Directory of Researchers

NAKAGAWA Takehisa
Graduate School of Law / Division of Professional Legal Education
Professor
Law / Political Sciences
Last Updated :2022/04/15

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • <Faculty / Graduate School / Others>

    Graduate School of Law / Division of Professional Legal Education
  • <Related Faculty / Graduate School / Others>

    Faculty of Law / Department of Law, Center for Computational Social Science (CCSS)

Teaching

Research Activities

Research Interests

  • Internet Law
  • extraterritoriality
  • アメリカ行政法
  • 規制手法論
  • 消費者法
  • Administrative Law

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Public law

Committee Memberships

  • Apr. 2020 - Present, 文部科学省, 教科用図書検討調査審議会
  • Jun. 2019 - Present, 文部科学省, 中央教育審議会・法科大学院等特別委員会
  • Oct. 2018 - Present, 消費者庁, 消費者安全調査委員会

Published Papers

  • 行政訴訟における訴えの利益(1)

    中川丈久, 笠井正俊, 下井康史, 山本隆司

    Lead, Nov. 2021, 自治研究, 97 (11), 3 - 35, Japanese

    Scientific journal

  • 行政訴訟における訴えの利益(2)

    中川丈久, 笠井正俊, 下井康史, 山本隆司

    Lead, Nov. 2021, 自治研究, 97 (12), 3 - 36, Japanese

    Scientific journal

  • デジタルプラットフォームと消費者取引

    中川丈久

    Lead, May 2021, ジュリスト, (1558), 40 - 46, Japanese

    Scientific journal

  • おわりに-解題

    中川丈久

    Lead, Mar. 2021, 山本敬三・中川丈久編『法解釈の方法論』, 411 - 426, Japanese

    In book

  • 行政法解釈の方法-最高裁判例にみるその動態

    中川丈久

    Lead, Mar. 2021, 山本敬三・中川丈久編『法解釈の方法論』, 65 - 123, Japanese

    In book

  • 消費者行政における非権力的手法の展開

    中川丈久

    Lead, Feb. 2021, 都市問題, (112), 59 - 67, Japanese

    [Invited]

    Research institution

  • 日本で可能な違法収益吐き出し制度

    中川丈久

    Last, Mar. 2020, 現代消費者法, (46), 81 - 87

    [Invited]

    Scientific journal

  • 日本法における『弁護士依頼者間通信の秘匿特権』

    中川丈久

    Lead, Dec. 2019, ビジネス法務, 19 (12), 115 - 122

    [Invited]

  • 行政手続法の整備

    中川丈久

    Lead, May 2019, 行政法研究, 30, 3 - 27

    [Invited]

    Scientific journal

  • 行政法の域外適用

    NAKAGAWA Takehisa

    Lead, 神戸大学, Mar. 2019, Kobe Law Journal, (32), Japanese

    Scientific journal

  • 職務関連性

    NAKAGWA Takehisa

    Lead, 弘文堂, Mar. 2019, 宇賀克也・小幡純子編『条解国家賠償法』, 87 - 101, Japanese

    [Invited]

  • 消費者事故における事故調査と法的責任

    NAKAGAWA Takehisa

    Lead, 日本評論社, Jan. 2019, 法律時報, 91 (1), 77 - 83, Japanese

    [Invited]

    Scientific journal

  • 地方自治法における附属機関の法定主義と意義と射程(二・完)

    NAKAGAWA Takehisa

    第一法規, Dec. 2018, 自治研究, 94 (12), 3 - 27, Japanese

    Scientific journal

  • 地方自治法における附属機関の法定主義と意義と射程(一)

    NAKAGAWA Takehisa

    第一法規, Nov. 2018, 自治研究, 94 (11), 3 - 24, Japanese

    Scientific journal

  • 行政法解釈の方法――最高裁判例にみるその動態

    NAKAGAWA Takehisa

    有斐閣, Nov. 2018, 民商法雑誌, 154 (5), 957 - 999, Japanese

    [Invited]

    Scientific journal

  • 行政法における『信義則』と『権利濫用禁止』の概念

    NAKAGAWA Takehisa

    日本評論社, Jun. 2018, 法律時報, (1127), 22 - 29, Japanese

    [Invited]

    Scientific journal

  • 日本における公的規制・民事裁判・自主規制

    NAKAGAWA Takehisa

    有斐閣, Apr. 2018, 論究ジュリスト, (25), 176 - 179, Japanese

    Scientific journal

  • 消費者法と行政法

    NAKAGAWA Takehisa

    日本評論社, Mar. 2018, 中田邦博・鹿野菜穂子編『基本講義消費者法〔第3版〕』, 36 - 47, Japanese

    [Invited]

  • 消費者行政法の課題

    NAKAGAWA Takehisa

    信山社, Oct. 2017, 行政法研究, (20), 217 - 244, Japanese

    [Invited]

    Scientific journal

  • 広告規制と行政法の役割

    NAKAGAWA Takehisa

    民事法研究会, Sep. 2017, 消費者法, (9), 25-30, Japanese

    Scientific journal

  • 続・取消訴訟の原告適格について

    NAKAGAWA Takehisa

    日本評論社, Jul. 2017, 滝井繁男先生追悼論集-行政訴訟の活発化と国民の権利重視の行政へ, 277 - 307, Japanese

    [Invited]

    Scientific journal

  • 独占禁止法における審判制度廃止の謎: なにが改正論議を迷走させたか(特集 独占禁止法の現代的課題)

    NAKAGAWA TAKEHISA

    Jan. 2017, 法律時報, 89 (1), 37 - 45, Japanese

    [Invited]

    Scientific journal

  • 行政法学からみる「内閣法制局と最高裁判所」(小特集 内閣法制局と最高裁判所: 近年の「変化」をどうとらえるか)

    NAKAGAWA TAKEHISA

    Nov. 2016, 法律時報, 88 (12), 97 - 105, Japanese

    [Invited]

    Symposium

  • 改正商品先物取引法施行規則第102条の2の問題点

    NAKAGAWA TAKEHISA

    Nov. 2016, 先物・証券取引被害研究, (46), 30 - 35, Japanese

    [Invited]

    Symposium

  • 行訴法4条前段の訴訟(いわゆる形式的当事者訴訟)について:土地収用法における損失補償訴訟の分析

    NAKAGAWA TAKEHISA

    Sep. 2016, 宇賀克也=交告尚史編『小早川光郎先生古稀記念 現代行政法の構造と展開』, 509 - 534, Japanese

    [Invited]

    Scientific journal

  • 改正景品表示法における課徴金制度: 広告規制における行政法の役割(特集 広告と消費者法<5> (日本消費者法学会第9回大会資料))

    NAKAGAWA TAKEHISA

    Sep. 2016, 現代消費者法, (32), 38 - 47, Japanese

    [Invited]

    Symposium

  • 続・行政処分の法効果とは何を指すのか

    NAKAGAWA Takehisa

    日本評論社, Mar. 2015, 宮崎良夫先生古稀記念論文集『現代行政訴訟と到達点と展望』, 195 - 216, Japanese

    Scientific journal

  • 消費者事故原因の究明と課題

    NAKAGAWA Takehisa

    Dec. 2013, ジュリスト, (1461), 34 - 40, Japanese

  • 消費者-消費者法は行政法理論の参照領域たりうるか

    NAKAGAWA Takehisa

    公法研究会, Oct. 2013, 公法研究, (75), 188 - 203, Japanese

    Scientific journal

  • 問題提起--行政法と民事法に集団的利益・集合的利益はどのように存在するのか

    NAKAGAWA Takehisa

    Sep. 2013, 民商法雑誌, 148 (6), 492 - 512, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 消費者法と行政法

    NAKAGAWA Takehisa

    日本評論社, Sep. 2013, 中田邦博・鹿野菜穂子編『基本講義消費者法』, 31 - 41, Japanese

    Research society

  • 行政処分の法効果とは何を指すのか

    NAKAGAWA Takehisa

    商事法務, Aug. 2013, 石川正先生古稀記念論集『経済社会と法の役割』, 201 - 224, Japanese

    Scientific journal

  • 行政法からみた国際法の国内実施

    NAKAGAWA Takehisa

    Nov. 2012, 国際人権, (23), 65 - 75, Japanese

    Scientific journal

  • 行政法の義務の強制執行は、お嫌いですか?

    NAKAGAWA Takehisa

    Nov. 2012, 論究ジュリスト, (3), 56 - 66, Japanese

    Scientific journal

  • 国家賠償法1条における違法と過失について―民法709条と統一的に理解できるか

    NAKAGAWA Takehisa

    Oct. 2012, 法学教室, (385), 72 - 95, Japanese

    Scientific journal

  • 行政事件訴訟法第2次改正シンポジウム

    NAKAGAWA Takehisa

    Oct. 2012, 判例時報, (2159), 3 - 42, Japanese

    Symposium

  • 取消訴訟の原告適格について(3・完)―憲法訴訟とともに

    NAKAGAWA Takehisa

    Jun. 2012, 法学教室, (381), 72 - 87, Japanese

    Scientific journal

  • Roles of Public Law in Consumer Redress

    NAKAGAWA Takehisa

    Jun. 2012, 新世代法政策学研究, (16), 109 - 121, English

    Scientific journal

  • 取消訴訟の原告適格について(2)―憲法訴訟とともに

    NAKAGAWA Takehisa

    May 2012, 法学教室, (380), 97 - 110, Japanese

    Scientific journal

  • 取消訴訟の原告適格について(1)―憲法訴訟とともに

    NAKAGAWA Takehisa

    Apr. 2012, 法学教室, (379), 67 - 81, Japanese

    Scientific journal

  • 処分性を巡る最高裁判例の最近の展開について

    NAKAGAWA Takehisa

    Mar. 2012, 新・裁判実務体系25行政争訟(改訂版), 139-145頁, Japanese

    Scientific journal

  • 行政法の体系における行政行為・行政処分の位置付け

    NAKAGAWA Takehisa

    Mar. 2012, 阿部泰隆先生古稀記念論集『行政法学の未来に向けて』, Japanese

    Scientific journal

  • 国・地方公共団体が提起する訴訟

    NAKAGAWA Takehisa

    Dec. 2011, 法教, 375号92-109頁, Japanese

    Scientific journal

  • 『職権取消しと撤回』の再考

    NAKAGAWA Takehisa

    Dec. 2011, 水野武夫先生古稀記念論文集『行政と国民の権利』, 366-395頁, Japanese

    Scientific journal

  • 議会と行政

    NAKAGAWA Takehisa

    Nov. 2011, 行政法の新構想I, 115-166頁, Japanese

    Scientific journal

  • 消費者法と行政法

    NAKAGAWA Takehisa

    Oct. 2011, 法学セミナー, 681号14-17頁, Japanese

    Scientific journal

  • 集団的消費者被害救済制度と行政法

    NAKAGAWA Takehisa

    Sep. 2011, 消費者法, 3号24-32頁, Japanese

    Scientific journal

  • 行政実体法のしくみと訴訟方法

    NAKAGAWA Takehisa

    Jul. 2011, 法学教室, 370号60-72頁, Japanese

    Scientific journal

  • 消費者行政――消費者庁の設置と今後の法制展開

    NAKAGAWA Takehisa

    Jan. 2011, ジュリ, 1414号51-58頁, Japanese

    Scientific journal

  • 消費者被害の回復――行政法の役割

    NAKAGAWA Takehisa

    Sep. 2010, 現代消費者法, 8号34-42頁, Japanese

    Scientific journal

  • Participatory Administrative Law: Is It Emerging in Japan?

    NAKAGAWA Takehisa

    2010, Journal of Japan-Netherlands Institute, 10, 203 - 221, English

    [Invited]

    Scientific journal

  • 土地区画整理事業決定の処分性

    nakagawa takehisa

    Feb. 2009, 法学教室, 341号20~32頁, Japanese

  • 行政訴訟における近年の最高裁の動向について

    nakagawa takehisa

    Sep. 2008, 都市とガバナンス, 第10号63~68頁, Japanese

    Scientific journal

  • 行政による新たな法的空間

    中川 丈久

    Nov. 2007, 岩波講座・憲法4変容する統治システム, 195-231頁, Japanese

    Scientific journal

  • 『分担管理原則』と公文書管理」

    中川 丈久

    Feb. 2007, 総合研究機構・高橋 滋編『公文書管理の法整備に向けて』商事法務, 229-245頁, Japanese

  • 行政法からみた日本における『法の支配』

    中川 丈久

    Oct. 2006, 法哲学年報, 2005号42~57頁, Japanese

    Scientific journal

  • 米国法にからめた感想」(日本におけるドイツ年記念『行政裁量とその裁判的統制』)

    中川 丈久

    Sep. 2006, 判例時報, 1935号19頁, Japanese

  • 行政事件訴訟法の改正――行政と司法の関係は変化するか?――

    中川 丈久

    Apr. 2006, 都市問題研究(大阪市・都市問題研究会), 58巻4号110頁~124頁, Japanese

  • 海難審判の裁決に関する抗告訴訟に付いて

    Masahumi KIMURA, Takehisa NAKAGAWA, 鈴木 三郎, 久保 雅義

    Mar. 2006, 日本航海学会論文集, 第116号・pp.189-195, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 行政による民事紛争処理の諸相-行政指導と行政型ADR

    中川 丈久

    Sep. 2005, 自治体学研究, 91 26-31, Japanese

  • 司法改革のこれまで、そしてこれから

    中川 丈久

    Aug. 2005, 法律時報, 959 6-27, Japanese

  • 情報公開法制における若干の問題点

    中川 丈久

    Jan. 2005, 法政策研究, 7 55-70, Japanese

  • アメリカ(連邦法)における環境情報の公開

    中川 丈久

    Nov. 2004, 環境研究, 135 72-78, Japanese

  • 行政訴訟としての「確認訴訟」の可能性

    中川 丈久

    Sep. 2004, 民商法雑誌, 130 6 963-1017, Japanese

    Scientific journal

  • 行政指導の概念とその法的統制

    中川 丈久

    Sep. 2004, ジュリスト増刊・行政法の争点, 38-39, Japanese

  • 知的財産権を侵害する物品に対する水際取締り

    中川 丈久

    Jun. 2004, NBL, 787 15-24, Japanese

  • 消防法5条等にいう「権原を有する関係者」の解釈について 「消防法の将来像について(立法上の課題)」

    中川 丈久

    Jun. 2004, 近代消防, 55-60, Japanese

  • これからどうなる・行政訴訟法改正

    中川 丈久

    Apr. 2004, カウサ, 12 56-59, Japanese

  • 判例研究・東京地判令和2年8月6日(振り込め詐欺救済法)

    中川丈久

    Lead, Mar. 2022, 私法判例リマークス, (64), 26 - 29, Japanese

    [Invited]

    Scientific journal

  • 行政訴訟における訴えの利益(3・完)

    中川 丈久, 笠井 正俊, 下井 康史, 山本 隆司

    Lead, Jan. 2022, 自治研究, 98 (1), 7 - 48, Japanese

    Scientific journal

MISC

  • 巻頭言・審査会と行政裁量の関係について

    中川丈久

    Last, Dec. 2019, 季刊情報公開・個人情報保護, (75), 1 - 1

    [Invited]

    Report research institution

  • 座談会・司法制度とその担い手

    大坪和敏・大貫裕之・酒井圭・中川丈久・山本和彦

    Last, Aug. 2019, 論究ジュリスト, (31), 4 - 26

    [Invited]

    Report scientific journal

  • 巻頭言・消費者安全調査委員会は,法的責任に影響を及ぼすか?

    中川丈久

    Last, Jun. 2019, 現代消費者法, (43), 1 - 1

    [Invited]

    Report scientific journal

  • 『ワークショップ企業“内”法務』について

    中川丈久

    Last, Mar. 2019, 法曹養成と臨床教育, (11), 85 - 87

    [Invited]

    Introduction other

  • 第3回公法系訴訟サマースクール

    NAKAGAWA Takehisa, NORO Mitsuru

    日本評論社, Feb. 2019, 法学セミナー, (769), 61, Japanese

    [Invited]

  • 公法系訴訟サマースクール2016①行政訴訟における主張構成の方法

    OKADA Masanori, NAKAGAWA Takehisa, NAKAMURA Mayumi, SAITO Hiroshi

    有斐閣, Jan. 2018, 法学教室, (449), 132 - 140, Japanese

    [Invited]

    Lecture materials

  • 座談会・若手法曹三者が語る

    NAKAGAWA Takehisa, MIZU}NO Akiko, NAGAO yutaro, SHOZAKI Yuta

    有斐閣, Aug. 2017, 法学教室, (443), 9 - 33, Japanese

    [Invited]

    Others

  • 滝井繁男先生に聞く―行政事件を中心に

    NAKAGAWA Takehisa

    日本評論社, Jul. 2017, 滝井繁男先生追悼論集-行政訴訟の活発化と国民の権利重視の行政へ, 85 - 109, Japanese

    Others

  • 座談会・司法改革の継続と行政訴訟活性化への道―滝井繁男先生を偲んで

    NAKAGAWA Takehisa

    日本評論社, Jul. 2017, 滝井繁男先生追悼論集-行政訴訟の活発化と国民の権利重視の行政へ, 39 - 84, Japanese

    Others

  • 公法系訴訟サマースクール2015(1) 行政訴訟における主張構成の方法

    KADOMATSU NARUFUMI, NAKAGAWA TAKEHISA, 水野 泰隆, 越智 敏裕

    有斐閣, Feb. 2017, 法学教室, (437), 148 - 157, Japanese

    [Invited]

  • 巻頭言 : 行政訴訟と最高裁の変化

    中川 丈久

    先物取引被害全国研究会, Nov. 2016, 先物・証券取引被害研究, 46, 1 - 1, Japanese

  • 確定処分の違法と国家賠償

    NAKAGAWA TAKEHISA

    Jun. 2016, 租税判例百選〔第6版〕(別冊ジュリスト228号), 228 - 229, Japanese

    [Invited]

    Report scientific journal

  • 抗告訴訟と当事者訴訟の概念小史 : 学説史の素描

    中川 丈久

    信山社, Jul. 2015, 行政法研究 = Review of administartive law = Revue de droit administratif = Zeitschrift für Verwaltungsrecht, (9), 1 - 50, Japanese

  • 商品先物取引法における不招請勧誘禁止の例外について : 行政法の見地から (特集 商品先物取引の不招請勧誘)

    中川 丈久

    消費者法ニュース発行会議, Apr. 2015, 消費者法ニュース, 103, 10 - 12, Japanese

  • 商品先物取引法における不招請勧誘禁止の例外について : 行政法の見地から

    中川 丈久

    民事法研究会, Mar. 2015, 現代消費者法, 26, 49 - 51, Japanese

  • 平成26年改正景品表示法の評価と課題 : 行政法の見地から (特集 平成26年改正景品表示法)

    中川 丈久

    公正取引協会, Dec. 2014, 公正取引, (770), 14 - 22, Japanese

  • 行政訴訟の基本構造(1)抗告訴訟と当事者訴訟の同義性について

    中川 丈久

    有斐閣, Apr. 2014, 民商法雑誌, 150 (1), 1 - 62, Japanese

  • 藤田宙靖先生と最高裁判所(3)(インタビュー:蟻川恒正と)

    NAKAGAWA Takehisa

    Mar. 2014, 法学教室, (402), 35 - 52, Japanese

    [Invited]

    Lecture materials

  • 討議のまとめ 特集:改正行政事件訴訟法施行10年の検証

    NAKAGAWA Takehisa

    Feb. 2014, 論究ジュリスト, (8), 81 - 91, Japanese

    Lecture materials

  • 藤田宙靖先生と最高裁判所(2)(インタビュー:蟻川恒正と)

    NAKAGAWA Takehisa

    Feb. 2014, 法学教室, (401), 39 - 55, Japanese

    Lecture materials

  • 藤田宙靖先生と最高裁判所(1)(インタビュー:蟻川恒正と)

    NAKAGAWA Takehisa

    Jan. 2014, 法学教室, (400), 59 - 80, Japanese

    Lecture materials

  • 特別座談会 消費者裁判手続特例法の理論と課題

    三木 浩一, 中川 丈久, 加納 克利

    有斐閣, 2014, 論究ジュリスト = Quarterly jurist, (9), 138 - 166, Japanese

  • 巻頭言・変化は突然に

    NAKAGAWA Takehisa

    Aug. 2013, 税務弘報, 61 (8), 2 - 3, Japanese

    Introduction commerce magazine

  • 条例の行政訴訟対象性

    NAKAGAWA Takehisa

    May 2013, 地方自治判例百選(第4版), 66 - 67, Japanese

    Introduction scientific journal

  • 「公法訴訟」の可能性(2・完)(座談会:石川健治・神橋一彦・土井真一と)

    NAKAGAWA Takehisa

    May 2013, 法学教室, (392), 69 - 84, Japanese

    Lecture materials

  • 座談会・「公法訴訟」の可能性(1)

    NAKAGAWA Takehisa

    Apr. 2013, 法学教室, (391), 70 - 110, Japanese

    Lecture materials

  • 巻頭言 政省令の過剰規制を防ぐ行政法メンテナンスを

    中川 丈久

    中央経済社, Apr. 2013, ビジネス法務, 13 (4), 18 - 19, Japanese

  • 政省令の過剰規制を防ぐ-行政法のメンテナンスを(巻頭言)

    NAKAGAWA Takehisa

    Feb. 2013, ビジネス法務, 13 (4), 81 - 82, Japanese

    Introduction commerce magazine

  • 「事故調査」という考え方を育てる(巻頭言)

    NAKAGAWA Takehisa

    Jan. 2013, 消費者法ニュース, (9), 5, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 確定処分の違法と国家賠償

    NAKAGAWA Takehisa

    Dec. 2011, 租税判例百選(第5版), 222-223頁, Japanese

  • もんじゅ行政訴訟差戻し後控訴審判決

    NAKAGAWA Takehisa

    Sep. 2011, 環境判例百選(第2版), 210-211頁, Japanese

  • 公法訴訟・連載開始にあたって(座談会)

    NAKAGAWA Takehisa

    May 2011, 法学教室, 368号77頁, Japanese

  • 授業方法――双方向型から講義型への回帰?

    NAKAGAWA Takehisa

    May 2011, ロースクール研究, 17号83-89頁, Japanese

    Introduction scientific journal

  • 実質的証拠法則

    NAKAGAWA Takehisa

    Apr. 2010, 経済法判例・審決百選 別冊ジュリスト, 199号230-231頁, Japanese

  • 法科大学院教育と行政法(行政法教育の変化と司法試験)

    NAKAGAWA Takehisa

    Apr. 2010, Law School研究, 15号43-48頁, Japanese

    Introduction scientific journal

  • 自己申告票提出義務不存在確認訴訟

    NAKAGAWA Takehisa

    Mar. 2010, 法学教室, 354号別冊付録判例セレクト2009(Ⅱ)11頁, Japanese

  • 滝井繁男著「最高裁判所は変わったか」

    NAKAGAWA Takehisa

    Jan. 2010, 法セミ, 661号134頁, Japanese

    Introduction scientific journal

  • 「実定法諸分野における実務と学説」

    中川 丈久

    Jan. 2007, 法律時報, 79巻1号5-32頁, Japanese

    [Invited]

    Others

  • 討論 第二部 日独における行政裁量論の行方 (日本におけるドイツ年記念--日独行政法シンポジウム 行政裁量とその裁判的統制(3・完))

    斎藤 誠, 水野 武夫, 中川 丈久

    判例時報社, 11 Sep. 2006, 判例時報, (1935), 10 - 18, Japanese

  • 福井秀夫・村田斉志・越智敏裕著「新行政事件訴訟法――逐条解説とQ&A」

    中川 丈久

    Nov. 2005, 自治研究, 81 10 153-160, Japanese

    Others

  • 帰属を誤った課税処分の効力

    中川 丈久

    Oct. 2005, ジュリスト増刊租税判例百選, 200-201, Japanese

    Others

  • 行政法と企業法務の今度

    中川 丈久

    Jan. 2005, NBL, 800 14-15, Japanese

    Introduction scientific journal

  • もんじゅ差戻審高裁判決

    中川 丈久

    Apr. 2004, ジュリスト増刊環境判例百選, 202-203, Japanese

    Others

  • 公文書公開条例による本人開示請求

    中川 丈久

    Oct. 2003, 地方自治判例百選 (第3版), 未記入, Japanese

    Others

  • 書評・日本弁護士連合会編 「使える行政訴訟へ― 「是正訴訟」 の提案―」日本弁護士連合会編 「使える行政訴訟へ― 「是正訴訟」 の提案―」

    中川 丈久

    Aug. 2003, 自由と正義, 54号8月号131頁, Japanese

    Others

  • 学界展望 (行政法)

    中川 丈久

    Oct. 2002, 公法研究, 64号262-312頁, Japanese

    Others

  • 公文書公開条例による本人開示請求

    中川 丈久

    Jun. 2002, 平成13年度重要判例解説, 未記入, Japanese

    Others

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, Mar. 2002, 月刊法学教室, (258), 132 - 131, Japanese

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, Jan. 2002, 月刊法学教室, (256), 135 - 134, Japanese

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, Dec. 2001, 月刊法学教室, (255), 127 - 126, Japanese

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, Nov. 2001, 月刊法学教室, (254), 123 - 122, Japanese

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, Oct. 2001, 月刊法学教室, (253), 135 - 134, Japanese

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, Sep. 2001, 月刊法学教室, (252), 161 - 160, Japanese

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, Aug. 2001, 月刊法学教室, (251), 137 - 136, Japanese

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, Jul. 2001, 月刊法学教室, (250), 127 - 126, Japanese

  • 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, Jun. 2001, 月刊法学教室, (249), 124 - 123, Japanese

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, May 2001, 月刊法学教室, (248), 99 - 98, Japanese

  • 行政法 (演習 新執筆陣でスタート!)

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, Apr. 2001, 月刊法学教室, (247), 111 - 110, Japanese

  • 神戸大学における法学教育再編の構想 (特集 法曹養成と法学教育--法学部・法学大学院の果たすべき役割) -- (各大学の取組み)

    磯村 保, 中川 丈久

    有斐閣, 01 Dec. 1999, ジュリスト, (1168), 58 - 63, Japanese

  • 日米の行政手続法・行政手続論の基層比較(2)基本的発想の違い

    中川 丈久

    神戸法学会, Jun. 1999, 神戸法学雑誌, 49 (1), 118 - 188, Japanese

  • 情報公開制度における本人開示について(下)

    中川 丈久

    第一法規, Aug. 1998, 自治研究, 74 (8), 54 - 74, Japanese

  • 情報公開制度における本人開示について(上)

    中川 丈久

    第一法規, Jul. 1998, 自治研究, 74 (7), 67 - 85, Japanese

  • 法律解釈における立法史の利用について--議会意図の擬制による司法の責務放棄

    Scalia Antonin, 中川 丈久

    有斐閣, 01 Mar. 1998, ジュリスト, (1129), 77 - 86, Japanese

Books etc

  • 法解釈の方法論 : その諸相と展望

    山本, 敬三, 中川, 丈久

    Joint editor, 行政法解釈の方法; おわりに-解題, 有斐閣, Mar. 2021, Japanese, ISBN: 9784641126145

  • 宇賀克也・小幡純子編・条解国家賠償法

    中川丈久

    Contributor, 職務関連性, 弘文堂, Mar. 2019

  • 中田邦博・鹿野菜穂子編・基本講義消費者法(第3版)

    中川丈久

    Contributor, 消費者法と行政法(36~47頁), 日本評論社, Mar. 2018

  • 佐藤幸治=泉徳治編・滝井繁男先生追悼論集-行政訴訟の活性化と国民の権利重視の行政へ

    中川丈久

    Contributor, インタビュー・座談会・「続・取消訴訟の原告適格について」, 日本評論社, Jul. 2017

  • 行政訴訟の実務(改訂版)

    NAKAGAWA Takehisa

    Others, 第一法規, Feb. 2013, Japanese

    Textbook

  • セレクト六法平成25年度版

    NAKAGAWA Takehisa

    Joint editor, 岩波書店, Oct. 2012, Japanese

    Dictionary or encycropedia

  • 行政法学の未来に向けて

    NAKAGAWA Takehisa

    Joint work, 有斐閣, Mar. 2012, Japanese

    Scholarly book

  • 行政と国民の権利

    NAKAGAWA Takehisa

    Joint work, 法律文化社, Dec. 2011, Japanese

    Scholarly book

  • セレクト六法平成24年版

    NAKAGAWA Takehisa

    岩波書店, Oct. 2011, Japanese

    General book

  • 公法系訴訟実務の基礎(第2版)

    NAKAGAWA Takehisa

    Joint work, 弘文堂, Sep. 2011, Japanese

    Textbook

  • セレクト六法平成23年版

    NAKAGAWA Takehisa

    岩波書店, Oct. 2010, Japanese

    General book

  • 公法系訴訟実務の基礎

    nakagawa takehisa

    Joint work, 弘文堂, Apr. 2008, Japanese

    Textbook

  • 小早川光郎編 研究会・改正行政事件訴訟法

    中川 丈久

    Joint work, 有斐閣, Mar. 2005, Japanese

    Scholarly book

  • 芝池義一・高木光編 ケースブック行政法

    中川 丈久

    Joint work, 弘文堂, Apr. 2004, Japanese

    Textbook

  • 高田敏・村上武則編 ファンダメンタル地方自治法

    中川 丈久

    Joint work, 法律文化社, Apr. 2004, Japanese

    Textbook

  • コンサイス法律学用語辞典

    中川 丈久

    Joint work, 三省堂, Dec. 2003, Japanese

    Others

  • 環境法辞典

    中川 丈久

    Joint work, 有斐閣, May 2002, Japanese

    Others

  • Constitutional Law of Japan

    NAKAGAWA Takehisa

    Joint work, Kluwer International, 2001, English

    Scholarly book

  • 行政手続と行政指導

    NAKAGAWA Takehisa

    Single work, 有斐閣, Dec. 2000, Japanese

    Scholarly book

Presentations

  • 民事手法と行政手法,自主規制

    NAKAGAWA Takehisa

    消費者委員会WGヒアリング, Jul. 2018, Japanese, 消費者委員会, 消費者庁, Domestic conference

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • Changing Roles of ‘Borders’ in Deciding the Scope of Governmental Regulation”

    NAKAGAWA Takehisa

    The Boundaries between International and Domestic Law, May 2018, English, 社会システムイノベーションセンター研究チーム, 神戸大学, International conference

    [Invited]

    Nominated symposium

  • 消費者事故調査と法的責任

    NAKAGAWA Takehisa

    事故原因の解明と民事責任, Mar. 2018, Japanese, 科研, 神戸大学, Domestic conference

    [Invited]

    Nominated symposium

  • 行政訴訟の訴訟要件の構造について

    NAKAGAWA TAKEHISA

    平成28年度行政基礎研究会B, Jan. 2017, Japanese, 司法研修所, 和光市, Domestic conference

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • 改正景品表示法における課徴金制度――広告規制における行政法の役割――

    NAKAGAWA TAKEHISA

    日本消費者法学会第9回大会, Oct. 2016, Japanese, 日本消費者法学会, 中央大学後楽園キャンパス, Domestic conference

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • 集団的・集合的利益としての“中間的利益”論の可能性--問題提起

    NAKAGAWA Takehisa

    科学研究費A(窪田充見代表)公開カンファレンス, Feb. 2013, Japanese, 神戸大学, Domestic conference

    Nominated symposium

  • 司法試験シンポジウム・検証・私法試験と予備試験

    NAKAGAWA Takehisa

    日本弁護士連合会, Dec. 2012, Japanese, 主婦会館, Domestic conference

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • 行政法の観点からのコメント

    NAKAGAWA Takehisa

    国際人権法学会, Nov. 2012, Japanese, 北海道大学, Domestic conference

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • 公法における人--消費者

    NAKAGAWA Takehisa

    日本公法学会, Oct. 2012, Japanese, 法政大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 日本における消費者行政

    NAKAGAWA Takehisa

    北海道GCOEシンポジウム, Jul. 2012, English, 北海道大学, International conference

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • 行政事件訴訟法第2次改正シンポジウム

    NAKAGAWA Takehisa

    日本弁護士連合会, Feb. 2012, Japanese, 主婦会館, Domestic conference

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • 集団的消費者被害救済制度と行政法

    NAKAGAWA Takehisa

    日本消費法学会, Nov. 2011, Japanese, 明治大学, Domestic conference

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • 行政裁量の審査

    NAKAGAWA Takehisa

    日弁連司法シンポジウム, Sep. 2011, Japanese, 日本弁護士会館, Domestic conference

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • 日本の立法過程

    NAKAGAWA Takehisa

    BK22, May 2010, English, 韓国・梨花女子大学, International conference

    Keynote oral presentation

  • FCTにおける消費者被害救済制度について

    NAKAGAWA Takehisa

    集団的消費者被害救済制度に関する研究会, May 2009, Japanese, 内閣府, Domestic conference

    Oral presentation

  • 棟居報告へのコメント

    NAKAGAWA Takehisa

    日本公法学会, Oct. 2008, Japanese, 学習院大学, Domestic conference

    [Invited]

    Nominated symposium

  • 日本行政法における参加

    NAKAGAWA Takehisa

    日蘭法学会, Sep. 2008, English, 学習院大学, International conference

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • 書評報告

    中川 丈久

    山村恒年先生喜寿勉強会, Mar. 2007, Japanese, 山村恒年先生喜寿勉強会, 大阪市, Domestic conference

    Others

  • 裁量審査についての米国法からのコメント

    中川 丈久

    行政裁量と裁判所によるその統制(日独シンポ), Feb. 2006, Japanese, 日本におけるドイツ年シンポ実行委員会, 東京, Domestic conference

    Public symposium

  • 行政法から見た日本における「法の支配」

    中川 丈久

    日本法哲学会, Nov. 2005, Japanese, 日本法哲学会, 名古屋, Domestic conference

    Invited oral presentation

  • 選挙執行請求事件

    中川 丈久

    行政判例研究会, Dec. 2004, Japanese, 行政法判例研究会, 東京, Domestic conference

    Oral presentation

  • 警察と情報公開

    中川 丈久

    警察における法政策に関する関西研究会, Nov. 2004, Japanese, 警視庁, 大阪, Domestic conference

    Oral presentation

  • 改正行訴法における確認訴訟について

    中川 丈久

    関西行政法研究会, Nov. 2004, Japanese, 関西行政法研究会, 大阪, Domestic conference

    Oral presentation

  • 行政訴訟の日米比較

    中川 丈久

    日米における継続的な法制改革機関, Sep. 2004, English, 日米法学会, 東京, International conference

    Public symposium

  • 法科大学院における公法系教育等のあり方について

    中川 丈久

    法科大学院協会設立準備会・第2回シンポジウム, Dec. 2002, Japanese, 未記入, 東京, Domestic conference

    Others

  • 外国法制からみた日本行政訴訟制度・理論の検討-アメリカとの比較

    中川 丈久

    行政法研究フォーラム, Dec. 2002, Japanese, 未記入, 東京, Domestic conference

    Others

  • アメリカ行政訴訟の全体像

    中川 丈久

    関西アメリカ公法学会, Dec. 2002, Japanese, 関西アメリカ公法学会, 兵庫, Domestic conference

    Others

  • アメリカ行政訴訟研究と日本行政訴訟理論の再検討

    中川 丈久

    関西行政法研究会, Nov. 2002, Japanese, 関西行政法研究会, 兵庫, Domestic conference

    Others

  • アメリカ司法審査制度の概要について

    中川 丈久

    司法制度改革推進本部・行政訴訟検討会, Sep. 2002, Japanese, 未記入, 東京, Domestic conference

    Others

Association Memberships

  • 日本消費者法学会

  • 日米法学会

  • 日本公法学会

Research Projects

  • Fluid National Borders in Public Law: Legal Eco-systems in Borderless Administrative Space

    中川 丈久, 小島 立, 竹内 真理, 興津 征雄, 黒沼 悦郎, 島村 健, 玉田 大, 川島 富士雄, 渕 圭吾, 成瀬 剛

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A), Grant-in-Aid for Scientific Research (A), Kobe University, 01 Apr. 2019 - 31 Mar. 2024

  • 中川 丈久

    学術研究助成基金助成金/挑戦的研究(萌芽), Jun. 2018 - Mar. 2021, Principal investigator

    Competitive research funding

  • 窪田 充見, 磯村 保, 中川 丈久, 興津 征雄, 田中 洋, 島並 良, 瀬戸口 祐基, 八田 卓也, 高橋 裕, 青木 哲, 池田 千鶴, 島村 健, 米倉 暢大, 池田 公博, 浦野 由紀子, 山本 敬三, 嶋矢 貴之, 前田 健, 大塚 直, 手嶋 豊

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A), Grant-in-Aid for Scientific Research (A), Kobe University, 01 Apr. 2015 - 31 Mar. 2020

    本年度は,昨年に引き続き,各研究領域における基礎的な研究を進めるとともに,複数の研究領域(セクション)にまたがる,より領域横断的,学際的について,そのウェイトを増し,連携した研究を進めるとともに,その成果を公表し,共同研究としての内容を充実させることができた。 第1に,各研究分担者による研究の継続については,順調に行われている。また,その成果の公表についても,各研究担当者にによる論文の公表等を中心に,十分な成果を挙げることができた。また,継続的な共同研究として,家族法フォーラムを今年度も開催して,他大学の研究者とも連携した作業を進めることができた。 第2に,本年度においては,基礎理論セクション・制度設計セクションにまたがる,横断的な研究成果として,(1)「平成30年著作権法改正の意義とそのインパクト」(2018年11月17日(土)。科学研究費補助金基盤研究A「プラットフォームとイノベーションをめぐる新たな競争政策の構築」及び大阪弁護士会との共催),(2)「平成30年著作権法改正の評価と課題」(2019年1月13日(日)。科学研究費補助金基盤A「知的財産権と憲法的価値」との共催),(3)「ネット上の海賊版対策と法目的の複層的実現手法」(2019年3月8日(金)。科学研究費補助金基盤研究A「プラットフォームとイノベーションをめぐる新たな競争政策の構築」との共催)を開催した。これらにおいては,いずれも多数の参加者を得ることができた。以上の公開カンファレンスの詳細については,本科研のホームページ(http://www.research.kobe-u.ac.jp/law-skhj/outcome.html)を通じて,広く社会に公表するとともに,各種の専門ジャーナルに掲載することを予定している。

    Competitive research funding

  • Nakagawa Takehisa

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Kobe University, 01 Apr. 2013 - 31 Mar. 2018, Principal investigator

    This project aims to create a new, inter-disciplinary type of administrative law theory. I tried to synthesize administrative law doctrines and theories with (1) frameworks used in other areas of law, (2) discussions in governance theory and risk theory, and (3) empirical approaches used in sociology of law. The following are the achievements during the whole grant period. First, I have successfully replaced most of the conventional administrative law theories and doctrines with frameworks common to other areas of law. Secondly, I have introduced new categories such as “governance of administrative entities” and “risk-based regulatory compliance” to introduce knowledge of policy researches. Finally, I have engaged in an empirical research on Supreme Court of Japan and, using the knowledge, dialogues between sociology of law researchers and administrative lawyers has become effective.

    Competitive research funding

  • Comparative Studies of governance of reconstruction/recovery on large-scale disasters

    Murosaki Yoshiteru, ONISHI YUTAKA, KAWATA YOSHIAKI, NAKAGAWA TAKEHIKO, TSURUYA MASAHIKO, MACHIDORI SATOSHI, SOGA KENGO, KAJIWARA AKIRA, NAGAMATSU SHINGO, ZENKYO MASAHIRO, KITAMURA WATARU, SUNAHARA YOSUKE

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Hyogo Earthquake Memorial 21st Century Research Institute, 01 Apr. 2013 - 31 Mar. 2016

    The purpose of this study is to clarify the effective governance of reconstruction/recovery over large-scale disaster by focusing on Kansai Regional Union’s approach to the Great East Japan Earthquake.In this study, we consider the points as follows: (1) understanding the difference between paring system and other support system, (2) cross-national research on the system in Japan, the U.S. and Taiwan. From this analysis, we find the paring system carried out by Kansai Regional Union enable the specific and continual support for disaster-affected area. Moreover, centralized support of Japanese government is weaker than the support of American and Taiwanese government.

  • KUBOTA Atsumi, ISOMURA Tamotsu, NAKAGAWA Takehisa, SHIMAMURA Ken, SHIMAMURA Ryo, HATTA Takuya, AOKI Satoshi, IKEDA Chizuru, SHIMAYA Takayuki, OKISTU Yukio, MAEDA Takeshi, TANAKA Hiroshi

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A), Grant-in-Aid for Scientific Research (A), Kobe University, 01 Apr. 2011 - 31 Mar. 2015

    We conducted a research on the problem that what legal system should be appropriate in order to protect collevtive inerests which cannot be reduced to indivisual interests. We publushed its results on specific issues in the field of consumer law, enviromental law, intellectual property law and so on, which revealed that we should examine the role of private parties who participate in imlementing laws, beyond the dichotomy of private laws and public laws.

    Competitive research funding

  • NAKAGAWA Takehisa

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Kobe University, 2010 - 2012, Principal investigator

    To deal with problems arising in modern-day administrative states, basic concepts and institutions in administrative law need theoretical reevaluation from the viewpoint of “governance.” This study proposed some new concepts and approaches. It also tried to evaluate their empirical utility in legislative and judicial processes.

    Competitive research funding

  • NAKAGAWA Takehisa

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Kobe University, 2006 - 2009, Principal investigator

    The dynamism through which current doctrinal changes in administrative law can be understood and analyzed in relation to the politically-led institutional reforms such as administrative reforms and judicial reforms. First, this study tries to understand the change of administrative law doctrines from the "governance" approach used in political sciences and other areas to deal with institutional reforms. Secondly, using the analytical framework, some doctrinal changes have been explicated better.

    Competitive research funding

  • 「市場化社会の法動態学」研究教育拠点

    樫村 志郎

    2006

    Competitive research funding

  • 中川 丈久

    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2005, Principal investigator

    Competitive research funding

  • 磯村 保

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2005

    Competitive research funding

  • 「市場化社会の法動態学」研究教育拠点

    樫村 志郎

    2005

    Competitive research funding

  • ブルガリア行政法(とくに関税分野),EU行政法,そして日本行政法の比較と発展の方向性の探求

    中川 丈久, VELIKOV Vetsislav, VELIKOV Ventsislav

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for JSPS Fellows, Grant-in-Aid for JSPS Fellows, Kobe University, 2004 - 2005

    東欧(とくにブルガリア)における行政法制と,アメリカ,日本の行政法制に関する様々な基本文献を収集,読破し,これらについて全般的に考察し比較した。これに加えて,日本については,財務省(関税局)や経済産業省(非関税障壁など)にインタビューを行い,他方で,アメリカで行われたグローバル化する行政法に関する国際シンポジウムに参加した。このシンポの次回会合には,Velikovが報告者としてエントリー済である。 以上の作業を踏まえて,最終的に,標準化法という視点,及びグローバル化する行政規制という観点から,各国法制の個性と,グローバリゼーションの間の相克関係を取り上げることとなった。実際には,The transition of the Standardization Administration of the Republic of Bulgaria into non-government standardization body and the issue of standards as mandatory rulesという題目の論文を作成中であり,標準化というかつては国内行政法の典型であったものが,次第に,国際的な非政府機関に委ねられる様相についての法過程を分析している。 この現象は,日本国内では,(1)法科大学院に対する文科省による規制ではなく,第三者評価機関による評価制度や,(2)建築確認の民間開放,などに似ているが,行政現象が非政府化していくことは,国際レベルでも進行中であることを指摘したものである。

  • Comprehensive Research and Practical Development of Teaching Methodologies for Professional Law Schools

    ISOMURA Tamotsu, AKASAKA Masahiro, SAITO Akira, NAKAGAWA Takehisa, MAIYA Kiyoshi, HAMAMOTO Shotaro

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Kobe University, 2003 - 2005

    We first tried to create a coherent system of student evaluation. The introduction of the student evaluation is rather a recent phenomenon in Japanese universities as far as law departments are concerned, and it is prepared and carried out, usually, by law professors, who are not specialists in the field. It is therefore absolutely necessary to get specialists involved, particularly those who specialize in sociology and psychology. We have organised a series of student evaluation with the help of a sociologist and a psychologist, the result of which is detailed in the final report. In professional law schools, traditional "lecture"-style classes, where a professor speaks from the platform and students do nothing but listen to him/her, are almost non-existent. We therefore tried to develop a new type of textbooks, which are adapted to particular types of teaching methodologies employed in the classrooms of professional law schools. We have published several such textbooks (listed below), and unpublished teaching materials specially developed for professional law schools are partly reprinted in the final report. We have also conducted several surveys for the purpose of understanding professors' and students' perception of teaching methodologies, the result of which is also detailed in the final report.

  • Administrative Law Theories in the Era of Law School Education : Their Reconstruction for Utility Both for Practice and Theory

    NAKAGAWA Takehisa

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Kobe University, 2003 - 2005

    During the years of 2003 and 2004, thorough reexamination of the conventional administrative law education was conducted. One of the conclusions was that it was oriented to employees of the national government or local governments. Although the new trend in administrative law education focused on the important functions of local governments in Japanese administrative law process, it was still not for the eyes of legal professions. Thus, emphasis on the standpoints of the legal professions was important for remodeling of the conventional education of administrative law. Another conclusion was that to get rid of the academic barriers between administrative law and constitutional law and those between teachings of administrative law litigation and teachings of civil procedure. The latter is also an extension of repeated trials for abolishing the public - private law distinction. Based on the research activities during the preceding two years, educational development was made during the year of 2005. Exploration in more open-ended administrative law theories has been successful, and it has come to be changed into educational materials for use in law schools which started in 2004.

  • 行政活動における「ガバナンス」(ガバメント・ガバナンス)の比較法的考察と制度設計

    中川 丈久

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B), Grant-in-Aid for Young Scientists (B), Kobe University, 2001 - 2002

    行政活動のガバナンス制度のうち、昨年は権力分立、手続、情報公開、政策評価を取り上げたので、今年度は、訴訟を取り上げた。日米比較の成果は次のとおりである(論文発表中)。 1.日本の行政訴訟制度では、「行政行為の公定力」を前提に「取消訴訟」という特別の「訴訟類型」を定めるという発想が強固に貫かれている。取消訴訟の排他的管轄論、「第三者の原告適格」論、「処分性」論、「訴えの利益の事後消滅」論の論じ方のすべてに、この点が強く反映されている。 2.これとは違う制度として、アメリカの行政訴訟制度がある(正確に言えば、「司法審査訴訟」制度)。アメリカ法にも、日本の行政行為に近い観念はあるものの、それが裁判の場で特別の取扱い(公定力)をもたらしてはいない。「行政行為」の概念と、それが裁判上特別の扱い(特別の「訴訟類型」を準備すべきであるという考え方)とは結びつかないことの実証例が、アメリカの制度である。 3.アメリカの司法審査制度は、(1)「行政行為」を特別扱いする発想がないこと、(2)通常の民事訴訟と同様、本案が、「right of actionまたはright of review(なんらかの裁判的救済を求める資格がある」ことを意味する)の成否を審理するという観点からその構造が理解されていること、(3)紛争の成熟性、原告適格、訴えの利益の事後消滅(ムートネス)は、このright of actionのスクリーニングという位置づけであること、(4)そのうえで別途、司法権(憲法論)が外延を画すためにかぶさっている、という構造を有している。 4.その結果、アメリカの司法審査訴訟制度は、あらゆる行政活動を対象として、他の民事訴訟と同様に、「紛争の成熟性」「原告適格」「訴えの利益の事後消滅」などの訴訟要件を、本案と密接に関連させながら議論するという仕組みを取っている。「訴訟類型」の発想を取っていないため、各種の訴訟要件の制限がきわめて少ない。

  • 行政法学から見た「法律上の争訟」概念の比較法的再検討:行政訴訟制度改革のために

    中川 丈久

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), Kobe University, 1999 - 2000

    1.まず、「法律上の争訟」概念の背景にある憲法論の整理を行った。米国については、権力分立における「立法権」「行政権」「司法権」の捉え方が、「能力創設的」で、相互に重複可能な権能として理解されていることを明らかにした。これは、日本国憲法の解釈とまったく異なるところである。日本国憲法については、標準的見解における「立法権」「行政権」「司法権」の解釈論に、条文との不整合性があることを指摘し、明治憲法の大枠を維持している現在の標準的見解を、根本的に見直すべきことを提唱した。米国憲法と共通の、「能力創出的」な権力分立観よりすると、「立法権」「行政権」「司法権」は、それぞれ中核部分をもちつつも、その外延部分を伸縮させることで、ダイナミックな権力分立の関係を創り出すというイメージで理解することとなる。これにより、客観訴訟や実質的証拠法則など、これまでわが国でうまく説明ができなかった制度を、明確に憲法論的に位置付けることができる。(研究論文として、2001年6月公表予定。) 2.新たな権力分立観を背景にすると、裁判所法三条の「法律上の争訟」概念は、一定の立法政策上の選択であって、憲法「司法権」の限界を示したものという一般的解釈は、必ずしも根拠のないものとなる。いわゆる住民訴訟なども、行政活動のガバナンスとして理解しつつ、かつそれは「司法権」の範囲内として理解される(その一部を、研究論文として、2000年9月公表済。) 3.「法律上の争訟」概念をテコに、わが国の判例理論(事件性、原告適格、処分性、狭義の訴えの利益)を整理すると、「司法権」の中核領域および外延領域における伸縮、という1で示した権力分立観によってこそ判例理論をうまく説明することができることを指摘した。(2000年10月の公法学会報告。2001年10月発行の公法研究に所収予定。)

  • 「行政指導」論の再構成:国際的議論を可能にするために

    中川 丈久

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), Kobe University, 1997 - 1998

    行政指導論の国際的議論(比較法的議論)の手法を、日米行政法を素材として開発した。日米でどのように「フォーマル」 「インフォーマル」の概念の分水嶺が異なるかを出発点として、次のことを明らかにした。 第一に、日本行政法での「インフォーマル」論を概観し、そのもっとも重要な論点である「行政指導」論を構造化するため、行政指導に対して判例学説が作り上げてきた法的評価枠組みを、六つの類型に分類した。まず「法外の政策内容を実現するための手段」としての行政指導と、 「法定の政策内容を実現するための手段」としての行政指導に大分類し、前者についてはさらに、 「法外の政策基準への協力依頼」 「民民紛争の仲介」 「緊急措置」という三つに、後者についてはさらに「裁量権の協働行使」 「裁量判断の表現方法」 「法的の行為形式・手続のバイパス」という三つの類型の法的評価枠組みが現れていること、それぞれにおいて固有の法的問題が生じていることを指摘した。また、 「法外の政策内容を実現するための手段」としての行政指導について、なぜそれが正当かという論点が、これまで学説上不当に無視されてきたこと、ひとつの回答として、これを通常の行政活動として正当化することは憲法上無理であって、政治的活動として評価し直す必要があることを指摘した。 第二に、米国行政法における行政手続法・手続論の構造を、「行政手続観」 「望ましい決定環境」 「手続鋳型」という三つのレベルに分解して理解したうえで、 「インフォーマル」を問題視する問題群として、三つのものがあることを析出し、それぞれにおいて固有の法的問題が生じていることを指摘した。第三に、日米の「インフォーマル」な議論を比較し、日米ともに「インフォーマル」と呼ぶ日本の行政指導論における「法外」の目的のための指導と、これに対応する米国の議論(第三の問題群)との間に見られる際だった差異を具体的に指摘した。