研究者紹介システム

横川 博一
ヨコカワ ヒロカズ
大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター
教授
文学関係
Last Updated :2022/09/20

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター
  • 【配置】

    大学院国際文化学研究科 グローバル文化専攻, 数理・データサイエンスセンター

学位

  • 博士(言語文化学), 大阪大学

授業科目

ジャンル

  • 教育・子ども・心理 / 語学教育

コメントテーマ

  • 英語教育
  • 第2言語認知
  • 認知神経心理学
  • 早期英語教育

研究ニュース

研究活動

研究キーワード

  • 英語教育学
  • 心理言語学

研究分野

  • 人文・社会 / 外国語教育

委員歴

  • コンピュータ利用教育学会 (CIEC), 理事

論文

  • How Animacy Information Affects Syntactic and Semantic Structure Construction in L2 Sentence Comprehension: Psycholinguistic Experiments on Relative Clauses and Passives.

    Hirano, A, Yokokawa, H

    外国語教育メディア学会, 2017年, Language Education & Technology, (54), 83 - 112, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of Modality Differences on Syntactic Priming in the Language Production of Japanese EFL Learners.

    Hamada, M, Yokokawa, H

    外国語教育メディア学会, 2017年, Language Education & Technology, (54), 55 - 82., 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Building a Database of Sentence Construction Familiarity of Japanese EFL Learners: Pilot Study.

    Yokokawa, H, Yabuuchi, S, Satoi, H, Bando, M, Narumi, T, Hashimoto, K, Hamada, M, Hirano, A, Harada, Y

    電子情報通信学会, 2017年, 電子情報通信学会技術研究報告『信学技報』, 117 (149), 57 - 62, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人英語学習者の統語処理の困難性が推論に及ぼす影響-語彙性判断課題による検討

    榊原 啓子, 横川 博一

    電子情報通信学会, 2016年, 電子情報通信学会技術研究報告『信学技報』, 115 (442), 35 - 40, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 第二言語文理解において名詞の有生性情報が統語-意味構造の構築に及ぼす影響-関係節文・受動文を用いた行動実験による検討-

    平野 亜也子, 横川 博一

    電子情報通信学会, 2016年, 電子情報通信学会技術研究報告『信学技報』, 116 (242), 41 - 46, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 心的プロセスから見た外国語の処理と学習-授業実践と基礎研究のインターラクション-

    横川 博一

    大阪大学, 2016年, サイバーメディアフォーラム, (17), 5 - 10, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 言語性コミュニケーションにおけるWe-mode形成の役割と可能性

    横川 博一

    2016年, 心理学評論, 50 (3), 292 - 307, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • モダリティの違いが日本人英語学習者の第二言語産出時の統語的プライミング効果に及ぼす影響

    濱田 真由, 横川 博一

    電子情報通信学会, 2016年, 電子情報通信学会技術研究報告『信学技報』, 116 (242), 47 - 52, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Do Japanese EFL learners make use of animacy information when parsing an object relative clause? -A comparison between auditory and visual presentation.

    Hirano, A, Yokokawa, H

    電子情報通信学会, 2016年, 電子情報通信学会技術研究報告『信学技報』, 115 (361), 23 - 28, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • K. Shimada, M. Hirotani, H. Yokokawa, H. Yoshida, K. Makita, M. Yamazaki-Murase, H. C. Tanabe, N. Sadato

    This functional magnetic resonance imaging (fMRI) study investigated the brain regions underlying language task performance in adult second language (L2) learners. Specifically, we identified brain regions where the level of activation was associated with L2 fluency levels. Thirty Japanese-speaking adults participated in the study. All participants were L2 learners of English and had achieved varying levels of fluency, as determined by a standardized L2 English proficiency test, the Versant English Test (Pearson Education Inc., 2011). When participants performed the oral sentence building task from the production tasks administered, the dorsal part of the left inferior frontal gyrus (dIFG) showed activation patterns that differed depending on the L2 fluency levels: The more fluent the participants were, the more dIFG activation decreased. This decreased activation of the dIFG might reflect the increased automaticity of a syntactic building process. In contrast, when participants performed an oral story comprehension task, the left posterior superior temporal gyrus (pSTG) showed increased activation with higher fluency levels. This suggests that the learners with higher L2 fluency were actively engaged in post-syntactic integration processing supported by the left pSTG. These data imply that L2 fluency predicts neural resource allocation during language comprehension tasks as well as in production tasks. This study sheds light on the neural underpinnings of L2 learning by identifying the brain regions recruited during different language tasks across different modalities (production vs. comprehension). (C) 2015 The Authors. Published by Elsevier Ltd. on behalf of IBRO. This is an open access article under the CC BY license.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2015年08月, NEUROSCIENCE, 300 (6), 474 - 492, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Use of Lexical Stress Information in Silent Reading and Speech Production by Japanese Learners of English: Evidence From Eye Movement Measurements and Naming Tasks.

    Watanabe, H, Yokokawa, H

    Phonological representation during silent reading as well as speech production includes lexical stress information (Ashby & Clifton, 2005). This study investigated use of such information during silent reading and speech production for Japanese learners of English (JLE) by conducting three kinds of tasks. Eye movements were monitored while pardcipants read words with primary stress (single stress condition) and words with primary and secondary stress (double stress condition) in sentence contexts silently. In the production test, participants read aloud target words. In the test for explicit knowledge, participants answered the place of stressed syllable. The result showed that reading times in double stress condition were longer than single stress condition, but the difference was marginally significant. The judgment by L1 speakers of English and acoustic analysis showed that JLE realized lexical stress in speech production. A test for explicit knowledge showed that most participants answered primary stress in single stress condition, but not secondary stress in double stress one. These results suggest the tendency that JLE use lexical stress information in both modalities regardless of explicit knowledge, but asymmetric patterns of use of the information between modalities were observed.

    大学英語教育学会, 2015年, JACET Journal, (59), 111 - 129, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Repeated exposure effects on Japanese EFL leraners' relative clause processing: Evidence from a self-paced reading experiment

    Sakakibara, K, Yokokawa, H

    2015年, Journal of the Japan Society for Speech Sciences, (16), 36 - 58, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人英語学習者の母音挿入と語彙表象構築の関係性

    大城 卓也, 横川 博一

    2014年, 電子情報通信学会技術研究報告『信学技報』, 114 (243), 19 - 22, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 短期海外英語研修が日本人英語学習者のスピーキングにおける語彙使用に及ぼす影響

    濱田 真由, 横川 博一

    本研究では,日本人英語学習者30名を対象に,英検の準2級・2級・準1級のスピーキング課題を用いて,短期海外英語研修がスピーキング・アウトプットにおける語彙使用に及ぼす影響について調査した。その結果,発話総語彙数および異なり語数が研修後に有意に増加したことから,学習者の発話語数が増加し,語彙力が発達したと考えられる。このことから,3週間という短期の海外英語研修でも,スピーキング・プロセスにおける語彙の検索・引き出しの自動化が進み,発話語数が増加したと考えられる。

    一般社団法人電子情報通信学会, 2014年, 電子情報通信学会技術研究報告『信学技報』, 114 (385), 13 - 18, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Kai Makita, Mika Yamazaki, Hiroki C. Tanabe, Takahiko Koike, Takanori Kochiyama, Hirokazu Yokokawa, Haruyo Yoshida, Norihiro Sadato

    Psychological research suggests that foreign-language vocabulary acquisition recruits the phonological loop for verbal working memory. To depict the neural underpinnings and shed light on the process of foreign language learning, we conducted functional magnetic resonance imaging of Japanese participants without previous exposure to the Uzbek language using learning of novel Uzbek words. During encoding, spoken Uzbek words and corresponding visual objects were shown, and subjects either overtly repeated the words (phonological rehearsal) or overtly rehearsed numbers (phonological suppression). Phonological rehearsal improved the encoding performance. A learning-related decrease in rehearsal-specific activation was found in the left fusiform gyrus, right inferior temporal gyrus, and right cerebellum. Recollection of the phonologically rehearsed words activated the right cerebellum and left fusiform gyrus more prominently than recollection of the phonologically suppressed words in a performance-dependent manner. The phonological loop might provide the temporal and fragile registration of the articulatory pattern that is converted into a more durable form in the right cerebellum, which is in turn integrated with the object information in the fusiform gyrus.

    WILEY-BLACKWELL, 2013年12月, MIND BRAIN AND EDUCATION, 7 (4), 213 - 224, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人英語学習者の文処理時における言語情報への敏感さに熟達度が与える影響-事象関連電位測定実験による神経脳科学的検討-

    横川 博一

    2013年, 電子情報通信学会技術研究報告『信学技報』, 113 (174), 13 - 18, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人英語学習者の言語情報への繰り返し接触が文処理に与える影響 -事象関連電位測定実験による検討-

    横川 博一

    2013年, 電子情報通信学会技術研究報告『信学技報』, 113 (354), 65 - 70, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人英語学習者の英文黙読中の単語認知および英単語発話時における語強勢情報利用の非対称性

    横川 博一

    2013年, 電子情報通信学会技術研究報告『信学技報』, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人英語学習者のL2文産出処理の自動化に伴う神経基盤の変化:fMRI実験による検討

    横川 博一

    2013年, 『信学技報』, (113(354),), 59 - 64, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • フィードバックが日本人英語学習者の第二言語ライティング・プロセスにおける気づきに及ぼす影響.

    横川 博一

    2013年, 電子情報通信学会技術研究報告『信学技報』, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 横川 博一

    The present study aims to examine how the lexical retrieval process affects oral sentence production of second language (L2) learners through a syntactic priming experiment. Forty six Japanese EFL learners participated in a picture description task. The participants were divided into four proficiency groups. They were asked to read the prime sentence aloud, and then to describe a picture with a single sentence. In total, 60 different pictures were used. The participants encountered each picture twice during the experiment. The pictures were shown with the objects' names written on the pictures (with-word condition) one time, and were shown without the names written (without-word condition) one time. Overall, the syntactic priming effect was observed in the without-word condition. When compared by proficiency, the upper intermediate groups exhibited syntactic priming effects both in the with and without-word conditions. The priming effect was found only in the without-word condition, in the lower intermediate group. No syntactic priming effect was found in the upper or lower groups in either condition. Considering the residual activation account, the results indicate that the way the combinatorial nodes are activated differ depending on the learners' proficiency. The results also indicate that syntactic activation is suppressed when lexical processing requires a greater cognitive load.

    全国英語教育学会, 2013年, Annual Review of English Language Education in Japan, 24 (24), 189 - 204, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Proficiency and Working Memory Effects on the Use of Animacy and Morphosyntactic Information in Comprehending Temporary Ambiguous Sentences by Japanese EFL Learners -An Eye-tracking Study-

    横川 博一

    ことばの科学会, 2013年, 『ことばの科学研究』, (14), 19 - 42, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人英語学習者の言語産出における統語的プライミングにインプットのモダリティおよび接触回数が及ぼす影響

    横川 博一

    2012年, 電子情報通信学会『信学技法』, (112 (139)), 83 - 88, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人英語学習者の一時的構造曖昧文の理解における有生性・動詞の形態統語情報の利用に熟達度・ワーキングメモリ要領が及ぼす影響-眼球運動測定実験による心理言語学的検討-

    横川 博一

    2012年, 電子情報通信学会『信学技法』, (112 (139)), 89 - 94, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • キーワードへのフォーカス,熟達度,ワーキングメモリ容量が日本人英語学習者の文章理解に及ぼす影響-視線計測を指標にした心理言語学実験による検討-

    横川 博一

    2012年, 電子情報通信学会『信学技法』, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 横川 博一

    神戸大学国際コミュニケーションセンター, 2012年, 『神戸大学国際コミュニケーションセンター論集』, 8 (8), 37 - 49, 英語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • リーディングスパンテストの再生成績に影響を与える処理要因―日本人英語学習者を対象にした実証研究

    横川 博一

    2011年11月, 電子情報通信学会『信学技報』, 2011-11, 49-54, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Determinant processing factors of recall performance in reading span tests: An empirical study of Japanese EFL learners

    横川 博一

    2011年09月, 大学英語教育学会紀要JACET BULLETIN, 53,93-108, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 小学校外国語活動におけるICT教材の意義と効果的な活用法

    横川 博一

    2010年12月, コンピュータ利用教育協議会CIEC会誌『コンピュータ&エデュケーション』, 29, 36-41, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 横川 博一

    This study investigated the use of verb subcategorization information during sentence comprehension by Japanese EFL learners, using a self-paced reading task with the embedded anomaly technique. In order to observe when the syntactic structure was determined, filler-gap sentences were constructed as stimuli. Four types of verbs were used: simple transitive verbs, dative verbs, infinitive complement verbs and intransitive preference verbs. The plausibility of the direct object of the embedded verb was also manipulated. The results demonstrate that the high proficiency learners utilize verb subcategorization information of simple transitive verb; however they do not use it automatically as natives. The results also indicate that they cannot utilize that of other types of verbs. The low proficiency learners show the difficulty in processing the sentences with long-distance dependencies.

    全国英語教育学会, 2010年06月, 全国英語教育学会紀要, 21, 61-70, 61 - 70, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人英語学習者の閉鎖曖昧文のオンライン処理に韻律情報が与える影響

    横川 博一

    2010年05月, ことばの科学会紀要『ことばの科学研究』, 11, 59-76, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Verb lexical representation of Japanese EFL learners: Syntactic priming during language production

    横川 博一

    2010年05月, ことばの科学会紀要『ことばの科学研究』, 11, 29-43, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 英語読解指導における状況モデルを活かしたタスク活動の効果

    横川 博一

    2010年03月, 関西英語教育学会紀要『英語教育研究』, 33, 51-60, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 熟達度が第二言語文理解における動詞他動性情報の利用に与える影響

    横川 博一

    2009年11月, 電子情報通信学会『信学技報』, 2009-11, 51-56, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 未知語の模倣と反復における語彙学習の神経基盤と自動化プロセス

    横川 博一

    2009年07月, 電子情報通信学会『信学技報』, 7, 17-22, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人英語学習者の統語範疇知識と読解力の関係—質問紙を用いたオフライン法による検討

    横川 博一

    2009年03月, 関西英語教育学会紀要, 32, 127-136, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大学初年次における読解力向上のための基礎的研究

    横川 博一

    2009年03月, 関西国際大学研究紀要, 10, 137-149, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 横川 博一

    神戸大学国際コミュニケーションセンター, 2008年03月, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 4, 105-122, 105 - 122, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 生起頻度・親密度の観点からみた日本人英語学習者の自発的発話における使用語彙

    横川 博一

    2007年03月, 『神戸大学国際コミュニケーションセンター論集』, 3, 1-19, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 横川 博一

    Word familiarity is one of the lexical attributes that has a great influence both on language comprehension and production. We define word familiarity as the degree to which one feels a certain word is heard or seen in his/her daily life. Our large-scale research project has already surveyed English word familirity presented in a visual manner by Japanese EFL learners, using an off-line method (Yokokawa,ed., 2006). In this paper, we report the results offamiliarity ratings for English words presented in an auditory manner by Japanese EFL learners, and compare the effects of auditory and visual presentation on English word familiarity ratings.

    外国語教育メディア学会, 2007年03月, Language Education & Technology, 44 (44), 205 - 214, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人英語学習者の発話における使用語彙分析と発話潜時―海外語学研修参加者の発話データに基づく分析―

    横川 博一, 籔内 智, 鈴木 正紀, 森下 美和

    本研究は,短期海外英語研修に参加した日本人大学生34名を対象に,研修前後に実施したスピーキング能力テスト(Ordinate Corporation開発のPhonePass_SET-10)の発話データを,使用語彙および発話潜時の観点から分析を行ったものである.語彙に関しては,発話総語彙数・異なり語数・ワードファミリーなど使用語彙の観点から分析を行い,またリアルタイムでの言語処理能力の観点から,発話開始までの時間を指標として,日本人英語学習者のスピーキングの認知メカニズムについて,心理言語学的視点から考察するものである.

    一般社団法人電子情報通信学会, 2006年11月, 電子情報通信学会『信学技報』, 11, 13-18 (363), 13 - 18, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Off-line and On-line Study on Processing of Garden Path Sentences by Japanese EFL Learners

    横川 博一

    2005年10月, 大学英語教育学会紀要JACET BULLETIN, 41, 173-189, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 英語句動詞の習得にタスクが及ぼす影響―処理水準の観点から―

    NAKAMOTO, Asami, YOKOKAWA, Hirokazu

    2005年03月, 国際コミュニケーションセンター論集, 第1号, 43-64, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 語彙主義に基づく文理解モデルに関する一考察―ガーデンパス文による検討

    横川 博一, YABUUCHI, Satoshi, SATOI, Hisaki

    2002年10月, 関西言語学会(KLS)紀要, 22, 7-17, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Lexical Networks in L2 Mental Lexicon: Evidence from a Word-Association Task for Japanese EFL Learners

    横川 博一, YABUUCHI, Satoshi, KADOTA, Syuhei, NAKANISHI, Yoshiko, NORO

    2002年06月, 外国語教育メディア学会紀要Language Education & Technology, 39, 21-40, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本語の照応理解に関する一考察―「主題」(Topic)が果たす役割を中心に―

    横川 博一

    1999年07月, 言語処理学会誌『自然言語処理』(「談話・対話の言語学的・心理学的モデル」特集号), 6-4, 3-22, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人英語学習者の照応関係理解における統語的制約と発見的ストラテジー

    横川 博一, MEGUMI, Tatsujiro

    1999年06月, 関西英語教育学会紀要『英語教育研究』, 22, 51-71, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • リーディング指導12のアプローチ(1)~(12)

    橋本 雅文, 高田 哲朗, 磯部 達彦, 境 倫代, 池村 大一郎, 横川 博一

    1999年, 大修館書店『英語教育』, 47,, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高等学校における多読指導の効果:読破ページ数上位群の分析

    磯部 達彦, 境 倫代, 橋本 雅文, 高田 哲朗, 池村 大一郎, 横川 博一

    1998年11月, 関西英語教育学会研究紀要『英語教育研究』, 21, 21-32, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本語照応理解における発見的ストラテジー

    横川 博一

    1998年10月, 言語処理学会第4回年次大会論文集, 4, 143-146, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本語の照応関係解決の即時性

    横川 博一

    1998年10月, 日本認知科学会第15回大会論文集, 6, 282-283, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 実践研究:高等学校における英語多読指導

    橋本 雅文, 高田 哲朗, 磯部 達彦, 境 倫代, 池村 大一郎, 横川 博一

    1998年02月, 大修館書店『英語教育』, 46-12, 74-76, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高等学校における多読指導の効果に関する実証的研究

    橋本 雅文, 高田 哲朗, 磯部 達彦, 境 倫代, 池村 大一郎, 横川 博一

    1997年11月, STEP Bullitin: 第9回「英検」研究助成報告, 9, 118-126, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本語文理解におけるガーデンパス化回避の要因について

    横川 博一, 松本 力, 一尾 朱美

    1997年06月, 日本認知科学会第14回大会論文集, 14, 180-181, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • L2リーディングにおける語彙の統語的・意味的情報

    横川 博一

    1997年03月, 日本英語教育学会関西支部研究紀要『英語教育研究』, 20, 92-99, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 早期英語学習経験者の心的辞書に関する一考察

    MEGUMI Tasujiro, 横川 博一, MIURA ichiro

    1997年03月, 日本児童英語教育学会紀要, 16, 1-10, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本語文理解におけるImplicit Argumentと文脈効果

    横川 博一

    1996年03月, 言語処理学会第2回年次大会論文集, 2, 285-288, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 早期英語学習経験者の中・高における成績

    MEGUMI, Tatsujiro, 横川 博一, MIURA, Ichiro

    1996年03月, 日本児童英語教育学会紀要, 15, 27-35, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高等学校『リーディング』教科書分析

    HASHIMOTO, Msafumi, TAKADA, Tetsuro, ISOBE, Tatsuhiko, IKEMURA, Daiichiro, 横川 博一, TSUIDO, Seigo

    1996年03月, 京都教育大学教育実践研究年報, 14, 159-177, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 動詞の情報量から見た日本語のパージング

    一尾 朱美, 横川 博一

    1995年06月, 日本認知科学会第12回大会論文集, 12, 84-85, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本語の統語処理における語彙情報-言語心理学的アプローチ

    横川 博一

    1995年01月, 情報処理学会『自然言語処理研究会報告』, 105-7, 39-44, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • On-line processing of syntactically ambiguous sentences by Japanese university students

    横川 博一

    1994年08月, 全国英語教育学会紀要ARELE, 5, 111-120, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • On-line processing of English prepositional phrases by Japanese university students

    MIURA, Ichiro, 横川 博一

    京都教育大学, 1994年03月, 京都教育大学紀要, 84 (84), 53 - 60, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • On-line processing of English prepositional phrases by Japanese university students.

    横川 博一

    京都教育大学, 1994年, 『京都教育大学紀要』, 84 (84(A)), 53 - 60, 英語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

MISC

  • 英語が上達する科学的学習法, 『最新科学で解き明かす最強の勉強法』

    横川 博一

    2016年, 洋泉社MOOK, 43 - 56, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 英語教育への脳科学的アプローチ(1)~(6)

    横川 博一

    大修館書店, 2015年, 英語教育, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 文法と語彙指導(特集:プラスαの語彙指導)

    横川 博一

    大修館書店, 2013年, 『英語教育』, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • アウトプット活動で語彙力を伸ばす―言語運用能力につながる語彙力を

    横川 博一

    大修館書店, 2007年, 『英語教育』, 55 (13), 20 - 23, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • マンスリーコラム「ことばの獲得・処理・学習からみた語彙指導」

    横川 博一

    2004年06月, 三省堂, ,, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 学力低下論:<学力低下>が鳴らす警鐘―今こそ豊かな<ことばの教育>が求められている

    横川 博一

    2001年07月, 全国英語教育学会記念誌『日本における英語教育の将来』, ,, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 未知語と出会う―推測力を高めて語彙力を補う方法

    横川 博一

    2001年01月, 英語教育, 50-12, 18-19, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Relevance of lexical information in Japanese sentence processing

    横川 博一

    1996年03月, 大阪大学修士論文, ,, 英語

    [査読有り]

    その他

  • 書評:一般教育書紹介『<検証>大学の冒険』

    横川 博一

    1994年07月, 英語教育, 43-4, 97, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • On-line processing of syntactically ambiguous sentences by native- and non- native speakers of English

    横川 博一

    1994年01月, 京都教育大学修士論文, ,, 英語

    [査読有り]

    その他

書籍等出版物

  • 『外国語運用能力はいかに熟達化するか-言語情報処理の自動化プロセスを探る』

    横川 博一, 定藤 規弘, 吉田 晴世

    共編者(共編著者), 松柏社, 2014年03月, 日本語

    学術書

  • NEW CROWN ENGLISH SERIES 1-3

    横川 博一

    共著, 三省堂, 2012年04月, 英語

    教科書・概説・概論

  • 知へのステップ―大学生からのスタディ・スキルズ 第3版

    横川 博一

    共著, くろしお出版, 2011年03月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 子どもの認知と言語はどう発達するか―早期英語教育のための発達心理言語学

    横川 博一

    共訳, 松柏社, 2010年08月, 日本語

    学術書

  • 教育・研究のための第二言語データベース:日本人英語学習者の英単語親密度〈音声編〉

    横川 博一

    共著, くろしお出版, 2008年01月, 日本語

    学術書

  • CROWN PLUS English Series, Level 2

    横川 博一

    三省堂, 2007年04月, 英語

    教科書・概説・概論

  • 知へのステップ―大学生からのスタディ・スキルズ (改訂版)

    上村 和美, 荒井 真太郎, 内田 充美, 西川 真理子, 藤木 清, 堀井 祐介, 横川 博一

    共著, くろしお出版, 2006年10月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 英語語彙指導ハンドブック

    門田 修平, 池村 大一郎, 泉 恵美子, 清水 一郎, 溝端 保之, 高田 哲朗, 西山 正秋, 横川 博一, 氏木 道人

    共著, 大修館書店, 2006年10月, 日本語

    学術書

  • 教育・研究のための第2言語データベース:日本人英語学習者の英単語親密度<文字編>

    横川 博一

    共著, くろしお出版, 2006年09月, 日本語

    学術書

  • New Crown Englsih Series, 1-3(文部科学省検定済教科書)

    高橋 貞雄, 横川 博一

    単著, 三省堂, 2006年04月, 英語

    教科書・概説・概論

  • EXCEED English Reading(高等学校外国語科用文部科学省検定済教科書)

    石川 祥一, 横川 博一

    共著, 三省堂, 2005年04月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • EXCEED English Writing(高等学校外国語科用文部科学省検定済教科書)

    石川 祥一, 横川 博一

    共著, 三省堂, 2004年04月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • EXCEED English Series II(高等学校外国語科用文部科学省検定済教科書)

    石川 祥一, 横川 博一

    共著, 三省堂, 2004年04月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • BBC OKシリーズ 英文法

    横川 博一

    単訳, 三修社, 2003年08月, 日本語

    その他

  • BBC OKシリーズ 英語の句動詞

    横川 博一

    単訳, 三修社, 2003年08月, 日本語

    その他

  • 英語のメンタルレキシコン:語彙の獲得・処理・学習

    横川 博一

    共著, 松柏社, 2003年06月, 日本語

    学術書

  • EXCEED English Series I(高等学校外国語科用文部科学省検定済教科書)

    石川 祥一, 横川 博一

    共著, 三省堂, 2003年04月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • ウィズダム英和辞典

    横川 博一

    共著, 三省堂, 2003年01月, 日本語

    その他

  • 知へのステップ―大学生からのスタディ・スキルズ

    上村 和美, 荒井 真太郎, 内田 充美, 西川 真理子, 藤木 清, 堀井 祐介, 横川 博一

    共著, くろしお出版, 2002年04月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • New Crown English Series 1~3(中学校外国語科用文部科学省検定済教科書)

    横川 博一

    共著, 三省堂, 2002年04月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 文理解プロセスから見たメンタルレキシコンの構造

    横川 博一

    監修, 現代英語教育の言語文化学的諸相―斎藤栄二教授退官記念論文集 三省堂, 2001年09月, 日本語, ISBN: 4385360782

    学術書

  • 現代英語教育の言語文化学的諸相―斎藤栄二教授退官記念論文集

    横川 博一

    共著, 三省堂, 2001年09月, 日本語

    学術書

  • より良い英語授業を目指して―教師の疑問と悩みにこたえる

    横川 博一

    共著, 大修館書店, 2000年04月, 日本語

    学術書

  • ローレル総合英語

    横川 博一

    共著, 三省堂, 2000年02月, 日本語

    その他

  • LAUREL English Grammar(ローレル英文法)

    横川 博一

    共著, 三省堂, 2000年02月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • LAUREL English Grammar WORK- BOOK(ローレル英文法ワークブック)

    横川 博一

    共著, 三省堂, 2000年02月, 日本語

    教科書・概説・概論

講演・口頭発表等

  • Building a Database of Sentence Construction Familiarity of Japanese EFL Learners: Pilot Study.

    Yokokawa, H, Yabuuchi, S, Satoi, H, Bando, M, Narumi, T, Hashimoto, K, Hirano, A, Hamada, M, Harada, Y

    電子情報通信学会 思考と言語研究会, 2017年07月, 日本語, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • Task Effects on On-line Processing of Linguistic Information during Sentence Comprehension by Japanese EFL Learners: A Self-Paced Reading Study.

    Narumi, T, Hashimoto, K, Nakanishi, H, 横川 博一

    The 2017 Conference of the American Association for Applied Linguistics, 2017年03月, 英語, Portland, Oregon, 国際会議

    ポスター発表

  • Effects of Modality Differences on Syntactic Priming in Language Production of Japanese EFL Learners.

    Hamada, M, Yokokawa, H

    The 2017 Conference of the American Association for Applied Linguistics, 2017年03月, 英語, Portland, Oregon, 国際会議

    ポスター発表

  • 日本人英語学習者の統語処理の困難性が文章に及ぼす影響:語彙性判断課題による検討

    榊原 啓子, 横川 博一

    電子情報通信学会 思考と言語研究会, 2016年01月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Do Japanese EFL learners make use of animacy information when parsing an object relative clause? -A comparison between auditory and visual presentation

    Hirano, A, Yokokawa, H

    電子情報通信学会 思考と言語研究会, 2015年12月, 英語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The enhanced consolidation of foreign word learning by overt pronunciation.

    Aoki, N, Sugawara, S, Hirotani, M, Okazaki, S, Yamazaki-Kindaichi, H, Yoshimoto, T, Yokokawa, H, Yoshida, H, Sadato, N

    The 45th annual meeting of the Society for Neuroscience., 2015年10月, 英語, Chicago, 国際会議

    ポスター発表

  • The neural substrates of syntactic processing by second language learners: Evidence from syntactic priming.

    Nakagawa, E, Koike, T, Makita, K, Shimada, K, Yoshida, H, Yokokawa, H, Sadato, N

    第38回日本神経科学大会, 2015年05月, 英語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Effects of Short-Term Overseas Training on Vocabulary Usage of Japanese L2 English Learners’ Speaking and Writing.

    Hamada, M, 横川 博一

    The 2015 conference of the American Association for Applied Linguistics, 2015年03月, 英語, Toronto, Canada, 国際会議

    ポスター発表

  • Exposure Effects on Sensitivity to Linguistic Information during Sentence Processing by Japanese Low-Proficiency EFL Learners: An ERP Study.

    Narumi, T, 横川 博一

    The 2015 conference of the American Association for Applied Linguistics, 2015年03月, 英語, Toronto, Canada, 国際会議

    ポスター発表

  • 短期海外英語研修が日本人英語学習者のスピーキングにおける語彙使用に及ぼす影響

    濱田 真由, 横川 博一

    思考と言語研究会「言語運用と専門教育」, 2014年12月, 日本語, 大阪電気通信大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人英語学習者の母音挿入と語彙表象構築の関係性

    大城 卓也, 横川 博一

    思考と言語研究会「言語処理と知識獲得, 一般」, 2014年10月, 日本語, 機械振興会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人英語学習者の関係節文理解における処理困難性に熟達度が及ぼす影響:Maze Taskによる検討

    藤田 如生, 横川 博一

    第40回全国英語教育学会徳島研究大会, 2014年08月, 日本語, 徳島大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 日本人英語学習の母音挿入が未知語習得に与える影響

    大城 卓也, 横川 博一

    第40回全国英語教育学会徳島研究大会, 2014年08月, 日本語, 徳島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 繰り返し接触が日本人英語学習者の関係節構造処理に及ぼす影響 -自己ペース課題による検討-

    榊原 啓子, 横川 博一

    第40回全国英語教育学会徳島研究大会, 2014年08月, 日本語, 徳島大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 日本人英語学習者の単語音読時・黙読時における語強勢情報のオンライン利用 -反復接触による学習効果

    渡部 宏樹, 横川 博一

    言語科学会第16回年次国際大会, 2014年06月, 日本語, 文教大学越谷キャンパス, 国際会議

    ポスター発表

  • Sensitivity to Linguistic Information during Sentence Processing by Low-Proficiency Learners: An ERP Study of Japanese EFL Learners

    Narumi, T, Nagai, C, 松本 絵理子, 林 良子, 横川 博一

    American Association for Applied Linguistics, 2014年03月, 英語, Portland, 国際会議

    ポスター発表

  • Syntactic priming effect during second language sentence production by Japanese learners of English: An fMRI study.

    Nakagawa, E, Yokokawa, H, KOIKE, T, MAKITA, K, SHIMADA, K, YOSHIDA, H, SADATO, N

    Society for Neuroscience 2013, 2013年11月, 英語, San Diego, 国際会議

    ポスター発表

  • 日本人英語学習者における英文黙読時の韻律表象の心的実在性に関する一考察―眼球運動測定による検討―

    渡部 宏樹, 横川 博一

    第39回全国英語教育学会北海道研究大会, 2013年08月, 日本語, 北星学園大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 短期海外英語研修が日本人英語学習者のライティング・プロセスに及ぼす影響:自由英作文における使用語彙分析

    濱田 真由, 横川 博一

    第39回全国英語教育学会北海道研究大会, 2013年08月, 日本語, 北星学園大学, 国内会議

    ポスター発表

  • The Effects of Lexical Processing on Oral Sentence Production by L2 Learners: Syntactic Priming Experiment Using a Picture Description Task

    横川 博一

    American Association for Applied Linguistics, 2013年03月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • Left prefrontal activations are modulated by proficiency in spoken foreign language processing

    横川 博一

    Society for Neuroscience 2012, 2012年10月, 英語, New Orleans at the Ernest N. Morial Convention Center, 国際会議

    ポスター発表

  • 日本人英語学習者の文産出における統語的プライミング効果:語彙処理負荷と言語熟達度の違いが及ぼす影響

    横川 博一

    第38回全国英語教育学会愛知研究大会, 2012年08月, 日本語, 愛知学院大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 第二言語音声処理の自動化に関わる前頭前野二領域の脳活動の可塑的変化

    横川 博一

    第14回日本ヒト脳機能マッピング学会, 2012年07月, 日本語, 札幌京王プラザホテル, 国内会議

    ポスター発表

  • 高校・大学レベルで音のインプットから始める英語プレゼンテーション方式の総合英語指導

    横川 博一

    外国語教育メディア学会(LET)関西支部2012年度春季研究大会, 2012年05月, 日本語, 大阪教育大学, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 第二言語習得研究の最前線:社会文化的アプローチと実証研究からの視点

    横川 博一

    第二言語習得研究の最前線:社会文化的アプローチと実証研究からの視点, 2012年03月, 英語, 神戸大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • The effect of processing cognitive load on working memory: Performance of the Japanese EFL learners in reading span tests

    横川 博一

    American Association for Applied Linguistics 2012, 2012年03月, 英語, Sheraton Boston, US, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Cumulative effects of syntactic priming in written sentence production by Japanese EFL learners

    横川 博一

    American Association for Applied Linguistics 2012, 2012年03月, 英語, Sheraton Boston, US, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • リーディングスパンテストの再生成績に影響を与える処理要因−日本人英語学習者を対象にした実証研究

    横川 博一

    電子情報通信学会思考と言語研究会, 2011年11月, 日本語, 早稻田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The role of the right cerebellum during foreign language vocabulary learning enhanced by the phonological loop: an fMRI study

    横川 博一

    Society for Neuroscience 2011, 2011年11月, 英語, Washington, D.C., 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 英語コミュニケーションにおける外国語運用能力の自動化と授業実践

    横川 博一

    日本英語教育学会2011年度研究集会, 2011年09月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 日本人英語学習者の文処理プロセスにおける意味・形態統語情報の利用とワーキングメモリ容量

    横川 博一

    第37回全国英語教育学会山形研究大会, 2011年08月, 日本語, 山形大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 英語コミュニケーション能力における発話力・対応力・言語処理能力-ピアソン社「Versant」テストの指標をもとに,英語力測定を検証-

    横川 博一

    (株)DISCO Global HE Seminar, 2011年08月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • リーディングにおけるキーワード探索とディスカッションが状況モデル構築に与える影響

    横川 博一

    第37回全国英語教育学会山形研究大会, 2011年08月, 日本語, 山形大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人英語学習者の文処理プロセスにおける意味・形態統情報利用— 眼球運動測定による検討

    横川 博一

    日本言語科学会, 2011年06月, 日本語, 関西大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人英語学習者の言語産出における統語的プライミングの累積効果

    横川 博一

    日本認知科学会, 2011年06月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 第二言語学習者の文産出プロセスにおける文法コード化に関する研究:眼球運動測定による検討

    横川 博一

    日本言語科学会, 2011年06月, 日本語, 関西大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 英語コミュニケーションにおける外国語運用能力の自動化と授業実践

    横川 博一

    日本英語教育学会2011年度研究集会, 2011年03月, 日本語, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The syntactic representation of Japanese EFL learners in language production: A study based on syntactic priming experiment

    横川 博一

    American Association of Applied Linguistics (AAAL2011), 2011年03月, 英語, Chicago, US., 国際会議

    ポスター発表

  • How lexical information relates to sentence comprehension of Japanese EFL learners: Effects of exposure to specific syntactic structures

    横川 博一

    American Association of Applied Linguistics (AAAL2011), 2011年03月, 英語, Chicago, US., 国際会議

    ポスター発表

  • 読解スキルを高めるための話し合いと絵描写タスクの効果-状況モデルに焦点を当てて-

    横川 博一

    読解スキルを高めるための話し合いと絵描写タスクの効果-状況モデルに焦点を当てて-, 2010年08月, 日本語, 関西大, 国内会議

    ポスター発表

  • 特定の統語構造への接触が日本人英語学習者の文理解に与える影響-心理言語学的学習実験による検討-

    横川 博一

    第36回全国英語教育学会大阪研究大会, 2010年08月, 日本語, 関西大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Gains in speaking skills after three weeks abroad.

    横川 博一

    American Association of Applied Linguistics (AAAL2010), 2010年03月, 英語, 米国・アトランタ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Effects of group discussion and drawing pictures to enhance EFL learners' reading skills: Focusing on a situational model

    横川 博一

    merican Association of Applied Linguistics (AAAL2010), 2010年03月, 英語, 米国・アトランタ, 国際会議

    ポスター発表

  • 小学校外国語活動におけるICT教材の意義と効果的な活用法

    横川 博一

    2010年度外国語教育メディア学会50周年記念全国研究大会, 2010年, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 日本人英語学習者の文理解プロセスにおける動詞の下位範疇化情報の利用―反応時間を指標とした心理言語学実験による検討―

    横川 博一

    第35回全国英語教育学会鳥取研究大会, 2009年08月, 日本語, 鳥取大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人英語学習者の動詞の語彙表象と言語産出に関する一考察―統語的プライミング実験による検討―

    横川 博一

    第35回全国英語教育学会鳥取研究大会, 2009年03月, 日本語, 鳥取大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 英文読解指導における状況モデルを活かしたタスク活動の効果

    横川 博一

    第35回全国英語教育学会鳥取研究大会, 2009年03月, 日本語, 鳥取大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Effects of Task Variation on L2 Learners’ Reading Behavior: A Psycholinguistic and an fMRI Study

    横川 博一

    merican Association of Applied Linguistics (AAAL2009), 2009年03月, 英語, 米国・デンバー, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • タスクタイプの違いがリーディング行動に及ぼす影響:英語多読指導を成功させるために

    横川 博一

    第34回全国英語教育学会東京研究大会, 2008年08月, 日本語, 昭和女子大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 言語運用からさぐるメンタル・レキシコン(シンポジウム「英和辞書の新動向」)

    横川 博一

    大学英語教育学会第7回英語総合教育研究会, 2008年06月, 日本語, 大阪大, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 日本人英語学習者の動詞の下位範疇化情報に関する語彙知識:言語産出実験に基づく予備的検討

    横川 博一

    第34回全国英語教育学会東京研究大会, 2008年03月, 日本語, 昭和女子大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Effects of Short-Term Study Abroad Program on Development on Speaking Skills.

    横川 博一

    American Association of Applied Linguistics (AAAL2008), 2008年03月, 英語, 米国・ワシントン, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Effects of task variation on recall of the story and learners’ attitudes toward reading in EFL extensive reading class

    横川 博一

    ASIA TEFL 2008, 2008年, 英語, Indonesia, 国際会議

    ポスター発表

  • Developing a teacher belief system in pre-service teacher training

    横川 博一

    ASIA TEFL 2008, 2008年, 英語, Indonesia, 国際会議

    ポスター発表

  • 英語運用能力養成を重視したプロジェクト型演習:情報教室でのアカデミック・スキル演習とMoodleによる学習支援の連携

    山内 真理, 内田 充美, 横川 博一

    外国語教育メディア学会関西支部2007年度秋季研究大会, 2007年10月, 日本語, 外国語教育メディア学会関西支部, 大阪, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 導入教育における英語スタディ・スキルズ育成のための教材設計・開発

    村上 正行, 横川 博一, Timothy Greer, 内田 充美, 山内 真理

    第23回日本教育工学会全国大会, 2007年09月, 日本語, 日本教育工学会, 埼玉, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人英語学習者の語彙知識と英単語親密度

    横川 博一, 平井 愛, 里井 久輝, 谷村 緑

    第33回全国英語教育学会大分研究大会, 2007年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 大分, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人英語学習者の発話における使用語彙分析と発話潜時―海外語学研修参加者の発話データに基づく分析―

    横川 博一, 籔内 智, 鈴木 正紀, 森下 美和

    電子通信情報学会:思考と言語研究会, 2006年11月, 日本語, 電子通信情報学会:思考と言語研究会, 東京, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海外短期英語研修の口頭英語面における効果と測定

    横川 博一, 鈴木 正紀

    日本言語テスト学会第10回全国大会, 2006年10月, 日本語, 日本言語テスト学会, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 音声刺激を用いた日本人英語学習者の英単語親密度調査

    籔内 智, 横川 博一, 里井 久輝, 杉浦 香織

    日本音声学会第20回全国大会, 2006年10月, 日本語, 日本音声学会, 東京, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人英語学習者の英単語親密度:視覚提示と音声提示による比較

    横川 博一, 里井 久輝, 島本 たい子, 谷村 緑, 平井 愛, 籔内 智

    全国英語教育学会第32回高知研究大会, 2006年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 高知, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Word Frequency and Familiarity and L2 Sentence Comprehension

    門田 修平, 島本 たい子, 谷村 緑, 横川 博一, 池村 大一郎

    国際応用言語学会2005, 2005年07月, 英語, 国際応用言語学会, ウィスコンシン, 米国, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 日本人英語学習者によるガーデンパス文の処理過程:眼球運動データにもとづく心理言語学的検討

    門田 修平, 倉本 充子, 吉田 晴世, 横川 博一, 吉田 信介

    言語処理学会第11回年次大会, 2005年03月, 日本語, 言語処理学会, 香川,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 言語産出からみたメンタル・レキシコンの表象―日本人英語学習者を対象とした統語的プライミング実験による検討

    横川 博一

    日本言語学会第131回大会, 2005年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼球運動にもとづくガーデンパス文の処理過程の検討―日本人英語学習者に対する心理言語学実験

    横川 博一

    言語科学会第7回年次国際大会, 2005年, 日本語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 眼球運動データから日本人英語学習者の文理解プロセスを探る

    横川 博一

    大学英語教育学会第44回大会, 2005年, 日本語, 玉川大学, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 日本人英語学習者の文理解プロセスの解明に向けて―ガーデンパス文の処理を中心に

    吉田 晴世, 横川 博一, 吉田 信介, 倉本 充子

    2004年度大学英語教育学会全国大会, 2004年09月, 日本語, 大学英語教育学会, 名古屋,, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 統語的曖昧文のオンライン処理―Late/early closure文の処理による検討

    平井 愛, 生馬 裕子, 横川 博一

    全国英語教育学会第30回長野研究大会, 2004年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 長野,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 単語認知プロセスにおける語彙の生起頻度・親密度の影響―語彙性判断課題・意味性判断課題による検討

    横川 博一, 籔内 智, 谷村 緑

    全国英語教育学会第30回長野研究大会, 2004年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 長野,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ワークショップ「日本人英語学習者の英単語親密度をめぐって」

    横川 博一, 谷村 緑, 籔内 智

    外国語教育メディア学会関西支部春季大会, 2004年06月, 日本語, 外国語教育メディア学会関西支部, 大阪,, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 語彙研究セミナー:日本人の英単語親密度

    横川 博一, 門田 修平, 島本 たい子, 境 倫代

    外国語教育メディア学会第4次基礎理論研究部会プロジェクト研究報告会, 2004年01月, 日本語, 外国語教育メディア学会第4次基礎理論研究部会, 大阪,, 国内会議

    その他

  • 日本人英語学者のライティング能力とワーキングメモリ

    籔内 智, 横川 博一

    全国英語教育学会第29回南東北研究大会, 2003年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 宮城,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガーデンパス現象は日本人英語学習者にも見られるか?―オフライン実験による因子分析

    YOSHIDA, Shinsuke, YOKOKAWA, Hirokazu, YOSHIDA, Haruyo, KURAMOTO, Atsuko

    全国英語教育学会第29回南東北研究大会, 2003年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 宮城,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ワークショップ「小学校における英語活動を巡る諸問題と今後の展望」

    IKARI, Yukio, SHIKATA, Manji, KONISHI, Tomoko, YOKOKAWA, Hirokazu

    外国語教育メディア学会関西支部2002年度秋季研究大会, 2002年11月, 日本語, 外国語教育メディア学会関西支部, 広島,, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • EFLリーディングにおける言語処理ストラテジー―ガーデンパス文の処理による検討

    里井 久輝, 籔内 智, 横川 博一

    全国英語教育学会第28回神戸研究大会, 2002年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 神戸,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 語彙主義に基づく人間の文理解プロセスに関する一考察

    YOKOKAWA, Hirokazu, YABUUCHI, Satoshi, SATOI, Hisaki

    関西言語学会第26回大会, 2001年10月, 日本語, 関西言語学会, 京都,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人英語学習者のFiller-Gap文処理に関する一考察

    YABUUCHI, Satoshi, YOKOKAWA, Hirokazu, SATOI, Hisaki

    全国英語教育学会第27回広島研究大会, 2001年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 広島,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 文理解プロセスから見たレキシコンの構造」(ワークショップ「外国語としての英語の語彙学習を考える」

    KADOTA, Syuhei, NAKANISHI, Yoshiko, YOKOKAWA, Hirokazu

    外国語教育メディア学会関西支部春季大会2001年度研究大会, 2001年04月, 日本語, 外国語教育メディア学会関西支部, 京都,, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • シンポジウム:第二言語メンタルレキシコン―日本人英語学習者の語彙力および語彙アクセスをめぐって

    KADOTA, Syuhei, NAKANISHI, Yoshiko, NORO, Tadashi, YOKOKAWA, Hirokazu

    大学英語教育学会第39回全国大会, 2000年11月, 日本語, 大学英語教育学会, 沖縄,, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 日本語および英語の語彙ネットワーク―語彙連想を手がかりとした分析

    YOKOKAWA, Hirokazu, KADOTA, Shuhei, SUGIMORI, Naoki, NAKANISHI, Yoshiko

    全国英語教育学会第26回埼玉研究大会, 2000年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 埼玉,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SYMPOSIUM: "Aspects of L1 and L2 Mental Lexicon: Cross-Linguistic Perspectives"

    KADOTA, Shuhei, ISHIKAWA, Keiichi, YOKOKAWA, Hirokazu

    国際応用言語学会1999, 1999年08月, 英語, 国際応用言語学会, 東京,, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 日本人英語学習者の心的辞書における語彙情報

    YOKOKAWA, Hiroakzu, YABUUCHI, Satoshi, KANO, Takahiro, KONDO, Ayumi

    第24回全国英語教育学会松山研究大会, 1998年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 松山,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 多読が読解力およびリスニング力に及ぼす影響

    ISOBE, Tatsuhiko, SAKAI, Michiyo, HASHIMOTO, Msafumi, TAKADA, Tetsuro, IKEMURA, Daiichiro, YOKOKAWA, Hirokazu

    第24回全国英語教育学会松山研究大会, 1998年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 松山,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 照応関係理解における統語的制約と発見的ストラテジー

    YOKOKAWA, Hirokazu, MEGUMI, Tatsujiro

    第24回全国英語教育学会松山研究大会, 1998年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 松山,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 早期英語学習経験年数がリーディング・リスニング能力に及ぼす影響

    YOKOKAWA, Hirokazu, MEGUMI, Tatsujiro

    第23回全国英語教育学会福井研究大会, 1997年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 福井,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高等学校における多読指導の効果:読破頁数上位者の分析

    ISOBE, Tatsuhiko, SAKAI, Michiyo, HASHIMOTO, Msafumi, TAKADA, Tetsuro, IKEMURA, Daiichiro, YOKOKAWA, Hirokazu

    第23回全国英語教育学会福井研究大会, 1997年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 福井,, 国内会議

    ポスター発表

  • 英語学習経験年数が心的辞書の形成に及ぼす影響

    MEGUMI, Tatsujiro, YOKOKAWA, Hirokazu

    日本児童英語教育学会第18回全国大会, 1997年06月, 日本語, 日本児童英語教育学会, 神奈川,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高等学校における多読指導の実践的ノウハウを探る

    ISOBE, Tatsuhiko, SAKAI, Michiyo, HASHIMOTO, Msafumi, TAKADA, Tetsuro, IKEMURA, Daiichiro, YOKOKAWA, Hirokazu

    関西英語教育学会第1回春期研究大会, 1997年05月, 日本語, 関西英語教育学会, 京都,, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 早期英語学習経験者のメンタルレキシコン

    MEGUMI, Tatsujiro, YOKOKAWA, Hirokazu, MIURA, Ichioro

    日本児童英語教育学会関西地区研究大会, 1996年10月, 日本語, 日本児童英語教育学会関西支部, 大阪,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EFL学習者の統語処理能力と一般リーディング力

    YOKOKAWA, Hirokazu

    第22回全国英語教育学会仙台研究大会, 1996年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 仙台,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人英語学習者のメンタルレキシコン

    MEGUMI, Tatsujiro, YOKOKAWA, Hirokazu

    第22回全国英語教育学会仙台研究大会, 1996年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 仙台,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • L2リーディングにおける語彙の統語的・意味的情報

    YOKOKAWA, Hirokazu

    第21回全国英語教育学会浦安研究大会, 1995年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 浦安,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 早期英語学習経験者の中・高での成績

    MEGUMI, Tatsujiro, YOKOKAWA, Hirokazu, MIURA, Ichioro

    第21回全国英語教育学会浦安研究大会, 1995年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 浦安,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EFL学習者の統語処理における語彙情報利用に関する一考察

    YOKOKAWA, Hirokazu

    第20回全国英語教育学会山口研究大会, 1994年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 山口,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人英語学習者の前置詞句の統語処理に関する一考察

    YOKOKAWA, Hirokazu

    第19回全国英語教育学会長野研究大会, 1993年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 長野,, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • American Association for Applied Linguistics

  • 関西心理言語学研究会

  • ことばの科学会

  • 小学校英語教育学会

  • コンピュータ利用教育学会(CIEC)

  • 日本高次脳機能障害学会

  • 大学英語教育学会 (JACET)

  • 外国語教育メディア学会 (LET)

  • 関西英語教育学会 (KELES)

  • 全国英語教育学会 (JASELE)

共同研究・競争的資金等の研究課題