研究者紹介システム

井澤 和大
イザワ カズヒロ
大学院保健学研究科 保健学専攻
准教授
保健その他
Last Updated :2021/06/19

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院保健学研究科 保健学専攻
  • 【配置】

    医学部 保健学科

学位

  • 博士(人間科学), 早稲田大学

授業科目

ジャンル

  • 医療・健康 / リハビリテーション・看護

研究ニュース

研究活動

研究分野

  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学

委員歴

  • 日本心臓リハビリテーション学会近畿支部, 支部幹事
  • 日本臨床運動療法学会, 評議員
  • 日本循環器心身医学会, 評議員
  • Japan Heart Club, 評議員
  • 日本心臓リハビリテーション学会, 評議員
  • 日本循環器理学療法学会, 評議員

受賞

  • 2021年06月 一般社団法人 日本腎臓学会 (第64回日本腎臓学会学術総会), ベストサイテーション賞, Decreased physical function in pre-dialysis patients with chronic kidney disease

    Koji Hiraki, Takashi Yasuda, Chiharu Hotta, Kazuhiro P Izawa, Yuji Morio, Satoshi Watanabe, Tsutomu Sakurada, Yugo Shibagaki, Kenjiro Kimura

  • 2019年07月 第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 優秀演題賞, 心不全患者の機能的制限は退院時QOLの規定因子である

    笠原酉介, 井澤和大, 渡辺敏, 武市尚也, 吉沢和成, 渡邊紗都, 根本慎司, 赤尾圭吾, 鈴木規雄, 木田圭亮, 長田尚彦, 大宮一人, 明石嘉浩

    日本国

    国内外の国際的学術賞

  • 2019年07月 The 25 Annual Meeting Japanese Association of Cardiac Rehabili, AsiaPRevent, International Session Award, Self-Monitoring to Increase Physical Activity in Patients with Cardiovascular Disease: systematic review and meta-analysis

    Kanejima Y, Kitamura M, Izawa KP

    日本国

    国内外の国際的学術賞

  • 2019年07月 The 25 Annual Meeting Japanese Association of Cardiac Rehabilitation, AsiaPRevent, International Session Award, Influence of mild cognitive impairment on activities of daily living in patients with cardiovascular disease

    Ishihara K, Izawa KP, Kitamura M, Shimogai T, Kanejima Y, Morisawa T, Shimizu I

    日本国

    国内外の国際的学術賞

  • 2019年02月 日本心臓リハビリテーション学会 第4回近畿地方会, 優秀演題賞, 心臓外科術後患者における年齢層別の最長発声持続時間の継時的推移

    井澤和大, 笠原酉介, 平木幸治, 平野康之, 渡辺敏

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2018年07月 The 24th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation, AsiaPRevent, International Session Award, Impact of Delirium on Postoperative Frailty and Cardiovascular Events after Cardiac Surgery

    Masato Ogawa, Kazuhiro P. Izawa, Seimi-Satomi Kobayashi, Yasunori Tsuboi, Kodai Komaki, Yasuko Gotake, Hiroshi Tanaka, Ken-ichi Hirata, Yoshitada Sakai, Yutaka Okita

    日本国

    国内外の国際的学術賞

  • 2017年10月 第21回日本心不全学会学術集会, Young Investigator Award 優秀賞, The Effects of Dietary Intake and Sarcopenia on Functional Recovery Undergoing Cardiac Surgery

    小川真人, 井澤和大, 小林成美, 坪井康典, 小槇公大, 後竹康子, 脇田久美子, 酒井良忠, 田中裕史, 平田健一, 大北裕

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2017年07月 The 23rd Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation, International Session Award, Effect of cardiac rehabilitation combined with a directed self-monitoring approach on physical activity in hospitalized patients with mild ischemic stroke: a randomized, controlled study.

    Kanai M, Kobayashi M, Yamamoto M, Izawa KP

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2017年03月 第 2 回日本予防理学療法学会サテライト集会, 第 2 回日本予防理学療法学会サテライト集会 優秀賞, 軽症脳梗塞患者に対する再発予防に向けた身体活動促進の取り組み

    金居督之, 井澤和大, 野添匡史, 久保宏紀, 小林実希, 大西晶, 間瀬教史, 島田真一

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2017年02月 第7回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 副大会長賞, 保存期慢性腎臓病患者における栄養障害と身体活動量との関連

    西澤肇, 平木幸治, 堀田千晴, 音部雄平, 井澤和大, 柴田みち, 大嶋佑紀, 櫻田勉, 柴垣有吾

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2016年07月 The 22th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation., International Session Award, Gait speed is a predictor of postoperative delirium in elderly cardiac surgery patients

    Ogawa M, Izawa KP, Kobayashi S, Gotake Y, Tsuboi Y, Komaki K, Sawa T, Sasaki Y, Hirata KI, Okita Y

    日本国

    国内外の国際的学術賞

  • 2016年05月 公益社団法人 日本理学療法士協会, 第7回学術誌優秀賞, 高齢入院患者におけるTwo-Square Step TestとADLおよび歩行自立度との関連

    小山真吾, 森尾裕志, 井澤和大, 堅田紘頌, 石山大介, 八木麻衣子, 清水弘之

    日本国

    学会誌・学術雑誌による顕彰

  • 2016年 第91回神奈川腎研究会, 優秀演題賞, 高齢保存期慢性腎臓病患者における軽度認知障害有病率とその関連要因

    音部雄平, 平木幸治, 堀田千晴, 西澤肇, 井澤和大, 渡辺 敏, 瀧 康洋, 金城永幸, 櫻田勉, 柴垣有吾

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2015年07月 The 21st Japanese Association of Cardiac Rehabilitation, International Session Award, Differences in maximum phonation time based on body mass index in chronic heart failure patients

    Izawa KP, Watanabe S, Oka K, Brubaker PH, Hirano Y, Suzuki K, Kida K, Osada N, Omiya K, Akashi YJ

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2015年03月 第5回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, Young Investigator Award, 保存期慢性腎臓病患者の上下肢筋力水準-健常者平均値との比較ー

    音部雄平, 堀田千晴, 平木幸治, 若宮亜希子, 渡辺敏, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾, 木村健二郎

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2014年07月 The 20th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation., International Session Award, Sleep quality, exercise capacity, and nutritional status in relation to physical function and physical activity in cardiac patients

    Izawa KP, Watanabe S, Suzuki K, Osada N, Omiya K, Akashi YJ

    日本国

    国内外の国際的学術賞

  • 2013年05月 第47回日本理学療法学術大会, 優秀賞, •膝伸展筋力と推算糸球体濾過量から慢性心不全患者の運動耐容能は予測可能か

    堀田千晴, 平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 安田隆, 長田尚彦, 大宮一人

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2013年05月 日本理学療法士協会, 第4 回表彰論文, 糖尿病を合併した急性心筋梗塞患者における運動療法の効果-外来での回復期運動 療法実施の有無による比較-理学療法学 39, 1-6, 2012

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人, 飯島節

    日本国

    学会誌・学術雑誌による顕彰

  • 2012年11月 学校法人聖マリアンナ医科大学, 前田賞, Research on Leisure Time Physical Activity and Upper and Lower Extremity Muscle Strength Levels Associated with an Exercise Capacity of 5 Metabolic Equivalents in Chronic Heart Failure Patients

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 武市尚也, 渡邉陽介, 堅田紘頌, 岡浩一朗, 長田 尚彦, 大宮一人, 塚本孝枝, 清水弘之

    日本国

    その他の賞

  • 2012年07月 第18回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 優秀ポスター賞, 慢性心不全患者における精神的健康度と身体活動の関連-SF36での検討-

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2012年05月 第46回日本理学療法学術大会, 学会奨励賞, 慢性高齢心不全患者における腎機能および下肢筋力指標

    堀田千晴, 平木幸治, 渡辺敏, 井澤和大, 安田隆, 長田尚彦, 大宮一人

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2012年03月 第3回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 最優秀演題賞, 保存期慢性腎臓病患者の膝伸展筋力と腎機能の関係 歩行自立に必要な筋力閾値との検討

    平木幸治, 堀田千晴, 若宮亜希子, 森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 櫻田勉, 柴垣有吾, 安田隆, 木村健二郎

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2010年09月 第29回 関東甲信越ブロック理学療法士学会, 学会奨励賞, Hand Held Dynamometerで測定した 膝伸展筋力値から1RMを予測することは可能か?―1RM法の再現性および等尺性膝伸展筋力と1RMの関連-

    武市尚也, 石阪姿子, 西山昌秀, 堅田紘頌, 山川留実子, 平木幸冶, 井澤和大, 渡辺敏, 松永優子, 松下和彦

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2010年07月 第16回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, Young Investigator Award, 大宮一人: 入院期心疾患患者における疾患別の身体活動量と筋力との関係. 心臓リハビリテーション 15: 155-159, 2010.

    武市尚也, 井澤和大, 渡辺 敏, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人

    日本国

    学会誌・学術雑誌による顕彰

  • 2010年05月 第44回日本理学療法学術大会, 第44回日本理学療法学術大会学会奨励賞, 入院高齢患者における前方リーチ距離, 片脚立位時間と歩行自立度との関連

    堅田紘頌, 森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 笠原酉介, 清水弘之

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2009年07月 第15回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, ザ・ベストオブ心臓リハビリテーション指導士賞, ザ・ベストオブ心臓リハビリテーション指導士

    井澤和大

    日本国

    その他の賞

  • 2008年07月 第14回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 優秀演題賞, 心疾患患者における不安・抑うつおよび睡眠時間に対する年齢の影響

    井澤和大, 岡浩一朗, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2007年07月 第13回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, Young Investigator Award, Influence of autonomic nervous dysfunction characterizing effect of diabetes mellitus on heart rate response and exercise capacity in patients undergoing cardiac rehabilitation for acute myocardial infarction. Circulation Journal. 2006, 70:1017-1025.

    Kasahara Y, Izawa K, Omiya K, Osada N, Watanabe S, Saitoh M, Matsunaga A, Masuda T

    日本国

    学会誌・学術雑誌による顕彰

  • 2007年05月 第42回日本理学療法学術大会, 第42回日本理学療法学術大会優秀賞, 心筋梗塞患者における退院時の下肢筋力水準が回復期運動耐容能改善に及ぼす影響

    笠原酉介, 横山有里, 大森圭貢, 武者春樹, 井澤和大, 渡辺敏, 笹 益雄

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2004年09月 第10回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, Young Investigator Award, Improvement in physiological outcomes and health-related quality of life following cardiac rehabilitation in patients with acute myocardial infarction.Circulation Journal. 2004;68:315-20.

    Izawa K, Hirano Y, Yamada S, Oka K, Omiya K, Iijima S

    日本国

    学会誌・学術雑誌による顕彰

論文

  • Masato Ogawa, Seimi Satomi-Kobayashi, Naofumi Yoshida, Yasunori Tsuboi, Kodai Komaki, Nagisa Nanba, Kazuhiro P. Izawa, Yoshitada Sakai, Masaya Akashi, Ken-ichi Hirata

    Elsevier BV, 2021年02月, Journal of Cardiology, 77 (2), 131 - 138, 英語

    [査読有り]

  • Effects of Acute Phase Multidisciplinary Rehabilitation on Unplanned Readmissions After Cardiac Surgery

    Ogawa M, Seimi-Kobayashi S, Yoshida N, Tsuboi Y, Komaki K, Wakida K, Gotake Y, Izawa KP, Sakai Y, Okada K

    2021年, The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery., 161 (5), 1853 - 1860, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Association between Parents’ Social Capital and Physical Status in Preschool Children in Japan: A Cross-sectional Multicentre Study

    Hiroto Ogi, Daisuke Nakamura, Masato Ogawa, Teruhiko Nakamura, Kazuhiro P. Izawa

    2021年, Maternal and Child Health Journal, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Older phase 2 cardiac rehabilitation patients engaged in gardening maintained physical function during the COVID-19 pandemic

    Asami Ogura, Kazuhiro P Izawa, Hideto Tawa, Fumie Kureha, Masaaki Wada, Nobuko Harada, Kaemi Kimura, Naomi Kondo, Masashi Kanai, Ikko Kubo, Ryohei Yoshikawa, Yuichi Matsuda

    2021年, Heart and Vessels, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Intensive Care Unit Admission for Moderate-to-Severe COVID-19 Patients with Known Cardiovascular Diseases or its Risk Factors: Insights from A Nationwide Japanese Cohort Study

    Naofumi Yoshida, Sachiyo Iwata, Masato Ogawa, Kazuhiro P. Izawa, Shunsuke Kuroda, Shun Kohsaka, Taishi Yonetsu, Takeshi Kitai, Sho Torii, Takahide Sano, Yoshitada Sakai, Tomoya Yamashita, Ken-ichi Hirata, Yuya Matsue, Shingo Matsumoto, Koichi Node

    2021年, Circulation Reports, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relationship of end-tidal oxygen partial pressure to the determinants of anaerobic threshold in post-myocardial infarction patients

    Ogura A, Izawa KP, Sato S, Tawa H, Kureha F, Wada M, Kanai M, Kubo I, Yoshikawa R, Brubaker PH, Matsuda Y

    2021年, Heart and Vessels, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relationship between parents’ health literacy and children’s sleep problems in Japan

    Sae Ono, Hiroto Ogi, Masato Ogawa, Daisuke Nakamura, Teruo Nakamura, Kazuhiro P. Izawa

    2021年, BMC Public Health, 21 (791), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effectiveness and feasibility of home-based telerehabilitation for community-dwelling elderly people in Southeast Asian countries and regions: a systematic review

    Saito T, Izawa KP

    2021年, Aging Clinical and Experimental Research, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Physical and Mental Functions of Cardiovascular Disease Patients Decrease during the State of Emergency Initiated by the COVID-19 Pandemic in Japan

    Ishihara K, Izawa KP, Noto S, Shimizu I

    2021年, Reviews on Recent Clinical Trials, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Physical activity in patients with pre‑dialysis chronic kidney disease is associated with decreased renal function

    Koji Hiraki, Yuhei Otobe, Kazuhiro P. Izawa, Tsutomu Sakurada, Yugo Shibagaki

    2021年, Clinical and Experimental Nephrology, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • New Formula to Predict Heart Rate at Anaerobic Threshold that Considers the Effects of Beta Blockers in Patients with Myocardial Infarction: Multi-institution Retrospective Cross-sectional Study

    Shinji Nemoto, Yusuke Kasahara, Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Kazuya Yoshizawa, Naoya Takeichi, Kentaro Kamiya, Norio Suzuki, Kazuto Omiya, Keisuke Kida, Atsuhiko Matsunaga, Yoshihiro J. Akashi

    2021年, Journal of Cardiopulmonary Rehabilitation and Prevention, in press, 英語

    [査読有り]

  • Impact of Worsening Renal Function on Peak Oxygen Uptake in Patients with Acute Myocardial Infarction

    Ogura A, Izawa KP, Tawa H, Kureha F, Wada M, Kanai M, Kubo I, Yoshikawa R, Matsuda Y

    2021年, Nephrology, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Preoperative frailty affects postoperative complications, exercise capacity, and home discharge rates after surgical and transcatheter aortic valve replacement

    Komaki K, Yoshida N, Satomi-Kobayashi S, Tsuboi Y, Ogawa M, Wakida K, Toba T, Kawamori H, Otake H, Omura A, Inoue T, Yamashita T, Sakai Y, Izawa KP, Okada K, Hirata KI

    2021年, Heart and Vessels, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Prevalence and Related Factors of Sarcopenia in Community-dwelling Elderly with Long-term Care Insurance

    Kitamura M, Izawa KP, Ishihara K, Matsuda H, Okamura S, Fujioka S

    2021年, Reviews on Recent Clinical Trials, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Impact of the COVID-19 pandemic on phase 2 cardiac rehabilitation patients in Japan

    Ogura A, Izawa KP, Tawa H, Kureha F, Wada M, Harada N, Ikeda Y, Kimura K, Kondo N, Kanai M, Kubo I, Yoshikawa R, Matsuda Y

    2021年, Heart and Vessels, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Association of Health Utility Score with Physical Activity Outcomes in Stroke Survivors

    Kanai M, Izawa KP, Kubo H, Nozoe M, Mase K, Shimada S

    2021年, International Journal of Environmental Research and Public Health, 18 (1), 251, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Gender difference in body mass index in West New Britain Province, Papua New Guinea: A sub-analysis of a cross-sectional questionnaire study

    Saito T, Matsui N, Izawa KP

    2021年, Tropical Doctor, 51 (2), 280 - 282, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Impact of Oral Health Status on Postoperative Complications and Functional Recovery After Cardiovascular Surgery

    Ogawa M, Satomi-Kobayashi S, Yoshida N, Tsuboi Y, Komaki K, Nanba N, Izawa KP, Inoue T, Sakai Y, Akashi M, Hirata KI, Okada K

    2021年, Canadian Journal of Cardiology Open, 3 (3), 276 - 284, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kodai Ishihara, Kazuhiro P. Izawa, Masahiro Kitamura, Masato Ogawa, Takayuki Shimogai, Yuji Kanejima, Tomoyuki Morisawa, Ikki Shimizu

    Springer Science and Business Media LLC, 2021年, Heart and Vessels, 36 (2), 147 - 154, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Worsening renal function during hospitalization in elderly patients with heart failure: an independent factor of activities of daily living decline

    Kubo I, Izawa KP, Kajisa N, Ryu M, Akasaka H, Ogura A, Kanai M, Matsuzoe H, Matsumoto D

    2021年, Heart and Vessels, 36 (1), 76 - 84, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ishihara K, Izawa KP, Kitamura M, Shimogai T, Kanejima Y, Morisawa T, Shimizu I

    Elsevier BV, 2020年07月, Prostaglandins, Leukotrienes and Essential Fatty Acids, 158, 102038 - 102038, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K. Ishihara, Kazuhiro P. Izawa, M. Kitamura, M. Ogawa, T. Shimogai, Y. Kanejima, T. Morisawa, I. Shimizu

    Springer Science and Business Media LLC, 2020年06月24日, The journal of nutrition, health & aging, 24 (10), 1080 - 1086, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kodai Ishihara, Kazuhiro P. Izawa, Masahiro Kitamura, Takayuki Shimogai, Yuji Kanejima, Tomoyuki Morisawa, Ikki Shimizu

    Elsevier BV, 2020年06月, Journal of Cardiology, 75 (6), 594 - 599, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relationship between serum inorganic phosphorus levels and cognitive decline over 2 years in older adults with pre-dialysis chronic kidney disease

    Otobe Y, Hiraki K, Izawa KP, Sakurada T, Shibagaki Y

    2020年, Clinical and Experimental Nephrology, 24 (3), 286 - 287, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Did the physical and psychological states of outpatients receiving rehabilitation at a Geriatric Health Services Facility decline during the state of emergency caused by the COVID-19 pandemic?

    Izawa KP, Oyama M, Okamoto K

    2020年, Diseases, 8 (4), 45, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Predictors of activities of daily living at discharge in elderly patients with heart failure with preserved ejection fraction

    Kitamura M, Izawa KP, Ishihara K, Yaekura M, Nagashima H, Yoshizawa T, Okamoto N

    2020年, Heart and Vessels, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Disabilities of the arms, pinch strength, and mild cognitive impairment in patients with coronary artery disease

    Kodai Ishihara, Kazuhiro P. Izawa, Masahiro Kitamura, Masato Ogawa, Takayuki Shimogai, Yuji Kanejima, Tomoyuki Morisawa, Ikki Shimizu

    2020年, Journal of Cardiology, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effect of Early Mobilization on Physical Function in Patients after Cardiac Surgery: A Systematic Review and Meta-analysis

    Yuji Kanejima, Takayuki Shimogai, Masahiro Kitamura, Kodai Ishihara, Kazuhiro P. Izawa

    2020年, International Journal of Environmental Research and Public Health, 17 (19), 7091, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Pre-stroke frailty and stroke severity in elderly patients with acute stroke

    Kanai M, Noguchi M, Kubo H, Nozoe M, Kitano T, Izawa KP, Mase K, Shimada S

    2020年, Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases, 29 (12), 105346, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Physical activity in patients with pre-dialysis chronic kidney disease is related to physical function

    Hotta C, Hiraki K, Izawa KP, Sakurada T, Shibagaki Y

    2020年, Clinical and Experimental Nephrology, 24 (12), 1189 - 1190

    [査読有り]

  • Gender-related differences in sedentary behavior of Japanese living overseas in Malaysia

    Izawa KP, Oka K

    2020年, Reviews on Recent Clinical Trials, 15 (3), 214 - 218, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akira Saito, Koji Hiraki, Yuhei Otobe, Kazuhiro P. Izawa, Yugo Shibagaki

    Springer Science and Business Media LLC, 2020年, Clinical and Experimental Nephrology, 24, 853 - 855, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Physical Activity and Body Mass Index in Relation to Infertility in Women

    Kaneda C, Kanejima Y, Kitamura M, Izawa KP

    2020年, Reviews on Recent Clinical Trials, 15 (3), 199 - 204, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Awareness of personal height and weight among community-dwelling people in West New Britain Province, Papua New Guinea

    Saito T, Bai A, Matsui N, Izawa KP

    2020年, Tropical Doctor, 50 (4), 337 - 339, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 腹部大動脈瘤破裂術後に腹部コンパートメント症候群を合併した症例に対する理学療法

    石原広大, 井澤和大, 森沢知之

    2020年, 理学療法学, 47 (5), 474 - 482, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Characteristics of outpatients receiving physical therapy services at a single provincial hospital in West New Britain Province, Papua New Guinea: a descriptive case series study

    Saito T, Bai A, Matsui N, Izawa KP, Watanabe S, Malagisa A

    2020年, Disability, CBR and Inclusive Development, 31 (3), 119 - 132, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relationship between serum vitamin D and leg strength in older adults with pre-dialysis chronic kidney disease: a preliminary study

    Saito A, Hiraki K, Otobe Y, Izawa KP, Sakurada T, Shibagaki Y

    2020年, International Journal of Environmental Research and Public Health, 17 (4), E1433, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Factors Delaying the Progress of Early Rehabilitation of Elderly Japanese Patients with Heart Failure

    Kubo I, Izawa KP, Kajisa N, Ogura A, Kanai M, Matsumoto D

    2020年, Aging Clinical Experimental Research, 32 (3), 399 - 406, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • サルコペニアを有する心不全患者における身体活動量と健康関連QOLの特性

    小川真人, 井澤和大, 小林成美, 後竹康子, 坪井康典, 小槇公大, 桶本翔吾, 吉田尚史, 丸山孝樹, 酒井良忠, 平田健一

    2020年, 国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌, 41, 30 - 35, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 保存期慢性腎臓病患者における栄養障害リスクと身体活動量の関連

    西澤肇, 平木幸治, 堀田千晴, 音部雄平, 井澤和大, 柴田みち, 櫻田勉, 柴垣有吾

    2020年, 理学療法 ― 技術と研究 ―, 48, 41 - 46, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Association between Social Skills and Motor Skills in Individuals with Autism Spectrum Disorder: A Systematic Review

    Ohara R, Kanejima Y, Kitamura M, Izawa KP

    2020年, European Journal of Investigation in Health, Psychology and Education, 10 (1), 276 - 296., 英語

    [査読有り]

  • Masahiro Kitamura, Kazuhiro P. Izawa, Masakazu Yaekura, Yumi Mimura, Yuichi Ikeda, Hitomi Nagashima, Peter H. Brubaker

    Purpose: This investigation aimed to examine the relationship among activities of daily living (ADL), nutritional status and 90-day hospital readmission in elderly heart failure (HF) patients. Methods: Participants were selected from 634 HF patients consecutively hospitalized at one institution. We investigated patient characteristics, ADL (motor and cognitive items of Functional Independence Measure (FIM)) and nutritional status (Geriatric Nutritional Risk Index (GNRI)). Data were analyzed using unpaired t-test, χ2 test, Cox proportional hazard model, and Kaplan-Meier method. Results: The 169 participants that met inclusion criteria were divided into two groups based on hospital readmission within 90 days of discharge. Body mass index (BMI) (p = 0.03), hemoglobin (p = 0.047), GNRI (p = 0.02) and motor-FIM (p = 0.007) were significantly different between the readmission (n = 31) and non-readmission (n = 138) groups. After Cox proportional hazard model analysis, GNRI (HR: 0.96; p = 0.048) and motor-FIM (HR: 0.97; p = 0.03) scores remained statistically significant. Participants were then classified into four groups based on a previous study’s cut-off values of prognosis for GNRI and motor-FIM. Readmission avoidance rate was significantly lower (p = 0.002) in the group with GNRI <92 and motor FIM <75. Conclusions: This study showed that motor-FIM and GNRI scores for hospitalized elderly HF patients were predictors of readmission within 90 days of discharge.

    MDPI AG, 2019年12月12日, International Journal of Environmental Research and Public Health, 16 (24), 5068 - 5068, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kodai Ishihara, Kazuhiro P. Izawa, Masahiro Kitamura, Takayuki Shimogai, Yuji Kanejima, Tomoyuki Morisawa, Ikki Shimizu

    Springer Science and Business Media LLC, 2019年12月, Heart and Vessels, 34 (12), 1944 - 1951, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideo Izawa, Toshiko Yoshida, Toshimi Ikegame, Kazuhiro P Izawa, Yoshihiro Ito, Hideo Okamura, Naohiko Osada, Shintaro Kinugawa, Takuro Kubozono, Yuji Kono, Kiyonori Kobayashi, Kazuhiko Nishigaki, Taiki Higo, Akihiro Hirashiki, Yasushi Miyazawa, Yuji Morio, Masanobu Yanase, Sumio Yamada, Hisao Ikeda, Shin-Ichi Momomura, Yasuki Kihara, Kazuhiro Yamamoto, Yoichi Goto, Shigeru Makita

    2019年11月25日, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 83 (12), 2394 - 2398, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masashi Kanai, Kazuhiro P Izawa, Hiroki Kubo, Masafumi Nozoe, Kyoshi Mase, Mohammad Javad Koohsari, Koichiro Oka, Shinichi Shimada

    There is little evidence on how perceptions of the built environment may influence physical activity among post-stroke patients. This study aimed to explore the associations between perceived built environment attributes and objectively measured physical activity outcomes in community-dwelling ambulatory patients with stroke. This cross-sectional study recruited patients who could walk outside without assistance. We assessed both objectively measured physical activity outcomes such as number of steps and duration of moderate-to-vigorous physical activity (MVPA) with an accelerometer and the patients' perceived surrounding built environment with the International Physical Activity Questionnaire Environmental Module. Sixty-one patients (67.0 years old) were included. The multiple linear regression analysis showed significant associations of the presence of sidewalks (β = 0.274, p = 0.016) and access to recreational facilities (β = 0.284, p = 0.010) with the number of steps taken (adjusted R2 = 0.33). In contrast, no significant associations were found between perceived built environment attributes and MVPA. These findings may help to suggest an approach to promote appropriate physical activity in patients with stroke depending on their surrounding built environment.

    2019年10月15日, International journal of environmental research and public health, 16 (20), E3908, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Ogawa, Naofumi Yoshida, Seimi Satomi-Kobayashi, Yasunori Tsuboi, Kodai Komaki, Kumiko Wakida, Yasuko Gotake, Takeshi Inoue, Hiroshi Tanaka, Tomoya Yamashita, Yoshitada Sakai, Kazuhiro P Izawa, Michiko Takahashi, Wataru Ogawa, Ken-Ichi Hirata

    BACKGROUND: Elderly patients undergoing cardiac surgery often show poor nutritional status, muscle wasting, and sarcopenia, which are reported to affect postoperative functional recovery and incidence of complications. Amino acids are essential in maintaining nutritional status, synthesizing muscle protein, and promoting beneficial energy balance of the heart muscle. β-Hydroxy β-methylbutyric acid (HMB) is a leucine metabolite known to increase muscle protein synthesis and inhibit protein catabolism; it has been used to more effectively support patients with muscle wasting due to wearing diseases. However, the efficacy of amino acid administration comprising HMB in patients undergoing open heart surgery remains unclear. This study aims to examine whether preoperative short-term aggressive amino acid administration helps support postoperative recovery of physical function and prevent complications. METHODS: This is a single-center prospective randomized controlled trial (UMIN000030490). Patients aged ≥65 years who will be hospitalized for medical examination before cardiac surgery will be recruited. The participants will be randomly assigned to the experimental or control group. The experimental group will be administered with an amino acid supplement with HMB 1200mg, l-glutamine 7000mg, and l-arginine 7000mg once or twice per day depending on the degree of renal dysfunction, for 14-28 days preoperatively. The control group will not receive any nutritional intervention. The main outcome will be a change in the 6-min walking test distance pre- and postoperatively as a sign of functional recovery. Secondary outcomes such as the incidence of complications; physical, nutritional, and psychological states; mortality; and length of hospital stay will also be evaluated. CONCLUSION: This clinical study will determine the effects of preoperative short-term oral amino acid supplementation with HMB, l-glutamine, and l-arginine on postoperative physical function in elderly patients undergoing cardiac surgery.

    2019年10月, Journal of cardiology, 74 (4), 360 - 365, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Rita Pavasini, Matteo Serenelli, Carlos A Celis-Morales, Stuart R Gray, Kazuhiro P Izawa, Satoshi Watanabe, Eloisa Colin-Ramirez, Lilia Castillo-Martínez, Yasuhiro Izumiya, Shinsuke Hanatani, Yoshiro Onoue, Kenichi Tsujita, Peter S Macdonald, Sunita R Jha, Véronique L Roger, Sheila M Manemann, Juan Sanchis, Vicente Ruiz, Giulia Bugani, Elisabetta Tonet, Roberto Ferrari, Stefano Volpato, Gianluca Campo

    OBJECTIVE: Grip strength is a well-characterised measure of weakness and of poor muscle performance, but there is a lack of consensus on its prognostic implications in terms of cardiac adverse events in patients with cardiac disorders. METHODS: Articles were searched in PubMed, Cochrane Library, BioMed Central and EMBASE. The main inclusion criteria were patients with cardiac disorders (ischaemic heart disease, heart failure (HF), cardiomyopathies, valvulopathies, arrhythmias); evaluation of grip strength by handheld dynamometer; and relation between grip strength and outcomes. The endpoints of the study were cardiac death, all-cause mortality, hospital admission for HF, cerebrovascular accident (CVA) and myocardial infarction (MI). Data of interest were retrieved from the articles and after contact with authors, and then pooled in an individual patient meta-analysis. Univariate and multivariate logistic regression was performed to define predictors of outcomes. RESULTS: Overall, 23 480 patients were included from 7 studies. The mean age was 62.3±6.9 years and 70% were male. The mean follow-up was 2.82±1.7 years. After multivariate analysis grip strength (difference of 5 kg, 5× kg) emerged as an independent predictor of cardiac death (OR 0.84, 95% CI 0.79 to 0.89, p<0.0001), all-cause death (OR 0.87, 95% CI 0.85 to 0.89, p<0.0001) and hospital admission for HF (OR 0.88, 95% CI 0.84 to 0.92, p<0.0001). On the contrary, we did not find any relationship between grip strength and occurrence of MI or CVA. CONCLUSION: In patients with cardiac disorders, grip strength predicted cardiac death, all-cause death and hospital admission for HF. TRIAL REGISTRATION NUMBER: CRD42015025280.

    2019年06月, Heart (British Cardiac Society), 105 (11), 834 - 841, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masashi Kanai, Kazuhiro P Izawa, Masafumi Nozoe, Hiroki Kubo, Miki Kobayashi, Akira Onishi, Kyoshi Mase, Shinichi Shimada

    BACKGROUND: Although there are reports on the promotion of physical activity during hospitalization, there is no evidence that promoting in-hospital physical activity continues over time after discharge. The purpose of this study was to evaluate the long-term effect of promoting in-hospital physical activity on postdischarge physical activity and self-efficacy for physical activity in patients with mild ischemic stroke. METHODS: This was a cross-sectional study of a post hoc analysis of a previous randomized controlled trial. Patients with mild ischemic stroke were divided into the intervention group (in which physical activity was promoted during hospitalization) and a control group. To promote in-hospital physical activity, patients in the intervention group were instructed in the self-monitoring approach. After discharge, we measured physical activity and self-efficacy for physical activity by mailing a questionnaire to the patients. The average number of steps taken was used the index of postdischarge physical activity. RESULTS: The study sample comprised 30 patients, with 13 patients in the intervention group and 17 patients in the control group. There were no significant differences in physical activity values (6176.8 versus 6112.8 steps/day, P = .932) and self-efficacy for physical activity score (66.0 versus 76.0 points, P = .801) between the 2 groups. CONCLUSIONS: This study showed that the promotion of in-hospital physical activity did not appear to increase physical activity and self-efficacy for physical activity in patients with mild ischemic stroke after discharge. Additional study is needed to establish a more specific approach to promote physical activity during hospitalization that will carry over during long-term follow-up.

    2019年04月, Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, 28 (4), 1048 - 1055, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masahiro Kitamura, Kazuhiro P. Izawa, Masakazu Yaekura, Yumi Mimura, Hitomi Nagashima, Koichiro Oka

    Wiley, 2019年04月, ESC Heart Failure, 6 (2), 344 - 350, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuji Morio, Kazuhiro P Izawa, Yoshitsugu Omori, Hironobu Katata, Daisuke Ishiyama, Shingo Koyama, Yoshihisa Yamano

    Compared with elderly people who have not experienced falls, those who have were reported to have a shortened step length, large fluctuations in their pace, and a slow walking speed. The purpose of this study was to elucidate the step length required to maintain a walking speed of 1.0 m/s in patients aged 75 years or older. We measured the 10 m maximum walking speed in patients aged 75 years or older and divided them into the following two groups: Those who could walk 1.0 m/s or faster (fast group) and those who could not (slow group). Step length was determined from the number of steps taken during the 10 m-maximum walking speed test, and the step length-to-height ratio was calculated. Isometric knee extension muscle force (kgf), modified functional reach (cm), and one-leg standing time (s) were also measured. We included 261 patients (average age: 82.1 years, 50.6% men) in this study. The fast group included 119 participants, and the slow group included 142 participants. In a regression logistic analysis, knee extension muscle force (p = 0.03) and step length-to-height ratio (p < 0.01) were determined as factors significantly related to the fast group. As a result of ROC curve analysis, a step length-to-height ratio of 31.0% could discriminate between the two walking speed groups. The results suggest that the step length-to-height ratio required to maintain a walking speed of 1.0 m/s is 31.0% in patients aged 75 years or older.

    2019年02月02日, Diseases (Basel, Switzerland), 7 (1), E17, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuji Kanejima, Masahiro Kitamura, Kazuhiro P. Izawa

    Springer Science and Business Media LLC, 2019年02月, Aging Clinical and Experimental Research, 31 (2), 163 - 173, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Factors affecting discharge to home of medical patients treated in an intensive care unit

    Shimogai T, Izawa KP, Kawada M, Kuriyama A

    2019年, International Journal of Environmental Research and Public Health, 16 (22), E4324, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Characteristics of inpatients with four major non-communicable diseases receiving rehabilitation services in a Pacific island country, Papua New Guinea: a subanalysis of a retrospective observational study

    Saito T, Bai A, Matsui B, Izawa KP, watanabe S, Malagisa A

    2019年, Papua New Guinea Medical Journal, 62 (3-4), 144 - 154, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Rehabilitation services for inpatients with stroke in a provincial hospital in Papua New Guinea: a retrospective observational study

    Saito T, Bai A, Matsui N, Izawa KP, Watanabe S, Malagisa A

    2019年, Papua New Guinea Medical Journal, 62 (3-4), 155 - 163, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 訪問リハビリテーション従事者に対するアセスメント能力の向上を目的とした介入の長期効果

    平野康之, 井澤和大, 夛田羅勝義, 川間健之介

    2019年, 理学療法学, 46 (5), 297 - 307, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢心疾患患者の再入院に関わる身体運動機能について

    森尾裕志, 井澤和大, 大森圭貢, 石山大介, 武市尚也, 笠原酉介, 木田圭亮, 川間健之介

    2019年, 専門リハビリテーション, 18, 19 - 24, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The impact of the combination of kidney and physical function on cognitive decline over 2 years in older adults with pre-dialysis chronic kidney disease

    Otobe Y, Hiraki K, Hotta C, Izawa KP, Sakurada T, Shibagaki Y

    2019年, Clin Exp Nephrol, 23 (6), 756 - 762., 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Postprandial blood pressure decrease in patients with type 2 diabetes and mild or severe cardiac autonomic dysfunction

    Hashizume M, Kinami S, Sakurai K, Izawa KP, Shiotani H

    2019年, International Journal of Environmental Research and Public Health, 16 (5), E812, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mild cognitive impairment in older adults with pre-dialysis patients with chronic kidney disease: Prevalence and association with physical function.

    Otobe Y, Hiraki K, Hotta C, Nishizawa H, Izawa KP, Taki Y, Imai N, Sakurada T, Shibagaki Y

    2019年, Nephrology, 24, 50 - 55, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Longitudinal Changes of Handgrip, Knee Extensor Muscle Strength, and the Disability of the Arm, Shoulder and Hand Score in Cardiac Patients During Phase II Cardiac Rehabilitation

    Izawa KP, Kasahara Y, Hiraki K, Hirano Y, Oka K, Watanabe S

    2019年, Diseases, 7 (1), E32, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of αβ-blocker versus β1-blocker treatment on heart rate response during incremental cardiopulmonary exercise in Japanese male patients with subacute myocardial infarction

    Nemoto S, Kasahara Y, Izawa KP, Watanabe S, Yoshizawa K, Takeichi N, Kamiya K, Suzuki N, Omiya K, Matsunaga A, Akashi YJ

    2019年, International Journal of Environmental Research and Public Health, 16 (16), E2838, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of Postoperative Dietary Intake on Functional Recovery of Patients Undergoing Cardiac Surgery

    Ogawa M, Izawa KP, Satomi-Kobayashi S, Tsuboi Y, Komaki K, Gotake Y, Yoshida N, Wakida K, Uchida J, Sakai Y, Okita Y

    2019年, Nutrition, Metabolism & Cardiovascular Diseases, 29 (1), 90 - 96., 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effect of carvedilol on heart rate response to cardiopulmonary exercise up to the anaerobic threshold in patients with subacute myocardial infarction.

    Nemoto S, Kasahara Y, Izawa KP, Watanabe S, Yoshizawa K, Takeichi N, Kamiya K, Suzuki N, Omiya K, Matsunaga A, Akashi YJ

    2019年, Heart and Vessels, 34 (6), 957 - 964, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Comparable Effects of Pulmonary Endarterectomy and Balloon Pulmonary Angioplasty on Health-Related Quality of Life in Patients with Chronic Thromboembolic Pulmonary Hypertension.

    Tamada N, Nakayama K, Yanaka K, Onishi H, Shinkura Y, Taniguchi Y, Kinutani H, Tsuboi Y, Izawa KP, Satomi-Kobayashi S, Otake H, Tanaka H, Shinke T, Okita Y, Emoto N, Hirata KI

    2019年, Circulation Reports, 1 (5), 228 - 234, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 金居 督之, 井澤 和大, 久保 宏紀, 野添 匡史, 間瀬 教史, 島田 真一

    本稿では,先ず海外の脳卒中患者における身体活動量研究の動向を病期別に紹介した。次に,我が国における身体活動量研究について現状と今後の課題について概説した。 脳卒中を発症しやすい集団は,発症前から不活動になりやすい。また,発症後のあらゆる病期においても同様に不活動に陥りやすい。更に,身体活動量や活動強度の目標値が示されているものの,脳卒中患者の多くはこれらを満たしていない。これらの対策として,身体活動促進や座位行動減少に焦点を当てたさまざまな介入研究が実施されている。主な介入方策としては,セルフ・モニタリングの指導,目標設定,言語的説得・奨励などの行動変容技法が用いられている。また,近年では,ウェアラブル端末等を利用した遠隔指導も注目されている。 我が国における脳卒中患者の身体活動量研究は,増加傾向にある。しかし,介入研究や長期的なフォローアップに関する研究は極めて少ない。したがって,今後は,脳卒中治療ガイドラインにおいても身体活動の重要性が提示されるべく,より質の高い介入研究が待たれる。

    日本運動疫学会, 2019年, 運動疫学研究, 21 (2), 91 - 103, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A retrospective observational study reviewing characteristics of inpatients receiving rehabilitation services at a single provincial hospital in West New Britain Province, Papua New Guinea

    Saito T, Bai A, Matsui N, Izawa KP, Watanabe S, Malagisa A

    2019年, Papua New Guinea Medical Journal, 62 (3-4), 122 - 131, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Increased heart rate during walk test predicts chronic-phase worsening of renal function in patients with acute myocardial infarction and normal kidney function

    Ogura A, Izawa KP, Tawa H, Kureha F, Wada M, Kanai M, Kubo I, Yoshikawa R, Matsuda Y

    2019年, International Journal of Environmental Research and Public Health, 16 (23), E4785, 英語

    [査読有り]

  • Masashi Kanai, Kazuhiro P Izawa, Miki Kobayashi, Akira Onishi, Hiroki Kubo, Masafumi Nozoe, Kyoshi Mase, Shinichi Shimada

    OBJECTIVE: To evaluate the effect of accelerometer-based feedback on physical activity in hospitalized patients with ischemic stroke. DESIGN: Randomized controlled trial. SETTING: Acute care hospital. SUBJECTS: A total of 55 patients with ischemic stroke who could walk without assistance were randomly assigned to the intervention group ( n = 27) or the control group ( n = 28). INTERVENTIONS: At the baseline measurement, patients did not receive accelerometer-based feedback. At follow-up, a physical therapist provided instruction on accelerometer-based feedback, discussed physical activity targets and encouraged the patients to walk more until discharge. MAIN MEASURES: The average daily number of steps taken was used as the index of daily hospitalized physical activity. RESULTS: The study sample consisted of 48 patients, of whom 23 patients comprised the intervention group and 25 patients comprised the control group. Although there were no significant differences in physical activity values between the two groups at the baseline measurement, the values in the intervention group at follow-up were significantly higher than those in the control group (5180.5 ± 2314.9 vs. 3113.6 ± 1150.9 steps/day, P = 0.0003). The effect size of physical activity values (Cohen's d = 1.15) at follow-up was large between the two groups. CONCLUSION: Exercise training combined with accelerometer-based feedback effectively increased physical activity in hospitalized patients with ischemic stroke.

    2018年08月, Clinical rehabilitation, 32 (8), 1047 - 1056, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢入院患者におけるペットボトルの開栓に必要な握力

    森尾 裕志, 大森 圭貢, 井澤 和大, 堅田 紘頌, 石山 大介, 小山 真吾, 中尾 陽光, 山野 嘉久

    目的:握力計のない環境下でも握力の推定ができれば、スクリーニングとして役立つ。本研究の目的はペットボトル開栓に必要な握力値について明らかにすることである。方法:対象は高齢入院患者257例である。ペットボトル開栓の判定について我々は、口頭でペットボトルの開栓の可否を「開けられる」(Y群)、「開けられる時と、開けられない時がある」(DS群)、「開けられない」(N群)の3件法で聴取した。次に、我々は未開封のペットボトルを実際に開栓させ、開栓可能群と不可能群に選別した。握力値は左右の平均値[kgf]が用いられた。結果:開栓可能群と不可能群の握力値は、各々21.4±5.9kgf、9.4±3.9kgfで、差を認めた(p<0.01)。ペットボトル開栓に必要な握力の閾値は15.0kgf(感度:87.9%、特異度:94.0%、正診率:95.0%)であった。DS群とN群の握力は全例で20kgfを下回った。結論:ペットボトル開栓の可否は、握力値のスクリーニングになり得る。(著者抄録)

    専門リハビリテーション研究会, 2018年03月, 専門リハビリテーション, 17, 30 - 35, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Early introduction of pulmonary endarterectomy or balloon pulmonary angioplasty contributes to better health related quality of life in patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension.

    Tamada N, Nakayama K, Yanaka K, Onishi H, Shinkura Y, Tsuboi Y, Izawa KP, Satomi-Kobayashi S, Otake H, Tanaka H, Shinke T, Okita Y, Emoto N, Hirata KI

    2018年, JACC Cardiovasc Interv., 11 (11), 1113 - 1116, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Saito, Kazuhiro P. Izawa, Shuichiro Watanabe

    Background and Purpose: The Functional Independence and Difficulty Scale (FIDS), a newly developed basic activities of daily living (BADL) assessment tool, assesses both independence and subjective difficulty of BADL performance. This patient-reported outcome measure has been shown to have acceptable internal consistency, concurrent validity, and reliability. However, little is known about the relationship between FIDS and objective measures of physical function among older Japanese adults using long-term care insurance services. This study aimed to reveal the relationship between FIDS and physical functions and to examine the concurrent validity of FIDS against physical functions. Methods: Participants of this cross-sectional, correlational research study included community-dwelling Japanese adults aged 65 years or older and certified as long-term care insurance service users with musculoskeletal disease, internal disease, cerebrovascular diseases without observable motor paralysis, and others. Data on physical functions, including muscle strength (grip strength and isometric knee extension muscle strength [IKEMS]), flexibility (range of motion [ROM] of hip flexion and knee flexion), balance (Modified Functional Reach Test [M-FRT]) and gait performance (timed 2.4-m walk), and BADL performance assessed by FIDS, were obtained. Associations between FIDS scores and physical functions were determined by Spearman correlation coefficient and partial correlations after controlling for subject age and sex. Results: Data were collected on 53 participants (mean age = 81.9 years 62.3% women). Spearman partial correlation coefficients controlled for sex and age between FIDS score and grip strength, IKEMS, ROM of hip flexion, ROM of knee flexion, M-FRT, and timed 2.4-m walk were 0.47 (P =.001), 0.44 (P =.001), 0.29 (P =.04), -0.05 (P =.73), 0.51 (P < .001), and -0.64 (P < .001), respectively. The strength of association was moderate for the M-FRT and 2.4-m walk and was low for grip strength and IKEMS. However, ROM of the knee showed no significant association and hip flexion had negligible association with FIDS. Conclusions: The FIDS, a patient-reported BADL assessment tool, mainly reflected balance and gait performance and had concurrent validity as an objective measure of balance and gait performance.

    Lippincott Williams and Wilkins, 2018年, Journal of Geriatric Physical Therapy, 41 (1), 28 - 34, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sedentary Behavior and Health-related Quality of Life Among Japanese Living Overseas

    Izawa KP, Oka K

    2018年, Gerontology and Geriatric Medicine, Oct 25 (4), 2333721418808117., 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relationship between Ventilator-Associated Events and Timing of Rehabilitation in Subjects with Emergency Tracheal Intubation at Early Mobilization Facility

    Shinoda T, Nishihara H, Shomogai T, Ito T, Takimoto R, Seo R, Kanai M, Izawa KP, Iwata K

    2018年, International Journal of Environmental Research and Public Health, 15 (12), 2892, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relationship between daytime sleepiness and health utility in patients after cardiac surgery: a preliminary study.

    Izawa KP, Kasahara Y, Hiraki K, Hirano Y, Oka K, Watanabe S

    2018年, International Journal of Environmental Research and Public Health, 15 (2), E2716, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relation between health utility score and physical activity in community-dwelling ambulatory patients with stroke: a preliminary cross-sectional study

    Sasaki S, Kanai M, Shinoda T, Morita H, Shimada S, Izawa KP

    2018年, Topics in Stroke Rehabilitation, Jul 24:1 - 5., 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Ogawa, Kazuhiro P Izawa, Seimi Satomi-Kobayashi, Aki Kitamura, Yasunori Tsuboi, Kodai Komaki, Rei Ono, Yoshitada Sakai, Hiroshi Tanaka, Yutaka Okita

    BACKGROUND: Postoperative delirium (POD) is a critical complication that is closely associated with mortality and major morbidity in elective cardiac surgery. The identification of patients at risk for POD is crucial but has not been fully explored. AIMS: The aim of this study was to determine the predictive value of the assessment of preoperative exercise capacity for POD. METHODS: We enrolled 313 consecutive patients (mean age, 68.6 ± 14.8 years) undergoing elective cardiac surgery. We measured physical functions such as the 6-minute walking distance (6MWD) and Timed Up-and-Go test (TUG) before surgery. The assessment of delirium was conducted every 8 h from the day of surgery to 5 days after surgery using the Intensive Care Delirium Screening Checklist. RESULTS: POD occurred in 46 patients (14.6%). Age, 6MWD, TUG, serum hemoglobin, estimated glomerular filtration rate, and length of intensive care unit stay were significantly different based on the presence or absence of POD (p < 0.05 for each). After multivariate analysis, 6MWD remained a statistically significant indicator for developing POD (OR 0.98; p = 0.02). The cut-off value of 6MWD for predicting POD was 345 m (AUC = 0.75; p = 0.001). CONCLUSIONS: Poor exercise capacity was found to be an independent predictor of POD following elective cardiac surgery. This finding suggests the importance of preoperative functional evaluation in the prevention and management of POD in cardiac surgery patients.

    2018年01月, Aging clinical and experimental research, 30 (1), 27 - 34, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Impact of Parents’ Comprehensive Health Literacy on BMI in Children: a Multicenter Cross-Sectional Study in Japan

    Nakamura D, Ogawa M, Nakamura T, Izawa KP

    2018年, Journal of School Health, 88 (12), 910 - 916, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Associations Between Parents’ Health Literacy and Sleeping Hours in Children: A Cross-sectional Study

    Ogi H, Nakamura D, Nakamura T, Ogawa M, Izawa KP

    2018年, Healthcare, 6 (2), E32., 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Age-related differences of maximum phonation time in patients after cardiac surgery

    Izawa KP, Kasahara Y, Hiraki K, Hirano Y, Watanabe S

    2018年, Diseases, 6 (1), E1, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masahiro Kitamura, Kazuhiro P. Izawa, Hiroki Taniue, Yumi Mimura, Yuichi Ikeda, Hitomi Nagashima, Peter H. Brubaker

    Background: Renal function (RF) and activities of daily living (ADL) are risk factors for heart failure (HF) patients. Aims: We evaluated differences in motor and cognitive ADL in relation to RF in elderly hospitalized HF patients. Methods: Participants were selected from 414 consecutive hospitalized HF patients based on certain criteria. We investigated patient characteristics including Functional Independence Measure (FIM) and estimated glomerular filtration rate (eGFR). Subjects were divided into three groups by RF level and analyzed with one-way ANOVA and Chi-square tests and two-way ANCOVA and multiple comparison tests. Results: Of the 414 patients, 165 met the inclusion criteria (high RF: 41, moderate RF: 84, low RF: 40). There were significant differences between the three groups in age, eGFR, hemoglobin level, mobility, cognitive function, and length of hospital stay (p < 0.05). Motor FIM showed an interaction between term and group, and cognitive FIM showed a main effect on the group (p < 0.05). In the multiple comparisons, motor FIM of all groups indicated significant recovery, but it was significantly lower after 1 week in the low RF versus moderate/high RF groups (p < 0.05). Cognitive FIM showed no significant recovery in the low RF group the FIM score after 2 weeks was significantly lower than that in the moderate/high RF groups (p < 0.05). Conclusions: In elderly hospitalized HF patients, the motor ADL recovery process in the low RF group was delayed compared to the high RF group. Cognitive ADL in hospitalized HF patients is difficult to recover, especially in those with low RF.

    Springer International Publishing, 2018年01月01日, Aging Clinical and Experimental Research, 30 (1), 45 - 51, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 基本的日常生活活動動作の自立度および困難感の測定―Functional Independence and Difficulty Scaleの紹介―

    齋藤崇志, 井澤和大, 渡辺修一郎

    2018年, 応用老年学, 12 (1), 49 - 58, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Ogawa, Kazuhiro P. Izawa, Seimi Satomi-Kobayashi, Yasunori Tsuboi, Kodai Komaki, Yasuko Gotake, Yoshitada Sakai, Hiroshi Tanaka, Yutaka Okita

    Background Postoperative delirium (POD) is a common and critical complication after cardiac surgery. However, the relationship between POD and postoperative physical frailty and the effect of both on long-term clinical outcomes have not been fully explored. Objective We aimed to examine the associations among POD, postoperative frailty, and major adverse cardiac events (MACE). Design This was a prospective cohort study. Methods We studied 329 consecutive patients undergoing elective cardiac surgery. The intensive care delirium screening checklist was used to assess POD. Postoperative frailty was defined by handgrip strength and walking speed. Patients were subsequently followed-up to detect MACE. Results POD was present in 13.2%, while the incidence of postoperative frailty was 27.0%. POD was independently associated with development of postoperative frailty (adjusted odds ratio = 2.98). During follow-up, MACE occurred in 14.1% of all participants. On multivariate Cox proportional hazard analysis, POD (adjusted hazard ratio (HR) = 3.36), postoperative frailty (HR = 2.21), postoperative complications (HR = 1.54), and left ventricular ejection fraction (HR = 0.95) were independently associated with increased risk of MACE. Limitations It is a single-center study with a risk of bias. We did not investigate follow up cognitive function. Conclusions POD was a predictor of postoperative frailty after cardiac surgery. Both postoperative frailty and POD were associated with the incidence of MACE, while POD was the stronger predictor of MACE. Thus, POD and frailty play critical roles in the risk stratification of patients undergoing cardiac surgery.

    Public Library of Science, 2017年12月01日, PLoS ONE, 12 (12), e0190359., 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Taku Shinoda, Masashi Kanai, Ryo Nakamura, Shunsuke Murata, Takashi Saito, Ryuichi Sawa, Rei Ono, Kazuhiro P. Izawa

    Background and aims The aim of the present study was to examine the approximate value of maximum phonation time in community-dwelling Japanese people and to set the range of error after ascertaining relative and absolute reliability. Methods Participants in the present study were adults living in Kobe and Himeji City, Hyogo Prefecture, Japan. Participants were seated in the upright sitting position and were asked to produce an/a/ sound at their normal speaking volume for as long as they possibly could. The examiner measured the time until the sound became inaudible. Two trials were performed. Results The subjects in the final analysis comprised 380 adults (246 women, 134 men; age, 72.7 +/- 5.9 years). The values of trial 1 and trial 2 were analyzed with intraclass correlation coefficient (ICC(1,1)), and Bland-Altman plot. Average values of the women, men, and both sexes combined were 16.1, 18.7, and 17.0 s, respectively. Average values of age groups 60-69, 70-79, and 80-89 years were 17.9, 16.8, and 15.9 s, respectively. The ICC(1,1) was 0.87 (P < 0.001). Both fixed bias and proportional bias existed. Limits of agreement (LOA) were -5.0 to 7.7 and % change ranged from -27.1 to 41.8 %. Conclusions These normative data indicated that sufficiently reliable values could be measured in two trials. LOA showed that the second value tended to be higher. In determining the effect of treatment, one must consider that the value will be slightly higher at re-test.

    SPRINGER, 2017年08月, AGING CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH, 29 (4), 781 - 786, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Saito, Kazuhiro P. Izawa, Shuichiro Watanabe

    Background The newly developed Functional Independence and Difficulty Scale is a tool for assessing the performance of basic activities of daily living in terms of both independence and difficulty. The reliability of this new scale has not been assessed. Aims The aim of this study was to examine the relative reliability and absolute reliability of the newly developed scale in community-dwelling frail elderly people in Japan. Methods Participants were 47 community-dwelling elderly subjects (22 for assessing test-retest reliability and 25 for assessing inter-rater reliability). As relative reliability indices, intra-class correlation coefficients were used. From an absolute reliability perspective, we conducted Bland-Altman analysis and calculated the limit of agreement or minimal detectable change to determine the acceptable range of error. Results Intra-class correlation coefficients for test-retest and inter-rater reliability were 0.90 (P < 0.001) and 0.97 (P < 0.001), respectively. The limit of agreement for test-retest reliability was -5.2 to 1.8, representing an increase of over six points for improvement and a decrease of over two points for decline of basic activities of daily living ability. The minimal detectable change for inter-rater reliability was 3.7, indicating that a three-point difference might be existed between difference raters. The results of this study demonstrated that the FIDS appeared to be a reliable instrument for use in Japanese community-dwelling frail elderly people. Conclusions While further research using a large and more diverse sample of participants is needed, our findings support the use of FIDS in clinical practice or clinical research targeting frail elderly Japanese people.

    SPRINGER, 2017年06月, AGING CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH, 29 (3), 549 - 556, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Hiraki, Yugo Shibagaki, Kazuhiro P. Izawa, Chiharu Hotta, Akiko Wakamiya, Tsutomu Sakurada, Takashi Yasuda, Kenjiro Kimura

    Background: Only a few research is available on the effects of home-based exercise training on pre-dialysis chronic kidney disease (CKD) patients. Therefore, we aimed to elucidate the effect of home-based exercise therapy on kidney function and arm and leg muscle strength in pre-dialysis CKD patients. Methods: Thirty-six male stage 3-4 pre-dialysis CKD patients (age, 68.7 +/- 6.8 years; estimated glomerular filtration rate (eGFR), 39.0 +/- 11.6 ml/min/1.73 m(2)) who were being treated as outpatients were included. The subjects were randomly assigned to an exercise intervention group (Ex group: 18) and a control group (C group: 18). The Ex group wore accelerometer pedometers and were instructed to perform home-based aerobic and resistance exercises, such as brisk walking for 30 min per day, for 12 months. The C group subjects wore accelerometer pedometers but received no exercise therapy guidance; the number of steps covered during normal daily activities was recorded for the C group. The outcome measures were changes in kidney function and handgrip and knee extension muscle strength. Values at the baseline (T1) and 12 months later (T2) were compared. Results: There were no significant differences in baseline characteristics between the two groups; however, the C group was more physically active than the Ex group. Eight subjects dropped out, and 28 subjects (14 in each group) were included in the final analysis. Physical activity increased significantly only in the Ex group. Grip strength (F = 7.0, p = 0.01) and knee extension muscle strength (F = 14.3, p < 0.01) were found to improve only in the Ex group. Further, the changes in eGFR were not significantly different between the two groups (F = 0.01, p = 0.93). Conclusions: Home-based exercise therapy for pre-dialysis CKD patients was feasible and improved arm and leg muscle strength without affecting kidney function.

    BIOMED CENTRAL LTD, 2017年06月, BMC NEPHROLOGY, 18 (1), 198, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Ai Shibata, Kaori Ishii, Rina Miyawaki, Koichiro Oka

    Background Physical activity and physical performance relate to quality of life, mortality, and morbidity in elderly people. However, little is known about differences in physical performance related to low-intensity light physical activity (LLPA), high-intensity light physical activity (HLPA), and moderate-intensity physical activity (MPA) and how they are separated by sex in elderly populations. Aims This study aimed to determine differences in LLPA, HLPA, MPA, and physical performance, and associations between these measures in community-dwelling elderly men and women. Methods Physical activity and physical performance such as timed-up-and-go test, one-leg standing time, and maximum gait speed were measured in 181 community-dwelling elderly men (mean age, 75.1 +/- 5.3 years) and 109 women (mean age, 73.4 +/- 4.8 years) in 2013. Physical activity was classified as LLPA (1.6 +/- 1.9 METs of physical activity), HLPA (2.0 similar to 2.9 METs of physical activity), and MPA (over 3 METs of physical activity). The association between the values of these three intensities of physical activity in the participants was assessed by Pearson's correlation coefficients. Multiple linear regression analyses were used to assess the association of physical performance values with the three groups defined by accelerometer- measured physical activity intensity adjusted for sociographic, behavioral, and multiple diseases in the participants. Results MPA was beneficially associated with all physical performance indicators in the men (all P < 0.05) and women (all P < 0.05). Only HLPA showed significant associations with the timed-up-and-go test (P = 0.001) and maximum gait speed (P = 0.006) in women. Discussion These results may support the notion that not only HLPA in women but MPA in both sexes appears to improve physical performance in elderly populations. Conclusion The present study findings provide novel epidemiological evidence for the potential benefits of HLPA in women and also reinforce the potential benefits of MPA in both sexes, which is the mainstay of public health recommendations.

    PUBLIC LIBRARY SCIENCE, 2017年06月, PLOS ONE, 12 (6), e0178654, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Hiraki, Chiharu Hotta, Kazuhiro P. Izawa, Tsutomu Sakurada, Yugo Shibagaki

    SPRINGER, 2017年04月, CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY, 21 (2), 354 - 355, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Ogawa, Kazuhiro P. Izawa, Seimi Satomi-Kobayashi, Aki Kitamura, Rei Ono, Yoshitada Sakai, Yutaka Okita

    Background Preoperative nutritional status and physical function are important predictors of mortality and morbidity after cardiac surgery. However, the influence of nutritional status before cardiac surgery on physical function and the progress of postoperative rehabilitation requires clarification. Aims To determine the effect of preoperative nutritional status on preoperative physical function and progress of rehabilitation after elective cardiac surgery. Methods We enrolled 131 elderly patients with mean age of 73.7 +/- 5.8 years undergoing cardiac surgery. We divided them into two groups by nutritional status as measured by the Geriatric Nutritional Risk Index (GNRI): high GNRI group (GNRI >= 92, n = 106) and low GNRI group (GNRI < 92, n = 25). Physical function was estimated by handgrip strength, knee extensor muscle strength (KEMS), the Short Physical Performance Battery (SPPB), and 6-minute walk test (6MWT). Progress of postoperative rehabilitation was evaluated by the number of days to independent walking after surgery, length of stay in the ICU, and length of hospital stay. Results After adjusting for potential confounding factors, preoperative handgrip strength (P = 0.034), KEMS (P = 0.009), SPPB (P < 0.0001), and 6MWT (P = 0.012) were all significantly better in the high GNRI group. Multiple regression analysis revealed that a low GNRI was an independent predictor of the retardation of postoperative rehabilitation. Conclusions Preoperative nutritional status as assessed by the GNRI could reflect perioperative physical function. Preoperative poor nutritional status may be an independent predictor of the retardation of postoperative rehabilitation in patients undergoing elective cardiac surgery.

    SPRINGER, 2017年04月, AGING CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH, 29 (2), 283 - 290, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Saito, Kazuhiro P. Izawa, Nobuko Matsui, Kenji Arai, Makoto Ando, Kazuhiro Morimoto, Naoki Fujita, Yuki Takahashi, Moe Kawazoe, Shuichiro Watanabe

    Background The new Functional Independence and Difficulty Scale (FIDS) is a tool for assessing the performance of basic activities of daily living (BADL). Because many BADL measures already exist, it is important to know whether FIDS can offer added benefit over the existing measures. Aims This study compared measurement properties between the FIDS and a representative BADL assessment tool, the Barthel Index (BI). Methods Recruitment of the participants was done on the basis of convenience sampling. Participants were community- dwelling elderly Japanese subjects (n = 314; age >= 65 years) divided into a healthy elderly group [ n = 225; subjects not using long-term care insurance (LTCI) services] and frail elderly group (n = 89; subjects using LTCI services). For each group, ceiling effect (percent participation with the maximum score) was calculated, and it was compared between the two scales. Associations between the FIDS, BI and Medical Outcomes Study Short Form 8 Health Survey (SF-8) were evaluated by Spearman correlation coefficient and partial correlations. Partial correlations coefficients to SF-8 were compared between the two scales. Results FIDS showed a relatively small ceiling effect compared to the BI. Compared to the BI, FIDS showed a significant positive partial correlation with the broader aspect of the SF-8 subscales, but the strength of correlation between FIDS and SF-8 was weak to negligible. Conclusions The FIDS might be less affected by ceiling effect than the BI. Additional studies using a sufficient number of probability samples are needed to clarify whether FIDS has any benefit over BI in terms of correlations with the SF-8.

    SPRINGER, 2017年04月, AGING CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH, 29 (2), 273 - 281, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 末期腎不全患者における治療法別の身体機能の差異

    堀田千晴, 平木幸治, 若宮亜希子, 井澤和大, 渡辺 敏, 金城永幸, 櫻田勉, 柴垣有吾, 木村健二郎

    2017年, 日本透析医学会雑誌, 50 (4), 241 - 245, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 訪問リハビリテーション従事者に対するアセスメント能力向上を目的とした介入の短期効果について

    平野康之, 井澤和大, 夛田羅勝義, 川間健之介

    2017年, The Journal of Japan Academy of Health Sciences, 20 (3), 118 - 125, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 保存期慢性腎臓病患者における筋力値および健常者平均値との比較

    音部雄平, 平木幸治, 堀田千晴, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾, 木村健二郎

    2017年, 理学療法学, 44 (6), 401 - 407, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 心疾患患者における入院中の急性腎障害合併は退院後の運動耐容能低下の独立因子である

    根本慎司, 笠原酉介, 井澤和大, 吉沢和也, 渡辺敏, 武市尚也, 大宮一人, 木田圭亮, 鈴木健吾, 明石嘉浩

    2017年, 心臓リハビリテーション, 22 (2・3), 196 - 203, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢心血管疾患患者における日常生活活動の自立を判別する身体運動機能について

    渡辺敏, 森尾裕志, 井澤和大, 長田尚彦, 大宮一人, 木田圭亮, 鈴木健吾, 明石嘉浩

    2017年, 心臓リハビリテーション, 22 (2・3), 161 - 166, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masahiro Kitamura, Kazuhiro P. Izawa, Hiroki Taniue, Yumi Mimura, Keita Imamura, Hitomi Nagashima, Peter H. Brubaker

    Aims. To examine the relationship between activities of daily living (ADL) and readmission within 90 days and assess the cutoff value of ADL to predict readmission in hospitalized elderly patients with heart failure (HF). Methods. This cohort study comprised 589 consecutive patients with HF aged >= 65 years, who underwent cardiac rehabilitation from May 2012 to May 2016 and were discharged home. We investigated patients' characteristics, basic attributes, and ADL (motor and cognitive Functional Independence Measure [FIM]). We analyzed the data using the unpaired t-test, chi(2) test, Cox proportional hazard model, receiver operating characteristic (ROC) curve, andKaplan-Meiermethod. Results. Of 589 patients, 113 met the criteria, and they were divided into the nonreadmission (p = 90) and readmission groups (n = 23). Age, body mass index, New York Heart Association class, hemoglobin level, and motor FIM score were significantly different between the two groups (p < 0.05). The body mass index (hazard ratio [HR]: 0.87; p < 0.05) and motor FIM score (HR: 0.94; p < 0.01) remained statistically significant. The cutoff value for the motor FIM score determined by ROC curve analysis was 74.5 points (area under the curve = 0.78; p < 0.001). Conclusion. The motor FIM score in elderly patients with HF was an independent predictor of rehospitalization within 90 days.

    HINDAWI LTD, 2017年, BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL, 2017:7420738, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relation between the Disability of the Arm, Shoulder and Hand score and muscle strength in post-cardiac surgery patients

    Izawa KP, Kasahara Y, Hiraki K, Hirano Y, Watanabe S

    2017年, Diseases, 5 (4), 31, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relation between sitting time and sociodemographic factors in Japanese living overseas

    Izawa KP, Oka K

    2017年, The Southeast Asian J Trop Med Public Health., 48 (6), 1318 - 1324, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masashi Kanai, Masafumi Nozoe, Kazuhiro P. Izawa, Yuka Takeuchi, Hiroki Kubo, Kyoshi Mase, Shinichi Shimada

    Background: Patients with acute stroke spend most of their hospital day inactive. However, a method to promote physical activity (PA) in stroke has not been established. Objective: To evaluate the effectiveness of promoting PA by enhancing self-efficacy in hospitalized patients with mild ischemic stroke. Design: Pre-post interventional study. Methods: Hospitalized patients with mild ischemic stroke who could walk without assistance were recruited. We measured the daily number of steps taken as the index of daily hospitalized PA using an accelerometer. At the baseline measurement, patients did not receive accelerometer-based feedback. To promote hospitalized PA, a physical therapist provided instruction on the self-monitoring approach and discussed PA targets, encouraged the patients to walk more, and instructed them on the importance of PA after stroke. We also measured self-efficacy for PA using an assessment tool at the baseline and during the intervention. Results: Twenty-two patients (62.5 years old, 68.2% men) were included. PA during the intervention was higher than that at the baseline measurement (5709.4 +/- 2236.1 vs. 2813.9 +/- 1511.9 steps/day, p < 0.001). Self-efficacy for PA during the intervention was also higher than that at the baseline measurement (76.4 +/- 18.8 vs. 58.9 +/- 29.0 points, p < 0.001). Conclusions: Promoting PA by enhancing self-efficacy may increase PA and self-efficacy for PA in hospitalized patients with mild ischemic stroke. The present results might provide new strategies of PA promotion in these hospitalized patients.

    TAYLOR & FRANCIS LTD, 2017年, TOPICS IN STROKE REHABILITATION, 24 (4), 256 - 261, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Changes in health utility of patients after cardiac surgery

    Izawa KP, Kasahara Y, Hiraki K, Hirano Y, Watanabe S

    2017年, J Yoga Phys Ther, 7 (4), 300, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Changes in Exercise Capacity and Psychosocial Factors in Hospitalized Cardiac Surgery Patients

    Ogawa M, Izawa KP, Satomi-Kobayashi S, Tsuboi Y, Komaki K, Sakai Y, Tanaka H, Okita Y

    2017年, Research in Cardiovascular Medicine, 6 (4), 38 - 44, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe

    To determine differences in physiological outcome (PO) based on the Geriatric Nutritional Risk Index (GNRI) and cut-off values for PO according to the GNRI in elderly post-cardiac surgery patients complicated by diabetes mellitus (DM). Thirty-five patients (72.9 years) were enrolled and divided by GNRI. Patient characteristics and PO of handgrip strength (HG), knee extensor muscle strength (KEMS), maximum gait speed (GS), and one-leg standing time (OLST) were compared between the groups, and cut-off values for PO were determined. These POs were significantly lower in the low-GNRI group (< 92 points) than in the high-GNRI (aeyen92 points) group. The cut-off values for PO were HG, 22.7 kgf; KEMS, 41.5 %BW; GS, 1.2 m/sec; and OLST, 6.7 s. Nutritional status might influence PO following cardiac surgery. The cut-off values of PO reported here might be indicative of the need to improve patient nutritional status.

    SPRINGER, 2016年12月, AGING CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH, 28 (6), 1267 - 1271, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Yusuke Kasahara, Yuji Morio, Koji Hiraki, Yasuyuki Hirano, Yutaka Omori, Norio Suzuki, Keisuke Kida, Kengo Suzuki, Yoshihiro J. Akashi

    Little information exists on the relation between respiratory muscle strength such as maximum inspiratory muscle pressure (MIP) and sarcopenia in elderly cardiac patients. The present study aimed to determine the differences in MIP, and cutoff values for MIP according to sarcopenia in elderly cardiac patients. We enrolled 63 consecutive elderly male patients aged aeyen65 years with cardiac disease in this cross-sectional study. Sarcopenia was defined based on the European Working Group on Sarcopenia in Older People algorithm, and, accordingly, the patients were divided into two groups: the sarcopenia group (n = 24) and non-sarcopenia group (n = 39). The prevalence of sarcopenia in cardiac patients and MIP in the patients with and without sarcopenia were assessed to determine cutoff values of MIP. After adjustment for body mass index, the MIP in the sarcopenia group was significantly lower than that in the non-sarcopenia group (54.7 +/- A 36.8 cmH(2)O; 95 % CI 42.5-72.6 vs. 80.7 +/- A 34.7 cmH(2)O; 95 % CI 69.5-92.0; F = 4.89, p = 0.029). A receiver-operating characteristic curve analysis of patients with and without sarcopenia identified a cutoff value for MIP of 55.6 cmH(2)O, with a sensitivity of 0.76, 1-specificity of 0.37, and AUC of 0.70 (95 % CI 0.56-0.83; p = 0.01) in the study patients. Compared with elderly cardiac patients without sarcopenia, MIP in those with sarcopenia may be negatively affected. The MIP cutoff value reported here may be a useful minimum target value for identifying elderly male cardiac patients with sarcopenia.

    SPRINGER, 2016年12月, AGING CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH, 28 (6), 1143 - 1148, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Yusuke Kasahara, Yuji Morio, Koji Hiraki, Yasuyuki Hirano, Yutaka Omori, Norio Suzuki, Keisuke Kida, Kengo Suzuki, Yoshihiro J. Akashi

    Background: There is little information on the association of sarcopenia with physical activity in elderly cardiac patients. This study determined differences in physical activity and cutoff values for physical activity according to the presence or absence of sarcopenia in elderly male cardiac patients. Methods and results: Sixty-seven consecutive men aged >= 65 years with cardiac disease were enrolled. We defined sarcopenia using the European Working Group on Sarcopenia in Older People algorithm. Patients were divided into the sarcopenia group (n = 25) and the non-sarcopenia group (n = 42). In the patients with and without sarcopenia of physical activities were evaluated to determine cutoff values of physical activity. Results: After adjusting for patient characteristics, both the average daily number of steps (3361.43 +/- 793.23 vs. 5991.55 +/- 583.57 steps, P = 0.021) and the average daily energy expenditure of physical activity (71.84 +/- 22.19 vs. 154.57 +/- 16.18 kcal, P = 0.009) were significantly lower in the sarcopenia versus non-sarcopenia group. Receiver-operating characteristic analysis identified a cutoff value for steps of physical activity of 3551.80 steps/day for 1 week, with a sensitivity of 0.73 and 1-specificity of 0.44 and a cutoff value for energy expenditure of physical activity of 85.17 kcal/day for 1 week, with a sensitivity of 0.73 and 1-specificity of 0.27. Conclusions: Physical activity in the male cardiac patients with sarcopenia was significantly lower than that in those without sarcopenia. The cutoff values reported here may be useful values to aid in the identification of elderly male cardiac patients with sarcopenia. (C) 2016 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2016年11月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 222, 457 - 461, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Atsushi Izumi, Masahiro Kitamura, Kazuhiro P. Izawa

    Bentham Science Publishers Ltd., 2016年10月04日, Reviews on Recent Clinical Trials, 11 (4), 333 - 341, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Saito, Kazuhiro P. Izawa, Yutaka Omori, Shuichiro Watanabe

    AimsTo validate the Functional Independence and Difficulty Scale, a new instrument that assesses both independence and difficulty in carrying out basic activities of daily living. MethodsFirst, we developed an item list for our construct through a literature review. Second, an expert panel evaluated the item list using the modified Delphi method. Third, to evaluate psychometric properties, a random sample of 593 community-dwelling older adults aged65 years from Shiki City, Japan, was surveyed by mail. ResultsWe developed an instrument comprising 14 items: getting up from bed, standing up from a chair, standing up from the floor, dressing, putting on pants, eating, cleaning after toileting, washing, brushing teeth, opening a PET bottle, cutting toenails, walking inside, walking outside and going up or down four to six steps. Function scores for basic activities of daily living ranged from 14-42, with higher scores representing better function. Internal consistency was acceptable (Cronbach's alpha=0.92). Spearman's partial correlation coefficients controlled for sex and age between the new assessment tool, and the Katz Index and Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology Index of Competence were 0.81 (P<0.01) and 0.63 (P<0.01), respectively. ConclusionsThis new tool for assessment of the basic activities of daily living showed good internal consistency and validity. This assessment tool might be applicable in research and clinical practice to evaluate the basic activities of daily living of community-dwelling elderly Japanese people. Geriatr Gerontol Int 2016; 16: 1127-1137.

    WILEY, 2016年10月, GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL, 16 (10), 1127 - 1137, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • トイレ動作における手すり設置が有効となる工程および身体機能指標の閾値 高齢入院患者における検討

    石山 大介, 森尾 裕志, 井澤 和大, 堅田 紘頌, 小山 真吾, 松永 優子, 松下 和彦

    【目的】高齢入院患者のトイレ動作について、手すり設置が有効となる工程および身体機能指標の閾値を明らかにする。【方法】高齢入院患者100例を対象に、トイレ動作能力と身体機能指標を調査した。トイレ動作能力は、10項目に細分された工程における遂行の可否を、手すりの有無で評価した。身体機能指標は、握力、膝伸展筋力、足関節背屈可動域、前方リーチ距離、片脚立位時間を評価した。【結果】手すりが有ることで遂行可能例が有意に増加した工程は、立ち上がり、転回、着座であった。立ち上がりに必要な閾値は、握力15.1kgf、膝伸展筋力0.25kgf/kg、足関節背屈可動域14.8度、前方リーチ距離22.3cmであった。転回では、前方リーチ距離23.8cm、片脚立位時間0.3秒、着座では、握力15.1kgf、膝伸展筋力0.25kgf/kg、足関節背屈可動域14.3度、前方リーチ距離22.3cmが閾値であった。【結論】トイレ動作について、手すり設置が有効となる工程は、立ち上がり、転回、着座であり、その遂行に必要な身体機能指標の閾値が示された。(著者抄録)

    (公社)神奈川県理学療法士会, 2016年02月, 理学療法: 技術と研究, (44), 34 - 40, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masahiro Kitamura, Yumi Mimura, Hiroki Taniue, Keita Yoshitake, Hitomi Nagashima, Kazuhiro P. Izawa

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2016年01月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 203, 609 - 611, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 訪問リハビリテーションにおけるサービス中止者の中止理由および従事者の病状変化の気づきについて

    平野康之, 井澤和大, 川間健之助

    2016年, 日本在宅医学会学会雑誌, 17 (2), 145 - 150, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 糖尿病および糖尿病神経障害の合併が保存期慢性腎臓病男性患者の運動機能に与える影響

    平木幸治, 堀田千晴, 若宮亜希子, 井澤和大, 渡辺敏, 櫻田勉, 柴垣有吾, 安田隆, 木村健二郎

    2016年, 理学療法学, 43 (1), 56 - 63, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 金居 督之, 久保 宏紀, 北村 友花, 野添 匡史, 間瀬 教史, 島田 真一, 小野 くみ子, 井澤 和大, 安藤 啓司

    〔目的〕急性期非心原性脳梗塞患者における病型による自律神経系活動の差異について明らかにする.〔対象〕対象は,急性期非心原性脳梗塞患者33名(年齢71.5歳,男性23名,女性10名)である.〔方法〕心電図は,安静,離床,回復の3条件で測定した.自律神経系活動指標(副交感神経系活動:lnHF,交感神経系活動:LF/HF)は,心拍変動解析により算出した.ラクナ梗塞患者とアテローム血栓性脳梗塞患者での自律神経系活動の比較を行った.〔結果〕ラクナ梗塞患者はアテローム血栓性脳梗塞患者に比べ,安静時のlnHFは低下(5.1 vs. 6.1),離床時のLF/HFは亢進していた(3.0 vs. 1.4).〔結語〕急性期では,ラクナ梗塞患者は,アテローム血栓性脳梗塞患者に比し,自律神経系活動が低下する可能性がある.

    理学療法科学学会, 2016年, 理学療法科学, 31 (1), 169 - 174, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 保存期CKD患者の身体機能特性と運動療法

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺 敏, 柴垣有吾

    2016年, 心臓リハビリテーション, 22 (1), 32 - 38, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 肺高血圧症治療における心臓リハビリテーションと運動耐容能評価―診断時から回復期にわたる長期介入への提言―

    坪井康典, 田中秀和, 小林成美, 佐和琢磨, 寺下大輔, 絹谷洋人, 中山和彦, 井澤和大, 酒井良忠, 江本憲昭, 平田健一

    2016年, 心臓リハビリテーション, 21 (4), 164 - 169, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Ogawa, Kazuhiro P. Izawa, Aki Kitamura, Rei Ono, Seimi Satomi-Kobayashi, Yoshitada Sakai, Yutaka Okita

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2015年12月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 201, 154 - 156, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masashi Kanai, Hiroki Kubo, Yuka Kitamura, Kazuhiro P. Izawa, Kumiko Ono, Hiroshi Ando, Masafumi Nozoe, Kyoshi Mase, Shinichi Shimada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2015年12月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 201, 171 - 173, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢入院患者におけるTwo-Square Step TestとADLおよび歩行自立度との関連

    小山 真吾, 森尾 裕志, 井澤 和大, 堅田 紘頌, 石山 大介, 八木 麻衣子, 清水 弘之

    【目的】本研究の目的は、Two-Square Step Test(以下、TSST)の再現性、妥当性、ADL、歩行自立度との関連、および歩行自立のカットオフ値を明らかにすることである。【方法】対象は、65歳以上の高齢入院患者である。まず、TSSTの検者内、検者間再現性の検討と、Four-Square Step Test(以下、FSST)との関連を検討した。次に、TSSTとFIM運動項目、歩行自立度との関連を検討し、歩行自立のカットオフ値を算出した。【結果】TSSTのICCは、0.98であった。またTSSTは、FSST(rs=-0.82)、FIM運動項目(rs=0.73)と有意な相関を認めた。歩行自立のカットオフ値は、25.5点であった。【結論】TSSTは、再現性、妥当性ともに良好であり、歩行自立度との関連、歩行自立のカットオフ値も明らかになったことから、臨床に応用することが可能と考えられた。(著者抄録)

    (公社)日本理学療法士協会, 2015年10月, 理学療法学, 42 (6), 480 - 486, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 齋藤崇志, 井澤和大, 大森豊, 渡辺修一郎

    [Purpose] To evaluate the relationship between the timed 2.4 meter walk result (2.4T) and physical function and ability to perform basic activities of daily living (BADL) in elderly persons covered by Japanese long-term care insurance. [Subjects and Methods] Physical functions and BADL of 51 elderly people were investigated. We evaluated the 2.4T and physical functions such as knee extensor muscle strength (KEMS) and the Modified Functional Reach Test (M-FRT). The Functional Independence Measure (FIM) was also used to assess BADL. Spearman's correlation and multiple regression analyses were performed to determine relations between 2.4T and physical function and FIM scores. [Results] There were significant negative correlations between 2.4T and the KEMS, M-FRT, and FIM. Multiple regression analysis showed that KEMS and M-FRT were significant and independent predictors of 2.4T. [Conclusion] 2.4T is associated with physical functions and BADL, confirming the test’s usefulness as a measure of home-based rehabilitation covered by Japanese long-term care insurance.

    Society of Physical Therapy Science (Rigaku Ryoho Kagakugakkai), 2015年09月03日, 理学療法科学, 30 (4), 619 - 625, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Chiharu Hotta, Koji Hiraki, Akiko Wakamiya, Yuhei Otobe, Satoshi Watanabe, Kazuhiro P. Izawa, Nagayuki Kaneshiro, Yusuke Konno, Tsutomu Sakurada, Yugo Shibagaki, Kenjiro Kimura

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2015年07月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 191, 198 - 200, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akiko Wakamiya, Koji Hiraki, Chiharu Hotta, Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Daisuke Oishi, Nagayuki Kaneshiro, Yusuke Konno, Tsutomu Sakurada, Yugo Shibagaki, Kenjiro Kimura

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2015年05月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 187, 648 - 650, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Shinobu Tochimoto, Yasuyuki Hirano, Peter H. Brubaker, Yutaka Omori, Norio Suzuki, Keisuke Kida, Kengo Suzuki, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Hiroyuki Shimizu, Yoshihiro J. Akashi

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2015年05月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 187, 17 - 19, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Takuma Mogamiya, Mika Tada, Shuichi Nakata, Sato Nitobe, Kazuya Yoshizawa, Yasuyuki Hirano, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Hiroyuki Shimizu

    Background Little is known about differences in the risk of poor nutritional status as assessed by the Geriatric Nutritional Risk Index (GNRI) in relation to physical performance in elderly female cardiac inpatients. The present study aimed to determine both differences in physical performance based on the GNRI and physical performance cut-off values according to the GNRI in elderly female cardiac inpatients. Methods We enrolled 105 consecutive female Japanese inpatients aged a parts per thousand yen65 years (mean age, 74.6 years) with cardiac disease in this cross-sectional study. We divided the patients into two groups according to GNRI: high-GNRI group (a parts per thousand yen92 points) (n = 71) and low-GNRI group (< 92 points) (n = 34). Handgrip strength (HG), knee extensor muscle strength (KEMS), gait speed (GS), and one-leg standing time (OLST) were assessed as indices of hospital physical performance and compared between the two groups to determine cut-off values of physical performance. Results After adjustment for age and left ventricular ejection fraction, HG, KEMS, GS, and OLST were significantly lower in the low-GNRI versus high-GNRI group. Cut-off values by ROC curve analysis were 16.2 kgf (AUC = 0.66; p < 0.001) for HG, 34.3 % of body weight (AUC = 0.62; p = 0.04) for KEMS, 1.24 m/s (AUC = 0.72; p < 0.01) for GS, and 8.28 s (AUC = 0.62; p = 0.04) for OLST. Conclusions The risk of poor nutrition, as indicated by a low GNRI, might be a predictor of lower physical performance. Cut-off values determined in this study might be minimum target goals for physical performance that can be attained by elderly female cardiac inpatients.

    SPRINGER, 2015年04月, AGING CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH, 27 (2), 195 - 200, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Peter H. Brubaker, Yasuyuki Hirano, Takashi Saito, Yutaka Omori, Norio Suzuki, Keisuke Kida, Kengo Suzuki, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Hiroyuki Shimizu, Yoshihiro J. Akashi

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2015年03月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 182, 200 - 202, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Yasuyuki Hirano, Shinya Matsushima, Tomohiro Suzuki, Koichiro Oka, Keisuke Kida, Kengo Suzuki, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Peter H. Brubaker, Hiroyuki Shimizu, Yoshihiro J. Akashi

    Maximum gait speed and physical activity (PA) relate to mortality and morbidity, but little is known about gender-related differences in these factors in elderly hospitalized cardiac inpatients. This study aimed to determine differences in maximum gait speed and daily measured PA based on sex and the relationship between these measures in elderly cardiac inpatients. A consecutive 268 elderly Japanese cardiac inpatients (mean age, 73.3 years) were enrolled and divided by sex into female (n = 75,28%) and male (n = 193, 72%) groups. Patient characteristics and maximum gait speed, average step count, and PA energy expenditure (PAEE) in kilocalorie per day for 2 days assessed by accelerometer were compared between groups. Gait speed correlated positively with in-hospital PA measured by average daily step count (r = 0.46, P<0.001) and average daily PAEE (r = 0.47, P<0.001) in all patients. After adjustment for left ventricular ejection fraction, step counts and PAEE were significantly lower in females than males (2651.35 +/- 1889.92 vs 4037.33 +/- 1866.81 steps, P<0.001; 52.74 +/- 51.98 vs 99.33 +/- 51.40 kcal, P<0.001), respectively. Maximum gait speed was slower and PA lower in elderly female versus male inpatients. Minimum gait speed and step count values in this study might be minimum target values for elderly male and female Japanese cardiac inpatients.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2015年03月, MEDICINE, 94 (11), e623., 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka

    AimNutrition is the focus of a new treatment target in older hospitalized cardiac patients. However, little is known about the differences in nutritional status in relation to physical performance in these inpatients. We determined the differences in physical performance based on the Geriatric Nutritional Risk Index (GNRI) and physical performance cut-off values according to the GNRI in older male cardiac inpatients. MethodsWe enrolled 251 Japanese male inpatients aged 65 years (mean age 74.7 years) with cardiac disease in the present cross-sectional study. We divided the patients into two groups according to GNRI: high-GNRI group (92 points; n=178) and low-GNRI group (<92 points; n=73). In-hospital physical performance as measured by handgrip strength (HG), knee extensor muscle strength (KEMS), gait speed (GS), and one-leg standing time (OLST) was assessed and compared between the two groups to determine cut-off values of physical performance. ResultsAfter adjustment for age, HG, KEMS, GS and OLST were significantly lower in the low-GNRI versus high-GNRI group. Cut-off values by receiver operating characteristic curve analysis were 25.75kgf (area under the curve [AUC]=0.740; P<0.001) for HG strength, 46.1% for bodyweight (AUC=0.742; P<0.01) for KEMS, 1.45m/s (AUC=0.782; P<0.01) for GS and 11.32s (AUC=0.705; P<0.01) for OLST. ConclusionThe risk of poor nutrition, as shown by a low GNRI, could be a useful predictor of physical performance. The cut-off values determined in the present study might be expected minimum target values that can be attained by Japanese older male cardiac inpatients. Geriatr Gerontol Int 2015; 15 189-195.

    WILEY-BLACKWELL, 2015年02月, GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL, 15 (2), 189 - 195, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 慢性心不全における加速度トレーニングの有用性と安全性について~パイロット研究結果より~

    木田圭亮, 鈴木規雄, 足利光平, 森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 鈴木健吾, 原田智雄, 明石嘉浩

    2015年, 心臓リハビリテーション, 20 (2), 350 - 355, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 訪問リハビリテーション実践における要介護利用者の病状変化の気づきに影響する要因についての検討

    平野康之, 井澤和大, 川間健之介

    2015年, The Journal of Japan Academy of Health Sciences, 18 (3), 127 - 137, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 訪問リハビリテーション実践における要介護利用者の病状把握に重要なアセスメントの検討

    平野 康之, 井澤 和大, 夛田 羅勝義, 川間 健之介

    2015年, 理学療法科学, 30 (4), 569 - 576, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Respiratory muscle strength in chronic heart failure is related to the disease severity and abnormal ventilation during exercise

    Kasahara Y, Izawa KP, Watanabe S, Osada N, Omiya K

    2015年, Research in Cardiovascular Medicine, 4 (4), e28944., 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Omiya K, Minami K, Sato Y, Takai M, Takahashi E, Hayashi A, Yamauchi M, Suzuki K, Akashi YJ, Osada N, Izawa KP, Watanabe S

    Background: Insulin resistance (IR) is characterized as a metabolic disorder syndrome that is upstream of hypertension, dyslipidemia, and diabetes mellitus (DM). This study investigated exercise training effects on the exercise tolerance and heart rate dynamics in patients with IR or pancreatic beta-cell dysfunction. Methods: Seventy patients (mean age, 60.1 years) with myocardial infarction (MI) participating in a phase II cardiac rehabilitation program were studied. Patients diagnosed with DM were excluded. Homeostasis model-assessment indices were used to divide patients into three groups - A: IR; B: normal; and C: beta-cell dysfunction. A cardiopulmonary exercise test (CPX) was performed and peak oxygen uptake ((V) over dot O-2) was measured. After baseline testing, subjects participated in a supervised, combined aerobic and resistance exercise program. Results: Peak (V) over dot O-2 at baseline was comparable among the three groups, and it improved after training in all groups (p < 0.05). However, both the increase and percentage increase in peak (V) over dot O-2 were smaller in Group C than in Group A (p <0.05). Heart rate (HR) reserve (peak HR-rest HR), and HR recovery immediately 1 mm after exercise during CPX were calculated in 45 patients who were not taking negative chronotropic agents. Group C alone did not show any significant increase in HR reserve. HR reserve at both baseline and after training had significant positive correlations with peak (V) over dot O-2. HR recovery was 1.9 beats/min lower in group C than group A, but this was not significant. HR recovery in group C did not increase after cardiac rehabilitation. Conclusion: Impaired HR reserve increase after training in patients with pancreatic beta-cell dysfunction attenuates exercise training effects on functional capacity. Comprehensive treatment including vigorous exercise training will be needed in such prediabetic patients. (C) 2014 Japanese College of Cardiology. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2015年01月, Journal of Cardiology, 65 (1-2), 128 - 133, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Yasuyuki Hirano, Shuhei Yamamoto, Koichiro Oka, Norio Suzuki, Keisuke Kida, Kengo Suzuki, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Peter H. Brubaker, Hiroyuki Shimizu, Yoshihiro J. Akashi

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2014年12月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 177 (3), 1140 - 1141, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Peter H. Brubaker, Yasuyuki Hirano, Yutaka Omori, Keisuke Kida, Kengo Suzuki, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Hiroyuki Shimizu, Yoshihiro J. Akashi

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2014年12月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 177 (2), 651 - 653, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Peter H. Brubaker, Shinobu Tochimoto, Yasuyuki Hirano, Shinya Matsushima, Tomohiro Suzuki, Koichiro Oka, Takashi Saito, Yutaka Omori, Kengo Suzuki, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Hiroyuki Shimizu, Yoshihiro J. Akashi

    This study aimed to determine the relation between the regression slope relating minute ventilation to carbon dioxide output ((V) over dotE/(V) over dotCO2 slope) and maximum phonation time (MPT), and the MPT required to attain a threshold value for (V) over dotE/(V) over dotCO2 slope of <= 34 in chronic heart failure (CHF) patients. This cross-sectional study enrolled 115 CHF patients (mean age, 54.5 years; men, 84.9%). (V) over dotE/(V) over dotCO2 slope was assessed during cardiopulmonary exercise testing (CPX). Thereafter, patients were divided into 2 groups according to exercise capacity: (V) over dotE/(V) over dotCO2 slope <= 34 ((V) over dotE/(V) over dotCO2 <= 34 group, n = 81) and (V) over dotE/(V) over dotCO2 slope >34 ((V) over dotE/(V) over dotCO2 >34 group, n = 34). For MPT measurements, all patients produced a sustained vowel/a:/for as long as possible during respiratory effort from the seated position. All subjects showed significant negative correlation between (V) over dotE/(V) over dotCO2 slope and MPT (r = -0.51, P < 0.001). After adjustment for clinical characteristics, MPT was significantly higher in the (V) over dotE/(V) over dotCO2 <= 34 group vs (V) over dotE/(V) over dotCO2 >34 group (21.4 +/- 6.4 vs 17.4 +/- 4.3 s, F = 7.4, P = 0.007). The appropriate MPT cut-off value for identifying a (V) over dotE/(V) over dotCO2 slope <= 34 was 18.12 seconds. An MPT value of 18.12 seconds may be a useful target value for identifying CHF patients with a (V) over dotE/(V) over dotCO2 slope <= 34 and for risk management in these patients.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2014年12月, MEDICINE, 93 (29), e306, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Peter H. Brubaker, Hiroyuki Shimizu

    Background Little is known about the differences in the geriatric nutritional risk index (GNRI) status in older patients and their relationship to accelerometer-derived measures of physical activity (PA) levels. We determined both differences in daily measured PA based on the GNRI and related cut-off values for PA in elderly cardiac inpatients. Methods We divided 235 consecutive elderly cardiac inpatients (mean age 73.6 years, men 70.6 %) into four groups by age and GNRI: older-high group, 65-74 years with high GNRI (>= 92 points) (n = 111); older-low group, low GNRI (< 92 points) (n = 30); very old-high group, >= 75 years with high GNRI (n = 55); and very old-low group with low GNRI (n = 39). Average step count and physical activity energy expenditure (PAEE in kcal) per day for 2 days of these inpatients were assessed by accelerometer and compared between the four groups to determine cut-off values of PA. Results Step counts and PAEE were significantly lower in the low-GNRI versus high-GNRI groups in the older (2,742.1 vs. 4,198.1 steps, 55.4 vs. 101.3 kcal, P < 0.001), and very old (2,469.6 vs. 3,423.7 steps, 54.5 vs. 79.1 kcal, P < 0.001) cardiac inpatients. Respective cut-off values for step counts and PAEE were 3,017.6 steps/day and 69.4 kcal (P < 0.01) in the older and 2,579.4 steps/day and 58.8 kcal in the very old cardiac inpatients (P < 0.01). Conclusion Poor nutritional status, as indicated by a low GNRI, may be a useful predictor of step counts and PAEE. The cut-off values determined in this study might be target values to be attained by older cardiac inpatients.

    SPRINGER, 2014年12月, AGING CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH, 26 (6), 599 - 605, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Shinobu Tochimoto, Koichiro Oka, Yuhei Otobe, Shinji Nemoto, Yasuyuki Hirano, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Peter H. Brubaker, Hiroyuki Shimizu

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2014年07月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 174 (3), 727 - 728, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Chiharu Hotta, Koji Hiraki, Satoshi Watanabe, Kazuhiro P. Izawa, Takashi Yasuda, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Kenjiro Kimura

    The goal of the present study was to determine knee extensor muscle strength (KEMS) and degree of renal dysfunction associated with an exercise capacity of a parts per thousand yen5 metabolic equivalents (METs) in male chronic heart failure (CHF) patients with chronic kidney disease (CKD). In this cross-sectional study of 75 male CHF patients with CKD (65.3 +/- A 11.6 years), we measured clinical characteristics, peak , estimated glomerular filtration rate (eGFR), and KEMS. Patients were divided into two groups by exercise capacity: a parts per thousand yen5 METs group (n = 41) and < 5 METs group (n = 34). Cutoff values for KEMS and eGFR resulting in an exercise capacity of a parts per thousand yen5 METs were selected with ROC curves. Patients were divided into four groups according to cutoff values, and numbers of patients attaining an exercise capacity of a parts per thousand yen5 METs were compared between groups. Age was significantly higher although eGFR, Hb, and KEMS were lower in the < 5 METs versus a parts per thousand yen5 METs group (P < 0.001). Multiple logistic regression analysis revealed a positive significant relation between KEMS and eGFR and exercise capacity of a parts per thousand yen5 METs. Exercise capacity of a parts per thousand yen5 METs was associated with KEMS of approximately 1.69 Nm/kg and an eGFR of 45.7 mL/min/1.73 m(2). The number of patients attaining an exercise capacity of a parts per thousand yen5 METs in the patients who did not reach both cutoff values was significantly lower than that in any other patients (P < 0.001). KEMS and eGFR may be useful indices for predicting attainment of exercise capacity of a parts per thousand yen5 METs in male CHF patients with CKD.

    SPRINGER, 2014年04月, CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY, 18 (2), 313 - 319, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2014年03月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 172 (1), E228 - E229, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 腹膜透析患者における膝伸展筋力の実態とその関連要因の検討

    堀田千晴, 平木幸治, 若宮亜希子, 井澤和大, 渡辺敏, 大石大輔, 櫻田勉, 金城永幸, 今野雄介, 柴垣有吾, 木村健二郎

    2014年, 臨床透析, 30 (3), 359 - 363, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Koji Hiraki, Yuji Morio, Yusuke Kasahara, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Hiroyuki Shimizu

    Purpose: Poor mental health (MH) is common in chronic heart failure (CHF) patients. No studies have reported a relation between MH status and objectively measured physical activity (PA) in CHF patients. The study aim was to determine self-reported MH-related differences associated with PA and target values of PA for improved MH in CHF outpatients. Methods: We divided 243 CHF outpatients (mean age 57.1 years) into two groups according to MH assessed by Short Form-36 score: high-MH (>= 68 points) group (n = 148) and poor-MH (<68 points) group (n = 95). Average step count (steps) and energy expenditure on PA (EE) (kcal) per day for 1 week of PA were assessed by an accelerometer and compared between groups. PA resulting in high MH was determined by the receiver-operating characteristic (ROC) analysis. Results: PA correlated positively with MH in all patients (steps: r = 0.46, p<0.001; EE: r = 0.43, p<0.001). After adjusting for patient characteristics, steps and EE were significantly lower in the poor-MH versus high-MH group (5020.1 +/- 280.7 versus 7174.1 +/- 221.5 steps, p<0.001; 133.9 +/- 10.8 versus 215.9 +/- 8.4 kcal, p<0.001). Cut-off values of 5590.8 steps and 141.1 kcal were determined as PA target values associated with improved MH. Conclusions: Poor MH status may reduce PA. Attaining PA target values may improve MH status of CHF outpatients.

    TAYLOR & FRANCIS LTD, 2014年, DISABILITY AND REHABILITATION, 36 (3), 250 - 254, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 心臓リハビリテーションに関する運動生理の誤解を解く; 心疾患患者における骨格筋機能の臨床的意義とレジスタンストレーニングの有用性

    笠原 酉介, 井澤 和大, 渡辺 敏, 長田 尚彦, 大宮 一人

    2014年, 心臓リハビリテーション, 19 (1), 46 - 49, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Peter H. Brubaker, Hiroyuki Shimizu

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2013年10月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 168 (5), 4882 - 4883, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koji Hiraki, Naohiko Osada, Kazuto Omiya

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2013年09月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 168 (1), 551 - 552, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Koji Hiraki, Yuji Morio, Yusuke Kasahara, Peter H. Brubaker, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Hiroyuki Shimizu

    The purpose of this study was to determine both an association between mortality and physical activity (PA) objectively measured by accelerometer and cutoff values for PA in Japanese outpatients with heart failure (HF). This prospective observational study comprised 170 HF outpatients (mean age, 65.2 years; 77% men). Peak oxygen uptake (VO2) and the relation between ventilation and carbon dioxide production (VE/VCO2 slope) as indices of exercise capacity were measured during cardiopulmonary exercise testing with a cycle ergometer. PA was assessed by accelerometer-measured average step count (steps) per day for 1 week. Study endpoint was cardiovascular-related death. Over an average follow-up of 1,377.1 (median, 1,335) days, 31 cardiovascular-related deaths occurred. Patients were then divided into survivor (n = 139) and nonsurvivor (n = 31) groups. Brain natriuretic peptide level was significantly different between groups. Peak VO2 and steps were also significantly lower and VE/VCO2 slope higher in the nonsurvivors versus survivors. Univariate Cox proportional hazards analysis showed brain natriuretic peptide, peak VO2, VE/VCO2 slope, and steps to be significant prognostic indicators of survival. Multivariate analysis showed PA of <= 4,889.4 steps/day to be a strong and independent predictor of prognosis (hazard ratio: 2.28, 95% confidence interval: 1.31-6.30; p = 0.008). Kaplan-Meier curves after log-rank test showed significant prognostic difference between PA of <= 4,889.4 and >4,889.4 steps/day in the 2 groups (log-rank: 12.19; p = 0.0005). In conclusion, step count as objectively measured by accelerometer may be a prognostic indicator of mortality in Japanese outpatients with HF. (C) 2013 Elsevier Inc. All rights reserved.

    EXCERPTA MEDICA INC-ELSEVIER SCIENCE INC, 2013年06月, AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY, 111 (12), 1767 - 1771, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Hiraki, Atsuko Kamijo-Ikemori, Takashi Yasuda, Chiharu Hotta, Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Takeshi Sugaya, Kenjiro Kimura

    BackgroundThe aim of this study was to determine whether a single moderate-intensity exercise session induces renal injury based on various parameters that reflect kidney dysfunction, including urinary L-type fatty acid-binding protein (L-FABP). MethodsAdult outpatients (n = 31) with chronic kidney disease (CKD) not receiving renal replacement therapy participated in this study. Urine was collected before and after a single 20-min moderate-intensity exercise session. Urinary levels of L-FABP, albumin, N-acetyl--d-glucosaminidase (NAG), and 1-microglobrin (1MG) were measured. In addition, 12 patients with estimated glomerular filtration fraction less than 30 ml/min/1.73 ml(2) were selected from all patients and evaluated using the same analysis. ResultsUrinary values of L-FABP, albumin, NAG, and 1MG did not increase significantly after exercise compared with before exercise (urinary L-FABP, from 8.3 to 9.4 g/g of creatinine; urinary albumin, from 293.1 to 333.7 mg/g of creatinine; urinary NAG, from 9.2 to 8.2 U/g of creatinine; urinary 1MG, from 11.4 to 9.8 mg/g of creatinine, not significant). Similar findings were seen in all patients, regardless of degree of renal dysfunction. ConclusionsA single session of moderate-intensity exercise was not associated with an increase in renal parameters used to assess renal damage. (C) 2013 Wiley Periodicals, Inc.

    JOHN WILEY & SONS INC, 2013年05月, JOURNAL OF CLINICAL LABORATORY ANALYSIS, 27 (3), 177 - 180, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Hiraki, Takashi Yasuda, Chiharu Hotta, Kazuhiro P. Izawa, Yuji Morio, Satoshi Watanabe, Tsutomu Sakurada, Yugo Shibagaki, Kenjiro Kimura

    Patients undergoing dialysis experience decreases in physical function; however, few data exist on physical function in pre-dialysis patients with chronic kidney disease (CKD). The primary objective of this study was to clarify physical function in pre-dialysis patients according to CKD stage. This was a cross-sectional study of 120 ambulant pre-dialysis CKD stage 2 or higher patients (85 male, 35 female; mean age 66.5 years) who visited St. Marianna University School of Medicine Hospital. Participants were grouped according to CKD stage as follows: stage 2 (n = 17), stage 3 (n = 55), stage 4 (n = 25), and stage 5 (n = 23). Handgrip strength, knee extensor muscle strength, single-leg stance time, and maximum gait speed were used to assess physical function. Clinical laboratory tests were also examined at the same time as physical function measurements. All indices of physical function decreased according to the progression of CKD. Each physical function index was significantly lower in CKD stage 4 or 5 patients than CKD stage 2 or 3 patients. All physical function indices showed a positive correlation with estimated glomerular filtration rate (eGFR), blood hemoglobin level, and serum albumin level, and a negative correlation with urinary protein levels. In multiple regression analysis, age, female sex, body mass index, eGFR and urinary protein were significantly correlated with indices of physical function. Physical function in pre-dialysis CKD patients decreased as the disease progressed according to stage. Early intervention in CKD patients might delay the loss of physical function.

    SPRINGER, 2013年04月, CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY, 17 (2), 225 - 231, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 腹膜透析患者の身体活動の実態調査

    若宮亜希子, 平木幸治, 堀田千晴, 井澤和大, 渡辺敏, 大石大輔, 櫻田勉, 柴垣有吾, 安田隆, 木村健二郎

    2013年, 理学療法学, 40 (7), 473 - 479, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢入院患者における前方リーチ距離および片脚立位時間と歩行自立度との関連

    堅田紘頒, 森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 笠原酉介, 清水弘之

    2013年, 理学療法:技術と研究, 41, 40 - 45, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Research on leisure time physical activity and upper and lower extremity muscle strength levels associated with an exercise capacity of 5 metabolic equivalents in chronic heart failure patients.

    Izawa KP, Watanabe S, Oka K, Hiraki K, Morio Y, Kasahara Y, Takeichi N, Watanabe Y, Katata H, Tsukamoto T, Osada N, Omiya K, Shimizu H

    2013年, The St. Marianna Medical Journal, 41 (1), 7 - 12, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relation between maximum phonation time and exercise capacity in chronic heart failure patients

    K. P. Izawa, S. Watanabe, S. Tochimoto, K. Hiraki, Y. Morio, Y. Kasahara, Y. Watanabe, T. Tsukamoto, N. Osada, K. Omiya

    Background. Patients with chronic heart failure (CHF) commonly fatigue easily due to low peak oxygen uptake (peak VO2), an important index of exercise capacity. Maximum phonation time (MPT) is widely used to evaluate maximum vocal capabilities because it is non-invasive, quick, and inexpensive. Aim. The aim of this study was to determine the relation between MPT and exercise capacity, and MPT required to attain an exercise capacity of metabolic equivalents (METs) in CHF outpatients. Design. Cross-sectional study. Setting. Outpatient cardiac rehabilitation unit. Population. We enrolled 111 CHF outpatients (mean age 54.2 +/- 10.1 years). Methods. Peak VO2 was assessed during cardiopulmonary exercise testing (CPX) as the index of exercise capacity. After CPX, we divided the patients into two groups according to exercise capacity: METs group (N.=68) and <5 METs group (N.=43). Measurements of MPT were taken in the seated position. All patients were asked to produce a sustained vowel /a:/ for as long as possible and were verbally encouraged during respiratory effort. Results. After adjustment for patient clinical characteristics, MPT in the CHF patients was found to be significantly higher in the METs group than in the >= 5 METs group (22.1 +/- 8.4 vs. 17.0 +/- 11.6 s, F=13.5, P<0.001). Receiver-operating characteristic curve analysis of exercise capacity of >= 5 METs extracted a cutoff value for MPT of 18.27 s, with a sensitivity of 0.76, 1-specificity of 0.33, and AUC value of 0.81 (95% CI: 0.70-0.87, P<0.001). Conclusion. There were differences in MPT in relation to an exercise capacity threshold of METs in CHF outpatients. A MPT of 18.27 sec may be the best cutoff value to identify people with or without exercise capacity of METs. Clinical rehabilitation impact. Measurement of MPT may be a useful method for estimating exercise capacity in CHF outpatients.

    EDIZIONI MINERVA MEDICA, 2012年12月, EUROPEAN JOURNAL OF PHYSICAL AND REHABILITATION MEDICINE, 48 (4), 593 - 599, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koji Hiraki, Yuji Morio, Yusuke Kasahara, Naoya Takeichi, Koichiro Oka, Naohiko Osada, Kazuto Omiya

    Objective: To investigate the effect of the self-monitoring of physical activity by hospitalized cardiac patients attending phase I cardiac rehabilitation (CR). Design: Randomized controlled trial. Setting: University hospital CR program. Participants: CR patients (N=126) with a mean age of 59.1 years. Interventions: Patients were randomly assigned to the selfmonitoring group (group A, n=63) or the control group (group B, n=63). Along with CR, group A patients performed selfmonitoring of their physical activity at the beginning of a phase I CR program (acute in-hospital phase for inpatients) and ending just before they began a phase 11 CR program (postdischarge recovery phase for outpatients). Main Outcome Measures: Physical activity (averages of daily number of steps taken and daily energy expenditure for lwk) as measured by accelerometer was assessed in both groups at baseline (t1) and before the beginning of phase II CR (t2). Results: Although there were no significant differences in physical activity values between groups A and B at t1, values of group A at t2 were significantly higher than those of group B (8609.6 vs 5512.9 steps, P<.001; 242.6 vs 155.9kcal, P<.001). Conclusions: Self-monitoring of patient physical activity from phase II CR might effectively increase the physical activity level in preparation for entering a phase IT CR program. Results of the present study could contribute to the development of new strategies for the promotion of physical activity in cardiac patients.

    W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC, 2012年11月, ARCHIVES OF PHYSICAL MEDICINE AND REHABILITATION, 93 (11), 1896 - 1902, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Naohiko Osada, Kazuto Omiya

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2012年05月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 157 (1), 130 - 131, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Koji Hiraki, Yuji Morio, Yusuke Kasahara, Yosuke Watanabe, Hironobu Katata, Naohiko Osada, Kazuto Omiya

    PURPOSE: Exercise capacity of fewer than 5 metabolic equivalents (METs) has been associated with high risk of death and poor physical functioning in male patients with heart failure (HF). Therefore, we aimed to determine upper and lower extremity muscle strength levels required to attain an exercise capacity of 5 or more METs in male outpatients with HF. METHODS: We enrolled 148 male HF patients (age 60.1 +/- 1.0 years). Peak oxygen uptake (peak (over dot)VO2) was assessed by cardiopulmonary exer cise testing (CPX). After CPX, we further divided the patients into groups according to exercise capacity: 5 or more METs (group A, n = 85) and fewer than 5 METs (group B, n = 63). Handgrip strength and knee extensor and flexor muscle strengths were assessed as indices of upper and lower extremity muscle strength, respectively. Receiver operating characteristic curves were used to select cutoff values for upper and lower extremity muscle strength resulting in an exercise capacity of 5 or more METs in these patients. RESULTS: Exercise capacity of 5 or more METs in male HF patients was equivalent to approximately 35.2 kgf of handgrip strength and 1.70 Nm/kg of knee extensor and 0.90 Nm/kg of knee flexor muscle strengths. CONCLUSIONS: These upper and lower extremity muscle strength values may be useful target goals for improvement of exercise capacity, risk management, and activities of daily living in male HF patients.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2012年03月, JOURNAL OF CARDIOPULMONARY REHABILITATION AND PREVENTION, 32 (2), 85 - 91, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 糖尿病を合併した急性心筋梗塞患者における運動療法の効果-外来での回復期運動療法実施の有無による比較-

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人, 飯島節

    2012年, 理学療法学, 39 (1), 1 - 6, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Izawa KP, Watanabe S, Oka K, Hiraki K, Morio Y, Kasahara Y, Takeichi N, Tsukamoto T, Osada N, Omiya K

    Purpose: Patients with exercise capacity of <5 metabolic equivalents (METs) are considered to have a high risk of death. The aim of this study was to determine age-related differences in physical activity associated with an exercise capacity of >= 5 METs in chronic heart failure (CHF) outpatients. Methods: We enrolled 157 stable CHF patients (79.6% men, age 60.3 +/- 11.5 years). Patients were divided into two age-based groups (middle-aged, <65 years, n = 97) and (older-aged, >= 65 years, n = 60). Peak oxygen uptake (peak VO2) was assessed by cardiopulmonary exercise testing. We further divided patients into groups according to exercise capacity: >= 5 METs and <5 METs. Physical activity was assessed by measuring the average number of steps/day for 1 week with an electronic pedometer. Results: Receiver-operating characteristic curves were used to select cutoff values for steps associated with an exercise capacity of >= 5 METs in the middle- and older-aged patients. Cutoff values of 6045 steps in the middle-aged and 6070 steps in the older-aged patients were determined. Conclusions: Both middle-and older-aged CHF patients with exercise capacity of >= 5 METs completed approximately 6000 steps/day. This could become a target amount for minimal physical activity that could contribute to increased exercise capacity in CHF patients.

    INFORMA HEALTHCARE, 2012年, Disability & Rehabilitation, 34 (23), 2018 - 2024, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hand-Held Dynamometer測定値からの1 repetition maximum(膝伸展筋)の予測

    武市尚也, 石阪姿子, 西山昌秀, 堅田紘頒, 堀田千晴, 岩崎さやか, 海鋒有希子, 平木幸冶, 井澤和大, 渡辺敏, 松永優子, 松下和彦

    2012年, 総合リハビリテーション, 40 (7), 1005 - 1009, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro R. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Koji Hiraki, Yuji Morio, Yusuke Kasahara, Naoya Takeichi, Takae Tsukamoto, Naohiko Osada, Kazuto Omiya

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2011年10月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 152 (1), 152 - 153, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relation between sleep quality and physical activity in chronic heart failure patients

    Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Koji Hiraki, Yuji Morio, Yusuke Kasa-hara, Naoya Takeichi, Takae Tsukamoto, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Haruo Makuuchi

    To determine self-reported sleep quality-related differences in physical activity (PA) and health-related quality of life (HRQOL) and target values of PA for high-quality sleep in chronic heart failure (CHF) outpatients, 149 CHF outpatients (mean age 58 years) were divided into two groups by sleep-quality level determined via self-reported questionnaire: shallow sleep (SS) group (n = 77) and deep sleep (DS) group (n = 72). Steps were assessed by electronic pedometer, HRQOL was assessed with the Short Form 36 (SF-36) survey, and data were compared between groups. PA resulting in high-quality sleep was determined by receiver-operating characteristics curves. All SF-36 subscale scores except that of bodily pain were significantly decreased in the SS versus DS group. A cutoff value of 5723.6 steps/day and 156.4 Kcal/day for 1 week were determined as target values for PA. Sleep quality may affect PA and HRQOL, and attaining target values of PA may improve sleep quality and HRQOL of CHF outpatients. Patents relevant to heart failure are also discussed in this article. © 2011 Bentham Science Publishers.

    2011年09月, Recent Patents on Cardiovascular Drug Discovery, 6 (3), 161 - 167, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Koji Hiraki, Yuji Morio, Yusuke Kasahara, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Haruo Makuuchi

    To examine differences in objective and subjective outcomes in outpatients undergoing percutaneous coronary intervention (PCI) performed for acute myocardial infarction versus cardiac surgery (CS) following a phase II cardiac rehabilitation (CR). Longitudinal observational study of 437 consecutive cardiac outpatients after 8 weeks of phase II CR. Patients were divided into the PCI group (n = 281) and CS group (n = 156). Handgrip and knee extensor muscle strength, peak oxygen uptake (VO2), upper- and lower-body self-efficacy for physical activity (SEPA), and physical component summary (PCS) and mental component summary (MCS) scores as assessed by Short Form-36 were measured at 1 and 3 months after PCI or CS. All outcomes increased significantly between months 1 and 3 in both groups. However, increases were greater in the CS versus PCI group in handgrip strength (+12.3 % vs. +8.1%, P < 0.01), knee extensor muscle strength (+19.3% vs. +17.5%, P = 0.008), peak VO2 (+20.9% vs. +16.9%, P < 0.01), upper-body SEPA (+27.7% vs. +9.2%, P = 0.001), and PCS score (+6.5% vs. +4.1%, P = 0.001). Although this relatively short-term phase II CR increased all outcomes for both groups, outcomes showed the recovery process was different between the PCI and CS groups, slightly favoring CS patients. Furthermore, patents in the field of CR are presented. © 2011 Bentham Science Publishers.

    2011年05月, Recent Patents on Cardiovascular Drug Discovery, 6 (2), 133 - 139, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 立ち上がり動作における上肢補助の必要性に影響を及ぼす身体機能因子-高齢患者での検討-

    遠藤弘司, 森尾裕志, 井澤和大, 平木幸治, 大森圭貢, 渡辺 敏, 清水弘之

    2011年, 臨床理学療法, 28, 45 - 49, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 慢性腎臓病を合併した慢性心不全患者における運動耐容能とその関連要因の検討

    堀田千晴, 平木幸治, 渡辺敏, 井澤和大, 安田隆, 長田尚彦, 大宮一人

    2011年, 理学療法学, 38, 436 - 441, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 入院期心大血管疾患患者における下肢筋力水準別の身体活動量の関連要因

    武市尚也, 井澤和大, 平木幸治, 森尾裕志, 渡辺敏, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人

    2011年, 理学療法:技術と研究, 39, 54 - 58, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 入院期心筋梗塞患者における病棟自立歩行の規定因子に関する検討

    西山昌秀, 笠原酉介, 井澤和大, 渡辺 敏, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人

    2011年, 理学療法:技術と研究, 39, 76 - 80, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 糖尿病を合併した急性心筋梗塞患者の運動耐容能低下の関連要因

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人, 飯島節

    2011年, 理学療法学, 38 (5), 343 - 350, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 慢性心不全患者における重症度別の身体活動と運動能力指標

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 武市尚也, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦

    2010年, 心臓リハビリテーション, 15 (1), 134 - 138, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 慢性呼吸器疾患を合併した心不全患者の退院時身体機能と転帰

    横山有里, 武者春樹, 井澤和大, 渡辺敏

    2010年, 心臓リハビリテーション, 15 (1), 139 - 142, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 入院期心疾患患者の歩行能力に対する糖尿病と運動機能の影響

    堀田千晴, 平木幸治, 渡辺敏, 井澤和大, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦

    2010年, 心臓リハビリテーション, 15 (2), 265 - 269, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 入院期心疾患患者における疾患別の身体活動量と筋力との関係

    武市尚也, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人

    2010年, 心臓リハビリテーション, 15 (1), 155 - 159, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大動脈解離および大動脈瘤急性期リハビリテーションプログラム逸脱理由の検討

    渡辺敏, 井澤和大, 平木幸治, 笠原酉介, 大宮一人, 幕内晴朗, 三宅良彦

    2010年, 心臓リハビリテーション, 15 (1), 165 - 168, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大動脈解離および大動脈瘤急性期リハビリテーションプログラムの有用性の検討

    渡辺敏, 井澤和大, 平木幸治, 笠原酉介, 森尾裕志, 大宮一人, 幕内晴朗

    2010年, 理学療法学, 37 (1), 52 - 56, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 急性心筋梗塞患者における退院時運動耐容能の関連要因に関する検討

    海鋒有希子, 笠原酉介, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦

    2010年, 心臓リハビリテーション, 15 (1), 115 - 119, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Koji Hiraki, Yuji Morio, Yusuke Kasahara, Naohiko Osada, Kazuto Omiya, Setsu Iijima

    Objective: To examine differences in physiologic and psychosocial outcomes between age groups after an exercise-based supervised-recovery phase 11 cardiac rehabilitation outpatient program. Design: This is a longitudinal observational study. The study assessed 442 consecutive cardiac patients. Patients were divided into the middle-aged group (<65 yrs, n = 242) and older-age group (>= 65 yrs, n = 200). Peak oxygen uptake, handgrip and knee extensor muscle strength, upper- and lower-body self-efficacy for physical activity, and physical component summary and mental component summary scores as assessed by SF-36 were measured at 1 and 3 mos after the onset of acute myocardial infarction or cardiac surgery and were compared. Results: All physiologic and psychosocial outcomes increased significantly between months 1 and 3 in both groups. However, increases were greater in the middle-aged vs. older-aged group in peak oxygen uptake (+13.1% vs. +8.7%, P < 0.01), knee extensor muscle strength (+17.6% vs. +13.3%, P = 0.01), lower-body self-efficacy for physical activity (+17.3% vs. +12.7%, P = 0.02), and physical component summary score (+5.4% vs. +2.7%, P = 0.02). Conclusions: Age-related differences in various physiologic and psychosocial measures indicated greater improvement from an exercise-based supervised recovery-phase II cardiac rehabilitation outpatient program in middle-aged vs. older-aged patients. Older adults may derive equal mental or emotional benefit from such a cardiac rehabilitation program but do not experience as much improvement in physiologic outcomes as middle-aged adults.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2010年01月, AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL MEDICINE & REHABILITATION, 89 (1), 24 - 33, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuki Ishibashi, Naohiko Osada, Hiromitsu Sekiduka, Masaki Izumo, Takashi Shimozato, Akio Hayashi, Keisuke Kida, Kihei Yoneyama, Eiji Takahashi, Kengo Suzuki, Masachika Tamura, Yoshihiro J. Akashi, Koji Inoue, Kazuto Omiya, Fumihiko Miyake, Kazuhiro Izawa, Satoshi Watanabe

    Background: Recently, sleep disordered breathing (SDB) has gained attention in the field of cardiology. Until now, no study describing the relationship between acute coronary syndrome (ACS) and SDB has been carried out in Japan. Methods: Among ACS patients admitted to our hospital, 44 patients (mean age 60.6 +/- 13.5 years) who received a portable polysomnography to measure apnea hypopnea index (AHI) were selected for this study. The circadian pattern of ACS onset was studied in 6-h intervals. In addition, all subjects were divided into three groups according to AHI severity (AHI < 5, 5 < AHI < 15, and 15 < AHI). Then, a comparative study between peak time of ACS and AHI severity was conducted for each group. Results: In the AHI < 5 group, 66.0% patients suffered from ACS between 12:00 h and 18:00 h and 17.0% between 18:00h and 24:00h, and a total of 83.0% patients had ACS between 12:00 h and 24:00 h. In the 5 < AHI < 15 group, 49.9% patients had ACS between 24:00 h and 06:00 h, 16.7% patients between 06:00 h and 12:00 h. 12:00-18:00 h and 18:00-24:00 h showed no significant difference. All 22 patients in the 15 < AHI group suffered from ACS between 24:00 h and 12:00 h. Conclusion: The results of this study suggest a possible relationship between SDB and the onset of ACS between midnight to morning. (C) 2008 Japanese College of Cardiology. Published by Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2009年04月, JOURNAL OF CARDIOLOGY, 53 (2), 164 - 170, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Naohiko Osada, Yusuke Kasahara, Hitoshi Yokoyama, Koji Hiraki, Yuji Morio, Satoru Yoshioka, Koichiro Oka, Kazuto Omiya

    Background Whether upper-extremity and lower-extremity muscle strength can predict a prognosis of congestive heart failure (CHF) patients is unclear. This study evaluated the impact of muscle strength on long-term mortality in patients with CHF. Design Prospective observational study of male Japanese CHF patients. Methods Clinical characteristics (age, body mass index, left ventricular ejection fraction, heart failure etiology, and medications) were obtained from hospital records of 148 male outpatients with stable CHF. Brain natriuretic peptide was determined as an index of disease severity. Peak oxygen uptake (V) over dot(O2), handgrip, and knee extensor muscle strength were also determined. Results After 1331.9 +/- 700.3 days of follow-up, 13 cardiovascular-related deaths occurred, and the patients were divided into two groups: survival (n = 135) and nonsurvival (n = 13). No significant differences were found between the groups in clinical characteristics, brain natriuretic peptide levels, and knee extensor muscle strength. Peak (V) over dot(O2) (P= 0.011) and handgrip strength (P=0.008) were significantly lower in the (V) over dot(O2) nonsurvival versus survival group. Left ventricular ejection fraction, peak , and handgrip strength were found by univariate Cox proportional hazards analysis to be significant prognostic indexes of survival. Multivariate analysis, however, revealed handgrip strength to be an independent predictor of prognosis. A handgrip strength cutoff value of 32.2 kgf was determined by the analysis of receiver-operating characteristics and was assessed. Kaplan-Meier survival curves after log-rank test showed significant prognostic difference between the two groups (P=0.008). Conclusion Handgrip strength may be useful for forecasting prognosis in patients with CHF. Eur J Cardiovasc Prev Rehabil 16:21-27 (C) 2009 The European Society of Cardiology

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2009年02月, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIOVASCULAR PREVENTION & REHABILITATION, 16 (1), 21 - 27, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 心大血管疾患患者における退院時年齢・性別の運動機能指標について

    森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人, 川間健之介

    2009年, 心臓リハビリテーション, 14 (1), 89 - 93, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 回復期冠動脈疾患患者における身体活動量と下肢筋力との関連について

    武市尚也, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人

    2009年, 理学療法学, 36 (3), 109 - 113, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relationship Between Sleep-Disordered Breathing Level and Acute Onset Time of Congestive Heart Failure

    Kihei Yoneyama, Naohiko Osada, Takashi Shimozato, Yuki Ishibashi, Akio Hayashi, Eiji Takahashi, Keisuke Kida, Kengo Suzuki, Masachika Tamura, Koji Inoue, Yoshihiro J. Akashi, Kazuto Omiya, Fumihiko Miyake, Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe

    Sleep-disordered breathing (SDB) is frequently observed in patients with congestive heart failure. Recent studies have shown that SDB negatively affects the onset of congestive heart failure; however, no studies have addressed the relationship between the level of SDB and the onset time of acute dyspnea. We hypothesized that SDB affects the acute onset time of dyspnea (AOT) and investigated the relationship between SDB and AOT. We examined 80 patients (mean age, 61.6 years) with congestive heart failure in a clinically stable condition, AOT was divided into 5 time periods (0:00 - 6:00. 6:00 12:00, 12:00 - 18:00, 18:00 - 24:00, and unknown). The apnea-hypopnea index (AHI) was obtained based on the results of polysomnography (PSG) to evaluate the severity of SDB. Acute dyspnea occurred in 59 (73.7%) of the 80 patients. When we divided the patients into an AHI < 5 group and all AHI >= 5 group, there was no significant difference in the AOT,- however, a significant difference was observed in those divided into AHI < 20 and AHI >= 20 groups (P < 0.001). The patients with AHI >= 20 had more acute dyspnea between 18:00 - 24:00 and between 0:00 - 6:00 than those with AHI < 20 (32% and 19%, and 4.1% and 4.1%, respectively). Severe SDB patients tended to have acute dyspnea between midnight and dawn. The results suggest SDB might be one of the risk factors of heart failure. (Int Heart J 2008; 49: 471-480)

    SPRINGER, 2008年07月, INTERNATIONAL HEART JOURNAL, 49 (4), 471 - 480, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Koichiro Oka, Satoshi Watanabe, Hitoshi Yokoyama, Koji Hiraki, Yuji Morio, Yusuke Kasahara, Kazuto Omiya

    Objective: To examine gender differences in clinical characteristics and physiological and psychosocial outcomes at entry into phase II cardiac rehabilitation. Design: Cross-sectional study. Subjects: The study comprised 442 consecutive patients with cardiac diseases assessed at entry into a phase II cardiac rehabilitation programme. Methods: Clinical characteristics of the patients, such as age, education, marital status, employment and body mass index, were obtained from hospital records. Oxygen uptake, handgrip and knee extensor muscle strength were measured to assess physiological outcomes. Self-efficacy for physical activity, hospital anxiety depression scale and health-related quality of life assessed by Short Form-36 were evaluated to assess psychosocial outcomes. Results: The number of married women and their levels of education, employment and body mass index were significantly lower, and their ages higher, than those of the men. Measures of physiological outcome in women were significantly lower than those in men. Measures of self-efficacy for physical activity and Short Form-36 physical and emotional subscale scores were lower and anxiety levels higher in women than in men. Conclusion: Cardiac rehabilitation programmes exclusively for women focusing on physiological outcomes, group counselling, and training to enhance physical and emotional domains may encourage increased participation by women in cardiac rehabilitation.

    TAYLOR & FRANCIS AS, 2008年03月, JOURNAL OF REHABILITATION MEDICINE, 40 (3), 225 - 230, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 慢性心不全患者における運動中止理由別の背景因子についての検討

    下郷卓史, 木田圭亮, 長田尚彦, 鈴木健吾, 田村政近, 高橋英二, 米山喜平, 井上康二, 明石嘉浩, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏

    2008年, 心臓リハビリテーション, 13 (1), 67 - 71, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 心大血管疾患患者における入院期の身体活動量とその関連要因についての検討

    井澤和大, 渡辺 敏, 森尾裕志, 平木幸治, 武市尚也, 岡田一馬, 石阪姿子, 山川梨絵, 吉岡了, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦, 岡浩一朗

    2008年, 心臓リハビリテーション, 18 (1), 176 - 179, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 心疾患患者における運動耐容能に関わる運動機能指標の相互関係について-高齢群および壮年群での検討

    森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 田中綾乃, 笠原酉介, 武市尚也, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦, 川間健之介

    2008年, 心臓リハビリテーション, 13 (2), 299 - 303, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Hitoshi Yokoyama, Koji Hiraki, Yuji Morio, Koichiro Oka, Naohiko Osada, Kazuto Omiya

    Objective: Indices of exercise capacity such as peak oxygen uptake (VO2peak) and muscle strength are important In association with reduced mortality. The present study compared differences in V02peak and muscle strength indices (grip strength and knee extensor and flexor muscle strength) with disease severity and investigated the relation of these variables in congestive heart failure (CHF) patients. Design: The study comprised 102 patients with stable CHIF (93 men, age 61.4 +/- 10.2 yrs) with left ventricular ejection fraction (LVEF) <40% by echocardiography. We used New York Heart Association (NYHA) functional class to index disease severity. VO2peak, grip strength, knee extensor, and flexor muscle strength were determined. Patients were divided into three groups by NYHA class: class I (n = 39), class 11 (n 49), and class III (n = 14). Results: Age, sex, and LVEF did not differ according to NYHA class. VO2peak and all muscle strength indices decreased with increases in NYHA class (P < 0.05). VO2peak correlated positively with all muscle strengths (P < 0.05). Stepwise linear regression analysis revealed that grip and knee extensor strength were important in predicting VO2peak center dot Conclusions: Exercise capacity and disease severity in CHIF patients may be influenced not only by lower-limb but also upper-limb muscle strength.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2007年11月, AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL MEDICINE & REHABILITATION, 86 (11), 893 - 900, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 慢性心不全患者におけるBMIによる下肢筋力, 筋肉量, 運動耐容能の検討

    中川貴文, 長田尚彦, 木田圭亮, 井澤和大, 渡辺敏, 関塚宏光, 出雲昌樹, 石橋祐記, 林明生, 高橋英二, 米山喜平, 鈴木健吾, 田村正近, 井上康二, 大宮一人, 三宅良彦

    2007年, Therapeutic Research, 28 (7), 1296 - 1301, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 慢性心不全リハの阻害要因を考える 慢性心不全患者における運動耐容能改善と睡眠呼吸障害の改善に関する検討

    長田尚彦, 木田圭亮, 鈴木健吾, 田村政近, 宇野正人, 井上康二, 林明生, 高橋英二, 米山喜平, 石橋祐記, 関塚宏光, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏, 神澤葉子

    2007年, 心臓リハビリテーション, 12 (1), 36 - 39, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 指示棒を用いたFunctional Reach Testの開発

    森尾裕志, 大森圭貢, 井澤和大, 田中彩乃, 渡辺敏, 別府諸兄, 川間健之介

    2007年, 総合リハビリテーション, 35 (5), 487 - 493, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢心大血管疾患患者における下肢筋力, 前方リーチ距離と歩行自立度との関連について

    森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 大森圭貢, 平木幸治, 西山昌秀, 田中彩乃, 大宮一人, 川間健之介

    2007年, 心臓リハビリテーション, 12 (1), 113 - 117, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 急性心筋梗塞患者における年度別の臨床的背景についての検討

    西山昌秀, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志

    2007年, 理学療法:技術と研究, 35, 34 - 37, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 急性心筋梗塞患者における心臓リハビリテーション施行困難例の検討

    西山昌秀, 渡辺 敏, 井澤和大, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人

    2007年, 心臓リハビリテーション, 12 (2), 230 - 232, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 回復期心臓リハビリテーションにおけるウエスト周囲測定の有用性について

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 長田尚彦, 大宮一人

    2007年, 心臓リハビリテーション, 12 (1), 172 - 175, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • オーストラリアの救急医療システムについて

    井澤和大

    2007年, リハビリテーション連携科学, 8 (2), 107 - 110, 日本語

    [査読有り]

  • Effect of self-monitoring approach during cardiac rehabilitation on exercise maintenance, self-efficacy, and physical activity over a 1-year period after myocarcial infarction

    Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Koichiro Oka, Naohiko Osada, Kazuto Omiya

    We conducted a randomized, controlled trial to evaluate the effect of self-monitoring approach (SMA) on exercise maintenance, self-efficacy for physical activity (SEPA), and objective physical activity (OPA) over the long-term after supervised cardiac rehabilitation (CR). Forty-five myocardial infarction (MI) patients (mean age 64.2 years) were recruited following completion of an acute-phase exercise-based CR program. Patients were randomly assigned to a SMA or control group. Along with CR, the SMA group performed self-monitoring of their weight and OPA for 6-months; the control group participated in CR only. Twelve months after MI onset, exercise maintenance, SEPA scores, and OPA as a caloric expenditure were assessed. More patients maintained their exercise routine in the SMA than the control group. Mean SEPA score and mean OPA after CR were significantly higher in the SMA than control group. SMA during CR may effectively increase exercise maintenance, SEPA, and OPA over a I-year after MI.

    JAPANESE SOC PHYSICAL FITNESS SPORTS MEDICINE, 2006年10月, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 55, 113 - 118, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Influence of autonomic nervous dysfunction characterizing effect of diabetes mellitus on heart rate response and exercise capacity in patients undergoing cardiac rehabilitation for acute myocardial infarction

    Yusuke Kasahara, Kazuhiro Izawa, Kazuto Omiya, Naohiko Osada, Satoshi Watanabe, Masakazu Saitoh, Atsuhiko Matsunaga, Takashi Masuda

    Background The aim of this study was to clarify the influence of sympathetic and parasympathetic nerve (SN and PN) dysfunction on the heart rate (HR) response to exercise and the exercise capacity of patients with acute myocardial infarction (AMI) and diabetes mellitus (DM). Methods and Results Fifty-two male patients who underwent cardiopulmonary exercise testing (CPX) 1 month after onset of AMI were divided into 2 groups: (DM (+) group, n=20; DM (-) group, n=32). HR, peak oxygen uptake (VO2peak), and plasma norepinephrine (NE) levels were measured during CPX. The high-frequency power (HF) was analyzed by HR variability. The Delta HR/log Delta NE obtained from changes of HR and NE from rest to peak exercise and HR change from baseline to the minimum HF (Delta HRHF) were calculated as parameters of HR response derived from SN and PN activities, respectively. Delta HR, VO2peak, Delta HR/log Delta NE, and Delta HRHF were signifiantly lower in the DM (+) group than in the DM (-) group, and both of them showed positive correlations with VO2peak. Conclusion An inadequate HR response to exercise is a major factor causing a decline of exercise capacity, which is derived from both of SN and PN dysfunction, in AMI patients with DM.

    JAPANESE CIRCULATION SOCIETY, 2006年08月, CIRCULATION JOURNAL, 70 (8), 1017 - 1025, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 慢性心不全患者における運動耐容能改善と睡眠呼吸障害の改善に関する検討

    長田尚彦, 木田圭亮, 鈴木健吾, 田村政近, 宇野正人, 井上康二, 林明生, 高橋英二, 米山喜平, 東伸行, 鈴木香絵, 関 敦, 鮫島久紀, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏, 神澤葉子

    2006年, 心臓リハビリテーション, 11 (1), 63 - 66, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 睡眠時無呼吸症候群が急性心筋梗塞回復期リハビリテーション効果に及ぼす影響

    宇野正人, 長田尚彦, 林明生, 高橋英二, 木田圭亮, 鈴木健吾, 田村政近, 東伸行, 鈴木香絵, 明石嘉浩, 井上康二, 関 敦, 鮫島久紀, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏

    2006年, 心臓リハビリテーション, 11 (2), 217 - 220, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 心臓リハビリテーション終了後における筋力トレーニングの継続が身体活動セルフ・エフィカシーに及ぼす影響と下肢筋力値との関連について

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗, 森尾裕志, 平木幸治, 横山仁志, 西山昌秀, 鮫島久紀, 長田尚彦, 大宮一人

    2006年, 心臓リハビリテーション, 11 (2), 302 - 306, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 虚血性心疾患患者における健康関連QOL(Health-Related Quality of Life) 向上のための運動指導方策 Exercise Guidance Strategy for Improvement of Health-Related Quality of Life in Patients with Ischemic Heart Disease

    井澤和大, Kazuhiro, P. IZAWA

    早稲田大学, 2006年, 早稲田大学大学院人間科学研究科, 1 - 134, 日本語

    [査読有り]

    学位論文(博士)

  • The effects of unsupervised exercise training on physical activity and physiological outcomes after supervised cardiac rehabilitation.

    Izawa KP, Watanabe S, Oka K, Kobayashi T, Osada N, Omiya K

    2006年, Journal of the Japanese Physical Therapy Association, 9 (1), 1 - 8, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Research on exercise adherence: A review of primary studies.

    Izawa KP, Oka K, Watanabe S

    2006年, Critical Review in Physical and Rehabilitation Medicine., 18 (2), 95 - 105, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • KP Izawa, S Watanabe, K Onvya, Y Hirano, K Oka, N Sada, S Iijima

    Objective: To evaluate the effect of the self-monitoring approach (SMA) on self-efficacy for physical activity (SEPA), exercise maintenance, and objective physical activity level over a 6-mo period after a supervised 6-mo cardiac rehabilitation (CR) program. Objective: To evaluate the effect of the self-monitoring approach (SMA) on self-efficacy for physical activity (SEPA), exercise maintenance, and objective physical activity level over a 6-mo period after a supervised 6-mo cardiac rehabilitation (CR) program. Design: We conducted a randomized, controlled trial with 45 myocardial infarction patients (38 men, seven women; mean age, 64.2 yrs) recruited after completion of an acute-phase, exercise-based CR program. Patients were randomly assigned to an SMA group (n = 24) or control group (n = 2 1). Along with CR, the subjects in the SMA group self-monitored their weight and physical activity for 6 mos. The SMA used in this study was based on Bandura's self-efficacy theory and was designed to enhance confidence for exercise maintenance. The control group participated in CR only. All patients were evaluated with the SEPA assessment tool. Exercise maintenance, SEPA scores, and objective physical activity (average steps per week) as a caloric expenditure were assessed at baseline and during a 6-mo period after the supervised CR program. Results: Mean period from myocardial infarction onset did not differ significantly between the SMA and control groups (12.1 +/- 1.3 vs. 12.2 +/- 1.2 mos, P = 0.692). All patients maintained their exercise routine in the SMA group. Mean SEPA score (90.5 vs. 72.7 points, P < 0.001) and mean objective physical activity (10,458.7 vs. 6922.5 steps/wk, P < 0.001) at 12 mos after myocardial infarction onset were significantly higher in the SMA than control group. SEPA showed significant positive correlation with objective physical activity (r = 0.642, P < 0.001). Conclusions: SMA during supervised CR may effectively increase exercise maintenance, SEPA, and objective physical activity at 12 mos after myocardial infarction onset.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2005年05月, AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL MEDICINE & REHABILITATION, 84 (5), 313 - 321, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 糖尿病を合併する急性心筋梗塞患者の副交感神経機能と嫌気性代謝閾値との関連について

    笠原酉介, 井澤和大, 大宮一人, 長田尚彦, 松永篤彦, 増田卓

    2005年, 心臓リハビリテーション, 10 (1), 54 - 57, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大動脈瘤人工血管置換術後運動療法の阻害因子

    渡辺敏, 井澤和大, 小林亨, 小林智美, 横山仁志, 近藤美千代, 大宮一人, 菊池慶太, 幕内晴朗

    2005年, 理学療法学, 32 (2), 72 - 76, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 回復期運動療法における体組成の経時変化についての検討

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 石黒友康, 大宮一人, 長田尚彦, 鮫島久紀

    2005年, 心臓リハビリテーション, 10 (1), 37 - 40, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yasuyuki Hirano, Kazuhiro Izawa, Satoshi Watanabe, Sumio Yamada, Koichiro Oka, Yusuke Kasahara, Kazuto Omiya

    We investigated the changes of an 8-week cardiac rehabilitation (CR) program on physiological outcomes and health-related quality of life (HRQL) in Japanese cardiac surgery patients. Subjects were 47 consecutive outpatients (32 men, 15 women mean age 59.4 ± 12.6 years) recovering from cardiac surgery. Patients performed both aerobic exercise on a treadmill at anaerobic threshold intensity and moderate resistance training 2 days per week, 60 min per session, from 1 to 3 months after cardiac surgery. Differences in the eight SF-36 subscale scores and physiological outcomes within the patient group at 1 month and at 3 months after cardiac surgery were analyzed. Peak oxygen uptake, handgrip strength, and knee extension strength were used as physiological outcome measures. HRQL was assessed with the Japanese version Medical Outcome Study Short Form 36 (SF-36). Significant change in overall physiological outcome from 1 month to 3 months was observed. There was also significant change in seven of the eight SF-36 health status subscale scores (physical functioning, role-physical, bodily pain, general health, vitality, role-emotional, and mental health). However, with the exception of physical functioning and mental health scores, values did not reach those of the average healthy Japanese. In conclusion, we found that CR exercise training for Japanese cardiac surgery patients during the recovery phase changes not only physiological outcomes but also HRQL as assessed by the SF-36.

    2005年, Journal of the Japanese Physical Therapy Association, 8 (1), 21 - 28, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro P. Izawa, Satoshi Watanabe, Kazuto Omiya, Sumio Yamada, Koichiro Oka, Masachika Tamura, Hisanori Samejima, Naohiko Osada, Setsu Iijima

    The purpose of the present study was to compare differences in physiological outcomes and health-related quality of life (HRQOL) in relation to degree of illness in patients with chronic heart failure (CHF) and to compare HRQOL in CHF patients with that of a normal Japanese population. One hundred and twenty-five patients with stable CHF (93 men, 32 women, mean age 63.3 ± 12.4 years) with left ventricular ejection fraction (LVEF) of less than 40% were enrolled in the present study. We used New York Heart Association (NYHA) functional class as an index of degree of illness. In 64 of the 125 patients, physiological outcome measures included peak oxygen uptake (peak V̇O 2) and V̇E/V̇CO2 slope. HRQOL was assessed with the medical outcome study short form-36 (SF-36) Japanese version. In addition, SF-36 scores of CHF patients were compared against Japanese standard values. Age and LVEF did not differ according to NYHA functional class. The eight SF-36 subscale scores and peak V̇O2 decreased with increases in the NYHA functional classes, whereas V̇E/ V̇CO2 slope increased with increases in NYHA functional class (p< 0.05). Of the 8 SF-36 subscales measured in CHF patients, only the bodily pain score attained that of the normal Japanese population. These findings suggest that HRQOL decreases as NYHA functional class increases and other physiological measures worsen. In addition, HRQOL values of CHF patients were low in comparison with standard values of a normal Japanese population.

    2005年, Journal of the Japanese Physical Therapy Association, 8 (1), 39 - 45, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • KP Izawa, S Yamada, K Oka, S Watanabe, K Omiya, S Iijima, Y Hirano, T Kobayashi, Y Kasahara, H Samejima, N Osada

    Objective: The purpose of this study was to determine exercise maintenance rate, leisure-time objective physical activity level, and health-related quality of life in relation to exercise maintenance over the 6-mo period after a supervised 5-mo recovery-phase cardiac rehabilitation program in acute myocardial infarction patients. The study also investigated whether exercise maintenance resulted in reproducible health-related quality-of-life outcomes comparable with those of the Japanese normal population. Design: This observational study comprised 109 acute myocardial infarction patients (89 men, 20 women; mean age, 63.5 +/- 10.1 yrs). Physiologic outcomes (peak oxygen uptake, handgrip, and knee-extension strength) measured at 1 and 6 mos after acute myocardial infarction onset were compared. Completed exercise maintenance and health-related quality-of-life questionnaires and results of electronic pedometer recordings to evaluate leisure-time objective physical activity level were assessed 6 mos after cardiac rehabilitation. Results: The mean period from acute myocardial infarction to evaluation of outcomes was 18.8 +/- 3.4 mos. Ninety of 109 patients (82.6%) continued exercise for >6 mos after cardiac rehabilitation (exercise group); 19 patients (17.4%) quit exercise after cardiac rehabilitation (nonexercise group). Improvement in physiologic outcomes was noted at 6 mos vs. those at 1 mo, but outcomes were not significantly different between groups. The exercise group performed significantly better than the nonexercise group for leisure-time objective physical activity level and scored significantly higher than the nonexercise group for seven of eight health-related quality of life measures, attaining scores similar to those of the Japanese normal population. Conclusions: At >18 mos after acute myocardial infarction, the exercise maintenance rate in our patients remains high, and exercise maintenance may be one of the factors contributing to improvement of health-related quality of life and leisure-time objective physical activity level.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2004年12月, AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL MEDICINE & REHABILITATION, 83 (12), 884 - 892, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Improvement in physiological outcomes and health-related quality of life following cardiac rehabilitation in patients with acute myocardial infarction

    K Izawa, Y Hirano, S Yamada, K Oka, K Omiya, S Iijima

    Background The present study examined the impact of an 8-week cardiac rehabilitation (CR) program on physiological outcomes and health-related quality of life (HRQOL) of patients with acute myocardial infarction (AMI). Methods and Results A total of 124 consecutive AMI patients were divided into a supervised outpatient CR group (n=82) and a non-CR group as a control (n=42). Peak oxygen uptake, handgrip strength, and knee extension muscular strength were used as physiological outcome measures. HRQOL outcomes were assessed by the Medical Outcome Study Short Form 36 (SF-36). CR group patients performed both aerobic exercise and moderate resistance training from 1 month (T1) to 3 months (T2) after AMI onset. Age, sex, body mass index, medications, and ejection fraction were similar in both groups. Significantly greater increases in overall physiological outcomes from T1 to T2 were measured in the CR group compared with those of the non-CR group. There were also significantly greater improvements in 4 of the 8 SF-36 health status subscales (physical functioning, role-physical, general health, and vitality) in the CR group compared with the non-CR group. Conclusions Eight weeks of exercise training have specific effects on improvement in HRQOL and physiological outcomes in Japanese patients.

    JAPANESE CIRCULATION SOC, 2004年04月, CIRCULATION JOURNAL, 68 (4), 315 - 320, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 慢性心不全患者に対する運動療法中の運動耐容能の推移に関する検討

    宇野正人, 長田尚彦, 東伸行, 伊藤香絵, 鈴木健吾, 田村政近, 井上康二, 明石嘉浩, 関敦, 鮫島久紀, 鈴木規之, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏

    2004年, 心臓リハビリテーション, 9 (1), 115 - 118, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 慢性心不全患者における左室拡張能と運動耐容能の関連に関する検討

    宇野正人, 長田尚彦, 東伸行, 伊藤香絵, 鈴木健吾, 田村政近, 井上康二, 明石嘉浩, 関敦, 鮫島久紀, 鈴木規之, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏

    2004年, 心臓, 36 (2), 3 - 5, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 病前運動習慣は在宅運動療法の強度遵守に影響するか?

    小林亨, 山田純生, 井澤和大, 渡辺敏, 大宮一人, 岡浩一朗, 三宅良彦

    2004年, 心臓リハビリテーション, 9 (1), 176 - 180, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 心筋梗塞患者における健康関連QOLの長期経過に及ぼす重症度の影響

    井澤和大, 平野康之, 山田純生, 岡浩一朗, 渡辺敏, 小林亨, 大宮一人, 飯島 節

    2004年, 心臓リハビリテーション, 9 (1), 181 - 185, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Impaired chronotropic response to exercise in acute myocardial infarction patients with type 2 diabetes mellitus

    K Izawa, K Tanabe, K Omiya, S Yamada, Y Yokoyama, T Ishiguro, M Yagi, Y Hirano, Y Kasahara, N Osada, F Miyake, M Murayama

    This study was undertaken in acute myocardial infarction (AMI) patients with noninsulin-dependent diabetes mellitus (type 2 DM) to investigate their impaired chronotropic response to exercise. Seventy-one AMI subjects entered the study, 30 with type 2 DM and 41 age- and body mass index-matched non-DM (control) patients. One month after the onset of AMI, these patients underwent cardiopulmonary exercise testing on a treadmill under a ramp protocol. Anaerobic threshold (AT) and peak oxygen uptake (peak VO2) were determined as indicators of exercise capacity. Plasma norepinephrine (NE) concentration was measured in blood samples obtained at 2 time points: during pre-exercise rest and immediately after peak exercise. The change in NE concentration during exercise, as an index of sympathetic nervous activity, was calculated as a percentage: DeltaNE = [(NE during exercise)-(resting value)]/(resting value) x 100. The change in heart rate (HR) during exercise was calculated as a simple difference: DeltaHR =[(peak HR)-(rest HR)]. Index of chronotropic response to exercise was then quantified as the DeltaHR/DeltaNE during exercise. No significant intergroup differences in ejection fraction at rest or HR at peak exercise were observed. However, VO2 at AT, peak VO2, DeltaHR, and DeltaHR/DeltaNE were significantly lower in the type 2 DM group than in the non-DM group. DeltaHR correlated with VO2 at AT (r= 0,49, P<0.001) and with peak VO2 (r= 0.53, P<0.001) in all subjects. Also, DeltaHR/DeltaNE correlated with VO2 at AT (r=0.42, P<0.001) and with peak VO2 (r=0.44, P<0.001) in all subjects. AMI patients with type 2 DM had impaired cardiopulmonary responses to maximal and submaximal exercise testing and impaired chronotropic response to exercise, even though their cardiac function at rest was similar to that of non-DM AMI patients. The data suggest that one mechanism of impaired cardiopulmonary response to exercise in AMI patients with type 2 DM groups is an impaired chronotropic response. (Jpn Heart J 2003; 44: 187-199).

    JAPAN HEART JOURNAL, SECOND DEPT OF INTERNAL MED, 2003年03月, JAPANESE HEART JOURNAL, 44 (2), 187 - 199, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 病前運動習慣は在宅運動療法の選択基準となるか?

    山田純生, 小林亨, 井澤和大, 平澤有里, 渡辺敏, 岡浩一朗, 大宮一人, 長田尚彦, 鈴木規之

    2003年, 心臓リハビリテーション, 8 (1), 160 - 163, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 心臓リハビリテーションにおける健康関連QOL (Health-Related Quality of Life) に関する研究

    井澤和大

    筑波大学, 2003年, 筑波大学大学院教育研究科, 1 - 64, 日本語

    [査読有り]

    学位論文(修士)

  • 心筋梗塞患者における運動療法の効果 糖尿病の合併の有無による差異

    鈴木健吾, 大宮一人, 宇野正人, 東伸行, 田村政近, 伊藤香絵, 井上康二, 明石嘉浩, 関敦, 鮫島久紀, 鈴木規之, 長田尚彦, 三宅良彦, 井澤和大, 山田純生, 伊東春樹

    2003年, Journal of Cardiology, 41 (4), 159 - 168, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 心臓リハビリテーション患者における不安・抑うつの評価

    岡浩一朗, 山田純生, 井澤和大, 大宮一人, 三宅良彦

    2002年, 心臓リハビリテーション, 7 (1), 160 - 163, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 心臓リハビリテーション患者における身体活動セルフ・エフィカシー尺度の開発とその評価

    岡浩一朗, 山田純生, 井澤和大, 大宮一人, 三宅良彦

    2002年, 心臓リハビリテーション, 7 (1), 160 - 163, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 急激な減量による胆石症を生じた若年心筋梗塞の1例

    田村政近, 大宮一人, 鈴木健吾, 東伸行, 伊藤香絵, 井上康二, 明石嘉浩, 関 敦, 横山秦廣, 鈴木規之, 長田尚彦, 三宅良彦, 鈴木通博, 井澤和大, 山田純生

    2002年, 聖マリアンナ医科大学雑誌, 30 (2), 91 - 95, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 糖尿病合併心筋梗塞患者における血中ナトリウムペプチドの検討

    関敦, 井上康二, 大宮一人, 明石嘉浩, 鈴木規之, 長田尚彦, 田辺一彦, 三宅良彦, 村山正博, 井澤和大, 山田純生

    2001年, 心臓, 6 (2), 87 - 90, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 心臓リハビリテーションの成果としての健康関連QOLの評価-SF-36日本語版の応用-

    井澤和大, 山田純生, 岡浩一朗, 大宮一人, 三宅良彦, 村山正博

    2001年, 心臓リハビリテーション, 6 (1), 24 - 28, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 心筋梗塞患者の運動後酸素摂取量減衰時定数に及ぼす下肢筋力とリハビリテーションの影響

    井上康二, 大宮一人, 明石嘉浩, 関敦, 鈴木規之, 長田尚彦, 田辺一彦, 三宅良彦, 村山正博, 井澤和大, 長谷川輝美, 山崎裕司, 渡辺敏, 山田純生

    2001年, 心臓リハビリテーション, 6 (1), 87 - 90, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 解離性大動脈瘤患者の退院後QOLの検討

    渡辺敏, 山田純生, 岡浩一朗, 井澤和大, 大宮一人, 三宅良彦, 村山正博

    2001年, 心臓リハビリテーション, 6 (1), 102 - 104, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 運動の習慣化を目的とする運動指導方策として行動変容のtranstheoretical model(TTM)には臨床的有用性があるか?

    山田純生, 岡浩一朗, 井澤和大, 大宮一人, 三宅良彦, 村山正博

    2001年, 心臓リハビリテーション, 6 (1), 71 - 74, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Cardiopulmonary response abnormalities during exercise in patients with noninsulin dependent diabetes mellitus complicated acute myocardial infarction.

    Izawa K, Tanabe K, Ishiguro T, Omiya K, Yamada S, Yokoyama Y, Suzuki N, Yamamoto A, Seki A, Samejima H, Miyake F, Osada N, Itoh H, Murayama M

    2001年, Cardiovascular Review & Reports, 22 (12), 734 - 742, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 心筋梗塞患者における糖尿病合併が運動時心血管反応に及ぼす影響

    井澤和大, 田辺一彦, 大宮一人, 山田純生, 石黒友康, 横山泰廣, 鈴木規之, 鮫島久紀, 関敦, 山本明子, 三宅良彦, 村山正博

    2000年, 理学療法学, 27 (3), 69 - 74, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro Izawa, Sumio Yamada, Yutaka Omori, Satoshi Nonaka, Michiyo Kasahara, Koji Hiraki, Tomoyasu Ishiouro

    This study was conducted to investigate the effects of stride walking on cardiovascular and electromyographical responses on a treadmill in healthy young female (mean age of 23.0 yrs, height of 156.2 cm and weight of 50.6 kg). The subjects performed initial 6 minutes walking based on a heart rate of anaerobic threshold minus 10 beats per minute under two conditions of treadmill walking, on increased velocity with horizontal inclination (A) and on a constant velocity (2.0 mph) with increased grade (B). Consequently, the subjects performed stride walking which was made by 10% reduction of steps under each condition. The results were as follows: 1) Under A condition, the values of leg fatigue by Borg's 20 numeric scale in stride walking was significantly higher than in non-stride walking, while no difference under B condition. 2) Under A condition, the mean values in oxygen uptake and heart rate during stride walking were significantly higher than during non-stride walking, while no difference under B condition. 3) Under A condition, total amount of integrated electromyogram in gastrocnemius, vastus medialis and tibialis anterior were higher during stride walking than during non-stride walking. Under B condition, gastrocnemius and gluteus maximus showed higher values during stride walking than in non-stride walking. These findings suggest that stride walking manipulated on a high velocity tends to alter cardiovascular and electromyographical parameters than on a lower velocity with higher inclination on treadmill walking in healthy young adults.

    Japanese Physical Therapy Association, 2000年, Journal of the Japanese Physical Therapy Association, 3 (1), 27 - 32, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • AT時心拍数の高い心筋梗塞症例の血漿BNP値による検討

    鮫島久紀, 大宮一人, 井澤和大, 山田純生, 横山泰廣, 鈴木規之, 関敦, 山本明子, 三宅良彦, 村山正博

    2000年, 心臓リハビリテーション, 5 (1), 41 - 44, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 急性心筋梗塞患者における退院早期の自動車運転時心血管反応の検討

    井澤和大, 山田純生, 黒澤保壽, 山崎裕司, 田辺一彦, 長田尚彦, 村山正博

    1999年, 理学療法学, 26 (1), 9 - 13, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tetsuya Takahashi, Sumio Yamada, Kazuhiko Tanabe, Kazuhiro Izawa, Haruki Itoh, Masahiro Murayama

    The purpose of this study was to evaluate cardiopulmonary responses during submaximal cycle exercise at various angles of backrest inclination. Ten healthy Japanese men of mean age 25.9 yrs, height 170.6 cm, and body mass 66.1 kg, performed cycle exercises at a constant workload which reached the anaerobic threshold, at 20 degrees, 40 degrees, and 60 degrees of backrest inclination from the vertical plane, but the angle between the seat and back rest was kept at 110 degrees. The results were as follows: 1) Both cardiac output and stroke volume showed a higher value at the resting control state and during exercise as the backrest angle increased. 2) Oxygen consumption, carbon dioxide output, heart rate, gas exchange ratio, and oxygen pulse were not affected by the angle of backrest inclination. 3) Tidal volume at 20 degrees of backrest inclination was higher than at 60 degrees. 4) No significant differences were found in minute ventilation between each backrest angle. These findings suggest that changes in the backrest angle significantly alter cardiopulmonary parameters at rest and during exercise in particular, an angle difference of 40 degrees may be enough to alter tidal volume, cardiac output and stroke volume, but not the minute ventilation.

    Japanese Physical Therapy Association, 1999年, Journal of the Japanese Physical Therapy Association, 2 (1), 31 - 36, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 人工呼吸器管理中の運動療法-慢性呼吸不全の1症例を対象として

    大森圭貢, 山崎裕司, 井澤和大, 黒澤保壽

    1998年, 理学療法ジャーナル, 32 (5), 353 - 356, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 下肢筋群における1Repetition Maximum の測定-その再現性と加齢変化について-

    横山仁志, 山崎裕司, 井澤和大, 青木詩子, 山田純生

    1998年, 理学療法ジャーナル, 32 (11), 875 - 878, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 回復期心筋梗塞患者における主観的運動強度低値例の検討

    山崎裕司, 井澤和大, 横山仁志, 青木詩子, 山田純生, 長田尚彦, 田辺一彦, 村山正博

    1997年, 心臓リハビリテーション, 2 (1), 179 - 183, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 虚血性心疾患のリハビリテーション治療

    井澤和大, 小林成美, 笠原酉介, 平野康之

    2021年, MB Med Reha, 印刷中, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 身体的機能および精神的機能に対する新型コロナ ウイルス感染症(COVID-19)の影響~高齢者に着目して~

    井澤和大, 平野康之, 石原広大, 尾倉朝美, 森尾裕志

    2021年, Precision Medicine, 4 (5), 454 - 456, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Author's reply: Relationship between oral health and physical frailty in patients with cardiovascular disease

    Masato Ogawa, Seimi Satomi-Kobayashi, Kazuhiro P Izawa, Ken-Ichi Hirata

    2021年, Journal of cardiology, 77, 320 - 321, 英語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 高齢心疾患患者におけるフレイルと認知機能障害

    井澤和大, 平野康之, 石原広大, 北村匡大, 森尾裕志

    2020年, BIO Clinica, 35 (10), 982 - 984, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 循環器疾患患者に対するリハビリテーション

    井澤和大, 平野康之, 森尾裕志

    2020年, 理学療法京都, (49), 8 - 13, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 循環器疾患患者におけるフレイルと身体活動

    井澤和大, 平野康之, 森尾裕志

    2019年, Bio Clinica, 34, 62 - 63, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 地域在住高齢循環器疾患患者における入院前の身体機能および身体活動と機能的予後

    井澤和大, 平野康之, 森尾裕志

    2019年, 地域ケアリング, 21 (12), 68 - 70, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 超高齢社会における心疾患患者の身体機能と身体活動ーフレイル・サルコペニア・栄養に着目してー

    井澤和大, 岡浩一朗

    2019年, Medical Science Digest, 45 (6), 35 - 36, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 心臓リハビリテーションのエビデンスはどこまで確立しているか? 心臓リハビリテーション-患者別のシミュレーションで考える治療戦略-

    井澤和大, 笠原酉介

    2019年, Heart View, 23 (5), 22 - 28, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Construction of a comprehensive program for improving physical function for patients with cardiovascular disease in an aging society

    Izawa KP

    www.impact.pub, 2019年, Impact, 44 - 45, 英語

    [招待有り]

    その他

  • 循環器系疾患における重複障害

    井澤和大, 平野康之, 平木幸治

    2018年, 理学療法京都, (47), 49 - 53, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 背景の異なる17 カ国14 万人を対象に導かれた新知見

    井澤和大, 鈴木健吾

    2016年, The Mainichi medical Journal, 12 (2), 76 - 77, 日本語

    [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 心不全患者に対する在宅でのチーム医療における理学療法士の役割

    平野康之, 井澤和大

    2016年, 理学療法, 33 (4), 341 - 348, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 海外在留邦人におけるライフスタイルと心身の健康に関する調査研究―座位行動時間の実態と社会人口学的関連要因―

    井澤和大, 岡浩一朗

    2016年, リハビリテーションひろば, 24 - 30, 日本語

    [招待有り]

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 理学療法臨床研究のススメ

    笠原酉介, 井澤和大

    2015年, 理学療法兵庫, 21, 1 - 6, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 当院救命救急センターにおける専従理学療法士の導入について

    岩田健太郎, 井澤和大

    2015年, 理学療法兵庫, 21, 18 - 23, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 心大血管疾患における理学療法

    井澤 和大, 渡辺 敏, 岡 浩一朗

    2015年, 理学療法学, 42 (4), 347 - 351, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 症例から学ぶ理学療法士の人体解剖図実習(Case 4) 虚血性心疾患

    井澤 和大, 三木 明徳

    2015年, 理学療法Magazine, 2 (3), 70 - 79, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 急性期病棟の専従理学療法士配属の効果

    岩田健太郎, 井澤和大, 前川利雄, 西原浩真, 横井佑樹, 田内都子, 坂本裕規, 門浄彦, 瀬尾龍太郎, 朱祐珍, 北井豪

    2015年, MEDICAL REHABILITATION, 190, 9 - 17, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 高齢患者における最速歩行速度1.0m/secを有するために必要な歩幅に関する研究

    森尾 裕志, 井澤 和大, 平木 幸治, 堅田 紘頌, 石山 大介, 小山 真吾, 渡辺 敏

    2014年, リハビリテーションひろば, 54, 29 - 35, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 平成26年度診療報酬改定について

    上月正博, 小山照幸, 井澤和大, 及川惠子, 角口亜希子, 小西治美, 白石裕一, 田倉智之, 田城孝雄, 長山雅俊, 松永篤彦, 臓リハビリテーション学会診療報酬対策委員

    2014年, 心臓リハビリテーション, 19 (2), 283 - 284, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 腹膜透析患者に対する理学療法

    平木 幸治, 井澤 和大, 渡辺 敏, 櫻田 勉, 柴垣 有吾, 木村 健二郎

    2014年, 理学療法ジャーナル, 48 (8), 713 - 718, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 循環器疾患の急性期における多職種連携と理学療法士の役割

    笠原 酉介, 井澤 和大, 大宮 一人

    2014年, 理学療法, 31 (12), 1201 - 1209, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 育児休暇

    井澤和大

    2014年, 理学療法ジャーナル, 48 (1), 1, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • ライフスタイルの変化と就業継続に関する問題-様々な立場からの問題提起-

    大島 奈緒美, 大槻 かおる, 杉山 さおり, 井澤 和大, 酒井 勇紀, 相川 浩一

    日本理学療法士協会, 2014年, 理学療法学, 41 (8), 516 - 522, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 高齢患者の心血管リハビリテーション

    渡辺敏, 井澤和大

    2013年, Heart, 3 (3), 10 - 15, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【急性期の理学療法と安全管理】 循環器疾患急性期の理学療法と安全管理

    笠原酉介, 井澤和大

    2013年, 理学療法学, 30 (11), 1208 - 1215, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 「代謝障害に対する理学療法のすすめかた」高血圧症合併症に対する理学療法

    笠原酉介, 井澤和大, 渡辺 敏

    2013年, 理学療法学, 40 (6), 429 - 437, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 心臓リハビリテーション指導士試験問題解説:レジスタンストレーニング

    井澤和大

    2012年, 心臓リハビリテーション, 17 (1), 180 - 182, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 日本理学療法士学会 理学療法診療ガイドライン第1版(11. 心大血管疾患)

    松永篤彦(班長), 内山覚(副班長), 井澤和大, 木村雅彦, 熊丸めぐみ, 櫻田弘治, 田畑稔, 渡辺敏, 相沢由香(協力者)・他

    2011年04月, 1 - 955, 日本語

    その他

  • 理学療法臨床のコツ,日常生活で心負荷を軽減するコツ

    笠原酉介, 井澤和大, 渡辺 敏

    2011年, 理学療法ジャーナル, 45 (11), 958 - 960, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 平成22年度診療報酬改定について

    上月正博, 井澤和大, 伊東春樹, 及川惠子, 小山照幸, 高橋哲也, 田倉智之, 田城孝雄, 長山雅俊, 吉田俊子

    2011年, 心臓リハビリテーション, 15 (2), 349 - 358, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 邦人心疾患患者における身体機能指標および心理社会指標に対する心臓リハビリテーションの影響―壮年群と高齢群との比較―「第1回研究助成制度による研究報告にむけて」

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人, 飯島 節

    2010年, リハビリテーションひろば, 47, 21 - 25, 日本語

    [招待有り]

  • 心大血管リハビリテーション料届出医療機関の動向-平成20年度診療報酬改定後の心臓リハビリテーションの現状-

    小山照幸, 伊東春樹, 上月正博, 高橋哲也, 井澤和大, 及川恵子, 田倉智之, 長山雅俊, 吉田俊子, 田城孝雄

    2010年, 心臓リハビリテーション, 15 (2), 340 - 343, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 心臓リハビリテーションにおける理学療法士の位置づけ

    松永篤彦, 井澤和大, 齊藤正和, 熊丸めぐみ, 山本志保, 高橋哲也, 半田一登

    2010年, 心臓リハビリテーション, 15 (1), 78 - 80, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 心疾患を伴う場合のリハビリテーションの実際-糖尿病合併心疾患患者の運動能力と指導方策-糖尿病のリハビリテーション実践マニュアル(2010年増大号)Monthly Book

    井澤和大, 平木幸治, 渡辺 敏

    2010年, MEDICAL REHABILITATION, 117, 107 - 115, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 実験・臨床研究において有機硝酸が血管内皮機能に及ぼす有益な作用「Beneficial effects of organic nitrates on endothelial

    井澤和大

    2010年, 心臓リハビリテーション, 15 (1), 34 - 40, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 指導士座談会~心リハ指導士の10年とこれから~

    井澤和大, 前田知子, 伊東春樹, 牧田茂

    2010年, 心臓リハビリテーション, 15 (1), 105 - 109, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • ザ・ベストオブ心リハ指導士賞を受賞して

    井澤和大

    2010年, 心臓リハビリテーション, 15 (1), 103, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 専門理学療法領域への魅力 −内部障害編−

    井澤和大

    2009年, 神奈川県理学療法士会ニュース, 2 - 3, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 循環器疾患患者に対するリスク管理

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 寺尾詩子, 森尾裕誌, 笠原酉介, 大宮一人

    2009年, 理学療法学, 36 (8), 511 - 513, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【重力と理学療法】 重力が循環に与える影響

    笠原酉介, 井澤和大, 渡辺敏

    2009年, 理学療法, 26 (5), 613 - 618, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【虚血性心疾患の理学療法】虚血性心疾患患者のQOL

    井澤和大, 岡浩一朗, 渡辺敏

    2009年, 理学療法, 26 (8), 992 - 999, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 虚血性心疾患患者に対する身体活動促進の取組み

    井澤和大, 岡浩一朗

    2007年, ウォーキング研究, 11, 27 - 31, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【理学療法における急変の予測と対応】心肺蘇生法の概要

    井澤和大, 平木幸治, 森尾裕志, 渡辺 敏, 長田尚彦

    2007年, 理学療法, 24 (6), 811-821, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【循環器疾患と心臓リハビリテーション】 レジスタンストレーニングの有効性、実施方法、注意点

    大宮一人, 井澤和大, 渡辺敏

    2007年, Cardiac Practice, 18 (3), 215 - 219, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【高齢者の運動療法の効果と限界】 高齢者の循環・代謝機能と運動療法

    井澤和大, 笠原酉介, 渡辺敏, 岡浩一朗

    2007年, 理学療法ジャーナル, 41 (1), 35 - 45, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 心不全症例に対する理学療法プログラム-入院期プログラムを中心として

    井澤和大, 森尾裕志, 渡辺敏, 長田尚彦, 大宮一人

    2006年, 理学療法, 23 (2), 471 - 478, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 虚血性心疾患患者に対する理学療法の実際-急性期から維持期にかけて

    井澤和大

    2006年, 理学療法研究・長野, 34, 28 - 36, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【心臓リハビリテーションの最前線】 心臓手術後のリハビリテーション

    大宮一人, 井澤和大, 渡辺敏

    2006年, 呼吸と循環, 54 (11), 1187 - 1195, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 心疾患患者の体力特性とその測定方法

    井澤和大, 高橋哲也

    2005年, 理学療法, 22 (1), 233 - 241, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【ケーススタディ 胸腹部術後理学療法】急性心筋梗塞症例に対する経皮的冠動脈インターベンション後のアプローチ-急性期から回復期にかけて

    井澤和大, 渡辺 敏, 岡浩一朗, 長田尚彦, 大宮一人

    2005年, 理学療法, 22 (10), 1335 - 1343, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Do Notで学ぶ合併症をもつ糖尿病患者の運動療法-虚血性心疾患に対する運動療法

    井澤和大

    2005年, 糖尿病ケア, 2 (8), 869 - 872, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 1ページ講座 理学療法関連用語~正しい意味がわかりますか? フォレスター分類

    井澤和大

    2005年, 理学療法ジャーナル, 39 (4), 345, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 理学療法ワンポイントアドバイス「急性心筋梗塞」

    井澤和大, 渡辺敏, 山田純生, 大宮一人, 岡浩一朗

    2003年, 理学療法ジャーナル, 37 (4), 319 - 323, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 心疾患運動療法効果と目的

    大宮一人, 鈴木規之, 長田尚彦, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏, 山田純生

    2003年, 臨床運動処方研究会誌, 5 (2), 1 - 3, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 心機能障害における検査・測定

    井澤和大, 大宮一人, 平野康之, 山田純生, 岡浩一朗

    2003年, 理学療法, 20 (1), 168 - 180, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • ”Australian Journal of Physical therapy” (2002年度版) まとめ

    井澤和大, 横山仁誌, 寺尾詩子, 大森圭貢, 鈴木誠

    2003年, 理学療法ジャーナル, 37 (11), 993 - 998, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 心疾患患者の予後-回復期運動療法期間における機能的予後

    井澤和大, 山田純生, 大宮一人

    1999年, 理学療法ジャーナル, 33 (12), 891 - 898, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Australian Physiotherapy Association 5th National Cardiothoracic Special Group Conferenceに参加して

    井澤和大

    1997年, 理学療法学, 24, 5 - 6, 日本語

    会議報告等

書籍等出版物

  • 移動と歩行 奈良勲・他(編)第3章 代表的な疾患者の移動形態と移動圏 5. 心臓疾患者の移動

    井澤和大, 高橋哲也

    共著, 医学書院, 2020年01月

  • 15レクチャーシリーズ 作業療法テキスト 内部障害作業療法学 呼吸・循環・代謝ー循環(2)病態・心電図ー

    井澤和大, 木村雅彦

    共著, 中山書店, 2019年12月

  • イラストでわかる内部障害学 堀江淳(編)ー循環器疾患ー障害評価と理学療法プログラム

    笠原酉介, 井澤和大

    共著, 医歯薬出版, 2019年12月, 日本語

    学術書

  • 理学療法管理学 奈良勲・他(編)ー疾患別のリスクマネジメント

    森山英樹, 井澤和大

    共著, 医歯薬出版, 2018年12月, 日本語

    学術書

  • 研究の果実―ここまで来たらあとは発表するだけ.網本和・高倉保幸(編):理学療法NAVI 臨床の“疑問”を“研究”に変える 臨床研究first stage

    井澤和大, 笠原酉介

    共著, 医学書院, 2017年10月, 日本語

    学術書

  • 高齢者理学療法学-4章6 訪問リハビリテーションにおけるリスク管理

    平野康之, 井澤和大

    共著, 医歯薬出版, 2017年03月, 日本語

    学術書

  • 高齢者理学療法学-5章8 心疾患に対する高齢者の理学療法

    井澤和大, 平野康之

    共著, 医歯薬出版, 2017年03月, 日本語

    学術書

  • 在宅療養者の診かたー評価をプログラムに反映させるー:心不全・緊急対応「応急対応」の仕方

    平野康之, 井澤 和大

    共著, 文光堂, 2015年05月, 日本語

    学術書

  • 心不全マネージメントシリーズ 「心不全と心臓リハビリテーション」心不全におけるレジスタンストレーニング

    笠原酉介, 井澤和大

    共著, 文光堂, 2015年, 日本語

    学術書

  • 心臓リハビリテーションのエビデンス診療ギャップとその対応 「合併症の多い高齢患者」

    笠原酉介, 井澤和大

    共著, 文光堂, 2015年, 日本語

    学術書

  • 心臓リハチーム医療 先導施設のノウハウとクリ二カルパス集

    大宮 一人, 鈴木 健吾, 明石 嘉浩, 井澤 和大, 渡辺 敏

    共著, ジャパンハートクラブ, 2014年07月, 日本語

    学術書

  • 標準理学療法学, 内部障害理学療法学, 虚血性心疾患

    井澤和大

    共著, 医学書院, 2013年, 日本語

    学術書

  • 標準心臓リハビリテーション,合併症を有する心臓リハビリテーションの具体例 Case3: 脳卒中を合併した心臓リハ患者への運動処方

    笠原 酉介, 井澤 和大, 渡辺 敏

    共著, 医歯薬出版, 2013年, 日本語

    学術書

  • 心不全ケア教本, 慢性心不全における活動能力の評価と運動療法

    井澤和大

    共著, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2012年, 日本語

    学術書

  • 心臓リハビリテーション徹底攻略Q&A, 運動療法の実践.

    井澤和大

    共著, 中外医学社, 2010年, 日本語

    学術書

  • 心臓リハビリテーション指導士テキスト, 在宅リハビリテーションプログラム, 非監視下運動療法の実施方法, 注意点

    井澤和大

    共著, 株式会社コンパス, 2010年, 日本語

    学術書

  • 循環器臨床サピア 心臓リハビリテーション, 運動プログラム

    井澤和大

    共著, 中山書店, 2010年, 日本語

    学術書

  • 循環器臨床サピア, ベッドサイド(病棟)での運動機能評価

    森尾 裕志, 井澤 和大

    共著, 中山書店, 2010年, 日本語

    学術書

  • 循環器疾患理学療法の理論と技術, 不安と抑うつの評価

    岡 浩一朗, 柴田 愛, 井澤 和大

    共著, メジカルビュー社, 2009年, 日本語

    学術書

  • 循環器疾患理学療法の理論と技術, 健康関連QOLの評価

    井澤和大

    共著, メジカルビュー社, 2009年, 日本語

    学術書

  • 理学療法ケーススタディー良好/難渋例の臨床, 急性心筋梗塞(成功したケース), 急性心筋梗塞(難渋したケース)

    井澤和大

    共著, 中外医学社, 2008年, 日本語

    学術書

  • 内部障害理学療法学テキスト, 虚血性心疾患患者における心ポンプ機能低下, 心筋虚血, 不整脈

    井澤和大

    共著, 南江堂, 2008年, 日本語

    学術書

  • 心臓リハビリテーションー現場で役立つTips, 心臓リハビリテーションを行わないとどうなるーQOLに対し

    大宮 一人, 井澤 和大

    共著, 中山書店, 2008年, 日本語

    学術書

  • 心臓リハビリテーションー現場で役立つTips, リハビリテーション 施設・スタッフ運営に役立つTips

    井澤 和大, 森尾 裕志

    共著, 中山書店, 2008年, 日本語

    学術書

  • 考える理学療法評価から治療手技の選択, 薬物の運動への影響

    井澤和大

    共著, 文光堂, 2008年, 日本語

    学術書

  • 呼吸理学療法標準手技, 排痰法/気道クリアランス [法] 咳嗽, 強制呼出手技/ハフィング, 咳嗽介助, 応用手技(2)自律性排痰法

    井澤和大

    共著, 医学書院, 2008年, 日本語

    学術書

  • 臨床理学療法マニュアル, 虚血性心疾患患者に対する理学療法プログラムの作成と実施

    井澤和大

    共著, 南江堂, 2007年, 日本語

    学術書

  • ポケット版急性期リハビリテーションマニュアル,心大血管疾患リハビリテーション

    井澤 和大, 渡辺 敏, 平木 幸治

    共著, 三輪書店, 2007年, 日本語

    学術書

  • QOLと理学療法, 循環器疾患のQOL

    井澤 和大, 岡 浩一朗

    共著, 三輪書店, 2006年, 日本語

    学術書

  • 理学療法リスク管理マニュアル, 虚血性心疾患のリスク管理

    井澤和大

    共著, 三輪書店, 2005年, 日本語

    学術書

  • 循環器疾患のリハビリテーション, 心臓リハビリテーションと性差

    岡 浩一朗, 井澤 和大

    共著, 三輪書店, 2005年, 日本語

    学術書

  • 循環器疾患のリハビリテーション,心疾患患者の運動療法と健康関連QOL

    井澤 和大, 岡 浩一朗

    共著, 三輪書店, 2005年, 日本語

    学術書

  • 循環器疾患のリハビリテーション, 虚血性心疾患の運動療法

    井澤 和大, 岡 浩一朗

    共著, 三輪書店, 2005年, 日本語

    学術書

  • 教養としてのスポーツ心理学, 心疾患患者に対するリハビリテーション

    岡 浩一朗, 井澤 和大

    共著, 大修館書店, 2005年, 日本語

    学術書

  • 心臓リハビリテーションチーム医療の実際-聖マリアンナ医科大学ハートリハビリテーションセンター-

    渡辺 敏, 山田 純生, 山崎 裕司, 井澤 和大, 大宮 一人, 三宅 良彦, 村山 正博

    共著, 総合医学社, 2000年, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 地域在住脳卒中患者における 身体活動量とWalkabilityとの関連

    金居督之, 井澤和大, 久保宏紀, 野添匡史, 間瀬教史, 島田真一

    弟23回運動疫学会学術総会, 2021年06月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 要支援および要介護高齢女性におけるサルコペニア肥満の有病率と特性

    北村匡大, 井澤和大, 石原広大, 松田浩昭, 岡村総一郎, 藤岡浩司

    第58回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2021年06月, 日本語

    ポスター発表

  • Relation of poor nutritional status to mild cognitive impairment in patients with coronary artery disease

    Kodai Ishihara, Kazuhiro P. Izawa, Masahiro Kitamura, Masato Ogawa, Takayuki Shimogai, Yuji Kanejima, Tomoyuki Morisawa, Ikki Shimizu

    The 57th annual meeting of the Japanese Society of Cardiovascular Disease Prevention, 2021年06月, 英語

    口頭発表(一般)

  • Gender-related Differences in Sedentary Behavior of Japanese Living Overseas in Malaysia

    Kazuhiro P. Izawa, Koichiro Oka

    The 57th annual meeting of the Japanese Society of Cardiovascular Disease Prevention, 2021年06月, 英語

    口頭発表(一般)

  • 陳旧性心筋梗塞後患者における呼気終末期酸素分圧は腎機能と関連する

    尾倉朝美, 井澤和大, 佐藤真治, 和田真明, 金居督之, 久保一光, 多和秀人, 呉羽布美恵, 吉川糧平, 松田祐一

    第11回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2021年03月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 高齢保存期CKD患者におけるうつ傾向は身体活動量に関連するか?

    岡野真名, 音部雄平, 平木幸治, 西澤 肇, 大成悟志, 井澤和大, 冨永直人, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第11回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2021年03月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 保存期CKD患者における サルコペニア診断基準による 低筋力・低身体機能の割合

    西澤 肇, 平木幸治, 音部雄平, 大成悟志, 岡野真名, 井澤和大, 柴垣有吾, 櫻田 勉

    第11回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2021年03月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 保存期CKD患者の性別・年代別の 身体機能指標の基準値

    平木幸治, 音部雄平, 西澤肇, 大成悟志, 岡野真名, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第11回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2021年03月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 高齢フレイル心不全患者に対してどのようにリハビリを行うか?

    井澤和大

    第5回神戸心不全ネットワーク (Kobe Heart Failure Network: KHFN), 2021年02月, 日本語

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 何でもみておこう ~時代とともに~

    井澤和大

    甲南女子大学 看護リハビリテーション学部 特別講演会 「国際的視野を持った理学療法士に聞く」, 2021年01月, 日本語

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 包括的心臓リハビリテーション~光と影~

    井澤和大, 小林成美, 小川真人, 平野康之, 酒井良忠

    第4回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 2020年11月, 日本語

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Prevalence and Related Factors of Sarcopenia in Community dwelling Elderly with Long term Care Insurance

    Kitamura M, Izawa KP, Ishihara K, Matsuda H, Okamura S, Fujioka K

    日本地域・支援工学・教育合同理学療法学会学術大会2020, 2020年11月, 英語

    口頭発表(一般)

  • 最近, 座りすぎていませんか?

    井澤和大

    令和2年度神戸大学大学院保健学研究科市民講座「最新の研究から家庭の保健・医療へ-新型コロナウィルスに関する最新情報-」, 2020年10月, 日本語

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 急性大動脈解離手術例における周術期の骨格筋量変化~術前栄養状態が及ぼす影響~

    小川真人, 井澤和大, 小林成美, 坪井康典, 小槇公大, 濱口真理, 松本健, 大西宏和, 今村愛生, 吉田尚史, 酒井良忠, 平田健一, 岡田健次

    第26回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年07月, 日本語

    ポスター発表

  • 心不全患者における日常生活の困難感の改善は回復期QOL向上の規定因子である

    笠原酉介, 井澤和大, 渡辺敏, 武市尚也, 吉沢和也, 渡邉紗都, 根本慎司, 赤尾圭吾, 鈴木規雄, 木田圭亮, 長田尚彦, 大宮一人, 明石嘉浩

    第26回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年07月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 高齢HFpEF患者における 退院時ADLの予測因子

    北村匡大, 井澤和大, 八重倉政和, 永島ひとみ, 石原広大

    第26回心臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年07月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 包括的心臓リハビリテーションにおける患者教育の実際―理学療法士の立場からー

    井澤和大, 平野康之, 小川真人, 笠原酉介, 岡浩一朗

    第84回日本循環器学会学術集会, 2020年07月, 日本語

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 包括的心臓リハビリテーションにおける運動療法―適切な評価と適切な処方についてー

    井澤 和大, 平野康之, 森尾裕志

    日本心臓リハビリテーション学会 第5回近畿地方会, 2020年02月, 日本語

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 開心術後患者に対する多職種による包括的心臓リハビリテーションは再入院を抑制する

    小林 成美, 井澤和大, 小川真人, 岡田健次, 平田健一

    日本内科学会雑誌, 2020年02月, 日本語

    その他

  • 保存期CKD患者におけるProtein-energy wastingの有病率と身体機能特性

    西澤肇, 平木幸治, 音部雄平, 大成悟志, 齊藤彬, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年02月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 保存期CKD患者における 睡眠時間の長短と 腎機能低下率との関連

    大成悟志, 平木幸治, 音部雄平, 西澤肇, 齊藤彬, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年02月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 心臓リハビリテーション~腎臓機能を見逃すな!~

    井澤 和大, 平木幸治

    第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年02月, 日本語

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 高齢保存期CKD患者の腎予後は筋肉量低下よりも筋力低下と関連する

    平木幸治, 音部雄平, 西澤 肇, 大成悟志, 齊藤 彬, 井澤和大, 櫻田 勉, 柴垣有吾

    第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年02月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 保存期CKD患者の 身体活動量と糖尿病の関連

    齊藤 彬, 平木幸治, 音部雄平, 西澤 肇, 大成悟志, 井澤和大, 櫻田 勉, 柴垣有吾

    第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年02月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 急性心筋梗塞患者における腎機能悪化が最高酸素摂取量に及ぼす影響

    尾倉朝美, 井澤和大, 和田真明, 金居督之, 久保一光, 多和秀人, 呉羽布美恵, 吉川糧平, 松田祐一

    第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年02月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 心臓リハビリテーション~急性期から維持期にかけて~その3包括的リハビリテーション・運動療法・有効性

    井澤和大

    加古川循環器リハビリテーション懇話会, 2020年01月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Effects of Acute Phase Multidisciplinary Rehabilitation on Unplanned Readmissions After Cardiac Surgery

    Masato Ogawa, Seimi Satomi-Kobayashi, Naofumi Yoshida, Yasunori Tsuboi, Kodai Komaki, Kumiko Wakida, Yasuko Gotake, Kazuhiro P. Izawa, Yoshitada Sakai, Kenji Okada, Ken-ichi Hirata

    第5回 研究EXPO-循環器内科研究発表会, 2020年01月, 英語, 国内会議

    ポスター発表

  • 歩行可能な地域脳卒中患者における身体活動量と環境要因の関連

    金居 督之, 井澤和大, 久保 宏紀, 野添 匡史, 間瀬 教史, 島田 真一

    理学療法兵庫, 2019年12月, 日本語

    その他

  • 心臓リハビリテーション~急性期から維持期にかけて~その2 身体機能・身体活動・アセスメント

    井澤和大

    加古川循環器リハビリテーション懇話会, 2019年12月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • リハビリテーションのアウトカム指標として~心臓リハビリテーションに着目して~

    井澤和大, 平野康之, 森尾裕志

    第7回QOL/PRO研究会学術集会, 2019年12月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 心臓リハビリテーション~急性期から維持期にかけて~その1フレイル・サルコペニア・栄養

    井澤和大

    加古川循環器リハビリテーション懇話会, 2019年11月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 高齢社会における機能向上の為の包括的心臓リハビリアプローチ~循環・代謝・身体的フレイルの視点から~

    井澤和大

    熊本県理学療法士協会第80回学術研修会, 2019年11月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

  • 包括的心臓リハビリテーション~急性期から維持期にかけて~

    井澤和大

    第28回愛媛心臓リハビリテーション研究会, 2019年11月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • サルコペニアを有するデイサービス利用要支援および要介護認定者の特徴と身体活動について

    北村匡大, 井澤和大, 松田浩昭, 岡村総一郎, 藤岡浩司

    第6回日本予防理学療法学会学術大会, 2019年10月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 循環器疾患に対するリハビリテーションー身体機能・身体活動に着目してー

    井澤和大, 平野康之

    京都府理学療法士会2019年度新人研修会, 2019年09月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高齢心不全患者における再入院後の入院時の特徴と退院時ADLの運動と認知項目

    北村匡大, 井澤和大, 八重倉政和, 池田裕一, 永島ひとみ

    第4回心血管理学療法学会・第6回糖尿病理学療法学会 合同学術大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓外科術後に起こるせん妄への対処~心臓リハビリテーションの取り組みと課題~

    小川真人, 井澤 和大, 小林成美, 坪井康典, 小槇公大, 吉田尚史, 平田健一, 岡田健次

    第4回心血管理学療法学会・第6回糖尿病理学療法学会 合同学術大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 高齢保存期CKD患者における血中ビタミンD濃度と下肢筋力の関連

    齊藤彬, 平木幸治, 音部雄平, 西澤肇, 大成悟志, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第4回心血管理学療法学会・第6回糖尿病理学療法学会 合同学術大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 軽度認知機能障害と手段的日常生活動作能力との関連

    音部雄平, 平木幸治, 西澤肇, 大成悟志, 斎藤彬, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第4回心血管理学療法学会・第6回糖尿病理学療法学会 合同学術大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • A retrospective observational study reviewing characteristics of in patients receiving rehabilitation services at a single provincial hospital in West New Britain Province, Papua New Guinea

    Takashi Saito, Angelberth Bai, Nobuko Matsui, Kazuhiro P. Izawa, Shuichiro Watanabe, Alfred Malagisa

    55th Symposium Scientific Program, Medical Society of Papua New Guinea, 2019年09月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 慢性心不全患者の退院早期における身体活動(活動強度別活動時間)の実態

    小川理佳子, 松田美紗子, 井澤和大, 齊藤奈緒, 正垣淳子, 仲村直子, 佐々木志保, 川内麻里子, 山根崇史, 古川裕, 前田美歌, 民田浩一, 宮脇郁子

    第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 心不全急患者の機能的制限は退院後のQOLの規定因子である

    笠原酉介, 井澤和大, 渡辺敏, 武市尚也, 吉沢和成, 渡邊紗都, 根本慎司, 赤尾圭吾, 鈴木規雄, 木田圭亮, 長田尚彦, 大宮一人, 明石嘉浩

    第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 心臓手術患者における口腔機能の重要性~フレイル、栄養との関連、術後リハビリテーションに与える影響~

    小川真人, 井澤和大, 小林成美, 後竹康子, 難波渚, 坪井康典, 小槇公大, 吉田尚史, 明石昌也, 酒井良忠, 平田健一, 岡田健次

    第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓リハビリテーションと呼吸ケア

    井澤和大, 平野康之

    第5回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会近畿支部学術集会, 2019年07月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 心筋梗塞患者における無酸素性作業閾値の心拍数予測式とその精度についての検討

    根本慎司, 笠原酉介, 井澤和大, 吉沢和也, 小岩雄大, 藤村 健, 武市尚也, 渡辺 敏, 鈴木規雄, 大宮一人, 明石嘉浩

    第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢心大血管疾患患者における身体機能と身体活動~フレイル、サルコペニア、栄養に着目して~

    井澤和大, 小林成美

    第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2019年07月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 急性心筋梗塞患者における心肺運動負荷試験指標からみた慢性期腎機能悪化の予測因子

    尾倉朝美, 井澤和大, 和田真明, 多和秀人, 呉羽布美恵, 金居督之, 久保一光, 吉川糧平, 松田祐一

    第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性期脳血管疾患患者に対する再発予防に向けた心臓リハビリテーションの可能性

    金居督之, 井澤和大, 久保宏紀, 野添匡史, 間瀬教史, 島田真一

    第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年07月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • TAVI後リハビリテーション進行を最も予測するfrailty指標はShort Physical Performance Batteryである

    小槇公大, 小林成美, 井澤和大, 坪井康典, 小川真人, 後竹康子, 吉田尚史, 酒井良忠, 平田健一

    第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Self-Monitoring to Increase Physical Activity in Patients with Cardiovascular Disease: systematic review and meta-analysis

    Kanejima Y, Kitamura M, Izawa KP

    The 25 Annual Meeting Japanese Association of Cardiac Rehabilitation, 2019年07月, 英語, 国内会議

    ポスター発表

  • Influence of mild cognitive impairment on activities of daily living in patients with cardiovascular disease

    Ishihara K, Izawa KP, Kitamura M, Shimogai T, Kanejima Y, Morisawa T, Shimizu I

    The 25 Annual Meeting Japanese Association of Cardiac Rehabilitation, 2019年07月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Relation between readmission within 90 days, activities of daily living and nutrition in hospitalized elderly patients with heart failure

    Kitamura M, Izawa KP, Yaekura M, Mimura Y, Nagashima H

    World Confederation for Physical Therapy, 2019年05月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • Relation between physical activity and environmental factors in community-dwelling ambulatory patients with stroke

    Kanai M, Izawa KP, Kubo H, Morita H, Nozoe M, Mase K, Shimada S

    World Confederation for Physical Therapy, 2019年05月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • 保存期CKD患者の歩行速度は入院イベント発生と関連する

    西澤肇, 平木幸治, 音部雄平, 大成悟志, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第9回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 保存期CKD患者の腎機能低下には歩数が関連する

    平木幸治, 音部雄平, 西澤肇, 大成悟志, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第9回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 保存期CKD患者の血清リン濃度は認知機能低下に関連する

    音部雄平, 平木幸治, 西澤肇, 大成悟志, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第9回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 保存期CKD患者における貧血と身体機能との関連

    大成悟志, 平木幸治, 音部雄平, 西澤肇, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第9回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性心筋梗塞患者における歩行負荷時心拍上昇は慢性期腎機能悪化の予測因子となる

    尾倉朝美, 井澤和大, 和田真明, 多和秀人, 呉羽布美恵, 吉川糧平, 松田祐一

    第9回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CKDを合併した心不全患者の身体機能特性と運動療法

    平木幸治, 井澤和大, 柴垣有吾

    第9回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年03月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 心臓外科術後患者における年齢層別の最長発声持続時間の継時的推移

    井澤和大, 笠原酉介, 平木幸治, 平野康之, 渡辺敏

    日本心臓リハビリテーション学会 第4回近畿地方会, 2019年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓リハビリテーション概論

    井澤和大

    急性期病院 ・在宅リハ一体化プログラム 研修会, 2019年02月, 日本語, 神戸市立医療センター中央市民病院, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 海外在留邦人における運動行動別の座位行動と健康関連QOLの差異

    井澤和大, 岡浩一朗

    日本心臓リハビリテーション学会 第4回近畿地方会, 2019年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TAVI患者における栄養状態が術後リハビリテーション進行に及ぼす影響

    小槇公大, 小林成美, 井澤和大, 坪井康典, 小川真人, 後竹康子, 吉田尚史, 脇田久美子, 酒井良忠, 平田健一

    日本心臓リハビリテーション学会 第4回近畿地方会, 2019年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「加齢に伴う内部障害 -リスクと対応-」 「身体機能・体力の簡単な測定法や身体活動促進法」

    井澤和大, 岡浩一朗

    兵庫県健康財団 健康づくり支援指導者 スキルアップ研修会, 2019年01月, 日本語, 公益財団法人 兵庫県健康財団, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 症例検討

    井澤和大, 武市尚也, 渡辺敏, 森尾裕志

    心臓リハビリテーション-CPX座談会-, 2018年11月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 軽症脳梗塞患者に対するセルフ・モニタリングの指導が退院後の身体活動量に与える影響

    金居督之, 井澤和大, 小林実希, 大西晶, 久保宏紀, 野添匡史, 間瀬教史, 島田真一

    第5回日本予防理学療法学術大会, 2018年10月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • デイサービス利用要支援および要介護認定者における サルコペニアの有病率 と各身体機能指標の相互関係についての検討

    北村匡大, 井澤和大, 松田浩昭, 岡村総一郎, 藤岡浩司

    九州理学療法士・作業療法士合同学会2018 in 沖縄, 2018年10月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における心臓リハビリテーション-開設より10年間における経験と今後の展望

    坪井康典, 小林成美, 小川真人, 小槇公大, 後竹康子, 田中秀和, 井澤和大, 酒井良忠, 平田健一

    第16回兵庫心臓リハビリテーション研究会, 2018年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 要介護認定を有する入院期高齢心不全患者の特徴とADL

    北村匡大, 井澤和大, 八重倉政和, 今村啓太, 永島ひとみ

    第3回日本心血管理学療法学術大会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対する心臓リハビリテーションー健康関連QOLの改善を目指した運動介入ー

    坪井康典, 小林成美, 井澤和大, 小川真人, 小槇公大, 中山和彦, 酒井良忠, 江本憲昭, 平田健一

    第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 入院期心不全患者における急性腎障害は離床獲得の阻害因子である

    笠原酉介, 井澤和大, 根本慎司, 吉沢和也, 渡辺敏, 高井学, 鈴木規雄, 大宮一人

    第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心不全患者における運動誘発性高血圧の発現頻度および心不全再入院に与える影響

    岩田健太郎, 井澤和大, 石川朗, 門浄彦, 下雅意崇亨, 西原浩真, 仲村直子, 金基泰, 山根崇史, 北井豪, 古川裕

    第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心筋梗塞患者におけるβ遮断薬の投与がKarvonen法の係数に与える影響ーαβ遮断薬とβ1遮断薬の比較ー

    根本慎司, 笠原酉介, 井澤和大, 吉沢和也, 渡辺敏, 武市尚也, 鈴木規雄, 高井学, 大宮一人, 明石嘉浩

    第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢大動脈弁狭窄症患者におけるfrailityが術後リハビリテーションに及ぼす影響

    小槇公大, 小林成美, 井澤和大, 坪井康典, 小川真人, 後竹康子, 吉田尚史, 酒井良忠, 新家俊郎, 平田健一

    第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢心不全患者における入院早期リハビリ進行遅延の要因についての検討

    久保一光, 松本大典, 加治佐望, 石原奨大, 赤坂英樹, 大川直樹, 野路典子, 龍昌伸, 須山宏一, 植田智晴, 古賀康輝, 石丸到, 田中悠介, 小池淳平, 長澤圭典, 松本卓也, 小澤牧人, 田中康史, 高石博史, 井澤和大

    第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 経皮的大動脈弁植込術患者における基本チェックリストを用いた術前frailty評価はリハビリテーション進行を予測する

    小槇公大, 小林成美, 井澤和大, 坪井康典, 小川真人, 後竹康子, 吉田尚史, 酒井良忠, 新家俊郎, 平田健一

    第3回日本心血管理学療法学術大会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Impact of Delirium on Postoperative Frailty and Cardiovascular Events after Cardiac Surgery

    Ogawa M, Izawa KP, Satomi-Kobayashi S, Tsuboi Y, Komaki K, Gotake Y, Tanaka H, Hirata KI, Sakai Y, Okita Y

    The 24th Annual Scientific Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation, 2018年07月, 英語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 心臓疾患に対するリハビリテーション~時期・重複・有効~

    井澤和大

    第7回心臓リハビリテーションミーティング in 京都, 2018年06月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心臓リハビリテーション:重複障がいに着目して

    井澤和大

    高齢者トータルケアセミナー, 2018年05月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 保存期CKD患者の腎機能および身体機能指標の併用が認知機能低下に及ぼす影響

    音部雄平, 平木幸治, 堀田千晴, 西澤肇, 井澤和大, 石山大介, 小山真吾, 西尾尚倫, 木村鷹介, 大路駿介, 板垣篤典, 山田実, 今井直彦, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第8回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2018年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢保存期CKD患者における2年間の経時的な腎機能低下に関連する要因

    平木幸治, 堀田千晴, 音部雄平, 西澤肇, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第8回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2018年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サルコペニアを有する心不全患者における身体活動量と健康関連QOLの特性

    小川真人, 井澤和大, 小林成美, 後竹康子, 坪井康典, 小槙公大, 吉田尚史, 酒井良忠, 平田健一

    日本心臓リハビリテーション学会 第3回 近畿地方会, 2018年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TAVI患者におけるFrailtyが術後リハビリテーションに及ぼす影響

    小槙公大, 小林成美, 井澤和大, 坪井康典, 小川真人, 後竹康子, 吉田尚史, 酒井良忠, 新家俊郎, 平田健一

    日本心臓リハビリテーション学会第3回 近畿地方会, 2018年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • みる~循環器系疾患と重複障がい~あなたならどうみますか?~

    井澤和大, 平野康之, 平木幸治

    第28回京都府理学療法士学会, 2017年12月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • CPXデータのよみかた

    井澤和大

    心臓リハビリテーション-CPX座談会-, 2017年11月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 入院期心不全患者における低体重は退院時歩行能力の阻害因子である

    笠原酉介, 井澤和大, 根本慎司, 鈴木規雄

    第21回日本心不全学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者の心臓リハビリテーション

    井澤和大

    高齢者の心疾患を考える会, 2017年10月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 後期高齢心不全患者は入院期心臓リハビリテーションが施行されても入院を契機に日常生活動作能力が低下する

    根本慎司, 笠原酉介, 井澤和大, 渡辺敏, 鈴木規雄, 高井学, 大宮一人, 木田圭亮, 鈴木健吾, 明石嘉浩

    第21回日本心不全学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Effects of Dietary Intake and Sarcopenia on Functional Recovery Undergoing Cardiac Surgery

    小川 真人, 井澤 和大, 小林 成美, 坪井 康典, 小槇 公大, 後竹 康子, 脇田 久美子, 酒井 良忠, 田中 裕史, 平田 健一, 大北 裕

    第21回日本心不全学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者フレイルにおける身体機能評価

    井澤和大, 平野康之

    第36回日本臨床運動療法学会学術集会, 2017年09月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 肺高血圧症患者における唾液アミラーゼ亢進は運動耐容能低下を反映する

    坪井康典, 小林成美, 寺下大輔, 玉田直己, 小川真人, 小槇公大, 中山和彦, 田中秀和, 井澤和大, 酒井良忠, 江本憲昭, 平田健一

    第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 入院期心不全患者の栄養状態と下肢筋力の改善の関連 -CONUT SCOREを用いた検討-

    笠原酉介, 井澤和大, 渡辺, 吉沢和也, 根本慎司, 吉沢和也, 鈴木規雄, 高井学, 大宮一人

    第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 通院リハと退院後の地域の医療機関や施設との連携

    井澤和大, 岩田健太郎, 平野康之

    第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 大動脈弁狭窄症患者における基本チェックリストと従来のフレイル評価および術後運動耐容能との関連

    小槇公大, 井澤和大, 小林成美, 後竹康子, 坪井康典, 小川真人, 寺下大輔, 酒井良忠, 平田健一, 大北裕

    第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 心不全患者の骨格筋量と各栄養指標の関連ーBMIと血液学的指標は骨格筋量を反映するか?-

    鈴木規雄, 木田圭亮, 足利幸平, 高井学, 鈴木健吾, 大宮一人, 根本慎司, 吉沢和也, 武市尚也, 笠原酉介, 渡辺敏, 井澤和大, 明石嘉浩

    第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 心筋梗塞患者に対するKarvonen法を用いた目標心拍数予測式の係数はβ遮断薬の投与と投与量に影響を受けない

    根本慎司, 笠原酉介, 吉沢和也, 井澤和大, 渡辺敏, 武市尚也, 鈴木規雄, 高井学, 大宮一人, 木田圭亮, 鈴木健吾, 明石嘉浩

    第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心筋梗塞患者における運動耐容能の関連要因ー壮年群と高齢群の比較ー

    小岩雄大, 根本慎司, 笠原酉介, 井澤和大, 吉澤和也, 渡辺敏, 武市尚也, 赤尾圭吾, 大宮一人, 明石嘉浩

    第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 術前サルコぺニアは心臓術後合併症を予測する~CTによる筋量と身体機能を用いた検討~

    小川真人, 井澤和大, 小林成美, 後竹康子, 坪井康典, 小槇公大, 酒井良忠, 平田健一, 田中裕史, 大北裕

    第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Relashionship between ADL and readmission within 90 days in hospitalized elderly heart failure patients.

    Kitamura M, Izawa KP, Taniue H, Mimura Y, Ikeda Y, Nagashima H

    The 23rd Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation, 2017年07月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Effect of cardiac rehabilitation combined with a directed self-monitoring approach on physical activity in hospitalized patients with mild ischemic stroke: a randomized, controlled study.

    Kanai M, Kobayashi M, Yamamoto M, Izawa KP

    The 23rd Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation, 2017年07月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 訪問リハビリテーション従事者に対するアセスメント能力の向上を目的とした介入の長期効果

    平野康之, 井澤和大, 夛田羅勝義, 川間健之介

    第52回日本理学療法学術大会, 2017年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 保存期慢性腎臓病患者における栄養障害と身体活動量との関連

    西澤 肇, 平木幸治, 堀田千晴, 音部雄平, 井澤和大, 柴田みち, 大嶋佑紀, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第93回神奈川腎研究会, 2017年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症敗血症患者におけるICU関連筋力低下発症に対する早期集中リハビリテーションと通常治療との差異

    中田歩美香, 西原浩真, 井澤和大, 瀬尾龍太郎, 北井豪, 岩田 健太郎

    第52回日本理学療法学術大会, 2017年05月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • The difference of activities of daily living associated with nutritional status in elderly hospitalized preserved ejection fraction Heart Failure Patients

    Kitamura M, Izawa KP, Taniue H, Mimura Y, Ikeda Y, Nagashima H

    第52回日本理学療法学術大会, 2017年05月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Effect of the self-monitoring approach on physical activity in hospitalized patients with mild ischemic stroke

    Kanai M, Izawa KP, Nozoe M, Kubo H, Kobayashi M, Onishi A, Mase K, Shimada S

    第52回日本理学療法学術大会, 2017年05月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心疾患患者におけるリハビリテーション~栄養状態と身体活動を交えて~

    井澤和大

    福岡記念病院 研修会, 2017年04月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心疾患におけるリハビリテーションの重要性

    井澤和大

    神戸市立医療センター中央市民病院 講演会, 2017年04月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心臓血管外科手術後患者における術前身体機能は人工呼吸器離脱遅延に関連する

    佐々木康介, 岩田健太郎, 坂本 裕規, 下雅意 崇亨, 井澤 和大, 山根 崇史, 川上 大裕, 植田 浩司, 下薗 崇宏, 美馬 裕之

    第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 軽症脳梗塞患者に対する再発予防に向けた身体活動促進の取り組み

    金居督之, 井澤和大, 野添匡史, 久保宏紀, 小林実希, 大西晶, 間瀬教史, 島田真一

    第2回日本予防理学療法学会サテライト集会, 2017年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性大動脈解離術後患者におけるリハビリテーションプロトコールの妥当性

    下雅意崇亨, 岩田健太郎, 坂本 裕規, 佐々木康介, 井澤 和大, 山根 崇史, 古川裕, 植田 浩司, 下薗 崇宏, 美馬 裕之

    第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 開心術後患者における退院時身体機能と主要有害心血管イベントとの関連

    小槇公大, 小林成美, 小川真人, 坪井康典, 井澤和大, 後竹康子, 寺下大輔, 田中裕史, 酒井良忠, 平田健一, 大北裕

    第81回日本循環器学会学術集会, 2017年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Improvement of hemodynamics and exercise tolerance should be necessary to achieve better quality of life on chronic thromboembolic pulmonary hypertension

    Tamada N, Nakayama K, Yanaka K, Onishi H, Shinkura Y, Tanaka H, Izawa KP, Shinke T, Emoto N, Hirata KI

    The 81st Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2017年03月, 英語, 国内会議

    ポスター発表

  • 保存期慢性腎臓病患者における身体活動量の実態とその関連要因

    堀田千晴, 平木幸治, 音部雄平, 西澤肇, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第7回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2017年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 保存期慢性腎臓病患者における栄養障害と身体活動量との関連

    西澤肇, 平木幸治, 堀田千晴, 音部雄平, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第7回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2017年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 内部障害系リハビリテーションー循環・代謝・身体的フレイルに着目してー

    井澤和大

    NDK横浜研修, 2017年02月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高齢保存期CKD患者の下肢筋力は透析導入の腎予後と関係する

    平木幸治, 堀田千晴, 音部雄平, 西澤肇, 井澤和大, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第7回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2017年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢保存期CKD患者における低身体活動量は運動認知リスク症候群の独立した因子である

    音部雄平, 平木幸治, 堀田千晴, 西澤肇, 井澤和大, 瀧康洋, 今井直彦, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第7回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2017年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓リハビリテーションー高齢者に焦点!

    井澤和大

    第6回奈良心臓血管リハビリテーションカンファレンス, 2016年11月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 急性期病院における軽症脳梗塞患者に対するセルフ・モニタリングを用いた身体活動促進の効果

    金居督之, 井澤和大, 野添匡史, 久保宏紀, 小林実希, 大西晶, 間瀬教史, 島田真一

    第14回日本神経理学療法学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • Impact of delirium on postoperative frailty and long-term cardiovascular events after cardiac surgery

    Ogawa M, Izawa KP, Kobayashi-S, Tsuboi Y, Komaki K, Gotake Y, Tanaka H, Sakai Y, HIrata KI, Okita Y

    The 20th Annual Scientific Meeting of the Japanese Heart Failure Society, 2016年10月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Effect of the self-monitoring approach on physical activity in hospitalized patients in the acute phase of mild ischemic stroke

    Kanai M, Izawa KP, Nozoe M, Kubo H, Kitamura Y, Kobayashi M, Mase K, Shimada S

    The Asian Confederation of Physical Therapy Congress 2016, 2016年10月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Activities of daily living in different levels of renal function in elderly hospitalized heart failure patients

    Kitamura M, Izawa KP, Taniue H, Mimura Y, Ikeda Y, Nagashima H

    The Asian Confederation of Physical Therapy Congress 2016, 2016年10月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 慢性腎不全急性憎悪患者における腎機能障害が退院時歩行自立に与える影響ーシスタチンCを用いての検討ー

    笠原酉介, 井澤和大, 渡辺敏, 武市尚也, 吉沢和也, 渡邊沙都, 根本慎司, 赤尾圭吾, 鈴木規雄, 大宮一人

    第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 保存期慢性腎臓病患者における運動療法の実際

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 柴垣有吾

    第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 入院期高齢心不全患者における退院時の日常生活活動が90日以内の再入院へ与える影響

    北村匡大, 井澤和大, 谷上弘樹, 三村由美, 池田裕一, 永島ひとみ

    第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 内部障害系リハビリテーション~栄養・運動・睡眠~に着目して

    井澤和大

    第7回神戸栄養研究会, 2016年07月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 心肺運動負荷試験結果に基づく運動療法は肺高血圧症患者の気分状態を即時的に改善させる

    坪井康典, 小林成美, 佐和琢磨, 寺下大輔, 小川真人, 小槇公大, 中山和彦, 田中秀和, 井澤和大, 酒井良忠, 江本憲昭, 平田健一

    第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心疾患患者におけるリハビリテーションー身体的フレイルに着目してー

    井澤和大

    第8回大山心臓リハビリテーション研究会, 2016年07月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心血管外科術前および術後の骨格筋量と筋力はどのように変化するか?

    坂本裕規, 岩田健太郎, 井澤和大, 田内都子, 小寺睦, 中垣美優, 川内ななみ, 蔵谷鷹大, 尾畑貴昭, 小谷将太, 廣瀬正和, 原田惇平, 南本陽菜, 前川利雄, 中村健, 山根崇史, 古川裕

    第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 自己管理不足により入退院を繰り返した慢性心不全患者に対する双方向教育についての検討

    小寺睦, 岩田健太郎, 井澤和大, 坂本裕規, 藤本和美, 仲村直子, 小椋由美子, 山根崇史, 古川裕

    第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 高度大動脈弁狭窄症患者における術後リハビリテーション進行に関わる要因についての検討

    小槇公大, 井澤和大, 小林成美, 後竹康子, 小川真人, 坪井康典, 佐和琢磨, 寺下大輔, 酒井良忠, 平田健一, 大北裕

    第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性腎障害を合併した心疾患患者の回復期における運動耐容能および下肢筋力の経時的変化

    根本慎司, 笠原酉介, 井澤和大, 吉沢和也, 渡辺敏, 武市尚也, 渡邊沙都, 赤尾圭吾, 大宮一人, 木田圭亮, 鈴木健吾, 明石嘉浩

    第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フレイルスコアは外来慢性心不全患者に対する簡便かつ有用なフレイル評価方法である

    鈴木規雄, 木田圭亮, 足利光平, 鈴木健吾, 大宮一人, 原田智雄, 井澤和大, 笠原酉介, 渡辺敏, 明石嘉浩

    第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Gait speed is a predictor of postoperative delirium in elderly cardiac surgery patients

    Ogawa M, Izawa KP, Kobayashi S, Gotake Y, Tsuboi Y, Komaki K, Sawa T, Sasaki Y, Hirata KI, Okita Y

    The 22th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation., 2016年07月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢患者におけるサルコぺニア

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗

    第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016年06月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 訪問リハビリテーション従事者に対するアセスメント能力の向上を目的とした介入の効果

    平野康之, 井澤和大, 夛田羅勝義, 川間健之介

    第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 入院期慢性心不全患者における下肢筋力水準の差異が下肢筋力の改善に与える影響

    笠原酉介, 井澤和大, 渡辺敏, 吉沢和也, 根本慎司, 松嶋真哉, 大宮一人

    第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 入院期高齢心不全患者における低栄養状態例の特徴とその移動能力についての検討

    北村匡大, 井澤和大, 谷上弘樹, 三村由美, 池田裕一, 永島ひとみ

    第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 待機的心臓手術患者において術前身体活動は術後せん妄を予測する

    小川真人, 井澤和大, 北村アキ, 小林成美, 小槇 公大, 小野玲, 酒井良忠, 平田健一, 大北裕

    第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 挿管下人工呼吸器装着患者に対する専従理学療法士配置による集中的早期リハビリテーションの効果

    西原浩真, 岩田健太郎, 前川利雄, 井澤和大, 小柳圭一, 瀬尾龍太郎, 朱祐珍

    第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 高齢保存期慢性腎臓病患者における軽度認知障害有病率とその関連要因

    音部雄平, 平木幸治, 堀田千晴, 西澤肇, 井澤和大, 渡辺敏, 瀧康洋, 金城永幸, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第91回神奈川腎研究会, 2016年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢入院慢性腎臓病患者の身体機能の実態

    音部雄平, 平木幸治, 堀田千晴, 西澤肇, 渡辺敏, 井澤和大, 瀧康洋, 金城永幸, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢開心術施行患者における転帰に対する術前身体機能測定の意義

    小槇公大, 井澤和大, 小川真人, 上田雄也, 北村アキ, 小林成美, 佐和琢磨, 寺下大輔, 酒井良忠, 平田健一, 大北裕

    第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 軽症脳梗塞患者におけるセルフ・モニタリングを用いた身体活動促進のための安全性と実現可能性についての検討

    金居督之, 井澤和大, 野添匡史, 久保 宏紀, 北村 友花, 高橋実希, 間瀬教史, 島田真一

    第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海外在留邦人における座位行動時間の実態と社会人口学的関連要因

    井澤和大, 岡浩一朗, 井澤圭一

    第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 保存期CKD患者の身体機能特性とサルコペニア対策

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 柴垣有吾

    第6回日本腎臓リハビリテーション学会, 2016年03月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 高齢保存期慢性腎臓病患者における軽度認知障害有病率およびその関連要因についての検討

    音部雄平, 平木幸治, 堀田千晴, 西澤肇, 井澤和大, 渡辺敏, 瀧 康洋, 金城永幸, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第6回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢保存期CKD患者におけるサルコペニアの有病率と身体機能特性

    平木幸治, 音部雄平, 堀田千晴, 西澤肇, 井澤和大, 渡辺敏, 瀧康洋, 櫻田勉, 柴垣有吾

    第6回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年03月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 高齢開心術患者の術前6分間歩行距離は術後の自宅退院を予測する

    小槇公大, 北村アキ, 小川真人, 坪井康典, 小林成美, 佐和琢磨, 寺下大輔, 後竹康子, 井澤和大, 酒井良忠, 平田健一, 大北裕

    The 80th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2016年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リハビリテーションにおける評価の重要性

    井澤和大

    神戸市立医療センター中央市民病院 地域医療講習会, 2016年03月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Examination of the correlation between Health Related Quality of Life scores and parameters from six-minute walk test in pulmonary hypertension.

    Tamada N, Nakayama K, Yanaka K, Shinkura Y, Tsuboi Y, Tanaka H, Kobayashi S, Izawa KP, Shinke T, Emoto N, Hirata KI

    The 80th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2016年03月, 英語, 国内会議

    ポスター発表

  • CKD患者およびCKDを合併した心疾患患者の身体機能特性とその運動療法

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 柴垣有吾

    第6回日本腎臓リハビリテーション学会, 2016年03月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Characterization of the Patients with Sustained Low Oxygen Saturation One Year after Balloon Pulmonary Angioplasty

    Nakayama K, Shinkura Y, Tamada N, Yanaka K, Tsuboi Y, Tanaka H, Kobayashi S, Izawa KP, Shinke T, Emoto N, Hirata KI

    The 80th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2016年03月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病合併高齢心臓外科術後男性患者における栄養状態の高低による身体機能

    井澤和大, 渡辺敏

    日本心臓リハビリテーション学会第1回近畿地方会, 2016年02月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 当院開心術後患者の転帰を術前に予想できるか?

    坂本裕規, 岩田健太郎, 井澤和大, 植田浩司, 下薗崇宏, 美馬裕之

    第43回集中治療医学会, 2016年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓リハビリテーション参加頻度の減少が心不全患者の再入院率に与える影響

    尾畑貴昭, 岩田健太郎, 門浄彦, 井澤和大, 坂本裕規, 田内都子, 小椋由美子, 山根崇史, 古川裕

    日本心臓リハビリテーション学会学術集会第1回近畿地方会, 2016年02月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓リハビリテーションの基礎知識とリスク管理

    井澤和大, 平野康之

    NDK横浜研修, 2016年02月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 高齢心疾患患者における身体的フレイル

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗

    日本心臓リハビリテーション学会 第1回近畿支部地方会, 2016年02月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • ICUにおける電気刺激療法の適応について

    岩田健太郎, 井澤和大, 西原浩真, 坂本祐規, 朱祐珍, 瀬尾龍太郎, 北井豪

    第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 理学療法におけるリスク管理ー急性期から生活期にかけて

    井澤和大, 平野康之, 渡辺敏

    第55回近畿理学療法学術大会, 2015年11月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 入院期後期高齢心不全患者の日常生活動作における腎機能の差異について

    北村匡大, 三村由美, 谷上弘樹, 池田裕一, 永島ひとみ, 井澤和大

    第1回日本心臓リハビリテーション学会九州地方会, 2015年10月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • チーム医療の本音

    岩田健太郎, 前川利雄, 井澤和大

    第50 回日本理学療法士協会全国学術研修大会, 2015年10月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Safety of cardiopulmonary exercise testing for assessing preoperative exercise capacity in Japanese patients with asymptomatic aortic stenosis

    Komaki K, Satomi-Kobayashi S, Tsuboi Y, Ogawa M, Izawa KP, Sawa T, Kitamura A, Okita Y, Hirata KI

    The 19th Annual Scientific Meeting of the Japanese Heart Failure Society, 2015年10月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Poor exercise capacity is associated with the prevalence of postoperative delirium in elective cardiac surgery

    Ogawa M, Izawa KP, Kitamura A, Kobayashi S, Tsuboi Y, Komaki K, Sawa T, Ono R, Hirata KI, Okita Y

    The 19th Annual Scientific Meeting of the Japanese Heart Failure Society, 2015年10月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Efficacy of evaluating exercise tolerance before and after cardiac surgery

    Kitamura A, Kobayashi S, Ogawa M, Izawa KP, Tsuboi Y, Komaki K, Sawa T, Hirata K, Okita Y

    第68回日本胸部外科学会定期学術集会, 2015年10月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 現場で遭遇する高齢者の 心不全・心疾患等に対するリハビリテーション

    井澤和大

    平成27年度 沖縄理学療法講習会 第1回講習会 内部障害 循環器, 2015年09月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心疾患患者に対するリハビリテーションー運動・身体活動に着目してー

    井澤和大

    第3回心不全教育セミナー, 2015年08月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 栄養・運動・睡眠~日々の暮らしと健康寿命との関係~

    井澤和大

    第15回唐津心臓リハビリテーションフォーラム, 2015年08月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 保存期CKD患者およびCKDを合併した心疾患患者の身体機能と運動療法

    平木 幸治, 井澤 和大, 渡辺 敏, 柴垣 有吾, 木村 健二郎

    第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2015年07月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 肺高血圧症治療における心臓リハビリテーションと運動耐容能評価ー診断時から回復期に渡る長期介入の提言ー

    坪井 康典, 田中 秀和, 小林 成美, 佐和 琢磨, 寺下 大輔, 絹谷 洋人, 田中 秀和, 井澤 和大, 酒井 良忠, 江本 憲昭, 平田 健一

    第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2015年07月, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 入院期心不全患者の栄養状態と下肢筋力の改善との関連

    笠原 酉介, 井澤 和大, 渡辺 敏, 根本 慎司, 大宮 一人

    第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2015年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心疾患患者における身体的側面の評価とトレーニング法

    井澤 和大, 渡辺 敏, 平木 幸治, 森尾 裕志, 笠原 酉介, 岡 浩一朗

    第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2015年07月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 左心補助人工心臓(LVAS)から離脱した症例における運動能力と社会心理的指標の推移

    小川 真人, 小林 成美, 坪井 康典, 小槇 公大, 井澤 和大, 寺下 大輔, 佐和 琢磨, 田中 秀和, 酒井 良忠, 平田 健一

    第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2015年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 高齢心疾患患者の身体運動機能と心肺運動負荷試験の関連について

    渡辺 敏, 森尾 裕志, 井澤 和大, 長田 尚彦, 木田 圭亮, 大宮 一人, 鈴木 健吾, 明石 嘉浩

    第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2015年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性腎障害を合併した入院期急性心不全患者の退院後の運動耐容能とその関連

    根本 慎司, 笠原 酉介, 渡辺 敏, 井澤 和大, 木田 圭亮, 鈴木 健吾, 明石 嘉浩

    第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2015年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サルコぺニア、フレイル予防に対する加速度トレーニングの可能性

    木田 圭亮, 鈴木 規雄, 足利 光平, 伊藤 史之, 鈴木 健吾, 森尾 裕志, 井澤 和大, 渡辺 敏, 明石 嘉浩

    第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2015年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • Differences in maximum phonation time based on body mass index in chronic heart failure patients

    Izawa KP, Watanabe S, Oka K, Brubaker PH, Hirano Y, Suzuki K, Kida K, Osada N, Omiya K, Akashi YJ

    The 21st Japanese Association of Cardiac Rehabilitation, 2015年07月, 英語, 国内会議

    ポスター発表

  • 訪問リハビリテーション実践における病状変化の気づきに影響する要因の検討

    平野 康之, 井澤 和大, 夛田羅 勝義, 川間 健之介

    第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自宅内歩行自立在宅要介護高齢者における等尺性膝伸展筋力の検討

    新井 健司, 齋藤 崇志, 井澤 和大, 大森 祐三子, 大森 豊

    第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 基本的日常生活活動動作の自立度と困難感を評価する新たな指標の開発: 在宅高齢者における妥当性と天井効果発生率の検討

    齋藤 崇志, 井澤 和大, 大森 祐三子, 大森 豊, 渡辺 修一郎

    第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • Relation between VE/VCO2 slope and maximum phonation time in chronic heart failure patients

    Izawa KP, Watanabe S, Tochimoto S, Hirano Y, Matsushima S, Suzuki T, Oka K, Saito T, Omori Y, Suzuki K, Osada N, Omiya K, Shimizu H, Akashi YJ

    The 50th Anniversary Congress of Japanese Physical Therapy Association, 2015年06月, 英語, Tokyo, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Functional Independence and Difficulty Scale: Instrument Development and Validity Evaluation

    Saito T, Izawa KP, Omori Y, Watanabe S

    WCPT Congress 2015, World Confederation for Physical Therapy, 2015年05月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • 心臓血管外科手術前の低栄養状態と術後リハビリテーション進行遅延の関係について

    小川 真人, 井上 武, 坪井 康典, 小槇 公大, 井澤 和大, 小林 成美, 酒井 良忠, 小野 玲, 平田 健一, 大北 裕

    第79回日本循環器学会学術集会, 2015年04月, 日本語, 大阪国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • 「循環器疾患管理におけるフレイルの意義」 フレイル患者における運動療法

    井澤 和大, 渡辺 敏, 平木 幸治, 森尾 裕志, 笠原 酉介, 岡 浩一朗

    第79回日本循環器学会学術集会, 2015年04月, 日本語, 大阪国際会議場, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • フレイル患者の看護支援-慢性心不全患者の生活調整とその意義-

    宮脇 郁子, 多留 ちえみ, 齊藤 奈緒, 井澤 和大, 塩谷 英之

    第79回日本循環器学会学術集会, 2015年04月, 日本語, 大阪国際会議場, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 保存期慢性腎臓病患者の上下肢筋力水準-健常者平均値との比較ー

    音部 雄平, 堀田 千晴, 平木 幸治, 若宮 亜希子, 渡辺 敏, 井澤 和大, 櫻田 勉, 柴垣 有吾, 木村 健二郎

    第5回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2015年03月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 保存期慢性腎臓病患者に対する運動療法の安全性と効果-パイロット無作為化比較試験-

    平木 幸治, 堀田 千晴, 若宮 亜希子, 音部 雄平, 井澤 和大, 渡辺 敏, 櫻田 勉, 柴垣 有吾, 安田 隆, 木村 健二郎

    第5回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2015年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 保存期CKD患者の身体機能特性と理学療法

    平木 幸治, 井澤 和大, 渡辺 敏, 柴垣 有吾, 木村 健二郎

    第5回日本腎臓リハビリテーション学会, 2015年03月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 保存期CKD患者の運動療法の有用性の検証と今後の課題

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 柴垣有吾, 木村健二郎

    第5回日本腎臓リハビリテーション学会, 2015年03月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 血液透析患者におけるサルコペニアの有病率とその特徴

    堀田 千晴, 平木 幸治, 若宮 亜希子, 音部 雄平, 渡辺 敏, 井澤 和大, 金城 永幸, 櫻田 勉, 今野 雄介, 柴垣 有吾, 木村 健二郎

    第5回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2015年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 理学療法士として「臨床・教育・研究」

    井澤和大

    心臓リハビリテーション連携研究会, 2015年02月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心大血管疾患患者に対するリハビリテーションー身体的・精神的・社会的側面からー

    井澤和大

    第12回岡山心臓リハビリテーション研究会, 2015年02月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心臓リハビリテーションの基礎知識とリスク管理「フィジカルアセスメント含む」

    井澤 和大, 平野 康之

    NDK横浜研修, 2015年02月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 保存期慢性腎臓病患者の下肢筋力に関係する因子のステージ別検討

    平木幸治, 堀田千晴, 若宮亜希子, 音部雄平, 井澤和大, 渡辺敏, 櫻田勉, 柴垣有吾, 木村健二郎

    第1回日本呼吸・心血管・糖尿病理学療法学会合同学術集会, 2014年12月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 訪問リハにおけるフィジカルイグザミネーションの実践

    平野 康之, 井澤 和大

    徳島訪問リハビリテーション研究会, 2014年11月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心大血管疾患患者に対するリハビリテーション

    井澤和大

    第4回群馬臨床心不全研究会, 2014年11月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 心疾患患者に対するリハビリテーションー急性期から維持期まで・運動能力・身体活動の観点からー

    井澤和大

    第17回佐賀心臓リハビリテーションセミナー, 2014年11月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 心血管リハビリテーションとメンタルケア

    井澤 和大, 渡辺 敏, 岡 浩一朗

    第71回日本循環器心身医学会総会, 2014年11月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 心大血管疾患に対する理学療法の専門性と可能性

    井澤 和大, 渡辺 敏, 岡 浩一朗

    第49回日本理学療法士協会全国学術研修大会, 2014年10月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • メディカルスタッフセッション「心不全患者へのリハビリテーションとチーム医療」

    井澤 和大, 渡辺 敏, 岡 浩一朗, 宮脇 郁子, 塩谷 英之, 明石 嘉浩

    第69回日本心臓病学会学術集会, 2014年09月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Poor nutritional status was strongly associated with low physical activity in patients undergoing peritoneal dialysis.

    Wakamiya A, Hiraki K, Hotta C, Izawa KP, Watanabe S, Oishi D, Kaneshiro N, Konno Y, Sakurada T, Shibagaki Y, Kimura K

    15th Congress of the International Society for Peritoneal Dialysis, 2014年09月, 英語, Madrid – Spain, 国際会議

    ポスター発表

  • 利用者の病状変化に気づくためのアセスメントスキルー呼吸器・循環器系のアセスメントを中心にー訪問リハにおけるフィジカルイグザミネーションの実践と病状判断

    平野 康之, 井澤 和大

    徳島訪問リハビリテーション研究会, 2014年08月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心疾患患者に対するリハビリテーション

    井澤和大

    第2回名古屋心肺リハビリテーション勉強会, 2014年08月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 慢性心不全患者における運動時換気亢進指標の経時的変化に関わる因子の検討

    笠原 酉介, 井澤 和大, 渡辺 敏, 長田 尚彦, 大宮 一人

    第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2014年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心リハの継続率を高めるためのノウハウ:各医療職の役割:運動および身体活動を継続するためのコツ

    井澤 和大, 渡辺 敏, 岡 浩一朗, 塚本 孝枝, 長田 尚彦, 大宮 一人

    第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2014年07月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 高齢心疾患患者における栄養状態と身体活動指標の差異について-Geriatric Nutritional Risk Indexによる検討-

    井澤 和大, 渡辺 敏, 岡浩 一朗, 長田 尚彦, 大宮 一人

    第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2014年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 急性心筋梗塞患者における運動耐容能の改善に対する身体活動量および下肢筋力の関連

    武市尚也, 井澤和大, 渡辺敏, 西山昌秀, 石山大介, 吉沢和也, 松永優子, 足利光平, 水野幸一, 松下和彦

    第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2014年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • Sleep quality, exercise capacity, and nutritional status in relation to physical function and physical activity in cardiac patients

    Izawa KP, Watanabe S, Suzuki K, Osada N, Omiya K, Akashi YJ

    The 20th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiac Rehabilitation, 2014年07月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 理学療法士の生活を支える 仕事を続けていくための問題について考えよう(第II部) ライフスタイルの変化と就業継続に関する問題 様々な立場からの問題提起 仕事と子育について

    井澤和大

    第49回日本理学療法学術大会, 2014年05月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 大腿骨頸部・転子部骨折術後患者における入院期の下肢筋力変化量について―歩行自立度別での検討―

    武市 尚也, 西山 昌秀, 堀田 千晴, 若宮 亜希子, 松永 優子, 吉沢 和也, 平木 幸治, 井澤 和大, 渡辺 敏, 松下 和彦

    第49 回日本理学療法学術大会, 2014年05月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 心不全患者に対するリハビリテーション

    井澤和大

    第3回心臓リハビリテーションミーティング in京都, 2014年05月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 最大歩行速度(1.0msec 以上)を予測するための要因の検討

    小山 真吾, 森尾 裕志, 井澤 和大, 堅田 紘頌, 石山 大介, 八木 麻衣子, 清水 弘之

    第49回日本理学療法学術大会, 2014年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢入院患者におけるトイレ動作自立に必要な身体機能水準

    石山 大介, 森尾 裕志, 堅田 紘頌, 小山 真吾, 井澤 和大, 松永 優子, 松下 和彦

    第49回日本理学療法学術大会, 2014年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢心疾患男性患者における栄養状態と身体機能に関する研究

    井澤 和大, 渡辺 敏, 岡 浩一朗

    第49回日本理学療法士協会全国学術集会, 2014年05月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 高齢患者における杖の処方に関する検討

    堅田紘頌, 森尾裕志, 石山大介, 小山真吾, 井澤和大, 渡辺敏, 清水弘之

    第49 回日本理学療法学術大会, 2014年05月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 多職種CDEJが拓く、糖尿病診療の未来 保存期慢性腎臓病患者に対する運動療法

    平木 幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 柴垣有吾, 木村健二郎

    第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 慢性疾患の栄養指導-保存期慢性腎臓病患者の運動機能と運動療法

    平木幸治, 堀田千晴, 若宮亜希子, 井澤和大, 渡辺敏, 櫻田勉, 柴垣有吾, 安田隆, 木村健二郎

    第17回日本病態栄養学会, 2014年01月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 慢性心不全患者では呼吸筋力と下肢筋力は運動時換気亢進の規定因子である

    笠原酉介, 井澤和大, 渡辺敏, 長田尚彦, 大宮一人

    第19回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 非糖尿病患者でもβ細胞機能低下により運動耐容能改善が減弱する

    大宮一人, 井澤和大, 渡辺敏

    第19回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 日常生活機能を良好に保つための身体機能とその評価法

    森尾裕志, 井澤和大, 平木幸治, 堅田紘頌, 渡辺敏, 長田尚彦, 大宮一人

    第19回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 心疾患患者における骨格筋機能の臨床的意義とレジスタンストレーニングの有用性

    笠原酉介, 井澤和大, 渡辺敏, 長田尚彦, 大宮一人

    第19回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 大腿骨頸部・転子部骨折患者の術後1週目における退院時歩行自立度の予測因子に関する検討

    武市尚也, 西山昌秀, 海鋒有希子, 堀田千晴, 石山大介, 若宮亜希子, 松永優子, 平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 松下和彦, 飯島節

    第48回日本理学療法学術大会, 2013年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Echocardiographic Predictors for Exercise Intolerance in Patients with Asymptomatic Degenerative Mitral Regurgitation

    Izumo Masaki, Suzuki Kengo, Kamijima Ryo, Mizukoshi Kei, Uematsu Mariko, Takai Manabu, Kou Seisyou, Osada Naohiko, Ohmiya Kazuto, Akashi Yoshihiro, Harada Tomoo, Izawa Kazuhiro, Miyake Fumihiko

    第77回日本循環器学会, 2013年03月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Early Diastolic Function Influences Exercise Capacity in Patients with Hypertrophic Cardiomyopathy

    Mizukoshi Kei, Suzuki Kengo, Yoneyama Kihei, Izumo Masaki, Kamijima Ryo, Uematsu Mariko, Kou Seisyou, Takai Manabu, Sekizuka Hiromitsu, Hayashi Akio, Osada Naohiko, Ohmiya Kazuto, Akashi Yoshihiro, Harada Tomoo, Izawa Kazuhiro, Miyake Fumihiko

    第 77 回日本循環器学会, 2013年03月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Diastolic Function during Exercise Affect Exercise Capacity in Patients with Apical Hypertrophic Cardiomyopathy: Speckle Tracking Analysis

    Mizukoshi Kei, Suzuki Kengo, Izumo Masaki, Kamijima Ryo, Uematsu Mariko, Kou Seisyou, Takai Manabu, Sekizuka Hiromitsu, Hayashi Akio, Osada Naohiko, Ohmiya Kazuto, Akashi Yoshihiro, Harada Tomoo, Izawa Kazuhiro, Miyake Fumihiko

    第77回日本循環器学会学術集会, 2013年03月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 慢性腎臓病stage5患者における治療法別の運動機能

    堀田千晴, 平木幸治, 若宮亜希子, 井澤和大, 渡辺敏, 金城永幸, 櫻田勉, 今野雄介, 安田隆, 木村健二郎

    第58回日本透析医学会学術集会, 2013年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 慢性心不全に対する運動療法

    井澤和大

    第13回 石川県心臓リハビリテーション研究会, 2013年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 保存期慢性腎臓病患者の身体活動量の実態

    若宮亜希子, 平木幸治, 堀田千晴, 井澤和大, 渡辺敏, 櫻田勉, 柴垣有吾, 安田隆, 木村健二郎

    第48回日本理学療法学術大会, 2013年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 入院期慢性心不全患者における下肢筋力の変化が歩行能力獲得に与える影響

    笠原酉介, 横山有里, 大森圭貢, 立石真純, 松嶋真哉, 井澤和大, 渡辺敏

    第48回日本理学療法学術大会, 2013年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病前段階からの積極的治療介入の重要性についての検討

    大宮一人, 井澤和大, 渡辺敏, 明石嘉浩

    第32回臨床運動療法研究会, 2013年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 糖尿病性腎症患者の運動機能低下には糖尿病神経障害合併が関与する

    平木幸治, 堀田千晴, 若宮亜希子, 井澤和大, 渡辺敏, 櫻田勉, 柴垣有吾, 安田隆, 木村健二郎

    第57回日本腎臓学会学術総会, 2013年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病合併の有無による慢性心不全患者の上下肢骨格筋筋力の差異に関する研究

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 長田尚彦, 大宮一人

    第48回日本理学療法学術大会, 2013年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 転倒予防

    井澤和大, 森尾裕志

    小規模多機能ケアホームえみな「有限会社リアン」職員研修会, 2013年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 神奈川の匠が語るキャリアデザイン 内部障害

    井澤和大

    第30回神奈川県理学療法士学会, 2013年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高齢入院患者におけるTwo Square Step TestとADLおよび歩行自立度との関連についての検討

    小山真吾, 森尾裕志, 井澤和大, 堅田紘頌, 石山大介, 八木麻衣子, 清水弘之

    第48回日本理学療法学術大会, 2013年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢心不全患者の身体機能評価と運動療法

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗

    第17回日本心不全学会, 2013年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 高齢者における生活機能評価と運動療法

    大宮一人, 井澤和大, 森尾裕志, 渡辺敏, 明石嘉浩

    第 50 回記念日本臨床生理学会総会, 2013年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • トイレ動作工程に対する手すり設置の有効性および身体機能との関連

    石山大介, 森尾裕志, 井澤和大, 堅田紘頌, 小山真吾, 松永優子, 清水弘之, 松下和彦

    第48回日本理学療法学術大会, 2013年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • チーム医療促進のために学ぶ他職種の視点 心臓リハビリテーションでの理学療法士の視点

    井澤和大, 渡辺敏

    高知県立大学大学院看護学研究科研修会, 2013年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 手すりの有無によるトイレ動作の各工程における達成率の差異;高齢者での検討

    石山 大介, 森尾 裕志, 堅田 紘頌, 小山 真吾, 井澤 和大, 松永 優子, 清水 弘之, 松下 和彦

    第31回 関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2012年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 慢性心不全患者における精神的健康度と身体活動の関連-SF36での検討-

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人

    第18回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2012年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 入院期心不全患者における急性腎障害がリハビリテーション進行に与える影響についての検討

    笠原酉介, 武者春樹, 横山有里, 井澤和大, 渡辺敏

    第18回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2012年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心不全患者の入院期運動療法の経過-年齢による差異についての検討

    横山有里, 笠原酉介, 武者春樹, 井澤和大, 渡辺敏

    第18回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2012年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 慢性腎臓病患者の運動機能は糖尿病合併の有無により異なる

    平木 幸治, 堀田 千晴, 若宮 亜希子, 井澤 和大, 森尾 裕志, 渡辺 敏, 柴垣 有吾, 安田 隆, 木村 健二郎

    第47回日本理学療法学術大会, 2012年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 保存期慢性腎臓病患者の筋力低下は蛋白質摂取量と関係している

    平木 幸治, 堀田 千晴, 若宮 亜希子, 井澤 和大, 渡辺 敏, 櫻田 勉, 柴垣 有吾, 安田 隆, 木村 健二郎

    第56回日本腎臓学会学術総会, 2012年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 保存期慢性腎臓病患者における疾患別の運動機能と患者背景の特徴

    若宮 亜希子, 平木 幸治, 堀田 千晴, 井澤 和大, 渡辺 敏, 櫻田 勉, 柴垣 有吾, 安田 隆, 木村 健二郎

    第56回日本腎臓学会学術総会, 2012年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腹膜透析患者における身体活動の検討-身体活動量と強度別の運動時間について

    若宮 亜希子, 平木 幸治, 堀田 千晴, 井澤 和大, 渡辺 敏, 大石 大輔, 櫻田 勉, 柴垣 有吾, 安田 隆, 木村 健二郎

    第47回日本理学療法学術大会, 2012年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腹膜透析患者における筋力と臨床パラメータとの関係に関する検討

    堀田 千晴, 平木 幸治, 若宮 亜希子, 井澤 和大, 渡辺 敏, 大石 大輔, 櫻田 勉, 今野 雄介, 柴垣 有吾, 安田 隆, 木村 健二郎

    第57回日本透析医学会学術集会, 2012年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 膝伸展筋力と推算糸球体濾過量から慢性心不全患者の運動耐容能は予測可能か

    堀田 千晴, 平木 幸治, 井澤 和大, 渡辺 敏, 安田 隆, 長田 尚彦, 大宮 一人

    第47回日本理学療法学術大会, 2012年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 入院期慢性心不全患者における退院時歩行能力判別指標としての理学療法開始時下肢筋力および腎機能についての検討

    笠原 酉介, 横山 有里, 大森 圭貢, 井澤和大, 渡辺 敏, 武者 春樹, 笹益 雄

    第47回日本理学療法学術大会, 2012年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病合併心疾患患者に対する理学療法

    井澤和大

    日本理学療法士協会 内部障害系理学療法研究部 糖尿病研修会, 2012年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 前田賞受賞講演 「慢性心不全患者における運動耐容能5METSレベルの上下肢骨格筋力および身体活動に関する研究」

    井澤 和大, 渡辺 敏, 平木 幸治, 森尾 裕志, 笠原 酉介, 武市 尚也, 渡邉 陽介, 堅田 紘頌, 岡 浩一朗, 長田 尚彦, 大宮 一人, 塚本 孝枝, 清水 弘之

    第63回聖マリアンナ医科大学医学会学術集会, 2012年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 心大血管系のリハビリテーション–急性期から地域・在宅に向けて-

    井澤和大

    徳島県訪問リハビリテーション研究会 第3回研修会, 2012年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 循環器障害に対するリスク管理

    井澤 和大, 渡辺 敏

    熊本県作業療法士会研修会, 2012年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 高齢患者における非監視下連続歩行の可否判定に関する検討

    堅田 紘頌, 森尾 裕志, 石山 大介, 小山 真吾, 井澤 和大, 渡辺 敏, 清水 弘之

    第47回日本理学療法学術大会, 2012年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢・重症患者に対するレジスタンストレーニングー心臓リハビリテーションにおけるレジスタンストレーニングの実際

    高橋 哲也, 井澤和大

    第18回日本心臓リハビリテーション学術集会, 2012年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 運動耐容能5METsレベルの上下肢筋力-慢性心不全患者での検討

    井澤 和大, 渡辺 敏, 岡 浩一朗, 平木 幸治, 森尾 裕志, 笠原 酉介, 渡邊 陽介, 堅田 紘頌, 長田 尚彦, 大宮 一人

    第47回日本理学療法学術大会, 2012年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 「運動中の生体反応モニタリング」運動時の不整脈をどうみるか?

    井澤和大

    日本理学療法士協会内部障害系セミナー, 2012年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • いま, なぜ心臓リハビリテーションか-よりよい臨床心臓病学のために-高齢者・重複障害患者の心臓リハビリテーション

    井澤 和大, 渡辺 敏, 平木 幸治, 森尾 裕志, 長田 尚彦, 大宮 一人

    第60回日本心臓病学会学術集会, 2012年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • The Evaluation of Myocardial Injury in Patients with Acute Myocardial Infarction Using 64-slice Multi-detector Computed Tomography

    Kongohji Ken, Mitarai Takanobu, Shimozato Takashi, Koyama Kohei, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi, Miyake Fumihiko

    第75回日本循環器学会, 2011年08月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢心疾患患者における疾患別の退院時運動機能について

    森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 石山大介, 小山真吾, 長田尚彦, 大宮一人, 幕内晴朗

    第17回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2011年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 理学療法士からみた心筋梗塞後のリハビリテーション

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人

    第59回日本心臓病学会学術集会, 2011年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 理学療法におけるリスク管理 「不整脈」

    井澤和大

    日本理学療法士講習会, 2011年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 慢性腎臓病患者の運動機能は保存期よりすでに低下している

    平木幸治, 堀田千晴, 井澤和大, 森尾裕志, 渡辺敏, 安田隆, 木村健二郎

    第55回日本腎臓学会学術総会, 2011年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 慢性腎臓病患者では透析導入以前から運動機能は低下している

    平木幸治, 堀田千晴, 井澤和大, 森尾裕志, 渡辺敏, 安田隆, 木村健二郎

    第46回日本理学療法学術大会, 2011年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 認定理学療法士(循環)必須研修

    井澤和大, 木村雅彦, 松永篤彦, 渡辺敏

    日本理学療法士協会認定理学療法士(循環)必須研修会, 2011年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 入院期心不全患者における退院時歩行能力の関連要因についての検討

    笠原酉介, 武者春樹, 横山有里, 井澤和大, 渡辺敏

    第17回日本心臓リハビリテーション学会, 2011年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病合併心疾患患者に対する理学療法

    井澤和大

    日本理学療法士協会 内部障害系理学療法研究部 糖尿病研修会,, 2011年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心臓リハビリテーション- 運動能力に着目して-

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 塚本孝枝, 長田尚彦, 大宮一人, 幕内晴朗, 岡浩一朗

    第1回 豊橋ライブデモンストレーションコース, 2011年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 心疾患患者に対する入院期のself-monitoringは退院後の身体活動の促進に有効である

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 武市尚也, 岡浩一朗, 長田尚彦, 大宮一人

    第46回日本理学療法学術大会, 2011年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心リハ指導士の立場から

    井澤和大, 渡辺敏, 森尾裕志

    第17回日本心臓リハビリテーション学会, 2011年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 最高酸素摂取量5METSレベルの最長発声持続時間―慢性心不全患者での検討―

    井澤和大, 渡辺敏, 杤本しのぶ, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 渡邊陽介, 長田尚彦, 大宮一人, 塚本孝枝

    第17回日本心臓リハビリテーション学会, 2011年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 再入院となった高齢心不全患者の下肢筋力の変化についての検討

    笠原酉介, 武者春樹, 横山有里, 大森圭貢, 井澤和大, 渡辺敏

    第30回臨床運動療法研究会, 2011年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高齢慢性心不全患者における腎機能および下肢筋力指標-運動耐容能5METsレベルでの検討

    堀田千晴, 平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 安田隆, 長田尚彦, 大宮一人

    第30回臨床運動療法研究会, 2011年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高齢入院患者におけるトイレ動作の自立と自信感に対する運動機能の関与

    石山大介, 森尾裕志, 堅田紘頌, 井澤和大, 渡辺敏, 清水弘之

    第46回日本理学療法学術大会, 2011年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢心疾患患者に対するレジスタンストレーニング

    井澤和大, 大宮一人

    27回運動処方研究会講習会 レジスタンストレーニング編, 2011年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 高齢者, COPDを合併する患者へのリハビリテーションをどうするか

    大宮一人, 井澤和大, 横山仁志, 渡辺敏

    第17回日本心臓リハビリテーション学会, 2011年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 呼気ガス分析

    井澤和大

    日本理学療法士協会 循環器卒前教育を考えるPart3, 2011年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 急性心筋梗塞患者の運動療法

    井澤和大

    日本理学療法士協会内部障害セミナー, 2011年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 「運動中の生体反応モニタリング」運動時の不整脈をどうみるか?

    井澤和大

    日本理学療法士協会 内部障害系セミナー, 2011年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 理学療法におけるリスク管理

    井澤和大

    日本理学療法士協会現職者講習会, 2010年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 慢性心不全患者における運動耐容能5METsレベルの身体活動について―壮年群および高齢群での検討―

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 武市尚也, 長田尚彦, 大宮一人

    第16回日本心臓リハビリテーション学会, 2010年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 入院中における心臓リハビリテーション教室実施の有無が回復期心臓リハビリテーションの継続率に寄与するか

    渡邉陽介, 川口朋子, 八木麻衣子, 吉岡了, 井澤和大, 渡辺敏, 小山照幸, 三須一彦

    第16回日本心臓リハビリテーション学会, 2010年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 内部障害系セミナー「運動中の生体反応モニタリング」運動時の不整脈をどうみるか?

    井澤和大

    日本理学療法士協会 内部障害系セミナー, 2010年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 糖尿病合併心疾患患者に対する理学療法

    井澤和大

    日本理学療法士協会 内部障害系理学療法研究部 糖尿病研修会,, 2010年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 単回運動負荷が慢性腎臓病患者の尿検査指標に及ぼす影響

    平木幸治, 堀田千晴, 上條敦子, 安田隆, 菅谷健, 井澤和大, 渡辺敏, 飯島節, 木村健二郎

    第45回日本理学療法学術大会, 2010年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大動脈解離開存型における急性期リハビリテーションプログラムの検討

    渡辺敏, 井澤和大, 平木幸治, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦, 幕内晴朗

    第16回日本心臓リハビリテーション学会, 2010年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大動脈解離および大動脈瘤急性期リハビリテーションプログラム逸脱理由の検討

    渡辺敏, 井澤和大, 平木幸治, 笠原酉介, 大宮一人, 幕内晴朗, 三宅良彦

    第16回日本心臓リハビリテーション学会, 2010年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 大血管術後の脳卒中合併症に対する理学療法士の対応

    森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 幕内晴朗, 大宮一人

    第16回日本心臓リハビリテーション学会, 2010年, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 睡眠の質の相違は身体活動および健康関連QOLに影響するか?-慢性心不全患者における検討

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 岡浩一朗, 長田尚彦, 大宮一人

    第45回日本理学療法学術大会, 2010年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 心不全を合併した慢性腎臓病患者における運動耐容能とその関連要因の検討

    堀田千晴, 平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 安田隆, 長田尚彦, 大宮一人

    第54回日本腎臓学会学術総会, 2010年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心拍数の測定方法とその意味

    井澤和大

    日本理学療法士協会教育セミナー, 2010年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心臓リハビリテーションの実際-心疾患患者の運動能力に着目して-

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 塚本孝枝, 長田尚彦, 大宮一人

    第2回 Setagaya Heart Conference, 2010年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 心疾患患者に対するレジスタンストレーニング急性期から回復期にかけて

    井澤和大

    第11回 埼玉心臓リハビリテーションセミナー, 2010年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心疾患患者に対するレジスタンストレーニング

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人

    第74回日本循環器学会総会・学術集会 コメディカルセッション教育講演, 2010年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 循環器疾患におけるリスク管理

    井澤和大

    社団法人日本理学療法士協会 九州ブロック会, 2010年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 高齢心大血管疾患患者における前後期別の入院期身体活動量の実態とその関連要因について

    武市尚也, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人

    第16回日本心臓リハビリテーション学会, 2010年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 虚血性心疾患患者に対する理学療法

    井澤和大

    福岡保健学院, 2010年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 急性心筋梗塞患者の運動療法

    井澤和大

    日本理学療法士協会内部障害セミナー, 2010年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 急性心筋梗塞患者における運動耐容能予備能とその関連因子についての検討

    笠原酉介, 武者春樹, 横山有里, 井澤和大, 渡辺敏

    第16回日本心臓リハビリテーション学会, 2010年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性期からはじめる心臓リハビリテーション-理学療法士の立場から-

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 塚本孝枝, 長田尚彦, 大宮一人

    第24回日本冠疾患学会, 2010年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • The Usefulness of Longitudinal Strain Rate for Assessing Exercise Capacity in Patients with Chronic Heart Failure.

    Mizukoshi Kei, Suzuki Kengo, Tsuchiya Ayako, Takai Manabu, Kou Seisyou, Izumo Masaki, Tateshi Miwa, Shimozato Takashi, Ishibashi Yuki, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Akashi Yoshihiro, Osada Naohiko, Ohmiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第74回日本循環器学会学術集会, 2010年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Impact of Dynamic Ventricular Dyssynchrony on Exercise Capacity in Patients with Chronic Heart Failure.

    Izumo Masaki, Suzuki Kengo, Mizukoshi Kei, Takai Manabu, Kou Seisyou, Tsuchiya Ayako, Tateshi Miwa, Shimozato Takashi, Ishibashi Yuki, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Akashi Yoshihiro, Osada Naohiko, Ohmiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第74回日本循環器学会学術集会, 2010年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Clinical Meaning of Reduced Vasodilation Response in Patients with Sleep Apnea Syndrome.

    Osada Naohiko, Kida Keisuke, Itoh Kae, Suzuki Kengo, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Akashi Yoshihiro, Hayashi Akio, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi, Ohmiya Kazuto, Miyake Fumihiko

    第74回日本循環器学会学術集会, 2010年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Relationship between Sleep Disordered Breathing (SDB) and Exercise Tolerance with Chronic Heart Failure (CHF).

    Shimozato Takashi, Mizukoshi Kei, Tsuchiya Ayako, Takai Manabu, Kou Seisyou, Izumo Masaki, Ishibashi Yuki, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Suzuki Kengo, Akashi Yoshihiro, Osada Naohiko, Ohmiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第74回日本循環器学会学術集会, 2010年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Relationship between Papillary Muscle Dyssynchrony and Dynamic Mitral Regurgitation in Patients with Chronic Heart Failure.

    Izumo Masaki, Suzuki Kengo, Mizukoshi Kei, Takai Manabu, Kou Seisyou, Tsuchiya Ayako, Tateshi Miwa, Shimozato Takashi, Ishibashi Yuki, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Akashi Yoshihiro, Osada Naohiko, Ohmiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第74回日本循環器学会学術集会, 2010年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Relationship between Breathing Pattern on Effort and Sleep Disordered Breathing (SDB) in Patients with Chronic Heart Failure(CHF)

    Shimozato Takashi, Osada Naohiko, Mizukoshi Kei, Takai Manabu, Tsuchiya Ayako, Kou Seisyou, Izumo Masaki, Ishibashi Yuki, Kida Keisuke, Suzuki Kengo, Akashi Yoshihiro, Ohmiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第74回日本循環器学会学術集会, 2010年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Global Longitudinal Peak Strain Predicts Exercise Capacity in Patients with Chronic Heart Failure.

    Kou Seisyou, Suzuki Kengo, Mizukoshi Kei, Tsuchiya Ayako, Takai Manabu, Izumo Masaki, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Akashi Yoshihiro, Osada Naohiko, Ohmiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第74回日本循環器学会学術集会, 2010年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Changes in Left Ventricular Geometry during Exercise Affects Exercise Capacity in Patients with Chronic Heart Failure.

    Takai Manabu, Izumo Masaki, Suzuki Kengo, Mizukoshi Kei, Tsuchiya Ayako, Kou Seisyou, Tateshi Miwa, Shimozato Takashi, Ishibashi Yuki, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Akashi Yoshihiro, Osada Naohiko, Ohmiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第74回日本循環器学会学術集会, 2010年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 理学療法におけるリスク管理

    井澤和大

    日本理学療法士協会主催現職者講習会, 2009年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 慢性肺疾患を合併した心不全患者の退院時身体機能と転帰

    横山有里, 武者春樹, 井澤和大, 渡辺敏

    第15回日本心臓リハビリテーション学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 慢性心不全患者における運動耐容能を予測する因子について

    長田尚彦, 米山喜平, 木田圭亮, 林明生, 石橋祐記, 下郷卓史, 明石嘉浩, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏

    第15回日本心臓リハビリテーション学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 慢性心不全患者におけるNYHA心機能分類別の身体活動量と運動能力指標との関連について

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 武市尚也, 長田尚彦, 大宮一人, 岡浩一朗, 三宅良彦

    第15回日本心臓リハビリテーション学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 入院高齢患者における前方リーチ距離, 片脚立位時間と歩行自立度との関連

    堅田紘頌, 森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 笠原酉介, 清水弘之

    第44回日本理学療法学術大会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病合併心疾患患者の運動能力と指導方策についての検討

    井澤和大, 平木幸治, 渡辺敏, 森尾裕志, 笠原酉介, 大宮一人

    第15回日本心臓リハビリテーション学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 糖尿病を合併した急性心筋梗塞患者の運動耐容能低下の機序

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人, 飯島節

    第44回日本理学療法学術大会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病を合併した急性心筋梗塞患者における心臓リハビリテーションの効果

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 森尾裕志, 笠原酉介, 堀田千晴, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦, 飯島節

    第15回日本心臓リハビリテーション学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中枢性無呼吸に対してASV導入後に, 運動時周期性呼吸と心不全が著明に改善した一例

    黄世捷, 長田尚彦, 米山喜平, 木田圭亮, 林明生, 高橋英二, 鈴木健吾, 明石嘉浩, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏

    第15回日本心臓リハビリテーション学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大動脈解離および大動脈瘤急性期リハビリテーションプログラム逸脱理由の検討

    渡辺敏, 井澤和大, 平木幸治, 笠原酉介, 大宮一人, 幕内晴朗, 三宅良彦

    第15回日本心臓リハビリテーション学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大動脈解離および大動脈瘤急性期リハビリテーションプログラムの検証

    渡辺敏, 井澤和大, 笠原酉介, 森尾裕志, 大宮一人, 幕内晴朗

    第44回日本理学療法学術大会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心大血管疾患リハビリテーション料届出医療機関の動向

    小山照幸, 伊東春樹, 上月正博, 高橋哲也, 井澤和大, 及川恵子, 田倉智之, 長山雅俊, 吉田俊子, 田城孝雄, 日本心臓リハビリテーション学会診療報酬対策委員会

    第15回日本心臓リハビリテーション学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 心臓リハビリテーションにおける理学療法士の位置づけ

    松永篤彦, 井澤和大, 齊藤正和, 熊丸めぐみ, 山本志保, 高橋哲也, 半田一登

    第15回日本心臓リハビリテーション学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 心臓リハビリテーションにおける運動療法について─ 理学療法の実際─

    井澤和大

    日本作業療法士協会研修会, 2009年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心臓リハビリテーションとは?心疾患患者の運動能力と指導方策に着目して

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人

    第4回心臓リハビリテーション研究会ー佐賀, 2009年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 心疾患患者に対するレジスタンストレーニング─ 疾患の合併症や高齢化に着目して

    井澤和大

    第10回 埼玉心臓リハビリテーションセミナー, 2009年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 循環器疾患患者に対するリスク管理

    井澤和大

    第44回日本理学療法学術大会, 2009年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 高齢慢性心不全患者の運動耐容能と上肢筋力との関連について

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 木田圭亮, 長田尚彦, 大宮一人

    第13回日本心不全学会学術集会, 2009年, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 虚血性心疾患の理学療法

    井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人

    第44回日本理学療法士協会全国学術研修大会, 2009年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 急性心筋梗塞患者の運動療法

    井澤和大

    日本理学療法士協会内部障害セミナー, 2009年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 急性心筋梗塞患者における退院時身体機能の年齢による予測式について

    笠原酉介, 井澤和大, 渡辺敏, 大尾有希子, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦

    第15回日本心臓リハビリテーション学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性心筋梗塞患者における退院時運動耐容能の関連要因に関する検討

    大尾有希子, 笠原酉介, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦

    第15回日本心臓リハビリテーション学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性心筋梗塞と心臓外科術後患者における身体機能、セルフ・エフィカシーおよび健康関連QOLの回復過程の差異

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人

    第44回日本理学療法学術大会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 運動時の不整脈をどうみるか?

    井澤和大

    日本理学療法士協会 内部障害系セミナー「運動中の生体反応モニタリング」, 2009年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • メタボリック症候群患者における体重減少に関する因子の検討

    塚本孝枝, 井澤和大, 長田尚彦, 大宮一人

    第15回日本心臓リハビリテーション学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ザ・ベストオブ心リハ指導士賞受賞講演

    井澤和大

    第15回日本心臓リハビリテーション学会「指導士交流会」, 2009年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Evaluation of Exercise-Induced Mitral Regurgitation Mechanism in Patients with Left Ventricular Dysfunction Using Transthoracic 3D-Echocardiography.

    Izumo Masaki, Suzuki Kengo, Osada Naohiko, Hayashi Akio, Mizukoshi Kei, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Sekiduka Hiromitsu, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Akashi Yoshihiro, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第73回日本循環器学会学術集会, 2009年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Effect of Exercise-Induced Mitral Regurgitation Changes on Exercise Capacity in Patients with Chronic Heart Failure.

    Izumo Masaki, Suzuki Kengo, Osada Naohiko, Hayashi Akio, Mizukoshi Kei, Seishou Kou, Tsuchiya Ayako, Sekiduka Hiromitsu, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Akashi Yoshihiro, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第73回日本循環器学会学術集会, 2009年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • BNP低値心不全症例の心血管イベントの予後予測因子には心肺運動負荷試験は有用である

    下郷卓史, 長田尚彦, 米山喜平, 木田圭亮, 林明生, 高橋英二, 鈴木健吾, 明石嘉浩, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏

    第15回日本心臓リハビリテーション学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 理学療法におけるリスク管理

    井澤和大

    日本理学療法士協会現職者講習会, 2008年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 慢性心不全患者における呼吸筋力と運動時換気応答および重症度との関連

    笠原酉介, 井澤和大, 渡辺敏, 長田尚彦, 大宮一人

    第14回日本心臓リハビリテーション学会, 2008年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 包括的心臓リハビリテーション実施状況から見た理学療法士の役割

    渡辺敏, 井澤和大, 森尾裕志, 笠原酉介, 大宮一人, 長田尚彦

    第14回日本心臓リハビリテーション学会, 2008年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 入院期心大血管疾患患者の身体活動量, 握力および膝伸展筋力における性差

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦

    第14回日本心臓リハビリテーション学会, 2008年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 入院期心疾患患者における下肢筋力水準別の身体活動量の関連要因についての検討

    武市尚也, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人

    第14回日本心臓リハビリテーション学会, 2008年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病理学療法における合併症の管理

    井澤和大

    日本理学療法士協会専門部会内部障害代謝班基礎講座, 2008年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心大血管疾患患者における退院時年齢・性別の運動機能水準について

    森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人, 川間健之介

    第14回日本心臓リハビリテーション学会, 2008年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心大血管疾患のリハビリテーションのクリ二カルリーズニング「心筋梗塞急性期編」

    井澤和大

    日本理学療法士協会研修会, 2008年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心疾患患者に対するレジスタンストレーニング─ 疾患の合併症や高齢化に着目して

    井澤和大

    第9回 埼玉心臓リハビリテーションセミナー, 2008年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心疾患患者における不安・抑うつおよび睡眠時間に対する年齢の影響

    井澤和大, 岡浩一朗, 渡辺敏, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦

    第14回日本心臓リハビリテーション学会, 2008年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 心疾患患者における疾患別入院期身体活動量の検討

    武市尚也, 井澤和大, 平木幸治, 森尾裕志, 渡辺敏, 大宮一人, 松下和彦

    第43回日本理学療法学術大会, 2008年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心疾患患者における疾患別の健康関連QOLの関連要因

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗, 横山仁志, 平木幸治, 森尾裕志, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人

    第43回日本理学療法学術大会, 2008年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心疾患患者における健康関連QOLに対する心臓リハビリテーションの影響-壮年群と高齢群との比較

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗, 森尾裕志, 平木幸治, 長田尚彦, 大宮一人, 飯島節

    第9回日本リハビリテーション連携科学学会, 2008年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 高齢患者における歩行自立度判定のためのModified Functional Reachテストの有用性について-片脚立位テストとの比較

    堅田紘頌, 森尾裕志, 井澤和大, 平木幸治, 笠原酉介, 渡辺敏, 大宮一人

    第43回日本理学療法学術大会, 2008年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢患者における歩行獲得と膝伸展筋力およびModified Functional Reachとの関連について

    森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 笠原酉介, 平木幸治, 田中彩乃, 川間健之介, 大宮一人

    第43回日本理学療法学術大会, 2008年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 健康関連QOLとリハビリテーション

    井澤和大

    筑波大学大学院人間総合科学研究科特別講義, 2008年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 急性心筋梗塞患者の運動療法

    井澤和大

    日本理学療法士協会内部障害セミナー, 2008年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 急性心筋梗塞患者における病棟ADL獲得に関する性差

    西山昌秀, 笠原酉介, 渡辺敏, 井澤和大, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人

    第14回日本心臓リハビリテーション学会, 2008年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The relationship between cardiac function during exercise and sleep disordered breathing in patients with chronic heart failure.

    Yoneyama Kihei, Osada Naohiko, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Izumo Masaki, Sekiduka Hiromitsu, Nakagawa Takafumi, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Suzuki Kengo, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The influence of obesity on blood pressure and left ventricular hypertrophy in patients with sleep apnea syndrome.

    Tsuchiya Ayako, Osada Naohiko, Kou Seishou, Izumo Masaki, Sekiduka Hiromitsu, Nakagawa Takafumi, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Suzuki Kengo, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The influence of nocturnal blood pressure on left ventricular diastolic function in patients with obstructive sleep apnea syndrome.

    Suzuki Kengo, Osada Naohiko, Tsuchiya Ayako, Kou Seisyou, Sekiduka Hiromitsu, Izumo Masaki, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The influence of exercise-induced mitral regurgitation changes on exercise capacity in patients with chronic heart failure.

    Izumo Masaki, Suzuki Kengo, Osada Naohiko, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Sekiduka Hiromitsu, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The influence of dynamic ventricular dyssynchrony on exercise capacity in Patients with Chronic Heart Failure.

    Izumo Masaki, Suzuki Kengo, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Sekiduka Hiromitsu, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Osada Naohiko, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The influence of age on intima-media thickness in patients with sleep apnea syndrome.

    Hayashi Akio, Osada Naohiko, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Izumo Masaki, Sekiduka Hiromitsu, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Tamura Masachika, Suzuki Kengo, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The impact of nocturnal blood pressure reduction on left ventricular diastolic function in obstructive sleep apnea syndrome patients.

    Suzuki Kengo, Osada Naohiko, Tsuchiya Ayako, Kou Seisyou, Sekiduka Hiromitsu, Izumo Masaki, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The identification of high risks in heart failure patients with low brain natriuretic peptide by cardiopulmonary exercise testing.

    Osada Naohiko, Yoneyama Kihei, Inoue Koji, Kida Keisuke, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Izumo Masaki, Ishibashi Yuki, Sekiduka Hiromitsu, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Suzuki Kengo, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Relationship between the blood pressure level and sleep apnea syndrome.

    Akashi Yoshihiro, Osada Naohiko, Kida Keisuke, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Izumo Masaki, Sekiduka Hiromitsu, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Suzuki Kengo, Tamura Masachika, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Relationship between QRS complex and intraventricular mechanical synchronicity in patients with chronic heart failure by real-time three-dimensional echocardiography.

    Izumo Masaki, Suzuki Kengo, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Sekiduka Hiromitsu, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Osada Naohiko, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Relationship between nocturnal blood pressure pattern and left ventricular hypertrophy in patients with sleep apnea syndrome.

    Yoneyama Kihei, Osada Naohiko, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Izumo Masaki, Sekiduka Hiromitsu, Nakagawa Takahumi, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Suzuki Kengo, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Relationship between exercise-induced mitral regurgitaion and characteristics of mitral deformation, left ventricular dyssynchrony and shape.

    Izumo Masaki, Suzuki Kengo, Osada Naohiko, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Sekiduka Hiromitsu, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Relationship between breathing pattern on effort and sleep disordered breathing (SDB) in patients with chronic heart failure(CHF).

    Shimozato Takashi, Osada Naohiko, Tsuchiya Ayako, Kou Seishou, Sekiduka Hiromitsu, Izumo Masaki, Ishibashi Yuki, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Tamura Masachika, Suzuki Kengo, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Predictors of exercise capacity in patients with chronic heart failure.

    Inoue Koji, Osada Naohiko, Kida Keisuke, Yoneyama Kihei, Sekiduka Hiromitsu, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Izumo Masaki, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Suzuki Kengo, Tamura Masachika, Akashi Toshihiro, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Impact of continuous positive airway pressure therapy on metabolic syndrome in patients with obstructive sleep apnea syndrome.

    Shimozato Takashi, Osada Naohiko, Kida Keisuke, Yoneyama Kihei, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Izumo Masaki, Ishibashi Yuki, Sekiduka Hiromitsu, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Suzuki Kengo, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Handgrip strength as a predictor of prognosis in Japanese patients with chronic heart failure.

    Izawa KP, Watanabe S, Oka K, Yokoyama H, Hiraki K, Morio Y, Kasahara Y, Yoshioka S, Osada N, Omiya K

    Th 8th Asian Congress of Physical Therapy, 2008年, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • Comparison of peak oxygen uptake and VE/VCO2 slope to predict prognosis in patients with heart failure.

    Akashi Yoshihiro, Osada Naohiko, Kida Keisuke, Yoneyama Kihei, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Izumo Masaki, Ishibashi Yuki, Sekiduka Hiromitsu, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Suzuki Kengo, Tamura Masachika, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Comparison of peak oxygen uptake and brain natriuretic peptide (BNP) to predict prognosis in patients with heart failure.

    Inoue Koji, Osada Naohiko, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Sekiduka Hiromitsu, Izumo Masaki, Ishibasih Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Suzuki Kengo, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Characteristics of carotid artery intima-media thickness in patients with sleep apnea syndrome accompanied by atherosclerosis risk factors.

    Hayashi Akio, Osada Naohiko, Tsuchiya Ayako, Kou Seisyou, Sekiduka Hiromitsu, Izumo Masaki, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Kida Keisuke, Suzuki Kengo, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Central sleep apnea and the onset of arrhythmia.

    Tsuchiya Ayako, Osada Naohiko, Kou Seishou, Izumo Masaki, Sekiduka Hiromitsu, Nakagawa Takafumi, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahshi Eiji, Yoneyama Kihei, Suzuki Kengo, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 46The influence of left ventricular diastolic pressure on pulmonary artery pressure during exercise in patients with chronic heart failure

    Nakagawa Takafumi, Suzuki Kengo, Osada Naohiko, Kou Seishou, Tsuchiya Ayako, Sekiduka Hiromitsu, Izumo Masaki, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Tamura Masachika, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第72回日本循環器学会学術集会, 2008年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 喀痰能力の予測指標に関する検討

    横山仁志, 山川梨絵, 岡田一馬, 武市尚也, 石阪姿子, 井澤和大, 平木幸治

    第42回日本理学療法学術大会, 2007年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 慢性呼吸不全患者への呼吸理学療法の理論と手技

    高橋哲也, 井澤和大

    日総研出版セミナー, 2007年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心大血管疾患患者における入院期の身体活動量とその規定要因に関する検討

    井澤和大, 渡辺敏, 森尾裕志, 平木幸治, 武市尚也, 岡田一馬, 石阪姿子, 山川梨絵, 吉岡了, 笠原酉介, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦

    第13回日本心臓リハビリテーション学会, 2007年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心疾患患者に対するレジスタンストレーニング─ 疾患の合併症や高齢化に着目して ──

    井澤和大

    第8回 埼玉心臓リハビリテーションセミナー, 2007年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心疾患患者における余暇時間の身体活動と下肢筋力との関連についての検討

    武市尚也, 井澤和大, 森尾裕志, 平木幸治, 渡辺敏, 長田尚彦, 大宮一人

    第42回日本理学療法学術大会, 2007年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心疾患患者における体格, 体組成, 筋力の特徴

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人

    第42回日本理学療法学術大会, 2007年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心疾患患者における上肢筋力と上肢筋量および呼吸機能との相互関係についての検討

    井澤和大, 渡辺敏, 横山仁志, 平木幸治, 森尾裕志, 武市尚也, 岡田一馬, 石阪姿子, 山川梨絵, 長田尚彦, 大宮一人

    第42回日本理学療法学術大会, 2007年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心疾患患者における運動機能指標の相互関係について―壮年および高齢群での検討―

    森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 平木幸治, 武市尚也, 田中彩乃, 長田尚彦, 大宮一人, 三宅良彦, 川間健之介

    第13回日本心臓リハビリテーション学会, 2007年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心筋梗塞患者における退院時の下肢筋力水準が回復期運動耐容能改善に及ぼす影響

    笠原酉介, 横山有里, 大森圭貢, 武者春樹, 井澤和大, 渡辺敏, 笹益雄

    第42回日本理学療法学術大会, 2007年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 循環器疾患に対する理学療法

    井澤和大, 森尾裕志, 渡辺敏

    第42回日本理学療法学術大会, 2007年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 高齢心不全患者における膝伸展筋力と膝伸展筋厚の関係

    笠原酉介, 武者春樹, 横山有里, 大森圭貢, 井澤和大, 渡辺敏

    第13回日本心臓リハビリテーション学会, 2007年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢心不全患者における性別による運動機能の検討

    渡辺敏, 井澤和大, 森尾裕志, 大宮一人

    第42回日本理学療法学術大会, 2007年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 高齢患者における歩行自立度に対する下肢筋力と前方リーチ距離との関連についての検討

    森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 大森圭貢, 平木幸治, 武市尚也, 山田一枝, 大宮一人, 別府諸兄, 川間健之介

    第42回日本理学療法学術大会, 2007年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性心筋梗塞患者の運動療法

    井澤和大

    日本理学療法士協会内部障害セミナー, 2007年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 急性心筋梗塞患者における心臓リハビリテーションプログラム施行困難例の要因について

    西山昌秀, 渡辺敏, 井澤和大, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人

    第13回日本心臓リハビリテーション学会, 2007年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 運動療法の進め方ー理学療法士の立場からー

    井澤和大

    24 th Live Demonstration in KOKURA Cardiac Rehabilitation Educational Course, 2007年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 運動指導におけるリスク管理

    井澤和大

    早稲田大学 イーライフディレクターコース, 2007年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • The relationship between the influence of exercise-induced MR changes and ventricular dyssynchrony in patients with chronic heart failure.

    Suzuki Kengo, Osada Naohiko, Nakagawa Takafumi, Izumo Masaki, Sekiduka Hiromitsu, Shimozato Takashi, Ishibashi Yuki, Hayashi Akio, Kida Keisuke, Yoneyama Kihei, Takahashi Eiji, Tamura Masachika, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第71回日本循環器学会学術集会, 2007年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The relationship between the exercise-induced ventricular dyssynchrony and MR changes in patients with chronic heart failure

    Suzuki Kengo, Osada Naohiko, Nakagawa Takafumi, Izumo Masaaki, Sekiduka Hiromitsu, Shimozato Takashi, Ishibashi Yuki, Hayashi Akio, Kida Keisuke, Yoneyama Kihei, Takahashi Eiji, Tamura Masachika, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第71回日本循環器学会学術集会, 2007年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The relationship between left ventricular diastolic pressure and pulmonary artery pressure changes during exercise in patients with chronic heat failure.

    Suzuki Kengo, Osada Naohiko, Nakagawa Takafumi, Izumo Masaki, Sekiduka Hiromitsu, Shimozato Takashi, Ishibashi Yuki, Hayashi Akio, Kida Keisuke, Yoneyama Kihei, Takahashi Eiji, Tamura Masachika, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第71回日本循環器学会学術集会, 2007年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Relationship between cardiac function during exercise and sleep disordered breathing in patients with chronic heart failure

    Yoneyama Kihei, Osada Naohiko, Izumo Masaki, Sekiduka Hiromitsu, Nakagawa Takafumi, Shimozato Takashi, Ishibashi Yuki, Hayashi Akio, Kida Keisuke, Takahashi Eiji, Tamura Masachika, Suzuki Kengo, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第71回日本循環器学会学術集会, 2007年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Sleep apnea syndrome and sleep blood pressure in patient without hypertension.

    Sekiduka Hiromitsu, Kida Keisuke, Osada Naohiko, Izumo Masaki, Nakagawa Takafumi, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Hayashi Akio, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Suzuki Kengo, Tamura Masachika, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第71回日本循環器学会学術集会, 2007年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Peak cough flow測定の再現性

    山川梨絵, 横山仁志, 武市尚也, 岡田一馬, 石阪姿子, 井澤和大, 平木幸治, 森尾裕志, 渡辺敏

    第42回日本理学療法学術大会, 2007年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Lower muscle volume and strength affected the reason of exercise temination in patients with chronic heart failure.

    Shimozato Takashi, Kida Keisuke, Osada Naohiko, Sekiduka Hiromitsu, Izumo Masaki, Nakagawa Takafumi, Ishibashi Yuki, Hayashi Akio, Yoneyama Kihei, Takahashi Eiji, Tamura Masachika, Suzuki Kengo, Inoue Koji, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第71回日本循環器学会学術集会, 2007年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 理学療法におけるリスク管理

    井澤和大

    日本理学療法士協会現職者講習会, 2006年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 慢性心不全患者における睡眠呼吸障害の程度とQOLの関連に関する検討

    田村正近, 長田尚彦, 木田圭亮, 米山喜平, 高橋英二, 林明生, 鈴木健吾, 鈴木香絵, 下里卓史, 井上康二, 東伸行, 宇野正人, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏

    第12回日本心臓リハビリテーション学会, 2006年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 慢性呼吸不全患者への呼吸理学療法の理論と手技

    高橋哲也, 井澤和大

    日総研出版主催 セミナー, 2006年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心不全患者の体重が運動耐容能の変化に及ぼす影響について

    下郷卓史, 長田尚彦, 木田圭亮, 米山喜平, 高橋英二, 林明生, 宇野正人, 田村正近, 鈴木健吾, 鈴木香絵, 東伸行, 井上康二, 明石嘉浩, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏

    第12回日本心臓リハビリテーション学会, 2006年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓血管術後の心臓・呼吸・嚥下リハビリテーション実施状況について

    渡辺敏, 井澤和大, 大宮一人, 幕内晴朗

    第20回日本冠疾患学会学術集会, 2006年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓リハビリテーションにおける理学療法の視点

    井澤和大

    第12回日本心臓リハビリテーション学会, 2006年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心臓リハビリテーションにおける運動指導方策―回復期から維持期にかけて―

    井澤和大

    第5回「山形心臓リハビリテーション研究会」学術講演会, 2006年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 心疾患患者の運動療法効果に睡眠呼吸障害が及ぼす影響について

    長田尚彦, 木田圭亮, 米山喜平, 高橋英二, 林明夫, 下里卓史, 田村正近, 鈴木健吾, 鈴木香絵, 東伸行, 井上康二, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏

    第12回日本心臓リハビリテーション学会, 2006年, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 心疾患患者における身体活動セルフ・エフィカシーに対する日常生活動作トレーニングを併用した回復期プログラムの検討

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人

    第41回日本理学療法学術大会, 2006年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症心不全例に対する両心ペーシング手術前後の臨床経過

    渡辺敏, 井澤和大, 高木明彦, 大宮一人

    第41回日本理学療法学術大会, 2006年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 指示棒を用いたFunctional Reach Testと姿勢安定度評価指標および前後・左右バランスとの関係について

    森尾裕志, 大森圭貢, 井澤和大, 寺尾詩子, 川間健之介

    第41回日本理学療法学術大会, 2006年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢心大血管疾患患者における下肢筋力, 前方リーチ距離と歩行自立度との関連について

    森尾裕志, 井澤和大, 渡辺敏, 大森圭貢, 田中彩乃, 大宮一人, 川間健之介

    第12回日本心臓リハビリテーション学会, 2006年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 虚血性心疾患患者における健康関連QOL( Health related quality of life) 向上のための運動指導方策

    井澤和大

    早稲田大学人間科学学術院人間科学研究, 2006年, 日本語, 国内会議

    その他

  • 急性心筋梗塞患者における心臓リハビリテーション施行不可例の検討

    西山昌秀, 渡辺敏, 井澤和大, 平木幸治, 森尾裕志, 長田尚彦, 大宮一人

    第12回日本心臓リハビリテーション学会, 2006年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性心筋梗塞の運動療法

    井澤和大

    日本理学療法士協会内部障害セミナー, 2006年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 冠動脈疾患患者におけるウエスト周囲径測定の有用性についての検討

    平木幸治, 井澤和大, 渡辺敏, 石黒友康, 長田尚彦, 大宮一人

    第41回日本理学療法学術大会, 2006年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 回復期心臓リハビリテーション参加時点での患者背景因子における性差についての検討

    井澤和大, 岡浩一朗, 渡辺敏, 横山仁志, 平木幸治, 森尾裕志, 西山昌秀, 長田尚彦, 大宮一人

    第12回日本心臓リハビリテーション学会, 2006年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リハビリテーションとQuality of life-心疾患患者における健康関連QOL (Health-Related Quality of Life)向上のための運動指導方策

    井澤和大

    筑波大学大学院教育研究科特別講義, 2006年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • The training effects of skeletal muscle strength and muscle volume to improve functional capacity in heart failure patients.

    Kida Keisuke, Osada Naohiko, Samejima Hisanori, Inoue Koji, Akashi Yoshihiro, Seki Atsushi, Tamura Masachika, Suzuki Kengo, Azuma Nobuyuki, Itoh Kae, Uno Masato, Yoneyama Kihei, Takahashi Eiji, Hayashi Akio, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第70回日本循環器学会学術集会, 2006年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The relationship between the severity of sleep apnea syndrome and risk of cardiovascular events in chronic heart failure patients.

    Suzuki Kengo, Osada Naohiko, Samejima Hisanori, Inoue Koji, Akashi Yoshihiro, Seki Atsushi, Tamura Masachika, Azuma Nobuyuki, Itoh Kae, Uno Masato, Kida Keisuke, Yoneyama Kihei, Takahashi Eiji, Hayashi Akio, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第70回日本循環器学会学術集会, 2006年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The relationship between reverse remodelling and sleep apnea syndrome.

    Shimozato Takashi, Osada Naohiko, Samejima Hisanori, Inoue Koji, Akashi Yoshihiro, Seki Atsushi, Tamura Masachika, Suzuki Kengo, Azuma Nobuyuki, Itoh Kae, Uno Masato, Kida Keisuke, Yoneyama Kihei, Takahashi Eiji, Hayashi Akio, Ishibashi Yuki, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第70回日本循環器学会学術集会, 2006年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The relationship between myocardial hypertrophy in obstructive sleep apnea syndrome.

    Osada Naohiko, Samejima Hisanori, Inoue Koji, Akashi Yoshihiro, Seki Atsushi, Tamura Masachika, Suzuki Kengo, Azuma Nobuyuki, Itoh Kae, Uno Masato, Kida Keisuke, Yoneyama Kihei, Takahashi Eiji, Hayashi Akio, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第70回日本循環器学会学術集会, 2006年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The relationship between adiponectin affecting to body composition, skeletal muscle strength and functional capacity in heart failure patients.

    Tamura Masachika, Osada Naohiko, Samejima Hisanori, Inoue Koji, Akashi Yoshihiro, Seki Atsushi, Kida Keisuke, Suzuki Kengo, Azuma Nobuyuki, Itoh Kae, Uno Masato, Yoneyama Kihei, Takahashi Eiji, Hayashi Akio, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Wtanabe Satoshi

    第70回日本循環器学会学術集会, 2006年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The impact of skeletal muscle strength and volume on the improvement of functional capacity in patients with postoperative heart disease

    Kida Keisuke, Osada Naohiko, Samejima Hisanori, Inoue Koji, Akashi Yoshihiro, Seki Atsushi, Tamura Masachika, Suzuki Kengo, Azuma Nobuyuki, Itoh Kae, Uno Masato, Yoneyama Kihei, Takahashi Eiji, Hayashi Akio, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第70回日本循環器学会学術集会, 2006年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Muscle strength in relation to levels of disease severity in patients with heart failure.

    Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi, Osada Naohiko, Suzuki Kengo, Samejima Hisanori, Omiya Kazuto

    第70回日本循環器学会学術集会, 2006年, 英語, 国内会議

    ポスター発表

  • Marianna Heart Failure Questionnaire(MHQ)を用いた心不全患者の予後予測に関する検討

    田村政近, 大宮一人, 林明生, 米山喜平, 高橋英二, 木田圭亮, 東伸行, 宇野正人, 鈴木香絵, 鈴木健吾, 井上康二, 長田尚彦, 三宅良彦, 井澤和大, 岡浩一朗, 山田純生

    第54回日本心臓病学会学術集会, 2006年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Impact of sleep-disordered breathing on the exercise training effect in patients with myocardial infarction.

    Uno Masato, Osada Naohiko, Samejima Hisanori, Inoue Koji, Akashi Yoshihiro, Seki Atsushi, Tamura Masachika, Suzuki Kengo, Azuma Nobuyuki, Itoh Kae, Kida Keisuke, Yoneyama Kihei, Takahashi Eiji, Hayashi Akio, Ishibashi Yuki, Shimozato Takashi, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第70回日本循環器学会学術集会, 2006年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 理学療法におけるリスク管理

    井澤和大

    日本理学療法士協会現職者講習会, 2005年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 歩行運動に下肢筋力トレーニングを併用した自主トレーニングが心臓リハビリテーション終了後長期の身体機能指標に及ぼす影響

    井澤和大, 渡辺敏

    第40回日本理学療法学術大会, 2005年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 睡眠時無呼吸症候群が急性心筋梗塞回復期リハビリテーション

    宇野正人, 長田尚彦, 井上康二, 大宮一人, 鈴木健吾, 田村政近, 林明生, 高橋英二, 木田圭亮, 東伸行, 伊藤香絵, 関敦, 鮫島久紀, 井澤和大, 渡辺敏, 三宅良彦

    第11回日本心臓リハビリテーション学会, 2005年, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 心不全患者の四肢筋力水準について

    渡辺敏, 井澤和大, 大宮一人, 長田尚彦, 鮫島久紀

    第40回日本理学療法学術大会, 2005年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 心臓外科術後患者の身体機能,健康関連QOLおよび身体活動セルフ・エフィカシーの経時的変化とその関連性について

    平野康之, 井澤和大, 渡辺敏, 大宮一人, 山田純生, 岡浩一朗, 飯島節

    第40回日本理学療法学術大会, 2005年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓リハビリテーション終了後における筋力トレーニングの継続が身体活動セルフ・エフィカシーに及ぼす影響と下肢筋力値との関連について

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗, 鮫島久紀, 長田尚彦, 大宮一人

    第11回日本心臓リハビリテーション学会, 2005年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性心筋梗塞患者における臨床的背景の経時的推移についての検討

    西山昌秀, 井澤和大, 渡辺敏, 大宮一人, 長田尚彦

    第40回日本理学療法学術大会, 2005年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性心筋梗塞の運動療法

    井澤和大

    日本理学療法士協会内部障害セミナー, 2005年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 冠疾患症例のQOL維持にはたすコメディカルの役割-虚血性心疾患患者における健康関連QOL向上のための運動指導方策

    井澤和大, 渡辺敏, 岡浩一朗, 長田尚彦, 大宮一人

    第19回日本冠疾患学会学術集会, 2005年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 外来心不全患者の筋力・体脂肪率・筋肉率について

    渡辺敏, 井澤和大, 大宮一人, 長田尚彦, 鮫島久紀, 宇野正人, 鈴木健吾, 三宅良彦

    第11回日本心臓リハビリテーション学会, 2005年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リハビリテーション医療の基礎知識

    井澤和大

    JA主催介護ヘルパー二級研修会, 2005年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • カナダへの留学の経験

    井澤和大

    日本理学療法士協会 国際部セミナー, 2005年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • The relationship between sleep-disordered breathing level and acute occurrence time of congestive heart failure

    Yoneyama Kihei, Osada Naohiko, Samejima Hisanori, Inoue Koji, Seki Atsushi, Tamura Masachika, Suzuki Kengo, Itoh Kae, Azuma Nobuyuki, Uno Masato, Kida Keisuke, Takahashi Eiji, Akashi Yoshihiro, Hayashi Akio, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第69回日本循環器学会学術集会, 2005年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The relationship between sleep apnea syndrome and the onset time of acute myocardial infarction.

    Takahashi Eiji, Osada Naohiko, Samejima Hisanori, Inoue Koji, Seki Atsushi, Tamura Masachika, Suzuki Kengo, Itoh Kae, Azuma Nobuyuki, Uno Masato, Kida Keisuke, Yoneyama Kihei, Hayashi Akio, Akashi Yoshihiro, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第69回日本循環器学会学術集会, 2005年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The relationship between sleep apnea syndrome and blood pressure control.

    Uno Masato, Osada Naohiko, SamejimaHisanori, Inoue Koji, Seki Atsushi, Akashi Yoshihiro, TamuraMasachika, Suzuki Kengo, Itoh Kae, AzumaNobuyuki, KidaKeisuke,TakahashiEiji, Yoneyama Kihei, Hayashi Akio, Omiya Kazuto, MiyakeFumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第69回日本循環器学会学術集会, 2005年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The relationship between H.pylori seropositivity and exercise capacity in heart failure patients.

    Suzuki Kengo, Osada Naohiko, Samejima Hisanori, Inoue Koji, Seki Atsushi, Tamura Masachika, Itoh Kae, Azuma Nobuyuki, Uno Masato, Kida Keisuke, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Hayashi Akio, Akashi Yoshihiro, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第69回日本循環器学会学術集会, 2005年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Impact of skeletal muscle strength and muscle volume on the improvement of functional capacity in cardiac patients

    Kida Keisuke, Osada Naohiko, SamejimaHisanori, Inoue Koji, Seki Atsushi, Akashi Yoshihiro, Tamura Masachika, Suzuki Kengo, Itoh Kae, Azuma Nobuyuki, Uno Masato, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Hayashi Akio, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第69回日本循環器学会学術集会, 2005年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Predictors of peak oxygen uptake in patients with chronic heart failure.

    Tamura Masachika, Osada Naohiko, Samejima Hisanori, Inoue Koji, Seki Atsushi, Suzuki Kengo, Itoh Kae, Azuma Nobuyuki, Uno Masato, Kida Keisuke, Takahashi Eiji, Yoneyama Kihei, Hayashi Akio, Akashi Yoshihiro, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第69回日本循環器学会学術集会, 2005年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Effect of self-monitoring approach during cardiac rehabilitation on exercise maintenance, self-efficacy, and physical activity over the long-term after myocardial infarction.

    Izawa KP, Watanabe S, Omiya K, Osada N

    Th 8 th Asian Federation of Sports Medicine Congress, 2005年, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • Effect of exercise training on skeletal muscle volume in cardiac patients.

    Takahashi Eiji, Osada Naohiko, Samejima Hisanori, Inoue Koji, Seki Atsushi, Akashi Yoshihiro, Tamura Masachika, Suzuki Kengo, Itoh Kae, Azuma Nobuyuki, Uno Masato, Kida Keisuke, Yoneyama Kihei, Hayashi Akio, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第69回日本循環器学会学術集会, 2005年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Association between oscillatory ventilation during exercise and central sleep apnea in patients with chronic heart failure

    Tamura Masachika, Osada Naohiko, Samejima Hisanori, Inoue Koji, Seki Atsushi, Suzuki Kengo, Itoh Kae, Azuma Nobuyuki, Uno Masato, Kida Keisuke, Takahasi Eiji, Yoneyama Kihei, Hayasi Akio, Akashi Yoshihiro, Omiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro, Watanabe Satoshi

    第69回日本循環器学会学術集会, 2005年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 理学療法におけるリスク管理

    井澤和大, 渡辺敏

    日本理学療法士協会現職者講習会, 2004年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 慢性心不全患者のための疾患特異的QOL尺度の臨床応用の検討

    田村政近, 大宮一人, 宇野正人, 鈴木健吾, 伊藤香絵, 東伸行, 井上康二, 明石嘉浩, 関敦, 鮫島久紀, 長田尚彦, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏, 山田純生, 岡浩一朗

    第10回日本心臓リハビリテーション学会, 2004年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 病前運動習慣は在宅運動療法の強度遵守に影響するか?

    小林亨, 山田純生, 井澤和大, 渡辺敏, 大宮一人, 岡浩一朗, 三宅良彦

    第10回日本心臓リハビリテーション学会, 2004年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病を合併した急性心筋梗塞患者における副交感神経機能と嫌気性代謝閾値との関連性についての検討

    笠原酉介, 井澤和大, 大宮一人, 長田尚彦, 松永篤彦, 増田卓

    第10回日本心臓リハビリテーション学会, 2004年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大動脈瘤人工血管置換術後運動療法の規定因子

    渡辺敏, 井澤和大, 小林亨, 松澤智美, 横山仁志, 笠原美千代, 大宮一人

    第39回日本理学療法学術大会, 2004年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 身体活動セルフ・エフィカシーに対する心臓リハビリテーションの影響についての検討

    井澤和大, 渡辺敏, 大宮一人, 平野康之, 山田純生, 岡浩一朗, 鮫島久紀, 長田尚彦

    第10回日本心臓リハビリテーション学会, 2004年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓血管外科術後リハビリテーションプログラム-クリティカルパス導入後の実態調査と遅延理由の検討

    松澤智美, 渡辺敏, 井澤和大, 小林亨, 森尾裕志, 大宮一人, 菊地慶太, 幕内晴朗

    第39回日本理学療法学術大会, 2004年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓リハビリテーション終了後の運動継続,セルフ・エフィカシー及び身体活動量に関する研究

    井澤和大, 平野康之, 渡辺敏, 小林亨, 山田純生, 岡浩一朗, 大宮一人

    第39回日本理学療法学術大会, 2004年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓リハビリテーションの“Core”ジャーナル

    河野裕治, 高橋哲也, 熊丸めぐみ, 山田宏美, 廣瀬真純, 井澤和大, 畦地萌, 横沢尊代, 桜井繁樹, 安達仁, 大島茂, 谷口興一

    第10回日本心臓リハビリテーション学会, 2004年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性心筋梗塞患者における二次予防に関する意識調査-病前運動習慣に着目して

    平澤有里, 渡辺敏, 山田純生, 井澤和大, 小林亨, 岡浩一朗, 大宮一人, 武者春樹, 笹益雄

    第39回日本理学療法学術大会, 2004年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性心筋梗塞の運動療法

    井澤和大

    日本理学療法士協会内部障害セミナー, 2004年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 回復期運動療法における体組成の経時的変化についての検討

    平木幸治, 井澤和大, 石黒友康, 渡辺敏, 小林亨, 鮫島久紀, 長田尚彦, 大宮一人

    第10回日本心臓リハビリテーション学会, 2004年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リハビリテーション医療の基礎知識―障害者の理解のためにー

    井澤和大

    JA主催介護ヘルパー二級研修会, 2004年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Physical activity, self-efficacy, and health-related quality of life outcomes 1 and 3 year after onset of acute myocardial infarction.

    Izawa Kazuhiro, Hirano Yasuyuki, Watanabe Satoshi, Omiya Kazuto, Kobayashi Toru, Yamada Sumio, Oka Koichiro, Kasahara Yusuke

    第68回日本循環器学会学術集会, 2004年, 英語, 国内会議

    ポスター発表

  • Effect of self-monitoring during cardiac rehabilitation on exercise maintenance, self-efficacy, and physical activity after acute myocardial infarction.

    Izawa Kazuhiro, Hirano Yasuyuki, Watanabe Satoshi, Omiya Kazuto, Yamada Sumio, Oka Koichiro

    第68回日本循環器学会学術集会, 2004年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 理学療法におけるリスク管理

    井澤和大

    日本理学療法士協会現職者講習会, 2003年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 慢性心不全患者の神経体液性因子に及ぼす体重減少の影響

    田村政近, 長田尚彦, 宇野正人, 鈴木健吾, 伊藤香絵, 東伸行, 井上康二, 明石嘉浩, 関敦, 鮫島久紀, 鈴木規之, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏

    第9回日本心臓リハビリテーション学会, 2003年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 慢性心不全患者における運動療法終了後の運動耐容能の推移に関する検討

    宇野正人, 長田尚彦, 田村政近, 鈴木健吾, 伊藤香絵, 東伸行, 井上康二, 明石嘉浩, 関敦, 鮫島久紀, 鈴木規之, 大宮一人, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏

    第9回日本心臓リハビリテーション学会, 2003年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 病前運動習慣は在宅運動療法の選択基準となるか?

    山田純生, 小林亨, 井澤和大, 平澤有里, 渡辺敏, 岡浩一朗, 大宮一人, 長田尚彦, 鈴木規之

    第9回日本心臓リハビリテーション学会, 2003年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 病前運動習慣は在宅運動療法の強度遵守に影響するか?

    小林亨, 山田純生, 井澤和大, 渡辺敏, 大宮一人, 岡浩一郎, 三宅良彦

    第9回日本心臓リハビリテーション学会, 2003年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大動脈瘤症例の運動療法効果判定について

    渡辺敏, 井澤和大, 小林亨, 平澤有里, 松澤智美, 大宮一人

    第38回日本理学療法学術大会, 2003年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心不全患者の運動療法-心臓リハビリテーションにおける健康関連QOL(Health-Related Quality of Life)

    井澤和大

    日本理学療法士協会内部障害学系, 2003年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心臓血管外科術後におけるクリティカルパス導入の効果

    松澤智美, 渡辺敏, 山田純生, 平澤有里, 井澤和大, 小林亨, 竹谷晋二, 菊地慶太, 幕内晴朗, 大宮一人, 三宅良彦

    第9回日本心臓リハビリテーション学会, 2003年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓外科術後患者における身体機能と健康関連QOLの経時的変化―冠動脈バイパス術後患者と弁置換術後患者の比較―

    平野康之, 井澤和大, 渡辺敏, 小林亨, 笠原酉介, 大宮一人, 山田純生, 岡浩一朗, 三宅良彦

    第9回日本心臓リハビリテーション学会, 2003年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心疾患運動療法の効果と目標

    大宮一人, 長田尚彦, 鈴木規之, 三宅良彦, 井澤和大, 渡辺敏, 山田純生

    第10回臨床運動療法研究会, 2003年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心筋梗塞患者の運動療法

    井澤和大

    日本理学療法士協会専門部会内部障害セミナー, 2003年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心筋梗塞患者における心臓リハビリテーション終了後の運動継続率と健康関連QOL

    井澤和大, 平野康之, 渡辺敏, 平木幸治, 笠原酉介, 大宮一人, 山田純生, 岡浩一朗, 飯島節, 三宅良彦

    第9回日本心臓リハビリテーション学会, 2003年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心筋梗塞患者における心機能重症度別の健康関運QOLの検討

    井澤和大, 平野康之, 渡辺敏, 小林亨, 笠原美千代, 大宮一人, 山田純生, 岡浩一朗, 三宅良彦, 飯島節

    第9回日本心臓リハビリテーション学会, 2003年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 虚血性心疾患患者におけるβ遮断薬が嫌気性代謝閾値時心拍数に与える影響

    笠原酉介, 大森圭貢, 井澤和大, 森尾裕志, 武田秀和, 武者春樹

    第58回日本体力医学会, 2003年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 虚血性心疾患における運動指導方策

    井澤和大, 岡浩一朗

    第38回日本理学療法学術大会, 2003年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Relationship between skeletal muscle function and cardiopulmonary exercise testing parameters in heart failure Patients.

    Suzuki Kengo, Omiya Kazuto, Yamada Sumio, Uno Masato, Tamura Masachika, Itoh Kae, Azuma Nobuyuki, Seki Atsushi, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Suzuki Noriyuki, Osada Naohiko, Miyake Fumihiko, Izawa Kazuhiro

    第67回日本循環器学会学術集会, 2003年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Improvement in physiologic measures and health-related quality of life following cardiac rehabilitation in patients with acute myocardial infarction in Japan.

    Izawa KP, Hirano Y, Yamada S, Oka K, Omiya K, Miyake F

    The 14th International congress of the world confederation for physical therapy, 2003年, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • Improvement in physiologic measures and health-related quality of life following cardiac rehabilitation in patients with acute myocardial infarction.

    Izawa Kazuhiro, Yamada Sumio, Oka Koichiro, Hirano Yasuyuki, Kasahara Yusuke, Omiya Kazuto, Osada Naohiko, Tamura Masachika, Suzuki Noriyuki, Miyake Fumihiko, Iijima Setsu

    第67回日本循環器学会学術集会, 2003年, 英語, 国内会議

    ポスター発表

  • Impaired chronotropic response to exercise in patients acute myocardial infarction with type II diabetes mellitus.

    Izawa KP, Tanabe K, Omiya K, Yamada S, Miyake F

    The 14th International congress of the world confederation for physical therapy, 2003年, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • Disparate effects of exercise training on exercise tolerance in myocardial infarction patients with and without insulin resistance.

    Omiya Kazuto, Itoh Kae, Suzuki Kengo, Tamura Masachika, Azuma Nobuyuki, Seki Atsushi, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Suzuki Noriyuki, Osada Naohiko, Uno Masato, Izawa Kazuhiro, Yamada Sumio, Miyake Fumihiko, Itoh Haruki

    第67回日本循環器学会学術集会, 2003年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Development of a measure for disease-specific symptoms in heart failure patients.

    Tamura Masachika, Omiya Kazuto, Uno Masato, Azuma Nobuyuki, Suzuki Kengo, Itoh Kae, Seki Atsushi, Akashi Yoshihiro, Inoue Koji, Suzuki Noriyuki, Osada Naohiko, Miyake Fumihiko, Yamada Sumio, Izawa Kazuhiro, Oka Kouichiro

    第67回日本循環器学会学術集会, 2003年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 理学療法におけるリスク管理

    井澤和大

    日本理学療法士協会現職者講習会, 2002年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 病前運動習慣は心リハ外来頻度の決定要因の一つとして有用である

    山田純生, 井澤和大, 小林亨, 平澤有里, 渡辺敏, 大宮一人, 長田尚彦, 鈴木規之, 岡浩一朗

    第8回日本心臓リハビリテーション学会, 2002年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 病前運動習慣の欠如は在宅運動療法の脱落を予測させる因子か

    小林亨, 山田純生, 井澤和大, 平澤有里, 長谷川輝美, 大宮一人, 長田尚彦, 鈴木規之, 岡浩一朗

    第8回日本心臓リハビリテーション学会, 2002年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 体重別の急性心筋梗塞患者のリハビリ効果に関する検討

    田村政近, 大宮一人, 宇野正人, 鈴木健吾, 伊藤香絵, 東伸行, 関敦, 明石嘉浩, 井上康二, 鈴木規之, 長田尚彦, 井澤和大, 山田純生, 田辺一彦, 三宅良彦

    第8回日本心臓リハビリテーション学会, 2002年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓外科術後患者の健康関連Quality of Lifeの測定

    平野康之, 井澤和大, 山田純生, 岡浩一朗, 笠原酉介, 大宮一人, 三宅良彦

    第37回日本理学療法学術大会, 2002年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心筋梗塞患者のインスリン抵抗性と運動療法効果についての検討

    鈴木健吾, 大宮一人, 宇野正人, 田村政近, 伊藤香絵, 東伸行, 関敦, 明石嘉浩, 井上康二, 鈴木規之, 長田尚彦, 井澤和大, 山田純生, 田辺一彦, 三宅良彦

    第8回日本心臓リハビリテーション学会, 2002年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心筋梗塞患者における健康関連QOLに対する運動療法を主体とした回復期心臓リハビリテーションの効果

    井澤和大, 山田純生, 岡浩一朗, 平野康之, 笠原酉介, 大宮一人, 三宅良彦

    第37回日本理学療法学術大会, 2002年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 理学療法におけるリスク管理

    井澤和大, 渡辺敏

    日本理学療法士協会現職者講習会, 2001年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 身体活動セルフ・エフィカシー尺度-心臓リハビリテーションへの応用

    岡浩一朗, 山田純生, 井澤和大, 大宮一人, 三宅良彦, 村山正博

    第36回日本理学療法学術大会, 2001年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心臓リハビリテーションと臨床スポーツ医学-行動変容を促すアプローチ-身体活動・運動の増進

    岡浩一朗, 山田純生, 井澤和大, 大宮一人, 三宅良彦

    第12回日本臨床スポーツ医学会, 2001年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心疾患患者における健康関連Quality of life向上に果たす身体活動セルフ・エフィカシーの役割

    井澤和大, 山田純生, 岡浩一朗, 大宮一人, 三宅良彦, 村山正博

    第36回日本理学療法学術大会, 2001年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心筋梗塞患者の不安・抑うつ改善に対する心臓リハビリテーションの役割

    岡浩一朗, 山田純生, 井澤和大, 大宮一人, 三宅良彦, 村山正博

    第7回日本心臓リハビリテーション学会, 2001年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性解離性大動脈瘤患者の退院後QOLの検討

    渡辺敏, 山田純生, 岡浩一朗, 井澤和大, 大宮一人, 三宅良彦, 村山正博

    第7回日本心臓リハビリテーション学会, 2001年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急激な減量後に胆石症を生じた若年心筋梗塞の1例

    田村政近, 大宮一人, 鈴木健吾, 伊藤香絵, 井上康二, 横山泰廣, 鈴木規之, 田辺一彦, 三宅良彦, 村山正博, 笠原酉介, 井澤和大, 長谷川輝美, 山田純生

    第7回日本心臓リハビリテーション学会, 2001年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 運動の習慣化を目的とする運動指導方策として, 行動変容のtranstheoretical model(TTM)には臨床的有用性があるか?

    山田純生, 岡浩一朗, 井澤和大, 大宮一人, 三宅良彦, 村山正博

    第7回日本心臓リハビリテーション学会, 2001年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Time courses of changes of health-related quality of life outcomes during cardiac exercise program.

    Izawa Kazuhiro, Yamada Sumio, Oka Koichiro, Ohmiya Kazuto, Miyake Fumihiko, Murayama Masahiro

    第65回日本循環器学会学術集会, 2001年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 理学療法におけるリスク管理

    井澤和大, 渡辺敏

    日本理学療法士協会現職者講習会, 2000年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 糖尿病合併心筋梗塞患者における運動負荷時の交感神経刺激心拍反応

    井澤和大, 山田純生, 大宮一人, 横山泰廣, 鈴木規之, 山本明子, 大矢美佐, 鮫島久紀, 関敦, 明石嘉浩

    第64回日本循環器学会学術集会, 2000年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心筋梗塞患者の運動後回復期酸素摂取量時定数に及ぼす下肢筋力とリハビリテーションの影響

    井上康二, 大宮一人, 明石嘉浩, 関敦, 鮫島久紀, 鈴木規之, 田辺一彦, 三宅良彦, 村山正博, 井澤和大, 長谷川輝美, 山崎裕司, 渡辺敏, 山田純生

    第6回日本心臓リハビリテーション学会, 2000年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性解離性大動脈瘤患者の退院後QOLの検討

    渡辺敏, 山田純生, 岡浩一朗, 井澤和大, 大宮一人, 三宅良彦, 村山正博

    第6回日本心臓リハビリテーション学会, 2000年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 回復期心臓リハビリテーションの成果指標への健康関連QOL(SF-36)の導入

    井澤和大, 山田純生, 岡浩一朗, 大宮一人, 三宅良彦, 村山正博

    第6回日本心臓リハビリテーション学会, 2000年, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 回復期心臓リハビリテーションにおける運動行動およびその関連要因の変容

    岡浩一朗, 山田純生, 井澤和大, 大宮一人, 三宅良彦, 村山正博

    第6回日本心臓リハビリテーション学会, 2000年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 運動の習慣化を目的とする運動指導方策として, 行動変容のTranstheoretical Modelには臨床的有用性があるか?

    山田純生, 岡浩一朗, 井澤和大, 大宮一人, 三宅良彦, 村山正博

    第6回日本心臓リハビリテーション学会, 2000年, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • うっ血性心不全患者の下肢筋力と呼気ガス分析による諸指標との関連についての検討

    大宮一人, 井上康二, 明石嘉浩, 関敦, 鮫島久紀, 鈴木規之, 田辺一彦, 村山正博, 井澤和大, 長田尚彦

    第48回日本心臓病学会学術集会, 2000年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Readiness for exercise, physical activity level and health-related(HR)QOL in patients with old myocardial infarction (OMI).

    Yamada S, Oka K, Izawa K, Omiya K, Miyake F, Murayama M

    The 7th World Congress of cardiac rehabilitation and secondary prevention, 2000年, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • Correlates of physically active lifestyles following cardiac rehabilitation among patients with myocardial infarction.

    Oka K, Yamada S, Izawa K, Omiya K, Miyake F, Murayama M

    International Journal of Behavioral Medicine, Brisbane., 2000年, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • 理学療法におけるリスク管理

    井澤和大, 渡辺敏

    日本理学療法士協会現職者講習会, 1999年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 糖尿病合併心筋梗塞患者の運動時呼気ガス指標の異常とその機序

    井澤和大, 石黒友康, 田辺一彦, 長田尚彦, 山本明子, 鈴木規之, 鮫島久紀, 関敦, 村山正博, 山田純生

    第63回日本循環器学会学術集会, 1999年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病合併心筋梗塞患者における運動時呼気ガス指標の異常について

    井澤和大, 石黒友康, 大宮一人, 横山泰康, 鈴木規之, 長田尚彦, 田辺一彦, 伊東春樹, 三宅良彦, 村山正博

    第47回日本心臓病学会学術集会, 1999年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Cardiovascular response to automobile driving by patients in the early recovery phase of acute myocardial infarction after discharge.

    Izawa K, Yamada S, Yasuji K, Yamasaki H, Ohmiya K, Tanabe K, Osada N, Miyake F, Murayama M

    13th International congress of the world confederation for physical therapy, 1999年, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • Treadmill歩行における角度と速度負荷条件下でのstride歩行の影響

    井澤和大, 大森豊, 山田純生, 野中聡, 笠原美千代, 青木治人

    第33回日本理学療法学術大会, 1998年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Semi-Recumbent Cycle(半臥位型自転車)最大努力駆動の筋活動量について

    野中聡, 大森豊, 杉本論, 山田純生, 青木治人, 井澤和大

    第33回日本理学療法学術大会, 1998年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性心筋梗塞患者における退院早期の自動車運転時心血管反応の検討

    井澤和大, 山田純生, 黒澤保壽, 山崎裕司, 田辺一彦, 長田尚彦, 村山正博

    第3回日本心臓リハビリテーション学会, 1997年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 回復期心筋梗塞患者における主観的運動強度の経時的変化について

    井澤和大, 山崎裕司, 横山仁志, 青木詩子, 黒澤保壽, 山田純生, 青木治人, 田辺一彦, 長田尚彦, 横山泰廣

    第32回日本理学療法学術大会, 1997年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Increased exercise ventilation in patients with acute myocardial infarction.

    Takahashi T, Yamada S, Izawa K, Tanabe K, Murayama M

    Australian PhysiotherapyAssociation 5th National Cardiothoracic Special Group Conference, 1997年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 1 Repetition Maximumの測定

    横山仁志, 山崎裕司, 大森圭貢, 平木幸治, 井澤和大, 青木詩子, 青木治人

    第32回日本理学療法学術大会, 1997年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 急性心筋梗塞患者の退院早期の自動車運転時心血管反応

    山田純生, 井澤和大, 黒澤保壽, 山崎裕司, 田辺一彦, 村上正博

    第31回日本理学療法学術大会, 1996年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 回復期心筋梗塞患者における主観的運動強度と生理学的指標との解離について

    井澤和大, 山崎裕司, 横山仁志, 青木詩子, 山田純生, 青木治人, 田辺一彦, 長田尚彦, 横山泰廣, 山本明子

    第31回日本理学療法学術大会, 1996年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下肢筋群における1 Repetition Maximumの測定

    横山仁志, 山崎裕司, 大森圭貢, 青木詩子, 井澤和大, 青木治人

    第31回日本理学療法学術大会, 1996年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院療育外来システムにおける地域療育施設への移行時期の検討

    黒澤保壽, 寺本みかよ, 網木和, 井澤和大, 横山仁志, 山田純生, 青木治人, 江川文誠

    第30回日本理学療法学術大会, 1995年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本臨床運動療法学会

  • 日本腎臓リハビリテーション学会

  • 日本心不全学会

  • 日本国際保健医療学会

  • 日本リハビリテーション栄養研究会

  • 日本循環器心身医学会

  • 日本循環器学会

  • 日本心臓リハビリテーション学会

  • 日本理学療法士協会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 在宅心臓リハビリテーション確立に向けた客観的な身体活動・座位行動の予測モデル構築

    内藤 紘一

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2019年04月 - 2022年03月

    競争的資金

  • 井澤 和大

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2017年04月 - 2020年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 小林 成美

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2016年04月 - 2019年03月

    競争的資金

  • 地域在住脳卒中患者に対する多職種介入よる遠隔診療を用いた再発予防プログラムの効果検証

    金居 督之

    大阪ガスグループ福祉財団 研究助成, 2019年

    競争的資金

  • 幼児期の体格はその保護者のソーシャル・キャピタルに関連するか?

    井澤 和大

    公益財団法人 前川財団 2019年度 家庭・地域教育助成, 2019年, 研究代表者

    競争的資金

  • 急性期病院における軽症脳梗塞患者に対するセルフ・モニタリングを用いた身体活動促進が脳梗塞再発に与える影響

    金居 督之

    公益財団法人 日本科学協会 笹川科学 研究助成, 2016年

    競争的資金

  • Meaning of geriatric nutritional risk index measurement for physical functions and psychosocial factors improvement in cardiac patients with diabetes mellitus.

    井澤 和大

    平成27年度 神戸大学大学院保健学研究科 若手研究者育成支援経費, 2015年, 研究代表者

    競争的資金

  • 海外在住邦人におけるライフスタイルと心身の健康に関する調査研究

    井澤 和大

    財団法人 日本リハビリテーション振興会 財団法人 日本リハビリテーション振興会 研究助成, 2015年, 研究代表者

    競争的資金

  • 高齢患者における最速歩行時の歩幅とバランス能力, 歩行自立度に関する研究

    森尾 裕志

    財団法人 日本リハビリテーション振興会 財団法人 日本リハビリテーション振興会 研究助成, 2012年

    競争的資金

  • 慢性心不全患者における運動耐容能向上のための身体活動の目標値に関する研究

    井澤 和大

    公益財団法人 ひと・健康・未来研究財団 研究助成, 2010年, 研究代表者

    競争的資金

  • 心疾患患者に対する回復期心臓リハビリテーションが身体的側面と心理的側面に及ぼす影響-高齢群と壮年群との比較-

    井澤 和大

    財団法人 日本リハビリテーション振興会 財団法人 日本リハビリテーション振興会 研究助成, 2008年, 研究代表者

    競争的資金

  • 親のヘルスリテラシーはその幼児の睡眠習慣に関係するか?

    井澤和大

    公益財団法人 前川財団 2020年度 家庭・地域教育助成, 研究代表者