研究者紹介システム

祇園 景子
ギオン ケイコ
バリュースクール
准教授
工学その他
Last Updated :2022/01/10

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    バリュースクール
  • 【配置】

    工学部 市民工学科, 大学院工学研究科 市民工学専攻

学位

  • 博士(工学), 福山大学
  • 専門的情報のためのコミュニケーションの仕組みづくり

授業科目

ジャンル

  • 経営・産業 / イノベーション

研究活動

研究分野

  • その他 / その他 / 科学コミュニケーション
  • ライフサイエンス / 応用生物化学

論文

  • 鶴田 宏樹, 祗園 景子, 大村 直人, 齋藤 政彦

    神戸大学大学教育推進機構, 2019年03月, 大学教育研究, 27 (27), 103 - 111, 日本語

    [査読有り]

  • 祗園 景子, 森 一郎, 大村 直人, 平井 みどり, 鶴田 宏樹

    アクティブラーニングやプロジェクトベーストラーニング(PBL)が高等教育に取り入れられて久しい。特に、近年、卓越大学院大学事業、次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)など、ワークショップ形式を取り入れた講義を提供する機会が増加している。ここでは、「イノベーション対話ツール」を高等教育におけるワークショップ形式の講義の指南書として活用して実施したワークショップの事例を紹介する。本指南書は、産学連携によるイノベーションを目指した対話を推進するために、平成25年度に文部科学省が慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科に委託して作成されたものであるが、これを基にワークショップを設計し、ブレインストーミング、親和図法、バリューグラフを実施したところ、学生らに対して課題解決のプロセスにおける発想力並びに対話力の向上と気づきを提供することがで

    神戸大学大学教育推進機構, 2018年03月, 大學教育研究, 26 (26), 27 - 40, 日本語

    [査読有り]

  • 鶴田 宏樹, 祗園 景子, 大村 直人

    現代は不確実性の高い社会と呼ばれ、複雑で唯一最適解がない課題が山積されている。さらに科学技術の急激な発展が生活・労働などのヒトが営む活動の環境を加速度的に変化させているのが現代社会の特徴である。このような不確実性の高い社会にこれから出て行く学生は、この社会を変革していく担い手となることが求められている。社会を変革するには、科学技術を基盤とした価値創造、人間を中心にした視点での価値創造による「イノベーション」を引き起こすことが求められる。その担い手が持つ能力は、優れた知識を融合して問題に対峙していける人材である。本論文では、1)現代社会の現状認識とイノベーションを実現する人材の育成の必要性を述べるとともに、2)産業界が求める人材イメージと神戸大学が輩出すべき人材が身につけるべき能力の定義、3)その能力を醸成するための現実社会の問題を題材にした「イノベー

    神戸大学大学教育推進機構, 2018年03月, 大学教育研究, 26 (26), 119 - 129, 日本語

    [査読有り]

  • Keiko Gion, Hideyuki Inui, Kazuyuki Takakuma, Takashi Yamada, Yumiko Kambara, Shuichi Nakai, Hiroyuki Fujiwara, Takashi Miyamura, Hiromasa Imaishi, Hideo Ohkawa

    Tobacco cytochrome P450 (CYP) 71AH11 metabolized the herbicide chlorotoluron, and its mRNA level was increased in tobacco culture cells by the treatment of 2,4-D. In order to clarify molecular mechanisms of induced gene expression of CYP71AH11 by herbicide treatment, a 1574-bp 5'-flanking region of CYP71AH11 was cloned, ligated to the reporter β-glucuronidase (GUS) gene, and then transformed into tobacco plants. The GUS activity in the transgenic tobacco plants was highly induced by bromoxynil treatment, followed by 2,4-D. Chlorotoluron was slightly increased the GUS activity. The bromoxynil-increased GUS activity was partially repressed by the antioxidants, suggesting that reactive oxygen species may be involved in activation of the 5'-flanking region of CYP71AH11 by bromoxynil treatment. Deletion and mutation assays showed that the region CD (-1281 to -770. bp from the start codon of CYP71AH11) was important, but not sufficient, for response to bromoxynil. Electrophoretic mobility shift assays and southwestern blotting revealed that the sequences AAAAAG, and GAACAAAC and GAAAATTC in the CD region were important for interaction to the nuclear proteins of <30 and ≈75. kDa, respectively. Particularly, interaction between AAAAAG and <30. kDa proteins was increased by bromoxynil treatment. These results gave a cue for understanding the bromoxynil-induced gene expression of CYP71AH11, which may contribute to herbicide tolerance and selectivity in crop plants. © 2013 Elsevier Inc.

    ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 2014年, Pesticide Biochemistry and Physiology, 108 (1), 49 - 57, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideyuki Inui, Keiko Gion, Yasushi Utani, Taketo Wakai, Susumu Kodama, Heesoo Eun, Yun Seok Kim, Hideo Ohkawa

    The transgenic tobacco plant XD4V-26 carrying the recombinant mouse aryl hydrocarbon receptor XD4V-mediated β-glucuronidase (GUS) reporter gene expression system was used for assay of dioxins and dioxin-like compounds consisting of polychlorinated dibenzeno-p-dioxins, polychlorinated dibenzofurans, and coplanar polychlorinated biphenyls (Co-PCBs) in actually contaminated soils. The transgenic tobacco plant XD4V-26 showed a significant dose-dependent induced GUS activity when cultured on MS medium containing PCB126 [toxic equivalency factor (TEF) = 0.1]. In contrast, PCB169 and PCB180, which have 0.03 of TEF and unassigned TEF values, respectively, did not significantly induce GUS activity under the same conditions as with PCB126. When the tobacco plants were cultivated for up to 5 weeks on actually contaminated soils with dioxins and dioxin-like compounds collected from the periphery of an incinerator used for disposal of residential and industrial wastes, GUS activity in the leaves was dose-dependently increased. The plants clearly detected 360 pg-TEQ g -1 of dioxins and dioxin-like compounds in this assay. There was a positive correlation between GUS activity and TEQ value of dioxins and dioxin-like compounds in the plants. This assay does not require any extraction and purification processes for the actually contaminated soil samples. © 2012 Copyright Taylor and Francis Group, LLC.

    TAYLOR & FRANCIS INC, 2012年01月, Journal of Environmental Science and Health - Part B Pesticides, Food Contaminants, and Agricultural Wastes, 47 (1), 59 - 65, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideyuki Inui, Keiko Gion, Yasushi Utani, Taketo Wakai, Susumu Kodama, Heesoo Eun, Yun Seok Kim, Hideo Ohkawa

    The transgenic tobacco plant XD4V-26 carrying the recombinant mouse aryl hydrocarbon receptor XD4V-mediated β-glucuronidase (GUS) reporter gene expression system was used for assay of dioxins and dioxin-like compounds consisting of polychlorodibenzo-p-dioxins, polychlorinated dibenzofurans, and coplanar polychlorinated biphenyls (Co-PCBs) in actually contaminated soils. The transgenic tobacco plant XD4V-26 showed a significant dose-dependent induced GUS activity when cultured on MS medium containing PCB126 [toxic equivalency factor (TEF) = 0.1]. In contrast, PCB169 and PCB180, which have 0.03 of TEF and unassigned TEF values, respectively, did not significantly induce GUS activity under the same conditions as with PCB126. When the tobacco plants were cultivated for up to 5 weeks on actually contaminated soils with dioxins and dioxin-like compounds collected from the periphery of an incinerator used for disposal of life and industrial wastes, GUS activity in the leaves was dose-dependently increased. The plants clearly detected 360 pg-TEQ g -1 of dioxins and dioxin-like compounds in this assay. There was a positive correlation between GUS activity and TEQ value of dioxins and dioxin-like compounds in the plants. This assay does not require any extraction and purification processes for the actually contaminated soil samples. © 2012 Copyright Taylor and Francis Group, LLC.

    TAYLOR & FRANCIS INC, 2012年04月, Journal of Environmental Science and Health - Part B Pesticides, Food Contaminants, and Agricultural Wastes, 47 (4), 233 - 239, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Keiko Gion, Hideyuki Inui, Hideaki Sasaki, Yasushi Utani, Susumu Kodama, Hideo Ohkawa

    Certain congeners of polychlorinated biphenyls (PCBs) and organochlorine insecticides are ligands of aryl hydrocarbon receptors (AhRs) in animals. A recombinant guinea pig (g) AhR, XgDV, was constructed by fusing the ligand-binding domain of gAhR, the DNA-binding domain of LexA, and the transactivating domain of VP16. Then, the expression unit of β-glucuronidase (GUS) reporter gene regulated by XgDV was introduced into Arabidopsis and tobacco plants. When the transgenic Arabidopsis XgDV plants were cultured on Murashige-Skoog (MS) medium containing PCB congeners, the GUS activity in the plants increased toxic equivalent (TEQ)-dependently. The GUS activity in the transgenic Arabidopsis XgDV plants cultured on MS medium containing the organochlorine insecticide dieldrin was also induced. On the other hand, in the case of DDT, the GUS activity induced by 3-methylcholanthere in the plants decreased. The transgenic Arabidopsis XgDV plants detected 1000 ng g-1 PCB126 in 1 g of soils. Thus the XgDV plants seemed to be useful for convenient assays of PCB congeners and organochlorine insecticides, without any extraction and purification steps. © 2012 Copyright Taylor and Francis Group, LLC.

    TAYLOR & FRANCIS INC, 2012年08月, Journal of Environmental Science and Health - Part B Pesticides, Food Contaminants, and Agricultural Wastes, 47 (7), 599 - 607, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 松尾 申遼, 山崎 清志, 祗園 景子, 殷 熙洙, 乾 秀之

    ポリ塩化ジベンゾ-p-ダイオキシン(PCDDs),ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDFs)およびポリ塩化ビフェニル(PCBs)を含むダイオキシン類汚染土壌において,ペポカボチャ(Cucurbita pepo)のovifera亜種5品種およびpepo亜種4品種を栽培した.C.pepoの品種間で植物体の地上部におけるダイオキシン類の蓄積濃度に大きな差が見られ,ovifera亜種よりもpepo亜種の方がダイオキシン類を高濃度に蓄積した.9品種すべてにおいて,PCDDs並びにPCDFsの疎水性が高くなると地上部の生物濃縮係数が低下した.一方,PCBsではovifera亜種の2品種を徐く7品種に同様の傾向が見られず,オルト位が塩素置換されたPCBsが構造選択的に蓄積されることが判明した.本研究はダイオキシン類などの脂溶性汚染物質の効率的なファイトレメディエーションの開発において新たな知見をもたらす.

    日本農薬学会, 2011年, 日本農薬学会誌, 36 (3), 363 - 369, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideyuki Inui, Taketo Wakai, Keiko Gion, Kiyoshi Yamazaki, Yun Seok Kim, Heesoo Eun

    Zucchini cultivars Cucurbita pepo subsp. ovifera cv. Patty Green and subsp. pepo cv. Gold Rush were cultivated hydroponically in a nutrient solution supplemented with a mixture of dioxins and dioxin-like compounds. Patty Green and Gold Rush showed low and high accumulation of these compounds in the aerial parts respectively. In both cultivars, the accumulation of each congener negatively depended on its hydrophobicity. This suggests that desorption and solubilization were partly responsible for congener specificity of accumulation, since this was not found in soil experiments. In contrast, no clear difference in accumulation in the roots was observed between the cultivars, whereas the translocation factors, which are indicators of efficient translocation from the roots to the aerial parts, differed among the congeners hydrophobicity- dependently. There were positive correlations between accumulation in the roots and the hydrophobicity of the polychlorinated biphenyl congeners in both cultivars. These results indicate that translocation was also partly responsible for the congener specificity and accumulation concentrations.

    TAYLOR & FRANCIS LTD, 2011年, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 75 (4), 705 - 710, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Nobutaka Mitsuda, Yuko Takiguchi, Masahito Shikata, Kimiyo Sage-Ono, Michiyuki Ono, Katsutomo Sasaki, Hiroyasu Yamaguchi, Takako Narumi, Yuri Tanaka, Masao Sugiyama, Tomomichi Yamamura, Teruhiko Terakawa, Keiko Gion, Ryota Suzuri, Yoshikazu Tanaka, Takashi Nakatsuka, Souichi Kimura, Masahiro Nishihara, Tomoyuki Sakai, Reiko Endo-Onodera, Kumi Saitoh, Kanji Isuzugawa, Yoshimi Oshima, Miho Ikeda, Megumi Narukawa, Kyoko Matsui, Masaru Nakata, Norihiro Ohtsubo, Masaru Ohme-Takagi

    FioreDB (http://www.cres-t.org/fiore/public_db/) is a database of phenotypes induced by Chimeric REpressorgene-Silencing Technology (CRES-T) in ornamental and model plants. CRES-T induces a loss-of-function phenotype of a transcription factor (TF) gene by expression of a chimeric repressor produced by fusion of a TF to the strong transcriptional repression domain (SRDX). The earlier version of FioreDB provided phenotypic information induced by many kinds of chimeric repressors in various plants including torenia, chrysanthemum, cyclamen, gentian, morning glory, lisianthus and Arabidopsis. Phenotypic information, however, was not linked with gene information. We report here the development of the new FioreDB that provides more than 300 phenotypic information of various plants, linked to more than 100 TFs. FioreDB also provides information about classification of TFs, putative repression motifs found in TFs and other proteins, and incorporates publicly available gene information such as sequences and microarray data for all Arabidopsis genes. The new FioreDB described here, will be a valuable resource for basic research of TFs and for the manipulation of traits of agronomically important plants by CRES-T, especially from the point of view of horticulture.

    JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY, 2011年, Plant Biotechnology, 28 (2), 123 - 130, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Keiko Gion, Ryota Suzuri, Masahito Shikata, Nobutaka Mitsuda, Yoshimi Oshima, Tomotsugu Koyama, Masaru Ohme-Takagi, Norihiro Ohtsubo, Yoshikazu Tanaka

    Chimeric repressor gene-silencing technology is a useful tool for changing morphology of ornamental plants. It has previously been demonstrated that the chimeric repressor TCP3SRDX, which consists of Arabidopsis TCP3 and an ERF-associated amphiphilic repression motif repression domain, perturbs the marginal morphology of Arabidopsis leaves and flowers. To obtain new rose cultivars that have ornamental values, we attempted to alter the morphology of Rosaxhybrida cv. Lavande with TCP3SRDX. The TCP3SRDX transgenic rose plants showed interesting phenotypes: the number of leaflets and the size of leaf teeth increased, the petals were wavy, and the sepals were compound-leafy. We succeeded in altering rose morphology using Arabidopsis TCP3 without the sequence information of a TCP3 homologue in the target plant species.

    JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY, 2011年, Plant Biotechnology, 28 (2), 149 - 152, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 抗体可変領域を用いた抗体転写因子の高感度化に影響を与えるドメイン配列

    河野実織, 櫻井由季, 祗園景子, 乾秀之, 乾秀之, 乾秀之

    (公社)日本生化学会, 2010年, 生化学, 83回・33回, 1P - 1287, 日本語

  • Keiko Gion, Yuki Sakurai, Akito Watari, Hideyuki Inui

    Many recombinant transcription factors have been invented, but we cannot select a substance used as an inducer. In this study, we have created a novel expression control system in which we can select a substance as an inducer toward which a monoclonal antibody (mAb) is prepared. The variable region fragments (Fvs) of the heavy and light chains (VH and VL) of the bisphenol A (BPA)-specific mAb BBA-2187 were each fused to the DNAbinding domain (DBD) of LexA and the transactivation domain (AD) of VP16. The association between the two recombinant proteins in the presence of BPA constituted a functional transcription factor. The recombinant proteins in which the DBD was fused to the N-terminal side of the Fv and in which the nuclear localization signal (NLS) was fused to the N-termini of the construct including the AD highly induced β-galactosidase (lacZ) expression in recombinant yeast cells grown with BPA. When the Fvs of the polychlorinated biphenyl (PCB)-specific mAb 4444 were used, DBDNLS-VH and NLS-AD-VL showed significantly increased lacZ activity in response to a PCB derivative. The Fv transcription factor may be useful in many fields such as gene therapeutics. © 2009 American Chemical Society.

    AMER CHEMICAL SOC, 2009年12月15日, Analytical Chemistry, 81 (24), 10162 - 10166, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ズッキーニにおけるダイオキシン類の品種特異的蓄積

    松尾申遼, 山崎清志, 祗園景子, EUN Heesoo, 乾秀之

    2009年, 日本農薬学会大会講演要旨集, 34th, 115, 日本語

  • ウリ科植物ズッキーニにおける残留性有機汚染物質の吸収・移行・蓄積性能

    乾秀之, 若井丈人, 祗園景子, 金倫碩, 殷熈洙

    2009年, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009, 420 - 421, 日本語

  • 抗体可変領域を用いた人工転写因子の交叉反応性

    櫻井由季, 祗園景子, 山崎清志, 乾秀之

    (公社)日本生化学会, 2009年, 生化学, 82回, 4T15p - 7, 日本語

  • 抗体可変領域を用いた転写因子によるポリ塩化ビフェニル測定法の高感度化

    櫻井由季, 祗園景子, 乾秀之

    2009年, 生化学, ROMBUNNO.4T15P - 5, 日本語

  • A high-throughput bioassay for dioxins and dioxin-like compounds using transgenic Arabidopsis plants expressing a recombinant aryl hydrocarbon receptor gene

    H. Inui, K. Gion, H. Eun, H. Ohkawa

    We engineered tobacco and Arabidopsis plants, in which the expression of the reporter beta-glucuronidase (GUS) gene was induced by the recombinant aryl hydrocarbon receptor (AhR). These transgenic plants showed dose-dependent increase of GUS activities toward dioxin-like polychlorinated biphenyl (PCB) congeners. On the other hand, GUS activities did not increase when non-toxic PCBs were treated. From these results, we found that there was positive correlation between GUS activity and dioxin toxicity. The transgenic Arabidopsis plants grown in 1 g of soil contaminated with dioxin-like PCBs showed significant increase of GUS activity, leading to a high-throughput screening of dioxin contamination without any extraction and purification steps. This system has a potential fir the bioassay of dioxins and dioxin-like compounds.

    MEDIMOND S R L, 2009年, 16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON CYTOCHROME P450, PROCEEDINGS, 103 - +, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hideyuki Inui, Taketo Wakai, Keiko Gion, Yun Seok Kim, Heesoo Eun

    The zucchini (Cucurbita pepo) cultivars 'Patty Green', 'Black Beauty', and 'Gold Rush' were cultivated on weathered dioxin-contaminated soil in pots, and concentrations of the 29 dioxin-like compounds that were assigned WHO-TEFs, three non-toxic polychlorinated dibenzo-p-dioxins/dibenzofurans (PCDD/Fs), and two non-dioxin-like polychlorinated biphenyls (PCBs) were analyzed. Toxic equivalent (TEQ) values accumulated in 'Black Beauty' and 'Gold Rush' were about 180 times higher than those in 'Patty Green'. The bioconcentration factor (BCF) based on total mass concentration of the twelve dioxin-like PCBs was higher than those of the seven PCDDs and ten PCDFs in all the cultivars. The BCFs for PCDD and PCDF congeners were negatively correlated with octanol-water partition coefficients in all the plants. No correlations were observed in PCB congeners in the high accumulators, although in 'Patty Green' the BCFs for PCB congeners were significantly correlated with octanol-water partition coefficients. Our findings suggest that the high accumulators had unknown, unique mechanisms for uptake of PCBs, whereas PCDDs and PCDFs were absorbed based on their physicochemical properties. © 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2008年11月, Chemosphere, 73 (10), 1602 - 1607, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • アリルハイドロカーボン受容体を導入した形質転換植物によるダイオキシン類のバイオアッセイ

    祗園景子, 大川秀郎, 乾秀之

    2008年, 環境化学討論会講演要旨集, 17th, 268 - 269, 日本語

    [招待有り]

  • 抗体可変領域を用いた新規遺伝子発現調節システム

    祗園景子, 渡昭人, 櫻井由季, 乾秀之

    2008年, 生化学, 1P - 1361, 日本語

  • Nobuyuki Kuramoto, Katsuhiro Baba, Keiko Gion, Chie Sugiyama, Hideo Taniura, Yukio Yoneda

    Xenobiotic response element (XRE) is a core nucleotide sequence at the upstream of inducible target genes for the transcription factor aryl hydrocarbon receptor (AhR) that is responsible for signal transduction of exogenous environmental pollutants in eukaryotic cells. Immunoblotting analysis revealed the constitutive expression of AhR-related proteins in rat liver and brain, while specific binding of a radiolabelled probe containing XRE was detected in nuclear preparations of both liver and brain on gel retardation electrophoresis. Among discrete rat brain structures examined, cerebellum exhibited the highest XRE binding with less potent binding in hypothalamus, midbrain, medulla-oblongata, hippocampus, cerebral cortex and striatum. In contrast to liver and hippocampus, cerebellum also contained unusually higher XRE binding in microsomal fractions than that in either nuclear or mitochondrial fractions. Limited proteolysis by V8 protease did not markedly affect XRE binding in cerebellar nuclear extracts, with concomitant diminution of that in hepatic and hippocampal nuclear extracts. In primary cultured cerebellar neurons, indigo was effective in significantly increasing XRE binding only when determined immediately after sustained exposure for 120 min in the presence of high potassium chloride. These results suggest the abundance of as-yet unidentified proteins with high affinity for XRE and responsiveness to indigo in both nuclear and microsomal fractions of rat cerebellum.

    2003年04月, Journal of Neurochemistry, 85 (1), 264 - 273, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Nobuyuki Kuramoto, Keiji Inoue, Keiko Gion, Katsura Takano, Katsumi Sakata, Kiyokazu Ogita, Yukio Yoneda

    Transcriptional regulation is one of the most important functions of polyamines in the nucleus of eukaryotic cells. The addition of the endogenous polyamines spermine and spermidine markedly increased DNA binding activity of the transcription factor activator protein-1 (AP1) in a concentration-dependent manner at a concentration range of 50 to 500 μM in nuclear extracts of murine whole brain when determined in the absence of added MgCl2 on gel retardation electrophoresis. Similar but less potent potentiation was seen with DNA binding of cAMP responsive element binding protein (CREB), while both polyamines were ineffective in affecting that of c-Myc irrespective of the addition of MgCl2. Unlabeled AP1 probe was invariably more potent in competing for AP1 binding than unlabeled CREB probe in either the presence or absence of spermine and spermidine. In addition to whole brain, both polyamines significantly increased AP1 binding in retina, adrenal and pituitary, without significantly affecting that in spleen. Moreover, ultraviolet and circular dichroism spectra analyses revealed that these two polyamines induced DNA topological transition of AP1 probe under the conditions favorable for the increase in AP1 binding. These results suggest that both spermine and spermidine may modulate gene transcription through cis- and trans-actions on AP1 binding in the nucleus in murine central and peripheral structures with high excitability. © 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    2003年03月28日, Brain Research, 967 (1-2), 170 - 180, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Existence of xenobiotic response element binding in Dictyostelium.

    Nobuyuki Kuramoto, Emi Goto, Yukito Masamune, Keiko Gion, Yukio Yoneda

    Xenobiotic response element (XRE) is a core nucleotide sequence at the upstream of inducible target genes for the transcription factor aryl hydrocarbon receptor (AhR) that is responsible for recognition of exogenous environmental pollutants in eukaryotic cells. Gel retardation electrophoresis revealed the presence of binding of a radiolabeled probe containing XRE in both cytosolic and nuclear preparations of the slime mold Dictyostelium. Unlabeled XRE probe was more potent in competing for XRE binding in both fractions than unlabeled XRE probe with a point mutation at the core element. Limited proteolysis by V8 protease did not markedly affect XRE binding in both fractions, while XRE binding decreased during in vitro incubation at 30 degrees C for up to 24 h at decline rates proportional to increasing pHs at a range of 6.5-8.5 in cytosolic fractions in a manner different from those in nuclear fractions. Deprivation of nutrients induced aggregation of cells within 4-8 h later, followed by formation of first finger tips around 12 h later and subsequent development to mobile slugs within 16 h and then to fruit bodies between 20 and 24 h later. The starvation led to a marked decrement of XRE binding in cytosolic fractions 4-36 h later, followed by a robust but transient increment of that in nuclear extracts 12-20 h afterward. However, XRE binding was not affected by antibodies against AhR-related proteins known to date in both fractions irrespective of nutritional conditions. These results suggest the abundance of as-yet unidentified proteins with high affinity for XRE in the slime mold Dictyostelium. The possibility that those proteins may be translocated from the cytoplasm to the nucleus in response to cellular development during starvation is feasible.

    2002年10月11日, Biochimica et biophysica acta, 1578 (1-3), 1 - 11, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • K. Gion, R. Suzuri, K. Ishiguro, Y. Katsumoto, S. Tsuda, Y. Tanaka, E. Mouradova, F. Brugliera, S. Chandler

    We have been using genetic engineering to develop and commercialize new floricultural cultivars focusing on novel flower colour. Rose, carnation and chrysanthemum do not have violet or blue flowers due to their lack of ability to synthesize the delphinidin-based anthocyanins which most violet/blue flowers contain. Flavonoid 3', 5'-hydroxylase (F3'5'H) is the key enzyme on the biosynthesis pathway leading to delphinidin. Transgenic rose, carnation and chrysanthemum expressing a heterologous F3'5'H gene produced flowers with a novel violet/blue flower colour for these species, not possible by hybridization breeding. Transgenic carnations are sold in USA, EU and Japan and a transgenic rose in Japan. Rose, carnation and chrysanthemum expressing an Arabidopsis FT (a gene that promotes flowering) exhibited very early flowering phenotypes. Expressing dominant chimeric repressors of various transcriptional factors in transgenic rose resulted in various novel flower morphologies. These technologies will be useful for development of novel floricultural crops in future.

    2012年09月01日, Acta Horticulturae, 953, 209 - 216

    研究論文(学術雑誌)

  • Nobuyuki Kuramoto, Emi Goto, Yukito Masamune, Keiko Gion, Yukio Yoneda

    Xenobiotic response element (XRE) is a core nucleotide sequence at the upstream of inducible target genes for the transcription factor aryl hydrocarbon receptor (AhR) that is responsible for recognition of exogenous environmental pollutants in eukaryotic cells. Gel retardation electrophoresis revealed the presence of binding of a radiolabeled probe containing XRE in both cytosolic and nuclear preparations of the slime mold Dictyostelium. Unlabeled XRE probe was more potent in competing for XRE binding in both fractions than unlabeled XRE probe with a point mutation at the core element. Limited proteolysis by V8 protease did not markedly affect XRE binding in both fractions, while XRE binding decreased during in vitro incubation at 30°C for up to 24 h at decline rates proportional to increasing pHs at a range of 6.5-8.5 in cytosolic fractions in a manner different from those in nuclear fractions. Deprivation of nutrients induced aggregation of cells within 4-8 h later, followed by formation of first finger tips around 12 h later and subsequent development to mobile slugs within 16 h and then to fruit bodies between 20 and 24 h later. The starvation led to a marked decrement of XRE binding in cytosolic fractions 4-36 h later, followed by a robust but transient increment of that in nuclear extracts 12-20 h afterward. However, XRE binding was not affected by antibodies against AhR-related proteins known to date in both fractions irrespective of nutritional conditions. These results suggest the abundance of as-yet unidentified proteins with high affinity for XRE in the slime mold Dictyostelium. The possibility that those proteins may be translocated from the cytoplasm to the nucleus in response to cellular development during starvation is feasible. © 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    2002年10月11日, Biochimica et Biophysica Acta - Gene Structure and Expression, 1578 (1-3), 1 - 11

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 鈴木 広隆, 祇園 景子, 大村 直人

    グラフィカルな技術・知識を用いて複雑な現象を分析・説明することに関する連続セミナーを開催することとした。

    神戸大学大学院工学研究科, 2020年, 神戸大学大学院工学研究科・システム情報学研究科紀要, (12), 15 - 18, 日本語

  • 未来の化学工場を考えるプロセスの設計

    祗園景子, 鶴田宏樹, 上田正博, 植田貴志, 神田彰久, 大村直人

    2019年, 化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM), 84th

  • 保多隆裕, 祇園景子, 鶴田宏樹, 宮崎悟, 水野佳子, 猿渡昌子, 平田健一, 永井洋士, 福本巧

    米国では企業や団体が医療ベンチャーを支え、そこから生まれる原型を大手メーカーが事業化するエコシステムが存在するが、法体系や社会システムの異なる日本では米国型システムは機能しておらず、特に開発初期を担う創造的人材が決定的に不足している。この現状を打開すべく、"メディカル・デバイス・プロデューサー(MDP)"育成研修プログラムを開発した。MDPは、臨床現場で医療従事者と密に連携し、ニーズを起点とした医療機器のコンセプト創出を行い、実際の製品開発までを推進する。その過程で専門人材とチームを形成し、知財・薬事戦略・保険適用・事業戦略を立案する。MDPには専門知識や経験に加え、コミュニケーションスキルやチームマネジメントスキルが要求される。研修の対象は、医療機関や医療機器メーカーの医師、臨床工学技士、工学系研究者などで、プログラムはエントリーおよびアドバンストコースで構成され、前者は約1年間のコースで、ワークショップ形式の授業とハンズオンセミナーで開発スキルの基礎を学んだ後に、臨床現場見学から開発候補品創出までの一通りの模擬実践を行う。(本研修はAMED国産医療機器創出促進基盤整備等事業の助成を受けた。)

    公益社団法人 日本生体医工学会, 2019年, 日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web), 58th (0), S84_1 - S84_1, 日本語

  • 社会システムと価値変換の役割

    鶴田宏樹, 祗園景子, 大村直人

    2017年, 化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM), 49th

  • iKODEプログラム(人材育成)と産学連携活動(3ヵ年の取組み)

    松浦昌宏, 祇園景子, 谷藤真琴, 江田和生, 遠山育夫

    2017年, 産学連携学会大会講演予稿集(CD-ROM), 15th

  • 社会的価値につなげるコンピュータシミュレーション研究マネジメント

    祇園景子

    2017年, VE全国大会資料集(CD-ROM), 50th

  • ジアシルグリセロールキナーゼαの218番目のチロシンリン酸化はドメイン間相互作用と高次構造を変化させる

    脇阪 昌明, 岩下 智秋, 濱田 大三, 祇園 景子, 上田 修司, 山之上 稔, 鶴田 宏樹, 白井 康仁

    (公社)日本生化学会, 2015年12月, 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [3LBA119] - [3LBA119], 日本語

  • チロシンリン酸化がジアシルグリセロールキナーゼαのドメイン間相互作用及び高次構造に与える影響

    脇阪昌明, 岩下智秋, 濱田大三, 濱田大三, 祇園景子, 上田修司, 山之上稔, 鶴田宏樹, 白井康仁

    2015年, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 492nd

  • 抗体可変領域を用いた抗体転写因子による脂溶性物質の細胞膜透過性の評価

    河野実織, 櫻井由季, 祇園景子, 乾秀之

    (公社)日本生化学会, 2012年, 日本生化学会大会(Web), 85th, 3P - 792, 日本語

  • Hideyuki Inui, Keiko Gion, Yasushi Utani, Taketo Wakai, Susumu Kodama, Heesoo Eun, Yun-Seok Kim, Hideo Ohkawa

    TAYLOR & FRANCIS INC, 2012年, JOURNAL OF ENVIRONMENTAL SCIENCE AND HEALTH PART B-PESTICIDES FOOD CONTAMINANTS AND AGRICULTURAL WASTES, 47 (7), 759 - 759, 英語

    その他

  • シロイヌナズナTCP3キメラリプレッサーを発現した形質転換バラとカーネーションの形態変化

    祗園景子, 硯亮太, MOURADOVA Ekaterina, 四方雅仁, 光田展隆, 大島良美, 小山知嗣, 高木優, 大坪憲弘, 田中良和

    2011年, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011

  • 新しいバラとカーネーションを創る試み

    祗園景子, 硯亮太, MOURADOVA Ekaterina, 田中良和

    2010年, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 28th

  • バイオテクノロジーと実用技術 どんな物質でも誘導剤にできる抗体可変領域を用いた遺伝子発現調節システム

    乾秀之, 祗園景子, 櫻井由季, 渡昭人, 山崎清志

    化学工業社, 2009年, ケミカルエンジニヤリング, 54 (10), 767 - 772, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 9A28 ズッキー二におけるダイオキシン類の品種特異的蓄積(残留・分析法,一般講演要旨)

    松尾 申遼, 山崎 清志, 砥園 景子, 殷 煕沫, 乾 秀之

    日本農薬学会, 2009年02月27日, 講演要旨集, (34), 115 - 115, 日本語

  • ウリ科植物ズッキーニにおける残留性有機汚染物質の吸収・蓄積性能

    乾秀之, 山崎清志, 岩田徹, 松尾申遼, 沢田真美, 祗園景子, 若井丈人, KIM Yun-Seok, EUN Heesoo

    2009年, 環境化学討論会講演要旨集, 18th

  • 植物で生産した組換え型アリルハイドロカーボン受容体を利用したダイオキシン類のin vitroバイオアッセイ系の開発

    辻林義寛, 祇園景子, 乾秀之, 乾秀之

    2009年, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 458th

  • ダイオキシン類を吸収・蓄積するズッキーニの根滲出物により土壌からのダイオキシン類脱離・可溶化作用

    岩田徹, 山崎清志, 祇園景子, 若井丈人, 金倫碩, 殷煕洙, 乾秀之, 乾秀之

    2009年, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 458th

  • 残留性有機汚染物質を効率よく蓄積するズッキーニにおけるダイオキシン類の吸収・移行メカニズム

    乾秀之, 若井丈人, 祇園景子, KIM Yun-Seok, EUN Heesoo

    日本農薬学会, 2008年, 日本農薬学会大会講演要旨集, 33rd, 44 - 44, 日本語

  • 抗体の可変領域断片を用いた新規遺伝子発現調節システムの構築

    渡昭人, 祇園景子, 乾秀之

    2008年, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 453rd

  • 残留性有機汚染物質の吸収に差があるズッキーニ品種間において発現量が異なる遺伝子の探索

    乾秀之, 田中マチ子, 祇園景子

    2008年, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008

  • 組換え型アリル炭化水素受容体と細胞間移行転写因子遺伝子を導入した形質転換植物によるダイオキシン類のバイオアッセイ

    祇園景子, 大川秀郎, 乾秀之

    2008年, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008

  • Hideyuki Inui, Keiko Gion, Yasushi Utani, Hideo Ohkawa

    John Wiley and Sons, 2007年05月31日, Pesticide Chemistry: Crop Protection, Public Health, Environmental Safety, 431 - 438, 英語

  • 残留性有機汚染物質を効率よく吸収するズッキーニにおけるダイオキシン類の吸収・蓄積

    乾秀之, 若井丈人, 祇園景子, KIM Yun-Seok, EUN Heesoo

    日本農薬学会, 2007年, 日本農薬学会大会講演要旨集, 32nd, 91 - 91, 日本語

  • ズッキーニにおける残留性有機汚染物質の高吸収に関する要因の探索

    若井丈人, 祇園景子, 金倫碩, 殷煕沫, 乾秀之

    2007年, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007

  • マウス及びモルモットのアリルハイドロカーボン受容体/レポーター遺伝子系を導入した形質転換植物による残留性有機汚染物質のバイオアッセイ

    祇園景子, 若井丈人, 金倫碩, 殷煕洙, 乾秀之, 大川秀郎

    2007年, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007

  • ズッキーニにおける残留性有機汚染物質の効率的な吸収に関する遺伝子の探索

    乾秀之, 若井丈人, 祇園景子, 金倫碩, 殷煕沫

    2007年, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007

  • 哺乳動物由来の受容体を介したレポーター遺伝子発現系を用いた残留性有機汚染物質のファイトモニタリング

    乾秀之, 祇園景子, 大川秀郎

    日本農薬学会, 2006年, 日本農薬学会大会講演要旨集, 31st, 100 - 100, 日本語

  • 組換え型AhR/GUS遺伝子系を導入した形質転換植物におけるダイオキシン類のバイオアッセイ

    川畑順子, 祇園景子, 児玉進, 乾秀之, 大川秀郎

    2006年, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2006

  • マウス及びモルモットのアリルハイドロカーボン受容体遺伝子系を導入した形質転換植物によるダイオキシン類のモニタリング

    乾秀之, 祇園景子, 烏谷泰, 殷煕洙, 服部眞幸, 荒尾和人, 遠藤正造, 大川秀郎

    2006年, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2006

  • マウス・アリルハイドロカーボン受容体とβ-グルクロニダーゼレポーターの遺伝子系を導入した形質転換タバコにおけるダイオキシン類のモニタリング

    烏谷泰, 祇園景子, 乾秀之, いん きしゅ, 服部真幸, 荒尾知人, 遠藤正造, 大川秀郎, 大川秀郎, 大川秀郎

    2005年, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2005

  • ダイオキシン類に高い感受性を示すモルモットのアリルハイドロカーボン受容体遺伝子系グ導入した形質転換植物の作出

    祇園景子, 佐々木秀明, 烏谷泰, 乾秀之, 大川秀郎, 大川秀郎, 大川秀郎

    2005年, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2005

  • ラット小脳ミクロソーム画分におけるXRE結合蛋白質局在の可能性

    眞田 法子, 祇園 景子, 倉本 展行, 谷浦 秀夫, 米田 幸雄

    (一社)日本神経精神薬理学会, 2002年12月, 日本神経精神薬理学雑誌, 22 (6), 245 - 245, 日本語

  • ラット小脳由来初代培養神経細胞のXRE結合能に対する内因性AhRリガンドの影響

    伊藤 実, 祇園 景子, 倉本 展行, 谷浦 秀夫, 米田 幸雄

    (一社)日本神経精神薬理学会, 2002年12月, 日本神経精神薬理学雑誌, 22 (6), 246 - 246, 日本語

  • 細胞性粘菌のグルタミン酸レセプターによる分化制御の可能性

    祇園景子, 倉本展行, 真田法子, 米田幸雄

    2002年, 生化学, 74 (8)

  • ラット小脳に存在するXREコア配列結合蛋白質

    倉本展行, 祇園景子, 馬場勝弘, 米田幸雄

    (公社)日本生化学会, 2002年, 生化学, 74 (8), 1003 - 1003, 日本語

  • タバコCYP71A11遺伝子の化学物質誘導型プロモーターの機能解析

    祇園景子, 乾秀之, 大川秀郎

    2001年, 生化学, 73 (8)

  • タバコ植物におけるCYP71A11遺伝子プロモーターを用いたヒトCYP2C19の化学物質誘導発現と除草剤代謝・耐性

    中井秀一, 乾秀之, 祇園景子, 大川秀郎

    2001年, 日本農芸化学会誌, 75 (4)

  • 化学物質誘導型タバコCYP71A11プロモーターの機能解析

    祇園景子, 乾秀之, 中井秀一, 大川秀郎

    2001年, 日本農芸化学会誌, 75

  • タバコ植物におけるCYP71A11遺伝子プロモーターを用いたヒトCYP2C19の化学物質誘導発現と除草剤代謝・耐性

    中井秀一, 乾秀之, 祇園景子, 大川秀郎

    2000年, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 417th

  • 大村 直人, 増田 勇人, 白杉(片岡) 直子, 本多 佐知子, 祗園 景子

    食品業界では,原料の混合は最も重要な単位操作の一つであるが,取り扱う流体が複雑なレオロジー特性を有するため,食品プロセスにおける最も難しい単位操作の一つである。Lindley が指摘したように,食品加工では混合が広く用いられているが,基本的な理解が欠如しており,混合装置の設計および開発には,体系的な方法論が未だ存在しない。本研究は,料理における撹拌動作に関する「暗黙知」に焦点を当てた。調理の撹拌において,専門家は独自の方法で回転,往復,揺動などの動作を組み合わせて食材を撹拌している。著者らはこれらの調理専門家から効果的な撹拌動作を抽出できれば,混合装置の設計と開発のための新しい基本的理解が得られると考え,科学研究費補助金の支援を得て,研究プロジェクトを推進している。本稿では,著者らが行った人による生クリーム撹拌時の液表面の性状観察について紹介する。

    神戸大学大学院工学研究科, 2020年, 神戸大学大学院工学研究科・システム情報学研究科紀要, (12), 32 - 33, 日本語

  • 細胞性粘菌における代謝型グルタミン酸受容体による分化制御の可能性

    祇園 景子, 倉本 展行, 米田 幸雄

    (公社)日本薬理学会, 2003年03月, 日本薬理学雑誌, 121 (3), 57P - 57P, 日本語

  • 細胞性粘菌のXRE結合能と細胞分化制御の関連性

    祇園 景子, 倉本 展行, 米田 幸雄

    (公社)日本薬理学会, 2002年10月, 日本薬理学雑誌, 120 (4), 28P - 28P, 日本語

書籍等出版物

  • 価値創造の考え方

    國部克彦, 玉置, 久, 菊池, 誠

    編者(編著者), 第3章 問う―発散思考と収束思考, 日本評論社, 2021年03月13日, 日本語, ISBN: 4535559945

  • 美しい未来をつくるひとのための15のはなし

    祇園 景子、神戸大学出版会 発行

    編者(編著者), 神戸新聞総合出版センター, 2021年04月29日, 日本語, ISBN: 4909364137

  • 価値創造の教育 神戸大学バリュースクールの挑戦

    國部克彦, 鶴田宏樹, 祗園景子編

    共編者(共編著者), 第6章 アイデアを形にするためのPBL; 第10章中小企業価値創造支援コンソーシアム(One Hyogo)プロジェクト, 神戸新聞総合出版センター, 2021年08月30日, 日本語, ISBN: 4909364145

講演・口頭発表等

  • EARTH on EDGE コンソーシアムにおける社会起業家人材育成プログラム開発の試み -評価・分析編-

    祗園景子, 加藤知愛, 武田浩太郎, 三上淳, 鶴田宏樹, 友渕貴之, 石田祐, 阿部晃成, 石井旭

    イノベーション教育学会第7回年次大会, 2019年11月10日

  • EARTH on EDGE コンソーシアムにおける社会起業家人材育成プログラム開発の試み -フレームワーク、プランニング・ワークシート開発編-

    三上淳,加藤知愛,祗園景子,鶴田宏樹,友渕貴之,石田祐,武田浩太郎,阿部晃成,石井旭

    イノベーション教育学会第7回年次大会, 2019年11月10日

  • EARTH on EDGE コンソーシアムにおける社会起業家人材育成プログラム開発の試み -コンテンツ開発編-

    武田浩太郎, 祗園景子, 鶴田宏樹, 阿部晃成, 友渕貴之, 石田祐, 加藤知愛, 三上淳, 石井旭

    イノベーション教育学会第7回年次大会, 2019年11月10日

  • EARTH on EDGE コンソーシアムにおける社会起業家人材育成プログラム開発の試み -コンセプト開発編-

    祗園景子, 武田浩太郎, 鶴田宏樹, 三上淳, 加藤知愛, 友渕貴之, 石田祐, 阿部晃成, 石井旭

    イノベーション教育学会第7回年次大会, 2019年11月10日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 課題解決・価値創造の「考え方の考え方」デザイン思考を使う

    鶴田宏樹, 祗園景子

    2019年度全国私立中学高等学校 私立学校専門研修会イノベーション教育(グローバル・ICT活用)研究部会, 2019年11月08日

    [招待有り]

  • 未来の化学工場を考えるプロセスの設計

    祇園 景子, 鶴田 宏樹, 上田 正博, 上田 貴志, 神田 彰久, 大村 直人

    化学工学会第84回年会, 2019年03月, 日本語, 芝浦工業大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 学生との協創によるアクティブラーニング授業の設計

    祇園 景子, 松井 巧海, 宮口 裕太, 市川 和樹, 松尾 卓己, 青木 紗羅, 小濱 直大, 五十嵐 和範, 重倉 悠佑, 中川 爽馬, 大村 直人, 鶴田 宏樹

    イノベーション教育学会第6回年次大会, 2018年12月, 日本語, 東北大学, アクティブラーニングとは,教員からの一方的な講義で知識を覚えるのではなく,学習者が主体的に,仲間と協力しながら課題を解決するような指導・学習方法の総称である.グループワークやディスカッション,体験学習,調査学習など有効とされる. 我々は,アントレプレナー人材育成のプログラムとして,「Creative School」を称する講義を実施ししている.本プログラムの目指す人材像を右図のように定義し,学部学生を対象に「基礎編」と「応用編」を提供している.「基礎編」では,論理的思考,デザイン思考,システム思考をグループワークを通じて習得する授業を学内インフルエンサーである有志学生と共に設計し,全学部1回生を対象にした授業を実施した.有志学生が17回のミーティングを重ね,授業目的,到達目標,ルーブリック評価,授業内容,ロゴマークを作成した.その授業設計のプロセス, 国内会議

    ポスター発表

  • Management of Computer Simulation Research for Leading Future Value

    GION KEIKO, TSURUTA HIROKI, NAOTO OHMURA

    The 6th Asian VE Conference / The 50th SJVE Conference, 2017年10月, 英語, 公益社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会, アルカディア市ヶ谷 [東京都千代田区九段北], 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 防災の未来像から シミュレーション研究を考える

    祇園 景子, 鶴田 宏樹, 大村 直人

    土木学会一般公開シンポジウム「未来世紀都市創出 ~地球環境とエネルギーそして防災~」, 2017年09月, 日本語, 神戸大学工学部LR棟, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 社会システムと価値変換の役割

    鶴田 宏樹, 祇園 景子, 大村 直人

    化学工学会第49回秋季大会, 2017年09月, 日本語, 名古屋大学 東山キャンパス, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • シミュレーションの社会的価値

    祇園 景子, 鶴田 宏樹, 大村 直人

    第22回化学工学イノベーション研究会, 2017年06月, 日本語, 神戸大学統合研究拠点, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iKODEプログラム(人材育成)と産学連携活動(3ヵ年の取組み)

    松浦 昌宏, 祇園 景子, 谷藤 真琴, 江田 和生, 遠山 育夫

    産学連携学会第15回大会(とちぎ大会), 2017年06月, 日本語, 栃木県総合文化センター・第3会議室D会場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 社会から見た「シミュレーションの価値」

    祇園 景子, 鶴田 宏樹

    見える化シンポジウム2017~シミュレーションの価値~, 2017年03月, 日本語, 理化学研究所計算科学研究機構, 東京・日本橋ライフサイエンスハブ, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 医・工・デザイン連携グローバルアントレプレナー育成(iKODE)プログラム

    祇園 景子, 松浦 昌宏, 遠山 育夫

    超異分野学会大阪フォーラム2017, 2017年03月, 日本語, 立命館大学大阪いばらきキャンパス, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ワークショップから研究戦略を考える-ポスト「京」の事例-

    祗園景子

    RA協議会第2回年次大会, 2016年09月02日

    [招待有り]

  • 医学系EDGEプログラムの課題と可能性について.

    祇園 景子, 松浦 昌宏, 遠山 育夫

    イノベーション教育学会第4回年次大会, 2016年06月, 日本語, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 国内会議

    ポスター発表

  • デザイン思考による視点と着眼点-木を見て森も見る-

    祗園景子

    第3回未来社会を担う人材育成のための多角連携フォーラム, 2016年03月13日

    [招待有り]

  • 抗体可変領域を用いた抗体転写因子による脂溶性物質の細胞膜透過性の評価

    河野実織, 櫻井由季, 祇園景子, 乾秀之

    日本生化学会大会(Web), 2012年, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 新しいバラとカーネーションを創る試み

    祗園景子, 硯亮太, Ekaterina Mouradova, 田中良和

    第28回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム, 2010年09月03日

    [招待有り]

  • 植物で生産した組換え型アリルハイドロカーボン受容体を利用したダイオキシン類のin vitroバイオアッセイ系の開発

    辻林義寛, 祇園景子, 乾秀之

    日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ダイオキシン類を吸収・蓄積するズッキーニの根滲出物により土壌からのダイオキシン類脱離・可溶化作用

    岩田徹, 山崎清志, 祇園景子, 若井丈人, 金倫碩, 殷煕洙, 乾秀之

    日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アリルハイドロカーボン受容体を導入した形質転換植物によるダイオキシン類のバイオアッセイ

    祗園景子, 大川秀郎, 乾秀之

    第17回環境化学討論会, 2008年06月13日

    [招待有り]

  • 組換え型アリル炭化水素受容体と細胞間移行転写因子遺伝子を導入した形質転換植物によるダイオキシン類のバイオアッセイ

    祇園景子, 大川秀郎, 乾秀之

    日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 残留性有機汚染物質を効率よく蓄積するズッキーニにおけるダイオキシン類の吸収・移行メカニズム

    乾秀之, 若井丈人, 祇園景子, KIM Yun‐Seok, EUN Heesoo

    日本農薬学会大会講演要旨集, 2008年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 残留性有機汚染物質の吸収に差があるズッキーニ品種間において発現量が異なる遺伝子の探索

    乾秀之, 田中マチ子, 祇園景子

    日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 抗体の可変領域断片を用いた新規遺伝子発現調節システムの構築

    渡昭人, 祇園景子, 乾秀之

    日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2008年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 残留性有機汚染物質を効率よく吸収するズッキーニにおけるダイオキシン類の吸収・蓄積

    乾秀之, 若井丈人, 祇園景子, KIM Yun‐Seok, EUN Heesoo

    日本農薬学会大会講演要旨集, 2007年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 残留性有機汚染物質を効率よく吸収するズッキーニにおけるダイオキシン類の吸収・蓄積

    乾 秀之, 若井 丈人, 祇園 景子, 金 倫碩, 殷 熙洙

    講演要旨集, 2007年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マウス及びモルモットのアリルハイドロカーボン受容体

    祇園景子, 若井丈人, 金倫碩, 殷煕洙, 乾秀之, 大川秀郎

    日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ズッキーニにおける残留性有機汚染物質の高吸収に関する要因の探索

    若井丈人, 祇園景子, 金倫碩, 殷煕沫, 乾秀之

    日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ズッキーニにおける残留性有機汚染物質の効率的な吸収に関する遺伝子の探索

    乾秀之, 若井丈人, 祇園景子, 金倫碩, 殷煕沫

    日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 哺乳動物由来の受容体を介したレポーター遺伝子発現系を用いた残留性有機汚染物質のファイトモニタリング

    乾秀之, 祇園景子, 大川秀郎

    日本農薬学会大会講演要旨集, 2006年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 組換え型AhR

    川畑順子, 祇園景子, 児玉進, 乾秀之, 大川秀郎

    日本農芸化学会大会講演要旨集, 2006年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マウス及びモルモットのアリルハイドロカーボン受容体遺伝子系を導入した形質転換植物によるダイオキシン類のモニタリング

    乾秀之, 祇園景子, 烏谷泰, 殷煕洙, 服部眞幸, 荒尾和人, 遠藤正造, 大川秀郎

    日本農芸化学会大会講演要旨集, 2006年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マウス・アリルハイドロカーボン受容体とβ‐グルクロニダーゼレポーターの遺伝子系を導入した形質転換タバコにおけるダイオキシン類のモニタリング

    烏谷泰, 祇園景子, 乾秀之, いん きしゅ, 服部真幸, 荒尾知人, 遠藤正造, 大川秀郎

    日本農芸化学会大会講演要旨集, 2005年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ダイオキシン類に高い感受性を示すモルモットのアリルハイドロカーボン受容体遺伝子系グ導入した形質転換植物の作出

    祇園景子, 佐々木秀明, 烏谷泰, 乾秀之, 大川秀郎

    日本農芸化学会大会講演要旨集, 2005年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • タバコCYP71A11遺伝子の化学物質誘導型プロモーターの機能解析

    祇園景子, 乾秀之, 大川秀郎

    生化学, 2001年08月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • タバコ植物におけるCYP71A11遺伝子プロモーターを用いたヒトCYP2C19の化学物質誘導発現と除草剤代謝・耐性

    中井秀一, 乾秀之, 祇園景子, 大川秀郎

    日本農芸化学会誌, 2001年04月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 化学物質誘導型タバコCYP71A11プロモーターの機能解析

    祇園景子, 乾秀之, 中井秀一, 大川秀郎

    日本農芸化学会誌, 2001年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • タバコ植物におけるCYP71A11遺伝子プロモーターを用いたヒトCYP2C19の化学物質誘導発現と除草剤代謝・耐性

    中井秀一, 乾秀之, 祇園景子, 大川秀郎

    日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2000年12月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)