研究者紹介システム

宇野 知秀
ウノ トモヒデ
大学院農学研究科 生命機能科学専攻
教授
生物関係
Last Updated :2021/04/12

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院農学研究科 生命機能科学専攻
  • 【配置】

    農学部 生命機能科学科

学位

  • 博士(理学), 大阪大学

研究シーズ

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 生命科学

コメントテーマ

  • 昆虫生化学
  • チトクロームP450
  • 昆虫の脳
  • 麹菌
  • 日本酒

研究活動

研究キーワード

  • P450
  • 昆虫生化学

研究分野

  • ライフサイエンス / 応用生物化学
  • 環境・農学 / 昆虫科学

受賞

  • 2014年07月 日本学術振興会, ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞, 科学研究費社会還元事業であるひらめきときめきサイエンスを継続的に行ってきたこと

    宇野 知秀

    その他の賞

論文

  • Yoshihiro Shiomi, Makoto Yoshimura, Yuko Hori, Yuta Ohira, Kenji Nagahama, Tomoko Ozaki, Mineo Takei, Takao Tanaka, Tomohide Uno

    BACKGROUND: Anorexia is a serious problem in patients with gastric cancer who have undergone gastrectomy. Ghrelin, an orexigenic hormone primarily secreted from the stomach, has been proposed to prevent anorexia. Significant reduction in plasma ghrelin levels after gastrectomy may contribute to lack of appetite and weight loss. In this study, we investigated the effects of Z-505, a ghrelin receptor agonist, on anorexia after total gastrectomy (TG) in a rat model. METHODS AND MATERIALS: Male Sprague-Dawley rats were used to establish a TG model, and then sham-operated (control) and TG rats were randomly assigned to four subgroups receiving administration of Z-505 (100 mg/kg, p.o., once daily) or vehicle for 14 d from day 14 to day 27 after TG. The food intake, body weight, and fat weight were evaluated during the test period. Moreover, the neuronal activity in the hypothalamus was evaluated on day 21 to investigate the mechanism of action of Z-505. RESULTS: In TG rats, Z-505 significantly improved the decrease in cumulative food intake induced by the surgery over 14 d (TG + vehicle; 213.8 ± 15.3 g, n = 12 versus TG + Z-505; 258.2 ± 13.1 g, n = 14, P < 0.05). Z-505 also significantly increased fat weight and had a milder effect on body weight over 14 d. In addition, Z-505 significantly increased the number of c-Fos-positive cells in the hypothalamic arcuate nucleus (TG + vehicle; 17.8 ± 2.0, n = 12 versus TG + Z-505; 72.2 ± 11.8, n = 12, P < 0.001). CONCLUSIONS: Z-505 may be a useful therapeutic treatment for anorexia after TG.

    2020年02月, The Journal of surgical research, 246, 527 - 534, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Kohji Yamamoto, Takuya Tsubota, Tomohide Uno, Yutaro Tsujita, Shingo Yokota, Hideki Sezutsu, Kazuei Mita

    We had previously reported a prostaglandin E synthase (bmPGES) in the silkworm Bombyx mori that catalyzes the isomerization of PGH2 to PGE2. The present study aimed to provide a genome-editing characterization of bmPGES in B. mori. Results showed bmPGES gene disruption to result in a reduced content of PGE2. The change affected the expression of chorion genes and egg formation in silkworms. Collectively, the results indicated that bmPGES could be involved in reproduction of B. mori. Therefore, this study provides insights into the physiological role of bmPGES and PGE2 in silkworms.

    2020年01月08日, Biochemical and biophysical research communications, 521 (2), 347 - 352, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Functional characterization of insect-specific RabX6 of Bombyx mori

    Tomohide UNO, Yusuke OZAKIYA, Masayuki FURUTANI, Katsuhiko SAKAMOTO, Yuichi UNO, Kengo KANAMARU, Akira MIZOGUCHI

    2019年01月, Histochemistry and Cell Biology, 151, 187 - 198, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Molecular and functional characterization of the American cockroach, Periplaneta americana, Rab5: the first exopterygotan low molecular weight ovarian GTPase during oogenesis

    Mohamed Elmogy, Amr.A Mohamed, Muhammad Tufail, Tomohide Uno, Makio Takeda

    The small Rab GTPases are key regulators of membrane vesicle trafficking. Ovaries of Periplaneta americana (Linnaeus) (Blattodea: Blattidae) have small molecular weight GTP/ATP-binding proteins during early and late vitellogenic periods of oogenesis. However, the identification and characterization of the detected proteins have not been yet reported. Herein, we cloned a cDNA en

    2018年10月, Insect science, 25 (5), 751 - 764, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Metabolism of steroids by cytochrome P450 2C9 variants.

    Tomohide Uno, Ryosuke Nakano, Rie Kitagawa, Mai Okada, kengo Kanamaru, Shinji Takenaka, Yuichi Uno, Hiromasa Imaishi

    CYP2C9 is a human microsomal cytochrome P450c (CYP). Much variation in CYP2C9 levels and activity can be attributed to polymorphisms of this gene. Wild-type CYP2C9 and ten mutants were co-expressed with NADPH-cytochrome P450 reductase in Escherichia coli. The hydroxylase activities toward steroids were examined. CYP2C9.2, CYP2C9.3, CYP2C9.4, CYP2C9.16, CYP2C9.28, CYP2C9.48 and

    2018年08月, Biopharmaceutics & Drug Disposition, 39 (8), 371 - 377, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shun Tamaki, Mitsuhiko Yagi, Yuki Nishihata, Hideki Yamaji, Yasushi Shigeri, Tomohide Uno, Hiromasa Imaishi

    The aromatic compound p-hydroxybenzoate (PHBA) is an important material with multiple applications, including as a building block of liquid crystal polymers in chemical industries. The cytochrome P450 (CYP) enzymes are beneficial monooxygenases for the synthesis of chemicals, and CYP53A15 from fungus Cochliobolus lunatus is capable of executing the hydroxylation from benzoate to PHBA. Here, we constructed a system for the bioconversion of benzoate to PHBA in Escherichia coli cells coexpressing CYP53A15 and human NADPH-P450 oxidoreductase (CPR) genes as a redox partner. For suitable coexpression of CYP53A15 and CPR, we originally constructed five plasmids in which we replaced the N-terminal transmembrane region of CYP53A15 with a portion of the N-terminus of various mammalian P450s. PHBA productivity was the greatest when CYP53A15 expression was induced at 20°C in 2×YT medium in host E. coli strain ΔgcvR transformed with an N-terminal transmembrane region of rabbit CYP2C3. By optimizing each reaction condition (reaction temperature, substrate concentration, reaction time, and E. coli cell concentration), we achieved 90% wholecell conversion of benzoate. Our data demonstrate that the described novel E. coli bioconversion system is a more efficient tool for PHBA production from benzoate than the previously described yeast system.

    Korean Society for Microbiology and Biotechnology, 2018年03月01日, Journal of Microbiology and Biotechnology, 28 (3), 439 - 447, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Localization and functional analysis of the insect-specific RabX4 in the brain of Bombyx mori.

    Tomohide UNO, Masayuki FURUTANI, Katsuhiko SAKAMOTO, Yuichi UNO, Kengo KANAMARU, Akira MIZOGUCHI, Susumu HIRAGAKI, Makio TAKEDA

    Rab proteins are small monomeric GTPases/GTP-binding proteins, which form the largest branch of the Ras superfamily. The different Rab GTPases are localized to the cytosolic face of specific intracellular membranes, where they function as regulators of distinct steps in membrane trafficking. RabX4 is an insect-specific Rab protein that has no close homolog in vertebrates. There

    2017年09月, Archives of Insect Biochemistry and Physiology, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Localization of an Aldo-Keto Reductase (AKR2E4) in the Silkworm Bombyx mori (Lepidoptera: Bombycidae)

    Koji Yamamoto, Yusuke Ozakiya, Tomohide Uno

    The aldo-keto reductase AKR2E4 reduces 3-dehydroecdysone to ecdysone in the silkworm Bombyx mori L. In this study, a quantitative polymerase chain reaction analysis revealed that the level of AKR2E4 mRNA was higher in the testes than in other tissues, and a western immunoblot analysis revealed that the AKR2E4 content in the testes was stage-specific from the fifth larval instar

    2017年05月, Journal of Insect Science, 94, 1 - 3, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomohide Uno, Takeshi Yanase, Hiromasa Imaishi

    Aspergillus oryzae is a fungus widely used in traditional Japanese fermentation industries. Cytochrome P450 (CYP) proteins are ubiquitously distributed in nature and display a broad range of enzymatic activities. A novel CYP52 (CYP52G3) gene was found in A. oryzae. In this study, we report the functional characterization of CYP52G3. The recombinant protein was expressed heterologously in Escherichia coli, and its membrane fraction isolated. CYP52G3 showed activities for 7-ethoxycoumarin and alpha-naphtoflavone. Furthermore, CYP52G3 hydroxylated flavanone at the 4' and 6 position and metabolized some hydroxyl-flavanones and steroids. Bioconversion experiments indicated that CYP52G3 could convert flavanone and testosterone in a synthetic medium. The conversion rates of flavanone and testosterone at 24 H were 50% and 70%, respectively. These results support that CYP52G3 could prove a useful enzyme for the efficient production of new compounds from flavonoids and steroids. (C) 2016 International Union of Biochemistry and Molecular Biology, Inc.

    WILEY, 2017年05月, BIOTECHNOLOGY AND APPLIED BIOCHEMISTRY, 64 (3), 385 - 391, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Rab proteins in the brain and corpus allatum of Bombyx mori.

    Tomohide UNO, Masayuki FURUTANI, Chihiro WATANABE, Katsuhiko SAKAMOTO, Yuichi UNO, Kengo KANAMARU, Hiroshi YAMAGATA, Akira MIZOGUCHI, Makio TAKEDA

    2016年, Histochemistry and Cell Biology, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomohide Uno, Chiho Izumi, Shinji Takenaka, Takeshi Yanase, Hiromasa Imaishi, Kengo Kanamaru, Hiroshi Yamagata, Yoshio Kaminishi, Takao Itakura

    We evaluated the metabolism of several herbicides and progesterone by two P450 proteins (CYP1A9 and CYP1C1) from Japanese eel (Anguilla japonica). Expression vectors harboring CYP1A9 and CYP1C1 sequences were introduced into Escherichia coli. E. coli membrane fractions were incubated with each substrate, and the metabolites were analyzed. CYP1A9 and CYP1C1 deethylated 7-ethoxycoumarin and phenacetin, and demethylated chlorotoluron, diuron, and linuron. CYP1C1 specifically hydroxlyated progesterone at the 6 beta and 16 alpha positions. Five amino acids of CYP1A9 related to substrate binding were selected for mutation analyses [CYP1A9(F128A), CYP1A9(F229A), CYP1A9(F263A), CYP1A9(V387A), and CYP1A9(I391A)]. Two variants, CYP1A9(F229A) and CYP1A9(F128A), changed the ratio of 16a hydroxyprogesterone to 613 hydroxyprogesterone. Among all the variants, CYP1A9(F263A) showed the highest activity towards substrates used. CYP1A9(V387A) and CYP1A9(I391A) showed higher activities than that of CYP1A9 toward progesterone. The substrate specificity of CYP1A9 may be altered by replacing an amino acid related to substrate binding. (C) 2015 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2015年09月, ENVIRONMENTAL TOXICOLOGY AND PHARMACOLOGY, 40 (2), 360 - 368, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Point mutation of cytochrome P450 2A6 (a polymorphic allele CYP2A6.25) confers new substrate specificity towards flavonoids

    UNO Tomohide, OGURA Chiaki, IZUMI Chihiro, NAKAMUJRA Masahiko, YANASE Takeshi, Hiroshi YAMAZAKI, ASHIDA Hitoshi, KANAMARU Kengo, YAMAGATA Hiroshi, IMAISHI Hiromasa

    2015年07月, Biopharmaceutics & Drug Disposition, 36 (8), 552 - 563, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomohide Uno, Yuri Isoyama, Kazuki Sakamoto, Yuichi Uno, Katsuhiko Sakamoto, Kengo Kanamaru, Hiroshi Yamagata, Michihiro Takagi, Akira Mizoguchi, Makio Takeda

    Rab guanosine triphosphatases in eukaryotic cells are key regulators of membrane-trafficking events, such as exocytosis and endocytosis. Rab7 regulates traffic from early to late endosomes and from late endosomes to vacuoles/lysosomes. The Rab7-interacting lysosomal protein (RILP) was extracted from the silkworm, Bombyx mori (B. mori), and expressed in Escherichia coli (E. coli), followed by its purification. The glutathione sulfotransferase pull-down assay revealed that Rab7 of B. mori interacted with RILP of B. mori. We then produced antibodies against RILP of B. mori in rabbits for their use in Western immunoblotting and immunohistochemistry. Western immunoblotting of brain tissue for RILP revealed a single band, at approximately 50 kD. RILP-like immunohistochemical reactivity (RILP-ir) was restricted to neurons of the pars intercerebralis and dorsolateral protocerebrum. Furthermore, RILP-ir was colocalized with the eclosion hormone-ir and bombyxin-ir. However, RILP-ir was not colocalized with prothoracicotropic hormone-ir. These results were similar to those of Rab7 from our previous study. These findings suggest that RILP and Rab7 are involved in the neurosecretion in a restricted subtype of neurons in B. mori. Thus, our study is the first to report of a possible relationship between an insect Rab effector and neurosecretion.

    SPRINGER, 2014年03月, HISTOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY, 141 (3), 311 - 320, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomohide Uno, Yuri Isoyama, Kazuki Sakamoto, Yuichi Uno, Katsuhiko Sakamoto, Kengo Kanamaru, Hiroshi Yamagata, Michihiro Takagi, Akira Mizoguchi, Makio Takeda

    Rab guanosine triphosphatases in eukaryotic cells are key regulators of membrane-trafficking events, such as exocytosis and endocytosis. Rab7 regulates traffic from early to late endosomes and from late endosomes to vacuoles/lysosomes. The Rab7-interacting lysosomal protein (RILP) was extracted from the silkworm, Bombyx mori (B. mori), and expressed in Escherichia coli (E. coli), followed by its purification. The glutathione sulfotransferase pull-down assay revealed that Rab7 of B. mori interacted with RILP of B. mori. We then produced antibodies against RILP of B. mori in rabbits for their use in Western immunoblotting and immunohistochemistry. Western immunoblotting of brain tissue for RILP revealed a single band, at approximately 50 kD. RILP-like immunohistochemical reactivity (RILP-ir) was restricted to neurons of the pars intercerebralis and dorsolateral protocerebrum. Furthermore, RILP-ir was colocalized with the eclosion hormone-ir and bombyxin-ir. However, RILP-ir was not colocalized with prothoracicotropic hormone-ir. These results were similar to those of Rab7 from our previous study. These findings suggest that RILP and Rab7 are involved in the neurosecretion in a restricted subtype of neurons in B. mori. Thus, our study is the first to report of a possible relationship between an insect Rab effector and neurosecretion.

    SPRINGER, 2014年03月, HISTOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY, 141 (3), 311 - 320, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hamad Abu Zahra, Satoru Kuwamoto, Tomohide Uno, Kengo Kanamaru, Hiroshi Yamagata

    The cyclic nucleotides cGMP and cAMP have been reported to play key roles in the regulation of plant processes and responses. We have previously reported that several genes encoding flavonoid biosynthetic enzymes, including chalcone synthase (CHS) in soybean (Glycine max L), were induced by cGMP but not cAMP. The soybean genome contains nine CHS gene copies (GmCHS1-9). We investigated the responsiveness of several GmCHS genes to cGMP, CAMP, NO, and white light. Quantitative RT-PCR analysis showed that the transcript levels of GmCHS7 and GmCHS8 were increased by 3.6- and 3.8-fold, respectively, with cGMP whereas the transcript levels of GmCHS2 remained constant. Although CAMP had no effect on the transcript levels of the three genes, NO had an activation effect on all three. White light activated the three genes in a transient manner, with GmCHS2, GmCHS7, and GmCHS8 transcript levels increasing 3-fold after 3 h and decreasing to basal levels after 9 h. The GmCHS8 promoter contains several important cis-elements, including the G-box and H-box forming the Unit-I-like sequence and the MYB binding sequence, a target of the GmMYB176 transcription factor regulating the expression of GmCHS8. A transient gene expression assay revealed the activation of the Unit-I-like sequence, but not of the MYB binding sequence, by cGMP. The combination of G-box and H-box was necessary for cGMP responsiveness. Taken together, these results suggest that the Unit-I-like sequence in the promoters of GmCHS7 and GmCHS8 is a cGMP responsive cis-element in these genes and that NO exerts its effect via cis-elements other than the Unit-I-like sequence. (C) 2013 Elsevier Masson SAS. All rights reserved.

    ELSEVIER FRANCE-EDITIONS SCIENTIFIQUES MEDICALES ELSEVIER, 2014年01月, PLANT PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 74 (1), 92 - 98, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Metabolism of 7-ethoxycoumarin, safrole, flavanone and hydroxyflavanone by cytochrome P450 2A6 variants.

    宇野 知秀, 尾部 悠一郎, 小倉 千佳, 山本 貢平, 金丸 研吾, 山形 裕士, 今石 浩正

    多種の生体異物を代謝するヒトシトクロームP450 2A6の野生型および13種の変異型酵素をNADPH-シトクロームP450還元酵素とともに大腸菌で発現し、組換え酵素の7-エトキシクマリン、サロール、フラバノン、水酸化フラバノンの代謝を解析し、2A6ファミリーがフラボノイドを代謝することを明らかにした。

    2013年11月, Biopharm Drug Dispos., 34 (2), 87 - 97, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomohide Uno, Kazuki Sakamoto, Yuri Isoyama, Susumu Hiragaki, Yuichi Uno, Kengo Kanamaru, Hiroshi Yamagata, Michihiro Takagi, Akira Mizoguchi, Makio Takeda

    Rab proteins are small GTPases that play essential roles in vesicle transport. In this study, we examined the expression of Rab proteins and neuropeptide hormones in the brain of the silkworm, Bombyx mori. We produced antibodies against B. mori Rab1 and Rab14 in rabbits. Immunoblotting of samples of brain tissue from B. mori revealed a single band for each antibody. Rab1 and Rab14 immunohistochemical labeling in the brain of B. mori was restricted to neurons of the pars intercerebralis and dorsolateral protocerebrum. Rab1, Rab7 and Rab14 co-localized with bombyxin. Rab1 and Rab7 co-localized with eclosion hormone. Rab1 co-localized with prothoracicotropic hormone. These results suggest that Rab1, Rab7 and Rab14 may be involved in neuropeptide transport in the brain of B. mori. This is the first report on the specificity of Rab proteins for the secretion of different neuropeptides in insects.

    SPRINGER, 2013年02月, HISTOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY, 139 (2), 299 - 308, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Metabolism of the herbicides chlorotoluron, diuron, linuron, simazine,and atrazine byCYP1A9 and CYP1C1 from Japanese eel (Anguilla japonica)

    Uno T, Kajia S, Gotoh T, Imaishi H, Nakamura M, Kanamaru K, Yamagata H, Kaminishi Y, Itakura T

    2011年, Pesticide Biochemistry and Physiology, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomohide Uno, Keisuke Hata, Susumu Hiragaki, Yuri Isoyama, Le Thi Dieu Trang, Yuichi Uno, Kengo Kanamaru, Hiroshi Yamagata, Masahiko Nakamura, Michihiro Takagi, Makio Takeda

    Small GTPases of the Rab family are key regulators of membrane trafficking. We produced antibodies against the Rab7 protein of Bombyx mori (BRab7) in rabbits, and against the Rab11 protein of B. mori (BRab11) in mice. The antibodies recognized BRab7 and BRab11 proteins, but did not recognize other Rab proteins. Immunoblotting of samples from brain tissue of B. mori revealed a single band for each antibody. Rab11 was expressed in most tissues, whereas Rab7 was expressed in the brain, ovary, and testis. Immunohistochemical reactivity of Rab7 and Rab11 in the brain of B. mori was restricted to neurons of the pars intercerebralis and dorsolateral protocerebrum. Double-labeling experiments demonstrated that immunohistochemical reactivity of Rab7 co-localized with that of Rab11 and partially with that of Rab8. Immunohistochemical reactivity of Rab11 and Rab8 co-localized with that of PERIOD, one of the proteins associated with circadian rhythm. These findings suggest that Rab7, Rab8, and Rab11 are involved in protein transport in the neurons of the brain of B. mori and might play a role in the control of circadian rhythm.

    SPRINGER, 2010年12月, HISTOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY, 134 (6), 615 - 622, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomohide Uno, Tsubasa Moriwaki, Yuri Isoyama, Yuichi Uno, Kengo Kanamaru, Hiroshi Yamagata, Masahiko Nakamura, Michihiro Takagi

    Rab GTPases are essential for vesicular transport, whereas adenosine triphosphate (ATP) is the most important and versatile of the activated carriers in the cell. But there are little reports to clarify the connection between ATP and Rab GTPases. A cDNA clone (Rab14) from Bombyx mori was expressed in Escherichia coli as a glutathione S-transferase fusion protein and purified. The protein bound to [H-3]-GDP and [S-35]-GTPgS. Binding of [S-35]-GTP gamma S was inhibited by guanosine diphosphate (GDP), guanosine triphosphate (GTP) and ATP. Rab14 showed GTP- and ATP-hydrolysis activity. The Km value of Rab14 for ATP was lower than that for GTP. Human Rab14 also showed an ATPase activity. Furthermore, bound [H-3]-GDP was exchanged efficiently with GTP and ATP. These results suggest that Rab14 is an ATPase as well as GTPase and gives Rab14 an exciting integrative function between cell metabolic status and membrane trafficking.

    ROYAL SOC, 2010年06月, BIOLOGY LETTERS, 6 (3), 379 - 381, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 食品の安全性評価へのバイオセンサーの利用

    今石 浩正, 後藤 達志, 宇野 知秀, 森垣 憲一

    2010年, BRAIN TECHNO NEWS, 142, 21-25, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The effects of single nucleotide polymorphisms in CYP2A13 on metabolism of 5-methoxypsolaren

    Goto T, Moriuchi H, Fu X, Ikegawa T, Matsubara T, Chang G, Uno T, Morigaki K, Isshiki K, Imaishi H

    2010年, Drug Metab. Dispos, 38,2110-2116, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Functional analysis of the cucumisin propeptide as a potent inhibitor of its mature enzyme.

    中川 真隆, 上山 恵, 鶴田 宏樹, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 三上 文三, 山形 裕士

    2010年, J. Biol. Chem., 285, 29797-29807, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Makoto T. Fujiwara, Dongliang Li, Yusuke Kazama, Tomoko Abe, Tomohide Uno, Hiroshi Yamagata, Kengo Kanamaru, Ryuuichi D. Itoh

    Symmetric chloroplast division requires a prokaryote-derived division regulator protein MinD, whose subchloroplastic localization remains to be completely established. We investigated the localization and functionality of AtMinD1 (Arabidopsis thaliana MinD) fused with a dual hemagglutinin epitope (dHA) or a yellow fluorescent protein (YFP). AtMinD1-dHA, which successfully complemented the arc11/atminD1 mutant phenotype, was predominantly located at the envelope membrane and the mid-chloroplast constriction site. Meanwhile, AtMinD1-YFP was non-functional and showed suborganellar localization partly similar to that of AtMinD1-dHA. This prompts us to reevaluate earlier transgenic and transient expression studies using fluorescent protein-tagged AtMinD1.

    TAYLOR & FRANCIS LTD, 2009年07月, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 73 (7), 1693 - 1697, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Susumu Hiragaki, Tomohide Uno, Makio Takeda

    Small GTPases of the Rab family act as essential regulators of vesicle transport pathways, including the exocytosis of neurohormones. These processes are not well-understood in insects. To address the physiological function of Rab proteins and their phosphorylation in insect neurosecretion, Rab8-like, prothoracicotropic hormone (PTTH)-like, and protein kinase C (PKC)-like immunohistochemical reactivities (-ir) were investigated in the brain of the American cockroach, Periplaneta americana. All the antibodies tested reacted with neurons in the pars intercerebralis, corpora cardiaca, and nervi corporis allati I. Double-labeling experiments demonstrated that all PTTH-ir were colocalized with Rab8-ir and PKC-ir in the pars intercerebralis, although exclusive reactivity was present to antisera against Rab8 or PKC. These findings support the notion that Rab8-like antigen is phosphorylated by PKC, and that this phosphorylation is involved in the axonal transport and secretion of PTTH in this species.

    SPRINGER, 2009年03月, CELL AND TISSUE RESEARCH, 335 (3), 607 - 615, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Phosphorylation of small GTPase Rab proteins from Bombyx mori (Lepidoptera: Bombycidae)

    Tomohide Uno, Keisuke Hata, Le Thi Dieu Trang, Susumu Hiragaki, Takuya Nakada, Masahiko Nakamura, Yuichi Uno, Hiroshi Yamagata, Kengo Kanamaru, Makio Takeda, Mamoru Matsubara

    Small GTPases of the Rab family act as essential regulators of vesicle transport pathways. Five Rab cDNA clones (BRab1, 7, 8, 11 and 14) from Bombyx mori were expressed in Escherichia coli as a thioredxin or glutathione sulfotransferase fusion protein. After purification, the fusion protein was tested for phosphorylation using protein kinase C (PKC). Results indicate that all of them were phosphorylated in vitro. The phosphorylation site of BRab1 was determined by mass-spectrometric analysis, which identified that Ser-17 of BRab1 was phosphorylated by PKC. Deletion and site-directed mutagenesis indicated that Ser-111 of BRab8, in addition to Ser-17, was newly phosphorylated. Further immunohistochemical analysis using antibodies against Rab8 indicated that there are some Rab8 immunoreactive cells close to the neuropeptide secreting cells. This result suggests that in insects Rab proteins are regulated by phosphorylation and at least some of them are involved in neuropeptide secretion.

    CZECH ACAD SCI, INST ENTOMOLOGY, 2009年, EUROPEAN JOURNAL OF ENTOMOLOGY, 106 (4), 499 - 506, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ferulic acid production in the brewing of rice wine (sake)

    Uno T, Itoh O, Miyamoto T, Kubo M, Kanamaru K, Yamagata H, Yasufuku Y, Imaishi H

    2009年, Journal of the Institute of Brewing, 115(2), 116-121, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Bioconversion of small molecules by cytochrome P450 species expressed in Escherichia coli

    宇野 知秀, 岡本 聡太, 増田 智子, 伊東 鎮, 宇野 雄一, 中村 正彦, 金丸 研吾, 山形 裕士, 今石 浩正

    2008年, Biotechnology and Applied Biochemistry, 66, 89-97, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Bioconversion by functional P450 1A9 and P450 1C1 of Anguilla japonica

    宇野 知秀, 岡本 聡太, 増田 智子, 今石 浩正, 中村 正彦, 金丸 研吾, 山形 裕士, El-Kady M.A, 上西 由翁, 板倉 隆夫

    2008年, Comp Biochem Physiol C Toxicol Pharmacol., 147, 278-285, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomohide Uno, Takuya Nakada, Sota Okamaoto, Masahiko Nakamura, Mamoru Matsubara, Hiromasa Imaishi, Hiroshi Yamagata, Kengo Kanamaru, Michihiro Takagi

    The Rob family of small GTPases are key regulators of membrane trafficking. Partially purified ROB from Bombyx mori (BRab8) was phosphorylated by protein kinase C in mammalian cells in vitro. To determine which of the seven serines and four threonines are phosphorylated, we generated deletion and site-directed mutants of BRab8, inserted them in Escherichia coli, partially purified the encoded fusion proteins by affinity chromatography, and examined their phosphorylation by protein kinase C in vitro. We found that Ser-132 of BRab8 was specifically phosphorylated by protein kinase C. In addition, Western blotting using an antiserum against BRab8 and in-gel staining for phosphorylated proteins revealed that BOB is phosphorylated in vivo.

    WILEY-BLACKWELL, 2007年10月, ARCHIVES OF INSECT BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY, 66 (2), 89 - 97, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Monoclonal antibody against Rab8 from Bombyx mori,

    Tomohide Uno, Takuya Nakada, Yuichi Uno, Kengo Kanamaru, Hiroshi Yamagata, Masahiko Nakamura, MIchihiro Takagi

    2007年, European Journal of Entomology, 104, 641 - 645, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Bioconversion by functional P450 1A9 and 1C1of Anguillus japonica,

    Tomohide Uno, Sota Okamoto, Satoko Masuda, Hiromasa Imaishi, Masahiko Nakamura, Kengo Kanamaru, Hiroshi Yamagata, Ei-Kady, Kaminishi, Takao Itakura

    2007年, Comprehensive biochemistry and physiology C Toxicology Pharamacology, 147, 278 - 285, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Molecular cloning and expression of protein kinase C from Bombyx mori

    Tomohide Uno, Atsushi Nakao, Chisato Katsurauma, Yoshihiro Fujiwara

    2006年02月, Archives of insect biochemistry and physiology, 61:65-76, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Rice bifunctional α-amylase/subtilisin inhibitor:cloning and characterization of the recombinant inhibitor expressed in Escherichia coli.

    山崎 照之, 出口 正揮, 藤本 敏子, 増村 威宏, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    2006年, Biosci. Biotech. Biochem., 70 (5), 1200-1209, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Modification of small molecules by using cytochrome P450 expressed in Escherichia coli.

    宇野 知秀, 中尾 敦史, 増田 智子, 谷口 雄規, 金丸 研吾, 山形 裕士, 中村 正彦, 今石 浩正, 大野 清春

    2006年, J Ind Microbiol Biotechnol, 33(12):1043-50, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Biochemical characterization of Rab proteins from Bombyx mori,

    Tomohide Uno, Tsubasa Moriwaki, Masahiko Nakamura, Mamoru Matsubara, Hiroshi Yamagata, Kengo Kanamaru, Michihiro Takagi

    The small GTPases known as Rab proteins are key regulators of membrane trafficking. We used RT-PCR to isolate cDNA clones of insect-specific Rab proteins (BRabN1 and BRabN2) showing low homology with known Rab proteins from other animals, from mRNA of Bombyx mori. These 2 Rabs were produced in Escherichia coli and purified. BRabN1 bound [(3)H]-GDP and [(35)S]-GTPgammaS with dis

    2006年, Archives of Insect Biochemistry and Physiology, 70, 77 - 89, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Expression of cytochrome c oxidase subunit 1gene in the brain at an early stage in the termination of pupal diapause in the sweet potato hornworm.

    UNO Tomohide, NAKASUJI A, SHIMODA M, AIZONO Yasuo

    2004年, Agrius convolvuli. Journal of Insect Physiol., 50, 35-42, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Small GTP binding proteins; Rab GTPases from the brain of Bombyx mori.

    UNO Tomohide, HIRAGAKI S

    2003年, Arch. insect Biochem. Physiol., 52,130-138, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Purification and some characteristics of phosphatase of a psychrophile

    鶴田 宏樹, 常田 ソフィア 輝子, 石田 良博, 渡辺 啓一, 宇野 知秀, 相薗 泰生

    1998年, Journal of Biochemistry, 23・2・219-225, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Characteristics of psychrophilic alkaline phosphatase

    石田 良博, 鶴田 宏樹, 常田 ソフィア 輝子, 宇野 知秀, 相薗 泰生

    1998年, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 62・11・2246-2250, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 昆虫の低分子量GTP結合蛋白質(Rab)

    宇野 知秀

    2014年, 蚕糸昆虫バイオテック, 83, 25 - 30, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Tomohide Uno, Mayumi Ishizuka, Takao Itakura

    Cytochrome P450 (CYP) enzymes are members of the hemoprotein superfamily, and are involved in the mono-oxygenation reactions of a wide range of endogenous and exogenous compounds in mammals and plants. Characterization of CYP genes in fish has been carried out intensively over the last 20 years. In Japanese pufferfish (Takifugu rubripes), 54 genes encoding P450s have been identified. Across all species of fish, 137 genes encoding P450s have been identified. These genes are classified into 18 CYP families: namely, CYP1, CYP2, CYP3, CYP4, CYP5, CYP7, CYP8, CYP11, CYP17, CYP19, CYP20, CYP21, CYP24, CYP26, CYP27, CYP39, CYP46 and CYP51. We pinpointed eight CYP families: namely, CYP1, CYP2, CYP3, CYP4, CYP11, CYP17, CYP19 and CYP26 in this review because these CYP families are studied in detail. Studies of fish P450s have provided insights into the regulation of P450 genes by environmental stresses including water pollution. In this review, we present an overview of the CYP families in fish. (C) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2012年07月, ENVIRONMENTAL TOXICOLOGY AND PHARMACOLOGY, 34 (1), 1 - 13, 英語

    [査読有り]

    書評論文,書評,文献紹介等

書籍等出版物

  • BRAIN TECHNO NEWS 142

    今石 浩正, 後藤 達志, 宇野 知秀, 森垣 憲一

    その他, 農研機構 生研センター, 2010年, 日本語, 食品の安全性評価へのバイオセンサーの利用

    学術書

講演・口頭発表等

  • シロイヌナズナにおける5- アミノレブリン酸に応答した転写制御

    今村 奈央, 鶴山 果歩, 岩村 咲良, 坂本 みのり, 黒田 修司, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    第60回日本植物生理学会年会, 2019年03月, 日本語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Overexpression and characterization of Arabidopsis 5-aminolevulinic acid dehydratases in E. coli

    上林 優里, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    10th International Symposium of iBioK, 2019年01月, 英語, Kobe University, 国際会議

    ポスター発表

  • 5-aminolevulinic acid responsive genes related to  increasing stress tolerance in Arabidopsis

    鶴山 果歩, 今村 奈央, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    10th International Symposium of iBioK, 2019年01月, 英語, Kobe University, 国際会議

    ポスター発表

  • シロイヌナズナの5-アミノレブリン酸誘導性遺伝子とその生理的効果

    金丸 研吾, 田中 節彦, 岩村 咲良, 黒田 修司, 宇野 知秀

    第91回日本生化学会大会, 2018年09月, 日本語, 京都国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • シロイヌナズナにおける5-アミノレブリン酸膜輸送体の機能性

    坂本 みのり, 中来田 卓磨, 黒田 修司, 田中 節彦, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    第91回日本生化学会大会, 2018年09月, 日本語, 京都国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • 昆虫の低分子量GTP結合蛋 白質Rabの機能解析

    宇野 知秀, 尾崎屋 悠祐, 金丸 研吾

    第62回日本応用動物昆虫学会大会, 2018年03月, 日本語, 鹿児島大学郡元キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 4-ヒドロキシ-5-アミノ-バレリン酸 (HAVA) によるシロイヌナズナの遺伝子発現応答

    岩村 咲良, 田中 節彦, 坂本 みのり, 黒田 修司, 齊藤 優, 池田 智明, 渡邊 繁幸, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    日本農芸化学会2018年度大会, 2018年03月, 日本語, 名城大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 植物における5-アミノレブリン酸関連トランスポーターの局在性と機能

    中来田卓磨, 小西 真帆, 寺下 和輝, 山形 裕士, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸ポートアイランド, 国内会議

    ポスター発表

  • シロイヌナズナにおける5-アミノレブリン酸応答性遺伝子の機能的解析と分子機構

    田中 節彦, 段 塵, 黒田 修司, 山形 裕士, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸ポートアイランド, 国内会議

    ポスター発表

  • 5-アミノレブリン酸近縁物質による 「負」の遺伝子発現制御

    岩村 咲良, 田中 節彦, 坂本 みのり, 黒田 修司, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    若手フロンティア研究会2017, 2017年12月, 日本語, 神戸大学研究基盤センター, 国内会議

    ポスター発表

  • 5-アミノレブリン酸近縁物質による 「正」の遺伝子発現制御

    田中 節彦, 段 塵, 黒田 修司, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    若手フロンティア研究会2017, 2017年12月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 5-アミノレブリン酸(ALA)の膜輸送機構 〜変異株における細胞内ALA濃度と遺伝子発現への影響

    中来田卓磨, 黒田 修司, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    若手フロンティア研究会2017, 2017年12月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 昆虫の脳に存在する蛋白質について

    宇野 知秀

    平成29年度西日本応用動物昆虫研究会・日本昆虫学会中国支部合同例会, 2017年10月, 日本語, 神戸大学 瀧川記念学術交流会館大会議室, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ALT1 and ALT2, 5-aminolevulinic acid (ALA) membrane transporters, in Arabidopsis

    中来田卓磨, 黒田 修司, 山形 裕士, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    8th International Symposium of iBioK, 2017年02月, 英語, バイオプロダクション次世代農工連携拠点形成, 神戸大学, 国際会議

    ポスター発表

  • ALR1 and ALR2, 5-aminolevulinic acid (ALA)-responsive transcription factors, in Arabidopsis

    田中 節彦, 段 塵, 黒田 修司, 山形 裕士, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    8th International Symposium of iBioK, 2017年02月, 英語, バイオプロダクション次世代農工連携拠点形成, 神戸大学, 国際会議

    ポスター発表

  • シロイヌナズナにおける5-アミノレブリン酸誘導性ストレス耐性向上の分子機構

    田中 節彦, 中来田卓磨, 段 塵, 黒田 修司, 山形 裕士, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月, 日本語, 日本分子生物学会, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • シロイヌナズナ5-アミノレブリン酸トランスポーターALT1, ALT2の機能

    中来田卓磨, 小西 真帆, 寺下 和輝, 山形 裕士, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月, 日本語, 日本分子生物学会, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 5-アミノレブリン酸誘導性転写応答による植物のマルチストレス耐性向上のメカニズム

    田中 節彦, 段 塵, 黒田 修司, 山形 裕士, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    日本農芸化学会関西支部第497回例会, 2016年12月, 日本語, 日本農芸化学会関西支部, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 5-アミノレブリン酸(ALA)の膜輸送機構 〜変異株における細胞内ALA濃度と遺伝子発現への影響

    中来田卓磨, 黒田 修司, 小西 真帆, 寺下 和輝, 山形 裕士, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    若手フロンティア研究会2016, 2016年12月, 日本語, 神戸大学研究基盤センター, 国内会議

    ポスター発表

  • 5-アミノレブリン酸(ALA)の分子機能 〜ALA誘導性遺伝子による植物のストレス耐性増強

    田中 節彦, 段 塵, 黒田 修司, 山形 裕士, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    若手フロンティア研究会2016, 2016年12月, 日本語, 神戸大学研究基盤センター, 国内会議

    ポスター発表

  • 昆虫の低分子量GTP結合蛋白質(Rab)について

    宇野 知秀

    第24回 WSフォーラム —タンパク質・ペプチド研究の現状と展望—, 2016年11月, 日本語, 九州大学医系地区コラボステーションI 2階視聴覚ホール, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 植物5-アミノレブリン酸(ALA)膜トランスポーターの局在性および機能解析

    中来田卓磨, 黒田 修司, 小西 真帆, 寺下 和輝, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    第11回トランスポーター研究会, 2016年07月, 日本語, 京都大学, 5-アミノレブリン酸(ALA)は、ヘムやクロロフィル等テトラピロール化合物生合成の共通前駆体である。植物では低濃度のALA投与で成長促進効果が、高濃度投与で光傷害誘導による枯死効果があることから、ALA含有肥料はすでに上市され,除草剤としても検討がされてきた。更に近年、中濃度のALA投与で様々な環境ストレスへの耐性が向上することがわかり、我々は新規植物活性化剤としての用途開発を視野にその分子機構について基盤研究を進めている。そのひとつがALAトランスポーターである。ALAトランスポーターの同定と機能解析は、植物アミノ酸輸送系の新たな一例となるだけでなく、ALAの生理効果を最大化して農業に活用する技術の開発基盤にもなる。 我々は動物ALAトランスポーターの情報や,推定される構造的・機能的特徴,局在性予測に基づき植物ALAトランスポーターの候補遺伝子, 国内会議

    ポスター発表

  • Transcriptional Regulation and Improvement of Stress Tolerance Induced by 5-Amino Levulinic Acid

    金丸 研吾, 段 塵, 田中 節彦, 中来田 卓磨, 齊藤 優, 藤本 尚則, 宇野 知秀, 山形 裕士

    第57回日本植物生理学会, 2016年03月, 日本語, 岩手大学, 国内会議

    ポスター発表

  • Possible 5-aminolevulinic acid (ALA) transporters (ALT) in Arabidopsis

    中来田 琢磨, 黒田 修司, 小西 真帆, 三宅 みちる, 寺下 和輝, 齊藤 優, 藤本 尚則, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    The 7th International Symposium of Innovative BioProduction Kobe (iBioK), 2016年01月, 英語, 神戸大学, 国際会議

    ポスター発表

  • 5-aminolevulinic acid (ALA)-upregulated genes (ALU) and ALA-induced multi-stress tolerance in Arabidopsis

    田中 節彦, 段 塵, 三宅 みちる, 齊藤 優, 藤本 尚則, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    The 7th International Symposium of Innovative BioProduction Kobe (iBioK), 2016年01月, 英語, 神戸大学, 国際会議

    ポスター発表

  • 5-aminolevulinic acid (ALA)-responsive transcription factors (ALR) and regulatory gene expression in Arabidopsis

    段 塵, 黒田 修司, 中島 晴香, 野村 裕也, 齊藤 優, 藤本 尚則, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    The 7th International Symposium of Innovative BioProduction Kobe (iBioK), 2016年01月, 英語, 神戸大学, 国際会議

    ポスター発表

  • 植物をストレス耐性化する5-アミノレブリン酸の作用機構

    段 塵, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    若手フロンティア2015, 2015年12月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 5-アミノレブリン酸(ALA)による植物遺伝子発現調節と環境ストレス耐性向上の分子機構(oral)

    段 塵, 田中 節彦, 中来田 卓磨, 小西 真帆, 齊藤 優, 藤本 尚則, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月, 日本語, 神戸ポートアイランド, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 5-アミノレブリン酸(ALA)による植物遺伝子発現調節と環境ストレス耐性向上の分子機構

    段 塵, 田中 節彦, 中来田 卓磨, 小西 真帆, 齊藤 優, 藤本 尚則, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月, 日本語, 神戸ポートアイランド, 植物バイオマスの増産は,近年バイオリファイナリー産業の原料としての重要性が高まっており,植物の潜在的な生命力や環境適応力を最大限引き出す植物活性化物質の活用はその一法として有望である。 そこで我々は5-アミノレブリン酸(ALA)の生理活性に注目した。ALAはほぼ全ての生物が有するテトラピロール合成経路の中間基質で,合成されたヘムやクロロフィルは種々の酸化反応酵素や光合成集光色素の活性中心をなす。一方,植物種子や幼苗をALAで前処理しておくと塩や低温ストレスなど様々な環境ストレスへの耐性が長期間高まる現象が観察されている。この分子機構を解明すれば,ALAを肥料成分として以外に,塩害土壌などへの可耕地拡大,気象変動等による生育不良の改善など植物活性化物質として植物バイオマス増産に活用できる。 我々はまずトマトのストレス応答性転写因子からALA誘導性も, 国内会議

    ポスター発表

  • 青色光/UV-AシグナルによるダイズELIP遺伝子の転写調節機構

    北條 昭弘, 桑本 知, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本農芸化学会2015年度大会, 2015年03月, 日本語, 岡山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヌクレオシド三リン酸によるACC酸化酵素の活性化機構の解析

    飯尾 野生, 前川 拓磨, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本農芸化学会2015年度大会, 2015年03月, 日本語, 岡山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ククミシン遺伝子の果実特異的発現機構 -転写調節と形質転換トマトにおける発現解析-

    岡田 香, 河野 美貴, 古川 温子, 家藤 愛梨, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本農芸化学会2015年度大会, 2015年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • AtNAS1プロモーター中のNO応答性シスエレメントの解析

    打田 拓也, 小原 達矢, 矢野 俊介, 土井 萌子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本農芸化学会2015年度大会, 2015年03月, 日本語, 岡山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 5-アミノレブリン酸(ALA)による植物遺伝子発現調節と環境ストレス耐性向上の分子機構

    段 塵, 田中 節彦, 中来田 卓磨, 小西 真帆, 齊藤 優, 藤本 尚則, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    日本分子生物学会, 2015年03月, 日本語, 神戸国際展示場, 植物バイオマスの増産は,近年バイオリファイナリー産業の原料としての重要性が高まっており,植物の潜在的な生命力や環境適応力を最大限引き出す植物活性化物質の活用はその一法として有望である。 そこで我々は5-アミノレブリン酸(ALA)の生理活性に注目した。ALAはほぼ全ての生物が有するテトラピロール合成経路の中間基質で,合成されたヘムやクロロフィルは種々の酸化反応酵素や光合成集光色素の活性中心をなす。一方,植物種子や幼苗をALAで前処理しておくと塩や低温ストレスなど様々な環境ストレスへの耐性が長期間高まる現象が観察されている。この分子機構を解明すれば,ALAを肥料成分として以外に,塩害土壌などへの可耕地拡大,気象変動等による生育不良の改善など植物活性化物質として植物バイオマス増産に活用できる。 我々はまずトマトのストレス応答性転写因子からALA誘導性も, 国内会議

    ポスター発表

  • 青色光/UV-AによるダイズELIP遺伝子の転写調節機構

    北條 昭弘, 桑本 知, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2014年12月, 日本語, ダイズELIP(early light-inducible protein)遺伝子(GmELIP)の発現は青色光/UV-A照射により特異的に誘導される。GmELIPプロモーター中のGT-1-like boxとG boxの2つのシスエレメントが青色光/UV-A応答に必要かつ十分な制御配列である。転写因子GmGT-1がこれら両シスエレメントに結合することを既に報告したがG-box配列はbZIP型転写因子の標的配列でもある。そこで、今回は青色光/UV-AによるGmELIPの発現誘導におけるbZIP型転写因子の機能を解析した。 ダイズ光独立栄養培養細胞(SB-P細胞)中のGmELIPのUV-Aによる発現誘導はシクロヘキシミドによって強く阻害されたことから、この過程には新たなタンパク質合成が必要であることが示唆された。DNAマイクロアレイ分析による網羅的解析に, 国内会議

    ポスター発表

  • ヌクレオシド三リン酸によるACC酸化酵素の活性化機構の解析

    飯尾 野生, 前川 拓磨, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2014年12月, 日本語, 神戸大学会館, エチレンは、花芽の形成や果実の追熟、器官脱離、老化、感染防御など様々な生理現象を制御している重要な植物ホルモンであり、メチオニンからS-アデノシルメチオニン、1-アミノシクロプロパン-1- カルボン酸(ACC)を経て合成される。ACC酸化酵素(ACO)はACCを酸化しエチレンに変換する最後の反応を触媒するが、その特性には不明な点が多い。本研究では、シロイヌナズナのAtACO2とトマトのLeACO1について新たな酵素学的特性を見出した。まず大腸菌で発現・精製したACOがアルカリ性で可逆的に失活することを明らかにした。次に、AtACO2の活性は12 mMヌクレオシド三リン酸(NTP)により約5倍に増加するのに対し、LeACO1は逆に約1/2に減少することを見出した。また、NTPのACCや各補因子に対するKm、Vmaxへの影響を調べた。一般的にNTPによる, 国内会議

    ポスター発表

  • ククミシン遺伝子の果実特異的発現機構

    岡田 香, 河野 美貴, 古川 温子, 家藤 愛梨, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2014年12月, 日本語, 神戸大学会館, メロン果実のセリンプロテアーゼ、ククミシンは果実の全可溶性タンパク質の10%以上を占める主要タンパク質で、受粉後10日前後の若い果実の果芯部でのみ発現する。ククミシンプロモーターの果実特異的発現能はトマトにおいても機能することを報告した。また、ククミシン遺伝子のプロモーター中に存在する、G-boxを含む20塩基の配列がククミシンの果実特異的な発現を制御するエンハンサーとして機能することが明らかにされ、その配列に結合する転写因子候補として、CmbZIP1とCmbZIP2が単離された。また、CmbZIP1とCmbZIP2自体が果実特異的に発現することも報告された。本研究では、CmbZIP1とCmbZIP2の果実内動態とDNA結合特性の解明を目的とした。受粉後10-15 日のメロン果実の核タンパク質中に上記のククミシンエンハンサーに結合するDNA結合タンパ, 国内会議

    ポスター発表

  • AtNAS1プロモーター中のNO応答性シスエレメントの解析

    打田 拓也, 小原 達矢, 矢野 俊介, 土井 萌子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2014年12月, 日本語, 神戸大学会館, 一酸化窒素(NO)は植物において根の伸長や鉄の取り込み、気孔の閉鎖、植物ホルモンのシグナル伝達、病原菌感染や非生物的ストレスに対する適応応答等の様々な生理的過程に関与する重要なシグナル伝達分子である。動物に比べ、植物におけるNOシグナル伝達や遺伝子発現調節機構には不明な点が多い。本研究では、NOによる植物の遺伝子発現調節機構を転写レベルで明らかにすることを目的とした。シロイヌナズナの光独立栄養培養細胞(T87細胞)を用いたDNAマイクロアレイ解析により、NOによって発現が強く誘導される遺伝子としてニコチアナミン合成酵素遺伝子1(AtNAS1)が見出された。AtNAS1プロモーターの部分配列とGUSレポーター遺伝子の融合遺伝子をT87細胞のプロトプラストにPEG法で導入し、100 µM ニトロプルシドナトリウム(SNP、NO発生剤)で3時間処理後、GU, 国内会議

    ポスター発表

  • Transcriptional control of fruit-secific expression of melon cucumisin

    岡田 香, 河野 美貴, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    アメリカ植物生物学会2014年度大会, 2014年07月, 英語, アメリカ植物生物学会, アメリカ・オレゴン州ポートランド・コンベンションセンター, Cucumisin is a subtilisin-like serine protease found in melon fruits. We reported the primary structure and characterization of cucumisin (1, 2). Cucumisin is synthesized in the central parts of young fruits and secreted into the juice; it comprises more than 15% of the total juice protein. A 20 bp enhancer element in the cucumisin promoter is responsible for the fruit-specific, 国際会議

    ポスター発表

  • シロイヌナズナRPOTmpの葉緑体光防護における役割

    金丸 研吾, 山口 泰広, 李 棟梁, 一林 久雄, 野村 裕也, 宇野 知秀, 山形 裕士

    第55回日本植物生理学会年会, 2014年03月, 日本語, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • カイコ脳における低分子量GTP結合蛋白質(Rab)の免疫組織学的解析

    山形 裕士, 古谷 昌之, 坂元 一樹, 金丸 研吾, 竹田 真木生, 溝口 明, 宇野 知秀

    平成26年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会, 2014年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 葉緑体・ミトコンドリア両局在性RNAPの光ストレス低減機能

    山口 泰広, 李 棟梁, 一林 久雄, 野村 裕也, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    2013神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2013年12月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 青色光/UV-AによるダイズELIP遺伝子の発現制御機構

    桑本 知, Hamad Abu Zahra, 野木 貴祐, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月, 日本語, 神戸国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • 青色光/UV-AによるダイズELIP遺伝子の発現制御機構

    桑本 知, Hamad Abu Zahra, 野木 貴祐, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2013年12月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • メロン・ククミシン遺伝子プロモーターのトマトにおける発現解析

    岡田 香, 河野 美貴, 古川 温子, 長谷川 清子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月, 日本語, 神戸国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • メロン・ククミシン遺伝子プロモーターのトマトにおける発現解析

    山形 裕士, 岡田 香, 河野 美貴, 古川 温子, 長谷川 清子, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2013年12月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • メロン・ククミシンの果実特異的発現を調節する転写因子CmbZIP1/2の特性解析

    河野 美貴, 岡田 香, 古川 温子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月, 日本語, 神戸国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • メロン・ククミシンの果実特異的発現を調節する転写因子CmbZIP1/2の特性解析

    山形 裕士, 河野 美貴, 岡田 香, 古川 温子, 宇野 知秀, 金丸 研吾

    神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2013年12月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • シロイヌナズナRPOTmpの光ストレス応答における重要性

    山口 泰広, 李 棟梁, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月, 日本語, 神戸国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • Analysis of cis-element responsible for cGMP in the promoter of soybean chalcone synthase gene

    Hamad Abu Zahra, Satoru Kuwamoto, Tomohide Uno, Kengo Kanamaru, YAMAGATA HIROSHI

    第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月, 英語, 神戸国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • A cis-element responsible for cGMP in the promoter of the soybean chalcone synthase gene

    Hamad Abu Zahra, 桑本 知, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2013年12月, 英語, 国内会議

    ポスター発表

  • 大腸菌で発現したウナギシトクロムP450(CYP1A9,CYP1C1)の機能解

    和泉 智保, 梶 悟, 金丸 研吾, 山形 裕士, 上西 由翁, 板倉 隆夫, 宇野 知秀

    平成25年度日本水産学会秋季大会, 2013年09月, 日本語, 三重大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Transcriptional control of fruit-specific expression of melon cucumisin.

    YAMAGATA HIROSHI, Miki Kono, Kaori Okada, Tomohide Uno, Kengo Kanamaru

    25th Congress of the Scandinavian Plant Physiology Society, 2013年08月, 英語, Scandinavian Plant Physiology Society, Helsinger, Denmark, 国際会議

    ポスター発表

  • 免疫組織化学を用いたカイコ低分子量GTP結合タンパク質(Rab)の機能解析

    山形 裕士, 坂元 一樹, 磯山 侑里, 金丸 研吾, 竹田 真生夫, 溝口 明, 宇野 知秀

    日本蚕糸学会第83回大会, 2013年03月, 日本語, つくば, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シロイヌナズナRPOTmpの葉緑体光防護における役割

    金丸 研吾, 山口 泰広, 李 棟梁, 一林 久雄, 野村 裕也, 宇野 知秀, 山形 裕士

    第55回日本植物生理学会年会, 2013年03月, 日本語, 富山大学, シロイヌナズナ核コードT7ファージ型RNAポリメラーゼのひとつRPOTmpは葉緑体・ミトコンドリア両局在性で、ミトコンドリアでは呼吸鎖系遺伝子の転写,色素体では生育初期のrrnオペロン転写に関与し,RPOTpの機能相補性が示されているが、生理的重要性は不明な点が多い。そこで本研究ではRPOTmpの環境ストレス応答における役割,とくに光ストレス環境下における重要性に注目してrpoTmp欠損変異株の解析を行った。その結果,欠損変異株が中光量下において光傷害を受けることを見出した。この現象の分子機構を解明するため,光合成活性,遺伝子発現,タンパク質発現,各種阻害剤への感受性,ROS分子種の発生等の違いをrpoTmp変異株と野生株で調べた。その結果,rpoTmp変異株では いくつかの遺伝子とタンパク質の発現量変化を伴う光合成電子伝達系とROS分子種の蓄積が起, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シロイヌナズナRPOTmpの光ストレス応答における機能

    Yasuhiro Yamaguchi, Li Dongliang, Tomohide Uno, Hiroshi Yamagata, Hironari Nomura, Kengo Kanamaru

    第54回日本植物生理学会年会, 2013年03月, 日本語, 岡山大学, 国内会議

    ポスター発表

  • A study of the molecular function of 5-aminolevulinic acid for enhancement of salt-stress tolerance in higher plants

    Hironari Nomura, Haruka Nakajima, Jun Li, Shigeyuki Funada, Seiji Nishikawa, Tomohide Uno, Hiroshi Yamagata, Kengo Kanamaru

    第54回日本植物生理学会年会, 2013年03月, 日本語, 岡山大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 5-アミノレブリン酸による植物塩ストレス耐性向上と遺伝子発現応答

    金丸 研吾, 中島 晴香, 山口 泰広, 李 潤, 舩田 茂行, 宇野 知秀, 山形 裕士, 野村 裕也

    第85回日本生化学会大会, 2012年12月, 日本語, 福岡国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • 色素体局在性脂肪酸合成律速酵素の発現と機能

    小島 志織, 山本 俊佑, 能勢 琢也, 朴 杓允, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    日本農芸化学会2011年度大会, 2011年03月, 日本語, 京都女子大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クロルピリホス代謝に見られるヒトCYP2B6遺伝子多型の影響

    後藤 達志, 森 大気, 森垣 憲一, 宇野 知秀, 清水 泰博, 有澤 章, 今石 浩正

    日本農芸学会2011年度大会, 2011年03月, 日本語, 日本農芸学会, 京都女子大, 国内会議

    ポスター発表

  • 植物アセチルCoAカルボキシラーゼの発現と機能の解析

    小島 志織, 山本 俊佑, 能勢 琢也, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    2010神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2010年12月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    ポスター発表

  • トマトにおける5-アミノレブリン酸の分子・生理機能

    中島 晴香, 小島 志織, 古閑 太郎, 都築 由起子, 舩田 茂行, 李 潤, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    BMB2010(第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会), 2010年12月, 日本語, 神戸ポートアイランド, 国内会議

    ポスター発表

  • 色素体σ因子SIG6と発現相関する新規PPRの機能

    益 祐美子, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    日本農芸化学会2010年度大会, 2010年03月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 葉緑体発達に必須なシロイヌナズナPPRの分子機能解析.

    山本 俊佑, 小島 志織, 能勢 琢也, 稲垣 良作, 朴 杓允, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    第32回日本分子生物学会年会, 2009年12月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • Molecular and physiological function of PPRTp, a pentatricopeptide repeat protein, in Arabidopsis (2)

    Shiori Kojima, Shunsuke Yamamoto, Takuya Nose, Tomohide Uno, Hiroshi Yamagata, Kengo Kanamaru

    WINPTech 2009, 2009年12月, 日本語, 神戸大学, 国際会議

    ポスター発表

  • Molecular and physiological function of PPRTp, a pentatricopeptide repeart protein, in Arabidopsis (1)

    Shunsuke Yamamoto, Shiori Kojima, Takuya Nose, Pyoyun Park, Tomohide Uno, Hiroshi Yamagata, Kengo Kanamaru

    WINPTech2009, 2009年12月, 日本語, 神戸大学, 国際会議

    ポスター発表

  • Molecular and physiological function of PPRS6a and PPRS6b, pentatricopeptide repeat proteins, in Arabidopsis

    Yumiko Masu, Tomohide Uno, Hiroshi Yamagata, Kengo Kanamaru

    WINPTech 2009, 2009年12月, 日本語, 神戸大学, 国際会議

    ポスター発表

  • High-throughput Assay of Human P450 Activities by Using Immobilized Microsomes on Oxygen Sensor

    Gang Chang, 森垣 憲一, 達 吉郎, 宇野 知秀, 一色 邦夫, 今石 浩正

    薬物動態学会第24回年会, 2009年11月, 英語, 国立京都国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトCYP2A13による食物由来成分の代謝における遺伝子多型の影響

    後藤 達志, 桧皮 貴史, 宇野 知秀, 一色 邦夫, 森垣 憲一, 今石 浩正

    第82回日本生化学会大会, 2009年10月, 日本語, 神戸ポートアイランド, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シロイヌナズナ色素体accD遺伝子のRNA編集に関与するPPRの多面的効果

    小島 志織, 山本 俊佑, 能勢 琢也, 朴 杓允, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    日本生化学会 2009年度大会, 2009年10月, 日本語, 神戸国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シトクロムP450遺伝子多型CYP2C9*2とCYP2C9*3が食品酸化に与える影響

    平井 洋輔, 後藤 達志, 宇野 知秀, 一色 邦夫, 森垣 憲一, 今石 浩正

    第82回日本生化学会大会, 2009年10月, 日本語, 神戸ポートアイランド, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CYP1A1の遺伝子多型による食品成分の代謝活性変化

    桧皮 貴史, 後藤 達志, 宇野 知秀, 一色 邦夫, 森垣 憲一, 今石 浩正

    第82回日本生化学会大会, 2009年10月, 日本語, 神戸ポートアイランド, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シロイヌナズナにおける5-ALAと関連分子の生理・分子作用

    川畑 絵里, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    日本農芸化学会2009年度大会, 2009年03月, 日本語, 福岡国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • Physiological and molecular functions of RPOTmp (RPOT;2) in Arabidopsis

    李 棟梁, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    第50回日本植物生理学会年会, 2009年03月, 日本語, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 色素体転写装置RPOTmp欠損変異株の生化学的解析

    李 棟梁, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    2008神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2008年12月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 色素体転写・翻訳装置と機能相関する因子の探索と解析

    益 祐美子, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    2008神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2008年12月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 色素体アセチルCoAカルボキシラーゼの発現と機能

    小島 志織, 山本 俊佑, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    2008神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2008年12月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 色素体T7ファージ型RNAポリメラーゼと高い発現相関性をもつPPRTpの機能

    山本 俊佑, 能勢 琢也, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    日本農芸化学会関西支部第457回講演会, 2008年12月, 日本語, 日本盛 酒蔵通り煉瓦館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 色素体T7ファージ型RNAポリメラーゼRpoTmpの機能解析

    李 棟梁, 一林 久雄, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    第31回日本分子生物学会年会,第81回日本生化学会大会合同大会, 2008年12月, 日本語, 神戸国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Arabidopsis PPRTp is crucial for post-transcriptional regulation of plastidic accD gene.

    Shunsuke Yamamoto, Tomohide Uno, Hiroshi Yamagata, Kengo Kanamaru

    WINPTech 2008, 2008年11月, 日本語, 神戸大学, 国際会議

    ポスター発表

  • シロイヌナズナ5-ALAデヒドラターゼの生理機能および 酵素学的性質の解析

    天尾 雅, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    2007神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2007年12月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    ポスター発表

  • カイコGTP結合タンパク質(Rab)の機能解析

    森脇 翼, 中田 拓哉, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    平成19年度蚕糸・昆虫利用学術講演会, 2007年04月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 葉緑体tRNAは動的に発現調節されている

    北村 元嗣, 柳田 一樹, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    日本植物生理学会2007年度年会, 2007年03月, 日本語, 松山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高等生物のP450大腸菌発現系を用いたバイオコンバージョンシステムとその応用

    岡本 聡太, 宇野 知秀, 増田 智子, 伊東 鎮, 桝井 孝一, 山本 高明, 佐々木 彩子, 中西 昭二, 小野 雄介, 堀本 智仁, 金丸 研吾, 山形 裕士, 今石 浩正

    日本薬学会2007年度会, 2007年03月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 光シグナル、cGMPおよびNOによるダイズフラボノイド合成系酵素遺伝子群の発現調節

    吹田 憲治, 三井 麻衣子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本植物生理学会2007年度年会, 2007年03月, 日本語, 松山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シロイヌナズナT7ファージ型RNAポリメラーゼRpoTp(RpoT;3)欠損株の解析

    稲垣 良作, 朴 杓允, 金地 通生, 塚谷 裕一, 柳田 一樹, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    日本植物生理学会2007年度年会, 2007年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シロイヌナズナgatABCホモローグ遺伝子の局在性と機能

    伊藤 滋一, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    2007年度日本農芸化学会, 2007年03月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ククミシン遺伝子の果実特異的発現機構の解析と果実の形質転換への応用

    奥山 慎也, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    2007年度日本農芸化学会, 2007年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ククミシンプロ配列の自己阻害活性に重要な領域

    中川 真隆, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    2007年度日本農芸化学会, 2007年03月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 葉緑体tRNAの動的な発現調節とその分子機構

    北村 元嗣, 柳田 一樹, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    神戸大学研究基盤センター2006若手フロンティア研究会, 2006年12月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 高等植物tRNAトランスアミデーション酵素の機能解析

    伊藤 滋一, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    神戸大学研究基盤センター2006若手フロンティア研究会, 2006年12月, 日本語, 神大会館, 国内会議

    ポスター発表

  • ククミシンプロ配列の自己阻害に重要な領域

    中川 真隆, 上山 恵, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    神戸大学研究基盤センター2006若手フロンティア研究会, 2006年12月, 日本語, 神大会館, 国内会議

    ポスター発表

  • Regulation of gene expression of soybean flavonoid-biosynthetic enzymes by cGMP

    吹田 憲治, 三井 麻衣子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    Kobe University Frontier Technology Forum, 2006年11月, 英語, 神戸大学瀧川記念学術交流会館, 国内会議

    ポスター発表

  • Molecular function of a T7 phage-type RNA polymerase in chloroplasts

    稲垣 良作, 伊藤 滋一, 一林 久雄, 柳田 一樹, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    Kobe University Frontier Technology Forum, 2006年11月, 英語, 神戸大学瀧川記念学術交流会館, 国内会議

    ポスター発表

  • Basis and application of expression of two 5’-ALA related enzymes in plants

    天尾 雅, 岩木 亜樹, 清田 真希, 高原 絵美, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    Basis and application of expression of two 5’-ALA related enzymes in plants, 2006年11月, 英語, 神戸大学瀧川記念学術交流会館, 国内会議

    ポスター発表

  • Characterization of plastidic glutamyl-tRNA synthetase and ALA dehydratase in Arabidopsis.

    岩木 亜樹, 金地 通夫, 岡田 秀樹, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 岩井 一弥, 鈴木 貴也, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    国際農薬学会, 2006年08月, 英語, 神戸, 国際会議

    ポスター発表

  • Pro-region of cucumisin precursor acts as a potent inhibitor of cucumisin

    中川 真隆, 上山 恵, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, 2006年06月, 英語, IUBMB, 京都国際会館, 国際会議

    ポスター発表

  • Function of T7 Phage-Type RNA Polymerases in Arabidopsis (2) : RpoTmp (RpoT;2)

    一林 久雄, 稲垣 良作, 朴 杓允, 金地 通生, 伊藤 滋一, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    The 53rd NIBB Conference "Dynamic Organelles in Plant", 2006年06月, 英語, 岡崎市, 国際会議

    ポスター発表

  • Function of T7 Phage-Type RNA Polymerases in Arabidopsis (1) : RpoTp (RpoT;3)

    稲垣 良作, 朴 杓允, 塚谷 裕, 金地 道生, 伊藤 滋一, 柳田 一樹, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    The 53rd NIBB Conference "Dynamic Organelles in Plant, 2006年06月, 英語, 岡崎市, 国際会議

    ポスター発表

  • Correlative and compensatory function of heterologous transcription systems in plastids

    金丸 研吾, 稲垣 良作, 一林 久雄, 宇野 知秀, 柴田 大輔, 山形 裕士

    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, 2006年06月, 英語, 京都, 国際会議

    ポスター発表

  • Cloning of cDNAs for Rab proteins from the brain of Bombyx mori and phosphorylation of their proteins expressed in Escherichia coli.

    中田 拓哉, 中尾 敦史, 山形 裕士, 金丸 研吾, 宇野 知秀

    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, 2006年06月, 英語, 京都, 国際会議

    ポスター発表

  • ダイズフラボノイド合成系酵素遺伝子の発現調節におけるcGMPとNOの機能相関

    吹田 憲治, 三井 麻衣子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本農芸化学会大会2006年度大会, 2006年03月, 日本語, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • シロイヌナズナT7ファージ型RNAポリメラーゼRpoT;2の機能解析

    金丸 研吾, 一林 久雄, 稲垣 良作, 伊藤 滋一, 金地 通生, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 山形 裕士

    日本植物生理学会2006年度年会, 2006年03月, 日本語, つくば, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ククミシンプロ配列の自己阻害活性

    中川 真隆, 上山 恵, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本農芸化学会大会2006年度大会, 2006年03月, 日本語, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • NO及びcGMPによって発現が調節されるシロイヌナズナ遺伝子の網羅的解析

    小原 達矢, 清田 真希, 伊藤 滋一, 稲垣 良作, 吹田 憲治, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本農芸化学会2006年度大会, 2006年03月, 日本語, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • シロイヌナズナT7ファージ型RNAポリメラーゼRpoT;2(RpoTmp)の機能解析

    一林 久雄, 稲垣 良作, 伊藤 滋一, 金地 通生, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    第28回日本分子生物学会 講演要旨集p.449(f), 2005年12月, 日本語, 日本分子生物学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シロイヌナズナT87細胞の独立/混合条件における光応答の解析

    清田 真希, 関本 佳世子, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    第78回日本生化学会大会 講演要旨集p.868(f), 2005年10月, 日本語, 日本生化学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ダイズELIP遺伝子の青色光/UV-A応答性発現を調節するシスエレメント

    野木 貴祐, 横山 輝之, 宇野 和秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    第12回日本光生物学協会年会 要旨集p.59(f), 2005年08月, 日本語, 日本光生物学協会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シロイヌナズナT87細胞の混合栄養培養と独立栄養培養における光応答の転写解析

    金丸 研吾, 清田 真希, 関本 佳世子, 櫻井 望, 鈴木 秀幸, 柴田 大輔, 宇野 知秀, 山形 裕士

    第23回日本植物分子細胞生物学会 p.193(f), 2005年08月, 日本語, 日本植物分子細胞生物学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ダイズフラボノイド合成系遺伝子のcGMP およびNO による発現調節

    吹田 憲治, 三井 麻衣子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    第52回日本生化学会近畿支部例会 要旨集p.38(f), 2005年05月, 日本語, 日本生化学会近畿支部, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • カイコのメチル化DNA 結合タンパク質の分子特性

    野村 由佳, 岩永 陽介, 中尾 淳史, 中村 正彦, 田嶋 正二, 金丸 研吾, 山形 裕士, 宇野 知秀

    第52回日本生化学会近畿支部例会 要旨集p.37(f), 2005年05月, 日本語, 日本生化学会近畿支部, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 昆虫の脳に存在する蛋白質のPKCによるリン酸化およびその機能解析

    中田 拓哉, 中尾 淳史, 金丸 研吾, 山形 裕士, 宇野 知秀

    第75回蚕糸昆虫機能学術講演会, 2005年04月, 日本語, 日本蚕糸学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1原子酸素添加酵素チトクロームP450 を用いたバイオコンビケムへの応用

    増田 智子, 中尾 淳史, 宇野 知秀, 谷口 雄規, 山形 裕士, 金丸 研吾, 大野 清治, 今石 浩正

    第20回Combinatorial Chemistry研究会, 2005年04月, 日本語, Combinatorial Chemistry研究会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 果実特異的遺伝子発現を調節するエンハンサー因子のcDNA クローニングと特性解析

    東 礼奈, 柴本 憲幸, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本農芸化学会大会2005年度大会 要旨集p.150, 2005年03月, 日本語, 日本農芸化学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ダイズフラボノイド合成系酵素遺伝子のcGMPおよび光による発現調節

    吹田 憲治, 三井 麻衣子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本農芸化学会大会2005年度大会 要旨集p.149(f), 2005年03月, 日本語, 日本農芸化学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シロイヌナズナ葉緑体tRNA の発現ダイナミクス

    柳田 一樹, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本農芸化学会大会2005年度大会 要旨集p.150(f), 2005年03月, 日本語, 日本農芸化学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イネ種子二機能性酵素インヒビター(RASI)の大腸菌における発現およびα� アミラーゼ阻害特性

    出口 正揮, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本農芸化学会大会2005年度大会 要旨集p.311(f), 2005年03月, 日本語, 日本農芸化学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1原子酸素添加酵素チトクロームP450 を用いたバイオコンビケムへの応用

    増田 智子, 中尾 敦史, 宇野 知秀, 谷口 雄規, 山形 裕士, 金丸 研吾, 大野 清春, 今石 浩正

    第21回Combinatorial Chemistry 研究会, 2005年, 日本語, Combinatorial Chemistry 研究会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高等植物葉緑体におけるtRNA発現の重要性とそのダイナミクス

    柳田 一樹, 宇野 知秀, 山形 裕士, 金丸 研吾

    日本農芸化学会関西支部第437回講演会), 2004年, 日本語, 日本農芸化学会関西支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ダイズELIP遺伝子プロモーターの青色光/紫外光に対する光応答能

    横山 輝之, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本農芸化学会2004年度大会, 2004年, 日本語, 日本農芸化学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イネ種子二機能性酵素インヒビター(RASI)の大腸菌における発現およびα-アミラーゼ阻害特性

    出口 正輝, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    第25回種子生理生化学研究会, 2004年, 日本語, 未記入, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ダイズフラボノイド合成系酵素遺伝子のcGMP による発現調節

    吹田 憲治, 三井 麻衣子, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 山形 裕士

    日本農芸化学会関西支部第432回講演会, 2003年12月, 日本語, 日本農芸化学会関西支部, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • カイコ脳低分子量G 蛋白質(Rab)のcDNA クローニングとその発現

    宇野 知秀, 平垣 進

    日本蚕糸学会第73回大会講演要旨集, 2003年03月, 日本語, 日本蚕糸学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Small GTP binding proteins from the brain of Bombyx mori.

    NAKAO A, KATSURAUMA C, UNO Tomohide, KANAMARU Kengo, YAMAGATA Hiroshi

    Japan-Korea Joint Seminar on Sericultural Sciences and Insect Industry, 2003年, 英語, 未記入, 未記入, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Phosphatase I(低温酵素)の分子特性

    鶴田 宏樹, 宇野 知秀, 渡辺 啓一, 相薗 泰生

    日本農芸化学会西日本・関西合同大会, 1997年, 日本語, 日本農芸化学会西日本・関西支部, 佐賀, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本蚕糸学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 宇野 知秀

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2014年04月 - 2017年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 身近にある食品や生物の蛋白質や遺伝子を調べよう。

    宇野 知秀

    独立行政法人日本学術振興会, 研究成果の社会還元・普及事業 ひらめき☆ときめきサイエンス, 2017年, 研究代表者

    競争的資金

  • 生物の蛋白質と遺伝子を取り出し、色々と調べよう

    宇野 知秀

    ひらめき☆ときめきサイエンス, 2014年, 研究代表者

    競争的資金

  • 身近なものの蛋白質と遺伝子をみてみよう

    宇野 知秀

    ひらめき☆ときめきサイエンス, 2013年, 研究代表者

    競争的資金

  • 色々な生物の蛋白質と遺伝子を調べてみよう

    宇野知秀

    ひらめき☆ときめきサイエンス, 2012年, 研究代表者

    競争的資金

  • 昆虫の蛋白質を見てみよう-昆虫を用いた生化学実験-

    宇野 知秀

    ひらめき☆ときめきサイエンス, 2011年, 研究代表者

    競争的資金

  • 宇野 知秀

    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2008年, 研究代表者

    競争的資金

  • 宇野 知秀

    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2006年, 研究代表者

    競争的資金

産業財産権

  • 膜結合型P450発現用カセットプラスミド

    今石 浩正, 宇野 知秀

    特願2006-132484, 2006年05月11日, 大学長, 特許4899050, 2012年01月13日

    特許権