研究者紹介システム

河村 有介
カワムラ ユウスケ
大学院国際協力研究科 国際協力政策専攻
助教
法学・政治学関係
Last Updated :2022/10/04

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院国際協力研究科 国際協力政策専攻

学位

  • Doctor of Philosophy, ダラム大学

授業科目

研究活動

研究キーワード

  • 福祉政策
  • ヨルダン
  • エジプト
  • 中東政治
  • 権威主義体制
  • 政治体制
  • 比較政治
  • チュニジア

研究分野

  • 人文・社会 / 政治学 / 比較政治学

受賞

  • 2022年07月 神戸大学, 前之園記念若手優秀論文賞

論文

  • Yusuke Kawamura

    Although the IMF and the World Bank have advocated public sector reforms for market-oriented economic development, Egyptian authoritarian leaders have avoided such reforms. Egypt maintains a large public sector with a significant number of young Egyptians among its ranks. However, the public sector has shortcomings such as overstaffed government departments, deteriorating working conditions, and employee protests. This study uses the “social contract” concept to understand why Egypt’s political leaders have preserved this inefficient institution. The logic of the “social contract” works under two conditions: generous welfare as the main source of the regime’s legitimacy and a lack of accurate information concerning the extent to which people can tolerate painful reforms under authoritarian rule. Contrary to the conventional understanding, a lack of democratic institutions imposes “shackles” upon authoritarian leaders rather than giving them wide discretion regarding policymaking and the manipulation of institutions for their survival. The findings thus offer important insights into the dynamics of authoritarianism.

    SAGE Publications, 2022年03月, Contemporary Review of the Middle East, 9 (1), 31 - 50, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河村有介

    2022年01月, 国際協力論集, 29 (2), 119 - 131, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Yusuke Kawamura

    This article focuses on two pension reforms in Egypt in order to understand the dynamics of social policy reform under authoritarian rule. One was supported by the World Bank and promulgated in 2010. It included drastic changes, such as the introduction of a defined benefit scheme, and ultimately failed. Another was successfully implemented in 2019. Compared to the 2010 reform, the 2019 reform involved only parametric change (such as increasing the retirement age and amalgamating social insurance funds), in order to mitigate the criticisms that had been made of the previous pension reform and to facilitate gradual, steady enhancement of the programme’s sustainability. The findings suggest that perceptions of authoritarian leaders as having wide-ranging discretion in decision-making concerning public policy and being able to more decisively implement harsh social reform compared with democratic political leaders need to be reconsidered.

    2021年06月, Public Administration Issues, 2021 (5), 89 - 106, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河村有介

    2019年07月, 国際協力論集, 27 (1), 47 - 72, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • エジプトにおける社会保障と「社会契約」:ムバーラク政権下の食料補助金と公的雇用を事例として

    河村 有介

    2015年07月, アジア・アフリカ研究, 55 (3), 49 - 68, 日本語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yusuke Kawamura

    2015年01月, Contemporary Arab Studies, 8 (1), 81 - 95, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • アラブ社会主義体制における政治的自由化(二・完)

    河村 有介

    2010年12月, 法学論叢, 168 (3), 78 - 103, 日本語, 国内誌

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • アラブ社会主義体制における政治的自由化(一)

    河村 有介

    2010年11月, 法学論叢, 168 (2), 42 - 70, 日本語, 国内誌

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

MISC

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • エジプトにおける社会保障と新型コロナ感染症

    河村有介

    日本比較政治学会研究大会, 2021年06月, 日本語, 慶應義塾大学, オンライン開催, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Transformation of the Egyptian Welfare Regime: From the Arab Socialist Model to the Neoliberal Model?

    Yusuke Kawamura

    Research Lecture, 2019年12月, 英語, 復旦大学陳樹渠比較政治発展研究センター, 上海, 中華人民共和国

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Transformation of the Authoritarian Welfare Regime in Egypt: From the Arab Socialist Model to the Neoliberal Model?

    Yusuke Kawamura

    Fourth MENA Social Policy Conference, 2019年10月, 英語, カイロ・アメリカン大学, カイロ, エジプト・アラブ共和国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • The Outsourcing of Social Welfare Programmes and Islamic Charity in Egypt

    Yusuke Kawamura

    Annual Conference of the British Society for Middle Eastern Studies, 2019年06月, 英語, リーズ大学, リーズ, グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 権威主義体制下における年金改革:エジプトを事例として

    河村有介

    日本国際政治学会研究大会, 2018年10月, 日本語, さいたま, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エジプトにおけるポピュリズム型福祉レジームの発展と変容

    河村有介

    日本比較政治学会研究大会, 2018年06月, 日本語, 東北大学, 仙台, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Public Employment as a Social Welfare Policy: Job Creation in the Public Sector and Youth Exclusion in Egypt

    Yusuke Kawamura

    International Conference on "Social Policy in the Islamic World", 2018年05月, 英語, アッラーメ・タバータバーイー大学, テヘラン, イラン・イスラム共和国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 権威主義体制下における組織労働と政権:エジプトとメキシコの比較分析

    河村 有介

    日本中東学会年次大会, 2016年05月, 日本語, 慶應義塾大学, 東京, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Structural Adjustment, Social Contracts and Social Protection in the Middle East: Food Subsidies in Jordan

    Yusuke Kawamura

    World Congress for Middle Eastern Studies, 2014年08月, 英語, 中東工科大学, アンカラ, トルコ共和国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • The Transformation of the Social Welfare Institutions in Egypt: From Nasser to Sadat

    Yusuke Kawamura

    Annual Conference of British Society for Middle Eastern Studies, 2014年06月, 英語, サセックス大学, ブライトン, グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 政治経済環境の変化と権威主義体制の生存戦略:エジプト・ムバーラク政権下における食料補助金制度を事例として

    河村 有介

    日本中東学会年次大会, 2012年05月, 日本語, 東洋大学, 東京, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Political Liberalization in 1970s' Egypt

    Yusuke Kawamura

    KIAS/G-COE Workshop on "Globalization and Socio-political Transformation: Asian and the Middle Eastern Dimension", 2010年06月, 英語, 京都大学, 京都, 日本国, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

所属学協会

  • British Society for Middle Eastern Studies

  • 日本比較政治学会

  • 日本中東学会

  • 日本国際政治学会

  • 社会政策学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 「アラブの春」以後の社会保障:エジプト、チュニジア、ヨルダンの比較分析

    河村 有介

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 若手研究, 神戸大学, 2019年04月 - 2022年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 権威主義体制下における福祉縮減と政治指導者のアウトソーシング戦略

    河村 有介

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費, 特別研究員奨励費, 立命館大学, 2017年04月 - 2019年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 権威主義体制下の福祉縮減と政治指導者の戦略:中東・北アフリカ諸国を事例として

    河村 有介

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援, 研究活動スタート支援, 京都大学, 2016年08月 - 2017年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 権威主義体制下における政治指導者の生存戦略と社会保障:エジプト・ムバーラク政権下の公的雇用政策を事例として

    河村 有介

    松下幸之助記念財団, 研究助成, 2013年10月 - 2014年07月, 研究代表者

    競争的資金

  • 権威主義体制下における政治指導者の生存戦略と社会保障:エジプト・ムバーラク政権下の食料補助金・社会基金を事例として

    河村 有介

    村田学術振興財団, 研究助成, 2013年09月 - 2014年08月, 研究代表者

    競争的資金

  • Social Welfare Programmes under Authoritarian Rule: Comparative Analysis of the Jordanian and Egyptian Food Subsidy Programmes

    河村 有介

    Council for British Research in the Levant (CBRL), 研究奨励金, 2012年09月 - 2013年02月, 研究代表者

    競争的資金

  • 中国対外援助の中東・北アフリカ地域の社会保障に対する影響の分析:エジプトを事例として

    河村 有介

    稲盛財団, 稲盛研究助成, 神戸大学, 2022年04月 - 2024年03月, 研究代表者

    競争的資金