研究者紹介システム

寺師 浩人
テラシ ヒロト
医学部附属病院 形成外科
教授
医学
Last Updated :2021/11/20

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    医学部附属病院 形成外科
  • 【配置】

    大学院医学研究科 医科学専攻, 医学部附属病院 患者支援センター

学位

  • 博士(医学), 大分医科大学

授業科目

  • 臨床医学講義3(形成外科), 医学部 医学科, 2020
  • ユニオンレクチャー, 医学部 医学科, 2020

ジャンル

  • 医療・健康 / 臨床医学
  • 医療・健康 / がん治療

コメントテーマ

  • 形成外科
  • 皮膚悪性腫瘍
  • 褥瘡
  • ケロイド
  • 糖尿病性足潰瘍

研究活動

研究分野

  • ライフサイエンス / 形成外科学

委員歴

  • 日本フットケア・足病医学会, 理事長
  • 日本再生医療学会, 評議員
  • 日本皮膚外科学会, 評議員
  • 日本褥瘡学会, 常任理事
  • 日本形成外科学会, 評議員
  • 日本創傷外科学会, 理事長

受賞

  • 2005年10月 日本口腔外科学会総会, 第50回日本口腔外科学会総会、ゴールデンリボン賞, 口腔粘膜上皮の細胞膜脂肪酸組成と角化様式との関係

    堀田 武司, 横尾 聡, 黒木 信祐, 井上 玲奈, 宮村 篤, 尾島 泰公, 寺師 浩人, 古森 孝英

  • 2005年10月 社団法人 日本口腔外科学会, 第50回日本口腔外科学会総会ゴールドリボン賞, 培養複合口腔粘膜移植におけるkeratinocyte devived system

    横尾 聡, 寺師 浩人, 古森 孝英

  • 2004年10月 日本口腔外科学会総会, 7th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery、第49回日本口腔外科学会総会 ゴールデンリボン賞, Clinical Evaluation of Ex Vivo Produced Clinical Evaluation of Ex Vivo Produced

    Yoshizawa M, Izumi K, Iida A, Suzuki I, Saito C, Takagi R, Terashi H, Yokoo S, Komori T, Tsuno H, Furuta I

  • 2004年10月 日本口腔外科学会総会, 6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery、第49回日本口腔外科学会総会 ゴールデンリボン賞, PRP promotes proliferation and differentiation of cryopreserved human Adipose-derived stem cells (AdSCs)

    Watatani S, Terashi H, Yokoyama M, Yokoo S, Umeda M, Komori T

  • 2004年05月 日本血管外科学会, 第32回日本血管外科学会総会、展示優秀賞, 重傷虚血肢に対する創傷ケアについて

    寺師 浩人

論文

  • Daiki Kitano, Takeo Osaki, Shunsuke Sakakibara, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    INTRODUCTION: Limited literature exists regarding the positional relationship between the pedicled-rectus abdominis myocutaneous (p-RAMC) flap and residual pelvic organs post posterior pelvic exenteration (PPE). PRESENTATION OF CASE: Four patients underwent PPE and reconstruction with a p-RAMC flap. After harvesting the p-RAMC flap with the deep inferior epigastric artery and veins as the vascular pedicle, the intra-pelvic shortest pathway of the flap was created. We dissected the subcutaneous tissues of the flap donor site toward the perineal defect along the inner wall of the pelvis. The pubic origin of the rectus abdominis muscle was preserved. A three-dimensional model was constructed using an image processing software. The vascular pedicle ran almost linearly along the inner wall of the pelvis. The muscle belly was placed on the pelvic floor through the posterior wall of the urinary bladder which filled the dead space of the resected area. All flaps survived without significant complications. DISCUSSION: Assigning the cranial side of the flap to the perineum and caudal side to the pelvic floor could reduce postoperative intrapelvic complications. By preserving the pubic origin of the rectus abdominis muscle, a shock absorber of the pedicle of the flap was created, preventing over-traction of the flap while passing through the intrapelvic pathway. CONCLUSION: A p-RAMC flap via intra-pelvic shortest pathway is an ideal reconstructive method for large skin defect in perineal area after PPE.

    2021年02月09日, International journal of surgery case reports, 80, 105629 - 105629, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Chikara Takekawa, Takeshi Fukumoto, Goichi Haraoka, Hiroto Terashi

    BACKGROUND: Most patients with facial pigmentary disorders have multiple disorders. However, there is no definitive treatment algorithm improving various pigmentary disorders simultaneously. OBJECTIVES: To investigate the clinical efficacy and safety of the combination of the Q-switched alexandrite and the carbon dioxide lasers with ZO SKIN HEALTHⓇ for facial pigmentary disorders. PATIENTS/METHODS: This prospective observational study enrolled 251 patients with at least one facial pigmentary disorder. We assessed treatment efficacy and investigated which disorders were most responsive to combination treatment and the relationship between doctors' skills, outcomes, and dropout rates. RESULTS: There were 246 patients with lentigo senilis, 186 with moles, 79 with melasma, 53 with seborrheic keratosis, 17 with acquired dermal melanocytosis (ADM), and 16 with freckles. Overall, 227 patients completed treatment. Post-treatment outcomes were excellent in 97, good in 113, fair in 17, and poor in 0 patients. Freckles were the most responsive, and ADM was the least responsive. Patient withdrawal and treatment outcomes did not differ significantly based on the doctors' skills. Overall, 3.2% of patients had adverse events. CONCLUSIONS: Our combination algorithm improved several pigmentary disorders of the face simultaneously, regardless of the doctors' proficiency level.

    2021年02月, Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS, 74 (2), 370 - 376, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Haruo Ogawa, Junya Kusumoto, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi, Shunsuke Sakakibara

    BACKGROUND:  Intraoperative vasospasm during reconstructive microvascular surgery is often unpredictable and may lead to devastating flap loss. Therefore, various vasodilators are used in reconstructive microsurgery to prevent and relieve vasospasm. Lidocaine is a vasodilator commonly used in microvascular surgery. Although many reports have described its in vitro and in vivo concentration-dependent vasodilatory effects, limited studies have examined the pharmacological effects of lidocaine on blood vessels in terms of persistence and titer. METHODS:  In this study, the vasodilatory effect of lidocaine was examined by using the wire myograph system. Abdominal aortas were harvested from female rats, sliced into rings of 1-mm thickness, and mounted in the wire myograph system. Next, 10, 5, 2, and 1% lidocaine solutions were applied to the artery, and the change in vasodilation force, persistence of the force, and time required to reach equilibrium were measured. RESULTS:  The vasodilatory effect was confirmed in all groups following lidocaine treatment. Although strong vasodilation was observed in the 10% lidocaine group, it was accompanied by irreversible degeneration of the artery. Vasodilation in the 1% lidocaine group was weaker than that in the other groups 500 seconds after lidocaine addition (p < 0.05). Between the 5 and 2% lidocaine groups, 5% lidocaine showed a stronger vasodilatory effect 400 to 600 seconds after lidocaine addition (p < 0.01); however, there was no significant difference in these groups after 700 seconds. Additionally, there was no difference in the time required for the relaxation force to reach equilibrium among the 5, 2, and 1% lidocaine groups. CONCLUSION:  Although our study confirmed the dose-dependent vasodilatory effect of lidocaine, 5% lidocaine showed the best vasodilatory effect and continuity with minimal irreversible changes in the arterial tissue.

    2021年01月31日, Journal of reconstructive microsurgery, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Sayuri Osawa, Kazunobu Hashikawa, Hidemi Naruse, Hiroto Terashi

    ABSTRACT: A total of 47 patients who underwent the craniofacial implantation of unsintered hydroxyapatite particles and a poly-L-lactide device were evaluated for clinical local findings and computed tomography (CT) images after about 6 months. Long-term follow-up of 3 patients was done from 5 to 11 years. The patients underwent CT imaging pre- and postoperatively, while local clinical examination was done upon follow-up. For the 3 patients who were followed up for more than 5 years, implant changes were evaluated by using CT. Computed tomography revealed 3 patients of dislocation, 2 patients of insufficient bone union, and 3 patients of implant breakage. All patients healed well with no complications requiring a secondary operation. The CT findings of the long-term cases revealed the following: a plate and screw were still present 5 years postsurgery (patient 1), mesh implants were completely resorbed after 9 years and 6 months (patient 2), and plates were almost resorbed after 11 years but some of their shapes remained (patient 3).The unsintered hydroxyapatite/poly-L-lactide device is useful in the maxillofacial region in terms of strength and radiographic contrast. However, since the absorption rate is slow, it is necessary to keep in mind its long-term radiographic detectability and the possibility of late-onset granuloma.

    2021年01月28日, The Journal of craniofacial surgery, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Mitsuyoshi Takahara, Osamu Iida, Yoshimitsu Soga, Akio Kodama, Hiroto Terashi, Nobuyoshi Azuma

    AIM: Recent studies suggested that past history of obesity or maximum body mass index (BMI) in the past was a strong prognostic predictor in a general population. The current study aimed to survey the distribution of current and maximum BMIs and to investigate their prognostic impact in patients with critical limb ischemia (CLI), whose prognosis was poor even after revascularization. METHODS: We analyzed a database of a prospective, multicenter registry in Japan, including 499 CLI patients undergoing revascularization. Their current and maximum BMIs were surveyed at registration. The distribution and the impact on the prognosis were explored. RESULTS: The estimated means (95% confidence intervals) of current and maximum BMIs were respectively 22.0 (21.7 to 22.3) and 25.3 (24.8 to 25.8) kg/m2; the difference was 3.3 (2.9 to 3.7) kg/m2. The prevalence of current obesity (BMI ≥ 25 kg/m2) was 18% (15% to 22%), whereas 48% (43% to 53%) had ever been obese (maximum BMI ≥ 25 kg/m2). Past obesity was not rare even in currently lean subjects (BMI <18.5 kg/m2), with the prevalence of 18% (7% to 29%). Current BMI, but not maximum BMI, was associated with the mortality risk; the adjusted hazard ratios per 5 kg/m2 increase were 0.61 [0.46, 0.81] (P=0.001) and 1.07 [0.87, 1.31] (P=0.55), respectively. CONCLUSION: The prevalence of current obesity was as low as 18% (15% to 22%) in Japanese CLI patients undergoing revascularization, whereas about a half were formerly obese. Maximum BMI was not independently associated with the mortality risk in the population.

    2021年01月01日, Journal of atherosclerosis and thrombosis, 28 (1), 44 - 51, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Osamu Iida, Mitsuyoshi Takahara, Yoshimitsu Soga, Akio Kodama, Hiroto Terashi, Nobuyoshi Azuma

    AIM: To investigate the associations between preoperative characteristics and the risk of reintervention in patients undergoing revascularization for chronic limb-threatening ischemia (CLTI) in a contemporary real-world setting. METHODS: We retrospectively analyzed data from a clinical database formed by the Surgical Reconstruction Versus Peripheral Intervention in Patients With Critical Limb Ischemia (SPINACH) study, which was a multicenter, prospective, observational study. The study population was composed of 520 CLTI patients with the wound, ischemia, and foot infection (WIfI) classes I-3 with resting pain or classes I-2/3 with ulcers/gangrene. Of the 520 patients, 192 had surgical reconstruction planned, whereas 328 had endovascular therapy (EVT) alone planned at the time of registration. The current analysis was conducted to explore the associations between preoperative characteristics and the risk of reintervention. RESULTS: A total of 452 participants (87%) completed the 3-year follow-up regarding reintervention. The competing risk analysis estimated that the three-year cumulative incidence rates for reintervention and reintervention-free deaths were 44.0% and 28.7%, respectively. No preoperative characteristics had a significant interaction effect with EVT versus surgical reconstruction. The risk analysis identified the following independent risk factors for reintervention: 1) EVT instead of bypass reconstruction, 2) renal dysfunction, 3) history of revascularization after CLTI onset (i.e., requirement of redo revascularization for CLTI), and 4) bilateral CLTI. Patients with more than one of these risk factors had an increased risk of reintervention. CONCLUSIONS: The current study identified preoperative characteristics associated with an increased risk of reintervention. No preoperative characteristics had any significant interactions with EVT or surgical reconstruction.

    2021年01月01日, Journal of atherosclerosis and thrombosis, 28 (1), 52 - 65, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Takeo Osaki, Ryosuke Tamura, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    PURPOSE: This study aimed to examine the usefulness of treating orbital blowout fracture using a customized rigid carrier. MATERIAL AND METHODS: Patients who underwent surgery for orbital blowout fractures in our department from April 2016 to March 2019 were recruited in the study. We molded a rigid thermoplastic material into the same shape as the reconstruction material according to the 3D model and transplanted it into the orbital space along with the reconstruction material. We assessed Hertel exophthalmometry, awareness of diplopia, and the Hess area ratio (HAR%). RESULTS: We performed this procedure in 15 patients with blowout fractures. Reconstruction materials used were iliac bone, absorbable plates, and titanium mesh in 12, 2, and 1 patient, respectively. None of the patients showed a difference of more than 2 mm on Hertel exophthalmometry. Only one patient had diplopia after surgery. The average preoperative and postoperative HAR% were 83.1 and 90.6, respectively. HAR% was more than 85% in 6 of 7 postoperative cases. CONCLUSIONS: This method can be applied for surgery using various reconstructive materials and can be a useful method, especially in patients with a wide range of orbital bone defects.

    2020年11月, Journal of cranio-maxillo-facial surgery : official publication of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery, 48 (11), 1052 - 1056, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Takeo Osaki, Hidetaka Murakami, Ryosuke Tamura, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    Correct anatomical reconstruction of the orbital wall for function and cosmesis is important; however, this is difficult because of the structure's complexity. The authors aimed to analyze and classify orbital morphology from computed tomography (CT) images and examine the relationship between orbital morphology and eyelid morphology in the Japanese population. CT images of 60 men (right side, 29; left side, 31) and 44 women (each side, 22) were included. The lengths of the orbital medial wall and floor in the coronal plane at the anterior, middle, and posterior planes of the orbit; angle between them; simotic index; and the thickness of upper eyelid were measured. Additionally, the presence or absence of double eyelids was evaluated. Non-paired Student's t test and Pearson correlation coefficient test were used for analysis. Orbital morphology was symmetrical on both sides, and men had a larger orbit than women. Orbital morphology was classified into 2 groups according to the posterior angle, and there was a difference between the groups in the simotic index. The difference between groups may represent a genetic difference between the Jomon and Yayoi people and not only provide a new classification for the orbit of the population but also be useful in orbital reconstruction.

    2020年10月, The Journal of craniofacial surgery, 31 (7), 1875 - 1878, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Mitsuyoshi Takahara, Osamu Iida, Yoshimitsu Soga, Akio Kodama, Hiroto Terashi, Kenji Suzuki, Ikuo Sugimoto, Nobuyoshi Azuma

    Aim: Critical limb ischemia (CLI) has a wide age distribution. We aimed here to reveal age-associated clinical features in CLI patients. Materials and Methods: We analyzed 531 Japanese CLI patients referred to vascular centers. The three-year mortality risk by age was compared to that for the Japanese nationals, derived from Japan's national life table data. Clinical characteristics associated with age in CLI patients were also explored. Results: Mean age was 73±10 years. Whereas 27.9% were aged ≥80 years, 19.2% were aged <65 years. Mortality risk was increased with age, but its risk ratio relative to the same-aged nationals was higher in younger patients. Incidence of major amputation was higher in a younger population. Receiving welfare, smoking, increased body mass index, diabetes with hemoglobin A1c ≥7.0%, non-high density lipoprotein cholesterol ≥190 mg/dL, renal failure, and the Wound, Ischemia, and foot Infection classification stage 4 were associated with younger age, whereas non-ambulation and institutionalization were associated with older age. Conclusion: Patients aged <65 years, belonging to the working-age population, reached almost one fifth of the CLI population. Younger patients had a lower mortality risk in the population, but had a higher risk ratio relative to the same-aged nationals. Socioeconomic disadvantage, poor cardiovascular risk control, and wound severity were associated with younger age.

    2020年09月25日, Annals of vascular diseases, 13 (3), 300 - 307, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideyuki Yanagi, Hiroto Terashi, Yoshimitsu Takahashi, Katsuyuki Okabe, Katsumi Tanaka, Chu Kimura, Norihiko Ohura, Takahiro Goto, Ichiro Hashimoto, Madoka Noguchi, Junichi Sasayama, Kenichi Shimada, Ayumi Sugai, Mitsuko Tanba, Takeo Nakayama, Ryoji Tsuboi, Junko Sugama, Hiromi Sanada

    OBJECTIVE: To clarify the surgical indications and the appropriate perioperative management of ischial pressure ulcers (PUs). METHOD: A two-year prospective, nationwide registry study was carried out across 26 medical institutions in Japan. All participating institutions managed ischial PUs according to the standardisation of total management and surgical application for the refractory decubitus (STANDARDS-I) perioperative protocol. Analysis was conducted on a range of clinically or statistically important variables for the achievement of primary or secondary endpoints: complete wound healing and hospital discharge at three months, and complete wound healing at one month after surgery, respectively. RESULTS: A total of 59 patients took part in the study. All patients underwent surgery for ischial PUs during the study period. Patients who had achieved the primary endpoint had a higer preoperative functional independence measurement (FIM score), a higher 'G' score in the DESIGN-R scale and were more likely to have healed by primary intention. Patients who had achieved the secondary endpoint were more likely to have spastic paralysis, preoperative physiotherapy and localised infection of the wound, among other variables. CONCLUSION: This survey suggests that preoperative physiotherapy increases the speed of wound healing, and good granulation of the wound bed preoperatively increases the likelihood of woundless discharge from hospital, whereas the existence of comorbidities negatively influences the likelihood of woundless discharge from hospital. The study also suggests that the existence of spastic paralysis, preoperative infection of the wound, or surgical reduction of the ischial tubercle speeds up the healing of the wound. However, the wound failed to heal significantly more often in patients with increasing white blood cell count after surgery.

    2020年09月01日, Journal of wound care, 29 (Sup9a), S39-S47, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Tadashi Nomura, Mika Nakasone, Takako Okamoto, Hirotaka Ejiri, Sayuri Osawa, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    Infantile hemangioma (IH) is a benign vascular tumor that gradually involutes over several years. Rapidly involuting congenital hemangioma (RICH) is the relatively rare congenital vascular tumor that is fully grown at birth and does not undergo postnatal growth and involutes during the first year. However, after involution of both IH and RICH, some have severe sequelae, such as redundant skin or conspicuous scarring, requiring additional treatment. We present the case of a 6-year-old girl with a concave deformity due to subcutaneous atrophy, skin darkening, and altered skin texture of her left zygomatic region following involution of a hemangioma. We successfully treated this patient by transferring a dermal fat graft. This technique can be beneficial for atrophic sequelae after regression of a hemangioma and is easy to perform and cosmetically effective.

    2020年07月, Pediatric dermatology, 37 (4), 776 - 779, 英語, 国際誌

  • Mitsuyoshi Takahara, Osamu Iida, Yoshimitsu Soga, Akio Kodama, Hiroto Terashi, Makoto Utsunomiya, Jin Okazaki, Nobuyoshi Azuma, The Spinach Study Investigators

    Objective: Clinical guidelines have long recommended referring patients with clerical limb ischemia (CLI) to a vascular specialist early in the course of their disease to plan for revascularization options. However, no data were so far available on how promptly CLI patients were referred to a vascular center in the real-world settings in Japan. This study aimed to survey the duration from wound occurrence to referral to a vascular center in CLI patients in Japan. Materials and Methods: We analyzed a database of a prospective, multicenter registry in Japan, including 428 CLI patients presenting ischemic wounds and referred to vascular centers. The duration of the wound occurrence was surveyed at registration. Results: The wound duration exceeded 1 month in 58.2% [95% confidence interval: 53.2% to 63.1%] of the patients, and 3 months (i.e., one season) in 15.9% [12.4% to 19.4%]. No clinical features were significantly associated with the wound duration. The wound duration was independently associated with the wound severity evaluated using the Wound, Ischemia, and foot Infection classification system (P=0.030). Conclusion: A substantial number of CLI patients referred to vascular centers had a long duration of wounds, i.e., time from wound occurrence to the referral.

    2020年03月25日, Annals of vascular diseases, 13 (1), 56 - 62, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Junya Kusumoto, Makoto Takeo, Kazunobu Hashikawa, Takahide Komori, Takashi Tsuji, Hiroto Terashi, Shunsuke Sakakibara

    The human skin has previously been described to be affected by light; however, the underlying mechanism remains unknown. OPN4 (melanopsin) expression was first identified in the skin of amphibians; however, whether it is also expressed and functioned in the human skin has not yet been identified. Here, we show that OPN4 was expressed in the human skin tissue and cultures of isolated keratinocytes, melanocytes and fibroblasts. Additionally, Ca2+ influx in vitro and ex vivo and phosphorylation of extracellular signal-regulated kinases 1/2 in human fibroblasts were observed by stimulation of blue light irradiation. Notably, our findings showed that this Ca2+ influx and phosphorylation of extracellular signal-regulated kinases 1/2 are promoted in an intensity-dependent manner, indicating that the light signal is converted to an intracellular signal via OPN4 in the human skin. Overall, in this study we showed that the human skin functions as a photoreceptor by demonstrating that in human skin, the photoreceptive protein was expressed, and photoreception was conducted via photoreceptive protein.

    2020年03月, Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 25 (3), 215 - 225, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Factors Preventing Prolonged Closed-Suction Drain Placement after Immediate Breast Reconstruction with Tissue Expanders.

    Takahiro Tokiyoshi, Chiharu Tsunashima, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi, Susumu Kawamura

    BACKGROUND: Prolonged drain placement occasionally causes complications such as infection in patients who have undergone implant-based breast reconstruction; therefore, the drainage period must be shortened to avoid complications. PURPOSE: To identify the factors that prevent prolonged drain placement in patients who have undergone immediate breast reconstruction with tissue expanders. METHODS: This was a retrospective medical chart review of all patients who underwent immediate breast reconstruction with tissue expanders at a single center from April 2013 to March 2016. Closed-suction drains were placed in and on the implant pocket. An extra drain was positioned in the axilla in patients undergoing axillary lymph node dissection. The drains were removed at a drainage volume of ≤50 ml per 24 hours. Prolonged drain placement was defined as a period greater than the 75th percentile among all patients. Nine potential risk factors associated with prolonged drain placement were analyzed with multivariate logistic regression analysis. RESULTS: In total, 89 tissue expanders in 89 patients were placed in this study. Prolonged drain placement, determined as ≥9 days (range, 5-14 days), was significantly associated with body mass index ≥25 kg/m2, tissue expander size ≥500 ml, and intraoperative bleeding ≥100 ml, in the multivariate analysis. Axillary lymph node dissection with extra-axillary drainage did not prolong the drainage period. CONCLUSIONS: Our findings suggested that placing an extra-axillary closed-suction drain following axillary dissection, and reducing intraoperative bleeding and surgical trauma, could prevent prolonged drain placement in immediate breast reconstruction with tissue expanders.

    2020年02月28日, The Kobe journal of medical sciences, 65 (4), E132-E137, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Nobuyoshi Azuma, Mitsuyoshi Takahara, Akio Kodama, Yoshimitsu Soga, Hiroto Terashi, Junichi Tazaki, Terutoshi Yamaoka, Atsuhiro Koya, Osamu Iida

    BACKGROUND: The aim of this study was to develop a predictive model for mortality risk based on preoperative risk factors, including the Wound, Ischemia, Foot Infection (WIfI) classification, in patients undergoing revascularization for critical limb ischemia. METHODS: We analyzed a database of the Surgical reconstruction versus Peripheral Intervention in Patients With Critical Limb Ischemia registry, a multicenter, prospective, observational study that included 520 critical limb ischemia patients (192 surgical and 328 endovascular patients). RESULTS: Multivariate Cox regression analysis identified old age, impaired mobility, low body mass index, renal failure, heart failure, and high WIfI grade as independent risk factors for all-cause mortality (all P<0.05). The risk score comprising these risk factors discriminated the mortality risk well; the 2-year survival rate was >90% in the first quantile of the risk score and ≈20% in the fifth quantile. The area under the time-dependent receiver operating characteristics curve was 0.829 for thirty-day mortality and 0.811 for 2-year mortality. Adding more detailed preoperative information to the predictive model revealed that cystatin C-based estimated glomerular filtration rate, left ventricular ejection fraction, and cholinesterase levels were additional independent risk factors, but the predictive accuracy of the model was not significantly improved, according to the time-dependent receiver operating characteristics curve and net reclassification improvement. CONCLUSIONS: The current study developed a risk score for mortality using preoperative risk factors, including the WIfI classification, in critical limb ischemia patients undergoing revascularization.

    Ovid Technologies (Wolters Kluwer Health), 2019年12月, Circulation. Cardiovascular interventions, 12 (12), e008015, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 肉眼的には判別困難な深部損傷褥瘡を超音波検査により確認できた褥瘡の一症例

    植村 弥希子, 北村 瑠玲, 杉元 雅晴, 吉川 義之, 平松 輝隆, 山浦 生也, 寺師 浩人

    (一社)日本物理療法学会, 2019年09月, 日本物理療法学会学術大会抄録集, 27回, 62 - 62, 日本語

    [査読有り]

  • Miki Fujii, Hiroto Terashi

    For the treatment of patients with critical limb ischemia (CLI), the angiosome concept is essential in revascularization and wound treatment. In this article, we describe how we use the angiosome concept for surgically treating CLI wounds and review some essential reports. For wounds in patients with CLI to heal, both successful revascularization and wound management are crucial. In order to preserve the blood supply as much as possible intraoperatively, surgeons should always consider the angiosome concept.

    2019年06月25日, Annals of vascular diseases, 12 (2), 147 - 150, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • ストレッチングと電気刺激療法の併用が糖尿病患者における歩行時の足底圧異常に対して与える是正効果

    前重 伯壮, 守口 舞輝, 藤井 美樹, 金沢 星慶, 吉川 義之, 北村 和也, 奥野 史也, 細見 雅史, 原 賢太, 寺師 浩人, 藤野 英己

    日本下肢救済・足病学会, 2019年06月, 日本下肢救済・足病学会誌, 11 (2), 146 - 146, 日本語

    [査読有り]

  • Yuki Ikeno, Shunsuke Sakakibara, Koki Yokawa, Keitaro Kitani, Hidekazu Nakai, Katsuhiro Yamanaka, Takeshi Inoue, Hiroshi Tanaka, Hiroto Terashi, Yutaka Okita

    OBJECTIVES: The aim of this study was to evaluate the early and long-term outcomes of our multidisciplinary strategy for treating deep sternal wound infection after aortic grafting, which consisted of debridement by a plastic surgeon, negative pressure wound therapy with continuous irrigation and chest wall reconstruction. METHODS: We performed a retrospective analysis of 18 patients who had a deep sternal wound infection following aortic grafting through a median sternotomy between January 2009 and December 2017. All patients had organisms cultured from mediastinal tissue within 2 months from the initial aortic surgery. The prosthetic grafts were exposed in 15 patients during resternotomy. Our protocol involved repeat debridement and negative pressure wound therapy with continuous irrigation twice a week until the results of the culture were negative and chest wall reconstruction was complete. RESULTS: The mean duration from primary aortic surgery to resternotomy was 23.7 ± 15.9 days. Except for 1 patient, 17 patients underwent chest wall reconstruction. The mean duration from resternotomy to chest wall reconstruction was 31.1 ± 28.0 days. The hospital mortality rate was 16.7% (3 patients), although no patients died of wound-related causes. The mean follow-up period was 2.9 ± 2.5 years. Overall survival was 69.6 ± 11.4% at 1 year and 54.2 ± 13.3% at 5 years. Freedom from reoperation for reinfection was 94.4 ± 5.4% at 5 years. CONCLUSIONS: Our wound care strategy achieved acceptable early and late survival in patients who had deep sternal wound infection following aortic grafting. This strategy may benefit those who experience this devastating complication.

    2019年05月01日, European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery, 55 (5), 975 - 983, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hayato Maruguchi, Tadashi Nomura, Satoru Sasaki, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    Teratomas and lymphatic malformations are included in the differential diagnosis of congenital neck masses. They can exhibit similar clinical findings. The authors present a case of mature teratoma that had been managed as a lymphatic malformation for years. Clinicians should be careful not to dismiss clues for the correct diagnosis.

    2019年, Case reports in plastic surgery & hand surgery, 6 (1), 63 - 68, 英語, 国際誌

  • Takeo Osaki, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    A reverse vascular pedicle digital island flap is a useful treatment option for reconstruction in fingertip amputation. We describe a surgical procedure to preserve the dorsal branch of the digital nerve in the middle phalanx during elevation of this flap with favourable outcomes.

    2019年, Case reports in plastic surgery & hand surgery, 6 (1), 74 - 78, 英語, 国際誌

  • Daiki Kitano, Takeo Osaki, Mika Nakasone, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    INTRODUCTION: Diffuse plexiform neurofibroma (DPN) in patients with neurofibromatosis type 1 (NF1) causes motility dysfunction in severe cases. Transcatheter arterial embolisation (TAE) is an effective haemorrhage control method in vascular tumour surgery. PRESENTATION OF CASE: We performed debulking surgery for DPN in the buttock and posterior thigh of two NF1 patients. Preoperative TAE with gelatine particles to tumour feeder vessels was conducted in both cases. Operative bleeding volumes were 500 and 4970 mL, respectively. In the latter case, the resection area extended to the upper poles of the buttocks, and the tumour invaded deeply into the surrounding tissues. Massive haemorrhage occurred, and internal iliac arterial balloon was inflated temporarily to further suppress the bleeding. Delayed wound healing due to TAE occurred; debridement and wound closure were required. Motor function improvement was confirmed in both patients. DISCUSSION: Bleeding volumes varied because of highly developed collateral pathways and tumour invasiveness. As the upper pole of the buttock was perfused by the superior gluteal artery and its numerous collateral vessels, complete haemostasis was difficult despite adequate TAE. Because delineating the tumour border from the normal tissue was impossible due to the high tumour invasiveness, cutting into the hypervascular tumour was inevitable. As gelatine particles were absorbed but remained within the vessels, prolonged wound ischaemia and delayed healing occurred. CONCLUSION: Although TAE with gelatine particles and balloon occlusion were reliable haemorrhage control methods in debulking surgery for lower limb DPN, optimal haemorrhage control technique, compatible with haemostasis and wound healing, was desired.

    2019年, International journal of surgery case reports, 55, 132 - 135, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Inhibitory Effects of Short-Chain Fatty Acids and ω-3 Polyunsaturated Fatty Acids on Profibrotic Factors in Dermal Fibroblasts

    Maeshige N, Torii K, Tabuchi H, Imai M, Koga Y, Uemura M, Aoyama-Ishikawa M, Miyoshi M, Fujino H, Terashi H, Usami M

    Objective: Dermal fibroproliferative disorders impair patients' quality of life. Although several therapeutic approaches exist for treatment of dermal scars, the development of effective ointments with few adverse effects could improve these therapeutic methods. Short-chain and ω-3 polyunsaturated fatty acids are reported to be immunomodulators with anti-inflammatory properties. Our aim was to evaluate anti-inflammatory and antifibrogenic effects of these fatty acids in human dermal fibroblasts. Methods: Cells were incubated with short-chain fatty acids (butyrate or propionate; 0-16 mM) and/or ω-3 polyunsaturated fatty acids (docosahexaenoic acid or eicosapentaenoic acid; 0-100 μM) for 24 hours to evaluate antifibrogenic effects and for 3 or 48 hours to evaluate anti-inflammatory effects after stimulation with lipopolysaccharide or without stimulation. Expression levels of α-smooth muscle actin, collagen I, collagen III, and IL-6 were evaluated, as were cell proliferation, stress fiber formation, and histone acetylation. Results: In the lipopolysaccharide-unstimulated group, butyrate inhibited mRNA expression of α-smooth muscle actin and collagen III more effectively than propionate and increased histone acetylation. Docosahexaenoic acid inhibited mRNA expression of α-smooth muscle actin and collagen III, whereas eicosapentaenoic acid did not. Combining butyrate with docosahexaenoic acid had stronger effects, downregulating α-smooth muscle actin, collagen I, and collagen III mRNA. As for cell proliferation and stress fiber formation, butyrate acted as a stronger inhibitor than docosahexaenoic acid and the combined administration had stronger effects. In the lipopolysaccharide-stimulated group, butyrate and docosahexaenoic acid attenuated IL-6 mRNA upregulation by lipopolysaccharide. Conclusion: Butyrate and docosahexaenoic acid may be a novel therapeutic approach to treatment of dermal fibroproliferative disorders.

    2019年, Eplasty, 19, e4, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 退縮後に摘出術を行った耳下腺乳児血管腫の治療経験

    丸口勇人, 野村正, 町田怜央, 村上英毅, 高須啓之, 橋川和信, 寺師浩人

    2018年12月, 日本形成外科学会会誌, 38 (12号), 652 - 658, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 前重 伯壮, 平沢 良和, 守口 舞輝, 吉川 義之, 丸尾 郁, 野口 まどか, 寺師 浩人, 藤野 英己

    糖尿病患者では、足関節背屈運動の関節可動域が低下することが報告されており、この機能障害は歩行時の足底圧を上昇させる足潰瘍発生因子である。ストレッチングは関節可動域の拡大を図る代表的な運動療法であり、下腿三頭筋に適用することによって足関節背屈の関節可動域を改善させることが健常者で報告されている。しかし、糖尿病患者に対する効果は明らかにされていない。本研究では、荷重下のストレッチングが糖尿病患者の足関節背屈可動域に与える影響を検討した。14名の糖尿病患者を対象とし、足関節底屈筋群に対してストレッチングボードを用いて荷重下ストレッチングを20分間行い、介入前後に足関節背屈可動域を測定した。その結果、ストレッチングにより足関節背屈可動域が膝関節屈曲位および伸展位両方で有意に拡大した(p<0.05)。本研究によって、下腿三頭筋に対する荷重下ストレッチングは、糖尿病患者の足関節背屈可動域制限に対する有効な介入手段であることが示された。(著者抄録)

    (一社)日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 2018年11月, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌, 22 (3), 281 - 286, 英語

    [査読有り]

  • Weight-bearing stretching in triceps surae muscle increases ankle dorsiflexion range of motion in diabetic patients: an approach to risk factor for diabetic foot ulcer development

    前重 伯壮, Yoshikazu Hirasawa, Maiki Moriguchi, Yoshiyuki Yoshikawa, Kaoru Maruo, Madoka Noguchi, Hiroto Terashi, 藤野 英己

    2018年11月, Journal of Japanese Society of Wound, Ostomy and Continence Management, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Izumi Saito, Takumi Hasegawa, Takeshi Ueha, Daisuke Takeda, Eiji Iwata, Satomi Arimoto, Akiko Sakakibara, Masaya Akashi, Shunsuke Sakakibara, Yoshitada Sakai, Hiroto Terashi, Takahide Komori

    INTRODUCTION: Skin flap procedures are widely used to reconstruct skin and soft tissue defects. Skin flap necrosis is a serious postoperative complication. Many researchers have introduced pharmacological agents to improve flap ischemia in experimental studies. However, outcomes of these studies remain controversial. We previously demonstrated that transcutaneous CO2 application improves hypoxia in fracture repair. In this study, we hypothesized that improving hypoxia by transcutaneous CO2 application can improve the blood flow in skin flaps and increase angiogenesis. We investigated whether transcutaneous CO2 application can increase the survival of random-pattern skin flaps. MATERIALS AND METHODS: Six-week-old male Sprague-Dawley rats were divided into two equal groups: the control group (n = 6) and CO2 group (n = 6). A random-pattern skin flap was constructed in these rats. Topical CO2 was applied using a hydrogel every day for 5 days in the CO2 group. The flap survival area was measured on postoperative days 1, 3, and 5. The vessel density and expression of vascular endothelial growth factor (VEGF), basic fibroblast growth factor (bFGF), and hypoxia-inducible factor-1α (HIF-1α) were evaluated on postoperative day 5. RESULTS: A statistically significant difference was found in the percentage of the flap survival area between the two groups on postoperative days 3 and 5 (p < 0.05). Furthermore, the expression of VEGF and bFGF was significantly higher and that of HIF-1α was significantly lower in the CO2 than in the control group (p < 0.05). CONCLUSIONS: Transcutaneous CO2 application can improve the blood flow in skin flaps and increase angiogenesis, thus increasing the survival of random-pattern skin flaps.

    2018年11月, Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS, 71 (11), 1644 - 1651, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yujiro Hiraoka, Masaya Akashi, Satoshi Wanifuchi, Junya Kusumoto, Manabu Shigeoka, Takumi Hasegawa, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi, Takahide Komori

    OBJECTIVE: Pain is one of the most problematic symptoms in patients with osteoradionecrosis of the jaws. This study investigated the associations between pain severity and morphologic alterations of the mandibular canal and inferior alveolar nerve, in respective computerized tomography images and resected specimens of mandibular osteoradionecrosis. STUDY DESIGN: We assessed 14 lesions in 13 patients who underwent segmental mandibulectomy for surgical debridement and simultaneous reconstruction with free fibula flap (1 patient exhibited bilateral lesions). The extent of the mandibular canal bone defect on preoperative coronal computerized tomography images and the number of inferior alveolar nerve fascicles in resected specimens were evaluated. Comparisons were made between the slight pain and extreme pain groups. In most of the patients in the extreme pain group, either mandibular canal bone defects were absent or entire circumferential defects were present; inferior alveolar nerve fascicles were either distinguishable or completely absent in the resected specimens. RESULTS: Although there was no statistically significant association between extreme pain and computerized tomography or histopathologic findings, the histopathologically indistinguishable inferior alveolar nerve fascicles was significantly associated with slight pain. CONCLUSIONS: The degree of degeneration of mandibular canal and inferior alveolar nerve may be associated with pain severity in patients with mandibular osteoradionecrosis.

    Mosby Inc., 2018年09月, Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology, 126 (3), 264 - 271, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroyoshi Yokoi, Mami Ho, Shin Iwamoto, Yuka Suzuki, Gary M Ansel, Nobuyoshi Azuma, Nobuhiro Handa, Osamu Iida, Koji Ikeda, Fumiaki Ikeno, Norihiko Ohura, Kenneth Rosenfield, John Rundback, Hiroto Terashi, Takahiro Uchida, Yoshiaki Yokoi, Masato Nakamura, Michael R Jaff

    For more than 10 years, the Harmonization by Doing (HBD) program, a joint effort by members from academia, industry and regulators from the United States of America (USA) and Japan, has been working to increase timely regulatory approval for cardiovascular devices through the development of practical global clinical trial paradigms. Consistent with this mission and in recognition of the increasing global public health effects of critical limb ischemia (CLI), academic and government experts from the USA and Japan have developed a basic framework of global clinical trials for endovascular devices for CLI. Despite differences in medical and regulatory environments and complex patient populations in both countries, we developed a pathway for the effective design and conduct of global CLI device studies by utilizing common study design elements such as patients' characteristics and study endpoints, and minimizing the effect of important clinical differences. Some of the key recommendations for conducting global CLI device studies are: including patients on dialysis; using a composite primary endpoint for effectiveness that includes 6-month post-procedure therapeutic success and target vessel patency; and using a 30-day primary safety endpoint of perioperative death and major adverse limb events. The proposed approach will be uniquely beneficial in facilitating both the initiation and interpretation of CLI studies and accelerating worldwide CLI device development and innovation.

    2018年08月24日, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 82 (9), 2233 - 2239, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Daisuke Atomura, Junko Aihara, Makoto Omori, Hiroto Terashi

    Arteriovenous access ischaemic steal is a serious complication following arteriovenous fistula (AVF) construction. The aim of treatment is to improve distal circulation without impairing the function of the fistula. Therefore, any repair should be performed with intraoperative monitoring. We report 2 cases of this disorder treated using perioperative measurement of skin perfusion pressure (SPP) for preoperative surgical planning and intraoperative guidance. A 73-year-old woman with a left cubital AVF developed gangrene of the tip of the left little finger. Arteriovenous access ischaemic steal was suspected. The SPP of the little finger was 18 mm Hg, which increased to 65 mm Hg after manual occlusion of the fistula. A 58-year-old woman with a left antebrachial AVF had gangrene of the tip of the left middle finger. The SPP was 19 mm Hg, and steal syndrome was suspected based on angiography and the SPP with manual occlusion of the fistula. In both cases, serial plication of the fistula was performed based on intraoperative perfusion pressure monitoring, leading to the successful resolution of the ischaemic steal syndrome. In both cases, haemodialysis could be continued through the repaired fistula.

    2018年06月, International wound journal, 15 (3), 454 - 459, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 静脈奇形に対する硬化療法におけるオレイン酸エタノールアミンとポリドカノールの比較検討

    倉本康世, 野村正, 江尻浩隆, 川北育子, 櫻井敦, 橋川和信, 寺師浩人

    2018年04月, 形成外科, 61 (4号), 450 - 456, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 肺癌の腫瘍随伴症候群により両手指および足趾皮膚潰瘍が急性増悪したと考えられた全身性強皮症の1例

    長谷川泰子, 辻依子, 寺師浩人

    2018年04月, 創傷, 9 (2号), 56 - 61, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideyuki Yanagi, Hiroto Terashi, Yoshimitsu Takahashi, Katsuyuki Okabe, Katsumi Tanaka, Chu Kimura, Norihiko Ohura, Takahiro Goto, Ichiro Hashimoto, Madoka Noguchi, Junichi Sasayama, Kenichi Shimada, Ayumi Sugai, Mitsuko Tanba, Takeo Nakayama, Ryoji Tsuboi, Junko Sugama, Hiromi Sanada

    OBJECTIVE: To clarify the surgical indications and the appropriate perioperative management of ischial pressure ulcers (PUs). METHOD: A two-year prospective, nationwide registry study was carried out across 26 medical institutions in Japan. All participating institutions managed ischial PUs according to the standardisation of total management and surgical application for the refractory decubitus (STANDARDS-I) perioperative protocol. Analysis was conducted on a range of clinically or statistically important variables for the achievement of primary or secondary endpoints: complete wound healing and hospital discharge at three months, and complete wound healing at one month after surgery, respectively. RESULTS: A total of 59 patients took part in the study. All patients underwent surgery for ischial PUs during the study period. Patients who had achieved the primary endpoint had a higer preoperative functional independence measurement (FIM score), a higher 'G' score in the DESIGN-R scale and were more likely to have healed by primary intention. Patients who had achieved the secondary endpoint were more likely to have spastic paralysis, preoperative physiotherapy and localised infection of the wound, among other variables. CONCLUSION: This survey suggests that preoperative physiotherapy increases the speed of wound healing, and good granulation of the wound bed preoperatively increases the likelihood of woundless discharge from hospital, whereas the existence of comorbidities negatively influences the likelihood of woundless discharge from hospital. The study also suggests that the existence of spastic paralysis, preoperative infection of the wound, or surgical reduction of the ischial tubercle speeds up the healing of the wound. However, the wound failed to heal significantly more often in patients with increasing white blood cell count after surgery.

    MA Healthcare Ltd, 2018年03月02日, Journal of wound care, 27 (3), 174 - 183, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ryosuke Tamura, Sho Maeda, Hiroto Terashi

    Langerhans cell histiocytosis (LCH) is a rare disease in which Langerhans cells, which are bone marrow-derived antigen-presenting cells, proliferate in single or multiple organs. We successfully treated a patient with unifocal LCH of the mandible with malocclusion due to a severe pathological fracture, using reconstruction with a vascularised free bone.

    2018年, Case reports in plastic surgery & hand surgery, 5 (1), 9 - 13, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Maiki Moriguchi, Noriaki Maeshige, Mizuki Ueno, Yoshiyuki Yoshikawa, Hiroto Terashi, Hidemi Fujino

    High plantar flexor moment during the stance phase is known to cause high plantar pressure under the forefoot; however, the effects on plantar pressure due to a change of gastrocnemius medialis (GM) activity during gait, have not been investigated to date. Reciprocal inhibition is one of the effects of electrical stimulation (ES), and is the automatic antagonist alpha motor neuron inhibition which is evoked by excitation of the agonist muscle. The aim of this study was to investigate the influences of ES of the tibialis anterior (TA) on plantar pressure and the GM activity during gait in healthy adults. ES was applied to the TAs of twenty healthy male adults for 30 minutes at the level of intensity that causes a full range of dorsiflexion in the ankle (frequency; 50 Hz, on-time; 10 sec, off-time; 10 sec). Subjects walked 10 meters before and after ES, and we measured the peak plantar pressure (PP), pressure time integral (PTI), and gait parameters by using an F-scan system. The percentage of integrated electromyogram (%IEMG), active time, onset time, peak time, and cessation time of TA and GM were calculated. PP and PTI under the forefoot, rear foot, and total plantar surface significantly decreased after the application of ES. Meanwhile, changes of gait parameters were not observed. %IEMG and the active time of both muscles did not change; however, onset time and peak time of GM became significantly delayed. ES application to the TA delayed the timing of onset and peak in the GM, and caused the decrease of plantar pressure during gait. The present results suggest that ES to the TA could become a new method for the control of plantar pressure via modulation of GM activity during gait.

    2018年, PloS one, 13 (5), e0195309, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Osamu Iida, Mitsuyoshi Takahara, Yoshimitsu Soga, Akio Kodama, Hiroto Terashi, Nobuyoshi Azuma

    BACKGROUND: The aim of this study was to compare clinical outcomes between surgical reconstruction and endovascular therapy (EVT) for critical limb ischemia (CLI) in today's real-world settings. METHODS AND RESULTS: This multicenter, prospective, observational study registered and followed 548 Japanese CLI patients. The registration was in advance of revascularization; 197 patients were scheduled to receive surgical reconstruction, and the remaining 351 were scheduled to receive EVT. The primary end point was 3-year amputation-free survival, compared between the 2 treatments in an intention-to-treat manner, using propensity score matching. Interaction analysis was additionally performed to explore which subgroups had better outcomes with surgical reconstruction or EVT. After propensity score matching, the 3-year amputation-free survival was not significantly different between the 2 groups (52% [95% confidence interval, 43%-60%] and 52% [95% confidence interval, 44-60%]; P=0.26). Subsequent interaction analysis identified (1) Wound, Ischemia, and foot Infection (WIfI) classification W-3, (2) fI-2/3, (3) history of ipsilateral minor amputation, (4) history of revascularization after CLI onset, and (5) bilateral CLI as the factors more favorable for surgical reconstruction, whereas (1) diabetes mellitus, (2) renal failure, (3) anemia, (4) history of nonadherence to cardiovascular risk management, and (5) contralateral major amputation were as those less favorable for surgical reconstruction. CONCLUSIONS: The 3-year amputation-free survival was not different between surgical reconstruction and EVT in the overall CLI population. The subsequent interaction analysis suggested that there would be a subgroup more suited for surgical reconstruction and another benefiting more from EVT. CLINICAL TRIAL REGISTRATION: URL: http://www.umin.ac.jp/ctr/. Unique identifier: UMIN000007050.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2017年12月, Circulation. Cardiovascular interventions, 10 (12), 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takanori Iwayama, Takeshi Fukumoto, Nobuyuki Horita, Masanobu Sakaguchi, Masahiro Oka, Hiroto Terashi

    2017年12月01日, European journal of dermatology : EJD, 27 (6), 652 - 654, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 色素レーザー照射後に潰瘍を生じた乳児血管腫症例の検討

    野村正, 江尻浩隆, 森脇綾, 岩山隆憲, 榊原俊介, 高須啓之, 石椛寛芳, 長谷川泰子, 橋川和信, 寺師浩人

    2017年10月, 日本レーザー医学会誌, 38 (3号), 315, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 歩行時足底圧を減少させる経皮的電気刺激療法の至適条件および機序の検討

    吉川 義之, 守口 舞輝, 前重 伯壮, 寺師 浩人, 藤野 英己

    (一社)日本褥瘡学会, 2017年08月, 日本褥瘡学会誌, 19 (3), 312 - 312, 日本語

    [査読有り]

  • 【頭頸部動静脈奇形の最新治療】 動静脈奇形に対する手術療法 nidusを見極めるわれわれの試み

    野村正, 江尻浩隆, 櫻井敦, 川北育子, 橋川和信, 寺師浩人

    2017年06月, 形成外科, 60 (6号), 649 - 660, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 膝窩リンパ節転移を認めた母趾悪性黒色腫の1例

    北川敬之, 野村正, 橋川和信, 藤原進, 田島翔子, 錦織千佳子, 寺師浩人

    2017年03月, Skin Cancer, 31 (3号), 233 - 237, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro Torii, Noriaki Maeshige, Michiko Aoyama-Ishikawa, Makoto Miyoshi, Hiroto Terashi, Makoto Usami

    BACKGROUND: A single, effective therapeutic regimen for keloids has not been established yet, and the development of novel therapeutic approaches is expected. Butyrate, a short-chain fatty acid, and docosahexaenoic acid (DHA), omega-3 polyunsaturated fatty acid, play multiple anti-inflammatory and anticancer roles via their respective mechanisms of action. OBJECTIVE: In this study, we evaluated the antifibrogenic effects of their single and combined use on keloid fibroblasts. METHODS: Keloid fibroblasts were treated with butyrate (0-16 mM) and/ or DHA (0-100 mu M) for 48 or 96 h. RESULTS: Butyrate inhibited cell proliferation, and alpha-smooth muscle actin (alpha-SMA) and type III collagen expressions, with inhibition of the transforming growth factor (TGF)-beta 1 and TGF-beta type I receptor expressions and increased prostaglandin E2 with upregulation of cyclooxygenase-1 expression with induction of histone acetylation. DHA inhibited alpha-SMA, type III collagen, and TGF-beta type I receptor expressions. Then, the butyrate/DHA combination augmented the antifibrogenic effects, resulting in additional inhibition of alpha-SMA, type I and III collagen expressions, with strong disruption of stress fiber and apoptosis induction. Moreover, the butyrate/DHA combination inhibited the cyclooxygenase-2 expression, suggesting stronger anti-inflammatory effect than each monotherapy. STUDY LIMITATIONS: Activation in keloid tissue is affected not only by fibroblasts but also by epithelial cells and immune cells. Evaluation of the effects by butyrate and DHA in these cells or in an in vivo study is required. CONCLUSION: This study demonstrated that butyrate and docosahexaenoic acid have antifibrogenic effects on keloid fibroblasts and that these may exert therapeutic effects for keloid.

    SOC BRASILEIRA DERMATOLOGIA, 2017年03月, ANAIS BRASILEIROS DE DERMATOLOGIA, 92 (2), 183 - 189, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河辺信秀, 髙島千敬, 大平吉夫, 岡本敬之, 前重伯壮, 林 久恵, 寺師浩人

    2017年, 日本下肢救済・足病学会誌, 9 (3), 175 - 184

    [招待有り]

  • 壊死性胆嚢炎に起因すると考えられた心臓手術後縦隔炎の2例

    木谷慶太郎, 榊原俊介, 大澤沙由理, 寺師浩人

    2017年01月, 創傷, 8 (1号), 17 - 21, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Low-Grade Myxofibrosarcoma of the Rectus Abdominus Muscle Infiltrating into Abdominal Cavity: A Case Report.

    Tadashi Nomura, Shunsuke Sakakibara, Aya Moriwaki, Teruya Kawamoto, Satoshi Suzuki, Takeshi Ishimura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    Objective: Myxofibrosarcoma (MFS) is a relatively rare tumor that is histologically characterized by myxoid stroma and spindle cell proliferation. This tumor most commonly arises as a slow growing, enlarging painless mass in the extremities of elderly patients. Methods: We report a case of a primary, low-grade MFS in the rectus abdominis muscle infiltrating the abdominal cavity of a 75-year-old man. Results: The patient underwent a wide excision of the right abdominal wall mass with a 3-cm surgical margin from the scar due to a biopsy. The tumor infiltrated the urinary bladder, peritoneum, and external iliac vessels. Twenty-six months after the initial operation, he had recurrences in his abdominal wall, urinary bladder, and right iliac vessels. Conclusions: To our knowledge, primary MFS of the muscle in the abdomen has not been documented previously. Although this case was histopathologically classified as a low-grade tumor, it infiltrated the abdominal cavity. The tumor is suspected to have penetrated the abdominal cavity below the linea arcuata, which lacks the posterior sheath of the rectus abdominis muscle; from there, it could easily spread without being blocked by any biological barriers.

    2017年, Eplasty, 17 (2), e6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro Torii, Noriaki Maeshige, Michiko Aoyama-Ishikawa, Makoto Miyoshi, Hiroto Terashi, Makoto Usami

    Background: A single, effective therapeutic regimen for keloids has not been established yet, and the development of novel therapeutic approaches is expected. Butyrate, a short-chain fatty acid, and docosahexaenoic acid (DHA), a ω-3 polyunsaturated fatty acid, play multiple anti-inflammatory and anticancer roles via their respective mechanisms of action. Objective: In this study, we evaluated the antifibrogenic effects of their single and combined use on keloid fibroblasts. Methods: Keloid fibroblasts were treated with butyrate (0-16 mM) and/or DHA (0-100 μM) for 48 or 96 h. Results: Butyrate inhibited cell proliferation, and α-smooth muscle actin (α-SMA) and type III collagen expressions, with inhibition of the transforming growth factor (TGF)-β1 and TGF-β type I receptor expressions and increased prostaglandin E2 with upregulation of cyclooxygenase-1 expression with induction of histone acetylation. DHA inhibited α-SMA, type III collagen, and TGF-β type I receptor expressions. Then, the butyrate/DHA combination augmented the antifibrogenic effects, resulting in additional inhibition of α-SMA, type I and III collagen expressions, with strong disruption of stress fiber and apoptosis induction. Moreover, the butyrate/DHA combination inhibited the cyclooxygenase-2 expression, suggesting stronger anti-inflammatory effect than each monotherapy. Study limitations: Activation in keloid tissue is affected not only by fibroblasts but also by epithelial cells and immune cells. Evaluation of the effects by butyrate and DHA in these cells or in an in vivo study is required. Conclusion: This study demonstrated that butyrate and docosahexaenoic acid have antifibrogenic effects on keloid fibroblasts and that these may exert therapeutic effects for keloid.

    Sociedade Brasileira de Dermatologia, 2017年, Anais Brasileiros de Dermatologia, 92 (2), 184 - 190, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masaya Akashi, Kazunobu Hashikawa, Satoshi Wanifuchi, Junya Kusumoto, Manabu Shigeoka, Shungo Furudoi, Hiroto Terashi, Takahide Komori

    BACKGROUND: This study aimed to analyze differences in necrotic changes between cortical and cancellous bone in resection margins after segmental mandibulectomy for advanced mandibular osteoradionecrosis. METHODS: Anteroposterior bone specimens from eleven patients who underwent segmental mandibulectomy with simultaneous free fibula flap reconstruction for advanced osteoradionecrosis were analyzed histopathologically for the presence of necrotic bone based on the presence of blood vessels within Haversian canals. RESULTS: Ten of eleven (91%) cortices near the inferior border of the mandible at the anterior margins were necrotic. All cancellous bones at the anterior margins were viable. Seven of eleven (64%) cortices near the inferior border of the mandible at the posterior margins were necrotic. Three of eleven (27%) cancellous bones at the posterior margins were necrotic. CONCLUSION: Necrotic changes are more prevalent in cortices than in cancellous bones in mandibular osteoradionecrosis, probably due to a decrease of periosteal blood supply caused by radiotherapy.

    HINDAWI LTD, 2017年, BioMed research international, 2017, 3125842 - 3125842, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A Novel Method of Noninvasive Monitoring of Free Flaps With Near-Infrared Spectroscopy.

    Hiroyuki Takasu, Kazunobu Hashikawa, Tadashi Nomura, Shunsuke Sakakibara, Takeo Osaki, Hiroto Terashi

    Objective: Thrombosis of a site of anastomosis in microsurgical free tissue transfer can result in tissue necrosis. To salvage potentially failing free flap, various methods of monitoring the viability of tissue have been described. We report a novel method of monitoring free flaps using near-infrared spectroscopy. Methods: After microsurgical operation, we monitored the regional oxygen saturation of the flap with using the In-Vivo Optical Spectroscopy. A total of 57 patients participated in this study. Results: Of 57 cases, arterial insufficiency was detected in 1 case and venous insufficiency was detected in 3 cases. Regional oxygen saturation decreased before the flap color changed to a pale or congestive color. We could salvage these 4 patients by re-exploration. Conclusions: The postoperative monitoring with the In-Vivo Optical Spectroscopy is noninvasive, continuous, reliable, and reproducible. This technique could be one of the best methods for monitoring microsurgical free tissue transfers.

    2017年, Eplasty, 17, e37, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 糖尿病患者に対する足関節底屈筋群のストレッチングによる歩行時足底圧の減少

    前重 伯壮, 平沢 良和, 守口 舞輝, 吉川 義之, 寺師 浩人, 藤野 英己

    (一社)日本創傷治癒学会, 2016年12月, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, 46回, 149 - 149, 日本語

    [査読有り]

  • 骨盤内臓全摘術後に有茎大網弁及び遊離広背筋皮弁充填術を施行した一例

    北川敬之, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 山下公大

    2016年10月, 日本形成外科学会会誌, 36 (10号), 533, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • レックリングハウゼン病の下眼瞼外反に対し耳介軟骨移植とCaraji anchor suture systemで吊上げを行った1例

    高須啓之, 橋川和信, 野村正, 寺師浩人

    2016年10月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 32 (3号), 213, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 治療抵抗性毛細血管奇形に対するパルス可変式色素レーザー・Nd:YAGレーザー併用療法の検討

    野村正, 江尻浩隆, 榊原俊介, 柳英之, 武川力, 辻依子, 田原真也, 橋川和信, 寺師浩人

    2016年09月, 日本レーザー医学会誌, 37 (3号), 366, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • [Diabetic foot classification for Asian--Kobe classification].

    Miki Fujii, Koichi Yokono, Hiroto Terashi

    2016年04月, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 74 Suppl 2, 357 - 62, 日本語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 創内持続陰圧洗浄療法を用いた下腿コンパートメント症候群後皮膚潰瘍の治療

    高須啓之, 森脇綾, 橋川和信, 野村正, 寺師浩人

    2016年03月, 日本形成外科学会会誌, 36 (3号), 144, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 左鎖骨部腫瘤を呈した生後6ヵ月の乳児例

    森 健, 藤村 順也, 堀之内 智子, 南川 将吾, 平瀬 敏志, 山本 暢之, 久保川 育子, 早川 晶, 西村 範行, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 飯島 一誠

    (公社)日本小児科学会, 2016年01月, 日本小児科学会雑誌, 120 (1), 84 - 84, 日本語

    [査読有り]

  • 野村正, 榊原俊介, 西藤勝, 河野範男, 橋川和信, 寺師浩人

    2016年, Oncoplastic Breast Surgery, 1 (2), 1 - 6, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shunsuke Sakakibara, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    In the treatment of the soft tissue defect of the elbow, flap reconstruction is necessitated in many cases because of thinness of soft tissue at this region. In addition, reacquirement of tactile sensation is desirable because of the anatomical and specific functions of the elbow. Of three cases treated for elbow defects, one was reconstructed with a pedicled island forearm flap containing the lateral cutaneous nerve of the forearm, another was reconstructed with a venoneuro-accompanying artery fasciocutaneous flap (VNAF flap) containing the basilic vein, and the third with the VNAF flap containing the cephalic vein. The three cases demonstrated a sudden change of sensory territory 4 to 6 months after surgery, which was confirmed by touching the reconstructed region with patients' eye-closed: from its original territory to the elbow in a "switching"-like action. Here we describe and discuss the concept of "sensory switching."

    BioMed Central Ltd., 2015年12月, Journal of brachial plexus and peripheral nerve injury, 10 (1), e30-e33 - e33, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 難治性下腿潰瘍の1例

    北川敬之, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 柳沢曜

    2015年10月, 日本形成外科学会会誌, 35 (10号), 626, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 線維芽細胞の電気走性における直流微弱電流刺激強度とintegrin α2β1発現の関連性

    植村 弥希子, 前重 伯壮, 古賀 由華, 吉川 義之, 藤島 里英子, 杉元 雅晴, 青山 倫子[石川], 三好 真琴, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    (一社)日本褥瘡学会, 2015年07月, 日本褥瘡学会誌, 17 (3), 334 - 334, 日本語

    [査読有り]

  • 足関節底屈筋群の荷重下ストレッチングが糖尿病患者の足関節背屈角度と足底圧に与える影響

    前重 伯壮, 平沢 良和, 守口 舞輝, 吉川 義之, 丸尾 郁, 寺師 浩人, 藤野 英己

    日本下肢救済・足病学会, 2015年07月, 日本下肢救済・足病学会誌, 7 (2), 94 - 94, 日本語

    [査読有り]

  • Shunsuke Sakakibara, Yasuhisa Ishida, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    Introduction: Several methods of nerve reconstruction for facial nerve palsy are known. Although the recently introduced method of "cross-linking" of the facial and hypoglossal nerves with a grafted nerve has proved efficacious, the underlying mechanism is unclear. Methods: In this study, we created an animal model with Wistar rats and analyzed the newly reconstructed neural circuit by anterograde and retrograde neural tracer methods. The saphenous nerve was harvested as a graft, and its double end-to-side neurorrhaphy with the facial and hypoglossal nerves with epineural windows was carried out under the microscope. After an appropriate interval, small amounts of fluoro-ruby or fluoro-emerald were injected into the animals and analyzed 5 days later by fluorescent microscopy (Anterograde experiment: fluoro-ruby into the hypoglossal nucleus at 5 weeks; retrograde experiment: fluoro-ruby into the distal facial nerve sheath and fluoro-emerald into the distal hypoglossal nerve sheath, both at two months.). Results: The labeled axons derived from the hypoglossal nucleus were observed passing through the grafted nerve to the facial nerve. On the other hand, retrogradely labeled neurons were observed at both the hypoglossal and facial nuclei with some double-labeled neurons, suggesting that collateral sprouting had occurred. Conclusions: We suggest that the newly constructed neural circuits we observed are conducive to the treatment of facial nerve palsy.

    Japanese Society of Regenerative Medicine, 2015年06月, Regenerative therapy, 1, 86 - 90, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 下肢血管造影検査後に手指壊疽を起こしたBuerger病の1例

    木谷慶太郎, 大澤沙由理, 倉本康世, 野村正, 寺師浩人

    2015年06月, 日本形成外科学会会誌, 35 (6号), 361, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Shunsuke Sakakibara, Hiroyuki Onishi, Kazunobu Hashikawa, Masaya Akashi, Akiko Sakakibara, Tadashi Nomura, Hiroto Terashi

    BACKGROUND: Most free flap reconstruction complications involve vascular compromise. Evaluation of vascular anatomy provides considerable information that can potentially minimize these complications. Previous reports have shown that contrast-enhanced computed tomography is effective for understanding three-dimensional arterial anatomy. However, most vascular complications result from venous thromboses, making imaging of venous anatomy highly desirable. METHODS: The phase-lag computed tomography angiography (pl-CTA) technique involves 64-channel (virtually, 128-channel) multidetector CT and is used to acquire arterial images using conventional CTA. Venous images are three-dimensionally reconstructed using a subtraction technique involving combined venous phase and arterial phase images, using a computer workstation. RESULTS: This technique was used to examine 48 patients (12 lower leg reconstructions, 34 head and neck reconstructions, and 2 upper extremity reconstructions) without complications. The pl-CTA technique can be used for three-dimensional visualization of peripheral veins measuring approximately 1 mm in diameter. CONCLUSION: The pl-CTA information was especially helpful for secondary free flap reconstructions in the head and neck region after malignant tumor recurrence. In such cases, radical dissection of the neck was performed as part of the first operation, and many vessels, including veins, were resected and used in the first free-tissue transfer. The pl-CTA images also allowed visualization of varicose changes in the lower leg region and helped us avoid selecting those vessels for anastomosis. Thus, the pl-CTA-derived venous anatomy information was useful for exact evaluations during the planning of free-tissue transfers.

    THIEME MEDICAL PUBL INC, 2015年05月, Journal of reconstructive microsurgery, 31 (4), 305 - 12, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hirotaka Ejiri, Tadashi Nomura, Masumi Hasegawa, Chiaki Tatsumi, Midori Imai, Shunsuke Sakakibara, Hiroto Terashi

    In this study, we sought to establish a defined experimental system for fibroblast growth similar to that of the living dermis. To this end, we evaluated the growth and biochemical characteristics of fibroblasts cultured with serum-free HFDM-1, a finely tuned synthetic medium for human fibroblast culture. Three culture conditions were used to grow fibroblasts obtained from primary culture: (1) culture with Dulbecco's modified Eagle medium (DMEM) plus 10 % fetal bovine serum (serum-supplemented DMEM), (2) culture with DMEM (serum-free DMEM), and (3) culture with HFDM-1 (HFDM-1), and fibroblast morphology, growth, collagen type I production, and lipid composition were analyzed. Fibroblasts grown in HFDM-1 maintained cell numbers at nearly 100 % from days 14 to 21 and produced more collagen type I than cells grown in serum-supplemented and serum-free DMEM. Arachidonic acid (20:4) and total polyunsaturated fatty acids were lower in cells grown in serum-free DMEM and HFDM-1 than in serum-supplemented DMEM. These results suggested that HFDM-1 recapitulated growth conditions in the dermis better than traditional, serum-supplemented DMEM. In addition, the controlled chemical composition of HFDM-1 eliminated a potential source of variability in cell culture conditions.

    SPRINGER, 2015年05月, Cytotechnology, 67 (3), 507 - 14, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ストレッチングボードを用いた足関節底屈筋群の持続伸張が糖尿病患者の足関節背屈可動域に与える影響と足底圧変化の関連性

    前重 伯壮, 平沢 良和, 守口 舞輝, 吉川 義之, 丸尾 郁, 寺師 浩人, 藤野 英己

    (一社)日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 2015年04月, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌, 19 (2), 149 - 149, 日本語

    [査読有り]

  • 縦隔炎・胸骨骨髄炎における陰圧閉鎖療法の実際 (特集 陰圧閉鎖療法の理論と実際)

    榊原 俊介, 寺師 浩人, 岡田 健次

    2015年01月, Pepars, (97), 64-71

  • ケロイド線維芽細胞に対する酪酸・DHAのapoptosis誘導効果

    植村 弥希子, 前重 伯壮, 越智 茜, 古賀 由華, 青山 倫子, 山下 勇人, 三好 真琴, 井上 岳人, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    (一社)日本創傷治癒学会, 2014年12月, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, 44回, 48 - 48, 日本語

    [査読有り]

  • 開頭術後頭部皮膚潰瘍の原因に関する検討とその対策 死腔形成と脳室-腹腔シャントが及ぼす影響について

    野村 正, 橋川 和信, 榊原 俊介, 高須 啓之, 寺師 浩人

    2014年12月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 30 (4号), 171 - 178, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takaya Makiguchi, Jun Horiguchi, Rin Nagaoka, Satoshi Yokoo, Hiroto Terashi, Tetsunari Oyama, Izumi Takeyoshi

    Breast hamartoma is an uncommon benign tumor characterized by the variety of component tissues. Adipose tissue, mammary glands, and fibrous tissue in various proportions are the main components and form a well-circumscribed mass. Myoid (muscular) hamartoma is an extremely rare subtype of breast hamartoma, which contains an additional smooth muscle component. Inadequate breast contour and nipple-areola complex malposition and expansion can occur after resection of a large myoid hamartoma. Immediate mammaplasty for the affected breast, using the dermoglandular flap technique, is required to provide symmetry of the bilateral breasts. We report a case of myoid hamartoma that was larger than ever documented before. An acceptable aesthetic result was achieved by resection and application of reduction mammaplasty in a single-stage operation.

    Springer Tokyo, 2014年12月, Surgery today, 44 (12), 2369 - 73, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 平地および坂道での車いす駆動が坐骨部のずれに与える影響

    山本 将之, 杉元 雅晴, 吉川 義之, 前重 伯壮, 植村 弥希子, 小野 くみ子, 高田 哲, 桑田 真吾, 寺師 浩人

    (一社)日本褥瘡学会, 2014年10月, 日本褥瘡学会誌, 16 (4), 576 - 576, 日本語

    [査読有り]

  • Makoto Sato, Shinya Tahara, Daisuke Sugiyama, Hiroto Terashi

    Internal vascular shunts for haemodialysis can cause different complications. One of the most serious complications is steal syndrome, which can result in disturbed peripheral circulation causing finger necrosis and lead to amputation. Thus, prevention of these complications is important. Measurement of skin perfusion pressure (SPP) has been used in various clinical settings, including wound-healing management, and its usefulness has been increasingly unveiled. The present study was undertaken to evaluate changes in haemodynamics after internal shunt creation by measuring SPP of the thumb and the little finger before and after surgery in five patients undergoing shunt surgery using the radial artery and the cephalic vein. The study revealed average changes of -22.8 mmHg in thumb SPP. The change in the thumb was statistically significant (p < 0.05). If the effect of surgery and the threshold for wound healing are taken into account, the present results indicate the necessity to pay extra attention to fingers with extremely low preoperative SPP values. For the prevention of serious disturbances of peripheral circulation (e.g. steal syndrome), routine preoperative SPP measurement seems effective for screening of high-risk patients.

    Informa Healthcare, 2014年10月, Journal of plastic surgery and hand surgery, 48 (5), 327 - 9, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 両側pure type眼窩ブローアウト骨折症例の検討

    高須 啓之, 橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    2014年09月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 30 (3号), 147 - 153, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ヒト皮膚線維芽細胞増殖における電気刺激周波数の関連性

    吉川 義之, 杉元 雅晴, 前重 伯壮, 植村 弥希子, 藤島 里英子, 寺師 浩人, 春藤 久人

    (一社)日本褥瘡学会, 2014年07月, 日本褥瘡学会誌, 16 (3), 390 - 390, 日本語

    [査読有り]

  • ビデオで伝えたい私の手術 ビデオで伝えたい遊離前腕皮弁の挙上方法

    野村 正, 榊原 俊介, 高須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人, 明石 昌也, 田原 真也

    (一社)日本形成外科学会, 2014年05月, 日本形成外科学会会誌, 34 (5号), 394 - 394, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Efficacy of Magnetic Resonance Imaging in Diagnosing Osteomyelitis in Diabetic Foot Ulcers

    Miki Fujii, Hiroto Terashi, Shinya Tahara

    Background: The clinical diagnosis of osteomyelitis is difficult because of neuropathy, vascular disease, and immunodeficiency; also, with no established consensus on the diagnosis of foot osteomyelitis, the reported efficacy of magnetic resonance imaging (MRI) in detecting osteomyelitis and distinguishing it from reactive bone marrow edema is unclear. Herein, we describe a retrospective study on the efficacy of MRI for decision-making accuracy in diagnosing osteomyelitis in diabetic foot ulcers. Methods: Twelve diabetic patients with infected foot ulcers underwent preoperative MRI between January 1, 2008, and December 31, 2011. The findings were compared with the histopathologic features of 67 parts of 45 resected bones, the cut ends of which were also histopathologically evaluated. Results: Osteomyelitis was disclosed by MRI and histopathologically confirmed in 30 parts. In contrast, bone marrow edema diagnosed by MRI in 29 parts was confirmed in 23; the other six parts displayed osteomyelitis. Among 17 resected bones, 13 cut ends displayed bone marrow edema and four were normal. All of the wounds healed uneventfully. Conclusions: In the diagnosis of diabetic foot ulcers, osteomyelitis is often reliably distinguished from reactive bone marrow edema, except in special cases.

    AMER PODIATRIC MED ASSOC, 2014年01月, JOURNAL OF THE AMERICAN PODIATRIC MEDICAL ASSOCIATION, 104 (1), 24 - 29, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Central plantar spaceの感染を伴う中央趾の糖尿病性足潰瘍に対する治療経験

    時吉 貴宏, 辻 依子, 中山 真紀, 寺師 浩人

    2014年01月, 創傷, 5 (1号), 10 - 15, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hitomi Sano, Hakan Orbay, Hiroto Terashi, Hiko Hyakusoku, Rei Ogawa

    BACKGROUND: In conventional tissue-regeneration technologies, stem cells and/or other cells are injected into or incubated on scaffolds. In general, scaffolds can be classified into synthetic and natural polymers and natural matrices. Polymers are generally less suitable than natural matrices in terms of biocompatibility and biodegradability. A highly promising alternative may be the acellular adipose matrix (AAM), which is a natural scaffold that could mediate tissue regeneration without any artefacts. The optimal method for adipose-tissue decellularisation is described in this article. METHODS: Discarded human adipose tissues harvested from routine operations were used. In experiment 1, four different adipose-tissue-decellularisation methods were compared and modified. In experiment 2, the most effective method was tested by using adipose-tissue blocks from various donor sites (the abdomen, chest and forearm) and of different weights (0.8, 25 and 80 g). Haematoxylin and eosin (H &E) staining, immunohistochemistry (IHC) and scanning electron microscopy were used to determine the efficacy of decellularisation. RESULTS: In experiment 1, a method using an enzymatic digestion solution yielded complete decellularisation after some modifications. In experiment 2, the 0.8-g specimens were completely decellularised by the modified method. However, cell components remained in the 25- and 80-g specimens. The donor site had no effect on the degree of decellularisation. CONCLUSIONS: An optimal method for adipose-tissue decellularisation is reported. Because AAM is a natural collagen scaffold that is of human origin, this report describes an important first step in a tissue-engineering innovation that may be suitable for the regeneration of various tissues.

    ELSEVIER SCI LTD, 2014年01月, Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS, 67 (1), 99 - 106, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Reiko Nakayama-Takeda, Shunsuke Sakakibara, Masato Kurokawa, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    BACKGROUND: Tumor thickness and relative depth of invasion are prognostic parameters considered when developing treatment plans for malignant skin tumors. Although conventional magnetic resonance (MR) imaging techniques cannot identify small tumors, use of microscopy coils considerably improves spatial resolution. Some studies have shown that this technique is efficacious in preoperative assessment of relative depth of invasion; however, its ability to provide accurate measurements of tumor thickness remains unconfirmed. OBJECTIVE: The purpose of this pilot study was to evaluate the usefulness of preoperative MR-microscopy in determining tumor thickness and relative depth of invasion of malignant skin tumors. METHODS AND MATERIALS: Magnetic resonance images of malignant skin tumors in seven female patients (six with basal cell carcinoma and one with malignant melanoma) were obtained using a 1.5 T system and a 47-mm or 23-mm microscopy coil. Tumors were then excised, fixed, dehydrated, embedded, and stained with hematoxylin and eosin. We then compared MR-microscopy and pathology values for thickness and relative depth of invasion of each tumor. RESULTS: Both techniques produced similar measurements of tumor thickness and relative depth of invasion. CONCLUSIONS: MR-microscopy is very useful for accurate preoperative estimation of not only relative depth of invasion, but also thickness of malignant skin tumors.

    WILEY-BLACKWELL, 2013年12月, Dermatologic surgery : official publication for American Society for Dermatologic Surgery [et al.], 39 (12), 1767 - 73, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Miki Fujii, David G. Armsrong, Hiroto Terashi

    Magnetic resonance imaging (MRI) has been recognized as the most accurate imaging modality for the detection of diabetic foot osteomyelitis. However, how accurately MRI displays the extent of diabetic foot osteomyelitis in the presence of ischemia is still unclear. We retrospectively compared the preoperative MRI findings with the results of histopathologic examinations of resected bones and studied the efficacy of MRI in the diagnosis of diabetic foot osteomyelitis of different etiologies. A total 104 bones from 18 foot ulcers in 16 diabetic patients (10 men and 6 women; age range 42 to 84 years) treated by surgical intervention from 2008 to 2012 was examined. In 8 neuropathic ulcers, 29 bones were accurately diagnosed in detail using MRI, even those with severe soft tissue infection. Of 75 bones in 10 ischemic ulcers, only 7 bones evaluated by MRI after revascularization were diagnosed accurately; the other 68 could not be diagnosed because of unclear or equivocal MRI findings. On histopathologic examination, all the bones were found to be infected through the bone cortex by the surrounding infected soft tissue, not directly by articulation. Overall, preoperative MRI is effective in the diagnosis of neuropathic ulcers, but less so of ischemic ones. (C) 2013 by the American College of Foot and Ankle Surgeons. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2013年11月, JOURNAL OF FOOT & ANKLE SURGERY, 52 (6), 717 - 723, 英語, 国際共著している

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takaya Makiguchi, Satoshi Yokoo, Hidetaka Miyazaki, Takashi Soda, Hiroto Terashi

    A large full-thickness defect of the lower lip is difficult to reconstruct. Preservation of eating and speaking functions based on maintenance of oral sphincter and muscle function, sensation, and the oral aperture are the basic aims. It is also important to achieve a good aesthetic appearance. Here, we describe a new procedure using combined bilateral hatchet and nasolabial advancement flaps for a large full-thickness defect of the lower lip. The aim of use of the hatchet flap is to make a natural curve from the mentolabial fold to the mental protuberance using the "dog ear" resulting from suturing medially advanced bilateral hatchet flaps and to preserve a more certain blood supply to the medial edge of the flap. Our results indicate that the procedure using combined bilateral hatchet flaps and nasolabial flaps is useful for a U-shaped large full-thickness defect, with good functional and aesthetic outcomes.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2013年11月, The Journal of craniofacial surgery, 24 (6), e588-90 - E590, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 再発口腔中咽頭癌に対する遊離皮弁再建に関する検討

    明石 昌也, 橋川 和信, 寺師 浩人

    (一社)日本マイクロサージャリー学会, 2013年09月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集40周年記念, 40周年記念, 163 - 163, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 【創傷の評価と治療法の選択】 下肢慢性創傷の発生原因(原疾患)の評価法と治療法の選択

    寺師 浩人, 辻 依子, 藤井 美樹, 櫻井 沙由理

    2013年09月, 形成外科, 56 (9号), 933 - 943, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 【褥瘡に対する新しい考え方と将来~褥瘡予防・治療・ケアの改革~】 下肢病変の扱い方と将来

    寺師 浩人

    2013年08月, WOC Nursing, 1 (1号), 87 - 94, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Importance of the six angiosomes concept through arterial-arterial connections in CLI

    S. Osawa, H. Terashi, Y. Tsuji, I. Kitano, K. Sugimoto

    Aim. We reviewed the importance of six angiosomes concept in the foot area through arterial-arterial connections. Methods. We retrospectively analyzed 145 limbs from 111 critical limb ischemia (CLI) patients to investigate whether the wound location corresponded with the occlusion of the feeding artery. We also analyzed 57 limbs that underwent endovascular therapy (EVT). Regardless of which target vessel underwent EVT in the calf area, it was considered "direct" if the feeding artery flow in the foot area was achieved and "indirect" if not achieved. The wound healing rate was compared between the direct group and the indirect group relative to the six angiosomes of the foot. Further, we analyzed the absolute difference of the skin perfusion pressure (SPP) values measured before and after EVT. Results. A concordance rate of 82.1% (119/145 limbs) was observed between the wound location and the site of vessel occlusion. The wound healing rate of the six angiosomes-direct group was significantly higher than that of the six angiosomes-indirect group (96.6% vs. 72.7% P=0.03). The SPP values were significantly higher in the six angiosomes-direct group than those in the six angiosomes-indirect group (20.3±18.1 mmHg vs. 5±14.5 mmHg P=0.039). Conclusion. In the case of the patency of the arterial-arterial connections, even if one undergoes EVT for any of the three vessels in the lower leg, wound healing is likely to be achieved, if we can achieve six angiosome-direct flow.

    2013年08月, International Angiology, 32 (4), 375 - 385, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Makoto Omori, Kazunobu Hashikawa, Shunsuke Sakakibara, Hiroto Terashi, Shinya Tahara, Yoshie Shibaoka, Kensaku Kimura, Katsuhiro Sano

    Umbilical reconstruction after total excision of the umbilicus represents a challenging problem for reconstructive surgeons. We describe herein a new method for one-stage umbilical reconstruction after resection of a urachal cyst. This case series included 6 patients, with laparoscopic urachal cyst removal in 5 and conventional transcutaneous surgery in 1. One-stage umbilical reconstruction was performed in all cases. When a conventional transcutaneous approach is indicated, umbilical reconstruction can be undertaken through the same skin incision used for total resection of the urachal cyst. Two triangular flaps were designed just below the umbilical defect. Flaps were rotated 180 degrees and sutured together to form one big triangular flap. This flap was then folded to create the new umbilicus. A deep umbilicus with good shape was constructed in all cases, and all patients were satisfied with the outcome. This method is simple, easy, and produces a natural-looking umbilicus.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2013年07月, Annals of plastic surgery, 71 (1), 93 - 5, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 寝たきり患者に対するポジショニング評価方法の検討および評価に基づいた指導による改善(第2報)

    前重 伯壮, 上山 徹, 山本 智恵子, 大橋 郁乃, 尾上 真俊, 橋本 弘子, 植村 弥希子, 吉川 義之, 杉元 雅晴, 寺師 浩人

    (一社)日本褥瘡学会, 2013年06月, 日本褥瘡学会誌, 15 (3), 349 - 349, 日本語

    [査読有り]

  • 低出力パルスモード超音波の長時間照射により治癒の停滞が改善した一症例 in vitro実験結果の臨床的検証

    前重 伯壮, 上山 徹, 山本 智恵子, 大橋 郁乃, 尾上 真俊, 吉川 義之, 植村 弥希子, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    (一社)日本褥瘡学会, 2013年06月, 日本褥瘡学会誌, 15 (3), 400 - 400, 日本語

    [査読有り]

  • 外傷後に生じたclaw toe変形に対し長趾屈筋腱移行術を施行した1例

    高須 啓之, 橋川 和信, 明石 昌也, 寺師 浩人

    (一社)日本形成外科学会, 2013年06月, 日本形成外科学会会誌, 33 (6号), 469 - 469, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 褥瘡部を陰極とした微弱直流電流刺激療法による創の縮小効果

    吉川 義之, 杉元 雅晴, 前重 伯壮, 植村 弥希子, 高尾 篤, 松田 一浩, 寺師 浩人

    【目的】本研究の目的は、褥瘡部を陰極とした低強度の微弱直流電流刺激(以下、LIDC)療法が褥瘡治癒期間の短縮に効果があるかを検討することである。【対象】対象は褥瘡を有する高齢者7名とした。褥瘡部位は仙骨部褥瘡2例、胸椎部褥瘡2例、腸骨部褥瘡1例、大転子部褥瘡1例、外果部褥瘡1例であり、すべての褥瘡で治癒が停滞していた。褥瘡創面評価DESIGN-Rは13〜19点であった。【方法】創面上のドレッシング材に陰極の塩化銀電極を挿入し、褥瘡周囲の健常皮膚に陽極を貼付した。刺激強度80μA、周波数2Hz、パルス幅250ms、治療時間40分として週5回実施した。治療時、LIDC療法後に両極間のシャント作業を行った。【結果】LIDC療法を実施することで創が縮小しはじめ、5〜10週で完治した。【結語】LIDC療法により停滞していた褥瘡に創の縮小が認められ、早期に治癒した。それゆえに、褥瘡部を陰極とした低強度のLIDC療法は褥瘡治癒期間の短縮に効果があることが示唆された。(著者抄録)

    (公社)日本理学療法士協会, 2013年06月, 理学療法学, 40 (3), 200 - 206, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 蠅症を伴った耳介疣状癌の1例

    小熊 孝, 岩谷 博篤, 寺師 浩人

    2013年06月, Skin Cancer, 28 (1号), 50 - 54, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 車いすの傾斜機構の違いが座圧に及ぼす影響

    桑田 真吾, 山本 将之, 植村 弥希子, 吉川 義之, 前重 伯壮, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    (公社)日本理学療法士協会, 2013年05月, 理学療法学, 40 (大会特別号3), S - 032, 日本語

    [査読有り]

  • 舌半側切除術後の遊離前腕皮弁再建症例における長期観察結果

    明石 昌也, 橋川 和信, 榊原 晶子, 寺師 浩人

    (一社)日本頭頸部癌学会, 2013年05月, 頭頸部癌, 39 (2号), 161 - 161, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 再発口腔中咽頭癌に対する遊離皮弁再建における問題点

    明石 昌也, 橋川 和信, 寺師 浩人

    (一社)日本頭頸部癌学会, 2013年05月, 頭頸部癌, 39 (2号), 198 - 198, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • がん切除後下顎骨再建における再建理論「CATコンセプト」 臨床症例における実践結果

    橋川 和信, 明石 昌也, 野村 正, 寺師 浩人

    (一社)日本頭頸部癌学会, 2013年05月, 頭頸部癌, 39 (2号), 166 - 166, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 真性多血症が原因と思われる急性下肢動脈閉塞から下腿切断に至った1例

    時吉 貴宏, 辻 依子, 中山 真紀, 寺師 浩人

    2013年04月, 創傷, 4 (2号), 119 - 123, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takaya Makiguchi, Satoshi Yokoo, Hidetaka Miyazaki, Yu Takayama, Masaru Ogawa, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    The pectoralis major musculocutaneous (PMMC) flap was once considered the workhorse for head and neck reconstruction; however, because of the proliferation of free tissue transfer, it has rightly taken on a secondary role. Nevertheless, in certain head and neck reconstructions, the PMMC flap remains the last-line treatment and the only salvage option in do-or-die scenarios. The conventional harvesting method of the PMMC flap cuts the lateral thoracic artery and all intercostals branches from the internal mammary vessel to avoid compromising pedicle length. Nonetheless, the dissection of these 2 dominant sources of blood supply to skin islands overlying the lower PMMC flap poses a potentially high risk of distal flap necrosis.To preserve the lateral thoracic vessels, the PMMC flap is a very valid choice from the viewpoint of blood supply. In a novel surgical procedure named "Supercharged Pectoral Major Musculocutaneous Flap"-"SUP-PMMC flap"-devised by us, the lateral thoracic vessels near the bifurcation of subclavian vessels are cut and then anastomosed to the cervical vessels. The procedure causes no vascular insufficiency of skin islands and no compromise to the length of the pedicle and is valid from the viewpoint of blood supply to the lower part of PMMC flaps. The author used this technique in 4 head and neck cancer reconstructions, and no partial flap necrosis or fistula formation was observed.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2013年03月, The Journal of craniofacial surgery, 24 (2), e179-82 - E182, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 最先端のエビデンスUpdate 褥瘡ケアへの理学療法士の参画

    杉元 雅晴, 日高 正巳, 寺師 浩人, 吉川 義之, 前重 伯壮, 廣瀬 秀行

    (公社)日本理学療法士協会, 2013年02月, 理学療法学, 40 (1), 56 - 58, 日本語

    [査読有り]

  • 気管皮膚瘻に対し肋軟骨移植およびDP皮弁を用いて一期的に再建を行った1例

    江尻 浩隆, 寺師 浩人, 大澤 沙由理, 丹生 健一

    2013年02月, 日本形成外科学会会誌, 33 (2号), 114 - 117, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 仙骨部と大転子部の体圧分散を配慮したポジショニングの検証と安楽度の検討 股関節回旋角度に着目して

    吉川 義之, 杉元 雅晴, 寺師 浩人, 前重 伯壮, 野口 まどか

    仙骨部と大転子部の体圧分散が可能な体位を検討するため、健常成人30名(男15名、女15名、平均22.6歳)を対象に、圧力分布測定装置を用いて仰臥位、90・30・40度側臥位での体圧分布を測定した。30・40度側臥位は下肢が自然の状態と、股関節内・外旋中間位の2肢位とした。測定は無作為の順序で実施した。その結果、仙骨部の測定圧は仰臥位で平均79.9mmHg、30度自然38.2mmHg、30度中間41.0mmHg、40度自然29.1mmHg、40度中間29.5mmHgで、仰臥位は他の4肢位に比較して、30度中間は40度自然・中間に比較して有意に高値であった。大転子部は90度側臥位153.3mmHg、30度自然53.8mmHg、30度中間21.0mmHg、40度自然75.3mmHg、40度中間35.0mmHgで、90度側臥位は他の4肢位に、30度・40度自然はそれぞれの中間に、40度中間は30度中間に比較して有意に高値であった。また30・40度側臥位での安楽度を主観的評価VAS(苦痛;100mm)で測定したところ、16.7〜22.7mmと低かった。

    (一社)日本褥瘡学会, 2013年02月, 日本褥瘡学会誌, 15 (1), 1 - 7, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 胸部大動脈瘤ステントグラフト内挿術後に生じた仙尾骨部褥瘡の治療経験

    皿山 泰子, 寺師 浩人

    2013年02月, 日本褥瘡学会誌, 15 (1号), 65 - 68, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Advancement in Early Wound Closure for Venous Leg Ulcers

    Terashi H, Osawa S, Sakakibara S, Sato M, Kurokawa M, Tahara S

    2013年, Journal of Wound Technology, 19, 30 - 31, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 粒子線照射後に生じた難治性胸壁潰瘍の1例

    寺師浩人

    2013年01月, 臨床皮膚科, 67 (1号), 69 - 74, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ヒト皮膚線維芽細胞の電気走性を促進させる直流微弱電流刺激強度の臨界点

    植村 弥希子, 前重 伯壮, 吉川 義之, 寺師 浩人, 宇佐美 眞, 高田 哲, 杉元 雅晴

    (一社)日本創傷治癒学会, 2012年12月, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, 42回, 146 - 146, 日本語

    [査読有り]

  • 寺師浩人, 高須啓之, 杉元雅晴, 田原真也

    神戸大学病院形成外科において2006〜2007年の2年間で、長期間のいかなる保存的治療に対しても改善を認めず、また、手術を施行し術後1年以上経過した坐骨部褥瘡患者9例を対象に、術前評価、手術方法、周術期管理、周術期看護、再発予防、術後成績について検討した。著者等は、上記患者の坐骨部褥瘡に対する手術治療戦略として、術前の3D-CTによる坐骨の骨形態の評価、疾患に応じた術式や術後の姿勢を考慮した体位の選択、圧分布測定システムを用いて坐骨部の接触圧の評価を行うことによる周術期管理や術後の再発予防の指導、術前、周術期、退院後の看護ケアを一連の流れとする統一した方法で管理を行った。その結果、良好な結果が得られたので報告した。

    (一社)日本褥瘡学会, 2012年10月, 日本褥瘡学会誌, 14 (4号), 587 - 593, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 重症下肢虚血においてAngiosomeの観点からみた創傷の部位および治癒の検討

    大澤沙由理, 寺師浩人, 辻依子, 北野育郎, 杉本幸司

    2012年09月, 日本下肢救済・足病学会誌, 4 (3号), 163 - 168, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 車いす駆動方法と坐骨部ずれの関連性についての検証

    植村 弥希子, 杉元 雅晴, 山本 将之, 前重 伯壮, 吉川 義之, 寺師 浩人

    (一社)日本褥瘡学会, 2012年08月, 日本褥瘡学会誌, 14 (3), 417 - 417, 日本語

    [査読有り]

  • 大腿外側部へのポリウレタンフィルムの貼付が大転子部皮膚のずれに対して与える抑制効果

    上山 徹, 前重 伯壮, 吉川 義之, 植村 弥希子, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    (一社)日本褥瘡学会, 2012年08月, 日本褥瘡学会誌, 14 (3), 462 - 462, 日本語

    [査読有り]

  • 周術期における急性期皮膚障害発生のメカニズムと予防・治療

    寺師浩人

    2012年08月, 日本手術医学会誌, 33 (3号), 259 - 266, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 超音波の照射時間率がヒト皮膚由来線維芽細胞のα-SMA発現に対して与える影響

    前重 伯壮, 鳥井 一宏, 田淵 寛人, 青山 倫子, 寺師 浩人, 杉元 雅晴, 宇佐美 眞

    2012年07月, 日本物理療法学会会誌, 19, 44 - 48, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 【下肢~足切断術の新しいアプローチ】 趾切断時におけるfillet toe flapの利用

    榊原俊介, 寺師浩人, 櫻井沙由理, 橋川和信, 田原真也

    2012年07月, 創傷, 3 (3号), 123 - 128, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Makoto Omori, Shunsuke Sakakibara, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi, Shinya Tahara, Daisuke Sugiyama

    Prevention of the atrophy of denervated muscles is essential for a good outcome in facial contouring and oral reconstruction. In this study, we compared the effectiveness of end-to-end and end-to-side neurorrhaphy of the motor nerve, and end-to-end neurorrhaphy of the sensory nerve, all of which are frequently used in such reconstruction for the prevention of muscle atrophy. Wistar rats were divided into four groups: group 1, motor nerve division of semi-membranosus without repair; group 2, motor nerve division and end-to-end coaptation to the saphenous nerve; group 3, motor nerve division and end-to-side coaptation to the sciatic nerve; and group 4, motor nerve division and end-to-end repair. Measurement of semi-membranosus volume, histological evaluation and staining of neuromuscular junctions that were carried out 3 months postoperatively revealed that muscle volume preservation was larger in groups 3 and 4 than in the other two groups (p<0.05), but slightly superior in group 4 (p<0.05). There was no statistical difference between groups 2 and 1; histologically, muscle architecture was better preserved in group 2 than in group 1; reactivation of the neuromuscular junctions was observed in all except group 1. End-to-side repair of motor nerves is one of the better options for the preservation of muscle volume when end-to-end nerve repair is not indicated. Sensory protection may also provide some advantages in the preservation of muscle volume.

    ELSEVIER SCI LTD, 2012年07月, Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS, 65 (7), 943 - 9, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 角質肥厚を伴う褥瘡におけるアポトーシスの発現についての検討

    寺師浩人

    2012年06月, 日本褥瘡学会誌, 14 (2号), 141 - 145, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 粒子線治療に伴う難治性皮膚潰瘍の検討

    芝岡美枝, 寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    2012年05月, 形成外科, 55 (5号), 527 - 537, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 糖尿病性足潰瘍におけるカンジダ性骨髄炎の1例

    榊原俊介, 寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    2012年05月, 日本形成外科学会会誌, 32 (5号), 354, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • リンパ浮腫を伴う絞扼輪症候群における術後リンパ流の検討

    榊原俊介, 小川晴生, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2012年05月, 日本形成外科学会会誌, 32 (5号), 352, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • CLI治療のトレンド CLI治療のパラダイムシフト(血管内治療とバイパス術の比較・検討)

    杉本幸司, 寺師浩人

    2012年05月, 日本血管外科学会雑誌, 21 (3号), 410, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 股関節運動に伴う大転子部皮膚ずれ量測定の試み

    前重 伯壮, 上山 徹, 吉川 義之, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    (一社)日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 2012年04月, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌, 16 (2), 176 - 176, 日本語

    [査読有り]

  • 重症虚血肢に対する集学的治療 Bypass術と血管内治療を併用したFontaine IV度重症虚血肢への血流確保戦略

    杉本幸司, 寺師浩人

    2012年03月, 日本外科学会雑誌, 113 (臨増2), 218, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 【糖尿病フットケアUpdate】 糖尿病性足潰瘍の病態別分類 神戸分類の提唱

    寺師浩人

    2012年03月, 医学のあゆみ, 240 (11号), 881 - 887, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Osamu Iida, Yoshimitsu Soga, Keisuke Hirano, Daizo Kawasaki, Kenji Suzuki, Yusuke Miyashita, Hiroto Terashi, Masaaki Uematsu

    OBJECTIVE: We compared clinical outcomes between limbs with and without achievement of feeding artery flow by endovascular therapy (EVT) based on the angiosome concept in critical limb ischemia (CLI) patients with isolated below-the-knee (BTK) lesions and assessed factors influencing major amputation (MA). METHOD: We analyzed 369 limbs from 329 consecutive patients (224 men; age, 70 ± 11 years) with ischemic ulceration or gangrene, or both, presenting with isolated BTK lesions (Rutherford class 5, 270 limbs; class 6, 99 limbs) with a pretreatment ankle-brachial index of 0.79 ± 0.26. Patients underwent successful EVT, without bypass surgery. Limbs were classified into direct (n = 200) and indirect (n = 169) groups by whether feeding artery flow to the site of ulceration or gangrene was successfully achieved, based on the angiosome concept. Unadjusted and adjusted (by propensity score matching) between-group rates of amputation-free survival (AFS) and freedom from major amputation (MA) and major adverse limb event (MALE) were compared by Kaplan-Meier analysis and the log-rank test. The independent determinants of MA in the direct and indirect groups were explored by multivariable analysis. RESULTS: During follow-up (mean, 18 ± 16 months), the overall limb salvage rate was 81% (300 of 369), death occurred in 36% (119 of 329), and the reintervention rate was 31% (114 of 369). After propensity score adjustment, the estimated (± standard error) rates for AFS (49% ± 8% vs 29% ± 6%; P = .0002), freedom from MALE (51% ± 8% vs 28% ± 8%, P = .008), and major amputation (82% ± 5% vs 68% ± 5%, P = .01) were significantly higher in the direct group than in the indirect group for up to 4 years after the index procedure. After multivariable Cox proportional analysis, the independent factors associated with major amputation were hemoglobin A(1c) level (hazard ratio [HR], 1.4; 95% confidential interval [CI], 1.1-1.9; P = .006) and cilostazol administration (HR, 0.28; 95% CI, 0.11-0.70; P = .006) in the direct group, and C-reactive protein level (HR, 1.2; 95% CI, 1.1-1.4; P = .002) in the indirect group. CONCLUSION: Achieving direct flow by angioplasty based on the angiosome concept in CLI patients with isolated BTK lesions is clinically important for AFS and freedom from MA and MALE. Limb salvage factors appear to differ between patients with and without direct flow from the feeding artery after EVT.

    MOSBY-ELSEVIER, 2012年02月, Journal of vascular surgery, 55 (2), 363 - 370, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 本邦における局所陰圧閉鎖療法の変遷

    寺師浩人

    2012年02月, 日本褥瘡学会誌, 14 (1号), 43 - 48, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 直流微弱電流刺激が褥瘡の創縮小に対して与える効果 シングルケース実験法に基づいて

    杉元雅晴, 寺師浩人

    2012年02月, 日本褥瘡学会誌, 14 (1号), 63 - 67, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mizuki Goto, Yoshitaka Kai, Shoko Arakawa, Masaki Oishi, Kazushi Ishikawa, Saburou Anzai, Yutaka Hatano, Osamu Okamoto, Kazumoto Katagiri, Sakuhei Fujiwara, Fumiaki Shimizu, Aiko Kato, Hiromi Shibuya, Nobuoki Eshima, Hiroto Terashi

    Basal cell carcinoma (BCC) is a common skin cancer that arises from the cells of the basal layer of the epithelium or from the external root sheath of the hair follicle. In the present report, 256 cases treated surgically between 1999 and 2008 in our department were retrospectively analyzed. The most frequent BCC locations included the face (77.8%), especially the nose (26.9%) and eyelids (21.5%). Incomplete excisions occurred in 21 cases. Two patients experienced local recurrence; one of these patients exhibited a bone metastasis while the other had a metastasis of the parotid gland without the local recurrence. The rate of local BCC recurrence was 0.78%, which is lower than that described in previous reports. We categorized BCC into four histological types: superficial, solid, adenoid and infiltrative. The solid type was the most frequent histological type (62.1%). For preventive recurrence, we treated BCC patients with two-step surgery when the tumor was large or histologically invasive. At the first step, we excised the tumor with a sufficient safety margin, and at the second step, we performed reconstruction after the histological confirmation that no remnant malignant cells were in the tumor margins. In the present report, no local recurrence occurred in patients following the two-step surgery. Therefore, two-step surgery is recommended for tumors at locations and with histological types related to frequent recurrence.

    2012年01月, The Journal of dermatology, 39 (1), 68 - 71, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 超音波の照射時間率がヒト皮膚由来線維芽細胞のα-SMA発現に対して与える影響

    前重 伯壮, 鳥井 一宏, 田淵 寛人, 青山 倫子, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    2012年, 日本物理療法学会, 19巻 p.44-48, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Optimum microcurrent stimulation intensity for galvanotaxis in human fibroblasts

    M. Sugimoto, N. Maeshige, H. Honda, Y. Yoshikawa, M. Uemura, M. Yamamoto, H. Terashi

    Objective: In this study, we develop methods to measure galvanotaxis of fibroblasts and determined the optimum conditions of electrical stimulation. Method: An inverted 35mm dish containing cell suspensions (3x10(5) primary human skin fibroblasts, DMEM, and 10% FBS) was placed on the centre of a 100mm dish.The 35mm dish was removed 24 hours later, and culture medium was added to the 100mm dish. Fibroblasts were randomised (double-blind) into three groups, where electrical stimulation was given at varying intensities: 0 mu A (control),50 mu A, and 100 mu A. Electrical stimulation (frequency = 0.3Hz) was conducted, for a duration of 4 hours,with platinum electrodes in a CO2 incubator. We took pictures immediately before and 20 hours after stimulation.We calculated the migration ratio to the negative pole by dividing the area of attached fibroblasts after stimulation with that before stimulation. Results: The migration ratio to the negative pole was significantly higher in the 100 mu A group than in the control group (p<0.05) The ratios were 0.902 +/- 0.292 in the control group, 1.128 +/- 0.253 in the 50 mu A group, and 1.245 +/- 0.300 n the 100 mu A group. Conclusion: This study observed the change in cell proliferation during the initial 24-hour period after plating and was thus able to quantitatively evaluate the migration.The results suggest that a low-intensity direct current promotes migration to the negative pole of human dermal fibroblasts, which is charged with positive electricity. Several clinical reports using the methods in this study showed the nnicrocurrent efficacy for pressure ulcer healing. Electrical stimulation based on our in vitro experiment might be important for the development of physical therapy for pressure ulcers. " Declaration of interest: The authors have no conflict of interest to declare.There were no external sources of funding for this study.

    MA HEALTHCARE LTD, 2012年01月, JOURNAL OF WOUND CARE, 21 (1), 5 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Optimum microcurrent stimulation intensity for galvanotaxis in human fibroblasts

    M. Sugimoto, N. Maeshige, H. Honda, Y. Yoshikawa, M. Uemura, M. Yamamoto, H. Terashi

    Objective: In this study, we develop methods to measure galvanotaxis of fibroblasts and determined the optimum conditions of electrical stimulation. Method: An inverted 35mm dish containing cell suspensions (3x10(5) primary human skin fibroblasts, DMEM, and 10% FBS) was placed on the centre of a 100mm dish.The 35mm dish was removed 24 hours later, and culture medium was added to the 100mm dish. Fibroblasts were randomised (double-blind) into three groups, where electrical stimulation was given at varying intensities: 0 mu A (control),50 mu A, and 100 mu A. Electrical stimulation (frequency = 0.3Hz) was conducted, for a duration of 4 hours,with platinum electrodes in a CO2 incubator. We took pictures immediately before and 20 hours after stimulation.We calculated the migration ratio to the negative pole by dividing the area of attached fibroblasts after stimulation with that before stimulation. Results: The migration ratio to the negative pole was significantly higher in the 100 mu A group than in the control group (p<0.05) The ratios were 0.902 +/- 0.292 in the control group, 1.128 +/- 0.253 in the 50 mu A group, and 1.245 +/- 0.300 n the 100 mu A group. Conclusion: This study observed the change in cell proliferation during the initial 24-hour period after plating and was thus able to quantitatively evaluate the migration.The results suggest that a low-intensity direct current promotes migration to the negative pole of human dermal fibroblasts, which is charged with positive electricity. Several clinical reports using the methods in this study showed the nnicrocurrent efficacy for pressure ulcer healing. Electrical stimulation based on our in vitro experiment might be important for the development of physical therapy for pressure ulcers. " Declaration of interest: The authors have no conflict of interest to declare.There were no external sources of funding for this study.

    MA HEALTHCARE LTD, 2012年01月, JOURNAL OF WOUND CARE, 21 (1), 5 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • True pedicled fibular graftによる脛骨遠位骨欠損の再建

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    2011年10月, 日本形成外科学会会誌, 31巻, 10号, pp. 716-720, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 下肢救済とフットケア Fontaine IV度の虚血肢に対するバイパス手術と術後フットケアについて

    杉本幸司, 寺師浩人

    2011年09月, 脈管学, 51 (Suppl.), S84, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 側臥位における大転子部の体圧分散を配慮したポジショニングの検証

    吉川 義之, 前重 伯壮, 野口 まどか, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    (一社)日本褥瘡学会, 2011年07月, 日本褥瘡学会誌, 13 (3), 386 - 386, 日本語

    [査読有り]

  • 直流微弱電流刺激療法の臨床効果

    吉川 義之, 前重 伯壮, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    (一社)日本褥瘡学会, 2011年07月, 日本褥瘡学会誌, 13 (3), 413 - 413, 日本語

    [査読有り]

  • 母趾切断後の隣接趾変形と潰瘍形成についての検討

    寺師浩人, 田原真也

    2011年07月, 創傷, 2 (3号), 118 - 124, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroto Terashi, Ikuro Kitano, Yoriko Tsuji, Kazunobu Hashikawa, Shinya Tahara

    The incidence of the diabetic foot is increasing worldwide. Because evidence has shown that transmetatarsal amputation is associated with fewer failures in amputations of the diabetic foot with or without peripheral arterial disease, improving its management and surgical technique is a mission for the surgeon. Conventional transmetatarsal amputation has held firm, however, for more than 150 years. With a new concept for the transmetatarsal amputation method aimed at a better outcome, we propose a modified procedure for preserving the soft tissue between the metatarsal bones (the vasculature complex with the muscles, periostea, and vessels) and applying it to the distal bone stumps. The purpose of this method is to secure a functional foot by preserving the longitudinal arch. The new method was applied to 11 patients with diabetes mellitus or peripheral arterial disease, or both. All wounds closed successfully. Of the 11 patients, 8 were still alive with no complications. Of these 8 patients, 6 were able to ambulate with a custom-made shoe and 2 used a wheelchair, just as preoperatively. Of the 3 patients who died, 1 died a natural death, 1 died of sepsis, and 1 of cerebral infarction. We believe that the modified transmetatarsal amputation that we have described in this report is a potential breakthrough in the care of patients with forefoot gangrene and may gain acceptance over time. (C) 2011 by the American College of Foot and Ankle Surgeons. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2011年07月, JOURNAL OF FOOT & ANKLE SURGERY, 50 (4), 441 - 444, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 股関節運動と骨盤傾斜角度が仙骨部褥瘡の形状変化に及ぼす影響

    前重 伯壮, 本田 寛人, 吉川 義之, 山本 将之, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    Parkinson病に罹患した70歳代の女性を対象に、股関節や骨盤傾斜の角度が仙骨部褥瘡の形状に対し与える影響及びそれらに対するポリウレタンフィルムの効果を評価し、適切な褥瘡管理方法について検討した。骨盤の傾斜角度が90°側臥位から半腹臥位に変化することで面積及び短径を中心に測定値が増加した。これには創周囲の皮膚が受ける重力が影響していると考えられた。股関節運動や骨盤傾斜の角度及びポリウレタンフィルムの貼付が仙骨部褥瘡の創面形状変化に対する影響を検討したが、ポリウレタンフィルムの貼付や関節角度及び運動方向を選択することにより、創面形状の影響を管理できる可能性が示唆された。

    (一社)日本褥瘡学会, 2011年06月, 日本褥瘡学会誌, 13 (2), 157 - 161, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Klinefelter症候群にみられた難治性下腿潰瘍の4例

    北野 育郎, 辻 義彦, 保島 匡和, 辻 依子, 寺師 浩人

    2011年06月, 日本血管外科学会雑誌, 20 (4号), 711 - 715, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effect of ultrasound irradiation on α-SMA and TGF-β1 expression in human dermal fibroblasts.

    Noriaki Maeshige, Hiroto Terashi, Michiko Aoyama, Kazuhiro Torii, Masaharu Sugimoto, Makoto Usami

    Ultrasound therapy is used to promote pressure ulcer healing as an adjunctive therapy. However, the efficacy and the scientific basis of this treatment are unclear. We investigated the effect of ultrasound irradiation on alpha-smooth muscle actin (α-SMA) and transforming growth factor-beta1 (TGF-β1) expression in human dermal fibroblasts. These are important factors for acceleration of wound closure. We used pulsed ultrasound of 0, 0.1, 0.5, and 1.0 W/cm2. TGF-β1 and α-SMA mRNA was measured by quantitative real-time polymerase chain reaction, α-SMA protein was examined by western blot, and localization of α-SMA was evaluated by immunofluorescence staining. Expression of α-SMA and TGF-β1 mRNA was increased at 24 h but not at 48 h after ultrasound irradiation. There were significant differences between controls of 0 W/cm² and 0.1 W/cm² with a 1.34 ± 0.26 fold increase in α-SMA (P < 0.05) and a 1.78 ± 0.57 fold increase in TGF-β1 (P < 0.05). Protein levels of α-SMA were also increased and detected in ultrasound irradiated fibroblasts at 24 h. Ultrasound irradiation promotes α-SMA expression in human dermal fibroblasts and this suggests the biological mechanism of ultrasound efficacy on chronic wound treatment.

    2011年05月11日, The Kobe Journal of Medical Sciences, 56 (6), E242-52 - E252, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Cellular fatty acid composition of stratified squamous epithelia after transplantation of ex vivo produced oral mucosa equivalent.

    Kentaro Moriyama, Satoshi Yokoo, Hiroto Terashi, Takahide Komori

    PURPOSE: We have fabricated, for clinical application, artificial oral mucosa that totally excludes both heterogenic protein interaction and xenotransplantation. The purpose of this study is to compare the fatty acid composition of cell membrane phospholipids related to post-transplantation epithelial regeneration. MATERIALS AND METHODS: Cultured keratinocytes, keratinocytes at 2, 3, 4, and 9 weeks after transplantation, and normal oral keratinocytes were compared by gas chromatography for the composition of 23 fatty acids. The relation between the composition of cell membrane fatty acids, and the glucose metabolism was immunohistochemically analyzed. RESULTS: 1. Even after transplantation, cultured keratinocytes retained the same ratio of palmitic acid as that of normal oral keratinocytes. 2. Essential fatty acids decreased markedly in cultured keratinocyte membranes to the same composition as that of normal oral mucosa 2 weeks after transplantation. 3. The percent composition of palmitoleic acid in cultured keratinocytes was significantly higher than that in post-transplanted keratinocytes; it decreased 2 weeks after artificial mucosa transplantation, but became similar to that in 3 weeks thereafter. 4. The entire population of stratified keratinocytes in EVPOME before transplantation expressed GLUT-1 protein. CONCLUSION: Our findings suggest that post-artificial mucosa epithelialisation allows keratinocytes to proliferate while consuming palmitic acid, and then diet-provided essential fatty acids induce the keratinocytes to differentiate. Complete clinical epithelialisation of the transplant wound requires 4 weeks; however, within 3 weeks of transplantation, cultured cells of a specific metabolic mechanism change into or are replaced by keratinocytes of a normal metabolic mechanism similar to that of surrounding tissue.

    2011年05月11日, The Kobe journal of medical sciences, 56 (6), E253-62 - E262, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 難治性潰瘍に対するbFGF製剤を併用した持続陰圧療法と植皮による治療

    藤井 美樹, 川崎 雅人, 森 大祐, 堀 義康, 大崎 健夫, 寺師 浩人

    2011年04月, 創傷, 2 (2号), 58 - 64, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroto Terashi, Ikuro Kitano, Yoriko Tsuji

    Treatment must be conducted after proper assessment of diabetic foot wounds. This implies appropriate foot care and the use of proper footwear from the perspectives of prophylaxis and walking. Diabetic foot wounds have some wound impairment factors, including peripheral neuropathy (PN), peripheral arterial disease (PAD), and infection; such wounds comprise combinations of these lesions. An additional goal besides wound healing is gait salvage. Here, we propose a simple new four-level classification of diabetic foot ulcerations, which we have termed the Kobe classification, in order to assess the wounds more easily and treat them systematically; the classification is as follows: Type I, mainly PN; Type II, mainly PAD; Type III, mainly infection; Type IV, PN+PAD+infection.

    2011年, The Keio journal of medicine, 60 (1), 17 - 21, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 初期診断が困難であったスポロトリコーシス疑診例

    寺師浩人, 田原真也

    2010年11月, 日本形成外科学会会誌, 30巻, 11号, pp. 641-642, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 外傷後無眼球症の二次的義眼床変形に対するfree flapの適応について 眼瞼皮膚、眼窩骨に欠損がない症例の検討

    橋川 和信, 櫻井 沙由理, 高須 啓之, 寺師 浩人, 田原 真也

    2010年10月, 創傷, 1 (3号), 119 - 124, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroto Terashi, Takanori Iwayama, Osamu Iida, Ikuro Kitano, Yoriko Tsuji

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2010年10月, Plastic and reconstructive surgery, 126 (4), 215e-218e - 218E, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mucinous carcinoma of the skinの1例

    寺師浩人, 田原真也

    2010年09月, Skin Cancer, 25巻, 2号, pp. 177-180, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Gluteal fold VY advancement flapに基づく再建を行った外陰癌の1症例

    小川 晴生, 野村 正, 寺師 浩人, 時吉 貴宏, 岩山 隆憲, 田原 真也

    2010年09月, Skin Cancer, 25 (2号), 195 - 199, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shunsuke Sakakibara, Kazunobu Hashikawa, Makoto Omori, Hiroto Terashi, Shinya Tahara

    THIEME MEDICAL PUBL INC, 2010年09月, Journal of reconstructive microsurgery, 26 (7), 433 - 4, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Osamu Iida, Shinsuke Nanto, Masaaki Uematsu, Kuniyasu Ikeoka, Shin Okamoto, Tomoharu Dohi, Masashi Fujita, Hiroto Terashi, Seiki Nagata

    OBJECTIVE: We investigated the role of the angiosome concept in endovascular therapy (EVT) for limb salvage. BACKGROUND: The angiosome concept is clinically useful in bypass surgery for critical limbs ischemia (CLI). However, comparison with direct and indirect flow to the site of ulceration based on angiosome concept regarding freedom from amputation has not been systematically studied for the patient with CLI undergoing EVT. METHODS: We analyzed 203 limbs in 177 consecutive patients (male = 127, age = 70 +/- 11 years) with ischemic ulceration that was Rutherford 5 or 6 (5 in 145 limbs and 6 in 58 limbs; pretreatment ankle-brachial index = 0.74 +/- 0.27), who underwent EVT alone without bypass surgery. We classified these patients into direct and indirect groups depending on whether feeding artery flow to the site of ulceration was successfully acquired or not acquired based on the angiosome concept. Freedom from amputation was compared between the direct and the indirect groups by Kaplan-Meier analysis. RESULTS: The overall limb salvage rate was 82% (167/203). Skin perfusion pressure was significantly higher in the direct group (67 +/- 25 mm Hg) than in the indirect group (41 +/- 20 mm Hg, P = 0.002). The limb salvage rate was also significantly (P = 0.03) higher in the direct group (86%) than in the indirect group (69%) for up to 4 years after the procedure. The number of vessels with run-off flow did not influence the limb salvage rate in either the direct group (P = 0.84) or the indirect group (P = 0.90). CONCLUSION: Acquiring direct flow based on the angiosome concept is important for limb salvage by EVT in patients with CLI.

    WILEY, 2010年05月01日, Catheterization and cardiovascular interventions : official journal of the Society for Cardiac Angiography & Interventions, 75 (6), 830 - 6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akira Yanagisawa, Kazunobu Hashikawa, Daisuke Sugiyama, Takaya Makiguchi, Hideyuki Yanagi, Shunichi Kumagai, Satoshi Yokoo, Hiroto Terashi, Shinya Tahara

    Harvesting the radial forearm flap may cause circulatory problems in the donor arm. To investigate the influence on donor hands after radial forearm flap harvesting, we assessed the process of circulatory changes prospectively by measuring skin perfusion pressure (SPP) that is clinically useful in detecting vascular lesions. The records of 17 patients (14 men and 3 women aged 59.7+/-11.8 years) who had undergone free radial forearm flap transfer for head and neck reconstruction, between December 2005 and April 2007, were analysed. SPP in the thumb (finger I), the middle finger (III) and the little finger (V) was measured in the 17 patients preoperatively and 1 month and 3, 6, 9 and 12 months postoperatively. All statistical tests were two sided, with a significance level defined as p<0.05. Preoperatively, baseline SPP was more dominant in finger I than in finger V. Postoperatively, SPP changed significantly in both fingers, while it showed no change in finger III and tended to be higher in finger I than in the other two. Harvesting the free radial forearm flap reduces skin perfusion in the fingers of the donor arm and, we assume, leads to a re-distribution of blood flow to the fingers, with the residual ulnar artery still supplying more blood flow to finger I than to finger V. This suggests the presence of an autoregulating mechanism whereby blood perfusion to the fingers is controlled by the physiological demands of individual fingers.

    ELSEVIER SCI LTD, 2010年03月, Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS, 63 (3), 539 - 43, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 重症虚血肢の治療方針と治療成績 Fontaine IV度の重症虚血肢に対する血行再建成績 透析例と非透析例の比較

    杉本幸司, 寺師浩人

    2010年03月, 日本外科学会雑誌, 111 (臨増2), 137, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Evaluation of the combined use of ultrasound irradiation and wound dressing on pressure ulcers

    N. Maeshige, H. Fujiwara, H. Honda, Y. Yoshikawa, H. Terashi, M. Usami, M. Sugimoto

    Objective: To evaluate the effect of ultrasound irradiation when used alongside standard care in the treatment of pressure ulcers; outcome measures were reduction in wound size and exudate weight. Method: Five patients (two male and three female, age range: 76-92 years) with seven ulcers participated in this study. They had National Pressure Ulcer Advisory Panel (NPUAP) stage III or IV pressure ulcers. We conducted an ABABA study (A: standard treatment with dressings that promote a moist wound healing environment; B: ultrasound irradiation administered to the pressure ulcer through the same dressing used in period A; each period lasted 2-4 weeks). Six ulcers each were randomised to either the treatment group or control group. One ulcer was not randomised, but was the first to receive ultrasound in the BABA sequence, with a view to determining if the pilot was feasible. The control group received sham ultrasound in period B. Pulsed ultrasound (20% duty cycle, 0.5W/cm(2) on the wound surface, 1MHz or 3MHz, for 10 minutes) was applied five times weekly. Results: In the treatment group, two ulcers markedly decreased in size after 3-4 weeks of US treatment, one ulcer decreased in size soon after initiation of treatment and one ulcer showed no clear reduction in size. The volume of exudate was greater in period B than A in two ulcers that reduced markedly in size after 3-4 weeks of US treatment. None of the ulcers in the control group decreased markedly in size. Conclusion: This pilot study suggests that US used alongside standard treatment might promote the healing of pressure ulcers. However, larger studies are required to determine the efficacy and mechanism of US treatment for PUs.

    MA HEALTHCARE LTD, 2010年02月, JOURNAL OF WOUND CARE, 19 (2), 63 - 68, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大分大学医学部附属病院皮膚科において経験した脂腺癌18例の臨床的検討

    酒井 貴史, 甲斐 宜貴, 佐藤 精一, 後藤 瑞生, 清水 史明, 加藤 愛子, 佐藤 治明, 波多野 豊, 澁谷 博美, 岡本 修, 寺師 浩人, 片桐 一元, 藤原 作平

    2010年02月, 西日本皮膚科, 72 (1号), 48 - 53, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Evaluation of the combined use of ultrasound irradiation and wound dressing on pressure ulcers

    N. Maeshige, H. Fujiwara, H. Honda, Y. Yoshikawa, H. Terashi, M. Usami, M. Sugimoto

    Objective: To evaluate the effect of ultrasound irradiation when used alongside standard care in the treatment of pressure ulcers; outcome measures were reduction in wound size and exudate weight. Method: Five patients (two male and three female, age range: 76-92 years) with seven ulcers participated in this study. They had National Pressure Ulcer Advisory Panel (NPUAP) stage III or IV pressure ulcers. We conducted an ABABA study (A: standard treatment with dressings that promote a moist wound healing environment; B: ultrasound irradiation administered to the pressure ulcer through the same dressing used in period A; each period lasted 2-4 weeks). Six ulcers each were randomised to either the treatment group or control group. One ulcer was not randomised, but was the first to receive ultrasound in the BABA sequence, with a view to determining if the pilot was feasible. The control group received sham ultrasound in period B. Pulsed ultrasound (20% duty cycle, 0.5W/cm(2) on the wound surface, 1MHz or 3MHz, for 10 minutes) was applied five times weekly. Results: In the treatment group, two ulcers markedly decreased in size after 3-4 weeks of US treatment, one ulcer decreased in size soon after initiation of treatment and one ulcer showed no clear reduction in size. The volume of exudate was greater in period B than A in two ulcers that reduced markedly in size after 3-4 weeks of US treatment. None of the ulcers in the control group decreased markedly in size. Conclusion: This pilot study suggests that US used alongside standard treatment might promote the healing of pressure ulcers. However, larger studies are required to determine the efficacy and mechanism of US treatment for PUs.

    MA HEALTHCARE LTD, 2010年02月, JOURNAL OF WOUND CARE, 19 (2), 63 - 68, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ヒト培養線維芽細胞の電気走性の最適条件に関する研究

    杉元 雅晴, 前重 伯壮, 本田 寛人, 吉川 義之, 寺師 浩人

    (一社)日本創傷治癒学会, 2009年12月, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, 39回, 81 - 81, 日本語

    [査読有り]

  • 重症虚血肢に対する膝窩-下腿・足部動脈バイパス術の妥当性に関する検討

    寺師浩人, 杉本幸司

    2009年12月, 日本血管外科学会雑誌, 18 (7号), 659 - 665, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tatsuya Abe, Tohru Kamida, Makoto Goda, Ryo Inoue, Minoru Fujiki, Hidenori Kobayashi, Yutaka Hatano, Hiromi Shibuya, Sakuhei Fujiwara, Hiroto Terashi, Teruaki Mori

    Dermatofibrosarcoma protuberans (DFSP) of the scalp is a rare soft tissue sarcoma. A 22-year-old male with DFSP, who had undergone several surgical excisions and radiotherapy, presented with a mild left lower-limb paresis. An MRI scan demonstrated a huge mass extending throughout the frontoparietal convexity. A macroscopically complete removal of the mass was performed. Despite this, there were several recurrences; thereafter, the patient underwent surgery, stereotactic radiosurgery and chemotherapy. The histological findings demonstrated a DFSP that both abutted and occasionally invaded the adjacent brain cortex, while extending along the Virchow-Robin spaces. Due to the highly infiltrating characteristics of DFSP, another approach, such as the use of molecular-targeted agents, will be required to significantly improve the clinical outcome.

    ELSEVIER SCI LTD, 2009年10月, Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 16 (10), 1358 - 60, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Epithelialization in oral mucous wound healing in terms of energy metabolism.

    Shinsuke Kuroki, Satoshi Yokoo, Hiroto Terashi, Masumi Hasegawa, Takahide Komori

    PURPOSE: The purpose of this study was to clarify the "healing capacity" of wounds of the oral mucosa in comparison to those of the skin, and to evaluate the wound healing mechanism of oral mucosa using a cytobiological approach from the aspect of energy metabolism in oral keratinocytes. MATERIALS AND METHODS: Samples of epidermal and oral keratinocytes collected at surgery and of cultured oral keratinocytes were used to analyze (1) by gas chromatography the composition of fatty acids (16:0, 18:2, 20:4) in the cell membranes of keratinocytes, (2) by immunohistochemical staining of GLUT-1 antibody and specific PAS staining the localization of glucose metabolism, and (3) by RT-PCR and Western blotting the expression of GLUT-1 mRNA and of protein in the keratinocytes of the basal and parabasal layers of each epithelial tissue. RESULTS: 1. The % composition of palmitic acid (16:0) was significantly higher in buccal mucosal keratinocytes (27.18+/-3.74%) and in the gingiva (23.00+/-1.40%) than in the epidermis (17.54+/-0.37%). 2. Immunohistochemical staining showed GLUT-1 protein in the skin to be expressed only in the bulge region of hair follicles and in the epidermal basal layer, and observed nearly throughout all epithelial cell layers in the oral mucosa. 3. PAS-positive cells were observed among differentiation-enhanced cells in the upper prickle layer in the oral mucosa. 4. The same results were obtained from RT-PCR and a Western blotting analysis. CONCLUSION: The present study demonstrated definite cytobiological evidence that the oral mucosa surpasses the skin in regard to its wound healing capacity.

    2009年06月05日, The Kobe journal of medical sciences, 55 (1), E5-E15, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shunsuke Sakakibara, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi, Shinya Tahara

    PURPOSE: Various autografts and synthetic materials such as titanium plates have been used for orbital floor reconstruction; however, no consensus on reconstruction methods has been reached. We have used iliac cancellous bone for this reconstruction with good results. PATIENTS AND METHODS: Patients (n = 101) enrolled in this study underwent orbital floor reconstruction of pure blowout fracture with an approximate 1 mm thinned and trimmed iliac cancellous bone without fixation of the graft. The results were assessed by CT; diplopia exceeding an angle of 45 degrees was evaluated as a poor outcome. RESULTS: Postoperatively, diplopia appeared in 15 patients and disappeared in 86 patients. At 6-month follow-up, CT showed that the morphology of the orbit was well maintained and no shedding or improper positioning of the grafted bone was observed in any of the patients. Moreover, CT images demonstrated ossification of the transplanted bone graft. CONCLUSIONS: The method encompassing the use of the medulla of the iliac bone has several merits: 1) the graft bone is sufficiently pliable and flexible to fit the gently curving orbital floor; 2) being soft, it is easy to cut. Furthermore, no complication attributable to its fragility is observed at short- and long-term follow-up. The 1 mm thin medullar bone graft derives its robustness from its beamed structure. We consider the medulla of the iliac bone fitting autosomal material for the reconstruction of the orbital floor.

    W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC, 2009年05月, Journal of oral and maxillofacial surgery : official journal of the American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, 67 (5), 957 - 61, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 手指壊疽に対するDistal Venous Arterializationの経験

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2008年12月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 21巻, 4号, pp. 438-442, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 関節リウマチに伴う下腿皮膚潰瘍の難治化の原因 合併症の観点からの検討

    寺師浩人, 田原真也

    2008年12月, 形成外科, 51巻, 12号, pp. 1463-1469, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 最終的にエキスパンダーにて修復した額部BCC

    寺師浩人, 田原真也

    2008年11月, Skin Cancer, 23巻, 2号, pp. 171-174, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 超音波照射が褥瘡に対して与える影響 single case実験法に基づいて

    寺師浩人

    2008年10月, 日本褥瘡学会誌, 10巻, 4号, pp. 507-512, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 由来上皮の異なる歯原性嚢胞裏装ケラチノサイトの細胞生物学的相違

    寺師浩人

    2008年09月, 日本口腔科学会雑誌, 57巻, 4号, pp. 491-492, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • エネルギー代謝からみた口腔粘膜創傷治癒における上皮化機構 口腔粘膜上皮のグルコース代謝・脂肪酸代謝と細胞分化との関係

    寺師浩人

    2008年09月, Journal of Oral Biosciences, 50巻, Suppl., pp. 140-140, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 寺師浩人, 長野徹, 田原真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2008年08月, 日本褥瘡学会誌, 10巻, 3号, pp. 431-431 (3), 431 - 431, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 寺師浩人, 長野徹, 田原真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2008年08月, 日本褥瘡学会誌, 10巻, 3号, pp. 431-431 (3), 431 - 431, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 寺師浩人

    (一社)日本褥瘡学会, 2008年08月, 日本褥瘡学会誌, 10巻, 3号, pp. 431-431 (3), 431 - 431, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 寺師浩人, 長野徹, 田原真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2008年08月, 日本褥瘡学会誌, 10巻, 3号, pp. 431-431 (3), 431 - 431, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 寺師浩人, 長野徹, 田原真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2008年08月, 日本褥瘡学会誌, 10巻, 3号, pp. 430-430 (3), 430 - 430, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 神戸大学病院における皮膚悪性腫瘍に対するリンパ節郭清術 腋窩

    長野徹, 寺師浩人

    2008年07月, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集24回, 巻, , pp. 165-165, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 神戸大学病院における皮膚悪性腫瘍に対するリンパ節郭清術 鼠径

    長野徹, 寺師浩人

    2008年07月, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集24回, 巻, , pp. 165-165, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 最終的にエキスパンダーにて修復した額部BCCの1例

    寺師浩人, 田原真也

    2008年07月, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集24回, 巻, , pp. 128-128, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 高齢者の頭部に生じた隆起性皮膚線維肉腫の1例

    寺師浩人, 田原真也

    2008年07月, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集24回, 巻, , pp. 139-139, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Wound bed preparationによる創傷管理と組織移植のタイミング 顎口腔領域慢性創傷の確実で正しい治癒をめざして

    古土井春吾, 寺師浩人

    2008年07月, 日本口腔科学会雑誌, 57巻, 3号, pp. 362-362, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 眉間部に発生したOsteolipomaの1例 発生起序を脂肪腫由来幹細胞の分化能の観点から推察

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    2008年06月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 24巻, 2号, pp. 102-102, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 頭頸部free flap連続200例を対象とした血栓形成危険因子の検討 メタボリックシンドロームは危険因子か?

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2008年06月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 21巻, 2号, pp. 189-190, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 先天性耳瘻管摘出術における瘻管染色の工夫

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2008年06月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 24巻, 2号, pp. 84-85, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 新鮮外傷の外来閉鎖療法実施におけるドレッシング材の問題点と工夫

    寺師浩人, 田原真也

    2008年06月, 臨床外科, 63巻, 6号, pp. 845-851, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 術後車椅子、自動車運転座席、便座における接触圧評価を行った坐骨部褥瘡の1症例

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    2008年06月, 日本褥瘡学会誌, 10巻, 2号, pp. 136-142, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 顔面神経-舌下神経クロスリンク手術(仮)は顔面病的共同運動に対する治療法となり得るか?

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2008年06月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 21巻, 2号, pp. 144-144, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 顔面に生じたSpitz母斑の2症例

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2008年06月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 24巻, 2号, pp. 104-105, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 顔面pseudolymphomaの一例

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2008年06月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 24巻, 2号, pp. 106-106, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 静脈奇形に対する硬化療法 術中透視下病変造影の重要性

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2008年05月, 形成外科, 51巻, 5号, pp. 555-560, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 神戸大学における悪性腫瘍切除後の遊離皮弁による頭蓋底一次再建

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2008年05月, 頭頸部癌, 34巻, 2号, pp. 153-153, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 各種フィルムドレッシング材の特徴に着目したドレッシング法

    寺師浩人, 田原真也

    2008年05月, 形成外科, 51巻, 5号, pp. 561-568, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Importance of skin perfusion pressure in treatment of critical limb ischemia.

    Yoriko Tsuji, Terashi Hiroto, Ikuro Kitano, Shinya Tahara, Daisuke Sugiyama

    UNLABELLED:  The authors studied whether skin perfusion pressure (SPP) measurements can be used to accurately predict wound healing in critical limb ischemia (CLI) and to select peripheral arterial reconstructive procedures. METHODS: Forty-seven patients (33 men and 14 women, age 36-83 years) with 69 ischemic limbs with foot ulcers or gangrene were studied retrospectively. Skin perfusion pressure was compared to the treatment outcomes (ulcers healed and ulcers that failed to heal). As a diagnostic test for CLI, the sensitivity, specificity, and the positive and the negative predictive values (PPV, NPV) of SPP measurement were calculated; the data was then analyzed by the receiver operation characteristic (ROC) curve. RESULTS: According to the ROC curve, the best SPP measurement performance was at 35 mmHg. CONCLUSION: Wound healing at the appropriate amputation level must be predicted to minimize invasive debridement. Skin perfusion pressure measurement is useful for predicting wound healing in the presence of CLI. Skin perfusion pressure ≥ 35 mmHg is requisite for wound healing; at SPP <35 mmHg, peripheral arterial reconstruction is necessary before debridement.

    H M P COMMUNICATIONS, 2008年04月, Wounds : a compendium of clinical research and practice, 20 (4), 95 - 100, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 糖尿病性足潰瘍治療の実践

    寺師浩人

    2008年04月, 日本ハンセン病学会雑誌, 77巻, 2号, pp. 100-100, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 異所性蒙古斑のレーザー治療後色素脱失に関する統計学的検討

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2008年04月, 日本レーザー医学会誌, 29巻, 1号, pp. 26-29, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 皮膚腫瘍、皮膚潰瘍に対する皮弁手術の適応/非適応

    寺師浩人

    2008年03月, 日本皮膚科学会雑誌, 118巻, 4号, pp. 613-613, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 神戸大学におけるケロイド切除後の電子線治療の方法と成績

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2008年03月, 瘢痕・ケロイド治療ジャーナル, 巻, 2号, pp. 103-106, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 順行性トレーサー法による舌下神経染色法

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2008年03月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 21巻, 1号, pp. 28-32, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • われわれの工夫 関節部難治性潰瘍に対するシーネ固定を併用した保存的治療の工夫

    寺師 浩人

    2008年03月, 形成外科, 51巻, 3号, pp. 340-343, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 重症虚血肢に対する血行再建術における皮膚灌流圧測定の意義

    寺師 浩人

    2008年02月, 日本血管外科学会雑誌, 17巻, 1号, pp. 1-6, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A. Ichinose, A. Fukunaga, H. Terashi, C. Nishigori, A. Tanemura, T. Nakajima, Y. Akishima-Fukasawa, Y. Ishikawa, T. Ishitt

    Background Mondor's disease (MD) is considered an inflammatory condition of superficial vasculitis that develops mainly in the anterolateral thoraco-abdominal wall. The pathogenesis of the disease has been controversial, however, because of the lack of histopathologic methods for differentiating between the small vein and the lymphatic vessel. Aim To objectively examine the origin of vascular lesions in MD, we investigated the endothelial cells of their blood and lymphatic vessels. Methods Immunohistochemical examinations were carried out on specimens involving vascular lesions from 16 patients with MD, using antibodies against von Willebrand factor and human lymphatic vessel endothelial hyaluronan receptor-1, which specifically discriminate between lymphatic and blood vessels. Results The histopathologic findings clearly showed thrombophlebitis in 14 patients, a lesion originating in the lymphatic vessel in one patient, and sclerosis that consisted of the artery together with veins in another. Conclusion This study suggests that almost all cases of MD are due to thrombophlebitis, with a small minority due to lymphangitis or other conditions. We believe this study will contribute to the better recognition of the factual changes in the condition designated MD.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2008年02月, JOURNAL OF THE EUROPEAN ACADEMY OF DERMATOLOGY AND VENEREOLOGY, 22 (2), 168 - 173, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 培養複合口腔粘膜移植と人工真皮移植の創傷治癒過程比較 ケラチノサイトが上皮下組織のbiological eventに与える影響

    寺師浩人

    2008年01月, 日本口腔科学会雑誌, 57巻, 1号, pp. 185-185, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 粘膜(基礎) 口腔内移植後の培養複合口腔粘膜上皮の細胞膜構成脂肪酸変化

    寺師浩人

    2008年01月, 日本口腔科学会雑誌, 57巻, 1号, pp. 125-125, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 粘膜(基礎) エネルギー代謝からみた口腔粘膜創傷治癒における上皮化機構 口腔粘膜上皮のグルコース代謝・脂肪酸代謝と細胞分化との関係

    寺師浩人

    2008年01月, 日本口腔科学会雑誌, 57巻, 1号, pp. 124-124, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 東洋人における上眼瞼挙筋腱膜長に関する屍体を用いた解剖学的検討

    寺師 浩人

    2008年01月, 日本形成外科学会会誌, 28巻, 1号, pp. 9-12, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 血管奇形硬化療法における術中シミュレーション 静脈奇形症例についての検討

    寺師 浩人

    2008年01月, 日本シミュレーション外科学会会誌, 15巻, 4号, pp. 91-94, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 陰茎・亀頭に生じた分離母斑の1例

    長野徹, 寺師浩人

    2008年01月, 日本皮膚科学会雑誌, 118巻, 1号, pp. 85-86, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 甲状腺眼症の下眼瞼後退に対する耳介軟骨移植の経験 Comprehensive lid interlining cartilage(CLIC)法

    寺師 浩人

    2007年12月, 形成外科, 50巻, 12号, pp. 1447-1453, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 口腔内に移植した遊離前腕皮弁に対するレーザー脱毛の経験

    寺師 浩人

    2007年11月, 日本形成外科学会会誌, 27巻, 11号, pp. 770-773, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Miki Fujii, Hiroto Terashi, Kazunobu Hashikawa, Tadashi Nomura, Makoto Omori, Shinya Tahara

    BLACKWELL PUBLISHING, 2007年11月, Dermatologic surgery : official publication for American Society for Dermatologic Surgery [et al.], 33 (11), 1368 - 73, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Tadashi Nomura, Hiroto Terashi, Makoto Omori, Atsushi Sakurai, Takeru Sunagawa, Masumi Hasegawa, Shinya Tahara

    Hypertrophic scars (HS) are a consequence of abnormal wound healing. We examined fatty acids that are contained within, and participate in, every reaction through the membrane; then, we analyzed the percentage composition of the fatty acids in deepithelialized normal dermis (ND) and HS. In vivo HS samples were obtained from six patients undergoing surgical excision, and ND samples from five patients undergoing skin grafting surgery for excess. In vitro, cultured fibroblasts from HS and ND were also analyzed. The percentage composition of fatty acids extracted from all the samples was analyzed. In vivo, arachidonic acid (20:4) was significantly more abundant in HS than in ND, in the phospholipids from both whole tissue and cell membranes. In vitro, there were no significant differences among ND, HS, and 10% fetal calf serum. The results suggest that HS formation does not necessarily involve simple excess of 20:4; however, there are considerable differences in the percentage composition of 20:4 between ND and HS. Arachidonic acid probably participates in the formation and maintenance of HS, whereas in vitro cultured fibroblasts are affected largely by fetal calf serum.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2007年11月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 15 (6), 833 - 837, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ドレッシング材における超音波周波数による透過率への影響

    杉元 雅晴, 嶋田 智明, 寺師 浩人, 佐浦 隆一, 安藤 嘉子, 荻原 信夫

    ドレッシング材の上から超音波を照射できれば、湿潤環境を保持したままの状況で超音波療法が実施可能となる。そこで、適切な超音波照射条件(周波数・出力強度)を設定するため、褥瘡の閉鎖療法に使用される各種ドレッシング材の超音波透過率を周波数別に測定した。その結果、1)ハイドロジェル材の超音波透過率は周波数1MHzで90%、3MHzで88.1%で最も透過率が高かった。2)フィルムドレッシング材は周波数1MHzで73.4〜81.7%、3MHzで70.0〜75.3%で顕著な相違はなかった。3)ハイドロコロイドドレッシング材は周波数1MHzで0〜71.3%、3MHzで0 〜40.2%で、製品による相違がかなり認められた。4)親水性ポリウレタンフォームやハイドロポリマー材は超音波を透過しなかった。また、ガーゼや不織布も超音波を透過しなかった。

    (一社)日本褥瘡学会, 2007年10月, 日本褥瘡学会誌, 9 (4), 508 - 514, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • One-stage lip-switch flapによる下口唇再建法

    寺師 浩人

    2007年09月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 23巻, 3号, pp. 217-225, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Atsushi Sakurai, Kazunobu Hashikawa, Satoshi Yokoo, Hiroto Terashi, Shinya Tahara

    BLACKWELL PUBLISHING, 2007年08月, Dermatologic surgery : official publication for American Society for Dermatologic Surgery [et al.], 33 (8), 976 - 9, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 当科におけるケロイド・肥厚性瘢痕の治療転帰についての検討

    寺師 浩人

    2007年05月, 瘢痕・ケロイド治療ジャーナル, 巻, 1号, pp. 66-69, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 血管奇形硬化療法における術中透視下病変造影の重要性 静脈奇形症例の検討

    寺師 浩人, 田原 真也

    2007年04月, 日本形成外科学会会誌, 27巻, 4号, pp. 346-346, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 基底細胞癌の神経浸潤 臨床的見地からの考察

    寺師 浩人, 田原 真也

    2007年04月, 日本形成外科学会会誌, 27巻, 4号, pp. 347-347, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • PRPは凍結脂肪由来未分化間葉系幹細胞の増殖・分化を促進する

    寺師 浩人

    2007年04月, 日本形成外科学会会誌, 27巻, 4号, pp. 283-290, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 皮膚灌流圧(SPP)による創傷マネジメントのもとハイブリッド治療が奏効したDM PAD(Peripheral Arterial Disease)による足部虚血性潰瘍の1例

    寺師浩人, 田原真也

    2007年03月, 日本形成外科学会会誌, 27巻, 3号, pp. 268-268, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 熱傷瘢痕より発生した基底細胞癌の1例

    寺師 浩人

    2007年03月, Skin Cancer, 21巻, 3号, pp. 298-301, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 多発肝転移を来した臀部メルケル細胞癌の1例

    山田陽三, 長野徹, 錦織千佳子, 寺師浩人

    2007年03月, Skin Cancer, 21巻, 3号, pp. 314-317, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 若い女性に生じたBednar腫瘍の1例

    寺師 浩人

    2007年03月, Skin Cancer, 21巻, 3号, pp. 302-305, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 顔面の全層欠損に対する再建戦略 Step-Surgery Concept

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2007年03月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 20巻, 1号, pp. 46-53, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 眼窩下壁ブローアウト骨折の手術治療までの期間と手術成績

    寺師浩人, 田原真也

    2007年03月, 日本形成外科学会会誌, 27巻, 3号, pp. 267-267, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 下口唇癌切除後一期的再建法としての遊離複合移植術と一期的Abbe法

    寺師浩人, 田原真也

    2007年03月, 日本形成外科学会会誌, 27巻, 3号, pp. 269-269, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiromi Hanayama, Hiroto Terashi, Kazunobu Hashikawa, Shinya Tahara

    There have been few reports about the characteristics of the pigmentary arrangement of congenital melanocytic nevi (CMN) and nevus spilus (NS). Though the lines of Blaschko, which don't correspond to other lines such as Langer's lines and skin dermatomes, are well known to be followed by some rare pigmentary disorders, the relationship between these two disorders and the lines of Blaschko has not been discussed. Therefore, through an examination of 200 cases, we investigated whether or not the arrangement of CMN and NS follow the lines of Blaschko. Thirty-nine out of 92 cases (42.4%) of CMN and 67 out of 108 cases (62.0%) of NS were considered to follow the lines of Blaschko. Today, the idea is widely accepted that two functionally different cells proliferate during early embryogenesis of the skin which is caused from mosaicism and, as a result, the lines of Blaschko appear visually. In our results, we found that there were some cases of CMN and NS which showed a relationship with the lines of Blaschko, which is meaningful considering that the lesions and the lines are both related to pigmentary gene anomalies. The result was compared with CMN and NS by the chi(2) test. NS showed a predominant tendency to follow the lines with a significant difference (P = 0.0055). This may indicate that the lines of Blaschko reflect more clearly the proliferation of the epidermal cells than other cells in growth of the skin of the embryo. Further studies are required to elucidate the reason why some cases follow these lines and others do not.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2007年03月, The Journal of dermatology, 34 (3), 159 - 63, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Clinical and histopathological analysis of healing process of intraoral reconstruction with ex vivo produced oral mucosa equivalent.

    Takeshi Hotta, Satoshi Yokoo, Hiroto Terashi, Takahide Komori

    We fabricated ex vivo produced oral mucosa equivalent (EVPOME) from patients' oral mucosal keratinocytes without using animal-derived serum or feeder layer cells. To confirm the clinical benefits of 1) early initiation of epithelialization, 2) a short period until complete healing and 3) negligible scar contracture, the mechanism of wound healing after EVPOME transplantation for oral mucosal defects was analyzed histopathologically. Transplantation was performed on 15 patients (eight men and seven women; aged between 51 and 76 years, mean, 66.6 years). Two patients had squamous cell carcinoma of the tongue, nine had leukoplakia (four in the tongue only, two in the gingiva only, one in the buccal mucosa, and two in two or more areas), and four had hypoplasia in the alveolar ridge. The mean interval between punch-biopsy for the fabrication of EVPOME and its transplantation for the reconstruction of oral mucosal defects was 28.5 days, by which time EVPOME with a mean size of 6.5 cm(2) and a cell count of 8.6 x 10 5-plex th; could be obtained. The underlying disease, past history, and smoking history of the patients did not constitute negative factors for EVPOME fabrication. About 10 days after transplantation, EVPOME began uniting with the surrounding epithelium. The mean duration required for the wound to be completely covered (28.2 days) was much shorter than after transplantation of only an acellular allogenic dermal matrix (AlloDerm), and showed only slight scar formation, similar to that observed after artificial dermis (Terdermis) transplantation. Presence of laminin-1, 5 and type IV collagen in the basement membrane of EVPOME was confirmed, and the arrangement and positioning of keratinocytes were preserved during the degradation of perlecan and anchoring fibrils (type VII collagen) for remodeling, i.e., the period of the most active remodeling of EVPOME transplantation. Only a few fibroblasts were observed in the lamina propria during this period, suggesting that keratinocyte-derived cytokines, rather than fibroblast-derived cytokines, play an important role in the early stages of mucosal wound healing after EVPOME transplantation. The efficacy of EVPOME is associated with closely related to the presence of the keratinocyte-derived system and the usefulness of AlloDerm that sustains keratinocytes.

    2007年, The Kobe journal of medical sciences, 53 (1-2), 1 - 14, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Clinical and histopathological analysis of healing process of intraoral reconstruction with ex vivo produced oral mucosa equivalent

    Terashi H, Komori T

    2007年, The Kobe Journal Of Medical Sciences, Vol. 53, No. 1, pp. 1-14, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 遊離前腕皮弁に対するレーザー脱毛

    寺師浩人, 田原真也

    2007年01月, 日本レーザー医学会誌, 27巻, 4号, pp. 358-358, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 培養複合口腔粘膜の上皮細胞におけるhuman β-defensinの発現

    寺師浩人

    2007年01月, 日本口腔科学会雑誌, 56巻, 1号, pp. 167-168, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 異所性蒙古斑のレーザー治療後色素脱失症例に関する検討

    寺師浩人, 田原真也

    2007年01月, 日本レーザー医学会誌, 27巻, 4号, pp. 354-354, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Wound bed preparationによる創傷管理と組織移植のタイミング 顎口腔領域慢性創傷の確実で正しい治癒をめざして

    古土井春吾, 寺師浩人, 田原真也

    2007年01月, 日本口腔科学会雑誌, 56巻, 1号, pp. 167-167, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Miki Fujii, Hiroto Terashi, Kazunobu Hashikawa, Shinya Tahara

    BACKGROUND: In patients with perianal extramammary Paget's disease, wide local excision is recommended. In the reconstruction of the resulting large defects not only the closure of the defect but also the preservation of anogenital function need to be considered. METHODS: We used bilateral V-Y advancement posterior thigh fasciocutaneous flaps for reconstructing three large anogenital defects, including the total anal canal, resulting from wide local excisions attributed to extramammary Paget's disease. A temporary anus was constructed at the same time to allow the wound of the reconstructed anus to heal. After the surgery, the course of bowel function was followed up through interviews and manometric examinations. RESULTS: All defects were successfully reconstructed with the flaps, and bowel function recovered satisfactorily. Manometric examinations were carried out in two cases; anal pressures were recorded regularly and used as parameters of the recovery of bowel function before closing the artificial anus. Eventually, the patients recovered the function of defecation. CONCLUSIONS: We recommend the bilateral V-Y advancement posterior thigh fasciocutaneous flaps together with manometric studies as one of the most effective techniques for managing large anogenital defects. The use of sensate flaps, the restoration of original structures and manometric studies are conducive to successful outcomes.

    ELSEVIER SCI LTD, 2007年, Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS, 60 (11), 1208 - 13, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 慢性関節リウマチに伴う難治性皮膚潰瘍

    寺師浩人

    2006年12月, 日本創傷治癒学会第36回プログラム・抄録集, pp. 49-49, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 皮膚灌流圧(SPP)による創傷マネジメントのもとハイブリッド治療が奏功した重症虚血肢10例の経験

    寺師浩人

    2006年12月, 日本創傷治癒学会第36回プログラム・抄録集, pp. 47-47, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 培養複合口腔粘膜の上皮細胞におけるhuman beta-defensinの発現 移植ケラチノサイトの経時的防御能獲得機構

    寺師浩人

    2006年12月, 日本口腔粘膜学会雑誌, 12巻, 2号, pp. 106-106, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 培養複合口腔粘膜の移植後における基底膜のremodelingと防御能獲得機構

    寺師浩人

    2006年12月, 日本創傷治癒学会第36回プログラム・抄録集, pp. 59-59, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 二分脊椎症患者の褥瘡 その病態とわれわれの治療

    寺師浩人

    2006年12月, 日本創傷治癒学会第36回プログラム・抄録集, pp. 56-56, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 大腿部皮下動注リザーバー露出に対し、局所皮弁術にてカテーテルを温存し継続使用できた2症例

    寺師浩人

    2006年12月, 日本創傷治癒学会第36回プログラム・抄録集, pp. 79-79, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 各種フィルムドレッシング材の特徴に着目したドレッシング法

    寺師浩人

    2006年12月, 日本創傷治癒学会第36回プログラム・抄録集, pp. 53-53, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • エネルギー代謝からみた口腔粘膜創傷治癒における上皮化機構

    寺師浩人

    2006年12月, 日本口腔粘膜学会雑誌, 12巻, 2号, pp. 106-106, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 順行性Distally based Perforator Medial Plantar flapによる前足部荷重部の再建

    寺師浩人, 田原真也

    2006年11月, 日本形成外科学会会誌, 26巻, 11号, pp. 742-745, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Intravascular Papillary Endothelial Hyperplasia(pure form)の3症例

    寺師浩人

    2006年11月, 日本形成外科学会会誌, 26巻, 11号, pp. 746-751, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 仙骨部褥瘡に対する外科的療法の適応基準化と周術期管理方法に関する一考察 神戸大学形成外科専門医アンケート調査

    寺師浩人, 橋川和信

    2006年10月, 日本褥瘡学会誌, 8巻, 4号, pp. 560-565, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 口腔癌の新しい治療戦略 培養複合口腔粘膜の臨床応用

    寺師浩人, 古森孝英

    2006年10月, 頭頸部癌, 32巻, 3号, pp. 281-285, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 培養複合口腔粘膜移植におけるkeratinocyte-derived systemとneuro-mucosal system

    寺師浩人

    2006年09月, 日本口腔外科学会雑誌, 52巻, Suppl., pp. 116-116, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 嚢胞裏装ケラチノサイトの分化と防御機構における由来上皮間比較

    寺師浩人

    2006年09月, 日本口腔外科学会雑誌, 52巻, Suppl., pp. 111-111, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 外傷性涙小管断裂の10例

    寺師浩人, 橋川和信

    2006年09月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 22巻, 3号, pp. 203-208, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • エネルギー代謝からみた口腔粘膜創傷治癒における上皮化機構

    寺師浩人

    2006年09月, 日本口腔外科学会雑誌, 52巻, Suppl., pp. 144-144, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 褥瘡対策へのコラボレーション 褥瘡急性期のコラボレーション 当院における褥瘡手術周術期のコラボレーション

    寺師浩人

    2006年08月, 日本褥瘡学会誌, 8巻, 3号, pp. 339-339, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 臀部皮膚温変化のサーモグラフィーによる検討-周術期臀部皮膚障害に関与する因子の一考察

    寺師浩人

    2006年08月, 日本褥瘡学会誌, 8巻, 3号, pp. 471-471, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 半透過性フィルムドレッシング材のみによる周術期創部管理法

    寺師浩人

    2006年08月, 日本褥瘡学会誌, 8巻, 3号, pp. 507-507, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 体温保持機能を有した手術用エアマットレスによる低温熱傷の一例

    寺師浩人

    2006年08月, 日本褥瘡学会誌, 8巻, 3号, pp. 485-485, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 術後ケアの重要性を再認識させられた治療の経験

    寺師浩人

    2006年08月, 日本褥瘡学会誌, 8巻, 3号, pp. 486-486, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 何故,褥瘡は上皮化が遅延するのか

    寺師浩人

    2006年08月, 日本褥瘡学会誌, 8巻, 3号, pp. 393-393, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 褥瘡管理における他院との連携 情報提供に処置方法の写真付き図表を用いた工夫

    寺師浩人

    2006年06月, 日本褥瘡学会誌, 8巻, 2号, pp. 212-215, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 前頭骨海綿状血管腫の1例

    寺師浩人

    2006年06月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 22巻, 2号, pp. 120-121, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 仙骨部褥瘡に対するrhomboid perforator flapの経験

    橋川和信, 寺師浩人

    2006年06月, 日本褥瘡学会誌, 8巻, 2号, pp. 208-211, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 治癒までに長期間を要した精神疾患患者の仙骨部褥瘡の1例

    寺師浩人

    2006年06月, 日本褥瘡学会誌, 8巻, 2号, pp. 235-235, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 顔面再建に対するわれわれの戦略 整容的二次手術の母床としての遊離皮弁移植

    寺師浩人

    2006年06月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 19巻, 2号, pp. 259-259, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 眼瞼・眼窩・義眼床の再建 義眼装着患者の3主徴とわれわれの治療戦略

    寺師浩人

    2006年06月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 22巻, 2号, pp. 79-80, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • マスクにより耳介にケロイドおよび切痕を生じた2症例

    寺師浩人

    2006年06月, 日本褥瘡学会誌, 8巻, 2号, pp. 232-233, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Myxofibrosarcomaの1例

    寺師浩人, 一瀬晃洋

    2006年06月, Skin Cancer, 21巻, 1号, pp. 62-66, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Liposarcomaが疑われたSpindle cell lipomaの1例

    寺師浩人, 長野徹, 堀川達弥

    2006年06月, Skin Cancer, 21巻, 1号, pp. 71-76, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Impure typeブローアウト骨折における眼窩底の取り扱いについての検討

    寺師浩人

    2006年06月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 22巻, 2号, pp. 101-101, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 順行性Distally based perforator medial plantar flapの使用経験

    寺師浩人

    2006年05月, 日本形成外科学会会誌, 26巻, 5号, pp. 356-356, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 口腔癌の新しい治療戦略 培養複合口腔粘膜の臨床応用(文部科学省高度先進医療開発経費B) 口腔癌治療への新しい治療戦略

    寺師浩人

    2006年05月, 頭頸部癌, 32巻, 2号, pp. 121-121, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 形成外科に学ぶ頭頸部領域の基本手技 切除側・再建側,徹底討論 神戸大学における遊離前腕皮弁移植の基本戦略

    寺師浩人

    2006年05月, 頭頸部癌, 32巻, 2号, pp. 106-106, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Kazunobu Hashikawa, Shinya Tahara, Haruhiko Ishida, Satoshi Yokoo, Toshiaki Sanno, Hiroto Terashi, Ken-ichi Nibu

    BACKGROUND: Reconstruction of eye globe-sparing total maxillectomy defects is one of the major challenges to reconstructive surgeons. In 1994, the authors developed an uncomplicated and easy reconstructive method, where a titanium mesh is applied for the support of orbital contents, a radial forearm free flap for covering the mesh and the cheek lining, and an obturator prosthesis for palatal and dental rehabilitation. METHODS: Five patients who underwent primary reconstruction with the authors' method after globe-sparing maxillectomy with loss of the orbital floor from 1994 to 1999 and who were followed up for more than 5 years were retrospectively reviewed for (1) the presence of diplopia, (2) the shape of the reconstructed orbital floor assessed by coronal section magnetic resonance imaging, and (3) the presence of infection/exposure of the titanium mesh. RESULTS: Only one of the five patients developed slight diplopia. Coronal magnetic resonance imaging showed that the orbital floor restored with titanium mesh had in all cases maintained a proper shape and position for more than 5 years. No infection or exposure of the titanium mesh had developed in any of the cases, despite exposure to irradiation of not less than 30 Gy. All the patients had well-retentive obturator prostheses. CONCLUSION: This long-term follow-up study demonstrated that the authors' method attained a long-lasting successful outcome functionally and is the method of choice for reconstruction after globe-sparing total maxillectomy.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2006年03月, Plastic and reconstructive surgery, 117 (3), 963 - 7, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shoko Arakawa, Yutaka Hatano, Kazumoto Katagiri, Hiroto Terashi, Sakuhei Fujiwara

    The modulatory effects of ultraviolet B (UVB) irradiation on cutaneous inflammatory responses are well known but their mechanism remains obscure. It has been proposed that regulated upon activation normal T-cell expressed and secreted protein (RANTES), which is one of the chemokines produced by epidermal keratinocytes, might play an important role in the pathogenesis of cutaneous inflammatory disorders, such as atopic dermatitis and psoriasis vulgaris. This study was designed to determine whether UVB irradiation could affect the production of RANTES that is induced in cultured normal human epidermal keratinocytes upon stimulation by inflammatory cytokines. We measured levels of the transcript of the gene for RANTES in cultured keratinocytes and of RANTES itself in culture supernatants by semiquantitative reverse transcription and the polymerase chain reaction and by an enzyme-linked immunosorbant assay (ELISA), respectively. Neither the transcript nor RANTES itself was detected without prior stimulation of cells by tumor necrosis factor alpha (TNF-alpha) and/or interferon gamma (IFN-gamma) and production of RANTES was not induced by UVB (100 J/m2) irradiation alone. Cells were irradiated with UVB just before addition of TNF-alpha and IFN-gamma to the medium and then cells and culture supernatants were harvested 12, 24, and 36 h later. In both irradiated and non-irradiated cells, RANTES mRNA was first detected at 12 h and the level increased subsequently. RANTES itself was detected at 24 h, with a higher level at 36 h. At all time points examined, UVB irradiation inhibited the production of RANTES mRNA and of the protein itself. These results suggest that suppression of the production of RANTES by epidermal keratinocytes might be involved in the modulatory effects of UVB irradiation on cutaneous inflammation.

    SPRINGER, 2006年02月, Archives of dermatological research, 297 (8), 377 - 80, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 病態よりみた難治性下腿潰瘍の診断と治療:感染性下腿潰瘍とは

    てらし ひろと

    2006年, 形成外科, 49:181-192, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 形成外科における画像診断:下肢血行障害の画像診断

    てらし ひろと

    2006年, 形成外科, 49:17-23, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 前頭骨海綿状血管腫の1例

    寺師浩人

    2006年01月, 日本形成外科学会会誌, 26巻, 1号, pp. 50-50, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 義眼装着患者の3主徴とわれわれの治療戦略

    寺師浩人

    2006年01月, 日本形成外科学会会誌, 26巻, 1号, pp. 50-50, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • VAC(Vaccum assisted closure)を用いて治癒し得た膝蓋骨骨折術後広範囲軟部組織欠損の1例

    川上洋平, 三輪雅彦, 酒井良忠, 深澤高広, 大江啓介, 黒坂昌弘, 宮村卓, 寺師浩人, 田原真也

    2006年01月, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49巻, 1号, pp.189-189, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • メシル酸ガベキサート(FOY)による医原性潰瘍の4症例

    小熊孝, 柳英之, 杉本庸, 川勝基久, 福田奈津恵, 寺師浩人, 田原真也

    2005年12月, 形成外科, 48巻, 12号, pp.1337-1342, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroto Terashi, Kenji Izumi, Mustafa Deveci, Lenore M Rhodes, Cynthia L Marcelo

    In order to more clarify the delayed wound healing in diabetes mellitus, we cultured the human epidermal keratinocytes in both 6 mM (control group) and 12 mM glucose (high-glucose group) of "complete" MCDB 153 medium. Hyperglycaemia slowed the rate of their proliferation and inhibited their DNA synthesis and the production of total proteins. By 1 month after primary seeding in high-glucose group, the cells ceased their proliferation, whereas the cells in control group grew for more than 40 days. Mean population doublings in high-glucose group was 5.27 (vs. 7.25 in control, P = 0.001), and mean population doubling time during 1 month in high glucose group was 5.43 days (vs. 3.65 days in control, P = 0.02). They indicate that prolonged exposure to high glucose decreases the replicative life span of human epidermal keratinocytes in vitro. Furthermore, analysis of fatty acid contents in membrane phospholipids with thin-layer and gas chromatography showed no difference between the cultured keratinocytes in both conditions. Immunocytochemical staining of glucose transporter 1 shows that 28.1% of cells in high-glucose group were almost twice positive of those in control group (13.2%, P = 0.008). The mechanism of the ill effects of high glucose on epidermal keratinocytes is not so far clear, but it indicates the possibility of any direct effect of hyperglycaemia on glucose metabolism without changing lipid metabolism on cell membrane. The high-glucose group presented in this report can be available as an in vitro valuable study model of skin epidermal condition on diabetes mellitus.

    2005年12月, International wound journal, 2 (4), 298 - 304, 英語, 国際誌, 国際共著している

    研究論文(学術雑誌)

  • 外鼻基底細胞癌100症例の必要切除深度に応じた部位別再建術式の選択

    寺師浩人, 橋川和信, 野村正, 田原真也, 倉田荘太郎

    2005年09月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 21巻, 3号, pp.203-212, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 冬眠腫の1例

    宮村卓, 寺師浩人, 牧口貴哉, 丹生健一, 田原真也

    2005年08月, 日本形成外科学会会誌, 25巻, 8号, pp.532-536, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 体圧分布測定装置(FSA)を用いた看護師を対象とした院内教育

    野口 まどか, 安藤 嘉子, 宮村 卓, 辻 依子, 長野 徹, 寺師 浩人

    (一社)日本褥瘡学会, 2005年08月, 日本褥瘡学会誌, 7 (3), 518 - 518, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 創傷被覆材の超音波透過率に関する研究

    杉元 雅晴, 佐浦 隆一, 寺師 浩人, 安藤 嘉子, 荻原 信夫

    (一社)日本褥瘡学会, 2005年08月, 日本褥瘡学会誌, 7 (3), 555 - 555, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 重症虚血肢の診断・治療におけるレーザードップPV2000の有用性 Skin Perfusion Pressure(SPP,皮膚灌流圧)測定の意義について

    寺師浩人, 北野育郎, 辻依子, 櫻井敦, 司尾和紀, 脇田昇, RinoieChugo

    2005年08月, 形成外科, 48巻, 8号, pp.901-909, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 二分脊椎患者の足部褥瘡

    寺師浩人, 北野育郎, 辻依子, 櫻井敦, 野口まどか

    2005年06月, 日本褥瘡学会誌, 7巻, 2号, pp.195-198, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 粉瘤より生じたmorphea-like BCCの1例

    野々村秀明, 寺師浩人, 辻依子, 大守誠, 増田節夫, 佐藤誠, 田原真也

    2005年05月, Skin Cancer, 20巻, 1号, pp.39-42, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Interleukin-4 suppresses the enhancement of ceramide synthesis and cutaneous permeability barrier functions induced by tumor necrosis factor-alpha and interferon-gamma in human epidermis.

    Yutaka Hatano, Hiroto Terashi, Shoko Arakawa, Kazumoto Katagiri

    Ceramide is an integral part of the extracellular lipid bilayer of the stratum corneum (SC) that forms the permeability barrier of the skin. The production of SC ceramides is catalyzed by sphingomyelinase (SMase) and glucocerebrosidase (GCase). Acid-ceramidase (acid-CDase) catalyzes the hydrolysis of ceramide in the SC. We examined the effects of T helper (Th)1 and Th2 cytokines on levels of transcripts of genes for acid-CDase, acid-SMase, and GCase, on levels of ceramide, and on the extent of transepidermal water loss (TEWL) in the human epidermis in an effort to determine whether these cytokines affect the permeability barrier functions. Levels of transcripts for acid-SMase and GCase and the amount of ceramide in human epidermal sheets were enhanced by tumor necrosis factor (TNF)-alpha and interferon (IFN)-gamma and these effects were inhibited in the presence of interleukin (IL)-4. In epidermal keratinocytes cultured under submerged conditions, however, no similar inhibitory effects of IL-4 were observed. Consistent with these results, TEWL was suppressed by TNF-alpha and IFN-gamma, and these effects were also inhibited by IL-4. The balance between Th1 and Th2 might affect the construction and/or the repair of the epidermal permeability barrier via regulation of the production of ceramide.

    2005年04月, The Journal of investigative dermatology, 124 (4), 786 - 92, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazunobu Hashikawa, Shinya Tahara, Minoru Nakahara, Toshiaki Sanno, Hirofumi Hanagaki, Yoriko Tsuji, Hiroto Terashi

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2005年03月, Plastic and reconstructive surgery, 115 (3), 880 - 4, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazunobu Hashikawa, Shinya Tahara, Hiroto Terashi, Akihiro Ichinose, Tadashi Nomura, Makoto Omori, Toshiaki Sanno

    The restoration of velopharyngeal function after extensive soft palate resection to treat malignant oropharyngeal tumors is a major challenge to reconstructive surgeons. The authors had previously reconstructed soft palatal defects routinely with the folded forearm flap. A patient who had more than half of the soft palate excised experienced postoperative velopharyngeal dysfunction. To restore efficient velopharyngeal function, pharyngoplasty was additively applied where the folded ridge of the forearm flap was sutured to the posterior pharyngeal wall in an inverse manner of the pharyngeal flap technique. The essence of the procedure was positive narrowing of the nasopharyngeal space. Five patients who underwent this pharyngoplasty and another five who did not were evaluated for postoperative functions of speech intelligibility and of nasal regurgitation during oral feeding. The velopharyngeal movements of all patients were examined under a nasopharyngeal endoscope. The evaluations demonstrated that this surgical procedure afforded satisfactory results. This positive narrowing pharyngoplasty technique is simple, easy, and minimally invasive to the remaining healthy tissue, and it is the method of choice for the reconstruction of the soft palate after malignant tumor resection.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2005年02月, Plastic and reconstructive surgery, 115 (2), 388 - 93, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Aesthetic lip-chin splitting incisions for oral and oropharyngeal surgery

    Yokoo S, Furudoi S, Minamikawa T, Shibuya Y, Umeda M, Komori T, Terashi H

    2005年, The Asian journal of oral and maxillofacial surgery, Vol. 17, No. 1, pp. 179-182, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 美容目的で受けた体内注入物(ポリアクリルアミドハイドロジェル)による合併症例

    杉本庸, 華山博美, 一瀬晃洋, 寺師浩人, 田原真也

    2004年12月, 日本形成外科学会会誌, 24巻, 12号, pp. 799-803, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Vacuum-Assisted Closure療法が有用であった消化管瘻孔の一例

    安藤 嘉子, 野口 まどか, 宮村 卓, 寺師 浩人, 上田 隆

    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会, 2004年12月, 日本ストーマリハビリテーション学会誌, 20 (3), 86 - 86, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A case of rheumatoid nodulosis successfully treated with surgery.

    Yoshitaka Kai, Saburo Anzai, Hiromi Shibuya, Sakuhei Fujiwara, Susumu Takayasu, Yuji Asada, Hiroto Terashi

    We report the case of a 76 year-old male with multiple subcutaneous nodules, but without joint symptoms or deformities, who was diagnosed histopathologically with rheumatoid nodulosis after resection of the nodules. Rheumatoid nodulosis is a disease characterized by multiple subcutaneous nodules that are histopathologically similar to rheumatoid nodules, a high titer of rheumatoid factor, and radiologically detectable cystic bone lesions, but with none or few of the systemic manifestations orjoint activity of rheumatoid arthritis (RA). It is considered to be a benign variant of RA. This rare disease must be considered when a case of multiple subcutaneous nodules is encountered, even in aged males withoutjoint symptoms or deformities.

    2004年11月, The Journal of dermatology, 31 (11), 910 - 5, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 特殊病態下の創傷治癒 Wound Bed Preparation(WBP)の一方法としてのVaccum-Assisted Closure(V.A.C.)

    辻依子, 寺師浩人, 北野育郎, 宮村卓, 柳英之, 田原真也

    2004年11月, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, pp. 31-31, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 創傷ケアーセンターにおける褥瘡の治療について

    寺師浩人

    2004年10月, 日本褥瘡学会誌, 6巻, 4号, pp. 559-566, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 精神科疾患と褥瘡の発生(その2)

    辻依子, 寺師浩人, 野口まどか

    2004年10月, 日本褥瘡学会誌, 6巻, 4号, pp. 643-646, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 外陰部悪性黒色腫の治療経験

    野村正, 寺師浩人, 田原真也, 上田正登, 高井利浩, 鄭柄貴, 松永亜紀子, 山上奈生

    2004年10月, Skin Cancer, 19巻, 2号, pp. 233-237, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 褥瘡患者の便失禁に対する多孔性ポリウレタン素材肛門用装具(コンビーンアナルプラグ)の使用経験

    野口 まどか, 安藤 嘉子, 寺師 浩人, 辻 依子, 宮村 卓, 野村 正, 長野 徹, 高井 利浩, 田原 真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2004年08月, 日本褥瘡学会誌, 6 (3), 417 - 417, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 放射線治療により創傷治癒が遅延した臀部褥瘡の一例

    安藤 嘉子, 野口 まどか, 寺師 浩人, 柳 英之, 辻 依子, 宮村 卓, 野村 正, 長野 徹, 高井 利浩, 田原 真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2004年08月, 日本褥瘡学会誌, 6 (3), 430 - 430, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 二分脊椎患者の足部褥瘡

    寺師浩人, 北野育郎, 辻依子, 野口まどか

    2004年08月, 日本褥瘡学会誌, 6巻, 3号, pp. 371-371, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 低出力超音波照射による皮膚線維芽細胞のプロスタグランディンE2産生への影響

    佐浦隆一, 寺師浩人

    2004年08月, 日本褥瘡学会誌, 6巻, 3号, pp. 445-445, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 仙骨部褥瘡に対するPerforator Based Rhomboid Flapの経験

    藤井 美樹, 寺師 浩人, 橋川 和信, 宮村 卓, 野口 まどか, 辻 依子, 安藤 嘉子, 長野 徹, 高井 利浩, 田原 真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2004年08月, 日本褥瘡学会誌, 6 (3), 337 - 337, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 新生児の体圧分布測定

    辻依子, 寺師浩人, 野口まどか, 宮村卓

    2004年08月, 日本褥瘡学会誌, 6巻, 3号, pp. 445-445, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 圧分布測定システム(FSA,VERG社製)を用いた座位における車椅子用体圧分散クッションの客観的評価

    宮村 卓, 寺師 浩人, 野口 まどか, 辻 依子, 安藤 嘉子, 長野 徹, 高井 利浩, 野村 正, 田原 真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2004年08月, 日本褥瘡学会誌, 6 (3), 434 - 434, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 同一の大胸筋皮弁にて2回の再建を施行した頬部未分化癌の1例 内側胸筋神経温存の有用性

    馬殿逸子, 横尾聡, 南川勉, 古土井春吾, 梅田正博, 古森孝英, 野村正, 寺師浩人, 丹生健一

    2004年07月, 日本口腔科学会雑誌, 53巻, 3号, pp. 143-143, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Takeshi Morisawa, Mariko Yagi, Agus Surono, Naoki Yokoyama, Makoto Ohmori, Hiroto Terashi, Masafumi Matsuo

    Oral-facial-digital syndrome type 1 (OFD1) is an X-linked dominant disease characterized by malformations of the face, oral cavity, and digits. Thus far, 18 small mutations in the OFD1 gene have been reported. Here, we describe, in one Japanese sporadic female OFD1 case, the presence of a novel pair of deletion mutations: a 4,094-bp deletion encompassing exon 7 to intron 9, and a 14-bp deletion in intron 9, both of which are present in her paternal X-chromosome. The first deletion, the largest known to affect OFD1, was revealed by identifying four novel transcripts that all lacked exons 7-9. The most likely cause of the double deletion is two unequal recombinations between homologous sequences. Identification of the 4,094-bp deletion was made possible only by analyzing OFD1 mRNA, underscoring the utility of mRNA analysis in the mutational analysis of OFD1.

    SPRINGER, 2004年07月, Human genetics, 115 (2), 97 - 103, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Clinical report カデックス軟膏による化学損傷とその予防と対策

    寺師浩人, 高井利浩, 野口まどか, 辻依子

    2004年07月, 医薬の門, 44巻, 3号, pp. 272-275, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 遊離皮弁移植により下腿切断を回避し得た症例

    野村正, 大守誠, 辻依子, 宮村卓, 一瀬晃洋, 寺師浩人, 田原真也, 牧口貴哉, 小西和人

    2004年06月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 17巻, 2号, pp. 187-187, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ヨウ素・カデキソマー軟膏による褥瘡皮膚への着色

    高井利浩, 野口まどか, 長野徹, 辻依子, 宮村卓, 寺師浩人

    2004年06月, 日本褥瘡学会誌, 6巻, 2号, pp. 176-179, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ホームページ開設と電子メール相談の現状

    杉本庸, 橋川和信, 一瀬晃洋, 寺師浩人, 田原真也

    2004年04月, 日本形成外科学会会誌, 24巻, 4号, pp. 226-230, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Reestablished circulation after free radial forearm flap transfer.

    Akihiro Ichinose, Shinya Tahara, Hiroto Terashi, Satoshi Yokoo

    New circulation in the free flap reestablished at the recipient site is the key to successful microvascular reconstructive surgery. This study is the first evaluation of long-term circulatory changes in nine free radial forearm flap transfers. Postoperatively, color Doppler studies revealed that the flow volume through the arterial pedicle increased rapidly during the first 3 days, gradually increased until day 14 (exceeding flow volume through the facial artery of the unoperated contralateral side), then decreased slightly until the sixth month. The pulsatility index, representing vascular resistance downstream, decreased successively. Ohm's law explains that this flow increase is caused by reduced vascular resistance downstream, attributed to changes in the vascularity of the transferred flap and in the recipient bed. The authors believe the circulatory changes are determinants of the clinical properties of the flap. This study addresses the importance of clarifying the events that transpire at the macroscopic circulatory level in the transferred free flap.

    THIEME MEDICAL PUBL INC, 2004年04月, Journal of reconstructive microsurgery, 20 (3), 207 - 13, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 頸部hibernomaの1例

    宮村卓, 寺師浩人, 牧田貴哉, 田原真也

    2004年03月, 日本形成外科学会会誌, 24巻, 3号, pp. 206-206, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 当科ホームページのメール相談における分析

    杉本庸, 一瀬晃洋, 寺師浩人, 田原真也, 最所裕司

    2004年03月, 日本形成外科学会会誌, 24巻, 3号, pp. 215-215, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ペーシングワイヤー残存による胸骨骨髄炎の1例

    成瀬栄美, 辻依子, 柳英之, 野村正, 寺師浩人, 田原真也, 最所裕司, 吉龍澄子

    2004年03月, 日本形成外科学会会誌, 24巻, 3号, pp. 214-214, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 鼻部基底細胞癌の治療戦略

    寺師浩人, 田原真也, 倉田荘太郎, 藤原作平, 高安進

    2004年02月, Skin Cancer, 18巻, 3号, pp. 278-289, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 口.顔.指症候群1型(OFD1)遺伝子異常を同定できた1女児例

    森沢猛, 八木麻理子, 寺師浩人, 松尾雅文

    2004年02月, 日本小児科学会雑誌, 108巻, 2号, pp. 150-150, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Akihiro Ichinose, Hiroto Terashi, Minoru Nakahara, Isao Sugimoto, Kazunobu Hashikawa, Tadashi Nomura, Nobutaka Ogata, Satoshi Yokoo, Shinya Tahara

    Whether or not multiple venous anastomoses reduce the risk of free-flap failure is a subject of controversy. We report here, for the first time, on the importance of selecting 2 separate venous systems of the flap for dual anastomoses. The efficacy of multiple anastomoses was verified through a retrospective review of 310 cases of the free radial forearm flap transfer. Dual anastomoses of separate venous systems (the superficial and the deep) showed a lower incidence of venous insufficiency than single anastomosis did (0.7% versus 7.5%; P < 0.05). On the other hand, dual anastomoses of a sole venous system showed no significant difference in the incidence of venous insufficiency compared with single anastomosis (11.5% versus 7.5%; P = 0.48). Our results suggest that dual venous anastomoses of separate venous systems is conducive to reduced risk of flap failure and affords protection against venous catastrophe through a self-compensating mechanism that obviates thrombosis of either anastomosis.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2004年01月, Annals of plastic surgery, 52 (1), 61 - 3, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 当科におけるVacuum Assisted Closure(VAC)症例の検討

    宮村卓, 寺師浩人, 柳英之, 辻依子, 野村正, 野々村秀明, 田原真也

    2003年12月, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, pp. 52-52, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 合併症 ストーマ周囲肉芽腫に対し硬化療法が有効であった一事例

    野口 まどか, 安藤 嘉子, 野村 正, 寺師 浩人, 生田 肇

    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会, 2003年12月, 日本ストーマリハビリテーション学会誌, 19 (3), 105 - 105, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Low intensity pulsed ultrasound exposure increases prostaglandin E2 release in human dermal fibroblasts

    Saura R, Terashi H, Lee S, Iwatsubo A, Ando Y, Noguchi M, Hirata S, Ishikawa H

    2003年12月, Bulletin Of Health Sciences Kobe, Vol. 19, No. 1, pp. 121-128, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Churg-Strauss syndrome (CSS) manifested as necrosis of fingers and toes and liver infarction.

    Yuichiro Otani, Saburo Anzai, Hiromi Shibuya, Sakuhei Fujiwara, Susumu Takayasu, Yuji Asada, Hiroto Terashi, Masahisa Takuma, Shigeo Yokoyama

    We report a case of Churg-Strauss syndrome (CSS) with necrosis of the fingers and toes and liver infarction. A 59-year-old man with asthma suddenly noticed that his fingers and toes felt unusually cold. This condition worsened progressively, and some digits became necrotic within several weeks. Laboratory studies revealed hypereosinophilia and an extremely elevated serum level of IgE. Digital subtraction angiography of the extremities revealed extensive irregular narrowing of small and medium-sized arteries in the extremities. Abdominal computed tomography (CT) revealed an area of low density at the periphery of the right lobe of the liver. Angiography revealed irregular narrowing of small arteries that corresponded to the ischemic area. A nerve conduction study suggested sensory nerve neuropathy. The preceding asthma, acute onset of digital necrosis, liver infarction, neuropathy, and hypereosinophilia strongly suggested a diagnosis of CSS. The patient was treated with 40 mg of prednisolone and 120 micro g of intravenous prostaglandin E1 daily, and all the digits that had turned black and necrotic were amputated. After the amputation, the dose of prednisolone was gradually reduced, and no new lesions appeared on the skin or in the liver. The rare possible complications of CSS, including necrosis of digits and liver infarction, should not be ignored.

    JAPANESE DERMATOLGICAL ASSOC, 2003年11月, The Journal of dermatology, 30 (11), 810 - 5, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroto Terashi, Shinya Tahara, Hiromi Shibuya, Yasuhiro Sumino, Kenichi Hirai, Hitoshi Ohno, Hiromitsu Mimata, Yoshio Nomura

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2003年09月15日, Plastic and reconstructive surgery, 112 (4), 1049 - 53, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 当科における頭部再建症例の検討

    緒方慶隆, 田原真也, 寺師浩人, 中原実, 杉本庸, 一瀬晃洋, 大守誠, 野村正, 柳英之

    2003年09月, 日本形成外科学会会誌, 23巻, 9号, pp. 603-604, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 大分県における皮膚癌検診

    寺師浩人

    2003年09月, 日本皮膚科学会雑誌, 113巻, 10号, pp. 1553-1560, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 精神疾患患者の褥瘡について(その2)

    辻 依子, 寺師 浩人, 野口 まどか, 野村 正, 柳 英之, 安藤 嘉子, 宮村 卓, 長野 徹, 高井 利浩, 田原 真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2003年08月, 日本褥瘡学会誌, 5 (2), 377 - 377, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 圧分布測定システム(FSA,VERG社製)を用いた体圧分散寝具の客観的評価

    宮村 卓, 寺師 浩人, 野村 正, 野口 まどか, 辻 依子, 柳 英之, 安藤 嘉子, 長野 徹, 高井 利浩, 田原 真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2003年08月, 日本褥瘡学会誌, 5 (2), 360 - 360, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ベッドサイドのテレビの位置移動が褥瘡治癒に影響した1例の検討

    安藤 嘉子, 田村 由美, 佐浦 隆一, 野口 まどか, 寺師 浩人, 野村 正, 辻 依子, 柳 英之, 宮村 卓, 田原 真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2003年08月, 日本褥瘡学会誌, 5 (2), 376 - 376, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • カデックス軟膏による皮膚への障害についての検討

    高井 利浩, 寺師 浩人, 辻 依子, 長野 徹, 野口 まどか, 安藤 嘉子, 柳 英之, 野村 正, 宮村 卓, 田原 真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2003年08月, 日本褥瘡学会誌, 5 (2), 310 - 310, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • SLEと化膿性脊椎炎を合併した仙骨部褥瘡患者に対し多職種合同カンファレンスを行い褥瘡縮小に至った1例

    野口 まどか, 寺師 浩人, 柳 英之, 辻 依子, 宮村 卓, 佐浦 隆一, 安藤 嘉子, 野村 正, 中原 実, 田原 真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2003年08月, 日本褥瘡学会誌, 5 (2), 314 - 314, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 熱傷後の脱色素斑に対する治療 Thin-minigraftingを用いて

    大守誠, 寺師浩人, 野村正, 牧口貴哉, 成瀬栄美, 田原真也, 塚本金作

    2003年06月, 日本熱傷学会機関誌, 29巻, 2号, pp. 117-117, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 乳び尿症に対するリンパ管及びリンパ節・静脈吻合術

    寺師浩人, 田原貴也, 澁谷博美, 住野泰弘, 平井健一, 大野仁, 三股浩光, 野村芳雄

    2003年06月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 16巻, 2号, pp. 190-190, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • より安全性の高い遊離前腕皮弁の還流方法

    一瀬晃洋, 田原真也, 寺師浩人, 中原実, 橋川和信, 大守誠, 野村正, 緒方慶隆, 辻依子, 柳英之

    2003年06月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 16巻, 2号, pp. 127-127, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 当科における頭蓋部再建症例の検討

    緒方慶隆, 田原真也, 寺師浩人, 中原実, 大守誠, 野村正, 柳英之

    2003年04月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 19巻, 1号, pp. 17-17, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 診断に難渋した顔面Low-grade fibromyxoid sarcomaの1例

    野村正, 寺師浩人, 大守誠, 小熊孝, 田原真也

    2003年04月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 19巻, 1号, pp. 45-45, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Vacuum-Assisted Closureによる開胸術後縦隔炎2症例の治療経験

    柳英之, 寺師浩人, 田原真也

    2003年04月, 日本形成外科学会会誌, 23巻, 4, pp. 246-249, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Satoshi Yokoo, Shinya Tahara, Atsushi Sakurai, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi, Syungo Furudoi, Masahiro Umeda, Takahide Komori

    We describe a very rare case of midface fracture where the zygomatic bone had been completely avulsed. The fragment was preserved in a frozen state for 40 days, then replanted and the graft was taken. The conditions favourable for the taking of the freeze-preserved zygomatic graft were: (1) an appropriate preservation method, (2) conservation of the periosteum on the zygomatic bone, (3) diversity of the haemodynamics of the zygomatic membranous bone, (4) immobilization of the zygoma by rigid fixation, and (5) a rich blood supply at the recipient site.

    CHURCHILL LIVINGSTONE, 2003年04月, Journal of cranio-maxillo-facial surgery : official publication of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery, 31 (2), 115 - 9, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Short-term postoperative flow changes after free radial forearm flap transfer: possible cause of vascular occlusion.

    Akihiro Ichinose, Shinya Tahara, Hiroto Terashi, Tadashi Nomura, Makoto Omori

    The risk for free flap thrombosis is greatly influenced by blood flow. Postoperative hemodynamic changes in vascular pedicles of the microvascular skin flap have not been reported, however. This study focuses on the intraoperative and postoperative changes in the flow volume in the vascular pedicles of the free forearm flap examined by color Doppler ultrasonography. The arterial flow volume increased continuously until day 7, compared with which, the volume after flap elevation was 36%. On day 1, it reached only 52%. In the venous pedicle, the flow volume through the cutaneous vein was only 37% compared with that through the radial vena comitans after flap elevation, whereas the volume through both veins was equal on day 7. Drastic changes in the flow explain the possible vascular occlusion during the early postoperative period in the free forearm flap transfer.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2003年02月, Annals of plastic surgery, 50 (2), 160 - 4, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Evaluation of transplanted tissue-engineered oral mucosa equivalents in severe combined immunodeficient mice.

    Kenji Izumi, Stephen E Feinberg, Hiroto Terashi, Cynthia L Marcelo

    The aim of this study was to determine the optimal stage of development at which transplant human ex vivo-produced oral mucosa equivalents (EVPOMEs) in vivo. EVPOMEs were generated in a serum-free culture system, without the use of an irradiated xenogeneic feeder layer, by seeding human oral keratinocytes onto a human cadaveric dermal equivalent, AlloDerm. EVPOMEs were cultured for 4 days submerged and then for 7 or 14 days at an air-liquid interface to initiate stratification before transplantation into SCID mice. AlloDerm, without epithelium, was used as a control. Mice were killed on days 3, 10, and 21 posttransplantation. Epithelium of the transplanted EVPOMEs was evaluated with the differentiation marker keratin 10/13. Dermal microvessel ingrowth was determined by immunohistochemistry with a mouse vascular marker, lectin binding from Triticum vulgaris. The presence and stratification of the epithelium were correlated with revascularization of the underlying dermis. The microvessel density of AlloDerm without epithelium was less than that of EVPOMEs with an epithelial layer. Microvessel density of the dermis varied directly with the degree of epithelial stratification of the EVPOMEs. The EVPOMEs cultured at an air-liquid interface for 7 days had the optimal balance of neoangiogenesis and epithelial differentiation necessary for in vivo grafting.

    MARY ANN LIEBERT INC PUBL, 2003年02月, Tissue engineering, 9 (1), 163 - 74, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 熱傷後脱色素斑に対する治療ーThin minigraftingを用いてー

    大守誠, 寺師浩人, 野村正, 牧口貴哉, 成瀬栄美, 田原真也

    2003年, 日本熱傷学会機関誌, 29巻, pp. 63-63, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 精神科疾患と褥瘡の発生ー一人の精神疾患患者を通してー

    寺師浩人, 野口まどか, 柳英之, 野村正, 巽妙子, 佐浦隆一, 田原真也

    2003年, 日本褥瘡学会誌, 5巻, pp. 33-36, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 右大転子部皮下腫瘤として発症したメルケル細胞癌

    佐藤俊宏, 梅木努, 後藤瑞生, 安西三郎, 寺師浩人, 加藤愛子, 藤原作平

    2003年, Skin Cancer, 18巻, pp. 17-21, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Indications for vascularized free rectus abdominis musculocutaneous flap in oromandibular region in terms of efficiency of anterior rectus sheath.

    Satoshi Yokoo, Takahide Komori, Syungo Furudoi, Yasuyuki Shibuya, Masahiro Umeda, Akihiro Ichinose, Tadashi Nomura, Hiroto Terashi, Shinya Tahara, Ken-Ichi Nibu

    The anterior rectus sheath, efficacious in reconstructive surgery, is used in oromandibular reconstruction with the free rectus abdominis musculocutaneous flap. This study describes reconstruction with this sheath in 20 patients: to preserve only the swallowing function in 10 patients (formation of the bulge of the reconstructed oral floor and prevention of its sinking); to preserve both swallowing and articulation in 5 patients (formation of the bulge of the reconstructed tongue and prevention of its sinking, concurrent with a money-pouch-like reconstruction of the tongue, laryngeal suspension, and neuroanastomosis); and to prevent exposure of the reconstruction plate, replacing the resected mandibular continuity in 5 patients. The purpose of reconstruction was achieved in all patients. The vascularized free rectus abdominis musculocutaneous flap with a firm anterior rectus sheath may be the first choice for these types of reconstruction.

    2003年, Microsurgery, 23 (2), 96 - 102, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akihiro Ichinose, Shinya Tahara, Hiroto Terashi, Satoshi Yokoo, Minoru Nakahara, Kazunobu Hashikawa, Kazutaka Kenmoku

    The free radial forearm flap has two drainage veins, the cutaneous and the deep, but no established consensus has been reached on the selection of the drainage pedicle. In our study, the flow volumes of the veins were examined by colour Doppler ultrasonography after 20 forearm flaps had been raised. The volume through the deep vein was significantly higher than that through the cutaneous vein (p < 0.01). In comparing the total flow (both veins open), the flow rate through the deep vein alone (cutaneous vein occluded) was over 80% in 13 cases, 60%-80% in seven, and under 60% in none; that through the cutaneous vein alone (deep vein occluded) was 60%-80% in eight, 40%-60% in eight, under 40% in four, and over 80% in none. Our results show the importance of the deep vein, as indicated by its high drainage capacity from the early stages of flap transfer.

    TAYLOR & FRANCIS AS, 2003年, Scandinavian journal of plastic and reconstructive surgery and hand surgery, 37 (3), 145 - 9, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 巨大皮膚欠損症例に対するVacuum-Assisted Closureによる治療経験

    寺師浩人, 一瀬晃洋, 田原真也

    2003年01月, 日本形成外科学会会誌, 23巻, 1号, pp. 45-50, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Adequate depth of excision for basal cell carcinoma of the nose.

    Hiroto Terashi, Sotaro Kurata, Hiroyuki Hashimoto, Yuji Asada, Hiromi Shibuya, Sakuhei Fujiwara, Susumu Takayasu

    2002年02月, Annals of plastic surgery, 48 (2), 214 - 6, 英語, 国際誌

  • Extended V-Y flap: Patient reports and reconsideration

    H Terashi, S Kurata, H Hashimoto, T Tadokoro, Y Miura, H Sato, Y Matsuo

    The extended V-Y flap, a modified V-Y advancement flap, is very useful in closing relatively large defects on the face. Its extension limb is hinged down as a transposition flap on the end of the V-Y advancement flap to close the most distal portion of the defect, We applied this flap in closing a defect following excision of skin tumors on the face with excellent cosmetic results in II patients, However, this flap tended to make a distortion at the base of the flap in the primary closure site. By drawing figures, we concluded that the distortion was due to the characteristic of this technique as a V-Y advancement-rotation flap or V-Y advancement flap with rotation.

    LIPPINCOTT-RAVEN PUBL, 1997年02月, ANNALS OF PLASTIC SURGERY, 38 (2), 147 - 150, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • RECONSTRUCTION OF THE DISTAL FOOT DORSUM WITH A DISTALLY BASED EXTENSOR DIGITORUM BREVIS MUSCLE FLAP

    S KURATA, H HASHIMOTO, H TERASHI, T HONDA, S TAKAYASU

    We have successfully applied a reverse flow island flap of extensor digitorum brevis muscle for coverage of tissue defects in the distal portion of the foot dorsum in 2 patients. This flap covered the metatarsophalangeal ama well with cadaver limb dissection and seems useful to cover the defect in the distal foot dorsum.

    LITTLE BROWN CO, 1992年07月, ANNALS OF PLASTIC SURGERY, 29 (1), 76 - 79, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tatsuya Matsuda, Norihiko Ohura, Koji Mineta, Mami Ho, I Kaku, Kensuke Ishii, Madoka Inoue, Shigeru Ichioka, Rica Tanaka, Atsuhiko Kawamoto, Hiroto Terashi, Kazuo Kishi, Yoko Kobayashi

    In consultation with academia and the Pharmaceuticals and Medical Devices Agency (PMDA), we have developed guidance for drafting protocols for clinical trials concerning medical devices for the healing of hard-to-heal wounds without ischaemia. The guidance summarises the validity of single-arm trials for hard-to-heal wounds, the definition of hard-to-heal wounds without ischaemia, methods of patient enrolment and clinical endpoints. This review focuses on the logical thinking process that was used when establishing the guidance for improving the efficiency of clinical trials concerning medical devices for hard-to-heal wounds. We particularly focused on the feasibility of conducting single-arm trials and also tried to clarify the definition of hard-to-heal wounds. If the feasibility of randomised control trials is low, conducting single-arm trials should be considered for the benefit of patients. In addition, hard-to-heal wounds were defined as meeting the following two conditions: wounds with a wound area reduction <50% at four weeks despite appropriate standards of care; and wounds which cannot be closed by a relatively simple procedure (for example, suture, skin graft and small flaps). Medical devices for hard-to-heal wound healing are classified into two types: (1) devices for promoting re-epithelialisation; and (2) devices for improving the wound bed. For medical devices for promoting re-epithelialisation, we suggest setting complete wound closure, percent wound area reduction or distance moved by the wound edge as the primary endpoint in single-arm trials for hard-to-heal wounds. For medical devices for improving the wound bed, we suggest setting the period in which wounds can be closed by secondary intention or a simple procedure, such as the primary endpoint.

    Mark Allen Group, 2021年08月02日, Journal of Wound Care, 30 (8), 666 - 676

    研究論文(学術雑誌)

  • Noriaki Maeshige, Mikiko Uemura, Yoshikazu Hirasawa, Yoshiyuki Yoshikawa, Maiki Moriguchi, Nobuhide Kawabe, Miki Fujii, Hiroto Terashi, Hidemi Fujino

    High plantar pressure is a risk factor for diabetic foot ulcers, and it is known that restriction of ankle dorsiflexion range of motion (ROM) causes high plantar pressure. Stretching is a non-invasive and general means to improve ROM; however, the effect of stretching on the ROM and plantar pressure has not been clarified in patients with diabetes mellitus. We aimed to study the effects of intermittent weight-bearing stretching on ankle dorsiflexion ROM and plantar pressure during gait in patients with diabetes mellitus. Seven patients with diabetes mellitus participated, and their triceps surae was stretched using weight-bearing stretching with a stretch board. Five minutes of stretching was performed 4 times with a rest interval of 30 s. Ankle dorsiflexion ROM was measured with the knee flexed and extended. Peak pressure and pressure-time integral during gait were measured and calculated for the rearfoot, midfoot, forefoot, and total plantar surface before and after stretching. Ankle dorsiflexion ROM with the knee extended or bent increased significantly after stretching (P < .05). Peak pressure and the pressure-time integral decreased significantly, especially in the forefoot (P < .01), and these also decreased significantly in the total plantar surface (P < .05). The duration of foot-flat decreased after stretching (P < .05). Weight-bearing stretching improved ankle dorsiflexion ROM and reduced plantar pressure during gait. These results suggest that weight-bearing calf stretching may be an effective means to prevent and treat diabetic foot ulcers.

    2021年07月13日, The international journal of lower extremity wounds, 15347346211031318 - 15347346211031318, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 開頭術後に生じた頭部皮膚潰瘍に対する当科の治療方針

    高須 啓之, 八木 献, 久本 沙和, 倉本 康世, 榎本 格, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    (一社)日本マイクロサージャリー学会, 2019年11月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 46回, 200 - 200, 日本語

  • 野口 まどか, 木下 幸子, 孟 真, 寺師 浩人

    (一社)日本褥瘡学会, 2019年07月, 日本褥瘡学会誌, 21 (3), 248 - 248, 日本語

  • 兵庫県下での下肢末梢動脈疾患指導加算に関するアンケート調査

    野口 まどか, 矢倉 文, 河野 圭志, 藤森 明, 吉矢 邦彦, 山本 貴敏, 荒川 俊雄, 永井 博之, 米本 佐代子, 藤井 直彦, 藤井 秀毅, 石井 洋治, 齋藤 雅文, 寺師 浩人, 平林 俊明

    日本下肢救済・足病学会, 2019年06月, 日本下肢救済・足病学会誌, 11 (2), 143 - 143, 日本語

  • ストレッチングと電気刺激療法の併用が糖尿病患者における歩行時の足底圧異常に対して与える是正効果

    前重 伯壮, 守口 舞輝, 藤井 美樹, 金沢 星慶, 吉川 義之, 北村 和也, 奥野 史也, 細見 雅史, 原 賢太, 寺師 浩人, 藤野 英己

    日本下肢救済・足病学会, 2019年06月, 日本下肢救済・足病学会誌, 11 (2), 146 - 146, 日本語

  • 血行再建後のリハビリテーションはどうあるべきか 血行再建の効果共有に向けた歩行の標準化指標の構築

    山下 和彦, 吉原 正宣, 河辺 信秀, 林 久恵, 大塚 未来子, 前重 伯壮, 山端 志保, 寺師 浩人

    日本下肢救済・足病学会, 2018年07月, 日本下肢救済・足病学会誌, 10 (2), 134 - 134, 日本語

  • 河辺 信秀, 高島 千敬, 大平 吉夫, 岡本 敬之, 前重 伯壮, 林 久恵, 寺師 浩人

    下肢慢性創傷の予防・リハビリテーション研究会は、多職種連携による下肢慢性創傷のリハビリテーションに関する教育・啓発、臨床研究の推進を目的として発足した。教育・啓発活動として理学療法士、作業療法士、義肢装具士の各リハビリテーション関連職種を対象として、日本下肢救済・足病学会学術集会におけるサテライト研究会としてこれまで3回の研究会開催、各関連職種の学会・団体におけるシンポジウム、講演、研修会の開催を行ってきた。これらの教育・啓発活動を通して、下肢救済の診療に従事するセラピストのみならず、今後参画を予定しているセラピストへの情報発信も行っている。研究活動としては、厚生労働科学研究に参画する機会が得られ、その成果を研究会で共有しながら課題の探索を続けている。以上のように、下肢慢性創傷患者に対するリハビリテーションの普及、研究を推進する活動を多職種連携の下、継続的に行っている。(著者抄録)

    日本下肢救済・足病学会, 2017年09月, 日本下肢救済・足病学会誌, 9 (3), 175 - 184, 日本語

  • 菊池 守, 大浦 紀彦, 古川 雅英, 松本 健吾, 早稲田 明生, 藤井 美樹, 黒川 正人, 寺師 浩人, 市岡 滋, 上村 哲司, 辻 依子, 倉地 功, 木下 幹雄, 寺部 雄太, 田中 康仁, 谷口 晃, 富村 奈津子, 横田 和典, 泉 有紀

    Total Contact Castは足病変に対して入院を要さず,外来通院しながら施行可能な免荷治療であり,歩行中の足底圧や剪断力を軽減させる.われわれは糖尿病や下肢末梢動脈疾患,維持透析患者の難治性足病変に対してTCC治療の効果や合併症,コストを明らかにするため,4週間以上の標準的な治療で治癒しえない潰瘍をもつ患者に対してTCCを施行した55例(男性36例,女性19例,平均年齢58.2±11.7歳)を対象とした多施設共同前向きレジストリー研究を行った.42例(76.4%)で良好な結果が得られ,4週で26例(47.3%),8週で33例(60%),12週で42例(74.5%),16週で43例(76.4%)が治癒もしくは十分な改善となった.有害事象により治療の中止にいたったのは4例(7.3%)であった.日本における足部難治性潰瘍の治療においてTCCは効果・安全性ともに高いことが示された.

    日本下肢救済・足病学会, 2017年, 日本下肢救済・足病学会誌, 9 (3), 188 - 197, 日本語

  • Craniofacial surgeryがもたらした機能と整容の革命 顔面修復外科の興趣 正常解剖と術後変化を考慮した顔面の"Oncoplastic Surgery" 腫瘍切除後の口唇再建

    牧口 貴哉, 横尾 聡, 中村 英玄, 辻本 賢樹, 橋川 和信, 寺師 浩人

    (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会, 2016年10月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 32 (3), 170 - 170, 日本語

  • 4D-CTによる下顎再建術後患者の咀嚼の観察

    明石 昌也, 橋川 和信, 渋谷 恭之, 寺師 浩人, 古森 孝英

    (一社)日本頭頸部癌学会, 2016年05月, 頭頸部癌, 42 (2), 147 - 147, 日本語

  • 歯科インプラント埋入のためのデンタルCTを用いた移植腓骨の形態評価

    明石 昌也, 橋川 和信, 鰐渕 聡, 楠元 順哉, 長谷川 巧実, 南川 勉, 寺師 浩人, 古森 孝英

    (一社)日本頭頸部癌学会, 2016年05月, 頭頸部癌, 42 (2), 147 - 147, 日本語

  • 口角を含む頬部全層欠損再建の治療戦略 口角の正常解剖と術後変化を考慮して

    牧口 貴哉, 横尾 聡, 中村 英玄, 清水 崇寛, 小川 将, 高山 優, 橋川 和信, 寺師 浩人

    (一社)日本頭頸部癌学会, 2016年05月, 頭頸部癌, 42 (2), 188 - 188, 日本語

  • エキスパンダー被覆法の選択 PIT fall(落とし穴)conceptを用いて

    牧口 貴哉, 堀口 淳, 高他 大輔, 長岡 りん, 六反田 奈和, 佐藤 亜矢子, 時庭 英彰, 樋口 徹, 内田 紗弥香, 坪井 美樹, 菊池 麻美, 中村 英玄, 横尾 聡, 寺師 浩人, 竹吉 泉

    (一社)日本乳癌学会, 2015年07月, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 23回, 310 - 310, 日本語

  • 下肢慢性創傷の予防・リハビリテーション研究会の活動報告

    河辺 信秀, 林 久恵, 久保 雅昭, 大塚 未来子, 山端 志保, 田中 秀和, 前重 伯壮, 寺師 浩人

    (公社)日本理学療法士協会, 2015年04月, 理学療法学, 42 (Suppl.2), P3 - 0885, 日本語

  • 遊離腓骨皮弁移植におけるMR Angiographyと超音波検査による下肢血管解剖の術前評価

    楠元 順哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 明石 昌也, 榊原 晶子

    (一社)日本形成外科学会, 2014年11月, 日本形成外科学会会誌, 34 (11), 852 - 853, 日本語

  • 放射線誘発癌が疑われた口腔癌に対する遊離皮弁再建

    明石 昌也, 橋川 和信, 寺師 浩人

    (一社)日本形成外科学会, 2014年03月, 日本形成外科学会会誌, 34 (3), 238 - 238, 日本語

  • 乳房温存術後高度変形に対する自家組織二期再建戦略 アンケート調査とStep-surgery Conceptを用いて

    牧口 貴哉, 堀口 淳, 高他 大輔, 六反田 奈和, 長岡 りん, 佐藤 亜矢子, 時庭 英彰, 内田 沙弥香, 常田 祐子, 横尾 聡, 菊池 麻美, 竹吉 泉, 寺師 浩人, 奥村 興

    (一社)日本乳癌学会, 2013年06月, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 21回, 426 - 426, 日本語

  • 広頸筋皮弁と頸部島状皮弁の口腔再建における適応と問題点

    横尾 聡, 高山 優, 牧口 貴哉, 宮崎 英隆, 古森 孝英, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    (一社)日本頭頸部癌学会, 2012年05月, 頭頸部癌, 38 (2), 196 - 196, 日本語

  • 顎口腔領域の広範囲欠損に対する遊離腹直筋皮弁と遊離腓骨皮弁によるdouble free flap reconstruction

    牧口 貴哉, 宮崎 英隆, 小川 将, 高山 優, 橋川 和信, 寺師 浩人, 古森 孝英, 田原 真也, 横尾 聡

    (一社)日本頭頸部癌学会, 2012年05月, 頭頸部癌, 38 (2), 198 - 198, 日本語

  • 石田 泰久, 辻 依子, 森脇 綾, 北野 育郎, 寺師 浩人

    重症下肢虚血に対するtransmetatarsal amputation(TMA)の際われわれは末梢血流維持のため中足骨部の貫通枝を温存するmodified TMAを行う.しかしこの術式でも創治癒遅延,組織壊死が生じることがある.これを検討するため当院で血行再建術後にmodified TMAを行い,その術前後に皮膚灌流圧(SPP)を測定することができた患者11名のSPP値変化を調べた.Modified TMA後に足底,足背のどちらもSPPが上昇したのは3例,どちらもSPPが低下したのは3例,いずれか一方のSPPが低下したのは4例だった.どちらも低下する症例は再建血管が狭窄もしくは閉塞して創治癒遅延した.いずれか一方で低下する原因に中足骨部の貫通枝閉塞が関与していると考えられ,2例で治癒遷延,高位での切断が行われた.Modified TMAで貫通枝の閉塞をいかに予防するかが今後の課題である.

    日本下肢救済・足病学会, 2012年, 日本下肢救済・足病学会誌, 4 (3), 169 - 172, 日本語

  • 辻 依子, 石田 泰久, 中山 真紀, 寺師 浩人, 田原 真也

    CLI (重症下肢虚血 : critical limb ischemia) では, 血行再建術を行い十分に局所への血流を改善させたにもかかわらず, 足部切断後に断端部の創治癒遅延や壊死拡大を認めることがある。血行再建術によって増強し得た血流が, 手術侵襲自体により低下したことが一因であると考えられる。手術侵襲による局所血流の低下を防ぐために, われわれは横断的中足骨切断術 (TMA : transmetatarsal amputation) を行う際, 足背動脈と外側足底動脈の arterial-arterial connection が存在する中足骨間の軟部組織をできるかぎり温存する modified TMA を施行している。末梢血行循環を維持できるため, 原法の TMA と比較し切断後の創治癒率は 95% と高率である。また, TMA 後の歩行維持率は 86% であり, 歩行機能の維持が可能であった。

    Japan Society for Surgical Wound Care, 2012年, 創傷, 3 (3), 117 - 122, 日本語

  • 牧口 貴哉, 橋川 和信, 宮崎 英隆, 根岸 明秀, 寺師 浩人, 丹生 健一, 田原 真也, 横尾 聡

    北関東医学会, 2011年08月, The Kitakanto Medical Journal, 61 (3), 462 - 462, 日本語

  • 牧口 貴哉, 寺師 浩人

    <プライマリ・ケアにおけるポイント>末梢動脈閉塞性疾患に伴う下肢・足趾潰瘍の治療を行う際には、適切な血行評価を行い、まず保存的加療で治癒が可能かどうかの判断を行う。しかし、保存的加療や患肢温存のみに固執すると治療期間や安静期間が長期にわたる。その結果、長期間の処置と疼痛、感染リスクを伴い、さらには歩行機能の低下を伴う。切断創治癒レベルを早期に見極めて、歩行機能を温存した早期切断術を選択することも必要である。切断術の際は潰瘍を治癒することだけに注視せず、術後の歩行維持率が高くなるような血行再建術と手術術式を選択することが大切である。(著者抄録)

    (株)南山堂, 2011年04月, 治療, 93 (4), 666 - 670, 日本語

  • 田村 亮介, 牧口 貴哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    40歳男性。患者は仙骨部の隆起性皮疹を主訴に、他院生検にて有棘細胞癌と診断され、著者らの施設へ紹介となった。受診時、仙骨部にサイズ12×5cm、深さ3.5cmの潰瘍形成がみられ、CTでは仙骨・尾骨浸潤像、左右鼠径部リンパ節腫脹をが認められた。以上より、有棘細胞癌と診断され、皮膚悪性腫瘍切除をはじめ右鼠径部リンパ節郭清、左鼠径部リンパ節生検、仙尾骨切除が行われた。更にあわせて仙尾骨・皮膚全層欠損部には両側hatchet型大臀筋皮弁による再建術が施行された。その結果、病理組織学的に骨浸潤はみられず、切除断端は陰性で、鼠径部リンパ節は右側で転移所見を認められたものの、左側には転移所見はなかった。目下、術後8ヵ月経過で骨盤の不安定性は認めず、日常生活に支障はみられていない。

    (一社)日本形成外科学会, 2011年01月, 日本形成外科学会会誌, 31 (1), 43 - 46, 日本語

  • 仙尾骨・皮膚全層欠損の治療経験

    田村 亮介, 橋川 和信, 牧口 貴哉, 寺師 浩人, 田原 真也

    (一社)日本形成外科学会, 2010年11月, 日本形成外科学会会誌, 30 (11), 634 - 634, 日本語

  • 梶田 智, 寺師 浩人, 成瀬 栄美, 片岡 千恵子, 牧口 貴哉, 野口 まどか, 杉元 雅晴, 辻 剛, 辻 依子, 櫻井 敦, 田原 真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2009年08月, 日本褥瘡学会誌, 11 (3), 290 - 290, 日本語

  • 頭頸部腫瘍切除後の二次再建 頭頸部腫瘍切除後の二次的義眼床形成再建手術 治療戦略と問題点

    橋川 和信, 牧口 貴哉, 一瀬 晃洋, 寺師 浩人, 田原 真也

    (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会, 2009年06月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 25 (2), 100 - 101, 日本語

  • 頭頸部Free Flap連続250例を対象とした血栓形成危険因子の検討

    牧口 貴哉, 橋川 和信, 江尻 浩隆, 横尾 聡, 寺師 浩人, 丹生 健一, 田原 真也

    (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会, 2009年06月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 25 (2), 124 - 125, 日本語

  • 遊離皮弁による頭蓋底悪性腫瘍切除後再建 'Step-Surgery Concept'を用いて

    牧口 貴哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也, 横尾 聡, 丹生 健一

    (一社)日本マイクロサージャリー学会, 2009年06月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 22 (2), 145 - 145, 日本語

  • 心房細動が頭頸部Free Flapにおける吻合部血栓に与える影響

    江尻 浩隆, 牧口 貴哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    (一社)日本マイクロサージャリー学会, 2009年06月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 22 (2), 170 - 170, 日本語

  • 牧口 貴哉, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田村 亮介, 田原 真也

    難治化したために手術適応となった坐骨部褥瘡9例に対し、骨条件三次元Computed Tomography(3D-CT)画像を用いて坐骨の突出度や遊離骨片の有無などについて検討した。脊髄損傷が7例、二分脊椎症2例で、全症例が両下肢完全対麻痺であった。手術術式の内訳は後大腿皮弁術5例、単純縫縮術2例、薄筋皮弁術1例、大腿筋腫脹筋皮弁術1例であった。坐骨突出値は患側20.1±1.2cm、健側20.8±1.7cmであった。健側から患側を差し引いた値は+0.77±0.69であった。3例は坐骨に左右差を認めなかったが、9例中6例において坐骨突出値は患側の方が小さくなっていた。患側が健側より坐骨突出値の大きい症例、すなわち患側の坐骨が突出している症例は認めなかった。3D-CT画像において遊離骨片を9例中2例に認め、術中所見に一致した。

    克誠堂出版(株), 2009年04月, 形成外科, 52 (4), 445 - 450, 日本語

  • 術前放射線化学療法併用直腸癌Miles手術後に創部潰瘍を生じた症例の治療経験

    岩山 隆憲, 牧口 貴哉, 永田 育子, 水口 敬, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    (一社)日本形成外科学会, 2009年03月, 日本形成外科学会会誌, 29 (3), 184 - 184, 日本語

  • 心房細動が頭頸部free flapにおける吻合部血栓に与える影響

    江尻 浩隆, 牧口 貴哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    (一社)日本形成外科学会, 2009年03月, 日本形成外科学会会誌, 29 (3), 209 - 209, 日本語

  • 同一創部における合成吸収糸:polydioxanone糸と合成非吸収糸:ナイロン糸の瘢痕比較

    牧口 貴哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    横軸型腹直筋皮弁を用いた乳房再建術において、皮弁採取部をナイロン糸とpolydioxanon糸で真皮縫合を行い、生じる瘢痕をハーフサイドテストにより比較検討した。対象は8症例で腹直筋皮弁採取側は左;3例・右5例、平均52歳であった。その結果、瘢痕幅と高さはナイロン糸とpolydioxanon糸ともほぼ同等であり、瘢痕の肥厚を認めた症例はなかったが、ナイロン糸の1例に縫合糸膿瘍を生じた。術後6ヵ月時に行った瘢痕修正術の組織学的所見ではナイロン糸の空隙周囲に僅かな組織球やリンパ球浸潤があるのみで瘢痕形成などの所見は認めなかった。polydioxanon糸では明らかな糸の残存や瘢痕形成を示す所見は認めなかった。以上より、横軸型腹直筋皮弁採取部でのハーフサイドテストにおいてナイロン糸とpolydioxanon糸は瘢痕形成の面でほぼ同等と考えられた。

    (株)全日本病院出版会, 2009年03月, 瘢痕・ケロイド治療ジャーナル, (3), 45 - 48, 日本語

MISC

  • 【STEP UP!Local flap】 眼周囲で有用な局所皮弁 皮下茎皮弁による再建方法

    野村正, 寺師浩人

    2018年10月, PEPARS, (142号), 33 - 41, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【形成外科 珠玉のオペ[2]応用編-次世代に継承したい秘伝のテクニック-】 四肢・体幹外科 血管腫 血液貯留型血管奇形に対する手術療法

    野村正, 寺師浩人

    2018年07月, 形成外科, 61 (増刊), S229 - S237, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【眼窩壁再建における材料の選択】 眼窩骨折に対する腸骨髄質移植

    橋川和信, 野村正, 寺師浩人

    2018年01月, 形成外科, 61 (1号), 53 - 58, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【頭頸部悪性腫瘍の疑問に答える】 治療選択 基底細胞癌の治療を教えてください

    野村正, 寺師浩人

    2017年09月, JOHNS, 33 (9号), 1215 - 1217, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【形成外科が扱う皮膚疾患の現在】 形成外科が扱う皮膚良性疾患のマクロ診断と手術治療

    寺師浩人, 野村正

    2017年08月, 形成外科, 60 (8号), 859 - 873, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【全身管理からみたフットケア】 足病変に対する形成外科的治療

    辻依子, 寺師浩人

    2017年07月, MEDICAL REHABILITATION, (211号), 29 - 37, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 不全切断指の血行評価にICG蛍光造影法を用いた1例

    江草豪, 大崎健夫, 青木大地, 木谷慶太郎, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    2017年06月, 日本形成外科学会会誌, 37 (6号), 341, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • Akiko Sakakibara, Shunsuke Sakakibara, Junya Kusumoto, Daisuke Takeda, Takumi Hasegawa, Masaya Akashi, Tsutomu Minamikawa, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi, Takahide Komori

    OBJECTIVES: Transient receptor potential cation channel (subfamily V, members 1-4) (TRPV1-4) are expressed in skin and neurons and activated by external stimuli in normal mucosae of all oral cavity sites. The oral cavity is exposed to various stimuli, including temperature, mechanical stimuli, chemical substances, and changes in pH, and, notably, the risk factors for oncogenic transformation in oral squamous epithelium are the same as the external stimuli received by TRPV1-4 receptors. Hence, we examined the relationship between oral squamous cell carcinoma (SCC) and TRPV1-4 expression. MATERIALS AND METHODS: Oral SCC patients (n = 37) who underwent surgical resection were included in this study. We investigated the expression of TRPV1-4 by immunohistochemical staining and quantification of TRPV1-4 mRNA in human oral mucosa. In addition, we compared the TRPV1-4 levels in mucosa from patients with SCC to those in normal oral mucosa. RESULTS: The receptors were expressed in oral mucosa at all sites (tongue, buccal mucosa, gingiva, and oral floor) and the expression was stronger in epithelia from patients with SCC than in normal epithelia. Furthermore, alcohol consumption and tobacco use were strongly associated with the occurrence of oral cancer and were found to have a remarkable influence on TRPV1-4 receptor expression in normal oral mucosa. In particular, patients with a history of alcohol consumption demonstrated significantly higher expression levels. CONCLUSION: Various external stimuli may influence the behavior of cancer cells. Overexpression of TRPV1-4 is likely to be a factor in enhanced sensitivity to external stimuli. These findings could contribute to the establishment of novel strategies for cancer therapy or prevention.

    PUBLIC LIBRARY SCIENCE, 2017年, PloS one, 12 (1), e0169723, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • 【皮膚病変とその対策】 難治性下腿潰瘍の病態と形成外科の最新治療法

    藤井美樹, 小田純生, 寺師浩人

    2017年01月, 日本義肢装具学会誌, 33 (1号), 27 - 32, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 非常勤形成外科医による乳房一次再建症例の検討

    野村正, 榊原俊介, 西藤勝, 河野範男, 橋川和信, 寺師浩人

    2016年12月, Oncoplastic Breast Surgery, 1 (2号), 82 - 87, 日本語

    [査読有り]

  • 骨欠損を伴うMangled foot(Gustilo type3B)の治療経験 足部再建におけるMasquelet法の有用性について

    田村 亮介, 大江 啓介, 寺師 浩人, 前田 翔

    (一社)日本マイクロサージャリー学会, 2016年11月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 43回, 183 - 183, 日本語

  • MPNSTとの鑑別に苦慮した右鎖骨上窩結節性筋膜炎の1例

    政岡浩輔, 大崎健夫, 吉武優, 寺師浩人

    2016年08月, 日本形成外科学会会誌, 36 (8号), 407 - 412, 日本語

    [査読有り]

  • EFFIICACY OF MAGNETIC RESONANCE IMAGING IN DIAGNOSING DIABETIC FOOT OSTEOMYELITIS

    M. Fujii, H. Terashi

    WILEY-BLACKWELL, 2016年07月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 24 (4), A35 - A35, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 食道癌術後胃管気管支瘻に対して有茎広背筋弁を用いて閉鎖した1例

    高須啓之, 橋川和信, 野村正, 寺師浩人, 玉城秀行, 田中雄悟, 中村哲

    2016年07月, 日本形成外科学会会誌, 36 (7号), 352, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • Butyrate,DHA induce apoptosis and regulate apoptosis-related factors in keloid fibroblasts

    Mikiko Uemura, 前重 伯壮, Akane Ochi, Yuka Koga, Michiko Aoyama-Ishikawa, Hayato Yamashita, 三好 真琴, Taketo Inoue, Hiroto Terashi, Makoto Usami

    2016年07月, Wound Repair and Regeneration, 24 (4), A36, 英語

    会議報告等

  • Anti-inflammatory and antifibrogenic effects of butyrate,DHA on lipopolysaccharide stimulated dermal fibroblasts

    Yuka Koga, 前重 伯壮, Mikiko Uemura, Akane Ochi, Michiko Aoyama-Ishikawa, 三好 真琴, Hiroto Terashi, Makoto Usami

    2016年07月, Wound Repair and Regeneration, 24 (4), A36, 英語

    会議報告等

  • 皮膚悪性腫瘍に対する外科治療の現状とこれから 顔面基底細胞癌に対する外科治療 特に眼瞼および外鼻について

    野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    2016年03月, Skin Cancer, 30 (3号), 157 - 162, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Miki Fujii, Hiroto Terashi, Koichi Yokono

    The aim of this study was to propose an appropriate surgical treatment for diabetic forefoot osteomyelitis (DFO) involving ischemia or moderate to severe soft tissue infection. The records of 28 patients with osteomyelitis from 2009 to 2015 were retrospectively studied. All patients had undergone surgery based on preoperative magnetic resonance imaging examinations and histopathological or culture analyses confirming the surgical bone margin. The appropriate surgical margin, crucial factors for early healing, and prognosis after complete resection of osteomyelitis were examined. After healing, patients were followed up to assess prognosis (range 32-1,910 days, median 546 days). The healing rate of nonischemic cases of DFO with negative surgical margins was 100% and that of ischemic cases was 84.6%; the ambulatory rates for both types of cases were 100%. No wound (and/or osteomyelitis) recurrence was observed. Nine new cases of DFO developed in six patients (21.4%; eight were due to vascular stenosis, and one was due to biomechanical changes in the foot. After complete resection of osteomyelitis, preoperative and postoperative C-reactive protein levels and the size of the ulcer were significant predictors of early healing (p < 0.05, 0.01, and 0.05, respectively). The appropriate surgical margin should be set in the area of bone marrow edema, based on magnetic resonance imaging examinations after revascularization. In cases with high preoperative or postoperative C-reactive protein levels, long-term antibiotic therapy is recommended, and surgery should be planned after the C-reactive protein levels decrease, except in emergencies.

    Blackwell Publishing Inc., 2016年03月, Wound repair and regeneration : official publication of the Wound Healing Society [and] the European Tissue Repair Society, 24 (2), 447 - 53, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • 顔面の植皮

    野村正, 寺師浩人

    2016年, PAPERS, 120, 29 - 37, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • Monophasic Pulsed 200-μA Current Promotes Galvanotaxis With Polarization of Actin Filament and Integrin α2β1 in Human Dermal Fibroblasts

    UemuraM, MaeshigeN, KogaY, Ishikawa-AoyamaM, MiyoshiM, SugimotoM, TerashiH, UsamiM

    OBJECTIVE: The monophasic pulsed microcurrent is used to promote wound healing, and galvanotaxis regulation has been reported as one of the active mechanisms in the promotion of tissue repair with monophasic pulsed microcurrent. However, the optimum monophasic pulsed microcurrent parameters and intracellular changes caused by the monophasic pulsed microcurrent have not been elucidated in human dermal fibroblasts. The purpose of this study was to investigate the optimum intensity for promoting galvanotaxis and the effects of electrical stimulation on integrin α2β1 and actin filaments in human dermal fibroblasts. METHODS: Human dermal fibroblasts were treated with the monophasic pulsed microcurrent of 0, 100, 200, or 300 μA for 8 hours, and cell migration and cell viability were measured 24 hours after starting monophasic pulsed microcurrent stimulation. Polarization of integrin α2β1 and lamellipodia formation were detected by immunofluorescent staining 10 minutes after starting monophasic pulsed microcurrent stimulation. RESULTS: The migration toward the cathode was significantly higher in the cells treated with the 200-μA monophasic pulsed microcurrent than in the controls (P < .01) without any change in cell viability; treatment with 300-μA monophasic pulsed microcurrent did not alter the migration ratio. The electrostimulus of 200 μA also promoted integrin α2β1 polarization and lamellipodia formation at the cathode edge (P < .05). CONCLUSION: The results show that 200 μA is an effective monophasic pulsed microcurrent intensity to promote migration toward the cathode, and this intensity could regulate polarization of migration-related intracellular factors in human dermal fibroblasts.

    2016年, Eplasty, 16, e6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • A Study of Internal Thoracic Arteriovenous Principal Perforators by Using Multi-detector Row Computed Tomography Angiography.

    Ko Okumura, Kazunobu Hashikawa, Shunsuke Sakakibara, Hiroyuki Onishi, Hiroto Terashi

    OBJECTIVE: There are numerous reports of perforating branches from the intercostal spaces of the internal thoracic vessels. These branches have varying diameters, and a main perforating branch, the principal perforator, most often found in the second or third intercostal space. We report different results based on multi-detector row computed tomography. METHODS: We evaluated 121 sides from 70 women scheduled for breast reconstruction with free lower abdominal skin flaps who underwent preoperative multi-detector row computed tomographic scan between June 2008 and June 2015. For primary reconstruction, we analyzed both sides, and for 1-sided secondary reconstruction, we analyzed only the unaffected side. We evaluated both early arterial phase and late venous phase 5-mm horizontal, cross-sectional, and volume-rendering images for perforation sites and internal thoracic arteriovenous perforating branches' intercostal space thickness. We analyzed differences in thickness between the internal thoracic arteries and veins and symmetry in cases involving both sides. RESULTS: Venous principal perforators nearly always perforated the same intercostal spaces as accompanying veins of arterial principal perforators (99.2%), forming arteriovenous principal perforators. We found 49 principal perforators in the first intercostal space (37.4%), 52 in the second intercostal space (39.7%), 23 in the third intercostal space (17.6%), 6 in the fourth intercostal space (4.6%), and 1 in the fifth intercostal space (0.7%). Of the 51 cases in which we studied both sides, 25 cases (49%) had principal perforators with bilateral symmetry. CONCLUSIONS: In contrast to findings from past reports, we found that internal thoracic arteriovenous principal perforators were often present in almost the same numbers in the first and second intercostal spaces.

    2016年, Eplasty, 16, e11, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • 無侵襲混合血酸素飽和度監視システム:INVOSを用いた遊離皮弁術後モニタリング

    高須啓之, 橋川和信, 野村正, 榊原俊介, 寺師浩人

    2015年11月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集 42回, 206, 日本語

    会議報告等

  • Takaya Makiguchi, Satoshi Yokoo, Yu Takayama, Hidetaka Miyazaki, Hiroto Terashi

    The double free flap procedure is a preferred treatment for extensive composite defects of the oromandibular area. In this procedure, the choice and use of the flaps are both important. Flaps with adequate soft tissue are required to fill the extensive dead space for huge oromandibular defects. Such flaps, however, tend to sink and droop with time because of gravity, resulting in poor functional and aesthetic results. Here, the authors describe a procedure that avoids flap sinking and drooping, using a vascularized fibular osteocutaneous flap, which is well established for mandibular bone defects, and a rectus abdominalis musculocutaneous flap, which has a lot of soft tissue and a firm anterior rectus sheath. This method was used in 2 patients with extensive composite defects of the oromandibular area. In a patient with resection of the mobile tongue and oral floor, the anterior rectus sheath was fixed to the fibula and mandible to give a mylohyoid muscle-like structure, to prevent sinking of the reconstructed oral floor and tongue. Good swallowing function was maintained. In a patient with defects transversally from the submandibular region to the cheek, the sheath was fixed to the zygomatic arch to prevent cheek drooping. An acceptable aesthetic result was obtained.

    Lippincott Williams and Wilkins, 2015年10月, The Journal of craniofacial surgery, 26 (7), e622-4 - e624, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • 大転子(STANDARDS-T) 手術適応基準案

    木村 中, 後藤 孝浩, 大浦 紀彦, 島田 賢一, 柳 英之, 寺師 浩人, 橋本 一郎, 田中 克己, 岡部 勝行

    (一社)日本褥瘡学会, 2015年07月, 日本褥瘡学会誌, 17 (3), 308 - 308, 日本語

  • Positioning bedridden patients to reduce interface pressures over the sacrum and great trochanter

    Y. Yoshikawa, N. Maeshige, M. Sugimoto, M. Uemura, M. Noguchi, H. Terashi

    Objective: In this study, we evaluated the effect of hip-joint rotation on the interface pressure over the sacrum and greater trochanter with a new protocol for positioning of bedridden elderly patients. Method: The interface pressure values over the sacrum and greater trochanter in bedridden patients were evaluated. These were collected in the supine position, 90 degrees lateral position, and 30 and 40 laterally inclined positions with external rotation or neutral positioning of the hip joint. Each interface pressure was assessed with a device measuring pressure distribution, after which, the peak pressure index (PPI) was calculated. Results: In the 17 patients examined, the PPI over the sacrum in the supine position was significantly greater than that in other positions. In the 30 degrees and 40 degrees laterally inclined positions, the PPIs over the greater trochanter were significantly lower in the neutral position of the hip joint compared with those in the external rotation position. Conclusion: Our findings revealed the effects of hip-joint rotation on the interface pressure for the greater trochanter, possibly due to the increased distance between the greater trochanter and the sacrum caused by neutral position of the hip joint. The results demonstrate that it is to best place the hip joint in a neutral position when the legs are in contact with the bed in order to distribute the pressure over the greater trochanter in the 30 degrees and 40 degrees laterally inclined positions. These results can be applied to the clinical setting to improve patient positioning and decrease pressure ulcers.

    MA HEALTHCARE LTD, 2015年07月, JOURNAL OF WOUND CARE, 24 (7), 319 - 325, 英語

    [査読有り]

  • Takaya Makiguchi, Satoshi Yokoo, Kazunobu Hashikawa, Hidetaka Miyazaki, Hiroto Terashi

    BACKGROUND: Use of a vascularized free fibula flap has become a preferred method of mandible reconstruction after oncologic surgical ablation. Despite its many advantages, the low vertical height of the graft is a potential drawback and severe long-term atrophy of fibular bones may cause stress fracture and is disadvantageous for osseointegrated dental implants and facial contours. Therefore, it is important to investigate the degree of resorption based on the fibular height and the factors related to resorption over time. The influence of aspects of the intraoperative surgical procedure, such as preservation of a nutrient artery from the peroneal artery to the fibula bone marrow and the number of segmental osteotomies, has not been examined previously. Therefore, the purpose of this study was to examine the change in fibular height and the factors influencing resorption, including those associated with the surgical procedure. PATIENTS AND METHODS: A retrospective analysis was performed in 19 patients who underwent free vascularized fibular mandibular reconstruction for oncologic surgical defects without radiotherapy. Postoperative Panorex examinations were used to evaluate fibular height, and 7 factors with a potential influence on long-term fibular height were evaluated: age, gender, length of the mandible defect, number of segmental osteotomies, preservation of a direct nutrient artery from the peroneal artery to the fibula bone marrow, length of follow-up, and delayed placement of osseointegrated dental implants. RESULTS: Fibular bone height decreased in 13 patients (68%), was unchanged in 2 (11%), and increased in 4 (21%). Segmental osteotomies and female gender were significant factors promoting fibular bone resorption (P < 0.001 and P < 0.001, respectively), and preservation of a nutrient artery to the bone marrow, male gender, and delayed placement of osseointegrated dental implants were significant factors inhibiting bone resorption (P < 0.01, P < 0.001, and P < 0.05, respectively). Age, length of follow-up period, and length of the mandibular defect showed no significant relationship with bone resorption (P = 0.77, P = 0.78, and P = 0.105, respectively). CONCLUSION: The results of this study showed that fibular height in mandibular reconstruction can be maintained by preservation of a direct nutrient artery to bone marrow, avoidance of osteotomies, and delayed placement of osseointegrated dental implants, all of which inhibit fibular bone resorption.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2015年05月, The Journal of craniofacial surgery, 26 (3), 673 - 6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • 【皮膚外科のための皮膚軟部腫瘍診断の基礎】 臨床ならびに病理診断 皮膚外科のための腫瘍病理の見方

    寺師浩人, 野村正

    2015年04月, PEPARS, (100号), 23 - 33, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • INVOLVEMENT OF PGE2 IN ANTIFIBROGENIC AND PROAPOPTIC EFFECTS OF BUTYRATE/DHA ON KELOID FIBROBLASTS UNDER INFLAMMATORY STIMULUS

    M. Uemura, N. Maeshige, Y. Koga, A. Ochi, K. Torii, H. Tabuchi, A. Saka, K. Araki, M. Aoyama-Ishikawa, M. Miyoshi, H. Terashi, M. Usami

    WILEY-BLACKWELL, 2015年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 23 (1), A3 - A3, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Simple and easy surgical technique for infantile hemangiomas: intralesional excision and primary closure.

    Tadashi Nomura, Takeo Osaki, Hiroyoshi Ishinagi, Hirotaka Ejiri, Hiroto Terashi

    OBJECTIVE: Infantile hemangioma (IH) is a benign vascular tumor that gradually shrinks over several years. Involuting or involuted IHs usually retain their shape, however, and result in redundant skin or conspicuous scarring due to ulceration in the proliferating phase. We present a case series of 12 patients who underwent intralesional excision and primary closure for treatment of involuting or involuted IH. METHODS: Twelve patients (5 boys, 7 girls) underwent our treatment method for involuting or involuted IH. A blinded assessor evaluated clinical result of each patient. RESULTS: Surgical results were excellent in 4 patients, good in 6, and fair in 2. A small dog ear was prominent in 1 patient; nevertheless, all parents were satisfied with the results. CONCLUSIONS: Intralesional excision and primary closure for treatment of involuting or involuted IH is an easy and simple procedure that does not result in dog-ear formation or elongated residual scarring.

    2015年, Eplasty, 15 (-), e3, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Masaya Akashi, Kazunobu Hashikawa, Akiko Sakakibara, Takahide Komori, Hiroto Terashi

    Previous studies on postoperative long-term results in patients who underwent reconstructive free flap transfer following hemiglossectomy had some issues, including the heterogeneity of the patient population and the observation period. The present study aimed to evaluate changes of reconstructed tongues in patients who underwent radial forearm free flap (RFFF) after hemiglossectomy with long-term follow-up. We enrolled 23 patients who underwent RFFF after hemiglossectomy with a postoperative follow-up of 5 years or more. Postoperative status (eating, speech, sensation function) was assessed by concise medical inquiries. Morphological changes of flaps were evaluated by reviewing clinical photographs. Hemiglossectomy involving the base of the tongue was performed in 4 cases (17.4%) and was limited to the mobile tongue in 19 cases (82.6%). The mean follow-up was 85.4 months (range, 60-122 months). All patients experienced gradually improved postoperative status. The most significant improvement was found between 1 and 5 years after surgery (P = 0.007), but not between 1 and 3 years (P = 0.075) or between 3 and 5 years (P = 0.530). In almost all of the flaps, there were few morphological changes throughout the follow-up period. Postoperative status in patients who underwent reconstructive RFFF following hemiglossectomy improved sequentially.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2015年01月, The Journal of craniofacial surgery, 26 (1), 44 - 7, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Necessity of Distinguishing Verrucous Carcinoma From Verrucous Skin Lesion Overlaying Residual Skin Staples in an Area of Sensory Loss: A Case Report.

    Shunsuke Sakakibara, Takahiro Tokiyoshi, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    OBJECTIVE: Verrucous skin lesions on the feet in diabetic neuropathy is a condition usually induced by chronic mechanical stimulation of the feet of patients with diabetic neuropathy and usually occurs at weight-bearing sites. We here present a rare case involving a man with verrucous skin lesions on the feet in diabetic neuropathy at an unusual, non-weight-bearing site. METHODS: A 58-year-old man with diabetic neuropathy presented with a verrucous skin lesion overlaying residual skin staples and an amputation stump of the second metatarsal bone on the dorsal foot. RESULTS: The biopsy findings were inconclusive and suggested the necessity of distinguishing the lesion from verrucous carcinoma. The lesion was resected, and the residual skin staples were simultaneously removed. Investigation of the excisional biopsy confirmed our diagnosis of verrucous skin lesions on the feet in diabetic neuropathy. CONCLUSIONS: Verrucous skin lesions on the feet in diabetic neuropathy is often difficult to distinguish from verrucous carcinoma; in this case, the unusual location of the lesion could be attributed not only to sensory loss but also to the presence of an amputation stump and the persistence of the residual skin staples.

    2015年, Eplasty, 15, e23, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • 複数回の化学放射線療法を施行された多重癌患者に対する遊離広背筋皮弁を用いた頭蓋再建の経験

    高須 啓之, 榊原 俊介, 橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    2014年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集 41回, 161, 日本語

    その他

  • 悪性腫瘍切除後に生じた胸腹壁欠損に対する再建術式の検討

    野村 正, 榊原 俊介, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2014年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集 41回, 204, 日本語

    その他

  • 再発胃癌切除後に生じた胸腹壁欠損に対する治療経験

    長谷川 泰子, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人, 明石 昌也, 前田 翔

    2014年11月, 日本形成外科学会会誌, 34 (11号), 851, 日本語

    その他

  • 骨および関節露出を伴う足背部潰瘍の地道な保存加療による治療経験

    高須 啓之, 熊西 麗衣, 橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    2014年11月, 日本形成外科学会会誌, 34 (11号), 860, 日本語

    その他

  • Yasuhisa Ishida, Shuhsuke Sakakibara, Hiroto Terashi, Kazunobu Hashikawa, Tetsuji Yamaoka

    PURPOSE: Acellular nerves are a reconstruction material and provide scaffolds for nerve regeneration. Numerous methods to develop acellular nerves have been described. However, these methods pose problems that can be attributed to incomplete acellular processing and destruction of the extracellular matrix (ECM); the former may lead to rejection response, while the latter may damage the scaffold. In order to overcome problems associated with the above-mentioned methods, we developed a novel method that employs a hypertonic sodium chloride solution to decellularize nerve graft material. METHODS: Rat sciatic nerves were harvested, dipped in hypertonic sodium chloride solution (1 M), and shaken for 24 h. We then washed the nerves in phosphate-buffered saline for 7 days with shaking and evaluated the acellular nerves by hematoxylin-eosin (H-E) staining, immunostaining, and electron microscopy. We then transplanted the grafts to the sciatic nerve of another rat and evaluated the outcomes by H-E staining, immunostaining (anti-neurofilament antibody, anti-S-100 antibody), anterograde nerve tracing, and electron microscopy. RESULTS: We found that our method successfully decellularized the grafts, but was mild enough to leave the ECM intact. Two months after transplantation, immunostaining and anterograde nerve tracing confirmed that Schwann cells infiltrated the grafts and induced neurofilament extension. CONCLUSIONS: Our methodology preserves the ECM, is simple to develop, and does not involve substances that harm biogenic tissue. Acellular nerve tissue processed in this way could become a substitute material for bridging nerve gaps. Our method could also aid in the development of other acellular tissues.

    WICHTIG EDITORE, 2014年11月, The International journal of artificial organs, 37 (11), 854 - 60, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • 乳房再建手術の最前線 群馬大学における保険認可後の乳房再建治療戦略 一次二期再建の増加に伴って

    牧口 貴哉, 堀口 淳, 高他 大輔, 長岡 りん, 佐藤 亜矢子, 藤井 孝明, 時庭 英彰, 樋口 徹, 内田 紗弥香, 坪井 美樹, 横尾 聡, 桑野 博行, 竹吉 泉, 寺師 浩人

    日本臨床外科学会, 2014年10月, 日本臨床外科学会雑誌, 75 (増刊), 303 - 303, 日本語

  • NST対象患者の褥瘡発生に関わる危険因子の検討

    前重 伯壮, 野口 まどか, 今井 秀人, 沖 佳祐, 吉川 義之, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    NST対象患者において、褥瘡ハイリスク患者ケア加算判定項目およびK式スケール判定項目と褥瘡発生の関係を調査し、NST対象患者特有の褥瘡発生因子の解明を目的とする。当院NST介入症例312名のうち、褥瘡ハイリスク患者ケア加算対象の169名において、褥瘡ハイリスク患者判定項目およびK式スケールの各項目と、褥瘡発生の関係を解析した。褥瘡発生例では、褥瘡発生危険因子である「必要カロリーを摂取していない」と「褥瘡に関する危険因子があってすでに褥瘡を有するもの」への該当率が有意に高く(p<0.05)、「自力体位変換できない」と「仙骨、尾骨、坐骨結節、大転子、腸骨稜の突出」においても褥瘡発生例で該当率が高い傾向にあった(p<0.10)。NST対象患者では、褥瘡保有や身体的特徴に加えて、必要カロリーの摂取がおもに褥瘡発生に関与することが示唆されるため、急性期病棟では食事量の変化に迅速に対応することが重要と考えられる。(著者抄録)

    (一社)日本褥瘡学会, 2014年10月, 日本褥瘡学会誌, 16 (4), 520 - 527, 日本語

    [査読有り]

  • 【血管吻合術後の管理と移植組織サルベージ法の実際】 さまざまな血管吻合術後皮弁モニタリング

    榊原 俊介, 野村 正, 高須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2014年09月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 27 (3号), 72 - 78, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Shunsuke Sakakibara, Yoriko Tsuji, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    Diabetics with foot-related problems might eventually need to undergo major or minor amputation because of infection or cellulites. It has been suggested that immobilization of the ankle and the metatarsophalangeal joint suppresses the spread of infection; however, there is no evidence to support this inference. Here, we demonstrate by histological analysis how the immobilization works. The tendon from the amputated toe is harvested, and a hematoxylin-eosin stained paraffin-embedded section is prepared and analyzed. Necrosis occurred in only a single fiber of the tendon, and intact and necrotic or infected tendon fibers were found intermingled. The reciprocal movements of the tendon and the joint (extension and flexion) may be the pathogenic cause of cellulites and infection, leading to the massage effect and the spread of bacteria along the tendon itself. We suggest that immobilizing the ankle and the metatarsophalangeal joint with a removable contacting cast would suppress the spread of infection in foot ulcers.

    SAGE PUBLICATIONS INC, 2014年09月, The international journal of lower extremity wounds, 13 (3), 226 - 9, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Tatsuya Shiraki, Osamu Iida, Mitsuyoshi Takahara, Shin Okamoto, Ikurou Kitano, Yoshihiko Tsuji, Hiroto Terashi, Masaaki Uematsu

    OBJECTIVE: The latest guideline points to life expectancy of <2 years as the main determinant in revascularization modality selection (bypass surgery [BSX] or endovascular therapy [EVT]) in patients with critical limb ischemia (CLI). This study examined predictors and a predictive scoring model of 2-year mortality after revascularization. METHODS: We performed Cox proportional hazards regression analysis of data in a retrospective database, the Bypass and Endovascular therapy Against Critical limb ischemia from Hyogo (BEACH) registry, of 459 consecutive CLI patients who underwent revascularization (396 EVT and 63 BSX cases between January 2007 and December 2011) to determine predictors of 2-year mortality. The predictive performance of the score was assessed with the area under the time-dependent receiver operating characteristic curve. RESULTS: Of 459 CLI patients (mean age, 72 ± 10 years; 64% male; 49% nonambulatory status, 68% diabetes mellitus, 47% on regular dialysis, and 18% rest pain and 82% tissue loss as treatment indication), 84 died within 2 years after revascularization. In a multivariate model, age >75 years (hazard ratio [HR], 1.77; 95% confidence interval [CI], 1.10-2.85), nonambulatory status (HR, 5.32; 95% CI, 2.96-9.56), regular dialysis (HR, 1.90; 95% CI, 1.10-3.26), and ejection fraction <50% (HR, 2.49; 95% CI, 1.48-4.20) were independent predictors of 2-year mortality. The area under the time-dependent receiver operating characteristic curve for the developed predictive BEACH score was 0.81 (95% CI, 0.76-0.86). CONCLUSIONS: Predictors of 2-year mortality after EVT or BSX in CLI patients included age >75 years, nonambulatory status, regular dialysis, and ejection fraction <50%. The BEACH score derived from these predictors allows risk stratification of CLI patients undergoing revascularization.

    MOSBY-ELSEVIER, 2014年08月, Journal of vascular surgery, 60 (2), 383 - 9, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • 腫瘍切除後に生じた胸腹壁欠損に対する再建手術の検討

    野村 正, 榊原 俊介, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2014年07月, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集 30回, 132, 日本語

    その他

  • 短鎖脂肪酸の線維化促進因子発現抑制に対する超音波照射の促進作用

    前重 伯壮, 田淵 寛人, 古賀 由華, 越智 茜, 植村 弥希子, 石川 倫子[青山], 三好 真琴, 杉元 雅晴, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    遺伝子導入を中心に、超音波による各種分子の細胞内導入法であるソノポレーションが適用されている。我々は、核内のヒストンアセチル化により遺伝子発現を調節する短鎖脂肪酸の抗線維化作用を報告してきた。本研究では、短鎖脂肪酸の酪酸が有する抗線維化作用に対する超音波照射の影響をケロイド由来線維芽細胞において検討した。耳垂ケロイド由来線維芽細胞を60-mm tissue culture dishに播種し、その24時間後に酪酸0 mM(control)、4mM(低濃度酪酸)、16mM(高濃度酪酸)を添加した。超音波照射条件については、周波数3MHz、SATA強度0.5W/cm2、照射時間10分間、ERA6.0cm2を使用し、照射時間率20%(パルスモード)および100%(連続モード)の超音波を低濃度および高濃度酪酸添加直後、および24時間後に照射し、酪酸添加48時間後にmRNAを採取した。real time PCR法にて線維化促進因子であるTGF-β1、α-SMA mRNA発現を定量した。低濃度酪酸添加単独では、α-SMA、TGF-β1ともに有意な変化が認められなかったが、パルスモードおよび連続モード超音波照射によりTGF-β1発現の有意な抑制(p<0.01)が観察された。高濃度酪酸においては、酪酸添加単独でα-SMA、TGF-β1ともに強く発現が抑制され、超音波照射による追加的効果は認められなかった。低濃度酪酸添加時に超音波照射の追加的抑制効果を認めたことは、超音波照射が酪酸の作用を補完的に促進したことを示唆している。(著者抄録)

    (一社)日本物理療法学会, 2014年07月, 物理療法科学, 21, 53 - 58, 日本語

    [査読有り]

  • 足病治療における集学的治療体制の構築 重症虚血性潰瘍における血管外科医の役割

    北野 育郎, 辻 義彦, 辻 依子, 長谷川 泰子, 倉本 康世, 寺師 浩人, 杉本 幸司, 飯田 修, 白記 達也

    日本下肢救済・足病学会, 2014年06月, 日本下肢救済・足病学会誌, 6 (2), 67 - 67, 日本語

  • 腹壁に生じた卵巣境界悪性腫瘍の治療経験

    小川 晴生, 田原 真也, 寺師 浩人

    2014年06月, Skin Cancer, 29 (1号), 53 - 57, 日本語

    [査読有り]

  • Shunsuke Sakakibara, Yasuhisa Ishida, Kazunobu Hashikawa, Tetsuji Yamaoka, Hiroto Terashi

    This study aims at the evaluation of blood vessel reconstruction process of decellularized small diameter vessels prepared by a hyperosmotic electrolyte solution treatment not only histologically but also physiologically in rat transplantation model. Complete cell removal by a hyperosmotic electrolyte solution treatment was confirmed by hematoxylin/eosin staining and scanning electron microscopic observation. All acellular vessels transplanted into the rat abdominal aorta were patent up to 14 months. One week post-transplantation, the vWF-positive cells were observed on the luminal surface but the layer formation did not complete. Five weeks following transplantation, the vWF-positive endothelial cells were located on the intima consistent with intact endothelial cells. Beneath the endothelial cells, α-SMA-positive smooth muscle cells were distributed. The harvested vessels displayed formation of tunica intima (endothelial cells) and tunica medulla (smooth muscle cell) layers. We also examined the physiological properties of the vessels 12 months post-transplantation using a wire myograph system. The transplanted vessels contracted upon addition of norepinephrine and relaxed upon addition of sodium nitroprusside as well as the native vessels. In conclusion, the acellular vessels prepared with hyperosmotic electrolytic solution showed excellent and long-term patency, which may be related to the successful preservation of vascular ECM. In addition, the acellular vessels revealed the intima/medulla regeneration with the physiological contraction-relaxation functions in response to the each substance.

    SPRINGER JAPAN KK, 2014年06月, Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs, 17 (2), 169 - 77, 英語, 国内誌

    [査読有り]

  • 遊離皮弁移植のコツ 遊離皮弁移植の術前計画における画像検査の有用性

    橋川 和信, 榊原 俊介, 野村 正, 寺師 浩人

    2014年05月, 日本形成外科学会会誌, 34 (5号), 392, 日本語

    その他

  • 【コツがわかる!形成外科の基本手技-後期臨床研修医・外科系医師のために-】 ケロイドと肥厚性瘢痕の病態と治療法

    野村 正, 寺師 浩人

    2014年04月, PEPARS, (88号), 14 - 22, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 下肢救済を目的としたチーム医療 外科的立場から

    北野 育郎, 辻 義彦, 辻 依子, 長谷川 弘毅, 倉本 康世, 寺師 浩人, 杉本 幸司

    日本における下腿切断の原因は近年著しく変化し、糖尿病性足病変に起因した切断が増加している。糖尿病性足病変とは、糖尿病性神経障害、血管障害に感染が加わった複合性病変で、特に糖尿病を合併した重症下肢虚血は大切断の大きな原因となる。この糖尿病性足病変に対しては、神経障害による麻痺や足の変形、血管障害による虚血症状、骨髄炎による感染の拡大などさまざまな問題に対するアプローチが必要になってくる。病態も軽症から重症までさまざまで、単診療科だけではなく、多診療科・多職種にまたがった集学的治療が不可欠になってくる。さらに最適なチーム医療を構築する場合、重症度に応じてフットマネージメントを一次〜三次医療に分類する方が有用である。また、患者が単一の医療機関へのみ集中するのではなく、複数の施設間での円滑な地域連携により、迅速で最適な医療が施行されるべきである。本稿では、糖尿病足病変を中心とした救肢のためのチーム医療の現状を総括し、今後の問題点について展望する。(著者抄録)

    日本下肢救済・足病学会, 2014年03月, 日本下肢救済・足病学会誌, 6 (1), 3 - 8, 日本語

  • Takaya Makiguchi, Satoshi Yokoo, Atsushi Koitabashi, Masaru Ogawa, Hidetaka Miyazaki, Hiroto Terashi

    The objectives of surgical treatment for microstomia due to cicatricial contracture after burn are to obtain sufficient oral aperture, while maintaining sphincter function of the orbicularis oris muscle, and to secure favorable function for eating and conversation in addition to good oral health.The lips of the mouth have a free border, and the oral aperture, which has been enlarged by the operation, tends to be reduced, because of the actions of the orbicularis oris muscle. When the orbicularis oris muscle is resected, putting a priority on sufficient oral aperture and prevention of redevelopment of contracture, the function of the sphincter is often damaged. With the exception of those cases with deep extensive burn that damages a wide area of orbicularis oris muscle, the muscle should be preserved as expeditiously as is practical. In such cases, however, preventive measures for the redevelopment of microstomia should be established. As a postoperative adjuvant therapy, the usefulness of splint therapy has been suggested in many reports. However, a splint should be used for a long period after the surgery, and in some cases, pain is observed with therapy. When a splint is not used for an appropriate period, microstomia may redevelop. It would be ideal to take preventive measures against the redevelopment of contracture during surgery.We provided treatment with some ingenious attempts for the nasolabial flap to a patient with microstomia caused by cicatricial contracture after burn. We obtained favorable results with no postoperative use of a splint.

    2014年03月, The Journal of craniofacial surgery, 25 (2), 568 - 70, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • 緑膿菌由来lipopolysaccharideによる皮膚線維芽細胞の炎症・線維化反応への影響と酪酸・DHAによる制御

    古賀由華, 前重伯壮, 植村弥希子, 越智茜, 青山倫子, 三好真琴, 寺師浩人, 宇佐美眞

    2014年, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, 44th, 49, 日本語

  • CRITICAL POINT OF DIRECT MICROCURRENT STIMULATION INTENSITY TO PROMOTE GALVANOTAXIS FOR HUMAN DERMAL FIBROBLASTS

    M. Uemura, N. Maeshige, Y. Yoshikawa, H. Terashi, M. Usami, S. Takata, M. Sugimoto

    WILEY-BLACKWELL, 2014年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 22 (1), A19 - A19, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Anti-fibrogenic effects ofshort chain fattyacids and ω-3 polyunsaturated fattyacid on keloid fibroblasts.

    Kazuhiro Torii, Noriaki Maeshige, Michiko Aoyama, Midori Imai, Hiroto Tabuchi, Makoto Miyoshi, Yasuhiro Hamada, Hiroto Terashi, Makoto Usami

    WILEY-BLACKWELL, 2014年01月, Wound Repair and Regeneration, 22 (1), A13 - A13, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 【皮弁移植に必要な血管の術前評価】 フェーズラグCTA(pl-CTA)による静脈術前評価

    榊原 俊介, 大西 宏之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2013年12月, 形成外科, 56 (12号), 1271 - 1280, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 血管奇形に対するエコーガイド下硬化療法の経験 有用性と問題点について

    野村 正, 江尻 浩隆, 石椛 寛芳, 柳沢 曜, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2013年11月, 日本シミュレーション外科学会会誌, 21 (2号), 96 - 97, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 【小外傷・熱傷・褥瘡 創傷に対応する「ワザ」と「知恵」】 急性創傷のピットフォール!誤った対応をしないポイント すぐに家に帰らせてはいけない一見軽微な急性創傷を見逃さないポイント

    野村 正, 寺師 浩人

    2013年11月, 薬局, 64 (12号), 2979 - 2983, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 短鎖脂肪酸の抗線維化作用に対する超音波照射の促進効果 in vitro実験による検証

    前重 伯壮, 田淵 寛人, 古賀 由華, 越智 茜, 植村 弥希子, 石川 倫子, 山, 三好 真琴, 杉元 雅晴, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    日本物理療法学会, 2013年10月, 日本物理療法学会学術大会抄録集, 21回, 51 - 51, 日本語

  • 遊離皮弁による頭蓋再建症例の検討

    野村 正, 橋川 和信, 榊原 俊介, 高須 啓之, 田原 真也, 寺師 浩人

    2013年09月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集40周年記念, 199, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 脳外科術後SSIにおけるICG蛍光造影の有用性 腐骨の評価

    榊原 俊介, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2013年09月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集40周年記念, 201, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 知覚皮弁の適応と成績 皮弁と知覚に関する経験と考察

    橋川 和信, 榊原 俊介, 辻 依子, 奥村 興, 野村 正, 田原 真也, 寺師 浩人

    2013年09月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集40周年記念, 122, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    会議報告等

  • 血管吻合術後の管理と移植組織サルベージ法の実際 多様な血管吻合術後皮弁モニタリング

    榊原 俊介, 高須 啓之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2013年09月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集40周年記念, 127, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 移植皮弁の選択 私のファーストチョイス 足部・下腿に用いる皮弁 Contourを重視した足部および下腿遠位部の再建法

    野村 正, 大崎 健夫, 石椛 寛芳, 森脇 綾, 高須 啓之, 江尻 浩隆, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2013年09月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集40周年記念, 136, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    会議報告等

  • reversed cephalic vein graftを用いてdistal venous arterializationを行った示指PADの1例

    高須 啓之, 寺師 浩人, 橋川 和信, 安田 路規

    2013年09月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集40周年記念, 226, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 腹腔内へ広範に浸潤した腹直筋内low-grade myxofibrosarcomaの治療経験

    野村 正, 榊原 俊介, 森脇 綾, 奥村 興, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2013年08月, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集29回, 150, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 【皮膚科に役立つフットケア】 足趾機能、形態温存手術

    大澤 沙由理, 寺師 浩人

    2013年08月, Derma, (207号), 49 - 56, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【皮膚悪性腫瘍-基礎と臨床の最新研究動向-】 基底細胞癌 基底細胞癌の治療 外科的治療

    寺師 浩人, 橋川 和信, 野村 正

    2013年08月, 日本臨床, 71 (増刊4 皮膚悪性腫瘍), 633 - 638, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【褥瘡の治療 実践マニュアル】 褥瘡の保存的治療 被覆材と体圧分散方法

    野村 正, 野口 まどか, 寺師 浩人

    2013年07月, PEPARS, (79号), 38 - 45, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • Takaya Makiguchi, Hiroto Terashi, Kazunobu Hashikawa, Satoshi Yokoo, Junko Kusaka

    Lipoma is a benign tumor that often arises in the craniomaxillofacial region. Osteolipoma containing bone tissue is very rare and the developmental mechanism is unclear. Mesenchymal stem cells in adipose tissue that have potential to differentiate into fat, bone, cartilage, and vascular components may be involved in the development of osteolipoma, in which adipose and bone tissues coexist. We encountered a patient with osteolipoma that arose in the glabella. We describe the case and the results of an investigation of the presence in lipomas of mesenchymal stem cells with differentiation potential similar to that of normal adipose cells. The patient was a 66-year-old woman. Histopathologically, bone tissue surrounded by fibrous connective tissue was present in the nodular adipose tissue and was diagnosed as osteolipoma. Mesenchymal stem cells were collected by collagenase treatment of lipoma tissue, and their potential to differentiate into fat, bone, and cartilage was shown. On the basis of this study, we suggest that lipoma-derived mesenchymal stem cells are the basis of the pathogenesis of osteolipoma. The conditions that induce differentiation of mesenchymal stem cells into bone remain to be investigated.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2013年07月, The Journal of craniofacial surgery, 24 (4), 1310 - 3, 英語, 国際誌

  • 【脂質研究の最近の話題】 創傷治癒と脂肪酸代謝

    寺師 浩人, 前重 伯壮, 野村 正, 宇佐美 眞

    2013年07月, 静脈経腸栄養, 28 (4号), 939 - 943, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 放射線潰瘍と診断した難治性腸管皮膚瘻の原因が3年前に誤飲した爪楊枝による腸管穿孔であった1例

    高須 啓之, 橋川 和信, 成瀬 栄美, 寺師 浩人, 田原 真也

    2013年06月, 日本形成外科学会会誌, 33 (6号), 462, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 乳児血管腫に対する病変内切除の有用性

    野村 正, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2013年05月, 日本形成外科学会会誌, 33 (5号), 391, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • TGF-β1/IL-1β刺激下ケロイド線維芽細胞のapoptosis耐性および線維形成亢進に対する酪酸・DHAの制御作用

    前重 伯壮, 荒木 杏子, 坂 安優未, 鳥井 一宏, 田淵 寛人, 石川 倫子, 山, 三好 真琴, 植村 弥希子, 今井 緑, 濱田 康弘, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    (公社)日本栄養・食糧学会, 2013年04月, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 67回, 185 - 185, 日本語

  • 再発翼状片由来線維芽細胞に対する酪酸およびドコサヘキサエン酸の抗線維化作用

    片上千加子, 田淵寛人, 前重伯壮, 鳥井一宏, 青山倫子, 三好真琴, 濱田康弘, 寺師浩人, 宇佐美眞

    2013年, 日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集, 37th-29th, 64, 日本語

  • 炎症刺激下ケロイド線維芽細胞における酪酸・DHAのPGE2産生制御と抗線維化作用

    植村弥希子, 前重伯壮, 古賀由華, 越智茜, 鳥井一宏, 田淵寛人, 坂安優未, 荒木杏子, 青山倫子, 三好真琴, 寺師浩人, 宇佐美眞

    2013年, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, 43rd, 93, 日本語

  • 全身性強皮症に合併したIP関節部指難治性潰瘍に対して装具固定が有用であった2例

    牧口 貴哉, 寺師 浩人, 橋川 和信, 横尾 聡, 辻 依子, 田原 真也

    2013年, 形成外科, 56 (12), 1313 - 1318

  • Takaya Makiguchi, Satoshi Yokoo, Hidetaka Miyazaki, Aiko Nobusawa, Masaru Ogawa, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    Ameloblastic carcinoma is a very rare malignant odontogenic tumor. We report a case of secondary-type ameloblastic carcinoma that extended transversally over almost half of the side of the face. Malignant transformation and identification of the malignant region in the large tumor were achieved using L-3-[F]fluoro-α-methyltyrosine (FAMT)-positron emission tomography (PET); FAMT is transported into cancer cells by L-type amino acid transporter 1 and shows high specificity for malignant tumors. The malignant region determined by microscopic evaluation of resected samples was similar to the region showing high FAMT uptake in PET. Using preoperative FAMT-PET and magnetic resonance imaging, we were able to achieve total resection of the very large tumor, while avoiding excessive resection that could cause severe functional loss or a poor aesthetic facial appearance. We used a modified Weber-Fergusson incision along the nasolabial fold to the labiajugal fold and reconstruction with a pectoralis major muscle flap, and this gave a good aesthetic outcome. Safe surgical resection was possible because preoperative three-dimensional computed tomography angiography was used to identify the position of the main trunk of the external carotid artery, which was closely aligned with the tumor in a posterior direction in the infratemporal fossa region.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2013年01月, The Journal of craniofacial surgery, 24 (1), 287 - 90, 英語, 国際誌

  • Antifibrogenic effects of short chain fatty acids on human dermal fibroblasts

    Kazuhiro Torii, Noriaki Maeshige, Michiko Aoyama, Midori Imai, Hiroto Tabuchi, Makoto Miyoshi, Yasuhiro Hamada, Hiroto Terashi, Makoto Usami

    2013年01月, Wound Repair and Regeneration, 英語

    会議報告等

  • 遊離皮弁を用いた頭頸部再建症例における周術期抗凝固療法の合併症について VTE予防の観点から

    高須啓之, 橋川和信, 榊原俊介, 野村正, 寺師浩人

    2012年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集39回, 301, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 遊離筋皮弁移植後5日、10日の動脈閉塞 ICG蛍光造影による考察

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人

    2012年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集39回, 298, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 短鎖脂肪酸・多価不飽和脂肪酸がケロイド由来線維芽細胞に与える抗線維化作用

    鳥井 一宏, 前重 伯壮, 青山 倫子, 今井 緑, 田淵 寛人, 三好 真琴, 濱田 康弘, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    (一社)日本創傷治癒学会, 2012年12月, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, 42回, 132 - 132, 日本語

    会議報告等

  • 後期高齢者に対するマイクロサージャリーは危険か?

    高須啓之, 橋川和信, 榊原俊介, 野村正, 寺師浩人

    2012年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集39回, 207, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • リンパ浮腫の治療 簡易に良結果を得る方法 リンパ管静脈吻合手技を容易にするためのアイデアと工夫

    橋川和信, 野村正, 寺師浩人

    2012年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集39回, 158, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • マイクロサージャリーにおける抗攣縮薬の効果について

    小川晴生, 榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2012年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集39回, 225, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • ケロイド由来線維芽細胞に対する酪酸・DHAの抗線維化作用とapoptosis促進

    鳥井 一宏, 前重 伯壮, 青山 倫子, 今井 緑, 田淵 寛人, 三好 真琴, 濱田 康弘, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    (株)インフォノーツパブリッシング, 2012年12月, 機能性食品と薬理栄養, 7 (4), 355 - 355, 日本語

    会議報告等

  • 3D-CTA像の体表への投射を利用した血管マーキング

    榊原俊介, 江尻浩隆, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    2012年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集39回, 221, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 仙骨部褥瘡患者に対する直流微弱電流刺激療法の試み

    吉川 義之, 杉元 雅晴, 前重 伯壮, 寺師 浩人

    褥瘡は創部を湿潤させることにより創傷治癒が促進することが明らかになっている。一方、電気刺激療法は「創の縮小」において推奨度はBランクであり、行うことが推奨されている。この電気刺激療法は、肉芽形成を促すTGF-β1や血管内皮細胞増殖因子であるVEGFを活性化させる効果がある。更に直流刺激では、陽極帯電している線維が細胞を陰極側に遊走することが可能である。そこで、湿潤環境を維持しながら電気刺激療法を行うことで褥瘡治癒期間を短縮できるかどうかを、自力体位変換が困難な仙骨部に褥瘡を有する患者を対象に検討した。褥瘡電流値は10〜20μAであった。刺激強度は損傷電流値と合わせて100μAに設定した上で直流微弱電流刺激療法を実施することで、褥瘡治癒期間を短縮できることが示唆された。また、褥瘡部位を陰極にすることで褥瘡周囲に線維芽細胞を遊走させ、活性化することにより、褥瘡治癒期間の短縮が期待できる。

    (一社)日本褥瘡学会, 2012年10月, 日本褥瘡学会誌, 14 (4), 582 - 586, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 赤唇部の毛細血管奇形(単純性血管腫)に対するパルス色素レーザー照射効果の検討

    江尻浩隆, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    2012年10月, 日本レーザー医学会誌, 33 (3号), 307, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 整容性を高める乳房手術とその長期成績 乳房温存術後変形に対する自家組織二期再建の治療戦略 Step-Surgery Concept

    橋川和信, 寺師浩人, 横尾聡

    2012年10月, 日本臨床外科学会雑誌, 73 (増刊), 376, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 神戸大学での持続洗浄型NPWTを用いた縦隔炎・胸骨骨髄炎治療

    榊原俊介, 寺師浩人, 櫻井沙由理, 橋川和信, 田原真也

    2012年09月, 日本形成外科学会会誌, 32 (9号), 699, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • V.A.C.ATS治療システムを用いた植皮固定法

    高須啓之, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2012年09月, 日本形成外科学会会誌, 32 (9号), 713, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 整容面と機能面を考慮した顔面外傷初期治療と後遺症に対する治療戦略

    横尾聡, 橋川和信, 寺師浩人

    2012年08月, 群馬医学, (96号), 53 - 58, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 重症下肢虚血に対する血行再建術の選択 血管内治療とバイパス術の比較・検討

    北野 育郎, 辻 依子, 石田 泰久, 中山 真紀, 辻 義彦, 寺師 浩人, 杉本 幸司

    日本下肢救済・足病学会, 2012年07月, 日本下肢救済・足病学会誌, 4 (2), 56 - 56, 日本語

  • 外側胸動静脈によるSupercharged大胸筋皮弁による頭頸部再建 大胸筋皮弁のさらなる生着を求めて

    横尾聡, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2012年07月, 日本形成外科学会会誌, 32 (7号), 519 - 520, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 【陰圧閉鎖療法~私の工夫】 V.A.C.使用時における健常皮膚の保護

    榊原俊介, 寺師浩人, 櫻井沙由理, 橋川和信, 田原真也

    2012年07月, 創傷, 3 (3号), 108 - 116, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 乳房温存手術におけるわれわれの治療戦略 step surgery conceptを用いて

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    2012年05月, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集20回, 293, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 短鎖脂肪酸・多価不飽和脂肪酸がヒト皮膚由来線維芽細胞に与える抗線維化作用

    鳥井 一宏, 前重 伯壮, 青山 倫子, 今井 緑, 田淵 寛人, 三好 真琴, 濱田 康弘, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    (公社)日本栄養・食糧学会, 2012年04月, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 66回, 94 - 94, 日本語

    会議報告等

  • 褥瘡ハイリスク評価後のNSTの早期介入が褥瘡患者の栄養状態に及ぼす効果

    今井秀人, 沖佳祐, 前重伯壮, 野口まどか, 青山倫子, 三好真琴, 吉川義之, 寺師浩人, 濱田康弘, 宇佐美眞

    2012年03月25日, 静脈経腸栄養, 27 (2), 760, 日本語

  • 下肢難治性潰瘍に対する集学的治療

    杉本幸司, 寺師浩人

    2012年03月, 兵庫県全外科医会会誌, 46, 11 - 19, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • RISK FACTORS OF MAJOR LIMB AMPUTATIONS IN CRITICAL LIMBS ISCHEMIA PATIENTS

    Yoriko Tsuji, Ikuro Kitano, Satoru Kajita, Aya Moriwaki, Hiroto Terashi, Shinya Tahara

    WILEY-BLACKWELL, 2012年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 20 (1), A4 - A4, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • SUGICAL TREATMENT AND PERIOPERATIVE MANAGEMENT FOR PRESSURE ULCERS ON ISCHIAL REGION

    H. Terashi, S. Sakakibara, M. Noguchi, K. Matsumoto, M. Sugimoto, S. Sakurai, Y. Shibaoka, S. Tahara

    WILEY-BLACKWELL, 2012年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 20 (1), A3 - A3, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • THE EFFICIENCY OF MAGNETIC RESONANCE IMAGING IN THE DIAGNOSIS OF OSTEOMYELITIS IN THE DIABETIC ULCERS

    Miki Fujii, Masato Kawasaki, Hiroto Terashi

    WILEY-BLACKWELL, 2012年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 20 (1), A7 - A7, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • NOVEL TREATMENT OF LYMPHORRHEA WITH FLUORESCENT LYMPHOGRAPHY

    Shunsuke Sakakibara, Kanako Yuasa, Hiroto Terashi, Kazunobu Hashikawa, Shinya Tahara

    WILEY-BLACKWELL, 2012年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 20 (1), A10 - A10, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Impact of Angiosome Approach on Clinical Outcomes of Endovascular Therapy in Patients with Critical Limb Ischemia Presenting with Isolated Below-the-Knee Lesions

    Kiyonori Nanto, Osamu Iida, Shin Okamoto, Tomoharu Dohi, Yoshimitsu Soga, Keisuke Hirano, Daizo Kawasaki, Kenji Suzuki, Yusuke Miyashita, Hiroto Terashi, Shinsuke Nanto, Masaaki Uematsu

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2011年11月, JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY, 58 (20), B151 - B151, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 【重症虚血肢の常識・非常識Q&A】 救肢診断の常識・非常識

    寺師浩人

    2011年11月, Vascular Lab, 8巻, 5号, pp. 472-475, 日本語

    その他

  • 腸骨髄質移植による眼窩下壁再建 眼窩ブローアウト骨折手術における有用性

    橋川和信, 榊原俊介, 寺師浩人

    2011年07月, 創傷, 2巻, 3号, pp. 97-103, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【重症下肢虚血におけるlimb salvage 形成外科の役割】 重症下肢虚血の病態診断

    寺師浩人

    2011年06月, 形成外科, 54巻, 6号, pp. 581-590, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【創傷治療の最前線】 下肢難治性潰瘍 糖尿病性病変、重症下肢虚血・静脈うっ滞性潰瘍 糖尿病性足潰瘍と重症下肢虚血 その創傷概念と救肢の意義

    寺師浩人

    2011年04月, 医学のあゆみ, 237巻, 1号, pp. 71-78, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【あなたも名医!知っておきたい閉塞性動脈硬化症 わかっているようでわかっていない?!】 跛行肢の治療はどうする? angiosomeとは?

    寺師浩人

    2011年04月, jmed mook, 巻, 13号, pp. 105-106, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【高齢者のフットケア】 形成外科による糖尿病性足潰瘍の局所治療

    寺師浩人

    2011年02月, Geriatric Medicine, 49巻, 2号, pp. 189-194, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 前重伯壮, 寺師浩人, 青山倫子, 鳥井一宏, 杉元雅晴, 宇佐美眞

    2011年, 理学療法学, 38, ROMBUNNO.OS3-066, 日本語

  • 短鎖脂肪酸のヒト皮膚由来線維芽細胞に与える抗線維化作用の検討

    鳥井一宏, 前重伯壮, 青山倫子, 今井緑, 田淵寛人, 三好真琴, 濱田康弘, 寺師浩人, 宇佐美眞

    2011年, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, 41st, 59, 日本語

  • EVALUATION OF THE OPTIMUM ELECTRICAL STIMULATION INTENSITY FOR GALVANOTAXIS IN HUMAN FIBROBLASTS

    Masaharu Sugimoto, Hiroto Terashi, Noriaki Maeshige, Hiroto Honda, Yoshiyuki Yoshikawa

    WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC, 2011年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 19 (1), A5 - A5, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 【創傷管理とスキンケア(前編)】 慢性創傷 下肢潰瘍の治療

    寺師浩人

    2010年12月, 重症集中ケア, 9巻, 5号, pp. 83-92, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【形成外科の治療指針update 2010】 四肢の疾患 糖尿病足、虚血肢

    寺師浩人

    2010年10月, 形成外科, 53巻, 増刊, pp. S186-S187, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 老年症候群の見方 褥瘡

    寺師浩人

    2010年09月, 日本老年医学会雑誌, 47巻, 5号, pp. 396-398, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【皮膚潰瘍治療戦略update】 神経障害による皮膚潰瘍

    寺師浩人

    2010年06月, Derma., 巻, 167号, pp. 49-56, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【足病変ケアマニュアル 病態の理解からフットケア、リハビリテーションの知識まで】 看護師が理解しておきたい足病変の診断と治療 糖尿病神経障害

    寺師浩人

    2010年06月, Nursing Mook, 巻, 59号, pp. 46-53, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • POST-AMPUTATION FUNCTIONAL AMBULATION IN PATIENTS WITH CLI

    Yoriko Tsuji, Ikuro Kitano, Hiroto Terashi, Shinya Tahara

    WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC, 2010年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 18 (1), A5 - A5, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • NEW ACELLULAR SCALP DERMIS TO MAKE EX-VIVO PRODUCED SKIN EQUIVALENT WITH HAIR FOLLICLES

    H. Terashi, S. Sakakibara, M. Hasegawa, T. Makiguchi, K. Hashikawa, S. Tahara, T. Yamaoka, A. Mahara, T. Fujisato

    WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC, 2010年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 18 (1), A4 - A4, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • [Pressure ulcer].

    Hiroto Terashi

    2010年, Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics, 47 (5), 396 - 8, 日本語, 国内誌

    [査読有り]

  • Clinical comparison study of foot ulcers among diabetic mellitus, spina bifida, and Hansen's disease

    H. Terashi, Y. Tsuji, Kitano, I, Y. Ohira, A. Yamaguchi, R. Nogami, S. Tahara

    WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC, 2009年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 17 (1), A9 - A9, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • New acellular scalp dermis to make ex-vivo produced skin equivalent with hair follicles

    H. Terashi, S. Yokoo, S. Sakakibara, K. Hashikawa, S. Kurata, T. Sunagawa, T. Makiguchi, T. Fujisato, S. Itami, M. Hasegawa, S. Tahara

    WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC, 2009年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 17 (1), A7 - A7, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Outcomes of patients with CLI (critical limbs ischemia) and chronic leg ulcers treated without revascularization

    Yoriko Tsuji, Ikuro Kitano, Yoshihiko Tsuji, Hiroatsu Iwatani, Hiroto Terashi, Shinya Tahara

    WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC, 2009年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 17 (1), A8 - A8, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 実践皮膚外科テクニック 覚えておきたい手術手技のコツ 皮膚腫瘍、皮膚潰瘍に対する皮弁手術の適応/非適応

    寺師浩人

    2008年12月, 日本皮膚科学会雑誌, 118巻, 13号, pp. 2705-2708, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【褥瘡手術治療の適応と皮弁の選択】 踵部の褥瘡に対する術式の選択

    寺師浩人, 橋川和信

    2008年10月, 形成外科, 51巻, 10号, pp. 1173-1182, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【外科系医師のための『創傷外科』update】 創傷外科各論 慢性創傷 下腿潰瘍 血管性下腿潰瘍:動脈性 虚血性下腿潰瘍の分類と診断

    寺師浩人, 田原真也

    2008年10月, 形成外科, 51巻, 増刊, pp. S124-S130, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Hiroto Terashi

    The pathophysiology of chronic wounds differ from that of acute wounds, and the etiology has various, for example decubitus, diabetes, insufficient venous circulation, radiation, et al. Now, for diabetic foot ulcers with/without PAD, internist (diabetologist, interventionalist), radiologist, vascular surgeon, orthopedic surgeon, dermatologist, plastic surgeon tackle this difficult problem respectively. But it is far from total medical care as a team medicine. In this mini-review, I want to introduce our project for diabetic foot ulcers and gangrene with /without PAD, presenting our cases. I shall be happy if I can be of any help to any neurogenic foot problems in Hansen's disease.

    Japanese Leprosy Association, 2008年09月, Nihon Hansenbyo Gakkai zasshi = Japanese journal of leprosy : official organ of the Japanese Leprosy Association, 77 (3), 237 - 41, 日本語, 国内誌

  • 実践したくなるなるプロのテクニック リハビリテーションに生かすフットケア 感染症とフットケア

    寺師浩人

    2008年06月, 地域リハビリテーション, 3巻, 6号, pp. 509-511, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Lipid analysis of normal dermis and hypertrophic scars (vol 15, pg 833, 2007)

    Tadashi Nomura, Hiroto Terashi, Makoto Omori, Atsushi Sakurai, Masumi Hasegawa, Shinya Tahara

    WILEY-BLACKWELL, 2008年05月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 16 (3), 468 - 468, 英語

    その他

  • Remodeling of basement membrane and acquisition of barrier function in postgrafting status of ex-vivo produced oral mucosal composite equivalent (EVPOME)

    H. Terashi, S. Yokoo, T. Komori, S. Tahara

    BLACKWELL PUBLISHING, 2008年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 16 (1), A9 - A9, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Decubitus of patients with spina bifida similar to The pathophysiology and our strategy of the treatment

    M. Fujii, H. Terashi, S. Tahara, Y. Tsuji, I. Kitano

    BLACKWELL PUBLISHING, 2008年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 16 (1), A8 - A8, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Intractable skin ulcers with chronic rheumatoid arthritis

    C. Takekawa, H. Terashi, S. Tahara, Y. Tsuji, Kitano, I

    BLACKWELL PUBLISHING, 2008年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 16 (1), A6 - A6, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Two cases of exposed hepatic artery infusion pump salvaged with local flap reconstruction without change of catheter

    Kei Mizuguchi, Hiroto Terashi, Shinya Tahara, Zen Ozawa, Masako Fujiwara, Satoshi Tani

    BLACKWELL PUBLISHING, 2008年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 16 (1), A3 - A3, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Blue toe syndrome with foot ulcers

    Y. Tsuji, H. Terashi, Kitano, I, S. Tahara

    BLACKWELL PUBLISHING, 2008年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 16 (1), A7 - A7, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Analysis of special features of various film dressings

    Kei Mizuguchi, Hiroto Terashi, Shinya Tahara, Masahiro Samizo, Yoshihiko Tsukamoto

    BLACKWELL PUBLISHING, 2008年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 16 (1), A7 - A7, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Hybrid treatment for critical limb ischemia using skin perfusion pressure (SPP) as wound care management similar to Ten cases report

    Nagata, I, H. Terashi, K. Hashikawa, Y. Tsuji, Kitano, I, S. Tahara

    BLACKWELL PUBLISHING, 2008年01月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 16 (1), A6 - A6, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 【毛髪治療パーフェクトガイド】 毛髪再建の将来

    寺師 浩人

    2008年01月, PEPARS, 巻, 19号, pp. 79-85, 日本語

    その他

  • 【形成外科医のための皮膚軟部組織悪性腫瘍の診断と治療】 有棘細胞癌

    寺師 浩人

    2007年10月, 形成外科, 50巻, 10号, pp. 1119-1129, 日本語

    その他

  • 形成外科学 皮膚灌流圧(skin perfusion pressure:SPP) 血行障害が原因の創傷に対する治癒予測

    寺師 浩人

    2007年07月, 医学のあゆみ, 222巻, 4号, pp. 287-288, 日本語

    その他

  • Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi, Shinya Tahara

    BACKGROUND: In treating patients with anophthalmic orbits, it is essential to achieve a long-lasting natural appearance and comfortable retention of eye prostheses. In 1992, the authors developed a therapeutic strategy based on a simple algorithm for treating the three common symptoms of acquired anophthalmic orbit: severe eye socket contracture is surgically treated with a radial forearm free flap transfer, upper lid depression is treated with lipoinjection, and lower lid retraction is treated with an auricular cartilage graft. METHODS: From 1992 to 2004, 18 acquired anophthalmic orbits (11 enucleated and seven exenterated) were treated at Kobe University Hospital based on the authors' therapeutic strategy. Aesthetic outcomes were evaluated according to patient and surgeon satisfaction. RESULTS: Sixteen patients underwent auricular cartilage grafts, eight received radial forearm free flap transfers, and seven were treated with lipoinjection. Optional revisional surgery was carried out in four cases. The aesthetic outcome was assessed as good in six patients, moderate in eight patients, and poor in four patients; the last four had undergone total maxillectomy with orbital exenteration or had eyelid defects because of previous cancer surgery. CONCLUSIONS: The authors' therapeutic strategy for acquired anophthalmic orbit is simple and, with slight modification, fitting for most cases, although it necessitates innovative surgery in cases with orbital rim and/or eyelid defects.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2007年06月, Plastic and reconstructive surgery, 119 (7), 2182 - 2188, 英語, 国際誌

  • 癌治療への再生医療の応用 培養複合口腔粘膜(EVPOME)の口腔癌治療への応用

    寺師 浩人

    2007年05月, 再生医療, 6巻, 2号, pp. 203-208, 日本語

    その他

  • 【Coronary Interventionistのための末梢インターベンション術】 術者が知っておくべき重症虚血肢のフットケア

    寺師 浩人

    2007年05月, Coronary Intervention, 3巻, 3号, pp. 106-109, 日本語

    その他

  • 【縫合の基本手技】 頭髪部の縫合

    寺師浩人, 一瀬晃洋

    2007年03月, PEPARS, 14号, pp. 28-33, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【毛髪再生メカニズムの新展開】 毛包と毛髪の脂肪酸解析

    寺師浩人

    2007年02月, 形成外科, 50巻, 2号, pp. 141-148, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【リハビリテーション関係者のための実践褥瘡予防・治療ガイド】 褥瘡の治療 褥瘡の物理療法

    杉元雅晴, 寺師浩人

    2007年01月, MEDICAL REHABILITATION, 75号, pp. 65-75, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 形成外科に学ぶ頭頸部領域の基本手技 神戸大学における遊離前腕皮弁移植の基本戦略

    橋川和信, 寺師浩人

    2006年10月, 頭頸部癌, 32巻, 3号, pp. 247-252, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【創傷ケアをきわめる】 創傷ケアの温故知新 Wound bed preparation

    寺師浩人

    2006年10月, 臨床看護, 32巻, 11号, pp. 1556-1562, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【新しい創傷管理】 新鮮外傷の管理

    寺師浩人

    2006年04月, 小児外科, 38巻, 4号, pp. 468-474, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【病態よりみた難治性下腿潰瘍の診断と治療】 感染性下腿潰瘍

    寺師浩人, 辻依子, 北野育郎, 澁谷博美

    2006年02月, 形成外科, 49巻, 2号, pp.181-192, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【形成外科における画像診断】 下肢血行障害の画像診断

    寺師浩人, 北野育郎, 辻依子

    2006年01月, 形成外科, 49巻, 1号, pp.17-23, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 体圧分布測定装置(FSA,VARG社製)を臨床導入し,座位用クッションの選択や姿勢保持を検討した症例報告

    安藤 嘉子, 野口 まどか, 寺師 浩人, 辻 依子, 宮村 卓, 長野 徹, 田原 真也

    (一社)日本褥瘡学会, 2005年08月, 日本褥瘡学会誌, 7 (3), 467 - 467, 日本語

  • 周術期臀部皮膚障害 当院における発生状況と予防策

    長野 徹, 安藤 嘉子, 辻 依子, 宮村 卓, 西山 裕子, 山本 乃理子, 野口 まどか, 寺師 浩人

    (一社)日本褥瘡学会, 2005年08月, 日本褥瘡学会誌, 7 (3), 477 - 477, 日本語

  • エアマットレス使用時の側臥位における体位保持枕使用方法の検討

    池田 絵美子, 野口 まどか, 安藤 嘉子, 辻 依子, 寺師 浩人, 伊藤 佳代子, 休坂 みち子

    (一社)日本褥瘡学会, 2005年08月, 日本褥瘡学会誌, 7 (3), 521 - 521, 日本語

  • 身長の違いによるベッドの頭側挙上・下降時の仙骨部のずれ

    井上 慶子, 永濱 郁代, 内富 裕子, 休坂 みち子, 野口 まどか, 安藤 嘉子, 辻 依子, 寺師 浩人

    (一社)日本褥瘡学会, 2005年08月, 日本褥瘡学会誌, 7 (3), 612 - 612, 日本語

  • エアマットレス使用時の側臥位における体位保持枕使用方法の検討

    池田 絵美子, 野口 まどか, 安藤 嘉子, 辻 依子, 寺師 浩人, 伊藤 佳代子, 休坂 みち子

    (一社)日本褥瘡学会, 2005年06月, 日本褥瘡学会誌, 7 (2), 281 - 281, 日本語

  • われわれの工夫 代替VACシステム作製方法

    宮村卓, 寺師浩人, 辻依子, 柳英之, 田原真也

    2005年01月, 形成外科, 48巻, 1号, pp. 68-71, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 培養複合口腔粘膜の臨床応用に関する研究 移植を行わなかった症例について

    芳澤 享子, 飯田 明彦, 小山 貴寛, 中西 義崇, 小野 由起子, 新美 奏恵, 鈴木 一郎, 齊藤 力, 高木 律男, 寺師 浩人, 横尾 聡, 古森 孝英, 津野 宏彰, 古田 勲

    (一社)日本口腔内科学会, 2004年12月, 日本口腔粘膜学会雑誌, 10 (2), 60 - 60, 日本語

  • 【オフィスダーマトロジーのための皮膚外科実践マニュアル】 皮膚外科dermatologic surgeryに必要な必須手技の蘊蓄 適切な手術適応を決めるために,皮膚生検の重要性とその方法と注意点

    寺師浩人

    2003年12月, Derma., 81号, pp. 23-29, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Osteogenesis in vitro by stromal cells derived from human adipose tissue.

    S. Watatani, H. Terashi, K. Saigo, Y. Jyokei, C. Tateishi, S. Yokoo, T. Komori

    INT AMER ASSOC DENTAL RESEARCHI A D R/A A D R, 2003年06月, JOURNAL OF DENTAL RESEARCH, 82, B109 - B109, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 泉 健次, 寺師 浩人, 芳澤 享子

    2001年, 日本口腔外科学会雑誌, 47 (5), 289 - 292

  • V-Y advancement posterior thigh fasciocutaneous flaps for total anal canal and large perianal defects

    H Terashi, O Shibata, A Yamamoto, Y Kudo, T Tadokoro, S Kurata, S Takayasu

    LITTLE BROWN CO, 1996年09月, ANNALS OF PLASTIC SURGERY, 37 (3), 340 - 341, 英語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

書籍等出版物

  • 外科系医師が知っておくべき創傷治療のすべて

    鈴木, 茂彦, 寺師, 浩人, 日本創傷外科学会

    南江堂, 2017年04月, 日本語, ISBN: 9784524254866

  • 糖尿病性足潰瘍の100例 : あなたの患者さんはどのType?

    寺師, 浩人

    克誠堂出版, 2016年02月, 日本語, ISBN: 9784771904521

  • 創傷のすべて : キズをもつすべての人のために

    安部, 正敏, 溝上, 祐子, 寺師, 浩人, 市岡, 滋

    克誠堂出版, 2012年09月, 日本語, ISBN: 9784771903982

  • 創傷のすべて / 第III章 その他の創傷,9. 動静脈奇形による潰瘍

    野村正, 寺師浩人

    共著, 克誠堂出版, 2012年09月, 日本語

    学術書

  • 足の創傷をいかに治すか : 糖尿病フットケア・Limb Salvageへのチーム医療

    市岡, 滋, 寺師, 浩人

    克誠堂出版, 2009年03月, 日本語, ISBN: 9784771903487

  • 皮膚科診療最前線シリーズ「フットケア最前線」 / フットケア治療の実際 形成外科のフットケアを知る 足潰瘍のデブリードマンのコツと注意点

    寺師浩人

    共著, メディカルレビュー社, 2008年, 日本語

    学術書

  • 透析患者の末梢動脈病変とフットケア~早期発見と治療戦略~ / 下肢大切断のタイミングと適応、予後、問題点

    寺師浩人

    共著, 医薬ジャーナル社, 2008年, 日本語

    学術書

  • 重症虚血肢診療の実践~集学的治療によるアプローチ / 重症虚血肢の診断 外科医の立場から

    寺師浩人

    共著, 南江堂, 2008年, 日本語

    学術書

  • 重症虚血肢診療の実践~集学的治療によるアプローチ / 重症虚血肢の治療 形成外科医の立場から

    寺師浩人

    共著, 南江堂, 2008年, 日本語

    学術書

  • 在宅褥瘡予防・治療ガイドブック / 褥瘡の概要 褥瘡治癒経過 褥瘡難治化の原因

    寺師浩人

    共著, 照林社, 2008年, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 現場の疑問に答える褥瘡診療Q&A / 褥瘡の治療をめぐる疑問に答える 褥瘡の外科的療法 瘢痕や段差のある時の手術はどうするの?

    寺師浩人

    共著, 中外医学社, 2008年, 日本語

    学術書

  • What's new in 皮膚科学2008-2009 / 皮膚灌流圧(SPP)を用いた創傷管理

    寺師浩人

    共著, メディカルレビュー社, 2008年, 日本語

    学術書

  • Modern Physician特集:褥瘡診療の実際 すべての医師のための知識とスキル / 慢性期褥瘡の治療~外用薬・ドレッシング材から手術まで~ポケットをなくすには

    寺師浩人

    共著, 新興医学出版社, 2008年, 日本語

    学術書

  • 褥瘡チーム医療ハンドブック / 褥瘡のリハビリテーション

    杉元雅晴, 寺師浩人

    共著, 文光堂, 2007年10月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 褥瘡チーム医療ハンドブック / 二分脊椎症患者の褥瘡予防

    寺師浩人

    共著, 文光堂, 2007年, 日本語

    学術書

  • 重症虚血肢の診断と治療 / Ⅶ.デブリードマンまたは形成外科的アプローチ

    寺師 浩人

    共著, メディアルファ社, 2007年, 日本語

    学術書

  • ガイドラインを読む~褥瘡局所治療ガイドライン編~ / ミニレクチャー(踵の褥瘡と他の部位の褥瘡管理の違い)

    寺師 浩人

    共著, メディカルビュー社, 2007年, 日本語

    学術書

  • EBM透析療法 2007-2008 / 維持透析患者の合併症 皮膚症状 糖尿病患者の足をどう管理すべきか?

    寺師浩人

    共著, 中外医学社, 2007年, 日本語

    学術書

  • Coronary Interventionalistのための末梢インターベンション術PARTⅡ / 術者が知っておくべき重症虚血肢のフットケア

    寺師 浩人

    共著, メディアルファ, 2007年, 日本語

    学術書

  • 褥瘡リハビリテーション、第1部外科領域のリハビリテーション

    寺師 浩人

    共著, 共同医書出版社, 2006年, 日本語

    学術書

  • 創傷治癒(創傷治癒過程、褥瘡、ドレナージ)、第2部外科領域リハビリテーションのための基礎知識

    てらし ひろと

    共著, 共同医書出版社, 2006年, 日本語

    学術書

  • 創傷治癒 / 5.創傷治癒後の病態 2)肥厚性瘢痕とケロイド

    寺師 浩人

    共著, ブレーン出版, 2005年, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 創傷の治療:最近の進歩 形成外科ADVANCEシリーズ / Ⅱ創傷の治療15.毛包と毛髪の創傷治癒

    寺師 浩人

    共著, 克誠堂, 2005年, 日本語

    学術書

  • 今日の治療指針2005年版 / 1.救急医療.治療.切断肢・指再接着

    寺師 浩人

    共著, 医学書院, 2005年, 日本語

    学術書

  • ドレッシング.新しい創傷管理 / Ⅵ 様々な創のドレッシング.10.熱傷のドレッシング

    寺師 浩人

    共著, へるす出版, 2005年, 日本語

    教科書・概説・概論

  • ドレッシング.新しい創傷管理 / Ⅵ 様々な創のドレッシング.10.過形成性瘢痕ならびにケロイド形成を防止するドレッシング

    寺師 浩人

    共著, へるす出版, 2005年, 日本語

    教科書・概説・概論

講演・口頭発表等

  • 糖尿病性足潰瘍の発生にAGEがどう関与するのか~糖尿病性足潰瘍では治癒後にケロイド・肥厚性瘢痕を生じない!

    藤井 美樹, 寺師 浩人

    第13回瘢痕・ケロイド治療研究会, 2018年12月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 指神経背側枝を温存した逆行性指動脈皮弁による指尖部再建の経験

    大﨑 健夫, 田村 亮介, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第45回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2018年12月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別講演】創傷治癒家庭におけるNPWTの使用時期・注意点

    寺師 浩人

    NPWTスキルアップセミナー, 2018年12月, 日本語, 札幌, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • パルスオキシメーターを用いた持続的遊離皮弁モニタリング法

    榊原 俊介, 北野 大希, 森松 康行, 中原 実, 寺師 浩人

    第45回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2018年12月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 膠原病にPADを合併した難治性足潰瘍に対して腰部交感神経節ブロックを施行し、良好な結果が得られた3症例

    佐竹 寛, 田村 亮介, 佐藤 仁昭, 本山 泰士, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第120回関西形成外科学会学術集会, 2018年11月, 日本語, 西宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 洗浄併用局所陰圧閉鎖療法における用手形成皮膚保護剤の使用経験

    小倉 明人, 長谷川 泰子, 木谷 慶太郎, 青木 大地, 政岡 浩輔, 寺師 浩人

    第120回関西形成外科学会学術集会, 2018年11月, 日本語, 西宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 食道癌胃管再建術後の膵頭十二指腸切除術において胃管血管茎の血行再建を行った2例

    星野 早香, 北野 大希, 大﨑 健夫, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第120回関西形成外科学会学術集会, 2018年11月, 日本語, 西宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別講演】糖尿病患者の歩行を守る

    寺師 浩人

    第232回みなとセミナー形成外科講演会, 2018年11月, 日本語, 横浜, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【ワークショップ1:外科・救急領域における特殊感染症】壊死性軟部組織感染症治療における形成外科的トータルアプローチ

    田村 亮介, 榊原 俊介, 大﨑 健夫, 木谷 慶太郎, 寺師 浩人

    第31回日本外科感染症学会, 2018年11月, 日本語, 大阪, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【シンポジウム8:難治性創傷に対する治療法の進歩(チーム医療、重症虚血肢の治療、 ストーマ周囲潰瘍、等)】骨髄炎を伴う糖尿病性足潰瘍に対する治療

    藤井 美樹, 寺師 浩人

    第48回日本創傷治癒学会(東京), 2018年11月, 日本語, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム4:陰圧閉鎖療法の理論と実践】形成外科における周術期感染症への対応―NPWT を中心に―

    榊原 俊介, 木谷 慶太郎, 大澤 沙由理, 田村 亮介, 寺師 浩人

    第31回日本外科感染症学会総会学術集会, 2018年11月, 日本語, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム2:成人した二分脊椎の足は誰が治療している?―小児と大人の壁を取り払おう―】足部の褥瘡とフットケア

    辻 依子, 北野 育郎, 寺師 浩人

    第43回日本足の外科学会学術集会, 2018年11月, 日本語, 木更津, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • CT画像を元に切除範囲のsimulationを行った下肢びまん性神経線維腫症の1例

    北野 大希, 大﨑 健夫, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第28回日本シミュレーション外科学会, 2018年11月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 動脈閉塞による虚血を合併する膠原病性潰瘍の治療経験

    長谷川 泰子, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第4回日本下肢救済・足病学会関西地方会学術集会, 2018年10月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 唇裂術後様変形をきたした外傷性上口唇瘢痕拘縮の一例

    大﨑 健夫, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2018年10月, 日本語, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血に対する下肢切断36症例の振り返り-適応と合併症回避の術中の工夫-

    蔡 顯真, 平井 優樹, 田原 真也, 中野 昌弘, 松尾 実奈, 杉若 昌一, 田中 信英, 大慈弥 裕之, 寺師 浩人

    第4回日本下肢救済・足病学会関西地方会学術集会, 2018年10月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別講演】透析患者さんの歩行を守る

    寺師 浩人

    第4回別府透析フォーラム, 2018年10月, 日本語, 別府, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【特別講演】糖尿病患者の歩行を守る(神戸分類の先へ)

    寺師 浩人

    第21回 北里形成外科フォーラム, 2018年10月, 日本語, 相模原, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【教育パネルディスカッションⅡ「通」シリーズ~重箱のすみまで 2.外傷及び腫瘍切除後の顔面組織の再建:「NPWTを用いた頭皮~顔面・頸部皮膚欠損に対する再建」】開頭後の頭皮・頭蓋欠損に対するNPWTを用いた再建術の限界

    寺師 浩人, 榊原 俊介, 野村 正, 橋川 和信

    第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2018年10月, 日本語, 札幌, 国内会議

    その他

  • 【教育パネルディスカッションII 「通」シリーズ~重箱のすみまで 頭頸部癌の再建治療を行う頭頸部再建外科:Aesthetic mindをそなえた顔面再建~What are the final goals?】がん切除によって生じた顔面の全層欠損に対する再建戦略-Step-Surgery Concept-

    橋川 和信, 野村 正, 大﨑 健夫, 原岡 剛一, 寺師 浩人

    第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2018年10月, 日本語, 札幌, 国内会議

    その他

  • 【シンポジウムⅣ:エキスパートの試練に学ぶ】血流と創傷治癒の駆け引き

    寺師 浩人

    第4回日本下肢救済・足病学会関西地方会学術集会, 2018年10月, 日本語, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 「blue toeを如何に治療するか」Blue toe syndromeに対する集学的アプローチ

    辻 依子, 近藤 千紗, 瀨野 彩香, 北野 育郎, 寺師 浩人

    第15回日本フットケア学会函館セミナー, 2018年10月, 日本語, 函館, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 4.陰圧閉鎖療法について(チーム医療推進委員会企画:創傷管理関連特定行為研修修了者フォローアップセミナー).

    寺師 浩人

    第20回日本褥瘡学会学術集会, 2018年09月, 日本語, 横浜, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 3.壊死組織除去について(チーム医療推進委員会企画:創傷管理関連特定行為研修修了者フォローアップセミナー)

    寺師 浩人

    第20回日本褥瘡学会学術集会, 2018年09月, 日本語, 横浜, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【特別講演】透析患者の歩行を守る-Up to Date-

    寺師 浩人

    Podiatry Conference in 桑園, 2018年09月, 日本語, 札幌, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【シンポジウム2:生涯自分の足で歩くために~フットケア(救肢)への取り組み~】フットケア(救肢)の目的は歩行を守ること

    寺師 浩人

    第23回日本糖尿病教育・看護学会学術集会, 2018年09月, 日本語, 水戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 糖尿病患者の歩行を守る

    寺師 浩人

    フットケアセミナーin 米子, 2018年08月, 日本語, 米子, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【特別講演】透析患者の歩行を守る

    寺師 浩人

    第51回京都透析懇話会, 2018年08月, 日本語, 京都, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 皮膚軟部組織欠損を伴う下腿骨髄炎・感染性偽関節に対するMasquelet法を用いた治療戦略

    長谷川 泰子, 榊原 俊介, 髙須 啓之, 田村 亮介, 大﨑 健夫, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第10回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2018年07月, 日本語, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭頸部再建術後感染創に対しNPWTi-dを行った2例

    北野 大希, 榊原 俊介, 中原 実, 寺師 浩人

    第10回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2018年07月, 日本語, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科で経験した外陰部悪性黒色腫の2例

    北川 敬之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第34回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2018年07月, 日本語, 浜松, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 診断技術向上seminar; 骨髄炎を合併した糖尿病性足潰瘍に対するMRI診断

    藤井 美樹, 寺師 浩人

    第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2018年07月, 日本語, 大阪, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 耳下腺部リンパ管奇形として長年加療を受けていた成熟嚢胞性奇形腫の一例

    丸口 勇人, 野村 正, 佐々木 了, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第15回日本血管腫血管奇形学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高気圧酸素療法が行われた難治性潰瘍35例の検討 ~継続・中止を検討するタイミングに関する分析~

    江尻 浩隆, 木谷 慶太郎, 髙須 啓之, 岩山 隆憲, 岩谷 博篤, 榊原 俊介, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第10回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2018年07月, 日本語, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【理事会企画】足病、足潰瘍、フットケアと下肢リハビリテーションの定義

    寺師 浩人

    第10回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 札幌, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【日本フットケア学会合同企画】最後の日本下肢救済・足病学会と最初の合併後学会に向けて

    寺師 浩人

    第10回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 札幌, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【特別講演】歩行を守るパッションとエビデンス

    寺師 浩人

    第10回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 札幌, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【ワークショップ4:血行再建後の創傷管理と多職種連携】末梢血行再建後の創傷管理

    藤井 美樹, 寺師 浩人

    第10回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 札幌, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【ワークショップ3:血行再建後のリハビリテーションはどうあるべきか】血行再建の効果共有に向けた歩行の標準化指標の構築

    山下 和彦, 吉原 正宣, 河辺 信秀, 林 久恵, 大塚 未来子, 前重 伯壮, 山端 志保, 寺師 浩人

    第10回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 札幌, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【パネルディスカッション4:高齢者の足病と下肢機能予後・脳機能予後】足部切断術による足関節可動域低下は高齢者の歩行維持に影響するか

    藤井 美樹, 吉岡 剛, 吉本 奈央, 寺師 浩人

    第10回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 札幌, 国内会議

    その他

  • 【パネルディスカッション1:下肢の血行評価と難治性潰瘍の治療予後判定】PADを合併する糖尿病性足潰瘍の治療予後について-病態別分類(神戸分類)を用いて-

    森脇 綾, 辻 依子, 寺師 浩人

    第10回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2018年07月, 日本語, さいたま, 国内会議

    その他

  • 【シンポジウム3:足病重症度判定ーWIfI分類をどう生かすか】WIfI分類を用いたCLIの下肢予後予測

    辻 依子, 近藤 千紗, 瀨野 彩香, 北野 育郎, 寺師 浩人

    第10回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 札幌, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム2:NPWT の次の課題は何か】NPWTの次の課題〜頭頸部領域への適用〜

    榊原 俊介, 北野 大希, 木谷 慶太郎, 寺師 浩人

    第10回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2018年07月, 日本語, さいたま, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム1:重症四肢外傷における創傷外科医の役割】重症四肢外傷治療において 形成外科はいかに関わるべきか ―創傷・再建外科医として―

    田村 亮介, 榊原 俊介, 時吉 貴宏, 前田 翔, 長谷川 泰子, 寺師 浩人

    第10回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2018年07月, 日本語, さいたま, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • ビデオライブ「創傷管理の実際」増殖因子製剤、陰圧閉鎖療法、洗浄型陰圧閉鎖療法

    辻 依子, 西尾 祐美, 瀨野 彩香, 北野 育郎, 寺師 浩人

    第10回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 札幌, 国内会議

    その他

  • What should we do to save diabetic feet in Asia?

    Miki Fujii, Hiroto Terashi, Yokono K

    Diabetic Limb Salvage, 2018年07月, 英語, Soul, 国際会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • The Influence of Wound, Ischemia, and Foot Infection on Treatment of Diabetic Critical Limb Ischemia with Osteomyelitis

    Miki Fujii, Hiroto Terashi, Yokono K

    Diabetic Limb Salvage, 2018年07月, 英語, Soul, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • CLOVES症候群の一症例(第2報)

    野村 正, 森貞 直哉, 森 健, 木谷 慶太郎, 倉本 康世, 橋川 和信, 飯島 一誠, 寺師 浩人

    第15回日本血管腫血管奇形学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病患者さんの歩行を守る

    寺師 浩人

    平成30年度 第1回 医療・健康セミナー, 2018年06月, 日本語, 青森, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 切除に難渋した下肢巨大神経線維腫の一例

    北野 大希, 大﨑 健夫, 松森 万里子, 榊原 俊介, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第3回TaKkle in WATER, 2018年06月, 日本語, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別講演】治らないキズの治し方

    寺師 浩人

    慢性創傷管理の最前線 2018 福岡会場, 2018年06月, 日本語, 福岡, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【特別講演】治らないキズの治し方

    寺師 浩人

    慢性創傷管理の最前線 2018 東京会場, 2018年06月, 日本語, 東京, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【シンポジウム8:標準化への挑戦-ビデオから学ぶ施設間の違い-】神戸大学における下顎区域切除後のプレート再建

    橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第42回日本頭頸部癌学会, 2018年06月, 日本語, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム4:手術手技ビデオ:経験を宝に】マイクロサージャリーを用いた脈管奇形の手術療法

    野村 正, 石椛 寛芳, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第38回日本静脈学会総会, 2018年06月, 日本語, 横須賀, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Troubles of the Implantable Hepatic Arterial Device:A Protocol for Management and Salvage.

    Kenshin Sai, Sonoda T, Misato Ueda, Mina Tanaka, Shinya Tahara, Hiroto Terashi

    The 14th Korean-Japan congress of Plastic and Reconstructive Surgery, 2018年06月, 英語, Pyeongchang, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • DOES LOSS OF JOINT MOTION AFTER PARTIAL FOOT AMPUTATIONS AFFECT WALKING ABILITY IN ELDERLY DIABETIC PATIENTS?

    Miki Fujii, Hiroto Terashi

    Association of Diabetic Foot Surgeons, 2018年06月, 英語, London, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • DIABETIC FOOT OSTEOMYELITIS IS CAUSED BY DIRECT BACTERIAL INVASION THROUGH THE VESSEL LUMINA IN THE EPIPHYSIS

    Miki Fujii, Sato E, Matsumura H, Hiroto Terashi

    The 14th Korean-Japan congress of Plastic and Reconstructive Surgery, 2018年06月, 英語, Pyeongchang, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍の骨髄炎の感染ルートは骨幹端血管孔に存在する

    藤井 美樹, 寺師 浩人

    The 4th annual meeting for society of Plastics and regenerative science, 2018年05月, 日本語, 大分, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外陰部に発生したaggressive angiomyxomaの1例

    市川 恵梨, 野村 正, 林 知子, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第45回兵庫県形成外科医会研究会, 2018年05月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別講演】血管外科に伝えたい肢切断の要点

    寺師 浩人

    第46回日本血管外科学会学術総会, 2018年05月, 日本語, 山形, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Compartmentalization  using barbed sutures in the treatment of infiltrative venous malformations.

    Tadashi Nomura, Daichi Aoki, Keitaro Kitani, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    22nd International Workshop of the International Society for the Study of Vascular Anomalies, 2018年05月, 英語, Amsterdam, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Comparison of Percutaneous Polidocanol Injection and Percutaneous Ethanolamine Oleate Injection for the Treatment of Venous Malformations.

    Tadashi Nomura, Hirotaka Ejiri, Yasuyo Kuramoto, Atsushi Sakurai, Ikuko Kawakita, Hayato Maruguchi, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    22nd International Workshop of the International Society for the Study of Vascular Anomalies, 2018年05月, 英語, Amsterdam, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 腹腔動脈閉塞症例の膵頭十二指腸切除術における術前ステント留置と術中バイパス術によるW血行再建の経験

    髙須 啓之, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腹腔鏡下術後の臍窩部瘢痕に生じた埋没嚢胞に感染を繰り返した7症例

    石田 泰久, 華山 博美, 廣瀬 雅史, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳房インプラントによる乳房再建時に同時健側乳房吊り上げ術を行う意義について

    蔡 顯真, 岸本 昌浩, 上田 美怜, 田中 美奈, 田原 真也, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳児血管腫に対してプロプラノール内服療法に加え、手術療法を併用した症例の検討

    榎本 格, 野村 正, 江尻 浩隆, 森脇 綾, 石椛 寛芳, 藤井 美樹, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭部皮膚潰瘍に対するbipedicle flap法を用いた治療法

    山城 憲二郎, 野村 正, 木谷 慶太郎, 榎本 格, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科で経験した外陰部悪性黒色腫の2例

    北川 敬之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科でのシリコン乳房インプラント抜去についての検討

    市川 恵梨, 一瀬 晃洋, 岩山 隆憲, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における縦隔消化管瘻孔の治療に対する形成外科の関わり

    田村 亮介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 高須 啓之

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における下腿・大腿切断症例の検討~歩行機能維持予測因子について~

    西尾 祐美, 辻 依子, 瀬野 彩香, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 足部動静脈奇形による難治性潰瘍の治療経験

    丸口 勇人, 松葉 啓文, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 消化管穿孔をきたしたBlue toe syndromeの1例

    玉城 秀行, 藤井 美樹, 吉岡 剛, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 術前診断で血管奇形を疑われた2例

    瀬野 彩香, 野村 正, 榎本 格, 青木 大地, 山城 憲二郎, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼窩形態の解析研究 ~内壁と下壁のなす角と距離の関係~

    大﨑 健夫, 村上 英毅, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【パネルディスカッション2:再建術後の口腔または咽頭皮膚瘻のリカバリー】口腔・咽頭皮膚瘻のリカバリー 〜NPWT(i)・皮弁・その他〜

    榊原 俊介, 北野 大希, 榊原 晶子, 中原 実, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    その他

  • 【シンポジウム5:心臓血管術後縦隔炎に対するリカバリー】心臓血管術後87例の検討

    木谷 慶太郎, 榊原 俊介, 榎本 格, 大澤 沙由理, 大﨑 健夫, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム4:術後または外傷後の四肢骨髄炎に対するリカバリー】当院における下肢骨髄炎の治療経験(術後または外傷後の四肢骨髄炎に対するリカバリー)

    長谷川 泰子, 榊原 俊介, 木谷 慶太郎, 大澤 沙由理, 大﨑 健夫, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム3:重症虚血肢に対する血流とQOLのリカバリー】血流とQOLのrecoveryが できなかった5症例の検討

    藤井 美樹, 吉岡 剛, 玉城 秀行, 山田 貴章, 中川 雅之, 宮本 直和, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム20:感染と NPWT (negative pressure wound therapy):持続洗浄,間欠洗浄 or ?】NPWTi-dは従来の洗浄型NPWTを包括するのか?

    榊原 俊介, 木谷 慶太郎, 大澤 沙由理, 長谷川 泰子, 高須 啓之, 北野 大希, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム16:脳外科術後に生じた硬膜外膿瘍および頭蓋骨欠損に対するリカバリー】 脳外科術後に生じた頭部創傷に対する治療戦略

    野村 正, 髙須 啓之, 榊原 俊介, 大﨑 健夫, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • レーザースペックルフローグラフィーと血管造影所見を比較した3症例

    大澤 沙由理, 長谷川 泰子, 野村 正, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フェイスリフト術後の耳介変形に対する当科の工夫

    岩山 隆憲, 一瀬 晃洋, 寺師 浩人, 原岡 剛一

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Klippel-Trenaunay症候群に合併したstreptococcal toxic shock syndromeの治療経験

    仲宗根 美佳, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Critical Colonizationに対するV.A.C. VeraFlo™ Therapy

    藤井 美樹, 吉岡 剛, 玉城 秀行, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CPK level as a limb salvage index for acute peripheral arterial disease

    Miki Fujii, Hiroto Terashi, Yokono K

    2018Diabefic Limb Salvage Conference, 2018年04月, 英語, Washington DC, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 褥瘡治癒後の瘢痕に生じたと考えられる皮膚石灰沈着症の1例

    長谷川 泰子, 青木 大地, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第15回日本褥瘡学会近畿地方会学術集会, 2018年03月, 日本語, 草津, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 術前に血管奇形が疑われた大腿筋肉内病変の治療経験

    山城 憲二郎, 青木 大地, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第118回関西形成外科学会学術集会, 2018年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別講演】糖尿病患者の歩行を守る

    寺師 浩人

    神戸DFT 2018 in Winter (Diabetic Foot Team), 2018年03月, 日本語, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【特別講演】糖尿病患者の歩行を守る

    寺師 浩人

    東淀川病診連携フットケア研究会, 2018年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • MRI診断に基づく骨髄炎を合併した糖尿病性足潰瘍の手術方法 <2。症例提示>

    藤井 美樹, 吉岡 剛, 玉城 秀行, 寺師 浩人

    第118回関西形成外科学会学術集会, 2018年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • MRI診断に基づく骨髄炎を合併した糖尿病性足潰瘍の手術方法 <1。診断方法>

    藤井 美樹, 吉岡 剛, 玉城 秀行, 寺師 浩人

    第118回関西形成外科学会学術集会, 2018年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍の骨髄炎の感染ルートは骨幹端に存在する

    藤井 美樹, 寺師 浩人, 松村 一, 佐藤 永一

    第16回日本フットケア学会年次学術集会, 2018年02月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における刺青と局所皮弁を用いた乳頭乳輪再建-乳房インプラント患者に対し外来通院を主として-

    蔡 顯真, 岸本 昌弘, 上田 美怜, 田中 美奈, 寺師 浩人

    第23回日本形成外科手術手技学会, 2018年02月, 日本語, 尼崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸分類に基づいた糖尿病性足潰瘍の治療・ケア

    寺師 浩人

    第4回日本創傷・オストミー・失禁管理学会 神奈川ネットワークセミナー, 2018年02月, 日本語, 横浜, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【特別講演】糖尿病患者の歩行を守る~神戸分類の先にあるもの~

    寺師 浩人

    第61回城西地区循環器病研究会, 2018年02月, 日本語, 東京, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【特別講演】糖尿病患者の歩行を守る

    寺師 浩人

    第12回佐賀西部地区糖尿病セミナー, 2018年01月, 日本語, 武雄, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【特別講演】糖尿病患者の歩行を守る

    寺師 浩人

    第6回糖尿病感染症研究会, 2018年01月, 日本語, 東京, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【特別講演】足の創傷について

    寺師 浩人

    第5回島根創傷研究会, 2018年01月, 日本語, 出雲, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • ラップ療法により肘関節の高度瘢痕拘縮を生じた熱傷の 1 例

    田場 史子, 榊原 俊介, 八木 献, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第26回日本熱傷学会近畿地方会, 2018年01月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PBI100を超える両下肢熱傷の治療経験

    木谷 慶太郎, 北川 敬之, 岩山 隆憲, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    第26回日本熱傷学会近畿地方会, 2018年01月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離前外側大腿皮弁による四肢再建症例の検討.

    田村亮介, 大﨑健夫, 前田翔, 時吉貴宏, 寺師浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会(宮崎), 2017年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科での四肢における遊離皮弁移植の検討.

    大﨑健夫, 田村亮介, 髙須啓之, 長谷川泰子, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会(宮崎), 2017年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 前腕皮弁による頬部再建時に血管柄付き外側前腕皮神経による舌神経再建を行なった1例.

    榊原俊介, 北野大希, 中原実, 寺師浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会(宮崎), 2017年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顕微鏡を用いた血管腫・血管奇形の治療経験.

    村井信幸, 野村正, 寺師浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会(宮崎), 2017年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【パネルディスカッション2 皮弁・切断指モニタリングのアップデート】当科における移植皮弁モニタリング法の選択 -感度と簡便さを満たす最適な組み合わせとは-.

    野村正, 髙須啓之, 大﨑健夫, 田村亮介, 榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会(宮崎), 2017年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 宮崎, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム1「神経再建術後に脳の可塑性はあるか?」】神経再建術後に脳の可塑性はあるか?~舌下神経-顔面神経クロスリンク型神経移植術の経験から考察する~.

    橋川和信, 野村正, 寺師浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会(宮崎), 2017年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 宮崎, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 2回の遊離皮弁を含む複数回の手術加療を経て治癒した基礎疾患を有する脛骨開放骨折後感染症例の治療経験.

    髙須啓之, 長谷川泰子, 大﨑健夫, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会(宮崎), 2017年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病足潰瘍に対するフットマネージメントとチームアプローチ.

    辻依子, 西尾祐美, 倉本康世, 北野育郎, 寺師浩人

    第47回日本創傷治癒学会(京都), 2017年11月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 京都, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 重症下肢虚血の感染と虚血を如何に制御して救肢するか?

    藤井美樹, 寺師浩人, David G.Armstrong

    第47回日本創傷治癒学会(京都), 2017年11月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 京都, 国内会議

    その他

  • 左中指の腱鞘線維腫の一例.

    平位恵梨, 石田泰久, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第117回関西形成外科学会学術集会(和歌山), 2017年11月, 日本語, 関西形成外科学会, 和歌山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外斜視を呈した小児眼窩底骨折の一例.

    大﨑健夫, 川北育子, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(福岡), 2017年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • What degree of blood supply and infection control is needed to treat Diabetic Critical Limb Ischemia with Forefoot .Osteomyelitis?

    Fujii M, Terashi H, David G.Armstrong

    Association of Diabetic Foot Surgeons 2017(Venice), 2017年11月, 日本語, Association of Diabetic Foot Surgeons 2017, Venice, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚の光受容と創傷治療への可能性.

    榊原俊介, 楠元順哉, 橋川和信, 寺師浩人

    第26回日本形成外科学会基礎学術集会(大阪), 2017年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    その他

  • 動静脈奇形に対するマイクロアレイによる網羅的検討.

    野村正, 榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人

    第26回日本形成外科学会基礎学術集会(大阪), 2017年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍の骨髄炎の感染ルートは骨幹端に存在する.

    藤井美樹, 寺師浩人, 松村一, 佐藤永一

    第26回日本形成外科学会基礎学術集会(大阪), 2017年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    その他

  • 当院における重症下肢虚血治療中のリハビリテーションの介入状況についての検討.

    長谷川泰子, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第3回日本下肢救済・足病学会関西地方会学術集会(奈良), 2017年10月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会関西地方会, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 撮影方法に関しての画像の簡易な補正方法に関しての工夫 -テープとマジックを用いて-.

    村上英毅, 榊原俊介, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第26回日本形成外科学会基礎学術集会(大阪), 2017年10月, 英語, 日本形成外科学会, 大阪, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別講演】糖尿病患者の歩行を守る~神戸分類の先へ~.

    寺師浩人

    第6回日本下肢救済・足病学会 九州・沖縄地方会(大分), 2017年10月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 大分, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【第4回皮膚腫瘍外科分野指導医シンポジウム】外鼻広範囲欠損.

    野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 魚住真樹

    第26回日本形成外科学会基礎学術集会(大阪), 2017年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【教育講演】糖尿病患者の歩行を守る~神戸分類の先にあるもの~.

    寺師浩人

    第58回日本脈管学会(名古屋), 2017年10月, 日本語, 日本脈管学会, 名古屋, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • ヒト皮膚は光を受容する-第3報-.

    楠元順哉, 榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人

    第26回日本形成外科学会基礎学術集会(大阪), 2017年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    その他

  • 遊離腹部皮弁移植術後に手術療法を要した腹壁ヘルニア症例の検討.

    野村正, 髙須啓之, 青木大地, 橋川和信, 寺師浩人

    第5回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会(東京), 2017年09月, 日本語, 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 足の創傷患者の歩行を考える.

    寺師浩人

    第19回日本褥瘡学会学術集会(盛岡), 2017年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 盛岡, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【スウィーツセミナー】静脈うっ滞性潰瘍の病態・治療・予防.

    寺師浩人

    第14回日本フットケア学会 神戸セミナーrevisitied(神戸), 2017年09月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • What degree of blood supply and infection control is needed to treat Diabetic Critical Limb Ischemia with Forefoot .Osteomyelitis?

    Fujii M, Terashi H, David G.Armstrong

    Diabetic Foot Study Group2017(Porto), 2017年09月, 日本語, Diabetic Foot Study Group2017, Porto, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科における陰圧閉鎖療法の応用について.

    髙須啓之, 長谷川泰子, 木谷慶太郎, 大﨑健夫, 榊原俊介, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第9回日本創傷外科学会総会・学術集会(岐阜), 2017年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における過去3年間で局所陰圧閉鎖療法および限局的洗浄型NPWTを用いた症例の検討.

    長谷川泰子, 北川敬之, 森脇綾, 木谷慶太郎, 榊原俊介, 髙須啓之, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第9回日本創傷外科学会総会・学術集会(岐阜), 2017年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 岐阜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 神戸分類type4における患肢温存の挑戦.

    辻依子, 西尾祐美, 倉本康世, 寺師浩人

    第9回日本創傷外科学会総会・学術集会(岐阜), 2017年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 岐阜, 国内会議

    その他

  • 色素レーザー照射後に潰瘍を生じた乳児血管腫症例の検討.

    野村正, 江尻浩隆, 森脇綾, 岩山隆憲, 榊原俊介, 髙須啓之, 長谷川泰子, 石椛寛芳, 橋川和信, 寺師浩人

    第30回日本レーザー医学会関西地方会(神戸), 2017年07月, 日本語, 日本レーザー医学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重度カリフラワー耳に対する肋軟骨移植術の治療経験.

    林知子, 髙須啓之, 野村正, 長谷川泰子, 森脇綾, 倉本康世, 近藤千紗, 橋川和信, 寺師浩人

    第116回関西形成外科学会学術集会(大阪), 2017年07月, 日本語, 関西形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 既存NPWTデバイスを利用した限局的洗浄型NPWT法.

    榊原俊介, 大澤沙由理, 木谷慶太郎, 高須啓之, 寺師浩人

    第9回日本創傷外科学会総会・学術集会(岐阜), 2017年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 岐阜, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 感染創における取り除けない人工物・置換が必要な人工物へのわれわれのストラテジー.

    榊原俊介, 木谷慶太郎, 大澤沙由理, 大﨑健夫, 倉本康世, 橋川和信, 寺師浩人

    第9回日本創傷外科学会総会・学術集会(岐阜), 2017年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 岐阜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【教育講演】下肢救済において義肢装具士に期待すること.

    寺師浩人

    第24回日本義肢装具協会学術集会(福岡), 2017年07月, 日本語, 日本義肢装具士協会, 福岡, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【シンポジウム3「マイクロサージャリーを用いた頭頸部領域の再手術」】頭頸部の既手術部位を遊離皮弁で再建する際の吻合血管選択に関する考察.

    橋川和信, 野村正, 寺師浩人

    第9回日本創傷外科学会総会・学術集会(岐阜), 2017年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 岐阜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • What degree of blood supply and infection control is needed to treat Diabetic Critical Limb Ischemia with Forefoot .Osteomyelitis?

    Fujii M, Terashi H, David G.Armstrong

    APMA annual scientific meeting 2017(Nashville), 2017年07月, 日本語, APMA annual scientific meeting 2017, Nashville, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Foot attackを制御して救肢する.

    藤井美樹, 北野豊明, 玉城秀行, 寺師浩人

    第9回日本創傷外科学会総会・学術集会(岐阜), 2017年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 岐阜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 糖尿病性足潰瘍の骨髄炎の感染ルートを考える.

    藤井美樹, 寺師浩人

    The 3rd Annual Meeting for SPRS(Toya), 2017年06月, 日本語, Annual Meeting for SPRS, 虻田郡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【腫瘍切除・再建コロシアム1】外鼻広範囲欠損.

    野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 魚住真樹

    第33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会(秋田), 2017年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 秋田, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Perineural invasion(PNI)を示したCutaneous squamouscell carcinoma(SCC)の4例.

    北川敬之, 野村正, 髙須啓之, 青木大地, 長谷川泰子, 岩谷博篤, 橋川和信, 寺師浩人

    第33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会(秋田), 2017年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 秋田, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Free Latissimus Dorsi Musculocutaneous Flap for Pelvic Floor Reconstruction Following.Pelvic Exenteration.

    Nomura T, Kitagawa H, Takasu H, Sakakibara S, Hashikawa K, Terashi H

    9th Congress of World Society for Reconstructive Microsurgery(Seoul), 2017年06月, 日本語, World Society for Reconstructive Microsurgery, Seoul, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足部潰瘍の局所治療.

    辻依子, 寺師浩人

    第90回日本整形外科学会学術総会(仙台), 2017年05月, 日本語, 日本整形外科学会, 仙台, 国内会議

    その他

  • 重症下肢虚血患者が入院治療中に悪性腫瘍の診断に至った3例の経験.

    長谷川泰子, 森脇綾, 青木大地, 大﨑健夫, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第9回日本下肢救済・足病学会学術集会(福岡), 2017年05月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 見せます! 骨髄炎合併CLIに対する最適な足趾切断術.

    藤井美樹, 北野豊明, 玉城秀行, 山田章貴, 中川雅之, 宮本直和, 寺師浩人

    第9回日本下肢救済・足病学会学術集会(福岡), 2017年05月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 福岡, 国内会議

    その他

  • 【特別企画3:日本フットケア学会合同企画「足救済の為の団結」】両学会の認定師、指導士制度について.

    寺師浩人

    第9回日本下肢救済・足病学会学術集会(福岡), 2017年05月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 福岡, 国内会議

    その他

  • 【教育講演】糖尿病患者の歩行を守る.

    寺師浩人

    第9回日本下肢救済・足病学会(福岡), 2017年05月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 福岡, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【シンポジウム18:糖尿病足病変診療の実際と今後の展望】糖尿病患者の歩行を守る.

    寺師浩人

    第60回日本糖尿病学会(名古屋), 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Claw toeに対する屈筋腱切離術の7年経過報告.

    藤井美樹, 北野豊明, 玉城秀行, 山田章貴, 中川雅之, 宮本直和, 寺師浩人

    第9回日本下肢救済・足病学会学術集会(福岡), 2017年05月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 福岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 不全切断指の血行評価にICG蛍光造影法を用いた3例.

    江草豪, 大﨑健夫, 青木大地, 木谷慶太郎, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 軟部組織再建を要する下肢開放骨折の治療経験-他科連携のメリットとピットフォール-.

    田村亮介, 前田翔, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 英語, 日本形成外科学会, 大阪, 韓国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍674肢における 病態別分類(神戸分類)の治療成績の検討.

    森脇綾, 辻依子, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病患者の「歩行」を守る~神戸分類の先に.

    寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 当科で経験したTufted angiomaの4例.

    北川敬之, 野村正, 江尻浩隆, 川北育子, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における坐骨部褥瘡に対する外科的治療の経験.

    長谷川泰子, 森脇綾, 田場史子, 髙須啓之, 大﨑健夫, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院におけるblue toe syndromeの検討.

    西尾祐美, 辻依子, 玉城秀行, 北野育郎, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 前外側大腿皮弁移植における術前画像評価.

    榊原俊介, 中原実, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血を救肢する 感染と虚血を如何に制御するか?

    藤井美樹, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 手指外傷に対する形成外科的アプローチ ~遷延皮弁術を用いた手指デグロービング損傷の治療~.

    大﨑健夫, 政岡浩輔, 吉武優, 桒水流健二, 西尾優志, 川北育子, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高気圧酸素療法が行われた難治性潰瘍25例の検討 ~治療効果に対する影響因子の分析~.

    江尻浩隆, 木谷慶太郎, 高須啓之, 岩山隆憲, 榊原俊介, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 感染した植込み型デバイス抜去後の創傷管理についての検討-持続洗浄型局所陰圧閉鎖療法を中心に-.

    村上英毅, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下顎再建に対する遊離腓骨皮弁再建時の皮島壊死症例に関する検討.

    楠元順哉, 橋川和信, 榊原晶子, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【シンポジウム5 血管奇形:自験例から見た「良い」「悪い」部分切除の条件】当科における血管奇形の部分切除の戦略と工夫 -脈管の構成要素に応じた手術術式-.

    野村正, 江尻浩隆, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム2「頭頸部再建に残された課題-二次再建の挑戦と課題-」】重症下顎骨放射線骨髄炎に対する手術―デブリドマン範囲を病理組織学的検討結果から考察する―.

    橋川和信, 明石昌也, 楠元順哉, 野村正, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • より合併症の少ない埋没式重瞼術を求めて 3 Holes Procedureの経験.

    岩山隆憲, 曾我部浩, 木谷慶太郎, 桒水流健二, 一瀬晃洋, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ブーメラン型有茎広背筋皮弁で閉鎖した慢性膿胸の2例.

    髙須啓之, 野村正, 北川敬之, 青木大地, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 英語, 日本形成外科学会, 大阪, 韓国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • well-beingを目指した重症下肢虚血の集学的治療.

    辻依子, 西尾祐美, 倉本康世, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 40年前に乳癌で放射線治療をおこなった患者に開心術後縦隔炎が発症した1例.

    木谷慶太郎, 江草豪, 大﨑健夫, 榊原俊介, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院におけるblue toe syndromeの検討

    西尾祐美, 辻依子, 玉城秀行, 北野育郎, 寺師浩人

    第15回日本フットケア学会年次学術集会(岡山), 2017年03月, 日本語, 日本フットケア学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院での糖尿病性足病変における足関節可動域制限と潰瘍発症との関連についての検討.

    長谷川泰子, 森脇綾, 北川敬之, 木谷慶太郎, 楠元順哉, 野村正, 橋川和信, 小田純生, 杉元雅晴, 守口舞輝, 前重伯壮, 寺師浩人

    第15回日本フットケア学会年次学術集会(岡山), 2017年03月, 日本語, 日本フットケア学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 創傷からみた末梢血行再建術の選択.

    辻依子, 寺師浩人

    第15回日本フットケア学会年次学術集会(岡山), 2017年03月, 日本語, 日本フットケア学会, 岡山, 国内会議

    その他

  • 不全切断指の血行評価にICG蛍光造影法を用いた1例.

    江草豪, 大﨑健夫, 青木大地, 木谷慶太郎, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第22回日本形成外科手術手技学会(東京), 2017年02月, 日本語, 日本形成外科手術手技学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鼻翼支持組織に腸骨稜を用いた外鼻再建の経験.

    大﨑健夫, 政岡浩輔, 吉武優, 桒水流健二, 川北育子, 寺師浩人

    第22回日本形成外科手術手技学会(東京), 2017年02月, 日本語, 日本形成外科手術手技学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病患者に対する足関節底屈筋群のストレッチングによる歩行時足底圧の減少

    前重 伯壮, 平沢 良和, 守口 舞輝, 吉川 義之, 寺師 浩人, 藤野 英己

    第46回日本創傷治癒学会, 2016年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【Symposium】Critical Limb Ischemia Center in Japan

    Miki Fujii, Hiroto Terashi

    The 7th Endovascular Asia, 2016年12月, 英語, Endovascular Asia, Osaka, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【English Session 2】Surgical Treatment Strategy for Diabetic Forefoot Osteomyelitis

    Miki Fujii, Michinori Yashuda, Yuuki Hirai, Hiroto Terashi

    第46回日本創傷治癒学会, 2016年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 複数の不全切断指の血行評価にICG蛍光造影法を用いた1例

    江草 豪, 大﨑 健夫, 青木 大地, 木谷 慶太郎, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第43回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 節外性NK/T細胞リンパ腫鼻型の内科的治療後の外鼻変形に対して再建を要した1例

    近藤 千紗, 野村 正, 髙須 啓之, 森脇 綾, 北川 敬之, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第114回関西形成外科学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 高槻市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神経浸潤のみを認め手術を繰り返した鼻根部再発有棘細胞癌の一例

    青木 大地, 長谷川 泰子, 北川 敬之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第114回関西形成外科学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 高槻市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上肢ヒートプレス損傷の治療経験

    大﨑 健夫, 川北 育子, 政岡 浩輔, 吉武 優, 桒水流 健二, 西尾 優志, 寺師 浩人

    第46回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 術後血流不全により緊急再開創術を要した遊離空腸移植症例の検討

    髙須 啓之, 橋川 和信, 野村 正, 大﨑 健夫, 寺師 浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 骨盤内臓全摘後に遊離広背筋皮弁移植による会陰部再建術を行った症例の検討

    野村 正, 北川 敬之, 髙須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 骨欠損を伴うMangled foot(Gustilo typeIIIB)の治療経験~足部再建におけるMasquelet法の有用性について~

    田村 亮介, 大江 啓介, 寺師 浩人, 前田 翔

    第43回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 関節リウマチ患者の慢性創傷における治療方針決定因子についての検討

    長谷川 泰子, 森脇 綾, 田場 史子, 武田 玲伊子, 北川 敬之, 木谷 慶太郎, 江草 豪, 倉本 康世, 小田 純生, 杉元 雅晴, 前重 伯壮, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第114回関西形成外科学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 高槻市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【ビデオシンポジウム 皮弁移植術を極める】当科における遊離前腕皮弁移植を用いた再建戦略

    野村 正, 髙須 啓之, 楠元 順哉, 橋川 和信, 田原 真也, 寺師 浩人

    第48回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウムIII.Craniofacial surgeryがもたらした機能と整容の革命3-顔面修復外科の興趣】正常解剖と術後変化を考慮した顔面の”Oncoplastic Surgery”~腫瘍切除後の口唇再建~

    牧口 貴哉, 横尾 聡, 仲村 英玄, 辻本 賢樹, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第34回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • レックリングハウゼン病の下眼瞼外反に対し耳介軟骨移植とCaraji anchor suture systemで吊上げを行った1例

    髙須 啓之, 橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第34回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フェーズラグCTA(pl-CTA)が再建術式の選択に有用であった1例

    榊原 俊介, 中原 実, 寺師 浩人

    第45回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Burgetの提唱する全外鼻再建法の経験

    大﨑 健夫, 政岡 浩輔, 吉武 優, 川北 育子, 寺師 浩人

    第34回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 治療抵抗性毛細血管奇形に対するパルス可変式色素レーザー・Nd:YAGレーザー併用療法の検討

    野村 正, 江尻 浩隆, 榊原 俊介, 柳 英之, 辻 依子, 武川 力, 田原 真也, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第37回日本レーザー医学会総会, 2016年10月, 日本語, 日本レーザー医学会総会, 旭川市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別講演】糖尿病性足潰瘍の病態と治療(神戸分類)~歩行を守る~

    寺師 浩人

    第5回日本下肢救済・足病学会学術集会 九州・沖縄地方会, 2016年10月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会 九州・沖縄地方会, 福岡市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 【シンポジウム2.老化の真実-解剖,画像,治療-】加齢による顔面変形に対する治療~美容外科からのアプローチ

    一瀬 晃洋, 岩山 隆憲, 寺師 浩人

    第39回日本美容外科学会総会, 2016年10月, 日本語, 日本美容外科学会総会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 口腔粘膜における外的刺激受容体(TRPVチャネル)の発現

    榊原 俊介, 榊原 晶子, 楠元 順哉, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 2016年09月, 日本語, 日本形成外科学会基礎学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 医療用弾性ストッキング装着による圧迫症状について〜皮膚傷害の見落とし〜

    長谷川 泰子, 丸尾郁, 松本衣代, 野口まどか, 寺師 浩人

    第18回日本褥瘡学会学術集会, 2016年09月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【ミニシンポジウム1. 二分脊椎症の褥瘡を考える】二分脊椎症における坐骨部/足部褥瘡の概要

    寺師 浩人

    第18回日本褥瘡学会学術集会, 2016年09月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 横浜市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【ミニシンポジウム1.二分脊椎症の褥瘡を考える】足部褥瘡の局所治療

    辻 依子, 寺師 浩人, 北野 育郎

    第18回日本褥瘡学会学術集会, 2016年09月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 横浜市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【パネルディスカッション3.血管治療の基礎から臨床へ】動静脈奇形の増殖機序に関する検討

    野村 正, 江尻 浩隆, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 2016年09月, 日本語, 日本形成外科学会基礎学術集会, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Surgical Treatment Strategy for Diabetic Forefoot Osteomyelitis

    Miki Fujii, Hiroto Terashi

    Plastic Surgery The Meeting 2016, 2016年09月, 英語, Plastic Surgery The Meeting 2016, Los Angels, アメリカ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 踵骨骨髄炎に対し創内持続陰圧洗浄療法を用いて治療した3例

    長谷川 泰子, 榊原 俊介, 森脇 綾, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 同一指からの局所皮弁により再建を行った指尖部損傷症例についての検討

    田村 亮介, 後村 大祐, 寺師 浩人

    第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 足部骨髄炎に対する高圧酸素療法前後のMRI変化について

    森脇 綾, 江尻浩隆, 寺師 浩人

    第113回関西形成外科学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 在宅褥瘡患者を振り返って

    藤井 美樹, 寺師 浩人

    第3回日本在宅褥瘡創傷ケア推進協会総会・学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本在宅褥瘡創傷ケア推進協会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胸骨骨髄炎手術後の再燃に高気圧酸素療法が奏功した2症例

    木谷 慶太郎, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【ミニシンポジウム5.奥義を語る「難治性潰瘍」】形成外科医が考えるCLI治療の奥義とは

    辻 依子, 西尾 祐美, 玉城秀行, 北野育郎, 大澤 沙由理, 寺師 浩人

    第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【パネルディスカッション2.NPWTの新展開】NPWTの新展開~既存NPWTデバイス使用における工夫とモディフィケーション~

    榊原 俊介, 木谷 慶太郎, 大澤 沙由理, 髙須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム2.巧が語る難治性潰瘍の極意】Diabetic Foot Osteomyelitisに対する最適な足趾切断術

    藤井 美樹, 安田 路規, 平井 優樹, 寺師 浩人

    第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Surgical treatment strategy for diabetic forefoot osteomyelitis

    Miki Fujii, Hiroto Terashi

    The 1th Congress of Diabetic Limb Salvage in Asia, 2016年07月, 英語, Congress of Diabetic Limb Salvage in Asia, Soul, 韓国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Peripherally Inserted Central Catheter(PICC) 挿入時にガイドワイヤーの一部が遺残し、腱内に迷入していた1症例

    倉本 康世, 高須 啓之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第113回関西形成外科学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 89歳弾性の肛門部原発性乳房外パジェット病の治療経験

    榎本 格, 蔡 顯真, 森田 未沙子, 木村 文彦, 別府 直仁, 覚野 綾子, 上田 美怜, 寺師 浩人

    第113回関西形成外科学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 歯科インプラント埋入のためのデンタルCTを用いた移植腓骨の形態評価

    明石昌也, 橋川和信, 鰐渕 聡, 楠元順哉, 長谷川巧実, 南川 勉, 寺師浩人, 古森孝英

    第40回日本頭頸部癌学会総会・学術大会, 2016年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 埼玉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 歯科インプラント埋入のためのデンタルCTを用いた移植腓骨の形態評価

    明石 昌也, 橋川 和信, 鰐渕聡, 楠元 順哉, 長谷川巧実, 南川勉, 寺師 浩人, 古森 孝英

    第40回日本頭頸部癌学会, 2016年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 口角を含む頬部全層欠損再建の治療戦略~口角の正常解剖と術後変化を考慮して~

    牧口 貴哉, 横尾 聡, 中村 英玄, 清水 崇寛, 小川 将, 高山 優, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第40回日本頭頸部癌学会, 2016年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【教育講演】周術期における急性期皮膚傷害発生のメカニズムと予防・治療

    寺師 浩人

    第3回日本手術看護学会 近畿地区学会, 2016年06月, 日本語, 日本手術看護学会 近畿地区学会, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 【ワークショップ16.患者の足を護るフットケアと看護】透析患者の歩行を守る

    寺師 浩人

    第61回日本透析医学会学術集会・総会, 2016年06月, 日本語, 日本透析医学会学術集会・総会, 大阪市, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム2.末梢動脈疾患のリハビリテーションを考える】重症下肢虚血患者さんの歩行を守るために創傷治療をどうするのか

    寺師 浩人

    第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016年06月, 日本語, 日本リハビリテーション医学会学術集会, 京都市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 4D-CTによる下顎再建術後患者の咀嚼の観察

    明石昌也, 橋川和信, 渋谷恭之, 寺師浩人, 古森孝英

    第40回日本頭頸部癌学会総会・学術大会, 2016年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 埼玉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 4D-CTによる下顎再建術後患者の咀嚼の観察

    明石 昌也, 橋川 和信, 渋谷恭之, 寺師 浩人, 古森 孝英

    第40回日本頭頸部癌学会, 2016年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 膝窩リンパ節転移を認めた母趾悪性黒色腫の一例

    北川 敬之, 野村 正, 橋川 和信, 藤原 進, 田島 翔子, 錦織 千佳子, 寺師 浩人

    第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2016年05月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 鹿児島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚切除を伴う骨盤内臓全摘後に遊離広背筋皮弁移植による再建術を行った症例の検討

    野村 正, 北川 敬之, 髙須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2016年05月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 鹿児島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における非虚血性糖尿病性足潰瘍の検討

    西尾 祐美, 辻 依子, 渋谷 淳, 北野 育郎, 寺師 浩人

    第8回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血に対する下腿切断の適応と術中・術後の実際

    蔡 顯真, 安田 路規, 森田 未沙子, 中野 昌弘, 松尾 実奈, 杉若 昌一, 田中 信英, 大慈弥 裕之, 寺師 浩人

    第8回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【シンポジウム6.下肢病変に対する陰圧閉鎖療法NPWT】V.A.C.(R)システムの特徴とその利用・応用

    榊原 俊介, 木谷 慶太郎, 大澤 沙由理, 髙須 啓之, 寺師 浩人

    第8回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム3.形成外科医が発信する創傷治療】骨髄炎のup to date treatment

    藤井 美樹, 寺師 浩人

    第8回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム31.糖尿病足病変とフットケア】糖尿病性足潰瘍の病態と治療(神戸分類)~歩行を守る

    寺師 浩人

    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月, 日本語, 日本糖尿病学会年次学術集会, 京都市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【Symposium】Surgical treatment strategy for diabetic forefoot osteomyelitis

    Miki Fujii, Hiroto Terashi

    The 13th Japan-Korea congress of Plastic and Reconstructive Surgery, 2016年05月, 英語, Japan-Korea congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Kanazawa, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • CLOVES syndromeが疑われた症例の経験

    野村 正, 江尻 浩隆, 田場 史子, 木谷 慶太郎, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第13回日本血管腫血管奇形学会, 2016年05月, 日本語, 日本血管腫血管奇形学会, 石垣市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Breast Implant Selection Using 3D Image Analysis In the 2-Stage Breast Reconstruction

    Kenshin Sai, Masahiro Kishimoto, Masaru Miyashita, Michinori Yasuda, Misako Morita, Hiroto Terashi

    第15回International Congress of the OSAPS 2016, 2016年05月, 英語, International Congress of the OSAPS 2016, Taipei, 台湾, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 流出型神経端側縫合を利用する腫瘍切除後顔面神経即時再建-同一施設における連続20症例の検討-

    橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鼻翼全層再建におけるgraft on flap法の応用

    芝岡 美枝, 岩山 隆憲, 寺師 浩人, 安田 路規, 上田 美怜

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 美容目的のFillerの合併症に対する当科の治療方針

    岩山 隆憲, 一瀬 晃洋, 杉本 庸, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭頸部領域における遊離腓骨皮弁再建後の異所性骨化

    楠元 順哉, 橋川 和信, 榊原 俊介, 榊原 晶子, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院で経験した踵骨骨髄炎の9例

    長谷川 泰子, 榊原 俊介, 大澤 沙由理, 江尻浩隆, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胆嚢炎に起因すると考えられた縦隔炎2例の経験

    木谷 慶太郎, 大澤 沙由理, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 洗浄型NPWTを用いた下肢骨髄炎の検討

    榊原 俊介, 大澤 沙由理, 木谷 慶太郎, 髙須 啓之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 仙腸骨部慢性放射線性潰瘍の治療経験

    岡本 貴子, 髙須 啓之, 木村 倫子, 吉岡 剛, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静脈奇形に対する硬化療法におけるオレイン酸モノエタノールアミンとポリドカノールの比較検討

    倉本 康世, 野村 正, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 青色ゴム球様母斑症候群の治療経験

    酒井 玲子, 野村 正, 吉岡 剛, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 食道癌術後胃管気管支瘻に対して有茎広背筋弁を用いて閉鎖した1例

    高須 啓之, 橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人, 玉城 秀行, 田中 雄悟, 中村 哲

    第59回日本形成外科学会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 口角を含む頬部全層欠損の治療戦略~口角の正常解剖と術後変化を考慮して~

    牧口 貴哉, 横尾 聡, 中村 英玄, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼瞼部基底細胞癌の部位別組織像と切除法の検討

    北川 敬之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 我々の乳児血管腫に対する治療方針(プロプラノロール内服単独とレーザーおよび手術併用療法について)

    森脇 綾, 野村 正, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下肢骨折骨接合後に生じた骨髄炎を伴う難治性潰瘍に対する当科の対応法:特に糖尿病により遷延化した場合

    蔡 顯真, 安田 路規, 上田 美怜, 宮本 洋, 佐伯 和彦, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 異所性蒙古斑のレーザー治療後の色素沈着に対する工夫と経過

    木村 倫子, 野村 正, 川北(永田) 育子, 髙須 啓之, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別企画】治療に難渋したHorner症候群による眼瞼下垂症例

    髙須 啓之, 一瀬 晃洋, 岩山 隆憲, 田場 史子, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 【症例検討2.眼瞼下垂症手術トラブル】治療に難渋したHorner症候群による眼瞼下垂症例

    髙須 啓之, 一瀬 晃洋, 岩山 隆憲, 田場 史子, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【ランチョンセミナー】私が育ち研鑽したところ 九州地方会

    寺師 浩人

    第100回九州・沖縄形成外科学会第100回記念・学術集会, 2016年04月, 日本語, 九州・沖縄形成外科学会第100回記念・学術集会, 太宰府市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【シンポジウム5.動静脈奇形の最新治療:手術,塞栓,硬化療法】動静脈奇形に対する集学的治療 ~手術療法を成功に導く最新治療コンセプト~

    野村 正, 江尻 浩隆, 川北 育子, 櫻井 敦, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム19.ミッドフェイスリフト 東洋人対象】当科の下眼瞼・ミッドフェイスの若返りの基本方針

    一瀬 晃洋, 岩山 隆憲, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム17.糖尿病足病変】糖尿病性足潰瘍における病態別の治療成績(神戸分類)

    辻 依子, 西尾 祐美, 渋谷 淳, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【シンポジウム17.糖尿病足病変】Gait Salvage(患者自身の歩行を守る)のための下肢装具療法

    藤井 美樹, 寺師 浩人, 小田 純生, 大平 吉夫

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 2歳以下の先天性眼瞼下垂症患者に対する筋膜移植に関する検討

    武田 玲伊子, 一瀬 晃洋, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 私が福岡で経験した下肢重症虚血に対する心臓血管外科医師たちとの連携手術

    蔡 顯真, 竹内 一馬, 伊藤 信久, 寺師 浩人, 中野 昌弘, 松尾 実奈, 杉若 昌一, 田中 信英

    第100回九州・沖縄形成外科学会100回記念学術集会, 2016年03月, 日本語, 九州・沖縄形成外科学会100回記念学術集会, 太宰府市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 骨盤内臓全摘術後に有茎大網弁及び遊離広背筋充填術を施行した一例

    北川 敬之, 野村 正, 山下 公大, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第112回関西形成外科学会学術集会, 2016年03月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 枚方市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【形成外科領域講習会】皮膚病変治療の変遷と最新の知見~悪性腫瘍から難治性潰瘍まで~

    寺師 浩人

    第100回九州・沖縄形成外科学会第100回記念・学術集会, 2016年03月, 日本語, 九州・沖縄形成外科学会第100回記念・学術集会, 太宰府市, 国内会議

    その他

  • Surgical treatment strategy for diabetic forefoot osteomyelitis

    Miki Fujii, Hiroto Terashi, Koichi Yokono

    Diabetic Limb Salvage 2016, 2016年03月, 英語, Diabetic Limb Salvage 2016, Washington DC, アメリカ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • MPNSTとの鑑別に苦慮した右鎖骨上窩結節性筋膜炎の1例

    政岡 浩輔, 大﨑 健夫, 吉武 優, 寺師 浩人

    第112回関西形成外科学会学術集会, 2016年03月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 枚方市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 前脛骨筋への中周波電気刺激による歩行パターン変化と足底圧減少

    守口 舞輝, 前重 伯壮, 上野 瑞季, 寺師 浩人

    第14回日本フットケア学会年次学術集会, 2016年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 食道癌術後胃管気管支瘻に対して有茎広背筋弁を用いて閉鎖した1例

    髙須 啓之, 橋川 和信, 玉城 英行, 田中 雄吾, 中村 哲, 野村 正, 寺師 浩人

    第21回日本形成外科手術手技学会, 2016年02月, 日本語, 日本形成外科手術手技学会, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別企画「眼窩骨折の治療指針」】神戸大学形成外科における眼窩骨折の治療

    橋川 和信, 木谷 慶太郎, 髙須 啓之, 野村 正, 寺師 浩人

    第27回日本眼瞼義眼床手術学会, 2016年02月, 日本語, 日本眼瞼義眼床手術学会, 横浜市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 【教育講演】足の褥瘡を考える

    寺師 浩人

    第16回日本褥瘡学会中国四国地方会学術集会, 2016年02月, 日本語, 日本褥瘡学会中国四国地方会学術集会, 岡山市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 【会長講演】歩行を守る

    寺師 浩人

    第14回日本フットケア学会年次学術集会, 2016年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 【シンポジウム6.Charcotの病態生理と治療】Charcot足に対するチームで行う創傷管理

    野口 まどか, 寺師 浩人, 丸尾 郁, 松本 衣代, 前重 伯壮, 小田 純生

    第14回日本フットケア学会年次学術集会, 2016年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム3.糖尿病足病変に対する疾病管理と理学療法】糖尿病足病変において理学療法士に期待すること

    寺師 浩人

    第2回日本糖尿病理学療法学会学術集会, 2016年02月, 日本語, 日本糖尿病理学療法学会学術集会, 横浜市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム15.二分脊椎症の足を守る】二分脊椎症の足潰瘍は「歩く褥瘡」である

    寺師 浩人, 辻 依子

    第14回日本フットケア学会年次学術集会, 2016年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム13.膠原病に伴う足病のトータル・マネジメント】膠原病に伴う足病に対する我々の治療経験-形成外科診療ガイドライン 膠原病性潰瘍 局所治療-

    牧口 貴哉, 辻 依子, 松崎 恭一, 横尾 聡, 寺師 浩人

    第14回日本フットケア学会年次学術集会, 2016年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム10.難治性下肢感染症の診断と治療】MRI診断に基づくDiabetic Foot Osteomyelitisに対する最適な足趾切断術

    藤井 美樹, 西尾 優志, 平井 優樹, 寺師 浩人

    第14回日本フットケア学会年次学術集会, 2016年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 無侵襲混合血酸素飽和度監視システム:INVOSを用いた遊離皮弁術後モニタリング

    髙須 啓之, 野村 正, 寺師 浩人

    第42回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2015年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 病的骨折を伴った下顎骨ランゲルハンス細胞組織球症に対して遊離腓骨皮弁により再建を行った1例

    田村 亮介, 寺師 浩人

    第42回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2015年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 患者背景に対応した巻き爪と陥入爪に対する3段階法-マイルド・中間・シビア法-

    蔡 顯真, 前田 翔, 寺師 浩人, 松尾 実奈, 田中 信英

    第29回日本靴医学会, 2015年11月, 日本語, 日本靴医学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【企画シンポジウム1.重症下肢虚血の治療戦略】重症下肢虚血に対する骨髄炎の診断と治療

    寺師 浩人

    第45回日本創傷治癒学会, 2015年11月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【ランチョンセミナー】糖尿病性足潰瘍の病態と治療(神戸分類)

    寺師 浩人

    第99回九州・沖縄形成外科学会, 2015年11月, 日本語, 九州・沖縄形成外科学会, 大分市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 動静脈奇形の増殖機序に関する検討【第2報】-成長ホルモン受容体を巡って-

    野村 正, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    第24回日本形成外科学会 基礎学術集会, 2015年10月, 日本語, 日本形成外科学会 基礎学術集会, 盛岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別講演】足の褥瘡について

    寺師 浩人

    第12回日本褥瘡学会東北地方会, 2015年10月, 日本語, 日本褥瘡学会東北地方会, 弘前市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 【会長講演】なぜ神戸分類を立ち上げたのか

    寺師 浩人

    第1回日本下肢救済・足病学会学術集会関西地方会学術集会, 2015年09月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会関西地方会学術集会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 線維芽細胞の電気走性における直流微弱電流刺激強度とintegrin α2β1発現の関連性

    植村 弥希子, 前重 伯壮, 古賀 由華, 吉川 義之, 藤島 里英子, 杉元 雅晴, 青山(石川) 倫子, 三好 真琴, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    第17回日本褥瘡学会学術集会, 2015年08月, 日本語, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【教育講演4】その踵の褥瘡は褥瘡か?

    寺師 浩人

    第17回日本褥瘡学会学術集会, 2015年08月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 仙台市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 【委員会企画1.手術適応基準と周術期管理】1-1.褥瘡の手術適応に関する作業部会(Working Group)の活動最終報告の概要

    寺師 浩人

    第17回日本褥瘡学会学術集会, 2015年08月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 【コンセンサスシンポジウム:学術委員会 Medical Device Related Pressure Ulcer予防・管理に関する対策指針策定に向けて】医療関連機器圧迫創傷深部静脈血栓症予防用弾性ストッキング、間欠的圧迫法

    木下 幸子, 寺師 浩人

    第17回日本褥瘡学会学術集会, 2015年08月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 仙台市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • PAD患者の踵部褥瘡防止は高機能エアマットレスで十分か?

    藤井 美樹, 平井 優樹, 寺師 浩人

    第17回日本褥瘡学会学術集会, 2015年08月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 創内持続陰圧洗浄療法を用いた下腿コンパートメント症候群後皮膚潰瘍の治療

    髙須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第110回関西形成外科学会学術集会, 2015年07月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外傷性多発臓器損傷後に生じた腹壁開放創に対して持続陰圧閉鎖療法が有用であった1例

    田村 亮介, 寺師 浩人

    第7回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2015年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【基調講演】下肢慢性創傷治療における理学療法士への期待

    寺師 浩人

    第7回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2015年07月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 【ランチョンセミナー】糖尿病性足潰瘍の病態と治療~新しいガイドラインを踏まえて~

    寺師 浩人

    第7回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2015年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム5.足病変の病期分類】糖尿病性足潰瘍の病態と治療(神戸分類)

    寺師 浩人

    第7回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2015年07月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会, 横浜市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム3.皮膚悪性腫瘍に対する外科治療の現状とこれから】顔面基底細胞癌に対する外科治療~切除と再建を両立させる方策~

    野村 正, 寺師 浩人

    第31回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2015年07月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム3.創傷外科医がリーダーとなるチーム医療の作り方】重症下肢虚血

    辻 依子, 渋谷 淳, 寺師 浩人

    第7回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2015年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • エキスパンダー被覆法の選択~PIT fall (落とし穴)conceptを用いて~

    牧口 貴哉, 長岡 りん, 佐藤 亜矢子, 時庭 英彰, 内田 沙弥香, 一場 慶, 寺師 浩人, 横尾 聡

    第23回日本乳癌学会学術総会, 2015年07月, 日本語, 日本乳癌学会学術総会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Step-surgery conceptに基づいた上眼瞼全層欠損の再建

    藤井 美樹, 寺師 浩人

    第31回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2015年07月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【モーニングセミナー】糖尿病性足潰瘍の神戸分類

    寺師 浩人

    第43回日本血管外科学会, 2015年06月, 日本語, 日本血管外科学会, 横浜市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【シンポジウム7.虚血性疾患による皮膚潰瘍の診断と治療】PADによる虚血性潰瘍患者への外科的治療

    寺師 浩人

    第31回日本臨床皮膚科医会, 2015年06月, 日本語, 日本臨床皮膚科医会, 網走市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 左鎖骨部腫瘤を呈した生後6ヶ月の乳児例

    森 健, 藤村順也, 堀之内智子, 南川将吾, 平瀬敏志, 山本暢之, 久保川育子, 早川 晶, 西村範行, 榊原俊介, 寺師浩人, 飯島一誠

    第265 回 日本小児科学会兵庫県地方会, 2015年05月, 日本語, 日本小児科学会兵庫県地方会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 疑似軟部組織としてシリコーン印象材を充填し胼胝形成が抑制された一症例

    丸尾 郁, 松本 衣代, 寺師 浩人

    第24回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 千葉市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The effects of butyrate/DHA on apoptosis and apoptosis related factors in keloid fibroblasts

    Noriaki Maeshige, Akane Ochi, Yuka Koga, Mikiko Uemura, Michiko Aoyama Ishikawa, Hayato Yamashita, Makoto Miyoshi, Taketo Inoue, Mayu Fujiwara, Motoki Kai, Yuya Nishiyama, Hiroto Terashi, Makoto Usami

    12th Asian Congress of Nutrition, 2015年05月, 英語, Yokohama, 国際会議

    ポスター発表

  • Anti-inflammatory and antifibrogenic effects of butyrate/DHA on lipopolysaccharide stimulated dermal fibroblasts

    Yuka Koga, Noriaki Maeshige, Michiko Aoyama-Ishikawa, Akane Ochi, Mikiko Uemura, Motoki Kai, Yuya Nishiyama, Makoto Miyoshi, Michiko Takahashi, Hiroto Terashi, Makoto Usami

    12th Asian Congress of Nutrition, 2015年05月, 英語, Yokohama, 国際会議

    ポスター発表

  • 乳児の血管腫および血管腫に類似する病変の鑑別について-乳児血管腫以外の病変に焦点を当てて-

    江尻 浩隆, 川北 育子, 寺師 浩人

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 先天性耳瘻管摘出術におけるICG蛍光造影法の利用

    北川 敬之, 寺師 浩人

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 常勤形成外科不在施設における自家組織を用いた乳房一次再建

    野村 正, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 骨軟部欠損を伴う下腿挫滅創に対する当院の治療方針

    堀 義康, 前田 翔, 岸本 真一郎, 寺師 浩人

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 筋層間脂肪腫の3例-術前評価と外科的治療におけるポイント-

    髙須 啓之, 大澤 沙由理, 寺師 浩人

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顎顔面領域にスーパーフィクソーブMXを使用後比較的長期に経過を追えた3例

    大澤 沙由理, 寺師 浩人

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【ランチョンセミナー】本邦におけるNPWTの昨日・今日・明日&他科との連携における形成外科のイニシアティブ

    寺師 浩人

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【パネルディスカッション5.難治性潰瘍(下肢潰瘍)】 【基調講演】歩行を守る

    寺師 浩人

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 【シンポジウム5.重症虚血肢に対する集学的治療-血行再建から創処置まで-】神戸分類に基づいた糖尿病性足潰瘍の病態別治療(特に重症虚血肢における創傷治療について)

    寺師 浩人

    第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本外科学会定期学術集会, 名古屋市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム4「臨床応用に向けた新しい材料および医療機器の開発」】超高純度マグネシウムを用いた生体吸収性金属製骨接合プレートの開発(欠演)

    橋川 和信, 楠元 順哉, 寺師 浩人

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • ソフトシリコーン創傷被覆材を用いた植皮固定方法の工夫

    平井 優樹, 田場 史子, 寺師 浩人

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 両側足部切断に至ったミュンヒハウゼン症候群による難治性潰瘍の経験

    木谷 慶太郎, 岩山 隆憲, 寺師 浩人

    第109回関西形成外科学会学術集会, 2015年03月, 日本語, 関西形成外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 難治性下腿潰瘍の一例

    北川 敬之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人, 柳沢 曜

    第109回関西形成外科学会学術集会, 2015年03月, 日本語, 関西形成外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 原因が特定できなかった難治性足潰瘍の1例

    江草 豪, 藤井 美樹, 西尾 優志, 寺師 浩人

    第109回関西形成外科学会学術集会, 2015年03月, 日本語, 関西形成外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【TNT Wound Care セミナー(創傷治療栄養セミナー)】栄養スクリーニング アセスメント 栄養管理(Medical Nutrition Therapy: MNT)の概要

    寺師 浩人

    第13回日本フットケア学会年次学術集会, 2015年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 複数回の化学放射線療法を施行された多重癌患者に対する遊離広背筋皮弁を用いた頭蓋再建の経験

    髙須 啓之, 榊原 俊介, 橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第41回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2014年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 種々の薬剤による血管抗攣縮効果の検討

    榊原 俊介, 小川 晴生, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第41回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2014年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面に生じた多発アポクリン汗嚢腫の一例

    北川 敬之, 寺師 浩人, 尾藤 利憲

    第108回関西形成外科学会学術集会, 2014年12月, 日本語, 関西形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海洋外傷により受傷した重度下腿開放骨折に対して、遊離広背筋皮弁により再建を行った1例

    田村 亮介, 野村 正, 寺師 浩人, 新倉 路生, 櫻井 敦志

    第41回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2014年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下肢血管造影検査後に手指壊疽を起こしたBuerger病の1例

    木谷 慶太郎, 倉本 康世, 大澤 沙由理, 野村 正, 寺師 浩人

    第108回関西形成外科学会学術集会, 2014年12月, 日本語, 関西形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 悪性腫瘍切除後に生じた胸腹壁欠損に対する再建術式の検討

    野村 正, 榊原 俊介, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第41回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2014年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【シンポジウム1.リンパ浮腫治療におけるマイクロサージャリー】直針付き縫合糸を用いるback-wall techniqueの微小リンパ管吻合における有用性

    橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第41回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2014年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 慢性副鼻腔炎による著明な外鼻変形に対するmidface deglovingアプローチの経験

    上田 美怜, 橋川 和信, 岩山 隆憲, 寺師 浩人

    第32回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2014年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍の骨髄炎診断におけるMRIの有用性についてEfficacy of Magnetic Resonance Imaging in Diagnosing Diabetic FootOsteomyelitis

    藤井 美樹, 寺師 浩人

    第39回日本足の外科学会・学術集会, 2014年11月, 日本語, 日本足の外科学会, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における乳房再建術後管理-特に漿液貯留に重点をおいて-

    蔡 顯真, 宮下 勝, 堀 義康, 村井 信幸, 瓜生 悦子, 寺師 浩人

    第12回日本乳癌学会近畿地方会, 2014年11月, 日本語, 日本乳癌学会近畿地方会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 呼吸困難が保存的加療にて軽快したPierre Robin Sequence児の一例

    大守 誠, 村上 英毅, 上野 一樹, 寺師 浩人

    第32回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2014年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼窩下壁線状型骨折に対するシート状吸収性プレートの使用経験

    髙須 啓之, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第32回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2014年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【パネルディカッション4.乳房再建手術の最前線】群馬大学における保険認可後の乳房再建治療戦略~一次二期再建の増加に伴って~

    牧口 貴哉, 堀口 淳, 高他 大輔, 長岡 りん, 佐藤 亜矢子, 藤井 孝明, 時庭 英彰, 樋口 徹, 内田 紗弥香, 坪井 美樹, 寺師 浩人, 横尾 聡, 竹吉 泉, 桑野 博行

    第76回日本臨床外科学会総会, 2014年11月, 日本語, 日本臨床外科学会, 郡山, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 動静脈奇形の増殖機序に関する検討-成長ホルモン受容体を巡って-

    野村 正, 江尻 浩隆, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第23回日本形成外科学会基礎学術集会, 2014年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 松本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における乳房再建術後管理について

    蔡 顯真, 宮下 勝, 村井 信幸, 堀 義康, 瓜生 悦子, 寺師 浩人

    第2回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会, 2014年10月, 日本語, 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血に対するチーム医療-福岡での血管外科医たちとの出会い-

    蔡 顯真, 竹内 一馬, 伊藤 信久, 寺師 浩人, 中野 昌弘, 松尾 実奈, 杉若 昌一, 田中 信英

    第3回日本下肢救済・足病学会九州地方会, 2014年10月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会九州地方会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 広背筋皮弁による二次再建時に見つかった腋窩リンパ節再発の1例~チーム医療の重要性~

    牧口 貴哉, 堀口 淳, 長岡 りん, 高他 大輔, 佐藤 亜矢子, 時庭 英彰, 樋口 徹, 藤井 孝明, 内田 沙弥香, 坪井 美樹, 横尾 聡, 寺師 浩人, 竹吉 泉

    第2回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会, 2014年10月, 日本語, 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 群馬大学におけるエキスパンダーとall denuded flapを用いた自家組織二期再建

    牧口 貴哉, 堀口 淳, 高他 大輔, 長岡 りん, 佐藤 亜矢子, 時庭 英彰, 藤井 孝明, 樋口 徹, 内田 沙弥香, 坪井 美樹, 横尾 聡, 寺師 浩人

    第2回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会, 2014年10月, 日本語, 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ワイヤーミオグラフシステムを用いた各種血管抗攣縮薬の検討

    榊原 俊介, 小川 晴生, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第23回日本形成外科学会基礎学術集会, 2014年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 松本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【教育講演1】日本における下肢慢性創傷の現状と各職種への期待

    寺師 浩人

    第11回日本フットケア学会鹿児島セミナー, 2014年09月, 日本語, 日本フットケア学会, 鹿児島, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ヒト線維芽細胞増殖における電気刺激周波数の関連性

    吉川 義之, 杉元 雅晴, 前重 伯壮, 植村 弥希子, 藤島 里英子, 寺師 浩人, 春藤 久人

    第16回日本褥瘡学会学術集会, 2014年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • カンジダ感染により特異形態を呈した坐骨部褥瘡の一例

    藤井 美樹, 木村 健作, 江草 豪, 寺師 浩人

    第16回日本褥瘡学会学術集会, 2014年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脳神経外科手術時における側頭部陥凹に対する当院の治療アルゴリズム

    蔡 顯真, 祝迫 恒介, 秋山 智, 堀 義康, 村井 信幸, 寺師 浩人

    第6回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2014年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 高松, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病合併CLIに対する足趾骨髄炎の最適切断レベルを決定する

    藤井 美樹, 西尾 優志, 江草 豪, 寺師 浩人

    第6回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2014年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 高松, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腫瘍切除後に生じた胸腹壁欠損に対する再建手術の検討

    野村 正, 榊原 俊介, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第30回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2014年07月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 痔瘻癌・直腸癌術後の肛門周囲再建の経験

    芝岡 美枝, 安田 路規, 寺師 浩人, 岩山 隆憲

    第107回関西形成外科学会・第49回中部形成外科学会合同学術集会, 2014年07月, 日本語, 関西形成外科学会・中部形成外科学会, 加賀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別プログラム】プロフェッショナル-育てる、慢性創傷と戦うスーパー看護師

    寺師 浩人

    第11回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会, 2014年07月, 日本語, 日本褥瘡学会関東甲信越地方会, 東京, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 【主題演題1.慢性創傷の治療】踵部に潰瘍を有する下肢潰瘍症例の検討

    辻 依子, 長谷川 泰子, 倉本 康世, 北野 育郎, 寺師 浩人

    第6回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2014年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 高松, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 【教育講演1】足の褥瘡

    寺師 浩人

    第11回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会, 2014年07月, 日本語, 日本褥瘡学会関東甲信越地方会, 東京, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Deep malar flapによる下眼瞼再建

    藤井 美樹, 木村 健作, 江草 豪, 寺師 浩人

    第30回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2014年07月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性下肢難治性潰瘍に対し遷延性逆行性腓腹皮弁を用いて再建した3例

    蔡 顯真, 宮本 洋, 佐伯 和彦, 中野 昌弘, 松尾 実奈, 寺師 浩人

    第6回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 食道癌術後に生じた胃管気管瘻に対し有茎大胸筋皮弁が有用であった1例

    楠元 順哉, 橋川 和信, 大月 直樹, 丹生 健一, 寺師 浩人

    第38回日本頭頸部癌学会, 2014年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【理事会企画】日本下肢救済・足病学会認定師のビジョンとミッション

    寺師 浩人

    第6回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 【特別企画5.下肢慢性創傷の感染管理】5-3 骨髄炎の診断と治療

    藤井 美樹, 西尾 優志, 江草 豪, 寺師 浩人

    第6回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 【特別企画15.創傷管理と被覆材】15-5 非虚血肢の創傷管理について

    辻 依子, 北野 育郎, 長谷川 泰子, 倉本 康世, 寺師 浩人

    第6回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 【特別企画10.重症下肢虚血患者の下肢切断歩行機能温存を目指して】10-1 下肢切断レベルの歩行維持率の現状とその向上を目指して

    辻 依子, 北野 育郎, 長谷川 泰子, 倉本 康世, 寺師 浩人

    第6回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 【教育講演4.アンギオサムの重要性】4-3 形成外科医にとってのangiosomeの重要性

    寺師 浩人

    第6回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 札幌, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【ワークショップ7.手術後の治癒過程を促進する効果的なチーム医療】重症下肢虚血に対する下肢大切断術-敗北でなく、チーム医療は継続する-

    蔡 顯真, 永井 宏治, 村井 信幸, 寺師 浩人, 中野 昌弘, 松尾 実奈, 平野 直史, 田中 信英

    第39回外科系連合学会, 2014年06月, 日本語, 外科系連合学会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【パネルディスカッション3.救肢の風〜医療ネットワークの構築】3-1 「神戸Podiatry ミーティング」と「神戸CLI カンファレンス」

    寺師 浩人

    第6回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 札幌, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【パネルディスカッション1.足病患者の生命予後改善にむけて】1-3 CLI 患者の生命予後改善のために(形成外科医からの提言)

    寺師 浩人, 辻 依子, 大澤 沙由理, 藤井 美樹

    第6回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 札幌, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム4.透析症例の重症下肢虚血に対する治療戦略】4-4 糖尿病性足潰瘍に対する神戸分類に基づいた創傷治療

    寺師 浩人, 辻 依子, 北野 育郎

    第6回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 札幌, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム3.足病治療における集学的治療体制の構築】重症虚血性潰瘍における血管外科医の役割

    北野 育郎, 辻 義彦, 辻 依子, 長谷川 泰子, 倉本 康世, 寺師 浩人, 杉本 幸司, 飯田 修, 白記 達也

    第6回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 札幌, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【特別講演1】皮膚悪性腫瘍に対する手術治療~私の考え

    寺師 浩人

    第32回日本臨床皮膚外科学会学術大会, 2014年05月, 日本語, 日本臨床皮膚外科学会, 函館, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 【研究助成演題】胼胝処置は足底部の知覚を改善させるか-胼胝処置前後における知覚の比較-

    丸尾 郁, 榊原 俊介, 前重 伯壮, 野口 まどか, 寺師 浩人

    第23回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 大宮, 国内会議

    その他

  • 【教育講演47】足の褥瘡について

    寺師 浩人

    第87回日本整形外科学会学術総会, 2014年05月, 日本語, 日本整形外科学会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Repair of the Dural Defect Induced the Cerebrospinal Fluid Rhinorrhea, Meningitis Using the Frontal Musculo-pericranial Flap, Temporal Fascia and Temporal Muscle Flap

    Sai K, Iwaisako K, Akiyama C, Hori G, Murai N, Terashi H

    第12回KJC of PRS, 2014年05月, 英語, KJC of PRS, 仁川, Korea, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Efficacy of magnetic resonance imaging in diagnosing diabetic foot osteomyelitis in the presence of ischemia

    Fujii M, Terashi H, Armstrong D.G

    第24回24th Conference of the European Wound Management Association, 2014年05月, 英語, Conference of the European Wound Management Association, Madrid, Spain, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Chest wall reconstruction after the treatment of mediastinitis or sternal osteomyelitis

    Sakakibara S, Osawa S, Hashikawa K, Terashi H

    2014 Chang Gung Mayo Clinic Symposium in Reconstructive Surgery, 2014年05月, 英語, Chang Gung Mayo Clinic Symposium in Reconstructive Surgery, 台北, Taiwan, 国際会議

    その他

  • ~吻合静脈選択の一助として~口腔癌頸部郭清術後の内頸静脈開存率の検討

    牧口 貴哉, 横尾 聡, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肋軟骨を用いて鼻中隔延長を行った両側唇裂鼻変形に対する鼻形成術

    大守 誠, 村上 英毅, 上野 一樹, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳児血管腫に対する色素レーザー治療の検討~Vbeam は従来型ダイレーザーよりも退縮時期を早めるか?~

    江尻 浩隆, 野村 正, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 動静脈奇形に対する集学的治療の適応と限界

    野村 正, 江尻 浩隆, 櫻井 敦, 川北 育子, 小川 晴生, 柳沢 曜, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足病変における起因菌の検討-潰瘍部と骨髄炎の培養結果の比較-

    長谷川 弘毅, 辻 依子, 倉本 康世, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における胸壁・腹壁全層欠損の治療法についての検討

    長谷川 泰子, 野村 正, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大網弁挙上に伴う稀な合併症

    北川 敬之, 榊原 俊介, 大澤 沙由理, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 髄液鼻漏を伴う視神経管周囲の硬膜欠損に対し、前頭筋骨膜弁、遊離筋膜と側頭筋弁を用いて修復した経験

    蔡 顯真, 祝迫 恒介, 秋山 智洋, 永井 宏治, 村井 信幸, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学におけるリンパ浮腫自費診療外来の現状と展望

    橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 開頭術後頭部人工物露出症例の原因に関する検討とその対策

    野村 正, 橋川 和信, 榊原 俊介, 髙須 啓之, 田原 真也, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別企画 第1回皮膚腫瘍外科指導専門医シンポジウム"Unfavorable result cases~明日の治療に向けて~"】3-1:皮膚腫瘍外科における unfavorable result cases の分類 何が unfavorable なのか?

    野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【特別企画 ガイドラインを作成して-反省と今後の展開-】4-3 ガイドラインの浸透性と統一性

    寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 【ミニシンポジウム4.露出した人工物の対応】4-5 胸部大動脈置換術後の人工血管露出時の対応

    榊原 俊介, 大澤 沙由理, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム 再建外科に応用できる美容外科的手法】顔面神経不全麻痺に対する美容外科的手術

    橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • メッシュ状シリコーンゲルドレッシング「エスアイエイドメッシュ」を用いた薄目分層植皮の固定方法

    髙須 啓之, 熊西 麗衣, 長谷川 泰子, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Poloxamer-188 浸含指サック型救急絆創膏の使用経験

    榊原 俊介, 橋川 和信, 大﨑 健夫, 川北 育子, 奥村 興, 辻 依子, 大守 誠, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Oncoplastic skin surgeryを考慮して再建を行った鼻翼部基底細胞癌切除後全層欠損の治療経験

    田村 亮介, 廣瀬 雅史, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Modified TMA連続59肢の検討

    辻 依子, 長谷川 弘毅, 倉本 康世, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Importance of the control of sclerosant egress on the sclerotherapy for venous malformations

    Ejiri H, Nomura T, Sakakibara S, Terashi H

    ISSVA 20th International Workshop on Vascular Anomalies, 2014年04月, 英語, ISSVA 20th International Workshop on Vascular Anomalies, Melbourne, Australia, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Efficacy of magnetic resonance imaging in diagnosing diabetic foot osteomyelitis in the presence of ischemia

    Fujii M, Terashi H, Armstrong D.G

    International Course on Diabetic Foot 2014, 2014年04月, 英語, International Course on Diabetic Foot, Florence, Italy, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Calvarial radionecrosis

    村山 友梨, 榊原 俊介, 森脇 綾, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Buerger 病による手指壊疽に対するDistal Venous Arterialization の一例

    柳沢 曜, 石椛 寛芳, 秋山 幹雄, 長谷川 泰子, 野村 正, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Buerger 病による手指壊疽に対するDistal Venous Arterializationの一例

    柳沢 曜, 石椛 寛芳, 秋山 幹雄, 長谷川 泰子, 野村 正, 寺師 浩人

    第57回日本手外科学会学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本手外科学会, 宜野湾, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 平地および坂道での車いす駆動が坐骨部のずれに与える影響

    山本 将之, 杉元 雅晴, 前重 伯壮, 吉川 義之, 植村 弥希子, 桑田 真吾, 小野 くみ子, 高田 哲, 寺師 浩人

    第11回日本褥瘡学会近畿地方会学術集会, 2014年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パネルディスカッション3. ビデオで伝えたい私の手順

    野村 正, 榊原 俊介, 高須 啓之, 明石 昌也, 橋川 和信, 田原 真也, 寺師 浩人

    第19回日本形成外科手術手技学会, 2014年02月, 日本語, 日本形成外科手術手技学会, 愛知, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 遊離腓骨皮弁移植におけるMR Angiographyによる下肢血管解剖の術前評価

    楠元 順哉, 橋川 和信, 明石 昌也, 榊原 晶子, 寺師 浩人

    第105回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2013年12月, 日本語, 本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胃癌術後の腹壁再発切除術により生じた 胸腹壁欠損に対する治療経験

    長谷川 泰子, 野村 正, 明石 昌也, 前田 翔, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第105回関西形成外科学会学術集会, 2013年12月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神経縫合を用いた脱神経後の筋肉萎縮予防効果の検討.

    大守 誠, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第22回日本形成外科学会基礎学術集会, 2013年11月, 日本語, 日本形成外科学会基礎学術集会, 新潟市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 三次元形状計測装置を用いた二期再建時の乳房インプラント選択法.

    蔡 顯真, 寺師 浩人, 松尾 文恵, 谷尻 豊寿, 西平 智和, 大慈弥 裕之

    第23回日本シミュレーション外科学会, 2013年11月, 日本語, 日本シミュレーション外科学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 血管奇形に対するエコーガイド下硬化療法の経験 ~有用性と問題点について~.

    野村 正, 江尻 浩隆, 石椛 寛芳, 柳沢 曜, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第23回日本シミュレーション外科学会, 2013年11月, 日本語, 日本シミュレーション外科学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 約40年目に両側乳房に挿入された異物~数種の分析法を用いた観察~.

    華山 博美, 石田 泰久, 寺師 浩人

    第36回日本美容外科学会総会, 2013年10月, 日本語, 日本美容外科学会総会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熱傷後瘢痕拘縮による小口症に対する鼻唇溝皮弁を用いた治療~口輪筋交連部の外側牽引~.

    牧口 貴哉, 高久 裕貴, 横尾 聡, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013年10月, 日本語, 日本口腔外科学会総会・学術大会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熱傷後瘢痕拘縮による小口症に対する鼻唇溝皮弁を用いた治療~口輪筋交連部の外側牽引~.

    牧口 貴哉, 高久 裕貴, 横尾 聡, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2013年10月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超高純度マグネシウムを用いて生体吸収性金属製骨接合プレートを作製する

    橋川 和信, 髙須 啓之, 明石 昌也, 寺師 浩人

    第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2013年10月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血に対する下肢大切断術前後のチーム医療.

    蔡 顯真, 永井 宏治, 村井 信幸, 寺師 浩人, 中野 昌弘, 松尾 実奈, 平野 直史, 田中 信英

    第2回日本下肢救済・足病学会九州地方会学術集会, 2013年10月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会九州地方会学術集会, 北九州市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 開頭術後頭部皮膚潰瘍の原因に関する検討とその対策.

    野村 正, 橋川 和信, 髙須 啓之, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2013年10月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【スポンサードシンポジウム CLI患者の生存率と救肢率の較差をいかに縮めるか】形成外科の立場から.

    寺師 浩人, 辻 依子, 藤井 美樹, 大澤 沙由理, 森脇 綾

    第10回日本フットケア学会鎌倉セミナー, 2013年10月, 日本語, 日本フットケア学会鎌倉セミナー, 鎌倉市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • われわれが経験した髄液鼻漏を伴う硬膜欠損に対し、前頭筋骨膜弁と側頭筋弁を用いて修復した症例.

    蔡 顯真, 祝迫 恒介, 秋山 智洋, 永井 宏治, 村井 信幸, 寺師 浩人

    第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2013年10月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離皮弁による頭蓋再建症例の検討.

    野村 正, 橋川 和信, 榊原 俊介, 髙須 啓之, 田原 真也, 寺師 浩人

    第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2013年09月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 盛岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脳外科術後SSIにおけるICG蛍光造影の有用性-腐骨の評価-.

    榊原 俊介, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2013年09月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 盛岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳房温存術後の自家組織を用いた二次再建における当院の治療戦略

    牧口 貴哉, 堀口 淳, 高他 大輔, 六反田 奈和, 長岡 りん, 佐藤 亜矢子, 時庭 英彰, 内田 沙耶香, 横尾 聡, 竹吉 泉, 寺師 浩人

    第1回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会設立記念総会, 2013年09月, 日本語, 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会設立記念総会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二次再建時の乳房インプラント選択法-非接触的三次元形状計測装置を用いて-.

    蔡 顯真, 寺師 浩人, 松尾 文恵, 谷尻 豊寿, 西平 智和, 大慈弥 裕之

    第1回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会設立記念総会, 2013年09月, 日本語, 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会設立記念総会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 再発口腔中咽頭癌に対する遊離皮弁再建に関する検討.

    明石 昌也, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2013年09月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 盛岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 再発口腔中咽頭癌に対する遊離皮弁再建における問題点-第2報-

    明石昌也, 橋川和信, 寺師浩人

    第40回日本マイクロサージェリー学会総会, 2013年09月, 日本語, 日本マイクロサージェリー学会, 岩手, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 巨大なmyoid hamartomaの1例~一次乳房形成術~

    牧口 貴哉, 堀口 淳, 高他 大輔, 六反田 奈和, 長岡 りん, 佐藤 亜矢子, 時庭 英彰, 内田 沙耶香, 横尾 聡, 竹吉 泉, 寺師 浩人

    第1回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会設立記念総会, 2013年09月, 日本語, 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会設立記念総会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【パネルディスカッション3-I.移植皮弁の選択 私のファーストチョイス-足部・下腿に用いる皮弁-】Contourを重視した足部および下腿遠位部の再建法.

    野村 正, 大﨑 健夫, 石椛 寛芳, 森脇 綾, 髙須 啓之, 江尻 浩隆, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2013年09月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 盛岡市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【パネルディスカッション1.血管吻合術後の管理と移植組織サルベージ法の実際】多様な血管吻合術後皮弁モニタリング.

    榊原 俊介, 髙須 啓之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2013年09月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 盛岡市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム2.知覚皮弁の適応と成績】皮弁と知覚に関する経験と考察.

    橋川 和信, 榊原 俊介, 辻 依子, 奥村 興, 野村 正, 田原 真也, 寺師 浩人

    第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2013年09月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 盛岡市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • reversed cephalic vein graftを用いてdistal venous arterializationを行った示指PADの1例.

    髙須 啓之, 寺師 浩人, 橋川 和信, 安田 路規

    第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2013年09月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 盛岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Case report on wound healing promotion of an intractable pressure ulcer by long irradiation of low-intensity pulse mode ultrasound;Based on in vitro study.

    Noriaki Maeshige, Toru Ueyama, Chieko Yamamoto, Ikuno Oohashi, Masatoshi Ogami, Yoshiyuki Yoshikawa, Mikiko Uemura, Yuka Koga, Michiko Aoyama, Makoto Miyoshi, Hiroto Terashi, Makoto Usami, Masaharu Sugimoto

    12th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2013年09月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • Antifibrogenic and proapoptotic effects of butyrate/DHA via PGE2secretion on keloid fibroblasts in inflammatory model.

    Noriaki Maeshige, Kazuhiro Torii, Hiroto Tabuchi, Ayumi Saka, Kyoko Araki, Michiko Aoyama Ishikawa, Midori Imai, Yuka Koga, Akane Ochi, Mikiko Uemura, Makoto Miyoshi, Yasuhiro Hamada, Hiroto Terashi, Makoto Usami

    The 35th congress of the European Society of Parenteral and Enteral Nutrition, 2013年09月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • 腹腔内へ広範囲に浸潤した腹直筋内low-grade myofibrosarcomaの治療経験.

    野村 正, 榊原 俊介, 森脇 綾, 奥村 興, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2013年08月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 甲府市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 若年女性の腹部に発症した結節型悪性黒色腫の一例.

    藤井 美樹, 江草 豪, 寺師 浩人

    第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2013年08月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 甲府市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮頚癌への放射線照射施行40年後に発症した腹部血管肉腫の1例

    久保 あゆみ, 小川 晴生, 寺師 浩人

    第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2013年08月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 甲府市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足病変に対する義肢装具士への期待.

    寺師 浩人

    第20回日本義肢装具士協会学術大会, 2013年07月, 日本語, 日本義肢装具士協会学術大会, 宜野湾市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 当科における前腕皮弁採取部閉鎖法;PSVN-SG+エスアイエイドtie over法.

    島田 幸一, 髙須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第104回関西形成外科学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低出力パルスモード超音波の長時間照射により治癒の停滞が改善した一症例-in vitro実験結果の臨床的検証-.

    前重 伯壮, 上山 徹, 山本 智恵子, 大橋 郁乃, 尾上 真俊, 植村 弥希子, 吉川 義之, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    第15回日本褥瘡学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低出力パルスモード超音波の長時間照射により治癒の停滞が改善した一症例

    前重 伯壮, 上山 徹, 山本 智恵子, 大橋 郁乃, 尾上 真俊, 吉川 義之, 植村 弥希子, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    第15回日本褥瘡学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中間趾に発症した感染性糖尿病性足趾潰瘍に対する我々の治療法.

    時吉 貴宏, 辻 依子, 河村 進, 寺師 浩人

    第5回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2013年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 足の褥瘡について.

    寺師 浩人

    第15回日本褥瘡学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 神戸市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 寝たきり患者に対するポジショニング評価方法の検討および評価に基づいた指導による改善-第2報-.

    前重 伯壮, 上山 徹, 山本 智恵子, 大橋 郁乃, 尾上 真俊, 橋本 弘子, 植村 弥希子, 吉川 義之, 杉元 雅晴, 寺師 浩人

    第15回日本褥瘡学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 寝たきり患者に対するポジショニング評価方法の検討および評価に基づいた指導による改善‐第2報‐

    前重 伯壮, 上山 徹, 山本 智恵子, 大橋 郁乃, 尾上 真俊, 橋本 弘子, 植村 弥希子, 吉川 義之, 杉元 雅晴, 寺師 浩人

    第15回日本褥瘡学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 局所的な圧迫を回避した動作指導により、創の治癒とADLの拡大を得た多発褥瘡症例

    山本 智恵子, 前重 伯壮, 尾上 真俊, 大橋 郁乃, 上山 徹, 杉元 雅晴, 寺師 浩人

    第15回日本褥瘡学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 局所的な圧迫を回避した動作指導により、創の治癒とADLの拡大を得た多発褥瘡症例

    山本 智恵子, 前重 伯壮, 尾上 真俊, 大橋 郁乃, 上山 徹, 杉元 雅晴, 寺師 浩人

    第15回日本褥瘡学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 感染を合併した重症下肢虚血に対する集学的治療.

    辻 依子, 中山 真紀, 長谷川 弘毅, 北野 育郎, 寺師 浩人

    第5回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2013年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 巻き爪と陥入爪に対するマイルドからシビアまでの3段階法-患者背景に対応した当院の治療アルゴリズム.

    蔡 顯真, 大守 誠, 永井 宏治, 寺師 浩人, 松尾 知子, 山本 美紀, 政岡 ゆう子, 中野 昌弘, 松尾 実奈

    第5回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2013年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【パネルディスカッション3.エキスパートに学ぶ画像診断】 慢性胸骨骨髄炎におけるMRIの有用性.

    藤井 美樹, 木村 健作, 木谷 慶太郎, 寺師 浩人

    第5回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2013年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム2.褥瘡の手術適応の基準化と周術期管理方法の統一化へ向けて】序章.

    寺師 浩人

    第15回日本褥瘡学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 神戸市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム12.重症虚血肢に対する包括的治療を考える】重症虚血肢に対する創傷治療(糖尿病性足潰瘍の新しい“神戸分類”を用いて).

    寺師 浩人, 辻 依子, 櫻井 沙由理, 森脇 綾, 藤井 美樹

    第22回日本心血管インターベンション治療学会, 2013年07月, 日本語, 日本心血管インターベンション治療学会, 神戸市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • メシル酸ガベキサートによる皮膚潰瘍を同時に2部位に生じた1例.

    横山 未沙子, 髙須 啓之, 島田 幸一, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第104回関西形成外科学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポジショニング表の見やすさに関するアンケートからみえてきたこと~安定したポジショニングの実施に向けて~.

    大橋 郁乃, 前重 伯壮, 上山 徹, 山本 智恵子, 尾上 真俊, 杉元 雅晴, 寺師 浩人

    第15回日本褥瘡学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポジショニング表の見やすさに関するアンケートからみえたこと‐安定したポジショニングの実施に向けて‐

    大橋 郁乃, 前重 伯壮, 上山 徹, 山本 智恵子, 尾上 真俊, 杉元 雅晴, 寺師 浩人

    第15回日本褥瘡学会学術集会, 2013年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳房温存術後高度変形に対する自家組織二次再建戦略~アンケート調査とStep-surgery Conceptを用いて~.

    牧口 貴哉, 堀口 淳, 高他 大輔, 六反田 奈和, 長岡 りん, 佐藤 亜矢子, 時庭 英彰, 内田 沙耶香, 菊地 麻美, 橋川 和信, 寺師 浩人, 横尾 聡, 竹吉 泉

    第21回日本乳癌学会総会, 2013年06月, 日本語, 日本乳癌学会総会, 浜松市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 舌半側切除後の遊離前腕皮弁再建症例における長期観察結果.

    明石 昌也, 橋川 和信, 榊原 晶子, 寺師 浩人

    第37回日本頭頸部癌学会, 2013年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 再発口腔中咽頭癌に対する遊離皮弁再建における問題点

    明石 昌也, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第37回日本頭頸部癌学会総会, 2013年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【シンポジウム8.透析患者の重症虚血肢に対する治療】【神戸分類】に基づく局所創傷治療.

    寺師 浩人

    第58回日本透析医学会, 2013年06月, 日本語, 日本透析医学会, 福岡市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • がん切除後下顎再建における再建理論「CATコンセプト」.

    橋川 和信, 明石 昌也, 野村 正, 寺師 浩人

    第37回日本頭頸部癌学会, 2013年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性末梢神経障害は左右対称か?

    丸尾 郁, 榊原 俊介, 前重 伯壮, 野口 まどか, 松本 衣代, 寺師 浩人

    第22回日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 2013年05月, 日本語, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 静岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性末梢神経障害は左右対称か?

    丸尾 郁, 榊原 俊介, 前重 伯壮, 野口 まどか, 松本 衣代, 寺師 浩人

    第22回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 2013年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【ランチョンセミナー 未来への扉-形成外科-血行不良に伴う創傷に対する治療】重症下肢虚血の創傷治療(神戸分類の紹介).

    寺師 浩人

    第86回日本整形外科学会総会, 2013年05月, 日本語, 日本整形外科学会総会, 広島市, 国内会議

    その他

  • その踵の"褥瘡"は褥瘡か?

    寺師 浩人

    第10回日本褥瘡学会九州地方会, 2013年05月, 日本語, 日本褥瘡学会九州地方会, 北九州市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • TGF-β1/IL-1β刺激下ケロイド線維芽細胞のapoptosis耐性および線維形成亢進に対する酪酸・DHAの制御作用

    前重 伯壮, 荒木 杏子, 坂 安優未, 鳥井 一宏, 田淵 寛人, 青山 倫子, 三好 真琴, 植村 弥希子, 今井 緑, 濱田 康弘, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年05月, 日本語, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳房温存術後高度変形に対する二期再建の治療戦略.

    牧口 貴哉, 横尾 聡, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍における病態別分類(神戸分類)の治療成績の検討.

    森脇 綾, 大澤 沙由理, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病合併 CLI~局所手術治療方針の決定における MRI の有用性~.

    藤井 美樹, 木村 健作, 木谷 慶太郎, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科における頭蓋再建の治療方針~シャントと術後合併症との検討~.

    野村 正, 橋川 和信, 榊原 俊介, 辻 依子, 川北 育子, 田原 真也, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科における前頭骨骨折症例の検討.

    永井 宏治, 大守 誠, 蔡 顯真, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人工血管置換術後の縦隔炎の一例.

    榊原 俊介, 大澤 沙由理, 森脇 綾, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 女性医師をどう育てるか~日本形成外科学会女性医師支援 WG セッション~.

    寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    その他

  • 重症下肢虚血に対する下肢大切断の新しい考え方敗北でなく、生命予後の改善と運動機能の再獲得のために―.

    蔡 顯真, 大守 誠, 永井 宏治, 寺師 浩人, 中野 昌弘, 松尾 実奈, 杉若 昌一, 柳 大三郎

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 左足関節に生じた軟部神経周膜腫の 1 例.

    西尾 優志, 江尻 浩隆, 永田育子, 大﨑 健夫, 辻本 賢樹, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 硬化療法施行後に、縮小することなく疼痛が改善された静脈奇形症例の検討.

    江尻 浩隆, 野村 正, 橋川 和信, 川北 育子, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 口腔癌頚部郭清術後の内頸静脈血栓と再建方法についての検討.

    牧口 貴哉, 横尾 聡, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 感染性糖尿病性足病変における起因菌及びエンピリック治療時の抗生剤選択に関する検討.

    時吉 貴宏, 辻 依子, 中山 真紀, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 巻き爪・陥入爪に対する形状記憶合金クリップの使用経験.

    石田 泰久, 華山 博美, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 壊死性筋膜炎の予後を規定する因子に関する検討.

    大守 誠, 蔡 顯真, 永井 宏治, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下眼瞼の若返りに対する基本方針―除皺術と volumetric restoration の術式と患者選択.

    一瀬 晃洋, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【ミニシンポジウム3.胸骨骨髄炎に対する治療戦略】縦隔炎・胸骨骨髄炎連続 21 症例の検討.

    榊原 俊介, 大澤 沙由理, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【ミニシンポジウム13.眼瞼下垂治療における再手術】眼瞼挙筋腱膜前転術における美しい瞼裂作成のコツ.

    一瀬 晃洋, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム4.加齢性眼瞼下垂の手術術式】部分切開法眼瞼挙筋腱膜前転術の適応と術式の要点.

    一瀬 晃洋, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム1.Limb salvageの治療戦略~チームにおける形成外科医の役割】血管内治療かバイパス術か 形成外科の立場からの選択.

    辻 依子, 時吉 貴宏, 中山 真紀, 寺師 浩人, 大澤 沙由理

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • シリコーンゲルドレッシング「エスアイエイドⓇ」を用いた tie over 法の一工夫.

    髙須 啓之, 橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ICGを利用した皮弁切り離し時期の検討.

    北野 豊明, 榊原 俊介, 髙須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 踵の褥瘡は褥瘡か?

    寺師 浩人

    第10回日本褥瘡学会関東甲信越地方会 第10回東京支部フォーラム, 2013年03月, 日本語, 日本褥瘡学会関東甲信越地方会 第10回東京支部フォーラム, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 放射線誘発癌が疑われた口腔癌に対する遊離皮弁再建

    明石 昌也, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第103回関西形成外科学会学術集会, 2013年03月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚悪性腫瘍切除後に生じた眼角部上下眼瞼皮膚欠損に対するExtended V-Y flapの有用性に関する検討.

    田村 亮介, 柳沢 曜, 石椛 寛芳, 長谷川 泰子, 野村 正, 大﨑 健夫, 寺師 浩人

    第103回関西形成外科学会学術集会, 2013年03月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脱細胞化ヒト脂肪組織マトリックスの開発.

    佐野 仁美, Hakan Orbay, 寺師 浩人, 百束 比古, 小川 令

    第12回日本再生医療学会総会, 2013年03月, 日本語, 日本再生医療学会総会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下肢難治性潰瘍に対するLipoPGE1製剤局所動脈内注入療法の有用性と注意点-補助療法の1つとして-.

    蔡 顯真, 大守 誠, 永井 宏治, 寺師 浩人, 豊島 宏, 中野 昌弘, 松尾 実奈, 杉若 昌一, 柳 大三郎, 河原 真美, 安部 のぞみ

    第103回関西形成外科学会学術集会, 2013年03月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【パネルディスカッション 難治性潰瘍の治療】糖尿病性足潰瘍における病態別分類(神戸分類)とその治療方針.

    辻 依子, 時吉 貴宏, 中山 真紀, 寺師 浩人

    第103回関西形成外科学会学術集会, 2013年03月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム 大学形成外科の現状と未来】神戸大学形成外科「医局」の現状と未来―quid faciam? quo eam?.

    橋川 和信, 寺師 浩人

    第103回関西形成外科学会学術集会, 2013年03月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 乳児血管腫対する病変内切除の有用性.

    野村 正, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第18回日本形成外科手術手技学会, 2013年02月, 日本語, 日本形成外科手術手技学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 巻き爪と陥入爪に対する治療アルゴリズム-患者背景に対応したマイルドからシビアまでの3段階法-.

    蔡 顯真, 大守 誠, 永井 宏治, 寺師 浩人, 松尾 知子, 政岡 ゆう子, 山本 美紀, 中野 昌弘

    第11回日本フットケア学会学術集会/第5回日本下肢救済・足病学会, 2013年02月, 日本語, 第11回日本フットケア学会学術集会/第5回日本下肢救済・足病学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下肢難治性潰瘍に対するLipoPGE1製剤局所動脈内注入療法の試み-補助療法の1つとして-.

    蔡 顯真, 大守 誠, 永井 宏治, 豊島 宏, 寺師 浩人

    Japan Endovascular Treatment Conference 2014, 2013年02月, 日本語, Japan Endovascular Treatment Conference 2014, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【ランチョンセミナー】静脈うっ滞性潰瘍~圧迫とドレッシング材併用による効果~.

    寺師 浩人

    第11回日本フットケア学会/第5回日本下肢救済・足病学会合同学術集会, 2013年02月, 日本語, 第11回日本フットケア学会/第5回日本下肢救済・足病学会合同学術集会, 横浜市, 国内会議

    その他

  • CATコンセプトによる下顎再建の実践.

    橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第18回日本形成外科手術手技学会, 2013年02月, 日本語, 日本形成外科手術手技学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 炎症刺激下ケロイド線維芽細胞における酪酸・DHAのPGE2産生制御と抗線維化作用

    植村 弥希子, 前重 伯壮, 古賀 由華, 越智 茜, 鳥井 一宏, 田淵 寛人, 坂 安優未, 荒木 杏子, 青山 倫子, 三好 真琴, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    第43回日本創傷治癒学会, 2013年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 酪酸・DHA併用がケロイド由来線維芽細胞における α-SMA、collagen の発現に与える抑制効果

    田淵 寛人, 前重 伯壮, 鳥井 一宏, 青山 倫子, 今井 緑, 三好 真琴, 小谷 穣治, 濱田 康弘, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    第19回外科侵襲とサイトカイン研究会, 2012年12月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離皮弁を用いた頭頸部再建症例における周術期抗凝固療法の合併症について-VTE予防の観点から-

    髙須 啓之, 橋川 和信, 榊原 俊介, 野村 正, 寺師 浩人

    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 北九州, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離前腕皮弁移植後5日、10日の動脈閉塞~ICG蛍光造影による考察~

    榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 北九州, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳び胸水に対するリピオドールリンパ管造影法による治療法の検討

    野村 正, 大﨑 健夫, 石椛 寛芳, 寺師 浩人

    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 北九州, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 短腓骨筋腱に生じた腱鞘巨細胞腫の1例

    森脇 綾, 寺師 浩人

    第102回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本形成外科学会関西支部, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 短鎖脂肪酸・多価不飽和脂肪酸がケロイド由来線維芽細胞に与える抗線維化作用

    鳥井 一宏, 前重 伯壮, 青山 倫子, 今井 緑, 田淵 寛人, 三好 真琴, 濱田 康弘, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    第42回日本創傷治癒学会, 2012年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 後期高齢者に対するマイクロサージャリーは危険か?

    髙須 啓之, 橋川 和信, 榊原 俊介, 野村 正, 寺師 浩人

    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 北九州, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 巨大乳腺過誤腫に対して一期的乳房形成術を施行した1例

    牧口 貴哉, 横尾 聡, 堀口 淳, 高他 大輔, 六反田 奈和, 長岡 りん, 佐藤 亜矢子, 時庭 英彰, 戸塚 勝理, 奥村 興, 竹吉 泉, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第9回日本乳癌学会関東地方会, 2012年12月, 日本語, 日本乳癌学会関東地方会, 大宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顎裂骨移植の採骨部に脛骨を用いた経験

    大守 誠, 蔡 顯真, 永井 宏治, 小川 晴生, 寺師 浩人

    第102回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本形成外科学会関西支部, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 開頭術後に生じた頭部皮膚潰瘍に対し、部分的デブリードマンで治療を試みた一例

    安田 路規, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    第102回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本形成外科学会関西支部, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リンパ管静脈吻合手技を容易にするためのアイデアと工夫

    橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 北九州, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • マイクロサージャリーにおける抗攣縮薬の効果について

    小川 晴生, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 北九州, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒト皮膚線維芽細胞の電気走性を促進させる直流微弱電流刺激強度の臨界点

    植村 弥希子, 前重 伯壮, 吉川 義之, 寺師 浩人, 宇佐美 眞, 高田 哲, 杉元 雅晴

    第42回日本創傷治癒学会, 2012年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ケロイド由来線維芽細胞に対する酪酸・DHA の抗線維化作用とapoptosis 促進

    鳥井 一宏, 前重 伯壮, 青山 倫子, 今井 緑, 田淵 寛人, 三好 真琴, 濱田 康弘, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    第10回日本機能性食品医用学会総会, 2012年12月, 日本語, 日本機能性食品医用学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • NF1 患者の坐骨神経に発生したMPNST の1 例 ~大腿切断時の腫瘍摘出の観点から~

    川北 育子, 大﨑 健夫, 西尾 優志, 辻本 賢樹, 野村 正, 寺師 浩人

    第102回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本形成外科学会関西支部, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 3D-CTA像の体表への投射を利用した血管マーキング

    榊原 俊介, 江尻 浩隆, 森脇 綾, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 北九州, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 両側pure type blow out fracture症例の検討

    髙須 啓之, 橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    第30回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2012年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 豊中, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳房温存術二期再建におけるわれわれの治療戦略 ~step surgery conceptを用いて~

    牧口 貴哉, 堀口 淳, 高他 大輔, 六反田 奈和, 長岡 りん, 佐藤 亜矢子, 時庭 英彰, 戸塚 勝理, 竹吉 泉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 横尾 聡

    第4回日本臨床外科学会総会, 2012年11月, 日本語, 日本臨床外科学会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 陳旧性眼窩骨折の治療アルゴリズム

    橋川 和信, 大守 誠, 野村 正, 川北 育子, 寺師 浩人

    第30回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2012年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 大阪, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 短パルス色素レーザー照射後に潰瘍を生じた乳児血管腫症例の検討

    野村 正, 江尻 浩隆, 川北 育子, 寺師 浩人

    第33回日本レーザー医学会総会, 2012年11月, 日本語, 日本レーザー医学会, 吹田, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 赤唇部の毛細血管奇形(単純性血管腫)に対するパルス色素レーザー照射効果の検討

    江尻 浩隆, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第33回日本レーザー医学会総会, 2012年11月, 日本語, 日本レーザー医学会, 吹田, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上顎洞バルーンを用いた眼窩下壁骨折の治療

    永井 宏治, 大守 誠, 蔡 顯真, 寺師 浩人

    第30回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2012年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 豊中, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面動脈を茎とする両外側hachet flapを用いた広範囲下口唇全層欠損に対する再建

    牧口 貴哉, 宮崎 英隆, 早田 隆司, 小川 将, 橋川 和信, 寺師 浩人, 横尾 聡

    第30回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2012年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 豊中, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Wound Management for Diabetic Foot Ulcerations、 Using Kobe Classification

    Hiroto Terashi

    Joint Meeting of 9th International Diabetes Federation Western Pacific Region Congress and 4th Scientific Meeting of the Asian Association for the Study of Diabetes, 2012年11月, 英語, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Le Fort II型上顎移動術を行った アペルト症候群の上顎形成術の経験

    大守 誠, 蔡 顯真, 永井 宏治, 菅原 康志, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 立石 千鶴

    第30回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2012年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 豊中, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Facial artery musculomucosal flapにより口腔上顎洞瘻孔を治療した1例

    明石 昌也, 橋川 和信, 大澤 沙由理, 寺師 浩人

    第30回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2012年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 豊中, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚の光受容メカニズム

    榊原 俊介, 今井 緑, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第21回日本形成外科学会基礎学術集会, 2012年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 福島県耶麻郡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大腿へのハーフサイドテストによる高密度超音波痩身機 Liposonix(ライポソ ニックス)の臨床効果の検討

    小西 和人, 一瀬 晃洋, 寺師 浩人

    第35回日本美容外科学会学術集会, 2012年10月, 日本語, 日本美容外科学会学術集会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新施設での足病変に対するチーム医療立ち上げに際し、形成外科医が考えること

    蔡 顯真, 大守 誠, 永井 宏治, 寺師 浩人, 中野 昌弘, 松尾 実奈, 平野 直史, 杉若 昌一, 田中 信英, 八代 冨美代, 古賀 康子, 河原 真美, 吉村 節子

    第1回日本下肢救済・足病学会九州地方会, 2012年10月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会九州地方会, 北九州, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高密度超音波(HIFU)を用いた痩身機 Liposonix(ライポソニックス)の腹部皮下脂肪への臨床効果の検討

    小西 和人, 一瀬 晃洋, 寺師 浩人

    第35回日本美容外科学会学術集会, 2012年10月, 日本語, 日本美容外科学会学術集会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Relationship between the Type of GranuFoam and Negative Pressure Values in V.A.C® Therapy

    Kenji Kuwazuru, Kazutaka Kemmoku, Shunsuke Sakakibara, Takanori Iwayama, Atsushi Sakurai, Yoshie Shibaoka, Hiroto Terashi

    Diabetic Limb Salvage Conference 2012, 2012年10月, 日本語, Diabetic Limb Salvage Conference, Washington D.C., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Efficacy of Magnetic Resonance Imaging in Diagnosing Osteomyelitis

    Miki Fujii, Hiroto Terashi

    Diabetic Limb Salvage Conference 2012, 2012年10月, 日本語, Diabetic Limb Salvage Conference, Washington D.C., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 3-Dimentional Visualization of Leg Arteries/ Veins

    Shunsuke Sakakibara, Hiroto Terashi

    Diabetic Limb Salvage Conference 2012, 2012年10月, 日本語, Diabetic Limb Salvage Conference, Washington D.C., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 褥瘡症例にV.A.C.ATS®治療システムを使用する際の工夫

    長谷川 泰子, 藤井 美樹, 木谷 慶太郎, 小泉 郷士, 寺師 浩人

    第14回日本褥瘡学会学術集会, 2012年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍の病態と治療(神戸分類)

    寺師 浩人

    第9回日本フットケア学会 岐阜市セミナー, 2012年09月, 日本語, 日本フットケア学会, 岐阜, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 当院における乳房再建術の治療戦略 ~step surgery conceptを用いて~

    牧口 貴哉, 横尾 聡, 堀口 淳, 高他 大輔, 六反田 奈和, 長岡 りん, 佐藤 亜矢子, 時庭 英彰, 戸塚 勝理, 奥村 興, 竹吉 泉, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回北関東医学会, 2012年09月, 日本語, 北関東医学会, 前橋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大腿外側部へのポリウレタンフィルムの貼付が大転子部皮膚のずれに対して与える抑制効果

    上山 徹, 前重 伯壮, 吉川 義之, 植村 弥希子, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    第14回日本褥瘡学会学術集会, 2012年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 寝たきり患者に対するポジショニング評価指標の検討

    前重 伯壮, 上山 徹, 橋本弘子, 野口 まどか, 松本 衣代, 丸尾 郁, 杉元 雅晴, 寺師 浩人

    第14回日本褥瘡学会学術集会, 2012年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 周術期管理をどうするか?

    寺師 浩人

    第14回日本褥瘡学会学術集会, 2012年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 横浜, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 車いす座位姿勢の調整により食事摂取量が増加し、褥瘡治癒に繋がった一症例

    山本 智恵子, 前重 伯壮, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    第14回日本褥瘡学会学術集会, 2012年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Study of the Foot Angiosome Seen from Viewpoint of Wound Healing in Critical Limb Ischemia

    Sayuri Osawa, Hiroto Terashi, Yoriko Tsuji, Ikuro Kitano, Sugimoto K

    The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 日本語, Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Promotional effect of low-intensity pulse mode ultrasound on α-smooth muscle actin expression in human dermal fibroblasts.

    Noriaki Maeshige, Hiroto Terashi, Michiko Aoyama, Kazuhiro Torii, Hiroto Tabuchi, Masaharu Sugimoto, Makoto Usami

    4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 英語, 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国際会議

    ポスター発表

  • Novel antifibrogenic therapy for keloid formation by butyrate and DHA combination; in vitro study.

    Kazuhiro Torii, Noriaki Maeshige, Michiko Aoyama, Midori Imai, Hiroto Tabuchi, Makoto Miyoshi, Yasuhiro Hamada, Hiroto Terashi, Makoto Usami

    The Europian Society for Clinical Nutrition and Metabolism (ESPEN) 34rd congress of clinical nutrition and metabolism, 2012年09月, 英語, The Europian Society for Clinical Nutrition and Metabolism (ESPEN) 34rd congress of clinical nutrition and metabolism, Spein, Barcelona, 国際会議

    ポスター発表

  • Novel Antifibrogenic Theraphy for Keloid Formation by Butylate and DHA Combination; in Vitro Study. ESPEN

    Kazuhiro Torii, Noriaki Maeshige, Michiko Aoyama, Midori Imai, Hiroto Tabuchi, Makoto Miyoshi, Yasuhiro Hamada, Hiroto Terashi, Usami M

    The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 日本語, Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Is Temporal Immobilization of the Ankle and Metatarsophalangeal Joint Effective in Suppressing the Spread of Infection in PAD Leg Ulcers?

    Shunsuke Sakakibara, Hiroto Terashi, Yoriko Tsuji, Ikuro Kitano, Hashikawa K, Shinya Tahara

    The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 日本語, Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Efficacy of Magnetic Resonance Imaging in Diagnosing Osteomyelitis in Diabetic Foot Ulcers

    Miki Fujii, Hiroto Terashi, Shinya Tahara

    The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 日本語, Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Does Debriement of Callus Improve the Sensory on Plantar?

    Kaoru Maruo, Shunsuke Sakakibara, Madoka Noguchi, Kinuyo Matsumoto, Sayuri Osawa, Hiroto Terashi

    The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 日本語, Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Direct Microcurrent Stimulation for Pressure Ulcers: A Case Series

    Yoshiyuki Yoshikawa, Masaharu Sugimoto, Noriaki Maeshige, Hiroto Terashi, Uemura M

    The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 日本語, Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Candida Osteomyelitis in a Diabetic Foot Ulcer

    Keiko Honjo, Shunsuke Sakakibara, Hiroto Terashi, Yoshie Shibaoka, Hiroatsu Iwatani, Shinya Tahara

    The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 日本語, Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ANTIFIBROGENIC EFFECTS OF SHORT CHAIN FATTY ACIDS AND OMEGA-3 POLYUNSATURATED FATTY ACIDS ON HUMAN DERMAL FIBROBLASTS.

    Kazuhiro Torii, Noriaki Maeshige, Michiko Aoyama, Midori Imai, Hiroto Tabuchi, Makoto Miyoshi, Yasuhiro Hamada, Hiroto Terashi, Makoto Usami

    5th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 英語, 5th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国際会議

    ポスター発表

  • Antifibrogenic Effects of Short Chain Fatty Acids and Omega-3 Polyunsaturated fatty acids on Human Dermal Fibroblasts

    Kazuhiro Torii, Noriaki Maeshige, Michiko Aoyama, Midori Imai, Hiroto Tabuchi, Makoto Miyoshi, Yasuhiro Hamada, Hiroto Terashi, Usami M

    The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 日本語, Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A New Proposal of a Better Posioning for a Bedbridden Patient

    Yoshiyuki Yoshikawa, Masaharu Sugimoto, Hiroto Terashi, Madoka Noguchi, Uemura M

    The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 日本語, Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A Natural Scaffold Using Adipose Tissue Regeneration

    Sano H, Orbay H, Hiroto Terashi, Hiko Hyakusoku, Rei Ogawa

    The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 日本語, Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Advancement in Early Wound Closure for Venous Leg Ulcers

    Hiroto Terashi, Sayuri Osawa, Shunsuke Sakakibara, Sato M, Kurokawa M, Shinya Tahara

    The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, 2012年09月, 日本語, Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 腋臭症術後にToxic Shock Syndrome(TSS)を発症した1例

    髙須 啓之, 佐藤 誠, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第4回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍感染の診断におけるMRIの有用性~組織学的所見との関係~

    藤井 美樹, 長谷川 泰子, 小泉 郷士, 森脇 綾, 寺師 浩人

    第4回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 名古屋, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 糖尿病性シャルコー関節による足底潰瘍の除圧

    山口 篤史, 大平 吉夫, 北野 育郎, 辻 依子, 寺師 浩人

    第4回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 名古屋, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 創傷管理と創傷被覆材の選択 糖尿病性足潰瘍

    大澤 沙由理, 寺師 浩人, 辻 依子, 北野 育郎

    第4回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 名古屋, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 線維芽細胞の光応答の検討

    榊原 俊介, 寺師 浩人, 橋川 和信

    第4回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血に対する血行再建術の選択(血管内治療とバイパス術の比較・検討)

    北野 育郎, 辻 依子, 石田 泰久, 中山 真紀, 辻 義彦, 寺師 浩人, 杉本 幸司

    第4回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 名古屋, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 車いす駆動方法と坐骨部ずれの関連性についての検証

    植村 弥希子, 杉元 雅晴, 山本 将之, 前重 伯壮, 吉川 義之, 寺師 浩人

    第4回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 社会復帰に配慮した坐骨部褥瘡の治療

    小川 晴生, 寺師 浩人, 村上 英毅, 八杉 悠, 田原 真也

    第4回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 血管内治療かバイパス術か 形成外科の立場からの選択

    辻 依子, 時吉 貴宏, 中山 真紀, 寺師 浩人

    第4回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外傷後に生じたclaw toe変形に対し長趾屈筋移行術を施行した1例

    髙須 啓之, 橋川 和信, 明石 昌也, 寺師 浩人

    第101回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本形成外科学会関西支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • V.A.C ATS®治療システムにおけるグラニューフォームの形態と陰圧値の関係

    桒水流 健二, 見目 和崇, 岩山 隆憲, 榊原 俊介, 芝岡 美枝, 寺師 浩人

    第4回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • V.A.C.ATS®治療システムの治療経験~不成功例の検討~

    藤井 美樹, 長谷川 泰子, 木谷 慶太郎, 寺師 浩人

    第4回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TIMEコンセプトに基づいた下肢創傷管理

    辻 依子, 北野 育郎, 石田 泰久, 中山 真紀, 寺師 浩人

    第4回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 名古屋, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • PAD患者の下肢血管内治療後の皮膚潅流圧の変化についての検討

    石田 泰久, 辻 依子, 中山 真紀, 寺師 浩人, 田原 真也

    第4回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • II.「看護師のための公開講座」「治りにくい傷の取り扱い方」

    寺師 浩人

    第4回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 福岡, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • BCG接種による多発化膿性リンパ節炎の一例

    廣瀬 雅史, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第4回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Angiosomeとは

    寺師 浩人

    第4回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 名古屋, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 蠅症を伴った耳介疣状癌の1例

    小熊 孝, 堀 義康, 西尾 祐美, 岩谷 博篤, 寺師 浩人

    第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2012年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腹壁に生じた偽粘液腫の治療経験

    小川 晴生, 村上 英毅, 八杉 悠, 皐月 玲子, 寺師 浩人, 田原 真也

    第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2012年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳房温存手術におけるわれわれの治療戦略 ~step surgery conceptを用いて~

    牧口 貴哉, 横尾 聡, 堀口 淳, 高他 大輔, 六反田 奈和, 長岡 りん, 佐藤 亜矢子, 時庭 英彰, 戸塚 勝理, 奥村 興, 竹吉 泉, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第20回日本乳癌学会学術集会, 2012年06月, 日本語, 日本乳癌学会, 熊本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 診断されずに治療を受けていた日光角化症患者7例の報告

    藤井 美樹, 長谷川 泰子, 小泉 郷士, 寺師 浩人

    第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2012年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高張塩脱細胞化法による再生型小口径血管の開発と評価

    榊原 俊介, 石田 泰久, 橋川 和信, 田原 真也, 寺師 浩人

    第11回日本再生医療学会総会, 2012年06月, 日本語, 日本再生医療学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 広背筋皮弁と頚部島状皮弁の口腔再建における適応と問題点

    横尾 聡, 高山 優, 牧口 貴哉, 宮崎 英隆, 古森 孝英, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第36回日本頭頸部癌学会, 2012年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 松江, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 後期高齢者(75歳以上)における遊離皮弁による頭頸部再建症例の検討

    髙須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第36回日本頭頸部癌学会, 2012年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 松江, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面領域の整容的再建 ~皮弁法を第一選択に~

    華山 博美, 寺師 浩人

    第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2012年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顎口腔領域の広範囲欠損に対する遊離腹直筋皮弁と遊離腓骨皮弁による double free flap reconstruction

    牧口 貴哉, 宮崎 英隆, 小川 将, 高山 優, 根岸 明秀, 橋川 和信, 寺師 浩人, 古森 孝英, 横尾 聡

    第36回日本頭頸部癌学会, 2012年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 松江, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外鼻皮膚悪性腫瘍に対するOncoplastic Skin Surgery

    寺師 浩人

    第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2012年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 札幌, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 胼胝処置は足底部の知覚を改善させるか?

    丸尾 郁, 榊原 俊介, 野口 まどか, 松本 衣代, 大澤 沙由理, 寺師 浩人

    第21回日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 2012年05月, 日本語, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 慢性創傷の最適な治療へ向けて~理学療法士にお願いすること

    寺師 浩人

    第47回日本理学療法学術大会, 2012年05月, 日本語, 日本理学療法学会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 特殊ウレタンクッションによる圧再分配が踵部褥瘡に奏功した一症例

    前重 伯壮, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    第21回日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 2012年05月, 日本語, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍の病態(神戸分類)と治療

    寺師 浩人

    第55回日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 横浜, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 短鎖脂肪酸・多価不飽和脂肪酸がヒト皮膚由来線維芽細胞に与える抗線維化作用

    鳥井 一宏, 前重 伯壮, 青山 倫子, 今井 緑, 田淵 寛人, 三好 真琴, 濱田 康弘, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年05月, 日本語, 日本栄養・食糧学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 股関節運動に伴う大転子皮膚ずれ量測定の試み

    前重 伯壮, 上山 徹, 吉川 義之, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    第21回日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 2012年05月, 日本語, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Total Management of Diabetic Foot Ulcerations using Kobe Classification

    Hiroto Terashi, Yoriko Tsuji

    The 11th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, 2012年05月, 日本語, Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Awaji, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • NSTの早期介入が褥瘡患者の栄養状態に及ぼす効果

    松本 衣代, 今井 秀人, 沖 佳祐, 丸尾 郁, 前重 伯壮, 寺師 浩人, 野口 まどか

    第21回日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 2012年05月, 日本語, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Complications and failures in the treatments with VAC ATS® Therapy System

    Miki Fujii, Yasuko Hasegawa, Satoshi Koizumi, Hiroto Terashi

    The 11th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, 2012年05月, 日本語, Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Awaji, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CLI治療のトレンド-CLI治療のパラダイムシフト(血管内治療とバイパス術の比較・検討)

    北野 育郎, 辻 義彦, 辻 依子, 石田 泰久, 中山 真紀, 杉本 幸司, 寺師 浩人

    第40回日本血管外科学会学術総会, 2012年05月, 日本語, 日本血管外科学会, 長野, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離皮弁を用いた頭頸部再建における周術期抗凝固療法の功罪

    髙須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍の診断におけるMRIの有用性~組織学的所見との関係~

    藤井 美樹, 長谷川 泰子, 小泉 郷士, 寺師 浩人

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍における病態別の治療成績(神戸分類)

    辻 依子, 石田 泰久, 中山 真紀, 寺師 浩人, 田原 真也

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 金属製再建プレートによる下顎骨再建後の合併症について-下顎骨硬性再建に関する一考察

    明石 昌也, 橋川 和信, 榊原 晶子, 榊原 俊介, 横尾 聡, 寺師 浩人, 田原 真也

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面骨骨折手術におけるスーパーフィクソーブMXとチタンプレートの比較

    櫻井 沙由理, 成瀬 栄美, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 可視光硬化性樹脂を用いた「オプティキュアスプリント®」の有用性

    髙須 啓之, 橋川 和信, 江尻 浩隆, 寺師 浩人, 田原 真也

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リンパ漏にどのように取り組むか?

    榊原 俊介, 大澤 沙由理, 湯浅 佳菜子, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マイクロサージャリーにおける抗攣縮薬の検討~その2:オルプレノン塩酸塩 水和物

    榊原 俊介, 小川 晴生, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マイクロサージャリーにおける抗攣縮薬の検討~その1:塩酸リドカイン水溶液

    小川 晴生, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PAD患者の下肢血管内治療後の皮膚潅流圧の変化についての検討

    石田 泰久, 辻 依子, 中山 真紀, 寺師 浩人, 田原 真也

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • DIEP flapを用いる頭頸部腫瘍切除後顔面陥凹変形の二次再建

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 放射線潰瘍と診断した難治性腸管皮膚瘻の原因が3年前に誤飲した爪楊枝による腸管穿孔であった1例

    髙須 啓之, 橋川 和信, 成瀬 栄美, 寺師 浩人, 田原 真也

    第100回日本形成外科学会 関西支部, 2012年03月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 前脛骨動脈塞栓術施行された血腫後下腿潰瘍1例

    大澤 沙由理, 寺師 浩人, 田原 真也

    第100回日本形成外科学会 関西支部, 2012年03月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Total management of diabetic foot ulcerations with Kobe classification

    Hiroto Terashi, Yoriko Tsuji, Ikuro Kitano, Miki Fujii

    Diabetic Foot Ulcer Conference, 2012年03月, 英語, Diabetic Foot Ulcer Conference, LA, アメリカ合衆国, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Efficacy of Magnetic Resonance Imaging in Diagnosing

    Miki Fujii, Hiroto Terashi

    Diabetic Foot Ulcer Conference, 2012年03月, 英語, Diabetic Foot Ulcer Conference, LA, アメリカ合衆国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 末梢血行障害と踵の褥瘡について

    寺師 浩人

    第8回日本褥瘡学会中部地方会, 2012年02月, 日本語, 名古屋, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 外側胸動静脈によるSupercharged 大胸筋皮弁による頭頸部再建~大胸筋皮弁の更なる生着を求めて~

    牧口 貴哉, 宮崎 英隆, 横尾 聡, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第17回日本形成外科手術手技学会, 2012年02月, 日本語, 日本形成外科手術手技学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 苺状血管腫に対するVbeam治療の有用性

    藤井 美樹, 長谷川 泰子, 小泉 郷士, 寺師 浩人

    Ist International Conference of Adipose Tissue (ICAT), 2011年12月, 英語, International Conference of Adipose Tissue, ヴェニス, イタリア, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 短鎖脂肪酸のヒト皮膚由来線維芽細胞に与える抗線維化作用の検討

    鳥井 一宏, 前重 伯壮, 青山 倫子, 今井 緑, 田淵 寛人, 三好 真琴, 濱田 康弘, 寺師 浩人, 宇佐美 眞

    第41回日本創傷治癒学会, 2011年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 愛知, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • V.A.C.ATS(R)治療システムを用いた植皮固定法

    髙須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第99回日本形成外科学会 関西支部学術集会, 2011年12月, 日本語, 日本形成外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 陳旧性顔面神経不全麻痺に対する顔面神経-舌下神経クロスリンク術:長期観察例の検討

    橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原 真也

    第38回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2011年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神経縫合において吸収糸・非吸収糸を用いた場合の組織学的比較検討

    髙須 啓之, 橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原 真也

    第38回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2011年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 新潟, 国内会議

    その他

  • 小口径脱細胞化血管の実用化を目指して-口径の多様性と長期保存-

    榊原 俊介, 石田 泰久, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第38回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2011年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下顎骨区域欠損に対する新しい再建コンセプト:CATコンセプト

    橋川 和信, 横尾 聡, 寺師 浩人, 田原 真也

    第21回日中形成外科学会, 2011年11月, 日本語, 日中形成外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リンパ管におけるプロスタノイドレセプターの発現

    榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第38回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2011年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • オルプリン塩酸塩水和物の血管弛緩効果の検討

    榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第38回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2011年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 新潟, 国内会議

    その他

  • The Decellular Adipose Matrix as A Natural Scaffold for Tissue Engineering

    Sano H, Orbay H, Terashi H, Hyakusoku H, Ogawa R

    第29回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2011年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 苺状血管腫に対するVbeam治療

    藤井 美樹, 長谷川 泰子, 小泉 郷士, 寺師 浩人

    (社)日本形成外科学会 九州支部学術集会 第87回例会, 2011年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 大分, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭蓋底外科における形成外科の役割

    寺師 浩人, 辻 依子, 北野 育郎, 飯田 修

    第33回日本手術医学会総会, 2011年10月, 日本語, 日本手術医学会, 鹿児島, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 超音波の照射時間率がヒト皮膚由来線維芽細胞のα-SMA発現に対して与える影響

    前重 伯壮, 寺師 浩人, 青山 倫子, 鳥井 一宏, 田淵 寛人, 杉元 雅晴, 宇佐美 眞

    第19回日本物理療法学会学術大会, 2011年10月, 日本語, 日本物理療法学会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脱細胞化組織を用いた小口径人工血管の開発とその評価

    榊原 俊介, 石田 泰久, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第20回日本形成外科学会基礎学術集会, 2011年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 尋常性疣贅に対するV beam治療の有用性について(病理組織学的検討)

    藤井 美樹, 長谷川 泰子, 小泉 郷士, 寺師 浩人

    第20回日本形成外科学会基礎学術集会, 2011年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学での持続洗浄型NPWTを用いた縦隔炎・胸骨骨髄炎治療

    榊原 俊介, 杉本 庸, 寺師 浩人, 櫻井 沙由理, 橋川 和信, 田原 真也

    (社)日本形成外科学会 九州支部学術集会 第87回例会, 2011年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 大分, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 周術期における急性期皮膚障害発生のメカニズムと予防・治療

    寺師 浩人

    第20回日本形成外科学会基礎学術集会, 2011年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪組織再生を目的としたヒト脂肪組織無細胞化技術の検討

    佐藤 仁美, Hakan Orbay, 寺師 浩人, 百束 比古, 小川 令

    第20回日本形成外科学会基礎学術集会, 2011年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 銀イオンが細胞増殖に及ぼす影響-bFGF製剤との相関-

    今井 緑, 榊原 俊介, 橋川 和信, 田原 真也, 寺師 浩人

    第20回日本形成外科学会基礎学術集会, 2011年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトリンパ管におけるプロスタノイドレセプターの発現

    榊原 俊介, 今井 緑, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第20回日本形成外科学会基礎学術集会, 2011年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Fontaine IV度の虚血肢に対するバイパス手術と術後フットケアについて

    北野 育郎, 辻 義彦, 辻 依子, 石田 泰久, 中山 真紀, 杉本 幸司, 寺師 浩人

    (社)日本形成外科学会 九州支部学術集会 第87回例会, 2011年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 大分, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • -

    寺師 浩人

    第52回日本脈管学会総会, 2011年10月, 日本語, 日本脈管学会総会, 岐阜, 国内会議

    その他

  • 糖尿病性足潰瘍の病態と治療(神戸分類)

    寺師 浩人

    第34回日本美容外科学会総会, 2011年09月, 日本語, 日本美容外科学会総会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 褥瘡の手術適応の基準化と周術期管理方法の統一化へ向けて

    寺師 浩人

    第13回日本褥瘡学会学術集会, 2011年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 福岡, 国内会議

    その他

  • 抑制帯使用による圧迫やずれへのケア

    丸尾 郁, 野口 まどか, 松本 衣代, 芝岡 美枝, 櫻井 沙由理, 小川 晴生, 榊原 俊介, 前重 伯壮, 杉元 雅晴, 寺師 浩人

    第13回日本褥瘡学会学術集会, 2011年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚を診る目~褥瘡治療外用薬のツボ~

    寺師 浩人

    第13回日本褥瘡学会学術集会, 2011年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大転子褥瘡(STANDARDS-T)全国アンケート調査結果

    木村 中, 後藤 孝浩, 大浦 紀彦, 島田 賢一, 柳 英之, 寺師 浩人, 橋本 一郎, 田中 克己, 岡部 勝行, 野口 まどか, 丹波 光子

    第13回日本褥瘡学会学術集会, 2011年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 福岡, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 側臥位における大転子部の体圧分散を配慮したポジショニングの検証

    吉川 義之, 前重 伯壮, 野口 まどか, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    第13回日本褥瘡学会学術集会, 2011年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 福岡, 国内会議

    その他

  • 仙骨部褥瘡(STANDARDS-S)の手術適応プレ基準案

    田中 克己, 木村 中, 後藤 孝浩, 大浦 紀彦, 島田 賢一, 柳 英之, 橋本 一郎, 岡部 勝行, 篠山 潤一, 菅井 亜由美, 野口 まどか, 丹波 光子, 寺師 浩人

    第13回日本褥瘡学会学術集会, 2011年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 福岡, 国内会議

    その他

  • 手術,周術期管理(坐骨部褥瘡)

    寺師 浩人

    第13回日本褥瘡学会学術集会, 2011年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 福岡, 国内会議

    その他

  • 血液免疫内科病棟における褥瘡リンクナースの取り組み

    吉川 義之, 前重 伯壮, 寺師 浩人, 杉元 雅晴

    第13回日本褥瘡学会学術集会, 2011年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 化膿性股関節炎を来した坐骨部褥瘡2例の検討

    藤井 美樹, 川﨑 雅人, 小泉 郷士, 寺師 浩人

    第13回日本褥瘡学会学術集会, 2011年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ステントグラフト内挿術後に生じた仙尾骨部褥瘡の治療経験

    皿山 泰子, 田井 志正, 寺師 浩人

    第13回日本褥瘡学会学術集会, 2011年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • V.A.C.使用時における皮膚保護の工夫

    榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原 真也

    第26回日本皮膚外科学会総会・学術集会, 2011年08月, 日本語, 日本皮膚外科学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Total Management of Diabetic Foot Ulcerations~Kobe Classification

    Terashi H, Tsuji Y, Kitano I

    第13回日本褥瘡学会学術集会, 2011年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 福岡, 国内会議

    その他

  • Tie-over固定の一工夫

    廣瀬 雅史, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原真也

    第26回日本皮膚外科学会総会・学術集会, 2011年08月, 日本語, 日本皮膚外科学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 趾切断時におけるfillet toe flapの利用

    榊原 俊介, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    第3回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 札幌, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 粒子線治療に伴う難治性皮膚潰瘍の治療戦略

    芝岡 美枝, 寺師 浩人, 橋川 和信, 大守 誠, 石田 泰久, 田原 真也

    第3回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 慢性創傷における深在性candida感染症の2例

    本庄 桂子, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    第3回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非典型的な臨床像を呈した隆起性皮膚線維肉腫の1例

    長谷川 弘毅, 櫻井 沙由理, 寺師 浩人, 田原 真也, 渡辺 雅子

    第98回日本形成外科学会 関西支部学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭部術後難治性瘻孔に対する考え方~頭皮・頭蓋骨・硬膜外腔・硬膜・髄液腔を有機的複合体として考える~

    橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原 真也

    第3回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 札幌, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 糖尿病性足潰瘍の病態別分類(神戸分類)

    寺師 浩人

    第20回日本心血管インターベンション治療学会, 2011年07月, 日本語, 日本心血管インターベンション治療学会, 大阪, 国内会議

    その他

  • 糖尿病性足潰瘍におけるカンジダ性骨髄炎の1例

    本庄 桂子, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    第98回日本形成外科学会 関西支部学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 植皮術における採皮デザイン方法の一工夫

    髙須 啓之, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第3回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血の足趾断端形成における皮膚切開の工夫

    櫻井 沙由理, 寺師 浩人, 辻 依子, 田原 真也

    第3回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 治りにくい傷を治す

    寺師 浩人

    第3回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 札幌, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 局所血流を低下させない足部切断術

    辻 依子, 寺師 浩人

    第3回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 札幌, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 陰圧閉鎖療法における私の工夫~創周囲の健常皮膚を守る~

    榊原 俊介, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    第3回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 札幌, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • リンパ浮腫を伴う絞扼輪症候群における術後リンパ流の検討

    後村 大祐, 榊原 俊介, 小川 晴生, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第98回日本形成外科学会 関西支部学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Claw toeに対する手術方法

    藤井 美樹, 川﨑 雅人, 小泉 郷士, 寺師 浩人

    第3回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 褥瘡の外科的治療におけるトータルマネジメント

    寺師 浩人

    第8回日本褥瘡学会関東甲信越地方会, 2011年06月, 日本語, 日本褥瘡学会, 横浜, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 糖尿病性足潰瘍として治療中に無色素性悪性黒色腫の診断に至った1例

    新保 慶輔, 野々村 秀明, 長谷川 泰子, 小熊 孝, 寺師 浩人, 井上 友介

    第27回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2011年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面神経浸潤が疑われた再発基底細胞癌(morpheic type)の一例

    政岡 浩輔, 梶田 智, 永田 育子, 寺師 浩人

    第27回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2011年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼瞼悪性腫瘍切除後欠損に対する再建術式の検討

    野村 正, 大﨑 健夫, 石椛 寛芳, 寺師 浩人

    第27回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2011年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • がん切除後上顎・眼窩再建に対する神戸大学の治療タクティクス

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第35回日本頭頸部癌学会, 2011年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 名古屋, 国内会議

    その他

  • がん切除後下顎骨再建における指標「CAT コンセプト」 — 多施設症例データに基づく検証 —

    橋川 和信, 横尾 聡, 寺師 浩人, 田原 真也

    第35回日本頭頸部癌学会, 2011年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Myxofibrosarcomaの一例

    藤井 美樹, 川﨑 雅人, 小泉 郷士, 寺師 浩人

    第27回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2011年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 培養膵β細胞のインスリン分泌作用に及ぼす長時間遊離脂肪酸処理の影響

    安藤 秀哉, 福島 光夫, 高橋 良寿, 今井 緑, 寺師 浩人, 清野 進, 市橋 正光

    第54回日本糖尿病学会, 2011年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超音波照射がヒト皮膚由来線維芽細胞のα-SMAおよびTGF-β1発現に及ぼす効果

    前重 伯壮, 寺師 浩人, 青山 倫子, 鳥井 一宏, 杉元 雅晴, 宇佐美 眞

    第46回日本理学療法学術大会, 2011年05月, 日本語, 日本理学療法学会, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血(CLI)における足部の Angiosome の検討

    櫻井 沙由理, 寺師 浩人, 辻 依子, 森脇 綾, 北野 育郎, 寺師 浩人

    第3回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2011年05月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 炎症性の大腸疾患患者に発症したストーマ周囲難治性潰瘍の3事例

    松本 衣代, 野口 まどか, 丸尾 郁, 寺師 浩人

    第20回日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 2011年05月, 日本語, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CLI 患者における transmetatarsal amputation 後の血行動態の検討

    石田 泰久, 辻 依子, 森脇 綾, 北野 育郎, 寺師 浩人

    第3回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2011年05月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Claw toe に対する手術経験

    藤井 美樹, 川﨑 雅人, 小泉 郷士, 寺師 浩人

    第3回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2011年05月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 粒子線治療に続発した難治性皮膚潰瘍の検討

    芝岡 美枝, 寺師 浩人, 橋川 和信, 石田 泰久, 田原 真也

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 末梢血行再建術(血管内治療, バイパス術)と局所創傷手術におけるangiosome理論の重要性と歩行機能維持

    寺師 浩人, 北野 育郎, 辻 依子, 辻 義彦, 飯田 修

    第39回日本血管外科学会学術総会, 2011年04月, 日本語, 日本血管外科学会, 宜野湾, 国内会議

    その他

  • 歩行維持率の高いModified transmetatarsal amputation術式

    寺師 浩人, 辻 依子, 北野 育郎

    第39回日本血管外科学会学術総会, 2011年04月, 日本語, 日本血管外科学会, 宜野湾, 国内会議

    その他

  • 表在性血管病変に対するレーザー治療~従来型ダイレーザーとVビームの治療の違いについて~

    寺師 浩人

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 二期的に再建したBCCの切除例の検討

    芝岡 美枝, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍感染の診断におけるMRIの有用性~組織学的所見との関係~

    藤井 美樹, 川﨑 雅人, 小泉 郷士, 寺師 浩人

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性重症下肢虚血に対する治療

    寺師 浩人

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 神経縫合における吸収糸・非吸収糸による成績比較検討

    髙須 啓之, 橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原 真也

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 術中の血管吻合前に, 動的皮膚潅流圧(dynamic-SPP)を測定して, 吻合方法を選択した4症例

    桂 良輔, 寺師 浩人, 榊原 俊介, 永田 育子, 橋川 和信, 田原 真也, 黒川 正人

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血に併発した足部骨髄炎における起炎菌の検討

    皿山 泰子, 脇田 昇, 寺師 浩人

    第39回日本血管外科学会学術総会, 2011年04月, 日本語, 日本血管外科学会, 宜野湾, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 縦隔炎・胸骨骨髄炎においてデブリードマンの範囲決定にMRIは有効か?

    桒水流 健二, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 四肢リンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合術~手技の詳細に関する考察~

    橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原 真也

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 四肢リンパ管静脈吻合術の治療効果に影響を及ぼす因子は何か?~同一術者連続症例の検討~

    橋川 和信, 奥村 興, 大守 誠, 櫻井 敦, 永田 育子, 寺師 浩人, 田原 真也

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 形成外科領域医におけるMR-Microscopyの有用性

    榊原 俊介, 中山 玲伊子, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顎顔面領域におけるスーパーフィクソーブ(R)MXの使用経験

    櫻井 沙由理, 成瀬 栄美, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下肢難治性潰瘍に対するV.A.C.ATS(R)システム使用症例の検討

    森脇 綾, 石田 泰久, 梶田 智, 辻 依子, 寺師 浩人, 田原 真也

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フェーズコントラスト型CT Angiographyの有用性

    榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Modified transmetatarsal amputation40患肢の検討

    寺師 浩人, 辻 依子

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Distally based sural flapの検討

    石田 泰久, 辻 依子, 森脇 綾, 大守 誠, 寺師 浩人, 田原 真也

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CLIにおけるangiosome conceptの有用性

    辻 依子, 石田 泰久, 森脇 綾, 櫻井 沙由理, 寺師 浩人, 田原 真也

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍の診断におけるMRIの有用性~組織学的所見との関係~

    藤井 美樹, 川﨑 雅人, 小泉 郷士, 寺師 浩人

    第40回日本創傷治癒学会, 2010年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症虚血肢患者における大切断の予測因子

    辻 依子, 北野 育郎, 梶田 智, 森脇 綾, 寺師 浩人, 田原 真也

    第40回日本創傷治癒学会, 2010年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脛骨遠位骨欠損再建におけるTrue pedicledfibular graftの有用性

    髙須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人, 石田 泰久, 田原 真也

    第37回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2010年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 術中の血管吻合前に、動的皮膚組織潅流圧(dynamic skin perfusion pressure:d-SPP)を測定して、吻合方法を選択した3症例

    桂 良輔, 寺師 浩人, 榊原 俊介, 永田 育子, 橋川 和信, 田原 真也, 黒川 正人

    第37回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2010年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高張塩溶液脱細胞化法による脱細胞神経とその評価

    石田 泰久, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第37回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2010年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高張塩溶液脱細胞化法による脱細胞化血管の開発とその評価

    榊原 俊介, 石田 泰久, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第37回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2010年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リンパ浮腫患者のリンパ管組織構造の一考察

    榊原 俊介, 橋川 和信, 奥村 興, 寺師 浩人, 田原 真也

    第37回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2010年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マイクロサージャリーに有用な画像診断学の進歩

    榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第37回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2010年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 名古屋, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Super-microsurgeryトレーニング用血管モデルの開発~リアルさへのこだわり~.

    橋川 和信, 黒川 正人, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原 真也

    第37回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2010年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下顎骨再建術におけるイノベーション~CAT分類・CATコンセプト~.

    橋川 和信, 横尾 聡, 寺師 浩人, 田原 真也

    第28回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2010年10月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Evaluation of the combined use of ultrasound irradiation and wound dressing on pressure ulcers

    Maeshige N, Fujiwara H, Honda H, Yoshikawa Y, Terashi H, Usami M, Sugimoto M

    第11回International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2010年10月, 日本語, International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, Bali, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Effect of the combined use of ultrasound irradiation and wound dressing on pressure ulcers.

    Noriaki Maeshige, Hidetarou Fujiwara, Hiroto Honda, Yoshiyuki Yoshikawa, Hiroto Terashi, Makoto Usami, Masaharu Sugimoto

    11th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2010年10月, 英語, 11th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, Bari, 国際会議

    ポスター発表

  • 粒子線照射後の胸壁潰瘍に対し胸壁再建を行った1例

    中野 英司, 西川 里香, 廣本 敦子, 皿山 泰子, 脇田 昇, 寺師 浩人

    第25回日本皮膚外科学会総会・学術集会, 2010年09月, 日本語, 日本皮膚外科学会総会・学術集会, 大分, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 無血清HFDM-1に脂肪酸を添加した培地での培養線維芽細胞の検討 ~安全な培養細胞注入を目指して~

    江尻 浩隆, 寺師 浩人, 田原 真也, 野村 正

    第19回日本形成外科学会基礎学術集会, 2010年09月, 日本語, 日本形成外科学会基礎学術集会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新しい脱細胞化人工神経の開発とその臨床応用を目指しての評価

    石田 泰久, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第19回日本形成外科学会基礎学術集会, 2010年09月, 日本語, 日本形成外科学会基礎学術集会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新しい脱細胞化技術による小口径血管スキャフォールドの開発

    榊原 俊介, 石田 泰久, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第19回日本形成外科学会基礎学術集会, 2010年09月, 日本語, 日本形成外科学会基礎学術集会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 巨大脂肪腫の1例

    藤井 美樹, 川﨑 雅人, 寺師 浩人

    第25回日本皮膚外科学会総会・学術集会, 2010年09月, 日本語, 日本皮膚外科学会総会・学術集会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リンパ管蛍光造影法を用いたリンパ漏に対する新しい治療法

    湯浅 佳菜子, 榊原 俊介, 橋川 和信, 小川 晴生, 寺師 浩人, 田原 真也

    第25回日本皮膚外科学会総会・学術集会, 2010年09月, 日本語, 日本皮膚外科学会総会・学術集会, 別府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • E-14 皮膚と粘膜

    寺師 浩人

    第19回日本形成外科学会基礎学術集会, 2010年09月, 日本語, 日本形成外科学会基礎学術集会, 横浜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 褥瘡の手術適応の基準化と周術期管理方法の統一化へ向けて~これまでの経緯

    寺師 浩人

    第12回日本褥瘡学会学術集会, 2010年08月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 千葉, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 難治性坐骨部褥瘡3症例の検討

    藤井 美樹, 川﨑 雅人, 寺師 浩人

    第12回日本褥瘡学会学術集会, 2010年08月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 直流微弱電流刺激が褥瘡に対して与える効果-single case実験法に基づく臨床研究-

    本田 寛人, 杉元 雅晴, 寺師 浩人, 奥村 興, 白石 厚美, 村川 真理, 生島 秀樹, 帯刀 未来

    第12回日本褥瘡学会学術集会, 2010年08月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 色素性乾皮症A群患者に発生した足部潰瘍の1例

    江尻 浩隆, 寺師 浩人, 野口 まどか, 柳 英之, 松本 衣代, 丸尾 郁

    第12回日本褥瘡学会学術集会, 2010年08月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 医療用弾性ストッキングによる皮膚障害と着用基準の見直し

    松本 衣代, 丸尾 郁, 野口 まどか, 柳 英之, 寺師 浩人, 河合 宏哉

    第12回日本褥瘡学会学術集会, 2010年08月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • “Non-blanchable erythema”の本態は出血と毛細血管拡張を伴う炎症である:ダーマスコピーによる観察

    乾 重樹, 寺師 浩人, 板見 智

    第12回日本褥瘡学会学術集会, 2010年08月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 母趾切断後の隣接趾変形についての検討

    森脇 綾, 梶田 智, 辻 依子, 寺師 浩人, 田原 真也, 北野 育郎

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍の病態に応じた治療戦略

    寺師 浩人

    第1774回慶應医学会, 2010年07月, 日本語, 慶應医学会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 当科における糖尿病足感染起因菌の傾向及び対策

    髙須 啓之, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 足病外科におけるコラボレーション~足を救うためのBest Practice~ 血管外科医の立場から

    辻 義彦, 北野 育郎, 辻 依子, 森脇 綾, 梶田 智, 寺師 浩人, 杉本 幸司, 澤田 勝寛

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 足病外科におけるコラボレーション~足を救うためのBest Practice~ 形成外科の立場から

    辻 依子, 寺師 浩人

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 足病におけるコラボレーション-血管外科医の立場から

    辻 義彦, 北野 育郎, 辻 依子, 森脇 綾, 梶田 智, 寺師 浩人, 杉本 幸司, 澤田 勝寛

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 足病におけるコラボレーション-形成外科医の立場から

    辻 依子, 寺師 浩人

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 上眼瞼手術で綺麗な”きずあと”を得るためのベストプラクティス

    牧口 貴哉, 橋川 和信, 一瀬 晃洋, 寺師 浩人, 田原 真也

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 血行再建術後の感染拡大により大切断に至ったCLI症例を振り返って~患者因子の検討

    西尾 祐美, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 【胸骨骨髄炎・縦隔炎】総論

    寺師 浩人

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【顔面骨骨折手術における私のBest Practice】新鮮眼窩骨折手術における私のBest Practice~腸骨髄質移植~.

    橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原 真也

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • リンパ管蛍光造影法を用いたリンパ漏に対する新しい治療法

    湯浅 佳菜子, 榊原 俊介, 橋川 和信, 小川 晴生, 寺師 浩人, 田原 真也

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • もと外科医の形成外科医からみたSSI予防のための閉創法

    水口 敬, 寺師 浩人, 田原 真也

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • V. A. C. ATS治療システムを用いた創傷の治療

    川﨑 雅人, 藤井 美樹, 寺師 浩人

    第95回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本形成外科学会関西支部学術集会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • V. A. C. ATS治療システムを用いた創傷の治療

    川﨑 雅人, 藤井 美樹, 寺師 浩人

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 老年症候群の見方 6.褥瘡

    寺師 浩人

    第52回日本老年医学会, 2010年06月, 日本語, 日本老年医学会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 鼻部皮膚悪性腫瘍

    寺師 浩人, 長野 徹, 錦織 千佳子

    第26回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2010年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 皮膚悪性腫瘍におけるMR-Microscopyの有用性

    中山 玲伊子, 黒川 正人, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 佐藤 誠, 中山 真紀, 田原 真也

    第26回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2010年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • がん切除後下顎骨再建における指標「CATコンセプト」-その概念と保存屍体を用いた検討-.

    橋川 和信, 横尾 聡, 寺師 浩人, 田原 真也

    第34回日本頭頸部癌学会, 2010年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The management of diabetic foot wounds with/without PAD

    Terashi H

    第10回Korea-Japan Congress of Plastic and Reconstruction Surgery, 2010年06月, 日本語, Korea-Japan Congress of Plastic and Reconstruction Surgery, 釜山, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • The efficiency of Magnetic Resonance Imaging in the Diagnosis of Osteomyelitis of the Diabetic Foot Ulcers

    Fujii M, Kawasaki M, Terashi H

    第10回Korea-Japan Congress of Plastic and Reconstruction Surgery, 2010年06月, 日本語, Korea-Japan Congress of Plastic and Reconstruction Surgery, 釜山, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性潰瘍の病態とType別治療

    寺師 浩人

    第7回日本褥瘡学会九州地方会, 2010年05月, 日本語, 日本褥瘡学会九州地方会, 宜野湾, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 糖尿病性足潰瘍の創傷処置~軟膏vs創傷被覆材

    寺師 浩人

    第19回日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 2010年05月, 日本語, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 新たなウンドマネジメントをめざして~クリティカルケア領域への挑戦 1.急性創傷の種類と治癒メカニズム

    寺師 浩人

    第19回日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 2010年05月, 日本語, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 末梢動脈疾患(PAD)に対する血行再建術後に感染を引き起こしさらに大切断が必要になった症例について

    西尾 祐美, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 石田 泰久, 橋川 和信, 田原 真也

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍(with/without PAD)の治療アルゴリズムと被覆材/外用剤の選択

    寺師 浩人

    第2回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 糖尿病性足潰瘍患者における大切断後早期死亡の危険因子

    辻 依子, 梶田 智, 櫻井 沙由理, 寺師 浩人, 田原 真也

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍の診断におけるMRIの有用性~組織学的所見との関係~

    藤井 美樹, 川﨑 雅人, 寺師 浩人

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍の診断におけるMRIの有用性~組織学的所見との関係~

    藤井 美樹, 川﨑 雅人, 寺師 浩人

    第2回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍のType別治療方法

    寺師 浩人

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 追加切除が必要となったMyxofibrosarcomaの一例

    川﨑 雅人, 藤井 美樹, 寺師 浩人

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    ポスター発表

  • 中足骨切断に至った糖尿病性足潰瘍の二例

    森脇 綾, 寺師 浩人, 小川 晴生, 梶田 智, 辻 依子, 北野 育郎

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    ポスター発表

  • 重症虚血肢患者における大切断の予測因子

    辻 依子, 北野 育郎, 梶田 智, 森脇 綾, 寺師 浩人, 田原 真也

    第2回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血(CLI)における足部のangiosomeの検討

    櫻井 沙由理, 寺師 浩人, 辻 依子, 梶田 智, 田原 真也

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 縦隔炎に対する神戸大学形成外科の取り組み

    榊原 俊介, 杉本 庸, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 健康に生きる!~足は第2の心臓

    寺師 浩人

    JET2010、第2回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2010年04月, 日本語, JET2010, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 形成外科領域におけるICG蛍光造影検査の役割

    小川 晴生, 橋川 和信, 榊原 俊介, 江尻 浩隆, 杉本 庸, 池田 哲哉, 寺師 浩人, 田原 真也

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 救命しえなかった外陰部壊死性筋膜炎の1症例の考察

    長谷川 泰子, 小川 晴生, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原 真也

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    ポスター発表

  • チーム下肢救済2010:チーム関西「阪神地域連携によるチーム下肢救済」

    飯田 修, 北野 育郎, 寺師 浩人

    第2回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • これからの糖尿病性足病変対策~糖尿病性足部潰瘍の治療と再発予防

    寺師 浩人

    JET2010, 2010年04月, 日本語, JET2010, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • TMA(Transmetatarsal Amputation)術後の歩行機能変化に及ぼす要因に関する検討

    梶田 智, 辻 依子, 森脇 綾, 寺師 浩人, 櫻井 沙由理, 田原 真也

    第2回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PAD患者での四肢切断術における抗凝固剤コントロールについて

    石田 泰久, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Heloma molle治療に関する検討

    梶田 智, 辻 依子, 櫻井 沙由理, 岩谷 博篤, 寺師 浩人, 田原 真也

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Heloma molle治療に関する検討

    梶田 智, 辻 依子, 森脇 綾, 寺師 浩人, 櫻井 沙由理, 田原 真也

    第2回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会学術集会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における医療用弾性ストッキングの着用基準について

    松本 衣代, 丸尾 郁, 野口 まどか, 柳 英之, 寺師 浩人, 川合 宏哉

    第7回日本褥瘡学会近畿地方会, 2010年03月, 日本語, 日本褥瘡学会近畿地方会, 和歌山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 恥骨軟骨肉腫切除術後の陽子線治療後に生じた広範囲組織壊死に対する治療経験

    石田 泰久, 橋川 和信, 池田 哲哉, 寺師 浩人, 田原 真也

    第94回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2010年03月, 日本語, 日本形成外科学会関西支部学術集会, 城崎市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新しい脱細胞化技術を用いた末梢神経スキャフォールドの開発

    石田泰久, 榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第9回日本再生医療学会総会, 2010年03月, 日本語, 日本再生医療学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新しい脱細胞化技術を用いた小口径血管スキャフォールドの開発

    榊原俊介, 石田 泰久, 寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第9回日本再生医療学会総会, 2010年03月, 日本語, 日本再生医療学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症虚血肢に対する最新の治療戦略~血行再建と創傷治療~

    寺師 浩人

    第74回日本循環器病学会, 2010年03月, 日本語, 日本循環器病学会, 京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 重症虚血肢における陰圧閉鎖療法の有用性

    辻 依子, 北野 育郎, 梶田 智, 櫻井 沙由理, 寺師 浩人

    第8回日本フットケア学会学術集会, 2010年02月, 日本語, 日本フットケア学会学術集会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血(CLI)における足部のangiosomeの検討

    櫻井 沙由理, 北野 育郎, 寺師 浩人, 辻 依子, 梶田 智

    第8回日本フットケア学会学術集会, 2010年02月, 日本語, 日本フットケア学会学術集会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 縦隔炎に対する創内持続陰圧洗浄療法の一工夫

    榊原俊介, 杉本庸, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第15回形成外科手術手技研究会, 2010年02月, 日本語, 形成外科手術手技研究会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ケアに必要な創傷治癒の知識と局所処置の実際

    寺師 浩人

    第8回日本フットケア学会学術集会, 2010年02月, 日本語, 日本フットケア学会学術集会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 毛包と創傷治癒

    寺師浩人

    第15回日本臨床毛髪学会, 2009年12月, 日本語, 日本臨床毛髪学会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 乳輪部に発生した汗腺癌の一症例

    寺師浩人

    第93回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2009年12月, 日本語, 日本形成外科学会, 西宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性皮膚潰瘍-病態に応じた創傷治療-

    寺師浩人

    第108回日本皮膚科学会総会, 2009年12月, 日本語, 日本皮膚科学会, 福岡, 国内会議

    その他

  • 順行性有茎腓骨弁により脛骨遠位の再建を行った一例

    高須啓之, 橋川和信, 寺師浩人, 三輪雅彦, 田原真也

    第93回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2009年12月, 日本語, 日本形成外科学会, 西宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 開腹創のヒーリングサポート~創傷治癒の観点から

    寺師浩人

    第64回日本大腸肛門病学会学術集会, 2009年12月, 日本語, 日本大腸肛門病学会, 福岡, 国内会議

    その他

  • Mixofibrosarcomaの一例

    寺師浩人

    第93回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2009年12月, 日本語, 日本形成外科学会, 西宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコールゲル製微小血管モデルを用いる微小血管端側吻合のトレーニング/シミュレーション

    橋川和信, 榊原俊介, 寺師浩人, 田原真也

    第27回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2009年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮弁血糖値測定による皮弁血流のモニタリング.

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第36回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2009年10月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚外科セミナー 総論2)形成外科医の立場から

    寺師浩人

    第61回日本皮膚科学会西部支部学術集会, 2009年10月, 日本語, 日本皮膚科学会西部支部, 別府, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 皮膚外科セミナー 各論2)外鼻悪性腫瘍の手術における植皮と皮弁の使い分け

    寺師浩人

    第61回日本皮膚科学会西部支部学術集会, 2009年10月, 日本語, 日本皮膚科学会西部支部, 別府, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 糖尿病性足潰瘍(with/without PAD)の病態と治療

    寺師浩人

    第25回義肢装具学会学術大会, 2009年10月, 日本語, 義肢装具学会, 神戸, 国内会議

    その他

  • 糖尿病の足潰瘍は何故治りにくいのか

    寺師浩人

    第60回日本皮膚科学会中部支部学術集会, 2009年10月, 日本語, 日本皮膚科学会中部支部, 京都, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 神経トレーサー法による新しい再生神経ネットワークの解析

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第18回日本形成外科学会基礎学術集会, 2009年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 新しい脱細胞化技術を用いた末梢神経スキャフォールドの開発.

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第18回日本形成外科学会基礎学術集会, 2009年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新しい脱細胞化技術の開発 小口径血管・末梢神経への応用と輪唱への展望

    榊原俊介, 寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第18回日本形成外科学会基礎学術集会, 2009年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 新しい脱細胞化技術の開発 小口径血管・末梢神経への応用と臨床への展望

    榊原 俊介, 寺師 浩人, 橋川 和信, 石田 泰久, 田原 真也

    第18回日本形成外科学会基礎学術集会, 2009年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 新しい脱細胞化技術による代替小口径血管・末梢神経の開発.

    榊原俊介, 寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第36回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2009年10月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 陰嚢リンパ瘻に対するリンパ管静脈吻合術の経験.

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第36回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2009年10月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【主題演題 血管神経吻合・皮弁挙上のトレーニング方法】ポリビニルアルコール(PVA)ゲルで作製した新しい吻合練習用微小血管モデルの使用経験.

    橋川和信, 黒川 正人, 榊原俊介, 寺師浩人, 田原真也

    第36回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2009年10月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中足骨部で母趾切断に至ったBunion型潰瘍の一例.

    寺師浩人, 小川晴生, 新家俊郎

    第1回日本下肢救済・足病学会学術集会, 2009年09月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地域での在宅褥瘡ケアにおける市民病院形成外科の役割.

    寺師浩人

    第11回日本褥瘡学会学術集会, 2009年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 術後臀部皮膚障害-なぜ起きる?なぜ起きない?-兵庫県下の病院アンケートから見えてくるもの-.

    長野徹, 江尻浩隆, 寺師浩人

    第11回日本褥瘡学会学術集会, 2009年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 手術適応基準の統一化へ向けて

    寺師浩人

    第11回日本褥瘡学会学術集会, 2009年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 大阪, 国内会議

    その他

  • 手術適応基準の統一化へ向けた経緯報告

    寺師浩人

    第11回日本褥瘡学会学術集会, 2009年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 座位による褥瘡の再発予防にFSAが有用であった一例

    寺師浩人

    第11回日本褥瘡学会学術集会, 2009年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 研究助成・大塚グラント 褥瘡滲出液中に含まれるタンパク質を考える-慢性創傷のモデルとして-.

    榊原俊介, 櫻井沙由理, 寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第11回日本褥瘡学会学術集会, 2009年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • オーバーラップ症候群(SSc+PM+SLE)に伴う多発性褥瘡患者の一例

    寺師浩人, 杉元雅晴, 辻剛, 田原真也

    第11回日本褥瘡学会学術集会, 2009年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 大阪, 国内会議

    その他

  • 糖尿病の足病変について

    寺師浩人

    第239回徳島医学会学術集会, 2009年08月, 日本語, 徳島医学会学術集会, 徳島, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 四肢spindle cell hemangiomaの治療経験

    野村正, 江尻浩隆, 榊原俊介, 寺師浩人, 田原真也

    第6回血管腫・血管奇形研究会, 2009年07月, 日本語, 血管腫・血管奇形研究会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳頭乳輪Tubular apocrine adenomaの1例.

    寺師浩人, 田原真也

    第92回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2009年06月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 難治性尋常性疣贅に対するV beam治療.

    寺師浩人

    第24回日本皮膚外科学会学術集会, 2009年06月, 日本語, 日本形成外科学会, 犬山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 特発性リンパ浮腫による象皮病の1例.

    寺師浩人, 田原真也

    第24回日本皮膚外科学会学術集会, 2009年06月, 日本語, 日本形成外科学会, 犬山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍対する治療戦略について~何故, 糖尿病では傷が治らない?

    寺師浩人

    第54回日本透析医学会学術集会・総会, 2009年06月, 日本語, 日本透析医学会, 横浜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 下肢大切断を行ったElephantiasis Nostras Verrucosaの1例.

    寺師浩人, 田原真也, 三輪雅彦

    第24回日本皮膚外科学会学術集会, 2009年06月, 日本語, 日本形成外科学会, 犬山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • がん切除後下顎骨欠損の新しい分類法「CAT分類」-第2報 有用性と妥当性の検証-.

    橋川和信, 横尾聡, 杉山大典, 寺師浩人, 田原真也

    第33回日本口蓋裂学会 第30回頭頸部手術手技研究会, 2009年06月, 日本語, 日本口蓋裂学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PTFEフェルトの感染が疑われた難治性前胸部皮膚瘻.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第92回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2009年06月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Human tailの2例.

    寺師浩人

    第92回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2009年06月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上眼瞼Mucinous carcinoma of the skinの1例.

    寺師浩人, 田原真也

    第25回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2009年05月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症虚血肢に対する形成外科的アプローチ-gait salvageを目指して-

    辻義彦, 寺師浩人

    第37回日本血管外科学会学術総会, 2009年05月, 日本語, 日本血管外科学会, 名古屋, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Gluteal fold V-Y advancement flapに基づき再建した外陰癌の1症例.

    小川晴生, 野村正, 寺師浩人, 田原真也

    第25回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2009年05月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • -外鼻, 口唇を中心として-外鼻, 上口唇基底細胞癌の治療指針~再発ゼロ&マスクゼロを目指す

    寺師浩人, 橋川和信, 野村正, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 横浜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 難治性尋常性疣贅に対するV beam治療

    寺師浩人

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 足部外科手術のTips and Tricks

    寺師浩人

    Japan Endovascular Treatment Conference 2009, 2009年04月, 日本語, Japan Endovascular Treatment Conference, 泉佐野, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 静脈性下腿潰瘍33例の統計的検討.

    櫻井沙由理, 寺師浩人, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新しい脱細胞化技術を用いたバイオマテリアルの開発~その2 末梢神経スキャホールド~.

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新しい脱細胞化技術を用いたバイオマテリアルの開発~その1 小口径血管スキャホールド~.

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症虚血肢におけるMRIの有用性~組織学的所見との関係~.

    寺師浩人

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血(CLI)における足趾潰瘍の存在部位による再切断の検討.

    櫻井沙由理, 寺師浩人, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 手の静脈奇形に対する硬化療法.

    江尻浩隆, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 持続送気によるwound moisture balance control.

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 坐骨部褥瘡における骨形態の評価と骨形態に合わせた再発予防.

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 気管皮膚瘻に対し肋軟骨及びDP皮弁を用いて一期的再建を行った1例.

    江尻浩隆, 寺師浩人, 櫻井沙由理, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 気管皮膚瘻に対し肋軟骨及びDP皮弁を用いて一期的に再建を行った1例.

    江尻浩隆, 寺師浩人, 櫻井沙由理, 田原真也, 丹生健一

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面皮膚悪性腫瘍切除後の再建方法における整容面の検討.

    寺師浩人, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面神経麻痺に対するsurgical and post-surgical rehabilitation~顔面-舌下神経クロスリンク手術~.

    橋川和信, 橋川和信, 榊原俊介, 榊原俊介, 寺師浩人, 寺師浩人, 田原真也, 田原真也, 橋川和信, 橋川和信, 榊原俊介, 榊原俊介, 寺師浩人, 寺師浩人, 田原真也, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 簡易型自己血糖測定装置を用いた皮弁血流の評価法.

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下顎骨再建における整容性の追求と治療における基準-「CAT分類」から「CATコンセプト」へ-

    橋川和信, 横尾聡, 寺師浩人, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • リン酸カルシウム骨ペーストを用いた踵骨骨髄炎の治療経験.

    寺師浩人, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • オーバーラップ症候群(SSc+PM+SLE)患者に対する多発性褥瘡の外科的治療経験.

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Evaluation of angiosome

    寺師浩人

    Japan Endovascular Treatment Conference 2009, 2009年04月, 日本語, Japan Endovascular Treatment Conference, 泉佐野, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 股関節運動により大転子と皮膚の間に生じるずれについての検証

    寺師浩人, 杉元雅晴

    第6回日本褥瘡学会近畿地方会学術集会, 2009年03月, 日本語, 日本褥瘡学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒト頭皮由来無細胞真皮作製~男性型脱毛症の再生外科的治療法へ向けて

    寺師浩人, 榊原俊介, 橋川和信, 田原真也

    第8回日本再生医療学会総会, 2009年03月, 日本語, 日本再生医療学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • オーバーラップ症候群(SSc+PM+SLE)患者の仙尾骨・両坐骨部褥瘡に対する外科的治療経験

    寺師浩人, 杉元雅晴, 辻剛, 田原真也

    第6回日本褥瘡学会近畿地方会学術集会, 2009年03月, 日本語, 日本褥瘡学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 末梢血行再建術を施行しなかった重症虚血肢症例の検討

    櫻井沙由理, 寺師浩人, 田原真也

    第7回日本フットケア学会学術集会, 2009年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 足趾潰瘍の部位と切断レベル

    櫻井沙由理, 寺師浩人, 田原真也

    第7回日本フットケア学会学術集会, 2009年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症虚血肢におけるMRIの有用性 ~組織学的所見との関係~

    寺師浩人

    第7回日本フットケア学会学術集会, 2009年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下肢大切断とならないために

    寺師浩人

    第7回日本フットケア学会学術集会, 2009年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 横浜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • PADに感染を併発しCLIとなった症例の治療対策

    寺師浩人

    第7回日本フットケア学会学術集会, 2009年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭部皮膚潰瘍に対する手術方法の検討

    野村正, 小川晴生, 江尻浩隆, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第1回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2009年01月, 日本語, 日本創傷外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍・壊疽(with/without PAD)治療における形成外科医の役割-歩行機能を温存する

    寺師浩人, 櫻井沙由理, 辻義彦, 杉本幸司

    第1回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2009年01月, 日本語, 日本創傷外科学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 糖尿病性足潰瘍・壊疽(with/without PAD)の治療

    寺師浩人

    第1回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2009年01月, 日本語, 日本創傷外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 創傷治療センター/形成外科における糖尿病性足潰瘍及び虚血性潰瘍の局所手術統計

    櫻井沙由理, 寺師浩人

    第1回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2009年01月, 日本語, 日本創傷外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 全身性強皮症に合併したIP関節部指難治性潰瘍に対する装具固定の有用性

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第1回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2009年01月, 日本語, 日本創傷外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 初期診断が困難であったスポロトリコーシス疑診例

    寺師浩人, 田原真也

    第1回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2009年01月, 日本語, 日本創傷外科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 外傷後無眼球症の二次的義眼床変形におけるfree flapの適応 -眼瞼皮膚、眼窩骨に欠損がない症例の検討-

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第1回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2009年01月, 日本語, 日本創傷外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 会陰形成術を要したStevens-Johnson症候群の1例

    寺師浩人, 田原真也

    第1回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2009年01月, 日本語, 日本創傷外科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • Wound moisture balance controlの工夫 ~~経鼻カニューラを用いて~~

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第1回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2009年01月, 日本語, 日本創傷外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍(with/without PAD)の創傷マネッジメント

    寺師浩人

    第6回北関東PTA研究会, 2008年12月, 日本語, 北関東PTA研究会, さいたま, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 超高静水圧処理法(冷間等方圧加圧装置)によるヒト頭皮由来無細胞真皮作製~男性型脱毛症の再生外科的治療法へのステップ

    寺師浩人, 榊原俊介, 橋川和信, 田原真也

    第38回日本創傷治癒学会, 2008年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症虚血趾患者における切断レベルと歩行機能

    辻義彦, 櫻井沙由理, 寺師浩人, 田原真也

    第38回日本創傷治癒学会, 2008年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離皮弁による頭頸部再建術後の内頸静脈血栓症

    橋川和信, 横尾聡, 寺師浩人, 田原真也

    第35回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2008年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肘部骨露出創を有茎知覚付き皮弁で再建した後に完全知覚再獲得がなされた症例の経験

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第91回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2008年11月, 日本語, 日本形成外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 難治性尋常性疣贅に対するV-beam治療

    寺師浩人

    第30回兵庫県形成外科医会研究会, 2008年11月, 日本語, 兵庫県形成外科医会研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病患者の足病変~病態生理から治療まで

    寺師浩人

    大阪府立病院院内講習会, 2008年11月, 日本語, 大阪府立病院, 大阪, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 仙尾骨・皮膚全層欠損の治療経験

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第91回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2008年11月, 日本語, 日本形成外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神経トレーサーを用いる神経回路解析実験におけるわれわれの工夫

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第35回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2008年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心房細動が頭頚部free flapにおける吻合部血栓に与える影響

    江尻浩隆, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第35回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2008年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 初期診断が困難であったスポロトリコーシス疑診例

    寺師浩人, 田原真也

    第91回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2008年11月, 日本語, 日本形成外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血: 問題の大きさ, 虚血評価と包括的マネージメント

    寺師浩人

    第8回日本心血管カテーテル治療学会学術集会, 2008年11月, 日本語, 日本心血管カテーテル治療学会, 京都, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 移植床神経による筋(皮)弁の「再支配」-ラットモデルを用いた脱神経萎縮防止効果の検討-

    橋川和信, 榊原俊介, 寺師浩人, 田原真也

    第35回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2008年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 悪性腫瘍との鑑別を要した糖尿病性足病変の1例

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第30回兵庫県形成外科医会研究会, 2008年11月, 日本語, 兵庫県形成外科医会研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒト頭皮由来無細胞真皮作製

    寺師浩人

    第14回日本臨床毛髪学会, 2008年11月, 日本語, 日本臨床毛髪学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • human tailの一例

    寺師浩人

    第91回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2008年11月, 日本語, 日本形成外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 無血清での培養線維芽細胞の検討~安全な培養細胞注入を目指して~

    江尻浩隆, 寺師浩人, 田原真也, 野村正

    第17回日本形成外科学会基礎学術集会, 2008年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 頭頸部腫瘍切除後の二次的義眼床形成再建手術-治療戦略と問題点-

    橋川和信, 一瀬晃洋, 寺師浩人, 田原真也

    第26回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2008年10月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 盛岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 頭頚部free flap連続250例を対象とした血栓形成危険因子の検討

    橋川和信, 江尻浩隆, 横尾聡, 寺師浩人, 丹生健一, 田原真也

    第26回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2008年10月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 透析患者さんの足を救う

    寺師浩人

    第9回埼玉南西部透析懇話会, 2008年10月, 日本語, 埼玉南西部透析懇話会, 新座, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 糖尿病性足潰瘍(with/without PAD)の創傷マネジメント

    寺師浩人

    第120回豊中医師会皮膚科医会, 2008年10月, 日本語, 豊中医師会皮膚科医会, 豊中, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 糖尿病患者の足病変~病態生理から治療まで

    寺師浩人

    宝塚市民病院院内講習会, 2008年10月, 日本語, 宝塚市民病院院, 宝塚, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 足の創傷治療を考える~フットケアの質の向上を目指して

    寺師浩人

    第1回アドバンスド創傷管理セミナー in 郡山, 2008年10月, 日本語, アドバンスド創傷管理セミナー in 郡山, 郡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪腫と正常脂肪におけるレプチンおよびレプチンレセプターの比較.

    寺師浩人, 榊原俊介, 江尻浩隆, 橋川和信, 田原真也

    第17回日本形成外科学会基礎学術集会, 2008年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 懸垂状を呈した後頭骨外骨腫の1例

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第26回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2008年10月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面-舌下神経cross-link型神経移植モデルの逆行性トレーサー法による神経回路解析

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第17回日本形成外科学会基礎学術集会, 2008年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下腿瘢痕内潰瘍に対しsural flapで再建した一症例

    櫻井沙由理, 寺師浩人

    第22回神戸形成外科集談会, 2008年10月, 日本語, 神戸形成外科集談会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 悪性腫瘍との鑑別を要した糖尿病性足病変の1例

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第22回神戸形成外科集談会, 2008年10月, 日本語, 神戸形成外科集談会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒト頭皮由来無細胞真皮作製

    寺師浩人, 榊原俊介, 田原真也

    第17回日本形成外科学会基礎学術集会, 2008年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • どこで切断る?~MRIの有用性について~

    寺師浩人

    第22回神戸形成外科集談会, 2008年10月, 日本語, 神戸形成外科集談会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Wound bed preparationによる創傷管理と組織移植のタイミング-顎口腔領域慢性創傷の確実で正しい治癒をめざして-

    横尾聡, 古森孝英, 寺師浩人, 田原真也

    第42回日本口腔科学会関東地方部会, 2008年10月, 日本語, 日本口腔科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 毛包の上皮化能と毛髪再生医療

    寺師浩人

    第13回名古屋アポトーシス研究会, 2008年09月, 日本語, 名古屋アポトーシス研究会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 糖尿病患者の足病変~病態生理から治療まで

    寺師浩人

    第7回糖尿病療養指導士 兵庫県連合会講演会, 2008年09月, 日本語, 糖尿病療養指導士 兵庫県連合会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • エネルギー代謝からみた口腔粘膜創傷治癒における上皮化機構.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第50回歯科基礎医学会, 2008年09月, 日本語, 歯科基礎医学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • CLIと感染の混合ケースの治療~1つの解決策

    寺師浩人

    第10回神戸Podiatry Meeting, 2008年09月, 日本語, 神戸Podiatry Meeting, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 難治性皮膚潰瘍に対する持続陰圧療法と植皮による治療

    寺師浩人

    第23回日本皮膚外科学会学術集会, 2008年08月, 日本語, 日本皮膚外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学病院における坐骨部褥瘡の手術的加療~その5: 術後経過

    高須啓之, 寺師浩人, 杉元雅晴, 長野徹, 田原真也

    第10回日本褥瘡学会学術集会, 2008年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学病院における坐骨部褥瘡の手術的加療~その4: 手術方法

    寺師浩人, 高須啓之, 杉元雅晴, 長野徹, 田原真也

    第10回日本褥瘡学会学術集会, 2008年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学病院における坐骨部褥瘡の手術的加療~その3: 周術期看護について

    高須啓之, 杉元雅晴, 寺師浩人

    第10回日本褥瘡学会学術集会, 2008年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学病院における坐骨部褥瘡の手術的加療~その2: 圧分布測定システムを用いた周術期管理

    寺師浩人, 高須啓之, 杉元雅晴, 長野徹, 田原真也

    第10回日本褥瘡学会学術集会, 2008年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学病院における坐骨部褥瘡の手術的加療~その1: 3D-CT画像による術前骨変形の評価

    寺師浩人, 高須啓之, 長野徹, 杉元雅晴, 田原真也

    第10回日本褥瘡学会学術集会, 2008年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 骨盤の傾斜角度が仙骨部褥瘡の創面に与える影響

    寺師浩人, 杉元雅晴

    第10回日本褥瘡学会学術集会, 2008年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 関節リウマチに伴う下腿皮膚潰瘍の難治化の原因-合併症の観点からの検討-

    寺師浩人, 田原真也

    第23回日本皮膚外科学会学術集会, 2008年08月, 日本語, 日本皮膚外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Utility of Dynamic SPP Measurement: A New Tool in Treating Critical Limb Ischemia

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第23回日本皮膚外科学会学術集会, 2008年08月, 日本語, 日本皮膚外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • bFGFと持続陰圧閉鎖療法による分層植皮のドレッシング法

    寺師浩人, 田原真也

    第10回日本褥瘡学会学術集会, 2008年08月, 日本語, 日本褥瘡学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 歩行可能な神経障害の足部潰瘍(褥瘡)をどう治療するのか?

    寺師浩人

    第8回四国褥瘡ケア研究会, 2008年07月, 日本語, 四国褥瘡ケア研究会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 糖尿病性潰瘍(with/without PAD)に対する治療~形成外科医の役割

    寺師浩人

    第1回岡山創傷治癒研究会, 2008年07月, 日本語, 岡山創傷治癒研究会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 神戸大学病院における皮膚悪性腫瘍に対するリンパ節郭清術 2鼠径

    池田哲哉, 鬼木俊太郎, 神吉晴久, 長野徹, 錦織千佳子, 杉本庸, 寺師浩人

    第24回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2008年07月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学病院における皮膚悪性腫瘍に対するリンパ節郭清術 1腋窩

    池田哲哉, 鬼木俊太郎, 神吉晴久, 長野徹, 錦織千佳子, 杉本庸, 寺師浩人

    第24回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2008年07月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 最終的にエキスパンダーにて修復した額部BCCの一例

    寺師浩人, 田原真也

    第24回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2008年07月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者の頭部に生じた隆起性皮膚線維肉腫の1例

    寺師浩人, 田原真也

    第24回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2008年07月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下肢の創傷治療を考える~フットケアの質の向上を目指して~.

    寺師浩人

    第8回滋賀創傷ケアセミナー, 2008年07月, 日本語, 滋賀創傷ケアセミナー, 大津, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 糖尿病性足潰瘍(with/without PAD)に対する創傷マネジメント

    寺師浩人

    第7回岡山県北褥瘡研究会, 2008年06月, 日本語, 岡山県北褥瘡研究会, 津山, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 糖尿病性足潰瘍(with/without PAD)に対する創傷マネジメント

    寺師浩人

    第27回糖尿病足病変研究会, 2008年06月, 日本語, 糖尿病足病変研究会, 東京, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 長期安静保持を必要とする難治性潰瘍患者の静脈血栓塞栓症(VTE)予防について

    高須啓之, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第90回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2008年06月, 日本語, 日本形成外科学会, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学における悪性腫瘍切除後の遊離皮弁による頭蓋底一次再建

    橋川和信, 横尾聡, 寺師浩人, 丹生健一, 田原真也

    第32回日本頭頸部癌学会・第29回頭頸部手術手技研究会, 2008年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会・頭頸部手術手技研究会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心房細動が頭頚部free flapにおける吻合部血栓に与える影響

    江尻浩隆, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第90回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2008年06月, 日本語, 日本形成外科学会, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖尿病性足潰瘍治療の実践

    寺師浩人

    第81回日本ハンセン病学会総会・学術大会 第20回コ・メディカル学術集会, 2008年05月, 日本語, 日本ハンセン病学会, 熊本, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 仙骨部全層欠損の治療経験

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第29回兵庫県形成外科医会研究会, 2008年05月, 日本語, 兵庫県形成外科医会研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心房細動が頭頚部free flapにおける吻合部血栓に与える影響

    江尻浩隆, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也, 杉山大典

    兵庫県マイクロサージャリー研究会, 2008年05月, 日本語, 兵庫県マイクロサージャリー研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 由来上皮の異なる歯原性嚢胞裏装ケラチノサイトの細胞生物学的相違.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第64回日本口腔科学会学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本口腔科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭頸部free flap再建後の内頸静脈血栓症による吻合静脈閉塞~頭頸部血管吻合におけるピットフォール~

    橋川和信, 横尾聡, 寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 糖尿病性潰瘍(with/without PAD)に対する治療~形成外科医の役割

    寺師浩人

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 全身麻酔下におけるDYE laser照射術中に引火による顔面熱傷を生じた一症例

    野村正, 寺師浩人, 田原真也

    第5回血管腫・血管奇形研究会, 2008年04月, 日本語, 血管腫・血管奇形研究会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静脈奇形に対する神戸大学の治療戦略

    野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静脈奇形に対する硬化療法による治療経験-治療効果と組織壊死について-

    野村正, 小川晴生, 江尻浩隆, 寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学における外耳ケロイドに対する治療の現況

    橋川和信, 寺師浩人, 吉田賢史, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学における悪性腫瘍切除後のfree flapによる頭蓋底一次再建

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新鮮外傷の外来閉鎖療法におけるドレッシング材の実施面での問題点と工夫

    寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新須磨病院 創傷治療センターにおける難治性下肢潰瘍への取り組み-歩行可能な足を温存する-

    寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 順行性神経トレーサーによる神経回路解析 第2報 ~ラット顔面神経核内へのトレーサー注入手技~

    橋川和信, 榊原俊介, 寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 順行性Distally based Perforator Medial Plantar Flapによる前足部荷重部の再建

    寺師浩人

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実践皮膚外科テクニック-覚えておきたい手術手技のコツ-(皮膚腫瘍, 皮膚潰瘍に対する皮弁手術の適応/非適応)

    寺師浩人

    第107回日本皮膚科学会総会, 2008年04月, 日本語, 日本皮膚科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 坐骨部褥瘡に対する骨変形の評価~なぜ片側の坐骨部が難治化するのか?

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面-舌下神経cross-link型神経移植での順行性トレーサー法による解析

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ラット口蓋帆挙筋の運動支配神経核の逆行性トレーサー法による解析

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • モンドール病の脈管病変の免疫染色による解明

    一瀬晃洋, 寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ハンセン病患者の足趾潰瘍の現状

    寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • どうすれば筋皮弁の術後筋体量を維持できるか: 術後機能の良い頭頚部再建を目指すtranslational approach

    橋川和信, 横尾聡, 榊原俊介, 寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • デブリードマンと創傷処置の実際

    寺師浩人

    第1回Japan Endovascular Treatment Conference, 2008年04月, 日本語, Japan Endovascular Treatment Conference, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • ギプス固定は下肢虚血性潰瘍の感染拡大抑制に有効か?~組織学的所見より~

    榊原俊介, 寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Venous Malformation のより確実な診断にむけて~病理所見と画像所見を比較した観点から~

    野村正, 江尻浩隆, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第5回血管腫・血管奇形研究会, 2008年04月, 日本語, 血管腫・血管奇形研究会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Utility of Dynamic SPP Measurement: A New Tool in Treating Critical Limb Ischemia

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A modified transmetatarsal amputation 20患肢治療経験

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • C型肝炎に伴ったクリオグロブリン血症による足趾難治性潰瘍の治療経験

    寺師浩人

    第6回日本フットケア学会, 2008年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 踵部褥瘡に対するHeeliftの有用性

    辻義彦, 寺師浩人

    第6回日本フットケア学会, 2008年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 歩行可能で感覚障害を有す足部創傷三疾患(糖尿病,二分脊椎症,ハンセン病)の臨床的比較.

    寺師浩人

    第6回日本フットケア学会, 2008年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Treatment for Refractory Pubic Pressure Sores Caused by Resection of Ischial Tuberosity

    寺師浩人, 田原真也

    The9thKOREA-JAPANCongressofPlasticandReconstructiveSurgery, 2008年02月, 英語, KOREA-JAPAN Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, okinawa, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Pressure Sores of Patients with Spina Bifida-The Pathophysiology and Our Strategy of the Treatment-

    寺師浩人, 田原真也

    The9thKOREA-JAPANCongressofPlasticandReconstructiveSurgery, 2008年02月, 英語, KOREA-JAPAN Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, okinawa, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 毛髪付き培養複合皮膚作製へむけて~ヒト頭皮由来無細胞真皮作製.

    寺師浩人, 横尾聡, 榊原俊介, 橋川和信, 田原真也

    第37回日本創傷治癒学会, 2007年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 末梢血行再建術を施行しなかった重症虚血肢症例の検討.(主題演題6-2,難治性潰瘍のトピックス)

    辻義彦, 寺師浩人, 田原真也

    第37回日本形成外科学会基礎学術集会, 2007年12月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 歩行可能で感覚障害を有す足部創傷三疾患(糖尿病,二分脊椎症,ハンセン病)の臨床的比較.(主題演題6-3,難治性潰瘍のトピックス)

    寺師浩人, 田原真也

    第37回日本形成外科学会基礎学術集会, 2007年12月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 主題 毛髪付き培養複合皮膚作製へ向けて~ヒト頭皮由来無細胞真皮作製.(主題演題5-1,再生医療のUpdate(Stem cell・分子生物学的アプローチ)

    寺師浩人, 横尾聡, 榊原俊介, 橋川和信, 田原真也

    第37回日本形成外科学会基礎学術集会, 2007年12月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Infantile Hemangiomaの潰瘍形成に関する検討.

    野村正, 杉本庸, 寺師浩人, 田原真也

    第89回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2007年12月, 日本語, 日本形成外科学会, 高槻, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Dynamic SPP測定が血行動態評価に有用であった重症虚血肢症例の経験.

    寺師浩人, 橋川和信, 松森正術, 田原真也

    第37回日本創傷治癒学会, 2007年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Dynamic SPPが血行動態評価に有用であった重症虚血肢症例の経験.(主題演題6-2,難治性潰瘍のトピックス)

    寺師浩人, 橋川和信, 松森正術, 田原真也

    第37回日本形成外科学会基礎学術集会, 2007年12月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 褥瘡ハイリスク評価後のNSTの早期介入が褥瘡患者の栄養状態に及ぼす効果

    今井 秀人, 沖 佳祐, 前重 伯壮, 野口 まどか, 青山 倫子, 三好 真琴, 吉川 義之, 寺師 浩人, 濱田 康弘, 宇佐美 眞

    第31回兵庫臨床栄養研究会, 2007年11月, 日本語, 兵庫臨床栄養研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眉間部に発生したOsteolipomaの1例~発生起序を脂肪腫由来幹細胞の分化能の観点から~.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2007年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 先天性耳瘻管摘出術における瘻管染色の工夫.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2007年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 診断が困難であった顔面の母斑の2症例.

    橋川和信, 杉本庸, 寺師浩人, 田原真也

    第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2007年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面Pseudolymphomaの1例.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2007年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Wound bed preparation による創傷管理と組織移植のタイミング―顎口腔領域慢性創傷の確実で新しい治療をめざして―.

    横尾聡, 古森孝英, 寺師浩人, 田原真也

    第19回日本口腔科学会近畿地方部会, 2007年11月, 日本語, 日本口腔科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Wound bed preparationによる創傷管理と組織移植のタイミングー顎口腔領域慢性創傷の確実で正しい治療をめざしてー.

    横尾聡, 古森孝英, 寺師浩人, 田原真也

    第19回日本口腔科学会近畿地方部会, 2007年11月, 日本語, 日本口腔科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 毛髪付き培養複合皮膚作製へ向けて~ヒト頭皮由来無細胞真皮作製.

    寺師浩人, 横尾聡, 田原真也, 榊原俊介

    第18回日本形成外科学会基礎学術集会, 2007年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭頸部free flap連続200例を対象とした血栓形成危険因子の検討~メタボリックシンドロームは危険因子か?~.

    橋川和信, 横尾聡, 寺師浩人, 丹生健一, 田原真也

    第34回日本マイクロサイジャリー学会学術集会, 2007年10月, 日本語, 日本マイクロサイジャリー学会, 福島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 痩せない脂肪を目指して~脂肪腫と正常脂肪組織の違いは何か?~.

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第17回日本形成外科学会基礎学術集会, 2007年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 組織内脂肪酸組成解析によるscarless wound healingへのアプローチ.

    野村正, 寺師浩人, 田原真也

    第16回日本形成外科学会基礎学術集会, 2007年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 順行性神経トレーサーによる神経回路解析~ラット舌下神経核内へのトレーサー注入手技~.

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 寺島俊雄, 田原真也

    第19回日本形成外科学会基礎学術集会, 2007年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 手指壊疽に対するDistal venous arterializationの経験.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第34回日本マイクロサイジャリー学会学術集会, 2007年10月, 日本語, 日本マイクロサイジャリー学会, 福島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 座談会Part II 何故,私はこの研究をしているのか.

    寺師浩人

    第20回日本形成外科学会基礎学術集会, 2007年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 合成吸収糸PDS IIと合成非吸収糸ナイロン糸の瘢痕比較.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第16回日本形成外科学会基礎学術集会, 2007年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面神経―舌下神経クロスリンク手術(仮)は顔面病的共同運動に対する治療法となり得るか?(主題:顔面神経麻痺に対する外科的治療)

    橋川和信, 榊原俊介, 寺師浩人, 田原真也

    第34回日本マイクロサイジャリー学会学術集会, 2007年10月, 日本語, 日本マイクロサイジャリー学会, 福島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Epithelialization in oral mucous wound healing in terms of energy metabolism.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    Americanassociationoforalandmaxillofacialsurgeons.89thannualmeeting, 2007年10月, 英語, American association of oral and maxillofacial surgeons, ホノルル, アメリカ, 国際会議

    ポスター発表

  • Epithekialization in oral mucous wound healing in terms of energy metabolism.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    Americanassociationoforalandmaxillofacialsurgeons.90thannualmeeting, 2007年10月, 英語, American association of oral and maxillofacial surgeons, Honolulu, アメリカ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Dynamic SPP(仮)が血行動態評価に有用であった重症虚血肢症例の経験.

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第17回日本シミュレーション外科学会, 2007年10月, 日本語, 日本シミュレーション外科学会, 福島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Comparison of wound healing process following ex vivo oroduced oral mucosa equivalent transplantation and artificial dermis transplantation: influence of keratinocytes on biological events in lamina propria.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    Americanassociationoforalandmaxillofacialsurgeons.89thannualmeeting, 2007年10月, 英語, American association of oral and maxillofacial surgeons, ホノルル, アメリカ, 国際会議

    ポスター発表

  • 培養複合口腔粘膜移植と人工真皮移植の創傷治癒過程比較:上皮細胞存在の影響について.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第52回日本口腔外科学会総会, 2007年09月, 日本語, 日本口腔外科学会, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • 培養複合口腔粘膜移植と人工真皮移植の創傷治癒過程比較 上皮細胞存在の影響について.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第52回日本口腔外科学会総会, 2007年09月, 日本語, 日本口腔外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超音波照射が褥瘡に対して与える影響 single case実験法に基づいて.

    寺師浩人, 杉元雅晴

    第9回日本褥瘡学会学術集会, 2007年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 前橋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 坐骨結節切除により会陰部褥瘡を生じた車いす患者2例の報告.

    寺師浩人, 田原真也, 野村正

    第9回日本褥瘡学会学術集会, 2007年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 前橋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 圧分布測定システムを用い脊椎損傷患者日常生活における体圧分散クッションの客観的評価を行った症例.

    寺師浩人, 田原真也

    第9回日本褥瘡学会学術集会, 2007年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 前橋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エネルギー代謝と細胞分化からみた口腔粘膜創傷治癒における上皮化機構

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第52回日本口腔外科学会総会, 2007年09月, 日本語, 日本口腔外科学会, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • 嚢胞裏装ケラチノサイトの分化と防御機構における由来上皮間比較ーHuman β-defensin 2発現とCCR6 bearing cell上皮内誘導との関連ー.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第17回日本口腔粘膜学会東京, 2007年07月, 日本語, 日本口腔粘膜学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 嚢胞裏装ケラチノサイトの分化と防御機構における由来上皮間比較―Human β-defensin 2 発現とCCR6 bearing cell 上皮内誘導との関連―.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第17回日本口腔粘膜学会総会, 2007年07月, 日本語, 日本口腔粘膜学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 口腔粘膜ケラチノサイトの細胞代謝と分化が創部上皮化に与える影響.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第17回日本口腔粘膜学会総会, 2007年07月, 日本語, 日本口腔粘膜学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 口腔粘膜ケラチノサイトの細胞代謝と分化が創部上皮化に与える影響.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第17回日本口腔粘膜学会, 2007年07月, 日本語, 日本口腔粘膜学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • エネルギー代謝からみた口腔粘膜創傷治癒における上皮化機構―口腔粘膜上皮のグルコース代謝・脂肪酸代謝と細胞分化との関係―.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第17回日本口腔粘膜学会総会, 2007年07月, 日本語, 日本口腔粘膜学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エネルギー代謝からみた口腔粘膜創傷治癒における上皮化機構ー口腔粘膜上皮のグルコース代謝・脂肪酸代謝と細胞分化との関係ー.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第17回日本口腔粘膜学会東京, 2007年07月, 日本語, 日本口腔粘膜学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭頸部再建におけるconventional flap,とくに前腕皮弁のreliabilityとversatilityについて.

    橋川和信, 横尾聡, 野村正, 丹生健一, 寺師浩人, 田原真也

    第31回日本頭頸部癌学会・第28回頭頸部手術手技研究会, 2007年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 横浜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 頭頸部再建Conventional flap vs.Perforator flapとくに前腕皮弁のrealiabilityとversatility

    橋川和信, 横尾聡, 野村正, 丹生健一, 寺師浩人, 田原真也

    第31回日本頭頸部癌学会, 2007年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭頸部free flap連続200例を対象とした血栓形成危険因子の検討 メタボリックシンドロームは危険因子か?.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也, 丹生健一, 横尾聡

    第31回日本頭頸部癌学会・第28回頭頸部手術手技研究会, 2007年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭頸部flee flap連続200例を対象とした血栓形成危険因子の検討 メタボリックシンドロームは危険因子か?

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也, 丹生健一, 横尾聡

    第31回日本頭頸部癌学会, 2007年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静脈奇形の治療戦略 血行動態を考慮した静脈奇形に対する我々の治療戦略 硬化療法の適応と限界について.

    野村正, 寺師浩人, 田原真也

    第27回日本静脈学会総会, 2007年06月, 日本語, 日本静脈学会, 京都, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 新須磨病院創傷治療センターにおける形成外科の役割(主題演題:チーム医療と形成外科医の使命).

    寺師浩人, 田原真也

    第88回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2007年06月, 日本語, 日本形成外科学会, 岸和田, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 術前放射線化学療法併用直腸癌Miles手術後に創部潰瘍を生じた症例の治療経験.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第88回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2007年06月, 日本語, 日本形成外科学会, 岸和田, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂腺母斑上に発生した水疱型石灰化上皮腫の一例.

    寺師浩人, 田原真也

    第22回日本皮膚外科学会・第25回日本臨床皮膚外科学会合同学術集会, 2007年06月, 日本語, 日本皮膚外科学会/日本臨床皮膚外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下顎半側切除後の標準的再建に関する一考察.

    横尾聡, 橋川和信, 古土井春吾, 梅田正博, 古森孝英, 寺師浩人, 田原真也

    第31回日本頭頸部癌学会・第29回頭頸部手術手技研究会, 2007年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭部への放射線療法により発生した基底細胞癌の2例.

    寺師浩人, 田原真也, 野村正, 江尻浩隆

    第23回日本皮膚悪性腫瘍学会, 2007年05月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 足の創傷治療を考える~フットケアの質の向上を目指して~.

    寺師浩人

    第4回日本褥瘡学会九州地方会, 2007年05月, 日本語, 日本褥瘡学会, 別府, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 圧分布測定システムを用いた坐骨部褥瘡術後管理.

    寺師浩人

    第4回日本褥瘡学会近畿地方会, 2007年05月, 日本語, 日本褥瘡学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腓骨皮弁採取が下肢血行動態へ与える影響.

    榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人, 横尾聡, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離前腕皮弁採取による手部血行の変化~皮膚灌流圧(SPP)を用いた検討~.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也, 横尾聡

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚灌流圧(SPP)による創傷マネジメントのもとハイブリッド治療が奏功した重症虚血肢10例の経験.

    寺師浩人, 橋川和信, 榊原俊介, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚線条(妊娠線)治療としてのabdominoplasty.

    杉本庸, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 培養複合口腔粘膜移植と人工真皮移植の創傷治癒過程比較ーKeratinocyteが上皮下組織のbiological eventに与える影響ー.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第61回日本口腔科学会総会, 2007年04月, 日本語, 日本口腔科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 培養複合口腔粘膜移植と人工真皮移植の創傷治癒過程比較―Keratinocyteが上皮下組織のbiological event に与える影響―.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第61回日本口腔科学会学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本口腔科学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 二分脊椎症患者の褥瘡~病態とわれわれの治療~.

    寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 難治性潰瘍の病態と診断.

    寺師浩人

    平成19年度日本形成外科学会学術研修会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 難治性足部潰瘍性病変の統合的診療,特に下肢装具にスポットをあてて~神戸大学でのフットケアの取り組み~.

    寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 難治性下腿潰瘍を合併したKlinefelter症候群の2例.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭頸部free flap連続200例を対象とした血栓形成危険因子の検討~メタボリックシンドロームは危険因子か?~.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也, 横尾聡

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大胸筋と発生起源が同じと考えられた小児巨大筋層間脂肪腫.

    寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 足趾潰瘍を伴ったBlue toe syndromeの8例.

    寺師浩人, 榊原俊介, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 全身性強皮症に両下肢の難治性皮膚潰瘍を合併し左下腿及び右大腿切断に至った症例の経験.

    寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静脈奇形硬化療法における術中透視下病変造影の重要性.

    野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学における異所性蒙古斑のレーザー照射後色素脱失に関する統計学的検討.

    杉本庸, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上顎全摘後下眼瞼後退に対する耳介軟骨移植の有用性~Comprehensive Lid Interlining Cartilage: CLIC法~.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 甲状腺眼症による下眼瞼後退の治療経験~耳介軟骨移植(CLIC法)の有用性と病態に関する考察~.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 口唇部血液貯留性病変に対する硬化療法による治療経験.

    野村正, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 口腔粘膜上皮のグルコース代謝・脂肪酸代謝と細胞分化との関係.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第61回日本口腔科学会総会, 2007年04月, 日本語, 日本口腔科学会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 口腔内移植後の培養複合口腔粘膜上皮の細胞膜構成脂肪酸変化.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第61回日本口腔科学会学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本口腔科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 口腔内移植後の培養複合口腔粘膜上皮の細胞膜構成脂肪酸変化.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第61回日本口腔科学会総会, 2007年04月, 日本語, 日本口腔科学会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 口腔再建における遊離皮弁の適応と非適応症例の手術結果~遊離前腕皮弁/大胸筋皮弁/広頸筋皮弁による再建~.

    橋川和信, 横尾聡, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 口腔再建における遊離皮弁の適応と非適応症例の手術結果~遊離前腕皮弁/大胸筋皮弁/広頚筋皮弁による再建~.

    橋川和信, 横尾聡, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 基底細胞癌の神経浸潤~臨床的見地からの検討~.

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面におけるDouble Extended V-Y Flapの有用性.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 関節リウマチに伴う難治性下腿皮膚潰瘍の12例.

    寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 各種フィルムドレッシング材の特徴に着目したドレッシング法.

    寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • モンドール病の脈管病変の多様性.

    一瀬晃洋, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ケロイド・肥厚性瘢痕で治療脱落に影響する因子についての検討.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エネルギー代謝からみた口腔粘膜創傷治癒における上皮化機構-口腔粘膜上皮のグルコース代謝・脂肪酸代謝と細胞分化との関係-.

    横尾聡, 寺師浩人, 古森孝英

    第61回日本口腔科学会学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本口腔科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Free scalp flapを用いた踵部潰瘍の治療経験.

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A Modified Transmetatarsal Amputation.

    寺師浩人, 橋川和信, 榊原俊介, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Strategy of Vascular Treatment for Critical Limb Ischemia

    辻 義彦, 寺師 浩人

    第71回日本循環器学会総会・学術集会, 2007年03月, 英語, 日本循環器学会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 慢性関節リウマチに伴う難治性皮膚潰瘍

    寺師 浩人, 田原 真也

    第5回日本フットケア学会, 2007年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 創傷(足部)における免荷、除圧方法

    寺師 浩人

    第5回日本フットケア学会, 2007年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 全身性強皮症に両下肢の難治性皮膚潰瘍を合併し左下腿及び右大腿切断に至った症例の経験

    寺師 浩人

    第5回日本フットケア学会, 2007年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 新須磨病院創傷治療センターにおける重症虚血肢への取り組み

    寺師 浩人

    第5回日本フットケア学会, 2007年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下肢虚血性潰瘍の感染拡大抑制にギプス固定は有効か?(組織学的所見)

    寺師 浩人, 田原 真也

    第5回日本フットケア学会, 2007年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • CREST症候群に合併した足趾皮膚潰瘍

    寺師 浩人, 田原 真也

    第5回日本フットケア学会, 2007年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • Blue toe syndromeによる下肢潰瘍

    寺師 浩人, 田原 真也

    第5回日本フットケア学会, 2007年02月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚灌流圧(SPP)による創傷マネジメントのもとハイブリッド治療が奏功したPADに起因する重症虚血肢10例の経験

    寺師 浩人

    第36回日本創傷治癒学会, 2006年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 培養細胞と無細胞真皮と脂肪酸を利用した毛髪形成への試み」(シンポジウム:再生医療技術は自毛植毛に代わりうるか?)

    寺師 浩人

    第12回日本臨床毛髪学会, 2006年12月, 日本語, 日本臨床毛髪学会, 別府, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 二分脊椎症患者の褥瘡-その病態とわれわれの治療-

    寺師 浩人, 田原 真也

    第36回日本創傷治癒学会, 2006年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大腿部皮下動注リザーバー露出に対し、局所皮弁術にてカテーテルを温存し継続使用できた2症例

    寺師 浩人, 田原 真也

    第36回日本創傷治癒学会, 2006年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 血管奇形硬化療法における術中透視下病変造影の重要性-静脈奇形症例の検討-

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第87回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2006年12月, 日本語, 日本形成外科学会関西支部, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 各種フィルムドレッシング材の特徴に着目したドレッシング法

    寺師 浩人

    第36回日本創傷治癒学会, 2006年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シェーグレン症候群に合併した両側手背難治性潰瘍の経験

    寺師 浩人, 田原 真也

    第36回日本創傷治癒学会, 2006年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Blue toe syndromeによる難治性下腿潰瘍を診る

    寺師 浩人

    第36回日本創傷治癒学会, 2006年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 硬化療法における術中シミュレーション~静脈奇形症例についての検討~

    橋川 和信, 寺師 浩人

    第16回 日本シミュレーション外科学会, 2006年11月, 日本語, 日本シミュレーション外科学, 高槻, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 甲状腺眼症の下眼瞼後退に対する耳介軟骨移植の経験~Comprehensive Lid Interlining Cartilage: CLIC法~

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第24回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2006年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 口腔内に移植した遊離前腕皮弁に対するレーザー脱毛の経験

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2006年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼窩下壁ブローアウト骨折の手術治療までの期間と手術成績

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第24回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2006年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下口唇有棘細胞癌切除後一期的再建方法(Free composite graftとOne-stage lip-switch flapの臨床的比較

    寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    第24回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2006年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ブローアウト骨折の眼窩底再建における我々の工夫-腸骨髄質プレートの有用性-

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第24回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2006年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離前腕皮弁採取による手部血行の変化~皮膚潅流圧(SPP)測定による検討

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第15回日本形成外科学会基礎学術集会, 2006年10月, 日本語, 日本形成外科学会, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離前腕皮弁採取における手部血行の変化~皮膚潅流圧(SPP)測定による検討~

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第33回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2006年10月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚潅流圧による創傷治癒予測(シンポジウムⅠ-ⅰ創傷治癒・難治性潰瘍研究の最新動向)

    寺師 浩人, 田原 真也

    第15回日本形成外科学会基礎学術集会, 2006年10月, 日本語, 日本形成外科学会, さいたま, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 培養複合口腔粘膜移植におけるkeratinocyte-derived systemとneuro-mucosal system

    寺師 浩人

    第51回日本口腔外科学会総会, 2006年10月, 日本語, 日本口腔外科学会, 北九州, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 浅側頭動静脈の口径変化~耳下腺流入部を基準として~

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第15回日本形成外科学会基礎学術集会, 2006年10月, 日本語, 日本形成外科学会, さいたま, 国内会議

    ポスター発表

  • 正常上皮化はパルミチン酸を消費しながら必須脂肪酸を獲得する過程である

    寺師 浩人, 田原 真也

    第15回日本形成外科学会基礎学術集会, 2006年10月, 日本語, 日本形成外科学会, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 色素性母斑組織内脂肪酸組成解析

    寺師 浩人, 田原 真也

    第15回日本形成外科学会基礎学術集会, 2006年10月, 日本語, 日本形成外科学会, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上眼瞼挙筋腱膜に関する屍体を用いた解剖学的検討

    橋川 和信, 一瀬 晃洋, 寺師 浩人, 田原 真也

    第15回日本形成外科学会基礎学術集会, 2006年10月, 日本語, 日本形成外科学会, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高血糖は上皮化を遅延させる

    寺師 浩人, 田原 真也

    第15回日本形成外科学会基礎学術集会, 2006年10月, 日本語, 日本形成外科学会, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 陰茎・亀頭に生じた分離母斑の1例

    寺師 浩人

    第57回日本皮膚科学会中部支部学術集会, 2006年10月, 日本語, 日本皮膚科学会中部支部, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Free scalp flapを用いた踵部潰瘍の治療経験

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第33回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2006年10月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 臀部皮膚温変化のサーモグラフィーによる検討-周術期臀部皮膚障害に関する因子の一考察

    長野 徹, 寺師 浩人

    第8回日本褥瘡学会総会, 2006年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 半透過性フィルムドレッシング材のみによる周術期創部管理法

    寺師 浩人

    第8回日本褥瘡学会総会, 2006年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, さいたま, 国内会議

    ポスター発表

  • 当院における褥瘡手術周術期のコラボレーション

    寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    第8回日本褥瘡学会総会, 2006年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, さいたま, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 体温保持機能を有した手術用エアマットレスによる低温熱傷の一例

    寺師 浩人

    第8回日本褥瘡学会総会, 2006年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 術後ケアの重要性を再認識させられた治療の経験

    寺師 浩人, 田原 真也

    第8回日本褥瘡学会総会, 2006年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 何故、褥瘡は上皮化が遅延するのか(2004年研究助成・大塚Grant研究内容発表)

    寺師 浩人

    第8回日本褥瘡学会総会, 2006年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マスクにより耳介にケロイドおよび切痕を生じた2症例

    田原 真也, 寺師 浩人

    第8回日本褥瘡学会総会, 2006年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, さいたま, 国内会議

    ポスター発表

  • 皮膚潅流圧(SPP)による創傷マネジメントのもとハイブリッド治療が奏功したDM+PAD(Peripheral Arterial Disease)による足部虚血性潰瘍の一例

    寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    第21回日本皮膚外科学会, 2006年08月, 日本語, 日本皮膚外科学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フィルム材の閉鎖療法により創傷治癒が遷延した2症例

    寺師 浩人, 田原 真也

    第21回日本皮膚外科学会, 2006年08月, 日本語, 日本皮膚外科学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚潅流圧(SPP)による創傷マネジメントのもとハイブリッド治療が奏功したDM+ PAD(Peripheral Arterial Disease)による足部虚血性潰瘍の一例

    寺師 浩人, 橋川 和信

    第72回日本形成外科学会九州支部学術集会, 2006年07月, 日本語, 日本形成外科学会九州支部, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼窩下壁ブローアウト骨折の手術治療までの期間と手術成績

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第72回日本形成外科学会九州支部学術集会, 2006年07月, 日本語, 日本形成外科学会九州支部, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下口唇癌切除後一期的再建法としての遊離複合移植術と一期的Abbe法

    寺師 浩人, 田原 真也

    第72回日本形成外科学会九州支部学術集会, 2006年07月, 日本語, 日本形成外科学会九州支部, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 異所性蒙古斑のレーザー治療後色素脱失症例に関する検討

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第19回日本レーザー医学会関西地方会, 2006年07月, 日本語, 日本レーザー医学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シェーグレン症候群に合併した両側手背難治性潰瘍の経験

    寺師 浩人, 田原 真也

    第72回日本形成外科学会九州支部学術集会, 2006年07月, 日本語, 日本形成外科学会九州支部, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 培養複合口腔粘膜の臨床応用(文部科学省高度先進医療開発経費B)~口腔癌治療への新しい治療戦略

    寺師 浩人, 田原 真也

    第30回日本頭頸部癌学会・第27回頭頸部手術手技研究会, 2006年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 培養複合口腔粘膜の上皮細胞におけるhuman β-defensinの発現-移植上皮ケラチノサイトの経時的防御能獲得機構-

    寺師 浩人

    第16回日本口腔粘膜学会, 2006年06月, 日本語, 口腔粘膜学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸大学における遊離前腕皮弁移植の基本戦略」(シンポジウム1,形成外科に学ぶ頭頸部領域の基本手技 -切除側・再建側,徹底討論-

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第30回日本頭頸部癌学会・第27回頭頸部手術手技研究会, 2006年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • エネルギー代謝からみた口腔粘膜創傷治癒における上皮化機構-口腔粘膜上皮の脂肪酸組成およびグルコース代謝と細胞分化との関係-

    寺師 浩人

    第16回日本口腔粘膜学会, 2006年06月, 日本語, 口腔粘膜学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 培養複合口腔粘膜の上皮細胞におけるhumanβ-defensinの発現

    寺師 浩人

    第60回日本口腔科学会, 2006年05月, 日本語, 日本口腔科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Wound bed preparationによる創傷管理と組織移植のタイミング-顎口腔領域慢性創傷の確実で正しい治癒をめざして-

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第60回日本口腔科学会, 2006年05月, 日本語, 日本口腔科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 褥瘡手術におけるFSA導入の試み

    寺師 浩人, 田原 真也

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚腫瘍を取り扱う形成外科医のあり方,立場について-皮膚科学教室在籍15年の経験から学んだこと-

    寺師 浩人

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 培養複合口腔粘膜の臨床応用(文部科学省高度先進医療開発経費B)

    寺師 浩人, 田原 真也

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科における真性ケロイド・肥厚性瘢痕治療についての検討

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神戸における美容外科の現況と展望

    寺師 浩人, 田原 真也

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 深部静脈血栓症との関連が疑われた吻合部血栓の経験

    寺師 浩人, 田原 真也

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • 若い女性に生じたBednar腫瘍の2例

    寺師 浩人, 田原 真也

    第22回皮膚悪性腫瘍学会, 2006年04月, 日本語, 皮膚悪性腫瘍学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 義眼患者に対する我々の治療戦略

    田原 真也, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 顔面再建手術における神戸大学形成外科の治療戦略

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下腿に発生したchronic expanding hematomaの一例

    寺師 浩人, 田原 真也

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    ポスター発表

  • 下肢虚血性潰瘍に対するわれわれの治療戦略

    寺師 浩人, 田原 真也

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 異所性蒙古斑のレーザー治療後色素脱失症例に関する検討

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TJシャントの長期成績と手術適応

    田原 真也, 橋川 和信, 一瀬 晃洋, 寺師 浩人

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Impure type blowout骨折の術中眼窩底操作の要否に関する検討

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Foam sclerotherapyを用いた静脈奇形の治療経験

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第49回日本形成外科学会総会・学術集会, 2006年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上皮化の際、毛包角化細胞は、いつ、表皮角化細胞へ転換するのか

    寺師 浩人

    第35回日本創傷治癒学会, 2005年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顔面再建に対するわれわれの戦略-整容的二次手術の母床としての遊離皮弁移植-

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第32回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2005年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下肢下垂による創傷治癒への影響

    辻 依子, 寺師 浩人, 北野 育郎, 佐藤 誠, 田原 真也

    第35回日本創傷治癒学会, 2005年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 安全な培養複合口腔粘膜の作製方法とその臨床応用

    寺師 浩人, 横尾 聡, 古森 孝英, 田原 真也, 泉 健次, 芳澤 亮子, 鈴木 一郎, 斉藤 力, 古田 勲

    第35回日本創傷治癒学会, 2005年12月, 日本語, 日本創傷治癒学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Intravascular papillary endothelial hyperplasiaの3症例

    芝岡 美枝, 寺師 浩人, 辻 依子, 杉本 庸, 田原 真也

    第85回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2005年12月, 日本語, 日本形成外科学会関西支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 前頭骨海綿状血管腫の一例

    藤井 美樹, 佐藤 誠, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第23回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2005年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 最近の褥瘡治療とDESIGNについて

    寺師 浩人

    明石成人病センター内講演会, 2005年11月, 日本語, 明石成人病センター内講演会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 義眼装着患者の3主徴とわれわれの治療戦略

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第23回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2005年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外傷性涙小管断裂の10例

    寺師 浩人, 橋川 和信, 一瀬 晃洋, 田原 真也

    第23回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2005年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「足部虚血性潰瘍の治療」

    寺師 浩人

    第3回九州Peripheral Intervention Conference, 2005年11月, 日本語, Peripheral Intervention Conference, 神戸, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • ベッドサイドにおける褥瘡の治療「デブリードメン、ポケットの処置・管理」

    寺師 浩人

    平成17年度褥瘡フォーラムin岡山, 2005年11月, 日本語, 褥瘡フォーラム, 岡山, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • きずのみかた

    寺師 浩人

    長浜市医師会講演, 2005年11月, 日本語, 長浜市医師会, 長浜, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • One-Stage Abbe flapによる下口唇再建の経験

    小川 晴生, 寺師 浩人, 野々村 秀明, 田原 真也

    第23回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2005年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 毛包と毛髪の脂肪酸解析(シンポジウムⅤ)

    寺師 浩人, 田原 真也, 砂川 武

    第14回日本形成外科学会基礎学術集会, 2005年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚と口腔粘膜上皮の再生医療の現状

    寺師 浩人

    平成17年神戸大学医学祭大倉山祭2005医療シンポジウムどこまで回復できるか?~再生医療のもつ新しい可能性~, 2005年10月, 日本語, 神戸大学医学祭大倉山祭2005医療シンポジウム, 神戸, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 培養複合口腔粘膜移植におけるkeratinocyte derived system

    横尾 聡, 古森 孝英, 寺師 浩人, 田原 真也

    第14回日本形成外科学会基礎学術集会, 2005年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 培養複合口腔粘膜移植