Directory of Researchers

TAKAHASHI Hiroshi
Graduate School of Law / Division of Professional Legal Education
Professor
Law / Political Sciences
Last Updated :2021/04/12

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • <Faculty / Graduate School / Others>

    Graduate School of Law / Division of Professional Legal Education
  • <Related Faculty / Graduate School / Others>

    Faculty of Law / Department of Law, Organization for Advanced and Integrated Research

Teaching

Research at Kobe

Research Activities

Research Interests

  • Japanese Legal System
  • Alternative Dispute Resolution
  • Sociological Study of Law

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Legal theory and history

Committee Memberships

  • May 2011 - Present, 日本法社会学会, 理事
  • May 2017 - May 2020, 日本法社会学会, 事務局長
  • Jul. 2016 - Sep. 2019, 仲裁ADR法学会, 常務理事

Published Papers

  • 法社会学は司法制度改革にどのように接近してきたか

    高橋裕

    Lead, Mar. 2020, 法社会学, (86), 44 - 60, Japanese

    [Invited]

    Scientific journal

  • 経験科学的な法概念に向けて

    TAKAHASHI HIROSHI

    信山社, Mar. 2019, ダニエル・フット/ 濱野亮/太田勝造(編)『法の経験的社会科学の確立に向けて』, 531 - 551, Japanese

    Scientific journal

  • 「2017年度仲裁ADR法学会シンポジウム 企画趣旨説明」・「コメント」および「討論」

    TAKAHASHI HIROSHI

    仲裁ADR法学会, May 2018, 仲裁とADR, (13), 80 - 112, Japanese

    Symposium

  • マックス・ヴェーバーにおける法の概念−−経験科学的法概念の再構成に向けて

    TAKAHASHI HIROSHI

    日本評論社, May 2018, 水林彪・青木人志・松園潤一朗(編)『法と国制の比較史−−西欧・東アジア・日本』, 71 - 107, Japanese

    Scientific journal

  • 法社会学研究の組織的基盤

    TAKAHASHI Hiroshi

    有斐閣, Mar. 2018, 法社会学の軌跡と課題/隣接分野との対話[法社会学84号], (84), 25 - 39, Japanese

    Scientific journal

  • 弁護士における統合とその弱化−−綱紀・懲戒事例を手がかりに

    TAKAHASHI Hiroshi

    Mar. 2017, 《法》を見る[法社会学83号], (83), 151 - 172, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 弁護士における統合とその弱化−−綱紀・懲戒事例を手がかりに

    TAKAHASHI Hiroshi

    2017, 法社会学, (83), 151 - 172, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 法廷の暑い夏

    高橋 裕

    法律文化社, Mar. 2016, 阿部昌樹・和田仁孝(編)『新入生のためのリーガル・トピック50』, 10 - 13, Japanese

    Scientific journal

  • 川島武宜−−その初期の活動

    高橋 裕

    国際書院, Mar. 2016, 小野博司・出口雄一・松本尚子(編)『戦時体制と法学者−−1931~1952』, 283 - 294, Japanese

    Scientific journal

  • 時間と言葉−−医療メディエーションと和田仁孝の紛争過程論

    高橋 裕

    法律文化社, Feb. 2016, 西田英一・山本顕治(編)『振舞いとしての法−−知と臨床の法社会学』, 275 - 279, Japanese

    Scientific journal

  • ある「法文化」の生成 −−誰が裁判嫌いの「神話」を生んだのか

    TAKAHASHI Hiroshi

    国際書院, 2016, 岩谷十郎(編)『再帰する法文化[法文化(比較・歴史・情報)叢書⑭]』, 175 - 205, Japanese

    Research society

  • Econo-Legal Studies的知识课题−−循着法的领域

    TAKAHASHI Hiroshi, 李鹏舒訳

    上海交通大学凯原法学院, 2016, 交大法学, 2016年 (第3期), 65 - 83, Chinese

    Research institution

  • 戦後日本における法解釈学と法社会学 −−川島武宜と来栖三郎における事実と法

    高橋 裕

    信山社, Dec. 2015, 法と社会研究, (1), 33 - 63, Japanese

    Scientific journal

  • 川島武宜の転換−−1951~1955年

    高橋 裕

    日本評論社, Dec. 2015, 大島和夫・楜澤能生・佐藤岩夫・白藤博行・吉村良一(編)『広渡清吾先生古稀記念論文集 民主主義法学と研究者の使命』, 37 - 55, Japanese

    Scientific journal

  • 弁護士役務の地域特性

    高橋 裕

    日本評論社, Feb. 2015, 佐藤岩夫・濱野亮(編)『変動期の日本の弁護士』, 106 - 126, Japanese

    Scientific journal

  • 川島武宜の戦後――1945~1950年

    高橋 裕

    法律文化社, Jul. 2014, 和田仁孝・樫村志郎・阿部昌樹・船越資晶(編)『法の観察――法と社会の批判的再構築に向けて』, 19 - 52, Japanese

    Scientific journal

  • Hiroshi Takahashi

    Edward Elgar Publishing Ltd., 27 Jun. 2014, The Changing Role of Law in Japan: Empirical Studies in Culture, Society and Policy Making, 95 - 110, English

    In book

  • 法学と経済学の複眼思考

    高橋 裕, YANAGAWA TAKASHI

    有斐閣, Mar. 2014, 柳川隆・高橋裕・大内伸哉(編) 『エコノリーガル・スタディーズのすすめ――社会を見通す法学と経済学の複眼思考』, 1 - 28, Japanese

    Scientific journal

  • エコノ・リーガル・スタディーズの方法論的課題

    TAKAHASHI Hiroshi

    Mar. 2013, 神戸法学雑誌, 62 (3=4), 235 - 248, Japanese

    Symposium

  • ADRとトラブル・紛争

    Hiroshi Takahashi

    Jun. 2011, 法律時報, 2011年6月号11-17頁, Japanese

    Scientific journal

  • 明治中期の法律雑誌と大阪攻法会――梅謙次郎「日本民法和解論」に導かれて――

    Hiroshi Takahashi

    Apr. 2011, 法と政治[関西学院大学], 62巻1号Ⅱ784-746頁, Japanese

    Scientific journal

  • 家族からみたトラブル――トラブルの社会学的把握の視角をめぐって――

    Hiroshi Takahashi

    Oct. 2010, 『トラブル経験と相談行動 [現代日本の紛争処理と民事司法 2]』, 29-46頁, Japanese

    Scientific journal

  • 利用者はどのように弁護士を評価しているのか

    Hiroshi Takahashi

    Aug. 2010, 『利用者が求める民事訴訟の実践 ――民事訴訟はどのように評価されているか――』, 131-143頁, Japanese

    Scientific journal

  • 利用者はどのような動機で訴訟を行うのか

    Hiroshi Takahashi

    Aug. 2010, 『利用者が求める民事訴訟の実践 ――民事訴訟はどのように評価されているか――』, 6-22頁, Japanese

    Scientific journal

  • 「日本人の訴訟嫌い」――? 問題設定の細密化を目指して

    Hiroshi Takahashi

    Apr. 2010, JCAジャーナル, 57巻4号2-6頁, Japanese

    Scientific journal

  • イギリスの司法統計

    Takahashi Hiroshi

    Mar. 2010, 佐藤岩夫・羽多野敏・三阪佳弘・高橋裕『ヨーロッパの司法統計 I――フランス・イギリス――』, pp. 65-126, Japanese

    Scientific journal

  • 法文化legal cultureの概念と法社会学研究におけるその位置――英国法社会学の議論を中心に――

    Takahashi Hiroshi

    Sep. 2009, 法社会学, No. 71, pp.171-187, Japanese

    Scientific journal

  • 労働をめぐる紛争は,どのように起きているのか

    Takahashi Hiroshi

    Apr. 2009, 大内伸哉(編著)『働く人をとりまく法律入門』(ミネルヴァ書房), pp. 263-294, Japanese

    Scientific journal

  • 訴訟利用行動にかかわる諸要因――借家紛争に即して――

    Takahashi Hiroshi

    Apr. 2009, 太田勝造・濱野亮・ダニエル・H・フット・村山眞維(編)『法社会学の新世代』(有斐閣, pp.222-250, Japanese

    Scientific journal

  • Career Judiciary, Judicial Reform and Practicing Attorney

    Takahashi Hiroshi

    2009, Journal of Japanese Law, Nr. 27, pp.39-57, English

    Scientific journal

  • Both Sides Now――交互面接方式調停と同席方式調停――

    Takahashi Hiroshi

    May 2008, 仲裁とADR, Vol. 3, pp. 89-98, Japanese

    Scientific journal

  • Who is the “Party” in Disputes? : Some Observations from the 2006 National Survey

    Takahashi Hiroshi

    2008, 文部科学省特定領域研究「法化社会における紛争処理と民事司法」ワーキングペーパー第2集, pp. 96-100, English

    Scientific journal

  • 家事調停の動態学

    高橋 裕

    Dec. 2007, 紛争と対話, 180-199頁, Japanese

    Scientific journal

  • Career Patterns of Japanese Judges

    高橋 裕

    Jul. 2007, Choi/ Rokumoto (eds.), Judicial System Transformation in the Globalizing World, 183-216頁, Japanese

    Scientific journal

  • 調停研究の視座と課題をめぐって

    高橋 裕

    Jun. 2007, 神戸法学雑誌, 57巻1号121-130頁, Japanese

    Scientific journal

  • 消費者信用と裁判所利用――経済動向と政策の作用に焦点をあわせて――

    高橋 裕

    Dec. 2006, 林 信夫ほか編・法の生成と民法の体系――無償行為論・法過程論・民法体系論――, 295-339頁, Japanese

    Scientific journal

  • ADRの生成

    高橋 裕

    Nov. 2006, 和田 仁孝編・法社会学, 261-287頁, Japanese

    Scientific journal

  • 事件類型・訴訟類型と利用者調査

    高橋 裕

    Mar. 2006, 佐藤岩夫ほか編・利用者からみた民事訴訟-司法制度改革審議会「民事訴訟利用者調査」の2次分析-, 173-192, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 借地借家調停と法律家-日本における調停制度導入の一側面-

    高橋 裕

    Jul. 2004, 早川吉久ほか編著・ADRの基本的視座, 93-134, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 紛争の展開過程と紛争類型 -ADRの制度設計のための予備作業として-

    高橋 裕

    Feb. 2003, JCAジャーナル, 50巻2号2-9頁, Japanese

    Scientific journal

MISC

  • 柔らかさと強さと――利谷信義先生を偲ぶ

    高橋裕

    Jan. 2020, 日本法社会学会学会報, (114), 10 - 11, Japanese

    Others

  • 「科学としての法律学」の展開と限界

    TAKAHASHI Hiroshi

    神戸大学大学院人文学研究科倫理創成プロジェクト, Mar. 2018, 21世紀倫理創成研究 (神戸大学), (11), 1 - 7, Japanese

    Report research institution

  • 書評:金菱清『生きられた法の社会学――伊丹空港「不法占拠」はなぜ移転補償されたのか――』(新曜社,2008年)

    Takahashi Hiroshi

    Mar. 2009, 法社会学, No. 70, pp.297-301, Japanese

    Others

  • 渡辺洋三先生 著作目録

    Takahashi Hiroshi

    Feb. 2009, 戒能通厚・原田純孝・広渡清吾(編)『日本社会と法律学――歴史、現状、展望 ――{渡辺洋三先生追悼論集]』(日本評論社), pp.1211-1163, Japanese

    Others

  • Book Review, Community and State in the Japanese Farm Village: Farm Tenancy Conciliation (1924-1938) by Dimitri Vanoverbeke, Leuven, Belgium: Leuven University Press, 2004

    Takahashi Hiroshi

    2008, Social Science Japan Journal, Vol. 11, No. 2, pp.312-316, English

    Others

  • 裁判の枠組みと法

    高橋 裕

    Apr. 2004, 法学入門2006(別冊法学セミナー), 24-31, Japanese

    Others

  • ADRをめぐる多様な視角 -連載によせて-

    高橋 裕

    Sep. 2002, JCAジャーナル, 49巻9号24-25頁, Japanese

    Others

  • 司法改革の脈絡をよむ

    高橋 裕

    Aug. 2002, 法学セミナー, 47巻8号51-53頁, Japanese

    Others

Books etc

  • 法律经济学

    YANAGAWA TAKASHI, TAKAHASHI HIROSHI, OUCHI SHINYA

    Joint editor, 机械工业出版社, Apr. 2017, Chinese

    Textbook

  • エコノリーガル・スタディーズのすすめ――社会を見通す法学と経済学の複眼思考――

    TAKAHASHI Hiroshi, YANAGAWA TAKASHI, OHUCHI SHINYA

    Joint work, 有斐閣, Mar. 2014, Japanese

    Textbook

  • ヨーロッパの司法統計Ⅰ―フランス・イギリス

    TAKAHASHI HIROSHI, 佐藤 岩夫, 波多野 敏, 三阪 佳弘

    Joint work, 東京大学社会科学研究所, Mar. 2010, Japanese

    Scholarly book

  • 法社会学(「ADRの生成」を担当)

    高橋 裕

    Joint work, 法律文化社, Nov. 2006, Japanese

    Scholarly book

  • 「ADRにおける弁護士の役割に関する一試論」 阿部昌樹=馬場健一=斎藤浩編・司法改革の最前線314-333頁

    高橋 裕

    Joint work, 日本評論社, Aug. 2002, Japanese

    Others

  • 「現代型訴訟のインパクト」 和田仁孝=太田勝造=阿部昌樹 (編)・Series Law in Action ■ 交渉と紛争処理174-195頁

    高橋 裕

    Joint work, 日本評論社, May 2002, Japanese

    Others

Presentations

  • ELSのこれから

    高橋裕

    神戸大学エコノリーガル大学院プログラム キックオフシンポジウム・法経連携専門教育プログラム10周年記念シンポジウム「 神戸大学エコノリーガル・スタディーズ/これまでとこれから」, 17 Feb. 2020, Japanese

    Others

  • Backgrounds and Research Design of the Civil Justice Research Project in Japan

    SATO Iwao, TAKAHASHI Hiroshi, IIDA Takashi

    Asian Law & Society Association Annual Meeting 2019, 13 Dec. 2019, English

    Oral presentation

  • 人文社会科学の融合研究を考える

    柳川隆・高橋裕

    神戸大学先端融合研究環プロジェクト「メタ科学技術研究プロジェクト:方法・倫理・政策の総合的研究」第37回ワークショップ, 28 Jun. 2019

    Others

  • 日本における市民の紛争経験と対応行動:近年の変化をめぐって

    高橋裕

    東亜法律与経済系列講座 第4回, 11 Jun. 2019, Japanese

    [Invited]

    Nominated symposium

  • Twelve Years On: How the Japanese Citizens’ Disputing Behaviour Has Changed (or Not?)

    TAKAHASHI Hiroshi

    Law & Society Association 2019 Annual Meeting, 31 May 2019

    Oral presentation

  • 法社会学は司法制度改革にどのように接近してきたか

    高橋裕

    2019年度日本法社会学会, 12 May 2019, Japanese

    [Invited]

    Nominated symposium

  • 法をどのように捉えるか −−法社会学からの把握と法史学からの把握

    TAKAHASHI HIROSHI

    日本法社会学会関西研究支部・法制史学会近畿部会合同シンポジウム 「法の概念および日本前近代法の特質 ――水林彪・青木人志・松園潤一朗編『法と国制の比較史――西洋・東アジア・日本』を素材として」, Dec. 2018, Japanese, 神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ, Domestic conference

    Nominated symposium

  • Law and Development: ADR Transplant as Challenging Enterprise

    TAKAHASHI HIROSHI

    Bangi SALAD 2018, Sep. 2018, English, Universiti Kebangsaan Malaysia, International conference

    Oral presentation

  • 文書資料を用いた法の質的研究をめぐる若干の検討

    TAKAHASHI HIROSHI

    2018年度日本法社会学会学術大会 ミニシンポジウム「法の質的研究を前進させる」, May 2018, Japanese, 鹿児島大学, Domestic conference

    Public symposium

  • Environmental Dispute Resolution and Sustainability

    TAKAHASHI Hiroshi

    Bangi SALAD 2017, Nov. 2017, English, Universiti Kebangsaan Malaysia, Universiti Kebangsaan Malaysia, International conference

    Oral presentation

  • 環境問題とADR:討論の整理にむけて

    TAKAHASHI Hiroshi

    仲裁ADR法学会第13回大会, Jul. 2017, Japanese, 仲裁ADR法学会, 大阪大学, Domestic conference

    Nominated symposium

  • Historical Background of Socio-Legal Studies in Japan and the JASL

    TAKAHASHI Hiroshi

    International Meeting on Law and Society in Mexico City, 2017, Jun. 2017, English, Law & Society Association, Sheraton Maria Isabel, Mexico City, International conference

    Public symposium

  • 法社会学研究の組織的基盤

    TAKAHASHI Hiroshi

    日本法社会学会2017年度学術大会, May 2017, Japanese, 日本法社会学会, 早稲田大学, Domestic conference

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • Characteristics of Law and Society/ Socio-legal Studies in Japan

    Hiroshi Takahashi

    中日法律研究交流与対話, Mar. 2017, English, 上海交通大学凯原法学院, International conference

    Oral presentation

  • 「科学としての法律学」の展開と限界

    Hiroshi Takahashi

    神戸大学先端融合研究環プロジェクト 「メタ科学技術研究プロジェクト:方法・倫理・政策の総合的研究」第5回研究会, Feb. 2017, Japanese, 神戸大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • コメント:法社会学の観点から

    Hiroshi Takahashi

    ミニシンポジウム「国境を越えた/私的自治による紛争解決と法の実現 --仲裁を素材として」, Dec. 2016, Japanese, 神戸大学, Domestic conference

    Nominated symposium

  • コメント−−《法》を見るための《理論》に寄せて

    Hiroshi Takahashi

    日本法社会学会学術大会, May 2016, Japanese, 立命館大学, Domestic conference

    [Invited]

    Nominated symposium

  • 法社会学研究におけるサーベイ調査:可能性と課題

    TAKAHASHI Hiroshi

    日本法社会学会学術大会, May 2013, Japanese, Domestic conference

    Others

  • ミニシンポジウム「市民の司法参加の正統性基盤―西欧陪参審員調査中間報告―」

    尾崎 一郎, 濱野 亮, 高橋 裕, 池田 公博

    日本法社会学会学術大会, May 2012, Japanese, 日本法社会学会, 京都女子大学, Domestic conference

    Public symposium

  • ミニ・シンポジウム「アジア諸国の民事紛争解決と法整備支――映し出された日本像――」へのコメント

    TAKAHASHI Hiroshi

    日本法社会学会学術大会, May 2011, Japanese, 東京大学, Domestic conference

    Public symposium

  • イギリスにおける司法統計の成立--その条件と帰結--

    TAKAHASHI Hiroshi

    日本法社会学会学術大会, May 2010, Japanese, 同志社大学, Domestic conference

    Public symposium

  • Japanese Way of Dispute Resolution: What is the Difference from the West?

    Takahashi Hiroshi

    Legal Reform and the Role of the Judiciary in a Comparative Perspective; Revisiting Japanese Exceptionalism from a European Perspective, Mar. 2010, English, Katholieke Universiteit Leuven, Leuven, Belgium, International conference

    Oral presentation

  • 研究者の立場から

    Takahashi Hiroshi

    シンポジウム『大阪空港「不法占拠」はなぜ補償されたのか』, Oct. 2008, Japanese, 関西学院大学, 西宮, Domestic conference

    Public symposium

  • 金菱清『生きられた法の社会学』(新曜社,2008年)をめぐって

    Takahashi Hiroshi

    関西学院大学先端社会研究所 定期研究会, Oct. 2008, Japanese, 関西学院大学, 西宮, Domestic conference

    Oral presentation

  • 家族構造と紛争過程・相談構造

    Takahashi Hiroshi

    シンポジウム「法化社会における紛争処理と民事司法」, Mar. 2008, Japanese, 明治大学 法と社会科学研究センター, 東京, International conference

    Oral presentation

  • Courts and Judicial Reform in Japan

    Takahashi Hiroshi

    Legal Reform and the Role of the Judiciary in a Comparative Perspective, Mar. 2008, English, Katholieke Universiteit Leuven, Leuven, Belgium, International conference

    Oral presentation

  • 10年後に予想される日本の法社会の姿

    高橋 裕

    全国青年司法書士協議会 広島全国研修会, Sep. 2007, Japanese, 全国青年司法書士協議会 広島全国研修会, 広島国際会議場, Domestic conference

    Others

  • Look from Both Sides Now: 同席調停と交互面接調停をめぐって

    高橋 裕

    仲裁・ADR法学会, Jul. 2007, Japanese, 仲裁・ADR法学会, 立教大学, Domestic conference

    Others

  • Citizens’ Access to Legal Advice in Contemporary Japan

    高橋 裕

    Joint Annual Meeting of the Law and Society Association and Research Committee on Sociology of Law, Jul. 2007, Japanese, Joint Annual Meeting of the Law and Society Association and Research Committee on Sociology of Law, Humboldt University, International conference

    Others

  • 「司法権独立の実証的研究」(マーク・ラムザイヤー教授)に寄せて

    高橋 裕

    日本法社会学会関西研究支部研究会, Jun. 2007, Japanese, 日本法社会学会関西研究支部研究会, 同志社大学, Domestic conference

    Others

  • 日本人は「訴訟嫌い」だったのか?――主題設定をめぐる若干の整理

    高橋 裕

    日本法社会学会学術大会, May 2007, Japanese, 日本法社会学会学術大会, 新潟大学, Domestic conference

    Others

  • トラブルの「当事者」とは誰か?

    高橋 裕

    日本法社会学会学術大会, May 2007, Japanese, 日本法社会学会学術大会, 新潟大学, Domestic conference

    Others

  • ADR分析における「個人」の地位

    高橋 裕

    日本法社会学会関西研究支部研究会, Mar. 2007, Japanese, 日本法社会学会関西研究支部研究会, 京都大学, Domestic conference

    Others

  • 『医療ADR』の可能性とあり方

    高橋 裕

    CDAMSワークショップ「関係的契約論とインフォームド・コンセント,自己決定権」, Dec. 2006, Japanese, CDAMS, 神戸大学, Domestic conference

    Others

  • Alternative Dispute Resolution: for what, anyway?

    TAKAHASHI Hiroshi

    Law and Justice Beyond Borders: Annual Meeting of the Research Committee of Sociology of Law, ISA, Jul. 2005, English, Research Committee of Sociology of Law, International Sociological Association, Carr� des sciences, Paris, International conference

    Oral presentation

  • ADRをめぐる社会科学的諸理論と制度設計

    高橋 裕

    2002年度日本法社会学会学術大会, Jun. 2002, Japanese, 日本法社会学会, 九州大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 日本におけるADRの発展状況を踏まえた消費者紛争処理の今後のあり方 -特に消費者問題の特性を手がかりとして-

    高橋 裕

    内閣府国民生活局消費者企画課 講演, Mar. 2002, Japanese, 未記入, 内閣府, Domestic conference

    Oral presentation

Association Memberships

  • 私法学会

    2018 - Present
  • 日米法学会

    2006 - Present
  • 民主主義科学者協会法律部会

    1999 - Present
  • 日本法社会学会

    1993 - Present

Research Projects