研究者紹介システム

後藤 雅敏
ゴトウ マサトシ
大学院経営学研究科 経営学専攻
教授
商学・経済学関係
Last Updated :2020/09/19

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院経営学研究科 経営学専攻
  • 【配置】

    経営学部 経営学科, 数理・データサイエンスセンター

学位

  • 博士(経営学), 神戸大学

授業科目

ジャンル

  • 経営・産業 / 財務・会計

コメントテーマ

  • 会計情報論

研究活動

研究キーワード

  • 会計学

研究分野

  • 人文・社会 / 会計学

論文

  • YAMAJI Hidetoshi, GOTOH Masatoshi, YAMAKAWA Yoshinori

    Workers who have limited wealth are also at a disadvantage in terms of income distribution. In accounting this brings to mind the way in which managers may limit wages by manipulating accounting information when negotiating with workers. While researchers have investigated whether or not managers manipulate information to keep workers’ wages low, they have rarely been able to p

    Springer, 2019年02月, Computational Economics, 53 (2), 873 - 900, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 脳の中の「見えざる手」-fMRI実験を利用して-

    山地 秀俊, 後藤 雅敏, 山川 義徳

    神戸大学経済経営学会, 2018年07月, 国民経済雑誌, 218 (1), 1 - 14, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hidetoshi Yamaji, Masatoshi Gotoh, Yoshinori Yamakawa

    The paper first tries to replicate experiments by Huber (J Econ Dyn Control 31:2536-2572, 2007) and Huber et al. (J Econ Behav Org 65:86-104, 2008), which show that in double auction markets with uneven information distribution that is common knowledge, returns are a J-shaped function of the information known by different investors. Huber proposed the pattern of future earnings as the reason of J-shaped function. But our paper secondly asserts the psychological state of personal investor as the reason. It also asserts that the psychological state of personal investor often destroys efficient market. Functional magnetic resonance imaging scans of subjects in a simple game indicate that subjects with medium amounts of information use different brain areas. The paper argues that these patterns are consistent with medium-informed investors using Matching Law strategy rather than the maximizing strategy of the least and best informed investors. The paper motivates an accounting connection by remarking that financial statement disclosure is mandated in most developed stock markets.

    SPRINGER, 2016年10月, COMPUTATIONAL ECONOMICS, 48 (3), 425 - 451, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 企業の分配問題に最後通牒ゲームを用いた分析―実験技法を用いて

    日置 孝一, 後藤 雅敏, 山地 秀俊

    勁草書房, 2015年10月, 清水和巳・磯辺剛彦編著『社会関係資本の機能と創出:効率的な組織と社会』, 27 - 44, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • IFRS導入時の経営者の公正価値評価に関する脳実験研究-時間割引・社会割引の観点から-

    山地 秀俊, 後藤 雅敏, 山川 義徳

    神戸大学経済経営学会, 2014年08月, 国民経済雑誌, 210 (2), 1 - 23, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Implied cost of capital over the last 20 years

    北川 教央, 後藤 雅敏

    2011年12月, The Japanese Accounting Review, 1, 71 - 104, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The effect of non-financial risk information on the evaluation of implied cost of capitals

    KITAGAWA Norio, GOTOH Masatoshi, KIM Hyonok

    2011年01月, 神戸大学大学院経営学研究科ディスカッション・ペーパー, (2011・6), 1 - 34, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Implied cost of capital over the last 20 years

    北川 教央, 後藤 雅敏

    2010年12月, 神戸大学大学院経営学研究科ディスカッション・ペーパー, (2010・65), 1 - 45, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 資本コストの推計

    北川 教央, 後藤 雅敏

    2010年06月, 企業価値評価の実証分析−モデルと会計情報の有用性検証, 407 - 442, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Cognitive Bias in the Laboratory Security Market

    YAMAJI Hidetoshi, GOTOH Masatoshi

    2010年02月, Computational Economics, 35 (2), 101 - 126, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 情報が増えると投資家は不安になるか

    山地 秀俊, 後藤 雅敏

    2009年05月, 會計, 第175巻第5号,pp. 722~735, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 擦り合わせ的もの造り、談合そして利害調整型会計

    山地 秀俊, 後藤 雅敏

    2009年03月, 日本のもの造り組織指向の会計と国際会計, 研究叢書70号,75-96頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 業績の影響をコントロールした裁量的発生高の有効性に関する検証

    北川 教央, 後藤 雅敏

    2009年02月, 国民経済雑誌, 199 (2), 53 - 88, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 業績の影響をコントロールした裁量的発生高の有効性に関する検証―Kothari, Leone, and Wasley(2005)の追加検証―

    北川 教央, 後藤 雅敏

    2008年09月, 神戸大学大学院経営学研究科ディスカッション・ペーパー, (第2008・47), 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 証券市場における情報量と取引報酬の関係

    後藤 雅敏, 山地 秀俊

    2006年08月, 会計, 170 (2), 15 - 24, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • コーポレート・ガバナンスの実験的分析

    後藤 雅敏, 山地 秀俊

    2005年09月, 組織科学, 39 (1), 36 - 46, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 収支計算(会計学)と最大化計算(経済学)

    後藤 雅敏, 山地 秀俊

    2004年11月, 会計, 166 (5), 27 - 38, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 効率的市場仮説に基づく証券規制の功罪

    後藤 雅敏, 山地 秀俊

    2003年03月, アメリカ不正会計とその分析, 107 - 132, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 企業内のエイジェンシー関係と会計情報

    後藤 雅敏, 音川 和久, 山地 秀俊

    2002年02月, マクロ会計政策の評価, 研究叢書58号,155-192頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Management Forecasts of Accounting Numbers in Japan and Daily Stock Returns Behavior

    GOTOH Masatoshi

    1999年12月, The Japanese Style of Business Accounting, Quorum, in Shyam Sunder and Hidetoshi Yamaji (eds.),, 119 - 136, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Hidetoshi Yamaji, Masatoshi Gotoh, Yoshinori Yamakawa

    Horizon Research Publishing Co., Ltd., 2020年03月, Universal Journal of Accounting and Finance, 8 (1), 1 - 20, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • インプライド資本コストの研究

    北川 教央, 後藤 雅敏

    2008年, 日本会計研究学会特別委員会最終報告書, 2008, 日本語

    その他

書籍等出版物

  • アメリカ不正会計とその分析(山地秀俊編著)

    清水 泰洋, 山地 秀俊, 徳賀 芳弘, 一ノ宮 士郎, 吉原 英樹, 後藤 雅敏, 松本 祥尚, 八田 進二

    共著, 神戸大学経済経営研究所研究叢書, 2004年02月, 日本語

    学術書

  • 会計と予測情報

    後藤 雅敏

    単著, 中央経済社, 1997年06月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • Additional Information Increases Uncertainty in The Securities Market- Using Both Laboratory and fMRI Experiments

    YAMAJI Hidetoshi, GOTOH Masatoshi, YAMAKAWA Yoshinori

    American Accounting Association Annual Meeting, 2013年08月, 英語, American Accounting Association, San Fransisco, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Additional information increases uncertainty in the securities market- using both laboratory and fMRI experiments

    YAMAJI Hidetoshi, GOTOH Masatoshi, YAMAKAWA Yoshinori

    The Seventh Asia Pacific Interdisciplinary Research in Accounting (APIRA) Conference, 2013年07月, 英語, 神戸大学, 神戸コンベンションセンター, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Additional information increases uncertainty in the securities market -using both laboratory and fMRI experiments

    後藤 雅敏, Hidetoshi Yamaji, Yoshinori Yamakawa

    American Accounting Association Annual Meeting 2013, 2013年07月, 英語, Anaheim, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 企業の分配問題の最後通牒ゲームを基礎とした分析-ラボ実験およびfMRI実験を用いて-

    山地 秀俊, 後藤 雅敏

    特定領域研究(実験社会科学)研究会(RIEBセミナー/実験経済学研究部会共催), 2013年01月, 日本語, 神戸大学経済経営研究所, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 情報が増えると投資家は不安になるか

    後藤 雅敏, 山地 秀俊

    日本会計研究学会第67 回大会, 2008年09月, 日本語, 日本会計研究学会, 立教大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 業績の影響をコントロールした裁量的発生高の有効性に関する検証―Kothari, Leone, and Wasley(2005)の追加検証―

    後藤 雅敏, 北川 教央

    日本会計研究学会全国大会, 2008年09月, 日本語, 日本会計研究学会, 立教大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 業績の影響をコントロールした裁量的発生高の有効性に関する検証?Kothari, Leone, and Wasley(2005)の追加検証?

    後藤雅敏, 北川 教央

    日本会計研究学会全国大会, 2008年09月, 日本語, 日本会計研究学会, 立教大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 会計情報を活用した企業評価に関する総合的研究(最終報告)

    桜井 久勝, 石川 博行, 音川 和久, 大日方 隆, 児島 幸治, 後藤 雅敏, 桜井 貴憲, 須田 一幸, 髙田 知実, 土田 俊也, 中野 誠, 八重 倉孝, 與三野 禎倫, 若林 久美, 北川 教央, 村宮 克彦

    日本会計研究学会第67回大会, 2008年09月, 日本語, 日本会計研究学会, 立教大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 会計情報を活用した企業評価に関する総合的研究(中間報告)

    桜井 久勝, 石川 博行, 音川 和久, 大日方 隆, 児島 幸治, 後藤 雅敏, 桜井 貴憲, 須田 一幸, 髙田 知実, 土田 俊也, 中野 誠, 八重 倉孝, 與三野 禎倫, 若林 久美, 北川 教央, 村宮 克彦

    日本会計研究学会第66回大会, 2007年09月, 日本語, 日本会計研究学会, 松山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本シミュレーション&ゲーミング学会

  • 日本会計研究学会

共同研究・競争的資金等の研究課題