研究者紹介システム

木村 哲也
キムラ テツヤ
大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻
准教授
体育学関係
Last Updated :2022/01/10

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻
  • 【配置】

    国際人間科学部 発達コミュニティ学科, 発達科学部 人間行動学科

学位

  • 博士(人間・環境学), 京都大学
  • 立位バランスの調節メカニズムに関する検討

授業科目

ジャンル

  • スポーツ・趣味 / スポーツ科学

コメントテーマ

  • 身体運動システム論
  • バイオメカニズム
  • 筋代謝

研究活動

研究キーワード

  • 身体運動システム
  • 感覚運動制御
  • 立位バランス制御
  • 自律神経系
  • 生体信号

研究分野

  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学

受賞

  • 2021年06月 令和3年度兵庫体育・スポーツ科学学会第32回大会 学部生発表, 学生優秀発表賞

    森広薫, 田上涼太, 五十嵐野恵, 小林拓磨, 山縣桃子, 木村哲也

論文

MISC

  • Somatosensory contribution to postural equilibrium in human bipedal stance.

    Tetsuya Kimura

    2013年10月, Advances in Exercise and Sports Physiology, 19 (3), 55 - 59, 英語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 体性感覚を生かしたバランス調整能

    木村 哲也

    2013年06月, 体育の科学, 63 (6), 466 - 471, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 松本 珠希, 後山 尚久, 木村 哲也, 林 達也, 森谷 敏夫

    2008年12月, 心身医学, 48 (12), 1011 - 1024, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 月経前症候群・月経前不快気分障害の発症と自律神経活動動態との関連.

    松本 珠希, 後山 尚久, 木村 哲也, 林 達也, 森谷 敏夫

    2007年11月, 産婦人科治療, 95 (5), 544 - 553, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 自律神経活動から評価した更年期外来における心理療法の臨床効果.

    松本 珠希, 後山 尚久, 木村 哲也, 佐久間 航, 森谷 敏夫

    2007年04月, 日本更年期医学会雑誌, 15 (1), 135 - 145, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Toshio Moritani, Tetsuya Kimura, Taku Hamada, Narumi Nagai

    2005年06月, Journal of Electromyography and Kinesiology, 15 (3), 240 - 255, 英語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

書籍等出版物

  • 末梢神経と確率共振. In: 宮村実晴編「ニュー運動生理学Ⅰ」 , pp169-pp174

    木村 哲也

    その他, 真興交易医書出版部, 2014年09月, 日本語

    学術書

  • 筋電図の解析法. In: 宮村実晴編「新運動生理学(上巻)」 , pp98-pp108

    森谷 敏夫, 木村 哲也

    その他, 真興交易医書出版部, 2001年11月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • To what extent and how is autonomic nervous system activity associated with the diverse psychophysiological symptoms in the premenstrual phase?

    Matsumoto T, Egawa M, Kimura T, Hayashi T

    [Symposium Premenstrual disorders: what we know and what we do not know about the late-luteal enigmatic condition] The 19th World Congress of the International Society of Gynecological Endocrinology, On line, 2020年12月05日, 英語

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Effect of time-lag between heartbeat and postural sway on arterial blood pressure during quiet standing

    Wataru Oyanagi, Tetsuya Kimura

    International Society of Electrophysiology and Kinesiology 23th Virtual Congress, 2020年07月13日, 英語

    ポスター発表

  • Effects of visual feedback frequency on postural control during quiet standing

    Tomoya Kakizawa, Tetsuya Kimura

    International Society of Electrophysiology and Kinesiology 23th Virtual Congress, 2020年07月13日, 英語

    ポスター発表

  • Trial-to-trial peak-force variation in planter flexor MVC is associated with time-lag of electrical activities of agonist muscles

    Chinami Taki, Naruhiro Shiozawa, Tetsuya Kimura

    International Society of Electrophysiology and Kinesiology 23th Virtual Congress, 2020年07月13日, 英語

    ポスター発表

  • Trial-to-trial peak-force variability is associated with muscle activity pattern during repeated maximal plantar flexions

    Chinami Taki, Naruhiro Shiozawa, Tetsuya Kimura

    SICE Life Engineering Symposium 2019 and ECTI Biomedical Engineering, 2019年08月24日

  • Effects of holding external loads with different masses on postural control system during quiet standing

    Yaegashi, M, Kimura, T

    24th Annual Congress of the European College of Sport Science, 2019年07月03日

  • 循環・立位バランス両調節システム協働の解明に向けた実験的試み~生理学の観点から~

    木村 哲也

    BioMecForum21 第92回研究会, 2019年04月20日

    [招待有り]

  • The Different Degree of Correlation between Fluctuations of H-wave Amplitude and Blood Pressure among Triceps Surae Muscles

    Chinami Taki, Naruhiro Shiozawa, Tetsuya Kimura

    40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 2018年07月18日

  • ウェアラブルセンサのスポーツ健康科学分野での応用可能性

    瀧千波, 塩澤成弘, 木村哲也

    第56回日本生体医工学会大会 Organized Session:ウェアラブルセンサのアプリケーション探索, 2017年05月04日

    [招待有り]

  • Effects of electrical noise to muscle proprioception on dynamic property of H-wave fluctuation

    Taki C, Shiozawa N, Kimura T

    u-Healthcare 2015, 2015年11月30日, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • H-WAVE AMPLITUDE FLUCTUATION IS ASSOCIATED WITH VARIATION OF MAXIMAL VOLUNTARY MUSCLE CONTRACTION WITHIN A SUBJECT.

    Taki C, Shiozawa N, Kimura T

    20th Annual Congress of the European College of Sport Science, 2015年06月25日, 英語, Malmo, Sweden, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 上肢体性感覚の歩行バランスへの効果

    木村 哲也

    京都滋賀体育学会第143回大会 シンポジウム「これからのスポーツを科学する~京滋の若手研究者の挑戦~」, 2014年03月08日

    [招待有り]

  • Effects of electrical noise to a knee joint on quiet bipedal stance and treadmill walking. (Invited Session(Lecture Presentation): Stochastic Resonance in Nervous Systems)

    Tetsuya Kimura, Chinami Taki, Naruhiro Shiozawa, Motoki Kouzaki

    35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (oral), 2013年07月05日

    [招待有り]

  • Effects of fingertip light touch on human walking on the ground.

    Kimura T, Otsuka M, Taki C, Konishi K, Sanada K, Kouzaki M, Shiozawa N

    18th Annual Congress of the European College of Sport Science (poster), 2013年06月28日

  • 静止立位・歩行運動調節への体性感覚の貢献とバランス安定化への応用

    木村哲也

    日本体育学会第63回大会 シンポジウム「身体運動の冗長性を運動生理学的観点から捉える」, 2012年08月22日

  • Association of motor unit discharge behavior in gastrocnemius muscle with postural and joint angle sways during quiet bipedal stance.

    Tetsuya Kimura, Motoki Kouzaki

    19th Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology (poster), 2012年07月20日

  • ワイヤー電極筋電図法を用いた運動単位活動の定性化.

    木村哲也

    第8回生体医工学サマースクール講演, 2010年08月08日

  • Finger Tactile Information with Noise Stimulation Reduces Postural Sway during Quiet Standing

    Kimura T, Kouzaki M, Moritani T

    18th Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology (poster), 2010年06月18日

  • 運動生理学実験における筋音図法の利用

    木村哲也

    第11回日本電気生理運動学会大会シンポジウム, 2009年11月07日

  • Percutaneous Electrical Muscle Stimulation Attenuates Postprandial Hyperglycemia in Obese Men

    Kimura T, Matsumoto K, Kameda N, Hayashi T, Tanaka S, Moritani T

    14th Annual Congress of the European College of Sport Science (oral), 2009年06月26日

  • HbO2/MbO2 recovery kinetics in experimental-ischemia to assess muscle oxidative capacity

    T. Kimura, T. Hamada, T. Watanabe, A. Maeda, T. Moritani

    9th Annual Congress of the European College of Sport Science (oral), 2004年07月05日

  • Mechanomyogram to Assess Motor Unit Fusion Property during Sustained Isometric Contraction

    T. Kimura, T. Hamada, T. Watanabe, A. Maeda, T. Moritani

    15th Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology (oral), 2004年06月18日

  • Human Skeletal Muscle Contractile Properties Assessed by Mechanomyogram during Experimentally-induced Hypothermia and Muscle Fatigue

    Tetsuya Kimura, Taku Hamada, Takeo Watanabe, Toshio Moritani

    第58回日本体力医学会国際セッション (oral), 2003年09月21日

  • Mechanomyographic and Electromyographic Analyses During Voluntary and Evoked Muscle Contractions : The Amplitude Investigations

    Tetsuya Kimura, Taku Hamada, Toshio Moritani

    19th Congress of the International Society of Biomechanics (poster), 2003年07月10日, 英語

  • 静的立位バランス制御に対する循環調節システムの協調可能性

    木村 哲也, 瀧 千波, 塩澤 成弘

    計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム2021 オーガナイズドセッション「立位・歩行の制御機構」, 2021年09月04日

所属学協会

  • 日本生体医工学会

  • 兵庫体育・スポーツ科学学会

  • European College of Sport Science

  • 日本運動生理学会

  • 日本体力医学会

  • 日本体育学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 高度情報化社会に求められる科学関連情報評価能力の育成手法と実践モデルの開発

    山口 悦司, 杉本 雅則, 望月 俊男, 坂本 美紀, 増本 康平, 木村 哲也, 佐藤 幸治

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), 挑戦的研究(萌芽), 神戸大学, 2020年07月 - 2023年03月, 研究分担者

  • 手で軽い荷物を持つことによるトレッドミル歩行の安定化・効率化の確立

    木村 哲也

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2020年04月 - 2023年03月, 研究代表者

  • 間欠的な視覚情報が静的立位制御系に与える効果の検証

    木村哲也

    公益財団法人木下記念事業団, 木下基礎科学研究基金助成事業, 2019年04月 - 2022年03月

  • 月経前不快症状を緩和する健康習慣形成プログラムの構築

    松本 珠希

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2018年04月 - 2021年03月

    競争的資金

  • 木村 哲也

    学術研究助成基金助成金/若手研究(B), 2017年04月 - 2020年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 静的立位時の追加荷重に対する適応メカニズム解明

    木村 哲也

    中冨健康科学振興財団研究助成金, 2018年 - 2019年, 研究代表者

    競争的資金

  • 増本 康平

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2015年07月 - 2018年03月

    競争的資金

  • 微細な関節角度変動を伴う下腿三頭筋活動の制御特性

    木村 哲也

    上原記念生命科学財団研究奨励金, 2015年 - 2015年, 研究代表者

    競争的資金

  • 水による体性感覚への刺激が立位バランス調節機能に与える効果~水中運動の神経生理学的効果の検証~

    木村 哲也

    公益財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団第3 7 回研究助成金, 2015年 - 2015年, 研究代表者

    競争的資金

  • 体性感覚情報に着目した高齢者の転倒予防方法の解明

    木村 哲也

    学術研究助成基金助成金/若手研究(B), 2011年04月 - 2014年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • シナジーに基づく高齢者の歩行動作の解明 ~高齢者の転倒予防の確立に向けて~

    神﨑 素樹

    中冨健康科学振興財団研究助成金, 2013年 - 2013年

    競争的資金

  • 電気的ノイズ刺激を用いたヒト運動制御機能回復・向上システムの開発

    木村 哲也

    カシオ科学振興財団研究助成, 2011年12月 - 2012年11月, 研究代表者

    競争的資金

  • セントラルパターンジェネレータに着目した高齢者の歩行リズムの解明

    神﨑 素樹

    三井住友海上福祉財団研究助成, 2011年 - 2012年

    競争的資金

  • 水泳選手の血液循環調節能力低下の科学的検証とトレーニング手法の開発~自律神経活動特性及び血圧受容体反応性からの検討~

    木村 哲也

    上月スポーツ・教育財団スポーツ研究助成事業, 2009年01月 - 2010年12月, 研究代表者

    競争的資金

  • ヒト立位平衡制御における腓腹筋の神経生理学的および力学的制御則の解明

    木村 哲也

    上原記念生命科学財団研究奨励金, 2010年 - 2010年, 研究代表者

    競争的資金

  • 立位バランス制御機構に対する自律神経系の関与~加齢にともなう自律神経活動低下の影響~

    木村 哲也

    明治安田厚生事業団健康医科学研究助成, 2010年 - 2010年, 研究代表者

    競争的資金

  • 体性感覚機能向上による高齢者の歩行バランス安定効果~安全かつ効果的な歩行バランス向上トレーニングの開発に向けて~

    木村 哲也

    中冨健康科学振興財団研究助成金, 2010年 - 2010年, 研究代表者

    競争的資金

  • 持久的運動時の心拍リズムと筋収縮リズムの同期化現象に関する生理学的意義の解明

    木村 哲也

    公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ助成, 2010年 - 2010年, 研究代表者

    競争的資金

  • 固有感覚系フィードバック情報による歩行バランス向上効果の検証~神経生理学的観点による転倒予防を目指して~

    木村 哲也

    石本記念デサントスポーツ科学振興財団第3 2 回研究助成金, 2010年 - 2010年, 研究代表者

    競争的資金

  • 筋内電気的ノイズ刺激による協働筋の力調節能力のメカニズム解明

    神﨑 素樹

    財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団第3 1 回研究助成金, 2009年 - 2009年

    競争的資金

  • Percutaneous electrical muscle stimulation attenuates postprandial hyperglycemia in obese man

    木村 哲也

    財団法人ライフサイエンス振興財団国際交流(研究集会)援助, 2009年 - 2009年, 研究代表者

    競争的資金

  • 足裏感覚へのノイズ刺激が高齢者の立位バランス能力を向上させる~体性感覚情報に着目した高齢者転倒の予防対策の確立に向けて~

    神﨑 素樹

    三井住友海上福祉財団研究助成, 2008年 - 2008年

    競争的資金

  • 杖から指先に伝わる体性感覚情報が立位バランスに及ぼす効果

    木村 哲也

    フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団研究助成, 2008年 - 2008年, 研究代表者

    競争的資金

  • 「筋音図」の基礎研究及び臨床応用

    木村 哲也

    科学研究費補助金(特別研究員奨励費), 2005年04月 - 2007年03月, 研究代表者

    競争的資金