研究者紹介システム

長坂 耕作
ナガサカ コウサク
大学院人間発達環境学研究科 人間環境学専攻
准教授
数学関係
Last Updated :2021/10/23

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院人間発達環境学研究科 人間環境学専攻
  • 【配置】

    国際人間科学部 環境共生学科, 発達科学部 人間環境学科

学位

  • 博士(理学), 筑波大学

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 数学

コメントテーマ

  • 計算機代数
  • 統合計算環境
  • 近似因数分解
  • 近似グレブナ-基底

研究活動

研究キーワード

  • 計算代数
  • 計算機代数
  • 数学教育
  • 記号処理
  • 数式処理

研究分野

  • 自然科学一般 / 代数学 / 計算機代数 数式処理
  • 情報通信 / 情報学基礎論 / 計算機代数 数式処理

委員歴

  • 2021年06月 - 現在, Maple Transactions, Associate Editor
  • 2016年08月 - 現在, ACM Communications in Computer Algebra, Associate Editor
  • 2018年04月 - 2022年03月, 日本数式処理学会, 教育分科会運営委員会 委員長
  • 2008年04月 - 2022年03月, 日本数式処理学会, 代表会員
  • 2016年04月 - 2018年03月, 日本数式処理学会, 大会プログラム委員会 委員長
  • 2014年04月 - 2016年03月, 日本数式処理学会, システム分科会運営委員会 副委員長
  • 2014年 - 2014年, SNC 2014 (Symobolic-Numeric Computation, 2014), Program Committee
  • 2014年 - 2014年, ISSAC 2014 (International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation, 2014), General Co-Chair and Local Chair
  • 2012年 - 2012年, ASCM 2012 (Asian Symposium on Computer Mathematics, 2012), Program Committee
  • 2011年 - 2011年, SNC 2011 (Symobolic-Numeric Computation, 2011), Program Committee
  • 2009年 - 2009年, ISSAC 2009 (International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation, 2009), Program Committee
  • 2009年 - 2009年, CASC 2009 (Computer Algebra in Scientific Computing, 2009), Local Organizing Committee Chair
  • 2006年 - 2006年, ISSAC 2006 (International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation, 2006), Poster and Software Demos Co-Chair
  • 2021年07月 - 2022年07月, ISSAC 2022 (International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation, 2022), Program Committee

受賞

  • 2005年06月 日本数式処理学会, 奨励賞, 多変数多項式の絶対既約半径の改善について

    長坂 耕作

論文

  • Kosaku Nagasaka

    Elsevier BV, 2021年07月, Journal of Symbolic Computation, 105, 4 - 27, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kosaku Nagasaka

    Elsevier BV, 2021年05月, Journal of Symbolic Computation, 104, 402 - 418, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 多肢選択問題の自動生成 - 数学IIIの微分積分から偏微分まで -

    長坂耕作

    2021年04月, 京都大学数理解析研究所講究録, 2178, 31 - 38, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Multiple-choice questions in Mathematics: automatic generation, revisited

    Kosaku Nagasaka

    2020年12月, Electronic Proceedings of the 25th Asian Technology Conference in Mathematics, 21785-1 - 21785-15, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Approximate GCD by Bernstein Basis, and its Applications

    Kosaku Nagasaka

    2020年07月, Proceedings of the 45th International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation, ISSAC 2020, 372 - 379, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • パラメータを含む1変数多項式の因数分解について

    関 伯実, 長坂耕作

    2020年06月, 京都大学数理解析研究所講究録, 2159, 137 - 142, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • バーンスタイン基底関数を用いた近似GCDの評価について

    長坂耕作

    2020年06月, 京都大学数理解析研究所講究録, 2159, 132 - 136, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Moodle XML Question Generator for Python

    長坂耕作

    2019年12月, 京都大学数理解析研究所講究録, 2142, 67 - 70, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 近似GCDの枠組みでの近似無平方分解

    長坂耕作

    2019年12月, 京都大学数理解析研究所講究録, 2138, 96 - 100, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 近似GCDアルゴリズムの新たな組み合わせ

    長坂 耕作

    2019年02月, 京都大学数理解析研究所講究録, 2104, 14 - 19, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Moodle KaTeX filter

    長坂 耕作

    2019年02月, 京都大学数理解析研究所講究録, 2105, 106 - 108, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 数式処理と学習管理システム - 静的評価の再評価 -

    長坂 耕作

    2018年04月, 京都大学数理解析研究所講究録, 2067, 160 - 169, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Kosaku Nagasaka

    Computing the greatest common divisor (GCD) of polynomials can be done by computing the Gröbner basis instead of the well-known Euclidean algorithm, studied by Gianni and Trager in 1985, and Sasaki and Suzuki in 1992. In this paper, we extend their theories to polynomials with parameters. That is the theory of parametric greatest common divisors by means of comprehensive Gröbner systems (CGS). Moreover, this can be considered as an indirect extension of known parametric GCD algorithms to those for several multivariate polynomials with parameters.

    Association for Computing Machinery, 2017年07月23日, Proceedings of the International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation, ISSAC, 129312, 341 - 348, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 平成28年度RIMS共同研究「数式処理の新たな発展」:その最新研究と基礎理論の再構成

    長坂 耕作

    2017年04月, 京都大学数理解析研究所講究録, 2019, 1 - 2, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Kosaku Nagasaka

    Association for Computing Machinery, 2017年03月01日, ACM Communications in Computer Algebra, 51 (1), 15 - 17, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Approximate Polynomial GCD over Integers with Digits-wise Lattice

    Kosaku Nagasaka

    Japan Society for Symbolic and Algebraic Computation, 2016年03月, Communications of JSSAC, 2, 15 - 32, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近似GCDにおける逐次的なQR分解法とその実装について

    長坂 耕作

    2015年12月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1976, 1 - 7, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 近似GCDの安定性について

    長坂 耕作

    2015年07月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1955, 42 - 47, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • The Berlekamp Algorithm -サーベイと試み-

    長坂 耕作

    2015年01月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1930, 15 - 25, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 近似GCDアルゴリズムにおける枢軸選択の影響

    長坂 耕作

    2014年07月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1907, 8 - 19, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • SNAPパッケージとQRGCDアルゴリズムの改善

    増井 貴明, 長坂 耕作

    2013年07月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1843, 101 - 113, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 厳密に与えられた系のGroebner基底を数値的に求める場合に必要な桁精度の考察

    長坂 耕作

    九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所, 2013年, MI レクチャーノート, 49, 104 - 111, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Revisiting QRGCD and Comparison with ExQRGCD

    Kosaku Nagasaka, Takaaki Masui

    2013年, ACM Communications in Computer Algebra, 47 (3), 88 - 89, 英語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Extended QRGCD Algorithm

    Kosaku Nagasaka, Takaaki Masui

    For computing the greatest common divisor of two univariate polynomials with a priori numerical errors on their coefficients, we use several approximate polynomial GCD algorithms: QRGCD, UVGCD, STLN-based, Fastgcd, GPGCD and so on. Among them, QRGCD is the most common algorithm since it has been distributed as a part of Maple and there are many papers including their comparisons of efficiency and effectiveness against QRGCD. In this paper, we give an improved QRGCD algorithm (ExQRGCD) which is unfortunately not faster than the original but more accurate and the resulting perturbation is able to satisfy the given tolerance.

    SPRINGER-VERLAG BERLIN, 2013年, COMPUTER ALGEBRA IN SCIENTIFIC COMPUTING, CASC 2013, 8136, 257 - 272, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 近似Groebner基底の逐次算法に向けて

    長坂 耕作

    2012年10月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1815, 70 - 78, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 近似Groebner基底に向けて

    長坂 耕作

    2012年10月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1814, 160 - 167, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 近似代数の汎用ライブラリに向けて

    長坂 耕作

    2012年05月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1793, 30 - 37, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 近似GCDの無平方分解への応用

    長坂 耕作

    2012年03月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1785, 1 - 7, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Backward error analysis of approximate Groebner basis

    Kosaku Nagasaka

    2012年, ACM Communications in Computer Algebra, 46 (3), 116 - 117, 英語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Kosaku Nagasaka

    Symbolic numeric algorithms for polynomials are very important, especially for practical computations since we have to operate with empirical polynomials having numerical errors on their coefficients. Recently, for those polynomials, a number of algorithms have been introduced, such as approximate univariate GCD and approximate multivariate factorization for example. However, for polynomials over integers having coefficients rounded from empirical data, changing their coefficients over reals does not remain them in the polynomial ring over integers; hence we need several approximate operations over integers. In this paper, we discuss computing a polynomial GCD of univariate or multivariate polynomials over integers approximately. Here, "approximately" means that we compute a polynomial GCD over integers by changing their coefficients slightly over integers so that the input polynomials still remain over integers. (C) 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD, 2011年12月, JOURNAL OF SYMBOLIC COMPUTATION, 46 (12), 1306 - 1317, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 準同型暗号と整数及び整数多項式の近似GCD

    長坂 耕作

    2011年09月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1759, 115 - 123, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Kosaku Nagasaka

    We compute an approximate greatest common divisor (GCD) of co-prime polynomials over integers by changing their coefficients slightly over integers so that the input polynomials still remain over integers. In this paper, we give an improved algorithm with a new lattice construction process by which we can restrict the range of perturbations in some cases. Copyright © 2011 ACM.

    2011年, SNC'11 - Proceedings of the 2011 International Workshop on Symbolic-Numeric Computation, 63 - 64, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Computing a Structured Grobner Basis Approximately

    Kosaku Nagasaka

    There are several preliminary definitions for a Grobner basis with inexact input since computing such a basis is one of the challenging problems in symbolic-numeric computations for several decades. A structured Grobner basis is such a basis defined from the data mining point of view: how to extract a meaningful result from the given inexact input when the amount of noise is not small or we do not have enough information about the input. However, the known algorithm needs a suitable (unknown) information on terms required for a variant of the Buchberger algorithm. In this paper, we introduce an improved version of the algorithm that does not need any extra information in advance.

    ASSOC COMPUTING MACHINERY, 2011年, ISSAC 2011: PROCEEDINGS OF THE 36TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SYMBOLIC AND ALGEBRAIC COMPUTATION, 273--280, 273 - 280, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 数式処理による教育の充実

    長坂 耕作

    2010年01月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1674, 1 - 4, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 近似GCDによる人間らしい簡単化

    長坂 耕作

    2009年10月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1666, 145 - 152, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Ruppert行列による近似GCDの算出

    長坂 耕作

    2009年06月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1652, 63 - 70, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 数式処理ソフトと正課外活動

    長坂 耕作, 高橋 正

    2009年01月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1624, 45 - 48, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • A Study on Grobner Basis with Inexact Input

    Kosaku Nagasaka

    Grobner basis is one of the most important tools in recent symbolic algebraic computations. However, computing a Grobner basis for the given polynomial ideal is not easy and it is riot numerically stable if polynomials have inexact coefficients. In this paper, we study what we should get for computing a Grobner basis with inexact coefficients and introduce a naive method to compute a Grobner basis by reduced row echelon form, for the ideal generated by the given polynomial set having a priori errors on their coefficients.

    SPRINGER-VERLAG BERLIN, 2009年, COMPUTER ALGEBRA IN SCIENTIFIC COMPUTING, PROCEEDINGS, 5743, 247 - 258, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Approximate Polynomial GCD over Integers

    Kosaku Nagasaka

    2008年, ACM Communications in Computer Algebra, 42 (3), 124 - 126, 英語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 整数係数多項式の近似GCD II

    長坂 耕作

    2007年11月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1572, 50 - 58, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Symbolic-Numeric Algebra for Polynomials

    Nagasaka Kosaku

    2007年, The Mathematica Journal, Vol. 10(3), 593-616, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • SNAP package for Mathematica

    Kosaku Nagasaka

    2007年, ACM Communications in Computer Algebra, 41 (3), 105 - 106, 英語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Ruppert matrix as subresultant mapping

    Kosaku Nagasaka

    Ruppert and Sylvester matrices are very common for computing irreducible factors of bivariate polynomials and computing polynomial greatest common divisors, respectively. Since Ruppert matrix comes from Ruppert criterion for bivariate polynomial irreducibility testing and Sylvester matrix comes from the usual subresultant mapping, they are used for different purposes and their relations have not been focused yet. In this paper, we show some relations between Ruppert and Sylvester matrices as the usual subresultant mapping for computing (exact/approximate) polynomial GCDs, using Ruppert matrices.

    SPRINGER-VERLAG BERLIN, 2007年, Computer Algebra in Scientific Computing, Proceedings, 4770, 316 - 327, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 科学技術的課題に対する市民のエンパワーメント・システムの構築II : サイエンスカフェ神戸の創始

    伊藤 真之, 田中 成典, 蛯名 邦禎, 長坂 耕作, 近江戸 伸子, 小笠原 史恵, 桜井 香織, 濱岡 理絵

    2006年08月, 日本科学教育学会研究会研究報告, Vol. 21, No. 1, pp. 37-42, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Using Coefficient-wise Tolerance in Symbolic-Numeric Algorithms for Polynomials

    Nagasaka Kosaku

    2006年03月, 数式処理, 12-3, 21-30, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 科学・技術的課題に対する市民のエンパワーメント・システムの構築

    伊藤 真之, 小川 正賢, 武田 義明, 丑丸 敦史, 田結庄 良昭, 蛯名 邦禎, 近江戸 伸子, 白杉 直子, 長坂 耕作, 田中 成典, 讃岐田 訓, 信川 貴子

    2005年09月, 科教研報, 20・2, 47-51, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • On the Degeneracy Conditions of Singularities by using CGBs

    Takahashi Tadashi, Nagasaka Kosaku

    2005年04月, Algorithmic Algebra and Logic 2005 (Conference in Honor of the 60th Birthday of Volker Weispfenning). Proc. A3L, , 253p-256p, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Towards more accurate separation bounds of empirical polynomials II

    K Nagasaka

    We study the problem of bounding a polynomial which is absolutely irreducible, away from polynomials which are not absolutely irreducible. These separation bounds are useful for testing whether an empirical polynomial is absolutely irreducible or not, for the given tolerance or error bound of its coefficients. In the former paper, we studied some improvements on Kaltofen and May's method which finds applicable separation bounds using an absolute irreducibility criterion due to Ruppert. In this paper, we study the similar improvements on the method using the criterion due to Gao and Rodrigues for sparse polynomials satisfying Newton polytope conditions, by which we are able to find more accurate separation bounds, for such bivariate polynomials. We also discuss a concept of separation bound continuations for both dense and sparse polynomials.

    SPRINGER-VERLAG BERLIN, 2005年, COMPUTER ALGEBRA IN SCIENFIFIC COMPUTING, PROCEEDINGS, 3718, 318 - 329, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • SNAP Package for Mathematica and Its Applications

    Nagasaka Kosaku

    2004年12月, Proc. The Ninth Asian Technology Conference in Mathematics (ATCM2004), , 308-316, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Towards More Accurate Separation Bounds of Empirical Polynomials

    Nagasaka Kosaku

    2004年, SIGSAM Bulletin: Communications in Computer Algebra, 38(4), 119-129, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Neighborhood Irreducibility Testing of Multivariate Polynomials

    Nagasaka Kosaku

    2003年09月, Proc. Computer Algebra in Scientific Computing (CASC2003), 283-292, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Towards Certified Irreducibility Testing of Bivariate Approximate Polynomials

    Nagasaka Kosaku

    2002年07月, Proc. International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC2002), 192-199, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Estimation of Cancellation Errors in Multivariate Hensel Construction with Floating-Point Numbers

    Nagasaka Kosaku

    2001年12月, Proc. The Sixth Asian Technology Conference in Mathematics (ATCM2001), 408-415, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Kosaku Nagasaka

    Springer International Publishing, 2021年08月, Computer Algebra in Scientific Computing (CASC 2021, Lecture Notes in Computer Science), 12865, 272 - 292, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • グレブナー基底の項順序についての再考

    大島谷遼, 長坂耕作

    2021年04月, 京都大学数理解析研究所講究録, 2185, 22 - 28, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 近似GCDでのNewtonSLRAアルゴリズムの効果的な利用に向けて

    長坂耕作

    2021年04月, 京都大学数理解析研究所講究録, 2185, 16 - 21, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

MISC

  • Kosaku Nagasaka, Agnes Szanto, Franz Winkler

    ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD, 2016年07月, JOURNAL OF SYMBOLIC COMPUTATION, 75, 1 - 3, 英語

    その他

  • 国際研究集会の仕組みとその運営 - ISSAC 2014 -

    長坂 耕作

    2014年12月, 京都大学数理解析研究所講究録, 1927, 103 - 105, 日本語

    [招待有り]

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

  • 手で触る数理情報教育

    宮田 任寿, 長坂 耕作, 高橋 正

    2007年03月, 神戸大学発達科学部研究紀要, 第14巻,第2号, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • On the Theorem Prover using Computer Algebra Systems in Mathematics Education

    船越 俊介, 辰己 丈夫, 長坂 耕作, 出口 博章, 高橋 正

    2005年03月, 科学研究費補助金基盤研究 (B)(2)「大学における数理情報教育に求められている課題の分析とその改善に関する研究」研究成果中間報告書, , 47p-52p, 英語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

書籍等出版物

  • 計算機代数の基礎理論

    長坂 耕作, 岩根 秀直, 北本 卓也, 讃岐 勝, 照井 章, 鍋島 克輔

    共立出版株式会社, 2019年03月, 日本語, 正誤表は共立出版ウェブ: https://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320113732, ISBN: 9784320113732

    学術書

  • 入門Mathematica【決定版】Ver.7対応

    長坂 耕作, 日本Mathematicaユーザー会, 編著

    共著, 東京電機大学出版局, 2009年06月, 日本語

    その他

  • キーワード 人間と発達[増補改訂版] V. 生活とテクノロジー

    丸谷 宣子, 井上 真理, 青木 務, 平山 洋介, 市橋 秀樹, 浜口 八朗, 高橋 正, 長坂 耕作, 矢野 澄雄, 福田 博也, 城 仁士, 阪本 雄二, 高橋 譲嗣, 高橋 真, 白倉 暉弘, 稲葉 太一, 白杉 直子, 近江戸 伸子, 宮田 任寿, 澤 宗則, 二宮 厚美

    共著, 大学教育出版, 2007年04月, 日本語

    教科書・概説・概論

講演・口頭発表等

  • グレブナー基底の項順序についての再考

    大島谷遼, 長坂耕作

    研究集会 Computer Algebra - Theory and its Applications, 2020年12月21日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 近似GCDでのNewtonSLRAアルゴリズムの効果的な利用に向けて

    長坂耕作

    研究集会 Computer Algebra - Theory and its Applications, 2020年12月21日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • Multiple-choice questions in Mathematics: automatic generation, revisited

    Kosaku Nagasaka

    The 25th Asian Technology Conference in Mathematics, ATCM 2020, 2020年12月15日, 英語

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 多肢選択問題の自動生成 – 数学 III の微分積分から偏微分まで –

    長坂耕作

    研究集会 数学ソフトウェアとその効果的教育利用に関する研究, 2020年11月28日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 近似GCD関連問題におけるNewtonSLRAアルゴリズムの評価

    長坂耕作

    日本数式処理学会第29回大会, 2020年10月31日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • Approximate GCD by Bernstein Basis, and its Applications

    Kosaku Nagasaka

    The 45th International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation, ISSAC 2020, 2020年07月21日, 英語

    口頭発表(一般)

  • Python版Moodle向け多肢選択問題の作成モジュールについて

    長坂耕作

    日本数式処理学会 第14期第3回 教育分科会, 2020年02月24日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • パラメータを含む1変数多項式の有限体上の因数分解について

    関伯実, 長坂耕作

    研究集会 Computer Algebra - Theory and its Applications, 2019年12月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • バーンスタイン基底関数を用いた近似GCDの評価について

    長坂耕作

    研究集会 Computer Algebra - Theory and its Applications, 2019年12月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • Moodle XML Question Generator for Python

    長坂耕作

    研究集会 数学ソフトウェアとその効果的教育利用に関する研究, 2019年08月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • Jupyter Notebook で SymPy を使った授業展開について

    長坂耕作

    日本数式処理学会 第14期第2回 教育分科会ワークショップ, 2019年08月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • Pythonによる多肢選択問題の生成について

    長坂耕作

    日本数式処理学会 第14期第2回 教育分科会ワークショップ, 2019年08月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 近似GCDとその応用

    長坂耕作

    第28回 日本数式処理学会大会, 2019年06月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 数学ソフトウェアと教材形式

    長坂 耕作

    日本数式処理学会 第14期第1回 教育分科会ワークショップ, 2019年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似GCDの枠組みでの近似無平方分解

    長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra - Theory and its Applications, 2018年12月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • スマートフォン適応のLMS用反転学習問題教材のCASによる自動生成について

    吉冨 賢太郎, 長坂 耕作

    PCカンファンレンス北海道 2018, 2018年11月, 日本語, 北翔大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • スマートフォン適応のLMS用反転学習問題教材のCASによる自動生成

    吉冨 賢太郎, 長坂 耕作

    教育システム情報学会 第43回 全国大会, 2018年09月, 日本語, 北星学園大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Moodle KaTeX filter

    長坂 耕作

    研究集会 数学ソフトウェアとその効果的教育利用に関する研究, 2018年08月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似 GCD アルゴリズムの性能評価と選択基準

    長坂 耕作

    第27回 日本数式処理学会大会, 2018年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似GCDアルゴリズムの新たな組み合わせ

    長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra - Theory and its Applications, 2017年12月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 数式処理と学習管理システム - 静的評価の再評価 -

    長坂 耕作

    研究集会 数学ソフトウェアとその効果的教育利用に関する研究, 2017年09月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ISSAC 2017とSC^2 2017の報告

    長坂 耕作

    研究集会 数式処理研究の新たな発展, 2017年09月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • STLN-GCDの実装とその性能評価について

    長坂 耕作

    第26回 日本数式処理学会大会, 2017年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パラメータを伴う最大公約因子計算における停止性

    長坂 耕作

    日本数式処理学会合同分科会, 2017年01月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パラメータを含んだ多項式の最大公約因子の計算法

    長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra and Related Topics, 2016年12月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Seeking Better Algorithms for Approximate GCD

    長坂 耕作

    ISSAC 2016 (Poster presentations), 2016年07月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • Approximate GCD and Its Implementations

    長坂 耕作

    Milestones in Computer Algebra, MICA2016, 2016年07月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 近似GCDの大規模実験とExQRGCDの性能向上について

    長坂 耕作

    第25回 日本数式処理学会大会, 2016年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似GCDにおける逐次的なQR分解法とその実装について II

    長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra and Related Topics, 2015年12月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似GCDにおける逐次的なQR分解法とその実装について

    長坂 耕作

    研究集会 数式処理研究の新たな発展, 2015年08月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似GCD向けChasingアルゴリズム改良の試み

    長坂 耕作

    第24回 日本数式処理学会大会, 2015年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Symbolic-Numeric Methodologies in Computer Algebra

    長坂 耕作

    Computer Algebra Seminar, 2015年03月, 英語, Takikawa memorial Hall in Kobe University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 近似 GCD の安定性について

    長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra and Related Topics, 2014年12月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 国際研究集会の仕組みとその運営 - ISSAC 2014 -

    長坂 耕作

    研究集会 数式処理研究の新たな発展, 2014年08月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • fastgcdとuvgcdの改良について

    長坂 耕作

    第23回 日本数式処理学会大会, 2014年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似GCDの速度比較 qrgcdからfastgcdまで

    長坂 耕作

    Risa/Asir Conference 2014, 2014年03月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似 GCD アルゴリズムにおける枢軸選択の影響

    長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra and Related Topics, 2013年12月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 厳密に与えられた系のGroebner基底を数値的に求める場合に必要な桁精度の考察

    長坂 耕作

    研究集会 数式処理研究と産学連携の新たな発展, 2013年08月, 英語, 九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似GCDの性能評価 - LIBSNAPにおける3つの実装 -

    長坂 耕作

    第22回 日本数式処理学会大会, 2013年06月, 日本語, 防衛大学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似GCDアルゴリズムの改良 - QRGCDの解析とExQRGCDとの比較 -

    長坂 耕作, 増井 貴明

    第42回数値解析シンポジウム, 2013年06月, 日本語, 愛媛, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Revisiting QRGCD and Comparison with ExQRGCD

    NAGASAKA KOSAKU, MASUI TAKAAKI

    ISSAC 2013 (Poster presentations), 2013年06月, 英語, Boston, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • ExQRGCDの近似代数ライブラリLIBSNAPへの実装について

    長坂 耕作

    Risa/Asir Conference 2013, 2013年03月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SNAP パッケージと QRGCD アルゴリズムの改善

    増井 貴明, 長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra - The Algorithms, Implementations and the Next Generation, 2012年12月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Berlekamp Algorithm -サーベイと試み-

    長坂 耕作

    研究集会 数式処理研究の新たな発展, 2012年07月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Backward error analysis of approximate Gröbner basis

    Kosaku Nagasaka

    The International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC) 2012, 2012年07月, 英語, Grenoble, France, 国際会議

    ポスター発表

  • 近似グレブナ基底の後退誤差解析について

    長坂 耕作

    第21回 日本数式処理学会大会, 2012年06月, 日本語, 山口大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似グレブナ基底の後退誤差解析の試み

    長坂 耕作

    Risa/Asir Conference 2012, 2012年03月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似GCDの無平方分解への応用

    長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra - The Algorithms, Implementations and the Next Generation, 2011年12月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A Symbolic-Numeric Approach to Groebner Basis with Inexact Input

    Kosaku Nagasaka

    Fields Institute Workshop on Hybrid Methodologies for Symbolic-Numeric Computation, Hybrid2011, 2011年11月, 英語, The University of Waterloo, Waterloo, Ontario, Canada, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 整数係数多項式の近似GCDとその実装

    長坂 耕作

    第20回 日本数式処理学会大会, 2011年09月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似代数の汎用ライブラリに向けて

    長坂 耕作

    研究集会 数式処理研究の新たな発展, 2011年07月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • An improvement in the lattice construction process of Approximate Polynomial GCD over Integers (Extended Abstract)

    Kosaku Nagasaka

    Symbolic-Numeric Computation (SNC2011), 2011年06月, 英語, San Jose, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 近似Groebner基底の逐次算法に向けて

    長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra - Design of Algorithms, Implementations and Applications, 2010年12月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 準同型暗号と整数及び整数多項式の近似GCD

    長坂 耕作

    研究集会 数式処理研究の新たな発展, 2010年07月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 国際研究集会を開くまで - CASC 2009 開催までの道のり -

    長坂 耕作

    研究集会 数式処理研究の新たな発展, 2010年07月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 近似Groebner基底とSLRA

    長坂 耕作

    第19回 日本数式処理学会大会, 2010年06月, 日本語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似Groebner基底のSLRAによる安定化

    長坂 耕作

    Risa/Asir Conference 2010, 2010年03月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似Groebner基底に向けて

    長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra - Design of Algorithms, Implementations and Applications, 2009年11月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 数式処理による教育の充実

    長坂 耕作

    研究集会 数式処理と教育, 2009年08月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 色彩変換ソフトウェアの開発のための感性的色空間の解析

    山本 道子, 長坂 耕作

    日本デザイン学会 第56回春季研究発表大会, 2009年06月, 日本語, 名古屋, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • RREFによるグレブナー基底計算について

    長坂 耕作

    第18回 日本数式処理学会大会, 2009年06月, 日本語, 滋賀, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 線形空間の基底としてグレブナ基底を計算する方法のまとめ

    長坂 耕作

    Risa/Asir Conference 2009, 2009年03月, 日本語, 神戸, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似GCDによる人間らしい簡単化

    長坂 耕作

    Computer Algebra - Design of Algorithms, Implementations and Applications, 2008年11月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 数式処理ソフトと正課外活動

    長坂 耕作, 高橋 正

    研究集会 数式処理と教育, 2008年08月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Mathematica Playerの活用 -応用代数学講義編-

    長坂 耕作

    理数系教育におけるICT技術の活用 〜Mathematica の活用事例〜, 2008年08月, 日本語, 大阪府立大学, 大阪府立大学, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Approximate Polynomial GCD over Integers

    Nagasaka Kosaku

    ISSAC 2008 Poster presentations, 2008年07月, 英語, Hagenberg, オーストリア, 国際会議

    ポスター発表

  • 整数係数多項式の近似GCDの高速化

    長坂 耕作

    第17回 日本数式処理学会大会, 2008年06月, 日本語, 東京, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 感性的表象としての色空間の開発に関する予備的研究

    山本 道子, 長坂 耕作

    芸術工学会2007年度秋期大会, 2007年11月, 日本語, 名古屋, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Ruppert行列による近似GCDの算出

    長坂 耕作

    Computer Algebra - Design of Algorithms, Implementations and Applications, 2007年11月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 線形代数における数式処理ソフトの活用

    Nagasaka Kosaku

    研究集会 数式処理と教育, 2007年08月, 日本語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 整数係数多項式の近似GCD II

    長坂 耕作

    研究集会 数式処理研究の新たなる発展, 2007年07月, 日本語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SNAP package for Mathematica

    Nagasaka Kosaku

    ISSAC 2007 Software Exhibitions, 2007年07月, 英語, Waterloo, カナダ, 国際会議

    その他

  • 整数係数多項式の近似GCD

    長坂 耕作

    第16回 日本数式処理学会大会, 2007年06月, 日本語, 倉敷, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ウェブでの近似代数演算

    長坂 耕作

    Risa/Asir Conference 2007, 2007年03月, 日本語, 神戸, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 整数係数の近似因数分解はなぜ難しいか

    長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra -- Design of Algorithms,Implementations and Applications, 2006年12月, 日本語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • カテナリーを用いた衣服における記号記述の基盤整備

    桐生 裕介, 北本 卓也, 長坂 耕作, 高橋 正, 山口 哲

    研究集会 Computer Algebra -- Design of Algorithms,Implementations and Applications, 2006年12月, 日本語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Niederreiterの因数分解法の実装について

    山中 亜希子, 長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra -- Design of Algorithms,Implementations and Applications, 2006年12月, 日本語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • gridMathematicaを試す

    長坂 耕作

    Japan Mathematica Conference 2006, 2006年12月, 日本語, 東京ビックサイト, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 大学における数式処理を使った転換教育と専門基礎教育

    長坂 耕作

    研究集会 数式処理と教育, 2006年11月, 日本語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Mathematicaのある教育と研究

    長坂 耕作

    数学ソフトウェアとフリードキュメントIII, 2006年09月, 日本語, 大阪市立大学, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 数理と芸術:記号処理と論駁可能性について

    桐生 裕介, 長坂 耕作, 高橋 正

    第15回 日本数式処理学会大会, 2006年06月, 日本語, 日本数式処理学会, 東京, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近似因数分解の新たな試み(仮)

    長坂 耕作

    第15回 日本数式処理学会大会, 2006年06月, 日本語, 日本数式処理学会, 東京, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Mathematical Issues of Mathematica's BigFloat and Our Resolutions in SNAP Package

    Nagasaka Kosaku

    International Mathematica Symposium, IMS 2006, 2006年06月, 英語, Avignon, フランス, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Finding Mathematical Structures in Arts I

    Kiriu Yusuke, Nagasaka Kosaku, Takahashi Tadashi

    International Mathematica Symposium, IMS 2006, 2006年06月, 英語, Avignon, フランス, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Irreducibility Radii

    Nagasaka Kosaku

    ARCC Workshop: The computational complexity of polynomial factorization, 2006年05月, 英語, Paloalto, 米国, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 報告 : Mathematica の精度保証について

    長坂 耕作

    Risa/Asir Conference 2006, 2006年03月, 日本語, 神戸, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 数式埋め込みコンテンツと標準化 -現状理解と標準化プロセスについて-

    長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra -- Design of Algorithms,Implementations and Applications, 2005年12月, 日本語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 数式処理システムを用いた芸術における数理科学的アプローチ

    桐生 裕介, 長坂 耕作, 高橋 正

    研究集会 Computer Algebra -- Design of Algorithms,Implementations and Applications, 2005年12月, 日本語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SNAP

    Nagasaka Kosaku

    International Mathematica Symposium, IMS 2005, 2005年08月, 英語, Perth, オーストラリア, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • An implementation issue on SNAP and significant digits

    Nagasaka Kosaku

    Conference on Applications of Computer Algebra, ACA 2005, 2005年08月, 英語, 奈良, 日本, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Calculation of Groebner Basis with Indeterminate Exponents II

    高橋 正, 長坂 耕作

    京都大学数理解析研究所研究集会, 2005年07月, 日本語, 京都大学数理解析研究所, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 多変数多項式の絶対既約半径の改善について

    長坂 耕作

    第14回 日本数式処理学会大会, 2005年06月, 日本語, 日本数式処理学会, 広島, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • MathematicaへのCGBの実装について

    長坂 耕作

    Risa/Asir Conference 2005, 2005年03月, 日本語, 神戸, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Calculation of Groebner Basis with Parametric Coefficients or Indeterminante Exponents

    高橋 正, 長坂 耕作

    Computer Algebra -- Design of Algorithms, Implementations and Applications, 2004年12月, 日本語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 一変数多項式の近似代数演算の実用化の試み

    長坂 耕作

    第13回 日本数式処理学会大会, 2004年09月, 日本語, 日本数式処理学会, 東京, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Calculation Program of Groebner Basis with Indeterminate Exponents

    長坂 耕作, 高橋 正

    第13回 日本数式処理学会大会, 2004年09月, 日本語, 日本数式処理学会, 東京, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Calculation Program of Groebner Basis with Indeterminate Exponents

    長坂 耕作, 高橋 正

    研究集会 Computer Algebra の新たな展開, 2004年08月, 英語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 多変数多項式の絶対既約半径の改良?

    長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra -- Algorithms, Implementations and Applications, 2003年12月, 日本語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 誤差を持つ多項式の絶対既約性判定について

    長坂 耕作

    第11回Risaコンソーシアム研究集会, 2003年03月, 日本語, 神戸, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 多変数のHensel構成における展開点の特異点からの距離について

    長坂 耕作

    研究集会 Computer Algebra -- Algorithms, Implementations and Applications, 2001年11月, 日本語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二変数多項式の近似因数分解 ~許容度の下限と既約判定~

    長坂 耕作

    第29回数値解析シンポジウム, 2000年06月, 日本語, 那須, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二変数多項式の近似因数分解 ~許容度の下限と既約判定~

    長坂 耕作

    数式処理における理論と応用の研究集会, 1999年11月, 日本語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Approximate Multivariate Factorization and Its Time Complexity

    Nagasaka Kosaku, Sasaki Tateaki

    International IMACS Conference on Applications of Computer Algebra '98, 1998年08月, 英語, IMACS, Prague, チェコ共和国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 多変数多項式の近似因数分解とその計算量

    長坂 耕作, 佐々木 建昭

    数式処理における理論と応用の研究集会, 1997年11月, 日本語, 京都, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Approximate GCD by relaxed NewtonSLRA algorithm

    Kosaku Nagasaka

    The 46th International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC 2021), 2021年07月21日, 英語, 国際会議

    その他

  • NewtonSLRAの緩和アルゴリズムとその効果

    長坂耕作

    日本数式処理学会第30回大会, 2021年06月06日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • Relaxed NewtonSLRA for Approximate GCD

    Kosaku Nagasaka

    The 23rd International Workshop on Computer Algebra in Scientific Computing, CASC 2021, 2021年09月17日, 英語

    口頭発表(一般)

  • 中等数学の証明問題と自動採点における課題

    青山雄太郎, 長坂耕作

    日本数式処理学会 第15期第2回 教育分科会, 2021年08月29日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 数学教育における順序並び替え問題

    長坂耕作

    研究集会 数学ソフトウェアとその効果的教育利用に関する研究, 2021年08月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • ACM SIGSAM

  • 情報処理学会

  • 日本応用数理学会

  • 日本数式処理学会

Works(作品等)

  • ますます出来る Mathematica ビギナー版

    長坂 耕作, 佐藤 真人, 市川 浩, 山口 哲, 春日 和久, 宮地 力, 大橋 真也

    2001年

  • ますます出来る Mathematica 標準版

    長坂 耕作, 佐藤 真人, 市川 浩, 山口 哲, 春日 和久, 宮地 力, 大橋 真也

    2000年

共同研究・競争的資金等の研究課題