Directory of Researchers

KIYONO Mieko
Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development
Associate Professor
Other Social Science / Natural Science Field
Last Updated :2020/06/04

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • <Faculty / Graduate School / Others>

    Graduate School of Human Development and Environment / Department of Human Development
  • <Related Faculty / Graduate School / Others>

    Faculty of Global Human Sciences, Faculty of Human Development

Degree

  • Ph.D. / Doctor

Teaching

Research Activities

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Education - general
  • Environmental science/Agricultural science / Social-ecological systems

Published Papers

  • Wanyi Lee, Takashi Hayakawa, Mieko Kiyono, Naoto Yamabata, Goro Hanya

    In recent decades, human-wildlife interaction and associated anthropogenic food provisioning has been increasing and becoming more severe due to fast population growth and urban development. Noting the role of the gut microbiome in host physiology like nutrition and health, it is thus essential to understand how human-wildlife interactions and availability of anthropogenic food in habitats can affect an animal's gut microbiome. This study, therefore, set out to examine the gut microbiota of Japanese macaques (Macaca fuscata) with varying accessibility to anthropogenic food and the possibility of using gut microbiota as indicator for macaques' reliance on anthropogenic food. Using 16S ribosomal RNA gene sequencing, we described the microbial composition of Japanese macaques experiencing different types of human disturbance and anthropogenic food availability-captive, provisioned, crop-raiding, and wild. In terms of alpha diversity, our results showed that observed richness of gut microbiota did not differ significantly between disturbance types but among collection sites, whereas Shannon diversity index differed by both disturbance types and sites. In terms of beta diversity, captive populations harbored the most distinctive gut microbial composition, and had the greatest difference compared with wild populations. Whereas for provisioned and crop-raiding groups, the macaques exhibited intermediate microbiota between wild and captive. We identified several potential bacterial taxa at different taxonomic ranks whose abundance potentially could help in assessing macaques' accessibility to anthropogenic food. This study revealed the flexibility of the gut microbiome of Japanese macaques and provided possible indices based on the gut microbiome profile in assessing macaques' accessibility to/reliance on anthropogenic foods.

    Dec. 2019, American journal of primatology, 81 (12), e23072, English, International magazine

    [Refereed]

  • A Study on the Relation between Formation Processes of ESD Practitioners and Their Actions with a Focus on a Correlation with Platformization

    KIYONO MIEKO

    ESD(持続可能な開発のための教育)は、DESD(国連ESDの10年)を経て、より具体的な実践を生み出すことが期待される時期を迎えている。しかしながら、ESDの理想と現実の乖離は大きく、いまだESDの実践の型が確立しているとはいいがたい。SDGsのうち、教育のあり方としての目標(Goal 4)に「すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」と定められている。この目標に到達するためには、生涯学習としてのESD実践とは何かを問い続けることを可能にする場をいかに作るか、すなわち、多様なステークホルダー(関係者)が集い議論するプラットフォームをいかに創成するかが、重要な課題となる。そこで、本研究では、プラットフォームとしての機能をもつことを目指してきたRCE(Regional Centers of Expertise on

    神戸大学大学院人間発達環境学研究科, Apr. 2018, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 11 (2), Japanese

    [Refereed]

    Research institution

  • Niwa Hideyuki, Sakata Masayuki K., Minamoto Toshifumi, Kiyono Mieko

    Environmental DNA (eDNA) analysis for macro-organisms has developed rapidly, and studies have reported the application of such analyses to various kinds of organism. However, only a few studies have compared the results of eDNA analysis and traditional sampling surveys on a fine scale, and the usefulness of eDNA analysis for understanding the distribution of endangered species on a finer scale has not been sufficiently assessed. In this study, we conducted eDNA analysis and a traditional sampling survey in multiple 500-m sections of a river and compared the results. The survey targets were the endangered fish species Liobagrus reinii, Coreoperca kawamebari, and Lethenteron sp. 2, which are known to occur in the surveyed river. We established 23, 500-m-long sections in the Sasayama River and sampled water at the downstream end of each section. The eDNA of the target species was detected using real-time PCR assays developed in this study. We also collected the target species in traditional sampling surveys and recorded the presence/absence of the target species in each section. The rates of concordance between the results of the eDNA analysis and the traditional sampling surveys varied among the species. Our result showed that the results of eDNA analysis and field sampling surveys do not necessarily match at a finer scale, and suggested the importance of knowledge accumulation for eDNA analysis for proper use of this analysis method to conserve endangered species.

    The Ecological Society of Japan, 2018, Japanese Journal of Conservation Ecology, 23 (2), 257 - 264, Japanese

    Scientific journal

  • KIYONO MIEKO

    本研究は、地方分権の流れをうけてこれからのガバナンスの主体を担う地方自治体(市町村)の森林・林業政策に着目し、実践に埋め込まれた学びのなかから、森林利活用のための住民主体の森林教育のあり方を模索することを目的として行った。多様な住民が森林・林業政策の開発・適用・自省・改善のプロセスに関わることで、インフォーマルな学びの場が立ち現れる。その学びの連関のなかに地域住民が求める森林教育があり、それを住民が主体的に進めることが住民主体の森林教育と位置付けられることを明らかにした。森林教育のねらいは、森林そのものと、森林と人間との関係を知ることが前提とされるが、事業者をはじめとした地域住民に求められているねらいは、森林を通して人と人との関わりが再構築されることであった。森林・林業政策の展開には森林教育と地域経済の相互応答的な関係が求められるが、体験プログラムの

    Union Press, Apr. 2017, Policy and Practice Studies, 3 (1), 77 - 84, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 中山間地域行政における地域担当職員制度の導入と課題

    山内 俊秀, 中塚 雅也, 布施 未恵子

    The Association for Regional Agricultural and Forestry Economics, Jul. 2015, 農林業問題研究, 51 (1), 13 - 19, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Takada Shinji, Kiyono Mieko, Nakatsuka Masaya

    This research paper analyzes how management systems implementing rural community support have evolved and considers important points and issues seen within these management systems. Then, the cities Fujiyoshida and Hitachiota are empirically studied as established cases for management systems toward rural community renewal cooperative group projects. The analysis results indicate the following critical points in implementation systems: (1) the distribution of activities often undertaken by individuals in central leadership positions to the central support structure; (2) performance evaluations of individuals playing central roles in the systems and allowing for continuous participation; and (3) the establishment of maintainable relationships with university faculty. The following issues were determined: (1) the placement of individuals in central roles of the program and their development is critical; (2) cooperation must be strengthened between local citizens and the organization; and (3) local rural community supporters' career growth and continued supporter recruitment must be conducted.

    The Association for Regional Agricultural and Forestry Economics, 2015, Journal of Rural Problems, 51 (2), 122 - 127, Japanese

    Scientific journal

  • Kiyono Mieko, Nakatsuka Masaya

    In villages, fruits such as persimmons draw animals to the fields. It is expected persimmons were harvested earlier than monkeys would eat them to prevent crop damage. However, persimmons remain for a long time because local residents have not been motivated to use it. We carried out a social experiment to investigate how can local residents collaborate with the outside peoples in the persimmon harvesting. The questionary survey of outside peoples and local residents revealed follows. One is that outside peoples were satisfied both of that they help solve local problems and they can get persimmons. Second is that this event contributed to helping local residents recognize the resource value that persimmons and monkeys have. Finally, local residents want such an event to not only mitigate the damage but also allow for sharing idea about countermeasures and damage among local residents.

    The Association for Regional Agricultural and Forestry Economics, 2015, Journal of Rural Problems, 51 (2), 128 - 133, Japanese

    Scientific journal

  • Mieko Fuse

    Chimpanzees in the Mahale Mountains of Tanzania consume several species of stem- and branch-inhabiting ants throughout the year, without tools. Those ants are cryptic species, and it was unknown how to find them constantly. There has been little research on how the chimpanzees locate these ants. In this study, I use behavioral observations of the chimpanzee predators and surveys of the ant fauna and plants across different habitats to test the hypothesis that chimpanzees use plant species as a cue to efficiently locate ant colonies in litter units (dead parts of the plant). Ants were found to be associated with live plants and with spaces within litter units which provide nesting places. Such ant-plant litter relationships were not necessarily as strong as the mutualism often observed between live plants and ants. The proportion of available litter units inhabited by ants was 20 %, and litter units of three plant species (Vernonia subligera, Dracaena usambarensis, and Senna spectabilis) were well occupied by ants in the home range of the chimpanzees. The ant-inhabited ratio in chimpanzee-foraged litter units was higher than that in the available units in the home range. Chimpanzees fed more often on Crematogaster spp. than on other resident ants and at a higher rate than expected from their occurrence in the litter units. Above three plant species were well occupied by Crematogaster sp. 3 or C. sp. 18. It is concluded that chimpanzees locate ants by selecting litter units of plant species inhabited by ants.

    SPRINGER JAPAN KK, Oct. 2013, PRIMATES, 54 (4), 385 - 397, English

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 大学と地域の連携による農体験学習活動の展開と課題

    NAKATSUKA Masaya, SUZUKI Yo, FUSE Mieko

    The Association for Regional Agricultural and Forestry Economics, Sep. 2013, Journal of Rural Problems, 42 (2), 267 - 273, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 集落ごとの自発的な猿害対策と成立要因:兵庫県篠山市4集落の事例から

    FUSE Mieko, SUZUKI Katsuya, NAKATSUKA Masaya

    The Association for Regional Agricultural and Forestry Economics, Sep. 2013, Journal of Rural Problems, 42 (2), 310 - 315, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 学生地域活動コミュニティの課題と組織的支援

    UCHIHIRA Takayuki, NAKATSUKA Masaya, FUSE Mieko

    The Association for Regional Agricultural and Forestry Economics, Sep. 2013, Journal of Rural Problems, 42 (2), 255 - 260, Japanese

    [Refereed]

    Scientific journal

  • 稲木干し(はさがけ)が水稲品質に与える影響について

    SHOJI Koichi, FUSE Mieko

    2013, 農作業研究, 48 (別), 75 - 76, Japanese

    Scientific journal

  • Goro Hanya, Mieko Kiyono, Shuhei Hayaishi

    We studied the behavioral thermoregulation of Japanese macaques in two troops that live in the coniferous (1,000-1,200 m in elevation) and coastal forests (0-200 m in elevation) of Yakushima. Frequency of sunbathing, huddling, and microhabitat selection during inactivity was compared. The difference in mean annual air temperature between the forests was more than 7 degrees C. In both forests, when the weather was clear, macaques spent more time being inactive in the sunshine in winter than in autumn. In winter, they huddled more often when it was clear than when cloudy. Microhabitat selection to stay in the sunshine during winter differed between the two forests. In winter, macaques spent more time inactive in open habitats in the coniferous forest and in the trees in the coastal forest than in autumn, respectively. This difference is related to the lower crown height in the coastal forest and the large open habitats (logged area) available only in the coniferous forest. In winter, skin temperature measured by temperature-sensitive transmitters was 1.32-1.71 degrees C higher when sunbathing, and 0.83-4.75 degrees C higher when huddling than staying in the shade without huddling. In winter, the proportion with which they stayed in the sunshine or huddled in winter did not differ between the two forests, in spite of the difference in air temperature. This suggests that Japanese macaques respond to seasonal changes in air temperature, not the absolute temperature, and that they acclimatize themselves to thermal conditions that require behavioral thermoregulation only during the season when thermoregulation is most costly.

    WILEY-LISS, Jul. 2007, AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 69 (7), 802 - 815, English

    [Refereed]

    Scientific journal

  • Goro Hanya, Nelly Menard, Mohamed Qarro, Mohamed Ibn Tattou, Mieko Fuse, Dominique Vallet, Aya Yamada, Moe Go, Hino Takafumi, Riyou Tsujino, Naoki Agetsuma, Kazuo Wada

    Habitat, diet and leaf chemistry are compared between Japanese and Barbary macaques to reveal the similarities and differences in dietary adaptations of temperate primates living at the eastern and western extremes of the genus Macaca. Tree species diversity and proportion of fleshy-fruited species are much higher in Japan than in North Africa. Both species spend considerable annual feeding time on leaves. Japanese macaques prefer fruits and seeds over leaves, and Barbary macaques prefer seeds. These characteristics are adaptive in temperate regions where fruit availability varies considerably with season, since animals can survive during the lean period by relying on leaf and other vegetative foods. The two species are different with respect to the higher consumption of herbs by Barbary macaques, and the leaves consumed contain high condensed and hydrolysable tannin for Barbary but not for Japanese macaques. Barbary macaques supplement less diverse tree foods with herbs. Because of the low species diversity and high tannin content of the dominant tree species, Barbary macaques may have developed the capacity to cope with tannin. This supports the idea that digestion of leaves is indispensable to survive in temperate regions where fruit and seed foods are not available for a prolonged period during each year.

    SPRINGER TOKYO, Apr. 2011, PRIMATES, 52 (2), 187 - 198, English

    [Refereed]

    Scientific journal

MISC

  • SDGsを切り口としたサービスラーニングの可能性ー神戸大学ESDコースの取組みー

    清野未恵子

    Lead, Feb. 2020, ふくしと教育, (28), 12 - 15, Japanese

    Report scientific journal

  • 柿の利活用を通じた多様な主体による獣害対策の可能性ー兵庫県丹波篠山市の事例からー

    清野未恵子

    Lead, Feb. 2020, Wildlife Forum, 24 (2), 3 - 6, Japanese

    Report scientific journal

  • Sugiura Hideki, Tanaka Toshiaki, Macintosh Andrew, Kiyono Mieko, Otani Yosuke, Muroyama Yasuyuki, Nishikawa Mari, Mochida Koji, Hanzawa Maho, Sawada Akiko, Bonaventura Majolo, Hayakawa Sachiko, Hernandez Alexander, Harasawa Makiko, Kurihara Yosuke, Koda Hiroki, Suzuki Mariko, Sugaya Kazusa, Fujita Shiho, Tabuse Yoshiyuki, Kawazoe Tatsuro

    屋久島西部の低地林では,野生のヤクシマザルが数多く生息しており,1970年代より長期継続調査が行われている。この地域は,国立公園特別保護地域などに指定されており,1970年代から狩猟は行われておらず,林道の整備を除けば,人為的な植生の改変もない。1999年~2018年の群れの個体数の情報を元に,この地域のヤクシマザル8群の個体数の変動を比較した。集中的な調査をしている群れについては,できるだけ8月に近い時点の個体数を分析した。また,毎年の頭数調査によって頭数を数えている群れについては,7-8月の個体数を分析した。北部地域では,群れの消滅や頭数の減少が観察された。一方,中央部の群れでは,個体数の増加や群れの分裂が観察された。出産率は,北部の群れで低く中央部の群れで高かった。これは北部での頭数の減少と,中央部での頭数の増加とも一致する。いくつかの群れでは,中央部から北部へ,群れの行動域が徐々に移っていった。これは,中央部で増加し,おそらく個体密度が増え,より個体密度の低い北部に群れが移動した可能性が考えられる。中央部と北部の違いが生じている原因の一つとして,森林の伐採歴の違い指摘できるだろう。中央部は1940年台までにかなり大規模の伐採が行われたことが分かっている。北部でも伐採はあったものの,中央部ほどには伐採されなかった。つまり,中央部の方がより若い森林であり,サルの食物が豊富な可能性があるのかもしれない。

    Primate Society of Japan, 2019, Primate Research Supplement, 35 (0), 60 - 61, Japanese

  • KIYONO Mieko

    人々の住環境を利用するニホンザル群(以下,加害群)と人々との軋轢は,1970年代後半から今に至るまで社会問題となっている。そうした事態に対し,被害を及ぼすニホンザルそのもの,被害が発生している環境,被害管理をおこなう人間側の3つを対象に被害管理が進められてきた。猿による被害(猿害)は,ニホンザルが,山の食物ではなく農作物などの人工物を食物として選ぶことによって起こるが,加害群の農地採食に関する研究は,自然群と比較すると少ない。したがって,現在の被害対策が,農地採食にどのように影響し,実際の被害軽減にどのような影響を及ぼしているのか,といった視点での研究も不足している。そこで本研究は,加害群の採食パッチとしての農地等の利用実態を明らかにし,現在進められている被害管理とどのような関連があるのかを明らかにした。調査地は兵庫県篠山市で,調査対象は篠山市に生息する5群のなかで最も加害レベルの高いC群とした。調査地では,できる限り人馴れを進めない形で,テレメトリなどを用いて群れの遊動を調査した。C群が集落周辺に滞在している場合は,集落内の田畑に出没しているかどうかのエピソードとその内容(田畑に侵入した個体数,性別,行動)を秒単位で記録した。採食行動を観察できた場合には時間と行動をアドリミナリーに記録した。また,遊動域内で取り組んでいる被害対策についても,情報を整理した。これらから,ニホンザル加害群を対象とした採食行動研究の可能性と課題ついて考察する。

    Primate Society of Japan, 2018, Primate Research Supplement, 34 (0), 40 - 40, Japanese

  • LEE Wanyi, HAYAKAWA Takashi, YAMABATA Naoto, KIYONO Mieko, HANYA Goro

    On a global scale, urban development is the fastest growing form of land use and has led to more severe human-wildlife conflict in recent years. Noting the role of gut microbiome in host physiology like nutrition and immune system, it is thus essential to understand how human-wildlife conflict can affect animals' gut microbiome. This study therefore set out to assess the anthropogenic influence on gut microbiome of Japanese macaques and the possibility of using gut microbiome as indicator for anthropogenic influence. Using 16S rRNA gene sequencing, we described the microbiome composition of Japanese macaques Macaca fuscata experiencing different human disturbance levels - captive, provisioned, crop-raiding and wild. For alpha diversity, our result showed that observed richness of gut microbiome did not differ significantly between disturbance levels but between collection sites. For beta diversity, captive populations harbored the most distinctive gut microbiome composition, and had greatest difference with wild populations. Whereas for provisioned and crop-raiding groups, the macaques exhibited intermediate microbiome between wild and captive. Bacterial taxa from phyla Firmicutes, Bacteroidetes and Cyanobacteria demonstrated shift in abundance along the disturbance level. Specifically, we found Firmicutes to Bacteroidetes ratio and Cyanobacteria abundance elevated in wild macaques. In summary, this study revealed the flexibility of gut microbiome of Japanese macaques and the possibility of using gut microbiome profile in assessing the anthropogenic effect to non-human primates.

    Primate Society of Japan, 2018, Primate Research Supplement, 34 (0), 45 - 45, English

  • NAKAMURA Michio, CORP Nadia, FUJIMOTO Mariko, FUJITA Shiho, HANAMURA Shunkichi, HAYAKI Hitoshige, HOSAKA Kazuhiko, HUFFMAN Michael A., INABA Agumi, INOUE Eiji, ITOH Noriko, KUTSUKAKE Nobuyuki, KIYONO FUSE Mieko, KOORIYAMA Takanori, MARCHANT Linda F., MATSUMOTO ODA Akiko, MATSUSAKA Takahisa, MCGREW William C., MITANI John C., NISHIE Hitonaru, NORIKOSHI Koshi, SAKAMAKI Tetsuya, SHIMADA Masaki, TURNER Linda A., WAKIBARA James V., ZAMMA Koichiro

    We have analyzed the ranging patterns of the Mimikire group (M group) of chimpanzees in the Mahale Mountains National Park, Tanzania. During 16years, the chimpanzees moved over a total area of 25.2 or 27.4km(2), as estimated by the grid-cell or minimum convex polygon (MCP) methods, respectively. Annually, the M group used an average of 18.4km(2), or approximately 70%, of the total home-range area. The chimpanzees had used 80% of their total home range after 5years and 95% after 11years. M group chimpanzees were observed more than half of the time in areas that composed only 15% of their total home range. Thus, they typically moved over limited areas, visiting other parts of their range only occasionally. On average, the chimpanzees used 7.6km(2) (in MCP) per month. Mean monthly range size was smallest at the end of the rainy season and largest at the end of the dry season, but there was much variability from year to year. The chimpanzees used many of the same areas every year when Saba comorensis fruits were abundant between August and January. In contrast, the chimpanzees used several different areas of their range in June. Here range overlap between years was relatively small. Over the 16years of the study we found that the M group reduced their use of the northern part of their range and increased their frequency of visits to the eastern mountainous side of their home range. Changes in home-range size correlated positively with the number of adult females but not with the number of adult males. This finding does not support a prediction of the male-defended territory model proposed for some East African chimpanzee unit-groups.

    Springer Japan, 01 Apr. 2013, Primates, 54 (2), 171 - 182, English

    [Refereed]

  • Eguchi Katsuyuki, Ohsawa Kazutaka, Fuse Kiyono Mieko, Suzuki Juri, Kurokawa Kenji, Yamamoto Taro

    Serological inspection of Simian T-lymphotropic Virus Type 1 was conducted for a wild colony of Macaca fuscata, which was captured in the middle Honshu, Japan. The increase of positive rate after the juvenile stage with the positive rate reaching 100% (or 35/35) in youngster and adult stages, was observed. This finding suggests that, in contrast with human T-lymphotropic Virus Type 1, horizontal transmission play an important role in increasing prevalence of STLV-1 with age among M. fuscata.

    Mary Ann Liebert Inc., Feb. 2011, AIDS Research and Human Retroviruses, 27 (2), 113 - 114, English

  • NAKAMURA Michio, INOUE Eiji, ITOH Noriko, KAWANAKA Kenji, KUTSUKAKE Nobuyuki, KIYONO-FUSE Mieko, KOORIYAMA Takanori, MARCHANT Linda F, MATSUMOTO-ODA Akiko, MATSUSAKA Takahisa, MCGREW William C, CORP Nadia, MITANI John C, NISHIE Hitonaru, NORIKOSHI Koshi, SAKAMAKI Tetsuya, SHIMADA Masaki, TURNER Linda A, UEHARA Shigeo, WAKIBARA James V, ZAMMA Koichiro, NISHIDA Toshisada, FUJIMOTO Mariko, FUJITA Shiho, HANAMURA Shunkichi, HAYAKI Hitoshige, HOSAKA Kazuhiko, HUFFMAN Michael A, INABA Agumi

    【目的】
     野生チンパンジーの遊動域については数々の報告があるが、その多くは、1年から数年程度の観察を元にしたものである。タンザニアのマハレでは、研究者が可能な限り継続的に滞在して観察をしており、チンパンジーが観察された日には、その遊動ルートを記録し共有データとして蓄積している。本発表の目的は、こうした形で長期間蓄積されたデータからチンパンジーの遊動域の変動を概観することである。
    【方法】
     マハレM集団の1994年~2009年の16年間の遊動データを分析に用いた。データがある日数は合計3,537日間(年平均221.1日)である。毎日の遊動ルートを250 m × 250 mのグリッドに落とし、最外郭法および利用グリッド数で、各月、各年、および全期間の遊動面積を算出した。なお、マハレでは地形的に追跡が不可能な場所があったり、研究者によって調査方法や終了時間も異なったりするため以下の値は過小評価となる点には注意が必要である。また、チンパンジーは離合集散するため、一部の個体の位置しか把握できない。
    【結果と考察】
     16年間でM集団が一度でも利用した面積(以下、全遊動域)は最外郭法で27.4 km2(グリッド面積では25.2 km2)であった。年平均は18.4 km2(± 2.7 SD)であり、平均的には1年間で全遊動域の7割弱しか利用が確認されていないことになる。利用したグリッド数の累積は、5年間でも全体の8割にしかならず、95%の利用が達成されたのはじつに11年目に入ってからであった。このことは、非常に長いスパンでしか利用されない地域があることを示唆している。一方で、利用頻度上位50%までの面積は、16年間でわずか4.3 km2(全遊動域の15.7%)にしかすぎず、日常的にはM集団は限られた地域を集中的に利用していることが示唆される。年ごとの遊動面積の変化はオトナメスの数と正の相関を示したが、オトナオスの数とは相関しなかった。
     月平均の遊動面積は7.6 km2(± 3.1 SD)であったが、最大で17.3 km2を使っている月もあった。遊動面積には季節性があり、平均的には雨季後半の4月が最小で、乾季の8月に最大となる。しかし、こうした傾向から大きくずれる年もあり、おそらくその年の特定の果実の実りと関係している可能性が大きい。
     今後、果実生産量、より具体的な集団構成や社会変動などとの対応を見ていく必要がある。また、狩猟行動やメスの移入、集団間関係などを調べるための基礎データとしても本発表のデータは有用であろう。

    Primate Society of Japan, 2011, Primate Research Supplement, 27 (0), 16 - 16

  • FUJITA Shiho, ITOH Noriko, MATSUSAKA Takahisa, NISHIDA Toshisada, ZAMMA Koichiro, HANAMURA Shunkichi, NAKAMURA Michio, KIYONO-FUSE Mieko, SAKAMAKI Tetsuya, KORIYAMA Takanori, Shimada Masaki, INABA Agumi

    大型類人猿を対象としたエコツーリズムは,大型類人猿の保護や生息地の環境保全を進めるとともに,地元社会や生息国に経済的便益をもたらすとして,各地の保護区で導入されている。しかしその一方で,観光客をはじめとする人と大型類人猿との接触機会の増加は,大型類人猿に精神的ストレスを与えたり,ヒト由来の病原体を生息地に持ち込んだりする可能性があるため,このようなエコツーリズムはリスクもあると考えられる。
    本研究は大型類人猿の健康状態をモニタリングすることによって,エコツーリズムが大型類人猿に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした。調査は2006年10月から2009年2月までタンザニア・マハレ山塊国立公園において行った。調査員および調査助手がチンパンジーの健康状態および観光客の人数を可能な限り毎日記録した。
    健康状態は,栄養状態,被毛・皮膚,糞便の性状(下痢・軟便),糞便の色,食欲,動き・歩行,咳,くしゃみ,鼻水,呼吸,外傷の各項目について,異常の有無を記録した。これらの各項目を目的変数とし,観光客数(ツアーガイドを含む),調査員数(調査助手を含む),雨量,最低気温および最高気温を説明変数として,重回帰分析ステップワイズ法を行った。
    その結果,下痢・軟便および咳のそれぞれの変数について,観光客数がモデルに取り込まれ,有意な正の偏回帰係数が得られた(p < 0.05)。以上より,観光客との接触がチンパンジーの下痢や咳の発症に関係があることが示唆された。また,エコツーリズムの影響を評価する上で,観察による健康状態のモニタリングは有効であると考えられた。
    本研究は環境省地球環境研究総合推進費(F-061)および科学研究費補助金(基盤研究A,19255008)によって行われた。

    Primate Society of Japan, 2009, Primate Research Supplement, 25 (0), 31 - 31

  • 花村 俊吉, 清野(布施) 未恵子

    近年の霊長類学や隣接諸分野のトピックの1つである「社会的な複雑さ」とは一体何を指しているのだろうか。そもそも何が「社会的」なのだろうか。過去2回の同名自由集会において,ヒトを含む霊長類の社会を捉える多様な認識論と方法論が議論されてきたが,本自由集会では,社会生活を営む個体は「モノ」ではなく各々が主体的にふるまう「いきもの」であり,ある個体にとって他個体は自分のふるまいに応答する「他者」であるという事実に再度立ち帰りたい。他個体が「他者」であるということは,交渉相手のふるまいを完全に予測することができず,自分のふるまい次第で相手のふるまいも変化するということを意味する。このことは相手にとっても同様であり,複数の個体が互いに相手のふるまいに依存しつつ交渉するという事態が生じる。こうした事態は,霊長類学や隣接諸分野でも社会の複雑さの由来として扱われてきた。たとえば「マキャベリ的知性」は,こうした事態において,他個体のふるまいを予測して自分の繁殖成功度を高めるようにふるまうために進化してきたと考えられている。また,「ゲーム理論」が出発点とする個体間のジレンマは,まさにこの事態のことであろう。これらの研究によって,霊長類の行動戦略や認知機構とそれらの進化について様々なことが明らかになってきたが,その一方で,研究者がフィールドで観察する霊長類の社会生活のリアリティーやその複雑さには,そうした個体の行動・認知やそれらを表現する遺伝子に還元するだけでは捉え切れない側面もあるように思われる。今回は話題の焦点を霊長類に絞り,霊長類たち自身の時空間的な文脈のなかで個体間の交渉によって生じる社会現象に関する複数の観点からの話題提供を通して,その社会が複雑と呼ばれていることの内実に迫りたい。動物行動学や人類学などの隣接分野からのコメントも交え,参加者とともに霊長類の社会について理解を深めていきたい。
    話題提供
    小川秀司(中京大・国際教養):マカクの「さるだんご」の形成過程(仮)
    中村美知夫(京都大・野生動物):霊長類の接触行為と個体概念の再考(仮)
    花村俊吉(京都大・理):チンパンジーの長距離音声による行為接続とその文脈(仮)
    コメント
    藪田慎司(帝京科学大・アニマルサイエンス)
    木村大治(京都大・アジアアフリカ地域)

    日本霊長類学会, 2009, 霊長類研究 Supplement, 25 (0), 2 - 2, Japanese

  • Kiyono-Fuse Mieko

    Mahale Wildlife Conservation Society, Jun. 2008, Pan Africa News, 15 (1), 8 - 12, English

  • HANYA Goro, MATSUBARA Miki, HAYAISHI Shuhei, ZAMMA Koichiro, YOSHIHIRO Shinichi, KANAOKA Masahiro M., SUGAYA Shuji, KIYONO Mieko, NAGAI Makiko, TSURIYA Yosuke, HAYAKAWA Sachiko, SUZUKI Mariko, YOKOTA Takashi, KONDO Daisuke, TAKAHATA Yukio

    Springer Japan, 01 Apr. 2008, Primates, 49 (2), 116 - 125, English

  • KIYONO-FUSE Mieko

    マハレ山塊国立公園に生息する野生チンパンジーは、果実などの植物だけでなく、アリやシロアリなどの昆虫類も食べることが知られている(Nishida & Uehara 1983)。アリは地下から樹上、様々な樹種のあらゆる部位に分布しているが、チンパンジーが好んで食べるアリは限られている。これまで、チンパンジーのアリ採食については、主に道具使用との関連で研究されてきた(Nishida & Hiraiwa 1982)。一方で、道具使用を伴わないアリ採食(枯れ枝内にいるアリ採食行動)も観察されてきたが(Kawanaka 1990)、その行動とアリの生態との関係はほとんど明らかにされていない。そこで本発表では、チンパンジーの枯れ枝内アリ採食行動の起こり方と、食べられる側のアリの生態との関係を明らかにし、チンパンジーとアリの食う・食われる関係のあり方について考察する。
    調査は、タンザニア・マハレ山塊国立公園に生息する野生チンパンジーMグループを対象に、2006年7月~8月、2006年10月~2007年5月におこなった。アリの生態については、アリの種ごとの営巣場所(樹種)とその季節性を調査した。
    チンパンジーが枯れ枝内にいるアリを食べる頻度は約1.84 回/日で、10月から2月にかけて頻度が高かった。食べるアリの種類は主にシリアゲアリ属5種とオオアリ属数種で、オオアリ属の数種は道具を使用するオオアリ釣りの対象種とは異なっていた。シリアゲアリ属5種のなかでも2種を採食している割合が高く、それらは潅木の枯死部や枯死した草本の中に棲息していた。チンパンジーが地上に落ちている枝を割り出したことは一度もなく、必ず樹や草本の本体から折り取っていたこととあわせて考えると、チンパンジーはこのアリの生態に関する情報を何らかのかたちで利用していると推測される。

    Primate Society of Japan, 2008, Primate Research Supplement, 24 (0), 51 - 51

  • HANYA Goro, Menard Nelly, Qarro Mohamed, Ibn Tattou Mohamed, KIYONO Mieko, Vallet Dominique

    霊長類の分布の中心である熱帯に比べ、温帯は気候も食物利用可能性の点でも、より季節変化の大きな環境である。そのような場所で生息するには、どのような生態学的適応が必要なのかを明らかにするため、マカク生息地の東西の端である日本とモロッコ・アルジェリアに生息する、ニホンザルとバーバリマカクの比較を行った。両者の生息環境は、北アフリカのほうが日本よりも種構成が単純で、より厳しい環境であると考えられた。食性は種内での変異が大きかったが、両種とも果実・種子を選好する傾向と、熱帯のマカクに比べれば葉の採食時間が多い傾向が見られた。秋に果実の採食が増え、冬には常緑樹の成熟葉・落葉樹の冬芽などの繊維性の食物を食べる傾向が、共通して見られた。ニホンザルの生息地である屋久島と、バーバリマカクの生息地である中アトラスの間で、食物となる植物の葉、食物とならない植物の葉の化学成分を比較した。食物・非食物に関わらず、中アトラスの方が繊維成分が少なく、脂肪が多く、縮合タンニン・加水分解タンニンが多い傾向が見られた。また、屋久島では縮合タンニンが少ない葉を食物として選択する傾向があったが、中アトラスではそのような傾向は見られなかった。以上のことから、温帯に生息するマカクの共通性として、繊維性の食物への耐性と、果実・種子などの高質の食物への選好性が見られることが分かった。また、繊維性の食物への耐性の程度は、その環境の厳しさの程度によって異なり、北アフリカは、日本より植生の構造が単純で二次化合物(縮合タンニン・加水分解タンニン)を葉に多く含むが、バーバリマカクは、二次化合物を多く含む葉を忌避することなく採食していた。今後、キンシコウなど、温帯に適応を果たした、他の系統群との比較が必要である。

    Primate Society of Japan, 2008, Primate Research Supplement, 24 (0), 40 - 40

  • HANAMURA Shunkichi, KIYONO Mieko, LUKASIK-BRAUM Magdalena, MLENGEYA Titus, FUJIMOTO Mariko, NAKAMURA Michio, NISHIDA Toshisada

    Springer-Verlag Tokyo, 01 Jan. 2008, Primates, 49 (1), 77 - 80, English

  • NISHIDA Toshisada, NISHIE Hitonaru, SAKAMAKI Tetsuya, SHIMADA Masaki, ZAMMA Koichiro, FUJIMOTO Mariko, FUJITA Shiho, HANAMURA Shunkichi, INOUE Eiji, ITOH Noriko, KIYONO Mieko, MATSUSAKA Takahisa, NAKAMURA Michio

    タンザニアのマハレ山塊国立公園では、研究者はチンパンジーの行動観察の過程で気づいた病気の兆候を アドリブ法で記録してきた。風邪、目疣、腹の腫瘍、白癬、甲状腺腫、などがある。最後に観察されたとき病気と診断された個体がその後行方不明になった場合を病死と仮定すると、病気による死亡率は40%を超える。本研究の目的は、チンパンジーの風邪の流行はヒトの風邪がもちこまれることによるという仮説を調べる一環としておこなった。
    [方法] チンパンジーと接触するのは、研究者や旅行者などの外国人と、研究補助員や公園ガイドなどの現地のアフリカ人である。チンパンジーの風邪罹患率に季節性があり、それが住民の罹患率と強く相関すれば、現地の住民によって風邪がもちこまれている可能性が高くなる。もちろん、最終的には病原体を同定しなければ明らかにできないが、研究の第一歩とはなるであろう。チンパンジーについては、7年間の資料を用い、風邪の兆候(くしゃみ、咳、鼻づまり、鼻水垂らし、鼻くそほじり)のいずれか一つを1個体が1カ月間に最低1度示したら、回数、日数とは関係なく1点と数えた。現地人の罹患については、研究補助員と公園関係者が日常的に接する村落にあるクリニックの資料を調べた。
    [結果] マハレのMグループのチンパンジーは、風邪の罹患に関して強い季節性を示した。アウトブレイクは、常に6月から10月の間に起こった。これは乾季の初めから終わりに相当する期間である。一方、現地クリニックの統計では、明確な季節性は認められなかった。
    [考察] 以上のことから、Mグループのチンパンジーの風邪が、現地人の風邪の流行に端を発するという可能性は低くなったと考えられる。本研究は文科省科学研究費基盤研究A(#12375003, #16255007:代表者西田利貞)、と環境省GERF (F061:代表者西田利貞)によっておこなった。

    Primate Society of Japan, 2007, Primate Research Supplement, 23 (0), 26 - 26

  • Hanamura Shunkichi, Kiyono Mieko, Nakamura Michio, Sakamaki Tetsuya, Itoh Noriko, Zamma Koichiro, Kitopeni Rashidi, Matumula Moshi, Nishida Toshisada

    Mahale Wildlife Conservation Society, Dec. 2006, Pan Africa News, 13 (2), 13 - 16, English

  • HANYA Goro, KIYONO Mieko, YAMADA Aya, SUZUKI Katsuya, FURUKAWA Mari, YOSHIDA Yutaka, CHIJIIWA Akira

    Springer-Verlag Tokyo, 01 Jul. 2006, Primates, 47 (3), 275 - 278, English

  • SUGIURA Hideki, MATSUBARA Miki, UNO Takeharu, KIYONO Mieko, SUZUKI Mariko, NISHIKAWA Mari, MUROYAMA Yasuyuki, TANAKA Toshiaki, AGETSUMA Naoki, HAYAKAWA Sachiko, KODA Hiroki, HAYAISHI Shuhei, YANAGIHARA Yoshimi, HANYA Goro, FUJITA Shiho

    [目的] 屋久島西部海岸域では、1998年の秋~1999年冬にかけて、ニホンザルの大量死が観察された。大量死からの回復過程を明らかにし、大量死がその後の個体群動態に与えた影響を探る。
    [方法] 毎年7-8月にニホンザルの頭数調査を行い、個体数やアカンボウの数を数えた。また、定期的に道路を歩いてサルを探し、その構成を数えることでも、個体群パラメータの推定をした。さらに集中的な調査の行われている群れでは、個体識別に基づいて、出産、消失などを随時記録した。
    [結果] 大量死の後2年は頭数が急速に増えたが、その後は頭打ちになってきている可能差異があった。また、大量死の際にアカンボウの数が極端に少なくなったことが原因で、出産率の高い年と低い年が交互に現れた。
    [考察] 大量死によって、一時的に密度が下がり、そこから個体数が増加したと考えられる。しかし、その傾向がどこまで続くのか、あるいは、すでに終わっているのかは明かではない。また、大量死後は出産率の変動が大きいが、今後収束していくかどうかは、その原因の追及を含めて、未解決である。分析を進めると共に、今後もモニタリングが必要である。

    Primate Society of Japan, 2006, Primate Research Supplement, 22 (0), 53 - 53

  • HANYA Goro, KIYONO Mieko, HAYAISHI Shuhei

    温帯の霊長類では、体内で熱生産を行って体温を一定に保つ体温調節はしばしば大きなコストになる。そのコストを低く抑えるため、姿勢を調整したり、温度環境がより好適な微環境を選択したり、他個体と抱き合ったりといった、さまざまな行動的体温調節を行うことが知られている。それらの方法がどの程度体温保持に貢献し、またそのような行動をとることによって逆に他の活動をどの程度制限しているのか、といった、より生態学的な側面については、まだよく分かっていない。本研究は、行動的体温調節の生態学的な意義を探ることを目的として、野生個体群でそれぞれの行動的体温調節によってどの程度の温度環境を享受することができているのかを調べた。屋久島の海岸部とヤクスギ林において、温度感受型電波発信機を装着したニホンザルのオトナメスを行動観察した。調査期間は海岸部が2003年10月から2004年3月、ヤクスギ林が2003年10月から2004年1月である。対象個体を個体追跡し、15分間隔で以下の内容を記録した。温度感受型電波発信機の温度、活動内容、個体の位置(地上、樹上何メートルか、日陰か日向か)、そのときの天気、接触している個体の名前と接触の状態、そのときの微気象(気温、風速、風向、湿度)。また、林内の地上から1.5m、10-15m、および樹木の被覆のない海岸もしくは伐採跡地で自動記録装置により温度計測を、林内の地上1.5mの場所で温度、湿度、風温、温熱指標、露点、湿球温度、気圧高度、密度高度、気圧を記録した。サルはどのような場合にどのような温度の微環境を選択しているのか、またそのような温度環境の選択やさるだんごを作るか否かによって、どの程度の温度環境を享受できているのかを明らかにする。これを絶対的な温度環境の異なる屋久島の海岸部と上部域で比較し、行動的体温調節が他の行動をどの程度制限しているのかを明らかにする。

    Primate Society of Japan, 2005, Primate Research Supplement, 21 (0), 8 - 8

  • KIYONO Mieko

    これまでのニホンザルの採食行動に関する研究から、ニホンザルは果実・葉などの植物食が中心の雑食性であるということが明らかにされてきた。動物食は、採食時間割合が低いということくらいしか言及されてこなかったが、どのようにして昆虫類を探し出し採食しているのかを明らかにすることで、ニホンザルにとって動物食がどのような食物品目であるかということを考察した。そこで、2003年10月から2004年6月まで鹿児島県屋久島の西部海岸地域に生息するヤクシマザルを対象に調査を行った。調査対象群はNina-A群で、そのうちオトナメス5個体を調査対象個体とした。
    その結果、サルは年間を通して49種類の昆虫類を採食していることが明らかになった。それらを探索する行動のなかで、虫を獲ることを目的としている、「朽木を崩して虫を探索する行動(朽木崩し行動)」について分析した。朽木崩し行動は、各月に観察されたが11月∼3月にかけて増加し、2月が最も頻度が高かった。また、朽木を崩して虫を獲得したあとに同じ朽木かまたは違う朽木で連続して探索が続けられる行動が113回中61回みられた。
    以上のことから、朽木は、冬期に虫類を獲得する場所としてサルにとって重要な採食パッチであることが明らかになった。また、朽木で虫を獲得したあとにも同じ朽木や獲得した付近の朽木で探索行動が続く行動は、中に生息している虫に対する興味が持続している結果であると考えられ、朽木に生息している昆虫類はサルにとって魅力的な食物であることが示唆された。朽木から出てくる虫の種類によって採食行動が異なることから、虫の種類のなかにも好みがある可能性も考えられる。

    Primate Society of Japan, 2005, Primate Research Supplement, 21 (0), 7 - 7

  • HANYA Goro, HAYAKAWA Sachiko, HAYAISHI Shuhei, KIYONO Mieko, YOSHIHIRO Shinich, TAKAHATA Yukio

    ニホンザルのオスは一生の中で必ず群れを離れて生活するハナレオスの時期を経験する。ハナレオスは群れを群れの中のメスと交尾してコドモを残したり、群れを乗っ取ったりして、群れの中の社会関係に大きな影響を与える。その影響を考えるためにはハナレオスの密度を知ることが欠かせない。本研究では、定点調査法によってハナレオスの密度を推定した予備的な調査の結果について報告する。調査は屋久島の瀬切川上流の標高700mから1200mの地域で行った。7.5km2の調査域を500mに区切り、その中にひとつの定点を設置して、4ないし7日間その定点でハナレオスの情報を記録した。定点調査中にヒトリザルを発見した場合、最初に発見したとき、および最後に見失ったときの定点からの距離を記録した。のべ1,519時間の定点調査のあいだ、20回ヒトリザルを発見した。ヒトリザルを発見した場合の定点との距離の頻度分布を調べると、定点から10m以内にいるときに発見した事例が多く、それよりはなれた場所にいるヒトリザルを発見することは少なかった(図9)。定点とヒトリザルの距離は最大で50mであった。このことは、定点付近で発見率が高く、ヒトリザルがとくに定点を避けたりはしないという通常の定点調査の仮定を満たしていることを示している。Distance 4.0で調査地全体のヒトリザルの密度を計算すると、もっともあてはまりのよい関数を用いた場合、9.85頭/km2、95%信頼区間は2.8-34.6頭/km2と計算された。もっとも、他の関数を用いると値はかなり異なり、2-3頭/km2前後であった。この方法で信頼しうる密度を計算するには発見事例が最低40回はなければいけないことが経験的に知られており、今年だけの調査ではまだ資料が不足しているが、この方法によってハナレオスの密度が推定できることが示された。

    Primate Society of Japan, 2004, Primate Research Supplement, 20 (0), 93 - 93

Books etc

  • 篠山市における大学と協働したサルの追払い施策―さる×はた合戦による餌資源管理

    KIYONO MIEKO

    Editor, 誠文堂新光社, Oct.2016 , Japanese, 兵庫県篠山市の獣害対策のなかで,地域と大学とが連携しておこなってきた都市農村交流型の獣害対策のとりくみについて報告した., ISBN: 4416916426

    General book

  • 篠山市と神戸大学の協働〜農へのまなざしをどのように伝えるのか〜

    ITOH KAZUYUKI, KIYONO MIEKO

    Editor, 誠文堂新光社, Oct.2016 , Japanese, 兵庫県篠山市と神戸大学農学部の地域連携の変遷をまとめた。, ISBN: 4416916426

    General book

  • Insect-feeding behavior and insect fauna: with special reference to plant-insect relationships

    KIYONO MIEKO

    Joint editor, Cambridge University Press, Sep.2015 , English, ISBN: 1107052319

    Scholarly book

  • 農村で学ぶはじめの一歩 : 農村入門ガイドブック

    中塚, 雅也

    Contributor, 野生動物との共存, 昭和堂, 2011 , 50-53, Japanese, ISBN: 9784812211250

  • インタラクションの境界と接続 : サル・人・会話研究から

    木村, 大治, 中村, 美知夫, 高梨, 克也

    Contributor, チンパンジー同士の相互行為からうまれる食物の価値, 昭和堂, 2010 , Japanese, ISBN: 9784812210086

Presentations

  • 被害管理におけるワークショップの可能性

    清野未恵子

    第25回「野生生物と社会」学会, 22 Nov. 2019, Japanese

    Oral presentation

  • 多様な当事者性をつなぐESD実践の挑戦

    清野未恵子

    日本社会教育学会・第43回関西研究集会, 29 Jun. 2019, Japanese

    Public discourse

  • The possibility as countermeasures involving multiple stakeholders through the utilization of persimmons in Sasayama city, Hyogo

    KIYONO MIEKO, KUDO DAICHI

    第24回「野生生物と社会」学会九州大会, Nov. 2018, Japanese, 九州大学伊都キャンパス, 放棄果樹が野生動物の集落への出没に影響を与えていることは既往研究で指摘されており、柿・栗等の放棄果樹の積極的な伐採が推奨されてきた。しかしながら、代々継承されてきた柿・栗などの樹々を手放すことに心理的な抵抗を感じている方も多く存在する。そこで野生動物の誘引を防ぐことや獣害問題の認知を広げることを目的に、柿を収穫するイベントが全国各所で行われてきた。例えば、柿渋隊(獣害対策支援センター)、柿取り隊(山梨県富士吉田市)、野生動物管理の現場訪問セミナー2-柿とりたい会-(野生生物保護学会・青年部会)、などが挙げられる。そこで収穫された柿は甘柿や干し柿といった形で食したり、染め物に利用されてきた。本発表では、柿から享受するメリットを、食資源として利用するだけでなく、農業分野の課題解消に広げていく取り組みについて報告する。 兵庫県篠山市は野生動物による被害が深, Domestic conference

    Oral presentation

  • TEMPORAL PATTERNS AND CROPRAIDING BEHAVIOR OF A TROOP OF JAPANESE MONKEYS LIVING IN FOREST-AGRICULTURE ECOTONES IN HYOGO, JAPAN

    KIYONO MIEKO, TOMOKI YAIDA, DAICHI KUDO, KATSUYA SUZUKI

    27th Congress of the International Primatological Society, Aug. 2018, English, Nairobi, Kenya, Studies have examined the conflict between Japanese monkeys (Macaca fuscata) and humans in rural Japan. A study of the food habits of the Japanese monkeys found that a troop living near the edge of a forest utilized human settlements during times of food shortage. The distribution of persimmon and chestnuts trees affected the appearance of Japanese monkeys in human settlements., International conference

    Oral presentation

  • The relationship between feeding behaviors of the crop-raiding troop of Japanese monkeys and counter-measures in Sasayama, Hyogo

    KIYONO MIEKO

    第34回日本霊長類学会大会, Jul. 2018, Japanese, 武蔵大学江古田キャンパス, 人々の住環境を利用するニホンザル群(以下,加害群)と人々との軋轢は,1970年代後半から今に至るまで社会問題となっている.そうした事態に対し,被害を及ぼすニホンザルそのもの,被害が発生している環境,被害管理をおこなう人間側の3つを対象に被害管理が進められてきた.猿による被害(猿害)は,ニホンザルが,山の食物ではなく農作物などの人工物を食物として選ぶことによって起こるが,加害群の農地採食に関する研究は,自然群と比較すると少ない.したがって,現在の被害対策が,農地採食にどのように影響し,実際の被害軽減にどのような影響を及ぼしているのか,といった視点での研究も不足している.そこで本研究は,加害群の採食パッチとしての農地等の利用実態を明らかにし,現在進められている被害管理とどのような関連があるのかを明らかにした. 調査地は兵庫県篠山市で,調査対象は篠山市に, Domestic conference

    Oral presentation

  • Gut Microbiome Shift of Japanese Macaques as a Result of Human Encroachment

    Wanyi LEE, HAYAKAWA TAKASHI, YAMABATA NAOTO, KIYONO MIEKO, HANYA GORO

    第34回日本霊長類学会大会, Jul. 2018, English, 武蔵大学江古田キャンパス, On a global scale, urban development is the fastest growing form of land use and has led to more severe human-wildlife conflict in recent years. Noting the role of gut microbiome in host physiology like nutrition and immune system, it is thus essential to understand how human-wildlife conflict can affect animals’ gut microbiome. This study therefore set out to assess the anthro, Domestic conference

    Oral presentation

  • The Consensus-building process for the construction environmental improvement equipment to protect modern agriculture and biodiversity in a rural area, Sasayama city, Hyogo

    KIYONO MIEKO, NIWA HIDEYUKI, TAI AKITO, SINOTANI KAZUHIKO

    First RCE Thematic Conference, Dec. 2017, English, Okayama Convention Center, International conference

    Oral presentation

  • 兵庫県篠山市ニホンザル群のミクロスケールでの生息地利用

    KIYONO MIEKO

    第23回「野生生物と社会」学会大会, Nov. 2017, Japanese, 帯広畜産大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • ESD実践主体の形成プロセスと事業形態との関連に 関する研究―プラットフォーム化との相関に着目して―

    KIYONO MIEKO, MATSUOKA KOJI

    日本社会教育学会第64回研究大会, Sep. 2017, Japanese, 埼玉大学, Domestic conference

    Oral presentation

  • Detection of environment DNA of rare fish species in rivers in Sasayama City;Hyogo Prefecture

    KAWANO Ken, KIYONO Mieko, NIWA Hideyuki, SHINOTANI Kazuhiko, TAI Akito, SAKATA Masayuki, MINAMOTO Toshifumi

    The 64th Annual Meeting of Ecological Society of Japan, Mar. 2017, Japanese, Waseda University, Tokyo, Japan, Domestic conference

    Poster presentation

  • Achievements and problems of the community based countermeasures against wildlife ーA case study in Sasayama city, Hyogo prefectureー

    KIYONO MIEKO, UEDA YOSUKE, KATSUYA SUZUKI

    第22回「野生生物と社会」学会大会, Nov. 2016, Japanese, 東京農工大学農学部・農学府府中キャンパス, 兵庫県篠山市には、兵庫県のなかでも高密度にニホンザルが生息しているため、イノシシ・シカなどの被害もさることながら、ニホンザルによる被害が深刻であった。そこで、篠山市は、2006年ごろから、ニホンザルの被害対策施策に積極的に取り組んできた。しかしながら、ニホンザルの被害が生じているのは篠山市のなかでも約半分程度の集落であり、篠山市として被害対策に取り組むうえで、どの程度の予算を措置し続けるかは、政策立案上の重要な課題である。本研究では、特にニホンザルの被害対策の歴史とその成果に着目し、どういった対策を普及啓発していくことが望ましいのかを考える契機としたい。 これまで、ハード面の対策支援では、集落単位でのサル用電気柵(おじろ用心棒)の設置補助、大型捕獲檻を用いた捕獲などに取組んできた。ソフト面の対策支援では、1)集落ぐるみの追払い支援として、サル監視員の, Domestic conference

    Oral presentation

  • Are adult-males of Japanese macaque easy to appear the farming village?

    YOSUKE UEDA, KIYONO MIEKO, TAKANORI NAGANO, Shota Mochizuki, Takuhiko Murakami

    第22回「野生生物と社会」学会大会, Nov. 2016, Japanese, 東京農工大学農学部・農学府府中キャンパス, 農村地域においてニホンザルによる農作物被害は社会問題となっており,被害の低減を目指す対策の導入や研究は非常に盛んである.そのためニホンザルの集落への出没状況に関する知見は多く集まっており,実際に集落に出没した個体の中でも性年齢ごとで警戒心が異なることがわかっている.また,オトナオスは群れの中でも比較的警戒心が低く,集落に出没しやすいと言われている.しかし性年齢ごとの集落出没を定量的に評価する手段は未だ確立されておらず,出没しやすいという特徴がオトナオスのみに当てはまるのかどうかについては未知である.群れの集落出没頻度の変化は被害対策の効果検証の時に一般的であるが,性年齢段階ごとの出没を定量的に評価する手法を確立することで、段階的な被害対策の評価と策定に貢献すると考えられる.そこで本研究では各性年齢段階での警戒心の相違は集落への出没に影響するという仮定, Domestic conference

    Poster presentation

  • RCE/ESDの推進過程における学生コーディネーターグループ組織化の意義

    KIYONO MIEKO, KOJI MATSUOKA

    日本社会教育学会第63回研究大会, Sep. 2016, Japanese, 弘前大学, 1. はじめに ESD(持続可能な開発のための教育)は,DESD(持続可能な開発のための教育の10年)を経て,グローバルアクションプログラム(GAP)を後継プログラムとしながら,具体的な目標に沿って人々の行動を促す時期にある.鈴木(2013)の定義によると,ESDは「あらゆる人々が,地球の持続性を脅かす諸問題に対して計画を立て,取り組み,解決方法を見つけるための教育」であり,個別的・特殊的課題ではなく,人類と地球にとって基本的な全体的・総合的な課題に取り組むところにESDの性格があるとされている.大学生の時期においてESDにふれ,実践へとつなげる行動力の育成が必要であることは言うまでもない.さらに,ノンフォーマル教育に重要な役割を期待するESDと社会教育は合致する(小栗,2010)とあるように,異世代間が刺激しあう場としてのESDのあり方が求められ, Domestic conference

    Oral presentation

  • 大学による地域エンパワメント〜篠山フィールドステーション/ヒューマンコミュニティ創成研究センターの取り組みより〜

    KIYONO MIEKO

    第30回自治体学会, Aug. 2016, Japanese, 自治体学会, 大分県日田市, 兵庫県篠山市における神戸大学との地域連携のコーディネーター(駐在員)として赴任した経験から,地域をエンパワメントする地域連携のあり方について述べた., Domestic conference

    [Invited]

    Nominated symposium

  • Evaluation of the learning process based on active learning in an Education for Sustainable Development Program in youth education

    KIYONO MIEKO

    2th International Conference on Education 2016, Apr. 2016, English, Bangkok, Thailand, International conference

    Poster presentation

  • Evaluation of measures against damage caused by Japanese monkeys (Macaca fuscata) iin Sasayama city, Hyogo, Japan.

    KIYONO MIEKO, SUZUKI KATSUYA, UEDA YOSUKE

    Vth International Wildlife Management Congress, Jul. 2015, English, Sapporo, Hokkaido, Japan, International conference

    Oral presentation

  • 中山間地域行政における地域担当職員制度の導入と課題

    YAMAUCHI Toshihide, NAKATSUKA Masaya, FUSE Mieko

    The 67rd Annual Meeting of the Association of Regional Agriculture and Forestry Economics, Oct. 2014, Japanese, The Association of Regional Agricultural and Forestry Economics, Kyoto Prefectural University, Domestic conference

    Oral presentation

  • 大学と連携した地域サポート人材の受入体制の構築と課題-地域おこし協力隊事業を事例にして-

    TAKADA Shinjii, FUSE Mieko, NAKATSUKA Masaya

    The 64rd Annual Meeting of the Association of Regional Agriculture and Forestry Economics, Oct. 2014, Japanese, The Association of Regional Agricultural and Forestry Economics, Kyoto Prefectural University, Domestic conference

    Oral presentation

  • 猿害対策の地域資源としての活用と可能性

    FUSE Mieko, NAKATSUKA Masaya

    The 65rd Annual Meeting of the Association of Regional Agriculture and Forestry Economics, Oct. 2014, Japanese, The Association of Regional Agricultural and Forestry Economics, Kyoto Prefectural University, Domestic conference

    Oral presentation

  • 域学連携で推進する篠山市のサル害対策の試みおよび県との連携について

    KIYONO MIEKO

    第20回「野生生物と社会」学会犬山大会, Oct. 2014, Japanese, 愛知県犬山市, Domestic conference

    Oral presentation

  • 女性・高齢者の猿害に対する意識と対策活動の問題点

    FUSE Mieko, NAKATSUKA Masaya

    The 63rd Annual Meeting of the Association of Regional Agriculture and ForestryEconomics, Oct. 2013, Japanese, The Association of Regional Agricultural and Forestry Economics, Okayama University, Domestic conference

    Oral presentation

Research Projects