研究者紹介システム

保田 幸子
ヤスダ サチコ
大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター
教授
教育学関係
Last Updated :2020/06/30

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター
  • 【配置】

    大学院国際文化学研究科 グローバル文化専攻

学位

  • Doctor of Philosophy, ハワイ大学

授業科目

ジャンル

  • 教育・子ども・心理 / 語学教育

研究活動

プロフィール情報

  • プロフィール

    Sachiko Yasuda's main area of research is in second language acquisition, particularly the lifelong journey of writing development of English as a foreign language (EFL) learners. She uses systemic functional linguistics to explore long-term changes in learners' meaning-making choices in ways that illuminate issues in education.

    Visit her website
    English: https://satchy.jimdo.com/
    日本語:https://kobe-edu-yasuda.jimdo.com/

研究キーワード

  • レトリック
  • ESP
  • ジャンル分析
  • 第二言語ライティング
  • 第二言語習得
  • 英語教育学
  • 応用言語学
  • second language writing, academic literacy development, genre-based pedagogy, task-based language learning, curriculum development, systemic functional linguistics (SFL)

研究分野

  • 人文・社会 / 外国語教育 / 第二言語ライティング,第二言語習得

委員歴

  • 2018年06月 - 現在, 学術英語学会, 理事
  • 2016年06月 - 現在, 学術英語学会, 代議員

受賞

  • 2007年 ハワイ大学大学院奨学金($ 400)

  • 2006年 フルブライト奨学金($ 50,000)

    日本国

  • 2002年 ロータリー国際親善奨学金($ 25,000)

    日本国

  •  Rotary International, Rotary International Ambassadorial Scholarship 2002

    YASUDA Sachiko

  •  Japan-U.S. Educational Commission, Fulbright Scholarship 2006

    YASUDA Sachiko

論文

  • 保田 幸子

    2019年10月, System, 85 (in press), 1 - 15, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 保田 幸子

    2019年05月, JALT Journal, 41, 49 - 65, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 保田 幸子

    2018年11月, TESOL Ontario Contact Magazine, Fall (2018), 44 - 52, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sachiko Yasuda

    This article attempts to apply some systemic functional linguistic (SFL) concepts to task-based language teaching (TBLT) as a means of enriching the fields of learning, teaching, and evaluating writing in an additional language. The purposes are twofold. First, this article presents a concrete example concerning SFL-initiated genre-based tasks, which were designed for college-level writers of English as a foreign language (EFL) so that they can learn genre, task, content, and language concurrently. Second, this article presents a descriptive study on how the systematically designed genre-based tasks were experienced by the EFL writers, how their genre awareness changed as they experienced the genre-based tasks, and how their meaning-making choices for constructing a genre changed over time. This study's findings highlight the effectiveness of linking the conceptual framework of SFL to the methodological principles of TBLT in terms of the simultaneous development of linguistic knowledge and writing expertise.

    WILEY, 2017年09月, TESOL QUARTERLY, 51 (3), 576 - 606, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 保田 幸子

    2017年, 海外日本語教育研究, 3, 49 - 71, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Systemic functional linguistic approaches to second language acquisition: Developing language and writing skills through genre-based tasks.

    保田 幸子

    2016年, Proceedings of JASFL, 10, 25 - 36, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 保田 幸子

    2015年03月, Bulletin of KIKAN Education, 1, 102 - 117, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sachiko Yasuda

    Based on the framework of systemic functional linguistics (SFL), this study investigates the changes in foreign language (FL) writers' genre awareness and meaning-making choices when instantiating the genre of summary over a semester-long course. The participants were 30 undergraduate students at different proficiency levels. The students' developmental changes were analyzed using an in-depth qualitative analysis of their reflective comments in conjunction with their performances on pre- and post-instructional summary writing tasks. The findings indicate that as the students engaged in the SFL-informed genre analysis tasks, they began to explore not only ideational but also interpersonal and textual meanings, which are required to fulfill the rhetorical demands of summary writing. In addition, their lexicogrammatical choices also shifted toward more genre appropriate ones. However, proficiency effects were markedly observed in terms of how and to what degree the students were able to grammatically elaborate sophisticated expressions that help realize the genre. These findings highlight the importance of a SFL approach to teaching summary writing to FL writers. That is, although the degree to which students benefit from the tasks differs according to their proficiency levels, genre-specific language learning can be pushed by a SFL framework that enhances writers' awareness of the tripartite interconnectedness among ideational, interpersonal, and textual meanings in specific FL instances, in this case, summary. This paper concludes that SFL can provide a renewed understanding of FL writers' development and help writing-to-learn and learning-to-write fruitfully cross-pollinate to enhance the FL development of students. (C) 2014 Elsevier Inc. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2015年03月, JOURNAL OF SECOND LANGUAGE WRITING, 27 (1), 105 - 121, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • YASUDA, Sachiko

    2014年12月, The Asian EFL Journal, 16 (4), 155 - 202, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本の高等教育における英語ライティング指導の実態調査 (Issues in teaching and learning EFL writing in higher education in Japan)

    保田 幸子, 大井恭子, 板津木綿子

    2014年, JABAET Journal, 18, 51 - 71

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sachiko Yasuda

    This study examines how novice foreign language (FL) writers develop their genre awareness, linguistic knowledge, and writing competence in a genre-based writing course that incorporates email-writing tasks. To define genre, the study draws on systemic functional linguistics (SFL) that sees language as a resource for making meaning in a particular context of use rather than as a set of fixed rules and structures (Halliday, 1994). To design genre-based syllabi that can promote both language and writing development, the study also attempts to link genre to task (Norris, 2009). In the fifteen-week writing course, Japanese undergraduate students (n = 70) engaged in carefully designed genre-based tasks, where they learned the ways in which different genres are shaped by different linguistic resources to achieve their goals through sequenced task phases. Three sets of qualitative and quantitative data were collected to examine students' changes as a FL writer: survey, interviews, and the emails written at the beginning and the end of the semester. The results showed that the students made progress in their genre awareness and perceptions, and that changes in their awareness were apparent in their actual written products. The study discusses that a combination of genre and task can create a crucial pedagogical link between socially situated writing performance and choices of language use, which is expected to serve as a springboard to create interfaces between writing and language development in FL contexts. (C) 2011 Elsevier Inc. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2011年06月, JOURNAL OF SECOND LANGUAGE WRITING, 20 (2), 111 - 133, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sachiko Yasuda

    Recent research in cognitive linguistics has shown that idiomatic phrases are decomposable and analyzable and that the individual words in idiomatic phrases systematically contribute to the overall figurative interpretations. This cognitive linguistic view suggests that enhancing awareness of conceptual metaphors embedded in the individual words may help second language students to learn idioms. This study examined whether enhancing awareness of orientational metaphors of particles facilitates acquisition of phrasal verbs by Japanese English as a foreign language (EFL) students. The students in the control group learned a set of phrasal verbs through traditional instruction, whereas those in the experimental group received the same input through a cognitive linguistic approach. The students in both groups were then asked to fill in the missing adverbial particles of the phrasal verbs. Results showed that the students in the experimental group performed significantly better than those in the control group, implying that when the target idioms are not stored as a unit in learners' mental lexicon, learners who are aware of conceptual metaphors may rely on metaphorical thought to produce an appropriate adverbial particle. This highlights the implications that EFL learners need to be explicitly taught about the notion of orientational metaphors before they can actively comprehend and produce appropriate phrasal verbs. doi: 10.5054/tq.2010.219945

    TESOL, 2010年06月, TESOL QUARTERLY, 44 (2), 250 - 273, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • "First Moves: An introduction to academic writing in English" (Book review)

    保田 幸子

    2006年, The Language Teacher, 30, 33 - 34, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • "Japanese students’ argumentative writing in English: Characteristic weaknesses and developmental factors"

    Sachiko Yasuda

    2006年, KATE Bulletin, 20 (1-12), 1 - 12, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sachiko Yasuda

    2006年, The Language Teacher, 30 (5-7)

  • "Teaching argumentative writing to Japanese EFL students"

    Sachiko Yasuda

    2006年, JABAET Journal, 10 (53-73)

  • "Toward an understanding of L2 writer’s composition process: An explanatory study of Japanese ESL students"

    Sachiko Yasuda

    2005年, Waseda Global Forum, 1 (61-79), 61 - 79, 英語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Sachiko Yasuda

    2004年, Journal of Asian Pacific Communication, 14 (91-112), 91 - 112, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 海外主要国におけるデータベースづくり及び自国普及政策に関する調査研究Ⅰ -アメリカ合衆国・イギリス-

    保田幸子

    2007年, 国立国語研究所 日本語教育基盤情報センター 調査報告

講演・口頭発表等

  • Disciplinary voices in scientific writing.

    保田 幸子

    The 40th Thailand TESOL & PAC International Conference 2020, 2020年01月31日, 英語

    口頭発表(一般)

  • Voice in science writing: Is "objectivity" an ideal for scientific argumentation?

    YASUDA Sachiko, OKAMOTO Sachi

    Applied Linguistics Association of Australia (ALAA), November 26, 2019, Curtin University, Perth, Australia., 2019年11月26日, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 基調講演「英語論文作成—どう教えるのか?誰が教えるのか 」

    保田 幸子

    学術英語学会 研究大会, 2019年09月21日, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(基調)

  • Writing-to-learn and learning-to-write: A genre/task-based curricular approach.

    YASUDA Sachiko

    CamTESOL 2019, 2019年02月16日, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 研究者のための英語テクニカルライティング ー国際的に通用する論文の秘訣ー

    保田 幸子

    大阪産業技術研究所, 2019年01月27日, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 意味を重視したライティング複雑性の指標 ー結束性と対人的談話標識に注目してー

    保田 幸子

    第二言語ライティング研究会, 2018年10月06日, 英語, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Writing development in CLIL in a Japanese primary school: How young learners write in a foreign language.

    YASUDA Sachiko

    Symposium on Second Language Writing (SSLW), 2018年08月03日, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 読み手を導く英語論文の書き方(Academic writing for an audience: Crafting your writing to meet their needs)

    保田 幸子

    日本経済政策学会 第75回全国大会, 2018年05月27日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 第二言語ライティング研究とは何か ーパラダイムシフトと近年の動向ー

    保田 幸子

    第1回第二言語ライティング研究会, 2018年01月27日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジャンル準拠アプローチによる英語学術論文執筆支援ツールの開発と拡張 ー理論と実践ー

    水本篤, 保田幸子, 近藤悠介

    外国語教育メディア学会第57回全国大会, 2017年08月06日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • How much and what do students write in the classroom?: A cross-national survey in East Asia

    YASUDA Sachiko

    Symposium on Second Language Writing (SSLW), 2017年07月02日, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Writing in a foreign language in CLIL contexts: Subject knowledge and biliteracy development

    YASUDA Sachiko

    American Association of Applied Linguistics (AAAL), 2017年03月21日, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Teaching writing through genre-based approach

    YASUDA Sachiko

    Methodology Special Interest Group, Language Education & Technology (LET), 2016年12月10日, 英語, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 自動音声分析システムに基づく英語発音訓練の導入 ー学習者の発話・発音の改善に向けてー

    保田 幸子

    外国語教育メディア学会第56回全国大会, 2016年08月09日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 言語テストで何をどのように測定するか ー望ましい波及効果とはー

    保田 幸子

    Global Communication & Testing主催セミナー『英語教育改革を考える 〜その受験勉強は世界につながりますか〜』, 2016年08月06日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 英語学術論文作成のための自律学習支援 ーESP分野別コーパスに基づく言語的特徴の分析と学習ー

    保田 幸子

    学術英語学会第2回研究大会, 2016年06月26日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A systemic functional approach to EFL writers' meaning-making ability

    YASUDA Sachiko

    Applied Linguistics Association of Australia (ALAA), 2015年12月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • EFL Writing in East Asia: Crossing the Boarders

    YASUDA Sachiko

    The 2nd International Symposium, EFL Writing in East Asia: Crossing the Boarders, 2015年10月, 英語, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Systemic Functional approaches to second language acquisition: Toward a reconceptualisation of written language development

    保田 幸子

    Japan Association of Systemic Functional Linguistics (JASFL), 2015年10月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 英語力と文章力の双方向育成に向けて ー選択体系機能(SFL)理論を応用した新しいライティング指導法ー

    保田 幸子

    Systemi Functional Linguistics (SFL) 研究会, 2015年08月01日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Issues and challenges in teaching and learning EFL writing: A cross-national survey

    YASUDA Sachiko

    American Association of Applied Linguistics (AAAL), 2015年03月22日, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 「日本,台湾,韓国,香港における英語ライティング教育実態調査」

    保田 幸子

    千葉大学英語教育学会(大井恭子先生退職記念シンポジウム), 2015年03月15日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Fostering learner autonomy in the university-wide English curriculum: Curriculum innovation at Kyushu University.

    保田 幸子, 井上 奈良彦, 割石 博之

    The JACET 53rd International Convention, 2014年08月29日, 英語, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Foreign language writing in the era of globaliztion: Current issues and future directions.

    YASUDA Sachiko

    Japan, Asia, and the global Contexts: Connections across languages and societies. A symposium in honour of Helen Marriott. Monash University, Australia., 2014年03月15日, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • A systemic functional analysis of college students' academic summaries: The role of grammatical metaphor

    YASUDA, Sachiko

    全国英語教育学会(於:北星学園大学), 2013年08月11日, 英語, 国内会議

  • 学生アンケートによる日本の英語ライティング教育の実 態調査 ―大学入学前・入学後を比較して―

    板津木綿子, 保田 幸子, 大井恭子

    全国英語教育学会(於:北星学園大学), 2013年08月11日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Developing academic literacy in a foreign language: A longitudinal study of EFL writers' meaning-making choices in an academic genre

    YASUDA, Sachiko

    American Association of Applied Linguistics (AAAL), Dallas, TX, USA, 2013年03月17日, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 大学におけるライティング教育のあり方:実態調査報告

    大井恭子, 板津木綿子, 保田 幸子

    九州英語教育学会(於:長崎外国語大学), 2012年12月08日, 九州英語教育学会, 長崎外国語大学

    口頭発表(一般)

  • The implementation of SFL-informed genre pedagogy in the foreign language curriculum: A longitudinal study of writers' lexicogrammatical choices

    YASUDA, Sachiko

    Symposium on Second Language Writing, Purdue University, USA, 2012年09月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • EFL writers' genre awareness and language development: A systemic functional approach to email writing

    YASUDA, Sachiko

    American Association of Applied Linguistics (AAAL), in Chicago, IL, USA, 2011年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Genre-based approach in a foreign language context: Linking language and writing through genre

    YASUDA, Sachiko

    Symposium on Second Language Writing, in Taipei, Taiwan, 2011年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Effects of genre tasks on EFL writing development

    YASUDA, Sachiko

    The Japan Association for Language Teaching (JALT), 2010年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • "Email dialogue in task-based L2 writing classroom: Writers' rhetorical awareness and language development"

    YASUDA, Sachiko

    Symposium on Second Language Writing, 2009年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • "Corpus-based approach to EAP writing courses: Analyzing citation practices in different disciplines"

    YASUDA, Sachiko

    Symposium on Second Language Writing, 2008年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • "Placement options for ESL writers in Freshman Composition: Segregation or integration"

    Symposium on Second Language Writing, 2007年

  • "Introducing the SILS Writing Center(早稲田国際教養学部ライティングセンター:その背景・現状・課題)"

    Waseda Symposium on Teaching and Research in Academic Writing, 2005年

  • "ESL writers’ revising strategies: How past experiences shape writers' perception about revision"

    Melbourne University Symposium: Marking the Differences, 2003年

  • "Japanese ESL students’ revising processes in academic writing"

    Monash University Symposium: Cultural Flows with(in) a Globalizing Asia, 2002年

所属学協会

  • American Association of Applied Linguistics (AAAL)

  • Japan Association of Language Teaching (JALT)

  • 学術英語学会

  • Research Forum on L2 Writing

  • 外国語教育メディア学会

  • 全国英語教育学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 科学論文における主観性と文体の分析:英語教育と自然科学をつなぐ論文支援に向けて

    保田 幸子

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2020年04月 - 2023年03月

  • 多分野英語学術論文作成支援ツールの拡張と指導法・教材の開発(代表:水本篤)

    保田 幸子

    科研費 基盤研究(B)分担者, 2017年 - 2021年, 研究代表者

    競争的資金

  • 小学校外国語活動におけるCLILの多角的効果 ー外国語リテラシー発達の縦断的研究ー

    保田 幸子

    科研費 基盤研究(C)代表者, 2017年 - 2020年, 研究代表者

    競争的資金

  • 外国語としての英語ライティング力の発達:多角的分析に基づく言語的特徴の解明

    保田 幸子

    科学研究費補助金 基盤研究(C) 代表者, 2014年04月 - 2017年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 第二言語ライティング研究の現代的課題と解決のための将来構想 —東アジアからの発信—

    大井恭子

    科学研究費補助金 基盤研究(B), 2012年 - 2016年

    競争的資金

  • ライティングの評価基準

    2009年 - 2014年

    競争的資金

  • 「ジャンル」に基づくライティング指導が英語学習者の「文章力」と「言語力」の発達に及ぼす効果

    科学研究費補助金 基盤研究(C) 代表者, 2011年 - 2013年

    競争的資金

  • ライティング教授法とその効果:ジャンル・アプローチ

    科学研究費補助金 若手研究スタートアップ, 2009年 - 2010年

    競争的資金

  • 概念メタファーによる英語イディオムの学習

    2007年 - 2009年

    競争的資金

  • ESP教材のためのコーパスの構築

    2007年 - 2009年

    競争的資金

  • 日本の大学におけるライティングセンターの役割とその可能性

    2005年 - 2007年

    競争的資金

  • 第二言語習得過程におけるライティングの役割

    科学研究費補助金 若手研究(B), 2004年 - 2006年

    競争的資金

  • 文章作成過程における書き手の修正プロセス

    2002年 - 2005年

    競争的資金

  • -

    The Other Research Programs

    競争的資金

社会貢献活動

  • 「英語学術論⽂の書き⽅〜研究内容を読み⼿に正しく伝えるために〜」

    神戸大学 附属図書館

    講師, 学術英語スキルアップセミナー, 2020年02月07日

  • 「国際的に通用する英語論文の書き方」講師

    福井大学 医学部

    講師, 2019年09月26日

  • 「英語論文ライティングセミナー」講師

    大阪市立大学 文学研究科

    講師, 2019年03月09日

  • 「研究者のための英語論文の書き方」講師

    神戸大学付属図書館

    講師, 学術英語スキルアップセミナー, 2019年02月07日

  • 「研究者のための英語テクニカルライティング ー国際的に通用する論文の秘訣ー」

    大阪産業技術研究所

    講師, 2019年01月27日

  • 「若手研究者向けアカデミック・プレゼンテーションセミナー」

    福井大学 医学図書館

    講師, 福井大学 医学図書館 アカデミックセミナー, 2018年09月26日

  • 「英語教育のトレンド ー新しい英語科授業を創るー 『外国語ライティング研究・指導の最前線』」

    神戸大学

    講師, 平成30年度 教員免許更新講習, 2018年08月31日

  • 「読み手を導く英語論文の書き方(Academic writing for an audience:

    日本経済政策学会

    日本経済政策学会第75回全国大会, 2018年05月27日

  • 「英語論文ライティングセミナー」講師

    大阪市立大学 文学研究科

    講師, 2018年03月08日

  • 「若手研究者・大学院生のための英語論文作成セミナー 」講師

    福井大学 医学図書館

    講師, 2017年03月28日

  • 英語エッセイライティングプロジェクト講師,コーディネーター

    福岡雙葉高等学校

    2015年04月 - 2017年03月

  • 講演「言語テストで何をどのように測定するか ー望ましい波及効果とはー」

    Global Communication & Testing主催

    講師, 2016年08月06日

  • 「学び続ける意味 〜私自身の経験から言えること〜」

    福岡大学付属大濠中高等学校

    講師, 土曜講座, 2015年01月10日

その他

  • 学内資金等への申請採択状況 ・九州大学 全学教育改善・実施経費(平成25年度5月採択) 研究代表者 「日本人英語学習者の『語彙力』と『書く力』の発達:Coh-MetrixとE-Raterに基づく言語的特徴の計量的分析」 ・九州大学 全学教育改善・実施経費(平成25年度7月採択) 研究代表者 「基幹教育における学術英語ライティング教材開発:『盗用・剽窃防止のガイドライン』」 ・九州大学 全学教育改善・実施経費(平成25年度9月採択) 研究代表者 「新カリキュラムにおける学術英語科目の教育効果の検証と評価—授業評価とカリキュラム評価の一体化に向けて—」