研究者紹介システム

中江 研
ナカエ ケン
大学院工学研究科 建築学専攻
教授
土木・建築工学関係
Last Updated :2022/09/24

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院工学研究科 建築学専攻
  • 【配置】

    工学部 建築学科

学位

  • 博士(工学), 神戸大学
  • 近代における日本と西洋の建築・都市・住宅の史的研究

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 建築

コメントテーマ

  • 近代建築史
  • フーゴー・ヘーリンク
  • 社宅街
  • 労働者住宅

研究活動

研究キーワード

  • 近代建築史

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築史、意匠

受賞

  • 2011年05月 日本都市計画学会, 日本都市計画学会石川奨励賞, 『社宅街 企業が育んだ住宅地』ほか一連の研究

    中江 研(社宅研究会として)

  • 1993年01月 第19回 日新工業建築設計競技 課題「記憶の住む家」 1等

    中江研, 馬場正尊

論文

  • Keisuke Horiuchi, Ken Nakae

    Wiley, 2021年05月04日, JAPAN ARCHITECTURAL REVIEW, 4 (3), 469 - 481, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Keisuke Horiuchi, Ken Nakae

    During World War II, the measures to address housing shortage were drafted by the Housing Measures Committee (HMC). Studying this committee is important because, at that time, the model of Japanese housing policy was formed. At the same time, the Housing Policy Researching Committee of Dojunkai (HPRCD) attempted to draft the Housing Act, including concepts of housing statistics, housing standardization, housing inspection, and housing supply. This paper presents the process of formulating the "Report of the HMC" and its significance in the history of Japanese housing policy by associating the activities of HPRCD with the "Report of the HMC."

    WILEY, 2021年01月, JAPAN ARCHITECTURAL REVIEW, 4 (1), 144 - 154, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 堀内啓佑, 中江研

    The purpose of this paper is to reveal how discussions on national housing statistical surveys developed and how the results of these discussions were reflected in actual surveys in Japan.    A previous study revealed that national housing statistics in Japan were established by the "Housing survey of industrial cities" and the "Housing survey of larger cities" in 1941. Another study focused on discussions from 1939 to 1941 and revealed how these surveys were conducted.    This current study revealed the following:    (1) Importance of the 1930 national census and related discussions  In 1923, the "Housing Problem Council" made up of people from the Department of Social Affairs of the Ministry of Interior, Tokyo City, Tokyo Prefecture, and other organizations was founded. The council set a goal to include a housing survey in the 1930 national census.  In 1927, R. Nagaoka, the Director of the Department of Social Affairs and one of the members of the "Housing Problem Council" proposed to the Statistics Bureau of the Cabinet that the census include housing-related items.  Between 1927 and 1929, the Statistics Bureau attempted to include several items in the national census. However, due to the lack of funds, only "number of rooms" was considered.  In 1928, the "Housing Statistics Committee" was established at the Architectural Institute. In 1930, the committee submitted the "Proposal on housing-related items in the national census." It recommended including more housing・ related items only in cities with a population of 50,000 or more. However, this proposal was also not adopted.  Previous studies have not considered the 1930 national census important because "number of rooms" did not provide valid data, given the structure of Japanese housing and the Japanese lifestyle. This current study revealed the importance of the 1930 national census in the process of conducting national housing statistical surveys in Japan because it has led to research and discussions related to methods and items.    (2) Continuity and change of discussions on national housing statistical surveys  After the 1930 census, discussions on the national housing statistical surveys started again in 1939.  The leading figures who led the 1923-30 discussions were R. Nagaoka, T. Sano, Y. Uchida, and Y. Nakamura. They also played an important role in conducting the "Housing survey of industrial cities" and the "Housing survey of larger cities." This means that the results of the discussions up to 1930 were reflected in the discussions after 1939.  On the other hand, during this time, they were changing their policy on national housing statistical surveys. Their goal around 1928 was to obtain housing statistics in all parts of Japan. However, in the process of the execution of the 1930 national census, they learned that it was difficult to conduct it. Therefore, they changed their goal and aimed to conduct a survey that targeted urban housing only. In addition, after the start of the Sino-Japanese War in 1937, the survey was limited to houses located in "industrial cities" and "larger cities" because solving the housing shortages in these cities was a top priority in carrying out the war.  This article revealed that the "Housing survey of industrial cities" and the "Housing survey of larger cities were not conducted based on short・term discussions during the war, but were conducted as a result of long-term discussions and a response to social conditions.

    日本建築学会, 2020年10月, 日本建築学会計画系論文集, 85 (776), 2233 - 2243, 日本語

    [査読有り]

  • 堀内 啓佑, 中江 研

     The Housing Policy Researching Committee of Dojunkai (HPRCD) researched the housing policies of Western countries from 1939 through 1940. It is important to show the process of its activities and the details of its research because Japanese wartime housing policy was drafted on the basis of the results of its activity. This paper's originality derives from its focus not only on the HPRCD but also on preceding activity in Dojunkai.

     The research division was founded in 1930 and "Research into the building and maintenance of small houses" began in 1934. Activities during the initial period did not focus on housing policy because Dojunkai was established to construct houses for survivors of the Great Kanto Earthquake. However, this improvement in the researching system was an underlying cause in the development of research regarding housing policy in Dojunkai.

     "Research into the housing policies of Western countries" began as part of the "Research into the building and maintenance of small houses" in 1937. Research into Dojunkai systematically collected books about housing policies through embassies and translated them. By this time, S. Inui (Chief of the research division) was insisting that emergency measures should be drafted to deal with wartime conditions and that permanent measures should be drafted to establish the housing policies looking toward the postwar period. This was reflected in subsequent research.

     In 1939, officials from the Department of Social Affairs of the Ministry of Health and Welfare started to draft measures to solve housing problems. The HPRCD was established in Dojunkai because the government did not have an organization capable of researching precedents in Western countries. Y. Kato, an official from the Department of Social Affairs, tried to draft a Rent Control Ordinance. He used the report from the HPRCD as a reference.

    At the end of 1939, the Division of Housing was established in the Department of Social Affairs to form a comprehensive housing policy. The HPRCD researched and drafted the Housing Act to realize it. In this way, the HPRCD contributed to legislation regarding housing in wartime.

    日本建築学会, 2019年04月, 日本建築学会計画系論文集, (758), 965 - 975, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 木方 十根, 中江 研

    International Planning History Society, 2018年07月, Japanese Students’ Studies at the École Centrale des Arts et Manufactures in Paris in the 1870s and Its Impact on Urban Planning, 18 (1), 435 - 446, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 堀内 啓佑, 中江 研

     Japanese city fell into the housing shortage, which was caused by intensification of war during WWII. To deal with this situation, Division of Housing in Ministry of Health and Welfare held HMC (Housing Measures Committee) and drafted “The report of HMC”. Researches of the past pointed out its aspect of housing supply measures.
     On the other hand, HPRCD (Housing Policy Researching Committee of Dojunkai) tried to draft the Housing Act at the same time. It was drafted by four sections in HASRS (“Housing Act” Special Researcher Society), the research group of HPRCD that have researching themes as follows: Section 1 (Housing census), Section 2 (Housing standardization), Section 3 (Housing supervision) and Section 4 (Housing supply).

     This paper shows a process of formulation of “the report of HMC” and its significance in the history of Japanese housing policy by associating activity of HPRCD with “the report of HMC”. We reveal facts as follows;

     Officials of Division of Housing tried to hold Housing Policy Committee to establish housing policy that modelled after Western countries. They also took part in activities of HPRCD and intended to enact Housing Act as uniform law about housing. However, they could not hold Housing Policy Committee because of intensification of war. Actually, they had to follow political line that contributes to production expansion and solve housing shortage in areas of munitions factories and urban cities the highest priority. Given this situation, they decided to hold HMC and incorporate ideas gotten thorough research of HPRCD with “the report of HMC”
     “The report of HMC” was composed of as follows;
     (1) “Guideline to found Rented House Owner Association (tentative)”
     (2) “Guideline of special measures of housing supply”
     (3) “Guideline to found Housing Corporation (tentative)”
     (4) “Guideline of housing census”
     (5) “Several methods needed for carrying out housing measures”.
     The measures of (1), (2), (3) and (5) were drafted based on evaluation that was shown from the research by Section 4 of HASRS. Especially, establishment of Housing Corporation was discussed first of all at HMC because it was considered as most effective way by Section 4. Moreover, matters had been researched by Section 1 was strongly reflected on (4). Section 2 and Section 3 couldn't incorporate their ideas into “the report of HMC” because the measures concerning housing standardization and supervision did not directly contribute to solving housing shortage. However, they made effort to realize their ideas during HMC.

     “The report of HMC” played important role in proposing housing supply measures at WW II such as the Housing Corporation Act. Moreover, this paper shows its significance that it was product of compromise of activity of drafting Housing Act. Therefore it partially included ideas gotten thorough comprehensive research about housing policy.

    日本建築学会, 2018年04月, 日本建築学会計画系論文集, 83 (746), 763 - 773, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 尼宝線の建設経緯と戦時下における防空と連動した沿道型土地区画整理

    中野 茂夫, 中江 研, 角 哲, 小山 雄資

    日本建築学会, 2017年02月, 日本建築学会計画系論文集, 82 (732), 567 - 577, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shigeo Nakano, Satoru Kaku, Ken Nakae, Yusuke Koyama

    Japan's wartime city planning and housing policy was the prototype for city planning in the postwar-era. The greatest issue for wartime city planning was the construction of military plants in local regions. This study aimed at clarifying the relationship between industrial development and the legal city planning of the Nippon Steel Co. Ltd. (NSC) during World War II, with a focus on the cases of the Muroran, Kamaishi, Hirohata and Yahata (Yawata) Works.

    The Japanese steel industry originated with NSC, which was founded as a national policy company through the consolidation of steelworks in 1934. Legal city planning was developed in relation to the construction of four huge steelworks: Muroran, Kamaishi, Hirohata and Yahata. City-planned streets were instituted in four cities with steelworks. However other legal city planning was different. The result of this research represents legal city planning for industrial development during World War II. The cases of industrial city planning during the war shared the principle of an air defense system. In contrast, advanced city planning notions such as "planning unit" and "regional planning" were introduced in accordance with the sizes of the respective cities.

    公益社団法人 日本都市計画学会, 2016年11月, Urban and Regional Planning Review, 3 (3), 163 - 186, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 木方 十根, 中江 研, 横川 陽香, 岡田 帆奈

    International Planning History Society, 2016年07月, Proceedings of the 17th International Planning History Society Conference, 2, 353 - 364, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 第二次世界大戦期における日本の鉄鋼業都市の工業開発と都市計画の関係

    中野茂夫, 角哲, 中江研, 小山雄資

    2016年, Urban and Regional Planning Review (URPR), 3 (3), 163 - 186, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 住まいにおける新しい郷土像の展開 -H・デ・フリースによる1920年代後半のドイツでの住宅建設計画を中心に-

    山本 一貴, 中江 研

    日本建築学会, 2015年12月, 日本建築学会住宅系研究報告会論文集 10, 7 - 14, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 高等教育機関における田園都市関連洋書の取得とその理解について -明治・大正期の田園都市思想の受容過程に関する研究-

    横川 陽香, 中江 研

    日本建築学会, 2015年12月, 日本建築学会住宅系研究報告会論文集10, 25 - 32, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 角 哲, 中江 研, 中野 茂夫, 平井 直樹, 小山 雄資

     This paper describes about building time, types and location of welfare facilities of Hirohata Works built by Nippon Steel Co.Ltd. (NSC) before W.W.II. Hirohata Works was one of typical example of the factory located on near the consuming place in 1930's and the first factory for NSC in that type. Hyogo prefecture led development on Hirohata with their ideal city planning. On the other hand, NSC built various welfare facilities for their workers as important urban facilities. However NSC sorted welfare facilities by job-ranking grade and product function. In addition its number were less than the factory at local towns

    日本建築学会, 2015年, 日本建築学会計画系論文集, 80 (716), 2385 - 2393, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 中野 茂夫, 角 哲, 中江 研, 小山 雄資, 井上 亮

     The purpose of this study is to investigate the components of new industrial city planning and land development in the Bansyu Coastal Industrial Zone during WWII using Hirohata, Aboshi, and Takasago as case examples. In this paper, landfill projects, building of wide-ranging roads, and land reallocation projects at each city will be reviewed according to the official city plan. Full-scale industrialization in the Bansyu area began with the Hirohata Steel Works in 1934. This plant site development method was used for the landfill projects planned in Hirohata, Aboshi and Takasago. Meanwhile, the Public Body Enforcement Land Readjustment Project was used as the standard for building wide-ranging roads. At Hirohata, they built wide roads to serve as fire lines to support air defense and allocated schools and parks properly in each urban block. Consequently, the contents of the plan were found to be similar to a neighborhood unit.

    日本建築学会, 2015年, 日本建築学会計画系論文集, 80 (717), 2713 - 2723, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ハインリヒ・デ・フリース著『未来の住宅都市』にみる第一次世界大戦後のドイツにおいて目指された大都市の住まいの計画理念と方法

    山本 一貴, 中江 研

    日本建築学会, 2014年12月, 日本建築学会住宅系研究報告会論文集9, 39 - 46, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 中江 研, 角 哲, 中野 茂夫, 小山 雄資

    This paper examines role of Jutaku Eidan, Japan Housing Corporation and influence of low for management of farmland on company towns developed by Nippon Steel Co.Ltd. Hirohata Works. Nippon Steel began to build Hirohata Works in 1937. At the beginning, Hirohata Works developed its company housing by itself. Since 1941, Ministry of Agriculture and Forestry controlled farmland conversion by the Temporary Farmland Control Order. So Nippon Steel could not secure lands to build its company housing on. Therefore, Hirohata Works had to depend on Japan Housing Corporation for its company housing.

    日本建築学会, 2014年, 日本建築学会計画系論文集, 79 (695), 207 - 216, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 中江 研, 角矢 洋平, 西島 萌花

    This paper examines chronological development of company housing of Nikke, the Japan Wool Textile Co., Ltd. The Kakogawa Mill started its operation in 1889. In the earliest years, its company housing was located in the mill site and a new housing community was constructed around the mill with the expansion of the mill. In 1919, the Innami Mill was developed across the river from the Kakogawa Mill and a new larger worker housing community was planned. It was described as "a Garden City" in a newspaper. A part of the plan was realized, but not completed.

    日本建築学会, 2014年, 日本建築学会計画系論文集, 79 (701), 1663 - 1672, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 角 哲, 中江 研, 中野 茂夫, 小山 雄資, 平井 直樹

    This paper examines land selection process for new factory and development of worker's settlement by Nippon Steel Co.Ltd. in the 1930's from 3 scales, region, city and settlements. It was first time for Nippon Steel to construction of factory at a place near big cities. That location was a general tendency of at that time. Japanese government and Hyogo Prefecture restricted development by Nippon Steel aiming at realization of ideal city planning. The plan of urban development of Hyogo prefecture and Nippon Steel were differed greatly. Nippon Steel acquired the company residence sites as a factory, and constructed company houses.

    一般社団法人日本建築学会, 2014年, 日本建築学会計画系論文集, 79 (701), 1673 - 1681, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 北村徳太郎による播磨造船所の社宅街建設について―藪谷・弁天社宅と古池社宅を中心として―

    中江 研, 角矢 洋平, 西島 萌花

    日本建築学会, 2013年12月, 日本建築学会住宅系研究報告会論文集8, 153 - 162, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 日本毛織株式会社加古川工場・印南工場の社宅・寄宿舎の配置構成について

    中江 研, 西島 萌花, 角矢 洋平

    日本建築学会, 2013年12月, 日本建築学会住宅系研究報告会論文集8, 143 - 152, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 第一次世界大戦後のドイツにおける「倹約」の建築理念と方法 ―ベーレンスとデ・フリースの共著『倹約建設について』の歴史的位置づけをめぐって―

    山本 一貴, 中江 研

    日本建築学会, 2013年12月, 日本建築学会住宅系研究報告会論文集8, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 1930年前後のドイツの住宅建設施策における目指すべき住宅の形

    中江 研

    日本建築学会, 2013年12月, 日本建築学会住宅系研究報告会論文集8, 133 - 142, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • ペーター・ベーレンスとハインリヒ・デ・フリースの『倹約建設について』にみる低層住宅団地の建設方式「グルッペンバウヴァイゼ」について

    山本 一貴, 中江 研

    神戸大学大学院工学研究科建築学専攻持続的住環境創成(積水ハウス)寄付講座, 2013年06月, 神戸大学持続的住環境創成(積水ハウス)寄付講座平成24年年報, 66 - 73, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 中江 研

    At the conference of the German Society for Housing Reform in 1927, Luebbert showed the six housing development models including two- to five- story dwellings and emphasized the economical advantages of a two-story dwelling model on the basis of the cost analysis results. The purpose of this paper is to examine the arguments of his opinion. In one of his opinion, the low-rise dwellings didn't require the high standard of the structural strength and the sound insulation. This paper points out that his opinion derived from his arbitrary assumption that the two-story dwelling model had neither the basement nor the attic.

    日本建築学会, 2013年, 日本建築学会計画系論文集, 78 (691), 2067 - 2075, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 平井 直樹, 池上 重康, 中江 研, 石田 潤一郎

    This paper examines the writings of Riemon UNO and his association, Kogyokyoikukai, focusing on company housing. They believed that company housing contribute to the fixing the workers. From the viewpoint of healthy development of Japanese industries, they recommended the adoption of company housing system and aimed the increasing of “commuters” in a global point. They considered the problem concerning company housing for workers as a problem not only of facility but also of the living of the workers. They had studied the whole system of materializing an ideal company housing.

    日本建築学会, 2013年, 日本建築学会計画系論文集, 78 (692), 2223 - 2232, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 進来要『建設ヲ顧ミテ』にみる日本製鐵の工場・社宅街開発

    角 哲, 中野 茂夫, 中江 研

    2011年03月, 企業経営都市の盛衰とその空間構成 (日本建築学会 企業経営都市の盛衰とその空間構成に関する[若手奨励]特別研究委員会 報告書), pp.85-88, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • クルップ社の社宅団地の史的展開と鐘紡におけるその理解

    中江 研, 平井 直樹

    2011年03月, 企業経営都市の盛衰とその空間構成 (企業経営都市の盛衰とその空間構成に関する[若手奨励]特別研究委員会報告書), pp.57-62, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • クルップ社における社宅団地と福利施設 ドイツの労働者社宅街の形成

    中江 研

    2010年09月, 企業経営都市の盛衰とその空間構成 (2010年度日本建築学会大会(北陸)研究懇談会資料), pp.41-44, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中江 研

    In 1929, Hugo Häring lectured his theory on design of dwelling house and discussed with a sanitarian, a medical scientist, a housewife etc. in technical meeting of "Rfg" [Reichsforschungsgesellschaft für Wirtschaftlichkeit im Bau- und Wohnungswesen e. V.]. Häring acclaimed that ventilation, enough sunlight, and scattering sunlight around the room are to be well considered. Therefore, dwellings designed by him from the late 1920s to the early 1930s had following design; living rooms and bed rooms face to south, balcony (not loggia), white walls, not-so-high ceiling, etc.

    日本建築学会, 2009年, 日本建築学会計画系論文集, 74 (640), 1471 - 1480, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 中江 研

    Walken Farmhouse (Gutshaus Walken) was designed by Hugo Häring in 1922. The purpose of this paper is to derive the proportional relationship in the floor plan of the House. Many approximations of 1:1, 1:2, 1:√2 and 5:7 are extracted from the dimensions of the first floor plan. This paper clarifies that design of the first floor based on a composition of geometric shapes such as squares and rectangles whose horizontal to vertical ratio are 1:2, 5:7, and few 1:√2. Those shapes have the proportional relationship.

    日本建築学会, 2008年08月30日, 日本建築学会計画系論文集, Vol. 73, No. 630,pp.1811-1818 (630), 1811 - 1818, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近代日本における企業社宅街の成立と展開に関する研究

    池上重康, 砂本文彦, 中江研, 中野茂夫, 崎山俊雄, 谷村仰仕, 角哲

    第一住宅建設協会, 2008年05月, 日本語

  • 中江 研

    Häring House is the first residential design of Hugo Häring. The purpose of this paper is to derive the proportional relationship in the floor plan of the House. Many approximations of 1:1, 1:√2 and golden ratio are extracted from the dimensions of the first floor plan. This paper clarifies that design of the first floor based on a composition of geometric shapes such as squares, golden rectangles, and silver rectangles. Those shapes have the proportional relationship and some of them create whirling squares.

    日本建築学会, 2008年03月30日, 日本建築学会計画系論文集, Vol. 73, No. 625,pp.701-708 (625), 701 - 708, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 池上 重康, 砂本 文彦, 中江 研

    本研究は,鉱山系高等教育機関の学生が国内外の鉱山へ赴き,その生産システムを学んで結果を報告した「実習報文」を通覧・整理し,近代日本における鉱業系企業社宅街の開発や計画の意図を探るための基礎資料を作成し,社宅街のハード・ソフト両面の特徴を考察したものである。実習報文の添付資料・記述から,社宅街の施設や計画についての新たな知見の発掘と,社宅街の施設改善への方向性を確認し,従来いわれてきたこととは異なる社宅街を自律的に語りうる新たな視点を得ることができた。また,従来の研究方法に加え,実習報文が有する情報を多面的に統合することで,社宅街の計画意図を経年的に把握できることも明らかにした。

    住宅総合研究財団 ; 東京, 2006年, 住宅総合研究財団研究論文集, 33 (33), 229 - 240, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Keisuke Horiuchi, Ken Nakae

    Wiley, 2022年01月, JAPAN ARCHITECTURAL REVIEW, 5 (1), 64 - 76

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 木和田 有美, 木方 十根, 吉本 晃城, 山田 幸長, 出村 嘉史, 小山 雄資, 中江 研, 中野 茂夫

    Architectural Institute of Japan, 2021年10月20日, AIJ Journal of Technology and Design, 27 (67), 1536 - 1541, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 木方 十根, 木和田 有美, 吉本 晃城, 小山 雄資, 中江 研, 中野 茂夫, 出村 嘉史

    Architectural Institute of Japan, 2021年06月20日, AIJ Journal of Technology and Design, 27 (66), 1080 - 1085, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 日本における不良住宅地区の質的評価方法の確立の過程

    堀内啓佑, 堀内啓佑, 中江研

    2020年, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 2020 (2020), 179 - 180, 日本語

  • 9359 近代オランダ建築に関する今井兼次の紹介におけるRobertsonの論考への依拠とその解釈 その2 相違点について

    山本 一貴, 塩谷 沙織, 中江 研

    日本建築学会, 2019年07月20日, 建築歴史・意匠, (2019), 717 - 718, 日本語

  • 9358 近代オランダ建築に関する今井兼次の紹介におけるRobertsonの論考への依拠とその解釈 その1 一致点について

    塩谷 沙織, 山本 一貴, 中江 研

    日本建築学会, 2019年07月20日, 建築歴史・意匠, (2019), 715 - 716, 日本語

  • 9349 住居法の立案が目指された経緯に関する研究 中村寛の経歴に着目して

    堀内 啓佑, 中江 研

    日本建築学会, 2019年07月20日, 建築歴史・意匠, (2019), 697 - 698, 日本語

  • 9464 ジードルンクの住居タイプに関する数量的関係の捉え方 山田守の『ジードルンク』と「生活最小限の住居」から

    山本 一貴, 中江 研

    日本建築学会, 2018年07月20日, 建築歴史・意匠, (2018), 927 - 928, 日本語

  • 9463 同潤会住宅制度調査委員会による海外法調査活動

    堀内 啓佑, 中江 研

    日本建築学会, 2018年07月20日, 建築歴史・意匠, (2018), 925 - 926, 日本語

  • 同潤会住宅制度調査委員会による住居法に関する調査立案活動の経緯

    堀内 啓佑, 中江 研

    日本建築学会, 2018年06月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (58), 533 - 536, 日本語

  • 近代日本の建築メディアにおけるオランダ近代建築の掲載状況について

    塩谷 沙織, 中江 研, 山本 一貴

    日本建築学会, 2018年06月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (58), 517 - 520, 日本語

  • 鐘紡・三菱両工場の中間領域における新道開鑿事業と市街地形成 -神戸市和田岬周辺部における鐘紡・三菱の工場進出と市街地の形成過程について その2-

    瀬川 瑞, 中江 研

    日本建築学会, 2018年06月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (58), 501 - 504, 日本語

  • 吉田新田における地主所有地の農地転用と市街地化 -神戸市和田岬周辺部における鐘紡・三菱の工場進出と市街地の形成過程について その1-

    中江 研, 瀬川 瑞

    日本建築学会, 2018年06月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (58), 497 - 500, 日本語

  • 満洲における住宅の規格化に関する研究 ‐満洲建築協会の影響に着目して‐

    合田 宏明, 中江 研

    日本建築学会, 2017年06月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (57), 517 - 520, 日本語

  • 東京帝国大学建築学教室旧蔵洋書にみる近代産業都市の居住地形成思想および理論の伝播

    池上 重康, 中江 研, 横川 陽香

    日本建築学会, 2016年08月24日, 建築歴史・意匠, (2016), 883 - 884, 日本語

  • 9097 H・デ・フリースによる1920年代後半のジードルンクの計画理念と手法(西洋近代:1910~20年代,建築歴史・意匠,学術講演会・建築デザイン発表会)

    山本 一貴, 中江 研

    日本建築学会, 2015年09月04日, 建築歴史・意匠, 2015 (2015), 193 - 194, 日本語

  • 明治・大正期の田園都市思想の受容過程に関する研究 -高等教育機関の蔵書を中心として-

    横川 陽香, 中江 研

    日本建築学会, 2015年06月27日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (55), 645 - 648, 日本語

  • 9065 エブヴェール鉄鋼石炭会社のヴィクトリア田園都市について(都市史:都市の解読(西洋:近世・近代),建築歴史・意匠,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    池上 重康, 小山 雄資, 中江 研, 中野 茂夫

    日本建築学会, 2014年09月12日, 建築歴史・意匠, 2014 (2014), 129 - 130, 日本語

  • エブベール鉄鋼石炭会社のビクトリア田園都市について

    池上重康, 小山雄資, 中江研, 中野茂夫

    2014年, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 2014

  • 9214 釜石鉱山(株)の構内・公園(鈴子)社宅街の福利厚生施設と配置(都市史:日本(3),2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    角 哲, 中野 茂夫, 中江 研, 小山 雄資

    日本建築学会, 2013年08月30日, 建築歴史・意匠, 2013 (2013), 427 - 428, 日本語

  • 9398 ベーレンスとデ・フリースの労働者用ジードルンク計画の理念と方法について : ペーター・ベーレンス,ハインリヒ・デ・フリース共著『倹約建設について』に関する研究(その1)(西洋:近代(1),建築歴史・意匠,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    中江 研, 山本 一貴

    日本建築学会, 2013年08月30日, 建築歴史・意匠, 2013 (2013), 795 - 796, 日本語

  • 9399 ベーレンスとデ・フリースの「グルッペンバウヴァイゼ」による低層ジードルンク計画について : ペーター・ベーレンス,ハインリヒ・デ・フリース共著『倹約建設について』に関する研究(その2)(西洋:近代(1),建築歴史・意匠,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    山本 一貴, 中江 研

    日本建築学会, 2013年08月30日, 建築歴史・意匠, 2013 (2013), 797 - 798, 日本語

  • 9053 南満洲鉄道株式会社撫順炭礦千金寨新市街の形成(日本近代:都市空間,建築歴史・意匠,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    池上 重康, 角 哲, 砂本 文彦, 谷村 仰仕, 中江 研, 中野 茂夫

    日本建築学会, 2012年09月12日, 建築歴史・意匠, 2012 (2012), 105 - 106, 日本語

  • 9054 南満洲鉄道株式会社撫順炭礦千金寨新市街の福利施設(日本近代:都市空間,建築歴史・意匠,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    角 哲, 池上 重康, 砂本 文彦, 谷村 仰仕, 中江 研, 中野 茂夫

    日本建築学会, 2012年09月12日, 建築歴史・意匠, 2012 (2012), 107 - 108, 日本語

  • 南満洲鉄道株式会社撫順炭礦千金寨新市街の福利施設

    角哲, 池上重康, 砂本文彦, 谷村仰仕, 中江研, 中野茂夫

    2012年09月, 日本建築学会大会学術講演梗概集 F-2, 2012, 日本語

  • 9025 近代の尼崎城趾の空間利用に関する研究 : 土地所有者の変遷を中心として(建築史・建築意匠・建築論)

    高木 祐子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (52), 805 - 808, 日本語

  • 9038 アルヴァ・アアルトの作品における外部空間について : 外部空間の構成要素に着目して(建築史・建築意匠・建築論)

    福西 泰博, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (52), 857 - 860, 日本語

  • 9043 神戸市北野町山本通重要伝統的建造物群保存地区の指定以後の変化とその保存整備に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    菅原 信江, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (52), 877 - 880, 日本語

  • 9147 日本製鐵(株)広畑製鐵所社宅街の展開と京見社宅街の施設配置について(日本近代:社宅・官舎,建築歴史・意匠)

    角 哲, 中野 茂夫, 中江 研

    日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2011 (2011), 293 - 294, 日本語

  • 9005 近畿地方の近代建築物の保存・活用に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    會田 浩教, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 729 - 732, 日本語

  • 9050 雲雀丘・花屋敷地区における戦前期の住宅地形成に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    阿武 宏光, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 909 - 912, 日本語

  • 9230 鉱山実習報文にみる北炭夕張炭鉱の社宅街の変遷について(日本近代:官舎・社宅,建築歴史・意匠)

    角 哲, 池上 重康, 砂本 文彦, 中江 研, 中野 茂夫

    日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2010 (2010), 459 - 460, 日本語

  • 9233 九州炭礦汽船(株)崎戸礦業所社宅街の変遷(日本近代:官舎・社宅,建築歴史・意匠)

    池上 重康, 角 哲, 中野 茂夫, 中江 研, 砂本 文彦

    日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2010 (2010), 465 - 466, 日本語

  • 9238 20世紀前半朝鮮半島の鉱山集落について(日本近代:住宅(1),建築歴史・意匠)

    砂本 文彦, 池上 重康, 角 哲, 中野 茂夫, 中江 研

    日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2010 (2010), 475 - 476, 日本語

  • 9007 1910年代から1930年代前半におけるヘーリンクの平面図にみられる幾何学的構成について(建築史・建築意匠・建築論)

    中江 研

    日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (50), 761 - 764, 日本語

  • 9008 ヴァイマール期ドイツにおける高層住宅-低層住宅論争について(建築史・建築意匠・建築論)

    角田 理衣, 中江 研, 足立 裕司

    日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (50), 765 - 768, 日本語

  • 9039 欧米諸国における歴史的建造物の保存・再生に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    松尾 政人, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (50), 889 - 892, 日本語

  • 9041 奈良公園における公演域の形成過程について : 奈良公園の形成に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    岩本 梨花, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (50), 897 - 900, 日本語

  • 9043 須磨地域の住宅地形成に関する歴史的研究 : 地図の編年的考察を中心として(建築史・建築意匠・建築論)

    三浦 久美子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (50), 905 - 908, 日本語

  • 9044 神戸の都市像と場所との関係(建築史・建築意匠・建築論)

    久江 真理子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (50), 909 - 912, 日本語

  • 9079 明治期の高島炭坑端島坑の社宅街(社宅,建築歴史・意匠)

    角 哲, 池上 重康, 崎山 俊雄, 中野 茂夫, 中江 研, 砂本 文彦, 木方 十根

    日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2009 (2009), 157 - 158, 日本語

  • 9080 大正・昭和初期の高島炭坑端島坑社宅街の変遷(社宅,建築歴史・意匠)

    池上 重康, 角 哲, 崎山 俊雄, 中野 茂夫, 中江 研, 砂本 文彦, 木方 十根

    日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2009 (2009), 159 - 160, 日本語

  • 9013 オットー・バルトニンクの教会建築に関する研究 : 「Vom Raum der Kirche」を中心として(建築史・建築意匠・建築論)

    大泉 奈々恵, 中江 研, 足立 裕司

    日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (49), 757 - 760, 日本語

  • 9311 W.グロピウスとP.シュルツェ=ナウムグルクとの屋根論争について(西洋近代:20世紀(1),建築歴史・意匠)

    中江 研, 山本 一貴

    日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2008 (2008), 621 - 622, 日本語

  • 9114 鉱業系企業社宅街の形成パターンに関する比較研究(日本近代:住宅(2),建築歴史・意匠)

    谷村 仰仕, 池上 重康, 角 哲, 崎山 俊雄, 砂本 文彦, 中江 研, 中野 茂夫

    日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2008 (2008), 227 - 228, 日本語

  • 9113 旧帝大採鉱・冶金学科旧蔵実習報文にみる金属鉱山福利施設の設置状況について : 日本近代鉱業系企業社宅街に関する基礎的研究 その3(日本近代:住宅(2),建築歴史・意匠)

    角 哲, 池上 重康, 砂本 文彦, 中江 研, 中野 茂夫

    日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2008 (2008), 225 - 226, 日本語

  • 9010 「すべての人に太陽と空気と家を」展における「成長する家」の諸提案について : 1930年代ドイツの"Das wachsende Haus"に関する研究(その2)(建築史・建築意匠・建築論)

    大泉 奈々恵, 木村 理恵子, 中江 研, 足立 裕司

    日本建築学会, 2008年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (48), 733 - 736, 日本語

  • 9009 マルティン・ワグナーの「成長する家」の思想と具体的提案について : 1930年代ドイツの"Das wachsende Haus"に関する研究(その1)(建築史・建築意匠・建築論)

    木村 理恵子, 中江 研, 足立 裕司

    日本建築学会, 2008年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (48), 729 - 732, 日本語

  • 9008 フーゴー・ヘーリンクによる1921年制作の平面スケッチの形成過程について(建築史・建築意匠・建築論)

    中江 研

    日本建築学会, 2008年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (48), 725 - 728, 日本語

  • 中江 研

    公益社団法人 日本工学教育協会, 2008年, 工学・工業教育研究講演会講演論文集, 2008 (0), 256 - 257, 日本語

  • ドイツ近代における気候・風土にねざした建築の理想像について : 1910年~1930年代の建築雑誌上の建築家・批評家の議論をつうじて

    中江 研

    旭硝子財団, 2008年, 旭硝子財団助成研究成果報告, 1 - 7, 日本語

  • 9229 旧帝大採鉱・冶金学科旧蔵実習報文にみる社宅街の計画意図について : 日本近代鉱業系企業社宅街に関する基礎的研究 その2(日本近代:住宅(1),建築歴史・意匠)

    角 哲, 池上 重康, 砂本 文彦, 中江 研

    日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2007 (2007), 457 - 458, 日本語

  • 資料目録 北海道大学工学部旧鉱山学科実習報文一覧(1926~1975年)

    角哲, 池上重康, 砂本文彦, 中江研

    北海道大学大学文書館, 2007年03月, 北海道大学大学文書館年報, (2), 123 - 150, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)

  • 池上 重康, 砂本 文彦, 中江 研, 角 哲

    九州大学附属図書館付設記録資料館産業経済資料部門, 2007年03月, エネルギー史研究, 22 (22), 21 - 29, 日本語

  • A catalogue of the practical reports (1926-1975) of the former department of mining engineering in Hokkaido University's faculty of engineering

    KAKU Satoru, IKEGAMI Shigeyasu, SUNAMOTO Fumihiko, NAKAE Ken

    2007年, Annual report of Hokkaido University Archives, (2), 123

  • 9200 旧帝大採鉱・冶金学科旧蔵実習報文について : 日本近代鉱業系企業社宅街に関する基礎的研究 その1(日本近代:住宅(2), 建築歴史・意匠)

    角 哲, 池上 重康, 砂本 文彦, 中江 研

    日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2006 (2006), 399 - 400, 日本語

  • 9033 Yona Friedmanの建築理論に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    佐藤 達保, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (46), 861 - 864, 日本語

  • フーゴー・ヘーリンクと“オルガンハフト”建築

    中江 研

    2005年09月, 国際シンポジウム予稿『日独百年の建築・都市計画における相互交流[彼岸の夢]』, セッション1-3, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 9017 生野鉱山における官舎・社宅に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    高田 絵美, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (45), 809 - 812, 日本語

  • 9023 近代建築の保存・再生とその評価に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    高麗 憲志, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (45), 833 - 836, 日本語

  • 9018 明治初期建築におけるメートル法から尺寸法への変換について : 神子畑鉱山事務舎での11分割法の試み(建築史・建築意匠・建築論)

    足立 裕司, 中江 研, 尾瀬 耕司

    日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (45), 813 - 816, 日本語

  • 9016 近代における民家と日本的造形に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    大前 匡史, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (45), 805 - 808, 日本語

  • 9287 朝鮮時代の建築規制からみた楼亭建築 : 韓国楼亭建築の保存と活用に関する研究4(東洋 韓国・中国,建築歴史・意匠)

    張 榮晋, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2004 (2004), 573 - 574, 日本語

  • 9297 『Neues Wohnen-Neues Bauen』における図版展開について : Adolf Behneの建築理論に関する研究(5)(建築論・批評・思想,建築歴史・意匠)

    山本 一貴, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2004 (2004), 593 - 594, 日本語

  • 9018 ヨーロッパにおける日本の建築文化の理解と受容に関する研究VI : Fleteher著『A history of architecture on the comparative method(第6版)』に記述される日本建築の特質について(西洋近代(1),建築歴史・意匠)

    金刺 礼子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2004 (2004), 35 - 36, 日本語

  • 9191 明治初期の生野鉱山における官舎に関する研究(日本近代・住宅,建築歴史・意匠)

    高田 絵美, 中江 研, 足立 裕司

    日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, (2004), 381 - 382, 日本語

  • 9037 Alexander Kleinの評価に見るHugo Haringの『成長する家』設計競技案(西洋近代(5),建築歴史・意匠)

    中江 研

    日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2004 (2004), 73 - 74, 日本語

  • 9054 Peter Eisenmanの形態生成プロセスに関する考察(建築史・建築意匠・建築論)

    原田 貴嗣, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (44), 1173 - 1176, 日本語

  • 9037 ヨーロッパにおける日本の建築文化の理解と受容に関する研究V : "Sir Banister Fletcher's『A history of architecture on the comparative method』"全20版を通して(建築史・建築意匠・建築論)

    金刺 礼子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (44), 1105 - 1108, 日本語

  • 9035 Hugo Haringの収納家具を構造支持体とする2つの住宅案について(建築史・建築意匠・建築論)

    中江 研

    日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (44), 1097 - 1100, 日本語

  • 9033 『Neues Wohnen-Neues Bauen』における図版「事例と反例」について : Adolf Behneの建築理論に関する研究(4)(建築史・建築意匠・建築論)

    山本 一貴, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (44), 1089 - 1092, 日本語

  • 9026 韓国の都市における楼亭建築に関する研究3 : 楼亭記にみられる楼亭建築を中心として(建築史・建築意匠・建築論)

    張 榮晋, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (44), 1061 - 1064, 日本語

  • 9022 民家論の系譜に関する研究 : 白樺派の活動を中心として(建築史・建築意匠・建築論)

    三井 理恵, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (44), 1045 - 1048, 日本語

  • 「鉱石の道」の形成と産業遺産の現況

    中江 研

    2004年, 「鉱石の道」産業遺産活用調査報告書, 17-43, 日本語

    その他

  • 9072 韓国楼亭建築の保存と活用に関する研究(東洋 韓国・中国(1),建築歴史・意匠)

    張 榮晋, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2003 (2003), 143 - 144, 日本語

  • 9210 ヨーロッパにおける日本の建築文化の理解と受容に関する研究 IV : 「簡潔さ」と「規則性」に関連する理解について(建築論(2),建築歴史・意匠)

    金刺 礼子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2003 (2003), 419 - 420, 日本語

  • 9043 生野の都市形成と鉱山施設に関する歴史的研究(建築史・建築意匠・建築論)

    伊藤 久美, 中江 研, 足立 裕司

    日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (43), 965 - 968, 日本語

  • 9021 Adolf Behneの建築理論に関する研究(3) : 自省のプロセスについて(建築史・建築意匠・建築論)

    山本 一貴, 中江 研, 足立 裕司

    日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (43), 877 - 880, 日本語

  • 9020 ヨーロッパにおける日本の建築文化の理解と受容に関する研究 III : Christopher Dresserの著書『Japan, its Architecture, Art and Art Manufactures』について(建築史・建築意匠・建築論)

    金刺 礼子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (43), 873 - 876, 日本語

  • 9014 韓国の都市における楼亭建築に関する研究 : 楼亭の成立と形式を中心として(建築史・建築意匠・建築論)

    張 榮晋, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (43), 849 - 852, 日本語

  • Jakob von Uexkull の生物学理論による Hugo Haring の『フォルムへの道』の解釈(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    中江 研

    日本建築学会, 2002年06月, 学術講演梗概集. 計画系, (2), 81 - 82, 日本語

  • Adolf Behne の建築理論に関する研究(2) : "Der moderne Zweckbau" における対立の平衡状態について(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    山本 一貴, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2002年06月, 学術講演梗概集. 計画系, 2002 (2), 607 - 608, 日本語

  • ヨーロッパにおける日本の建築文化の理解と受容に関する研究 : フランツ・バルツァーの『Das japanische Haus』における認識の考察 : II(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    金刺 礼子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2002年06月, 学術講演梗概集. 計画系, 2002 (2), 609 - 610, 日本語

  • 9018 ヨーロッパにおける日本の建築文化の理解と受容に関する研究 : フランツ・バルツァーの『Das japanische Haus』における認識の考察 : I

    金刺 礼子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (42), 933 - 936, 日本語

  • 9019 生物学者 Jakob von Uexkull の生物論における建築のアナロジー

    中江 研

    日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (42), 937 - 940, 日本語

  • 9020 Victor Horta の建築に関する研究 : 第一次大戦以前の作品を中心として

    今井 雅章, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (42), 941 - 944, 日本語

  • 9023 Adolf Behne の建築理論に関する研究 (1) : "Der moderne Zweckbau" における対立の論理

    山本 一貴, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (42), 953 - 956, 日本語

  • 9039 生野鉱山の産業遺構に関する研究

    川崎 史恵, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (42), 1017 - 1020, 日本語

  • 9047 アントニン・レーモンドの木造建築とその構成に関する研究

    掛 幸善, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (42), 1049 - 1052, 日本語

  • 9025 Jean Prouveとその作品に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    中村 尚子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (41), 869 - 872, 日本語

  • 9042 アントニン・レーモンドの建築における構造と表現 : リーダーズ・ダイジェスト東京支社を中心として(建築史・建築意匠・建築論)

    新井 昌徳, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (41), 937 - 940, 日本語

  • 9038 滝沢真弓とその建築理念に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    松原 紀之, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (41), 921 - 924, 日本語

  • 9033 歴史的建造物の保存と活用に関する研究 : 取り替え率からみた考察を中心として(建築史・建築意匠・建築論)

    松岡 星彦, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (41), 901 - 904, 日本語

  • 9024 W.M.Dudokの建築に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    山本 奈都子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (41), 865 - 868, 日本語

  • 9023 イスラエルの近代建築についての研究 : テル・アビブを中心として(建築史・建築意匠・建築論)

    土田 善永, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (41), 861 - 864, 日本語

  • 9222 Hugo Haring の建築論における幾何学について : Hugo Haring 研究III

    中江 研

    日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2000 (2000), 443 - 444, 日本語

  • 9156 Hugo Haringの建築作品と理念についての予備的考察 : Hugo Haring研究II

    中江 研, 足立 裕司

    日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 1999 (1999), 311 - 312, 日本語

  • 9046 Hugo Haringの建築理念とその歴史的評価についての考察 : Hugo Haring 研究 I(建築史・建築意匠・建築論)

    中江 研, 足立 裕司

    日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (39), 1081 - 1084, 日本語

  • 9212 近代オランダ建築の図版資料に関するHoward Robertsonの情報収集について

    塩谷 沙織, 山本 一貴, 中江 研

    2020年09月, (2020), 423 - 424, 日本語

  • 武田五一、岡田信一郎の「セセッション」への言及について ?大正期の日本の建築界における「セセッション」の理解に関する研究 その1?

    秋田 湧大, 穴井 万智, 中江 研, 山本 一貴, 塩谷 沙織

    2020年06月, (60), 533 - 536, 日本語

  • イタリアにおけるアルベルゴ・ディフーゾに関する法制度とその運用に関する研究

    吉澤 賢, 堀内 啓佑, 中江 研

    2020年06月, (60), 593 - 596, 日本語

  • dezamの組織と活動の概要について 京都帝国大学建築学生団体dezamの活動に関する研究?その1?

    堀内 啓佑, 羽山 華望, 中江 研, 山本 一貴

    2020年06月, (60), 545 - 548, 日本語

  • dezamによる文献研究・集団的活動・雑誌制作について 京都帝国大学建築学生団体dezamの活動に関する研究?その2?

    羽山 華望, 中江 研, 堀内 啓佑, 山本 一貴

    2020年06月, (60), 549 - 552, 日本語

  • 英国建築協会AAによる1922年のオランダ建築視察旅行について

    塩谷 沙織, 中江 研, 山本 一貴

    2020年06月, (60), 565 - 568, 日本語

  • 日本趣味および日本に移入された「セセッション」への言及について ?大正期の日本の建築界における「セセッション」の理解に関する研究 その2?

    穴井 万智, 秋田 湧大, 中江 研, 山本 一貴, 塩谷 沙織

    2020年06月, (60), 537 - 540, 日本語

  • 近代の神戸市須磨における住宅地形成に関する研究

    大脇 春, 中江 研

    2020年06月, (60), 581 - 584, 日本語

書籍等出版物

  • 新修神戸市史 生活文化編

    中江, 研, 瀬川, 瑞

    共著, 第2章第2節 和田岬周辺部のまちなみの形成, 神戸市, 2020年03月31日

  • Creative local

    馬場, 正尊, 中江, 研, 加藤, 優一, 中橋, 恵, 菊地, マリエ, 大谷, 悠, ミンクス, 典子, 阿部, 大輔, 漆原, 弘, 山道, 拓人

    共編者(共編著者), 学芸出版社, 2017年12月, 日本語, ISBN: 9784761526665

    一般書・啓蒙書

  • 日本の建築意匠

    平尾 和洋, 青柳 憲昌, 山本 直彦, 大影 佳史, 朽木 順綱, 倉方 俊輔, 末包 伸吾, 中江 研, 福原 和則, 本田 昌昭

    共著, 学芸出版社, 2016年12月, 日本語

    学術書

  • 高砂市史 第7巻

    中江 研

    共著, 高砂市, 2016年01月, 日本語

    学術書

  • テキスト建築の20世紀 = Textbook of theory and design in 20th century architecture

    本田, 昌昭, 末包, 伸吾, 岩田, 章吾, 加嶋, 章博, 朽木, 順綱, 小林, 正子(建築), 中江, 研

    共著, 学芸出版社, 2009年12月, 日本語, ISBN: 9784761531829

    学術書

  • 建築家フーゴー・ヘーリンクに関する研究 ―1910年代から1930年代初めにかけての住宅設計を中心として―

    中江 研

    単著, 神戸大学学位論文, 2009年01月, 日本語

    その他

  • 社宅街 : 企業が育んだ住宅地

    社宅研究会, 池上, 重康, 角, 哲, 木方, 十根, 崎山, 俊雄, 砂本, 文彦, 谷村, 仰仕, 辻原, 万規彦, 中江, 研, 中川, 理, 中野, 茂夫, 藤谷, 陽悦, 安野, 彰

    共著, 学芸出版社, 2009年, 日本語, ISBN: 9784761531768

    学術書

  • 朝来市の近代化遺産調査報告書

    中江 研, 足立 裕司

    共著, 朝来市教育委員会, 2008年03月, 日本語

    調査報告書

  • 近代日本における企業社宅街の成立と展開に関する研究 : 金属鉱山系企業社宅街の比較分析

    池上, 重康, 砂本, 文彦, 中江, 研, 中野, 茂夫, 崎山, 俊雄, 谷村, 仰仕, 角, 哲, 第一住宅建設協会

    第一住宅建設協会, 2008年, 日本語

  • 兵庫県の近代化遺産

    足立 裕司, 中江 研

    共著, 兵庫県, 2006年03月, 日本語

    調査報告書

  • 関西のモダニズム建築20選

    足立 裕司, 安藤 忠雄, 石田 潤一郎, 梅宮 弘光, 奥 佳弥, 笠原 一人, 鈴木 博之, 武田 則明, 中川 理, 松隈 章, 山形 政昭, 松隈 洋, 橋寺 知子, 中江 研, 金刺 礼子

    共著, 淡交社, 2001年09月, 日本語

    一般書・啓蒙書

講演・口頭発表等

  • 9349 住居法の立案が目指された経緯に関する研究 中村寛の経歴に着目して

    堀内 啓佑, 中江 研

    日本建築学会大会学術講演会, 2019年09月06日, 日本建築学会

    口頭発表(一般)

  • 9358 近代オランダ建築に関する今井兼次の紹介におけるRobertsonの論考への依拠とその解釈 その1 一致点について

    塩谷 沙織, 山本 一貴, 中江 研

    日本建築学会大会学術講演会, 2019年09月06日, 日本語, 日本建築学会

  • 9359 近代オランダ建築に関する今井兼次の紹介におけるRobertsonの論考への依拠とその解釈 その2 相違点について

    山本 一貴, 塩谷 沙織, 中江 研

    日本建築学会大会学術講演会, 2019年09月06日, 日本語, 日本建築学会

  • 「住宅行政機構の整備拡充に関する建議」により目指された行政機構の具体像

    堀内啓佑, 中江研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2019年06月22日, 日本語, 日本建築学会

    口頭発表(一般)

  • 戦前日本の自転車競技場が戦後の競輪場に与えた影響について

    中井修二, 中江研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2019年06月22日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 近代オランダ建築に関する日本の建築系雑誌での最初期の紹介におけるRobertson の論考への依拠とその解釈

    塩谷沙織, 中江研, 山本一貴

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2019年06月22日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 『セセッション圖案集 外観之部』各版の掲載内容について『セセッション圖案集』に関する研究-その2-」

    穴井万智, 菅原美咲, 中江研, 山本一貴

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2019年06月22日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 『セセッション圖案集 室内之部』各版の掲載内容について 『セセッション圖案集』に関する研究-その1-

    菅原美咲, 中江研, 山本一貴

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2019年06月22日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 9463 同潤会住宅制度調査委員会による海外法調査活動

    堀内 啓佑, 中江 研

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年07月20日, 日本語, 日本建築学会

  • 9464 ジードルンクの住居タイプに関する数量的関係の捉え方 山田守の『ジードルンク』と「生活最小限の住居」から

    山本 一貴, 中江 研

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年07月20日, 日本語, 日本建築学会

    口頭発表(一般)

  • 吉田新田における地主所有地の農地転用と市街地化 -神戸市和田岬周辺部における鐘紡・三菱の工場進出と市街地の形成過程について その1-

    中江 研, 瀬川 瑞

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月23日, 日本語, 日本建築学会

    口頭発表(一般)

  • 鐘紡・三菱両工場の中間領域における新道開鑿事業と市街地形成 -神戸市和田岬周辺部における鐘紡・三菱の工場進出と市街地の形成過程について その2-

    瀬川 瑞, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月23日, 日本語, 日本建築学会

    口頭発表(一般)

  • 近代日本の建築メディアにおけるオランダ近代建築の掲載状況について

    塩谷 沙織, 中江 研, 山本 一貴

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月23日, 日本語, 日本建築学会

    口頭発表(一般)

  • 同潤会住宅制度調査委員会による住居法に関する調査立案活動の経緯

    堀内 啓佑, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月23日, 日本語, 日本建築学会

    口頭発表(一般)

  • 満洲における住宅の規格化に関する研究 ‐満洲建築協会の影響に着目して‐

    合田 宏明, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2017年06月24日, 日本語, 日本建築学会

  • 東京帝国大学建築学教室旧蔵洋書にみる近代産業都市の居住地形成思想および理論の伝播

    池上 重康, 中江 研, 横川 陽香

    建築歴史・意匠, 2016年08月24日, 日本語, 日本建築学会

  • 9097 H・デ・フリースによる1920年代後半のジードルンクの計画理念と手法(西洋近代:1910~20年代,建築歴史・意匠,学術講演会・建築デザイン発表会)

    山本 一貴, 中江 研

    建築歴史・意匠, 2015年09月04日, 日本語, 日本建築学会

  • 明治・大正期の田園都市思想の受容過程に関する研究 -高等教育機関の蔵書を中心として-

    横川 陽香, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エブヴェール鉄鋼石炭会社のヴィクトリア田園都市について

    池上 重康, 小山 雄資, 中江 研, 中野 茂夫

    日本建築学会大会(近畿)学術講演会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 釜石鉱山㈱の構内・公園(鈴子)社宅街の福利厚生施設と配置

    角 哲, 中野 茂夫, 中江 研, 小山 雄資

    日本建築学会大会学術講演会, 2013年09月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ベーレンスとデ・フリースの労働者用ジードルンク計画の理念と方法について ペーター・ベーレンス,ハインリヒ・デ・フリース共著『倹約建設について』に関する研究 その1

    中江 研, 山本 一貴

    日本建築学会大会学術講演会, 2013年09月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ベーレンスとデ・フリースの「グルッペンバウヴァイゼ」による低層ジードルンク計画について ペーター・ベーレンス,ハインリヒ・デ・フリース共著『倹約建設について』に関する研究 その2

    山本 一貴, 中江 研

    日本建築学会大会学術講演会, 2013年09月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「すべての人に住宅を」―ヴァイマール期ドイツにおける労働者住宅建設と建築家

    中江 研

    分離派100年研究会, 2012年11月, 日本語, 京都大学 楽友会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「すべての人に住宅を」―ヴァイマール期ドイツにおける労働者住宅建設と建築家

    中江 研

    第2回分離派100年研究会, 2012年11月, 日本語, 京都大学 楽友会館, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 神戸市北野町山本通重要伝統的建造物群保存地区の指定以後の変化とその保存整備に関する研究

    菅原 信江, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2012年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近代の尼崎城趾の空間利用に関する研究 -土地所有者の変遷を中心として-

    高木 祐子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2012年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アルヴァ・アアルトの作品における外部空間について-外部空間の構成要素に着目して-

    福西 泰博, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2012年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本製鐵(株)広畑製鐵所社宅街の展開と京見社宅街の施設配置について

    角 哲, 中野 茂夫, 中江 研

    2011年度日本建築学会大会(関東)学術講演会, 2011年08月, 日本語, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近代建築の実験場としてのドイツ

    中江 研

    レクチャー建築の20世紀, 2011年06月, 日本語, 設計工房CASA, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 近畿地方の近代建築物の保存・活用に関する研究

    會田 浩教, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 雲雀丘・花屋敷地区における戦前期の住宅地形成に関する研究

    阿武 宏光, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鉱山実習報文にみる北炭夕張炭鉱の社宅街の変遷について

    角 哲, 池上 重康, 砂本 文彦, 中江 研, 中野 茂夫

    2010年度日本建築学会大会(北陸), 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 九州炭礦汽船(株)崎戸礦業所社宅街の変遷

    池上 重康, 角 哲, 中野 茂夫, 中江 研, 砂本 文彦

    2010年度日本建築学会大会(北陸), 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 20世紀前半朝鮮半島の鉱山集落について

    砂本 文彦, 池上 重康, 角 哲, 中野 茂夫, 中江 研

    2010年度日本建築学会大会(北陸), 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 奈良公園における公園域の形成過程について-奈良公園の形成に関する研究-

    岩本 梨花, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 須磨地域の住宅地形成に関する歴史的研究-地図の編年的考察を中心として-

    三浦 久美子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸の都市像と場所との関係

    久江 真理子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 欧米諸国における歴史的建造物の保存・再生に関する研究

    松尾 政人, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヴァイマール期ドイツにおける高層住宅-低層住宅論争について

    角田 理衣, 中江 研, 足立 裕司

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Hugo Haering Organwerk und Gestaltwerk

    中江 研

    Geschichite und Theorie der Architektur I (Technische Universitaet Kaisersrautern Vorlesung), 2010年06月, ドイツ語, Technische Universitaet Kaisersrautern, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 1910年代から1930年代前半におけるヘーリンクの平面図にみられる幾何学的構成について

    中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 9007 1910年代から1930年代前半におけるヘーリンクの平面図にみられる幾何学的構成について(建築史・建築意匠・建築論)

    中江 研

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2010年05月25日, 日本語, 日本建築学会

  • オット-・バルトニンクの教会建築に関する研究-「Vom Raum der Kirche」を中心として-

    大泉 奈々恵, 中江 研, 足立 裕司

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2009年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鉱業系企業社宅街の形成パターンに関する比較研究

    谷村 仰仕, 池上 重康, 角 哲, 崎山 俊雄, 砂本 文彦, 中江 研, 中野 茂夫

    日本建築学会2008年度大会(中国), 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 旧帝大採鉱・冶金学科旧蔵実習報文にみる金属鉱山福利施設の設置状況について : 日本近代鉱業系企業社宅街に関する基礎的研究 その3

    角 哲, 池上 重康, 砂本 文彦, 中江 研, 中野 茂夫

    日本建築学会2008年度大会(中国), 2008年09月, 日本語, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • W.グロピウスとP.シュルツェ=ナウムブルクとの屋根論争について

    中江 研, 山本 一貴

    日本建築学会2008年度大会(中国), 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 同窓会誌との連携による学生の自発的活動のモチベーション向上

    中江 研

    工学・工業教育研究講演会, 2008年08月, 日本語, (社)日本工学教育協会, 関西工学教育協会, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 旧帝大採鉱・冶金学科旧蔵実習報文にみる社宅街の計画意図について : 日本近代鉱業系企業社宅街に関する基礎的研究 その2

    角 哲, 池上 重康, 砂本 文彦, 中江 研

    日本建築学会2007年度大会(九州), 2008年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「すべての人にたいようと空気と家を」展における「成長する家」の諸提案について-1930年代どいつの“Das wachsende Haus”に関する研究(その2)-

    大泉 奈々恵, 木村 理恵子, 中江 研, 足立 裕司

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2008年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マルティン・ワグナーの「成長する家」の思想と具体的提案について-1930年代ドイツの"Das Wachsende Haus"に関する研究(その1)-

    木村 理恵子, 中江 研, 足立 裕司

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2008年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 明治初期建築におけるメートル法から尺寸法への変換について-神子畑鉱山事務舎での11分割法の試み-

    足立 裕司, 中江 研, 尾瀬 耕司

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 生野鉱山における官舎・住宅に関する研究

    高田 絵美, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近代建築の保存・再生とその評価に関する研究

    高麗 憲志, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表大会, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近代における民家と日本的造形に関する研究

    大前 匡史, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表大会, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 生野・神子畑・明延-南但馬の鉱山産業遺産 その活用への課題

    中江 研

    平成17年度木南会総会講演会, 2005年04月, 日本語, 神戸大学工学部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「鉱石の道」産業遺産の現状

    中江 研

    「鉱石の道」地域活性化報告会-輝いた鉱山(やま)の記憶を未来に-, 2005年, 日本語, 未記入, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 民家論の系譜に関する研究-白樺派の活動を中心として-

    三井 理恵, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2004年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 明治初期の生野鉱山における官舎に関する研究

    高田 絵美, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会大会学術講演, 2004年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 町並みウォッチング 生野鉱山の甲社宅と寺の上社宅

    中江 研

    第5回生野景観まちづくりシンポジウム, 2004年, 日本語, 朝来市生野町, 生野町, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 朝鮮時代の建築規制から見た楼亭建築 韓国楼建築の保存と活用に関する研究4

    張 栄晋, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会大会学術講演, 2004年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地域の現状と活用への動き-生野・神子畑・明延の産業遺産

    中江 研

    シンポジウム「鉱石の道ー明延・神子畑・生野-」地域から産業遺産について考える-, 2004年, 日本語, 未記入, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 『Neues Wohnen-Neues Bauen』における図版展開について Adolf Behneの建築理論に関する研究(5)

    山本 一貴, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会大会学術講演, 2004年, 日本語, 未記入, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 『Neues Wohnen-Neues Bauen』における図版「事例と反例」について-Adolf Behneの建築理論に関する研究(4)-

    金刺 礼子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「鉱石の道」産業遺産ミニツアー

    中江 研

    兵庫県生野町銀谷まつり, 2004年, 日本語, 未記入, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヨーロッパにおける日本の建築文化の理解と受容に関する研究Ⅴ-”Sir Banister Fletcher's 『A history of architecture on the comparative method』”全20版を通して

    金刺 礼子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヨーロッパにおける日本の建築文化の理解と受容に関する研究 Ⅳ Fletcher著『A History Of Architecture on the comparatibe method(第6版)』に記述される日本建築の特質について

    金刺 礼子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会大会学術講演, 2004年, 日本語, 未記入, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Peter Eisenmanの形態生成プロセスに関する考察

    原田 貴嗣, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Hugo Hearingの収納家具を構造支持体とする2つの住宅案について

    中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Alexander Kleinの評価に見るHugo Hearingの『成長する家』設計競技案

    中江 研

    日本建築学会大会学術講演, 2004年, 日本語, 未記入, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 生野の都市形成と鉱山施設に関する歴史的研究

    伊藤 久美, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 韓国楼亭建築の保存と活用に関する研究

    張 榮晋, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会大会学術講演, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 韓国の都市における楼亭建築に関する研究 -楼亭の成立と形式を中心として-

    張 榮晋, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「鉱石の道」産業遺産活用調査産業遺産調査報告

    中江 研

    「鉱石の道」近代化産業遺産シンポジウム, 2003年, 日本語, 未記入, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヨーロッパにおける日本の建築文化の理解と受容に関する研究Ⅳ「簡易さ」と「規則性」に関する理解について

    金刺 礼子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会大会学術講演, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヨーロッパにおける日本の建築文化の理解と受容に関する研究Ⅲ-Christopher Dresser の著書「Japan. Its Architecture. Art and Art Manufactures」について-

    金刺 礼子, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Adolf Behne の建築理論に関する研究(3)-自省のプロセスについて-

    山本 一貴, 足立 裕司, 中江 研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 9039『セセッション圖案集 外観之部』掲載作品の特定とその作品情報について -『セセッション圖案集 外観之部』の掲載作品に関する研究 その1-

    宮本美咲輝, 秋田湧大, 中江研, 山本一貴

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2021年06月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 9046 山田守著『ジードルンク』に「参考書」として掲載される雑誌等について

    山本一貴, 中江研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2021年06月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 9043神戸市の水道喞筒室群について-神戸市水道局奥平野浄水場の所蔵図面調査 その2-

    堀内啓佑, 泉亮太郎, 中江研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2021年06月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 9042水道事業関連の建築物および土木施設図面一覧-神戸市水道局奥平野浄水場の所蔵図面調査 その1-

    泉亮太郎, 堀内啓佑, 中江研

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2021年06月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 9040『セセッション圖案集 外観之部』掲載図版の原出典について -『セセッション圖案集 外観之部』の掲載作品に関する研究 その2-

    秋田湧大, 中江研, 山本一貴

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2021年06月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 意匠学会

  • 建築史学会

  • 日本建築学会

Works(作品等)

  • 尼崎の森中央緑地 旧小阪家住宅移築工事(兵庫県指定重要有形文化財)

    中江研, 神戸建築文化財研究所, 神田組

    2018年03月

  • 兵庫県指定重要有形文化財 旧神子畑鉱山事務舎 (元生野鉱山外人宿舎)

    足立 裕司, 中江 研, 神戸建築文化財研究所

    2004年04月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 戦前-戦後移行期における都市計画の再評価と計画システムの連続性の検証

    中野 茂夫, 中島 直人, 中江 研, 佐野 浩祥, 中島 伸, 砂本 文彦, 初田 香成, 劉 一辰, 村上 しほり

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 大阪市立大学, 2019年04月01日 - 2024年03月31日

  • 20世紀前半期ドイツにおける住宅政策の理念と実践及びその日本への影響に関する研究

    中江 研, 角 哲, 山本 一貴

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2019年04月01日 - 2023年03月31日

  • エリアリノベーションの定着・継続のための公民連携スキームの構築

    馬場 正尊, 中江 研

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 東北芸術工科大学, 2019年04月01日 - 2022年03月31日

  • 近代日本の産業基盤形成に果たしたエコール・サントラルの建築技術教育の役割について

    木方 十根, 中野 茂夫, 中江 研, 小山 雄資, 出村 嘉史

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 鹿児島大学, 2018年04月01日 - 2022年03月31日

  • 農地転用メカニズムとしてみた軍港都市の形成と地域社会の応答に関する研究

    砂本 文彦, 中江 研, 角 哲, 崎山 俊雄

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 挑戦的萌芽研究, 神戸女子大学, 2016年04月01日 - 2020年03月31日

    本年度は、研究計画の確認と分担作業のあり方についての打ち合わせを、学会大会の場やネットを通じて随時実施し、各自、文献調査と現地調査を実施した。主に軍需産業に関連した地域形成についての調査を重点的に実施し、特に軍港候補地であった室蘭と軍需産業の集中した神戸などの調査が進展した。 調査においては、軍港計画とその地域社会、ならびに都市の発展過程における近隣農地の生産状況の把握をすすめるため、各種公文書・私文書、地図、統計資料、港湾図面などを収集した。また、軍需産業操業地域と周辺の住生活区域、都市区域について広範な検討を分担者各自が行い、その一部は研究報告2編としてまとめた。 そのほか、舞鶴、佐世保、横須賀。呉の関連資料の収集を進めた。 調査の進展により取り入れた、4軍港都市と関連する軍港候補地あるいは軍需都市を比較する研究方法が、軍港都市の地域社会の特性を浮かび上がらせることに有効だったことが確認されつつある。これを研究上のよりどころとして、軍港都市の地域社会形成について再検討することで、これまで明らかにできなかった軍港都市の地域形成の特質について、とりわけ農地の転用の点からの検討ができると考える。 従来、学界では軍港/非軍港の適格性を巡る議論は、軍事戦略上の配置や地形(水深や地形を含む)あるいは水資源の確保などから行われることが多かったと指摘されているが、本研究では農業生産性や地域社会との関係から読み解く分析視点を提示できればと考えている。

  • 単体の空間リノベーションの地域内連鎖に着目したエリア・リノベーション研究

    馬場 正尊, 中江 研, 加藤 優一, 佐藤 あさみ

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 東北芸術工科大学, 2016年04月01日 - 2019年03月31日

    「ある地域において、単独の建築・都市空間のリノベーションや用途変更による活性化が同時並行して生じたことで、その地域が連鎖的・多面的な活性化をみせる状況」を「エリア・リノベーション」と定義し、国内外の先進事例を分析することで、遊休資源を活用したまちづくりの新しい編成法を提示するものである。モデル化した方法論として主に3つの著書として提示した。

  • 中江 研, 中野 茂夫, 池上 重康, 木方 十根, 崎山 俊雄, 平井 直樹, 砂本 文彦, 小山 雄資, 角 哲, 山本 一貴

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2015年04月01日 - 2019年03月31日, 研究代表者

    本研究は,日本が近代化し産業が勃興していくなかで,企業が労働力確保を目的とした従業員居住地や福利厚生施設を整備する際,近代化が先行した西洋から、これらに関する思潮・理論がどのように日本に伝播したかを考察するものである。国内の高等教育機関の蔵書分析により、明治末から大正期にかけて主に法・経済・商学分野で田園都市や工業村関連の図書が収集され、その情報に基づいて田園都市としての社宅整備を企業に勧告した研究者もいたことや、三菱のような企業が組織的に膨大な関連書籍を収集し、ドイツ・クルップ社の福利厚生施設に関するものなどについては企業内で参考とすべき図書の一覧に挙げられていたことなどが明らかとなった。

    競争的資金

  • 国際比較からみた近代日本の鉄鋼業都市の盛衰に関する研究

    角 哲, 中野 茂夫, 中江 研, 小山 雄資, 中江 研, 小山 雄資

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 北海道大学, 2013年04月01日 - 2016年03月31日

    本研究は、英・米・独の3ヵ国と日本の鉄鋼業都市の共通点と相違点を整理し、都市的な特徴を把握することを目的とする。共通点は、①工場と居住区の明快な分離、②職制を反映した居住地と住宅の区分、③福利厚生施設の種類で、工場の合理的な生産システムの一部に位置付けられる。一方、相違点は、④企業の福利厚生施策、⑤住宅の所有(分譲/賃貸)、⑥施設の構造と材料である。つまり、大きくハード面が共通し、ソフト面が相違する。特に、相違の背景には、各国のパターナリズムと日本の家父長主義が影響し、それがハード面の仔細や都市の持続性に違いを生じさせる。

  • カンパニータウンの成立過程と空間構成に関する国際比較研究

    池上 重康, 中野 茂夫, 中江 研, 辻原 万規彦, 砂本 文彦, 木方 十根, 小山 雄資, 角 哲, 崎山 俊雄, 谷村 仰仕, 安野 彰

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 北海道大学, 2011年04月01日 - 2015年03月31日

    カンパニータウンは、狭義には19世紀半ばから1930年までに計画されたものを指し、1880年代以前に事業者のパターナリズムの下、インダストリアル・ランドスケープを形成した第1期、福利資本主義の思想が根底にあるモデル・タウンと称される第2期、計画家が関与し、田園都市運動が大きく影響した第3期に分けられる。 イギリスと日本では衛生的見地から禁止された棟割の労働者住宅が、ヨーロッパ大陸では禁止されず、現在では産業衰退地域への新産業誘致と産業遺産の価値付けを複合させ、公営住宅として再生する取り組みがみられた。また、近代初頭の欧米諸国の労働者住宅地では「菜園」を中心に外部環境のデザインに多様性が見られた。

  • 中江 研, 山本 一貴

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2011年 - 2013年, 研究代表者

    本研究では,ワイマール期ドイツにおける労働者住宅の大量供給に関して,(1)第一次大戦末期から大戦直後の住宅建設の理念,理論を探るものとして,当時の「倹約建設」をめぐる建築家たちの提案の比較,(2)住宅改革運動の推進者たちの理念,理論,実践を探るものとして,1927年のドイツ住宅改革協会の会合「高層建築か,それとも低層建築か」において議論された住宅のあるべき形の分析,(3)1930年前後の国家施策において設定された建設されるべき住宅の形の把握と,そうした施策が建築家たちの動向にあたえた影響の考察から,当時の住居形式についての理念と実践の史的展開の一端を明らかにした。

    競争的資金

  • 日本近代鉱業系企業社宅街の形成過程と開発手法の特質に関する研究

    池上 重康, 砂本 文彦, 角 哲, 谷村 仰仕, 中江 研, 安野 彰, 崎山 俊雄, 辻原 万規彦, 木方 十根

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 北海道大学, 2008年 - 2010年

    本研究は、鉱山実習報文の精査により明らかとなった、鉱業系企業社宅街の成立と変遷を基に、各種統計資料、各鉱山所蔵の資料ならびに各社史の記述を照らし合わせ、住戸と福利施設・都市基盤を含めた社宅街の開発手法の特質ならびにその理念を探るとともに、社宅街の形成過程を明らかにし、鉱業系企業社宅街を、業種別、開発年代、敷地形状、風土的条件の観点から、整理分類を試みた。

  • 生物学との比較に見る近代の有機的建築論-20世紀初期のドイツを中心に

    中江 研

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 若手研究(B), 神戸大学, 2004年 - 2005年

    生物学者エルンスト・ヘッケルが生物もその原初は鉱物的結晶と同源のものから枝分かれしたものだとするモニスム(一元論)を唱えたことにより、「有機的」という言葉は生物的形態もしくは生物とのアナロジーを超え、水晶などの鉱物の形態に対しても適用されるようになる。その一例が表現主義に分類され鉱物結晶に建築の原型をみるベンツェル=ハブリックの言説に伺える。ル・コルビュジェは「輝く都市」において生物を機械としてとらえた生物学の書物からの引用を掲載しており、一方CIAMにおいて基本となる建築観でそのル・コルビュジエと論争したフーゴー・ヘーリングはオルガンハフトな建築、すなわち器官のような建築をめざすことを主張する。ヘーリングは1920年代初めごろまでは生物の形態を模倣して建築形態をかたちづくることを試みている。しかし1920年代後半から30年代初めごろにかけては、形態の問題としてではなく、人間をひとつの生物として見、その生存するための条件を追及するという計画原論的、環境工学的なものに立脚して制作をおこなうようになる。このころには生理学、衛生学、また心理学の発展にともない、建築においてもそれらの適用がもくろまれようになっていた。これはマルティン・ヴァグナーの言説にも見られる。1931年、ヴァグナーにより『成長する家』設計競技が企画され、彼はそれを取りまとめて1933年に出版している。その中では「住の生物学」という言葉も用いているが、それはひとことで言うならば、それをつかう人間というひとつの生物を安んじ、十分な休息を与え、さらに活力を与える住形式を、科学的にとらえること、といえよう。このように20世紀の初期においては生物学、とくに形態学、生態学、生理学などの発展、展開が、建築の志向するものにつよく影響を与えていると見ることができる。