研究者紹介システム

平山 洋介
ヒラヤマ ヨウスケ
大学院人間発達環境学研究科 人間環境学専攻
教授
土木・建築工学関係
Last Updated :2022/01/10

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院人間発達環境学研究科 人間環境学専攻
  • 【配置】

    国際人間科学部 環境共生学科, 発達科学部 人間環境学科

学位

  • 学術博士, 神戸大学

授業科目

ジャンル

  • 各国事情 / 東南アジア
  • 社会 / 都市問題
  • 防災・くらし / 防災・復興

コメントテーマ

  • バンコク・カオサンエリアの空間構成
  • 安宿街の研究
  • 空き家活用
  • 団地再編
  • 住宅復興
  • 都市再編

研究ニュース

研究活動

プロフィール情報

  • プロフィール

    住宅・都市計画を専攻。
    人生の道筋と住まい、住宅政策の国際比較、福祉国家の変容と住宅問題、超高齢社会と住宅資産型福祉、超高齢都市の孤独と住宅、若者のライフコースと住まい、女性のライフコースと住まい、都市再生と公共空間、ホット/コールドスポットと都市変化、プロパティ・バブルの国際比較、都市空間の不動産化と金融化、コミュニティ・ベースト・ハウジング、大災害と住宅再生などを研究。

研究キーワード

  • 都市
  • 住宅

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

委員歴

  • Asia-Pacific Network for Housing Research, Steering Committee
  • 日本建築学会, 建築社会システム委員会委員

受賞

  • 2017年05月 都市住宅学会, 都市住宅学会賞著作賞, ストック活用型団地再編への展望

    平山 洋介, その他

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2016年05月 日本建築学会, 日本建築学会賞(論文), 持ち家社会における若者、女性、高齢者および被災者の住宅事情に関する研究

    平山 洋介

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2001年 日本都市計画学会, 日本都市計画学会計画設計賞, 御坊市営島団地再生計画

    平山 洋介, 株式会社, 現代計画研究所

  • 2000年 和歌山県, 和歌山県ふるさと建築景観賞, 御坊市営島団地再生計画

    平山 洋介, 株式会社, 現代計画研究所

  • 1999年 日本都市計画学会関西支部, 日本都市計画学会関西支部関西まちづくり賞, 御坊市営島団地再生計画

    平山 洋介, 株式会社, 現代計画研究所

  • 1994年05月 東京市政調査会, 東京市政調査会藤田賞受賞, コミュニティ・ベースト・ハウジング

    平山 洋介

  • 1994年05月 日本都市計画学会, 日本都市計画学会論文奨励賞受賞, コミュニティ・ベースト・ハウジング

    平山 洋介

  • 1989年10月 日本建築学会, 日本建築学会奨励賞受賞, 公営住宅政策と社会福祉政策の関係に関する基礎的研究

    平山 洋介

論文

  • 住宅問題とは何か――“脱商品化/再商品化”の視点から

    平山洋介

    2021年06月, 生活協同組合研究, (545), 5 - 15, 日本語

    [招待有り]

  • これが本当に住まいのセーフティネットなのか

    平山洋介

    2021年04月, 世界, (944), 189 - 196, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅セーフティネットは役に立つのか

    平山洋介

    2021年02月, 住宅会議, (111), 45 - 50, 日本語

    [招待有り]

  • Yosuke Hirayama

    Wiley, 2021年01月18日, JAPAN ARCHITECTURAL REVIEW, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 持ち家の現在をどう読むか

    平山洋介

    2021年01月, 住宅, 70 (1), 44 - 51, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 在宅生活を送る知的障害者の居住実態

    糟谷佐紀, 平山洋介

    日本建築学会, 2020年10月, 日本建築学会計画系論文集, 85 (776), 2217 - 2216, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 糟谷佐紀, 平山洋介

     This paper explores housing conditions in regard to the life at home of people with severe physical disabilities (PWD). Within the context of the traditional Japanese welfare system, many PWD live either under their parents' care or in the institutions. Recently, the country's new welfare systems have begun providing PWD with caregivers, enabling to live separately from their parents. However, the government has not yet developed a system for improving the housing conditions of PWD at home. This paper demonstrates the importance of housing circumstances surrounding PWD through a questionnaire survey on PWD.

     The responses of 195 PWD were analyzed by chi-square analysis. Respondents were classified into the following three types based on their residence types: living with their parents, living in their own houses separately from their parents, or living in rented houses separately from their parents. The characteristics of these residence types were defined based on the results of the questionnaire survey. Those respondents living with their parents and living in rented houses are similar in many aspects in term of their extent of disability and their living conditions. These types were different from those living in owned houses types in term of the extent of disability-i.e.: depending on whether they were registered disabled youths or adults and whether the cause of the disability was an accident or illness. Further, these aspects affect the PWD' s economic situation, which in turn affects housing tenure. This study demonstrates that PWD' s housing tenure in related to the extent of disability. Housing tenure is also connected with the physical housing environment. The rate of accessible houses was higher among owned houses than rented houses. The physical environment of private rented houses is less adaptable to PWD than that of public rented houses. The questionnaire survey revealed that three aspects enable PWD to live comfortably at home: whether the house has passages of sufficient width for wheelchair access, lacks steps indoors, and permits a wheelchair to move from the street to the entrance.

     In conclusion, housing conditions significantly affect the home life of PWD. However, the current housing policies enabling PWD to live separately from their parents are insufficient, and few accessible private rented houses exist. It is therefore hoped that the current study could contribute to improvement of the housing conditions of PWD.

    日本建築学会, 2020年08月, 日本建築学会計画系論文集, 85 (774), 1761 - 1770, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅セーフティネット政策の位置と性質について

    平山洋介

    2020年04月, 個人金融, 14 (4), 14 - 23, 日本語

    [招待有り]

  • Discussion on regional revitalization using woody biomass resources as renewable energy

    Nakahara, Y., Tabata, T., Ohno, T., Furukawa, F., Inokuchi, K., Katagiri, K., and Hirayama, Y.

    2019年06月, International Journal of Energy and Environmental Engineering, 10 (2), 243 - 256, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 超高齢・持ち家社会における住宅相続の階層性について

    平山 洋介

    2019年06月, 日本建築学会計画系 論文集, 84 (760), 1433 - 1442, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 新自由主義の政策改革と公共賃貸住宅

    平山 洋介

    2019年06月, 現代消費者法, (43), 35 - 42, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Late home ownership and social re-stratification

    Ray Forrest, Yosuke Hirayama

    2018年07月, Economy and Society, 47 (2), 257 - 279, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 超高齢社会の公共住宅団地をどう改善するか

    平山 洋介

    2018年04月, 都市問題, 109 (4), 69 - 79, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 富か、無駄か――付加住宅所有の階層化について

    平山 洋介

    2018年03月, 日本建築学会計画系論文集, 83 (745), 483 - 492, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 平山 洋介

    Japan’s post-war housing system has been dominated by family-owned housing. However, the centrality of family home ownership has declined since the 1990s. Housing careers and family formation patterns have diverged leading to the reorganisation of boundaries separating owning and renting. Using Japan as a focus, this paper explores the role of individualisation and familisation in transforming homeowner societies. On one hand, the individualisation of younger generations in Japan has encouraged a notable increase in one-person households living in private rented housing. On the other hand, a growing number of young households have purchased houses with assistance from their parents. This has been interpreted as an intergenerational familisation of access to home ownership. There is also an increasing number of unmarried adults living in their parents’ homes, which reflects the individualisation of younger cohorts and simultaneously the familisation of adult children’s early housing careers. Moreover, it has recently been pointed out that Japan’s system of extended family households and the related practice of transferring family properties across generations, has not declined. This paper argues that individualisation and familisation are combining to reorganise the ‘edges’ of home ownership, by helping determine who can enter owner-occupied housing sectors, and who is excluded.

    Routledge, 2017年11月01日, International Journal of Housing Policy, 17 (2), 296 - 313, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅保障政策を問いなおす

    平山 洋介

    2017年07月, 世界, (897), 179 - 191, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Role of Residential Properties in Japan’s Ethnic Minority Communities

    Asuka Joshin, Yosuke Hirayama

    2017年06月, Paper for 2017 International Conference by Research Committee 43, International Sociological Association on Unreal Estate?, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Late Home Ownership and Social Re-Stratification

    Ray Forrest, Yosuke Hirayama

    2017年06月, Paper for 2017 International Conference by Research Committee 43, International Sociological Association on Unreal Estate?, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 若い世代の住まいの状況をどう読むか

    平山 洋介

    2017年05月, 都市計画, 66 (3), 36 - 39, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Individualisation and familisation in Japan’s home-owning democracy

    Yosuke Hirayama

    2017年04月, International Journal of Housing policy, 17 (2), 296 - 313, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • “賃貸世代”の住宅事情について

    平山 洋介

    2016年09月, 都市問題, 107 (9), 91 - 99, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 被災地に「住まいの再生」を

    平山 洋介

    2016年07月, 世界, (884), 142 - 150, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「三世代同居促進」の住宅政策をどう読むか

    平山 洋介

    2016年04月, 世界, (880), 107 - 118, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 所得格差と相対的貧困の拡大における住居費負担の影響

    川田菜穂子, 平山 洋介

    2016年03月, 住総研 研究論文集, (42), 215 - 225, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 2014年度プロジェクト研究報告「人間環境形成における生活安心指標の考案に向けた理論・実証研究」

    井上 真理, 太田 和宏, 浅野 慎一, 稲葉 太一, 井口 克郎, 岩佐 卓也, 加藤 佳子, 澤 宗則, 田畑 智博, 橋本 直人, 平山 洋介, 村山 留美子

    2016年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学, 研究科 研究紀要, 9 (2), 79 - 84, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 三世代同居促進の住宅政策について

    平山 洋介

    2016年02月, 住宅会議, (96), 50 - 54, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 若年・未婚・低所得層の居住実態について

    平山 洋介

    2015年10月, 日本建築学会計画系論文集, 80 (716), 2303 - 2313, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 超高齢社会の住宅条件とその階層化

    平山 洋介

    2015年08月, 都市計画, 64 (4), 40 - 45, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • マイホームと個人/家族化

    平山 洋介

    2015年08月, 生活経済政策, (224), 8 - 12, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅資産所有の不平等

    平山 洋介

    2015年05月, 世界, (869), 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 2013年度プロジェクト研究報告「生活安心指標Human Life Security Indexの考案:質の高い生活を実現する人間環境の総合的研究とその指標化」

    井上 真理, 太田 和宏, 浅野 慎一, 岩佐 卓也, 稲葉 太一, 澤 宗則, 橋本 直人, 平山 洋介, 中川 和道, 加藤 佳子, 勅使河原 君

    「人間発達」およびそれを支える「人間環境」の視点に立って安心して暮らせる生活とはいかなるものか、またその実現のためにはどのような条件が必要か、そこでの課題は何かについて、総合的に検討した内容についてまとめたものである。

    神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 2015年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学,研究科 研究紀要, 8 (2), 127 - 129, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • The financialisation of the social project: Embedded liberalism, neoliberalism and home ownership

    Ray Forrest, Yosuke Hirayama

    2014年12月, Urban Studies, 52 (2), 233 - 244, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 被災者実態をふまえた住宅復興を

    平山 洋介

    2014年10月, 環境と公害, 44 (2), 17 - 23, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 所得貧困と住まい

    川田菜穂子, 平山 洋介

    日本建築学会, 2014年09月, 住宅セーフティネットの再構築を考える, 単行報告書, 75 - 78, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 住宅事情の変化からみたセーフティネットの論点

    平山 洋介

    日本建築学会, 2014年09月, 住宅セーフティネットの再構築を考える, 単行報告書, 17 - 26, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 持ち家社会と住宅政策

    平山 洋介

    2014年09月, 社会政策, 6 (1), 11 - 23, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Individualization and Familization in Japan's Home-owning Democracy

    平山 洋介

    2014年09月, Proceedings; International Seminar on the Edges of Home Ownership, 1 - 14, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 独居高齢者の実態と生活満足度に関する調査研究

    竹中 優子, 朴木 佳緒留, 岡田 修一, 井上 真理, 稲垣 成哲, 川畑 徹朗, 加藤 佳子, 近藤 徳彦, 城 仁士, 長ヶ原 誠, 平山 洋介, 増本 康平, 松岡 広路, 森岡 正芳

    2014年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 7 (2), 139 - 148, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 東日本大震災後の住宅確保に関する被災者の実態・意向変化: 岩手県釜石市の仮設住宅入居世帯に対する「2011年夏」と「2012年夏」のアンケート調査から

    平山 洋介

    日本建築学会, 2014年02月, 日本建築学会計画系論文集, 79 (696), 461 - 467, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Neoliberalism and Low-income Housing in Japan

    平山 洋介

    2013年01月, Journal of Land, Housing and Urban Affairs, 4 (1), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 東日本大震災における被災者の住宅事情: 岩手県釜石市の仮設住宅入居世帯に関する実態調査を通して

    平山 洋介, 間野 博, 糟谷 佐紀, 佐藤 慶一

    日本建築学会, 2012年09月, 日本建築学会計画系論文集, No.679 pp.2157-2164 (679), 2157 - 2157, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Neoliberalism and low-income housing in Japan

    Yosuke Hirayama

    2012年09月, Proceedings: International Conference on Housing Welfare and Public Policy, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 成熟時代の住宅政策: 持家社会を超えて

    平山 洋介

    2012年08月, 世界, No.833, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅再生から地域持続へ

    平山 洋介

    2012年08月, 東京大学社会科学研究所研究シリーズ, No.51, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Yosuke Hirayama

    Taylor and Francis, 2012年01月01日, Beyond Home Ownership: Housing, Welfare and Society, 173 - 193, 英語

    [査読有り]

    論文集(書籍)内論文

  • 住宅政策の新たな方向性について

    平山 洋介

    2012年01月, 都市問題, 第103巻第1号, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 持家取得における既婚女性の就業の役割

    平山 洋介

    2011年05月, 日本建築学会計画系論文集, vol.76 No.663 pp.983-992, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Housing and Generational Fractures in Japan

    Yosuke Hirayama

    2011年05月, Paper for symposium on Housing and New Generation Gaps, pp.1-21, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅政策の転換とセーフティネット

    平山 洋介

    2011年04月, 社会福祉研究, 第110号 pp.26-35), 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 離婚と住まいの関係に関する研究

    川田 菜穂子, 平山 洋介

    2011年03月, 住宅総合研究財団研究論文集, No.37 pp.285-296, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅政策の転換と国/自治体

    平山 洋介

    2011年01月, 住宅, 60巻1号, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅セーフティネットの論点: 住宅政策の再構築に向けて(5)

    平山 洋介

    2010年12月, 賃金と社会保障, 1528号(pp.4-18), 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢社会の福祉国家と住宅資産保有:住宅政策の再構築に向けて(4)

    平山 洋介

    2010年10月, 賃金と社会保障, 1524号 pp.4-19, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 女性のライフコースと住宅条件:住宅政策の再構築に向けて(3)

    平山 洋介

    2010年08月, 賃金と社会保障, 1519・1520合併号、pp.51-66, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢世帯の住宅資産保有に関する階層分析

    平山 洋介

    2010年06月, 日本建築学会計画系論文集, Vol.75 No.652 pp.1549-1555, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • HIRAYAMA Yosuke

    In postwar Japan, a housing system focused upon promoting residential-property ownership has been embedded in the wider context of providing welfare. However, Japan's home-ownership-oriented society has been progressively challenged by growing inequalities both between and within generations, and aggravated by intensive societal aging. Since the 1990s, a more volatile and uncertain economy has made it more difficult for younger cohorts to access home ownership, which has undermined traditional mechanisms for maintaining the 'home-owning society'. Within older cohorts, economic conditions relating to home ownership have become noticeably differentiated, leading to considerable stratification among elderly people. While residential-property ownership has been a cornerstone of Japan's welfare system, it has also driven an aggravation of socioeconomic inequalities. The focus of this paper is the assessment of sustainability of the home-ownership-based welfare approach in Japan with particular reference to inter- and intra-generational inequalities. Empirical evidence was obtained by re-calculating the micro-data from the National Survey of Family Income and Expenditure as well as other statistical sources.

    SPRINGER, 2010年06月, Journal of Housing and the Built Environment, 25 (2), 175 - 191, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅セーフティネット政策について

    平山 洋介

    2010年05月, 貧困研究, Vol.4 pp.20-28, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 若年層のライフコースと住宅条件 : 住宅政策の再構築に向けて(2)

    平山 洋介

    2010年05月, 賃金と社会保障, 1514号 pp.4-17, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 無配偶者の住宅所有形態に関する国際比較

    川田 菜穂子, 平山 洋介

    2010年03月, 日本建築学会計画系論文集, Vol.75 No.649 pp.681-687, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅政策の変容と現在: 住宅政策の再構築に向けて(1)

    平山 洋介

    2010年03月, 賃金と社会保障, 1509号 pp.4-18, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 東京バブルスケープ

    平山 洋介

    2010年01月, 都市問題, 第101巻第1号 pp.50-58, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • HIRAYAMA Yosuke

    The housing system in post-war Japan has consistently driven the growth of the owner-occupied housing sector, where many people have followed a conventional life-course in terms of ascending the housing ladder towards homeownership. Since the 1990s, however, a more insecure economy combined with the reorientation of housing and social policies has led to divergence in people's housing pathways. The conservative nature of public policy has largely been maintained, advantaging middle-class family households in accessing homeownership. However, in response to economic stagnation and within the context of pervasive neo-liberalism, the government has moved sharply towards accentuating the role of the market in providing housing and mortgages. Neo-liberal policies have become more pronounced while conservative institutions have firmly been ingrained in Japan's post-war society. Conventional middle-class families, protected by conservative policies in moving up the housing ladder, have maintained their relatively advantageous positions in the market economy. Neo-liberal policy has especially affected the housing conditions of specific groups who have been beyond the protection of conservative institutions, i.e. unmarried individuals, low-income households and those in unstable employment. The combination of conservative and neo-liberal approaches in policy practices has thus had strong diverging effects on people's housing opportunities. This paper explores the fragmentation of housing paths in Japan's insecure economy with particular reference to transformations in housing and social policies.

    ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD, 2010年, Housing Studies, 25 (6), 777 - 797, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yosuke Hirayama

    In Japan, economic decline has led to an increase in the number of people who cannot secure adequate housing. However, this increase has not only resulted from the economic situation but also from the introduction of neoliberal policy. This article explores Japan's housing safety net system, giving particular attention to policy transformations that tend towards a more neoliberal model. As economic decline has undermined housing security, the government has been pressed to form a housing safety net for those who cannot access housing in the market sphere. But the employment of a neoliberal approach to policy formulation has meant that the government has sought to construct a minimal safety net. With the diffusion of neoliberalism, many developed countries have opted to promote market-based housing, leading to a decline in low-income housing. However, similar policy orientations do not necessarily produce equivalent outcomes in different countries, and are rather mediated by a country's indigenous social, economic, political, and institutional contexts which divergently effect housing processes. Japan serves as an exemplary case in which neoliberalization has effectively combined with a traditionally residualized low-income housing policy to affect the housing circumstances of those disadvantaged by the market economy. © 2010 Elsevier Ltd.

    Elsevier Ltd, 2010年, City, Culture and Society, 1 (3), 119 - 126, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Towards a post-homeowner society? Housing and prolonged economic stagnation in Japan

    HIRAYAMA Yosuke

    2009年12月, Paper for symposium on Housing Markets and the Global Financial Crisis, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Richard Ronald, Yosuke Hirayama

    Social life in Japan has been historically orientated towards hierarchical networks of social integration starting in the family home and extending to the neighborhood, company, and nation. In the postwar period, households and life courses were largely fixed, mediated by company society, a standard breadwinner family model and an ascent up an owner-occupied housing ladder. The bursting of the economic bubble two decades ago, and the subsequent 'lost decade, disrupted established flows into employment, family life, and owner-occupation. We examine recent restructuring of life courses around the home which has become characteristic of social changes and a medium of individualization. The home, once ingrained with notions of the eternal Japanese family, has become a conduit of atomization for younger generations who have experienced radical shifts in social and economic conditions. Since the 1990s numbers of single-only and couple-only households have ballooned while marriage and fertility rates have declined. Although homeownership norms have persisted, new patterns of renting and single living in the city, or remaining in the family home as a 'parasite single', are increasing. We consider how the reconstitution of 'home' under more insecure housing and employment conditions is embedded with the reshaping of life courses, housing pathways, and patterns of urban space and living.

    PION LTD, 2009年12月, ENVIRONMENT AND PLANNING A, 41 (12), 2836 - 2854, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ポスト・サブプライムの住宅政策

    平山 洋介

    2009年11月, 地域開発, 第542号 pp.31-34, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅所有とグローバリゼーション

    平山 洋介

    2009年08月, 日本建築学会建築社会システム委員会『世界的金融・経済危機と住宅政策の行方』, pp.9-16, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅のセーフティネットをどう構築するか

    平山 洋介

    2009年08月, 議会と自治体, No.136 pp.64-69, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 持家社会のグローバル化について

    平山 洋介

    2009年04月, 都市住宅学, 第65号 pp.11-14, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Housing pathway divergence in Japan's insecure economy

    HIRAYAMA Yosuke

    2009年03月, Paper for International Symposium on Housing Affordability and Market Stability, pp.1-26, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅・土地資産形成の変容に関する実態分析

    平山 洋介

    2009年02月, 日本建築学会計画系論文集, Vol.74 No.636 pp.431-438, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Richard Ronald, Yosuke Hirayama

    Social life in Japan has been historically orientated towards hierarchical networks of social integration starting in the family home and extending to the neighborhood, company, and nation. In the postwar period, households and life courses were largely fixed, mediated by company society, a standard breadwinner family model and an ascent up an owner-occupied housing ladder. The bursting of the economic bubble two decades ago, and the subsequent 'lost decade', disrupted established flows into employment, family life, and owner-occupation. We examine recent restructuring of life courses around the home which has become characteristic of social changes and a medium of individualization. The home, once ingrained with notions of the eternal Japanese family, has become a conduit of atomization for younger generations who have experienced radical shifts in social and economic conditions. Since the 1990s numbers of single-only and couple-only households have ballooned while marriage and fertility rates have declined. Although homeownership norms have persisted, new patterns of renting and single living in the city, or remaining in the family home as a 'parasite single', are increasing. We consider how the reconstitution of 'home' under more insecure housing and employment conditions is embedded with the reshaping of life courses, housing pathways, and patterns of urban space and living. © 2009 Pion Ltd and its Licensors.

    2009年, Environment and Planning A, 41 (12), 2836 - 2854, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Ray Forrest, Yosuke Hirayama

    Neoliberalism has dominated policy discourse and policy formulation for at least two decades and has been particularly influential in reshaping housing systems and housing opportunities. The timing, pace and impact of these policy developments have, however, varied between and within societies. This article explores the experiences of Japan and the UK as a way of illustrating that while there has been a shared discourse of neoliberalism, there have been important contextual differences in relation to the economic cycle, welfare systems and political complexion. These have affected the progress and development of neoliberal policy reforms in housing and in other related spheres and the extent of global financial integration. In both countries, a key social change is the striking reduction in levels of home ownership among younger age groups. The article explores the common and different causes and consequences of these trends and points to the significance of these emerging generational fissions for the neoliberal project. Resume Cela fait au moins vingt ans que le neoliberalisme a envahi le discours et la formulation de l'action publique. Son influence a ete considerable sur la reconfiguration des systemes et des opportunites de logement. Le moment, le rythme et l'impact de ces evolutions politiques ont neanmoins varie d'une societe une autre, et au sein de chacune. Les experiences du Japon et du Royaume-Uni sont examinees ici afin de montrer que, malgre un discours neoliberal commun, on peut reperer de nettes differences contextuelles en lien avec le cycle economique, les systemes de protection sociale et la coloration politique. Ces facteurs ont pese sur la progression et l'ampleur des reformes politiques neoliberales dans le domaine du logement et d'autres spheres connexes, ainsi que sur la portee de l'integration financiere mondiale. Les deux pays revelent une transformation sociale cruciale: les proprietaires de leur logement sont en forte diminution dans les tranches d'ge les plus jeunes. L'etude s'interesse aux causes, communes et differentes, ainsi qu'aux consequences de ces tendances, tout en marquant l'importance, pour le projet neoliberal, de ces ruptures generationnelles recentes.

    WILEY-BLACKWELL, 2009年, INTERNATIONAL JOURNAL OF URBAN AND REGIONAL RESEARCH, 33 (4), 998 - 1013, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Slippery footholds on the housing ladder: Young people's housing opportunities in Japan's home-owning society

    HIRAYAMA Yosuke

    2008年11月, Paper for ENHR Working Group Conference on Building on Home Ownership: Housing Policies and Social Strategies, pp.1-23, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 若年層の居住実態に関する個人単位分析

    平山 洋介

    2008年10月, 日本建築学会計画系論文集, Vol.73 No.632 pp.2189-2195, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 住環境政策の市場化とそのインパクト

    平山 洋介

    2008年09月, 日本建築学会都市計画委員会『住環境ビジョンの再構築: これからの研究・実践課題』, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住まいの梯子とライフコース

    平山 洋介

    2008年08月, 生活協同組合研究, No.391 pp.5-14, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 持家社会の変容について

    平山 洋介

    2008年07月, 統計, 第59巻第7号 pp.17-23, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 大都市における寺院墓地空間の変容に関する研究

    尾崎 友紀, 平山 洋介

    2008年06月, 日本建築学会計画系論文集, Vol.73 No.628 pp.1305-1311, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 女性の配偶関係と住宅所有形態に関するパネルデータ分析

    平山 洋介

    2008年05月, 日本建築学会計画系論文集, Vol.73 No.627 pp.1045-1052, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • HIRAYAMA Yosuke, RONALD Richard

    Over the past two decades housing pathways have become increasingly differentiated between generations, particularly in advanced societies dominated by owner-occupied tenure systems. Demographic transformations caused by aging and falling fertility rates, along with a more volatile economy and a neo-liberal reorientation of governance have combined to restructure housing conditions. Drawing on empirical research in Japan, this paper illustrates the social origins and impact of generation-based differentiations in housing patterns in that country. It considers the housing experiences of three cohorts: baby-boomers, baby-busters and the 'lost generation'. The contrast of housing pathways between these generations in Japan illustrates the contemporary dynamics of housing and social processes in homeowner societies.

    ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD, 2008年, Paper for the Asia-Pacific Network for Housing Research Conference on Transformations in Housing Urban Life and Public Policy, 26 (3), 325 - 342, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • HIRAYAMA Yosuke, IZUHARA Misa

    Despite the fact that women's rights have been increasingly defined as equal to men's in law and policy, in post-Second World War Japan women continue to be at a disadvantage in many aspects of social and economic life. Drawing from a survey of 2,205 Japanese women, this article focuses in particular on women's home ownership as a new catalyst behind increasing social stratification in Japan. The women's experiences are closely linked to Japan's institutional 'familism': the development of social policy that has been explicitly connected to the male-breadwinner model. We argue that a wide range of institutional and policy practices - mortgage provision, property ownership, social security and taxation and labour market mechanisms - has combined to define the housing asset status of women. We discuss the women's current housing asset portfolio, and also recent socio-economic changes that have begun to redefine their position in a home-owning society. The case of Japan - a patriarchal but shifting home-owning democracy - contributes to our understanding of the contemporary dynamics of women's interaction between family, work and housing in the institutional context. © 2008 Cambridge University Press.

    2008年, Paper for the European Network for Housing Research Conference on Sustainable Urban Areas, 37 (4), 641 - 660, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • HIRAYAMA Yosuke, RONALD Richard

    Over the past two decades housing pathways have become increasingly differentiated between generations, particularly in advanced societies dominated by owner-occupied tenure systems. Demographic transformations caused by aging and falling fertility rates, along with a more volatile economy and a neo-liberal reorientation of governance have combined to restructure housing conditions. Drawing on empirical research in Japan, this paper illustrates the social origins and impact of generation-based differentiations in housing patterns in that country. It considers the housing experiences of three cohorts: baby-boomers, baby-busters and the 'lost generation'. The contrast of housing pathways between these generations in Japan illustrates the contemporary dynamics of housing and social processes in homeowner societies.

    ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD, 2008年, Baby Boomers Baby Busters and the Lost Generation: Generational Fractures in Japan’s Homeowner Society, 26 (3), 325 - 342, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • ベビーブーマーとベビーバスターの住宅履歴に関する比較分析: K大学卒業者のケーススタディ

    平山 洋介

    2007年11月, 日本建築学会計画系論文集, No.621 pp.123-130, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 中高年未婚者の住宅条件に関する実態分析

    川田 菜穂子, 平山 洋介

    2007年10月, 都市住宅学, 第59号 pp.21-26, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ラオス・ヴァンヴィエンにおけるバックパッカー・エリアの空間構成とその特性

    森 聖太, 平山 洋介

    2007年09月, 日本建築学会計画系論文集, No.619 pp.77-83, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 資産所有としての住宅所有について

    平山 洋介

    2007年08月, 日本建築学会都市計画委員会『住環境ビジョンの再構築』, pp.61-66, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Housing Conditions of Middle-Aged Never-Married People in Japan

    KAWATA Nahoko, HIRAYAMA Yosuke

    2007年08月, Paper for the Asia-Pacific Network for Housing Research Conference on Transformations in Housing Urban Life and Public Policy, pp.1-11, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 女性の住宅所有に関する実態分析

    平山 洋介

    2007年06月, 日本建築学会計画系論文集, No.616 pp.137-143, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Single People in the Context of Japan’s Housing System

    KAWATA Nahoko, HIRAYAMA Yosuke

    2007年06月, Paper for the European Network for Housing Research Conference on Sustainable Urban Areas, pp.1-11, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市に描く

    平山 洋介

    2007年, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 第47号,計画系,pp.485-488, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • RONALD Richard, HIRAYAMA Yosuke

    Japan's condominium sector expanded rapidly along with post-war urbanisation and high-speed economic growth. However, the bursting of the bubble economy in the 1990s undermined land and housing markets. Capital losses on condominiums have been disproportionate, especially in cases of older, smaller or non-centrally located condominiums. This analysis incorporates socio-cultural elements in explaining emerging patterns of fragmentation among homeowners and property values. It illustrates relationships between the meaning of housing commodities and the context of indigenous production and consumption processes in urban Japan. The paper specifically draws upon data from interviews with Japanese homeowners to illustrate the significance of values and perceptions in the modern condominium sector and their relationship to changing socioeconomic conditions.

    SAGE PUBLICATIONS LTD, 2006年12月, Urban Studies, 43 (13), 2467 - 2483, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yosuke Hirayama

    Routledge Taylor & Francis Group, 2006年11月22日, Housing and Social Transition in Japan, 15 - 46, 英語

    [査読有り]

    論文集(書籍)内論文

  • Richard Ronald, Yosuke Hirayama

    Routledge Taylor & Francis Group, 2006年11月22日, Housing and Social Transition in Japan, 193 - 209, 英語

    [査読有り]

    論文集(書籍)内論文

  • 住宅選択の自由?

    平山 洋介

    2006年04月, 都市住宅学, 第53号 pp.65-68, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 首都圏の住宅市場におけるホット/コールドスポットの分裂について

    平山 洋介

    2006年, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 第46号,計画系,, pp.557 - 560, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ラオス・ヴァンヴィエンにおけるバックパッカー・エリアの空間変容

    平山 洋介

    2006年, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 第46号,計画系,, pp.333 - 336, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • グランド・ゼロの再開発についての研究

    平山 洋介

    2006年, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 第46号,計画系,, pp.565 - 568, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • The Governance of Urban Renaissance in Tokyo: Globalisation the State and the New Competitive Agenda

    HIRAYAMA Yosuke

    2005年11月, School of Government Sun Yat-Sen University et al (eds) Changing Governance and Public Policy Paradigms: Asisan Perspectives, pp.167-186, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • The New Dynamics of Housing and Urban Fragmentation: Feeling the Effects of Globalisation in Japan

    HIRAYAMA Yosuke

    2005年09月, Asia-Pacific Network for Housing Research (ed.) Housing and Globalization, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 公営住宅制度の変容とその意味

    平山 洋介

    2005年04月, 都市問題研究, 第57巻第4号 pp.71-84, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 非営利住宅事業の位置と性質について 世界都市/ニューヨークの経験を素材として

    平山 洋介

    2005年03月, 東京大学社会科学研究所研究シリーズ, 第18集 pp.79-97, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • HIRAYAMA Yosuke

    Urban home-ownership in Japan was destabilised when the 'bubble economy' collapsed at the beginning of the 1990s. This paper looks beyond the social and economic changes in Japanese housing in the post-bubble recession to focus on the ups and downs in current home-ownership markets in Japan's major cities. Since the mid-1990s, social fragmentation has created a novel environment for urban home-ownership. The combination of a prolonged recession and a policy to promote housing construction and urban redevelopment has split urban space into 'hot spots', where the housing market is increasingly active, and 'cold spots', where the market is persistently inactive. © Springer 2005.

    2005年03月, Journal of Housing and the Built Environment, 20 (1), 1 - 20, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Housing and State Strategy in Post-War Japan

    HIRAYAMA Yosuke

    2005年03月, Paper for Workshop on Housing and the New Welfare State Stratford-upon Avon, pp.1-31, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅問題の新しいダイナミクス

    平山 洋介

    2005年02月, 住宅会議, 第63号 pp.5-10, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 垂直都市の研究-超高層マンションの空間構成と価格分布-

    平山 洋介

    2005年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 45,, 565p - 568p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 首都圏における住宅履歴の世代間比較に関する研究

    平山 洋介

    2005年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 46,, 705p - 709p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 公共空間の監視と統制-その2 行為制限制度の広がりとその意味

    平山 洋介

    2005年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 45, 441p-444p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 公共空間の監視と統制-その1 監視カメラの普及メカニズム

    平山 洋介

    2005年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 45,, 437p - 440p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 育児不安と居住環境の関わりについて

    平山 洋介

    2005年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 45,, 713p - 716p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • シングルの住宅条件に関する研究

    平山 洋介

    2005年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 45,, 709p - 712p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅復興の軌跡と論点

    平山 洋介

    2005年01月, 住宅, 第54巻第1号 pp.31-38, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • バックパッカー・プレイスの空間構成とその変容: バンコク、カオサンエリアのケーススタディ

    森 聖太, 平山 洋介

    2004年12月, 日本建築学会計画系論文報告集, No.586 pp.127-133, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 初期分譲集合住宅の特性と再生のゆくえ: 神戸市T団地を事例として

    川田 菜穂子, 平山 洋介

    2004年08月, 「都市再生」と住環境政策, pp.71-76, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Regeneration and Fragmentation: The Rise and Fall of Housing Styles in Tokyo Neighbourhoods

    HIRAYAMA Yosuke

    2004年07月, Paper for ASEF/Alliance Asia - Europe Annual Workshop Series 2003/04 on Enabling Role of the Public Sector in Urban Housing and Regeneration, pp.1-23, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 世界都市/東京、その住宅条件の文脈

    平山 洋介

    2004年06月, 住宅会議, 第61号 pp.13-18, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅所有の変容とその意味

    平山 洋介

    2004年05月, 三宅醇先生豊橋技術科学大学退官記念論文集, pp.109-123, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • グローバルエイジの住宅

    平山 洋介

    2004年04月, 住宅土地経済, 第52号 pp.2-7, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Transformations in the Condominium Sector in Urban Japan: Economic and Socio-Cultural Explanations

    HIRAYAMA Yosuke

    2004年02月, Paper for the Asia-Pacific Network for Housing Research Conference on Housing and Social Development, pp.1-16, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The Changing Context of Home Ownership in Japan

    HIRAYAMA Yosuke

    2004年02月, Paper for International Housing Conference on Housing in the 21st Century: Challenges and Commitments, pp.1-10, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Differentiation of Housing Experiences in Post-War Japan

    HIRAYAMA Yosuke

    2004年02月, Paper for the Asia-Pacific Network for Housing Research Conference on Housing and Social Development, pp.1-20, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 戦後日本の中間層における住宅履歴と世代間関係

    平山 洋介

    2004年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 44,, 901p - 904p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 初期分譲集合住宅団地の居住世帯特性と改善の意識-神戸市T団地を事例として-

    平山 洋介

    2004年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 44,, 913p - 916p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅復興の軌跡と意味

    平山 洋介

    2004年, 住宅, 54,, 31p - 38p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • バックパッカー・プレイスの研究-インド・プリーの空間構成と人びと-

    平山 洋介

    2004年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 44,, 813p - 816p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 新たな住宅政策を考える

    平山 洋介

    2004年01月, 住宅土地経済, 第52号 pp.2-16, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅所有システムの構造再編

    平山 洋介

    2004年01月, 都市問題, 第95巻第1号 pp.105-131, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ニューヨーク(アメリカ)

    平山 洋介

    2003年12月, 『都市再生政策の国際比較』平成12年度~平成14年度(科学研究費補助金(基盤(B)(2))研究成果報告書, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 非営利住宅事業のジレンマと展望 世界都市/ニューヨークの経験から

    平山 洋介

    2003年10月, 住宅, 第52巻第10号 pp.11-17, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 国際住宅学界の動向

    平山 洋介

    2003年10月, 住宅会議, 第59号 pp.36-37, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 研究の現状と展望 住宅・土地

    平山 洋介

    2003年10月, 都市計画, No.245 pp.81-86, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅システムの方向感覚 その社会・経済・空間条件の再編

    平山 洋介

    2003年09月, 現代の居住地再編と住環境政策(II), pp.11-24, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • NPOという用語について

    平山 洋介

    2003年09月, NIRA研究報告書 NPOハウジングを通じた21世紀型住宅供給・更新施策の展望, p.170, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Housing and Socio-Economic Change in Japan

    HIRAYAMA Yosuke

    2003年07月, Paper for Asia-Pacific Housing Research Conference on Housing and Sustainable Urban Development, pp.209-224, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 住宅所有と不安の感覚

    平山 洋介

    2003年06月, 住宅会議, 第58号 pp.10-15, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ニューヨークにおけるサポーティブ住宅の実態と政策支援

    平山 洋介

    2003年03月, 平成13年度~平成14年度科学研究費補助金(基盤(C)(2))研究成果報告書, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Restructuring of the Home Ownership System in Japan and Britain

    HIRAYAMA Yosuke, FORREST Ray, HINOKIDANI Mieko, IZUHARA Misa, KENNET Patricia

    2003年03月, 住宅総合研究財団研究年報, 第29号 pp.229-240, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市と野生動物 街に現れるイノシシ

    平山 洋介

    2003年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 43,, 541p - 544p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅資産のデフレーションと都市空間 バブル期マンションと低廉化マンションを素材として

    平山 洋介

    2003年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 43,, 793p - 796p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 安宿街の研究#2 ラオス・バンビエンの空間構成と人びと

    平山 洋介

    2003年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 43,, 397p - 401p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「都市再生」の住空間 東京の大規模タワー・マンションを素材として

    平山 洋介

    2003年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 43,, 789p - 792p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • イルミネーションによる都市開発の実態と意味

    平山 洋介

    2003年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 43,, 605p - 608p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Home Ownership and Economic Change in Japan

    HIRAYAMA Yosuke

    2003年, Journal of Asian Comparative Development, Vol.2 No.1 pp.71-91, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅所有システムと方向感覚

    平山 洋介

    2002年12月, 都市計画, No.240 pp.17-20, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅システムの方向感覚

    平山 洋介

    2002年12月, 住宅金融月報, 第611号 pp.6-7, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 公営住宅制度の位置と性質について

    平山 洋介

    2002年10月, 都市政策, 第109号 pp.37-48, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Housing Policy and Social Division in Japan

    HIRAYAMA Yosuke

    2002年10月, Housing Welfare Policy and Financing, pp.189-221, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • グラウンド・ゼロから都市再生へ

    平山 洋介

    2002年09月, 都市問題, 第93巻第9号 pp.85-104, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅所有システムの危機? その実態と意味について

    平山 洋介

    2002年08月, 現代の居住地再編と住環境政策, pp.18-26, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • グラウンド・ゼロの再開発をめぐって

    平山 洋介

    2002年07月, 都市計画, No.237 pp.105-106, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Restructuring of the Home Ownership System in Japan

    HIRAYAMA Yosuke

    2002年07月, Paper for European Network for Housing Research 2002 Conference, pp.1-24, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 住宅所有の構造再編

    平山 洋介

    2002年06月, 住宅会議, 第55号 pp.4-8, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 多声の空間 島団地再生事業の経験から

    平山 洋介

    2002年03月, 神戸大学発達科学部紀要, 第8巻第3号 pp.59-79, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ツインタワー/破壊/再建

    平山 洋介

    2002年03月, 住宅会議, 第54号 pp.40-46, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • すまいの復興 灘区・六甲地区の実態分析から

    平山 洋介

    2002年03月, 阪神・淡路大震災復興誌第6巻2000年度版, pp.26-51, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • アメリカのコミュニティ・デザイン・センターに関する研究

    渡辺 民代, 塩崎 賢明, 平山 洋介

    2002年03月, 住宅総合研究財団研究年報, 28 pp.203-214, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅所有システムの危機? 神戸市における暴落・格安・競売物件の空間分布

    平山 洋介

    2002年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 42,, 841p - 844p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 公共空間に住む人びと

    平山 洋介

    2002年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 42,, 613p - 617p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 安宿街の研究 バンコク・カオサンエリアの空間構成と人々

    平山 洋介

    2002年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 42,, 541p - 545p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ニューヨークの集合住宅再生

    平山 洋介

    2001年12月, ランドスケープデザイン, No.26 pp.122-125, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • “合意形成”から“多声の空間”へ 島団地再生事業の挑戦

    平山 洋介

    2001年10月, 緑の読本, 59 pp.1337-1340, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ホームレスはどのように構築されるのか? 世界都市・ニューヨークの経験から

    平山 洋介

    2001年07月, 都市住宅学, 第34号 pp.55-58, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • アフォーダブル・ニューヨークへの挑戦(5)分裂都市を超えて

    平山 洋介

    2001年06月, 地域開発, 第441号 pp.49-52, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅の新しい選択肢

    平山 洋介

    2001年05月, 住宅建築別冊, 52 pp.4-11, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • アフォーダブル・ニューヨークへの挑戦(4)コミュニティ運動のストレス

    平山 洋介

    2001年05月, 地域開発, 第440号 pp.44-48, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • アフォーダブル・ニューヨークへの挑戦(3)SROホテルからサポーティブ住宅へ

    平山 洋介

    2001年04月, 地域開発, 第439号 pp.59-62, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Home Ownership in an Unstable World: The Case of Japan

    HIRAYAMA Yosuke

    2001年04月, Paper for International Conference: Managing Housing and Social Change, pp.1-24, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 支援活動における「自立」の概念について

    平山 洋介

    2001年03月, 野宿脱出後の生活保護受給者(単身高齢者)の支援のあり方に関する調査報告書, p.29, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Housing Policy and Social Inequality in Japan

    HIRAYAMA Yosuke

    2001年03月, Paper for Anglo- Japanese Workshop: Social Policy in the 21st Century, pp.83-96, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • アフォーダブル・ニューヨークへの挑戦(2)危機への反応

    平山 洋介

    2001年02月, 地域開発, 第437号 pp.53-57, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市・都市法の「あるべき姿」をめぐって

    平山 洋介

    2001年, 法律時報, 73-12,, 87p - 90p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 多重都市 現代ベルリンの空間と言説

    平山 洋介

    2001年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 41,, 653p - 656p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 死者の空間 その都市化をめぐって

    平山 洋介

    2001年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 41,, 429p - 432p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 構築される野宿者

    平山 洋介

    2001年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 41,, 617p - 620p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 携帯電話の時空間

    平山 洋介

    2001年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 41,, 633p - 637p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Report on the Damage Investigation of the 1999 Kocaeli Earthquake in Turkey

    平山 洋介

    2001年, 丸善, 書籍, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • ベルリンの都市再編とその意味 統合と分割の力学をめぐって(3)

    平山 洋介

    2001年01月, 都市問題, 第92巻第1号 pp.101-117, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • アフォーダブル・ニューヨークへの挑戦(1)世界都市の住宅危機

    平山 洋介

    2001年01月, 地域開発, 第436号 pp.71-76, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ベルリンの都市再編とその意味 統合と分割の力学をめぐって(2)

    平山 洋介

    2000年12月, 都市問題, 第91巻第12号 pp.97-104, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ベルリンの都市再編とその意味 統合と分割の力学をめぐって(1)

    平山 洋介

    2000年11月, 都市問題, 第91巻第11号 pp.91-116, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Role of the State and Housing Provision in Japan

    HIRAYAMA Yosuke

    2000年11月, Paper for East Asian Housing Workshop, pp.1-25, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ワイルド・ニューヨーク

    平山 洋介

    2000年10月, 建築雑誌, Vol.115 No.1461 pp.44-49, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅復興から何処へ向かうのか?

    平山 洋介

    2000年09月, 大震災五年半・住宅復興の検証と展望, pp.1-12, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 合意形成批判 復興都市計画の経験から

    平山 洋介

    2000年09月, 住環境整備の政策と戦略 非成長型都市のまちづくりシステム, pp.65-68, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ベルリンは統合されたのか?

    平山 洋介

    2000年09月, 成熟都市の住宅地改善, pp.61-74, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • トルコ地震における住宅政策と再建過程の実態

    平山 洋介, 越山 健治

    2000年09月, トルコ・コジャエリ・ブル大地震調査報告, pp.3-15, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • アフォーダブル・ニューヨーク?

    平山 洋介

    2000年09月, 成熟都市の住宅地改善, pp.1-14, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 復興都市計画の住民参加をめぐって

    平山 洋介

    2000年06月, 都市問題, 第91巻第6号 pp.85-95, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • トルコ大震災における住宅被害と復興政策

    平山 洋介

    2000年06月, 都市住宅学, 第30号 pp.117-122, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 破壊と再生

    平山 洋介

    2000年02月, 住宅会議, 第48号 pp.37-40, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ラスベガス・ディコンストラクション

    平山 洋介

    2000年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 40,, 525p - 528p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Yosuke Hirayama

    This paper examines the housing recovery policy carried out in Kobe, a disaster city heavily damaged by the Great Hanshin Earthquake of 17 January 1995. The housing problems in the earthquake-hit city resulted not only from direct damage by the disaster. Urban restructuring, underway beforehand, had been generating socio-economic polarisation and geographical disparity in housing conditions. The earthquake caused especially heavy damage on the inner-city housing of low-income people and the elderly. Housing recovery progress in the post-disaster period has also been unequal. This paper shows the growing socio-economic and spatial polarisation. The framework of Japan's housing policy is a two-tiered system. On the one hand, most people are encouraged to obtain their own houses by their own efforts on the market, whereas on the other, public housing as residual welfare housing is directly provided for those who are marginal to the market. The housing recovery policy followed this framework, and functioned to socio-spatially isolate low-income and/or elderly victims.

    Carfax Publishing Company, 2000年, Housing Studies, 15 (1), 111 - 128, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 被災市街地における事業所再建の実態分析 灘区南東地区のケーススタディを通じて

    平山 洋介, 木山 幸介

    2000年01月, 日本建築学会計画系論文報告集, No.527 pp.201-207, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Collapse and reconstruction: Housing recovery policy in Kobe after the Hanshin Great Earthquake

    Y Hirayama

    This paper examines the housing recovery policy carried out in Kobe, a disaster city heavily damaged by the Great Hanshin Earthquake of 17 January 1995. The housing problems in the earthquake-hit city resulted not only from direct dan-rage by the disaster. Urban restructuring, underway beforehand, had beat generating socio-economic polarisation and geographical disparity in housing conditions. The earthquake caused especially heavy damage on the inner-city housing of low-income people and the elderly. Housing recovery progress in the post-disaster period has also been unequal. This paper shows the growing socio-economic and spatial polarisation. The framework of Japan's housing policy is a two-tiered system. On the one hand, most people are encouraged to obtain their own houses by their own efforts on the market, whereas on the other, public housing as residual welfare housing is directly provided for those who are marginal to the marker. The housing recovery policy followed this framework, and functioned to socio-spatially isolate low-income and/or elderly victims.

    CARFAX PUBLISHING, 2000年01月, HOUSING STUDIES, 15 (1), 111 - 128, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 1999年トルコ地震・住宅被害と住宅再建政策に関する考察

    平山 洋介, 越山 健治

    2000年01月, トルココジャエリ地震復興関連調査, pp.49-59, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 米国CDCの成長とその意味

    平山 洋介

    1999年12月, 成熟都市の住宅地改善, pp.19-28, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ベルリン/統合/分割

    平山 洋介

    1999年12月, 成熟都市の住宅地改善, pp.63-82, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • サード・アームとは何か?

    平山 洋介

    1999年12月, 建築とまちづくり, 273号 pp.12-15, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅復興の軌跡とその意味

    平山 洋介

    1999年09月, 大震災四年半 住宅復興の軌跡と展望, pp.1-28, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 合意形成批判

    平山 洋介

    1999年09月, 日本都市計画学会関西支部だより, 第14号 p.11, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 海外の公的住宅組織の住宅管理

    山田 ちづ子, 平山 洋介, 原 茂, 上田 智夫, 青木 弘, 檜谷 美恵子

    1999年07月, 調査研究期報, No.119 pp.45-78, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 統合か分割か 復興公営住宅の実態分析

    平山 洋介

    1999年06月, 住宅会議, 第46号 pp.16-21, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 島団地再生事業の挑戦 まちづくりの新しい方法

    平山 洋介

    1999年04月, 部落解放研究, 第127号 pp.28-41, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅復興の実態と論点

    平山 洋介

    1999年04月, 都市政策, 第95号 pp.16-29, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ファンタジー・プレイス 神戸ルミナリエの都市戦略

    平山 洋介

    1999年04月, 都市住宅学, 第25号 pp.26-33, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 灘区

    平山 洋介, 木山 幸介, 永井 史子

    1999年03月, 街の復興カルテ 1998年度版, pp.63-94, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市空間の再編とその意味

    平山 洋介

    1999年03月, 住宅会議, 第45号 pp.5-11, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 地域空間としての寺院 その歴史変容と展望

    平山 洋介

    1999年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 39,, 241p - 244p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • サイバーシティ インターネットは都市をどのように表象するか?

    平山 洋介

    1999年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 39,, 761p - 764p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • サード・アーム・ハウジング

    平山 洋介

    1998年12月, 都市問題研究, 第50巻第12号 pp.50-66, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 被災市街地における新築一戸建住宅の特性 灘区南東地区のケーススタディを通じて

    平山 洋介, 木山 幸介

    1998年10月, 日本建築学会計画系論文報告集, No.512 pp.199-204, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 被災市街地における住宅再建の実態分析 灘区南東地区のケーススタディを通じて

    平山 洋介, 木山 幸介

    1998年10月, 日本建築学会計画系論文報告集, No.512 pp.205-211, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 復興住宅計画の軌跡とその論点

    平山 洋介

    1998年09月, 住環境整備の政策化, pp.9-16, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 破壊と再生を超えて 復興住宅政策のプロセスとその意味

    平山 洋介

    1998年09月, 大震災三年半 住宅復興の検証と課題, pp.1-26, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 改良事業の再改良事業 島団地再生事業のワークショップ・ハウジング

    平山 洋介

    1998年09月, 住環境整備の政策化, pp.97-104, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • CDCの台頭とその意味

    平山 洋介

    1998年06月, 海外の公的住宅供給組織の住宅管理, pp.40-63, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅復興の計画フレームをめぐって

    平山 洋介

    1998年05月, 土地問題双書, 33号 pp.9-23, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 復興まちづくりと専門家支援

    平山 洋介

    1998年03月, 木造密集市街地の防災づくり方策, pp.204-205, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 被災都市のアーバニティ

    平山 洋介

    1998年03月, 法社会学, 第50号 pp.118-123, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 被災都市における空間の変質について

    平山 洋介

    1998年03月, 兵庫県南部地震に関する総合研究 平成9年度報告書, pp.295-300, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 被災都市における空間の変質について

    平山 洋介

    1998年03月, 住宅会議, 第42号 pp.2-6, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 灘区(南東地区)

    平山 洋介, 木山 幸介

    1998年03月, 街の復興カルテ 1997年版, pp.75-100, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 人間・生活・環境 ?生活環境概論?

    平山 洋介

    1998年, ナカニシヤ出版, 書籍, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 安全と再生の都市づくり 阪神・淡路大震災を超えて

    平山 洋介

    1998年, 学芸出版, 書籍, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ポスト・オープンスペース

    平山 洋介

    1998年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 38,, 705p - 709p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 公共空間の新しい感受性

    平山 洋介

    1997年12月, 建築とまちづくり, 第249号 pp.4-7, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 空間/場所/コミュニティ

    平山 洋介

    1997年11月, 都市問題研究, 第49巻第11号 pp.87-99, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • コンテスト・グラウンド 復興都市計画の“協働”概念をめぐって

    平山 洋介

    1997年11月, 住民主体の復興まちづくり, pp.5-20, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 住宅復興のプロセスとその意味

    平山 洋介

    1997年09月, 大震災2年半 住宅復興の教訓, pp.1-26, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 被災都市における住空間の再生プロセス

    平山 洋介

    1997年03月, 兵庫県南部地震に関する総合研究 平成8年度報告書, pp.207-210, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 灘区(南東地区)

    平山 洋介, 木山 幸介

    1997年03月, 街の復興カルテ 1996年版, pp.109-131, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ポストモダン・アーバニズム

    平山 洋介

    1997年02月, 都市計画, No.205 pp.58-63, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • NPO教書 創発する市民のビジネス革命

    平山 洋介

    1997年, 風土社, 書籍, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 神戸の復興を求めて

    平山 洋介

    1997年, 神戸新聞総合出版センター, 書籍, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ワークショップ・ハウジング 島団地再生事業のプロセスとその意味

    平山 洋介

    1997年, 御坊市, 単行報告書, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 被災市街地の住宅再建プロセス 灘区南東地区のケーススタディ

    平山 洋介

    1996年11月, 都市計画論文集, No.31 pp.805-810, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市空間の現代 コミュニティ・ベースト・ハウジングの台頭とその意味

    平山 洋介

    1996年10月, hiroba, 第390号 pp.20-25, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 海をもう一度――小松左京『大震災’95』から

    平山洋介

    2021年09月, 現代思想, (10月臨時増刊), 148 - 157, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「賃貸世代」の住宅アフォーダビリティと持ち家取得意向

    川田菜穂子, 平山洋介

    2021年09月, 日本建築学会建築社会システム委員会『利用を主とするハウジングシステムを考える』, 61 - 66, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 老々相続の現実と求められる流動化政策

    平山洋介

    2021年12月, 中央公論, 135 (12), 48 - 57, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Yosuke Hirayama

    Informa UK Limited, 2021年03月16日, Housing Studies, 36 (3), 446 - 447

    [招待有り]

  • 住宅政策

    平山洋介

    2021年02月, Senior Business Market, 18 (2), 20 - 20, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 第198回国会参議院国民生活・経済に関する調査会会議録第一号

    平山 洋介, 葛西リサ, 塩山諒

    2019年02月, 第198回国会参議院国民生活・経済に関する調査会会議録, 第26部 (第1号), 1 - 20, 日本語

    [招待有り]

    会議報告等

  • 今を読み解く―――「空き家問題」解決の処方箋

    平山 洋介

    2019年01月, 日本経済新聞, (1月12日), 24, 日本語

    [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 住宅条件の世代間の違いをどう読むか

    平山 洋介

    2018年08月, 建築雑誌, 133 (1714), 13, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 書評 スチュアート・ロー著/祐成保志訳『イギリスはいかにして持家社会となったか―――住宅政策の社会学』

    平山 洋介

    2018年07月, 大原社会問題研究所雑誌, (717), 63 - 67, 日本語

    [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 経済教室 タワーマンションの未来―――水平・垂直に都市分裂も

    平山 洋介

    2018年07月, 日本経済新聞, 7月24日朝刊, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 焼死する老人たちと住宅問題

    平山 洋介

    2018年06月, 住宅会議, (103), 8 - 14, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 老いるニュータウン:目立つ単身者の孤立化

    平山 洋介

    2018年02月, nippon.com, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 住宅セーフティネット法改正をどう読むか

    平山 洋介

    2017年12月, 国民生活研究, (65), 11 - 13, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 書評 大月敏雄『町をすみこなす』

    平山 洋介

    2017年10月, 日本経済新聞, (10/14付け朝刊), 日本語

    [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 「賃貸世代」の住宅条件をどう読むか

    平山 洋介

    2017年10月, 住宅会議, (101), 30 - 35, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 岩波文庫創刊90年記念――私の三冊

    平山 洋介

    2017年05月, 図書, (820), 60 - 61, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 失われる「居住の安全安心」、住宅確保に困窮する若年層

    平山 洋介

    2017年04月, エコノミスト, 95 (14), 24 - 28, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 住まいを再生する――阪神・淡路から東北、そして熊本へ

    平山 洋介

    2017年03月, 建築雑誌, 132 (1695), 22 - 23, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 住宅セーフティネットを考える

    平山 洋介

    2017年02月, 住宅会議, (99), 6 - 8, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • The Effects of Growing Student Loan Debt on Housing among Japan’s Younger Generation

    Nahoko Kwata, Yosuke Hirayama, Akane Murakami

    2016年12月, Paper for 2016 Asia-Pacific Network for Housing Research Conference, Housing Issues in a New Epoch of Urbanization: Challenges and Opportunities, 英語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)

  • 持続可能な未来のために――社会問題としての住まい

    平山 洋介

    2016年10月, 生活と自治, (570), 22 - 23, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 住宅復興の挑戦――阪神・淡路から東北、そして熊本へ

    平山 洋介

    日本建築学会農村計画委員会, 2016年08月, 震災復興から俯瞰する未来社会と計画学, 単行報告書, 85 - 90, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 阪神から東日本へ――住宅復興の挑戦

    平山 洋介

    2016年08月, 新建築, 91 (13), 16 - 17, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 若者の“次の段階”を支える住宅政策を

    平山 洋介

    2016年07月, 月刊ガバナンス, (207), 29 - 31, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 熊本に住まいを

    平山 洋介

    2016年06月, 住宅会議, (97), 32 - 34, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 結婚遠のく住宅事情

    平山 洋介

    2016年05月, 週刊東洋経済, (6658), 62 - 63, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 若者向け賃貸住宅支援の充実を――“停滞”から“動き”に向けて

    平山 洋介

    2016年04月, あすか, (No.153), 2 - 4, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 阪神・淡路から東北へ――被災した人たちが、ふたたび住む

    平山 洋介

    2016年03月, 日本衣服学会誌, 59 (2), 49 - 52, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 若年向け賃貸住宅支援を

    平山 洋介

    2015年10月, 日本経済新聞, 10月13日, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 若年・未婚・低所得層の住宅事情

    平山 洋介

    2015年10月, 若者の住宅問題&空き家活用, 単行報告書, 3 - 6, 日本語

    [招待有り]

    会議報告等

  • 空き家対策のあり方について

    平山 洋介

    2015年10月, TASC Monthly, (478), 6 - 12, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 若者の住宅問題を考える

    平山 洋介

    2015年09月, 建設政策, (163), 24 - 31, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 住宅政策と個人/家族化

    平山 洋介

    2015年08月, 建築雑誌, 130 (1674), 8 - 9, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 若者の住宅問題

    平山 洋介

    2015年07月, 月刊福祉, 98 (8), 50 - 53, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 急増する空き家と政策対応

    平山 洋介

    2015年05月, 月刊福祉, 98 (5), 38 - 41, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 住まいを再生する: 阪神・淡路から東北へ

    平山 洋介

    2015年03月, 地域社会学会会報, (189), 2 - 5, 日本語

    [招待有り]

    会議報告等

  • 次世代を支える住宅政策を

    平山 洋介

    2015年03月, 都市とガバナンス, (23), 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 高齢社会の住宅不平等

    平山 洋介

    2015年03月, Review and Research, 2, 4 - 7, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 若者で増加する親との同居、異様に重い家賃負担

    平山 洋介

    2015年02月, 週刊エコノミスト, 93 (6), 76 - 77, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 阪神・淡路から東北へ――住まいを再生する

    平山 洋介

    2015年01月, 都市住宅学, (88), 9 - 13, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 住宅扶助と最低居住面積水準

    平山 洋介

    2014年11月, 賃金と社会保障, (1621), 4 - 13, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 都市をほんとうに売り払うのか?

    平山 洋介

    2014年09月, グラフィケーション, (194), 17 - 19, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 高齢社会の都市住宅政策

    平山 洋介

    2014年09月, 公衆衛生, 78 (9), 617 - 621, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • アンケート調査からみた被災者の生活と復興の課題

    佐藤 岩夫, 平山 洋介

    2014年09月, 復興釜石新聞, 9月20日, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 住宅政策とジェンダー

    平山 洋介

    2014年06月, 住宅会議, (91), 4 - 9, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 復興公営住宅の役割と課題

    平山 洋介

    2014年04月, 季刊まちづくり, (42), 22 - 26, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 空き家と住宅政策

    平山 洋介

    2014年04月, Evaluation, (52), 21 - 27, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 脱成長都市の住宅政策

    平山 洋介

    2014年03月, 地域開発, (594), 33 - 37, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 脱成長都市の住まいとライフコース

    平山 洋介

    2014年03月, ハイライフ研究, 16, 4 - 12, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 成熟都市の骨格

    槇文彦, 平山 洋介

    2014年03月, 世界, (854), 37 - 46, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 住まいの再生をめざして

    平山 洋介

    2014年03月, 科学, 84 (3), 304 - 308, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 脱成長社会の住宅政策について

    平山 洋介

    2014年02月, 生活協同組合研究, (457), 5 - 12, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 「再び住む」を主眼に

    平山 洋介

    2013年12月, 神戸新聞, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 土地・持家被災から住まいを再生する

    平山 洋介

    2013年11月, 自治研, 55 (650), 25 - 33, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 「中古」「賃貸」市場に力点を

    平山 洋介

    2013年11月, 毎日新聞, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 住宅政策提案書

    平山 洋介, 稲葉剛, 佐藤由美, 川田菜穂子, 藤田孝典

    2013年10月, 住宅政策提案書, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 女性の住まいとライフコース

    平山 洋介

    2013年09月, 現代思想, 41 (12), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 持ち家偏重の是正必要

    平山 洋介

    2013年09月, 読売新聞, 日本語

    その他

  • マイホームがリスクになるとき

    平山 洋介

    2013年08月, 世界, (846), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 住まい、世帯変化、コミュニティ形成

    平山 洋介

    2013年05月, 建築と社会, (1094), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 東北住宅復興の実態と論点

    平山 洋介

    2013年03月, 住まい・まちづくり担い手支援機構『復興住宅と時間のデザイン』, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 東日本大震災における岩手県釜石市の被災者に関する生活実態・意識調査の結果概要

    平山 洋介, 佐藤岩夫

    2013年02月, 中央調査報, (664), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 都市住宅政策の再構築に向けて

    平山 洋介

    2013年02月, アーバン・アドバンス, (60), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 被災者アンケートからみた復興の課題

    佐藤岩夫, 平山 洋介

    2012年12月, 復興釜石新聞, (157), 日本語

    その他

  • 公営住宅と地方分権

    平山 洋介

    2012年12月, 都市問題, 103 (12), 英語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • ストック利用のための住宅政策を

    平山 洋介

    2012年12月, 青淵, (765), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 東京ライフスケープ

    平山 洋介

    2012年10月, 建築雑誌, vol.127 no.1638 pp.20-23, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 壊れつつある社会を直すのは住宅政策

    平山 洋介, 稲葉 剛

    2012年10月, ビッグイシュー, 202号 pp.12-16, 日本語

    その他

  • 東北住宅復興政策の実態と課題

    平山 洋介

    2012年06月, 住宅会議, (85), 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 政策提言: 賃貸の拡充は少子化対策になる

    平山 洋介

    2012年06月, 週刊エコノミスト, 90 (25), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 東北住宅復興の論点

    平山 洋介

    2012年04月, 生活協同組合研究, 通巻435号, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 若者に低家賃住宅を

    平山 洋介

    2012年03月, 鑑定おおさか, No.38, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 地域持続を支える住宅再生を

    平山 洋介

    2012年01月, 世界, No.826, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 震災と復興

    平山 洋介, 窪田 亜矢

    2012年01月, 家計経済研究, No.93, 日本語

    その他

  • 持家社会と住宅政策

    平山 洋介

    2011年12月, 建築と日常, (2), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 東北住宅復興の政策展開について

    平山 洋介

    2011年10月, マンション学, 第40号, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 東北住宅復興に向けて

    平山 洋介

    2011年08月, 賃金と社会保障, 1543・1544号 pp.9-14, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 危機は機会なのか? 東北復興まちづくりに向けて

    平山 洋介

    2011年08月, 世界, 820号, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 東日本大震災と住宅復興

    平山 洋介

    2011年07月, 地方自治職員研修, 610号,pp.115-123, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 建築の境界と制度

    服部 岑生, 平山 洋介

    2011年06月, 建築雑誌, no.1619 pp.12-17, 日本語

    その他

  • 若年層のライフコースと住宅条件

    平山 洋介

    2011年05月, 財団法人第一住宅建設協会調査研究助成研究報告書, 日本語

    その他

  • 住宅政策の再構築に向けて

    平山 洋介

    2011年03月, 住民と自治, 第575号 pp.28-34, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 住宅の市場化政策とセーフティネット

    平山 洋介

    2011年03月, 月刊福祉, 第94巻第3号 pp.12-16, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 若年層のライフコースと住宅条件

    平山 洋介

    2011年03月, 財団法人第一住宅建設協会調査研究助成研究報告書, pp.1-51, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • ジャパン・シンドロームと再開発

    平山 洋介

    2011年03月, 再開発コーディネーター, (150), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 都市住宅政策の再構築に向けて

    平山 洋介

    2011年02月, 建築とまちづくり, (395), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 親子近居と住宅政策

    平山 洋介

    2011年01月, すまいろん, 97号 pp.34-37, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 貧困問題と住宅セーフティネット

    平山 洋介

    2010年08月, 地域問題研究, Vol.79 pp.75-81, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 住宅政策のどこが問題か

    平山 洋介

    2010年04月, 分権と自治, No.39 pp.96-108, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 稲葉剛著『ハウジングプア』書評

    平山 洋介

    2010年04月, 『ホームレスと社会』, 第2巻 p.114, 日本語

    その他

  • 団地再生は、住宅政策の見直しから

    平山 洋介

    2010年03月, City & Life, No.95 pp.36-39, 日本語

    その他

  • ジャパン・シンドロームと再開発

    平山 洋介

    2010年03月, 再開発コーディネーター, No.150 p.26, 日本語

    その他

  • 都市住宅政策の再構築に向けて

    平山 洋介

    2010年02月, 建築よまちづくり, No.395 pp.6-16, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 経済危機から住宅保障へ

    平山 洋介

    2010年01月, 消費者法ニュース, 第82号 p.1, 日本語

    その他

  • NPOという言葉

    平山 洋介

    2010年01月, 建築雑誌, Vol.125 No.1609 p.50, 日本語

    その他

  • 目標を見失った都市・東京(平山洋介・町村敬志:対談)

    平山 洋介, 町村 敬志

    2009年12月, 世界, No.798 pp.110-120, 日本語

    その他

  • 若年層の住まいとライフコース

    平山 洋介

    2009年03月, 協同の発見, 第200号 pp.49-56, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 住宅政策大転換

    平山 洋介

    2009年01月, ビッグイシュー, 128号 pp.16-18, 日本語

    その他

  • 新しい住宅政策と自治体

    平山 洋介

    2008年06月, 地方自治職員研修, 573号 pp.14-16, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 若年層の住まいの全体像

    平山 洋介

    2008年06月, 住宅会議, 第73号 pp.4-8, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 震災復興と市街地空間の変容

    平山 洋介

    2008年03月, 六甲山・大阪湾周辺の地域環境学創成プロジェクト『六甲山・大阪湾周辺の地域環境学創成プロジェクト研究報告書』, pp.39-60, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 学生、地域、大学

    平山 洋介

    2008年03月, Planners, No.57 pp.6-7, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 住宅市場のグローバル・ブーム

    平山 洋介

    2007年10月, 住宅会議, 第71号 pp.14-18, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 都市中間層における住宅条件の構造再編

    平山 洋介

    2007年03月, 平成16年度~平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書, pp.1-159, 日本語

    その他

  • 岡本哲志著『銀座四百年』 書評

    平山 洋介

    2007年01月, 日本経済新聞, 2007年1月28日, 日本語

    その他

  • Yosuke Hirayama, Richard Ronald

    Bringing together a number of perspectives on the Japanese housing system, Housing and Social Transition in Japan provides a comprehensive, challenging and theoretically developed account of the dynamic role of the housing system during a period of unprecedented social and economic change in one of the most enigmatic social, political, and economic systems of the modern world. While Japan demonstrates many of the characteristics of some western housing and social systems, including mass homeownership and consumption-based lifestyles, extensive economic growth and rapid urban modernization has been achieved in balance with traditional social values and the maintenance of the family system. Helpfully divided into three sections, Housing and Social Transition in Japan: • explores the dynamics of the development of the housing system in post-war Japan • deals with social issues related to housing in terms of social aging, family relations, gender and inequality • addresses the Japanese housing system and social change in relation to comparative and theoretical frameworks. As well as providing challenges and insights for the academic community at large, this book also provides a good introduction to the study of Japan and its housing, economic, social and welfare system generally.

    Routledge Taylor & Francis Group, 2006年11月22日, Housing and Social Transition in Japan, 1 - 216, 英語

    その他

  • Yosuke Hirayama, Richard Ronald

    Routledge Taylor & Francis Group, 2006年11月22日, Housing and Social Transition in Japan, 1 - 14, 英語

    その他

  • 女性の住宅所有について

    平山 洋介

    2006年10月, 住宅会議, 第68号 pp.28-31, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 安全・安心のまちづくり「セーフティネット編」

    水内 俊雄, 平山 洋介, 生田 武志

    2006年09月, City & Life, No.81 pp.11-20, 日本語

    その他

  • 公営住宅はどうなるのか

    平山 洋介

    2006年06月, 住宅会議, 第67号 pp.20-24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 女性と住宅資産

    平山 洋介

    2006年05月, 家計経済研究所『女性のライフコースと住宅所有』, pp.33-55, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 住宅政策の市場化と地域変容

    平山 洋介

    2006年05月, 都市問題, 第97巻第5号 pp.67-75, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 飛び地のランドスケープ

    平山 洋介

    2006年03月, モバイルソサエティレビュー, Vol.5 pp.20-27, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 灘区

    平山 洋介

    2006年03月, 街の復興カルテ 2005年度版 総括編, pp.81-102, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 住宅の今をどう読むか

    平山 洋介, 松本 暢子

    2006年01月, 家計経済研究, No.69 pp.2-10, 日本語

    その他

  • 都市は複雑、「わかりやすい」が危ない

    平山 洋介

    2005年12月, Webマガジンen (http://www.shiojigyo.com/en), 日本語

    その他

  • 都市は複雑、そして景観へ

    平山 洋介

    2005年09月, 日本建築学会都市計画委員会『都市変容の予兆としての阪神・淡路大震災復興10年』, pp.124-125, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 灘区

    平山 洋介, 森 聖太

    2005年03月, 街の復興カルテ 2004年度版, pp.15-16, pp.54-61, pp.113-115, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 都市は誰のものか 開くのか/閉じるのか

    平山 洋介, 五十嵐 太郎

    2005年02月, 談, 第72号 pp.11-37, 日本語

    その他

  • セキュリティ/ゲイテッド・コミュニティ

    平山 洋介

    2004年12月, City & Life, No.74 pp.22-23, 日本語

    その他

  • 再生と分裂: 世界都市/東京の住宅条件

    平山 洋介

    2004年08月, 「都市再生」と住環境政策, pp.13-24, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 灘区

    平山 洋介, 森 聖太

    2004年03月, 街の復興カルテ 2003年度版, pp.55-82, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 老朽した団地を再生する 島団地再生事業の経験から

    平山 洋介

    2003年09月, コラボレーションによる地域住宅・まちづくり, pp.16-19, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 灘区

    平山 洋介, 森 聖太, 寺林 素乃, 和志武 直樹

    2003年03月, 街の復興カルテ 2002年度版, pp.49-74, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • エヴァン・マッケンジー著『プライベートピア』 書評

    平山 洋介

    2003年03月, 住宅, 第52号第3巻 p.69, 日本語

    その他

  • 合意形成?

    平山 洋介

    2002年10月, 区画再開発つうしん, No.394 pp.1-2, 日本語

    その他

  • 都市再生に多数の異なる声を

    平山 洋介

    2002年04月, O-BAY, No.11 pp.9-10, 日本語

    その他

  • 灘区

    平山 洋介, 森 聖太, 和志武 直樹

    2002年03月, 街の復興カルテ 2001年度版, pp.61-72, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 原田純孝編『日本の都市法I 構造と展開』『日本の都市法II 諸相と動態』 書評

    平山 洋介

    2001年10月, 地域開発, 第445号 pp.54-55, 日本語

    その他

  • 原田純孝編『日本の都市法I 構造と展開』 『日本の都市法II 諸相と動態』 都市・都市法の「あるべき姿」をめぐって 書評

    平山 洋介

    2001年09月, 法律時報, 第73巻第12号 pp.87-90, 日本語

    その他

  • Family change and housing in post-war Japanese society: The experiences of older women

    Y Hirayama

    CARFAX PUBLISHING, 2001年05月, HOUSING STUDIES, 16 (3), 385 - 387, 英語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 灘区

    平山 洋介, 日笠 武志

    2001年03月, 街の復興カルテ 2000年度版, pp.53-66, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 灘区

    平山 洋介, 木山 幸介

    2000年03月, 街の復興カルテ 1999年度版, pp.59-76, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 被災都市の果てに(6)

    平山 洋介

    1997年07月, 建築東京, 33-393 p.32, 日本語

    その他

  • 被災都市の果てに(5)

    平山 洋介

    1997年06月, 建築東京, 33-392 p.42, 日本語

    その他

  • 被災都市の果てに(4)

    平山 洋介

    1997年05月, 建築東京, 33-391 p.26, 日本語

    その他

  • 被災都市の果てに(3)

    平山 洋介

    1997年04月, 建築東京, 33-390 p.15, 日本語

    その他

  • 被災都市の果てに(2)

    平山 洋介

    1997年03月, 建築東京, 33-389 p.30, 日本語

    その他

  • 被災都市の果てに(1)

    平山 洋介

    1997年02月, 建築東京, 33-388 p.29, 日本語

    その他

  • 8101 阪神大震災における避難所生活者の住宅実態調査(その1) : 避難所概要と避難生活者の特性

    塩崎 賢明, 平山 洋介, 寺川 政司, 後藤 浩史, 児玉 善郎, 阪東 美智子, 内藤 裕道

    一般社団法人日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1995, 1109 - 1110, 日本語

  • 8102 阪神大震災における避難所生活者の住宅実態調査(その2) : 避難者の住宅被害状況

    塩崎 賢明, 平山 洋介, 寺川 政司, 後藤 浩史, 児玉 善郎, 阪東 美智子, 内藤 裕道

    一般社団法人日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1995, 1111 - 1112, 日本語

  • 公的家賃補助の整備急げ

    平山洋介

    2021年10月, 日本経済新聞・経済教室

    [招待有り]

  • 5538 親子近居の住居条件(同居・近居,建築計画,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    山ノ井 大輔, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 1107 - 1108, 日本語

  • 被災市街地の住宅再建プロセス-阪神・淡路大震災における灘区南東地区のケーススタディ-

    平山 洋介, 武田 宏, 今冨 僚二

    日本都市計画学会, 1996年11月01日, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 31, 805 - 810, 日本語

  • 5545 高齢者介護における住宅移動の研究(要介護高齢者の住まい,建築計画,学術講演会・建築デザイン発表会)

    澤田 健太郎, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 1089 - 1090, 日本語

  • 8110 配偶・同居関係から見た若年層のライフコース分岐と住宅条件(専門家の関わり・ライフステージ,建築社会システム,学術講演会・建築デザイン発表会)

    足立 安里紗, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 219 - 220, 日本語

  • 8053 学童保育における空間構成と子どもの過ごし方に関する研究 : 日本とデンマークの比較分析を通じて(社会論,建築社会システム,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    原 可奈子, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 105 - 106, 日本語

  • 7562 東日本大震災における通学区域政策と子どもの生活空間(地域マネジメント支援,都市計画,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    板谷 幸歩, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 1213 - 1214, 日本語

  • 8145 独立世帯の形成を望む障害者の住宅事情(住宅セーフティネット(1),オーガナイズドセッション,建築社会システム,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    糟谷 佐紀, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 293 - 296, 日本語

  • 息づく伝統と高速変化(特集を読んで[2013年8月号|特集:アジアン・ハウジング・ナウ])

    平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2013年10月20日, 建築雑誌, 128 (1650), 46 - 46, 日本語

  • 8053 公営住宅ストック削減計画の研究(建物再成,建築社会システム,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    篠原 美穂, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 105 - 106, 日本語

  • 8121 東日本大震災における被災者実態と住宅復興 : (その1)政策フレームの論点(選抜梗概,被災者実態と政策課題,オーガナイズドセッション,建築社会システム,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    平山 洋介, 糟谷 佐紀, 間野 博

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 241 - 244, 日本語

  • 8153 出生における住環境の役割 : 山形県と沖縄県の比較分析(住宅需給関係,建築社会システム,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    井原 弘策, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 329 - 330, 日本語

  • 8122 東日本大震災における被災者実態と住宅復興 : (その2)住宅状況に関する釜石市のケーススタディ(選抜梗概,被災者実態と政策課題,オーガナイズドセッション,建築社会システム,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    糟谷 佐紀, 平山 洋介, 間野 博

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 245 - 248, 日本語

  • 8155 若者の居住に関する国際比較分析(海外の住宅問題,建築社会システム,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    堀部 礼子, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 333 - 334, 日本語

  • 7266 犬の都市空間 : ペット飼育をめぐる分離と共存(公園・オープンスペースのデザイン,都市計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    天野 靖子, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 589 - 590, 日本語

  • 7237 高齢者の生活空間としての屋台街 : マレーシア・ペナン島のケーススタディー(生活行動と住空間,都市計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    テォ シュウ イン, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 531 - 532, 日本語

  • 7057 犬の都市空間 : ペット飼育をめぐる分離と共存(都市計画)

    天野 靖子, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (52), 585 - 588, 日本語

  • 8132 若年層の居住に関する日本とデンマークの比較研究(集合住宅居住・管理,建築社会システム)

    堀部 礼子, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2011, 1423 - 1424, 日本語

  • 5078 生活空間としての学習塾(子育て支援・子どもの居場所,建築計画I)

    原 可奈子, 平山 洋介

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2011, 189 - 190, 日本語

  • 震災復興と第2種市街地再開発事業

    平山洋介

    東方出版, 1999年, 提言大震災に学ぶ住宅とまちづくり, 59 - 70

  • 被災都市とまちづくり制度 (特集 災害!非常時に生きる法体系)

    平山 洋介

    日本建築協会, 1996年05月, 建築と社会, 77 (5), 59 - 62, 日本語

  • 被災世帯による居住条件の改善行動--阪神大震災における六甲東地区のケーススタディ

    平山洋介

    1995年, 都市計画論文集, 30, 103 - 108

  • 住宅の新しい選択肢-イギリス アメリカにおけるノンプロフィット住宅

    平山洋介

    住宅総合研究財団, 1995年, すまいろん, 95 (33)

  • コミュニティ・ベースト・ハウジング : 現代アメリカの近隣再生

    平山 洋介

    1994年11月30日, 都市計画, 43 (4), 20 - 21, 日本語

  • 住宅の新しい選択肢-イギリス アメリカにおけるノンプロフィット住宅の展開

    平山洋介

    1994年, 住宅総合研究財団研究年報, 21, 5 - 31

  • 住宅供給の新しい主体--アメリカの第3の実験 (まちづくりと住宅づくりの連携<特集>)

    平山 洋介

    日本都市計画学会, 1992年12月, 都市計画, (178), p36 - 41, 日本語

  • アメリカのコミュニティ住宅と包括的ネットワ-ク (健康な住宅<特集>)

    平山 洋介

    医学書院, 1992年05月, 公衆衛生, 56 (5), p335 - 339, 日本語

  • アメリカの住宅危機とコミュニティ・ベ-スト・ハウジング

    平山 洋介

    国民生活センタ-, 1991年06月, 国民生活研究, 31 (1), p37 - 55, 日本語

  • 公営住宅ストックにおける居住者構成の変動と被保護層の形成に関する研究

    平山洋介

    1986年, 昭和61年度第21回日本都市計画学会学術研究論文集, 373 - 378

  • 公営住宅における被保護世帯の発生 集積に関する研究

    平山洋介

    1985年, 昭和60年度第20回日本都市計画学会学術研究論文集, 403 - 408

  • 地域環境形成における公共住宅団地の役割に関する研究--周辺住民による評価の分析を通して (昭和59年度日本都市計画学会学術研究論文集)

    平山 洋介

    日本都市計画学会, 1984年, 都市計画 別冊, (19), p469 - 474, 日本語

書籍等出版物

  • 住まいの百科事典

    平山洋介

    分担執筆, 経済を活性化する住宅建設, 丸善出版, 2021年04月

  • <復興と祝祭>の資本主義: 新たな「災後」を探る

    平山洋介ほか

    分担執筆, 被災した人たちが、ふたたび住む(pp.59-82), 大月書店, 2020年10月

  • 「仮住まい」と戦後日本--実家住まい・賃貸住まい・仮設住まい

    平山洋介

    単著, 青土社, 2020年10月

    学術書

  • マイホームの彼方に - 住宅政策の戦後史をどう読むか

    平山洋介

    筑摩書房, 2020年03月

    学術書

  • 国民生活・経済に関する調査報告(最終報告)

    参議院国民生活, 経済に関する調査会

    その他, 参議院第二特別調査室, 2019年06月, 日本語

    調査報告書

  • 未来の住まい――住宅研究のフロンティアはどこにあるのか

    野城智也, 平山洋介ほか

    分担執筆, 柏書房, 2019年03月, 日本語

    学術書

  • 東日本大震災合同調査: 建築編11: 建築法制・都市計画

    東日本大震災合同調査報告書編集委員会, 平山洋介ほか

    分担執筆, 丸善, 2019年03月, 日本語

    学術書

  • 若年単身者に対する住宅支援等の在り方に関する調査研究

    福島県

    分担執筆, 福島県, 2019年03月, 日本語

    調査報告書

  • アナザーユートピア――都市のオープンスペースをめぐって

    槇文彦, 平山洋介ほか

    分担執筆, NTT出版, 2019年03月, 日本語

    学術書

  • 住宅に住む、そしてそこで稼ぐ

    日本建築学会

    その他, 技報堂出版, 2019年01月, 日本語

    その他

  • 災害Q&A--防災 減災 復旧 復興

    近畿災害対策まちづく, 支援機構, 平山洋介ほか

    分担執筆, 東方出版, 2018年11月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • Housing Policy, Wellbeing and Social Development in Asia

    Rebecca Chiu, Yosuke Hirayama

    分担執筆, Routledge, 2018年05月, 英語

    学術書

  • 現代都市法の課題と展望

    佐藤岩夫, 平山洋介ほか

    分担執筆, 日本評論社, 2018年01月, 日本語

    学術書

  • Housing in Post-Growth Society: Japan on the Edge of Social Transition

    Yosuke Hirayama, Misa Izuhara

    共著, Routledge, 2018年01月, 英語

    学術書

  • 復興デザインスタジオ――災害復興の提案と実践

    復興デザインスタジオ, 平山洋介ほか

    分担執筆, 東京大学出版会, 2017年10月, 日本語

    学術書

  • Housers: 住宅問題と向き合う人々

    中島明子, 平山洋介ほか

    分担執筆, 萌文社, 2017年03月, 日本語

    学術書

  • Cities and the Super-Rich: Real Estate, Elite Practices and Urban Political Economies

    Ray Forrest, B. Wissink, S. Y. Koh, Yosuke Hirayama

    分担執筆, Palgrave Macmillan, 2017年03月, 英語

    学術書

  • 深化する居住の危機――住宅白書2014-2016

    塩崎賢明, 平山洋介ほか

    分担執筆, ドメス出版, 2016年12月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • ストック活用型団地再編への展望

    江川直樹, 平山洋介ほか

    分担執筆, 関西大学出版部, 2016年01月, 日本語

    学術書

  • 震災復興学――阪神・淡路20年の歩みと東日本大震災の教訓

    塩崎賢明, 平山洋介ほか

    分担執筆, ミネルヴァ書房, 2015年10月, 日本語

    学術書

  • 若者の住宅問題&空き家活用

    平山洋介, 川田菜穂子, 稲葉剛ほか

    分担執筆, 住宅政策提案・検討委員会, 2015年10月, 日本語

    調査報告書

  • 子ども白書――2015

    世取山洋介, 平山洋介ほか

    分担執筆, 本の泉社, 2015年08月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 釜石市民の暮らしと復興についての意識調査(第4回)基本報告書

    佐藤岩夫, 平山洋介

    共著, 単行報告書, 2015年08月, 日本語

    調査報告書

  • 団地再編叢書 vol.11: 団地再編専門家養成セミナー・テキスト

    江川直樹, 平山洋介ほか

    分担執筆, 関西大学 先端科学技術推進機構 地域再生センター, 2015年03月, 日本語

    学術書

  • 若者の住宅問題

    平山洋介, 川田菜穂子ほか

    分担執筆, 認定NPO法人ビッグイシュー基金, 2014年12月, 日本語

    調査報告書

  • 都市の空閑地・空き家を考える

    浅見泰司, 平山洋介ほか

    分担執筆, プログレス, 2014年09月, 日本語

    学術書

  • 釜石市民の暮らしと復興についての意識調査(第3回)基本報告書

    佐藤岩夫, 平山洋介

    共編者(共編著者), 佐藤岩夫・平山洋介, 2014年05月, 日本語

    調査報告書

  • 近居――少子高齢社会の住まい・地域再生にどう活かすか

    大月敏雄, 平山洋介

    分担執筆, 学芸出版社, 2014年03月, 日本語

    学術書

  • 士業・専門家の災害復興支援

    阪神, 淡路まちづくり支援機構付属研究会, 平山洋介ほか

    分担執筆, クリエイツかもがわ, 2014年01月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • The Future of Public Housing: Ongoing Trends in the East and the West

    Jie Chen, Mark Stephens, Yosuke Hirayama

    分担執筆, Springer, 2014年01月, 英語

    学術書

  • Housing East Asia: Socieconomic and Demographic Challenges

    John Doling, Richard Ronald, Yosuke Hirayama

    分担執筆, Palgrave Macmillan, 2014年01月, 英語

    学術書

  • 住まいを再生する――東北復興の政策・制度論

    平山洋介, 斎藤浩

    共編者(共編著者), 岩波書店, 2013年11月, 日本語

    学術書

  • 文藝春秋オピニオン2013年の論点

    平山洋介ほか

    分担執筆, 文藝春秋, 2013年, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 東日本大震災:住まいと生活の復興:住宅白書2011-2013

    平山洋介ほか

    分担執筆, ドメス出版, 2013年, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • ライフコース選択のゆくえ:日本とドイツの仕事・家族・住まい

    田中洋美, マーレン・ゴツィック, 岩田ワイケント, 平山洋介ほか

    分担執筆, 新曜社, 2013年, 日本語

    学術書

  • これからどうする:未来のつくり方

    平山洋介ほか

    分担執筆, 岩波書店, 2013年, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • Young People and Housing

    Ray Forrest, Yosuke Hirayama

    分担執筆, Routledge, 2012年10月, 英語

    学術書

  • International Encyclopedia of Housing and Home, Vol. 5.

    Yosuke Hirayama a

    分担執筆, Elsevier, 2012年06月, 英語

    学術書

  • 日本住宅政策的問題

    平山洋介

    単著, 中国建築工業出版社, 2012年04月, 中国語

    学術書

  • 地域社会圏主義

    山本理顕, 平山洋介ほか

    共著, INAX出版, 2012年01月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 60プロジェクトによむ日本の都市づくり

    平山洋介ほか

    分担執筆, 朝倉書店, 2011年11月, 日本語

    学術書

  • 都市の条件--住まい、人生、社会持続

    平山 洋介

    単著, NTT出版, 2011年10月, 日本語

    学術書

  • Beyond Home Ownership: Housing, Welfare and Society

    Richard Ronald, Yosuke Hirayama

    分担執筆, Routledge, 2011年10月, 英語

    学術書

  • Housing Markets and the Global Financial Crisis: the Uneven Impact on Households

    Ray Forrest, Yosuke Hirayama

    分担執筆, Edward Elgar, 2011年05月, 英語

    学術書

  • Home and Family in Japan: Continuity and Transformation

    Yosuke Hirayama

    分担執筆, Routledge, 2011年01月, 英語

    学術書

  • 貧困を生まないセーフティネット

    平山洋介ほか

    分担執筆, 明石書店, 2010年10月, 日本語

    学術書

  • Wohnen und Gender

    Yosuke Hirayama

    分担執筆, VS Verlag, 2010年01月, 英語

    学術書

  • 格差社会の居住貧困:住宅白書2009-2010

    平山洋介ほか

    分担執筆, ドメス出版, 2009年10月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 住宅政策のどこが問題か <持家社会>の次を展望する

    平山洋介

    単著, 光文社, 2009年03月, 日本語

    学術書

  • Changing Governance and Public Policy in East Asia

    Ka Ho Mok, Ray Forrest, Yosuke Hirayama

    分担執筆, Routledge, 2009年01月, 英語

    学術書

  • 若者たちに「住まい」を!: 格差社会の住宅問題

    平山洋介ほか

    分担執筆, 岩波書店, 2008年12月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • Poverty and Social Welfare in Japan

    Masami Iwata, Yosuke Hirayama

    分担執筆, Trans Pacific Press, 2008年12月, 英語

    学術書

  • ノットワーキング: 結び合う人間活動の創造へ

    山住勝広, ユリア・エンゲストローム, 平山洋介ほか

    分担執筆, 新曜社, 2008年02月, 日本語

    学術書

  • キーワード 人間と発達[増補改訂版] V. 生活とテクノロジー

    丸谷 宣子, 井上 真理, 青木 務, 平山 洋介, 市橋 秀樹, 浜口 八朗, 高橋 正, 長坂 耕作, 矢野 澄雄, 福田 博也, 城 仁士, 阪本 雄二, 高橋 譲嗣, 高橋 真, 白倉 暉弘, 稲葉 太一, 白杉 直子, 近江戸 伸子, 宮田 任寿, 澤 宗則, 二宮 厚美

    分担執筆, 大学教育出版, 2007年04月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • Housing in the New Welfare State: Perpectives from East Asia and Europe

    平山 洋介

    その他, Ashgate, 2007年, 英語

    学術書

  • Housing and Social Transition in Japan

    平山 洋介, Richard Ronald

    共編者(共編著者), Routledge, 2007年, 英語

    学術書

  • 人間像の発明

    橋本 直人, 白水 浩信, 目黒 強, 木下 孝司, 平芳 裕子, 平山 洋介, 太田 和宏, 浅野 慎一, 津田 英二

    その他, ドメス出版, 2006年10月, 日本語

    学術書

  • 見えない震災 建築・都市の強度とデザイン

    平山 洋介, 五十嵐 太郎

    共著, みすず書房, 2006年09月, 日本語

    学術書

  • 記憶する都市-神戸の街路から新しい人間科学を

    平山 洋介

    その他, かもがわ出版, 2006年, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 建築する人たち アーキテクト・アーティストの素顔

    平山 洋介, 米井 寛, 石井 太志, 吉武 宗平

    共著, 圓津喜屋, 2005年07月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 暮らしの改善を目指して 島団地再生事業の経験から/Towards the Improvement of Residents' Lives in Old Multi-family Housing Estates: The Experience of the Shima-Danchi Rebuilding Project

    平山 洋介

    単著, 御坊市, 2005年03月, 日本語

    学術書

  • 貧困と社会的排除 福祉社会を蝕むもの/Poverty and Social Exclusion: Erosion of Welfare Society

    平山 洋介, 岩田 正美, 西澤 晃彦

    共著, ミネルヴァ書房, 2005年02月, 日本語

    学術書

  • 暮らしの改善を目指して 島団地再生事業の経験から

    平山 洋介

    単著, 御坊市, 2005年, 日本語

    調査報告書

  • 貧困と社会的排除 福祉社会を蝕むもの

    平山 洋介

    その他, ミネルヴァ書房, 2005年, 日本語

    学術書

  • Housing and Globalization

    平山 洋介

    その他, Asia-Pacific Network for Housing Research, 2005年, 英語

    学術書

  • 住居学事典

    平山 洋介

    共著, 朝倉書店, 2004年11月, 日本語

    その他

  • ホームレスと住まいの権利―住宅白書〈2004‐2005〉

    平山 洋介

    共著, ドメス出版, 2004年06月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • リハビリテーションにおける連携 地域のニーズに合うリハビリテーションの実践から学ぶ

    平山 洋介

    共著, メジカルフレンド社, 2003年11月, 日本語

    学術書

  • 不完全都市 神戸・ニューヨーク・ベルリン

    平山 洋介

    単著, 学芸出版社, 2003年08月, 日本語

    学術書

  • ヴィジュアル版建築入門10 建築と都市

    平山 洋介, 西村 幸夫

    共著, 彰国社, 2003年04月, 日本語

    学術書

  • Comparing Social Policies: Exploring New Perspectives in Britain and Japan

    平山 洋介

    その他, London: Policy Press, 2003年, 英語

    学術書

  • 団地再生のすすめ エコ団地をつくるオープンビルディング

    平山 洋介

    共著, マルモ出版, 2002年11月, 日本語

    学術書

  • マンション居住―住宅白書〈2002‐2003〉

    平山 洋介

    共著, ドメス出版, 2002年05月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 住まいの改善を目指して 島団地再生事業の経験とその意味

    平山 洋介

    単著, 御坊市, 2002年03月, 日本語

    学術書

  • Housing Welfare, Policy and Financing

    平山 洋介

    その他, Korean National Housing Corporation, 2002年, 英語

    学術書

  • 講座社会保障法5 住居保障法・公的扶助法

    平山 洋介

    共著, 法律文化社, 2001年11月, 日本語

    学術書

  • 1999年トルココジャエリ地震災害調査報告

    平山 洋介

    共著, 丸善, 2001年09月, 日本語

    学術書

  • 島団地現在敷地における再生基本プラン報告書

    平山 洋介

    共著, 御坊市, 2000年12月, 日本語

    学術書

  • 新時代の都市計画2 市民社会とまちづくり

    平山 洋介, 林 泰義

    共著, ぎょうせい, 2000年05月, 日本語

    学術書

  • 住宅白書〈2000〉21世紀の扉をひらく―居住の権利確立をめざして

    平山 洋介

    共著, ドメス出版, 2000年04月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 大震災5年の歳月

    平山 洋介, 浅野 慎一, 新垣 正美

    共著, 神戸新聞総合出版センター, 1999年12月, 日本語

    学術書

  • NPOは地域を変える ニューヨーク・ブロンクスの奇跡を中心に

    平山 洋介

    共著, はる書房, 1999年09月, 日本語

    学術書

  • まちづくりの科学

    平山 洋介, 佐藤 滋

    共著, 鹿島出版会, 1999年09月, 日本語

    学術書

  • 福祉社会事典

    平山 洋介, 庄司 洋子, 武川 正吾, 木下 康仁, 藤村 正之

    共著, 弘文堂, 1999年05月, 日本語

    その他

  • 提言 大震災に学ぶ住宅とまちづくり

    平山 洋介

    共著, 東方出版, 1999年03月, 日本語

    学術書

  • 欧米の住宅政策

    平山 洋介, 小玉 徹, 大場 正明, 檜谷 美恵子

    共著, ミネルヴァ書房, 1999年03月, 日本語

    学術書

  • 人間・生活・環境 ?生活環境概論?

    平山 洋介

    その他, ナカニシヤ出版, 1999年, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 阪神・淡路大震災調査報告 建築編-10 都市計画・農漁村計画

    平山 洋介

    その他, 丸善, 1999年, 日本語

    学術書

  • 住宅白書1998

    平山 洋介

    その他, ドメス出版, 1998年, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 講座社会学4 都市

    平山 洋介

    その他, 東京大学出版会, 1998年, 日本語

    学術書

  • 神戸の復興を求めて

    平山 洋介

    その他, 神戸新聞総合出版センター, 1997年, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 講座現代居住5 世界の居住運動

    平山 洋介

    共編者(共編著者), 東京大学出版会, 1996年, 日本語

    学術書

所属学協会

  • European Network for Housing Research

  • Asia-Pacific Network for Housing Research

  • 都市住宅学会

  • 日本都市計画学会

  • 日本建築学会

共同研究・競争的資金等の研究課題