研究者紹介システム

上田 健博
ウエダ タケヒロ
医学部附属病院 脳神経内科
講師
医学
Last Updated :2021/10/12

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    医学部附属病院 脳神経内科

学位

  • 博士(医学), 神戸大学

研究活動

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経内科学

論文

  • Ryouhei Komaki, Norio Chihara, Atsushi Hara, Satoshi Fujisawa, Naokazu Muramae, Kazutaka Nakasone, Takehiro Ueda, Kenji Sekiguchi, Riki Matsumoto

    Wiley, 2020年03月09日, Neurology and Clinical Neuroscience

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 緩徐進行性の小脳性運動失調と魚鱗癬を呈したTrichothiodystrophyの一例

    渡部 俊介, 荒木 健, 辻 佑木生, 立花 久嗣, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 松本 理器, 中沢 由華

    (一社)日本神経学会, 2019年12月, 臨床神経学, 59 (12), 847 - 847, 日本語

    [査読有り]

  • 筋萎縮性側索硬化症の運動皮質磁化率変化は上位運動ニューロン障害の指標となり得る

    遠藤 浩信, 関口 兼司, 島田 斉, 上田 健博, 濱口 浩敏, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2019年11月, 臨床神経学, 59 (Suppl.), S333 - S333, 日本語

    [査読有り]

  • メモリー外来を受診した臨床経過の異なる脳アミロイドアンギオパチー関連微小出血3例

    立花 久嗣, 古和 久朋, 松山 賢一, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司

    (一社)日本神経学会, 2019年11月, 臨床神経学, 59 (Suppl.), S238 - S238, 日本語

    [査読有り]

  • 当院で診断した多系統萎縮症の予後に関する検討

    上田 健博, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 佐竹 渉, 関口 兼司

    (一社)日本神経学会, 2019年11月, 臨床神経学, 59 (Suppl.), S249 - S249, 日本語

    [査読有り]

  • 当院における脊髄性筋萎縮症成人例に対するヌシネルセン使用経験

    大塚 喜久, 橋本 黎, 荒木 健, 中野 孝宏, 的場 健人, 渡部 俊介, 辻 佑木生, 立花 久嗣, 千原 典夫, 上田 健博, 永井 正志, 粟野 宏之, 小幡 典彦, 関口 兼司

    (一社)日本神経学会, 2019年11月, 臨床神経学, 59 (Suppl.), S275 - S275, 日本語

    [査読有り]

  • 多発性硬化症の病態評価における光干渉断層計(OCT)の意義についての検討

    赤谷 律, 千原 典夫, 古東 秀介, 盛 崇太朗, 栗本 拓治, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司

    (一社)日本神経学会, 2019年11月, 臨床神経学, 59 (Suppl.), S309 - S309, 日本語

    [査読有り]

  • 超音波透過型高密度表面筋電図電極を用いたALSにおける線維束性収縮の検出

    関口 兼司, 渡部 俊介, 野田 佳克, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博

    (一社)日本神経学会, 2019年11月, 臨床神経学, 59 (Suppl.), S318 - S318, 日本語

    [査読有り]

  • NMOに対するMMFによる再発抑制と安全性確認のためのオープン試験

    千原 典夫, 古東 秀介, 赤谷 律, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司

    (一社)日本神経学会, 2019年11月, 臨床神経学, 59 (Suppl.), S319 - S319, 日本語

    [査読有り]

  • SCA17の境界域リピート伸長症例の臨床的多様性

    高田 真利子, 佐竹 渉, 立花 久嗣, 上田 健博, 上田 直子, 大塚 喜久, 横田 一郎, 千原 典夫, 小別所 博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2019年11月, 臨床神経学, 59 (Suppl.), S335 - S335, 日本語

    [査読有り]

  • 筋萎縮性側索硬化症患者の診断遅延に繋がる因子の検討

    橋本 由貴, 野田 佳克, 上田 健博, 千原 典夫, 大塚 喜久, 立花 久嗣, 関口 兼司

    (一社)日本神経学会, 2019年11月, 臨床神経学, 59 (Suppl.), S358 - S358, 日本語

    [査読有り]

  • 当院で診療した重症筋無力症の臨床像および治療成績

    的場 健人, 千原 典夫, 大塚 喜久, 立花 久嗣, 上田 健博, 関口 兼司

    (一社)日本神経学会, 2019年11月, 臨床神経学, 59 (Suppl.), S361 - S361, 日本語

    [査読有り]

  • 抗GAD抗体、抗LGI1抗体、抗GABAAR抗体陽性脳炎に対し、免疫治療が奏効した1例

    中野 孝宏, 的場 健人, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 濱口 浩敏, 古和 久朋, 松本 理器

    (一社)日本神経治療学会, 2019年10月, 神経治療学, 36 (6), S249 - S249, 日本語

    [査読有り]

  • Kenji Sekiguchi, Rei Hashimoto, Yoshikatsu Noda, Hisatsugu Tachibana, Yoshihisa Otsuka, Norio Chihara, Yusuke Shiraishi, Takaaki Inoue, Takehiro Ueda

    2019年10月, Muscle & nerve, 60 (4), E23-E25, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 異常行動とけいれん発作で発症し、3種の抗神経抗体が陽性であった自己免疫性脳炎の1例

    的場 健人, 中野 孝宏, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 松本 理器

    (一社)日本てんかん学会, 2019年09月, てんかん研究, 37 (2), 680 - 680, 日本語

    [査読有り]

  • 異常行動とけいれん発作で発症し、3種の抗神経抗体が陽性であった自己免疫性脳炎の1例

    的場 健人, 中野 孝宏, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 松本 理器

    (一社)日本てんかん学会, 2019年09月, てんかん研究, 37 (2), 680 - 680, 日本語

    [査読有り]

  • Yoshiaki Nishida, Masayuki Nakamura, Yuka Urata, Kei Kasamo, Hanae Hiwatashi, Izumi Yokoyama, Masahiro Mizobuchi, Kotaro Sakurai, Yasushi Osaki, Yukari Morita, Masako Watanabe, Kenji Yoshida, Kiyomi Yamane, Natsuki Miyakoshi, Ryouichi Okiyama, Takehiro Ueda, Noritaka Wakasugi, Yuji Saitoh, Takashi Sakamoto, Yuji Takahashi, Ken Shibano, Hideki Tokuoka, Atsushi Hara, Kazunari Monma, Katsuhisa Ogata, Keita Kakuda, Hideki Mochizuki, Takeo Arai, Manabu Araki, Takeshi Fujii, Kazuto Tsukita, Haruhi Sakamaki-Tsukita, Akira Sano

    Objective: To identify mutations in vacuolar protein sorting 13A (VPS13A) for Japanese patients with suspected chorea-acanthocytosis (ChAc). Methods: We performed a comprehensive mutation screen, including sequencing and copy number variation (CNV) analysis of the VPS13A gene, and chorein Western blotting of erythrocyte ghosts. As the results of the analysis, 17 patients were molecularly diagnosed with ChAc. In addition, we investigated the distribution of VPS13A gene mutations and clinical symptoms in a total of 39 molecularly diagnosed Japanese patients with ChAc, including 22 previously reported cases. Results: We identified 11 novel pathogenic mutations, including 1 novel CNV. Excluding 5 patients with the unknown symptoms, 97.1% of patients displayed various neuropsychiatric symptoms or forms of cognitive dysfunction during the course of disease. The patients carrying the 2 major mutations representing over half of the mutations, exon 60-61 deletion and exon 37 c.4411C>T (R1471X), were localized in western Japan. Conclusions: We identified 13 different mutations in VPS13A, including 11 novel mutations, and verified the clinical manifestations in 39 Japanese patients with ChAc.

    2019年06月, Neurology. Genetics, 5 (3), e332, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 亜急性に発症し抗グリアジン抗体が陽性であった小脳性運動失調症の一例

    荒木 健, 大塚 喜久, 橋本 由貴, 辻 佑木生, 上田 健博, 関口 兼司

    (一社)日本神経学会, 2019年04月, 臨床神経学, 59 (4), 235 - 235, 日本語

    [査読有り]

  • 赤谷 律, 千原 典夫, 刀坂 公崇, 上田 健博, 関口 兼司, 松本 理器

    A 42-year-old woman diagnosed with multiple sclerosis (MS) at the age of 37 was initially treated with interferon-β IM. The frequency of clinical relapses was twice in 4 years. At the age of 41, due to difficulty in administering muscle injections, an oral medication fingolimod was started. However, it was discontinued after a month due to decreased lymphocyte count, following which natalizumab was administered. The number of relapses increased 3 times in eleven months, and the number of T2 lesions on the MRI increased from 12 to 23. Natalizumab was discontinued because the test for the anti-natalizumab antibody was positive. It was suspected that both, the rebound syndrome caused by fingolimod cessation and the drug neutralization by anti-natalizumab antibodies, were associated with the exacerbation of disease activity. Thus, careful attention should be paid to potential occurrence of these events post switching between disease-modifying drugs for treating MS with high activity.

    2019年, 臨床神経学, 59 (8), 536 - 540, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Characteristics of Xeroderma Pigmentosum in Japan: Lessons From Two Clinical Surveys and Measures for Patient Care

    Nishigori C, Nakano E, Masaki T, Ono R, Takeuchi S, Tsujimoto M, Ueda T

    2019年01月, Photochem Photobiol, 95 (1), 140 - 153, 英語

    [査読有り]

  • リュックサックを降ろした直後に発症した脊髄梗塞の一例

    橋本 由貴, 大塚 喜久, 辻 麻人, 上田 健博, 関口 兼司

    (一社)日本神経学会, 2018年12月, 臨床神経学, 58 (12), 789 - 789, 日本語

    [査読有り]

  • 当院で実施した常染色体優性遺伝性脊髄小脳変性症に対する遺伝学的検査の検討

    上田 健博, 佐竹 渉, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2018年12月, 臨床神経学, 58 (Suppl.), S266 - S266, 日本語

    [査読有り]

  • 日本語版Guy's Neurological Disability Scaleを用いた多発性硬化症の臨床的評価

    赤谷 律, 千原 典夫, 渡部 俊介, 立花 久嗣, 古東 秀介, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2018年12月, 臨床神経学, 58 (Suppl.), S268 - S268, 日本語

    [査読有り]

  • アルツハイマー型認知症と健忘型軽度認知障害にみられる気分障害と大脳白質病変の検討

    立花 久嗣, 鷲田 和夫, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 佐竹 渉, 関口 兼司, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2018年12月, 臨床神経学, 58 (Suppl.), S283 - S283, 日本語

    [査読有り]

  • 多系統萎縮症の十字サインにおけるDouble Inversion Recovery法の有用性の検討

    大塚 喜久, 上田 健博, 千原 典夫, 徳岡 秀紀, 立花 久嗣, 佐竹 渉, 関口 兼司

    (一社)日本神経学会, 2018年12月, 臨床神経学, 58 (Suppl.), S321 - S321, 日本語

    [査読有り]

  • 筋萎縮性側索硬化症患者の初発症状の出現部位と受療行動に関する検討

    橋本 由貴, 関口 兼司, 野田 佳克, 上田 健博, 千原 典夫, 大塚 喜久, 立花 久嗣

    (一社)日本神経学会, 2018年12月, 臨床神経学, 58 (Suppl.), S349 - S349, 日本語

    [査読有り]

  • 疾患修飾薬変更後に再発を繰り返し、抗ナタリズマブ抗体が陽性であった多発性硬化症の1例

    赤谷 律, 千原 典夫, 刀坂 公崇, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司

    (一社)日本神経治療学会, 2018年11月, 神経治療学, 35 (6), S220 - S220, 日本語

    [査読有り]

  • A群色素性乾皮症における神経伝導検査所見の経時的変化

    辻 佑木生, 上田 健博, 関口 兼司, 西山 将広, 苅田 典生, 錦織 千佳子

    (一社)日本臨床神経生理学会, 2018年10月, 臨床神経生理学, 46 (5), 467 - 467, 日本語

    [査読有り]

  • 緩徐に進行し、遺伝性との鑑別を要した孤発性クロイツフェルト・ヤコブ病の1例

    刀坂 公崇, 赤谷 律, 大塚 喜久, 高田 真利子, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司

    (一社)日本神経学会, 2018年09月, 臨床神経学, 58 (9), 585 - 585, 日本語

    [査読有り]

  • 抗ナタリズマブ抗体が陽性となった多発性硬化症の1例

    赤谷 律, 千原 典夫, 刀坂 公崇, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 戸田 達史

    日本神経免疫学会, 2018年09月, 神経免疫学, 23 (1), 142 - 142, 日本語

    [査読有り]

  • Atsushi Sudo, Norio Chihara, Yu Takenaka, Tetsu Nakamura, Takehiro Ueda, Kenji Sekiguchi, Tatsushi Toda

    2018年09月, Neurology(R) neuroimmunology & neuroinflammation, 5 (5), e482, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 電気生理学検査、FDG-PETで腕神経叢の転移性腫瘍が疑われ、神経超音波検査が診断に有用となった一例

    渡部 俊介, 上田 健博, 野田 佳克, 関口 兼司

    (一社)日本脳神経超音波学会, 2018年06月, Neurosonology, 31 (増刊), 106 - 106, 日本語

    [査読有り]

  • Yujiro Higuchi, Ryuta Okunushi, Taichi Hara, Akihiro Hashiguchi, Junhui Yuan, Akiko Yoshimura, Kei Murayama, Akira Ohtake, Masahiro Ando, Yu Hiramatsu, Satoshi Ishihara, Hajime Tanabe, Yuji Okamoto, Eiji Matsuura, Takehiro Ueda, Tatsushi Toda, Sumimasa Yamashita, Kenichiro Yamada, Takashi Koide, Hiroaki Yaguchi, Jun Mitsui, Hiroyuki Ishiura, Jun Yoshimura, Koichiro Doi, Shinichi Morishita, Ken Sato, Masanori Nakagawa, Masamitsu Yamaguchi, Shoji Tsuji, Hiroshi Takashima

    Several genes related to mitochondrial functions have been identified as causative genes of neuropathy or ataxia. Cytochrome c oxidase assembly factor 7 (COA7) may have a role in assembling mitochondrial respiratory chain complexes that function in oxidative phosphorylation. Here we identified four unrelated patients with recessive mutations in COA7 among a Japanese case series of 1396 patients with Charcot-Marie-Tooth disease (CMT) or other inherited peripheral neuropathies, including complex forms of CMT. We also found that all four patients had characteristic neurological features of peripheral neuropathy and ataxia with cerebellar atrophy, and some patients showed leukoencephalopathy or spinal cord atrophy on MRI scans. Validated mutations were located at highly conserved residues among different species and segregated with the disease in each family. Nerve conduction studies showed axonal sensorimotor neuropathy. Sural nerve biopsies showed chronic axonal degeneration with a marked loss of large and medium myelinated fibres. An immunohistochemical assay with an anti-COA7 antibody in the sural nerve from the control patient showed the positive expression of COA7 in the cytoplasm of Schwann cells. We also observed mildly elevated serum creatine kinase levels in all patients and the presence of a few ragged-red fibres and some cytochrome c oxidase-negative fibres in a muscle biopsy obtained from one patient, which was suggestive of subclinical mitochondrial myopathy. Mitochondrial respiratory chain enzyme assay in skin fibroblasts from the three patients showed a definitive decrease in complex I or complex IV. Immunocytochemical analysis of subcellular localization in HeLa cells indicated that mutant COA7 proteins as well as wild-type COA7 were localized in mitochondria, which suggests that mutant COA7 does not affect the mitochondrial recruitment and may affect the stability or localization of COA7 interaction partners in the mitochondria. In addition, Drosophila COA7 (dCOA7) knockdown models showed rough eye phenotype, reduced lifespan, impaired locomotive ability and shortened synaptic branches of motor neurons. Our results suggest that loss-of-function COA7 mutation is responsible for the phenotype of the presented patients, and this new entity of disease would be referred to as spinocerebellar ataxia with axonal neuropathy type 3.

    2018年06月01日, Brain : a journal of neurology, 141 (6), 1622 - 1636, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 多発性脳梗塞、頭蓋内主幹動脈狭窄を認め、原発性中枢神経血管炎と鑑別を要した血管内リンパ腫の一例

    西居 正汰, 渡部 俊介, 岡山 公宣, 立花 久嗣, 上田 健博, 関口 兼司, 上原 慶一郎, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2018年04月, 臨床神経学, 58 (4), 265 - 265, 日本語

    [査読有り]

  • 次々世代シークエンサーMinIONは髄膜脳炎の起因菌を迅速・包括的・高検出力で同定できる 1st choiceとしての医療実装へむけて

    佐竹 渉, 渡部 俊介, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 河原 佳奈, 栗本 拓治, 平社 亜沙子, 西尾 真理, 関口 兼司, 苅田 典生, 戸田 達史, Runtuwene L.R., 鈴木 穣

    (公社)日本化学療法学会, 2018年04月, 日本化学療法学会雑誌, 66 (Suppl.A), 308 - 308, 日本語

    [査読有り]

  • Hironobu Endo, Kenji Sekiguchi, Hitoshi Shimada, Takehiro Ueda, Hisatomo Kowa, Fumio Kanda, Tatsushi Toda

    There is no reliable objective indicator for upper motor neuron dysfunction in amyotrophic lateral sclerosis (ALS). To determine the clinical significance and potential utility of magnetic resonance (MR) signals, we investigated the relationship between clinical symptoms and susceptibility changes in the motor cortex measured using susceptibility-weighted MR imaging taken by readily available 3-T MRI in clinical practice. Twenty-four ALS patients and 14 control subjects underwent 3-T MR T1-weighted imaging and susceptibility-weighted MR imaging with the principles of echo-shifting with a train of observations (PRESTO) sequence. We analysed relationships between relative susceptibility changes in the motor cortex assessed using voxel-based analysis (VBA) and clinical scores, including upper motor neuron score, ALS functional rating scale revised score, and Medical Research Council sum score on physical examination. Patients with ALS exhibited significantly lower signal intensity in the precentral gyrus on susceptibility-weighted MR imaging compared with controls. Clinical scores were significantly correlated with susceptibility changes. Importantly, the extent of the susceptibility changes in the bilateral precentral gyri was significantly correlated with upper motor neuron scores. The results of our pilot study using VBA indicated that low signal intensity in motor cortex on susceptibility-weighted MR imaging may correspond to clinical symptoms, particularly upper motor neuron dysfunction. Susceptibility-weighted MR imaging may be a useful diagnostic tool as an objective indicator of upper motor neuron dysfunction.

    2018年03月, Journal of neurology, 265 (3), 552 - 561, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大脳石灰化病変を契機に診断に至ったTREX1遺伝子変異に伴うretinal vasculopathy with cerebral leukoencephalopathyの1例

    小牧 遼平, 上田 健博, 辻 佑木生, 宮脇 統子, 楠原 仙太郎, 原 重雄, 戸田 達史

    症例は40歳女性。来院2年前に腎機能障害、来院4ヵ月前から頭痛、両側大脳半球に一部石灰化と造影効果を伴う白質病変を認めた。網膜病変と腎病理で血栓性微小血管症を認めた。Three-prime repair exonuclease-1(TREX1)遺伝子のシークエンス解析において既知の1塩基挿入変異を認めたため、TREX1遺伝子変異に伴うretinal vasculopathy with cerebral leukoencephalopathyと診断した。シロスタゾール内服後、臨床所見の悪化なく経過した。(著者抄録)

    (一社)日本神経学会, 2018年02月, 臨床神経学, 58 (2), 111 - 117, 日本語

    [査読有り]

  • J. -H. Yuan, A. Hashiguchi, A. Yoshimura, N. Sakai, M. P. Takahashi, T. Ueda, A. Taniguchi, S. Okamoto, N. Kanazawa, Y. Yamamoto, K. Saigoh, S. Kusunoki, M. Ando, Y. Hiramatsu, Y. Okamoto, H. Takashima

    The clinical and genetic spectrum of hereditary sensory and autonomic neuropathy (HSAN) is still unknown in Japan. We collected a broad cohort of 33 unrelated patients with predominant sensory and/or autonomic dysfunctions, who were referred to our genetic laboratory. A gene panel sequencing targeting 18 HSAN-related genes was performed using a next-generation sequencing system. A recurrent frame shift mutation in the WNK1/HSN2 gene, c.3237_3238insT (p.Asp1080*), was detected in 5 patients. This mutation was homozygous in 4 cases and of a compound heterozygous genotype in 1 case. Geographic and haplotype analysis of all 5 patients suggested a founder event. In addition, a novel heterozygous nonsense variant, c.2615C>G (p.Ser872*), was identified. All the 5 patients presented with severe sensory and autonomic dysfunctions at birth or during adolescence. In 2 patients, an uncommon phenotype of acute pathological pain presented at similar to 50 years of age. Here, we present the first founder mutation of WNK1/HSN2, in addition to French Canadian, which accounts for similar to 15.2% of Japanese patients with HSAN in our cohort. We have also reviewed all previously described mutations in WNK1/HSN2 and reconciled their nomenclature strategy on the basis of the current longest transcript.

    WILEY, 2017年12月, CLINICAL GENETICS, 92 (6), 659 - 663, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • TNF-α阻害剤を長期使用中に多発する炎症性脱髄病変を呈した1例

    橋本 由貴, 大塚 喜久, 辻 麻人, 上田 健博, 関口 兼司, 苅田 典夫, 戸田 達史, 全 陽

    (一社)日本神経治療学会, 2017年11月, 神経治療学, 34 (6), S224 - S224, 日本語

    [査読有り]

  • Takehiro Ueda, Fumio Kanda, Masahiro Nishiyama, Chikako Nishigori, Tatsushi Toda

    Introduction: Xeroderma pigmentosum (XP) is an inherited congenital disease presenting with dermatological and neurological manifestations. In Japan, XP complementation group A (XP-A) is most frequently observed in eight clinical subtypes, and the homozygous founder mutation, IVS3-1G > C in XPA, suffer from severe manifestations including progressive brain atrophy since childhood. In this study, we used magnetic resonance imaging (MRI) and applied volumetric analysis to elucidate the start and the progression of the brain atrophy in these patients. Material and methods: Twelve Japanese patients with XP-A carrying the founder mutation and seven controls were included. MRI was performed for each patient once or more. Three-dimensional T1 weighted images were segmented to gray matter, white matter, and cerebrospinal fluid, and each volume was calculated. Results: Conventional MRI demonstrated progressive whole brain atrophy in patients with XP-A. Moreover, volumetric analysis showed that reductions of total gray matter volumes (GMV) and total brain volumes (TBV) started at the age of five. The slope of reduction was similar in all cases. The GMV and TBV values in controls were higher than those in XP-A cases after the age of five. Conclusions: This is the first quantitative report presenting with the progression of brain atrophy in patients with XP-A. It is revealed that the brain atrophy started from early childhood in Japanese patients with XP-A carrying the homozygous founder mutation.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2017年10月, JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES, 381, 103 - 106, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hironobu Endo, Takeshi Uenaka, Wataru Satake, Yutaka Suzuki, Hisatsugu Tachibana, Norio Chihara, Takehiro Ueda, Kenji Sekiguchi, Taniguchi-Ikeda Mariko, Hisatomo Kowa, Fumio Kanda, Tatsushi Toda

    A 40-year-old Japanese woman presented with slowly progressing parkinsonism in adulthood. She had a history of epilepsy with intellectual disability in childhood. In a head magnetic resonance scan, T2-weighted imaging showed low signal intensity areas in the globus pallidus and the substantia nigra; T1-weighted imaging showed a halo in the nigra. Because the patient's symptoms and history were similar to those of patients with neurodegeneration with brain iron accumulation, we ran an exome analysis to investigate neurodegeneration with brain iron accumulation-associated genes. We identified a c.700 C>T (p.Arg 234*) mutation in exon 9 of the WDR45 gene, which had not been reported in Japanese patients with beta-propeller protein-associated neurodegeneration (a neurodegeneration with brain iron accumulation subtype). Sanger sequencing confirmed a heterozygous mutation in this patient that was absent in both her parents, so it was judged to be a de novo nonsense mutation.

    2017年07月, Neurology and clinical neuroscience, 5 (4), 131 - 133, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hironobu Endo, Kenji Sekiguchi, Takehiro Ueda, Hisatomo Kowa, Fumio Kanda, Tatsushi Toda

    Objective: Here we investigate the process of neurodegeneration in amyotrophic lateral sclerosis (ALS). The relationship between the cortical field spreading of glucose metabolic decreases in the primary motor cortex (PMC) and the progression of corresponding extremity dysfunction was evaluated using [18F] fluoro-deoxyglucose (FDG)-positron emission tomography (PET). Methods: Patients with ALS underwent [18F] FDG-PET and the resulting datasets were individually contrasted against healthy controls using the NEUROSTAT software. The extent ratio was defined as the proportion of pixels with a significant Z-score decrease within regions of the primary motor cortex (precentral gyrus or paracentral lobule) opposite to the impaired upper extremities (UEs) or lower extremities (LEs), respectively. Clinical symptoms in all extremities were assessed using an upper motor neuron (UMN) score and the MRC (Medical Research Council) sum score upon physical examination. Cross-sectional correlations were analysed between clinical symptoms, the duration of these symptoms, and the extent ratio. Results: Nineteen regions of the primary motor cortex corresponding to symptomatic limb in 10 participants were evaluated. In the corresponding region of the primary motor cortex, the extent ratio increased (same meaning as hypometabolic area spread) in association with symptom duration (rs = 0.5, p = 0.03). Neither UMN nor lower motor neuron (LMN) scores were correlated with symptom duration. Three out of 19 impaired regions did not show upper motor neuron (UMN) signs upon physical examination. The extent ratio and UMN score-controlled symptom duration were partially correlated (rs = 0.5, p = 0.05). Conclusions: In patients with ALS, glucose metabolism decreased in the impaired side of the primary motor cortex depending on the clinical symptom progression in the corresponding extremities, regardless of the presence of clinical UMN signs. A decrement in glucose metabolism on FDG-PET corresponding to symptoms in the primary motor cortex might be an indicator of the time-dependent course of ALS neurodegeneration.

    2017年03月, eNeurologicalSci, 6, 74 - 79, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • シェーグレン症候群に伴う後根神経節炎に対する免疫グロブリン静注療法の使用経験

    小牧 遼平, 徳岡 秀紀, 辻 佑木生, 横田 一郎, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2016年12月, 臨床神経学, 56 (Suppl.), S233 - S233, 日本語

    [査読有り]

  • 筋萎縮性側索硬化症の呼吸機能評価における横隔膜超音波検査の有用性

    野田 佳克, 関口 兼司, 徳岡 秀紀, 辻 佑木生, 上田 健博, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2016年12月, 臨床神経学, 56 (Suppl.), S288 - S288, 日本語

    [査読有り]

  • DLB/PDD患者に対する抗パーキンソン薬の安全性と有効性(Safety and efficiency of anti-parkinson drugs for DLB/PDD patients)

    古和 久朋, 上田 健博, 佐竹 渉, 関口 兼司, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2016年12月, 臨床神経学, 56 (Suppl.), S296 - S296, 英語

    [査読有り]

  • 多系統萎縮症におけるMIBG心筋シンチグラフィーの検討

    辻 佑木生, 大塚 喜久, 上田 健博, 鷲田 和夫, 佐竹 渉, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2016年12月, 臨床神経学, 56 (Suppl.), S450 - S450, 日本語

    [査読有り]

  • 多系統萎縮症におけるドパミントランスポーターシンチグラフィの検討

    上田 健博, 徳岡 秀紀, 辻 佑木生, 佐竹 渉, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2016年12月, 臨床神経学, 56 (Suppl.), S485 - S485, 日本語

    [査読有り]

  • 高密度表面電極を用いた筋萎縮性側索硬化症における非侵襲的運動単位電位測定

    関口 兼司, 幸原 伸夫, 野田 佳克, 関谷 顕博, 藤堂 紘行, 森本 耕平, 古東 秀介, 本岡 里英子, 安井 直子, 上田 健博, 鷲田 和夫, 久我 敦, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2015年12月, 臨床神経学, 55 (Suppl.), S181 - S181, 日本語

    [査読有り]

  • NIID患者由来の皮膚生検試料の分析(Analysis of Skin Biopsy Samples from patients with NIID)

    古和 久朋, 関口 兼司, 上田 健博, 鷲田 和夫, 佐竹 渉, 久我 敦, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2015年12月, 臨床神経学, 55 (Suppl.), S231 - S231, 英語

    [査読有り]

  • Flow Mediated Dilation(FMD)からみた認知症患者の血管内皮機能

    立花 久嗣, 鷲田 和夫, 上田 健博, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2015年12月, 臨床神経学, 55 (Suppl.), S246 - S246, 日本語

    [査読有り]

  • 神経筋疾患における横隔膜エコー検査と横隔神経伝導検査の有用性の検討

    野田 佳克, 関口 兼司, 幸原 伸夫, 上田 健博, 鷲田 和夫, 久我 敦, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2015年12月, 臨床神経学, 55 (Suppl.), S375 - S375, 日本語

    [査読有り]

  • 脳梗塞後認知機能障害とR2CHADSスコアの関係

    鷲田 和夫, 濱口 浩敏, 上田 健博, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2015年12月, 臨床神経学, 55 (Suppl.), S425 - S425, 日本語

    [査読有り]

  • A群色素性乾皮症における重症度の評価

    上田 健博, 苅田 典生, 鷲田 和夫, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 錦織 千佳子, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2015年12月, 臨床神経学, 55 (Suppl.), S452 - S452, 日本語

    [査読有り]

  • 高IgE血症と重症アトピー性皮膚炎を伴った運動優位型chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy(CIDP)の1例

    古東 秀介, 藤堂 紘行, 池中 寛絵, 野田 佳克, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2015年11月, 臨床神経学, 55 (11), 867 - 867, 日本語

    [査読有り]

  • 脳梗塞後認知機能障害におけるASCO分類スコアの役割

    鷲田 和夫, 濱口 浩敏, 上田 健博, 佐竹 渉, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2014年12月, 臨床神経学, 54 (Suppl.), S125 - S125, 日本語

    [査読有り]

  • 抗GalNAc-GD1a抗体低力価陽性の筋萎縮性側索硬化症に対するIVIgの治療効果

    関口 兼司, 古東 秀介, 徳岡 秀紀, 野田 佳克, 本岡 里英子, 上中 健, 上田 健博, 鷲田 和夫, 久我 敦, 古和 久朋, 楠 進, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2014年12月, 臨床神経学, 54 (Suppl.), S199 - S199, 日本語

    [査読有り]

  • 脳深部刺激療法後のParkinson病患者4例に対する入院リハビリテーション効果

    奥田 志保, 上田 健博, 安井 直子, 関口 兼司, 小別所 博, 一角 朋子, 上野 正夫, 高野 真

    (一社)日本神経治療学会, 2013年09月, 神経治療学, 30 (5), 683 - 683, 日本語

    [査読有り]

  • Takehiro Ueda, Tsuneyoshi Seki, Kimitaka Katanazaka, Kenji Sekiguchi, Kazuhiro Kobayashi, Fumio Kanda, Tatsushi Toda

    2013年06月, Journal of neurology, 260 (6), 1664 - 6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • SCA8遺伝子のCTA/CTGリピート数増大をみとめた若年性パーキンソニズムの1例

    宮脇 統子, 関口 兼司, 安井 直子, 上田 健博, 苅田 典生, 戸田 達史

    症例は31歳男性である。2年前より右下肢のふるえが出現、1年前よりふるえが両下肢に拡大した。安静時主体の振戦がめだち、右優位のパーキンソニズムを呈していた。遺伝子検査で、SCA8遺伝子のCTA/CTGリピート伸長をみとめた。本例はSCA8の典型的な症状である失調はみとめていなかった。パーキンソンニズムに対しL-DOPAの投与をおこなったところ、症状の明らかな改善をみとめた。SCA8リピートの異常伸長は健常者およびその他の疾患でも報告されているが、本例は従来の報告例よりもリピート数が多く、病的意義があると考えられた。本例でのひき続きの臨床症状の経過観察と、さらなる症例の集積が必要である。(著者抄録)

    (一社)日本神経学会, 2013年04月, 臨床神経学, 53 (4), 278 - 282, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takehiro Ueda, Fumio Kanda, Nobukazu Aoyama, Masahiko Fujii, Chikako Nishigori, Tatsushi Toda

    Xeroderma pigmentosum group A (XPA) is a hereditary dermatological disease in which hypersensitivity to ultraviolet radiation and various neurological symptoms are observed. In this study, to evaluate the degeneration occurring in the brain of XPA patients, neurological examinations by an established neurologist and 3-Tesla magnetic resonance imaging (MRI) were performed in 10 Japanese XPA patients. MRI studies included diffusion tensor imaging (DTI) and magnetic resonance spectroscopy (MRS) in addition to conventional sequences. Neurological examinations revealed various deteriorations in the both central and peripheral nervous systems in all subjects. MRI studies demonstrated age-dependent decline in multimodalities. Severe brain atrophy in conventional sequences, decreased fractional anisotropy (FA) value in DTI, and reduced NAA/Cre ratio in MRS were observed in the adult patients. Multimodal MRI studies unmask the neurological deterioration in XPA patients.

    2012年01月, Brain and behavior, 2 (1), 1 - 5, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • A群色素性乾皮症における神経障害の臨床像

    苅田 典生, 上田 健博, 安井 直子, 関 恒慶, 関口 兼司, 濱口 浩敏, 藤井 正彦, 錦織 千佳子, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2010年12月, 臨床神経学, 50 (12), 1286 - 1286, 日本語

    [査読有り]

  • 抗VGKC抗体陽性辺縁系脳炎の一例

    大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 濱口 浩敏, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2010年10月, 臨床神経学, 50 (10), 751 - 751, 日本語

    [査読有り]

  • てんかん発作で発症し、5年後に小脳失調をきたしたSCA17の1例

    横田 一郎, 安井 直子, 関口 兼司, 大塚 喜久, 関 恒慶, 上田 健博, 濱口 浩敏, 中林 祐子, 小林 千浩, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2010年10月, 臨床神経学, 50 (10), 759 - 759, 日本語

    [査読有り]

  • 酒石酸プロチレリンの点滴により首下がりが改善した多系統萎縮症の一例

    安井 直子, 小別所 博, 湊川 みつこ, 関 恒慶, 上田 健博, 小田 哲也, 関口 兼司, 濱口 浩敏, 苅田 典生

    (一社)日本神経学会, 2010年04月, 臨床神経学, 50 (4), 273 - 273, 日本語

    [査読有り]

  • 慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の長期予後に関する検討

    関口 兼司, 関 恒慶, 上田 健博, 小田 哲也, 安井 直子, 濱口 浩敏, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2009年12月, 臨床神経学, 49 (12), 1032 - 1032, 日本語

    [査読有り]

  • パーキンソン病と多系統萎縮症におけるMIBG心筋シンチグラフィーと点眼試験の比較

    安井 直子, 湊川 みつこ, 関 恒慶, 上田 健博, 小田 哲也, 関口 兼司, 濱口 浩敏, 苅田 典生

    (一社)日本神経学会, 2009年12月, 臨床神経学, 49 (12), 1158 - 1158, 日本語

    [査読有り]

  • 脊髄小脳変性症におけるノルアドレナリン反応性と酒石酸プロチレリン治療効果について

    関 恒慶, 上田 健博, 小田 哲也, 安井 直子, 関口 兼司, 濱口 浩敏, 苅田 典生

    (一社)日本神経学会, 2009年12月, 臨床神経学, 49 (12), 1195 - 1195, 日本語

    [査読有り]

  • T Ueda, F Kanda, H Kobessho, H Hamaguchi, M Motomura

    A 67-year-old man was admitted with a 2-year history of dropped head. Neurological examination revealed ptosis, dysarthria, neck weakness, hyporeflexia of all limbs, and autonomic failure. Electrophysiologic study showed a 400% increment response to high-rate repetitive nerve stimulation. Serum anti-P/Q-voltage-gated calcium channel antibody was positive, confirming the diagnosis of Lambert-Eaton myasthenic syndrome (LEMS). His symptoms and electrophysiological abnormalities improved with oral prednisolone following plasmapheresis. This is the first report of LEMS as a cause of dropped head syndrome.

    2009年07月, Muscle & nerve, 40 (1), 134 - 6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • ドパミンアゴニスト治療中のParkinson病患者における心弁膜病変 自験45例における心エコー図検査での検討から

    苅田 典生, 上田 健博, 小田 哲也, 安井 直子, 小別所 博, 濱口 浩敏

    ドパミンアゴニストで治療中のParkinson病患者で、既知の心疾患を有さない45症例に対して、当院循環器内科医に委託して心エコー図検査を行った。原因を問わず心弁膜異常の頻度を検討するために、石灰化などの加齢の影響も、敢えて含めて判断した。すなわち、大動脈弁の石灰化や狭窄を有するか、mild以上の逆流のあるもの、僧帽弁にmoderate以上の逆流のあるものを異常群と判定し、上記のいずれの所見もないものを正常群とした。異常群は27名、正常群は18名であった。両群の間では、年齢、罹病期間に有意差はなかった。異常群では、pramipexoleの累積投与量が有意に高値であったが、その他のドパミンアゴニストでは、使用量、累積投与量のいずれにも正常群との間で、有意差を認めなかった。(著者抄録)

    (一社)日本神経治療学会, 2008年03月, 神経治療学, 25 (2), 145 - 149, 日本語

    [査読有り]

  • M Tanioka, A Budiyant, T Ueda, T Nagano, M Ichihashi, Y Miyachi, C Nishigori

    Most Japanese patients with xeroderma pigmentosum group A (XPA) have the homozygous intron 3 splicing mutations ( AlwNI mutation). Here, we report a Japanese XPA patient, XP79KO, a compound heterozygote with a newly identified T to G transversion at splice donor site in intron 1 in one allele, and with the AlwNI mutation in another allele in the XPA gene. The mutation in intron 1 creates two new abnormal splice sites that resulted in two types of aberrant mRNA. These abnormal splicings cause frameshifts that make stop codons downstream. No XPA protein was detected in XP79KO fibroblasts.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2005年08月, JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 125 (2), 244 - 246, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 緩徐進行性の小脳性運動失調と魚鱗癬を呈したTrichothiodystrophyの一例

    渡部 俊介, 荒木 健, 辻 佑木生, 立花 久嗣, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 松本 理器, 中沢 由華

    (一社)日本神経学会, 2019年12月, 臨床神経学, 59 (12), 847 - 847, 日本語

  • 色素性乾皮症は中高年発症の小脳変性症の原因となる

    徳岡 秀紀, 佐竹 渉, 上田 健博, 辻本 昌理子, 千原 典夫, 関谷 博顕, 野田 佳克, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 関口 兼司, 古和 久朋, 錦織 千佳子, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2019年11月, 臨床神経学, 59 (Suppl.), S334 - S334, 日本語

  • 遺伝性ニューロパチーの2つの新規遺伝子MMEとCOA7の同定

    樋口 雄二郎, 橋口 昭大, 袁 軍輝, 吉村 明子, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 矢部 勇, 上田 健博, 小出 隆司, 矢口 裕章, 三井 純, 石浦 浩之, 中川 正法, 森下 真一, 戸田 達史, 辻 省次, 高嶋 博

    (一社)日本神経学会, 2019年11月, 臨床神経学, 59 (Suppl.), S364 - S364, 日本語

  • 反復刺激試験で神経筋接合部異常が示唆されたPhosphoglucomutase 1欠損症の一例

    武中 優, 関谷 博顕, 立花 久嗣, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 西野 一三, 大野 欽司, 杉江 秀夫, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2018年12月, 臨床神経学, 58 (12), 790 - 790, 日本語

  • COA7は小脳失調を伴う軸索型ニューロパチーの新規原因遺伝子である

    樋口 雄二郎, 橋口 昭大, 袁 軍輝, 吉村 明子, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 上田 健博, 石浦 浩之, 三井 純, 戸田 達史, 辻 省次, 高嶋 博

    日本末梢神経学会, 2018年12月, 末梢神経, 29 (2), 308 - 308, 日本語

  • Ryouhei Komaki, Takehiro Ueda, Yukio Tsuji, Toko Miyawaki, Sentaro Kusuhara, Shigeo Hara, Tatsushi Toda

    A 40-year-old woman with renal dysfunction for 2 years was admitted to our hospital suffering from a headache. Family history revealed that her mother had a headache, renal dysfunction, and brain infarction in younger age. She had a retinal hemorrhage, a retinal atrophy, pitting edema in her lower extremities. Her neurological findings were unremarkable. Brain imaging showed multiple white matter lesions accompanied with calcifications and slightly enhancement. Kidney biopsy showed the thrombotic microangiopathy, Gene analysis demonstrated a causative mutation in three-prime repair exonuclease-1 (TREX1) gene, c.703_704insG (p.Val235GlyfsX6), thereby we diagnosed her as retinal vasculopathy with cerebral leukoencephalopathy (RVCL). RVCL is an autosomal dominant condition caused by C-terminal frame-shift mutation in TREX1. TREX1 protein is a major 3' to 5' DNA exonuclease, which are important in DNA repair. While TREX1 mutations identified in Aicardi-Goutieres syndrome patients lead to a reduction of enzyme activity, it is suggested that mutations in RVCL alter an intracellular location of TREX1 protein. There are no treatments based evidences in RVCL. We administered cilostazol to protect endothelial function, and her brain lesions and renal function have not become worse for 10 months after. It is necessary to consider RVCL associated with TREX1 mutation if a patient has retinal lesions, white matter lesions accompanied with calcifications, and multiple organ dysfunction.

    2018年02月28日, Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology, 58 (2), 111 - 117, 日本語, 国内誌

  • 複合ヘテロ接合体変異が同定された眼球運動失行と低アルブミン血症を伴う早発性失調症(EAOH/AOA1)の一例

    立花 久嗣, 上田 健博, 下村 雅浩, 関口 兼司, 苅田 典生, 橋口 昭大, 樋口 雄二郎, 高嶋 博, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2017年10月, 臨床神経学, 57 (10), 659 - 659, 日本語

    会議報告等

  • 造影効果を伴わない延髄病変で発症し炎症性脱髄性疾患と鑑別を要した膠芽腫の一例

    下村 雅浩, 関口 兼司, 立花 久嗣, 千原 典夫, 上田 健博, 古和 久朋, 小牧 遼平, 濱口 浩敏, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2017年10月, 臨床神経学, 57 (10), 657 - 657, 日本語

    会議報告等

  • Guy's Neurological Disability Scaleを用いた多発性硬化症の非身体障害機能評価

    赤谷 律, 千原 典夫, 立花 久嗣, 古東 秀介, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 戸田 達史

    日本神経免疫学会, 2017年10月, 神経免疫学, 22 (1), 135 - 135, 日本語

    会議報告等

  • 磁化率強調画像で多発する低信号を呈した血管内大細胞型B細胞性リンパ腫の一例

    下村 雅浩, 立花 久嗣, 梶本 裕人, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 永井 宏, 錦織 千佳子, 原 重雄, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2017年06月, 臨床神経学, 57 (6), 348 - 348, 日本語

  • 抗AMPAR抗体、抗CV2/CRMP5抗体、抗GABAA R抗体が陽性であったStiff-person症候群の一例

    首藤 篤史, 立花 久嗣, 高田 真利子, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 飯塚 高浩, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2017年03月, 臨床神経学, 57 (3), 143 - 143, 日本語

    会議報告等

  • てんかん発作で発症したMOG antibody associated encephalomyelitisの一例

    武中 優, 千原 典夫, 神保 直江, 金子 仁彦, 立花 久嗣, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2017年03月, 臨床神経学, 57 (3), 143 - 143, 日本語

    会議報告等

  • 成人型神経核内封入体病の自律神経障害の検討

    徳岡 秀紀, 古和 久朋, 柳内 章宏, 宮脇 統子, 野田 佳克, 関谷 博顕, 本岡 里英子, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2016年12月, 臨床神経学, 56 (Suppl.), S444 - S444, 日本語

  • 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー2型(FSHD2)と遺伝子診断した1例

    徳岡 秀紀, 上田 健博, 遠藤 浩信, 立花 久嗣, 千原 典夫, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 濱中 耕平, 西野 一三, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2016年11月, 臨床神経学, 56 (11), 795 - 795, 日本語

  • 左視床病変で発症し免疫治療に抵抗性であった視神経脊髄炎スペクトラム疾患の一例

    武中 優, 千原 典夫, 穂積 かおり, 松岡 亮介, 北村 重和, 辻 佑木生, 立花 久嗣, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2016年11月, 臨床神経学, 56 (11), 799 - 799, 日本語

    会議報告等

  • 葉酸、ビタミンB12補充療法が有効であった、亜急性連合性脊髄変性症様の病変を呈した1例

    辻 佑木生, 立花 久嗣, 千原 典夫, 上田 健博, 佐竹 渉, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経治療学会, 2016年10月, 神経治療学, 33 (5), S210 - S210, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 同側C5神経根障害を合併した外傷性頭蓋外椎骨動脈解離の1例

    小牧 遼平, 鷲田 和夫, 辻 佑木生, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2016年07月, 臨床神経学, 56 (7), 525 - 525, 日本語

    会議報告等

  • 免疫グロブリン大量静注療法が無効で、ステロイド投与が著効した多巣性脱髄性感覚運動型ニューロパチー(MADSAM)の1例

    徳岡 秀紀, 関谷 博顕, 野田 佳克, 大塚 喜久, 上田 健博, 鷲田 和夫, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2016年05月, 臨床神経学, 56 (5), 377 - 377, 日本語

    会議報告等

  • 非HIV感染患者のクリプトコッカス髄膜炎治療中に免疫再構築症候群(IRIS:immune reconstitution inflammatory syndrome)を発症した一例

    辻 佑木生, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2016年05月, 臨床神経学, 56 (5), 374 - 374, 日本語

    会議報告等

  • CLIPPERS症候群における脳幹外病変の検討

    関谷 博顕, 本岡 里英子, 安井 直子, 上田 健博, 鷲田 和夫, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2015年12月, 臨床神経学, 55 (Suppl.), S260 - S260, 日本語

  • 藤堂 紘行, 池中 寛絵, 森本 耕平, 古東 秀介, 関谷 博顕, 本岡 里英子, 上田 健博, 鷲田 和夫, 安井 直子, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2015年11月, 臨床神経学, 55 (11), 862 - 862, 日本語

    会議報告等

  • sensory ganglionopathyと考えられた抗GD1b抗体陽性の59歳女性例

    藤堂 紘行, 森本 耕平, 古東 秀介, 関谷 博顕, 野田 佳克, 本岡 里英子, 上田 健博, 鷲田 和夫, 安井 直子, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2015年08月, 臨床神経学, 55 (8), 593 - 593, 日本語

    会議報告等

  • 自律神経障害を呈した成人型Alexander病の1例

    大崎 理史, 関谷 博顕, 本岡 里英子, 上田 健博, 安井 直子, 鷲田 和夫, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2015年03月, 臨床神経学, 55 (3), 201 - 201, 日本語

    会議報告等

  • 1年後に悪性腫瘍が発見されたCIDPの1例

    藤堂 紘行, 遠藤 浩信, 上中 健, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2015年03月, 臨床神経学, 55 (3), 209 - 209, 日本語

    会議報告等

  • 遺伝性脊髄小脳変性症SCA6とSCA31の臨床的特徴の検討

    関谷 博顕, 上田 健博, 安井 直子, 本岡 里英子, 遠藤 浩信, 野田 佳克, 大崎 理史, 徳岡 秀紀, 鷲田 和夫, 佐竹 渉, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2014年12月, 臨床神経学, 54 (Suppl.), S95 - S95, 日本語

  • 遺伝性脊髄小脳変性症SCA6、SCA31における起立性低血圧の検討

    上田 健博, 関谷 博顕, 安井 直子, 本岡 里英子, 遠藤 浩信, 野田 佳克, 大崎 理史, 徳岡 秀紀, 鷲田 和夫, 佐竹 渉, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2014年12月, 臨床神経学, 54 (Suppl.), S245 - S245, 日本語

  • 筋萎縮性側索硬症症の一次運動皮質におけるFDG-PETを用いた脳代謝変動の検討

    遠藤 浩信, 関口 兼司, 大崎 理史, 徳岡 秀紀, 関谷 博顕, 野田 佳克, 本岡 里英子, 安井 直子, 上田 健博, 鷲田 和夫, 佐竹 渉, 久我 敦, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2014年12月, 臨床神経学, 54 (Suppl.), S246 - S246, 日本語

  • 抗ガングリオシド抗体陽性を呈したTTR-FAPの孤発例

    藤堂 紘行, 上田 健博, 野田 佳克, 本岡 里英子, 上中 健, 関口 兼司, 南部 順一, 山崎 隆, 酒井 康裕, 岡 伸幸, 楠 進, 大林 光念, 安東 由喜雄, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2014年12月, 臨床神経学, 54 (Suppl.), S11 - S11, 日本語

  • 新規遺伝子変異を認めた同一家系内副腎白質ジストロフィー2症例の臨床的検討

    本岡 里英子, 関谷 博顕, 上田 健博, 鷲田 和夫, 佐竹 渉, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 松川 敬志, 辻 省次, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2014年12月, 臨床神経学, 54 (Suppl.), S52 - S52, 日本語

  • 神経筋疾患の呼吸機能評価における横隔膜エコー検査と横隔神経伝導検査の有用性の検討

    野田 佳克, 関口 兼司, 藤堂 紘行, 森本 耕平, 古東 秀介, 関谷 博顕, 本岡 里英子, 安井 直子, 上田 健博, 鷲田 和夫, 佐竹 渉, 久我 敦, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本臨床神経生理学会, 2014年10月, 臨床神経生理学, 42 (5), 283 - 283, 日本語

    会議報告等

  • 左鼠径リンパ節腫脹・肺病変を伴ったCLIPPERS症候群の1例

    関谷 博顕, 本岡 里英子, 安井 直子, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経治療学会, 2014年09月, 神経治療学, 31 (5), 630 - 630, 日本語

    会議報告等

  • 振戦で発症した硬膜動静脈瘻の1例

    大崎 理史, 遠藤 浩信, 上田 健博, 安井 直子, 鷲田 和夫, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 藤田 敦史, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2014年07月, 臨床神経学, 54 (7), 596 - 596, 日本語

    会議報告等

  • 伴性劣性遺伝形式の家族歴を有したHDLSの37歳男性例

    古和 久朋, 上中 健, 上田 健博, 関口 兼司, 苅田 典生, 戸田 達史, 松川 敬志, 辻 省次

    (一社)日本神経学会, 2014年07月, 臨床神経学, 54 (7), 605 - 605, 日本語

  • Hearing loss in Xeroderma pigmnetosum and mechanism of inner ear disorder.

    D Yamashita, T Fujita, N Otsuki, Eiji Nakano, Ryusuke Ono, Taro Masaki, Seiji Takeuchi, Takehiro Ueda, Y Sakai, T Nakagawa, D Toyoshima, N Morisada, Fumio Kanda, Chikako Nishigori, Kenichi Nibu

    2014年03月, International Symposium on Xeroderma Pigmentosum and Related Disease, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)

  • 【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】変性疾患 錐体外路系疾患 パーキンソニズムを主とする疾患 家族性パーキンソン病 優性遺伝性パーキンソン症候群 4番染色体に連鎖する遺伝性パーキンソン病(PARK1、PARK4、PARK5)

    上田 健博, 戸田 達史

    (株)日本臨床社, 2014年03月, 日本臨床, 別冊 (神経症候群II), 69 - 72, 日本語

  • 剖検脳を用いた孤発性パーキンソン病感受性遺伝子の解析

    上田 健博, 関 恒慶, 佐竹 渉, 古和 久朋, 苅田 典生, 陣内 研二, 戸田 達史

    2013年12月, 臨床神経学, 53 (12号), 1556, 日本語

    会議報告等

  • Paced Auditory Serial Addition TestはFingolimod治療による早期効果の指標になる

    立花 久嗣, 千原 典夫, 遠藤 浩信, 上田 健博, 安井 直子, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2013年12月, 臨床神経学, 53 (12), 1627 - 1627, 日本語

    会議報告等

  • A群色素性乾皮症における神経障害の重症度評価について

    苅田 典生, 上田 健博, 安井 直子, 関口 兼司, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2013年12月, 臨床神経学, 53 (12), 1586 - 1586, 日本語

    会議報告等

  • 脊髄小脳失調症6型と31型の臨床症状とMRI拡散テンソル画像の比較

    大塚 喜久, 上田 健博, 永田 格也, 福田 明, 上中 健, 内藤 絢, 横田 一郎, 千原 典夫, 安井 直子, 久我 敦, 関口 兼司, 濱口 浩敏, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2012年12月, 臨床神経学, 52 (12), 1441 - 1441, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • Efficacy of Multidisciplinary Rehabilitation Combined Music Therapy with Physical Therapy and Occupational Therapy for Motor and Nonmotor Symptoms in Parkinson's Disease Patients

    Shiho Okuda, Minako Kajita, Takahiro Urabe, Toshihide Inagaki, Ikumi Yamagata, Masayuki Shirakawa, Takehiro Ueda, Fumio Kanda, Shin Takano

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2012年04月, NEUROLOGY, 78, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 神経変性疾患に関する調査研究 孤発性・家族性パーキンソン病のゲノム解析

    戸田達史, 佐竹渉, 安藤祐子, 西岡竜也, 上田健博, 古和久朋, 富山弘幸, 渡邊雅彦, 玉岡晃, 武田篤, 中島健二, 長谷川一子, 小幡文弥, 川上秀史, 佐古田三郎, 山本光利, 服部信孝, 村田美穂

    2012年, 神経変性疾患に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書, 114-117, 日本語

  • A群色素性乾皮症における神経障害の総合的評価

    苅田 典生, 上田 健博, 大塚 喜久, 安井 直子, 関口 兼司, 戸田 達史

    (一社)日本神経学会, 2011年12月, 臨床神経学, 51 (12), 1389 - 1389, 日本語

    会議報告等

  • Natural Course of Neurological Manifestations in Xeroderma Pigmentosum Group A (XPA)

    Fumio Kanda, Takehiro Ueda, Chikako Nishigori, Masahiko Fujii

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2011年03月, NEUROLOGY, 76 (9), A140 - A141, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 抗aquaporin-4抗体陽性のMS・CIS症例における臨床像

    小田 哲也, 安井 直子, 上田 健博, 小別所 博, 濱口 浩敏, 苅田 典生, 田中 惠子

    (一社)日本神経学会, 2008年12月, 臨床神経学, 48 (12), 1167 - 1167, 日本語

  • 当院に来院した発症3時間以内の虚血性脳卒中患者の検討

    上田 健博, 濱口 浩敏, 井原 涼子, 中山 貴博, 今福 一郎

    (一社)日本神経学会, 2007年12月, 臨床神経学, 47 (12), 1071 - 1071, 日本語

  • 肝性脳症の診断におけるFischer比の有効性

    五十川 孝志, 中山 貴博, 上田 健博, 濱口 浩敏, 今福 一郎

    (一社)日本神経学会, 2007年12月, 臨床神経学, 47 (12), 1104 - 1104, 日本語

  • 右半身の感覚障害、失語を契機に右中大脳動脈狭窄及び左内頸動脈閉塞を発見された39歳男性例

    上田 健博, 中山 貴博, 五十川 孝志, 井原 涼子, 今福 一郎

    (一社)日本神経学会, 2007年08月, 臨床神経学, 47 (8), 530 - 530, 日本語

  • Bickerstaff脳幹脳炎を2年の経過で再発したと考えられた64歳男性例

    上田 健博, 中山 貴博, 濱口 浩敏, 中森 知毅, 今福 一郎

    (一社)日本神経学会, 2007年07月, 臨床神経学, 47 (7), 469 - 469, 日本語

  • 当院で経験した動脈原性脳塞栓症の臨床的特徴

    濱口 浩敏, 中山 貴博, 上田 健博, 今福 一郎

    (一社)日本脳卒中学会, 2007年03月, 脳卒中, 29 (2), 303 - 303, 日本語

書籍等出版物

  • Mebio / 【神経内科疾患のtrends & topics 2017】パーキンソン病.

    上田健博, 戸田達史

    その他, メジカルビュー, 2016年11月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】変性疾患 錐体外路系疾患 パーキンソニズムを主とする疾患 家族性パーキンソン病 優性遺伝性パーキンソン症候群 4番染色体に連鎖する遺伝性パーキンソン病(PARK1、PARK4、PARK5)

    上田 健博, 戸田 達史

    (株)日本臨床社, 2014年03月, 69-72, 日本語

    [査読有り]

講演・口頭発表等

  • 緩徐進行性の小脳性運動失調と魚鱗癬を呈したTrichothiodystrophyの一例

    渡部 俊介, 荒木 健, 辻 佑木生, 立花 久嗣, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 松本 理器, 中沢 由華

    臨床神経学, 2019年12月, 日本語, (一社)日本神経学会

  • 続発性正常圧水頭症により初めて診断されたくも膜下出血の1例

    上月 惇, 森本 耕平, 城間 京香, 立花 久嗣, 上田 健博, 関口 兼司, 松本 理器, 木村 英仁, 三浦 伸一

    第226回内科学会近畿地方会, 2019年12月

  • 色素性乾皮症における神経症状の解析と予後予測因子の探索

    上田 健博

    令和元年度厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策事業 神経皮膚症候群に関する診療科横断的な診療体制の確立 班会議, 2019年11月29日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 遺伝性ニューロパチーの2つの新規遺伝子MMEとCOA7の同定

    樋口 雄二郎, 橋口 昭大, 袁 軍輝, 吉村 明子, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 矢部 勇, 上田 健博, 小出 隆司, 矢口 裕章, 三井 純, 石浦 浩之, 中川 正法, 森下 真一, 戸田 達史, 辻 省次, 高嶋 博

    臨床神経学, 2019年11月, 日本語, (一社)日本神経学会

  • MELASの臨床病型を呈した新規のミトコンドリアND1遺伝子変異の1例

    田中 智子, 小牧 遼平, 城間 京香, 辻 佑木生, 上田 健博, 関口 兼司, 松本 理器, 岡田 裕子

    第225回内科学会近畿地方会, 2019年09月

  • 健常者のクリプトコッカス髄膜脳炎加療中に遅発性増悪を来した1例

    川瀬 雄太, 荒木 健, 立花 久嗣, 上田 健博, 関口 兼司, 松本 理器, 小松 正人, 伊藤 智雄

    第225回内科学会近畿地方会, 2019年09月

  • 当院で診断した多系統萎縮症の予後に関する検討

    上田 健博, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 佐竹 渉, 関口 兼司, 松本 理器

    第60回日本神経学会学術大会, 2019年05月24日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 抗GAD抗体・抗LGI1抗体陽性脳炎に対し免疫治療を行い奏功した1例

    中野 孝宏, 的場 健人, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 松本 理器

    第113回神経学会近畿地方会, 2019年03月, 日本語, 日本神経学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PD-1阻害薬投与後に急性脱髄性ポリニューロパチーを来たした1例

    橋本 黎, 辻 佑木生, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 佐竹 渉, 関口 兼司, 松本 理器

    兵庫神経免疫研究会, 2019年03月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院におけるLCIGの使用経験

    上田 健博

    神戸LCIG講演会, 2019年02月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神経疾患のトピックスと地域連携

    上田 健博

    第3回こうべ 神経疾患連携会, 2019年02月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • COA7は小脳失調を伴う軸索型ニューロパチーの新規原因遺伝子である

    樋口 雄二郎, 橋口 昭大, 袁 軍輝, 吉村 明子, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 上田 健博, 石浦 浩之, 三井 純, 戸田 達史, 辻 省次, 高嶋 博

    末梢神経, 2018年12月, 日本語, 日本末梢神経学会

  • 色素性乾皮症における神経状の解析と予後測因子探索

    上田 健博, 辻 佑木生

    平成30年度厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 神経皮膚症候群に関する診療科横断的な診療体制の確立 班会議, 2018年12月, 日本語, 厚生労働省, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 抗PD-1阻害薬ペムブロリズマブ投与後に横隔膜を主体とした筋炎を発症し、呼吸不全を呈した1例

    橋本 黎, 的場 健人, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 佐竹 渉, 関口 兼司, 松本 理器, 白石 祐介, 井上 隆朗

    第112回神経学会近畿地方会, 2018年12月, 日本語, 日本神経学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 亜急性に発症し抗グリアジン抗体が陽性であった小脳性運動失調症の一例

    荒木 健, 大塚 喜久, 橋本 由貴, 辻 佑木生, 上田 健博, 関口 兼司, 松本 理器

    第112回神経学会近畿地方会, 2018年12月, 日本語, 日本神経学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 疾患修飾薬変更後に再発を繰り返し,抗ナタリズマブ抗体が陽性となった多発性硬化症の1例

    赤谷 律, 千原 典夫, 刀坂 公崇, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 戸田 達史

    第36回日本神経治療学会学術集会, 2018年11月, 日本語, 日本神経治療学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 児童期に前頭葉てんかんと診断され、成人後も嘔気を伴う発作を繰り返す一例

    橋本 黎, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 佐竹 渉, 関口 兼司

    神戸てんかんカンファレンス(研究会), 2018年11月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A群色素性乾皮症における神経伝導検査所見の経時的変化

    辻 佑木生, 上田 健博, 関口 兼司, 西山 将広, 苅田 典生, 錦織 千佳子

    第48回日本臨床神経生理学会学術大会, 2018年11月, 日本語, 日本臨床神経生理学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 抗ナタリズマブ抗体が陽性となった多発性硬化症の1例

    赤谷 律, 千原 典夫, 刀坂 公崇, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 戸田 達史

    第30回日本神経免疫学会学術集会, 2018年09月, 日本語, 日本神経免疫学会, 福島, 国内会議

    ポスター発表

  • 肝硬変を背景に発症しメフロキンが有効であった進行性多巣性白質脳症(PML)の一例

    中野 孝宏, 大塚 喜久, 横尾 紫穂, 渡部 俊介, 千原 典夫, 立花 久嗣, 上田 健博, 関口 兼司

    第221回内科学会近畿地方会, 2018年09月, 日本語, 日本内科学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ふらつきを主訴に来院し、小脳失調と眼位異常を認めた63歳男性例

    的場 健人, 徳岡 秀紀, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 佐竹 渉, 関口 兼司

    第76回兵庫神経内科研究会, 2018年09月, 日本語, 兵庫神経内科研究会, 兵庫, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 反復刺激試験で神経筋接合部異常が示唆されたPhosphoglucomutase 1欠損症の一例

    武中 優, 関谷 博顕, 立花 久嗣, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 西野 一三, 大野 欽司, 杉江 秀夫, 戸田 達史

    第111回神経学会近畿地方会, 2018年07月, 日本語, 日本神経学会近畿地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神経内科における筋疾患診断のアプローチ

    上田 健博

    第11回膠原病サマーセミナーin KOBE, 2018年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リュックサックを降ろした直後に発症した脊髄梗塞の一例

    橋本 由貴, 大塚 喜久, 辻 麻人, 上田 健博, 関口 兼司

    第111回神経内科学会近畿地方会, 2018年07月, 日本語, 日本神経学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 次々世代シークエンサーMinIONは髄膜脳炎の起因菌を迅速・包括的・高検出力で同定できる 1st choiceとしての医療実装へむけて

    佐竹 渉, 渡部 俊介, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 河原 佳奈, 栗本 拓治, 平社 亜沙子, 西尾 真理, 関口 兼司, 苅田 典生, 戸田 達史, Runtuwene L.R, 鈴木 穣

    第66回日本化学療法学会総会, 2018年06月, 日本語, 日本化学療法学会, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本語版Guy’s Neurological Disability Scaleを用いた多発性硬化症の臨床的評価

    赤谷 律, 千原 典夫, 渡部 俊介, 立花 久嗣, 古東 秀介, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 戸田 達史

    第59回日本神経学会学術大会, 2018年05月, 日本語, 日本神経学会, 北海道, 国内会議

    ポスター発表

  • 当院で実施した常染色体優性遺伝性脊髄小脳変性症に対する遺伝学的検査の検討

    上田 健博, 佐竹 渉, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第59回日本神経学会学術大会, 2018年05月, 日本語, 日本神経学会, 札幌, 国内会議

    ポスター発表

  • 多系統萎縮症の十字サインにおけるDouble Inversion Recovery法の有用性の検討

    大塚 喜久, 上田 健博, 千原 典夫, 徳岡 秀紀, 立花 久嗣, 佐竹 渉, 関口 兼司

    第59回日本神経学会学術大会, 2018年05月, 日本語, 日本神経学会, 札幌, 国内会議

    ポスター発表

  • 筋萎縮性側索硬化症患者の初発症状の出現部位と受療行動に関する検討

    橋本 由貴, 関口 兼司, 野田 佳克, 上田 健博, 千原 典夫, 大塚 喜久, 立花 久嗣, 苅田 典生

    第59回日本神経学会学術総会, 2018年05月, 日本語, 日本神経学会, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • アルツハイマー型認知症と健忘型経度認知障害にみられる気分障害と大脳白質病変の検討

    立花 久嗣, 鷲田 和夫, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 佐竹 渉, 戸田 達史

    第59回日本神経学会学術大会, 2018年05月, 日本語, 日本神経学会, 札幌, 国内会議

    ポスター発表

  • Motor cortex low intensities on SWI in progressive muscular atrophy with widespread fasciculations

    Kenji Sekiguchi, Yoshikatsu Noda, Syunsuke Watanabe, Syusuke Koto, Yuki Hashimoto, Hisatsugu Tachibana, Yoshihisa Otsuka, Norio Chihara, Takehiro Ueda

    第59回日本神経学会学術大会, 2018年05月, 英語, 日本神経学会, 札幌, 国内会議

    ポスター発表

  • 脳梗塞で発症し,ランダム皮膚生検により診断し得た血管内リンパ腫の2例

    大塚喜久, 下村雅浩, 西居正汰, 渡部俊介, 立花久嗣, 千原典夫, 上田健博, 関口兼司

    第43回日本脳卒中学会学術集会, 2018年03月, 日本語, 日本脳卒中学会, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 緩徐に進行し,遺伝性との鑑別を要した 孤発性クロイツフェルト・ヤコブ病の1例

    刀坂 公崇, 赤谷 律, 大塚 喜久, 髙田 真利子, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司

    第110回近畿地方会, 2018年03月, 日本語, 日本神経学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 反復刺激試験で著明な神経筋接合部障害を認めた抗LRP4抗体陽性運動ニューロン疾患

    関口兼司, 西居正汰, 岡山公宣, 立花久嗣, 上田健博

    第56回摩耶神経カンファレンス, 2018年02月, 日本語, 摩耶神経カンファレンス, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The present status of Xeroderma pigmentosum in Japan-evaluation of symptoms by severity scale score.

    Chikako Nishigori, Eiji Nakano, Makoto Kunisada, T Ueda, Mariko Tsujimoto, Fujita T, Ryusuke Ono

    国際シンポジウム『早老症と関連疾患2018』(International Meeting on RECQ Helicases and Related Diseases 2018), 2018年02月, 英語, 難病医学研究財団, 千葉, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 両側視神経障害と中脳病変を呈した中枢神経アスペルギルス症の一例

    渡部俊介, 立花久嗣, 大塚喜久, 千原典夫, 上田健博, 河原佳奈, 栗本拓治, 平社亜沙子, 西尾真理, 関口兼司, 苅田典生, 戸田達史

    日本神経学会第109回近畿地方会, 2017年12月, 日本語, 日本神経学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 多発性脳梗塞, 頭蓋内主幹動脈狭窄を認め, 原発性中枢神経血管炎と鑑別を要した血管内リンパ腫の一例

    西居正汰, 渡部俊介, 岡山公宣, 立花久嗣, 上田健博, 関口兼司, 上原慶一郎, 戸田達史

    日本神経学会第109回近畿地方会, 2017年12月, 日本語, 日本神経学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 球麻痺を主徴とし遅発性の外転神経麻痺, 顔面神経麻痺を認めた亜型Guillain-Barre症候群の1例

    辻 麻人, 大塚 喜久, 橋本 由貴, 上田 健博, 関口 兼司, 戸田 達史

    第218回日本内科学会近畿地方会, 2017年12月, 日本語, 日本内科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 色素性乾皮症における神経症状の解析と予後予測因子の探索

    上田健博

    「神経皮膚症候群に関する診療科横断的な診療体制の確立」研究班 班会議, 2017年11月, 日本語, 「神経皮膚症候群に関する診療科横断的な診療体制の確立」研究班, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 結節性硬化症に対する診療連携(TSCボード)における神経内科の関わり

    上田健博, 原田健一, 関口兼司, 戸田達史

    日本人類遺伝学会 第62回大会, 2017年11月, 日本語, 日本人類遺伝学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • TNF-α阻害剤を長期使用中に多発する炎症性脱髄病変を呈した1例

    橋本由貴, 大塚喜久, 辻麻人, 上田健博, 関口兼司, 苅田典生, 戸田達史, 全陽

    第35回神経治療学会総会, 2017年11月, 日本語, 日本神経治療学会, 大宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Guy's Neurological Disability Scaleを用いた多発性硬化症の非身体障害機能評価(会議録)

    赤谷律, 千原典夫, 立花久嗣, 古東秀介, 大塚喜久, 上田健博, 関口兼司, 古和久朋, 戸田達史

    神経免疫学, 2017年10月, 日本語

  • 造影効果を伴わない延髄病変で発症し炎症性脱髄性疾患と鑑別を要した膠芽腫の一例

    下村雅浩, 関口兼司, 立花久嗣, 千原典夫, 上田健博, 古和久朋, 小牧遼平, 濱口浩敏, 苅田典生, 戸田達史

    臨床神経学, 2017年10月, 日本語

  • 複合ヘテロ接合体変異が同定された眼球運動失行と低アルブミン血症を伴う早発性失調症(EAOH/AOA1)の一例

    立花久嗣, 上田健博, 下村雅浩, 関口兼司, 苅田典生, 橋口昭大, 樋口雄二郎, 高嶋博, 戸田達史

    臨床神経学, 2017年10月, 日本語

  • Guy’s Neurological Disability Scaleを用いた多発性硬化症の非身体障害機能評価

    赤谷 律, 千原 典夫, 立花 久嗣, 古東 秀介, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 戸田 達史

    第29回神経免疫学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 日本神経免疫学会, 札幌, 国内会議

    ポスター発表

  • Diagnostic usefulness of disproportionately enlarged subarachnoid-space hydrocephalus (DESH) on MRI in idiopathic normal pressure hydrocephalus (iNPH)

    立花 久嗣, 上田 健博, 関口 兼司, 苅田 典生, 戸田 達史

    World Congress of Neurology 2017, 2017年09月, 英語, 日本神経学会, 京都, 国際会議

    ポスター発表

  • Clinical Condition and Medical Cooperation in Tuberous Sclerosis

    Takehiro Ueda

    XXIII World Congress of Neurology (WCN2017), 2017年09月, 日本語, World Federation of Neurology, Kyoto, Japan, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Brain atrophy and clinical severity in patients with xeroderma pigmentosum group A

    Takehiro Ueda, Fumio Kanda, Masahiro Nishiyama, Chikako Nishigori, Tatsushi Toda

    XXIII World Congress of Neurology (WCN2017), 2017年09月, 英語, World Federation of Neurology, Kyoto, Japan, 国際会議

    ポスター発表

  • 複合ヘテロ接合体変異が同定された眼球運動失行と低アルブミン血症を伴う早発性失調症(EAOH/AOA1)の一例

    立花 久嗣, 上田 健博, 下村 雅浩, 関口 兼司, 苅田 典生, 橋口 昭大, 樋口 雄二郎, 高嶋 博, 戸田 達史

    第108回日本神経学会近畿地方会, 2017年07月, 日本語, 日本神経学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 造影効果を伴わない延髄病変で発症し炎症性脱髄疾患と鑑別を要した膠芽腫の一例

    下村雅浩, 関口兼司, 立花久嗣, 千原典夫, 上田健博, 古和久朋, 小牧遼平, 濵口浩敏, 苅田典生, 戸田達史

    第108回日本神経学会近畿地方会, 2017年07月, 日本語, 日本神経学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • てんかん発作で発症したMOG antibody associated encephalomyelitisの一例

    武中優, 千原典夫, 神保直江, 金子仁彦, 立花久嗣, 上田健博, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 戸田達史

    臨床神経学, 2017年03月, 日本語

  • 抗AMPAR抗体、抗CV2/CRMP5抗体、抗GABAA R抗体が陽性であったStiff-person症候群の一例

    首藤篤史, 立花久嗣, 高田真利子, 千原典夫, 上田健博, 関口兼司, 古和久朋, 飯塚高浩, 苅田典生, 戸田達史

    臨床神経学, 2017年03月, 日本語

  • 磁化率強調画像で多発する低信号を呈した血管内大細胞型B細胞性リンパ腫の一例

    下村 雅浩, 立花 久嗣, 梶本 裕人, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 永井 宏, 錦織 千佳子, 原 重雄, 戸田 達史

    第107回日本神経学会近畿地方会, 2017年03月, 日本語, 日本神経内科学会, 大阪, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 色素性乾皮症における重症度スコアの解析

    上田 健博, 苅田 典生, 錦織 千佳子

    “神経皮膚症候群に関する診療科横断的検討による科学的根拠に基づいた診療指針の確立”班会議, 2016年12月, 日本語, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 筋萎縮性側索硬化症の呼吸機能評価における横隔膜超音波検査

    野田 佳克, 関口 兼司, 幸原 伸夫, 徳岡 秀紀, 濱口 浩敏, 上田 健博, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    神経変性疾患領域における基盤的調査研究班, 2016年12月, 日本語, 難治性疾患政策研究事業, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 左視床病変で発症し免疫治療に抵抗性であった視神経脊髄炎スペクトラム疾患の一例

    武中優, 千原典夫, 穂積かおり, 松岡亮介, 北村重和, 辻佑木生, 立花久嗣, 上田健博, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 戸田達史

    臨床神経学, 2016年11月, 日本語

  • 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー2型(FSHD2)と遺伝子診断した1例

    徳岡秀紀, 上田健博, 遠藤浩信, 立花久嗣, 千原典夫, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 濱中耕平, 西野一三, 戸田達史

    臨床神経学, 2016年11月, 日本語

  • 抗AMPAR抗体, 抗CV2/CRMP5抗体, 抗GABAAR抗体が陽性であったStiff-person症候群の一例

    首藤 篤史, 立花 久嗣, 髙田 真利子, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 飯塚 高浩, 苅田 典生, 戸田 達史

    第106回日本神経学会近畿地方会, 2016年11月, 日本語, 日本神経学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • てんかん発作で発症した MOG antibody associated encephalomyelitisの一例

    武中 優, 千原 典夫, 神保 直江, 金子 仁彦, 立花 久嗣, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    日本神経学会第106回近畿地方会, 2016年11月, 日本語, 日本神経学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A case of uterine cervical cancer presenting with dermatomyositis as a paraneoplastic syndrome

    Kaori Sasaki, Kenji Yoshida, Daisuke Miyawaki, Yoshiro Matsuo, Ryo Nishikawa, Takeaki Ishihara, Yasuo Ejima, Hiroaki Akasaka, Yoshiya Miyawaki, Takehiro Ueda, Ryohei Sasaki

    日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, 2016年11月, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 葉酸、ビタミンB12補充療法が有効であった、亜急性連合性脊髄変性症様の病変を呈した1例

    辻佑木生, 立花久嗣, 千原典夫, 上田健博, 佐竹渉, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 戸田達史

    神経治療学, 2016年10月, 日本語

  • 同側C5神経根障害を合併した外傷性頭蓋外椎骨動脈解離の1例

    小牧遼平, 鷲田和夫, 辻佑木生, 上田健博, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 戸田達史

    臨床神経学, 2016年07月, 日本語

  • 左視床病変で発症し治療抵抗性であった視神経脊髄炎スペクトラム疾患の一例

    武中 優, 千原 典夫, 穂積 かおり, 立花 久嗣, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    日本神経学会第105回近畿地方会, 2016年07月, 日本語, 日本神経学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 抗CRMP5抗体を認めIsaacs症候群が疑われた一例

    首藤 篤史, 立花 久嗣, 上田 健博, 千原 典夫, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第4回近畿免疫性神経疾患研究会, 2016年07月, 日本語, 近畿免疫性神経疾患研究会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー2型(FSHD2)と遺伝子診断した1例

    徳岡 秀紀, 上田 健博, 遠藤 浩信, 立花 久嗣, 千原 典夫, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 濱中 耕平, 西野 一三, 戸田 達史

    第105回日本神経学会近畿地方会, 2016年07月, 日本語, 日本神経学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非HIV感染患者のクリプトコッカス髄膜炎治療中に免疫再構築症候群(IRIS:immune reconstitution inflammatory syndrome)を発症した一例

    辻佑木生, 大塚喜久, 上田健博, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 戸田達史

    臨床神経学, 2016年05月, 日本語

  • 免疫グロブリン大量静注療法が無効で、ステロイド投与が著効した多巣性脱髄性感覚運動型ニューロパチー(MADSAM)の1例

    徳岡秀紀, 関谷博顕, 野田佳克, 大塚喜久, 上田健博, 鷲田和夫, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 戸田達史

    臨床神経学, 2016年05月, 日本語

  • 多系統萎縮症におけるドパミントランスポーターシンチグラフィの検討

    上田 健博, 徳岡 秀紀, 辻 佑木生, 佐竹 渉, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第57回日本神経学会学術大会, 2016年05月, 日本語, 日本神経学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 成人型神経核内封入体病の自律神経障害の検討

    徳岡 秀紀, 古和 久朋, 柳内 章宏, 宮脇 統子, 野田 佳克, 関谷 博顕, 本岡 里英子, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 苅田 典生, 戸田 達史

    第57回日本神経学会学術大会, 2016年05月, 日本語, 日本神経学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 筋萎縮性側索硬化症の呼吸機能評価における横隔膜超音波検査

    野田 佳克, 関口 兼司, 幸原 伸夫, 徳岡 秀紀, 濱口 浩敏, 上田 健博, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第57回日本神経学会学術大会, 2016年05月, 日本語, 日本神経学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Fasciculation potential in amyotrophic lateral sclerosis using high density-surface electromyography

    Kenji Sekiguchi, Yoshikatsu Noda, Hideki Tokuoka, Takehiro Ueda, Hisatomo Kowa, Fumio Kanda, Tatsushi Toda

    第57回日本神経学会学術大会, 2016年05月, 英語, 日本神経学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Correlation between brain atrophy and clinical severity in patients with xeroderma pigmentosum group A harboring the founder mutation in Japan

    Takehiro Ueda, Fumio Kanda, Chikako Nishigori, Tatsushi Toda

    13th International Congress of Human Genetics (ICHG2016), 2016年04月, 英語, International Federation of Human Genetics Societies, Kyoto, Japan, 国際会議

    ポスター発表

  • 同側C5神経根障害を合併した外傷性頭蓋外椎骨動脈解離の1例

    小牧遼平, 辻佑木生, 上田健博, 鷲田和夫, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 戸田逹史

    日本神経学会 第104回近畿地方会, 2016年03月, 日本語, 日本神経学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神経内科領域のサルコイドーシスについて

    徳岡 秀紀, 関口 兼司, 横田 一郎, 上田 健博, 鷲田 和夫, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第4回膠原病リウマチジョイントカンファレンス, 2016年03月, 日本語, 田辺三菱製薬, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 免疫グロブリン大量静注療法が無効で、ステロイド投与が著効した多巣性脱髄性感覚運動型ニューロパチー(MADSAM)の1例

    徳岡秀紀, 関谷博顕, 野田佳克, 大塚喜久, 上田健博, 鷲田和夫, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 戸田逹史

    日本神経学会 第103回近畿地方会, 2015年12月, 日本語, 日本神経学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非HIV感染患者のクリプトコッカス髄膜炎治療中に免疫再構築症候群(IRIS:immune reconstitution inflammatory syndrome)を発症した一例

    辻佑木生, 大塚喜久, 上田健博, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 戸田逹史

    日本神経学会 第103回近畿地方会, 2015年12月, 日本語, 日本神経学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 色素性乾皮症における重度分類の作成

    上田 健博, 苅田 典生, 錦織 千佳子

    “神経皮膚症候群に関する診療科横断的検討による科学的根拠に基づいた診療指針の確立”班会議, 2015年11月, 日本語, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 延髄外側症候群後に延髄内側症候群が発症し、中枢性低換気に至った1例

    末廣 大知, 鷲田 和夫, 徳岡 秀紀, 辻 佑木生, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第210回日本内科学会近畿地方会, 2015年11月, 日本語, 日本内科学会近畿支部, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • sensory ganglionopathyと考えられた抗GD1b抗体陽性の59歳女性例

    藤堂紘行, 森本耕平, 古東秀介, 関谷博顕, 野田佳克, 本岡里英子, 上田健博, 鷲田和夫, 安井直子, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 戸田達史

    臨床神経学, 2015年08月, 日本語

  • 左小脳失調・脳幹症状を呈し,SWIで多数の病変を認めた31歳男性

    関谷 博顕, 上中 健, 関口 兼司, 徳岡 秀紀, 辻 佑木生, 横田 一郎, 一角 朋子, 大塚 喜久, 上田 健博, 鷲田 和夫, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第70回 兵庫神経内科研究会, 2015年08月, 日本語, 兵庫神経内科研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高IgE血症と重症アトピー性皮膚炎を伴った運動優位型chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy(CIDP)の1例

    古東秀介, 藤堂紘行, 池中寛絵, 野田佳克, 上田健博, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 戸田逹史

    日本神経学会 第102回近畿地方会, 2015年07月, 日本語, 日本神経学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 血性髄液を認めた帯状疱疹性脊髄神経根炎の1例

    藤堂紘行, 池中寛絵, 森本耕平, 古東秀介, 関谷博顕, 本岡里英子, 上田健博, 鷲田和夫, 安井直子, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 戸田逹史

    日本神経学会 第102回近畿地方会, 2015年07月, 日本語, 日本神経学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Rippling Muscle Diseaseの一例

    関口 兼司, 本岡 里英子, 藤堂 紘行, 上田 健博, 鷲田 和夫, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第4回神戸神経内科アカデミー, 2015年06月, 日本語, 神戸神経内科アカデミー, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脳梗塞後認知機能障害とR2CHADS2スコアの関係

    鷲田 和夫, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第56回日本神経学会学術大会, 2015年05月, 日本語, 日本神経学会, 新潟, 国内会議

    ポスター発表

  • 神経筋疾患の呼吸機能評価における 横隔膜エコー検査と横隔神経伝導検査の有用性の検討

    野田 佳克, 関口 兼司, 幸原 伸夫, 上田 健博, 鷲田 和夫, 久我 敦, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第56回日本神経学会学術大会, 2015年05月, 日本語, 日本神経学会, 新潟, 国内会議

    ポスター発表

  • 高密度表面電極を用いた筋萎縮性側索硬化症における非侵襲的運動単位電位測定

    関口 兼司, 幸原 伸夫, 野田 佳克, 関谷 博顕, 藤堂 紘行, 森本 耕平, 古東 秀介, 本岡 里英子, 安井 直子, 上田 健博, 鷲田 和夫, 久我 敦, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第56回日本神経学会学術大会, 2015年05月, 日本語, 日本神経学会, 新潟, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • CLIPPERS症候群における脳幹外病変の検討

    関谷 博顕, 本岡 里英子, 安井 直子, 上田 健博, 鷲田 和夫, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第56回日本神経学会学術大会, 2015年05月, 日本語, 日本神経学会, 新潟, 国内会議

    ポスター発表

  • A群色素性乾皮症における重症度の評価

    上田 健博, 苅田 典生, 鷲田 和夫, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 錦織 千佳子, 戸田 達史

    第56回日本神経学会学術大会, 2015年05月, 日本語, 日本神経学会, 新潟, 国内会議

    ポスター発表

  • パーキンソン症候群に対するダットスキャンの検討

    上田 健博, 関谷 博顕, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第18回兵庫脳循環代謝研究会, 2015年04月, 日本語, 兵庫脳循環代謝研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1年後に悪性腫瘍が発見されたCIDPの1例

    藤堂紘行, 遠藤浩信, 上中健, 大塚喜久, 上田健博, 関口兼司, 苅田典生, 戸田達史

    臨床神経学, 2015年03月, 日本語

  • 自律神経障害を呈した成人型Alexander病の1例

    大崎理史, 関谷博顕, 本岡里英子, 上田健博, 安井直子, 鷲田和夫, 久我敦, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 戸田達史

    臨床神経学, 2015年03月, 日本語

  • 進行性核上性麻痺の呻吟について‐超音波を使用した考察‐

    野田 佳克, 関口 兼司, 久我 敦, 森本 耕平, 池中 寛絵, 古東 秀介, 上田 健博, 西田 勝也, 鷲田 和夫, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    兵庫県パーキンソン病研究会, 2015年03月, 日本語, 兵庫パーキンソン病治療研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 繰り返す痙攣発作と 進行性の小脳萎縮を呈した一例

    森本 耕平, 関谷 博顕, 本岡 里英子, 安井 直子, 藤堂 紘行, 古東 秀介, 野田 佳克, 上田 健博, 鷲田 和夫, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    摩耶神経カンファレンス, 2015年03月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 抗ガングリオシド抗体陽性を呈したTTR-FAPの孤発例

    藤堂紘行, 上田健博, 野田佳克, 本岡里英子, 上中健, 関口兼司, 南部順一, 山崎隆, 酒井康裕, 岡伸幸, 楠進, 大林光念, 安東由喜雄, 苅田典生, 戸田達史

    臨床神経学, 2014年12月, 日本語

  • 新規遺伝子変異を認めた同一家系内副腎白質ジストロフィー2症例の臨床的検討

    本岡 里英子, 関谷 博顕, 上田 健博, 鷲田 和夫, 佐竹 渉, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 松川 敬志, 辻 省次, 苅田 典生, 戸田 達史

    臨床神経学, 2014年12月, 日本語, (一社)日本神経学会

  • 色素性乾皮症における重度分類の作成

    上田 健博, 苅田 典生, 正木 太朗, 錦織 千佳子

    “神経皮膚症候群に関する診療科横断的検討による科学的根拠に基づいた診療指針の確立”第2回班会議, 2014年12月, 日本語, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高ホモシステイン血症とmethylentetrahydrofolate reductase遺伝子多型を認めた脳静脈洞血栓症の一例

    森本 耕平, 藤堂 紘行, 古東 秀介, 関谷 博顕, 野田 佳克, 本岡 里英子, 安井 直子, 上田 健博, 鷲田 和夫, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第101回近畿地方会, 2014年12月, 日本語, 日本神経学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • sensory ganglionopathyと考えられた抗GD1b抗体陽性の59歳女性例

    藤堂 紘行, 森本 耕平, 古東 秀介, 関谷 博顕, 野田 佳克, 本岡 里英子, 上田 健博, 鷲田 和夫, 安井 直子, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    日本神経学会近畿地方会 第102回近畿地方会, 2014年12月, 日本語, 日本神経学会近畿地方会事務局, 大阪, 抗GD1b-IgG抗体陽性の急性感覚性ニューロパチーの例につき、AASNやsensory GBSとして報告されている症候群との異同につき病態を考察した., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 左鼠径部リンパ節腫脹と肺病変を伴ったCLIPPERS症候群の1例

    関谷 博顕, 本岡 里英子, 安井 直子, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第32回神経治療学会, 2014年11月, 日本語, 日本神経治療学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 横隔膜超音波検査と神経伝導検査の有用性

    野田 佳克, 関口 兼司, 藤堂 紘行, 森本 耕平, 古東 秀介, 関谷 博顕, 本岡 里英子, 安井 直子, 上田 健博, 鷲田 和夫, 佐竹 渉, 久我 敦, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第44回日本臨床神経生理学会学術大会, 2014年11月, 日本語, 臨床神経生理学会, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 神経筋疾患の呼吸機能評価における横隔膜エコー検査と横隔神経伝導検査の有用性の検討

    野田 佳克, 関口 兼司, 藤堂 紘行, 森本 耕平, 古東 秀介, 関谷 博顕, 本岡 里英子, 安井 直子, 上田 健博, 鷲田 和夫, 佐竹 渉, 久我 敦, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    臨床神経生理学, 2014年10月, 日本語

  • 左鼠径リンパ節腫脹・肺病変を伴ったCLIPPERS症候群の1例

    関谷 博顕, 本岡 里英子, 安井 直子, 上田 健博, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    神経治療学, 2014年09月, 日本語

  • 伴性劣性遺伝形式の家族歴を有したHDLSの37歳男性例

    古和 久朋, 上中 健, 上田 健博, 関口 兼司, 苅田 典生, 戸田 達史, 松川 敬志, 辻 省次

    臨床神経学, 2014年07月, 日本語, (一社)日本神経学会

  • 振戦で発症した硬膜動静脈瘻の1例

    大崎 理史, 遠藤 浩信, 上田 健博, 安井 直子, 鷲田 和夫, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 藤田 敦史, 戸田 達史

    臨床神経学, 2014年07月, 日本語

  • 自律神経障害を呈した成人型Alexander病の1例

    大﨑 理史, 関谷 博顕, 本岡 里英子, 上田 健博, 安井 直子, 鷲田 和夫, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第100回日本神経学会近畿地方会, 2014年07月, 日本語, 日本神経学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1年後に悪性腫瘍が発見されたCIDPの1例

    藤堂 紘行, 遠藤 浩信, 上中 健, 大塚 喜久, 上田 健博, 関口 兼司, 苅田 典生, 戸田 達史

    日本神経学会近畿地方会 第100回近畿地方会, 2014年07月, 日本語, 日本神経学会近畿地方会事務局, 大阪, 高齢発症の多発ニューロパチーでは胃癌の出現も念頭に置くべきと考えられた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新規遺伝子変異を認めた同一家系内副腎白質ジストロフィー2症例の臨床的検討

    本岡 里英子, 関谷 博顕, 上田 健博, 鷲田 和夫, 佐竹 渉, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 松川 敬志, 辻 省次, 苅田 典生, 戸田 達史

    第55回日本神経学会学術総会, 2014年05月, 日本語, 日本神経学会, Fukuoka, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 抗ガングリオシド抗体陽性を呈したトランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(TTR-FAP)の孤発例

    藤堂 紘行, 上田 健博, 野田 佳克, 本岡 里英子, 上中 健, 関口 兼司, 南部 順一, 山崎 隆, 酒井 康裕, 岡 伸幸, 楠 進, 大林 光念, 安東 由喜雄, 苅田 典生, 戸田 達史

    第55回日本神経学会学術大会, 2014年05月, 日本語, 日本神経学会事務局, 福岡, 抗GM-1IgM抗体陽性のTTR-FAPを経験した。抗体の出現は神経障害に伴う反応性と考えられた。, 国内会議

    ポスター発表

  • 抗GalNAc-GD1a抗体低力価陽性の筋萎縮性側索硬化症に対するIVIgの治療効果

    関口 兼司, 古東 秀介, 徳岡 秀紀, 野田 佳克, 本岡 里英子, 上中 健, 上田 健博, 鷲田 和夫, 久我 敦, 古和 久朋, 楠 進, 苅田 典生, 戸田 達史

    第55回日本神経学会総会, 2014年05月, 日本語, 日本神経学会, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 遺伝性脊髄小脳変性症SCA6,SCA31における起立性低血圧の検討

    上田 健博, 関谷 博顕, 安井 直子, 本岡 里英子, 遠藤 浩信, 野田 佳克, 大崎 理史, 徳岡 秀紀, 鷲田 和夫, 佐竹 渉, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第55回日本神経学会学術大会, 2014年05月, 日本語, 日本神経学会, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 遺伝性脊髄小脳変性症SCA6とSCA31の臨床的特徴の検討

    関谷 博顕, 上田 健博, 安井 直子, 本岡 里英子, 遠藤 浩信, 野田 佳克, 大崎 理史, 徳岡 秀紀, 鷲田 和夫, 佐竹 渉, 久我 敦, 関口 兼司, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史

    第55回神経学会学術大会, 2014年05月, 日本語, 日本神経学会, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • HDLS Family Case Showing X-Linked Recessive Heredity

    古和 久朋, 上中 健, 上田 健博, 松川 敬, 辻 省次, 苅田 典生, 戸田 達史

    2014 AAN Annual Meeting, 2014年04月, 英語, American Academy of Neurology, フィラデルフィア, 米国, We presented HDLS family showing XR heredity., 国際会議

    ポスター発表

  • Neurological Manifestation of XerodermaPigmentosum group A.

    Fumio Kanda, Takehiro Ueda, Chikako Nishigori, Tatsushi Toda

    International Symposium on Xeroderma Pigmentosum and Related Disease, 2014年03月, 英語, 難病医学研究財団, Kobe, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Hearing loss in Xeroderma pigmnetosum and mechanism of inner ear disorder.

    D Yamashita, T Fujita, N Otsuki, Eiji Nakano, Ryusuke Ono, Taro Masaki, Seiji Takeuchi, Takehiro Ueda, Y Sakai, T Nakagawa, D Toyoshima, N Morisada, Fumio Kanda, Chikako Nishigori, Kenichi Nibu

    International Symposium on Xeroderma Pigmentosum and Related Disease, 2014年03月, 英語, 難病医学研究財団, Kobe, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • DNA Repair Disorders Xeroderma Pigmentosum and Trichothiodystrophy: Bench To Bedside And Back.

    KH Kraemer, JJ DiGiovanna, SG Khan, D Tamura, P Bradford, M Totonchy, A Goldstein, Taro Masaki, C Kuschal, T Ueda, H Inui, K Imoto, Seiji Takeuchi, Chikako Nishigori, Y Hirai, S Moriwaki

    International Symposium on Xeroderma Pigmentosum and Related Disease, 2014年03月, 英語, 難病医学研究財団, Kobe, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Developmental evaluation in the patients with xeroderma pigmentosum group A, using Enjoji development examination.

    Y Sakai, R Saura, Takehiro Ueda, D Yamashita, N Otsuki, T Nakagawa, D Toyoshima, N Morisada, Eiji Nakano, Ryusuke Ono, Taro Masaki, Seiji Takeuchi, K Nibu, Fumio Kanda, Chikako Nishigori

    International Symposium on Xeroderma Pigmentosum and Related Disease, 2014年03月, 英語, 難病医学研究財団, Kobe, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Developmental evaluation in the patients with xeroderma pigmentosum group A, using enjoji development examination.

    Yoshitada Sakai, Ryuichi Saura, Takehiro Ueda, Daisuke Yamashita, Naoki Otsuki, Taku Nakagawa, Daisaku Toyoshima, Naoya Morisada, Eiji Nakano, Ryusuke Ono, Taro Masaki, S Takeuchi, Kenichi Nibu, Fumio Kanda, Chikako Nishigori

    International symposium on xeroderma pigmentosum and related diseases, 2014年03月, 英語, Japan intractable diseases research foundation, Kobe, Japan, 色素性乾皮症患者の発達検査をおこなった。, 国際会議

    ポスター発表

  • 痙性片麻痺で発症したHereditary diffuse leukoencephalopathy with spheroids(HDLS)の若年女性の一例

    古和久朋, 上中 健, 上田健博, 関口兼司, 松川敬志, 辻 省次, 苅田典生, 戸田逹史

    日本神経学会 第99回近畿地方会, 2013年12月, 日本語, 日本神経学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 振戦で発症した硬膜動静脈瘻の一例

    大崎理史, 遠藤浩信, 上田健博, 安井直子, 鷲田和夫, 久我 敦, 関口兼司, 古和久朋, 苅田典生, 藤田敦史, 戸田逹史

    日本神経学会 第99回近畿地方会, 2013年12月, 日本語, 日本神経学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 色素性乾皮症候群の神経障害重症度分類(Ver2案)

    苅田 典生, 上田 健博, 錦織 千佳子

    厚生労働省科学研究費「神経皮膚症候群に関する調査研究班」平成25年度総会, 2013年12月, 日本語, 神経皮膚症候群に関する調査研究班, 東京, 国内会議

    その他

  • 剖検脳を用いた孤発性パーキンソン病感受性遺伝子の解析

    上田健博, 関恒慶, 佐竹渉, 古和久朋, 苅田典生, 陣内研二, 戸田達史

    第54回日本神経学会学術大会, 2013年05月, 日本語, 日本神経学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 脊髄小脳失調症6型と31型の臨床症状とMRI拡散テンソル画像の比較

    上田健博, 久我敦, 関口兼司, 濱口浩敏, 古和久朋, 苅田典生, 戸田達史

    臨床神経学, 2012年12月, 日本語

  • Japanese 2nd genome-wide association study identifies strong association at a novel risk locus and MCCC1 for Parkinson's disease.

    W. Satake, Y. Ando, T. Ueda, H. Kowa, H. Tomiyama, A. Takeda, H. Kawakami, K. Hasegawa, F. Obata, M. Watanabe, A. Tamaoka, K. Nakashima, M. Yamamoto, M. Murata, N. Hattori, T. Toda

    The 17th Takeda Science Foundation symtosium on Bioscience. Therapeutic Approach for Neurogenerative Diseases: Focusing on Alzheimer & Parkinson Diseases, 2012年12月, 英語, Takeda Science Foundation, 大阪、日本, Parkinson's disease (PD) is one of the most common neurodegenerative diseases worldwide. We reported a genome-wide association study (GWAS) in a total of 2,011 cases and 18,381 controls from the Japanese (Satake W et al, Nature Genet 2009). In that GWAS, we selected 337 most associated SNPs (P <0.00054) from genome-wide 435,470 SNPs, conducted two subsequent replica, 国際会議

    ポスター発表

  • 脊髄小脳失調症6型と31型の臨床症状とMRI拡散テンソル画像の比較

    大塚喜久, 上田健博, 永田格也, 福田明, 上中健, 内藤絢, 横田一郎, 千原典夫, 安井直子, 久我敦, 関口兼司, 濱口浩敏, 古和久朋, 苅田典生, 戸田達史

    第53回日本神経学会学術大会, 2012年05月, 日本語, 日本神経学会, 東京, 脊髄小脳失調症6型と31型の臨床症状とMRI拡散テンソル画像の比較, 国内会議

    ポスター発表

  • パーキンソン病の遺伝子リスクや薬剤反応性と遺伝子多型について

    佐竹 渉, Cha PC, 上田 健博, 古和 久朋, 中村 祐輔, 服部 信孝, 山本 光利, 村田 美穂, 戸田 達史

    第2回兵庫岡山パーキンソン病研究会, 2012年01月, 日本語, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A群色素性乾皮症における神経障害の総合的評価

    苅田典生, 上田健博, 関口兼司, 戸田達史

    臨床神経学, 2011年12月, 日本語

  • 孤発性・家族性パーキンソン病のゲノム解析

    佐竹 渉, 安藤 祐子, 西岡 竜也, 上田 健博, 古和 久朋, 富山 弘幸, 渡邊 雅彦, 玉岡 晃, 武田 篤, 中島 健二, 長谷川 一子, 小幡 文弥, 川上 秀史, 佐古田 三郎, 山本 光利, 服部 信孝, 村田 美穂, 戸田 達史

    厚生労働科学研究費補助金難治疾患克服研究事業 神経変性疾患に関する調査研究班 平成23年度 班会議, 2011年12月, 日本語, 厚生労働科学研究費補助金難治疾患克服研究事業 神経変性疾患に関する調査研究班, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Clinical and Neurophysiological evaluation for neurological complications in xeroderma pigmentosum.

    Fumio Kanda, Takehiro Ueda, Tsuneyoshi Seki, Naoko Yasui, Kenji Sekiguchi, Hirotoshi Hamaguchi, Chikako Nishikori, Masahiko Fujii, Tatsushi Toda

    29th International Congress of Clinical Neurophysiology,, 2010年11月, 英語, 国際臨床神経学会, 神戸, 国際会議

    ポスター発表

  • Juvenile Sandhoff病患者の臨床像および遺伝子・分子学的検討

    安井 直子, 苅田 典生, 関 恒慶, 上田 健博, 小田 哲也, 濱口 浩敏, 戸田 達史, 高岡 裕, 西尾 久英

    第51回日本神経学会総会, 2010年05月, 日本語, 日本神経学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A群色素性乾皮症の中枢神経病変に対するMRIを用いた定量的評価(続報)

    上田 健博, 苅田 典生, 藤井 正彦, 錦織 千佳子, 戸田 達史

    第51回日本神経学会総会, 2010年05月, 日本語, 日本神経学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • A群色素性乾皮症における神経障害の臨床像

    苅田典生, 上田健博, 安井直子, 関恒慶, 関口兼司, 濱口浩敏, 藤井正彦, 錦織千佳子, 戸田達史

    第51回日本神経学会総会, 2010年05月, 日本語, 日本神経学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • juvenile Sandhoff病の一例

    安井 直子, 関 恒慶, 上田 健博, 小田 哲也, 小別所 博, 濱口 浩敏, 苅田 典生, 戸田 達史, 西尾 久英

    第91回近畿地方会, 2009年12月, 日本語, 日本神経学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Autonomic dysfunction in Parkinson disease and multiple system atrophy: evaluation with eye drop test and MIBG scintigraphy.

    苅田 典生, 安井 直子, 関 恒慶, 上田 健博, 小田 哲也, 関口 兼司, 濱口 浩敏

    13th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders, 2009年06月, 英語, Movement disorder society, パリ, フランス, 国際会議

    ポスター発表

  • 慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の長期予後に関する検討

    関口 兼司, 関 恒慶, 湊川みつ子, 上田 健博, 小田 哲也, 安井 直子, 濱口 浩敏, 苅田 典生

    第50回日本神経学会総会, 2009年05月, 日本語, 日本神経学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脊髄小脳変性症におけるノルアドレナリン反応性と酒石酸プロチレリン治療効果について

    関 恒慶, 上田 健博, 小田 哲也, 安井 直子, 関口 兼司, 濱口 浩敏, 苅田 典生

    第50回日本神経学会総会, 2009年05月, 日本語, 日本神経学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パーキンソン病と多系統萎縮症におけるMIBG心筋シンチグラフィーと点眼試験の比較

    安井 直子, 湊川みつ子, 関 恒慶, 上田 健博, 小田 哲也, 関口 兼司, 濱口 浩敏, 苅田 典生

    第50回日本神経学会総会, 2009年05月, 日本語, 日本神経学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • MRIを用いたA群色素性乾皮症の神経病変の定量的評価

    上田 健博, 苅田 典生, 藤井 正彦, 錦織 千佳子

    第50回日本神経学会総会, 2009年05月, 日本語, 日本神経学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肝性脳症の診断におけるFischer比の有効性

    五十川 孝志, 中山 貴博, 上田 健博, 濱口 浩敏, 今福 一郎

    臨床神経学, 2007年12月, 日本語, (一社)日本神経学会

  • 当院に来院した発症3時間以内の虚血性脳卒中患者の検討

    上田 健博, 濱口 浩敏, 井原 涼子, 中山 貴博, 今福 一郎

    臨床神経学, 2007年12月, 日本語, (一社)日本神経学会

  • 右半身の感覚障害、失語を契機に右中大脳動脈狭窄及び左内頸動脈閉塞を発見された39歳男性例

    上田 健博, 中山 貴博, 五十川 孝志, 井原 涼子, 今福 一郎

    臨床神経学, 2007年08月, 日本語, (一社)日本神経学会

  • Bickerstaff脳幹脳炎を2年の経過で再発したと考えられた64歳男性例

    上田 健博, 中山 貴博, 濱口 浩敏, 中森 知毅, 今福 一郎

    臨床神経学, 2007年07月, 日本語, (一社)日本神経学会

  • 当院で経験した動脈原性脳塞栓症の臨床的特徴

    濱口 浩敏, 中山 貴博, 上田 健博, 今福 一郎

    脳卒中, 2007年03月, 日本語, (一社)日本脳卒中学会