研究者紹介システム

林 美鶴
ハヤシ ミツル
内海域環境教育研究センター
准教授
理学その他
Last Updated :2022/08/12

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    内海域環境教育研究センター
  • 【配置】

    海洋政策科学部 海洋政策科学科, 海事科学部 海洋安全システム科学科, 大学院海事科学研究科 海事科学専攻

学位

  • 博士(理学), 九州大学

授業科目

ジャンル

  • 環境・交通 / 地球環境

コメントテーマ

  • 海洋学
  • 温暖化ガス
  • 赤潮

研究活動

研究キーワード

  • 数値生態系モデル
  • 海洋観測
  • 温暖化ガス
  • 物資循環

研究分野

  • フロンティア(航空・船舶) / 船舶海洋工学
  • 環境・農学 / 環境動態解析

委員歴

  • OTO ’08 Publicity Committee, 委員
  • 海洋気象学会, 監事
  • 日本航海学会論文査読, 委員
  • 日本海洋学会 沿岸海洋研究会, 運営委員
  • 兵庫県公害審査会, 委員
  • 日本海洋学会 沿岸海洋研究会出版部, 「沿岸海洋研究」編集委員
  • 日本航海学会, 海洋工学研究会会長
  • 日本航海学会, 英文論文審査委員
  • 日本航海学会, 論文審査委員会査読委員
  • 日仏海洋学会, 編集委員
  • 日仏海洋学会, 評議員
  • 神戸海難防止研究会, 海難防止に関する委員会委員
  • 西海区水研環境省請負業務「有明海・八代海等再生評価支援」検討委員会委員
  • 瀬戸内海研究フォーラムin兵庫運営委員
  • 日仏海洋学会 幹事
  • 日本海洋学会 沿岸海洋研究会委員会委員

受賞

  • 2020年06月 日本航海学会, 2019年度日本航海学会論文賞, Correction of Shipboard Wind Speed and Direction toward the Utilization of Big Data

    Mitsuru HAYASHI, Teruo OHSAWA, Masashi SHIOYAMA, Anukul BURANAPRATHEPRAT, Chiharu MORIWAKI

論文

  • Storm Surge Disaster Caused by Typhoon Jebi, T1821, at Fukae Harbor in Japan

    Mitsuru HAYASHI, Yoshiji YANO, Nobuo NOZAKI, Kazuhiro NEMOTO

    2021年03月, Transactions of Navigation, Vol.6 (No.1), 19 - 29

    [査読有り]

  • 大阪湾・播磨灘および周辺沿岸地域における大気汚染物質の高濃度化要因

    川本雄大, 田内萌絵, 山地一代, 中坪良平, 板野泰之, 山本勝彦, 和田匡司, 林美鶴

    2021年02月, 大気環境学会誌, 56 (2), 35 - 42

    [査読有り]

  • 神戸大学深江キャンパスにおける海洋・気象観測(2010年1月~12月)

    廣川綜一, 林美鶴, 野崎伸夫

    2020年09月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 17, 58 - 66

  • 神戸大学深江キャンパスにおける海洋・気象観測(2015年1月~12月)

    廣川綜一, 林美鶴, 野崎伸夫

    2020年09月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 17, 50 - 57

  • 神戸大学深江キャンパスにおける海洋・気象観測(2016年1月~12月)

    廣川綜一, 林美鶴, 野崎伸夫

    2020年09月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 17, 42 - 49

  • 神戸大学深江キャンパスにおける海洋・気象観測(2018年1月~12月)

    廣川綜一, 林美鶴, 野崎伸夫

    2020年09月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 17, 33 - 41

  • 神戸大学深江キャンパスにおける海洋・気象観測(2019年1月~12月)

    廣川綜一, 林美鶴, 野崎伸夫

    2020年09月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 17, 24 - 32

  • 海上輸送と環境破壊にかかるマリンハザード研究

    林美鶴, 中田聡史, 橋本博公

    2020年04月, NAVIGATION, 212, 24 - 34

    [査読有り]

  • Correction of Shipboard Wind Speed and Direction toward the Utilization of Big Data(ビッグデータ利用に向けた船上風速・風向の補正)

    林美鶴、大澤輝夫、塩山昌志、Anukul BURANAPRATHEPRAT, 森脇千春

    2020年03月, Transaction of Navigation, 5 (1), 29 - 37, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 淀川河口部汽水域における有機物の起源と分解特性

    渡部夏帆、小林志保、渕真輝、浅岡聡、林美鶴

    2020年, 水環境学会誌, 43 (3), 87 - 96, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mitsuru Hayashi, Eiji Yamashita

    Springer International Publishing, 2020年, Evolution of Marine Coastal Ecosystems under the Pressure of Global Changes, 83 - 94

    論文集(書籍)内論文

  • ブラパ大学(タイ王国)逗留記

    林美鶴

    2019年10月, Navigation, (210), 24 - 31, 日本語

    [招待有り]

    論文集(書籍)内論文

  • 神戸大学深江キャンパスで観測された2018年台風21号(T1821, Jebi)による高潮

    林美鶴, 矢野吉治, 野﨑伸夫, 根本和宏

    2019年10月, 日本航海学会第141回講演予稿集, 7 (2), 154 - 157, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 臨海定点における大気中N2O濃度測定法の検討

    森脇千春, 林美鶴, 長谷川雅俊

    2019年10月, 日本航海学会第141回講演会予稿集, 7 (2), 162 - 164, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Modeling of a dispersive tsunami caused by a submarine landslide based on detailed bathymetry of the continental slope in the Nankai trough, southwest Japan

    Toshitaka BABA; Yodai GON,;Kentaro IMAI; Kei YAMASHITA; Tetsuo MATSUNO;Mitsuru HAYASHI; Hiroshi ICHIHARA

    2019年08月, Tectonophysics, 758, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mitsuru HAYASHI, Satoshi NAKADA, Shunichi KOSHIMURA, Ei-ichi KOBAYASHI

    Springer International Publishing, 2019年01月, Oceanography Challenges to Future Earth, 45 - 54, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 深江キャンパス内の港における海洋環境の常時測定

    林 美鶴

    2018年09月, 神戸大学環境報告書2018, 11

  • 神戸大学深江キャンパスにおける海洋・気象観測(2017年1月~12月)

    野崎伸夫, 林美鶴, 浅倉奨之, 藤本冬馬

    2018年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 15, 43 - 51

  • Mitsuru Hayashi, Tetsuo Yanagi, Maria Lourdes San Diego-Mcglone

    Seasonal variation in nitrogen cycling at the upper layer of the Pasig River estuary in Manila Bay was calculated during January 1996 to December 1998 by using the numerical ecosystem model. Chl.a and DIN concentrations are relatively low, river discharge is small, and solar radiation is strong from March to May in dry season. The main reason of low chl.a concentration is that the solar radiation is too strong. On the other hand, as DIN concentration is relatively high and solar radiation is optimum, chl.a concentration is relatively high from August to December in rainy season. Main source of DIN in rainy season is the vertical transport from the lower layer due to the strong estuarine circulation.

    Indonesian Institute of Sciences, 2018年05月12日, Marine Research in Indonesia, 32 (2), 75 - 87

    研究論文(学術雑誌)

  • Keiichi Fukushi, Yuki Fujita, Junpei Nonogaki, Jun-ichi Tsujimoto, Takanari Hattori, Hideyuki Inui, Vladimir P. Beškoski, Hiroki Hotta, Mitsuru Hayashi, Takeshi Nakano

    We developed capillary zone electrophoresis (CZE) with indirect UV detection for the determination of fluoride (F−) in seawater using transient isotachophoresis (tITP) as an on-line concentration procedure. A method of correcting sample salinity effects was also proposed so that F− concentrations were obtained using a calibration graph. The proposed method is simple: it requires no sample pretreatment aside from dilution. The following optimum conditions were established: background electrolyte (BGE), 5 mM 2,6-pyridinedicarboxylic acid (PDC) adjusted to pH 3.5 containing 0.03% m/v hydroxypropyl methylcellulose (HPMC) detection wavelength, 200 nm vacuum (50 kPa) injection period of sample, 5 s (254 nL) and applied voltage, 23 kV with the sample inlet side as the cathode. The limit of detection (LOD, S/N = 3) and limit of quantification (LOQ, S/N = 10) for F− reached 0.024 and 0.070 mg/L, respectively. The respective values of the relative standard deviation (RSD) of the peak area, peak height, and migration time for F− were 2.5, 3.4, and 0.30%. The proposed method was applied for the determination of F− in seawater samples collected from coastal waters of western Japan during August 26–28, 2014. Both results obtained using standard addition method and a calibration graph agreed with those obtained using a conventional spectrophotometric method.

    Springer Verlag, 2018年02月01日, Analytical and Bioanalytical Chemistry, 410 (6), 1825 - 1831, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Satoshi NAKADA, Mitsuru HAYASHI, KOSHIMURA, Ei-ichi KOBAYASHI

    Vortexes induced by tsunamis, "tsunami vortexes", pose a potential danger for ship evacuation, and their prediction is important to determine their role in navigation and safe vessel evacuation. This study simulated tsunami-induced vortexes in Osaka Bay and investigated their spatial and temporal scales using a port-resolved, high-resolution tsunami model based on a scenario for the largest tsunamigenic earthquake expected to occur along the Nankai Trough in the near future. Vortexes induced by tidal currents were also evaluated using a realistic tidal simulation for comparison with the magnitudes of the tsunami vortexes. The tsunami simulation identified the dominant areas of the tsunami vortexes characterized by the magnitude of the vorticity. Unified maps of tsunami speeds and vortexes showed the difficult areas for ship evacuation and indicated that these areas can persist after the approach of the leading wave around the entrances to port areas. The areas of tsunami vortex formation were largely deduced by analyzing the vorticity fields in the tidal simulations, because the magnitude of tsunami-induced vorticities was closely correlated with that of the tide-induced vorticities. The combination of tide and tsunami simulations can identify areas of tsunami vortex formation and provide valuable information to guide measures for safer vessel evacuation.

    WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD, 2018年, International Journal of Modeling, Simulation and Scientific Computing, 9 (3), 1 - 14, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Satoshi Nakada, Mitsuru Hayashi, Shunichi Koshimura

    Japan Society on Water Environment, 2018年, Journal of Water and Environment Technology, 16 (4), 161 - 174

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 津波渦の予測と可視化-より安全な船舶避難に向けて-

    中田 聡史, 林 美鶴, 越村 俊一, 小林 英一

    2017年11月, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, (25), 7 - 9, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 津波による大阪湾における底泥の巻上げおよび移流輸送の季節変動について

    村山 雅子, 中田 聡史, 林 美鶴, 小林 英一, 越村 俊一

    2017年11月, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, (25), 1 - 2, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Characteristics and Forecast of Nitrous Oxide Emission from Ship

    Mitsuru HAYASHI, Dong-Hoon YOO, Yukihisa SHIBATA, Yoshifuru NITTA

    2017年10月, Proceedings of the International Symposium on Marine Engineering(ISME), 371 - 374, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • In-situ Measurement of Nitrous Oxide Concentrations in the Exhaust Gases in the Underway Vessels

    Mitsuru HAYASHI, Dong-Hoon YOO, Yoshifuru NITTA, Hirotsugu FUJITA

    Copyright © 2017 by the International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE). Nitrous oxide concentrations in the exhaust gases of the diesel engine were surveyed in the underway vessels. The concentrations and the specific emissions of a two-stroke engine using C fuel oil were higher than those of a four-stroke engine using A fuel oil. The concentration and the emissions of 2-stroke engine increased with an increase in engine load. However, the emissions of 4-stroke engine decreased. The current emission coefficient was only 10-30% of that using the measured data in C fuel oil. The marine emission factor should be defined for type of oil and engine, and engine load.

    2017年06月, Proceedings of The Twenty-seventh (2017) International Ocean and Polar Engineering Conference, P.681 - 685 (in USB), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Vladimir P. Beskoski, Katsuya Yamamoto, Atsushi Yamamoto, Hideo Okamura, Mitsuru Hayashi, Takeshi Nakano, Chisato Matsumura, Keiichi Fukushi, Shinpei Wada, Hideyuki Inui

    Perfluoroalkyl acids (PFAAs) including perfluoroalkyl sulfonates (PFSAs) and perfluoroallcyl carboxylates (PFCAs) were analyzed in sediment samples taken from Ajifu Waterway in Osaka city, from Osaka Bay, and from Kagoshima Bay, as well as in fifteen seawater samples collected from Osaka Bay and coastal waters of Western Japan. In all sediment samples, only PFCAs were detected, and the highest concentration was determined in Ajifu Waterway, where Sigma PFAA was 58990 ng kg(-1) dry weight. The total concentrations of PFAAs in sea water samples ranged between the limit of quantification and 53.4 ng L-1, and perfluorohexanoic acid was the most prevalent and had the highest concentration of 37 ng L-1. The changes in the patterns and concentrations of PFAA5 in Osaka Bay and coastal waters of Western Japan indicate that the PFAAs in surface waters are influenced by sources from Keihanshin Metropolitan Area, mainly the Yodo River basin, and the dilution effect which naturally occurs during their transport to the Pacific Ocean. (C) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2017年03月, CHEMOSPHERE, 170, 260 - 265, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Satoshi Nakada, Mitsuru Hayashi, Shunichi Koshimura, Syouta Yoneda, Ei-Ichi Kobayashi

    This study investigated influences of tides on a giant tsunami generated by the greatest earthquake scenario along the Nankai Trough occurring in the near future by conducting a tsunami-tide simulation in Osaka Bay as a pilot shallow ocean. Our results demonstrated that the tsunami-tide interaction is significant in the strong flood and ebb tide due to tidal advection. The speed of the tsunami is enhanced (decreased) by advection of the flood (ebb) tide, leading to the early (late) approach of tsunami waves to coasts. More realistic tsunami-tide coupled simulation is essential to establish more effective hazard maps and evacuation scenarios.

    International Society of Offshore and Polar Engineers, 2016年12月01日, International Journal of Offshore and Polar Engineering, 26 (4), 392 - 400, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of Marine Phytoplankton in the Yodo River Estuary by the Numerical Ecosystem Model

    Mitsuru HAYASHI, Tomomi MIYAWAKI, Ryutaro KOGA

    2016年08月, Proceedings of Environmental Management of Enclosed Coastal Seas 11- Sea Coast XXVI Joint Conference, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Simulation of Heavy Metal Transport Induced by a Giant Tsunami Based on Nankai-Trough Earthquake: Application to Osaka Bay

    Satoshi NAKADA, Soto SUZUKI, Mitsuru HAYASHI, Shunichi KOSHIMURA, Ei-ichi KOBAYASHI

    2016年06月, The Twenty-sixth (2016) International Ocean and Polar Engineering Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Mitsuru HAYASHI, Satoshi NAKADA, Taketo ABE, Ei-ichi KOBAYASHI

    © Copyright 2016 by the International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE). The characteristics of eddies in the Port of Sakai Senboku caused by the Nankai Trough Earthquake were studied. The index of the vorticity in this study where stable navigation may become impossible is 2.0 × 10-3s-1. The state of tsunami changes dramatically after the third backwash. The location and the revolution direction of eddies are fixed. The size of an average eddy is several times the length of a vessel and makes one revolution per 11 minutes. The saf time zones are 100 min, 431-486 min and after 590 min. The zone is longer in vorticity than in velocity.

    2016年06月, Proceedings of The Twenty-sixth (2016) International Ocean and Polar Engineering Conference, 2016-January, 801 - 806, 英語

    [査読有り]

  • 練習船による自然環境の継続的観測-大気・海水中温室効果ガス濃度の測定

    林 美鶴, 山下 栄次

    日本航海学会, 2016年01月, Navigation, (195), 14 - 17, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 静止海色衛星を用いた大阪湾奥における赤潮動態の解明に向けて

    林 美鶴, 中田 聡史, 小林 志保, 石坂 丞二, 山本 圭吾, 中嶋 昌紀

    2016年, 瀬戸内海, 72, 66 - 68, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Satoshi NAKADA, Mitsuru HAYASHI, Shunichi KOSHIMURA, Yuki TANIGUCHI, Ei-ichi KOBAYASHI

    This study investigated the influences of a giant tsunami on salinity in coastal waters based on the scenario of the largest potential tsunamigenic earthquake that could occur along the Nankai Trough in the near future, by conducting an ocean-tsunami coupled three-dimensional simulation in Osaka Bay. This realistic simulation using an unstructured-grid model was capable of evaluating the oceanic salinization induced by the tsunami. Simulated results indicated that tsunami intrusion into the bay head increased salinity and it returned to its previous value within 1 week after the earthquake. The salinization, which continues for a few days, may adversely affect the local brackish biota.

    JAPAN SOC SIMULATION TECHNOLOGY-JSST, 2016年, Journal of Advanced Simulation Science Engineering, 3 (2), 206 - 214, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 南海トラフ巨大地震津波による大阪湾での巻き上げ・移流輸送シミュレーション

    鈴木 綜人, 林 美鶴, 中田 聡史, 越村 俊一, 小林 英一

    2015年11月, 平成27年度日本船舶海洋工学会秋季講演会論文集, 143 - 146, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Salinization by Tsunami in a semi-enclosed bay: Tsunami-Ocean 3D simulation based on the great earthquake scenario along the Nankai Trough

    中田 聡史, 林 美鶴, 越村 俊一, 谷口 裕樹, 小林 英一

    2015年10月, Extended abstracts of The 34th JSST (Japan Society for Simulation Technology), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Port resolving,tsunami and tide simulation to find "tsunami vortexes" for safe vessel evacuation

    Satoshi NAKADA, Mitsuru HAYASHI, Shunichi KOSHIMURA, Ei-ichi KOBAYASHI

    2015年10月, The 35th JSSTAnnual Conference International Conference on Simulation Technology, Downloaded PDF - File, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 神戸大学深江キャンパスにおける海洋・気象観測(2014年1月~12月)

    野崎 伸夫, 和田 真平, 林 美鶴

    2015年09月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 12, 7 - 16, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 底泥巻き上げ・粒子追跡シミュレーションから推定した大阪湾沿岸水環境へ及ぼす巨大津波のインパクト

    中田 聡史, 林 美鶴, 鈴木 綜人, 小林 英一, 越村 俊一

    2015年08月, 第25回海洋工学シンポジウム講演論文集, OES25-114, 530 - 535, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Tsunami Simulation Generated the Greatest Scenario Earthquake along the Nankai Trough under Consideration of Tidal Current in Large Bay

    中田 聡史, 林 美鶴, 越村 俊一, 米田 翔太, 小林 英一

    2015年06月, Proceedings of The Twenty-fifth(2015) International Ocean and Polar Engineering Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Estimation of the Occurrence Condition of Sediment Resuspension in Osaka Bay by Tsunami

    Mitsuru HAYASHI, Soto SUZUKI, Satoshi NAKADA, Shunichi KOSHIMURA, Ei-ichi KOBAYASHI

    2015年06月, Proceedings of The Twenty-fifth(2015) International Ocean and Polar Engineering Conference(in CD), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 津波による大阪湾での底質巻き上げ発生条件の推定

    鈴木 綜人, 中田 聡史, 林 美鶴, 小林 英一, 越村 俊一

    2015年05月, 平成27年度日本船舶海洋工学会春季講演会論文集, 191 - 194, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 深江丸に搭載されたADCPの概要と海上トライアル

    矢野 吉治, 林 美鶴, 若林 伸和, 杉井 昌江

    2014年1月末からの練習船深江丸の定期検査入渠工事で新規に搭載したADCPについてその概要を述べるとともに、搭載後、初の海上トライアルの内容とその結果について論述した。

    神戸大学大学院海事科学研究, 2014年10月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, (11), 29 - 38, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 野崎 伸夫, 和田 真平, 林 美鶴

    神戸大学, 2014年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 11, 19 - 28, 日本語

  • Which Parameter Dose Affect the N2O Exchange between the Air and the Sea?

    Mitsuru HAYASHI, Mitsuki OHYA, Kentaro SAKAMOTO, Eiji YAMASHITA

    2014年06月, Proceedings of the Twenty-fourth(2014) Internathional Ocean and Polar Engineering Conference, p.648 - 651(CD), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 林 美鶴, 徳留 功樹, 小家 琢摩, 藤井 迪生, 若林 伸和, 香西 克俊

    日本航海学会, 2014年01月, Navigation, 187 (187), 55 - 62, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • THE DEVELOPMENT OF METEOROLOGICAL AND OCEANOGRAPHIC DATA COLLECTION AND RECORDING SYSTEM OPERATING ON TRAINING SHIP

    Michio Fujii, Mitsuru Hayashi, Misako Urakami, Nobukazu Wakabayashi

    The observation at sea for marine meteorology is achieved by weather reports from merchant ship's crew every 3 or 6 hours, mainly. However, the number of available observation data is insufficient for weather forecasting and marine environmental simulation, compared with landside. Nowadays, the special data collection function is required if the automatic observation data collection system is installed on ship. But, it is difficult to install special equipment onto general merchant ship. Therefore, we develop a prototype marine observation system, which can be installed various types of ships easily without any special data collection function for improving data collection source and/or period of the observation at sea. In this paper, a) the configuration of high reliability and durability marine observation system by using general-purpose PC and general meteorological / oceanographic sensors, b) outlook of utilizing the data, which collected by this system, are described.

    AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS, 2014年, 33RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON OCEAN, OFFSHORE AND ARCTIC ENGINEERING, 2014, VOL 8B, (23883), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Mitsuru Hayashi

    The Japan Institute of Marine Engineering, 2014年, Journal of The Japan Institute of Marine Engineering, 49 (6), 708 - 711

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 船舶運航条件が亜酸化窒素排出に及ぼす影響

    柳 東勲, 林 美鶴, 新田 好古, 藤田 浩嗣

    2013年09月, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 48 (5), 106 - 112, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 林 美鶴

    This is the overview of productions by using the numerical ecosystem model which is the joint research of RIAM with Prof. T. Yanagi from 2002 to 2012. The numerical ecosystem model of box type was used for researches. The material cycling structure of Osaka Bay and Suo-nada differed depending on whether the river where discharge and material load are large exists. Year-to-year variation of dominant red tide species in the inner part of Osaka Bay in 1990s mainly depends on variation of physical environment and phosphorus supply. If material load from land to Manila Bay is nothing, phytoplankton concentration in Manila Bay will decrease 6%. Long-term effort is required like the Seto Inland Sea in order to improve environment of Manila Bay.

    九州大学応用力学研究所, 2013年09月, 九州大学応用力学研究所所報, 145, 67 - 71, 日本語

  • Estimation of the Air-sea N2O Flux Based on the Measured Data in the Japanese Coastal Sea

    Mitsuru Hayashi, Mitsuki Ohya, Kentaro Sakamoto, Eiji Yamashita

    The dinitrogen monoxide (N2O) concentration in the air and seawater were measured in the Seto Inland Sea and the Pacific Ocean, and N2O flux between the air and the sea was estimated. The variation of N2O concentration in seawater was large compared with the concentration in the air. Osaka Bay shows remarkably large concentration and variation, and is a source of N2O throughout the year. Therefore it would seem to be important that the estimation at such a bay in detail and widely is necessary. The variation of N2O flux in Osaka Bay depended on the N2O concentration in seawater. On the other hand, the N2O concentration in the seawater of the Seto Inland Sea (except Osaka Bay) is higher than the concentration in the Pacific Ocean. The region has a tendency to behave as a source in summer and as a sink in winter. This seasonal variation was applied to the Pacific Ocean, and found to be dependent on variations of the water temperature.

    MEDITERRANEAN COASTAL FOUNDATION-MEDCOAST FOUNDATION, 2013年, GLOBAL CONGRESS ON ICM: LESSONS LEARNED TO ADDRESS NEW CHALLENGES, VOLS. 1 AND 2, (2), 1185 - 1195, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis of Seawater Run Up in the Yodo River Estuary

    Mitsuru Hayashi, Ryutaro Koge, Tomoyasu Fujii, Keigo Yamamoto

    The seawater expansion spreads a habitat of Alexandrium tamarense. In order to clarify the seawater expansion upstream of Yodo River estuary, the field observations were carried out. In case of the spring tide and the stable river discharge condition during 2 days, specific river discharge brings the minimum seawater wedge. On the other hand, since weak tidal current cause strong estuary circulation, the length is extended. Moreover, the temporal variation of length occurs even under the constant river discharge in case of the neap tide.

    MEDITERRANEAN COASTAL FOUNDATION-MEDCOAST FOUNDATION, 2013年, GLOBAL CONGRESS ON ICM: LESSONS LEARNED TO ADDRESS NEW CHALLENGES, VOLS. 1 AND 2, (2), 1225 - 1235, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 野崎 伸夫, 林 美鶴, 阪本 健太郎, 木村 桃子, 古賀 竜太郎, 阪本 清一郎, 中村 一平, 西田 知恭, 狭間 啓太, 橋本 匠, 宮里 浩史

    神戸大学大学院海事科学研究科, 2013年, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要 = Review of Graduate School of Maritime Sciences, Kobe University, 10, 33 - 44, 日本語

  • 大気・海水中N2O濃度自動連続測定システムの精度

    阪本 健太郎, 林 美鶴, 大屋 充生, 野崎 伸夫, 山下 栄次

    2012年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, (9), 58-68, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 神戸大学深江キャンパスにおける海洋・気象観測(2011年4月~12月)

    野崎 伸夫, 林 美鶴, 阪本 健太郎, 荒牧 徳治, 船本 大貴, 山本 尚哉, 中宮 良美

    2012年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, (9), 46 - 57, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Exhaust Characteristics of Nitrous Oxide from Marine Engine

    Dong-Hoon Yoo, Yoshifuru Nitta, Masaru Ikame, Mitsuru Hayashi, Hirotsugu Fujita, Jae-keun Lim

    Under Kyoto protocol, 37 countries ("Annex I countries") commit themselves to reduce four greenhouse gases (GHG) (Carbon dioxide, Methane, Nitrous oxide, Sulphur Hexafluoride) and two groups of gases (Hydrofluorocarbons and Perfluorocarbons) produced by them. Nitrous oxide (N2O) is one of the main four GHG and has strong global warming effect. Assuming 120-year period, it has 310 times more impact per unit weight than carbon dioxide (CO2). There are some reports on the N2O emission characteristics of stationary power plants and land transportation, but that of marine transportation is very limited. Therefore, in this study, the authors investigated the effects of engine operating conditions on N2O emission characteristics of a training ship at sea and examined relationships between N2O and the other gaseous emissions. Experimental results show that the emission characteristics of N2O are related to exhaust gas temperatures and air excess ratios and are rather different from those of NO

    IEEE, 2012年, OCEANS, 2012 - YEOSU, P.1 - 7, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Water and TP budgets analysis including submarine groundwater near the intertidal zone

    Mitsuru Hayashi, Makoto Taniguchi, Tomoyasu Fujii, Yu Umezawa, Shinichi Onodera

    Submarine groundwater (SGW) flux, not only discharge but also recharge, near the intertidal zone is relatively rich. In this study, submarine groundwater and total phosphorus balance corresponded to the tidal period near the intertidal zone of Omae-beach was estimated by the budget analysis using the marine observation data. Water and salt budgets of the analyzed area is dominated by the through flow. But TP budget did not balanced when submarine groundwater was neglected. The ratio of TP volume supplied by submarine groundwater discharge to it by submarine groundwater recharge is 97 %. Moreover the ratio of TP volume supplied by Submarine groundwater for the variation of TP volumes of the area is 49 % in the maximums. As TP concentrations of the outer and inner part of the area are close, diffusion is small. When the benthic flux of phosphorus of the previous study is applied to our study area, release volume from pore water is just 2 %. Therefore the recirculated saline water plays the important role in material transport from pore water to water column. Submarine groundwater discharge even during high tide. It is not agrees with the previous opinion. On the other hand, the estimated discharge rate shows good agreement with direct measurement result of a year ago. Copyright © 2012 by the International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE).

    2012年, Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference, 821 - 825, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Short time variation of the marine environment and the dominant phytoplankton species in the Yodo River estuary

    Mitsuru Hayashi, Kenji Tarutani, Momoko Kimura

    Osaka Bay is the semi-enclosed bay and one of the eutrophic bays in Japan. Various red tide species are found in Osaka Bay over the year, and diatom dominates usually in the Yodo River estuary, but other harmful species appear sometimes. The transition of dominant species can occur even in shorter time but its reasons are indistinct. To clarify the short time variation of the marine environment and dominant phytoplankton species, the field observation was carried out during the 16 days from the end of June to July. Greatly diurnal change was found in all data. Thalassiosira spp. dominated throughout the period. On the other hand other diatom species decreased, and dinoflagellate and other species increased in later period. All nutrient concentrations decreased toward July 5, but DIN and DIP concentrations recovered and DSi concentration continued the low condition after July 7. From the results based on nutrient concentrations and those mole ratio, the growth of all species was limited by DIP before 2 July. Diatom has advantage in this case because can grow under the lower DIP concentration. After that, nutrient which limits the growth of diatom changed to DSi due to the decrease of DSi concentration. Then DIP and DIN concentration increased in favor of dinoflagellate.

    IEEE, 2012年, 2012 OCEANS, p.1 - 4, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hideo Okamura, Mitsuru Hayashii, Shoko Tanabe

    The Japan Institute of Marine Engineering, 2012年, Marine Engineering, 47 (2), 289 - 292

    研究論文(学術雑誌)

  • 削減対象温室効果ガス一酸化二窒素の常時観測ステーション開設

    林 美鶴

    2011年09月, 神戸大学環境報告書2011, 16 - 17

  • Dissolved Inorganic Nitrogen budget in the inner part of Manila Bay, Philippines

    Mitsuru HAYASHI, Tetsuo YANAGI, Maria Lourdes SAN, DIEGO-MCGLONE

    2011年, La mer, 49・103-110, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Temporal and Spatial Variation of N2O Concentration in Atmosphere and Seawater in the Coastal Area

    Kentaro SAKAMOTO, Mitsuki OHYA, Mitsuru HAYASHI, Eiji YAMASHITA

    2010年10月, Proceedings of Techno-Ocean 2010(CD), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Exchange of Nitrous Oxide Between the Sea and the Atmosphere in Seto Inland Sea and the Southern Coast of Shikoku Inland

    Mitsuki OHYA, Kentaro SAKAMOTO, Mitsuru HAYASHI, Eiji YAMASHITA

    2010年10月, Proceedings of Techno Ocean 2010(CD), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Dissolved Inorganic Nitrogen budget for the inner part of Manila Bay, Philippines,

    Mitsuru HAYASHI

    2010年10月, Techno Ocean 2010(CD), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 深江キャンパスにおける一酸化二窒素濃度と一般気象要素の常時観測

    林 美鶴, 阪本 健太郎, 大屋 充生, 野崎 伸夫, 長谷川 雅俊, 岩谷 先哲, 山本 茂広

    2010年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 7・p.65-73, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 林 美鶴, 杉本 真吾

    For the weather and sea states data used by the weather routing, the difference between the present condition and prediction and the permissible range on vessels operation were examined. The variation of data within 3 days from prediction is small. Moreover, even if it encounters different weather and sea states from prediction, it is in the permissible range in general. When five days or more will pass since prediction, the case which the gap from prediction of the position of low pressure or the high wave area exceeds the permissible range is more than 50%. Especially the gap of east-west direction is large.

    公益社団法人 日本航海学会, 2010年03月, 日本航海学会論文集, 122 (122), 201 - 207, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 海洋観測データに基づく水・塩収支解析による御前浜沖海底地下水湧出量推定の試み

    林 美鶴, 谷口 真人, 山田 秀明

    2009年10月, 陸水学会誌, 70, 113 - 124, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Water and phosphorus budgets in the Yellow River estuary including the submarine fresh groundwater

    M. Hayashi, T. Yanagi

    We have developed a model of regional mean submarine fresh groundwater discharge in Laizhou Bay based on the marine observation data which were obtained in the same period as the submarine fresh groundwater and the Yellow River delta observation in May 2005. The submarine fresh groundwater discharge was calculated by a water, salt and total phosphorus balance. Because the Yellow River discharge in May 2005 is half of precipitation and the submarine fresh groundwater discharge is small, most of fresh water flows out to the outside. The ratio of the submarine fresh groundwater discharge to the Yellow River discharge is 5%. On the other hand, because total phosphorous concentration in the submarine fresh groundwater is about two times of total phosphorous concentration in the Yellow River, the ratio of total phosphorous concentration in the submarine fresh groundwater to total phosphorous concentration in the Yellow River is 10%. Estimated values of this study are consistent with other studied.

    CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP, 2009年, FROM HEADWATERS TO THE OCEAN: HYDROLOGICAL CHANGES AND WATERSHED MANAGEMENT, 665 - 668, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Water and phosphorus budgets in the Yellow River estuary including the submarine fresh groundwater

    2008年10月, Proceedings of the International Conference on Hydrological Changes and Management from Headwaters to the Ocean - Hydrochange 2008, 665 - 668

    [査読有り]

  • 深江キャンパス内の港における海洋気象観測実習

    2008年09月, 神戸大学環境報告書2008,

  • 大気海水中の一酸化二窒素(N2O)自動測定装置の開発

    山下 栄次, 渡部 裕介, 林 美鶴, 安井 勉

    2008年03月, 岡山理科大学技術科学研究所年報, (26), 29 - 40, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 大規模地震時の津波避泊図に関する基礎研究

    林 美鶴

    2008年03月, 財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団 平成19年度KRF助成研究報告書

  • 柳 哲雄, 迫田 祥哉, 林 美鶴, 浅沼 市男

    Year-to-year variations in the Yellow River discharge and the primary production in the Bohai Sea were investigated based on the river discharge data and satellite images of SeaWiFS from 1998 to 2005. The yearly averaged chlorophyll a concentration at the central part of the Bohai Sea was high in the year when the Yellow River discharge was large and low in the year when that was small. This is due to that phosphate concentration in the Bohai Sea depended on the Yellow River discharge.

    九州大学大学院総合理工学府, 2008年01月, 九州大学大学院総合理工学報告, 29 (3), 334 - 336, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Hayashi Mitsuru, Yanagi Tetsuo

    Elsevier, 2008年01月, Marine Pollution Bulletin, 57 (1-5), 103 - 107, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Seasonal Variation of Nitrogen Cycling in Manila Bay

    Mitsuru Hayashii, Tetsuo Yanagi, Maria Lourdes San Diego-Mcglone

    Seasonal variation in nitrogen cycling at the upper layer of the Pasig River estuary in Manila Bay was calculated during January 1996 to December 1998 by using the numerical ecosystem model. Chlorophyll a and DIN concentrations are relatively low, river discharge is small, and solar radiation is strong from March to May in dry season. The main reason of low chlorophyll a concentration is the solar radiation is too strong. On the other hand, as DIN concentration is relatively high and solar radiation is optimum, chlorophyll a concentration is relatively high from August to October in rainy season. Main source of DIN in rainy season is the vertical transport from the lower layer due to the strong estuarine circulation. The effect of loading nitrogen from the land area for the primary production in the estuary is relatively smaller than that of the vertical transport of nitrogen. It is effective to decrease the nitrogen concentration in the lower layer by sand covering of the sea bottom for prevention of red tides.

    INTERNATIONAL SOCIETY OFFSHORE& POLAR ENGINEERS, 2008年, PROCEEDINGS OF THE EIGHTEENTH (2008) INTERNATIONAL OFFSHORE AND POLAR ENGINEERING CONFERENCE, VOL 1, 32 (2), 569 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Field observation and water budget analysis of the coast of Osaka Bay, Japan

    M. Hayashi, T. Ishitobi, U. Umezawa, M. Taniguchi, S. Onodera, T. Fujii

    A coastal sea is affected by directly material load from the land area. Especially the northeastern part of Osaka Bay which adjoins the urban area, Osaka, Kobe and so on is eutrophic sea, because there are much material loading and a few seawater exchanges due to the reclamation and the breakwater. Omae beach is natural beach and is located in the Shuku River mouth in Nishinomiya City. Groundwater in the seaside part of Nishinomiya City is abundant. Therefore, it is considered that the submarine fresh groundwater is discharged from the sea bottom of the coastal zone of the Omae beach. In this study, we will discuss the physical structure of the area based on the marine observation data. The stratification is developed and the horizontal flow from the southern side dominates in the area. Water exchange by flow dominates in the area. SFG discharge is 53% of the discharge of the Shuku River. But TP discharge from SFG is 7.6 times of the TP discharge from the Shuku Rive. Effect of the SFG to the SF whole of the area may be small. But it will have the influence to the inter-tidal zone. The bio-chemical distribution is affected by the physical structure.

    IEEE, 2008年, OCEANS 2008 - MTS/IEEE KOBE TECHNO-OCEAN, VOLS 1-3, 973 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Establishment of N(2)O simulation in the Yodo River estuary

    A. Yumine, M. Hayashi

    N(2)O concentration in the air is relatively low, but the greenhouse effect of N(2)O is higher than that of the carbon dioxide for the long term. N(2)O emission per area from the coastal sea surface is high. Although N(2)O concentration in the sea is changed by the biochemical and physical process, amount of those processes is not clarified. To clarify the amount of N(2)O flux of each process is necessary to estimate the flux of N(2)O between the air and sea in high precision. Therefore we established the numerical model for N(2)O based on the observational data in the Yodo River estuary in Osaka Bay, Japan. Observation was carried out in the Yodo river estuary from June 29th to July 14th, 2004. The biochemical process and physical process related to N(2)O are formalized in the numerical model. We considered nitrification as the biochemical process. It is influenced by bacterial activity and promoted by increase of water temperature. N(2)O is produces by nitrification as the intermediate product in the aerobic environment. Advection, diffusion and the exchange between the sea and air are included in the model as the physical processes. And physical parameters are calculated by the water and salt budget. Tendency of the variation of calculated N(2)O concentration is corresponding to the observed one mostly. And the correlation coefficient is 0.79. Therefore we consider that the calculation result is reasonable and can used to discuss the variation mechanism of N(2)O concentration in the sea surface layer and the N(2)O exchange volume between the air and sea in Yodo River estuary.

    IEEE, 2008年, OCEANS 2008 - MTS/IEEE KOBE TECHNO-OCEAN, VOLS 1-3, 946 - 950, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A simulation study of the growth and the spatial distribution of plankton in the estuary of the Yodo River, Osaka Bay, Japan

    Hideaki Nozato, Tamiki Umeda, Mitsuru Hayashi

    To investigate marine environment in closed sea areas, daily change of the horizontal and vertical distribution of phytoplankton in the estuary of the Yodo River, Osaka bay has been observed in previous studies. To analyze these data, we calculated horizontal and vertical distribution of phytoplankton in Osaka Bay using a simplified mathematical model. The results showed that the model reproduced the basic features of observed distribution. Moreover, the calculated distribution greatly depended on the load of nutrients from the river. The observed daily change in the phytoplankton distribution may have been caused by the difference in the loads from the river.

    IEEE, 2008年, OCEANS 2008 - MTS/IEEE KOBE TECHNO-OCEAN, VOLS 1-3, 640 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Mitsuru Hayashi, Tetsuo Yanagi

    Occurrence number of red tides in Osaka Bay in Japan is more than 20 cases every year. Diatom red tide was dominant in Osaka Bay, but the non-diatom red tide was dominant in early 1990s. Therefore, the material cycling in Yodo River estuary in Osaka Bay during August from 1991 to 2000 was analyzed by using the numerical ecosystem model and field observation data to clarify the reasons of change in red tide species. Year-to-year variation in calculated concentration ratio of diatom to non-diatom corresponds to the variation in observed ratio of red tide days of diatom to non-diatom. Limiting nutrient of primary production is phosphate over the period. Diatom dominated from 1991 to 1993, but it was difficult for non-diatom to grow due to the limitation by physical condition. Non-diatom was able to grow because of good physical and nutrient conditions from 1994 to 1996. And diatom dominated again under the good physical condition, and phosphorus supply was not enough for non-diatom to grow from 1998 to 2000. Phosphate concentration in the lower layer of Yodo River estuary was important to the variation in red tide species in the upper layer of Yodo River estuary. (c) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2008年, MARINE POLLUTION BULLETIN, 57 (1-5), 103 - 107, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 海洋観測データを用いた海底地下水湧出量の推定

    林 美鶴

    2008年, 日本陸水学会講演要旨集

  • 陸域からマニラ湾への物質負荷低減に伴う海洋環境の応答

    林 美鶴, 柳 哲雄

    2007年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, (4), 39 - 44, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 安藤 広二郎, 林 美鶴, 山下 栄次, 安井 勉

    神戸大学海事科学部, 2007年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 4 (4), 33 - 38, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 生態系モデルによる淀川河口海域における赤潮種変化の数値解析

    林 美鶴, 柳 哲雄

    2007年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, (4), 45 - 59, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Investigation of submarine groundwater discharge using several methods in the inter-tidal zone

    Tomotoshi Ishitobi, Makoto Taniguchi, Yu Umezawa, Shigeru Kasahara, Shin Ichi Onodera, Masaki Hayashi, Kunihide Miyaoka, Mitsuru Hayashi

    To accurately estimate the flux of terrestrial groundwater discharge into the sea, a study using several methods was done in the coastal zone of Osaka Bay, Japan. The seepage-meter method and the measurement of temperature near the seabed were applied based on the hypothesis that seawater temperature in summer would decrease, reflecting the extent of active mixing with colder fresh groundwater. As a result, it was confirmed from the seepage-meter method that submarine groundwater discharge rates decreased with the distance from the coast. Evaluations of groundwater discharge rates from seabed temperature showed similar values to the results using the seepage meter, which means that the values were reasonable. Finally, the total groundwater discharge flux from this beach was estimated at 36.7% of the river discharge rate. Copyright © 2007 IAHS Press.

    2007年, IAHS-AISH Publication, 312 (312), 60 - 67, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 淀川河口域における一酸化二窒素濃度の変動

    湯峯 充彦, 林 美鶴, 森 孝紘

    2006年10月, Proceedings of Techno-Ocean 2006 / 19th JASNAOE Ocean Engineering Symposium, 144, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 大阪湾の淀川河口域における流れの構造の解析

    宮城 大器, 林 美鶴

    2006年10月, Proceedings of Techno-Ocean 2006 / 19th JASNAOE Ocean Engineering Symposium, 145, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 船舶バラスト水によって移入されたGymnodinium Catenatumが引き起こす貝毒の数値解析

    林 美鶴, 関谷 雅

    2006年10月, Proceedings of Techno-Ocean 2006 / 19th JASNAOE Ocean Engineering Symposium, 21, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Year-to-year Variations in the Yellow River Discharge and the Environment of the Bohai Sea

    Mitsuru HAYASHI, Tetsuo YANAGI, Ren Shu Zeng

    2006年10月, Proceedings of Techno-Ocean 2006 / 19th JASNAOE Ocean Engineering Symposium, 162, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Proposal for a tsunami hazard chart of Osaka Bay

    Mitsuru HAYASHI, Masayoshi KUBO, Eiichi KOBAYASHI, KenjiI SHIDA, Shunichi KOSHIMURA, Masaya SHIMANOUE

    2006年10月, Techno-Ocean 2006 / 19th JASNAOE Ocean Engineering Symposium, p.185, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Measurement of atmospheric N2O concentrations above Seto Inland Sea and off Shikoku and Kyushu Inlands

    Kojiro ANDO, Mitsuru HAYASHI

    2006年10月, Techno-Ocean 2006 / 19th JASNAOE Ocean Engineering Symposium, 23, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大規模地震時の津波避泊図に関する基礎研究

    林 美鶴, 久保 雅義, 小林 英一, 石田 憲治

    2006年09月, 日本航海学会論文集, (115), 177 - 182, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 気象・海象と関連する日本近海で発生した海難の解析―Ⅲ.-海域特性の定量解析-

    森脇 千春, 林 美鶴, 石田 廣史

    2006年09月, 日本航海学会論文集, (115), 169 - 176, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 瀬戸内海及び四国・九州南方での大気気中N2Oの濃度観測

    安藤 広二郎, 林 美鶴, 山下 栄次, 野崎 伸夫

    2006年07月, 神戸大学海事科学部紀要, (3), 33 - 40, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 黄河流量と渤海海洋環境の経年変動

    林 美鶴, 柳 哲雄

    2006年07月, 神戸大学海事科学部紀要, (3), 41 - 45, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Nitrogen cycling in Manila Bay during dry and rainy seasons

    MitsuruHAYASHI, Tetsuo YANAGI, M.L.San Diego, McGlone

    2006年04月, Coastal Marine Science, 30 (1), 49 - 53, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 気象・海象と関連する日本近海で発生した海難の解析-Ⅱ -海域特性-

    森脇 千春, 林 美鶴, 石田 廣史

    2006年03月, 日本航海学会論文集, (114), 185 - 190, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Characteristics analysis of weather routing by practical navigators

    Mitsuru Hayashi, Hiroshi Ishida

    In the weather routing, it is very important to take account of encountered weather and sea states, which are major factors of the function in a weather routing simulation model. To clarify the criteria for the safety navigation of practical navigators quantitatively, the weather routing simulation and the interview were carried out to the navigators. According to the interview, the upper limit of wind force for the navigators is the Gale rank in the Beaufort scale. For the upper limit of the wave height, the navigators had two criteria, 5 to 8 m and 10 to 12 m. From the results of the weather routing simulation, the criteria for wind speed are 40 knots in the following wind case, 30 knots in the side wind case, and 30 to 40 knots in the head wind case. The criteria for the wave height are 5 m in the case of wave from right ahead, 5 to 6 m in the beam wave case, and 7m in the case of wave from the right astern. Moreover the criteria for the wave height in the head wave case is 7 m, in the side wave case is 8 m, and in the following wave case is 11 m.

    IEEE, 2006年, 2006 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS, VOLS 1-6, PROCEEDINGS, 786 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 林 美鶴, 久保 雅義, 大辻 友雄, 小林 英一, 石田 憲治

    公益社団法人 日本航海学会, 2006年, 日本航海学会誌 NAVIGATION, 165, 33 - 38, 日本語

    [査読有り]

  • 流出油拡散・漂流予測モデルを用いた大阪湾における油漂流パターンの解析

    林 美鶴, 西尾 茂

    2005年09月, 日本航海学会論文集, (113), 249 - 258, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 気象・海象と関連する日本近海で発生した海難の解析

    石田 廣史, 林 美鶴, 森脇 千春, 堀 晶彦

    2005年09月, 日本航海学会論文集, (113), 259 - 266, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 淀川河口域における海洋観測

    森 孝紘, 林 美鶴, 野崎 伸夫, 樽谷 賢治, 吉永 郁生, 川崎 聡, 渕 真輝, 西山 真, 佐々木 杏奈

    2005年04月, 神戸大学海事科学部紀要, (2), 115 - 126, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 海難及び関係する気象・海象のデータベース

    石田 廣史, 森脇 千春, 林 美鶴, 野崎 伸夫, 森 孝紘, 堀 晶彦, 江川 正和

    2005年04月, 神戸大学海事科学部紀要, (2), 95 - 100, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 瀬戸内海の水質調査結果

    橋本 俊也, 奥 晋太郎, 柳 哲雄, 林 美鶴

    2004年11月, J. Grad. Sch. Biosp. Sci., Hiroshima Univ., (43), 41 - 54, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 瀬戸内海における外洋起源の窒素・リンの重要性

    橋本 俊也, 奥 晋太郎, 柳 哲雄, 林 美鶴

    2004年11月, J. Grad. Sch. Biosp. Sci., Hiroshima Univ., (43,), 7 - 13, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Difference of Nutrients Budgets in the Bohai Sea between 1982 and 1992 related to Decrease of the Yellow River Discharge,

    HAYASHI Mitsuru, YANAGI Tetsuo, GUO Xinyu

    2004年03月, Journal of the Korean Society of Oceanography, Vol.39, No.1 pp.14-19, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 中谷直樹, 塩崎拓平, 林美鶴, 奥野武俊

    2004年, 関西造船協会論文集, 242, 133 - 138, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Airborne polarimetric SAR monitoring for ships and coastal seas

    K Kozai, H Ishida, N Koguchi, N Wakabayashi, Y Yano, M Hayashi

    Airborne polarimetric and interferometric synthetic aperture radar (PiSAR) images are analyzed for monitoring ships and coastal seas especially for estimating sea surface wind speed and direction. Though in situ ships data through AIS (Automatic Identificatioin System) were not available by the time of analysis, PiSAR's X band images showed the potential to map coastal wind vectors with high spatial resolution of 2.5 m.

    IEEE, 2004年, OCEANS '04 MTS/IEEE TECHNO-OCEAN '04, VOLS 1- 2, CONFERENCE PROCEEDINGS, VOLS. 1-4, 1821 - 1824, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Difference of water and nutrients budgets in estuary of the Yellow River between 80's and 90's

    M Hayashi, T Yanagi, G Xinyu

    Difference of Dissolved Inorganic Nitrogen (DIN) and Dissolved Inorganic Phosphorus (DIP) budgets in the Bohai Sea between 1980' and 1990's related the decrease of the Yellow River discharge is discussed on the basis of observed data. The estuarine circulation in the Bohai Sea had been weakened from 80s to 90s due to the decrease of the Yellow River discharge and the average residence time of fresh water had become longer. DIN concentration increased but DIP concentrations decreased from 80s to 90s in the Bohai Sea. Primary production was regulated mainly by water temperature and DIN concentration in 80s but it was regulated mainly by DIP concentration in 90s. Primary production was larger than decomposition plus bottom release and nitrogen fixation was larger than denitrification in 90s. However, decomposition plus bottom release was larger than primary production and denitrification was larger than nitrogen fixation in 90s in the Bohai Sea.

    IEEE, 2004年, OCEANS '04 MTS/IEEE TECHNO-OCEAN '04, VOLS 1- 2, CONFERENCE PROCEEDINGS, VOLS. 1-4, 1288 - 1291, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 塩谷 茂明, 石田 廣史, 林 祐司, 河口 信義, 若林 伸和, 林 美鶴, 村井 康二

    公益社団法人 日本航海学会, 2004年, 日本航海学会誌 NAVIGATION, 160, 13 - 17, 日本語

    [査読有り]

  • 実務者による大洋航海の航路選定シミュレーションと遭遇する気象・海象の特徴

    林 美鶴, 石田 廣史

    2003年11月, 日本航海学会論文集, (110), 27 - 35, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of Tidal Currents and Wind on Optimum Navigation

    Shigeaki Shiotani, Hiroshi Ishida, Yuji Hayashi, Nobuyoshi Kouguchi, Nobukazu Wakabayashi, Mitsuru Hayashi, Koji Murai

    2003年10月, Proceedings of the 11th IAIN World Congress, CD-ROM, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 西部熱帯太平洋海域における定点連続観測-植物プランクトン鉛直分布の変動特性-

    中谷 直樹, 塩崎 拓平, 林 美鶴, 奥野 武俊

    2003年09月, 関西造船協会論文集, (240), 197 - 202, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 沿岸海域に存在するリン・窒素の起源の推定法

    柳 哲雄, 林 美鶴, 藤井 直紀

    沿岸海域に存在するリンと窒素の,陸から供給されたものと沿岸海域外から供給されたものの割合を求める新しい方法を提案する.この方法は陸からのリンと窒素の負荷量とそれらの湾内平均濃度の経年変動データに基づき,リンと窒素の平均滞留時間と湾外濃度を未知数として最小自乗法により解くものである.

    日本海洋学会沿岸海洋研究部会, 2003年08月, 沿岸海洋研究, 41 (1), 49 - 52, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 林 美鶴, 柳 哲雄

    数値生態系モデルを用いて,周防灘の窒素循環を解析した。周防灘の基礎生産量は,秋季・春季に極大,冬季に最小となり,春季は下層でも上層と同程度の基礎生産が行われている。また,周防灘の主たる窒素循環経路はDIN→植物プランクトン→デトリタス→DINで,基礎生産量が減少する時期はDONからのDIN再生が相対的に増加する。周防灘上層では陸域や下層からのDIN供給が少なく,年間を通じて栄養塩が不足して基礎生産が制限されている。また灘外への流出も少ないため,供給された栄養塩のほとんどが基礎生産に利用されており,灘内で基礎生産と再生を繰り返している。下層でも再生された栄養塩が基礎生産を支えており,基礎生産は栄養塩よりも日射量に制限を受ける度合いの方が強い。大阪湾奥部上層は,湾外へ流れ去る栄養塩も多いが供給量が多いために基礎生産が活発である。一方周防灘は,大阪湾奥部に比べ河口循環流が弱いため隣接海域への流出量よりも堆積量の方が多い。陸域から周防灘への栄養塩負荷量が増加した場合に海洋環境の悪化が危惧され,環境の修復には大阪湾奥部以上の時間が必要になることが示唆される。

    The Oceanographic Society of Japan, 2002年11月, 海の研究, 11 (6), 591 - 611, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • An Analysis of the Lower Trophic Level Ecosystem in the Seto Inland Sea

    Mitsuru HAYASHI, Tetsuo YANAGI

    2002年11月, TECHNO-OCEAN 2002, pp.4, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • N2Oガス測定システムに関する基礎研究

    島之上 雅也, 林 美鶴, 平木 隆年, 野崎 伸夫, 石田 廣史

    2002年07月, 神戸商船大学紀要第二類商船・理工学編, No.50、pp.19-25, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Numerical modeling of nitrogen cycling in Suo-Nada, Japan

    Mitsuru HAYASHI, Tetsuo YANAGI

    Nitrogen cycling in Suo-Nada, Japan is analyzed using a numerical ecosystem model, which consists of the upper and lower layers separated by a pycnocline. From the calculated results, primary production in Suo-Nada is higher in autumn and spring than other seasons, and lowest in winter. DIN in the upper layer is mainly supplied by load from rivers and decomposition. Almost DIN in the upper layer is assimilated to phytoplankton. The most effective limiting factor of primary production in the upper layer is DIN throughout the year. On the other hand, DIN in the lower layer is mainly supplied by decomposition. And primary production in the lower layer is limited by light intensity from autumn to summer. Residence time of total nitrogen is longer than the efficiency of primary production throughout the year. Thus, as estuary circulation in Suo-Nada is weak, nitrogen in Suo-Nada repeats production and decomposition, and outflow flux of nitrogen to Iyo-Nada is very small. The main path of nitrogen cycling in Suo-Nada is DIN to phytoplankton --> detritus --> DIN, or DON --> DIN.

    INTERNATIONAL SOCIETY OFFSHORE& POLAR ENGINEERS, 2002年05月, PROCEEDINGS OF THE TWELFTH (2002) INTERNATIONAL OFFSHORE AND POLAR ENGINEERING CONFERENCE, VOL 2, 413 - 419, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 数値生態系モデルによる大阪湾奥部のリン循環の解析

    林 美鶴, 柳 哲雄

    2001年05月, 海の研究, 10 (3), 203 - 217, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroshi ISHIDA, Nobuyoshi KOUGUCHI, Mitsuru HAYASHI, Hiroshi UEDA

    Japan Institute of Navigation, 2001年, The Journal of Japan Institute of Navigation, 105, 97 - 102

    研究論文(学術雑誌)

  • Numerical modeling of phosphorus cycling in the inner part of Osaka Bay, Japan

    Mitsuru HAYASHI, Tetsuo YANAGI

    2000年11月, Proceedings of APN/SURVAS/LOICZ joint conference on coastal impacts of climate change and adaptation in the Asia-Pacific region, 249 - 254, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 小樽湾におけるドップラーレーダーによる海面状況の観測

    林 美鶴, 石田 廣史, 脇川 祐樹, 上田 博

    2000年09月, 日本航海学会論文集, (103), 17 - 22, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Measurements of the atmospheric deposition over the Western Pacific Equatorial Ocean

    Mitsuru HAYASHI, Takatoshi HIRAKI, Hiroshi ISHIDA

    2000年09月, 海と空, 76 (2), 61 - 66, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Measurements of Nitrous Oxide concentrations in Air and Sea Water in the Western Pacific Equatorial Ocean during the Nauru99 Experiment

    Mitsuru HAYASHI, Hiroshi ISHIDA, Tomoko KANEKO

    2000年09月, 海と空, 76 (2), 55 - 60, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 林 美鶴, 柳 哲雄

    四国電力及び大阪府立水産試験場が実施した水質調査結果を基に, 伊予灘南部及び大阪湾の栄養塩及びDIN/DIPの時間変動を求め, 伊予灘については1982年~1998年, 大阪湾については1982年~1996年にかけての栄養塩環境を明らかにした。伊予灘南部は貧栄養状態にあり, DIN/DIPに顕著な季節変動は見られず, 8月は表層よりも底層で高い栄養塩濃度を示した。また, 陸棚斜面から伊予灘南部底層への高栄養塩水の貫入の可能性が示唆された。大阪湾は富栄養状態で, DIP濃度の1973年からの低下傾向が1985年で停止し, それ以降は横這いであった。基礎生産は, 2月と5月はリンに律速されていた。河川からの栄養塩供給に加えて, 底泥からのDIP供給が大阪湾の栄養塩循環に影響を及ぼしていることが示唆された。以上に示した両海域の栄養塩環境は, 解析期間において安定していたことが明らかとなった。

    The Oceanographic Society of Japan, 2000年05月, 海の研究, 9 (3), 133 - 142, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 瀬戸内海における窒素・リンの現存量比率

    林 美鶴, 柳 哲雄, 橋本 俊也

    2000年03月, 海の研究, 9 (2), 83 - 89, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 林美鶴, 柳哲雄

    2000年, 海の研究, 9 (6), 333 - 336

    研究論文(学術雑誌)

  • 大気採取バック性能試験

    林 美鶴, 岩本 朋子, 平木 隆年, 石田 廣史, 野崎 伸夫

    1999年07月, 神戸商船大学紀要第二類商船・理工学編, (47), 71 - 76, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 林 美鶴, 石田 廣史

    公益社団法人 日本航海学会, 1999年, 日本航海学会誌 NAVIGATION, 140, 50 - 59, 日本語

  • 林 美鶴, 黒田 芳史, 安藤 健太郎, 米山 邦夫

    公益社団法人 日本航海学会, 1997年, 日本航海学会誌 NAVIGATION, 134, 13 - 24, 日本語

  • Wave Observation Apparatus by Marine Radar and Evaluation of Its Analytical Results

    Hiroshi ISHIDA, Tokujirou INOUE, Mitsuru HAYASHI, Shigeaki SHIOTANI, Ryusuke HOSODA, Yoshikuni KUNITAKE

    1994年10月, Proceedings of the Techno-Ocean '94 International Symposium, 1, 469 - 474, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 舶用レーダによる波浪観測と解析-Ⅰ.-陸上観測点における実験-

    石田 廣史, 井上 篤次郎, 林 美鶴, 細田 龍介

    1994年03月, 日本航海学会論文集, 90 (23-31), 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 神戸大学深江キャンパスにおける海洋・気象観測(2020年1月~12月)

    廣川綜一, 林美鶴, 上野山草太

    2021年08月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 18, 20 - 28

  • 林 美鶴, 柳 哲雄

    神戸大学海事科学部, 2007年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要 = Review of the Faculty of Maritime Sciences, Kobe University, 4, 45 - 59, 日本語

MISC

  • 高解像度衛星観測データを用いた河川出水時における河口フロントの移動の可視化

    小林志保, 中田聡史, 秋山諭, 山本圭吾, 石坂丞二, 渕真輝, 林美鶴

    2021年, 日本水環境学会年会講演集, 55th

  • 淀川河口域における有機物の生成・分解と貧酸素化への影響

    渡部夏帆, 渕真輝, 中田聡史, 林美鶴, 小林志保

    2018年03月26日, 日本水産学会大会講演要旨集, 2018, 150, 日本語

  • Satoshi Nakada, Mitsuru Hayashi, Shunichi Koshimura

    © 2018 Japan Society on Water Environment. Giant tsunamis can disturb marine sediments, leading to muddy water in nearshore areas. Marine sediments can be resuspended and transported by tsunamis, as well as by tidal, wind-forced, and density currents in coastal oceans. Marine sediment in coastal oceans around urban areas contains heavy metals and cysts of harmful algae. The resuspension of marine sediments can induce multiple forms of marine pollution, including harmful red tides and heavy metal contamination. This study evaluated heavy metal pollution caused by transport of resuspended sediment with adsorbed zinc in a pilot sea, Osaka Bay, based on a tsunamigenic earthquake scenario along the Nankai Trough, which is predicted to occur within 30 years with approximately 70% probability. Tsunami and three-dimensional ocean simulations were conducted to calculate sediment transport using a particle-tracking simulation based on tsunami-induced sediment resuspension. The simulation results suggest that particles would upwell vertically from the seabed in sediment resuspension areas that would form locally in nearshore regions, and then be transported southward offshore by estuarine circulation. Sediment transported by tidal and wind currents would gradually migrate to the southern offshore region. The remaining sediment carrying zinc in the bay would decrease to less than half of its initial volume over the 20 days following resuspension.

    Japan Society on Water Environment, 2018年01月01日, Journal of Water and Environment Technology, 16 (4), 161 - 174, 英語

    [査読有り]

  • 衛星リモートセンシングを用いた大阪湾における赤潮動態解析

    小林志保, 中田聡史, 山本圭吾, 秋山諭, 渕真輝, 林美鶴, 石坂丞二

    2018年, 瀬戸内海, (76), 54‐56, 日本語

  • 三次元海洋・津波・粒子追跡結合シミュレーションに基づいた巨大津波による底泥巻き上げと重金属輸送の推定

    中田聡史, 林美鶴, 越村俊一

    2017年, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2017, ROMBUNNO.HDS16‐P05 (WEB ONLY), 日本語

  • 現場と静止海色衛星データを用いた大阪湾における季節内から日変化までの赤潮動態の解析

    中村一平, 中田聡史, 石坂丞二, 小林志保, 中嶋昌紀, 渕真輝, 林美鶴, 林美鶴

    2016年08月, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2016, 185, 日本語

  • 巨大津波襲来時における避航のための危険海域の抽出

    中田聡史, 林美鶴, 林美鶴, 越村俊一, 小林英一

    2016年03月, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2016, 169, 日本語

  • 津波による海洋環境擾乱の予測

    林美鶴, 中田聡史, 鈴木綜人, 越村俊一, 小林英一

    2016年03月, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2016, 168, 日本語

  • 巨大津波襲来時における避航のための渦場の解析

    中田聡史, 林美鶴, 小林英一, 越村俊一

    2016年, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2016, ROMBUNNO.HDS19‐14 (WEB ONLY), 日本語

  • 淀川感潮域への海水遡上の簡易推定

    林美鶴, 中村一平, 中田聡史, 小山悠人, 宮脇知美

    2015年09月10日, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2015, 178, 日本語

  • 南海トラフ巨大地震津波による内湾域の塩水化

    中田聡史, 林美鶴, 林美鶴, 越村俊一, 小林英一

    2015年09月10日, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2015, 179, 日本語

  • 淀川感潮域における海水遡上に対する主要な物理素過程の寄与率~数値シミュレーションによる解析~

    小山悠人, 中田聡史, 林美鶴

    2015年03月, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2015, 189, 日本語

  • 南海トラフ巨大地震津波を想定したマリンハザード研究

    中田聡史, 林美鶴, 鈴木綜人, 越村俊一, 小林英一

    2015年03月, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2015, 271, 日本語

  • 淀川感潮域における有毒赤潮に関する研究

    中村一平, 林美鶴, 中田聡史, 小山悠人, 宮脇知美

    2015年, 瀬戸内海研究フォーラム, 2015, 21, 日本語

  • 津波による大阪湾の海底堆積物の再懸濁

    林美鶴, 鈴木綜人, 中田聡史

    2015年, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2015, ROMBUNNO.HDS27‐P10 (WEB ONLY), 日本語

  • 南海トラフ地震による巨大津波が引き起こす大阪湾における塩水化

    中田聡史, 林美鶴, 小林英一

    2015年, 瀬戸内海研究フォーラム, 2015, 27, 日本語

  • 南海トラフ巨大地震津波による大阪湾における底質巻き上げシミュレーション

    鈴木綜人, 林美鶴, 中田聡史, 小林英一, 越村俊一

    2015年, 瀬戸内海研究フォーラム, 2015, 26, 日本語

  • 潮汐・津波シミュレーション:潮流による津波到達時間の早期化

    中田聡史, 林美鶴, 小林英一, 越村俊一

    2015年, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2015, ROMBUNNO.HDS27‐09 (WEB ONLY), 日本語

  • 淀川河口への海水遡上に関する流動モデル解析

    中村一平, 小山悠人, 中田聡史, 林美鶴

    2015年, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2015, ROMBUNNO.ACG33‐11 (WEB ONLY), 日本語

  • 淀川感潮域における潮汐及び河川流量に対する海水遡上の応答

    小山悠人, 中田聡史, 林美鶴

    2014年09月01日, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2014, 34, 日本語

  • 船舶運航条件が亜酸化窒素排出に及ぼす影響

    柳 東勲, 林 美鶴, 新田 好古

    日本マリンエンジニアリング学会, 2013年09月, Marine engineering : journal of the Japan Institute of Marine Engineering = マリンエンジニアリング :日本マリンエンジニアリング学会誌, 48 (5), 692 - 698, 日本語

  • 神戸大学深江キャンパスにおける海洋・気象観測(2012年1月〜12月)

    野崎 伸夫, 林 美鶴, 阪本 健太郎, 木村 桃子, 古賀 竜太郎, 阪本 清一郎, 中村 一平, 西田 知恭, 狭間 啓太, 橋本 匠, 宮里 浩史

    神戸大学, 2013年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 10, 33 - 44, 日本語

  • 海難及び関係する気象・海象のデータベース

    森脇千春, 石田廣史, 林美鶴

    Many maritime casualties occur in sea areas around Japan every year, and the loss of the human life and economy and the damage to the natural environment are so huge. The causes of casualties are various. But, in this report their relating weather and sea states were focused on and the construction of the data base for 24 years from 1980 to 2003 was reported. The data base was constructed based on the judgment records of Japan Marine Accidents Inquiry Agency published from 1980 to 2004. The total number of constructed datasets is 1729. The data base consists of the date and time, place, information of ships, maritime traffic conditions, weather and sea states, causes, and so on.

    弓削商船高等専門学校, 2010年02月26日, 弓削商船高等専門学校紀要, 32 (32), 31 - 34, 日本語

  • 御前ノ浜沖における海洋観測と水収支の解析

    林美鶴

    2007年, 日本地球惑星科学連合2007年大会

  • A-06 赤潮発生時の海水中に存在する懸濁粒子付着性の脱窒細菌と浮遊性脱窒細菌 : N_2O reductase遺伝子(nosZ)の比較(水圏生態系,口頭発表)

    吉永 郁生, 寶迫 晶子, 林 美鶴, 森 孝紘, 山下 栄次, 左子 芳彦

    We have studied the eco-physiology of denrtrifiers in marine habitats, especially in seawater columns where N_2O accumulation is sometimes observed. Based on some observations, which relate the increase of denitrifying bacteria and the occurrence of high N_2O seawater mass with the algal blooming, we make the hypothesis that the bacteria can denitrify in the anaerobic microhabitat around particles derived from algal cells. In this study, we enumerated denitrifying bacteria in two fractions, particle-associated and free-living, of the seawater, where diatoms were blooming, and analyzed the diversity ofnosZ (N_2O reductase gene) in each fraction. From the result, we concluded that unique denitrifiers, different from free-living ones, were living in association with particules, but the number of those were not so many comparing with free-living denitrifiers.

    日本微生物生態学会, 2005年10月30日, 日本微生物生態学会講演要旨集, (21), 日本語

  • 気象・海象と関連する日本近海で発生した海難の解析

    石田 廣史, 林 美鶴, 森脇 千春

    海洋気象学会, 2005年07月, 海と空, 81 (1), 27 - 30, 日本語

    [査読有り]

  • 最適航法における潮流と風の影響について

    塩谷 茂明, 石田 廣史, 林 祐司, 若林 伸和, 林 美鶴, 村井 康二

    2004年06月, 日本航海学会誌, 160, 13 - 17, 日本語

    その他

  • ドップラーレーダーによる波浪観測-I : 石狩湾と若狭湾での観測

    石田 廣史, 河口 信義, 林 美鶴, 上田 博

    The doppler radar observation was made to examine the relationship between ocean waves and radar sea echo signals and to obtain the information of ocean waves from those sea echo signals in Ishikari and Wakasa Bays in winters of 1991-1992 and 1997-1998, respectively. The doppler wave direction is defined here as a direction in which the maximum doppler shift of sea echo signals occurs, and the doppler wave speed is also done as a doppler speed on that doppler wave direction. It was found out that the doppler wave direction and speed were not related with the direction and speed of winds and currents. The doppler wave direction agreed with the observed wave direction within two points in the 16-point direction system. The doppler wave speed was proportional well to the phase speed estimated from the observed wave period with the 1/5 to 1/4 slope. It is concluded that the doppler shift of the sea echo signals is mainly caused by the wave propagation rather than winds and currents.

    公益社団法人日本航海学会, 2001年09月, 日本航海学会論文集, (105), 97 - 102, 日本語

    [査読有り]

  • 瀬戸内海における低次生産過程の解明と予測モデルの構築

    林 美鶴

    日産化学振興財団, 2001年08月, 日産学術研究助成研究報告書, 113 - 116, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • フェリー取得データに基づく海洋生態系変動短期予測モデルの可能性

    原島 省, 林 美鶴, 柳 哲雄

    環境庁国立環境研究所地球環境研究センター, 2000年12月, フェリー利用による海洋環境モニタリングおよび関連研究に関する総合報告書、原島省、功刀正行編, 172 - 180, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 山本氏、多田氏の反論に対する著者からの意見

    林 美鶴, 柳 哲雄

    2000年11月, 海の研究, 9 (6), 333 - 336, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Temporal and Spatial Variations of N/P Ratio in the Seto Inland Sea, Japan

    Mitsuru HAYASHI, Tetsuo YANAGI

    1999年11月, Proceedings of the 10th JSPS Joint Seminar on Marine and Fisheries Sciences, 181 - 189, 英語

    記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)

  • Measurements of CH4 and N2O gas densities in air and sea water over the Western Pacific Equatorisal Ocean during the NAURU 99 Experiment

    Hiroshi ISHIDA, Mitsuru HAYASHI, Tomoko IWAMOTO, Kazuyoshi KIKUCHI

    1999年10月, Proceedings of International Data Workshop on NAURU99, 32 - 37, 英語

    記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)

  • Measurement of wet and dry deposition over the Western Pacific Equatorisal Ocean during the NAURU 99 Experiment

    Takatoshi HIRAKI, Hiroshi ISHIDA, Mitsuru HAYASHI

    1999年10月, Proceedings of International Data Workshop on NAURU99, 42 - 46, 英語

    記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)

  • デジタル転倒温度計・圧力計の基本特性

    林 美鶴, 河野 健, 柏野 祐二, 青山 道夫

    1998年10月, 海洋科学技術センター試験研究報告, (38), 91 - 96, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 熱帯赤道域の海洋・大気観測

    林 美鶴, 黒田 芳史, 安藤 健太郎, 米山 邦夫

    1997年12月, 日本航海学会誌, (134), 13 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 海洋の物理観測

    林 美鶴

    1997年11月, 海技通信, (558~563), 3, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • TOCS航海中に観測された西部熱帯太平洋域の海洋構造

    黒田 芳史, 安藤 健太郎, 三寺 史夫, 柏野 祐二, 林 美鶴, 尻引 武彦, Djoko Hartoyo, Ali Alkatiri, 米山 邦夫, 宗山 敬

    1996年11月, 海洋科学技術センター試験研究報告, (34), 41 - 52, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 神戸商船大学に導入された海洋気象学演習システムとその演習実例の概要

    林 美鶴, 石田 廣史

    1996年06月, NAVIGATION, (140), 50 - 59, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Direct Measurements of Turbulent Fluxes at the Sea Surface

    Osamu TSUKAMOTO, Hiroshi ISHIDA, Mitsuru HAYASHI, Toshihisa ITANO

    1993年, 東京大学海洋研究所 Preliminary Report of The Hakuho Maru Cruise KH-92-5, 15 - 21, 英語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 南海トラフ巨大地震津波による大阪湾での巻き上げ・移流輸送シミュレーション

    鈴木 綜人, 中田 聡史, 林 美鶴, 越村 俊一, 小林 英一

    日本船舶海洋工学会, 2015年11月, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, (21), 191 - 194, 日本語

  • 西部熱帯太平洋海域における植物プランクトン鉛直分布の推定

    中谷 直樹, 塩崎 拓平, 林 美鶴, 奥野 武俊

    公益社団法人日本船舶海洋工学会, 2004年05月20日, 関西造船協会講演概要集 = Proceedings of the Kansai Society of Naval Architects, (22), 45 - 48, 日本語

  • 西部熱帯太平洋海域における定点連続観測 : 植物プランクトン鉛直分布の変動特性

    塩崎 拓平, 中谷 直樹, 林 美鶴, 奥野 武俊

    公益社団法人日本船舶海洋工学会, 2003年05月22日, 関西造船協会講演概要集 = Proceedings of the Kansai Society of Naval Architects, (20), 81 - 84, 日本語

  • 油流出予測ソフトウェアーによる大阪湾の油漂流シミュレーション (特集 2005年度〔海洋気象学会〕第1回例会講演要旨)

    林 美鶴

    海洋気象学会, 2005年07月, 海と空, 81 (1), 31 - 34, 日本語

  • 西部赤道太平洋域での「かいよう」観測速報

    米山 邦夫, 林 美鶴, 黒田 芳史

    1995年05月15日, 大会講演予講集, 67, 165 - 165, 日本語

書籍等出版物

  • 環境学入門

    武田 義明, 林 美鶴, 堀江 修, 星 信彦, 梶並 昭彦, 上田 裕清, 竹中 信幸, 島村 健, 竹内 憲司, 國部 克彦, 松田 毅, 米谷 淳, 吉村 知里

    その他, アドスリー, 2011年10月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • Water and phosphorus budgets in the Yellow River estuary including the submarine fresh groundwater

    林 美鶴, 柳 哲雄

    共著, CRC Press, 2009年, 英語

    学術書

  • 沿岸海洋科学

    林 美鶴

    単著, 海技大学校, 2002年12月, 日本語

    教科書・概説・概論

講演・口頭発表等

  • 津波マリンハザード研究の総括 ~南海トラフ地震による津波と海洋環境~

    林 美鶴

    2021年神戸⼤学都市安全研究センターシンポジウム, 2021年01月09日

  • 津波で巻き上げられた海底堆積物輸送の季節変動

    藤澤秀仁, 林美鶴, 廣川綜一, 中田聡史

    第6回海洋環境研究集会, 2020年12月26日

  • 大阪湾の衛星SSSカレンダー

    河本直樹, 林美鶴, 廣川綜一, 中田聡史

    第6回海洋環境研究集会, 2020年12月26日

  • 海⾊衛星で⾒る⼤阪湾の⽇平均海⾯塩分分布

    林美鶴, 河本直樹, 中田聡史, 廣川綜一

    日本海洋学会 2020年度秋季大会, 2020年11月27日

  • コロナ禍における海事教育現場での対応

    林美鶴

    日本航海学会第143回講演会・研究会,海洋工学研究会, 2020年11月14日

  • 衛星の日平均塩分画像の紹介

    林美鶴

    OLaReS(海洋・湖沼リモートセンシング研究会)勉強会2020, 2020年09月19日

  • 神戸大学で発生した台風Jebi(T1821)による高潮の実測値に基づく解析

    林美鶴, 矢野吉治, 根本和宏, 柳哲雄

    JpgU-AGU Joint Meeting 2020, 2020年07月14日

  • 大阪湾・播磨灘および周辺地域における大気汚染の特徴と要因に関する研究

    川本雄大, 山地一代, 中坪良平, 板野泰之, 山本勝彦, 和田匡司, 林美鶴

    2019年度大気環境学会近畿支部会, 2019年12月25日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 四国沖海底地すべり痕跡に基づく津波計算

    権容大;馬場俊孝;松野哲男;林美鶴;市原寛

    令和元年自然災害フォーラム&第14回南海地震四国地域学術シンポジウム, 2019年12月16日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • マリン・ハザード研究 ~長期出張中のいくつかの仕事~

    林美鶴

    第7回海洋安全システム科学セミナー, 2019年10月30日, 日本語

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 神戸大学深江キャンパスで観測された2018年台風21号(T1821, Jebi)による高潮

    林美鶴;矢野吉治;野﨑伸夫;根本和宏

    日本航海学会第141回講演会, 2019年10月26日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 臨海定点における大気中N2O濃度測定法の検討

    森脇千春;林美鶴;長谷川雅俊

    日本航海学会第141回講演会, 2019年10月25日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 四国沖大陸棚斜面の海底地すべり調査と津波計算

    権容大;馬場俊孝;松野哲男;林美鶴;市原寛

    Japan Geoscince Union 2019, 2019年05月27日, 日本語

    ポスター発表

  • Studay of Tsunami Marine Hazards

    林美鶴

    Sience Project Exhibition, 2019年04月20日, 英語

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 練習船深江丸で観測された瀬戸内海周辺地域におけるPM2.5の空間的・時間的変化

    川本 雄大, 山地 一代, 林 美鶴, 中坪 良平, 板野 泰之, 山本 勝彦, 和田 匡司

    日本エアロゾル学会「大気-海洋境界層における大気物質の役割-現場観測の視点から-」, 2019年01月, 日本語, 東京理科大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 深江丸による海上観測と常時監視測定局データの比較による瀬戸内地域のPM2.5汚染解析

    川本 雄大, 山地 一代, 中坪 良平, 板野 泰之, 山本 勝彦, 和田 匡司, 林 美鶴

    第4回海洋環境研究集会, 2018年12月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 四国沖大陸棚斜面の海底地すべりの地形調査

    権 容大, 馬場 俊孝, 松野 哲男, 林 美鶴, 市原 寛

    日本地震学会2018年度秋季大会, 2018年10月, 日本語, ビッグパレットふくしま(福島県郡山市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 徳島県宍喰沖海底地すべり痕のマルチナロービーム測深

    馬場 俊孝, 権 容大, 松野 哲男, 林 美鶴, 市原 寛

    日本歴史地震研究会, 2018年09月, 日本語, ホルトホール大分(大分市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 船舶観測データによる大阪湾に出現するフロントの検出

    林 美鶴, 中田 聡志, 磯辺 篤彦

    日本海洋学会2018年度秋季大会, 2018年09月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Spatial and temporal changes of atmospheric PM2.5 over the Seto Inland Sea observed on board the training ship Fukaemaru.

    Katsuhiro KAWAMOTO, Kazuyo YAMAJI, Mitsuru HAYASHI, Ryohei NAKATSUBO, Yasuyuki ITANO, Katsuhiro YAMAMOTO, Masashi WADA

    2018 Joint 14th iCACGP Quadrennial Symposium and 15th IGAC Science Conference, 2018年09月, 英語, Takamatsu(Kagawa), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口域における植物プランクトン由来有機物の生成と大阪湾奥の貧酸素化への影響

    渡部 夏帆, 小林 志保, 中田 聡史, 渕 真輝, 浅岡 聡, 林 美鶴

    日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018年05月, 日本語, 幕張メッセ(千葉市), 国際会議

    ポスター発表

  • 南海トラフ地震発生時に船舶が阪神港で遭遇する津波

    林 美鶴, 中田 聡史, 見﨑 豪之, 岩川 正秀, 越村 俊一, 米田 翔太, 小林 英一

    日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018年05月, 日本語, 幕張メッセ(千葉市), 国際会議

    ポスター発表

  • 津波による大阪湾の底泥巻上げがもたらす海水の水質変化

    林 美鶴, 中田 聡史, 見﨑 豪之, 岩川 正秀, 越村 俊一

    日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018年05月, 日本語, 幕張メッセ(千葉市), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 春季深江丸研究航海にて観測された瀬戸内海海上PM2.5の濃度変化について

    川本 雄大, 柿花 諒太朗, 山地 一代, 林 美鶴, 中坪 良平, 板野 泰之, 山本 勝彦, 和田 匡司

    日本エアロゾル学会「海洋大気エアロゾル研究会」「大気-海洋境界層における大気物質の役割-数値計算の視点から」, 2018年01月, 日本語, 東京理科大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 深江丸による瀬戸内海海上観測と常時監視測定局データとの比較による瀬戸内地域のPM2.5汚染解析

    川本 雄大, 柿花 諒太朗, 山地 一代, 林 美鶴, 中坪 良平, 板野 泰之, 山本 勝彦, 和田 匡司

    2017年度大気環境学会近畿支部第6回研究発表会, 2017年12月, 日本語, 大阪府立大学なんばセンター(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Analysis of the spatial and temporal variation of pCO2 by using the in-situ measurement data in the Seto Inland Sea and the Pacific Ocean of west part of Japan

    Mitsuru HAYASHI, Eiji YAMASHITA

    Coast Bordeaux 2017, 2017年11月, 英語, Domaine au Haut‐Carre University of Bordeaux, 国際会議

    ポスター発表

  • 練習船での自然環境計測と船舶観測気象・海象ビッグデータ

    林 美鶴, 千葉 元, 道田 豊

    日本航海学会第137回講演会, 2017年10月, 日本語, 神戸大学深江キャンパス, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 瀬戸内海・四国南方でのpCO2濃度長期実定

    林 美鶴, 山下 栄次

    日本海洋学会2017年度秋季大会, 2017年10月, 日本語, 仙台国際センター(仙台市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 春季深江丸研究航海にて観測された瀬戸内海海上PM2.5の濃度変化について

    川本 雄大, 柿花 諒太朗, 山地 一代, 林 美鶴, 中坪 良平, 板野 泰之, 山本 勝彦, 和田 匡司

    第23回大気化学討論会, 2017年10月, 日本語, サンポートホール高松(高松市), 国内会議

    ポスター発表

  • Characteristics and Forecast of Nitrous Oxide Emission from Ship

    Mitsuru HAYASHI, Dong-Hoon YOO, Yukihisa SHIBATA, Yoshifuru NITTA

    Proceedings of the International Symposium on Marine Engineering(ISME), 2017年10月, 英語, Tokyo International Exchange Center, Plaza Heisei, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Characteristics and Forecast of Nitrous Oxide Emission from Ship

    Dong-Hoon YOO, Mitsuru HAYASHI, Yukihisa SHIBATA, Yoshifuru NITTA

    Characteristics and Forecast of Nitrous Oxide Emission from Ship, 2017年10月, 英語, Tokyo International Exchange Center, Plaza Heisei, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 練習船深江丸による瀬戸内海におけるPM2.5の洋上観測

    川本 雄大, 柿花 諒太朗, 山地 一代, 林 美鶴, 中坪 良平, 板野 泰之, 山本 勝彦, 和田 匡司

    第58回大気環境学会年会, 2017年09月, 日本語, 兵庫医療大学(神戸市), 国内会議

    ポスター発表

  • Distribution of perfluoroalkyl acids from Osaka Bay to coastal waters of Western Japan

    Hideyuki INUI, Katsuya YAMAMOTO, Atsushi YAMAMOTO, Hideo OKAMURA, Mitsuru HAYASHI, Takeshi NAKANO, Chisato MATSUMURA, Keiichi FUKUSHI, Vladimir, p. BESKOSKI

    The 14th International Symposium on Persistent Toxic Substances, 2017年09月, 英語, Nagoya(Aichi), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Transportation of Sediment and Heavy Metals Resuspended by a Giant Tsunami Based on Coupled Three-Dimensional Tsunami, Ocean, and Particle-Tracking Simulations

    Satoshi NAKADA, Mitsuru HAYASHI, Shunichi KOSHIMURA

    Japan Society on Water Environment, 2017年07月, 英語, Hokkaido University(Sapporo), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Transportation of Sediment and Heavy Metal Resuspended by a Giant Tsunami Based on Three Dimensional, Tsunami, Ocean, and Particle Tracking Coupled Simulations.

    Satoshi NAKADA, Mitsuru HAYASHI, Shunichi KOSHIMURA

    Water and Environment Technology Conference 2017, 2017年07月, 英語, Sapporo, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海・四国南方におけるpCO2濃度長期測定データを用いた解析

    林 美鶴, 山下栄次

    2017年度日仏海洋学会学術研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日仏会館(東京), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • In-situ Measurement of Nitrous Oxide Concentrations in the Exhaust Gases in the Underway Vessels

    Mitsuru HAYASHI, Dong-Hoon YOO, Yoshifuru NITTA, Hirotsugu FUJITA

    The Twenty-seventh (2017) International Ocean and Polar Engineering Conference, 2017年06月, 英語, San Francisco(America), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 海事・商船系練習船での海洋観測

    林 美鶴

    東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「海洋物理船舶観測フェスタ2017」, 2017年05月, 日本語, 東京大学大気海洋研究所(千葉県柏市), 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Transportation of sediment and heavy metal resuspended by a giant tsunami based on three dimensional, tsunami, ocean, and particle tracking coupled simulations.

    Satoshi NAKADA, Mitsuru HAYASHI, Shunichi KOSHIMURA

    Japan Geoscience Union Meeting 2017, 2017年05月, 英語, Makuhari(Chiba), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 津波からの船舶避航および海洋環境減災のための津波×海洋シミュレーション

    林 美鶴, 中田 聡史, 小林 英一

    第9回海事防災研究会, 2017年03月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 潮汐・津波シミュレーションを船舶避難に活かす―強流域・津波渦の予測

    中田 聡史, 林 美鶴, 小林 英一

    神戸海難防止研究会(第44回月例会), 2017年02月, 英語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪湾に出現するフロントに関する考察

    林 美鶴

    第2回海洋環境研究集会, 2016年12月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪湾における台風襲来後に発生する大規模赤潮の動態解析

    中田 聡史, 小林 志保, 中嶋 昌紀, 山本 圭吾, 秋山 諭, 石坂 丞二, 林 正能, 中村 一平, 林 美鶴, 渕 真輝

    第6回LaMer共同利用研究集会”赤潮の予測に向けた観測とモデリング, 2016年11月, 日本語, 愛媛, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 復興を支える沿岸域のレジリエンスに関する調査活動

    林 美鶴

    神戸大学震災復興支援・災害科学研究推進室第5回シンポジウム「震災の経験を活かしていくために」, 2016年10月, 日本語, 神戸大学百年記念館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Port Resolving, Tsunami and Tide Simulation to Find “Tsunami Vortexes” For Safe Vessel Evacuation

    Satoshi NAKADA, Mitsuru HAYASHI, Shunichi KOSHIMURA, Ei-ichi KOBAYASHI

    The 35th JSST Annual Conference International Conference on Simulation Technology, 2016年10月, 英語, Kyoto, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 現場と静止海色衛星データを用いた大阪湾における季節内から日変化までの赤潮動態の解析

    中村 一平, 中田 聡史, 石坂 丞二, 小林 志保, 中嶋 昌紀, 渕 真輝, 林 美鶴

    日本海洋学会2016年度秋季大会, 2016年09月, 日本語, 鹿児島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 塩分を加味して河川に適した低次生態系モデル

    林 美鶴, 宮脇 知美, 古賀 竜太郎

    日本海洋学会2016年度秋季大会, 2016年09月, 日本語, 鹿児島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Analysis of Marine Phytoplankton in the Yodo River Estuaryby the Numerical Ecosystem Model

    Mitsuru HAYASHI, Tomomi MIYAWAKI, Ryotaro KOGA

    EMECS(Environmental Management of Enclosed Coastal Seas) 11- Sea Coast XXVI Joint Conference, 2016年08月, 英語, Russia(Saint Petersburg), 国際会議

    ポスター発表

  • 塩分を加味した海洋性有毒植物プランクトンの数値生態系モデル

    林 美鶴, 宮脇 知美, 古賀 竜太郎

    日仏海洋学会2016年度学術研究発表会, 2016年06月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Simulation of Heavy Metal Transport Induced by a Giant Tsunami Based on Nankai-Trough Earthquake : Application to Osaka Bay

    Satoshi NAKADA, Soto SUZUKI, Mitsuru HAYASHI, Shunichi KOSHIMURA, Ei-ichi KOBAYASHI

    The Twenty-sixth (2016) International Ocean and Polar Engineering Conference, 2016年06月, 英語, Greece(Rhodos), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Influence of Eddies on Vessel Evacuation from Tsunami

    Mitsuru HAYASHI, Satoshi NAKADA, Taketo ABE, Ei-ichi KOBAYASHI

    The Twenty-sixth (2016) International Ocean and Polar Engineering Conference, 2016年06月, 英語, Greece(Rhodos), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川潮間帯で発生する有毒植物プランクトンの数値生態系モデルによる解析

    林 美鶴

    日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年05月, 日本語, 千葉, 国内会議

    ポスター発表

  • 津波が引き起こす大阪湾での海底堆積物・物質の巻き上げ

    林 美鶴, 中田 聡史

    日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年05月, 日本語, 千葉, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 海色衛星観測データを用いた埋立地周辺を含む大阪湾における赤潮動態の解明

    中田 聡史, 小林 志保, 中嶋 昌紀, 石坂 丞二, 林 正能, 中村 一平, 林 美鶴, 渕 真輝

    大阪湾圏域の海域環境再生・創造に関する研究助成制度(平成27年度実施)成果発表会, 2016年05月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Analysis of eddy fields for the vessel evacuation from the giant tsunami.

    Satoshi NAKADA, Mitsuru HAYASHI, Ei-ichi KOBAYASHI, Shunichi KOSHIMURA

    Japan Geoscience Union Meeting 2016, 2016年05月, 英語, Makuhari(Chiba), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 津波による海洋環境擾乱の予測

    林 美鶴, 中田 聡史, 鈴木 綜人, 越村 俊一, 小林 英一

    日本海洋学会2016年度春季大会, 2016年03月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 巨大津波襲来時における避航のための危険海域の抽出

    中田 聡史, 林 美鶴, 越村 俊一, 小林 英一

    日本海洋学会2016年度春季大会, 2016年03月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 船舶観測気象海象ビッグデータ構築の提案

    林 美鶴

    第9回海事防災研究会, 2016年02月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 巨大津波襲来時における避航のための渦場の抽出

    中田 聡史, 林 美鶴, 越村 俊一, 小林 英一

    第9回海事防災研究会, 2016年02月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Simulation of heavy metal transport induced by a giant tsunami based on Nankai-Trough Earthquake, Application to Osaka Bay

    中田 聡史, 鈴木 綜人, 林 美鶴, 越村 俊一, 小林 英一

    The 14th Japan-Korea Joint Seminar on Physical Oceanography, 2016年02月, 英語, 佐賀・武雄, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 練習船深江丸による海洋・気象観測

    林 美鶴

    第45回南海・瀬戸内海洋調査技術連絡会, 2015年12月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川への海水遡上と海洋性プランクトン輸送

    林 美鶴, 中田 聡史

    九州大学応用力学研究所共同利用研究集会, 2015年12月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 南海トラフ地震津波による海洋環境の被害評価

    中田 聡史, 鈴木 綜人, 林 美鶴, 小林 英一, 宮脇 望来

    第5回巨大津波災害に関する合同研究集会, 2015年12月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 南海トラフ巨大地震津波による底質の巻上げと海水環境変化

    林 美鶴, 宮脇 望来, 中田 聡史, 鈴木 綜人

    第1回 海洋環境研究集会, 2015年12月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 南海トラフ巨大地震津波による底質の巻き上げから再堆積までの研究

    鈴木 綜人, 中田 聡史, 林 美鶴

    第1回 海洋環境研究集会, 2015年12月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海色衛星の毎時観測が捉えた大阪湾奥におけるクロロフィルa分布の時間発展

    中田 聡史, 小林 志保, 石坂 丞二, 林 正能, 渕 真輝, 林 美鶴

    第1回 海洋環境研究集会, 2015年12月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 南海トラフ巨大地震津波による大阪湾での巻き上げ・移流拡散シミュレーション

    鈴木 綜人, 林 美鶴, 中田 聡史, 越村 俊一, 小林 英一

    平成27年日本船舶海洋工学会秋季講演会, 2015年11月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Measurement of Nitrous Oxide Concentrations and the Emission Estimations of the Exhaust Gas of Ongoing Vessels

    林 美鶴, Dong-Hoon YOO

    The 13th International Conference on Atomospheric Sciences and Applications to Aire Quality, 2015年11月, 英語, Kobe, 国際会議

    ポスター発表

  • Shift of Water Quality in Osaka Bay the Resusupenshion of Marine Sediment Caused by Tsunami

    林 美鶴, 中田 聡史, 鈴木 綜人, 宮脇 望来

    The 16th Japanese-French Oceanography Shmposium, 2015年11月, 英語, Miyagi and Tokyo, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Salinization by Tsunami in a semi-enclosed bay, Tsunami-Ocean 3D simulation based on the great earthquake scenario along the Nankai Trough

    中田 聡史, 林 美鶴, 越村 俊一, 谷口 裕樹, 小林 英一

    JSST 2015, International Conference on Simulation, 2015年10月, 英語, 富山, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川感潮域への海水遡上の簡易推定

    林 美鶴, 中村 一平, 中田 聡史, 小山 悠人, 宮脇 知美

    日本海洋学会秋季大会, 2015年09月, 日本語, 愛媛, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 南海トラフ地震による巨大津波が引き起こす大阪湾における塩水化

    中田 聡史, 林 美鶴, 小林 英一

    瀬戸内海研究フォーラムin奈良, 2015年09月, 日本語, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 南海トラフ巨大地震津波による内湾域の塩水化

    中田 聡史, 林 美鶴, 小林 英一, 越村 俊一

    日本海洋学会 2015年度秋季大会, 2015年09月, 日本語, 愛媛/松山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 南海トラフ巨大地震津波による大阪湾における底質巻き上げシミュレーション

    鈴木 綜人, 林 美鶴, 中田 聡史, 越村 俊一, 小林 英一

    瀬戸内海研究フォーラム in 奈良, 2015年09月, 日本語, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 底泥巻き上げ・粒子追跡シミュレーションから推定した大阪湾沿岸水環境へ及ぼす巨大津波のインパクト

    中田 聡史, 林 美鶴, 鈴木 綜人, 小林 英一, 越村 俊一

    第25回海洋工学シンポジウム, 2015年08月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 南海トラフ巨大地震津波による大阪湾での底質巻き上げ

    鈴木 綜人, 林 美鶴, 中田 聡史, 越村 俊一, 小林 英一

    京都大学防災研究所宇治川オープンラボラトリー, 2015年06月, 日本語, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 津波×海洋シミュレーションによる津波マリンハザードの研究

    中田 聡史, 小林 英一, 林 美鶴, 鈴木 綜人, 谷口 裕樹, 米田 翔太, 越村 俊一

    京都大学防災研究所セミナー, 2015年06月, 日本語, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Tsunami Simulation Generated the Greatest Scenario Earthquake along the Nankai Trough under Consideration of Tidal Current in Large Bay

    中田 聡史, 林 美鶴, 越村 俊一, 米田 翔太, 小林 英一

    The Twenty-fifth (2015) International Ocean and Polar Engineering Conference, 2015年06月, 英語, Hawaii(Kona), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Estimation of the Occurrence Condition of Sediment Resuspension in Osaka Bay by Tsunami

    林 美鶴, 鈴木 綜人, 中田 聡史, 越村 俊一, 小林 英一

    The Twenty-fifth (2015) International Ocean and Polar Engineering Conference, 2015年06月, 英語, Hawaii(Kona), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 潮汐・津波シミュレーション:潮流による津波到達時間の早期化

    中田聡史、林美鶴、小林英一、越村俊一

    日本地球惑星科学連合大会予稿集, 2015年05月27日, 日本語

  • 淀川河口への海水遡上に関する流動モデル解析

    中村 一平, 林 美鶴, 小山 悠人, 中田 聡史

    日本地球惑星科学連合, 2015年05月, 日本語, 千葉, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 津波による大阪湾の海底堆積物の再懸濁

    林 美鶴, 鈴木 綜人, 中田 聡史

    日本地球惑星科学連合, 2015年05月, 日本語, 千葉, 国内会議

    ポスター発表

  • 津波による大阪湾での底質巻き上げ発生条件の推定

    鈴木 綜人, 林 美鶴, 中田 聡史, 越村 俊一, 小林 英一

    平成27年日本船舶海洋工学会春季講演会, 2015年05月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Tsunami-tide simulation based on the scenario of greatest earthquake along the Nankai Trough in a large, shallow bay

    Satoshi NAKADA, Mitsuru HAYASHI, Ei-ichi KOBAYASHI, Shunichi KOSHIMURA

    Japan Geoscience Union Meeting 2015, 2015年05月, 英語, Makuhari(Chiba), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川感潮域における海水遡上に対する主要な物理素過程の寄与率~数値シミュレーションによる解析~

    小山 悠人, 中田 聡史, 林 美鶴

    日本海洋学会春季大会, 2015年03月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口域におけるAlexandrium tamarenseの濃度変動要因の検討

    宮脇 知美, 林 美鶴

    日本海洋学会春季大会, 2015年03月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 南海トラフ巨大地震津波を想定したマリンハザード研究…

    中田 聡史, 林 美鶴, 鈴木 綜人, 越村 俊一, 小林 英一

    日本海洋学会春季大会, 2015年03月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 津波対する船舶・海洋環境影響評価に向けた海底泥巻き上げ域の推定

    林 美鶴

    第3回国連防災会議パブリック・フォーラム「津波が沿岸域の船舶や海洋環境に与える影響」, 2015年03月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 練習船を利用した排ガス中温室効果ガス濃度計測

    林 美鶴

    伏木富山港・海王丸財団・日本航海学会海洋工学研究会合同研究会, 2015年02月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 津波が海洋環境に与える影響~堆積物の巻き上げ~

    林 美鶴

    第8回海事防災研究会, 2015年02月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The response of seawater intrusion on tide and river runoff in Yodo River estuary

    Yuto KOYAMA, Satoshi NAKADA, Mitsuru HAYASHI

    Techno-Ocean 2014, 2014年10月, 英語, Kobe, 国際会議

    ポスター発表

  • Analysis of the direction of gas flux calculated by two methoods

    Shinpei WADA, Mitsuru HAYASHI, Satoshi NAKADA

    Techno-Ocean 2014, 2014年10月, 英語, Kobe, 国際会議

    ポスター発表

  • 淀川感潮域における潮汐及び河川流量に対する海水遡上の応答

    小山 悠人, 中田 聡史, 林 美鶴

    日本海洋学会秋季大会, 2014年09月, 日本語, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 数値生態系モデルによる淀川河口でのAlexandrium tamarense濃度変動の解析

    林 美鶴, 古賀 竜太郎

    日本海洋学会秋季大会, 2014年09月, 日本語, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Factors of the Temporal Variation of Marine Phytoplankton at Yodo River Estuary

    Mitsuru HAYASHI, Ryutaro KOGA, Tomoyasu FUJII, Keigo YAMAMOTO

    AOGS 2014, 2014年07月, 英語, Hokkaido, 国際会議

    ポスター発表

  • Analysis of the Physical Structure of the Yodo River Estuary by the Computer Modeling

    Yuto KOYAMA, Mitsuru HAYASHI, Teruo OHSAWA

    AOGS 11th Annual Meeting 2014, 2014年07月, 英語, Hokkaido, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 海洋予測シミュレーションの現業化~マリンハザード研究への応用~

    中田 聡史, 林 美鶴, 小林 英一

    海洋気象学会2014年度第一回例会, 2014年06月, 日本語, 勤労会館(神戸市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Which Parameter Dose Affect the N2O Exchange between the Air and the Sea?

    Mitsuru HAYASHI, Mitsuki OHYA, Kentaro SAKAMOTO, Eiji YAMASHITA

    Twenty-fourth(2014) Internathional Ocean and Polar Engineering Conference, 2014年06月, 英語, Korea, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口での海洋性植物プランクトン濃度の変動要因

    林 美鶴, 古賀 竜太郎, 藤井 智康, 山本 圭吾

    日本地球惑星科学連合2014年大会, 2014年04月, 日本語, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 物理モデルによる淀川感潮域における海水遡上要因の解析

    小山悠人, 林 美鶴, 大澤 輝夫

    日本海洋学会春季大会, 2014年03月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 観測データによる淀川感潮域における海水遡上要因の解析

    林 美鶴, 古賀 竜太郎, 宮脇 知美, 藤井 智康, 山本 圭吾

    日本海洋学会春季大会, 2014年03月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Estimation of the air-sea dinitrogen monoxide flux based on the measured data in the Japanese coastal sea

    Mitsuru HAYASHI, Mitsuki OHYA, Kentaro SAKAMOTO, Eiji YAMASHITA

    EMECS 10- MEDCOAST 2013 Joint Conference, 2013年10月, 英語, Turkey, 国際会議

    ポスター発表

  • Analysis of Seawater Run Up in the Yodo River Estuary

    Mitsuru HAYASHI, Ryutaro KOGA, Tomoyasu FUJII, Keigo YAMAMOTO

    EMECS 10- MEDCOAST 2013 Joint Conference, 2013年10月, 英語, Turkey, 国際会議

    ポスター発表

  • 淀川感潮域における有毒赤潮に関する研究

    古賀 竜太郎, 林 美鶴, 藤井 智康, 山本 圭吾

    瀬戸内海研究フォーラム in 山口, 2013年08月, 日本語, 山口, 国内会議

    ポスター発表

  • 船舶に起因する亜酸化窒素の計測及び排出特性

    柳 東勲, 西尾 澄人, 平田 宏一, 仁木 洋一, 新田 好古, 林 美鶴, 藤田 浩嗣, 足立 直陽, 滝本 剛士

    平成25年度(第13回)海上技術安全研究所研究発表会, 2013年06月, 日本語, 海上技術安全研究所, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 淀川感潮域における有毒赤潮に関する研究

    古賀 竜太郎, 林 美鶴, 藤井 智康, 山本 圭吾

    日本海洋学会春季大会, 2013年03月, 日本語, 日本海洋学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川感潮域における有毒赤潮に関する研究

    古賀 竜太郎, 林 美鶴, 藤井 智康, 山本 圭吾

    九州大学応用力学研究所共同研究集会「里海創生のための沿岸海域の環境保全」, 2012年12月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川感潮域における海洋調査

    古賀 竜太郎, 林 美鶴, 藤井 智康, 山本 圭吾

    2012年度海洋気象学会第2回例会, 2012年12月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口域における植物プランクトン種の変動解析

    木村 桃子, 林 美鶴

    九州大学応用力学研究所共同研究集会「里海創生のための沿岸海域の環境保全」, 2012年12月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川感潮域での観測

    林 美鶴

    第42回南海、瀬戸内海洋調査技術連絡会, 2012年11月, 日本語, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Study of Toxic Red Tide in the Estuary of Yodo River

    Ryutaro KOGA, Mitsuru HAYASHI, Tomoyasu FUJII, Keigo YAMAMOTO

    Techno-Ocean 2012, 2012年11月, 英語, Kobe, 国際会議

    ポスター発表

  • Short time variation of the marine environment and the dominant phytoplankton species in the Yodo River estuary

    Mitsuru HAYASHI, Kenji TARUTANI, Momoko KIMURA

    Oceans 2012 MTS/IEEE HAMPTON ROADS, 2012年10月, 英語, America(Virginia), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川感潮帯における貝毒の原因となる有毒赤潮に関する研究

    古賀 竜太郎, 林 美鶴, 藤井 智康, 山本 圭吾, 野崎 伸夫, 中宮 良美, 阪本 健太郎, 木村 桃子, 渕 真輝, 廣野 康平

    日本海洋学会秋季大会, 2012年09月, 日本語, 静岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 淀川感潮域における貝毒の原因となる有毒赤潮に関する研究

    古賀 竜太郎, 林 美鶴, 藤井 智康, 山本 圭吾, 野崎 伸夫, 中宮 良美, 阪本 健太郎, 木村 桃子, 渕 真輝, 広野 康平

    瀬戸内海研究フォーラムin 岡山, 2012年08月, 日本語, 瀬戸内海研究会議, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • 瀬戸内海及び四国南方の表層海水中CO2・N2O濃度分布

    林 美鶴, 山下 栄次, 阪本 健太郎

    瀬戸内海研究フォーラム in 岡山, 2012年08月, 日本語, 瀬戸内海研究会議, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • Observation of the Short Time Variations of Phytoplankton Concentration and Dominant Spices in the Yodo Riber Estuary in Japan

    木村 桃子, 林 美鶴, 樽谷 賢治

    Proceedings of 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting, 2012年07月, 英語, 滋賀, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Water and TP Budgets Analysis Including Submarine Groundwater Near the Intertidal Zone

    Mitsuru HAYASHI, Makoto TANIGUCHI, Tomoyasu FUJII, Yu UMEZAWA, Shinichi ONODERA

    The Twenty-second (2012) International Offshore and Polar Engineering Conference, 2012年06月, 英語, ギリシャ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口の植物プランクトン種の短時間変化

    林 美鶴, 木村 桃子, 樽谷 賢治

    日本地球惑星科学連合2012年大会, 2012年05月, 日本語, 日本地球惑星科学連合, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 航行船舶における排ガス中一酸化二窒素濃度測定

    林 美鶴, 柳 東勲, 新田 好古, 藤田 浩嗣

    日本航海学会海洋工学研究会, 2012年05月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Exhaust Characteristics of Nitrous Oxide from Marine Engine

    Dong-Hoon YOO, Yoshifuru NITTA, Masaru IKAME, Mitsuru HAYASHI, Hirotsugu FUJITA, Jae-keun LIM

    OCEANS 2012 IEEE YEOSU Conference, 2012年05月, 英語, Korea(Yaosu), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海及び四国南岸沖表層海水中のCO2, N2O濃度同時測定

    林 美鶴, 山下 栄次, 阪本 健太郎, 中宮 良美

    2012年度日本海洋学会春季大会, 2012年03月, 日本語, 日本海洋学会, つくば, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 削減対象温室効果ガス一酸化二窒素の常時観測ステーション開設

    林 美鶴

    神戸大学環境報告書2011, 2011年09月, 日本語, 国内会議

    その他

  • Short time variation of phytoplankton in the Yodo River estuary in Japan

    林 美鶴

    World Conference on Marine Biodiversity, 2011年09月, 英語, Scotland (UK), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Estimation of Submarine Groundwater and TP Flux Near the Intertidal Zone by the Budget Analysis Using the Marine Observation Date

    林 美鶴

    EMECS9 Conference, 2011年08月, 英語, USA, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口における水中一酸化二窒素濃度の観測

    林 美鶴

    日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011年05月, 日本語, 日本地球惑星科学連合, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Onboard observation of nitrous oxide (N2O) and estimation of N2O emission

    林 美鶴

    8th IOC/WESTPAC International Scientific Symposium, 2011年03月, 英語, 韓国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口における植物プランクトン濃度の短周期変動

    林 美鶴, 樽谷 賢治, 木村 桃子

    九州大学応用力学研究所共同研究集会「沿岸海域の物質循環と環境保全」, 2010年12月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 沿岸域における大気・海水中N2O濃度の時空間変動

    阪本 健太郎, 大屋 充生, 林 美鶴, 山下 栄次

    九州大学応用力学研究所共同研究集会「沿岸海域の物質循環と環境保全」, 2010年12月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 沿岸域におけるN2Oの大気・海洋間Flux

    大屋 充生, 阪本 健太郎, 林 美鶴, 山下 栄次

    九州大学応用力学研究所共同研究集会「沿岸海域の物質循環と環境保全」, 2010年12月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海におけるCO2,N2Oの挙動Ⅳ

    山下 栄次, 林 美鶴, 山田 優, 阪本 健太郎, 大屋 充生

    岡山理科大学OUSフォーラム2010, 2010年11月, 日本語, 岡山理科大学, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • Overview about the researches of material cycling in Manila Bay

    Mitsuru HAYASHI

    Horiba International Conference, Atmosphere and Ocean Research Institute(AORI)The University of Tokyo, 2010年10月, 英語, 千葉, 国際会議

    ポスター発表

  • 瀬戸内海を中心とした大気・海水中N2O濃度の時空間変動

    阪本 健太郎, 大屋 充生, 林 美鶴, 山下 栄次

    2010年度日本海洋学会秋季大会, 2010年09月, 日本語, 日本海洋学会, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海と四国南岸における大気・海洋間のN2Oの交換に関する研究

    大屋 充生, 阪本 健太郎, 林 美鶴, 山下 栄次

    2010年度日本海洋学会秋季大会, 2010年09月, 日本語, 日本海洋学会, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 御前浜沖潮間帯付近の海底地下水リンフラックス

    林 美鶴, 谷口 真人, 藤井 智康, 梅澤 有, 小野寺 真一

    2010年度日本海洋学会秋季大会, 2010年09月, 日本語, 日本海洋学会, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Temporal and Spatial Variation of N2O Concentration in Atmosphere and Seawater in the Coastal Area

    Kentaro SAKAMOTO, Mitsuru HAYASHI, Mitsuki OHYA, Eiji YAMASHITA

    7th Annual Meeting Asia Oceania Geosciences Society(CD), 2010年07月, 英語, インド, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Exchange of Nitrous Oxide between Sea and Atmosphere in the Seto Inland Sea and the southern coast of the Shikoku Island

    Mitsuki OHYA, Kentaro SAKAMOTO, Mitsuru HAYASHI, Eiji YAMASHITA

    7th Annual Meeting Asia Oceania Geosciences Society, 2010年07月, 英語, インド, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Estimation of Submarine Pore Water Exchange in the Intertidal Zone Based on the Marine and River Observations

    Mitsuru HAYASHI, Makoto TANIGUCHI, Tomoyasu FUJII, Yu UMEZAWA, Shinichi ONODERA

    7th Annual Meeting Asia Oceania Geoscienes Society, 2010年07月, 英語, インド(ハイデラバード), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 海洋観測データを用いた収支計算による御前浜潮間帯付近の海底地下水フラックスの推定

    林 美鶴, 谷口 真人, 藤井 智康, 梅澤 有, 小野寺 真一

    日本地球惑星科学連合2010年大会, 2010年05月, 日本語, 日本地球惑星科学連合, 千葉, 国内会議

    ポスター発表

  • 222Rnを用いた大阪湾への地下水流入料の評価

    梅澤 有, 小野寺 真一, 清水 祐太, 安元 純, 塩川 麻保, 山口 聖, 林 美鶴, 牛原 康博

    日本地球惑星科学連合2010年大会, 2010年05月, 日本語, 日本地球惑星科学連合, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 練習船「深江丸」で観測された瀬戸内海の気象・海象データ

    林 美鶴, 徳留 功樹, 若林 伸和

    2010年度日本海洋学会春季大会, 2010年03月, 日本語, 日本海洋学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 沿岸域における大気・海水中N2O濃度の時空間変動

    阪本 健太郎, 大屋 充生, 林 美鶴, 山下 栄次

    2010年度日本海洋学会春季大会, 2010年03月, 日本語, 日本海洋学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Effects of Urbanization on the Groundwater Discharge into a Semi-closed Bay: Osaka Bay, Japan, Based on 222Rn measurements

    Yu UMEZAWA, Shinichi ONODERA, Yuta SHIMIZU, Maho SHIOKAWA, Akira YAMAGUCHI, Jun YASUMOTO, Mitsuru HAYASHI, Yasuhiro USHIHARA

    3rd Ra-Rn Conference, 2010年03月, 英語, イスラエル, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 222Rnを用いた大阪湾への地下水流入量の評価

    梅澤 有, 塩川 麻保, 山口 聖, 小野寺 真一, 清水 祐太, 安元 純, 林 美鶴, 牛原 康博

    日本海洋学会春季大会, 2010年03月, 日本語, 日本海洋学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 沿岸域における大気・海水中N2O濃度の時空間変動

    大屋 充生, 阪本 健太郎, 林 美鶴, 山下 栄次

    2009年度日本気象学会関西支部(近畿地区)第3回例会、2009年度海洋気象学会第2回例会, 2010年02月, 日本語, 海洋気象学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大気・海水中N2O濃度連続測定とデータ補正方法の検討

    大屋 充生, 阪本 健太郎, 林 美鶴, 山下 栄次, 安井 勉

    九州大学応用力学研究所共同研究集会10th 沿岸海域の物質循環と環境保全, 2009年12月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 沿岸域における大気・海水中N2O濃度の時空間変動

    阪本 健太郎, 大屋 充生, 林 美鶴, 山下 栄次, 徳留 功樹, 長谷川 雅俊, 橋村 紗織

    九州大学応用力学研究所共同研究集会 10th 沿岸海域の物質循環と環境保全, 2009年12月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海におけるCO2, N2Oの挙動 Ⅲ

    山下 栄次, 笘野 倫弘, 林 美鶴, 阪本 健太郎, 大屋 充生

    岡山理科大学OUSフォーラム2009, 2009年11月, 日本語, 岡山理科大学, 岡山プラザホテル, 国内会議

    ポスター発表

  • Development of automatic continuous measurement system of N2O concentration in the sea water and air

    Mitsuru HAYASHI

    SOLAS Open Science Conference, 2009年11月, 英語, バルセロナ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Seasonal variation in nitrogen budget in Manila Bay

    Mitsuru HAYASHI

    The 4th VAST-JSPS Joint Seminar on Coastal Marine Science, 2009年10月, 英語, Japanese Society for the Promotion of Science, Viet Nam Academy of Science and Technology, ベトナム, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 気象航法に用いられる気象・海象予測値について

    林 美鶴

    2009年度 海洋気象学会 第1回例会, 2009年06月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 御前浜潮間帯付近の水収支

    林 美鶴, 藤井 智康, 谷口 真人

    日本地球惑星科学連合2009年大会, 2009年05月, 日本語, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大気・海水中一酸化二窒素(N2O)自動測定器の開発と試動Ⅲ

    阪本 健太郎, 山下 栄次, 大屋 充生, 林 美鶴

    第117号、p.43-46, 2009年02月, 日本語, 日本気象学会関西支部海洋気象学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海洋観測データを用いた海底地下水湧出の推定

    林 美鶴

    日本陸水学会第73回大会, 2008年10月, 日本語, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Water and phosphorus budgets in the Yellow River estuary including the submarine fresh groundwater

    林 美鶴, 柳 哲雄

    HydroChange 2008 in KYOTO, 2008年10月, 英語, 総合地球環境学研究所, 京都, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪湾淀川河口域における植物プランクトンの空間分布の数値シミュレーション

    野里 英昭, 梅田 民樹, 林 美鶴

    第18回日本数理生物学会大会, 2008年09月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • 都市部沿岸潮間帯の窒素動態に及ぼす海水再循環の影響

    小野寺 真一, 石飛 智稔, 齋藤 光代, 梅沢 有, 田畑 育海, 谷口 真人, 宮岡 邦任, 林 美鶴, 藤井 智康, 笠原 茂

    日本地球惑星科学連合2008年大会, 2008年05月, 日本語, 千葉, 国内会議

    ポスター発表

  • 御前浜沖半閉鎖性海域における水・物質収支

    林 美鶴

    日本地球惑星科学連合2008年大会, 2008年05月, 日本語, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • NITROGEN BUDGET IN THE PASIG RIVER ESTUARY, MANILA BAY

    HAYASHI Mitsuru, KAWASHIMA Keigo, YANAGI Tetsuo, Maria Lourdes, San Diego-Mcglone

    7th IOC/WESTPAC International Scientific Symposium, 2008年05月, 英語, Kota Kinabalu, Malaysia,, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 大規模地震時の津波避泊図に関する基礎研究

    林 美鶴

    平成19年度KRF助成研究報告書、p.113-117, 2008年03月, 日本語, 財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団, 国内会議

    その他

  • マニラ湾の水収支と窒素循環

    林 美鶴, 河嶋 啓吾, 柳 哲雄

    2008年度 日本海洋学会春季大会講演要旨集、p.147, 2008年03月, 日本語, 日本海洋学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大気・海水中一酸化二窒素(N2O)自動測定器の開発と試動Ⅱ

    渡部 裕介, 山下 栄次, 林 美鶴, 安井 勉

    日本気象学会関西支部例会講演要旨集、第114号、p.5-8, 2008年02月, 日本語, 日本気象学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 御前浜沖の地下水・海洋観測

    林 美鶴, 石飛 智稔, 梅沢 有, 谷口 真人, 小野寺 真一, 藤井 智康

    日本気象学会関西支部例会講演要旨集、第114号、p.15-16, 2008年02月, 日本語, 日本気象学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海水中N2Oに関する数値モデルの構築

    湯峯 充彦, 林 美鶴

    日本気象学会関西支部例会講演要旨集、第114号、p.9-12, 2008年02月, 日本語, 日本気象学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 御前浜沖の海洋構造と水・物質収支計算

    林 美鶴

    九州大学応用力学研究所共同研究集会「沿岸海域の物質循環と環境保全」p.1, 2007年12月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海水中N2Oに関する数値モデルの構築

    湯峯 充彦, 林 美鶴

    九州大学応用力学研究所共同研究集会「沿岸海域の物質循環と環境保全」p.2, 2007年12月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口域におけるN2O循環過程の解析

    湯峯 充彦, 林 美鶴

    2007年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集、pp.234, 2007年09月, 日本語, 日本海洋学会, 沖縄, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大気・海水中N2O濃度自動測定器の開発

    安藤 広二郎, 林 美鶴, 山下 栄次, 安井 勉

    2007年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集, 2007年09月, 日本語, 日本海洋学会, 沖縄, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 御前浜海域における海洋観測

    林 美鶴, 藤井 智康, 梅沢 有, 石飛 智稔, 谷口 真人

    2007年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集、pp.233, 2007年09月, 日本語, 日本海洋学会, 沖縄, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Seasonal Variation of Nitrogen Cycling in Manila Bay

    HAYASHI Mitsuru

    AOGS 4th Annual Meeting, 2007年08月, 英語, AOGS, Bangkok, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Seasonal Variation of Chl.a Concentration in Manila Bay

    HAYASHI Mitsuru

    LIPI and JSPS Joint Seminar on Coastal Marine Science, 2007年08月, 英語, JSPS, Yogyakarta, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 閉鎖性海域の水・物質収支に対する地下水寄与の推定

    林 美鶴, 柳 哲雄

    2007年度日本海洋学会春季大会講演要旨集、pp.63, 2007年03月, 日本語, 日本海洋学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海水中N2Oの自動測定器の開発

    山下 栄次, 林 美鶴, 安藤 広二郎, 安井 勉

    2007年度日本海洋学会春季大会講演要旨集、pp.262, 2007年03月, 日本語, 日本海洋学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Year-to-year variation in chlorophyll-a concentration in the Bohai Sea

    YANAGI Tetsuo, SAKOTA Shouya, HAYASHI Mitsuru, Asanuma Ichio

    Proceedings of 3rd International Workshop on Yellow Studies, pp.1-3, 2007年02月, 英語, 総合地球環境学研究所, 京都, 国際会議

    その他

  • Water and material budgets in the Yellow River estuary

    HAYASHI Mitsuru, YANAGI Tetsuo

    Proceedings of 3rd International Workshop on Yellow Studies, pp.4-6, 2007年02月, 英語, 総合地球環境学研究所, 京都, 国際会議

    その他

  • 渤海のクロロフィルa濃度の経年変動

    柳 哲雄, 迫田 祥也, 林 美鶴, 浅沼 市男

    黄河合同研究会報告書 -Proceedings of YRIS Joint Meeting-, pp.44-46, 2006年11月, 日本語, 総合地球環境学研究所, 京都, 国内会議

    その他

  • 黄河河口の地下水を含んだ水収支

    林 美鶴, 柳 哲雄, 郭 新宇

    黄河合同研究会報告書 -Proceedings of YRIS Joint Meeting-, pp.41-43, 2006年11月, 日本語, 総合地球環境学研究所, 京都, 国内会議

    その他

  • Nitrogen Cycling in Manila Bay

    HAYASHI Mitsuru, YANAGI Tetsuo

    6th National coordinators’ meeting of JSPS multilateral core university program “Coastal Marine Science”, 2006年11月, 英語, JSPS, Vietnam, HaLong, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Characteristics Analysis of Weather Routing by Practical Navigators

    HAYASHI Mitsuru, ISHIDA Hiroshi

    2006 IEEE International Conference on Systems, Man, Cybernetics, Conference Digest, p.36, 2006年10月, 英語, IEEE, Taiwan, Taipei, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪湾淀川河口域における流れの構造の解析

    宮城 大器, 林 美鶴

    2006年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集、pp.133, 2006年09月, 日本語, 日本海洋学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 黄河流量と渤海の栄養塩濃度の経年変動

    林 美鶴, 柳 哲雄

    2006年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集、pp.106, 2006年09月, 日本語, 日本海洋学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Analysis of red tide species change in the inner part of Osaka Bay from 1991 to 2000 by the numerical ecosystem model

    HAYASHI Mitsuru, YANAGI Tetsuo

    Management of Sustainability and Ecological Modeling 2006 in YAMAGUCHI, proceedings, pp.36-37, 2006年08月, 英語, 生態系モデリング学会, 山口県宇部市, 国際会議

    ポスター発表

  • NUMERICAL ECOSYSTEM MODEL INCLUDING TWO TYPES OF RED TIDE SPECIES

    HAYASHI Mitsuru, YANAGI Tetsuo

    7th International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas, 2006年05月, 英語, EMECS, France Caen, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口における一酸化二窒素分布の季節変動

    林 美鶴, 湯峯 充彦, 森 孝紘

    2006年度日本海洋学会春季大会講演要旨集、pp.147, 2006年03月, 日本語, 日本海洋学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マニラ湾の物質循環と基礎生産に関する研究

    林 美鶴

    平成17年度共同利用研究成果報告、第9号, pp.93-94, 2006年03月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 国内会議

    その他

  • 瀬戸内海の栄養塩起源に関する研究

    奥 晋太郎, 橋本 俊也, 柳 哲雄, 林 美鶴

    平成15年度九州大学応用力学研究所共同研究集会「沿岸海域の低次栄養段階をめぐる物資循環」p.7-8, 2005年12月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポラリメトリックSARによる船舶の同定と周辺海域モニタリング

    林 美鶴

    Pi-SAR研究公募成果報告書, 2005年12月, 日本語, 独立行政法人 情報通信研究機構 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 赤潮発生時の海水中に存在する懸濁粒子付着性の脱窒細菌と浮遊性脱窒細菌-N2O reductase遺伝子(nosZ)の比較ー

    寶迫 晶子, 吉永 郁生, 林 美鶴, 森 孝紘, 山下 栄次, 左子 芳彦

    日本微生物生態学会第21回大会, 2005年10月, 日本語, 日本微生物生態学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口におけるN2O分布と大気-海洋間フラックス

    林 美鶴, 森 孝紘, 吉永 郁生, 樽谷 賢治

    2005年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集, 2005年09月, 日本語, 日本海洋学会, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 赤潮発生トリガの特定と赤潮予報モデルの構築

    林 美鶴

    (財)ひょうご科学技術協会平成16年度学術研究支援事業研究成果報告書、pp.69-73, 2005年08月, 日本語, ひょうご科学技術協会, 国内会議

    その他

  • 淀川から河口にかけての一酸化二窒素濃度観測

    森 孝紘, 林 美鶴

    2005年度 海洋気象学会第1回例会, 2005年06月, 日本語, 海洋気象学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 油漂流予測ソフトウェアーによる大阪湾の油漂流シミュレーション

    林 美鶴

    2005年度 海洋気象学会第1回例会, 2005年06月, 日本語, 海洋気象学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本近海で発生した気象・海象に関連する海難の統計的解析

    石田 廣史, 林 美鶴, 森脇 千春, 堀 晶彦

    2005年度 海洋気象学会第1回例会, 2005年06月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海の物質循環と低次生態系

    林 美鶴

    九州大学応用力学研究所RIAMフォーラム2005講演要旨集、pp.80-83, 2005年06月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口域における海洋観測

    林 美鶴, 森 孝紘, 樽谷 賢治, 山下 栄次, 吉永 郁生, 香西 克俊

    2005年度日本海洋学会春季大会, 2005年03月, 日本語, 日本海洋学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海水域の地域特性を踏まえた有機汚濁機構の解明に関する研究

    柳 哲雄, 松田 治, 門谷 茂, 橋本 俊也, 林 美鶴

    平成16年度環境省委託業務結果報告書、、p.186, 2005年03月, 日本語, 環境省, 国内会議

    その他

  • 瀬戸内海における物質循環機構と低次生物生産構造の解明

    林 美鶴

    平成16年度九州大学応用力学研究所全国共同利用研究成果報告、第8号、pp. 96-98, 2005年03月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    その他

  • 淀川河口域における一酸化二窒素の濃度変動

    森 孝紘, 林 美鶴, 樽谷 賢治, 吉永 郁生, 山下 栄次, 香西 克俊

    日本気象学会関西支部例会、No.105、pp.10-12, 2005年02月, 日本語, 日本気象学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The numerical ecosystem model of The Manila Bay

    Mitsuru HAYASHI

    4th Workshop on "Material Transport in the Coastal Seas of Southeast Asia", 2005年01月, 英語, JSPS, 福岡, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 海洋中N2Oの循環過程と大気-海洋間の交換機構に関する研究

    林 美鶴, 石田 廣史, 吉永 郁生, 山下 栄次

    第29回 2004年度年報財団法人鹿島学術振興財団、pp.63-67, 2005年, 日本語, 財団法人鹿島学術振興財団, 国内会議

    その他

  • 淀川河口域における一酸化二窒素の濃度変動

    森 孝紘, 林 美鶴

    平成16年度九州大学応用力学研究所共同研究集会「沿岸海域の低次栄養段階をめぐる物質循環」 pp.6, 2004年12月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Water and Nutrients Budgets of the Estuary of the Yellow River in 1982 and 1992

    Mitsuru HAYASHI, Tetsuo YANAGI, Xinyu GUO

    2nd International Workshop on Yellow River Studies, pp.34, 2004年11月, 英語, 総合地球環境学研究所, 京都, 国際会議

    ポスター発表

  • 淀川河口域における赤潮種変化に関する数値解析

    林 美鶴, 柳 哲雄

    2004年度日本海洋学会秋季大会, 2004年09月, 日本語, 日本海洋学会, 愛媛, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口域における海洋環境の短期変動

    森 孝紘, 林 美鶴, 香西 克俊, 樽谷 賢治, 山下 栄次, 吉永 郁生

    瀬戸内海研究フォーラムin京都 水環境保全と文化、pp.36, 2004年09月, 日本語, 瀬戸内海研究フォーラム, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • Water and Nutrients Budgets of the Estuary of the Yellow River in 1982 and 1992

    Mitsuru HAYASHI, Tetsuo YANAGI, Xinyu GUO

    2004年度日本海洋学会秋季大会国際シンポジウム"Long-term Variations in the Coastal Environments and Ecosystems", pp.47, 2004年09月, 英語, 日本海洋学会, 愛媛, 国際会議

    ポスター発表

  • Water and nutrients budgets of the estuary of the Yellow River in 1982 and 1992

    Mitsuru HAYASHI, Tetsuo YANAGI, Xinyu GUO

    Proceedings of International Symposium on Long-term Variations in the Coastal Environments and Ecosysterms, p.227-232, 2004年09月, 英語, 日本海洋学会, 松山市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Difference of Water and Nutrients Budgets in the Bohai Sea between 1982 and 1992 related to the Decrease of the Yellow River Discharge

    Mitsuru HAYASHI, Tetsuo YANAGI, Xinyu GUO

    2004 Western Pacific Geophysics meeting、pp.59, 2004年08月, 英語, Western Pacific Geophysics meeting, ハワイ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 西部熱帯太平洋海域における海洋中一酸化二窒素の濃度変動要因

    中川 正和, 石田 廣史, 林 美鶴

    2004年度海洋気象学会第1回例会, 2004年06月, 日本語, 海洋気象学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海における物質循環機構と低次生物生産構造の解明

    林 美鶴

    九州大学応用力学研究所RIAMフォーラム2004, 2004年06月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口域の赤潮種変化に関する解析

    林 美鶴, 柳 哲雄

    日本海洋学会春季大会講演要旨集、pp.348, 2004年03月, 日本語, 日本海洋学会, つくば市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本沿岸で発生した気象・海象を一因とする海難の解析

    林 美鶴

    神戸大学海事科学部プロジェクト研究報告会, 2004年03月, 日本語, 神戸大学, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 西部熱帯太平洋海域における一酸化二窒素の鉛直分布

    林 美鶴, 石田 廣史, 中川 正和, 大塚 智史

    日本海洋学会春季大会講演要旨集、pp.145, 2004年03月, 日本語, 日本海洋学会, つくば市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海水域の地域特性を踏まえた有機汚濁機構の解明に関する研究

    柳 哲雄, 松田 治, 門谷 茂, 橋本 俊也, 林 美鶴

    平成15年度環境省委託業務結果報告書、pp.120, 2004年03月, 日本語, 環境省, なし, 国内会議

    その他

  • 瀬戸内海における物質循環機構と低次生物生産構造の解明

    林 美鶴

    平成15年度九州大学応用力学研究所全国共同利用研究成果報告、No.7, pp. 98-100, 2004年03月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 国内会議

    その他

  • 航路選定思考過程の定量化と最適航路計算への応用に関する研究

    林 美鶴, 石田 廣史, 西尾 茂, 林 祐司, 矢野 吉治, 藤本 昌志, 渕 真輝

    神戸大学海事科学部プロジェクト研究報告会、pp.35-38, 2004年03月, 日本語, 神戸大学海事科学部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • “新”神戸大学における「海事科学部」と「内海域環境教育研究センター」の連携に関する調査・研究

    永田 進一, 西田 修身, 中井 昇, 石田 憲治, 福士 惠一, 石田 廣史, 塩谷 茂明, 香西 克俊, 矢野 吉治, 西尾 茂, 岡村 秀雄, 三村 治夫, 林 美鶴, 池内 智彦

    神戸大学海事科学部プロジェクト研究報告会, 2004年03月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 西部熱帯太平洋海域におけるN2O鉛直分布

    林 美鶴, 石田 廣史, 中川 正和

    第7回みらいシンポジウム、pp.59-60, 2004年01月, 日本語, Jamstec, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • N,P,Si依存型海洋生態系モデルによるシリカ減少の影響評価

    柳 哲雄, 林 美鶴

    地球環境研究総合推進費平成15年度研究成果-中間成果報告集-、pp.390-395, 2004年, 日本語, 環境省, 国内会議

    その他

  • 淀川から負荷される珪素と河口域で発生する赤潮種の関係

    林 美鶴, 柳 哲雄, 原島 省

    平成15年度九州大学応用力学研究所共同研究集会「沿岸海域の低次栄養段階をめぐる物質循環」、pp.7-8, 2003年12月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海の栄養塩起源に関する研究

    林 美鶴, 奥 晋太郎, 橋本 俊也, 柳 哲雄

    平成15年度九州大学応用力学研究所共同研究集会「沿岸海域の低次栄養段階をめぐる物質循環」, 2003年12月, 日本語, 福岡(春日市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Numerical Ecosystem Model of Red Tides

    Mitsuru HAYASHI

    The First Joint Seminar on Coastal Oceanography, pp.11, 2003年12月, 英語, JSPS, バンコク, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Numerical ecosystem model of red tide in Osaka Bay including silicate

    Mitsuru HAYASHI, Tetsuo YANAGI, Akira HARASHIMA

    6th International Conference on The Enviromental Management of Enclosed Coastal Sea p.147, 2003年11月, 英語, チェンマイ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海の栄養塩起源に関する研究

    奥 晋太郎, 橋本 俊也, 林 美鶴, 柳 哲雄, 松田 治

    2003年度日本海洋学会秋季大会要旨集 p.206, 2003年09月, 日本語, 日本海洋学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 西部熱帯太平洋海域における定点連続観測-植物プランクトン鉛直分布の変動特性-

    塩崎 拓平, 中谷 直樹, 林 美鶴, 奥野 武俊

    関西造船協会春季講演会公演概要集 第20号pp.81-84, 2003年05月, 日本語, 関西造船協会, 大阪大学コンベンションセンター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 表層海水中一酸化二窒素濃度に及ぼす気象擾乱の影響

    林 美鶴, 石田 廣史, 島之上 雅也

    2003年度日本海洋学会春季大会要旨集 pp.43, 2003年03月, 日本語, 日本海洋学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海水域の地域特性を踏まえた有機汚濁機構の解明に関する研究

    柳 哲雄, 松田 治, 門谷 茂, 橋本 俊也, 林 美鶴

    平成14年度環境省委託業務結果報告書 pp.77, 2003年03月, 日本語, 未記入, 未記入, 国内会議

    その他

  • 数値生態系モデルによる周防灘の低次生物生産構造の解析と他海域との比較

    林 美鶴

    平成14年度九州大学応用力学研究所共同研究成果発表、No.6, pp.106-108, 2003年03月, 日本語, 九州大学応用力学研究所, 福岡県春日市, 国内会議

    その他

  • 広島湾北部海域に存在するリン・窒素の起源

    柳 哲雄, 林 美鶴, 藤井 直樹

    2003年度日本海洋学会春季大会要旨集 pp.214, 2003年03月, 日本語, 日本海洋学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 表層海水中N2O濃度に及ぼす気象擾乱の影響

    林 美鶴, 石田 廣史, 島之上 雅也

    2002年度日本気象学会関西支部・海洋気象学会合同例会講演要旨集 99,pp.1-4, 2003年01月, 日本語, 日本気象学会関西支部・海洋気象学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 表層海水中N2O濃度に及ぼす気象擾乱の影響

    林 美鶴, 石田 廣史, 島之上 雅也

    2002年度みらいシンポジウム, 2003年01月, 日本語, 海洋研究開発機構, パシフィコ横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 西部熱帯太平洋海域における植物プランクトン鉛直分布特性

    島崎 拓平, 中谷 直樹, 林 美鶴

    第6回みらいシンポジウム予稿集 pp.79-80, 2003年01月, 日本語, 海洋研究開発機構, パシフィコ横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 西部熱帯太平洋海域における植物プランクトン鉛直分布特性

    塩崎 拓平, 中谷 直樹, 林 美鶴

    2002年度日本気象学会関西支部・海洋気象学会合同例会講演要旨集 99,pp.10-13, 2003年01月, 日本語, 日本気象学会関西支部・海洋気象学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • N,P,Si依存型の海洋生態系モデルによるシリカ現象の影響評価

    柳 哲雄, 林 美鶴

    地球環境研究総合推進費平成14年度研究成果-中間報告書- pp.271-276, 2003年, 日本語, 未記入, 未記入, 国内会議

    その他

  • K-GPSアレーブイによる長周期重力波観測システムの開発と実験結果

    林 美鶴

    神戸大学海事科学部プロジェクト研究報告会, 2003年, 日本語, 神戸大学, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 周防灘と大阪湾の低次生態系の特性の比較

    林 美鶴, 柳 哲雄

    2002年度日本海洋学会春季大会要旨集、pp.263, 2002年03月, 日本語, 日本海洋学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大気・海洋中N2Oガス測定に関する基礎実験

    島之上 雅也, 林 美鶴, 石田 廣史

    2001年度日本気象学会関西支部・海洋気象学会合同例会講演要旨集、NO.96, pp.96-99, 2002年02月, 日本語, 日本気象学会関西支部・海洋気象学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 西部熱帯太平洋海域における植物プランクトン鉛直分布の観測

    中谷 直樹, 林 美鶴

    2001年度日本気象学会関西支部・海洋気象学会合同例会講演要旨集、NO.96, pp.70-73, 2002年02月, 日本語, 日本気象学会関西支部・海洋気象学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 西部熱帯太平洋海域における大気沈着物調査

    平木 隆年, 石田 廣史, 林 美鶴

    2001年度みらいシンポジウム, 2001年12月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 西部熱帯太平洋海域における大気・海洋中の一酸化二窒素ガス測定

    石田 廣史, 林 美鶴

    2001年度みらいシンポジウム, 2001年12月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 生態系モデル解析による大阪湾と周防灘の比較

    林 美鶴, 柳 哲雄

    平成13年度九州大学応用力学研究所共同研究集会「瀬戸内海の低次栄養段階をめぐる物質循環」, 2001年12月, 日本語, 福岡(春日市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 周防灘の低次生産過程に関する数値生態系モデル

    林 美鶴, 柳 哲雄

    2001年度日本海洋学会秋期講演会, 2001年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ドップラーレーダーによる波浪観測

    林 美鶴, 石田 廣史, 上田 博

    海洋気象学会第1回例会, 2001年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 生態系モデルによる大阪湾のリン循環の解析

    林 美鶴, 柳 哲雄

    2000年度日本海洋学会春季講演会, 2001年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 西部熱帯太平洋海域における一酸化二窒素測定

    林 美鶴, 石田 廣史, 兼子 朋子, 柴山 健一, 森脇 嘉一

    2000年度日本気象学会関西支部例会, 2001年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 伊予灘・周防灘の低次生産過程に関する生態系モデル

    林 美鶴, 柳 哲雄

    2001年度日本海洋学会春期講演会, 2001年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 瀬戸内海の栄養塩分布の特徴、瀬戸内海の低次栄養段階をめぐる物質循環

    林 美鶴

    九州大学応用力学研究所共同研究集会, 2000年12月, 日本語, 福岡(春日市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 西部熱帯太平洋海域におけるN2O観測

    林 美鶴, 石田 廣史, 米山 邦夫, 岩本 朋子

    2000年度日本海洋学会秋季講演会, 2000年09月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • ドップラーレーダーによる海面状況の観測、

    林 美鶴, 石田 廣史, 脇川 祐樹, 上田 博

    2000年度日本航海学会講演会, 2000年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 窒素・リンの現存量比率から見た瀬戸内海における低次生態系の特徴

    林 美鶴, 柳 哲雄

    日本海洋学会春季講演会, 1999年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪湾・伊予灘のDIN・DIP濃度とN/P比の推移

    林 美鶴, 柳 哲雄

    1999年度日本海洋学会秋季講演会, 1999年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 西部太平洋熱帯海域における温室効果ガスの測定

    林 美鶴, 石田 廣史, 岩本 朋子

    1999年度日本気象学会関西支部例会, 1999年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 西太平洋赤道付近での大気沈着物調査

    林 美鶴, 平木 隆年, 石田 廣史

    1999年度日本気象学会関西支部例会, 1999年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • デジタル転倒温度計・圧力計の基本特性

    林 美鶴, 河野 健, 柏野 祐二

    海洋気象学会第2回例会, 1997年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • デジタル転倒温度計・圧力計の基本特性

    林 美鶴, 河野 健, 柏野 祐二, 山本 博

    1997年度日本海洋学会秋季講演会, 1997年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 西部赤道太平洋域での「かいよう」観測速報

    米山 邦夫, 林 美鶴, 黒田 芳史

    1995年度日本気象学会, 1995年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 舶用レーダによる波浪観測と解析-Ⅰ.-陸上観測点における実験-

    石田 廣史, 井上 篤次郎, 林 美鶴, 細田 龍介

    日本航海学会秋季講演会, 1993年10月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 淀川河口域における有機物の起源と分解特性

    渡部夏帆、渕真輝、中田聡史、林美鶴、小林志保

    日本水産学会大会春季大会, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 高解像度衛星観測データを用いた河川出水時における河口フロントの移動の可視化

    小林志保, 中田聡史, 秋山諭 山本圭吾, 石坂丞二, 渕真輝, 林美鶴

    第55回日本水環境学会年会

  • 阪神港神戸区深江における台風 Jebi(T1821)による高潮の実測

    林美鶴, 矢野吉治, 根本和宏, 柳哲雄

    2020年度日仏海洋学会学術研究発表会

所属学協会

  • 瀬戸内海研究会議

  • 海洋気象学会

  • 日本航海学会

  • 日本海洋学会

  • 神戸海難防止研究会

  • 日仏海洋学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 津波による海底堆積物擾乱が海洋環境に与える影響

    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2021年, 研究代表者

  • 林 美鶴

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2011年, 研究代表者

    競争的資金

  • 国際化(研究)「海洋観測・解析手法の高度化に関する研究」

    林 美鶴

    2008年, 研究代表者

    競争的資金

  • 久保 雅義

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2007年

    競争的資金

  • 石田 廣史

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2005年

    競争的資金

  • 港内水面の長周期振動を誘発する長周期重力波浪のGPS観測システム開発と特性解析

    河口 信義

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2003年, 研究分担者

  • 船舶バラスト排水が及ぼす海洋環境影響とその処理技術の開発に関する研究

    石田 廣史

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2003年, 研究分担者

  • 海事災害時の危機管理体制の確立とその評価方法に関する研究

    石田 憲治

    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2002年, 研究分担者