研究者紹介システム

島村 靖治
シマムラ ヤスハル
大学院国際協力研究科 地域協力政策専攻
教授
商学・経済学関係
Last Updated :2022/09/27

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院国際協力研究科 地域協力政策専攻
  • 【配置】

    計算社会科学研究センター

学位

  • Ph.D.(農業・応用経済学), ウィスコンシン大学マディソン校
  • 新興国におけるナッジ活用

授業科目

ジャンル

  • 社会 / 貧困問題
  • 各国事情 / アフリカ

コメントテーマ

  • アジア・アフリカの貧困問題
  • 発展途上国の社会保障制度
  • マイクロファイナンス
  • 青年海外協力隊

研究活動

研究キーワード

  • Applied Econometrics
  • Development Economics
  • 応用計量経済学
  • 開発経済学

研究分野

  • 人文・社会 / 経済政策

論文

  • Yasuharu Shimamura, Satoshi Shimizutani, Shimpei Taguchi, Hiroyuki Yamada

    Elsevier BV, 2022年01月, Water Resources and Economics, 37, 100192 - 100192, 英語, 国際誌, 国際共著していない

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Nozomi Sato, Yasuharu Shimamura, Susana Lastarria-Cornhiel

    Informa UK Limited, 2022年01月, Feminist Economics, 28 (1), 29 - 55, 英語, 国際誌, 国際共著している

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • インド農村部における女性自助組織活動と全国農村雇用保障法に関する実証分析

    佐藤 希, 島村 靖治

    2021年06月, 国民経済雑誌, 223 (6), 57 - 71, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Quynh Anh Le Thi, Yasuharu Shimamura, Hiroyuki Yamada

    Soil fertility conservation has become an increasing concern in Vietnamese agriculture owing to excessive use of agrochemicals. The use of organic fertilizers is considered an environment-friendly practice for sustainable agriculture. Although environmental awareness has emerged and production technologies of organic fertilizers have been introduced in recent years, their adoption remains limited among farming households. This study focuses on the causal effects of information acquisition on the use of organic fertilizers from agricultural extension services and from peers of farming households. The estimation results show that land size, land tenure, educational level, family labor endowment, and household wealth are significantly associated with the likelihood of using organic fertilizers. Information acquisition through both information sources positively affects the use of organic fertilizers. However, information acquisition from agricultural extension services has a greater marginal impact than that from peers. Despite its lower influence, information acquisition from peers plays a supplemental role in incentivizing farming households to use organic fertilizers as an environmentfriendly agricultural practice among rural communities in Vietnam.

    Southeast Asian Regional Center for Graduate Study and Research in Agriculture (SEARCA), 2021年06月, Asian Journal of Agriculture and Development, 18 (1), 32 - 48, 英語, 国際誌, 国際共著している

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Quynh Anh Le Thi, Yasuharu Shimamura, Hiroyuki Yamada

    Elsevier BV, 2020年12月, World Development Perspectives, 20, 100262 - 100262, 英語, 国際誌, 国際共著している

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Phan Thi Hang, Tran Thi Thu Hong, Tran Sang Tao, Nguyen Hai Quan, Tran Thi Na, Le Duc Thao, Yasuharu Shimamura, Hiroshi Kamisoyama, Duong Thanh Hai

    2020年02月, Livestock Research for Rural Development, 32 (2), 23, 英語, 国際誌, 国際共著している

    [査読有り]

  • Midori Matsushima, Hiroyuki Yamada, Yasuharu Shimamura

    Wiley, 2019年11月, Review of Development Economics, 24 (1), 144 - 166, 英語, 国際誌, 国際共著していない

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 南インドにおけるダウリー習慣と家庭内暴力-女性自助組織への参加はダウリーと家庭内暴力との関係をどのように変化させたか-

    佐藤 希, 島村 靖治

    神戸大学経済経営学会, 2019年06月, 国民経済雑誌, 219 (6), 35 - 52, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Yasuharu Shimamura, Midori Matsushima, Hiroyuki Yamada, Minh Tam Nguyen

    This study explores factors associated with people’s willingness-to-pay (WTP) for family-based health insurance covering the whole family in central Vietnam. The amount of WTP was elicited by using a contingent value method in 2014 and the mean WTP was 2.27 percent of GDP per capita. Firstly, our study reveals that even the poor are willing to pay towards obtaining health insurance. Secondly, our regression analysis shows that the health insurance status of the household head, in addition to education, wealth level, and family size, is associated with WTP. Furthermore, our estimation results with restricted sample households whose designated health facility is the commune health station (CHS) confirm that healthcare service quality measures designed based on patients’ past experiences at the CHS are significant predictors of WTP as they can affect people’s valuation of the benefit of the health insurance.

    Canadian Center of Science and Education, 2018年07月, Global Journal of Health Science, 10 (7), 24 - 35, 英語, 国際誌, 国際共著している

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Midori Matsushima, Hiroyuki Yamada, Yasuharu Shimamura, Minh Tam Nguyen

    To achieve the Sustainable Development Goals, particularly to promote healthy living and well-being for all ages, we must ensure a high quality of healthcare services at primary facilities. However, the shortage of healthcare workers in primary facilities is a problem in many countries, including Vietnam. Despite concerns about the low job satisfaction of health workers and value of altruism in this field, no existing research has thus far addressed its effect on job satisfaction. This study thus contributes to the body of knowledge on healthcare workers’ job satisfaction by observing the role of altruism.We conducted a quantitative analysis by using data collected from healthcare workers employed at primary facilities in central Vietnam in 2014. The survey administered to healthcare workers (n=241) included a hypothetical dictator game questionnaire to elicit their level of altruism. We then used an ordered probit model to examine the factors associated with healthcare workers’ job satisfaction, focusing particularly on altruism by controlling for both individual-level attributes and the condition of their workplaces.We found that a higher level of altruism is associated with lower job satisfaction. Further analysis revealed that more altruistic workers are also likely to have a stricter self-evaluation of healthcare quality, including the availability of drugs. Altruistic healthcare workers may be frustrated when working in environments in which resources are constrained and workers cannot perform to their full ability despite a wish to help others.

    Canadian Center of Science and Education, 2017年09月, Journal of Sustainable Development,, 10 (5), 85 - 93, 英語, 国際共著している

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 女性の自助組織活動と家庭内暴力-南インドにおけるダウリーを考慮した分析-

    佐藤 希, 島村 靖治

    神戸大学経済経営学会, 2017年06月, 国民経済雑誌, 215 (6), 47 - 64, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Ikumi Morooka, Quynh Anh Le Ho, Yasuharu Shimamura, Hiroyuki Yamada, Minh Tam Nguyen

    2017年06月, 国際協力論集, 25 (1), 47 - 64, 英語, 国内誌, 国際共著している

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Yasuharu Shimamura

    神戸大学, 2016年01月, 国際協力論集, 23 (2), 29 - 62, 英語, 国内誌, 国際共著していない

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 島村 靖治, 佐藤 希

    神戸大学経済経営学会, 2015年01月, 国民経済雑誌, 211 (1), 91 - 104, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Yasuharu Shimamura, Susana Lastarria-Cornhiel

    Graduate School of International Cooperation Studies, Kobe University, 2015年01月, 国際協力論集, 22 (2&3), 63 - 83, 英語, 国内誌, 国際共著している

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Yasuharu Shimamura, Susana Lastarria-Cornhiel

    We evaluate the impact of agricultural credit program participation on children's school attendance in rural Malawi. Our paired-site sampling survey reveals that credit uptake decreased school attendance by young girl children. This finding raises concerns that young girl children are exploited as child labor, either at home or in the field, when working adults become more involved in income-generating activities financed by credit. The data, however, do not show clear evidence for young girls staying at home to do household chores or working in the fields in households that obtained credit, but instead find simultaneous occurrence between attending school and taking responsibilities for domestic chores by young children. It would appear, therefore, that credit uptake delays the realization of this concurrence among young girl children and leads to delayed school enrollment. (C) 2009 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2010年04月, World Development, 38 (4), 567 - 580, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Yamano, Yasuharu Shimamura, Dick Sserunkuuma

    UNIV CHICAGO PRESS, 2006年07月, Economic Development and Cultural Change, 54 (4), 833 - 856, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yasuharu Shimamura, Satoshi Shimizutani, Shimpei Taguchi, Hiroyuki Yamada

    2022年03月, Journal of Development Studies, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yasuharu Shimamura, Satoshi Shimizutani, Shimpei Taguchi, Hiroyuki Yamada

    Informa UK Limited, 2022年06月07日, Vulnerable Children and Youth Studies, 1 - 7, 国際誌, 国際共著していない

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

書籍等出版物

  • 新経済成長国の医療保障制度に関する調査研究報告書-ベトナムの医療保障制度-

    島村 靖治, 究アドバイザー

    監修, 医療経済研究機構, 2018年, 日本語

    調査報告書

  • 『閉塞破るIT産業』 第1章 第1節 ハード・サービス市場の動向

    島村 靖治

    単著, 日本経済研究センター, 1998年, 日本語

    調査報告書

  • 『ウイナー・テイク・オール-ひとり勝ち社会の到来-』 第4章[翻訳]

    島村 靖治

    共訳, 日本経済新聞社, 1998年, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 『米国ネットワーク社会-産業集積と情報化の新潮流』 第2章 第2節 ネットワーク技術と生産性

    島村 靖治

    単著, 日本経済研究センター, 1997年, 日本語

    調査報告書

講演・口頭発表等

  • ベトナム中部における新型コロナウィルス感染症の医療サービス利用への影響

    国際開発学会第32回全国大会, 2021年11月20日

  • ベトナムの公的医療保険市場における加入率の分析 ―国民皆保険化の達成に向けて―

    島村靖治

    国際開発学会第31回全国大会, 2020年12月06日, 日本語

  • 新興国の医療保障制度の構築に向けてーベトナムの医療保険制度に関する調査研究ー

    島村靖治

    財務総合政策研究所 ASEANワークショップ, 2020年06月29日, 日本語

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 持続可能な農業技術の普及におけるソーシャルネットワークの役割

    島村 靖治

    国際開発学会・人間の安全保障学会共催全国大会, 2019年11月17日

  • Analysis on Demand and Supply-side Responses during the Expansion of Health Insurance Coverage in Vietnam: Challenges and Policy Implications toward Universal Health Coverage.

    島村 靖治

    2nd ASEAN Conference on Health Impact Assessment, 2017年04月, 英語, Hue, Vietnam, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • A Case Study in Central Vietnam: CHC Assessment through Behavioral Analysis of Patients

    島村 靖治

    2nd ASEAN Conference on Health Impact Assessment, 2017年04月, 英語, Hue, Vietnam, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Women’s Self-Help Group Participation and Domestic Violence: Impact Evaluation with Consideration of Dowry in Andhra Pradesh, India

    島村 靖治

    京都大学経済学研究科 アジア経済発展セミナー, 2017年03月, 英語, 京都大学, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • SDGsでUHC達成といっても,多くの医療資源を要するUHCが経済的に持続可能なのか?

    島村 靖治

    日本国際保健医療学会 第35回西日本地方会, 2017年03月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • プライマリーレベルの医療サービスに対する主観的認識の要因分析―ベトナム中部の事例―

    島村 靖治

    国際開発学会第17回春季大会, 2016年06月, 日本語, 立命館大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • An Investigation of Influential Factors of Choosing Community Health Centers in the Central Region of Vietnam

    島村 靖治

    Hue University of Medicine and Pharmacy Scientific Workshop, 2016年03月, 英語, Hue University of Medicine and Pharmacy, 国際会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • What Factors Affect the Decision of Health Facility Choice in the Central Region of Vietnam?

    島村 靖治

    Hue University of Medicine and Pharmacy Scientific Workshop, 2015年09月, 英語, Hue University of Medicine and Pharmacy, 国際会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • The Dynamics of Educational Attainment for Orphaned Children in Sub-Saharan Africa: Evidence from Malawi

    島村 靖治

    Kyoto Workshop on Development Economics, 2015年03月, 英語, Kyoto University, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Risk, Infrastructure, and Rural Market Integration: Role of Infrastructure during Food Price Crisis in Rural Indonesia

    島村 靖治

    TEA会春季大会, 2015年03月, 日本語, 東京農工大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Dynamics of Educational Attainment for Orphaned Children in Sub-Saharan Africa: Evidence from Malawi

    島村 靖治

    Development Workshop, University of California-Davis, 2015年02月, 英語, University of California-Davis, USA, 国際会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • ベトナムにおける公的医療保険の拡大とその影響 -適切な制度設計にむけて‐

    島村 靖治

    国際開発学会第24回全国(秋季)大会, 2013年12月, 日本語, 大阪大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Social and economic aspects of health care at primary level in the central region of Vietnam

    島村 靖治

    Vietnam–Japan Health Science Workshop, 2013年09月, 英語, Hue University of Medicine and Pharmacy, Hue, Vietnam, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • マイクロ・ファイナンスと児童労働 インド・Andhra Pradesh州の事例

    島村 靖治

    国際開発学会第14回春季大会, 2013年06月, 日本語, 宇都宮大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インド・Andhra Pradesh州におけるマイクロ・ファイナンスのインパクト評価

    島村 靖治

    国際開発学会第23回全国(秋季)大会, 2012年12月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サブ・サハラ・アフリカにおける遺児の就学の動学的分析:マラウィの事例

    島村 靖治

    国際開発学会第13回春季大会, 2012年06月, 日本語, 横浜国立大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インドネシア農村部における経済成長とその恩恵:Pro-Poor Growthの視点からの一考察

    島村 靖治

    国際開発学会第22回全国(秋季)大会, 2011年11月, 日本語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Implications of Infrastructure Provision for Food Markets in Rural Indonesia

    島村 靖治

    関西・開発ミクロ経済学研究会, 2011年11月, 日本語, 神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ, 国内会議

    その他

  • The Dynamics of Educational Attainment for Orphaned Children and Adolescents in Sub-Saharan Africa: Evidence from Malawi

    島村 靖治

    Development Workshop, University of California-Davis, 2011年02月, 英語, University of California-Davis, USA, 国際会議

    その他

  • The Impact of Agricultural Microcredit on Household Consumption and Vulnerability in Rural Malawi

    島村 靖治

    関西・開発ミクロ経済学研究会, 2010年10月, 日本語, 関西学院大学梅田キャンパス, 国内会議

    その他

  • The Dynamics of Educational Attainment for Orphaned Children and Adolescents in Sub-Saharan Africa: Evidence from Malawi

    島村 靖治

    Economic Development Workshop, Institute of Economic Research, Hitotsubashi University, 2010年06月, 英語, Institute of Economic Research, Hitotsubashi University, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • The Impact of Microfinance on Children’s Education: A Case Study of Women’s Self-Help Groups in Andhra Pradesh, India

    島村 靖治

    FASID Monthly Seminar, National Graduate Institute for Policy Studies, 2009年10月, 英語, National Graduate Institute for Policy Studies, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • The Impact of Women's Self-Help Groups on Child Education in Andhra Pradesh, India

    島村 靖治

    Environment and Development Economics Seminar, Kobe University, 2009年06月, 英語, Kobe University, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Social Development Outcomes of Rural Financial Institutions in Malawi, Kyrgyzstan, and Andhra Pradesh, India

    島村 靖治

    BBL Seminar, World Bank, Washington D.C., USA, 2008年10月, 英語, World Bank, Washington D.C., USA, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Social Well-being Outcomes of Rural Microfinance in Andhra Pradesh, India

    島村 靖治

    Workshop, Centre for Economic and Social Studies, Hyderabad, Andhra Pradesh, India, 2008年05月, 英語, Centre for Economic and Social Studies, Hyderabad, Andhra Pradesh, India, 国際会議

    その他

  • Social Welfare Outcomes of Micro-Credit in Malawi

    島村 靖治

    Workshop, World Bank, Lilongwe, Malawi, 2008年01月, 英語, World Bank, Lilongwe, Malawi, 国際会議

    その他

  • Social Development Outcomes of Rural Financial Institutions in Malawi

    島村 靖治

    Workshop, World Bank, Lilongwe, Malawi, 2006年07月, 英語, World Bank, Lilongwe, Malawi, 国際会議

    その他

  • Living Arrangements and Schooling of Orphaned Children and Adolescents in Uganda

    島村 靖治

    Development Economics Seminar, University of Wisconsin-Madison, USA, 2005年05月, 英語, University of Wisconsin-Madison, USA, 国際会議

    その他

  • The Gendered Impact of Rural Road Improvement on Schooling Decisions and Youth Employment in Morocco

    Yasuharu Shimamura

    JADE/GRIPS Seminar Series in Economics, 2022年05月18日, 英語

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

所属学協会

  • 開発経済学会

  • 日本国際保健医療学会

  • 国際開発学会

  • 日本経済学会

Works(作品等)

  • 『ミクロデータを用いたプログラム評価手法とその実践』

    2008年07月 - 2008年08月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 島村 靖治, 山田 浩之, 中澤 港, 松島 みどり

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2012年04月 - 2017年03月, 研究代表者

    医療保険制度の導入は多くの新興国で取り組まれている重要な政策課題である。本研究では医療保険の国民皆保険化を目指すベトナムにおいて実証研究を行い、そこから国民皆保険化を目標にしている他の国々にとっても有用な教訓を引き出そうとするものである。本研究ではベトナムの統計局や保健省といった政府系機関が公表している統計データ、および中部ベトナムにおいて実施した我々独自の家計・医療施設調査から得られたデータを用いて実証分析を行った。そして、研究成果については国内外における国際シンポジウム、学会などで合計16回の発表を行うと共に6本の学術論文を発表、国際的な情報発信を行った。

  • 島村 靖治

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 2010年 - 2012年, 研究代表者

    本研究では以下の論文を執筆した。最初の論文ではサブ・サハラ・アフリカにおいて遺児の就学率が低くなるメカニズムを探求。別の 2 本の論文では、マラウィのクレジット・プログラムが児童就学にプラスの効果をもつのか、リスク対処能力を向上させるのかについて検証している。インドのマイクロ・ファイナンスのインパクト評価についても論文を執筆、研究発表を行っている。更に、インドネシアのデータを用いた論文では、灌漑と道路という異なるインフラの経済成長へのインプリケーションを引き出している。いずれの論文も貧困削減のための政策提言を目的としている。

  • 新興国におけるナッジ活用と大規模データとの結合による政策評価手法の探求

    島村 靖治

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), 挑戦的研究(萌芽), 神戸大学, 2021年07月 - 2024年03月, 研究代表者

  • インドシナ半島におけるプライマリ・ヘルスケア・システムの国際比較研究

    島村 靖治, 山田 浩之, 松島 みどり, 神谷 祐介, 中澤 港

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 神戸大学, 2018年10月 - 2023年03月, 研究代表者

    本研究は、2015年に国連で採択されたSustainable Development Goals(SDGs)の第3重要課題に設定された「健康な暮らし及び厚生の促進」に関連した研究課題に対して、既存データならびに現地調査を通して収集する独自データを用いて取り組むことを目的としている。2020年度は、これまでに実施してきたベトナムにおける医療保険制度の変遷とその加入率の変化に関する研究を財務省財務総合政策研究所ASEANワークショップにて発表する機会を得ている。近年、急速な経済成長を遂げているASEAN諸国の筆頭であるベトナムにおける保健医療制度に対しては益々関心が高まっている。本ワークショップは有益な情報共有の場となった。ワークショップでは、ベトナムの近年の経済状況の概観から始まり、経済成長と共にどのように国民の健康状態が改善してきたかを示した。その後、ベトナムにおける医療サービスの提供体制(公的医療施設は中央レベル、省レベル、郡レベル、村落レベルの4階層の構造をしている)を示した上で、2020年度までの国民皆保険化を目指して、これまでにどのように医療保険制度が変遷してきたかを示し、1)皆保険化を妨げる要因は何か?2)全国での加入率が8割を越えるなかで医療保険市場の「情報の非対称性」の問題はいつまで残るのか?3)医療保険加入率の増加に伴い医療サービスの需要と供給はどのように変化してきたのか?4)医療保険の加入と企業利益や労働生産性の間にはどのような関係があるのか?について研究発表を行った。なお、本ワークショップでは、ベトナム政府がいかに新型コロナウィルス感染症の拡大を防ぐことができたかについても、特にベトナム政府の初動の速さに注目した発表を行った。そして、1)と2)をまとめた論文については国際開発学会の企画セッションでも発表を行っている。

  • 島村 靖治

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), 挑戦的研究(萌芽), 神戸大学, 2018年06月 - 2021年03月, 研究代表者

    自然科学分野においては、これまで廃棄されていたキャッサバの根を使った新しい鶏の餌付け方法に関する論文を公刊した。加えて、社会科学分野では有機肥料の使用拡大や化学肥料の使用量を抑えることのできるコメの新品種の普及にどれだけ民間の社会ネットワークを通じた情報伝搬が効果的かを検証した論文を公刊している。更に、医療保険制度に関連しては、1)医療サービスの供給側の要因が医療保険料の支払い意思とどのような関係にあるのか?2)拡大する医療保険加入率に伴い医療サービスの需給にどのような変化があったのか?を検証した論文も公刊している。