama Makoto

    2014年, Journal of Heat Island Institute International, 9 (2), 86 - 91, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市化が海風の冷却効果に及ぼす影響に関する研究

    竹林 英樹, 岸本 貴

    日本建築学会, 2013年10月, 日本建築学会環境系論文集, 78 (第692号), 775 - 779, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 街路形態に応じたヒートアイランド対策技術の適材適所の導入検討に関する研究

    竹林 英樹, 木村 裕太郎, 京極 沙絵

    2013年10月, 日本建築学会環境系論文集, (第692号), 781 - 785, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on the appropriate selection of urban heat island measure technologies to urban block properties

    TAKEBAYASHI HIDEKI, KIMURA YUTARO, KYOGOKU SAE

    2013年09月, Proceedings of 2nd Cool Roofs' Conference, 237 - 246, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Field observation of cooling energy saving by the high reflectance paint

    YAMADA CHIHIRO, TAKEBAYASHI HIDEKI, ISHII ETSUKO, MIKI KATSUO

    2013年09月, Proceedings of 2nd Cool Roofs' Conference, 326 - 332, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Development of self-cleaning top-coat for cool roof

    SONODA TAKESHI, NAKANISHI YASUSHI, HAMAMURA TAKAHIRO, UEDA HIROKI, AOYAMA TAIZO, TAKEBAYASHI HIDEKI

    2013年09月, Proceedings of 2nd Cool Roofs' Conference, 1089 - 1098, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hideki Takebayashi, Masakazu Moriyama, Teruaki Sugihara

    To assess the effect of uneven tiled surfaces on solar reflectance, a numerical calculation was utilized to estimate the solar reflectance of several kinds of surface shapes. In addition, the relationship between solar reflectance of uneven surfaces and surface shapes was analyzed. Drawing on the calculation results, the reduction of solar reflectance from the flat surface was also estimated. A heat budget model of the tile surface and sectional direction of the roof system was developed on the basis of observation results relating to the thermal characteristics of a traditional tiled roof system. A comparative simulation with other urban heat island mitigation technologies, such as green roofs, was carried out under typical weather conditions. (C) 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE SA, 2012年12月, ENERGY AND BUILDINGS, 55, 77 - 84, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 環境配慮型建築における要素技術の機能障害と維持管理に関する調査研究

    沖 正彦, 森山 正和, 竹林 英樹

    2012年10月, 空気調和・衛生工学会論文集, No.187、pp.65-71, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideki Takebayashi, Masakazu Moriyama

    The relationships between the properties of urban canopy components and the radiant environment in an urban street canyon are examined considering the introduction of appropriate urban heat island mitigation technologies. Radiant heat transfers between walls and roads are calculated according to Gebhart's radiant absorption coefficients and using the Monte Carlo method. Roads are classified as either north-south or east-west; intersections are also considered. The key property of an urban street canyon is expressed by its aspect ratio W/H. A simple street canyon model and two actual urban street canyon areas are used as the objects of examination. Distributions of surface temperatures and solar radiation gains on street canyon roofs, roads, and walls are analyzed. The top priority for the implementation of urban heat island mitigation measures concerns the buildings with large roof areas. The other high-priority areas for implementing mitigation measures focus on smaller roofs and roads for which the street canyon aspect ratio W/H is greater than 1.5; the lowest-priority area is the walls. (c) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2012年09月, SOLAR ENERGY, 86 (9), 2255 - 2262, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高反射率塗料を塗布した折板屋根の日射反射率低下量の算定に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和

    2012年06月, 日本建築学会技術報告集, 第39号、pp.623-626, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大阪地域を対象とした都市環境気候地図の作成方法に関する研究

    北尾 菜々子, 森山 正和, 竹林 英樹, 田中 貴宏

    2012年02月, 日本建築学会技術報告集, 第38号、pp.255-258, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on a simple evaluation method of urban heat island mitigation technology using upper air data

    Takebayashi Hideki, Masakazu Moriyama

    2012年, Journal of Heat Island Institute International, 7 (2), 102 - 110, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideki Takebayashi, Masakazu Moriyama

    The surface heat budgets of various pavement surfaces are studied with the aim of mitigating the urban heat island effect. In this study, the thermal characteristics of pavements are examined using data from observations. The net radiation, surface temperature, temperature under the surface, conduction heat flux, and core weight for each experimental surface are recorded, together with the weather conditions at the time of observation. The latent heat flux is estimated from the observed weight of the cores. The surface heat budget under the same weather conditions is examined, and the sensible heat flux from each target surface is calculated. The parameters that influence the surface heat budget, for example, solar reflectance (albedo), evaporative efficiency, heat conductivity, and heat capacity, are examined. On a typical summer day, the maximum reduction in the sensible heat flux from that on a normal asphalt surface is about 150 W/m(2) for an asphalt surface with water-retaining material and about 100 W/m(2) for a cement concrete surface with water-retaining material, depending on the albedo of each surface.

    HINDAWI PUBLISHING CORPORATION, 2012年, ADVANCES IN MATERIALS SCIENCE AND ENGINEERING, 2012, 11 pages, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 街区の空間特性が街路空間の風通し環境に及ぼす影響,気候資源としての風の利用を目的とした街路形態と街路空間の風通しの関係の分析その2

    竹林 英樹, 山田 俊明, 森山 正和

    2011年12月, 日本建築学会環境系論文集, 第670号,pp.1087-1092, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ヒートアイランド対策技術の適所導入の観点からみた街路形態と街路空間の放射環境(日射受熱量)の関係の分析

    竹林 英樹, 村田 知之, 森山 正和

    2011年08月, 日本建築学会環境系論文集, 第666号、pp.715-719, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 神戸市エコロジー建築の環境効果及び維持管理に関する追跡調査とその考察

    沖 正彦, 森山 正和, 竹林 英樹

    2011年02月, 日本建築学会技術報告集, 第35号、pp.259-264, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 上空気象データを用いた風通しの改善によるヒートアイランド対策効果の考察

    竹林 英樹

    2011年02月, 日本建築学会環境系論文集, 第660号、pp.195-199, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 公共施設管理者のエコロジー建築に対する意識調査と現況について

    沖 正彦, 森山 正和, 竹林 英樹

    2010年11月, 環境情報科学論文集, 第24号,pp.429-432, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on the cool roof effect of Japanese traditional tiled roof

    Hideki Takebayashi, Teruaki Sugihara, Masakazu Moriyama

    2010年09月, Proc. First Cool Roof Conference, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • クールルーフの適正な普及のための 簡易評価システムの検討(その2)パブリックベネフィット評価 ツールの開発

    竹林 英樹, 近藤 靖史, 日本建築学会, クールルーフ適正利用WG

    2010年06月, 日本建築学会技術報告集, 第33号,pp.589-594, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • メソ気象モデルWRFを用いた大阪地域のヒートアイランド現象に関する研究,潜在自然植生の概念を用いた都市化の影響評価

    北尾 菜々子, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    2010年05月, 日本建築学会環境系論文集, 第651号、pp.465-471, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 上空気象データを用いた海風による気温低下効果の考察

    竹林 英樹, 森山 正和

    2009年09月, 日本建築学会環境系論文集, 第643号、pp.1099-1105, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideki Takebayashi, Masakazu Moriyama

    The urban heat island mitigation effect of conversion from asphalt-covered parking areas to grass-covered ones is estimated by observation and calculation. The mean surface temperature in a parking lot is calculated from a thermal image captured by an infrared camera. The sensible heat flux in each parking space is calculated based on the surface heat budget. The reduction in the sensible heat flux is estimated to be approximately 100-150 W m(-2) during the day and approximately 50 W m(-2) during the night, in comparison with an asphalt surface. The air temperature reduction by the spread of grass-covered parking areas is calculated to be about 0.1 degrees C. Furthermore, consideration is given to the appearance of the parking lot, the growth of grass, the effects of the weight of a car and the heat radiated from its engine, the costs of construction and maintenance, etc. (C) 2009 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2009年08月, SOLAR ENERGY, 83 (8), 1211 - 1223, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ヒートポンプ給湯機の室外機による屋外熱環境の緩和効果に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和, 笠原 万起子

    2009年04月, 空気調和・衛生工学会論文集, No.145,pp.1-7, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 土壌含水率計を用いた屋上緑化面からの蒸発量の簡易現場測定方法に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和, 古橋 省吾

    2009年03月, 日本ヒートアイランド学会論文集, Vol.4,pp.26-31, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 気候資源としての風の利用を目的とした街路形態と街路空間の風通しの関係の分析

    竹林 英樹, 森山 正和, 三宅 弘祥

    2009年01月, 日本建築学会環境系論文集, 第74巻,第635号,pp.77-82, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 実測調査による市街地内公園からの冷気のにじみ出し現象の解析

    竹林 英樹, 森山 正和

    2008年11月, 日本ヒートアイランド学会論文集, Vol.3, pp.34-39, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 村田泰孝, 酒井孝司, 金森博, 竹林英樹, 松尾陽, 森山正和, 吉田篤正, 西岡真稔, 矢野直達, 清水亮作, 三木勝夫, 村瀬俊和, ハシュム・アクバリ

    The performance value of cool pairnung is usually indicated by the solar reflectivity that is measured by spectrometer in the laboratory. Ii is not easy to measure insolation reflectivity of a painted surface accurately, for the reflcetivity is influenced by the surroundings. In this study, it was examined that a method for insolation reflectivity measurement at horiaontal cool painting surface using white and black board whose performance was known, and this validity was confirmed. It was found that the performance value using this method was able to be predicted within the error of approximately ±0.05. The fluctuation of the insolation reflectivity by the incident angle of the sun light was less influenced on prediction accuracy, it the measurement was done without a break.

    2008年10月, 日本建築学会環境系論文集, 73 (632), 1209 - 1215, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 高反射率塗料施工面の日射反射率現場測定法に関する研究-標準板二点校正法の提案および水平面における精度確認-

    村田 泰孝, 酒井 孝司, 金森 博, 竹林 英樹, 松尾 陽, 森山 正和, 吉田 篤正, 西岡 真稔, 矢野 直達, 清水 亮作, 三木 勝夫, 村瀬 俊和, Hashem AKBARI

    2008年10月, 日本建築学会環境系論文集, 第632号、pp.1209-1215, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市熱環境監視に資する気象観測局の実態に関する調査研究

    鳴海 大典, 吉田 篤正, 鍋島 美奈子, 竹林 英樹

    2008年06月, 日本建築学会技術報告集, 第27号,pp.193-198, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • コンクリート系舗装によるヒートアイランド緩和効果

    安藤 豊, 君島 健之, 加形 護, 本田 隆, 森山 正和, 竹林 英樹, 西岡 真稔, 鍋島 美奈子

    無機マテリアル学会, 2008年03月01日, Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学, 15 (333), 104 - 110, 日本語

  • 湿潤舗装と遮熱舗装上の温熱環境改善効果に関する実験的研究

    赤川 宏幸, 竹林 英樹, 森山 正和

    2008年01月, 日本建築学会環境系論文集, Vol.73, No.623 pp. 85-91, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 環境配慮型舗装の熱収支解析に基づくヒートアイランド緩和効果に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和, 西岡 真稔, 君島 健之, 鍋島 美奈子, 加形 護, 本田 隆

    2008年01月, 日本建築学会環境系論文集, 第623号,pp.77-83, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 上空気象データを用いたヒートアイランド対策技術導入効果の簡易評価方法の検討

    竹林 英樹

    2007年11月, 日本建築学会環境系論文集, 第621号,pp.57-62, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • TAKEBAYASHI H.

    2007年08月, Building and Environment, 42, pp.2971-2979, 2971 - 2979, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大規模商業施設屋上庭園における夏季の温熱環境と訪問者の滞留特性に関する研究

    赤川 宏幸, 福味 克幸, 久保田 孝幸, 竹林 英樹, 森山 正和

    2007年01月, 日本建築学会環境系論文集, 第611号、pp.67-74, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • クリマアトラスの実用化に関する研究(その4)気候に配慮した長野市のまちづくりのワークショップ

    岩井 一博, 日本建築学会環境工学委員会, 都市環境, 都市設備運営委員会都市環境気候図小委員会, 森山 正和, 竹林 英樹

    2006年12月, 日本建築学会技術報告集, 第24号、pp.229-232, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅地内に近接する裸地・芝生地の熱環境評価

    鳴海 大典, 吉田 篤正, 鍋島 美奈子, 竹林 英樹

    2006年11月, 環境情報科学論文集, 第20号,pp.1-6, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on surface heat budget on the pavements for urban heat island measures

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu, SANO Masatoshi, FURUHASHI Syogo, KIMIJIMA Tateyuki, NISHIOKA Masatoshi, NABESHIMA Minako

    2006年07月, Proc. International Symposium on Building and Urban Environmental Engineering 2006, 273-278, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Comparison of summer heat indexes in 12 large Japanese cities and in Osaka region

    IKEHARA Motohiro, MORIYAMA Masakazu, TANAKA Takahiro, TAKEBAYASHI Hideki

    2006年07月, Proc. International Symposium on Building and Urban Environmental Engineering 2006, 267-272, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Surface heat budget for green roof and high reflection roof for urban heat island mitigation

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki

    2006年06月, Proc. Sixth International Conference on Urban Climate, 242-245, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study of local winds to effectively mitigate the urban heat island effect

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    2006年06月, Proc. Sixth International Conference on Urban Climate, 521-524, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Urban Environmental Climate Map for Neighborhood Planning

    MORIYAMA Masakazu, TANAKA Takahiro, TAKEBAYASHI Hideki

    2005年11月, Proc. The 4th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 44, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Surface Heat Budget on Green Roof and High Reflection Roof for Mitigation of Urban Heat Island

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    2005年11月, Proc. The 4th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 34, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Comparative field observations on infrared images for the externally and internally insulated building envelope in a summer night The experimental evaluation for the cool down effect of external insulation on mitigation of urban climate

    SHIBAIKE Hideki, KIYOSE Hideto, NANBA Shinobu, TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    2005年11月, Proc. The 4th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 10, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Climate analysis for the mitigation of urban heat island in Kyoto city No.3 Urban environmental climate map for the mitigation of urban heat island

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki, SHIBAIKE Hideki, TANAKA Takahiro

    2005年11月, Proc. International Symposium on Sustainable Development of Asia City Environment, 420-426, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Climate analysis for the mitigation of urban heat island in Kyoto city No.2 Climate analysis by fine resolution satellite data and town scale numerical climate model

    TAKEBAYASHI Hideki, SHIBAIKE Hideki, MORIYAMA Masakazu

    2005年11月, Proc. International Symposium on Sustainable Development of Asia City Environment, 414-419, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Climate analysis for the mitigation of urban heat island in Kyoto city No.1 Performance evaluations on counter measures for summer urban climate mitigation by the meso-scale CFD solution

    SHIBAIKE Hideki, ITEMADANI Kazuya, TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    2005年11月, Proc. International Symposium on Sustainable Development of Asia City Environment, 407-413, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on Influence of the Change of Land Cover Ratio on Urban Thermal Environment No.2 Analysis by Mean of the Local Scale Numerical Simulation Model

    TAKEBAYASHI Hideki, SHIBAIKE Hideki

    2005年09月, Proc. 19th Enviroinfo, 595-599, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on Influence of the Change of Land Cover Ratio on Urban Thermal Environment No.1 Analysis by Mean of the Meso-scale Numerical Simulation

    SHIBAIKE Hideki, ITEMADANI Kazuya, TAKEBAYASHI Hideki

    2005年09月, Proc. 19th Enviroinfo, 590-594, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 海風の影響を受けた都市ヒートアイランド現象

    竹林 英樹, 森山 正和

    2005年06月, 日本建築学会技術報告集, 第21号、pp.199-202, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 夏季夜間における山麓冷気流の市街地熱環境緩和効果に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和, 芝池 英樹

    2005年05月, 日本建築学会環境系論文集, 第591号、pp.69-74, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on the Influence of Sensible Heat Flux Distribution on Air Temperature in the Built-up Area

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    2004年08月, Proc. Fifth Symposium on the Urban Environment, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Experimenntal Study on the Measurement of Sensible Heart Flux at the Roof Surface Coated by High Reflectivity Paints

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki, NOGAMI Setsu, SANO Masatoshi

    2004年08月, Proc. Fifth Symposium on the Urban Environmnet, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 関西における密集市街地再開発住宅の空気環境-夏季・冬季のアンケート調査-

    日本建築学会環境工学委員会空気環境小委員会, 住宅換気性能ワーキンググループ, 西岡 利晃, 竹林 英樹

    2004年06月, 日本建築学会技術報告集, 第19号,pp.173-176, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Measure Against Urban Heat Island by the Cool Roof

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki, NOGAMI Setsu, SANO Masatoshi

    2004年06月, Proc. KU-UW International Symposium #1 on Design Strategy towards Safety & Symbiosis of Urban Space, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 夏季夜間の都市表面熱収支に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和

    2004年05月, 日本建築学会環境系論文集, 第579号、pp.61-65, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Thermal Storage Prevention Effect of Roadside Tree Shade in a Street Canyon

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    2004年05月, Proc.The 7th International Symposium on Building and Urban Environmental Engineering, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • "Urban Environmental Climate Map" as a Countermeasure of Urban Heat Island

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki

    2004年05月, Proc.The 7th International Symposium on Building and Urban Environmental Engineering, 200-206, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Influence of Downward Long Wave Radiation on Minimum Air Temperature in Urban Central Area

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    2003年12月, Transactions of Tianjin University, Vol.9 49-53, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Improvement of Outdoor Thermal Environment using Cold Air Drainage in a Built-up Area Facing the Mouth of a Valley

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    2003年09月, Proc. Fifth International Conference on Urban Climate, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • "Urban Environmental Climate Map" as a Countermeasure of Urban Heat Island

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki

    2003年09月, Proc. Fifth International Conference on Urban Climate, Vol.1, pp.451-454, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The Thermal Storage Prevention Effect of Roadside Trees Shade in a Street Canyon

    CHATANI Masayuki, IJIRI Katsuhisa, TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    2003年06月, Proc. the International Symposium "Pursuing Sustainable Societies in Diverse Environments", 142-143, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 斜面冷気流における冷気生成機構に関する研究

    竹林 英樹, 森 真佐雄, 芝池 英樹, 森山 正和

    2002年12月, 日本建築学会技術報告集, 第16号,pp.181-184, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 夏季夜間における山麓冷気流の集積・流出過程に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和

    2002年08月, 日本建築学会計画系論文集, 第558号,pp.57-61, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 数値モデルによる計算結果と観測データを併用した都市スケールの気候解析

    竹林 英樹, 森山 正和, 村上 周三, 大岡 龍三, 持田 灯, 芝池 英樹, 吉田 伸治

    2002年06月, 日本建築学会計画系論文集, 第556号,pp.63-68, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 市街地形態の異なる街区の温熱環境比較に関する実測研究

    森山 正和, 宮崎 ひろ志, 吉田 篤正, 竹林 英樹, 足永 靖信, 成田 健一, 依田 浩敏, 土井 正

    2002年06月, 日本建築学会技術報告集, 第15号,pp.199-202, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Urban effects on night air temperature in hot-humid climate

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki

    2002年05月, Proc. Fourth Symposium on the Urban Environment, 60-61, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Data analysis on "cool spot" effect of green canopy in urban areas

    KONO Hitoshi, MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki

    2002年05月, Proc. Fourth Symposium on the Urban Environment, 62-63, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis of the distribution of air temperature in the built-up area facing the mouth of the valley

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    2002年05月, Proc. Fourth Symposium on the Urban Environment, 58-59, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 土地利用の変遷が地域の熱環境に与えた影響に関する研究

    貢 暁芳, 森山 正和, 竹林 英樹

    2002年03月, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要, 第20号B,pp.185-192, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideki Takebayashi, Hideki Shibaike, Masakazu Moriyama, Yoshimasa Sato

    Normalized vegetation index (NVI) and albedo are computed using the fine resolution satellite remote sensing data. The characteristics on their frequency distributions for corresponding land uses are analyzed by superimposing the Detailed Digital Information on them. The frequency distributions generated by raw data in 10m meshes under consideration are compared to these made by the averaged data in each 10m meshes which seems to represent the popular course resolution satellite remote sensing data. By using these fine resolution data together with the GIS, albedo of the building roofs and roads seem to be distinguished. The characteristics on the frequency distributions of NVI and albedo for individual land uses are examined, and these for the raw value of 4m mesh are shown to be almost similar to those for the averaged value in 10m mesh. However in some land use categories, the specific materials of land cover contained in the categories are found to enlarge the standard deviation. © 2002, Architectural Institute of Japan. All rights reserved.

    2002年, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, 1 (2), 119 - 122, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • クリマアトラスの実用化に関する研究 ワークショップによる計画指針図作成の試み

    日本建築学会環境工学委員会環境設計小委員会, クリマアトラスの実用化ワーキンググループ, 森山 正和, 竹林 英樹

    2001年12月, 日本建築学会技術報告集, 第14号,pp.207-210, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Influence of Solar Cell Temperature on Electric Power Generation and Its Prediction Method

    AKAGI Takashi, MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki, SHIBAIKE Hideki

    2001年11月, 神戸大学工学部研究報告, 第48号,pp.41-49, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Cooling Effects on A Built-up Area Caused by Cold Air Drainage in Summer Night

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    2001年07月, Proc. International Symposium on Building and Urban Environmental Engineering, 27-32, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 夏季夜間における山麓冷気流の出現頻度と市街地における影響距離

    竹林 英樹, 森山 正和, 糸川 文崇

    2001年04月, 日本建築学会計画系論文集, 第542号,pp.99-104, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市地表面アルベドの推定方法に関する研究

    佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    2001年03月, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要, 第19号B,pp.185-190, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市における樹林のクールスポット効果に関する実測データ解析

    森山 正和, 河野 仁, 吉田 篤正, 宮崎 ひろ志, 竹林 英樹

    2001年03月, 日本建築学会計画系論文集, 第541号,pp.49-56, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ランドサットTMデータを用いた制約条件付き最小二乗法による土地被覆解析と緑被環境評価-神戸市震災被害地域におけるケーススタディー-

    森山 正和, 竹林 英樹

    2001年01月, 日本建築学会技術報告集, 第12号,pp.145-150, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Urban Effect on Night Air Temperature in Hot-Humid Climate

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki, SAHASHI Hideyasu

    2000年10月, Proc. 3rd Japanese-German Symposium on Urban Climatology, 1-2, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Cooling Effects on a Built-up Area caused by Cold Air Drainage in Summer Night

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    2000年10月, Proc. 3rd Japanese-German Symposium on Urban Climatology, 24-25, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on Thermal Environment in Summer and the Method of Its Improvement in an Alleyway

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu, FUJIKI Kaori, TOYOFUKU Koshi

    1999年11月, 神戸大学工学部研究報告, 第46号,pp.57-68, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Climate Mapping in Urban Area based on One Dimensional Heat Budget Model and Normalized Vegetation Index - Case Study of Osaka region using Observed Meteorological Data in Summer-

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki

    1999年11月, Proc. International Congress of Biometeorology and International Conference on Urban Climatology, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on Cooling Effect in a Built-up Area by Cold Drainage Flow in Summer Night

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    1999年09月, Proc. International Congress of Biometeorology and International Conference on Urban Climatology, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Determination Method of Coefficients and Its Problems in the Simulation of Urban Air Temperature Based on One Dimensional Heat Budget Model

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki

    1999年09月, Proc. Building Simulation '99, 1131-1136, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Making method of "Klimatope" map based on normalized vegetation index and one-dimensional heat budget model

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki

    1999年08月, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, 81, pp.211-220, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 一次元熱収支モデルによる夏季の都市気温シミュレーションにおける蒸発効率と人工排熱成分の推定に関する一手法

    森山 正和, 竹林 英樹, 宮崎 ひろ志

    1999年05月, 日本建築学会計画系論文集, 第519号,pp.85-91, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 正規化植生指標(NVI)と一次元熱収支モデルに基づいたクリマトープ図の作成手法に関する研究

    森山 正和, 竹林 英樹

    1999年04月, 日本建築学会計画系論文集, 第518号,pp.61-65, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ランドサットTMデータから推定した緑被率分布と阪神・淡路大震災における大規模延焼火災地域との関係

    森山 正和, 竹林 英樹

    1999年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 第3号,pp.49-54, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Improvement Effects of Indoor Thermal Environment by means of Solar-chimney Type Toplight

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu, KISHIMA Katsunori, MIYAZAKI Hiroshi

    1998年11月, Memoirs of the faculty of engineering, kobe university, 第45号,pp.47-54, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on Wind Distribution in Kobe City influenced by Land and Sea breezes around Osaka Bay

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    1998年10月, Proc. Symposium on Advances in Regional Climatology, pp.125-126, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Klimatope Mapping in Urban Area based on One Dimensinal Heat Budget Model and Normalized Vegetation Index (NVI) - Case Study of Osaka region using Observed Meteorological Data in Summer -

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki

    1998年10月, Proc. Symposium on Advances in Regional Climatology, pp.77-78, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effect of Cross Ventilation on Topside-light -Example of a Building Located in Built-up area in Kobe-

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu, FURUYA Yoko

    1998年08月, Proc. International Workshop on "CFD for Wind Climate in Cities", pp.249-254, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Climate Analysis for Urban Planning in Kobe

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki

    1997年09月, Proc. "Klimaanalyse fuer die Stadtplannung" -Second Japanese-German Meeting-, pp.53-62, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • CFD Analysis of Urban Climate in Kobe City

    OOKA Ryozo, MURAKAMI Syuzo, MOCHIDA Akashi, KIM Sangjin, NAITO Kaori, MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki, SHIBAIKE Hideki

    1997年09月, Proc. "Klimaanalyse fuer die Stadtplannung" -Second Japanese-German Meeting-, pp.271-278, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Green Coverage for an Overcrowded City - an Evaluation Method for Urban Green Areas using Landsat TM

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki, NIIMITSU Bun

    1997年07月, Urban Ecology, pp.706-708, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of Green Areas on Urban Air Temperature by Numerical Solution

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki, FUKUMOTO Keiji

    1997年03月, Mem. Grad. School Sci. & Technol., Kobe Univ., 第15号A,pp.101-115, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideki Takebayashi

    Elsevier BV, 2022年02月, Energy and Buildings, 257, 111792 - 111792, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study of Adaptive City by Osaka Heat Island Countermeasure Technology Consortium

    Hideki Takebayashi, Masakazu Moriyama

    2019年12月, Proc. fifth International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands, 英語

    [査読有り]

  • Implementation Strategies of Adaptation Measures for Extreme High Temperature

    TAKEBAYASHI Hideki

    2019年07月, Cool Building Solutions Workshop, 英語

  • A Simple Method to evaluate adaptation measures for Urban Heat Island

    TAKEBAYASHI Hideki

    2018年07月, International Conference Advances in Urban Mitigation Technologies, 英語

    [招待有り]

  • Study on Strategies to Implement Adaptation Measures for Extreme High Temperatures into the Street Canyon

    Hideki Takebayashi, Hiroki Danno, Ushio Tozawa

    2022年06月, Atmosphere, 13, 946 - 957, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 園田 健, 浜村 高広, 横井 宙是, 青山 泰三, 竹林 英樹

    前報(その1,2)に引き続き、外壁の雨筋汚染防止技術を高日射反射率塗料に応用した場合の有用性について、研究している。今回は、この技術を用いた塗料と市販の高日射反射率塗料との比較検討を行った。また、その屋外暴露試験の結果と米国で提唱されている促進汚染試験方法での結果を比較することで、その有用性の確認を行った。その結果、開発塗料は、市販品と比較して、同等以上の日射反射率保持性を有していることが判った。また、米国で提唱されている促進汚染試験方法は、日本の塗料を評価するには、問題があることが判った。

    日本建築仕上学会, 2015年, 日本建築仕上学会 大会学術講演会研究発表論文集, 2015, 48 - 48, 日本語

  • 一谷 匡陸, 森山 正和, 竹林 英樹

    神戸大学都市安全研究センター, 2005年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 9, 321 - 326, 日本語

  • 田ノ岡 正紀, 森山 正和, 竹林 英樹

    神戸大学都市安全研究センター, 2005年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 9, 289 - 299, 日本語

  • Ooka Ryozo, Murakami Shuzo, Mochida Akashi, Kim Sangjin, Naito Kaori, Moriyama Masakazu, Takebayashi Hideki, Shibaike Hideki

    神戸大学都市安全研究センター, 1998年07月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 1, 271 - 278, 英語

  • 松本 卓也, 森山 正和, 竹林 英樹, 石動 嘉信

    神戸大学, 2005年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 9, 301 - 307, 日本語

MISC

  • 都市の風通し

    竹林英樹

    2020年07月, 日本風工学会誌, 45 (3), 189 - 195, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 大阪地域の都市熱環境の特徴と暑さ対策

    竹林 英樹

    2019年12月, 生産技術振興協会第1回アライアンス委員会魅力あるまちづくり分科会配布資料, 日本語

    [招待有り]

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

  • 適応策メニューの整理

    竹林 英樹

    2019年06月, 大阪HITEC WG横断勉強会(拡大版)資料, 日本語

    [招待有り]

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

  • ヒートアイランド適応策導入に向けたWG横断型勉強会の紹介

    竹林 英樹

    2018年07月, 大阪ヒートアイランド対策技術コンソーシアム公開セミナー資料, 日本語

    [招待有り]

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

  • 汚れ及び塗膜劣化が高反射率塗料の反射率経時変化に及ぼす影響に関する研究

    竹林 英樹, 青山 泰三, 園田 健

    2018年06月, 塗装工学, 53 (6), 184 - 190, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 海外におけるヒートアイランド研究の最新動向 ヒートアイランド対策国際会議

    竹林 英樹, 三木 勝夫, 井原 智彦, 森山 正和

    2016年07月, 日本ヒートアイランド学会誌, (11), 9 - 12, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • グランフロント大阪の環境配慮型まちづくりの計画と実施

    堀川 晋, 高山 眞, 水出 喜太郎, 田中 宏昌, 田辺 慎吾, 後藤 悠, 笠原 万起子, 白石 かおり, 西堀 正樹, 鎌田 貴浩, 井守 紀昭, 藤井 毅, 岡本 尚, 宮川 修, 相良 和伸, 山中 俊夫, 下田 吉之, 甲谷 寿史, 桃井 良尚, 近本 智行, 竹林 英樹

    2016年07月, 空気調和・衛生工学, 90 (7), 557 - 562, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 第9回国際都市気候会議(ICUC9)の報告

    足立 幸穂, 菅原 広史, 竹林 英樹, 大橋 唯太, 伊東 瑠衣, 志藤 文武, 山本 哲, 足永 靖信

    2016年03月, 天気, (63), 185 - 193, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • ヒートアイランド研究の現状と今後の展開

    竹林 英樹

    2016年03月, TestNavi通信, (27), 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 10年後の住-省エネルギー住宅-

    竹林 英樹

    2016年02月, 化学工学, (80), 13 - 17, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 建築分野からみたヒートアイランド研究の現状と今後の展開②

    竹林 英樹

    2015年08月, 日本ヒートアイランド学会誌, (10), 26 - 27, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 都市熱環境の改善方策について

    竹林 英樹

    2014年01月, 都市政策, (第154号), 13 - 21, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 潜熱蓄熱型空調システムの紹介

    竹林 英樹

    2014年01月, セミナー「潜熱蓄熱材を利用した超高断熱高気密住宅の開発と動向」資料, 日本語

    [招待有り]

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

  • 潜熱蓄熱型空調機

    竹林 英樹, 矢野 直達

    一般社団法人日本機械学会, 2013年06月05日, 日本機械学會誌 = Journal of the Society of Mechanical Engineers, 116 (1135), 392 - 393, 日本語

  • 街路形態が街路空間の風通し環境に及ぼす影響に関する検討

    竹林 英樹

    2010年07月, 環境技術, Vol.39,No.7,pp.396-400, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 上空気象データを用いたヒートアイランド対策技術導入効果の簡易評価方法の開発

    竹林 英樹

    2009年03月, 平成20年度~平成21年度科学研究費補助金(若手研究B)研究成果報告書, 日本語

    その他

  • クールペイントの普及に向けた提案

    竹林 英樹

    2009年, 太陽エネルギー, Vol.35, No.3, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 第7回都市環境シンポジウム/第7回沿岸大気・海洋予測とプロセス会議(合同開催)報告

    近藤 裕昭, 稲垣 厚至, 井原 智彦, 大岡 龍三, 小田 僚子, 黄 弘, 高橋 桂子, 竹林 英樹, 土屋 貴史

    社団法人日本気象学会, 2008年04月30日, 天気, 55 (4), 259 - 265, 日本語

  • 第3回独日都市気候シンポジウムの参加報告

    大橋 唯太, 泉 岳樹, 菅原 広史, 狩野 真規, 佐藤 尚毅, 一ノ瀬 俊明, 竹林 英樹

    日本気象学会, 2001年, 天気, 48 (3), 159 - 163, 日本語

  • Study on Energy Conservation Strategy and Energy Consumption of University Hospital (Special Issue : AIUE2016 : Green Building and Smart City : 13th international conference of Asia Institute of urban environment)

    Kittaka Kosuke, Takebayashi Hideki

    Asian Institute of Urban Environment, 2016年, Journal of Asian urban environment, 297 - 300, 英語

  • 40552 非住宅建築物の環境関連データベース構築に関する研究 : その14 関西における調査建物概要とエネルギー消費量の実態(環境関連データベース 3,環境工学I)

    山崎 政人, 下田 吉之, 甲谷 寿史, 近本 智行, 宮崎 ひろ志, 鳴海 大典, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2008, 1145 - 1146, 日本語

  • 40553 非住宅建築物の環境関連データベース構築に関する研究 : その15 関西における水消費量とCO_2排出量の実態(環境関連データベース 3,環境工学I)

    下田 吉之, 山崎 政人, 甲谷 寿史, 近本 智行, 宮崎 ひろ志, 鳴海 大典, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2008, 1147 - 1148, 日本語

  • 40509 クールルーフ適正利用ガイドライン作成のための基礎的検討(クールルーフ・クールペイヴメント,環境工学I)

    竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2008, 1059 - 1060, 日本語

  • 40436 街路空間の幾何学的形態が風通しに与える影響に関する研究(街区CFD 2,環境工学I)

    増田 恭大, 竹林 秀樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2008, 913 - 914, 日本語

  • 高反射率塗料施工面の日射反射率測定に関する研究 (その3) 二点校正法による折板面の日射反射率測定

    酒井, 村田 泰孝, 西岡 真稔, 竹林 英樹, 松尾 陽, 森山 正和, 吉田 篤正, 三木 勝夫, 村瀬 俊和

    一般社団法人日本建築学会, 2008年, 日本建築学会学術講演梗概集, 2008. 9, 1039 - 1040, 日本語

  • 芝生化駐車場における芝生の劣化によるヒートアイランド対策効果の低下に関する実測研究

    金本薫希, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2008年, 日本建築学会学術講演梗概集D-1 環境工学, 2008, 1, 1057 - 1058, 日本語

  • 40329 大規模商業施設屋上庭園における温熱環境評価 : その2 SET^*の評価と秋季のアンケート調査について(緑化の評価,環境工学I)

    長谷川 梨沙, 竹林 英樹, 森山 正和, 赤川 宏幸

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2005, 679 - 680, 日本語

  • 40372 数値シミュレーションによる街路空間の熱環境評価に関する研究 (その2) : 流体モデルによる気流,気温分布の計算(数値シミュレーション,環境工学I)

    楠 博光, 中川 健一郎, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2005, 765 - 766, 日本語

  • 40311 環境配慮型道路舗装面の熱収支に関する研究 : その2熱収支の考察(ヒートアイランド抑制技術(2),環境工学I)

    佐野 公俊, 古橋 省吾, 森山 正和, 君島 健之, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2005, 643 - 644, 日本語

  • 40310 環境配慮型道路舗装面の熱収支に関する研究 : その1測定結果(ヒートアイランド抑制技術(2),環境工学I)

    古橋 省吾, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐野 公俊, 西岡 真稔, 鍋島 美奈子, 君島 健之, 加形 護, 本田 隆

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2005, 641 - 642, 日本語

  • 40371 数値シミュレーションによる街路空間の温熱環境評価に関する研究 (その1) : 放射伝熱モデルによる地表面温度の計算(数値シミュレーション,環境工学I)

    中川 健一郎, 楠 博光, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2005, 763 - 764, 日本語

  • 40445 「都市環境気候図」を利用したまちづくりワークショップに関する研究 : 神戸市長田区駒ヶ林地区におけるワークショップの実践(環境設計支援,環境工学I)

    山下 卓洋, 田中 貴宏, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2005, 911 - 912, 日本語

  • 40388 夏季の気温形成に影響を及ぼす因子に関する研究 : 平日と休日の気温変化の比較考察を中心として(大気質ほか,環境工学I)

    池原 基博, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2005, 797 - 798, 日本語

  • 40384 太陽電池パネルのヒートアイランド抑制効果に関する研究 : その1 実測による考察(UV・クールルーフ,環境工学I)

    松本 卓也, 森山 正和, 竹林 英樹, 一谷 匡陛

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2004, 791 - 792, 日本語

  • 40387 クールルーフに関する研究(その2) : 高反射性塗料を塗装した屋上表面の放射特性評価(UV・クールルーフ,環境工学I)

    佐野 公俊, 竹林 英樹, 森山 正和, 野上 摂

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2004, 797 - 798, 日本語

  • 40385 太陽電池パネルのヒートアイランド抑制効果に関する研究 : その2 数値解析による考察(UV・クールルーフ,環境工学I)

    一谷 匡陛, 森山 正和, 竹林 英樹, 松本 卓也

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2004, 793 - 794, 日本語

  • 40386 クールルーフに関する研究(その1) : 熱収支残差法による顕熱流の測定(UV・クールルーフ,環境工学I)

    野上 摂, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐川 朋子, 佐野 公俊

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2004, 795 - 796, 日本語

  • 40315 地域熱供給システムの普及によるヒートアイランド抑制効果に関する研究(地域冷暖房・大気質,環境工学I)

    竹林 英樹, 森山 正和, 木村 哲治

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2004, 653 - 654, 日本語

  • 40347 住宅地内に近接する裸地・芝生地の熱環境評価 : その3 固定観測点周辺の気温分布(都市緑化(1),環境工学I)

    荻原 研二, 阪井 雅洋, 升井 幸男, 奥田 孝史, 鳴海 大典, 竹林 英樹, 鍋島 美奈子, 宮本 征一, 吉田 篤正

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2004, 717 - 718, 日本語

  • 40345 住宅地内に近接する裸地・芝生地の熱環境評価 : その1 観測概要ならびに各気象要素の観測結果(都市緑化(1),環境工学I)

    阪井 雅洋, 升井 幸男, 荻原 研二, 奥田 孝史, 鳴海 大典, 竹林 英樹, 鍋島 美奈子, 宮本 征一, 吉田 篤正

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2004, 713 - 714, 日本語

  • 40346 住宅地内に近接する裸地および芝生地の熱環境評価 : その2 地表面熱収支ならびに体感評価結果(都市緑化(1),環境工学I)

    升井 幸男, 阪井 雅洋, 荻原 研二, 奥田 孝史, 鳴海 大典, 竹林 英樹, 鍋島 美奈子, 宮本 征一, 吉田 篤正

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2004, 715 - 716, 日本語

  • グランフロント大阪の環境配慮型まちづくりの計画と実施 (第54回空気調和・衛生工学会賞,第16回特別賞"十年賞",第4回特別賞"リニューアル賞",第30回振興賞技術振興賞,第25回篠原記念賞,第6回井上宇市記念賞および第13回功績賞) -- (第54回空気調和・衛生工学会賞技術賞受賞業績)

    堀川 晋, 髙山 眞, 水出 喜太郎, 田中 宏昌, 田辺 慎吾, 後藤 悠, 笠原 万起子, 白石 かおり, 西堀 正樹, 鎌田 貴浩, 井守 紀昭, 藤井 毅, 岡本 尚, 富川 修, 相良 和伸, 山中 俊夫, 下田 吉之, 甲谷 寿史, 桃井 良尚, 近本 智行, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会, 2016年07月, 空気調和・衛生工学, 90 (7), 557 - 562, 日本語

  • 40432 海風の有効利用を目的とした街路形態と風通しの関係の検討(都市気温分布,環境工学I)

    竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2009, 915 - 916, 日本語

  • 40446 住宅地開発における風環境及び熱環境の計画方法に関する研究(都市熱環境の計測と計画手法,環境工学I)

    山田 俊明, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2009, 943 - 944, 日本語

  • 40439 大阪中心部における都市の集約化による環境負荷軽減効果に関する研究 : 「コンパクトエコシティ」モデルの概要(屋外熱環境解析,環境工学I)

    岩崎 元英, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2009, 929 - 930, 日本語

  • 40397 高反射率塗料施工面の日射反射率測定に関する研究(その4) : 形状・反射率の異なる折板面の反射率測定と数値解析(クールルーフ,環境工学I)

    酒井 孝司, 村田 泰孝, 西岡 真稔, 竹林 英樹, 松尾 陽, 森山 正和, 吉田 篤正, 三木 勝夫, 村瀬 俊和

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2009, 845 - 846, 日本語

  • 40420 駐車区画の熱性状評価に関する測定 : 熱赤外画像と近赤外画像を用いた解析(緑化,環境工学I)

    金本 薫希, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2009, 891 - 892, 日本語

  • 41231 住宅における太陽熱給湯システムの導入効果に関する研究(太陽熱給湯,環境工学II)

    青山 雅則, 森山 正和, 沖 正彦, 竹林 英樹, 石井 悦子

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2009, 473 - 474, 日本語

  • 41236 ハイブリッド・ソーラーシステムの提案と解析(太陽熱利用・光発電,環境工学II)

    沖 正彦, 森山 正和, 青山 雅則, 竹林 秀樹, 石井 悦子

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2009, 483 - 484, 日本語

  • 40319 メソ気象モデル(WRF)を用いた大阪地域のヒートアイランド現象に関する研究 : (その1)モデルの検証とヒートアイランドの構造把握(メソ気象モデル(MM5・WRF),環境工学I)

    森山 正和, 北尾 菜々子, 竹林 英樹, 田中 貴宏

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2009, 689 - 690, 日本語

  • 40320 メソ気象モデルWRFを用いた大阪地域のヒートアイランド現象に関する研究 : (その2)潜在自然植生下における計算結果の比較考察(メソ気象モデル(MM5・WRF),環境工学I)

    北尾 菜々子, 森山 正和, 竹林 英樹, 田中 貴宏

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2009, 691 - 692, 日本語

  • 40345 数値計算による街路空間モデルの風通し環境に関する研究(中高層街路,環境工学I)

    増田 恭太, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2009, 741 - 742, 日本語

  • 40337 街路形態に注目した街路空間における放射熱環境の改善方法に関する研究(街路空間,環境工学I)

    村田 知之, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2009, 725 - 726, 日本語

  • 4038 関西地域における非住宅建築物のエネルギー消費等の実態(環境)

    山崎 政人, 下田 吉之, 鳴海 大典, 甲谷 寿史, 竹林 英樹, 宮崎 ひろし, 近本 智行

    一般社団法人日本建築学会, 2008年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (48), 149 - 152, 日本語

  • 4032 街路空間の幾何学的形態が風通しに与える影響に関する研究(環境)

    増田 恭大, 竹林 英樹, 森山 正和, 足永 靖信

    一般社団法人日本建築学会, 2008年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (48), 125 - 128, 日本語

  • 4060 芝生化駐車場における芝生の劣化によるヒートアイランド対策効果の低下に関する実測研究(環境)

    金本 薫希, 松下 暢子, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2008年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (48), 237 - 240, 日本語

  • 4035 住宅における潜熱蓄熱型空調機の適用に関する研究(環境)

    村井 佐江, 矢野 直達, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2008年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (48), 137 - 140, 日本語

  • 4077 観測データに基づく大阪地域の1990年代以降の高温化の解析(環境)

    竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2008年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (48), 305 - 308, 日本語

  • 4090 街路幅と主風向が街路空間の風通しに与える影響に関する研究(環境)

    三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (47), 357 - 360, 日本語

  • 4044 高効率給湯器導入によるヒートアイランド緩和効果に関する研究(環境)

    笠原 万紀子, 三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (47), 173 - 176, 日本語

  • 4050 街路空間の熱環境に関する実測調査と数値計算による考察(環境)

    中川 健一郎, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (46), 197 - 200, 日本語

  • 4063 街路空間の風環境に関する実測調査と数値計算による考察(環境)

    三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (46), 249 - 252, 日本語

  • 駐車場の芝生化によるヒートアイランド緩和効果に関する研究

    笠原万起子, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2006年, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 341 - 344, 日本語

  • 4035 建物周辺スケールの数値シミュレーションによる街路空間の温熱環境評価に関する研究(環境工学)

    楠 博光, 中川 健一郎, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (45), 137 - 140, 日本語

  • 4054 環境配慮型道路舗装面の熱収支に関する研究 : その1 測定結果(環境工学)

    古橋 省吾, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐野 公俊, 西岡 真稔, 鍋島 美奈子, 君島 健之, 加形 護, 本田 隆

    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (45), 213 - 216, 日本語

  • 4084 夏季の気温形成に影響を及ぼす因子に関する研究 : 都市環境気候図の作成に向けて(環境工学)

    池原 基博, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (45), 333 - 336, 日本語

  • 4044 高解像度衛星データの都市気候解析への応用に関する研究(環境工学)

    竹林 英樹, 芝池 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (45), 173 - 176, 日本語

  • 4055 環境配慮型道路舗装面の熱収支に関する研究 : その2 熱収支の考察(環境工学)

    佐野 公俊, 古橋 省吾, 森山 正和, 君島 健之, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (45), 217 - 220, 日本語

  • 4101 クールルーフに関する研究(その2) : 熱収支残差法による顕熱流の測定(環境工学)

    野上 摂, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐川 朋子

    一般社団法人日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (44), 401 - 404, 日本語

  • 4100 クールルーフに関する研究(その1) : 高反射性塗料を塗装した屋上表面の放射特性評価に関する研究(環境工学)

    佐野 公俊, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (44), 397 - 400, 日本語

  • 4075 太陽電池パネルのヒートアイランド抑制効果に関する予備的検討(環境工学)

    一谷 匡陛, 森山 正和, 竹林 英樹, 松本 卓也

    一般社団法人日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (44), 297 - 300, 日本語

  • 4080 住宅地内に近接する裸地および芝生地の熱環境評価に関する現地観測調査(環境工学)

    荻原 研二, 升井 幸男, 奥田 孝史, 鳴海 大典, 竹林 英樹, 鍋島 美奈子, 宮本 征一, 吉田 篤正

    一般社団法人日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (44), 317 - 320, 日本語

  • 4073 街路樹の日射遮蔽による街路空間の蓄熱防止効果に関する研究(環境工学)

    茶谷 真幸, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (43), 289 - 292, 日本語

  • 4050 メソスケールモデルによる京都市域の気候解析に関する研究(環境工学)

    一天満谷 和哉, 芝池 英樹, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (43), 197 - 200, 日本語

  • 4038 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 : その6 地表面熱収支と地形を考慮した数値計算による谷口周辺市街地気温分布(環境工学)

    竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (43), 149 - 152, 日本語

  • 4001 太陽光発電システム発電量の予測方法における太陽電池セル温度の影響に関する研究(環境工学)

    赤木 貴, 森山 正和, 芝池 英樹, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (41), 1 - 4, 日本語

  • 4059 京都地域の気温分布図作成に関する研究(環境工学)

    佐藤 嘉昌, 森山 正和, 竹林 英樹, 芝池 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (41), 233 - 236, 日本語

  • 4077 大阪地域の気温分布に及ぼす海風の影響に関する研究(環境工学)

    富重 幸博, 森山 正和, 竹林 英樹, 武本 鐘浩

    一般社団法人日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (41), 305 - 308, 日本語

  • 4069 都市地表面熱収支成分マップの作成方法に関する研究(環境工学)

    山本 愛子, 佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (41), 273 - 276, 日本語

  • 4083 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 : その1 冷気流の出現頻度と市街地における影響距離(環境工学)

    糸川 文崇, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (40), 329 - 332, 日本語

  • 4084 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 : その2 冷気の集積、流出過程(環境工学)

    竹林 英樹, 新宅 俊之, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (40), 333 - 336, 日本語

  • 4086 一次元熱収支モデルを用いた夏季夜間人工排熱量の推定に関する研究(環境工学)

    武本 鐘浩, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐橋 秀康

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (40), 341 - 344, 日本語

  • 4085 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 : その3 樹林内における気温鉛直分布の形成機構(環境工学)

    森 真佐雄, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (40), 337 - 340, 日本語

  • 4074 都市における熱収支分布図の作成に関する研究(その1) : 夏季のアルベド分布及び大気放射量に関する考察(環境工学)

    佐橋 秀康, 三好 奈月, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (40), 293 - 296, 日本語

  • 4020 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する実測研究(環境工学)

    糸川 文崇, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (39), 77 - 80, 日本語

  • 4021 一次元熱収支モデルによる都市気温の推定における蒸発効率等係数の決定に関する研究 : 大阪市城における夏季の気温観測データを用いて(環境工学)

    佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (39), 81 - 84, 日本語

  • 4049 神戸市エコロジー建築におけるトップサイドライトの通風効果に関する研究(環境工学)

    古屋 陽子, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (38), 193 - 196, 日本語

  • 4019 神戸地域における都市環境のクリマアトラスの作成に関する研究(環境工学)

    森山 正和, 岸本 綾子, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (38), 73 - 76, 日本語

  • 4042 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する実測研究(環境工学)

    糸川 文崇, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (38), 165 - 168, 日本語

  • 4041 観測データによる神戸地域の気流解析(環境工学)

    竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (38), 161 - 164, 日本語

  • 4019 クリマトープ図の作成方法に関する研究 : (その1)植生指標(NVI)と一次元熱収支モデルによる方法(環境工学)

    竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 1997年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (37), 73 - 76, 日本語

  • 4020 クリマトープ図の作成方法に関する研究 : (その2)実測による都市表面温度の考察(環境工学)

    山本 修平, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 1997年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (37), 77 - 80, 日本語

  • 4047 神戸地域の都市気候に関する研究 : 数値計算による気流分布性状の解析(環境工学)

    竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 185 - 188, 日本語

  • 41565 住宅における潜熱蓄熱型空調機の適用に関する研究(住宅(2),環境工学II)

    村井 佐江, 矢野 直達, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2008, 1165 - 1166, 日本語

  • 屋上緑化及び高反射塗料の表面熱収支結果

    竹林, 野上 摂, 森山 正和, 佐野 公俊

    一般社団法人日本建築学会, 2005年, 日本建築学会学術講演梗概集 (近畿) D-2環境工学II, 2005年9月, 41 - 44, 日本語

  • 41742 大学研究棟屋上の防災実験可能な太陽光発電システムの稼動状況に関する調査研究(自然エネルギー利用(2),環境工学II)

    田ノ岡 正紀, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2004, 1539 - 1540, 日本語

  • C214 住宅地内に近接する裸地および芝生地の熱環境評価に関する現地観測調査(環境気象)

    升井 幸男, 荻原 研二, 阪井 雅洋, 奥田 孝史, 鳴海 大典, 竹林 英樹, 鍋島 美奈子, 宮本 征一, 吉田 篤正

    日本気象学会, 2004年, 大会講演予講集, 86, 255 - 255, 日本語

  • 41671 神戸大学工学部建築学科における省エネルギーに関する基礎的研究 : その1 部屋用途による電力消費量の特徴(教育施設(2),環境工学II)

    石井 悦子, 柏谷 旭彦, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2010, 1367 - 1368, 日本語

  • 41672 神戸大学工学部建築学科における省エネルギーに関する基礎的研究 : その2 製図室における電力消費(教育施設(2),環境工学II)

    柏谷 旭彦, 石井 悦子, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2010, 1369 - 1370, 日本語

  • 41689 潜熱蓄熱槽を組み込んだ太陽熱給湯暖房システムに関する研究(住宅(2),環境工学II)

    青山 雅則, 矢野 直達, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2010, 1403 - 1404, 日本語

  • 41007 神戸市エコロジー建築の追跡調査結果とその考察(評価と設計,環境工学II)

    沖 正彦, 森山 正和, 竹林 秀樹

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2010, 13 - 14, 日本語

  • 41501 超高断熱・高気密住宅における潜熱蓄熱型空調機の導入効果に関する研究(デシカント・潜熱利用空調のシステムの開発と応用,環境工学II)

    松村 亨洋, 森山 正和, 竹林 英樹, 矢野 直達, 芝池 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2010, 1017 - 1018, 日本語

  • 40391 街路形態が街路空間の放射熱環境に及ぼす影響に関する研究(街区モデル,環境工学I)

    村田 知之, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2010, 807 - 808, 日本語

  • 40478 大規模屋上緑化からの冷気にじみ出しの可能性に関する研究(都市の風(1),環境工学I)

    竹林 英樹, 赤川 宏幸, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2010, 981 - 982, 日本語

  • 40479 海風方向の広幅員道路における風環境に関する研究(都市の風(2),環境工学I)

    渡辺 梓, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2010, 983 - 984, 日本語

  • 40399 高反射率塗料施工面の日射反射率測定に関する研究(その5) : 二点校正法による折板面の日射反射率推定方法の検討(クールルーフ(2),環境工学I)

    酒井 孝司, 村田 泰孝, 西岡 真稔, 竹林 英樹, 松尾 陽, 森山 正和, 吉田 篤正, 三木 勝夫, 村瀬 俊和

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2010, 823 - 824, 日本語

  • 40464 大阪地域における夏季の気象要素による人と建物への影響の地域特性に関する研究(メリスケールシミュレーション,環境工学I)

    高 正明, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2010, 953 - 954, 日本語

  • 40400 波板材料の日射反射率算出方法に関する研究(クールルーフ(2),環境工学I)

    半田 典雅, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2010, 825 - 826, 日本語

  • 40456 大阪地域の都市環境気候地図の作成方法に関する検討 : 神戸市域での気候分析(観測・クリマアトラス,環境工学I)

    北尾 菜々子, 森山 正和, 竹林 英樹, 田中 貴宏

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2010, 937 - 938, 日本語

  • 41385 街路形態が街路空間の風通し環境に及ぼす影響に関する研究(選抜梗概,都市の通風・換気(1),オーガナイズドセッション,環境工学II)

    山田 俊明, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2010, 769 - 772, 日本語

  • 4054 ソーラークーリングシステムの省エネルギーとヒートアイランド緩和効果に関する研究(環境)

    城下 久美, 竹林 英樹, 石井 悦子

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (51), 213 - 216, 日本語

  • 4064 実測調査による大規模屋上緑化からの冷気のにじみ出し現象の可能性評価(環境)

    中嶋 麻衣, 竹林 英樹, 赤川 宏幸

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (51), 253 - 256, 日本語

  • 4038 メソ気象モデルを用いた潜在自然植生との比較による都市化が気候変化に及ぼす影響に関する研究(環境)

    乾 友紀子, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (51), 149 - 152, 日本語

  • 4057 神戸大学工学部建築学科の製図室における省エネルギーに関する基礎的研究(環境)

    柏谷 旭彦, 森山 正和, 竹林 英樹, 石井 悦子

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (50), 225 - 228, 日本語

  • 4038 海風方向の広幅員道路における風環境に関する研究(環境)

    渡辺 梓, 竹林 英樹, 山田 俊明, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (50), 149 - 152, 日本語

  • 4088 波板材料の日射反射率算出方法に関する研究(環境)

    半田 典雅, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (50), 349 - 352, 日本語

  • 4069 大阪地域における夏季の気象要素による人と建物への影響の地域特性に関する研究(環境)

    高 正明, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (50), 273 - 276, 日本語

  • 4025 超高断熱・高気密住宅における潜熱蓄熱型空調機の導入効果に関する研究(環境)

    松村 享洋, 森山 正和, 竹林 英樹, 矢野 直達, 芝池 英樹, 〓島 一弘, 纐纈 洋史

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (50), 97 - 100, 日本語

  • 4041 住宅における太陽熱給湯システムの導入効果に関する研究(環境)

    青山 雅則, 森山 正和, 沖 正彦, 竹林 英樹, 石井 悦子

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (49), 161 - 164, 日本語

  • 4062 メソ気象モデルを用いた土地利用の都市化による気候変化の影響評価に関する研究(環境)

    北尾 菜々子, 森山 正和, 竹林 英樹, 田中 貴宏

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (49), 245 - 248, 日本語

  • 4029 街路空間における放射熱環境の改善方法に関する研究(環境)

    村田 知之, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (49), 113 - 116, 日本語

  • 4034 住宅地開発における風環境及び熱環境の計画方法に関する研究(環境)

    山田 俊明, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (49), 133 - 136, 日本語

  • 現存気候と潜在自然気候との比較による都市ヒートアイランド解析(都市・屋内環境(1),一般講演)

    森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    The purpose of this study is to make clear the location of very high air temperature area where is formed in Osaka region. MM5 was used as the calculation software of the present and potential natural air temperature at 2m high with 1km resolution. The analytical periods are fine and very hot eight days in August. 1) The locations of the high air temperature area in the normal sea breeze condition days are the area around the edge of urban area at inland. In such area, the sea breeze became weak and the green area is few. 2) The increasing tendency of the air temperature from seacoast to inland appears in both case, but the air temperature of the present case is higher at inland than the potential natural case.

    日本流体力学会, 2008年, 日本流体力学会年会講演論文集, 2008, 267 - 267, 日本語

  • 4097 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 : その 4 実測結果に基づく谷口周辺市街地の気温分布に関する検討

    和田 ゆりか, 竹林 英樹, 森 真佐雄, 芝池 英樹, 森山 正和, 佐藤 嘉昌

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (42), 385 - 388, 日本語

  • 4098 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 : その 5 数値計算による谷口周辺市街地の気温分布に関する検討

    竹林 英樹, 和田 ゆりか, 森 真佐雄, 芝池 英樹, 森山 正和, 佐藤 嘉昌

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (42), 389 - 392, 日本語

  • 各種土地被覆情報との分析による都市地表面アルベドの特性に関する研究 (第28回 可視化情報シンポジウム講演論文集) -- (オーガナイズドセッション:都市環境・リモートセンシング(2))

    佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    可視化情報学会, 2000年07月, 可視化情報学会誌, 20 (1), 525 - 528, 日本語

  • 高解像度衛星リモートセンシングデータを用いた京都市北部地域の土地利用特性に関する研究 : その2 アルベド分布の検討(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    竹林 英樹, 佐藤 嘉昌, 芝池 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2002年06月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2002, 561 - 562, 日本語

  • 高解像度衛星リモートセンシングデータを用いた京都市北部地域の土地利用特性に関する研究 : その1 正規化植生指標 (NVI) 分布の検討(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    佐藤 嘉昌, 竹林 英樹, 芝池 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2002年06月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2002, 559 - 560, 日本語

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 : その5 実測結果に基づく谷口周辺市街地の気温分布に関する検討(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    和田 ゆりか, 竹林 英樹, 森 真佐雄, 芝池 英樹, 森山 正和, 佐藤 嘉昌

    一般社団法人日本建築学会, 2002年06月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2002, 647 - 648, 日本語

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その6 数値計算による谷口周辺市街地の気温分布に関する検討

    森真佐雄, 竹林 英樹, 和田 ゆりか, 芝池 英樹, 森山 正和, 佐藤 嘉昌

    一般社団法人日本建築学会, 2002年, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2002, 649 - 650, 日本語

  • 40573 京都里山斜面の冷却と冷気生成性状に関する実測 : その2 夜間湿度および超音波顕熱流束の変動性状

    芝池 英樹, 竹林 英樹, 森山 正和, 宮井 直人

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2000, 1159 - 1160, 日本語

  • 40555 都市における熱収支分布図の作成に関する研究(その1) : 夏季のアルベド分布に関する考察

    佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2000, 1123 - 1124, 日本語

  • 40556 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 : その1 冷気流の出現頻度と市街地における影響距離

    糸川 文崇, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2000, 1125 - 1126, 日本語

  • 40554 一次元熱収支モデルによる夏季夜間人工排熱量の推定方法に関する考察

    武本 鐘浩, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐橋 秀康

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2000, 1121 - 1122, 日本語

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究(第3報)樹林内における気温鉛直分布の形成機構

    森真佐雄, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2000年, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 1, 1129 - 1130, 日本語

  • 夏季夜間における都市の熱環境改善方法に関する研究-大阪における気温の測定結果とその考察-

    森山正和, 竹林 英樹, 佐橋 秀康

    一般社団法人日本建築学会, 2000年, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2000. 9, 1115 - 1116, 日本語

  • 京都里山斜面の冷却と冷気生成性状に関する実測 その1実測の概要と冷気生成率パラメータに関する考察

    宮井直人, 竹林 英樹, 芝池 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2000年, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 2000. 9, 1157 - 1158, 日本語

  • 40425 地上及び上空気温を既知とした一次元熱収支モデルの計算による都市熱収支成分の考察

    森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1999, 887 - 888, 日本語

  • 40426 一次元熱収支モデルによる都市気温の推定における蒸発効率等係数の決定に関する研究 : 大阪市域における夏季の気温観測データを用いて

    佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1999, 889 - 890, 日本語

  • 40327 ニューラルネットワークによる気温分布の推定手法に関する研究 : 大阪市域における推定結果

    山本 修平, 森山 正和, 宮崎 ひろ志, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1999, 691 - 692, 日本語

  • 40424 数値解析による神戸地域周辺の風系に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和, 村上 周三, 芝池 英樹, 金 相〓

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1999, 885 - 886, 日本語

  • 40333 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する実測研究 : 神戸市灘区杣谷川周辺市街地における実測結果(98年夏季)

    糸川 文崇, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1999, 703 - 704, 日本語

  • 40253 クリマトープ図の作成に関する研究 : (その2) 赤外線放射カメラによる都市表面温度の考察

    山本 修平, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1997, 521 - 522, 日本語

  • 40432 「一次元熱収支モデルによる都市気温シミュレーション」における蒸発効率と人工排熱成分の実用的数値の決定方法

    森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1997, 895 - 896, 日本語

  • 40433 クリマトープ図の作成方法に関する研究 : (その1) 植生指標(NVI)と一時減熱収支モデルによる方法

    竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1997, 897 - 898, 日本語

  • 40325 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する実測研究 : 神戸市杣谷(そまたに)周辺市街地における実測結果(都市の風)

    糸川 文祟, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1998, 679 - 680, 日本語

  • 40324 観測データによる神戸地域周辺の風系に関する研究(都市の風)

    竹林 英樹, 森山 正和, 村上 周三

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1998, 677 - 678, 日本語

  • 40441 「都市環境のクリマアトラス」に関する研究 : 神戸地域を対象として(地域環境1)

    森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1998, 911 - 912, 日本語

  • 40283 神戸地域の都市気候に関する研究 : 数値計算による気流分布性状の解析

    竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1996, 565 - 566, 日本語

  • 都市環境のクリマアトラス

    森山 正和, 竹林 英樹, 宮崎 ひろ志

    2001年07月01日, 気候影響・利用研究会会報, 19, 21 - 27, 日本語

  • クリマトープ図の作成方法に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和

    1997年05月01日, 学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing, 22, 213 - 214, 日本語

  • 40376 街路幅と主風向が街路空間の風通し環境に与える影響に関する研究(街路空間調査,環境工学I)

    三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2007, 791 - 792, 日本語

  • 40387 高効率給湯器導入によるヒートアイランド緩和効果に関する研究(街路空間解析,環境工学I)

    笠原 万起子, 三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2007, 813 - 814, 日本語

  • 高反射率塗料施工面の日射反射率測定に関する研究 (その2) 二点校正法の妥当性の検討

    酒井, 酒井 孝司, 金森 博, 竹林 英樹, 松尾 陽, 森山 正和, 吉田 篤正, 西岡 真稔, 矢野 直達, 清水 亮作, 三木 勝夫, 村瀬 俊和

    一般社団法人日本建築学会, 2007年, 日本建築学会大会学術講演梗概集D-1, 2007. 9, 633 - 634, 日本語

  • 熱環境改善舗装上の温熱環境に関する研究

    赤川宏幸, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2007年, 日本建築学会学術講演梗概集D-1 環境工学, 2007, 1, 627 - 628, 日本語

  • 高反射率塗料施工面の日射反射率測定に関する研究 (その1) 平面を対象とした日射反射率簡易測定法の提案

    酒井孝司, 村田 泰孝, 金森 博, 竹林 英樹, 松尾 陽, 森山 正和, 吉田 篤正, 西岡 真稔, 矢野 直達, 清水 亮作, 三木 勝夫, 村瀬 俊和

    一般社団法人日本建築学会, 2007年, 日本建築学会大会学術講演梗概集D-1, 2007. 9, 631 - 632, 日本語

  • 上空気象データを用いた海風による気温低下に関する考察

    竹林英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2007年, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 2007. 6, 705 - 706, 日本語

  • 技術開発基金による調査研究助成 グラスパーキングの推進によるヒートアイランド緩和効果に関する研究

    森山 正和, 竹林 英樹

    都市緑化技術開発機構, 2007年, 都市緑化技術, (66), 32 - 35, 日本語

  • 40322 メソスケールモデルによる京都市域の気候解析(メソスケール数値計算,環境工学I)

    一天満谷 和哉, 芝池 英樹, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2003, 659 - 660, 日本語

  • 40291 都市キャニオンと上空大気との熱交換特性に関する研究(屋外熱環境,環境工学I)

    森山 正和, 竹林 英樹, 足永 靖信, 富重 幸博

    一般社団法人日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2003, 597 - 598, 日本語

  • 街路樹の日射遮蔽による街路空間の蓄熱防止効果に関する研究

    茶谷真幸, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2003年, 日本建築学会大会学術講演梗概集 (東海), 2003, 607 - 608, 日本語

  • 40289 街路空間の熱環境に関する研究 : その1 放射環境に関する実測調査と数値計算による考察(街路空間の熱・空気環境, 環境工学I)

    中川 健一郎, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2006, 605 - 606, 日本語

  • 40271 上空気象データを用いたヒートアイランド対策技術による緩和効果の簡易評価法に関する考察(都市気候モデル, 環境工学I)

    竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2006, 569 - 570, 日本語

  • 40296 大規模商業施設屋上庭園における温熱環境評価 : その4 形態係数による影響の考察と快適温度時間数による評価(街路空間微気象, 環境工学I)

    福味 克幸, 赤川 宏幸, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2006, 619 - 620, 日本語

  • 40324 駐車場の芝生化によるヒートアイランド緩和効果に関する研究(クールペイブメント・打ち水, 環境工学I)

    笠原 万起子, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2006, 675 - 676, 日本語

  • 40322 瓦のクールルーフ性能に関する研究 : 日射反射率および屋根断面温度等の測定結果(クールルーフ, 環境工学I)

    杉原 輝明, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2006, 671 - 672, 日本語

  • 市街地形態の異なる街区の熱環境に関する研究 (その2)-風通し環境に関する実測調査と数値計算による考察-

    三宅弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2006年, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 2006. 9, 607 - 608, 日本語

  • 40463 京都地域における夜間気温分布図の作成方法に関する研究(地域環境,環境工学I)

    佐藤 嘉昌, 竹林 英樹, 芝池 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2001, 943 - 944, 日本語

  • 40465 土地利用カテゴリー比率を利用した地表面熱収支モデルによる都市気温の推定に関する研究(地域環境,環境工学I)

    佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2001, 947 - 948, 日本語

  • 40466 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 : その4冷気流の特性と活用可能性(地域環境,環境工学I)

    竹林 英樹, 森山 正和

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2001, 949 - 950, 日本語

  • 40462 大阪地域の気温分布に及ぼす海風の影響に関する研究(ヒートアイランド,環境工学I)

    富重 幸博, 竹林 英樹, 森山 正和, 竹本 鐘浩

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2001, 941 - 942, 日本語

  • 高反射塗料を施工した水平面の日射反射率測定法に関する研究

    村田 泰孝, 酒井 孝司, 金森 博, 竹林 英樹, 松尾 陽, 森山 正和, 吉田 篤正, 西岡 真稔, 三木 勝夫, 矢野 直達, 清水 亮作, 村瀬 俊和

    日本太陽エネルギー学会, 2007年10月25日, 太陽/風力エネルギー講演論文集 = Proceedings of JSES/JWEA Joint Conference, 2007, 345 - 348, 日本語

  • ドイツとアメリカの対策事例

    森山 正和, 竹林 英樹

    環境情報科学センタ-, 2003年10月10日, 環境情報科学, 32 (3), 37 - 41, 日本語

書籍等出版物

  • 都市の環境設備計画

    日本建築学会

    共著, 第3章 都市の熱環境, 森北出版, 2020年04月, 日本語, ISBN: 9784627553514

  • Adaptation Measures for Urban Heat Islands

    Hiroyuki Akagawa, Shinichi Kinoshita, Noboru Masuda, Keiko Masumoto, Ikusei Misaka, Masakazu Moriyama, Minako Nabeshima, Nobuya Nishimura, Toru Shiba, Hideki Takebayashi, Shinji Yoshida, Atsumasa Yoshida

    共編者(共編著者), Elsevier, 2020年03月

  • 都市環境計画

    竹林 英樹

    単著, 神戸大学出版会, 2019年09月, 日本語, 主として建築学科に学ぶ大学生,大学院生,すでに建築環境や設備の計画や設計に関連する技術分野に携わっておられる方々などを対象としており,実際の都市における実効性を志向した教科書である., ISBN: 9784909364074

    教科書・概説・概論

  • Nanotechnology in Eco-efficient Construction, Materials, Processes and Applications, Second Edition

    Fernando Pacheco Torga

    共著, 26 Self-cleaning cool paints, Elsevier, 2018年12月, 英語, 26 Self-cleaning cool paintsを分担執筆, ISBN: 9780081026410

    学術書

  • 潜熱蓄熱・化学蓄熱・潜熱輸送の最前線

    鈴木 洋, 加藤 之貴, 島田 亙, 田中 明美, 富重 道雄, 能村 貴宏, 大河 誠司, 春木 直人, 大宮司 啓文, 竹林 英樹, 窪田 光宏, 藤岡 惠子, 劉 醇一, 小倉 裕直, 小林 敬幸, 大久保 英敏, 萩原 良道, 稲田 孝明, 熊野 寛之, 麓 耕二, 富樫 憲一, 堀部 明彦, 日出間 るり, 川南 剛, 熊野 智之

    共著, 第7章 建築材のおける蓄熱技術, シーエムシー出版, 2016年11月, 日本語

    学術書

  • Improvement Measures of Urban Thermal Environment

    TAKEBAYASHI HIDEKI

    単著, Springer Briefs in Applied Sciences and Technology, 2015年01月, 英語, ISBN: 9783319137841

    学術書

  • クールルーフガイドブック

    日本建築学会編

    共著, 1.4.1パブリックベネフィット簡易評価ツールの概要,3.3駐車場緑化1,5.1パブリックベネフィットの評価方法, 地人書館, 2014年03月, 日本語

    学術書

  • Advances in the Development of Cool Materials for the Built Environment

    Masakazu Moriyama, Hideki Takebayashi

    共著, Chapter 4 Colored Cool Materials, Bentham Science Publishers, 2012年, 英語

    学術書

  • Paints: Types, components and applications, Chapter 4 Cool Paint as Urban Heat Island Measure Technology

    Hideki Takebayashi

    共著, Chapter 4 Cool Paint as Urban Heat Island Measure Technology, Nova Science Publishers, 2011年, 英語

    学術書

  • 都市環境エネルギー用語辞典

    尾島 俊雄

    共著, 26語, 社団法人都市環境エネルギー協会, 2010年10月, 日本語

    その他

  • 高反射率材料の新展開

    松尾 陽, 吉田 篤正, 近藤 靖史, 三木 勝夫, 上埜 博基, 船倉 省二, 真田 和俊, 池田 征弥, 外岡 和彦, 村瀬 俊和, 筒井 宏明, 酒井 孝司, 澤西 良三, 五十嵐 麻ヤ, 武田 雄, 井原 智彦, 千坂 善秀, 竹林 英樹, 大橋 伸一, 大上 俊彦, 藤本 哲夫, 清水 亮作, 村田 泰孝

    共著, 第9章 高反射率瓦, シーエムシー出版, 2010年05月, 日本語

    学術書

  • 現代住宅研究の変遷と展望

    財団法人, 住宅総合研究財団

    共著, I-11-3-4 都市の居住環境の問題とその対策, 丸善株式会社, 2009年09月, 日本語

    学術書

  • ヒートアイランド対策 都市平熱化計画の考え方・進め方

    水野 稔, 鳴海 大典, 下田 吉之, 竹林 英樹, 近本 智行, 中尾 正喜, 西岡 真稔, 西田 康隆, 西村 伸也, 森山 正和, 吉田 篤正, 吉田 治典, 池澤 広和, 上殿 紀夫, 門重 学, 木下 進一, 小林 陽一, 近藤 明, 田中 貴宏, 辻井 浩一, 中澤 和弘, 鍋島 美奈子, 松場 英樹, 安田 龍介, 山内 弘雅

    共著, I2.3 風とヒートアイランド, II1.3.2 屋上緑化,高反射率塗料, III1.1.2 海陸風と気温分布, 1.3.2 街路の風通し, オーム社, 2009年04月, 日本語

    学術書

  • ヒートアイランドと建築・都市-日本建築学会叢書5

    持田 灯, 足永 靖信, 大岡 龍三, 渡辺 浩文, 竹林 英樹, 吉田 伸治, 村上 周三, 玄地 裕, 森山 正和, 吉野 正敏, 佐藤 滋, 成田 健一, 菅原 広史, 鳴海 大典, 梅干野 晁, 萩島 理, 近藤 靖史, 首藤 治久, 西岡 真稔, 下田 吉之, 佐土原 聡, 一ノ瀬 俊明, 田中 貴宏, 中村 泰人, 尾島 俊雄

    共著, 2-2 日本におけるクリマアトラスの作成事例(1), 日本建築学会, 2007年08月, 日本語

    学術書

  • ヒートアイランドの対策と技術

    森山 正和, 鍋島 美奈子, 谷口 一郎, 足永 靖信, 尹 聖皖, 鳴海 大典, 下田 吉之, 河野 仁, 吉田 篤正, 三坂 育正, 竹林 英樹, 西岡 真稔, 田中 貴宏, 奥田 孝史, 光本 和宏

    共著, 5.2 クールルーフによる対策,5.3 街路樹による対策, 学芸出版社, 2004年08月, 日本語

    学術書

  • 環境気象学-都市・地域計画のための気候環境地図-

    森山 正和, 足永 靖信, 渡辺 浩文, 鳴海 大典, 客野 尚志, 羽鳥 法子, 日本建築学会環境工学委員会, 都市環境, 都市設備小委員会クリマアトラスの実用化WG

    共訳, 全体通読, 環境情報科学センター, 2004年03月, 日本語

    学術書

  • 山麓冷気流による夏季夜間の市街地熱環境緩和効果に関する研究

    竹林 英樹

    単著, 神戸大学学位論文, 2003年03月, 日本語

    その他

  • 都市環境のクリマアトラス-気候情報を活かした都市づくり

    森山 正和, 堤 純一郎, 成田 健一, 石田 秀樹, 渡辺 浩文, 足永 靖信, 河野 仁, 鳴海 大典, 下田 吉之, 竹林 英樹, 吉田 篤正, 清田 誠良, 片山 忠久, 依田 浩敏

    共著, 8 神戸 冷気流もある斜面都市, ぎょうせい, 2000年09月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 帯水層蓄熱冷房の還水温度を利用した低温水循環日除けの暑さ対策効果

    竹林英樹, 中尾正喜, 森山正和

    日本ヒートアイランド学会第16回全国大会, 2021年09月, 日本語

    ポスター発表

  • 神戸市の異常高温対策に関する実証実験

    戸澤潮, 佐野俊幸, 竹林英樹

    日本ヒートアイランド学会第16回全国大会, 2021年09月, 日本語

    ポスター発表

  • 異常高温対策としての道路散水の実証実験結果の分析

    團野宏紀, 竹林英樹, 戸澤潮, 佐野俊幸, 森 大幸

    日本ヒートアイランド学会第16回全国大会, 2021年09月, 日本語

    ポスター発表

  • 異常高温対策としての社会実証実験結果の分析 その3 暑さ対策技術の評価結果

    竹林英樹, 團野宏紀

    日本建築学会大会学術講演会, 2021年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 異常高温対策としての社会実証実験結果の分析 その2:車道散水効果の分析

    團野宏紀, 森 大幸, 竹林英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2021年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 異常高温対策としての社会実証実験結果の分析 その1:道路散水実験結果

    森 大幸, 團野宏紀, 竹林英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2021年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 潜熱蓄熱槽を用いた低負荷率運転削減による既存建物の熱源機器の省エネルギー効果に関する研究

    宮本秀哲, 竹林英樹, 藤本健

    日本建築学会大会学術講演会, 2021年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 地下街店舗部分における滞在者数に応じた空調量制御による空調エネルギー削減に関する研究

    楢崎優太, 竹林英樹, 吉田尚人

    日本建築学会大会学術講演会, 2021年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 地下街店舗部分における滞在者数に応じた空調量制御による空調エネルギー削減に関する研究

    楢崎優太, 竹林英樹, 吉田尚人

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2021年06月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 異常高温対策としての道路散水の実証実験結果の分析

    森大幸, 竹林英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2021年06月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 異常高温対策としての道路散水の実証実験結果の分析 その2 異常高温対策効果の分析

    團野宏紀, 竹林英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2021年03月08日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 異常高温対策としての道路散水の実証実験結果の分析 散水実験結果の分析

    森大幸, 竹林英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2021年03月08日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 地下街の空調エネルギー削減に向けた実証実験結果の分析に関する研究 その2 店舗部分における店員、客、通行者の温熱感・快適感の申告調査および設定温度緩和可能性に関する研究

    上田沙弥香, 竹林英樹, 吉田尚人

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2021年03月08日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 地下街の空調エネルギー削減に向けた実証実験結果の分析に関する研究 その1 店舗部分における滞在者数に応じた空調量制御による空調エネルギー削減に関する研究

    楢崎優太, 竹林英樹, 吉田尚人

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2021年03月08日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 潜熱蓄熱槽を用いた低負荷率運転削減による熱源機器の省エネルギー効果に関する研究

    宮本秀哲, 竹林英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2020年06月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 経路に注目した地下街における温冷感の申告調査

    上田沙弥香, 竹林英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2020年06月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 異常高温に対する適応策の導入可能性に関する研究

    團野宏紀;竹林英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2020年06月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 海風に支配された夏の気温分布に対する都市化の影響に関する研究

    二宮 舞, 竹林英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2020年06月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 異常高温対策のための街路空間の都市環境気候図に関する研究

    大久保舞, 竹林英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2020年03月09日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 神戸市の異常高温対策施策と連携した取り組み

    竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会大会, 2019年09月22日, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 暑さ対策検討のための都市スケールの温熱環境指標の分布に関する研究

    竹林 英樹, 中村 美貴

    日本ヒートアイランド学会大会, 2019年09月21日, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 大学病院における建物毎の電力と熱の供給量の時刻変動パターンの分類

    山﨑 航太郎, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2019年09月06日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 半田運河地域における気候特性の解析と環境デザイン手法に関する研究 (その2)地域内の測定代表点と建物近傍における気候特性の比較

    森山 正和, 橘高 康介, 稲地 秀介, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2019年09月04日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 半田運河地域における気候特性の解析と環境デザイン手法に関する研究 その1 名古屋都市圏と半田運河地域における気候特性の比較

    橘高 康介, 森山 正和, 稲地 秀介, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2019年09月04日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 暑熱環境適応策に関する専門家協働ワークショップの報告

    竹林 英樹, 森山 正和, 渡辺 浩文, 田中 貴宏, 橘高 康介, 宮崎 ひろ志

    日本建築学会大会学術講演会, 2019年09月04日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大学病院における建物毎の熱及び電力供給量の時刻変動パターンの分類に関する研究

    山﨑 航太郎, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2019年06月23日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 名古屋都市圏と半田運河地域に着目した暑熱期の気候特性の解析

    木村 亮太, 森山 正和, 竹林 英樹, 橘高 康介, 稲地 秀介

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2019年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 都市気候解析のための局地気候単位に関する研究

    李 思瑶, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2019年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実態調査に基づく中小規模の建物の最適な省エネルギー改修の提案方法に関する研究

    稲生 晴大, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2019年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋外への開口部を持つ地下街での通路温度分布の予測モデルを用いた空調負荷制御に関する研究

    笹川 貴久, 竹林 英樹, 中尾 正喜, 長廣 剛

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2019年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人流・気流センサを用いた屋外への開放部を持つ空間の空調制御手法の開発・実証

    早川 慶朗, 進藤 宏行, 鶴見 隆太, 鈴木 義康, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月03日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街区特性とヒートアイランド対策優先箇所(ホットスポット)の関係に関する研究

    大久保 舞, 竹林 英樹, 橘高 康介

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海風の影響を受けた沿岸都市の湿度分布に関する研究

    中村 美貴, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋外への開口部を持つ地下街の空調機器高効率運転に向けた実績データ分析に関する研究

    木本 健優, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋外への開口部を持つ地下街での空調負荷制御に向けた気流性状の実態調査

    藤本 色葉, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒートアイランド適応策の性能評価の検討

    竹林 英樹, 三坂 育正, 赤川 宏幸

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪HITECのヒートアイランド適応策導入に向けたWG横断型勉強会

    森山 正和, 竹林 英樹, 吉田 篤正

    日本ヒートアイランド学会第13回全国大会, 2018年08月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • 街区特性と適応策導入優先箇所の関係に関する研究

    橘高 康介, 竹林 英樹, 大久保 舞

    日本ヒートアイランド学会第13回全国大会, 2018年08月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • 海風の影響を受けた沿岸都市の湿度分布に関する研究

    竹林 英樹, 中村 美貴

    日本ヒートアイランド学会第13回全国大会, 2018年08月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • 街区特性とホットスポットの関係に関する研究

    大久保 舞, 竹林 英樹, 橘高 康介

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海風の影響を受けた沿岸都市の湿度分布に関する研究

    中村 美貴, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋外への開口部を持つ地下街の空調機器高効率運転に向けた実績データ分析に関する研究

    木本 健優, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋外への開口部を持つ地下街でのIoTを用いた空調負荷制御に向けた気流性状に関する実態調査と分析

    藤本 色葉, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 郊外からの風による都市気温の低減効果に関する研究

    久野 永美子, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2018年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 建物高さのばらつきが都市の風通し環境に及ぼす影響に関する研究

    武内 勇貴, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2018年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 既成市街地の二棟建物間の熱源融通による省エネルギー効果に関する研究

    林 耿程, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2018年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋外への開口部を持つ地下街の空調機器高効率運転に向けた実績データ分析に関する研究

    木本 健優, 竹林 英樹, 磯崎 日出雄, 長廣 剛, 進藤宏行

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2018年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋外への開口部を持つ地下街でのIoT を用いた空調負荷制御に向けた気流性状に関する実態調査

    藤本 色葉, 竹林 英樹, 長廣 剛, 進藤宏行

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2018年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その144 東日本大震災後における商業施設のエネルギー消費実態 2016年度調査

    山崎 政人, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 適応都市設計ガイドライン作成に関する研究

    竹林 英樹, 田中 貴宏, 増田 幸宏, 三坂 育正, 吉田 聡, 渡辺 浩文

    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 既成市街地における将来のエネルギー消費量予測に基づく面的利用の可能性評価 その2 エネルギー消費量の将来予測

    笹川 貴久, 竹林 英樹, 橘高 康介

    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 既成市街地における将来のエネルギー消費量予測に基づく面的利用の可能性評価 その1 現状のエネルギー消費量分析

    橘高 康介, 竹林 英樹, 笹川 貴久

    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 汚れ及び塗膜劣化が高反射率塗料の反射率経時変化に及ぼす影響に関する研究

    青山 泰三, 園田 健, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 都市の規模及び沿岸部土地利用と夏期日中の海岸からの気温上昇の関係

    竹林 英樹, 田中 貴宏, 森山 正和, 宮崎 ひろ志, 渡辺 浩文, 橘高 康介

    日本ヒートアイランド学会第12回全国大会, 2017年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 高日射反射率塗料の反射率経時変化における汚れと塗膜劣化の影響

    青山 泰三, 園田 健, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第12回全国大会, 2017年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 冷凍倉庫の熱負荷特性の分析に基づく省エネルギー方策に関する研究

    稲生 晴大, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 既成市街地における複数建物のエネルギー消費量の将来予測に関する研究

    笹川 貴久, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熱源シミュレーションによる既成市街地におけるエネルギー消費量の分析に関する研究

    佐々木 和樹, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会大会近畿支部学術研究発表会, 2017年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会大会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 都市の規模及び沿岸部土地利用と気温上昇の関係分析

    金川 一平, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会大会近畿支部学術研究発表会, 2017年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会大会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 汚れ及び塗膜劣化が高反射率塗料の反射率経時変化に及ぼす影響に関する研究

    田邊 潤一郎, 竹林 英樹, 青山 泰三, 園田 健

    空気調和・衛生工学会大会近畿支部学術研究発表会, 2017年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会大会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒートアイランド対策の優先的導入の観点に基づく街区特性と街路空間の放射熱環境の関係分析

    木山 裕貴, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会大会近畿支部学術研究発表会, 2017年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会大会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒートアイランド対策の優先的導入の観点に基づく街区特性と街路空間の風環境の関係分析

    山本 直生, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会大会近畿支部学術研究発表会, 2017年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会大会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大型複合施設における外部空間の温熱環境に関する研究-日射遮蔽及び地表面被覆による評価-

    笠原 万起子, 田辺 慎吾, 高山 眞, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会大会, 2016年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大学病院におけるエネルギー消費実態と省エネルギー方策の検討に関する研究

    橘高 康介, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年08月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • スマートコミュニティ実現に向けた都市インフラ計画支援ツール開発に関する研究 その4 実績データに基づく既存地下街の冷暖房負荷の分析

    竹林 英樹, 范 理揚, 山村 真司, 鈴木 義康

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年08月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • スマートコミュニティ実現に向けた都市インフラ計画支援ツール開発に関する研究 その3 神戸都心地域を対象とした3Dモデリングのケーススタディ

    范理 揚, 山村 真司, 鈴木 義康, 大久保 岳史, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年08月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 暴露実験による高反射率塗料の日射反射率経時変化に関する研究

    田邊 潤一郎, 竹林 英樹, 青山 泰三, 園田 健

    日本ヒートアイランド学会第11回全国大会, 2016年07月, 日本語, 広島, 国内会議

    ポスター発表

  • 都市の規模及び立地条件とヒートアイランド強度に関する研究

    金川 一平, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第11回全国大会, 2016年07月, 日本語, 広島, 国内会議

    ポスター発表

  • 低汚染型高日射反射率塗料の経時変化と省エネルギー効果

    青山 泰三, 園田 健, 田邊 潤一郎, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第11回全国大会, 2016年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 建物壁面への高反射率技術の導入可能性

    竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第11回全国大会, 2016年07月, 日本語, 広島, 国内会議

    ポスター発表

  • 都市内の小規模緑地が周辺市街地の気温に及ぼす影響

    竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年05月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学医学部付属病院における省エネルギー方策の検討に関する研究

    橘高 康介, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年05月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 建物壁面への高反射率技術の導入可能性に関する研究

    竹林 英樹

    第53回日本伝熱シンポジウム, 2016年05月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大型複合施設における外部空間のヒートアイランド対策技術の性能評価に関する研究 その7 建物,樹木の配置及び被覆材料特性を指標とした温熱快適性評価

    青山 健太郎, 竹林 英樹, 笠原 万起子, 田辺 慎吾, 高山 眞

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2016年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 戸建住宅の建物配置と通風量の関係に関する研究

    竹本 優貴, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2016年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 既存地下街における実績データを用いた省エネルギーの可能性評価に関する研究

    丹原 達, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2016年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 集合住宅における太陽熱暖房システムへの潜熱蓄熱建材の適用可能性に関する研究

    竹林 英樹, 佐々木 和樹

    第5回潜熱工学シンポジウム, 2015年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 暴露実験による高反射率塗料の日射反射率経時変化に関する研究

    田邊 潤一郎, 竹林 英樹, 園田 健, 青山 泰三

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その125 関西地域における2014年度(平成26年度)エネルギー消費調査結果

    山崎 政人, 山口 容平, 下田 吉之, 岩前 篤, 甲谷 寿史, 竹林 英樹, 近本 智行, 宮崎 ひろ志

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 適応都市設計ガイドライン作成に向けた基礎的検討

    竹林 英樹, 田中 貴宏, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 集合住宅における太陽熱暖房システムへの潜熱蓄熱建材の適用可能性に関する研究

    佐々木 和樹, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 主風向に沿ったオープンスペースの連続性と風環境の関係に関する研究

    金川 一平, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 空調排熱の潜熱化と排熱高さが周囲の温湿度環境に与える影響に関する研究

    木山 裕貴, 田辺 慎吾, 高山 眞, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 異なる空間特性を持つ都市を対象とした街路空間の風通し環境評価に関する研究

    山本 直生, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 都市内の小規模緑地が周辺市街地の気温に及ぼす影響

    竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第10回全国大会, 2015年08月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 低汚染型高日射反射率塗料に関する研究 その2促進汚染試験方法の検討

    園田 健, 浜村 高広, 横井 宙是, 青山 泰三, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第10回全国大会, 2015年08月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 暴露実験による高反射率塗料の日射反射率経時変化に関する研究

    田邊 潤一郎, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 集合住宅における太陽熱暖房システムへの潜熱蓄熱建材の適用可能性に関する研究

    佐々木 和樹, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 主風向に沿ったオープンスペースの連続性と風環境の関係に関する研究

    金川 一平, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 空調排熱の潜熱化と排熱高さが周囲の温湿度環境に与える影響に関する研究

    木山 裕貴, 竹林 英樹, 田辺 慎吾, 高山 眞

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 異なる空間特性を持つ都市を対象とした街路空間の風通し環境評価に関する研究

    山本 直生, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大型複合施設における外部空間のヒートアイランド対策技術の性能評価に関する研究 その3 建物及び樹木による日射遮蔽効果の分析

    中山 晋太郎, 竹林 英樹, 石井 悦子, 笠原 万起子, 田辺 慎吾, 高山 眞

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2015年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 潜熱蓄熱カプセルを組み込んだ蓄熱層を持つ太陽熱給湯暖房システムに関する研究

    竹林 英樹, 矢野 直達, 森山 正和

    第4回潜熱工学シンポジウム, 2014年12月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高反射率塗料の日射反射率の経時変化の実態と促進試験方法に関する検討

    竹林 英樹, 三木 勝夫, 酒井 孝司, 村田 泰孝, 松本 崇史, 和田 進, 青山 泰三

    第35回熱物性シンポジウム, 2014年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガイドブック作成の目的と利用方法

    竹林 英樹, 近藤 靖史

    クールルーフの適正な普及に向けたシンポジウム(北九州), 2014年10月, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その117 東日本大震災前後における商業施設のエネルギー消費実態(平成25年度調査)

    山崎 政人, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地域の気候情報に基づく戸建住宅の通風可能性評価に関する研究

    竹本 優貴, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大型複合施設におけるヒートアイランド対策技術の性能評価に関する研究 その3 外部空間における温熱環境評価の時間変化

    京極 沙絵, 青山 健太郎, 中山 晋太郎, 八木 里英子, 竹林 英樹, 石井 悦子, 田辺 慎吾, 高山 眞

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大型複合施設におけるヒートアイランド対策技術の性能評価に関する研究 その2 実測に基づく外部空間の温熱環境の評価

    青山 健太郎, 京極 沙絵, 中山 晋太郎, 八木 里英子, 竹林 英樹, 石井 悦子, 田辺 慎吾, 高山 眞

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大型複合施設におけるヒートアイランド対策技術の性能評価に関する研究 その1 実測調査に基づく外部空間の特性把握とMRTの考察

    中山 晋太郎, 青山 健太郎, 京極 沙絵, 八木 里英子, 竹林 英樹, 石井 悦子, 田辺 慎吾, 高山 眞

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大学建物における発電型GHP導入による発電量評価に関する研究

    丹原 達, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実測調査に基づく冷却塔のヒートアイランド対策効果に関する研究

    福寄 航, 竹林 英樹, 石井 悦子, 田辺 慎吾, 高山 眞

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • RC中層集合住宅における省エネ改修工事による省エネルギーと熱環境改善効果に関する実証研究

    松川 啓介, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高反射率塗料の日射反射率の経時変化の実態と促進試験方法に関する検討

    竹林 英樹, 三木 勝夫, 酒井 孝司, 村田 泰孝, 松本 崇史, 和田 進, 青山 泰三

    日本ヒートアイランド学会第9回全国大会, 2014年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 大型複合施設におけるヒートアイランド対策技術の性能評価に関する研究ー実測に基づく外部空間の温熱快適性の評価ー

    青山 健太郎, 京極 沙絵, 中山 晋太郎, 八木 里英子, 竹林 英樹, 石井 悦子, 田辺 慎吾, 高山 眞

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大学建物における発電型GHP導入による発電量評価に関する研究

    丹原 達, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 戸建住宅を対象とした通風シミュレーション結果のデータベースに基づく通風可能性評価に関する研究

    竹本 優貴, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大型複合施設におけるヒートアイランド対策技術の性能評価に関する研究-その2 実測に基づく冷却塔排熱の潜熱放散量の評価-

    吉田 尚人, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2014年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大型複合施設におけるヒートアイランド対策技術の性能評価に関する研究-その1 実測に基づく外部空間の温熱快適性の評価-

    青山 健太郎, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2014年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イランの伝統的な街区形態が日射受熱量に及ぼす影響に関する研究

    伊藤 篤司, Pourbakht Mojtaba, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2014年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • DECCデータを用いた関西地域業務施設ストックデータベース開発

    山口 容平, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2014年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その104商業施設の2011年度夏期の省エネルギー率および節電率の評価

    山崎 政人, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熱環境緩和効果を目的とした街路樹の配置計画に関する研究

    京極 沙絵, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低汚染型高日射反射率塗料に関する研究 その2空調負荷削減効果

    山田 智博, 張 天豫, 竹林 英樹, 園田 健, 浜村 高広, 上田 博紀, 青山 泰三

    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低汚染型高日射反射率塗料に関する研究 その1低汚染化による日射反射率への影響

    園田 健, 浜村 高広, 上田 博紀, 青山 泰三, 張 天豫, 山田 智博, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地表面温度と風速が地表付近の気温形成に与える影響に関する研究

    八木 里英子, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大学建物におけるエネルギー消費量の測定方法と分析に関する研究 その3電力消費量およびガス消費量の時刻変動の統計的分類

    石井 悦子, 村松紗智, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路の特性と街路空間内の風速のばらつきとの関係に関する研究

    松田真由子, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海風前線の内陸側地域での気温形成に関する研

    妹尾 将司, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋上太陽エネルギー有効利用に関する研究 その4屋上利用の実態調査に基づく大阪市での試算結果

    竹林 英樹, 石井 悦子, 森山 正和, 榊 愛, 中嶋 俊介, 植田 浩文

    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガスヒートポンプ室外機の簡易な熱交換量の測定方法に関する研究

    福寄 航, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大学における実負荷データを用いた電力融通の導入可能性検討 その2 負荷の時刻変動の統計的分類に基づくオンサイト発電量の算定

    三宅 弘祥, 榎本 丈二, 山田 祐三, 竹林 英樹, 石井 悦子, 大黒 賢宏, 井上 欣也, 山崎 理史

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2013年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大学における実負荷データを用いた電力融通の導入可能性検討 その1 負荷の時刻変動の統計的分類

    石井 悦子, 竹林 英樹, 村松 紗智, 山田 祐三, 榎本 丈二, 三宅 弘祥, 大黒 賢宏, 井上 欣也, 山崎 理史

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2013年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熱環境緩和効果を目的とした街路樹の配置計画に関する研究

    京極 沙絵, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2013年, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熱環境緩和効果を目的とした街路樹の配置間隔に関する研究

    京極 沙絵, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第8回全国大会, 2013年, 日本語, 信州大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地表面温度と風速が地表付近の気温形成に与える影響に関する研究

    八木 里英子, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2013年, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地表面温度と風速が地表付近の気温形成に与える影響に関する研究

    八木 里英子, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第8回全国大会, 2013年, 日本語, 信州大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高反射率塗膜についての研究

    松本 崇史, 内川 圭太, 竹林 英樹, 三木 勝夫

    日本ヒートアイランド学会第8回全国大会, 2013年, 日本語, 信州大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路の特性と街路空間内の風速のばらつきとの関係に関する研究

    松田 真由子, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2013年, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路の特性と街路空間内の風速のばらつきとの関係に関する研究

    松田 真由子, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第8回全国大会, 2013年, 日本語, 信州大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海風前線の内陸側地域での気温形成に関する研究

    妹尾 将司, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2013年, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海風前線の内陸側地域での気温形成に関する研究

    妹尾 将司, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第8回全国大会, 2013年, 日本語, 信州大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガスヒートポンプ室外機の簡易な熱交換量の測定方法に関する研究

    福寄 航, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2013年, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 適材適所の計画-クールルーフ,クリマアトラスの委員会活動を通して-

    竹林 英樹

    第1回都市環境デザインフォーラム, 2012年11月, 日本語, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 街区の形態と都市の風通し

    竹林 英樹

    第42回熱シンポジウム, 2012年11月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高反射率塗料の導入効果に関する研究

    竹林 英樹, 山田 智博, 張 天豫, 石井 悦子

    第33回熱物性シンポジウム, 2012年10月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その82 食料品小売店舗におけるエネルギー消費特性の分析

    松岡 亜希子, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その81 商業施設のエネルギー消費量の実態 2011年度夏季節電実態緊急調査結果

    山崎 政人, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪市全域を対象とした数値計算結果に基づく街区形態と街区空間の風通し環境の関係に関する研究

    奥 啓介, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大学建物におけるエネルギー消費量の測定方法と分析に関する研究 (その2)GHP空調エネルギー消費量の測定方法の検討

    石井 悦子, 村松 紗智, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大学建物におけるエネルギー消費量の測定方法と分析に関する研究 (その1)電力消費量データの分析

    村松 紗智, 石井 悦子, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実測調査に基づく潜熱蓄熱型空調機の蓄熱槽熱収支モデルに関する研究

    吉田 尚人, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高反射率塗料の導入効果に関する研究 その2 標準板2点校正法による日射反射率の経時変化

    竹林 英樹, 張 天豫, 三木 勝夫

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高反射率塗料の導入効果に関する研究 その1 空調負荷削減効果

    山田 智博, 竹林 英樹, 石井 悦子, 三木 勝夫

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋上庭園の風速制御に関する研究 夏季の温熱快適性と風速分布の特徴について

    赤川 宏幸, 榎木 康太, 原嶋 寛, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋上太陽エネルギー有効利用に関する研究 その3 建物エネルギーシミュレーション

    中嶋 俊介, 上田 浩文, 森山 正和, 榊 愛, 竹林 英樹, 石井 悦子, 広瀬 俊介

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋上太陽エネルギー有効利用に関する研究 その2 太陽エネルギー取得量のシミュレーション

    榊 愛, 森山 正和, 竹林 英樹, 石井 悦子, 広瀬 俊介, 中嶋 俊介, 上田 浩文

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋上太陽エネルギー有効利用に関する研究 その1 屋上利用の実態調査

    広瀬 俊介, 竹林 英樹, 石井 悦子, 森山 正和, 榊 愛, 中嶋 俊介, 上田 浩文

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Study on the urban climate influenced by sea breeze using WRF model and upper weather data over the city

    KISHIMOTO Takashi, TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    The 6th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 2012年09月, 英語, 広島工業大学, 広島, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Analysis of the relationships between the properties of an urban street canyon and its radiant environment from the viewpoint of the introduction of appropriate urban heat island mitigation technologies

    TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    The 6th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 2012年09月, 英語, 広島工業大学, 広島, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Analysis of climate change with the urbanization comparing with potential natural vegetation using meso-scale meteorological model

    INUI Yukiko, TAKEBAYASHI Hideki, MORIYAMA Masakazu

    The 6th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 2012年09月, 英語, 広島工業大学, 広島, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Relationship between the properties of urban street canyon and its radiant environment

    MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki

    Eighth International Conference on Urban Climate, 2012年08月, 英語, IAUC, ダブリン, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • A study on making method of climate atlas in Osaka region

    KITAO Nanako, MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki, TANAKA Takahiro

    Eighth International Conference on Urban Climate, 2012年08月, 英語, IAUC, ダブリン, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪市全域を対象とした数値計算結果に基づく街区形態と街区空間の風通し環境の関係に関する研究

    奥 啓介, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第7回全国大会, 2012年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 高反射率塗料の導入に関する研究-その2 標準板2点校正法による日射反射率の経時変化-

    張 天豫, 竹林 英樹, 三木 勝夫

    日本ヒートアイランド学会第7回全国大会, 2012年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 高反射率塗料の導入による空調負荷削減効果に関する研究

    山田 智博, 竹林 英樹, 石井 悦子, 三木 勝夫

    日本ヒートアイランド学会第7回全国大会, 2012年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 大阪市全域を対象とした数値計算結果に基づく街区形態と街区空間の風通し環境の関係に関する研究

    奥 啓介, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2012年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大学建物におけるエネルギー消費量の測定方法と分析に関する研究

    村松 紗智, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2012年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実測調査に基づく潜熱蓄熱型空調機の蓄熱槽熱収支モデルに関する研究

    吉田 尚人, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2012年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高反射率塗料の導入による空調負荷削減効果に関する研究

    山田 智博, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2012年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クールルーフの性能評価方法の概要

    竹林 英樹

    クールルーフの適正な普及に向けたシンポジウム-都市を冷やす技術-, 2012年06月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • メソスケールモデルによる海風の影響を受けた大阪地域の熱環境に関する研究―湿度分布に注目した考察―

    高 正明, 竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2012年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その73 物販施設のエネルギー消費関連データの解析

    山崎政人, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その72 小売店舗の業態別エネルギー消費特性の分析

    鈴木 雄介, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪市全域を対象とした数値計算による風環境の分析に関する研究

    渡辺 梓, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大規模屋上緑化からの冷気のにじみ出し現象の可能性評価 その2斜面の特性が冷気流出量に及ぼす影響に関する考察

    竹林 英樹, 中嶋 麻衣, 赤川 宏幸

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大規模屋上緑化からの冷気のにじみ出し現象の可能性評価 その1実測調査による検討

    中嶋 麻衣, 竹林 英樹, 赤川 宏幸

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学工学部建築学科計画系におけるエネルギー消費構造に関する調査研究

    石井 悦子, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 主風向に沿った広幅員道路における風環境に関する研究

    屋野 明日香, 竹林 英樹, 渡辺 梓

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • メソ気象モデルを用いた潜在自然植生との比較による都市化が気候変化に及ぼす影響に関する研究

    乾 友紀子, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • メソ気象モデルを用いた海風の影響を受けた大阪地域の湿度分布に関する研究

    高 正明, 竹林 英樹, 森山 正和, 田中 貴宏

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒートポンプ給湯機の室外機による屋外熱環境緩和効果に関する研究 飲食店舗における室外機からの冷熱発生量の実態調査結果

    松村 享洋, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エコロジー建築における太陽光発電設備の追跡調査

    沖 正彦, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪市全域を対象とした数値計算による風環境の分析に関する研究

    渡辺 梓, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第6回全国大会, 2011年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, つくば市, 国内会議

    ポスター発表

  • 大規模屋上緑化からの冷気のにじみ出し現象の可能性評価

    中嶋 麻衣, 竹林 英樹, 赤川 宏幸

    日本ヒートアイランド学会第6回全国大会, 2011年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, つくば市, 国内会議

    ポスター発表

  • 主風向に沿った広幅員道路における風環境に関する研究

    屋野 明日香, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第6回全国大会, 2011年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, つくば市, 国内会議

    ポスター発表

  • メソ気象モデルを用いた潜在自然植生との比較による都市化が気候変化に及ぼす影響に関する研究

    乾 友紀子, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本ヒートアイランド学会第6回全国大会, 2011年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, つくば市, 国内会議

    ポスター発表

  • メソ気象モデルによる海風の影響を受けた大阪地域の湿度分布に関する研究

    高 正明, 竹林 英樹, 森山 正和, 田中 貴宏

    日本ヒートアイランド学会第6回全国大会, 2011年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, つくば市, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒートポンプ給湯機の室外機による屋外熱環境緩和効果に関する研究-飲食店舗における室外機からの冷熱発生量の実態調査結果-

    松村 享洋, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第6回全国大会, 2011年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, つくば市, 国内会議

    ポスター発表

  • 主風向に沿った広幅員道路における風環境に関する研究

    屋野 明日香, 竹林 英樹, 渡辺 梓

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実測調査による大規模屋上緑化からの冷気のにじみ出し現象の可能性評価

    中嶋 麻衣, 竹林 英樹, 赤川 宏幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • メソ気象モデルを用いた潜在自然植生との比較による都市化が気候変化に及ぼす影響に関する研究

    乾 友紀子, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ソーラークーリングシステムの省エネルギーとヒートアイランド緩和効果に関する研究

    城下 久美, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 壁面設置型集熱器を持つ太陽熱給湯システムの都市型集合住宅への適用に関する研究

    阿部 洋子, 森山 正和, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2011年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪地域を対象とする都市環境気候地図の作成に関する研究

    北尾 菜々子, 竹林 英樹, 森山 正和, 田中 貴宏

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2011年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 潜熱蓄熱カプセルを組み込んだ蓄熱槽を持つ太陽熱給湯暖房システムに関する研究

    青山 雅則, 矢野 直達, 竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2011年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学工学部建築学科におけるエネルギー消費構造に関する調査研究

    柏谷 旭彦, 竹林 英樹, 石井 悦子, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2011年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 蒸暑地域における高断熱高気密住宅の有効性に関する研究

    三浦 貴弘, 竹林 英樹, 森山 正和, 芝池 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2011年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 小売店舗の業態別エネルギー消費特性の分析

    鈴木 雄介, 山口 容平, 下田 吉之, 山崎 政人, 鳴海 大典, 甲谷 寿史, 近本 智行, 宮崎 ひろ志, 竹林 英樹, 岩前 篤, 村上 周三, 坊垣 和明, 松縄 堅, 亀谷 茂樹, 高口 洋人, 半澤 久, 吉野 博, 奥宮 正哉, 浅野 良晴, 村川 三郎, 依田 浩敏

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2011年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街区の空間特性が街路空間の風通し環境に及ぼす影響に関する研究

    山田 俊明, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2011年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Evaluation of the rain water use systems in the public buildings of Kobe-city

    OKI Masahiko, MORIYAMA Masakazu, TAKEBAYASHI Hideki

    International Conference on Sustainable Urban Design in Asia City, 2010年11月, 英語, アジア都市環境学会, 仙台, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 持続可能性からみた都市環境の分析について

    竹林 英樹

    シンポジウム「コンクリートと木のコラボレーションによる持続可能な住まいと地域住環境の設計」, 2010年10月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 壁面設置型太陽熱給湯システムに関する研究

    阿部 洋子, 青山 雅則, 石井 悦子, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, -, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 表裏で反射率の異なるブラインドを組み込んだダブルスキンファサードの熱性能に関する研究

    中野 寛, 森山 正和, 竹林 英樹, 高西 茂彰, 山本 雅洋

    空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集, 2010年09月, 日本語, 山口, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その48 関西における調査建物概要とエネルギー消費量の実態 平成21年調査

    山崎 政人, 下田 吉之, 鳴海 大典, 山口 容平, 岩前 篤, 甲谷 寿史, 竹林 英樹, 近本 智行, 宮崎 ひろ志

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 波板材料の日射反射率算出方法に関する研究

    半田 典雅, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超高断熱高気密住宅における潜熱蓄熱型空調機の導入効果に関する研究

    松村 享洋, 森山 正和, 竹林 英樹, 矢野 直達, 芝池 英樹

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪地域の都市環境気候地図の作成方法に関する検討 神戸市域での気候分析

    北尾 菜々子, 森山 正和, 竹林 英樹, 田中 貴宏

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪地域における夏季の気象要素による人と建物への影響の地域特性に関する研究

    高 正明, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大規模屋上緑化からの冷気にじみ出しの可能性に関する研究

    竹林 英樹, 赤川 宏幸, 森山 正和

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 潜熱蓄熱槽を組み込んだ太陽熱給湯暖房システムに関する研究

    青山 雅則, 矢野 直達, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学工学部建築学科における省エネルギーに関する基礎的研究 その2 製図室における電力消費

    柏谷 旭彦, 石井 悦子, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学工学部建築学科における省エネルギーに関する基礎的研究 その1 部屋用途による電力消費量の特徴

    石井 悦子, 柏谷 旭彦, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸市エコロジー建築の追跡調査結果とその考察

    沖 正彦, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高反射率塗料施工面の日射反射率測定に関する研究(その5)二点校正法による折板面の日射反射率推定方法の検討

    酒井 孝司, 村田 泰孝, 西岡 真稔, 竹林 英樹, 松尾 陽, 森山 正和, 吉田 篤正, 三木 勝夫, 村瀬 俊和

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路形態が街路空間の放射熱環境に及ぼす影響に関する研究

    村田 知之, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2010年09月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路形態が街路空間の風通し環境に及ぼす影響に関する研究

    山田 俊明, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海風方向の広幅員道路における風環境に関する研究

    渡辺 梓, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪地域におけるヒートアイランドの生活への影響の地域分布に関する研究

    高 正明, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第5回全国大会, 2010年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 街路形態が街路空間の放射熱環境に及ぼす影響に関する研究

    村田 知之, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本ヒートアイランド学会第5回全国大会, 2010年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 街路形態が街路空間の風通し環境に及ぼす影響に関する研究

    山田 俊明, 増田 恭大, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本ヒートアイランド学会第5回全国大会, 2010年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 海風方向の広幅員道路における風環境に関する研究

    渡辺 梓, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本ヒートアイランド学会第5回全国大会, 2010年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • メソ気象モデルWRFを用いた大阪地域の都市化による高温化の影響評価 潜在自然植生の概念を用いて

    北尾 菜々子, 森山 正和, 竹林 英樹, 田中 貴宏

    日本ヒートアイランド学会第5回全国大会, 2010年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 波板材料の日射反射率算出方法に関する研究

    半田 典雅, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超高断熱・高気密住宅における潜熱蓄熱型空調機の導入効果に関する研究

    松村 享洋, 森山 正和, 竹林 英樹, 矢野 直達, 芝池 英樹, 蓜島 一弘, 纐纈 洋史

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪地域における夏季の気象要素による人と建物への影響の地域特性に関する研究

    高 正明, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学工学部建築学科の製図室における省エネルギーに関する基礎的研究

    柏谷 旭彦, 森山 正和, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高反射率塗膜の現場での二点校正法による効果検証大阪府ドーンセンター

    竹林 英樹

    ヒートアイランド対策と効果検証シンポジウム2010, 2010年06月, 日本語, 高反射率塗膜の現場における効果検証研究会, 東京, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 海風方向の広幅員道路における風環境に関する研究

    渡辺 梓, 竹林 英樹, 山田 俊明, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 表裏で反射率の異なるブラインドを組み込んだダブルスキンファサードの熱性能に関する研究

    中野 寛, 森山 正和, 竹林 英樹, 高西 茂彰, 木村 公則

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2010年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 潜熱蓄熱槽を組み込んだ太陽熱給湯暖房システムに関する研究

    村井 佐江, 矢野 直達, 森山 正和, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2010年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路形態が街路空間の放射熱環境に及ぼす影響に関する研究

    金本 薫希, 村田 知之, 森山 正和, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2010年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路形態が街路空間の風通し環境に及ぼす影響に関する研究

    増田 恭大, 山田 俊明, 竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2010年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋上緑化植物の夏期長期測定によるヒートアイランド対策効果に関する研究

    鈴木 綾, 森山 正和, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2010年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒートポンプ給湯機と空調機の室外機の配置による運転効率改善の可能性に関する研究

    塚本 理恵, 竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2010年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その32 関西における調査建物概要とエネルギー消費量の実態(平成20年度調査)

    山崎 政人, 下田 吉之, 鳴海 大典, 山口 容平, 岩前 篤, 甲谷 寿史, 竹林 英樹, 近本 智行, 宮崎 ひろ志

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 駐車区画の熱性状評価に関する測定 熱赤外画像と近赤外画像を用いた解析

    金本 薫希, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪中心部における都市の集約化による環境負荷軽減効果に関する研究 「コンパクトエコシティ」モデルの概要

    岩崎 元英, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 数値計算による街路空間モデルの風通し環境に関する研究

    増田 恭大, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住宅地開発における風環境及び熱環境の計画方法に関する研究

    山田 俊明, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住宅における太陽熱給湯システムの導入効果に関する研究

    青山 雅則, 沖 正彦, 森山 正和, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高反射率塗料施工面の日射反射率測定に関する研究(その4) 形状・反射率の異なる折板面の反射率測定と数値解析

    酒井 孝司, 村田 泰孝, 西岡 真稔, 竹林 英樹, 松尾 陽, 森山 正和, 吉田 篤正, 三木 勝夫, 村瀬 俊和

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路形態に注目した街路空間における放射熱環境の改善方法に関する研究

    村田 知之, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海風の有効利用を目的とした街路形態と風通しの関係の検討

    竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • メソ気象モデルWRFを用いた大阪地域のヒートアイランド現象に関する研究 その2 潜在自然植生下における計算結果の比較考察

    森山 正和, 北尾 菜々子, 竹林 英樹, 田中 貴宏

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • メソ気象モデル(WRF)を用いた大阪地域のヒートアイランド現象に関する研究 その1 モデルの検証とヒートアイランドの構造把握

    北尾 菜々子, 森山 正和, 竹林 英樹, 田中 貴宏

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • メソ気象モデル(WRF)を用いた大阪地域のヒートアイラ ンドに

    森山 正和, 中嶋 俊介, 北尾 菜々子, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    日本ヒートアイランド学会第4会全国大会, 2009年08月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • ハイブリッド・ソーラーシステムの提案と解析

    沖 正彦, 青山 雅則, 森山 正和, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住宅地開発における風環境及び熱環境の計画方法に関する研究

    山田 俊明, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2009年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住宅における太陽熱給湯システムの導入効果に関する研究

    青山 雅則, 沖 正彦, 森山 正和, 竹林 英樹, 石井 悦子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2009年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路空間における放射熱環境の改善方法に関する研究

    村田 知之, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2009年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • メソ気象モデルを用いた土地利用の都市化による気候変化の影響評価に関する研究

    北尾 菜々子, 森山 正和, 竹林 英樹, 田中 貴宏

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2009年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The evaluation of the introduction effect of urban heat island measure technology in the central business district of Osaka city

    Hideki Takebayashi, Masakazu Moriyama

    Proc. Seventh International Conference on Urban Climate, 2009年06月, 英語, 横浜, 国際会議

    ポスター発表

  • The characteristics of urban heat island based on the comparison of temperature and wind field between present land cover and potential natural land cover

    Nanako Kitao, Masakazu Moriyama, Shunsuke Nakajima, Hideki Takebayashi

    Proc. Seventh International Conference on Urban Climate, 2009年06月, 英語, 横浜, 国際会議

    ポスター発表

  • Countermeasures of urban heat island by the conversion of urban geometry using meso-scale meteorological model

    Masakazu Moriyama, Shunsuke Nakajima, Takahiro Tanaka, Hideki Takebayashi, Nanako Kitao

    Proc. Seventh International Conference on Urban Climate, 2009年06月, 英語, 横浜, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 街路空間における風通し環境に関する研究

    永尾 隆佳, 森山 正和, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2009年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒートポンプ給湯機の室外機による屋外熱環境の緩和効果に関する研究-様々な用途の建築物における室外機からの冷熱発生量の実態調査結果-

    竹林 英樹, 森山 正和, 村井 佐江

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2009年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Study on wind environment influenced by urban block properties in the street canyon

    Yasuhiro MASUDA, Hideki TAKEBAYASHI, Masakazu MORIYAMA

    The 5th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 2008年10月, 英語, Freiburg University, 国際会議

    ポスター発表

  • Characteristics of land and sea breeze by upper weather data analysis

    Hideki TAKEBAYASHI, Masakazu MORIYAMA

    The 5th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 2008年10月, 英語, Freiburg University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • An observation study on the degradation of heat island mitigation effect by damage to the grass in grass parking

    Shigeki KANEMOTO, Yoko MATSUSHITA, Masakazu MORIYAMA, Hideki TAKEBAYASHI

    The 5th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 2008年10月, 英語, Freiburg University, 国際会議

    ポスター発表

  • 非住宅建築物の環境関連データベース構築に関する研究その15 関西における水消費量とCO2排出量の実態

    下田 吉之, 山崎 政人, 甲谷 寿史, 近本 智行, 宮崎 ひろ志, 鳴海 大典, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非住宅建築物の環境関連データベース構築に関する研究その14 関西における調査建物概要とエネルギー消費量の実態

    山崎 政人, 下田 吉之, 甲谷 寿史, 近本 智行, 宮崎 ひろ志, 鳴海 大典, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住宅における潜熱蓄熱型空調機の適用に関する研究

    村井 佐江, 矢野 直達, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 芝生化駐車場における芝生の劣化によるヒートアイランド対策効果の低下に関する実測研究

    金本 薫希, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高反射率塗料施工面の日射反射率測定に関する研究(その3)二点校正法による折板面の日射反射率測定

    酒井 孝司, 村田 泰孝, 西岡 真稔, 竹林 英樹, 松尾 陽, 森山 正和, 吉田 篤正, 三木 勝夫, 村瀬 俊和

    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 現存気候と潜在自然気候との比較による都市ヒートアイランド解析

    森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    日本流体力学会年会2008, 2008年09月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路空間の幾何学的形態が風通しに与える影響に関する研究

    増田 恭大, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クールルーフ適正利用ガイドライン作成のための基礎的検討

    竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Study of Local Wind to Effectively Mitigate the Thermal Environment in the Street Canyon

    Hideki TAKEBAYASHI, Masakazu MORIYAMA

    18th International Congress of Biometeorology, 2008年09月, 英語, 東京, 国際会議

    ポスター発表

  • メソ気象モデルによる都市気候の再現性の検討に関する研究 MM5,WRF,WRF-Urban Canopy Modelの比較

    中嶋 俊介, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹, 申 東勳

    日本ヒートアイランド学会第3回全国大会, 2008年08月, 日本語, 名古屋工業大学, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒートポンプ給湯機の室外機による屋外熱環境の緩和効果に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和, 笠原 万起子

    日本ヒートアイランド学会第3回全国大会, 2008年08月, 日本語, 名古屋工業大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 鉄塔観測データによる大阪の海陸風の特徴

    竹林 英樹

    第4回都市環境シンポジウム「緑と風のヒートアイランド対策」, 2008年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住宅における潜熱蓄熱型空調機適用に関する研究

    村井 佐江, 矢野 直達, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2008年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 芝生化駐車場における芝生の劣化によるヒートアイランド対策効果の低下に関する実測研究

    金本 薫希, 松下 暢子, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2008年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 関西地域における非住宅建築物のエネルギー消費等の実態

    山崎 政人, 下田 吉之, 鳴海 大典, 甲谷 寿史, 竹林 英樹, 宮崎 ひろ志, 近本 智行

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2008年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 観測データに基づく大阪地域の1990年代以降の高温化の解析

    竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2008年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路空間の幾何学的形態が風通しに与える影響に関する研究

    増田 恭大, 竹林 英樹, 森山 正和, 足永 靖信

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2008年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路空間の風通し環境に関する研究-数値計算による風速比の考察-

    三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部研究発表会, 2008年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • メソ気象モデルを用いた大阪地域における高温域形成過程に関する研究

    仲矢 耕平, 森山 正和, 中嶋 俊介, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2008年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒートポンプ給湯機の室外機による屋外熱環境の緩和効果に関する研究

    笠原 万起子, 竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2008年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ダブルスキンファサードの熱特性に関する実測研究

    佐野 隆哉, 森山 正和, 竹林 英樹, 広瀬 亮一, 高西 茂彰

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2008年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熱環境改善舗装上の温熱環境に関する研究 湿潤舗装,遮熱舗装,アスファルト,天然芝の比較

    赤川 宏幸, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上空気象データを用いた海風による気温低下に関する考察

    竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高反射率塗料施工面の日射反射率測定に関する研究(その2)二点校正法の水平面日射反射率測定への適用

    村田 泰孝, 酒井 孝司, 金森 博, 竹林 英樹, 松尾 陽, 森山 正和, 吉田 篤正, 西岡 真稔, 三木 勝夫, 矢野 直達, 清水 亮作, 村瀬 俊和

    日本建築学会大会学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高反射率塗料施工面の日射反射率測定に関する研究(その1)平面を対象とした日射反射率簡易測定法の提案

    酒井 孝司, 村田 泰孝, 金森 博, 竹林 英樹, 松尾 陽, 森山 正和, 吉田 篤正, 西岡 真稔, 三木 勝夫, 矢野 直達, 清水 亮作, 村瀬 俊和

    日本建築学会大会学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高効率給湯器導入によるヒートアイランド緩和効果に関する研究

    笠原 万起子, 三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路幅と主風向が街路空間の風通し環境に与える影響に関する研究

    三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒートポンプ給湯器導入によるヒートアイランド緩和効果に関する研究

    笠原 万起子, 三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本ヒートアイランド学会第2回全国大会, 2007年08月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 上空気象データによるヒートアイランドの実態把握

    竹林 英樹

    都市平熱化シンポジウムその1「ヒートアイランドの実態と対策技術評価」, 2007年07月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部都市平熱化委員会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上空気象データを用いた海風による気温低下に関する考察

    竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高効率給湯器導入によるヒートアイランド緩和効果に関する研究

    笠原 万起子, 三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路幅と主風向が街路空間の風通しに与える影響に関する研究

    三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中層オフィス街区における熱環境に関する研究 その2放射環境に関する実測調査と数値計算による考察

    中川 健一郎, 鳥町 孟, 竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2007年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中層オフィス街区における熱環境に関する研究 その1風通し環境に関する実測調査と数値計算による考察

    鳥町 孟, 中川 健一郎, 竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2007年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 公園からの冷気にじみ出し現象測定結果

    竹林 英樹

    第3回都市環境シンポジウム「堺市のヒートアイランド調査報告とその対策」, 2007年03月, 日本語, 日本建築学会近畿支部熱環境部会都市環境分科会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 顕熱流抑制効果によるヒートアイランド対策被覆面の評価に関する研究

    古橋 省吾, 森山 正和, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2007年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 京阪神地域を対象とした都市熱環境監視に資する気象観測点の在り方に関する研究

    鳴海 大典, 吉田 篤正, 鍋島 美奈子, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2007年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クールルーフの適正利用と普及に向けた検討

    竹林 英樹

    都市環境・都市設備公開勉強会「都市環境・都市設備研究の最前線」, 2007年03月, 日本語, 日本建築学会環境工学委員会都市環境・都市設備運営委員会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 日本の主要12都市および大阪地域内における夏季の暑さ指標の比較考察

    池原 基博, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 駐車場の芝生化によるヒートアイランド緩和効果に関する研究

    笠原 万起子, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大規模商業施設屋上庭園における温熱環境評価その4形態係数による影響の考察と快適温度時間数による評価

    福味 克幸, 赤川 宏幸, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上空気象データを用いたヒートアイランド対策技術による緩和効果の簡易評価法に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 瓦のクールルーフ性能に関する研究日射反射率および屋根断面温度等の測定結果

    杉原 輝明, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路空間の熱環境に関する研究その2風通し環境に関する実測調査と数値計算による考察

    三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路空間の熱環境に関する研究その1放射環境に関する実測調査と数値計算による考察

    中川 健一郎, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TDR土壌含水率計を用いた屋上緑化芝生面における蒸発量の測定法に関する考察

    古橋 省吾, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 駐車場の芝生化によるヒートアイランド緩和効果に関する研究

    笠原 万起子, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本ヒートアイランド学会第1回全国大会, 2006年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • 実測調査と数値計算による街路空間の風通し環境に関する考察

    三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本ヒートアイランド学会第1回全国大会, 2006年07月, 日本語, 日本ヒートアイランド学会, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • 日本の主要12都市および大阪地域内における夏季の暑さ指標比較

    池原 基博, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 駐車場の芝生化によるヒートアイランド緩和効果に関する研究

    笠原 万起子, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路空間の風環境に関する実測調査と数値計算による考察

    三宅 弘祥, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路空間の熱環境に関する実測調査と数値計算による考察

    中川 健一郎, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 風の観測結果

    竹林 英樹

    都市環境シンポジウム「大阪2005年夏・ヒートアイランド調査の報告」, 2006年04月, 日本語, 日本建築学会近畿支部熱環境部会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 翌日の日射量予測手法を用いた防災用太陽光発電システムに関する研究

    石動 嘉信, 森山 正和, 竹林 英樹, 一谷 匡陛

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2006年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪城公園からの冷気のにじみ出し現象の観測結果

    竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2006年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 太陽電池パネルのヒートアイランド緩和効果に関する研究

    一谷 匡陛, 森山 正和, 竹林 英樹, 石動 嘉信

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2006年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 市街地形態が街路空間の熱環境に及ぼす影響に関する研究 高層建築群による海風遮蔽の実態と数値計算による考察

    楠 博光, 中川 健一郎, 竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2006年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 環境配慮型舗装の熱収支解析とそれによるヒートアイランド緩和効果に関する研究

    佐野 公俊, 森山 正和, 竹林 英樹, 古橋 省吾, 君島 健之, 西岡 真稔, 鍋島 美奈子

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2006年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪城公園からの冷気のにじみ出し現象の測定結果

    竹林 英樹, 森山 正和

    関東の農業気象, 2005年12月, 日本語, 農業気象学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大規模商業施設屋上庭園における温熱環境評価その2SET*の評価と秋季のアンケート調査について

    長谷川 梨沙, 森山 正和, 竹林 英樹, 赤川 宏幸

    日本建築学会大会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 太陽電池パネルのヒートアイランド抑制効果に関する研究

    一谷 匡陛, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 数値シミュレーションによる街路空間の熱環境評価に関する研究(その2)流体モデルによる気流,気温分布の計算

    楠 博光, 中川 健一郎, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 数値シミュレーションによる街路空間の温熱環境評価に関する研究(その1)放射伝熱モデルによる地表面温度の計算

    中川 健一郎, 楠 博光, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 環境配慮型道路舗装面の熱収支に関する研究その2熱収支の考察

    佐野 公俊, 古橋 省吾, 森山 正和, 竹林 英樹, 君島 健之

    日本建築学会大会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 環境配慮型道路舗装面の熱収支に関する研究その1測定結果

    古橋 省吾, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐野 公俊, 西岡 真稔, 鍋島 美奈子, 君島 健之, 加形 護, 本田 隆

    日本建築学会大会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季の気温形成に影響を及ぼす因子に関する研究平日と休日の気温変化の比較考察を中心として

    池原 基博, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋上緑化及び高反射塗料の表面熱収支測定結果

    竹林 英樹, 野上 摂, 森山 正和, 佐野 公俊

    日本建築学会大会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「都市環境気候図」を利用したまちづくりワークショップに関する研究 神戸市長田区駒ヶ林地区におけるワークショップの実践

    山下 卓洋, 田中 貴宏, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高解像度衛星データの都市気候解析への応用に関する研究

    竹林 英樹, 芝池 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 建物周辺スケールの数値シミュレーションによる街路空間の温熱環境評価に関する研究

    楠 博光, 中川 健一郎, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 環境配慮型道路舗装面の熱収支に関する研究その2熱収支の考察

    佐野 公俊, 古橋 省吾, 森山 正和, 竹林 英樹, 君島 健之

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 環境配慮型道路舗装面の熱収支に関する研究その1測定結果

    古橋 省吾, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐野 公俊, 西岡 真稔, 鍋島 美奈子, 君島 健之, 加形 護, 本田 隆

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季の気温形成に影響を及ぼす因子に関する研究都市環境気候図の作成に向けて

    池原 基博, 森山 正和, 田中 貴宏, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 京都町屋街区の夏期熱環境改善方策に関する研究

    芝池 英樹, 竹林 英樹, 森山 正和, 一天満谷 和

    空気調和・衛生工学会近畿支部環境工学研究会, 2005年04月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 都市キャノピーモデルを組み込んだ数値気候モデルによるヒートアイランド対策効果に関する研究

    木村 哲治, 森山 正和, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2005年03月, 日本語, 空気・調和衛生工学会近畿支部, 空気・調和衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋上緑化及び高反射塗料の熱・水分収支に関する研究

    野上 摂, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐野 公俊

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2005年03月, 日本語, 空気・調和衛生工学会近畿支部, 空気・調和衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地域熱供給システムの普及によるヒートアイランド抑制効果に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和, 木村 哲治

    日本建築学会大会学術講演会, 2004年08月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大学研究棟屋上の防災実験可能な太陽光発電システムの稼働状況に関する調査研究

    田ノ岡 正紀, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2004年08月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 太陽電池パネルのヒートアイランド抑制効果に関する研究その2数値解析による考察

    一谷 匡陛, 森山 正和, 竹林 英樹, 松本 卓也

    日本建築学会大会学術講演会, 2004年08月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 太陽電池パネルのヒートアイランド抑制効果に関する研究その1実測による考察

    松本 卓也, 森山 正和, 竹林 英樹, 一谷 匡陛

    日本建築学会大会学術講演会, 2004年08月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住宅地内に近接する裸地・芝生地の熱環境評価その3固定観測点周辺の気温分布

    荻原 研二, 阪井 雅洋, 升井 幸男, 奥田 孝史, 鳴海 大典, 竹林 英樹, 鍋島 美奈子, 宮本 征一, 吉田 篤正

    日本建築学会大会学術講演会, 2004年08月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住宅地内に近接する裸地・芝生地の熱環境評価その2地表面熱収支ならびに体感評価結果

    升井 幸男, 阪井 雅洋, 荻原 研二, 奥田 孝史, 鳴海 大典, 竹林 英樹, 鍋島 美奈子, 宮本 征一, 吉田 篤正

    日本建築学会大会学術講演会, 2004年08月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住宅地内に近接する裸地・芝生地の熱環境評価その1観測概要ならびに各気象要素の観測結果

    阪井 雅洋, 升井 幸男, 荻原 研二, 奥田 孝史, 鳴海 大典, 竹林 英樹, 鍋島 美奈子, 宮本 征一, 吉田 篤正

    日本建築学会大会学術講演会, 2004年08月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クールルーフに関する研究(その2)-高反射性塗料を塗装した屋上表面の放射性特性評価-

    佐野 公俊, 森山 正和, 竹林 英樹, 野上 摂

    日本建築学会大会学術講演会, 2004年08月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クールルーフに関する研究(その1)-熱収支残差法による顕熱流の測定-

    野上 摂, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐川 朋子, 佐野 公俊

    日本建築学会大会学術講演会, 2004年08月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 太陽電池パネルのヒートアイランド抑制効果に関する予備的検討

    一谷 匡陛, 森山 正和, 竹林 英樹, 松本 卓也

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2004年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住宅地内に近接する裸地および芝生地の熱環境評価に関する現地観測調査

    萩原 研二, 升井 幸男, 奥田 孝史, 鳴海 大典, 竹林 英樹, 鍋島 美奈子, 宮本 征一, 吉田 篤正

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2004年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顕熱の発生分布が市街地の気温形成に与える影響に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和, 木村 哲治

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2004年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屋外緑化等の建物外皮技術による屋外熱環境の緩和効果に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和, 野上 摂, 佐野 公俊, 佐川 朋子

    ハウスクリマ研究会, 2004年06月, 日本語, ハウスクリマ研究会, 京都, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • クールルーフに関する研究(その2)-熱収支残差法による顕熱流の測定-

    野上 摂, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐川 朋子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2004年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クールルーフに関する研究(その1)-高反射性塗料を塗装した屋上表面の放射特性評価に関する研究-

    佐野 公俊, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2004年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 環境整備目標の合意形成支援(ワークショップ紹介)

    竹林 英樹

    第7回都市気候対策小委員会公開勉強会, 2004年04月, 日本語, 日本建築学会地球環境委員会都市気候対策小委員会, 日本建築学会, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 顕熱の発生分布が市街地の気温形成に与える影響に関する研究

    井尻 勝久, 森山 正和, 竹林 英樹, 木村 哲治

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2004年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路樹の日射遮蔽による道路へ蓄熱防止効果に関する研究

    茶谷 真幸, 竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2004年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Cool Roofs

    TAKEBAYASHI Hideki

    神戸大学COE安全と共生のシンポジウム「都市ヒートアイランドの対策とその評価」, 2004年03月, 英語, 神戸大学COE安全と共生, 神戸大学, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 屋上緑化・クールルーフによる対策

    竹林 英樹

    都市環境シンポジウム「大阪のヒートアイランドをいかに緩和するか」, 2003年11月, 日本語, 日本建築学会近畿支部熱環境部会, 大阪市立大学, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 都市キャニオンと上空大気との熱交換特性に関する研究

    森山 正和, 竹林 英樹, 足永 靖信, 富重 幸博

    日本建築学会大会学術講演会, 2003年09月, 日本語, 日本建築学会, 中部大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路樹の日射遮蔽による街路空間の蓄熱防止効果に関する研究

    茶谷 真幸, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2003年09月, 日本語, 日本建築学会, 中部大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • メソスケールモデルによる京都市域の気候解析

    一天満谷, 和哉, 芝池 英樹, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2003年09月, 日本語, 日本建築学会, 中部大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夜間冷気流 山風のレビュー

    竹林 英樹

    第5回都市気候対策小委員会公開勉強会「風の道-市街地形態と都市の通風・換気」, 2003年08月, 日本語, 日本建築学会地球環境委員会都市気候対策小委員会, 日本建築学会, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 街路樹の日射遮蔽による街路空間の蓄熱防止効果に関する研究

    茶谷 真幸, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2003年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その6地表面熱収支と地形を考慮した数値計算による谷口周辺市街地気温分布

    竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2003年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • メソスケールモデルによる京都市域の気候解析に関する研究

    一天満谷, 和哉, 芝池 英樹, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2003年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪地域の最低気温に及ぼす大気放射量の影響に関する研究

    東漸 崇憲, 竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2003年03月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 日本建築学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高解像度衛星リモートセンシングデータを用いた京都市北部地域の土地利用特性に関する研究その2アルベド分布の検討

    竹林 英樹, 佐藤 嘉昌, 芝池 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2002年08月, 日本語, 日本建築学会, 金沢工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高解像度衛星リモートセンシングデータを用いた京都市北部地域の土地利用特性に関する研究その1正規化植生指標(NVI)分布の検討

    佐藤 嘉昌, 竹林 英樹, 芝池 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2002年08月, 日本語, 日本建築学会, 金沢工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その6数値計算による谷口周辺市街地の気温分布に関する検討

    森 真佐雄, 竹林 英樹, 和田 ゆりか, 芝池 英樹, 森山 正和, 佐藤 嘉昌

    日本建築学会大会学術講演会, 2002年08月, 日本語, 日本建築学会, 金沢工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その5実測結果に基づく谷口周辺市街地の気温分布に関する検討

    和田 ゆりか, 竹林 英樹, 森 真佐雄, 芝池 英樹, 森山 正和, 佐藤 嘉昌

    日本建築学会大会学術講演会, 2002年08月, 日本語, 日本建築学会, 金沢工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その5数値計算による谷口周辺市街地の気温分布に関する検討

    竹林 英樹, 和田 ゆりか, 森 真佐雄, 芝池 英樹, 森山 正和, 佐藤 嘉昌

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2002年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その4実測結果に基づく谷口周辺市街地の気温分布に関する検討

    和田 ゆりか, 竹林 英樹, 森 真佐雄, 芝池 英樹, 森山 正和, 佐藤 嘉昌

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2002年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アンケート調査結果

    竹林 英樹

    シンポジウム「住宅における夏季・冬季の温熱環境と空気質」, 2002年06月, 日本語, 日本建築学会環境工学委員会住宅換気性能ワーキンググループ, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 土地利用カテゴリー比率を利用した地表面熱収支モデルによる都市気温の推定に関する研究

    佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2001年09月, 日本語, 日本建築学会, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪地域の気温分布に及ぼす海風の影響に関する研究

    富重 幸博, 竹林 英樹, 森山 正和, 武本 鐘浩

    日本建築学会大会学術講演会, 2001年09月, 日本語, 日本建築学会, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 太陽光発電システム発電量の予測方法における太陽電池セル温度の影響に関する研究

    赤木 貴, 森山 正和, 芝池 英樹, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2001年09月, 日本語, 日本建築学会, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 斜面冷気流における冷気生成メカニズムに関する研究

    森 真佐雄, 竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会学術講演会, 2001年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 京都大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 京都地域における夜間気温分布図の作成方法に関する研究

    佐藤 嘉昌, 竹林 英樹, 芝池 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2001年09月, 日本語, 日本建築学会, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その4冷気流の特性と活用可能性

    竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2001年09月, 日本語, 日本建築学会, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 都市地表面熱収支マップの作成方法に関する研究

    山本 愛子, 佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2001年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪地域の気温分布に及ぼす海風の影響に関する研究

    富重 幸博, 森山 正和, 竹林 英樹, 武本 鐘浩

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2001年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 太陽光発電システム発電量の予測方法における太陽電池セル温度の影響に関する研究

    赤木 貴, 森山 正和, 竹林 英樹, 芝池 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2001年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 京都地域の気温分布図作成に関する研究

    佐藤 嘉昌, 森山 正和, 竹林 英樹, 芝池 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2001年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 長期観測による大阪市の気温特性に関する考察

    武本 鐘浩, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐橋 秀康

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2001年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 斜面冷気流における冷気生成メカニズムに関する研究

    森 真佐雄, 竹林 英樹, 森山 正和, 芝池 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2001年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夜間冷気形成と夏季の防暑法

    芝池 英樹, 森山 正和, 竹林 英樹

    シンポジウム<地球温暖化と季節推移>, 2000年10月, 日本語, 気候影響・利用研究会, 龍谷大学, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 都市環境のクリマアトラス

    森山 正和, 竹林 英樹, 宮崎 ひろ志

    シンポジウム<地球温暖化と季節推移>, 2000年10月, 日本語, 気候影響・利用研究会, 龍谷大学, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 都市における熱収支分布図の作成に関する研究(その1)夏季のアルベド分布及び大気放射量に関する考察

    佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 2000年09月, 日本語, 日本建築学会, 日本大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 京都里山斜面の冷却と冷気生成性状に関する実測その2夜間温度および超音波風速計顕熱流束の変動性状

    芝池 英樹, 竹林 英樹, 森山 正和, 宮井 直人

    日本建築学会大会学術講演会, 2000年09月, 日本語, 日本建築学会, 日本大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 京都里山斜面の冷却と冷気生成性状に関する実測その1実測の概要と冷気生成率パラメータに関する考察

    宮井 直人, 竹林 英樹, 芝池 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2000年09月, 日本語, 日本建築学会, 日本大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その3樹林内における気温鉛直分布の形成機構

    森 真佐雄, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2000年09月, 日本語, 日本建築学会, 日本大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その2冷気の集積、流出過程

    竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2000年09月, 日本語, 日本建築学会, 日本大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その1冷気流の出現頻度と市街地における影響距離

    糸川 文崇, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 2000年09月, 日本語, 日本建築学会, 日本大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間における都市の熱環境改善方法に関する研究-大阪における気温の測定結果とその考察-

    森山 正和, 竹林 英樹, 佐橋 秀康

    日本建築学会大会学術講演会, 2000年09月, 日本語, 日本建築学会, 日本大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 一次元熱収支モデルによる夏季夜間人工排熱量の推定方法に関する考察

    武本 鐘浩, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐橋 秀康

    日本建築学会大会学術講演会, 2000年09月, 日本語, 日本建築学会, 日本大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 各種土地被覆情報との分析による都市地表面アルベドの特性に関する研究

    佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    第28回可視化情報シンポジウム, 2000年07月, 日本語, 可視化情報学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 都市における熱収支分布図の作成に関する研究(その1)夏季のアルベド分布に関する考察

    佐橋 秀康, 三好 奈月, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2000年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その3樹林内における気温鉛直分布の形成機構

    森 真佐雄, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2000年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その2冷気の集積、流出過程

    竹林 英樹, 新宅 俊之, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2000年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その1冷気流の出現頻度と市街地における影響距離

    糸川 文崇, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2000年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 一次元熱収支モデルを用いた夏季夜間人工排熱量の推定に関する研究

    武本 鐘浩, 森山 正和, 竹林 英樹, 佐橋 秀康

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2000年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人工排熱による夏季夜間気温上昇への影響-大阪における気温の測定結果とその考察-

    森山 正和, 佐橋 秀康, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 2000年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏期夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究

    竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部環境工学研究会, 1999年12月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 六甲山南麓市街地における夏季夜間の風特性と気温分布に関する研究

    糸川 文崇, 竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会学術講演会, 1999年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 路地空間における夏季熱環境の実態とその改善方策に関する研究

    豊福 晃史, 藤木 薫, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 1999年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地上及び上空気温を既知とした一次元熱収支モデルの計算による都市熱収支成分の考察

    森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 1999年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 数値解析による神戸地域周辺の風系に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和, 村上 周三, 芝池 英樹, 金 相進

    日本建築学会大会学術講演会, 1999年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 数値解析による神戸地域の風系に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和, 村上 周三, 芝池 英樹, 金 相進

    空気調和・衛生工学会学術講演会, 1999年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人工排熱による夏季夜間気温上昇への影響(その2)1次元熱収支モデルによる検討

    森山 正和, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会学術講演会, 1999年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人工排熱による夏季夜間気温上昇への影響(その1)大阪における屋上気温の測定結果とその考察

    佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会学術講演会, 1999年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する実測研究-神戸市灘区杣谷周辺市街地における実測結果(98年夏季)-

    糸川 文崇, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 1999年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 一次元熱収支モデルによる都市気温の推定における蒸発効率等係数の決定に関する研究-大阪市域における夏季の気温観測データを用いて-

    佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 1999年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ニューラルネットワークによる気温分布の推定手法に関する研究-大阪市域における推定結果-

    山本 修平, 森山 正和, 宮崎 ひろ志, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 1999年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 路地空間における夏季熱環境の実態とその改善方策に関する研究

    豊福 晃史, 藤木 薫, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 1999年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 密集市街地に建つ建物のトップサイドライトを用いた通風効果に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和

    公開研究会「健康住宅を考える」, 1999年06月, 日本語, 日本建築学会環境工学委員会健康住宅ワーキンググループ, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する実測研究

    糸川 文崇, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 1999年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 一次元熱収支モデルによる都市気温の推定における蒸発効率等係数の決定に関する研究-大阪市域における夏季の気温観測データを用いて-

    佐橋 秀康, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 1999年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ソーラーチムニー型トップライトによる屋内熱環境の改善効果に関する実測研究

    森山 正和, 竹林 英樹

    公開研究会「健康住宅を考える」, 1999年06月, 日本語, 日本建築学会環境工学委員会健康住宅ワーキンググループ, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その2浅水方程式モデルによる検討

    竹林 英樹, 森山 正和, 糸川 文崇

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 1999年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究 その1神戸市杣谷(そまたに)周辺市街地における実測結果

    糸川 文崇, 森山 正和, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 1999年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 観測データによる神戸地域の風系に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和, 村上 周三

    日本建築学会大会学術講演会, 1998年09月, 日本語, 日本建築学会, 九州産業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究-神戸市杣谷(そまたに)周辺市街地における実測結果-

    糸川 文崇, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 1998年09月, 日本語, 日本建築学会, 九州産業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸市エコロジー建築におけるトップサイドライトの通風効果に関する研究-2方程式モデルを用いた2次元数値シミュレーションによる検討-

    竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会学術講演会, 1998年08月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究-神戸市杣谷(そまたに)周辺市街地における予備実測結果-

    森山 正和, 竹林 英樹, 糸川 文崇

    空気調和・衛生工学会学術講演会, 1998年08月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸市エコロジー建築におけるトップサイドライトの通風効果に関する研究

    古屋 陽子, 竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 1998年07月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 観測データによる神戸地域の気流解析

    竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 1998年07月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 谷口からの冷気流による夏季夜間の市街地冷却効果に関する研究

    糸川 文崇, 森山 正和, 竹林 英樹

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 1998年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「一次元熱収支モデルによる都市気温シミュレーション」における蒸発効率と人工排熱成分の実用的数値の決定方法

    森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 1997年09月, 日本語, 日本建築学会, 日本大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クリマトープ図の作成方法に関する研究(その1)植生指標(NVI)と一次元熱収支モデルによる方法

    竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 1997年09月, 日本語, 日本建築学会, 日本大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クリマトープ図の作成に関する研究(その2)赤外線放射カメラによる都市表面温度の考察

    山本 修平, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会大会学術講演会, 1997年09月, 日本語, 日本建築学会, 日本大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クリマトープ図の作成方法に関する研究(その2)実測による都市表面温度の考察

    山本 修平, 森山 正和, 竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 1997年07月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クリマトープ図の作成方法に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和

    日本リモートセンシング学会第22回学術講演会, 1997年05月, 日本語, 日本リモートセンシング学会, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • クリマトープ図の作成に関する研究

    竹林 英樹, 森山 正和

    空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 1997年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 空気調和・衛生工学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸地域の都市気候に関する研究-数値計算による気流分布性状の解析-

    竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会大会学術講演会, 1996年08月, 日本語, 日本建築学会, 滋賀県立大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸地域の都市気候に関する研究-数値計算による気流分布性状の解析-

    竹林 英樹, 森山 正和

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 1996年07月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 極端な高温化への適応に配慮した都市環境気候図

    竹林 英樹

    第8回都市環境デザインフォーラム「気象・気候災害に適応できる都市環境デザインの実践」, 2019年11月, 日本語

  • 都市形態に注目した異常高温対策

    竹林 英樹

    異常高温対策シンポジウムin神戸2019夏を乗り切る知恵と工夫, 2019年07月, 日本語

    [招待有り]

  • 猛暑対策まちづくりの枠組み

    竹林 英樹

    大阪HITEC公開セミナー,ヒートアイランド対策の最前線, 2019年07月, 日本語

    [招待有り]

  • ヒートアイランド適応策として期待される性能

    竹林 英樹

    クールルーフ技術の適正な普及に向けた公開研究会 適応策としての性能評価と普及に向けた課題, 2018年07月, 日本語, 日本建築学会

  • 環境工学研究者の役割

    竹林 英樹

    日本建築学会近畿支部創立70周年記念事業・第3回記念シンポジウム「空間の居心地ー都市、建築、ランドスケープにおける心地よい場所について」, 2017年12月, 日本語

    [招待有り]

所属学協会

  • 日本農業気象学会

  • 日本風工学会

  • 日本ヒートアイランド学会

  • 空気調和・衛生工学会

  • 日本建築学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 竹林 英樹, 田中 貴宏, 森山 正和, 渡辺 浩文, 宮崎 ひろ志, 橘高 康介

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2016年04月01日 - 2019年03月31日, 研究代表者

    ドイツと日本の代表的な都市における将来気候の予測結果に基づいて都市環境気候図を作成し,都市計画実務者と気候専門家による専門家協働ワークショップを通して,適応都市の具体像を検討した.最終年度にドイツのカールスルーエ,エッセン,ベルリンと日本の神戸で専門家協働ワークショップを実施し,適応都市設計ガイドラインの作成を進めるとともに,関連分野の職員との間で情報,意見交換を行い,適応都市の実現に向けた検討の方向性や課題を議論した.具体的には,外部空間の緑や外部環境に対する市民の感覚,メンテナンスに対する行政と市民の役割分担,施策の実践に向けた行政,大学,企業等の協働関係,などが議論された.

    競争的資金

  • 森山 正和, 田中 貴弘, 榊 愛, 竹林 英樹, 稲地 秀介

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 摂南大学, 2011年04月28日 - 2015年03月31日

    本研究の目的は、持続可能社会への移行期に当たりその目標となる自然改変の極力少ない都市形態のあり方を追及することである。はじめにコンピュータによる数値計算モデルを使用して潜在自然気候と現存気候の計算及び気候改変レベルの考察を行った。数値計算結果によると夏季の晴天日で最高気温時には大阪都心部で2.5~3.0℃程度のヒートアイランド現象が見られた。また、都市形態のあり方をコンパクト・エコシティ・モデルとして構想し、大阪都心部をモデルとして緑地面積比率が30%占めるとすれば都市化による気温上昇の緩和や風通しの促進にはかなりの効果が予測されることを明らかにした。

  • 竹林 英樹

    日本学術振興会, 科学研究費補助金/若手研究(B), 若手研究(B), 神戸大学, 2008年 - 2009年, 研究代表者

    大阪平野の3箇所の鉄塔に気象測定機器を設置し,上空気象データとその直下の気温の連続測定を実施し,測定結果の上下温位差と上空風速を用いて地上付近から上空へ伝達される接地境界層の顕熱流の熱伝達率を算定した.この値を根拠としてヒートアイランド対策技術を導入した場合の気温低下量を計算し,屋上緑化やクールルーフ等の日中に効果を発揮する対策技術と,人工排熱対策などの夜間にも効果が期待される技術の簡易な相互比較の方法を提示した.

    競争的資金

  • 森山 正和, 竹林 英樹, 田中 貴宏, 吉田 篤正, 西村 伸也, 鍋島 美奈子, 鳴海 大典, 近藤 明, 大澤 輝夫, 宮崎 ひろ志, 芝池 英樹, 西岡 真稔, 榊 愛

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2008年 - 2010年

    PDCAサイクルの考え方をヒートアイランド対策に適用し、シミュレーションの活用システムを追加して、「PDCAデュアルサイクル支援システム」をWeb上に構築した。具体的には以下の通りである。 (1)ヒートアイランド対策手法を整理し、そのデータベースを構築した。 (2)メソ気象シミュレーションツールのWRF モデルを用いて、大阪地域のヒートアイランドのシミュレーションを行い、アセスメントに使用できる環境の構築を行った。 (3)ヒートアイランドの常時観測を大学や研究機関が協力して行い、観測値のデータベース化を行い、監視システムを構築した。 (4)システムの運用を開始し、アンケートやヒアリングによりシステムの評価を行い、改善点を明らかにしつつある。

  • 建築物屋上,屋根面を利用した冷気生成による夏季夜間の市街地冷却効果に関する研究

    竹林 英樹

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 若手研究(B), 神戸大学, 2003年 - 2004年

    本研究では,研究代表者の竹林が所属する神戸大学大学院自然科学研究棟3号館屋上のヒートアイランド対策屋根実験施設(以降クールルーフ実験施設と呼ぶ)における実験,実測と並行して,この領域で先駆的に研究を実施しているアメリカのローレンスバークレー国立研究所などの研究機関と連携し,研究交流を行いながら研究を進めた. 神戸大学のクールルーフ実験施設では,数種類の高反射塗料と芝生,土面,太陽光発電パネルの詳細な比較実測を2004年の夏から秋にかけて実施した.高反射塗料とは可視域の反射特性は従来の塗料と同じで近赤外域の反射率を大きく設定した塗料であり,見た目には従来の塗料と変わりないがトータルの反射率は大きくなるという特徴を持つ. 実測の内容はヒートアイランド対策屋根材料における表面熱収支に注目したもので,長短波放射収支計により各表面での短波長放射と長波長放射の上向き,下向き成分を測定し,各表面でのアルベド(日射反射率)を算出した.各ユニットに施工段階で埋め込んだ温度計,熱流計により,表面熱流を算出した.芝生,土面においては土壌中の含水率の測定を行い,水分の移動についても考察して蒸発量の算定を行った.最終的に,各測定対象面において熱収支の残差からヒートアイランドの原因となる大気負荷量(顕熱輸送量)が算出され,対策屋根のヒートアイランド緩和効果の相対的な評価が可能となった. これらの結果は,2004年8月に学芸出版社より出版された「ヒートアイランドの対策と技術」(森山正和編)の中に収録した.また,2004年3月末にローレンスバークレー国立研究所のアクバリ博士,ポメランツ博士に来日いただき研究討議を行った. 2004年12月に神戸大学で開催した第17回CUTE(都市熱環境会議)において,竹林が「屋上緑化及び高反射性塗料の熱・水分収支に関する研究」というタイトルで研究成果を報告するとともに,関連分野の研究者にも研究発表をして頂き,研究討議を行った.

  • 夏季夜間の冷気流による市街地冷却効果に関する研究

    竹林 英樹

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 奨励研究(A), 神戸大学, 2000年 - 2001年

    神戸市灘区の六甲山南麓市街地において実施した観測結果を基に,広域海陸風と冷気流の出現頻度の関係,及び,市街地における冷気流の影響距離に関する検討を行った.広域海陸風が弱い条件に限り,山際から1km程度までの市街地において冷気流による気温低下効果が期待できる.しかし,山から離れるとその可能性は低くなり,広域の風が強くなると冷気流は吹き消され,市街地での気温低下効果は期待できなくなる. 谷の中での測定とモデル計算により,冷気の集積,流出の過程について検討を行った.谷の中の気温を比較すると,広域海陸風の弱い場合には,堰堤で最も低く,中間,上流の順になっており,冷気集積効果を反映していた.浅水方程式モデルにより,広域海陸風が弱い条件での冷気の集積,流出過程について検討を行った結果,地形により冷気が谷筋に集積され,重力に従って標高の低い方へ流出する様子が再現された.浅水方程式モデルを用いて,広域海陸風が弱い場合の神戸市全域における六甲山の谷等から流出してくる冷気流の分布(谷による集積)が求められた. 樹林内における冷気生成メカニズムを知るため,実測調査と数値計算により気温鉛直分布の形成機構について検討を行った.晴天夜間は気温低下が大きく,上下気温差の変動も大きい.曇天夜間は日没後の冷気の集積と思われる一時的な気温低下が見られるが,その後の気温低下は小さい.数値計算でも実測結果と同様の現象を再現することができた. 観測結果を基に,冷気流の市街地冷却効果としての活用可能性について考察を行った.斜面地に位置する市街地における熱環境の特性に基づいて議論されたワークショップの結果を基に,冷気流を積極的に活用する方法が提案された. 今後の課題としては,計画指針図において緑化推奨ゾーンとして指定された場所で,屋上緑化などにより確保された緑被がどの程度の冷気源となり得るか,その下流域で立替協調によるスリット構造化ゾーンに指定された場所でどの程度効率よく冷気流を活用することが可能かという点について研究を進め,積極的な冷気流の活用に向けた検討を行っていく必要があると考えている.