研究者紹介システム

谷口 隆晴
ヤグチ タカハル
大学院システム情報学研究科 計算科学専攻
准教授
工学その他
Last Updated :2022/01/10

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院システム情報学研究科 計算科学専攻
  • 【配置】

    工学部 情報知能工学科, 数理・データサイエンスセンター, 計算社会科学研究センター

学位

  • 博士(情報理工学), 東京大学
  • エネルギー挙動を保つ深層物理モデリング・シミュレーション基盤

授業科目

ジャンル

  • 情報・通信・メディア / 計算機科学・シミュレーション

コメントテーマ

  • 計算科学
  • 楽器シミュレーション
  • 社会ネットワーク解析
  • 数値流体力学

研究ニュース

研究活動

研究キーワード

  • 機械学習
  • 社会ネットワーク解析
  • 数理モデリング
  • Morphological Computing
  • 幾何学的力学理論
  • 数値解析

研究分野

  • 自然科学一般 / 応用数学、統計数学

委員歴

  • 2021年04月 - 現在, MDPI Mathematics, Topic Editor
  • 2019年10月 - 現在, 日本数学会応用数学分科会委員会委員
  • 2015年05月 - 現在, 日本学術会議, 計算音響学小委員会 委員
  • 2018年04月 - 2021年03月, 日本応用数理学会, JSIAM Letters 幹事編集委員長
  • 2015年09月 - 2018年03月, 日本応用数理学会, JSIAM Letters 副編集委員長
  • 2015年04月 - 2017年03月, 日本応用数理学会, 若手の会 幹事
  • 28th International Conference on Artificial Neural Networks, Programme Committee

受賞

  • 2017年09月 日本応用数理学会, 日本応用数理学会論文賞(理論部門), ハミルトン方程式に対する離散勾配法のRiemann構造不変性

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    学会誌・学術雑誌による顕彰

  • 2016年06月 日本応用数理学会, 日本応用数理学会研究部会連合発表会優秀講演賞, 第12回日本応用数理学会研究部会連合発表会における講演「自動離散微分とその応用」

    谷口 隆晴

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2014年09月 日本応用数理学会, 日本応用数理学会論文賞(理論部門), コンパクト差分に基づく離散変分導関数法

    金澤 宏紀, 松尾 宇泰, 谷口 隆晴

  • 2012年08月 日本応用数理学会, 日本応用数理学会若手優秀講演賞, ホロノミック系に対するラグランジュ力学的離散勾配法

    谷口 隆晴

  • 2011年07月 SciCADE 2011 (the International Conference on Scientific Computation And Differential Equations 2011), SciCADE 2011 New Talent Award, A Lagrangian Approach to Deriving Energy-Preserving Numerical Schemes for the Euler-Lagrange Partial Differential Equations and Its Applications

    Takaharu Yaguchi

論文

  • Secrete Communication Systems Using Chaotic Wave Equations with Neural Network Boundary Conditions

    Yuhan Chen, Hideki Sano, Masashi Wakaiki, Takaharu Yaguchi

    2021年07月16日, Entropy, 23 (7), 904, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Identification method for polynomially parametrized LTI systems based on exhaustive modelling with algebraic elimination

    Mizuka Komatsu, Takaharu Yaguchi, Kenji Kamada, Gen Izumisawa

    2021年07月01日, Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, 12 (3), 295 - 308, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 分布系のカオス同期化を用いた秘匿通信システム

    佐野英樹, 若生将史, 谷口隆晴

    2021年02月19日, 計測自動制御学会論文集, 57 (2), 78 - 85, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Error Factor Analysis of DNN-based Fingerprinting Localization through Virtual Space

    Takuto Jikyo, Tomio Kamada, Chikara Ohta, Takaharu Yaguchi, Kenji Oyama, Takenao Ohkawa, Ryo Nishide

    2021年01月09日, Proceedings of 2021 IEEE 18th Annual Consumer Communications & Networking Conference (CCNC), 1 - 4, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 波動方程式と弾性方程式からなる連成系のシンプレクティック性について

    寺川 峻平, 谷口 隆晴

    2020年12月25日, 日本応用数理学会論文誌, 30 (4), 269 - 289, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Deep Energy-Based Modeling of Discrete-Time Physics

    Takashi Matsubara, Ai Ishikawa, Takaharu Yaguchi

    2020年12月08日, Advances in Neural Information Processing Systems (NeurIPS), 33, 13100 - 13111, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Parameter estimation for dynamical systems via structural realization

    Mizuka Komatsu, Takaharu Yaguchi, Kenji Kamada, Gen Izumisawa

    2020年11月16日, Proceedings of the 2020 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2020), 204 - 207, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Mizuka Komatsu, Takaharu Yaguchi, Kohei Nakajima

    Recently, soft robots that consist of soft and deformable materials have received much attention for their adaptability to uncertain environments. Although these robots are difficult to control with a conventional control theory owing to their complex body dynamics, research from different perspectives attempts to actively exploit these body dynamics as an asset rather than a drawback. This approach is called morphological computation, in which the soft materials are used for computation that includes a new kind of control strategy. In this article, we propose a novel approach to analyze the computational properties of soft materials based on an algebraic method, called the input–output equation used in systems analysis, particularly in systems biology. We mainly focus on the two scenarios relevant to soft robotics, that is, analysis of the computational capabilities of soft materials and design of the input force to soft devices to generate the target behaviors. The input–output equation directly describes the relationship between inputs and outputs of a system, and hence by using this equation, important properties, such as the echo state property that guarantees reproducible responses against the same input stream, can be investigated for soft structures. Several application scenarios of our proposed method are demonstrated using typical soft robotic settings in detail, including linear/nonlinear models and hydrogels driven by chemical reactions.

    SAGE Publications, 2020年03月20日, The International Journal of Robotics Research, 027836492091229 - 027836492091229, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mizuka Komatsu, Shunpei Terakawa, Takaharu Yaguchi

    In this paper, we propose a method for deriving energetic-property-preserving numerical schemes for coupled systems of two given natural systems. We consider the case where the two systems are interconnected by the action–reaction law. Although the derived schemes are based on the discrete gradient method, in the case under consideration, the equation of motion is not of the usual form represented by using the skew-symmetric matrix. Hence, the energetic-property-preserving schemes cannot be obtained by straightforwardly using the discrete gradient method. We show numerical results for two coupled systems as examples; the first system is a combination of the wave equation and the elastic equation, and the second is of the mass–spring system and the elastic equation.

    MDPI AG, 2020年02月14日, Mathematics, 8 (2), 249 - 249, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Differential Algebraic Method for Direct Evaluation of Computational Capabilities of Physical Reservoirs

    小松 瑞果, 谷口 隆晴, 中嶋 浩平

    2019年12月, Proceedings of the 2019 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2019), 187 - 190, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • On the equivalence of the norms of the discrete diffrential forms in discrete exterior calculus

    Satoh Tomohisa, Yaguchi Takaharu

    2019年01月, Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics, 36, 3 - -24, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mass-Spring Damper Array as a Mechanical Medium for Computation

    Yamanaka Yuki, Yaguchi Takaharu, Nakajima Kohei, Hauser Helmut

    2018年, Lecture Notes in Computer Science: International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN2018), 11141, 781 - 794, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Husbyらの実験データに対するアレルギー発症メカニズムの解析に向けた抗原・抗体の体内動態モデルの構築

    小松 瑞果, 谷口 隆晴

    2018年, 日本応用数理学会論文誌, 28, 162 - 204, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Geometric-integration tools for the simulation of musical sounds

    ISHIKAWA AI, Michels L. Dominik, YAGUCHI TAKAHARU

    2018年01月, Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kouhei Masumoto, Takaharu Yaguchi, Hiroshi Matsuda, Hideaki Tani, Keisuke Tozuka, Narihiko Kondo, Shuichi Okada

    Aim: A number of interventions have been undertaken to develop and promote social networks among community dwelling older adults. However it has been difficult to examine the effects of these interventions, because of problems in assessing interactions. The present study was designed to quantitatively measure and visualize face-to-face interactions among elderly participants in an exercise program. We also examined relationships among interactional variables, personality and interest in community involvement, including interactions with the local community. Methods: Older adults living in the same community were recruited to participate in an exercise program that consisted of tour sessions. We collected data on face-to-face interactions of the participants by using a wearable sensor technology device. Results: Network analysis identified the communication networks of participants in the exercise program, as well as changes in these networks. Additionally, there were significant correlations between the number of people involved in face-to-face interactions and changes in both interest in community involvement and interactions with local community residents, as well as personality traits, including agreeableness. Conclusions: Social networks in the community are essential for solving problems caused by the aging society. We showed the possible applications of face-to-face interactional data for identifying core participants having many interactions, and isolated participants having only a few interactions within the community. Such data would be useful for carrying out efficient interventions for increasing participants' involvement with their community.

    WILEY, 2017年10月, GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL, 17 (10), 1752 - 1758, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河崎 素乃美, 谷口 隆晴, 増本 康平, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    2017年03月, 応用数理, 27, 13 - 20, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河崎 素乃美, 谷口 隆晴, 増本 康平, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    2017年03月, 応用数理, 27, 13 - 20, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Geometric-mechanics-inspired model of stochastic dynamical systems

    YAGUCHI TAKAHARU

    2017年03月, MI Lecture Notes of IMI, 74, 31 - 33, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Energy-preserving Discrete Gradient Schemes for the Hamilton Equation Based on the Variational Principle

    ISHIKAWA AI, 谷口 隆晴

    2017年03月, MI Lecture Notes of IMI, 74, 63 - 68, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 石川 歩惟, 谷口 隆晴

    2016年12月, 日本応用数理学会論文誌, 26 (4), 381 - 415, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ネットワークにおける複数頂点組の力学的重要性に関する数値的検証

    入江 凜, 小林 照義, 谷口 隆晴

    2016年11月, 國民經濟雜誌, 214 (5), 39 - 50, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ISHIKAWA AI, YAGUCHI TAKAHARU

    2016年09月, JSIAM Letters, 8, 53 - 56, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 地域コミュニティの構造変化に対する検定理論

    河崎 素乃美, 谷口 隆晴, 増本 康平, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    2015年12月, 2015年度応用数学合同研究集会予稿集, 394 - 401, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Ai Ishikawa, Takaharu Yaguchi

    We consider invariance of schemes derived by using the discrete gradient method for the Webster equation under change of Riemannian structures. In our previous research we expected that Furihata's discrete gradient method for the Webster equation has invariance under change of Riemannian structures. In this paper we prove this conjecture.

    AMER INST PHYSICS, 2015年, PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF NUMERICAL ANALYSIS AND APPLIED MATHEMATICS 2014 (ICNAAM-2014), 1648, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Takaharu Yaguchi

    As it is widely accepted, for differential equations that reflect some physical properties it is preferable to use numerical schemes that inherit these properties. Many of such schemes are designed for Hamiltonian equations and are derived by using the Hamiltonian structures of the equations. In this paper, we formulate Hamiltonian structures for a class of wave-type equations that are compatible with the finite element exterior calculus. The finite element exterior calculus is a unified approach to designing finite element schemes for discretizing the scalar Laplacian and the vector Laplacian. In this theory, the stability result is obtained by using the Hodge theory and the Poincare inequality. We provide Hamiltonian structures for the wave-type equations for which the schemes derived with the help of the finite element exterior calculus can be employed and thereby make combinations of structure-preserving methods and the finite element exterior calculus possible.

    AMER INST PHYSICS, 2015年, PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF NUMERICAL ANALYSIS AND APPLIED MATHEMATICS 2014 (ICNAAM-2014), 1648, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 石川 歩惟, 谷口 隆晴

    2015年01月, JSIAM Letters, 7, 17 - 20, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takaharu Yaguchi

    We propose a Lagrangian approach to deriving energy-preserving finite difference schemes for the Euler-Lagrange partial differential equations. Noether's theorem states that the symmetry of time translation of Lagrangians yields the energy conservation law. We introduce a unique viewpoint on this theorem: "the symmetry of time translation of Lagrangians derives the Euler-Lagrange equation and the energy conservation law, simultaneously." The proposed method is a combination of a discrete counter part of this statement and the discrete gradient method. It is also shown that the symmetry of space translation derives momentum-preserving schemes. Finally, we discuss the existence of discrete local conservation laws.

    EDP SCIENCES S A, 2013年09月, ESAIM-MATHEMATICAL MODELLING AND NUMERICAL ANALYSIS-MODELISATION MATHEMATIQUE ET ANALYSE NUMERIQUE, 47 (5), 1493 - 1513, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • コンパクト差分に基づく離散変分導関数法

    金澤 宏紀, 松尾 宇泰, 谷口 隆晴

    2013年06月, 日本応用数理学会論文誌, 23, 203 - 232, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Lagrange 力学に基づく局所エネルギー保存型数値解法導出法と線形波動方程式に対する無反射境界条件への応用

    谷口 隆晴

    2012年09月, 日本応用数理学会論文誌, 22, 143 - 169, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takaharu Yaguchi, Takayasu Matsuo, Masaaki Sugihara

    As is well known, for PDEs that enjoy a conservation or dissipation property, numerical schemes that inherit this property are often advantageous in that the schemes are fairly stable and give qualitatively better numerical solutions in practice. Lately, Furihata and Matsuo have developed the so-called "discrete variational derivative method'' that automatically constructs energy preserving or dissipative finite difference schemes. Although this method was originally developed on uniform meshes, the use of non-uniform meshes is of importance for multi-dimensional problems. On the other hand, the theories of discrete differential forms have received much attention recently. These theories provide a discrete analogue of the vector calculus on general meshes. In this paper, we show that the discrete variational derivative method and the discrete differential forms by Bochev and Hyman can be combined. Applications to the Cahn-Hilliard equation and the Klein-Gordon equation on triangular meshes are provided as demonstrations. We also show that the schemes for these equations are H-1-stable under some assumptions. In particular, one for the nonlinear Klein-Gordon equation is obtained by combination of the energy conservation property and the discrete Poincare inequality, which are the temporal and spacial structures that are preserved by the above methods. (C) 2012 Elsevier Inc. All rights reserved.

    ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 2012年05月, JOURNAL OF COMPUTATIONAL PHYSICS, 231 (10), 3963 - 3986, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuto Miyatake, Takaharu Yaguchi, Takayasu Matsuo

    We consider structure preserving numerical schemes for the Ostrovsky equation, which describes gravity waves under the influence of Coriolis force. This equation has two associated invariants: an energy function and the L-2 norm. It is widely accepted that structure preserving methods such as invariants-preserving and multi-symplectic integrators generally yield qualitatively better numerical results. In this paper we propose five geometric integrators for this equation: energy-preserving and norm-preserving finite difference and Galerkin schemes, and a multi-symplectic integrator based on a newly found multi-symplectic formulation. A numerical comparison of these schemes is provided, which indicates that the energy-preserving finite difference schemes are more advantageous than the other schemes. (C) 2012 Elsevier Inc. All rights reserved.

    ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 2012年05月, JOURNAL OF COMPUTATIONAL PHYSICS, 231 (14), 4542 - 4559, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroki Kanazawa, Takayasu Matsuo, Takaharu Yaguchi

    2012年03月, JSIAM Letters, vol. 4, 5-8.

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Morten Dahlby, Brynjulf Owren, Takaharu Yaguchi

    We consider systems of ordinary differential equations with known first integrals. The notion of a discrete tangent space is introduced as the orthogonal complement of an arbitrary set of discrete gradients. Integrators which exactly conserve all the first integrals simultaneously are then defined. In both cases we start from an arbitrary method of a prescribed order (say, a Runge-Kutta scheme) and modify it using two approaches: one is based on projection and the other on local coordinates. The methods are tested on the Kepler problem.

    IOP PUBLISHING LTD, 2011年07月, JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND THEORETICAL, 44 (30), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuto Miyatake, Takaharu Yaguchi, Takayasu Matsuo

    2011年06月, JSIAM Letters, vol. 3, 41-44.

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takaharu Yaguchi

    In this paper, we consider a random field, which is a generalization of Voronoi diagrams to probabilistic metric spaces. This random field is defined at each point of the space as a random variable that represents the nearest generator. As an application, relation to the post office problem for fuzzy point sets that was posed by Aurenhammer-Stockl-Welzl is investigated. This problem is also considered on digital pictures and an efficient numerical method to compute the probabilities is provided. The proposed method gives the probabilities of the random field in O (M-2 + MN) time, where M is the number of pixels in the input pictures and N is the number of generators, while a straightforward calculation takes O ((MN2)-N-3) time.

    KINOKUNIYA CO LTD, 2010年12月, JAPAN JOURNAL OF INDUSTRIAL AND APPLIED MATHEMATICS, 27 (3), 425 - 441, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takaharu Yaguchi, Takayasu Matsuo, Masaaki Sugihara

    The Ostrovsky equation describes gravity waves under the influence of Coriolis force. It is known that solutions of this equation conserve the L(2) norm and an energy function that is determined non-locally. In this paper we propose four conservative numerical schemes for this equation: a finite difference scheme and a pseudospectral scheme that conserve the norm, and the same types of schemes that conserve the energy. A numerical comparison of these schemes is also provided, which indicates that the energy conservative schemes perform better than the norm conservative schemes. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2010年06月, JOURNAL OF COMPUTATIONAL AND APPLIED MATHEMATICS, 234 (4), 1036 - 1048, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takaharu Yaguchi, Takayasu Matsuo, Masaaki Sugihara

    The discrete variational method is a method used to derive finite difference schemes that inherit the conservation/dissipation property of the original equations. Although this method has mainly been developed for uniform grids, we extend this method to multidimensional nonuniform meshes. (C) 2010 Elsevier Inc. All rights reserved.

    ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 2010年06月, JOURNAL OF COMPUTATIONAL PHYSICS, 229 (11), 4382 - 4423, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • An Energy Conservative Numerical Scheme on Mixed Meshes for the Nonlinear Schrodinger Equation

    Takaharu Yaguchi, Takayasu Matsuo, Masaaki Sugihara

    As is well known, for PDEs that enjoy conservation properties, numerical schemes that inherit the properties are advantageous in that the schemes give qualitatively better solutions in practice. Lately Furihata and Matsuo have developed "the discrete variational method" that automatically constructs conservative finite difference schemes on uniform meshes for a class of PDEs with certain variational structures. We extend this method to mixed meshes and derive a numerical scheme that conserves the energy and the density for the nonlinear Schrodinger equation on such meshes.

    AMER INST PHYSICS, 2009年, NUMERICAL ANALYSIS AND APPLIED MATHEMATICS, VOLS 1 AND 2, 1168, 892 - 895, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 離散変分法の非一様格子への拡張

    谷口 隆晴, 松尾 宇泰

    2009年, 応用数理学会論文誌,, 371-431, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 微分方程式モデルによる楽器シミュレーション

    谷口 隆晴, 石川 歩惟

    2016年06月, シミュレーション, 35 (2), 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Webster方程式に対する離散勾配法とその力学的不変性について (新時代の科学技術を牽引する数値解析学)

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    京都大学, 2015年07月, 数理解析研究所講究録, 1957, 14 - 26, 日本語

  • ある半離散スキームによるソリトンシミュレーションについて (科学技術計算における理論と応用の新展開)

    谷口 隆晴, 谷口 隆晴, 降旗 大介

    京都大学, 2012年04月, 数理解析研究所講究録, 1791, 87 - 96, 日本語

講演・口頭発表等

  • ⼀般座標系におけるエネルギーベース物理モデル

    陳 鈺涵, 松原 崇, 谷口 隆晴

    第26回計算工学講演会, 2021年05月26日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 深層学習を用いたエネルギーベースのモデリング・シ ミュレーションフレームワーク

    谷口 隆晴

    明治大学共同利用・共同研究拠点研究集会「高度な自動運転を実現するための数理の現状と課題」, 2021年03月09日, 日本語, オンライン, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(一般)

  • Koopman 作用素を利用した発展型ネットワーク予測の試み

    徐 百歌, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会第17回研究部会連合発表会, 2021年03月04日, 日本語, オンライン, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アトラクターのトポロジーに着目した因果推定手法について

    板東 弘晃, 鍛冶 静雄, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会第17回研究部会連合発表会, 2021年03月04日, 日本語, オンライン, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非線形状態空間システム解析における代数的マトロイドの応用について

    小松 瑞果, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会第17回研究部会連合発表会, 2021年03月04日, 日本語, オンライン, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 深層学習によるエネルギーベース物理モデル, その2

    谷口 隆晴

    Workshop: シミュレーションとモデリングのための計算代数 2021, 2021年02月13日, 日本語, オンライン, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(一般)

  • 深層学習によるエネルギーベース物理モデル, その1

    谷口 隆晴

    Workshop: シミュレーションとモデリングのための計算代数 2021, 2021年02月13日, 日本語, オンライン, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(一般)

  • Deep Energy-Based Modeling of Discrete-Time Physics

    谷口 隆晴

    日本ディープラーニング協会主催 NeurIPS 2020 技術報告会, 2021年01月20日, 日本語, オンライン, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(一般)

  • DGNet: エネルギー保存・散逸則を保つ深層物理モデリングとそれに関する理論・応用

    谷口 隆晴

    数値解析セミナー, 2021年01月12日, 日本語, オンライン, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(一般)

  • 潜在変数をもつニューラル微分方程式に対する代数的考察

    小松 瑞果, 谷口 隆晴

    2020年度応用数学合同研究集会, 2020年12月20日, 日本語, オンライン, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 深層フェーズフィールドモデリング

    松原 崇, 谷口隆晴

    2020年度応用数学合同研究集会, 2020年12月20日, 日本語, オンライン, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自然系の連成とシンプレクティック形式

    谷口 隆晴

    日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第24回シンポジウム, 2020年12月13日, 日本語, オンライン, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Error Analysis of Numerical Integrators for Deep Neural Network Modeling of Differential Equations

    寺川 峻平, 松原 崇, 谷口隆晴

    NeurIPS2020 Workshop on Machine Learning and the Physical Sciences (ML4PS), 2020年12月11日, 英語, オンライン, 国内会議

    ポスター発表

  • The parameter variety of unidentifiable state-space models and its applications to analysis of biological systems

    小松 瑞果, 谷口 隆晴

    Establishing International Research Network of Mathematical Oncology (Fusion of Mathematics and Biology), 2020年10月26日, 英語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 分布系のカオス同期化とニューラルネットワークを用いた秘匿通信システム

    陳 鈺涵, 佐野 英樹, 若生 将史, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会2020年度年会, 2020年09月08日, 日本語, オンライン, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 常微分方程式モデルの学習における離散化手法の影響について

    寺川 峻平, 松原 崇, 谷口隆晴

    日本応用数理学会2020年度年会, 2020年09月08日, 日本語, オンライン, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ピアノの弦と駒の連成シミュレーションによるエネルギー移動の可視化

    寺川峻平,小松瑞果,谷口隆晴,鎌田健二,和泉沢玄

    第25回計算工学講演会, 2020年06月10日, 日本語, オンライン, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 波動方程式と弾性方程式からなる連成系のシンプレクティッ ク性について

    寺川俊平, 谷口隆晴

    日本応用数理学会第16回研究部会連合発表会, 2020年03月04日, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 時間方向対称性を利用した2つのエネルギー保存数値解法の等価条件について

    石川歩惟, 谷口隆晴

    日本応用数理学会第16回研究部会連合発表会, 2020年03月04日, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 微分代数の応用に向けた多項式常微分方程式モデルの簡約

    小松瑞果, 中岡慎治, 谷口隆晴

    日本応用数理学会第16回研究部会連合発表会, 2020年03月04日, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 微分代数に基づく数理モデリングアプローチ

    小松瑞果, 谷口隆晴

    Workshop: シミュレーションとモデリングのための計算代数 2020, 2020年01月31日, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 幾何学的離散力学と対称性 II

    谷口隆晴

    Workshop: シミュレーションとモデリングのための計算代数 2020, 2020年01月31日, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(一般)

  • 幾何学的離散力学と対称性 I

    谷口隆晴

    Workshop: シミュレーションとモデリングのための計算代数 2020, 2020年01月31日, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(一般)

  • 指数型分布族の定める多様体上の離散力学に基づく時系列モデルとネットワーク解析への応用

    谷口隆晴, 小松瑞果, 大川剛直

    日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第23回シンポジウム, 2019年12月14日, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高頻度データに対する再帰型ニューラルネットモデルとその比較

    陳鈺涵, 谷口隆晴

    日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第23回シンポジウム, 2019年12月14日, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 波動方程式と弾性方程式の構造保存型連成数値計算

    寺川峻平, 小松瑞果, 谷口隆晴

    日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第23回シンポジウム, 2019年12月14日, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 同定不可能モデルに対するパラメータ多様体による解析とその近似導出について

    小松 瑞果, 中務 佑治, 谷口 隆晴

    2019 年度応用数学合同研究集会, 2019年12月12日, 滋賀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自動微分による離散力学とアルゴリズム的数値解析

    谷口隆晴, 寺川峻平

    2019 年度応用数学合同研究集会, 2019年12月12日, 滋賀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 微分代数方程式モデルのモデルパラメータと解に関するグレブナー基底を用いた解析

    小松 瑞果, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第22回シンポジウム, 2018年12月, 日本語, 香川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 波動型偏微分方程式に対する幾何学的弱形式

    谷口 隆晴

    日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第22回シンポジウム, 2018年12月, 日本語, 香川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アレルギー疾患の個別化医療に向けた抗原・抗体の体内動態シミュレーション

    小松 瑞果, 谷口 隆晴

    RIMS研究集会, 2018年11月, 日本語, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Modeling and simulations of the kinetics of antigens and antibodies towards personalized medicine for allergies

    Komatsu Mizuka, Yaguchi Takaharu

    情報計算科学生物学会2018年大会, 2018年10月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 統計多様体上の状態空間モデルを用いた発展型ネットワーク解析

    小松 瑞果, 谷口 隆晴, 大川 剛直

    日本応用数理学会2018年度年会, 2018年09月, 日本語, 愛知, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 抗原・抗体の体内動態の定量的解析に向けたモデルパラメータの多様性に対する考察

    小松 瑞果, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会2018年度年会, 2018年09月, 日本語, 愛知, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アンケートデータを用いた交流ネットワーク推定手法

    佐藤 智久, 谷口 隆晴, 増本 康平, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    日本応用数理学会2018年度年会, 2018年09月, 日本語, 愛知, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 情報幾何学を用いた発展型ネットワークモデルに基づく相転移に着目した異常検知の試み

    Yaguchi Takaharu, Komatsu Mizuka

    MIMS現象数理学研究拠点共同研究集会「幾何的解析と形状表現の数理」, 2018年08月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Parameters of Models using Dynamical Systems with Conservation Laws

    Yaguchi Takaharu, Komatsu Mizuka

    SIAM Conference on the Life Science (LS18), 2018年08月, 英語, Minneapolis, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Modeling the Kinetics of Antigens and Antibodies for Analysis of the Mechanism of Allergy

    Komatsu Mizuka, Takaharu Yaguchi

    SIAM Conference on the Life Science (LS18), 2018年08月, 英語, Minneapolis, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Parameter estimation for compartment models of biological systems

    Komatsu Mizuka, Yaguchi Takaharu

    Data Science, Statistics & Visualisation (DSSV 2018), 2018年07月, 英語, Wien, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Autoregressive models on statistical Riemannian manifolds for analysis of evolutionary networks

    Yaguchi Takaharu, Komatsu Mizuka

    Data Science, Statistics & Visualisation (DSSV 2018), 2018年07月, 英語, Wien, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Application of Hamiltonian Flows to Exploring Parameters of Mathematical Models in Situations with Insufficient Data

    Komatsu Mizuka, Yaguchi Takaharu

    The 13th World Congress in Computational Mechanics, 2018年07月, 英語, New York, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 体内動態に対するコンパートメントモデルのモデルパラメータ推定手法について

    小松 瑞果, 谷口 隆晴

    第47回数値解析シンポジウム, 2018年06月, 日本語, 福井, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 潜在変数ネットワークモデルを用いた放牧牛の交流ネットワーク解析

    小松 瑞果, 谷口 隆晴, 大川 剛直

    第47回数値解析シンポジウム, 2018年06月, 日本語, 福井, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • あるテーマパークにおける地形的集客効果の感度分析

    大川 航平, 谷口 隆晴

    第47回数値解析シンポジウム, 2018年06月, 日本語, 福井, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 有限要素外積解析に対するRRGMRES法

    佐藤 智久, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会第14回研究部会連合発表会, 2018年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 変分原理に基づくエネルギー保存数値解法の Lie 群上への拡張

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    日本数学会2018年度年会, 2018年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 統計多様体上のARモデルを用いた発展型ネットワーク解析

    谷口 隆晴, 小松 瑞果

    日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第21回シンポジウム, 2018年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 質点ばね系を用いたレザバーコンピューティングの数値実験

    山中 悠希, 谷口 隆晴, 中嶋 浩平

    応用数理 学生・若手研究者のための研究交流会, 2018年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アレルギー発症メカニズムの解析に向けた抗原・抗体の体内動態モデルの構築, 及び, Husbyらの実験データに対するパラメータ推定とその考察

    小松 瑞果, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会第14回研究部会連合発表会, 2018年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アレルギー発症シミュレーションに向けた生理学的薬物動態モデルの応用

    小松 瑞果, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第21回シンポジウム, 2018年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Energy-Preserving Parareal Algorithm for the Hamilton Equation

    Ishikawa Ai, Yaguchi Takaharu, Yokokawa Mitsuo

    SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing, 2018年03月, 英語, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 離散偏導関数法と数値積分の併用

    南部 匡範, 谷口 隆晴, 横川 三津夫

    第46回数値解析シンポジウム, 2017年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 離散外積解析における離散 Hodge スター作用素の誤差評価

    佐藤 智久, 谷口 隆晴

    第46回数値解析シンポジウム, 2017年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 離散外積解析から導かれる有限積分法のマルチシンプレクティック性について

    佐藤 智久, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会2017年度年会, 2017年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 速度比例減衰項をもつ系に対する変分原理を利用した数値解法とその比較

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    第46回数値解析シンポジウム, 2017年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 指数ランダムグラフモデルに基づくネットワークに対するARモデル

    谷口 隆晴

    日本応用数理学会2017年度年会, 2017年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • Regression model on statistical manifolds and its application to evolutionary network analysis

    Yaguchi Takaharu

    the International Conference on Scientific Computation And Differential Equations 2017 (SciCADE 2017), 2017年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Discrete partial derivative method with numerical integrations

    Nanbu Masanori, Yaguchi Takaharu, Yokokawa Mitsuo

    the International Conference on Scientific Computation And Differential Equations 2017 (SciCADE 2017), 2017年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • curl-curl型偏微分方程式に対する有限要素外積解析の応用

    佐藤 智久, 谷口 隆晴

    2017年度応用数学合同研究集会, 2017年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Automatic discrete differentiation and its applications

    Ishikawa Ai, Yaguchi Takaharu

    the International Conference on Scientific Computation And Differential Equations 2017 (SciCADE 2017), 2017年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 変分原理に基づくエネルギー保存数値解法の一般のHamilton系への拡張

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会2016年度年会, 2016年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 離散化した heavy-ball-with-friction method のパラメータについて

    石川 歩惟, 今村 成吾, 谷口 隆晴

    研究集会「常微分方程式の数値解法とその周辺2016」, 2016年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 波動方程式に対するシンプレクティックかつエネルギー保存スキームについて

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    第45回数値解析シンポジウム, 2016年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 散逸型偏微分方程式に対するある種の変分原理に基づく散逸スキームの導出法

    宮武 勇登, 谷口 隆晴

    第45回数値解析シンポジウム, 2016年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 曲面上の熱方程式に対する散逸性保存型数値解法の導出と評価

    南部 匡範, 谷口 隆晴

    第45回数値解析シンポジウム, 2016年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Webster方程式に対するある数値解法の長時間挙動について

    岩井 真理恵, 谷口 隆晴

    第45回数値解析シンポジウム, 2016年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地域コミュニティ構造の変化と改善に対する統計解析手法

    河崎 素乃美, 谷口 隆晴, 増本 康平, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    日本応用数理学会第12回研究部会連合発表会, 2016年03月, 日本語, 神戸学院大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自動離散微分とその応用

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会研究部会連合発表会, 2016年03月, 日本語, 神戸学院大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 散逸型構造保存型数値解法の多層パーセプトロン学習法への応用

    谷口 隆晴, 石川 歩惟

    日本数学会2016年度年会, 2016年03月, 日本語, 筑波大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地域コミュニティの構造変化に対する検定理論

    河崎 素乃美, 谷口 隆晴, 増本 康平, 近藤徳彦, 岡田修一

    応用数学合同研究集会, 2015年12月, 日本語, 龍谷大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Caldirola-Kanai型変分原理に基づく構造保存型数値解法と多層パーセプトロン学習法への応用について

    谷口 隆晴, 石川 歩惟

    研究会「数理構造保存を接点とした数学・HPC・実科学のクロスオーバー」, 2015年12月, 日本語, 電気通信大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 対称性を利用した離散勾配法におけるLegendre変換に関する考察

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会2015年度年会, 2015年09月, 日本語, 金沢大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ハミルトン方程式に対する時間対称性を用いた離散勾配スキームの導出法

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会2015年度年会, 2015年09月, 日本語, 金沢大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シンプレクティック数値積分法による力学的摂動

    入江 凜, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会2015年度年会, 2015年09月, 日本語, 金沢大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ある種の散逸型微分方程式に対する構造保存型数値解法

    谷口 隆晴, 石川 歩惟

    日本応用数理学会2015年度年会, 2015年09月, 日本語, 金沢大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Structure-preserving method for a certain class of dissipative differential equations

    谷口 隆晴, 石川 歩惟

    the International Conference on Scientific Computation And Differential Equations 2015 (SciCADE 2015), 2015年09月, 英語, University of Potsdam, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Energy-preserving discrete gradient schemes for the Hamilton equation based on the variational principle

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    the International Conference on Scientific Computation And Differential Equations 2015 (SciCADE 2015), 2015年09月, 英語, University of Potsdam, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Numerical integrations that preserve energy behaviors using the variational principle

    谷口 隆晴, 石川 歩惟

    Computational and Geometric Approaches for Nonlinear Phenomena, 2015年08月, 英語, 早稲田大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Structure-preserving numerical integrators for the KdV equation using an almost complex structure

    谷口 隆晴, 石川 歩惟

    Recent developments in numerical analysis with special emphasis on complex analysis, 2015年07月, 英語, 東京大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 地域高齢者を対象とした健康教室による参加者間交流ネットワーク形成に関する研究

    増本 康平, 近藤 徳彦, 松田 弘志, 谷 英昭, 谷口 隆晴, 竹中 優子, 戸塚 圭介, 岡田 修一

    日本老年社会科学会第57回大会, 2015年06月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 大規模ネットワークにおける複数ノード組に対する重要度の特徴付け

    入江 凜, 小林 照義, 谷口 隆晴

    第44回数値解析シンポジウム, 2015年06月, 日本語, ぶどうの丘, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ピアノの物理モデルとその効率的な数値計算法の検討

    石川 歩惟, Dominik L. Michels, 谷口 隆晴

    第44回数値解析シンポジウム, 2015年06月, 日本語, ぶどうの丘, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • L2射影を用いた離散偏導関数法による弦のサウンドレンダリング

    長谷阪 祐太, 谷口 隆晴

    第44回数値解析シンポジウム, 2015年06月, 日本語, ぶどうの丘, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 測地線方程式に対する離散勾配法の適用とアインシュタイン方程式の数値解を用いるための基礎検討

    入江 凜, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会研究部会連合発表会, 2015年03月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 境界付き多様体上における有限要素外積解析の弱形式の適切性について

    谷口 隆晴, 土屋 卓也

    日本数学会2014年度年会, 2014年03月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 楽器シミュレーションに対する構造保存型数値解法の応用と関連する数理的課題

    芦辺 健太郎, 石川 歩惟, 上田 怜奈, 谷口 隆晴

    研究集会「常微分方程式の数値解法とその周辺2014」, 2014年03月, 日本語, 静岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 離散勾配法のRiemann構造不変性とシンプレクティック幾何学的再構築

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    RIMS研究集会「新時代の科学技術を牽引する数値解析学」, 2014年, 日本語, 京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 数値相対論のための測地線方程式に対する構造保存型数値解法の適用

    入江 凜, 谷口 隆晴

    応用数学合同研究集会, 2014年, 日本語, 滋賀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 幾何学的構造保存型数値解法に対する力学理論的アプローチ

    谷口 隆晴

    第3回岐阜数理科学研究会, 2014年, 日本語, 岐阜, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 異なる内積により得られる Webster 方程式の2つのハミルトン構造

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    第43回数値解析シンポジウム, 2014年, 日本語, 沖縄, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 異なるRiemann構造をもつWebster方程式に対する離散変分導関数法の不変性

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会2014年度年会, 2014年, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ハミルトン偏微分方程式に対する構造保存型数値解法

    谷口 隆晴

    日本学術会議第4回計算力学シンポジウム, 2014年, 日本語, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • シンプレクティック法による摂動を用いた太陽系の安定性検証

    入江 凜, 谷口 隆晴

    第43回数値解析シンポジウム, 2014年, 日本語, 沖縄, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シンプレクティック空間上の離散勾配法

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    応用数学合同研究集会, 2014年, 日本語, 滋賀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • グラフに対するOllivier-Ricci曲率の数値計算

    谷口 隆晴

    日本応用数理学会2014年度年会, 2014年, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Simulation of Wind Instruments and a Geometric Invariance of the Discrete Gradient Method

    石川 歩惟, 谷口 隆晴

    Foundations of Computational Mathematics Conference 2014, 2014年, 英語, ウルグアイ, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • On the well-posedness of the weak form of the finite element exterior calculus on manifolds

    谷口 隆晴

    流体方程式の構造と特異性に迫る数値解析・数値計算, 2014年, 英語, 愛知, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Application of Structure-Preserving Numerical Methods to Simulation of Musical Instruments

    石川 歩惟, 上田 怜奈, 谷口 隆晴

    2nd International Workshop on Numerical Linear Algebra and Its Applications, 2014年, 英語, 中国, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 有限要素外積解析に基づく波動型方程式に対するエネルギー保存型数値解法

    谷口 隆晴

    日本数学会 秋季総合分科会, 2013年09月, 日本語, 愛媛, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ホロノーム拘束をもつハミルトン系に対する離散勾配法

    北祐樹, 谷口 隆晴

    日本応用数理学会 2013 年度年会, 2013年09月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シンプレクティック数値積分法における修正ハミルトニアンの存在定理について

    谷口 隆晴

    日本応用数理学会 2013 年度年会, 2013年09月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Lagrangian approach of the discrete gradient method based on finite element methods

    Takaharu Yaguchi

    the International Conference on Scientific Computation And Differential Equations 2013 (SciCADE 2013), 2013年09月, 英語, Valladolid, Spain, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • シンプレクティックフローとしてのシンプレクティック数値積分法

    谷口 隆晴

    ワークショップ「有限体積法の数学的基盤理論の確立III」, 2013年08月, 日本語, 愛媛, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • On the finite element exterior calculus for parabolic equations

    Takaharu Yaguchi

    2013 Tokyo Workshop on Structure-Preserving Methods, 2013年01月, 英語, Tokyo, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 放物型方程式に対する有限要素外積解析の誤差評価について

    谷口 隆晴

    応用数学合同研究集会, 2012年12月, 日本語, 滋賀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Application of the Lagrangian Approach of the Discrete Gradient Method to Scleronomic Holonomic Systems

    Takaharu Yaguchi

    10th International Conference of Numerical Analysis and Applied Mathematics, 2012年09月, 英語, Greece, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ホロノミック系に対するラグランジュ力学的離散勾配法

    谷口 隆晴

    日本応用数理学会 2012年度年会, 2012年08月, 日本語, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A Lagrangian Approach to Deriving Local-Energy-Preserving Numerical Schemes for the Euler-Lagrange Partial Differential Equations

    Takaharu Yaguchi

    15th International Congress on Computational and Applied Mathematics, 2012年07月, 英語, Gent, Belgium, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ラグランジュ力学に基づく保存型数値解法導出法とその応用

    谷口 隆晴

    有限体積法の数学的基盤理論の確立II, 2012年03月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Newton法の Parareal Algorithm による並列化

    若林 岳人, 谷口 隆晴, 山本 有作

    常微分方程式の数値解法とその周辺 2012, 2012年03月, 日本語, 静岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Euler-Lagrange 偏微分方程式に対する局所エネルギー保存スキーム導出法

    谷口 隆晴

    日本応用数理学会研究部会連合発表会, 2012年03月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Backward Error Analysis of the Scheme for the KdV Equation by the Discrete Variational Derivative Method

    Christopher Budd, Takaharu Yaguchi, Daisuke Furihata

    2012 Tokyo Workshop on Structure-Preserving Methods, 2012年01月, 英語, Tokyo, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • KdV 方程式に対するある半離散スキームの後退誤差解析

    Christopher Budd, 谷口 隆晴, 降籏 大介

    応用数学合同研究集会, 2011年12月, 日本語, 瀬田, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 時間依存固有値問題の数値解法に関する基礎検討

    新堂 敬隆, 谷口 隆晴, 山本 有作

    日本応用数理学会「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会第12回研究会, 2011年11月, 日本語, 日本応用数理学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ある半離散スキームによるソリトンのシミュレーションについて

    Christopher Budd, 谷口 隆晴, 降籏 大介

    RIMS研究集会「科学技術計算における理論と応用の新展開」, 2011年10月, 日本語, 京都, 国内会議

    その他

  • 変分構造をもつ楕円型方程式に対する離散勾配法の応用

    谷口 隆晴

    日本応用数理学会 2011年度年会, 2011年09月, 日本語, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Discrete Variational Derivative Method Based on Discrete Differential Forms

    Takaharu Yaguchi, Takayasu Matsuo, Masaaki Sugihara

    International Workshop on Numerical Linear Algebra and Its Applications, 2011年07月, 英語, China, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • A Lagrangian Approach to Deriving Energy-Preserving Numerical Schemes for the Euler-Lagrange Partial Differential Equations and Its Applications

    Takaharu Yaguchi

    the International Conference on Scientific Computation And Differential Equations 2011 (SciCADE 2011), 2011年07月, 英語, Canada, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

所属学協会

  • Institute of Electrical and Electronics Engineers

    2020年05月 - 現在
  • 情報処理学会

    2020年02月 - 現在
  • Society for Industrial and Applied Mathematics

    2017年01月 - 現在
  • American Institute of Aeronautics and Astronautics

  • 日本流体力学会

  • Mathematical Association of America

  • 日本数学会

  • 日本応用数理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

メディア報道

  • 研究開発DX始動(下) AI操る「ロボ科学者」

    日本経済新聞, 2021年02月08日

    新聞・雑誌

  • 深層学習研究の最高位を勝ち取った日本チーム、決め手は異分野研究者のタッグ

    2020年12月23日, 日経クロステック

    インターネットメディア