Directory of Researchers

HIRONO Kohei
Graduate School of Maritime Sciences / Department of Maritime Sciences
Associate Professor
Other Social Science / Natural Science Field
Last Updated :2020/06/04

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • <Faculty / Graduate School / Others>

    Graduate School of Maritime Sciences / Department of Maritime Sciences
  • <Related Faculty / Graduate School / Others>

    Faculty of Maritime Sciences / Department of Global Transportation Sciences, Center for Maritime Education and Research

Degree

  • Ph.D. / Doctor

Teaching

Research Activities

Research Interests

  • Safety Management
  • Process Management
  • Fleet Management

Research Areas

  • Social infrastructure (civil Engineering, architecture, disaster prevention) / Safety engineering
  • Social infrastructure (civil Engineering, architecture, disaster prevention) / Social systems engineering
  • Humanities & social sciences / Cognitive sciences

Committee Memberships

  • 社団法人日本航海学会, 船舶・運航・管理研究会 幹事

Published Papers

  • Prevention Effect of LED Blue Light Irradiation on the Settlement of Cyprids

    HIRONO KOHEI, MIMURA HARUO

    We applied blue LEDs to the prevention of the settlement of cyprids. The relatively strong intensity of the irradiation of ca. 500 (W m-2) could prevent the settlement of cyprids on the area of the bottom of a tub, above which the light source was adjusted. On the other hand, cyprids settled on the area on which the relatively weak intensity of the irradiation, < 100 (W m-2), w

    Jun. 2017, The Oceans'17 MTS/IEEE conference, Aberdeen, Scotland in June 19 - 22 2017., 4 pages, English

    [Refereed]

    International conference proceedings

  • POPULATIONS OF BARNACLE LARVAE INHABITING AROUND SAILING ROUTES IN SOUTHWESTERN JAPAN AND PREVENTION EXPERIMENT OF SETTLEMENT BY LED BLUE LIGHT EMISSION

    MIMURA HARUO, KAWAI KAZUYA, NAKAJIMA AKIYOSHI, HIRONO KOHEI, YANO YOSHIJI, ENDO NORIYUKI

    Oct. 2016, ASIA MARITIME AND FISHERIES UNIVERSITIES FORUM, The 15th Annual Conference & 4th President Meeting, 63 - 66, English

    [Invited]

    International conference proceedings

  • Target Extraction Method Based on Features of Marine Radar Imagery

    Akihiro OKAMOTO, Yuichi NAKATA, TANAKA NAOKI, HIRONO KOHEI

    In order to obtain information effectively from adar imagery, we propose a target extraction method based on the shape of reflected echoes and their motion. Our method exploits knowledge that targets are isolated regions and are stable temporally and spatially while conventional methods are based on intensity of reflected echoes. Morphological operations such as Quoit filter an

    The Institute of Image Electronics Engineers of Japan, Jan. 2016, The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan, 45 (1), 112 - 117, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 海事における実習授業での反転授業の試み

    FUCHI MASAKI, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, MIWA TAKASHI, MATSUSHITA TETSUO, TSUNO MEGUMI, NAKAGAWA KOUICHIROU

    反転授業の手法を用いることで、従前よりも良い実習を行うことができる可能性があることから、海事における実習授業での反転授業を試みた。
    インターネット上で検索したところ、海事にかかわる座学授業の映像教材はあったが、実習の映像教材はなかった。
    そこで本研究では直接実習授業に役立つように、実践的な映像教材の作成を行った。
    作成した映像教材を用いて神戸大学海事科学部の学内船舶実習に反転授業として試行した。
    実習終了後に質問紙調査を実施し、映像教材に対する学生の評価と利用実態を明らかにすることで、海事における実習授業での反転授業の有効性を検討した。
    今回作成した映像教材は、動機付け強化やテロップを入れるなどの改善点はあるものの、学生にとって非常に役立つものであったと評価できた。
    また学生の利用理由に応じて利用頻度、利用形態を変えており、海事における実習授業での反

    日本海洋人間学会, Aug. 2015, 海洋人間学雑誌, 4 (1), 37 - 40, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Vector Modes and Applying Sailing Rules in Restricted Visibility

    FUCHI MASAKI, FUJIMOTO SHOJI, USUI SHINNOSUKE, HIRONO KOHEI

    Campaigns for preventing marine casualty in restricted visibility are carried out every year, but these type of accidents to continue occur. Awareness campaigns suggest using radar suitably, observing the conduct of vessels in restricted visibility, among other precautions. However, other studies have pointed out that some navigators improperly understood how to apply rule in r

    日本航海学会, Jul. 2015, 日本航海学会論文集, 132, 9 - 15, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Application of Blue LED Irradiation to Antifouling of a Ship’s Bottom

    MIMURA HARUO, HIRONO KOHEI, YANO YOSHIJI, 遠藤 紀之

    May 2015, OCEANS15 MTS/IEEE Genova, 4 pages, English

    [Refereed]

    International conference proceedings

  • A Draught Reading Method by Image Processing with the Robustness of Measurement Distance

    OKAMOTO AKIHIRO, YOSHIDA HIROMI, TANAKA NAOKI, HIRONO KOHEI

    It is an important step to read draughts accurately in the process of draught surveys because inaccurate one could lead to a cause of disputes between all the interested parties. The draught reading is conducted by ship’s officers or professional surveyors based on their visual observation even today. Therefore, there are some difficulties in keeping an accurate measurement or

    日本航海学会, Jul. 2014, 日本航海学会論文集, Vol.130, 135 - 140, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • A Study of Ship Accidents in Indonesia Using 4 M Factors

    WanginingastutiMutmainnah, HIRONO KOHEI, MASAO FURUSHO

    The National Transportation Safety Committee (NTSC) of Indonesia published its maritime report in 2011, which showed that human factors caused 41% of the accidents and the others were attributed to technical factors. This paper will study the causes of Indonesian accidents by analyzing the most common accidents from the available data. The most common accidents are fire/explos

    Asia Navigation Conference 2013, Oct. 2013, Asia Navigation Conference 2013, 367 - 374, English

    [Refereed]

    International conference proceedings

  • The Usability about Engine Control Console on Vessel:-An Examination about Age and Experience of Marine Engineers-

    ARITA Toshiaki, KAWAMOTO Ken-ichiro, HIRONO Kohei, UCHIDA Makoto, FURUSHO Masao

    Japan Ergonomics Society, Jun. 2013, 日本人間工学会誌, 49 (特別号), 292 - 293, Japanese

    [Refereed]

    International conference proceedings

  • FUCHI MASAKI, KATSUDA SHINYA, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, MOCHIDA TAKANORI

    Navigation is often affected by restricted visibility caused by fog or heavy rain. Ships can navigate using radar in
    such situations, but many collisions and groundings occur due to the restricted visibility. Marine accident reports
    indicate rule violations, lack of early stage collision avoidance, unsuitable use of radar information, etc. as causes
    for such problems. When taki

    Japan Society for Maritime Activity, Mar. 2013, Japanese Journal of Maritime Activity, 1 (2), 21 - 25, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 学年縦断型マネジメント実践教育プログラムの構築

    FUJIMOTO SHOJI, FUCHI MASAKI, HIRONO KOHEI

    現在、多くの企業では、コミュニケーション能力、リーダーシップなどのマネジメント能力が、新社会人(大学生)に欠けているものと認識されている。これら能力は、社会生活を通じて自然と獲得されるものであるが、現在の大学生が十分に備え得ない状況がある。その理由として、世代の異なる人とともに活動することに慣れていないという、社会活動経験が不足していること、また大学では個人主義傾向が強まることなどがと考えられる。そこで現在希薄となっている、いわゆる”上下関係”が要求されるプログラムを実施することで上述の課題を解決する試みを実施し、マネジメント実践教育の一方法として確立させようと試みた。

    Japan Society for Maritime Activity, Mar. 2013, Japanese Journal of Maritime Activity, 1 (2), 26 - 29, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Study to Improve the Life of Crews in Coastal Ships by the Arrangement of Additional Onshore Crews

    RIE AKAI, HIRONO KOHEI, NOBUAKI TANIMOTO

    Recently crews of many Japanese coastal cargo shipping companies are working under unsuitable conditions due to crew shortages and overloaded schedules. Despite this situation, the companies are reducing the number of stewards, who don’t need to have seamen's competency certifications. Without stewards, crews are required to buy or make their meals by themselves. Therefore this

    Asia Navigation Conference 2012, Nov. 2012, Asia Navigation Conference 2012 Proceedings, 281 - 288, English

    [Refereed]

    International conference proceedings

  • 船舶機関制御卓のユーザビリティに関する研究

    ARITA Toshiaki, KAWAMOTO Ken-ichiro, HIRONO Kohei, UCHIDA Makoto, FURUSHO Masao

    Human Interface Society, Sep. 2012, ヒューマンインタフェースシンポジウム2012論文集, 433 - 440, Japanese

    Symposium

  • Quantitative Model of Collision in Japan

    HIRONO KOHEI, Haryanti RIVAI, FURUSHO Masao

    Sea route around Japan has high density. The ratio of ship collision is 62.6% of total marine accidents. Measuring risk method is rarely used. The developed of quantitative model is helpful to explain and predicts phenomena.

    日本航海学会, Sep. 2012, 日本航海学会論文集, (127), 125 - 132, English

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Quantitative Model of Collision Cause in Japan

    Haryanti RIVAI, HIRONO Kouhei, FURUSHO Masao

    JAPAN INSTITUTE of NAVIGATION, Sep. 2012, The Journal of JAPAN INSTITUTE of NAVIGATION, (127), 125 - 132, English

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Subjective Visual Function of Seaman

    Ken-ichiro KAWAMOTO, FUCHI MASAKI, HIRONO KOHEI, 田淵 昭雄

    The average age of seaman such as a captain, navigation officer or pilot, is getting higher in Japan. The visual function is affected by aging. Visual funtion is the most important factor for watchkeeping at sea. However, the visual function is not checked regulary and periodically. Subjective judgemnts about visual function were collected in this research. As the result. agin

    日本航海学会, Mar. 2012, 日本航海学会論文集, (126), 213 - 219, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • A Study of Attention Points and Requirements by Pilots for Certain Communicationg of Ship-handling Orders

    Tomonori NAKANISHI, HIRONO KOHEI

    This paper proposes the concept of "Bridge Language" for more safety pilotage. It defines codes that describe all of pilot's orders systematically, and provides measure to indicate current pilot's order to all members in the bridge continuously. It seems that "Bridge Language" removes ambiguity in bridge communication.

    日本航海学会, Mar. 2011, 日本航海学会論文集, (124), 27 - 33, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 海上における安全色の視認性

    YANO YOSHIJI, KAWAMOTO KENITIRO, SAKAMOTO KAZUYA, HIRONO KOUHEI, FURUSHO MASAO, FUCHI MASAKI, FUJIMOTO SHOUJI, KOBUCHI NOBUYUKI, KAJIRI SINYA, ISHIHARA TUGUO

    日本色彩学会, 2011, 日本色彩学会誌, Vol 35 Supplement, 138 - 139, Japanese

    Scientific journal

  • Infuluence of Experience with Ships of a Specific TYpe on Collision JUdgement

    Masaki FUCHI, Shoji FUJIMOTO, Shinnosuke USUI, Kouhei HIRONO

    Mar. 2010, The Journal of JAPAN INSTITUTE OF NAVIGATION, 122, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Construction of Navigational Information System to Prevent Marine Accident

    Masatoshi SHIMPO, HIRONO KOHEI, Akihiko HORI, Yasuo ARAI

    Asia Navigation Conference 2009, Nov. 2009, Asia Navigation Conference 2009 Proceedings, 330 - 338, English

    [Refereed]

    International conference proceedings

  • A Study on the Arrangement of Bridge Pier from a viewpoint of Ship Handling Difficulty

    Kenji MASUDA, Kinzo INOUE, Kouhei HIRONO, Wataru SERA

    Sep. 2006, The Journal of Japan Institute of Navigation, 115,39-43, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • A Theoretical Study of the Draft Device

    HIRONO Kohei, SERA Wataru, FUCHI Masaki, INOUE Kinzo

    日本航海学会, Mar. 2006, 日本航海学会論文集, (114), 165 - 170, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • A ship monitoring system using a communication satelite for maritime safety

    Kinzo INOUE, Hideo USUI, kouhei HIRONO, Wataru SERA

    Oct. 2005, Maritime Security and MET,proceeding of the 6th IAMU conference, pp205-214, English

    Scientific journal

  • 来島海峡航路における不安全操船状態の発生傾向と海難発生傾向との対応

    Masaru YASUDA, Kinzo INOUE, Hideo USUI, Kouhei HIRONO

    Sep. 2005, The Journal of Japan Institute of Navigation, 113号pp37-41, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 架橋下通航における操船者の行動に関する研究-Ⅱ.-操船行動モデルの汎用化-

    Kenji MASUDA, Kinzo INOUE, Hideo USUI, Kouhei HIRONO, Wataru SERA

    Sep. 2005, The Journal of Japan Institute of Navigation, 113号 pp.53-58, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 安全性とヒューマンファクターの関係に基盤をおいた陸上からの船舶安全管理

    井上 欣三, HIRONO KOHEI, USUI HIDEO, SERA Wataru

    日本航海学会, Dec. 2004, 日本航海学会誌 Navigation, (161), 71 - 77, Japanese

    [Refereed]

    Research society

  • Collision Judgment on Shore Using a Three-dimensional Viewing Monitor

    Hideo USUI, Kinzo INOUE, Masanori TSUGANE, Kouhei HIRONO, Wataru SERA

    Sep. 2004, The Journal of Japan Institute of Navigation, 第111号 pp.113-118, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 架橋下通航における操船者の行動に関する研究-Ⅰ.-操船行動のモデル化-

    増田 憲司, 井上 欣三, USUI HIDEO, HIRONO KOHEI, SERA Wataru

    日本航海学会, Sep. 2004, 日本航海学会論文集, (111), 97 - 102, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Identification of Vessel Traffic Information based on Radar Echo Images and Use on Land

    HIRONO KOHEI, KINZO INOUE, HIDEO USUI

    Sep. 2004, 日本航海学会論文集, (111), 235 - 242, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 不安全操船状態を指標とする操船の安全性評価モデル

    井上 欣三, 瀬田 広明, 川瀬 雅勇己, 朴 栄守, 安田 克, 原 大地, USUI HIDEO, HIRONO KOHEI, SERA Wataru, 増田 憲司

    関西造船協会, Mar. 2004, 関西造船協会論文集, (241), 205 - 210, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 航海当直での情報利用実績に基づいたエージェントルール構築についての考察

    広野 康平

    2004, 日本航海学会論文集, No.110,pp.75-82, Japanese

    Scientific journal

  • A Method of Quantitatively Evaluating the Effectiveness of Safety Improvement of Navigation Condition

    INOUE Kinzo, YURTOREN Cemil, SERA Wataru, USUI Hideo, HIRONO Kohei

    Oct. 2003, The Proceedings of International Association of Institute of Navigation, World Congress-11, English

    [Refereed]

    International conference proceedings

  • 出入港操船の危険度評価と操船支援情報の効果

    瀬田 広明, 井上 欣三, 世良 亘, 広野 康平

    Sep. 2003, 日本航海学会論文集, 第109号,pp.63-68, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • CDL操船支援情報の有効性に関する研究 -実船実験による情報表示の改善-

    津金 正典, 井上 欣三, HIRONO KOHEI, SERA Wataru

    日本航海学会, Sep. 2003, 日本航海学会論文集, (109), 125 - 131, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Development and its Educational Effect of an Integrated Steering Simulation as a Visual Teaching Material

    USUI HIDEO, RONG MA, KINZO INOUE, HIRONO KOHEI

    転舵をした時に発生する現象には、キック、横傾斜、転心位置の移動など種々あり、どれも操船上の心得として理解しておく必要がある。これまでは、黒板と教科書による授業形式がとられていたが、複数の現象を同時に再現・表示する視覚教材システムを開発した。これを用いて学生に教示実験を行い、開発システムの評価を行った。結果、船体運動のメカニズムの理解に効果があることが判った。

    日本航海学会, Mar. 2003, 日本航海学会論文集, (第108号), 115 - 120, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Development of the Agent system to assist a Navigator onboard and Collect Operational Logs for Shore Based Process Management

    HIRONO KOHEI

    船橋における操船者の支援を行うエージェントシステムのプロトタイプを開発し、神戸商船大学附属練習船深江丸上に実行環境を構築した。既存の深江丸船内LANからのデータ入手、ルール記述方法、支援対象者(被験者)の情報リクエスト対処などの基本的機能の検証を行った。

    日本航海学会, Mar. 2003, 日本航海学会論文集, (第108号), 1 - 9, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • A Study on One-way through Port from the viewpoint of Reduction of Environmental Stress for Ship

    KINZO INOUE, ZHIWU HU, HIDEO USUI, HIRONO KOHEI

    今後の港湾は、埋立て技術の進展等に伴って陸岸の形状による制約から解放され、利用する船舶に有利となるように設計されるものとし、船舶に有利な港湾として一方通航方式の港湾を提案した。このときの問題として、出入港操船を行う船舶と周囲を航行する船舶との針路交錯に着目し、交通環境ストレス値を評価指標として、交通流シミュレーションを実施し、望ましい通航方式を得た。

    日本航海学会, Mar. 2003, 日葡航海学会論文集, (第108号), 31 - 37, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 海事安全条約の批准促進と海難減少のパフォーマンス設計

    井上 欣三, 馬 会, HIRONO KOHEI, SERA Wataru

    日本航海学会, Mar. 2003, 日本航海学会論文集, (108), 11 - 20, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • イスタンプール海峡における海上交通の安全評価

    井上 欣三, CEMIL Yurtoren, 臼井 英夫, 広野 康平

    2003, 日本航海学会論文集, 第109号,pp.53-62, Japanese

    Scientific journal

  • CDL 操船支援情報の有効性に関する研究-実践実験による情報表示の改善

    津金 正典, 井上 欣三, 広野 康平, 世良 亘

    2003, 日本航海学会論文集, 第109号,pp.125-131, Japanese

    Scientific journal

  • A Study on the Computer-Based Agent to Assist Watch-Keeping Tasks

    HIRONO KOHEI

    航海当直業務の特殊性を指摘し、操船者の負荷の緩和と業務プロセスの確実な実行を目的としたエージェントシステムを構築した。シミュレーション環境下における基本的な機能を検証し、操船者の負荷軽減に有用であることを確認した。

    日本航海学会, Oct. 2001, 日本航海学会論文集, (第106号), 21 - 28, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • A new Collision-Avoidance-Supporting-System and its application to coastal-cargo-ship “Shoyo-Maru”

    KUNIJI KOSE, HIRONO KOHEI, KENJI SUGANO, ISAMU SATO

    内航船近代化の一環として開発した避航操船支援システムについて、実運用における評価実験を実施し、ベテラン船員の避航感覚と同等の危険性評価を行えることを示した。また、ルートトラッキング機能との連携について考慮する必要があるなど、運用上の課題を明らかにした。

    IFAC CONFERENCE CAMS’98, Oct. 1998, Proceedings of IFAC CONFERENCE CAMS’98, 169 - 174, English

    [Refereed]

    International conference proceedings

  • Criteria to Evaluate the Risk Impact of High Speed Craft at the Water Congested by Conventional Vessels - II

    MASAYUKI KAWASE, HIRONO KOHEI, KINZO INOUE

    関西国際空港と神戸港を往復するジェットフォイルの航行をシミュレータによって再現し、航過距離を用いた一般船舶からみた評価基準をあてはめて航行の安全性評価を行った。結果、ジェットフォイルは、一般船舶が許容できる範囲内で高速航行できることを確認した。

    日本航海学会, Sep. 1994, 日本航海学会論文集, (第91号), 231 - 239, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Critria to Evaluate the Risk Impact of High Speed Craft at the Water Congested by Conventional Vessels

    KINZO INOUE, MASAYUKI KAWASE, HIRONO KOHEI, ICHIRO OHNO

    操船シミュレータを用いてジェットフォイルが一般船舶に接近する状況を種々のパターンにて再現し、複数の被験者から安全性の観点からの許容できる接近限界距離を取得し、安全評価基準を策定した。この評価基準は様々な船舶に適用できるように、船型(ブラインドゾーン)による無次元化を図った。

    日本航海学会, Sep. 1994, 日本航海学会論文集, (第91号), 221 - 229, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • A Study on the Evaluation of Risk due to High Speed Manoevre at Congested Sea Area

    MICHIO HAYASHI, HIRONO KOHEI, HAやMA IMAZU

    ジェットフォイルの高速航行において、「操船者の情報処理能力」と「船舶としての運動性能」の二つの能力に着目し、衝突のリスクとの関連を示すモデルを提案した。ジェットフォイルのシミュレータ実験結果に、「能力-リスク」モデルを適用して、航行環境に応じた最適の航行速力の存在を考察・指摘した。

    日本航海学会, Sep. 1993, 日本航海学会論文集, (第89号), 207 - 215, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Building a Logbook System -Development of a Logbook Entry Sub-system-

    HIRONO KOHEI, MASAAKI INAISHI, AKIO SUGISAKI

    船用航海日誌のシステム化を提案し、船舶の運航データを元に、抄録記事を作成する機能を構築した。記事作成機能の中核としてフレーム理論に基づく、候補文検索ロジックを実装し、運航データとの対応などの有効性を示した。

    日本航海学会, Mar. 1992, 日本航海学会論文集, (第86号), 297 - 304, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

Books etc

  • APPLICATION OF BLUE LED LIGHT TO THE PREVENTION OF BARNACLE LARVAL SETTLEMENT. In Barnacles: Recent Progress in Biology and Antifouling (Editors: Ryusuke Kado, Haruo Mimura, and Noriyuki Endo). Section II, Chapter 8

    MIMURA HARUO, HIRONO KOHEI

    Joint work, Nova Science Publishers, Inc., Apr.2018 , English, Cyprids can settle to a ship’s bottom when the speed is less than 0.6 m/s. Once settled on it, drag resistance obviously increases with the growth of barnacles, and operational cost of the ship increases. Barnacles on the bottom can immigrate across the geographic barrier. That is a threat of biodiversity. Phototaxis is a physiological property shown by cypris larvae, that mean

    Scholarly book

  • 「文理融合の授業開発ー総合大学の特性を生かし,付属校を活用した特色ある大学教育と教員養成の試行」成果報告集

    吉永 潤, 小川 正賢, 稲垣 成哲, 賀谷 信幸, 広野 康平, 松澤 孝明, 大和 一哉, 吉田 勝司, 赤木 太郎, 寺岡 寛史, 櫻木 美那, 中山 加奈子, 清水 美穂, 福岡 耕平, 石井 俊哉, 松井 明日香, 中西 弥生, 太田 伸一, 小串 成伴

    Joint work, 神戸大学教育研究活性化支援経費プロジェクト, Mar.2007 , Japanese

    Others

Presentations

  • Basic research into the prevention of settlement of barnacle larvae on a ship's bottom by LED light source immersed in seawater

    NAKANISHI YUTO, MIMURA HARUO, HIRONO KOHEI, KAWAI KAZUYA

    第89回マリンエンジニアリング学術講演会, Oct. 2019, Japanese, 日本マリンエンジニアリング学会, 函館アリーナ(〒042-0932 函館市湯川町1-32-2), キプリス幼生が青色LED光源へ誘引行動を起こす性質を利用し,新しい船底防汚手法の開発を目指す。平行平板の片面4カ所に光源 (LED9個で一つの光源を構成する。常時点灯) を配置し,40 cm離れた付着板 (船底と見なす) への着生阻害効果を定量した。光源なしと比べ、板面に着生する幼生数は80.8%減少した。光源を0.1秒等間隔で点滅させても,着生阻害率は76.4%であった。点滅による50%の省エネルギー化が期待できる。, Domestic conference

    Oral presentation

  • 青色LED光源へのキプリス幼生の誘引行動を利用した船底防汚の基礎実験

    NAKANISHI YUTO, MIMURA HARUO, KOHEI HIRONO

    第26回(平成30年度) 「瀬戸内海研究フォーラム in 兵庫」, Aug. 2018, Japanese, 特定非営利活動法人 瀬戸内海研究会議, 神戸大学百年記念館、滝川記念学術交流会館, Domestic conference

    Poster presentation

  • キプリス幼生の青色LED光源への誘引を利用した照射面の防汚

    YUTO NAKANISHI, MIMURA HARUO, KOHEI HIRONO, YOSHIJI YANO, KAZUYA KAWAI

    2018年度日本海水学会第69年会, Jun. 2018, Japanese, 日本海水学会, 千葉大学 西千葉キャンパス, Domestic conference

    Oral presentation

  • 青色LED光源へのキプリス幼生の誘引行動を利用した船底防汚の基礎実験

    MIMURA HARUO, KOHEI HIRONO, YUTO NAKANISHI

    2018年度日本付着生物学会研究集会, Mar. 2018, Japanese, 東京海洋大学 品川キャンパス, Domestic conference

    Oral presentation

  • Investigation of the teaching effectiveness by ship handling simulator

    KATAYAMA YUUKI, FUCHI MASAKI, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, USUI SHINNOSUKE, KONISHI TSUKASA

    平成29年度日本人間工学会関西支部大会, Dec. 2017, Japanese, 神戸市産業振興センター, 知覚及び現状理解ができている状況において、学生の将来予測およびその後どのように衝突を回避するかという操船方略を比較し特徴を明らかにすると共に、学生に対し教育を行い効果を検討するために実験を行った。 その結果、学生は自ら危険な状況を回避する動作を行わない傾向があり、その原因として学生は予定針路にこだわりすぎること、熟練者より危険を感じないことが考えられた。 このことについて、後日調査から教育効果が示唆された。, Domestic conference

    Oral presentation

  • Surveying the topography for marine traffic

    AKASAKA YUZU, FUCHI MASAKI, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, 小西 宗

    平成29年度日本人間工学会関西支部大会, Dec. 2017, Japanese, 神戸市産業振興センター, 海上交通における認知地図形成について、個人の方向感覚、および航海計画の策定の観点から、探索的に検討した。 その結果、方向感覚の良い学生ほど、ある海域を移動するために重要となる地形のポイントをよく把握しいた。 また、航海計画を策定した学生は、海上での認知地図の形成が良い可能性が考えられた。 学生への教育・訓練方法として、航海計画の策定が有効であることが示唆された。, Domestic conference

    Oral presentation

  • The change of the other ship's situational awareness of the trainees by the easiness ship handling simulator

    TANABE SHINGO, FUCHI MASAKI, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, KONISHI TSUKASA

    平成28年度日本人間工学会関西支部大会, Dec. 2016, Japanese, 日本人間工学会関西支部, 近畿大学生物理工学部, 先行研究では状況認識の各フェーズにおける状況認識の特徴が指摘されているが、それらがどのように変化しているか明らかにされていない。 そこで簡易操船シミュレータを用いて訓練生の状況認識を測定し、その時間的変化について調査を行った。 その結果、訓練生は熟練者と比較して現状理解が劣っていることも相俟って知覚した他船を常に気にしていると考えられた。 ただし、衝突リスクが生じる可能性を予測し気にしているというよりも、ただ漠然と気にしていると推察された。, Domestic conference

    Oral presentation

  • Changes in individual cyprids settled under LED blue light emission in relation to the different irradiance intensity as well as light-dark intervals

    廣野 康平, 中島 叡祥, 矢野 吉治, MIMURA HARUO, 遠藤 紀之

    日本マリンエンジニアリング学会第86回学術講演会, Oct. 2016, Japanese, 〒670-8505 兵庫県姫路市, Domestic conference

    Oral presentation

  • Distribution of populations and individual species of barnacles in relation to the shortest distance between a coastal line and the own ship

    中島 叡祥, 廣野 康平, 矢野 吉治, MIMURA HARUO, 遠藤 紀之, 河合 和弥

    日本マリンエンジニアリング学会第86回学術講演会, Oct. 2016, Japanese, 〒670-8505 兵庫県姫路市, Domestic conference

    Oral presentation

  • 帆船を用いた企業研修が参加者に与える影響について

    FUCHI MASAKI, UENO YUZUKI, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, KONISHI TSUKASA, TAISHI NOZOMI, OHARA TOMOHISA

    日本海洋人間学会第5回大会, Sep. 2016, Japanese, 日本海洋人間学会, 東京海洋大学品川キャンパス, 入社後3年以内の離職者が大きな問題になっている背景を受け帆船を用いた企業研修が参加者に与える影響を調査した。 WHOが提唱するライフスキルについて作成された尺度と個人のチームワーク能力尺度を用いた。 その結果から帆船を用いた企業の新人研修では支えあう絆が深まるという変化が生じたことを指摘した。, Domestic conference

    Oral presentation

  • Features of the situational awareness of the trainees by the Ship Handling Simulator

    KONISHI TUKASA, FUCHI MASAKI, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, USUI SHINNOSUKE, TANABE SHINGO

    日本人間工学会第57回大会, Jun. 2016, Japanese, 日本人間工学会, 三重県立看護大学, 船舶の安全運航のために数分から数十分前に状況を認識し操船を行っているが、先行研究では映像提示により熟練者群と訓練生群を比較していた。 そこで本研究では操船シミュレータで実際に操船をさせることにより状況認識を測定し訓練生の状況認識の特徴について検討した。 熟練者と訓練生を比較した結果、1次の知覚は経験による差は小さいが、2次の現状理解については訓練生は不十分であり、3次の将来予測については、将来危険となる船舶を特定できておらず将来予測に至っていないことが示唆された。, Domestic conference

    Oral presentation

  • Collision Avoidance Judgement at Sea Based on Different Information

    KATO YUKI, FUCHI MASAKI, KUBONO MASATAKA, FUJII MICHIO, KONISHI TSUKASA, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOUHEI

    日本人間工学会第57回大会, Jun. 2016, Japanese, 日本人間工学会, 三重県看護大学, 船員の負担軽減のために、例えば陸上から船舶を制御する方法が検討されているが、 この場合、陸上に配置される制御のための情報源は、計器情報になると考えられる。 一方で海上では従来通り目視による操船が主となり、これらの混在が問題を生じさせる可能性がある。 そこで計器情報と目視情報という情報源の違いが衝突回避判断に与える影響を操船シミュレータを用いて検討した。 知識はあるが実経験のない学生に映像を提示することで実験を行ったところ、単純状況において影響は認められなかったが、複雑状況では情報源による衝突回避判断に違いがあった。 目視情報より計器情報のほうが切迫感を感じ、より先の将来を予測したと考えられた。, Domestic conference

    Oral presentation

  • 寄港地を含む近海航路域内に棲息するフジツボ幼生の実態調査

    MIMURA HARUO, 遠藤 紀之, 河合 和弥, 矢野 吉治, 廣野 康平

    2016年度日本付着生物学会 総会・研究集会, Mar. 2016, Japanese, 日本付着生物学会, 東京海洋大学 品川キャンパス, 東南日本の沿岸海域及び寄港地の海水を採取し、フジツボキプリス幼生の個体数及び種の分布を調べた。顕微鏡観察でノープリウスとキプリスの割合、q-PCRで14種類のプライマーを使って種の分類を行った。ノープリウス幼生およびキプリス幼生は沿岸より5 km以内の海域に多く出現する傾向にあったが、陸地より約10 km離れた海域 (愛媛県松山市沖) で1,000個体/m3以上のノープリウス幼生が検出される場合や、約12 km離れた航路上 (宇和島・津久見沖) においてキプリス幼生が出現する場合も確認された。各サンプルからは合計9種類のフジツボ類幼生が検出され、アメリカフジツボ Balanus eburneus (ヨーロッパフジツボ B. improvisus)が出現頻度・検出個体数ともに最大であった。また検出される種数は港内で多くなる傾向にあった。一方、ナンオウフ, Domestic conference

    Oral presentation

  • Situation Awareness of Students in Ship handling decision

    FUCHI MASAKI, NAKAJIMA HIROKI, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, KONISHI TSUKASA

    平成27年度日本人間工学会関西支部大会, Dec. 2015, Japanese, 効果的な教育・訓練に活用するために、海上交通環境における状況認識に関する実験を 学生と熟練者に対し、操船シミュレータを用いて実施し、その特徴を検討した。, Domestic conference

    Oral presentation

  • Behaviors of Students in Bridge at Marine Simulator

    FUCHI MASAKI, KONISHI TSUKASA, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, MATSUOKA TOSHIKI, NAKASHIMA HIROKI

    平成27年度日本人間工学会関西支部大会, Dec. 2015, Japanese, 大阪府立大学 I-siteなんば, 技能向上のための教育訓練に活用することを目指し、 大型操船シミュレータを用いて、 学生と熟練者の操船中の行動について実験を行い、 その差について検討した。, Domestic conference

    Oral presentation

  • 帆船を用いた新人社員研修プログラムが参加者に与える影響について

    FUCHI MASAKI, UENO YUZUKI, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, FURUSHO Masao, KONISHI TSUKASA, TAISHI NOZOMI, OHARA TOMOHISA, SUZUKI TAKAO

    日本海洋人間学会第4回大会, Sep. 2015, Japanese, 東京海洋大学, 帆船を用いた新入社員研修の効果を質問紙により、 日常生活スキルと海洋リテラシーの観点から調査し、 効果について検討を行った。, Domestic conference

    Oral presentation

  • 海上交通における目標物の特定について

    FUCHI MASAKI, YAMAMOTO SAKURA, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, KONISHI TSUKASA, UENO YUZUKI

    日本海洋人間学会第4回大会, Sep. 2015, Japanese, 東京海洋大学, 方向感覚と方位特定力の関係、また、岸線を含めた航路の認識状況を調査す ることによって、学生の目標物を特定する際の特徴を質問紙および紙筆調査により 探索的に検討した。, Domestic conference

    Oral presentation

  • キプリス幼生着生率の青色LED放射照度依存性

    MIMURA HARUO, HIRONO KOHEI, YANO YOSHIJI, ENDO NORIYUKI

    第4回ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」, Sep. 2015, Japanese, 公益社団法人 日本マリンエンジニアリング学会(JIME)海洋環境研究委員会, 〒040-0051 函館市弁天町20-5 一般財団法人 函館国際水産・海洋総合研究センター, フジツボキプリス幼生の着生制御は青色LEDの放射光強度の調節で行える。, Domestic conference

    Oral presentation

  • The Effect of Checklist on Arousal Level in Marine Simulator

    KONISHI TUKASA, FUCHI MASAKI, USUI SHINNOSUKE, YAMADA KENTA, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI

    平成26年度日本人間工学会 中国・四国,関西支部合同大会, Dec. 2014, Japanese, 岡山県立大学, 居眠り船舶事故防止を念頭に、チェックリストにより航海当直中の覚醒水準低下抑制効果について検討した。 実験は海事科学研究科が所有する船舶運航シミュレータを用い、船舶運航を経験している4年生学生が参加した。 測定指標は、行動指標、生理指標、主観指標、課題の印象評価であった。 結果から、航海当直中にチェックリストを行うことにより船舶運航における見張りは疎かになる可能性は低く、 チェックリストにより眠気やパフォーマンス低下の抑制に効果がある可能性が示された。, Domestic conference

    Oral presentation

  • 青色LED光源を利用したフジツボキプリス幼生の着生阻害実験

    MIMURA HARUO, Kohei Hirono, Yoshiji Yano, Noriyuki Endo

    第51回 好塩微生物研究会, Dec. 2014, Japanese, 近畿大学工学部, 青色LED光源の明滅を利用したフジツボキプリス幼生の着生制御実験を実験室及びフィールドで実施した。, Domestic conference

    Oral presentation

  • Prevention of Adhesion of Cypris Larvae under LED Light Source with High Illumination Intensity as well as Survey of Individuals of the Larvae in Seawater taken on Board

    MIMURA HARUO, Kohei Hirono, Yoshiji Yano, Noriyuki Endo

    平成26年秋季講演会, Nov. 2014, Japanese, 日本船舶海洋工学会, 長崎ブリックホール, Domestic conference

    Oral presentation

  • 視界制限状態における航法の適用と運動ベクトル

    FUCHI MASAKI, FUJIMOTO SHOJI, USUI SHINNOSUKE, HIRONO KOHEI

    日本航海学会第131回講演会, Oct. 2014, Japanese, 函館,北海道大学水産学部, 視界制限状態での海難を防止しようと毎年キャンペーンが行われているが、視界制限状態での海難は発生し続けている。 キャンペーンの中で「レーダーの適切な使用」「法令に則った操船」等を呼びかけているが、操船者の航法適用やレーダーからの情報理解不足を指摘している先行研究もある。 このことから本研究では視界制限状態での航法の適用とレーダー画面上での運動ベクトルについて調査し検討することにした。 質問紙調査では、視界制限状態における避航判断の理由と、レーダー画面における自動衝突予防援助装置のベクトル表示方式に関する質問を行った。 その結果、①多くの操船者が視界制限状態における航法の適用を誤っていること、②多くの操船者のベクトル表示方式理解に疑義があること等が示唆された。 検討結果から視界制限状態での海難防止について述べた。, Domestic conference

    Oral presentation

  • 海事における実習授業での反転授業の試み

    FUCHI MASAKI, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, 松下 哲雄, 津野 愛, 中川 浩一郎

    第3回日本海洋人間学会, Sep. 2014, Japanese, 日本海洋人間学会, 東京海洋大学, 元来実習授業は座学において学んだ後に実習を行うわけであるから反転するものではない。 しかしながら現実には実習場面に直面してから理解していなかった、知らなかった、忘れていたことに気付く学生は多い。 そこでYou Tubeに映像をアップし反転授業方式を試みた。3年生の実習に適用したところ、学生からは役に立つとの評価がなされた。 種々課題が明らかになり、教員の心理的変化も必要であると考察された。, Domestic conference

    Oral presentation

  • 画像処理を用いた 計測距離にロバストな喫水自動読取方式

    OKAMOTO AKIHIRO, TANAKA NAOKI, HIRONO KOHEI

    日本航海学会第128回講演会, Nov. 2013, Japanese, 現在、船舶の喫水計測は、航海士やサーベイヤーが目視で読取を行うのが主流である。しかし荒天時は、 うねりによる船体動揺や海面の上下動が強くなり、そうした悪条件のもとでの喫水計測は困難かつ落水など の危険が伴うものである。そのため、非接触・高精度な喫水の自動読取方式が確立されることは、船舶の安 全運航および喫水検査業務を大きく支援するものと考えられる。また当該技術は、読取の客観的な指標を与 える一つの基準にも成り得るため、商業的な観点からも重要な意義があると考えられる。 本稿が提案する喫水読取方式は、動画撮影された喫水の映像から、画像処理によって喫水読取を行う方式 である。同方式は計測距離にロバストであるという特徴を持ち、さらには輝度や色の変化に対しても、一定 の頑健性を有している。そのため、様々な環境下での利用が期待できる。 また、本方式を構成する, Domestic conference

    Oral presentation

  • 淀川感潮帯における貝毒の原因となる有毒赤潮に関する研究

    Ryutaro KOGA, Mitsuru HAYASHI, Tomoyasu FUJII, Keigo YAMAMOTO, Nobuo NOZAKI, Yoshimi NAKAMIYA, Kentaro SAKAMOTO, Momoko KIMURA, Masaki FUCHI, Kohei HIRONO

    日本海洋学会秋季大会, Sep. 2012, Japanese, Shizuoka, Domestic conference

    Poster presentation

  • 視界制限状態における船舶のレーダーを用いた衝突回避判断に関する調査

    FUCHI MASAKI, KAWAI TOMOHIRO, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, 持田 高徳

    平成23年度日本人間工学会関西支部大会, Dec. 2011, Japanese, 神戸大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • Differences in Allowable Distance between Ships due to Ship's Specific Type

    Masaki FUCHI, Shoji FUJIMOTO, Kouhei HIRONO, Shinnosuke USUI, Takanori MOCHIDA

    日本人間工学会第51回大会, Jun. 2010, Japanese, 日本人間工学会, 北海道大学, Domestic conference

    Poster presentation

Association Memberships

  • 社団法人日本船舶海洋工業会

  • 社団法人日本航海学会

Research Projects