研究者紹介システム

小川 渉
オガワ ワタル
大学院医学研究科 医科学専攻
教授
医学
Last Updated :2022/04/15

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院医学研究科 医科学専攻
  • 【配置】

    医学部 医学科, 医学部附属病院 糖尿病・内分泌内科

学位

  • 医学博士, 神戸大学

授業科目

ジャンル

  • 医療・健康 / 臨床医学

コメントテーマ

  • 糖尿病・内分泌内科
  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • メタボリックシンドローム
  • 生活習慣病
  • 骨粗鬆症

研究ニュース

研究活動

委員歴

  • 日本臨床分子医学会, 評議員
  • 日本肥満学会, 評議員
  • 日本糖尿病学会, 学術評議員

受賞

  • 2000年05月 日本糖尿病学会, 日本糖尿病学会学会賞(リリー賞), 1

    小川 渉

論文

  • Hiroshi Miura, Kazuhiko Sakaguchi, Yuko Okada, Tomoko Yamada, Natsu Otowa-Suematsu, Anna So, Hisako Komada, Yushi Hirota, Takeshi Ohara, Yasuo Kuroki, Kenta Hara, Tomokazu Matsuda, Minoru Kishi, Akihiko Takeda, Kazuki Yokota, Yoshikazu Tamori, Wataru Ogawa

    AIMS/INTRODUCTION: Sodium-glucose cotransporter 2 (SGLT-2) inhibitors improve blood glucose control, as well as reducing bodyweight by promoting urinary glucose excretion. The weight loss is less than expected from urinary glucose loss, however, likely because of an increase in food intake. To investigate whether SGLT-2 inhibitors might increase appetite by affecting related hormones, we examined the effects of the SGLT-2 inhibitor, ipragliflozin, including those on appetite-regulating hormones, in individuals with suboptimally controlled type 2 diabetes. MATERIALS AND METHODS: The present prospective, multicenter, open-label study was carried out with 96 patients with a body mass index of ≥22 kg/m2 who were treated with ipragliflozin (50 mg/day) for 16 weeks. Parameters including glycated hemoglobin level, bodyweight, circulating leptin and active ghrelin concentrations, and appetite as assessed with a visual analog scale were measured before and during treatment. RESULTS: Both glycated hemoglobin level (from 7.9 ± 0.8 to 7.1 ± 0.7%) and bodyweight (from 75.2 ± 12.6 to 72.6 ± 12.4 kg) were significantly decreased after treatment for 16 weeks. The fasting serum leptin level was significantly decreased after 2 weeks (from 19.5 ± 13.1 to 18.1 ± 12.4 ng/mL) and remained decreased up to 16 weeks, even after adjustment for bodyweight, whereas the plasma active ghrelin level showed no significant change. The visual analog scale score for hunger was significantly increased at 2 and 8 weeks. CONCLUSIONS: The present results suggest that ipragliflozin improved glycemic control and reduced bodyweight, but also reduced serum leptin levels and might thereby have increased appetite.

    2019年09月, Journal of diabetes investigation, 10 (5), 1254 - 1261, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yasuko Ohara, Yuko Okada, Tomoko Yamada, Kenji Sugawara, Masayuki Kanatani, Hidenori Fukuoka, Yushi Hirota, Takaki Maeda, Naoya Morisada, Kazumoto Iijima, Wataru Ogawa

    Here, we report phenotypic differences and similarities of monozygotic twins with maturity-onset diabetes of the young type 5 harboring a partial deletion of chromosome 17q12. The proband and her twin sister manifested complete aplasia and marked hypoplasia, respectively, of the body and tail of the pancreas. Whereas both twins showed marked hypoplasia of the right kidney and multiple cysts in both kidneys, only the proband's sister showed hydronephrosis in the left kidney. The proband had profound defects in insulin and glucagon secretion, as well as mild renal dysfunction, whereas her sister had pronounced renal dysfunction accompanied by mild defects in insulin and glucagon secretion. Both twins manifested hypomagnesemia and hyperuricemia, but no apparent liver dysfunction or intellectual disability. The severity of renal and pancreatic defects differed between monozygotic twins with maturity-onset diabetes of the young type 5, suggesting that the phenotypes of this condition are determined not solely by genetic factors.

    2019年07月, Journal of diabetes investigation, 10 (4), 1112 - 1115, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masaaki Matsumoto, Hiroyuki Awano, Yushi Hirota, Masashi Nagai, Ryosuke Bo, Atsuko Matsuoka, Tetsushi Hamaguchi, Takehito Takeuchi, Yasushi Nakagawa, Wataru Ogawa, Kazumoto Iijima

    PURPOSE: Hypoglycemia is a common and life-threatening complication in type 1 diabetes mellitus (T1DM) patients. Current guidelines recommend glucagon for treating hypoglycemia in out-of-hospital settings; however, glucagon is reportedly underused in such patients. We conducted a doctor-oriented, questionnaire-based survey of pediatricians and physicians to determine the glucagon prescription rate and identify the reason(s) for its underuse in T1DM patients. METHODS: A questionnaire was mailed to 415 pediatricians and 200 physicians employed at 66 facilities with >100 general wards throughout Hyogo, Japan. The following variables were surveyed: doctor's specialty, glucagon prescription rate, familiarity with glucagon use guidelines, barriers to prescribing glucagon, and attitude changes after education. RESULTS: After 16 doctors were found to have retired, 599 doctors were enrolled; 305 (187 pediatricians and 118 physicians) returned a completed questionnaire. In all, 45 pediatricians and 104 physicians were treating T1DM patients, of whom 24% and 28% reported prescribing glucagon, respectively. The guideline familiarity rate among pediatricians was lower than that among physicians. The major barrier to prescribing glucagon was the complex preparation procedure required by patients/caregivers. More than half of the doctors who did not prescribe glucagon began doing so after being educated about the guidelines. CONCLUSION: The glucagon prescription rate was low among both pediatricians and physicians in Japan.

    2019年05月, Endocrine, 64 (2), 233 - 238, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Early administration of dapagliflozin preserves pancreatic beta cell mass through a legacy effect in type 2 diabetic mice.

    Kanno A, Asahara S, Kawamura M, Suzuki E, Takai T, Kimura-Koyanagi M, Matsuda T, Okada Y, Ogawa W, KIDO YOSHIAKI

    2019年05月, J. Diab. Invest., 10 (3), 577 - 590, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yushi Hirota, Tomokazu Matsuda, Shinsuke Nakajima, Michinori Takabe, Naoko Hashimoto, Tomoaki Nakamura, Yuko Okada, Kazuhiko Sakaguchi, Wataru Ogawa

    PURPOSE: Glucagon-like peptide-1 receptor agonists (GLP-1RAs) are categorized as short- or long-acting types, but information regarding differences in the effects of these two types on postprandial glucose disposal has been limited. We have now investigated the effects of exenatide and liraglutide (short- and long-acting GLP-1RAs, respectively) on glucose disposal during an oral glucose tolerance test (OGTT). METHODS: Fourteen healthy volunteers with normal glucose tolerance underwent three OGTTs, which were performed without pharmacological intervention or after a single administration of exenatide or liraglutide at 30 min and 10 h, respectively, before test initiation. The three OGTTs were performed with intervals of at least 7 days between successive tests and within a period of 2 months. RESULTS: Exenatide, but not liraglutide, markedly decelerated the peak of both plasma glucose and serum insulin levels during the OGTT, with the peaks of both glucose and insulin concentrations occurring at 150 min after test initiation with exenatide compared with 30 min in the control condition or with liraglutide. Exenatide and liraglutide reduced the area under the curve for plasma glucose levels during the OGTT by similar extents, whereas that for serum insulin levels was reduced only by exenatide. CONCLUSIONS: Our results suggest that exenatide decelerates the increase in plasma glucose levels through inhibition of glucose absorption and that it exerts an insulin-sparing action after glucose challenge.

    2019年04月, Endocrine, 64 (1), 43 - 47, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Nakajima S, Nishimoto Y, Tateya S, Iwahashi Y, Okamatsu-Ogura Y, Saito M, Ogawa W, Tamori Y

    AIMS/INTRODUCTION: Fat-specific protein 27 (FSP27) α is the major isoform of FSP27 in white adipose tissue (WAT), and is essential for large unilocular lipid droplet (LD) formation in white adipocytes. In contrast, FSP27β is abundantly expressed in brown adipose tissue (BAT), and plays an important role in small multilocular LD formation. In FSP27 KO mice in which FSP27α and β are both depleted, WAT is characterized by multilocular LD formation, and by increased mitochondrial abundance and energy expenditure, whereas BAT conversely manifests large oligolocular LDs and reduced energy expenditure. MATERIALS AND METHODS: We investigated the effects of autophagy in WAT and BAT of wild type (WT) and FSP27 knockout (KO) mice. In addition, we examined the effects of FSP27α and FSP27β to the induction of autophagy in COS cells. RESULTS: Food deprivation induced autophagy in BAT of WT mice, as well as in WAT of FSP27 KO mice, suggesting that enhanced autophagy is characteristic of adipocytes with small multilocular LDs. Pharmacological inhibition of autophagy attenuated the fasting-induced loss of LD area in adipocytes with small multilocular LDs (BAT of WT mice and WAT of FSP27 KO mice), without affecting that in adipocytes with large unilocular or oligolocular LDs (WAT of WT mice or in BAT of FSP27 KO mice). Overexpression of FSP27α inhibited autophagy induction by serum deprivation in COS cells, whereas that of FSP27β had no such effect. CONCLUSIONS: The present results thus showed that FSP27α inhibits autophagy and might thereby contribute to the energy-storage function of WAT.

    2019年03月, J Diabetes Investig, 10 (6), 1419 - 1429, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Keiichi Torimoto, Yosuke Okada, Yoshiya Tanaka, Atsuko Matsuoka, Yushi Hirota, Wataru Ogawa, Yoshifumi Saisho, Isao Kurihara, Hiroshi Itoh, Shinya Inada, Masafumi Koga

    BACKGROUND: Insulinoma represents hypoglycemia as a predominant symptom; the autonomic symptoms may be resolved by chronically recurrent hypoglycemia resulting in the persistence of non-specific symptoms alone. Therefore, it has been estimated that there are many patients in whom the disease takes longer to diagnose and has remained undiagnosed. Although some parameters exist for the definitive diagnosis of the disease, there are currently no indices for early screening. Indices of glycemic control, hemoglobin A1c (HbA1c), and glycated albumin (GA) may be useful for the screening of patients with insulinoma having chronic hypoglycemia because the values become low in such a condition. Because there are no articles that have reported the point, we examine the effective cutoff values of HbA1c and GA for the diagnosis of insulinoma in the present study. METHODS: In a multicenter cross-sectional study, 31 patients with insulinoma were included for comparison with 120 control subjects with normal glucose tolerance based on 75 g oral glucose tolerance tests whose characteristics were matched to the patients. The primary outcomes were optimal cutoff values of HbA1c and GA for the screening of insulinoma. RESULTS: HbA1c was significantly lower in the insulinoma group at 4.7 ± 0.4% compared to the healthy control group at 5.7 ± 0.3% (p < 0.001), and GA was significantly lower in the insulinoma group at 11.6 ± 1.8% compared to the healthy control group at 14.5 ± 1.0% (p < 0.001). According to a receiver operating characteristic (ROC) analysis, optimal cutoff values of HbA1c and GA for the diagnosis of insulinoma were 5.0 and 12.4%, respectively. Area under the curve values of HbA1c and GA were 0.970 and 0.929, respectively, showing no significant difference (p = 0.399). CONCLUSIONS: In the present study, HbA1c and GA values in patients with insulinoma were significantly lower compared to the healthy controls, and effective cutoff values for screening were shown in the diagnosis of insulinoma for the first time. HbA1c and GA can be useful indices for insulinoma screening. Because malignant insulinoma have a similar diagnostic process to that of benign insulinoma, these could be useful for malignant insulinoma.

    2019年02月26日, BMC cancer, 19 (1), 174 - 174, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Keitaro Kanie, Hironori Bando, Genzo Iguchi, Hideyuki Shiomi, Atsuhiro Masuda, Hidenori Fukuoka, Hitoshi Nishizawa, Yasunori Fujita, Arata Sakai, Takashi Kobayashi, Yuuki Shiomi, Kenichi Yoshida, Ryusaku Matsumoto, Kentaro Suda, Yuzo Kodama, Wataru Ogawa, Yutaka Takahashi

    © 2019, Springer Science+Business Media, LLC, part of Springer Nature. Purpose: IgG4-related disease involves various organs including the pituitary and pancreas. The prevalence of IgG4-related hypophysitis is relatively rare compared with IgG4-related pancreatitis (autoimmune pancreatitis). Although several cases demonstrating both autoimmune pancreatitis and hypophysitis have been reported, the prevalence of IgG4-related hypophysitis in patients with autoimmune pancreatitis remains unknown. This study aimed at screening for IgG4-related hypophysitis to accurately determine its prevalence in patients with autoimmune pancreatitis. Methods: In this cohort study, we screened IgG4-related hypophysitis via pituitary magnetic resonance imaging (MRI) and endocrinological examination in 27 patients who were undergoing follow-up for autoimmune pancreatitis at Kobe University Hospital between 2014 and 2018. Results: Among 27 patients with autoimmune pancreatitis, 5 patients exhibited morphological abnormalities in the pituitary (18.5%). Among them, one patient (3.7%) met the criteria for hypophysitis with an enlarged pituitary and stalk concomitant with hypopituitarism. After glucocorticoid treatment, the enlarged pituitary shrank and became empty sella during the clinical course. Four patients (14.8%) revealed empty sella without obvious pituitary dysfunction. Four of 5 patients with morphological pituitary abnormalities showed multiple organ involvement in addition to pancreatic and pituitary involvement. Accordingly, multiple organ involvement was more prevalent in patients with morphological pituitary abnormalities (80%) compared to those without (48%). Conclusions: Although a large-scale study is necessary to validate these results, these data suggest that the prevalence of hypophysitis in patients with autoimmune pancreatitis may be underestimated. Based on our findings, we recommend screening for hypophysitis, especially in patients with multiple organ involvement.

    2019年02月15日, Pituitary, 22 (1), 54 - 61, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hyperglycemia induces skeletal muscle atrophy via a WWP1/KLF15 axis

    Hirata Y, Nomura K, Senga Y, Okada Y, Kobayashi K, Okamoto S, Minokoshi Y, Imamura M, Takeda S, Hosooka T, Ogawa W

    2019年02月, JCI Insight, 4 (4), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomohiro Hayashi, Tomoya Yamashita, Hikaru Watanabe, Kenjiro Kami, Naofumi Yoshida, Tokiko Tabata, Takuo Emoto, Naoto Sasaki, Taiji Mizoguchi, Yasuhiro Irino, Ryuji Toh, Masakazu Shinohara, Yuko Okada, Wataru Ogawa, Takuji Yamada, Ken-Ichi Hirata

    BACKGROUND: Gut microbiome composition or circulating microbiome-related metabolites in patients with heart failure (HF) have not been investigated at different time points (i.e., in the decompensated (Decomp) and compensated (Comp) phases). Methods and Results: We prospectively enrolled 22 patients admitted for HF and 11 age-, sex-, and comorbidity-matched hospitalized control subjects without a history of HF. Gut flora and plasma microbiome-related metabolites were evaluated by amplicon sequencing of the bacterial 16S ribosomal RNA gene and capillary electrophoresis time-of-flight mass spectrometry, respectively. HF patients were evaluated in both the Decomp and Comp phases during hospitalization. The phylum Actinobacteria was enriched in HF patients compared with control subjects. At the genus level, Bifiodobacterium was abundant while Megamonas was depleted in HF patients. Meanwhile, plasma concentration of trimethylamine N-oxide (TMAO), a gut microbiome-derived metabolite, was increased in HF patients (Decomp HF vs. control, P=0.003; Comp HF vs. control, P=0.004). A correlation analysis revealed positive correlations between the abundance of the genus Escherichia/Shigella and levels of TMAO and indoxyl sulfate (IS, a microbe-dependent uremic toxin) in Comp HF (TMAO: r=0.62, P=0.002; IS: r=0.63, P=0.002). Escherichia/Shigella was more abundant in Decomp than in Comp HF (P=0.030). CONCLUSIONS: Our results suggest that gut microbiome composition and microbiome-related metabolites are altered in HF patients.

    2018年12月25日, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 83 (1), 182 - 192, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroshi Miura, Kazuhiko Sakaguchi, Yuko Okada, Natsu Otowa-Suematsu, Tomoko Yamada, Anna So, Hisako Komada, Yushi Hirota, Minoru Kishi, Akihiko Takeda, Yoichi Tominaga, Tomoaki Nakamura, Yasuo Kuroki, Tomokazu Matsuda, Keiji Iida, Michiko Kajikawa, Takeshi Ohara, Kazuki Yokota, Kenta Hara, Sanshiro Tateya, Yoshikazu Tamori, Wataru Ogawa

    INTRODUCTION: Administered basal insulin markedly influences the fasting plasma glucose (FPG) level of individuals with type 1 diabetes. Insulin degludec (IDeg) and insulin glargine U300 (IGlar U300) are now available as ultra-long-acting insulin formulations, but whether or how their glucose-stabilizing effects differ remains unclear. We will compare the effects of these basal insulins on parameters related to blood glucose control, with a focus on day-to-day glycemic variability, in individuals with type 1 diabetes treated with multiple daily injections. METHODS: A multicenter, randomized, open-label, crossover, comparative study (Kobe Best Basal Insulin Study 2) will be performed at 13 participating institutions in Japan. A total of 46 C-peptide-negative adult outpatients with type 1 diabetes will be randomly assigned 1:1 by a centralized allocation process to IGlar U300 (first period)/IDeg (second period) or IDeg (first period)/IGlar U300 (second period) groups, in which subjects will be treated with the corresponding basal insulin for consecutive 4-week periods. The basal insulin will be titrated to achieve an FPG of less than 130 mg/dL initially and then less than 110 mg/dL if feasible. In the last week of each period, plasma glucose will be determined seven times a day by self-monitoring of blood glucose (SMBG) and intraday and day-to-day glucose excursions will be determined by flash glucose monitoring (FGM). The primary end point is comparison of day-to-day glycemic variability as evaluated by the standard deviation (SD) of FPG during the last week of each treatment period. Secondary end points include the coefficient of variance of FPG, the frequency of severe hypoglycemia as evaluated by SMBG, the duration of hypoglycemia as evaluated by FGM, intraday glycemic variability calculated from both SMBG and FGM data, and the administered insulin dose. PLANNED OUTCOMES: The results of the study will be submitted for publication in a peer-reviewed journal to report differences in the effects of two ultra-long-acting basal insulins, IDeg and IGlar U300. CONCLUSION: This head-to-head comparison will be the first study to compare the effects of IDeg and IGlar U300 on day-to-day FPG variability in C-peptide-negative individuals with type 1 diabetes. TRIAL REGISTRATION: Registered in University Hospital Medical Information Network (UMIN) Clinical Trials Registry as 000029630 on 20 June 2017. FUNDING: Novo Nordisk Pharma Ltd.

    2018年12月, Diabetes therapy : research, treatment and education of diabetes and related disorders, 9 (6), 2399 - 2406, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naofumi Yoshida, Takuo Emoto, Tomoya Yamashita, Hikaru Watanabe, Tomohiro Hayashi, Tokiko Tabata, Namiko Hoshi, Naoya Hatano, Genki Ozawa, Naoto Sasaki, Taiji Mizoguchi, Hilman Zulkifli Amin, Yushi Hirota, Wataru Ogawa, Takuji Yamada, Ken-Ichi Hirata

    BACKGROUND: It is increasingly recognized that gut microbiota play a pivotal role in the development of atherosclerotic cardiovascular disease. Previously, we have reported that the abundance of genus Bacteroides is lower in patients with coronary artery disease (CAD) than in patients without CAD with coronary risk factors or in healthy volunteers. However, it remains unclear which and how specific gut bacteria contribute to the progression of atherosclerosis. METHODS: We recruited patients with CAD patients and controls without CAD with coronary risk factors. We then compared gut microbial composition using 16S ribosomal RNA gene sequencing in fecal samples to detect species with differential abundance between 2 groups. Subsequently, we used atherosclerosis-prone mice to study the mechanisms underlying the relationship between such species and atherosclerosis. RESULTS: Human fecal 16S ribosomal RNA gene sequencing revealed a significantly lower abundance of Bacteroides vulgatus and Bacteroides dorei in patients with CAD. This significant differential abundance was confirmed by quantitative polymerase chain reaction. Gavage with live B. vulgatus and B. dorei attenuated atherosclerotic lesion formation in atherosclerosis-prone mice, markedly ameliorating endotoxemia followed by decreasing gut microbial lipopolysaccharide production, effectively suppressing proinflammatory immune responses. Furthermore, fecal lipopolysaccharide levels in patients with CAD were significantly higher and negatively correlated with the abundance of B. vulgatus and B. dorei. CONCLUSIONS: Our translational research findings identify a previously unknown link between specific gut bacteria and atherosclerosis. Treatment with live B. vulgatus and B. dorei may help prevent CAD. CLINICAL TRIAL REGISTRATION: URL: https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000018051 . Unique identifier: UMIN000015703.

    2018年11月27日, Circulation, 138 (22), 2486 - 2498, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 肥満糖尿病の治療戦略の変貌

    小川渉

    2018年11月, 国立病院総合医学会講演抄録集 72回, 1960, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kumiko Okada, Tetsuya Hosooka, Masakazu Shinohara, Wataru Ogawa

    Thiazolidinediones exert their antidiabetic effect in part by ameliorating chronic inflammation in adipose tissue. However, the precise mechanism of this anti-inflammatory action has remained unclear. We here investigated the effects of the TZD pioglitazone on the lipid mediator profile of adipose tissue in obese diabetic KKAy mice by metabololipidomics analysis based on liquid chromatography and tandem mass spectrometry. Pioglitazone treatment increased the amounts of pro-resolving lipid mediators including lipoxin B4 (LXB4), resolvin E2, and eicosapentaenoic acid as well as reduced those of prostaglandin E2 and 4-hydroxydocosahexaenoic acid in epididymal adipose tissue of KKAy mice. These effects were accompanied by increased expression of genes for the anti-inflammatory proteins arginase 1, interleukin (IL)-13, and IL-10 in this tissue. Pioglitazone also increased LXB4 production in cultured 3T3-L1 adipocytes. Finally, LXB4 increased IL-10 gene expression in adipose tissue explants from KKAy mice. Together, our results suggest that up-regulation of LXB4 may contribute to the anti-inflammatory effect of pioglitazone in obese adipose tissue.

    2018年10月20日, Biochemical and biophysical research communications, 505 (1), 29 - 35, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hironori Bando, Genzo Iguchi, Keitaro Kanie, Hitoshi Nishizawa, Ryusaku Matsumoto, Yasunori Fujita, Yukiko Odake, Kenichi Yoshida, Kentaro Suda, Hidenori Fukuoka, Keiko Tanaka, Wataru Ogawa, Yutaka Takahashi

    PURPOSE: In isolated adrenocorticoropic hormone (ACTH) deficiency (IAD), autoimmunity against corticotrophs has been suggested; however, the pathogenesis remains largely unknown. Large cell neuroendocrine carcinoma (LCNEC) of the lung is a pulmonary tumor of high-grade malignant neuroendocrine tumor and it reportedly caused paraneoplastic syndrome by autoimmunity in several cases. METHODS: A 42-year-old woman with isolated adrenocorticotropic (ACTH) hormone deficiency (IAD) was diagnosed with large cell neuroendocrine carcinoma (LCNEC) 3 years after being diagnosed with IAD. We hypothesized that the LCNEC played a causal role in the development of IAD as a paraneoplastic syndrome and analyzed the autoimmunity. We also analyzed another case of ectopic ACTH syndrome to prove this hypothesis. RESULTS: The LCNEC tissue revealed an ectopic ACTH expression and lymphocyte infiltration. Interestingly, autoantibody against the proopiomelanocortin (POMC) protein was detected in the peripheral blood. Although, patient's serum did not show any effects on cell viability, proliferation, nor pomc expression in a corticotroph cell line, AtT20 cells, patient's lymphocytes in the peripheral blood specifically reacted toward POMC protein, indicating a presence of cytotoxic T lymphocytes (CTLs). In addition, the analysis of another case of ectopic ACTH syndrome showed lymphocyte infiltration not only in the metastatic liver tumors but also in the pituitary. Moreover, most CD8-positive cells resided adjacent to corticotrophs. CONCLUSIONS: These data indicate that the ectopic ACTH expression in the tumor evoked the autoimmunity to corticotrophs and caused IAD as a form of paraneoplastic syndrome.

    2018年10月, Pituitary, 21 (5), 480 - 489, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • In silico and in vitro analyses of the pathological relevance of the R258H mutation of hepatocyte nuclear factor 4α identified in maturity-onset diabetes of the young type 1

    Sugawara K, Nomura K, Okada Y, Sugano A, Matsumoto M, Takarada T, Takeuchi A, Awano H, Hirota Y, Nishio H, Takaoka Y, Ogawa W

    2018年10月, J Diabetes Investig, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kanno A, Asahara SI, Kawamura M, Furubayashi A, Tsuchiya S, Suzuki E, Takai T, Koyanagi-Kimura M, Matsuda T, Okada Y, Ogawa W, Kido Y

    AIMS/INTRODUCTION: The preservation of pancreatic β-cell mass is an essential factor in the onset and development of type 2 diabetes mellitus. Recently, sodium-glucose cotransporter 2 inhibitors have been launched as antihyperglycemic agents, and their organ-protective effects are attracting attention. They are also reported to have favorable effects on the preservation of pancreatic β-cell mass, but the appropriate timing for the administration of sodium-glucose cotransporter 2 inhibitors is obscure. MATERIALS AND METHODS: In the present study, we administered a sodium-glucose cotransporter 2 inhibitor, dapagliflozin, to an animal model of type 2 diabetes mellitus, db/db mice, and investigated the adequate timing and duration for its administration. We also carried out microarray analysis using pancreatic islets from db/db mice. RESULTS: We found that dapagliflozin preserved pancreatic β-cell mass depending on the duration of administration and markedly improved blood glucose levels. If the duration was the same, the earlier administration of dapagliflozin was more effective in preserving pancreatic β-cell mass, increasing serum insulin levels and improving blood glucose levels. From microarray analysis, we discovered that the expression of Agr2, Tff2 and Gkn3 was significantly upregulated after the early administration of dapagliflozin. This upregulated gene expression might provide a legacy effect for the preservation of pancreatic β-cell mass. CONCLUSIONS: We expect that the early administration of dapagliflozin would provide a long-lasting effect in preserving pancreatic β-cell mass.

    2018年10月, J Diabetes Investig, 10 (3), 577 - 590, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Natsu Otowa-Suematsu, Kazuhiko Sakaguchi, Tomoaki Nakamura, Kenta Hara, Minoru Kishi, Naoko Hashimoto, Kazuki Yokota, Hiroshi Yoshino, Yasuo Kuroki, Tomoko Nishiumi, Anna Sou, Hisako Komada, Yuko Okada, Yushi Hirota, Yoshikazu Tamori, Wataru Ogawa

    INTRODUCTION: We comprehensively evaluated the effects of combination therapy with insulin glargine and the incretin-based drugs lixisenatide or vildagliptin in Japanese patients with type 2 diabetes. METHODS: In this 12-week, randomized, open-label, parallel-group, multicenter study (GLP-ONE Kobe), the incretin-based drug sitagliptin was randomly switched to lixisenatide (20 μg/day, n = 18) or vildagliptin (100 mg/day, n = 20) in patients with inadequate glycemic control despite combination therapy with insulin glargine and sitagliptin. The dose of insulin glargine was titrated after the switch to maintain fasting blood glucose at approximately 110 mg/dL. The primary end points of the study were the change in glycosylated hemoglobin (HbA1c) level between before and 12 weeks after the treatment switch, the proportion of patients achieving an HbA1c level below 7.0%, and the postprandial increase in glucose concentration as assessed by self-monitoring of blood glucose. RESULTS: The change in HbA1c level from baseline to 12 weeks did not differ significantly between the lixisenatide and vildagliptin groups (- 0.6 ± 0.7% and - 0.6 ± 1.2%, respectively, P = 0.920). Neither the proportion of patients achieving an HbA1c level below 7.0% nor the postprandial increase in glucose concentration was different between two groups. Body weight and serum low density lipoprotein (LDL) cholesterol level decreased significantly in the lixisenatide and vildagliptin groups, respectively. Both drugs were associated with mild gastrointestinal symptoms but not with severe hypoglycemia. Vildagliptin was associated with elevation of serum aspartate transaminase. Treatment satisfaction as assessed with the Diabetes Treatment Satisfaction Questionnaire did not differ significantly between the two groups. CONCLUSION: The combinations of basal insulin and either lixisenatide or vildagliptin have similar efficacies with regard to improvement of glycemic control. TRIAL REGISTRATION: This trial has been registered with UMIN (No. 000010769).

    2018年10月, Diabetes therapy : research, treatment and education of diabetes and related disorders, 9 (5), 2067 - 2079, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • M Harada, K Fujihara, T Osawa, M Yamamoto, M Kaneko, M Ishizawa, Y Matsubayashi, T Yamada, N Yamanaka, H Seida, S Kodama, W Ogawa, H Sone

    AIM: To examine the association between treatment-achieved HbA1c values and incidence of both coronary artery disease (CAD) and severe eye disease with different diabetes treatments. METHODS: Associations of treatment-achieved HbA1c were investigated in various treatment groups [diet only; insulin; sulphonylurea (SU) alone; SU with glinides; and antihyperglycaemic agents other than glinides, SU or insulin] taken from a nationwide claims database of 14,633 Japanese diabetes patients. Cox's regression analysis examined risks over a 5.1-year follow-up. RESULTS: A significant linear trend was associated with HbA1c levels and CAD events in the diet-only group, and CAD risks were significantly higher in insulin and SU groups with HbA1c ≤ 7.0% and > 8.0% than in the diet-only group with HbA1c ≤ 7.0%. In contrast to CAD, a linear association was observed regardless of treatment modality between achieved HbA1c levels and risk of severe diabetic eye disease, but with no significant difference in eye disease risk between groups with HbA1c ≤ 7.0% and 7.1-8.0% in those treated with either SU alone, SU with glinides, or insulin. CONCLUSION: These findings suggest that the relationship between treatment-achieved HbA1c and incidence of both CAD and severe diabetic eye disease differed according to treatment, based on a large-scale real-life database. More research is now needed to confirm these findings and to further investigate the underlying mechanisms.

    2018年09月10日, Diabetes & metabolism, 46 (4), 331 - 334, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Docosahexaenoic Acid Reduces Palmitic Acid-Induced Endoplasmic Reticulum Stress in Pancreatic Β Cells

    Suzuki E, Matsuda T, Kawamoto T, Takahashi H, Mieda Y, Matsuura Y, Takai T, Kanno A, Koyanagi-Kimura M, Asahara SI, Inoue H, Ogawa W, Kido Y

    Endoplasmic reticulum (ER) stress leads to peripheral insulin resistance and the progression of pancreatic beta cell failure in type 2 diabetes. Although ER stress plays an important role in the pathogenesis of diabetes, it is indispensable for cellular activity. Therefore, when assessing the pathological significance of ER stress, it is important to monitor and quantify ER stress levels. Here, we have established a novel system to monitor ER stress levels quickly and sensitively, and using this method, we have clarified the effect of differences in glucose concentration and various fatty acids on the ER of pancreatic β cells. First, we developed a cell system that secretes Gaussia luciferase in culture medium depending on the activation of the GRP78 promoter. This system could sensitively monitor ER stress levels that could not be detected with real-time RT-PCR and immunoblotting. This system revealed that hyperglycemia does not induce unfolded protein response (UPR) in a short period of time in MIN6 cells, a mouse pancreatic β cell line. Physiological concentrations of palmitic acid, a saturated fatty acid, induced ER stress quickly, while physiological concentrations of oleic acid, an unsaturated fatty acid, did not. Docosahexaenoic acid, an n-3 unsaturated fatty acid, inhibited palmitic acid-induced ER stress. In this study, we have established a system that can sensitively detect ER stress levels of living cells in a short period of time. This system can be used to monitor the state of the ER in living cells and lead to the investigation of the significance of physiological or pathological ER stress levels.

    2018年09月, Kobe J Med Sci, 64 (2), E43 - E55, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Atsuko Matsuoka, Yushi Hirota, Shin Urai, Tetsushi Hamaguchi, Takehito Takeuchi, Hiroshi Miura, Natsu Suematsu, Anna So, Tomoaki Nakamura, Hisako Komada, Yuko Okada, Kazuhiko Sakaguchi, Wataru Ogawa

    Aims: Evidence suggests that sensor augmented pump (SAP) therapy is superior to conventional continuous subcutaneous insulin infusion (CSII) for achieving glycemic control in patients with type 1 diabetes. However, the clinical benefit of SAP therapy in East Asians has not yet been demonstrated. Methods: The effect of switching from conventional CSII to SAP therapy on glycemic profile was examined in 18 Japanese patients with type 1 diabetes. The glycemic profile of the patients was determined by retrospective continuous glucose monitoring (CGM) within 1 month before the treatment switch, whereas that at 6 and 12 months after the switch was evaluated with the CGM function of the SAP device. Hemoglobin A1c levels were also measured before and after the switch to SAP therapy. Results: The duration of hypoglycemia was significantly decreased at both 6 and 12 months after the change in treatment (6.6 ± 4.5, 3.2 ± 4.1, and 3.0 ± 2.8 min/h for before and 6 and 12 months, respectively), as was the HbA1c level at 12 months (7.8 ± 1.0 and 7.4 ± 0.9%, respectively). The duration of hyperglycemia did not differ between before and after the treatment switch. The decline in HbA1c level at 12 months after the switch to SAP was negatively correlated with age. Conclusion: Switching from conventional CSII to SAP therapy was associated with a decrease in both the duration of hypoglycemia and the level of HbA1c in Japanese patients with type 1 diabetes.

    2018年07月, Diabetology international, 9 (3), 201 - 207, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Zhang B, Nakata M, Nakae J, Ogawa W, Yada T

    Oxytocin neurons in the paraventricular nucleus (PVN) of hypothalamus regulate energy metabolism and reproduction. Plasma oxytocin concentration is reduced in obese subjects with insulin resistance. These findings prompted us to hypothesize that insulin serves to promote oxytocin release. This study examined whether insulin activates oxytocin neurons in the PVN, and explored the underlying signaling. We generated the mice deficient of 3-phosphoinositide-dependent protein kinase-1 (PDK1), a major signaling molecule particularly for insulin, specifically in oxytocin neurons (Oxy Pdk1 KO). Insulin increased cytosolic calcium concentration ([Ca2+]i) in oxytocin neurons with larger (≧25 μm) and smaller (<25 μm) diameters isolated from PVN in C57BL/6 mice. In PDK1 Oxy Pdk1 KO mice, in contrast, this effect of insulin to increase [Ca2+]i was markedly diminished in the larger-sized oxytocin neurons, while it was intact in the smaller-sized oxytocin neurons. Furthermore, intracerebroventricular insulin administration induced oxytocin release into plasma in Oxy Cre but not Oxy Pdk1 KO mice. These results demonstrate that insulin PDK1-dependently preferentially activates PVN magnocellular oxytocin neurons to release oxytocin into circulation, possibly serving as a mechanism for the interaction between metabolism and perinatal functions.

    2018年07月, Sci Rep, 8 (1), 10415 - 10415, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Boyang Zhang, Masanori Nakata, Ming Lu, Jun Nakae, Takashi Okada, Wataru Ogawa, Toshihiko Yada

    In the hypothalamic arcuate nucleus (ARC), orexigenic agouti-related peptide (AgRP) neurons regulate feeding behavior and energy homeostasis. The 3-phosphoinositide-dependent protein kinase-1 (PDK1) in AgRP neurons serves as a major signaling molecule for leptin and insulin, the hormones regulating feeding behavior, energy homeostasis and circulation. However, it is unclear whether PDK1 in AGRP neurons is also involved in regulation of blood pressure. This study explored it by generating and analyzing AgRP neuron-specific PDK1 knockout (Agrp-Pdk1flox/flox) mice and effect of high salt diet on blood pressure in KO and WT mice was analyzed. Under high salt diet feeding, systolic blood pressure (SBP) of Agrp-Pdk1flox/flox mice was significantly elevated compared to Agrp-Cre mice. When the high salt diet was switched to control low salt diet, SBP of Agrp-Pdk1flox/flox mice returned to the basal level observed in Agrp-Cre mice within 1 week. In Agrp-Pdk1flox/flox mice, urinary noradrenalin excretion and NUCB2 mRNA expression in hypothalamic paraventricular nucleus (PVN) were markedly upregulated. Moreover, silencing of NUCB2 in the PVN counteracted the rises in urinary noradrenalin excretions and SBP. These results demonstrate a novel role of PDK1 in AgRP neurons to counteract the high salt diet-induced hypertension by preventing hyperactivation of PVN nesfatin-1 neurons.

    2018年06月12日, Biochemical and biophysical research communications, 500 (4), 910 - 916, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroyuki Yamamoto, Naofumi Yoshida, Toshiro Shinke, Hiromasa Otake, Masaru Kuroda, Kazuhiko Sakaguchi, Yushi Hirota, Takayoshi Toba, Hachidai Takahashi, Daisuke Terashita, Kenzo Uzu, Natsuko Tahara, Yuto Shinkura, Kouji Kuroda, Yoshinori Nagasawa, Yuichiro Nagano, Yoshiro Tsukiyama, Ken-Ichi Yanaka, Takuo Emoto, Naoto Sasaki, Tomoya Yamashita, Wataru Ogawa, Ken-Ichi Hirata

    Data presented in this article are supplementary material to our research article entitled "Impact of CD14++CD16+ monocytes on coronary plaque vulnerability assessed by optical coherence tomography in coronary artery disease patients" [1]. This article contains the data of study population, diagnostic ability of CD14++CD16+ monocytes to identify thin-cap fibroatheromas, and association between laboratory variables and plaque properties.

    2018年06月, Data in brief, 18, 172 - 175, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 自己免疫性溶血性貧血と偽性副甲状腺機能低下症を合併した一例

    坂本 洋一, 福岡 秀規, 野崎 高史, 藤田 泰功, 蟹江 慶太郎, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 廣田 勇士, 岡田 裕子, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    症例は89歳男性で、全身倦怠感・呼吸苦を主訴とした。主訴にて近医を受診し、血液検査で温式自己免疫性溶血性貧血(AIHA)と診断された他、同時期に低Ca血症、高P血症、高PTH血症を認め、偽性副甲状腺機能低下症(PHP)が疑われた。遺伝子検査ではGNAS遺伝子の変異は認めず、Ellsworth-Howard試験で尿中c-AMPの増加反応は正常であったが、尿中P排泄の増加を認めないことからPHP II型と考えられた。発症様式、頭部CTで頭蓋内石灰化を認めない点、これまで低Ca血症による明らかな症状を認めなかった点から後天性にPHPを発症したことが強く示唆され、AIHAに対するステロイド治療と同時にPTHに対するビタミンDの補充量が明らかに減量・中止できたことから、PHPがAIHAと関連して自己免疫機序で発症した可能性が示唆された。

    (一社)日本内分泌学会, 2018年06月, 日本内分泌学会雑誌, 94 (Suppl.Update), 32 - 34, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢者における大動脈弁狭窄症術式別の栄養評価

    内田絢子, 小槇公大, 小川真人, 坪井康典, 脇田久美子, 山本育子, 高橋路子, 小川渉, 小林成美, 宇佐美眞

    2018年06月, 日本病態栄養学会誌, 21 (2), 385 - 393, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ohashi K, Fujii M, Uda S, Kubota H, Komada H, Sakaguchi K, Ogawa W, Kuroda S

    Insulin plays a central role in glucose homeostasis, and impairment of insulin action causes glucose intolerance and leads to type 2 diabetes mellitus (T2DM). A decrease in the transient peak and sustained increase of circulating insulin following an infusion of glucose accompany T2DM pathogenesis. However, the mechanism underlying this abnormal temporal pattern of circulating insulin concentration remains unknown. Here we show that changes in opposite direction of hepatic and peripheral insulin clearance characterize this abnormal temporal pattern of circulating insulin concentration observed in T2DM. We developed a mathematical model using a hyperglycemic and hyperinsulinemic-euglycemic clamp in 111 subjects, including healthy normoglycemic and diabetic subjects. The hepatic and peripheral insulin clearance significantly increase and decrease, respectively, from healthy to borderline type and T2DM. The increased hepatic insulin clearance reduces the amplitude of circulating insulin concentration, whereas the decreased peripheral insulin clearance changes the temporal patterns of circulating insulin concentration from transient to sustained. These results provide further insight into the pathogenesis of T2DM, and thus may contribute to develop better treatment of this condition.

    2018年03月, NPJ Syst Biol Appl, 4, 14 - 14, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takai T, Matsuda T, Matsuura Y, Inoue K, Suzuki E, Kanno A, Kimura-Koyanagi M, Asahara S.-i, Hatano N, Ogawa T, Kido Y

    During the development of type 2 diabetes, endoplasmic reticulum (ER) stress leads to pancreatic β cell failure. CCAAT/enhancer-binding protein (C/EBP) β is highly induced by ER stress and AMP-activated protein kinase (AMPK) suppression in pancreatic β cells, and its accumulation reduces pancreatic β cell mass. We investigated the phosphorylation state of C/EBPβ under these conditions. Casein kinase 2 (CK2) was found to co-localize with C/EBPβ in MIN6 cells. It phosphorylated S222 of C/EBPβ a previously unidentified phosphorylation site. We found that C/EBPβ is phosphorylated by CK2 under AMPK suppression and ER stress, which are important from the viewpoint of the worsening pathological condition of type 2 diabetes, such as decreased insulin secretion and apoptosis of pancreatic β cells.

    Elsevier B.V., 2018年02月26日, Biochem. Biophys. Res. Commun., 497 (1), 451 - 456, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ドコサヘキサエン酸は膵臓β細胞におけるパルミチン酸誘導小胞体ストレスを減少させる【JST・京大機械翻訳】

    SUZUKI Emi, MATSUDA Tomokazu, KAWAMOTO Takeshi, TAKAHASHI Hiroaki, MIEDA Yusuke, MATSUURA Yuki, TAKAI Tomoko, KANNO Ayumi, KOYANAGI‐KIMURA Maki, ASAHARA Shun‐Ichiro, INOUE Hiroshi, OGAWA Wataru, KIDO Yoshiaki

    2018年, Kobe Journal of Medical Sciences (Web), 64 (2), E43‐E55 (WEB ONLY), 英語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Cell death-inducing DNA fragmentation factor A-like effector A and fat-specific protein 27β coordinately control lipid droplet size in brown adipocytes

    Nishimoto Y, Nakajima S, Tateya S, Saito M, Ogawa W, Tamori Y

    2017年06月, J Biol Chem, 292 (26), 10824 - 10834, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Euglycemic diabetic ketoacidosis induced by SGLT2 inhibitors: possible mechanism and contributing factors

    OgawaW, SakaguchiK

    2016年07月, J Diabetes Investig, 2, 135 - 8, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of Gut Microbiota in Coronary Artery Disease Patients: a Possible Link between Gut Microbiota and Coronary Artery Disease

    EmotoT, YamashitaT, SasakiN, HirotaY, HayashiT, SoA, KasaharaK, YodoiK, MatsumotoT, MizoguchiT, OgawaW, HirataKI

    2016年03月, J Atheroscler Thromb, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Negative-charged residues in the polar carboxy-terminal region in FSP27 are indispensable for expanding lipid droplets

    TamoriY, TateyaS, IjuinT, NishimotoY, NakajimaS, OgawaW

    2016年02月, FEBS Lett, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Thrombospondin 1 suppresses insulin signaling in C2C12 myotubes

    Kaku Matsugi, Tetsuya Hosooka, Kazuhiro Nomura, Wataru Ogawa

    Thrombospondin 1 (TSP-1) is abundantly expressed in visceral adipose tissue and this expression is up-regulated in obese humans and rodents. Recent studies showed that genetic deletion of TSP-1 protects mice from diet-induced insulin resistance. However, the molecular mechanism is largely unknown. In this study, we examined the effect of recombinant TSP-1 on insulin signaling in cultured cells from insulin sensitive tissues to investigate whether TSP-1 could act as an adipokine. Here we show that treatment with recombinant TSP-1 suppressed insulin signaling in cultured muscle cells, which was accompanied by the activation of stress signaling such as JNK, p38, and IKK. These results suggest that TSP-1 acts as an adipokine which is involved in the pathogenesis of obesity-induced insulin resistance. Thus, TSP-1 could be a potential target for the treatment of insulin resistance and metabolic disease related to insulin resistance.

    Kobe University School of Medicine, 2016年, Kobe Journal of Medical Sciences, 62 (1), E13 - E18, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • The quality of life in acromegalic patients with biochemical remission by surgery alone is superior to that in those with pharmaceutical therapy without radiotherapy, using the newly developed Japanese version of the AcroQoL

    YoshidaK, FukuokaH, MatsumotoR, BandoH, SudaK, NishizawaH, IguchiG, OgawaW, WebbSM, TakahashiY

    2015年12月, Pituitary, 18 (6), 876 - 83, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Glucose Homeostatic Law: Insulin Clearance Predicts the Progression of Glucose Intolerance in Humans

    OhashiK, KomadaH, UdaS, KubotaH, IwakiT, FukuzawaH, KomoriY, FujiiM, ToyoshimaY, SakaguchiK, OgawaW, KurodaS

    2015年12月, PLoS One, 10 (12), e0143880, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Scatchard解析にて抗体の性質を4年にわたり観察したインスリン抗体陽性2型糖尿病の1例

    平田悠, 廣田勇士, 小武由紀子, 西本祐希, 西海智子, 坂口一彦, 小川渉

    2015年11月, 糖尿病, 58 (11号), 842 - 849, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hironori Bando, Genzo Iguchi, Hidenori Fukuoka, Masaaki Taniguchi, Seiji Kawano, Miki Saitoh, Kenichi Yoshida, Ryusaku Matsumoto, Kentaro Suda, Hitoshi Nishizawa, Michiko Takahashi, Akio Morinobu, Eiji Kohmura, Wataru Ogawa, Yutaka Takahashi

    INTRODUCTION: Immunoglobulin (Ig) G4-related hypophysitis is an emerging clinical entity, which is characterized by an elevated serum IgG4 concentration and infiltration of IgG4-positive plasma cells in the pituitary. Although some criteria for its diagnosis have been proposed, they have not been fully established. In particular, differential diagnosis from secondary chronic inflammation including granulomatosis with polyangiitis (GPA) is difficult in some cases. We describe central diabetes insipidus with pituitary swelling exhibiting infiltration of IgG4-positive cells. PATIENT: A 43-year-old woman in the remission stage of GPA presented with sudden-onset polyuria and polydipsia. Pituitary magnetic resonance imaging revealed swelling of the anterior and posterior pituitary and stalk, with heterogeneous gadolinium enhancement and disappearance of the high signal intensity of the posterior pituitary. Evaluation of biochemical markers for GPA suggested that the disease activity was well-controlled. Endocrinological examination revealed the presence of central diabetes insipidus and growth hormone deficiency. Pituitary biopsy specimen showed IgG4-positive cells, with a 43% IgG4(+)/IgG(+) ratio, which met the criteria for IgG4-related hypophysitis. However, substantial infiltration of polymorphonuclear neutrophils with giant cells was also noted, resulting in a final diagnosis of pituitary involvement of GPA. CONCLUSION: These results suggest that pituitary involvement of GPA should be taken into account for the differential diagnosis of IgG4-related hypophysitis.

    2015年10月, Pituitary, 18 (5), 722 - 30, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Accelerated Telomere Shortening in Acromegaly; IGF-I Induces Telomere Shortening and Cellular Senescence

    MatsumotoR, FukuokaH, IguchiG, OdakeY, YoshidaK, BandoH, SudaK, NishizawaH, TakahashiM, YamadaS, OgawaW, TakahashiY

    2015年10月, PLoS One, 10 (10), e0140189, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of insulin degludec and insulin glargine on day-to-day fasting plasma glucose variability in individuals with type 1 diabetes: a multicentre, randomised, crossover study

    NakamuraT, SakaguchiK, SoA, NakajimaS, TakabeM, KomadaH, OkunoY, HirotaY, NakamuraT, IidaK, KajikawaM, NagataM, OgawaW, SeinoS

    2015年09月, Diabetologia, 58 (9), 2013 - 9, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Median-lower normal levels of serum thyroxine are associated with low triiodothyronine levels and body temperature in patients with central hypothyroidism

    HirataY, FukuokaH, IguchiG, IwahashiY, FujitaY, HariY, IgaM, NakajimaS, NishimotoY, MukaiM, HirotaY, SakaguchiK, OgawaW, TakahashiY

    2015年08月, Eur J Endocrinol, 173 (2), 247 - 56, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Turner症候群とCAHの合併を認めた副腎偶発腫の一例

    岩橋 泰幸, 福岡 秀規, 中島 進介, 井口 元三, 本間 桂子, 長谷川 奉延, 小川 渉, 高橋 裕

    68歳男。約20年の経過で増大した29mm大の右副腎腫瘍の精査目的で当科紹介となった。染色体検査で45,X/46,XX/47,XXXのモザイクを認め、モザイク型Turner症候群と診断した。また、尿中ステロイドプロファイルで17OH progesterone・21-deoxycortisone・11OH androstenedione代謝物の著明な高値を認めた。ACTH高値、コルチゾール低値、血中17-OHPの基礎値およびrapid ACTH試験での高値も認め、21水酸化酵素欠損症と診断した。右副腎腫瘍は、MRIのT1強調像で腫瘍内部がin phaseからout of phaseにかけ信号低下を認め、脂肪成分が主体で、先天性副腎皮質の過形成よりも画像上は皮質腺腫の可能性が高いと考えられた。内分泌学的に機能性を示唆する所見はなく、非機能性腺腫として経過観察を行うこととした。MRIでは萎縮した卵巣、子宮を認めた。以上より、モザイク型Turner症候群と21水酸化酵素欠損症の合併と診断した。

    (一社)日本内分泌学会, 2015年07月, 日本内分泌学会雑誌, 91 (Suppl.Update), 44 - 46, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Regulation of Pancreatic β Cell Mass by Cross-Interaction between CCAAT Enhancer Binding Protein β Induced by Endoplasmic Reticulum Stress and AMP-Activated Protein Kinase Activity

    MatsudaT, TakahashiH, MiedaY, ShimizuS, KawamotoT, MatsuuraY, TakaiT, SuzukiE, KannoA, Koyanagi-KimuraM, AsaharaS, BartolomeA, YokoiN, InoueH, OgawaW, SeinoS, KidoY

    2015年06月, PLoS One, 10 (6), e0130757, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Glucose area under the curve during oral glucose tolerance test as an index of glucose intolerance

    EmotoT, YamashitaT, SasakiN, HirotaY, HayashiT, SoA, KasaharaK, YodoiK, MatsumotoT, MizoguchiT, OgawaW, HirataK

    2015年05月, Diabetol Int, 7 (1), 53 - 58, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Association of peripheral nerve conduction in diabetic neuropathy with subclinical left ventricular systolic dysfunction

    MochizukiY, TanakaH, MatsumotoK, SanoH, TokiH, ShimouraH, OokaJ, SawaT, MotojiY, RyoK, HirotaY, OgawaW, HirataK

    2015年05月, Cardiovasc Diabetol, 14, 47, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Clinical features of subclinical left ventricular systolic dysfunction in patients with diabetes mellitus

    MochizukiY, TanakaH, MatsumotoK, SanoH, TokiH, ShimouraH, OokaJ, SawaT, MotojiY, RyoK, HirotaY, OgawaW, HirataK

    2015年04月, Cardiovasc Diabetol, 14, 37, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 【総合健診と予防医学的根拠】 肥満と肥満症の診断基準

    小川渉, 宮崎滋

    2015年03月, 総合健診, 42 (2号), 301 - 306, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Compensatory hyperinsulinemia in high-fat diet-induced obese mice is associated with enhanced insulin translation in islets

    Kanno A, Asahara S, Masuda K, Matsuda T, Kimura-Koyanagi M, Seino S, Ogawa W, Kido Y

    2015年03月, Biochem Biophys Res Commun, 458 (3), 681 - 6, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Regulation of pancreatic β cell mass by cross-interaction between CCAAT enhancer binding protein β induced by endoplasmic reticulum stress and AMP-activated protein kinase activity.

    Matsuda T, Takahashi H, Mieda Y, Shimizu S, Kawamoto T, Matsuura Y, Takai T, Suzuki E, Koyanagi-Kimura M, Asahara S, Bartolome A, Yokoi N, Inoue H, Ogawa W, Seino S, Kido Y

    2015年, PLoS ONE, 10, e0130757, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 播種状黄色腫による中枢性尿崩症と考えられた一例

    伊賀 真紀子, 福岡 秀規, 西本 祐希, 岩橋 泰幸, 藤田 泰功, 播 悠介, 平田 悠, 中島 進介, 向井 美希, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 岡 昌宏, 高橋 裕

    52歳男。50歳頃より間擦部に黄色隆起性病変の出現を認めていた。51歳時に突然に口渇、多飲、多尿が出現し、今回、尿崩症疑いで入院となった。入院時、眼瞼、頸部、腋窩、肘窩、鼠径部、膝窩部に、ほぼ左右対称性に表面平滑で半球状ないしは扁平に隆起した弾性硬、褐色の小結節が多発し、一部融合していた。皮疹の生検を行い、病理組織学的に播種状黄色腫と診断した。また、5%高張食塩水負荷試験ではADH分泌不全を、バゾプレシン負荷試験では尿浸透圧は上昇し血漿浸透圧を上回り反応を認めた。下垂体MRIではT1強調像で後葉の高信号消失を認め、下垂体茎は肥厚し軽度造影された。デスモプレシン口腔内崩壊錠による治療を開始したところ、1日尿量、尿回数の減少、自覚症状の改善を認め退院となった。しかし、退院2ヵ月後より嗄声、嚥下障害が出現し、咽頭・声帯に黄色腫を疑う隆起性病変を認め、呼吸困難などの気道閉塞症状を認めないため外来にて経過観察中である。

    (一社)日本内分泌学会, 2014年09月, 日本内分泌学会雑誌, 90 (Suppl.HPT), 83 - 85, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 下肢関節拘縮を呈し補充療法によって改善した汎下垂体機能低下症

    中島 進介, 福岡 秀規, 関口 兼司, 廣田 勇士, 井口 元三, 坂口 一彦, 小川 渉, 高橋 裕

    71歳女。両股、膝、足関節の拘縮を主訴とした。股・膝関節の伸展障害、足関節の背屈障害を認め、膝蓋腱反射およびアキレス腱反射は消失し、大腿・下腿の筋硬直もあり、膝X線で関節裂隙の狭小化を認めた。血液検査でCK高値、FT4は感度以下、TSH低値を認め、レボチロキシン・ヒドロコルチゾン内服を開始し、内服下に行った下垂体MRIを含む内分泌学的検査所見よりempty sellaによる汎下垂体機能低下症と診断した。内服治療開始後、CK、足関節の可動性は速やかに改善し、数日後には股・膝関節の可動性も改善傾向となり歩行可能となった。治療開始20日には下腿の筋硬直も回復し、大腿の筋硬直も3ヵ月後には消失し、歩行困難も完全消失した。

    (一社)日本内分泌学会, 2014年09月, 日本内分泌学会雑誌, 90 (Suppl.Update), 16 - 18, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Case of fulminant type 1 diabetes mellitus associated with parvovirus B19 infection

    Nishiumi T, Okamoto K, Inamoto S, Inoue N, Ohnishi K, Ohji G, Hirota Y, Ogawa W

    2014年07月, J Diabetes Investig, 5 (4), 472 - 3, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Insulin stimulates the expression of the SHARP-1 gene via multiple signaling pathways

    Takagi K, Asano K, Haneishi A, Ono M, Komatsu Y, Yamamoto T, Tanaka T, Ueno H, Ogawa W, Tomita K, Noguchi T, Yamada K

    2014年06月, Horm Metab Res, 46 (6), 397 - 403, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The serine protease prostasin regulates hepatic insulin sensitivity by modulating TLR4 signalling

    Uchimura K, Hayata M, Mizumoto T, Miyasato Y, Kakizoe Y, Morinaga J, Onoue T, Yamazoe R, Ueda M, Adachi M, Miyoshi T, Shiraishi N, Ogawa W, Fukuda K, Kondo T, Matsumura T, Araki E, Tomita K, Kitamura K

    2014年03月, Nat Commun, 5, 3428, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A critical role of the small GTPase Rac1 in Akt2-mediated GLUT4 translocation in mouse skeletal muscle

    Takenaka N, Izawa R, Wu J, Kitagawa K, Nihata Y, Hosooka T, Noguchi T, Ogawa W, Aiba A, Satoh T

    2014年03月, FEBS J, 281 (5), 1493 - 504, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoaki Nakamura, Yushi Hirota, Naoko Hashimoto, Tomokazu Matsuda, Michinori Takabe, Kazuhiko Sakaguchi, Wataru Ogawa, Susumu Seino

    To estimate the carbohydrate-to-insulin ratio (CIR), a formula dividing a constant, usually 300-500, by the total daily dose (TDD) of insulin, is widely utilized. An appropriate CIR varies for each meal of the day, however. Here, we investigate diurnal variation of CIR in hospitalized Japanese type 1 diabetic patients treated with continuous subcutaneous insulin infusion. After optimization of the insulin dose, TDD and total basal insulin dose (TBD) were 34.9 ± 10.2 and 9.3 ± 2.8 units, respectively, with a percentage of TBD to TDD of 27.3 ± 6.0%. The products of CIR and TDD at breakfast, lunch and dinner were 311 ± 63, 530 ± 161, and 396 ± 63, respectively, suggesting that in the formula estimating CIR using TDD, the constant should vary for each meal of the day, and that 300, 500, and 400 are appropriate for breakfast, lunch, and dinner, respectively.

    2014年02月12日, Journal of diabetes investigation, 5 (1), 48 - 50, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 頭部外傷後に発症し失神発作をきたしたACTH単独欠損症の一例

    西澤 衡, 井口 元三, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉, 高橋 裕

    2013年12月, 日本内分泌学会雑誌, 89 (3号), 933, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 中枢性甲状腺機能低下症に対するT4製剤補充時の指標に関する検討

    平田 悠, 福岡 秀規, 岩橋 泰幸, 藤田 泰功, 播 悠介, 伊賀 真紀子, 中島 進介, 西本 祐希, 向井 美希, 廣田 勇士, 井口 元三, 坂口 一彦, 小川 渉, 高橋 裕

    2013年12月, 日本内分泌学会雑誌, 89 (3号), 994, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 顕性、不顕性クッシング症候群における骨折と糖脂質代謝の関連

    播 悠介, 福岡 秀規, 竹内 健人, 岩橋 泰幸, 藤田 泰功, 平田 悠, 伊賀 真紀子, 中島 進介, 西本 祐希, 向井 美希, 廣田 勇士, 井口 元三, 坂口 一彦, 小川 渉, 高橋 裕

    2013年12月, 日本内分泌学会雑誌, 89 (3号), 980, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 下肢関節拘縮を呈し補充療法によって改善した汎下垂体機能低下症

    中島 進介, 福岡 秀規, 関口 兼司, 廣田 勇士, 井口 元三, 坂口 一彦, 小川 渉, 高橋 裕

    2013年12月, 日本内分泌学会雑誌, 89 (3号), 950, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Yoko Okuno, Hisako Komada, Kazuhiko Sakaguchi, Tomoaki Nakamura, Naoko Hashimoto, Yushi Hirota, Wataru Ogawa, Susumu Seino

    OBJECTIVE: The C-peptide index (CPI), a ratio of serum C-peptide to plasma glucose levels, is a readily measured index of β-cell function. The difference in the physiological features reflected by the index measured under fasting (F-CPI) or postprandial (PP-CPI) conditions has remained unclear, however. MATERIALS/METHODS: We investigated the relationship of the two CPIs to indexes of insulin secretion measured with an oral glucose tolerance test (OGTT) or with hyperglycemic and hyperinsulinemic-euglycemic clamp analyses as well as to disposition indexes (indexes of insulin secretion adjusted for insulin sensitivity) calculated from OGTT- or clamp-based analyses. We also examined the relationship between glucose tolerance and the clamp-based disposition index. RESULTS: The clamp-based disposition index declined progressively from normal glucose tolerance to impaired glucose tolerance to Type 2 diabetes, and it strongly correlated with the 2-h plasma glucose level during an OGTT. For patients with Type 2 diabetes, both F-CPI and PP-CPI correlated with indexes of insulin secretion including HOMA-β, the insulinogenic index, the ratio of the area under the insulin curve to that under the glucose curve during an OGTT, the serum C-peptide level after glucagon challenge, as well as early and total insulin secretion measured with a hyperglycemic clamp. PP-CPI, but not F-CPI, was significantly correlated with clamp-based and OGTT-based disposition indexes. CONCLUSIONS: F-CPI was correlated only with unadjusted indexes of insulin secretion, whereas PP-CPI was correlated with such indexes as well as with those adjusted for insulin sensitivity. The better clinical utility of PP-CPI might be attributable to these physiological characteristics.

    2013年10月, Metabolism: clinical and experimental, 62 (10), 1470 - 6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 肥満病態形成におけるPGC-1α新規アイソフォームの役割

    野村 和弘, 水崎 奈央, 細岡 哲也, 佐々木 努, 北村 忠弘, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    2013年09月, 肥満研究, 19 (Suppl.), 134, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 通院中の糖尿病患者の5年間における腎機能(eGFR、AER)の変化 normal albuminric CKD症例も含めて

    中村 友昭, 坂口 一彦, 宗 杏奈, 駒田 久子, 奥野 陽子, 橋本 尚子, 廣田 勇士, 小川 渉

    2013年08月, 糖尿病合併症, 27 (Suppl.1), 144, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • クランプ法を用いた内分泌疾患における耐糖能の検討

    駒田 久子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 中村 友昭, 福岡 秀規, 橋本 尚子, 井口 元三, 高橋 裕, 小川 渉, 清野 進

    耐糖能異常をきたす内分泌疾患は多く存在するが、その病態評価をクランプ法で行った報告はみられない。そこで今回、原疾患未治療の先端巨大症11例(以下Acro群)と、ACTH非依存性Cushing症候群5例(CS群)、褐色細胞腫13例(Pheo群)、原発性アルドステロン症28例(PA群)について、75g経口ブドウ糖負荷試験とクランプ法を施行し、各疾患における耐糖能異常の頻度を調査した(以下;検討1)。また、耐糖能状態や、各種検査で算出したインスリン分泌指標、インスリン感受性指標について、健常人43例(対照群)のデータと比較検討した(以下;検討2)。検討1の結果、境界型と糖尿病型を合わせた耐糖能異常はAcro群で6例(55%)、CS群で4例(80%)、Pheo群で8例(62%)、PA群で14例(50%)に認められた。検討2では次のような結果が得られた。1)対照群に比べてAcro群は[Glucose infusion rate(GIR)]が有意に低く、[Insulinogenic index]が低値傾向にある。2)CS群では[GIR]が有意に低く、[HOMA-R]が高値傾向、[Composite index]が低値傾向にある。3)Pheo群では[HOMA-β]や[インスリン分泌第1相]が有意に低値。

    (一社)日本内分泌学会, 2013年06月, 日本内分泌学会雑誌, 89 (Suppl.Update), 92 - 94, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Evaluation of a minimally invasive system for measuring glucose area under the curve during oral glucose tolerance tests: usefulness of sweat monitoring for precise measurement.

    Kazuhiko Sakaguchi, Yushi Hirota, Naoko Hashimoto, Wataru Ogawa, Tomoya Hamaguchi, Toshihiro Matsuo, Jun-ichiro Miyagawa, Mitsuyoshi Namba, Toshiyuki Sato, Seiki Okada, Koji Tomita, Munehide Matsuhisa, Hideaki Kaneto, Keisuke Kosugi, Hiroshi Maegawa, Hiromu Nakajima, Atsunori Kashiwagi

    AIMS: We developed a system for measuring glucose area under the curve (AUC) using minimally invasive interstitial fluid extraction technology (MIET). Sweat contamination during interstitial fluid glucose (IG) extraction affects the accuracy of glucose AUC measurement, because this technology uses extracted sodium ion levels as an internal standard. Therefore, we developed a sweat monitoring patch to reduce this effect and investigated its efficacy in volunteers undergoing oral glucose tolerance tests (OGTTs). MATERIALS AND METHODS: Fifty diabetes mellitus inpatients and 10 healthy subjects undergoing the 75 g OGTT were included. Two sites on the forearm were pretreated with microneedle arrays, then hydrogels for interstitial fluid extraction were placed on the treated sites. Simultaneously, hydrogels for sweat monitoring were placed on untreated sites near the treated sites. Plasma glucose (PG) levels were measured every 30 min for 2 h to calculate reference AUC values. Using MIET, IG AUC was calculated from extracted glucose and sodium ion levels after attachment of the hydrogel for 2 h. RESULTS: Good correlation between IG AUC measurements using MIET and reference AUCs measured using PG levels was confirmed over a wide AUC range (202-610 mg/h/dl) after correction for the sweat-induced error detected by the hydrogel patches on the nonpretreated skin. Strong correlation between IG AUC and peak glucose levels indicates that glucose spikes can be easily detected by this system. CONCLUSION: We confirmed the effectiveness of a sweat monitoring patch for precise AUC measurement using MIET. This novel, easy-to-use system has potential for glucose excursion evaluation in daily clinical practice.

    2013年05月01日, Journal of diabetes science and technology, 7 (3), 678 - 88, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Correlation of serum CPR to plasma glucose ratio with various indices of insulin secretion and diseases duration in type 2 diabetes.

    Yoko Okuno, Kazuhiko Sakaguchi, Hisako Komada, Naoko Hashimoto, Yushi Hirota, Tomoaki Nakamura, Wataru Ogawa, Susumu Seino

    Evaluating insulin secretion ability and sensitivity is essential to establish an appropriate treatment for patients with type 2 diabetes. The serum C-peptide response (CPR) level is used to evaluate the quantity of endogenous insulin secretion. However, the serum CPR level alone cannot indicate insulin-secretion ability or insulin sensitivity, because plasma glucose levels influence endogenous insulin secretion and vice versa. The CPR index, a ratio of serum CPR level to plasma glucose concentration when measured simultaneously, was previously reported to be a useful marker to determine the necessity of insulin treatment in patients with type 2 diabetes, but the reasons are unknown. The aim of this study was to clarify which factors affect the CPR index in patients with type 2 diabetes. Totally, 121 subjects were included in this study; all participants were hospitalized for type 2 diabetes. On the day after admission, we calculated the CPR index from each patient's fasting blood sample and a blood sample taken 2 hours after breakfast (the postprandial sample). A detailed medical history was taken from each patient to establish the disease duration. The degree of diabetic retinopathy judged by an ophthalmologist was obtained from patients' medical records. An oral glucose tolerance test and a glucagon load test were performed after the fasting plasma glucose level decreased to 130 mg/dl, and indices of insulin secretion and sensitivity were calculated. Fasting and postprandial CPR indices were moderately correlated with total endogenous insulin secretion after oral glucose load and with the CPR level after glucagon load, insulin sensitivity, composite index, and the reciprocal index of homeostasis model assessment (HOMA-R-1). Furthermore, there was a weak but significant correlation between the postprandial CPR index and the duration of diabetes. The postprandial CPR index was inversely correlated with the degree of diabetic retinopathy, which is known to be associated with the duration of hyperglycemia. Our data clearly shows that the CPR index is a useful parameter to reflect the degree of impaired glucose tolerance.

    2013年04月18日, The Kobe journal of medical sciences, 59 (2), E44-53 - 53, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 副甲状腺機能低下症をきっかけに成人期に診断された22q11.2欠失症候群の3例

    小武 由紀子, 福岡 秀規, 吉岡 奈美, 廣田 勇士, 井口 元三, 坂口 一彦, 小川 渉, 清野 進, 高橋 裕

    2013年04月, 日本内分泌学会雑誌, 89 (1号), 308, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 新規TRβ遺伝子変異(A234D)を同定した甲状腺ホルモン不応症の1家系

    吉岡 奈美, 福岡 秀規, 西原 永潤, 宮内 昭, 井口 元三, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉, 清野 進, 高橋 裕

    2013年04月, 日本内分泌学会雑誌, 89 (1号), 245, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 食後のCPR indexは、OGTTやクランプ法に基づくdisposition index相当指標と相関する

    玉川 杏奈, 奥野 陽子, 坂口 一彦, 駒田 久子, 中村 友昭, 廣田 勇士, 橋本 尚子, 小川 渉, 清野 進

    2013年04月, 糖尿病, 56 (Suppl.1), S - 235, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 抗ヒトインスリン特異的IgE抗体と高結合部位数・低親和性IgG抗体を認めたインスリンアレルギーの2例

    竹内 健人, 廣田 勇士, 山田 陽三, 福永 淳, 中村 友昭, 橋本 尚子, 坂口 一彦, 小川 渉, 清野 進

    2013年04月, 糖尿病, 56 (Suppl.1), S - 355, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • C-peptide response to glucagon challenge is correlated with improvement of early insulin secretion by liraglutide treatment

    Takabe M, Matsuda T, Hirota Y, Hashimoto N, Nakamura T, Sakaguchi K, Ogawa W, Seino S

    2012年12月, Diabetes Res Clin Pract, 98 (3), e32 - 5, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Proliferative and antiapoptotic signaling stimulated by nuclear-localized PDK1 results in oncogenesis

    Kikani CK, Verona EV, Ryu J, Shen Y, Ye Q, Zheng L, Qian Z, Sakaue H, Nakamura K, Du J, Ji Q, Ogawa W, Sun LZ, Dong LQ, Liu F

    2012年11月, Sci Signal, 5 (249), ra80, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 1型糖尿病を合併した薬剤性過敏症症候群(DIHS)の1例

    小倉香奈子, 清水秀樹, 廣田勇士, 小川渉, 錦織千佳子

    2012年09月, 皮膚科の臨床, 54 (9号), 1233 - 1237, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Temporal coding of insulin action through multiplexing of the AKT pathway

    Kubota H, Noguchi R, Toyoshima Y, Ozaki Y, Uda S, Watanabe K, Ogawa W, Kuroda S

    2012年06月, Mol Cell, 46 (6), 820 - 32, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A minimally invasive system for glucose area under the curve measurement using interstitial fluid extraction technology: evaluation of the accuracy and usefulness with oral glucose tolerance tests in subjects with and without diabetes

    Sakaguchi K, Hirota Y, Hashimoto N, Ogawa W, Sato T, Okada S, Hagino K, Asakura Y, Kikkawa Y, Kojima J, Maekawa Y, Nakajima H

    2012年06月, Diabetes Technol Ther, 14 (6), 485 - 91, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 低血糖により誘発される神経巣症状の病態と臨床的意義

    廣田勇士, 濱口浩敏, 橋本尚子, 坂口一彦, 小川渉, 清野進

    2012年04月, 糖尿病, 55 (Suppl.1), S - 285, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Administration of BMP2/7 in utero partially reverses Rubinstein-Taybi syndrome-like skeletal defects induced by Pdk1 or Cbp mutations in mice

    Ogawa W

    2012年01月, The Journal of clinical investigation, Vol. 122, No. 1, pp. 91-106, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ablation of 3-phosphoinositide-dependent protein kinase 1 (PDK1) in vascular endothelial cells enhances insulin sensitivity by reducing visceral fat and suppressing angiogenesis

    Ogawa W

    2012年01月, Molecular endocrinology (Baltimore, Md), Vol. 26, No. 1, pp. 95-109, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Hepatitis C virus infection promotes hepatic gluconeogenesis through an NS5A-mediated, FoxO1-dependent pathway

    Deng L, Shoji I, Ogawa W, Jiang DP, Ide YH, Hotta H

    2011年09月, Journal of virology, Vol. 85, No. 17, pp. 8556-68, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Role of S6K1 in regulation of SREBP1c expression in the liver

    Ogawa W, Hara K

    2011年08月, Biochemical and biophysical research communications, Vol. 412, No. 2, pp. 197-202, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Age-dependent decline in beta-cell function assessed by and oral glucose tolernce test-based dispostion index

    Hirota Y, Ogawa W

    2011年08月, JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION, Vol. 2, No. 4, pp. 293-296, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PDK1-Foxo1 in agouti-related peptide neurons regulates energy homeostasis by modulating food intake and energy expenditure.

    Cao Y, Nakata M, Okamoto S, Takano E, Yada T, Minokoshi Y, Hirata Y, Nakajima K, Iskandar K, 林 祥剛, 小川 渉, Barsh GS, Hosoda H, Kangawa K, Itoh H, Noda T, Kasuga M, Nakae J

    2011年04月, PLoS One, 6(4):e18324., 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PDK1-Foxo1 in agouti-related peptide neurons regulates energy homeostasis by modulating food intake and energy expenditure

    Hayashi Y, Ogawa W

    2011年, PloS one, Vol. 6, No. 4, pp. e18324-e183, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Resveratrol inhibits mTOR signaling by promoting the interaction between mTOR and DEPTOR

    Ogawa W

    2010年11月, The Journal of biological chemistry, Vol. 285, No. 47, pp. 36387-94, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Maternal phosphatidylinositol 3-kinase signalling is crucial for embryonic genome activation and preimplantation embryogenesis

    Ogawa W

    2010年11月, EMBO reports, Vol. 11, No. 11, pp. 890-5, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • PDK-1/FoxO1 pathway in POMC neurons regulates Pomc expression and food intake.

    Iskandar K, Cao Y, 林 祥剛, Nakata M, Takano E, Yada T, Zhang C, 小川 渉, Oki M, Chua S Jr, Itoh H, Noda T, Kasuga M, Nakae J

    2010年10月, Am J Physiol Endocrinol Metab., 298(4):E787-98., 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Regulation of muscle genes by moderate exercise

    Ogawa W

    2010年09月, International journal of sports medicine, Vol. 31, No. 9, pp. 656-70, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Role of KLF15 in regulation of hepatic gluconeogenesis and metformin action

    Ogawa W

    2010年07月, Diabetes, Vol. 59, No. 7, pp. 1608-15, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Activation of vascular endothelial growth factor receptor 2 in a cellular model of loricrin keratoderma

    Ogawa W

    2010年05月, The Journal of biological chemistry, Vol. 285, No. 21, pp. 16184-94, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • ワンタッチウルトラビューにおけるカラーインジケーター機能の有用性の検討

    橋本尚子, 廣田勇士, 小川渉, 清野進

    2010年04月, 医学と薬学, 63巻, 4号, pp. 637-642, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PDK1/ FoxO1 pathway in POMC neurons regulates Pomc expression and food intake

    Iskandar K, Cao Y, Hayashi Y, Nakata M, Takano E, Yada T, Zhang C, Ogawa W M, Oki M, Chua S Jr, Itoh H, Noda T, Kasuga M, Nakae J

    2010年04月, Am J Physiol Endocrinol Metab, 298 (4), E787 - 98, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Regulation of SREBP1c expression by mTOR signaling in hepatocytes

    Ogawa W

    2009年11月, The Kobe journal of medical sciences, Vol. 55, No. 2, pp. E45-52, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PDK1 signaling in oocytes controls reproductive aging and lifespan by manipulating the survival of primordial follicles

    Ogawa W

    2009年08月, Human molecular genetics, Vol. 18, No. 15, pp. 2813-24, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PDK1 coordinates survival pathways and beta-adrenergic response in the heart

    Ogawa W

    2009年05月, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol. 106, No. 21, pp. 8689-94, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Identification and characterization of an alternative promoter of the human PGC-1alpha gene

    Ogawa W, Hosooka T

    2009年04月, Biochemical and biophysical research communications, Vol. 381, No. 4, pp. 537-43, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Two related cases of type A insulin resistance with compound heterozygous mutations of the insulin receptor gene

    Ogawa W

    2009年03月, Diabetes research and clinical practice, Vol. 83, No. 3, pp. e75-7, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The kinase PDK1 integrates T cell antigen receptor and CD28 coreceptor signaling to induce NF-kappaB and activate T cells

    Ogawa W

    2009年02月, Nature immunology, Vol. 10, No. 2, pp. 158-66, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Role of the E3 ubiquitin ligase gene related to anergy in lymphocytes in glucose and lipid metabolism in the liver

    Ogawa W

    2009年02月, Journal of molecular endocrinology, Vol. 42, No. 2, pp. 161-9, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The survival pathways phosphatidylinositol-3 kinase (PI3-K)/phosphoinositide-dependent protein kinase 1 (PDK1)/Akt modulate liver regeneration through hepatocyte size rather than proliferation

    Ogawa W

    2009年01月, Hepatology (Baltimore, Md), Vol. 49, No. 1, pp. 204-14, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • The Kruppel-like factor KLF15 inhibits transcription of the adrenomedullin gene in adipocytes

    Ogawa W

    2009年01月, Biochemical and biophysical research communications, Vol. 379, No. 1, pp. 98-103, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Role of hepatic STAT3 in the regulation of lipid metabolism

    Ogawa W

    2008年10月, The Kobe journal of medical sciences, Vol. 54, No. 4, pp. E200-8, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Insulin-like growth factor-1(IGF-1)が奏効したインスリン受容体異常症B型の1例

    小川渉

    2008年07月, 糖尿病, 51巻, 7号, pp. 629-634, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PDK1 regulates cell proliferation and cell cycle progression through control of cyclin D1 and p27Kip1 expression

    Ogawa W

    2008年06月, The Journal of biological chemistry, Vol. 283, No. 25, pp. 17702-11, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Identification of de novo STAT3 target gene in liver regeneration

    Ogawa W

    2008年04月, Hepatology Research, Vol. 38, No. 4, pp. 374-84, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Dok1 mediates high-fat diet-induced adipocyte hypertrophy and obesity through modulation of PPAR-gamma phosphorylation

    Noguchi T, Ogawa W

    2008年02月, Nature Medicine, Vol. 14, No. 2, pp. 188-93, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Development of an evaluation scale for self-management behavior related to physical activity of type 2 diabetic patients

    Nakawatase Y, Taru C, Tsutou A, Shiotani H, Kido Y, Ogawa W, Miyawaki I

    2007年11月, Diabetes Care, Vol. 30, No. 11, pp. 2843-8, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Alpha-lipoic acid and insulin autoimmune syndrome

    Ogawa W

    2007年09月, Diabetes Care, Vol. 30, No. 9, pp. 2240-1, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takahiro Seki, Naoki Irie, Kyoko Nakamura, Hiroshi Sakaue, Wataru Ogawa, Masato Kasuga, Hideyuki Yamamoto, Shiho Ohmori, Naoaki Saito, Norio Sakai

    To elucidate the role of 3-phosphoinositide-dependent protein kinase-1 (PDK1) in cellular signaling, we constructed and expressed a pseudosubstrate of PDK1, designated as delta AL-PIF, and characterized its properties in cultured cells. delta AL-PIF consists of two fused proteins of the protein kinase C delta (delta PKC) activation loop (delta AL) and PDK1-interacting fragment (PIF). The phosphorylation of delta AL-PIF was detected with anti-delta PKC phospho-Thr(505)-specific antibody and was increased in proportion to the expression level of co-expressed GST-PDK1, indicating that it acts as a pseudosubstrate of PDK1. In cells expressing delta AL-PIF, basal phosphorylation level at the activation loop of PKB alpha, delta PKC and gamma PKC was reduced, compared with that in control cells, suggesting that delta AL-PIF functions as an inhibitory molecule for PDK1. delta AL-PIF affected the stability, translocation and endogenous activity of PKCs. These effects of delta AL-PIF on gamma PKC properties were confirmed by investigation using conditioned PDK1 knockout cells. Furthermore, apoptosis frequently occurred in cells expressing delta AL-PIF for 3 days. These findings revealed that delta AL-PIF served as an effective pseudosubstrate and an inhibitory molecule for PDK1, suggesting that this molecule can be used as a tool for investigating PDK-mediated cellular functions as well as being applicable for anti-cancer therapy.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2006年09月, GENES TO CELLS, 11 (9), 1051 - 1070, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • PI3K rescues the detrimental effects of chronic Akt activation in the heart during ischemia/reperfusion injury

    Ogawa W

    2006年02月, The Journal Of Clinical Investigation, Vol. 116, No. 2, pp. 548-548, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Compensatory recovery of liver mass by Akt-mediated hepatocellular hypertrophy in liver-specific STAT3-deficient mice

    Ogawa W

    2005年11月, Journal Of Hepatology, Vol. 43, No. 5, pp. 799-807, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Chronic effects of AJ-9677 on energy expenditure and energy source utilization in rats

    Ogawa W

    2005年09月, European Journal Of Pharmacology, Vol. 519, No. 1-2, pp. 135-45, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Role of Kruppel-like factor 15 in PEPCK gene expression in the liver

    Teshigawara Kiyoshi, Ogawa Wataru, Mori Toshiyuki, Matsuki Yasushi, Watanabe Eijiro, Hiramatsu Ryuji, Inoue Hiroshi, Miyake Kazuaki, Sakaue Hiroshi, Kasuga Masato

    2005年, Biochemical And Biophysical Research Communications, Vol. 327, No. 3, pp. 920-926, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Role of Kruppel-like factor 15 (KLF15) in transcriptional regulation of adipogenesis

    Mori Toshiyuki, Sakaue Hiroshi, Iguchi Haruhisa, Gomi Hideyuki, Okada Yuko, Takashima Yasuhiro, Nakamura Kyoko, Nakamura Takehiro, Yamauchi Toshimasa, Kubota Naoto, Kadowaki Takashi, Matsuki Yasushi, Ogawa Wataru, Hiramatsu Ryuji, Kasuga Masato

    2005年, The Journal Of Biological Chemistry, Vol. 280, No. 13, pp. 12867-12, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Protein kinase Calpha is implicated in cholecystokinin-induced activation of 70-kd S6 kinase in AR42J cells

    Yutsudo Yoshihiro, Kido Yoshiaki, Okabayashi Yoshinori, Matsumoto Michihiro, Ogawa Wataru, Ohba Motoi, Kuroki Toshio, Kasuga Masato

    2005年, Pancreas, Vol. 30, No. 1, pp. 50-53, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PKClambda regulates glucose-induced insulin secretion through modulation of gene expression in pancreatic beta cells

    Hashimoto Naoko, Kido Yoshiaki, Uchida Tohru, Matsuda Tomokazu, Suzuki Kazuhisa, Inoue Hiroshi, Matsumoto Michihiro, Ogawa Wataru, Maeda Sakan, Fujihara Hiroaki, Ueta Yoichi, Uchiyama Yasuo, Akimoto Kazunori, Ohno Shigeo, Noda Tetsuo, Kasuga Masato

    2005年, The Journal Of Clinical Investigation, Vol. 115, No. 1, pp. 138-145, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Role of STAT-3 in regulation of hepatic gluconeogenic genes and carbohydrate metabolism in vivo

    Inoue Hiroshi, Ogawa Wataru, Ozaki Michitaka, Haga Sanae, Matsumoto Michihiro, Furukawa Kensuke, Hashimoto Naoko, Kido Yoshiaki, Mori Toshiyuki, Sakaue Hiroshi, Teshigawara Kiyoshi, Jin Shiyu, Iguchi Haruhisa, Hiramatsu Ryuji, LeRoith Derek, Takeda Kiyoshi, Akira Shi

    2004年02月, Nature Medicine, Vol. 10, No. 2, pp. 168-174, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Role of MAPK phosphatase-1 (MKP-1) in adipocyte differentiation

    Sakaue Hiroshi, Ogawa Wataru, Nakamura Takehiro, Mori Toshiyuki, Nakamura Kyoko, Kasuga Masato

    2004年, The Journal Of Biological Chemistry, Vol. 279, No. 38, pp. 39951-39, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Requirement for 3-phosphoinositide-kependent dinase-1 (PDK-1) in insulin-induced glucose uptake in immortalized brown adipocytes

    Sakaue Hiroshi, Nishizawa Akihiko, Ogawa Wataru, Teshigawara Kiyoshi, Mori Toshiyuki, Takashima Yasuhiro, Noda Tetsuo, Kasuga Masato

    2003年10月, The Journal Of Biological Chemistry, Vol. 278, No. 40, pp. 38870-38, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PKClambda in liver mediates insulin-induced SREBP-1c expression and determines both hepatic lipid content and overall insulin sensitivity

    Matsumoto Michihiro, Ogawa Wataru, Akimoto Kazunori, Inoue Hiroshi, Miyake Kazuaki, Furukawa Kensuke, Hayashi Yoshitake, Iguchi Haruhisa, Matsuki Yasushi, Hiramatsu Ryuji, Shimano Hitoshi, Yamada Nobuhiro, Ohno Shigeo, Kasuga Masato, Noda Tetsuo

    2003年09月, The Journal Of Clinical Investigation, Vol. 112, No. 6, pp. 935-944, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tissue glycogen content and glucose intolerance

    Kasuga Masato, Ogawa Wataru, Ohara Takeshi

    2003年05月, The Journal Of Clinical Investigation, Vol. 111, No. 9, pp. 1282-1284, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Induction of apoptosis by stomach cancer-associated protein tyrosine phosphatase-1 (SAP-1)

    Toshiyuki Takada, Tetsuya Noguchi, Kenjiro Inagaki, Tetsuya Hosooka, Kaoru Fukunaga, Takuji Yamao, Wataru Ogawa, Takashi Matozaki, Masato Kasuga

    2002年, J. Biol. Chem., 277,, 34359 - 34366, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Wataru Ogawa, Yushi Hirota

    For type 1 diabetes patients with inadequate glycemic control, one treatment option is to increase the insulin dose (scenario 1), which should not give rise to a "metabolic imbalance." A second option is additional treatment with a sodium-glucose cotransporter 2 inhibitor, which might lead to a "metabolic imbalance" (scenario 2). A reduction in insulin dose in addition to administration of a sodium-glucose cotransporter 2 inhibitor might further increase the "metabolic imbalance" (scenario 3).

    2019年07月, Journal of diabetes investigation, 10 (4), 879 - 882, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【肥満症の病態と治療の最前線】 肥満症の病態 肥満症とサルコペニア

    森田靖子, 小川渉

    2019年01月, 最新医学, 74 (1号), 67 - 74, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【糖尿病とがん】 糖尿病における発がんリスク上昇のメカニズム

    西本祐希, 田守義和, 小川渉

    2019年01月, 医薬ジャーナル, 55 (1号), 71 - 76, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【ビグアナイド薬(メトホルミン)Update】 メトホルミンの作用メカニズム 消化管外作用と消化管内作用

    小川渉

    2018年11月, 糖尿病の最新治療, 10 (1号), 12 - 17, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【糖尿病とがんを解きほぐす-臨床・基礎・疫学が織りなす両者の関係-】 糖尿病とがんの接点 肥満とインスリン抵抗性

    田守義和, 小川渉

    2018年09月, プラクティス, 35 (5号), 516 - 521, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • SGLT2 inhibitors and protection against pancreatic beta cell failure

    Asahara SI, Ogawa W

    2018年09月, Diabetol Int, 10 (1), 1 - 2, 英語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Minamii T, Nogami M, Ogawa W

    Recent evidence suggests that metformin exerts glucose-lowering effects via its action in the gut. The accumulation in the colon of 18 F-labeled fluorodeoxyglucose (FDG), a nonmetabolizable derivative of glucose, is markedly augmented after metformin administration, indicating that metformin affects the handling of glucose in colon whereas the underlying mechanism and the significance to glucose metabolism of the finding remain to be determined.

    2018年07月, J Diabetes Investig, 9 (4), 701 - 703, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • メトホルミン作用の分子機序

    細川友誠, 小川渉

    2018年06月, Diabetes Journal: 糖尿病と代謝, 46 (2号), 54 - 60, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【超高齢社会に挑む骨格筋のメディカルサイエンス 筋疾患から代謝・全身性制御へと広がる筋研究を、健康寿命の延伸につなげる】 (第1章)骨格筋の代謝の調節機構 糖代謝制御における骨格筋の役割

    小川渉

    2018年05月, 実験医学, 36 (7号), 1124 - 1129, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【糖尿病治療薬~薬剤選択とその根拠~】 SU薬

    中村友昭, 坂口一彦, 小川渉

    2016年02月, 月刊レジデント, 9 (2号), 45 - 52, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【糖尿病治療薬Update-適正使用に向けて】 経口血糖降下薬の特性と注意点 ビグアナイド薬

    倉本尚樹, 小川渉

    2016年01月, Medicina, 53 (1号), 39 - 41, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • A novel role for the cell cycle regulatory complex cyclin D1-CDK4 in gluconeogenesis

    HosookaT, OgawaW

    2016年01月, J Diabetes Investig, 7 (1), 27 - 8, 英語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【循環器内科医が知っておくべき糖尿病治療薬】 メトホルミンの心血管イベント予防効果と使用における注意点

    坂口一彦, 小川渉

    2015年08月, 心臓, 47 (8号), 944 - 950, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【高齢者の糖尿病ケア-最近の話題と対応策】 高齢者の糖尿病薬物治療の課題と対策 肝機能低下

    松岡敦子, 廣田勇士, 小川渉

    2015年08月, 糖尿病の最新治療, 6 (4号), 191 - 195, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • インスリン作用のKey Molecules PDK1

    細岡哲也, 小川渉

    2015年08月, Diabetes Frontier, 26 (4号), 499 - 503, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【インスリン抵抗性をどう評価し、どう活かすか?-中枢神経から標的臓器まで-】 肝糖代謝改善を目指した薬物療法

    坂口一彦, 小川渉

    2015年07月, プラクティス, 32 (4号), 425 - 432, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 糖尿病とがん 糖尿病とがんの発症をつなぐメカニズム

    廣田勇士, 小川渉

    2015年06月, 糖尿病合併症, 29 (1号), 51 - 53, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 【ミトコンドリアを鍛える】 運動でミトコンドリアを鍛える PGC-1αの役割

    野村和弘, 小川渉

    2015年06月, アンチ・エイジング医学, 11 (3号), 356 - 361, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【経口糖尿病薬の配合剤の有用性を考える】 配合剤の種類と使い方 メタクト

    廣田勇士, 小川渉

    2015年05月, 糖尿病の最新治療, 6 (3号), 118 - 121, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【最新臨床大腸癌学-基礎研究から臨床応用へ-】 インスリン抵抗性と癌発症

    福岡秀規, 小川渉

    2015年04月, 日本臨床, 73 (増刊4 最新臨床大腸癌学), 699 - 704, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【グルカゴン革命 糖尿病の真の分子病態を追え!】 肝臓におけるグルカゴンの生理作用 脳を介した作用を含めて

    平田悠, 野村和弘, 小川渉

    2015年04月, 実験医学, 33 (6号), 892 - 896, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【糖尿病と合併症(前篇) 糖尿病】 2型糖尿病、インスリン抵抗性 糖尿病とミトコンドリア機能障害

    野村和弘, 小川渉

    2015年03月, 最新医学, 70 (3月増刊), 580 - 586, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【肥満症診療最前線】 肥満に起因する疾患の検査、治療のポイントは? 体重減少の効果を主に 肥満に起因するがん

    中島 進介, 田守 義和, 小川 渉

    2015年02月, Modern Physician, 35 (2号), 219 - 221, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 糖尿病成因解明の最前線 エネルギー消費制御と肥満・糖代謝異常の発症メカニズム

    小川 渉

    2015年01月, 実験医学, 33 (1号), 133 - 135, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【糖尿病のすべて】 基礎研究の最前線 肝および骨格筋におけるインスリン作用機構とその破綻

    細岡 哲也, 小川 渉

    2015年01月, 医学のあゆみ, 252 (5号), 402 - 408, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【患者中心医療のための糖尿病患者評価-基本的な病態と療養指導】 インスリン抵抗性

    宗 杏奈, 坂口 一彦, 小川 渉

    2015年01月, 内分泌・糖尿病・代謝内科, 40 (1号), 20 - 24, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【老年医学の視点から見た高齢者糖尿病】 高齢者糖尿病と癌

    駒田 久子, 坂口 一彦, 小川 渉

    2014年12月, 月刊糖尿病, 6 (11号), 56 - 61, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【糖尿病・メタボリックシンドローム-分子機序と治療戦略-】 骨格筋のインスリン抵抗性と運動療法の分子基盤

    野村 和弘, 小川 渉

    2014年12月, BIO Clinica, 29 (14号), 1363 - 1367, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【糖尿病とがん】 糖尿病とがん発生のメカニズム がんと糖尿病を結びつける要因

    中村 友昭, 坂口 一彦, 小川 渉

    2014年11月, Progress in Medicine, 34 (11号), 1927 - 1931, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【肥満の医学-臨床と研究の最先端】 基礎研究【炎症と肥満】 脂肪細胞におけるインスリンシグナルとその作用 遺伝子改変マウスより得られた知見

    細岡 哲也, 小川 渉

    2014年08月, 医学のあゆみ, 250 (9号), 755 - 759, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【グルカゴンの分泌調節と作用】 グルカゴン受容体とその作用

    細岡 哲也, 小川 渉

    2014年05月, 内分泌・糖尿病・代謝内科, 38 (5号), 403 - 409, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【経口糖尿病薬治療アルゴリズムを考える-欧米でファーストラインのビグアナイド薬を中心に】 作用機序から考えるビグアナイド薬への期待

    小川 渉

    2014年02月, 糖尿病の最新治療, 5 (2号), 84 - 89, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 糖尿病 基礎分野での進歩 糖代謝と肝臓

    松木 核, 細岡 哲也, 小川 渉

    2014年01月, Annual Review糖尿病・代謝・内分泌, 2014, 21 - 27, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【高齢者の糖尿病】 高齢者糖尿病に関連する生理機能の加齢変化 エネルギー代謝・糖代謝

    中村 友昭, 廣田 勇士, 小川 渉

    2013年11月, 日本臨床, 71 (11号), 1932 - 1935, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • CSII加療中1型糖尿病合併妊娠におけるインスリン必要量の変化についての検討

    西本 祐希, 廣田 勇士, 中村 友昭, 岩橋 泰幸, 藤田 泰功, 播 悠介, 平田 悠, 伊賀 真紀子, 中島 進介, 向井 美希, 坂口 一彦, 小川 渉

    2013年10月, 糖尿病と妊娠, 13 (2号), S - 90, 日本語

    会議報告等

  • 肥満症と冠動脈疾患

    小川 渉

    2013年09月, 肥満研究, 19 (Suppl.), 133, 日本語

    会議報告等

  • 糖尿病治療の最前線

    小川 渉

    2013年09月, 日本臨床内科医会会誌, 28 (3号), 378, 日本語

    [招待有り]

    会議報告等

  • 脂肪細胞の機能不全は糖脂質代謝異常とNASHを惹起する

    松木 核, 野村 和弘, 小川 渉, 春日 雅人, 清野 進, 細岡 哲也

    2013年09月, 肥満研究, 19 (Suppl.), 152, 日本語

    会議報告等

  • PGC-1αの各種新規アイソフォームの発現と機能の解析

    水崎 奈央, 野村 和弘, 細岡 哲也, 春日 雅人, 小川 渉

    2013年09月, 肥満研究, 19 (Suppl.), 140, 日本語

    会議報告等

  • Report of the Japan Diabetes Society/Japanese Cancer Association Joint Committee on Diabetes and Cancer

    Kasuga M, Ueki K, Tajima N, Noda M, Ohashi K, Noto H, Goto A, Ogawa W, Sakai R, Tsugane S, Hamajima N, Nakagama H, Tajima K, Miyazono K, Imai K

    2013年07月, Cancer Sci, 104 (7), 965 - 76, 英語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • PGC-1α新規アイソフォームのエネルギー代謝制御における機能

    小川 渉

    2013年06月, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集13回, 165, 日本語

    会議報告等

  • 肥満病態形成におけるPGC-1α新規アイソフォームの役割

    野村 和弘, 細岡 哲也, 佐々木 努, 北村 忠弘, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    2013年04月, 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集50回, 88, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 肥満病態形成におけるPGC-1α新規アイソフォームの役割

    野村 和弘, 細岡 哲也, 佐々木 努, 北村 忠弘, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    2013年04月, 日本内分泌学会雑誌, 89 (1号), 229, 日本語

    会議報告等

  • 日本人におけるOGTTに基づくグルコースクランプのインスリン分泌、感受性指標の推定の試み

    駒田 久子, 坂口 一彦, 廣田 勇士, 中村 友昭, 奥野 陽子, 橋本 尚子, 小川 渉, 清野 進

    2013年04月, 糖尿病, 56 (Suppl.1), S - 235, 日本語

    会議報告等

  • 長時間および短時間作用型GLP-1アゴニストの正常耐糖能者に及ぼす影響

    中島 進介, 松田 友和, 廣田 勇士, 高部 倫敬, 中村 友昭, 橋本 尚子, 坂口 一彦, 小川 渉, 清野 進

    2013年04月, 糖尿病, 56 (Suppl.1), S - 133, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 持続皮下インスリン注入療法中のインスリン抗体結合率の変化についての検討

    西本 祐希, 廣田 勇士, 中村 友昭, 中島 進介, 北野 佐知, 橋本 尚子, 坂口 一彦, 小川 渉, 清野 進

    2013年04月, 糖尿病, 56 (Suppl.1), S - 217, 日本語

    会議報告等

  • クランプ法から算出されるdisposition index相当指標(Clamp PAI)と75g OGTTにおける血糖曲線下面積の関係

    坂口 一彦, 駒田 久子, 廣田 勇士, 中村 友昭, 奥野 陽子, 橋本 尚子, 小川 渉, 清野 進

    2013年04月, 糖尿病, 56 (Suppl.1), S - 235, 日本語

    会議報告等

  • インスリン抵抗性とがん

    細岡 哲也, 小川 渉

    2013年04月, 肥満研究, 19 (1号), 13 - 17, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • CGMを用いた2型糖尿病患者におけるインスリンとシタグリプチンの併用による血糖改善効果とインスリン減量効果・予測因子の検討

    中村 友昭, 廣田 勇士, 松田 友和, 高部 倫敬, 中島 進介, 西本 祐希, 北野 佐知, 橋本 尚子, 坂口 一彦, 小川 渉, 清野 進

    2013年04月, 糖尿病, 56 (Suppl.1), S - 356, 日本語

    会議報告等

  • 薬薬連携における糖尿病療養指導 お薬手帳を用いた保険薬局へのシックデイルール情報提供

    野々内 裕紀, 谷藤 亜希子, 平野 剛, 濱口 常男, 岩川 精吾, 太田 光煕, 棚橋 孝雄, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉, 平井 みどり

    2013年02月, 糖尿病, 56 (2号), 138, 日本語

    会議報告等

  • インスリン必要性の予測に対する食前及び食後のCPR indexの有用性

    北野 佐知, 奥野 陽子, 坂口 一彦, 廣田 勇士, 駒田 久子, 中村 友昭, 橋本 尚子, 小川 渉, 清野 進

    2013年02月, 糖尿病, 56 (2号), 134, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • インスリノーマにおけるインスリン分泌特性と遺伝子発現の解析

    小柳 真希, 松田 友和, 廣田 勇士, 橋本 尚子, 淺原 俊一郎, 中村 友昭, 木戸 良明, 坂口 一彦, 小川 渉, 清野 進

    2013年02月, 日本内科学会雑誌, 102 (Suppl.), 214, 日本語

    会議報告等

  • 糖尿病とがん インスリン抵抗性と癌の発症病理(Diabetes and cancer Insulin resistance and pathogenesis of cancer)(英語)

    小川 渉

    2012年08月, 日本癌学会総会記事, (71回), 457, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 【メタボリックシンドロームII(後篇)-メタボリックシンドロームの基礎-】 成因と病態 遺伝子・病態・標的分子の面から メタボリックシンドロームにおけるインスリン抵抗性の成因と病態へのかかわり

    小川渉

    2011年06月, 最新医学, 66巻, 6月増刊, pp. 1400-1407, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【エネルギー代謝転写因子ネットワークと生活習慣病】 臓器・疾患別にみた転写因子の展開 糖新生の転写制御と糖代謝

    小川渉

    2011年05月, 医学のあゆみ, 237巻, 6号, pp. 666-671, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【次世代の2型糖尿病薬物治療】 開発中の次世代の治療薬 FBPase阻害剤

    小川渉

    2011年04月, Mebio, 28巻, 4号, pp. 118-124, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【やせとアディポサイエンス】 基礎 飢餓における肝臓糖代謝調節

    小川渉

    2011年03月, Adiposcience, 7巻, 3号, pp. 213-219, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【糖尿病と癌】 修飾インスリンは癌の発症率を上昇させるか

    坂口一彦, 小川渉

    2011年02月, Diabetes Frontier, 22巻, 1号, pp. 44-48, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【メタボリックシンドローム(第2版) 基礎・臨床の最新知見】 成因と病態生理 メタボリックシンドローム発症基盤としての慢性炎症性変化 肝細胞の炎症性変化によるインスリン抵抗性発現のメカニズム

    小川渉

    2011年01月, 日本臨床, 69巻, 増刊1 メタボリックシンドローム, pp. 290, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 糖尿病研究の進歩と展望 インスリン抵抗性の分子機構

    小川渉

    2010年09月, 糖尿病学の進歩, 巻, 44号, pp. 206-209, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【肥満症update】 肥満に伴う諸問題 病態と治療 肥満症に伴う代謝障害

    小川渉

    2010年09月, 綜合臨床, 59巻, 9号, pp. 1933-1937, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【網羅的解析 omics解析の現在と未来】 DNAチップを用いた遺伝子発現解析による2型糖尿病の病態決定の鍵分子同定

    小川渉

    2010年04月, 内分泌・糖尿病・代謝内科, 30巻, 4号, pp. 299-304, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 肥満症(第2版) 基礎・臨床研究の進歩 肥満基礎研究の進歩 肥満・肥満症の成因と発症機序 肥満症を誘導する分子機構 インスリン抵抗性との関連

    小川渉

    2010年02月, 日本臨床, 68巻, 増刊号2 肥満症, pp. 236-239, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【糖尿病治療薬 病態生理から考える適切な薬剤選択】 経口糖尿病治療薬 作用機序とエビデンス ビグアナイド薬

    小川渉

    2010年01月, 治療学, 44巻, 1号, pp. 53-58, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【糖尿病(耐糖能異常)と肝疾患のクロストーク】 肝におけるインスリン抵抗性

    小川渉

    2009年06月, 医学のあゆみ, 229巻, 12号, pp. 1108-1112, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【インスリン作用の原点】 肝におけるインスリン作用

    小川渉

    2009年05月, 糖尿病, 52巻, 5号, pp. 321-323, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【肥満・糖尿病の病態を解明するエネルギー代謝の最前線 ミトコンドリア・脂肪細胞の機能理解から臓器間神経ネットワークによる代謝調節まで】 個体としてのエネルギー代謝調節 肝糖新生制御とSTAT3

    小川渉

    2009年04月, 実験医学, 27巻, 7号, pp. 1078-1082, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【糖のサイエンス】 骨格筋・肝臓での糖代謝の調節機構

    小川渉

    2009年04月, アンチ・エイジング医学, 5巻, 2号, pp. 190-195, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【メタボリックシンドロームから消化器疾患に迫る】 メタボリックシンドロームにおける肝臓の転写調節異常を探る

    小川渉

    2009年03月, 分子消化器病, 6巻, 1号, pp. 20-24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【インスリン抵抗性の分子メカニズム】 インスリン作用の分子機構

    小川渉

    2009年03月, BIO Clinica, 24巻, 3号, pp. 220-225, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Cell signaling. Fat stress and liver resistance

    Ogawa W

    2008年12月, Science (New York, NY), Vol. 322, No. 5907, pp. 1483-4, 英語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 糖尿病研究の進歩 インスリン抵抗性 インスリン抵抗性と肝糖代謝

    小川渉

    2008年09月, 糖尿病学の進歩, 巻, 42号, pp. 45-49, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【糖尿病とインスリン抵抗性】 エネルギー代謝制御における臓器相関

    小川渉

    2008年09月, 細胞, 40巻, 10号, pp. 426-429, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 基礎講座 サイトカイン・ケモカインとその受容体 IL-6/IL-6受容体と糖尿病

    小川渉

    2008年08月, Diabetes Frontier, 19巻, 4号, pp. 509-513, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 肝臓の糖脂質代謝制御にかかわる新規転写調節機構の同定

    小川渉

    2008年08月, Therapeutic Research, 29巻, 8号, pp. 1274-1277, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【新時代の糖尿病学 病因・診断・治療研究の進歩】 糖尿病基礎研究の進歩 糖代謝とその調節機序 糖代謝関連ホルモンの作用と代謝調節 インスリンとインスリン受容体 インスリン作用発現の分子メカニズム インスリンの生物学的作用の多様性

    小川渉

    2008年05月, 日本臨床, 66巻, 増刊3 新時代の糖尿病学(1), pp. 236-, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【解明が進むメタボリックシンドローム 脂肪細胞の機能からエネルギー代謝・摂食・心血管系の制御機構、予防と治療まで】 中枢神経系とメタボリックシンドローム 中枢神経系による肝糖代謝調節作用

    小川 渉

    2007年09月, 実験医学, 25巻, 15号, pp. 2378-2383, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【糖尿病の新しい治療戦略】 先端の治療戦略 肝臓のインスリン抵抗性を標的とした糖尿病治療の可能性

    小川 渉

    2007年04月, 最新医学, 62巻, 4号, pp. 916-922, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【インスリン抵抗性】 インスリン抵抗性とメタボリックシンドローム

    小川 渉

    2007年04月, 細胞, 39巻, 4号, pp. 133-136, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【メタボリックシンドローム時代の糖尿病研究の最前線】 メタボリックシンドローム研究の最前線 中枢と末梢(肝臓)のクロストーク 中枢神経を介した肝糖産生の制御

    小川 渉

    2007年03月, 医学のあゆみ, 220巻, 13号, pp. 1052-1056, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【インスリンシグナルと調節機構】 インスリンによる肝糖新生抑制機構

    小川 渉

    2007年02月, 内分泌・糖尿病科, 24巻, 2号, pp. 118-122, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【生活習慣病としての高尿酸血症】 糖尿病と高尿酸血症

    小川 渉

    2007年01月, Pharma Medica, 25巻, 1号, pp. 37-40, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【シグナル伝達研究2005-'06 生命現象や疾患を支配する分子メカニズムと新しい研究法 現在と未来】 シグナル伝達の異常による疾患・臨床応用 糖尿病とインスリンシグナリング

    木戸良明, 内田亨, 小川渉, 春日雅人

    2005年06月, 実験医学, 23巻, 11号, pp.1818-1822, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【肥満症 診断・治療の新展開】 肥満症の病因と病態メカニズム 脂肪細胞遺伝子制御と肥満症

    小川渉

    2005年02月, Medicina, 42巻, 2号, pp. 208-209, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 糖尿病 糖代謝における肝STAT3の役割

    小川渉, 井上啓, 春日雅人

    2005年01月, Annual Review内分泌,代謝, 2005巻, pp. 38-43, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 肝糖新生におけるSTAT3の役割

    井上啓, 小川渉, 尾崎倫孝, 春日雅人

    2004年12月, 最新医学, 59巻, 12号, pp. 2614-2619, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【糖尿病の薬の使い方】 経口血糖降下薬の作用と使い方 チアゾリジン薬

    小川渉

    2004年11月, クリニカ, 31巻, 6号, pp. 405-408, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【日本人のメタボリックシンドロームとは】 メタボリックシンドロームの成因 インスリン抵抗性

    小川渉, 木下真一

    2004年09月, Progress in Medicine, 24巻, 9号, pp. 2209-2213, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • STAT3と肝糖新生

    井上啓, 小川渉, 尾崎倫孝, 春日雅人

    2004年08月, 内分泌・糖尿病科, 19巻, 2号, pp. 177-183, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 糖尿病・代謝症候群の成因と病態 PDK1/atypical PKCとインスリン作用

    小川渉

    2004年06月, 医学のあゆみ, 別冊糖尿病・代謝症候群ーsta, pp. 136-138, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【メタボリックシンドロームの分子標的】 肝臓での糖代謝制御におけるSTAT3の重要性

    井上啓, 小川渉, 春日雅人

    2004年06月, BIO Clinica, 19巻, 7号, pp. 518-523, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【危険因子重複症候群としてのメタボリックシンドロームの病態】 メタボリックシンドロームにおける肥満の分子病態

    小川渉

    2004年03月, Mebio, 21巻, 3号, pp. 38-44, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

書籍等出版物

  • 魔法の糖尿病患者説明シート50+α 糖尿病にはどんな種類があるの? / 糖尿病ケア 春季増刊

    岡田裕子, 小川渉

    その他, メディカ出版, 2016年, 日本語

    学術書

  • 脂質代謝異常と関連疾患(上巻)-疾患モデルの作製と利用- / KLF15

    細岡哲也, 小川渉

    その他, Life-Science Information Center, 2015年01月, 日本語

    学術書

  • 最新臨床大腸癌学 ─基礎研究から臨床応用へ─ / インスリン抵抗性と癌発症

    福岡秀規, 小川渉

    その他, 日本臨床社, 2015年, 日本語

    学術書

  • ヴィジュアル糖尿病臨床のすべて 最新インスリン療法 改訂第2版 / インスリン抗体による不安定糖尿病への対処

    廣田勇士, 小川渉

    その他, 中山書店, 2015年, 日本語

    学術書

  • Medical Science Digest / セラミダーゼとインスリン抵抗性

    細岡哲也, 小川渉

    その他, ニューサイエンス社, 2013年01月, 日本語

    学術書

  • Medical Science Digest / セラミダーゼとインスリン抵抗性

    細岡哲也, 小川渉

    その他, Medical Science Digest / セラミダーゼとインスリン抵抗性, 2013年01月, 日本語

    学術書

  • 代謝疾患の分子標的と治療薬事典 / ビグアナイド関連

    野村和弘, 小川渉

    その他, 羊土社, 2013年, 日本語

    学術書

  • NASH・アルコール性肝障害の診療を極める / インスリン抵抗性とNASH

    細岡哲也, 小川渉

    その他, 文光堂, 2013年, 英語

    学術書

  • 内分泌・糖尿病・代謝内科 / インスリン治療と癌のリスク

    細岡哲也, 小川渉

    その他, 科学評論社, 2012年09月, 日本語

    学術書

  • 糖尿病治療薬のサイエンス / ビグアナイド薬の分子医学

    小川渉

    その他, 南山堂, 2012年, 日本語

    学術書

  • 糖尿病学イラストレイテッド / 運動療法の分子基盤

    小川渉

    その他, 羊土社, 2012年, 日本語

    学術書

  • エネルギー代謝転写因子ネットワークと生活習慣病 / 糖新生の転写制御と糖尿病

    小川渉

    その他, 医歯薬出版株式会社, 2012年, 日本語

    学術書

  • スマートな糖尿病診断と治療の進め方 / 糖尿病とグルカゴン

    橋本 尚子, 小川 渉

    共著, 中山書店, 2011年08月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 糖尿病治療薬の最前線 / ビグアナイド薬

    小川渉

    その他, 中山書店, 2011年, 日本語

    学術書

  • 糖尿病治療薬の最前線 / ビグアナイド剤

    小川 渉

    共著, 中山書店, 2011年, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 糖尿病学イラストレイテッド / 運動療法の分子基盤

    小川 渉

    共著, 羊土社, 2011年, 日本語

    学術書

  • 血管糖尿病2011 / 臨床- 治療薬の位置づけ:メトホルミン

    小川 渉

    その他, フジメディカル出版, 2011年, 日本語

    学術書

  • ヴィジュアル糖尿病臨床のすべて:最新インスリン療法 / インスリン抗体による不安定糖尿病への対処

    小川 渉

    共著, 中山書店, 2011年, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 見直されたビグアナイド<塩酸メトホルミン> / メトホルミン再評価の理由ー脂質代謝の改善効果

    小川 渉, 木下 幸栄

    共著, フジメディカ出版, 2005年03月, 日本語

    学術書

  • 別冊医学のあゆみ 糖尿病・代謝症候群―state of arts 2004-2006 / PDK1/atypical PKCとインスリン作用

    小川 渉

    共著, 医歯薬出版, 2004年, 日本語

    学術書

  • 糖尿病カレントライブラリー①インスリン抵抗性 / 個体におけるインスリンシグナルと臓器相関

    小川 渉

    共著, 文光堂, 2004年, 日本語

    学術書

  • シュミレイション内科 糖尿病を探る / 血糖調節臓器でもある

    小川 渉

    共著, 永井書店, 2004年, 日本語

    学術書

  • 受容体がわかる / インスリン受容体シグナル系

    小川 渉, 春日 雅人

    共著, 羊土社, 2003年, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 特発性アルドステロン症を合併したサブクリニカルクッシング症候群の1例

    横尾 紫穂, 瀬尾 あかね, 福岡 秀規, 神澤 真紀, 重村 克巳, 井口 元三, 藤澤 正人, 小川 渉, 高橋 裕

    日本内科学会近畿地方会, 2019年03月, 日本語, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 来院時の血糖値が8 mg/dLの神経性やせ症患者に対し栄養輸液サポートチーム介入を行った1例

    中谷 早希, 村前 直和, 脇田 久美子, 田渕 聡子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 上岡 美和, 清水 倫子, 秋山 恵里, 曽我 昭宏, 北秋 翔子, 後藤田 政子, 松田 佳子, 髙橋 路子, 小川 渉

    第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2019年02月, 日本語, 日本静脈経腸栄養学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 低アルブミン血症の原因がPPIによるcollagenous colitisと考えられた1例

    清水 倫子, 村前 直和, 脇田 久美子, 秋山 恵里, 曽我 昭宏, 生田 智子, 北秋 翔子, 山本 麻里, 上岡 美和, 野口 まどか, 松田 佳子, 矢野 育子, 髙橋 路子, 小川 渉

    第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2019年02月, 日本語, 日本静脈経腸栄養学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 低Mg血症による副甲状腺機能低下症を呈した2症例

    秋山 恵里, 村前 直和, 田渕 聡子, 脇田 久美子, 中谷 早希, 生田 智子, 曽我 昭宏, 清水 倫子, 上岡 美和, 野口 まどか, 北秋 翔子, 松田 佳子, 矢野 育子, 髙橋 路子, 小川 渉

    第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2019年02月, 日本語, 日本静脈経腸栄養学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 髄液漏対策に苦慮したPRL,GH同時産生巨大下垂体腺腫の一例

    吉田 舞, 福岡 秀規, 谷口 理章, 細田 弘吉, 神澤 真紀, 廣田 勇士, 岡田 裕子, 小川 渉, 高橋 裕

    日本間脳下垂体腫瘍学会, 2019年02月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 栄養指導における糖尿病チームの動機づけ指導の効果(第2報)

    金谷 沙紀, 三ヶ尻 礼子, 田渕 聡子, 脇田 久美子, 山西 美沙, 山下 弘子, 玉田 萌子, 西田 ひかる, 中谷 早希, 向山 万為子, 菅 里沙子, 松本 久美子, 西井 美佳, 木田 晃弘, 山本 育子, 岡田 裕子, 高橋 路子, 小川 渉

    第22回日本病態栄養学会年次学術集会, 2019年01月, 日本語, 日本病態栄養学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 副腎神経節腫を合併した特発性低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の1例

    植村 憲, 福岡 秀規, 高吉 倫史, 神澤 真紀, 重村 克巳, 岡田 裕子, 井口 元三, 藤澤 正人, 小川 渉, 高橋 裕

    日本内科学会近畿地方会, 2018年12月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 免疫チェックポイント阻害薬関連下垂体炎における自己抗体の同定

    蟹江 慶太郎, 井口元三, 坂東弘教, 志智大城, 藤田泰功, 隅田健太郎, 松本隆作, 福岡秀規, 小川渉, 高橋裕

    第28回臨床内分泌代謝update, 2018年11月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 部分的甲状腺ホルモン不応症を呈したTSH産生下垂体腫瘍の1例

    合田 菜穂, 福岡 秀規, 谷口 理章, 西原 永潤, 宮内 昭, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    臨床内分泌代謝Update, 2018年11月, 日本語, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 非機能性副腎腫瘍の不均一性から見る機能性腫瘍診断基準の問題点

    松本 隆作, 山田 倫子, 福岡 秀規, 井口 元三, 藤田 泰功, 蟹江 慶太郎, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 小川 渉, 高橋 裕

    第28回 内分泌代謝Update, 2018年11月, 日本語, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 診断に難渋したTSH単独分泌不全症の一例

    隅田 健太郎, 千原 和夫, 志智 大城, 蟹江 慶太郎, 藤田 泰功, 小武 由紀子, 坂東 弘教, 高橋 路子, 福岡 秀規, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第28回臨床内分泌代謝update, 2018年11月, 日本語, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 褐色細胞腫とコルチゾール産生副腎腺腫が混在した妊婦の1例

    瀬尾 あかね, 福岡 秀規, 神澤 真紀, 重村 克巳, 中村 保宏, 森實 真由美, 坂本 洋一, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    臨床内分泌代謝Update, 2018年11月, 日本語, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • パラガングリオーマと原発性アルドステロン症を合併した1例

    芳村 魁, 福岡 秀規, 志智 大城, 小松 正人, 神澤 真紀, 寺川 智章, 重村 克巳, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 井口 元三, 藤澤 正人, 小川 渉, 高橋 裕

    臨床内分泌代謝Update, 2018年11月, 日本語, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • Cushing病におけるDDAVP試験の反応性とその臨床的特徴の検討

    志智 大城, 福岡 秀規, 松本 隆作, 蟹江 慶太郎, 藤田 泰功, 井口 元三, 隅田 健太郎, 坂東 弘教, 井下 尚子, 山田 正三, 小川 渉, 高橋 裕

    第28回臨床内分泌代謝Update, 2018年11月, 日本語, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • ARMC5変異を認めたPBMAHと異所性副甲状腺腫によるPHPTの合併例

    苛原 彩, 福岡 秀規, 吉田 健一, 土橋 一生, 坂東 弘教, 岡田 裕子, 井口 元三, 小川 裕行, 神澤 真紀, 坂井 誠, 臼井 健, 小川 渉, 高橋 裕

    臨床内分泌代謝Update, 2018年11月, 日本語, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 1型・2型糖尿病患者の教育入院中のQOLの変化に関する検討

    高田 綾子, 松田 季代子, 向山 万為子, 秋山 恵里, 小野 くみ子, 大藪 智奈美, 村前 直和, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 小川 渉

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 臨床検査技師による患者への糖尿病合併症検査結果説明の取り組み

    大籔智奈美, 渡邉勇気, 佐藤伊都子, 中町祐司, 村前直和, 岡田裕子, 廣田勇士, 小川渉, 三枝淳

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会, 2018年10月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 臨床検査技師によるFGMを用いた療養指導への取り組み

    柳 星伊, 廣田 勇士, 沖 都麦, 蒲田 繭子, 田熊 泰菜, 浜上 由理, 今西 孝充, 中町 祐司, 三枝 淳, 小川 渉

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 薬学部実務実習生へのチーム医療「糖尿病」に関する教育課題について

    松本 久美子, 谷藤 亜希子, 秋山 恵里, 大本 暢子, 小川 渉, 矢野 育子

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会, 2018年10月, 日本語, 日本糖尿病学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 兵庫県内の糖尿病内科医の1型糖尿病患者に対するグルカゴン製剤の処方実態に

    中川 靖, 廣田 勇士, 松本 真明, 浜口 哲矢, 松岡 敦子, 竹内 健人, 永井 正志, 坊 亮輔, 粟野 宏之, 小川渉

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科外来へ通院中の1型糖尿病患者におけるメトホルミンの使用状況

    中川 靖, 廣田 勇士, 浜口 哲矢, 松岡 敦子, 竹内 健人, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第39回日本肥満学会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 若年性高血圧、体重増加を契機にクッシング病の診断に至った1例

    鈴木 宏隆, 福岡 秀規, 志智 大城, 廣田 勇士, 岡田 裕子, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    日本肥満学会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪細胞のインスリンシグナルによる脂質メディエーター調節を介するインスリン感受性調節機構

    細岡 哲也, 小川 渉

    第39回日本肥満学会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 鞍上部海綿状血管腫術後に高度肥満を含む視床下部症候群を呈し治療に難渋した一例

    藤田 泰功, 浦井 伸, 金谷 雅之, 蟹江 慶太郎, 小武 由紀子, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 岡田 裕子, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    日本肥満学会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ピオグリタゾンは脂質メディエーターLxB4を増加させることにより脂肪組織の慢性炎症を抑制する

    岡田 久美子, 細岡 哲也, 篠原 正和, 小川 渉

    第39回日本肥満学会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • SGLT2阻害薬内服下におけるHOMA-IRの臨床的意義の検討

    宗 杏奈, 岡田 裕子, 山田 倫子, 三浦 洋, 末松 那都, 駒田 久子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第39回日本肥満学会総会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SGLT2阻害薬内服下におけるdisposition indexの臨床的意義の検討

    末松 那都, 岡田 裕子, 山田 倫子, 三浦 洋, 宗 杏奈, 駒田 久子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第39回日本肥満学会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • SGLT2阻害薬内服下におけるcomposite indexの臨床的意義の検討

    宗 杏奈, 岡田 裕子, 山田 倫子, 三浦 洋, 末松 那都, 駒田 久子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第55回 日本糖尿病学会近畿地方会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SGLT2阻害薬によるヘマトクリット上昇機序の解析

    山田 倫子, 森田 靖子, 岡田 裕子, 三浦 洋, 末松 那都, 宗 杏奈, 駒田 久子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第39回日本肥満学会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PIK3R1 遺伝子異常によるインスリン抵抗症に対する SGLT2 阻害薬の有効性・安全性の検討

    浜口 哲矢, 廣田 勇士, 松岡 敦子, 竹内 健人, 中川 靖, 岡田 裕子, 青井 三千代, 青井 貴之, 坂口 一彦, 小川 渉

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • FSP27欠損マウスの白色脂肪細胞ではオートファジーの亢進が脂肪分解に寄与する

    中島 進介, 岩橋 泰幸, 西本 祐希, 楯谷 三四郎, 小川 渉, 田守 義和

    第39回日本肥満学会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • FreeStyleリブレセンサー装着により壊死性筋膜炎を発症した血液透析中の1型糖尿病患者の1例

    吉田 舞, 岡田 裕子, 坂本 洋一, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • FGM使用が1型糖尿病患者の血糖コントロールに与える影響についての検討

    瀬尾 あかね, 岡田 裕子, 藤原 えり, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 6年間の糖質制限食により 低栄養、やせを来した 1型糖尿病の1例

    鈴木 宏隆, 中谷 早紀, 岡田 裕子, 土橋 一生, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 小川 渉

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2型糖尿病患者に対するSGLT2阻害薬の使用が摂食調節ホルモンや食欲に与える影響

    三浦 洋, 森田 靖子, 山田 倫子, 音羽 那都, 宗 杏奈, 駒田 久子, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第39回日本肥満学会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2型糖尿病患者におけるLiraglutideとDulaglutideの心拍数に与える影響の検討

    駒田 久子, 岡田 裕子, 山田 倫子, 三浦 洋, 末松 那都, 宗 杏奈, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第39回日本肥満学会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病患者の カーボカウントの行動変容ステージと 栄養指導の関連

    向山 万為子, 中谷 早希, 玉田 萌子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 春藤 欣也, 高橋 千恵, 高橋 路子, 廣田 勇士, 小川 渉

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病患者における 肥満・非肥満群の治療法の相違の検討

    竹内 健人, 廣田 勇士, 中川 靖, 松岡 敦子, 浜口 哲矢, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第39回日本肥満学会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 1型糖尿病患者における MDI療法とCSII療法における 基礎インスリン比率の検討

    竹内 健人, 廣田 勇士, 中川 靖, 松岡 敦子, 浜口 哲矢, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 家族性低βリポタンパク血症による非代償性肝硬変に対して脳死肝移植を行った1例

    脇田 久美子, 中谷 早希, 玉田 萌子, 西田 ひかる, 山下 弘子, 山西 美沙, 田渕 聡子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 上岡 美和, 野口 まどか, 生田 智子, 曽我 昭宏, 北秋 翔子, 後藤田 政子, 村前 直和, 松田 佳子, 高橋 路子, 小川 渉

    第21回兵庫NST研究会, 2018年09月, 日本語, 西宮, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた下垂体形成不全の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 六車 恵子, 長谷川 奉延, 小川 渉, 髙橋 裕

    糖尿病・内分泌疾患ジャンプアップセミナー, 2018年08月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • FSP27欠損マウスの白色脂肪組織ではオートファジーの亢進が脂肪分解に寄与する

    中島 進介, 西本 祐希, 楯谷 三四郎, 岩橋 泰幸, 小川 渉, 田守 義和

    第23回アディポサイエンス・シンポジウム, 2018年08月, 日本語, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • 脂肪細胞特異的インスリン作用不全モデルを用いたNASHの分子メカニズムの解明

    細岡 哲也, 松木 核, 篠原 正和, 千賀 陽子, 田守 義和, 松居 翔, 佐々木 努, 北村 忠弘, 黒田 雅士, 阪上 浩, 伊藤 義人, 山口 寛二, 中江 淳, 春日 雅人, 小川 渉

    第5回肝臓と糖尿病・代謝研究会, 2018年07月, 日本語, 米子, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SGLT2阻害薬内服下におけるHOMA-Rの臨床的意義の検討

    三浦 洋, 森田 靖子, 山田 倫子, 音羽 那都, 宗 杏奈, 駒田 久子, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム, 2018年07月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Insulin signaling in adipocytes controls systemic insulin sensitivity through the 5-lipoxygenase–leukotriene B4 axis

    Hosooka T, Ogawa W

    American Diabetes Associations 78th Scientific Session, 2018年06月, 英語, Orlando, USA, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 本邦におけるインスリン抵抗症の臨床像および診療実態

    竹内 健人, 廣田 勇士, 石垣 泰, 門脇 弘子, 依藤 亨, 赤水 尚史, 小川 渉, 片桐 秀樹

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年05月, 日本語, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 多房性脂肪滴蓄積を示すFSP27欠損マウスの白色脂肪細胞ではオートファジーの亢進が脂肪分解に寄与する

    中島 進介, 岩橋 泰幸, 西本 祐希, 楯谷 三四郎, 小川 渉, 田守 義和

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年05月, 日本語, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 冠動脈プラークの脆弱性と血糖の不安定性指標との関連についての検討

    三浦 洋, 山田 倫子, 音羽 那都, 宗 杏奈, 駒田 久子, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年05月, 日本語, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • PI3-キナーゼ遺伝子異常による インスリン抵抗症の同定と iPS細胞を用いた障害の解析

    浜口 哲矢, 廣田 勇士, 松本 真明, 粟野 宏之, 飯島 一誠, 佐竹 渉, 戸田 達史, 青井 三千代, 青井 貴之, 小川 渉

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年05月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PI3キナーゼ遺伝子異常によるインスリン抵抗症の同定と iPS 細胞を用いた障害の解析

    浜口 哲矢, 廣田 勇士, 松本 真明, 粟野 宏之, 飯島 一誠, 佐竹 渉, 戸田 達史, 青井 三千代, 青井 貴之, 小川 渉

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年05月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Free Style リブレ Pro を用いた SU剤内服2型糖尿病患者における HbA1c別の低血糖頻度についての観察研究

    松岡 敦子, 廣田 勇士, 中村友昭, 肥後里実, 橋本尚子, 来住稔, 竹田章彦, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年05月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • FreeStyleリブレProとiPro2の測定精度に関する比較検討

    中川 靖, 廣田 勇士, 浜口 哲矢, 竹内 健人, 小原 靖子, 瀬尾 あかね, 中野 温子, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年05月, 日本語, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 発症前からの経時的な内分泌学的評価が可能であったニボルマブ関連下垂体炎の一例

    藤田 泰功, 福岡 秀規, 中野 温子, 友藤 清爾, 蟹江 慶太郎, 小武 由紀子

    日本内分泌学会学術総会, 2018年04月, 日本語, 宮崎, 国内会議

    ポスター発表

  • 特発性中枢性尿崩症とPRL単独欠損症を合併した1例

    蟹江 慶太郎, 井口元三, 坂東弘教, 藤原えり, 藤田泰功, 松本隆作, 福岡秀規, 小川渉, 高橋裕

    第91回日本内分泌学会学術総会, 2018年04月, 日本語, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 転写因子OTX2は視床下部からのFGFシグナルを介して下垂体を分化させる

    松本 隆作, 須賀 英隆, 井口 元三, 福岡 秀規, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 青井 貴之, 髙橋 裕

    第91回 日本内分泌学会学術総会, 2018年04月, 日本語, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • RET遺伝子hot spotに変異を認めなかったMEN2Aの一家系

    苛原 彩, 福岡 秀規, 吉田 誠, 神澤 真紀, 大月 直樹, 重村 克巳, 吉田 博, 西原 永潤, 岡田 裕子, 井口 元三, 藤澤 正人, 宮内 昭, 小川 渉, 高橋 裕

    日本内分泌学会学術総会, 2018年04月, 日本語, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Luscan-Lumish症候群による巨人症発症機序の解析

    隅田 健太郎, 福岡 秀規, 井口 元三, 蟹江 慶太郎, 藤田 泰功, 小武 由紀子, 吉田 健一, 坂東 弘教, 高橋 路子, 千原 和夫, 鳴海 覚志, 長谷川 奉延, 小川 渉, 高橋 裕

    第91回日本内分泌学会学術総会, 2018年04月, 日本語, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ACTH下垂体腺腫におけるErbB4受容体の役割の解明

    小武 由紀子, 福岡 秀規, 吉田 健一, 山田 正三, 井口 元三, 小川渉, 高橋裕

    日本内分泌学会学術総会, 2018年04月, 日本語, 宮崎, 国内会議

    ポスター発表

  • Hyperglycemia Promotes Muscle Atrophy Through the WWP1/KLF15 Pathway

    Hirata Y, Nomura K, Senga Y, Imamura M, Takeda S, Okada Y, Hosooka T, Ogawa W

    The 2nd International Joint Symposium -UW, UO, KU-, 2018年03月, 英語, International Joint Symposium -UW, UO, KU-, Honolulu, Hawaii, USA, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Clinical heterogeneity of acquired idiopathic ACTH deficiency: a new classification based on the clinical characteristics and autoantibodies

    Fujita Y, Bando H, Iguchi G, Iida K, Shichi H, Kanie K, Matsumoto R, Suda K, Fukuoka H, Ogawa W, Takahashi Y

    The 101th Annual Meeting of the Endocrine Society, 2018年03月, 英語, New Orleans, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • A novel pathogenesis of isolated ACTH deficiency: Paraneoplastic syndrome.

    Bando H, Iguchi G, Kanie K, Fujita Y, Odake Y, Yoshida K, Matsumoto R, Suda K, Fukuoka H, Ogawa W, Takahashi Y

    The 99th Annual Meeting of the Endocrine Society, 2018年03月, 英語, Annual Meeting of the Endocrine Society, Chicago, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • A EGFR family member, ERBB4 suppress POMC expression and its expression is negatively associated with the Knosp grade in corticotroph

    Odake Y, Fukuoka H, Yoshida K, Matsumoto R, Bando H, Iguchi G, Yamada S, Ogawa W, Takahashi Y

    The 99th Annual Meeting of the Endocrine Society, 2018年03月, 英語, Annual Meeting of the Endocrine Society, Chigago, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • 特発性中枢性尿崩症にPRL単独欠損症を合併した一例

    津田 悠三, 藤原 えり, 福岡 秀規, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 蟹江 慶太郎, 坂東 弘教, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回間脳下垂体腫瘍学会, 2018年02月, 日本語, 間脳下垂体腫瘍学会, 浜松, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖原病Ia型患者の肝移植後の栄養管理

    田渕 聡子, 高橋 路子, 山岡 慶子, 秋山 恵里, 永濱 郁代, 櫻井 孝介, 福住 典子, 内田 絢子, 山西 美沙, 脇田 久美子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 山本 将士, 蔵満 薫, 具 英成, 竹島 泰弘, 宇佐美 眞, 小川 渉

    第21回病態栄養学会年次学術集会, 2018年02月, 日本語, 日本病態栄養学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 生体腎移植レシピエントに対する周術期の栄養介入と術後の体組成変化

    西田 ひかる, 田渕 聡子, 山下 弘子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 吉川 美喜子, 高橋 路子, 石村 武志, 西 慎一, 小川 渉

    第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2018年02月, 日本語, 日本静脈経腸栄養学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 骨格筋代謝制御におけるβ2アドレナリンシグナルの役割

    野村 和弘, 小川 渉

    第32回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会, 2018年02月, 日本語, 日本糖尿病・肥満動物学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢大動脈弁狭窄症患者における術後食事摂取量への影響の検討

    内田 絢子, 脇田 久美子, 小槙 公大, 小川 真人, 坪井 康典, 山西 美沙, 田渕 聡子, 三ヶ尻 礼子, 寺下 大輔, 後竹 康子, 小林 成美, 山本 育子, 山本 将士, 高橋 路子, 小川 渉, 宇佐美 眞

    第21回病態栄養学会年次学術集会, 2018年02月, 日本語, 日本病態栄養学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢の腎移植レシピエントにおける術後の栄養・リハビリ介入の効果

    赤毛 弘子, 玉田 萌子, 西田 ひかる, 内田 絢子, 芝 唯, 山西 美沙, 脇田 久美子, 田渕 聡子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 山本 将士, 高橋 路子, 小川 渉, 戸田 明代, 井上 順一朗, 吉川 美喜子, 西 慎一, 石村 武志, 藤澤 正人

    第21回病態栄養学会年次学術集会, 2018年02月, 日本語, 日本病態栄養学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高血糖はWWP1/KLF15経路を介して筋萎縮を促進する

    平田 悠, 野村 和弘, 千賀 陽子, 今村 道博, 武田 伸一, 岡田 裕子, 細岡 哲也, 小川 渉

    第32回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会, 2018年02月, 日本語, 日本糖尿病・肥満動物学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高塩分食品・調味料等の使用習慣に基づいた食塩摂取量簡易評価方法の検討

    脇田 久美子, 三ヶ尻 礼子, 田渕 聡子, 山西 美沙, 山下 弘子, 山本 育子, 松田 佳子, 高橋 路子, 小川 渉, 小林 成美, 杜 隆嗣, 石田 達郎, 大瀬良 知子, 栗原 伸公

    第3回日本心臓リハビリ―ション学会近畿支部地方会, 2018年02月, 日本語, 日本心臓リハビリテーション学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 高塩分食品・調味料等の使用習慣に基づいた食塩摂取量簡易評価方法の検討

    脇田 久美子, 三ヶ尻 礼子, 田渕 聡子, 山西 美沙, 山本 育子, 松田 佳子, 高橋 路子, 小川 渉, 小林 成美, 杜 隆嗣, 石田 達郎, 赤毛 弘子, 大瀬良 知子, 栗原 伸公

    第3回 日本心臓リハビリテーション学会 近畿地方会, 2018年02月, 日本語, 日本心臓リハビリテーション学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 金属アレルギー患者に対する管理栄養士による栄養指導の有効性と尿中金属濃度

    三ヶ尻 礼子, 福永 淳, 三好 真琴, 前重 伯壮, 吉岡 愛育, 鷲尾 健, 西山 智司, 正木 太朗, 山本 育子, 高橋 路子, 小川 渉, 木戸 良明, 錦織 千佳子, 宇佐美 眞

    第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会(実験研究助成金受賞者講演), 2018年02月, 日本語, 日本静脈経腸栄養学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • SAP療法を導入した1型糖尿病患者へのカーボカウント指導の検討

    山本 育子, 三ヶ尻 礼子, 田渕 聡子, 脇田 久美子, 山西 美沙, 赤毛 弘子, 芝 唯, 内田 絢子, 玉田 萌子, 中谷 早希, 西田 ひかる, 金谷 沙紀, 山本 将士, 高橋 路子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第21回病態栄養学会年次学術集会, 2018年02月, 日本語, 日本病態栄養学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 生体腎移植レシピエントに対する栄養介入と体組成変化

    西田 ひかる, 山下 弘子, 田渕 聡子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 松田 佳子, 村前 直和, 吉川 美喜子, 高橋 路子, 石村 武志, 西 慎一, 小川 渉

    第21回日本病態栄養学会年次学術集会, 2018年01月, 日本語, 日本病態栄養学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 高血圧患者における高塩分食品・調味料の使用習慣に基づいた塩分摂取量簡易評価方法の検討

    脇田 久美子, 三ヶ尻 礼子, 田渕 聡子, 山西 美沙, 赤毛 弘子, 玉田 萌子, 西田 ひかる, 中谷 早希, 金谷 沙紀, 森 智子, 向山 万為子, 中村 美仁, 山本 育子, 松田 佳子, 高橋 路子, 小川 渉, 小林 成美, 石田 達郎, 大瀬良 知子, 栗原 伸公

    第21回病態栄養学会年次学術集会, 2018年01月, 日本語, 日本病態栄養学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Hyperglycemia Promotes Muscle Atrophy Through the WWP1/KLF15 Pathway

    Hirata Y, Nomura K, Senga Y, Imamura M, Takeda S-i, Okada Y, Burden SJ, Hosooka T, Ogawa W

    American Diabetes Associations 78th Scientific Session, 2018年, 英語, Orlando, USA, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 非定型AHO、副腎不全を呈した偽性副甲状腺機能低下症(GNAS D156N)の一例

    林 佳菜恵, 福岡 秀規, 坂本 洋一, 池田 真理子, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 井口 元三, 飯島 一誠, 小川 渉, 高橋 裕

    第218回内科学会近畿地方会, 2017年12月, 日本語, 内科学会近畿地方会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高血糖はWWP1/KLF15経路を介して筋萎縮を促進する

    平田 悠, 野村 和弘, 千賀 陽子, 今村 道博, 武田 伸一, 岡田 裕子, 細岡 哲也, 小川 渉

    第29回分子糖尿病学シンポジウム, 2017年12月, 日本語, 分子糖尿病学, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 副腎髄質過形成疑い病変に原発性副甲状腺機能亢進症を合併した一例

    中野 温子, 福岡 秀規, 神保 直江, 岩橋 泰幸, 古川 祥子, 亀村 幸平, 開發 謙次, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 肺大細胞神経内分泌癌を合併したACTH単独欠損症の一例

    坂東 弘教, 井口 元三, 蟹江 慶太郎, 藤田 泰功, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 隅田 健太郎, 福岡 秀規, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 日本人Cushing症候群におけるCushingQoLの応用

    藤田 奏功, 福岡 秀規, 瀬尾 あかね, 中野 温子, 蟹江 慶太郎, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 岡田 裕子, 井口 元三, Webb Susan, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 当院で経験した免疫チェックポイント阻害薬関連下垂体炎の8例

    蟹江 慶太郎, 井口 元三, 坂東 弘教, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 先端巨大症におけるHPA軸の検討

    小原 靖子, 福岡 秀規, 中山 真理子, 藤田泰功, 蟹江 慶太郎, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 術中SACIテストにて腫瘍核出術を行ったMEN1合併インスリノーマの1例パシレオチドを用いた先端巨大症の症例手術によって寛解後30年目に再発を認めた Cushing病の一例副腎髄質過形成疑い病変に原発性副甲状腺機能亢進症を合併した一例IgG4関連疾患と鑑別を要したラトケ嚢胞による下垂体炎の一例不適切TSH分泌症候群(SITSH)を呈し, 診断に苦慮したTSH産生下垂体腫瘍の一例非定型AHO、副腎不全を呈した偽性副甲状腺機能低下症(GNAS D156N)の一例特発性中枢性尿崩症にPRL単独欠損症を合併した一

    苛原 彩, 福岡 秀規, 高橋 陸, 山田 倫子, 岡田 裕子, 井口 元三, 外山 博近, 福本 巧, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 手術によって寛解後30年目に再発を認めた Cushing病の一例

    瀬尾 あかね, 福岡 秀規, 吉田 健一, 小原 靖子, 苛原 彩, 中野 温子, 藤原 えり, 坂本 洋一, 菅原 健二, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 疾患特異的iPS細胞を用いたLHX4異常症の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 高木 優樹, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 日本内分泌学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 疾患特異的iPS細胞を用いたLHX4異常症の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 高木 優樹, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自己免疫性溶血性貧血と偽性副甲状腺機能低下症を合併した一例

    坂本 洋一, 福岡 秀規, 野崎 高史, 藤田泰功, 蟹江 慶太郎, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 廣田 勇士, 岡田 裕子, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 持効型インスリンが不要となったインスリン抗体陽性1型糖尿病の1例

    苛原 彩, 岡田 裕子, 坂本 洋一, 菅原 健二, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第54回日本糖尿病学会近畿地方会, 2017年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 持効型インスリンが不要となった1型糖尿病の一例

    苛原 彩, 岡田 裕子, 坂本 洋一, 菅原 健二, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第15回1型糖尿病研究会, 2017年11月, 日本語, 1型糖尿病研究会, 岩手, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高血糖はWWP1/KLF15経路を介して筋萎縮を促進する

    平田 悠, 野村 和弘, 千賀 陽子, 今村 道博, 武田 伸一, 岡田 裕子, 細岡 哲也, 小川 渉

    第5回若手による骨格筋細胞研究会, 2017年11月, 日本語, 骨格筋細胞研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 運動による筋肥大におけるPDK1の役割

    倉本 尚樹, 野村 和弘, 小川 渉

    第5回若手による骨格筋細胞研究会, 2017年11月, 日本語, 骨格筋細胞研究会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 遺伝性平滑筋腫症・腎細胞癌症候群に合併した副腎腫瘍の意義

    隅田 健太郎, 福岡 秀規, 小野 克彦, 重村 克巳, 蟹江 慶太郎, 藤田 泰功, 小武 由紀子, 坂東 弘教, 高橋 路子, 井口 元三, 木南 佐織, 千原 和夫, 藤澤 正人, 山崎 有人, 笹野 公伸, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パシレオチドを用いた先端巨大症の症例

    藤原 えり, 福岡 秀規, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • SAP療法を導入した1型糖尿病患者の継続栄養指導の実際

    山本 育子, 三ヶ尻 礼子, 田渕 聡子, 脇田 久美子, 山西 美沙, 赤毛 弘子, 高橋 路子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第54回日本糖尿病学会近畿地方会, 2017年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Disease modeling of congenital pituitary hypoplasia and the clarification of underlying mechanisms using patient-derived induced pluripotent stem cell

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕

    CiRA 2017 International symposium, 2017年11月, 英語, CiRA 2017 International symposium, Kyoto, Japan, 国際会議

    ポスター発表

  • big ACTH分泌を認めたサブクリニカルクッシング病の一例

    小武 由紀子, 福岡 秀規, 金谷 雅之, 佐藤 伊都子, 蟹江 慶太郎, 藤田 泰功, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 2型糖尿病患者の血中IGF-I値に影響を与える因子の検討

    隅田 健太郎, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂東 弘教, 高橋 路子, 井口 元三, 木南 佐織, 坂口 一彦, 千原 和夫, 小川 渉, 高橋 裕

    第54回日本糖尿病学会近畿地方会, 2017年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病合併妊娠におけるCSIIとSensor Augmented Pump(SAP)療法のインスリン必要量の変化についての検討

    坂本 洋一, 岡田 裕子, 山田 倫子, 西本 祐希, 苛原 彩, 小原 靖子, 瀬尾 あかね, 中野 温子, 藤原 えり, 菅原 健二, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第34回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会, 2017年11月, 日本語, 日本糖尿病・妊娠学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病患者のカーボカウント実践における医療スタッフへの満足度調査

    中谷 早希, 芝 唯, 玉田 萌子, 田渕 聡子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 高橋 路子, 高橋 千恵, 春藤 欣也, 廣田 勇士, 小川 渉

    第54回日本糖尿病学会近畿地方会, 2017年11月, 日本語, 日本糖尿病学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肥満・加齢における骨格筋の質的・量的変化制御のメカニズム

    野村 和弘, 小川 渉

    第38回日本肥満学会総会, 2017年10月, 日本語, 日本肥満学会, 大阪, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた先天性下垂体機能低下症の病態解明

    松本 隆作, 青井 貴之, 須賀 英隆, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕

    第5回神緑会YIA発表会, 2017年10月, 日本語, 神緑会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • FreeStyleリブレプロとiPro2の測定精度に関する比較検討

    中川 靖, 廣田 勇士, 浜口 哲矢, 松岡 敦子, 竹内 健人, 小原 靖子, 苛原 彩, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第17回日本先進糖尿病治療研究会, 2017年10月, 日本語, 日本先進糖尿病治療研究会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • FreeStyle Libreの1型糖尿病患者での測定精度に関する検討

    松本 真明, 高橋 利和, 永井 正志, 坊 亮輔, 粟野 宏之, 中川 靖, 廣田 勇士, 小川 渉, 飯島 一誠

    第17回日本先進糖尿病治療研究会, 2017年10月, 日本語, 日本先進糖尿病治療研究会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高血糖はWWP1/KLF15経路を介して筋萎縮を促進する

    平田 悠, 野村 和弘, 千賀 陽子, 今村 道博, 武田 伸一, 岡田 裕子, 細岡 哲也, 小川 渉

    第3回日本筋学会学術集会, 2017年08月, 日本語, 日本筋学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エネルギー代謝制御における骨格筋アドレナリンシグナルの重要性と肥満病態形成における役割

    野村 和弘, 細岡 哲也, 佐々木 努, 北村 忠弘, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    第3回日本筋学会学術集会, 2017年08月, 日本語, 日本筋学会集会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Insulin signaling in adipocytes and metabolic regulation

    細岡 哲也, 小川 渉

    第22回アディポサイエンス・シンポジウム, 2017年08月, 日本語, /, 大阪, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 内科・小児科の連携強化と 主食量の自己決定による サマーキャンプ中の血糖コントロールの改善

    松本 真明, 粟野 宏之, 永井 正志, 坊 亮輔, 竹内 健人, 山内 裕美子, 柏原 米男, 廣田 勇士, 石﨑 由美子, 宅見 徹, 高橋 利和, 小川 渉, 飯島 一誠

    第23回日本小児・思春期糖尿病研究会年次学術集会, 2017年07月, 日本語, 日本小児・思春期糖尿病研究会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 内科・小児科の連携強化と主食量の自己決定によるサマーキャンプ中の血糖コントロールの改善

    松本真明, 粟野宏之, 永井正志, 坊亮輔, 竹内健人, 山内裕美子, 柏原米男, 廣田勇士, 石﨑 由美子, 宅見徹, 高橋利和, 小川渉, 飯島一誠

    第23回日本小児・思春期糖尿病研究会, 2017年07月, 日本語, 日本小児・思春期糖尿病研究会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • SAP療法を導入した1型糖尿病患者への栄養指導方法の検討

    山本 育子, 三ヶ尻 礼子, 田渕 聡子, 脇田 久美子, 山西 美沙, 赤毛 弘子, 芝 唯, 内田 絢子, 玉田 萌子, 西田 ひかる, 中谷 早希, 金谷 沙紀, 山本 将士, 高橋 路子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第5回日本糖尿病療養指導学術集会, 2017年07月, 日本語, 日本糖尿病療養指導士学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 膵β細胞の小胞体ストレス誘導性アポトーシスにおけるCK2βの役割

    高井 智子, 松田 友和, 井上 佳歩, 松浦 有希, 鈴木 江美, 神野 歩, 木村 真希, 淺原 俊一郎, 小川 渉, 木戸 良明

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 幼児期からの糖・脂質代謝の経過をフォローしえたPTRF遺伝子変異による全身性脂肪萎縮症の一例(ポスター発表)

    松本真明, 粟野宏之, 廣田勇士, 永井 正志, 坊 亮輔, 冨岡和美, 前山花織, 西山将広, 李 知子, 永瀬裕朗, 八木麻理子, 竹島 泰弘, 小川 渉, 飯島一誠

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • 幼児期からの糖・脂質代謝の経過をフォローしえたPTRF 遺伝子変異による全身性脂肪萎縮症の一例

    松本 真明, 粟野 宏之, 廣田 勇士, 永井 正志, 坊 亮輔, 冨岡 和美, 前山 花織, 西山 将広, 李 知子, 永瀬 裕朗, 八木 麻理子, 竹島 泰弘, 小川 渉, 飯島 一誠

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非糖尿病患者において血糖変動性を規定する因子の解析

    中村 友昭, 三浦 洋, 末松 那都, 宗 杏奈, 駒田 久子, 奥野 陽子, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病患者におけるABPMの血圧日内変動タイプと自律神経機能障害との関連についての検討

    三浦 洋, 岡田 裕子, 山田 倫子, 末松 那都, 宗 杏奈, 中村 友昭, 駒田 久子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • 耐糖能正常者を対象にクランプ法を用いて検討したグルカゴン血中濃度の変化に与える要因

    末松 那都, 駒田 久子, 坂口 一彦, 三浦 洋, 宗 杏奈, 中村 友昭, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 小林 雅樹, 北村 忠弘, 稲垣 貴之, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • 正常耐糖能者における肥満とmetabolic flexibilityの関連についての検討

    村前 直和, 岡田 裕子, 三浦 洋, 山田 倫子, 末松 那都, 宗 杏奈, 中村 友昭, 駒田 久子, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • 腎移植後の耐糖能の長期的な推移についての検討

    山田 倫子, 岡田 裕子, 坂本 洋一, 中村 友昭, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 横山 直己, 石村 武志, 藤澤 正人, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 持続血糖測定によりHbA1cが偽高値であることを確認しえた1例および代償性溶血によりHbA1cが偽低値を示した1例

    芳野 啓, 秋山 朋子, 井上 有佳, 川上 恭子, 芳野 弘, 廣田 勇士, 小川 渉, 芳野 原, 川口 侃, 古賀正史

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 持続血糖モニターを用いた妊娠糖尿病患者における分娩中の血糖動態の検討

    黒飛 友里, 村前 直和, 岡田 裕子, 山田 倫子, 中村 友昭, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 谷村 憲司, 森實 真由美, 出口 雅士, 山田 秀人, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • 脂肪酸が膵β細胞の小胞体に及ぼす影響

    鈴木 江美, 松田 友和, 川本 剛士, 松浦 有希, 高井 智子, 神野 歩, 木村 真希, 淺原 俊一郎, 小川 渉, 木戸 良明

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • 脂肪細胞のインスリンシグナルによる遠隔的代謝制御のメカニズム

    細岡 哲也, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 骨格筋アドレナリン抵抗性の代謝制御における役割

    野村 和弘, 細岡 哲也, 佐々木 努, 北村 忠弘, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高血糖はWWP1/KLF15経路を介して筋萎縮を促進する

    平田 悠, 野村 和弘, 千賀 陽子, 岡田 裕子, 細岡 哲也, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高結合能低親和性のインスリン抗体陽性の糖尿病患者のグリコアルブミンおよび グリコアルブミン/HbA1c比は高値である

    竹内 健人, 古賀 正史, 松岡 敦子, 浜口 哲矢, 中村 友昭, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 平田 匠, 廣田 勇士, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン頻回注射療法から持続皮下インスリン注入療法への切り替えにおけるインスリン抗体結合率の変化

    松岡 敦子, 廣田 勇士, 浜口 哲矢, 竹内 健人, 三浦 洋, 末松 那都, 宗 杏奈, 中村 友昭, 駒田 久子, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン受容体以後のシグナル伝達障害が疑われるインスリン抵抗症に対する SGLT2阻害薬の有効性と安全性の検討

    浜口 哲矢, 廣田 勇士, 松岡 敦子, 竹内 健人, 末松 那都, 三浦 洋, 宗 杏奈, 中村 友昭, 岡田 裕子, 駒田 久子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン治療中の2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬投与によるインスリン減量効果についての検討

    岩橋 泰幸, 岡田 裕子, 坂本 洋一, 村前 直和, 山田 倫子, 菅原 健二, 中村 友昭, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • インスリノーマ診断におけるHbA1cおよびグリコアルブミン測定の有用性

    鳥本 桂一, 岡田 洋右, 田中 良哉, 松岡 敦子, 廣田 勇士, 小川 渉, 税所 芳史, 栗原 勲, 伊藤 裕, 稲田 慎也, 古賀 正史

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病合併妊娠におけるCSIIとSensor Augmented Pump(SAP)療法のインスリン必要量の変化についての検討

    坂本 洋一, 岡田 裕子, 山田 倫子, 西本 祐希, 岩橋 泰幸, 村前 直和, 菅原 健二, 中村 友昭, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病による筋委縮の分子機構の解析

    平田 悠, 野村 和弘, 千賀 陽子, 岡田 裕子, 細岡 哲也, 小川 渉

    第90回日本内分泌学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 唾液コルチゾール日内変動測定は、Cushing症候群患者の外来での薬物療法に有用である

    吉田 健一, 福岡 秀規, 立花 真莉子, 細川 友誠, 岩橋 泰幸, 伊藤 潤, 山田 倫子, 三浦 洋, 末松 那都, 中島 進介, 小武 由紀子, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉

    第90回日本内分泌学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 周期性が疑われた嗅神経芽細胞腫による異所性ACTH症候群の一例

    金谷 雅之, 福岡 秀規, 菅原 健二, 岡田 裕子, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第90回日本内分泌学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた先天性下垂体機能低下症の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 坂東 弘教, 福岡 秀規, 井口 元三, 鳴海 覚志, 高木 優樹, 石井 智弘, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕

    第90回日本内分泌学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪細胞のインスリンシグナルと代謝異常

    細岡 哲也, 小川 渉

    第54回日本臨床分子医学学術集会, 2017年04月, 日本語, 日本臨床分子医学会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高血糖はWWP1/KLF15経路を介して筋萎縮を促進する

    平田 悠, 野村 和弘, 千賀 陽子, 岡田 裕子, 細岡 哲也, 小川 渉

    第54回日本臨床分子医学会学術集会, 2017年04月, 日本語, 日本臨床分子医学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 抗PIT-1抗体症候群は腫瘍随伴症候群である

    坂東 弘教, 井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 福岡 秀規, 犬塚 恵, 杢保 敦子, 東條 克能, 小川 渉, 高橋 裕

    第90回日本内分泌学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 空腹時血糖(FPG)/空腹時インスリン比(FIR)を用いたインスリノーマの新たな診断基準の提案

    小池 悠季子, 税所 芳史, 栗原 勲, 伊藤 裕, 松岡 敦子, 廣田 勇士, 小川 渉, 鳥本 桂一, 岡田 洋右, 稲田 慎也, 古賀 正史

    第90回日本内分泌学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 緩徐1型糖尿病, バセドウ病を合併した偽性偽性副甲状腺機能低下症の一例

    小武 由紀子, 福岡 秀規, 平田 悠, 高橋 陸, 毛利 華奈子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 高橋 路子, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第90回日本内分泌学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • エネルギー代謝制御における骨格筋アドレナリンシグナルの重要性と肥満病態形成における役割

    野村 和弘, 細岡 哲也, 佐々木 努, 北村 忠弘, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    第54回日本臨床分子医学会学術集会, 2017年04月, 日本語, 日本臨床分子医学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • Role of Novel variants of PGC-1α in the pathogenesis of obesity

    Nomura K, Kasuga M, Ogawa W

    International Symposium on Insulin Receptor and Insulin Action, 2017年04月, 英語, International Symposium on Insulin Receptor and Insulin Action, Nice, France, 国際会議

    ポスター発表

  • Luscan-Lumish症候群による巨人症の機序の解析

    隅田 健太郎, 福岡 秀規, 井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 西澤 衡, 高橋 路子, 鳴海 覚志, 小川 渉, 長谷川 泰延, 高橋 裕

    第90回日本内分泌学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • An EGFR family ERBB4 is associated with tumor invasiveness of Cushing’s disease

    Odake Y, Fukuoka H, Arisaka Y, Konishi J, Yoshida K, Matsumoto R, Bando H, Suda K, Nishizawa H, Iguchi G, Yamada S, Ogawa W, Takahashi Y

    the 15th International Pituitary Congress, 2017年04月, 英語, International Pituitary Congress, Orlando, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • 低Na血症を認め、無菌性髄膜炎を伴うリンパ球性下垂体炎と診断した1例

    馬 艶, 德永 俊太郎, 南地 克洋, 笠松 朗, 三好 園子, 森 寛行, 乙井 一典, 福岡 秀規, 坂口 一彦, 小川渉

    第215回日本内科学会近畿地方会, 2017年03月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 消化器疾患術後のICU管理中に発症し、 当初TcシンチグラフィーおよびTRAb陰性で、診断・治療に苦慮したバセドウ病の一例

    立花 真莉子, 山田 倫子, 福岡 秀規, 岡田 裕子, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第215回日本内科学会近畿地方会, 2017年03月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • An EGFR family member, ERBB4 expression is associated with tumor invasiveness in ACTH-producing pituitary adenomas

    Odake Y, Fukuoka H, Yoshida K, Matsumoto R, Bando H, Suda K, Nishizawa H, Iguchi G, Yamada S, Ogawa W, Takahashi Y

    15th International Pituitary Congress, 2017年03月, 英語, Orlando, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • 糖原病Ia型患者の肝移植後の栄養管理

    田渕 聡子, 高橋 路子, 山岡 慶子, 秋山 恵里, 永濱 郁代, 櫻井 孝介, 福住 典子, 内田 絢子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 山本 将士, 蔵満 薫, 具 英成, 宇佐美 眞, 小川 渉

    第34回日本静脈経腸栄養学会年次学術集会, 2017年02月, 日本語, 日本静脈経腸栄養学会, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • 糖原病Ia型患者の肝移植後の栄養管理

    田渕 聡子, 高橋 路子, 山岡 慶子, 秋山 恵里, 永濱 郁代, 櫻井 孝介, 福住 典子, 内田 絢子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 山本 将士, 蔵満 薫, 具 英成, 宇佐美 眞, 小川 渉

    第32回日本静脈経腸栄養会年次学術集会, 2017年02月, 日本語, 日本静脈経腸栄養学会, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • 高齢大動脈弁狭窄症患者における術後食事摂取量への影響の検討

    内田 絢子, 脇田 久美子, 小槇 公大, 小川 真人, 坪井 康典, 寺下 大輔, 後竹 康子, 小林 成美, 山本 育子, 山本 将士, 高橋 路子, 小川 渉, 宇佐美 眞

    第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2017年02月, 日本語, 日本静脈経腸栄養学会, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • 高齢大動脈弁狭窄症患者における術後食事摂取量への影響の検討

    内田 絢子, 脇田 久美子, 小槇 公大, 小川 真人, 坪井 康典, 寺下 大輔, 後竹 康子, 小林 成美, 山本 育子, 山本 将士, 高橋 路子, 小川 渉, 宇佐美 眞

    第32回日本静脈経腸栄養会年次学術集会, 2017年02月, 日本語, 日本静脈経腸栄養学会, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • 下痢の乱用に伴う重度の腸管機能不全に対して栄養管理を行った1例

    村前 直和, 田渕 聡子, 山岡 慶子, 上岡 美和, 生田 智子, 曽我 昭宏, 秋山 絵里, 北秋 翔子, 内田 絢子, 永濱 郁代, 山本 育子, 山本 将士, 高橋 路子, 小川 渉

    第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2017年02月, 日本語, 日本静脈経腸栄養学会, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • 下剤の乱用に伴う重度の腸管機能不全に対して栄養管理を行った神経性やせ症の1例

    村前 直和, 田渕 聡子, 山岡 慶子, 上岡 美和, 生田 智子, 曽我 昭宏, 秋山 恵里, 北秋 翔子, 内田 絢子, 永濱郁代, 山本 育子, 山本 将士, 高橋 路子, 小川 渉

    第33回日本静脈経腸栄養学会年次学術集会, 2017年02月, 日本語, 日本静脈経腸栄養学会, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • 下剤の乱用に伴う重度の腸管機能不全に対して栄養管理を行った神経性やせ症の1例

    村前直和, 田渕聡子, 山岡慶子, 上岡美和, 生田智子, 曽我昭宏, 秋山恵里, 北秋翔子, 内田絢子, 永濱郁代, 山本育子, 山本将士, 高橋路子, 小川渉

    第32回日本静脈経腸栄養会年次学術集会, 2017年02月, 日本語, 日本静脈経腸栄養学会, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒトiPS細胞を用いたACTH産生細胞成熟機構の解析とin vitro腫瘍モデル作成の試み

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 福岡 秀規, 井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西沢 衡, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回間脳下垂体腫瘍学会, 2017年02月, 日本語, 日本間脳下垂体腫瘍学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • オクトレオチド抵抗性を示した 神経線維腫症I型合併先端巨大症の一例

    穂積 かおり, 福岡 秀規, 小武 由紀子, 佐藤 武志, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 井口 元三, 錦織 千佳子, 長谷川 奉延, 小川 渉

    第27回間脳下垂体腫瘍学会, 2017年02月, 日本語, 間脳下垂体腫瘍学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SAP療法の基礎知識

    廣田 勇士, 松岡 敦子, 小川 渉

    第51回糖尿病学の進歩, 2017年02月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    その他

  • NEST介入による適切な栄養管理で肝移植後の難知性腹水が改善した糖原病患者の一例

    田渕 聡子, 高橋 路子, 生田 智子, 曽我 昭宏, 永濱 郁代, 上岡 美和, 北秋 翔子, 内田 絢子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 山本 将士, 小川 渉, 宇佐美 眞

    第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2017年02月, 日本語, 日本静脈経腸栄養学会, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • 糖原病Ia型患者の肝移植後の栄養管理

    田渕 聡子, 高橋 路子, 山岡 慶子, 秋山 恵里, 永濱 郁代, 櫻井 孝介, 福住 典子, 内田 絢子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 山本 将士, 蔵満 薫, 具 英成, 竹島 泰弘, 宇佐美 眞, 小川 渉

    第20回日本病態栄養学会, 2017年01月, 日本語, 日本病態栄養学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 高齢大動脈弁狭窄症患者における術後食事摂取量への影響の検討

    内田 絢子, 脇田 久美子, 小槇 公大, 小川 真人, 坪井 康典, 山西 美沙, 田渕 聡子, 三ヶ尻 礼子, 寺下 大輔, 後竹 康子, 小林 成美, 山本 育子, 山本 将士, 高橋 路子, 小川 渉

    第20回日本病態栄養学会年次学術集会, 2017年01月, 日本語, 日本病態栄養学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢大動脈弁狭窄症患者における術後食事摂取量への影響の検討

    内田 絢子, 脇田 久美子, 小槇 公大, 小川 真人, 坪井 康典, 山西 美沙, 田渕 聡子, 三ヶ尻 礼子, 寺下 大輔, 後竹 康子, 小林 成美, 山本 育子, 山本 将士, 高橋 路子, 小川 渉, 宇佐美 眞

    第20回日本病態栄養学会, 2017年01月, 日本語, 日本病態栄養学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢の腎移植レシピエントにおける術後の栄養・リハビリ介入の効果

    赤毛 弘子, 玉田 萌子, 西田 ひかる, 内田 絢子, 芝 唯, 山西 美沙, 脇田 久美子, 田渕 聡子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 山本 将士, 高橋 路子, 小川 渉

    第20回日本病態栄養学会年次学術集会, 2017年01月, 日本語, 日本病態栄養学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SAP 療法を導入した 1 型糖尿病患者へのカーボカウント 指導の検討

    山本育子, 三ヶ尻礼子, 田渕聡子, 脇田久美子, 山西美沙, 赤毛弘子, 芝唯, 内田絢子, 玉田萌子, 中谷早希, 西田ひかる, 金谷沙紀, 山本将士, 高橋路子, 廣田勇士, 坂口一彦, 小川渉

    第20回日本病態栄養学会年次学術集会, 2017年01月, 日本語, 日本病態栄養学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腹部大動脈瘤による消費性凝固障害にステントグラフト内挿術が有用であった高齢者の1例

    丸口勇人, 徳永俊太郎, 南地克洋, 笠松朗, 三好園子, 森寛行, 乙井一典, 安田尚史, 坂口一彦, 小川渉

    第214回日本内科学会近畿地方会, 2016年12月, 日本語, 日本内科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低栄養に伴う免疫不全から全身合併症を来した重症神経性食思不振症の1例

    山岡 慶子, 村前 直和, 田渕 聡子, 生田 智子, 曽我 昭宏, 秋山 恵里, 永濱 郁代, 上岡 美和, 西田 ひかる, 北秋 翔子, 東口 佳苗, 山本 麻里, 福住 典子, 櫻井 孝介, 山本 将士, 高橋 路子, 平井 みどり, 小川 渉

    第26回近畿輸液・栄養研究会, 2016年12月, 日本語, 近畿輸液・栄養研究会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン使用/非使用GDM症例におけるインスリン分泌能・感受性指標の比較

    平野靖子, 村前直和, 高橋陸, 山田倫子, 中村友昭, 福岡秀規, 岡田裕子, 廣田勇士, 坂口一彦, 谷村憲司, 森實真由美, 出口雅士, 山田秀人, 小川渉

    第32回日本糖尿病・妊娠学会学術集会, 2016年12月, 日本語, 日本糖尿病・妊娠学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肥満糖尿病の治療戦略

    小川 渉

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会, 2016年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    その他

  • 特発性後天性全身性無汗症に 中枢性尿崩症を合併した一例

    高橋 陸, 福岡 秀規, 坂東 弘教, 山田 倫子, 岡田 裕子, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月, 日本語, 日本内分泌学会, 大宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖質制限療法により著明な高LDL血症をきたした1型糖尿病の一例

    竹内 健人, 廣田 勇士, 松岡 敦子, 浜口 哲矢, 中村 友昭, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 上田 容生, 芳野 原, 小川 渉

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会, 2016年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖質制限療法により著明な高LDL血症をきたした1型糖尿病の一例

    竹内 健人, 廣田 勇士, 松岡 敦子, 浜口 哲矢, 中村 友昭, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 上田 容生, 芳野 原, 小川 渉

    第14回1型糖尿病研究会, 2016年11月, 日本語, 2型糖尿病研究会, 鳴門, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における腎移植後新規耐糖能異常の発症に関する検討

    坂本 洋一, 山田 倫子, 岡田 裕子, 中村 友昭, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 横山 直己, 石村 武志, 藤澤 正人, 小川 渉

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会, 2016年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低K、低アルドステロン血症、低身長を呈した 若年性高血圧の一例

    細川 友誠, 福岡 秀規, 菅原 健二, 竹内 健人, 山田 倫子, 中村 友昭, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 井口 元三, 本間 桂子, 長谷川 奉延, 小川 渉, 高橋 裕

    第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月, 日本語, 日本内分泌学会, 大宮, 国内会議

    ポスター発表

  • 全身型金属アレルギー患者に対する管理栄養士による栄養指導の有効性の検討

    三ヶ尻 礼子, 福永 淳, 鷲尾 健, 畠山 真弓, 小倉 香奈子, 正木 太朗, 三好 真琴, 赤毛 弘子, 山本 育子, 山本 将士, 高橋 路子, 小川 渉, 錦織 千佳子, 宇佐美 眞

    第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2016年11月, 日本語, 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 性同一性障害を伴うコルチゾール、アンドロゲン産生腫瘍の1例

    岩橋 泰幸, 福岡 秀規, 毛利 華奈子, 菅原 健二, 岡田 裕子, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月, 日本語, 日本内分泌学会, 大宮, 国内会議

    ポスター発表

  • 冠動脈プラークの不安定性との 関係が強い血糖変動指標の検討

    末松 那都, 坂口 一彦, 三浦 洋, 宗 杏奈, 中村 友昭, 駒田 久子, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 小川 渉

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会, 2016年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下垂体機能低下症を呈する「抗PIT-1抗体症候群」4例の臨床的検討

    坂東 弘教, 井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 福岡 秀規, 犬塚 恵, 杢保 敦子, 東條 克能, 小川 渉, 高橋 裕

    第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月, 日本語, 日本内分泌学会, 大宮, 国内会議

    ポスター発表

  • デュラグルチド導入後の血糖変動に与える短期効果についての検討

    平野 靖子, 村前 直和, 岡田 裕子, 立花 真莉子, 山田 倫子, 菅原 健二, 中村 友昭, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会, 2016年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン使用/非使用GDM症例における インスリン分泌能・感受性指標の比較

    平野 靖子, 三浦 洋, 村前 直和, 高橋 陸, 山田 倫子, 中村 友昭, 福岡 秀規, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 森實 真由美, 出口 雅士, 山田 秀人, 小川 渉

    第32回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本糖尿病・妊娠学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SGLT2阻害薬導入後に著明な高グルカゴン血症を呈した一例

    金谷 雅之, 菅原 健二, 岡田 裕子, 岩橋 泰幸, 山田 倫子, 村前 直和, 中村 友昭, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会, 2016年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • NGTにおける75gOGTTの血糖曲線形とメタボリック症候群因子の関連について

    宗 杏奈, 坂口 一彦, 三浦 洋, 末松 那都, 中村 友昭, 駒田 久子, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 小島 寿美, 野口 緑, 小川 渉

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会, 2016年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • NF1に先端巨大症を含む多発性内分泌腫瘍を合併した一例

    小武 由紀子, 福岡 秀規, 穂積 かおり, 佐藤 武志, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高橋 路子, 井口 元三, 長谷川奉延, 小川 渉, 高橋 裕

    第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月, 日本語, 日本内分泌学会, 大宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • NF1に先端巨大症を含む多発性内分泌腫瘍を合併した一例

    小武 由紀子, 福岡 秀規, 穂積 かおり, 佐藤 武志, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高橋 路子, 井口 元三, 長谷川奉延, 小川 渉, 高橋 裕

    第26回内分泌代謝Update, 2016年11月, 日本語, 日本内分泌学会, 埼玉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • MR Spectroscopy法を用いた 膵脂肪蓄積の意義についての検討

    三浦 洋, 坂口 一彦, 末松 那都, 宗 杏奈, 中村 友昭, 駒田 久子, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 小川 渉

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会, 2016年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2型糖尿病患者におけるインスリン治療とQOLの関連、および教育入院による変化

    立花 真莉子, 山田 倫子, 岡田 裕子, 高橋 陸, 平野 靖子, 村前 直和, 中村 友昭, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会, 2016年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2型糖尿病患者における IGF-I低値に寄与する因子の解析

    隅田 健太郎, 福岡 秀規, 井口 元三, 廣田 勇士, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 西澤 衡, 高橋 路子, 小川 渉, 高橋 裕

    第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月, 日本語, 日本内分泌学会, 大宮, 国内会議

    ポスター発表

  • 1型糖尿病患者にCSIIからSAPへ切り替えた 中期的な治療効果の検討

    廣田 勇士, 松岡 敦子, 竹内 健人, 浜口 哲矢, 中村 友昭, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第16回日本先進糖尿病治療研究会, 2016年11月, 日本語, 日本先進糖尿病治療研究会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 特発性後天性全身性無汗症に 特発性後天性全身性無汗症に 中枢性尿崩症を合併した一例

    小畠 正樹, 福岡 秀規, 坂東 弘教, 山田 倫子, 岡田 裕子, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第43回日本神経内分泌学会学術集会, 2016年10月, 日本語, 日本神経内分泌学会, 浜松, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腎移植後の体重増加と耐糖能障害の関連についての検討

    岡田 裕子, 山田 倫子, 三浦 洋, 中村 友昭, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第37回日本肥満学会, 2016年10月, 日本語, 日本肥満学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 血糖コントロール不良の腎移植後糖尿病患者への支援方法の検討(第2報)

    玉田 萌子, 山本 育子, 芝 唯, 山西 美沙, 赤毛 弘子, 脇田 久美子, 田渕 聡子, 三ヶ尻 礼子, 山本 将士, 高橋 路子, 小川 渉, 野村 和弘

    第3回日本糖尿病医療学学会, 2016年10月, 日本語, 日本糖尿病医療学学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CideaとFSP27βによる褐色脂肪細胞の脂肪滴サイズの制御機構の解明

    西本 祐希, 中島 進介, 楯谷 三四郎, 小川 渉, 田守 義和

    第37回日本肥満学会, 2016年10月, 日本語, 日本肥満学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CHD7遺伝子変異を認めた複合型下垂体機能低下合併 Kallmann症候群(KS)の1例

    大橋 千裕, 福岡 秀規, 志智 大城, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 井口 元三, 深見 真紀, 小川 渉, 高橋 裕

    第43回日本神経内分泌学会学術集会, 2016年10月, 日本語, 日本神経内分泌学会, 浜松, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1H-MRSを用いた骨格筋細胞内脂肪量とインスリン抵抗性の関連について1.5T/3.0Tの違いによる検討

    三浦洋, 坂口一彦, 中村友昭, 岡田裕子, 廣田勇士, 小川渉

    第37回日本肥満学会学術集会, 2016年10月, 日本語, 日本肥満学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 低K血症、低身長を認めた若年性高血圧の一例

    林 義貴, 福岡 秀規, 細川 友誠, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 井口 元三, 本間 桂子, 長谷川 奉延, 小川 渉, 高橋 裕

    第213回日本内科学会近畿地方会, 2016年09月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頚部痛を主訴に受診した若年発症急性心筋梗塞の1例

    村上 慎吾, 森 寛行, 南地 克洋, 德永 俊太郎, 笠松 朗, 三好 園子, 乙井 一典, 坂口 一彦, 小川 渉

    第213回日本内科学会近畿地方会, 2016年09月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CideaとFSP27βによる褐色脂肪細胞の脂肪滴サイズの制御機構の解明

    西本 祐希, 中島 進介, 楯谷 三四郎, 小川 渉, 田守 義和

    第21回アディポサイエンス・シンポジウム, 2016年08月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神経線維腫症I型に多彩な内分泌腫瘍を合併した先端巨大症の一例

    小武 由紀子, 福岡 秀規, 穂積 かおり, 佐藤 武志, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高橋 路子, 井口 元三, 長谷川奉延, 小川 渉, 高橋 裕

    下垂体スキルアップセミナー, 2016年07月, 日本語, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • カーボカウント食事会へのリピート参加における効果

    山本 育子, 三ヶ尻 礼子, 田渕 聡子, 脇田 久美子, 山西 美沙, 赤毛 弘子, 中嶋 沙姫, 松尾 彩加, 芝 唯, 内田 絢子, 玉田 萌子, 西田 ひかる, 戸田 明代, 山本 将士, 高橋 路子, 宇佐美眞, 廣田勇士, 坂口一彦, 小川渉

    第4回日本糖尿病療養指導学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本糖尿病協会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • クリプトコッカス髄膜炎の再燃時にクリプトコッカス骨髄炎を合併した1例

    谷藤 貴紀, 南地 克洋, 德永 俊太郎, 笠松 朗, 三好 園子, 森 寛行, 乙井 一典, 坂口 一彦, 小川 渉

    第212回日本内科学会近畿地方会, 2016年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 膵β細胞不全関連分子CEBP/βの安定化に対するcasein kinase2の役割

    高井 智子, 松田 友和, 松浦 有希, 川本 剛士, 淺原 俊一郎, 木村 真希, 神野 歩, 鈴木 江美, 小川 渉

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病合併先端巨大症における糖尿病性血管合併症の頻度

    隅田 健太郎, 福岡 秀規, 井口 元三, 廣田 勇士, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 西澤 衡, 高橋 路子, 坂口 一彦, 小川 渉, 高橋 裕

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 生物発光イメージング法による生存細胞内小胞体ストレスの定量化

    鈴木 江美, 松田 友和, 川本 剛士, 松浦 有希, 高井 智子, 神野 歩, 木村 真希, 淺原 俊一郎, 小川 渉, 木戸 良明

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 骨格筋アドレナリン抵抗性の分子機構と肥満病態形成における役割

    野村 和弘, 細岡 哲也, 佐々木 努, 北村 忠弘, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高血糖クランプ第1相のCpeptide/insulinモル比は耐糖能を表現する

    駒田 久子, 坂口 一彦, 末松 那都, 浜口 哲矢, 松岡 敦子, 宗 杏奈, 中村 友昭, 奥野 陽子, 廣田 勇士, 小川 渉

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 健常・耐糖能異常・2型糖尿病患者に対するグルコース・インスリンクランプ臨床試験の数理モデルを用いた解析

    大橋 郁, 駒田 久子, 宇田 新介, 久保田 浩行, 岩木 聡直, 福沢 紘揮, 小森 靖則, 藤井 雅史, 豊島 有, 坂口 一彦, 小川 渉, 黒田 真也

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 空腹時血糖値と経静脈的、経口的ブドウ糖負荷に対するインスリン分泌との関係

    中村友昭, 駒田久子, 坂口一彦, 末松那都, 浜口哲矢, 宗杏奈, 松岡敦子, 奥野陽子, 岡田裕子, 廣田勇士, 小川渉

    第59回日本糖尿病学会学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 起立時血圧降下度により、糖尿病性多発神経障害の重症度を予測できる

    山田 倫子, 岡田 裕子, 伊藤 潤, 佐藤 弘幸, 浦井 伸, 細川 友誠, 竹内 健人, 三浦 洋, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クランプ法より得たインスリンクリアランス指標と 空腹時C-peptide/Insulinモル比の関係

    末松 那都, 駒田 久子, 坂口 一彦, 浜口 哲矢, 宗 杏奈, 松岡 敦子, 中村 友昭, 奥野 陽子, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 小川 渉

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン頻回注射法からSensor Augmented Pump(SAP)に変更した1型糖尿病患者の治療効果の検討

    細川 友誠, 廣田 勇士, 伊藤 潤, 佐藤 洋幸, 浦井 伸, 竹内 健人, 三浦 洋, 山田 倫子, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン施注中の 高結合能・低親和性インスリン抗体に 関連する因子についての検討

    竹内 健人, 廣田 勇士, 伊藤 潤, 佐藤 洋幸, 浦井 伸, 細川 友誠, 三浦 洋, 山田 倫子, 岡田 裕子, 福岡 秀規, 坂口 一彦, 小川 渉

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SGLT2阻害薬の短期的効果についての検討

    三浦 洋, 廣田 勇士, 浦井 伸, 細川 友誠, 竹内 健人, 山田 倫子, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • CIDEAとFSP27βによる褐色脂肪細胞の脂肪滴サイズの制御機構の解明

    西本 祐希, 中島 進介, 楯谷 三四郎, 小川 渉, 田守 義和

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病患者におけるCSIIからSensor Augmented Pump(SAP)へ切り替えによる 日中及び夜間の血糖変動変化の検討

    松岡 敦子, 廣田 勇士, 浜口 哲矢, 浦井 伸, 末松 那都, 宗 杏奈, 中村 友昭, 駒田 久子, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1HMR spectroscopy(1HMRS)を用いた肝細胞内脂肪,骨格筋細胞内脂肪蓄積とインスリン抵抗性,分泌能指標の関連についての検討

    浦井 伸, 岡田 裕子, 末松 那都, 宗 杏奈, 中村 友昭, 駒田 久子, 奥野 陽子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非機能性副腎腺腫患者における1mgデキサメタゾン抑制後コルチゾール値と心血管リスクについての検討

    細川 友誠, 福岡 秀規, 山田 倫子, 竹内 健人, 伊藤 潤, 佐藤 洋幸, 浦井 伸, 三浦 洋, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 肥満における骨格筋アドレナリン抵抗性の関与とPGC-1α新規アイソフォームの役割

    野村 和弘, 細岡 哲也, 佐々木 努, 北村 忠弘, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 新規アディポカイン、ケマリンは副腎髄質を介して褐色脂肪機能を調節する

    高橋 路子, 置村 康彦, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西沢 衡, 福岡 秀規, 井口 元三, 北澤 理子, 小川 渉, 高橋 裕

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた下垂体疾患の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 福岡 秀規, 井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高木 優樹, 石井 智弘, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 青井 貴之, 小川 渉, 高橋 裕

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 抗PIT-1抗体症候群は新たな胸腺腫関連自己免疫疾患である

    坂東弘教, 井口元三, 福岡秀規, 小武由紀子, 吉田健一, 松本隆作, 隅田健太郎, 西沢衡, 高橋路子, 杢保敦子, 東條克能, 小川渉, 高橋裕

    第89回日本内分泌学会年次学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 抗PIT-1抗体症候群は新たな胸腺腫関連自己免疫疾患である

    坂東 弘教, 井口 元三, 福岡 秀規, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高橋 路子, 杢保 敦子, 東條 克能, 小川 渉, 高橋 裕

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 原発性アルドステロン症69例における片側性あるいは両側性病変の臨床的特徴の検討

    井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 福岡 秀規, 小川 渉, 高橋 裕

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 褐色細胞腫診断マーカーとしての 血漿レニン活性の有用性

    山田 倫子, 福岡 秀規, 岡田 裕子, 細川 友誠, 竹内 健人, 伊藤 潤, 佐藤 洋幸, 浦井 伸, 三浦 洋, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒストンメチル基転移酵素SETD2遺伝子変異を認めた巨人症の一例

    隅田健太郎, 鳴海覚志, 福岡秀規, 井口元三, 小武由紀子, 吉田健一, 松本隆作, 坂東弘教, 西沢衡, 高橋路子, 小川渉, 長谷川奉延, 高橋裕

    第89回日本内分泌学会年次学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒストンメチル基転移酵素SETD2遺伝子変異を認めた巨人症の一例

    隅田 健太郎, 鳴海 覚志, 福岡 秀規, 井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 西澤 衡, 高橋 路子, 小川 渉, 長谷川 奉延, 高橋 裕

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • グルコースクランプ法を用いて検討した原発性アルドステロン症の手術前後の病態変化

    坂口 一彦, 駒田 久子, 中村 友昭, 末松 那都, 岡田 裕子, 井口 元三, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 高橋 裕, 田島 慶彦, 河合 正昭, 佐藤 利彦, 小川 渉

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • グルコースクランプ法を用いて検討した原発性アルドステロン症の手術前後の病態変化

    坂口一彦, 駒田久子, 中村友昭, 末松那都, 岡田裕子, 井口元三, 福岡秀規, 廣田勇士, 高橋裕, 田島慶彦, 河合正昭, 佐藤利彦, 小川渉

    第89回日本内分泌学会学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • インスリン抵抗性およびNASHの病態形成における脂肪細胞PDK1-FoxO1経路の意義

    細岡 哲也, 松木 核, 野村 和弘, 松井 翔, 佐々木 努, 北村 忠弘, 江口 潤, Evan D Rosen, 中江 淳, Domenico Accili, 黒田 雅士, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • IGF-Iはテロメア短縮および細胞老化を惹起する ; 先端巨大症における新たな病態の提唱

    松本隆作, 福岡秀規, 井口元三, 吉田健一, 坂東弘教, 隅田健太郎, 西沢衡, 高橋路子, 山田正三, 小川渉, 高橋裕

    第89回日本内分泌学会年次学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IGF-Iの細胞老化促進作用を介した新たな肝臓調節機構と治療応用

    西澤 衡, 井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 福岡 秀規, 小川 渉, 高橋 裕

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A Novel Thymoma-Associated Endocrinopathy; Anti-PIT-1 antibody syndrome

    Hironori Bando, Genzo Iguchi, Hidenori Fukuoka, Yukiko Odake, Kenichi Yoshida, Ryusaku Matsumoto, Kentaro Suda, Hitoshi Nishizawa, Michiko Takahashi, Atsuko Mokubo, Katsuyoshi Tojo, Wataru Ogawa, Yutaka Takahashi

    ENDO2016, 2016年04月, 英語, ENDO, Boston, USA, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • A Novel Thymoma-Associated Endocrinopathy; Anti-PIT-1 antibody syndrome

    Bando H, Iguchi G, Fukuoka H, Odake Y, Yoshida K, Matsumoto R, Suda K, Nishizawa H, Takahashi M, Mokubo A, Tojo K, Ogawa W, Takahashi Y

    ENDO 2016: 98th Annual Meeting and Expo of the Endocrine Society, 2016年04月, 英語, Boston, USA, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • ACTH産生下垂体腫瘍の新たな発症機序: Cyclin EはHOTAIRを負に制御する

    吉田 健一, 福岡 秀規, 小武 由紀子, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 井口 元三, 山田 正三, 小川 渉, 高橋 裕

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • ACTH産生下垂体腫瘍におけるErbB4の発現量と臨床像との関連

    小武 由紀子, 福岡 秀規, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高橋 路子, 井口 元三, 山田 正三, 小川 渉, 高橋 裕

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • A Case of Cardiac Myxoma and Subclinical Cushing's Syndrome Associated with a Novel Mutation in Fumarate Hydratase (FH) Gene and the Significance of Mutation in FH Gene in Adrenal Tumors

    Suda K, Fukuoka H, Mukai M, Ono K, Iguchi G, Odake Y, Yoshida K, Matsumoto R, Bando H, Nishizawa H, Takahashi M, Sasano H, Ogawa W, Takahashi Y

    ENDO 2016: 98th Annual Meeting and Expo of the Endocrine Society, 2016年04月, 英語, Boston, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • 2型糖尿病感受性遺伝子GCN2は膵β細胞量の調節に関与する

    神野 歩, 増田 勝久, 淺原 俊一郎, 松田 友和, 木村 真希, 廣田 勇士, 横井 伯英, 小川 渉, 清野 進, 春日 雅人, 木戸 良明

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 2型糖尿病患者のQOLに関連する因子と教育入院に よる変化の検討

    上田 真莉子, 浦井 伸, 岡田 裕子, 細川 友誠, 竹内 健人, 三浦 洋, 山田 倫子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第114回日本内科学会総会・講演会, 2016年04月, 日本語, 日本内科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 1型糖尿病患者における従来のCSIIからSAPへ切り替えた治療効果の検討

    浦井 伸, 廣田 勇士, 浜口 哲矢, 松岡 敦子, 細川 友誠, 三浦 洋, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ACTH産生下垂体腫瘍における ErbB4の発現と臨床像との関連

    小武 由紀子, 福岡 秀規, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高橋 路子, 井口 元三, 山田 正三, 小川 渉, 高橋 裕

    第26回間脳下垂体腫瘍学会, 2016年02月, 日本語, 間脳下垂体腫瘍学会, 福島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 膵β細胞不全関連分子C/EBPβの安定化に対するcasein kinase βの役割

    高井 智子, 松田 友和, 川本 剛士, 松浦 有希, 淺原 俊一郎, 神野 歩, 木村 真希, 鈴木(寺師) 江美, 小川 渉, 木戸 良明

    第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CSIIからSAPへ切り替え後の ベーサルインスリン量の変化 についての検討

    三浦 洋, 廣田 勇士, 浜口 哲矢, 松岡 敦子, 細川 友誠, 浦井 伸, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第15回日本先進糖尿病治療研究会, 2015年11月, 日本語, 日本先進糖尿病治療研究会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人におけるTyGindexのインスリン感受性指標としての有用性に関する検討

    中村 友昭, 駒田 久子, 末松 那都, 宗 杏奈, 浜口 哲矢, 松岡 敦子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第52回日本糖尿病学会近畿地方会, 2015年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病合併先端巨大症における 糖尿病性血管合併症の頻度

    隅田 健太郎, 福岡 秀規, 井口 元三, 廣田 勇士, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 西澤 衡, 髙橋 路子, 坂口 一彦, 小川 渉, 高橋 裕

    第25回臨床内分泌代謝Update, 2015年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 糖尿病患者の起立性低血圧のリスクは脛骨F波潜時および安静時CVR-R で予想できる

    山田 倫子, 岡田 裕子, 伊藤 潤, 佐藤 洋幸, 浦井 伸, 細川 友誠, 竹内 健人, 三浦 洋, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉

    第52回日本糖尿病学会近畿地方会, 2015年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖代謝異常合併妊娠における 必要インスリンの増加量および関連因子の検討

    山田 倫子, 岡田 裕子, 浦井 伸, 伊藤 潤, 佐藤 洋幸, 細川 友誠, 竹内 健人, 三浦 洋, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小嶋 伸恵, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人, 小川 渉

    第31回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会, 2015年11月, 日本語, 日本糖尿病・妊娠学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院におけるSGLT2阻害薬導入症例での短期・中期的な効果についての検討

    三浦 洋, 廣田 勇士, 浦井 伸, 細川 友誠, 山田 倫子, 竹内 健人, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第52回日本糖尿病学会近畿地方会, 2015年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 長時間・短時間作用型GLP-1受容体作動薬で心拍数に変化を認めた1例

    末松 那都, 坂口 一彦, 浜口 哲矢, 松岡 敦子, 宗 杏奈, 中村 友昭, 駒田 久子, 奥野 陽子, 廣田 勇士, 小川 渉

    第52回日本糖尿病学会近畿地方会, 2015年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 著明な高Ca血症を認めた バセドウ病の一例

    佐藤 洋幸, 福岡 秀規, 岡田 裕子, 芳野 啓, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第25回臨床内分泌代謝Update, 2015年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 胎児バセドウ病の治療に苦慮したバセドウ病合併妊娠の1例

    吉田健一, 福岡秀規, 深田修司, 小武由紀子, 松本隆作, 坂東弘教, 隅田健太郎, 西沢 衡, 井口元三, 豊永絢香, 西田浩輔, 森岡一朗, 小川 渉, 高橋 裕

    第25回臨床内分泌代謝Update, 2015年11月, 日本語, 認定NPO法人日本ホルモンステーション、日本内分泌学会、本学術集会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 先端巨大症における膵嚢胞性病変の合併頻度と関連因子の検討

    小武 由紀子, 福岡 秀規, 有坂 好史, 小西 淳也, 全 陽, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第25回臨床内分泌代謝Update, 2015年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 先端巨大症における包括的遺伝子解析

    松本 隆作, 福岡 秀規, 井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高橋 路子, 井澤 雅子, 山田 正三, 小川 渉, 高橋 裕

    第25回臨床内分泌代謝Update, 2015年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 治療に苦慮したTRAb著明高値 バセドウ病合併妊娠の1例

    吉田 健一, 福岡 秀規, 深田 修司, 小武 由紀子, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 井口 元三, 豊永 絢香, 上中 美月, 西田 浩輔, 森岡 一朗, 小川 渉, 高橋 裕

    第25回臨床内分泌代謝Update, 2015年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 甲状腺ホルモン不応症とTSH産生 腫瘍の鑑別に苦慮した一例

    浦井 伸, 福岡 秀規, 吉田 健一, 廣田 勇士, 工藤 工, 西原 永潤, 井口 元三, 宮内 昭, 小川 渉, 高橋 裕

    第25回臨床内分泌代謝Update, 2015年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 褐色細胞腫では術後インスリンクリアランスは変化しない

    駒田 久子, 坂口 一彦, 末松 那都, 宗 杏奈, 中村 友昭, 奥野 陽子, 廣田 勇士, 田島 慶彦, 河合 正昭, 佐藤 利幸, 小川 渉

    第52回日本糖尿病学会近畿地方会, 2015年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • トルバブタンが著効した低AVP血症性低ナトリウム血症の一例

    坂東 弘教, 井口 元三, 福岡 秀規, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高橋 路子, 小川 渉, 高橋 裕

    第25回臨床内分泌代謝Update, 2015年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • インスリン併用群、非併用群におけるリラグルチドの長期効果に影響する因子の検討

    竹内 健人, 岡田 裕子, 倉本 尚樹, 三浦 洋, 芳野 啓, 浜口 哲矢, 野村 和弘, 廣田 勇士, 細岡 哲也, 坂口 一彦, 小川 渉

    第52回日本糖尿病学会近畿地方会, 2015年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン頻回注射法(MDI)からSAPに変更した1型糖尿病患者の治療効果の検討

    細川 友誠, 廣田 勇士, 伊藤 潤, 佐藤 洋幸, 浦井 伸, 竹内 健人, 三浦 洋, 山田 倫子, 岡田 裕子, 倉本 尚樹, 浜口 哲矢, 芳野 啓, 坂口 一彦, 小川 渉

    第52回日本糖尿病学会近畿地方会, 2015年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン製剤の変更および 経年によりインスリン抗体の質が改善した と考えられた1型糖尿病の1例

    芳野 啓, 廣田 勇士, 伊藤 潤, 浦井 伸, 三浦 洋, 竹内 健人, 山田 倫子, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第210回日本内科学会近畿地方会, 2015年11月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Role of PGC-1a in regulation of fat mass and muscle development

    Ogawa W

    2015 International Congress on Obesity and Metabolic Syndrome, 2015年11月, 英語, Seoul, Korea, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Histone deacetylase regulates insulin signaling via two pathways in pancreatic β cells

    Sugiura Y, Asahara S, Kawada Y, Ihara Y, Hara M, Kanno A, Kimura-Koyanagi M, Matsuda T, Seino S, Ogawa W, Kido Y

    7th AASD Scientific Meeting and annual Scientific Meeting of the Hong Kong Society of Endocrinology, Metabolism and Reproduction, 2015年11月, 英語, Hong Kong, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Effects of switching conventional continuous subcutaneous insulin infusion therapy to sensor augmented pump therapy on diurnal glycemic profiles in Japanese type 1 diabetic patients

    Matsuoka A, Hirota Y, Hamaguchi T, Urai S, Suematsu N, So A, Nakamura T, Komada H, Okada Y, Sakaguchi K, Ogawa W

    7th AASD Scientific Meeting and annual Scientific Meeting of the Hong Kong Society of Endocrinology, Metabolism and Reproduction, 2015年11月, 英語, Hong Kong, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • CHD7遺伝子異常が疑われたKallmann症候群の1例

    志智 大城, 福岡 秀規, 浦井 伸, 山田 佳子, 加藤 慶太郎, 三浦 洋, 末松 那都, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第25回臨床内分泌代謝Update, 2015年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • A ratio of area under the C-peptide curve to area under the insulin curve in the first-phase insulin secretion during a hyperglycemic clamp correlates with the level of glucose tolerance

    Suematsu N, Komada H, Sakaguchi K, Nakamura T, Hamaguchi T, Matsuoka A, Hirota Y, Ogawa W

    7th AASD Scientific Meeting and annual Scientific Meeting of the Hong Kong Society of Endocrinology, Metabolism and Reproduction, 2015年11月, 英語, Hong Kong, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 30歳まで無治療で経過した家族性中枢性尿崩症の一例

    伊藤 潤, 福岡 秀規, 芳野 啓, 廣田 勇士, 井口 元三, 長崎 弘, 小川 渉, 高橋 裕

    第25回臨床内分泌代謝Update, 2015年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 1型糖尿病合併妊娠患者における 産後の血糖コントロールに 関する検討

    浦井 伸, 岡田 裕子, 山田 倫子, 伊藤 潤, 佐藤 洋幸, 細川 友誠, 竹内 健人, 三浦 洋, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小嶋 伸恵, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人, 小川 渉

    第31回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会, 2015年11月, 日本語, 日本糖尿病・妊娠学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病患者における 従来のCSIIからSAPへ切り替えた 治療効果の検討

    浦井 伸, 廣田 勇士, 浜口 哲矢, 松岡 敦子, 細川 友誠, 三浦 洋, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第15回日本先進糖尿病治療研究会, 2015年11月, 日本語, 日本先進糖尿病治療研究会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病患者における従来のCSIIからSAPへ切り替えた治療効果の検討

    浦井 伸, 廣田 勇士, 三浦 洋, 平田 悠, 西本 祐希, 中島 進介, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第52回日本糖尿病学会近畿地方会, 2015年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病患者におけるCSIIからSensor Augmented Pump(SAP)切り替えによる血糖変動の変化

    浜口 哲矢, 廣田 勇士, 松岡 敦子, 浦井 伸, 末松 那都, 宗 杏奈, 中村 友昭, 駒田 久子, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第52回日本糖尿病学会近畿地方会, 2015年11月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病患者におけるCSIIから Sensor Augmented Pump(SAP)へ 切り替え後の血糖変動変化の検討

    松岡 敦子, 廣田 勇士, 浜口 哲矢, 浦井 伸, 末松 那都, 宗 杏奈, 中村 友昭, 駒田 久子, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第15回日本先進糖尿病治療研究会, 2015年11月, 日本語, 日本先進糖尿病治療研究会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 白色および褐色脂肪組織における脂肪滴局在蛋白FSP27α、FSP27βとCIDEAの発現解析

    西本 祐希, 中島 進介, 楯谷 三四郎, 小川 渉, 田守 義和

    第36回日本肥満学会, 2015年10月, 日本語, 日本肥満学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪細胞のインスリン作用障害による代謝異常およびNASH発症・進展の分子機構の解明

    細岡 哲也, 松木 核, 野村 和弘, 松居 翔, 佐々木 努, 北村 忠弘, 江口 潤, Rosen ED, 中江 淳, Accili D, 黒田 雅士, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    第36回日本肥満学会, 2015年10月, 日本語, 日本肥満学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 骨格筋のアドレナリン抵抗性は肥満を惹起する

    野村 和弘, 細岡 哲也, 佐々木 努, 北村 忠弘, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    第36回日本肥満学会, 2015年10月, 日本語, 日本肥満学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Insulin signaling network for understanding diabetes.

    Kasuga M, Hosooka T, Ogawa W

    Keystone symposia 2015, 2015年10月, 英語, Kyoto, Japan., 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Adipocyte-specific PDK1 deletion causes insulin resistance, disorder of glucose and lipid metabolism, and NASH.

    Hosooka T, Matsugi K, Nomura K, Matsui S, Sasaki T, Kitamura T, Eguchi J, Rosen ED, Nakae J, Accili D, Kuroda M, Sakaue H, Kasuga M, Ogawa W

    The 8th Asia-Oceania Conference on Obesity, 2015年10月, 英語, Nagoya,Japan., 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 冠動脈バイパス術に至った 原発性アルドステロン症合併プロラクチノーマの1例

    大井 佑夏, 福岡 秀規, 三浦 洋, 廣田 勇士, 井口 元三, 鳥羽 敬義, 宮原 俊介, 大北 裕, 小川 渉, 高橋 裕

    第209回日本内科学会近畿地方会, 2015年09月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪細胞のPDK1-FoxO1経路と 代謝異常・NASH

    松木 核, 細岡 哲也, 野村 和弘, 松居 翔, 佐々木 努, 北村 忠弘, 江口 潤, Rosen ED, 中江 淳, Accili D, 黒田 雅士, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    第33回内分泌代謝学サマーセミナー, 2015年07月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 冠動脈疾患患者に特徴的な腸内細菌叢の変化

    江本 拓央, 山下 智也, 佐々木 直人, 笠原 和之, 淀井 景子, 松本 卓也, 溝口 泰司, 林 友鴻, 宗 杏奈, 廣田 勇士, 小川 渉, 平田 健一

    第47回日本動脈硬化学会総会, 2015年07月, 日本語, 日本動脈硬化学会, 仙台, Coronary artery disease was associated with a change in the composition of gut microbiota., 国内会議

    ポスター発表

  • PGC-1α新規アイソフォームの機能解析を通じた運動による代謝改善機構の解明

    野村 和弘, 細岡 哲也, 佐々木 努, 北村 忠弘, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    第33回内分泌代謝学サマーセミナー, 2015年07月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 骨髄異形成症候群が疑われ 特徴的顔貌から診断し得た 22q11.2欠失症候群の一例

    中野 温子, 福岡 秀規, 三浦 洋, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第208回日本内科学会近畿地方会, 2015年06月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガレノキサシン内服が関与したと 考えられる重症低血糖を来たした 高齢2型糖尿病の1例

    志智 大城, 廣田 勇士, 浦井 伸, 山田 佳子, 加藤 慶太郎, 三浦 洋, 末松 那都, 福岡 秀規, 坂口 一彦, 小川 渉

    第208回日本内科学会近畿地方会, 2015年06月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • GCN2, a Type 2 Diabetes Mellitus Susceptibility Gene, Is Associated with the Regulation of Pancreatic β-Cell Mass

    Kanno A, Masuda K, Asahara S, Kimura M, Matsuda T, Kasuga M, Ogawa W, Seino S, Kido Y

    75th Scientific Session of American Diabetes Association, 2015年06月, 英語, Boston, Massachusetts, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 膵腎同時移植後の耐糖能を クランプ法などで検討した1例

    奥野 陽子, 坂口 一彦, 宗 杏奈, 中村 友昭, 駒田 久子, 廣田 勇士, 小川 渉

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肥満病態形成における骨格筋アドレナリン抵抗性の関与とPGC-1α新規アイソフォームの役割

    野村 和弘, 細岡 哲也, 佐々木 努, 北村 忠弘, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病からみた癌

    小川 渉

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 正常耐糖能者における血糖日内変動と クランプ法によって算出した膵β細胞機能指標との関係

    末松 那都, 坂口 一彦, 中村 友昭, 宗 杏奈, 駒田 久子, 奥野 陽子, 廣田 勇士, 小川 渉

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪組織のインスリン作用障害とNASH

    小川 渉

    第2回肝臓と糖尿病・代謝研究会, 2015年05月, 日本語, 肝臓と糖尿病・代謝研究会, 下関, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 脂肪細胞のインスリンシグナルと代謝異常・NASH

    細岡 哲也, 小川 渉

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高血糖クランプ第1相のC-peptide/insulinモル比は耐糖能と相関する

    駒田 久子, 坂口 一彦, 宗 杏奈, 中村 友昭, 奥野 陽子, 廣田 勇士, 小川 渉

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 検査技師による持続血糖モニタリングを用いた外来患者への療養指導システムの構築

    林 繭子, 廣田 勇士, 楠木 まり, 高坂 仁美, 沖 都麦, 柳 星伊, 山下 智江, 小林 泰菜, 今西 孝充, 林 伸英, 坂口 一彦, 小川 渉, 三枝 淳

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン頻回療法中の2型糖尿病患者にリラグルチドを導入した血糖コントロールとインスリン投与量に関する効果の検討

    加藤 慶太郎, 廣田 勇士, 山田 佳子, 志智 大城, 浦井 伸, 末松 那都, 三浦 洋, 坂口 一彦, 小川 渉

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン抵抗性・糖代謝異常の病態における 脂肪細胞のPDK1-FoxO1経路の意義の解明

    細岡 哲也, 松木 核, 野村 和弘, 松居 翔, 佐々木 努, 北村 忠弘, 江口 潤, Rosen ED, 中江 淳, Accili D, 春日 雅人, 小川 渉

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CSII(continuous subcutaneous insulin infusion)のABC

    坂口 一彦, 廣田 勇士, 小川 渉

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • BOT療法効果不十分例に対するLixisenatideまたはVildagliptinの インスリン併用効果の比較研究 (GLP-1 KOBE Study)

    宗 杏奈, 坂口 一彦, 中村 友昭, 廣田 勇士, 来住 稔, 西海 智子, 黒木 康雄, 高部 倫敬, 原 賢太, 竹内 健人, 芳野 弘, 横田 一樹, 小川 渉

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 75g OGTTにて血糖曲線が2峰性となる耐糖能正常型は β細胞demand index、glucose effectivenessに相当する指標も1峰性の正常型より優れている

    坂口 一彦, 宗 杏奈, 駒田 久子, 中村 友昭, 廣田 勇士, 野口 緑, 小川 渉

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2型糖尿病患者における シタグリプチンとメトホルミンの 膵β細胞保護効果の比較検討

    中村 友昭, 坂口 一彦, 廣田 勇士, 来住 稔, 中村 武寛, 奥野 陽子, 冨永 洋一, 西海 智子, 安友 佳朗, 小川 渉

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    ポスター発表

  • 1型糖尿病患者における 従来のCSIIからSAPへ切り替えた 治療効果の検討

    浦井 伸, 廣田 勇士, 志智 大城, 山田 佳子, 加藤 慶太郎, 末松 那都, 三浦 洋, 平田 悠, 西本 祐希, 中島 進介, 坂口 一彦, 小川 渉

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 膵β細胞におけるヒストン脱アセチル化酵素HDACの機能解析

    淺原 俊一郎, 杉浦 佑実子, 川田 有希奈, 伊原 佑香, 原 瑞季, 木村 真希, 松田 友和, 清野 進, 小川 渉, 木戸 良明

    第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 肥満病態形成における骨格筋アドレナリン抵抗性の関与

    野村 和弘, 細岡 哲也, 佐々木 努, 北村 忠弘, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 代謝異常症およびNASHの病態における脂肪細胞の機能不全の意義と分子機構の解明

    細岡 哲也, 松木 核, 野村 和弘, 松居 翔, 佐々木 努, 北村 忠弘, 江口 潤, Rosen ED, 中江 淳, Accili D, 春日 雅人, 小川 渉

    第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新規胸腺腫関連自己免疫疾患としての”抗PIT-1抗体症候群”

    坂東 弘教, 井口 元三, 福岡 秀規, 吉田 健一, 松本 隆作, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高橋 路子, 東條 克能, 小川 渉, 高橋 裕

    第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 集学的治療によって長期生存している悪性褐色細胞腫の一例.

    西澤 衡, 福岡 秀則, 井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 向原 徹, 小川 渉, 高橋 裕

    第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 検査技師による持続血糖モニタリング(CGM)を用いた外来患者への療養指導システムの構築

    林 繭子, 廣田 勇士, 楠木 まり, 高坂 仁美, 沖 都麦, 柳 星伊, 山下 智江, 小林 泰菜, 今西 孝充, 林 伸英, 坂口 一彦, 小川 渉, 三枝 淳

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本糖尿病学会, 下関, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IGF-Iはテロメア短縮および細胞老化を惹起する; 先端巨大症における新たな病態の提唱

    松本 隆作, 福岡 秀規, 井口 元三, 吉田 健一, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高橋 路子, 山田 正三, 小川 渉, 高橋 裕

    第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IFITM5 遺伝子にc.-14C>T変異を認め、骨形成不全症V型と 診断した一例

    浦井 伸, 福岡 秀規, 横井 伯英, 伊賀 真紀子, 中島 進介, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • DPP-4阻害薬MK-626が膵β細胞特異的mTORC1活性亢進モデルマウスに及ぼす影響

    木村 真希, 森田 愛梨, 三上 智子, 神野 歩, 松田 友和, 淺原 俊一郎, 清野 進, 小川 渉, 木戸 良明

    第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • Cushing症候群患者における メチラポン治療効果指標としての 唾液中コルチゾールの有用性

    吉田 健一, 福岡 秀規, 三浦 洋, 末松 那都, 中島 進介, 岩橋 泰幸, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 2型糖尿病における細小および大血管合併症と血中IGF-I値の関連

    隅田 健太郎, 福岡 秀規, 井口 元三, 廣田 勇士, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 西澤 衡, 髙橋 路子, 坂口 一彦, 小川 渉, 髙橋 裕

    第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 膵腎同時移植後患者の耐糖能をクランプ法で検討した1例

    坂口 一彦, 駒田 久子, 中村 友昭, 奥野 陽子, 廣田 勇士, 小川 渉, 松本 逸平, 外山 博近, 浅利 貞毅, 後藤 直大, 具 英成

    第42回日本膵・膵島移植研究会, 2015年03月, 日本語, 東京女子医科大学, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The association of serum IGF-I levels between micro- and macro-angiopathies in patients with type 2 diabetes

    Kentaro Suda, Hidenori Fukuoka, Genzo Iguchi, Yushi Hirota, Kenichi Yoshida, Ryusaku Matsumoto, Hironori Bando, Hitoshi Nishizawa, Michiko Takahashi, Kazuhiko Sakaguchi, Wataru Ogawa, Yutaka Takahashi

    The Endocrine Society’s 97th Annual Meeting & Expo, 2015年03月, 英語, Endocrine Society, San Diego, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • Factors associated with Quality of Life in Japanese Patients with Acromegaly

    Kenichi Yoshida, Hidenori Fukuoka, Ryusaku Matsumoto, Hironori Bando, Kentaro Suda, Hitoshi Nishizawa, Kazuhiko Sakaguchi, Genzo Iguchi, Wataru Ogawa, Susan M. Webb, Yutaka Takahashi

    The Endocrine Society’s 97th Annual Meeting & Expo, 2015年03月, 英語, Endocrine Society, San Diego, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • 薬物療法で生化学的寛解状態にある 先端巨大症患者のQoLは、手術のみでの 寛解に比べて低い

    吉田 健一, 福岡 秀規, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 井口 元三, 小川 渉, Susan M. Webb, 高橋 裕

    第25回間脳下垂体腫瘍学会, 2015年02月, 日本語, 間脳下垂体腫瘍学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 本邦先端巨大症におけるAIP遺伝子変異の頻度とカベルゴリンの有用性

    松本 隆作, 井澤 雅子, 福岡 秀規, 井口 元三, 吉田 健一, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高橋 路子, 井下 尚子, 山田 正三, 小川 渉, 高橋 裕

    第25回間脳下垂体腫瘍学会, 2015年02月, 日本語, 間脳下垂体腫瘍学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 小胞体ストレス関連分子C/EBPβを介した膵β細胞量調節機構の解明

    松田 友和, 三枝 祐介, 川本 剛士, 松浦 有希, 高井 智子, 淺原 俊一郎, 木村 真希, 神野 歩, 小川 渉, 木戸 良明

    第29回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会, 2015年02月, 日本語, 日本糖尿病・肥満動物学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪細胞特異的PDK1欠損マウスを用いた代謝異常症およびNASHの病態における脂肪細胞の機能不全の意義の解明

    細岡 哲也, 松木 核, 野村 和弘, 松居 翔, 佐々木 努, 北村 忠弘, 江口 潤, Rosen ED, 中江 淳, Accili D, 春日 雅人, 小川 渉

    第29回日本糖尿病・肥満動物学会, 2015年02月, 日本語, 日本糖尿病・肥満動物学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2型糖尿病原因遺伝子Kcnq1と高脂肪食が膵β細胞量に及ぼす相乗的効果の検討

    淺原 俊一郎, 伊原 佑香, 照山 杏子, 原 瑞季, 木村 真希, 松田 友和, 春日 雅人, 清野 進, 小川 渉, 木戸 良明

    第29回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会, 2015年02月, 日本語, 日本糖尿病・肥満動物学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2型糖尿病感受性遺伝子GCN2は膵β細胞量の調節に関与する

    神野 歩, 淺原 俊一郎, 増田 勝久, 吉富 理紗, 松田 友和, 木村 真希, 渋谷 由紀, 廣田 勇士, 横井 伯英, 春日 雅人, 清野 進, 小川 渉, 木戸 良明

    第29回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会, 2015年02月, 日本語, 日本糖尿病・肥満動物学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪細胞特異的PDK1欠損マウスを用いた糖脂質代謝異常およびNASHの病態形成における脂肪細胞のインスリン伝達障害の意義の解明

    細岡 哲也, 松木 核, 野村 和弘, 江口 潤, Evan D. Rosen, 中江 淳, Domenico Accili, 春日 雅人, 清野 進, 小川 渉

    第26回分子糖尿病シンポジウム, 2014年12月, 日本語, 高知大学医学部 内分泌代謝・腎臓内科学, 高知, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • デキサメタゾンで抑制を認めたがコルチゾール自律性分泌が疑われた両側副腎腫瘤の1例

    高山 弘志, 福岡 秀規, 末松 那都, 高井 智子, 浦井 伸, 山田 佳子, 志智 大城, 加藤 慶太郎, 三浦 洋, 廣田 勇士, 井口 元三, 坂口 一彦, 小川 渉, 高橋 裕

    第206回日本内科学会近畿地方会, 2014年12月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病患者に外来CGMを複数回 施行し、1年経過した結果の検討

    加藤 慶太郎, 廣田 勇士, 山田 佳子, 浦井 伸, 志智 大城, 末松 那都, 三浦 洋, 坂口 一彦, 小川 渉

    第14回日本先進糖尿病治療研究会, 2014年12月, 日本語, 日本先進糖尿病治療研究会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病患者における外来CGMの検討 ~HbA1c別、治療法別での比較~

    播 悠介, 廣田 勇士, 山田 佳子, 加藤 慶太郎, 末松 那都, 三浦 洋, 西本 祐希, 中島 進介, 坂口 一彦, 小川 渉

    第14回日本先進糖尿病治療研究会, 2014年12月, 日本語, 日本先進糖尿病治療研究会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 補充療法で多血症が改善した21水酸化酵素欠損症の一男性例

    西澤 衡, 福岡 秀規, 井口 元三, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 豊田 有子, 本間 桂子, 長谷川 泰延, 臼井 健, 小川 渉, 高橋 裕

    第24回臨床内分泌代謝Update, 2014年11月, 日本語, 自治医科大学附属さいたま医療センター, 埼玉, 国内会議

    ポスター発表

  • 日本人先端巨大症患者におけるAcroQoL日本語版の信頼性と有用性

    吉田 健一, 福岡 秀規, 松本 隆作, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 井口 元三, 小川 渉, Susan M. Webb, 高橋 裕

    第24回臨床内分泌代謝Update, 2014年11月, 日本語, 自治医科大学附属さいたま医療センター, 埼玉, 国内会議

    ポスター発表

  • 男性として成育した、21水酸化酵素欠損症とTuner症候群(45,XX/46,XX/47,XXX)の合併した1例

    岩橋 泰幸, 福岡 秀規, 中島 進介, 井口 元三, 本間 桂子, 長谷川 奉延, 小川 渉, 高橋 裕

    第24回臨床内分泌代謝Update, 2014年11月, 日本語, 自治医科大学附属さいたま医療センター, 埼玉, 国内会議

    ポスター発表

  • 先端巨大症においては テロメア長が短縮している

    松本 隆作, 福岡 秀規, 井口 元三, 吉田 健一, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高橋 路子, 山田 正三, 小川 渉, 高橋 裕

    第24回臨床内分泌代謝Update, 2014年11月, 日本語, 自治医科大学附属さいたま医療センター, 大宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 術後に心機能が改善したサブクリニカルクッシング症候群の一例

    隅田 健太郎, 福岡 秀規, 井口 元三, 廣田 勇士, 吉田 健一, 松本 隆作, 坂東 弘教, 西澤 衡, 髙橋 路子, 坂口 一彦, 小川 渉, 髙橋 裕

    第24回臨床内分泌代謝UpDate, 2014年11月, 日本語, 自治医科大学附属さいたま医療センター, 大宮, 国内会議

    ポスター発表

  • 受容体以後のシグナル伝達障害によるインスリン抵抗症を合併し、妊娠中もメトホルミン投与を要した一例

    鷲尾 佳一, 上中 美月, 篠崎 奈々絵, 森實 真由美, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人, 平田 悠, 西本 祐希, 廣田 勇士, 小川 渉

    第30回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会, 2014年11月, 日本語, 日本糖尿病・妊娠学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 受容体以後のシグナル伝達障害によるインスリン抵抗症が疑われ妊娠中メトホルミンが著効した1例

    鷲尾 佳一, 上中 美月, 篠崎奈々絵, 森實真由美, 平田 悠, 西本 祐希, 廣田 勇士, 小川 渉, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人

    第30回糖尿病・妊娠学会年次学術集会, 2014年11月, 日本語, 糖尿病・妊娠学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪組織のインスリン作用と代謝制御

    小川 渉, 野村 和弘, 細岡 哲也

    第24回臨床内分泌代謝UpDate, 2014年11月, 日本語, 自治医科大学附属さいたま医療センター, 大宮, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 原発性副甲状腺機能亢進症に対するシナカルセトの効果の検討

    末松 那都, 福岡 秀規, 播 悠介, 平田 悠, 中島 進介, 山田 佳子, 志智 大城, 浦井 伸, 加藤 慶太郎, 三浦 洋, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第24回臨床内分泌代謝Update, 2014年11月, 日本語, 自治医科大学附属さいたま医療センター, 埼玉, 国内会議

    ポスター発表

  • 原発性副甲状腺機能亢進症におけるデノスマブの効果の検討

    山田 佳子, 福岡 秀規, 末松 那都, 浦井 伸, 志智 大城, 加藤 慶太郎, 三浦 洋, 平田 悠, 西本 祐希, 高井 智子, 吉田 健一, 中島 進介, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第24回臨床内分泌代謝Update, 2014年11月, 日本語, 自治医科大学附属さいたま医療センター, 埼玉, 国内会議

    ポスター発表

  • 肝生検を施行した小児期発症GH分泌不全症5例の検討

    志智 大城, 福岡 秀規, 松本 隆作, 西澤 衡, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第24回臨床内分泌代謝Update, 2014年11月, 日本語, 自治医科大学附属さいたま医療センター, 埼玉, 国内会議

    ポスター発表

  • 肝生検を施行した小児期発症GH分泌不全5例の検討

    志智 大城, 福岡 秀規, 松本 隆作, 西澤 衡, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第24回臨床内分泌代謝Update, 2014年11月, 日本語, 自治医科大学附属さいたま医療センター, 大宮, 国内会議

    ポスター発表

  • インスリンDegludecとGlargineの1型糖尿病における血糖変動への影響

    中村 友昭, 坂口 一彦, 宗 杏奈, 駒田 久子, 奥野 陽子, 中島 進介, 廣田 勇士, 高部 倫敬, 中村 武寛, 飯田 啓二, 梶川 道子, 永田 正男, 小川 渉, 清野 進

    第12回1型糖尿病研究会, 2014年11月, 日本語, 加古川西市民病院, 姫路, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IgG4関連下垂体炎との鑑別を要した多発性血管炎性肉芽腫症の一例

    坂東 弘教, 井口 元三, 福岡 秀規, 斉藤 幹, 河野 誠司, 吉田 健一, 松本 隆作, 隅田健太郎, 西澤衡, 高橋路子, 谷口理章, 森信暁雄, 甲村英二, 小川渉, 高橋裕

    第24回臨床内分泌代謝UpDate, 2014年11月, 日本語, 自治医科大学附属さいたま医療センター, 大宮, 国内会議

    ポスター発表

  • 持続皮下インスリン注入療法に 持効型インスリン皮下注射を 併用した5例の検討

    三浦 洋, 廣田 勇士, 志智 大城, 平田 悠, 西本 祐希, 播 悠介, 伊賀 真紀子, 中島 進介, 芳野 啓, 橋本 尚子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第51回日本糖尿病学会近畿地方会, 2014年10月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪細胞の機能不全はインスリン抵抗性・糖脂質代謝異常に加えNASHを惹起する

    松木 核, 野村 和弘, 小川 渉, 春日 雅人, 清野 進, 細岡 哲也

    第35回日本肥満学会, 2014年10月, 日本語, 日本肥満学会, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外来診療でCGMが1型糖尿病患者の 血糖コントロールに与える効果の検討

    伊賀 真紀子, 廣田 勇士, 東口 佳苗, 小林 泰菜, 浦井 伸, 三浦 洋, 末松 那都, 中島 進介, 西本 祐希, 坂口 一彦, 小川 渉

    第51回日本糖尿病学会近畿地方会, 2014年10月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PGC-1α新規アイソフォームの機能解析を通じた運動による代謝改善機構の解析

    野村 和弘, 小川 渉

    第35回日本肥満学会, 2014年10月, 日本語, 日本肥満学会, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • NASH の病態形成における 脂肪細胞機能不全の重要性

    松木 核, 野村 和弘, 小川 渉, 春日 雅人, 清野 進, 細岡 哲也

    第29回日本糖尿病合併症学会, 2014年10月, 日本語, 日本糖尿病合併症学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CSII導入後、インスリン抗体による血糖コントロール悪化を認めた1型糖尿病の一例

    浦井 伸, 廣田 勇士, 西本 祐希, 末松 那都, 神野 歩, 松田 友和, 橋本 尚子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第51回日本糖尿病学会近畿地方会, 2014年10月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Clamp disposition indexはGlucose effectivenessとは独立した耐糖能の規定因子である

    駒田 久子, 坂口 一彦, 宗 杏奈, 中村 友昭, 奥野 陽子, 廣田 勇士, 小川 渉

    第51回日本糖尿病学会近畿地方会, 2014年10月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2型糖尿病患者における短時間作用型GLP-1受容体作動薬の効果の比較検討

    加藤 慶太郎, 廣田 勇士, 中島 進介, 山田 佳子, 志智 大城, 浦井 伸, 末松 那都, 三浦 洋, 坂口 一彦, 小川 渉

    第51回日本糖尿病学会近畿地方会, 2014年10月, 日本語, 日本糖尿病学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • チアマゾールの投与によりインスリン自己免疫症候群を合併した1型糖尿病の1例

    森 達也, 平田 悠, 廣田 勇士, 西本 祐希, 中島 進介, 福岡 秀規, 坂口 一彦, 小川 渉

    第205回日本内科学会近畿地方会, 2014年09月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪細胞の機能不全はインスリン抵抗性・糖脂質代謝異常に加えNASHを惹起する

    松木 核, 野村 和弘, 小川 渉, 春日 雅人, 清野 進, 細岡 哲也

    第19回アディポサイエンスシンポジウム, 2014年08月, 日本語, 日本肥満学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Adipocyte dysfunction causes insulin resistance,disorder of glucose and lipid metabolism,and NASH

    松木 核, 野村 和弘, 小川 渉, 春日 雅人, 清野 進, 細岡 哲也

    第19回日本肥満学会アディポサイエンス・シンポジウム, 2014年08月, 日本語, 日本肥満学会, 大阪, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 脂肪細胞の機能不全はインスリン抵抗性・糖脂質代謝異常に加えNASHを惹起する

    松木 核, 野村 和弘, 小川 渉, 春日 雅人, 清野 進, 細岡 哲也

    第10回高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム, 2014年07月, 日本語, 高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 長期にメチラポンによりコントロールを維持している クッシング病の一例

    浦井 伸, 福岡 秀規, 播 悠介, 西本 祐希, 中島 進介, 廣田 勇士, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第204回日本内科学会近畿地方会, 2014年06月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 受容体以後のシグナル伝達障害によるインスリン抵抗症が疑われメトホルミンが著効した1例

    小原 靖子, 平田 悠, 西本 祐希, 廣田 勇士, 橋本 尚子, 伊賀 真紀子, 中島 進介, 向井 美希, 坂口 一彦, 小川 渉

    第204回日本内科学会近畿地方会, 2014年06月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Liraglutideの1年間投与による体重減少効果の検討~導入時分泌能との関連~

    廣田 勇士, 髙部 倫敬, 松田 友和, 中島 進介, 西本 祐希, 中村 友昭, 橋本 尚子, 坂口 一彦, 小川 渉

    第204回日本内科学会近畿地方会, 2014年06月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪細胞の機能不全はインスリン抵抗性・糖脂質代謝異常に加えNASHを惹起する

    松木 核, 野村 和弘, 小川 渉, 春日 雅人, 清野 進, 細岡 哲也

    第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 大阪, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 骨格筋のアドレナリン抵抗性はPGC1α新規アイソフォームの誘導不全により肥満を惹起する

    野村 和弘, 水崎 奈央, 細岡 哲也, 佐々木 努, 北村 忠弘, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉

    第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • α-グルコシダーゼ阻害薬の短期投与による抗動脈硬化作用の検討

    宗 杏奈, 坂口 一彦, 中村 友昭, 奥野 陽子, 駒田 久子, 廣田 勇士, 小川 渉

    第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン抵抗性改善系薬

    小川 渉

    第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 大阪, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • PGC-1α各種アイソフォームの発現パターンと機能の解析

    水崎 奈央, 野村 和弘, 細岡 哲也, 春日 雅人, 小川 渉

    第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CSII加療中の1型糖尿病合併妊娠におけるインスリン必要量の変化についての検討

    西本 祐希, 廣田 勇士, 中村 友昭, 岩橋 泰幸, 藤田 泰功, 播 悠介, 平田 悠, 伊賀 真紀子, 中島 進介, 向井 美希, 坂口 一彦, 小川 渉

    第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 75g OGTTにて 負荷後1時間血糖値が180mg/dl以上となる耐糖能正常型のインスリン分泌能・インスリン感受性の特徴

    坂口 一彦, 駒田 久子, 宗 杏奈, 中村 友昭, 奥野 陽子, 廣田 勇士, 野口 緑, 小川 渉

    第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 75g OGTTにて血糖曲線が 2峰性となる耐糖能正常型の特徴

    中村 友昭, 駒田 久子, 坂口 一彦, 宗 杏奈, 奥野 陽子, 廣田 勇士, 野口 緑, 小川 渉

    第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病患者の外来診療において CGMが血糖コントロールに与える効果の検討

    伊賀 真紀子, 廣田 勇士, 中村 友昭, 岩橋 泰幸, 藤田 泰功, 播 悠介, 平田 悠, 中島 進介, 西本 祐希, 向井 美希, 坂口 一彦, 小川 渉

    第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病患者における外来CGMの検討

    播 悠介, 廣田 勇士, 中村 友昭, 岩橋 泰幸, 藤田 泰功, 平田 悠, 伊賀 真紀子, 向井 美希, 中島 進介, 西本 祐希, 坂口 一彦, 小川 渉

    第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病患者における グラルギンからデグルデクへ切り替え時の血糖経時的変化のCGMによる解析

    中島 進介, 廣田 勇士, 岩橋 泰幸, 藤田 泰功, 播 悠介, 平田 悠, 伊賀 真紀子, 西本 祐希, 向井 美希, 坂口 一彦, 小川 渉

    第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病の暁現象に影響を与える因子に関する検討

    平田 悠, 廣田 勇士, 岩橋 泰幸, 藤田 泰功, 播 悠介, 伊賀 真紀子, 中島 進介, 西本 祐希, 向井 美希, 福岡 秀規, 坂口 一彦, 小川 渉

    第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 酢酸オクトレオチド投与後に低血糖を生じる患者背景についての検討

    西本 祐希, 福岡 秀規, 岩橋 泰幸, 藤田 泰功, 播 悠介, 平田 悠, 伊賀 真紀子, 中島 進介, 向井 美希, 廣田 勇士, 井口 元三, 坂口 一彦, 小川 渉, 高橋 裕

    第87回日本内分泌学会学術総会, 2014年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 脂肪細胞の機能不全はインスリン抵抗性・ 糖代謝異常に加えNASHを惹起する

    松木 核, 野村 和弘, 小川 渉, 春日 雅人, 清野 進, 細岡 哲也

    第87回日本内分泌学会学術総会, 2014年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 福岡, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 脂肪細胞の機能不全はインスリン抵抗性・糖脂質代謝異常に加えNASHを惹起する

    松木 核, 野村 和弘, 小川 渉, 春日 雅人, 清野 進, 細岡 哲也

    第51回日本臨床分子医学会学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本臨床分子医学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • SunitinibによってACTHの低下を認めた異所性ACTH産生腫瘍の一例

    小武 由紀子, 福住 典子, 向原 徹, 福岡 秀規, 井口 元三, 佐藤 伊都子, 林 伸英, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉, 河野 誠司, 高橋 裕

    第87回日本内分泌学会学術総会, 2014年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • Subclinical Cushing症候群を合併した遺伝性平滑筋腫症 -腎細胞がん症候群の一例

    向井 美希, 福岡 秀規, 中島 進介, 杉立 有弥, 藤田 泰功, 隅田 健太郎, 岩橋 泰幸, 平田 悠, 播 悠介, 伊賀 真紀子, 西本 祐希, 廣田 勇士, 井口 元三, 坂口 一彦, 小川 渉, 高橋 裕

    第87回日本内分泌学会学術総会, 2014年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PGC1α による骨格筋量とエネルギー制御のメカニズム

    小川 渉, 野村 和弘, 細岡 哲也

    第87回日本内分泌学会学術総会, 2014年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 福岡, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • CGMによる膵腎同時移植後患者の血糖変動の検討

    中村 友昭, 廣田 勇士, 中島 進介, 西本 祐希, 安田 尚史, 松本 逸平, 具 英成, 坂口 一彦, 小川 渉

    第41回日本膵・膵島移植研究会, 2014年03月, 日本語, 日本膵・膵島移植研究会, 名古屋, 膵腎同時移植では、インスリンの使用なしで平均血糖が正常耐糖能者と同程度にまで低下するだけでなく、血糖の日内変動幅も正常耐糖能者と同等にまで改善することがCGMを用いた検討で明らかとなった。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腎周囲膿瘍から広範囲の腸腰筋膿瘍を来たした 2型糖尿病患者の1例

    海老沢 馨, 津村 明子, 吉田 英樹, 大幡 真也, 世戸 博之, 服部 素子, 豊國 剛大, 荒井 隆志, 山田 克己, 安田 尚史, 金澤 健司, 小川 渉

    第50回日本糖尿病学会近畿地方会, 2013年11月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 【症例】77歳女性【主訴】左大腿部痛【現病歴】2型糖尿病で通院中であり、HbA1cは7.0%前後だった。2か月前、発熱と炎症反応の上昇があり気管支炎の診断で入院。抗生剤投与にて炎症反応が改善し退院となったが、同時期より左大腿部に軽度の疼痛があった。1か月前に発熱と左下肢の脱力で近医へ入院。当初、CTで左腎腫瘍が疑われ、発熱は腫瘍熱と考えられた。1週間前に家族の希望で一旦退院となるも、左大腿部痛と食欲低下が増悪し当院へ入院となった。入院時HbA1cは9.6%と悪化、CTでは左腎に接し腸腰筋内に多胞性腫瘤影が認められ、大腿筋群まで波及していた。穿刺で膿汁を確認し腎周囲及び腸腰筋膿瘍と診断。培養で大腸菌が検出された。【考察】高齢者糖尿病患者の腸腰筋膿瘍は典型的な症状を呈さないことが多く、発熱時には詳細な診察や画像検査を行う必要があると考えられた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリングラルギンの投与時刻とインスリン分泌能との関連性の検討

    谷藤 亜希子, 中村 友昭, 廣田 勇士, 池田 佳那子, 大本 暢子, 久米 学, 槇本 博雄, 平野 剛, 坂口 一彦, 小川 渉, 平井 みどり

    第50回日本糖尿病学会近畿地方会, 2013年11月, 日本語, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 抗ヒトインスリン特異的IgE抗体と高結合部位数・低親和性抗ヒトインスリンIgG抗体を認めたインスリンアレルギーの二例

    竹内 健人, 廣田 勇士, 山田 陽三, 福永 淳, 中村友昭, 橋本 尚子, 坂口 一彦, 小川 渉, 清野 進

    第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 熊本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 薬薬連携における糖尿病療養指導 お薬手帳を用いた保険薬局へのシックデイルール情報提供

    野々内 裕紀, 谷藤 亜希子, 平野 剛, 濱口 常男, 岩川 精吾, 太田 光熙, 棚橋 孝雄, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小川 渉, 平井 みどり

    第49回日本糖尿病学会近畿地方会, 2012年11月, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • IgE抗体上昇を伴うアレルギー反応と共に、高結合率・高力価・低親和性のIgG型インスリン抗体が出現し、インスリン中止後に改善を認めた一例

    竹内 健人, 廣田 勇士, 福永 淳, 山田 陽三, 中村 友昭, 橋本 尚子, 坂口 一彦, 小川 渉, 清野 進

    日本内科学会第198回近畿地方会, 2012年09月, 日本語, 日本内科学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 拡散強調画像にて一過性高信号を両側大脳に認めた重症低血糖の1例

    吉岡 奈美, 松田 友和, 廣田 勇士, 橋本 尚子, 濱口 浩敏, 坂口 一彦, 清野 進, 小川 渉

    日本内科学会第196回近畿地方会, 2011年12月, 日本語, 日本内科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 構音障害で発症し脳梗塞との鑑別を要した重症低血糖の1例

    高田 絵美, 松田 友和, 廣田 勇士, 濱口 浩敏, 橋本 尚子, 坂口 一彦, 清野 進, 小川 渉

    日本内科学会第195回近畿地方会, 2011年09月, 日本語, 日本内科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Molecular mechanisms involved in HCV infection-induced hepatic gluconeogenesis

    Lin Deng, Ikuo Shoji, Wataru Ogawa, Shusaku Kaneda, Tomoyoshi Soga, Da-peng Jiang, Yoshi-Hiro Ide, Hak Hotta

    International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, 2011年09月, 英語, Federation of Microbiological Societies of Japan, 札幌, 国際会議

    ポスター発表

  • Hepatitis C virus infection promotes hepatic gluconeogenesis through an NS5A-mediated, FoxO1-dependent pathway

    Lin Deng, Ikuo Shoji, Wataru Ogawa, Shusaku Kaneda, Tomoyoshi Soga, Da-peng Jiang, Yoshi-Hiro Ide, Hak Hotta

    18th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses, 2011年09月, 英語, Organising Committee of the18th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses, Seattle, U.S.A., 国際会議

    ポスター発表

  • 非自己免疫性1型糖尿病を合併した薬剤性過敏症症候群(DIHS)の1例

    岸上 景子, 五木田 麻里, 小倉 香奈子, 清水 秀樹, 錦織 千佳子, 高部 倫敬, 廣田 勇士, 小川 渉

    第40回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2010年12月, 日本語, 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低血糖により一過性脳虚血発作が誘発されたと考えられた2型糖尿病の1例

    岩崎 真也, 松田 友和, 高部 倫敬, 廣田 勇士, 井上 喜文, 橋本 尚子, 坂口 一彦, 清野 進, 小川 渉, 濱口 浩敏

    第193回日本内科学会近畿地方会, 2010年12月, 日本語, 日本内科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 同時期に1型糖尿病を発症したカルバマゼピンによるDIHSの1例

    五木田 麻里, 岸上 景子, 小倉 香奈子, 清水 秀樹, 錦織 千佳子, 高部 倫敬, 廣田 勇士, 小川 渉

    第60回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2010年11月, 日本語, 日本アレルギー学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 持効型溶解インスリンアナログを用いた一型糖尿病合併妊婦の管理経験

    芦谷尚子, 牧原夏子, 出口雅士, 松岡正造, 北尾敬祐, 森田宏紀, 小原範之, 山崎峰夫, 丸尾猛, 小川渉

    第117回近畿産科婦人科学会学術集会, 2007年11月, 日本語, 近畿産科婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2型糖尿病患者のコントロール指標に影響する身体活動

    傳 秋光, 田守 義和, 野口 哲也, 木戸 良明, 大原 毅, 小川 渉, 宮脇 郁子

    第50回日本糖尿病学会年次学術集会, 2007年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2型糖尿病患者におけるBMIおよび歩数別の食事摂取量と食事自己管理行動の特徴、

    傳秋光, 田守義和, 野口哲也, 木戸良明, 大原毅, 小川渉, 宮脇郁子

    第50回日本糖尿病学会年次学術集会, 2007年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 仙台, 国内会議

    ポスター発表

  • 2型糖尿病患者におけるBMIおよび歩数別の食事摂取量と食事自己管理行 動の特徴

    傳秋光, 田守義和, 野口哲也, 木戸良明, 大原毅, 小川渉, 宮脇郁子

    第50回日本糖尿病学会年次学術集会, 2007年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本動脈硬化学会

  • 日本臨床分子医学会

  • 日本肥満学会

  • 日本生化学会

  • 日本内分泌学会

  • 日本内科学会

  • 日本糖尿病学会

共同研究・競争的資金等の研究課題