Directory of Researchers

Kato Ryo
Center for Computational Social Science (CCSS)
Associate Professor
Business / Economics
Last Updated :2022/04/15

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • <Faculty / Graduate School / Others>

    Center for Computational Social Science (CCSS)
  • <Related Faculty / Graduate School / Others>

    Graduate School of Business Administration / Division of Business Administration, Research Institute for Economics and Business Administration / Corporate Competitiveness Unit

Teaching

  • Graduate School of Business Administration / Division of Business Administration, 2021, SESAMI Research Seminar

Research Activities

Research Interests

  • 計量経済学
  • ベイズ統計学
  • 統計学
  • マーケティングサイエンス

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Accounting
  • Humanities & social sciences / Commerce
  • Humanities & social sciences / Economic statistics

Committee Memberships

  • Jan. 2021 - Dec. 2021, 2021年度 統計関連学会連合大会, プログラム委員
  • Jan. 2018 - Dec. 2018, 行動経済学会第12回大会, 運営委員
  • Jan. 2018 - Sep. 2018, 日本行動計量学会第46回大会, 実行委員
  • Jan. 2022 - Present, 2022年度 統計関連学会連合大会, プログラム委員
  • Mar. 2022 - Mar. 2022, 総務省統計局, 個人企業経済統計欠測値補完に関する意見交換会 構成員

Awards

  • 2017 統計関連学会連合, 優秀報告賞, -

    KATO Ryo

    Japan society

  • 2015 日本マーケティング・サイエンス学会, 研究奨励賞, -

    KATO Ryo

    Japan society

Published Papers

  • Semiparametric Bayes Instrumental Variable Estimation with Many Weak Instruments

    KATO Ryo, HOSHINO Takahiro

    Lead, Dec. 2021, Stat, 10 (1), e350, English

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Ryo Kato, Takahiro Hoshino

    Lead, Elsevier BV, Mar. 2021, Journal of Retailing and Consumer Services, 59, 102397 - 102397, English

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Semiparametric Bayesian Multiple Imputation for Regression Models with Mixed Continuous-Discrete Covariates

    KATO Ryo, HOSHINO Takahiro

    Lead, 2020, Annals of the Institute of Statistical Mathematics, 72 (3), 803 - 826, English

    [Refereed]

    Scientific journal

  • The Impact of Competitors Store Flyer Advertisement on EDLP/HiLo Chain Performance in Highly Competitive Retail Market: GPS Information and POS Data Approach in Japan

    KATO Ryo, HOSHINO Takahiro

    Lead, 2019, Journal of Advertising, 48 (5), 569 - 587

    [Refereed]

  • Does Big N Matter for Audit Quality? Evidence from Japan

    Semba Hu Dan, KATO Ryo

    Emerald Publishing, 2019, Asian Review of Accounting, English

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Takanori ADACHI, KATO Ryo

    Are women more likely to purchase an extended warranty? In this paper, we study in-store sales of extended warranties for electronic products, and find that gender and income matter: female consumers from low-income households are more likely to purchase an extended warranty, although few gender differences exist for middle- and high-income households. It is also found that the gender gap in extended warranty purchases is more apparent in the case of personal computers than in the case of cathode ray tube televisions. This finding suggests that gender may matter more in extended warranty purchases for more mechanical products. We also argue that our empirical results may suggest that advantageous selection prevails in the extended warranty market for personal computers.

    名古屋大学大学院経済学研究科, Jun. 2018, 経済科学, 66 (1), 1 - 14, English

    Research institution

  • 企業ブランドイメージと広告費、財務指標の関連性に関する実証分析

    KATO Ryo, 星野 崇宏

    Lead, 日経広告研究所, Sep. 2017, 日経広告研究所報, August September (294), 18 - 25, Japanese

    Scientific journal

  • KATO Ryo

    Lead, 日本マーケティング・サイエンス学会, Mar. 2017, マーケティング・サイエンス, 24 (1), 53 - 76, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Influence of the Audit Market Shift from Big 4 to Big 3 on Audit Firm’s Industry Specialization and Audit Quality: Evidence from Japan

    KATO Ryo, Hu Dan Semba, Frendy

    Lead, Allied Business Academies, Nov. 2016, Academy of Accounting and Financial Studies Journal, 20 (3), 62 - 83, English

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 因果効果推定の応用―CM接触の因果効果と調整効果

    KATO Ryo, 星野 崇宏

    Lead, 岩波書店, Jun. 2016, 岩波データサイエンス刊行委員会編『岩波データサイエンス』, Vol. 3, Japanese

    Scientific journal

  • KATO Ryo, 星野 崇宏, 堀江 尚之

    Lead, 日本マーケティング・サイエンス学会, Aug. 2015, マーケティング・サイエンス, 23 (1), 35 - 59, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Accruals-Based Audit Quality in the Japanese Audit Market

    Dan Hu, KATO Ryo

    Allied Business Academies, Mar. 2015, Academy of Accounting and Financial Studies Journal, 19 (1), 186 - 197, English

    [Refereed]

    Scientific journal

Presentations

  • Measuring the effect of competitors’ store flyers on EDLP and HiLo store performance: GPS data approach

    KATO Ryo, HOSHINO Takahiro

    2019 INFORMS Marketing Science Conference, Jun. 2019, English, 2019 INFORMS Marketing Science Conference, University of Rome Tre, International conference

    Oral presentation

  • 母集団情報を利用した欠測を含む操作変数への対処

    KATO Ryo, HOSHINO Takahiro

    2018年度統計関連学会連合大会, Sep. 2018, Japanese, 応用統計学会, 日本計算機統計学会, (一社)日本計量生物学会, 日本行動計量学会, (一社)日本統計学会, 日本分類学会, 中央大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 位置情報とIDPOSデータを用いた購買行動の理解

    KATO Ryo, HOSHINO Takahiro

    日本行動計量学会第46回大会, Sep. 2018, Japanese, 日本行動計量学会第46回大会実行委員会, 慶應義塾大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • AIはどこまで人間の仕事を代替可能か?~Frey and Osborne (2013) の批判的検討

    UENO Takefumi, HOSHINO Takahiro, KATO Ryo

    日本行動計量学会第46回大会, Sep. 2018, Japanese, 日本行動計量学会第46回大会実行委員会, 慶應義塾大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • Semiparametric Bayes Model for Multidimensional Instrumental Variables

    KATO Ryo, HOSHINO Takahiro

    2018 Joint Statistical Meetings, Jul. 2018, English, American Statistical Association, Vancouver Convention Centre, International conference

    Oral presentation

  • スキャナーパネルを用いた新製品に対する非計画購買の理解

    KATO Ryo, HOSHINO Takahiro

    第56回消費者行動研究コンファレンス, May 2018, Japanese, 日本消費者行動研究学会, 亜細亜大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 位置情報とチラシデータを用いた消費者の商圏内購買行動の理解

    KATO Ryo, HOSHINO Takahiro

    2017年度消費者行動ワークショップ, Mar. 2018, Japanese, 南山大学経営研究センター, 南山大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 経済学モデルと行動経済学的知見のマーケティングサイエンスへの貢献

    KATO Ryo, IGARI Ryosuke, TAKEUCHI Makito, NAKAGAWA Hiromichi, HOSHINO Takahiro

    日本マーケティング・サイエンス学会第102回研究大会, Dec. 2017, Japanese, 日本マーケティング・サイエンス学会, 電通ホール, Domestic conference

    Oral presentation

  • 位置情報と購買履歴のマッチングによる競合他社での購買行動の理解

    KATO Ryo, HOSHINO Takahiro, MATSUMURA Yuya

    日本マーケティング・サイエンス学会第102回研究大会, Dec. 2017, Japanese, 日本マーケティング・サイエンス学会, 電通ホール, Domestic conference

    Oral presentation

  • 多次元の弱操作変数がある場合のセミパラメトリックベイズ操作変数法の提案

    KATO Ryo, HOSHINO Takahiro

    2017年度統計関連学会連合大会, Sep. 2017, Japanese, 統計関連学会, 南山大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • スキャナーパネルに対する購買直後調査を用いた新製品のトライアルリピートの理解

    KATO Ryo, HOSHINO Takahiro

    日本マーケティング・サイエンス学会 新しいデータと競争環境の下でのマーケティングサイエンス研究部会WS, Sep. 2017, Japanese, 日本マーケティング・サイエンス学会, 慶應義塾大学, Domestic conference

    Invited oral presentation

  • スキャンパネル協力者に対する購買直後調査を用いた購買行動規定要因の探索:トライアルリピートと非計画購買に着目して

    MURAKAMI Tomoaki, KATO Ryo, TAKEUCHI Makito, HOSHINO Takahiro

    消費者行動研究コンファレンス, May 2017, Japanese, 消費者行動研究コンファレンス, 慶應義塾大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 広告接触の因果効果・調整効果のブランド属性と個人属性の影響を探る:マルチレベルデータの因果効果推定

    KATO Ryo, HOSHINO Takahiro

    日本行動計量学会第44回大会, Aug. 2016, Japanese, 日本行動計量学会, 札幌学院大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 消費者の慣習形成・飽和を考慮したブランド選択モデルの構造推定

    KATO Ryo

    日本マーケティング・サイエンス学会 行動経済学と産業組織論によるマーケティングモデルの深化部会WS, Jun. 2015, Japanese, 日本マーケティング・サイエンス学会, 名古屋大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • Forward-lookingな消費者の慣習形成・飽和を考慮したブランド選択モデルの構造推定

    KATO Ryo

    日本マーケティング・サイエンス学会第97回研究大会, Jun. 2015, Japanese, 日本マーケティング・サイエンス学会, 大阪府立大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 段階推定法を利用した潜在クラスの時系列的把握

    KATO Ryo, 星野 崇宏, 堀江 尚之

    日本オペレーションズ・リサーチ学会「数理的発想とその実践」第1回研究集会, May 2015, Japanese, 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 金沢学院大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • 消費者の慣習形成を考慮したブランド選択モデルの構造推定

    KATO Ryo

    行動経済学会第8回大会, Dec. 2014, Japanese, 行動経済学会, 慶應義塾大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • Auditor Size as a Measure for Audit Quality, A Japanese Study

    KATO Ryo

    日本経営財務研究学会ファイナンスキャンプ2014, Jul. 2014, Japanese, 日本経営財務研究学会, 六甲スカイ・ヴィラ, Domestic conference

    Oral presentation

Research Projects

  • none

    加藤 諒

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research, Grant-in-Aid for Young Scientists, Grant-in-Aid for Early-Career Scientists, Kobe University, Apr. 2020 - Mar. 2023, Principal investigator

  • 位置情報を用いた消費者の商圏内買い回り行動の理解

    加藤 諒

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Research Activity Start-up, Grant-in-Aid for Research Activity Start-up, Kobe University, Apr. 2019 - Mar. 2020, Principal investigator

    本研究の目的は、消費者の商圏レベルでの買い回り行動を理解することと、それに付随する小売店舗の価格先着との関連性を探ることである。従来のマーケティング研究では、チラシ配布などのプロモーション効果に関する研究が蓄積されている。しかしこれらの研究では、競合店舗のデータが利用できないことから競合店舗の存在が考慮されていない。通常消費者は、複数店舗から訪問店舗を選択すると考えられ、競合店舗の存在を考慮しない場合、プロモーションに対する弾力性が正しく推定されず、価格戦略の本当の効果を把握することはできない。 本研究では、近年国内でも増加しているEDLP戦略と、旧来型のHiLo戦略という小売店舗の価格戦略の違いによって、その顧客の買い回り行動がどのように異なるか、という点を明らかにすることを試みた。これは、EDLP店舗の顧客は価格非弾力的であること、特定店舗に対するロイヤルティが高いこと、が知られており、競合のチラシへの反応がHiLo店舗顧客と比べて弱いことが想定されるなど、チラシ効果には価格戦略による違いがあると考えたためである。 そこで、地方で店舗展開を行っている某EDLPチェーンAを中心に、半径5km以内に存在する小売店舗を商圏と定義し、解析を行った。顧客買い回りデータはスマートフォンによる位置情報から取得した。 これらのデータを用いた結果、HiLo戦略を取る小売店舗の顧客は、競合店舗のチラシにも反応するのに対し、EDLP小売店舗の顧客は、競合のチラシにはほとんど反応しないことが明らかとなった。本研究は、EDLP店舗顧客の競合での価格弾力性を測定した初めての研究となった。 この結果は、広告論において最も権威のあるジャーナルであるJournal of Advertising誌において採択・公刊された。

  • Development and application of heterogeneous causal effect estimation

    星野 崇宏, 繁桝 算男, 猪狩 良介, 加藤 諒

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Keio University, Apr. 2018 - Mar. 2022, Coinvestigator

    本研究の研究目的はルービン因果モデルの枠組みを拡張し、店舗と消費者、病院と患者、クラスと生徒のような階層性のあるクラスターデータにおける因果効果の異質性や、同一個人でも何らかの要因により介入効果が異なる個人レベルの効果の異質性について統一的なモデル表現を行い、既存手法で生じるバイアスを回避する効率的な推定法を開発することを目的としている。 一昨年度に進展した理論研究のうち特にpotential outcome間の同時分布の識別条件とその推定方法についての研究をもとに、研究計画の(1)クラスターあるいは個別ごとの介入の最適化についての研究や、(3)適応的デザインでの解析への応用に直接有用であり、また(5)母集団情報やマクロデータ、代表性のあるデータを利用した補正についての理論研究に注力して研究を行った。さらに、これに関連するシミュレーション研究を大規模に実施した。理論的な研究の成果を海外学会での発表および海外著名誌に論文投稿を行いその一部については採択され、他は現在審査中である、 また、応用研究としてレセプトデータ、教育データとマーケティングデータについては(1)と(3)の分野について研究を実施し、応用研究についてはまずは国内外の学会に発表したあと、一部海外雑誌に掲載させ、他にも国内外の査読雑誌に投稿準備中である。特に理論的な研究成果は一昨年度は論文投稿を中心としたため、昨年度は海外学会でも発表を行った。

  • 集計マクロレベル情報とミクロレベルデータを融合した広告効果推定法の開発と応用

    星野崇宏, 宮崎慧, 中川宏道, 竹内真登, 猪狩良介, 加藤諒

    吉田秀雄記念事業財団, 2017 - 2018, Coinvestigator

  • 行動経済学的知見と構造推定を利用した購買選択モデルの開発と応用

    加藤 諒

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for JSPS Fellows, Grant-in-Aid for JSPS Fellows, Keio University, Apr. 2016 - Mar. 2019, Principal investigator

    本研究は、行動経済学的な知見と構造型モデルを用いて、非合理的な行動の存在が知られる多様な消費者の行動を定量的に把握するとともに、実用的な政策シミュレーションを行えるモデルを開発することを目的としている。当該年度は研究計画の2年目であり、主に「新製品の購買による学習行動の構造推定と最適な新製品値下げ戦略への応用」の研究を行うことを計画として掲げ、研究を行ってきた。本年度は特に、当初の計画に加えて、推定に関連する統計学的な推定手法の研究を中心として行った。 本研究の遂行にあたり、様々な統計的な問題を解決する必要があったため、これに関連する研究を行った。まず、本研究のようにマーケティングデータを扱う場合、変数の数が多く、また所得などといった変数に関しては、無回答による欠測が起こりやすい。これらの欠測がある消費者に関しては除外して解析を行うことも可能であるが、この場合使用できる変数が多次元であることから、少なくとも1つの変数が欠測する消費者の数が膨大となり、解析に際して多くのサンプルを無駄にすることになる。そこで、欠測しているデータを補完するような研究を行い、論文投稿を行った。 更に、関連する統計的な手法の開発を目的として、セミパラメトリックな操作変数法に関する研究も行った。この研究に関しては学会発表(『多次元の弱操作変数がある場合のセミパラメトリックベイズ操作変数法の提案』、2017年9月統計関連学会連合大会)を行っており、統計関連学会連合より優秀報告賞を受賞した。

  • none

    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research, Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Hitotsubashi University, Center for the Promotion of Social Data Science Education and Research, Apr. 2022 - Mar. 2026, Principal investigator