研究者紹介システム

大和 知史
ヤマト カズヒト
大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター
教授
人文・社会科学関係
Last Updated :2020/06/04

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター
  • 【配置】

    大学院国際文化学研究科 グローバル文化専攻

学位

  • 博士(教育学), 広島大学

授業科目

ジャンル

  • 教育・子ども・心理 / 語学教育

コメントテーマ

  • 英語教育
  • 発音指導
  • イントネーション

研究活動

研究キーワード

  • イントネーション
  • 語用論的能力
  • 発音指導
  • 英語教育

研究分野

  • 人文・社会 / 外国語教育
  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学
  • 人文・社会 / 英語学
  • 人文・社会 / 外国語教育

委員歴

  • 2014年06月 - 2018年06月, 関西英語教育学会, 事務局長

論文

MISC

  • 加藤 雅之, 柏木 治美, 保田 幸子, 大和 知史, 田中 利枝, 鳴海 千春

    神戸大学国際コミュニケーションセンター, 2017年, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 14, 69 - 79, 日本語

  • 加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, 保田 幸子, 田中 利枝, 鳴海 千春

    神戸大学国際コミュニケーションセンター, 2016年, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 13, 91 - 103, 日本語

  • 加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, ピンテール ガーボル, 田中 利枝, 水野 萌子

    神戸大学国際コミュニケーションセンター, 2015年, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 12, 126 - 142, 日本語

  • 加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, ピンテール ガーボル, 田中 利枝, 中津川 名芳

    神戸大学国際コミュニケーションセンター, 2014年, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 11, 112 - 127, 日本語

  • 加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, ガーボル・ピンテール, 田中 利枝, 中津川 名芳

    神戸大学国際コミュニケーションセンター, 2013年, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 10, 105 - 120, 日本語

  • 加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, ピンテール ガーボル, 田中 香緒里, 西村 章乃

    神戸大学国際コミュニケーションセンター, 2012年, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 9, 65 - 76, 日本語

  • メディア研究部門年次報告2010

    加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, 中井 絵美, 丸山 恵美

    2011年03月, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, No. 7, 日本語

    その他

  • 加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, ピンテール ガーボル, 中井 絵美, 田中 香緒里

    神戸大学国際コミュニケーションセンター, 2011年, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 8, 131 - 155, 日本語

  • メディア研究部門年次報告2009

    加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, 中井 絵美, 近藤 七津子

    2010年03月, 国際コミュニケーションセンター論集, 6号, 日本語

    その他

  • 加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, 中井 絵美, 丸山 恵美

    神戸大学, 2010年, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 7, 93 - 125, 日本語

  • メディア研究部門年次報告2008

    加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, 高橋 義人, 中井 絵美, 宮畑 智子

    2009年03月, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 5,, 日本語

    その他

  • 加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, 中井 絵美, 近藤 七津子

    神戸大学, 2009年, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 6, 79 - 91, 日本語

  • 大和 知史

    社団法人大学英語教育学会, 2002年09月05日, JACET全国大会要綱, 41, 54 - 55, 日本語

  • 大和知史

    1998年, Prospect-A Journal of Australian TESOL-, 13, 86 - 87, 英語

    書評論文,書評,文献紹介等

書籍等出版物

  • 柳瀬 陽介, 西原 貴之

    分担執筆, 『英語のプロソディ指導における3つの原則』の提案とその理論的基盤, 溪水社, 2016年, 日本語, ISBN: 9784863273450

    学術書

  • 広島修道大学学術選書64 eラーニングは教育を変えるか Moodleを中心としたLMSの導入から評価まで

    大和知史

    分担執筆, 4.1 英語教育におけるLMS実践 事例4 予習・授業・復習のサイクルをきちんと作る授業, 海文堂出版, 2015年09月, 日本語, ISBN: 9784303734787

    学術書

  • Pragmatics and language learning (Vol. 13)

    大和知史, 田頭憲二, 磯田貴道

    分担執筆, Pragmatic awareness of Japanese EFL learners in relation to individual difference factors: A cluster analytic approach., University of Hawai'i, National Foreign Language Resource Center, 2013年04月, 英語, ISBN: 9780983581642

    学術書

  • Pragmatic Awareness of Japanese EFL Learners in Relation to Individual Difference Factors: A Cluster Analytic Approach

    大和 知史, 田頭 憲二, 磯田 貴道

    University of Hawai'i, National Foreign Language Resource, 2013年, 英語

    学術書

講演・口頭発表等

  • いつもの教科書でプロソディ指導:ちょい足しの技

    大和知史, 磯田貴道

    山形大学英語FD講演会, 2019年12月13日

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Long-term effects of prosody instruction and learners’ awareness in Japanese secondary school setting

    大和知史, 磯田貴道

    The Applied Linguistics Conference 2019, 2019年11月26日

    口頭発表(一般)

  • Comprehensibility and perceived friendliness of L2 accented speeches for Japanese learners of English

    橋本健一, 大和知史

    The Applied Linguistics Conference 2019, 2019年11月25日

    ポスター発表

  • 英語プロソディ指導の理論と実践

    大和知史

    ことばの科学会 オープンフォーラム2019(第11回年次大会)コミュニケーションのための音声指導 シンポジウム, 2019年10月13日

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 発音指導と他技能との統合—thought groupの指導を通して—

    大和 知史

    全国英語教育学会第45回弘前研究大会, 2019年08月18日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 英語プロソディ指導のミニマムエッセンシャルズ

    大和 知史

    関西英語教育学会(2019年度)第24回研究大会, 2019年06月15日, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 魅力的なプレゼンテーションのためのはじめの一歩-上達のコツはプロソディにあり-

    大和 知史

    日本化学会第99春季年会「英語講演へのファーストステップ」, 2019年03月18日, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 研究者のための伝える英語プレゼン― プロソディが成功の鍵―

    大和 知史

    これから英語で学術研究発表を行う若手研究者のための学術英語スキルアップセミナー, 2019年02月07日, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Demystifying English Prosody: A Pedagogical Framework for Integrated Instruction

    大和 知史

    The 3rd Pronunciation Symposium, 2018年11月25日, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • プロソディ教育研究の概要:『英語のプロソディ指導における3つの原則』を中心に

    大和 知史

    第11回英語音声教育実践研究会, 2018年10月28日, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 英語科教育のトレンド—新しい英語科授業を創る(2)英語音声研究・発音指導の最前線

    大和 知史

    平成30年度 神戸大学 教員免許状更新講習, 2018年08月31日, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Teaching English prosody to Japanese learners: “Three principles” approach to prosody instruction

    大和 知史, 磯田 貴道

    53rd RELC International Conference, 2018年03月, 英語, SEAMEO Regional Language Centre, Singapore, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 英語プレゼンテーションのはじめの第一歩〜音読・朗読・プレゼンへのステップ〜

    大和 知史

    Take a New Step! 学術英語スキルアップセミナー, 2018年02月, 日本語, 神戸大学附属図書館, 神戸大学瀧川記念学術交流会館, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Introducing prosody instruction into Japanese secondary school classroom: A classroom‐based research

    大和 知史, 磯田 貴道

    The Applied Linguistics Conference (ALANZ / ALAA / ALTAANZ), 2017年11月, 英語, Auckland University of Technology, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 英語コミュニケーション能力を育成する効果的な指導および評価について

    大和 知史

    岡山県「外部専門と連携した英語担当教員の指導力向上事業」, 2017年10月, 英語, ピュアリティまきび, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 日本語を活用した英語プロソディ指導

    磯田 貴道, 大和 知史

    全国英語教育学会第43回島根研究大会, 2017年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 島根大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 授業に取り入れたいプロソディ指導

    大和 知史

    第57回(2017年度)外国語教育メディア学会(LET)全国研究大会, 2017年08月, 日本語, 名古屋学院大学名古屋キャンパス白鳥学舎, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • What "time" tells us about L2 comprenension of accented speeches: A reaction time study

    竹山 智子, 橋本 健一, 大和 知史

    ALAA ALANZ ALTANZ 2015 Conference, 2015年12月, 英語, ALAA ALANZ ALTANZ, The University of South Australia - City West Campus, 国際会議

    ポスター発表

  • もっと授業にプロソディ指導を!

    大和 知史, 磯田 貴道

    北海学園英語教育研究会第4回研究会 特別セミナー, 2015年10月, 英語, 北海学園英語教育研究会, 北海学園大学, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 核配置を重視したプロソディ指導-教科書本文を活用した指導法の提案-

    大和 知史, 磯田 貴道

    第41回全国英語教育学会熊本研究大会, 2015年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 熊本学園大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 英語の音声単語認知における誤りの分析

    大和 知史, 山内 優佳

    第41回全国英語教育学会熊本研究大会, 2015年08月, 日本語, 全国英語教育学会, 熊本学園大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • プロソディの捉え方とその指導

    大和 知史

    第24回広島大学外国語教育研究センター 外国語教育研究集会 シンポジウム「英語の音声指導-その理論と教室内での実践方法-」, 2015年03月, 英語, 広島大学外国語教育研究センター, 広島大学, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Accentedness and comprehensibility judgments of L2 speeches with different accents: A questionnaire study

    平井 愛, 橋本 健一, 生馬 裕子, 大和 知史

    The Thirteenth Annual Hawaii International Conference on Education, 2015年01月, 英語, Hawaii International Conference on Education, The Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort, 国際会議

    ポスター発表

  • Comprehensibility judgments of L2 speeches with different L1-based accents

    橋本 健一, 平井 愛, 生馬 裕子, 大和 知史

    The Twelfth Annual Hawaii International Conference on Education, 2014年01月, 英語, Hawaii International Conference on Education, The Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Comprehensibility judgements of L2 speeches with different L1-based accents

    橋本 健一, 平井 愛, 生馬 裕子, 大和 知史

    The Twelfth Annual Hawaii International Conference on Education, 2014年01月, 英語, The Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Perception of prosodic cues by Japanese EFL learners

    大和 知史, 水口 志乃扶

    39th Annual International Conference on Language Teaching and Learning & Educational Materials Exhibition, 2013年10月, 英語, Kobe Convention Center, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 語用論的能力と学習者の個人差要因 依頼表現のタイプと動機づけの関係について

    磯田 貴道, 田頭 憲二, 大和 知史

    第38回全国英語教育学会愛知研究大会, 2012年08月, 日本語, 愛知学院大学, 国内会議

    その他

  • 実践!英語のリズム・イントネーションの指導

    大和 知史

    関西英語教育学会KELES第24回セミナー(大阪・兵庫地区), 2011年12月, 日本語, 龍谷大学大阪梅田キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「プロソディ評価テストバッテリー PEPS-Cの日本人EFL学習者への応用可能性

    Yamato Kazuhito

    第37回全国英語教育学会山形研究大会, 2011年08月, 日本語, 山形大学, 国内会議

    その他

  • Examining Pragmatic Awareness of Japanese EFL Learners in Relation to Individual Difference Factors: A Cluster Analytic Approach

    Kazuhito Yamato

    第18回「語用論と言語学習」国際会議, 2010年07月, 英語, 神戸大学, 国際会議

    その他

  • 動機づけ要因から見る日本人英語学習者の語用論的意識

    大和 知史, 田頭 憲二

    第35回全国英語教育学会鳥取研究大会, 2009年08月, 日本語, 鳥取大学, 国内会議

    その他

  • 日本人英語学習者による英語イントネーションの語用論的機能の使用について-高専学生の場合-

    大和 知史

    全国高等専門学校英語教育学会第30回大会, 2006年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中間言語語用論における指導法: アプローチの違いによる分類とその位置づけ(第二発表者)

    池上 真人, 大和 知史, 田頭 憲二

    第32回全国英語教育学会高知研究大会, 2006年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人英語学習者の語用論的能力の発達過程‐先行研究からの試み‐(第二発表者)

    田頭 憲二, 大和 知史

    日本教科教育学会第30回全国大会, 2004年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 広島大学英語教育学会

  • 日本音声学会

  • 中国地区英語教育学会

  • 関西英語教育学会

  • 外国語教育メディア学会

  • 大学英語教育学会

  • 全国英語教育学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 大和 知史

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2017年04月 - 2021年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 大和 知史

    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 2014年 - 2016年, 研究代表者

    競争的資金

  • 立石 志乃扶

    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2012年04月 - 2015年03月

    競争的資金

  • 大和知史

    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 2010年 - 2011年, 研究代表者

    本研究課題は「日本人英語学習者の語用論的能力を発達に資する有効な教授法を探る」ものであり,学習者の「動機づけ要因」が語用論的意識に及ぼす影響を考察したものである。その結果,知覚の面では,「自律的である学習者ほど,語用論的誤りへの気づきの度合いが高い」ということが明らかになり,自律的であることに「習熟度の高さは必要条件ではない」ことも明らかになった。産出においても,自律的な学習者ほど間接的な表現を用いることが明らかとなった。このことから,習熟度の高さが,語用論的能力の高さを示しているとは限らず,その育成を検討する際に学習者の自律性に十分に留意する指導が必要であることが分かった。

    競争的資金

  • 大和知史

    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 2004年 - 2006年, 研究代表者

    平成16年度の助成により、必要な物品をそろえることができた。それにより、昨年度から継続して本年度も、それらを用いて調査を開始することが可能となった。以下にその手順を記す。平成17年度4月から、学生とアポイントを取り、英語発話の録音を継続的に行っている。発話に用いられた対話文は、拙博士論文に用いた対話文と同一のもので、Brazil et al. (1980)、Roach (2000)を基に作成したものである。こうすることによって、拙博士論文において収集したデータとの比較も可能となるようにした。また、発音教材からの対話文も取り入れることで、学生同士で擬似的に対話を行い、その録音も行うことができた。学生に対して、最大でほぼ月に一回のペースでの調査を実施することができた。平成18年度においては、同じ学生に対しての調査を継続するとともに、これまでの調査において収集した音声データを分析し、経年におけるイントネーション使用の変化を分析・考察を行っている。

    競争的資金