研究者紹介システム

山口 雅人
ヤマグチ マサト
医学部附属病院 放射線診断・IVR科
准教授
医学
Last Updated :2022/08/04

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    医学部附属病院 放射線診断・IVR科
  • 【配置】

    大学院医学研究科 医科学専攻, 未来医工学研究開発センター

学位

  • 博士(医学), 神戸大学

授業科目

研究活動

研究分野

  • ライフサイエンス / 放射線科学

委員歴

  • 2014年06月 - 現在, 日本IVR学会, 代議員
  • 2014年04月 - 現在, 日本医学放射線学会, 代議員

受賞

  • 2010年11月 37th annual VEITH symposium, Nov 17-21, 2010, New York, NY, USA, held by International Society of Vascular Surgery, Third Prize of Poster abstract award at the 37th Annual VEITH symposium, Anatomical applicability of EVAR in Japanese AAA patients---Which endograft is best?

    Masato Yamaguchi

  • 2010年07月 11th annual congress of Asian Society for Vascular Surgery, June 29-July 2,, Best presentation award of ASVS 2010, A comparative analysis of open and endovascular repair for descending thoracic aorta pathology

    Masato Yamaguchi

論文

  • Koji Sasaki, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Masashi Tajiri, Mostafa Ahmed, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: The purpose is to investigate the major and minor complications of the pancreas after transcatheter arterial embolization (TAE) using n-butyl-2-cyanoacrylate (NBCA) for bleeding from pancreatic arteries. MATERIALS AND METHODS: Thirty-three patients who underwent TAE using NBCA for acute bleeding from pancreatic arteries and their parent arteries followed by contrast-enhanced computed tomography (CE-CT) were evaluated retrospectively. Complications and risk factors were assessed using Mann-Whitney U test or Fisher's exact test for the univariate analysis. Patients' characteristic, embolized artery, procedure details, and clinical outcomes were examined as possible risk factors. RESULTS: TAE was performed successfully in all patients. Minor pancreatic complications occurred in 10 patients (30%), including acute mild pancreatitis (n = 4) and focal lack of pancreatic parenchymal enhancement on CE-CT without pancreatitis (n = 6). No cases of major pancreatic complications, such as moderate/severe pancreatitis, were reported. Embolized artery was the only significant risk factor. The rate of complications per embolized artery were 15% (three out of 20 patients) in the arteries of the pancreatic head and 54% (seven out of 13 patients) in the arteries of pancreatic body and tail (p = 0.025). CONCLUSION: TAE using NBCA for acute bleeding from pancreatic arteries is efficacious and safe. Mild pancreatic complications were observed more frequently in case of embolization of the pancreatic body and tail region than the pancreatic head.

    2021年10月06日, Japanese journal of radiology, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Sasaki, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Mostafa Ahmed, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Kenji Tanimura, Hideto Yamada, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To evaluate the efficacy of superselective transcatheter arterial embolization (TAE) for intractable postpartum hemorrhage (PPH) due to genital tract trauma (GTT) after vaginal delivery. METHODS: We evaluated 27 patients who underwent TAE for intractable PPH due to GTT after vaginal delivery at our institution between January 2008 and December 2020. Patients were divided into two groups according to TAE procedure; TAE performed as close as possible to the bleeding point, at least more peripherally than the second branch of the anterior division of the internal iliac artery, was defined as superselective TAE (S-TAE). TAE performed from the proximal segment of the internal iliac artery was defined as proximal TAE (P-TAE). Patient characteristics, pre-procedural contrast-enhanced computed tomography (CE-CT), procedure details, technical/clinical success, and complications were evaluated separately for the S-TAE and P-TAE groups. RESULTS: The combined technical/clinical success rate was 92%. No major procedure-related complications were seen (mean follow-up: 6.12 ± 3.93 days). The combined technical/clinical success rate of S-TAE was 100% and of P-TAE was 67% (p = 0.04). S-TAE was performed more frequently in patients with pre-procedural CE-CT (p = 0.01) and use of permanent embolic materials (p = 0.003). CONCLUSION: S-TAE is safe and effective for intractable PPH due to GTT. Pre-procedural CE-CT may be useful for detecting the culprit artery and be helpful in performing S-TAE.

    2021年07月24日, Emergency radiology, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Mostafa Hamada, Eisuke Ueshima, Takeaki Ishihara, Yutaka Koide, Takuya Okada, Hiroki Horinouchi, Jun Ishida, Hiroshi Mayahara, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Keitaro Sofue, Masato Yamaguchi, Ryohei Sasaki, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    Background: Technological developments have led to an increased usage of external-body radiotherapy (RT) for the treatment of hepatocellular carcinoma (HCC). Transcatheter arterial chemoembolization (TACE) may be required later in patients treated with RT because of the high recurrence rate and multinodular presentation of HCC. However, despite the risk of liver function impairment, the cumulative liver damage correlated with TACE following a hepatic RT has not been adequately assessed. Purpose: To evaluate the feasibility of TACE following RT for HCC. Materials and methods: Sixty-seven patients with HCC who underwent TACE after RT were retrospectively evaluated between 2012 and 2018. We assessed increases in Child-Turcotte-Pugh (CTP) by ≥2 points at 1 month, the incidence of major complications, survival duration, and short-term mortality within 6 months after TACE. Furthermore, we evaluated the predictive factors for liver function impairment and short-term mortality. Results: Eight patients experienced a CTP increase ≥2 points at 1 month. There were no cases of liver abscesses or bilomas. Nine patients died within 6 months following TACE. The mean liver dose (MLD) was a significant predictor of liver function impairment at 1 month (p = 0.042). Low liver functional reserve, distant metastasis (p = 0.037), MLD (p = 0.046), TACE type (p = 0.025), and TACE within 3 months following RT (p = 0.007) were significant predictors of short-term mortality. Conclusions: Despite the feasibility of TACE following RT, clinicians should pay attention to impaired pretreatment liver function, following high dose RT, and the short duration between RT and TACE.

    2021年07月, Acta radiologica open, 10 (7), 20584601211034965 - 20584601211034965, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • So Izumi, Chikashi Nakai, Tomonori Haraguchi, Soichiro Henmi, Takeki Mori, Megumi Kinoshita, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Shinichi Nakayama, Takuro Tsukube

    OBJECTIVE: This study sought to confirm if thoracic endovascular aortic repair (TEVAR) was an appropriate therapeutic strategy for blunt thoracic aortic injury (BTAI). METHODS: Between 3/2005 and 12/2020, 104 patients with BTAI were brought to our hospital. The severity of each trauma case was evaluated using the Injury Severity Score (ISS); aortic injuries were classified as type I to IV according to Society for Vascular Surgery guidelines. Initial treatment was categorized into four groups: nonoperative management (NOM), open aortic repair (OAR), TEVAR, or emergency room thoracotomy/cardiopulmonary resuscitation (ERT/CPR). RESULTS: The patients' mean age and ISS were 56.7 ± 20.9 years and 48.3 ± 20.4, respectively. Type III or IV aortic injury were diagnosed in 82 patients. The breakdown of initial treatments was as follows: NOM for 28 patients, OAR for four, TEVAR for 47, and ERT/CPR for 25. The overall early mortality rate was 32.7%. Logistic regression analysis confirmed ISS > 50 and shock on admission as risk factors for early mortality. The cumulative survival rate of all patients was 61.2% at 5 years after treatment. After initial treatment, eight patients receiving TEVAR required OAR. The cumulative rate of freedom from reintervention using TEVAR at 5 years was higher in approved devices than in custom-made devices (96.0 vs. 56.3%, p = 0.011). CONCLUSIONS: Using TEVAR as an initial treatment for patients with BTAI is a reasonable approach. Patients with severe multiple traumas and shock on admission had poor early outcomes, and those treated with custom-made devices required significant rates of reintervention.

    2021年06月16日, General thoracic and cardiovascular surgery, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Maruyama, Takuya Okada, Takeshi Ueha, Kayako Isohashi, Hayato Ikeda, Yasukazu Kanai, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Munenobu Nogami, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Yoshitada Sakai, Jun Hatazawa, Takamichi Murakami

    Carbon dioxide (CO2) treatment is reported to have an antitumor effect owing to the improvement in intratumoral hypoxia. Previous studies were based on histological analysis alone. In the present study, the improvement in intratumoral hypoxia by percutaneous CO2 treatment in vivo was determined using 18F-fluoromisonidazole positron emission tomography-computed tomography (18F-FMISO PET-CT) images. Twelve Japanese nude mice underwent implantation of LM8 tumor cells in the dorsal subcutaneous area 2 weeks before percutaneous CO2 treatment and 18F-FMISO PET-CT scans. Immediately after intravenous injection of 18F-FMISO, CO2 and room air were administered transcutaneously in the CO2-treated group (n=6) and a control group (n=6), respectively; each treatment was performed for 10 minutes. PET-CT was performed 2 h after administration of 18F-FMISO. 18F-FMISO tumor uptake was quantitatively evaluated using the maximum standardized uptake value (SUVmax), tumor-to-liver ratio (TLR), tumor-to-muscle ratio (TMR), metabolic tumor volume (MTV) and total lesion glycolysis (TLG). Mean ± standard error of the mean (SEM) of the tumor volume was not significantly different between the two groups (CO2-treated group, 1.178±0.450 cm3; control group, 1.368±0.295 cm3; P=0.485). Mean ± SEM of SUVmax, TLR, MTV (cm3) and TLG were significantly lower in the CO2-treated group compared with the control group (0.880±0.095 vs. 1.253±0.071, P=0.015; 1.063±0.147361 vs. 1.455±0.078, P=0.041; 0.353±0.139 vs. 1.569±0.438, P=0.015; 0.182±0.070 vs. 1.028±0.338, P=0.015), respectively. TMR was not significantly different between the two groups (4.520±0.503 vs. 5.504±0.310; P=0.240). In conclusion, 18F-FMISO PET revealed that percutaneous CO2 treatment improved intratumoral hypoxia in vivo. This technique enables assessment of the therapeutic effect in CO2 treatment by imaging, and may contribute to its clinical application.

    2021年03月, Oncology letters, 21 (3), 207 - 207, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 辻本 貴紀, 大村 篤史, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 健次

    膵十二指腸動脈瘤(PDAA)は瘤径に関係なく破裂する可能性が示唆されており,発見次第治療を考慮する必要がある.また,解剖学的に複雑な位置に存在するため,低侵襲治療である血管内治療による塞栓術(TAE)が選択される機会が増加している.しかしながら,主要血管を閉塞させる可能性があるなどの解剖学的な理由でTAEだけでは治療を完遂することが難しい症例がある.今回TAEと従来の外科手術を組み合わせたハイブリッド治療を行った2症例を経験したので報告する.1例目のPDAAに対しては,TAEと外科的瘤切除を2期的に分割して手術治療を行い,2例目のPDAAに対しては,TAEと外科的バイパス術を同時に施行し,2例共に良好な経過を辿った.ハイブリッド治療は膵十二指腸動脈瘤に対して非常に有用な選択肢であると思われた.しかしながら,本治療の長期成績についての報告は少なく,注意深いフォローアップが必要である.(著者抄録)

    (NPO)日本血管外科学会, 2021年02月, 日本血管外科学会雑誌, 30 (1), 7 - 12, 日本語

  • Hiroki Horinouchi, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Shohei Komatsu, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Takumi Fukumoto, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    BACKGROUND: Postoperative biliary strictures are commonly related to accidental bile duct injuries or occur at the site of biliary anastomosis. The first-line treatment for benign biliary strictures is endoscopic therapy, which is less invasive and repeatable. However, recanalization for biliary complete obstruction is technically challenging to treat. The present report describes a successful case of treatment by extraluminal recanalization for postoperative biliary obstruction using a transseptal needle. CASE PRESENTATION: A 66-year-old woman had undergone caudal lobectomy for the treatment of hepatocellular carcinoma. The posterior segmental branch of the bile duct was injured and repaired intraoperatively. Three months after the surgery, the patient had developed biliary leakage from the right hepatic bile duct, resulting in complete biliary obstruction. Since intraluminal recanalization with conventional endoscopic and percutaneous approaches with a guidewire failed, extraluminal recanalization using a transseptal needle with an internal lumen via percutaneous approach was performed under fluoroscopic guidance. The left lateral inferior segmental duct was punctured, and an 8-F transseptal sheath was introduced into the ostium of right hepatic duct. A transseptal needle was advanced, and the right hepatic duct was punctured by targeting an inflated balloon that was placed at the end of the obstructed right hepatic bile duct. After confirming successful puncture using contrast agent injected through the internal lumen of the needle, a 0.014-in. guidewire was advanced into the right hepatic duct. Finally, an 8.5-F internal-external biliary drainage tube was successfully placed without complications. One month after the procedure, the drainage tube was replaced with a 10.2-F drainage tube to dilate the created tract. Subsequent endoscopic internalization was performed 5 months after the procedure. At the 1-year follow-up examination, there was no sign of biliary obstruction and recurrence of hepatocellular carcinoma. CONCLUSIONS: Recanalization using a transseptal needle can be an alternative technique for rigid biliary obstruction when conventional techniques fail.

    2020年12月03日, Surgical case reports, 6 (1), 304 - 304, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Maruyama, Ryota Kawasaki, Yutaka Koide, Hiroki Horinouchi, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto

    BACKGROUND: Preoperative prediction of thromboembolic complications using magnetic resonance imaging (MRI) in coronary arteries and carotid arteries has been established. However, the technique has not been applied in peripheral arteries. This study aimed to assess the relationship between thromboembolic complications during endovascular treatment (EVT) for iliac artery occlusion and signal intensity on MRI. METHODS: This single-institution study included 52 iliac artery occlusions in 51 patients (mean age, 70.4 years) who underwent successful EVT between January 2010 and March 2018. MRI using an inversion recovery-prepared, steady-state free precession technique was performed preoperatively. Thromboembolic complications were defined as distal embolization and in-stent protrusion greater than 25% of the stent cross-sectional area confirmed by angiography and intravascular ultrasonography, regardless of symptoms. The highest signal intensity of iliac artery occlusion divided by the signal intensity of adjacent iliopsoas muscle (target-to-muscle ratio, TMR) was measured on MR images. Multivariate analysis was performed to clarify the predictors of thromboembolic complications during EVT. RESULTS: Thromboembolic complications observed in 11 vessels (21.2%) from 11 patients comprised distal embolization (n = 4) and in-stent protrusion (n = 7). A TMR cutoff value > 2.57 had a sensitivity of 90.9%, specificity of 78.0%, positive predictive value of 52.6%, and negative predictive value of 97.0% for detecting thromboembolic complications during EVT. In the multivariate analysis, TMR >2.57 was the only independent factor associated with thromboembolic complications (odds ratio, 30.10; 95% confidence interval, 3.26-278.00; P = 0.003). CONCLUSIONS: The presence of higher signal intensity in iliac artery occlusion on MRI is useful for predicting thromboembolic complications during EVT.

    2020年11月28日, Annals of vascular surgery, 73, 211 - 221, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Yushi Tsujita, Keitaro Sofue, Shohei Komatsu, Takeru Yamaguchi, Eisuke Ueshima, Yoshiko Ueno, Tomonori Kanda, Takuya Okada, Munenobu Nogami, Masato Yamaguchi, Masakatsu Tsurusaki, Masatoshi Hori, Takumi Fukumoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: Accurate prediction of post-hepatectomy liver failure (PHLF) is important in advanced hepatocellular carcinoma (HCC). We aimed to retrospectively evaluate the utility of gadoxetic acid-enhanced MRI for predicting PHLF in patients who underwent anatomic hepatectomy for HCC with portal vein invasion. METHODS: Forty-one patients (32 men, 9 women) were included. Hepatobiliary-phase MR images were acquired 20 min after injection of gadoxetic acid using a 3D fat-suppressed T1-weighted spoiled gradient-echo sequence. Liver-spleen ratio (LSR), remnant hepatocellular uptake index (rHUI), and HUI were calculated. The severity of PHLF was defined according to the International Study Group of Liver Surgery. Differences in LSR between the resected liver and the remnant liver, and HUI and rHUI/HUI between no/mild and severe PHLF were compared using the Wilcoxon signed-rank test and Wilcoxon rank-sum test, respectively. Univariate and multivariate logistic regression analyses were performed to identify predictors of severe PHLF. Areas under the receiver operating characteristic curves (AUCs) of rHUI and rHUI/HUI were calculated for predicting severe PHLF. RESULTS: Nine patients developed severe PHLF. LSR of the remnant liver was significantly higher than that of the resected liver (P < 0.001). Severe PHLF demonstrated significantly lower rHUI (P < 0.001) and rHUI/HUI (P < 0.001) compared with no/mild PHLF. Multivariate logistic regression analysis showed that decreased rHUI (P = 0.012, AUC=0.885) and rHUI/HUI (P = 0.002, AUC=0.852) were independent predictors of severe PHLF. CONCLUSION: Gadoxetic acid-enhanced MRI can be a promising noninvasive examination for assessing global and regional liver function, allowing estimation of the functional liver remnant and accurate prediction of severe PHLF before hepatic resection.

    2020年09月, European journal of radiology, 130, 109189 - 109189, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • アンギオ室での急変対応におけるチーム医療 ハートフルチームビルディング

    小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 136 - 136, 日本語

  • EVAR後の瘤径拡大例に対するトラネキサム酸投与の有用性

    松代 啓吾, 川崎 竜太, 丸山 晃司, 小出 裕, 野村 佳克, 山口 雅人, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 166 - 166, 日本語

  • Shinichi Iwakoshi, Michael D Dake, Yoshihito Irie, Yoshiaki Katada, Shoji Sakaguchi, Norio Hongo, Katsuki Oji, Tetsuya Fukuda, Hitoshi Matsuda, Ryota Kawasaki, Takanori Taniguchi, Manabu Motoki, Makiyo Hagihara, Yoshihiko Kurimoto, Noriyasu Morikage, Hiroshi Nishimaki, Eijun Sueyoshi, Kyozo Inoue, Hideyuki Shimizu, Ichiro Ideta, Takatoshi Higashigawa, Osamu Ikeda, Naokazu Miyamoto, Motoki Nakai, Takahiro Nakai, Shigeo Ichihashi, Takeshi Inoue, Takashi Inoue, Masato Yamaguchi, Ryoichi Tanaka, Kimihiko Kichikawa

    2020年05月, Radiology, 295 (2), E5, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroki Horinouchi, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Koji Maruyama, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Ryota Kawasaki, Yoshikatsu Nomura, Atsushi Omura, Kenji Okada, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To evaluate the mid-term outcomes of transarterial embolization (TAE) for type II endoleak after endovascular abdominal aortic aneurysm repair (EVAR) and investigate the predictors of sac enlargement after embolization. MATERIALS AND METHODS: We conducted a retrospective analysis of 55 patients [48 men and 7 women, median age 79.0 (interquartile ranges 74-82) years] who underwent TAE for type II endoleak from 2010 to 2018. The aneurysmal sac enlargement, endoleaks, aneurysm-related adverse event rate, and reintervention rate were evaluated. Patients' characteristics and clinical factors were evaluated for their association with sac enlargement. RESULTS: Fifty-five patients underwent TAE with technical success and were subsequently followed for a median of 636 (interquartile ranges 446-1292) days. The freedom from sac enlargement rates at 1, 3, and 5 years was 73.2%, 32.0%, and 26.7%, respectively. After initial TAE, the recurrent type II, delayed type I, and occult type III endoleak were identified in 39 (71%), 5 (9%), and 3 (5%) patients, respectively. Although a patient had aorto-duodenal fistula, there was no aneurysm-related death. The freedom from reintervention rates was 84.6%, 35.7%, and 17.0%, respectively. In the multivariate analysis, sac diameter > 55 mm at initial TAE (hazard ratios, 3.23; 95% confidence intervals, 1.22-8.58; P < 0.05) was a significant predictor of sac enlargement. CONCLUSION: TAE for type II endoleak was not effective in preventing sac enlargement, and reinterventions were required among the mid-term follow-up. The sac diameter > 55 mm at initial TAE was a significant predictor of sac enlargement.

    2020年05月, Cardiovascular and interventional radiology, 43 (5), 696 - 705, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroki Horinouchi, Keitaro Sofue, Tatsuya Nishii, Koji Maruyama, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To assess the utility of whole-aorta CT angiography (CTA) with 15 mL contrast material (CM) on time-resolved imaging for endovascular abdominal aortic repair (EVAR). METHODS: Twenty-six patients with a high-risk of post-contrast acute kidney injury (PC-AKI) underwent CTA with 15 mL CM using temporal maximum intensity projection (tMIP-CTA) generated from time-resolved imaging. The aortoiliac CT values were measured. Two observers measured the arterial diameters in unenhanced CT and tMIP-CTA images, and image quality was evaluated on a 5-point scale. The presence of the accessory renal artery, inferior mesenteric artery (IMA) occlusion, and instructions for use (IFU) of EVAR were evaluated. RESULTS: CT examinations were successfully performed, and no patients developed PC-AKI. The mean CT values of the whole aorta were 267.5 ± 51.4 HU, which gradually decreased according to the distal levels of the aorta. Bland-Altman analysis revealed excellent agreement for the external arterial diameter measurements between unenhanced CT and tMIP-CTA. Excellent interobserver agreement was achieved for the measurements of the external (ICCs, 0.910-0.992) and internal arterial diameters (ICCs, 0.895-0.993). Excellent or good overall image quality was achieved in 24 (92 %) patients. The presence of the accessory renal artery, IMA occlusion and the assessment of IFU were in 100 % agreement. Multivariate analysis revealed aortic volume as the most significant independent factor associated with strong aortic enhancement (p = 0.004). CONCLUSIONS: Whole-aorta tMIP-CTA on time-resolved imaging is useful for maintaining contrast enhancement and image quality for EVAR planning, and can substantially reduce the amount of CM.

    2020年05月, European journal of radiology, 126, 108861 - 108861, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hamada MAS, Okada T, Yamaguchi M, Gotake Y, Okada K, Sugimoto K, Murakami T

    2020年02月, Interventional Radiology, 5 (1), 19 - 22, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shinichi Iwakoshi, Michael D Dake, Yoshihito Irie, Yoshiaki Katada, Shoji Sakaguchi, Norio Hongo, Katsuki Oji, Tetsuya Fukuda, Hitoshi Matsuda, Ryota Kawasaki, Takanori Taniguchi, Manabu Motoki, Makiyo Hagihara, Yoshihiko Kurimoto, Noriyasu Morikage, Hiroshi Nishimaki, Eijun Sueyoshi, Kyozo Inoue, Hideyuki Shimizu, Ichiro Ideta, Takatoshi Higashigawa, Osamu Ikeda, Naokazu Miyamoto, Motoki Nakai, Takahiro Nakai, Shigeo Ichihashi, Takeshi Inoue, Takashi Inoue, Masato Yamaguchi, Ryoichi Tanaka, Kimihiko Kichikawa

    Background Management of abdominal branches associated with Stanford type B aortic dissection is controversial without definite criteria for therapy after thoracic endovascular aortic repair (TEVAR). This is in part due to lack of data on natural history related to branch vessels and their relationship with the dissection flap, true lumen, and false lumen. Purpose To investigate the natural history of abdominal branches after TEVAR for type B aortic dissection and the relationship between renal artery anatomy and renal volume as a surrogate measure of perfusion. Materials and Methods This study included patients who underwent TEVAR for complicated type B dissection from January 2012 to March 2017 at 20 centers. Abdominal aortic branches were classified with following features: patency, branch vessel origin, and presence of extension of the aortic dissection into a branch (pattern 1, supplied by the true lumen without branch dissection; pattern 2, supplied by the true lumen with branch dissection, etc). The branch artery patterns before TEVAR were compared with those of the last follow-up CT (mean interval, 19.7 months) for spontaneous healing. Patients with one kidney supplied by pattern 1 and the other kidney by a different pattern were identified, and kidney volumes over the course were compared by using a simple linear regression model. Results Two hundred nine patients (mean age ± standard deviation, 66 years ± 13; 165 men and 44 women; median follow-up, 18 months) were included. Four hundred fifty-nine abdominal branches at the last follow-up were evaluable. Spontaneous healing of the dissected branch occurred in 63% (64 of 102) of pattern 2 branches. Regarding the other patterns, 6.5% (six of 93) of branches achieved spontaneous healing. In 79 patients, renal volumes decreased in kidneys with pattern 2 branches with more than 50% stenosis and branches supplied by the aortic false lumen (patterns 3 and 4) compared with contralateral kidneys supplied by pattern 1 (pattern 2 vs pattern 1: -16% ± 16 vs 0.10% ± 11, P = .002; patterns 3 and 4 vs pattern 1: -13% ± 14 vs 8.5% ± 14, P = .004). Conclusion Spontaneous healing occurs more frequently in dissected branches arising from the true lumen than in other branch patterns. Renal artery branches supplied by the aortic false lumen or a persistently dissected artery with greater than 50% stenosis are associated with significantly greater kidney volume loss. © RSNA, 2019 Online supplemental material is available for this article.

    2020年02月, Radiology, 294 (2), 455 - 463, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Maruyama K, Sofue K, Horinouchi H, Okada T, Ueshima E, Gentsu T, Sasaki K, Yamaguchi M, Sugimoto K, Murakami T

    OBJECTIVE: The aim of this study was to assess the utility of 70-kilovoltage-peak (kVp) contrast-enhanced computed tomography (CECT) for visualization and identification of the right adrenal vein (RAV) in comparison with that of conventional 120-kVp CECT. METHODS: This retrospective study included patients who underwent adrenal venous sampling with concurrent biphasic 120-kVp (120-kVp group, n = 43) or 70-kVp (70-kVp group, n = 47) CECT. Signal-to-noise ratios, contrast-to-noise ratios, longitudinal lengths, conspicuity scores, RAV detection rates, and size-specific dose estimates were compared between the 2 groups. RESULTS: In comparison with the 120-kVp group, the 70-kVp group had significantly higher signal-to-noise and contrast-to-noise ratios (P < 0.001-P = 0.033), greater longitudinal lengths (P < 0.001-P = 0.002), superior conspicuity scores for the RAV (P < 0.001), higher RAV detection rates (P = 0.015-P = 0.033), and lower size-specific dose estimates (P < 0.001). CONCLUSIONS: Seventy-kilovoltage-peak CECT has advantages over conventional 120-kVp CECT and is potentially useful for noninvasive assessment of the precise anatomy of the RAV.

    2020年01月, J Comput Assist Tomogr, 44 (1), 153 - 159

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Eisuke Ueshima, Hideyuki Nishiofuku, Haruyuki Takaki, Yutaka Hirata, Hiroshi Kodama, Toshihiro Tanaka, Kimihiko Kichikawa, Koichiro Yamakado, Takuya Okada, Keitaro Sofue, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    Introduction: The underlying mechanism involved in the recurrence of hepatoma after hepatic arterial embolization (HAE) is not adequately examined. An immunosuppressive cytokine, transforming growth factor β1 (TGF-β1), can lead to tumor progression and is affected by hypoxia in various cancers. The study aimed to assess the effect of HAE on the expression of TGF-β1 in a rat hepatoma model. Methods: Sprague-Dawley rats bearing N1S1 hepatoma cells underwent HAE (HAE group, n = 5) or sham treatment (sham group, n = 4). The animals were euthanized at 48 h, and liver tissues were harvested. Immunohistochemistry (IHC) and quantitative polymerase chain reaction (qPCR) were performed to compare the expression of TGF-β1 and hypoxia-inducible factor 1α (HIF-1α) between the HAE and sham groups. In vitro experiments with the N1S1 cell line were also performed under normoxic (21% O2) or hypoxic (1% O2) conditions for 48 h, and the expression of TGF-β1 and HIF-1α was assessed with western blotting and enzyme-linked immunosorbent assay. Statistical data comparisons were performed by Student t test. Results: IHC showed that both the TGF-β1-positive and HIF-1α-positive tumor peripheral areas were larger in the HAE group (6.59 ± 2.49 and 10.26 ± 4.14%; p < 0.001, respectively) than in the sham group (0.34 ± 0.41 and 0.40 ± 0.84% respectively). Similarly, qPCR showed that the mRNA expression levels of TGF-β1 and HIF-1α were higher (1.95 ± 0.38-fold and 1.62 ± 0.37-fold; p < 0.001 and p = 0.002, respectively) in the HAE group than those in the sham group. TGF-β1 expression was suppressed when HIF-1α inhibitors were added (p = 0.001), and HIF-1α expression was upregulated when exogenous TGF-β1 was added (p = 0.033) in N1S1 cells. Conclusion: HAE enhanced local TGF-β1 expression in a rat hepatoma model. In vitro experiments suggest that HAE-induced hypoxic stress may trigger the interdependent expression of TGF-β1 and HIF-1α.

    2020年01月, Liver cancer, 9 (1), 63 - 72, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoyuki Gentsu, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Hiroki Horinouchi, Naoto Katayama, Eisuke Ueshima, Yutaka Koide, Keitaro Sofue, Yasuko Gotake, Yoshikatsu Nomura, Hiroshi Tanaka, Yutaka Okita, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To evaluate the incidence of type II endoleak (EL-II) and aneurysm enlargement after endovascular aneurysm repair (EVAR) using the Endurant stent graft in patients with abdominal aortic aneurysm (AAA) with occluded inferior mesenteric artery (IMA). MATERIALS AND METHODS: Between 2012 and 2017, 103 patients who underwent EVAR using the Endurant stent graft for AAA with occluded IMA (50 patients with prophylactic embolized IMA and 53 with spontaneous occluded IMA) were retrospectively reviewed. The incidence of EL-II and aneurysm enlargement was evaluated. Predictive factors for persistent EL-II were evaluated based on patient characteristics, preprocedural anatomical characteristics, intraprocedural details, and postprocedural complications. RESULTS: Incidence rates of early EL-II and persistent EL-II were 6.8% (7/103 patients) and 4.9% (5/103 patients), respectively. Aneurysm enlargement was found in 10 patients (9.7%), including all 5 patients with persistent EL-II, 3 with de novo EL-II, and 2 with no EL-II. The rates of freedom from aneurysm enlargement at 1, 2, and 3 years were 98.7%, 97.0%, and 93.1% for the group without persistent EL-II, and 80.0%, 60.0%, and 20.0% for the group with persistent EL-II (p < 0.001), respectively. The maximum aneurysm diameter (odds ratio (OR), 1.16; 95% confidence interval (CI), 1.01-1.34; p = 0.0362) and the number of patent lumbar arteries (OR, 2.72; 95% CI, 1.07-6.90; p = 0.0357) were predictive of persistent EL-II. CONCLUSIONS: The incidence of EL-II after EVAR using the Endurant stent graft for AAA with occluded IMA was low, but most early EL-II persisted and resulted in aneurysm enlargement. Level of Evidence Level 4, Case Series.

    2019年04月, Cardiovascular and interventional radiology, 42 (4), 505 - 512, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Maruyama, Keitaro Sofue, Takuya Okada, Yutaka Koide, Eisuke Ueshima, Genzo Iguchi, Ryuichiro Tani, Tomoyuki Gentsu, Hiroki Horinouchi, Koji Sasaki, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To evaluate the advantages of intraprocedural CT during adrenal venous sampling (AVS) to confirm accurate catheterization of the right adrenal vein (RAV). MATERIALS AND METHODS: This single-institution study included 106 patients (mean age 52.4 years; range 28-74 years) with primary aldosteronism who performed contrast-enhanced CT (CECT) before AVS following AVS between January 2011 and March 2018. After catheterization of the RAV under fluoroscopic guidance, unenhanced CT images were obtained to confirm catheter position on unified CT angiography system. Catheter repositioning was performed when the catheter was inaccurately positioned. Venography findings were classified into two groups: (1) presumably cannulated in the RAV (presumed RAV group) and (2) obscured visualization of the RAV because of collateral vessels (obscured RAV group). Success rates of AVS were compared using Fisher's exact test. RESULTS: The overall success of AVS was achieved in 104 patients (98.1%). Catheter was deviated into the IVC during intraprocedural CT in four patients. Fourteen patients (14.0%) required catheter repositioning by intraprocedural CT images, and accurate catheterization in the RAV was eventually accomplished. The success rate of AVS was significantly higher in the presumed RAV group (90.1% [73/81]) than that in the obscured RAV group (68.4% [13/19]) (p = 0.024). If intraprocedural CT was not acquired during AVS, the success rate of AVS would have been significantly lower (84.9% [90/106]) compared with that use of intraprocedural CT (98.1% [104/106]) (p < 0.001). CONCLUSIONS: Intraprocedural unenhanced CT by referring to the preprocedural CECT before AVS enables the confirmation of accurate catheterization of the RAV. LEVEL OF EVIDENCE: Level 4, case series.

    2019年04月, Cardiovascular and interventional radiology, 42 (4), 542 - 551, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ryuichiro Tani, Keitaro Sofue, Koji Sugimoto, Naoto Katayama, Mostafa A S Hamada, Koji Maruyama, Hiroki Horinouchi, Tomoyuki Gentsu, Koji Sasaki, Eisuke Ueshima, Yutaka Koide, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To assess the safety and efficacy of transarterial embolization (TAE) and to evaluate the utility of contrast-enhanced computed tomography (CE-CT) for life-threatening spontaneous retroperitoneal hemorrhage (SRH). METHODS: Nineteen patients underwent TAE following CE-CT for life-threatening SRH. CE-CT and angiographic findings, technical successes, and clinical successes were evaluated. The diagnostic performance of CE-CT for the detection of active bleeding arteries was also assessed by two independent readers. RESULTS: Active extravasation of contrast material was accurately observed in 78.9‒84.2% of the patients on CE-CT. Angiograms revealed active extravasation in 37 arteries of 15 patients (78.9%), and 4 patients showed no sign of active bleeding. Sensitivity, positive predictive value, and accuracy rate of CE-CT for the detection of active bleeding vessels was 59.5%, 62.9‒71.0% and 55.6‒60.0% respectively. The successful embolization of 48 intended arteries was achieved in all the patients, including empirical TAE in four patients. Hemodynamic stabilization was achieved in 17 patients (89.5%) with a significant decrease in transfusion (p < 0.001). CONCLUSION: TAE is a technically safe and clinically effective treatment method for life-threatening SRH. CE-CT has moderate capability for accurate identification of active bleeding arteries. TAE including arteries that potentially distribute anatomic territory of the hematoma is essential.

    2019年04月, Japanese journal of radiology, 37 (4), 328 - 335, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Eisuke Ueshima, Koji Sugimoto, Takuya Okada, Naoto Katayama, Yutaka Koide, Keitaro Sofue, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Masato Yamaguchi

    PURPOSE: To justify a classification system for angiographic images of uterine artery embolization (UAE) for postpartum hemorrhage (PPH) and identify new risk factors associated with failed embolization. MATERIALS AND METHODS: A retrospective analysis of 63 consecutive patients who underwent UAE for severe PPH was performed. Uterine artery angiography (UA) before embolization was classified into two types: type 1 was defined as complete staining and type 2 was defined as partial staining of the uterine arteries. The clinical outcome, UA classification, and other possible factors previously reported were evaluated. Univariate and multivariate analyses were performed to determine the factors related to clinical outcomes. RESULTS: Sixty-three patients were enrolled (type 1, 22; type 2, 41). The clinical success rates of the primary UAE session were 90.9% (20/22) for type 1 and 61.0% (25/41) for type 2 (p = 0.018). Univariate and multivariate analyses demonstrated that the only UA classification was significantly associated with primary UAE failure (p = 0.033). CONCLUSIONS: The UA classification is an independent predictive factor of the clinical success rate of the primary UAE session for PPH; thus, it is an intuitive and optimal predictor for interventional radiologists to decide whether additional therapy is necessary.

    2018年06月, Japanese journal of radiology, 36 (6), 394 - 400, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoshikatsu Nomura, Yasuko Gotake, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Yutaka Okita

    Introduction: Transcatheter arterial embolisation is often performed for the treatment of visceral artery aneurysms. Here, the case of a patient who developed the rare complication of coil migration into the intestinal tract is reported, and a review of the literature is presented. Case report: A 30 year old woman with a ruptured giant common hepatic artery aneurysm, who had been treated with transarterial coil embolisation 1 year previously, was admitted to hospital complaining of passing the coils on defecation. Abdominal Xray and gastroscopy showed the migration of the coils through a duodenal fistula. Open repair was performed with the coils successfully removed and the duodenal fistula closed with omentopexy. At the 3 year follow up, there were no signs or symptoms of complications. Conclusion: Based on observations from this case, although coil migration to the intestinal tract is exceedingly rare, aneurysm rupture with enteric fistula can lead to coil migration.

    2018年, EJVES short reports, 39, 33 - 36, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naoki Tamada, Kazuhiko Nakayama, Yuto Shinkura, Kenichi Yanaka, Naoto Katayama, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Kensuke Matsumoto, Hidekazu Tanaka, Toshiro Shinke, Noriaki Emoto, Ken-Ichi Hirata

    The patient was a 19-year-old woman who was diagnosed with patent ductus arteriosus complicating Eisenmenger syndrome at a previous medical institution. She was referred to our hospital and arranged for lung transplantation. She developed hemoptysis after the introduction of i.v. epoprostenol, which was administered as a bridging treatment while the patient awaited lung transplantation. She continued to suffer from recurrent hemoptysis, even after switching from i.v. epoprostenol to i.v. treprostinil. Angiography of the systemic and pulmonary arteries revealed the vessel responsible for the recurrent hemoptysis and pulmonary artery embolization was successfully performed. It is essential to identify the culprit vessel and physicians must not hesitate in performing embolization when patients develop lethal hemoptysis.

    2017年12月15日, Internal medicine (Tokyo, Japan), 56 (24), 3299 - 3304, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naoto Katayama, Koji Sugimoto, Takuya Okada, Takeshi Ueha, Yoshitada Sakai, Hideo Akiyoshi, Keiichiro Mie, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Yutaka Koide, Ryuichiro Tani, Tomoyuki Gentsu, Masato Yamaguchi

    The present study aimed to evaluate the efficacy of an intra-arterially infused carbon dioxide (CO2)-saturated solution in sensitizing the anticancer effect of cisplatin in a rabbit VX2 liver tumor model. Forty VX2 liver tumor-bearing Japanese white rabbits were randomly divided into four groups and infused via the proper hepatic artery with a saline solution (control group), CO2-saturated solution (CO2 group), cisplatin solution (cisplatin group), or CO2-saturated solution and cisplatin solution (combined group). The tumor volume (TV) and the relative tumor volume (RTV), RTV = (TV on day 3 or 7)/(TV on day 0) x 100, were calculated using contrast-enhanced computed tomography. Hypoxia-inducible factor-1α (HIF‑1α) and carbonic anhydrase IX (CA IX) staining were used to evaluate cellular hypoxia. Cleaved caspase-3 and cleaved caspase-9 were analyzed to assess tumor apoptosis. The mean RTV on days 3 and 7 were 202.6±23.7 and 429.2±94.8%, respectively, in the control group; 172.2±38.1 and 376.5±61.1% in the CO2 group; 156.1±15.1 and 269.6±45.2% in the cisplatin group; and 118.3±28.1 and 210.3±55.1% in the combined group. RTV was significantly lower in the CO2 group than in the control group (day 3; P<0.05), and in the combined group than in the cisplatin group (days 3 and 7; P<0.05). HIF-1α and CA IX suppression, and increased cleaved caspase-3 and cleaved caspase-9 expression, were detected in the CO2 and combined groups, compared with the other two groups. An intra-arterially infused CO2-saturated solution inhibits liver VX2 tumor growth and sensitizes the anticancer effect of cisplatin.

    2017年08月, International journal of oncology, 51 (2), 695 - 701, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • [Thoracic Endovascular Aortic Repair Via Internal Iliac Artery Conduit].

    Taro Hayashi, Satoshi Tobe, Hironobu Sugiyama, Shinichi Ijyuin, Masahiro Yamaguchi, Masato Yamaguchi, Takanori Oka, Takuya Misato, Kotaro Tsunemi, Nobuhiro Tanimura

    A 77-year-old man with a history of stent implantation in the right common iliac artery(CIA) and the left external iliac artery(EIA) was admitted to our hospital for a rapid growth of an aneurysm( max 53 mm) at Th11 level of the descending aorta. Although thoracic endovascular aortic repair (TEVAR) was required, there were many problems about access rout. The infrarenal abdominal aorta and the left EIA were severely calcified, and the lumens of the right CIA stent(5.3 mm) and the left EIA stent( 4.3 mm) were small in size. Besides, the left CIA was short(13 mm). Therefore, TEVAR was performed by retrograde approach from the left internal iliac artery( IIA) with a tube graft conduit in the hybrid operation room. IIA is a useful option for an access rout in endovascular aortic repair.

    2016年09月, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 69 (10), 833 - 7, 日本語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Efficacy of stereotactic body radiotherapy for hepatocellular carcinoma with portal vein tumor thrombosis/inferior vena cava tumor thrombosis: evaluation by comparison with conventional three-dimensional conformal radiotherapy.

    Yoshiro Matsuo, Kenji Yoshida, Hideki Nishimura, Yasuo Ejima, Daisuke Miyawaki, Haruka Uezono, Takeaki Ishihara, Hiroshi Mayahara, Takumi Fukumoto, Yonson Ku, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Ryohei Sasaki

    This study aimed to evaluate the efficacy of stereotactic body radiotherapy (SBRT) compared with three-dimensional conformal radiotherapy (3DCRT). Forty-three patients with portal vein tumor thrombosis (PVTT)/inferior vena cava tumor thrombosis (IVCTT) treated with SBRT (27 with CyberKnife (CK) and 16 with TrueBeam (TB)) from April 2013 to December 2014, and 54 treated with 3DCRT from June 2008 to March 2013 were evaluated. Dosimetric parameters, response to radiotherapy (RT) and survival outcomes were compared in total SBRT vs. 3DCRT, CK vs. 3DCRT and TB vs. 3DCRT, respectively. The median biologically effective dose 10 (BED10) values in total SBRT, CK, TB and 3DCRT were 73.4 Gy10, 75.0 Gy10, 60.5 Gy10 and 58.5 Gy10, respectively (P < 0.001 in total SBRT vs. 3DCRT, P < 0.001 in CK vs. 3DCRT, P = 0.004 in TB vs. 3DCRT). The tumor response rates were 67%, 70%, 62% and 46%, respectively (P = 0.04, P = 0.04, P = 0.25). The 1-year overall survival rates were 49.3%, 56.7%, 38.1% and 29.3%, respectively (P = 0.02, P = 0.02, P = 0.30), and the 1-year local progression rates were 20.4%, 21.9%, 18.8% and 43.6%, respectively (P = 0.01, P = 0.04, P = 0.10). The use of SBRT made it possible to achieve a higher BED10 compared with the use of 3DCRT. Improvements in local control and survival were achieved in the CK group and the total SBRT group. Our results suggest that SBRT may have the potential to be the standard RT technique for the treatment of PVTT/IVCTT.

    2016年09月, Journal of radiation research, 57 (5), 512 - 523, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yukihisa Ogawa, Hiroshi Nishimaki, Keigo Osuga, Osamu Ikeda, Norio Hongo, Shinichi Iwakoshi, Ryota Kawasaki, Reiko Woodhams, Masato Yamaguchi, Mika Kamiya, Masayuki Kanematsu, Masanori Honda, Toshio Kaminou, Jun Koizumi, Kimihiko Kichikawa

    PURPOSE: To investigate the current status of interventional radiology (IR) procedures for a type II endoleak (T2EL) in Japan, and to identify the technical aspects that affect treatment results. MATERIALS AND METHODS: A retrospective survey was conducted by distributing questionnaires to 25 institutions. The eligibility criteria were endovascular aortic repair (EVAR) performed using commercial stent grafts and IR performed for T2EL between January 2007 and December 2013. Technical success was defined as disappearance of the EL on digital subtraction angiography immediately after embolization, and imaging success was defined as no EL on contrast-enhanced computed tomography within 6 months. Statistical comparisons of the number of involved branches, embolization level, embolic material, and changes in aneurysm size were made between the imaging success and imaging failure groups. The technical and imaging success rates were also compared between the initial therapy and repeat groups. RESULTS: A total of 166 cases were investigated. Initial therapy was performed in 147 cases (88.6 %), with repeat therapy in 19 cases (11.4 %). Transcatheter arterial embolization (TAE) was used most frequently, in 161 cases (97 %), with direct puncture (DP) used in 5 cases (3 %). Both coil embolization for the branches and NBCA embolization for the sac were frequently chosen. The technical success rate was 83.2 % (TAE group), and the imaging success rate was 46.5 % (TAE + DP groups). Branch + sac embolization was performed more frequently in the imaging success group. There was no significant difference in the number of involved branches or embolic material between the imaging success and imaging failure groups. Enlargement of the aneurysm was more frequently seen in the imaging failure group. There were no significant differences in the technical success and imaging success rates between the initial therapy and repeat groups. CONCLUSION: This is the first report of a multi-institutional questionnaire survey of IR procedures for T2EL after EVAR in Japan that was conducted to determine the current status. Enlargement of aneurysm size after embolization was more frequently seen in the imaging failure group. It is important to embolize both branch and sac to achieve imaging success, regardless of embolic material. Long-term outcomes need to be investigated.

    2016年08月, Japanese journal of radiology, 34 (8), 564 - 71, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sadaki Asari, Ippei Matsumoto, Hirochika Toyama, Masato Yamaguchi, Takuya Okada, Makoto Shinzeki, Tadahiro Goto, Tetsuo Ajiki, Takumi Fukumoto, Yonson Ku

    Background Postpancreatectomy hemorrhage (PPH) is a life-threatening complication of pancreatic surgery. The shift from surgical to radiological intervention was recently reported in retrospective cohort studies, but it has remained controversial as to which emergent intervention provides optimal management. Methods All 553 patients who underwent standard pancreatic resection at Kobe University Hospital between January 2003 and December 2013 were included. Patient data and complication data were identified from a prospective database. Results The overall incidence of PPH was 6% (35 of 553 patients). Ten patients underwent endoscopic intervention or observation monitoring, or suffered hemorrhagic sudden death. Among the remaining 25 PPH patients, primary surgical intervention was successful in the 6 hemodynamically unstable PPH patients. Primary radiological intervention could successfully stop the bleeding in 15 of the 17 patients with late-PPH. Nine patients who had bleeding from the hepatic artery after pancreaticoduodenectomy were rescued by endovascular embolization of the artery-trunk. The in-hospital mortality of PPH was 20% (7 of 35). Four of the 5 PPH patients who died following any intervention eventually died due to the other complications associated with prolonged pancreatic fistula. Conclusions The leading treatment has been radiological intervention. Endovascular embolization of the hepatic artery-trunk can be securely performed only if blood flow to the liver by an alternate route is confirmed. To reduce mortality of PPH patients, it is necessary to prevent other complications associated with pancreatic fistula following hemostasis. Proactive surgical intervention such as abscess drainage or remnant pancreatectomy is a key consideration.

    Elsevier B.V., 2016年05月01日, Pancreatology, 16 (3), 454 - 463, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Haruyuki Takaki, Koichiro Yamakado, Masakatsu Tsurusaki, Taku Yasumoto, Yasutaka Baba, Yoshiaki Narimatsu, Masashi Shimohira, Masato Yamaguchi, Kunihiro Matsuo, Yoshitaka Inaba, Koji Mikami, Ryohei Watanabe, Norifumi Nishida, Hiroshi Anai, Hideaki Kakizawa, Shozo Hirota

    PURPOSE: This single-arm, multicenter, phase-II trial evaluated the efficacy and safety of hepatic arterial infusion chemotherapy (HAIC) using fine-powder cisplatin and iodized-oil suspension in patients with intermediate- and advanced-stage [Barcelona Clinic Liver Cancer (BCLC) stage-B and stage-C] hepatocellular carcinomas (HCCs). METHODS: The Institutional Review Board approved this study and patients provided written informed consent. Thirty-five patients (24 men and 11 women, mean 74 ± 6 years [range 60-87 years]) with BCLC stage-B (57 %, 20/35) or stage-C (43 %, 15/35) HCCs who were not candidates for other locoregional treatments were enrolled. HAIC was performed using a suspension of fine-powder cisplatin with a maximum dose of 65 mg/m(2) and iodized oil on demand. The primary endpoint was the response rate evaluated based on Response Evaluation Criteria in Solid Tumor (RECIST) and modified RECIST (mRECIST). Secondary endpoints were overall survival, progression-free survival, and safety. RESULTS: The initial and best overall response rates at 4 weeks and 3 months, respectively, were 14 and 17 % based on RECIST, and 57 and 23 % based on mRECIST. The median overall and progression-free survival times were 18 and 4 months, respectively. The most frequent grade-3 or grade-4 adverse events were elevation of serum alanine (23 %) and aspartate aminotransferase (20 %), and thrombocytopenia (17 %). CONCLUSION: This HAIC provides promising therapeutic effects with acceptable safety to patients with intermediate-stage and advanced-stage HCCs.

    SPRINGER JAPAN KK, 2015年08月, International journal of clinical oncology, 20 (4), 745 - 54, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • [Two-staged Hybrid Repair for Extensive Aortic Aneurysm;Report of a Case].

    Taro Hayashi, Satoshi Tobe, Hironobu Sugiyama, Shinichi Ijyuin, Masahiro Yamaguchi, Masato Yamaguchi, Takanori Oka, Takuya Misato, Kotaro Tsunemi, Nobuhiro Tanimura

    A 74-year-old woman progressed to extensive aortic aneurysm after 2 years and 6 months from onset of type B dissection. A computed tomography scan revealed aortic aneurysm from ascending aorta to Th12 level of descending aorta. Her appearance was very frailty. Therefore, we performed 2-staged hybrid repair for this case. First, surgical total arch replacement with elephant trunk via median sternotomy was performed. On the 47th days after the 1st operation, thoracic endovascular aortic repair was performed. The spinal drainage was done for spinal cord protection. Postoperative course was uneventful without any complications. Considering a surgical stress, 2-staged hybrid repair using a stent graft was less-invasive than 1 staged graft replacement.

    2015年07月, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 68 (7), 515 - 9, 日本語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 血管エコーが診断や病態把握に有用で、両側上肢動脈狭窄に対して血管内治療が行われた巨細胞性動脈炎の1症例

    高坂仁美, 濱口浩敏, 福住典子, 沖都麦, 今西孝充, 林伸英, 野村佳克, 山口雅人, 河野誠司

    2015年07月, 脈管学, 55 (6号), 95 - 99, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Y. Nomura, K. Sugimoto, Y. Gotake, K. Yamanaka, T. Sakamoto, A. Muradi, T. Okada, M. Yamaguchi, Y. Okita

    Objectives: The aim was to evaluate computed tomography angiography (CIA) volumetric and diametric analysis after endovascular repair of descending thoracic aortic aneurysms (DTAAs) and its correlation with and applicability for clinical follow up. Methods: Fifty-four consecutive endovascular repairs for DTAA were retrospectively evaluated from 2008 to 2014. All patients underwent pre-operative CIA and at least one post-operative CIA at 6 months. Fifty-four preoperative and 137 post-operative CTAs were evaluated (using the Ziosoft 2 software) to analyze the aneurysm and thrombus volume, the maximum aneurysm diameter, and their changes at the last follow up CIA (mean 30.5 months; range 6.5-66.4 months). A statistical analysis was performed to assess the correlation between diameter and volume changes, as well as association with endoleaks. The cut off point to predict endoleaks was determined using a receiver operating characteristic (ROC) curve. The predictive accuracy of volume change versus diameter change for Type I endoleak was analyzed. Results: The mean pre-operative aneurysm diameter, aneurysm volume, and thrombus volume were 56.7 +/- 11.7 mm, 145.8 +/- 120.0 mL, and 48.8 +/- 54.8 mL, respectively. Within the observational period, a mean decrease of -27.9 +/- 30.5% in the aortic volume and -15.9 +/- 15.4% in diameter was observed. Correlation between aneurysm diameter and volume changes was good (r = 0.854). Volume and diameter changes were significantly different between groups with and without endoleaks (volume change 16.9 +/- 38.8% vs. -35.6 +/- 23.1%, p < .001; diameter change 8.0 +/- 12.1% vs. -18.8 +/- 14.3%, p < .001). A pre-operative thrombus volume percentage of <11.3% and increase in aneurysm volume +11.6% were predictive factors for Type II and Type I endoleak, respectively. The accuracy of a >10% volume increase in predicting a Type I endoleak was higher (accuracy 96.3%, sensitivity 75%, and specificity 98%) than a >5 mm diameter increase (accuracy 92.6%, sensitivity 25%, and specificity 98%). Conclusions: CT volumetric analysis is a more reliable modality for predicting endoleaks after endovascular repair for DTAA than diameter analysis. (C) 2015 European Society for Vascular Surgery. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    W B SAUNDERS CO LTD, 2015年07月, EUROPEAN JOURNAL OF VASCULAR AND ENDOVASCULAR SURGERY, 50 (1), 53 - 59, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ryota Kawasaki, Naokazu Miyamoto, Haruka Oki, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Takashi Gomi, Takanori Higashino, Tetsuo Washio, Tsutomu Maruta, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    We report three cases of hepatic artery pseudoaneurysm, which were all treated successfully using a combination of coil embolization and a side-holed 5F indwelling catheter for maintaining minimal hepatic artery blood flow with exclusion of the pseudoaneurysm. The tip of an infusion catheter was placed in the right hepatic artery and a side hole was positioned at the celiac axis. Coil embolization was then performed from the proper to the common hepatic artery using detachable coils. Hemostasis was achieved in all patients, with a final angiogram showing the hepatic arteries through the indwelling catheter. One major hepatic infarction and one focal liver abscess caused by reflux cholangitis manifested on postoperative days (PODs) 11 and 87, respectively. All patients survived and the indwelling catheter was removed on POD 136–382 without complication.

    SPRINGER, 2015年06月, Surgery today, 45 (6), 772 - 6, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naokazu Miyamoto, Ryota Kawasaki, Tetsuya Fukuda, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    PURPOSE: To compare the results of endovascular treatment for unilateral iliac occlusion in types B and D, and confirm its validity for type D. METHODS: Between 2000 and 2011, 108 patients underwent endovascular treatment for unilateral iliac occlusion. 77 were categorized as type B for occlusion of common iliac artery (CIA) or external iliac artery (EIA) and 31 were categorized as type D for occlusion of both CIA and EIA. The initial success rates, procedure time, penetration time, amount of contrast media used, complication rates, and cumulative primary patency rates were determined and compared between these groups. RESULTS: Between type D and B groups, the initial success rates were 87.1 % (type D) and 89.6 % (type B) (p = 0.9316). The procedure time was 137.0 ± 55.5 and 97.2 ± 47.2 min (p < 0.05). The penetration time was 49.1 ± 40.6 and 31.6 ± 30.1 min (p < 0.05). The amount of contrast agent used was 193.9 ± 103.1 and 156.5 ± 85.0 ml (p = 0.0722). The complication rates were 6.5 and 3.9 % (p = 0.8491). The cumulative primary patency rates, at 1, 3, and 5 years were 91, 85, and 85 % and 100, 96, and 93 %. CONCLUSION: Endovascular treatment can be indicated for unilateral occlusion of both CIA and EIA categorized as type D.

    SPRINGER, 2015年02月, Surgery today, 45 (2), 162 - 7, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Okada, Olivier Pellerin, Sébastien Savard, Emmanuel Curis, Matthieu Monge, Michael Frank, Guillaume Bobrie, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Pierre-François Plouin, Michel Azizi, Marc Sapoval

    PURPOSE: To classify the renal artery (RA) anatomy based on specific requirements for endovascular renal artery denervation (RDN) in patients with drug-resistant hypertension (RH). MATERIALS AND METHODS: The RA anatomy of 122 consecutive RH patients was evaluated by computed tomography angiography and classified as two types: A (main RA ≥20 mm in length and ≥4.0 mm in diameter) or B (main RA <20 mm in length or main RA <4.0 mm in diameter). The A type included three subtypes: A1 (without accessory RAs), A2 (with accessory RAs <3.0 mm in diameter), and A3 (with accessory RAs ≥3.0 mm in diameter]. A1 and A2 types were eligible for RDN with the Simplicity Flex catheter. Type B included twi subtypes based on the main RA length and diameter. Patients were accordingly classified into three eligibility categories: complete (CE; both RAs were eligible), partial (PE; one eligible RA), and noneligibility (NE; no eligible RA). RESULTS: Bilateral A1 type was the most prevalent and was observed in 48.4 % of the patients followed by the A1/A2 type (18 %). CE, PE, and NE were observed in 69.7, 22.9, and 7.4 % of patients, respectively. The prevalence of accessory RAs was 41 %. CONCLUSIONS: Of RH patients, 30.3 % were not eligible for bilateral RDN with the current Simplicity Flex catheter. This classification provides the basis for standardized reporting to allow for pooling of results of larger patient cohorts in the future.

    SPRINGER, 2015年02月, Cardiovascular and interventional radiology, 38 (1), 79 - 87, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koichiro Yamakado, Shiro Miyayama, Shozo Hirota, Kimiyoshi Mizunuma, Kenji Nakamura, Yoshitaka Inaba, Satoshi Yamamoto, Kunihiro Matsuo, Norifumi Nishida, Takeshi Aramaki, Hiroshi Anai, Shinichi Kora, Shigeo Oikawa, Ken Watanabe, Taku Yasumoto, Kinya Furuichi, Masato Yamaguchi

    PURPOSE: Retrospective evaluation of intermediate-stage hepatocellular carcinoma (HCC) patient survival after undergoing chemoembolization based on the Child-Pugh score. MATERIALS AND METHODS: Data of intermediate-stage HCC patients undergoing chemoembolization were gathered from 43 centers in Japan. Overall survival rates were compared with Child-Pugh scores. RESULTS: Of the 329 patients examined in this study, Child-Pugh scores were 5 (CP-5) in 136 patients (41.3%), 6 (CP-6) in 101 patients (30.7%), 7 (CP-7) in 58 (17.7%), 8 (CP-8) in 22 (6.7%), and 9 (CP-9) in 12 (3.6%). Two-year survival rates were 77.5% in CP-5 patients (p = 0.047 vs. CP-6), 65.1% in CP-6 patients (p = 0.038 vs. CP-7), 51.3% in CP-7 patients (p = 0.30 vs. CP-8, p = 0.034 vs. CP-9), 50.3% in CP-8 patients (p = 0.0065 vs. CP-9), and 16.7% in CP-9 patients. Two-year survival rates were 77.2% in 139 patients meeting the 4 tumors of 7 cm criterion with Child-Pugh class A (B1) (p < 0.0001 vs. B2), 59.5% in 178 patients other than B1 and B3 (B2) (p = 0.0014 vs. B3), and 16.7% in 12 patients with Child-Pugh score 9 (B3). CONCLUSION: The Child-Pugh score is a useful prognostic factor to stratify intermediate-stage HCC patients.

    SPRINGER, 2014年11月, Japanese journal of radiology, 32 (11), 644 - 9, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Eisuke Ueshima, Masato Yamaguchi, Akhmadu Muradi, Takuya Okada, Koji Idoguchi, Keitaro Sofue, Yoshikatsu Nomura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    Endovascular treatment for arteriocaval fistula (ACF) has become the preferred alternative to open repair. However, endoleaks sometimes occur and maintain the ACF. A 64-year-old man presented with persistent fistula after placement of a bifurcated stent-graft for ACF complicating an aortoiliac aneurysm that was maintained by endoleaks from the inferior mesenteric and lumbar arteries. Transarterial embolization of the aneurysm sac and inferior mesenteric artery successfully resolved the problem without any complications observed over 16 months of follow-up. A literature review and discussion of the management options for this entity are presented. A combination of inflow and outflow control is important to obtain better long-term outcomes.

    2014年11月, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 25 (11), 1809 - 15, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Noriaki Sakamoto, Masato Yamaguchi, Keitaro Sofue, Akhmadu Muradi, Koji Idoguchi, Takuya Okada, Eisuke Ueshima, Koji Sugimoto

    Ectopic variceal hemorrhage caused by sinistral portal hypertension after splenic vein ligation during a pyloric-preserving pancreatoduodenectomy is a rare entity. We report the case of a 58-year-old man with symptoms of refractory melena. The varices could not be treated endoscopically and surgery was considered unsuitable due to severe adhesions and altered anatomy. Following clinical failure of partial splenic embolization, an alternative obliteration method by a retrograde trans-portal-venous approach was successfully performed and resolved the problem. It seems to be an effective method for ectopic variceal bleeding, especially when other interventions are unavailable or highly risky.

    2014年08月, Japanese journal of radiology, 32 (8), 487 - 90, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yui Yamasaki, Hiroki Morita, Yoshiya Miyahara, Yasuhiko Ebina, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Hideto Yamada

    OBJECTIVE: The transcatheter pelvic arterial embolization (TAE) is effective for postpartum hemorrhage (PPH). There has been a little information about the factors for ineffectiveness of TAE. The aim of this study was to determine factors associated with TAE failure for PPH. STUDY DESIGN: Fifty-five women who underwent TAE for intractable PPH were included. Clinical factors involving age, history of pregnancy, gestational weeks of delivery, mode of delivery, causes of PPH, complete blood count, blood loss volume, transfusion amount, shock index and disseminated intravascular coagulation (DIC) score were compared between TAE success group (n=48) and TAE failure group (n=7). RESULTS: The uni- and multi-variate analyses revealed that advanced maternal age (OR 1.46, 95% CI 1.12-2.18) and retained placenta as a cause of PPH (15.48, 2.04-198.12) were found to be significant factors for TAE failure. CONCLUSION: The advanced age and retained placenta were independent factors associated with TAE failure for intractable PPH.

    WALTER DE GRUYTER GMBH, 2014年05月, Journal of perinatal medicine, 42 (3), 359 - 62, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koichiro Yamakado, Shiro Miyayama, Shozo Hirota, Kimiyoshi Mizunuma, Kenji Nakamura, Yoshitaka Inaba, Hiroaki Maeda, Kunihiro Matsuo, Norifumi Nishida, Takeshi Aramaki, Hiroshi Anai, Shinichi Koura, Shigeo Oikawa, Ken Watanabe, Taku Yasumoto, Kinya Furuichi, Masato Yamaguchi

    PURPOSE: To find a subgroup that benefits most from transarterial chemoembolization (TACE) in terms of tumor number and size and liver profile in patients with intermediate-stage hepatocellular carcinoma (HCC). MATERIALS AND METHODS: Data of 325 intermediate-stage HCC patients who received TACE as the initial treatment were gathered. Four tumor numbers (3-6 tumors) and five maximum tumor diameters (3-7 cm) as well as all of their combinations but one (3 tumors and 3 cm) and Child-Pugh grade were used as variables to ascertain prognostic factors. RESULTS: The respective 1-, 3-, and 5-year overall survival rates in all patients were 86.5, 47.0, and 23.7%, respectively. Tumor numbers of 4 (P = 0.00145) and 5 (P = 0.036), and tumor size of 7 cm (P = 0.015), and 12 other combinations of tumor number and size, and Child-Pugh grade (P = 0.0015) were identified as significant prognostic factors in univariate analysis, and 4 tumors of 7 cm (P = 0.0008) and Child-Pugh grade (P = 0.0036) remained significant in the stepwise Cox proportional hazard model. The overall survival was significantly better in a patient subgroup having two factors other than patient subgroups having one or no prognostic factors. CONCLUSION: A patient subgroup having two prognostic factors benefited most from TACE in intermediate-stage HCC patients.

    SPRINGER, 2014年05月, Japanese journal of radiology, 32 (5), 260 - 5, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Takuya Okada, Yoshikatsu Nomura, Koji Idoguchi, Eisuke Ueshima, Noriaki Sakamoto, Ryota Kawasaki, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    PURPOSE: This study was designed to analyze the outcomes of endovascular treatment for internal iliac artery aneurysm (IIAA) at mid-term follow-up. METHODS: We retrospectively analyzed 33 patients (28 males, mean age 77.4 years) who underwent endovascular treatment of 35 IIAAs (mean diameter 39.8 mm) from 2002 to 2012. We attempted to completely and selectively embolize all distal branches with permanent embolic materials, followed by proximal controls either by stent-graft placement (type 1) or coil embolization (type 2). RESULTS: Procedural success rate was 97.1% (n = 34). Complete permanent distal branches embolization was achieved in 27 (79.4%), type 1 in 24 (70.6%), and type 2 in 10 (29.4%) cases. During mean follow-up period of 29.1 months (range, 1.2-92.8), no IIAA-related mortality and stent/stent-graft related complications occurred. Pelvic ischemia occurred and resolved in 8 (25%) patients. Among 32 cases followed by CT, the aneurysm diameter was stable in 18 (56.3%), shrank in 11 (34.4%), and enlarged in 3 (9.4%) cases. In 22 assessed by contrast-enhanced CT, secondary endoleak occurred in 3 (13.6%) cases and 2 required secondary interventions (2/32, 6.3%). Type 1 procedure tends to have better mid-term outcomes. Incomplete permanent distal branches embolization was associated with enlargement and secondary intervention (p = 0.007 and p = 0.042, respectively). The secondary intervention-free rate at 3 years in the complete and incomplete distal embolization group was 100 and 83.3%, respectively (p = 0.128). CONCLUSIONS: Endovascular treatment for IIAA is feasible and safe. Complete permanent distal branches embolization is important to achieve satisfactory mid-term outcomes.

    2014年04月, Cardiovascular and interventional radiology, 37 (2), 348 - 54, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ryota Kawasaki, Naokazu Miyamoto, Haruka Oki, Masato Yamaguchi, Takuya Okada, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    Seven patients with superior mesenteric artery embolism were treated by aspiration with the use of a 6-F angled guiding sheath and a 6-F guiding catheter through an 8-F short sheath by direct advancement using a telescopic and "biting-off" technique. Aspiration of the trunk took between 30 and 60 minutes (median, 44.0 min), and total procedure time ranged from 34 to 94 minutes (median, 60 min). Five of six trunk lesions and six of nine branch lesions were successfully aspirated. One dissection was observed. Six patients underwent bowel resection. Two patients died and the remaining five survived for a median of 868.2 days without complications.

    2014年04月, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 25 (4), 635 - 9, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Eisuke Ueshima, Masato Yamaguchi, Takeshi Ueha, Akhmadu Muradi, Takuya Okada, Koji Idoguchi, Keitaro Sofue, Toshihiro Akisue, Masahiko Miwa, Masahiko Fujii, Koji Sugimoto

    Purpose: To evaluate the efficacy of intraarterial infusion of CO2-saturated solution in rabbit VX2 thigh tumors. Materials and Methods: Fourteen Japanese white rabbits had VX2 tumors implanted in the right femoral muscle 3 weeks before intraarterial infusion. Rabbits were divided into control and CO2 groups (n = 7 each). Fifty milliliters of solution (saline solution and CO2-saturated solution for the control and CO2 groups, respectively) was administered via a 24-gauge catheter in the ipsilateral iliac artery close to the feeding artery of the VX2 tumor. All rabbits were killed for tumor harvest on day 3 after the procedure. Tumor volume was evaluated with in vivo direct caliper measurement and contrast-enhanced computed tomography (CT). Tumor apoptotic changes were examined by DNA fragmentation assay and immunoblot analysis. The tumor growth ratio and apoptotic cell rate were analyzed. Results: Body weight was equally increased in both groups, but the mean tumor growth ratio was significantly decreased in the CO2 group compared with the control group (-9.5% +/- 7.9 vs 27.2% +/- 6.6 and 4.1% +/- 4.4 vs 35.7% +/- 4.5 measured by calipers and contrast-enhanced CT, respectively; P < .01). Apoptotic activity in the CO2 group was higher than in the control group (number of apoptotic Cells per area, 215.0 +/- 58.7 vs 21.8 +/- 5.4; adjusted relative density of cleaved caspase-3, 0.23 +/- 0.07 vs 0.04 +/- 0.01; P < .01). Conclusions: Intraarterial infusion of CO2-saturated solution inhibits rabbit VX2 thigh tumor growth by activation of apoptotic cell death through cleaved caspase-3 upregulation.

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2014年03月, JOURNAL OF VASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 25 (3), 469 - 476, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Noriaki Sakamoto, Takuya Okada, Koji Idoguchi, Koji Sugimoto

    Hemomediastinum and hemothorax due to spontaneous internal mammary artery (IMA) rupture is extremely rare, and can be a life-threatening condition. We herein present, to the best of our knowledge, the first case of spontaneous IMA rupture complicating myelodysplastic syndrome, and the first case that was successfully treated by emergency trans-arterial embolization using n-butyl cyanoacrylate.

    2014年03月, Surgery today, 44 (3), 564 - 7, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Eisuke Ueshima, Masato Yamaguchi, Takeshi Ueha, Akhmadu Muradi, Takuya Okada, Koji Idoguchi, Keitaro Sofue, Toshihiro Akisue, Masahiko Miwa, Masahiko Fujii, Koji Sugimoto

    PURPOSE: To evaluate the efficacy of intraarterial infusion of CO2-saturated solution in rabbit VX2 thigh tumors. MATERIALS AND METHODS: Fourteen Japanese white rabbits had VX2 tumors implanted in the right femoral muscle 3 weeks before intraarterial infusion. Rabbits were divided into control and CO2 groups (n = 7 each). Fifty milliliters of solution (saline solution and CO2-saturated solution for the control and CO2 groups, respectively) was administered via a 24-gauge catheter in the ipsilateral iliac artery close to the feeding artery of the VX2 tumor. All rabbits were killed for tumor harvest on day 3 after the procedure. Tumor volume was evaluated with in vivo direct caliper measurement and contrast-enhanced computed tomography (CT). Tumor apoptotic changes were examined by DNA fragmentation assay and immunoblot analysis. The tumor growth ratio and apoptotic cell rate were analyzed. RESULTS: Body weight was equally increased in both groups, but the mean tumor growth ratio was significantly decreased in the CO2 group compared with the control group (-9.5% ± 7.9 vs 27.2% ± 6.6 and 4.1% ± 4.4 vs 35.7% ± 4.5 measured by calipers and contrast-enhanced CT, respectively; P < .01). Apoptotic activity in the CO2 group was higher than in the control group (number of apoptotic cells per area, 215.0 ± 58.7 vs 21.8 ± 5.4; adjusted relative density of cleaved caspase-3, 0.23 ± 0.07 vs 0.04 ± 0.01; P < .01). CONCLUSIONS: Intraarterial infusion of CO2-saturated solution inhibits rabbit VX2 thigh tumor growth by activation of apoptotic cell death through cleaved caspase-3 upregulation.

    2014年03月, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 25 (3), 469 - 76, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Koji Idoguchi, Takuya Okada, Yoshikatsu Nomura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    Stent graft placement for ureteroarterial fistula is the preferred treatment. However, some pitfalls may occur during the procedure. Chronic inflammation process will induce longer adhesion area between artery and ureter, which results in unusual fistula site and rigid iliac arteries. This further leads to difficulty in advancing the endograft delivery system, even when access route is large enough. Multiple attempts to pass the iliac artery may result in "incidental" mechanical provocative angiography with subsequent massive bleeding. These suggested us not only to be careful and prepared but also to consider that angiography after inserting the delivery system could give additional information on the exact fistula site.

    2014年02月, Vascular and endovascular surgery, 48 (2), 159 - 61, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Koji Idoguchi, Yoshikatsu Nomura, Takuya Okada, Noriaki Sakamoto, Eisuke Ueshima, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    Acute spontaneous and isolated dissection of the iliofemoral artery is an extremely rare entity. Conservative, surgical, and endovascular treatment have been used to treat such cases. To the best of our knowledge we report the first case of using hybrid management to successfully treat isolated external iliac artery dissection extending to the superficial femoral artery. This method could potentially overcome the limitations of endovascular techniques and minimize use of extensive open surgery.

    2014年02月, Annals of vascular surgery, 28 (2), 490.e13-6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Koji Idoguchi, Yoshikatsu Nomura, Takuya Okada, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    Thoracic endovascular aortic repair for blunt thoracic aortic injury in young adults with small aortic diameter often encounters high difficulty. We report, to our knowledge, the first case of successful treatment using combination of iliac leg and abdominal aortic cuff stent-graft.

    2014年, Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia, 20 Suppl (Suppl), 825 - 8, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 腹腔動脈起始部狭窄に伴う下膵十二指腸動脈瘤破裂に対するTAE後に十二指腸狭窄をきたした1例

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 岡田 卓也, 上嶋 英介, Muradi Akhmadu, 片山 直人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年10月, IVR: Interventional Radiology, 28 (4), 492 - 492, 日本語

  • Jo stent graftmaster留置および近位側の残存リークへのNBCA注入にて治療した固有肝動脈仮性動脈瘤の1例

    木下 めぐ美, 宮本 直和, 川崎 竜太, 幸田 陽次郎, 邉見 宗一郎, 吉田 正人, 向原 伸彦, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年10月, IVR: Interventional Radiology, 28 (4), 494 - 494, 日本語

  • 尿管動脈瘻に対するステントグラフト留置術の長期治療成績

    岡田 卓也, 山口 雅人, Muradi Akhmadu, 野村 佳克, 魚谷 健祐, 井戸口 孝二, 宮本 直和, 川崎 竜太, 谷口 尚範, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2013年09月, 脈管学, 53 (Suppl.), S148 - S148, 日本語

  • 胸部大動脈損傷に対するTEVARの治療成績

    岡田 卓也, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 野村 佳克, 大北 裕, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2013年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 49回 (49回), S623 - S623, 日本語

  • Ryota Kawasaki, Koji Sugimoto, Masahiko Fujii, Naokazu Miyamoto, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura

    OBJECTIVE: The purpose of this study was to assess the therapeutic effect of lymphangiography for refractory postoperative chylothorax and chylous ascites and analyze the relation between the clinical outcomes and radiologic findings or response to the preceding medical treatment. MATERIALS AND METHODS: Between January 2004 and June 2012, 14 patients underwent lymphangiography. All patients had been unresponsive to at least two medical treatments for 3-62 days (median, 13.5 days) before lymphangiography. Leaks were classified as major, minor, and undetectable on the basis of radiologic findings including CT and conventional radiography after lymphangiography. The clinical outcomes were correlated with the radiologic findings or the changes of the daily chylous output after the preceding medical treatments. RESULTS: The leaks were healed in nine of 14 patients (64.3%) by 3-29 days (median, 8 days) after lymphangiography. Healing was achieved for two of seven major leaks, and all of the minor leaks (n=4) and undetectable leaks (n=3) after lymphangiography. The remaining five major leaks were not healed after a median follow-up of 15 days. The daily output decreased more than half after medical treatment in seven of the 14 patients, and the leak was healed in six of these patients (85.7%) by 5-18 days (median, 10 days). CONCLUSION: Lymphangiography might be useful for the treatment of refractory postoperative chylothorax and chylous ascites.

    AMER ROENTGEN RAY SOC, 2013年09月, AJR. American journal of roentgenology, 201 (3), 659 - 66, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Akhmadu Muradi, Yoshikatsu Nomura, Kensuke Uotani, Koji Idoguchi, Naokazu Miyamoto, Ryota Kawasaki, Takanori Taniguchi, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    PURPOSE: To evaluate the safety, efficacy, and long-term results of endovascular stent graft placement for ureteroarterial fistula (UAF). METHODS: We retrospectively analyzed stent graft placement for UAF performed at our institution from 2004 to 2012. Fistula location was assessed by contrast-enhanced computed tomography (CT) and angiography, and freedom from hematuria recurrence and mortality rates were estimated. RESULTS: Stent graft placement for 11 UAFs was performed (4 men, mean age 72.8 ± 11.6 years). Some risk factors were present, including long-term ureteral stenting in 10 (91%), pelvic surgery in 8 (73%), and pelvic radiation in 5 (45%). Contrast-enhanced CT and/or angiography revealed fistula or encasement of the artery in 6 cases (55%). In the remaining 5 (45%), angiography revealed no abnormality, and the suspected fistula site was at the crossing area between urinary tract and artery. All procedures were successful. However, one patient died of urosepsis 37 days after the procedure. At a mean follow-up of 548 (range 35-1,386) days, 4 patients (36%) had recurrent hematuria, and two of them underwent additional treatment with secondary stent graft placement and surgical reconstruction. The hematuria recurrence-free rates at 1 and 2 years were 76.2 and 40.6%, respectively. The freedom from UAF-related and overall mortality rates at 2 years were 85.7 and 54.9%, respectively. CONCLUSION: Endovascular stent graft placement for UAF is a safe and effective method to manage acute events. However, the hematuria recurrence rate remains high. A further study of long-term results in larger number of patients is necessary.

    2013年08月, Cardiovascular and interventional radiology, 36 (4), 950 - 6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • IVRによる外傷診療戦略 鈍的大動脈損傷に対する急性期IVR治療

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕, 川嶋 隆久, 松岡 哲也

    (一社)日本外傷学会, 2013年04月, 日本外傷学会雑誌, 27 (2), 154 - 154, 日本語

  • EVAR後type 2 endoleakに対する治療

    野村 佳克, 後竹 康子, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 井上 武, 南 一司, 岡田 健次, 宮本 直和, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2013年04月, 日本血管外科学会雑誌, 22 (2), 455 - 455, 日本語

  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の適応拡大における問題点

    野村 佳克, 後竹 康子, 木下 史子, 小原 大見, 中井 秀和, 山中 勝弘, 白坂 知識, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 井上 武, 南 一司, 岡田 健次, 上嶋 英介, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 大北 裕

    (一社)日本外科学会, 2013年03月, 日本外科学会雑誌, 114 (臨増2), 737 - 737, 日本語

  • 閉塞性動脈硬化症の術前評価としてMRプラークイメージングが有用であった1例

    大木 晴香, 川崎 竜太, 宮本 直和, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年02月, IVR: Interventional Radiology, 28 (1), 109 - 109, 日本語

  • 出血性輸入脚静脈瘤に対し経皮経肝的B-RTOで治療し得た1例

    坂本 憲昭, 山口 雅人, 祖父江 慶太郎, 上嶋 英介, 井戸口 孝二, 奥野 晃章, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年02月, IVR: Interventional Radiology, 28 (1), 108 - 108, 日本語

  • 若手腹部救急医育成のために今為すべきことは何か?外科医、救急医、内科医、放射線科医の立場から考える 若手腹部救急医育成のためのIVR研修 subspecialityへの道

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 松岡 哲也

    (一社)日本腹部救急医学会, 2013年02月, 日本腹部救急医学会雑誌, 33 (2), 310 - 310, 日本語

  • 下肢急性動脈閉塞に対して経皮的にPTAバルーンで血栓除去を行った1例

    宮本 直和, 川崎 竜太, 大木 晴香, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年02月, IVR: Interventional Radiology, 28 (1), 109 - 109, 日本語

  • Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Atsushi Kitagawa, Yoshikatsu Nomura, Takuya Okada, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    Thoracic endovascular aortic repair for a descending thoracic aortic aneurysm is an excellent alternative to open surgery, especially in patients with a number of comorbidities. It may cause fatal complications, including aortoesophageal stula, but these are very rare. Here, we report the case of secondary aortoesophageal stula four months after the procedure for a huge descending thoracic aortic aneurysm, which presented with new-onset high-grade fever accompanied by elevated inammatory markers.

    2013年01月, Diagnostic and Interventional Radiology, 19 (1), 81 - 84, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomonori Kanda, Takeshi Yoshikawa, Yoshiharu Ohno, Yasuko Fujisawa, Naoki Kanata, Masato Yamaguchi, Yasushi Seo, Yoshihiko Yano, Hisanobu Koyama, Kazuhiro Kitajima, Daisuke Takenaka, Kazuro Sugimura

    OBJECTIVES: To report initial experience of upper abdominal perfusion measurement with 320-detector row CT (CTP) for assessment of liver diseases and therapeutic effects. MATERIALS AND METHODS: Thirty-eight patients who were suspected of having a liver disease underwent CTP. There were two patients with liver metastases, two with hemangiomas, and four with cirrhosis (disease group). CTP was repeated for four patients with cirrhosis or hepatocellular carcinoma (HCC) after therapy. Hepatic arterial and portal perfusion (HAP and HPP) and arterial perfusion fraction (APF), and arterial perfusion (AP) of pancreas, spleen, stomach, and intra-portal HCC were calculated. For disease-free patients (normal group), the values were compared among liver segments and among pancreatic and gastric parts. The values were compared between groups and before and after therapy. RESULTS: No significant differences were found in the normal group except between APFs for liver segments 3 and 5, and fundus and antrum. Mean HAP and APF for the disease group were significantly higher than for the normal group. APF increased after partial splenic embolization or creation of a transjugular intrahepatic portosystemic shunt. HPP increased and AP of intra-portal HCC decreased after successful radiotherapy. CONCLUSIONS: 320-Detector row CT makes it possible to conduct perfusion measurements of the whole upper abdomen. Our preliminary results suggested that estimated perfusion values have the potential to be used for evaluation of hepatic diseases and therapeutic effects.

    2012年10月, European journal of radiology, 81 (10), 2470 - 5, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Keitaro Sofue, Koji Sugimoto, Takeki Mori, Shinichi Nakayama, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura

    Isolated iliac vein injury caused by blunt pelvic trauma is a rare condition that is difficult to diagnose and often fatal. We report a case of a 52-year-old female who presented with life-threatening isolated iliac vein injury caused by blunt pelvic trauma that was successfully managed with endovascular uncovered stent placement. Although further studies are warranted to clarify the hemostatic mechanism, uncovered stent placement can be considered as an alternative treatment option to covered stent placement for life-threatening iliac vein injury when a covered stent is not rapidly available.

    SPRINGER, 2012年10月, Japanese journal of radiology, 30 (8), 680 - 3, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Endovascular treatment of blunt traumatic abdominal aortic occlusion with kissing stent placement.

    Koji Idoguchi, Masato Yamaguchi, Takuya Okada, Yoshikatsu Nomura, Kazuro Sugimura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    Blunt traumatic abdominal aortic dissection is extremely rare and potentially deadly. We present the case of a 62-year-old man involved in a frontal car crash. After emergency undergoing laparotomy for bowel injuries, he was referred to our hospital due to acute ischemia of bilateral lower extremities on day 3 after the trauma. Computed tomography and aortography showed an aortobiiliac dissection with complete occlusion. This injury was successfully treated by endovascular treatment with "kissing"-technique stent placement, which appears to be a safe, effective, and minimally invasive treatment.

    2012年10月, Cardiovascular and interventional radiology, 35 (5), 1216 - 20, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 腹部大動脈瘤破裂に対する企業製ステントグラフトを用いた緊急EVARの検討

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2012年08月, IVR: Interventional Radiology, 27 (3), 344 - 345, 日本語

  • SMA塞栓症に対するガイディングシースとガイディングカテーテルを用いた用手的血栓吸引療法5例の検討

    川崎 竜太, 宮本 直和, 杉本 幸司, 山口 雅人, 岡田 卓也, 伊崎 健太, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2012年08月, IVR: Interventional Radiology, 27 (3), 348 - 349, 日本語

  • Koichiro Yamakado, Shiro Miyayama, Shozo Hirota, Kimiyoshi Mizunuma, Kenji Nakamura, Yoshitaka Inaba, Akihiro Maeda, Kunihiro Matsuo, Norifumi Nishida, Takeshi Aramaki, Hiroshi Anai, Shinichi Koura, Shigeo Oikawa, Ken Watanabe, Taku Yasumoto, Kinya Furuichi, Masato Yamaguchi

    PURPOSE: To evaluate retrospectively whether technical factors of hepatic arterial embolization affect the prognosis of patients with hepatocellular carcinoma (HCC). MATERIALS AND METHODS: Inclusion criteria of this study were the following: (1) patients received embolization as the initial treatment during 2003-2004, (2) Child A or B liver profile, (3) five or fewer HCCs with maximum diameter of 7 cm or smaller, and (4) no extrahepatic metastasis. Patient data were gathered from 43 centers. Prognostic factors were evaluated using univariate and multivariate analyses. RESULTS: Eight hundred fifteen patients were enrolled. The 1-, 3-, 5-, and 7-year overall survival rates were 92.0 % (95 % CI 90.1-93.9), 62.9 % (95 % CI 59.3-66.6), 39.0 % (95 % CI 35.1-43.0), and 26.7 % (95 % CI 22.6-30.8) in all patients. Univariate analysis showed a Child-Pugh class-A, alpha-fetoprotein level lower than 100 ng/ml, tumor size of 3 cm or smaller, tumor number of 3 or fewer, one-lobe tumor distribution, nodular tumor type, within the Milan criteria, stage I or II, no portal venous invasion, use of iodized oil, and selective embolization were significantly better prognostic factors. In the multivariate Cox model, the benefit to survival of selective embolization remained significant (hazard ratio 0.68; 95 % CI 0.48-0.97; p = 0.033). CONCLUSION: Selective embolization contributes to survival in patients with HCCs.

    SPRINGER, 2012年08月, Japanese journal of radiology, 30 (7), 560 - 6, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • AAAに対するEVAR後のtype 2 endoleakに対して塞栓術を行った4例の検討

    宮本 直和, 川崎 竜太, 吉田 正人, 山口 雅人, 岡田 卓也, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2012年08月, IVR: Interventional Radiology, 27 (3), 345 - 345, 日本語

  • 腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の治療成績 IFU内vs IFU外

    野村 佳克, 竹歳 秀人, 山口 雅人, 宮原 俊介, 山中 勝弘, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 田中 亜紀子, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 杉本 幸司, 岡田 健次, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2012年05月, 日本血管外科学会雑誌, 21 (3), 400 - 400, 日本語

  • 内臓動脈瘤に対する治療方針の検討

    坂本 敏仁, 白坂 知識, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 山中 勝弘, 大村 篤史, 野村 佳克, 田中 亜紀子, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 岡田 健次, 大北 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2012年05月, 日本血管外科学会雑誌, 21 (3), 424 - 424, 日本語

  • 総腸骨動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の治療成績

    野村 佳克, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 白坂 知識, 山中 勝弘, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 田中 亜紀子, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 健次, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2012年05月, 日本血管外科学会雑誌, 21 (3), 469 - 470, 日本語

  • 若年者に発症した胸部大動脈損傷に対し、緊急TEVARにて救命し得た1例

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 野村 佳克, 佐藤 雅信, 大北 裕, 中尾 彰太, 松岡 哲也

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2012年05月, IVR: Interventional Radiology, 27 (2), 213 - 213, 日本語

  • TAE後にclostridium perfringensによる肝膿瘍を合併し急激な経過で死亡した肝細胞癌の1例

    坂本 憲昭, 山口 雅人, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 奥野 晃章, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2012年05月, IVR: Interventional Radiology, 27 (2), 215 - 215, 日本語

  • Teruaki Okuno, Masato Yamaguchi, Takuya Okada, Takuya Takahashi, Noriaki Sakamoto, Eisuke Ueshima, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    OBJECTIVE: Creating an experimental model of a type B aortic dissection with a minimally invasive endovascular procedure in swine to help future evaluation of therapies for aortic dissection. METHODS: Aortic dissection was created in 14 swine using endovascular procedures only. Under fluoroscopy, a modified 10F outer catheter with a 14 G stiffening inner metallic cannula was forced via the femoral artery into the aortic vessel wall to create an initial dissection. A .035-inch guidewire and a 4F straight catheter were advanced into the dissected space, and the dissection was extended in a retrograde direction using a technique including loop formation of the guidewire, which was placed carefully against the transmural penetration and extended as far as possible in the descending thoracic aorta up to the point where loop formation of the guidewire reached smoothly. An 8F introducer sheath was advanced with a Brockenbrough needle into the dissected space, and a proximal fenestration was created by puncturing the intima. If required, balloon dilatation was performed to enlarge the proximal and distal tears. Aortography and contrast-enhanced cone beam computed tomography (CBCT) were performed in addition to a detailed histologic evaluation of the dissected portion. RESULTS: Aortic dissection was successfully created in 11 of the 14 swine (78.6%). Among the 11 dissections, nine were located in the thoracoabdominal aorta and two in the abdominal aorta. The initial aortic diameter at the middle portion of the created dissection ranged from 7.4 to 16.8 mm (mean ± standard deviation, 10.9 ± 2.9), while after dissection, it ranged from 7.8 to 19.3 mm (12.9 ± 3.8 mm). The dissected length ranged from 4.4 to 17.7 cm (10.7 ± 4.6 cm). Aortography and CBCT revealed seven dissections (63.6%) with a smooth and patent false lumen. Histologic evaluation revealed that the outer one-third of the media was separated from the inner two-thirds. In the remaining four dissections (36.4%), imaging procedures revealed the formation of a rough and patent false lumen beside the true lumen, and histologic evaluation revealed greater separation of the outer media. Five animals were chronic dissection models. Three (60%) of these survived for more than 14 days without any symptoms. Moreover, completely patent true and false lumens without thrombus formation were observed in these three animals. The aortic diameter at the dissected portion tended to be dilated compared with the initial diameter. CONCLUSIONS: This new technique of creating an experimental aortic dissection model in swine is promising and should contribute to the development of future therapies for aortic dissection.

    2012年05月, Journal of vascular surgery, 55 (5), 1410 - 8, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 外傷急性期のTAEにおけるNBCAの有用性について

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 川嶋 隆久

    (一社)日本外傷学会, 2012年04月, 日本外傷学会雑誌, 26 (2), 183 - 183, 日本語

  • Gianturco Z stent graftによるTEVARの遠隔期type III endoleakの治療経験

    野村 佳克, 竹歳 秀人, 小原 大見, 山中 勝弘, 白坂 知識, 宮原 俊介, 大村 篤史, 坂本 敏仁, 田中 亜紀子, 岡 隆紀, 南 一司, 岡田 健次, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2012年04月, 日本血管外科学会雑誌, 21 (2), 162 - 162, 日本語

  • 腹部大動脈瘤の治療成績 EVAR vs Open Surgery

    野村 佳克, 竹歳 秀人, 小原 大見, 白坂 知識, 宮原 俊介, 山中 勝弘, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 田中 亜紀子, 井上 武, 岡 隆紀, 岡田 健次, 大北 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2012年03月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 41 (Suppl.), 444 - 444, 日本語

  • 腹部骨盤領域における大動脈緊急症に対するIVRの有用性

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本腹部救急医学会, 2012年02月, 日本腹部救急医学会雑誌, 32 (2), 410 - 410, 日本語

  • Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Takuya Takahashi, Kenta Izaki, Kensuke Uotani, Noriaki Sakamoto, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    PURPOSE: This study was designed to evaluate the safety of selective transcatheter arterial embolization (TAE) with N-butyl cyanoacrylate (NBCA) in a swine model in terms of histological changes in the pancreas. METHODS: Three groups of two female swine (58-64 kg) per group underwent TAE of the dorsal pancreatic artery, under anesthesia, with 1:1, 1:4, and 1:9 mixtures of NBCA and iodized oil. Blood parameters were evaluated at days 1, 4, and 10 after TAE, after which the animals were sacrificed and pancreatic tissues were examined under light microscopy. RESULTS: All of the animals were asymptomatic and survived for 10 days. Cone beam computed tomographic angiography revealed occlusion of the dorsal pancreatic artery and no enhancement in the embolized area. The white blood cell count and C-reactive protein level were elevated slightly on day 1 after TAE (mean ± SD: 252.7 ± 27.8 × 10(2)/μl and 0.15 ± 0.07 mg/l, respectively), but they normalized or remained near the upper normal limit thereafter. The serum amylase and lipase levels also were elevated on day 1 (8831.7 ± 2169.2 U/l and 130 ± 53.4 U/l, respectively) but normalized thereafter. Histologically, necrosis and fibrosis were noted only in the embolized segment, and necrosis and acute inflammatory reactions were absent in the nonembolized segment. The border between both segments was well defined. Lymphocytic infiltration and foreign body reaction were noted around the embolized vessels. CONCLUSIONS: Selective TAE with NBCA in the pancreas caused localized ischemic necrosis without clinically significant pancreatitis; therefore, this procedure is tolerable in swine.

    2012年02月, Cardiovascular and interventional radiology, 35 (1), 161 - 7, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Atsushi Kitagawa, Ryota Kawasaki, Yoshikatsu Nomura, Yutaka Okita, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    PURPOSE: To evaluate the safety, efficacy, and mid-term outcomes of endovascular tubular stent-graft placement for repair of isolated iliac artery aneurysms (IAAs). MATERIALS AND METHODS: Between January 2002 and March 2010, 20 patients (7 women and 13 men; mean age 74 years) underwent endovascular repair of 22 isolated IAAs. Two patients underwent endovascular repair for bilateral aneurysms. Ten para-anastomotic aneurysms (45%) developed after open abdominal aortic aneurysm (AAA) repair with an aorto-iliac graft, and 12 were true aneurysms (55%). Eleven straight and 11 tapered stent-grafts were placed. Contrast-enhanced computed tomography (CT) was performed to detect complications and evaluate aneurysmal shrinkage at week 1, 3, 6, and 12 months and once every year thereafter. Non-contrast-enhanced CT was performed in seven patients with chronic kidney disease. RESULTS: All procedures were successful, without serious complications, during the mean (range) follow-up period of 746 days (47-2651). Type II endoleak not requiring treatment was noted in one patient. The mean (SD) diameters of the true and para-anastomotic aneurysms significantly (p < 0.05) decreased from 42.0 (9.3) to 36.9 (13.6) mm and from 40.1 (13.0) to 33.6 (15.8) mm, respectively; the mean (SD) shrinkage rates were 15.1% (20.2%) and 18.9% (22.4%), respectively. The primary patency rate was 100%, and no secondary interventions were required. Four patients (21%) developed transient buttock claudication, and one patient (5%) developed colorectal ischaemia, which was treated conservatively. CONCLUSION: Endovascular tubular stent-graft placement for the repair of isolated IAAs is safe and efficacious. Tapered stent-grafts of various sizes are required for accurate placement.

    2012年02月, Cardiovascular and interventional radiology, 35 (1), 59 - 64, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 当院におけるAdamkiewicz動脈同定CTAの現状

    魚谷 健祐, 河野 淳, 山口 雅人, 藤井 正彦, 北川 敦士, 大北 裕, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    バイエル薬品(株), 2011年12月, 日独医報, 56 (2), 262 - 262, 日本語

  • 狭小大動脈に発症した外傷性断裂に対すTEVAR施行例

    佐藤 雅信, 白坂 知識, 宮原 俊介, 野村 佳克, 野村 拓生, 大村 篤史, 坂本 敏仁, 田中 亜紀子, 宗像 宏, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 北川 敦士, 岡田 健次, 大北 裕, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2011年12月, 日本血管外科学会雑誌, 20 (7), 1011 - 1011, 日本語

  • Yoshikatsu Nomura, Masato Yamaguchi, Atsushi Kitagawa, Takuya Okada, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    A 70-year-old woman, with history of asymptomatic isolated superior mesenteric artery (SMA) dissection was admitted for acute abdominal pain. Computed tomography showed ruptured isolated SMA dissection. Endovascular treatment was chosen over surgical repair because of prior abdominal surgeries. Because an angulated SMA trunk and compressed true lumen by the dilated false lumen prevented the insertion of a guidewire into the SMA via the transfemoral artery, transmesenteric approach under laparotomy was selected. After creating a pull-through condition from the SMA to the left brachial artery, a successful stent graft placement with adequate hemostasis was achieved. The aneurysm shrunk remarkably, with no complication at follow-up.

    2011年12月, Journal of vascular surgery, 54 (6), 1808 - 11, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 急性動脈閉塞に対する治療戦略 Fogarty thrulumen catheterによる選択的血栓除去術を主としたcombination therapy

    岡田 卓也, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 野村 佳克, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 大北 裕, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2011年09月, 脈管学, 51 (Suppl.), S109 - S110, 日本語

  • 胃静脈瘤の分類と私の治療手技 十二指腸静脈瘤に対する経カテーテル的治療の経験

    鶴崎 正勝, 中村 友則, 山口 雅人, 杉本 幸司, 北垣 一, 杉村 和朗

    (一社)日本門脈圧亢進症学会, 2011年08月, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 17 (3), 86 - 86, 日本語

  • Kenta Izaki, Masato Yamaguchi, Ippei Matsumoto, Makoto Shinzeki, Yonson Ku, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    A 57-year-old woman with a history of diabetes mellitus underwent simultaneous pancreas-kidney transplantation. The pancreaticoduodenal graft was implanted in the right iliac fossa. The donor's portal vein was anastomosed to the recipient's inferior vena cava (IVC). Seven days after the surgery, a thrombus was detected in the graft veins. Percutaneous thrombolysis was immediately performed; however, venous congestion was still present. We therefore attempted selective embolectomy using a Fogarty Thru-Lumen Catheter. Thrombi were directed from the graft veins toward the IVC and captured in the IVC filter with complete elimination of the thrombus without any major complications. We present our technique for the successful treatment of pancreas graft thrombosis within a short time period by percutaneous selective embolectomy using a Fogarty Thru-Lumen Catheter.

    2011年06月, Cardiovascular and interventional radiology, 34 (3), 650 - 3, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 腹部大動脈瘤に対するEVAR後の機種別治療成績

    野村 佳克, 宮原 俊介, 大村 篤史, 野村 拓生, 坂本 敏仁, 田中 亜紀子, 藤田 靖之, 宗像 宏, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 北川 敦士, 岡田 健次, 大北 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本外科学会, 2011年05月, 日本外科学会雑誌, 112 (臨増1-2), 833 - 833, 日本語

  • 腹部大動脈限局解離にステント留置が奏功した1例

    坂本 憲昭, 山口 雅人, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 野村 佳克, 藤田 靖之, 北川 敦士, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2011年05月, IVR: Interventional Radiology, 26 (2), 240 - 240, 日本語

  • 血栓吸引療法を行った上腸間膜動脈塞栓症の3例

    川崎 竜太, 宮本 直和, 大森 美佳, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2011年05月, IVR: Interventional Radiology, 26 (2), 237 - 237, 日本語

  • カバードステント留置約二年後に再発を来した尿管腸骨動脈瘻の1例

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 坂本 憲昭, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 野村 佳克, 藤田 靖之, 北川 敦士, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2011年05月, IVR: Interventional Radiology, 26 (2), 241 - 241, 日本語

  • TEVARにおける脊髄虚血症例の検討

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 南 一司, 岡 隆紀, 井上 武, 宗像 宏, 田中 亜希子, 藤田 靖史, 大村 篤史, 野村 佳克, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    (一社)日本外科学会, 2011年05月, 日本外科学会雑誌, 112 (臨増1-2), 832 - 832, 日本語

  • 当院における浅大腿動脈病変に対する治療成績

    野村 佳克, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 野村 拓生, 藤田 康之, 田中 亜紀子, 宗像 宏, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 北川 敦士, 岡田 健次, 大北 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2011年04月, 日本血管外科学会雑誌, 20 (2), 350 - 350, 日本語

  • 大動脈気管支瘻、食道瘻、感染性胸部大動脈瘤に対するTEVAR

    北川 敦士, 野村 佳克, 藤田 靖久, 大村 篤史, 田中 亜希子, 宗像 宏, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 山口 雅人, 岡田 健次, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2011年04月, 日本血管外科学会雑誌, 20 (2), 304 - 304, 日本語

  • Kenta Izaki, Masato Yamaguchi, Ryota Kawasaki, Takuya Okada, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    PURPOSE: To evaluate the clinical effectiveness and safety of transcatheter arterial embolization with n-butyl cyanoacrylate (NBCA) for pseudoaneurysms complicating pancreatitis or pancreatectomy. MATERIALS AND METHODS: Twelve procedures were performed in nine patients (seven men and two women; mean age, 60.6 years) for pseudoaneurysms that occurred secondary to pancreatitis or as a consequence of pancreatic juice leakage at the site of pancreatectomy. For embolization, NBCA was mixed with iodized oil at a ratio of 1:1-1:4; in one patient with failed selective catheterization of the target vessel, the mixture ratio was 1:9. Technical and clinical success rates, recurrent bleeding, procedural complications, serum amylase level, and clinical outcome were determined for each procedure. RESULTS: Embolization was technically successful in all procedures, with no recurrent bleeding documented from the initially treated territory. In three procedures, we encountered additional bleeding vessels at 11, 33, and 49 days after the procedures, which were successfully managed by a second embolization in each case. There were no major complications related to the procedures. As minor complications, in two procedures, the embolized material overflowed beyond the target vessels; however, no clinically significant ischemic events were observed in the embolized territories. Serum amylase did not increase compared with initial levels after any of the procedures. Seven patients were discharged after clinical improvement. Two patients died 2 and 3 weeks after the embolization as a result of multiple organ failure not associated with the procedure. CONCLUSIONS: In this limited series, NBCA embolization was found to be feasible and effective for pseudoaneurysms as a complication of pancreatitis or pancreatectomy.

    2011年03月, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 22 (3), 302 - 8, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 急性動脈性出血に対するN-butyl-2-cyanoacrylate(NBCA)の使用経験

    魚谷 健祐, 山口 雅人, 伊崎 健太, 岡田 卓也, 坂本 憲昭, 井戸口 孝二, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    急性動脈性出血に対してN-butyl-2-cyanoacrylate(NBCA)を用いた止血術を施行し、その有用性、安全性について検討した。急性動脈性出血に対するNBCAを用いた経カテーテル的塞栓術(TAE)を行った37例を対象とした。手技的成功率は100%であった。10例で金属コイルによる塞栓を併用した。再出血は2例で認めた。TAEに伴う合併症としての虚血性障害は初期に経験した下部消化管出血の1例で認めた。在院中の死亡は9例に認め、7例が多臓器不全であったが、TAEを施行した部位の出血はコントロールされており、原疾患の増悪が原因と考えられた。腹腔鏡下胆摘術後出血の1例ではTAEによる止血効果は良好であったが出血性ショックから回復できず、TAE当日に死亡した。もう1例はTAE後の再出血に対する消化管切除後合併症による死亡であった。

    金原出版(株), 2011年02月, 臨床放射線, 56 (2), 197 - 204, 日本語

  • IVR INTERVENTIONAL RADIOLOGY 動脈塞栓術にて止血しえた十二指腸傍乳頭憩室出血の1例

    西濱 晴香, 山口 雅人, 伊崎 健太, 魚谷 健祐, 岡田 卓也, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    60歳代男。飲酒後に気分不良と大量下血を来たし救急搬送された。上部消化管内視鏡で十二指腸傍乳頭憩室から活動性動脈性出血を認め、憩室内部には凝血塊が充満しており、腹部造影CTで同憩室内に造影剤の貯留を認め、後上膵十二指腸動脈(PSPDA)の関与が疑われた。血管造影を行うも出血点を同定できず、PSPDA右枝にマイクロカテーテルを挿入し超選択的CTAを行ったところ、十二指腸傍乳頭憩室内の血管外漏出を認め、同血管に対しN-butyl-2-cyanoacrylate(NBCA)を用いた経カテーテル的動脈塞栓術を行った。しかし、翌日に再出血を認め、血管造影でPSPDA左枝末梢領域に多数の微細な分枝が関与する血管外漏出像を認めた。広範囲に塞栓する必要があると考え、後下膵十二指腸動脈(PIPDA)側をコイル塞栓した後、NBCAでPSPDA側よりカテーテル的塞栓術を行う計画を立てた。術中、4mm径のマイクロコイルがPIPDA側よりPSPDA側にかけてelongationしたため、3mm径のマイクロコイルをPSPDA側に追加してisolationを行った。術後再出血は認めず、第13病日に退院した。治療後2ヵ月に急性膵炎を生じたが、保存的治療で軽快した。

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2011年02月, IVR: Interventional Radiology, 26 (1), 64 - 68, 日本語

  • TEVARの急性期、遠隔期イベント発生に及ぼす危険因子の検討

    北川 敦士, 山口 雅人, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大村 篤史, 田中 亜紀子, 宗像 宏, 井上 武, 岡 隆紀, 南 一司, 岡田 健次, 杉村 和朗, 大北 裕

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2011年01月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 40 (Suppl.), 261 - 261, 日本語

  • EVAR後のtype I endoleakに対してコイル塞栓術を行った1例

    岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 魚谷 健祐, 伊崎 健太, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 北川 敦士, 田中 亜希子, 大北 裕

    (公社)日本医学放射線学会, 2011年01月, Japanese Journal of Radiology, 29 (Suppl.I), 52 - 52, 日本語

  • GORE TAGの初期・中期成績

    山口 雅人, 杉本 幸司, 北川 敦士, 岡田 卓也, 杉村 和朗, 大北 裕

    (一社)日本脈管学会, 2010年09月, 脈管学, 50 (Suppl.), S156 - S156, 日本語

  • 当院におけるGORE TAGの初期使用成績

    山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 卓也, 魚谷 健祐, 伊崎 健太, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 北川 敦士, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2010年07月, IVR: Interventional Radiology, 25 (3), 384 - 384, 日本語

  • 臓器移植後の門脈・静脈血栓閉塞に対してフォガティースルールーメンカテーテルによる血栓除去が有用であった2例

    西濱 晴香, 伊崎 健太, 山口 雅人, 魚谷 健祐, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2010年07月, IVR: Interventional Radiology, 25 (3), 379 - 379, 日本語

  • 骨髄線維症に伴う門脈圧亢進症に対し経頸静脈的肝内門脈静脈短絡術(TIPS)を施行した1例

    岡田 卓也, 伊崎 健太, 中林 美日, 魚谷 健祐, 山口 雅人, 前田 哲雄, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 濱中 章洋

    (公社)日本医学放射線学会, 2010年07月, Japanese Journal of Radiology, 28 (Suppl.I), 54 - 54, 日本語

  • TEVARの適応と限界 Shaggy aortaはcontraindicationか?

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 長谷川 智巳, 松森 正術, 南 一司, 宗像 宏, 田中 亜希子, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    (一社)日本外科学会, 2010年03月, 日本外科学会雑誌, 111 (臨増2), 532 - 532, 日本語

  • 動脈性出血に対するN-butyl-2-cyanoacrylate(NBCA)の使用経験

    魚谷 健祐, 山口 雅人, 伊崎 健太, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2010年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 69回 (69回), S190 - S190, 日本語

  • 透析シャントの急性閉塞に対するIVR 技術的成功率と開存率に関与する因子の統計学的検討

    奥野 晃章, 森 岳樹, 木下 めぐ美, 上嶋 英介, 杉本 幸司, 山口 雅人, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2010年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 69回 (69回), S172 - S172, 日本語

  • 当院における企業製EVARの早期中期成績

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 長谷川 智巳, 南 一司, 松森 正術, 宗像 宏, 岡 隆紀, 田中 亜希子, 野村 佳克, 大村 篤史, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2010年01月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 39 (Suppl.), 373 - 373, 日本語

  • Masakatsu Tsurusaki, Ryota Kawasaki, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Takumi Fukumoto, Yonson Ku, Kazuro Sugimura

    We report a case of hemangioma with an atypical vascular enhancement pattern. The hemangioma showed peripheral rim enhancement at the arterial phase during dynamic magnetic resonance imaging, and the peripheral enhanced zone was still apparent during the delayed phase, as shown on double-phase computed tomography hepatic arteriography. The rim enhancement pattern of this case, mimicking that of hepatocellular carcinoma, may be due to the surrounding liver parenchymal fibrotic change caused by an active hepatitis C viral infection.

    2009年04月, Japanese journal of radiology, 27 (3), 156 - 60, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 周産期出血に対する選択的動脈塞栓術の検討

    岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 魚谷 健祐, 伊崎 健太, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2009年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 68回 (68回), S214 - S214, 日本語

  • Ryota Kawasaki, Koji Sugimoto, Takanori Taniguchi, Masato Yamaguchi, Masahiko Fujii, Kazuro Sugimura, Yutaka Okita

    OBJECTIVE: The objective of our study was to retrospectively assess the safety and efficacy of endovascular treatment for branch stenosis or obstruction after branched graft replacement in patients with thoracoabdominal aortic aneurysm or aortic arch aneurysm. MATERIALS AND METHODS: Seven patients (all men; median age, 62 years; age range, 19-79 years) who had undergone aortic surgery using branched grafts between March 2004 and January 2007 were treated. Diagnosis was established on dynamic contrast-enhanced CT or angiography. A self- or balloon-expandable stent was placed after predilatation with a balloon catheter and, if necessary, thrombolysis was also performed. Stent patency was assessed on thin-slice axial images obtained during the arterial phase on dynamic contrast-enhanced CT. RESULTS: Seven lesions (one celiac artery, two left subclavian arteries, and four renal arteries) were treated. The time between the surgery and treatment was 0-3 days for patients with abdominal lesions and 20-41 days for those with thoracic lesions. Stent placement was successful in five of the seven patients. In one patient, insertion of the stent delivery system was unsuccessful; in the other patient, the stent was not completely expanded. The clinical symptoms and abnormal laboratory data improved in all patients with successful procedures. No restenosis was observed on imaging follow-up, with a median patency of 104 days (range, 5-1,218 days) during clinical follow-up (range, 37-1,218 days; median, 135 days). CONCLUSION: Endovascular repair can be an alternative treatment for visceral vessel complications of branched grafts, especially in obstructed but peripherally patent branches.

    2008年10月, AJR. American journal of roentgenology, 191 (4), 1175 - 81, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Takuro Tsukube, Takeki Mori, Toshihiro Kawahira, Taro Hayashi, Masahiko Nakamura, Ryota Kawasaki, Rajdeep S Sandhu, Kazuro Sugimura, Syuichi Kozawa, Yutaka Okita

    BACKGROUND: Blunt trauma-induced aortic injury traditionally has been treated with early open surgical repair. However, recently endovascular stent-graft technology is considered a less-invasive therapeutic alternative, and flexible stent-grafts, such as the Matsui-Kitamura stent-graft (MKSG), are being used widely. We report our experience with the curved MKSG in treating thoracic aortic injuries. METHODS: Nine patients with traumatic thoracic aortic injury underwent endovascular surgery (8, emergency; 1, elective) with curved MKSG. The study variables were Injury Severity Score, endovascular surgery duration, aortic and stent-graft diameter, stay in the intensive care unit, follow-up period, and mortality. An MKSG was constructed using the Matsui-Kitamura stent and a polyester fabric graft. The stent-graft was placed using the transfemoral approach and the wire-tug technique. RESULTS: The mean Injury Severity Score was 42.3; 5 patients required 6 emergency procedures before the endovascular procedure (pneumothorax or hemothorax drainage, 5; transarterial embolization, 1). In 8 patients (88.9%), we achieved complete pseudoaneurysm exclusion or hemostasis in the injured portion. There were no postoperative complications; blood loss was minimal, and the intensive care unit stay was 13.4 days. The overall hospital mortality was 22.2% (n = 2; causes of death were unrelated to MKSG placement). Neither intervention-related mortality during follow-up (mean, 237.7 days) nor late endovascular graft-related complications (endoleak or graft migration) were noted. CONCLUSIONS: Although this study is limited by a small sample size and short follow-up period, no collapse or stent-graft fractures were noted. Thus, MKSG placement for traumatic thoracic aortic injury appears a safe and effective therapy.

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2008年09月, The Annals of thoracic surgery, 86 (3), 780 - 6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Endovascular treatment for pulmonary thromboembolism and deep vein thrombosis

    Koji Sugimoto, M. Yamaguchi, T. Mori, T. Okuno, T. Ishihara, E. Ueshima, K. Sugimura, Y. Koide

    For these recent years, safety and effectiveness of endovascular treatment for pulmonary thromboembolism and deep vein thrombosis have been reported by several investigators. The treatment is based on a single or a combination of several interventional techniques, including catheter-directed thrombolysis, fragmentation, rheolytic thrombolysis, aspiration thrombectomy, and balloon angioplasty. Prompt effect and less invasiveness are recognized as the biggest advantages compared to the traditional treatment.

    2008年, Japanese Journal of Clinical Radiology, 53 (8), 977 - 986

    研究論文(学術雑誌)

  • Percutaneous balloon fenestration and stent placement for lower limb ischemia complicated with type B aortic dissection.

    Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Yoshihiko Tsuji, Nobuchika Ozaki, Masakatsu Tsurusaki, Takanori Taniguchi, Carlos Armando Zamora, Yutaka Okita, Kazuro Sugimura

    We report a case of lower limb ischemia secondary to type B aortic dissection, which was successfully treated with endovascular aortic fenestration and stent placement. In this case, we were not able to restore adequate flow to the ischemic limb by means of aortic balloon fenestration alone, so additional stent placement was required to buttress the true lumen and fenestra. There was no recurrence of lower limb ischemia complications during the follow-up period. Aortic balloon fenestration with stent placement seems to be a safe and effective technique to salvage an ischemic lower limb complicated by acute aortic dissection.

    2006年04月, Radiation medicine, 24 (3), 233 - 7, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Transcatheter embolization of splenic artery pseudo-aneurysm rupturing into colon after post-operative pancreatitis

    Yuki Iwama, Koji Sugimoto, Carlos A Zamora, Masato Yamaguchi, Masakatsu Tsurusaki, Takanori Taniguchi, Takeki Mori, Kazuro Sugimura

    2006年01月, Cardiovascular And Interventional Radiology, Vol. 29, No. 1, pp. 133-136, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Carlos A Zamora, Takuya Takahashi, Yoshitake Hayashi, Kazuro Sugimura

    PURPOSE: To study the vascular histologic response after placement of oversized self-expanding stents in the porcine venous system. MATERIALS AND METHODS: Twenty-four oversized stents (range of oversizing, 119.5%-216.0%) were deployed in jugular and iliac veins of six miniature pigs divided into two groups with follow-up times of 1 and 3 months. Necropsy with histologic evaluation of each stent was performed, and the areas of neointimal proliferation were calculated with slices obtained during follow-up from each stent at 5 mm from the proximal and distal edges and at the midpoint. RESULTS: Neointimal proliferation was observed inside the stent lumen. All segments were patent in both groups. However, one jugular stent in the 1-month group and one jugular stent in the 3-month group had migrated at follow-up and were excluded from analysis. There were no significant differences in neointimal growth between the stent edges (proximal and distal) and middle segments of the stents at follow-up in the 1-month group (P = .970) or in the 3-month group (P = .694). Simple linear regression showed strong positive correlation between stent oversizing and neointimal proliferation in the 1-month model (r = 0.791; P < .001) and the 3-month model (r = 0.718; P < .001). There were no significant differences between 1-month and 3-month groups in the degree of neointimal proliferation (P = .072). Also, branched vessels showed no neointimal proliferation at their intersections with the stent-implanted segments. CONCLUSION: Stent oversizing showed a strong positive correlation with neointimal growth in each follow-up model in this study.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2006年01月, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 17 (1), 113 - 9, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effect of stent oversizing on in-stent stenosis and lumen size in normal porcine veins.

    Carlos Armando Zamora, Koji Sugimoto, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura

    PURPOSE: To present an in vivo evaluation of the effects of stent oversizing on in-stent stenosis and on actual lumen size in normal veins. METHODS: Twelve self-expanding stents were implanted in the common iliac veins of 6 minipigs, which were divided in 2 groups for follow-up at 1 and 3 months, respectively. Oversizing ranged from 119.5% to 216% of the original vessel diameter. Intravascular ultrasound (IVUS) was used to measure vessel areas at the stent edges and midpoint. In-stent stenosis and decrease in actual lumen size were evaluated with IVUS immediately after implantation and during follow-up. RESULTS: There was a very strong positive linear regression between stent oversizing and in-stent stenosis in the 1-month model (r=0.947, p=0.004), in the 3-month model (r=0.931, p=0.007), and in the sum of these 2 groups (r=0.83, p<0.001). Regarding the change in actual lumen size, we found a strong negative linear regression with stent oversizing in the 1-month (r=-0.754, p=0.083) and the 3-month (r=-0.562, p=0.246) groups, but these did not attain statistical significance. However, a strong correlation between stent oversizing and a decrease in lumen size in all samples proved to be statistically significant (r=0.619, p=0.032). CONCLUSIONS: Stent oversizing was strongly correlated with increased in-stent stenosis and decreased actual lumen size at follow-up in normal non-stenotic porcine veins.

    2005年08月, Journal of endovascular therapy : an official journal of the International Society of Endovascular Specialists, 12 (4), 495 - 502, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Use of the wallstent for symptomatic relief of malignant inferior vena cava obstructions.

    Carlos Armando Zamora, Koji Sugimoto, Takeki Mori, Takanori Taniguchi, Masakatsu Tsurusaki, Kenta Izaki, Yuki Iwama, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura

    PURPOSE: To report our experience with the Wallstent for the relief of congestive symptoms in patients with malignant inferior vena cava (IVC) obstructions. MATERIALS AND METHODS: We treated five patients with malignant obstructions of the IVC with a total of seven self-expandable stents. All obstructions were due to extrinsic compression; the procedures were indicated to relieve congestive symptoms in patients unresponsive to other therapies or in whom other treatments were contraindicated. Patients were evaluated for decrease in ascites and edema, weight loss, and patency, where available. RESULTS: All procedures were straightforward and obstructions could be successfully canalized. Inferior venacavograms obtained immediately after the procedure showed complete revascularization and disappearance of collateral circulation. Follow-up was carried out until death in four patients and until discharge in one. Of the five patients, four showed clinical improvement and one had no improvement. There was no recurrence of congestive symptoms. Except for one patient with partial migration of a stent, there were no important complications related to the procedure. CONCLUSION: Wallstents could be placed without complications in the IVC and were effective to ameliorate congestive symptoms in patients with malignant IVC obstructions.

    2005年08月, Radiation medicine, 23 (5), 380 - 5, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Carlos Armando Zamora, Koji Sugimoto, Masakatsu Tsurusaki, Masato Yamaguchi, Kenta Izaki, Takanori Taniguchi, Yuki Iwama, Fumitoshi Mimura, Kazuro Sugimura

    A patient with portosystemic encephalopathy, hyperammonemia, and a spontaneous splenorenal shunt was admitted to the authors' institution after a failed attempt at transvenous retrograde shunt obliteration. As an alternative approach, the authors separated splenic and portal flows by embolizing only the proximal splenic vein while leaving the shunt intact. Thus, the splenic flow could escape into the systemic circulation and an extreme increase in portal pressure was avoided. The procedure could provide rapid decreases in blood ammonia levels and a fast resolution of symptoms, but repeated interventions were required.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2004年08月, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 15 (8), 875 - 9, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Prophylactic stenting of the inferior vena cava before transcatheter embolization of renal cell carcinomas: an alternative to filter placement.

    Carlos Armando Zamora, Koji Sugimoto, Takeki Mori, Takanori Taniguchi, Masakatsu Tsurusaki, Kenta Izaki, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura

    PURPOSE: To report the use of the self-expanding Wallstent as an alternative to prophylactic inferior vena cava (IVC) filter placement before embolization of renal carcinomas with tumor thrombus. CASE REPORTS: Two patients, a 71-year-old man and an 88-year-old woman, were diagnosed with extensive tumor infiltration of the IVC secondary to renal cell carcinomas. Prophylactic placement of an IVC filter before transcatheter embolization was unsuccessful in both cases; a reduced space for deployment would have left part of the filter inside the right atrium. Instead, a Wallstent was used to constrain the tumor thrombus against the vessel wall and, at the same time, protect the patency of the contralateral kidney. Adequate patencies were confirmed 9 months after stenting in the first patient and after 19 days in the second patient. There were no clinical manifestations of pulmonary embolism. CONCLUSIONS: Wallstent implantation is an alternative prophylactic measure before transarterial embolization of renal carcinomas if IVC filters cannot be placed.

    2004年02月, Journal of endovascular therapy : an official journal of the International Society of Endovascular Specialists, 11 (1), 84 - 8, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • [Treatment of lung cancer in octogenarians--treatments resulting in improved prognosis].

    Takeshi Hatta, Kouji Eno, Takeyuki Kushima, Masato Yamaguchi, Yoshihiro Suzuki

    2002年05月, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 60 Suppl 5, 577 - 80, 日本語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 梅谷 啓二, 福島 和人, 鶴崎 正勝, 山口 雅人, 杉村 和朗

    空間解像度がマイクロメーターオーダーであるX線による動態画像撮影装置を開発し、正常ラットの摘出灌流心を使った微小心臓血管の観察を行った。摘出灌流心とは、摘出した心臓へ血液に代わる潅流液を流し、摘出した心臓の自発的な拍動により心臓単体で生きた状態を保つものである。撮像デバイスに直接変換型撮像管X線サチコンを用い、空間解像度が最高で6μmの動態画像撮影を可能とした。また、心拍数が毎分300〜400であるラットの摘出潅流心実験に対応するため、X線露光時間を3〜5ミリ秒とするX線ストロボ撮影が可能なX線シヤッターの開発も行った。実験ではラット摘出灌流心で、大動脈起始部への造影剤注入により冠状動脈造影を行った。細い血管では内径30μm程度まで画像化でき、心拍数が高く細いラット冠状動脈でも鮮明な造影像が得られ、アセチルコリンなどの血管作用薬に対する微小血管の拡張・収縮反応が直接に観察可能となった。

    一般社団法人 映像情報メディア学会, 2003年, 映像情報メディア学会技術報告, 27, 53 - 58, 日本語

  • 【血管内治療における抗血栓療法】外傷性・医原性血管損傷に対するバイアバーン留置後の抗血栓療法

    岡田 卓也, 松代 啓吾, Hamada Mostafa, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本血管内治療学会, 2021年, 日本血管内治療学会誌, 22 (1), 50 - 53, 日本語

  • 当院におけるIliac Branch Endoprosthesisを用いたステントグラフト内挿術の成績

    濱口 真里, 中井 秀和, 殿城 秀斗, 孟 順, 井上 大志, 辻本 貴紀, 邊見 宗一郎, 山中 勝弘, 大村 篤史, 井上 武, 岡田 健次, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2020年, 日本血管外科学会雑誌, 29 (Suppl.), P8 - 4, 日本語

  • 当院における内臓動脈瘤に対する血管内治療の経験

    山口 雅人, 松永 直樹, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本脈管学会, 2021年10月, 脈管学, 61 (Suppl.), S149 - S149, 日本語

  • 逆チャンス型胸椎骨折による血胸の一例

    松永 直樹, 岡田 卓也, 大野 雄康, 松代 啓吾, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2021年08月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 57回, S464 - S464, 日本語

  • 大動脈疾患に対するIVR治療の現況と課題 EVARの遠隔期成績向上への取り組み

    元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, Hamada Mostafa, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 125 - 125, 日本語

  • 上腸間膜動脈ステントの長期開存性についての多施設共同後ろ向き研究

    魚谷 健祐, 坂本 憲昭, 川崎 竜太, 谷口 尚範, 富松 浩隆, 元津 倫幸, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 142 - 142, 日本語

  • Shaggy aorta症例における上腸間膜動脈バルーンプロテクション併用下TEVARの有用性の検討

    佐々木 康二, 岡田 卓也, 山口 雅人, 田尻 昌士, Hamada Mostafa, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 160 - 160, 日本語

  • ウサギVX2腫瘍モデルを用いた過酸化チタンナノ粒子動注の基礎的研究

    岡田 卓也, 元津 倫幸, 西村 勇哉, 森田 健太, 上嶋 英介, 山口 雅人, 杉本 幸司, 佐々木 良平, 荻野 千秋, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 191 - 191, 日本語

  • 上顎癌動注化学療法における腫瘍進展方向と栄養血管に関する検討(Tumor extension and feeding arteries in intraarterial chemotherapy for maxillary cancer)

    Hamada Mostafa, 岡田 卓也, 山口 雅人, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 201 - 201, 英語

  • 陰部腟静脈瘤に対し血管内治療を行った1例

    田尻 昌士, 岡田 卓也, Ahmed Mostafa, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 251 - 251, 日本語

  • 【血管内治療における抗血栓療法】外傷性・医原性血管損傷に対するバイアバーン留置後の抗血栓療法

    岡田 卓也, 松代 啓吾, Hamada Mostafa, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    外傷性・医原性血管損傷に対するバイアバーンステントグラフト留置後の抗血栓療法には定まった見解はなく、治療担当医の判断に委ねられている。浅大腿動脈の閉塞性疾患に対するバイアバーン留置後の抗血栓療法に準じた治療が行われることが多いが、治療血管の部位や再出血のリスクなどを鑑みて調整する必要がある。腹部分枝では、血管の蛇行や血管周囲の炎症や感染など、グラフト閉塞の原因となり得る因子がある一方で、必ずしも長期開存が求められない場合もある。腸骨動脈では、グラフト閉塞の可能性は基本的に低いと思われるため、場合によっては抗血栓療法を行わないのも一つの選択肢である。反対に、鎖骨下動脈では確実な開存性を担保したい場合が多く、抗血栓療法は必須と考える。外傷性・医原性出血に対するバイアバーンステントグラフトの長期成績はいまだ不明であり、さらなるエビデンスの構築が望まれる。(著者抄録)

    (一社)日本血管内治療学会, 2021年, 日本血管内治療学会誌, 22 (1), 50 - 53, 日本語

MISC

  • 内臓動脈瘤の治療戦略:直達手術と血管内治療の適応と限界 当院における内臓動脈瘤に対する血管内治療の経験

    山口 雅人

    日本臨床外科学会, 2020年10月, 日本臨床外科学会雑誌, 81 (増刊), 225 - 225, 日本語

  • 治療適応の基準を満たさない腎血管筋脂肪腫の破裂

    元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, Hamada M.A.S., 上嶋 英介, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2020年10月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 56回, S144 - S144, 日本語

  • 液体塞栓物質(NBCA)を極める! エキスパートへの道 膵領域の急性出血に対するNBCAを用いた動脈塞栓術の検討

    佐々木 康二, 岡田 卓也, 山口 雅人, Hamada Mostafa, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 122 - 122, 日本語

  • 骨転移疼痛に対する集学的治療 -この痛みをどう治療するか- 骨転移に対する骨セメント治療 経皮的椎体形成術の適応を考える

    岡田 卓也, 佐々木 康二, Hamada M.A.S., 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 131 - 131, 日本語

  • 大動脈解離に対するIVR 大動脈解離に対するIVRの現況と課題

    山口 雅人, 岡田 卓也, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 133 - 133, 日本語

  • ドセタキセル含浸薬剤溶出性ビーズの基礎的検討

    谷 龍一郎, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 篠原 正和, 元津 倫幸, 佐々木 康二, Hamada M.A.S, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 282 - 282, 日本語

  • 骨転移の痛みのマネージメント 脊椎転移に対する経皮的椎体形成術の適応について考える

    岡田 卓也, 佐々木 康二, 角谷 賢一朗, 宮脇 大輔, 酒井 良忠, 坂下 明大, 今村 善宣, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (NPO)日本緩和医療学会, 2020年08月, Palliative Care Research, 15 (Suppl.), S37 - S37, 日本語

  • 新生児マススクリーニングにて高ガラクトース血症を指摘された先天性門脈体循環シャントの1例

    中谷 太一, 大片 祐一, 尾藤 祐子, 會田 洋輔, 宮内 玄徳, 冨岡 雄一郎, 橘木 由美子, 中井 優美子, 上嶋 英介, 山口 雅人

    (公社)日本小児科学会, 2020年06月, 日本小児科学会雑誌, 124 (6), 1038 - 1038, 日本語

  • 線維軟骨塞栓症が疑われた若年者脊髄梗塞の1例

    藤原 康弘, 神田 知紀, 上野 嘉子, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 前田 隆樹, 野上 宗伸, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道, 大塚 喜久

    (公社)日本医学放射線学会, 2020年02月, Japanese Journal of Radiology, 38 (Suppl.), 40 - 40, 日本語

  • 若年者に発症した中枢神経カンジダ髄膜炎の1例

    山本 雄也, 神田 知紀, 上野 嘉子, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 前田 隆樹, 野上 宗伸, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2020年02月, Japanese Journal of Radiology, 38 (Suppl.), 45 - 45, 日本語

  • 破裂性大動脈瘤に対する治療戦略 下行大動脈瘤破裂に対する胸部ステントグラフト内挿術の早期および遠隔成績

    中井 秀和, 殿城 秀人, 孟 順, 井上 大志, 陽川 孝樹, 邉見 宗一郎, 後竹 康子, 山中 勝弘, 大村 篤史, 井上 武, 山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 健次

    (一社)日本脈管学会, 2019年10月, 脈管学, 59 (Suppl.), S133 - S133, 日本語

  • 当院における脾動脈瘤に対する動脈塞栓術の治療成績

    岡田 卓也, 佐々木 康二, Hamada Mostafa, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本脈管学会, 2019年10月, 脈管学, 59 (Suppl.), S140 - S140, 日本語

  • Iliac Branch Endoprosthesisを用いたステントグラフト内挿術の初期成績

    元津 倫幸, 山口 雅人, Hamada Mostafa, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 大村 篤史, 岡田 健次, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本脈管学会, 2019年10月, 脈管学, 59 (Suppl.), S175 - S175, 日本語

  • 腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術後open conversionに至った症例の検討

    山中 勝弘, 大村 篤史, 中井 秀和, 邉見 宗一郎, 陽川 孝樹, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 井上 武, 岡田 健次

    (一社)日本脈管学会, 2019年10月, 脈管学, 59 (Suppl.), S179 - S179, 日本語

  • IVR・血管内治療につながる救急疾患 画像診断から治療への橋渡し役になろう!

    山口 雅人

    (公社)日本放射線技術学会-近畿支部, 2019年10月, 日本放射線技術学会近畿部会雑誌, 25 (2), 142 - 150, 日本語

  • 当院における脾動脈瘤に対する動脈塞栓術の治療成績

    岡田 卓也, 佐々木 康二, Hamada Mostafa, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本脈管学会, 2019年10月, 脈管学, 59 (Suppl.), S140 - S140, 日本語

  • Iliac Branch Endoprosthesisを用いたステントグラフト内挿術の初期成績

    元津 倫幸, 山口 雅人, Hamada Mostafa, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 大村 篤史, 岡田 健次, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本脈管学会, 2019年10月, 脈管学, 59 (Suppl.), S175 - S175, 日本語

  • 最新のエビデンスに基づくステントグラフト治療の現況と課題 大動脈解離

    山口 雅人, 岡田 卓也, 元津 倫幸, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2019年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 55回, S408 - S408, 日本語

  • 腸骨静脈出血に対して血管内治療を施行した2例

    小出 裕, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2019年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 55回, S571 - S571, 日本語

  • 【エンドリーク】Type II endoleakの制御を目的とした術前塞栓術

    山口 雅人, 元津 倫幸, 佐々木 康二, 岡田 卓也, 小出 裕, 杉本 幸司, 村上 卓道, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 岡田 健次, 林 太郎, 川崎 竜太, 森 岳樹, 魚谷 健祐, 谷口 尚範, 福田 哲也, 宮本 直和, 坂本 憲昭

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年09月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (1), 28 - 35, 日本語

  • 直腸静脈瘤に対して上直腸静脈直接穿刺法で塞栓術を行った1例

    元津 倫幸, 岡田 卓也, 小出 裕, 佐々木 康二, Hamada M.A.S., 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年09月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (1), 79 - 79, 日本語

  • 最新のエビデンスに基づくステントグラフト治療の現況と課題 大動脈解離

    山口 雅人, 岡田 卓也, 元津 倫幸, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2019年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 55回, S408 - S408, 日本語

  • 直腸静脈瘤に対して上直腸静脈直接穿刺法で塞栓術を行った1例

    元津 倫幸, 岡田 卓也, 小出 裕, 佐々木 康二, Hamada M.A.S., 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年09月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (1), 79 - 79, 日本語

  • 山口 雅人, 元津 倫幸, 佐々木 康二, 岡田 卓也, 小出 裕, 杉本 幸司, 村上 卓道, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 岡田 健次, 林 太郎, 川崎 竜太, 森 岳樹, 魚谷 健祐, 谷口 尚範, 福田 哲也, 宮本 直和, 坂本 憲昭

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年09月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (1), 28 - 35, 日本語

  • 肝細胞癌に対する放射線照射治療後の経動脈的化学塞栓療法の安全性の検討

    小出 裕, ムスタファ・ハマダ, 上嶋 英介, 堀之内 宏樹, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 石田 淳, 石原 武明, 佐々木 良平, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 226 - 226, 日本語

  • 当院における経腟分娩後の産道出血に対する動脈塞栓術の検討

    佐々木 康二, 岡田 卓也, HAMADA MOSTAFA, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 239 - 239, 日本語

  • Iliac Branch Endoprosthesisを用いたステントグラフト内挿術の初期成績

    元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 岡田 健次, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 255 - 255, 日本語

  • 当院における大動脈解離に対するTEVARの治療成績

    岡田 卓也, 山口 雅人, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 岡田 健次, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 259 - 259, 日本語

  • 腸骨動脈慢性閉塞性病変の血管内治療における術前MRIを用いた血栓塞栓性合併症の予測

    丸山 晃司, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 清家 翔平, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 285 - 285, 日本語

  • CTで認識できない骨病変に対するCTガイド下骨生検の検討

    谷 龍一郎, 岡田 卓也, 佐々木 康二, HAMADA MOSTAFA, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 314 - 314, 日本語

  • 肝細胞癌に対する放射線照射治療後の経動脈的化学塞栓療法の安全性の検討

    小出 裕, ムスタファ・ハマダ, 上嶋 英介, 堀之内 宏樹, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 石田 淳, 石原 武明, 佐々木 良平, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 226 - 226, 日本語

  • 精索静脈瘤手術後再発例に対する治療の経験

    山口 耕平, 石川 智基, 水田 真平, 郷原 真輔, 金 南孝, 土信田 雅一, 坂口 健一郎, 高谷 友紀子, 山口 雅人, 竹内 巧, 北宅 弘太郎, 松林 秀彦

    (一社)日本泌尿器科学会総会事務局, 2019年04月, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP - 428, 日本語

  • 祖父江 慶太郎, 上嶋 英介, 上野 嘉子, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 鶴崎 正勝, 村上 卓道

    <文献概要>Point 1.肝細胞癌の診断において画像診断はきわめて重要な位置を占め,ダイナミックCT・MRIによる血流評価はその基本である.2.肝細胞特異性造影剤(Gd-EOB-DTPA)の臨床導入は,肝細胞癌の診断体系を変化させるほどのインパクトを与えている.

    (株)学研メディカル秀潤社, 2019年04月, 画像診断, 39 (6), 623 - 631, 日本語

  • TEVARの長期予後と合併症について 非解離性胸部大動脈瘤に対するTEVARの遠隔予後の検討

    中井 秀和, 後竹 康子, 山中 勝弘, 山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 健司

    (NPO)日本血管外科学会, 2019年, 日本血管外科学会雑誌, 28 (Suppl.), SY1 - 7, 日本語

  • EVARにおける内腸骨動脈血流温存の意義・適応 腹部ステントグラフト内挿術における内腸骨動脈塞栓の影響

    後竹 康子, 河本 達也, 孟 順, 陽川 孝樹, 邊見 宗一郎, 中井 秀和, 山中 勝弘, 井上 武, 山口 雅人, 岡田 健次

    (NPO)日本血管外科学会, 2019年, 日本血管外科学会雑誌, 28 (Suppl.), PR4 - 6, 日本語

  • TEVARの長期予後と合併症について 非解離性胸部大動脈瘤に対するTEVARの遠隔予後の検討

    中井 秀和, 後竹 康子, 山中 勝弘, 山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 健司

    (NPO)日本血管外科学会, 2019年, 日本血管外科学会雑誌, 28 (Suppl.), SY1 - 7, 日本語

  • 当院における脾動脈瘤に対する動脈塞栓術の治療成績

    岡田卓也, 佐々木康二, HAMADA Mostafa, 堀之内宏樹, 元津倫幸, 上嶋英介, 祖父江慶太郎, 山口雅人, 杉本幸司, 村上卓道

    2019年, 脈管学(Web), 59 (supplement)

  • TypeII endoleakの制御を目的とした術前塞栓術

    山口雅人, 元津倫幸, 佐々木康二, 岡田卓也, 小出裕, 杉本幸司, 村上卓道, 後竹康子, 中井秀和, 山中勝弘, 岡田健次, 林太郎, 川崎竜太, 森岳樹, 魚谷健祐, 谷口尚範, 福田哲也, 宮本直和, 坂本憲昭

    2019年, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌(Web), 34 (1)

  • Iliac Branch Endoprosthesisを用いたステントグラフト内挿術の初期成績

    元津倫幸, 山口雅人, HAMADA Mostafa, 佐々木康二, 堀之内宏樹, 上嶋英介, 岡田卓也, 祖父江慶太郎, 後竹康子, 中井秀和, 山中勝弘, 大村篤史, 岡田健次, 杉本幸司, 村上卓道

    2019年, 脈管学(Web), 59 (supplement)

  • 直腸静脈瘤に対して上直腸静脈直接穿刺法で塞栓術を行った1例

    元津倫幸, 岡田卓也, 小出裕, 佐々木康二, HAMADA M.A.S., 堀之内宏樹, 谷龍一郎, 上嶋英介, 祖父江慶太郎, 山口雅人, 杉本幸司, 村上卓道

    2019年, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌(Web), 34 (1)

  • 大動脈解離

    山口雅人, 岡田卓也, 元津倫幸, 佐々木康二, 堀之内宏樹, 杉本幸司, 村上卓道

    2019年, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 55th

  • 祖父江慶太郎, 山口雅人, 杉本幸司, 村上卓道

    2018年12月, 臨床放射線, 63 (12), 122 - 125

    [査読有り]

  • 肝動脈塞栓術がTGF-β発現に与える影響 ラット肝癌モデルによる検討

    上嶋 英介, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道, 西尾福 英之, 田中 利洋, 吉川 公彦, 高木 治行, 児玉 大志, 山門 亨一郎

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年11月, IVR: Interventional Radiology, 33 (3), 317 - 317, 日本語

  • 破裂性十二指腸静脈瘤に対してバルーン閉塞下逆行性静脈瘤塞栓術を施行した1例

    小出 裕, 岡田 卓也, 佐々木 康二, 元津 倫幸, Hamada M.A.S., 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年11月, IVR: Interventional Radiology, 33 (3), 317 - 318, 日本語

  • 山口雅人, 丸山晃司, 杉本幸司, 村上卓道, 森 岳樹, 築部卓郎

    2018年11月, 臨床放射線, 63 (12), 122 - 125, 日本語

  • 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    金原出版(株), 2018年11月, 臨床放射線, 63 (12), 1582 - 1585, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 山口 雅人, 丸山 晃司, 杉本 幸司, 村上 卓道, 森 岳樹, 築部 卓郎

    金原出版(株), 2018年11月, 臨床放射線, 63 (12), 1392 - 1395, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 頭頸部癌による急性出血に対する動脈塞栓術の検討

    小出 裕, 岡田 卓也, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本救急医学会, 2018年10月, 日本救急医学会雑誌, 29 (10), 464 - 464, 日本語

  • 中長期成績からみた腹部大動脈瘤ステントグラフトの功罪 IMA閉塞例におけるEVAR後のType 2エンドリークの検討 予防的IMA塞栓術は有用か?

    岡田 卓也, 元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, Hamada Mostafa, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 田中 裕史

    (一社)日本脈管学会, 2018年09月, 脈管学, 58 (Suppl.), S107 - S107, 日本語

  • 精索静脈瘤手術後再発例に対する治療の経験

    山口 耕平, 石川 智基, 水田 真平, 郷原 真輔, 金 南孝, 土信田 雅一, 坂口 健一郎, 高谷 友紀子, 山口 雅人, 竹内 巧, 北宅 弘太郎, 松林 秀彦

    (一社)日本生殖医学会, 2018年08月, 日本生殖医学会雑誌, 63 (3), 364 - 364, 日本語

  • 岡田 卓也, 曽宮 雄一郎, 香川 清澄, 前林 知樹, Hamada M.A.S., 佐々木 康二, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年08月, IVR: Interventional Radiology, 33 (2), 137 - 143, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の遠隔成績

    後竹 康子, 大山 詔子, 池野 友基, 幸田 陽次郎, 陽川 孝樹, 邊見 宗一郎, 中井 秀和, 松枝 崇, 井上 武, 山口 雅人, 田中 裕史, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2018年06月, 日本血管外科学会雑誌, 27 (Suppl.), P28 - 4, 日本語

  • 低酸素刺激がサイトカイン産生に与える影響 ラット肝細胞癌株による検討

    上嶋 英介, 高木 治行, 岡田 卓也, 山口 雅人, 山門 亨一郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年05月, IVR: Interventional Radiology, 33 (1), 66 - 66, 日本語

  • 腹腔動脈のdebranching TEVAR後に虚血性急性膵炎を合併した1例

    山口 雅人, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 林 太郎, 岡本 一真, 戸部 智

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年05月, IVR: Interventional Radiology, 33 (1), 68 - 68, 日本語

  • 上腸間膜動脈原発肉腫の1例

    宮崎 秀一郎, 岡田 卓也, 片山 直人, 河野 淳, 山口 雅人, 高橋 哲, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 野村 佳克, 外山 博近

    (公社)日本医学放射線学会, 2018年02月, Japanese Journal of Radiology, 36 (Suppl.), 29 - 29, 日本語

  • IMA閉塞例におけるEVAR後のType2エンドリークの検討:予防的IMA塞栓術は有用か?

    岡田卓也, 元津倫幸, 山口雅人, 佐々木康二, HAMADA Mostafa, 谷龍一郎, 上嶋英介, 小出裕, 祖父江慶太郎, 杉本幸司, 村上卓道, 後竹康子, 中井秀和, 山中勝弘, 田中裕史

    2018年, 脈管学(Web), 58 (supplement)

  • 内臓動脈瘤の血管内治療 内臓動脈瘤に対する血管内治療の経験

    杉本 幸司, 谷 龍一郎, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人

    (一社)日本脈管学会, 2017年10月, 脈管学, 57 (Suppl.), S109 - S109, 日本語

  • いろいろな部位の塞栓術で活躍するAMPLATZER Vascular Plug 有効活用のコツ 名脇役AVPの活用術

    山口 雅人

    (株)メディカルアイ, 2017年10月, Rad Fan, 15 (12), 6 - 9, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 小出 裕, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (株)メディカ出版, 2017年09月, EMERGENCY CARE, 30 (9), 841 - 842, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 空腸動脈瘤の塞栓術後に正中弓状靭帯の圧迫による副駆動脈起始部狭窄に対してステントを留置した1例

    元津倫幸, 岡田卓也, 谷龍一郎, 片山直人, 上嶋英介, 小出裕, 祖父江慶太郎, 山口雅人, 野村佳克, 大北裕, 杉本幸司

    2017年07月, Metallic Stentの現状と進歩XVII, 32, 20 - 21, 日本語

    [招待有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 腹部ステントグラフト内挿術の遠隔期の問題点 大動脈瘤径拡大、追加治療について

    野村 佳克, 長谷川 翔大, 長命 俊也, 藤末 淳, 陽川 孝樹, 後竹 康子, 尾田 達哉, 阿部 陛之, 松枝 崇, 高橋 宏明, 井上 武, 山口 雅人, 杉本 幸司, 田中 裕史, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2017年06月, 日本血管外科学会雑誌, 26 (Suppl.), O13 - 6, 日本語

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    山口 雅人, 小出 裕, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2017年06月, 日本血管外科学会雑誌, 26 (Suppl.), P14 - 8, 日本語

  • IVR技術のいろは ステントグラフト治療

    山口 雅人

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 125 - 125, 日本語

  • IVR技術のいろは 超音波ガイド下穿刺技術のいろは

    祖父江 慶太郎, 片山 直人, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 129 - 129, 日本語

  • 腫瘍性脊椎圧骨折に対する経皮的椎体形成術の検討

    谷 龍一郎, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 臼井 亮介, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 164 - 164, 日本語

  • 動脈塞栓術を施行した腎部分切除術後の仮性動脈瘤の検討

    臼井 亮介, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 180 - 180, 日本語

  • 十二指腸静脈瘤に対するB-RTOの有効性の検討

    丸山 晃司, 岡田 卓也, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 236 - 236, 日本語

  • 炎症性腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿入術(EVAR)の治療成績

    堀之内 宏樹, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 243 - 243, 日本語

  • EVAR後にopen conversionに至った症例の検討

    丸山 晃司, 山口 雅人, 岡田 卓也, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 244 - 244, 日本語

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出 裕, 山口 雅人, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 246 - 246, 日本語

  • Type II Endoleak 診断と治療 タイプ2エンドリークの治療 多施設調査結果を読み解く

    小川 普久, 西巻 博, 大須賀 慶悟, 池田 理, 本郷 哲夫, 岩越 真一, 川崎 竜太, ウッドハムス 玲子, 山口 雅人, 神谷 美佳, 兼松 雅之, 本多 正徳, 神衲 敏夫, 小泉 淳, 吉川 公彦

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 152 - 152, 日本語

  • 祖父江 慶太郎, 村上 卓道, 鶴崎 正勝, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    金原出版(株), 2017年04月, 臨床放射線, 62 (4), 497 - 505, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    <Point>右下腹部痛ではまず虫垂炎を鑑別する.そのためには画像検査で虫垂を正確に同定する必要がある.造影CTは,単純CTで虫垂の同定ができない時や診断に悩む時に施行するとよい.施設によっては単純CTを撮らずに,最初から造影CTを施行することもある.虫垂炎と回盲部憩室炎はともに回盲部に炎症を生じ,ときに鑑別に悩むが,画像診断で最も重要な点は,虫垂の同定にある.(著者抄録)

    (株)医学書院, 2017年04月, Medicina, 54 (5), 718 - 722, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 脾損傷後の非出血性血管損傷に対するTAEの適応

    小出 裕, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 石原 諭, 中山 伸一

    (一社)日本腹部救急医学会, 2017年02月, 日本腹部救急医学会雑誌, 37 (2), 276 - 276, 日本語

  • 膀胱タンポナーデを繰り返した両側腎静脈内血栓症の1例

    佐藤 克哉, 原田 健一, 村蒔 基次, 石村 武志, 田中 一志, 三宅 秀明, 藤澤 正人, 山口 雅人

    泌尿器科紀要刊行会, 2016年12月, 泌尿器科紀要, 62 (12), 670 - 670, 日本語

  • 祖父江 慶太郎, 鶴崎 正勝, 村上 卓道, 丸山 晃司, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 栄介, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗

    金原出版(株), 2016年11月, 臨床放射線, 61 (11), 1439 - 1443, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • EVAR後の遅発性type 1bエンドリークの危険因子に関する検討

    元津 倫幸, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 臼井 亮介, 片山 直人, 後竹 康子, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 野村 佳克, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S137 - S137, 日本語

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出 裕, 山口 雅人, 谷 龍一郎, 丸山 晃司, 元津 倫幸, 堀之内 宏樹, 片山 直人, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S167 - S167, 日本語

  • 左総腸骨動脈閉塞を伴う腹部大動脈瘤に対するEVAR後にTypell endoleak塞栓を繰り返した1例

    堀之内 宏樹, 山口 雅人, 丸山 晃司, 臼井 亮介, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S188 - S189, 日本語

  • EVAR後の遅発性Type 1a endoleakに対し瘤内塞栓術およびAortic cuff留置術にて治療した1例

    丸山 晃司, 山口 雅人, 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 小出 裕, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S189 - S189, 日本語

  • 上腸間膜動脈急性閉塞に対しフォガティースルールーメンカテーテルを用いて血栓除去を行った一例

    谷 龍一郎, 山口 雅人, 臼井 亮介, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S207 - S207, 日本語

  • EVARの現状と課題 Endoleakの治療 多施設調査の結果を含めて

    小川 普久, 西巻 博, 大須賀 慶悟, 池田 理, 本郷 哲夫, 岩越 真一, 川崎 竜太, ウッドハムス 玲子, 山口 雅人, 神谷 美佳, 兼松 雅之, 本多 正徳, 神納 敏夫, 小泉 淳, 吉川 公彦

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S95 - S95, 日本語

  • 内腸骨動脈をアクセスルートにした胸部ステントグラフト内挿術

    林 太郎, 戸部 智, 杉山 博信, 伊集院 真一, 山口 眞弘, 山口 雅人, 岡 隆紀, 三里 卓也, 常深 孝太郎, 谷村 信宏

    77歳男性。既往として早期胃癌に対し内視鏡的切除術、下肢閉塞性動脈硬化症に対し3回の血管内治療が施行されていた。今回、近医のCT上で胸部下行大動脈遠位部の瘤状変化を指摘された。入院時、CT所見では胸部下行大動脈遠位部(横隔膜直上、Th11レベル)に嚢状瘤(最大短径53mm)を認め、石灰化が血管内腔に偏位し、血栓に突出する潰瘍性突出像が散在していた。また、瘤内血栓あるいは血管周囲軟部組織の変化の低吸収域がみられ、ここ数ヵ月での急激な瘤化であった。一方、腎動脈下腹部動脈瘤は鉛管状の石灰化を認め、右総腸骨動脈(CIA)のステント内腔は5.3mm、左外腸骨動脈(EIA)は4.3mmで、左EIAは全長にわたり石灰化が著明でほぼ鉛管状であった。治療として、まず脊髄虚血予防に脊髄ドレナージを施行し、全身麻酔下に腹部正中切開後、左腹膜アプローチで手術を開始した。左EIAは全長に全周性石灰化を認め、左CIAは長さが短く、いずれも遮断が不可能であった。そこで、左IIAを遮断して、8mm Zelweave人工血管を端側吻合し、アクセスルートとして透視下に22Fr DrySealシースを挿入し、30mm径、169mm長のVALIANTを留置した。その結果、術後は経過良好で患者は8日目に独歩退院となった。尚、術後1年時の瘤径は37mmと著明に縮小していた。

    (株)南江堂, 2016年09月, 胸部外科, 69 (10), 833 - 837, 日本語

  • ハイブリッド手術システムを用いたIVR 非大血管疾患における臨床応用

    岡田 卓也, 山口 雅人, 臼井 亮介, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年08月, IVR: Interventional Radiology, 31 (3), 266 - 266, 日本語

  • 左総腸骨動脈閉塞を伴う腹部大動脈瘤に対するEVAR後にType II endoleak塞栓を繰り返した1例

    堀之内 宏樹, 山口 雅人, 丸山 晃司, 臼井 亮介, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年08月, IVR: Interventional Radiology, 31 (3), 267 - 267, 日本語

  • 予防的IMA塞栓術を施行したENDURANT Stentgraft Systemを用いたEVARの治療成績

    片山 直人, 岡田 卓也, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年06月, IVR: Interventional Radiology, 31 (2), 178 - 178, 日本語

  • EVAR後の遅発性Type 1a endoleakに対し瘤内塞栓術およびAortic cuff留置術にて治療した1例

    小出 裕, 岡田 卓也, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年06月, IVR: Interventional Radiology, 31 (2), 178 - 178, 日本語

  • 大動脈・末梢動脈疾患に対する救急IVR 神戸大学病院における取り組みとその応用

    山口 雅人, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年06月, IVR: Interventional Radiology, 31 (2), 189 - 189, 日本語

  • 野村 佳克, 後竹 康子, 山里 隆浩, 河野 敦則, 池野 友基, 藤本 将人, 阿部 陛之, 井澤 直人, 佐藤 俊輔, 高橋 宏明, 井上 武, 松森 正術, 山口 雅人, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2016年06月, 日本血管外科学会雑誌, 25 (Suppl.), 281 - 281, 日本語

  • TAEとデノスマブ投与の併用が奏功した仙骨巨細胞腫の1例

    谷 龍一郎, 岡田 卓也, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 河本 旭哉

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年06月, IVR: Interventional Radiology, 31 (2), 182 - 182, 日本語

  • 【ハイブリッド手術室システムの応用-外科手術とIVRのコラボレーション-】ハイブリッド手術室システムの臨床応用 神戸大学病院における大血管以外多領域での臨床応用の取り組み

    山口 雅人, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 小出 裕, 片山 直人, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年06月, IVR: Interventional Radiology, 31 (2), 129 - 135, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • ビーズ導入後のTACEの現状 多発肝細胞癌に対する非選択的DEB-TACEの有用性の検討

    岡田 卓也, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 113 - 113, 日本語

  • EVAR後のDistal sealing zoneの形態変化と遅発性type 1bエンドリークの危険因子に関する検討

    元津 倫幸, 岡田 卓也, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 131 - 131, 日本語

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出 裕, 山口 雅人, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 135 - 135, 日本語

  • Endurantステントグラフトを用いたEVARにおける予防的IMA塞栓群・非塞栓群の比較・検討

    片山 直人, 山口 雅人, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 136 - 136, 日本語

  • ブタ肝後面下大静脈損傷モデルを用いたステントグラフトによる止血効果の検討

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 片山 直人, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 井芹 俊恵, 林 聡恵, 三重 慧一郎, 水島 靖明, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 174 - 174, 日本語

  • 【これだけは知っておきたいCT/MRIの基本:研修医の必須知識】腫瘍性病変 肝・胆・膵

    祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 鶴崎 正勝, 村上 卓道

    (株)メジカルビュー社, 2016年04月, 臨床画像, 32 (4月増刊), 186 - 195, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 腎部分切除術後に腎動脈 腎杯瘻を来しTAEにて治療し得た1例

    片山 直人, 岡田 卓也, Akhmadu Muradi, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2016年02月, Japanese Journal of Radiology, 34 (Suppl.), 53 - 53, 日本語

  • EVAR後の遅発性Type1a endoleakに対し瘤内塞栓術およびAortic cuff留置術にて治療した1例

    丸山晃司, 山口雅人, 堀之内宏樹, 谷龍一郎, 元津倫幸, 片山直人, 小出裕, 上嶋英介, 岡田卓也, 杉本幸司, 野村佳克, 後竹康子, 大北裕

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S189(J‐STAGE), 日本語

  • 左総腸骨動脈閉塞を伴う腹部大動脈瘤に対するEVAR後にTypeII endoleak塞栓を繰り返した1例

    堀之内宏樹, 山口雅人, 丸山晃司, 臼井亮介, 元津倫幸, 谷龍一郎, 片山直人, 上嶋英介, 小出裕, 岡田卓也, 祖父江慶太郎, 後竹康子, 野村佳克, 大北裕, 杉本幸司

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S188‐S189(J‐STAGE), 日本語

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出裕, 山口雅人, 谷龍一郎, 丸山晃司, 元津倫幸, 堀之内宏樹, 片山直人, 上嶋英介, 岡田卓也, 杉本幸司, 野村佳克, 後竹康子, 大北裕

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S167(J‐STAGE), 日本語

  • EVAR後の遅発性type1bエンドリークの危険因子に関する検討

    元津倫幸, 岡田卓也, 丸山晃司, 堀之内宏樹, 臼井亮介, 片山直人, 後竹康子, 谷龍一郎, 上嶋英介, 小出裕, 野村佳克, 祖父江慶太郎, 山口雅人, 大北裕, 杉本幸司

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S137(J‐STAGE), 日本語

  • 上腸間膜動脈急性閉塞に対しフォガティースルールーメンカテーテルを用いて血栓除去を行った一例

    谷龍一郎, 山口雅人, 臼井亮介, 丸山晃司, 堀之内宏樹, 元津倫幸, 片山直人, 上嶋英介, 小出裕, 岡田卓也, 祖父江慶太郎, 杉本幸司, 野村佳克, 後竹康子, 大北裕

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S207(J‐STAGE), 日本語

  • Endoleakの治療:多施設調査の結果を含めて

    小川普久, 西巻博, 大須賀慶悟, 池田理, 本郷哲夫, 岩越真一, 川崎竜太, ウッドハムス玲子, 山口雅人, 神谷美佳, 兼松雅之, 本多正徳, 神納敏夫, 小泉淳, 吉川公彦

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S95(J‐STAGE), 日本語

  • 予防的IMA塞栓術を併施したENDURANT Stentgraft Systemを用いたEVARの治療成績

    片山 直人, 岡田 卓也, 後竹 康子, 上嶋 英介, 野村 佳克, 山口 雅人, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本脈管学会, 2015年10月, 脈管学, 55 (Suppl.), S131 - S131, 日本語

  • 当院における薬剤溶出性球状塞栓物質を用いたTACE(DEB-TACE)の初期治療成績

    片山 直人, 岡田 卓也, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 275 - 275, 日本語

  • 前下膵十二指腸動脈瘤破裂により十二指腸水平脚に高度狭窄を来たした1例

    小出 裕, 岡田 卓也, Muradi Akhmadu, 片山 直人, 上嶋 英介, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 277 - 277, 日本語

  • 前置・癒着胎盤の帝王切開時におけるIVR ハイブリッド手術室を利用した新たな治療戦略

    元津 倫幸, 岡田 卓也, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 284 - 284, 日本語

  • 異時性に発症した両側特発性腸骨動脈解離の1例

    谷 龍一郎, 上嶋 英介, 元津 倫幸, 片山 直人, 小出 裕, 岡田 卓也, 山口 雅人, 野村 佳克, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 286 - 286, 日本語

  • 脾損傷後に認める遅発性仮性動脈瘤の治療経験

    小出 裕, 岡田 卓也, 谷 龍一郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 石原 諭, 中山 伸一

    (一社)日本救急医学会, 2015年08月, 日本救急医学会雑誌, 26 (8), 391 - 391, 日本語

  • 広範囲胸部大動脈瘤に対する二期的ハイブリッド手術の1例

    林 太郎, 戸部 智, 杉山 博信, 伊集院 真一, 山口 眞弘, 山口 雅人, 岡 隆紀, 三里 卓也, 常深 孝太郎, 谷村 信宏

    74歳女。胸痛を主訴に当院を受診し、胸部CTにてStanford B型急性大動脈解離と診断のもと保存的治療を行った。治療後も当科外来で経過観察中であったが、2年半年後のCTにて瘤径の拡大傾向を認めたため、手術目的に入院となった。入院時の胸部CTで上行〜弓部〜下行大動脈(横隔膜近傍まで)の広範囲胸部大動脈瘤を認めたため、ET法を用いた弓部大動脈全置換術を先行させ、第47病日に胸部ステントグラフト内挿術を二期的に行った。術後13ヵ月経過した現在、エンドリークは認めず、順調に経過している。

    (株)南江堂, 2015年07月, 胸部外科, 68 (7), 515 - 519, 日本語

  • 門脈圧亢進症 PTO、TIOなど

    岡田 卓也, 山口 雅人, 片山 直人, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年06月, IVR: Interventional Radiology, 30 (2), 166 - 171, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 破裂性腹部大動脈瘤の手術成績Open vs EVAR

    野村 佳克, 後竹 康子, 坂本 敏仁, 池野 友基, 松枝 崇, 山里 隆浩, 井澤 直人, 山中 勝弘, 宮原 俊介, 森本 直人, 松森 正術, 山口 雅人, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2015年05月, 日本血管外科学会雑誌, 24 (3), 503 - 503, 日本語

  • 成人型頭蓋外血管腫・血管奇形の放射線治療

    松尾 圭朗, 小島 芳夫, 吉田 賢史, 宮脇 大輔, 西村 英輝, 村岡 修, 原田 文, ノル・シャズリナ, 松本 葉子, 江島 泰生, 佐々木 良平, 山口 雅人

    (公社)日本医学放射線学会, 2015年02月, Japanese Journal of Radiology, 33 (Suppl.), 64 - 64, 日本語

  • 内腸骨動脈空置瘤に対して経動脈的塞栓術を施行した2例

    小出 裕, 岡田 卓也, Muradi Akhamadu, 片山 直人, 上嶋 英介, 山口 雅人, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年12月, IVR: Interventional Radiology, 29 (4), 435 - 435, 日本語

  • 研修医に教えたいIVRの手技 カテーテル、ガイドワイヤー操作の基本(Basics of IR Technique)

    山口 雅人

    (公社)日本医学放射線学会, 2014年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 50回, S650 - S651, 日本語

  • 【腹部Interventional Radiologyの手技とコツ】腹部外傷に対するIVR

    杉本 幸司, 上嶋 英介, 片山 直人, 岡田 卓也, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 井戸口 孝二, 山口 雅人

    産業開発機構(株), 2014年08月, 映像情報Medical, 46 (8), 732 - 737, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【NBCA塞栓術の現状と病理組織学的影響】NBCA塞栓術の現状と病理組織学的影響 膵臓

    岡田 卓也, 山口 雅人, Muradi Akhmadu, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年08月, IVR: Interventional Radiology, 29 (3), 252 - 257, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 鈍的外傷に伴う下腸間膜動脈引き抜き損傷に対して大動脈ステントグラフトにて治療し得た1例

    門場 智也, 魚谷 健祐, 春藤 真紀, 木下 知恵子, 山崎 愉子, 濱中 章洋, 久島 健之, 江里口 光太郎, 杉本 貴樹, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年06月, IVR: Interventional Radiology, 29 (2), 217 - 217, 日本語

  • 巨細胞動脈炎の関与が疑われる両側上腕動脈病変に対しPTAを施行した2例

    上嶋 英介, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 片山 直人, Muradi Akhmadu, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年06月, IVR: Interventional Radiology, 29 (2), 219 - 219, 日本語

  • 当院における非外傷性特発性後腹膜出血に対する動脈塞栓術の検討

    片山 直人, 祖父江 慶太郎, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年06月, IVR: Interventional Radiology, 29 (2), 223 - 223, 日本語

  • 外傷IVRの基本と応用 脾損傷

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 片山 直人, 小出 裕, Muradi Akhmadu, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年06月, IVR: Interventional Radiology, 29 (2), 188 - 194, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【非外傷性出血のIVR】非外傷性の特発性後腹膜出血

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 片山 直人, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年06月, IVR: Interventional Radiology, 29 (2), 140 - 146, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 上腸間膜動脈塞栓症に対するガイディングシースとガイディングカテーテルを用いた血栓吸引療法

    川崎 竜太, 宮本 直和, 木下 めぐ美, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 151 - 151, 日本語

  • 周産期出血に対する子宮動脈塞栓術における子宮動脈造影所見の検討

    岡田 卓也, 山口 雅人, 上嶋 英介, Muradi Akhmadu, 片山 直人, 祖父江 慶太郎, 井戸口 孝二, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 153 - 153, 日本語

  • 鈍的胸部大動脈損傷に対する企業性ステントグラフトを用いたTEVARの現状

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 片山 直人, 小出 裕, Muradi Akhmadu, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕, 森 岳樹

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 176 - 176, 日本語

  • 急性下肢動脈閉塞に対するFogarty Thru-Lumen catheterを用いた選択的血栓除去術の治療成績の検討

    片山 直人, 山口 雅人, 岡田 卓也, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 野村 佳克, 祖父江 慶太郎, 井戸口 孝二, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 194 - 194, 日本語

  • EVAR後Type II Endoleak残存症例に対する追加治療の成績

    上嶋 英介, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 片山 直人, Muradi Akhmadu, 森 岳樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年05月, IVR: Interventional Radiology, 29 (Suppl.), 204 - 204, 日本語

  • EVAR後type II endoleakに対する治療成績

    野村 佳克, 山中 勝弘, 深瀬 圭吾, 後竹 康子, 小原 大見, 井澤 直人, 白坂 知識, 宮原 俊介, 坂本 敏仁, 井上 武, 松森 正術, 山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 健次, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2014年04月, 日本血管外科学会雑誌, 23 (2), 396 - 396, 日本語

  • 尿管動脈瘻に対するステントグラフト留置術の長期成績

    山口 雅人, 岡田 卓也, 野村 佳克, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2014年04月, 日本血管外科学会雑誌, 23 (2), 426 - 426, 日本語

  • 救急医療におけるハイブリッドシステム(手術室・初療室)の現状と問題点 外傷診療におけるハイブリッド治療の現状

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 水島 靖明, 松岡 哲也

    (一社)日本臨床救急医学会, 2014年04月, 日本臨床救急医学会雑誌, 17 (2), 200 - 200, 日本語

  • PS-095-6 腎動脈下大動脈の屈曲がEVAR後の長期成績に与える影響(PS-095 大血管 ステントグラフト1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    野村 佳克, 山中 勝弘, 深瀬 圭吾, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 優, 陽川 孝樹, 後竹 康子, 小原 大見, 井澤 直人, 宮原 俊介, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 井上 武, 松森 正術, 岡田 健次, 大北 裕

    一般社団法人日本外科学会, 2014年03月05日, 日本外科学会雑誌, 115 (2), 765 - 765, 日本語

  • 腎動脈下大動脈の屈曲がEVAR後の長期成績に与える影響

    野村 佳克, 山中 勝弘, 深瀬 圭吾, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 優, 陽川 孝樹, 後竹 康子, 小原 大見, 井澤 直人, 宮原 俊介, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 井上 武, 松森 正術, 岡田 健次, 大北 裕

    (一社)日本外科学会, 2014年03月, 日本外科学会雑誌, 115 (臨増2), 765 - 765, 日本語

  • 【救急疾患に対するIVR】泌尿器科領域の救急疾患に対するIVR

    岡田 卓也, 山口 雅人, Muradi Akhmadu, 片山 直人, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 井戸口 孝二, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2014年02月, IVR: Interventional Radiology, 29 (1), 34 - 42, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 腹部大動脈瘤下大静脈穿破に対し緊急EVARおよび追加塞栓を施行した1例

    上嶋 英介, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 片山 直人, Muradi Akhmadu, 杉本 孝司, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年10月, IVR: Interventional Radiology, 28 (4), 494 - 494, 日本語

  • 内臓動脈瘤に対するIVR 孤立性内腸骨動脈瘤に対する血管内治療の長期成績

    山口 雅人, Muradi Akhmadu, 井戸口 孝二, 祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 野村 佳克, 川崎 竜太, 大北 裕, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 103 - 103, 日本語

  • 出血に対するIVR 非外傷性特発性後腹膜出血に対する動脈塞栓術の検討

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, Muradi Akhmadu, 井戸口 孝二, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 105 - 105, 日本語

  • 出血に対するIVR 動脈破裂を来した血管型Ehlers-Danlos症候群に対するTAEの検討

    岡田 卓也, Frank Michael, Pellerin Olivier, Di Primio Massimiliano, Angelopoulos Giorgio, 山口 雅人, 杉本 幸司, Sapoval Marc

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 106 - 106, 日本語

  • 尿管動脈瘻に対する血管内管理(Endovascular Management for Ureteroarterial Fistula)

    杉本 幸司, 山口 雅人, 野村 佳克, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 110 - 110, 英語

  • 肝仮性動脈瘤に対する側孔付きアンスロンP-Uカテーテルを併用した塞栓術

    川崎 竜太, 宮本 直和, 大木 晴香, 東野 貴徳, 鷲尾 哲郎, 丸田 力, 五味 隆, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 158 - 158, 日本語

  • Ehlers-Danlos症候群患者2例における内臓動脈仮性瘤の治療経験

    大木 晴香, 川崎 竜太, 宮本 直和, 中桐 啓太郎, 吉田 正人, 向原 伸彦, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 167 - 167, 日本語

  • 当院における危機的産科出血に対する子宮動脈塞栓術の治療成績

    奥野 晃章, 山口 雅人, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 坂本 憲昭, 祖父江 慶太郎, 上嶋 英介, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 173 - 173, 日本語

  • 両側内腸骨動脈塞栓併用EVARについての検討

    宮本 直和, 川崎 竜大, 吉田 正人, 山口 雅人, 岡田 卓也, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2013年04月, IVR: Interventional Radiology, 28 (Suppl.), 201 - 202, 日本語

  • PS-157-2 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の適応拡大における問題点(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    野村 佳克, 後竹 康子, 木下 史子, 小原 大見, 中井 秀和, 山中 勝弘, 白坂 知識, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 井上 武, 南 一司, 岡田 健次, 上嶋 英介, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 大北 裕

    一般社団法人日本外科学会, 2013年03月05日, 日本外科学会雑誌, 114 (2), 737 - 737, 日本語

  • PD-17-1 IFU外症例に対するステントグラフト内挿術の治療成績(PD パネルディスカッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    杉本 幸司, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 野村 佳克, 大北 裕

    一般社団法人日本外科学会, 2013年03月05日, 日本外科学会雑誌, 114 (2), 274 - 274, 日本語

  • 大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の適応拡大における問題点 IFU外症例に対するステントグラフト内挿術の治療成績

    杉本 幸司, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 野村 佳克, 大北 裕

    (一社)日本外科学会, 2013年03月, 日本外科学会雑誌, 114 (臨増2), 274 - 274, 日本語

  • 巨細胞性動脈炎による両側鎖骨下動脈-上腕動脈近位部狭窄に対し血管内治療を施行した1例

    濱口 浩敏, 福住 典子, 野村 佳克, 山口 雅人

    (一社)日本脈管学会, 2012年09月, 脈管学, 52 (Suppl.), S182 - S183, 日本語

    会議報告等

  • 鈍的胸部大動脈損傷超急性期における企業製ステントグラフトの使用経験

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕, 川嶋 隆久, 石井 昇, 中尾 彰太, 松岡 哲也

    (一社)日本救急医学会, 2011年08月, 日本救急医学会雑誌, 22 (8), 568 - 568, 日本語

  • 【血管内治療の現況と今後の展望】ステントグラフト 緊急ステントグラフト

    山口 雅人, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 野村 佳克, 佐藤 雅信, 大北 裕

    (株)メディカルレビュー社, 2011年08月, Pharma Medica, 29 (8), 29 - 33, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【血管内治療の現況と今後の展望】ステントグラフト TEVAR企業製デバイスの現況

    岡田 卓也, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 野村 佳克, 佐藤 雅信, 大北 裕

    (株)メディカルレビュー社, 2011年08月, Pharma Medica, 29 (8), 19 - 22, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 副腎静脈サンプリング法におけるIVR-CTシステム・コーンビームCTの有効利用

    竹本 洋太, 古東 正宜, 吉井 勝, 岡本 健吾, 田中 里香, 木村 博俊, 花田 健, 川光 秀昭, 山口 雅人

    (公社)日本放射線技術学会-近畿支部, 2011年05月, 日本放射線技術学会近畿部会雑誌, 17 (1), 97 - 97, 日本語

  • 透析バスキュラーアクセス 透析シャント機能不全に対するIVR その適応と限界 閉塞例を中心に

    杉本 幸司, 森 岳樹, 山口 雅人, 奥野 晃章, 木下 めぐ美, 上嶋 英介

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2011年05月, IVR: Interventional Radiology, 26 (2), 221 - 225, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 320列CTを用いた上腹部血流測定 造影条件の血流値に対する影響

    神田 知紀, 吉川 武, 大野 良治, 小西 稔, 山口 雅人, 金田 直樹, 神山 久信, 竹中 大祐, 北島 一宏, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2011年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 70回, S227 - S228, 日本語

  • 320列CTを用いた上腹部CT Perfusion 臓器血流量の肝疾患群・非疾患群および各種治療前後の比較

    神田 知紀, 吉川 武, 大野 良治, 小西 稔, 山口 雅人, 金田 直樹, 神山 久信, 竹中 大祐, 北島 一宏, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2011年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 70回, S228 - S228, 日本語

  • EOB-dynamic MRIにおける肝細胞癌内の動脈血流評価 dynamic CTおよび血管造影下CTとの比較

    金田 直樹, 吉川 武, 大野 良治, 神田 知紀, 山口 雅人, 小西 稔, 青山 信和, 古東 正宜, 高橋 哲, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2011年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 70回, S275 - S275, 日本語

  • 局所脂肪肝をきたしたインスリノーマ多発肝転移の1例

    神田 知紀, 吉川 武, 前田 哲雄, 北島 一宏, 伊崎 健太, 高橋 哲, 大野 良治, 杉村 和朗, 山口 雅人, 神野 歩, 廣田 勇士, 小川 渉

    (公社)日本医学放射線学会, 2011年01月, Japanese Journal of Radiology, 29 (Suppl.I), 56 - 56, 日本語

  • 【ダイナミック局所解剖】大静脈とアクセスの解剖学的考察

    坂本 憲昭, 山口 雅人, 竹内 義人, 祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 伊崎 健太, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2010年10月, IVR: Interventional Radiology, 25 (4), 427 - 434, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 大動脈ステントグラフト治療の実際

    山口 雅人

    (公社)日本医学放射線学会, 2010年08月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 46回, S441 - S441, 日本語

  • 【ER必携 骨盤の画像診断】血尿

    高橋 哲, 山本 浩詞, 山口 雅人, 杉村 和朗

    (株)学研メディカル秀潤社, 2010年06月, 画像診断, 30 (8), 764 - 776, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【急性大動脈解離の集学的アプローチ(その2)】下肢血流異常を合併した急性大動脈解離の治療戦略 血管内治療の応用を中心に

    山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 卓也, 杉村 和朗, 北川 敦士, 大北 裕

    (有)科学評論社, 2009年12月, 循環器科, 66 (6), 592 - 597, 日本語

  • 腹部大動脈瘤に対するEVAR 日本における適応と限界 Zenith AAAステントグラフト適応基準からの検討

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 長谷川 智巳, 南 一司, 松森 正術, 宗像 宏, 野村 佳克, 山口 雅人, 杉本 幸司

    【目的】日本人の腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術(EVAR)の適応と限界についてZenith AAAステントグラフトの適応基準に従い検討した。【方法】2006年1月から2007年12月の間、当科で評価した腹部大動脈瘤(AAA)125人のうち、CT評価可能であった106人(男性88人、平均年齢73歳)を対象とした。マルチスライスCTスキャンを用い、以下について計測、解析を行った。1)腹部大動脈瘤最大短径、2)Proximal neck外径、長、3)総腸骨動脈外径、長、4)Proximal neckの腎動脈上方大動脈に対する角度、大動脈瘤長軸に対する角度、5)外腸骨動脈径、6)低位腎動脈から大動脈分岐部までの腹部大動脈長。【結果】EVAR可能症例27例(25.5%)、除外症例79例(74.5%)であった。男女別EVAR適応率は男性29.5%(26/88例)、女性5.6%(1/18例)であり、女性でよりEVAR除外例が多かった(P=0.04)。おもな除外理由は、short proximal neck 32例(40.5%)、腸骨動脈狭小24例(30.4%)、腎動脈下proximal neck高度屈曲23例(29.1%)であった。【結論】文献上、欧米人のEVAR適応率は48〜66%と報告されているが、日本人においてZenith AAAステントグラフトの適応基準を順守すると、short proximal neck、腸骨動脈狭小、proximal neck高度屈曲等の問題から、とくに女性においてEVARの適応は限界があると言わざるを得ない。(著者抄録)

    (NPO)日本血管外科学会, 2009年10月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (6), 595 - 602, 日本語

  • 人工臓器としてのステントグラフト 素材とデザインの問題点 自作ステントグラフトによるTEVARの遠隔成績

    北川 敦士, 田中 亜希子, 宗像 宏, 松森 正術, 南 一司, 長谷川 智巳, 岡田 健次, 山口 雅人, 杉本 幸司, 杉村 和朗, 大北 裕

    (一社)日本人工臓器学会, 2009年10月, 人工臓器, 38 (2), S - 37, 日本語

  • 腹部臓器、下肢虚血を合併した急性B型大動脈解離に対してステントグラフト内挿術が奏功した1例

    野村 佳克, 中井 秀和, 白坂 知識, 野村 拓生, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 高橋 宏明, 宗像 宏, 松森 正術, 南 一司, 長谷川 智巳, 北川 敦士, 岡田 健次, 大北 裕, 魚谷 健祐, 伊崎 健太, 山口 雅人, 杉村 和朗

    (NPO)日本血管外科学会, 2009年06月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (4), 536 - 536, 日本語

  • 内臓動脈瘤に対する治療方針の検討

    坂本 敏仁, 白坂 知識, 大村 篤史, 野村 拓生, 野村 佳克, 田中 亜紀子, 高橋 宏明, 宗像 宏, 松森 正術, 北川 敦士, 南 一司, 長谷川 智巳, 岡田 健次, 大北 裕, 山口 雅人

    (NPO)日本血管外科学会, 2009年04月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (2), 386 - 386, 日本語

  • 医療コストからみた血管外科治療 胸部下行大動脈瘤における医療コストの比較 Open surgery vs TEVAR

    野村 佳克, 北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 長谷川 智巳, 南 一司, 松森 正術, 宗像 宏, 高橋 宏明, 田中 亜紀子, 大村 篤史, 坂本 敏仁, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2009年04月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (2), 182 - 182, 日本語

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対するMatsui-Kitamuraステントグラフト留置術の有用性

    山口 雅人, 杉本 幸司, 築部 卓郎, 松川 律, 原口 知則, 小澤 修一, 北川 敦士, 野村 佳克, 杉村 和朗, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2009年04月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (2), 239 - 239, 日本語

  • 当院に於ける腹部大動脈瘤に対するステントグラフトの早期成績と適応の限界

    野村 佳克, 北川 敦士, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 野村 拓生, 田中 亜希子, 高橋 宏明, 宗像 宏, 松森 正樹, 長谷川 智巳, 岡田 健次, 大北 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (NPO)日本血管外科学会, 2009年04月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (2), 292 - 292, 日本語

  • 緊急手術を要する胸部下行大動脈瘤の治療選択 胸部下行大動脈破裂 TEVARとopen surgeryの比較と問題点

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 長谷川 智己, 南 一司, 松森 正術, 宗像 宏, 野村 佳克, 田中 亜希子, 高橋 宏明, 泉 聡, 大村 篤史, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2009年03月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 38 (Suppl.), 134 - 134, 日本語

  • 慢性腎障害(CKD)症例における肝臓dynamic CTでの造影剤減量プロトコールの検討

    鶴崎 正勝, 祖父江 慶太郎, 三宅 基隆, 伊崎 健太, 山口 雅人, 川崎 竜太, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 荒井 保明, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2009年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 68回, S346 - S346, 日本語

  • 主経路慢性閉塞を伴う透析シャント不全に対するPTAの治療成績

    上嶋 英介, 森 岳樹, 山口 雅人, 石原 武明, 小出 裕, 奥野 晃彰, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2009年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 68回, S351 - S351, 日本語

  • 血管外科におけるカテーテル治療 胸部大動脈破裂に対する検討 TEVAR vs open surgery

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 長谷川 智己, 松森 正術, 宗像 宏, 野村 佳克, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本外科学会, 2009年02月, 日本外科学会雑誌, 110 (臨増2), 185 - 185, 日本語

  • 冠動脈用ステントグラフトにて止血しえた右腎動脈損傷の1例

    伊崎 健太, 川崎 竜太, 杉本 幸司, 岡田 卓也, 魚谷 健祐, 山口 雅人, 前田 哲雄, 北川 敦士, 大北 裕, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2009年01月, IVR: Interventional Radiology, 24 (Suppl.), 12 - 13, 日本語

  • 日本人におけるEVAR(Endovascular Aneurysm Repair)の解剖学的適合性

    北川 敦士, 大北 裕, 岡田 健次, 森本 喜久, 松森 正術, 宗像 宏, 川崎 竜太, 山口 雅人, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2009年01月, IVR: Interventional Radiology, 24 (Suppl.), 28 - 29, 日本語

  • 【肺血栓塞栓症のIVR治療に必要な画像診断とテクニック】肺血栓塞栓症と深部静脈血栓症のIVR治療

    杉本 幸司, 山口 雅人, 森 岳樹, 奥野 晃章, 石原 武明, 上嶋 英介, 小出 裕, 杉村 和朗

    金原出版(株), 2008年08月, 臨床放射線, 53 (8), 977 - 986, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • ゼラチンスポンジによる塞栓を行った腎生検後の仮性動脈瘤の1例

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 野津 寛大, 前田 哲雄, 伊崎 健太, 山口 雅人, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2008年04月, IVR: Interventional Radiology, 23 (2), 217 - 217, 日本語

  • IVH挿入に伴う胸肩峰動脈損傷に対してNBCAによる塞栓を施行した1例

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 前田 哲雄, 伊崎 健太, 山口 雅人, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2008年04月, IVR: Interventional Radiology, 23 (2), 221 - 221, 日本語

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対するステントグラフト内挿術の治療経験

    石原 武明, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 林 太郎, 川平 敏博, 築部 卓郎, 中村 雅彦, 小澤 修一

    (公社)日本医学放射線学会, 2008年04月, Radiation Medicine, 26 (Suppl.I), 54 - 54, 日本語

  • 肝dynamic CTにおける注入時間一定法を用いたヨード造影剤減量プロトコールの検討

    鶴崎 正勝, 祖父江 慶太郎, 魚谷 健祐, 山口 雅人, 川崎 竜太, 杉本 幸司, 藤井 正彦, 荒井 保明, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2008年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 67回, S145 - S146, 日本語

  • 大動脈疾患に対するMatsui-Kitamuraステント(MKステント)留置術 当院における25例の検討

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 山口 雅人, 北川 敦士, 藤井 正彦, 杉村 和朗, 大北 裕

    (公社)日本医学放射線学会, 2008年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 67回, S156 - S156, 日本語

  • 成人肝鎌状間膜膿瘍の1例

    宮脇 久里子, 芝床 真由美, 平野 恵子, 岸本 悦子, 奥野 京子, 藤次 真知子, 岡本 貴大, 門脇 嘉彦, 田村 竜二, 森 隆, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 高橋 卓也

    (公社)日本超音波医学会, 2007年11月, 超音波医学, 34 (6), 615 - 615, 日本語

  • 分枝虚血障害を合併した大動脈解離に対する経カテーテル的開窓術の検討

    山口 雅人, 杉本 幸司, 森 岳樹, 築部 卓郎, 川平 敏博, 林 太郎, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2007年10月, IVR: Interventional Radiology, 22 (4), 498 - 498, 日本語

  • 閉塞性横断解除後の遷延性黄疸 硬変肝症例でのグルカゴン-インスリン療法の有用性

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 山口 雅人, 前田 哲雄, 安部 能崇, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2007年10月, IVR: Interventional Radiology, 22 (4), 498 - 498, 日本語

  • 【ステント・ステントグラフト治療の現状と将来】腸骨下肢動脈領域のステント治療の現状と将来

    杉本 幸司, 川崎 竜太, 北川 敦士, 北野 育郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 谷口 尚範, 辻 義彦, 杉村 和朗, 大北 裕

    (NPO)日本医工学治療学会, 2007年09月, 医工学治療, 19 (3), 214 - 217, 日本語

  • 成人肝鎌状間膜膿瘍の一例

    宮脇 久里子, 芝床 真由美, 平野 恵子, 岸本 悦子, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 岡本 貴大, 森 隆, 高橋 卓也

    (公社)日本超音波医学会, 2007年04月, 超音波医学, 34 (Suppl.), S634 - S634, 日本語

  • 縊頸を機に発症したreversible posterior leukoencephalopathy syndromeの一例

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 山本 真士, 米田 行宏, 中山 伸一

    (公社)日本医学放射線学会, 2007年04月, Radiation Medicine, 25 (Suppl.I), 64 - 64, 日本語

  • 当院での深部静脈血栓症に対する膝窩静脈アプローチによるIVRの検討

    山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2007年04月, IVR: Interventional Radiology, 22 (2), 268 - 268, 日本語

  • III b型肝損傷に対する治療戦略

    中村 雅彦, 松山 重成, 黒川 剛史, 冨岡 正雄, 小野 真義, 小出 裕, 石井 大嗣, 中山 伸一, 小澤 修一, 杉本 幸司, 森 岳樹, 山口 雅人, 上田 明希

    (一社)日本外傷学会, 2007年04月, 日本外傷学会雑誌, 21 (2), 203 - 203, 日本語

  • 腸骨動脈領域の動脈瘤に対するIVR治療戦略

    谷口 尚範, 杉本 幸司, 川崎 竜太, 安部 能崇, 鶴崎 正勝, 魚谷 健祐, 森 岳樹, 山口 雅人, 杉村 和朗, 大北 裕

    (公社)日本医学放射線学会, 2007年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 66回, S96 - S96, 日本語

  • groove pancreatitisの1例

    宮脇 久里子, 芝床 真由美, 平野 恵子, 岸本 悦子, 奥野 京子, 藤次 真知子, 坂下 正典, 藤井 正俊, 森 岳樹, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (公社)日本超音波医学会, 2006年11月, 超音波医学, 33 (6), 708 - 708, 日本語

  • 【肺血栓塞栓症に必要な画像診断およびIVR】肺血栓塞栓症と深部静脈血栓症のIVR治療

    杉本 幸司, 山口 雅人, 森 岳樹, 祖父江 慶太郎, 新家 俊郎, 川合 宏哉, Zamora Carlos A., 大野 良治, 杉村 和朗

    (株)メジカルビュー社, 2006年07月, 臨床画像, 22 (7), 791 - 799, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • ワルファリンアレルギーを伴った深部静脈血栓症・急性肺血栓塞栓症の1脊損例

    黒田 祐一, 宮本 哲也, 山口 雅人, 川崎 英之, 冨岡 正雄, 中山 伸一, 小澤 修一

    63歳女.交通事故により胸髄損傷を負い入院となった.経過中,無症候性の深部静脈血栓症を早期診断できたが,ワルファリンアレルギーのために十分な抗凝固療法をなしえず,結果的に肺血栓塞栓症を防止できなかった.早期からヘパリンを使用すべきであったと考えられた

    ライフサイエンス出版(株), 2006年06月, Therapeutic Research, 27 (6), 1051 - 1053, 日本語

  • 透析シャント不全に対するカッティングバルーンの初期使用経験

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2006年04月, IVR: Interventional Radiology, 21 (2), 213 - 214, 日本語

  • Wallstent留置にて治療した鈍的骨盤外傷による腸骨静脈損傷の1例

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 黒川 剛史, 中村 雅彦, 中山 伸一, 小澤 修一

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2006年04月, IVR: Interventional Radiology, 21 (2), 219 - 219, 日本語

  • 鈍的骨盤外傷に伴う腸骨静脈損傷症例の画像診断

    森 岳樹, 山口 雅人, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 中山 伸一, 小澤 修一

    (公社)日本医学放射線学会, 2006年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 65回, S255 - S255, 日本語

  • 透析シャント不全に対するカッティングバルーンの初期成績

    祖父江 慶太郎, 森 岳樹, 山口 雅人, 杉本 幸司

    (公社)日本医学放射線学会, 2006年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 65回, S331 - S331, 日本語

  • 大腸憩室出血におけるair enema併用造影dynamic CTの有用性

    岩本 和也, 堀松 高博, 坂下 正典, 藤井 正俊, 岡林 克典, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸治

    (一財)日本消化器病学会, 2005年09月, 日本消化器病学会雑誌, 102 (臨増大会), A779 - A779, 日本語

  • 開院後1年6ヵ月の期間に経験した食道表在癌の検討

    堀松 高博, 坂下 正典, 藤井 正俊, 小幡 大輔, 岩本 和也, 岡林 克典, 田村 竜二, 岡本 貴大, 門脇 嘉彦, 森 隆, 坂田 龍彦, 江島 泰正, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 高橋 卓也

    (一財)日本消化器病学会, 2005年09月, 日本消化器病学会雑誌, 102 (臨増大会), A704 - A704, 日本語

  • 透析シャント不全に対するカッティングバルーンの初期使用経験

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年07月, IVR: Interventional Radiology, 20 (3), 330 - 330, 日本語

  • 当院における十二指腸出血に対する動脈塞栓術の検討

    橋村 宏美, 鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 岩間 祐基, 山口 雅人, 魚谷 健祐, 杉原 良, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2005年02月, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 64回, S260 - S261, 日本語

  • 経カテーテル的動脈塞栓術が奏功した腰動脈鋭的損傷の2例

    祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 森 岳樹, 杉本 幸司, 門脇 嘉彦, 中山 伸一

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年02月, IVR: Interventional Radiology, 20 (2), 212 - 212, 日本語

  • 大動脈解離に対する血管ステントの応用

    山口 雅人, 杉本 幸司, 森 岳樹, 祖父江 慶太郎, 築部 卓郎, 林 太郎, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, カルロス・サモラ, 杉村 和朗, 辻 義彦, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年02月, IVR: Interventional Radiology, 20 (2), 215 - 216, 日本語

  • ステントグラフト留置が有用であった分枝虚血障害合併B型大動脈解離の1例

    山口 雅人, 祖父江 慶太郎, 森 岳樹, 杉本 幸司, 林 太郎, 築部 卓郎

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年02月, IVR: Interventional Radiology, 20 (2), 216 - 216, 日本語

  • 当院における十二指腸出血に対する動脈塞栓術の検討

    橋村 宏美, 鶴崎 正勝, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 岩間 祐基, 山口 雅人, 魚谷 健祐, 杉原 良, 杉村 和朗, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2005年02月, IVR: Interventional Radiology, 20 (2), 218 - 218, 日本語

  • 分枝虚血合併B型大動脈解離に対する血管内治療 特にステント留置,経皮的開窓術を用いて治療した自験例を中心に

    山口 雅人, 杉本 幸司, 森 岳樹, 祖父江 慶太郎, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, サモラ・カルロス, 杉村 和朗, 辻 義彦, 大北 裕

    金原出版(株), 2005年01月, 臨床放射線, 50 (1), 59 - 66, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • air enema併用造影dynamic CTによる大腸憩室出血の描出能 IVR術前評価における有用性について

    祖父江 慶太郎, 森 岳樹, 山口 雅人, 杉本 幸司, 藤井 正俊, 坂下 正典, 岩本 和也, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年09月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (6), S414 - S414, 日本語

  • Aortic fenestrationを施行した下肢血流障害合併B型大動脈解離の2例

    山口 雅人, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 鶴崎 正勝, 伊崎 健太, 岩間 祐基, サモラ・カルロス, 吉川 武, 杉村 和朗, 松田 均, 尾崎 喜就, 辻 義彦, 大北 裕

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2004年07月, IVR: Interventional Radiology, 19 (3), 306 - 306, 日本語

  • 著明な脾腎シャントに伴う高アンモニア血症に対し脾静脈分流術が奏功した1例

    鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 山口 雅人, 伊崎 健太, 岩間 祐基, サモラ・カルロス, 吉川 武, 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2004年07月, IVR: Interventional Radiology, 19 (3), 309 - 310, 日本語

  • 当院における透析シャント不全に対する経皮的血管形成術の経験

    日野 裕, 花房 雄治, 尾崎 喜就, 山下 輝夫, 岡田 健次, 辻 義彦, 山口 雅人, 谷口 尚範, 杉本 幸司, 大北 裕

    (NPO)日本血管外科学会, 2004年04月, 日本血管外科学会雑誌, 13 (2), 339 - 339, 日本語

  • 急速増大したFNHの1例

    岩間 祐基, 谷口 尚範, 杉本 幸司, 鶴崎 正勝, 伊崎 健太, 山口 雅人, Zamora Carlos A., 藤井 正彦, 杉村 和朗, 林 祥剛

    バイエル薬品(株), 2004年04月, 日独医報, 49 (1), 151 - 151, 日本語

  • 分枝虚血障害合併B型大動脈解離に対するIVR 当院における初期治療経験

    山口 雅人, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 吉川 武, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, サモラ・カルロス, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (2), S111 - S111, 日本語

  • MDCTを用いた骨盤下肢動脈CTAの描出能に関する検討 造影剤150ml投与の有用性を中心に

    谷口 尚範, 藤井 正彦, 杉本 幸司, 吉川 武, 川崎 竜太, 鶴崎 正勝, 岩間 祐基, 山口 雅人, カルロス・サモラ, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (2), S187 - S187, 日本語

  • MDCTを用いた全肝dynamic CTによる肝細胞癌診断における造影剤濃度の影響

    鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 吉川 武, 岩間 祐基, 山口 雅人, サモラ・カルロス, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (2), S222 - S222, 日本語

  • 全肝dynamic studyにおけるsingle detector-CTとmulti detector-CTの造影効果の比較

    鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 谷口 尚範, 川崎 竜太, 吉川 武, 岩間 祐基, 山口 雅人, サモラ・カルロス, 藤井 正彦, 杉村 和朗

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (2), S279 - S279, 日本語

  • 腸骨動脈ステントグラフト留置後のエンドリークに対しWallstentが有効であった一例

    山口 雅人, 杉本 幸司, Carlos A.Zamora, 岩間 祐基, 伊崎 健太, 鶴崎 正勝, 谷口 尚範, 森 岳樹, 杉村 和朗, 岡田 健次, 松田 均, 辻 義彦, 大北 裕

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年01月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (1), 71 - 71, 日本語

  • 門脈腫瘍塞栓が自然消退した進行性肝細胞癌の一例

    河野 淳, 杉本 幸司, Carlos A Zamora, 山口 雅人, 岩間 祐基, 伊崎 健太, 鶴崎 正勝, 谷口 尚範, 杉村 和朗, 森 岳樹

    (公社)日本医学放射線学会, 2004年01月, 日本医学放射線学会雑誌, 64 (1), 70 - 70, 日本語

  • 【救急医療と画像診断 IVRによる治療も含めて】胸部 肺血栓塞栓症 IVR治療のポイント

    杉本 幸司, Zamora Carlos A., 山口 雅人, 鶴崎 正勝, 谷口 尚範, 杉村 和朗, 新家 俊郎

    (株)インナービジョン, 2003年09月, INNERVISION, 18 (10), 26 - 29, 日本語

  • 十二指腸静脈瘤に対する経カテーテル治療

    伊崎 健太, 鶴崎 正勝, 杉本 幸司, 谷口 尚範, Zamora C.A., 山口 雅人, 岩間 祐基, 杉村 和朗, 森 岳樹, 桑田 陽一郎, 山路 滋, 廣田 省三

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2003年07月, IVR: Interventional Radiology, 18 (3), 297 - 297, 日本語

  • 術後膵液漏に伴う脾動脈 横行結腸瘻の1例

    岩間 祐基, 谷口 尚範, 杉本 幸司, 鶴崎 正勝, 伊崎 健太, 森 岳樹, 山口 雅人, Zamora C.A., 杉村 和朗

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2003年07月, IVR: Interventional Radiology, 18 (3), 297 - 298, 日本語

  • 代謝性骨疾患における骨代謝定量的評価の試み

    福島 和人, 青木 一, 櫻井 富美子, 保坂 加代, 山口 雅人, 杉村 和朗

    (一社)日本核医学会, 2003年05月, 核医学, 40 (2), 227 - 227, 日本語

  • Lewy小体性痴呆における18FDG-PETと123I-IMP SPECTの所見の対比

    保坂 加代, 山口 雅人, 福島 和人, 杉村 和朗, 石井 一成

    (公社)日本医学放射線学会, 2003年02月, 日本医学放射線学会雑誌, 63 (3), 114 - 115, 日本語

  • 肺癌術後残存肺全摘(Completion pneumonectomy)となった3例

    八田 健, 栗栖 茂, 小山 隆司, 杉本 貴樹, 絵野 幸二, 久島 健之, 山口 雅人, 鈴記 好博, 若槻 慎吾

    (NPO)日本肺癌学会, 2002年10月, 肺癌, 42 (6), 659 - 659, 日本語

  • 【肺癌の診断と治療 最新の研究動向】高齢者(80歳以上)肺癌の最近の知見 高齢者肺癌の治療 延命に結びつく治療は何か

    八田 健, 絵野 幸二, 久島 健之, 山口 雅人, 鈴紀 好博

    (株)日本臨床社, 2002年05月, 日本臨床, 60 (増刊5 肺癌の診断と治療), 577 - 580, 日本語

  • 80歳以上高齢者肺癌の治療

    八田 健, 鈴記 好博, 山口 雅人, 久島 健之, 絵野 幸二

    (NPO)日本肺癌学会, 2001年09月, 肺癌, 41 (5), 510 - 510, 日本語

  • 5年間の経過観察の後に切除されたMALTリンパ腫の1例

    西尾 渉, 八田 健, 山口 雅人, 久島 健之, 絵野 幸二, 馬庭 幸二, 佐野 暢哉

    (NPO)日本肺癌学会, 2000年10月, 肺癌, 40 (6), 685 - 686, 日本語

  • 褐色細胞腫による難治性心不全にカルベジロールの漸増療法が奏効した1例

    五十嵐 宣明, 河田 正仁, 小林 征一, 下川 泰史, 高田 幸浩, 清水 雅俊, 宮武 博明, 岡田 敏男, 水谷 哲郎, 山口 雅人, 小河 幹治, 森田 瑞穂

    59歳男.43歳時に褐色細胞腫の手術を受けていた.腹部CT上褐色細胞腫の再発と肺野の陰影を認め,入院後,肺野の陰影増強と呼吸困難をきたし人工呼吸を行った.カルペリチド(hANP)の短期間投与により利尿を図り一旦抜管したが,再度の呼吸困難と高度な胸水貯留をきたし再挿管.血中ノルアドレナリンの著明な高値と心エコー上び漫性壁運動低下を認め,カテコールアミン心筋症が考えられた.急性増悪期に,hANP,ミルリノンの投与を行い,慢性期にはピモベンダンとカルベジロールを漸増させ併用した.胸水は長期貯留したが,心機能の改善と共に次第に減少し,人工呼吸器からも離脱した.褐色細胞腫に合併した難治性心不全を救命し,その際αβブロッカーの漸増療法が有効であった

    (公財)日本心臓財団, 2000年07月, 心臓, 32 (7), 557 - 562, 日本語

  • 診断が困難であった小唾液腺由来の多形腺腫の1例

    山口 雅人, 小河 幹治, 森田 瑞穂, 黒田 浩之, 中村 哲也

    (公社)日本医学放射線学会, 2000年03月, 日本医学放射線学会雑誌, 60 (4), 225 - 225, 日本語

  • 診断に苦慮した慢性後腹膜血腫の1例

    山口 雅人, 小河 幹治, 森田 瑞穂, 中村 哲也, 金 英植, 石田 常之, 奥村 修一

    (公社)日本医学放射線学会, 2000年01月, 日本医学放射線学会雑誌, 60 (1), 55 - 55, 日本語

  • バルーンカテーテルによるリザーバー留置の可能性

    小河 幹治, 山口 雅人, 森田 瑞穂, 廣田 省三

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 1999年10月, IVR: Interventional Radiology, 14 (4), 522 - 522, 日本語

  • 褐色細胞腫に合併した難治性心不全の1例

    五十嵐 宣明, 小林 征一, 下川 泰史, 水谷 哲郎, 清水 雅俊, 河田 正仁, 岡田 敏男, 山口 雅人, 小河 幹治, 森田 瑞穂

    (一社)日本循環器学会, 1999年08月, Japanese Circulation Journal, 63 (Suppl.II), 773 - 773, 日本語

  • 経過により鑑別し得たPeritoneal inclusion cyst(PIC)の1例

    山口 雅人, 小河 幹治, 森田 瑞穂

    (公社)日本医学放射線学会, 1999年06月, 日本医学放射線学会雑誌, 59 (7), 348 - 348, 日本語

  • 披裂軟骨脱臼の1例

    山口 雅人, 小河 幹治, 森田 瑞穂, 黒田 浩之

    金原出版(株), 1999年04月, 臨床放射線, 44 (4), 509 - 511, 日本語

  • 披裂軟骨脱臼の1例

    山口 雅人, 小河 幹治, 森田 瑞穂, 黒田 浩之

    (公社)日本医学放射線学会, 1999年01月, 日本医学放射線学会雑誌, 59 (1), 38 - 38, 日本語

  • 当院における内臓動脈瘤に対する血管内治療の経験

    山口雅人, 松永直樹, 佐々木康二, 元津倫幸, 岡田卓也, 杉本幸司, 村上卓道

    2021年, 脈管学(Web), 61 (supplement)

  • 61.剖検にて判明した肺動脈原発の平滑筋肉腫の1例(第74回日本肺癌学会関西支部会)

    鳥尾 直美, 八田 健, 豊田 泰弘, 松森 正術, 西川 宏信, 前田 裕己, 梅木 雅彦, 杉本 貴樹, 小山 隆司, 栗栖 茂, 絵野 幸二, 久島 健之, 山口 雅人, 鈴記 好博, 佐野 暢哉

    日本肺癌学会, 2001年10月20日, 肺癌, 41 (6), 723 - 723, 日本語

  • EVAR : Is it Available for Most of Japanese AAA Patients?

    KITAGAWA Atsushi, OKADA Kenji, HASEGAWA Tomomi, MINAMI Kazushi, MATSUMORI Masamichi, MUNAKATA Hiroshi, NOMURA Yoshikatsu, YAMAGUCHI Masato, SUGIYAMA Kazuro, SUGIMOTO Koji

    2009年04月14日, 日本血管外科学会雑誌 = The Japanese journal of vascular surgery : official journal of the Japanese Society for Vascular Surgery, 18 (2), 145 - 145, 英語

  • 冠血管反応性の評価のためのラット摘出灌流心での放射光血管造影

    梅谷 啓二, 福島 和人, 鶴崎 正勝, 魚谷 健祐, 山口 雅人, 杉村 和朗

    2002年10月21日, バイオイメージング, 11 (3), 95 - 96, 日本語

書籍等出版物

  • Fundamentals of Cardiovascular Surgery / 心臓血管外科手術のまずはここから:ステントグラフト内挿術(腹部)

    山口雅人, 堀之内宏樹

    その他, MEDICAL VIEW, 2019年02月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 放射線医学 泌尿生殖器 画像診断・IVR / IVR

    山口雅人, 杉本幸司

    その他, 金芳堂, 2013年04月, 日本語

    学術書

  • 放射線医学 放射線医学総論 / IVR(interventional radiology)

    山口雅人, 杉本幸司

    その他, 金芳堂, 2011年12月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • IVR(Interventional Radiology) / IVR

    山口雅人, 杉本幸司

    その他, 金芳堂, 2011年04月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 新心臓病診療プラクティス 動脈硬化の内科治療に迫る / 大動脈解離、大動脈瘤に対するステントグラフト

    山口雅人

    共著, 浅井宏祐, 2011年03月, 日本語

    教科書・概説・概論

講演・口頭発表等

  • The road to preventing typeⅡ endoleak prior to EVAR

    山口 雅人

    15th Annual scientific meeting of Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR), 2021年02月27日

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Relay Plus - Delivery system・Graft materialの再検討 -

    山口 雅人

    NEXT2020, 2020年11月07日

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 当院における内臓動脈瘤に対する血管内治療の経験

    山口雅人

    第82回日本臨床外科学会総会, 2020年10月30日

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 大動脈解離に対するTEVAR - PETTICOATはこう使う -

    山口 雅人

    Z-conference, 2020年10月30日

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Specific Challenge in the Management of Isolated Internal Iliac Artery Aneurysms

    Global Embolization Oncology Symposium and Technologies (GEST2020), 2020年09月03日

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 大動脈解離のIVRの現況と課題

    山口雅人

    第49回日本IVR学会総会, 2020年08月27日

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • EVAR術前の予防的塞栓術

    山口雅人

    第49回日本IVR学会総会, 2020年08月26日

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 塞栓物質の特徴と選択

    山口雅人

    Japan Endovascular Treatment Conference 2020, 2020年04月18日

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 当院における膵領域の急性出血に対するNBCAを用いた動脈塞栓術の検討

    山口 雅人

    第4回LEMT研究会, 2019年11月30日

    口頭発表(一般)

  • SMA虚血の分枝ステント留置について考えていること

    山口 雅人

    第2回 兵庫血管内治療カンファレンス, 2019年11月29日

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • AAA-SG-

    山口 雅人

    IVR生涯教育セミナー, 2019年10月26日

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • EVAR

    山口 雅人

    Seminar for Interventional Radiology in Asia-Pacific, 2019年10月25日

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 最新のエビデンスに基づくステントグラフト治療の現況と課題:大動脈解離

    山口 雅人

    第55回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2019年10月18日

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Feasibility of whole-aorta CT angiography with 15mL contrast material injection on time-resolved imaging for planning of EVAR

    山口 雅人

    The 67th French Congress of Radiology (JFR 2019), 2019年10月13日

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • IVR・血管内治療につながる救急疾患 -画像診断から治療への橋渡し役になろう!-

    山口雅人

    日本放射線技術学会近畿支部 2019年度夏季セミナー, 2019年07月06日

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 緊急動脈止血術(少し稀なものを含めて押さえておきたい内因性疾患)

    山口 雅人

    第48回日本IVR学会総会, 2019年05月30日

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Management of Thoracic Aortic Injury

    山口 雅人

    Global Embolization Oncology Symposium and Technologies (GEST2019), 2019年05月12日

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Case discussion trauma

    山口 雅人

    Global Embolization Oncology Symposium and Technologies (GEST2019), 2019年05月11日, 英語

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Long-term outcome of transarterial embolization for persistent type II endoleak after endovascular abdominal aortic repair

    山口 雅人

    Charing Cross Symposium 2019, 2019年04月15日

    ポスター発表

  • 肝細胞癌に対する放射線照射治療後の経動脈的化学塞栓療法の安全性の検討

    上嶋英介, 岡田卓也, 山口雅人, 杉本幸司, 村上卓道, 西尾福英之, 田中利洋, 吉川公彦, 高木治行, 児玉大志, 山門亨一郎

    第19回関西肝癌局所療法研究会, 2019年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 放射線科IVRの役割と医療機器のニーズ

    山口雅人

    第23回医療機器等事業化促進プラットフォームセミナー, 2019年01月21日

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • The road to preventing type Ⅱendolaek prior to EVAR

    山口 雅人

    NEXT 2018, 2018年11月

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 当院における経腟分娩後の産道出血に対する動脈塞栓術の検討

    佐々木 康二, 岡田 卓也, Mostafa Hamada, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    兵庫県IVR懇話会, 2018年11月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Utility of Extracellular Volume Fraction Measured from Multiphasic Contrast-Enhanced Computed Tomography for the Estimation of Pancreatic Fibrosis

    Sofue K, Ueno Y, Tani R, Horinouchi H, Maruyama K, Ueshima E, Okada T, Yamaguchi M, Sugimoto K, Murakami T

    104th Radiological Society of North America, Scientific Assembly and Annual Meeting, 2018年11月, 英語, Chicago, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Gore IBEのTechnical Tips

    山口 雅人

    第59回日本脈管学会, 2018年10月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • IMA閉塞例におけるEVAR後のType2エンドリークの検討 予防的IMA塞栓術は有用か?

    岡田 卓也, 元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, Mostafa Hamada, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 田中 裕史

    第59回日本脈管学会総会, 2018年10月, 日本語, 日本脈管学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EVAR術前のIMA/LA塞栓

    佐々木 康二, 山口 雅人, 元津 倫幸, Hamada Mostafa, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    兵庫Coil embolization conference, 2018年10月, 日本語, ボストン・サイエンティフィック・ジャパン株式会社, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Retinal Vasculopathy with Cerebral leukoencephalopathy (RVCL) の一例

    田中 千賀, 神田 知紀, 上野 嘉子, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 前田 隆樹, 野上 宗伸, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    第51回兵庫県磁気共鳴医学研究会, 2018年07月, 日本語, 兵庫県磁気共鳴医学研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Excluder IBE の Internal Iliac Component 3型 Endoleak 回避のための注意点

    山口 雅人

    第22回大動脈ステントグラフト研究会, 2018年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EVARにおける予防的IMA塞栓術は本当に有用か? -当院におけるEndurant+IMA塞栓の成績-

    岡田 卓也, 元津 倫幸, 佐々木 康二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 田中 裕史

    EVAR EXPERT EXCHANGE 2018, 2018年07月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 破裂性十二指腸静脈瘤に対してバルーン閉塞下逆行性静脈瘤塞栓術を施行した一例

    小出 裕, 岡田 卓也, 佐々木 康二, 元津 倫幸, Hamada MAS, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    第65回関西IVR研究会, 2018年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 線維軟骨塞栓症が疑われた若年者脊髄梗塞の一例

    藤原 康弘, 神田 知紀, 上野 嘉子, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 前田 隆樹, 野上 宗伸, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道, 大塚 喜久

    第319回日本医学放射線学会関西地方会, 2018年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 血管損傷に対するGore Viabahnの有効性

    山口 雅人

    第65回関西IVR研究会, 2018年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 肝動脈塞栓術がTGF-β発現に与える影響:ラット肝癌モデルによる検討

    上嶋 英介, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道, 西尾福 英之, 田中 利洋, 吉川 公彦, 高木 治行, 児玉 大志, 山門 亨一郎

    第65回関西IVR研究会, 2018年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The feasibility of preoperative embolization for partial resection of hypervascular spinal tumor

    Tani R, Ueshima E, Hamada M, Sasaki K, Maruyama K, Horinouchi H, Gentsu T, Koide Y, Okada T, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K, Murakami T

    The Joint Meeting of the 47th Meeting of the Japanese Society of Interventional Radiology The 13th Meeting of the International Symposium of Interventional Radiology, 2018年06月, 英語, Japan, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TGF-β1 blockade does not enhance immunomodulatory benefit of partial IRE in murine bladder tumor

    Ueshima E, Srimathveeravall G, Fujimori M, Coleman J, Kim K, Vroomen L, Takaki H, Okada T, Yamaguchi M, Sugimoto K

    The Joint Meeting of the 47th Meeting of the Japanese Society of Interventional Radiology The 13th Meeting of the International Symposium of Interventional Radiology, 2018年06月, 英語, Japan, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Embolization with NBCA for acute bleeding from pancreatic and peripancreatic arteries

    Sasaki K, Okada T, Mostafa H, Maruyama K, Horinouchi H, Gentsu T, Tani R, Ueshima E, Koide Y, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K, Murakami T

    The Joint Meeting of the 47th Meeting of the Japanese Society of Interventional Radiology The 13th Meeting of the International Symposium of Interventional Radiology, 2018年06月, 英語, Japan, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Embolization for acute hemorrhage in patients with head and neck cancer

    Koide Y, Okada T, Mostafa H, Sasaki K, Maruyama K, Horinouchi H, Gentsu T, Tani R, Ueshima E, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K, Murakami T

    The Joint Meeting of the 47th Meeting of the Japanese Society of Interventional Radiology The 13th Meeting of the International Symposium of Interventional Radiology, 2018年06月, 英語, Japan, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の遠隔成績

    後竹 康子, 大山 詔子, 池野 友基, 幸田 陽次郎, 陽川 孝樹, 邉見 宗一郎, 中井 秀和, 松枝 崇, 井上 武, 山口 雅人, 田中 裕史, 杉本 幸司, 大北 裕

    第46回日本血管外科学会学術総会, 2018年05月, 日本語, 日本血管外科学会, 山形, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低酸素刺激がサイトカイン産生に与える影響 ラット肝細胞癌株による検討

    上嶋 英介, 高木 治行, 岡田 卓也, 山口 雅人, 山門 亨一郎, 杉本 幸司

    第47回日本IVR学会総会 (JSIR & ISIR2018), 2018年05月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中長期成績からみた腹部大動脈瘤ステントグラフトの功罪 IMA閉塞例におけるEVAR後のType 2エンドリークの検討 予防的IMA塞栓術は有用か?

    岡田 卓也, 元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, Hamada Mostafa, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 田中 裕史

    第47回日本IVR学会総会 (JSIR & ISIR2018), 2018年05月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ステントグラフト内挿術における放射線科医の役割:EVAR

    山口 雅人

    第77回日本医学放射線学会総会, 2018年04月, 日本語, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低酸素刺激がサイトカイン産生に与える影響:ラット肝細胞癌株による検討

    上嶋英介, 高木治行, 岡田卓也, 山口雅人, 山門亨一郎, 杉本幸司

    第63回中部IVR・第64回関西IVR合同研究会, 2018年02月, 日本語, 中部IVR・関西IVR合同研究会, 愛知, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Clinical Significance of FDG PET in Combination with International Consensus Guidelines 2012 for the Management of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms of the Pancreas.

    Sofue K, Tani R, Ueno Y, Horinouchi H, Okada T, Yamaguchi M, Sugimoto K, Sugimura K, Takanashi S

    105th Radiological Society of North America, Scientific Assembly and Annual Meeting., 2017年12月, 英語, Radiological Society of North America, Chicago, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • 内臓動脈瘤の血管内治療 内臓動脈瘤に対する血管内治療の経験

    杉本 幸司, 谷 龍一郎, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人

    第58回日本脈管学会総会, 2017年10月, 日本語, 日本脈管学会, 名古屋, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Balloon-occluded retrograde transvenous obliteration for duodenal varices.

    Okada T, Maruyama K, Horinouchi H, Gentsu T, Tani R, Usui R, Katayama N, Ueshima E, Koide Y, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K

    CIRSE (Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe) Annual Scientific Meeting, 2017年09月, 英語, CIRSE, Copenhagen, Denmark, 国際会議

    ポスター発表

  • 動脈塞栓術を施行した腎部分切除術後の仮性動脈瘤の検討

    臼井 亮介, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 十二指腸静脈瘤に対するB-RTOの有効性の検討

    丸山 晃司, 岡田 卓也, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腫瘍性脊椎圧骨折に対する経皮的椎体形成術の検討

    谷 龍一郎, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 臼井 亮介, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 炎症性腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿入術(EVAR)の治療成績

    堀之内 宏樹, 岡田 卓也, 丸山 晃司, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IVR技術のいろは-ステントグラフト治療-

    山口雅人

    第46回日本IVR学会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • IVR技術のいろは 超音波ガイド下穿刺技術のいろは

    祖父江 慶太郎, 片山 直人, 岡田 卓也, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • EVAR後にopen conversionに至った症例の検討

    丸山 晃司, 山口 雅人, 岡田 卓也, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Endurant○RステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出裕, 山口雅人, 丸山晃司, 堀之内宏樹, 谷龍一郎, 元津倫幸, 片山直人, 上嶋英介, 岡田卓也, 杉本幸司, 野村佳克, 後竹康子, 大北裕

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 【目的】Endurant○Rステントグラフトを用いた腹部大動脈瘤(AAA)に対するステントグラフト内挿術(EVAR)の中長期成績を検討すること。【方法】対象は2012年から2016年に神戸大学病院および関連施設でAAAに対してEndurant○Rを用いたEVARが施行され、6か月以上の観察を行った134例。(男性118例、年齢は75.1±8.5歳、大動脈瘤最大短径は平均52.4±7.7mm、IFU内症例は89例(66%))後方視的に動脈瘤サイズ変化、エンドリーク(EL)、動脈瘤関連の再治療について検討した。【結果】全134例の平均観察期間は19±11月で、経過観察中の全死亡例は6例(4.5%)であったが、動脈瘤関連死はなかった。動脈瘤のサイズ変化は瘤縮小(5mm以上)50例(37%)、不変79例(59%)、拡大(5mm以上)5例(4%)であった。経過, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出 裕, 山口 雅人, 丸山 晃司, 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    第46回日本IVR学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本IVR学会, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • 腹部ステントグラフト内挿術の遠隔期の問題点 大動脈瘤径拡大、追加治療について

    野村 佳克, 長谷川 翔大, 長命 俊也, 藤末 淳, 陽川 孝樹, 後竹 康子, 尾田 達哉, 阿部 陛之, 松枝 崇, 高橋 宏明, 井上 武, 山口 雅人, 杉本 幸司, 田中 裕史, 大北 裕

    第46回日本血管外科学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本血管外科学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Estimation of Lobar Liver Function using Gadoxetic Acid-Enhanced MR Imaging: Comparison with 99mTc-GSA SPECT Imaging.

    Sofue K, Tsurusaki M, Murakami T, Kitajima K, Yamaguchi M, Sugimoto K, Tanaka U, Takahashi S, Sugimura K

    26th ISMRM Annual Meeting, 2017年04月, 英語, International Society of Magnetic Resonance Medicine, Honolulu, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    山口 雅人, 小出 裕, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    第47回日本血管外科学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本血管外科学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Thoracic Injury: Challenge and Manegement

    山口雅人

    Global Embolization Symposium and Technologies Asia2016, 2016年12月, 英語, Department of Diagnostic Radiology, National Cancer Center Hospital, 東京, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Maximizing Coil Use for Durable Visceral Aneurysm Therapy

    山口雅人

    Global Embolization Symposium and Technologies Asia2016, 2016年12月, 英語, Department of Diagnostic Radiology, National Cancer Center Hospital, 東京, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 肺動脈塞栓術で喀血コントロールしたPDA-Eisenmenger症候群の1例

    玉田 直己, 中山 和彦, 谷仲 謙一, 大西 裕之, 新倉 悠人, 片山 直人, 山口 雅人, 新家 俊郎, 江本 憲昭, 平田 健一

    第1回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会, 2016年10月, 日本語, 日本肺高血圧・肺循環学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Embolization for spontaneous adrenal hemorrhage.

    Gentsu T, Okada T, Katayama N, Tani R, Ueshima E, Koide Y, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, 2016年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, Barcelona, Spain, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Double balloon-occluded retrograde transvenous obliteration (BRTO) using a pull-through technique for the treatment of duodenal varices with two draining veins.

    Koide Y, Okada T, Gentsu T, Tani R, Katayama N, Ueshima E, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, 2016年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, Barcelona, Spain, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Combination therapy using denosumab and transarterial embolization for symptomatic sacral giant cell tumor.

    Tani R, Okada T, Gentsu T, Katayama N, Ueshima E, Koide Y, Sofue K, Yamaguchi M, Sugimoto K

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, 2016年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, Barcelona, Spain, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ブタ肝後面下大静脈損傷モデルを用いたステントグラフトによる止血効果の検討

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 片山 直人, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 井芹 俊恵, 林 聡恵, 三重 慧一郎, 水島 靖明, 杉本 幸司

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ビーズ導入後のTACEの現状 多発肝細胞癌に対する非選択的DEB-TACEの有用性の検討

    岡田 卓也, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EVAR後のDistal sealing zoneの形態変化と遅発性type 1bエンドリークの危険因子に関する検討

    元津 倫幸, 岡田 卓也, 谷 龍一郎, 片山 直人, 上嶋 英介, 小出 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Endurantステントグラフトを用いたEVARにおける予防的IMA塞栓群・非塞栓群の比較・検討

    片山 直人, 山口 雅人, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 後竹 康子, 野村 佳克, 大北 裕

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EndurantステントグラフトによるEVARの中長期成績

    小出 裕, 山口 雅人, 谷 龍一郎, 元津 倫幸, 片山 直人, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 野村 佳克, 後竹 康子, 大北 裕

    日本インターベンショナルラジオロジー学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Angiographic classification of uterine artery may predict failure of UAE for postpartum hemorrhage

    Sugimoto K, Ueshima E, Yamaguchi M, Okada T, Muradi A, Katayama N, Koide Y, Sofue K

    The 12th Asia-Pacific Congress of Cardiovascular and Interventional Radiology, 2016年04月, 英語, Asia-Pacific society of Cardiovascular and Interventional Radiology, Suzhou, CHINA, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Single-Energy Metal Artifact Reduction Algorithm: Utility for Improvements of Image Quality on Dynamic Contrast-enhanced CT in Patients who Underwent Surgical or Endvascular Treatment for Hepatocellular Carcinoma

    Keitaro Sofue, Takeshi Yoshikawa, Yoshiharu Ohno, Noriyuki Negi, Hiroyasu Inokawa, Naoki Sugihara, Sumiaki Matsumoto, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Kazuro Sugimura

    101st Radiological Society of North America, 2015年11月, 英語, Radiological Society of North America, Chicago, United States, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 内腸骨動脈空置瘤に対して経動脈的塞栓術を施行した2例

    小出 裕, 岡田 卓也, Muradi Akhamadu, 片山 直人, 上嶋 英介, 山口 雅人, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕

    第59回関西IVR研究会, 2015年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における薬剤溶出性球状塞栓物質を用いたTACE(DEB-TACE)の初期経験

    片山 直人, 岡田 卓也, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第60回関西IVR研究会, 2015年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 前下膵十二指腸動脈瘤破裂により十二指腸水平脚に高度狭窄を来した一例

    小出 裕, 岡田 卓也, Muradi Akhamadu, 片山 直人, 上嶋 英介, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第61回関西IVR研究会, 2015年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上顎洞癌に対する超選択的動注化学療法併用放射線療法の治療成績

    宮脇大輔, 江島泰生, 上薗 玄, 石原武明, ノルシャズリナ, 山口 雅人, 四宮弘隆, 大月直樹, 丹生健一, 佐々木良平

    日本放射線腫瘍学会第27回学術大会, 2014年12月, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 横浜、パシフィコ横浜, 上顎洞扁平上皮癌に対する超選択的動注化学療法併用放射線療法の成績を遡及的に検討, 国内会議

    ポスター発表

  • 研修医に教えたいIVRの-手技カテーテル、ガイドワイヤー操作の基本ー

    山口雅人

    第50回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2014年09月, 日本語, 日本医学放射線学会, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 両側鎖骨下動脈-上腕動脈近位部狭窄を血管エコーで確認し血管内治療を施行した側頭動脈炎の1例

    高坂 仁美, 福住 典子, 沖 都麦, 今西 孝充, 林 伸英, 濱口 浩敏, 野村 佳克, 山口 雅人, 河野 誠司

    第42回日本血管外科学会学術総会, 2014年05月, 日本語, 日本血管外科学会, 青森, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Endovascular Treatment for Iliac Artery Aneurysm

    山口雅人

    第73回日本医学放射線学会総会, 2014年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 尿管動脈瘻に対するステントグラフト留置術の長期成績

    山口 雅人, 岡田 卓也, 野村 佳克, 杉本 幸司, 大北 裕

    第43回日本血管外科学会総会, 2014年, 日本語, 日本血管外科学会, 青森, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鈍的外傷に伴う下腸間膜動脈引き抜き損傷に対して大動脈ステントグラフトにて治療し得た1例

    門場 智也, 魚谷 健祐, 春藤 真紀, 木下 知恵子, 山崎 愉子, 濱中 章洋, 久島 健之, 江里口 光太郎, 杉本 貴樹, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第57回関西IVR研究会, 2014年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における非外傷性特発性後腹膜出血に対する動脈塞栓術の検討

    片山 直人, 祖父江 慶太郎, Muradi Akhmadu, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第59回関西IVR研究会, 2014年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腎動脈下大動脈の屈曲がEVAR後の長期成績に与える影響

    野村 佳克, 山中 勝弘, 深瀬 圭吾, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 優, 陽川 孝樹, 後竹 康子, 小原 大見, 井澤 直人, 宮原 俊介, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 井上 武, 松森 正術, 岡田 健次, 大北 裕

    第115回日本外科学会総会, 2014年, 日本語, 日本外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 巨細胞動脈炎の関与が疑われる両側上腕動脈病変に対しPTAを施行した2例

    上嶋 英介, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 祖父江 慶太郎, 岡田 卓也, 片山 直人, Muradi Akhmadu, 杉本 幸司

    第58回関西IVR研究会, 2014年, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 救急医療におけるハイブリッドシステム(手術室・初療室)の現状と問題点 外傷診療におけるハイブリッド治療の現状

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 水島 靖明, 松岡 哲也

    第17回日本臨床救急医学会総会, 2014年, 日本語, 日本臨床救急医学会, 下野, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Management of type II endoleak after endovascular repair of arteriocaval fistula complicating aortoiliac aneurysm: case report and literature review

    Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Eisuke Ueshima, Takuya Okada, Koji Idoguchi, Yoshikatsu Nomura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    16th Congress Asian Society for Vascular Surgery (ASVS) and 9th Asian Venous Forum, 2014年, 英語, Asian Society for Vascular Surgery (ASVS), 香港, 中国, 国際会議

    ポスター発表

  • Lesson learned from stent-graft placement for ureteroarterial fistula

    Akhmadu Muradi, Masato Yamaguchi, Koji Idoguchi, Takuya Okada, Yoshikatsu Nomura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    15th Congress Asian Society for Vascular Surgery (ASVS) and 9th Asian Venous Forum, 2014年, 英語, Asian Society for Vascular Surgery (ASVS), 香港, 中国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • EVAR後type II endoleakに対する治療成績

    野村 佳克, 山中 勝弘, 深瀬 圭吾, 後竹 康子, 小原 大見, 井澤 直人, 白坂 知識, 宮原 俊介, 坂本 敏仁, 井上 武, 松森 正術, 山口 雅人, 杉本 幸司, 岡田 健次, 大北 裕

    第42回日本血管外科学会総会, 2014年, 日本語, 日本血管外科学会, 青森, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 尿管動脈瘻に対するステントグラフト留置術の長期治療成績

    岡田 卓也, 山口 雅人, 井戸口 孝二, Muradi Akhmadu, 野村 佳克, 大北 裕, 杉本 幸司

    第54回日本脈管学会総会, 2013年10月, 日本語, 日本脈管学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胸部大動脈損傷に対するTEVARの治療成績

    岡田 卓也, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 野村 佳克, 大北 裕, 杉本 幸司

    第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2013年10月, 日本語, 日本医学放射線学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Long-term Outcomes of Endovascular Treatment for Isolated Internal Iliac Artery Aneurysms

    山口雅人

    2013CIRSE, 2013年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Society of Europe, Barcelona, Spain, 国際会議

    ポスター発表

  • Impact of Symptom Rescue by Fractionated Radiotherapy for Rare Angiogenetic Neoplasm of the Abdomen, Vertebra, and Head and Neck Regions

    Y Matsuo, K Yoshida, D Miyawaki, Y Ejima, NS Sulaiman, Y Kojima, M Yamaguchi, K Sugimoto, R Sasaki

    55th Annual meeting ASTRO, 2013年09月, 英語, ASTRO, Atlanta, GA, USA, Because of the rarity, a standard treatment for the adult vascular malformation occurred outsides the scalp has not been established. In our institution, the fractionated radiotherapy was successfully applied to the adult vascular malformation of the abdomen, vertebra, and head and neck regions. Here, we retrospectively evaluated our experience and propose a standard of care of, 国際会議

    ポスター発表

  • 腹腔動脈起始部狭窄に伴う下膵十二指腸動脈瘤破裂に対するTAE後に十二指腸狭窄をきたした1例

    祖父江慶太郎, 山口雅人, 井戸口孝二, 岡田卓也, 上嶋英介, Akhmadu Muradi, 片山直人, 杉本幸司

    関西IVR地方会, 2013年06月, 日本語, 関西IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鈍的大動脈損傷に対する急性期IVR治療の現状

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕, 川嶋 隆久, 松岡 哲也

    第27回日本外傷学会総会, 2013年05月, 日本語, 日本外傷学会, 久留米, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 孤立性内腸骨動脈瘤に対する血管内治療の長期成績

    山口雅人

    第42回IVR学会総会, 2013年05月, 日本語, 日本IVR学会, 軽井沢, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • IVRによる外傷診療戦略 鈍的大動脈損傷に対する急性期IVR治療

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 野村 佳克, 大北 裕, 川嶋 隆久, 松岡 哲也

    第27回日本外傷学会定期学術集会, 2013年05月, 日本語, 日本外傷学会, 久留米, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • EVAR後type 2 endoleakに対する治療

    野村 佳克, 後竹 康子, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 白坂 知識, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 井上 武, 南 一司, 岡田 健次, 宮本 直和, 山口 雅人, 井戸口 孝二, 杉本 幸司, 大北 裕

    第41回日本血管外科学会学術総会, 2013年05月, 日本語, 日本血管外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の適応拡大における問題点

    野村 佳克, 後竹 康子, 木下 史子, 小原 大見, 中井 秀和, 山中 勝弘, 白坂 知識, 竹歳 秀人, 宮原 俊介, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 井上 武, 南 一司, 岡田 健次, 上嶋 英介, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 大北 裕

    第113回日本外科学会定期学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の適応拡大における問題点 IFU外症例に対するステントグラフト内挿術の治療成績

    杉本 幸司, 井戸口 孝二, 山口 雅人, 野村 佳克, 大北 裕

    第113回日本外科学会定期学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本外科学会, 福岡, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 若手腹部救急医育成のためのIVR研修 -subspecialityへの道-

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 杉本 幸司, 松岡 哲也

    第49回日本腹部救急医学会総会, 2013年03月, 日本語, 日本腹部救急医学会, 福岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 腹部大動脈瘤の治療成績 EVAR vs Open Surgery

    野村 佳克, 竹歳 秀人, 小原 大見, 白坂 知識, 宮原 俊介, 山中 勝弘, 坂本 敏仁, 大村 篤史, 田中 亜紀子, 井上 武, 岡 隆紀, 岡田 健次, 大北 裕, 山口 雅人, 杉本 幸司

    第43回心臓血管外科学会, 2013年02月, 日本語, 日本心臓血管外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 成人型頭蓋外血管腫・血管奇形の放射線治療

    松尾圭朗, 小島芳夫, 吉田賢史, 宮脇大輔, 西村英輝, 村岡 修, 原田 文, ノル シャズリナ, ビンティ スライマン, 松本葉子, 江島泰生, 佐々木良平, 山口雅人

    第303回日本医学放射線学会関西地方会(第375回レントゲンアーベント), 2013年02月, 日本語, 日本医学放射線学会関西地方会, 大阪(ブリーゼプラザ小ホール), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鎖骨下静脈からの中心静脈カテーテル挿入に伴う胸肩峰動脈損傷に対して動脈塞栓術を施行した2例

    祖父江慶太郎, 山口雅人, 坂本憲昭, 奥野晃章, 井戸口孝二, 上嶋英介, 杉本幸司, 川崎竜太

    日本IVR学会第33回関西地方会, 2013年02月, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 巨細胞性動脈炎による両側鎖骨下動脈ー上腕動脈近位部狭窄に対し血管内治療を施行した1例

    濱口 浩敏, 福住 典子, 野村 佳克, 山口 雅人

    第53回日本脈管学会総会, 2012年10月, 日本語, 日本脈管学会, 東京, 巨細胞性動脈炎による鎖骨下動脈ー上腕動脈狭窄に対して血管内治療を行った症例について報告した, 国内会議

    ポスター発表

  • Selective embolization for recurrent high-flow renal arteriovenoous fistula with aneurysmal change caused by self-stabbing in a hara-kiri suicide attempt

    井戸口 孝二, 山口 雅人, 岡田 卓也, 坂本 憲昭, 奥野 晃章, 杉村 和朗, 杉本 幸司, 堀 信一, 松岡 哲也

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe 2012, 2012年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, Portugal, 国際会議

    ポスター発表

  • Mid-term results of stent-graft treatment for Ureteroarterial Fistula

    Masato Yamaguchi, Takuya Okada, Noriaki Sakamoto, Teruaki Okuno, Koji Idoguchi, Akhmadu Muradi, Kazuro Sugimura, Koji Sugimoto

    14th Asia Oceanian Congress of Radiology, 2012年09月, 英語, Asia Oceanian Congress of Radiology, Sydney, Australia, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Midterm results of endovascular stent-graft placement for ureteroarterial fistulas (UAFs)

    Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Akhmadu Muradi, Yoshikatsu Nomura, Kensuke Uotani, Koji Idoguchi, Naokazu Miyamoto, Ryota Kawasaki, Takanori Taniguchi, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    CIRSE 2012, 2012年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, Lisbon, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Hyponatremic Hypertensive Syndrome in an Infant Child Presenting as Nephrotic Syndrome: a Case Report.

    Ninchoji T, Kaito H, Otsubo H, Hashimoto F, Ishimori S, Hashimura Y, Morisada N, Kawasaki A, Yamaguchi M, Iijima K

    Japan-Korea The 10th Pediatric Nephrology Seminar, 2012年05月, 英語, 東京, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Endovascular Treatment for Traumatic Aortic Injury

    杉本 幸司, 森 岳樹, 山口 雅人

    10th Asia-Pacific Congress of Cardiovascular and Interventional Radiology, 2012年05月, 英語, Asia-Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology, Kobe, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Endovascular Treatment for Isolated Internal Iliac Artery Aneurysm

    Masato Yamaguchi

    2012 Asia-Pacific Congress of Cardiovascular and Interventional Radiology (APCCVIR), 2012年05月, 英語, 日本IVR学会, 神戸, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Endovascular Treatment for Isolated Iliac Artery Aneurysm

    山口 雅人

    10th Asia-Pacific Congress of Cardiovascular and Interventional Radiology, 2012年05月, 英語, Asia-Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology, Kobe, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Endovascular Creation of Aortic Dissection in a Swine Model: Technical Development and Possible Uses

    山口雅人, 岡田卓也, 奥野晃章, 井戸口孝二, 坂本憲昭, 杉村和朗, 杉本幸司

    2012 SIR (Society of Inteventional Radiology) 37th Annual Scientific Meeting., 2012年03月, 英語, Society of Inteventional Radiology, サンフランシスコ, アメリカ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 腹部大動脈瘤に対する企業製ステントグラフト内挿術(EVAR)の早期・中間期成績

    山口雅人, 岡田卓也, 坂本憲昭, 井戸口孝二, 杉村和朗, 杉本幸司, 野村佳克, 北川敦士, 大北裕

    第40回日本IVR学会総会, 2011年05月, 日本語, 日本IVR学会, 青森, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EOB-dynamic MRI における肝細胞癌内の動脈血流評価:dynamic CT および血管造影下CT との比較

    金田 直樹, 吉川 武, 大野 良治, 神田 知紀, 山口 雅人, 小西 稔, 青山 信和, 古東 正宜, 高橋 哲, 杉村 和朗

    第70回日本医学放射線学会学術集会, 2011年05月, 日本語, 日本医学放射線学会, Web開催, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 320 列CT を用いた上腹部血流測定:造影条件の血流値に対する影響

    神田 知紀, 吉川 武, 大野 良治, 小西 稔, 山口 雅人, 金田 直樹, 神山 久信, 竹中 大祐, 北島 一宏, 杉村 和朗

    第70回日本医学放射線学会学術集会, 2011年05月, 日本語, 日本医学放射線学会, Web開催, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 320 列CT を用いた上腹部CT Perfusion:臓器血流量の肝疾患群・非疾患群および各種治療前後の比較

    神田 知紀, 吉川 武, 大野 良治, 小西 稔, 山口 雅人, 金田 直樹, 神山 久信, 竹中 大祐, 北島 一宏, 杉村 和朗

    第70回日本医学放射線学会学術集会, 2011年05月, 日本語, 日本医学放射線学会, Web開催, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ネフローゼ症候群を呈した hyponatremic hypertensive syndromeの一例

    大坪 裕美, 橋本 総子, 石森 真吾, 忍頂寺 毅史, 橋村 裕也, 貝藤 裕史, 森貞 直哉, 川崎 彩子, 山口 雅人, 飯島 一誠

    第25回近畿小児科学会, 2011年03月, 日本語, 近畿小児科学会, 京都, 国内会議

    その他

  • 腹部大動脈限局解離にステント留置が奏功した一例

    坂本憲昭, 山口雅人, 岡田卓也, 井戸口孝二, 藤井正彦, 杉村和朗, 杉本幸司, 野村佳克, 藤田靖之, 北川敦士, 大北裕

    日本INTERVENTIONAL RADIOLOGY 学会、第29 回関西地方会、第50 回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 2011年02月, 日本語, 日本IVR学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腹部大動脈限局解離にステント留置が奏功した一例

    坂本憲昭, 山口雅人, 岡田卓也, 井戸口孝二, 藤井正彦, 杉村和朗, 杉本幸司, 野村佳克, 藤田靖之, 北川敦士, 大北裕

    第30回日本IVR学会関西地方会, 2011年02月, 日本語, 日本IVR学会関西IVR事務局, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 血栓吸引療法を行った上腸間膜動脈閉塞症の3例

    川崎竜太, 宮本直和, 大森美佳, 山口雅人, 杉本幸司

    第29回日本IVR学会関西地方会, 2011年02月, 日本語, 日本IVR学会関西IVR事務局, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • カバードステント留置約二年後に再発を来した尿管腸骨動脈婁の一例

    井戸口孝二, 山口雅人, 岡田卓也, 坂本憲昭, 藤井正彦, 杉村和朗, 杉本幸司, 野村佳克, 藤田靖之, 北川敦士, 大北裕

    第30回日本IVR学会関西地方会, 2011年02月, 日本語, 日本IVR学会関西IVR事務局, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TEVAR の急性期、遠隔期イベント発生に及ぼす危険因子の検討

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 岡 隆紀, 南一司, 井上武, 宗像宏, 田中亜希子, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第41回日本心臓血管外科学会, 2011年02月, 日本語, 日本心臓血管外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院におけるAdamkiewicz動脈同定の現状

    魚谷健祐, 河野 淳, 山口雅人, 藤井正彦, 北川敦士, 大北 裕, 杉本幸司, 杉村和朗

    第72回心臓血管放射線研究会, 2011年01月, 日本語, 日本心臓血管放射線研究会, 愛媛, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Anatomical applicability of EVAR in Japanese AAA patients---Which endograft is best?’

    Atsushi Kitagawa, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    37th annual VEITH symposium, 2010年11月, 英語, Internasional Society of Vascular Surgery, ニューヨーク, アメリカ, 国際会議

    ポスター発表

  • 日本人大動脈弁狭窄症患者におけるカテーテル大動脈弁置換術の適合性

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 岡 隆紀, 南一司, 井上武, 宗像宏, 田中亜希子, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第63回日本胸部外科学会, 2010年10月, 日本語, 日本胸部外科学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The role of lymphangiography for postoperative chylothorax and chylous ascites

    川崎竜太, 杉本幸司, 藤井正彦, 岡田卓也, 山口雅人, 伊崎健太, 魚谷健祐, 杉村和朗

    CIRSE 2010, 2010年10月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, バレンシア, スペイン, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Perctaneous embolectomy with Fogarty Thru-Lumen catheter for graft thrombosis after pancreas transplantation: report of a case

    伊崎健太, 山口雅人, 魚谷健祐, 岡田卓也, 杉本幸司, 杉村和朗

    CIRSE 2010, 2010年10月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, バレンシア, スペイン, 国際会議

    ポスター発表

  • Is embolization of pancreas safe? An experimental study on pancreas changes induced by selective transarterial embolization with n-butyl cyanoacrylate

    岡田卓也, 山口雅人, 伊崎健太, 魚谷健祐, 高橋卓也, 杉本幸司, 杉村和朗

    CIRSE 2010, 2010年10月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, バレンシア, スペイン, 国際会議

    ポスター発表

  • GORE TAGの初期・中期使用成績

    山口雅人, 杉本幸司, 岡田卓也, 杉村和朗, 北川敦士, 大北裕

    日本脈管学会総会, 2010年10月, 日本語, 日本脈管学会, 旭川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大動脈ステントグラフト治療の実際

    山口雅人

    日本医学放射線学会総会(秋季臨床大会), 2010年09月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 豚モデルを用いたNBCA塞栓による膵の病理学的変化に関する検討

    岡田卓也, 山口雅人, 魚谷健祐, 伊崎健太, 杉本幸司, 杉村和朗

    第39回日本IVR学会総会, 2010年08月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 動脈塞栓術にて止血しえた十二指腸傍乳頭憩室出血の一例

    西濱晴香, 伊崎健太, 山口雅人, 魚谷健祐, 岡田卓也, 杉本幸司, 藤井正彦, 杉村和朗

    第39回日本IVR学会総会, 2010年08月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 大動脈・末梢動脈疾患に対する救急IVR

    山口雅人, 杉本幸司, 築部卓郎, 森岳樹, 北川敦士, 伊崎健太, 岡田卓也, 大北裕, 杉村和朗

    第39回日本IVR学会総会, 2010年08月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 脊椎炎症性疾患に対するCTガイド下生検

    伊崎健太, 岡田卓也, 魚谷健祐, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第39回日本IVR学会総会, 2010年08月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 胸部大動脈に対するステントグラフト治療の適応と限界

    杉本幸司, 山口雅人, 森岳樹, 築部卓郎, 北川敦士, 大北裕, 杉村和朗

    第39回日本IVR学会総会, 2010年08月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 肝胆膵術後の総~固有肝動脈出血に対するIVRの検討

    魚谷健祐, 伊崎健太, 山口雅人, 岡田卓也, 杉本幸司, 杉村和朗

    第39回日本IVR学会総会, 2010年08月, 日本語, 日本IVR学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A comparative analysis of open and endovascular repair for descending thoracic aorta pathologypathologyA comparative analysis of open and endovascular repair for descending thoracic aortapathology

    Atsushi Kitagawa, Masato Yamaguchi, Kazuro Sugimura, Yutaka Okita, Koji Sugimoto

    11th annual congress of Asian Society for Vascular Surgery, 2010年07月, 英語, Asian Society for Vascular Surgery, 京都, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 広範囲胸部大動脈瘤に対するハイブリッド手術の問題点

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 長谷川智巳, 松森正術, 南一司, 宗像宏, 田中亜希子, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第53回関西胸部外科学会, 2010年06月, 日本語, 関西胸部外科学会, 名古屋, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 外傷性腹部大動脈閉塞に対して血管内治療が奏功した一例

    岡田卓也, 山口雅人, 坂本憲昭, 伊崎健太, 井戸口孝二, 杉本幸司, 藤井正彦, 杉村和朗, 北川敦士, 田中亜希子, 大北裕

    第28回日本IVR学会関西地方会, 2010年06月, 日本語, 日本IVR学会関西IVR事務局, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 動脈性出血に対するN-butyl-2-cyanoacrylateの使用経験

    魚谷健祐, 山口雅人, 伊崎健太, 岡田卓也, 杉本幸司, 藤井正彦, 杉村和朗

    第69回日本医学放射線学会総会, 2010年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TEVARの適応と限界 Shaggy aortaはcontraindicationか?

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 長谷川智巳, 松森正術, 南一司, 宗像宏, 田中亜希子, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第110回日本外科学会, 2010年04月, 日本語, 日本外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自作ステントグラフトによるTEVARの遠隔成績

    北川敦士, 田中亜紀子, 宗像宏, 松森正術, 南一司, 長谷川智巳, 岡田健次, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗, 大北裕

    第47回日本人工臓器学会総会, 2009年11月, 日本語, 日本人工臓器学会, 新潟, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Shaggy aorta症例に対するTEVAR---SMA閉塞バルーンの有用性

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 長谷川智巳, 南一司, 松森正術, 宗像宏, 田中亜紀子, 野村佳克, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第62回日本胸部外科学会総会, 2009年10月, 日本語, 日本胸部外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Clinical outcome of transcatheter arterial embolization with N-butyl-2-cyanoacrylate for acute arterial hemorrhage

    Kensuke Uotani, Masato Yamaguchi, Kenta Izaki, Takuya Okada, Ryota Kawasaki, Koji Sugimoto, Kazuro Sugimura

    CIRSE 2009, 2009年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, リスボン, ポルトガル, 国際会議

    ポスター発表

  • 大腸憩室出血に対するN-butyl-2- cyanoacrylate (NBCA)の使用経験

    魚谷健祐, 伊崎健太, 山口雅人, 岡田卓也, 杉本幸司, 杉村和朗

    第38回日本IVR学会総会, 2009年08月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対するMatsui-Kitamuraステントグラフト留置術の有用性

    山口雅人, 杉本幸司, 森岳樹, 伊崎健太, 魚谷健祐, 奥野晃章, 岡田卓也, 上嶋英介, 藤井正彦, 杉村和朗, 築部卓郎, 松川律, 原口知則, 小澤修一, 北川敦士, 野村佳克, 大北裕

    第38回日本IVR学会総会, 2009年08月, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胆管細胞癌との鑑別が困難であった肝瘢痕性病変の1例

    伊崎健太, 岡田卓也, 魚谷健祐, 山口雅人, 前田哲雄, 吉川武, 藤井正彦, 杉村和朗, 外山博近, 具英成, 上原慶一郎, 伊藤智雄

    第45回日本肝癌研究会, 2009年07月, 日本語, 日本肝癌研究会, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 追加治療を要したTEVAR症例の検討

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 長谷川智巳, 南一司, 松森正術, 宗像宏, 田中亜紀子, 野村佳克, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第52回関西胸部外科学会, 2009年06月, 日本語, 関西胸部外科学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肝胆膵術後の総~固有肝動脈領域出血に対するIVRの検討

    魚谷健祐, 伊崎健太, 山口雅人, 岡田卓也, 杉本幸司, 藤井正彦, 杉村和朗

    第47回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会, 2009年06月, 日本語, 日本インターベンショナルラジオロジー学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Balloon protection of superior mesenteric artery to prevent mesenteric ischemia during TEVAR for shaggy aorta

    A Kitagawa, Y Okita, K Okada, T Hasegawa, K Minami, H Munakata, A Tanaka, Y Nomura, M Yamaguchi, K Sugimoto, K Sugimura

    The 10th Multidisciplinary European Endovascular Therapy, 2009年06月, 英語, Multidisciplinary European Endovascular Therapy, カンヌ, フランス, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 膵炎・膵術後に合併した仮性動脈瘤に対するNBCA を用いた動脈塞栓術

    伊崎健太, 岡田卓也, 魚谷健祐, 山口雅人, 杉本幸司, 藤井正彦, 杉村和朗

    第38回日本IVR学会総会, 2009年05月, 日本語, 日本IVR学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対するMatsui-Kitamuraステントグラフト留置術の有用性

    山口雅人, 杉本幸司, 森岳樹, 伊崎健太, 杉村和朗, 築部卓郎, 松川律, 原口知則, 川平敏博, 林太郎, 小澤修一, 北川敦士, 野村佳克, 大北裕

    第37回日本血管外科学会総会, 2009年05月, 日本語, 日本血管外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EVAR --- Is it available for most of Japanese AAA patients?

    A Kitagawa, Y Okita, K Okada, T Hasegawa, K Minami, M Matsumori, Y Nomura, M Yamaguchi, K Sugimoto, K Sugimura

    第36 回日本血管外科学会総会, 2009年05月, 英語, 日本血管外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 血管疾患に対するchallenging IVR

    山口雅人

    第68回日本医学放射線学会総会, 2009年04月, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 胸部大動脈破裂に対する検討: TEVAR vs open surgery

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 長谷川智巳, 南一司, 松森正術, 宗像宏, 田中亜紀子, 野村佳克, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第61回日本外科学会総会, 2009年04月, 日本語, 日本外科学会, 福岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 胸部下行大動脈破裂:TEVAR とopen surgery の比較と問題点

    北川敦士, 大北裕, 岡田健次, 長谷川智巳, 南一司, 松森正術, 宗像宏, 田中亜紀子, 野村佳克, 山口雅人, 杉本幸司, 杉村和朗

    第39回日本心臓血管外科学会総会, 2009年04月, 日本語, 日本心臓血管外科学会, 富山, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Comparative analysis of ruptured descending thoracic aortic aneurysms between TEVAR and open surgery

    Atsushi Kitagawa, Koji Sugimoto, Masato Yamaguchi, Kenji Okada, Yutaka Okita

    The 21th International Symposium on Endovascular Surgery, 2009年01月, 英語, International Society of Endovascular Surgery, ハリウッド, アメリカ, 国際会議

    ポスター発表

  • Endovascular treatment for lower limb ischemia complicating aortic dissection.

    Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Ryota Kawasaki, Tetsuo Maeda, Kenta Izaki, Masahiko Fujii, Kazuro Sugimura

    ISIR&JSIR2008, 2008年05月, 英語, 日本IVR学会, 軽井沢, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Curved nitinol stent graft (Matsui-Kitamura stent graft) placement for treatment of blunt injury to the thoracic aorta: early experience

    山口雅人, 杉本幸司, 築部卓郎, 中村雅彦, 谷口尚範, 川崎竜太, 杉村和朗, 大北裕

    2007CIRSE(CardiovascularandInterventionalRadiologicalSocietyofEurope)AnnualScientificMeeting., 2007年09月, 英語, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, アテネ, ギリシャ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対するステントグラフト内挿術の治療経験

    山口雅人, 杉本幸司, 築部卓郎, 中村雅彦

    第36回日本IVR学会総会, 2007年05月, 日本語, 日本IVR学会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 岡田 卓也, 荻野 千秋, 山口 雅人, 佐々木 良平, 上嶋 英介, 西村 勇哉, 杉本 幸司

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2017年04月01日 - 2020年03月31日

    放射線治療は急速に進歩しているが、治療効果を高める増感剤の開発は放射線治療の適応拡大に必須である。過酸化チタンナノ粒子はそのような放射線治療の増感作用を有する物質の一つであるが、20-200nmサイズの粒子が作成可能であり、EPR(Enhanced Permeation and Retention)効果が期待できる。EPR効果とは、腫瘍組織では正常血管内皮細胞よりも広い間隙(約200nm)が開口しており、またリンパ管が未発達で排出が困難なために、20 - 200 nm程度の粒子製剤は腫瘍組織内に長時間滞留・残存する特性のことであり、現在の抗腫瘍薬のドラッグデリバリーシステムの研究において最も重要な因子の一つである。 しかし、我々の先行研究においてはマウス尾静脈から投与された100nmの過酸化チタンナノ粒子は腫瘍に高く集積したが、それは総投与量の数%に過ぎず、多くは肝や肺などに集積・排出された。そのため、腫瘍への集積効率の向上、非標的臓器への集積の低減が未解決の課題である。そのため、物質の投与法として、実地臨床で既に普及している経動脈的な薬剤注入(動注療法)、さらには静脈からの薬剤回収(灌流療法)を用いることで、この課題を解決し、臨床応用へとつなげることが今回の研究目的である。主に膵癌などの体内深部の臓器に対し、動注は優れたdrug delivery systemであり、この研究のもつ意義は高い。 現状では動注療法により静注よりも高い集積を得ることが出来ているが、臨床応用に用いれるほどの選択的な集積亢進ではなく、さらなる集積亢進が必要である。

    競争的資金

  • 山口 雅人, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 祖父江 慶太郎

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2016年04月01日 - 2019年03月31日, 研究代表者

    VX2肝腫瘍モデルにおける炭酸ガス併用選択的動注化学療法の効果の検討 肝臓に腫瘍(VX2)を移植したウサギに対して、移植後3週に静脈麻酔下で肝動脈まで挿入したカテーテルより炭酸ガス飽和水を注入した。対象群には生理食塩水、化学療法群にはシスプラチン、混合群にはシスプラチン + 炭酸ガス飽和水を注入した。結果としては炭酸ガス投与群、混合群では腫瘍増大効果の抑制がみられ、また炭酸ガス関連の2群ではアポトーシスの誘導が認められた。混合群では化学療法群よりも高い腫瘍増大効果とアポトーシス誘導を認めた。これにより炭酸ガスの抗腫瘍効果およびシスプラチン増感作用が示唆された。 平成29年度では、上記の実験に基づくデータを解析し、Journal of International OncologyにIntra-arterially infused carbon dioxide-saturated solution for sensitizing the anticancer effect of cisplatin in a rabbit VX2 liver tumor model. Int J Oncol. 2017 Aug;51(2):695-701. doi: 10.3892/ijo.2017.4056. としてacceptされた。 平成30年度は引き続き炭酸ガス飽和水の臨床応用に向けて実験の追加や修正を行い、至適な投与量、投与回数の検証を行った。また炭酸ガスによる低酸素改善が抗腫瘍効果に寄与していると考えられるため、PET-CTを用いた低酸素イメージングへの応用を検討した。具体的には大阪大学PET分子イメージングセンターと協力して動物実験を行った。またウサギに対するカテーテル動注療法の技術を応用し、新規放射線増感療法としてのナノ粒子動の応用研究も行った。

    競争的資金

  • 井戸口 孝二, 山口 雅人, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 井芹 俊恵, 林 聡恵, 三重 慧一郎, 臼井 亮介, 山田 茉美, 比良 英二

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2013年04月01日 - 2016年03月31日

    外傷性肝後面下大静脈損傷に対する新しい血管内治療法の開発を目的として、本研究を行った。まず最初に、ブタを用いて新しいバルーンカテーテルの開発実験を行ったが、有効な下大静脈灌流が得られず、形状の変更を余儀なくされた。第二段階として、これまでに報告のないブタ肝後面下大静脈損傷モデルの作成に成功した。 引き続き、同損傷モデルに対して血管内治療による止血が可能か否かを検証したところ、ステントグラフトによる止血効果を確認し得た。そこで、ステントグラフトと同等の止血効果を有し、かつ抜去可能な新しいデバイスの開発を進めた。現在デバイス改良の最終段階に入っており、追加実験を行い、早期の完成を目指している。

    競争的資金

  • 杉本 幸司, 山口 雅人, 祖父江 慶太郎

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2013年04月01日 - 2016年03月31日

    我々は、以前に血管内治療手技を用いてブタにおける急性B型大動脈解離モデルを作成することに成功し、研究成果を報告している。今回の研究では、より安定した偽腔開存型の急性B型大動脈解離モデルを作成することを検討し、慢性期経過観察も行い、解離性大動脈瘤モデルの作成を検討した。急性期解離においては従来より安定したモデルが作成できた。慢性期では6頭のうち3頭で径の拡大を認め、解離性大動脈瘤モデルとして期待できるものであった。解離性大動脈瘤モデルを低侵襲な手技で作成できたることは、今後の本疾患に対しての治療的な研究を遂行していく上で、多大な貢献をすることができると考える。

    競争的資金

  • 山口 雅人, 上嶋 英介, 杉本 幸司, 祖父江 慶太郎

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2013年04月01日 - 2016年03月31日, 研究代表者

    炭酸ガス溶解液の抗腫瘍効果を調べるため、ウサギVX2腫瘍大腿移植モデルを使用し、炭酸ガス溶解液を経動脈的に注入した。炭酸ガス注入群とコントロール群に分け、腫瘍サイズの変化およびアポトーシス誘導の比較を行った。腫瘍サイズは造影CT、アポトーシスの評価はTUNEL染色およびcaspase-3によるウエスタンブロッティングを用いて行った。炭酸ガス注入群で、腫瘍増大率が有意に低く、アポトーシスの発現が有意に高かった。炭酸ガスの動脈注射によりCaspase-3を介したアポトーシスを生じ、VX2腫瘍サイズの増大が抑制されることが示された。

    競争的資金

  • 山口 雅人

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 若手研究(B), 神戸大学, 2009年 - 2010年, 研究代表者

    大動脈解離に対して新たな治療用deviceとしての円筒状バルーンを開発するために、試作品の作成を行った。現状では実験応用には適用困難な状況であり、引き続き改良品について検討中である。また本研究は大動脈解離に対する治療応用を目的としているため、豚動物での解離モデル作成を検討した。血管内治療手技を用いて大動脈解離を作成することに成功し、造影コーンビームCT下および病理組織学的観察により確認することができた。

    競争的資金