研究者紹介システム

塚原 東吾
ツカハラ トウゴ
大学院国際文化学研究科 文化相関専攻
教授
人文・社会科学関係
Last Updated :2021/10/12

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院国際文化学研究科 文化相関専攻
  • 【配置】

    国際人間科学部 グローバル文化学科, 国際文化学部 国際文化学科

学位

  • Ph.D., オランダ・ライデン大学

授業科目

ジャンル

  • 文化・芸術・流行 / 歴史・考古学
  • 防災・くらし / 災害

コメントテーマ

  • 科学史
  • 蘭学研究
  • 19世紀の気象観測
  • 災害資本主義

研究ニュース

研究活動

プロフィール情報

  • プロフィール

    1961年東京生まれ、城北高校、東京学芸大学卒、同(化学)修士修了、オランダ国費留学生、ライデン大学医学部博士号取得、ケンブリッジ大学・ニーダム研究所にてフェロー、東海大学文学部講師・助教授、神戸大学国際文化学部准教授、などを経て神戸大学大学院国際文化研究科教授

研究キーワード

  • Nature of Science
  • 科学技術の民主的コントロール
  • 予防原則
  • 温暖化
  • リスク論
  • コンセンサス会議
  • 小氷期
  • 気象観測
  • オランダ史
  • 科学と文化
  • 舎密
  • 歴史
  • 西洋史
  • 科学思想
  • 帝国大学
  • 帝国主義
  • 歴史学
  • テクノエンパイア
  • 植民地研究
  • 歴史気象学
  • 近代化
  • 京城帝大
  • 科学機器
  • 非西欧と科学
  • 日本科学史
  • 植民地主義と科学
  • 西欧知と帝国主義
  • PNS(ポスト・ノーマル・サイエンス)」
  • 低開発と技術
  • 東アジア
  • 窮理
  • 洋学
  • 台北帝大
  • 科学社会学
  • 仏教思想
  • 医学史
  • 大日本帝国
  • 日本科学
  • 東アジアSTS
  • 科学技術と政治
  • 大学史
  • 世界史
  • 歴史気候学
  • 技術史
  • オランダ
  • 19世紀
  • 植民地的近代化論
  • 物理
  • 非西欧科学史
  • 科学技術史
  • 化学
  • 帝国主義研究
  • 日本史
  • 植民地
  • 気候変動
  • 科学と帝国主義
  • 科学史
  • STS
  • 蘭学

研究分野

  • 人文・社会 / 科学教育
  • 人文・社会 / 地理学
  • 人文・社会 / 科学社会学、科学技術史

論文

  • Hisayuki Kubota, Jun Matsumoto, Masumi Zaiki, Togo Tsukahara, Takehiko Mikami, Rob Allan, Clive Wilkinson, Sally Wilkinson, Kevin Wood, Mark Mollan

    Tropical cyclone (TC) activities over the western North Pacific (WNP) and TC landfall in Japan are investigated by collecting historical TC track data and meteorological observation data starting from the mid-nineteenth century. Historical TC track data and TC best track data are merged over the WNP from 1884 to 2018. The quality of historical TC data is not sufficient to count the TC numbers over the WNP due to the lack of spatial coverage and different TC criteria before the 1950s. We focus on TC landfall in Japan using a combination of TC track data and meteorological data observed at weather stations and lighthouses from 1877 to 2019. A unified TC definition is applied to obtain equivalent quality during the whole analysis period. We identify lower annual TC landfall numbers during the 1970s to the 2000s and find other periods have more TC landfall numbers including the nineteenth century. No trend in TC landfall number is detected. TC intensity is estimated by an annual power dissipation index (APDI). High APDI periods are found to be around 1900, in the 1910s, from the 1930s to 1960s, and after the 1990s. When we focus on the period from 1977 to 2019, a significant increasing trend of ADPI is seen, and significant northeastward shift of TC landfall location is detected. On the other hand, TC landfall location shifts northeastward and then southwestward in about 100-year interval. European and US ships sailed through East and Southeast Asian waters before the weather station network was established in the late nineteenth century. Then, we focus on TC events in July 1853 observed by the US Naval Japan Expedition of Perry's fleet and August 1863 by a UK Navy ship that participated in two wars in Japan. A TC moved slowly westward over the East China Sea south of the Okinawa Islands from 21 to 25 July 1853. Another TC was detected in the East China Sea on 15-16 August 1863 during the bombardment of Kagoshima in southern Japan. Pressure data are evaluated by comparing the observations made by 10 naval ships in Yokohama, central Japan during 1863-1864. The deviation of each ship pressure data from the 10 ships mean is about 2.7-2.8 hPa.

    SPRINGER, 2021年02月, CLIMATIC CHANGE, 164 (3-4), 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • ウラニウム:現代史における原子力性

    井上雅俊, 塚原東吾

    2021年, 『ものがつなぐ世界史』(ミネルヴァ世界史叢書5), 5 (1), 363 - 385, 日本語

    [招待有り]

    論文集(書籍)内論文

  • 塚原東吾

    Springer Singapore, 2021年, Risks and Regulation of New Technologies (先端技術のリスクと規制), 291 - 312, 英語

    [査読有り][招待有り]

    論文集(書籍)内論文

  • Togo Tsukahara, Jianjun Mei

    DUKE UNIV PRESS, 2020年06月, EAST ASIAN SCIENCE TECHNOLOGY AND SOCIETY-AN INTERNATIONAL JOURNAL, 14 (2), 403 - 410, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 気候正義と科学史 : 科学論の観点から見て「人新世」が提起していること (小特集 人新世と地学史)

    塚原 東吾

    地質学史懇話会, 2020年05月30日, 地質学史懇話会会報 = Japanese Association for the History of Geosciences, JAHIGEO bulletin, (54), 72 - 78, 日本語

  • コロナから発される問い:21世紀のコロンブス的交換、「人新世」における「自然」

    塚原東吾

    2020年05月, 現代思想, 48 (7), 145 - 155, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 久保田 尚之, Mollan Mark, 松本 淳, 財城 真寿美, 塚原 東吾, 三上 岳彦, Allan Rob, Wilkinson Clive, Wilkinson Sally, Wood Kevin

    はじめに

    日本の過去の気候を明らかにするには、長期の気象観測データが欠かせない。現在、世界中で過去の気象データを復元する「データレスキュー」が取り組まれている。日本での気象観測は1872年に函館ではじまった。それ以前も気象測器を用いた観測はあるが、個人が短期間実施してきたものが多い(Zaiki et al. 2006)。このため、江戸時代の気候は主に古文書の記録に頼った調査がほとんどであった(山川1993)。

    江戸時代日本は鎖国をしていた一方で、欧米各国は大航海時代であり、多くの艦船がアジアに進出していた。19世紀になると気象測器を積んだ艦船が日本近海にも数多く航行するようになった。本研究はイギリスとアメリカの艦船の航海日誌を入手し、記載された気象データをもとに1863年8月の薩英戦争時と1853年7月にペリー艦隊が観測した台風に着目し(Kubota et al. 2020 submitted)、報告する。

    2. データ

    1863年の薩英戦争と1864年の下関戦争に参戦したイギリス海軍の航海日誌をイギリス水路部,公文書館で入手し気象データをデジタル化した(図1)。1853年,1854年に日本に来航した10隻のペリー艦隊の航海日誌をアメリカ公文書館で入手しデジタル化した。

    3. 結果

    薩英戦争が開戦した翌朝1863年8月16日午前4時に軍艦Euryalusが990.6hPa(補正済み)を鹿児島湾で記録した。風は風力10に達し、時計回りに風向が変化した。東シナ海に展開した3隻と長崎に停泊中の2隻のイギリス軍艦の気圧,風向,風速変化から台風は8月15日−16日にかけて東シナ海を北上し、九州の西を通過したことが明らかとなった(図2)。これまでの歴史資料には薩英戦争中に台風が通過した記録は見当たらない。薩英戦争の戦況に台風がどの程度影響を与えたのか今後調査が必要である。

    公益社団法人 日本地理学会, 2020年, 日本地理学会発表要旨集, 2020 (0), 104 - 104, 日本語

  • 塚原 東吾

    立命館大学生存学研究所, 2019年10月, 立命館生存学研究, 3, 17 - 31, 日本語

    [招待有り]

  • オリンピックとカジノ万博は現代のバベルの塔か? : 科学技術とプロテスタンティズムの倫理 (特集 現代のバベルの塔 : 反オリンピック・反万博)

    塚原 東吾

    新教出版社, 2019年08月, 福音と世界, 74 (8), 30 - 35, 日本語

    [招待有り]

  • The meteorological Observations in the Far-East by Jean Barthe, Physician on the French Frigates La Virginie and La Sibylle.

    塚原 東吾, Gaston R. DEMARÉE, Patrick BEILLEVAIRE

    The mid-1850s were a particularly interesting period from the point of view of instrumental meteorological observations. The carrying out of meteorological observations was given national and international guidelines. That period was also an important time frame for the European nations and the United States of America, which demonstrated their will to establish shipping routes

    The Okhotsk Sea & Polar Oceans Research Association, 2019年02月, The Okhotsk Sea & Polar Oceans Research Association, 2019 (1), 5 - 8, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Meteorological Observations of the French Warship at the End of the Tokugawa Period and Summer Climate Conditions around Hokkaido

    塚原 東吾, Yoshio TAGAMI, Gaston R. DEMARÉE, Patrick BEILLEVAIRE

    Climate variation in recent times has been known around Japan, but it is not clear in the north of Japan. Meteorological observation records in the north of Japan had been left by the French naval physician and it is useful for reconstructing the climate.
    Climate conditions around Hokkaido are somewhat different from those in Japanese Islands, and it should be careful for recon

    The Okhotsk Sea & Polar Oceans Research Association, 2019年02月, The Okhotsk Sea & Polar Oceans Research Association, 2019 (1), 1 - 4, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 全相運先生追悼シンポジウム:「韓国」科学史を再考する

    塚原 東吾, 愼蒼健, 武田時昌, 宮川卓也, 全勇勲, 宮島一彦, 金凡性

    全相運先生追悼シンポジウム:「韓国」科学史を再考する

    日本科学史学会, 2018年10月, 科学史研究, 57 (287), 211 - 221, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Togo Tsukahara

    Making STS Socially Responsible: Reflections on Japanese ST

    DUKE UNIV PRESS, 2018年09月, EAST ASIAN SCIENCE TECHNOLOGY AND SOCIETY-AN INTERNATIONAL JOURNAL, 12 (3), 331 - 336, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 田上 善夫, ガストン・ デマレー, パスカル・ ミリエ, パトリック・ ベイヴェール, 三上 岳彦, 財城 真寿美, 塚原 東吾, 平野 淳平

     Climate variations in East Asia during the Little Ice Age are reconstructed using wind records together with chronicles of weather disasters in Japan and China, as well as weather observations from Okinawa in the 1850s. The results of analyses are as follows: (1) On the basis of numerous records that remain for the southern coast of Japan and the south-eastern coast of China, it appears that many rainstorm disasters occurred during the summer period in both Japan and China. They usually took place one or two months later in Japan than in China; (2) Observations in Naha show that, when air pressure drops considerably, wind speed is very high and its direction rotates. Following unusual air pressure falls in Naha, strong winds caused disasters in China or in Japan. It is thought that these events are linked to movements of typhoons; (3) Increases in windstorm damage occurred during different periods in Japan and China. This may be related to changes in atmospheric circulation. Cool summer periods are observed around 1705, 1740, 1765, 1785, 1830, and 1845. The year 1855 marks a turning point between periods with prevailing cool states and periods with prevailing warm states.

    東京地学協会, 2018年, 地學雜誌, 127 (4), 513 - 529, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 財城 真寿美, 三上 岳彦, 平野 淳平, GROSSMAN Michael, 久保田 尚之, 塚原 東吾

     Past meteorological records are important for improving our understanding of past, present, and future climates. Imaging and digitization of historical paper-based instrumental meteorological records must be carried out before these records are lost to decay. This kind of activity called "data rescue" is now taking place at many institutions around the world. A data rescue project is underway to preserve Japanese instrumental meteorological records from the 19th century. These data were collected by foreign residents and visitors, Japanese scientists influenced by Dutch science, and by Japanese merchants. Recently, meteorological measurements taken at Mito from 1852 to 1868, and at Yokohama in 1872 and 1873 have been found. Based on instrumental records collected through this data rescue project, a warmer climate in the 1840s and 1850s around the South-eastern Kanto Region has been identified. Large year-to-year variations of winter temperatures have also been detected.

    東京地学協会, 2018年, 地學雜誌, 127 (4), 447 - 455, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • DEMAREE Gaston R., MAILIER Pascal, BEILLEVAIRE Patrick, 三上 岳彦, 財城 真寿美, 塚原 東吾, 田上 善夫, 平野 淳平

     ルイ・テオドール・フュレ神父(1816-1900年)は,パリ外国宣教会の宣教師として極東に派遣された。日本の琉球諸島・沖縄の那覇における彼の気象観測原簿の発見は,19世紀日本の歴史気候学に新しい進展を開くものである。フュレは,1855年2月26日に沖縄の主要な港である那覇(19世紀の文献ではNafaと綴っていた)に到着した。1856年12月から1858年9月まで,彼は1日5回(午前6,10時,午後1,4,10時)の気象観測を行った。水利技師アレクサンドル・デラマーシュ(1815-1884年)は,フランス海軍兵站部によってフュレ神父に委託された気象測器の検定を行った。気象観測は,1850年代のフランスで使われていた気象観測方式に従って実施された。気圧観測データは,気圧計の読みとり値,気圧計付随温度計の読みとり値,そして温度補正した気圧の数値で記載されている。気圧データは,必要に応じて,1850年代に使われたデルクロスとハイゲンスの公式を用いて検定・補正された。この歴史的な気圧観測データを現在の那覇における気圧平年値と比較した。観測期間中の1857年5月に台風が接近通過したことが,ルイ・フュレ神父によって目撃されている。ほかにも何度か気圧の低下が観測されているが,おそらく発達した低気圧の通過によるものであろう。そうしたなかで,オランダ船ファン・ボッセが多良間諸島の近くで難破したことがあったが,船長と彼の妻や船員達は島民に救助された。その後,彼らは沖縄の那覇に移送されたが,そこで3名のフランス人宣教師と出会い,最終的に出島のオランダ交易所からバタビア(現在のジャカルタ)へと航行した。

    東京地学協会, 2018年, 地學雜誌, 127 (4), 503 - 511, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 塚原 東吾

    日本のSTSは,公害問題についての宇井純や原田正純,もしくは反原発運動の高木仁三郎らの系譜を受け継ぐという想定があるが,これはある種の思い込みに終わっているのかもしれない.実際,日本のSTS は今や体制や制度への批判ではなく,科学技術と社会の界面をスムースに接合させる機能を自ら担っている.そのため本稿では,日本のSTSで"科学批判"と呼ばれる潮流の衰退が進んでいる現状について,まずはおおまかな図式を示してみる.

    またこの変容を考えるため金森修の所論を,戦後日本の科学批判の歴史にそって検討する.さらに日本でSTSの出現に至った2 つの重要な潮流,すなわち一つ目は廣重徹に濫觴を持ち中山茂が本格展開した思潮(この流れは80 年代に吉岡斉を生み出す)と同時に,村上陽一郎のパラダイムがある種の転換(「村上ターン」)を迎えたことが,戦後科学論の分岐点として,STSを制度化の背景になっていたことを論じる.

    科学技術社会論学会, 2018年, 科学技術社会論研究, 15 (0), 27 - 39, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 塚原 東吾

    日本学術協力財団, 2017年12月, 学術の動向 = Trends in the sciences, 22 (12), 13 - 17, 日本語

    [招待有り]

  • 気象談話室 科学史のなかでの気象学史 : 「歴史の科学化」と社会史視点という両輪

    塚原 東吾

    日本気象学会, 2017年09月, 天気, 64 (9), 625 - 630, 日本語

    [招待有り]

  • Togo Tsukahara

    This commentary is inspired by my participation in the conference on post normal science: New Currents in Science: The Challenges of Quality, 2016, Ispra.First, I will describe Japanese commitment to PNS, which consists of a part of the long history of the Japanese response to European citizens' science/technology movement, in the framework of the introduction of Post-Normal Science in East Asia.Then I will re-examine the relationship between techno-science and democracy after 3/11 Japan, where triple disaster has radically changed the relationship between science/technology and society, and hence the very nature of Japan as a democratic society. Japan had been returning to an authoritarian state and technocratic nation in the aftermath of 3/11. As for the citizens' sphere, since 3/11, Japanese society has been badly divided; in fact, the current division of Japanese society is as bad as that of the Trumpian US.I have applied several conceptual tools to analyze this post-3/11 situation of Japan, that it was created by a combination of 'disaster capitalism' (a concept described by Naomi Klein (2008)), and 'normalcy bias'. The new political climate in post-3/11 Japan results in part from the politics of emergency, and partly from the manipulation and distortion of democracy.From the viewpoint of democracy and science, cases of thyroid cancer in Fukushima and its surroundings are a serious and even pathetically painful issue. One hundred seventy two children in and around Fukushima have already had their thyroids removed in surgical operations. But any suggestion of causality between the Fukushima incident and thyroid cancer is officially rejected. It is announced by the authority's voice that "radioactivity risk is safe, take it, because risk creates chance", like the proclamation given in the novel 1984 by George Orwell. Behind this is another historical psychology, that Japan has overcome Hiroshima and Nagasaki and made a great success in economic development. Post 3/11 Japan is judged as not a good place to discuss science and technology in a deliberate manner supported by a reasonable deniocracy with mutual understanding and value-free examination of techno-science in action. But, in this time of serious social divide and political populism, can PNS and a citizens' science approach now lead the way to fill in the gap? Are there any lessons from PNS that can be applied to post3/11 Japan? The question is still open.

    ELSEVIER SCI LTD, 2017年08月, FUTURES, 91, 84 - 89, 英語

    [査読有り]

  • バイオ・キャピタルの系譜学(ver.2) : 再生医療のポリティックスと軍事研究の新局面 (総特集 iPS細胞の未来 : 山中伸弥の仕事)

    塚原 東吾

    青土社, 2017年06月, 現代思想, 45 (9), 118 - 133, 日本語

  • 科学史における文化と文明:ニーダム史観、ナショナリズムという文明の隘路、そして申東源プロジェクトの狙うところ(についての一考察)

    塚原 東吾

    科学史における文化と文明:ニーダム史観、ナショナリズムという文明の隘路、そして申東源プロジェクトの狙うところ(についての一考察)

    全北大学, 2017年05月, Proceedings for Korea-Japan History of Science Seminar, 1 (1), 32 - 39

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • デュアル・ユースのトリック:そこに織り込み済みになっているのは、軍事研究の推進だけなのだろう?

    塚原東吾

    2017年04月, 大学出版, 2017 (110), 20 - 25, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本における19世紀気象観測記録の収集とデジタル化

    財城真寿美, 塚原東吾, 平野淳平, 三上岳彦

    2017年03月10日, 日本地理学会発表要旨集, (91), 60, 日本語

  • 科学史における文化と文明:ニーダム史観、ナショナリズムという文明論の陰路、そして申東源プロジェクトの狙うところ(についての一考察)

    塚原 東吾

    日時:2017年3月24日(金)~3月27日(月)、於:全北大学韓国科学文明研究所

    日韓科学史セミナー, 2017年03月, Proceedings for Korea-Japan History of Science Seminar : 日韓科学史セミナー会議録, (7), 177 - 181, 日本語

    [招待有り]

  • 久保田 尚之, Allan Rob, 松本 淳, 三上 岳彦, 財城 真寿美, 塚原 東吾, 赤坂 郁美, 遠藤 伸彦, 濱田 純一, 井上 知栄

    1.      はじめに 近年発生する極端気象が、10年に一度の現象なのか、それとも100年に一度なのか、その違いで地球温暖化や気候変動の議論が大きく変わる。これは過去の気象データの蓄積により明らかにすることができ、世界中で過去の気象データを復元する「データレスキュー」が取り組まれている。東アジアや東南アジアの国々では、独立前の1950年代以前の気象データは、散逸している場合が多い。本研究では、1950年代以前の東アジア(日本を除く)と東南アジアに着目して、旧宗主国によって行われた気象観測データを収集・復元し、100年スケールの気候の長期変化の解明に向けた研究を報告する。 2. 東アジア、東南アジアでの気象観測開始 東アジアや東南アジアの気象台を建設した継続的な気象観測は、1860-1870年代に開始された(図1)。マニラや上海はイエズス会の功績が大きく(Udias 1996)、香港やジャカルタは旧宗主国のイギリスやオランダによるものである。他にもフランス、ポルトガル、スペイン、ドイツ、アメリカ、日本が19世紀後半から20世紀前半にアジアで気象観測を行ってきた。これ以前の1830-1840年代にも、数地点での気象データが新聞や雑誌などに記録が見つかっている(Zaiki 2008, 塚原2013)。 3. データレスキューの国内外の取り組み これらの気象データは戦争や独立の混乱で世界中に散逸しており、各国を回り収集してきた。気象資料は、紙媒体に記録されており、解析するには、データのデジタル化と品質管理が欠かせない。データレスキューの取り組みは、国際的にはAtmospheric Circulation Reconstructions over the Earth (ACRE)(Allan et al. 2011)がリードしており、東アジアや東南アジア域では、ACRE China, ACRE Southeast Asiaが役割を果たしている (Williamson et al. 2016, Williamson 2016)。国内では科研費基盤S「過去120年間におけるアジアモンスーン変動の解明」(代表松本淳)を中心に、取り組んでいる。復元した気象データは、気候の長期データセット(Compo et al. 2011, Cram et al. 2015)の作成や、長期変化(Villafuerte et al. 2014)、数十年変動(Kubota et al. 2016)の研究に利用されている。 4.  データレスキューの今後の展開 復元対象の気象データは、地上気象データだけに留まらない。上空の風を測定するパイロットバルーン観測が1920年代にアジアでも行われるようになり(Stickler et al. 2014)、日本がアジアで観測した多くの高層気象観測データが見つかっている。また、西部北太平洋域で発生した19世紀後半からの台風経路データが、日本、マニラ、香港、上海の気象局で独自に記録され(Kubota 2012)、台風の長期変化研究に利用されている(Kubota and Chan 2009, 熊澤他2016)。さらに、陸上で気象観測が展開される以前の19世紀前半に、欧米の船舶がアジア周辺に往来し、海上や港で気象観測した航海日誌が多く見つかり、今後の研究対象として注目されている。

    公益社団法人 日本地理学会, 2017年, 日本地理学会発表要旨集, 2017 (0), 100132 - 100132, 日本語

    [査読有り]

  • 財城 真寿美, 塚原 東吾, 平野 淳平, 三上 岳彦

    1. はじめに 気候変動に及ぼす人為的要因の小さい19世紀の気候の特徴を明らかにすることは,人間活動の影響が強まる将来の気候を的確に予測するためにも重要である.また19世紀は「小氷期」終焉の時期にあたり,当時の気候を詳細に復元するには,気象観測データが不可欠である. 日本では,気象庁による1870年代以降の気象観測データが一般的なデータセットであるが,筆者らの研究グループでは,19世紀初頭から幕末・明治期にかけて日本各地で観測された気象観測記録のデータレスキューを行っている(図1).本発表では,19世紀の日本における気象観測記録を紹介し,実際にその観測値(気温と気圧)を解析可能なデータにするための補正や均質化の方法について議論する.そして,19世紀の気象データからわかる当時の日本における気候の特徴について述べる.   2. 19世紀の日本における気象観測 (1) 函館・水戸・東京・横浜・大阪・神戸・長崎での観測 長崎におけるオランダ人医師らによる気象観測は,当時の医学教育の一貫として学んだ気象学の影響があった.また,東京・大阪での日本人天文学者らによって行われた観測は蘭学の影響を受けていた.さらに,開国以降の函館・横浜・神戸でおこなわれた欧米人らの気象観測は,軍事的な要素が強い.水戸での気象観測は,穀物価格と天候の関係を見出すために,商人が自宅で気象観測を行っていた. (2) 灯台気象観測記録 1869年に日本初の洋式灯台が観音崎に建設され,その後次々と全国に灯台が建設され,同時に気象観測も行われるようになった.現在入手可能な観測記録は,日本の沿岸108ヶ所の灯台で観測された最長34年間の(1877~1910年)のデータで,気温(屋内外),気圧,風向・風力,降水量などが含まれている.   3. 補正と均質化 19世紀の気象観測記録のデータレスキューでは,気象庁データと比較するために,数値を電子ファイルに入力するだけでなく,様々な処理が必要である.例えば,現行の使用単位に換算し,単位を統一しなければならない.また,気圧の温度補正・重力補正・海面更正の必要の有無も検討する必要がある. さらに,観測地点の高度移動や,観測記録ごとに異なる観測回数・時刻などによって生じるデータ間の差を調整する均質化も重要である.均質化の方法は,手法や対象とする気象要素が様々であり,より有効な方法についての議論が続いている.   4. 19世紀の日本における気候の特徴 これまで収集した19世紀の気象観測記録は断片的ではあるが,19世紀の日本における気候の特徴が明らかになってきている.例えば,東京や水戸では1850年代~1870年代に温暖期の存在が認められた.加えて,1860年代の横浜の降水量記録からは,特に1868年の暖候期(6~9月)の降水量が顕著に多いことが報告されている. 今後は,古文書による気候復元結果との比較や,より多くの地点で観測が行われた灯台気象観測記録のデータを利用した天気図や台風経路復元などを予定している.

    公益社団法人 日本地理学会, 2017年, 日本地理学会発表要旨集, 2017 (0), 100070 - 100070, 日本語

    [査読有り]

  • シーボルトは何をした人物なのか? : 近年の歴史研究の最前線から (特集 シーボルトと日本の諸科学)

    塚原 東吾

    古今書院, 2016年08月, 地理, 61 (8), 4 - 14, 日本語

    [査読有り]

  • ポスト・ノーマル・サイエンスの射程からみた武谷三男と廣重徹 : 科学者の社会的責任論のなかでの再定位 (特集 日本の物理学者たち)

    塚原 東吾

    青土社, 2016年06月, 現代思想, 44 (12), 172 - 191, 日本語

  • 第五五三回 東洋と西洋の接触 : 蘭学における医学の意味を〈藤井文庫のコレクションから〉再考する (彙報 二〇一五年度後期東洋学講座講演要旨 医学・医療史からみる東洋と西洋)

    塚原 東吾

    東洋文庫, 2016年03月, 東洋学報 : 東洋文庫和文紀要, 97 (4), 491 - 493, 日本語

    [招待有り]

  • 東洋と西洋の接触―蘭学における医学の意味を〈藤井文庫のコレクションから〉再考する―(2015年度後期東洋学講座講演要旨)

    塚原 東吾

    東洋文庫, 2016年03月, 東洋学報 = The Toyo Gakuho, 97 (4), 107 - 109, 日本語

    [招待有り]

  • 『解体新書』まわりの「幅」 : 医学書をめぐる背景と東西交流 (小特集 医書の世界)

    塚原 東吾

    [勉誠], 2016年03月, 書物学 = Bibliology, 7, 2 - 11, 日本語

    [招待有り]

  • Les séismes à Okinawa : les annotations du Père Louis Furet, missionnaire apostolique.

    Demarée, G.R, Beillevaire, P, Tsukahara, T, Mikami, T, Tagami, Y, Zaiki, M

    2016年01月, Ciel et Terre, 132 (1), 2 - 10, フランス語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mutsumi Inuma, Togo Tsukahara

    In this paper, the authors analyze the formation of a network of Indonesian nuclear experts. Their investigation of Indonesia's major institutions of nuclear engineering-the National Nuclear Energy Agency (Badan Tenaga Nuklir Nasional, BATAN), the Nuclear Energy Regulatory Agency (Badan Pengawas Tenaga Nuklir, BAPETEN), and the Bandung Institute of Technology (Institute of Technology in Bandung, ITB)-reveals a visible Japanese influence in Indonesia. Through extensive interviews with Indonesian nuclear experts, the authors demonstrate the close ties between the Tokyo Institute of Technology and the ITB. This analysis illustrates the firm relationship between the two institutions in an academic nexus, resulting in the formation of the Japan-Indonesia nuclear network. Further, the collective biographies of Indonesian nuclear physicists, including Zaki Su'ud and his followers, show that the tightly woven academic complex between Japan and Indonesia has pushed the transfer of nuclear research from Japan to Indonesia. This collection of ties has led to the establishment of a so-called science community of nuclear engineering in Indonesia by the Tokyo Institute of Technology. The authors argue that this science community forms a subsidiary of Japan's "nuclear village,"which has expanded beyond its national boundaries. The authors' research on Japan's technopolitical expansion through the establishment of a science community in Indonesia reveals the manner in which close ties between Japanese and Indonesian academia have been built. The authors suggest that this Japan-Indonesia network should be understood within the context of Japan as a United States techno-imperial sub-system, forming an extension of the US-centered international structure of nuclear engineering in the framework of models proposed by Togo Tsukahara.

    DUKE UNIV PRESS, 2015年09月, EAST ASIAN SCIENCE TECHNOLOGY AND SOCIETY-AN INTERNATIONAL JOURNAL, 9 (3), 295 - 310, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「大東亜」の建設から「アジアの開発」へ : 日本エンジニアリングと、ポストコロニアル/冷戦期のアジア開発についての言説 (特集 戦後70年)

    モーア アーロン, 塚原 東吾

    「大東亜」の建設から「アジアの開発」へ : 日本エンジニアリングと、ポストコロニアル/冷戦期のアジア開発についての言説

    青土社, 2015年08月, 現代思想, 43 (12), 128 - 147, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • マンハッタン時代と満洲経験 : 戦後日本のテクノポリティクスの起源 (特集 戦後70年)

    塚原 東吾

    マンハッタン時代と満洲経験 : 戦後日本のテクノポリティクスの起源

    青土社, 2015年08月, 現代思想, 43 (12), 160 - 174, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Unpublished “Geologica Japonica” by von Siebold: geology, mineralogy and copper in the context of Dutch colonial science, and introduction of Western geo-sciences to Japan

    塚原 東吾

    Unpublished “Geologica Japonica” by von Siebold: geology, mineralogy and copper in the context of Dutch colonial science, and introduction of Western geo-sciences to Japan

    University of Teubingen, 2015年07月, EASTM, 40 (1), 45 - 80, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • C152 19世紀の日本における気象観測記録のデータレスキュー(大気と海洋のデータレスキューの現状とその利活用,専門分科会)

    財城 真寿美, 三上 岳彦, 塚原 東吾

    日本気象学会, 2015年, 大会講演予講集, 107, 163 - 163, 日本語

    [査読有り]

  • 中山茂先生学术评传

    塚原 東吾

    中国科学史学会, 2015年01月, 科学史雑誌, 掲載決定 (掲載決定), 掲載決定, 中国語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「科学と帝国主義」研究のフロンティア、ネットワーク・ハイブリッド・連続性などの諸コンセプトについてのノート (特集 科学史技術史の現在・過去・未来(3))

    塚原 東吾

    日本科学史学会, 2014年10月, 科学史研究. [第Ⅲ期] = Journal of history of science, Japan. 日本科学史学会 編, (271), 281 - 292, 日本語

    [査読有り]

  • 戦後科学論の鉱脈 ver. 2 : 中山茂の科学技術論 (特集 科学者 : 科学技術のポリティカルエコノミー) -- (批判的科学)

    塚原 東吾

    青土社, 2014年08月, 現代思想, 42 (12), 214 - 229, 日本語

  • Colonial Sciences on Geography, Foresty and Meteorology: Japanese colonial documents kept in Kyoto University

    塚原 東吾

    JSPS project on Japanese Imperial Knowledge Network, 2014年07月, Proceedings ofr "Science and Empire", 3rd Int'l WS., 3 (1), 50 - 56, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • East Asian STS, a new academic challenge: its scope and perspective

    塚原 東吾

    Hongkong Baptist Unviersity, 2014年04月, 2nd International Conference on East Asian Cultures and International Relations, 1 (1), 2 - 8, 英語

    [招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 財城 真寿美, 木村 圭司, 戸祭 由美夫, 塚原 東吾

    小氷期の末期にあたる江戸時代後期には,まだ気象庁による公式の気象観測が開始されていなかったため,気象庁のデータは当時までさかのぼることができない。一方で,幕末期の函館において1859~1862 年の4年間にわたり,ロシア領事館付のロシア人医師アルブレヒトが気象測器を使用した観測記録が残存していることが分かった。この幕末期の気象観測データは,現在の函館地方気象台のデータとは観測地点や観測頻度が異なるため,その差を補正するために気温データについて均質化を実施した。幕末期の函館の気温を20 世紀の函館地方気象台の気温と比較したところ,暖候期の低温と寒候期の高温傾向がみられた。その要因として,幕末期の観測地点が,現在より海洋性の性質を示すことから,海風の影響を受けやすかったと考えられる。また,幕末期の年平均気温は,函館の最近30 年間の平年値よりも約2.0℃低く,その寒冷な傾向は幕末期から20 世紀初頭まで継続していた。

    北海道地理学会, 2014年, 地理学論集, 89 (1), 20 - 25, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国での英字新聞に掲載された19世紀の気象記録 (歴史気候学セッション報告)

    塚原 東吾

    歴史地理学会, 2013年12月, 歴史地理学, 55 (5), 69 - 81, 日本語

    [査読有り]

  • “The meteorological Observations of the “Vereenigde Oost-Indische Compagnie (VOC)”- What can be learned from them?”,

    塚原 東吾

    歴史地理学会, 2013年12月, 歴史地理学, 55-5 (267), pp.74-86, (55-5 (267)), pp.99 - 106, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • デ・マルキ&ラベッツ(1999)、塚原東吾訳、「リスク・マネジメントとリスク・ガバナンス:ポスト・ノーマル・サイエンスの3段階アプローチによるケーススタディーズ、セベソのダイオキシン流出問題、BSEと官僚制、そしてGMOと科学の不確実性」

    塚原 東吾

    国立環境研究所, 2013年12月, 戦略研究プロジェクトS-10『地球規模の気候変動リスク管理戦 略の構築に関する総合的研究 ICA-RUS, 1 (1), 13 - 30, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • ジェレミー・ラベッツ(1999)、塚原東吾訳、「ポスト・ノーマル・サイエンスとは何か」

    塚原 東吾

    ICA-RUS:(独)国立環境研究所, 2013年12月, 戦略研究プロジェクトS-10『地球規模の気候変動リスク管理戦 略の構築に関する総合的研究, 1 (1), 1 - 12, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • シーボルト・コレクションの歴史的意義と適塾の役割 : シーボルト像の転換と、史料の新たな「使い道」

    塚原 東吾

    大阪大学, 2013年12月, 適塾, 46 (1), 71 - 89, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • The meteorological Observations of the "Vereenigde Oost-Indische Compagnie (VOC)" : What can be learned from them? (歴史気候学セッション報告)

    DEMAREE Gaston R., 三上 岳彦, 塚原 東吾, Zaiki Masumi

    歴史地理学会, 2013年12月, 歴史地理学, 55 (5), 99 - 106, 英語

    [査読有り]

  • In the wake of “De Liefde”: the instrumental meteorological observations of the Vereenigde Oost-Indische Campagnie (VOC)

    塚原 東吾

    K. Acad. Overseese Wet. Belgium, 2013年12月, Bull. Seanc. Acad. R. Sci. Outre-Mer, 59 (2-4), 385 - 405, 英語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • STS Lessons: Communication, Media and Plural Rationalit-y(-ies)

    塚原 東吾

    Fukushima Medical University (FMU) and the International Atomic Energy Agency (IAEA), 2013年11月, The FMU-IAEA International Academic Conference, 1 (1), 87 - 91, 英語

    [招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 19TH Ccentury Chinese Coastal Meteorology: Climate Reconstruction

    塚原 東吾

    11th EASTS, at Tokyo Inst. of Tech., 2013年11月, 11th EASTS Proceedings, 1 (1), 28, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 〈帝国〉とテクノサイエンス (特集 ネグリ+ハート : 〈帝国〉・マルチチュード・コモンウェルス)

    塚原 東吾

    青土社, 2013年07月, 現代思想, 41 (9), 189 - 199, 日本語

  • Roundtables: Science, Technology, and Society in East Asia

    塚原 東吾

    STS Pacific Circle, 2013年07月, Proceedings for conference of STS Pacific Circule, 3 (1), 11 - 13, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • How climate is "imagined" (imaginative) in different historical points? : “climate” recognition at the different "Temporarities" from historical perspective

    塚原 東吾

    STS Pacific Circle, 2013年07月, Proceedings for conference of STS Pacific Circule, 3 (1), 21 - 25, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 中国での英字新聞に掲載された 19世紀の気象記録

    塚原 東吾

    歴史地理学会, 2013年05月, 歴史地理学 歴史気象学プロシーディングス, 1 (1), 30 - 35, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The story of the meteorological observation of Jean Barthe, physician at the Frigate ‘La Sibylle’, and of Father Furet, apostolic missionary at Okinawa

    塚原 東吾

    歴史地理学会, 2013年05月, 歴史地理学 歴史気象学プロシーディングス, 1 (1), 37, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The meteorological Observations of the “Vereenigde Oost-Indische Compagnie (VOC)”- What can be learned from them?

    塚原 東吾

    歴史地理学会, 2013年05月, 歴史地理学 歴史気象学プロシーディングス, 1 (1), 30 - 35, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 農地再生事業による社会的包摂の試みに学生ボランティアが参加することの教育的意義

    塚原 東吾

    神戸大学都市安全研究センター, 2013年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 17 (1), 137 - 152, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 適塾記念講演会 シーボルト・コレクションの歴史的意義と適塾の役割 : シーボルト像の転換と、史料の新たな「使い道」

    塚原 東吾

    適塾記念会, 2013年, 適塾, (46), 71 - 89, 日本語

    [査読有り]

  • The Protestant science revisited: a Japanese case study of Nishikawa Joken (1648-1724), a background of his cosmology and ethics

    塚原 東吾

    Seoul National Univ., 2012年07月, Proceedings for EASTS network conference, 1 (1), 67 - 89, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Post-Normality in Japanese Post-3/11 situation: viewed from Post-Normal Science framework proposed by Jeroem Ravetz

    塚原 東吾

    EASTS, 2012年07月, Proceedings for EASTS Journal annual meeting, 1 (1), 35 - 38, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Togo Tsukahara

    JOHNS HOPKINS UNIV PRESS, 2012年04月, TECHNOLOGY AND CULTURE, 53 (2), 461 - 464, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 震災のイドラ : 科学、正常性、コロニアル・テクノロジー (特集 大震災は終わらない)

    塚原 東吾

    青土社, 2012年03月, 現代思想, 40 (4), 200 - 214, 日本語

  • ポスト・ノーマル時代の科学の公共性 (特集 科学の<限界> : 価値の選択と予測)

    塚原 東吾

    岩波書店, 2012年03月, 科学, 82 (3), 334 - 342, 日本語

  • ポスト・ノーマル・サイエンスによる「科学者の社会的責任」 (特集 危機の大学)

    塚原 東吾

    青土社, 2011年12月, 現代思想, 39 (18), 98 - 120, 日本語

  • Yuko Fujigaki, Togo Tsukahara

    2011年09月, East Asian Science, Technology and Society, 5 (3), 381 - 394, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 災害資本主義とは何か? ナオミ・クライン『ショック・ドクトリン』 (総特集 震災以後を生きるための50冊--〈3・11〉の思想のダイアグラム) -- ((反)経済)

    塚原 東吾

    青土社, 2011年07月, 現代思想, 39 (9), 146 - 149, 日本語

  • 災害資本主義の発動--二度破壊された神戸から何を学ぶのか? (特集 東日本大震災--危機を生きる思想)

    塚原 東吾

    青土社, 2011年05月, 現代思想, 39 (7), 202 - 211, 日本語

  • バイオ資本主義の系譜学--生-資本という概念について (特集 認知資本主義とは何か--転換する世界経済)

    塚原 東吾

    青土社, 2011年03月, 現代思想, 39 (3), 214 - 237, 日本語

  • ハイテク時代のアニミズム--生きものとタマシイの棲む場所、そして鶴見和子とクジラをめぐる考察

    Togo Tsukahara, Kohei Yurukoff-Yuruugui, Seigo Kayanoki

    ビオシティ, 2010年11月, ビオシティ, vol.46, pp.92-99 (46), 92 - 99, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近代科学における民族植物学・ローカル・ノレッジの位置づけ--科学史的観点からのモデル化による検討 (特集 民族植物学--環境学習を支える地域固有の知恵の探求)

    塚原 東吾, 玉田 雅子

    東京学芸大学環境教育研究センター, 2010年03月, 環境教育学研究, vol.19, no.1, pp.23-38 (19), 23 - 38, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 追悼 [化学史学会]元会長芝哲夫氏を悼む

    亀山 哲也, 八耳 俊文, 塚原 東吾

    化学史学会, 2010年, 化学史研究, 37 (4), 216 - 223, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ryuma Shineha, Arisa Ema, Togo Tsukahara

    Currently, a new STS field, East Asian Science, Technology and Society (EASTS), has been developed. However, the EASTS perspectives have not been clear. In order to develop EASTS, it is necessary to understand each other more for much active STS in East Asian Community. Thus, we examine the current situation of EASTS by conducting a network analysis on highly frequent keywords in two STS journals. The results exhibited different tendencies observed in topics and fields even between the two STS journals' community. In East Asia, we should enhance our mutual understandings through STS, with reserving language/cultural diversity, and this is one of the challenges for East Asian STS community. So we have asked East Asian colleagues to participate in our project to figure out the characteristics of East Asian STS and asked them for suggestions and ideas for future collaboration. © 2010 National Science Council, Taiwan.

    2010年, East Asian Science, Technology and Society, 4 (1), 153 - 160, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 塚原 東吾

    日本学術協力財団 = Japan Science Support Foundation, 2010年, 学術の動向, 15 (9), 97 - 105, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 書評 小林傳司『トランス・サイエンスの時代--科学技術と社会をつなぐ』/石黒武彦『科学の社会化シンドローム』

    塚原 東吾

    科学技術社会論学会, 2009年10月, 科学技術社会論研究, (7), 223 - 227, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masumi Zaiki, Gunther P. Konnen, Keiji Kimura, Takehiko Mikami, Togo Tsukahara

    The temperature and pressure differences between Tokyo and Nagasaki were used to reconstruct past climate conditions. January and July in each available year since the 1820s were classified into several types with characteristic sea level atmospheric pressure patterns. This results in 18 years of pre-1881 data and a continuous series thereafter. The series indicate that the warming after 1900 (after the end of the so-called Little Ice Age) and again after 1960 can at least partly be attributed to an increase in the frequency of warm circulation pattern types at the expense of cold types. The difference in nature of the shifts in circulation types that occurred in the late nineteenth century compared with that in the late twentieth centuries suggests that the mechanism behind the warming in the late nineteenth century differs from that in the late twentieth century.

    SPRINGER, 2009年07月, CLIMATIC CHANGE, 95 (1-2), 231 - 248, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Historical atmospheric pressure pattern over Japan: Reconstruction of historical pressure patterns over Japan using two-point pressure-temperature datasets since the 19th century

    Togo Tsukahara

    2009年05月, Climate Change, an Interdisciplinary, International Journal Devoted to the Description, Causes and Implications of Climatic Change, Stanford, USA., accepted

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Dutch historical Resources for climate reconstruction

    Togo Tsukahara

    2009年05月, Large and Broad: Dutch Impact on Maritime Asia: in honour of Professor Leonard Blusse, Leiden University, 2009, may, vol.86-8, pp.223-26, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 塚原 東吾, 松岡 夏子, 福本 江利子, 玉田 雅子

    神戸大学都市安全研究センター, 2009年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 13 (13), 185 - 195, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • シンポジウム : ポピュラー・サイエンスとポピュラー科学史 : アカデミック科学史はポピュラー・サイエンスといかに向き合うか

    塚原 東吾, 武田 時昌, 松丸 淳生, 佐倉 統, 杉山 滋郎

    日本科学史学会, 2008年12月25日, 科学史研究. 第II期, 47 (248), 223 - 230, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The Nineteenth Century 1841-1883 temperature records in Beijing, China

    Togo Tsukahara

    2008年08月, Geographical Reports of Tokyo Metropolitan University, vol.43, (2008), pp.69-76.

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 万能細胞、科学コミュニケーション、リスク--新自由主義的な自己統治への道標か? (特集=万能細胞--人は再生できるか)

    塚原 東吾

    青土社, 2008年07月, 現代思想, 36 (8), 170 - 193, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Zaiki, M, Tsukahara, T

    2008年, East Asian STS (Science, Technology and Society) Journal, 1 (2), 183 - 203

    [査読有り]

  • 水をめぐるパラダイム、歴史の問題としての水--宇井純とシヴァの再論の試み (特集=温暖化の真実--環境問題の発見)

    塚原 東吾, 松岡 夏子

    青土社, 2007年10月, 現代思想, 35 (12), 108 - 138, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Meteorology on the Southern Frontier of Japan’s Empire

    Togo Tsukahara

    2007年06月, East Asian Science, Technology and Society: an International Journal, (Springer), vol.1-2, 2007, pp.183-204.

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 緒言 STSとMOT--収録論文の概観と狙い (特集=社会と技術のネットワークの構成--技術経営論(MOT)の潮流)

    塚原 東吾

    科学技術社会論学会, 2006年06月, 科学技術社会論研究, (4), 7 - 14, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本における19世紀気象観測記録を使用した気圧配置パターンの復元

    財城 真寿美, 塚原 東吾, KONNEN G. P., 三上 岳彦

    日本気象学会, 2006年04月30日, 大会講演予講集, 89, 409 - 409, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 蘭学・地球温暖化・科学と帝国主義 : 歴史と気候、オランダ史料(在外日本関係史料研究 : オランダ史料を中心に)

    塚原 東吾

    東京大学史料編纂所, 2006年03月, 東京大学史料編纂所研究紀要, 16 (16), 79 - 108, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本の機器観測の始まり--誰が,どのような状況で始めたのか (総特集 歴史時代の気候変動と自然災害--太陽活動,火山噴火との関連をさぐる)

    塚原 東吾, 財城 真寿美, 松本 佳子, 三上 岳彦

    海洋出版, 2005年09月, 月刊地球, 27 (9), 713 - 720, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本における19世紀以降の古気象記録とその気候学的意義 (総特集 歴史時代の気候変動と自然災害--太陽活動,火山噴火との関連をさぐる)

    財城 真寿美, 塚原 東吾, 三上 岳彦, 松本 佳子

    海洋出版, 2005年09月, 月刊地球, 27 (9), 706 - 712, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 1800年代前半の地球寒冷化--太陽・火山活動との関連 (総特集 歴史時代の気候変動と自然災害--太陽活動,火山噴火との関連をさぐる)

    三上 岳彦, 塚原 東吾, 財城 真寿美

    海洋出版, 2005年09月, 月刊地球, 27 (9), 673 - 677, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Historical Meteorological Records in Japan in relation to Rangaku (蘭学) and East Asian History of Science Context

    Tsukahara Togo

    2005年07月, Shanghai Jiao Tong University Press, 1, 209-216, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「知の『古層』の発掘と再検証:STSをめぐる科学史からの考察」、『公共技術のガバナンス:社会技術理論の構築にむけて』、

    塚原 東吾

    2005年, 社会技術研究システム、研究報告書、藤垣裕子(代表)編, , 125-146, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「広域気候変動と不確実性:科学史からの覚え書き」、 『公共技術のガバナンス:社会技術理論の構築にむけて』

    塚原 東吾

    2005年, 社会技術研究システム、研究報告書、藤垣裕子(代表)編, , 279-294, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • La cité scientifique de Tsukuba: Une réalisation gagnée par l’obsolescence

    Tsukahara Togo, Hironori AYABE

    2005年, ANNALES DE LA RECHERCHE URBAINE: Villes nouvelles en recherché, , 1-20, フランス語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「オランダの社会変容と科学技術教育:EU小国の「内向き」現象のなかで非専門家むけの科学教育をめぐる変容についての試論」、『非専門家向け理科教育の可能性に関する調査研究(研究課題番号14380054)、平成14年度―平成15年度 科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))研究成果報告書』

    塚原 東吾

    OXFORD UNIV PRESS, 2004年12月, 科研費報告書, 14 (4), 40 - 41, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本における19世紀気象観測記録の補正均質化とその気候変動研究への応用

    財城 真寿美, 塚原 東吾, KONNEN G. P., 三上 岳彦

    日本気象学会, 2004年05月16日, 大会講演予講集, 85, 392 - 392, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Recovery of 19th century Tokyo/Osaka meteorological data in Japan

    M. Zaiki, G. P. Konnen, T. Tsukahara, P. D. Jones, T. Mikami, K. Matsumoto

    2004年, International Journal of Climatology (A Journal of the Royal Meteorological Society), , 1-20, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Reconstructing the Climate of Nineteenth-Century East Asia from the Perspective of the History of Science

    Tsukahara Togo

    2004年, INTERNATIONAL COMMISSION ON HISTORY OF METEOROLOGY (ICHM), , 1-20, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 19世紀の日本における気象観測記録とその気候変動解析への応用

    財城 真寿美, 松本 佳子, 塚原 東吾, 三上 岳彦

    2003年10月11日, 日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers, (64), 105 - 105, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 自然の再侵襲--気候変動が示唆すること (特集=ウイルスとの遭遇) -- (ウイルスとの遭遇)

    塚原 東吾

    青土社, 2003年07月, 現代思想, 31 (9), 122 - 132, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 小川眞里子『フェミニズムと科学/技術』

    塚原 東吾

    化学史学会, 2003年, 化学史研究, 30 (3), 193 - 196, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Pre-1872 extension of the Japanese instrumental meteorological observation series back to 1819

    GP Konnen, M Zaiki, APM Baede, T Mikami, PD Jones, T Tsukahara

    Instrumental observations from Dejima (Nagasaki), Japan, taken under the responsibility of the Dutch, covering the periods 1819-28, 1845-58, and 1871-78, have been recovered. The Dejima series overlaps by six months the modern Nagasaki Observatory series, which covers 1878-present. The recovered data extend the start of the instrumental Japanese series back from 1872 to 1819, leaving major gaps during 1829-44 and 1859-71.

    AMER METEOROLOGICAL SOC, 2003年01月, JOURNAL OF CLIMATE, 16 (1), 118 - 131, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 財城 真寿美, 塚原 東吾, 三上 岳彦, コネン グンター

    日本地理学会, 2002年12月01日, 地理学評論, 75 (14), 901 - 912, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 第三世界とSTS (特集 「科学技術と社会」を考える) -- (「科学技術と社会」の諸相 グローバリゼーション)

    塚原 東吾

    科学技術社会論学会, 2002年10月, 科学技術社会論研究, (1), 237 - 244, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • “Westernization from different angles: Review of Historiography of Science from the Viewpoint of Colonial Science”

    Tsukahara Togo

    SINGAPORE UNIV PRESS, 2002年, Historical Perspectives on East Asian Science, Technology and Medicine, Singapore U.P., , 279-284, 279 - 284, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • “An Island of Garbage in the Eco-Utopian Euphony viewed from the History of Japanese Environmental Policy”

    Natsuko Matsuoka, Tsukahara Togo

    2002年, Proceedings for 10th Int’l Congress of East Asian Science, Technology and Medicine,, , 222-223, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 科学論2 合理性の問い直しと、歴史的検証の可能性 (総特集 現代思想を読む230冊) -- (科学と生命を読む)

    塚原 東吾

    青土社, 2001年11月, 現代思想, 29 (15), 160 - 163, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本における自然科学受容の文化的な基底

    塚原 東吾

    2001年10月, 国際高等研報告, , 201-219, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 科学と帝国主義 科学と帝国主義--パイエンソン批判 (特集 サイエンス・スタディーズ)

    Palladino Paolo, Worboys Michael, 塚原 東吾

    青土社, 2001年08月, 現代思想, 29 (10), 144 - 155, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 科学と帝国主義 「科学と帝国主義」が開く地平 (特集 サイエンス・スタディーズ)

    塚原 東吾

    青土社, 2001年08月, 現代思想, 29 (10), 156 - 175, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 遺伝子 遺伝子組換え作物のリスクと倫理をめぐる専門家による言説構成 (特集 サイエンス・スタディーズ)

    Wynne Brian, 塚原 東吾

    青土社, 2001年08月, 現代思想, 29 (10), 100 - 128, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • インタヴュー 戦後科学論の鉱脈--遡行と展望 中山茂 (特集 サイエンス・スタディーズ)

    中山 茂, 塚原 東吾, 柿原 泰

    青土社, 2001年08月, 現代思想, 29 (10), 46 - 61, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • “Scientific Discourse and National/Cultural Identity within the Boundary of Chinese Civilisation: Yabuuti’s View on the Dialogue between the Civilisations of China, Korea and Japan,”

    Tsukahara Togo

    2001年, East Asian Science, Technology and Medicine, (Tubingen, Germany),, 18, 24-31, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • “Needham’s Impact on Japanese History of Science”

    Tsukahara Togo, Keizo Hashimoto, Noriaki Matsumura

    BREPOLS PUBLISHERS, 2001年, Science and Technology in East Asia: The Legacy of Joseph Needham. Turnhout: Brepols, Belgium,, 51 (14), 85 - 93, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 19世紀オランダ帝国主義文化のなかでの日本

    Legene Susan, 塚原 東吾

    日蘭学会, 2000年10月, 日蘭学会会誌, 25 (1), 69 - 90, 日本語

    [招待有り]

  • 日本の近代化と蘭学「科学技術立国」を支えた恩人オランダ (祝!日蘭友好400周年)

    塚原 東吾

    化学同人, 2000年04月, 化学, 55 (4), 33 - 38, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 第9回国際東アジア科学史学会の報告と,新装した機関誌East Asian Science, Technology, and Medicineの紹介(学会消息)

    塚原 東吾

    日本科学史学会, 2000年03月27日, 科学史研究. 第II期, 39 (213), 41 - 46, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • “The Westernization of Chemistry from Different Angles: An Examination of Three Manuscripts by Contemporaries of Yoan Udagawa and his Seimi Kaiso”

    Tsukahara Togo

    2000年03月, Historia Scientiarum, 9-3, 191-214, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Bewogen Betrekkinge: Udagawa Yoan, de grondlegger van de scheikunde in Japan

    Tsukahara Togo

    2000年, Teleac NOT (Holland), , 96

    研究論文(学術雑誌)

  • 長崎薬学史・日本最初の近代的薬剤師ハインリッヒ・ビュルガー:シーボルト・プロジェクトの最も重要な協力者

    塚原 東吾

    1999年, 長崎大学薬学部, , 7-15, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • サイエンスウォ-ズ--正確には誰が敵なのか?

    Fuller Steve, 塚原 東吾

    岩波書店, 1999年01月, 世界, (657), 196 - 208, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 化学と能吏--驚異のマルチ人間宇田川榕菴の謎にせまる (特集 大江戸化学事情(日本の化学の先駆者宇田川榕菴とその時代--生誕200年によせて))

    塚原 東吾

    化学同人, 1998年10月, 化学, 53 (10), 14 - 20, 日本語

    [招待有り]

  • 「シーボルトによって記録された1827年ー1828年の日本の気象学的データーの自然科学的な解析と研究」

    塚原 東吾

    1998年, 『福武学術文化振興財団平成9年度年報』, , 63-73, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • "Des Paysages Culturels a jamais entremeles"

    Tsukahara Togo

    1997年, Les Cahiers de Science et Vie, 41, 20-32, フランス語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 追悼 ジョセフ・ニーダム博士

    塚原 東吾

    日本科学史学会, 1996年03月26日, 科学史研究. 第II期, 35 (197), 44 - 46, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「蘭学の重層性:オランダと日本の文化交流の諸側面」

    塚原 東吾

    1996年, The Cultural Background of the Reception of the Natural Sciences in the non-European World,, IIAS Reports, No. 1996-002, 11, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「科学史の側面から再検討したフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトの科学的活動:植民地科学、ベーコニアン科学、フンボルティアン科学とシーボルトの科学的活動との関係についての試論」

    塚原 東吾, 篠田 真理子, 伊藤 憲二, 松村 紀明, 綾部 広則, 柿原 泰, 本間 栄男, 杉山 滋郎

    1996年, 『鳴滝紀要』, 6, 201-244, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • "The Japanese Colonial Sciences in the Greater East Asian Co-Prosperity Sphere: Mere Successor of the Europeans, or the Initiator of the New Era?"

    Tsukahara Togo

    1996年, Journal of the Japan-Netherlands Institute,, VI, 175-188, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近代科学の「ギリシャ的起源」、技術と覇権、女性の排除と機械論、そして日本人と近代科学

    塚原 東吾

    東海大学所蔵特別図書展「科学・技術の古典」. 開催期間: 1996年1月18日(木)~1月30日(火). 開催場所: 紀伊國屋画廊

    東海大学, 1996年01月, 東海大学所蔵特別図書展「科学・技術の古典」展示目録, 日本語

  • 「近世日本の科学思想」中山茂

    塚原 東吾

    日本科学史学会, 1995年09月, 科学史研究 第(0xF9C2)期, 34 (195), p213 - 215, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 科学技術史における中国の「発見」 : ジョセフ・ニーダム博士の逝去に際して

    塚原 東吾

    財団法人 野間科学研究資料館, 1995年08月15日, 科学医学資料研究, (254), 4 - 10, 日本語

  • J. Bartholomew, The Formation of Science in Japan, New Heaven & London, Yale U. P., 1989

    塚原 東吾

    日本科学史学会, 1995年01月20日, 科学史研究. 第II期, 33 (192), 240 - 242, 日本語

  • オランダでの科学的活動へのフランスの影響--ナポレオン戦争と科学・オランダ語訳のフランス語科学書と蘭学 (シンポジウム「19世紀前半の西洋と日本」〔含 討論〕)

    塚原 東吾

    洋学史学会, 1995年, 洋学, (4), 163 - 169, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 西ドイツ・ルール大学(ボッフム)に現存するシーボルト関係文書中の日本の地質学的調査・研究について

    塚原 東吾

    日蘭学会, 1990年10月, 日蘭学会会誌, 15 (1), 57 - 77, 日本語

    [査読有り]

  • On the Siebold Collection of crude drugs and related materials from Japan

    塚原 東吾, 大沢 真澄

    東京学芸大学紀要出版委員会, 1989年08月, 東京学芸大学紀要 第4部門 数学・自然科学, 41 (41), p41 - 97〔含 図13p〕, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近年の考古学的発見とその科学的研究による製紙の起源について

    潘 吉星, 大沢 真澄, 塚原 東吾

    化学史学会, 1985年06月, 化学史研究, (31), p77 - 80, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • グローバルとローカルの来るべき間へ:プラネタリー・アーバニゼーション研究と科学批判学が見据える第三の道

    平田周, 塚原東吾

    2021年, コロナ禍をどう読むか : 16の知性による8つの対話, 1 (1), 369 - 427, 日本語

    [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等

  • (書評)阿部潔著、『東京オリンピックの社会学』

    塚原東吾

    2020年07月, 週間読書人, 2020 (7), 2 - 2, 日本語

    [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等

  • EASTS Editor Aaron Stephen Moore (1972–2019) Remembered (an obituary essay, within an article titled News and Events.

    Togo Tsukahara, Hyungsub Choi, Izumi Nakayama

    2020年03月, East Asian Science, Technology and Society: an International Journal, 14 (1), 169 - 175, 英語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • "Polycentric East Asia”: From the Perspectives of Traditional Historiography and “Science and Empires"

    塚原東吾

    2019年08月, ICHSEA 2019, 1 (1), 5 - 12, 英語, 90007904.pdf, パスワードが無い

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Togo Tsukahara

    This essay is intended to be part 2 of my personal reflections on Japanese STS. Following my review on the criticism of Hidetoshi Kihara and of the late Hitoshi Yoshioka and Osamu Kanamori in the last issue of EASTS (Tsukahara 2018), I would like to pay particular attention to the origins of Japanese STS and the “prehistory” of the making of EASTS from a Japanese perspective. To

    DUKE UNIV PRESS, 2019年03月, EAST ASIAN SCIENCE TECHNOLOGY AND SOCIETY-AN INTERNATIONAL JOURNAL, 13 (1), 143 - 149, 英語

    [査読有り][招待有り]

    その他

  • 書評、これがすべてを変える 資本主義VS.気候変動 ナオミ・クライン 驚異の元凶は何か(岩波書店)

    塚原 東吾

    これがすべてを変える 資本主義VS.気候変動 ナオミ・クライン(岩波書店)

    週刊読書人, 2017年11月, 週刊読書人, 2017 (3216), 3, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 「大東亜気象機関」の研究:中国沿岸の気象,ブリティッシュ・インペリアル気象ネットワークから大東亜気象機関へ

    塚原 東吾, 財城 真寿美

    2016年03月, 帝国日本の知識ネットワークに関する科学史研究, 13, 221 - 231, 日本語

    会議報告等

  • ポスト・ノーマル時代の科学者の仕事 (特集 科学者 : 科学技術のポリティカルエコノミー)

    塚原 東吾, 美馬 達哉

    青土社, 2014年08月, 現代思想, 42 (12), 46 - 77, 日本語

  • Historical Meteorological Record over East Asia: Japan and Chinese Coastal Cities in 19th Century and during Japanese invasion.

    塚原 東吾

    Hongkong Observatory, 2013年07月, the Speech for the 130th years Anniversaty of establishment of Hongkong Observatory, and 25th year for Hongkong Meteorological Society, 1 (1), 1, 英語

    [招待有り]

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

  • 二〇一二年度春期東洋学講座講演要旨(東洋文庫ミュージアムオープン記念講演会「東洋文庫と本の世界」) 第五二九回 六月六日(月) オランダ語・日蘭関係史料による一九世紀の古気候再現 : 東洋文庫に収蔵されるシーボルト史料を発端として

    塚原 東吾

    東洋文庫, 2012年09月, 東洋学報 : 東洋文庫和文紀要, 94 (2), 225 - 228, 日本語

  • Book review on Yang Daqing, Technology of Empire: Telecommunications and Japanese expansion in Asia, 1883-1945, Harvard University, Asia Center, Harvard East Asian Monograph 219, 2010; Janis Miura, Planning for Empire: Reform Bureaucrats and the Japanese

    Togo Tsukahara

    2011年12月, Technology and Culture, vol.xx, no.xx, pp.xx-xx.

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Kagaku / Kyuri: Science

    Togo Tsukahara

    2011年09月, e-publication, UC Barclay, vol.1, no.14, pp.1-12

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 芝哲夫先生とその時代

    Togo Tsukahara

    化学史学会, 2010年12月, 化学史研究, vol.37, no. 4, pp.218-220 (4), 218 - 220, 日本語

    [招待有り]

  • Introduction (1): Japanese STS in Global, East Asian, and Local Contexts

    Togo Tsukahara

    2010年03月, East Asian Science, Technology and Society: An International Journal, vol.3, no.4, pp.505-509

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Introduction to Feature Issue: Colonial Science in Former Japanese Imperial Universities

    Togo Tsukahara

    2010年, East Asian Science, Technology and Society: An International Journal, vol.1,no.2, 147-152

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Togo Tsukahara

    2010年, East Asian Science, Technology and Society, 4 (1), 123 - 127, 英語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • シンポジウム開催の趣旨

    塚原 東吾

    日本科学史学会, 2009年03月25日, 科学史研究. 第II期, 48 (249), 34 - 36, 日本語

  • Colonial Science in Former Japanese Imperial Universities

    Togo Tsukahara

    2007年06月, East Asian Science, Technology and Society: an International Journal, (Springer), vol.1-2, 2007, pp.147-152.

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • The 19th century instrumental meteorological records in Japan and its application for studying past climate variability.

    Zaiki, M, Tsukahara, T, Können, G.P, Mikami, T

    2007年, Proceedings of the Commission on Climatology IGU 2006 at Brisbane conference (extended abstract), 1 - 6

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 『日本における気象観測記録の研究:シーボルト・データ、間データ、天文方データの解析』

    塚原 東吾

    2004年03月, 科研費報告書, 1, 312, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 蘭学研究と地球温暖化問題:歴史的な観点からみた気候の復元(前編:研究の発端・ボッフムのシーボルト史料)」、『日蘭学会通信』、

    塚原 東吾

    2004年, 日蘭学会, No.1 (vol.109), 2-4, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 蘭学研究と地球温暖化問題:歴史的な観点からみた気候の復元 (後編:

    塚原 東吾

    2004年01月, 日蘭学会, No.2(vol.110),, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 「ブライアン・ウィン、遺伝子組換え作物のリスクと倫理をめぐる専門家による言説構成:公共性を疎外する構造はいかにして織り成されるのか

    塚原 東吾

    2001年08月, 『現代思想』, 29-10, 100-127, 英語

    その他

  • パオロ・パラディーノ+マイケル・ウォーボーイズ、科学と帝国主義:パイエンソン批判

    塚原 東吾

    2001年08月, 『現代思想』, 29-10, 155-155, 英語

    その他

  • 温故知新:鹿山文庫解説書:b鹿山文庫理学書の小察

    土井 康弘, 大沢 真澄, 塚原 東吾

    1999年, 千葉県立佐倉高等学校藩校創立200年記念事業実行委員会, , 18-28, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

書籍等出版物

  • 人新世とマルクス : 斎藤幸平は次世代を引き込めるか?

    小野坂, 海斗, 塚原, 東吾, 神戸STS研究会

    神戸STS研究会, 2021年03月, 日本語

  • 神戸のSTS : スプリング8をめぐるサイエンス・ベースト・イノベーション研究と低線量被曝の歴史研究

    塚原, 東吾, 松嶋, 登, 桑田, 敬太郎, 岩西, 竜一朗

    神戸STS研究会, 2021年02月, 日本語

  • 姫路科学館収蔵旧制姫路高等学校コレクション物理実験機器資料

    吉岡, 克己, 本岡, 慧子, 塚原, 東吾, 多久和, 理実, 神戸STS研究会, 姫路科学館

    神戸STS研究会, 2020年11月, 日本語

  • 科学技術社会論とは何か

    東京大学出版会, 藤垣, 裕子, 小林, 傳司, 柴田, 清, 綾部, 広則, 小林, 信一, 塚原, 修一, 塚原, 東吾

    東京大学出版会, 2020年04月, 日本語, ISBN: 9784130643115

  • アジアの気候再現 : 航海日誌・モンスーン・台風をめぐる人文学と気象学のトランスサイエンス : 連続国際ワークショップ資料集

    塚原, 東吾, 松本, 淳, 久保田, 尚之, 太田, 淳, 松本, 佳子, 神戸STS研究会

    神戸STS研究会, 2019年12月

  • 「大東亜」を建設する : 帝国日本の技術とイデオロギー

    Moore, Aaron Stephen, 塚原, 東吾

    人文書院, 2019年12月, 日本語, ISBN: 9784409520802

  • 歴史の中の気候気候の中の歴史 : 国際シンポジウム資料集

    塚原, 東吾, 松本, 淳, 城山, 智子, 西脇, 彩央, 神戸STS研究会

    神戸STS研究会, 2019年02月

  • 帝国日本の科学思想史

    坂野, 徹, 塚原, 東吾

    共編者(共編著者), 勁草書房, 2018年09月, 日本語, 帝国日本の科学思想史, ISBN: 9784326102716

    学術書

  • 資料集『軍事研究の歴史における戦前・戦後の技術の連続性を考える』 : 愼科研・兼・ツカ研拡大ゼミ研究集会

    塚原, 東吾, 愼, 蒼健, 神戸STS研究会

    愼蒼健,塚原東吾, 2017年12月, 日本語

  • 現代思想 2017年6月臨時増刊号 総特集◎iPS細胞の未来 ―山中伸弥の仕事―

    山中伸弥, 池田清彦, 林克彦, 堀田秋津, 美馬達哉, 小泉義之, 塚原東吾, 粥川準二, 八代嘉美

    共著, 青土社, 2017年05月02日, ISBN: 4791713435

  • 村上陽一郎の科学論 : 批判と応答

    村上, 陽一郎, 柿原, 泰, 加藤, 茂生, 川田, 勝, 小川, 眞里子, 小松, 美彦, 坂野, 徹, 瀬戸, 一夫, 高橋, 憲一, 塚原, 東吾, 成定, 薫, 野家, 啓一, 橋本, 毅彦, 横山, 輝雄

    新曜社, 2016年12月, 日本語, ISBN: 9784788515062

  • 反東京オリンピック宣言

    小笠原 博毅, 山本 敦久, 鵜飼 哲, 小泉 義之, 池内 了, 酒井 隆史, 阿部 潔, 小川てつオ, 塚原 東吾, 原口 剛, 石川 義正, ジュールズ・ボイコフ, フィル・コーエン, テリエ・ハーコンセン

    共著, 航思社, 2016年08月17日, ISBN: 4906738206

  • 科学技術をめぐる抗争 (リーディングス 戦後日本の思想水脈 第2巻)

    共編者(共編著者), 岩波書店, 2016年07月13日, ISBN: 4000270346

  • 科学技術をめぐる抗争

    金森, 修, 塚原, 東吾

    岩波書店, 2016年07月, 日本語, ISBN: 9784000270342

  • 現代思想 2016年6月号 特集=日本の物理学者たち

    梶田隆章, 佐藤文隆, 益川敏英, 佐藤勝彦, 池内了, 茂木健一郎, 津田一郎, 松井孝典, 小澤正直, 江沢洋, 小沼通二, 塚原東吾, 中尾麻伊香, 磯崎新

    共著, 青土社, 2016年05月27日, ISBN: 4791713230

  • 帝国日本の知識ネットワークに関する科学史研究

    愼 蒼健, 塚原 東吾, 神戸STS研究会

    愼蒼健, 塚原東吾, 2016年03月

  • 科学機器の歴史 : 望遠鏡と顕微鏡

    編者(編著者), 日本評論社, 2015年06月02日, ISBN: 4535787921

  • 科学機器の歴史 : 望遠鏡と顕微鏡 : イタリア・オランダ・フランスとアカデミー

    塚原, 東吾, 三浦, 伸夫, 中島, 秀人, 隠岐, さや香, 平岡, 隆二

    日本評論社, 2015年06月, 日本語, ISBN: 9784535787926

  • 持続可能な環境? : 公害問題の歴史からわれわれは、何を学んだのか : 三菱UFJ環境財団・神戸大学助成[プ]ロジェクトESD対話シンポジウム報告書

    栢木, 清吾, 塚原, 東吾

    神戸STS研究会, 2015年03月, 日本語

  • 満州の科学・医学史 : 核をめぐる戦時科学の連続性

    塚原, 東吾, 帝国日本の知識ネットワークに関する科学史的研究会

    神戸STS研究会, 2014年12月

  • 現代思想 2014年8月号 特集=科学者 -科学技術のポリティカルエコノミー-

    小柴昌俊, 中村桂子, 佐藤文隆, 野家啓一, 塚原東吾, 美馬達哉, 金森修, 近藤和敬, 榎木英介, 粥川準二

    共著, 青土社, 2014年07月28日, ISBN: 4791712846

  • Science and Empire: what is the “British” networks of science?, Proceedings for the 3rd International conference

    塚原 東吾

    共編者(共編著者), Kobe STS Series no.9., 2014年07月, 英語, Science and Empire: what is the “British” networks of science?, Proceedings for the 3rd International conference

    学術書

  • 医師の社会史 : 植民地台湾の近代と民族

    Lo, Ming-cheng Miriam, 塚原, 東吾

    法政大学出版局, 2014年04月, 日本語, ISBN: 9784588603365

  • ロー・ミンチェン著、塚原東吾訳, 『医師の社会史:植民地台湾の国家と民族』

    塚原 東吾

    単訳, 法政大学出版局, 2014年04月, 日本語

    学術書

  • Science and empires, what is the "British" networks of science? : the 3rd International Workshop on JSPS project of "Historical Studies on Japanese Imperial Sciences and its Network", 5 (sat.)-6(sun.), July, 2014, at Takigawa Memorial Hall, Kobe University

    International Workshop on JSPS project of "Historical Studies on Japanese Imperial Sciences and its Network", 塚原, 東吾, 立石, 俊英

    神戸STS研究会, 2014年

  • Working Words: New Approach to Japanese Studies

    塚原 東吾

    その他, Josai International Center for the Promotion of Art and Science, 2013年12月, 英語

    学術書

  • 情報時代の到来 : 「理性と革命の時代」における知識のテクノロジー

    Headrick, Daniel R., 塚原, 東吾, 隠岐, さや香

    法政大学出版局, 2011年07月, 日本語, ISBN: 9784588371158

  • バイオ・キャピタル : ポストゲノム時代の資本主義

    Sunder Rajan, Kaushik, 塚原, 東吾

    青土社, 2011年03月, 日本語, ISBN: 9784791765843

  • 科学史(1)-(3), 『科学と社会2010』

    Togo Tsukahara

    単著, 総合研究大学院大学, 2011年03月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • Large and broad : the Dutch impact on early modern Asia : essays in honor of Leonard Blussé

    永積 洋子, Remmelink Willem G. J, 八百 啓介, Ota Atsushi, 富永 泰代, Iioka Naoko, Carioti Patrizia, 鈴木 康子, Tanaka-Van Daalen Isabel, 松方 冬子, 島田 竜登, 和田 郁子, Viallé Cynthia, 塚原 東吾, Chaiklin Martha

    Toyo Bunko, 2010年, 英語, ISBN: 9784809702440

  • 科学と帝国主義 : 日本植民地の帝国大学の科学史

    塚原, 東吾

    皓星社, 2006年03月, 日本語

  • 塚原 東吾

    単著, 皓星社, 2006年03月, 日本語

    学術書

  • 国籍 : 重信メイとの対話 : 神戸大学塚原研・小笠原研合同ゼミ報告書

    重信, メイ, 神戸STS研究会, 杉林, まみ, 玉置, 太郎, 小笠原, 博毅, 塚原, 東吾

    神戸STS研究会, 2004年08月, 日本語

  • 気象学と歴史学の遭遇 : 東アジア環境史・気候変動国際シンポジウム報告書

    塚原, 東吾, 三上, 岳彦, 内藤, 智子(編集者)

    神戸STS研究会, 2003年11月, 日本語

  • 東アジアの「科学と帝国主義」 : 2002神戸, 東アジアSTS(科学・技術・社会論)ネットワーク東アジア科学史国際シンポジウム報告書 : 科学と帝国主義の観点からの新しいヒストリオグラフィ : 朝鮮半島の新しい科学史そして日本帝国主義と科学・技術・医療

    塚原, 東吾, 神戸STS研究会

    神戸STS研究会, 2003年04月, 日本語

  • 東アジアにおける科学・技術と社会 : 2002年神戸東アジアSTS(科学・技術・社会論)ネットワーク国際シンポジウム : 報告書

    神戸STS研究会, 塚原 東吾

    神戸STS研究会, 2003年04月

  • ハイテク社会を生きる

    調, 麻佐志, 川崎, 勝, 平川, 秀幸, 瀬名, 秀明, 塚原, 東吾, 菊池, 聡, 矢部, 史郎

    北樹出版, 2003年03月, 日本語, ISBN: 489384881X

  • 科学はなぜ嫌われるのか

    塚原 東吾

    単著, 北樹出版, 2003年, 日本語

    教科書・概説・概論

  • オランダ科学史

    Berkel, Klaas van, 塚原, 東吾

    単訳, 朝倉書店, 2000年10月, 日本語, ISBN: 9784254105735

    その他

  • 出島の薬・日本最初の近代的薬剤師ビュルガー

    塚原 東吾

    単著, 九州大学出版会, 2000年09月, 日本語

    学術書

  • スーザン・ルジェーネ、「19世紀オランダ帝国主義文化のなかでの日本」

    塚原 東吾

    単著, 『日蘭学会会誌』, 2000年

    その他

  • スティーブ・フラー、「サイエンス・ウォーズ:正確には誰が敵なのか?」

    塚原 東吾

    単著, 『世界』, 1999年01月, 英語

    その他

  • 科学技術のゆくえ・「知的優位性のエコノミックス」としての「科学」、そして「記憶のポリティックス」としての「歴史」:「科学と帝国主義」という観点から見た「近代日本の科学」

    塚原 東吾

    単著, ミネルヴァ書房, 1998年, 日本語

    学術書

  • 東京裁判とオランダ

    Poelgeest, L. van, 水島, 治郎, 塚原, 東吾

    みすず書房, 1997年05月, 日本語, ISBN: 4622036576

  • L.ファン・プールヘースト、『東京裁判とオランダ』

    塚原 東吾

    共訳, みすず書房, 1997年

    その他

  • 科学技術時代への処方箋・日本への近代科学技術の導入は、どのような問題を伴っていたのか

    塚原 東吾

    単著, 北授出版, 1997年, 日本語

    教科書・概説・概論

  • マイケル・ギボンズ、『現代社会と知の創造:モード論とは何か』

    塚原 東吾

    共訳, 丸善, 1997年, 英語

    その他

  • Affinity and Shinwa Ryoku : introduction of Western chemical concepts in early nineteenth-century Japan : proefschrift

    塚原, 東吾

    J.C. Gieben, 1993年, 英語, ISBN: 9050631363

講演・口頭発表等

  • Meteorological records from Dutch log-books, 1850s - 1860s: Japan's Opening-Nation period climate reconstruction by the Four Nations Fleet at the Bombardment of Shimonoseki.

    Togo Tsukahara (Kobe University):

    ACRE China, Japan, S.E. Asia, 2019年11月05日, 英語

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Needham's Japan, Japan's Needham: Legacy of "Science and Civilization in China". 李约瑟『中国科学技術史(中国的科学与文明)』和日本科学史

    Togo Tsukahara 塚原東吾

    北京フォーラムBeijing Forum 2019, 2019年11月03日, 英語

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Environmental Factors in Modernized Empire: Japan’s Agricultural Meteorology in Early 20th Century, a controversy and its ecological context.

    Togo TSUKAHARA (Kobe University, Japan)

    ベルリン工業大学、農業気象学史ワークショップ, 2019年10月09日, 英語

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Analysis of Dutch Naval Logbooks

    Togo Tsukahar and Alice de Jong

    ライデンおける連続国際WS, 2019年09月17日, 英語

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Work-in-Progress on Analysis of Dutch Naval Logbooks, with special reference to Shimonoseki War.

    Togo Tsukahara , Alice de Jong and Atsushi Ota,

    歴史の中の気候気候の中の歴史 : 国際シンポジウム, 2019年09月07日, 英語

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Environmental Factors in Modernized Empire: Japan’s agricultural meteorology in early 20th century, a controversy and its ecological context.

    Togo TSUKAHARA (Kobe University, Japan)

    15th ICHSEA 2019 (International Conference on the History of Science in East Asia), 2019年08月21日, 英語

  • "Polycentric East Asia": From the Perspectives of Traditional Historiography and "Science and Empires"

    Togo TSUKAHARA (Kobe University, Japan)

    15th ICHSEA 2019 (International Conference on the History of Science in East Asia), 2019年08月19日, 英語

    [招待有り]

    口頭発表(基調)

  • 科学史・科学哲学、STS(科学技術社会論)の 視点から見た『ソサエティ5.0』

    神戸大・塚原東吾

    「みんなのSDGs」シンポジウム, 2019年07月05日, 日本語

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Preliminary Research in Japan’s War-time Meteorological Record

    塚原 東吾

    THE 11TH ANNUAL ACRE MEETING, ACRE JAPAN, ACRE SE ASIA-2, ACRE CHINA-3, AND C3S DATA RESCUE SERVICE (DRS) WORKSHOPS, 2018年11月, 英語, TOKYO METROPOLITAN UNIVERSITY, MINAMI-OSAWA CAMPUS, Preliminary Research in Japan’s War-time Meteorological Record, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Overview and Recent Progress of ACRE Japan, and Data Rescue of Typhoons and Ship Logs Activities

    塚原 東吾, Hisayuki Kubota, Jun Matsumoto, Masumi Zaiki, Takehiko Mikami, Junpei Hirano, Michael Grossman

    11th ACRE, 2018年11月, 英語, TMU, Japan November 15, 2018, Overview and Recent Progress of ACRE Japan, and Data Rescue of Typhoons and Ship Logs Activities, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Reconstructing the Climate of East/South East Asia from the Perspective of the History of Science

    塚原 東吾

    Hong Kong University WS on Daily Technology in East Asia, 2018年08月, 英語, Hong Kong University, Reconstructing the Climate of East/South East Asia from the Perspective of the History of Science, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Recent development and intermediary report on Japan's military meteorology in the Southern Co-Prosperity Sphere

    塚原 東吾

    Special Lecture on history of meteorology, Hong Kong Observatory, 2018年08月, 英語, Hong Kong Observator, Recent development and intermediary report on Japan's military meteorology in the Southern Co-Prosperity Sphere, 国際会議

    口頭発表(基調)

  • observed sky in the 19th century Asia and Japan's military meteorology in “the Southern Co-Prosperity Sphere"

    塚原 東吾, 財城真寿美

    “Asian Extreme”, 2018年05月, 英語, Singapore University, This paper will mainly focus on our preliminary analysis on the 19th century climate observation at British colonial ports along Chinese Coast, and Japanese Wartime Meteorology. Before we discuss this topic, I would like to briefly its broad context. From the viewpoint of marco-historiography on history of science, Imperialism and science by Dutch, British, French and then J, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Overview of ACRE Japan Activities

    塚原 東吾, Jun Matsumoto, Tomoshige Inoue, Shigeru Kobayashi, Haruhiko Yamamoto, Hirotaka Kamahori

    International Workshop on Historical Climatology, at Academia Sinica, Taipei, 2017年12月, 英語, Academia Sinica, Taipei, Overview of ACRE Japan Activities, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ACRE Japan

    塚原 東吾, Hisayuki Kubota, Jun Matsumoto

    10th ACRE, 2017年12月, 英語, Aucland, NZ, ACRE Japan, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 科学史の中での気象学史:「歴史の科学化」と社会史的視点という両輪

    塚原 東吾

    第一回気象学史研究会, 2017年05月, 日本語, オリンピックセンター, 科学史の中での気象学史:「歴史の科学化」と社会史的視点という両輪, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 東アジア・東南アジアにおける気象データのデータレスキューについて

    久保田尚之, 松本淳, 松本淳, 三上岳彦, 財城真寿美, 塚原東吾, 赤坂郁美, 遠藤伸彦, 濱田純一, 井上知栄, ALLAN Rob, WILLIAMSON Fiona

    日本地理学会発表要旨集, 2017年03月10日, 日本語

  • From Dutch Colonial-Scientific Empire, British (all-red route) Imperial Media-Network, to the Japan‘s Great East Asian Co-Prosperity Sphere(2) : Japan's military meteorology in the Southern Co-Prosperity Sphere"

    塚原 東吾

    Hong Kong Observatory WS on Climte History, 2017年03月, 英語, Hong Kong Observatory, From Dutch Colonial-Scientific Empire, British (all-red route) Imperial Media-Network, to the Japan‘s Great East Asian Co-Prosperity Sphere(2) : Japan's military meteorology in the Southern Co-Prosperity Sphere", 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • From Dutch Colonial-Scientific Empire, British (all-red route) Imperial Media-Network, to the Japan's Great East Asian Co-Prosperity Sphereobserved sky in the 19th century Asia

    塚原 東吾

    HK Maritime Museum WS on Climate History, 2017年03月, 英語, HK Maritime Museum, From Dutch Colonial-Scientific Empire, British (all-red route) Imperial Media-Network, to the Japan's Great East Asian Co-Prosperity Sphereobserved sky in the 19th century Asia, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ボリビア・ラパスにおける20世紀の気候変化

    財城真寿美, 水野一晴, 塚原東吾

    日本地理学会発表要旨集, 2016年03月10日, 日本語

  • 環境学習の源流から未来へ、どのような未来へ?: まずは、過去を見ておこう。

    塚原 東吾

    35回環境学習セミナー, 2015年10月, 日本語, 植物と人々のミュージアム、山梨県小菅村, 環境学習の源流から未来へ、どのような未来へ?: まずは、過去を見ておこう。, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Civilian control of techno-science? : thyroid cancer,

    塚原 東吾

    APSTSN+EASTS 合同会議, 2015年10月, 英語, 台湾・高雄, Civilian control of techno-science? : thyroid cancer, (nuclear waste and reactivation of nuclear power plants) in Post 311 Japan., 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Needham's Japan, Japan's Needham

    塚原 東吾

    The Needham Workshop, 2015年07月, 英語, K.P. Tin Hall, The Needham Research Institute, Needham’s Japan is astronomical. It is Japan as described and analyzed by Yabuuti and Nakayama, a group later joined by Hashimoto and Yano. It was also Japan as a part of China, peripheral, but a place that preserved ancient China, with its own choice of theory and interpretation. In that sense, Needham was more concerned with the works done by the genuine Kyoto school led by Y, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Chinese coastal meteorology since the 19th century, and Japan's wartime metorological network.

    塚原 東吾

    14th ICHSEA, 2015年07月, 英語, Paris, Chinese coastal meteorology since the 19th century, and Japan's wartime metorological network., 国際会議

    口頭発表(一般)

  • STS in East Asia

    塚原 東吾

    FIRST NATIONAL CONFERENCE ON SCIENCE, TECHNOLOGY AND SOCIETY, 2015年06月, 英語, Institute of Biology, National Science Complex, University of the Philippines Diliman Quezon City, STS in East Asia, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 19世紀の日本における気象観測記録のデータレスキュー

    財城真寿美, 三上岳彦, 塚原東吾

    日本気象学会大会講演予稿集, 2015年04月30日, 日本語

  • C152 19世紀の日本における気象観測記録のデータレスキュー(大気と海洋のデータレスキューの現状とその利活用,専門分科会)

    財城 真寿美, 三上 岳彦, 塚原 東吾

    大会講演予講集, 2015年, 日本語

  • Meteorological Observation in Philippines and other Southeast/East Asian Countries

    塚原 東吾

    Disasters in History, 2014年10月, 英語, Ateneo de Manila, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ロー・ミンチェン『医師の社会史』のアプローチへの評価――歴史学へのツールとしての社会学

    塚原 東吾

    ASSHM(アジア医学の社会史学会), 2014年07月, 日本語, 青山学院大学, 国際会議

    口頭発表(基調)

  • グローバルな科学史研究のフロンティアと「蘭学」・「洋学」:パラダイム論、フーコー的権力論、ネットワーク・ハイブリッド・連続性などの諸コンセプトについて

    塚原 東吾

    洋学史学会大会, 2014年07月, 日本語, 電通大, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Japanese technology as culture.

    塚原 東吾

    Cambridge NRI WS on Japanese Technology, 2014年05月, 英語, NRI, Cambridge, 国際会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • East Asian STS, a new academic challenge: its scope and perspective

    塚原 東吾

    2nd International Conference on East Asian Cultures and International Relations, 2014年04月, 英語, Hongkong Baptist Unviersity, 国際会議

    口頭発表(基調)

  • Historical Meteorological Record over East Asia: Japan and Chinese Coastal Cities in 19th Century and during Japanese invasion.

    Togo Tsukahara

    the Speech for the 130th years Anniversaty of establishment of Hongkong Observatory, and 25th year for Hongkong Meteorological Society, 2013年07月, 英語, 国際会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Japanese colonial sciences:its problems to overcome and our request to China-Japan research cooperation.

    塚原 東吾

    IHNS no.8, 学術報告 1, 2013年06月, 英語, 北京・自然科学史研究所, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Weather in History: from the perspective of History of Science (meteorology)

    塚原 東吾

    Special Lecture, dep't History, 2013年03月, 英語, Ateneo de Manila Univ, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Reconstruction of China Coastal meteorology by 19th century newspaper (esp. before 1873) meteorological report: British Imperial media-network and science

    塚原 東吾

    International Workshop:“China Coastal Meteorology and Its Historical Research, Imperial Media-Network and Science”, 2013年01月, 英語, Meeting room at the Cosmopolitan Hotel (Hong Kong), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 「中国沿岸コロニアル港湾都市のメディア・ネットワークと、東アジアの気候変動: 英字新聞の気象情報を利用した古気候再現」

    塚原 東吾

    第16回科学史西日本研究大会(日本科学史学会阪神支部例会共催), 2012年12月, 日本語, 追手門学院大学大阪梅田サテライト, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シーボルトから適塾へ:シーボルト・コレクションの新たな歴史的意義と、適塾の歴史的な役割について

    塚原 東吾

    適塾記念講演, 2012年11月, 日本語, 大阪大学中之島サテライト, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Chinese Coastal Meteorology: reconstruction of 19th century climate (1)

    塚原 東吾

    Climate Studies WS, 2012年10月, 英語, 成蹊大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 二〇一二年度春期東洋学講座講演要旨(東洋文庫ミュージアムオープン記念講演会「東洋文庫と本の世界」) 第五二九回 六月六日(月) オランダ語・日蘭関係史料による一九世紀の古気候再現 : 東洋文庫に収蔵されるシーボルト史料を発端として

    塚原 東吾

    東洋学報 : 東洋文庫和文紀要, 2012年09月, 日本語

  • 科学史与地球温暖化:気象学史・歴史的気候的再現

    塚原 東吾

    Special Lecture for Shanghai Jiatong Univ., 2012年09月, 中国語, 上海交通大学, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • テクノ海賊、もしくは海賊のテクノロジーについて

    小笠原 博毅, 塚原 東吾, 栢木 清悟, 太田 淳

    カルチュラル・タイフーン広島, 2012年07月, 日本語, 広島女学院大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • オランダ語・日蘭関係史料による十九世紀の古気候再現:東洋文庫に収蔵されるシーボルト史料を発端として(2012年度春期東洋学講座講演要旨)

    塚原東吾

    東洋学報 / The Toyo Gakuho, 2012年06月, 日本語

  • STS implication on Japan's 3/11

    Togo Tsukahara

    Utrecht University, Copernicus Institute invited seminar, 2011年09月, 英語, Utrecht, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • On Japan's 3/11: Cultural Remarks

    Togo Tsukahara

    Colloquim for Japanese Disaster 2011, 2011年09月, ドイツ語, Department for Japanese Studies, Leiden Univ., Leiden, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Japanese colonial sciences in and around Taihoku Imperial University

    Togo Tsukahara

    Taiwan: Refuge, Province, Colony, or What? Friday July 8 – Saturday July 9, 2011, organized by the Department of Chinese Language and Literature, Department of Chinese History and Philosophy, and the Research Unit on Taiwanese Culture and Literature, Facu, 2011年06月, 英語, Ruhr University Bochum, Germany, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • On IPCC Evaluation, according to Secretary General of UN

    Togo Tsukahara

    IAC (Inter Academic Council), 2010年03月, 英語, Amsterdam, Royal Dutch Academy of Science, 国際会議

    その他

  • 19世紀(1852‐1868年)の水戸における気温観測記録の均質化

    財城真寿美, 磯田道史, 八田浩輔, 秋田浩平, 三上岳彦, 塚原東吾

    日本地理学会発表要旨集, 2009年03月10日, 日本語

  • Cultures of Health, and Other Comments

    Togo Tsukahara

    WHO and CSDH, assessing theory, policy and practice, 2008年11月, 英語, WHO(World Health Organization), London, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 日本における19世紀気象観測記録を使用した気圧配置パターンの復元

    財城 真寿美, 塚原 東吾, KONNEN G. P, 三上 岳彦

    大会講演予講集, 2006年04月30日, 日本語

  • Japanese Typhoons: the History of Meteorology and Climate Change: from colonial perspective on Typhoon and coldness in Hokkaido colonial front

    Tsukahara Togo

    Conference on Natural Disaster in Asian History, Culture, and Memory, 2005年08月, 英語, National University of Singapore, Singapore,, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 「帝国の化学:日本植民地での原爆製造に関連する研究をめぐって」

    Tsukahara Togo

    2005年度化学史研究発表会, 2005年06月, 日本語, 化学史学会, 神戸大学,, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 「大脳中心主義批判:蘭学の解剖にみられる大脳中心主義の系譜とその現代的なインプリケーション」

    Tsukahara Togo

    「Body Culture Studies」研究会, 2005年06月, 日本語, 筑波大学COE, 大塚校舎(旧東京教育大学),, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Historical image of “Brain” in Japan between fluid and solid theory of body: From Rembrandt, via Japanese Rangaku (Dutch Studies) Anatomy, to the transplantation from the Brain-dead.

    Tsukahara Togo

    International Seminar on “Body Image”, 2005年03月, 英語, Academia Sinica,, Taipei, Taiwan,,, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • “Dutch Natural Sciences and Japan: Enlightenmental Agent, Synchronization of the Twins’ Practical Orientation, and Science in Future”

    Tsukahara Togo

    Memorial Lecture given at the occasion of 40th years anniversary of the establishment of the Netherlands-Japan Institute, 2005年02月, 英語, the Netherlands-Japan Institute, Tokyo., the Netherlands-Japan Institute, Tokyo.,, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • “Beginning of Instrumental Meteorological Observation in Japan: by whom, in what context, and its transitional nature”

    Tsukahara Togo

    "Climatic variations and natural disasters since Little Ice Age: Links with volcanic and solar forcing", 2005年01月, 英語, T. Mikami and T. Tsukahara Togo, Tokyo Metropolitan University,, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • “Science and Imperialism: critical examinations on the techno-scientific legacy of the Japanese Imperial Universities in East Asia and its implications to contemporary East Asian STS.”

    Tsukahara Togo

    The 5th East Asian STS Conference, 2004年12月, 英語, East Asian STS Network, Soeul, Korea,, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 科学技術への「帝国」からの視線:STSにおける歴史研究のレリヴァンス

    Tsukahara Togo

    STS学会年次大会, 2004年11月, 日本語, STS学会, 金沢,, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 「STSにおける科学史のインプリケーション」

    Tsukahara Togo

    STS学会年次大会, 2004年11月, 日本語, STS学会, 金沢,, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 「科学史・環境史から見たオランダ史料」

    Tsukahara Togo

    国際研究集会日本関係海外史料研究, 2004年10月, 日本語, 日本学士院・東京大学史料編纂所, 東大,, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • “Nineteenth-Century East Asian Climate Reconstruction from the Perspective of History of Science”

    Tsukahara Togo

    ICHM, 2004年07月, 英語, International Commission on the history of meteorology, Munchen, Germany,, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 日本における19世紀気象観測記録の補正均質化とその気候変動研究への応用

    財城 真寿美, 塚原 東吾, 三上 岳彦

    日本科学史学会, 2004年05月16日, 日本語, 日本科学史学会, 東京工業大学,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「地球温暖化問題の科学史的・PNS的考察」

    塚原 東吾, 今西 英貴, 堀内 葵, 財城 真寿美

    科学技術社会論学会, 2003年11月, 日本語, 科学技術社会論学会, 神戸大学,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「19世紀の日本における気象観測記録とその気候変動解析への応用」

    財城 真寿美, 松本 佳子, 塚原 東吾, 三上 岳彦

    日本地理学会, 2003年10月, 日本地理学会, 岡山大学, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • “East Asian Comparative Studies on the GMO and the Public: Japanese case”

    Tsukahara Togo

    the 4th EASTS, 2003年10月, 英語, the East Asian Science, Technology and Society Network, Taipei, Taiwan,, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Weather of the Empire: Japanese history of meteorology viewed from the angle of "Science and Empires

    Tsukahara Togo

    The Third International Congress for Asian Scholars (ICAS3)., 2003年08月, 英語, ICAS, Singapore University,, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 日本における気象史料について(第2報):機器観測記録の調査

    塚原 東吾, 松本 佳子, 中津 匡哉

    日本科学史学会, 2003年06月, 日本語, 日本科学史学会, 神戸大学,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「歴史気象学とSTS」

    中津 匡哉, 松本 佳子, 今西 英貴, 浅井 恵美, 塚原 東吾

    STSNJ2002年度、研究発表会, 2003年03月, 日本語, STSNJ, 東京,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「ポスト・ノーマル・サイエンス研究の現在:EU科学論の状況と展開」

    堀内 葵, 竹添 舞子, 加藤 源太郎, 今西 英貴, 杉林 まみ, 小宮山 寧子, 岡村 有希子, 内藤 智子, 塚原 東吾

    STSNJ2002年度、研究発表会, 2003年03月, 日本語, STSNJ, 東京,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「幕末から明治にかけての神戸での気象観測:神戸居留地データの歴史的研究」

    中津 匡哉, 松本 佳子, 塚原 東吾

    The International Conference on Climate Change and Reconstruction of Climate,, 2003年01月, フランス語, Kobe STS Network, 神戸大学,, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • “Japanese STS approach to GMOs: multi-angle socio-political and cultural-economical analysis of bio-techno-science in the East Asian context”

    Nakajima Hideto, Tsukahara Togo, Hirakawa Hideyuki

    4S, 2002年11月, 英語, 4S, Milwalky, USA,, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • “An Island of Garbage in the Eco-Utopian Euphony viewed from the History of Japanese Environmental Policy”

    Natsuko Matsuoka, Tsukahara Togo

    the 10th Int’l Congress of East Asian Science, Technology and Medicine, 2002年08月, 英語, ISHEASTM, 上海,, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • "Historical Meteorological Records in Japan in relation to Rangaku (蘭学) and East Asian History of Science Context”

    Tsukahara Togo

    the 10th International Conference of History of the East Asian Science, 2002年08月, 英語, ISHEASTM, 上海,, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Historisch meteorologie in de 19de eeuweseJapan

    Tsukahara Togo

    Vergadering van het Nederlands Genootschap voor Japanse Studiën, 2002年06月, (Het NGJS-bestuur, Leiden, Holland,, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

Works(作品等)

  • 司馬芝叟:上方の「ながばなし」、毒舌の学者を父に持つということ

    Togo Tsukahara

    2009年07月, 国立文楽劇場、第115回、開場25周年記念夏休み文楽特別講演、平成21年7月、pp.24-25

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 多久和 理実, 塚原 東吾, 平野 葉一

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 東京工業大学, 2020年04月01日 - 2024年03月31日

  • 太田 淳, 赤坂 郁美, 財城 真寿美, 長田 紀之, 塚原 東吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 慶應義塾大学, 2019年04月01日 - 2024年03月31日

  • 久保田 尚之, 財城 真寿美, 塚原 東吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的研究(開拓), 挑戦的研究(開拓), 北海道大学, 2018年06月29日 - 2024年03月31日

    研究協力者のClive Wilkinsonと協力し、イギリス水路部とイギリス公文書館に保管されている19世紀のイギリス海軍の航海日誌のうち、東アジア、東南アジアを航行した127航海を撮影し、資料を収集した。イギリス海軍の7航海の航海日誌に記載された気象データのデジタル化を行った。これにより昨年度と合わせて薩英戦争や下関戦争に参戦した1863年‐1864年の10隻の船舶の位置情報と気象データが入手できた。アメリカ海洋大気庁が進めている1835-2015年の全球3次元の大気再解析データデータセットの最新版version3を共同でweb公開し、このデータセットに関する論文を出版した。また、このデータセットの初期値に用いられる国際的な気圧データセットの最新版version4を共同でweb公開した。2019年11月4-6日に中国の武漢で開催されたJoint ACRE China, Southeast Asia, and Japan workshopに出席し、アジア各国のデータレスキューに関する研究者と研究交流を行った。研究分担者の塚原東吾、財城真寿美と研究協力者のClive WilkinsonとAlice de Jongとオランダ公文書館に所蔵されているオランダ海軍の航海日誌の調査を行った。また、ライデン大学にてWorkshop on Climate in History in Asiaを開催し、最新研究の情報交換を行った。明治初期の灯台の気温データについて整理を行い、品質管理を実施した。

  • 松本 淳, 久保田 尚之, 赤坂 郁美, 高橋 洋, 太田 淳, 塚原 東吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 東京都立大学, 2019年04月01日 - 2023年03月31日

  • 中島 秀人, 多久和 理実, 塚原 東吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 東京工業大学, 2019年04月01日 - 2022年03月31日

  • 先端科学技術をめぐるオラリティに関する複合的研究-日本の宇宙開発を中心として

    岡田 浩樹, 木村 大治, 大村 敬一, 佐藤 知久, 岩谷 洋史, 板倉 史明, 塚原 東吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2017年07月18日 - 2021年03月31日

    2019年度における本研究プロジェクトは、準備年度であった2017年度を踏まえ、2018年度、2019年度の各研究分担者、各研究サブセクションにおいて国内外での調査研究を後半に重点的に行い、成果発表に向けた検討を行う予定であった。 1)ロケット開発技術者のオラリティデータの整理、検討を行い、これまで得たロケット開発技術者についてのインタビュー調査に加え、有人宇宙飛行関係者、宇宙関連産業、そして宇宙基地周辺の地域住民(種子島、内之浦)などに対するフィールドワーク、インタビュー調査。(2)国内では内之浦、種子島および名古屋と東京の宇宙関連産業における調査、研究機関での資料収集(国立科学博物館、国立天文台、JAXA)である。国外調査としては、ドイツおよびブラジルの宇宙機関、宇宙産業に関する調査を実施、ついでフランス、そしてアメリカでNASAおよびNASA宇宙関連施設、スミソニアン博物館での資料調査などを共同で行う予定であった。(3)平行して関連のある学会、宇宙惑星居住科学連合、宇宙科学技術連合会、日本航空宇宙工学会、自然史アーカイブ研究会へのメンバーの出席を通して、、現在の宇宙開発の動向の把握、情報、資料を収集した。また、英国のUniversity College Londonを中心とする研究者と2020年度共同でセミナーを行う方向で合意に達した。 ただし、研究代表者及び分担者の公務のスケジュールから、2019年内は個別の調査研究を行い、2020年1月~3月にかけて集中的に共同調査、研究会を実施する予定であった。研究会では研究情報の共有、プロジェクトの進展についての議論、データの分析、解釈を踏まえ、3月には科学史研究者が参加するミニワークショップを企画準備を進めていた。 2019年度の個々研究分担者が勧めた研究調査については、2020年度にその成果を発表すべく、on-line等を利用しつつ打ち合わせを行った。

  • 塚原 東吾, 標葉 隆馬

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2016年04月01日 - 2021年03月31日, 研究代表者

    本年度は代表者、分担者ともに、いくつかの成果を出すに至った。現在刊行された関連の業績は以下のものである。 塚原 東吾 「過去の災害をどう探るか? : 古気候記録の収集・分析と市民科学の試み」 『立命館生存学研究』 3 17 - 31 2019;「オリンピックとカジノ万博は現代のバベルの塔か? : 科学技術とプロテスタンティズムの倫理」『福音と世界』 74(8) 30 - 35 2019;塚原ほか『アジアの気候再現 : 航海日誌・モンスーン・台風をめぐる人文学と気象学のトランスサイエンス』 神戸STS研究会;Legacies and Networking: Japanese STS in Transformation, in East Asian Science, Technology and Society 13(1) 1 - 7 2019;「科学史・科学哲学、STS(科学技術社会論)の 視点から見た『ソサエティ5.0』」「みんなのSDGs」シンポジウム 聖心女子大学 2019年7月5日 標葉隆馬 「科学技術社会論における生‐資本論」『科学技術社会論研究』 17 37 - 54 2019;[大学のパフォーマンスを測るということ] 『科学』 918 - 923 2019 ほかにも本研究課題に関連して、以下の国際会議、国内のシンポジウムなどでの報告をおこなっている。Needham's Japan, Japan's Needham: Legacy of "Science and Civilization in China". 『中国科学技術史(中国的科学与文明)』和日本科学史 Togo Tsukahara 塚原東吾 北京フォーラムBeijing Forum 2019 2019年11月3日; 科学史・科学哲学、STS(科学技術社会論)の 視点から見た『ソサエティ5.0』 神戸大・塚原東吾 「みんなのSDGs」シンポジウム 2019年7月5日

    競争的資金

  • 岡田 浩樹

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(B), 2017年04月 - 2021年03月

    競争的資金

  • 愼 蒼健, 藤原 辰史, 宮川 卓也, 泉水 英計, 塚原 東吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 東京理科大学, 2016年04月01日 - 2020年03月31日

    本研究では戦後日本の海外技術協力・援助という場合、アメリカ占領下の沖縄も「海外」と捉える。本研究の成果は、「戦後」日本における科学・技術の海外展開を、どの分野も帝国日本の遺産継承(連続性)と、アメリカの冷戦秩序展開による影響(不連続性)の「相克」として実証的に描いた点にある。戦後沖縄の結核対策、帝国日本とポスト帝国日本の牛乳政策、日本の原子力技術開発と輸出、軍事技術の民生転用、戦後沖縄における気象事業の再編過程などの検討を通じて、医学、工学、食・農学、気象学の分野別に「相克」の具体性が異なることも明らかになった。

  • 財城 真寿美, 三上 岳彦, 久保田 尚之, 塚原 東吾, 平野 淳平, 津村 建四朗, 饒村 曜

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 成蹊大学, 2016年04月01日 - 2019年03月31日

    19世紀末の日本各地の灯台において行われていた気象観測の記録について,1878年1月から1882年12月までの,気温・気圧・風向風速・降水量などの数値データのデジタル化を実施した.補正均質化および品質管理の完了したデータは,日々の天気図作成に使用した.さらに,当時,日本に接近・上陸した台風の経路や強度の詳細な評価を行った.その結果,19~20世紀における日本への接近台風の事例は,1870-80年代,1970-1980年代,2000年代に少ない傾向にあることが分かった.

  • 塚原 東吾, 三上 岳彦, 小笠原 博毅, 市川 智生, 財城 真寿美, 飯島 渉

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 挑戦的萌芽研究, 神戸大学, 2013年04月01日 - 2016年03月31日, 研究代表者

    本研究プロジェクトでは中国コロニアル沿岸都市のメディア・ネットワークと東アジアの気候変動について、重要な歴史的資料を発見し、それらの気象学的解析および歴史的評価を行った。(1)ホンコンを中心とする19世紀の気象観測ネットワークの研究で気象データを収集、および日本の占領期の「戦時データ」が明らかになった。(2)沖縄(琉球王朝時代)の気象観測記録の発見と研究。(3)より広域のデータレスキュー。またこれらについての参考となる気象史料などの調査・研究およびデジタイズを現在も進めているところである。なおこれらの研究は、さまざまな関連プロジェクトに受け継がれ、萌芽は、現在、開花に向けて胚胎している。

    競争的資金

  • 愼 蒼健, 藤原 辰史, 松村 紀明, 三浦 伸夫, 泉水 英計, 杉山 滋郎, 加藤 茂生, 金 凡性, 柿原 泰, 坂野 徹, 塚原 東吾, 菊地 暁, 木名瀬 高嗣, 瀬戸口 明久

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 東京理科大学, 2012年10月31日 - 2016年03月31日

    (1)英語圏の科学史研究において援用され始めた「ネットワーク」概念に対して、私たちは情報・知の不平等な流れや偏在、そこに権力の問題があることを実証した。植民地科学において生産される知には、一方的な収奪という視点からは見えない「ハイブリッド性」があるものの、そこには支配とポリティクスを読まねばならない。(2)台湾人が朝鮮の医学校に入学したケースや、京城・台北帝国大学での科学技術研究の成果が他の植民地に適用されるケースを通じて、植民地間の人的・知的交流を解明した。(3)満州や朝鮮での大型プロジェクト経験を積んだ日本人技術者の「戦後」活動を掘り起こし、帝国期との連続性研究に可能性を発見した。

  • 塚原 東吾, 三浦 伸夫, 小笠原 博毅, 中島 秀人, 隠岐 さや香

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2012年04月01日 - 2016年03月31日, 研究代表者

    本研究は科学機器の歴史について、主に望遠鏡と顕微鏡に光をあて、イタリア・オランダ・イギリスのケースに加え、フランスの事例の研究を行った。この研究では哲学機器とも呼ばれた数学機器や、望遠鏡と四分儀を組み合わせた測地機器、また物理教育に使われた一連の力学機器などを検討した その際、科学機器自体の歴史を基礎に、科学の組織化、いわゆるアカデミーなどの制度化についても検討を行った。科学機器の歴史を通じて、科学史をより広く、また深い観点から検討するための基礎的な作業である。

    競争的資金

  • 梶 雅範, 内田 正夫, 八耳 俊文, 河野 俊哉, 古川 安, 大野 誠, 田中 浩朗, 塚原 東吾, 吉本 秀之, 和田 正法, 菊池 好行

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 東京工業大学, 2012年04月01日 - 2015年03月31日

    本研究は、日本において化学研究が世界レベルに達した1930年代以降1960年代までの歴史的大変動期にどのような対応と転換を成し遂げて、世界的レベルの科学研究環境が整えられたのか、他の国の化学研究との比較史的観点も加えて総合的に明らかにしようとしたものである。具体的には、有機化学、無機化学・地球化学、高分子化学という三つの分野についての歴史的分析ならびに制度史的な分析を個別に行った。さらに対象時期の日本と世界の化学の転換と変容について、比較史的な観点から明らかにするために、13件の海外から参加者を含む22件の学術発表ならびに3人の海外の化学史家による基調講演を含む国際ワークショップを開催した。

  • 飯島 渉, 原 正一郎, 門司 和彦, 塚原 東吾, 五島 敏芳, 小川 和夫

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 青山学院大学, 2010年04月01日 - 2015年03月31日

    本研究は、東アジアや東南アジアにおける日本住血吸虫病の流行とその抑制に関する資料を体系的に収集・整理し、疫学、医療情報学、科学史などの研究者と協力してその歴史的経験を体系的にまとめ、それを国際保健や疫学、医療情報学の領域に提供することによって、人文社会科学的な観点からも感染症の抑制への貢献が可能であることを研究した。また、2013年の台風30号で甚大な被害を受けたフィリピン・レイテ島の被災資料の調査を行い、一部の資料の救助も行った。以上のように、本研究は、異なる領域との連携の可能性を示し、また被災資料に対する救助の実践などを通して、実学としての歴史研究の発展性や多様性を示した。

  • 上垣外 憲一, 稲賀 繁美, 塚原 東吾, 劉 建輝, 川尻 文彦, 馮 天瑜, 孫 建軍

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 大手前大学, 2009年 - 2011年

    文久年間に各方面での文化変動が生じた原因として、文久元年のロシア艦対馬占領事件が極めて大きい。文久年間の概念史における大きな変化あくまでも海軍建設を中心としての変動であり、海軍建設に必要な学問、自然科学、軍事科学、国際法、外国語学等々はその刺激によってこの時期急速に発展したのである。 個別の成果としては、ポサドニック号事件に際して勝海舟が深く関与し、これが、彼が幕末の外交問題で重要な役割を果たすきっかけとなったことがほぼ解明されたことをあげたい。

  • 塚原 東吾, 柿原 泰, 加藤 茂生, 慎 蒼健, 中島 秀人, 金森 修, 瀬戸口 明久, 三浦 伸夫, 小笠原 博毅, 杉山 滋郎, 小笠原 博毅

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 神戸大学, 2005年 - 2008年, 研究代表者

    本研究では、従来の研究では見落とされがちであった日本植民地期の帝国大学(旧京城帝国大学および旧台北帝国大学)の、理工学部および理農学部での研究を、科学史的(技術史・技術史を含む)な観点から検討したものである。本研究は、世界的にいわゆる「ポスト・コロニアル」という概念が問題化されている状況にこたえようとして日本科学技術史・医学史から、本格的に取り組まれたものであり、世界的に注目を受けている。

    競争的資金

  • 地震学・気象学・津波に関する防災研究システムの科学史的・STS的分析

    塚原 東吾, B Kim, KIM B, KIM Boumsoung

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費, 特別研究員奨励費, 神戸大学, 2005年 - 2007年

    本研究は、科学史・STSの分析方法を用いて、日本における地球・防災科学の歴史的展開を考察するものである。 まず19世紀後半の日本における地球物理学的調査については、本年度に調査研究を行い、平成20年1月18〜19日に米国ジョンズ・ホプキンス大学にて開催予定の国際会議"Locating Japanese Science and Technology: Place and the Production of Knowledge"で"Instrumentation of the Asiatic Field: Geophysical Practices in Japan during the Late Nineteenth Century"という発表を行う予定である。 また気象現象と関連して注目している紫外線については、平成19年5月26〜27日に京都産業大学で開催された日本科学史学会第54回年会にて、「『人工太陽』を求めて-1920〜30年代の日本における紫外線発生装置」という発表を行った。また、この研究を発展させ、『現代思想』2007年10月号に「紫外線をめぐる知識・技術・言説」という論文を掲載した。 一方、植民地台湾における地震研究については、二人の査読者のコメントを基に修正を行い、本年度中にEast Asian Science, Technology and Societyに"Seismicity Within and Beyond the Empire: Japanese Seismological Investigation in Taiwan and Its Global Deployment, 1895-1909"として掲載される予定である。 なお本研究は、研究分担者のB,Kimが平成19年10月16日付で東京大学に着任することになり、10月15日を以って終了した。

  • アジアにおける女性科学者・技術者ネットワークの構築

    小川 眞里子, 塚原 東吾, 財部 香枝, 長島 昭, 鳥養 映子, 森 義仁

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 三重大学, 2006年 - 2006年

    本研究は単年度の国際会議開催を目的にした研究補助金であった。2006年度9月29日-10月2日において、韓国、中国、台湾、インドネシア、インドから合計9名の研究者を招聘し、国際ワークショップを開催することができた。これが、本補助金のまずもって挙げるべき成果である。日本側の参加者も含めて20名足らずのこじんまりとしたワークショップは、大変に親密で活発な議論が展開されることになり、想像以上の親しいネットワーク形成に繋がったものと思われる。 国際ワークショップのテーマは、物理学、医学、情報科学、科学全般、科学政策など多岐にわたったが、それでも話し合いは活発であった。今後物理学に関しては、応用物理学会など科学プロパーの学会での議論が期待できるので、むしろ科学全般や科学政策に焦点を定めていく必要があるのではないかと考えられる。物理学関係の学会では、韓国でも日本でも女子高校生の理系参加を促すためのサマーキャンプなどが企画され、活発な動きを展開している。本ワークショップでは、ビデオやスライドを用いて、日韓両国におけるプログラムが紹介され、他のアジアの国々にとってよい刺激になったのではないかと思われる。 国際ワークショップを通して、浮き彫りになってきた問題も少なくなく、もっとも顕著なことは統計資料が日本や韓国に比べて、他のアジアの国では整備が遅れていることである。さらに、中国やインドは、日本や韓国のように一国レベルで比較をすることはきわめて難しく、どのように指標を設定すべきかが今後の課題である。また女性と科学という視点も、女性研究者の増大よりも、科学技術の女性への貢献が重視されるインドネシアからの報告など、一筋縄で行かぬことが痛感された。 最後に、本研究補助金を使って「アジアにおける女性科学者・技術者のネットワーク」のホームページを立ち上げることが出来たのは、今後に向けて大きな成果となった。 アドレスはhttp://www.wstna.org/である。

  • 塚原 東吾

    特別研究員奨励費, 2006年, 研究代表者

    競争的資金

  • 日本における19世紀気象観測記録の収集とその歴史気候学的分析

    三上 岳彦, 塚原 東吾, 中野 智子

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 首都大学東京, 2003年 - 2005年

    本研究は、日本各地で非公式の気象観測が始まったと考えられる19世紀前半から後半にかけて、できるだけ多数の観測データを収集し、それらを可能な限りデータベース化するとともに、現在の気象官署による公式観測データと接続・比較が可能となるよう、的確な補正をおこなって地球規模で温暖化が始まったと考えられる19世紀中頃の日本における気候変動の実態を解明することを目的としている。 従来、日本における気候変動研究の大部分は気象官署の観測データに基づいて行われてきたため、主に20世紀以降の100年間程度の変動のみが研究対象とされてきた。しかし、世界的には19世紀以降の観測データによる地球規模の気候変動に関する議論が欧米では主流となっており、日本でも19世紀の気候変動の実態を解明することが求められている。すでに、研究代表者らの研究グループによる一連の歴史時代の気候復元研究から、日本でも19世紀前半が比較的低温であったと推定されること、その後1850年代から60年代にかけて一時的な温暖化が起こったと推定されること、などの研究成果が出されているが、本研究では19世紀前半における東京と大阪の気象観測記録に加えて、横浜における1860年代(公式観測開始以前)の観測記録をすべてデジタル化し、それらを分析した結果、東京から西日本全域で1850年代が温暖であったことや、その後20世紀前半にかけて一時的な寒冷化が起こったことなどが、気象観測データからも明らかになった。

  • 帝国大学の科学技術史的研究のための国際ネットワーク構築への企画

    塚原 東吾, 三浦 伸夫, 中島 秀人

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2004年 - 2004年

    本研究では、日本植民地期における「帝国大学」とそれに準ずる高等教育機関を、科学技術史の観点から本格的に研究するにはどのような企画が適切であり、研究遂行のために、どのような計画が有効であるかを、研究の対象となる機関や地域の側面から、そして研究の対象となる学問領域(ディシプリン)の面から、検討し、総合的な企画を立てることに努力した。 具体的には、現在、申請中の「日本楠民地期の帝国大学の科学技術史的観点からの研究」の研究計画に結実したのだが、目的1、帝国大学の旧蔵文献の調査と、東アジアでの研究者に共用の可能なかたちでの文献データベースを構築すること、また目的2 東アジア国際ネットワーク上での帝国大学の科学技術論(STS)的な検討を行なうことを企画した。 そのために、対象の地域と関係の機関としては、韓国班・台湾斑・中国班をおのおの構成し、ソウル大学、台湾大学などの調査を企画している。 また研究ディシプリンとしては、データベース作成には電子情報班があたり、おのおのの研究の分析には、電気・通信班、物理・基礎科学班、農学・農芸化学班、気象学班、STS的諸概念班を構成した。 これらの研究は、植民地期の遺制が、その後の科学技術的な構成に、どのような影響を及ぼしたかを、人材面や科学技術の側面から光をあてるものであり、東アジアの工業化や経済発展における日本植民地期の位置づけについて、従来、看過されがちであった科学技術の側面からの本格的な省察を狙うものとして、内外からの注目を浴びている。

  • 非専門家向け理科教育の可能性に関する調査研究

    杉山 滋郎, 塚原 東吾, 塚原 修一, 小林 傳司, 札野 順, 中島 秀人

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 北海道大学, 2002年 - 2003年

    イギリスでは1990年代を通して,一般市民を科学知識が注入されるべき「真空」な存在としてとらえ、そこへ「正しい」科学知識を流しこむといった「欠如モデル」は不適切である,という認識が高まってきた。そしてそれに替わり,「双方向性」を意識した活動が盛んになってきた。言い換えれば,科学教育が「科学コミュニケーション」の一部として考えられるようになった。 具体的には,理系に進む学生のための科学教育だけではなく、多様な目的に応じた科学教育を提供することがなされ,博物館等における理科教育においても注目すべき変化がある。例えば、Science Museumに設置されたWelcome Wingという新しいセクションでは,科学と社会・生活に関するinteractiveなセクションが設けられている。また,Cafe Scientifiqueも注目に値する全国的規模のプロジェクトである。(同様の動向は,オランダにおいても確認された。) 近年,コンセンサス会議などに示されるように,科学技術への「市民参加」や「合意形成」が盛んに言われる。その原因は,1970年代に始まった社会の変化に原因がある。また物理学者のワインバーグが指摘したように,「科学によって問うことはできるが、科学によって答えることのできない問題群からなる領域」(彼の言う「トランス・サイエンス」の領域)が大きくなってきたのである。このことから,科学教育(科学コミュニケーション)のありようも,それに応じて変化するべきであることが示唆される。 日本における科学教育の現状についても,その歴史ならびに実情についての調査を行ない,「社会の中で科学がいかに機能するか」(how science works in society)といった点についての理解が肝要であることが示唆された。

  • 日本における気象観測記録の研究:シーボルト・データ、間データ、天文方データの解析

    塚原 東吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2001年 - 2003年

    本研究プロジェクトでは、課題にある表記のシーボルト・データ、間データ、天文方データのおのおのについて、デジタイズなどの処理を展開し成功した。シーボルトデータについては、東京都立大学・理学部・地理学科の三上研究室、およびオランダ気象庁の気象研究官ギュンター・コンネン博士らとの協力により、塚原らの処理にかかるデータの検証がおこなわれ、アメリカ気象学会誌(Journal of Climate)および日本地理学会誌(『地理学研究』)に共著の報告をおこなった。また科研報告書には間データのデジタイズ結果を掲載している。 さらにこれらのデータを科学的に検証するうえで、都立大学・財城真寿美氏および神戸大学・中津正哉氏の協力を得て、さまざまなデータの補正加工についても検討をおこなった。ここれおこなわれたのは、気温と気圧についての1)重力補正、2)重力補正、3)海面補正、4)データの均質化(ホモジェナイゼーション)などで、気温については高度補正、平均値計算法の違いなどを考慮にいれたもの、また気圧についてはヘクト・パスカルに単位を統一したものや、それにさらに温度補正を加えたもの、またそのうえに平均値の計算方法の違いを考慮したものなどを出してみて、これら歴史的データの扱いについての検討をおこなった。 本研究計画の成果については、機会をとらえて多くの学会などでの発表をおこい、またさまざまなメディアに報告を寄せた。なかでも気候変動の文化的・歴史的な意味については、『現代思想』誌上に、「自然の再侵襲:機構変動が示唆すること」という論文を発表し、また科学技術者化異論学会では、「地球温暖化問題の科学史的・PNS的考察」という口頭発表をおこなった。 神戸では2003年に歴史気象学の国際シンポジウムが企画され、本計画と共同での活発な議論に寄与した。海外ではシンガポールで開催されたアジア学会での口頭発表をおこない、世界的に注目を集めるものとなった。

  • 遺伝子組み換え食品の安全性についてのSTS的・リスリ論的研究

    三浦 伸夫, 小林 傳司, 三上 剛史, 塚原 東吾, 金森 修, 平川 秀幸, 綾部 広則, 中島 秀人, 大塚 善樹, 山崎 康仕

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2000年 - 2003年

    本研究計画はこの年度で最終年度を迎え、これまでの研究の現年までの集大成と総まとめ、そして各方面への成果の発表などをおこなった。 なかでも、以下の業績にもあるように、金森・小林らによる著書(『負の生命論』および『誰が科学技術について考えるのか』が刊行され、また今回の業績には含めなかったが、本研究グループのメンバーである中島秀人と金森修の共同編集にかかる『科学論の現在』(勁草書房、2002年)、また小林傳司と本研究グループの協力者である藤垣裕子の共同編集による『科学技術と公共性』(玉川大学出版、2002年)の出版には、本研究会の成果が合計で17本の論文(編者の編集方針なども含む)となって公表されたことをはじめ、塚原による神戸GMO/STS研究会での神戸での国際シンポジウムの報告書『東アジアにおける科学・技術・社会』(2003年)の刊行、および平川、塚原、中島らによる『現代思想』を中心とした各誌への多くの関連論文の発表などをおこない、本研究の成果を広く世に問うこととなった。 また海外への本研究プロジェクトの成果の「発信」としては、中島によるアメリカ・科学社会論学会(4S)での成果の口頭発表、台湾・台北における東アジアSTS会議の席上での塚原による口頭発表、(塚原・平川・中島の共著論文)「East Asian Comparative Studies on the GMO and the Pubric : Japanese case」を行い、関係各方面からの注目を受けた。なお後者の会議には金森・中島も参加し、おのおの成果の発表を行っている。以上のように本研究グループによるGMOのSTS的・リスク論的な観点からの検討は、大きな成功を収めた。将来的に、これらの成果をステップに、さらなる研究計画の展開も構想中である。

  • 科学技術知識の生産・流通・消費過程の総合的分析枠組に関する「社会的認識論」的研究

    木原 英逸, 梶 雅範, 藤垣 裕子, 小林 傳司, 金森 修, 塚原 東吾, 調 麻佐志

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 国士舘大学, 1999年 - 2001年

    「理論班」では、市民、科学技術者・専門家・大学、政策決定者・行政、産業など各セクター間で科学技術知識がどのように生産、流通、消費されているのか、知識の経済学的、経営・組識論的検討を行う一方、知識追求の価値目的において多様なこれら各セクター間に、いかにしてそれらを媒介するシステム、制度、つまり、公共的な討議の場を開くのかの政治学的な検討がなされた。また、その成果を、小林傳司編、木原英逸、藤垣裕子、調麻佐志、中島貴子ほか著『科学技術と公共性』玉川大学出版会として、出版すべく準備を進めた。 「ブリッジ・ワーク班」では、従来単一のものとされることの多かった科学のあり方がじつは多様であることを、科学者自身の科学観を比較し検討することで明らかにし、その間を架橋する作業へ向けての足がかりとした。 「リスク論班」では、行政機関による科学技術のリスク評価、規制過程において、科学知識の科学的妥当牲・正当性と、社会的妥当性・正統性は、どのような関係にありうるのか、の観点から、わが国の行政機関における「規制科学」のあり方を検討した. 「歴史班」では、「社会的認識論の形成と展開の歴史的分析」をテーマに、S.Fuller, Thomas Knhn, Univ. of Chicago Pr.,2000を手がかりとして、1970年代-90年代にかけてのSSKの主要動向を分析し、「批判的科学史論史」の構築を進めた。また、その過程で、当書の翻訳作業も進められ、来年刊行の予定である。さらに、知識の生産・流通・消費に関する問題を歴史的な観点から捉える中で、「ニーダム・テーゼ」への朝鮮・韓国科学史からの視座の可能性を探ることも行った。 さらに、国内の識者に加え、S.フラー、M.カロン、宋相庸、雷祥麟ら国外の識者を招いて、研究成果の発表・討論を行い、研究の交流を進めた。

  • 比較科学史としての「科学と帝国主義」研究

    塚原 東吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 奨励研究(A), 1998年 - 1999年

    本研究計画は、ほぼ当該の研究成果に到達した。これを以下の点についてまとめておきたい。尚、業績については、ここではこまかくふれないが、大きな反響を得ている。 (1)国際的な研究の現状の調査: これについては海外渡航による調査、レヴューなどを通じて、おもに18、19世紀の当該領域の研究の進展状況を把握できた。また所記のコンピューターを利用した情報検索についても、近年の検索エンジンの発達、データー処理能力の飛躍的向上により、有為な成果を得た。 (2)比較科学史の方怯論的基盤の検討については、業績欖に示したように科学の文化的基底というキーワードの論文で明らかにした。現在、科学社会学、STS研究などから提起されている鍵概念がその中では歴史的文脈におかれて検証され、科学の社会的背景が明らかにされた。なかでも殖民地における科学的活動の分析のための基礎ができた。科学史の広がりが望まれる。 (3)近代科学が世界化することを総合的に考察する上での殖民地における知的活動の意義は大きく、今回は知的優位性というキーワードでこれを分析する可能性が明示的に示された。

  • 舎密とオランダ科学:蘭学の基層の研究

    塚原 東吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 奨励研究(A), 東海大学, 1996年 - 1996年

    本研究実績の概要は、以下の通りである。 (A)オランダ科学史についての最近の成果についての研究は、主に、K.van Berkal,H.A.M.Sneldersによる諸著作を中心に、それらの梗概をインデックス化できた。これらは、オランダ人の協力者の助言を得て、日本では従来から、本格的な紹介・検討の遅れているオラン科学史の、最近の成果について、特に17世紀から19世紀にかけてのおおまかな見取り図が得られた。この件については、本研究者を中心として、オランダ科学史優れた概説書であるK.van BerkelによるIn het Spoor van Stevim:Geschiedenic van be natuurwetenschap in Nederland 1580-1940(邦訳仮題:「オランダ科学史1580-1940」)の完全な訳稿が製作されたので、本研究の一端として、この翻訳の発表の企画も進行中である。 (B)オランダ原書の検討については、岐阜・くすり博物館、大阪・杏雨書屋、京都大学図書館などでの、広範な書誌学的調査をおこなった。この悉皆的な書誌学上の検討にもとずき、内容の科学的な用語にかんしての、系統的な分析がなされ、特に、化学用語について、今後のコンコーダンス的な発展研究への展開のための基礎となるデーターの蓄積が、コンピューターを利用するかたちでおこなわれた。これらのフォーマットの検討を通じて、化学の概念的分析における、いわゆる「概念地図」(コンセプチュアル・マップ)が、研究対象とした、Segur,Isfording,Buijsらの各書目について画定され、今後のさらなる研究への、重要な礎石が築かれた。

  • 舎密から化学へ:蘭学の重層性の研究

    塚原 東吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 奨励研究(A), 東海大学, 1995年 - 1995年

    当該年度のまとめとして、研究実績は以下のように項目別に概要を示す。 1 青地林宗の諸著作の検討は、岐阜・川島町のくすり博物館に収蔵されている資料の調査、検討を行った。また、川本幸民による注釈の過程についても、特に本当該年度については、書誌的な面からの調査を行い、一定の成果を収めた。これらにより、オランダ書との比較の準備が完了し、いくつかの概念について、語彙の面からの比較・検証を現在も継続しておこなっている。これについては、さらに研究を深めるために、平成8年度の奨励研究に研究計画を申請中である。 2 宇田川一門でのオランダ語力の検討については、コンコーダンス的な手法での分析がすすんでおり、これについてはさらにデーターベース的な形で研究成果の発表の方途を現在のところ試行中である。また、熔庵に特に顕著である仏教的な語彙・概念の利用等についての分析・検討については、特に江戸期のみならず、インド哲学の担体としての仏教的な思想環境のなかでの日本での自然哲学の諸相から、すなわちそのような重層性を持つという側面が明らかにされ、今回の研究の中では検討された。 3 ディシプリン・フォーメーションの問題として、「物理」的な物質観と「化学」的な物質観のディマーケーションを、「海上砲術全書」、「理学提要」、「舎密便覧」などを概観することで、いわゆる「舎密」の領域設定と「窮理」の分離という問題意識から分析を加え、検討を行った。これについては、明治期の化学書を検討した最新の論文である管原国香、板倉聖宣、「明治初期の化学書、著訳書と原著者:「化学簡要」「新式化学」「(新式)化学要理」」、「科学史研究」、1995が発表されたので、ここに繋げてさらなる比較・研究の方向性が示されたところである。 4 リッテルの「化学」書、およびガノ-の「物理」書の検討については、日本における自然科学研究が、オランダ語からドイツ語・フランス語・英語での研究環境となってゆく際の状況への一視点を提供するものと考えられることを明らかにした。