Directory of Researchers

AKAGI Kazushige
Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development
Associate Professor
Social Sciences / Other Fields
Last Updated :2022/05/14

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • <Faculty / Graduate School / Others>

    Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development
  • <Related Faculty / Graduate School / Others>

    Faculty of Global Human Sciences / Department of Child Education, Faculty of Human Development / Department of Human Development and Education

Teaching

  • Faculty of Global Human Sciences, 2021, Practice Teaching: Special Needs Education
  • Faculty of Global Human Sciences, 2021, Psychology of Developmental Disability 1 (Psychology for Adults & Children with Disabilities 1)
  • Faculty of Global Human Sciences, 2021, Education of Young Children with Disabilities: Methods and Materials 1
  • Faculty of Global Human Sciences, 2021, Education of Young Children with Disabilities: Methods and Materials
  • Faculty of Global Human Sciences, 2021, Graduation Thesis
  • Faculty of Global Human Sciences, 2021, Seminar on Global Issues
  • Faculty of Global Human Sciences, 2021, Psychology of Developmental Disability 2 (Psychology for Adults & Children with Disabilities 2)
  • Faculty of Global Human Sciences, 2021, Developmental Disabilitiy and Inclusive Community 1
  • Faculty of Global Human Sciences, 2021, Issues and Perspectives in Education on Intellecutual Disability 1
  • Faculty of Global Human Sciences, 2021, Issues and Perspectives in Education on Intellecutual Disability 2
  • Faculty of Global Human Sciences, 2021, Developmental Disabilitiy and Inclusive Community 2
  • Faculty of Global Human Sciences, 2021, Introduction to Special Needs Education
  • Office for the Promotion of International Exchange, 2021, Psychology B
  • Office for the Promotion of International Exchange, 2021, Psychology B
  • Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development, 2021, Topics in Psychology of Developmental Disabilities I-1 (Support Theory and Applications in Educational Area 1)
  • Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development, 2021, Independent Studies Ⅰ
  • Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development, 2021, Independent Studies Ⅱ
  • Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development, 2021, Topics in Psychology of Developmental Disabilities I-2 (Support Theory and Applications in Educational Area 2)
  • Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development, 2021, Seminar on Psychology of Developmental Disabilities 1
  • Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development, 2021, Seminar on Psychology of Developmental Disabilities 2
  • Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development, 2021, Topics in Psychology of Developmental Disabilities Ⅱ-1
  • Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development, 2021, Independent Studies Ⅲ
  • Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development, 2021, Independent Studies Ⅳ
  • Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development, 2021, Topics in Psychology of Developmental Disabilities Ⅱ-2
  • Faculty of Human Development, 2021, Psychology of Developmental Disabilities 1
  • Faculty of Human Development, 2021, Support for Child Development
  • Faculty of Human Development, 2021, Graduation Thesis
  • Faculty of Human Development, 2021, Psychology of Developmental Disabilities 2
  • Faculty of Human Development, 2021, Seminar of Mental Retardation's Psychology, Psysiology and Pathology

Research Activities

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Educational psychology

Committee Memberships

  • Jun. 2021 - Mar. 2022, 公益財団法人こうべ市民福祉振興協会, KOBEしあわせの村ユニバーサルカレッジ連携協議会委員
  • Apr. 2021 - Present, 神戸市教育委員会, 神戸市灘さくら支援学校 評議員
  • Apr. 2019 - Mar. 2021, 神戸市立青陽東養護学校, 評議員
  • Oct. 2018 - Jun. 2019, 神戸市教育委員会, 神戸市通級指導検討委員会委員長
  • Mar. 2017 - Feb. 2020, 一般社団法人 臨床発達心理士認定運営機構, 資格認定委員会 委員
  • Apr. 2014 - Mar. 2017, 『臨床心理学』査読委員会, 査読委員
  • Dec. 2011 - Present, 心理科学研究会, 「心理科学」編集委員
  • 神戸市教育委員会, 「通常の学級におけるLD等への特別支援」巡回相談員
  • Apr. 2022 - Mar. 2023, 一般社団法人日本学生射撃スポーツ連盟, 参事

Awards

  • 2006 発達科学研究教育センター, 発達科学研究教育奨励賞, 学術研究助成事業を受賞

    赤木 和重

  • Mar. 2005 日本発達心理学会, 発達心理学会学会(論文)賞, 発達心理学研究に掲載された論文

    赤木 和重

Published Papers

  • 軽度知的障害のある青年の障害受容:「ふつう」にこだわっていた青年は,なぜ「ふつう」にこだわらなくなったのか

    生田邦紘, 赤木和重

    2021, 心理科学, 42 (2), 97 - 118

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 小学生は授業スタンダードをどのように捉えるのか:個人の権利意識の発達の観点から

    前岡良汰, 赤木和重

    2021, 心理科学, 42 (1), 1 - 13

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 障害のある子どもと即興的表現活動:教育的ユーモアとしての「よじれたノリ」

    赤木和重

    2021, 障害者問題研究, 49, 178 - 185

    Scientific journal

  • ゆれる正しさ,ほどける自閉症

    赤木 和重, 村上公也

    Lead, Jan. 2020, 発達, (161), 60 - 68

    [Invited]

    Scientific journal

  • 発達障害のある子どもの安楽さを大事に:学童保育だからこそ

    赤木和重

    2020, 日本の学童ほいく, (542), 28 - 33

    [Invited]

  • 通常学級における個別支援を他児童はどのように捉えているのか :公正段階および親密度に着目 して

    古村真帆, 赤木和重

    Oct. 2019, SNEジャーナル, 25, 83 - 101, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 特別支援学校教員を対象とした個別の指導計画に関する意識調査:作成上の悩みや困難に焦点 をあてて

    赤木和重, 大塚真由子

    Oct. 2019, SNEジャーナル, 25, 162 - 175, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 新しい学びの文化に出会う

    AKAGI KAZUSHIGE

    シャンティつくば, Dec. 2018, シャンティつくば実践報告集, 2, 127 - 134, Japanese

    [Invited]

    Symposium

  • 複式学級における教育可能性の再発見:授業づくり・インクルーシブ教育・自尊感情の視点から

    AKAGI KAZUSHIGE, 安藤友里, 山本真帆, 小渕隆司, 戸田竜也

    Jan. 2018, へき地教育研究, 72, 85 - 94, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • わが国のインクルーシブ教育の進展と排除

    AKAGI KAZUSHIGE

    教育科学研究会, Jan. 2018, 教育, 864, 67 - 73, Japanese

    [Invited]

    Research institution

  • 個別支援を必要とする児童に対する同学級児童の意識:他者からの受容感と授業場面に着目して

    山本真帆, AKAGI KAZUSHIGE

    Mar. 2017, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科紀要, 10 (2), 221 - 230, Japanese

    Research institution

  • 教員養成型PBL教育における対話的事例シナリオ教育の評価方法の開発

    根津知佳子, 山田康彦, 森脇建夫, 中西康雅, 大日方真史, 前原裕樹, 大西宏明, 守山紗弥加, AKAGI KAZUSHIGE

    Mar. 2017, 三重大学高等教育研究, 23, 69 - 79, Japanese

    [Refereed]

    Research institution

  • ユニバーサルデザインの授業づくり再考

    AKAGI KAZUSHIGE

    かもがわ出版, Feb. 2017, 教育, 853, 73 - 80, Japanese

    [Invited]

    Scientific journal

  • 気になる子の理解と保育:創造の保育に向けて

    AKAGI KAZUSHIGE

    ミネルヴァ書房, Jan. 2017, 発達, 149, 18 - 23, Japanese

    [Invited]

    Scientific journal

  • 村田 観弥, 金丸 彰寿, 赤木 和重, 大山 正博, 戸野塚 厚子

    一般社団法人 日本教育学会, 2017, 日本教育学会大會研究発表要項, 75 (0), 96 - 97, Japanese

  • ヴィゴツキー障害学からみた知的障害児の発達と教育:すべては高次精神機能のために

    赤木 和重

    Dec. 2015, 発達・療育研究(京都国際社会福祉センター紀要), 31,3-14, Japanese

    Scientific journal

  • MURATA Kanya, KONDO Tatsuaki, JANG Jusun, SHENG Min, SHIBAKAWA Hiroko, KIM JongMin, AKAGI Kazushige, TSUDA Eiji

    Kobe University, Sep. 2015, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 9 (1), 29 - 43, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 教職課程において,教師の権威・権力をどのように教えるのか:対話型事例シナリオの作成と実践・「23分間の奇跡」を材にして

    前原裕樹, 山田康彦, 森脇建夫, 根津知佳子, 中西康雅, 大日方真史, AKAGI KAZUSHIGE, 守山紗弥加, 大西宏明

    Mar. 2015, 愛知大学教職課程研究年報, 4, 49 - 62, Japanese

    Research institution

  • 教員養成型PBL教育の研究(その2):対話型事例シナリオの作成と実践・『12歳 の絵本』を素材に

    山田康彦, 森脇健夫, 根津知佳子, 中西康雅, AKAGI KAZUSHIGE, 大日方真史, 守山紗弥加, 前原裕樹

    Jun. 2014, 大学教育研究(三重大学授業研究交流誌), 22, 45 - 54, Japanese

    Research institution

  • 対話型事例シナリオによる教員養成型PBL教育

    森脇 健夫, 山田 康彦, 根津 知佳子, AKAGI KAZUSHIGE, 中西 康雅, 守山 紗弥香, 前原 裕樹

    Dec. 2013, 京都大学高等教育研究, (19), 13 - 24, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • KONDO Tatsuaki, SHIBAKAWA Hiroko, MORIMOTO Aya, AKAGI Kazushige, TSUDA Eiji

    Kobe University, Sep. 2013, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 7 (1), 135 - 152, Japanese

    [Refereed]

    Research institution

  • 「心の理論」と教示行為:子どもに教えるのではなく子どもが教える

    AKAGI KAZUSHIGE

    ミネルヴァ書房, Jul. 2013, 発達, 135, 54 - 59, Japanese

    Scientific journal

  • 子どもを見るということ,子どもが表現するということ(伊藤みどり論文へのコメント)

    AKAGI KAZUSHIGE

    Mar. 2013, 人間発達研究所紀要, 26, 46 - 51, Japanese

    [Invited]

    Scientific journal

  • 教員養成型PBL教育の研究(その1):対話型シナリオの原理

    AKAGI KAZUSHIGE, 森脇 健夫, 山田康彦, 根津知佳子, 中西康雅, 守山紗弥加

    Mar. 2013, 三重大学教育学部研究紀要, 64, 325 - 335, Japanese

    Research institution

  • 自閉症児の社会性を育む:子どもと子どもの関係を支援する

    赤木 和重

    Jan. 2013, 子どもと発育発達, 10(4),235-239, Japanese

    Scientific journal

  • 名人芸実践を通してみえてくる自閉症児の発達研究・発達支援の課題

    赤木 和重, 村上 公也

    Dec. 2012, 発達・療育研究(京都国際社会福祉センター紀要), 28,45-60, Japanese

    Scientific journal

  • Development of teaching behavior in typical developing children and children with autism spectrum disorder

    赤木 和重

    Mar. 2012, CARLS series of advanced study of logic and sensibility, 5,425-435, English

    Scientific journal

  • 障害領域における発達段階の意義:自閉症スペクトラム障害をめぐって

    赤木 和重

    Dec. 2011, 発達心理学研究, 22,381-390, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 小学校高学年における学級集団の形成過程:他者受容感を育てる子どもどうしの「支え合い」

    赤木 和重, 坪田 吉巨, 松浦 均

    Mar. 2011, 三重大学 教育学部紀要, 62, 235-256, Japanese

    Scientific journal

  • 激しい器物破壊行動を示した自閉症者に対する支援:対人関係の発達および衝動性の緩和に注目して

    赤木 和重, 北口 美弥子

    Oct. 2008, 人間発達研究所紀要, 20・21, 92-102., Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 幼児における抑制的教示行為の発達:「教えないという教え方」は可能か

    赤木 和重

    Aug. 2008, 発達研究, 22, 107-115., Japanese

    Scientific journal

  • 自閉症における「障害特性に応じた教育」再考:障害特性に応じつつ,障害特性をこえていく教育へ

    赤木 和重

    Aug. 2008, 障害者問題研究, 36, 180-188., Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 自閉症教育実践論の展開にむけて:その予備的な足場づくり

    赤木 和重

    Jul. 2008, 障害者教育科学, 57, 3-9., Japanese

    Scientific journal

  • 知的障害のある青年期自閉症者における積極的教示行為の発達と障害:行為主体としての自他分化に注目して

    赤木 和重

    Mar. 2008, 三重大学 教育学部紀要, 59, 163-176., Japanese

    Scientific journal

  • 言語確認行動を頻発し,指示待ち行動を示した青年期自閉症者における自我の発達:自他関係の構造に注目して

    赤木 和重

    Aug. 2006, 障害者問題研究, 34, 267-274., Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 知的障害のある自閉症児・者における自己とコミュニケーションの発達と障害

    赤木 和重

    Feb. 2005, 日本の科学者, 41, 66-71., Japanese

    Scientific journal

  • 1歳児は教えることができるか:他者の問題解決困難場面における積極的教示行為の生起

    赤木 和重

    Dec. 2004, 発達心理学研究, 15, 366-375., Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 青年期自閉症者における鏡像自己認知:健常幼児との比較を通して

    赤木 和重

    Aug. 2003, 発達心理学研究, 14,149-160., Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 自己鏡像認知研究の展望:健常児,障害児を対象とした発達精神病理学的観点からの考察

    赤木 和重

    Jun. 2003, 人間科学研究, 11, 51-62., Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

MISC

  • 風越の教室に入ってみた(第8回)ゴム銃バンバンフェスティバル:風越学園の「語られかた」を考える

    赤木和重

    Lead, Oct. 2021, 風越学園HP https://kazakoshi.ed.jp/kazenote/akagi_report/20208/

    Introduction commerce magazine

  • 書評「アメリカの学習障害児教育」(羽山裕子著)

    赤木和重

    Lead, Oct. 2021, SNEジャーナル, 27, 169 - 172

    Book review

  • 子育てのノロイをほぐす―もう1つの「モノサシ」を意識してみる

    赤木和重

    Sep. 2021, ちいさいなかま, (714), 36 - 43

    Introduction commerce magazine

  • 「自分の席は,1つしかない」のだろうか?

    赤木和重

    Aug. 2021, はあとブリッジ, (417), 1

    Introduction commerce magazine

  • 風越の教室に入ってみた(第7回)アウトプットデイ,「フツーにおもしろい!」

    赤木和重

    Aug. 2021, 風越学園HP https://kazakoshi.ed.jp/kazenote/akagi_report/19166/

    Introduction commerce magazine

  • 風越の教室に入ってみた(第6回)なんだかいい感じのスタート!?

    赤木和重

    Jun. 2021, 風越学園HP https://kazakoshi.ed.jp/kazenote/akagi_report/17914/

    Introduction commerce magazine

  • 風越の教室に入ってみた(第5回)オンライン参観をのぞいてみた

    赤木和重

    Mar. 2021, 風越学園HP https://kazakoshi.ed.jp/kazenote/akagi_report/16652/

    Introduction commerce magazine

  • 学びを「感染」させる場としてのKUPI

    赤木和重

    Mar. 2021, 神戸大学・学び発見楽しみプログラム, 121 - 122

    Introduction research institution

  • 風越の教室に入ってみた(第4回) その教室は誰のもの?

    赤木和重

    Feb. 2021, 風越学園HP https://kazakoshi.ed.jp/kazenote/akagi_report/15833/

    Introduction commerce magazine

  • 風越の教室に入ってみた(第3回)風越が子どものネットを禁止したってよ:自由を広げるための制限!?

    赤木和重

    Oct. 2020, 風越学園HP https://kazakoshi.ed.jp/kazenote/akagi_report/11697/

    Introduction commerce magazine

  • 離れながら,つながる:だるまさんがディスタンス

    赤木和重

    Oct. 2020, はあとブリッジ, 407, 1

    Introduction commerce magazine

  • 風越の教室に入ってみた(第2回・後編) 「やりたいこと」があまり見つからない子ども

    赤木和重

    Sep. 2020, 軽井沢風越学園 HP https://kazakoshi.ed.jp/kazenote/akagi_report/8386/

    Introduction commerce magazine

  • 風越の教室に入ってみた(第2回・前編)風越学園は,子どもの「何」を大事にしているのだろう?

    赤木和重

    Sep. 2020, 軽井沢風越学園 HP https://kazakoshi.ed.jp/kazenote/akagi_report/8376/

    Introduction commerce magazine

  • 米国のインクルーシブ教育(第3回)小さな学校に未来を見る

    赤木和重

    Aug. 2020, 教育新聞(2020年8月1日)

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 子育てのノロイを解きほぐす(第12回・最終回)子育てのノロイをほどく

    赤木和重

    Aug. 2020, Web日本評論 https://www.web-nippyo.jp/20016/

    Introduction commerce magazine

  • 米国のインクルーシブ教育(第2回)「違い」が軸にある米国

    赤木和重

    Jul. 2020, 教育新聞(2020年7月18日)

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 米国のインクルーシブ教育(第1回)前提の違い

    赤木和重

    Jul. 2020, 教育新聞(2020年7月4日)

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 子育てのノロイを解きほぐす(第11回)ノロイはどこからやってくる?

    赤木和重

    Jul. 2020, Web日本評論 https://www.web-nippyo.jp/19643/

    Introduction commerce magazine

  • 風越の教室に入ってみた(第1回) あえて属性を付与しないことと、リッチ警官キャッシュ

    赤木和重

    Jun. 2020, 軽井沢風越学園 HP https://kazakoshi.ed.jp/kazenote/akagi_report/5908/, Japanese

    Introduction commerce magazine

  • 子育てのノロイを解きほぐす(第10回)「休みに価値なし」のノロイ

    赤木和重

    Lead, Jun. 2020, Web日本評論 https://www.web-nippyo.jp/19193/, Japanese

    Introduction commerce magazine

  • 子育てのノロイを解きほぐす(第9回)「まぁ、よしとしましょう」で怒りとつきあう

    赤木和重

    May 2020, Web日本評論 https://www.web-nippyo.jp/18849/

  • 子育てのノロイを解きほぐす(第8回)不安のジェットコースターのなかで

    赤木和重

    Lead, Apr. 2020, Web日本評論 https://www.web-nippyo.jp/18458/, Japanese

    Introduction commerce magazine

  • 赤木和重

    Mar. 2020, Web日本評論 https://www.web-nippyo.jp/17796/

    Introduction commerce magazine

  • 「青春の謳歌」を支える大学の学び

    赤木和重

    Mar. 2020, 神戸大学・学ぶ楽しみ発見プログラム, 147 - 149

    Introduction research institution

  • 赤木和重

    Lead, Feb. 2020, Web日本評論 https://www.web-nippyo.jp/17293/

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 子育てのノロイを解きほぐす(第5回)祈ること、“にもかかわらず”笑うこと

    赤木 和重

    Jan. 2020, Web日本評論 https://www.web-nippyo.jp/16866/, Japanese

    Introduction commerce magazine

  • 子育てのノロイを解きほぐす(第4回)「カダイ」のノロイ

    赤木 和重

    Dec. 2019, Web日本評論 https://www.web-nippyo.jp/16591/, Japanese

    Introduction commerce magazine

  • 子育てのノロイを解きほぐす(第3回)「やればできる」のノロイ

    赤木 和重

    Nov. 2019, Web日本評論 https://www.web-nippyo.jp/16114/

    Introduction commerce magazine

  • 子育てのノロイを解きほぐす(第2回)“ちゃんと”のノロイ

    赤木 和重

    Oct. 2019, Web日本評論 https://www.web-nippyo.jp/15316/

    Introduction commerce magazine

  • 書評:『インクルーシブ授業の国際比較研究』

    赤木和重

    Oct. 2019, SNEジャーナル, 25, 201 - 204, Japanese

    [Invited]

    Book review

  • 発達研究の多様化?それとも分断?

    赤木 和重

    Oct. 2019, 発達心理学会ニューズレター, (88), 1 - 2, Japanese

    [Invited]

    Report scientific journal

  • 子育てのノロイを解きほぐす(第1回)あなたの子育て、ノロわれてます!?

    赤木 和重

    Sep. 2019, Web日本評論 https://www.web-nippyo.jp/14543/, Japanese

    Introduction commerce magazine

  • 書評『教える・学ぶ:教育には何ができるか シリーズ子どもの貧困3』

    AKAGI KAZUSHIGE

    Jul. 2019, 授業づくりネットワーク, 33, 119, Japanese

    [Invited]

    Book review

  • 身体や心を「わがもの」にするには(書評『限界を超える子どもたち』)

    AKAGI KAZUSHIGE

    Feb. 2019, 教職研修, 558, 112, Japanese

    [Invited]

    Book review

  • 子どものけんかってすごい:発達的理解と対応

    AKAGI KAZUSHIGE

    Nov. 2018, 日本の学童ほいく, 519, 10 - 15, Japanese

    [Invited]

    Introduction other

  • 中年の涙腺

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Apr. 2018, はあとブリッジ, 377, 1, Japanese

    Introduction other

  • 「気になる子」の理解と育ちあう保育

    AKAGI KAZUSHIGE

    Mar. 2018, 保育と実践(常葉短期大学部保育研究会), 13, 1 - 16, Japanese

    [Invited]

    Introduction research institution

  • インクルーシブ授業・クラスのためのはじめの一歩:「違い」をとらえる・ひきだす・つなげる

    AKAGI KAZUSHIGE

    Mar. 2018, 授業づくりネットワーク, 29, 18 - 23, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • インクルーシブ教育を組みかえる

    AKAGI KAZUSHIGE

    Feb. 2018, 指導と評価, 758, 21 - 23, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 書評:崩壊するアメリカの公教育

    AKAGI KAZUSHIGE

    Jan. 2018, 新英語教育, 581, 45, Japanese

    [Invited]

    Book review

  • 人間はどこから壊れていくか?

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Jun. 2017, はあとブリッジ, 367, 1, Japanese

    Introduction other

  • ユニバーサルデザインに基づく授業づくり:注目される背景とその問題点

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研出版部, Jun. 2017, みんなのねがい, 612, 29, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 「気になる子」と言わない保育・教育:素敵な実践から学ぶ

    AKAGI KAZUSHIGE

    東京都社会福祉協議会保育部, Apr. 2017, 東社協保育部会「通信」, 362, 5 - 9, Japanese

    [Invited]

    Introduction other

  • アメリカの学校で見た「違い」の認め方(自著を語る:『アメリカの教室に入ってみた』)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本教育新聞社, Mar. 2017, 週間教育資料, 1425, 35, Japanese

    Introduction commerce magazine

  • 強みをいかす・・・だけでなく

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Nov. 2016, はあとブリッジ, 360, 1, Japanese

    Introduction other

  • アメリカあたふた珍道中(第15回 「個別化・協同化・プロジェクト化」の異年齢教育)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Aug. 2016, はあとブリッジ, 357, 4 - 5, Japanese

    Introduction other

  • アメリカあたふた珍道中(第14回 インクルーシブ教育の未来:小さな小学校の大きな可能性)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Jul. 2016, はあとブリッジ, 356, 4 - 5, Japanese

    Introduction other

  • アメリカの教室に入ってみる(第5回):貧困地区で暮らす子どもの息づかい(その3)

    AKAGI KAZUSHIGE

    Jun. 2016, 人間発達研究所通信, 32 (1), 9 - 14, Japanese

    Report research institution

  • アメリカあたふた珍道中(第13回 インクルーシブクラス)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Jun. 2016, はあとブリッジ, 355, 5 - 6, Japanese

    Introduction other

  • 1000回音読

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Jun. 2016, はあとブリッジ, 355, 1, Japanese

    Introduction other

  • アメリカあたふた珍道中(第12回 学校ランチ事情その2)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, May 2016, はあとブリッジ, 354, 6 - 7, Japanese

    Introduction other

  • アメリカあたふた珍道中(第11回 学校ランチ事情その1)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Apr. 2016, はあとブリッジ, 353, 4 - 5, Japanese

    Introduction other

  • アメリカの教室に入ってみる(第4回):貧困地区で暮らす子どもの息づかい(その2)

    AKAGI KAZUSHIGE

    Mar. 2016, 人間発達研究所通信, 31 (4), 11 - 14, Japanese

    Report research institution

  • アメリカあたふた珍道中(第10回 わがことのように)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Mar. 2016, はあとブリッジ, 352, 4 - 5, Japanese

    Introduction other

  • アメリカあたふた珍道中(第9回 チャータースクールの光と影)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Feb. 2016, はあとブリッジ, 351, 6 - 7, Japanese

    Introduction other

  • アメリカあたふた珍道中(第8回 Teaching is personal)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Jan. 2016, はあとブリッジ, 350, 6 - 7, Japanese

    Introduction other

  • 格差というより段差:アメリカの公教育

    AKAGI KAZUSHIGE

    心理科学研究会, Dec. 2015, 心科研ニュース, 46 (3), 10, Japanese

    Introduction scientific journal

  • アメリカの教室に入ってみる(第3回):貧困地区で暮らす子どもの息づかい(その1)

    AKAGI KAZUSHIGE

    Dec. 2015, 人間発達研究所通信, 31 (3), 7 - 10, Japanese

    Report research institution

  • アメリカあたふた珍道中(第7回 大学の授業を受けてみた)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Dec. 2015, はあとブリッジ, 349, 4 - 5, Japanese

    Introduction other

  • 「異質」を楽しむ子どもたち

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Nov. 2015, はあとブリッジ, 348, 1, Japanese

    Introduction other

  • アメリカあたふた珍道中(第6回 スパイダーはお好き?)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Nov. 2015, はあとブリッジ, 348, 4 - 5, Japanese

    Introduction other

  • ペン先,コミュニケーション,創造的表現

    AKAGI KAZUSHIGE

    KA Factory, Oct. 2015, Live with Drawing2015:描き合うこと,描き続けること, 58 - 60, Japanese

    [Invited]

    Introduction other

  • アメリカあたふた珍道中(第5回 タイムアウト)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Oct. 2015, はあとブリッジ, 347, 4 - 5, Japanese

    Introduction other

  • アメリカの教室に入ってみる(第2回):貧困地区の子どものからだ

    AKAGI KAZUSHIGE

    Sep. 2015, 人間発達研究所通信, 31 (2), 10 - 12, Japanese

    Report research institution

  • アメリカあたふた珍道中(第4回 私立小学校見学記:This is America! But...)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Sep. 2015, はあとブリッジ, 346, 6 - 7, Japanese

    Introduction other

  • アメリカあたふた珍道中(第3回 遊びが消えた幼児教育)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Aug. 2015, はあとブリッジ, 345, 2 - 3, Japanese

    Introduction other

  • アメリカあたふた珍道中(第2回 黒板,この素晴らしきもの.)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Jul. 2015, はあとブリッジ, 344, 5, Japanese

    Introduction other

  • アメリカの教室に入ってみる(第1回):Mind your own business

    AKAGI KAZUSHIGE

    Jun. 2015, 人間発達研究所通信, 31 (1), 10 - 13, Japanese

    Report research institution

  • アメリカあたふた珍道中(第1回 It's your choice. She is my daughter.)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研兵庫支部, Jun. 2015, はあとブリッジ, 343, 5, Japanese

    Introduction other

  • 目からウロコ!障害児の発達を学ぶ(最終回 新喜劇)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研出版部, Mar. 2015, みんなのねがい, 582, 16 - 19, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 子どもを理解する:自閉症スペクトラム障害児の行動をめぐって

    AKAGI KAZUSHIGE

    三重大学 教育学部(研究代表者 山田康彦), Mar. 2015, 平成24年度~26年度科研費 研究成果報告書(PBL教育における対話型シナリオの開発研究), 29 - 32, Japanese

    Report research institution

  • 「問題」行動を示す自閉症スペクトラム障害の子ども

    AKAGI KAZUSHIGE

    三重大学 教育学部(研究代表者 山田康彦), Mar. 2015, 平成24年度~26年度科研費 研究成果報告書(PBL教育における対話型シナリオの開発研究), 41 - 42, Japanese

    Report research institution

  • 目からウロコ!障害児の発達を学ぶ(第11回 出発点)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研出版部, Feb. 2015, みんなのねがい, 581, 16 - 19, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 目からウロコ!障害児の発達を学ぶ(第10回 今を愛おしむ)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研出版部, Jan. 2015, みんなのねがい, 580, 16 - 19, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 目からウロコ!障害児の発達を学ぶ(第9回 チンコスコウ)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研出版部, Dec. 2014, みんなのねがい, 579, 14 - 17, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 目覚まし時計:未来を共有する魔法の道具

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研出版部, Nov. 2014, みんなのねがい, 578, 23, Japanese

    [Invited]

    Others

  • 目からウロコ!障害児の発達を学ぶ(第8回 発達)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研出版部, Nov. 2014, みんなのねがい, 578, 14 - 17, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 目からウロコ!障害児の発達を学ぶ(第7回 「教える」行為は誰のもの?)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研出版部, Oct. 2014, みんなのねがい, 577, 14 - 17, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 発達障害を通して考える「発達,障害,教育」

    AKAGI KAZUSHIGE

    Oct. 2014, 日本発達心理学会ニューズレター, 73, 4 - 5, Japanese

    [Invited]

    Introduction other

  • 目からウロコ!障害児の発達を学ぶ(第6回 感覚過敏)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研出版部, Sep. 2014, みんなのねがい, 576, 14 - 16, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 目からウロコ!障害児の発達を学ぶ(第5回 ほめる)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研出版部, Aug. 2014, みんなのねがい, 575, 14 - 16, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 目からウロコ!障害児の発達を学ぶ(第4回 特別あつかい)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研出版部, Jul. 2014, みんなのねがい, 574, 12 - 14, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 目からウロコ!障害児の発達を学ぶ(第3回 「できることにこだわらない」とは?)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研出版部, Jun. 2014, みんなのねがい, (573), 14 - 16, Japanese

    Introduction commerce magazine

  • 最先端の自閉症スペクトラム障害研究から見えてくるいくつかの疑問(『社会脳の発達』書評)

    AKAGI KAZUSHIGE

    金子書房, Jun. 2014, 児童心理学の進歩, 53, 284 - 288, Japanese

    [Refereed][Invited]

    Book review

  • 目からウロコ!障害児の発達を学ぶ(第2回 「自分でいい」と「自分がいい」)

    AKAGI KAZUSHIGE

    May 2014, みんなのねがい, 572, 14 - 16, Japanese

    Introduction commerce magazine

  • 子どもの内面とどう向き合うか:障害名ではなく,一人の人間として

    AKAGI KAZUSHIGE

    北海道寄宿舎教育研会, May 2014, 北海道の寄宿舎教育研究, 28, 29 - 42, Japanese

    [Invited]

    Introduction other

  • 目からウロコ!障害児の発達を学ぶ(第1回 あこがれる)

    AKAGI KAZUSHIGE

    全障研出版部, Apr. 2014, みんなのねがい, (571), 12 - 14, Japanese

    Introduction commerce magazine

  • 自閉症教育に異彩を放つ(『自閉症スペクトラム障害の子どもへの発達援助と学級づくり』書評)

    赤木 和重

    Feb. 2013, 教育, 805, 120-121, Japanese

    Others

  • 教える行動からみえてくる社会的知性:霊長類の比較発達心理学

    赤木 和重

    May 2009, 発達, 118, 104-111., Japanese

    Introduction scientific journal

  • Toddler期における自己の発達とニューロイメージング研究

    赤木 和重

    Mar. 2008, ベビーサイエンス, 7, 32-33, Japanese

    Others

  • 自閉症実践の出発点は共感にある(三木裕和・小谷裕美・奥住秀之「自閉症児のココロ」書評)

    赤木 和重

    Jan. 2008, 障害者教育科学, 56, 79-80., Japanese

    Others

  • 自閉症幼児における積極的教示行為の障害と発達

    赤木和重

    2006, 日本発達心理学会第17回発表論文集, 2006

  • TEACCHが見えていないものから見えてくる自閉症の理解と教育

    赤木 和重

    Jun. 2005, みんなのねがい, 469, 16-20., Japanese

    Introduction scientific journal

  • やわらかキョウイクアタマ(第1回)短所を愛する/短所で愛される

    赤木和重

    Apr. 2022, 教職研修, (596), 62

    Introduction commerce magazine

  • 風越の教室に入ってみた(第10回)「どうして動かしたいの?」 ~「~したい」は,関係のなかで,確かで,ひらかれたものになっていく~

    赤木和重

    Mar. 2022, 風越学園HP https://kazakoshi.ed.jp/kazenote/akagi_report/22065/

    Introduction other

  • 異年齢の視点から考える発達障害のある子どもたちの学び

    赤木和重

    Feb. 2022, 指導と評価, 68 (2), 56 - 57

    Introduction commerce magazine

  • 即興の視点から考える発達障害のある子どもたちの学び

    赤木和重

    Jan. 2022, 指導と評価, 68 (1), 54 - 55

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 風越の教室に入ってみた(第9回) 「個に応じている学び」なのに なぜ「学びに向かいにくい子ども」が出てくるのだろう?

    赤木和重

    Jan. 2022, 風越学園HP https://kazakoshi.ed.jp/kazenote/akagi_report/21375/

    Introduction other

  • 短所💛

    赤木和重

    Jan. 2022, はあとブリッジ, (422), 1

    Introduction other

  • 知的障害のある青年に対する大学での授業実践報告 ―「共同お悩み相談」の授業を通して―

    赤木和重

    Nov. 2021, はあとブリッジ, (420), 3

    Introduction other

  • 自閉症教育における支援プログラムとの「ほどよい」つきあいかた

    赤木和重

    Apr. 2022, みんなのねがい, (676), 15 - 17

    Introduction commerce magazine

  • 表現を通して,ひとはやさしく,かしこく,おもしろくなっていく

    赤木和重

    Mar. 2022, 神戸大学・学ぶ楽しみ発見プログラム(2021年度文部科学省委託事業「障碍者の多様な学習活動を総合的に支援するための実践研究」報告書), 153 - 155

    Report research institution

  • やわらかキョウイクアタマ(第2回)研修とケア

    赤木和重

    May 2022, 教職研修, (597), 60

    Introduction commerce magazine

Books etc

  • 地域と協働する学校:中学校の実践から読み解く思春期の子どもと地域とのかかわり(担当範囲:生徒を変えるのではなく,関係を変える:人間の発達の動きだしについて pp.168-175)

    赤木和重

    Contributor, 福村出版, Mar. 2021

    Scholarly book

  • 教育評価重要用語事典(多重知能理論 p71)

    赤木和重

    Contributor, 明治図書, Mar. 2021

    Dictionary or encycropedia

  • アメリカの教室に入ってみた:DVD付特別版

    赤木和重

    Editor, ひとなる書房, Mar. 2021

    Scholarly book

  • 子育てのノロイをほぐしましょう : 発達障害の子どもに学ぶ

    赤木和重

    Single work, 日本評論社, Feb. 2021, Japanese, ISBN: 9784535563971

    General book

  • 流行に踊る日本の教育(分担:インクルーシブ教育:「みんなちがって,みんないい」の陰で pp121-143)

    赤木和重

    Contributor, 東洋館出版社, Jan. 2021

    Scholarly book

  • 『学びをめぐる多様性と授業・学校づくり』(担当:アメリカの小さな学校から考えるインクルーシブ教育 pp128-139)

    赤木和重

    Contributor, 金子書房, Sep. 2020

  • 『中学・高校教師になるための教育心理学 第4版』(担当:発達障害のある生徒の発達 p.53-63/障害のある生徒を教える p.146-152.)

    赤木和重

    Contributor, 有斐閣, Apr. 2020

  • 『新・育ちあう乳幼児心理学』(担当:どの子にも豊かな毎日と発達を pp.228-248)

    赤木 和重

    Contributor, 有斐閣, Dec. 2019

  • 『自閉症児・発達障害児の教育目標・教育評価2』(担当:強度行動障害のある人に対する教育実践の現状と展望pp36-49)

    AKAGI KAZUSHIGE

    Contributor, クリエイツかもがわ, Aug. 2019, Japanese

    Scholarly book

  • 『教育学年報11:教育研究の新章』(担当:発達研究:教育学における発達論の衰退のさなかでpp161-183)

    AKAGI KAZUSHIGE

    Contributor, 世織書房, Aug. 2019, Japanese

    Scholarly book

  • 『遊び・育ち・経験:子どもの世界を守る(シリーズ子どもの貧困2)』(担当:遊びと遊び心の剥奪:障害と貧困が重なるところで pp97-124)

    AKAGI KAZUSHIGE

    Joint work, 明石書店, May 2019, Japanese

    Scholarly book

  • ユーモア的即興から生まれる表現の創発:発達障害・新喜劇・ノリツッコミ

    AKAGI KAZUSHIGE

    Editor, クリエイツかもがわ, Feb. 2019, Japanese

    Scholarly book

  • ユーモア的即興から生まれる表現の創発

    KAZUSHIGE AKAGI, OKAZAKI-SAKAUE KANA

    Others, クリエイツかもがわ, Feb. 2019, Japanese

    Scholarly book

  • 『教師として考えつづけるための教育心理学:多角的な視点から学校の現実を考える』(担当:発達障害 pp72-76)

    AKAGI KAZUSHIGE, 古村真帆

    Contributor, ナカニシヤ出版, Dec. 2018, Japanese

    Scholarly book

  • PBL事例シナリオ教育で教師を育てる:教育的事象の深い理解をめざした対話的教育方法

    AKAGI KAZUSHIGE, 山田康彦, 森脇健夫, 根津知佳子, 中西康雅, 大日方真史, 守山紗弥加, 前原裕樹, 大西宏明

    Joint editor, 三恵社, Sep. 2018, Japanese

    Scholarly book

  • 目からウロコ!驚愕と共感の自閉症スペクトラム入門

    AKAGI KAZUSHIGE

    Single work, 全障研出版部, Aug. 2018, Japanese

    General book

  • 『教職教養講座 第9巻 発達と学習』(担当:発達・学習の障害と支援 pp137-155)

    AKAGI KAZUSHIGE, 子安増生, 明和政子

    Joint work, 協同出版, Dec. 2017, Japanese

    Textbook

  • 実践、楽しんでいますか?:発達保障からみた障害児者のライフステージ

    KINOSHITA TAKASHI, KAWAJI AYAKO, AKAGI KAZUSHIGE, 河南 勝

    Joint work, クリエイツかもがわ, Aug. 2017, Japanese

    General book

  • どの子にもあ~楽しかった!の毎日を:発達の視点と保育の手立てをむすぶ

    AKAGI KAZUSHIGE, 岡村由紀子, 金子明子, 馬飼野陽美

    Joint work, ひとなる書房, Aug. 2017, Japanese

    Scholarly book

  • アメリカの教室に入ってみた: 貧困地区の公立学校から超インクルーシブ教育まで

    AKAGI KAZUSHIGE

    Single work, ひとなる書房, Jan. 2017, Japanese

    Scholarly book

  • 『人間発達研究の創出と展開』(授業研究と田中昌人 pp158-159)

    AKAGI KAZUSHIGE, 中村隆一, 渡部昭男

    Joint work, 群青社, Jul. 2016, Japanese

    Scholarly book

  • 『心の理論:第2世代の研究へ』(「心の理論」と教示行為 pp105-117)

    子安 増生, 郷式 徹, AKAGI KAZUSHIGE

    Others, 新曜社, Mar. 2016, Japanese

    Scholarly book

  • 『「心の理論」から学ぶ発達の基礎』 (「心の理論」と教示行為:子どもを教えるのではなく子どもが教える)」pp119-130)

    子安 増生, AKAGI KAZUSHIGE

    Others, ミネルヴァ書房, Mar. 2016, Japanese

    Scholarly book

  • 障害のある子どもの教育目標・教育評価:重症児を中心に(心理学からみた特別支援教育におけるエビデンス pp54-69担当)

    三木裕和, 越野和之, 障害児教育の教育目標, 教育評価研究会, AKAGI KAZUSHIGE

    Joint work, クリエイツかもがわ, Aug. 2014, Japanese

    Scholarly book

  • 青年期発達百科事典

    AKAGI KAZUSHIGE

    Joint translation, 丸善, Mar. 2014, Japanese, 知的障害を担当

    Dictionary or encycropedia

  • 「気になる子」と言わない保育:こんなときどうする?考え方と手立て

    AKAGI KAZUSHIGE, OKAMURA YUKIKO

    Joint editor, ひとなる書房, Aug. 2013, Japanese

    Scholarly book

  • 0123発達と保育:年齢から読み解く子どもの世界

    赤木 和重

    Joint work, ミネルヴァ書房, Aug. 2012, Japanese

    Scholarly book

  • 中学・高校教師になるための教育心理学(第3版)

    赤木 和重

    Others, 有斐閣, Apr. 2012, Japanese

    Textbook

  • 他者とかかわる心の発達心理学:子どもの社会性はどのように育つか

    赤木 和重

    Others, 金子書房, Apr. 2012, Japanese

    Scholarly book

  • 子育て支援ハンドブック

    赤木 和重

    Joint work, 日本小児医事出版社, Nov. 2011, Japanese

    General book

  • ひとつ上をいく卒論・修論を書くための心理学理論ガイドブック

    Akagi Kazushige

    Joint work, ナカニシヤ出版, Jul. 2011, Japanese

    Scholarly book

  • 子どもの「心の声」に寄り添う支援

    赤木 和重, 金子 直由

    Joint work, クリエイツかもがわ, Mar. 2011, Japanese

    Scholarly book

  • キミヤーズの教材・教具:知的好奇心を引き出す

    赤木 和重, その

    Joint work, クリエイツかもがわ, Feb. 2011, Japanese

    Scholarly book

  • 幼児期の自閉症スペクトラム障害:診断・アセスメント・療育

    赤木 和重, その

    Joint translation, クリエイツかもがわ, Sep. 2010, Japanese

    Scholarly book

  • 認知心理学

    赤木 和重, その

    Joint work, 有斐閣, Jul. 2010, Japanese

    Textbook

  • 自尊心を大切にした高機能自閉症児の理解と支援

    赤木 和重, その他

    Joint work, 有斐閣, Jun. 2010, Japanese

    Scholarly book

  • 見方が変われば願いが見える:保育・障害者作業所の実践を拓く

    赤木 和重, その

    Joint work, クリエイツかもがわ, Nov. 2009, Japanese

    Scholarly book

  • 教育と保育のための発達診断

    赤木 和重, その

    Joint work, 全障研出版部, Aug. 2009, Japanese

    Scholarly book

  • ホントのねがいをつかむ:自閉症児を育む教育実践

    赤木 和重, 佐藤比呂二

    Joint work, 全障研出版部, May 2009, Japanese

    Scholarly book

  • 発達障害のある子どもがのびる!かわる!:自己決定力を育てる教育・支援

    赤木 和重, その他

    Joint work, 明治図書, Nov. 2008, Japanese

    Scholarly book

  • 資料でわかる認知発達心理学入門

    赤木 和重, その

    Joint work, ひとなる書房, May 2008, Japanese

    Textbook

  • やさしい発達心理学

    赤木 和重, その

    Joint work, ナカニシヤ出版, Apr. 2008, Japanese

    Textbook

  • 障害者の人権と発達

    赤木 和重, その

    Joint work, 全障研出版部, Aug. 2007, Japanese

    Scholarly book

  • 卒論・修論をはじめるための心理学理論ガイドブック

    赤木 和重, その他

    Joint work, ナカニシヤ出版, Apr. 2007, Japanese

    Scholarly book

  • 達障害のある子どもの自己を育てる:内面世界の成長を支える教育・支援

    赤木 和重, その

    Joint work, ナカニシヤ出版, Mar. 2007, Japanese

    Scholarly book

  • 思春期の自己形成:将来への不安のなかで

    赤木 和重, その他

    Joint work, ゆまに書房, Oct. 2006, Japanese

    Scholarly book

  • 学習者に「意味深さ」が生じるしかけとその評価:日英における学びの場づくり(川地亜弥子(編))

    赤木和重

    Contributor, 「短所」を愛する社会性の発達支援 :「誰がやねん?」ゲームの紹介を通して(pp.9-14), 2017~2021年度科学研究費補助金 報告書(課題番号17K04549), Mar. 2022

  • 対話的事例シナリオを核とした教員養成カリキュラムの創造と評価方法の開発研究(山田康彦(編))

    山田康彦

    Contributor, 発達障害と共生社会(pp.85-92), 2019~2021年度 科学研究費補助金 報告書(課題番号19K02812), Mar. 2022

Presentations

  • 「多様性の教育学」構築に向けた対話と研究のインクルージョン:特別支援教育の視点

    赤木和重

    異文化間教育学会研修会, 11 Mar. 2022

    [Invited]

    Nominated symposium

  • 小学生における自尊感情の発達的変化 ー社会的比較・継時的比較に着目してー

    笠谷友里, 赤木和重

    日本発達心理学会第33回大会, 05 Mar. 2022

    Poster presentation

  • “Let’s talk about our practice of developmental support: The cultural comparison of humour in Britain and Japan”

    赤木和重

    日本発達心理学会第33回大会・プレワークショップ, 25 Feb. 2022

    [Invited]

  • 特別支援学校教員を対象とした 協調運動が苦手な知的障害児の理解と支援に関する意識調査 :教員の専門性に注目して

    石井正幸, 赤木和重

    日本特別ニーズ教育学会第27回研究大会(オンライン), 24 Oct. 2021

    Oral presentation

  • 特別支援学校の教師は、軽度知的障害のある青年の「障害受容」をどのように捉えているか?

    生田邦紘, 赤木和重

    日本質的心理学会第18回大会, 24 Oct. 2021

    Oral presentation

  • 大学における 履修証明制度を活用した 知的障害青年の学び(自主シンポ:大学における知的障害青年の学びと課題)

    赤木和重

    日本特殊教育学会第59回大会, Sep. 2021

    Public symposium

  • 「居る」と「できる」の 悩ましい関係(自主シンポ指定討論:小学生が居場所をもてるようになるために どのような関わりが必要なのか)

    赤木和重

    日本教育心理学会, Aug. 2021

    Public symposium

  • 第3の実践としての逆SST(自主シンポ/逆SSTの可能性:新しい支援のための対話的当事者理解の試み/指定討論)

    赤木和重

    日本教育心理学会第63回総会, Aug. 2021

  • 軽度知的障害のある青年の障害受容:「ふつう」にこだわっていた青年は,なぜ「ふつう」にこだわらなくなったのか

    生田邦紘, 赤木和重

    日本発達心理学会第32回大会, 31 Mar. 2021

    Oral presentation

  • 小学生は授業スタンダードをどのように捉えるのか:個人の権利意識の発達の観点から

    前岡良汰, 赤木和重

    日本特別ニーズ教育学会第26回研究大会(Web大会), 17 Oct. 2020, Japanese

    Oral presentation

  • 知的障害青年の20歳前後の人格形成を考える:福祉型専攻科に学ぶ学生(利用者)の事例検討を通して(指定討論)

    赤木和重

    日本特殊教育学会第58回大会, Sep. 2020, Japanese

    Public symposium

  • 通常学級における個別支援を他児童はどのように捉えているのか ―公正段階および親密度に着目 して―

    古村真帆, 赤木和重

    日本特別ニーズ教育学会第25回研究大会, 20 Oct. 2019, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 特別支援学校教員を対象とした個別の指導計画に関する意識調査:作成上の悩みや困難に焦点 をあてて

    赤木和重, 大塚真由子

    日本特別ニーズ教育学会第25回研究大会, 20 Oct. 2019, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 小学校時期における「転籍」に関する定量研究(3):1968-2013年における小学校通通常学級の「在籍率」の推移

    赤木和重, 郭 旭坤, 挽本 優, 前岡良汰, 呉 文慧, 金丸彰寿, 大塚真由子

    日本特殊教育学会第57回大会, 23 Sep. 2019, Japanese, Domestic conference

    Poster presentation

  • インクルーシブ時代の「転籍」に関する定量研究(2):1968-2018年における小学校通常学級在籍児童の「転籍率」の歴史的変遷

    金丸彰寿, 呉 文慧, 郭 旭坤, 挽本 優, 前岡良汰, 大塚真由子, 赤木和重

    日本特殊教育学会第57回大会, 23 Sep. 2019, Japanese, Domestic conference

    Poster presentation

  • インクルーシブ時代の「転籍」に関する定量研究:小学校通常学級在籍児童の「転籍率」の定義と算出方法の提案

    呉 文慧, 郭 旭坤, 金丸彰寿, 挽本 優, 前岡良汰, 大塚真由子, 赤木和重

    日本特殊教育学会第57回大会, 23 Sep. 2019, Japanese, Domestic conference

    Poster presentation

  • 自主シンポジウム(ことばを/つくって/ひねって/さかのぼる ~特別支援教育における「深い」学びとは?~)企画・司会

    赤木 和重

    日本特殊教育学会第57回大会, 22 Sep. 2019, Japanese, Domestic conference

    Public symposium

  • 「学びほぐしunlearn」で 自分が変わる(自主シンポジウム:当事者から「青年期の学び」の意義を考えるIII ~高次脳機能障害の青年の事例から~指定討論)

    赤木 和重

    日本特殊教育学会第57回大会, 22 Sep. 2019, Japanese, Domestic conference

    Public symposium

  • 5歳児の話し合い場面に見る就学前の育ち:合意形成能力に注目して

    岡村由紀子, 金子明子, 赤木和重

    第10回幼児教育実践学会, 20 Aug. 2019, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 事例シナリオを用いた教員養成型PBL教育の到達点と課題

    森脇健夫, 山田康彦, 中西康雅, 大日方真史, 守山沙弥加, AKAGI KAZUSHIGE, 根津知佳子, 前原裕樹, 守山紗弥加, 大西宏明

    第25回大学教育研究フォーラム, Mar. 2019, Japanese, 京都大学, Domestic conference

    Public symposium

  • 保育者と子ども集団の発達モデルの提唱:0歳児から3歳児を中心に

    AKAGI KAZUSHIGE, 岡村由紀子, 金子明子

    日本保育学会第71回大会, May 2018, Japanese, 宮城学院女子大学, Domestic conference

    Poster presentation

  • 不確実さを支える発達論(自主シンポジウム「インクルーシブ保育における対話を問う:不確実性への耐性とユーモア・ファンタジー」指定討論)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本保育学会第71回大会, May 2018, Japanese, 宮城学院女子大学, Domestic conference

    Nominated symposium

  • 障害児の遊びと創造性(シンポジウム:障害児の遊びにおけるノリと即興性 :心科研編『僕たちだって遊びたい』のインスピレーションを出発点として 話題提供)

    AKAGI KAZUSHIGE

    心理科学研究会全国集会, Apr. 2018, Japanese, 京都, Domestic conference

    [Invited]

    Nominated symposium

  • Improvisation comedy among persons with/without disabilities

    AKAGI KAZUSHIGE

    Play, Perform, Learn, Grow: Exploring Creative Community Practice 2018, Apr. 2018, English, Thessaloniki, Greece, International conference

    Poster presentation

  • 対話的事例シナリオを中心とした 教員養成型PBL教育の展開と評価方法の検討(自主シンポジウム 指定討論)

    山田康彦, 中西康雅, 前原裕樹, 守山沙弥加, AKAGI KAZUSHIGE

    第24回大学教育研究フォーラム, Mar. 2018, Japanese, 京都大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 学校と地域とのよりよい協働を目指して:学校支援地域本部事業の成果と課題から(指定討論)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本教育心理学会第59回大会, Oct. 2017, Japanese, 名古屋国際会議場, Domestic conference

    Nominated symposium

  • 特別支援教育に「予想外」を取り戻す:即興・自己表現・発達(自主シンポジウム,企画・司会)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本特殊教育学会第55回大会, Sep. 2017, Japanese, 名古屋国際会議場, Domestic conference

    Public symposium

  • 当事者から「青年期の学び」の意義を考える:本音で語る,私たちにとって学びはなんであったか?これからの学びはどうあるべきか?(自主シンポジウム,指定討論)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本特殊教育学会第55回大会, Sep. 2017, Japanese, 名古屋国際会議場, Domestic conference

    Public symposium

  • 「自分づくり」を支援する教育実践の創造と展開(自主シンポジウム,指定討論)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本特殊教育学会第55回大会, Sep. 2017, Japanese, 名古屋国際会議場, Domestic conference

    Public symposium

  • 技術論・関係論・活動論から考える障害児の遊び(自主シンポジウム「「遊びと遊び心から子どもを中心とした障害児保育を考える」」話題提供)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本保育学会第70回大会, May 2017, Japanese, 川崎医療福祉大学, Domestic conference

    Nominated symposium

  • 日本「発」の手前で:アメリカにおけるインクルーシブ教育の実際から(研究委員会企画シンポジウム:いま,あらためて「日本発・発達心理学」の可能性を探る)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本発達心理学会 第28回大会, Mar. 2017, Japanese, 広島大学, Domestic conference

    [Invited]

    Nominated symposium

  • 小学生の自己効力感に影響を与える要因の検討:習い事での成功経験,目標への意識に注目して

    安藤友里, AKAGI KAZUSHIGE

    日本発達心理学会 第28回大会, Mar. 2017, Japanese, 広島大学, Domestic conference

    Poster presentation

  • 教員養成型PBL教育の課題と展望(XⅣ) ― ルーブリックによる評価にもとづく対話的事例シナリオの改善 ―

    中西康雅, AKAGI KAZUSHIGE, 大西 宏明, 大日方真史, 根津知佳子, 前原裕樹, 守山沙弥加, 森脇健夫, 山田康彦

    第23回大学教育研究フォーラム, Mar. 2017, Japanese, 京都大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 強度行動障害のある方の発達理解

    AKAGI KAZUSHIGE

    障害児教育の教育目標・評価に関する研究会(第2期 第8回), Nov. 2016, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • アメリカ貧困地区の公立小学校で学ぶ子どもの発達(シンポジウム:心理学は〈格差〉をどうとらえるか)

    AKAGI KAZUSHIGE

    心理科学研究会全国集会, Nov. 2016, Japanese, 金沢, Domestic conference

    [Invited]

    Nominated symposium

  • 個別支援を必要とする児童に対する他児童の意識 ―子どもの被受容感と授業場面を視点として―

    山本真帆, AKAGI KAZUSHIGE

    日本特別ニーズ教育学会第22回大会, Oct. 2016, Japanese, 金沢大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 異年齢教育の視点からみるインクルーシブ教育:アメリカ,シラキュースにおける私立小学校の実践を通して

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本特別ニーズ教育学会第22回大会, Oct. 2016, Japanese, 金沢大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 障害のある子どもたちと「ともに楽しむ」実践から育まれるもの -関係性による「向かう力」と「受けとめる力」を育む「トータル支援」による実践-(自主シンポジウム,指定討論)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本特殊教育学会第54回大会, Sep. 2016, Japanese, 新潟大学, Domestic conference

    Public symposium

  • 「違い」が「よさ」に変わるインクルーシブ授業 ―ユニバーサルデザインを越えてー(自主シンポジウム,企画・司会)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本特殊教育学会第54回大会, Sep. 2016, Japanese, 新潟大学, Domestic conference

    Public symposium

  • 教示行為研究から教えあうインクルーシブ教育へ (実行委員会企画シンポジウム 「特別支援教育:これまでの10年,これからの10年」話題提供)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本発達障害学会第51回大会, Aug. 2016, Japanese, 京都教育大学, Domestic conference

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • 「年齢学校主義」の前提を覆すインクルーシブ教育(ラウンドテーブル「インクルーシブ教育環境の国際比較を通した批判的検討:米・韓の実践に着目して」話題提供)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本教育学会第75回大会, Aug. 2016, Japanese, 北海道大学, Domestic conference

    Nominated symposium

  • 異年齢教育を基調とした通常学校改革とインクルーシブ教育:アメリカ私立小学校のフィールドワークから

    AKAGI KAZUSHIGE

    障害児教育の教育目標・評価に関する研究会(第2期 第7回), Jul. 2016, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • インクルーシブ教育の異なるかたち・新しいかたち

    AKAGI KAZUSHIGE

    心理科学研究会 近畿地区例会, Jun. 2016, Japanese, 龍谷大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 教員養成型PBL教育の課題と展望(XⅢ) 技術教育の教科専門科目に関する対話型事例シナリオの開発

    中西康雅, AKAGI KAZUSHIGE, 大西 宏明, 大日方真史, 根津知佳子, 前原裕樹, 守山沙弥加, 森脇健夫, 山田康彦

    第22回大学教育研究フォーラム, Mar. 2016, Japanese, 京都大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 教員養成型PBL教育の課題と展望(X II ) 対話型事例シナリオ教育の到達点と評価方法の開発

    根津知佳子, AKAGI KAZUSHIGE, 大西 宏明, 大日方真史, 中西康雅, 前原裕樹, 守山沙弥加, 森脇健夫, 山田康彦

    第22回大学教育研究フォーラム, Mar. 2016, Japanese, 京都大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 教員養成型PBL教育の展開と検討:PBL事例シナリオ教育を焦点に

    山田康彦, 根津知佳子, 森脇健夫, AKAGI KAZUSHIGE, 前原裕樹

    第21回大学教育研究フォーラム, Mar. 2015, Japanese, 京都大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 教員養成型PBL教育の課題と展望(Ⅺ):生活指導分野における対話型事例シナリオの開発

    大日方真史, AKAGI KAZUSHIGE, 大西 宏明, 中西康雅, 根津知佳子, 守山沙弥加, 前原裕樹, 森脇健夫, 山田康彦

    第21回大学教育研究フォーラム, Mar. 2015, Japanese, 京都大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • Can children with autism teach each other? : From observation of the lesson in the special support class at the elementary school

    AKAGI KAZUSHIGE

    World Association of Lesson Studies, Nov. 2014, English, Bandung, Indonesia, International conference

    Poster presentation

  • 発達障がいのある子どもたちの<向かう力>を育む集団支援と教育実践 -トータル支援プロジェクトの取り組みを通して-(指定討論)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本特殊教育学会第52回大会, Sep. 2014, Japanese, 高知大学, Domestic conference

    Public symposium

  • 自閉症教育の新展開(2):「ウンチ語文字」―自閉症児による表現の創発(企画・司会)

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本特殊教育学会第52回大会, Sep. 2014, Japanese, 高知大学, Domestic conference

    Public symposium

  • 心理学からみた特別支援教育のエビデンス

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本教育目標・評価学会 2014年度中間研究集会, Jun. 2014, Japanese, 神戸松蔭女子大学, Domestic conference

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • 「気になる子」を対象としたハウツーテキストの開発と評価:集団づくりを大事にした対話的テキストの作成

    AKAGI KAZUSHIGE, OKAMURA YUKIKO

    日本保育学会第67回大会, May 2014, Japanese, 大阪総合保育大学・大阪城南女子短期大学, Domestic conference

    Poster presentation

  • 発達の個別的文脈の意義を考える

    SAITOH SEIICHI, AKAGI KAZUSHIGE, 岡本 英生, 則定 百合子, 高橋 美代子

    日本発達心理学会第25回大会, Mar. 2014, Japanese, Domestic conference

    Public symposium

  • 特別支援教育の新展開(3):動機づけ再考(企画・司会)

    AKAGI KAZUSHIGE

    第25回日本発達心理学会, Mar. 2014, Japanese, Domestic conference

    Public symposium

  • 障害のある子どもの発達における個別的文脈

    AKAGI KAZUSHIGE

    第25回日本発達心理学会, Mar. 2014, Japanese, Domestic conference

    Public symposium

  • 教員養成型PBL教育の課題と展望(10):特別支援教育教員養成における対話的事例シナリオの開発

    AKAGI KAZUSHIGE, 山田康彦, 森脇健夫, 根津知佳子, 中西康雅, 守山沙弥加, 前原裕樹

    第20回大学教育研究フォーラム, Mar. 2014, Japanese, 京都大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 問い直し症候群を越えて(その2)

    AKAGI KAZUSHIGE

    心理科学研究会, Sep. 2013, Japanese, 北広島クラッセ(北広島市), Domestic conference

    Oral presentation

  • ノリツッコミの発展過程からみる自閉症スペクトラム障害児の発達と支援

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本特殊教育学会第51回大会, Aug. 2013, Japanese, 明星大学, Domestic conference

    Public symposium

  • 自閉症児どうしにおける相互教示行為を生成する支援構造:複数の自閉症児が在籍する特別支援学級の授業分析を通して

    AKAGI KAZUSHIGE

    日本発達心理学会第24回大会, Mar. 2013, Japanese, 明治学院大学, Domestic conference

    Poster presentation

  • Development of teaching without teaching behavior in children at elementary school

    赤木 和重

    BPS:Developmental Section Annual Conference 2012, Sep. 2012, English, Glasgow, International conference

    Poster presentation

Research Projects

  • Research on the assessment of Early Education curriculum in Japan, New Zealand and Italy

    塩崎 美穂

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Toyo Eiwa University, Apr. 2021 - Mar. 2026, Coinvestigator

  • Oracy and Education: Focusing on Primary Schools in UK

    川地 亜弥子, 中谷 奈津子, 勅使河原 君江, 赤木 和重

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Kobe University, Apr. 2020 - Mar. 2024, Coinvestigator

  • 小学生は授業スタンダードをどのようにとらえているか

    赤木 和重

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Kobe University, Apr. 2020 - Mar. 2023

  • Creation of Teacher-training Curriculum whose Core is Dialogic Scenarios and Development of its Evaluation Methods

    山田 康彦, 森脇 健夫, 根津 知佳子, 赤木 和重, 中西 康雅, 大日方 真史, 守山 紗弥加, 前原 裕樹

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Mie University, 01 Apr. 2019 - 31 Mar. 2022

    本研究は、対話的事例シナリオを核としたPBL教育のカリキュラム開発、およびその評価方法の開発研究の2つを目的としている。3年間の研究の1年目である2019年度は、1)対話的事例シナリオのさらなる開発と、それを核としたカリキュラムの開発、2)評価方法としてコンセプトマップを実験的に導入し、その意義と課題を明らかにすること、の2点を主な目標に進めた。 目標1)については、特に教員養成授業科目のベストミックス(最適カリキュラム)の開発が課題であった。すなわち対話的事例シナリオを用いたPBL教育を核として、専門的知識・技能の形成、現場体験と理論の往還といった質の高い教員養成授業科目のカリキュラムの開発である。研究の1年目として、教育方法論、教育課程論、教育技術論、特別活動論、特別支援教育などの教員免許法での教職科目と、音楽科、技術科、図画工作・美術科・福祉科などの教科専門科目、計10科目の最適カリキュラム案を開発することができた。 幼稚園免許および保育士資格取得を含む非教員養成学部においても、上記の小学校の音楽科教育用に開発したシナリオの幼児教育・保育分野での応用的展開を図ることができた。さらに学年をまたいだコースカリキュラム開発も進めることができた。具体的には、初年次の学部共通科目、2年次の2つの学科専門科目で同一の対話型事例シナリオを用いて、学びを深化・拡張させる仕組みを開発した。 目標2)については、2019年度前期には3科目、後期には7科目の授業において、コンセプトマップによる評価を実験的に導入することができた。これらの試行をふまえ、その成果を①教員養成カリキュラム評価ツールとしてのコンセプトマップの可能性と活用方法、②学習の成果と課題を確認できるという受講生にとっての意義、③カリキュラム改善につながる教師にとっての意義、の3点から第1次的なまとめをすることができた。

  • 赤木 和重

    博報財団, 児童教育実践についての研究助成(第14回), Apr. 2019 - Mar. 2020, Principal investigator

    Competitive research funding

  • 知的障害、発達障害の教育目標・教育評価に関する研究-資質・能力論の観点から

    三木 裕和, 別府 哲, 川地 亜弥子, 寺川 志奈子, 山根 俊喜, 赤木 和重, 國本 真吾, 越野 和之

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 鳥取大学, 01 Apr. 2018 - 31 Mar. 2021

    学習指導要領改訂が求める「新しい時代に必要となる資質・能力(コンピテンシー)」の概念規定とその特徴を、知的障害、発達障害の教育との関係において明らかにする研究である。特別支援学校、特別支援学級の先進的授業において、学校教員はどのような資・能力(コンピテンシー)観をもって授業を構想しているかを実際の授業実践を検討し、あわせて、学校卒業後の障害者の実態を調査する。本年度はその2年目に当たる。 本年度は、障害児教育に本来的に求められている資質・能力(コンピテンシー)は、教育学的、心理学的にどのように解釈可能であるかを、教育実践を素材に集団的検討を行った。また、中央教育審議会での議論やOECDのDeSeCoプロジェクトの内容を詳細に検討することで集団的に理解し、討論を行った。 検討した教育実践は、小学校知的特別支援学級(図工)、特別支援学級の卒業後の実態、自閉症児幼稚部の授業、肢体不自由特別支援学校の生徒理解、知的障害特別支援学校高等部の「問題行動」と理科の授業などである。理論問題として、DSMの診断基準の検討、学習指導要領作成過程における障害概念の把握、キーコンピテンシーと障害、我が国の教育の国際評価などを扱った。 研究の総括として三木裕和(鳥取大学、障害児教育学)、研究分担者として山根俊喜(鳥取大学、教育方法学)、寺川志奈子(鳥取大学、発達心理学)、別府哲(岐阜大学、教育心理学)、越野和之(奈良教育大学、障害児教育学)、赤木和重(神戸大学、発達心理学)、川地亜弥子(神戸大学、教育方法学)、國本真吾(鳥取短期大学、青年期教育学)が加わった。招聘した学校教員、研究者は下記「現在までの進捗状況」に記した。本研究は、特別支援学校、特別支援学級等の学校教員との共同研究を重視して継続している。

  • 津田 英二

    日本学術振興会, 科学研究費補助金/基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, Apr. 2018 - Mar. 2023

    共同研究者による研究会を開催し、研究方針や計画を共有するとともに、国内外の障害者の文化芸術活動の実践拠点を複数個所定め、その実践分析を行うことで、定点観測を開始した。 主要な拠点は、実践的研究フィールド(神戸大学サテライト施設「のびやかスペースあーち」)であり、障害者の日常的な文化芸術活動の支援を対象としたアクションリサーチを継続実施した。毎週の活動の中にアートや音楽の活動を組み込むとともに、特に新喜劇の要素を入れた表現活動をプログラム化し、その効果検証を行った。 その他、米国ミネソタ州のTAP、Interact Center for Visual and Performing Arts、韓国の劇団ラハプ、日本のNPO法人ポラリス、社会福祉法人太陽会、NPO法人あんだんて、社会福祉法人たんぽぽ、NPO法人いちぶんネットなどである。それぞれの活動を参与観察し、活動の実態や外部からの支援状況、理念、課題や展望等の聞き取りを行った。これらの情報を、支援のあり方が将来の実践のあり方にどのような影響を与えるのか、ということを検証するための基礎データとして蓄積した。また、韓国の劇団ラハプについては神戸に招聘し、障害者文化芸術活動の国際化をテーマとした協議を行うなどした。 また、これらのフィールドワークとリンクする形で、主に国内の障害者の文化芸術活動実践のリスト化に着手した。 情報交流や成果報告として、日本福祉教育・ボランティア学習学会研究大会、日本社会教育学会の関西集会、六月集会、研究大会に参加し、研究報告を行った。

    Competitive research funding

  • 異年齢教育による障害の「不可視化」機能:インクルーシブ教育の新次元

    赤木 和重, 小渕 隆司, 戸田 竜也

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 01 Apr. 2017 - 31 Mar. 2021

    2019年度については,主に以下の3点について研究を行った。 1点目は,アメリカ・ニューヨーク州にある異年齢学校を対象とした調査についてである。フィールド―ワークを行った調査を,現在,「アメリカの小さな学校から考えるインクルーシブ教育」と題した原稿をまとめた。2020年10月出版予定の書籍の1つの章として収録される予定である。同時に,研究協力者と合同で,異年齢学校の動画を編集している。2020年夏に出版する予定で進めている。 2点目は,複式学級における様々な子どもが学びあう実態調査についてである。複式学級や特別支援学級がある小学校7校を訪問し,インタビュー調査,授業観察データを収集した。現在分析を行っている。 3点目は,異年齢の子どもたちを対象とした実践分析を行った。その成果として,障害のある子や貧困家庭で育つ子どもたちも含めた保育・教育実践のあり方について,「遊び心」を機ワードに「遊びと遊び心の剥奪:障害と貧困が重なるところで」というタイトルで執筆を行った(『遊び・育ち・経験:子どもの世界を守る(シリーズ子どもの貧困2)』 明石書店に所収)。

  • Theory and Practice on "Meaningful Assessment" in Japan and UK

    川地 亜弥子, 勅使河原 君江, 赤木 和重

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Kobe University, 01 Apr. 2017 - 31 Mar. 2021

    昨年度は、英国における意味深さの評価研究を通じて、オーラシー(話すこと・聞くことの力)教育に焦点を当てて研究を進めてきた。子ども個人にとっての意味深さを、子ども自身が自らの言葉で語ることに注目している点で、日本におけるこうした教育実践との類似点も見受けられる。その一方、いくつかの重要な相違点もあり、詳細な調査が必要であることが明らかとなった。 まず、目標(aimとgoal)・評価、指導の実際の相違について、事例の収集が必要である。指導の実際については、場の状況が刻々と変化し、子どもの言葉や行動の意図が分かりにくく、指導者の「名人芸」のように見えることもある。このため、専門家の鑑識眼と臨機応変の応答に関する分析に関する知見を発表してきた赤木と整理を行った。 さらに、オーラシーの育成ではアートの専門家の役割を重視していることが示された。それは、文集や冊子の作成に留まらず、学校におけるホールや教室等のデザインそのものを変えていく取り組みである。勅使河原は、日本の学校においてもアートは大きな役割を果たすことを指摘しており、英国の取組と比較検討することが今後の課題となる。 なお、英国の意味深さの評価や、子どもが自分の意見を聞いてもらい、話すことができる力の育成は、学校における福祉・ケアを前提に行われていることも明らかになった。英国では、朝食の提供(ブレックファストクラブ)に力を入れ ている学校も多く、朝食を提供するだけでなく友達や指導員と遊び、精神的に満たされた状態で過ごすことも重視されている。子どもにとって意味深い教育が行われる前提としての、子どもの食を中心としたケアについても、今後まとめて行く必要がある。 これらと教員養成との関係も明らかにする必要があり、英国の教員養成に深くかかわる教員との研究会を計画した。COVID-19感染拡大で延期したが、来年度中の実施を予定している。

  • 川地 亜弥子

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), Apr. 2017 - Mar. 2020

    Competitive research funding

  • 赤木 和重

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), Apr. 2017 - Mar. 2020, Principal investigator

    Competitive research funding

  • 三木 裕和

    学術研究助成基金助成金, 基盤研究(C), Apr. 2015 - Mar. 2018

    Competitive research funding

  • 山田 康彦

    学術研究助成基金助成金, 基盤研究(C), Apr. 2015 - Mar. 2018

    Competitive research funding

  • 赤木 和重

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), Apr. 2014 - Mar. 2017, Principal investigator

    Competitive research funding

  • 津田 英二

    科学研究費補助金/基盤研究(B), Apr. 2012 - Mar. 2016

    Competitive research funding

  • 赤木 和重

    学術研究助成基金助成金/若手研究(B), Apr. 2011 - Mar. 2014, Principal investigator

    Competitive research funding

  • 赤木 和重

    科学研究費補助金/若手研究(B), Apr. 2008 - Mar. 2010, Principal investigator

    Competitive research funding

  • 赤木 和重

    科学研究費補助金, 若手研究(B), Apr. 2006 - Mar. 2008, Principal investigator

    Competitive research funding

  • 赤木 和重

    日本学術振興会特別研究員(DC2), 特別研究員奨励費, Apr. 2004 - Mar. 2005, Principal investigator

    Competitive research funding