研究者紹介システム

岡村 秀雄
オカムラ ヒデオ
内海域環境教育研究センター
教授
自然科学関係
Last Updated :2020/03/31

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    内海域環境教育研究センター
  • 【配置】

    海事科学部 海洋安全システム科学科, 大学院海事科学研究科 海事科学専攻

学位

  • 学術博士, 岡山大学

ジャンル

  • 環境・交通 / 地球環境

コメントテーマ

  • バイオサイド
  • 海洋環境
  • 防汚剤
  • 瀬戸内海学

授業科目

研究活動

研究キーワード

  • 防汚剤
  • 海洋環境
  • バイオサイド
  • 化学物質
  • 生態系影響評価

研究分野

  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会
  • 環境・農学 / 環境影響評価

論文

  • ディーゼル機関からのススの変異原性と多環芳香族炭化水素の関係

    速水 健斗, 吉田 明輝, 楠 将史, 今 吾一, 岡村秀雄, 段 智久, 羽賀 雄紀, 中坪 良平, 松村 千里

    日本マリンエンジニアリング学会, 2019年10月, 第89回マリンエンジニアリング学術講演会 講演論文集, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Evaluation of Bio-Gasoline Combustion in Outboard Spark Ignition Engine

    Wataru Miyazaki, Toru Hayakawa, Kodai Nakano, Ichiro Asano, Hideo Okamura, Tomohisa Dan

    The Society of Naval Architects of Korea (SNAK), 2018年10月, 8th Pan Asian Association of Maritime Engineering Societies, Advanced Maritime Engineering Conference 2018 (Busan), pp.597 - 601, 英語

    [査読あり]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 船舶エンジンすす中の有機汚染物質分析

    松村 千里, 羽賀 雄紀, 吉識 亮介, 中坪 良平, 今 吾一, 岡村 秀雄, 段 智久, 東條 俊樹, 長谷川 瞳, 宮脇 崇, 西野 貴裕, 中野 武

    日本水環境学会, 2018年09月, 第21回日本水環境学会シンポジウム 講演集(島根), pp.157, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 日本で使用される防汚システムの現状(2018)

    三重野紘央, 岡村 秀雄, 勝井辰博, 沖本洋幸

    2018年, 神戸大学海事科学部紀要, 15, 77 - 88, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Evaluation of Bio-gasoline Combustion in Outboard Spark Ignition Engine

    Toru Hayakawa, Wataru Miyazaki, Hideo Okamura, Ichiro Asano, Tomohisa Dan

    In present days, ethanol mixed gasoline, so called bio-gasoline, is used as an alternative fuel in spark ignition engines. Especially, it is more used in the prime mover for the land in order to suppress the global warming and the air pollution, and establish as a sustainable energy resource. Outboard engine is a compact propulsion device usually used in small size boats. It co

    The Japan Institute of Marine Engineering (JIME), 2017年10月, The 11th International Symposium on Marine Engineering (ISME2017 TOKYO), (A03-208), pp.213 - 217, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The influence of seawater properties on toxicity of copper pyrithione and its degradation product to brine shrimp Artemia salina.

    Lavtizar,V, Kimura,D, Asaoka,S, 岡村 秀雄

    2017年, Ecotoxicology and Environmental Safety, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Elimination and detoxification of fungicide miconazole and antidepressant sertraline by manganese peroxidase-dependent lipid peroxidation system.

    Inoue Satoshi, Igarashi Yuta, Yoneda Yuko, Kawai Shingo, 岡村 秀雄, Nishida Tomoaki

    2015年, International Biodeterioration & Biodegradation, 100, 79 - 84, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Regeneration of manganese oxide as adsorption sites for hydrogen sulfide on granulated coal ash

    Satoshi ASAOKA, Hideo OKAMURA, Yusuke AKITA, Katsuyoshi NAKANO, Kenji NAKAMOTO, Kazutoshi HINO, Tadashi SAITO, Shinjiro HAYAKAWA, Misaki KATAYAMA, Yasuhiro INADA

    Elsevier, 2014年10月, Chemical Engineering Journal, 254, 531 - 537, 英語

    [査読あり][招待あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Removal of hydrogen sulfide using carbonated steel slag

    Satoshi ASAOKA, Hideo OKAMURA, Ryosuke MORISAWA, Hiroshi MURAKAMI, Keiichi FUKUSHI, Toshihiro OKAJIMA, Misaki KATAYAMA, Yasuhiro INADA, Chihoro YOGI, Toshiaki OHTA

    2013年07月, Chemical Engineering Journal, 228, 843 - 849, 英語

    [査読あり][招待あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 水環境における銅ピリチオン防汚剤の運命に及ぼす底質の影響

    Togosmaa,L, 岡村 秀雄, 浅岡 聡

    2013年06月, 環境化学, 23 (2), 65 - 72, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Pressure Suppression of Spin-Density-Wave Gap in the Optical Conductivity of SrFe2As2

    Hideo Okamura, K. Shoji, Ka. Miyata, H. Sugawara, T. Moriwaki, Y. Ikemoto

    2013年, J. Phys. Soc. Jpn., 82 (7), 1 - 74720, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of organoboron antifoulants on oyster and sea urchin embryo development.

    Tsunemasa,N, Tsuboi,A, 岡村 秀雄

    2013年, Int.J.Molecular Sci., 14 (1), 421 - 433, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Degradation of triphenylborane-pyridine (TPBP) antifouling agent in water by copper ions.

    Tsuboi,A, OKAMURA HIDEO, Kaewcchuay,N, Fukushi,K, Zhou,X, Nishida,T

    2013年, Environmental Technology, 34 (20), 2835 - 2840, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Simultaneous Determination of Pyridine-Triphenylborane Anti-Fouling Agent and Its Degradation Products in Paint-Waste Samples Using Capillary Zone Electrophoresis with Field-Amplified Sample Injection

    KAEWCHUAY NETNAPIT, 福士 惠一, 壺井 愛, 岡村 秀雄, 齊藤 惠逸

    日本分析化学会, 2012年12月, ANALYTICAL SCIENCES, 28 (12), 1191 - 1196, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Remediation of eutrophic sediments using industrial byproducts

    Satoshi ASAOKA, Tamiji YAMAMOTO, Hideo OKAMURA

    2012年12月, 4th IWA Young Water Professional Conference 2012, 330 - 333, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 高速液体クロマトグラフィ/タンデムマス質量分析法による海技者尿中の多環芳香族炭化水素代謝物の定量と暴露評価

    矢野 吉治, 平井 哲也, 岡村 秀雄, 木下 啓明, 中野 武

    日本分析化学会, 2012年10月, 分析化学, 61 (11), 925 - 930, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 船底防汚塗料から海水中に溶出した防汚剤トリフェニルボランピリジンに及ぼす太陽光の影響

    岡村 秀雄, 壺井 愛

    環境毒性学会, 2012年, 環境毒性学会誌, 15 (2), 31 - 38, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 水環境中におけるトリフェニルボラン化合物の挙動に及ぼす光の影響.

    岡村 秀雄, 壺井 愛

    日本海水学会, 2012年, 日本海水学会誌, 66 (5), 275 - 282, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高速液体クロマトグラフィー/タンデム質量分析法による海技者尿中の多環芳香族炭化水素代謝物の定量と曝露評価

    平井 哲也, 木下 啓明, 岡村 秀雄, 矢野 吉治, 中野 武

    2012年, 分析化学, 61 (11), 925 - 930, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Treatment of tetracycline antibiotics by laccase in the presence of 1-hydroxybenzotriazole

    Suda,T, Hata, T, kawai, S, 岡村 秀雄, Nishida, T

    2012年, Bioresource Technology, 103 (1), 498 - 501, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of metal pyrithione antifoulants on freshwater macrophyte Lemna gibba G3 determined by image analysis.

    Okamura H, Togosmaa L, Sawamoto T, Fukushi K, Nishida T, Beppu T

    2012年, Ecotoxicology, 21 (4), 1102 - 1111, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Application of rotating cylinder method for ecotoxicological evaluation of antifouling paints.

    Okamura H, Yagi M, Kawachi M, Hanyuda T, Kawai H, Walker I

    2012年, Toxicological and Environmental Chemistry, 94 (3-4), 545 - 556, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Can Dimethyl Ether Diminish Environmental Impacts of Diesel Exhaust Particulates from Marine Diesel Oil?

    Hideo Okamura, Takuya Sawamoto, Tomohisa Dan, Hirotsugu Fujita

    次世代燃料として,ジメチルエーテルを従来の燃料に混合して使用することを提案してきている。本研究では,排気微粒子に含有する有害物質を化学的手法により解析し,その有毒性などを明らかにすることを目的としている。化石燃料としてA重油やC重油にDMEを混合することで,微粒子状物質の絶対量は低減することは可能であるが,C重油+DMEの場合には毒性が逆に増大する可能性があることが明らかになった。

    The Japan Institute of Mairne Engineering, 2011年10月, The 9th International Symposium on Marine Engineering (ISME Kobe 2011), (C5-3), 1 - 4, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effects of organotin alternative antifoulants on oyster embryo

    Noritaka Tsunemasa, Hideo Okamura

    2011年, Arch. Environ. Contam. Toxicol., 61 (1), 128 - 134, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Simultaneous determination of a pyridine-triphenylborane anti-fouling agent and its estimated degradation products using capillary zone electrophoresis

    福士 惠一, 薬師寺 雄樹, 岡村 秀雄, 橋本 陽一, 齊藤 惠逸

    2010年02月, Journal of Chromatography A, 1217 (14), 2187 - 2190, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Removal of diclofenac and mefenamic acid by white rot fungus Phanerochaete sordida YK-624 and identification of their metabolites after fungal treatment.

    Takayuki Hata, Shingo Kawai, Hideo Okamura, Tomoaki Nishida

    2010年, Biodegradation, 21 (5), 681 - 689, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Elimination of carbamazepine by repeated treatment with laccase in the presence of 1-hydroxybenzotriazole.

    Takayuki Hata, Hideaki Shintate, Shingo Kawai, Hideo Okamura, Tomoaki Nishida

    2010年, Journal of Hazardous Materials, 181 (1-3), 1175 - 1178, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Elimination and detoxification of triclosan by manganese peroxidase from white rot fungus.

    Inoue Y, Hata T, Kawai S, Hideo Okamura, Nishida T

    2010年, Journal of Hazardous Materials., 180 (1-3), 764 - 767, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • キャピラリーゾーン電気泳動法による有機ホウ素系防汚剤のアセトニトリル中における分解性評価

    薬師寺 雄樹, 福士 惠一, 岡村 秀雄, 橋本 陽一, 宮道 隆, 齋藤 惠逸

    2009年04月, 分析化学(Bunseki Kagaku), 58 (4), 301 - 304, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ecotoxicity of the degradation products of triphenylborane pyridine (TPBP) antifouling agent

    Hideo Okamura, Shota Kitano, Shinji Toyota, Hiroya Harino, Kevin Thomas

    2009年, Chemosphere, 74 (9), 1275 - 1278, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 有機スズ代替船底防汚剤による広島湾北部海域の底質汚染状況について

    常政 典貴, 上野 博昭, 久保田 明利, 岡村 秀雄

    2008年, 環境化学, 18 (1), 19 - 27, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 神大5SDH-2加速器の一応用―海洋環境関連物質及び農作物の微量元素分析―

    北村 晃, 古山 雄一, 谷池 晃, 岡村 秀雄, 福士 恵一, 服部 賢志

    2007年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, No. 4, pp.147-154., 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Abiotic degradation of triphenylborane pyridine (TPBP) antifouling agent in water

    Zhou Xiaojian, Hideo Okamura, Shinichi Nagata

    2007年04月, Chemosphere, 67 (10), 1904 - 1910, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 浸透性反応壁(PRB)を用いた模擬廃棄物カラムからの浸出水の生態毒性の削減

    西川 崇紘, 岡村 秀雄, 磯貝 恭史, 小野 雄策, 倉田 泰人, 渡辺 洋一, 毛利 紫乃, 小野 芳朗

    2007年, 環境科学会誌, 20 (6), 493 - 501, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Concentrations of antifouling biocides in sediment and mussel samples collected from Otsuchi Bay, Japan.

    Hiroya Harino, Yoshikazu Yamamoto, Sayaka Eguchi, Shinichiro Kawai, Yuko Kurokawa, Takaomi Arai, Madoka Ohji, Hideo Okamura, Nobuyuki Miyazaki

    2007年, Arch. Environ. Contam. Toxicol., 52 (2), 179 - 188, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Applicability of luminescent assay using fresh cells of Vibrio fischeri for toxicity evaluation

    Zhou Xiaojian, Hideo Okamura, Shinichi Nagata

    2006年12月, Journal of Health Science, 52 (6), 811 - 816, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • The impacts and risks on marine environments by the biocides in ship antifouling paints

    Zhou Xiaojian, Hideo Okamura, Shinichi Nagata

    2006年09月, Proceedings of the Second Asia-Pacific International Symposium on Air and Water Treatments by Green Oxidation/Reduction technologies– Catalyst, Plasma and Hybrid System,, pp. 468-473, 英語

    [査読あり]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Remarkable synergistic effects in antifouling chemicals against Vibrio fischeri in a bioluminescent assay

    Zhou Xiaojian, Hideo Okamura, Shinichi Nagata

    2006年06月, Journal of Health Science, 52 (3), 243 - 251, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 広島湾北部における有機スズ代替船底防汚剤による海域の汚染状況について

    常政 典貴, 橋本 和久, 山岡 雄一郎, 上野 博昭, 岡村 秀雄

    2006年, 環境化学, 16 (2), 201 - 211, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Toxicity reduction of metal pyrithiones by near ultraviolet irradiation.

    Hideo Okamura, Naomasa Kobayashi, Masamitsu Miyanaga, Yusaku Nogami

    2006年, Environ. Toxicol., 21 (4), 305 - 309, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 海洋環境シンポジウム2004-海生生物を用いたバイオアッセイと海洋生態系保全のあり方.

    柏田 祥策, 岡村 秀雄

    2005年, 環境科学会誌, 18(2): 127-128., 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effects of heavy metals on sea urchin embryo development. Part 2. Interactive toxic effects of heavy metals in synthetic mine effluents.

    Naomasa Kobayashi, Hideo Okamura

    2005年, Chemosphere, 61 (8), 1198 - 1203, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Accumulation of butyl- and phenyltin compounds in starfish and bivalves from the coastal environment of Korea. Environ.Pollut. 133: 489-499.

    Shim WJ, Yim UH, Kim NS, Hong SH, Oh JR, Jeon JK, Hideo Okamura

    2005年, Environ.Pollut., 133:489-499, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ecotoxicity of seawater in and out dockyards.

    Okamura, H, Fujita, A, Harino, H, Zhou, X, Nagata, S, Yano, Y, Ishida, K

    2004年11月, Ecotoxicity of seawater in and out dockyards. OCEANS ‘04 MTS/IEEE/TECHNO-OCEAN’04., 1793-1796

    [査読あり]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 有機スズ代替防汚剤が海産動植物プランクトンに及ぼす影響評価.

    三重野 紘央, 岡村 秀雄, 常政 典貴

    2004年, 用水と廃水, 46: 1031-1036, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 最終処分場浸出水が生態系に及ぼす影響評価

    岡村 秀雄, 毛利 紫乃, 山田 正人, 井上 雄三, 三重野 紘央, 井藤 悠貴, 藤田 あい

    2004年, 環境科学会誌, 17 (6), 451 - 460, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • ミジンコ致死試験による農業地帯を流下する河川水の毒性評価

    朴 明玉, 岡村 秀雄, 青山 勳, 須戸 幹, 大久保 卓也, 中村 正久

    2004年, 環境毒性学会誌, 7 (1), 23 - 33, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Photosensitized degradation of Irgarol 1051 in water.

    Hideo Okamura, Yuko Sugiyama

    2004年, Chemosphere, 57 (7), 739 - 743, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of heavy metals on sea urchin embryo development. 1. Tracing the cause by the effects.

    Naomasa Kobayashi, Hideo Okamura

    2004年, Chemosphere, 55 (10), 1403 - 1412, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Degradation of the antifouling compound Irgarol 1051 by manganese peroxidase from the white rot fungus Phanerochaete chrysosporium.

    Naoto Ogawa, Hideo Okamura, Hirofumi Hirai, Tomoaki Nishida

    2004年, Chemosphere, 55 (3), 487 - 491, 英語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Photosensitized degradation of Irgarol 1051 in water.

    Okamura, H

    2004年01月, Proceedings in International Symposium on Antifouling paint and Marine Environment (InSAfE), 223-227

    [査読あり]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Phytotoxic effects of antifouling compounds on non-target plant species

    OKAMURA Hideo, NISHIDA T, ONO Y, SHIM W J

    2003年, Bull.Environ.Contam.Toxicol., 71 (5), 881 - 886, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Antifouling herbicides in the coastal waters os western Japan

    OKAMURA Hideo, AOYAMA I, ONO Y, NISHIDA T

    2003年, Marine pollut.bull., 47 (1/6), 59 - 67, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 埋立処分地の多環芳香族炭化水素類とMCF7細胞増殖活性による安全性評価に関する研究

    岡村 秀雄, 小野 芳朗, 加納 佐江子, 剣持 堅志

    2002年, 廃棄物学会誌, 13(6): 370-378, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Toxicity evaluation of new antifouling compounds using suspension-cultured fish cells.

    Hideo Okamura, T Watanabe, I Aoyama, M Hasobe

    2002年, Chemosphere, 46 (7), 945 - 951

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Photodegradation of the antifouling compounds Irgarol 1051 and Diuron released from a commercial antifouling paint.

    Hideo Okamura

    2002年, Chemosphere, 48 (1), 43 - 50

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of new antifouling compounds on the development of sea urchin.

    岡村 秀雄, N Kobayashi

    2002年, Marine Pollut.Bull., 44 (8), 748 - 751

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Algal growth inhibition by river water pollutants in the agricultural area around lake Biwa, Japan.

    Hideo Okamura, M. Piao, I. Aoyama, M. Sudo, T. Okubo, M. Nakamura

    2002年, Environ. Pollut., 117 (3), 411 - 419

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ecotoxicological assessment of agricultural land runoff around Lake Biwa, Japan.

    Okamura, H, Piao, M, Aoyama, I, Sudo, M, Okubo, T, Nakamura, M

    2001年11月, Proceedings in 9th International Conference on the Conservation and Management of Lakes. Ohtsu, Japan.

    [査読あり]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 白色腐朽菌Phanerochaete chrysosporiumによる土壌中のペンタクロロフェノールの生分解及び生態毒性評価.

    明石 竹弘, 岡村 秀雄, 青山 勳

    2001年, 環境毒性学会誌, 4 (1), 19 - 28, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Pesticides in the aquatic environment- Fate, ecotoxicity, and risk assessment.

    Okamura, H, Aoyama, I

    2001年, Proceedings in International symposium on Bioresources and Environmental Stress., 17-20

    [査読あり]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Phytotoxicity of the antifouling compound Irgarol 1051 and a major degradation product.

    Okamura, H, Aoyama, I, Takami, T, Maruyama, T, Suzuki, Y, Matsumoto, M, Katsuyama, I, Hamada, J, Beppu, T, Tanaka, O, Maguire, R.J, Liu, D, Lau, Y.L, Pacepavicius, G.J

    2000年, Marine Pollut.Bull., 40 (9), 754 - 763

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Fate and ecotoxicity of the new antifouling compound Irgarol 1051 in the aquatic environment.

    Okamura, H, Aoyama, I, Liu, D, Maguire, R.J, Pacepavicius, R.J, Lau, Y.L

    2000年, Water Res., 34 (14), 3523 - 3530

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Factors affecting chemical biodegradation.

    Liu, D, Maguire, R.J, Lau, Y.L, Pacepavicius, G.J, Okamura, H, Aoyama, I

    2000年, Environ.Toxicol., 15 (5), 476 - 483

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Daphnia magnaに及ぼす重金属間および重金属と農薬の複合影響.

    朴 明玉, 岡村 秀雄, 羅 栄, 青山 勳

    2000年, 環境毒性学会誌, 3 (1), 23 - 32, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 白色腐朽菌によるアントラキノン系染料の脱色とそれに関与する酵素.

    西田 友昭, 堤 祐司, 毛見 誠, 羽田 崇, 岡村 秀雄

    1999年, 水環境学会誌, 22 (6), 465 - 471, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 水環境における新規防汚剤Irgarol 1051の運命と生態毒性.

    岡村 秀雄, 青山 勳, Liu, D

    1999年, 環境技術, 28(5): 315-319, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 雨天時路面排水中塵埃の遺伝毒性・生態毒性評価.

    小野 芳朗, 岡村 秀雄, 河原 長美, 青山 勳, 小田 美光

    1999年, 水環境学会誌, 22 (7), 561 - 567, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Photodegradation of Irgarol 1051 in water.

    Okamura, H, Aoyama, I, Liu, D, Maguire, R.J, Pacepavicius, G.J, Lau, Y.L

    1999年, J.Environ.Sci.Health., B34(2): 225-238

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mercuric chloride-catalyzed hydrolysis of the new antifouling compound Irgarol 1051.

    Liu, D, Pacepavicius, G.J, Maguire, R.J, Lau, Y.L, Okamura, H, Aoyama, I

    1999年, Water Res., 33 (1), 155 - 163

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Application of short-term bioassay guided chemical analysis for water quality of agricultural land runoff.

    Okamura, H, Omori, M, Luo, R, Aoyama, I, Liu, D

    1999年, Total Environ., 234 (1/3), 223 - 231

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 産業廃棄物埋立地浸出水の生態毒性評価および毒性のキャラクタリゼーション.

    岡村 秀雄, 青山 勲, 羅 栄, Liu, D, Persoone, G

    1998年, 環境毒性学会誌, 1 (1), 43 - 50, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 産業廃棄物埋立地浸出水の生態毒性評価.

    青山 勳, 岡村 秀雄, 羅 栄, Liu, D, Persoone, G

    1998年, 環境技術, 27 (5), 330 - 334, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 酵母Saccharomyces cerevisiaeを用いた底質中の有機有害物質の毒性評価.

    羅 栄, 青山 勳, 岡村 秀雄

    1998年, 水環境学会誌, 21 (4), 244 - 249, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Microbial adsorption of cyanazine and metolachlor.

    Liu, D, Maguire, R.J, Lau, Y.L, Pacepavicius, G.J, Okamura, H, Aoyama, I

    1998年, J.Environ.Sci.Health., B33(1): 1-15

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Halogenation and toxicity of the biodegradation products of a nonionic surfactant, nonylphenol ethoxylate.

    Maki, H, Okamura, H, Aoyama, I, Fujita, M

    1998年, Environ.Toxicol.Chem., 17 (4), 650 - 654

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Green fluorescent protein as a marker to monitor survival of phenanthrene- mineralizing Pseudomonas sp. UG14Gr in creosote-contaminated soil.

    Errampalli, D, Okamura, H, Lee, H, Trevors, J.T, van Elsas, J.D

    1998年, FEMS Microbiology Ecology., 26 (3), 181 - 191

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • ミジンコの運動量解析による有害化学物質のモニタリング.

    青山 勳, 羅 栄, 岡村 秀雄

    1997年, 環境技術, 26 (4), 255 - 259, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Transformation of the new antifouling compound Irgarol 1051 by Phanerochate chrysosporium.

    Liu, D, Maguire, R.J, Lau, Y.L, Pacepavicius, G.J, Okamura, H, Aoyama, I

    1997年, Water Res., 31 (9), 2363 - 2369

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • A rapid biochemical method for estimating biofilm mass.

    Pacepavicius, G.J, Lau, Y.L, Liu, D, Okamura, H, Aoyama, I

    1997年, Environ.Toxicol. Water Qual., 12 (1), 97 - 100

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 農業地帯における河川水がミジンコ遊泳に及ぼす影響.

    岡村 秀雄, 大森 元子, 羅 栄, 青山 勲

    1996年, 環境技術, 25 (3), 145 - 148, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Enhancement of toxicant release from sediment by sonication and sodium ligninsulfonate.

    Liu, D, Aoyama, I, Okamura, H, Dutka, B.J

    1996年, Environ.Toxicol. Water Qual., 11 (3), 195 - 203

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ecotoxicity assessment of the aquatic environment around lake Kojima, Japan.

    Okamura, H, Luo, R, Aoyama, I, Liu, D

    1996年, Environ.Toxicol. Water Qual., 11 (3), 213 - 221

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Assessment of cyanazine persistence in water.

    Pacepavicius, G.J, Liu, D, Maguire, R.J, Ng, H, Gaynor, J.D, Okamura, H, Aoyama, I

    1996年, Environ.Toxicol. Water Qual., 11 (1), 27 - 36

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 児島湖周辺の水環境の生態毒性スクリーニング.

    岡村 秀雄, 羅 栄, 青山 勲

    1995年, 環境技術, 24 (4), 196 - 202, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Microbial transformation of metolachlor.

    Liu, D, Maguire, R.J, Pacepavicius, G.J, Aoyama, I, Okamura, H

    1995年, Environ.Toxicol. Water Qual., 10 (4), 249 - 258

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ecotoxicity assessment of agricultural effluent and surface water during the application of paddy pesticides.

    Okamura, H, Luo, R, Omori, M, Mitsui, T, Aoyama, I, Liu, D

    1995年, Proceeding of 6th International Conference on the Conservation and Management of Lakes -Kasumgaura '95, 1195-1198

    [査読あり]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Interactive toxic effect and distribution of heavy metals in phytoplankton.

    Okamura, H, Aoyama. I

    1994年, Environ.Toxicol. Water Qual., 9 (1), 7 - 15

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Two acylated flavonol glycosides from Eucalyptus rostrata.

    Okamura, H, Mimura, A, Niwano, M, Takahara, Y, Yasuda, H, Yoshida, H

    1993年, Phytochemistry., 33 (2), 512 - 514

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Interactive toxic effect and bioconentration between cadmium and chromium using continuous algal culture.

    Aoyama, I, Okamura, H

    1993年, Environ.Toxicol. Water Qual., 8 (3), 255 - 269

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • Antioxidant activity of tannins and flavonoids in Eucalyptus rostrata.

    Okamura, H, Mimura, A, Yakou, Y, Niwano, M, Takahara, Y

    1993年, Phytochemistry., 33 (3), 557 - 561

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • 藻類増殖阻害に及ぼす培養条件の影響と重金属の毒性評価.

    岡村 秀雄, 青山 勲, 八木 正一

    1989年, 水質汚濁研究., 12(10): 654-663, 日本語

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

  • The interaction effects of toxic chemical combinations on Chlorella ellipsoidea.

    Aoyama, I, Okamura, H, Yagi, M

    1989年, Toxicity Assessment., 2 (3), 341 - 355

    [査読あり]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 船体付着による水生生物の移動を最小化する対策

    岡村 秀雄

    2017年08月, 海洋と生物, 39 (4), 332 - 337, 日本語

    [招待あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 海技者の尿中PAH代謝物の分析

    矢野 吉治, 平井 哲也, 岡村 秀雄, 中野 武

    2012年, 第21回 環境化学討論会 口頭発表, 日本語

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

  • Determination of hydroxylated polycyclic aromatic hydrocarbons in mariner's urine by high performance liquid chromatography-tandem mass spectrometry

    矢野 吉治, 平井 哲也, 木下 啓明, 岡村 秀雄, 中野 武

    2012年, 19th IMSC 2012 Poster presentation, 英語

    その他記事

  • 船底防汚塗料に用いられる亜鉛ピリチオンおよび銅ピリチオンの環境影響.

    岡村 秀雄

    2009年, 付着生物学会誌 26(1): 33-41, 26 (1), 33 - 41, 日本語

    [査読あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • バイオモニタリングを活用した汚染された水環境の評価と管理.

    岡村 秀雄

    2009年, 日本海水学会誌, 63 (5), 307 - 311, 日本語

    [査読あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 有機スズ代替防汚剤による海洋汚染

    岡村 秀雄

    2006年, 安全工学, 45 (6), 399 - 407, 日本語

    [査読あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 船底防汚塗料と海洋環境. 2005年におけるマリンエンジニアリング技術の進歩.

    千田 哲也, 高橋 一暢, 張野 宏也, 岡村 秀雄

    2006年, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 41: 561-562, 日本語

    [査読あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 海洋汚染とバイオアッセイ.

    岡村 秀雄

    2006年, 水環境学会誌, 29: 433-437, 日本語

    [査読あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 有機スズ代替防汚剤の生態系影響.

    岡村 秀雄

    2005年, 日本マリンエンジニアリング学会誌., 40 (1), 35 - 38, 日本語

    [査読あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 日本で使用される防汚システムの現状.

    三重野 紘央, 岡村 秀雄

    2005年, 神戸大学海事科学部紀要., 2: 79-86., 日本語

    その他記事

  • 水域で意図的に使用される化学物質の環境内運命 �防汚剤イルガロールの分解性-.

    Hideo Okamura

    2005年, 水, 47(3): 37-40., 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 有機スズ代替防汚剤と沿岸海洋環境.

    岡村 秀雄

    2004年, 日本海水学会誌, 58(4): 361-366, 日本語

    [査読あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 日本海水学会第4回若手の集いを終えて.

    岡村 秀雄

    2004年, 日本海水学会誌., 58(4): 334, 日本語

    [査読あり]

    その他記事

  • 第18回環境科学会セミナー報告.

    信川 貴子, 岡村 秀雄

    2004年, 環境科学会誌, 17(1): 83-84, 日本語

    [査読あり]

    その他記事

  • 環境毒性学における単一種試験の適用と解釈に関する指針文書(カナダ環境省出版物Guidance Document on Application and Interpretation of Single-species Tests in Environmental Toxicologyの訳書)

    岡村 秀雄

    2004年, 土木研究所資料, 第3921号, pp.258, 日本語

    [査読あり]

    その他記事

  • 日本水環境学会第36回年会総括報告

    岡村 秀雄

    2002年, 水環境学会誌, 25(6):310-315, 日本語

    [査読あり]

    その他記事

  • 化学物質の生態系影響評価試験の開発動向 -試験キットを用いた毒性試験法とその適用-.

    岡村 秀雄

    2002年, 瀬戸内海区水産研究所 調査研究叢書, 第2号、37-43, 日本語

    [査読あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 有機スズ剤に替わる防汚剤の今.

    岡村 秀雄

    2000年, 瀬戸内海., 23: 15-20, 日本語

    [査読あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 第9回毒性評価に関する国際シンポジウムへの参加報告書

    岡村 秀雄

    2000年, 昭和シェル石油環境研究助成財団-1998年度助成研究成果報告書, pp.86-87, 日本語

    [査読あり]

    その他記事

  • 生物活性物質は消えてどこへ行く?.

    岡村 秀雄

    2000年, 京都大学環境保全センター「環境保全」, 15: 58-67, 日本語

    [査読あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 水環境の診断ツール -マイクロバイオテスト.

    岡村 秀雄

    2000年, 生物工学会誌, 78(3):102, 日本語

    [査読あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • バイオレメディエーション研究事例 -クレオソート油汚染土壌浄化への光るタンパク質の利用-.

    岡村 秀雄

    2000年, 水, 42(1): 25-29, 日本語

    [査読あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 第8回毒性評価に関する国際シンポジウム後記

    青山 勳, 岡村 秀雄, 羅 栄

    1998年, 環境毒性学会誌, 1(1): 70-71, 日本語

    [査読あり]

    その他記事

  • バイオモニタリングによる水環境の汚染評価.

    岡村 秀雄, 青山 勲

    1998年, 日本農薬学会誌, 23(2): 166-173, 日本語

    [査読あり]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

書籍等出版物

  • Sediment watch (Ed. Yap,C.K.)

    Yap CK, 岡村 秀雄, Harino H

    共著, Nova Science Publishers, 2018年, 英語, Managing sustainable coastal environments by sediment watch: A review. Chapter 1, 1-21

    単行本(学術書)

  • Antagonistic and synergistic effects of antifouling chemicals in mixture

    Shinichi Nagata, Zhou Xiajian, Hideo Okamura

    共著, Encyclopedia of ecology, 2008年06月, 英語, ISBN: 9780444520333

    単行本(学術書)

  • 有機スズ代替防汚剤は底質中で無害となるか?

    岡村 秀雄

    単著, 科学研究費補助金基盤研究B研究成果報告書., 2008年, 日本語

    調査報告書

  • 「固体・ガス状試料の安全性評価システムの開発」成果報告書.

    岡村 秀雄

    共著, 文部科学省リーディングプロジェクト. 一般・産業廃棄物・バイオマスの複合処理・再資源化プロジェクト., 2008年, 日本語

    調査報告書

  • Detoxification of steroidal hormones in the aquatic environment. In Drinking Water

    Nishida T, Okamura H

    共著, Nova Publishers, 2008年, 英語

    単行本(学術書)

  • 廃棄物処分場の有害物質の安全・安心保障、最終成果報告書.

    岡村 秀雄

    共著, 文部科学省科学技術振興調整費 重要課題解決型研究., 2007年, 日本語

    調査報告書

  • Antifouling Paint Biocides. The Handbook of Environmental Chemistry.

    Hideo Okamura, Hirohisa Mieno

    共著, Springer, 2006年, 英語

    単行本(学術書)

  • 環境・健康科学辞典(日本薬学会編)

    岡村 秀雄

    共著, 丸善, 2005年, 日本語

    単行本(学術書)

  • 2003年度環境助成研究成果概要集.

    岡村 秀雄

    共著, 鉄鋼業環境保全技術開発基金., 2005年, 日本語

    調査報告書

  • 平成15年度学術研究支援事業 研究成果報告書.

    岡村 秀雄

    共著, 財団法人ひょうご科学技術協会, 2004年, 日本語

    調査報告書

  • 「最終処分場管理における化学物質リスクの早期警戒システムの構築」総合研究報告書.

    岡村 秀雄

    共著, 環境省廃棄物処理等科学研究費補助金, 2004年, 日本語

    調査報告書

  • ソルト・サイエンス研究財団-平成14年度助成研究報告集

    岡村 秀雄

    共著, ソルト・サイエンス研究財団, 2004年, 日本語

    調査報告書

  • Indicators of Sustainable Development: Assessing Changes in Environmental Conditions

    Heng, L.Y, Mokhtar, M.B, Aoyama, I, Rong, L, Okamura, H

    共著, LESTARI, 2004年, 英語

    単行本(学術書)

  • 水環境における新規防汚剤の運命および生態影響.

    岡村 秀雄

    単著, 科学研究費補助金基盤研究C2研究成果報告書., 2003年, 日本語

    調査報告書

  • 新規船底防汚剤が海産プランクトンに及ぼす影響評価平成14年度クリタ水・環境科学振興財団 研究成果報告書.

    岡村 秀雄

    共著, 環境科学振興財団, 2003年, 日本語

    調査報告書

  • 滋賀県琵琶湖研究所プロジェクト研究(H9〜12年度)「湖内現象を考慮したノンポイント負荷削減対策の検討」報告書,390-394

    岡村 秀雄

    共著, 滋賀県琵琶湖研究所, 2002年, 日本語

    調査報告書

  • ソルト・サイエンス研究財団-平成12年度助成研究報告集 2000

    岡村 秀雄, 青山 勳

    共著, ソルト・サイエンス研究財団, 2002年, 日本語

    調査報告書

  • ソルト・サイエンス研究財団-平成11年度助成研究報告集 1999

    岡村 秀雄, 青山 勳

    共著, ソルト・サイエンス研究財団, 2001年, 日本語

    調査報告書

  • ソルト・サイエンス研究財団-平成10年度助成研究報告集 1998

    岡村 秀雄, 青山 勳

    共著, ソルト・サイエンス研究財団, 2000年, 日本語

    調査報告書

  • New Microbiotests for Routine Toxicity Screening and Biomonitoring

    Aoyama, I, Okamura, H, Luo, R

    共著, Kluwer Academic/Plenum Publishers, 2000年, 英語

    単行本(学術書)

  • 両備木聖園記念財団研究報告書

    岡村 秀雄

    共著, 両備木聖園記念財団, 1999年, 日本語

    調査報告書

  • 住友財団-平成9年度環境研究助成報告書

    岡村 秀雄

    共著, 住友財団, 1999年, 日本語

    調査報告書

  • 滋賀県琵琶湖研究所所報

    岡村 秀雄, 大久保 卓也, 須戸 幹, 濱田 仁, 今泉 真知子, 市木 敦之, 伏脇 裕一

    共著, 滋賀県琵琶湖研究所, 1999年, 日本語

    調査報告書

  • Modern Soil Microbiology

    Leung, K.T, Errampalli, D, Cassidy, M, Lee, H, Hall, B, Trevors, J.D, Okamura, H, Bach, H.J

    共著, Marcel Dekker Inc., New York, 1997年, 英語

    教科書・概説・概論

  • 日産科学振興財団研究報告書

    青山 勲, 八木 正一, 岡村 秀雄

    共著, 日産科学振興財団, 1986年, 日本語

    調査報告書

  • Toxicity Screening Procedure Using Bacterial Systems.

    Aoyama, I, Okamura, H

    共著, Marcel Dekker Inc., New York, 1984年, 英語

    単行本(学術書)

講演・口頭発表等

  • ディーゼル機関からのススの変異原性と多環芳香族炭化水素の関係

    速水健斗、楠将史、吉田明輝、今吾一、岡村秀雄、段智久、羽賀雄紀、松村千里.

    第89回マリンエンジニアリング学術講演会, 講演論文集. p.245-246., 2019年10月03日

  • 海藻類の増殖に及ぼす防汚剤の有害影響

    岡村秀雄,安田諒子,乾秀之,Vladimir P Beskoski,川井浩史.

    第25回日本環境毒性学会研究発表会, P21, 70,, 2019年09月26日

  • 航行中の船舶から排出されるPMの成分組成

    中坪良平, 松村千里, 羽賀雄紀, 平木隆年, 今吾一, 楠将史, 吉田明輝, 速水健斗,浅川大地,岡村秀雄.

    第36回エアロゾル科学・技術研究討論会, 2019年09月06日

  • 船舶から排出されるPM及びその主要成分の特徴

    中坪良平,松村千里,羽賀雄紀,平木隆年,今吾一,楠将史,吉田明輝,速水健斗,浅川大地,岡村秀雄

    第60回大気環境学会年会, 2019年09月

  • 舶用ディーゼル機関からのススの変異原性と多環芳香族炭化水素

    楠将史、吉田明輝、速水健斗、今吾一、岡村秀雄、段智久、羽賀雄紀、松村千里

    第88回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集, 2018年10月

  • ウニの受精・初期発生に対する船底塗装由来粒子の影響

    加納 研多, 浅岡 聡, 岡村 秀雄

    第24回日本環境毒性学会, 2018年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 沿岸域の汚染を評価するための海藻類増殖阻害試験法の開発

    岡村 秀雄, 安田 諒子, 乾 秀之, 川井 浩史

    平成30年度瀬戸内海研究フォーラムin兵庫, 2018年08月, 日本語, 神戸大学100年記念館

    ポスター発表

  • Embryotoxicity of the antifouling biocide tralopyril on sea urchin Pseudocentrotus depressus.

    Vesna Lavtizar, 岡村 秀雄

    27th Symposium on Environmental Chemistry, 2018年05月, 英語, Okinawa

    口頭発表(一般)

  • Distribution of Dissolved Copper in Coastal Surface Seawater of Japan.

    Yingqing Lin, Tokuji Kitano, Masayuki Matsubayashi, Satoshi Asaoka, 岡村 秀雄

    The 11th International Symposium on Marine Engineering (ISME2017 Tokyo), 2017年10月, 英語

    口頭発表(一般)

  • 船底防汚剤と海洋汚染

    岡村 秀雄

    第23回日本環境毒性学会研究発表会シンポジウム「海洋汚染」, 2017年09月, 日本語, 東洋大学

    [招待あり]

    口頭発表(招待・特別)

  • 沿岸海水中の溶存態銅のモニタリング及びMarine BLMを用いた有害性評価

    北野徳治, 林穎卿, 松林雅之, 浅岡聡, 岡村 秀雄

    日本環境毒性学会, 2017年09月, 日本語, 東洋大学

    口頭発表(一般)

  • Distribution of perfluoroalkyl acids from Osaka Bay to coastal waters of Western Japan

    Hideyuki INUI, Katsuya YAMAMOTO, Atsushi YAMAMOTO, Hideo OKAMURA, Mitsuru HAYASHI, Takeshi NAKANO, Chisato MATSUMURA, Keiichi FUKUSHI, Vladimir, p. BESKOSKI

    The 14th International Symposium on Persistent Toxic Substances, 2017年09月, 英語, Nagoya(Aichi)

    口頭発表(一般)

  • Water stability of a new antifouling biocide tralopyril and its toxicity to freshwater algae Pseudokirchneriella subcapitata.

    Vesna Lavtizar, 岡村 秀雄

    Pollution Control Congress (PCC) 2017., 2017年07月, 英語, Melbourne, Australia

    口頭発表(一般)

  • 日本沿岸の表層海水中の溶存態ニッケルの分布

    林穎卿, 北野徳治, 松林雅之, 岡村 秀雄, 浅岡聡

    日本水環境学会, 2017年03月, 日本語, 熊本大学

    口頭発表(一般)

  • The Interactive effect of salts and copper pyrithione on a brine shrimp survival.

    Vesna Lavtizar, Daisuke Kimura, Satoshi Asaoka, 岡村 秀雄

    International Conference on Emerging Trends in Environmental Engineering and Control (ICETEEPC) 2017, 2017年03月, 英語, Beijing, China

    口頭発表(一般)

  • 溶出試験による漁網防汚塗料から海水に溶出した銅が海産藻類に及ぼす影響.

    北野徳治, 田中風太, 中村紗矢香, 岡村 秀雄, 浅岡聡

    第22回日本環境毒性学会, 2016年09月, 日本語, 愛媛大学

    口頭発表(一般)

  • ジメチルエーテル混合C重油燃料を用いた舶用機関からの排ガスが水生生物に及ぼす影響

    篠原 悠, 大谷 貴士, 岡本 ひさよ, 段 智久, 浅岡 聡, 岡村 秀雄

    第84回マリンエンジニアリング学術講演会 講演論文集 pp.155-156, 2014年11月, 日本語, 下関市,海峡メッセ下関

    口頭発表(一般)

  • 天然海水中でのピリチオン防汚剤と銅イオンが塩水性甲殻類に及ぼす影響

    木村太輔, Guo Xin Li, 仁多一徳, 岡村秀雄, 浅岡 聡

    日本マリンエンジニアリング学会 海洋環境研究委員会第3回ワークショップ, 2013年09月, 日本語, 神戸大学

    口頭発表(一般)

  • DME混合燃料由来のディーゼル排ガス微粒子の変異原性評価

    岡本 ひさよ, 段 智久, 岡村 秀雄

    第83回マリンエンジニアリング学術講演会 講演論文集 pp.107-108, 2013年09月, 日本語, 静岡、日本

    口頭発表(一般)

  • 閉鎖性水域における環境改善材料のXAFSによる性能評価

    浅岡 聡, 岡村秀雄, 与儀千尋, 太田敏明, 片山真祥, 稲田康宏, 早川慎二郎

    立命館大学SRセンター研究成果報告会, 2013年06月, 日本語, 立命館大学

    [招待あり]

    口頭発表(招待・特別)

  • 好気・嫌気環境の繰り返しによる石炭灰造粒物への硫化物イオンの吸着機構の解明

    浅岡 聡, 斉藤 直, 岡村秀雄, 早川慎二郎

    第73回分析化学討論会, 2013年05月, 日本語, 北海道大学

    ポスター発表

  • 野外水槽を用いた炭酸化製鋼スラグによる閉鎖性水域の底質改善効果の検証

    浅岡 聡, 森澤亮介, 曽我浩征, 岡村秀雄, 村上 裕

    第47回日本水環境学会, 2013年03月, 日本語, 大阪工業大学

    口頭発表(一般)

  • 炭酸化製鋼スラグを用いた底質改善方法における底生生態系への影響評価

    曽我浩征, 岡村秀雄, 浅岡 聡, 村上 裕

    第47回日本水環境学会, 2013年03月, 日本語, 大阪工業大学

    口頭発表(一般)

  • 炭酸化製鋼スラグの硫化物イオン除去メカニズム

    森澤亮介, 浅岡 聡, 岡村秀雄, 福士惠一, 村上 裕

    第47回日本水環境学会, 2013年03月, 日本語, 大阪工業大学

    口頭発表(一般)

  • Oxidation mechanisms of hydrogen sulfide on the surface of manganese oxside in granulated coal ash

    Satoshi ASAOKA, Shinjiro HAYAKAWA, Hideo OKAMURA, Tadashi SAITO

    17th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, 2013年03月, 英語, Hiroshima University

    ポスター発表

  • 産業系リサイクル材料各種による閉鎖性水域の環境改善効果の比較

    浅岡 聡, 岡村秀雄, 山本民次, 早川慎二郎, 竹田一彦, 片山真祥

    日本分析化学会広島地区分析技術講演会, 2013年02月, 日本語, 広島大学

    口頭発表(招待・特別)

  • Remediation of eutrophic sediments using industrial byproducts

    Satoshi ASAOKA, Tamiji YAMAMOTO, Hideo OKAMURA

    4th IWA Young Water Professional Conference 2012, 2012年12月, 英語, Tokyo

    口頭発表(一般)

  • ジャトロファ油由来のディーゼル排ガス微粒子に吸着する有害物質

    中村 紗也香, 尾田 恵梨奈, 松本 紗央里, 岡本 ひさよ, 段 智久, 岡村 秀雄

    第82回マリンエンジニアリング学術講演会 講演論文集 pp.59-60, 2012年09月, 日本語, 日本マリンエンジニアリング学会/The Japan Institute of Marine Engineering, 高松市

    口頭発表(一般)

  • ジャトロファ油由来のディーゼル排ガス微粒子に吸着するニトロ化PAHs

    岡本 ひさよ, 中村 紗也香, 松本 紗央里, 段 智久, 岡村 秀雄

    第82回マリンエンジニアリング学術講演会 講演論文集 pp.61-62, 2012年09月, 日本語, 日本マリンエンジニアリング学会/The Japan Institute of Marine Engineering, 高松市

    口頭発表(一般)

  • Abnormal duckweed fronds occurred by metal pyrithione.

    Okamura H, Togosmaa L

    16th International Congress on Marine Corrosion and Fouling, 2012年06月, 英語, Seattle, USA

    ポスター発表

  • ディーゼル排気微粒子の環境毒性に及ぼすDMEの添加効果

    沢本 拓也, 岡村 秀雄, 藤田 浩嗣, 段 智久

    第81回マリンエンジニアリング学術講演会 講演論文集 pp.49-50, 2011年05月, 日本語, 日本マリンエンジニアリング学会, 東京都

    口頭発表(一般)

  • 誘導体化HPLC法によるピリチオン化合物の定量

    岡村 秀雄

    第2回ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」, 2011年, 日本語, 日本マリンエンジニアリング学会, 千葉工業大学

    口頭発表(一般)

  • 水環境中におけるトリフェニルボラン防汚剤の運命に及ぼす光の影響

    壺井 愛, 小山 誠司, 岡村 秀雄, 福士 恵一

    第81回マリンエンジニアリング学術講演会, 2011年, 日本語, 日本マリンエンジニアリング学会, 東京海洋大学

    口頭発表(一般)

  • ピリチオン防汚剤がウキクサ葉状体に及ぼす影響

    岡村 秀雄

    第17回日本環境毒性学会, 2011年, 日本語, 日本環境毒性学会, 鹿児島大学

    口頭発表(一般)

  • 船舶ディーゼル排ガス由来粒子状物質の変異原性評価

    沢本 拓也, 岡村 秀雄, 藤田 浩嗣, 段 智久

    第80回マリンエンジニアリング学術講演会 講演論文集 pp.55-56, 2010年08月, 日本語, 日本マリンエンジニアリング学会, 新潟(朱鷺メッセ)

    口頭発表(一般)

  • 重金属イオンが防汚剤トリフェニルボランピリジン(TPBP)の運命に及ぼす影響

    岡村 秀雄

    日本海水学会第61年会, 2010年, 日本語, 日本海水学会第61年会, 石巻専修大学

    口頭発表(一般)

  • 広島湾北部海域における有機スズ代替化合物汚染とカキに与える影響

    岡村 秀雄

    第80回マリンエンジニアリング学術講演会, 2010年, 日本語, 日本マリンエンジニアリング学会, 朱鷺メッセ

    口頭発表(一般)

  • バイオアッセイによる港湾表層底質の汚染評価

    岡村 秀雄

    第80回マリンエンジニアリング学術講演会, 2010年, 日本語, 日本マリンエンジニアリング学会, 朱鷺メッセ

    口頭発表(一般)

  • 遺伝子マーカーによる船体付着藻類の多様性解析

    川井 浩史, 羽生田 岳昭, 河地 正伸, 岡村 秀雄

    ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」, 2009年11月, 日本語, 日本マリンエンジニアリング学会, 函館

    口頭発表(一般)

  • ECOTOXICITY ASSESSMENT OF NEW BIOCIDE-FREE ANTIFOULING PAINTS.

    Hideo Okamura, Kawachi, M, Hanyuda, T, Kawai, H

    14th International Symposium on Toxicity Assessment., 2009年09月, 英語, Metz, France

    ポスター発表

  • 底質コアサンプル中の船底防汚剤分布.

    常政 典貴, 岡村 秀雄, 張野 宏也, 山崎 秀夫

    ワークショップ船底塗料と海洋環境に関する最新の話題講演集., 2009年, 日本語, 函館

    口頭発表(一般)

  • 船舶ディーゼル排ガス由来粒子状物質に吸着した有害化学成分に関する研究.

    沢本 拓也, 岡村 秀雄, 藤田 浩嗣, 河原林 威一郎

    第79回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 161-162., 2009年, 日本語, メルパルク広島

    口頭発表(一般)

  • 船底用および漁網用防汚剤の水環境における運命.

    壺井 愛, 井谷 武, 岡村 秀雄

    日本海水学会第60年会講演要旨集. pp.16-17., 2009年, 日本語, 東大

    口頭発表(一般)

  • 水環境におけるトリフェニルボラン防汚剤の生態影響評価.

    壺井 愛, 岡村 秀雄, 常政 典貴

    ワークショップ船底塗料と海洋環境に関する最新の話題講演集., 2009年, 日本語, 函館

    口頭発表(一般)

  • 海産発光細菌を用いた港湾底質の汚染評価.

    高取 紘平, 常政 典貴, 岡村 秀雄

    第79回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 163-164., 2009年, 日本語, メルパルク広島

    口頭発表(一般)

  • キャピラリーゾーン電気泳動法によるピリジントリフェニルボラン及び分解生成物の同時定量.

    福士 惠一, 薬師寺 雄樹, 岡村 秀雄, 橋本 陽一, 齋藤 惠逸

    ワークショップ船底塗料と海洋環境に関する最新の話題講演集., 2009年, 日本語, 函館

    口頭発表(一般)

  • カキ発生に与える有機スズ代替船底防汚剤の影響.

    常政 典貴, 岡村 秀雄

    第79回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 165-166., 2009年, 日本語, メルパルク広島

    口頭発表(一般)

  • THE INFLUENCE OF ORGANOTIN ALTERNATIVE ANTIFOULANTS ON THE OYSTER’S EMBRYOLOGY.

    Tsunemasa, N, Okamura, H

    14th International Symposium on Toxicity Assessment.62., 2009年, 英語, Metz, France

    ポスター発表

  • Fate of triphenylborane-pyridine antifouling agent in sediments (POSTER).

    Okamura, H, Kitano, S

    5th SETAC World Congress, 2008年08月, 英語, Sydney, Australia

    口頭発表(一般)

  • Triphenylborane-pyridine antifouling agent degrades by metal ions? (POSTER)

    Tsuboi, A, Okamura, H, Harino, H, Tsunemasa, N, Thomas, K, Shim, WJ

    14th International Congress on Marine Corrosion and Fouling., 2008年07月, 英語, 神戸

    ポスター発表

  • Simultaneous determination of pyridine triphenylborane (TPBP) antifouling agent and its estimated degradation products by capillary zone electrophoresis (POSTER).

    Fukushi, K, Yakushiji, Y, Okamura, H, Hashimoto, Y

    14th International Congress on Marine Corrosion and Fouling., 2008年07月, 英語, 神戸

    口頭発表(一般)

  • Contamination of organotin alternative antifoulants in coastal seawater and sediment of Hiroshima Bay (POSTER).

    Tsunemasa, N, Okamura, H

    14th International Congress on Marine Corrosion and Fouling., 2008年07月, 英語, 神戸

    口頭発表(一般)

  • 新規防汚剤の環境影響.

    岡村 秀雄

    2008年度日本付着生物学会研究集会, 2008年04月, 日本語, 東京海洋大学

    口頭発表(招待・特別)

  • 船舶ディーゼル排ガス由来微粒子が動植物プランクトンに及ぼす影響評価.

    河原林 威一郎, 岡村 秀雄, 藤田 浩嗣

    日本マリンエンジニアリング学術講演会, 2008年, 日本語

    口頭発表(一般)

  • Ecotoxicity reduction of leachates from model waste columns using permeable reactive barrier (PRB) (POSTER). 119.

    Nishikawa, T, Okamura, H, Isogai, T, Ono, Y, Kurata, Y, Watanabe, Y, Mohri, S, Ono, Y

    13th International Symposium on Toxicity Assessment., 2007年08月, 英語, 富山

    口頭発表(一般)

  • Degradation products of triphenylborane-pyridine antifouling agent in water (ORAL).

    Kitano, S, Okamura, H, Toyota, S, Kawarabayashi, I, Harino, H, Thomas, K.V

    13th International Symposium on Toxicity Assessment., 2007年08月, 英語, 富山

    口頭発表(一般)

  • Consideration of salinity in the evaluation of landfills and solid wastes using aquatic and terrestrial higher plant test (POSTER). 121.

    Mohri, S, Okamura, H, Izmo, T, Ono, Y

    13th International Symposium on Toxicity Assessment., 2007年08月, 英語, 富山

    口頭発表(一般)

  • An evaluation of some PAHs in seawater of the Seto Inland Sea and the Pacific Ocean near west Japan (POSTER). 112.

    Miyanaga, M, Kaneda, K, Okamura, H, Yano, Y, Nogami, Y

    13th International Symposium on Toxicity Assessment., 2007年08月, 英語, 富山

    口頭発表(一般)

  • 「トリブチルスズ代替防汚剤による沿岸域の汚染とバイオアッセイを用いた毒性評価」講演要旨集 9.

    岡村 秀雄

    平成19年度日本水産学会近畿支部シンポジウム-近畿の水環境の現状とその制御に向けて., 2007年07月, 日本語, 神戸女学院大学

    口頭発表(招待・特別)

  • Protection of Marine Environment. Man-made chemicals used on ship hulls on purpose.

    Okamura, H

    2nd Oxford Kobe Institute International Maritime Seminar: Sustainable Maritime Transport., 2007年06月, 英語, Kobe Institute

    口頭発表(招待・特別)

  • Acute toxicity of the ash from a gasification test plant on earthworm survival (POSTER).

    Okamura, H, Suzuki, K, Mohri, S, Ono, Y

    SETAC Europe 17th Meeting, 2007年05月, 英語, Porto, Portugal

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海及び太平洋におけるPAHsの濃度レベルのモニタリング第40回日本水環境学会年会講演集.

    兼田 和彦, 宮永 政光, 野上 祐作, 岡村 秀雄, 矢野 吉治

    第40回日本水環境学会年会, 2007年03月, 日本語, 大阪産業大学

    口頭発表(一般)

  • 浸出水対策のための浸出水の毒性評価

    岡村 秀雄

    平成18年度中国四国地域産業廃棄物処理等技術研修会, 2006年10月, 日本語, 岡山県生涯学習センター

    口頭発表(招待・特別)

  • 「サンゴと化学物質」「バイオサイドとは?-沿岸域汚染の現状と環境管理」

    岡村 秀雄

    世界自然保護基金ジャパン 講演会, 2006年09月, 日本語, 環境省国際サンゴ礁研究モニタリングセンター、沖縄県石垣市

    口頭発表(招待・特別)

  • ウキクサ葉状体の異常を指標とした浸出水中の化学物質の影響評価.52. 第12回環境毒性学会講演要旨集.

    西川 嵩紘, 久地井 美央, 岡村 秀雄, 毛利 紫乃, 小野 芳朗

    第12回環境毒性学会講演, 2006年09月, 日本語, 北里大学

    口頭発表(一般)

  • 水中での硝酸ミコナゾールの光分解性評価(Oral).

    北野 翔太, 岡村 秀雄

    日本海水学会第57年会研究技術発表会講演, 2006年05月, 日本語, 高松

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海と太平洋における海水中の多環芳香族炭化水素濃度の比較.

    兼田 和彦, 宮永 政光, 野上 祐作, 岡村 秀雄, 矢野 吉治

    第40回日本水環境学会年会, 2006年03月, 日本語, 仙台

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海と太平洋における海水中の多環芳香族炭化水素濃度の比較.

    兼田 和彦, 宮永 政光, 野上 祐作, 岡村 秀雄, 矢野 吉治

    第40回日本水環境学会年会講演集., 2006年03月, 日本語, 宮城県仙台市

    口頭発表(一般)

  • 高等植物における生長評価エンドポイントの検討.

    毛利 紫乃, 出雲 貴巳, 岡村 秀雄, 小野 芳朗

    第40回日本水環境学会年会, 2006年03月, 日本語, 仙台

    口頭発表(一般)

  • 高等植物における生長評価エンドポイントの検討.

    毛利 紫乃, 出雲 貴巳, 岡村 秀雄, 小野 芳朗

    第40回日本水環境学会年会講演集., 2006年03月, 日本語, 宮城県仙台市

    口頭発表(一般)

  • The impacts on marine environments by the biocides in ship antifouling paints.

    Zhou, X, Okamura, H, Nagata, S

    2nd Asia Pacific International Symposium on Air and Water Treatments by green oxidation/reduction technologies-catalyst plasma and hybrid systems, 2006年, 英語, Dalian, China

    口頭発表(一般)

  • The impacts on marine environments by the biocides in ship antifouling paints

    Xiaojian Zhou, Hideo Okamura, Shinichi Nagata

    The Progre of Green Oxidation/Reduction Technology, 2006年, 英語

    口頭発表(一般)

  • Effect of salt concentration on bioluminescence of Vibrio fischeri: Applications on screening for quorum sensing inhibitors

    Zhou Xiaojian, Hideo Okamura, Shinichi Nagata

    Abstracts of International Symposium on Extremophiles and Their Applications, pp. 362, 2005年11月, 英語, Tokyo, Japan

    ポスター発表

  • Single and joint toxicity of some new antifoulants against Vibrio fischeri by bioluminescent assay

    Zhou Xiaojian, Hideo Okamura, Shinichi Nagata

    Abstracts of Pacem In Maribus XXXI Conference, pp. 108, 2005年10月, 英語, Queensland, Australia

    口頭発表(一般)

  • Luminescent bioassay using Vibrio fischeri to assess the pollution of antifoulants

    Zhou Xiang, Hideo Okamura, Shinichi Nagata

    Abstracts of the Conference on Health and Biodiversity 2005, pp. 98, 2005年08月, 英語, Galway, Ireland

    口頭発表(一般)

  • 有機ホウ素系船底防汚剤が水生生物に及ぼす影響(Oral).

    井藤 悠貴, 岡村 秀雄, 羽曽部 正豪, 白戸 孝明

    第39回日本水環境学会年会, 2005年03月, 日本語, 千葉

    口頭発表(一般)

  • 広島県北部における有機スズ代替船底防汚剤による底質の汚染状況 (Poster).

    常政 典貴, 上野 博昭, 今村 光徳, 岡村 秀雄

    第39回日本水環境学会年会, 2005年03月, 日本語, 千葉

    口頭発表(一般)

  • 浸出水中の亜鉛が水生植物ウキクサに及ぼす影響.

    岡村 秀雄, 久地井 美央, 西川 嵩紘, 毛利 紫乃, 小野 芳朗, 山田 正人

    廃棄物学会2005年会, 2005年, 日本語, 仙台、宮城県

    口頭発表(一般)

  • 岩手県大槌湾におけるムラサキイガイと底泥を用いた重金属調査

    江口 さやか, 前田 恵理, 宮田 真衣, 滝原 尚子, 山本 義和, 張野 宏也, 岡村 秀雄, 宮崎 信之

    日本水産学会, 2005年, 日本語, 高知

    口頭発表(一般)

  • Toxicity reduction of metal pyrithiones by near ultraviolet irradiation.

    Hideo Okamura, Kobayashi N, Miyanaga M

    12th International Symposium on Toxicity Assessment, 2005年, 英語, Skiathos, Greece

    ポスター発表

  • Toxicity assessment of the sediments around dockyards using marine algal test.

    Hirohisa Mieno, Hideo Okamura

    12th International Symposium on Toxicity Assessment, 2005年, 英語, Skiathos, Greece

    ポスター発表

  • Phytotoxic effects of landfill leachate in Japan.

    Hideo Okamura, Kutchii M, Kose T, Mohri S, Yamada M, Ono Y

    10th International Waste Management and Landfill Symposium, 2005年, 英語, Sardinia, Italy

    口頭発表(一般)

  • PAHs level in seawater of the Seto Inland Sea and the Pacific Ocean near West Japan.

    Nogami Y, Miyanaga M, Okamura H, Yano Y

    12th International Symposium on Toxicity Assessment, 2005年, 英語, Skiathos, Greece

    ポスター発表

  • An examination on oxidative decomposition of esterogen like substances using photocatalyst.

    Shimamura J, Miyanaga M, Okamura H, Nogami Y

    12th International Symposium on Toxicity Assessment, 2005年, 英語, Skiathos, Greece

    ポスター発表

  • Effects of new antifouling biocides on marine plankton.

    Mieno, H, Okamura, H

    OCEANS ‘04 MTS/IEEE/TECHNO-OCEAN’04., 2004年11月, 英語, 神戸

    口頭発表(一般)

  • Antibacterial activity of the marine sponge Psammaplysilla purpurea: Importance of its surface-associated bacteria (ORAL).

    Kangasababathy, M, Nagata, K, Fujita, Y, Tamura, T, Okamura, H, Nagata, S

    OCEANS ‘04 MTS/IEEE/TECHNO-OCEAN’04., 2004年11月, 英語, 神戸

    口頭発表(一般)

  • 「船舶塗料の水環境に対する影響」

    岡村 秀雄

    中日水環境修復学術研究発表会. トヨタ財団助成国際共同研究 ファイトレメディエーションによる水質浄化, 2004年09月, 日本語, 無錫市、中国

    口頭発表(招待・特別)

  • 代替船底塗料物質による海域の汚染状況について (Oral).

    常政 典貴, 尾川 健, 今村 光徳, 岡村 秀雄

    第13回環境化学討論会, 2004年07月, 日本語, 静岡県立大学

    口頭発表(一般)

  • バイオアッセイを用いた代替防汚剤の分解性の評価.

    井藤 悠貴, 岡村 秀雄, 羽曽部 正豪, 皆川 敬志

    日本海水学会第55年会研究技術発表会, 2004年06月, 日本語, 岡山

    口頭発表(一般)

  • Ecotoxicity of landfill leachates using a battery of bioassay.

    Okamura, H, Mohri, S, Yamada, M, Inoue, Y, Mieno, H, Ito, Y, Fujita, A

    SETAC Europe 14th Annual Meeting, 2004年04月, 英語, Prague, Czech Republic.

    口頭発表(一般)

  • “新”神戸大学における「海事科学部」と「内海域環境教育研究センター」の連携に関する調査・研究

    永田 進一, 西田 修身, 中井 昇, 石田 憲治, 福士 惠一, 石田 廣史, 塩谷 茂明, 香西 克俊, 矢野 吉治, 西尾 茂, 岡村 秀雄, 三村 治夫, 林 美鶴, 池内 智彦

    神戸大学海事科学部プロジェクト研究報告会, 2004年03月, 日本語, 神戸

    口頭発表(一般)

  • 代替防汚剤の環境影響評価

    岡村 秀雄

    日本マリンエンジニアリング学会船底防汚塗料研究委員会 第3回研究会講演要旨集pp.1-4, 2004年, 日本語, 日本マリンエンジニアリング学会 船底防汚塗料研究委員会, 未記入

    口頭発表(招待・特別)

  • 瀬戸内海と太平洋における海水中の多環芳香族炭化水素濃度レベルについて

    織田 昌利, 宮永 政光, 野上 祐作, 岡村 秀雄

    第38回日本水環境学会年会講演集 pp.33, 2004年, 日本語, 日本水環境学会, 札幌コンベンションセンター

    口頭発表(一般)

  • 海産動植物プランクトンに及ぼす新規防汚剤の影響評価

    三重野 紘央, 岡村 秀雄, 井藤 悠貴, 藤田 あい

    第38回日本水環境学会年会講演集 pp.92, 2004年, 日本語, 日本水環境学会, 札幌コンベンションセンター

    その他

  • Photosensitized degradation of Irgarol 1051 in water

    OKAMURA Hideo

    Proceedings in International Symposium on Antifouling Paint and Marine Environment, 2004年, 英語, 未記入, 未記入

    口頭発表(一般)

  • 船底防汚塗料バイオサイドによる沿岸域汚染

    岡村 秀雄

    第6回日本水環境学会シンポジウム講演集p.225, 2003年09月, 日本語, 日本水環境学会・身近な生活環境研究委員会, 神戸女学院大学

    口頭発表(一般)

  • 新規防汚剤の生態影響

    岡村 秀雄

    平成15年度日本水産学会近畿支部シンポジウム「有機スズ化合物問題その後と新規防汚剤開発の動向」講演集 pp.5, 2003年07月, 日本語, 日本水産学会近畿支部, 近畿大学農学部

    口頭発表(招待・特別)

  • 船体防汚剤の生態影響研究

    岡村 秀雄

    第18回環境科学会セミナー「化学物質が生態系に及ぼす影響に関する研究展開と国内法制化の動向」講演集 pp.73-87, 2003年05月, 日本語, 未記入, 神戸商船大学

    口頭発表(招待・特別)

  • 代替船底塗料物質による海域の汚染状況について

    常政 典貴, 尾川 健, 今村 光徳, 岡村 秀雄

    第37回日本水環境学会年会講演集. 268., 2003年03月, 日本語, 熊本県立大学

    口頭発表(一般)

  • 生態毒性試験

    岡村 秀雄

    「バイオアッセイ実習セミナー」, 2003年03月, 日本語, 熊本県立大学.

    口頭発表(招待・特別)

  • Environmental risk assessment of new antifouling compound.

    Okamura, H

    Second International Workshop on Bioassay of the Marine Environment in the Northwest Pacific Region., 2003年03月, 英語, Toyama.

    口頭発表(招待・特別)

  • 有機スズ代替防汚剤と沿岸域環境

    岡村 秀雄

    日本海水学会海水のフロンティア技術シンポジウム講演要旨集 pp.21-24, 2003年, 日本語, 日本海水学会西日本支部, 四国電力㈱総合研修所

    口頭発表(招待・特別)

  • 生態毒性試験バッテリーの確立

    岡村 秀雄

    平成14年度環境省廃棄物処理等科学研究費補助金「最終処分場管理におけ化学物質リスクの早期警戒システムの構築」研究報告書 p.8-1~8-13, 2003年, 日本語, 未記入, 未記入

    その他

  • 水環境における新規防汚剤の運命及び生態影響

    岡村 秀雄

    科学研究費補助金助成基盤研究C(2)(課題番号11680530)研究成果報告書 p.98, 2003年, 日本語, 未記入, 未記入

    その他

  • 最終処分場浸出水が動物に及ぼす影響評価

    岡村 秀雄, 藤田 あい, 井藤 悠貴, 三重野 紘央, 毛利 柴乃, 山田 正人, 井上 雄三

    環境科学会2003年会講演論文集 pp.56-57, 2003年, 日本語, 環境科学会, 東京大学駒場キャンパス

    口頭発表(一般)

  • 最終処分場浸出水が植物に及ぼす影響評価

    岡村 秀雄, 井藤 悠貴, 藤田 あい, 三重野 紘央, 毛利 柴乃, 山田 正人, 井上 雄三

    廃棄物学会2003年会講演論文集, 2003年, 日本語, 廃棄物学会, 未記入

    口頭発表(一般)

  • バイオアッセイを活用した新規防汚剤の分解性評価

    岡村 秀雄

    ソルトサイエンス研究財団第15回助成研究発表会要旨集 pp.39, 2003年, 日本語, ソルトサイエンス研究財団, 未記入

    口頭発表(一般)

  • Photosensitized degradation of Irgarol 1051 in freshwater

    OKAMURA Hideo, SUGIYAMA Y

    Proceedings in SETAC Asia/Pacific and ASE 2003, 2003年, 英語, 未記入, 未記入

    口頭発表(一般)

  • 新規船底防汚剤Irgarol 1051の毒性及びbioavailablity評価.

    関口 幹周, 小野 芳朗, 岡村 秀雄

    第13回廃棄物学会研究発表会, 2002年11月, 日本語, 国立京都国際会館

    口頭発表(一般)

  • リグニン分解酵素によるIrgarolの分解

    小川 直人, 平井 浩文, 西田 友昭, 岡村 秀雄

    第47回リグニン討論会., 2002年10月, 日本語, アクロス福岡国際会議場

    口頭発表(一般)

  • ウニ卵を用いた生物検定による汚染原因物質の推定-重金属の場合

    小林 直正, 岡村 秀雄

    第36回日本水環境学会年会, 2002年, 日本語, 岡山大学

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本マリンエンジニアリング学会

  • 日本環境科学会

  • 日本腐植物質学会

  • 日本環境化学会

  • 日本環境毒性学会

  • 日本水環境学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 海藻類バイオマーカーを用いた沿岸環境汚染の診断法の開発

    岡村 秀雄, 川井 浩史, 乾 秀之

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 2018年04月01日 - 2021年03月31日

  • 高粘度難燃性物質の燃料特性の革新的向上による経済価値創出

    段 智久, 松村 千里, 岡村 秀雄

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 2017年04月01日 - 2020年03月31日, 本年度は,液化ジメチルエーテル(DME)を連続混合する装置製作の基礎実験として,液化DMEと木タールの混合燃料の流動特性を調べ,既得の加圧型定容容器混合装置を使用して噴霧特性解析及び燃焼特性解析を行なった。 昨年度は木タール単体の流動特性を解析し,その結果,供試木タールの粘度範囲は比較的軽質な重油と同程度であることを得た。今年度は木タールに液化DMEを30wt.%混合した燃料について,密封式のセルに封入した毛細管式粘度計で流動特性を計測した。その結果,木タールの粘度は液化DMEを混合することで大幅に低下し,わずかな過熱でエンジン燃料として使用できる可能性を明らかにした。そこで,この混合割合を条件として連続混合装置の追加設計を行ない,本年度は加圧条件下で攪拌実験装置を使用できる容器部分を製作した。 つぎに液化DME混合木タール燃料の微粒化特性を解析するために,既得の単発燃料噴射装置を使用して,大気雰囲気場における燃料噴霧の拡散状況を調べた。揮発するDMEを可視化するためにシュリーレン光学系を用いて,高速度ビデオカメラによって拡散画像を撮影した。その結果,液化DMEを混合した場合,噴霧周辺に揮発するDMEが広範囲に分散し,噴霧体積が著しく増大するという結果を得た。今後はさらに詳細な噴霧特性の解析を行なっていく予定である。 また液化DME混合時における燃料の燃焼特性について,定容量燃料混合装置を使用して液化DME混合燃料を調製し,予備的な燃焼解析を行なった。木タールに液化DME30wt.%を混合した試験油について,燃焼試験を実施した。エンジン試験の途上,不完全燃焼成分の生成によって運転性能が安定せず,今年度は十分な燃焼解析を行なうことができなかった。今後は吸気温度の高温化,燃料噴射圧力の高圧化などの燃焼改善対策を行なって,燃焼試験を実施していく必要がある。

  • 有機バイオサイドと銅による相乗的な毒性作用メカニズムの理解

    岡村 秀雄, LAVTIZAR VESNA

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費, 2016年11月07日 - 2019年03月31日, 1、新規防汚剤トラロピリル(TLP)の水中での安定性を評価した。水中のTLPとその主要な分解産物CLを分離定量する方法を、蛍光検出器付HPLCを用いて開発した。人工海水中のTLPの半減期は高水温および高pH条件下でより短く、酸性下では分解しなかった。太陽光近紫外線(UVA)は海水中のTLPの分解に影響しなかったが、天然淡水中でのTLPの分解を促進した。TLPは分解に伴ってCLを生成し、CLはUVA照射によって分解した。 2、水生生物に対してTLPおよび防汚剤の亜鉛ピリチオン(ZnPT)は強い阻害を示したが、TLPの分解産物による阻害は極めて弱かった。藻類増殖に対するTLPの有害性は経時的に減少したことから、TLPは暴露初期に迅速に分解したと考えられた。カキの幼生に対してTLPは強い影響を及ぼした。1時間暴露でのウニ受精率に対するTLPのEC50は、ZnPTに比較して8倍程度であり、48時間暴露後の発生に対するTLPのEC50は、ZnPTの5倍程度であった。このようにウニの受精・発生に対しては、TLPよりもZnPTの方が強い影響を示した。 3、防汚剤の銅ピリチオン(CuPT)の分解産物であるHPTは、銅イオンが存在すると容易にCuPTを生成した。有機物フリーで塩分濃度が高い海水中では、CuPTは塩水性甲殻類に対して強い急性致死影響を示した。CuPTの毒性は供試海水中の有機物濃度、塩分濃度だけでなく、塩類組成によっても有意に影響を受けることを明らかにした。TLPおよびZnPTがそれぞれ銅と共存した場合のウニの受精・発生に対する影響を評価した。1時間暴露でのウニ受精率に対するTLPの毒性に対して、銅は有意な影響を及ぼさなかった。一方、ZnPTの毒性は銅が共存した場合には10倍程度増強し、銅イオンがZnPTと反応してより毒性の強いCuPTを生成したと考えた。

  • 次世代燃料を用いた舶用機関からの排ガスが水環境に及ぼす影響評価

    岡村 秀雄, 張野 宏也, 段 智久, 浅岡 聡

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 2013年04月01日 - 2015年03月31日, 次世代舶用燃料(ジメチルエーテルを30%混合したC重油)からの排気ガスを人工海水等に吹き込み、この溶液が水生生物に及ぼす有害性を評価し、粒子状物質に吸着した有害成分に関する知見を得た。C重油および次世代燃料からの排ガスを吹き込んだ人工海水はどちらも海産藻類に対して有害性を示し、孔径0.1 μmの膜フィルターでろ過すると海産藻類に対する有害性が消失したことから、有害成分は0.1~1μmの粒子に吸着していると考えられた。C重油排ガスを吹き込んだ人工海水中の0.1~1μmの粒子には発がん性を有するPAHsが検出されたが、次世代燃料排ガスからの試料には発がん性物質は検出されなかった。

  • 次世代舶用燃料からの排ガス粒子状物質が海洋生態系に及ぼす影響評価

    岡村 秀雄, 段 智久, 藤田 浩嗣, 岡本 ひさよ, 沢本 拓也, 水野 塁, 松本 紗央里, 矢野 美希

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 2010年 - 2012年, 次世代燃料を用いた船舶ディーゼルエンジンからの排ガス中の粒子状物質(PM)が海洋生態系に及ぼす有害影響をバイオアッセイにより評価し、PMに吸着する有機有害成分とアニオンの関連性を評価した。C重油や A重油に比較すると、ジャトロファ油からのPM排出量は低く、海産生物への有害性は低く、変異原性も低かった。C重油や A重油にジメチルエーテル(DME)を添加した燃料では、DME添加によって減少した燃料の量に見合う有害性の低減は必ずしも認められなかった。

  • 海事活動による港湾底質の汚染評価に関する研究

    岡村 秀雄, 段 智久, 藤田 浩嗣

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 2008年 - 2011年, 海事活動の盛んな港湾部の底質汚染を環境生物を用いたバイモニタリング手法を用いて評価したところ、底質の汚染は海産発光細菌を用いて定量的に評価することができた。港湾底質中に残留する有害化学物質として、有機スズ代替防汚剤および石油や排ガス由来の多環芳香族炭化水素化合物を対象としたが、これらの化学物質によって毒性を説明することは困難であった。このことは、港湾底質に残留し、水生生物に影響を及ぼす有害化学物質が多種多様であることを示している。

  • 閉鎖性海域における化学物質の蓄積と海洋生物に与える影響

    岡村 秀雄

    三井物産環境基金, 研究助成, 2008年 - 2010年

  • 船舶排ガス由来粒子状物質が海洋環境に及ぼす影響と制御に関する研究

    岡村 秀雄, 藤田 浩嗣, 段 智久

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 2008年 - 2009年, 1.船舶排ガス由来粒子状物質(SDEP)中の多環芳香族炭化水素(PAH)およびニトロ化PAH(NPAH)の定量 フォークリフトディーゼルエンジン由来の粒子状物質(標準試料:SRM2975)を供試し、ジクロロメタンを抽出溶媒として高速溶媒抽出装置を用いて有機溶媒可溶画分(SOF)を調製し、アミノプロピルカラムおよびアミノプロピルHPLCカラムを用いた2段階処理の後、15種類のPAHおよび11種類のNPAHをそれぞれ定量する分析方法を確立した。標準試料の他に、(1)A重油を燃料とした本学部練習船の煙突付着スス、(2)C重油を燃料とした実験エンジンIの冷却器内部付着スス、(3)A重油を燃料とした実験用エンジンIIからのSDEP、(4)植物油を燃料とした実験用エンジンIIからのSDEPを供試した。総PAH量が多かったのは、(3)>(4)=(2)>(1)の順であった。分析対象としたNPAHの中で検出されたのは1-nitropyreneのみであり、量が多かった順に(2)>(1)>(4)>(3)であった。 2.SDEPが海洋生態系に及ぼす影響および化学的・毒性学的特性の評価 海産発光細菌に対して、4種類のSOFの中で(1)のみが有意な阻害を示した。一方、Salmonella typhimurium NM2009株を用いた変異原性試験では、試料(1)と(2)が直接変異原性を示し、(2)は間接変異原性も示した。変異原性を示した試料(2)、および(2)から調製したSOFにそれぞれ紫外線UV-Cを8時間照射した。SOFに紫外線を照射して8時間後には全PAHの99.9%が分解したが、変異原性に顕著な減少は認められず、また発光細菌への阻害は逆に強まった。スス粒子そのものに同じ強度の紫外線を8時間照射しても、PHA量、変異原性に顕著な減少は認められなかった。以上のことから、紫外線照射によってSDEPに付着する有機有害成分の生物活性を消去することは困難であると推測された。

  • 有機スズ代替防汚剤は底質中で無害となるか?

    岡村 秀雄

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 2004年 - 2007年, 新規防汚剤Triphenylborane-pyridine(TPBP)を対象物質として、船底塗料から海水中に溶出した本物質の環境内運命を、特に底質中での挙動や分解産物の毒性の観点から評価した。本物質は海水中の微生物によって比較的容易に分解してphenolとbiphenylを生成し、UV-A照射によっても分解して同じ2種類の分解産物を生成した。本物質は底質への吸着力が強く、いったん吸着した底質から容易には脱着しないことが示された。また、底質に吸着したTPBPは前記の2種類の分解産物を生成した。これら2種類の分解産物の生態毒性はTPBPと比較すると弱かった。以上の結果から、本物質は船底塗料から海水に溶出すると太陽光分解を受けながら底質へ移行し、底質中の有機物に吸着すると共に分解して分解産物を生成する。太陽光が入射する海水中ではTPBPの環境リスクは低いと推測されたが、有機物量の少ない底質に移行したTPBPは底生生物に対して悪影響を及ぼす可能性が懸念された。 港湾底質の毒性を評価するため、海産発光細菌Photobacterium leiognathi SBを用いたTOX Screen II試験を改変した。本細菌を港湾底質に直接暴露し、底質の濁りによる影響を除外した方法により、底質の湿重量を元に算出した50%発光阻害濃度を用いて供試底質の毒性を定量的に評価した。大槌湾底質には毒性が認められず、舞鶴湾底質の数試料で比較的強い毒性が認められたのに対し、大阪湾底質では極めて強い毒性が観察された。毒性の強い底質試料の強熱減量は高い傾向にあり、観察された毒性と防汚剤や有機有害物質の残留との関連に興味がもたれた。

  • 太陽光と光触媒を用いたバラスト水の殺菌に関する研究

    岡村 秀雄

    造船学術研究推進機構, 研究助成, 2004年 - 2006年

  • 沿岸域底質の汚染評価

    岡村 秀雄

    鉄鋼業環境保全技術開発基金, 平成15年度一般研究助成, 2003年 - 2003年

  • バイオアッセイを活用した沿岸海洋環境の診断

    岡村 秀雄

    ひょうご科学技術協会, 研究助成, 2003年 - 2003年

  • 新規船底防汚剤が海産プランクトンに及ぼす影響評価

    岡村 秀雄

    クリタ・水環境科学振興財団, 平成14年度研究助成, 2002年 - 2002年

  • バイオアッセイを活用した新規防汚剤の分解性評価

    岡村 秀雄

    ソルト・サイエンス研究財団, 研究助成, 2002年 - 2002年

  • 水環境における新規防汚剤の運命および生態影響

    岡村 秀雄

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 1999年 - 2002年, 我が国で使用されていると考えられる数種類の新規防汚剤を供試し、以下の課題に取り組んだ。 1.新規防汚剤による我が国水環境の汚染 瀬戸内海を中心とした西日本沿岸海域の港湾海水中での防汚剤の残留分析を行った。海水中の最高濃度は、Irgarol 1051が0.30μg/L、M1が1.9μg/L、Diuronが3.1μg/Lであった。定点における3年間にわたる調査結果から、残留濃度は概して高い順にDiuron>Irgarol 1051>M1であった。 2.分解性評価 Irgarol 1051が水銀イオンによって触媒される加水分解により分解し、分解産物M1を生成した。Irgarol 1051は太陽光によっても分解し、分解産物M1を生成した。太陽光下での分解速度は天然水中で早く、腐植物質による光増感分解が示唆された。Irgarol 1051およびDiuronを含む市販塗料を用いた実験から、我が国沿岸海水に検出されたDiuron, Irgarol 1051, M1は市販塗料に由来することを確認した。 3.生態系影響評価 Irgarol 1051とその分解産物M1について、細菌、微細藻類、海藻、ウキクサ、甲殻類、陸生植物に対する影響を定量的に評価し、残留濃度と比較することによってIrgarol 1051の環境リスクを評価した。数種類の新規防汚剤について、魚類の生死および細胞増殖、ウニ受精卵の発生、3種類の非標的植物の増殖に対する影響を評価した。魚類試験では28日間の初期生活段階試験と24時間の浮遊培養細胞試験を実施した。金属ピリチオン化合物の毒性が全ての生物に対して強く、特にウニ受精卵に対する影響が極めて強かった。UV-Aランプを用いて光分解処理した金属ピリチオン化合物はワムシとウニに対する毒性が減少したので、金属ピリチオン化合物は容易に光分解したと考えた。

  • 農薬及びその由来物質によるヒメダカ誘導蛋白をバイオマーカーとする評価系の開発

    小野 芳朗, 岡村 秀雄

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 特定領域研究(A), 2001年 - 2001年, 新規船底塗料材イルガロール(Irgarol 1051:2-methylthio-4-tert-butylamino-6-cyclopropylamino-s-triazin)は、我が国で除草剤として使用されているs-triazine系化合物atrazine, simazine, simetrynなどと同じ仲間である。本物質は1993年以降、地中海北部・西部沿岸、イギリス東部・南部沿岸、スイス、スウエーデン、ドイツにおいて、海水、湖水、底質、生物等の環境試料中の残留分析が報告されている。1999年には、瀬戸内海およびオーストラリアの北東部沿岸においても残留が報告されたので、イルガロールはヨーロッパだけでなくアジアやオセアニアにおいても、防汚剤として使用されていると考えられる。メダカに誘導されるビテロジェニンに関しての評価を適用した。濃度0.1mg/Lのイルガロール溶液を0.69mL/minの流速で連続的に流し、ヒメダカ雄成魚15尾を1000mL容ガラス製ビーカー内で飼育しながら14日間曝露した。曝露濃度は、96時間急性毒性試験の結果に基づき決定した。曝露試験は1日16時間の光照射の条件の下で25±1℃の恒温室内で行い、1日1回給餌を行った。曝露期間中、7日目および14日目に採血を行い血清を採取した。この血清を用いて電気泳動した後、全タンパクの非特異的検出を行うCBB染色とヒメダカビテロジェニン抗体による抗原抗体反応を利用したビテロジェニンの特異的検出を行った。特異的検出にはWestern blottingを行った。Western Blottingにメダカ雄に、7日間、14日間でビテロジェニンの誘導がみられた。14日曝露の方がより強く誘導され、ビテロジェニンがイルガロールによって誘導されていることが示された。現在、再現試験を行うと共に、ビテロジェニンの定量を行った。

  • 環境ホルモン汚濁水の植物活用バイオプリベンション研究

    村本 茂樹, 岡村 秀雄, 中島 進

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 1999年 - 2001年, 環境ホルモン様物質として約70種類の化学物質(農薬、有機化学物質、重金属等)が指摘されているが、その作用性(作用メカニズムや生態撹乱現象)についても不明の部分が多い。環境ホルモン自体についても、その特定と確認の緒についたばかりといえる、今後も多くの化学物質が指摘される可能性もある。したがってこれらの汚濁の現状と汚濁を想定した環境防御に関する基礎的研究は重要な課題である。主な研究成果は次のようである。 1)特に未利用植物の有効活用法を検討すべく、フィールド調査および曝露実験による基礎研究を進めている。先に数種類の植物体の選抜実験により、有害金属と界面活性剤の共存時における水中Al,Ni,Cd,Hg等の収奪力の大きい植物(シュロガヤツリ、ホテイアオイ等)を選抜し、製紙原料等への後利用も考慮して密植が可能でバイオマスも大きいシュロガヤツリが有効である事を確認した(S.Muramotoal.2000,Bull.Environ.Contam.Toxicology,64:122-129)。 他にシナノキ科の黄麻子などの繊維作物も穀物袋などへの原料としても考えられる。 2)同時に植物幼苗において環境ホルモン様物質のBenomyl, Atrazineの汚濁水に対して、シソ科(Ocimum basilicum)、アブラナ科(Var.botortis)、キク科(Chrisanthmum)、シナノキ科(Carchorus calacularis)の植物の水面栽培によって金属ほどの効果ではないが水中濃度が低下し、植物活用による環境インパクトの軽減および未然防止の水際作戦の可能性が見い出された。また水中への陰イオン界面活性剤(農薬、洗剤にも含まれる)共存時の複合影響も検討した。 3)また汚濁水域における生態系への影響を把握するために、アルミニウムと界面活性剤の共存による水生生物への影響も検討した結果、鰓のみならず脳組織への移行も促進される傾向を見出した。 これらの結果から、環境ホルモン様物質は水域内で様々な作用に関与し影響を及ぼすことが示唆されるが、今後、多くの植物の有効性を検討し水域における混合植栽のシステムを構築し、植物活用による環境水の保全の方策を確立したい。なお、植物に吸収された環境ホルモン様物質の植物代謝産物としての化学成分に関する研究も今後の課題である。

  • 内分泌撹乱物質の生態毒性評価に関する調査研究

    青山 勲, 藤田 正一, 畠山 成久, 岡村 秀雄, 若林 明子, 田辺 信介

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 2000年 - 2000年, 有害化学物質による環境汚染は、内分泌攪乱化学物質の存在の発見によって、一層緊急な課題となってきた。このような状況の下で、本研究は世界のエコトキシコロジー研究の動向を把握しつつ、一方では我が国における現状を分析し、内分泌攪乱化学物質による環境汚染及び生態系への影響評価についての研究を行うことを目的とする。また本企画調査研究は、特に内分泌攪乱化学物質を対象として、研究のプライオリティーを明確にしつつ、どのように研究を進めていくべきかを明らかにすることである。このために3つの研究グループを構成した。 第1グループ:バイオアッセイの手法に関する研究 本研究グループは、内分泌攪乱化学物質の生態影響を評価するための個別の手法の問題点課題について検討した。高等動物に対しては様々な方法が提案されているが、生態系に及ぼす毒性評価法はまだきわめて不十分である。まずは内分泌攪乱化学物質が生態系に及ぼす毒性作用の現象そのものにつての知見が必要な段階である。 第2グループ:内分泌攪乱化学物質の環境における運命に関する研究 本研究グループでは、外洋における内分泌攪乱化学物質による影響の実態について、海洋哺乳動物に関するデータの整理を行った。また河川における内分泌攪乱化学物質の動態について、分析化学的な研究を行い、環境資料を濃縮することにより、検出されることが明らかになった。 第3グループ:内分泌攪乱化学物質の生態系に及ぼす総合的な影響評価に関する研究 上述のように、内分泌攪乱化学物質の環境中における存在が、世界の高等動物に現れた異変から認識されるようになったが、内分泌攪乱化学物質の生態系に及ぼす影響そのものをどのように評価するかについての考え方の確立がまず望まれるところである。

  • 水圏生態系における新規防汚剤の究極的運命

    岡村 秀雄

    ソルト・サイエンス研究財団, 研究助成, 2000年 - 2000年

  • 生態系における難分解性・保存性有害物質の運命と生態毒性に関する研究

    羅 栄, 村本 茂樹

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 1998年 - 2000年, 本研究は人間活動を起因として、環境に放出または流出した有害化学物質の生態系における運命と生態毒性評価を行うことを目的とした。 本研究では、化学物質の発生源、生態系における運命、生態毒性評価、有害化学物質の相互作用等を明らかにした。 まず発生源としては、産業廃棄物埋め立て浸出水の細胞毒性、遺伝毒性、内分泌撹乱作用の点から毒性評価を行った。ミジンコの遊泳阻害による細胞毒性は調査地点全てから検出されたが、遺伝毒性が検出されたのは数地点にすぎなかった。しかし内分泌撹乱作用は、源水を40倍濃縮すると、ほとんどの地点から検出された。河川の流下過程における有機有害化学物質の運命を現地調査によって調べた。水に難溶性の有機物質は、水相よりも底質への吸着量が多くなり、そのため毒性も強く現れた。また底質には、比較的極性の高い有機物質が支配的に毒性に寄与していることが分かった。河川の流下過程における有害化学物質の時空間的分布の特性を解析した。特に毒性が強く現れた時期の河川水について、農薬、重金属のミジンコの運動量を指標として相互作用を解析した。ミジンコを用いた毒性試験に運動量阻害の指標で評価することを試みた。従来法では24ないし48時間の死亡率もしくは遊泳阻害率が、運動量の変化を図ることによって、3時間に短縮することができ、また、低濃度でも毒性を検出することができる方法を開発した。 船底防汚剤として使用されてきたTBTに変わりIrgaro1051が新たに使用されるようになった。瀬戸内海域における海水の化学分析を行ったところ、既に全域に汚染が進んでいることが明らかになった。また、その分解産物のM1物質も全域に分布している事が分かった。その毒性については親物質よりも娘物質の方が毒性は弱いが、通常の環境で分解しにくく、長期的には、海洋環境の汚染が問題になる可能性が示唆された。

  • 海洋生態系における新規防汚剤の運命と生態影響

    岡村 秀雄

    ソルト・サイエンス研究財団, 研究助成, 1999年 - 1999年

  • 有害化学物質の毒性評価に関する国際比較学的研究

    早津 彦哉, 羅 栄, 岡村 秀雄, 小野 芳朗, LIU Dickson

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 1997年 - 1999年, 有害化学物質による環境汚染は生態系と人類の存亡に関わる問題として、国際的に共通な問題として認識されるに至っている。有害化学物質による環境汚染の管理,制御方法はそれぞれの国の考え方や事情によって異なる。わが国における管理法は、化学分析を行い、あらかじめ定められた環境基準地との比較によって管理しようとしている。一方、欧米、カナダではバイオアッセイの手法を用いて環境中における有害化学物質意の存在を先ず確認ずることからはじめており,様々なバイオアッセイ法が開発され,また簡便なキットが用いられている。本研究は各国の動向を調査研究し、今後の我が国における化学物質の管理・制御手法に資することを目的としている。 初年度は、オーストラリア、中国を訪問し、我が国の動向を報告するとともに、二国の状況についての情報を収集した。両国においては特別な管理システムはなかった。カナダから共同研究者を招聘し、また日本側の共同研究者をカナダに派遣し、化学物質の微生物分解とヒドラを用いたバイオアッセイについての共同研究を行った。 2年度は、日本からカナダ、チェコ、ベルギー、スイス、オーストリア、中国、台湾を訪問し、またカナダ、スイス、南アフリカから共同研究者を招聘し、意見交換を行った。バイオアッセイの開発についてはミジンコの運動量解析による感受性の高い毒性検出法ついて研究を行った。 最終年度は南アフリカ、プレトリア市で開催された国際シンポジウムに共同研究者が集まり、研究発表を行うとともに、グループの研究集会を開催し、意見交換と報告書のまとめ方についての議論した。3月には研究報告書の印刷を行った。

  • 新規防汚剤とその分解産物が海洋生態系に及ぼす影響評価に関する研究

    岡村 秀雄

    ソルト・サイエンス研究財団, 研究助成, 1998年 - 1998年

  • 新規防汚剤による瀬戸内海の汚染評価および生態毒性評価

    岡村 秀雄

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 1997年 - 1998年, 1、 瀬戸内海港湾部における海水中のIrgarol 1051 1996年から.1997年にわたり、瀬戸内海沿岸の1府9県におけるマリーナ、漁港、貿易港において採取した海水93試料の内、24試料からIrgarol 1051を検出した。溶存態Irgarol 1051濃度は0〜264ng/Lであり、ヨーロッパで報告されている濃度範囲内にあった。1998年には岡山県南部の2定点で経時的測定を行い、すべての海水試料から本物質を検出した。以上のことから、本物質は主として小型のプレジャーボートおよび漁船用の船底塗料として使用されていると考えられた。ヨーロッパ以外での残留分析はこれが初報である。2、 Irarol 1051の光分解性評 野外実験により、1)水中の本物質は太陽光によって分解し、難分解性の分解産物M1を生成すること、2) 光分解速度は純水中よりも天然水中においてより早く、しかもM1の生成量は天然水中の方がより多いことを明らかにした。紫外線ランプを用いた室内実験によっても、野外実験での観察結果を再現することができた。 3、 Irarol 1051および分解産物の生態毒性評価 1) 分解産物の分離精製:分解産物Mlは異なる3種の分解経路(太陽光分解、木材腐朽菌による生分解、水銀を触媒とした加水分解)によって生成することを明らかにした。そこで、水銀化合物を触媒とした親物質の加水分解反応を利用してMlを大量に生成させ、HPLCを用いて分離精製した。 2) 急性・慢性毒性評価:マイクロバイオテストを活用した生態毒性試験により、分解産物M1の毒性を定量的に評価した。藻類および甲殻類に対するM1の毒性は親物質よりもやや弱かったが、藻類に対する阻害は市販の除草剤の活性に匹敵していた。また、親化合物は高等植物の幼根伸長に対して阻害を示さなかったが、分解産物は強い阻害を示した。

  • 新規防汚剤による瀬戸内海の汚染評価および生態毒性評

    岡村 秀雄

    科学研究費補助金/奨励研究(A), 1997年 - 1998年

  • 農業活動が水圏生態系に及ぼす影響評価に関する研究

    岡村 秀雄

    住友財団, 環境研究助成, 1997年 - 1997年

  • バイオアッセイによる有害化学物質のモニタリングシステムの開発研究

    青山 勲, 羅 栄, 岡村 秀雄

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 1995年 - 1997年, 有害化学物質による環境汚染は生態系と人類の生存に関わる問題として懸念されている。このような化学物質の環境の中での存在を迅速、安易、且つ低コストで検出するシステムが要請されている。本研究は種々の微生物を用いて水中及び、底質中の有害化学物質を検知し、その毒性強度を知ることを目的とする。本研究においてはミジンコ、植物プランクトン、酵母等の微生物とレタス種子を供試生物として用いた場合の毒性エンドポイントとして、増殖速度係数、一定時間後のバイオマスあるいは増殖過程におけるLag Timeの長さを評価した。またミジンコについては通常の24時間死亡率とともに、初期の運動量変化を新しい指標とする毒性評価手法を開発し、その確立を図ることを試みた。このようなバイオアッセイ手法を適用することにより、実環境における有害化学物質のモニタリングシステムの可能性を検討した。研究対象環境は河川、湖沼それらの水と底質、及び産業廃棄物処分場からの浸出水である。新しいバイオアッセイとして開発したミジンコの初期運動量の解析手法は、従来法が24ないし48時間要するに対し、これを3時間にまで大幅に短縮することができた。また化学物質の低濃度域でミジンコを暴露すると、刺激により運動量は増加し、これをTOXI(毒性指標)という概念で評価することにより、高感度で化学物質の存在を検出できることがわかった。流域に農地を有する河川の流下過程や湖沼において採水、採泥し、それらの毒性試験を行ったところ、季節的な毒性強度の変化が見られ、農業活動との関連性が示唆された。また自動車解体産業廃棄物を主とする埋立地の浸出水を用いて毒性試験を行ったところ、原液の3%濃度でミジンコの有害阻害が検出された。微生物より、ミジンコやレタスの高等動植物の方が高い感受性を示した。本研究結果は、環境における有害化学物質をバイオアッセイによってモニタリングする際、感受性の高い生物種を用い、バッテリ-テストを行うことの重要性を示唆している。 本研究の上述の種々のバイオアッセイを利用して、河川水、湖沼水、廃棄物埋立地浸出水を採取し、実環境の試料水についての生態毒性評価を行った。

  • 太陽光近紫外線による水田除草剤の光分解

    岡村 秀雄

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 1995年 - 1995年, 水圏環境における農薬の間接光分解に関わる光増感物質の役割を明らかにすることを目的とし、太陽光近紫外線による除草剤の光分解に関する実験を行なった。供試農薬として我が国において使用量の多い代表的な水田除草剤3種類を用いた。各農薬および光増感物質を試験管中の純水に添加し、蛍光ブラックライトからの近紫外線を5日間照射した。esprocarbは直接光分解によってほぼ完全分解したが、dymron,mefenacetの光分解は認められなかった。一方、2%アセトンを加えた場合にはdymronは光分解し、mefenacetの光分解は認められなかった。このようにdymronが間接光分解を生じることが明らかとなったので、以後の実験では供試農薬としてdymronを供試した。 1995年3月から12月まで1ヵ月毎に採水した河川水をそれぞれ凍結乾燥により濃縮し、これにdymronを添加して近紫外線を15日間照射した。光分解は採水時期に関わらず認められ、多くの場合に濃縮河川水で顕著であった。特に4月および5月に採水した河川水における光分解が顕著であった。4月に採取した河川水のpHを4、6、8(pH無調節)、10に調節したところ、dymronの光分解はアルカリ側で顕著に認められた。同じ河川水を加熱処理しても光分解が生じたことから、光増感物質は熱に安定であると考えた。2種類の樹脂(活性炭,イオン交換)をそれぞれ通過させた河川水中では光分解が著しく抑制されたことから、光増感物質はこれらの樹脂に補足されたと考えられた。ゲル瀘渦によって河川水中の光増感物質を分取し、比較的低分子量のピークを有する画分に強い光増感作用を認めた。 このような間接光分解は水圏環境において普遍的に生じていると考えられ、今後はその反応機構を明らかにするために天然光増感物質の同定、さらに農薬の光分解産物に関する情報を得ることが急務である。

  • コンプレキサン汚濁水の動態と修復に関する研究

    村本 茂樹, 岡村 秀雄, 中島 進, 青山 勲

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 一般研究(C), 1993年 - 1995年, 1 環境水(都市河川、湖沼)中のコンプレキサンによる汚濁は、EDTA,NTA等は濃度的には低濃度である。しかし、界面活性剤による汚濁は人間活動の周期に呼応して濃度変動を示し、朝、昼、夕の食事時間あるいは洗濯時間に顕著な濃度上昇が見られた。また、市街地河川ことに流速が小さく淀む地点では微生物分解、土壌や植物への吸着および清水による希釈等による濃度低下が認められた。平均濃度から季節的には冬>秋、春>夏の傾向がみられ水温に依存した結果となった。 2 植物体に及ぼすコンプレキサンの影響は、EDTA,NTAの場合、植物の発芽から3週間程度までの添加栽培実験では河川水中濃度の100倍程度では顕著な影響は出現しないが、陰イオン界面活性剤はやや生育に影響が発生し、特に根部の伸長に影響が発生した。また、陰イオン界面活性剤の植物体中への移行集積は暴露濃度および暴露時間に比例して増大する傾向が確認された。 3 かび臭気物質を産生する藻類の増殖にはコンプレキサンが必要であるが、藻類の種類およびコンプレキサンの種類に依存し、鉄濃度の4モル倍量の添加で増殖阻害が発生するもの、あるいは15モル倍以上の過剰添加でも良好な増殖を示すものもあることが判明した。 4 磁気および波動等を利用した水活性化機器を用いて、コンプレキサ汚濁水中での藻類の表面細胞の破裂による増殖抑制効果を一部に認めた。すなわち、富栄養化に伴う藻類やプランクトンの繁殖を助長に働くコンプレキサンによる汚濁を微弱エネルギーを用いて制御および修復できる可能性が認められた。

  • 廃棄物処分場の有害物質の安全・安心保障

    岡村 秀雄

    2006年

  • 廃棄物処分場の有害物質の安全・安心保障

    岡村 秀雄

    2005年

  • 船舶バラスト排水の処理技術の開発に関する研究

    石田 廣史

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2005年

  • バイオサイドが海洋環境に及ぼす影響評価

  • バイオアッセイを活用した廃棄物の管理



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.