Directory of Researchers

OKABE Yasuyuki
Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development
Professor
Education
Last Updated :2022/01/10

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • <Faculty / Graduate School / Others>

    Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development
  • <Related Faculty / Graduate School / Others>

    Faculty of Global Human Sciences / Department of Child Education, Faculty of Human Development / Department of Human Development and Education, Attached Schools' Department

Teaching

Research Activities

Research Interests

  • Mathematical Cognitive Theory
  • Mathematics Education

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Primary/secondary education and curricula
  • Humanities & social sciences / Science education

Committee Memberships

  • Sep. 2011, 近畿数学教育学会, 理事

Published Papers

  • Analysis of elementary school mathematics learning materials : From the viewpoint of a hypothetical syllogism

    赤川 峰大, 岡部 恭幸

    Last, 近畿数学教育学会, 2020, 近畿数学教育学会会誌 = Journal of Kinki Society of Mathematics Education, 33 (33), 16 - 24, Japanese

    [Refereed]

  • 数の合成・分解の学びに至る幼小接続期の幼児・児童の実態に関する一考察 : 生物学的一次的能力としてのサビタイジングを基盤とする認識に着目して

    中橋 葵, 岡部 恭幸

    Last, 日本数学教育学会, 16 Nov. 2019, 秋期研究大会発表集録, 52, 49 - 56, Japanese

    [Refereed]

  • A Study of Systematically Learning Deductive Reasoning : Focusing on the Reality of Students' Understanding of Hypothetical Syllogism

    赤川 峰大, 岡部 恭幸

    Last, 数学教育学会, 2019, 数学教育学会誌 = Mathematics Education Society of Japan, bulletin for mathematics education study, 60 (3), 71 - 76, Japanese

    [Refereed]

  • Research on Teacher’s Support Leading to Enrichment of Number Sense in Early Childhood: Focusing on Conceptual Subitizing in 5-year-olds

    中橋葵, 岡部恭幸

    Last, 2019, 保育学研究(Web), 57 (1)

    [Refereed]

  • 演繹的推論を育成する円の面積の学習ー三段論法に焦点を当ててー

    OKABE YASUYUKI

    日本教育実践学会, Dec. 2018, 日本教育実践学会研究大会論文集, 21, 16 - 17, Japanese

    Symposium

  • 幼小接続期の概念的サビタイジングの発達に関する研究-数の合成・分解の学びのプロセスに着目して-

    OKABE YASUYUKI

    日本数学教育学会, 17 Nov. 2018, 日本数学教育学会第51回秋期研究大会発表集録, 51, 65 - 72, Japanese

    [Refereed]

  • 図形学習におけるつまずきの長期的要因に関する予備的研究ー領域「環境」と算数・数学への接続に着目して

    OKABE YASUYUKI

    数学教育学会, Sep. 2018, 数学教育学会秋季例会予稿集, 47 - 49, Japanese

    Research institution

  • NAKAHASHI Aoi, OKABE Yasuyuki

    The purpose is to study about the importance of play in early childhoodmathematics education. We analyzed the appearances of young children in somepractices focusing on "flow", a psychological state in which "fun" motivates and theemotion becomes internal compensation and is devoted to activities that motivate thenext action. As a result, we revealed that it is possible to acquire mathematicalconcepts and develop their mathematical thinking during play with flow experiences.We need to consider whether all the mathematical concepts and mathematical thinkingcan be enhanced during the play, or not and confirm the validity as mathematics of thechildcare content of "Environment".

    Mathematics Education Society of Japan, 2018, Japan Journal of Mathematics Education and Related Fields, 59 (1), 59 - 66, Japanese

    [Refereed]

  • 複合図形の面積を求める学習における困難性

    OKABE YASUYUKI

    Aug. 2017, 兵庫教育 No.798, Japanese

    Others

  • OKABE YASUYUKI

    神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 21 Jun. 2016, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要特別号, (0), 47 - 52, Japanese

  • 幼小接続器の数理認識についてー数の合成・分解とサビタイジングに着目してー

    OKABE YASUYUKI, 広瀬 優香子

    Mar. 2016, 数学教育学会誌臨時増刊 数学教育学会春季年会発表論文集, Japanese

    Symposium

  • 方程式とその利用における構造的理解の実態調査と指導法についてーオブジェクト思考の視点からー

    OKABE YASUYUKI, 王敏

    数学教育学会, Mar. 2016, 数学教育学会誌臨時増刊 数学教育学会春季年会発表論文集, Japanese

    Symposium

  • 一次関数理解の困難性とその克服

    OKABE YASUYUKI, 佐伯 源太郎

    Mar. 2016, 数学教育学会誌臨時増刊 数学教育学会春季年会発表論文集, Japanese

    Symposium

  • 小学校における確率教育に関する予備的研究ー他教材との接続に着目してー

    OKABE YASUYUKI

    Mar. 2015, 2015年度数学教育学会春季年会発表論文集, Japanese

    Symposium

  • OKABE Yasuyuki, WANG Min

    It is considered that analysis and application based on methodology of the teaching-learning process is effective for the improvement of student's mathematical cognition. However, lopsided analysis and application that only pay attention to the rationalization of teaching process may lead to the risk of neglecting mathematical structures and characteristics. Therefore, this study focuses on the structural similarities between object-oriented analysis and mathematical structures , and analyzes the structures and characteristics of the teaching materials. It is intended to bring out the difficulties occurred when learning equation , and obtain suggestions for teaching equation. In this paper, we discuss the possibility of object-oriented analysis of teaching materials.

    Mathematics Education Society of Japan, 2015, Japan Journal of Mathematics Education and Related Fields, 56 (1), 51 - 59, Japanese

    [Refereed]

  • 「幼児期における概念的サビタイジングについてーつまずきの実態とその構造」

    OKABE YASUYUKI

    Sep. 2014, 2014年度 数学教育学会秋季例会 発表論文集, 209 - 211, Japanese

    Scientific journal

  • オブジェクト思考に基づく教材分析の可能性についての一考察

    OKABE YASUYUKI

    Sep. 2014, 2014年度 数学教育学会秋季例会 発表論文集, Japanese

    Scientific journal

  • Okabe Yasuyuki

    Currently, the Education of probability has not been implemented in the curriculumof elementary schools in Japan. However, it is common to have implemented theprobability education from the stage of primary school abroad. When considering thedevelopment of the probability concept in children, it is considered that it needs tomake the appropriate probability education in a kindergarten, an elementary school.This paper focuses on a probability teaching materials that target elementary schoolthat has been developed abroad were examined from the point of view of the "level inthe recognition of the probability concept" about the possibility and its significance.

    Mathematics Education Society of Japan, 2014, Japan Journal of Mathematics Education and Related Fields, 55 (1), 53 - 59, Japanese

    [Refereed]

  • A Study of Application-focused Improvement of Mathematics Education in Elementary School from the Perspective of Mathematics Language Formation

    岡部 恭幸

    大阪大谷大学教職教育センター, Mar. 2012, 大阪大谷大学教職教育センター, 2 (3), 22 - 30, Japanese

    [Refereed]

  • The Problems of Mathematical Modeling Introduction on Mathematics Education in JapaneseSchool

    河崎 哲嗣, 岡部 恭幸, 守屋 誠司, 前迫 孝憲

    Mar. 2012, Journal of Mathematical Modeling and Application ., Vol.1,No.5,50-58, English

    [Refereed]

    Scientific journal

  • "Mathematical activities" in primary education teacher training : its significance and teaching models

    岡部 恭幸

    大阪大谷大学教職教育センター, Mar. 2010, 大阪大谷大学教職教育センター紀要, Vol.1,3-11 (1), 3 - 11, Japanese

    [Refereed]

  • 小学校における確率教材に関する一考察

    岡部 恭幸

    公益社団法人日本数学教育学会, 01 Nov. 2008, 日本数学教育学会第41回数学教育論文発表会論文集, 41, 471 - 476, Japanese

    [Refereed]

  • Okabe Yasuyuki

    In this study, in recognition of a probability concept, while considering this structure,educational contents and the method for promoting the rise of a level are developed, and it aims atconstituting a curriculum. In this report, I developed the teaching materials for schoolchildren. And,I report on the result of the experiment that uses it. It was shown that this learning promoted therise of a level in conclusion.

    Mathematics Education Society of Japan, 2008, Japan Journal of Mathematics Education and Related Fields, 49 (3), 1 - 7, Japanese

    [Refereed]

  • Moriya Seiji, Teramoto Kyomi, Okabe Yasuyuki, Daikoku Takafumi, Noppawon Theerapuncharoen

    In this article, we report on a comprehensive learning carried out as an international cooperative distance learning (abbr. ICDL) between Japan and Thailand using a teleconference system. Junior high school students of both countries studied on the environmental destruction, and they interchanged their results via the ICDL. Environmental problems are just the suitable teaching material for the students to try to solve by themselves. Both watching and presenting the results of their studies had their own factors of creativity, which were to be fostered through this project. In our ICDL, studentscould experience these two sides of activities.

    Mathematics Education Society of Japan, 2007, Japan Journal of Mathematics Education and Related Fields, 48 (3), 15 - 26, Japanese

    [Refereed]

MISC

  • 幼小接続期における個数把握課題に対する方略の分析 : 視線情報を踏まえたサビタイジングを基盤とする認識の実態把握に向けて

    中橋 葵, 岡部 恭幸

    日本数学教育学会, 14 Nov. 2020, 秋期研究大会発表集録, 53, 237 - 240, Japanese

  • A Study on the Intentions of Statements Observed in Mathematical Negotiations in the Mathematical Knowledge Agreement Process: Based on the Experimental Lesson on the ”Division of Fraction” Unit Given to 6th Grade Elementary School Children

    下村岳人, 下村岳人, 岡部恭幸, 下村勝平

    2020, 科学教育研究, 44 (4)

  • The Study of the Deductive Reasoning in the Elementary School Graphic Domain : From the Viewpoint of "the Hypothetical Syllogism" and "the Universal Instantiation"

    赤川 峰大, 岡部 恭幸

    数学教育学会, 2020, 数学教育学会誌 = Mathematics Education Society of Japan, bulletin for mathematics education study, 61 (1), 39 - 47, Japanese

  • Nakahashi Aoi, Okabe Yasuyuki

    This study focused on conceptual subitizing, a cognitive process involving the rapid recognition of a number of objects by seeing the number pattern as individual parts and as a whole. This process is important to help children in early childhood cultivate their number sense through various experiences and learn mathematics after graduation. However, details about conceptual subitizing have not been fully clarified. In this study, we analyzed conceptual subitizing in 5-year-olds by focusing on their reaction time. We confirmed that the ability to promptly perceive a small number of dots (1–3) was the basis of conceptual subitizing, and that this process was affected by the actual number of dots as well as by their combination. Conceptual subitizing can be enhanced through experiences in play, so we need to consider how teachers can improve children's experiences and thus improve number sense.

    JAPAN SOCIETY of RESEARCH on EARLY CHILDHOOD CARE and EDUCATION, 2019, RESEARCH on EARLY CHILDHOOD CARE and EDUCATION in JAPAN, 57 (1), 6 - 16, Japanese

  • 小数のたし算・ひき算の計算の仕方を考える

    OKABE YASUYUKI

    Dec. 2017, 兵庫教育 No.802, Japanese

    [Invited]

    Introduction other

  • 繰り上がり・繰り下がりのある計算での困難性の分析 : 幼小接続期の概念的サビタイジングに着目して

    中橋 葵, 岡部 恭幸

    日本数学教育学会, 04 Nov. 2017, 秋期研究大会発表集録, 50, 203 - 206, Japanese

  • 表現をつなぐ算数的活動を

    OKABE YASUYUKI

    Oct. 2017, 兵庫教育 No.800, Japanese

    [Invited]

    Introduction other

  • 数のまとまりに着目するための素地的活動を

    OKABE YASUYUKI

    Jun. 2017, 兵庫教育 No.796, Japanese

    Introduction other

  • 繰り下がりのひき算が「わかる」ということ

    OKABE YASUYUKI

    Apr. 2017, 兵庫教育 No.794, Japanese

    Introduction other

  • 数学的な見方・考え方をともに育てる~小数の計算の仕方に着目して~

    OKABE YASUYUKI

    Feb. 2017, 兵庫教育 No.804, Japanese

    [Invited]

    Introduction other

  • 数理認識からみた発達の至適時期 : 概念的サビタイジングに着目して (特集 多領域からみた発達の至適時期)

    岡部 恭幸, 中橋 葵

    日本発育発達学会 ; 2003-, 2017, 子どもと発育発達, 15 (1), 12 - 17, Japanese

  • 算数・数学的活動を軸とした授業づくり〜 小中の違いをつなぐ数学的活動〜

    OKABE YASUYUKI

    Feb. 2016, 兵庫教育 No.780, Japanese

    Introduction other

  • 算数・数学的的活動を軸とした授業づくり(9)〜一人ひとりの理解の深化に結びつける〜

    OKABE YASUYUKI

    2016, 兵庫教育 No.782, Japanese

    Introduction other

  • 算数・数学的的活動を軸とした授業づくり(8)子どもが「わかる」授業を目指して

    OKABE YASUYUKI

    2016, 兵庫教育 No.780, Japanese

    Introduction other

  • 算数・数学的的活動を軸とした授業づくり(7)「わかる」ということ〜手続的知識と概念的理解

    OKABE YASUYUKI

    2016, 兵庫教育 No.778, Japanese

    Introduction other

  • 算数・数学的的活動を軸とした授業づくり(12)〜主体的・対話的で深い学びを実現する②〜

    OKABE YASUYUKI

    2016, 兵庫教育 No.788, Japanese

    Introduction other

  • 算数・数学的的活動を軸とした授業づくり(11)〜主体的・対話的で深い学びを実現する〜

    OKABE YASUYUKI

    2016, 兵庫教育 No.786, Japanese

    Introduction other

  • 算数・数学的的活動を軸とした授業づくり(10)〜学習したことを活用する〜

    OKABE YASUYUKI

    2016, 兵庫教育 No.784, Japanese

    Introduction other

  • 算数・数学的活動を軸とした授業づくり〜 小中の違いをつなぐ算数的活動〜

    OKABE YASUYUKI

    Dec. 2015, 兵庫教育 No.778, Japanese

    Introduction other

  • 算数・数学的活動を軸とした授業づくり〜 小・中の教材の扱いの違いに着目する〜

    OKABE YASUYUKI

    Oct. 2015, 兵庫教育 No.776, Japanese

    Introduction other

  • 算数・数学的活動を軸とした授業づくり〜 小・中の違いを算数・数学的活動でつなぐ

    OKABE YASUYUKI

    Aug. 2015, 兵庫教育 No.774, Japanese

    Introduction other

  • 算数・数学的活動を軸とした授業づくり〜 算数・数学的活動が目指す児童・生徒の姿〜

    OKABE YASUYUKI

    Jun. 2015, 兵庫教育 No.772, Japanese

    Introduction other

  • 算数・数学的活動を軸とした授業づくり〜算数・数学的活動で小中をつなぐ〜

    OKABE YASUYUKI

    Apr. 2015, 兵庫教育 No.770, 67 (1), Japanese

    [Invited]

    Introduction other

  • 算数的活動を軸にした授業づくり(6)ー活用を視点とした算数的活動をー

    OKABE YASUYUKI

    Feb. 2015, 兵庫教育, 768, Japanese

    [Invited]

    Introduction other

  • 算数的活動を軸にした授業づくり(5)ー算数科における言語活動とはー

    OKABE YASUYUKI

    Dec. 2014, 兵庫教育, 766, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 算数的活動を軸にした授業づくり(4)ー「やってみる」ことで確かなわかりをー

    OKABE YASUYUKI

    Oct. 2014, 兵庫教育, 764, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 算数的活動を軸にした授業づくり(3)ー考えの交流がわかりを育むー

    OKABE YASUYUKI

    Aug. 2014, 兵庫教育, 762, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 算数的活動を軸にした授業づくり(2)ー問題との出会いを大切にするー

    OKABE YASUYUKI

    Jun. 2014, 兵庫教育, 762, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 算数的活動を軸にした授業づくり(1)ー算数的活動を考えるー

    OKABE YASUYUKI

    Apr. 2014, 兵庫教育, 758, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 繰り下がりのあるひき算ができるということ

    OKABE YASUYUKI

    2014, 所報 あかしの教育, Japanese

    [Invited]

    Report research institution

  • 数学的活動を軸にした図形の移動の指導

    OKABE YASUYUKI

    明治図書, Sep. 2013, 数学教育, (671), 10 - 11, Japanese

    [Invited]

    Introduction commerce magazine

  • 「奈良の学習法」に培う算数的活動

    岡部 恭幸

    奈良女子大学, Feb. 2010, 學習研究, 443, 56 - 61, Japanese

  • E3 確率概念の認識に基づいたカリキュラムに関する考察(E.【関数,確率・統計】,論文発表の部,第III編 第39回数学教育論文発表会発表論文要約)

    岡部 恭幸, 今堀 妙香

    公益社団法人日本数学教育学会, 31 Mar. 2008, 日本数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学論究, 89, 54 - 54, Japanese

  • 方法の対象化を原理とした確率のカリキュラム構成(6) : 児童の確率 概念の認識とそれを発展させるカリキュラム

    岡部 恭幸

    22 Sep. 2007, 数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学会発表論文集, 2007 (2), 173 - 175, Japanese

  • A study of development of probability recognition

    OKABE Yasuyuki

    数学教育学会, 15 May 2007, Mathematics Education Society of Japan, Japan journal of mathematics education and related fields, 47 (3), 45 - 51, Japanese

  • E6 確率概念の認識に関する考察 : 確率を対象とする見方を獲得する過程における図的表現(E.【関数,確率・統計】,論文発表の部,第II編 第38回数学教育論文発表会発表論文要約)

    岡部 恭幸

    公益社団法人日本数学教育学会, 31 Mar. 2007, 日本数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学論究, 87, 36 - 36, Japanese

  • 方法の対象化を原理とした確率のカリキュラム構成(5) : 小学校第3学年における確率概念の認識とその発展

    岡部 恭幸, 今堀 妙香

    27 Mar. 2007, 数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学会発表論文集, 2007 (1), 105 - 107, Japanese

  • 日タイ遠隔協同総合学習の評価(2)

    寺本 京未, 守屋 誠司, 岡部 恭幸, 大黒 孝文, 渡邉 伸樹, 佐々木 真理, THEERAPUNCHAROEN Noppawon

    27 Mar. 2007, 数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学会発表論文集, 2007 (1), 34 - 36, Japanese

  • OKABE Yasuyuki

    Mathematics Education Society of Japan, 20 Dec. 2006, Japan Journal of Mathematics Education and Related Fields, 47 (1), 45 - 50, Japanese

  • E3 確率概念の認識に基づいたカリキュラムに関する考察(E.【関数,確率・統計】,論文発表の部)

    岡部 恭幸, 今堀 妙香

    公益社団法人日本数学教育学会, 07 Oct. 2006, 数学教育論文発表会論文集, 39, 409 - 414, Japanese

  • 確率概念の認識とそれに基づく実践

    岡部 恭幸

    19 Sep. 2006, 数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学会発表論文集, 2006 (2), 63 - 65, Japanese

  • 方法の対象化を原理とした確率のカリキュラム構成(4) : 小学生を対象にした確率教育の試み

    岡部 恭幸

    26 Mar. 2006, 数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学会発表論文集, 2006 (1), 152 - 154, Japanese

  • TV会議システムを利用した中学生による日独遠隔協同研究会について : 教育内容と授業の実際

    守屋 誠司, 岡部 恭幸, 稲岡 大輔, 大黒 孝文, 大久保 正彦

    26 Mar. 2006, 数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学会発表論文集, 2006 (1), 170 - 172, Japanese

  • E6 確率概念の認識に関する考察 : 確率を対象とする見方を獲得する過程における図的表現(E.【関数,確率・統計】,論文発表の部)

    岡部 恭幸

    公益社団法人日本数学教育学会, 29 Oct. 2005, 数学教育論文発表会論文集, 38, 427 - 432, Japanese

  • 「方法の対象化」を原理とした確率のカリキュラム構成(2) : 認識調査の分析とカリキュラムへの示唆

    岡部 恭幸

    27 Mar. 2005, 数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学会発表論文集, 2005 (1), 108 - 110, Japanese

  • 日タイ遠隔協同総合学習の試み(2) : 環境汚染を調査する

    守屋 誠司, 岡部 恭幸, 大黒 孝文, 船越 俊介, 佐々木 真理, 渡邉 伸樹, 寺本 京未

    27 Mar. 2005, 数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学会発表論文集, 2005 (1), 38 - 40, Japanese

  • E7 確率概念の認識における水準について(E.【関数,確率・統計】,論文発表の部)

    岡部 恭幸

    公益社団法人日本数学教育学会, 20 Nov. 2004, 数学教育論文発表会論文集, 37, 385 - 390, Japanese

  • 「方法の対象化」を原理とした確率のカリキュラム構成(1) : 確率概念形成における「方法の対象化」

    岡部 恭幸

    19 Sep. 2004, 数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学会発表論文集, 2004 (2), 79 - 81, Japanese

  • Change in Power of Dimension Transformation by Learning of "Projection"

    SAWADA Maiko, OKABE Yasuyuki

    数学教育学会, 15 May 2004, Mathematics Education Society of Japan, Japan journal of mathematics education and related fields, 44 (3), 85 - 92, Japanese

  • 「投象」による空間(図形)認識の力の変容(2)

    澤田 麻衣子, 岡部 恭幸

    数学教育学会, 28 Mar. 2004, 数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学会発表論文集, 2004 (1), 176 - 178, Japanese

  • D7 空間(図形)認識の育成における「投象」の役割(D.【図形・幾何/測定】,論文発表の部)

    岡部 恭幸, 澤田 麻衣子

    公益社団法人日本数学教育学会, 18 Oct. 2003, 数学教育論文発表会論文集, 36, 211 - 216, Japanese

  • 「投象」による空間(図形)認識の力の変容(1) : 中学1年生を対象とした授業実践

    澤田 麻衣子, 岡部 恭幸

    25 Sep. 2003, 数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学会発表論文集, 2003 (2), 159 - 161, Japanese

  • Sawada Maiko, Okabe Yasuyuki

    For space cognition. the power of "transformation between two dimensions and three dimensions about 'figure in three-dimensional space&apos+" is necessary. We define this power as "Power of dimension transformation for space cognition". We insist that learning of the series of "Seeing and drawing the figure of three dimensional space using the concept of projection" raises"Power of dimension transformation for space cognition". In this paper, we proposed the curriculum of the use of "parallel projection". and tried the teaching practice to the first grader of the junior high school. And the effect on student's "Power of dimension transformation for space cognition" was considered. The results of change student's "Power of dimension transformation for space cognition.. are as follows.1. Students can find the character of Affine Geometry by learning "Seeing and drawing the figure by using parallel projection."2. "Understanding of a law of a save" of a student transfigures from. "Affine Transformation about quadrangle" to Affine Transformation about triangle".

    Mathematics Education Society of Japan, 2003, Japan Journal of Mathematics Education and Related Fields, 44 (3), 85 - 92, Japanese

  • 船越 俊介, 谷口 考次, 岡部 恭幸

    神戸大学発達科学部, Mar. 2001, 神戸大学発達科学部研究紀要, 8 (2), 53 - 64, Japanese

  • 総合的な学習への数学科の関わりについて

    船越 俊介, 谷口 孝次, 岡部 恭幸

    神戸大学, 2001, 神戸大学発達科学部研究紀要, 8 (2), 345 - 356, Japanese

  • 6A-5 新しい数学を題材にした選択数学 : ファジィ数学の教材化(第6分科会 問題解決と課題学習,II 中学校部会,日本数学教育学会第82回総会 全国算数・数学教育研究(千葉)大会)

    岡部 恭幸

    公益社団法人日本数学教育学会, 27 Jul. 2000, 日本数学教育学会誌. 臨時増刊, 総会特集号, 82, 190 - 190, Japanese

  • NAGAI Masahiro, OKABE Yasuyuki

    平成10年度より, カナダのオンタリオ教育研究所が提供しているデータベースCSILEについて検討し, 同様なシステムを構築し活用していくことを研究してきた.平成10年度は, 実験的に千葉県の長浦中学校と千葉大学の学生による共同学習をおこなったが, 平成11年度は兵庫県の住吉中学校と長浦中学校との間で実践的な利用に着手した.本稿では, まずインターネットと共同学習について概観する, また, これまでの研究の経緯を簡単に述べる.次に共同学習の原理や有用性を, 「知識構築」や「数学的なコミュニケーション」などの理論的背景から改めて指摘すると共に, おこなった授業実践の概要を述べ, 授業分析を通して一考察を加える.そして, 数学学習に適した共同学習の場のデザインをおこなう.

    Japan Society of Mathematical Education, 01 May 2000, Journal of Japan Society of Mathematical Education, 82 (5), 115 - 124, Japanese

  • 遠隔共同学習による数学的コミュニケーション能力の育成

    岡部 恭幸, 永井 正洋

    近畿数学教育学会, 2000, 近畿数学教育学会会誌, (13), 7 - 16, Japanese

  • J28 「関数認識における水準」についての一考察(J 学習・認知・理解,論文発表+ポスター発表の部)

    岡部 恭幸

    公益社団法人日本数学教育学会, 13 Nov. 1999, 数学教育論文発表会論文集, 32, 397 - 402, Japanese

  • Life skills among only children

    Kawabata Tetsuro, Funahashi Mutsumi, Kobayashi Akiko, Omagari Misako, Hata Naomi, Nagai Yukari, Uchiyama Hiroyuki, Okabe Yasuyuki, Mori Kazuhiro, Morita Hideo, Kato Norihisa

    Kobe University, 1999, Bulletin of the Faculty of Human Development, 6 (2), 321 - 331, Japanese

  • Web 上における数学科協同学習の展開IV-2校間でのCSILE型データベース使用を通しての一考察-

    永井正洋, 岡部 恭幸, 越川 浩明, 高橋 正

    公益社団法人日本数学教育学会, 1999, 第32回数学教育論文発表会論文集, 1999, 137 - 142, Japanese

  • Multimedia communication and education : from the experimental remote-debate by junior high school students

    Ebina Kuniyoshi, Yoshinaga Jun, Okabe Yasuyuki, Ito Motomu

    Kobe University, 1998, Bulletin of the Faculty of Human Development, 5 (2), 595 - 611, Japanese

  • 選択理科における環境教育 -理科教師と数学教師との連携による試み-

    内山 裕之, 岡部 恭幸, 野上 智行

    15 Feb. 1996, 理科の教育 = Science education monthly, 45 (2), 110 - 115, Japanese

  • E1-12 選択理科における環境教育の実践 : 理科と数学との連携を図った取り組み

    内山 裕之, 岡部 恭幸, 野上 智行

    日本理科教育学会, 1995, 日本理科教育学会全国大会要項, (45), 107 - 107, Japanese

Books etc

  • 小学校指導法算数

    岡部恭幸, 守屋誠司

    Contributor, 第10章 データの活用, 玉川大学出版部, Sep. 2019, Japanese, ISBN: 9784472405761

  • 新しい教職教育講座 教科教育編3 算数科教育

    OKABE YASUYUKI

    Joint work, ミネルバ書房, Oct. 2018, Japanese

    Textbook

  • 数学教育実践入門

    OKABE YASUYUKI

    Joint work, 共立出版, Mar. 2014, Japanese, ISBN: 9784320110830

    Textbook

  • 算数科教育法

    岡部 恭幸

    Joint work, ミネルヴァ書房, Apr. 2010, Japanese

    Textbook

  • 教育系学生のための数学シリーズ 確率論・統計学入門

    岡部 恭幸

    Joint work, 共立出版, Apr. 2008, Japanese

    Textbook

  • 中学校数学科教育実践講座 理論編

    岡部 恭幸

    Joint work, ニチブン, 2003, Japanese

    Scholarly book

  • 生きて働く問題解決の力を育てる算数の授業

    岡部 恭幸

    Joint work, 東洋館, 1993, Japanese

    Scholarly book

Presentations

  • 証明の萌芽としての小学校段階の演繹的な説明についての研究:児童の実態の分析から

    赤川峰大, 岡部恭幸

    第67回 近畿数学教育学会例会, 16 Feb. 2020

    Oral presentation

  • 日本における幼児期の数学教育の課題と展望

    岡部恭幸

    数学教育学会冬季研究会, 15 Dec. 2019

    [Invited]

    Invited oral presentation

  • 小学校図形領域における演繹的推論についての研究:第5学年児童の仮言的三段論法と普遍例下に商店をあてて

    赤川峰大, 岡部恭幸

    日本教育実践学会第22回研究大会, 02 Nov. 2019

  • Learning COnceptual Subitizing Spontaneously in Play:Tangible Examples of Young Children in Japan

    中橋葵, 岡部恭幸

    The 20th Pacific Early Childhood Education Reaserch Association International Conference, 14 Jul. 2019

    Poster presentation

  • The Impact of Using Monitoring Tool to Enhance the Understanding of Each Child’s Development: Through Quantitative Content Analysis on Answers for Questionnaire Survey

    長谷川諒, 北野幸子, 國土将平, 岡部恭幸

    The 20th Pacific Early Childhood Education Reaserch Association International Conference, 13 Jul. 2019

    Poster presentation

  • 幼児期における数学教育の教育内容・指導法について

    岡部恭幸, 中橋葵

    数学教育学会夏季研究会, 16 Jun. 2019

    [Invited]

    Nominated symposium

  • 幼児期の経験に数学概念や数学的思考の発達を捉える意識を考えるー領域「環境」の保育の質の向上にむけてー

    中橋葵, 岡部恭幸

    日本保育学会第72回関東ブロック, 05 May 2019

    Poster presentation

  • 家庭との連携を深める園内研修の実態に関する調査

    古賀志津香, KITANO SACHIKO

    保育学会第71回大会, May 2018, Japanese, 宮城学院女子大学, Domestic conference

    Poster presentation

  • 5歳児の育ちと学びの姿を振り返る資料の開発−10の姿を活用しながら−

    KITANO SACHIKO, OKABE YASUYUKI, HASEGAWA RYO

    保育学会第71回大会, May 2018, Japanese, 宮城学院女子大学, Domestic conference

    Poster presentation

  • 幼児期の数学教育における「遊びを通しての指導」の再検討ーフロー理論に着目してー

    OKABE YASUYUKI, 中橋 葵

    数学教育学会春季例会, Mar. 2018, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 繰り上がり・繰り下がりのある計算での困難性の分析ー幼小接続期の概念的サビタイジングに着目してー

    OKABE YASUYUKI, 中橋 葵

    日本数学教育学会第50回秋季研究大会, Nov. 2017, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 幼小連携の視点からの内容と方法の見通しー「環境」領域からの連続性に着目して

    OKABE YASUYUKI

    数学教育学会秋季例会, Sep. 2017, Japanese, Domestic conference

    [Invited]

    Nominated symposium

  • 幼児期における遊びを通しての指導についての一考察ー遊びから算数の学びへー

    OKABE YASUYUKI, 中橋 葵

    数学教育学会秋季例会, Sep. 2017, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 方程式とその利用における構造的理解実態指導ついて - オブジェクト指向の視点から

    王 敏, OKABE YASUYUKI

    2017年度数学教育学会春季年会, Mar. 2017, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 方程式とその利用における構造的理解の実態に関する一考察 -日中両国の比較を通して-

    OKABE YASUYUKI, 王 敏

    2016年度数学教育学会秋季例会, Sep. 2016, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 調査から見た関数概念の理解の様相 -変数の理解に着目して-

    OKABE YASUYUKI, 佐伯 源太郎

    2016年度数学教育学会秋季例会, Sep. 2016, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • Disembedding に着目した幼小接続期教育の開発に向けて遊びから教科の学びへ

    OKABE YASUYUKI

    第60回 近畿数学教育学会例会, Sep. 2016, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 数理認識から見た発達の至適時期〜概念的サビタイジングに着目して〜

    OKABE YASUYUKI

    日本発育発達学会第14回大会, Mar. 2016, Japanese, 神戸大学, Domestic conference

    [Invited]

    Nominated symposium

  • 算数教育への連続性を考慮した幼児期の「遊び」の開発に関する予備的研究

    OKABE YASUYUKI

    第59回 近畿数学教育学会例会, Mar. 2016, Japanese, 奈良教育大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 遊びから教科の学びへ~数理認識に関わる保幼小接続期教育~

    OKABE YASUYUKI, KITANO SACHIKO

    日本乳幼児教育学会第26回大会, 2016, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 小学校における確率教育に関する予備的研究ー他教材との接続に着目してー

    OKABE YASUYUKI

    2015年度数学教育学会春季年会, Mar. 2015, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 幼児期における概念的サビタイジングについてーつまずきの実態とその構造

    OKABE YASUYUKI, 中橋葵

    2014年度 数学教育学会秋季例会, Sep. 2014, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 確率概念の認識とそれに基づく教育

    OKABE YASUYUKI

    2014年度 数学教育学会秋季例会, Sep. 2014, Japanese, Domestic conference

    Public discourse

  • オブジェクト思考に基づく教材分析の可能性についての一考察

    OKABE YASUYUKI, 王敏

    2014年度 数学教育学会秋季例会, Sep. 2014, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • Why probability literacy is important to resolve framing conflicts in environmental issues?

    EBINA Kuniyoshi, IWAMURA Yasunobu, KAWAKATSU Kazuya, OKABE Yasuyuki, UMEMURA Kaito, ODA Toshikatsu, MINAMOTO Toshifumi, NAKAYAMA Akie, ITOH Masayuki

    14th SCA Annual Conferenc, Jun. 2014, English, Kuala Lumpur, Malaysia, International conference

    Oral presentation

  • 小学校における確率教材についての考察 -確率分布に着目して-

    OKABE YASUYUKI

    2014 年度数学教育学会春季年会, Mar. 2014, Japanese, 学習院大学, 現在、日本の小学校のカリキュラムにおいて確率教育は実施されていない。しかし、海 外では小学校の段階から確率教育を実施しているのが一般的である。児童の確率概念の 発展を考えたとき、幼稚園・小学校において適切な確率教育を行なうことは必要だと考え る。本稿では、特に確率分布の考え方を含む海外で開発された小学校低学年を対象にした 確率教材を取り上げ、その意義と可能性について「確率概念の認識における水準」の視点 から検討した。, Domestic conference

    Oral presentation

  • 概念形成に着目した「速さ」の指導について

    OKABE YASUYUKI

    平成24年度数学教育学会秋季年会, Sep. 2012, Japanese, 数学教育学会, 九州大学, 小学校第6学年で学習される「速さ」は、形式的な公式暗記や単位換算が指導の中心と なる場合があることがしばしば指摘される。速さの概念は本来、第6学年で学習される以 前から感覚的とはいえ形成されており、その概念との接続を踏まえて獲得できるように指 導されるべきである。そこで本稿では、速さの概念の形成に着目し、第6学年で学習する 速さの概念とそれ以前に児童が獲得している速さの概念を接続する教材を開発し実践を 行った。その実際と結果について報告をする。, Domestic conference

    Oral presentation

  • 文字理解の困難性に関する考察

    岡部 恭幸, 石田 義典

    数学教育学会春季年度, Mar. 2012, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 小学校教員を志す文系大学生における理数教育の取り組みー実態の背景と研究の目的

    河崎 哲嗣, 岡部 恭幸, 守屋 誠司, 前迫 孝憲

    数学教育学会春季年会, Mar. 2012, Japanese, Domestic conference

    Oral presentation

  • 小学校図形領域における演繹的推論についての研究〜 仮言的三段論法と普遍例化に焦点をあてて〜

    赤川峰大, 岡部恭幸

    数学教育学会春季年会(COVID-19のため誌上発表)

    Oral presentation

Association Memberships

  • JAPAN SOCIETY OF RESEARCH ON EARLY CHILDHOOD CARE AND EDUCATION

  • THE JAPANESE SOCIETY FOR THE EDUCATION OF YOUNG CHILDREN

  • 日本科学教育学会

  • 近畿数学教育学会

  • 数学教育学会

  • 日本数学教育学会

Research Projects

  • 幼小接続期の数理認識の発達に着目した評価スケールの開発

    岡部 恭幸

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), 挑戦的研究(萌芽), 神戸大学, 29 Jun. 2018 - 31 Mar. 2021

    平成31年度における研究目標は平成30年度に行った文献研究の成果や調査や観察の結果をもとに幼小接続期を見通し、現場の保育者の保育の指針となるべき経験や学びの道筋を明らかにし、保育者が使える評価スケールの開発や検討を行なうことであった。 前年度度に行った文献研究の成果や調査や観察の結果をもとに幼小接続期の数理認識(特にサビタイジングを基盤とする認識の形成)について整理しなおした。前年度に明らかになった幼小接続期における学習の困難性についても整理をおこなったが、解決すべき課題が予想より多く見られたため、対象を数概念に焦点化し、生物学的一次的能力、二次的能力の視点から個人差を踏まえた上でのサビタイジングを基盤とする認識の形成についてその過程や道筋を明らかにした。 その観点から領域「環境」の保育の質の向上にむけて幼児・児童の豊かな感覚につながる経験と保育者の援助について考察した。 さらに、その知見から、幼児期における数学教育の教育内容・指導法について考察を行ない、 今後の課題と展望についても考察した。 また、幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」との関連を考察し、o府S市の幼稚園・保育園と連携し、他領域の研究者と協力しながら、5歳児の育ちと学びの姿を振り返る資料の開発に取り組んだ。 なお、研究成果について、逐次、環太平洋数学教育学会(PECERA)、日本保育学会、日本数学教育学会、数学教育学会で発表・投稿を行なった。

  • 岡部 恭幸

    学術研究助成基金助成金/挑戦的研究(萌芽), Jun. 2018 - Mar. 2020, Principal investigator

    Competitive research funding

  • KAWASAKI Tetsushi, MORIYA Seiji, OKABE Yasuyuki, KAKITOH Hirokazu, ODAGIRI Ryoichi

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 2011 - 2013

    I advanced mathematical modelling course content for math-challenged students in elementary school teacher training course and tried to confirm the efficacy of it.Its' purpose was as follows. (1) Field research and literature research to build teaching materials and course curriculum. (2) Basic research for making such students master mathematical activity. (3) Education experiment to make such students practice plan-class-improvement of mathematical activity. Then Mathematical activity such as mathematical modeling in the elementary school will be important as follows. (a) The purpose, what kind of mathematics domain will be used, should be clear. (b) Mathematical modelling needs the framework of systematic mathematics. (c) It is more desirable for mathematical modelling in present Japan to treat "Opened process, closed end". So it is important to boost the academic ability of students. The lecture proposal of mathematical modeling was able to be shown based on the result.

  • Study on the Cognition of Probability Concept and Curriculum of Probability

    2003 - 2006

    Competitive research funding