研究者紹介システム

木村 幹
キムラ カン
大学院国際協力研究科 国際協力政策専攻
教授
法学・政治学関係
Last Updated :2022/10/04

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院国際協力研究科 国際協力政策専攻

学位

  • 博士(法学), 京都大学

授業科目

ジャンル

  • 各国事情 / 朝鮮半島・東北アジア
  • 国際情勢 / 軍縮・平和
  • 政治 / 外国政治

コメントテーマ

  • 韓国政治
  • 朝鮮半島
  • 日韓歴史認識問題
  • 慰安婦報道
  • ナショナリズム

研究ニュース

研究活動

研究キーワード

  • 日韓関係
  • 歴史認識
  • 国際関係
  • 東アジア
  • 民主主義
  • 近代化
  • 政治文化
  • イデオロギー
  • ナショナリズム
  • 韓国
  • 朝鮮

研究分野

  • 人文・社会 / 国際関係論
  • 人文・社会 / 政治学
  • 人文・社会 / アジア史、アフリカ史

委員歴

  • 2020年11月 - 現在, 現代韓国朝鮮学会, 副会長
  • 2018年11月 - 2020年11月, 現代韓国朝鮮学会, 企画委員長
  • 2014年11月 - 2016年10月, 現代韓国朝鮮学会, 編集委員長
  • 2000年11月 - 現在, 現代韓国朝鮮学会, 理事
  • 1996年06月 - 現在, 東アジア近代史学会, 理事
  • 2012年10月 - 2013年10月, 日本政治学会, 書評委員
  • 2010年06月 - 2011年06月, 日本比較政治学会, 理事
  • 2008年11月 - 2010年10月, 日本政治学会, 研究交流委員
  • 2007年06月 - 2010年03月, 日韓歴史共同研究委員会(第二期), 委員
  • 2008年06月 - 2009年06月, 日本比較政治学会, 編集委員
  • 2007年06月 - 2008年06月, 日本比較政治学会, 編集委員
  • 2005年10月 - 2007年10月, 日本政治学会, 選挙管理委員
  • 2002年05月 - 2005年05月, 日韓歴史共同研究委員会(第一期), 研究協力者
  • 2002年10月 - 2004年10月, 日本政治学会, 日韓交流小委員長
  • 2001年10月 - 2002年10月, 日本政治学会, 文献委員
  • 2001年06月 - 2002年06月, 日本比較政治学会, 編集委員
  • 2000年06月 - 2001年06月, 日本比較政治学会, 企画委員

受賞

  • 2015年07月 読売新聞、中央公論新社, 読売・吉野作造賞, 「日韓歴史認識問題とは何か」

    木村 幹

    日韓関係への短絡的・感情的な反応を避け、粘り強く、「歴史認識問題」の新聞報道にあらわれる語彙(ごい)、日韓両国それぞれの論争当事者の特性を丹念に分析。国際環境の変化と論者の世代交代によって、日韓両国のエリートがコントロールする時代から、一般世論が直接ぶつかりあう時代へと移行したことを鮮やかに示している。(同賞ウェブサイトより), 日本国

    出版社・新聞社・財団等の賞

  • 2003年12月 サントリー文化財団, サントリー学芸賞, 『韓国における「権威主義的」体制の成立:李承晩政権を中心に』(ミネルヴァ書房、2003年)

    木村 幹

  • 2001年11月 アジア調査会、毎日新聞社, アジア・太平洋賞特別賞, 『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国意識」:朝貢国から国民国家へ』(ミネルヴァ書房、2000年)

    木村 幹

論文

  • 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2021年07月, 国際協力論集, 29 (1), 111 - 147, 日本語

  • Japan-China 2008 Agreement: Common-Pool Resource Governance Problem

    Rafyoga Jehan, Pratama Irsadanar, Kan Kimura

    2021年06月, Jurnal Studi Pemerintahan, 21 (2), 193 - 211, 英語, パスワードが無い

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2021年01月, 国際協力論集, 28 (2), 103 - 135, 日本語

  • KIMURA Kan

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2020年07月, 国際協力論集, 28 (1), 35 - 53, 英語

  • QUINN Kevin James, KIMURA Kan

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2020年01月, 国際協力論集, 27 (2), 61 - 92, 英語

  • 1965年体制について考える : その成立から動揺へ

    木村 幹

    現代韓国朝鮮学会, 2019年11月, 現代韓国朝鮮研究 = The journal of contemporary Korean studies, (19), 1 - 14, 日本語

    [招待有り]

  • 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2019年07月, 国際協力論集, 27 (1), 21 - 46, 日本語

  • Explaining South Korea's Sharp Shift in 2018 toward Japan

    Kimura Kan

    Asan Institute for Policy Studies, 2019年04月15日, The Asan Forum, 7 (2), 英語

    [招待有り]

  • KIMURA Kan

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2019年01月, 国際協力論集, 26 (2), 61 - 89, 英語

  • 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2018年01月, 国際協力論集, 25 (2), 33 - 58, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2017年07月, 国際協力論集, 25 (1), 23 - 46, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 日清戦争の再発見 : 中国台頭が与える韓国の言説変化 (特集 近年における日清戦争に対する「歴史認識」をめぐって)

    木村幹

    ゆまに書房, 2017年06月, 東アジア近代史, (21), 17 - 36, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Will the "Comfort Women" Agreement Reduce Japan-ROK Mutual Distrust?

    Kimura Kan

    Korea Economic Institute of America, 2016年10月, Joint U.S.-Korea Academic Studies, (27), 159 - 174, 英語

    [招待有り]

  • 日韓歴史認識問題とは何か (第16回読売・吉野作造賞 受賞者講演会)

    木村 幹

    吉野作造記念館, 2016年04月, 吉野作造記念館吉野作造研究, (12), 46 - 57, 日本語

    [招待有り]

  • 韓国政治指導者の合理的選択としての対日敵対行動

    木村幹

    日本国際政治学会, 2015年09月, 国際政治, 181, 20 - 30, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 英語メディアの慰安婦報道とその傾向:90年代初頭の報道を中心に

    木村幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2015年07月, 国際協力論集, 23 (1), 1 - 30, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Opportunities in an Aging Societies

    木村幹

    APIR, 2015年07月, Kansai in the Asia Pacific, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Mechanism and Histories of ‘Historical Disputes` between Japan and South Korea

    木村 幹

    전남대학교 세계한상문화연구단, 2015年06月, 2015 런던&파리 제16회 세계한민족포럼 논문집, 189 - 203, 英語

    [招待有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 木村 幹

    神戸大学, 2015年01月, 国際協力論集, 22 (2), 43 - 62, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 籠谷 公司, 木村 幹

    Since the end of World War II, historical legacy has caused a series of disputes between Japan and South Korea. Scholars attribute these repeated disputes to Japan's failure to settle the compensation problem, American foreign policy toward Japan in the early period of the Cold War, the unequal distribution of national capabilities between Japan and South Korea during the Cold War, and the particularities of nationalism in both countries. The literature emphasizes the peculiarities in the Japan-South Korea disputes. However, this does not mean that we are not able to explain the Japan-South Korea disputes in a systematic manner. For example, Kagotani, Kimura, and Weber (2014) argue that South Korean leaders are more likely to initiate a political dispute with Japan in order to divert public attention from economic turmoil to Japan-South Korea disputes. What else drives South Korean leaders to start a political dispute with Japan?
    In this article, we focus on South Korean leaders' motives and policy alternatives to explain how a trade dispute evolves into a political dispute between Japan and South Korea. We assume that a South Korean president is a policy-oriented actor and prefers to take a soft line toward Japan to manage Japan-South Korea relationships. The president also needs political support from the legislature in order to implement public policy. As the presidential approval rate declines, a candidate for the next president tends to behave as a hard-liner to attract public attention, and the legislature follows the candidate, not the president. To implement good public policy, the president is required to maintain his/her popularity and take a hard line.
    Given such political constraints, we examine the president's choice. When the president faces a large trade deficit, he prefers to start a trade negotiation with Japan, not to initiate a political dispute to divert public attention. Only if the negotiation fails, the president initiates a political dispute by addressing historical legacy because issue-linkage can induce mutual concessions, and because even a concession in the political dispute, not the trade dispute, can help the president maintain his/her popularity in order to move back to a soft-line in the subsequent periods. Thus, the president often engages in this diversionary tactic and a trade dispute often evolves into a political dispute.
    We test whether a trade deficit is more likely to induce more South Korean hostile actions toward Japan. The statistical analysis using the event data confirms that trade imbalance favoring Japan often causes a political dispute regarding historical legacy. The case studies of Presidents Rho Tae-woo and Kim Young-sam reveal political decisions behind the escalation of Japan-South Korean disputes.

    一般財団法人 日本国際政治学会, 2015年, 国際政治, 2015 (181), 181_103 - 181_114, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 第一次歴史教科書紛争から「克日」運動へ:全斗煥政権期の対日観の変化についての一考察

    木村幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2014年07月, 国際協力論集, 22 (1), 1 - 21, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 日韓の移民政策はなぜ異なるのか

    木村 幹

    アジア調査会, 2014年03月, アジア時報, 45 (3), 50 - 74, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Kagotani, Kan Kimura, Jeffrey R. Weber

    Since its democratization, South Korea's foreign relations with Japan have become increasingly volatile. We investigate the diversionary incentives behind these fluctuations in South Korean foreign policy during 1988-2011. We show evidence that, similar to mature democracies, economic turmoil is driving Korean leaders to divert the public attention toward low-intensity disputes against Japan. However, unlike mature democracies, our results reveal that public approval ratings and national elections do not encourage leaders to engage in the diversionary behavior due to South Korean domestic political institutional settings and party system. These findings highlight challenges to foreign policy making in a new democracy, an issue that has not been considered in detail in the literature. We conclude that although historical antagonism and US commitment to East Asia may affect the Japan-South Korea relationship, economic diversionary incentives significantly determine the fluctuations in Japan-South Korea disputes.

    OXFORD UNIV PRESS, 2014年01月, INTERNATIONAL RELATIONS OF THE ASIA-PACIFIC, 14 (1), 33 - 58, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kan Kimura

    OXFORD UNIV PRESS, 2014年01月, INTERNATIONAL RELATIONS OF THE ASIA-PACIFIC, 14 (1), 1 - 5, 英語

  • KIMURA Kan

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2014年01月, 国際協力論集, 21 (2), 41 - 61, 英語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 新政権下の日韓関係:日韓両国は何故対立するか

    木村幹

    国立政治大学国際関係研究センター(台湾), 2013年12月, 問題と研究, 42(2), 1 - 39, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 新政権下の日韓関係 : 日韓両国は何故対立するか (朝鮮半島情勢)

    木村 幹

    国立政治大学国際関係研究センター, 2013年10月, 問題と研究 : アジア太平洋研究専門誌, 42 (4), 1 - 39, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Democracy and diversionary incentives in Japan–South Korea disputes

    木村幹

    日本国際政治学会, 2013年09月, International Relations of Pacific Asia, 13 (3), 1 - 26, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 韓国はなぜ中国に急接近するのか

    木村 幹

    一般社団法人アジア調査会, 2013年06月, アジア時報, 44 (487), 4 - 27, 日本語

  • 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2013年01月, 国際協力論集, 20 (2), 105 - 127, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 韓国は何故に日韓関係を軽視するか (反日意識と形成過程)

    木村 幹

    外務省 ; 2010-, 2012年11月, 外交 = Diplomacy, 16, 76 - 83, 日本語

  • 指導力の危機に直面する韓国政治 : 「超早期レイムダック化」は再現するか (朝鮮半島をめぐる国際関係 : 歴史と現状)

    木村 幹

    日本国際問題研究所, 2012年09月, 国際問題 = International affairs, (614), 5 - 18, 日本語

  • 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2012年07月, 国際協力論集, 20 (1), 63 - 91, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 木村 幹

    Historical perceptions in Northeast Asian countries, especially South Korea and Japan, can be observed through analysis of school history textbooks and the disputes related to these publications. Looking at this issue through a long-term lens it becomes apparent that today's perceptions are direct descendants of the perceptions that appeared during the 1980s. This article shows that it is impossible to explain the escalation of the disputes through solely viewing the changes in descriptions of history in Japanese textbooks, but that interaction between China, Japan, and South Korea has been involved. South Korean society overlooked the Japanese textbook issue before the 1982 dispute. Thus it seems that only when China and some members of the Japanese populace fi rst questioned the history being written and published in Japan that South Korea began questioning the changes being made to Japanese textbooks.

    2012年03月, Journal of Korean Studies, 17 (1), 97 - 124, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kimura Kan

    神戸大学, 2011年07月, 国際協力論集, 19 (1), 1 - 27, 英語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 外国人参政権を推進する「ナショナルポピュリズム」

    木村 幹

    2011年03月, 河原祐馬・島田幸典・玉田芳史編『移民と政治』昭和堂、2011年、, 217-240ページ, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Kan Kimura

    ROUTLEDGE, 2011年, CHANGING POWER RELATIONS IN NORTHEAST ASIA: IMPLICATIONS FOR RELATIONS BETWEEN JAPAN AND SOUTH KOREA, 11, 19 - 38, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 日韓歴史共同研究をどうするか

    木村 幹

    2010年11月, 現代韓国朝鮮研究, 第10号、57-64ページ, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「日韓歴史共同研究」をどうするか : 当事者的観察

    木村 幹

    新書館, 2010年11月, 現代韓国朝鮮研究 = The journal of contemporary Korean studies, (10), 57 - 64, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Globalization and South Korea-Japan Relations

    木村 幹

    2010年03月, 民族紛争の背景に関する地政学的研究, 11巻、245-275ページ, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Globalization and South Korea-Japan relations (Neighbour and neighbourhood: selected papers from the Belgrade conference (September 17-18, 2009, Serbia) and the Zagreb conference (September 21-22, 2009, Croatia)) -- (Cases from East Asia)

    Kimura Kan

    大阪大学世界言語研究センター, 2010年, 民族紛争の背景に関する地政学的研究, 11, 245 - 274, 英語

    [招待有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 問題提起は歴史的和解への道筋か?

    木村 幹

    北陸環日本海経済交流促進協議会, 2009年11月, エージェックレポート, 49, 44 - 51, 日本語

  • 韓国における歴史論争と日韓関係 (特集 韓国の対外関係--新局面を迎える日韓関係と南北関係)

    木村 幹

    新書館, 2009年11月, 現代韓国朝鮮研究, (9), 1 - 8, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Populist with Obsolete Ideas: The Failure of Roo Moo-Hyun

    Kan Kimura

    2009年11月, Kosuke Mizuno and Pasuk Phongpaichit ed., Pppulism in Asia, NUS Press, pp.167-180, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 한국에서의 Populism과 이데올로기

    木村幹

    2009年04月, 환동해리뷰, 5/1

    研究論文(学術雑誌)

  • 韓国におけるナショナリスティック・ポピュリズムと外国人問題

    木村 幹

    2009年03月, 河原祐馬『移民外国人問題とナショナル・ポピュリズム運動に関する比較地域研究』, 140-157ページ, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 韓国におけるポピュリズムとイデオロギー-「アメリカ産牛肉輸入問題」を巡って-

    木村 幹

    East-Sea Rim Research Institute of Economy and Culture, 2009年, 환동해리뷰 = Hwandonghae review : far-east regional studies, 5 (1), 53 - 71, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 鄭 奈美, 木村 幹

    神戸大学, 2008年11月, 国際協力論集, 16 (2), 121 - 146[含 英語文要旨], 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 鄭 奈美, 木村 幹

    神戸大学, 2008年07月, 国際協力論集, 16 (1), 155 - 184, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • ポピュリズムの中の「歴史認識」問題--日韓の事例を中心に (特集 ポビュリズムの比較研究に向けて)

    木村 幹

    木鐸社, 2008年, レヴァイアサン, (42), 32 - 58, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 木村 幹

    地域研究と外国研究としての韓国研究が抱える問題について政治学を中心に論じた。

    神戸大学, 2007年11月, 国際協力論集, 15 (2), 33 - 45, 日本語

  • 木村 幹

    神戸大学, 2007年07月, 国際協力論集, 15 (1), 55 - 71[含 英語文要旨], 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 韓国におけるイデオロギーと日韓関係:韓国における「民主化」の意味を巡る葛藤

    木村 幹

    2007年05月, 伊藤之雄・川田稔編著『20世紀日本と東アジアの形成』(ミネルヴァ書房), pp. 214-239, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「遅れてきた改革案」を持ったポピュリスト:盧武鉉の挫折とその原因

    木村 幹

    2007年03月, 研究代表者玉田芳史『民主化後の「新しい」指導者の登場とグローバル化:アジアとロシアの民主化と安定』, pp. 1-15, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 戸籍から住民登録へ--解放前朝鮮半島における住民把握形態の変化

    木村 幹

    日本政治経済史学研究所, 2007年01月, 政治経済史学, (485), 1 - 16, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 第五回AJフォーラム(研究会)グローバル化の中の隣国関係――日韓関係を中心に

    木村 幹

    国士舘大学アジア・日本研究センター, 2007年, Asia Japan Journal, 2 (2), 日本語

  • Nationalistic Populism in Democratic Countries of East Asia

    Kan Kimura

    2007年, Journal of Korean Politics, Vol.16 No.2, 2007, pp.277-299, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Nationalistic Populism in Democratic Countries of East Asia

    Kimura Kan

    This study is to analyze nationalistic populism phenomenon in Japan, South Korea and Taiwan.

    2007年, Journal of Korean Politics=韓国政治研究, 16 (2), 277 - 299, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • グローバル化の中の隣国関係 : 日韓関係を中心に

    木村 幹

    今日の東アジアにおける「ナショナリスティック・ポピュリズム」現象について日韓両国を中心に分析した。

    国際東アジア研究センター, 2006年12月, 東アジアへの視点, 17 (4), 33 - 40, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • グローバル化の中の日韓関係

    木村 幹

    2006年12月, 東アジアへの視点, Vol 17, No. 4, pp. 33-40, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • グローバル化とナショナリズムの中の東アジア

    木村 幹

    2006年12月, 竹内宏・村松岐夫・渡辺利夫編『徹底検証東アジア』(勁草書房), pp. 16-24, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Why Did the Chosun Dynasty Fail to Modernize?: "Modernization from above" in Korea

    Kimura Kan

    2006年12月, Political Science in Asia, Vol 2. No. 1, pp. 115-133, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 在日韓国・朝鮮人問題と外国人参政権:錯綜する理論的根拠とその原因

    木村 幹

    2006年11月, 河原祐馬・植村和秀編著『外国人参政権問題の国際比較』(昭和堂), pp. 253-283, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「安重根は民族の英雄である」と言われたら (総力特集 「歴史の嘘」を見破る!100頁(PART2)) -- (永久保存版<歴史講座>--小泉首相以下全国民必読!25講座 もし韓国(盧武鉉)・北朝鮮(金正日)にああ言われたら-こう言い返せ)

    木村 幹

    文芸春秋, 2006年04月, 諸君, 38 (4), 91 - 94, 日本語

  • 大韓民国の「現実」とその喪失--李承晩と朴正煕をめぐって (アジアのナショナリズムを問う)

    木村 幹

    講談社, 2006年02月, ラチオ, (1), 86 - 108, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Why Did the Chosun Dynasty Fail to Modernize? : Another experience of "Modernization from Above" in Korea

    Kimura Kan

    19世紀後半から20世紀初頭における朝鮮王朝による「上からの近代化」の失敗の原因を、国家資源の過小と「小国意識」に基づいて分析する。

    Asian Consortium for Political Research(ACPR), 2006年, Political Science in Asia, 2 (1), 115 - 133, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 六ヵ国協議 韓国『重大な提案』の意味するもの

    木村 幹

    韓国から北朝鮮への電力供給提案の持つ歴史的意味について論じた。

    軍縮市民の会・軍縮研究室, 2005年10月, 軍縮問題資料, 299 (299), 29 - 33, 日本語

  • 総力戦体制期の朝鮮半島に対する一考察:人的動員を中心にして

    木村 幹

    2005年10月, 日韓歴史共同研究委員会編『日韓歴史共同研究報告書』(日韓歴史共同研究委員会), Vol 3, No. 2, pp. 321-344, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 在日韓国・朝鮮人問題と外国人参政権

    木村 幹

    2005年03月, 研究代表者河原祐馬『外国人参政権の国際比較研究』:グローバル化に伴う国民国家の鍵「変容」の中で, pp. 3-20, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 木村 幹

    神戸大学, 2005年03月, 国際協力論集, 12 (3), 85 - 112, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • クーデタと民政移管を「説明」する(2) : 一九六〇年代韓国における「民主化」とイデオロギー的環境を巡る一考察

    木村 幹

    2005年03月, 国際協力論集, 第12巻第3号、85-112頁, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 6.3.運動を通してみる第三共和国の学生運動

    木村 幹

    2005年03月, 研究代表者玉田芳史『東・東南アジア諸国における民主化と安定』, pp. 5-32, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 木村 幹

    神戸大学, 2004年10月, 国際協力論集, 12 (2), 45 - 67, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 強大な国家と不安定な支配 - 東アジアにおける脱植民地化とその影響

    木村 幹

    2004年, 日本比較政治学会編『比較のなかの中国政治』, 131-156頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 木村 幹

    日本比較政治学会, 2004年, 日本比較政治学会年報, 6 (0), 131 - 155, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 王宮が消滅する日―近代における朝鮮の王権

    木村 幹

    2004年, 伊藤之雄・川田稔編著『二〇世紀日本の天皇と君主制』, 303-334頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 木村 幹

    神戸大学, 2003年09月, 国際協力論集, 11 (1), 83 - 105, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 『高宗』から見た韓国併合 - 韓国近代史に位置づける

    木村 幹

    2003年03月, The Journal of Pacific Asia, Vo.9、27-60頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2002年11月, 国際協力論集, 10 (2), 87 - 107, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2002年06月, 国際協力論集, 10 (1), 147 - 166, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 韓国における民主化と『政府党 』 - 与村野都から地域感情へ -

    木村 幹

    2002年, 西村成雄・片山裕編著『東アジア史像の新構築』, 211-248頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ナショナリズム権威主義体制李承晩朴正煕近代化

    木村 幹

    2002年, 古田博司・小倉紀藏 編『韓国学のすべて』, 24-34、140-143頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2001年10月, 国際協力論集, 9 (2), 127 - 156, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • <論説>「正統保守野党」の変質と「東亜日報グループ」の政治的解体:韓国における「権威主義的」体制を成立を巡る一考察

    木村 幹

    神戸大学, 2001年10月, 国際協力論集, 9 (2), 127 - 156, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 韓国ナショナリズムから見た日米韓関係

    木村 幹

    韓国ナショナリズムにとって、日韓両国の存在がいかなる意味を有したかについて論じた。

    政治経済史学会, 2001年09月, 政治経済史学, 421 (421), 1 - 14, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2001年06月, 国際協力論集, 9 (1), 137 - 167, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • <論説>脱植民地化と「政府党」-第二次世界大戦後新興独立国家の民主化への一試論

    木村 幹

    神戸大学, 2001年06月, 国際協力論集, 9 (1), 137 - 167, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 朝鮮/韓国における近代と民族の相克--「親日派」を通じて

    木村 幹

    日本政治経済史学研究所, 2000年03月, 政治経済史学, (403), 10 - 30, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 朝鮮/韓国における近代と民族の相克--「親日派」を通じて

    木村 幹

    近代韓国史における「親日派」出現の原因について、開化思想との関連において論じた。

    政治経済史学会, 2000年03月, 政治経済史学, 403 (403), 10 - 30, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 解説 - 大院君・閔妃4

    木村 幹

    2000年, 細井肇『女王閔妃』, 346-347頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 解説 - 大院君・閔妃3

    木村 幹

    2000年, 細井肇『国太公の眦』, 426-428頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 木村 幹

    1860年代から1880年代に至るまでの朝鮮王朝における官僚の序列移動のあり方について論じた。

    神戸大学大学院国際協力研究科, 1999年12月, 国際協力論集, 7 (2), 33 - 65, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • サッカー日韓戦を通じて見た韓国ナショナリズム

    木村 幹

    1999年07月, 『体育の科学』(日本体育学会), 48巻3月号、1-12頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 朝鮮における近代と国家

    木村 幹

    1999年, 木村雅昭・廣岡正久編著『国家と民族を問いなおす』, 187-210頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 樽井藤吉『大東合邦論』

    木村 幹

    1999年, 大塚健洋編著『近代日本政治思想史入門』, 99-113頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 大韓民国の成立

    木村 幹

    1999年, 伊藤之雄・川田稔編著『環太平洋の国際秩序の模索と日本』, 95-124頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 1998年06月, 国際協力論集, 6 (1), 1 - 28, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • サッカ-日韓戦を通じて見た韓国ナショナリズム (特集 スポ-ツとエスニシティ)

    木村 幹

    杏林書院, 1998年03月, 体育の科学, 48 (3), 213 - 218, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 韓国大統領の政治的リーダーシップとその政治的基盤

    木村 幹

    1998年, 五百籏頭真編著『「アジア型リーダーシップ」と国家形成』, 43-70頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 『不潔』と『恐れ』 - 文学作品に見る日本人の韓国イメージに関する一試論

    木村 幹

    1998年, 岡本幸治編著『近代日本のアジア観』, 103-120頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 1997年11月, 国際協力論集, 5 (2), 1 - 29, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 「臣民」からネ-ションへ--韓国におけるネ-ション意識形成への一考察

    木村 幹

    愛媛大学法学会, 1996年09月, 愛媛法学会雑誌, 23 (2), 103 - 137, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 国家の「強さ」と社会の「強さ」--韓国近代化における国家と社会 (特集 文明装置としての国家)

    木村 幹

    比較法制研究所, 1996年06月, 比較法史研究, (5), 100 - 124, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「小国意識」とナショナリズム--李承晩に見る韓国ナショナリズムの一帰結

    木村 幹

    愛媛大学法学会, 1996年03月, 愛媛法学会雑誌, 22 (3), 161 - 190, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 李完用に見る韓国併合の一側面(2)

    木村 幹

    日本政治経済史学研究所, 1995年10月, 政治経済史学, (352), 24 - 42, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 李完用に見る韓国併合の一側面(1)

    木村 幹

    日本政治経済史学研究所, 1995年09月, 政治経済史学, (351), 1 - 18, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 平和主義から親日派へ--李光洙・朱耀翰に見る日本統治下の韓国知識人の一断面

    木村 幹

    愛媛大学法学会, 1995年09月, 愛媛法学会雑誌, 22 (2), p139 - 193, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 近代朝鮮の自国認識と小国論--金允植に見る朝鮮ナショナリズム形成の一前提-2-

    木村 幹

    愛媛大学法学会, 1995年01月, 愛媛法学会雑誌, 21 (3), p127 - 164, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近代朝鮮の自国認識と小国論--金允植に見る朝鮮ナショナリズム形成の一前提-1-

    木村 幹

    愛媛大学法学会, 1994年10月, 愛媛法学会雑誌, 21 (2), p111 - 145, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「徳治」の論理と「法治」の論理--儒教文化圏における国家と政治に関する一考察

    木村 幹

    愛媛大学法学会, 1994年03月, 愛媛法学会雑誌, 20 (3), p343 - 396, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 産業社会における分業と政治--ア-ネスト・ゲルナ-からの考察

    木村 幹

    愛媛大学法学会, 1993年09月, 愛媛法学会雑誌, 20 (2), p141 - 188, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「儒教的レッセフェ-ル」と朝貢体制--近代朝鮮における「上からの改革」を巡る一考察-2完-

    木村 幹

    学術雑誌目次速報データベース由来, 1993年07月, 法学論叢, 133 (4), p21 - 43, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「儒教的レッセフェ-ル」と朝貢体制--近代朝鮮における「上からの改革」を巡る一考察-1-

    木村 幹

    学術雑誌目次速報データベース由来, 1992年09月, 法学論叢, 131 (6), p34 - 66, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 第一人者が全力指摘2021年はここに注目 : 識者の視点 : 世界の各エリアを1分で完全理解 (特集 2021総予測) -- (国際)

    伊藤 元重, 川島 真, 木村 幹, 呉 軍華, 佐橋 亮, 鈴木 一人, 細谷 雄一

    ダイヤモンド社, 2021年12月26日, 週刊ダイヤモンド = Diamond weekly, 109 (1), 96 - 97, 日本語

  • イデオロギーで分断された韓国司法の真実 (ファクトチェック 韓国ナゾ判決)

    木村 幹

    CCCメディアハウス, 2021年06月29日, Newsweek = ニューズウィーク, 36 (25), 18 - 22, 日本語

  • 新型コロナ後の日韓関係 : オバマ米政権末期との比較中心に

    木村 幹

    時事通信社, 2021年03月25日, 金融財政business : 時事トップ・コンフィデンシャル+, (10972), 4 - 8, 日本語

  • 日韓関係 三国同盟解体で日本は中国の前線に 韓国の孤立を冷笑するな (特集 2020総予測) -- (国際)

    木村 幹

    ダイヤモンド社, 2020年12月28日, 週刊ダイヤモンド = Diamond weekly, 108 (1), 90 - 91, 日本語

  • 話題の本 Interview 著者に聞く なぜ、いかに悪化したのか 日韓関係変容の軌跡を残す[歴史認識はどう語られてきたか 木村幹]

    木村 幹

    東洋経済新報社, 2020年10月17日, 週刊東洋経済, (6950), 96 - 97, 日本語

  • 外交・国際 安倍政権の対朝鮮半島政策を振り返る : 積極的アプローチも不発

    木村 幹

    時事通信社, 2020年10月01日, 金融財政business : 時事トップ・コンフィデンシャル+, (10933), 4 - 8, 日本語

  • 日本植民地支配特殊論からの脱却 (総力特集 令和危機に甦る昭和史)

    木村 幹

    PHP研究所, 2020年09月, Voice, (513), 83 - 89, 日本語

  • 外交・国際 フリーハンド得た文政権 : 選挙で圧勝、対日政策の行方は?

    木村 幹

    時事通信社, 2020年05月07日, 金融財政business : 時事トップ・コンフィデンシャル+, (10902), 4 - 7, 日本語

  • 地域研究 日韓関係をどうみるか : 社会構造の変化と新たな関係再構築に向けて

    木村 幹

    世界平和教授アカデミー, 2020年, 世界平和研究 = Quarterly journal on peace studies and peace policies, 46 (1), 42 - 57, 日本語

  • 変容する韓国社会と日韓関係 : 「ウェット」な関係から「ドライ」な関係へ (韓国とどう向き合うか)

    木村 幹

    世界平和教授アカデミー, 2020年, 世界平和研究 = Quarterly journal on peace studies and peace policies, 46 (4), 32 - 39, 日本語

  • 書評 林采成著『飲食朝鮮 : 帝国の中の「食」経済史』

    木村 幹

    社会経済史学会 ; 1931-, 2020年, 社会経済史学 = Socio-economic history, 85 (4), 465 - 467, 日本語

  • 安倍外交はなぜ韓国でつまずいたか : 御し難い3つの事情

    木村 幹

    時事通信社, 2019年12月05日, 金融財政business : 時事トップ・コンフィデンシャル+, (10869), 4 - 8, 日本語

  • 【日韓関係】もう韓国に言うことを聞かせることはできない? 韓国研究の第一人者・木村幹氏が語る日韓の意識変化

    木村 幹, 島村 優

    BLOGOS, 2019年11月25日, BLOGOS, 日本語

  • 近現代 江華島事件から日韓併合、そして終戦 相剋を生んだものとは (特集 日本と朝鮮半島の2000年史)

    木村 幹

    PHP研究所, 2019年11月, 歴史街道, (379), 38 - 45, 日本語

  • 対談 カードを切り合う「経済戦争」の結末は? 「最も近くて遠い国」の論理と心理 (特集 政冷文熱のゆくえ 韓国という難問)

    木村 幹, 浅羽 祐樹

    中央公論新社, 2019年11月, 中央公論, 133 (11), 26 - 37, 日本語

  • 日韓相互不信を解く鍵 : 相手国への真摯な関心を (特集 混迷する朝鮮半島情勢)

    木村 幹

    霞山会, 2019年11月, 東亜, (629), 20 - 29, 日本語

  • Kan Kimura

    OXFORD UNIV PRESS, 2019年09月, INTERNATIONAL RELATIONS OF THE ASIA-PACIFIC, 19 (3), 559 - 563, 英語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 韓国は歴史を都合よく創作する : 全てが「善悪二元論」

    木村 幹, 崔 碩栄

    文芸春秋, 2019年09月, 文芸春秋, 97 (9), 138 - 147, 日本語

  • 対話 この喧騒は日韓関係の断末魔の叫びなのか?

    木村 幹, 川島 真

    公益産業研究調査会, 2019年09月, 公研, 57 (9), 34 - 54, 日本語

  • セミナー報告 ERINA賛助会セミナー 徴用工裁判以後の日韓関係をどう見るか

    木村 幹

    環日本海経済研究所, 2019年08月, ERINA report plus, (149), 51 - 57, 日本語

  • 外交・国際 日韓はどこへ行くのか : 輸出規制で強まる韓国の団結

    木村 幹

    時事通信社, 2019年07月29日, 金融財政business : 時事トップ・コンフィデンシャル+, (10840), 4 - 7, 日本語

  • 日韓貿易問題の背後にあるもの:「強気のカード」を切る根拠は何か

    木村 幹

    一般財団法人ニッポンドットコム, 2019年07月23日, nippon.com, 日本語

  • 対韓「輸出規制」で安倍政権によぎる中国の失敗

    木村 幹

    産経デジタル, 2019年07月08日, iRONNA, 日本語

  • 転機に立つ文在寅外交 : 板門店会談で窮地救われる (韓国)

    木村 幹

    時事通信社, 2019年07月, e-World Premium, (66), 16 - 21, 日本語

  • 文在寅政権が徴用工裁判で"無理筋"の「条件付き協議」を突きつけてきた理由とは

    木村 幹

    文春オンライン(2019年6月26日)

    文藝春秋, 2019年06月26日, 文春オンライン, 日本語

  • 朝鮮半島をどう見るか : 変化する北東アジアの国際環境を考える

    木村 幹

    東洋経済新報社, 2019年05月, 経済倶楽部講演録, (843), 40 - 103, 日本語

  • 文在寅政権を理解するために知るべき韓国の「歴史的高揚感」の実態 : その主観的世界の中で日本は軽いものに

    木村 幹

    講談社「現代ビジネス」(2019年4月3日掲出)

    講談社, 2019年04月03日, 現代ビジネス, 日本語

  • なぜ日本を軽視するのか? 特異な実務派・文在寅のリーダーシップ研究 (混迷する外交)

    木村 幹

    中央公論新社, 2019年04月, 中央公論, 133 (4), 84 - 91, 日本語

  • その韓国理解に根拠はあるか (特集 韓国ファクトチェック)

    木村 幹

    CCCメディアハウス, 2019年03月12日, Newsweek = ニューズウィーク, 34 (10), 22 - 29, 日本語

  • なぜ文在寅は「発言」しないのか : 冷静かつ合理的な戦略のために必要な思考 (特集 亡国の韓国海軍)

    木村 幹

    PHP研究所, 2019年03月, Voice, (495), 112 - 119, 日本語

  • 外交・国際 韓国、対日政策が制御不能に : 新たな紛争メカニズム始動

    木村 幹

    時事通信社, 2019年01月31日, 金融財政business : 時事トップ・コンフィデンシャル+, (10799), 4 - 8, 日本語

  • 韓国政府はなぜ「日韓関係」の深刻な状況を認識していないのか

    木村 幹

    文春オンライン(2019年1月3日)

    文藝春秋, 2019年01月03日, 文春オンライン, 日本語

  • 韓国 なぜ対日政策が「雑」なのか : 自国の成長に従い、日本に対する依存度が低下している (総力特集 沈む国・浮かぶ国)

    木村 幹

    PHP研究所, 2018年12月, Voice, (492), 72 - 80, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 漂流する日韓関係 「ニッポン軽視」文在寅が抱えた政治リスク

    木村 幹

    産経デジタル, 2018年11月29日, iRONNA, 日本語

  • 外交・国際 日韓関係の現住所 : 古い理解が通用しない訳

    木村 幹

    時事通信社, 2018年07月09日, 金融財政business : 時事トップ・コンフィデンシャル+, (10753), 4 - 8, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 米朝首脳会談で日本が手にしたカードとは : 非核化関わる経済便宜供与を風穴に

    木村 幹

    時事通信社, 2018年07月, e-World Premium, 54 (54), 26 - 31, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 簡単ではない「完全な非核化」:米国の朝鮮半島関与に変化の兆しも

    木村 幹

    一般財団法人ニッポンドットコム, 2018年06月22日, nippon.com, 日本語

    その他

  • 「南北対話」と「対米基軸」で加速する韓国外交 (特集 急展開する北朝鮮情勢)

    木村 幹

    外務省, 都市出版株式会社 (発売), 2018年05月, 外交 = Diplomacy, 49, 56 - 61, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 「南北対話」と「対米基軸」で加速する韓国外交

    木村幹

    外務省, 都市出版株式会社 (発売), 2018年05月, 外交 = Diplomacy, 49, 56 - 61, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 慰安婦合意反故「韓国という病」 (特集 朝鮮半島「愛憎の火薬庫」)

    木村 幹

    文芸春秋, 2018年03月, 文芸春秋, 96 (3), 106 - 114, 日本語

    その他

  • 韓国の振り子は再び中国へ?:トランプ歴訪で主役奪った習近平と揺れる米中韓

    木村 幹

    Janet掲載記事

    時事通信社, 2017年12月, e-World Premium, 47 (47), 14 - 19, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • (日清・日露戦争) 欧米列強の脅威、そして朝鮮の誤算

    木村 幹

    PHP研究所, 2017年12月, 歴史街道, 356 (356), 90 - [93], 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 慰安婦より根深い「徴用工問題」を蒸し返した韓国の裏事情

    木村 幹

    産経デジタル, 2017年10月16日, iRONNA, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日米との連携難しくする韓国の核武装論 :「核ドミノ」誘発、不拡散体制崩壊も

    木村 幹

    Janet掲載記事

    時事通信社, 2017年10月, e-World Premium, 45 (45), 57 - 63, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 韓国現代史

    木村 幹

    小牧者出版, 2017年09月, 幸いな人, 2017 (9), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 文大統領は主導的役割果たせるか : 首脳会談で米大統領は理解示す

    木村 幹

    Janet掲載記事

    時事通信社, 2017年08月, e-World Premium, 43, 36 - 39, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 対談 文在寅側近に聞く慰安婦合意、北朝鮮問題 新政権誕生で日韓関係はどう変わる (特集 北朝鮮の暴走、韓国の迷走)

    金 基正, 木村 幹

    中央公論新社, 2017年06月, 中央公論, 131 (6), 32 - 41, 日本語

  • 「日本」要因存在しなかった韓国大統領選 : 文政権、「北」も格差も今後の課題

    木村 幹

    Janet掲載記事

    時事通信社, 2017年06月, e-World Premium, 41 (41), 28 - 31, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 当たり外れがなくポピュリストでもない普通の大統領 (特集 9年ぶりの政権交代 文在寅の韓国) -- (Interview 韓国文政権はこう動く!!)

    木村 幹

    東洋経済新報社, 2017年05月20日, 週刊東洋経済 = Weekly toyo keizai, (6725), 86 - 87, 日本語

  • 極めて不自由な文在寅・韓国大統領が本領発揮するために必要なこと

    木村 幹

    講談社「現代ビジネス」(2017年5月17日掲出)

    講談社, 2017年05月17日, 現代ビジネス, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 朴槿恵罷免後の韓国

    木村 幹

    学士会, 2017年05月, 学士会会報, 2017 (3), 44 - 47, 日本語

  • 日韓関係・慰安婦問題は韓国大統領選の争点とはならない (セミナー報告プラス 動揺する国際情勢と韓国/北朝鮮の選択)

    木村 幹

    東アジア貿易研究会, 2017年04月, 東アジア経済情報 = East Asia economic information, 2 (23), 7 - 10, 日本語

  • 4年間の朴政権、失われた外交を検証する 「負の遺産」は次期大統領へ

    木村 幹

    Janet掲載記事

    時事通信社, 2017年04月, e-World Premium, 39 (39), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 朴槿恵大統領弾劾 二〇一六年 韓国大統領はなぜ悲惨な末路を迎えるのか (教科書では教えない 入門 新世界史) -- (教科書に載っていない世界史14)

    木村 幹

    文藝春秋, 2017年, 文藝春秋special, 11 (2), 115 - 122, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 韓国のナショナリズムと歴史観 小国ゆえにこだわる「正しい」民主主義

    木村 幹

    東洋経済新報社, 2016年12月24日, 週刊東洋経済 = Weekly toyo keizai, 6701 (6701), 58 - 59, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 地に落ちた「孤高の指導者」 : 朴韓国大統領はなぜ支持を失ったのか

    木村 幹

    時事通信社, 2016年12月07日, e-World Premium, 35 (35), 56 - 61, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 憲法改正発言の真意はどこに 木村幹・神戸大教授に聞く (インタビュー)

    木村 幹

    NNA (株式会社エヌ・エヌ・エー), 2016年10月26日, NNA ASIA : アジア経済ニュース, 日本語

  • 対談 慰安婦問題合意は米中パワーゲームの「賜物」 (特集 韓国豹変の深層)

    川島 真, 木村 幹

    中央公論新社, 2016年03月, 中央公論, 130 (3), 34 - 43, 日本語

  • 「過去」ではなく「現在」の問題として捉えよ (特集 戦後70年 日本を問い直す)

    木村 幹

    中央公論新社, 2015年09月, 中央公論, 129 (9), 128 - 133, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(番外編)従軍慰安婦問題の従属変数

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2015年04月, 究 : ミネルヴァ通信, (49), 40 - 43, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • ON THE RECORD 転機を迎えた日韓関係の今後 (特集 大陸へ「回帰」する朝鮮半島)

    木村 幹

    霞山会, 2015年04月, 東亜, (574), 10 - 22, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 慰安婦報道についての現在の歴史認識を明らかにし、自らの「主張」を作り直せ (特集 朝日新聞問題を徹底検証する)

    木村 幹

    朝日新聞社ジャーナリスト学校 ; 2008-, 2015年03月, Journalism, (298), 101 - 108, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 韓国・北朝鮮 2015年朝鮮半島展望 : 「安定の中の変化」にどう対応するか

    木村 幹

    外務省 ; 2010-, 2015年01月, 外交 = Diplomacy, 29, 108 - 111, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識 和解が今後も進まない三つの理由 (大人の近現代史入門) -- (日本近現代史がわかる 最重要テーマ20)

    木村 幹

    文藝春秋, 2015年, 文藝春秋special, 9 (2), 224 - 229, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 慰安婦問題 なぜ冷戦後に火が付いたのか (決定版 知性で戦え 昭和史大論争) -- (3大論争に決着をつける)

    木村 幹

    文藝春秋, 2015年, 文藝春秋special, 9 (4), 165 - 173, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 朝日報道は実際、韓国にどのような影響を与えたか (特集 メディアと国益 : 朝日問題から考える) -- (慰安婦報道)

    木村 幹

    中央公論新社, 2014年11月, 中央公論, 129 (11), 74 - 79, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 朝鮮半島研究をどうするか (特集 朝鮮半島研究をどうするか)

    木村 幹

    新書館, 2014年11月, 現代韓国朝鮮研究 = The journal of contemporary Korean studies, (14), 1 - 3, 日本語

    [査読有り]

  • 慰安婦問題 日本が世界に言うべきは何か (特集 日中韓 不信と増悪はなぜ続く ビジネスマンのための歴史問題)

    木村 幹

    東洋経済新報社, 2014年09月27日, 週刊東洋経済 = Weekly toyo keizai, (6550), 46 - 47, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 韓国はどこに行こうとしているのか (特集 東アジアにおけるパワーゲームの行方)

    木村 幹

    霞山会, 2014年07月, 東亜, (565), 34 - 43, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(最終回)日韓歴史認識問題をどうするか

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2014年03月, 究 : ミネルヴァ通信, (36), 20 - 23, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 対談 「日本人の論理」と「韓国人の論理」なぜすれ違う (特集 「反日」韓国の精神構造)

    木村 幹, 李 元徳

    中央公論新社, 2014年03月, 中央公論, 129 (3), 42 - 51, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 木村 幹

    東洋史研究会, 2014年03月, 東洋史研究, 72 (4), 655 - 665, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 木村 幹

    東洋史研究会, 2014年03月, 東洋史研究, 72 (4), 655 - 665, 日本語

    [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 日韓の移民政策はなぜ異なるのか

    木村 幹

    アジア調査会, 2014年03月, アジア時報, 494, 55 - 74, 日本語

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(35)悪化する日韓関係

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2014年02月, 究 : ミネルヴァ通信, (35), 20 - 23, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(34)ポスト・ポピュリズム時代の歴史認識問題

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2014年01月, 究 : ミネルヴァ通信, (34), 20 - 23, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(33)ナショナル・ポピュリズムの時代

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2013年12月, 究 : ミネルヴァ通信, (33), 20 - 23, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(32)「失われた二〇年」の中の歴史認識問題

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2013年11月, 究 : ミネルヴァ通信, (32), 20 - 23, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 大草原のチキンゲーム

    木村 幹

    本論文の前半は日本語表記、後半は韓国語表記。

    Newsweek韓国語版, 2013年10月28日, Newsweek韓国語版, 2013 (2013), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(31)変化する日本社会

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2013年10月, 究 : ミネルヴァ通信, (31), 20 - 23, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(30)村山談話からアジア女性基金へ

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2013年09月, 究 : ミネルヴァ通信, (30), 20 - 23, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 慰安婦問題で、日本が国際的な理解を得るためには、何が必要なのか?

    和田 春樹, 木村 幹

    本原稿は、TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」の収録をもとにシノドスが編集したもの

    シノドス, 2013年09月, SYNODOS, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(29)妄言の時代

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2013年08月, 究 : ミネルヴァ通信, (29), 20 - 23, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(28)河野談話

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2013年07月, 究 : ミネルヴァ通信, (28), 20 - 23, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 中国への急接近は韓国の「先物買い」 (特集 成長の終焉と政治危機 悩める韓国)

    木村 幹

    東洋経済新報社, 2013年07月, 週刊東洋経済 = Weekly toyo keizai, (6472), 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 座談会 "正しさ"をめぐる戦いの不毛 日中韓歴史教科書、なぜこんなにもすれ違う (特集 「いま」を映す教科書)

    川島 真, 木村 幹, 渡辺 靖

    中央公論新社, 2013年07月, 中央公論, 128 (7), 44 - 53, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 「ガラパゴス化」する慰安婦論争:何故に日本の議論は受入れられないか

    木村 幹

    株式会社シノドス, 2013年06月07日, SYNODOS, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(27)第二次加藤談話

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2013年06月, 究 : ミネルヴァ通信, (27), 20 - 23, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 激動するアジアの安全保障 日本が"盾"になる日は近い 木村幹氏×鈴置高史氏 対談 米国が朝鮮半島を見放す

    木村 幹, 鈴置 高史, 田中 太郎

    日経BP社, 2013年05月13日, 日経ビジネス, (1690), 119 - 122, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(26)「誠意なき謝罪」という言説の誕生

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2013年05月, 究 : ミネルヴァ通信, (26), 20 - 23, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(25)盧泰愚政権の方針転換

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2013年04月, 究 : ミネルヴァ通信, (25), 20 - 23, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(24)宮沢訪韓

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2013年03月, 究 : ミネルヴァ通信, (24), 17 - 20, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 新政権下の日韓関係

    木村 幹

    学士会, 2013年03月, 学士会会報, 2013 (2), 20 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 「名人芸」からの脱却を : 総特集「地域研究方法論」を読んで (『地域研究』一二巻二号 特集へのコメント)

    木村 幹

    京都大学地域研究統合情報センター ; 2004-, 2013年03月, 地域研究, 13 (2), 462 - 466, 日本語

    その他

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(23)第一次加藤談話

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2013年02月, 究 : ミネルヴァ通信, (23), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(22)慰安婦問題の本格化

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2013年01月, 究 : ミネルヴァ通信, (22), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 困難な政局運営、少子化、米中の板挟み…… 新大統領が直面する政治・外交課題 (特集 好調韓国の死角)

    木村 幹

    中央公論新社, 2013年01月, 中央公論, 128 (1), 110 - 117, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(21)五五年体制末期の日本政治

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2012年12月, 究 : ミネルヴァ通信, (21), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 尖閣見て中国に震撼する韓国の「連米連中」外交

    木村 幹

    株式会社ウェッジ, 2012年11月20日, WEDGE, 24 (2012), 12 - 14, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(20)従軍慰安婦問題への道

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2012年11月, 究 : ミネルヴァ通信, (20), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(19)最初の日本側対韓リアクション : 新編日本史

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2012年10月, 究 : ミネルヴァ通信, (19), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 激震!東アジア情勢 日韓関係はさらに悪くなる

    木村 幹, 鈴置 高史

    韓国経済がきしむ。輸出に次いで内需も怪しくなった。そこに不良債権問題も浮上。さらには「日本の通貨スワップ打ち切り」という巨大なリスクまで頭をもたげた。 まず、赤信号が灯ったのが輸出だ。7月の通関ベースの輸出(確定値)は446億3800万ドルで、前年同月比8.8%減。年初からの輸出累計額も前年同期比でマイナスに転じた。

    日経BP社, 2012年09月03日, 日経ビジネス, (1656), 92 - 95, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(18)八〇年代という時代(3)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2012年09月, 究 : ミネルヴァ通信, (18), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(17)八〇年代という時代(2)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2012年08月, 究 : ミネルヴァ通信, (17), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(16)八〇年代という時代(1)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2012年07月, 究 : ミネルヴァ通信, (16), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(15)日韓教科書問題(4)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2012年06月, 究 : ミネルヴァ通信, (15), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(14)日韓教科書問題(3)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2012年05月, 究 : ミネルヴァ通信, 0 (0), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(13)日韓教科書問題

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2012年04月, 究 : ミネルヴァ通信, 0 (0), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(12)日韓教科書問題(1)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2012年03月, 究 : ミネルヴァ通信, (12), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(11)歴史認識問題に影響を与えるもの(5)経済政策と冷戦の終焉

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2012年02月, 究 : ミネルヴァ通信, (11), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 韓国大統領選 旋風巻き起こす「安哲秀現象」 格差拡大で高まる国民の不満 (激震! 朝鮮半島 朝鮮半島を読み解く)

    木村 幹

    毎日新聞社, 2012年01月24日, エコノミスト, 90 (3), 40 - 41, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(10)歴史認識問題に影響を与えるもの(4)国際関係の変化(後半)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2012年01月, 究 : ミネルヴァ通信, (10), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓関係も北朝鮮問題も大統領選の争点にはならない (特集 二〇一二年、指導者交代で世界は変わるか)

    木村 幹

    中央公論新社, 2012年01月, 中央公論, 127 (2), 132 - 137, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 2012年の韓国大統領選挙

    木村 幹

    中央公論新社, 2012年01月, 中央公論, 127 (2), 132 - 137, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 冷静な対応を

    木村 幹

    共同通信社より、2011年12月23日に配信された記事原稿

    共同通信社, 2011年12月23日, 岐阜新聞など, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(9)歴史認識問題に影響を与えるもの(3)国際関係の変化(前半)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2011年12月, 究 : ミネルヴァ通信, (9), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(8)歴史認識問題に影響を与えるもの(2)世代交代(後半)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2011年11月, 究 : ミネルヴァ通信, (8), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(7)歴史認識問題に影響を与えるもの(1)世代交代(前半)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2011年10月, 究 : ミネルヴァ通信, (7), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(6)価値基準としての歴史認識

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2011年09月, 究 : ミネルヴァ通信, (6), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(5)歴史認識問題を考えるための理論的枠組み

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2011年08月, 究 : ミネルヴァ通信, (5), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(4)歴史認識問題の歴史的展開とその原因(2)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2011年07月, 究 : ミネルヴァ通信, (4), 21 - 24, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(3)歴史認識問題の歴史的展開とその原因(1)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2011年06月, 究 : ミネルヴァ通信, (3), 18 - 21, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(2)歴史認識問題を巡る不思議な状況(2)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2011年05月, 究 : ミネルヴァ通信, (2), 19 - 22, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日中韓三国関係と共同災害船体制

    木村 幹

    社団法人凌霜会, 2011年04月, 凌霜, 389 (389), 1 - 3, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 日韓歴史認識問題にどう向き合うか(1) 歴史認識問題を巡る不思議な状況(1)

    木村 幹

    ミネルヴァ書房, 2011年04月, 究 : ミネルヴァ通信, (1), 18 - 21, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 韓国 "中間選挙"で与党惨敗、日本の明日を示唆?

    木村 幹

    毎日新聞社, 2010年06月22日, エコノミスト, 88 (36), 68 - 69, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 「東アジア共同体」の前になすべきこと

    木村 幹

    霞山会, 2009年11月, 東亜, 509 (509), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 座談会 金玄基/木村幹/小針進/山田重夫 「求同存異」の関係をつくりたい (特集 新時代の日韓関係)

    金 玄基, 木村 幹, 小針 進

    都市出版, 2009年09月, 外交フォーラム, 22 (9), 18 - 27, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 盧武鉉の死と李明博の中道路線

    木村 幹

    霞山会, 2009年08月, 東亜, 506 (506), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 北朝鮮のラウドスピーカーになるな

    木村 幹

    霞山会, 2009年05月, 東亜, 506 (506), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 経済危機の中の乱闘国会

    木村 幹

    霞山会, 2009年02月, 東亜, 500 (500), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 書評 マルチエージェント・モデルとネイション研究 山本和也著『ネイションの複雑性--ナショナリズム研究の新地平』書籍工房早山,2008年

    木村 幹

    木鐸社, 2009年, レヴァイアサン, (45), 164 - 167, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 経済危機の中の「東洋のバルカン半島」

    木村 幹

    霞山会, 2008年11月, 東亜, 497 (497), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • ポピュリズム社会の試練

    木村 幹

    霞山会, 2008年08月, 東亜, 494 (494), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 与党は勝利したのか

    木村 幹

    霞山会, 2008年05月, 東亜, 491 (491), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 歴史を生きることと、裁くこと : 朝鮮人作家・兪鎮午の生涯

    木村 幹

    朝鮮人作家、教育家、政治家である、兪鎮午について論じた。

    集英社, 2008年02月, すばる, 30 (2), 232 - 238, 日本語

  • 歴史を生きることと、裁くこと--朝鮮人作家・兪鎮午の生涯

    木村 幹

    集英社, 2008年02月, すばる, 30 (2), 232 - 238, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 李明博は保守政治家か

    木村 幹

    韓国における李明博新政権について論じた。

    霞山会, 2008年02月, 東亜, 487 (487), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 読書空間 私が選んだ三冊:2007年の収穫本

    木村 幹

    『世界史の中の現代朝鮮』エイドリアン・ブゾー(柳沢圭子訳、李娜兀監訳)明石書店、『奇妙な敗北』 マルク・ブロック(平野千果子訳)岩波書店 『ハイエクの政治思想』山中優、勁草書

    朝日新聞社, 2008年01月, 論座, 152 (152), 312 - 312, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • グローバル化と「歴史の再発見」の中の韓日関係 [本文:韓国語]

    Kimura Kan

    日韓関係にグローバル化と「歴史の再発見」現象が与えている影響について論じた。

    2007年11月, 2007年ハンギョレ-釜山国際シンポジウム

  • 書評 : 朴宣美著『朝鮮女性の知の回遊』(山川歴史モノグラフ10)

    木村 幹

    朴宣美『朝鮮女性知の回遊』についての書評を行った。

    吉川弘文館, 2007年09月, 日本歴史, 712 (712), 123 - 125, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 読書空間 『和解のために』朴 裕河/『領土ナショナリズムの誕生』玄 大松

    木村 幹

    朝日新聞社, 2007年05月, 論座, 144 (144), 306 - 307, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 比較植民地論から見た日本支配 [本文:韓国語]

    Kimura Kan

    日本植民地支配について比較植民地研究の観点から分析した。

    社団法人国際フレンドシップ協会, 2007年02月28日, 歴史教育交流事業・専門会見交換会, 日本語

  • 読書空間 『ザ・ペニンシュラ・クエスチョン 朝鮮半島第二次核危機』船橋洋一

    木村 幹

    朝日新聞社, 2007年02月, 論座, 141 (141), 306 - 307, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 核実験後の朝鮮半島情勢について

    木村 幹

    2006年10月における北朝鮮核実験後の北東アジア情勢について論じた。

    霞山会, 2007年02月, 東亜, 476 (476), 10 - 18, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 世代交代と日韓関係 : 日本からの視覚 - 「歴史の再発見」とグローバル化 [本文:韓国語]

    Kimura Kan

    第二次世界大戦以後の日韓関係と世代交代について論じた。

    韓国政治学会 / 現代日本学会 / 韓日議員連盟, 2006年11月07日, 2006年韓日学術会議:安倍政権と日韓関係:世代交代・ 外交争点・そして日韓協力, 日本語

  • Relationship of Neighbouring Countries Within Globalization: Focus on Japan-Korea Relations

    Kimura Kan

    日韓関係とグローバル化の関係について論じた。

    アジア・日本研究センター, 2006年06月, AJ Forum 5, Asia-Japan Forum at Kokushikan University, 日本語

  • Japan's Hate Comic

    Kimura Kan

    Singapore Press Holidays Limited, 2005年11月24日, The Straits Times, 24 (24), 英語

  • Background of New Leadership : Roh Mu-hyun and South Korean Society

    Kimura Kan

    韓国におけるポピュリズムについて、グローバル化との関係において論じた。

    東南アジア研究所, 2005年10月, Toward A New Model of East Asian Society: Entrepreneurship and the Family, 日本語

  • 六ヵ国協議 韓国『重大な提案』の意味するもの

    木村 幹

    軍縮市民の会・軍縮研究室, 2005年10月, 軍縮問題資料, 299, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 「日韓歴史共同研究」に参加して 歴史認識問題は韓国再建の切り札か (特集 靖国という難問の解を探る)

    木村 幹

    中央公論新社, 2005年08月, 中央公論, 120 (8), 66 - 75, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 歴史より道徳に属する歴史認識問題--日本からの主張 (国交正常化40周年特集「誌上対論」・日韓の歴史観)

    木村 幹

    時事通信社, 2005年07月26日, 世界週報, 86 (28), 34 - 37, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 歴史より道徳に属する歴史認識問題

    木村 幹

    第一次日韓歴史共同研究を巡る日韓の歴史問題に関る差異について論じた。

    時事通信社, 2005年07月26日, 世界週報, 86 (28), 34 - 37, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 成熟する日韓へ試金石

    Kimura Kan

    日本英語交流連盟, 2005年04月18日, English-Speaking Union of Japan-Japan in their own words / 日本英語交流連盟-日本からの意見, 18 (18), 日本語

  • A new stage in Japan-South Korean relations

    Kimura Kan

    Singapore Press Holidays Limited, 2005年03月26日, The Straits Times, 26 (26), 英語

  • 冷静な認識が必要

    木村 幹

    『北朝鮮をどう考えるのか:冷戦のトラウマを越えて』/ ガバン・マコーマック著 / 吉永ふさ子訳 / 平凡社 / 2004年 の書評を行った。

    図書新聞社, 2004年10月09日, 図書新聞, 2696 (2696), 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 韓国レフトパワーがひきおこした迷走 「在韓米軍削減」が揺さぶるジェットコースター政治 (特集 東アジア・ナショナリズムの危険性)

    木村 幹

    中央公論新社, 2004年09月, 中央公論, 119 (9), 86 - 95, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 「米軍撤退」は対岸の火事ではない

    村田 晃嗣, 木村 幹

    文芸春秋, 2004年09月, 諸君, 36 (9), 253 - 264, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 「等身大」の北朝鮮を見据えた外交を。

    木村 幹

    北朝鮮を巡るわが国の見方の問題点について論じた。

    潮出版社, 2004年07月, 潮, 545 (545), 90 - 95, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 「日韓」の交流から「日韓」を超える交流へ-政治学からの挑戦日本政治学会・韓国政治学会交流事業

    木村 幹

    財団法人日韓文化交流基金, 2004年03月31日, 日韓文化交流基金NEWS, 29 (29), 5 - 5, 日本語

    会議報告等

  • 盧武鉉政権下の危険な「火遊び」 (特集 「竹島切手」発行・「高句麗」歴史認識・反米 周辺国を苛立たせる韓国ナショナリズム)

    木村 幹

    中央公論新社, 2004年03月, 中央公論, 119 (3), 72 - 79, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 韓国における大統領中心制の定着 : 「民主化」と文化の関係を考える手がかりとして

    木村 幹

    韓国における大統領中心制についてその分化的性格を中心に論じた。

    2004年, 2004年 京都大学大学院法学研究科 シンポジウム, 日本語

  • 第1部 院生発表によるシンポジウム 国際協力研究の現状と可能性--理論から実践にむけて (神戸大学大学院国際協力研究科創立10周年記念事業プログラム報告 2002年12月12日〜13日 テーマ:21世紀における国際協力のあり方をめぐって--その実践と学問的課題)

    半田 晋也, ソーバーン ジョン トーマス, 木村 幹

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2003年11月, 国際協力論集, 0 (0), 13 - 55, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 民主化をいかに「説明」するか:韓国における民主主義をめぐる議論への一考察 研究代表者・玉田芳史「東・東南アジア地域諸国の民主家庭に関する比較史的研究:地域研究と理論研究の架橋」

    木村 幹

    2003年, 平成13-14年度科学研究費補助金基盤研究(C)(1)研究成果報告書, pp.45-68, 日本語

    その他

  • 韓国ナショナリズムにおける「統一」とプライド 研究代表者・木村幹「ナショナリズムの「プライド」と「アイデンティティ」-冷戦後民俗紛争からの考察-」

    木村 幹

    2003年, 平成13-14年度科学研究費補助金基盤研究(C)(1)研究成果報告書, pp.31-45, 日本語

    その他

  • シンポジウム参加報告 第3回韓国併合再検討国際会議--「合法・違法」を超えて

    木村 幹

    2001年に三度に渡って開催された「韓国併合再検討国際会議」について記した。

    日本植民地研究会, 2002年, 日本植民地研究, 14 (14), 34 - 40, 日本語

    会議報告等

  • 李承晩と韓国ナショナリズム : 大韓民国を考える

    Kimura Kan

    韓国初代大統領李承晩について論じた。

    広島朝鮮史セミナー事務局, 2001年05月26日, セミナーだより 海, (2001), 日本語

  • 書評・原田環『朝鮮の開国と近代化』

    木村 幹

    原田環『朝鮮の開国と近代化』(渓水社、1997年)の書評を行った。

    ゆまに書房, 1999年03月, 東アジア近代史, 1 (1), 111 - 113, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 朝鮮史研究会大会報告

    木村 幹

    青木書店, 1998年03月, 歴史学研究, (708), 59 - 60,62, 日本語

    会議報告等

  • 書評 原田環著『朝鮮の開国と近代化』

    木村 幹

    ゆまに書房, 1998年03月, 東アジア近代史, (1), 111 - 113, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 東アジア近代史学会第二回研究大会参加報告

    木村 幹

    朝鮮史研究会第三四回大会についての動向と課題を要約した。

    東アジア近代史学会, 1997年10月, 東アジア近代史学会会報, 5 (5), 103 - 104, 日本語

    会議報告等

  • 韓国政治社会システムから見た統一問題

    Kimura Kan

    韓国の統一問題の課題について議論した。

    1997年, 1997年亜細亜太平洋平和財団研究セミナー [韓国], 日本語

  • 朝鮮/韓国のナショナリズムと小国主義

    木村 幹

    韓国ナショナリズムを支える小国意識について論じた。

    21世紀の関西を考える会, 1996年02月, あうろーら, 2 (2), 99 - 111, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • Comfort Women Activism: Critical Voices from the Perpetrator State

    Kan Kimura

    SOC JAPANESE STUD, 2022年, JOURNAL OF JAPANESE STUDIES, 48 (1), 154 - +, 英語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 米中対立を利用して民族自立を狙う韓国 (特集 中国の動向とわが国の安全保障)

    2021年10月31日, 40 (1), 42 - 50, 日本語

  • Japan-Korea Relations after COVID-19: Japan-Korea Relations After COVID-19, with Emphasis on Comparison with the Last Years of the Obama Administration

    Kimura, Kan

    The Japan Journal, 2021年07月26日, The Japan Journal : TJJ ONLINE, 英語

  • コロナ禍においても底流する日韓関係を巡る問題 : 韓国の立場から

    木村, 幹

    修親刊行事務局, 2021年03月, 修親, 2021 (3), 2 - 5, 日本語

  • 互いに関心薄れる「日韓」:19年に激化した対立がコロナで一変

    木村, 幹

    公益財団法人ニッポンドットコム, 2020年09月04日, nippon.com, 日本語

  • 全米で話題「ボルトン暴露本」が書いたトランプ“素人外交”の内実《朝鮮半島専門家が読み解く》: 北朝鮮問題でアメリカ、韓国、そして日本はどう動いたのか

    2020年07月02日, 日本語

  • Time for Asian Countries to Put Aside Squabbles and Cooperate : The pandemic poses risks that should transcend nationalist pride.

    Kimura, Kan

    Diplomat Media Inc., 2020年04月16日, The Diplomat, 英語

  • 「戦後最悪の日韓関係」2020年はさらに波乱に満ちている理由とは : 文在寅政権は、国内世論の動向に敏感にならざるを得ない

    2020年01月01日, 日本語

  • 注目の人 直撃インタビュー 神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

    2019年12月09日, 日本語

  • 日韓歴史認識問題とは何か

    木村 幹

    2016年, 吉野作造記念館吉野作造研究, 12, 46 - 57, 国際共著していない

  • 韓国はなぜ中国に急接近するのか

    2013年06月, 487, 日本語

  • 「韓国におけるポピュリズムとイデオロギー」(韓国語)

    木村 幹

    2009年, 環東海レビュー 第5巻第1号, 33 - 52

  • 検察改革にみる韓国的「民主化」

    木村 幹

    2022年05月17日, Newsweek = ニューズウィーク, 37 (19), 14, 日本語

  • 日本に有利なのは李か、尹か

    木村 幹

    2022年04月12日, Newsweek = ニューズウィーク, 37 (15), 14, 日本語

  • 「夢」を語れない韓国政治の危うさ

    木村 幹

    2022年04月, Voice, (532), 96 - 103, 日本語

  • スター不在の韓国大統領選 : 内向きな争点、低下する日本国内の関心

    木村 幹

    2022年03月03日, 金融財政business : 時事トップ・コンフィデンシャル+, (11049), 4 - 8, 日本語

  • 独裁者の評価が二分する国

    木村 幹

    2021年12月14日, 36 (48), 38 - 39, 日本語

  • すれ違いはなぜ生じるのか 存在しない「正しい歴史」 : 歴史認識 (グローバルな視点で歴史を理解する 学び直しの「近現代史」) -- (グローバル視点の日本近現代史)

    木村 幹

    東洋経済新報社, 2021年11月20日, 週刊東洋経済, (7020), 72 - 73, 日本語

  • 韓国大統領選の「文在寅という変数」 : 過去の選挙戦、政権は直前に不安定化

    木村 幹

    2021年10月04日, (11016), 4 - 8, 日本語

  • 「訪日拒否」文の過信と誤算

    木村 幹

    2021年08月03日, 36 (30), 32 - 33, 日本語

  • 「韓国がわかる!」つもりになる前に、読んでおきたい7冊

    2020年07月13日, 日本語

  • 国際情勢から考える統一教会問題

    木村 幹

    2022年08月, Newsweek = ニューズウィーク, 37 (31), 14, 日本語

  • BTS「活動休止」は若年層の悲鳴

    木村 幹

    2022年07月12日, Newsweek = ニューズウィーク, 37 (27), 14, 日本語

  • 「中国を恐れない」尹政権の胸算用

    木村 幹

    2022年06月14日, Newsweek = ニューズウィーク, 37 (23), 14, 日本語

  • 日本人が見落としてきた「相剋」の根源—特集 日本と朝鮮半島の近現代史 : いま知っておくべきこと

    木村 幹

    2022年06月, 歴史街道, (410), 14 - 21, 日本語

書籍等出版物

  • ベーシックインカムを実現する : 問題意識から導入ステップ運動論まで : 選挙争点化された韓国で進む議論

    金, 教誠, 白, 承浩, 徐, 貞姫, 李, 承潤, 木村, 幹, 李, 涏美

    白桃書房, 2021年10月, 日本語, ISBN: 9784561963189

  • 平成時代の日韓関係 : 楽観から悲観への三〇年

    木村, 幹, 田中, 悟, 金, 容民

    ミネルヴァ書房, 2020年07月, 日本語, ISBN: 9784623088232

  • 歴史認識はどう語られてきたか

    木村, 幹

    千倉書房, 2020年07月, 日本語, ISBN: 9784805112076

  • 韓国大統領はなぜ悲惨な末路をたどるのか?

    朴, 斗鎮, 高, 英起, 李, 策, 木村, 幹

    宝島社, 2020年03月, 日本語, ISBN: 9784299001498

  • 日本近現代史講義 : 成功と失敗の歴史に学ぶ

    山内, 昌之, 細谷, 雄一, 瀧井, 一博, 岡本, 隆司, 奈良岡, 聰智, 川島, 真, 小林, 道彦, 小谷, 賢, 森山, 優, 楠, 綾子, 日暮, 吉延, 木村, 幹, 井上, 正也, 中西, 寛

    中央公論新社, 2019年08月, 日本語, ISBN: 9784121025548

  • 한일 역사인식 문제의 메커니즘

    木村, 幹, 김, 세덕

    제이앤씨, 2019年06月, 朝鮮語, ISBN: 9791159171413

  • The burden of the past : problems of historical perception in Japan-Korea relations

    木村, 幹, Speed, Marie (Translator), Shin, Gi-Wook

    単著, University of Michigan Press, 2019年, 英語, The Burden of the Past reexamines the dispute over historical perception between Japan and South Korea, going beyond the descriptive emphasis of previous studies to clearly identify the many independent variables that have affected the situation. From the history textbook debates, to the Occupation-period exploitation of “comfort women,” to the Dokdo/Takeshima territory dispute, ISBN: 9780472074105

    学術書

  • ビッグデータから見える韓国 : 政治と既存メディア・SNSのダイナミズムが織りなす社会

    조, 화순, 한, 규섭, キム, ジョンヨン, チャン, スルギ, 木村, 幹, 藤原, 友代

    共訳, 白桃書房, 2017年10月, 日本語, ネット活用が日本より進む国で、民意はどう動くのか。 「進歩」新興メディアと「保守」既存メディアの相克。政界へのインパクトは?ビッグデータが可視化した、多様なケーススタディ!今、世界各国で注目のテーマを客観的な分析手法で読み解く。, ISBN: 9784561951384

    学術書

  • 대한제국의 패망과 그림자

    木村 幹

    単著, 제이앤씨, 2017年08月, 朝鮮語, 이 책은 비운의 대한제국 마지막 황제였던 고종과 명성왕후를 재조명한 것으로, 흥선대원군의 집권과 고종의 친정, 그리고 임오군란, 갑신정변, 청일전쟁, 을미사변, 러일전쟁을 거쳐, 일본의 대한제국 보호국화(保護?化)와 한일합방 등의 주요한 사건들을 중심으로, 이조멸망(李朝滅亡)의 경위를 자세히 설명한 역사서이다. 특이한 점이 있다면 한국인과 다른 ·시점을 지닌 ‘동시대 일본인이 본 당시의 조선왕족과 고종의 모습들’을 한국 측의 사료들과 일본 측의 외교문서들을 면밀히 분석하여 일본인 개인적 선입관을 배제하였고, 개별적인 역사연구와는 달리 통시적인 역사서로 풀어내었다는 것이다. 향후의 과제라면 본서에서 인용되고 있는 양국의 사료들에 정합성을 독자들이 어떻게 생각하고 볼 것인, ISBN: 9791159170713

    学術書

  • だまされないための「韓国」 : あの国を理解する「困難」と「重み」

    浅羽, 祐樹, 木村, 幹

    講談社ビーシー,講談社 (発売), 2017年05月, 日本語, ISBN: 9784062206303

  • 사회・문화

    李, 鍾久, 磯崎, 典世, 文, 京洙, 大畑, 裕嗣, 木村, 幹, 李, 志遠, 金, 孝眞, 具, 度完, 瀬地山, 角, 有田, 伸, 崔, 圭承, 林, 慶澤, 加峯, 隆義, 中村, 八重, 李, 時載, 朴, 東誠, 本田, 洋, 동북아역사재단

    역사공간, 2015年12月, 朝鮮語, ISBN: 9791157070701

  • 社会・文化

    磯崎, 典世, 李, 鍾久, 文, 京洙, 大畑, 裕嗣, 木村, 幹, 李, 志遠, 金, 孝眞, 具, 度完, 瀬地山, 角, 有田, 伸, 崔, 圭承, 林, 慶澤, 加峯, 隆義, 中村, 八重, 李, 時載, 朴, 東誠, 本田, 洋

    東京大学出版会, 2015年10月, 日本語, ISBN: 9784130251631

  • 木村 幹

    単著, ミネルヴァ書房, 2014年11月, 日本語

    学術書

  • 日韓歴史認識問題とは何か : 歴史教科書・「慰安婦」・ポピュリズム

    木村, 幹

    ミネルヴァ書房, 2014年10月, 日本語, ISBN: 9784623071753

  • 한국의 권위주의적 체제 성립 : 이승만 정권의 붕괴까지

    木村 幹

    単著, 제이앤씨, 2013年12月, 朝鮮語, 『韓国における「権威主義的」体制の成立 李承晩政権の崩壞まで』(ミネルヴァ書房、2003年)の韓国語版。, ISBN: 9788956689975

    学術書

  • 韓国論の通説・俗説 : 徹底検証 : 日韓対立の感情vs.論理

    浅羽, 祐樹, 木村, 幹, 佐藤, 大介

    中央公論新社, 2012年12月, 日本語, ISBN: 9784121504395

  • ポピュリズム・民主主義・政治指導 : 制度的変動期の比較政治学

    島田, 幸典, 木村, 幹, 滝田, 豪, 木之内, 秀彦, 玉田, 芳史, 上田, 知亮, 河原, 祐馬, 梶原, 克彦

    ミネルヴァ書房, 2009年10月, 日本語, ISBN: 9784623055425

  • ポピュリズム・民主主義・政治指導

    木村 幹

    共著, ミネルヴァ書房, 2009年10月, 日本語

    学術書

  • 近代韓国のナショナリズム

    木村, 幹

    単著, ナカニシヤ出版, 2009年07月, 日本語, ISBN: 9784779503436

    学術書

  • 韓国現代史 : 大統領たちの栄光と蹉跌

    木村, 幹

    中央公論新社, 2008年08月, 日本語, ISBN: 9784121019592

  • 民主化の韓国政治 : 朴正煕と野党政治家たち1961〜1979

    木村, 幹

    名古屋大学出版会, 2008年01月, 日本語, ISBN: 9784815805722

  • 조선/한국의 내셔널리즘과 소국의식 : 조공국에서 국민국가로

    木村, 幹, 김, 세덕

    산처럼, 2007年12月, 朝鮮語, ISBN: 9788990062239

  • 高宗・閔妃 : 然らば致し方なし

    木村, 幹

    ミネルヴァ書房, 2007年12月, 日本語, ISBN: 9784623050352

  • ポスト韓流のメディア社会学

    石田, 佐恵子, 木村, 幹, 山中, 千恵

    ミネルヴァ書房, 2007年10月, 日本語, ISBN: 9784623048687

  • 20世紀日本と東アジアの形成 : 1867~2006

    伊藤, 之雄, 川田, 稔, 瀧井, 一博, 西田, 敏宏, 井口, 治夫, 古瀬, 啓之, 小林, 道彦, Dickinson, Frederick R., ディキンソン, 孝子, 廣部, 泉, 佐道, 明広, 木村, 幹, 中西, 寛

    ミネルヴァ書房, 2007年05月, 日本語, ISBN: 9784623048427

  • 民主化とナショナリズムの現地点

    玉田, 芳史, 木村, 幹, 島田, 幸典, 滝田, 豪, 木之内, 秀彦, 永井, 史男, 左右田, 直規, 上田, 知亮, 植村, 和秀, 梶原, 克彦, 河原, 祐馬, 余, 項科, 横山, 豪志

    共著, ミネルヴァ書房, 2006年04月, 日本語, ISBN: 4623045684

    学術書

  • 比較のなかの中国政治

    日本比較政治学会, 小野, 耕二, 高原, 明生, 小嶋, 華津子, 辻中, 豊, 三宅, 康之, 若林, 正丈, 木村, 幹, 川中, 豪, 鳥居, 高

    早稲田大学出版部, 2004年06月, 日本語, ISBN: 4657046160

  • 朝鮮半島をどう見るか

    木村, 幹

    集英社, 2004年05月, 日本語, ISBN: 4087202410

  • 二〇世紀日本の天皇と君主制 : 国際比較の視点から一八六七~一九四七

    伊藤, 之雄, 川田, 稔, 高橋, 秀直, 瀧井, 一博, 奈良岡, 聰智, 井口, 治夫, 川田, 敬一, 大塚, 健洋, Szpilman, Christopher W. A., 君塚, 直隆, Best, Anthony, 木村, 幹, 二〇世紀と日本研究会

    吉川弘文館, 2004年03月, 日本語, ISBN: 4642037624

  • 大韓民国「官報」 : 大韓民国政府公報處発行

    アルヒーフ, 木村, 幹, 大韓民國政府公報處

    すずさわ書店, 2003年08月, 朝鮮語, ISBN: 4795401764

  • 韓国における「権威主義的」体制の成立 : 李承晩政権の崩壊まで

    木村, 幹

    ミネルヴァ書房, 2003年06月, 日本語, ISBN: 4623037576

  • ナショナリズムの「プライド」と「アイデンティティ」 : 冷戦後民族紛争からの考察

    木村, 幹

    [木村幹], 2003年03月, 日本語

  • 韓国学のすべて

    古田, 博司, 小倉, 紀藏, 磯崎, 典世, 大西, 裕, 株本, 千鶴, 木村, 幹, 桑野, 栄治, 小針, 進, 鄭, 大均, 永島, 広紀, 野崎, 充彦, 真鍋, 祐子, 室岡, 鉄夫, 柳町, 功, 六反田, 豊

    新書館, 2002年05月, 日本語, ISBN: 4403250580

  • 東アジアにおける政府と企業(第26冊)

    小林 弘二, 木村 幹, 佐々木 信彰, 唐 亮

    共著, 関西大学法学研究所研究叢書, 2002年, 日本語

    その他

  • 朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識 : 朝貢国から国民国家へ

    木村, 幹

    ミネルヴァ書房, 2000年10月, 日本語, ISBN: 9784623032921

  • 環太平洋の国際秩序の模索と日本 : 第一次世界大戦後から五五年体制成立

    伊藤, 之雄, 川田, 稔, 井口, 治夫, 柴山, 太, 石川, 禎浩, 木村, 幹, 小林, 道彦, 大前, 信也, 堀田, 慎一郎, 中西, 寛, 伊藤, 孝夫, Kishima, Takako

    山川出版社, 1999年11月, 日本語, ISBN: 463452080X

  • 国家と民族を問いなおす

    木村, 雅昭, 広岡, 正久, 川合, 全弘, 植村, 和秀, 上野, 俊彦, 河原, 祐馬, 南, 充彦, 池田, 佳隆, 木村, 幹, 永野, 武, 玉田, 芳史, 小杉, 泰

    ミネルヴァ書房, 1999年05月, 日本語, ISBN: 462303027X

  • 誤解しないための日韓関係講義

    木村, 幹

    PHP研究所, 2022年03月, 日本語, ISBN: 9784569851402

  • 韓国愛憎 : 激変する隣国と私の30年

    木村, 幹

    中央公論新社, 2022年01月, 日本語, ISBN: 9784121026828

講演・口頭発表等

  • Structural Change in Northeast Asia: Asian Paradox or a Typical Phenomenon in the Globalizing World?

    木村 幹

    The 9th Kobe University Brussels European Centre Symposium - SMart Cities, Secure Societies: Breakthroughs in EU and Japan Research Cooperation, 2018年10月, 英語, Vrije Universiteit Brussel, Belgium, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • The Role of Democracies and the International Order

    木村 幹

    Governance, Leadership and Legitimacy in East Asia, 2018年03月, 英語, The Royal Institute of International Affairs, The Chatham House, London, United Kingdom, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Politics of the Kono Statement: The Road from Kim Haksun to the Asian Women’s Fund

    木村 幹

    Annual Conference 2018 of Association for Asian Studies, 2018年03月, 英語, Wardman Park Marriott Hotel, Washingont DC, USA, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Structural Change in Northeast Asia: Between Rising China and US Populism

    木村 幹

    Symposium: The Future of East Asia After the Pivot, 2017年11月, 英語, Cazenovia College, Cummings Theatre, Cazenovia, New York, USA, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(基調)

  • Dilemma in Northeast Asia: North Korea, China and United States

    木村 幹

    Workshop, The Maxwell School of Citizenship and Public Affairs, Syracuse University, 2017年11月, 英語, The Maxwell School of Citizenship and Public Affairs, Syracuse University, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • The Third Wave of Demonstrations: Locating South Korean Democracy in the International Context

    木村 幹

    The World Congress for Korean Politics and Society 2017, 2017年06月, 英語, The Korean Political Science Association,, Yonsei University, Seoul, South Korea, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Plenary Session: "Rebuilding Trust in Peace and Democracy"

    木村 幹

    The World Congress for Korean Politics and Society 2017, 2017年06月, 英語, Yonsei University, Seoul, South Korea, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • How to Change Relations: A Case Study about Japan–South Korean relations

    木村 幹

    The Jeju Forum for Peace and Prosperity, 2017年06月, 英語, International Convention Center Jeju, Jeju, South Korea, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 韓国民主主義の転機?:国際的比較の観点から

    木村 幹

    現代韓国朝鮮学会第17回研究大会, 2016年11月, 日本語, 京都大学, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 歴史認識問題の展開に見る日韓関係

    木村 幹

    2015年日韓国交正常化50周年国際学術会議「日韓関係の過去を超え未来に」, 2015年06月, 日本語, 済州ハイアッ トホテル、大韓民国, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 新政権下の日韓関係:日韓両国は何故対立するか

    木村 幹

    한일 미래 50년을 위한 제언」 - 한일수교 50주년 기념 대토론회, 2015年06月, 日本語, 済州ロッテホテル、大韓民国, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Mechanism and Histories of 'Historical Disputes' between Japan and South Korea

    木村 幹

    The 18th World Korean Forum, 2015年06月, 英語, Novotel London West, London, United Kingdom, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 新政権下の日韓関係:日韓両国は何故対立するか

    木村 幹

    “日本新防衛政策與東亞情勢”國際研討會, 2015年05月, 日本語, 國際關係學會、政治大學東亞所, 政治大學、台湾, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 日本の学会における韓国研究について

    木村 幹

    日本の韓国研究、韓国の日本研究と日韓国交正常化50周年:日韓1965年体制を「鍛え直す」ために, 2015年03月, 日本語, 東京大学大学院情報学環現代韓国研究センター, 東京大学, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 日韓の移民政策は何故異なるか

    木村 幹

    Northeast Asia Diaspora Seminar: Korea, China, Japan, USA, and North Korea, 2012年07月, IOM移民政策研究院、イルサン、大韓民国, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 日本における朝鮮半島研究:その課題と展望

    木村 幹

    日本韓国研究国際シンポジウム及び日本韓国研究ワークショップ, 2012年02月, 日本語, 台灣大學人文社會高等研究院 日本與韓國研究整合平台, 台湾大学, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Discovery of Disputes: Collective Memories on textbooks and Japan-South Korean Relations

    木村 幹

    Annual Conference 2011, 2011年04月, 英語, Association for Asian Studies, Hawaii Convention Center, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Korean Studies in Japan Today

    木村 幹

    Annual Conference 2012, 2011年03月, 英語, Association of Asian Srudies, The Sheraton Centre Toronto Hotel, 国際会議

    その他

  • Historical Disputes in Japan and South Korea: An Analysis of the History Textbook Issue

    木村 幹

    2011 Center for Korea Studies Colloquia, 2011年02月, 英語, Center for Korea Studies, The University of Washington, The University of Washington, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 李明博・鳩山時代の日韓関係

    木村 幹

    2009年度現代韓国朝鮮学会大会, 2009年11月, 日本語, 現代韓国朝鮮学会大会, 東西大学(韓国、釜山), 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Nationalistic Populism in Democratic Countries in North East Asia : A Case Study about Impacts of Globalization on Neighbor Countries Relations from Japan-South Korean Relations

    木村 幹

    Seminar, "Neighbours and Neighbourhood Policies", 2009年09月, 英語, Research Institute of World Languages, Osaka University, Institute for International Relations, Institute for International Relations, Zagreb, Croatia, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 'Nationalistic Populism in Democratic Countries in North East Asia: Backgrounds of Changes

    木村 幹

    Round Table, "Serbia and Japan: Relations With Neighbours and Borders Issues”, 2009年09月, 英語, Research Institute of World Languages, Osaka University, Institute of International Politics and Economics, Institute of International Politics and Economics, Beograd, Serbia, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Why Are the Issues of “Historical Perceptions” between Japan and South Korea Persisting?

    木村 幹

    Workshop: The Japanese–South Korean Relationship, organized by The Swedish Instite of International Affairs, 2009年08月, 英語, The Swedish Instite of International Affirs, Stockholm, The Swedish Instite of International Affirs, Stockholm, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 'Globalization and South Korea-Japan relations through the rediscovery of the History: Why are the issues of 'Historical Perceptions' persisting ?

    木村 幹

    European-Asian Symposium, "World War II in Asia and in Europe: War, Memory and Reconciliation", 2008年11月, 英語, Ecole Normale Superieure de Cachan, Academy of European Cultures of Tongji University, Oxford University, Deutches Historisches Institut Paris, Tongji University, Shanghai, China, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • The Politics of History: the Case of Japan and Korea

    木村 幹

    Japan Centre Seminars, 2008年05月, 英語, Japan Center, Australian National University, Australian National University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 徳治の論理と法治の論理:儒教文化圏における国家と政治

    木村 幹

    International Conference: East Asian History from the Perspective of the ‘Center and Periphery’, 2007年12月, 日本語, 東北亞文化財団, ソウル教育文化会館, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • グローバル化と『歴史の再発見』の中の日韓関係

    木村 幹

    2007年ハンギョレ-釜山国際シンポジウム, 2007年11月, 日本語, ハンギョレ文化財団, 釜山直轄市, APEC House, 釜山、韓国, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 「『ニューリーダーシップ」とその行方:アジア、そしてロシア」

    木村 幹

    2007年度日本比較政治学会大会:座長, 2007年06月, 日本語, 日本比較政治学会, 同志社大学, 国内会議

    その他

  • Nationalistic Populism in North East Asia

    木村 幹

    Building East Asian Networks on Southeast Asian Studies, 2007年03月, 英語, 京都大学東南アジア研究所, 京都大学東南アジア研究所, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 世代交代と日韓関係の変化:日本の視角

    木村 幹

    2006年韓日学術会議:安倍政権と日韓関係:世代交代・外交争点・そして日韓協力, 2006年10月, 日本語, 韓国政治学会, 韓国日本学会, 韓日議員連盟, ソウルプレスセンター, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 日本のナショナリズムと日韓関係(韓国語)

    木村 幹

    第43回に本専門家招聘セミナー, 2006年09月, ソウル大学校国際大学院, ソウル大学校国際大学院, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Finding Enemies of Nations: Changing Nationalisms in East Asia

    木村 幹

    20th International Political Science Association World Congress, 2006年07月, 英語, International Political Science Association, 福岡国際会議場, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 「地域研究」と「外国研究」としての韓国研究(原文韓国語)

    木村 幹

    ソウル大学校開校60周年及び奎尚閣創設230年記念韓国学学術会議, 2006年05月, ソウル大学, 湖岩会館、ソウル大学, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • The Politics of History: The Case of Japan and Korea

    木村 幹

    Shorenstein APARC Seminar Series, 2006年05月, 英語, Freeman Institute for International Studies, Stanford University, Freeman Institute for International Studies, Stanford University, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Background of South Korean Populistic Leadership in the Globalizing World

    木村 幹

    Toward New Model of East Asian Sciety: Entrepreneurship and Family, 2005年10月, 英語, 京都大学東南アジア研究所, 京都大学東南アジア研究所, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • North Korea and East Asian Security: Japanese Perspective

    木村 幹

    The 7th International Conference on Korean Politics: From Division Toward Peaceful Unification, 2005年07月, 英語, 韓国政治学会, Millenium Seoul Hilton Hotel, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Policy Option of Kim Jong-Il: Is a Regime Transformation a Viable Option?

    木村 幹

    Asia Strategic Forum: Whither the Six Party Talks a Prelude to the Asian Century or Footnote to the War on Terrorism?, 2005年06月, 英語, Seoul National University, University of Washington, Mt. Kumgangsan Resort, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 「日韓関係の100年」

    木村 幹

    2004年度現代韓国朝鮮学会大会:座長, 2004年11月, 日本語, 現代韓国朝鮮学会, 大阪市立大学, 国内会議

    その他

  • "Populism as a world phenomenon?"

    木村 幹

    2004年度日本政治学会研究会:座長, 2004年01月, 日本語, 日本政治学会, 北海道大学, 国内会議

    その他

  • 「地域研究と外国研究としての『日本の』韓国/朝鮮研究 - 政治学の立場から -」

    木村 幹

    2002年度現代韓国朝鮮学会大会, 2002年11月, 日本語, 現代韓国朝鮮学会, 九州大学, 国内会議

    その他

  • 「満洲事変前後における東アジア社会の変容」

    木村 幹

    東アジア近代史学会第六回研究大会:座長(加藤陽子氏と共同座長), 2001年06月, 日本語, 東アジア近代史学会, 早稲田大学会場, 国内会議

    その他

  • 「1990年代北東アジアの『構造』変動」

    木村 幹

    2001年度日本比較政治学会研究大会:座長, 2001年06月, 日本語, 日本比較政治学会, 神戸大学, 国内会議

    その他

  • 「韓国ナショナリズムから見た日米韓関係 - 「超越的価値」なき「小国」ナショナリズムからの展望-」

    木村 幹

    2000年度日本政治学会研究会, 2000年10月, 日本語, 日本政治学会, 名古屋大学, 国内会議

    その他

  • Korean Unification and Nationalism: Can Korean Nationalism after Unification be a Threat to Japan?

    木村 幹

    Bilateral Meetings for the Korean Reunification Project, 1998年10月, 英語, The National Bureau of Asian Research, ワシントンD.C.、アメリカ合衆国, 国際会議

    その他

  • 「開化派・親日派・国内派 - 東亜日報グループからの考察」

    木村 幹

    東アジア近代史学会第二回研究大会, 1997年06月, 日本語, 東アジア近代史学会, 早稲田大学, 国内会議

    その他

  • 「韓国ナショナリズムの前提条件」

    木村 幹

    中四国法政学会1994年度大会, 1994年07月, 日本語, 中四国法政学会, 愛媛大学, 国内会議

    その他

  • 「東アジアの政治と経済」

    木村 幹

    1993年度日本政治学会研究会:予定討論者, 1993年10月, 日本語, 日本政治学会, 関西大学, 国内会議

    その他

所属学協会

  • 国際政治学会

    2015年10月 - 現在
  • The International Studies Association

    2005年10月 - 現在
  • International Policitical Science Association

    2004年10月 - 2008年10月
  • 現代韓国朝鮮学会

    2000年11月 - 現在
  • Association for Asian Studies

    1998年10月 - 現在
  • 比較政治学会

    1998年06月 - 2015年06月
  • 東アジア近代史学会

    1996年06月 - 現在
  • 日本政治学会

    1993年10月 - 2015年10月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 韓国における民族主義的運動団体の研究:歴史認識問題に関わる団体を中心に

    木村 幹

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2021年04月01日 - 2026年03月31日

  • SDGsと持続可能な開発独裁:アジア地域研究からの警鐘

    玉田 芳史, 相沢 伸広, 上田 知亮, 河原 祐馬, 木村 幹, 鈴木 絢女, 滝田 豪, 中西 嘉宏, 日下 渉

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 京都大学, 2020年04月01日 - 2023年03月31日

  • 現代中国の政治エリートに関する総合研究:選抜と競争の在り方、ガバナンス能力

    唐 亮, 菱田 雅晴, 青山 瑠妙, 久米 郁男, 加茂 具樹, 谷川 真一, 木村 幹, 高原 明生, 林 載桓, 任 哲

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 早稲田大学, 2018年04月01日 - 2022年03月31日

    本研究は、実証研究、統計分析と比較研究によって、1)政治エリートの選抜制度と育成戦略はどのようなものであるか、2)政治エリート間の権力獲得競争はいかに展開され、長い競争過程を勝ち抜く条件とは何か、3)派閥政治はどのように権力競争の結果に影響を与えるのか、4)民主主義国家、競争的権威主義国家と比べれば、中国の権力獲得競争の在り方と政治エリートのガバナンス能力はいかなる特徴をもつのかといった問題を明らかにしようとするものである。 2019年度では、研究代表者と研究分担者は資料・データの収集・整理と解析、現地での聞き取り調査を行って、以下のように中間成果を纏めている。 第1に、改革開放機以降の省のトップ(党書記)に関する研究である。学歴、初任機関のランク(中央機関か地方の機関か、地方の場合どのレベルか)と分野(党務、行政、国営企業、教育研究など)の分布、昇進のスピード、人事異動のパターン、在任期間などに関し、初歩的な統計分析を行い、政治昇進のパターン化を試みた。 第2に、飛び級の昇進に関する統計分析である。一部の政治エリートはなぜスピーディな昇進を果たしてきたかについて、統計分析を試み、派閥政治との関連で要因分析を試みた。 第3に、集団指導体制に関する研究である。集団指導制度はどのような仕組みか、各段階でどのように運用されてきたか、派閥力学の変化は集団指導体制の変化にいかなる影響を与えるかについて、初歩的な分析を試みた。

  • 杉村 豪一, MASLOW SEBASTIAN, 米沢 竜也, 木村 幹

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 2018年04月01日 - 2021年03月31日

    この研究は、日中韓3か国の大学間交流プログラムであるキャンパス・アジアを分析対象として、北東アジアにおける国際教育協力が該当地域における集合的アイデンティティの形成に与える影響を明らかにしようとするものである。研究実施計画に沿って、平成31年度は前年度に行ったインタビュー調査、アンケート調査のとりまとめと、その詳細な分析を行った。加えて、これまでの調査で収集した情報を補足しデータセットの一層の充実を図るため、該当年度もインタビュー調査、アンケート調査を引き続き行った。 平成31年度に行った研究の結果、キャンパス・アジアを経験した学生の全体的な傾向として、東アジアを単位とする地域的なアイデンティティや、各国に対する友好的な対外意識の醸成、国際協力に対する必要認識といった点で、留学経験が肯定的な影響を与えていることが明らかとなった。ただし、この影響は学生の国籍や個々の留学に対する目的意識によって異なるものとなってた。 以上が平成31年度の研究成果である。この研究成果には、国際関係論分野における教育機関や学生といった、これまで見逃されがちであった非国家、非営利アクターの果たす役割を実証的に分析したという点で学術的な意義がある。また、東アジア地域的の安定や国家間の協力に対し、教育にはそれを後押しする潜在的な力があることを示したという点で、社会に対しても重要な知見を提供できたのではないかと考えている。

    競争的資金

  • 米沢 竜也, 見市 建, MASLOW SEBASTIAN, 舟木 律子, 木場 紗綾, 木村 幹, 杉村 豪一, 秋田 真吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2018年04月01日 - 2021年03月31日

    本研究は、「近年なぜ特定の民主主義国において大統領を弾劾する事例がみられるのか」という問いに対し、民主主義制度に対する国民の信頼の低下という観点から分析することを目的としている。政治エリートのパフォーマンスに対する不満は、近年アメリカやフランスといった「古い民主主義国」から、1980年代に民主化を経験した「新しい民主主義国」まで幅広くみられる現象である。本研究は、特に、後者の国々において、大衆の政治的不満が議会や政党といった既存の民主主義的制度に回収されず、大規模なデモ、さらには大統領弾劾へと展開しているという仮説の下、現代の民主主義の不確実性を各国の事例から分析する先駆的な試みである。 前年度に「新しい民主主義国」における大統領をめぐる政治において、注目すべき点(大衆行動の有無、政治的不満を回収する政治制度の有無、行政・立法・軍部といったエリート間の関係)を確認したことを踏まえ、本年度は、各研究者が、担当する地域における民主主義制度や政治的対立構図、または、その歴史的ルーツについて文献調査を実施した。また、それぞれ学会・研究会で報告、および、論文を発表した。 新興民主主義国においては、各国それぞれの政治的文脈があるものの、近年より先鋭化している市民社会の対立構図が民主化前から根付いている「ナショナリズム」や「宗教」といった要素を強調しており、アイデンティティのような分割できない利益をめぐって二極化した政治や社会的分断が進展していることを確認した。 次年度は、この社会的分断と民主化後に導入された政治制度に対する信頼度の変化にどのような関連があるのか、また、大衆行動にどのように繋がっているのかという点をさらに分析していく予定である。

    競争的資金

  • 戦争と植民地をめぐる和解文化と記憶イメージ

    浅野 豊美, 土屋 礼子, 青山 瑠妙, 米倉 律, 小菅 信子, 武井 彩佳, 李 海燕, 成田 龍一, 丁 智恵, 平川 幸子, 中山 大将, 木村 幹, 加藤 恵美, 金 泰植, 小林 聡明

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型), 新学術領域研究(研究領域提案型), 早稲田大学, 2017年06月30日 - 2022年03月31日

    各自の研究報告を中心とする研究会を5回にわたって着実に開催した。主な研究テーマとしては、「英国映画の中の日本軍をめぐる集合的記憶と和解の実践」(小菅)、「60 年代日本のテレビドラマにおける植民地支配と戦争をめぐる『和解』」(丁)、「日韓両国の慰安婦言説と映画」(木村)、「『和解』の担い手としてのアイドル・ファン」(金)、「戦争と植民地に関する映画の分析」(加藤)、「NHKスペシャル30年における〈和解〉」(中山)、「和解の文学論のために」(成田)、「テレビの『8月ジャーナリズム』における”アジア”の表象」(米倉)、「80年代ミュージシャンたちの日中関係―「和解」時代の民間文化交流への示唆として―」(平川)、「和解の規範ー歴史の外部へ」(浅野)、「日本の新聞メディアにおける『中華思想』」(黄)、「映画/ドキュメンタリーにおけるホロコーストの表象の変遷」(武井)、「日蘭イ対話の会と和解」(タンゲナ)、「中国における記憶の構築と日中和解」(青山)、「東アジアにおけるメディアと和解ー総論の見取り図」(土屋)、「中国の現代映像作品にみる戦時中「日本」表象の変遷」(李)である。 分担者として新たな参加者を得たことによって、研究会の構成が充実したものとなった。 第3年度目に和解学叢書の刊行を目指すことに対して、各分担者からの合意をえた。報告のテーマは、日本・韓国・中国における主に「戦後」や「文革後」・「民主化後」を対象にして、戦争や植民地支配についての記憶がいかにメディア作品として継承したのかを解き明かすものとなろう。2018年9月に、ロンドンにて小菅信子氏の紹介で英国の戦争体験者および関連研究者のインタビューを行った。

  • 木村 幹, 金 誠, 浅野 豊美, 金 世徳, 田中 悟

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2016年04月01日 - 2021年03月31日, 研究代表者

    令和元年度の本研究は予定以上のペースで進行した。とりわけ重要なのは、研究成果のとりまとめが近づいた4年目に入り、書籍の出版計画が確定し、その編集作業が順調に進んだことである。これにより、研究最終年度内に研究成果が書籍として出版される事が確実となっている。 また、このような研究成果のとりまとめの段階における、補足的調査としての関係者からの聞き取りも順調に推移している。令和元年度において重要だったのは、慰安婦問題における90年代以降の展開において最も重要な部分の一つである、2015年の慰安婦合意とその後の朴槿恵・文在寅両政権下におけるこの合意を巡る駆け引きについてのインタビューが進行した事である。これにより本研究の中心となる90年代の慰安婦問題に関わる事態の展開が、今日の日韓関係にどのようにして繋がったのかが明確になることとなった。 ここにおいてとりわけ重要な発見は、政権側と歴史認識問題に関わる運動団体のコミュニケーションの在り方が、問題の展開に大きな影響を与えている事、そしてそのコミュニケーションの在り方においては、拡大する韓国における保守勢力と進歩勢力の間の溝が重要になっている、という事であった。即ち、2000年代に入っての韓国での保守勢力と進歩勢力の対立の激化が韓国政府と運動団体の間のコミュニケーションを困難にさせる一方、運動団体をして政権交代を待って巻き返しを図ることが可能な状況が作り出されることになった。そしてその事が、結果として日韓関係にも大きく影響する事になっている。

    競争的資金

  • 玉田 芳史, 相沢 伸広, 上田 知亮, 河原 祐馬, 木村 幹, 鈴木 絢女, ホサム ダルウィッシュ, 中西 嘉宏, 日下 渉, 岡本 正明

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 京都大学, 2014年04月01日 - 2017年03月31日

    本研究の目的は、東南アジア諸国における政治の民主化と司法化の関係を考察することであった。司法化は民主化に付随して始まり、民主主義を守る役割を果たすと理解されることが多い。しかし、司法化は、多数派の暴政を言い立てて多数決主義を否定する特権的少数者を保護することがある。民主化途上国では民主主義がまだ脆弱であるため、司法化は民主化を容易に阻害し危機に陥れる。タイはその典型である。 司法化の現状は多様である.司法化に大きな影響を与えるのは、2つの要因であることが明らかになった。判事の人事と司法府を取り巻く政治状況である。

  • 木村 幹, 伊賀 司, 見市 建, 上田 知亮, 濱中 新吾, 岩田 拓夫, 横山 豪志, 滝田 豪, 玉田 芳史

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 挑戦的萌芽研究, 神戸大学, 2012年04月01日 - 2015年03月31日, 研究代表者

    本研究課題は、日本、韓国、中国、マレーシア、タイ、インド、中東諸国、さらにはアフリカ諸国を対象として、SNSの普及がどのような政治的影響を与えたかを分析した。研究においては、各研究者が実際にSNSに参加し、情報収集及び情報発信を行うという、参与観察の手法を用いた。 結果、SNSの普及が政治に大きな影響を与えるには、従前の情報ネットワークにおいて歪みが存在する事が必要である事が明らかになった。

    競争的資金

  • 木村 幹, 浅羽 祐樹, 金 世徳, 田中 悟, 田中 悟, 酒井 亨

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2011年04月01日 - 2016年03月31日, 研究代表者

    本研究が明らかにしたのは、全斗煥政権が当時の状況に対して、如何なる主観的認識を持ち、どう対処しようとしたか、それが結果として、当時の韓国社会におけるどのようなイデオロギー的変化を齎したか、である。その結果は次のように要約する事が出来る。 1)同政権は1980年代初頭における政治的弾圧をも駆使した結果得られた、政治的安定を大きく評価し、ゆえに多少の民主化運動の許容は、政権の基盤を揺るがさないものと考えた。2)政権内部にではこのような理解には大きな対立はなかった。3)しかしながら、実際にはこの結果行われた民主化運動は政権側の予想を超えて拡大した。4)この誤算が韓国の民主化実現に大きく貢献した。

    競争的資金

  • 玉田 芳史, 河原 祐馬, 木村 幹, 水野 広祐, 岡本 正明, 麻野 雅子, 日下 渉, 横山 豪志, 滝田 豪, 河野 元子, 上田 知亮

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 京都大学, 2010年 - 2012年

    タイ、フィリピン、マレーシア、韓国の政治は、1997 年のアジア通貨危機直後には安定していたものの、その後不安定になった。その主因は、社会的な格差や分断を増幅した新自由主義経済政策であった。社会経済的地位が不安定になった中間層は、多数派庶民の政治的台頭を前にして、数に対抗するために道徳という質を強調するようになった。そうした対立と不安定化が、タイとフィリピンではとりわけ顕著になっている。

  • 河原 祐馬, 谷 聖美, 佐野 寛, 近藤 潤三, 玉田 芳史, 島田 幸典, 小柏 葉子, 麻野 雅子, 永井 史男, 木村 幹, 中谷 真憲, 横山 豪志

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 岡山大学, 2009年 - 2011年

    本研究は、移民外国人の社会統合問題について、その政治的成員資格と新たなナショナル・アイデンティティをめぐる議論に焦点を当て、ヨーロッパや日本をはじめとするアジア太平洋地域の事例を比較地域的な観点から考察するものである。本研究の成果は、トランスナショナルなレベルにおける地域協力の取り組みについての議論が活発化する中、今後のわが国における移民政策の基本的な方向性を模索する上での一助となるものである。

  • 唐 亮, 木村 幹, 松里 公孝, 石塚 迅, 稲垣 文昭, 島田 弦, 渡辺 剛, 加茂 具樹

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 早稲田大学, 2008年 - 2010年

    体制移行のコストから民主化を軟着陸、硬着陸と中間モデルなどのパターンに分けられる。体制移行後、民主政の質も必ずしも同じでない。経済発展水準、中産階級の成熟度、法治国家の整備状況、市民社会の成熟度といった初期条件の成熟度が体制移行のコスト、民主政の成熟化に重大な影響を与える。既存の民主化研究は民主化の過程を体制移行と民主政の定着の2段階としたが、研究視野を民主化のインフラ整備へと拡大する必要がある。

  • 高原 明生, 下斗米 伸夫, 園田 茂人, 厳 善平, 唐 亮, 青山 瑠妙, 中岡 まり, 三宅 康之, 小嶋 華津子, 阿古 智子, 加茂 具樹, 田原 史起, 城山 英巳, 張 志紅, 杜 創国, 白 智立, 松田 康博, 武田 康裕, 木村 幹, 川原 彰

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 東京大学, 2007年 - 2009年

    市場化と経済発展によって、中国では草の根レベルにおける政治活動が様々な領域で活発化している。しかし、マス・メディアの動向や人民代表大会、住宅管理組合や農村の動向などを実証研究した結果、政治活動の活発化は必ずしも「ボトム・アップ」の改革につながる様相を呈していないことがわかった。その主な原因は党の統制という制限があることであり、改革の行方は党の側が草の根の動態に如何に対応するかにかかっている。

  • 玉田 芳史, 河原 祐馬, 木之内 秀彦, 戸田 真紀子, 木村 幹, 岡本 正明, 村上 勇介, 藤倉 達郎, 横山 豪志

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 京都大学, 2007年 - 2008年

    民主主義が政治のグローバル・スタンダードになった今日でも、軍事クーデタは生じうることを複数の事例の比較研究から確認した.1 つには、政治の民主化が進んで、軍があからさまな政治介入を控えるようになっても、軍が政治から完全に撤退することは容易ではないからである.もう1 つには、クーデタに対する国際社会からの歯止めは、軍首脳が国際関係よりも国内事情を優先する場合には、あまり強く機能しないからである.

  • 河原 祐馬, 谷 聖美, 玉田 芳史, 島田 幸典, 木村 幹, 麻野 雅子, 永井 史男, 植村 和秀, 中谷 真憲, 力久 昌幸

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 岡山大学, 2007年 - 2008年

    グローバルによる国民国家の変容という世界的な潮流に対するリアクション としてのナショナリズムの問題に注目し、欧米先進地域をはじめとする移民受け入れ国におけ るナショナル・ポピュリズム運動についての比較地域的な研究を通して、これらの地域におい て今日顕著な現象となっている「移民問題の政治化」というテーマに学究的に取り組んだ研究 である。本研究の成果は、移民流入時代の本格的な到来を見据える上で、これからのわが国が 着手するべき移民政策の基本的な在り方を模索する上での一助となるものである。

  • 世界現象としての「ポピュリズム」?-グローバル化との関連を中心に

    木村 幹, 大嶽 秀夫, 下斗米 伸夫, 山田 真裕, 松本 充豊

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2005年 - 2007年

    本研究は、現在の各国政治に顕著に見られる「ポピュリズム現象」に注目し、その原因と各国の事情について分析したものである。研究の概要は以下のようなものである。 1)「ポピュリズム」の概念に対する検討。本研究においては、従来の錯綜した議論の中から、ポピュリズムを政治家や政党の「戦略」としてのポピュリズムと改めて位置づけた。 2)戦略としての「ポピュリズム」が採用されるに至った各国の事情。本研究におしては、主たる検討対象として、日本、ロシア、台湾、韓国の4カ国を取り上げ、その具体的な状況について検討を行った。 3)各国に共通する状況と世界的な「ポピュリズム」現象が持たされた理由。本研究では、その理由として、従来の政治体制、就中、政党と議会に対する信頼の低下が、各国の政党や政治家をして、政治的リーダーシップの獲得・維持のための合理的な選択として、政治家の個々の個人的人気に依拠せざるを得ない状況を作り出していることを指摘した。また、このような政党と議会に対する信頼の低下の背景に、冷戦崩壊とグローバル化の結果として、各国の従来の政治システムが機能不全を起こしていることがあることを明らかにした。 以上のような、本研究は今日も続く、世界各地の「ポピュリズム」現象とその結果としての不安定な政治状況に対する包括的な理解を築くものとして、大きな学問的意義を有している。そのことは、本研究の成果が既に国際的な学術会議や、雑誌論文として公にされ、国内外に広く反響をよんでいることからも知ることができる。

  • 民主化後の「新しい」指導者の登場とグローバル化:アジアとロシア

    玉田 芳史, 河原 祐馬, 木村 幹, 岡本 正明, 横山 豪志, 滝田 豪, 左右田 直規

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 京都大学, 2005年 - 2006年

    本研究は民主化以後に登場した新しいタイプの指導者について、(1)その登場の背景ならびに(2)登場が民主化に与える影響について分析した。具体的に取り上げたのは、韓国の盧武鉉大統領、中国の胡錦涛国家主席、タイのタックシン首相、マレーシアの与党青年部副部長カイリー、インドネシアのユドヨノ大統領とゴロンタロ州知事ファデル、インドのインド人民党(BJP)、ロシアのプーチンである。 (1)背景 (a)民主化に伴い指導者が選挙を通じて選ばれるようになったことが新しいタイプの指導者の登場を可能にした。(b)1990年代に政治経済の激動を経験し(経済危機、長期政権の崩壊)、国民が危機からの脱却を可能にしてくれる強い指導者を待望した。(c)既存の政党組織よりも、個人的な人気によって、支持を調達している(自由で公平な選挙が実施されているとはいえない中国とマレーシアは例外)。(d)指導者は国民に直接訴えた。危機で傷ついた国民の自尊心の回復、危機の打撃を受けた経済再生とりわけ弱者の救済をスローガンとした。このいわゆるポピュリズムの側面は中国やインドにも共通していた。(c)(d)双方の背景には、放送メディアやインターネットの積極的な活用が宣伝を容易にしたという事情があった。 2 影響 (a)強い指導力を発揮できた事例とそうではない事例がある。韓国とインドネシアでは期待外れに終わり、タイとロシアでは期待通りとなった。(b)強い指導力を制度化できるかどうかに違いが見られた。プーチンは成功したものの、タイでは強い指導者の登場を嫌う伝統的エリートの意向を受けたクーデタで民主主義が否定された。

  • 木村 幹

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2005年, 研究代表者

    競争的資金

  • 五百籏頭

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2005年

    競争的資金

  • 東・東南アジア諸国における政治の民主化と安定

    玉田 芳史, 片山 裕, 河原 祐馬, 木村 幹, 木之内 秀彦, 左右田 直規, 横山 豪志

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 京都大学, 2003年 - 2004年

    政治の民主化と安定が好ましいことは広く合意されている。しかしながら、両立は容易ではない。本研究は東・東南アジア地域諸国において、政治の民主化と安定はどういう条件が整えば両立可能なのかを解明することを目指した。 東・東南アジア地域には過去20年間に政治の民主化が進んだ国が多い。本研究では韓国、フィリピン、インドネシア、マレーシア、カンボジア、タイのアジア6カ国を取り上げた。この6カ国では2003年から2005年にかけて国政選挙が行われた。選挙にあたって政治が緊迫したのはこれらの国の政治が民主化してきた証拠である。それとともに、比較対象地域として同じ時期に民主化が進んだバルト諸国のエストニアを取り上げた。 両立のためには制度設計が重要なことはエストニアの事例がよく示している。エストニアは両立に成功した数少ない旧社会主義国の1つである。鍵になったのは、民主化の着手時にロシア系住民から市民権を剥奪したことであった。当初は国際社会から厳しい批判を招いたものの、結果としてはよい結果をもたらした。 アジアの場合、民主化と安定のバランスを保つことが難しい。タイでは1997年憲法で安定を重視した結果、民主的な手続きを軽視する指導者を生み出すことになった。ここでは、フィリピン、韓国、インドネシアともに国家指導者罷免の手続きが課題として浮上することになった。フィリピンやインドネシアでは独裁支配の忌まわしい記憶が残っているため、強い指導者の登場を助けるような制度設計には消極的である。また、手続き上の制度の不備あるいは不正利用のために、民主主義体制の正当性確立が容易ではない。 今後の研究課題として、制度よりもポピュリズムの手法に依拠して登場しつつある強い指導者について調べてみたいと計画している。

  • 外国人参政権問題の国際比較研究-グローバル化に伴う国民国家の「変容」の中で-

    河原 祐馬, 谷 聖美, 玉田 芳史, 力久 昌幸, 植村 和秀, 木村 幹

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 岡山大学, 2003年 - 2004年

    本研究は、外国人参政権問題についての国際比較研究を通じて、グローバル化された国際環境の中での移民移入国における市民権政策の現状と課題について分析し、今世紀の多民族社会における民族共存の条件について考察することを主たる目的としている。研究対象地域としては、定住外国人に対する市民権政策においてこれまで多くの試みがなされてきた英独などEU諸国、新たな国民国家の形成途上の中で少数民族の社会統合問題にとり組むバルト諸国など旧ソ連・東欧諸国および冷戦構造が残存する中で近隣隣国との複雑な外交関係の影響下に国内の外国人問題に対処しなければならない日本などアジア諸国をとり上げ、これら政治的、経済的、かつ文化的に異なるレベルの環境にある個々の地域の歴史的経緯を踏まえた外国人問題の現状についての比較的研究の試みがなされている。 本研究では、大別して、1.グローバル化、ナショナリズム、選挙制度や政党政治等の問題についての理論研究、2.移民移入国における外国人問題の歴史的プロセスについての考察、および、3.これら諸国における定住外国人に対する参政権問題をはじめとする市民権政策の現状と課題についての比較研究、という主たる三つの課題が設定されており、各々の研究分担者が特に当該担当諸国における市民権政策の特殊性に焦点を当てつつ、これらの課題に取り組んでいる。具体的テーマとしては、わが国の在日韓国・朝鮮人問題、タイの外国人の政治的権利、ドイツにおける「ヨーロッパ人」の参政権問題、バルト諸国のロシア語系住民問題、アメリカおよびイギリスにおける定住外国人の参政権問題がとり上げられており、こうした問題の詳細な考察を通じて、冷戦終結後の国際社会における民族共存の諸条件についての比較政治的分析が試みられている。

  • 東・東南アジア地域諸国の民主化過程に関する比較史的研究:地域研究と理論研究の架橋

    玉田 芳史, 木之内 秀彦, 木村 幹, 片山 裕, 島田 幸典, 横山 豪志, 前田 浩

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 京都大学, 2001年 - 2002年

    本研究は東・東南アジア地域諸国の民主化過程を説明することを目的としていた。この地域には過去20年間に民主化が進んだ国が多くある。東アジアでは韓国と台湾、東南アジアではフィリピン、インドネシア、東ティモール、タイ、カンボジアである。これらの国々は民主化の定着を目指しつつある。しかし、この地域の政治は多様であり、社会主義一党独裁(中国、北朝鮮、ヴェトナム、ラオス)、軍事政権(ミャンマー)、専制君主制(ブルネイ)、権威主義的な民主主義(シンガポールとマレーシア)の国もある。 本研究はこの地域で民主化が観察された国の中から韓国、フィリピン、インドネシア、タイ、カンボジアの5カ国を選び、それぞれの国を専門とする地域研究者が民主化過程を研究した。さらに、地域研究者が陥りがちな一国主義の弊を避けるために、ヨーロッパ国制史と政治理論の研究者を加えて、比較と歴史を視野にいれつつ、解明を試みた。 事例の相互比較を通じて、各国の民主化過程についてはいろんな特徴が明らかになってきた。それに加えて、一般的な特徴として確認できたのは次の4点である。第一に、民主化過程が始まる契機は一様ではなく、国ごとに違いがみられる。第二に、民主政治の定着は、権威主義体制の崩壊よりもはるかに難しい。第二に、民主化には少なくとも20年ほどの時間が必要であり、それゆえ長めの時間軸を設定して分析しなければならない。第四に、民主化にあたっては政治エリートが重要な鍵を握る。

  • ナショナリズムの「プライド」と「アイデンティティ」-冷戦後民族紛争からの考察-

    木村 幹, 余 項科, 河原 祐馬, 玉田 芳史, 横山 豪志, 植村 和秀

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2001年 - 2002年

    研究代表者及び研究分担者は、本補助金に基づいて以下のような研究を行った。 平成13年度 研究代表者及び研究分担者は、本補助金に基づいて以下のような研究を行った。 まず、共同の作業としては、平成13年5月19日、10月27日、12月15日、及び、平成14年3月2日の4回に渡り、何れも京都大学を会場として、「ナショナリズムの『プライド』と『アイデンティティ』研究会を行い、研究状況の確認と、前提となる研究分析方法に対する確認作業を行った。 また、以上のような研究状況の確認の結果として、研究代表者及び研究分担者は次頁において示されるような研究を行い、その成果を論文・研究会報告等の形で公表した。 平成14年度 まず、平成14年5月18日、7月27日、11月16日、12月28日の4回に渡り、何れも京都大学を会場として研究会を行い、研究状況の確認と研究分析方法に対する精査を行った。また、これ以外にも研究代表者と研究分担者は、個別の会合やe-mailを通じた連絡により、研究の内容に対する理解を深めてきた。 以上のような研究の結果として、研究代表者と研究分担者は次頁において示されるような研究を行い、論文・研究会報告等の形で公表した。 また、研究代表者と研究分担者は以上のような研究実績を基にして、現在、その研究成果を、一冊の報告書としてまとめた。あわせて研究代表者は、本研究に基づく研究成果の一部を、平成15年度5月31日付けで『韓国における「権威主義的」体制の成立』という表題でミナルヴァ書房から単著として出版した。

  • 途上国の地方行政システムと開発

    村松 岐夫, 片山 裕, 鳥居 高, 永井 史男, 大西 裕, 木村 幹, 玉田 芳史, 秋月 謙吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 京都大学, 1997年 - 1998年

    この研究プロジェクトは、途上国の行政能力向上(capacity-building)に関して分権化推進と行政制度改善のための提言を行うことを目的とした。研究成果は、理論面と実際面に分けられる。理論的成果の第一は、世界的な分権化の潮流がアジア諸国における分権化には、二つの要因が大きく影響していることが分かった。第一は、途上国が被援助国であるために、援助国・機関の分権化思想の影響受けやすい。ここで援助機関とは世界銀行、IMF,アジア開発銀行などである。第二には、多くの被援助国は、旧植民地国であり、宗主国の残した制度が現在のシステムの中にも濃厚に観察される。こうした環境のもとでの分権化は、各国で民主化過程のための要素である過程と理解されている。旧来の開発独裁的な行政であれ、最近の規制緩和を含む経済改革であれ「上からの」改革が進行する中で民主化は進歩の方向である。政府指導者の側からも政権を正統化するための妥協の策として分権化は受け入れられている。問題はどのようなタイプの地方制度を採用するかである。この点について我々は、途上国の分権化改革の全体について日本の機関委任事務、補助金制度、出向人事等は有益であるとの実務界からの意見も得られた。 次に、本プロジェクトが特に焦点を当てた住民登録に関して述べるならば、独立の過程での宗主国との葛藤が住民登録行政には刻印されていることが分かった。フィリピンにおける住民登録への嫌悪感は明らかにスペイン統治の後遺症であるし、マレーシアは建国とその後の政治秩序の維持のためにマレー人優位をうたう憲法持つという結果をもたらした。 さらに住民登録行政の発達には、その国家目的の重点の変化が見られる。住民登録は、徴税や徴兵といった国家の資源動員のための手段であると考えられたが、最近では、途上国の民主化は次第に住民登録を住民への公平なサービスのための行政制度と位置づけるようになっていったと思われる。我々が得た知見は、以上の大きな流れの中で適用されなければならない。

  • 韓国ナショナリズム形成過程における「売国奴」問題と韓国の「国家」

    木村 幹

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 奨励研究(A), 愛媛大学, 1995年 - 1995年

    一九九五年度の研究実績は概ね順調であった。就中、科学研究補助金による支援を受けての、「韓国ナショナリズム形成過程における「売国奴」問題と韓国の「国家」」に関する研究に付いては、その研究は大きな進歩を見せた。以下にその実績に付いて簡単に触れることとする。まず、この分野の実績として挙げられるのは、「平和主義から親日派へ-李光洙・朱耀翰に見る日本統治下の韓国知識人の一断面」(愛媛法学会雑誌22-2)である。ここにおいて、筆者は、日帝下の所謂親日派の有していた「民族主義」の諸問題と韓国独立運動の「力」の限界点を指摘した。また、この研究の前提となる時代を描いたものとしては、「李完用に見る韓国併合の一側面」(政治経済史学、351・352)がある。筆者はこの論文にて、韓国併合前の状態と親日派の動態を明らかにすることにより、日帝下の親日派の研究の前提を整理した。他方、韓国併合以後の問題に付いては、「「小国意識」とナショナリズム-李承晩に見る韓国ナショナリズムの一帰結-」(愛媛法学会雑誌20-3/4)により、李承晩を中心に執筆した。更に、これらを集大成したものとして、「朝鮮/韓国のナショナリズムと小国主義」(あうろ-ら2)もある。 研究上の手法的問題としては、筆者の勤務校において、今年度より本格運用された、学術ネットワークの運用が、研究遂行に当たる不可欠な手段となったことが、最も大きな進歩と言えよう。これらは、韓国のデータベースである、KINDSの利用により研究の各所に反映された。

  • 韓国近代化と韓国人の対外意識形成における前近代東アジア国際システムの影響分析

    木村 幹

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 奨励研究(A), 愛媛大学, 1994年 - 1994年

    九四年度の研究は概ね順調であった。その第一の成果が、愛媛法学会雑誌にて公表した、「近代朝鮮の自国認識と小国論-金允植に見る朝鮮ナショナリズム形成の一前提-」である。申請者はこの論文において、朝鮮王朝末期の朝鮮外務大臣等を歴任した金允植の経歴を追うことにより、彼の政治行動の中に、「小国意識」がどのような形で陰を落としていたかを実証し、更にその「小国意識」が、財政規模から見て、また、国際情勢との絡みで、相当程度、当時の朝鮮王朝の現実の姿と一致したものであったことを指摘した。 その他の成果は、既に論文として提出中の、二本の論文となっている。その一つは、現在、政治経済史学会誌に投稿中の「売国の論理-李完用に見る韓国併合の一側面-」である。申請者はこの論文において、旧韓国最後の総理大臣であり、「売国奴」の筆頭に挙げられる李完用の思想に着目し、彼の政治行動原理を解明すると同時に、彼の政治行動が、前近代東アジア国際システムの観点からどのように説明できるか、また、その論理に一定の整合性が強いか、を指摘し、韓国/朝鮮植民地化の問題に対し、独自の見解を発表するに至っている。もう一つの研究は、「国家の「強さ」と社会の「強さ」-韓国近代化における国家と社会-」である。本研究において申請者は、韓国/朝鮮の国家の特質を歴史的に概観することにより、新たな韓国/朝鮮像を提示すると同時に、発展途上国国家の基本問題である「ソフトステート」に対する、新たな見解を提示することに成功している。就中、韓国在地社会が、富と権威の分断した状態にあり、それ故、一定且つ強固な地方共同体の核を持つことができなかったこと、そして、それを補うものとして、明確な核を有さないネットワークが発達したこと、そしてそのようなネットワーク社会としての特質が、韓国の国家が、社会を強力に統制することを阻んでいること、を指摘している。