研究者紹介システム

上田 修司
ウエダ シュウジ
大学院農学研究科 生命機能科学専攻
助教
農学その他
Last Updated :2021/04/12

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院農学研究科 生命機能科学専攻
  • 【配置】

    農学部 生命機能科学科

学位

  • 博士(医学), 神戸大学

授業科目

ジャンル

  • 環境・交通 / 農業
  • スポーツ・趣味 / スポーツ科学

コメントテーマ

  • 健康科学
  • スポーツ科学
  • 加齢と筋肉量
  • 食肉の熟成

研究活動

研究キーワード

  • 動物性食品由来の機能性成分
  • 筋肉
  • 加齢
  • 低分子量G蛋白質

研究分野

  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学

論文

  • Hiroko Nakai, Ryosuke Tsumagari, Kenta Maruo, Akio Nakashima, Ushio Kikkawa, Shuji Ueda, Minoru Yamanoue, Naoaki Saito, Nobuyuki Takei, Yasuhito Shirai

    Diacylglycerol kinase β (DGKβ) is an enzyme converting DG to phosphatidic acid (PA) and is specifically expressed in neurons, especially those in the cerebral cortex, hippocampus and striatum. We previously reported that DGKβ induces neurite outgrowth and spinogenesis, contributing to higher brain function including emotion and memory, and plasma membrane localization of DGKβ via the C1 domain and a cluster of basic amino acids at the C-terminus is necessary for its function. To clarify the mechanisms involved in neuronal development by DGKβ, we investigated whether DGKβ activity induces neurite outgrowth using human neuroblastoma SH-SY5Y cells. DGKβ induced neurite outgrowth by activation of mammalian target of rapamycin complex 1 (mTORC1) through a kinase-dependent pathway. In addition, in primary cultured cortical and hippocampal neurons, inhibition of mTORC1 abolished DGKβ induced-neurite outgrowth, branching and spinogenesis. These results indicated that DGKβ induces neurite outgrowth and spinogenesis by activating mTORC1 in a kinase-dependent pathway.

    2020年03月, Neurochemistry international, 134, 104645 - 104645, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Hayashi D, Tsumagari R, Liu K, Ueda S, Yamanoue M, Sakane F, Shirai Y

    2019年06月, Journal of biochemistry, 165 (6), 517 - 522, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • UEDA SYUJI, IWAMOTO EIJI, KATO YOSHIKI, SHINOHARA MASAKAZU, SHIRAI YASUHITO, YAMANOUE MINORU

    日本農芸化学会, 2019年01月, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 83 (1), 137 - 147, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 上田 修司, 岩本 英治, 加藤 良毅, 篠原 正和, 白井 康仁, 山之上 稔

    Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry, 2018年10月, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 83, 137 - 147, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Structural difference between myofibrillar protein, paratropomyosin, and tropomyosin as revealed by high-performance liquid chromatography

    NISHIO Yuriko, USHIMURA Yuichi, UEDA Shuji, MAEDA Naoyuki, HATTORI Akihito, YAMANOUE MINORU

    2018年08月, Animal Science Journal, 89 (8), 1161 - 1168, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Epigallocatechin gallate induces GLUT4 translocation in skeletal muscle through both PI3K- and AMPK-dependent pathways.

    UEDA-WAKAGI Manabu, HAYASHIBARA Kaori, NAGANO Tomoya, IKEDA Masaki, YUAN Sihao, UEDA Shuji, SHIRAI Yasuhito, YOSHIDA Ken-ichi, ASHIDA Hitoshi

    2018年, Food and Function, 9, 4223 - 4233, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • HAYASHI Daiki, UEDA Shuji, YAMANOUE Minoru, ASHIDA Hitoshi, SHIRAI Yasuhito

    Diabetic nephropathy (DN) is a diabetic vascular complication, and abnormal protein kinase C (PKC) activation from increased diacylglycerol (DG) production in diabetic hyperglycemia is one of the causes of DN. Diacylglycerol kinase (DGK) converts DG into phosphatidic acid. In other words, DGK can attenuate PKC activity by reducing the amount of DG. Recently, we reported that intraperitoneally administered d-α-Tocopherol (Vitamin E, αToc) induces an amelioration of DN in vivo through the activation of DGKα and the prevention of podocyte loss. However, the effect of the oral administration of αToc on DN in mice remains unknown. Here, we evaluated the effect of oral administration of αToc on DN and its molecular mechanism using streptozocininduced diabetic mice. Consequently, the oral administration of αToc significantly ameliorated the symptoms of DN by preventing the loss of podocytes, and it was revealed that the inhibition of PKC activity was involved in this amelioration.

    Japan Society for Bioscience Biotechnology and Agrochemistry, 2018年, Bioscience Biotechnology and Biochemistry, 82 (1), 65 - 73, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Diacylglycerol Kinase alpha is Involved in the Vitamin E-Induced Amelioration of Diabetic Nephropathy in Mice.

    Hayashi D, Yagi K, Song C, Ueda S, Yamanoue M, Topham M, Suzaki T, Saito N, Emoto N, Shirai Y

    2017年07月, Sci Rep., 7 (1), 2597, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of intramuscular FFAs on taste-traits of Japanese Black Wagyu beef

    趙 婭楠, 西田 昌弘, 中田 悠介, 上田 修司, 井原 一高, 豊田 淨彦, 山之上 稔

    King Mongkut's Institute of Technology Ladkrabang, 2016年08月, Proceedings of the 62nd ICoMST, 1, O - 05-1-4, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Detection of the connectin/titin 20-kda fragment increased in chicken sarcoplasm during postmortem aging

    仲 梓沙, 丸山 聖也, 中間 みなみ, 上田 修司, 山之上 稔

    Japanese Society of Animal Science, 2016年08月, Proceedings of the 17th AAAP Animal Science Congress, 1, 1119 - 1122, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 熟成による牛肉の脂肪および呈味性の変化

    山之上 稔, 趙 婭楠, 西田 昌弘, 中田 悠介, 上田 修司, 井原 一高, 豊田 淨彦

    日本食肉研究会, 2016年06月, 食肉の科学, 57 (1), 142 - 144, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Daiki Hayashi, Shuji Ueda, Minoru Yamanoue, Naoki Saito, Hitoshi Ashida, Yasuhito Shirai

    To develop a functional food for improvement and/or prevention of diabetic nephropathy, we investigated whether catechins can activate DGK alpha, which is involved in the vitamin E-induced improvement of diabetic renal dysfunction. Among the catechins tested, (-)-epicatechin-3-gallate, (-)-epigallocatechin-3-gallate (EGCg), (-)-catechin-3-gallate and (-)-gallocatechin-3-gallate induced DGKa translocation from the cytoplasm to the plasma membrane, which is an index of DGKa activation. In contrast, (-)-epicatechin, (-)epigallocatechin and gallic acid did not induce the translocation. Among the four galloylated catechins, EGCg was most effective, dose-dependent and subtype-specific among type I DGKs. Importantly, EGCg did indeed up-regulate DGK alpha activity. In addition, we found that a 67 kDa laminin receptor (67LR) mediates the EGCg-induced activation of DGKa, and both 67LR and DGK alpha; are expressed in podocyte among glomerular cells. Finally, the EGCg-induced translocation of DGKa was confirmed in cultured podocytes. Thus, EGCg activates DGKa via 67LR, providing the possibility that EGCg may improve and/or prevent diabetic renal dysfunction. (C) 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2015年05月, JOURNAL OF FUNCTIONAL FOODS, 15, 561 - 569, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • UEDA S, Blee AM, Macway KG, Renner DJ, Yamada S

    AMER SOC CELL BIOLOGY, 2015年, PLoS One., 26 (10(3)), e0122886, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 上田 修司, 小鍛治 泰斗, 清水 俊策, 本田 和久, 吉野 健一, 上曽山 博, 白井 康仁, 山之上 稔

    International trading markets of meat require the animal's age information to prevent cross-contamination of ineligible meat products. Individual livestock age is either evaluated from physiological features or verified by breeding history. However, it remains impossible to perform age verification on meat when a suspicion of error occurred in the importing country. To investigate an age-related protein in skeletal muscle of livestock, we compared protein expression among chicken pectoralis major of different ages. Results indicated that the level of expression of chicken HSPB1, one of the small heat shock proteins, was increased in aged muscles. On the other hand, other heat shock proteins, heat shock factors, and myosin heavy chain isoform did not change the expression levels in aged chicken muscle. In addition, we identified that alpha B-crystallin interacted with HSPB1 in aged chicken muscle. These results suggest that HSPB1 protein forms complexes with alpha B-crystallin in aged chicken muscle and suppose to become the candidate of age-related bio-marker for verifying the age of chicken meat.

    TAYLOR & FRANCIS LTD, 2015年, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 79 (11), 1867 - 1875, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 脂質結合ドメインを用いた新規ホスファチジン酸可視化プローブの開発

    沖本航, 中井寛子, 伊藤俊樹, 上田修司, 山之上稔, 白井康仁

    2014年12月, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 487th, 11, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Effects of storage and cooking on free fatty acid in Japanese Black Wagyu beef broth

    YAMANOUE MINORU, NISHIDA MASAHIRO, YAMATO SAYAKA, UEDA SYUJI, IHARA IKKO, TOYODA KIYOHIKO

    2014年11月, Proc. 16th AAAP Animal Science Congress, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • T. Kano, T. Kouzuki, S. Mizuno, UEDA SYUJI, YAMANOUE MINORU, SAKANE F, SAITO N, SHIRAI YASUHITO

    We previously reported that diacylglycerol kinase 13 (DGK beta) induces neurites and branches, contributing to higher brain function including emotion and memories. However, the detailed molecular mechanism of DGK beta function remains unknown. Therefore, we constructed various mutants of DGK beta and compared their enzyme activity, intracellular localization, and ability to induce neurites and branching in SH-SY5Y cells. Even when RVH-domain and EF-hand motif were deleted, the mutant showed similar plasma membrane localization and neurite induction compared to wild type (WT), although the kinase activity of the mutant was three times higher than that of WT. In contrast, further deletion of Cl domain reduced the activity to 50% and abolished plasma membrane localization and neurite induction ability. When 34 amino acids were deleted from C-terminus, the mutants completely lost enzyme activity, plasma membrane localization, and the ability to induce neurites. A kinase-negative mutant of DGK beta retained plasma membrane localization and induced significant neurites and branches; however, the rate of induction was weaker than that of WT. Furthermore, CIA and C1B mutants, which have a mutation in a cysteine residue in the CIA or C1B domain, and the RK/E mutant, which has substitutions of arginine and lysine to glutamic acid in a cluster of basic amino acids at the C-terminus, lost their plasma membrane localization and neurite induction ability. These results indicate that in addition to kinase activity, plasma membrane localization via the Cl domain and basic amino acids at the C-terminus were indispensable for neurite induction by DGK beta. (C) 2014 Elsevier Inc. All rights reserved.

    ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 2014年04月, Biochemical and Biophysical Research Communications, 447 (1), 89 - 94, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shuji Ueda, Becky Tu-Sekine, Minoru Yamanoue, Daniel M. Raben, Yasuhito Shirai

    Background: Diacylglycerol kinase (DGK) is a key enzyme that regulates diacylglycerol (DG) turnover and is involved in a variety of physiological functions. The isoform DGK. has a unique domain structure and is the sole member of type V DGK. To reveal the spatial and temporal expression of DGK. we performed immunohistochemical staining on paraffin sections of mouse embryos. Results: At an early stage of development (E10.5 and 11.5), the expression of DGK. was prominently detected in the brain, spinal cord, dorsal root ganglion, and limb bud, and was also moderately detected in the bulbus cordis and the primordium of the liver and gut. At later stages (E12.5 and 14.5), DGK. expression persisted or increased in the neocortex, epithalamus, hypothalamus, medulla oblongata, and pons. DGK. was also evident in the epidermis, and nearly all epithelia of the oropharyngeal membrane, digestive tract, and bronchea. At prenatal developmental stages (E16.5 and E18.5), the expression pattern of DGK. was maintained in the central nervous system, intestine, and kidney, but was attenuated in the differentiated epidermis. Conclusion: These results suggest that DGK. may play important physiological roles not only in the brain, but also in diverse organs and tissues during the embryonic stages.

    BIOMED CENTRAL LTD, 2013年10月, BMC DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 13, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of postmortem aging and cooking procedures on intramuscular fat and fatty acid composition in Japanese Black Wagyu beef.

    YAMANOUE MINORU, YANO KEIKO, HISANO EMI, UEDA SHUJI, IHARA IKKO, TOYODA KIYOHIKO

    The aim of this study was to analyze the changes in intramuscular fat of Japanese Black Wagyu beef after postmortem aging and cooking. Sample meats were taken from carcass cross-section between the sixth and seventh ribs of Japanese Black Wagyu cattle and stored at 4°C. At 7-, 14- and 28-days postmortem, total lipid was extracted with a mixture of chloroform and methanol accord

    National Organizing Committee for Technical Program, 2012年11月, Proc. 15th AAAP Animal Science Congress, 2962 - 2968, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Shuji Ueda, Tohru Kataoka, Takaya Satoh

    Background information. Insulin-stimulated glucose uptake into skeletal muscle is crucial for glucose homoeostasis, and depends on the recruitment of GLUT4 (glucose transporter 4) to the plasma membrane. Mechanisms underlying insulin-dependent GLUT4 translocation, particularly the role of Rho family GTPases, remain controversial. Results. In the present study, we show that constitutively active Rac1, but not other Rho family GTPases tested, induced GLUT4 translocation in the absence of insulin, suggesting that Rac1 activation is sufficient for GLUT4 translocation in muscle cells. Rac1 activation occurred in dorsal membrane ruffles of insulin-stimulated cells as revealed by a novel method to visualize activated Rac1 in situ. We further identified FLJ00068 as a GEF (guanine-nucleotide-exchange factor) responsible for this Rac1 activation. Indeed, constitutively active FLJ00068 caused Rac1 activation in dorsal membrane ruffles and GLUT4 translocation without insulin stimulation. Down-regulation of Rac1 or FLJ00068 by RNA interference, on the other hand, abrogated insulin-induced GLUT4 translocation. Basal, but not insulin-stimulated, activity of the serine/threonine kinase Akt was required for the induction of GLUT4 translocation by constitutively active Rac1 or FLJ00068. Conclusion. Collectively, Rac1 activation specifically in membrane ruffles by the GEF FLJ00068 is sufficient for insulin induction of glucose uptake into skeletal-muscle cells.

    PORTLAND PRESS LTD, 2008年11月, BIOLOGY OF THE CELL, 100 (11), 645 - 657, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Role of the Sec14-like domain of Dbl family exchange factors in the regulation of Rho family GTPases in different subcellular sites

    Ueda Shuji, Kataoka Tohru, Satoh Takaya

    2004年08月, Cellular Signalling, Vol. 16, No. 8, pp. 899-906, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Minoru Yamanoue, Shuji Ueda, Akiko Ohashi, Yumi Yoshimura, Shigemi Norioka

    In order to clarify the position where paratropomyosin binds to connectin in the A-I junction region of a sarcomere, chicken β-connectin was digested by Staphylococcus aureus V8 protease under denaturing conditions and the digested peptides were electrophoretically separated. Five peptides, 150-kDa, 100-kDa, 70-kDa, and 43-kDa fragments, were simultaneously detected by biotinylated paratropomyosin and an anti-connectin monoclonal antibody. The N-terminal sequence of the 43-kDa fragment was found to be YQFRVYAVNK, similar to the sequence of 7556-7565 amino acids in the I51 fibronectin type 3 domain that was located at the A-I junction region of human cardiac titin/connectin. Therefore, we propose that paratropomyosin binds to the 43-kDa fragment from β-connectin at the A-I junction region in both living muscle and in muscle immediately postmortem, and the N-terminus of the 43-kDa fragment is localized in the I51 domain. © 2003 by Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry.

    2003年01月01日, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 67 (3), 563 - 569, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Tamavidin-REVを用いたタンパク質間相互作用の網羅的解析

    上田修司, 吉野健一, 山田聡一郎

    2018年01月, 和光純薬時報, 86 (1), 6 - 7, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 黒毛和牛の魅力創出技術セミナーの開催報告

    上田 修司, 山之上 稔

    日本食肉研究会, 2017年06月, 食肉の科学, 58 (1), 49 - 52, 日本語

    会議報告等

  • リチウムによるDGKβKOマウスの記憶及び感情障害の改善には、PIP2の減少とPKCβの活性抑制が関与している

    沖本 航, 中井 寛子, 石坂 光絵, 中西 広樹, 森口 茂樹, 上田 修司, 山之上 稔, 福永 浩司, 佐々木 雄彦, 原 英彰, 白井 康仁

    ジアシルグリセロールキナーゼ(DGK)は、DGをリン酸化し、ホスファチジン酸(PA)に変換する酵素である。DGはPKCの活性化剤であり、PAもmTORなどを活性化することから、DGKは生体内で重要な働きをしていると考えられている。例えば、神経系に多く発現しているDGKβをノックアウト(KO)すると、シナプスや神経突起の形態に異常をきたし、記憶及び感情障害を呈する。また、この記憶及び感情障害はリチウムの経口投与で改善する。しかし、その分子機構は未だ不明である。そこで、リチウムによる記憶及び感情障害改善機構の解明を目的に以下の実験を行った。リチウム処置後のDGKβKOマウスの大脳皮質におけるスパイン密度を調べたところ、野生型レベルまで改善されていた。このときの、大脳皮質のリン脂質量を質量分析で解析したところ、PA量はあまり変動せず、PIP2が有意に減少していることが明らかになった。また、大脳皮質におけるPKC活性を調べたところ、DGKβKOマウスではPKCγの活性が野生型に比べて亢進しており、リチウム処置で正常化することが明らかになった。さらに、DGKβKOマウスから調製した大脳皮質初代培養細胞の形態異常は、リチウム処置及びPKCγの阻害で改善した。以上のことから、リチウムによるDGKβKOマウスの記憶及び感情障害の改善には、PIP2の減少と、これに続くPKCγの活性抑制によるスパイン密度の改善が重要であることが明らかになった。(著者抄録)

    日本脂質生化学会, 2016年05月, 脂質生化学研究, 58, 229 - 233, 日本語

  • Screening of novel diacylglycerol kinase alpha (DGK alpha) activator to develop drugs improving diabetic nephropathy

    Hayashi Daiki, Liu Ka, Ueda Shuji, Yamanoue Minoru, Sakane Fumio, Shirai Yasuhito

    2015年07月, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 128 (3), S102

    [査読有り]

  • ジアシルグリセロールキナーゼβによる特徴的な神経突起伸にはmTORが関与する

    白井 康仁, 中井 寛子, 中西 広樹, 中嶋 昭雄, 吉川 潮, 上田 修司, 山之上 稔, 斎藤 尚亮

    2012年05月28日, 脂質生化学研究, 54, 98 - 100, 日本語

  • 食肉の熟成と筋漿中の筋漿中のコネクチン断片増加

    上田 修司, 山之上 稔

    日本食肉研究会, 2011年06月, 食肉の科学, 52 (1), 120 - 123, 日本語

    [招待有り]

    会議報告等

書籍等出版物

  • 平成29年度 食肉に関する助成研究調査成果報告書 Vol. 36

    山之上 稔, 趙 婭楠, 中田 悠介, 上田 修司, 市村 さやか, 吉田 由香, 羽原 正秋, 池崎 秀和

    その他, 公益財団法人 伊藤記念財団, 2018年11月, 日本語

    調査報告書

  • 健康食品成分の探索に向けたBirA酵素標識法の応用

    上田 修司

    単著, アグリバイオ (北隆館), 2018年10月, 日本語

    学術書

  • 上田 修司, 吉野 健一, 山田 聡一郎

    共著, 和光純薬時報 (発行:和光純薬工業株式会社), 2018年04月, 日本語, 近年、生命現象を解明する糸口として、生体内のタンパク質間の相互作用を包括的に同定・定量するインタラクトーム解析が一つの潮流になっている。現在、タンパク質の相互作用の検出を容易にする方法として、BioID法、チラミド化合物法、アスコルビン酸ペルオキシダーゼ法などの酵素標識技術が実用化されている。本稿では、我々が実施しているBioID技術について紹介する。

    一般書・啓蒙書

  • 肥育短縮技術で生産された国産牛肉の科学的な検証

    上田 修司

    単著, 全国食肉事業協同組合連合会, 2018年03月, 日本語, 平成29年度国産食肉新需要創出緊急対策事業の科学的な取り組みとして、昨年の赤身肉嗜好に関する研究データを元に、① 霜降り肉から赤身肉嗜好への変化、② 黒毛和牛種の短期肥育技術に着目した国産和牛のロース肉とモモ肉に含まれる栄養成分と脂質成分のメタボローム解析による比較分析を実施した。また、国産食肉を用いた商品開発の取り組みの支援を行った。

    調査報告書

  • 平成28年度 食肉に関する助成研究調査成果報告書 Vol. 35

    山之上 稔, 趙 婭楠, 西田昌弘, 中田悠介, 上田修司, 羽原正秋, 池崎秀和

    その他, 公益財団法人 伊藤記念財団, 2017年11月, 日本語

    調査報告書

  • 動物性食品の適塩普及に向けた塩味増強ペプチドの効果的な探索

    上田 修司, 山之上 稔

    単著, 公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団, 2017年07月, 日本語, 牛肉に含まれるジペプチドについて、液体クロマトグラフィー質量分析計による網羅的な解析の結果、332ピークを検出し、多変量解析より黒毛和種牛肉により多く含まれる複数のジペプチドを推定した。また、部位別の食味アンケート調査より、牛肉のラム芯 (臀筋) で塩味が最も強く認識されることが示された。動物性食品に伴う塩分摂取を配慮する上で、塩味成分と部位に関する有用な情報を得ることができた。

    学術書

  • 赤身部位を中心とした国産牛肉の低需要部位の栄養成分分析と新規機能性成分の探索

    上田 修司

    単著, 全国食肉事業協同組合連合会, 2017年03月, 日本語

    調査報告書

  • 「国産牛肉の低需要部位の魅力発掘」アンケート調査報告

    上田 修司

    単著, 内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会, 2016年12月, 日本語

    その他

  • 兵庫県科学技術振興助成金 研究報告書

    上田 修司

    単著, 兵庫県科学技術振興財団, 2016年05月, 日本語, BirA酵素標識法による分子シャペロンの可視化技術の構築に関する研究報告

    調査報告書

  • 上田 修司

    単著, 全国食肉事業協同組合連合会, 2016年03月, 日本語

    調査報告書

  • 三島海雲記念財団 研究報告書

    上田 修司

    単著, 公益財団法人 三島海雲記念財団, 2016年, 日本語, 動物性食品の抗ストレス機能に関する研究

    調査報告書

  • 平成26年度 食肉に関する助成研究調査成果報告書 Vol.33

    山之上 稔, 西田昌弘, 趙 婭楠, 上田修司, 井原一高, 豊田淨彦

    共著, (公財)伊藤記念財団, 2015年11月, 日本語

    調査報告書

  • 上田 修司

    単著, 兵庫県, 2015年04月, 日本語

    調査報告書

  • 平成25年度 食肉に関する助成研究調査成果報告書 Vol.32

    山之上 稔, 西田 昌弘, 上田 修司, 井原 一高, 豊田 淨彦

    その他, (公財)伊藤記念財団, 2014年11月, 日本語

    調査報告書

  • 平成24年度 食肉に関する助成研究調査成果報告書 Vol.31

    山之上 稔, 大和 彩弥香, 上田 修司, 井原 一高, 豊田 淨彦

    その他, 公益財団法人 伊藤記念財団, 2013年11月, 日本語

    調査報告書

  • 平成23年度 食肉に関する助成研究調査成果報告書 Vol.30

    山之上 稔, 矢野 恵子, 上田 修司, 井原 一高, 豊田 淨彦

    その他, 公益財団法人 伊藤記念財団, 2012年11月, 日本語

    調査報告書

講演・口頭発表等

  • 黒毛和種の筋肉に生じる微小な脂肪細胞分布に関する研究

    上田 修司, 井上 亜希子, 山之上 稔

    第60回日本食肉研究会60周年記念大会, 2019年03月, 日本語, 日本食肉研究会, 麻布大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 鶏骨格筋パラトロポミオシン構成サブユニットによる合成アクトミオシンATPase活性阻害

    吉田 寛志, 西尾 友理子, 上田 修司, 山之上 稔

    日本畜産学会第125回大会, 2019年03月, 日本語, 麻布大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Effects of adding FFAs on beef taste-traits analyzed by electronic taste sensing system and sensory evaluation

    趙 婭楠, 狄 寅禘, 上田 修司, 白井 康仁, 羽原 正秋, 池崎 秀和, 山之上 稔

    日本畜産学会第125回大会, 2019年03月, 英語, 麻布大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 讃岐牛・オリーブ牛の 低需要部位の魅力を引き出す取り組み

    上田 修司

    平成30年度「オリーブ牛」セミナー, 2019年02月, 日本語, 高松国際ホテル, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • オリーブ牛をモデルに用いた 国産牛肉の低需要部位の 部位別科学分析と、その訴求に向けた罐詰の試作の評価

    上田 修司

    国産食肉等新需要創出緊急対策事業に関わるオリーブ牛の低需要部位の特性等セミナー, 2019年02月, 日本語, 香川県社会福祉総合センター, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 試食アンケートから見るオリーブ牛のおいしさについて

    上田 修司

    平成30年度「オリーブ牛」セミナー, 2019年01月, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Comparative metabolomics of skeletal muscle of livestock using gas chromatography–mass spectrometry

    上田 修司, 岩本 英治, 加藤 良毅, 篠原 正和, 白井 康仁, 山之上 稔

    The American Society for Cell Biology 2018 ASCB/IFCB Meeting, 2018年12月, 英語, San Diego conventional center (California), 国際会議

    ポスター発表

  • ノックアウトマウスを用いた皮膚の創傷治癒におけるDGKθの機能解析

    山口茉子, 上田 修司, 小泉奈緒, 伊藤和樹, 伊川正人, 山之上稔, 白井康仁

    第41回人分子生物学会年会ポスター発表, 2018年11月, 日本語, パシフィコ橫浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 平成30年度黒毛和牛の魅力創出技術構築事業の紹介

    上田 修司

    平成30年度第2 回 黒毛和牛の魅力創出技術セミナー, 2018年09月, 日本語, 神戸大学瀧川記念学術交流会館, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 鶏骨格筋由来の組換えパラトロポミオシンサブユニットがアクチン–ミオシン間の相互作用に及ぼす影響

    吉田 寛志, 西尾 友理子, 上田 修司, 山之上 稔

    第68回関西畜産学会香川大会, 2018年09月, 日本語, 香川大学農学部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • RhoA結合蛋白質として同定されたSTE20 like kinaseの 筋細胞の肥大化における役割

    櫛谷 晃帆, 上田 修司, 前田愛実, 加藤良毅, 吉野健一, 竹内敦子, 山之上稔, 白井康仁

    第91回日本生化学会大会, 2018年09月, 日本語, 国立京都国際会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Effects of intramuscular FFAs on beef taste-traits analyzed by electronic taste sensing system and sensory evaluation

    趙 婭楠, 中田 悠介, 上田 修司, 白井 康仁, 市村 さやか, 吉田 由香, 羽原 正秋, 池崎 秀和, 山之上 稔

    The 64th ICoMST, 2018年08月, 英語, Melbourne, Australia, 国際会議

    ポスター発表

  • 平成30年度黒毛和牛の魅力創出技術構築事業の紹介

    上田 修司

    平成30年度第1 回 黒毛和牛の魅力創出技術セミナー, 2018年07月, 日本語, 神戸大学瀧川記念学術交流会館, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 味覚センサ分析および官能評価による牛肉呈味性への筋内脂肪の影響

    趙 婭楠, 中田悠介, 上田修司, 白井康仁, 市村 さやか, 吉田 由香, 羽原正秋, 池崎秀和, 山之上 稔

    第59回日本食肉研究会大会, 2018年03月, 日本語, 東京大学農学部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熟成中の牛肉の筋内脂肪変化に影響される呈味性の味覚センサおよび官能評価による分析 (第2報)

    趙 婭楠, 中田悠介, 上田修司, 白井康仁, 市村 さやか, 吉田 由香, 羽原正秋, 池崎秀和, 山之上 稔

    日本畜産学会第124回大会, 2018年03月, 日本語, 東京大学農学部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジアシルグリセロールキナーゼgammaを作用点とする分子標的機能性食品の開発に向けた研究

    倉橋 弘平, 菊永 佐紀子, 上田 修司, 山之上 稔, 白井 康仁

    日本農芸化学会関西支部第501回講演会, 2017年12月, 日本語, 神戸大学農学部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Investigation of RhoA binding proteins using BioID system

    櫛谷 晃帆, 山田 聡一郎, 吉野 健一, 加藤 良毅, 竹内 敦子, Sabourin LA, Cybulsky AV, 山之上 稔, 白井 康仁, 上田 修司

    The American Society for Cell Biology 2017 ASCB/IFCB Meeting, 2017年12月, 英語, Philadelphia conventional center, Pennsylvania, 国際会議

    ポスター発表

  • HSPB1 protein increases actomyosin ATPase activity of myofibrils fraction

    加藤 良毅, 小鍛治 泰斗, 吉野 健一, 竹内 敦子, 山之上 稔, 白井 康仁, 上田 修司

    The American Society for Cell Biology 2017 ASCB/IFCB Meeting, 2017年12月, 英語, Philadelphia conventional center, Pennsylvania, 国際会議

    ポスター発表

  • 緑茶カテキン EGCg のメチル化による糖尿病性腎症改善効果の増強

    林 大輝, 上田 修司, 山之上 稔, 芦田 均, 白井 康仁

    日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), 2017年09月, 日本語, 堺, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熟成中の牛肉における筋内脂肪変化に影響される呈味性の味覚センサおよび官能評価による分析

    趙 婭楠, 中田悠介, 上田修司, 白井康仁, 羽原正秋, 池崎秀和, 山之上 稔

    日本畜産学会第123回大会, 2017年09月, 日本語, 信州大学伊那キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熟成および加熱牛肉の呈味物質変化と味覚センサによる呈味性分析

    中田悠介, 趙 婭楠, 上田修司, 鈴木 杏子, 岡 恵理子, 高岡 素子, 羽原正秋, 池崎秀和, 山之上 稔

    日本畜産学会第123回大会, 2017年09月, 日本語, 信州大学伊那キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 質量分析計による黒毛和種牛肉の栄養成分のノンターゲット分析による検討

    上田修司, 岩本英治, 白井康仁, 山之上 稔

    日本畜産学会第123回大会, 2017年09月, 日本語, 信州大学伊那キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 動物性食品の適塩普及に向けた 塩味増強ペプチドの効果的な探索

    上田 修司

    ソルト・サイエンス研究財団「第29回助成研究発表会」, 2017年07月, 日本語, ソルトサイエンス研究財団, 都市センターホテル, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 多角的な視点から讃岐牛・オリーブ牛の魅力を引き出す 科学分析を主体とした取り組み

    上田 修司

    平成29年度讃岐牛・オリーブ牛振興会総会, 2017年05月, 日本語, 高松社会福祉総合センター, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 食肉の風味に寄与する香気成分分析法の確立

    岸本 徹, 上田 修司, 岩本 英治

    日本畜産学会第122回大会, 2017年03月, 日本語, 神戸大学鶴甲第1キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熟成中の食肉軟化に寄与するパラトロポミオシンを構成するサブユニットの塩基配列解析

    西尾 友理子, 上田 修司, 前田 尚之, 服部 昭仁, 山之上 稔

    日本畜産学会第122回大会, 2017年03月, 日本語, 日本畜産学会, 神戸大学(兵庫県神戸市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 種々の牛肉サンプルの味覚センサーおよび官能評価による呈味性分析

    趙 婭楠, 西田 昌弘, 中田 悠介, 上田 修司, 羽原 正秋, 池崎 秀和, 山之上 稔

    日本畜産学会第122回大会, 2017年03月, 日本語, 日本畜産学会, 神戸大学(兵庫県神戸市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 黒毛和種牛肉の赤身部位の各種分析技術の検討

    上田 修司, 岩本 英治, 吉田 和利, 篠原 正和, 中田 悠介, 高杉 瑠美, 岩本 英樹, 野村 郁代, 小川 隆文, 白井 康仁, 山之上 稔

    日本畜産学会第122回大会, 2017年03月, 日本語, 神戸大学鶴甲第1キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 黒毛和種牛肉の香成分における産地別特徴

    岩本 英治, 岸本 徹, 上田 修司

    日本畜産学会第122回大会, 2017年03月, 日本語, 神戸大学鶴甲第1キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 牛肉の美味しさとオリーブ牛の官能検査評価について

    上田 修司

    「オリーブ牛」ブランド化に係る事業成果報告会, 2017年01月, 日本語, 平成28年度地域コンソーシアム支援事業, JRホテルクレメント高松, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 皮膚におけるジアシルグリセロールキナーゼγの機能解析

    菊永佐紀子, 横谷美由希, 藤原祥高, 上田修司, 山之上 稔, 高岡幸二, 伊川正人, 白井康仁

    日本農芸化学会関西支部例会 第497回講演会, 2016年12月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Identification of novel RhoA binding proteins by using BioID system

    櫛谷 晃帆, 加藤 良毅, Soichiro Yamada, 吉野 健一, 竹内 敦子, 山之上 稔, 白井 康仁, 上田 修司

    The American Society for Cell Biology 2016 ASCB/IFCB Meeting, 2016年12月, 英語, Moscone Center San Francisco, California, 国際会議

    ポスター発表

  • Identification of novel HSPB1 binding proteins in skeletal muscle

    加藤 良毅, 小鍛治 泰斗, 櫛谷 晃帆, 吉野 健一, 竹内 敦子, 山之上 稔, 白井 康仁, 上田 修司

    The American Society for Cell Biology 2016 ASCB/IFCB Meeting, 2016年12月, 英語, Moscone Center San Francisco, California, 国際会議

    ポスター発表

  • BioID法を用いた低分子量G蛋白質RhoAの結合蛋白質の探索

    櫛谷晃帆, 上田 修司, 加藤良毅, 吉野健一, 竹内敦子, 山之上稔, 白井康仁

    第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月, 日本語, パシフィコ横浜 展示ホール, 国内会議

    ポスター発表

  • 熟成による黒毛和種およびホルスタイン種牛肉汁中の呈味物質量の変化

    中田 悠介, 趙 婭楠, 西田 昌弘, 井上 朋香, 上田 修司, 岡 恵理子, 高岡 素子, 山之上 稔

    第66回関西畜産学会大会, 2016年10月, 日本語, 関西畜産学会, 香川大学(香川県高松市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 骨格筋におけるHSPB1結合蛋白質の探索と

    小鍛冶 泰斗, 加藤 良毅, 櫛谷 晃帆, 吉野 健一, 竹内 敦子, 上田 修司, 山之上 稔, 白井 康仁

    日本農芸化学会平成28年度関西支部大会, 2016年09月, 日本語, 滋賀県立大学(滋賀県彦根市八坂町2500), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Effects of intramuscular FFAs on taste-traits of Japanese Black Wagyu beef

    趙 婭楠, 西田 昌弘, 中田 悠介, 上田 修司, 井原 一高, 豊田 淨彦, 山之上 稔

    62nd International Congress of Meat Science and Technology, 2016年08月, 英語, Organizing Committee of 62nd ICoMST, Swissotel Le Concorde Bangkok (Bangkok, Thailand), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Difference between a myofibrillar protein paratropomyosin and tropomyosin based on their primary structure

    西尾 友理子, 牛村 友一, 上田 修司, 前田 尚之, 服部 昭仁, 山之上 稔

    17th AAAP Animal Science Congress, 2016年08月, 英語, Japanese Society of Animal Science, Kyushu Sangyo University (Fukuoka, Japan), 国際会議

    ポスター発表

  • Detection of the connectin/titin 20-kDa fragment increased in chicken sarcoplasm during postmortem aging

    仲 梓沙, 丸山 聖也, 中間 みなみ, 上田 修司, 山之上 稔

    17th AAAP Animal Science Congress, 2016年08月, 英語, Japanese Society of Animal Science, Kyushu Sankyo University (Fukuoka, Japan), 国際会議

    ポスター発表

  • Beef taste-traits assessed by an electronic taste sensing system

    趙 婭楠, 西田 昌弘, 中田 悠介, 上田 修司, 羽原 正秋, 池崎 秀和, 山之上 稔

    17th AAAP Animal Science Congress, 2016年08月, 英語, Japanese Society of Animal Science, Kyushu Sangyo University (Fukuoka, Japan), 国際会議

    ポスター発表

  • 筋肉の増加減退に関わるRhoAの機能解析と相互作用分子の探索

    櫛谷 晃帆, 上田 修司, 加藤 良毅, 桐村 悠佑, 石政 碧, 吉野 健一, 竹内 敦子, 山之上 稔, 白井 康仁

    第63回日本生化学会近畿支部例会, 2016年05月, 日本語, 神戸薬科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熟成中の牛肉におけるリパーゼ活性の変化

    趙 婭楠, 西田 昌弘, 中田 悠介, 上田修司, 井原一高, 豊田淨彦, 山之上 稔

    日本畜産学会第121回大会, 2016年03月, 日本語, 日本獣医生命科学大学(東京都), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熟成による牛肉の脂肪および呈味性の変化

    山之上 稔, 趙 婭楠, 西田昌弘, 上田修司, 井原一高, 豊田淨彦

    第57回日本食肉研究会大会, 2016年03月, 日本語, 日本獣医生命科学大学(東京都), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 骨格筋コネクチン断片の組換えタンパク質とモノクローナル抗体の結合について

    仲 梓沙, 中間 みなみ, 上田 修司, 山之上 稔

    若手フロンティア2015, 2015年12月, 日本語, 神戸大学百年記念館, 国内会議

    ポスター発表

  • Insulin-like growth factor-1 induces activation and upregulating of via PI3K/Akt/mTOR pathway in muscular hypertrophy model of C2C12 cells

    櫛谷 晃帆, 上田 修司, 桐村 悠介, 加藤 良毅, 石政 碧, 佐藤 孝哉, 山之上 稔, 白井 康仁

    American Society of Cell Biology, 2015年12月, 英語, San Diego USA, 国際会議

    ポスター発表

  • Force dependent biotinylation of myosin IIA by α-catenin tagged with a Promiscuous Biotin Ligase

    UEDA SHUJI, Alexandra M. Blee, Katherine G. Macway, Derrick J. Renner, Soichiro Yamada

    The American Society for Cell Biology, 2015年12月, 英語, San Diego USA, 国際会議

    ポスター発表

  • 和牛の新たな魅力の創出に向けた科学的な取り組み

    上田 修司

    全国会長会議, 2015年11月, 日本語, 全国食肉事業協同組合連合会, ANAクラウンプラザ神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Functional analysis of diacylglycerol kinase theta deficient mice

    上田 修司, 小泉 奈緒, 山之上 稔, 伊川 正人, 白井 康仁

    19th International Conference of FFC - 7th International Symposium of ASFFBC, 2015年11月, 英語, Kobe University, 国際会議

    ポスター発表

  • Diacylglycerol kinase as target of functional food to prevent and improve diabetic renal dysfunction

    HAYASHI Daiki, Yagi Keiko, UEDA Shuji, YAMANOUE Minoru, ASHIDA Hitoshi, EMOTO Noriaki, SAITO Naoaki, SHIRAI Yasuhito

    19th International Conference of Functional Foods, Bioactive Compounds and Biomarkers: Longevity and Quality of life, 2015年11月, 英語, 神戸, 国際会議

    ポスター発表

  • 神戸大学大学院農学研究科における食肉科学教育

    山之上 稔, 上田修司

    食肉科学研究会主催懇話会, 2015年09月, 日本語, 北海道大学アグリフードセンター, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 熟成中の食肉軟化に寄与するパラトロポミオシンは同程度の質量の2サブユニットで構成されている

    西尾友理子, 山之上 稔, 牛村友一, 上田修司, 前田尚之, 服部昭仁

    日本畜産学会第120回大会, 2015年09月, 日本語, 酪農大学(江別市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 種々の牛肉サンプルの味覚センサーによる客観的呈味性分析について

    趙 婭楠, 西田昌弘, 中田悠介, 上田修司, 羽原正秋, 池崎秀和, 山之上 稔

    平成27年度(第65回)関西畜産学会大会, 2015年09月, 日本語, 愛媛大農学部(松山市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熟成中の牛肉筋漿における筋原線維Z線近傍コネクチン断片のELISA法による定量

    山之上 稔, 丸山 聖也, 上田 修司, 白井 康仁, 佐々木 加奈

    第119回日本畜産学会大会, 2015年03月, 日本語, 日本畜産学会, 宇都宮大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Expression analysis of diacylglycerol kinase theta in mouse tissues by immunostaining and LacZ reporter assay

    UEDA SHUJI, Nao Koizumi, Minoru Yamanoue, Yasuhito Shirai

    第88回日本薬理学会, 2015年03月, 日本語, 名古屋国際会議場, Diacylglycerol kinase (DGK) regulates diacylglycerol signaling, which controls the variety of cell function. DGKθ belongs to the sole member of type V DGK. Several in vitro studies have suggested important role of DGKθ, but the physiological role of the enzyme is still unclear. In this study, to reveal the spatial expression of DGKθ, we performed the immunostaining on paraffin, 国内会議

    ポスター発表

  • Effects of storage and cooking on free fatty acid in Japanese Black Wagyu beef broth

    YAMANOUE MINORU, NISHIDA MASANORI, YAMATO SAYAKA, UEDA SYUJI, IHARA IKKO, TOYODA KIYOHIKO

    The 16th AAAP Animal Science Congress, 2014年11月, 英語, Gadjah Mada University, Indonesia, 国際会議

    ポスター発表

  • 筋細胞におけるHSPB1の結合分子の探索とその機能解析

    小鍛治 泰斗, 上田 修司, 吉野 健一, 山之上 稔, 白井 康仁

    第87回日本生化学会大会, 2014年10月, 日本語, (公社)日本生化学会, 国立京都国際会館, 国内会議

    ポスター発表

  • 熟成および加熱による黒毛和種牛およびホルスタイン種牛肉汁脂質の脂肪酸組成変化

    西田 昌弘, 上田 修司, 井原 一高, 豊田 淨彦, 山之上 稔

    第64回関西畜産学会大会, 2014年09月, 日本語, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガレート型カテキンだけでなくビタミンEも67kDaラミニンレセプターを介してジアシルグリセロールキナーゼαを活性化する

    林 大輝, 芦田 均, 上田 修司, 山之上 稔, 白井 康仁

    2014年度日本農芸化学会関西支部大会 (第486回講演会), 2014年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Expression of diacylglycerol kinase theta during the organogenesis of mouse embryos

    UEDA Shuji, Tu-Sekine Becky, YAMANOUE Minoru, RABEN Daniel M, SHIRAI Yasuhito

    Lipid MAPS meeting, 2014年05月, 英語, LIPD MAPS, UCSD, 国際会議

    ポスター発表

  • 鶏筋原線維のプロテアーゼ分解によるコネクチン20-kDa断片の生成

    山之上 稔, 佐々木 和, 佐々木 加奈, 上田 修司, 白井 康仁

    第118回日本畜産学会大会, 2014年03月, 日本語, つくば国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • カテキン類によるジアシルグリセロールキナーゼα活性化機構の解明

    林 大輝, 芦田 均, 上田 修司, 山之上 稔, 白井 康仁

    日本農芸化学会2014年度大会, 2014年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • カテキン類及びビタミンEは67kDaラミニンレセプターを介してジアシルグリセロールキナーゼαを活性化する (Chatechins and vitamin E activate diacylglycerol kinaseα through 67kDa laminin receptor)

    林 大輝, 芦田 均, 上田 修司, 山之上 稔, 白井 康仁

    第87回日本生化学会大会, 2014年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • クロマン環構造に着目した新規ジアシルグリセロールキナーゼα活性化剤の探索

    林 大輝, 芦田 均, 上田 修司, 山之上 稔, 齋藤 尚亮, 白井 康仁

    第124回日本薬理学会近畿部会, 2013年11月, 日本語, 日本薬理学会近畿部会, 京都ガーデンパレス, 国内会議

    ポスター発表

  • 胎性期におけるジアシルグリセロールキナーゼシータの発現解析

    UEDA Shuji, Tu-Sekine Becky, YAMANOUE Minoru, RABEN Daniel M, SHIRAI Yasuhito

    第86回日本生化学会大会, 2013年09月, 日本語, 日本生化学会, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 熟成および加熱による黒毛和種牛肉汁中のトリアシルグリセロールおよび遊離脂肪酸の変化

    山之上 稔, 西田 昌弘, 大和 彩弥香, 上田 修司, 井原 一高, 豊田 淨彦

    日本畜産学会第116回大会, 2013年09月, 日本語, 日本畜産学会, 新潟大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熟成および加熱による黒毛和種牛肉汁の呈味性変化

    西田 昌弘, 大和 彩弥香, 上田 修司, 井原 一高, 豊田 淨彦, 山之上 稔

    第63回関西畜産学会大会, 2013年09月, 日本語, 関西畜産学会, 滋賀県立大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジアシルグリセロールキナーゼβによる特徴的な神経突起伸長にはcPKCも関与する

    中井 寛子, 加野 拓也, 上田 修司, 山之上 稔, 斎藤 尚亮, 白井 康仁

    第55回日本脂質生化学会大会, 2013年06月, 日本語, 日本脂質生化学会, 宮城県松島町, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The expression of diacylglycerol kinase theta during mouse embryonic development

    UEDA Shuji, Tu-Sekine Becky, YAMANOUE Minoru, RABEN Daniel M, SHIRAI Yasuhito

    The ASCB 2012 Annual meeting, 2012年12月, 英語, American Society for Cell Biology, Moscone Center, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • DGKbetaによる神経突起伸張機構の解析

    加野 拓也, 上田 修司, 山之上 稔, 齋藤 尚亮, 白井 康仁

    第85回日本生化学会大会, 2012年12月, 日本語, 日本生化学会, 福岡国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • Effects of Postmortem Aging and Cooking Procedures on Intramuscular Fat and Fatty Acid Composition in Japanese Black Wagyu Beef

    YAMANOUE Minoru, YANO Keiko, HISANO Emi, UEDA Shuji, IHARA Ikko, TOYODA Kiyohiko

    The 15th AAAP Animal Science Congress, 2012年11月, 英語, Thai Society of Animal Science, Thammasat University, Thailand, 国際会議

    ポスター発表

  • 熟成中の食肉軟化に寄与するパラトロポミオシンと調節タンパク質トロポミオシンのHPLCによる分離

    牛村 友一, 大下 恵実, 上田 修司, 山之上 稔

    第62回関西畜産学会大会, 2012年09月, 日本語, 関西畜産学会, 和歌山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Molecular mechanism of DGKβ- mediated neurite blanching and spine formation

    NAKAI Hiroko, TAKEI Nobuyuki, NAKASHIMA Akio, KIKKAWA USHIO, SAITO Naoaki, UEDA Shuji, YAMANOUE Minoru, SHIRAI Yasuhito

    第35回日本神経科学大会, 2012年09月, 日本語, 日本神経科学会, 名古屋国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • Involvement of mTOR in Diacylglycerol kinase β (DGKβ)-induced neurite branching and spine formation.

    NAKAI Hiroko, NAKASHIMA Akio, KIKKAWA USHIO, SAITO Naoaki, TAKEI Nobuyuki, UEDA Shuji, YAMANOUE Minoru, SHIRAI Yasuhito

    The 22nd IUBMB & the 37th FEBS, 2012年09月, 英語, IUBMB & FEBS, Sevilla, Spain, 国際会議

    ポスター発表

  • Analysis of tissue distribution of diacylglycerol kinase theta

    UEDA Shuji, KIRIMURA Yuji, YAMANOUE Minoru, SHIRAI Yasuhito

    The 14th International Congress of Histochemistry and Cytochemistry, 2012年08月, 英語, International Federation of Societies for Histochemistry and Cytochemisty, Kyoto International Conference Center, 国際会議

    ポスター発表

  • ジアシルグリセロールキナーゼ_による特徴的な神経突起伸にはmTORが関与する

    白井 康仁, 中井 寛子, 中西 広樹, 中嶋 昭雄, 吉川 潮, 上田 修司, 山之上 稔, 斎藤 尚亮

    第54回日本脂質生化学会大会, 2012年06月, 日本語, 日本脂質生化学会, 九州大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鶏肉の熟成に伴う筋漿中のコネクチン20-kDa断片増加量と筋原線維小片化の関連

    上田 修司, 小川 侑璃子, 大西 一政, 山之上 稔

    日本畜産学会第115回大会, 2012年03月, 日本語, 日本畜産学会, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジアシルグリセロールキナーゼθの機能解析

    上田 修司, 桐村 悠佑, 山之上 稔, 白井 康仁

    日本農芸化学会2012年度大会, 2012年03月, 日本語, 日本農芸化学会, 京都女子大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 筋肉細胞におけるEGCgの糖代謝に及ぼす影響について

    上田 学UEDA Manabu, 上田 修司, 白井 康仁, 芦田 均

    日本農芸化学会2012年度大会, 2012年, 日本語, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鶏サルコメアA-I接合部におけるコネクチンとトロポミオシンの結合検証について

    大下 恵実, 福田 崇, 上田 修司, 山之上 稔

    第61回関西畜産学会大会, 2011年09月, 日本語, 関西畜産学会, 岡山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Changes in free fatty acids of Wagyu beef during post-mortem aging and cooking, and its palatability

    YAMANOUE Minoru, YANO Keiko, HISANO Emi, UEDA Shuji, IHARA Ikko, TOYODA Kiyohiko

    The 9th Pangborn Sensory Science Symposium, 2011年09月, 英語, ELSEVIER, Toronto, Canada, 国際会議

    ポスター発表

  • 熟成および加熱による牛筋内脂肪の遊離脂肪酸量と脂肪酸組成の変化

    矢野 恵子, 久野 絵美, 井原 一高, 豊田 淨彦, 上田 修司, 山之上 稔

    日本畜産学会第114回大会, 2011年08月, 日本語, 日本畜産学会, 北里大学, 国内会議

    ポスター発表

  • Characterization of antibodies against the connectin/titin 20-kDa fragment increased in chicken sarcoplasm during postmortem aging

    YAMANOUE Minoru, UEDA Shuji, MATSUNAGA Kenichi, OHNISHI Kazumasa, SHIOYAMA Natsuko

    The 57th International Congress of Meat Science and Technology, 2011年08月, 英語, Association of the Belgian Meat Products Industry, Ghent, Belgium, 国際会議

    ポスター発表

  • 熟成に伴う牛肉脂肪中の遊離脂肪酸量および組成の変化

    矢野 恵子, 久野 絵美, 上田 修司, 井原 一高, 豊田 淨彦, 山之上 稔

    第60回関西畜産学会大会, 2010年09月, 日本語, 関西畜産学会, 京都大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Expression and antibody production of connectin fragment increased in sarcoplasm during postmortem aging of chicken muscle

    YAMANOUE Minoru, KUBO Takashi, MATSUNAGA Kenichi, UEDA Shuji, TAKAGI Michihiro

    The 56th International Congress of Meat Science and Technology, 2010年08月, 英語, Korean Society for Food Science and Animal Resources/ National Society of Animal Science, Jeju, Korea, 国際会議

    ポスター発表

  • 熟成に伴う豚肉筋漿中のタンパク質変化

    施 恭平, 橋本 真季, 塩山 奈都子, 上田 修司, 山之上 稔

    日本畜産学会第112回大会, 2010年03月, 日本語, 日本畜産学会, 明治大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鶏サルコメアA-I接合部に及ぶコネクチンI帯末端領域構成ドメインの微生物発現

    福田 崇, 大下 恵実, 上田 修司, 山之上 稔

    日本畜産学会第112回大会, 2010年03月, 日本語, 日本畜産学会, 明治大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Regulation of mitotic spindle formation by the RhoA guanine nucleotide exchange factor ARHGEF10

    上田修司, 片岡徹, 佐藤孝哉

    第32回日本分子生物学会年会, 2009年12月, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • マウス胎生期の血管形成におけるRA-GEF-1の機能解析

    佐藤孝哉, 上田修司, Shymaa E Bilasy, 平島正則, 片岡徹

    第82回日本生化学会大会, 2009年10月, 日本語, 日本生化学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 背側終脳特異的RA-GEF-1ノックアウトマウスは大脳皮質ヘテロピアと交連線維系の欠損を示す

    寺島俊雄, Bilasy S E, 佐藤孝哉, 上田修司, 饗場篤, 片岡徹

    第32回 日本神経科学大会, 2009年09月, 日本語, 日本神経科学会, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • 背側終脳特異的RA-GEF-1ノックアウトマウスは大脳皮質ヘテロトピアと交連線維系の欠損を示す

    寺島俊雄, Shymaa E Bilasy, 佐藤孝哉, 上田修司, 饗場篤, 片岡徹

    第32回日本神経科学大会, 2009年09月, 日本語, 日本神経科学学会, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • 鶏筋原線維Z線近傍でコネクチンに結合するモノクローナル抗体のエピトープ決定

    塩山 奈都子, 上田 修司, 山之上 稔

    日本畜産学会第111回大会, 2009年09月, 日本語, 日本畜産学会, 琉球大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 豚肉の熟成に伴う筋原線維Z線近傍コネクチンの変化

    施 恭平, 橋本 真季, 上田 修司, 山之上 稔

    第59回関西畜産学会大会, 2009年08月, 日本語, 関西畜産学会, 鳥取大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Role of the small GTPase Rac1 in insulin-dependent glucose uptake in skeletal muscle cells.

    上田修司, 田守義和, 饗場篤, 片岡徹, 佐藤孝哉

    神戸大学グローバルCOEプログラム「統合的膜生物学の国際教育研究拠点」 第3回ワークショップ, 2009年07月, 英語, 神戸大学/グローバルCOE, 淡路, 国際会議

    ポスター発表

  • Impaired vascular network formation in mice lacking the Rap1 guanine nucleotide exchange factor RA-GEF-1.

    佐藤孝哉, Shymaa E Bilasy, 上田修司, 平島正則, 片岡徹

    神戸大学グローバルCOEプログラム「統合的膜生物学の国際教育研究拠点」 第3回ワークショップ, 2009年07月, 英語, 神戸大学/グローバルCOE, 淡路, 国際会議

    ポスター発表

  • Dorsal telencephalon-specific RA-GEF-1 knockout mice develop heterotopic cortical mass and commissural fiber defect.

    Shymaa E Bilasy, 佐藤孝哉, 上田修司, 饗場篤, 寺島俊雄, 片岡徹

    神戸大学グローバルCOEプログラム「統合的膜生物学の国際教育研究拠点」 第3回ワークショップ, 2009年07月, 英語, 神戸大学/グローバルCOE, 淡路, 国際会議

    ポスター発表

  • 鶏筋原線維Z線近傍コネクチン領域に対するモノクローナル抗体作製

    塩山 奈都子, 上田 修司, 山之上 稔

    日本畜産学会第110回大会, 2009年03月, 日本語, 日本畜産学会, 日本大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 骨格筋でのインスリン依存性糖取り込みにおけるRac1の機能解析

    上田修司, 片岡徹, 佐藤孝哉

    BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会), 2008年12月, 日本語, 日本分子生物学会/日本生化学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • The Rap1 guanine nucleotide exchange factor RA-GEF-1 is essential for mouse brain development.

    Shymaa E Bilasy, Takaya Satoh, Shuji Ueda, Atsu Aiba, Toshio Terashima, Tohru Kataoka

    BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会), 2008年12月, 英語, 日本分子生物学会/日本生化学会, 神戸, 国内会議

    その他

  • Dblファミリーグアニンヌクレオチド交換因子KIAA0294によるGTP結合蛋白質RhoAを介する中心体複製の制御.

    上田修司, 片岡徹, 佐藤孝哉

    BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会), 2008年12月, 日本語, 日本分子生物学会/日本生化学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • Functional analysis of Rap1 guanine nucleotide exchange factors RA-GEF-1 and RA-GEF-2

    Shuji Ueda, Yoko Yoshikawa, Takaya Satoh

    第3回グローバルCOE研究討論会 兼グローバルCOE第2回ワークショップ, 2008年07月, 日本語, グローバルCOE, 淡路, 国内会議

    ポスター発表

  • 筋細胞のインスリンシグナル伝達におけるRac1の機能解析

    上田 修司, 饗場 篤, 片岡 徹, 佐藤 孝哉

    第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会年会合同大会, 2007年12月, 日本語, 日本生化学会,日本分子生物学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Role of the Rho family GTP-binding protein Rac1 and its guanine nucleotide exchange factor Ost in negative regulation of receptor endocytosis

    Shuji Ueda, Tohru Kataoka, Takaya Satoh

    46th Annual Meeting of the American Society for Cell Biology, 2006年12月, 英語, Annual Meeting of the American Society for Cell Biology, サンディエゴ, 国際会議

    ポスター発表

  • 癌細胞における低分子量GTPaseの活性化の解析技術の開発

    上田 修司, 片岡 徹, 佐藤 孝哉

    日本癌学会 学術総会, 2006年09月, 日本語, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 癌細胞における低分子量GTPaseの活性化の解析技術の開発

    上田 修司, 片岡 徹, 佐藤 孝哉

    第65回日本癌学会学術総会, 2006年09月, 日本語, 日本癌学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • Quantitative analysis of spatial regulation of low molecular weight GTPases and its medical application

    Shuji Ueda, Tohru Kataoka, Takaya Satoh

    The 4th International Forum on Post-Genome Technologies, 2006年09月, 英語, Nanjing University/Southeast University/Zhejiang University/Jiangsu Science and Technology Association, Hangzhou, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Quantitative analysis of spatial regulation of low molecular weight GTPases and its medical applicatio

    上田 修司, 佐藤 孝哉

    4th International Forum on Post-genome Technology, 2006年09月, 英語, 中国 杭州, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • クラスリン依存性受容体エンドサイトーシスにおける低分子量GTP結合タンパク質Rac1の機能解析

    上田 修司, 片岡 徹, 佐藤 孝哉

    神戸大学21世紀COEプログラム「蛋白質のシグナル伝達機能」 平成18年度第1回研究発表会・若手ポスター発表会, 2006年08月, 日本語, 神戸大学21世紀COEプログラム「蛋白質のシグナル伝達機能」, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • Role of the Rho family GTP-binding protein Rac1 and the guanine nucleotide exchange factor Ost in negative regulation of receptor endocytosis

    家口 勝昭, 上田 修司, 片岡 徹, 佐藤 孝哉

    20thIUBMB/第20回国際生化学・分子生物学会議, 2006年06月, 英語, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • Critical role of the Rho family GTP-binding protein Rac1 in insulin-stimulated GLUT4 translocation in skeletal muscle cells

    上田 修司, 片岡 徹, 佐藤 孝哉

    20thIUBMB/第20回国際生化学・分子生物学会議, 2006年06月, 英語, 京都, 国際会議

    ポスター発表

  • Critical role of the Rho family GTP-binding protein Rac1 in insulin-stimulated GLUT4 translocation in skeletal muscle cells

    Shuji Ueda, Tohru Kataoka, Takaya Satoh

    20th IUBMB Inetrnational Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress/第79回日本生化学会大会/第29回日本分子生物学会年会, 2006年06月, 英語, The International Union of Biochemistry and Molecular Biology/The The Federation of Asian and Oceanian Biochemists and Molecular Biologists /日本生化学会/日本分子生物学会, 京都, 国際会議

    ポスター発表

  • ビネキシンノックダウンによる線維芽肉腫細胞HT1080の伸展能の抑制

    山下 依子, 上田 修司, 佐藤 孝哉

    日本農芸化学会2006年度大会, 2006年03月, 日本語, 日本農芸化学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Role of the Rho family GTP-binding protein Rac1 and its guanine nucleotide exchange factor Ost in negative regulation of receptor endocytosis

    家口 勝昭, 上田 修司, 片岡 徹

    International Symposium of Kobe University 21 century COE Program on Siganl Transduction In Memory of Prof. Yasutomi Nishizuka, 2006年02月, 英語, 神戸大学21世紀COEプログラム, 神戸, 国際会議

    ポスター発表

  • Critical role of the Rho family GTP-binding protein Rac1 in insulin-stimulated GLUT4 translocation in skeletal muscle cells

    上田 修司, 片岡 徹, 佐藤 孝哉

    International Symposium of Kobe University 21 century COE Program on Siganl Transduction In Memory of Prof. Yasutomi Nishizuka, 2006年02月, 英語, 神戸大学21世紀COEプログラム, 神戸, 国際会議

    ポスター発表

  • 骨格筋におけるインスリンシグナル伝達におけるRhoファミリーGTP結合タンパク質の機能解析

    上田 修司, 片岡 徹, 佐藤 孝哉

    第28回日本分子生物学会年会, 2005年12月, 日本語, 日本分子生物学会, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • トランスフェリン受容体のエンドサイトーシスにおけるDblファミリーグアニンヌクレオチド交換因子Ost-IIIの機能

    家口 勝昭, 上田 修司, 片岡 徹

    第28回日本分子生物学会年会, 2005年12月, 日本語, 日本分子生物学会, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 骨格筋におけるインスリンシグナル伝達におけるRhoファミリーGTP結合タンパク質の機能解析

    上田 修司, 片岡 徹, 佐藤 孝哉

    第52回日本生化学会近畿支部例会, 2005年05月, 日本語, 日本生化学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • トランスフェリン受容体のエンドサイトーシスにおけるグアニンヌクレオチド交換因子Dbsの機能

    家口 勝昭, 上田 修司, 片岡 徹

    第52回日本生化学会近畿支部例会, 2005年05月, 日本語, 日本生化学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 骨格筋におけるインスリンシグナル伝達に関与するRhoファミリーGTP結合タンパク質の活性調節

    上田 修司, 片岡 徹, 佐藤 孝哉

    第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • グアニンヌクレオチド交換因子Dbsと相互作用する分子の探索と機能解析

    家口 勝昭, 上田 修司, 片岡 徹

    第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • RhoGEFにおけるSEC14様ドメインの機能解析

    上田 修司, 片岡 徹, 佐藤 孝哉

    第76回 日本生化学会大会, 2003年10月, 日本語, 日本生化学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本薬理学会

  • 米国細胞生物学会

  • 日本畜産学会

  • 日本生化学会

  • 日本農芸化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題