研究者紹介システム

大月 一弘
オオツキ カズヒロ
大学院国際文化学研究科 グローバル文化専攻
教授
自然科学関係
Last Updated :2022/09/25

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院国際文化学研究科 グローバル文化専攻
  • 【配置】

    国際人間科学部 グローバル文化学科, 国際文化学部 国際文化学科

学位

  • 工学博士, 京都大学

授業科目

ジャンル

  • 情報・通信・メディア / インターネット

コメントテーマ

  • 情報通信
  • ネットワーク
  • 情報教育
  • 情報ボランティア
  • 震災とインターネット

研究活動

研究キーワード

  • 情報科学

研究分野

  • 情報通信 / 学習支援システム
  • 情報通信 / データベース
  • 情報通信 / 情報ネットワーク
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学

論文

  • Min Kang, Koichi Kawamura, Harumi Kashiwagi, Kazuhiro Ohtsuki

    Springer International Publishing, 2021年, Learning Technologies and Systems, 47 - 53

    論文集(書籍)内論文

  • TVMLコンテンツの動的なスクリプト変更に関する検討

    柏木治美, 康敏, 大月一弘

    2020年02月, 日本教育工学会論文誌, 43 (Suppl.), 9 - 12, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kento Shigyo, Hidenari Kiyomitsu, Kazuhiro Ohtsuki

    IEEE, 2020年01月, 2020 14th International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication (IMCOM)

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Learners' Subjective Difficulty Ratings for English Nouns Toward a System for Practicing English Speaking

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    2020年01月, Proceedings of the International Conference on Education and Global Studies, 4 (1), 32 - 45, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Kiyomitsu Hidenari, Ha Thanh Nguyen, Shao Shuai, Shigyo Kento, Ohtsuki Kazuhiro

    International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering (TALE 2019), 2019年12月, IEEE 8th International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering, 614 - 619, 英語, 国際誌, 国際共著している

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 邵 帥, 大月 一弘, 清光 英成, 康 敏

    IEEE, 2019年12月, 2019 IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering (TALE), 712 - 716, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Prototype System for Practicing English Speaking

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    In this study, we developed a prototype system that helps students practice speaking English. When students speak English, they may have difficulty expressing their intentions in real time, even when they know the correct words and phrases. To think of the correct English terms smoothly, it is important that students use the language knowledge they have acquired. By using probable linguistic situations, our system attempts to check and provide information about the words and phrases learners can use. We conducted an experiment with 105 first-year Japanese university students to investigate the following research questions: (1) Does the prototype system run properly, provide questions, and save the log data as expected?; (2) When we check the learners’ answers in real time, how many evaluation items and evaluation levels are appropriate?; and (3) How should we display the results of the evaluation to ensure visual comprehension? Concerning the first question, the results of the experiment show that the system runs properly and saves the log data. For the second question, the results suggest that a few evaluation items and a few evaluation levels are preferable for checking the learners’ answers in real time. Results for the third question suggest that a color-coded table could help visually interpret the learners’ results. In this table, English sentences grouping probable linguistic situations are classified according to the percentage of the correct answers, such as less than 50%, 50?80%, and more than 80%.

    2019年11月, Official Conference Proceedings of The Asian Conference on Education 2019, 2019, 873 - 882, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 康 敏, 川村 晃市, 邵 帥, 柏木 治美, 大月 一弘

    シュプリンガー, 2019年11月, Advances in Web-Based Learning – ICWL 2019, 100 - 107, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • TVMLと連携した問題出題に関する検討

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    教育システム情報学会, 2019年07月, 教育システム情報学会研究報告, Vol.34 (No.2), 47 - 50, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 外国語学習における形成的フィードバックシステム構築についての検討

    邵 帥, 大月 一弘, 清光 英成, 康 敏

    日本教育工学会, 2019年03月, 日本教育工学会研究報告集, JSET19-1, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 清光 英成, マルチネス ディック, 孫 一, 大月 一弘

    This paper discusses the combination of visual samples used in the Programmed Visual Contents Comparison Method (PVCC). The PVCC is an aptitude and ability test to evaluate ability related to the Panoramic Understanding of Programming (PUP). This method is based on the comparison of two displayed images or interactive animations produced by programming. If a question is show

    教育システム情報学会, 2019年03月, 教育システム情報学会研究報告, 33 (6), 37 - -44, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 可視化コンテンツ比較法の法人利用の可能性とアプローチ

    清光 英成, マルチネス ディック, 孫 一, 大月 一弘

    プログラミングによって描画された2つ以上の出力画像(アニメーション,対話画像,グラフ,テキストを含む)を利用者に比較させ,何れの画像を出力するプログラムをコーディングする方が難しいかを答えさせることによりプログラミングに対する俯瞰的な理解力を測定する方法,可視化コンテンツ比較法の法人利用の可能性について議論する.実験と分析により,可視化コンテンツ比較法により被験者個別のプログラミング学習に利用できることを示し,協調学習においても応用が可能であることを示す.

    2019年03月, 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集, 2019 (E2-5), 1 - 7, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • A Verb Phrase Tracking System for Formative Feedback in Foreign Language Writing

    邵 帥, 大月 一弘, 清光 英成, 康 敏

    International Academy, Research, and Industry Association, 2019年01月, International Journal on Advances in Intelligent Systems, 11 (3&4), 224 - 233, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hidenari Kiyomitsu, Dick Martinez Colderon, Kazuhiro Ohtsuki, Yi Sun, Toshiharu Samura, Masami Hirabayashi, Yukinobu Miyamoto

    This paper discusses the practical applicability of the Programmed Visual Contents Comparison Method (PVCC) to IT employees. The PVCC is an aptitude and ability test to evaluate programming ability related to the Panoramic Understanding of Programming (PUP). We perform two types of experiments. The first is an individual appraisal. Candidates who have different programming ed

    The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc., 2018年12月, 2018 IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering (TALE), 423 - 430, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Study on a Method of Integrating AR Markers into a Foreign Language Learning System for Task-based Activities

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    In this paper, we investigate a method to integrate Augmented Reality (AR) into a foreign language learning environment for task-based activities. We accomplish that task by focusing mainly on two objectives. First, AR markers can be applied to integrate some objects into the language learning environment as learning materials. Second, movement of an AR-tagged object used in th

    The International Academic Forum, 2018年10月, Official Conference Proceedings of The Asian Conference on Education 2018, 2018, 949 - 957, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • TVMLを用いた出題問題選択に関する検討

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    教育システム情報学会, 2018年09月, 教育システム情報学会研究報告, Vol.33 (No.3), 9 - 12, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 菅野 菜津子, 大月 一弘, 清光 英成

    本論文では,訪日旅行客と日本在住者が関心をもつ事象や場所の比較・分析を行うためのシステムを開発することを目的とする.「写真を撮影し投稿するということは,その地点に関心を引くものがある,またはその地点から関心を引くものを撮影できるということである」という点に注目して,写真投稿用SNS であるFlickr に投稿された写真に紐づけられた情報を利用した訪日旅行客の動向分析支援システムを開発する.開発したシステムでは,訪日旅行客であるか日本在住者であるかを自動判定し、属性による違いがある場所を発見して地図上に表示する。また、同地で撮影された写真を属性別に一覧表示する。

    電子情報通信学会 データ工学研究専門委員会, 2018年03月, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集, 2018 (H1), 1 - 8, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 執行 健人, 清光 英成, 大月 一弘

    レシピの検索結果からレシピを選ぶ際の意思決定を支援するシステムの開発を目的とし,大量のレビューからテクスチャー表現を抽出・集計・可視化する.レビュー数が1000 件を超えるレシピは少なくないが,本研究の成果により利用者は多数のレビューを読まなくても,他の利用者が調理した出来上がりを一目でイメージすることができる.レシピを参考に利用者自身が調理してどうなりそうか想像でき,レシピ選びの一助となる.

    電子情報通信学会 データ工学研究専門委員会, 2018年03月, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集, 2018 (C4), 1 - 8, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Shuai Shao, Kazuhiro Ohtsuki, Hidenari Kiyomitsu, Min Kang

    International Academy, Research, and Industry Association, 2018年03月, Proceedings of The Tenth International Conference on Mobile, Hybrid, and On-line Learning, 58 - 61, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    As a basic study of the communication activities with the system we have been developing, we investigated the affective factors related to student conformity by conducting a questionnaire with 81 Japanese university students in two classes. The results showed that: (1) there was no significant relationship between student conformity with another’s opinion and nervousness during

    The International Academic Forum, 2018年03月, Official Conference Proceedings of The Asian Conference on Education & International Development 2018, 2018, 299 - 309, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Number of People Grasp System of Neighboring Terminals Using Bluetooth Low Energy

    Uemura Kazuki, Murotsu Hiroki, Matsumoto Koki, Nakajima Shingo, Wada Tomotaka, Ohtsuki Kazuhiro

    2018年01月, The 32nd International Conference on Information Networking (ICOIN 2018), 98 - 103, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Behavior Recognition and Disaster Detection by the Abnormal Analysis Using SVM for ERESS

    Nakajima Singo, Yamasaki Toshiki, Matsumoto Koki, Uemura Kazuki, Wada Tomotaka, Ohtsuki Kazuhiro

    2018年01月, The 32nd International Conference on Information Networking (ICOIN 2018, 646 - 651, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • レビューの食感表現を利用したレシピ検索結果の相対提示フレームワーク

    執行 健人, 清光 英成, 大月 一弘

    利用者がレシピを参考にして調理した成果を直観的に想像できる表現方法の提供を目的とし,大量のレビュー(調理レポート)からテクスチャー表現を抽出・集計・可視化する.レビュー数が1000件を超えるレシピは少なくないが本研究の成果により利用者は多数のレビューを読まなくても,調理前に出来上がりのイメージを得ることが出来る.また,レシピ作成者もレシピの利用者が実際に調理してみて,どのように感じているかのフィードバックを受けることが出来る.

    電子情報通信学会, 2017年12月, 電子情報通信学会技術報告, 117 (DE2017-38), 115 - 120, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • A Study on the Affective Factors of Japanese University Students in Language Communication Activities

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    As a preliminary study for our developing environment for communication activities, we investigate what affective factors are related to students’ nervousness in language communication activities, by conducting a correlational study. A questionnaire was administered to 84 Japanese university students in two English language classes. The results provided significant evidence tha

    International Education for Sustainable Development Alliance, 2017年11月, Proceedings of Symposium on Language and Sustainability in Asia (SELSA2017), 2017, 17 - 22, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 外国語学習支援のためのオンライン機械翻訳システムの利用について

    邵 帥, 大月 一弘, 清光 英成, 康 敏

    日本教育工学会, 2017年05月, 日本教育工学会研究報告集, JSET17-2, 33 - 40, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 周 潔, 清光 英成, 大月 一弘

    本研究は,ユーザがインターネット上のレシピを使って料理を作ることを主な状況として,
    調理中に再生する楽曲・声・音の選択・構成方法を提案する.レシピから得られる情報に基づいて,プレ
    イリストの長さと曲の順序を決定することに加えて,ユーザにレシピの遂行程度を知らせる曲或いは音を
    出すことを可能にしようとする推薦システムである.ユーザが推薦されたリストに対して示す,無視ある
    いは拒否するなどの行為に応じて,推薦システム起動の中止や適切な反応を出すアイディアも議論する.

    電子情報通信学会 データ工学研究専門委員会, 2017年03月, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集, 2017 (C2), 1 - 6, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Evaluating Programming Ability by Using a Visual Contents Comparison Method

    MARTIMEZ CALDERON DICK, MIYAMOTO YUKINOBU, 清光 英成, 大月 一弘

    Until now, Paper tests and practical programming exercises have been widely used to evaluate programming abilities but in recent years, professionals in different fields have become able to do programming by using simplified software tools; as a consequence of this, they have become able to understand and do programming in a general or panoramic way. This paper proposes a new m

    電子情報通信学会 データ工学研究専門委員会, 2017年03月, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集, 2017 (P7-3), 1 - 4, 英語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 澁谷 恵美, 康 敏, 大月 一弘, 柏木 治美

    神戸大学国際コミュニケーションセンター, 2017年03月, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 13, 14 - 23, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 澁谷 恵美, 康 敏, 大月 一弘, 柏木 治美

    This paper presents a method of integrating RFID tags and a 3DCG character into a foreign language learning environment, mainly focusing on the following two objectives: (1)The application of RFID tags to the use of cards or realia as learning materials in task based-style foreign language activities; (2)The use of template programs to support TVML script production for 3DCG co

    The International Academic Forum, 2016年12月, Official Conference Proceedings of The Asian Conference on Society, Education & Technology 2016, 2016, 123 - 136, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Dick Martinez Calderon, Kin Man, Hidenari Kiyomitsu, Kazuhiro Ohtsuki, Yukinobu Miyamoto, Yi Sun, Masami Hirabayashi

    In a prior study we introduced the Programmed Visual Contents Comparison Method (PVCC) for assessment of programming abilities related with Panoramic Understanding of Programming (PUP). With this method, by comparing two or more output pictures produced by programming samples (a question), a student must decide which one of the programs producing them is more difficult to build with programming, or, if the difficulty is similar for all of them. This study reported also the results of a test to evaluate this method's validity performed with groups of students of diverse fields. Validity was verified by comparing the initial programming ability reported by programming professors of these groups with the test results this confirmed that the PVCC method worked well to find programming abilities related with PUP. In this paper we propose an enhancement to the PVCC Method based on the preparation of New Questions where two or more samples displaying both input data and output pictures are shown. By adding input data to output pictures and focus strictly on the programming processes needed to obtain these pictures from the provided input data, we aim to broaden the range of discernible programming abilities related with PUP. The results of a test performed to verify the suitability of New Questions performed with professors of programming is also reported.

    Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc., 2016年11月28日, Proceedings - Frontiers in Education Conference, FIE, 2016-, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Tomotaka Wada, Hiroko Higuchi, Ken Komaki, Haruka Iwahashi, Kazuhiro Ohtsuki

    Many people have got injured and died by sudden disasters such as fires and terrorisms. We have proposed an Emergency Rescue Support System (ERESS) for reducing victims at the time of disaster. ERESS operates under mobile ad-hoc networks (MANET) composed of handheld terminals such as smartphones and tablets. ERESS terminals have disaster detection algorithm and plural sensors such as acceleration, angular velocity, and geomagnetism. ERESS detects the disaster from the behavior analysis of people by the sensors. In this paper, we propose a new disaster detection method by performing the machine learning in the group using a support vector domain description (SVDD). We are able to detect the abnormal behavior of people by using this method. The results of disaster simulation experiments show the validity of the proposed method.

    一般社団法人 日本シミュレーション学会, 2016年08月, Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering, 3 (1), 79 - 96, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 文 健, 坂倉 孝雄, 清光 英成, 大月 一弘

    本稿では,近年の産学連携の重要性とそのコミュニケーションにおけるICT利用についての検討の必要性を認識し,産学連携の電子メール利用における不読問題を取り上げ,その要因および改善について検討を行った.<br> 具体的には,受信者にとって自分に該当しないメール(非該当メール)への反応を中心に,教員や企業などの受信者の非該当メールに対する認識と行動の相違に焦点を当て,非該当メールの受信・閲覧・業務への影響について調査を行った.調査結果から,企業などと比べて教員においては非該当メールの割合が特に高く,非該当メールが送り続けられる場合,教員は非該当の可能性のあるメールを読まない措置をとることがわかった.不読問題を引き起こす可能性のある要因を明らかにした.それらの要因の分析に基づき,次の3点の改善方法を提案した.a.教員が個人業務との関連性でメールの該当性を判別

    特定非営利活動法人 産学連携学会, 2016年07月, 産学連携学, 12 (2), 2_83 - 2_90, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 無線モジュールを用いたTVMLによる対話練習環境に関する検討

    柏木 治美, 澁谷 恵美, 康 敏, 大月 一弘

    日本教育工学会, 2016年03月, 日本教育工学会研究報告, JSET 16-1, 219 - 226, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • TVMLコントローラ用ボタン登録支援ツールの検討

    澁谷 恵美, 康 敏, 大月 一弘, 柏木 治美

    教育システム情報学会, 2016年03月, 教育システム情報学会研究報告, Vol.30 (No.6), 63 - 68, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • An Evaluation Method for Panoramic Understanding of Programming by Comparison of Programmed Visual Samples

    Dick Martinez Calderon, Miyamoto Yukinobu, Hirabayashi Masami, Kiyomitsu Hidenari, Ohtsuki Kazuhiro

    情報処理学会, 2016年03月, 情報処理学会研究報告コンピュータと教育(CE), 2016-CE-134 (6), 1 - 7, 英語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Kazuya Mori, Tomotaka Wada, Kazuhiro Ohtsuki

    We have previously proposed an Emergency Rescue Evacuation Support System (ERESS). ERESS is based on Mobile Ad-hoc network (MANET) and aims to reduce the number of victims in panic-type disasters. ERESS consists of mobile terminals with various sensors. The former ERESS recognizes a disaster outbreak by basic SVM of machine learning. But its recognition accuracy is not so high and it needs a lot of computational effort. In this paper, we propose a new algorithm named as Buffering and Bagging SVM (BB-SVM). In this method, an ERESS mobile terminal accumulates the information about disaster outbreak by its buffer. Then, the terminal selects appropriate data from the buffer for disaster recognition. We show that the proposed method recognizes disaster outbreak accurately and quickly by panic-type experiments.

    IEEE, 2016年, PROCEEDINGS OF 45TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PARALLEL PROCESSING WORKSHOPS (ICPPW 2016), 22 - 30, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Toshiki Yamasaki, Tomohiro Kitamura, Ken Komaki, Koki Matsumoto, Tomotaka Wada, Manato Fujimoto, Kazuhiro Ohtsuki

    In recent years, casualties was caused by the sudden appearance of a serious disaster (fire, terrorism, earthquake) in urban areas. Most of the casualties are caused by escape delay in these disasters. The most effective measures that provide disaster information and evacuation support information to evacuees are able to reduce the victim. To enable real-time evacuation support by such as a mobile terminal, we are developing Emergency Rescue Evacuation Support System (ERESS). This system aims to detect disaster automatically and support evacuation by collecting and sharing information of peripheral terminals. The authors have developed a prototype system of Pre-ERESS. In this paper we develop new prototype system using iOS terminals for evaluation and analysis of ERESS.

    IEEE, 2016年, PROCEEDINGS OF 45TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PARALLEL PROCESSING WORKSHOPS (ICPPW 2016), 7 - 15, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Dick Martinez Calderon, Kin Man, Hidenari Kiyomitsu, Kazuhiro Ohtsuki, Yukinobu Miyamoto, Yi Sun, Masami Hirabayashi

    In a prior study we introduced the Programmed Visual Contents Comparison Method (PVCC) for assessment of programming abilities related with Panoramic Understanding of Programming (PUP). With this method, by comparing two or more output pictures produced by programming samples (a question), a student must decide which one of the programs producing them is more difficult to build with programming, or, if the difficulty is similar for all of them. This study reported also the results of a test to evaluate this method's validity performed with groups of students of diverse fields. Validity was verified by comparing the initial programming ability reported by programming professors of these groups with the test results; this confirmed that the PVCC method worked well to find programming abilities related with PUP. In this paper we propose an enhancement to the PVCC Method based on the preparation of New Questions where two or more samples displaying both input data and output pictures are shown. By adding input data to output pictures and focus strictly on the programming processes needed to obtain these pictures from the provided input data, we aim to broaden the range of discernible programming abilities related with PUP. The results of a test performed to verify the suitability of New Questions performed with professors of programming is also reported.

    IEEE, 2016年, 2016 IEEE FRONTIERS IN EDUCATION CONFERENCE (FIE), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 3DCGキャラクタを取り入れた外国語会話練習システム環境の検討

    柏木 治美, 澁谷 恵美, 康 敏, 大月 一弘

    教育システム情報学会, 2015年09月, 教育システム情報学会研究報告, Vol.30 (No.3), 73 - 78, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 文 健, 坂倉 孝雄, 清光 英成, 大月 一弘

    電子メール (以下メール) が仕事上の主要なコミュニケーション手段の一つとなった現在、受信者にとっては,自分に該当しないメールを含めて大量のメールを読むという状況にある.先行研究では,受信者にストレスが溜まることや読み落としなどが,大量メール閲覧に伴う問題として指摘されているが,本研究では,受信者が自分にとって該当しないメールを読んでしまう事象 (以下 「無駄読み」 と呼ぶ) に焦点を当てた検討を行う.産学官連携に携わる人を対象に,特定多数宛メールの無駄読みを取り上げる.主に無駄読みの発生,無駄読みの業務への影響および無駄読みの回避措置という側面から検討し,無駄読みの改善について議論した.

    情報処理学会, 2015年08月, 情報処理学会研究報告情報システムと社会環境(IS), 2015-IS-133 (6), 1 - 6, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ARを取り入れた3DCGコンテンツの配置・移動データ作成支援の検討

    柏木 治美, 澁谷 恵美, 康 敏, 大月 一弘

    日本教育工学会, 2015年05月, 日本教育工学会研究報告, JSET 15-2, 5 - 10, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 同伴による情報推薦のための属性値推定手法の提案

    黄 亦爽, 清光 英成, 大月 一弘, 森下 淳也

    従来の情報推薦システムは,主に個人を対象として
    推薦を行う.しかしながら,日常生活の中で家族,
    恋人あるいは友達のような様々な人と一緒に行動す
    ることも珍しくない.例えば,消費行動において同
    伴者がいる状況では,単独で行動する場合とは購入
    商品の選択などに違いが出ると考えられる.また,
    一緒に行動する相手,いわゆる同伴者と本人の関係
    により異なる影響があると考えられる.このような
    状況の変化による利用者の要求の変化を情報推薦に
    反映させるために推薦に利用する属性値の推定方法
    と情報の隠蔽方法を検討する必要がある.前者は金
    銭面のサポートやアドバイス,二人の交流などの反
    映であり,後者は一人の時は推薦されたいが,他人
    の前で推薦されたくないもの,あるいはプライバシ
    ーの保護である.本稿では,同伴者の存在によって
    変化した要求を情報推薦サービスに反映する

    情報処理学会, 2015年03月, 情報処理学会第77回全国大会講演論文集, 2015 (1), 591 - 592, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Difference on Visual Related Programming Understanding between Designers and Programmers by Using a Programmed Contents Comparison Method

    Dick Martinez Calderon, KIYOMITSU HIDENARI, Yukinobu Miyamoto, Kazuhiro Ohtsuki

    The main objective of this research is to look for a difference on programming understanding between Graphic Designers, Game Designers and Programmers. We propose a method whereby comparing 2 displayed images and interactive animations produced by programming samples (problems) a subject decides which one of the programs is more difficult to build with programming than the other, or, if the difficulty is similar; to solve this problems, two types of understanding are needed: one regarding the visual processing of the two pictures, and the second regarding the program making those images. The problems of this method were built considering those two types of understanding. We built a testing system based on this method and performed an experiment using this system with three groups of students: Game Software (GS), Graphic Design (GD) and IT.The main objective of this research is to look for a difference on programming understanding between Graphic Designers, Game Designers and Programmers. We propose a method whereby comparing 2 displayed images and interactive animations produced by programming samples (problems) a subject decides which one of the programs is more difficult to build with programming than the other, or, if the difficulty is similar; to solve this problems, two types of understanding are needed: one regarding the visual processing of the two pictures, and the second regarding the program making those images. The problems of this method were built considering those two types of understanding. We built a testing system based on this method and performed an experiment using this system with three groups of students: Game Software (GS), Graphic Design (GD) and IT.

    情報処理学会, 2015年03月, 情報処理学会研究報告コンピュータと教育(CE), 2015-CE-129 (11), 1 - 8, 英語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 3DCGキャラクタのポーズ作成支援ツールにおけるインターフェースの検討

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    神戸大学国際コミュニケーションセンター, 2015年03月, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, No.11, pp.31 - 36, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 単語認知における音声知覚の弱点を分析する手法 についての評価

    康 敏, 鄒 亜亨, 柏木 治美, 大月 一弘, 鏑木 誠

    日本教育工学会, 2015年02月, 日本教育工学会研究報告集, JSET15-1, 27 - 34, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 学内教員に対する連携本部の情報発信におけるICT利用の効果判定方法の試案―大学組織文化の特徴と産学連携の実態を主な考慮点に―

    文 健, 山本 卓司, 孫 一, 清光 英成, 大月 一弘

    産学連携学会, 2015年01月, 産学連携学, 11 (1), 17 - 24, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • プログラミング言語を用いたTVMLのインタラクティビティに関する検討

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    教育システム情報学会, 2015年01月, 教育システム情報学会研究報告, Vol.29 (No.5), 97 - 100, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Ken Komaki, Hiroko Higuchi, Haruka Iwahashi, Tomohiro Kitamura, Toshiki Yamasaki, Tomotaka Wada, Kazuhiro Ohtsuki

    A lot of people have got injured and died by sudden disasters such as fires and terrorisms. We have proposed an Emergency Rescue Support System (ERESS) for the purpose of reducing victims at the time of disaster. This system operates under mobile ad-hoc networks (MANET). So ERESS uses handheld terminals (ERESS terminals) such as smartphones and tablets. The ERESS terminals have disaster detection algorithm and plural sensors (acceleration, angular velocity, and geomagnetism). The sensors are used for the behavior analysis of ERESS terminal holders. By using the results of the analysis, the system detects the disaster from the behavior of people. In this paper, we propose a new disaster detection method by performing the machine learning in the group using a support vector domain description (SVDD). We are able to detect the behavior that is different from normal state of people in the disaster by using this method. The results of the performance evaluation by disaster simulation experiments show the validity of the proposed method.

    IEEE, 2015年, 25TH INTERNATIONAL TELECOMMUNICATION NETWORKS AND APPLICATIONS CONFERENCE (ITNAC 2015), 173 - 178, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Detection and Position Identification of Disaster by Using Area Information for Emergency Rescue Evacuation Support System

    Tomohiro Kitamura, Katsunori Kogo, Haruka Iwahashi, Tomotaka Wada, Kazuhiro Ohtsuki

    A number of people are killed or injured due to sudden disaster such as fire, terrorism or earthquake recently all over the world. The majority of the cause of death in these disasters is an escape delay. So the most effective method to reduce victims at the time of the disaster is to offer evacuation support information to the victim. To solve this problem, we are developing ERESS (Emergency Rescue Evacuation Support System) as a system that provides evacuation support in real time. In this paper, we propose a disaster detection and identification of disaster position using area information.

    IEEE, 2015年, 2015 INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDOOR POSITIONING AND INDOOR NAVIGATION (IPIN), 1 - 8(Inspec NO.15652135), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Dick Martinez Calderon, Kin Man, Hidenari Kiyomitsu, Kazuhiro Ohtsuki, Yukinobu Miyamoto, Yi Sun

    In recent years, professionals in different fields have become able to do programming by using simplified software tools, as a consequence of this they are becoming able to understand programming in a general or "panoramic" way. This understanding is not evaluated by current programming abilities testing methods such as written paper tests or practical programming. This paper proposes a Programmed Visual Contents Comparison Method to assess programming ability, and additionally, a testing system based on this method. With this method, by comparing 2 displayed images and interactive animations produced by programming samples (a question) a subject must decide which one of the programs is more difficult to build with programming than the other, or, if the difficulty is similar for both of them. The validity of the method is confirmed by comparing the ability reported by programming teachers with the results of an experiment performed with a testing system.

    IEEE, 2015年, FRONTIERS IN EDUCATION CONFERENCE (FIE), 2015, 511 - 518, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Dick Martinez Calderon, Kin Man, Hidenari Kiyomitsu, Kazuhiro Ohtsuki, Yukinobu Miyamoto, Yi Sun

    In recent years, professionals in different fields have become able to do programming by using simplified software tools, as a consequence of this they are becoming able to understand programming in a general or "panoramic" way. This understanding is not evaluated by current programming abilities testing methods such as written paper tests or practical programming. This paper proposes a Programmed Visual Contents Comparison Method to assess programming ability, and additionally, a testing system based on this method. With this method, by comparing 2 displayed images and interactive animations produced by programming samples (a question) a subject must decide which one of the programs is more difficult to build with programming than the other, or, if the difficulty is similar for both of them. The validity of the method is confirmed by comparing the ability reported by programming teachers with the results of an experiment performed with a testing system.

    IEEE, 2015年, FRONTIERS IN EDUCATION CONFERENCE (FIE), 2015, 511 - 518, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Developing and Evaluating a Test Generation Module to Support Personalized Phoneme-based Training

    Yaheng ZOU, Harumi KASHIWAGI, Yi SUN, Kazuhiro OHTSUKI, Min KANG

    Asia-Pacific Society for Computers in Education, 2014年11月, Proceedings of the 22nd International Conference on Computers in Education, 809 - 811, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Iwahashi Haruka, Higuchi Hiroko, Kogo Katsunori, Kitamura Tomohiro, Wada Tomotaka, Ohtsuki Kazuhiro, Okada Hiromi

    2014年09月, International Workshop on Applications of Wireless Ad hoc and Sensor Networks (AWASN 2014), 355 - 360, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ERESSにおける群衆行動に注目した災害発生検知及び災害種類特定の検討

    喜多村 知央, 中村 隆文, 小郷 克文, 樋口 裕子, 津高 健太郎, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    2014年09月, 電子情報通信学会技術研究報告 IN, 114 (207), 81 - 86, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Disaster Detection by Statistics and SVM for Emergency Rescue Evacuation Support System

    Higuchi Hiroko, Fujimura Jun, Nakamura Takahumi, Kogo Katsunori, Tsudaka Kentaro, Wada Tomotaka, Ohtsuki Kazuhiro, Okada Hiromi

    2014年09月, International Workshop on Applications of Wireless Ad hoc and Sensor Networks (AWASN 2014), 349 - 354, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ネットワーク技術学習のためのネットワーク図自動作成機構の試作

    孫 一, 清光 英成, 柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    2014年01月, 電子情報通信学会技術研究報告 ET, 113 (377), 79 - 83, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 文 健, 山本 卓司, 孫 一, 清光 英成, 大月 一弘

    本稿は近年産学連携のICT利用が多様となりつつあるもののその効果判定に関する考察が見当たらない点を踏まえて,一般のアンケート調査では効果の把握が困難であるという課題を意識しながら,大学組織文化の特徴と産学連携の実態を考慮した連携本部の情報発信におけるICT利用の効果判定方法を考案した.そして神戸大学の事例をもとに当該方法の有用性について初歩的な考察を行った.
    有用性考察の結果,本判定方法を通じて教員の産学連携意識と連携本部の情報発信方法によるICT利用効果の変化が予測可能となった.また,情報発信方法とICT利用との組合せでより効果的な情報発信を図る検討において本判定方法が寄与する可能性を示した.

    Japan Society for Intellectual Production, 2014年, 産学連携学, 11 (1), 1_17 - 1_24, 日本語

  • Development of ERESS in Panic-type Disasters: Disaster Recognition Algorithm by Buffering-SVM

    Fujimura Jun, Nakamura Takaharu, Tsudaka Kentaro, Wada Tomotaka, Ohtsuki Kazuhiro, Okada Hiromi

    2013年11月, Proc. of 13th International Conference on ITS Telecommunications, 111 - 117, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ERESS(非常時緊急救命避難支援システム)における加速度・角速度センサとSVMを用いた被災者行動の状態判定アルゴリズム

    藤村 純, 中村 隆文, 樋口 裕子, 小郷 克文, 津高 健太郎, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    2013年10月, 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 113 (245), 43 - 48, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • ERESS(非常時緊急救命避難支援システム)におけるDFTを用いた災害発生自動検出アルゴリズム

    樋口 裕子, 藤村 純, 中村 隆文, 小郷 克文, 津高 健太郎, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    2013年10月, 電子情報通信学会技術研究報告 ET, 113 (245), 37 - 42, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Developing a Learning Support System to Detect Phonemic Errors in Data of Listening Learning Log

    Yaheng ZOU, Kashiwagi HARUMI, Kazuhiro OHTSUKI, Min KANG

    2013年04月, Proceedings of the International Conference on e-Commerce, e-Administration, e-Society, e-Education, and e-Technology, 1145 - 1154, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 学習活動における行動履歴のための人や物の位置情報検出方法の検討

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    2013年01月, 教育システム情報学会研究報告, Vol.27・No.5・9-12, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Kazuya Mori, Akinori Yamane, Youhei Hayakawa, Tomotaka Wada, Kazuhiro Ohtsuki, Hiromi Okada

    Many people have faced mortal risks due to sudden disasters such as earthquakes, fires, and terrorisms, etc. In disasters where most people become panic, it is important to grasp disaster positions immediately and to find out some appropriate evacuation routes. We previously proposed the specific evacuation support system named as Emergency Rescue Evacuation Support System (ERESS). ERESS is based on Mobile Ad-hoc network (MANET) and aims to reduce the number of victims in panic-type disasters. This system consists of mobile terminals with advanced disaster recognition algorithm and various sensors such as acceleration, angular velocity and earth magnetism. However, the former ERESS did not have the clear criteria to detect the disaster outbreak. In this paper, we propose a new disaster recognition algorithm by Support Vector Machine (SVM) which is a kind of machine learning. In this method, an ERESS mobile terminal learns the behaviors of its holder by SVM. The SVM acquires the decision boundary based on the sensing data of the terminal holder, and it is judged whether to be the emergency. We show the validity of the proposed method by panic-type experiments. Copyright © 2013 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE, 2013年, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E96-A (2), 649 - 657, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Development of Material Automatic Generation System Based on the Analysis of Phonemic Errors in English Vocabulary Listening

    Yaheng Zou, Kashiwagi Harumi, Kazuhiro Ohtsuki, Min Kang

    With analyzing the learning log-data, personalized learning patterns of different students could be detected, and the personalized materials could be automatically created and offered to learners for guiding their specific learning processes and solving weak points. In this paper, we propose a new approach to develop a CALL system including an error-detecting algorithm and a material-creating module. And in our approach, we pay much of our attention on the detection of phonemic errors. The system can detect the phonemic errors of Japanese learners' in English vocabulary listening by analyzing the relative learning log data, and automatically create multiple-choice question materials to help students take practices to enhance perception on the phonemes that they distinguish difficultly.

    SPRINGER-VERLAG BERLIN, 2013年, ADVANCES IN WEB-BASED LEARNING - ICWL 2013, 8167, 340 - 349, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Takafumi Nakamura, Katsunori Kogo, Jun Fujimura, Kentaro Tsudaka, Tomotaka Wada, Kazuhiro Ohtsuki, Hiromi Okada

    Previously, the authors have proposed the Emergency Evacuation Support System (ERESS) for reducing disaster damage. The ERESS runs under Mobile Ad-hoc NETworks (MANET) and primarily aims to reduce the number of victims in panic-type disasters. This system uses ERESS Mobile Terminals (EMT) which are mobile terminals assuming smartphones and tablets. EMT is provided with an advanced disaster detection algorithm and acquires sensor information such as acceleration, direction difference and walking steps. However, disaster detection of conventional ERESS is needed the information of all members existing on the same floor. In this paper, we propose a new disaster detection method using the positioning area information. Location information of the terminal holders are obtained by Radio Frequency Identification (RFID). In this method, we separate a number of areas in the floor and detect a disaster by the information of evacuees in the presence of each area. We show the effectiveness of the proposed method by panic-type experiments.

    IEEE, 2013年, 2013 42ND ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE ON PARALLEL PROCESSING (ICPP), 937 - 942, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis of E-Learning Logs to Estimate Students' Phonemic Perception Confusion in English Word Recognition

    Min Kang, Yaheng Zou, Harumi Kashiwagi, Kazuhiro Ohtsuki, Makoto Kaburagi

    In the paper, we analyzed students' learning log data obtained in a word listening learning system to estimate phonemic perception confusion of students. We had two student groups take a word dictation test and a word choice test. English words in the word dictation test were resolved into phonemes and the abilities of both groups on phonemic perception were inferred by Bayes' rule. By comparing the results estimated by Bayes' rule with those obtained in the word choice test, we suggested that the estimation is valid and helpful to build adaptive word recognition training systems.

    SPRINGER-VERLAG BERLIN, 2013年, ADVANCES IN WEB-BASED LEARNING - ICWL 2013, 8167, 320 - 329, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • On Issues and Effects of Education Using Qualification Exam Measures in Practical Training Programs for IT Engineers

    Kenji Fukuoka, Kazuhiro Ohtsuki

    Motivated by the trend in industry to seek qualitative, not only quantitative, qualifications from applicants, we have investigated the training of IT professionals from the point of view of practical education. From experimental studies we have found that qualification exam scores do not reflect sufficiently practical abilities. Based on our findings, we propose some possibly effective ways to re-use some exam exam questions to more efficiently evaluate and train IT professionals.

    IEEE, 2013年, PROCEEDINGS OF THE 2013 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE IN MOOC, INNOVATION AND TECHNOLOGY IN EDUCATION (MITE), (No.854), 270 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 鄒 亜亨, 柏木 治美, 大月 一弘, 康 敏

    本稿では,これまでのリスニング学習における学習履歴データを用いて,学習者の英単語学習における音素レベルの誤りパターンを自動検出するシステムを開発した.そして,学生グループの共通のリスニングウィークポイントを発見し,フィードバックする機能を実装した.検出は学習履歴データにある正解単語と誤った単語を取り出し,音素レベルに分解することによって行い,誤りパターンの出現回数も計算した.これまで蓄積した学習履歴データに対して検出を行い,検出手法の有効性を確認した.単語の中に聞き取りにくい音素が一つのみの場合に対して,開発したフィードバック機能の利用によって,学習者のリスニングウィークポイントを把握しやすくなるが,それ以外のケースに対して新たな検出手法が必要であることも明らかになった.

    日本教育工学会, 2012年12月, 日本教育工学会論文誌, 36, 49 - 52, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • フィードバック機能を重視したリスニング学習支援システムの開発

    鄒 亜亨, 吉田 均, 柏木 治美, 大月 一弘, 康 敏

    2012年03月, 日本教育工学会研究報告集, 12(1), 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ネットワーク技術学習のためのネットワーク図の多角的な表示方法の検討

    菊谷 太郎, 孫 一, 柏木 治美, 大月 一弘

    2012年03月, 電子情報通信学会技術報告, ET2011-106・35-4o, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • センサにより取得した動作情報の身体の動きを伴う活動への利用に関する考察

    柏木 治美, 森 弘貴, 孫 一, 康 敏, 大月 一弘

    2012年03月, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, No.8,pp.1-12, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Development of Emergency Rescue Evacuation Support System in Panic-type Disasters Pre-ERESS: A New Collection and Analyze System for the Evacuees' Behavior in Emergency

    Yohei Hayakawa, Kazuya Mori, Yusuke Ishida, Kentaro Tsudaka, Tomotaka Wada, Hiromi Okada, Kazuhiro Ohtsuki

    Nowadays, a lot of people die or are injured due to sudden disasters. In these disasters, it is important to discover them early and evacuate people quickly. To cope with these problems, we are developing ERESS (Emergency Rescue Evacuation Support System). Mobile terminals with this system exchange their information that associate with their sensors among them by MANET. When they detect a disaster occurring, they search an appropriate evacuation route in real time, and can reduce the number of victims. To realize this system, we need to analyze evacuees' behavior and establish a new judgment method of the disaster occurrence. Therefore, we are developing a system named Pre-ERESS, for collecting and analyzing the evacuees' behavior in emergency. We'll demonstrate this system.

    IEEE, 2012年, 2012 IEEE CONSUMER COMMUNICATIONS AND NETWORKING CONFERENCE (CCNC), pp. 52-53, 52 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Jun Fujimura, Takahumi Nakamura, Yusuke Ishida, Kazuya Mori, Youhei Hayakawa, Kentaro Tsudaka, Tomotaka Wada, Kazuhiro Ohtsuki, Hiromi Okada

    Previously, Emergency Rescue Evacuation Support System (ERESS) has been proposed to reduce the number of victim in panic-type disaster. The ERESS operates under the Mobile Ad-hoc NETworks (MANET) environment and make it possible for ERESS users to exchange their physical activity information with each other. This system consists of new mobile terminals (handset size) with advanced disaster recognition algorithm and acquires sensor information such as acceleration, direction difference and walking steps. However, the former ERESS can judge only the big action like stopping, walking, running, and falling. In this paper, we newly introduce a myoelectric sensor into ERESS and propose new state judging algorithm. We show the validity of the proposed method by panic-typed experiments. © 2012 Springer-Verlag.

    Springer, 2012年, Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 7425, 278 - 286, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evacuee Behavior Analysis for Real Time Disaster Detection

    Yusuke Ishida, Youhei Hayakawa, Kazuya Mori, Kentaro Tsudaka, Tomotaka Wada, Hiromi Okada, Kazuhiro Ohtsuki

    Sudden occurrences of serious disasters such as fires, earthquakes, and terrorisms have caused the deaths of many people around the world. One factor is the failure to escape from disaster, as they may not have recognized the danger in time. To cope with this problem, we have been developing ERESS (Emergency Rescue Evacuation Support System). By ERESS, the information of disasters can be broadcast to evacuees immediately by Mobile Ad-hoc NETworks (MANET). ERESS is enable to provide evacuees with information of the location of exits routes and disaster spots. ERESS is updated continually via real time processing. Even when the disasters may spread, people will be able to evacuate from dangerous areas safely and rapidly. This paper develops important portion of ERESS say Pre-ERESS, for automatic disaster detection in real time. Pre-ERESS uses tablet computers and sensors. It will be able to analyze the behavior of humans in real time from experiments. It will also be able to detect disasters from Panic-type disaster experiments. Hence, we will show the validity of the Pre-ERESS from two types of experiments, and show the availability of the system.

    IEEE, 2012年, 2012 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTING AND CONVERGENCE TECHNOLOGY (ICCCT2012), 391 - 396, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Want listを用いた購買支援と情報推薦

    楊 斐, 清光 英成, 大月 一弘, 森下 淳也

    2011年11月, 情報処理学会研究報告データベースシステム, Vol. 2011-DBS-153 No. 15, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • IT用語辞書における学習者の理解状況に適応する説明文提示手法

    孫 一, 柏木 治美, 康 敏, 清光 英成, 大月 一弘

    2011年11月, 教育システム情報学会誌, 28 (4), 271 - 282, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • An Analysis of Learners' Response to Diagnostic Rhyme Test

    康 敏, 鄒 亜亨, 柏木 治美, 大月 一弘, 鏑木 誠

    2011年11月, Annual International Conference on Education & E-Learning (EeL2011), 110-114, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 非常時緊急救命避難支援システム(ERESS)のための位置推定アルゴリズム

    石田 裕介, 早川 洋平, 山根 明典, 森 和也, 津高 健太郎, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    2011年08月, 電子情報通信学会技術研究報告, IN111(197), 65-70, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Development of Emergency Rescue Evacuation Support System (ERESS) in Panic-type Disasters: Immediate Emergency Detections by Machine Learning

    Mori Kazuya, Yamane Akinori, Hayakawa Youhei, Ishida Yusuke, Tsudaka Kentaro, Wada Tomotaka, Ohtsuki Kazuhiro, Okada Hiromi

    2011年06月, Proc. of The 26th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, pp.69-72, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • プログラミング教育のためのプログラム開発過程分析手法の検討―プログラムを読まずにプログラミング状況を知る試み―

    須藤 克彦, 孫 一, 大月 一弘

    2011年03月, 情報処理学会研究報告, Vol.2011-CE-109, No.1, pp.1-9, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ネットワーク技術の視覚的学習のためのシステム構築方法の検討

    孫荻, 孫 一, 柏木 治美, 大月 一弘

    2011年03月, 情報処理学会研究報告, Vol.2011-CE-109, No.2, pp.1-7, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • センサを用いた身体の移動および物体への近接をモニタするシステムの試作

    柏木 治美, 孫 一, 孫 荻, 康 敏, 大月 一弘

    2011年03月, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 7, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Tomotaka Wada, Junya Fukumoto, Kazuhiro Ohtsuki, Hiromi Okada

    Various recent intelligent transport system projects are promoting vehicle safety and efficient vehicular traffic control all over the world. One of ITS applications is a system that solves road traffic problems by using vehicular communications technology. Inter-vehicle communication (IVC) is the communications technology for vehicles to exchange moving vehicle information by wireless networks without any base stations. The Vehicular Ad-hoc Network (VANET) is expected to provide new applications for passengers of vehicles by enabling vehicles to communicate with each other via IVC as well as with roadside base stations via roadside-to-vehicle communications. However, when each vehicle transmits its own information to neighboring vehicles, the amount of information being transmitted increases significantly. To solve this problem, we present a novel real-time recognition method for vehicular traffic congestion via VANET with IVC. Vehicles collect the original GPS information of other vehicles by communicating with each other, and they create content that may be useful for drivers by analyzing that original information. The proposed method can reduce the information amount and deliver the analyzed contents to other vehicles efficiently. Computer simulation results show that the proposed method provides real-time information of vehicular accidents and traffic congestion to distant vehicles accurately.

    IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG, 2011年01月, IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS, E94B (1), 55 - 63, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomotaka Wada, Akinori Yamane, Kazuhiro Ohtsuki, Hiromi Okada

    Many people h we suffered and died due to a lot of large scale disasters such as earthquake fire and terrorism etc in disasters where most evacuators become panic two things are necessary for their immediate evacuation The first is to estimate the location of the disaster occurrence The second is to construct an evacuation support system that searches for safe and efficient evacuation routes In this paper we propose Emergency Rescue Urgent Communication Evacuation Support System (EUC ESS) based on Mobile Ad hoc networks (MANET) composed of many mobile terminals Using experiments and computer simulations we show that this system would support evacuators in determining appropriate routes for survivors

    IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG, 2010年12月, IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS, E93B (12), 3429 - 3437, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ERUCにおける早期災害検知のための端末クラスタ化と災害検知法

    森 和也, 山根 明典, 早川 洋平, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    2010年08月, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IN110(191), pp.109-114, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 様々な学習内容に対応できるネットワーク学習システムの設計

    孫荻, 須藤 克彦, 孫 一, 大月 一弘

    2010年03月, 教育システム情報学会研究会研究報告集, Vol.24, No.6, pp.20-25, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 複数種類コンテンツを統合利用したITオンライン辞書の設計

    孫 一, 柏木 治美, 康 敏, 清光 英成, 大月 一弘

    2010年03月, 教育システム情報学会研究会研究報告集, Vol.24, No.6, pp.132-139, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • センサ情報を視覚化するための動作モニタ環境の試作

    柏木 治美, 孫 一, 孫 荻, 康 敏, 大月 一弘

    2010年03月, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 6・63-67, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • A Novel Urgent Communications Technologies for Sharing Evacuation Support Information in Panic-Type Disasters

    Okada Chikara, Miyamoto Ryosuke, Yamane Akinori, Wada Tomotaka, Ohtsuki Kazuhiro, Okada Hiromi

    2010年03月, Proc. of Sixth International Conference on Networking and Services (ICNS), pp.162 - 167, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 非常時緊急通信(ERUC)におけるパニック行動の伝搬性を用いた災害発生位置推定法

    宮本 亮祐, 岡田 力, 山根 明典, 森 和也, 早川 洋平, 山田 祐輝, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    2010年02月, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IN109(449), pp.253-258, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 無線センサデバイスを用いた動きを伴う学習活動への応用

    柏木 治美, 孫 一, 孫 荻, 康 敏, 大月 一弘

    2010年01月, 教育システム情報学会研究報告, Vol.24・No.5・36-39, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • A Basic Study on a Movement Monitoring Environment for Obtaining and Visualizing Sensor Data

    柏木 治美, Yi Sun, Di Sun, 康 敏, 大月 一弘

    2010年, The IADIS International Conference Interfaces and Human Computer Interaction 2010, 359-363, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An Application of Bayes' Theorem to Evaluate Synthetic Speech for Computer-Assisted Language Learning

    Min Kang, Harumi Kashiwagi, Yaheng Zou, Kazuhiro Ohtsuki, Makoto Kaburagi

    The aim of this paper is to propose an approach that applies Bayes' theorem to evaluate synthetic sounds. It is assumed that the approach can provide teachers a quantitative scale to determine whether a synthetic sound is suitable to use or not when they create materials for computer-assisted language learning. The raw data were collected in the evaluation experiments that were conducted to test student evaluation of synthetic speech in computer-assisted English vocabulary learning. Bayes' theorem was adopted to estimate evaluation ratings of phonemes and scores of words.

    WORLD SCIENTIFIC AND ENGINEERING ACAD AND SOC, 2010年, SELECTED TOPICS IN EDUCATION AND EDUCATIONAL TECHNOLOGY, pp. 253-257, 253 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 災害発生時の被災者避難行動による非常状態検出技術の開発

    山田 祐輝, 岡田 力, 宮本 亮祐, 山根 明典, 早川 洋平, 森 和也, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    2009年09月, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IN109(189), pp.87-92, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 災害時における被災者の緊急避難行動パターンに基づくERUCシステムの開発

    山根 明典, 岡田 力, 宮本 亮祐, 山田 祐輝, 早川 洋平, 森 和也, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    2009年09月, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IN109(189), pp.81-86, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • グラフを用いた分析による一般情報処理教育用教科書の内容比較

    孫 一, 宗 智浩, 大月 一弘

    2009年06月, 教育システム情報学会誌, Vol.26, No.1, 111-118, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 教科書を用いた専門用語学習システムの設計

    孫 一, 柏木 治美, 大月 一弘, 康 敏

    2009年03月, 教育システム情報学会研究会研究報告集, Vol.23, No.7, pp.132-139, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 外国語学習における音声合成利用の現状と課題

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    2009年03月, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, No.5, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 災害時緊急避難路検索におけるボトルネック検出についての一考察

    植田 悠司, 岡田 力, 山根 明典, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    2009年02月, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IN108(458), pp.511-515, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • VANET環境におけるコンテンツ指向型通信を用いた渋滞特性分析法

    石川 雄太, 福本 准也, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    2009年02月, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IN108(458), pp.309-314, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ICタグを用いた実動作を伴う外国語学習支援システム

    柏木 治美, 薛 燕, 孫 一, 孫 荻, 康 敏, 大月 一弘

    教育システム情報学会, 2009年01月, 教育システム情報学会研究会研究報告集, 23, 5, 62-69 (5), 62 - 69, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • A Language Learning System Utilizing RFID Technology for Total Physical Response Activities

    Harumi Kashiwagi, Yan Xue, Yi Sun, Min Kang, Kazuhiro Ohtsuki

    In this paper, we present a method of integrating a CALL system with RFID tags in a classroom in order to provide the basic Support for listening activities based on the concept of Total Physical Response (TPR) Approach. We designed and developed a prototype system with the function of providing corrective feedback. The prototype system has the following three features: (1) Real objects are used as the options for responding to audio questions. (2) A considerable amount of attribute information is used to increase the variation in the questions. (3) The system has a function of providing error messages and additional questions, depending on the degree of a learner's mistakes. Results from the experiment suggest that integrating real objects into the learning system by using RFID tags has a potential impact on the language learners.

    SPRINGER-VERLAG BERLIN, 2009年, HUMAN-COMPUTER INTERACTION, PT IV, 5613, 119 - 128, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 教科書分析による情報科目学習の傾向と課題の検討

    孫 一, 宗 智浩, 大月 一弘

    2008年03月, 教育システム情報学会研究会研究報告集, Vol.22, No.6, pp.168-175, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 柏木 治美, 籠宮 隆之, 孫 一, 康 敏, 大月 一弘

    神戸大学国際コミュニケーションセンター, 2008年03月, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 4,, 39 - 50, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • VANET環境におけるコンテンツ指向型通信を用いた緊急危険情報分析法

    福本 准也, 石川 雄太, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    2008年02月, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.In197(525), pp.419-424, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Emergency Urgent Communications for searching evacuation route in a local disaster

    Takehiro Tsunemine, Eisuke Kadokawa, Yuji Ueda, Junya Fukumoto, Tomotaka Wada, Kazuhiro Ohtsuki, Hiromi Okada

    Disastrous accidents (fires, earthquakes, chemical releases, terrorist attacks, indiscriminate gun-shootings, etc.) in local area (urban cities, residential buildings, department stores, etc.) usually result in tragic consequences for people and environments. Such accidents have clearly shown that the necessity for reliable systems supporting evacuation is quite urgent. Particularly choosing safety evacuation route is the most important for persons in affected area. In this paper we propose Emergency Urgent Communication Evacuation Support (EUC-ES) system based on Mobile Ad-hoc NETworks (MANETs) among many mobile terminals. This system will works anywhere regardless of situations (indoor, urban, basement, etc.) as far as mobile terminals grasp their-own positions. From the computer simulation results, it is shown that EUC-ES can evacuate affected persons in safety from the fire which occurred accidentally by using an algorithm to search for evacuation routes.

    IEEE, 2008年, 2008 5TH IEEE CONSUMER COMMUNICATIONS AND NETWORKING CONFERENCE, VOLS 1-3, ,, 1196 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Synthetic Speech for Foreign Language Learning: A Viewpoint of Teachers

    Kang Min, Kashiwagi Harumi, Ohtsuki Kazuhiro, Kaburagi Makoto

    2007年07月, Proceedings of International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, ,, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Synthetic Speech for Foreign Language Learning: A Viewpoint of Teachers

    Kang Min, Kashiwagi Harumi, Ohtsuki Kazuhiro, Kaburagi Makoto

    2007年07月, Proc. of 8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, CD-ROM, 12D4-3, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Teaching Model For Computer Networking Technology in Professional Graduate schools

    Akamatsu Toru, Ohtsuki Kazuhiro, Maj Stanislaw Paul

    2007年07月, Proceedings of International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, ,, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An e-Learning System for IT Engineers Resequencing Learning Contents

    Kobayashi Mineko, Asaba Nobutake, Kashiwagi Harumi, Ohtsuki Kazuhiro

    2007年07月, Proceedings of International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, ,, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An Analysis of BBS as a Motivational and Intellectual Stimulus for Foreign Language Classroom Teaching

    Kashiwagi Harumi, Kang Min, Ohtsuki Kazuhiro

    2007年07月, 8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, , pp.647-652, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 非接触ICタグカードの教育分野への応用可能性について

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    2007年03月, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 3, 49-58, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 緩い構造を持つデータに対する問合せ語間の関連を反映する検索方式の提案

    坂口 良, 清光 英成, 大月 一弘, 森下 淳也, 依田 平

    2007年03月, 電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ論文集, , C1-7, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An Extended AND Operations for Retrieving a Flexible Information Unit from Tree Structured Data

    Yoda Taira, Kiyomitsu Hidenari, Ohtsuki Kazuhiro, Morishita jun-ya

    2007年01月, SAINT 2007 Workshop, , 53-56, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An Extended AND Operations for Retrieving a Flexible Information Unit from Tree Structured Data

    Yoda Taira, Kiyomitsu Hidenari, Ohtsuki Kazuhiro, Junya Morishita

    2007年01月, Proceding of The 2007 International Symposium on Applications and the Internet, Workshop on Ubiquitous Networking and Enablers to Context-Aware Services, ,, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analytic method for real-time traffic problems by using Contents Oriented Communications in VANET

    Junya Fukumoto, Naoto Sirokane, Yuta Ishikawa, Tomotaka Wada, Kazuhiro Ohtsuki, Hiromi Okada

    Today, ITS (Intelligent Transport Systems) is paid attention by people all over the world. ITS is the system that solves the road traffic problems by using communications technology of vehicles. IVC ( Inter Vehicle Communications) is the communications technology that vehicles exchange the information by using wireless LAN without any base stations. VANET ( Vehicular Ad-hoc NETwork) have been expected to provide new applications for passengers of vehicles, by enabling vehicles to communicate with each other via IVC as well as with roadside base stations via RVC ( Roadside-to-Vehicle Communications). We propose the COC (Contents Oriented Communications) system on VANET via IVC. With COC, each vehicle collects original information that each vehicle has by communicating each other, and creates contents which may be useful for drivers, by analyzing original information. COC deliver the analyzed contents to other vehicles. The simulation results show that COC provide timely information of vehicular accidents and congestion to drivers.

    IEEE, 2007年, 2007 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ITS TELECOMMUNICATIONS, PROCEEDINGS, ,, 40 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 康 敏, 柏木 治美, 大月 一弘, 鏑木 誠

    本研究は,外国語教育における合成音声利用の可能性を探ることを目的としている.[f][θ][ð][v]の摩擦音が含まれる英単語について,合成音声とネイティブ音声を用いたWebペースの音声評価用CALL教材を作成し,文理系の学生にそれぞれの音声を評価させた.その結果,合成音声において,[v]音声を含む単語群については,そのほとんどがネイディブ音声との間に有意差がなく,音節の長い単語が単音節語より比較的聞き取りやすいが,[f][θ][ð]単語群については同様な傾向が見られなかった.

    日本教育工学会, 2006年12月, 日本教育工学会論文誌, 30・Suppl., 41-44, 41 - 44, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    本研究では,教育現場における利用や教材作成を考慮したシステム作りを目指して,RFIDタグを用いた英会話練習システムを試作し,小学校英語授業で実験的に利用することにより,システムに対する評価を行った.このシステムを利用することにより,教師(または学習者)は,複雑な操作や専門知識なしに,非接触ICタグカードを用いて英文音声を出力することができる.また,音声データは,教師が独自に録音した音声を個人のPCで手軽に編集加工して利用することが可能となっている.

    日本教育工学会, 2006年12月, 日本教育工学会論文誌, 30・Suppl., 77-80, 77 - 80, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 学習順序決定機能をもつサーバ構築技術学習システムの開発

    小林 峰子, 浅羽 修丈, 大月 一弘, 武 一佳

    2006年08月, 教育システム情報学会 第31回全国大会, , 22-23, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 遠隔講義における学生の心理と性格の関連性-遠隔講義に適しにくい性格因子の抽出-

    浅羽 修丈, 柏木 治美, 西野 和典, 横山 宏, 石桁 正士, 大月 一弘

    2006年05月, 大学教育学会誌, 28・1, 126-133, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 半構造資料部分検索のための演算法の一考察

    胡 進, 清光 英成, 大月 一弘, 森下 淳也

    2006年03月, 電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ論文集, , 3C-i12, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 半構造資料部分検索のための演算法の一考察

    胡 进, 清光 英成, 大月 一弘, 森下 淳也

    2006年03月, 電子情報通信学会データ工学研究会DEWS2006ワークショップ論文集, , 3C-i12(1-7), 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 関数内包型XMLデータ処理系 NODPの開発

    原 忠司, 森下 淳也, 大月 一弘, 清光 英成, 榊原 淳

    2006年03月, 電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ論文集, , 6B-i5, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 関数内包型XMLデータ処理系 NODPの開発

    原 忠司, 森下 淳也, 大月 一弘, 清光 英成, 織田 美樹男, 榊原 淳

    2006年03月, 電子情報通信学会データ工学研究会DEWS2006ワークショップ論文集, , 6B-i5(1-8), 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effects of various communication tools on foreign language learners

    Harumi Kashiwagi, Min Kang, Masayuki Kato, Nobutake Asaba, Kazuhiro Ohtsuki, Sachiyo Sekiguchi

    This paper investigates the detailed effects on language learners of various communication tools meant to improve course coordination. Activities with video conferencing, chat, and BBS were introduced as 3-week language exchange sessions in one semester. Students exchanged information and opinions on Japanese culture with students learning the Japanese language at a research-based university in Melbourne, Australia. Students in Japan used English, while students in Australia used Japanese and some English. After these online sessions, we conducted a survey using a questionnaire to collect the responses of the students in Japan on their motivation, attitudes and tension in video conferencing, chat, BBS sessions. In addition to the above activities, a face-to-face discussion with overseas students was conducted. As a result of the analyses, we found that there are 2 important factors that affect student's learning processes in each communication tool. Video conferencing has conflicting effects, that is, it has an advantage of increasing motivation to communicate more, but in contrast, it has a disadvantage of making students feel nervous and embarrassed. Possible reasons behind the feeling of nervousness and embarrassment might be not only their making mistakes in grammar or pronunciation but also their personalities and characters. On the other hand, the effect of chat is to provide stimulus to develop vocabulary and to enhance their cultural awareness, and the effect of BBS is to provide relaxed feelings in online communication and to increase students' desire to develop vocabulary.

    IEEE, 2006年, 2006 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION TECHNOLOGY BASED HIGHER EDUCATION AND TRAINING, VOLS 1 AND 2, FP5-217 1-6, 618 - 625, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effects of various communication tools on foreign language learners

    Harumi Kashiwagi, Min Kang, Masayuki Kato, Nobutake Asaba, Kazuhiro Ohtsuki, Sachiyo Sekiguchi

    This paper investigates the detailed effects on language learners of various communication tools meant to improve course coordination. Activities with video conferencing, chat, and BBS were introduced as 3-week language exchange sessions in one semester. Students exchanged information and opinions on Japanese culture with students learning the Japanese language at a research-based university in Melbourne, Australia. Students in Japan used English, while students in Australia used Japanese and some English. After these online sessions, we conducted a survey using a questionnaire to collect the responses of the students in Japan on their motivation, attitudes and tension in video conferencing, chat, BBS sessions. In addition to the above activities, a face-to-face discussion with overseas students was conducted. As a result of the analyses, we found that there are 2 important factors that affect student's learning processes in each communication tool. Video conferencing has conflicting effects, that is, it has an advantage of increasing motivation to communicate more, but in contrast, it has a disadvantage of making students feel nervous and embarrassed. Possible reasons behind the feeling of nervousness and embarrassment might be not only their making mistakes in grammar or pronunciation but also their personalities and characters. On the other hand, the effect of chat is to provide stimulus to develop vocabulary and to enhance their cultural awareness, and the effect of BBS is to provide relaxed feelings in online communication and to increase students' desire to develop vocabulary.

    IEEE, 2006年, 2006 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION TECHNOLOGY BASED HIGHER EDUCATION AND TRAINING, VOLS 1 AND 2, , pp.115-122, 618 - 625, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A learning model of computer network technology for non-engineering majors

    Nobutake Asaba, Harumi Kashiwagi, Kazuhiro Ohtsuki

    Various kinds of web pages are effective learning resources about computer network technologies. Some learners actually have acquired skills of learning using various kinds of web resources effectively and efficiently. However, most of novice learners, e.g. non-engineering majors do not have the skills. In this paper, we propose and discuss new teaching strategies aimed to help the novice learners acquire the skills. Our teaching strategies are proposed using examples from a learning model of the skillful users who have acquired the skills. Therefore, we analyze difference of the learning model of skillful users and novice learners, enumerate some problems of the learning model of no-vice learners, and propose the new teaching strategies to solving the problems. As a result of practicing the teaching strategies, novice learners have acquired the skills of learning using various kinds of web resources effectively and efficiently.

    IEEE, 2006年, 2006 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION TECHNOLOGY BASED HIGHER EDUCATION AND TRAINING, VOLS 1 AND 2, ,, 791 - 796, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A learning model of computer network technology for non-engineering majors

    Nobutake Asaba, Harumi Kashiwagi, Kazuhiro Ohtsuki

    Various kinds of web pages are effective learning resources about computer network technologies. Some learners actually have acquired skills of learning using various kinds of web resources effectively and efficiently. However, most of novice learners, e.g. non-engineering majors do not have the skills. In this paper, we propose and discuss new teaching strategies aimed to help the novice learners acquire the skills. Our teaching strategies are proposed using examples from a learning model of the skillful users who have acquired the skills. Therefore, we analyze difference of the learning model of skillful users and novice learners, enumerate some problems of the learning model of no-vice learners, and propose the new teaching strategies to solving the problems. As a result of practicing the teaching strategies, novice learners have acquired the skills of learning using various kinds of web resources effectively and efficiently.

    IEEE, 2006年, 2006 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION TECHNOLOGY BASED HIGHER EDUCATION AND TRAINING, VOLS 1 AND 2, ,, 791 - 796, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 学生の性格からみた遠隔授業の参加時の心理状態に関する調査

    浅羽 修丈, 大月 一弘, 柏木 治美, 西野 和典, 横山 宏, 石桁 正士

    2005年08月, 教育システム情報学会30 周年記念全国大会講演論文集, , 429-430, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 遠隔授業での授業形態の違いによる学生の違和感に関する調査-教職課程科目の受講生を対象として-

    浅羽 修丈, 大月 一弘, 柏木 治美, 西野 和典, 石桁 正士

    2005年08月, 教育システム情報学会30 周年記念全国大会講演論文集, , 431-432, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 電子自治体システム構築の展望と課題

    大月 一弘

    2005年03月, 兵庫自治学, ,, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 柏木 治美, 大月 一弘

    神戸大学国際コミュニケーションセンター, 2005年03月, 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集, 1, 1-12, 1 - 12, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • インタラクティブなCALLシステムを実現する位置情報ヒント教示機能

    柏木 治美, 廣田 智子, 康 敏, 大月 一弘

    2004年11月, 日本教育工学会研究報告集, 04-5, 73-80, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • WWWにおけるハイパーリンクの構造解析を用いたよいページと悪いページの判定方法の検討

    平林 真美, 大月 一弘, 清光 英成, 北村 新三

    2004年07月, 神戸大学自然科学研究科紀要, 22B, 1-12, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Organization of learner's knowledge on basic concepts in computer literacy

    M Kang, M Kaburagi, T Kotani, K Asakimori, K Ohtsuki

    We investigate how the learner's properties influence organization of learner's knowledge on basic concepts by analyzing data of a survey. The survey is performed for science major students and non-science major students. The learner's properties; learning motivation and cognitive style, and organization of knowledge on several basic concepts are observed in the survey. The analysis explicates that students with the style of the bottom-up processing tend to form hierarchical organizations if they are knowledge-oriented in the course and nonhierarchical organizations if they are only interested in how to use computers. The result is independent from students' majors. On the other hand, there is a different conclusion for students with the style of the top-down processing. We suggest that curriculums in computer literacy education should be designed according to learner's properties.

    IEEE, 2004年, ITHET 2004: PROCEEDINGS OF THE FIFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION TECHNOLOGY BASED HIGHER EDUCATION AND TRAINING, , 312-315, 312 - 315, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A CALL System with Dialogical Interaction

    Kashiwagi Harumi, Kato Masayuki, Hirota Tomoko, Ohtsuki Kazuhiro

    2003年06月, Proceedings of the IASTED Conference on Computers and Advanced Technology in Education, , 400-404, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Scoring WWW Pages with Social Credibility in a Hyperlink Environment

    Hirabayashi Masami, Ohtsuki Kazuhiro, Kiyomitsu Hidenari, Morishita Jun-ya, Kitamura Shinzo

    2003年05月, 5th International Conference on Enterprise Information Systems, 3, 326-333, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Scoring Web Pages with Social Credibility in a Hyperlink Environment.

    HIRABAYASHI Masami, OHTSUKI Kazuhiro, KIYOMITSU Hidenari, MORISHITA Junya, KITAMURA Shinzo

    2003年, ICEIS2003, 未記入, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A Study on Learner's Property in Computer Literacy Education

    Kaburagi Makoto, Kang Min, Ohtsuki Kazuhiro, Morishita Junya, Asakimori Kazuo

    2003年, Proceedings of 4th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, , 132-137, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • リンクに基づいた明示的Webページ評価法

    平林 真美, 大月 一弘, 清光 英成, 森下 淳也, 北村 新三, 絹川 達也

    2002年12月, 情報処理学会論文誌:データベース, 43-SIG12(TOD16), 92-102, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A Learning Model of Computer Science Education for Liberal Arts Students

    柴田 一, 柏木 治美, 本村 康哲, 大月 一弘

    2002年12月, Frontiers in Education 2002 Boston - Leading a Revolution in Engineering and Computer Science Education, , F3G2-7, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 大規模サイトにおけるWWWページ評価手法の検討

    平林 真美, 堤 智也, 絹川 達也, 大月 一弘, 北村 新三

    2001年12月, 情報処理学会情報学シンポジウム講演論文集, , 75-82

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 作成者責任の概念を用いた Web ページ評価法のサイトへの適用実験

    絹川 達也, 平林 真実, 清光 英成, 大月 一弘, 北村 新三

    Webページを評価する方法は大きく分けて、1)内容を解析するもの、2)リンク構造を解析するもの、3)各ページからは収集できない外部情報(URLなどを利用してページ提供者についての情報など)を基準にするものがある。我々は、3)を組み合わせた2)によるページ評価方法を提案してきた。本稿では外部情報の基準としてwebサイト内における「ページ情報に対する責任」を採用した場合のページ評価方法について詳しく検討する。また、提案方式による評価の妥当性や、他のリンク構造解析による評価との比較のための実験を行った。その結果は、提案方式の妥当性と、サイトにおける「責任」の評価、「責任」の所在に関する解析、に対する有効性を示している。

    一般社団法人情報処理学会, 2001年07月17日, 情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告, 125 (1), 281 - 288, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 電子図書館用デジタルアーカイブの検索方法の検討

    依田 平, 小椋 正道, 大月 一弘, 森下 淳也, 清光 英成

    本研究では、デジタルアーカイブのコンテンツサービスとして、利用者の欲する部分資料を抽出する手法を検討する。利用者に部分資料を提供するために、資料を分割しそれぞれを独立の資料として取り扱う方法がある。しかし、部分資料を独立の資料として取り扱った場合、AND検索の際にキーワードの共起が発生しなくなる問題と、表示の際に結果が冗長になる問題が生じる。我々は、資料の分割を位置関係に基づいた包含関係で表し、個々の部分資料を階層的な木構造に関連付け、部分資料に対して検索を行った結果を木構造に基づいて評価することにより、キーワードの共起の問題を解消し、表示に関する冗長性の問題を対処する手法を提案する。さらにツリーの形状を利用することにより、キーワードの関係の違いに対応した細やかなAND検索を提案する。

    一般社団法人電子情報通信学会, 2001年07月, 情報処理学会研究報告. DBS, データベース・システム, 2001-70, 469-476 (192), 301 - 308, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 英語学習CAIシステムにおけるオーサリングツールの試作

    柏木 治美, 大月 一弘, 北村 新三

    2001年, 神戸大学自然科学研究科紀要, 19, 25-33, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • トータル・フィジカル・レスポンス法のための外国語CAIシステムの開発

    大月 一弘

    2001年, 日本教育工学会論文誌, 25-3, (3), 187 - 197, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • The Coordination of the Mailing List for Cooperative/Spontaneous Learning

    Kashiwagi Harumi, Ohtsuki Kazuhiro, Kaburagi Makoto, Kitamura Shinzo, Morishita Junya

    2000年09月, Proceedings of 2nd International Conference on Science, Mathematics and Technology Education, , 173-184, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Role of Library in Life-Long Continuing Education

    Idezawa Shigeru, Kaburagi Makoto, Hatono Itsuo, Ohtsuki Kazuhiro, Shiba M, Morishita Junya

    2000年09月, Proceedings of 2nd International Conference on Science, Mathematics and Technology Education, , 163-172, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Organization of Knowledge: An Example for Computer Literacy

    Utsuki Narisuke, Kaburagi Makoto, Ohtsuki Kazuhiro, Morishita Junya

    2000年09月, Proceedings of 2nd International Conference on Science, Mathematics and Technology Education, , 201-209, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 階層構造グラフを用いたデータモデルの実装例

    上島 紳一, 大月 一弘, 杉山 武司, 森下 淳也

    2000年03月, 特定領域研究「人文科学とコンピュータ」1999年度研究成果報告書, , 26-29, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 外国語CAIシステムにおける誤り指摘機構の試作

    大月 一弘

    2000年, 日本教育工学会研究報告集, 00-4,, 35 - 42, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 視点に依存した属性付け機構を持つ木簡研究支援データベースシステムの開発

    上島 紳一, 大月 一弘, 杉山 武司, 大場 脩, 森下 淳也

    1999年03月, 特定領域研究「人文科学とコンピュータ」1998年度研究成果報告書, , 56-63, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • データベースに基づく学術研究支援システム ―木簡データベースの構築について―

    上島 紳一, 大月 一弘, 杉山 武司, 森下 淳也

    1999年02月, 人文学と情報処理, No.19, 37-42, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 防災とコンピュータネットワーク

    樽磨 和幸, 佐村 俊治, 大月 一弘

    1999年01月, 土木学会誌, 84, 28-32

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • インタラクティブ性を伴う語学学習教材の開発に関する研究

    柏木 治美, 早川 佐登美, 大月 一弘

    1999年, 日本教育工学会第15回全国大会講演論文集, , 253-254, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 木簡研究支援システムにおける視点操作と分類機構

    上島 紳一, 大月 一弘, 杉山 武司, 森下 淳也

    1998年08月, 情報処理学会研究報告「人文科学とコンピュータ」, 39-1, 1-8, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 階層構造グラフを用いた半構造化データの構造化手法

    上島 紳一, 大月 一弘, 杉山 武司, 森下 淳也

    1998年04月, 情報処理学会論文誌, Vol.39, No.4, 857-867, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hierarchical Graph Model: Collection Objects and Generating Multiple Views for Semi-Strucutred Data

    Ueshima Shinichi, Ohtsuki Kazuhiro, Sugiyama Takeshi, Morishita Junya

    1998年04月, "Advanced Database Systems for Integration of Media and User Environments '98," Edited by Y. Kambayashi et al. (World Scientific Ltd.), , 203-208, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 階層構造グラフを用いた半構造化データの段階的構造化手法に関する検討

    上島 紳一, 大月 一弘, 杉山 武司, 森下 淳也

    1997年01月, 情報処理学会データベースシステム研究報告, DBS-111,Vol.97,No.7, 9-16, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 階層構造グラフにおける属性の取り扱い方に関する検討

    上島 紳一, 大月 一弘, 杉山 武司, 森下 淳也

    1997年01月, 電子情報通信学会データ工学研究会技術報告, DE96-79 Vol.96,No.469, 31-36, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 自発的かつ協調的学習を支援するためのメーリングリストの利用に関する一考察

    柏木 治美, 大月 一弘

    1997年, 日本教育工学会研究報告集, 97-5, 55-60, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • A Practical Study on Cooperative/Spontaneous Learning, Using the Mailing List

    柏木 治美, 大月 一弘, 鏑木 誠

    1997年, International Conference on Science, Mathematics & Technology Education 1997 Vietnam - Science, Mathematics & Technology Education and National Development, , 241-252, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 阪神・淡路大震災における情報通信エレクトロニクスの状況:神戸大学からの報告

    樽磨 和幸, 蛯名 邦禎, 大月 一弘, 田中 克己

    1996年01月, 電気通信情報学会誌, 79-1, 15p-19p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 災害を考慮した都市情報通信環境に関する一考察

    大月 一弘, 樽磨 和幸, 蛯名 邦禎

    1996年01月, 第2回社会情報システム学シンポジウム講演論文集, , 全5p, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Subspace Coding for Numerical Diagonalizaion of Large Scale Symmetric Matrix

    Kaburagi Makoto, Tonegawa Takashi, Nishino Tomotoshi, Ohtsuki K.azuhiro, Ono Atsuo

    1996年01月, Proc. of Intnl. Workshop on SOFT COMPUTING IN INDUSTRY '96, , 299-301, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Synergetical Approach to Dynamics of Language System

    Sadanobu Toshiyuki, Kaburagi Makoto, Nakagawa M, Ohtsuki Kazuhiro

    1996年, The Emergence of Human Cognition and Language:, 3, 82-84, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ハイパーメディアデータベースの段階的構造化と多重ビュー

    上浦 真樹, 上島 紳一, 大月 一弘, 田中 克己, 森下 淳也

    1995年07月, 情報処理学会データベースシステム研究報告, 104-29, 225-232, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • INCREMENTAL DATA ORGANIZATION FOR ANCIENT DOCUMENT DATABASES

    S UESHIMA, K OHTSUKI, JY MORISHITA, Q QIAN, H OISO, K TANAKA

    WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD, 1995年, DATABASE SYSTEMS FOR ADVANCED APPLICATIONS '95, 5, 457 - 466, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Design and Implementation of an Object-Oriented Scientific Database System for Historical Materials

    Ueshima Shinichi, Ohtsuki Kazuhiro, Sugiyama Takeshi, Morishita Junya

    1994年12月, Proceedings of Obase Symposium III, , 204-215, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Obaseのアプリケーション:木簡研究支援システム

    上島 紳一, 大月 一弘, 田中 克己, 森下 淳也

    1994年03月, Obaseプロジェクト第3期研究成果報告書, , 205-222, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 歴史的資料を対象としたサイエンティフィックデータベースのシステム設計

    上島 紳一, 大月 一弘, 田中 克己, 森下 淳也

    1993年11月, 電子情報通信学会データ工学研究会技術報告, DE93-47, 9-16, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 緊急救命避難支援システムにおける複数箇所の災害発生を考慮した避難誘導方式

    和田友孝, 前川華奈, 大月一弘

    2021年07月, 日本災害情報学会誌, 19 (2), 121 - 132

    [査読有り]

  • Decision Method of Holding a Mobile Terminal and Abnormal Behavior by Machine Learning for ERESS

    Tomotaka Wada, Shingo Nakajima, Kazuhiro Ohtsuki

    2021年05月, IEICE Communications Express, 10 (5), 271 - 276

    [査読有り]

  • 福岡 賢二, 孫 一, 大月 一弘

    本研究は,日本での就職を希望する日本語を話せない留学生を対象に,企業で働くために必要な「社会人観」についての理解状況を調べ,日本語を話せる留学生や日本人学生の理解状況と比較する.本学に在学している大学院生らを対象に,アンケート調査を行い,その結果について分析を行った.アンケート調査の内容には,企業で求められていると留学生が考える能力要素や「社会人基礎力」の概念についての理解状況,重要と思われている社会人基礎力の項目などが含まれる.調査結果の分析により,留学生にとって,日本語を理解するニーズが高く,日本のビジネスマナーについて知りたい要望があると確認できた.このようなニーズは,留学生の就職を支援する際の参考となると考える.

    日本教育工学会, 2021年02月20日, 日本教育工学会論文誌, 44 (Suppl.), 1 - 4, 日本語

    [査読有り]

  • A New Disaster Recognition Algorithm for ERESS: Buffering and Bagging-SVM with the Grid Method

    kazuya Mori, Tomotaka Wada, Kazuhiro Ohtsuki

    2020年08月, IEICE Communications Express, 9 (8), 371 - 376

    [査読有り]

MISC

  • 産学連携における電子メール利用の検討 : 不読問題に焦点を当てて

    文 健, 坂倉 孝雄, 清光 英成, 大月 一弘

    産学連携学会, 2016年07月, 産学連携学 = Journal of the Japan Society for Intellectual Production : 産学連携学会誌, 12 (2), 83 - 90, 日本語

  • AS-2-12 非常時緊急救命避難支援システムのための階段における気圧センサを用いた非常状態判定法(AS-2.安全・安心な生活のための情報通信システム,シンポジウムセッション)

    山崎 健輝, 岩橋 遥, 喜多村 和央, 小牧 健, 和田 友孝, 大月 一弘

    一般社団法人電子情報通信学会, 2015年08月25日, 電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ/NOLTAソサイエティ大会講演論文集, 2015, "S - 33"-"S-34", 日本語

  • AS-3-4 非常時緊急救命避難支援システム(ERESS)における皮膚電位水準(SPL)と皮膚電位反射(SPR)を用いた非常状態判定法(AS-3.安全・安心な生活のための情報通信システム,シンポジウムセッション)

    小牧 健, 岩橋 遥, 喜多村 知央, 樋口 裕子, 小郷 克文, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    一般社団法人電子情報通信学会, 2015年02月24日, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2015, "S - 22"-"S-23", 日本語

  • AS-2-6 非常時緊急救命避難支援システムのためのWebカメラとマーカを用いた位置推定法(AS-2.安全・安心な生活のための情報通信システム,シンポジウムセッション)

    喜多村 知央, 小郷 克文, 樋口 裕子, 岩橋 遥, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    一般社団法人電子情報通信学会, 2014年09月09日, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2014, "S - 27"-"S-28", 日本語

  • AS-2-6 非常時緊急救命避難支援システム(ERESS)におけるFFT解析を用いた行動分類(AS-2.安全・安心な生活のための情報通信システム,シンポジウムセッション)

    樋口 裕子, 石田 裕介, 藤村 純, 中村 隆文, 津高 健太郎, 森 和也, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    一般社団法人電子情報通信学会, 2013年03月05日, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2013, "S - 19"-"S-20", 日本語

  • B-20-29 ERESS端末における避難路混雑状況判定アルゴリズムの一考察(B-20.アドホックネットワーク)

    小郷 克文, 林 憲太朗, 藤本 まなど, 津高 健太郎, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    一般社団法人電子情報通信学会, 2013年03月05日, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2013 (2), 637 - 637, 日本語

  • 非常時緊急救命避難支援システム(ERESS)におけるリアルタイム災害検知のための状態判定アルゴリズムの開発 (情報ネットワーク)

    中村 隆文, 早川 洋平, 森 和也, 石田 祐介, 藤村 純, 津高 健太郎, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美†

    世界中のあらゆる地域において火災・テロ・地震などの災害により多くの死傷者が出ている.大規模で突発的な災害の発生時において,多くの人々はパニック状態に陥り冷静な判断がとれない.このため、災害被害が大中に拡大する可能性が高い。筆者らはこの問題を解決するため,非常時緊急救命避難支援システム(Emergency Rescue Evacuation Support System :ERESS)の開発を行っている.本システムは,突発的災害現場に偶然居合わせた被災者らの行動を分析し,携帯端末間のアドホック通信を用いてセンシングデータを交換・共有を行うことで,災害そのものを自動的に検知しようとするものである.従来のERESSでは,加速度センサのみを用いて端末保持者の状態判定を行っていた.しかし,センサの精度や装着位置において端末保持者の状態判定に高い信頼性を確保できないという問題点があった.本稿では,加速度センサに加え,筋電センサを導入する方式を新たに提案する.緊急避難シミュレーション実験(通称:パニック実験)により加速度と筋電位を複合的に用いた端末保持者の状態判定の精度を検証し,提案方式の有効性を示す.

    一般社団法人電子情報通信学会, 2012年09月20日, 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報, 112 (209), 99 - 104, 日本語

  • AS-5-9 非常時緊急救命避難支援システム(ERESS)における災害検知のための状態判定アルゴリズム(AS-5.安全・安心な生活のための情報通信システム,シンポジウムセッション)

    中村 隆文, 早川 洋平, 森 和也, 石田 裕介, 藤村 純, 辰巳 広樹, 津高 健太郎, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    一般社団法人電子情報通信学会, 2012年03月06日, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2012, "S - 69"-"S-70", 日本語

  • パニック型災害における非常時緊急救命避難支援システム(ERESS)の開発 : バッファリングSVMによる災害検知アルゴリズム

    森 和也, 津高 健太郎, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    世界のあらゆる地域において,火災・地震・テロなどの災害により多くの死傷者が出ている.筆者らはこの問題を解決するため,ERESS (Emergency Rescue Evacuation Support System:非常時緊急救命避難支援システム)の開発を行っている.本システムは,複数のセンサを搭載した携帯端末のみで構成される.ERESSでは,携帯端末間のアドホック通信を用いてセンシングデータを交換・分析し,災害発生直後30秒以内の危機的状況においてリアルタイムな避難支援を行うことを目指している.従来のERESSでは,機械学習であるSVM (Support Vector Machine)を用いて端末保持者の非常状態をセンシングデータより学習し,災害発生検知を行っていた.しかし,センサの誤差や動作環境の違いにより,非常状態の判定において,高い信頼性の確保が困難という課題があった.本稿では,SVMの判定結果をバッファリングし,精度よく非常状態を判定する方式を提案する.そして,データ収集端末を用いて突発的な災害を想定した二百数十人規模の緊急避難実験を行い,提案方式の判定精度と災害発生検知に必要な時間について検証する.

    一般社団法人電子情報通信学会, 2012年03月01日, 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク, 111 (469), 127 - 132, 日本語

  • パニック型災害における非常時緊急救命避難支援システム(ERESS)の開発 : 災害検知のための被災者行動分析システム

    早川 洋平, 津高 健太郎, 石田 裕介, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    近年,火災,地震,テロなどの突発的災害により多数の犠牲者が発生している.これらの災害では早期の災害発見と迅速な避難が重要となる.筆者らは,この問題を解決するため,非常時緊急救命避難支援システムERESS (Emergency Rescue Evacuation Support System)の開発を行っている . 本システムでは,各被災者が所持するモバイル端末に搭載された各種センサから得られる情報を、モバイルアドホックネットワークにより端末間で共有し,リアルタイムに災害の検知,適切な避難路の検索を行う.これにより,逃げ遅れによる犠牲者を減少させることが可能となる.本システムを実現するためには実環境において各被災者の行動を分析し,災害発生の判定を行うことで各種アルゴリズムを検証する必要がある.そのため,本稿では被災者行動分析システムの開発について述べる.また本システムの開発のために2種類の検証実験を行い,本システムの有効性を示す.

    一般社団法人電子情報通信学会, 2012年03月01日, 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク, 111 (469), 133 - 138, 日本語

  • IT技術学習におけるWebページの効果的な使い方 (情報教育の実績と新しい展開)

    浅羽 修丈, 大月 一弘, 柏木 治美

    教育システム情報学会, 2006年03月, 教育システム情報学会研究報告, 20 (6), 174 - 177, 日本語

  • 人文系大学生を対象としたIT技術教育の検討-Webによる調べ学習の実践報告-

    浅羽 修丈, 大月 一弘, 柏木 治美, 石桁 正士

    2006年01月, 日本教育工学会研究報告集, 06-1, 57-64, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • Webを利用したIT技術教育の試み

    浅羽 修丈, 大月 一弘, 柏木 治美, 石桁 正士

    2005年, 近畿情報教育連合第7回合同研究会研究報告集, , 3-8, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 同期的な遠隔授業における学習者の主観的評価の基礎的研究

    浅羽修丈, 西野和典, 大月一弘, 石桁正士

    2004年08月20日, 教育システム情報学会全国大会講演論文集, 29th, 357 - 358, 日本語

  • 高等学校教科情報Aを受講する生徒の知識構造の調査研究

    真鍋 絵美理, 松岡 敦之, 加藤 源太郎, 大月 一弘, 康 敏

    2003年09月, 日本教育工学会研究会報告書集, JET03-5, 67-71, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 理系学生と文系学生の認知構造の相違 -コンピュータリテラシー教育を例に-

    鏑木 誠, 宇津木 成介, 森下 淳也, 大月 一弘, 康 敏, 横尾 能範

    2001年01月, 日本教育工学会研究会報告書, , 103-108, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 日本語教育支援のための小学校教科書の講座化データ作成と解析方法について

    森下 淳也, 中尾 桂子, 康 敏, 大月 一弘, 鏑木 誠, 横尾 能範

    2001年01月, 日本教育工学会研究会報告書, , 97-102, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • インターネットの基礎知識

    柏木 治美, 藤坂 明紀, 大月 一弘

    1996年, 環境技術(環境技術研究協会), 25-7, 377-383, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • NeXT Computer クラスタ(20台)における並列処理計算環境の整備

    水本 好彦, 蛯名 邦禎, 高橋 正, 中条 拓伯, 豊田 淨彦, 伊藤 利明, 大月 一弘

    1995年03月, 神戸大学総合情報処理センター広報MAGE, 17-2, 209p-218p, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 緊急救命避難支援システムのためのiOS端末を用いた評価分析用システムの検討 (安全・安心な生活とICT)

    小牧 健, 喜多村 知央, 和田 友孝, 大月 一弘

    電子情報通信学会, 2016年10月20日, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 116 (250), 47 - 52, 日本語

  • 災害時におけるSVDDを用いた集団学習災害検知法

    岩橋 遥, 樋口 裕子, 和田 友孝, 大月 一弘

    関西大学先端科学技術推進機構, 2016年01月21日, 関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, 20, 182 - 186, 日本語

  • 適応型学習に対応するIT用語辞書の関連用語推薦機能の検討

    孫一, 清光英成, 柏木治美, 康敏, 大月一弘

    本研究は,学習者の理解状況に応じて適切な説明コンテンツを提示するIT用語辞書に学習すべき関連用語を推薦する手法を提案する.推薦するにあたって,学習者の理解状況と学習履歴を考慮し,用語間の関連度を用いて推薦を行う.関連度を計算するには,用語のカテゴリ属性情報,文章中における共起情報を用いる.提案手法を実装したシステムで主観評価を行ない,有効に機能することを確認する.

    2013年03月06日, 第75回全国大会講演論文集, 2013 (1), 345 - 346, 日本語

  • ERUC (非常時緊急通信) システムにおける災害発生検知技術の開発

    早川洋平, 岡田 力, 宮本 亮祐, 山根 明典, 山田 祐輝, 森 和也, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    一般社団法人電子情報通信学会, 2010年, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, March 2010, "S - 59"-"S-60", 日本語

  • ERUC (非常時緊急通信) 端末開発に向けたセンサデータの統計的解析

    森和也, 岡田 力, 宮本 亮祐, 山根 明典, 山田 祐輝, 早川 洋平, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    一般社団法人電子情報通信学会, 2010年, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, March 2010, 61, "S - 61"-"S-62", 日本語

  • キーワード間の関係を明示的に利用した半構造検索モデル

    依田 平, 清光 英成, 大月 一弘, 森下 淳也

    2008年06月12日, 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解, 108 (94), 77 - 82, 日本語

  • 非常時緊急通信を用いた火災発生時避難路検索法

    岡田力, 植田 悠司, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    一般社団法人電子情報通信学会, 2008年, 電子情報通信学会, ソサイエティ大会, 金沢大学, 2008, 48 - 48, 日本語

  • 視覚的なネットワーク学習のためのシステム構築方法の検討

    孫荻, 孫一, 柏木 治美, 大月一弘

    本研究では,ネットワーク技術に対するハンズオン学習を支援するシステムの構築方法を検討する。ネット情報を視覚的な表示にすることで,理論知識の学習と実践操作を結び付ける。学習者または指導者は「学習内容」,「学習者の知識レベル」,「学習の角度」の三つの要素を選ぶことで,学習者に適合する学習図が出せる。また,学習図に表示させる表示内容をパーツ化し,さらに,パーツの組み合わせ方をパターン化することで,学習画面ごとに表示用データファイルを条件制御式で用意する手間を省けるようにした。We consider the design of the system which supports the hands-on learning in network technology. Practice is connected with theory knowledge by making net information into a figure. In this system, a student or a supervisor can take out the figure which is easy to be understood by choosing three elements: the contents of study; a student's knowledge level; and the angle of study. Each figure can be created easily using predefined components. It can save further time and effort on preparing the data file for a figure instead of making condition control for every figure.

    情報処理学会, 2011年03月11日, 研究報告コンピュータと教育(CE), 2011 (2), 1 - 8, 日本語

  • AS-4-12 ERUC(非常時緊急通信)システムのための位置推定アルゴリズム(AS-4.安全・安心な生活のための情報通信ネットワーク,シンポジウムセッション)

    石田 裕介, 早川 洋平, 山根 明典, 森 和也, 津高 健太郎, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    一般社団法人電子情報通信学会, 2011年02月28日, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011, "S - 75"-"S-76", 日本語

  • ERESSシステムにおける被災者緊急避難行動分析システムの開発

    早川 洋平, 石田 裕介, 山根 明典, 森 和也, 津高 健太郎, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    近年,地震,火災やテロなど突発性の災害により多数の死傷者が発生している.これらの災害では早期の災害発見と迅速な非難が重要となる.筆者らは,このような状況にリアルタイムで対応可能となる,非常時緊急救命避難支援システム(ERESS: Emergency Rescue Evacuation Support System)の開発を行っている.本システムでは,各被災者所持しているモバイル端末に搭載されたセンサから得られる情報をアドホック通信により端末間で共有し,リアルタイムに災害の検知,適切な避難路の検索を行う.本システムを実現するためには各被災者の行動を分析し,災害発生の判定を行う必要がある.そのため,本稿では新しい被災者行動分析システムの開発について述べる.また本システムの開発に伴って複数の実証実験を行い,人の行動分析が可能であることを示す.

    一般社団法人電子情報通信学会, 2011年02月24日, 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク, 110 (449), 319 - 324, 日本語

  • 作成者責任の概念を用いた Web ページ評価法のサイトへの適用実験

    絹川 達也, 平林 真実, 清光 英成, 大月 一弘, 北村 新三

    Webページを評価する方法は大きく分けて、1)内容を解析するもの、2)リンク構造を解析するもの、3)各ページからは収集できない外部情報(URLなどを利用してページ提供者についての情報など)を基準にするものがある。我々は、3)を組み合わせた2)によるページ評価方法を提案してきた。本稿では外部情報の基準としてwebサイト内における「ページ情報に対する責任」を採用した場合のページ評価方法について詳しく検討する。また、提案方式による評価の妥当性や、他のリンク構造解析による評価との比較のための実験を行った。その結果は、提案方式の妥当性と、サイトにおける「責任」の評価、「責任」の所在に関する解析、に対する有効性を示している。

    一般社団法人電子情報通信学会, 2001年07月11日, 電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学, 101 (192), 113 - 120, 日本語

  • デジタルアーカイブに対する効率的な検索の提案 -神戸大学電子図書館システムを例として-

    依田 平, 大月 一弘, 森下 淳也, 清光 英成

    2001年12月14日, じんもんこん2001論文集, 2001, 259 - 266, 日本語

  • 欠落データを含む木簡データベースのクラス階層化

    上島 紳一, 園田 浩一, 大月 一弘

    本稿では、属性値に空値が多いデータに対して属性の欠落度に応じたクラス階層構成法を提案する。この構成法は、各属性の値の空値性に着目してデータを分類し、階層化を行う方法である。即ち各属性の有無のみを構造化の判断対象とし、属性値の意味は問わない方法である。本方式は、()高速なデータ処理が行える、()データ更新、追加が容易である、()既存のデータベースへ簡単に適用できる、などの特徴を持つ。また複雑な処理を実行したり、問い合わせを繰り返し実行することの多いデータに対してこの構造は有効であることを示した。In database systems, such as wooden slip database management systems, some attributes of an object may have null values. In this paper, we present a simple class hierarchy for incomplete objects. All objects are classified into "class" by checking the number of null attributes. Then the "class" hierarchy is constructed through our simple procedure. It provides efficient access to data by passing null attributes.

    1991年11月08日, 情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS), 1991 (93), 11 - 16, 日本語

  • グラフを用いたオブジェクトの多重ビューの実現に関する一考察

    杉山 武司, 森下 淳也, 大月 一弘, 上島 紳一

    最近, 構造化文書データ, 分子生物学や考古学等における科学技術データなどの半構造化データ(semi-structured data)の構造化に関する研究が注目されている。我々は, 半構造化データに対して利用者の視点に依存した形で多重ピューを与えながら柔軟に構造化するための枠組について検討している。このため階層構造グラフを用いたデータモデルを提案している。本稿では, オブジェクトの多重ビューの実現とビュー操作がデータモデル上で実現できることを示す。

    1997年09月24日, 全国大会講演論文集, 55, 367 - 368, 日本語

  • 木簡研究支援システムにおける視点に依存した属性付け機構に関する検討

    上島 紳一, 森下 淳也, 大月 一弘, 杉山 武司, 田中 克己

    近年,文献情報データや環境情報データなどの科学技術データベースが注目されてきている[1,2]. これらはデータが収集された時点で, データに対して大雑把な構造しか与えられていない場合が多い. 言わば半構造化の状態のまま, 構築されているという特徴がある. また, 確定したスキーマを持つ場合でも, そのデータを利用する段階で, 視点の違いや仮説などを盛り込んだ思考実験のような自由度を与えたいと考えられる. 木簡研究支援システムは, 中国敦煌遺跡から出土した木簡一千本, 中国居延遺跡の木簡一万本を対象にしたシステムである[3]. これらの木簡(図1)は, 発掘された時点で基本的なデータを収集し, その後, 木簡の釋読が進むにつれて文字データが収集される. さらに, 釋読文から個々の意味が汲み取られるという過程を経て, データベースに格納される. このようなデータは, ・文字も分からない状態のまま, 長い期間保存される. ・データの解釈が後から発見される. ・データの意味が一般に確定するには, 長い期間の研究が必要である. など, 特異な振舞いが見られる. 我々はこのような大雑把なスキーマしか持たない半構造化状態のデータに対して, 元のデータベースのデータを保持しつつ, 利用者の視点に応じて, 属性付けを行うことで様々な構造化を同時に表現するデータモデル, 階層構造グラフを考案した[4]. ここでは, そのデータモデルを用いて木簡研究支援システムで必要な属性付け機構を検討する。次節で階層構造グラフを説明し, 3節では属性付け機構による属性の伝播ビューを論ずる.[figure]

    1997年09月24日, 全国大会講演論文集, 55, 400 - 401, 日本語

  • 人間の役割を考慮した情報通信システムのモデル化

    村田 育也, 樽磨 和幸, 大月 一弘

    近年,大規模で汎用性をもった情報通信システムの構築の需要が高まっている.このため,コンピュータを操作しないユーザをも考慮したネットワークシステム,すなわち情報ユーザのための情報基盤(HII:Human Information Infrastructureと呼ぶ)を構築することが必要になる.本稿では,HII構築のための参照モデルとして情報通信システムの階層構造モデルを提案する.モデルは,情報通信システムをマシンだけでなく人やサービスを含むものとして捉え,人間の役割に注目して情報通信システムの機能を階層化している.さらに,コンピュータ・ネットワーク設計への応用法とエージェント研究への応用法を検討し,本モデルの有効性を示す.The planning of the multi-purpose large-scaled network systems has been in demand in recent years. In this sense it is needed to construct "Human Information Infrastructure" for information users, including the users who are not familiar with the computer operation. In this paper we propose a hierarchical model of the information network systems as the referential model for constructing Human Information Infrastructure. We describe the hierachical model, based on the role of the people who support the systems since we believe that people and information service are essential for specifying the equipments of the network systems. We will also consider the effectiveness of the model, applying it to the design of the computer network and the study of the human agent systems.

    一般社団法人情報処理学会, 1997年11月14日, 情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), 1997 (107), 7 - 12, 日本語

  • 学校事故事例データベース共有システムの開発

    横尾 能範, 鏑木 誠, 大月 一弘

    一般社団法人日本科学教育学会, 1994年07月27日, 年会論文集, 18, 273 - 274, 日本語

  • 局所的災害時の通路状況変化を考慮した避難支援情報共有方式 (スマートファシリティ研究会・Society 5.0 for SDGsを支える需要家分散電源を利用したアグリゲーション・VPPシステムの技術動向)—Sharing Method of Evacuation Support Information According to Passage Situation in Local Disaster

    和田 友孝, 上村 和暉, 大月 一弘

    電気学会, 2019年10月, 電気学会研究会資料. SMF = The papers of Technical Meeting on Smart Facilities, IEE Japan / スマートファシリティ研究会 [編], 2019 (29-37・41-50), 35 - 40, 日本語

  • 緊急救命避難支援のための通路混雑状況に応じた避難誘導法

    上村 和暉, 松本 航輝, 中嶋 真悟, 和田 友孝, 大月 一弘

    関西大学先端科学技術推進機構, 2019年01月, 関西大学先端科学技術シンポジウム講演集 / 関西大学先端科学技術推進機構 編, 23, 179 - 182, 日本語

  • 和田 友孝, 松本 航輝, 大月 一弘

    突発性災害の発生を迅速に検知し、リアルタイム性の高い災害情報を被災者に提供することを目的として、緊急救命避難支援システム(ERESS)の研究開発が行われている。本論文では、iBeaconのエリア情報と加速度情報を用いた通路混雑状況を考慮した避難誘導方式を提案する。提案方式ではERESS端末に搭載された加速度センサを用いることで、端末保持者の現在の状態の判定を行い、エリア内に存在する全ての端末保持者の現在の状態より混雑状況を把握する。把握した混雑状況を周囲の端末と共有することにより、各エリアの混雑状況を把握する。これにより通路の混雑状況に応じて避難経路を柔軟に変更でき、適切な避難誘導が可能となる。屋内環境における避難誘導実験を行い、提案方式の有効性を検証する。

    日本災害情報学会, 2019年, 災害情報, 17 (2), 179 - 190, 日本語

    [査読有り]

  • 緊急救命避難支援システムのための突発性災害時の通路混雑状況を考慮した避難誘導方式 (安全・安心な生活とICT)—Evacuation Guidance Method with Consideration for Passage Congestion in Sudden Disasters for Emergency Rescue Evacuation Support System

    和田 友孝, 松本 航輝, 上村 和暉, 中嶋 真悟, 大月 一弘

    電子情報通信学会, 2018年07月, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 118 (132), 39 - 44, 日本語

  • コンテンツ指向型通信を用いた渋滞変化認識法

    石川雄太, 福本 准也, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    一般社団法人電子情報通信学会, 2007年, 2007年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 135 - 135, 日本語

  • 災害時におけるコンテンツ指向型通信の評価実験

    常峰健寛, 門川 英輔, 三大寺 雅, 和田 友孝, 大月 一弘, 岡田 博美

    一般社団法人電子情報通信学会, 2006年, 2006年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 154 - 154, 日本語

  • インタラクティブなCALLシステムを実現する位置情報ヒント教示機能

    柏木 治美, 廣田 智子, 康 敏, 大月 一弘

    日本教育工学会, 2004年11月20日, 日本教育工学会研究報告集, 2004 (5), 73 - 80, 日本語

  • 情報教育カリキュラム作成のためのヒューマンコミュニケーション・モデル

    村田 育也, 大月 一弘, 樽磨 和幸, 蛯名 邦禎

    1999年08月06日, 全国大会講演論文集, 24, 349 - 350, 日本語

  • 社会的問題を考慮したWeb情報活用技術取得に向けた実践的教育

    加藤 源太郎, 田中 美名, 真鍋 絵美理, 大月 一弘, 森下 淳也

    日本教育工学会, 2003年09月20日, 日本教育工学会研究報告集, 2003 (5), 15 - 20, 日本語

書籍等出版物

  • E-Learning:Evolution, Strategies and Technologies, Chapter 7 Automated Error Analysis Approach in Listening Comprehension for Foreign Language Learning

    康 敏, 鄒 亜亨, 柏木 治美, 大月 一弘, 鏑木 誠

    共著, NOVA Publishers, 2016年01月, 英語

    学術書

  • 情報ボランティア

    大月 一弘

    共著, NECクリエーティブ, 1998年08月

    学術書

  • 阪神大震災研究3

    岩崎 信彦, 大月 一弘

    共著, 神戸新聞総合出版センター, 1998年03月, 日本語

    学術書

  • 阪神大震災研究2

    岩崎 信彦, 大月 一弘

    共著, 神戸新聞総合出版センター, 1997年05月, 日本語

    学術書

  • 震災とインターネット

    田中 克己, 大月 一弘

    共著, NECクリエーティブ, 1996年01月, 日本語

    学術書

  • Cluster Approach to Pattern Recognition

    Kaburagi Makoto, Motomura Yasunori, Ou Qion, Ohtsuki Kazuhiro, Ono Atsuo

    共著, "Theory and Applications of the Cluster Variation and Path Probability Methods", ed. J.L. Moran-Lopez and J.M. Sanchez, Plenum Press, 1996年, 英語

    学術書

  • 阪神大震災研究1

    岩崎 信彦, 大月 一弘

    共著, 神戸新聞総合出版センター, 1995年11月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 写真投稿用SNSデータを用いた訪日旅行客の動向分析システムの開発

    菅野 菜津子, 大月 一弘, 清光 英成

    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, 2018年03月, 日本語, 清風荘, 本論文では,訪日旅行客と日本在住者が関心をもつ事象や場所の比較・分析を行うためのシステムを開発することを目的とする.「写真を撮影し投稿するということは,その地点に関心を引くものがある,またはその地点から関心を引くものを撮影できるということである」という点に注目して,写真投稿用SNS であるFlickr に投稿された写真に紐づけられた情報を利用した訪日旅行客の動向分析支援システムを開発する.開発したシステムでは,訪日旅行客であるか日本在住者であるかを自動判定し、属性による違いがある場所を発見して地図上に表示する。また、同地で撮影された写真を属性別に一覧表示する。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • レシピ選択を支援する食感テクスチャ可視化システムの開発

    執行 健人, 清光 英成, 大月 一弘

    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, 2018年03月, 日本語, 清風荘, レシピの検索結果からレシピを選ぶ際の意思決定を支援するシステムの開発を目的とし,大量のレビューからテクスチャー表現を抽出・集計・可視化する.レビュー数が1000 件を超えるレシピは少なくないが,本研究の成果により利用者は多数のレビューを読まなくても,他の利用者が調理した出来上がりを一目でイメージすることができる.レシピを参考に利用者自身が調理してどうなりそうか想像でき,レシピ選びの一助となる., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ライティング課題解答の分析に基づく誤り可視化手法の提案

    邵 帥, 大月 一弘, 康 敏

    日本教育工学会第33回全国大会講演論文集, pp.691-692, 2017年09月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • CGキャラクタを用いたコミュニケーション活動環境に関する予備的調査-学習者の心理面を対象としたアンケート調査から-

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    日本教育工学会第33回全国大会講演論文集,pp.281-282, 2017年09月, 日本語, 日本教育工学会, 島根大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • レシピ詳細情報を用いた調理用音楽推薦手法の提案

    周 潔, 清光 英成, 大月 一弘

    第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, 2017年03月, 日本語, 高山グリーンホテル, 本研究は,ユーザがインターネット上のレシピを使って料理を作ることを主な状況として, 調理中に再生する楽曲・声・音の選択・構成方法を提案する.レシピから得られる情報に基づいて,プレ イリストの長さと曲の順序を決定することに加えて,ユーザにレシピの遂行程度を知らせる曲或いは音を 出すことを可能にしようとする推薦システムである.ユーザが推薦されたリストに対して示す,無視ある いは拒否するなどの行為に応じて,推薦システム起動の中止や適切な反応を出すアイディアも議論する., 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 学習支援のための機械翻訳エンジン利用についての考察

    邵 帥, 川村 晃市, 大月 一弘, 康 敏

    日本教育工学会第32回全国大会講演論文集,pp697-698, 2016年09月, 日本語, 大阪大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 学習者翻訳文との比較による機械翻訳システム活用の検討

    邵 帥, 大月 一弘, 康 敏

    日本教育 工学会第31回全国大会, 2015年09月, 日本語, 電気通信大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • タブレットPCを用いたTVMLのリモート操作に関する一考

    澁谷 恵美, 康 敏, 大月 一弘, 柏木 治美

    教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集,pp.53-54, 2015年09月, 日本語, 教育システム情報学会, 徳島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Kinectを用いた英単語学習支援システム構築についての考察

    賀 尹攀, 邵 帥, 柏木 治美, 大月 一弘, 康 敏

    日本教育 工学会第31回全国大会, 2015年09月, 日本語, 電気通信大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 同伴者の影響を考慮した推薦候補選出法

    黄 亦爽, 清光 英成, 大月 一弘, 森下 淳也

    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, 2015年03月, 日本語, ホテル 華の湯, 従来の個人向けの情報推薦に加えて,ユーザに同伴者がいる場合の情報推薦を議論する. 同伴者の存在により,ユーザの要求が変化するならば,推薦され方も変化させる方が自然である. つまり,同伴者の影響を考慮した情報推薦を実現させるためには,ユーザ個人に推薦される候補に加えて, 同伴者の存在から増加する要求を情報推薦に反映させる推薦候補の追加が必要と考えられる. また,場合によっては,追加ではなく隠蔽することも必要となる.これらの課題に対して著者らは, ユーザ個人に対する推薦と同伴者がいる場合に対する情報推薦との 変化を,推薦の根拠となる属性値の変化として推薦候補選出法を提案する., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本語学習者によるテ形誤りの自動検出─形態素解析器を利用した誤り文の検出─

    山本 卓司, 清光 英成, 大月 一弘, 森下 淳也

    計量国語学会第五十八回大会, 2014年09月, 日本語, 東洋大学, 形態素解析器は入力された文が日本語として正しいことを想定し,辞書にない語(未知語)を含まない限り形態素に分割して,品詞や活用形などの形態素情報を付与する.我々は,このような品詞間の接続誤りに注目して,形容動詞の名詞修飾表現を例に誤用の自動検出手法を提案した.これは,誤用として想定される品詞間の接続に誤りがあるような文を検索するものである.例えば,「名詞-サ変+助動詞 特殊ダ 体言接続+名詞-一般」という品詞間の接続における誤用パターンを検索式として与えることにより,誤用文を検出することができる. 誤用文の形態素解析に現れる形容動詞の名詞修飾表現は,形容動詞の名詞修飾表現は活用がないため,解析器が正しく形態素情報を付与することを利用している.しかし,動詞のような活用がある品詞は,活用の誤りが誤用となる.したがって,この種の誤用文では通常ならば付与されな, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 動きを伴う学習活動における人の位置情報取得提示方法に関する検討

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集,pp.89-90, 2014年09月, 日本語, 和歌山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 母娘関係を例として同伴者のに基づく情報推薦法の提案

    黄 亦爽, 清光 英成, 大月 一弘, 森下 淳也

    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, 2014年03月, 日本語, 兵庫県淡路夢舞台&ウェスティン淡路, 人の行動は同伴者の有無や同伴者との関係により変化する.本報告は同伴者との関係に起因したユーザの要求の変化を反映する情報推薦を提案する. まず,母娘関係を足掛かりとして同伴者との関係(家族,恋人,目上など)を整理する. さらに,ユーザが推薦されたい情報が同伴者との関係によってどのように変化するのかを推測するための要素ならびにそれぞれの相関などを参考にして一推薦法の提案を試みる., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • AR を用いた対話的な教材作成に関する一考察

    柏木 治美, 大月 一弘, 康 敏

    教育システム情報学会第38回全国大会講演論文集,pp.53-54, 2013年09月, 日本語, 金沢大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ユーザによる評価とコンテンツ属性の一相関

    松本 留依, 清光 英成, 大月 一弘, 森下 淳也

    第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, 2013年03月, 日本語, 福島県郡山市磐梯熱海 ホテル華の湯, 本研究では,「商品の価格」「ユーザの年齢および性別」「他の評価に対して希に在る低評価」が購入された商品の評価に影響を与えているという仮説を確認するための分析を行った.「商品の価格の高低」はネット上の商品は店舗販売と比較して一般に安価であることから,価格が評価に影響を与えると仮説をたてた.「ユーザの年齢および性別」はユーザプロパティとして最も一般的である.「他の評価に対して希に在る低評価」は全データに関する基本的な分析を受けて設定した., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 英単語学習における誤りパターンの検出

    鄒 亜亨, 柏木 治美, 大月 一弘, 康 敏

    日本教育工学会第28回全国大会講演論文集, 2012年09月, 日本語, 長崎大学文教キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • DRT単語を利用した合成音声リスニングテストの結果

    康 敏, 鄒 亜亨, 柏木 治美, 大月 一弘, 鏑木 誠

    日本教育工学会第28回全国大会講演論文集, 2012年09月, 日本語, 日本教育工学会, 長崎大学文教キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 英単語学習における聞き取り困難な音声要素の自動検出の試み

    康 敏, 柏木 治美, 鄒 亜亨, 大月 一弘, 鏑木 誠

    日本教育工学会第27回全国大会, 2011年09月, 日本語, 首都大学東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 身体動作履歴の取得と履歴情報の学習活動への利用に関する考察

    柏木 治美, 孫 一, 康 敏, 大月 一弘

    教育システム情報学会第36回全国大会講演論文集,pp.74-75, 2011年08月, 日本語, 教育システム情報学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Webカメラを用いたマーカ検出と情報提示の可能性の調査

    柏木 治美, 孫 一, 孫 荻, 康 敏, 大月 一弘

    教育システム情報学会第35回全国大会講演論文集,pp.105-106, 2010年08月, 日本語, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 部分木を利用した適合部分検索手法の一考察

    楊 斐, 清光 英成, 孫 一, 大月 一弘, 森下 淳也

    第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, 2010年02月, 日本語, 電子情報通信学会データ工学研究専門委員会, 日本データベース学会, 情報処理学会データベースシステム研究会, 淡路夢舞台国際会議場(兵庫県淡路市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 合成音による英単語の聞き取りに関する基礎的調査

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    日本教育工学会第25回全国大会講演論文集,pp. 571-572, 2009年09月, 日本語, 日本教育工学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 教科書を用いた専門用語学習システムの評価実験

    孫 一, 柏木 治美, 康 敏, 清光 英鳴成, 大月 一弘

    日本教育工学会第25回全国大会, 2009年09月, 日本語, 日本教育工学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 無線センサデバイスを用いた動作モニタ環境の試作‐音声指示による身体動作の支援‐

    柏木 治美, 孫 荻, 孫 一, 康 敏, 大月 一弘

    教育システム情報学会第34回全国大会講演論文集,pp.408-409, 2009年08月, 日本語, 教育システム情報学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外国語学習システムにおける誤りの程度に応じた誤り指摘・確認問題出題機構の試作

    柏木 治美, 薛 燕, 孫 一, 康 敏, 大月 一弘

    日本教育工学会第24回全国大会講演論文集,pp. 363-364, 2008年10月, 日本語, 日本教育工学会, 上越教育大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • キーワード間の関係を明示的に利用した半構造検索モデル

    依田 平, 清光 英成, 大月 一弘, 森下 淳也

    データ工学研究会(DE), 2008年06月, 日本語, 電子情報通信学会, 小樽市, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IC タグを用いた外国語学習システムにおける属性情報を用いた理解度判定に関する研究

    柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘

    日本教育工学会第23回全国大会,pp.435-436, 2007年09月, 日本語, 日本教育工学会, 所沢市, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 合成音声を利用したリスニング練習の効果

    康 敏, 柏木 治美, 大月 一弘, 鏑木 誠

    日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 2006年11月, 日本語, 日本教育工学会, 高槻, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外国語学習におけるICタグカードの利用に関する研究

    柏木 治美, 康 敏, 加藤 雅之, 大月 一弘

    第22回全国大会講演論文集,pp.793-794, 2006年11月, 日本語, 日本教育工学会, 高槻市, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 摩擦音を含む英単語における合成音声の学習者評価

    柏木 治美, 鏑木 誠, 大月 一弘, 康 敏

    日本教育工学会第21回全国大会講演論文集,pp605-606., 2005年09月, 日本語, 日本教育工学会, 徳島, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 学生の性格からみた遠隔授業の参加時の心理状態に関する調査

    浅羽 修丈, 大月 一弘, 柏木 治美, 西野 和典, 横山 宏, 石桁 正士

    教育システム情報学会30周年記念全国大会講演論文集,pp.429-430., 2005年, 日本語, 教育システム情報学会, , 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遠隔授業での授業形態の違いによる学生の違和感に関する調査-教職課程科目の受講生を対象として-

    浅羽 修丈, 大月 一弘, 柏木 治美, 西野 和典, 石桁 正士

    教育システム情報学会30 周年記念全国大会講演論文集,pp.431-432., 2005年, 日本語, 教育システム情報学会, , 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 電子図書館用デジタルアーカイブの検索方法の検討

    依田 平, 小椋 正道, 大月 一弘, 森下 淳也, 清光 英成

    情報処理学会DBS研究会・電子情報通信学会DE研究会合同ワークショップ、夏のデータベースワークショップ2001(DEWS2001), 2001年07月, 日本語, 情報処理学会 電子情報通信学会, 函館, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 理系学生と文系学生の認知構造の相違 ―コンピュータリテラシー教育を例に―

    鏑木 誠, 宇津木 成介, 森下 淳也, 大月 一弘, 康 敏, 横尾 能範

    日本教育工学会研究会, 2001年01月, 日本語, 日本教育工学会, 大阪, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本語教育支援のための小学校教科書の構造化データの作成と解析方法について

    森下 淳也, 中尾 桂子, 康 敏, 大月 一弘, 鏑木 誠, 横尾 能範

    日本教育工学会研究会, 2001年01月, 日本語, 日本教育工学会, 大阪, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Organization of Knowledge: An Example from Computer Literacy

    Morishita Jun-ya, Kaburagi Makoto, Otsuki Kazuhiro, Utsuki Narisuke

    Second conference on science, mathematics and technology education, 2000年01月, 英語, National Tiwan Normal University, Taipei, Taiwan, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • インタラクティブ性を伴う語学学習教材の開発に関する研究

    柏木 治美, 早川 佐登美, 大月 一弘

    日本教育工学会第15回全国大会講演論文集,pp253-254., 1999年, 日本語, 日本教育工学会, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 階層構造グラフによるデータモデルの実装例:木簡データベース

    上島 紳一, 大月 一弘, 杉山 武司, 森下 淳也

    第4回公開シンポジウム「人文科学とデータベース」, 1998年12月, 日本語, 文部省科学研究費補助金・重点領域「人文科学とコンピュータ」データベース計画研究班・公開シンポジウム実行委員会, 大阪, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 木簡研究支援データベースシステム ―知見と仮説に基づく再構造化―

    上島 紳一, 大月 一弘, 杉山 武司, 大場 脩, 森下 淳也

    第3回公開シンポジウム「人文科学とデータベース」, 1997年12月, 日本語, 文部省科学研究費補助金・重点領域「人文科学とコンピュータ」データベース計画研究班・公開シンポジウム実行委員会, 大阪, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 視点に依存する属性付け機構を持つ木簡研究支援システム ―構造進化型データベースの概念―

    上島 紳一, 大月 一弘, 森下 淳也

    公開シンポジウム「人文科学とデータベース」, 1995年12月, 日本語, 文部省科学研究費補助金・重点領域「人文科学とコンピュータ」データベース計画研究班・公開シンポジウム実行委員会, 大阪市, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • IEEE

  • 情報処理学会

  • 電子情報通信学会

共同研究・競争的資金等の研究課題